留意事項通知_H28改定・最終版

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "留意事項通知_H28改定・最終版"

Transcription

1 保 医 発 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 1 8 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公 印 省 略 ) 厚 生 労 働 大 臣 が 指 定 する 病 院 の 病 棟 における 療 養 に 要 する 費 用 の 額 の 算 定 方 法 の 一 部 改 正 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について 標 記 については 本 日 厚 生 労 働 大 臣 が 指 定 する 病 院 の 病 棟 における 療 養 に 要 する 費 用 の 額 の 算 定 方 法 の 一 部 を 改 正 する 件 ( 平 成 28 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 73 号 以 下 算 定 告 示 という )が 公 布 され 平 成 28 年 4 月 1 日 より 適 用 されることとなったところであるが 実 施 上 の 留 意 事 項 は 下 記 のとおりで あるので その 取 扱 いに 遺 漏 のないよう 貴 管 下 の 保 険 医 療 機 関 及 び 審 査 支 払 機 関 に し 周 知 徹 底 を 図 られたい なお 本 通 知 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 適 用 することとし 従 前 の 厚 生 労 働 大 臣 が 指 定 する 病 院 の 病 棟 における 療 養 に 要 する 費 用 の 額 の 算 定 方 法 の 一 部 改 正 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について は 平 成 28 年 3 月 31 日 限 り 廃 止 する 記 第 1 DPC 象 患 者 について 1 DPC 象 患 者 は 算 定 告 示 に 定 める 診 断 群 分 類 点 数 表 に 掲 げる 分 類 ( 以 下 診 断 群 分 類 という )に 該 当 する 入 院 患 者 とする 2 1にかかわらず 以 下 の 患 者 の 診 療 報 酬 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 59 号 ) 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 ( 以 下 医 科 点 数 表 という ) 若 しくは 別 表 第 二 歯 科 診 療 報 酬 点 数 表 ( 以 下 歯 科 点 数 表 という ) 入 院 時 食 事 療 養 に 係 る 食 事 療 養 及 び 入 院 時 生 活 - 1 -

2 療 養 費 に 係 る 生 活 療 養 の 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 ( 平 成 18 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 99 号 ) 又 は 保 険 外 併 用 療 養 費 に 係 る 療 養 についての 費 用 の 額 の 算 定 方 法 ( 平 成 18 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 496 号 ) により 算 定 する (1) 当 該 病 院 に 入 院 した 後 24 時 間 以 内 に 死 亡 した 患 者 又 は 生 後 1 週 間 以 内 に 死 亡 した 新 生 児 (2) 厚 生 労 働 大 臣 の 定 める 評 価 療 養 患 者 申 出 療 養 及 び 選 定 療 養 ( 平 成 18 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 495 号 ) 第 1 条 に 規 定 する 評 価 療 養 又 は 第 1 条 の2に 規 定 する 患 者 申 出 療 養 を 受 ける 患 者 (3) 臓 器 移 植 を 受 ける 患 者 であって 医 科 点 数 表 のうち 次 の の 点 数 を 算 定 するもの ア K014 皮 膚 移 植 術 ( 生 体 培 養 ) イ K014-2 皮 膚 移 植 術 ( 死 体 ) ウ K514-4 同 種 死 体 肺 移 植 術 エ K514-6 生 体 部 分 肺 移 植 術 オ K605-2 同 種 心 移 植 術 カ K605-4 同 種 心 肺 移 植 術 キ K697-5 生 体 部 分 肝 移 植 術 ク K697-7 同 種 死 体 肝 移 植 術 ケ K709-3 同 種 死 体 膵 移 植 術 コ K709-5 同 種 死 体 膵 腎 移 植 術 サ K780 同 種 死 体 腎 移 植 術 シ K780-2 生 体 腎 移 植 術 ス K922 造 血 幹 細 胞 移 植 (4) 医 科 点 数 表 のうち 次 の の 点 数 を 算 定 する 患 者 ア A106 障 害 者 施 設 入 院 基 本 料 イ A306 特 殊 疾 患 入 院 医 療 管 理 料 ウ A308 回 復 期 リハビリテーション 病 棟 入 院 料 エ A308-3 地 域 包 括 ケア 病 棟 入 院 料 ( 1 ) 地 域 包 括 ケア 病 棟 入 院 料 1 又 は2 ( 2 ) 地 域 包 括 ケア 入 院 医 療 管 理 料 1 又 は2( 当 該 入 院 医 療 管 理 料 を 算 定 する 直 前 に 療 養 に 要 する 費 用 の 額 を 算 定 告 示 別 表 により 算 定 していた 患 者 を 除 く ) オ A309 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 カ A310 緩 和 ケア 病 棟 入 院 料 キ A400 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 (3を 除 く ) (5) 厚 生 労 働 大 臣 が 指 定 する 病 院 の 病 棟 における 療 養 に 要 する 費 用 の 額 の 算 定 方 法 第 一 項 第 五 号 の 規 定 に 基 づき 厚 生 労 働 大 臣 が 別 に 定 める 者 ( 平 成 24 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 140 号 )( 以 下 五 号 告 示 という )に 該 当 する 患 者 (6) 算 定 告 示 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 以 下 のいずれかに 該 当 する 病 院 の 病 棟 に 入 院 する 患 者 ア 月 平 均 の 入 院 患 者 数 が 医 療 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 205 号 )の 規 定 に 基 づき 許 可 を 受 け 若 しくは 届 出 をし 又 は 承 認 を 受 けた 病 床 数 に100 分 の105を 乗 じて 得 た 数 以 上 の 病 院 イ 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 員 数 が 医 療 法 第 21 条 第 1 項 第 1 号 又 は 第 22 条 の2 第 1 号 の 規 定 に より 有 しなければならないこととされている 員 数 に100 分 の70を 乗 じて 得 た 数 以 下 の 病 院 - 2 -

3 3 診 断 群 分 類 に 該 当 しない 患 者 の 診 療 報 酬 は 医 科 点 数 表 若 しくは 歯 科 点 数 表 入 院 時 食 事 療 養 費 に 係 る 食 事 療 養 及 び 入 院 時 生 活 療 養 費 に 係 る 生 活 療 養 の 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 又 は 保 険 外 併 用 療 養 費 に 係 る 療 養 についての 費 用 の 額 の 算 定 方 法 により 算 定 する 第 2 診 断 群 分 類 について 1 診 断 群 分 類 の 適 用 の 考 え 方 (1) 入 院 患 者 に する 診 断 群 分 類 の 該 当 の 有 無 は 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 傷 病 名 手 術 処 置 及 び 定 義 副 傷 病 名 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 95 号 以 下 定 義 告 示 という )に 定 める 傷 病 名 手 術 処 置 及 び 定 義 副 傷 病 名 から 診 断 群 分 類 定 義 樹 形 図 ( 別 添 1 以 下 ツリー 図 という ) 及 び 診 断 群 分 類 定 義 表 ( 別 添 2 以 下 定 義 テーブル とい う )に 基 づき 主 治 医 が 判 断 すること ツリー 図 は 定 義 テーブルに 定 める 診 断 群 分 類 ごとに 手 術 処 置 又 は 定 義 副 傷 病 の 有 無 に じた 分 岐 及 び 当 該 分 岐 ごとに 設 定 された14 桁 のド( 以 下 DPCド とい う )で 構 成 され DPCドのうち 診 断 群 分 類 に 該 当 する 分 岐 の14 桁 のド ( 診 断 群 分 類 点 数 表 に 定 める 診 断 群 分 類 を 指 す )を 実 線 で 診 断 群 分 類 に 該 当 し ない 分 岐 の14 桁 ド( 以 下 医 科 点 数 表 算 定 ド という )を 点 線 で 表 したものであ り 主 治 医 はこれに 基 づき 適 切 なDPCドを 選 択 するものとする なお 診 断 群 分 類 に 該 当 しないと 判 断 された 患 者 診 断 群 分 類 点 数 表 により 診 療 報 酬 を 算 定 しない 患 者 については 医 科 点 数 表 に 基 づき 算 定 することとなった 理 由 を 診 療 報 酬 明 細 書 の 摘 要 欄 に 記 載 し 当 該 患 者 のうち 以 下 に 該 当 するものに 限 り 併 せてDPCド を 記 載 すること 1 五 号 告 示 第 二 号 に 該 当 した 患 者 2 診 断 群 分 類 点 数 表 に 定 める 入 院 日 Ⅲを 超 えた 患 者 3 医 科 点 数 表 算 定 ドに 該 当 した 患 者 (2) 傷 病 名 は 入 院 期 間 において 治 療 の 象 となった 傷 病 のうち 医 療 資 源 を 最 も 投 入 した 傷 病 ( 医 療 資 源 を 最 も 投 入 した 傷 病 が 確 定 していない は 入 院 の 契 機 となった 傷 病 をい う )について 主 治 医 が 疾 病 及 び 関 連 保 健 問 題 の 国 際 統 計 分 類 年 版 準 拠 ( 以 下 -10 という ) から 選 択 すること ただし 以 下 の-10については 選 択 しないこと 詳 細 不 明 の 寄 生 虫 症 (B89) 他 章 に 分 類 される 疾 患 の 原 因 であるレンサ 球 菌 及 びブドウ 球 菌 (B95)からその 他 及 び 詳 細 不 明 の 感 染 症 (B99) 心 拍 の 異 常 (R00)からその 他 の 診 断 名 不 明 確 及 び 原 因 不 明 の 死 亡 (R99)まで(ただし 鼻 出 血 (R040) 喀 血 (R042) 気 道 のその 他 の 部 位 からの 出 血 (R048) 気 道 からの 出 血 詳 細 不 明 (R049) 熱 性 けいれん(R560) 限 局 性 発 汗 過 多 (R610) 全 身 性 発 汗 過 多 (R611) 発 汗 過 多 詳 細 不 明 (R619) 及 びブドウ 糖 負 荷 試 験 異 常 (R730)を 除 く ) また 独 立 した 多 部 位 の 悪 性 腫 瘍 (C97)については 選 択 せず 主 たる 部 位 の 悪 性 腫 瘍 の いずれかを 選 択 すること (3) 手 術 が 実 施 されていない 期 間 に 診 断 群 分 類 の 適 用 を 判 断 する には 予 定 されて いる 手 術 ( 入 院 診 療 計 画 により 確 認 されるものに 限 る )も 勘 案 した 上 で 診 断 群 分 類 区 - 3 -

