「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について"

Transcription

1 健 感 発 0307 第 2 号 平 成 25 年 3 月 7 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基 準 等 について の 一 部 改 正 について 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 25 年 3 月 7 日 厚 生 労 働 省 令 第 23 号 )が 平 成 25 年 3 月 7 日 公 布 されたとこ ろである また 麻 しん 対 策 について 平 成 24 年 12 月 14 日 付 けで 麻 しんに 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 ( 平 成 19 年 12 月 28 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 442 号 ) が 改 正 され 平 成 25 年 4 月 1 日 より 適 用 されるところである これを 踏 まえ 届 出 様 式 において 臨 床 診 断 後 に 原 則 として 検 査 診 断 を 行 うこととし 麻 しん 患 者 か 否 かを より 精 緻 に 判 断 出 来 るように 変 更 す ることとした このほか E 型 肝 炎 のIgA 検 査 等 最 近 の 知 見 から 診 断 方 法 として 認 められる と 判 断 された 等 について 追 加 修 正 することとした 以 上 について 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基 準 等 について ( 平 成 18 年 3 月 8 日 健 感 発 第 号 )について 別 添 の 新 旧 対 照 表 のとおり 改 正 することとしたので 御 了 知 の 上 関 係 機 関 に 周 知 願 いたい なお 本 改 正 については 平 成 25 年 4 月 1 日 から 施 行 する

2 別 紙 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基 準 等 について 新 旧 対 照 表 新 旧 別 紙 医 師 及 び 指 定 届 出 機 関 の 管 理 者 が 都 道 府 県 知 事 に 届 け 出 る 基 準 医 師 及 び 指 定 届 出 機 関 の 管 理 者 が 都 道 府 県 知 事 に 届 け 出 る 基 準 第 1 全 般 的 事 項 第 1 全 般 的 事 項 1 に 関 する 留 意 事 項 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 の 同 定 には 生 化 学 的 性 状 抗 血 清 PCR 法 (LAMP 法 等 の 核 酸 増 幅 法 全 般 をいう 以 下 同 じ )による 同 定 など 種 々の 同 定 方 法 を 含 む 抗 体 検 査 による 感 染 症 の 診 断 には (1) 急 性 期 と 回 復 期 のペア 血 清 による 抗 体 の 陽 転 ( 陰 性 から 陽 性 へ 転 じること) (2) 急 性 期 と 回 復 期 のペア 血 清 による 抗 体 価 の 有 意 上 昇 (3) 急 性 期 の IgM 抗 体 の 検 出 (4) 単 一 血 清 での IgG 抗 体 の 検 出 による 診 断 もあり 得 るが その 場 合 臨 床 症 状 等 総 合 的 な 判 断 が 必 要 である のいずれかが 用 いられる なお 抗 体 価 の 有 意 上 昇 とは 血 清 の 段 階 希 釈 を 実 施 する 方 法 を 使 用 した 場 合 においてのみ 利 用 可 能 であり 4 倍 以 上 の 上 昇 を 示 した 場 合 をいう ただし E LISA 法 EIA 法 等 吸 光 度 (インデックス)で 判 定 する 検 査 法 においては この 値 (4 倍 )を 用 いることはできない 1 に 関 する 留 意 事 項 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 の 同 定 には 生 化 学 的 性 状 抗 血 清 PCR 法 による 同 定 など 種 々の 同 定 方 法 を 含 む 抗 体 検 査 による 感 染 症 の 診 断 には (1) 急 性 期 と 回 復 期 のペア 血 清 による 抗 体 の 陽 転 ( 陰 性 から 陽 性 へ 転 じること) (2) 急 性 期 と 回 復 期 のペア 血 清 による 抗 体 価 の 有 意 上 昇 (3) 急 性 期 の IgM 抗 体 の 検 出 (4) 単 一 血 清 での IgG 抗 体 の 検 出 による 診 断 もあり 得 るが その 場 合 臨 床 症 状 等 総 合 的 な 判 断 が 必 要 である のいずれかが 用 いられる なお 抗 体 価 の 有 意 上 昇 とは 血 清 の 段 階 希 釈 を 実 施 する 方 法 を 使 用 した 場 合 においてのみ 利 用 可 能 であり 4 倍 以 上 の 上 昇 を 示 した 場 合 をいう ただし E LISA 法 EIA 法 等 吸 光 度 (インデックス)で 判 定 する 検 査 法 においては この 値 (4 倍 )を 用 いることはできない 2~3 ( 略 ) 2~3 ( 略 ) 第 2 ( 略 ) 第 2 ( 略 ) 第 3 二 類 感 染 症 第 3 二 類 感 染 症 1~3( 略 ) 4 重 症 急 性 呼 吸 器 症 候 群 ( 病 原 体 がコロナウイルス 属 SARSコロナウイルスであ るものに 限 る) (1)~(2) ( 略 ) 1~3( 略 ) 4 重 症 急 性 呼 吸 器 症 候 群 ( 病 原 体 がコロナウイルス 属 SARSコロナウイルスであ るものに 限 る) (1)~(2) ( 略 ) - 1 -