4 分 の 適 用 を 判 断 すること (4) 一 の 入 院 期 間 において 複 数 の 傷 病 に して 治 療 が 行 われた においても 一 の 診 断 群 分 類 を 決 定 すること (5) 同 一 の 傷 病 に して 複 数 の 手 術 が 行 われた においても 一 の 診 断 群 分 類 を 決 定 するものとし 決 定 するに 当 たっては 次 の 点 に 留 意 すること 入 院 中 に 定 義 告 示 に 掲 げられた 複 数 の 手 術 の 診 療 行 為 が 行 われ 同 一 疾 患 内 の 複 数 の DPCドに 該 当 する 可 能 性 がある の 取 扱 いについては 手 術 手 術 処 置 1 及 び 手 術 処 置 2 の 全 ての 項 目 において ツリー 図 において 下 に 掲 げられたD PCドを 優 先 して 選 択 すること (6) 医 科 点 数 表 において K の 術 に 準 じて 算 定 する と 規 定 されている 手 術 について 診 断 群 分 類 を 決 定 するに 当 たっては 準 用 元 の 手 術 で 判 断 すること (7) 主 治 医 による 診 断 群 分 類 の 適 用 の 決 定 は 患 者 の 退 院 (DPC 算 定 象 となる 病 棟 以 外 の 病 棟 への 転 棟 を 含 む ) 時 に 行 うものとする 2 診 断 群 分 類 点 数 表 の 入 院 期 間 (1) 診 断 群 分 類 点 数 表 の 入 院 期 間 診 断 群 分 類 点 数 表 の 入 院 期 間 は 同 表 に 掲 げられた 入 院 日 ( 日 )に じ 以 下 によるものと する 1 入 院 期 間 Ⅰ: 入 院 日 Ⅰに 掲 げる 日 数 以 下 の 期 間 2 入 院 期 間 Ⅱ: 入 院 日 Ⅰに 掲 げる 日 数 を 超 え 入 院 日 Ⅱに 掲 げる 日 数 以 下 の 期 間 3 入 院 期 間 Ⅲ: 入 院 日 Ⅱに 掲 げる 日 数 を 超 え 入 院 日 Ⅲに 掲 げる 日 数 以 下 の 期 間 (2) 定 義 副 傷 病 1 定 義 副 傷 病 は 手 術 別 に 定 義 テーブルの 定 義 副 傷 病 欄 のによるもの とする なお は 以 下 のとおり 定 義 する ア 手 術 共 通 の 定 義 副 傷 病 ( 定 義 副 傷 病 欄 1) イ 手 術 の の 定 義 副 傷 病 ( 定 義 副 傷 病 欄 2) ウ 手 術 の の 定 義 副 傷 病 ( 定 義 副 傷 病 欄 3) 2 定 義 副 傷 病 は 入 院 時 併 存 症 ( 入 院 当 初 に 患 者 が 既 に 持 っている 傷 病 ) 及 び 入 院 後 発 症 傷 病 ( 入 院 後 に 発 症 した 傷 病 )の 両 方 を 含 むものである( 疑 い 病 名 は 除 く ) 3 用 語 (1) JCS はJapan Coma Scaleの 略 である なお 該 当 するJCSは DPC 算 定 象 と なる 病 棟 への 入 院 の 時 点 で 判 断 するものとする ただし 入 院 後 に 当 該 病 棟 において 発 症 した 傷 病 が 医 療 資 源 を 最 も 投 入 した 傷 病 となる は 当 該 傷 病 の 発 症 時 に 判 断 する (2) GAF はGlobal Assessment of Functioningの 略 である (3) 15 歳 以 上 の 年 齢 については 診 断 群 分 類 が 適 用 される 入 院 時 の 年 齢 による (4) 定 義 告 示 中 の 手 術 の 欄 において + により 複 数 の 手 術 が 並 列 されている 手 術 ( 以 下 複 数 手 術 という )は 同 一 入 院 期 間 中 に 並 列 された 全 ての 手 術 が 実 施 された に 該 当 するものとする (5) 定 義 告 示 及 び 算 定 告 示 中 の 手 術 処 置 の 定 義 は 次 に 掲 げるものを 除 き 医 科 点 数 表 の によるものとする 1 化 学 療 法 とは 悪 性 腫 瘍 に する 抗 腫 瘍 用 薬 ホルモン 療 法 免 疫 療 法 の 抗 腫 瘍 - 4 -

5 効 果 を 有 する 薬 剤 の 使 用 ( 当 該 入 院 中 に 処 方 されたものに 限 ることとし 手 術 中 の 使 用 及 び 外 来 又 は 退 院 時 に 処 方 されたものは 含 まない )をいい 抗 生 剤 のみの 使 用 及 びG-CSF 製 剤 鎮 吐 剤 の 副 作 用 に 係 る 薬 剤 のみの 使 用 は 含 まない 2 放 射 線 療 法 とは 医 科 点 数 表 第 2 章 第 12 部 に 掲 げる 放 射 線 治 療 ( 血 液 照 射 を 除 く )をいう (6) 電 気 生 理 学 的 検 査 とは 医 科 点 数 表 第 2 章 第 3 部 に 掲 げる 検 査 において 保 険 医 療 材 料 ( 特 定 保 険 医 療 材 料 及 びその 材 料 価 格 ( 材 料 価 格 基 準 )( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 61 号 以 下 材 料 価 格 基 準 という ) 別 表 Ⅱ 114(2)に 掲 げる 保 険 医 療 材 料 を 頻 脈 性 不 整 脈 では3 本 以 上 徐 脈 性 不 整 脈 では2 本 以 上 使 用 して 実 施 した 電 気 生 理 学 的 検 査 をいう (7) 動 注 化 学 療 法 とは 医 科 点 数 表 第 2 章 第 6 部 に 掲 げる 注 射 のうちG002 動 脈 注 射 によ り 化 学 療 法 を 実 施 することをいう (8) 手 術 又 は 手 術 における 手 術 とは 医 科 点 数 表 第 2 章 第 10 部 に 掲 げる 手 術 ( 輸 血 管 理 料 を 除 く )の 有 無 をいう (9) 全 身 麻 酔 とは 医 科 点 数 表 第 2 章 第 11 部 に 掲 げる 麻 酔 のうちL007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 又 はL008マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 麻 酔 をいう (10) メトトレキサート 大 量 療 法 とは 骨 肉 腫 に してメトトレキサート5g 以 上 (バイア ル 換 算 で25 本 以 上 ) 投 与 する 化 学 療 法 をいう (11) 神 経 ブロック( 局 所 麻 酔 剤 又 はボツリヌス 毒 素 ) 神 経 根 ブロック 神 経 ブロック ( 局 所 麻 酔 剤 又 はボツリヌス 毒 素 ) 腰 部 硬 膜 外 ブロック 及 び 神 経 ブロック( 局 所 麻 酔 剤 又 はボツリヌス 毒 素 ) 仙 骨 部 硬 膜 外 ブロック とは 医 科 点 数 表 第 2 章 第 11 部 に 掲 げる 麻 酔 に 規 定 されるL100 神 経 ブロック( 局 所 麻 酔 剤 又 はボツリヌス 毒 素 使 用 )に 掲 げる 1 の 神 経 根 ブロック 2 の 腰 部 硬 膜 外 ブロック 及 び 5 の 仙 骨 部 硬 膜 外 ブロックをいう (12) 急 性 膵 炎 における 症 度 の 症 とは 急 性 膵 炎 の 症 度 判 定 基 準 (2008 年 改 訂 )( 厚 生 労 働 科 学 研 究 補 助 金 難 治 性 膵 疾 患 克 服 研 究 事 業 難 治 性 膵 疾 患 に 関 する 調 査 研 究 班 )により 症 ( 予 後 因 子 3 点 以 上 又 は 造 影 CTgrade2 以 上 )として 判 定 される 病 態 をい う なお 症 度 が 判 定 できない 不 明 の にあっては 軽 症 の 診 断 群 分 類 を 選 択 するものとする (13) 定 義 告 示 における 慢 性 肝 炎 の 分 類 中 に 規 定 するインターェロンβの 一 定 期 間 以 上 投 与 した に 限 る とは 一 入 院 期 間 中 における7 日 以 上 の 投 与 をいうもので 連 続 7 日 以 上 の 投 与 に 限 るものではない (14) 脳 梗 塞 における の 発 症 時 期 及 びJCSは 診 断 群 分 類 の 適 用 開 始 時 を 起 点 として 選 択 するものとする なお 診 断 群 分 類 の 適 用 開 始 後 に 発 症 した は 発 症 後 3 日 以 内 発 症 時 点 でのJCSを 選 択 すること また 症 度 の 発 症 前 Rankin Scale とは 発 症 前 概 ね1 週 間 のADLを 病 歴 から 推 定 し 以 下 に 掲 げる0から5までのうちいずれかを 選 択 すること なお 病 歴 からも 全 く 推 定 ができない にあっては 5を 選 択 すること 0 全 く 症 候 がない 1 明 らかな 障 害 はない: 日 常 の 勤 めや 活 動 は 行 える 2 軽 度 の 障 害 : 自 分 の 身 の 回 りのことは 介 助 で 行 える - 5 -

6 3 中 度 の 障 害 : 何 らかの 介 助 を 必 要 とするが 歩 行 は 介 助 に 行 える 4 中 度 から 度 の 障 害 : 歩 行 や 身 体 的 要 求 には 介 助 が 必 要 である 5 度 の 障 害 : 寝 たきり 失 禁 状 態 常 に 介 護 と 見 守 りを 必 要 とする (15) 肺 炎 における 病 態 分 類 の 市 中 肺 炎 への 該 当 の 有 無 は 主 治 医 の 判 断 による ものとするが 肺 炎 のうち 以 下 に 該 当 しないものを 市 中 肺 炎 の 例 として 示 すので 参 考 にす ること 入 院 48 時 間 以 降 に 病 院 内 で 発 症 した 肺 炎 篤 な 免 疫 抑 制 状 態 老 人 施 設 と 長 期 療 養 施 設 で 発 症 した 肺 炎 慢 性 下 気 道 感 染 症 の 急 性 増 悪 また 症 度 の A-DROP スコア とは 以 下 の5 項 目 のうち 入 院 時 ( 入 院 中 に 発 生 し た は 発 症 時 )の 状 態 に 該 当 する 項 目 の 合 計 数 をいう 男 性 70 歳 以 上 女 性 75 歳 以 上 BUN 21 mg/dl 以 上 又 は 脱 水 SpO2 90% 以 下 (PaO2 60Torr 以 下 ) 意 識 障 害 血 圧 ( 収 縮 期 )90 mmhg 以 下 第 3 費 用 の 算 定 方 法 1 診 療 報 酬 の 算 定 (1) 診 断 群 分 類 点 数 表 による1 日 当 たりの 診 療 報 酬 は 患 者 の 入 院 期 間 に じて 診 断 群 分 類 点 数 表 の 点 数 欄 に 掲 げる 点 数 に 医 療 機 関 別 係 数 を 乗 じて 得 た 点 数 に 基 づき 算 定 する 各 月 の 診 療 報 酬 は 1 日 当 たりの 診 療 報 酬 に 当 該 月 の 入 院 日 数 を 乗 じて 得 た 点 数 に 基 づき 算 定 する この において 月 ごとの 合 計 点 数 に 端 数 が 生 じた には 当 該 点 数 の 小 数 点 以 下 第 1 位 を 四 捨 五 入 するものとする (2) 医 療 機 関 別 係 数 医 療 機 関 別 係 数 は 厚 生 労 働 大 臣 が 指 定 する 病 院 の 病 棟 並 びに 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 病 院 基 礎 係 数 暫 定 調 整 係 数 機 能 評 価 係 数 Ⅰ 及 び 機 能 評 価 係 数 Ⅱ( 平 成 24 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 165 号 以 下 係 数 告 示 という )に 定 める 基 礎 係 数 暫 定 調 整 係 数 機 能 評 価 係 数 Ⅰ 及 び 機 能 評 価 係 数 Ⅱを 合 算 したもの( 医 療 機 関 別 係 数 に 小 数 点 以 下 第 5 位 がある には 小 数 点 以 下 第 5 位 を 四 捨 五 入 するものとする )とする 1 機 能 評 価 係 数 Ⅰの 算 定 方 法 機 能 評 価 係 数 Ⅰの 算 定 については 基 本 診 療 料 の 施 設 基 準 及 びその 届 出 に 関 する 手 続 きの 取 扱 いについて( 平 成 28 年 3 月 4 日 保 医 発 0304 第 1 号 )に 基 づき 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 長 に 届 出 を 行 い 各 月 の 末 日 までに 要 件 審 査 を 終 え 届 出 を 受 理 した は 翌 月 の1 日 から 合 算 する また 月 の 最 初 の 開 庁 日 に 要 件 審 査 を 終 え 届 出 を 受 理 した には 当 該 月 の1 日 から 合 算 する なお 平 成 28 年 4 月 14 日 までに 届 出 書 の 提 出 が 同 月 末 日 ま でに 要 件 の 審 査 を 終 え 届 出 の 受 理 が 行 われたものについては 同 月 1 日 に 遡 って 合 算 でき るものとする ただし 機 能 評 価 係 数 Ⅰの 算 定 については 係 数 告 示 に 定 める 病 院 のDPC 算 定 象 と - 6 -

7 なる 病 棟 における 医 科 点 数 表 の 届 出 に 基 づく 診 療 料 について 算 定 することとし DPC 算 定 象 となる 病 棟 以 外 の 病 棟 における 医 科 点 数 表 の 届 出 に 基 づく 診 療 料 については 算 定 できないものとする なお 次 に 掲 げる 機 能 評 価 係 数 Ⅰの 適 用 日 は 他 の 機 能 評 価 係 数 Ⅰの 適 用 日 と 取 扱 いが 異 なるので 十 分 に 留 意 すること ア 地 域 医 療 支 援 病 院 入 院 診 療 加 算 A204に 掲 げる 地 域 医 療 支 援 病 院 入 院 診 療 加 算 については 当 該 病 院 が 月 の 初 日 に 医 療 法 第 4 条 第 1 項 の 規 定 により 地 域 医 療 支 援 病 院 として 都 道 府 県 知 事 の 承 認 を 受 けた は 同 日 より 月 の 途 中 に 当 該 承 認 を 受 けた は 翌 月 1 日 より 新 たに 入 院 した 患 者 であるか 否 かにかかわらず 入 院 中 の 全 ての 患 者 に して 加 算 することができる イ 臨 床 研 修 病 院 入 院 診 療 加 算 A204-2に 掲 げる 臨 床 研 修 病 院 入 院 診 療 加 算 については 実 際 に 臨 床 研 修 を 実 施 している 月 に 限 り 加 算 することができる ウ データ 提 出 加 算 A245に 掲 げるデータ 提 出 加 算 については 実 際 にデータを 提 出 し 当 該 加 算 が 算 定 可 能 な 月 に 限 り 加 算 することができる 2 病 棟 群 単 位 による 届 出 を 行 っている 病 院 における 機 能 評 価 係 数 Ⅰの 算 定 方 法 7 1 入 院 基 本 料 の 届 出 を 行 っている 病 棟 の 一 部 を10 1 入 院 基 本 料 に 段 階 的 に 変 更 す るものとして 届 出 を 行 ったものは 係 数 告 示 別 表 第 四 から 別 表 第 六 の 医 科 点 数 表 に 規 定 する 診 療 料 欄 に 掲 げる 診 療 料 のうち 入 院 基 本 料 については10 1 入 院 基 本 料 に 係 る 項 の 機 能 評 価 係 数 Ⅰ 欄 に 掲 げる 数 を 選 択 すること なお 当 該 病 院 が 医 科 点 数 表 第 1 章 第 2 部 通 則 第 8 号 又 は 月 平 均 夜 勤 時 間 超 過 減 算 に 該 当 する は それぞれに じた 機 能 評 価 係 数 Ⅰも 併 せて 選 択 する 必 要 があることに 留 意 すること 当 該 病 院 において 7 1 入 院 基 本 料 の 算 定 要 件 を 満 たす 患 者 については 算 定 告 示 別 表 13から15に 規 定 する 点 数 を 所 定 点 数 に 加 算 するものとする (3) 診 断 群 分 類 点 数 表 により 算 定 される 診 療 報 酬 診 断 群 分 類 点 数 表 には 医 科 点 数 表 に 掲 げる 点 数 の 費 用 のうち 1に 掲 げる 点 数 (2に 掲 げる 点 数 の 費 用 を 除 く )の 費 用 が 含 まれるものとする なお 2に 掲 げる 点 数 の 費 用 のほ か 診 断 群 分 類 点 数 表 に 含 まれていない 費 用 については 医 科 点 数 表 又 は 歯 科 点 数 表 により 算 定 する 1 診 断 群 分 類 点 数 表 に 含 まれる 費 用 ア 第 1 章 第 2 部 第 1 節 入 院 基 本 料 イ 第 1 章 第 2 部 第 2 節 入 院 基 本 料 加 算 ウ 第 1 章 第 2 部 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 エ 第 2 章 第 1 部 医 学 管 理 の 費 用 オ 第 2 章 第 3 部 検 査 の 費 用 カ 第 2 章 第 4 部 画 像 診 断 の 費 用 キ 第 2 章 第 5 部 投 薬 の 費 用 ク 第 2 章 第 6 部 注 射 の 費 用 ケ 第 2 章 第 7 部 第 2 節 薬 剤 料 - 7 -

8 コ 第 2 章 第 8 部 第 2 節 薬 剤 料 サ 第 2 章 第 9 部 処 置 の 費 用 シ 第 2 章 第 13 部 第 1 節 病 理 標 本 作 製 料 2 1に 掲 げる 点 数 の 費 用 から 除 かれる 費 用 ア 入 院 基 本 料 のうち A100 一 般 病 棟 入 院 基 本 料 の 注 4 症 児 ( 者 ) 受 入 連 携 加 算 から 注 7 一 般 病 棟 看 護 必 要 度 評 価 加 算 まで 及 び 注 12ADL 維 持 向 上 体 制 加 算 A104 特 定 機 能 病 院 入 院 基 本 料 の 注 5 看 護 必 要 度 加 算 及 び 注 10ADL 維 持 向 上 体 制 加 算 A105 専 門 病 院 入 院 基 本 料 の 注 3 看 護 必 要 度 加 算 注 4 一 般 病 棟 看 護 必 要 度 評 価 加 算 及 び 注 9 ADL 維 持 向 上 体 制 加 算 に 掲 げる 費 用 イ 入 院 基 本 料 加 算 のうち A205 救 急 医 療 管 理 加 算 からA206 在 宅 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 まで A208 乳 幼 児 加 算 幼 児 加 算 からA213 看 護 配 置 加 算 まで A219 療 養 環 境 加 算 からA233-2 栄 養 サポートチーム 加 算 まで A234-3 患 者 サポート 体 制 充 実 加 算 A236 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 からA243 後 発 医 薬 品 使 用 体 制 加 算 まで A244 病 棟 薬 剤 業 務 実 施 加 算 (2に 限 る ) 及 びA246 退 院 支 援 加 算 からA250 薬 剤 総 合 評 価 調 整 加 算 まで に 掲 げる 費 用 ウ 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 のうち A400 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 1 及 び 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 2に 掲 げる 費 用 エ 医 学 管 理 の 費 用 のうち B000 特 定 疾 患 療 養 管 理 料 からB ニコチン 依 存 症 管 理 料 まで 及 びB001-6 肺 血 栓 塞 栓 症 予 防 管 理 料 からB014 退 院 時 薬 剤 情 報 管 理 指 導 料 まで に 掲 げる 費 用 オ 検 査 の 費 用 のうち D206 心 臓 カテーテル 法 による 諸 検 査 D295 関 節 鏡 検 査 からD32 5 肺 臓 カテーテル 法 肝 臓 カテーテル 法 膵 臓 カテーテル 法 まで 及 びD401 脳 室 穿 刺 から D419その 他 の 検 体 採 取 までに 掲 げる 費 用 カ 画 像 診 断 の 費 用 のうち 通 則 第 4 号 及 び 第 6 号 に 掲 げる 画 像 診 断 管 理 加 算 1 並 びに 通 則 第 5 号 及 び 第 7 号 に 掲 げる 画 像 診 断 管 理 加 算 2 並 びに E003 造 影 剤 注 入 手 技 (3のイ( 注 1 及 び2を 含 む )に 規 定 する 費 用 に 限 る )に 掲 げる 費 用 キ 注 射 の 費 用 のうち G020 無 菌 製 剤 処 理 料 に 掲 げる 費 用 ク 処 置 の 費 用 のうち J001 熱 傷 処 置 (5に 限 る ) J003 局 所 陰 圧 閉 鎖 処 置 ( 入 院 ) J010-2 経 皮 的 肝 膿 瘍 穿 刺 術 J017エタノールの 局 所 注 入 J017-2リン パ 管 腫 局 所 注 入 J027 高 気 圧 酸 素 治 療 (1に 限 る ) J038 人 工 腎 臓 からJ042 腹 膜 灌 流 まで J043-6 人 工 膵 臓 療 法 J045-2 一 酸 化 窒 素 吸 入 療 法 J047カウンターショ ック J047-2 心 腔 内 除 細 動 J049 食 道 圧 迫 止 血 チューブ 挿 入 法 J052-2 熱 傷 温 浴 療 法 J054-2 皮 膚 レーザー 照 射 療 法 J062 腎 盂 内 注 入 J122 四 肢 ギプス 包 帯 (5 及 び 6に 限 る ただし 既 装 着 のギプス 包 帯 をギプスシャーレとして 切 割 使 用 した を 除 く ) J123 体 幹 ギプス 包 帯 からJ128 脊 椎 側 弯 矯 正 ギプス 包 帯 まで( 既 装 着 のギプス 包 帯 をギプスシャーレとして 切 割 使 用 した を 除 く ) J129 治 療 装 具 の 採 型 ギプ ス(4に 限 る ただし 既 装 着 のギプス 包 帯 をギプスシャーレとして 切 割 使 用 した を 除 く ) 並 びにJ129-2 練 習 用 仮 義 足 又 は 仮 義 手 (2に 限 る ただし 既 装 着 のギプ ス 包 帯 をギプスシャーレとして 切 割 使 用 した を 除 く )に 掲 げる 処 置 料 並 びにJ03 8に 掲 げる 人 工 腎 臓 (1 及 び2に 限 る )に 当 たって 使 用 した 保 険 医 療 材 料 ( 材 料 価 格 - 8 -