3 (3) 届 出 基 準 ア~オ ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~オ ( 略 ) 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 PCR 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 ELISA 法 又 は 蛍 光 抗 体 法 によるIgM 抗 体 若 しくはI gg 抗 体 の 検 出 又 は 中 和 試 験 による 抗 体 の 検 出 鼻 咽 頭 拭 い 液 喀 痰 尿 便 血 清 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 PCR 法 又 はLAMP 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 ELISA 法 又 は 蛍 光 抗 体 法 によるIgM 抗 体 若 しくはI gg 抗 体 の 検 出 又 は 中 和 試 験 による 抗 体 の 検 出 鼻 咽 頭 拭 い 液 喀 痰 尿 便 血 清 5( 略 ) 5( 略 ) 第 4 ( 略 ) 第 4 ( 略 ) 第 5 四 類 感 染 症 第 5 四 類 感 染 症 1 E 型 肝 炎 (1)~(2) ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~エ ( 略 ) 1 E 型 肝 炎 (1)~(2) ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~エ ( 略 ) PCR 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 血 液 便 PCR 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 血 液 IgM 抗 体 若 しくはIgA 抗 体 の 検 出 血 清 IgM 抗 体 の 検 出 血 清 10 Q 熱 (1) 定 義 コクシエラ 科 コクシエラ 属 の Coxiella burnetii の 感 染 によって 起 こる 感 染 症 で ある (2)~(3) ( 略 ) 10 Q 熱 (1) 定 義 リケッチア 科 コクシエラ 属 の Coxiella burnetii の 感 染 によって 起 こる 感 染 症 で ある (2)~(3) ( 略 ) 21 デング 熱 (1)~(2) ( 略 ) 21 デング 熱 (1)~(2) ( 略 ) - 2 -

4 (3) 届 出 基 準 ア~エ ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~エ ( 略 ) 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 PCR 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 非 構 造 蛋 白 抗 原 (NS1)の 検 出 IgM 抗 体 の 検 出 中 和 試 験 又 は 赤 血 球 凝 集 阻 止 法 による 抗 体 の 検 出 (ペア 血 清 による 抗 体 陽 転 又 は 抗 体 価 の 有 意 の 上 昇 ) 血 液 血 清 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 PCR 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 IgM 抗 体 の 検 出 中 和 試 験 又 は 赤 血 球 凝 集 阻 止 法 による 抗 体 の 検 出 (ペア 血 清 による 抗 体 陽 転 又 は 抗 体 価 の 有 意 の 上 昇 ) 血 液 血 清 30 ブルセラ 症 (1)~(2) ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~エ ( 略 ) 30 ブルセラ 症 (1)~(2) ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~エ ( 略 ) 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 試 験 管 凝 集 反 応 による 抗 体 の 検 出 ( 抗 原 がアポルタスの 場 合 は40 倍 以 上 カニスの 場 合 は160 倍 以 上 の 抗 体 価 ) 血 液 骨 髄 膿 瘍 血 清 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 試 験 管 凝 集 反 応 による 抗 体 の 検 出 ( 抗 原 がアポルタスの 場 合 は40 倍 以 上 カニスの 場 合 は160 倍 以 上 の 抗 体 価 ) 補 体 結 合 反 応 による 抗 体 の 検 出 (ペア 血 清 による 抗 体 陽 転 又 は 抗 体 価 の 有 意 の 上 昇 ) 血 液 骨 髄 血 清 41 レジオネラ 症 (1) ( 略 ) (2) 臨 床 的 特 徴 在 郷 軍 人 病 (レジオネラ 肺 炎 )とポンティアック 熱 が 主 要 な 病 型 である 腹 痛 下 痢 意 識 障 害 歩 行 障 害 などを 伴 うことがある 臨 床 症 状 で 他 の 細 菌 性 肺 炎 と 区 別 することは 困 難 である 免 疫 不 全 者 の 場 合 には 肺 炎 の 劇 症 化 と 多 臓 器 不 全 が 起 こることがある なお 届 出 上 の 病 型 については 肺 炎 若 しくは 多 臓 器 不 全 の 認 められるものを 肺 炎 型 とし それ 以 外 をポンティアック 熱 型 とする (3) ( 略 ) 41 レジオネラ 症 (1) ( 略 ) (2) 臨 床 的 特 徴 在 郷 軍 人 病 (レジオネラ 肺 炎 )とポンティアック 熱 が 主 要 な 病 型 である 腹 痛 下 痢 意 識 障 害 歩 行 障 害 などを 伴 うことがある 臨 床 症 状 で 他 の 細 菌 性 肺 炎 と 区 別 することは 困 難 である 免 疫 不 全 者 の 場 合 には 肺 炎 の 劇 症 化 と 多 臓 器 不 全 が 起 こることがある (3) ( 略 ) - 3 -