9 基 準 別 表 Ⅱ 040(1) 及 び(5)に 掲 げる 材 料 に 限 る ) 並 びにJ042に 掲 げる 腹 膜 灌 流 (1に 限 る )に 当 たって 使 用 した 薬 剤 ( 腹 膜 灌 流 液 に 限 る ) 及 び 保 険 医 療 材 料 ( 材 料 価 格 基 準 別 表 Ⅱ 051から 053までに 掲 げる 材 料 に 限 る )に 係 る 費 用 ケ 病 理 標 本 作 製 料 のうち N003 術 中 迅 速 病 理 組 織 標 本 作 製 に 掲 げる 費 用 コ HIV 感 染 症 の 患 者 に 使 用 する 抗 HIV 薬 に 係 る 費 用 サ 血 友 病 の 患 者 に 使 用 する 遺 伝 子 組 換 え 活 性 型 血 液 凝 固 第 Ⅶ 因 子 製 剤 遺 伝 子 組 換 え 型 血 液 凝 固 第 Ⅷ 因 子 製 剤 遺 伝 子 組 換 え 型 血 液 凝 固 第 Ⅸ 因 子 製 剤 乾 燥 人 血 液 凝 固 第 Ⅷ 因 子 製 剤 乾 燥 人 血 液 凝 固 第 Ⅸ 因 子 製 剤 ( 活 性 化 プロトロンビン 複 合 体 及 び 乾 燥 人 血 液 凝 固 因 子 抗 体 迂 回 活 性 複 合 体 を 含 む ) 及 び 乾 燥 濃 縮 人 血 液 凝 固 第 Ⅹ 因 子 加 活 性 化 第 Ⅶ 因 子 製 剤 に 係 る 費 用 (4) 特 定 入 院 料 の 取 扱 い 医 科 点 数 表 に 掲 げる 特 定 入 院 料 のうち A300 救 命 救 急 入 院 料 A301 特 定 集 中 治 療 室 管 理 料 A301-2ハイケアユニット 入 院 医 療 管 理 料 A301-3 脳 卒 中 ケアユニット 入 院 医 療 管 理 料 A301-4 小 児 特 定 集 中 治 療 室 管 理 料 A302 新 生 児 特 定 集 中 治 療 室 管 理 料 A303 総 合 周 産 期 特 定 集 中 治 療 室 管 理 料 A303-2 新 生 児 治 療 回 復 室 入 院 医 療 管 理 料 A305 一 類 感 染 症 患 者 入 院 医 療 管 理 料 又 はA307 小 児 入 院 医 療 管 理 料 の 算 定 要 件 を 満 たす 患 者 については 当 該 病 院 が 医 科 点 数 表 に 基 づく 届 出 を 行 っている には 特 定 入 院 料 を 算 定 することができる 期 間 に じ 算 定 告 示 別 表 4から6の 表 の 右 欄 に 掲 げる 点 数 を 加 算 する なお 当 該 点 数 を 算 定 する 際 の 包 括 範 囲 は (3)に 定 める 範 囲 とし 特 定 入 院 料 を 算 定 している 間 に 算 定 できる 入 院 基 本 料 加 算 は 次 に 掲 げるものとする 1 A300 救 命 救 急 入 院 料 を 算 定 している 間 に 算 定 できる 入 院 基 本 料 加 算 (クについては A300 救 命 救 急 入 院 料 の 注 2に 係 る 加 算 を 算 定 しない に 限 り 算 定 できる ) ア A205-2 超 急 性 期 脳 卒 中 加 算 イ A205-3 妊 産 婦 緊 急 搬 送 入 院 加 算 ウ A234-3 患 者 サポート 体 制 充 実 加 算 エ A236 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 オ A244 病 棟 薬 剤 業 務 実 施 加 算 (2に 限 る ) カ A246 退 院 支 援 加 算 (1のイ 及 び3に 限 る ) キ A247 認 知 症 ケア 加 算 ク A248 精 神 疾 患 診 療 体 制 加 算 2 A301 特 定 集 中 治 療 室 管 理 料 を 算 定 している 間 に 算 定 できる 入 院 基 本 料 加 算 ア A205-2 超 急 性 期 脳 卒 中 加 算 イ A205-3 妊 産 婦 緊 急 搬 送 入 院 加 算 ウ A230-4 精 神 科 リエゾンチーム 加 算 エ A232 がん 拠 点 病 院 加 算 オ A234-3 患 者 サポート 体 制 充 実 加 算 カ A236 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 キ A244 病 棟 薬 剤 業 務 実 施 加 算 (2に 限 る ) ク A246 退 院 支 援 加 算 (1のイ 及 び3に 限 る ) ケ A247 認 知 症 ケア 加 算 - 9 -

10 コ A248 精 神 疾 患 診 療 体 制 加 算 3 A301-2ハイケアユニット 入 院 医 療 管 理 料 を 算 定 している 間 に 算 定 できる 入 院 基 本 料 加 算 ア A205-2 超 急 性 期 脳 卒 中 加 算 イ A205-3 妊 産 婦 緊 急 搬 送 入 院 加 算 ウ A230-4 精 神 科 リエゾンチーム 加 算 エ A232 がん 拠 点 病 院 加 算 オ A234-3 患 者 サポート 体 制 充 実 加 算 カ A236 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 キ A246 退 院 支 援 加 算 (1のイ 及 び3に 限 る ) ク A247 認 知 症 ケア 加 算 ケ A248 精 神 疾 患 診 療 体 制 加 算 4 A301-3 脳 卒 中 ケアユニット 入 院 医 療 管 理 料 を 算 定 している 間 に 算 定 できる 入 院 基 本 料 加 算 ア A205-2 超 急 性 期 脳 卒 中 加 算 イ A205-3 妊 産 婦 緊 急 搬 送 入 院 加 算 ウ A230-4 精 神 科 リエゾンチーム 加 算 エ A234-3 患 者 サポート 体 制 充 実 加 算 オ A236 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 カ A244 病 棟 薬 剤 業 務 実 施 加 算 (2に 限 る ) キ A246 退 院 支 援 加 算 (1のイ 及 び3に 限 る ) ク A247 認 知 症 ケア 加 算 ケ A248 精 神 疾 患 診 療 体 制 加 算 5 A301-4 小 児 特 定 集 中 治 療 室 管 理 料 を 算 定 している 間 に 算 定 できる 入 院 基 本 料 加 算 ア A205-2 超 急 性 期 脳 卒 中 加 算 イ A234-3 患 者 サポート 体 制 充 実 加 算 ウ A236 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 エ A244 病 棟 薬 剤 業 務 実 施 加 算 (2に 限 る ) オ A246 退 院 支 援 加 算 (1のイ 及 び3に 限 る ) カ A248 精 神 疾 患 診 療 体 制 加 算 6 A302 新 生 児 特 定 集 中 治 療 室 管 理 料 を 算 定 している 間 に 算 定 できる 入 院 基 本 料 加 算 ア A205-2 超 急 性 期 脳 卒 中 加 算 イ A234-3 患 者 サポート 体 制 充 実 加 算 ウ A236 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 エ A244 病 棟 薬 剤 業 務 実 施 加 算 (2に 限 る ) オ A246 退 院 支 援 加 算 (1のイ 及 び3に 限 る ) 7 A303 総 合 周 産 期 特 定 集 中 治 療 室 管 理 料 を 算 定 している 間 に 算 定 できる 入 院 基 本 料 加 算 ア A205-2 超 急 性 期 脳 卒 中 加 算 イ A205-3 妊 産 婦 緊 急 搬 送 入 院 加 算

11 ウ A234-3 患 者 サポート 体 制 充 実 加 算 エ A236 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 オ A244 病 棟 薬 剤 業 務 実 施 加 算 (2に 限 る ) カ A246 退 院 支 援 加 算 (1のイ 及 び3に 限 る ) キ A248 精 神 疾 患 診 療 体 制 加 算 8 A303-2 新 生 児 治 療 回 復 室 入 院 医 療 管 理 料 を 算 定 している 間 に 算 定 できる 入 院 基 本 料 加 算 ア A205-2 超 急 性 期 脳 卒 中 加 算 イ A234-3 患 者 サポート 体 制 充 実 加 算 ウ A236 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 エ A246 退 院 支 援 加 算 (1のイ 及 び3に 限 る ) 9 A305 一 類 感 染 症 患 者 入 院 医 療 管 理 料 を 算 定 している 間 に 算 定 できる 入 院 基 本 料 加 算 ア A205-2 超 急 性 期 脳 卒 中 加 算 イ A205-3 妊 産 婦 緊 急 搬 送 入 院 加 算 ウ A234-3 患 者 サポート 体 制 充 実 加 算 エ A236 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 オ A246 退 院 支 援 加 算 (1のイに 限 る ) 10 A307 小 児 入 院 医 療 管 理 料 又 は4を 算 定 している 間 に 算 定 できる 入 院 基 本 料 加 算 ア A205-2 超 急 性 期 脳 卒 中 加 算 イ A206 在 宅 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 ウ A212 超 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 準 超 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 エ A221-2 小 児 療 養 環 境 特 別 加 算 オ A234-3 患 者 サポート 体 制 充 実 加 算 カ A236 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 キ A246 退 院 支 援 加 算 (1のイ 及 び3に 限 る ) ク A248 精 神 疾 患 診 療 体 制 加 算 11 A307 小 児 入 院 医 療 管 理 料 5を 算 定 している 間 に 算 定 できる 入 院 基 本 料 加 算 ア A205-2 超 急 性 期 脳 卒 中 加 算 イ A206 在 宅 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 ウ A212 超 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 準 超 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 エ A221-2 小 児 療 養 環 境 特 別 加 算 オ A231-2 強 度 行 動 障 害 入 院 医 療 管 理 加 算 カ A231-4 摂 食 障 害 入 院 医 療 管 理 加 算 キ A234-3 患 者 サポート 体 制 充 実 加 算 ク A236 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 ケ A246 退 院 支 援 加 算 (1のイ 及 び3に 限 る ) コ A248 精 神 疾 患 診 療 体 制 加 算 (5) 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 3の 算 定 象 となる 患 者 の 取 扱 い 入 院 5 日 以 内 に 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる 手 術 を 行 う 患 者 であって 同 表 の 右 欄 に 掲 げる 診

12 断 分 類 に 該 当 する は 診 断 群 分 類 点 数 表 による 算 定 の 象 外 となり A40 0に 掲 げる 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 3により 算 定 する 手 術 診 断 群 分 類 ア D 237 終 夜 睡 眠 ポ リ ィ ー 1 携 帯 用 装 置 を 使 全 て の 診 断 群 分 類 用 し た イ D 237 終 夜 睡 眠 ポ リ ィ ー 2 多 点 感 圧 セ ン サ 全 て の 診 断 群 分 類 ー を 有 す る 睡 眠 評 価 装 置 を 使 用 し た ウ D 237 終 夜 睡 眠 ポ リ ィ ー 3 1 及 び 2 以 外 の 全 て の 診 断 群 分 類 エ D 小 児 食 物 ア レ ル ギ ー 負 荷 検 査 全 て の 診 断 群 分 類 オ D 413 前 立 腺 針 生 検 法 全 て の 診 断 群 分 類 カ K 008 腋 臭 症 手 術 2 皮 膚 有 毛 部 切 除 術 全 て の 診 断 群 分 類 キ K 関 節 鏡 下 手 根 管 開 放 手 術 全 て の 診 断 群 分 類 ク K 胸 腔 鏡 下 交 感 神 経 節 切 除 術 ( 両 側 ) 全 て の 診 断 群 分 類 ケ K 282 水 晶 体 再 建 術 1 眼 内 レ ン ズ を 挿 入 す る 全 て の 診 断 群 分 類 ロ そ の 他 の も の コ K 282 水 晶 体 再 建 術 2 眼 内 レ ン ズ を 挿 入 し な い 場 全 て の 診 断 群 分 類 合 サ K 474 乳 腺 腫 瘍 摘 出 術 1 長 径 5 セ ン チ メ ー ト ル 未 全 て の 診 断 群 分 類 満 シ K 経 皮 的 シ ャ ン ト 拡 張 術 血 栓 除 去 術 全 て の 診 断 群 分 類 ス K 617 下 肢 静 脈 瘤 手 術 1 抜 去 切 除 術 全 て の 診 断 群 分 類 セ K 617 下 肢 静 脈 瘤 手 術 2 硬 化 療 法 ( 一 連 と し て ) 全 て の 診 断 群 分 類 ソ K 617 下 肢 静 脈 瘤 手 術 3 高 位 結 紮 術 全 て の 診 断 群 分 類 タ K 633 ヘ ル ニ ア 手 術 5 鼠 径 ヘ ル ニ ア 全 て の 診 断 群 分 類 チ K 634 腹 腔 鏡 下 鼠 径 ヘ ル ニ ア 手 術 ( 両 側 ) 全 て の 診 断 群 分 類 ツ K 721 内 視 鏡 的 大 腸 ポ リ ー プ 粘 膜 切 除 術 1 長 径 全 て の 診 断 群 分 類 2 セ ン チ メ ー ト ル 未 満 テ K 721 内 視 鏡 的 大 腸 ポ リ ー プ 粘 膜 切 除 術 2 長 径 全 て の 診 断 群 分 類 2 セ ン チ メ ー ト ル 以 上 ト K 743 痔 核 手 術 ( 脱 肛 を 含 む ) 2 硬 化 療 法 ( 四 段 全 て の 診 断 群 分 類 階 注 射 法 に よ る も の ) ナ K 768 体 外 衝 撃 波 腎 尿 管 結 石 破 砕 術 ( 一 連 に つ き ) 全 て の 診 断 群 分 類 ニ K 867 子 宮 頸 部 ( 腟 部 ) 切 除 術 全 て の 診 断 群 分 類 ヌ K 873 子 宮 鏡 下 子 宮 筋 腫 摘 出 術 全 て の 診 断 群 分 類 ネ M ガ ン マ ナ イ に よ る 定 位 放 射 線 治 療 全 て の 診 断 群 分 類 ただし 当 該 手 術 を 入 院 5 日 以 内 に 実 施 した であっても 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 の 一 部 改 正 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について( 平 成 28 年 3 月 4 日 保 医 発 0304 第 3 号 )のA400 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 の 規 定 に 基 づき 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 3を 算 定 しない は 診 断 群

13 分 類 点 数 表 による 算 定 の 象 となるので 留 意 すること (6) 入 院 日 Ⅲを 超 えた の 取 扱 い 入 院 期 間 が 診 断 群 分 類 点 数 表 に 掲 げる 入 院 日 Ⅲを 超 えた 日 以 降 の 診 療 報 酬 は 医 科 点 数 表 に より 算 定 する ただし 次 の 点 に 留 意 すること 1 悪 性 腫 瘍 患 者 ( 化 学 療 法 を 実 施 されたものに 限 る )に して 診 断 群 分 類 点 数 表 に 掲 げる 入 院 日 Ⅲまでに 化 学 療 法 を 実 施 されない は 入 院 日 Ⅲを 超 えた 日 以 降 も 当 該 患 者 に 投 与 する 抗 悪 性 腫 瘍 剤 の 当 該 薬 剤 料 及 び 当 該 薬 剤 に 関 する 医 科 点 数 表 に 掲 げる 第 2 章 第 5 部 投 薬 同 章 第 6 部 注 射 (G020 無 菌 製 剤 処 理 料 の 費 用 を 除 く )の 費 用 は 算 定 することはできない( 当 該 抗 悪 性 腫 瘍 剤 以 外 の 薬 剤 に 関 する 医 科 点 数 表 に 掲 げる 第 2 章 第 5 部 投 薬 同 章 第 6 部 注 射 の 費 用 は 算 定 することができる ) なお 化 学 療 法 を 実 施 された 診 断 群 分 類 とは 次 のいずれかに 該 当 する 診 断 群 分 類 をいう ア 悪 性 腫 瘍 患 者 に する 化 学 療 法 ( 第 2の3の(5)の1に 掲 げる 化 学 療 法 )に 係 る 診 断 群 分 類 (いわゆる 化 学 療 法 の 診 断 群 分 類 を 含 む ) イ ア 以 外 であって 特 定 の 薬 剤 名 ( 成 分 名 )を 含 む 診 断 群 分 類 (この にあって は 悪 性 腫 瘍 患 者 以 外 の 患 者 が 含 まれるため 留 意 すること ) この 際 入 院 日 Ⅲを 超 えた 日 以 降 に 算 定 できない 抗 悪 性 腫 瘍 剤 の 当 該 薬 剤 料 とは アに 該 当 する 診 断 群 分 類 にあっては 悪 性 腫 瘍 に する 抗 腫 瘍 用 薬 ホルモン 療 法 免 疫 療 法 の 抗 腫 瘍 効 果 を 有 する 薬 剤 ( 第 2の3の(5)の1に 掲 げる 化 学 療 法 に 定 義 される 薬 剤 )に 係 る 薬 剤 料 で イに 該 当 する 診 断 群 分 類 にあっては 明 示 された 薬 剤 (ただし 明 示 された 薬 剤 以 外 の 薬 剤 と 併 用 療 法 とすることが 添 付 文 書 により 医 学 的 に 明 らかなものについては 当 該 併 用 薬 剤 も 含 む )に 係 る 薬 剤 料 である 上 記 以 外 の 薬 剤 ( 例 : 糖 尿 病 に 係 る 薬 剤 料 )については 別 に 薬 剤 料 を 算 定 することがで きる 2 入 院 日 Ⅲを 超 えた 日 以 降 に 手 術 を 実 施 した は 手 術 の 分 岐 を 選 択 すること (7) 外 泊 の 取 扱 い 1 入 院 患 者 の 外 泊 期 間 中 の 入 院 料 については 患 者 の 入 院 している 病 棟 について 病 院 が 届 け 出 ている 入 院 基 本 料 の 基 本 点 数 の15% 又 は 特 定 入 院 料 の15%を 算 定 するが 精 神 及 び 行 動 の 障 害 の 患 者 について 治 療 のために 外 泊 を 行 わせる は 更 に15%を 算 定 できる ただし 当 該 入 院 基 本 料 の 基 本 点 数 又 は 特 定 入 院 料 の30%を 算 定 することができる 期 間 は 連 続 して3 日 以 内 に 限 り かつ 月 ( 同 一 暦 月 )6 日 以 内 に 限 る 2 入 院 中 の 患 者 が 在 宅 医 療 に 備 えて 一 時 的 に 外 泊 する に 当 該 在 宅 医 療 に 関 する 指 導 管 理 が 行 われた には 上 記 の 点 数 に 加 え C100に 掲 げる 退 院 前 在 宅 療 養 指 導 管 理 料 を 外 泊 初 日 1 回 に 限 り 算 定 できる 3 外 泊 期 間 は 診 断 群 分 類 点 数 表 による 診 療 報 酬 の 算 定 にあたり 入 院 期 間 として 算 入 するものとする (8) 同 一 傷 病 での 再 入 院 に 係 る 取 扱 い 1 DPC 算 定 象 となる 病 棟 に 入 院 していた 患 者 ( 地 域 包 括 ケア 入 院 医 療 管 理 料 を 算 定 する 病 床 において 診 断 群 分 類 点 数 表 によって 算 定 する 患 者 を 含 む )が 当 該 病 棟 より 退 院 した 日 の 翌 日 又 は 転 棟 した 日 から 起 算 して7 日 以 内 にDPC 算 定 象 となる 病 棟

14 ( 地 域 包 括 ケア 入 院 医 療 管 理 料 を 算 定 する 一 般 病 棟 の 病 床 を 含 む )に 再 入 院 (DPC 算 定 象 とならない 病 棟 へ 転 棟 した 後 の 再 転 棟 及 び 当 該 保 険 医 療 機 関 と 特 別 な 関 係 にある 保 険 医 療 機 関 に 再 入 院 した も 含 む 以 下 再 入 院 という )した について 次 に 該 当 する は 当 該 再 入 院 は 前 回 入 院 と 一 連 の 入 院 とみなすこととし 当 該 再 入 院 の 入 院 期 間 の 起 算 日 は 初 回 の 入 院 日 とする なお 退 院 期 間 は 入 院 期 間 として 算 入 しない (DPC 算 定 象 とならない 病 棟 への 転 棟 期 間 は 入 院 期 間 として 算 入 する ) ア 直 近 のDPC 算 定 象 となる 病 棟 に 入 院 していた 際 の 医 療 資 源 を 最 も 投 入 した 傷 病 名 と 再 入 院 の 際 の 入 院 の 契 機 となった 傷 病 名 の 診 断 群 分 類 の 上 2 桁 が 同 一 であ る ( 以 下 同 一 傷 病 という ) イ 再 入 院 の 際 の 入 院 の 契 機 となった 傷 病 名 に 定 義 テーブルにおいて 診 断 群 分 類 ご とに 定 める 医 療 資 源 を 最 も 投 入 した 傷 病 名 欄 に 掲 げるド 以 外 のコ ードを 選 択 した また 直 近 の 入 院 における 医 療 資 源 を 最 も 投 入 した 傷 病 名 と 再 入 院 時 の 入 院 の 契 機 となった 傷 病 名 の 診 断 群 分 類 の 上 2 桁 が 異 なり 同 一 傷 病 の 一 連 の 入 院 に 該 当 しないに も 関 わらず 直 近 の 入 院 の 際 の 医 療 資 源 を 最 も 投 入 した 傷 病 名 と 再 入 院 の 際 の 医 療 資 源 を 最 も 投 入 した 傷 病 名 の 診 断 群 分 類 の 上 2 桁 が 同 一 である は 再 入 院 の 際 の 入 院 の 契 機 となった 傷 病 名 に 係 る 治 療 内 容 と 経 過 について 診 療 報 酬 明 細 書 の 摘 要 欄 に 記 載 すること 2 予 め 当 該 病 院 に 再 入 院 することが 決 まっており 再 入 院 時 の 医 療 資 源 を 最 も 投 入 した 傷 病 名 が 悪 性 腫 瘍 で かつ 化 学 療 法 ( 第 2の3の(5)の1に 掲 げる 化 学 療 法 )に 係 る 診 断 群 分 類 (いわゆる 化 学 療 法 の 診 断 群 分 類 を 含 む )に 該 当 する は 1に 該 当 する でも 同 一 傷 病 での 再 入 院 に 係 る 取 扱 いから 除 き 一 連 の 入 院 とはみなさない 当 該 規 定 を 適 用 する については 化 学 療 法 の 実 施 日 ( 予 定 日 ) 及 びレジメンを 含 む 化 学 療 法 の 概 要 を 診 療 報 酬 明 細 書 の 摘 要 欄 に 記 載 すること なお 当 該 規 定 は 再 転 棟 の は 適 用 されないので 留 意 すること (9) 同 一 傷 病 による7 日 以 内 の 再 入 院 に 当 たっての 特 定 入 院 料 の 加 算 については 前 回 入 院 と 一 連 の 入 院 と 見 た 日 数 を 限 度 日 数 とすること (10) 地 域 包 括 ケア 入 院 医 療 管 理 料 を 算 定 する 病 室 に 転 室 する の 取 扱 い DPC 算 定 象 となる 病 棟 から 地 域 包 括 ケア 入 院 医 療 管 理 料 に 係 る 届 出 を 行 っている 病 室 ( 一 般 病 棟 に 限 る )に 転 室 した 第 2の2の(1)の3に 掲 げる 診 断 群 分 類 点 数 表 に 定 める 入 院 日 Ⅲまでの 期 間 は 引 き 続 き 転 室 前 と 同 じ 診 断 群 分 類 により 算 定 することとし 起 算 日 は 当 該 入 院 日 とする なお 診 断 群 分 類 点 数 表 で 算 定 する 期 間 は 地 域 包 括 ケア 入 院 医 療 管 理 料 を 算 定 することはできない また DPC 算 定 象 となる 病 棟 に 入 院 していた 患 者 が 退 院 の 翌 日 から 起 算 して7 日 以 内 に 地 域 包 括 ケア 入 院 医 療 管 理 料 を 算 定 する 病 室 に 再 入 院 ( 転 室 )する は 入 院 の 契 機 となった 傷 病 名 の 診 断 群 分 類 を 決 定 し 診 療 報 酬 明 細 書 の 摘 要 欄 に 記 載 することとし 当 該 診 断 群 分 類 に 基 づき(8)の 規 定 に 該 当 する は 一 連 の 入 院 として 直 近 のDPC 算 定 象 となる 病 棟 において 算 定 した 診 断 群 分 類 と 同 じ により 引 き 続 き 算 定 することとし 起 算 日 は 初 回 の 入 院 日 とする なお (8)の 規 定 に 該 当 しない は 地 域 包 括 ケア 入 院 医 療 管 理 料 を 算 定 する 病 室 へ

15 の 当 該 再 入 院 ( 転 室 )となった 際 の 入 院 の 契 機 となった 傷 病 名 に 係 る 治 療 内 容 及 び 経 過 について 診 療 報 酬 明 細 書 の 摘 要 欄 に 記 載 すること (11) 退 院 時 処 方 の 取 扱 い 診 断 群 分 類 の 決 定 に 当 たり 退 院 時 処 方 ( 退 院 後 に 在 宅 において 使 用 するための 薬 剤 を 退 院 時 に 処 方 することをいう 以 下 同 じ )した は 当 該 薬 剤 の 処 方 は 投 入 した 医 療 資 源 に 含 めないこと ただし その において 別 に 薬 剤 料 のみを 算 定 することができる ( 12) 入 院 中 の 患 者 に 係 る 診 他 医 療 機 関 受 診 の 取 扱 い 診 療 上 必 要 が 入 院 中 の 患 者 に し 他 の 保 険 医 療 機 関 の 保 険 医 の 立 合 診 察 ( 以 下 診 という )が 実 施 された 又 は 入 院 中 の 患 者 が 他 の 保 険 医 療 機 関 を 受 診 し 診 療 が 実 施 された における 診 療 の 費 用 ( 診 が 実 施 された の 初 再 診 料 及 び 往 診 料 を 除 く ) は 当 該 保 険 医 療 機 関 の 保 険 医 が 実 施 した 診 療 の 費 用 と 同 様 に 取 扱 い 当 該 保 険 医 療 機 関 に おいて 算 定 すること なお この の 医 療 機 関 間 での 診 療 報 酬 の 分 配 は 相 互 の 合 議 に 委 ねるものとする ( 13) 第 1(6)に 該 当 する は 以 下 のとおり 取 り 扱 うこと なお 再 度 診 断 群 分 類 点 数 表 に より 算 定 することとなった の 入 院 期 間 の 算 定 の 起 算 日 は 入 院 の 日 とする 1 2 月 平 均 の 入 院 患 者 数 が 医 療 法 の 規 定 に 基 づき 許 可 を 受 け 若 しくは 届 出 をし 又 は 承 認 を 受 けた 病 床 数 に100 分 の105を 乗 じて 得 た 数 以 上 となった は 当 該 月 の 翌 月 から 医 科 点 数 表 により 算 定 すること その 後 100 分 の105を 乗 じて 得 た 数 未 満 となった は 当 該 月 の 翌 月 から 再 度 診 断 群 分 類 点 数 表 により 算 定 すること 医 師 の 員 数 が 医 療 法 で 有 することとされている 医 師 の 員 数 の100 分 の70 以 下 となっ た は 当 該 月 の 翌 月 から 医 科 点 数 表 により 算 定 すること その 後 医 師 の 員 数 が10 0 分 の70を 超 えた は 当 該 月 の 翌 月 から 再 度 診 断 群 分 類 点 数 表 により 算 定 すること (14) 診 断 群 分 類 産 科 播 種 性 血 管 内 凝 固 症 候 群 及 び 播 種 性 血 管 内 凝 固 症 候 群 ( 以 下 DIC という )によって 請 求 する 際 は 一 連 の 入 院 の 中 で 医 療 資 源 を 最 も 投 入 したの がDICであるか 否 かについて より 的 確 な 診 療 報 酬 明 細 書 審 査 を 行 うため 以 下 の 内 容 が 記 載 された 症 状 詳 記 を 添 付 すること DICの 原 因 と 考 えられる 基 礎 疾 患 厚 生 労 働 省 DIC 基 準 によるDICスコア 又 は 急 性 期 DIC 診 断 基 準 ( 日 本 救 急 医 学 会 DIC 特 別 委 員 会 )によるDICスコア 入 院 期 間 中 に 実 施 された 治 療 内 容 (DIC 及 びDICの 原 因 と 考 えられる 基 礎 疾 患 に する 治 療 を 含 む ) 及 び 検 査 値 の 推 移 (15) 診 断 群 分 類 点 数 表 による 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 象 患 者 の 診 療 報 酬 は (1)から(14)により 算 定 する なお 入 院 時 食 事 療 養 費 に 係 る 食 事 療 養 の 費 用 については 入 院 時 食 事 療 養 費 に 係 る 食 事 療 養 及 び 入 院 時 生 活 療 養 費 に 係 る 生 活 療 養 の 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 により 算 定 する 2 診 療 報 酬 の 調 整 (1) 診 療 報 酬 の 請 求 方 法 は 患 者 の 退 院 時 に 決 定 された 請 求 方 法 をもって 一 の 入 院 期 間 におい て 統 一 するものとする (2) 入 院 当 初 は 診 断 群 分 類 点 数 表 により 療 養 に 要 する 費 用 の 額 を 算 定 していた 患 者 が 退 院 時

16 には 医 科 点 数 表 により 療 養 に 要 する 費 用 の 額 を 算 定 することとなった 入 院 期 間 内 に おいて 診 療 報 酬 の 請 求 方 法 が 複 数 存 在 する は 退 院 (DPC 算 定 象 となる 病 棟 以 外 の 病 棟 に 転 棟 する を 含 む ) 時 に 決 定 された 請 求 方 法 により 必 要 な 請 求 を 行 うものとす る (3) 退 院 の 日 DPC 算 定 象 となる 病 棟 以 外 の 病 棟 に 転 棟 ( 地 域 包 括 ケア 入 院 医 療 管 理 料 に 係 る 届 出 を 行 っている 病 室 において 診 断 群 分 類 点 数 表 により 診 療 報 酬 を 算 定 していた 患 者 の 当 該 病 室 以 外 への 転 室 を 含 む )した 日 の 前 日 又 は 入 院 日 Ⅲを 超 えた 日 の 前 日 ( 以 下 退 院 の 日 という )における 療 養 に 適 用 する 診 断 群 分 類 と 退 院 の 日 の 前 日 までにお ける 療 養 に 適 用 した 診 断 群 分 類 とが 異 なる には 退 院 の 日 の 属 する 月 の 前 月 まで に 療 養 に 要 する 費 用 の 額 として 算 定 した 額 と 同 月 までの 療 養 について 退 院 の 日 における 療 養 に 適 用 する 診 断 群 分 類 により 算 定 した 額 との 差 額 を 退 院 の 日 の 属 する 月 の 分 の 費 用 の 額 を 算 定 する 際 の 点 数 において 調 整 する (4) 同 一 傷 病 名 での7 日 以 内 の 再 入 院 となった 患 者 の 取 扱 いについては 初 回 入 院 再 入 院 を 合 わせて 一 入 院 とし (1)~(3)に 準 じて 取 り 扱 うこと 3 その 他 (1) 外 泊 及 び 転 棟 した の 取 扱 いについては 適 切 に 取 り 扱 われるよう 十 分 に 留 意 するこ と (2) 入 院 中 の 患 者 に して 使 用 する 薬 剤 は 入 院 する 病 院 において 入 院 中 に 処 方 することが 原 則 で 入 院 が 予 定 されている に 当 該 入 院 の 契 機 となる 傷 病 の 治 療 に 係 るものとし て あらかじめ 当 該 又 は 他 の 病 院 で 処 方 された 薬 剤 を 患 者 に 持 参 させ 当 該 病 院 が 使 用 す ることは 特 別 な 理 由 がない 限 り 認 められない なお 特 別 な 理 由 とは 単 に 病 院 や 医 師 の 方 針 によるものではなく 個 々の 患 者 の 状 態 に じた 個 別 具 体 的 な 理 由 であることが 必 要 である(やむを 得 ず 患 者 が 持 参 した 薬 剤 を 入 院 中 に 使 用 する については 当 該 特 別 な 理 由 を 診 療 録 に 記 載 すること ) 第 4 経 過 措 置 係 数 告 示 別 表 第 一 から 別 表 第 三 に 掲 げる 病 院 の 一 般 病 棟 について 平 成 28 年 2 月 29 日 までに 診 療 報 酬 として 算 定 した 額 と 同 月 までの 療 養 について 同 年 3 月 31 日 における 療 養 に 適 用 する 算 定 告 示 別 表 20の 診 断 群 分 類 により 算 定 した 額 との 差 額 を 同 月 分 の 費 用 の 額 を 算 定 する 際 に 調 整 し 退 院 の 日 において 調 整 する には 同 年 4 月 分 以 降 の 費 用 の 額 について 調 整 する なお この 場 合 において 入 院 期 間 の 起 算 日 は 入 院 の 日 とする

17 脳 腫 瘍 手 術 手 術 処 置 2 1; 人 工 呼 吸 中 心 静 脈 注 射 2;PET SPECT 3; 化 学 療 法 かつ 放 射 線 療 法 4; 化 学 療 法 かつ 放 射 線 療 法 5; 化 学 療 法 かつ 放 射 線 療 法 6;メトトレキサート( 注 射 薬 に 限 る ) 7;テモゾロミド( 内 服 薬 による 初 発 の 初 回 治 療 に 限 る ) エベロリムス 8;ベバシズマブ 9;テモゾロミド( 注 射 薬 に 限 る ) 手 術 処 置 1 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 xx99000x xx99001x xx9901xx xx9902xx 3 定 義 副 傷 病 xx99030x xx99031x xx9904xx xx9905xx xx9906xx xx9907xx xx9908xx xx9909xx 手 術 処 置 xx9910xx xx9911xx xx9912xx xx9913xx xx9914xx xx9915xx xx9916xx xx9917xx xx9918xx xx9919xx その 他 の 手 術 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 xx97x00x xx97x01x xx97x1xx xx97x2xx xx97x3xx xx97x4xx xx97x5xx xx97x6xx xx97x7xx xx97x8xx xx97x9xx K169$ 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 xx01x00x xx01x01x 1 定 義 副 傷 病 xx01x10x xx01x11x xx01x2xx xx01x3xx xx01x4xx xx01x5xx xx01x6xx xx01x7xx xx01x8xx xx01x9xx

18 くも 膜 下 出 血 破 裂 脳 動 脈 瘤 JCS JCS10 未 満 手 術 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 x099x00x x099x01x x099x1xx その 他 の 手 術 手 術 処 置 x097x0xx x097x1xx K178$ 手 術 処 置 x003x0xx x003x1xx K145 手 術 処 置 x002x0xx x002x1xx K176$ 手 術 処 置 x001x0xx x001x1xx JCS10 以 上 手 術 手 術 処 置 x199x0xx 定 義 副 傷 病 x199x10x x199x11x その 他 の 手 術 手 術 処 置 x197x0xx x197x1xx K178$ 手 術 処 置 x103x0xx x103x1xx K145 手 術 処 置 x102x0xx x102x1xx K176$ 手 術 処 置 x101x0xx x101x1xx 未 破 裂 脳 動 脈 瘤 手 術 手 術 処 置 1 手 術 処 置 xx9900xx xx9901xx 手 術 処 置 xx9910xx xx9911xx その 他 の 手 術 手 術 処 置 xx97x0xx xx97x1xx K178$ 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 xx03x00x xx03x01x xx03x1xx K177$ 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 xx01x00x xx01x01x 定 義 副 傷 病 xx01x10x xx01x11x

19 非 外 傷 性 頭 蓋 内 血 腫 ( 非 外 傷 性 硬 膜 下 血 腫 以 外 ) JCS JCS10 未 満 手 術 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 x099x00x x099x01x 定 義 副 傷 病 x099x10x x099x11x その 他 の 手 術 手 術 処 置 x097x0xx x097x1xx K145 手 術 処 置 x002x0xx x002x1xx K178$+K172 手 術 処 置 x001x0xx x001x1xx JCS10 以 上 手 術 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 x199x00x x199x01x x199x1xx その 他 の 手 術 手 術 処 置 x197x0xx x197x1xx K145 手 術 処 置 x102x0xx x102x1xx K178$+K172 手 術 処 置 x101x0xx x101x1xx 非 外 傷 性 硬 膜 下 血 腫 手 術 手 術 処 置 xx99x0xx xx99x1xx その 他 の 手 術 手 術 処 置 xx97x0xx xx97x1xx K164-2 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 xx02x00x xx02x01x 定 義 副 傷 病 xx02x10x xx02x11x K1642 手 術 処 置 xx01x0xx xx01x1xx

20 脳 梗 塞 脳 卒 中 の 発 症 時 期 JCS 手 術 処 置 1 1; 胃 瘻 造 設 術 ( 経 皮 的 内 視 鏡 下 胃 瘻 造 設 術 腹 腔 鏡 下 胃 瘻 造 設 術 を 含 む )など 2; 造 影 剤 注 入 手 技 動 脈 造 影 カテーテル 法 主 要 血 管 の 分 枝 血 管 を 選 択 的 に 造 影 撮 影 した 手 術 処 置 2 1; 人 工 呼 吸 など 2; 脳 血 管 疾 患 リハビリテーション 料 廃 用 症 候 群 リハビリテーション 料 3; 非 放 射 性 キセノン 脳 血 流 動 態 検 査 など 4;エダボン 5;tPA 定 義 副 傷 病 1; 水 頭 症 など 2; 肺 炎 など 発 症 4 日 目 以 降 又 は 無 症 候 性 JCS10 未 満 手 術 手 術 処 置 1 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x

21 2 症 度 x x 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

22 その 他 の 手 術 手 術 処 置 1 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

23 1 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

24 2 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

25 K178-2 手 術 処 置 1 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

26 1 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

27 2 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

28 K6101 手 術 処 置 1 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

29 1 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

30 2 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

31 発 症 4 日 目 以 降 又 は 無 症 候 性 JCS10 以 上 手 術 手 術 処 置 1 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

32 2 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

33 その 他 の 手 術 手 術 処 置 1 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

34 1 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

35 2 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

36 K178-2 手 術 処 置 1 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

37 1 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

38 2 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

39 K6101 手 術 処 置 1 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

40 1 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

41 2 手 術 処 置 2 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x 定 義 副 傷 病 症 度 x x 症 度 x x 症 度 x x

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

Taro-02 基本診療料施設基準通知

Taro-02 基本診療料施設基準通知 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D>

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D> 保 発 第 0305002 号 平 成 20 年 3 月 5 日 地 方 社 会 事 務 局 長 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 局 長 医 療 費 の 内 容 の 分 かる 領 収 証 の 交 付 について の 一 部 改 正 について 標 記 については 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 59 号 )が 制 定 され 同 告

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

①表紙

①表紙 子 ども 助 成 事 業 に 係 る 請 求 方 法 及 びレセプト 等 記 載 について 平 成 8 年 月 社 会 報 酬 支 払 基 金 大 分 支 部 大 分 県 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 請 求 支 払 概 要 並 びに 請 求 要 領 について P ( 調 剤 ) 報 酬 請 求 書 記 載 方 法 について 社 国 P 3 子 ども 助 成 事 業 に 係 るレセプト

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

がん専門病院における薬剤師養成のあり方に関する調査研究

がん専門病院における薬剤師養成のあり方に関する調査研究 平 成 27 年 度 HIV 感 染 症 薬 物 療 法 認 定 薬 剤 師 養 成 研 修 実 施 要 綱 1. 基 本 的 事 項 (1) 研 修 の 目 的 本 研 修 は HIV 感 染 症 の 薬 物 療 法 に 必 要 な 高 度 な 知 識 技 能 情 報 の 収 集 評 価 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ス キ ル 臨 床 経 験 を 修 得 さ せ 各 地 域 に お い て

More information

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 難 小 児 慢 性 東 京 都 医 費 助 成 事 業 等 に 関 する 請 求 事 例 集 平 成 7 年 月 東 京 都 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70

More information

00本文

00本文 保 医 発 1 2 2 2 第 2 号 平 成 2 6 年 1 2 月 2 2 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63> 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 部 ( 局 ) 担 当 者 様 事 務 連 絡 平 成 25 年 1 月 25 日 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 等 の 取 扱 いについて 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについては そ の 基 本 的 考 え 方 に 変

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機 薬 局 機 能 情 報 の 事 項 の 説 明 薬 局 機 能 情 報 の 各 事 項 については 次 のとおりです また 等 の 欄 は 各 事 項 についての 該 当 の 又 は が 薬 局 機 能 に 関 する 情 報 欄 は その 項 目 について 該 当 する 情 報 の 内 容 が 記 載 されています 第 1 管 理 運 営 サービス 等 に 関 する 事 項 1 基 本 事 項 (1)

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 3 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 個 人 の 健

More information

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464>

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464> 健 康 保 険 組 合 事 業 運 営 指 針 ( 案 ) 第 1 本 指 針 の 趣 旨 本 指 針 は 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 事 業 運 営 のうち 組 合 の 判 断 で 実 施 するものについて 適 正 な 事 業 運 営 が 確 保 されるよう 事 業 運 営 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 や 適 正 水 準 望 ましい 事 業 の 例 事

More information

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時 金 直 接 支 払 制 度 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 事 務 取 扱 規 則 ( 昭 和 58 年 綾 瀬 市 規 則 第 2 5 号 以 下 規 則 という ) 第 14 条 第 2 項 に 規 定 する 被 保 険 者 等 が 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所

More information

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対 軽 自 動 車 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 ( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対 象 お よ び 処 理 方 法

More information

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病 資 料 22 ( 別 紙 第 1 2 号 様 式 ) 平 成 24 年 度 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 における 計 画 評 価 シート 1 の 概 要 神 奈 川 県 ( 金 額 の 単 位 は 千 円 ) 補 助 金 等 名 称 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 補 助 年 度 平 成 24 年 度 担 当 課 神 奈 川 県 保 健 福 祉 局 保 健 医 療

More information

島根大学における学生等の授業料その他の費用に関する規則

島根大学における学生等の授業料その他の費用に関する規則 島 根 大 学 における 学 生 等 の 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 則 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 164 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 17 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 17 年 9 月 26 日 一 部 改 正 平 成 1 8 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 18 年 9 月 19 日 一

More information

相 談 窓 口 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 救 済 制 度 相 談 窓 口 0120-149-931(フリーダイヤル) IP 電 話 等 の 方 でフリーダイヤルが 御 利 用 になれない 場 合 は 03-3506-9411( 有 料 )を 御 利 用 くだ

相 談 窓 口 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 救 済 制 度 相 談 窓 口 0120-149-931(フリーダイヤル) IP 電 話 等 の 方 でフリーダイヤルが 御 利 用 になれない 場 合 は 03-3506-9411( 有 料 )を 御 利 用 くだ 事 務 連 絡 平 成 27 年 10 月 22 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 健 康 局 健 康 課 医 薬 生 活 衛 生 局 安 全 対 策 課 子 宮 頸 がん 等 ワクチン 接 種 緊 急 促 進 事 業 に 基 づく 接 種 に 係 る 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の 請 求 期 限 の 周 知 について( 依 頼

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63> 広 島 県 動 物 愛 護 センター 犬 猫 譲 渡 要 領 第 1 趣 旨 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 ( 昭 和 48 年 法 律 第 105 号 ) 第 35 条 及 び 広 島 県 動 物 愛 護 管 理 条 例 ( 昭 和 55 年 条 例 第 2 号 ) 第 11 条 及 び 犬 及 び 猫 の 引 取 り 並 びに 負 傷 動 物 等 の 収 容 に 関

More information

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73>

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73> 新 潟 県 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 代 替 職 員 制 度 は 市 町 村 又 は 社 会 福 祉 法 人 等 が 設 置 する 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とす る 場 合 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 がその

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

( 医 療 機 器 の 性 能 及 び 機 能 ) 第 3 条 医 療 機 器 は 製 造 販 売 業 者 等 の 意 図 する 性 能 を 発 揮 できなければならず 医 療 機 器 としての 機 能 を 発 揮 できるよう 設 計 製 造 及 び 包 装 されなければならない 要 求 項 目 を

( 医 療 機 器 の 性 能 及 び 機 能 ) 第 3 条 医 療 機 器 は 製 造 販 売 業 者 等 の 意 図 する 性 能 を 発 揮 できなければならず 医 療 機 器 としての 機 能 を 発 揮 できるよう 設 計 製 造 及 び 包 装 されなければならない 要 求 項 目 を 様 式 3の 記 載 方 法 基 本 要 件 基 準 の 基 本 的 考 え 方 ( 別 紙 3)も 併 せて 参 照 すること チェックリストの 作 成 にあたっては 添 付 のテンプレートファイル(ワード 版 )を 用 いること 注 意 改 正 基 準 であっても 規 定 書 式 に 整 合 させるために 添 付 のテンプレートファイル(ワード 版 )を 用 いて 作 成 すること( 不 欄 適

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月

改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月 改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 厚 生 省 大 臣 官 房 老 人 保 健 福 祉 部 厚 生 省

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

全設健発第     号

全設健発第     号 全 設 健 発 第 114 号 平 成 28 年 2 月 23 日 事 業 主 殿 全 国 設 計 事 務 所 健 康 保 険 組 合 理 事 長 石 井 純 公 印 省 略 健 康 保 険 法 の 改 正 の ご 案 内 等 に つ い て 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 当 健 康 保 険 組 合 の 運 営 につきましては 日 頃 よりご 協 力 いただき 厚

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1 前 橋 市 軽 自 動 車 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 前 橋 市 市 税 条 例 ( 昭 和 26 年 前 橋 市 条 例 第 302 号 以 下 条 例 という ) 第 89 条 及 び 第 90 条 に 規 定 する 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 取 扱 いに 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 減 免 要 件 の

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

(5 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 居 宅 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業

(5 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 居 宅 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 基 準 ( 平 成 十 八 年 九 月 二 十 九 日 ) ( 厚 生 労 働 省 告 示 第 五 百 四 十 三 号 ) 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づ く 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 等 及 び 基 準 該 当 障 害 福 祉 サ ー ビ ス に 要 す る 費 用 の 額 の 算 定 に 関 す る 基 準 ( 平 成 十 八 年

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20766F6C2E3189EE8CEC95DB8CAF90A7937889FC8A7682C994BA82A488E397C394EF8D548F9C82CC8EE688B582A282C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20766F6C2E3189EE8CEC95DB8CAF90A7937889FC8A7682C994BA82A488E397C394EF8D548F9C82CC8EE688B582A282C982C282A282C42E646F63> 事 務 連 絡 平 成 18 年 12 月 1 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 部 ( 局 ) 担 当 者 様 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 サービス 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについて 在 宅 介 護 サービスの 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについては その 基 本 的 考 え 方 に 変 更 ありませんが

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー 栃 木 県 特 定 医 療 費 ( 指 定 難 病 ) 支 給 認 定 申 請 手 続 きのご 案 内 はじめに 発 病 の 機 構 が 明 らかでなく かつ 治 療 方 法 が 確 立 していない 希 少 な 疾 病 であって 当 該 疾 病 にかか ることにより 長 期 にわたり 療 養 を 必 要 とすることとなるもののうち 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 疾 病 を 指 定 難 病 といいます

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 集 中 ケア 新 生 児 集 中 ケア A 242-00 呼 吸 ケアチーム 加 算 150 点 呼 吸 ケアチームの 設 置 救 急 看 護 小 児 救 急 看 護 慢 性 呼 吸 器 疾 患 看 護 急 性 重 症 患 者 看 護 A 247 認 知 症

認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 集 中 ケア 新 生 児 集 中 ケア A 242-00 呼 吸 ケアチーム 加 算 150 点 呼 吸 ケアチームの 設 置 救 急 看 護 小 児 救 急 看 護 慢 性 呼 吸 器 疾 患 看 護 急 性 重 症 患 者 看 護 A 247 認 知 症 認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 A 226-02 診 療 加 算 400 点 (1 日 につき) 専 従 の 常 勤 看 護 師 専 従 の チームの 設 置 乳 A 230-04 精 神 科 リエゾンチーム 加 算 300 点 精 神 科 リエゾンチームの 設 置 認 知 症 看 護 老 人 看 護 A 233-02 栄 養 サポートチーム 加 算 100 点 専 従 または 栄 養 管

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

Microsoft Word - 02目次.doc

Microsoft Word - 02目次.doc 5 税 金 1 国 税 に 関 する 控 除 非 課 税 適 用 を 受 けるには 所 得 税 に 関 する 障 がい 者 の 所 得 控 除 税 額 の 計 算 の 基 礎 となる 所 得 から 所 得 控 除 として 次 の 区 分 により 一 定 額 が 控 除 されます 等 級 身 体 障 害 知 的 障 害 精 神 障 害 123456 左 記 左 記 重 度 1 級 区 分 級 級 級

More information

<483233303389FC90B38347834E835A838B976C8EAE81698E7392AC91BA94C5816A81698F4390B394C5816A2E786C73>

<483233303389FC90B38347834E835A838B976C8EAE81698E7392AC91BA94C5816A81698F4390B394C5816A2E786C73> 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) 22 年 度 千 千 千 68,989 藤 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について A ( 平 成 23 年 度 ) 24,215,785 679,588 3,67,444 B 15.2

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与 電 子 版 職 員 給 与 のあらまし < 公 営 企 業 版 > 平 成 24 年 度 目 次 公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 2 工 業 用 水 道 事 業 3 下 水 道 事 業 4 自 動 車 運 送 事 業 5 高 速 度 鉄 道 事 業 6 病 院 事 業 < 問 い 合 わせ 先 > 上 下 水 道 局 総 務 部 総 務 課 交 通 局 総 務 部 労 務 課

More information

製 造 業 者 は 製 造 販 売 業 者 の 管 理 監 督 の 下 適 切 な 品 質 管 理 を 行 い 製 品 を 製 造 します なお 製 造 業 は 製 造 に 特 化 した 許 可 となっており 製 造 業 の 許 可 のみでは 製 品 を 市 場 に 出 荷 することはできま せん

製 造 業 者 は 製 造 販 売 業 者 の 管 理 監 督 の 下 適 切 な 品 質 管 理 を 行 い 製 品 を 製 造 します なお 製 造 業 は 製 造 に 特 化 した 許 可 となっており 製 造 業 の 許 可 のみでは 製 品 を 市 場 に 出 荷 することはできま せん 化 粧 品 の 製 造 販 売 業 製 造 業 について 化 粧 品 の 定 義 について ( 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 品 質 有 効 性 及 び 安 全 性 の 確 保 等 に 関 する 法 律 第 2 条 第 2 項 ) 化 粧 品 とは 人 の 身 体 を 清 潔 にし 美 化 し 魅 力 を 増 し 容 貌 を 変 え 又 は 皮 膚 若 しくは 毛 髪 を 健 やかに 保 つために

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

(\202g22\214\366\225\\.xls)

(\202g22\214\366\225\\.xls) 別 (1) 紙 3 区 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 分 住 民 基 本 (21 台 年 帳 度 人 末 口 ) 歳 出 額 A 人 件 費 別 海 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (2) 職 員 給 与 16,052 費 の 状 況 ( 普 14,873,338 通 会 計 決 算 ) 586,003千 円 2,316,507 千

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

毎 月 の 給 与 等 ( )を 一 定 の 等 級 区 分 にあてはめた 標 準 月 額 の 上 限 が 現 行 の47 等 級 から50 等 級 に 改 正 されます ( 別 紙 健 康 保 険 料 額 表 参 照 ) なお 法 改 正 に 伴 い 標 準 月 額 が 改 定 される 方 につい

毎 月 の 給 与 等 ( )を 一 定 の 等 級 区 分 にあてはめた 標 準 月 額 の 上 限 が 現 行 の47 等 級 から50 等 級 に 改 正 されます ( 別 紙 健 康 保 険 料 額 表 参 照 ) なお 法 改 正 に 伴 い 標 準 月 額 が 改 定 される 方 につい 事 業 主 殿 健 保 事 務 担 当 者 殿 平 成 28 3 月 15 日 観 光 産 業 健 康 保 険 組 合 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 法 等 の 一 部 改 正 について 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 当 健 康 保 険 組 合 の 事 業 運 営 に 格 別 のご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて

More information

( 通 則 の 見 直 し) 6 鋼 線 等 による 直 達 牽 引 介 達 牽 引 又 は 消 炎 鎮 5 区 分 番 号 J117に 掲 げる 鋼 線 等 による 直 達 痛 等 処 置 を 併 せて 行 った 場 合 は 心 大 血 管 疾 患 リハビリテーション 料 脳 血 管 疾 患 等

( 通 則 の 見 直 し) 6 鋼 線 等 による 直 達 牽 引 介 達 牽 引 又 は 消 炎 鎮 5 区 分 番 号 J117に 掲 げる 鋼 線 等 による 直 達 痛 等 処 置 を 併 せて 行 った 場 合 は 心 大 血 管 疾 患 リハビリテーション 料 脳 血 管 疾 患 等 項 目 現 行 改 正 案 第 2 章 第 7 部 リハビリテーション 通 則 ( 通 則 の 削 除 ) 4の2 心 大 血 管 疾 患 リハビリテーション 医 学 管 ( 削 除 ) 理 料 脳 血 管 疾 患 等 リハビリテーション 医 学 管 理 料 運 動 器 リハビリテーション 医 学 管 理 料 又 は 呼 吸 器 リハビリテーション 医 学 管 理 料 につい ては 患 者 の 疾

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

介護保険制度改正にかかる事業所説明会

介護保険制度改正にかかる事業所説明会 資 料 3 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 へ 移 行 時 のポイント 杉 並 区 役 所 保 健 福 祉 部 高 齢 者 施 策 課 総 合 事 業 整 備 係 1 利 用 者 の 総 合 事 業 への 移 行 時 期 予 防 給 付 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 給 付 平 成 27 年 度 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 保 険 法 改 正 予 防 生 活 支 援 サー

More information

3 保 険 料 ( 掛 金 )を 納 めていること 原 則 として 初 診 日 月 前 々 月 まで 国 民 年 金 加 入 期 間 全 体 うち 3 分 2 以 上 きち んと 納 めている( 保 険 料 免 除 期 間 も 含 む)ことが 必 要 です 現 在 は 特 例 として 初 診 日 が

3 保 険 料 ( 掛 金 )を 納 めていること 原 則 として 初 診 日 月 前 々 月 まで 国 民 年 金 加 入 期 間 全 体 うち 3 分 2 以 上 きち んと 納 めている( 保 険 料 免 除 期 間 も 含 む)ことが 必 要 です 現 在 は 特 例 として 初 診 日 が 厚 生 年 金 手 当 金 支 援 制 度 概 要 厚 生 年 金 手 当 金 は 疾 病 (がんも 対 象 )やケガで が 残 った 場 合 生 活 保 をする 給 付 であり 支 給 要 件 を 満 たし 厚 生 年 金 1 2 級 に 該 当 すれば 基 礎 年 金 に 厚 生 年 金 が 上 乗 せされ 支 給 され 厚 生 年 金 3 級 に 該 当 すれば 厚 生 年 金 厚 生 年 金

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の 別 紙 薬 局 等 における 管 理 薬 剤 師 の 兼 任 の 取 扱 いについて 1 共 通 事 項 管 理 薬 剤 師 兼 任 許 可 申 請 は 平 成 10 年 4 月 27 日 付 け 保 衛 第 283 号 保 健 福 祉 部 長 通 知 薬 局 及 び 医 薬 品 販 売 業 の 構 造 設 備 規 則 及 び 許 可 等 の 取 扱 いについて による 学 校 薬 剤 師 の 兼

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % % 25 年 度 41,213 25,799,074 423,690 4,234,063 16.4 18.0 (2)

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又 群 馬 県 市 町 村 会 館 管 理 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 5 年 4 月 1 日 条 例 第 2 号 改 正 平 成 5 年 6 月 8 日 条 例 第 1 号 平 成 7 年 3 月 31 日 条 例 第 4 号 平 成 12 年 2 月 15 日 条 例 第 1 号 平 成 12 年 11 月 10 日 条 例 第 2 号 平 成 14 年 2

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 81,619 27,450,520 1,365,377 4,783,695 17.4%

More information

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 等 代 替 職 員 制 度 は 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とする 場 合 その 職 員 の 職 務 を 行 わせるための 産 休 等 代 替 職 員 を 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378> 総 税 市 第 5 3 号 平 成 21 年 11 月 6 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 住 宅 借 入 金 等 特 税 額 控 除 に 係 る 取 扱 いについて 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 附 則 第 5 条 の 4 及 び 第 5 の

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱 川 崎 市 重 度 障 害 者 等 入 院 時 コミュニケーション 支 援 事 業 実 施 要 綱 制 定 平 成 28 年 2 月 25 日 27 川 健 障 福 第 1192 号 ( 市 長 決 裁 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 意 思 の 疎 通 が 困 難 な 障 害 者 及 び 障 害 児 が 医 療 機 関 ( 精 神 科 病 院 および 一 般 病 院 の 精 神

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,6 243,7 185,8 222,9 261,9

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,6 243,7 185,8 222,9 261,9 木 津 川 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 21 年 度 末 ) A B B/A 2 年 度 の 件 費 率 年 度 21 69,31 26,452,32 316,21 4,13,296 15.5 17.9 (2)

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最 飛 騨 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 実 質 収 支 (H23 年 度 末 ) A B B/A H22 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 23 年 度 26,858 17,655,457 1,317,559

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 本 巣 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) (A) (B) 35,523 歳 出 額 14,360,892 実 質 収 支 件 費 999,985 2,521,801 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 17.6 20 年 度 の 件 費 率 18.8

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information