5 第 6 五 類 感 染 症 1~8 ( 略 ) 第 6 五 類 感 染 症 1~8 ( 略 ) 9 侵 襲 性 インフルエンザ 菌 感 染 症 (1) 定 義 Haemophilus influenzae による 侵 襲 性 感 染 症 のうち 本 菌 が 髄 液 又 は 血 液 から 検 出 された 感 染 症 とする (2) 臨 床 的 特 徴 潜 伏 期 間 は 不 明 である 発 症 は 一 般 に 突 発 的 であり 上 気 道 炎 や 中 耳 炎 を 伴 って 発 症 することがある 髄 膜 炎 例 では 頭 痛 発 熱 髄 膜 刺 激 症 状 の 他 痙 攣 意 識 障 害 乳 児 では 大 泉 門 膨 隆 等 の 症 状 を 示 す 敗 血 症 例 では 発 熱 悪 寒 虚 脱 や 発 疹 を 呈 すが 臨 床 症 状 が 特 異 的 ではないことも 多 く 急 速 に 重 症 化 して 肺 炎 や 喉 頭 蓋 炎 並 びにショックを 来 すことがある (3) 届 出 基 準 ア 患 者 ( 確 定 例 ) 医 師 は (2)の 臨 床 的 特 徴 を 有 する 者 を 診 察 した 結 果 症 状 や 所 見 から 侵 襲 性 インフルエンザ 菌 感 染 症 が 疑 われ かつ 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる により 侵 襲 性 インフルエンザ 菌 感 染 症 患 者 と 診 断 した 場 合 には 法 第 12 条 第 1 項 の 規 定 による 届 出 を7 日 以 内 に 行 わなければならない この 場 合 において は 同 欄 に 掲 げる の 区 分 ごとに それぞ れ 同 表 の 右 欄 に 定 めるもののいずれかを 用 いること イ 感 染 症 死 亡 者 の 死 体 医 師 は (2)の 臨 床 的 特 徴 を 有 する 死 体 を 検 案 した 結 果 症 状 や 所 見 から 侵 襲 性 インフルエンザ 菌 感 染 症 が 疑 われ かつ 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる に より 侵 襲 性 インフルエンザ 菌 感 染 症 により 死 亡 したと 判 断 した 場 合 には 法 第 12 条 第 1 項 の 規 定 による 届 出 を7 日 以 内 に 行 わなければならない この 場 合 において は 同 欄 に 掲 げる の 区 分 ごとに それぞ れ 同 表 の 右 欄 に 定 めるもののいずれかを 用 いること ( 新 規 ) 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 PCR 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 髄 液 血 液 髄 液 血 液 - 4 -

6 9-1 侵 襲 性 髄 膜 炎 菌 感 染 症 (1) 定 義 Neisseria meningitidis による 侵 襲 性 感 染 症 のうち 本 菌 が 髄 液 又 は 血 液 から 検 出 された 感 染 症 とする (2) 臨 床 的 特 徴 潜 伏 期 間 は 2~10 日 ( 平 均 4 日 )で 発 症 は 突 発 的 である 髄 膜 炎 例 では 頭 痛 発 熱 髄 膜 刺 激 症 状 の 他 痙 攣 意 識 障 害 乳 児 では 大 泉 門 膨 隆 等 を 示 す 敗 血 症 例 では 発 熱 悪 寒 虚 脱 を 呈 し 重 症 化 を 来 すと 紫 斑 の 出 現 ショック 並 びに DIC (Waterhouse-Friedrichsen 症 候 群 )に 進 展 することがある 本 疾 患 の 特 徴 として 点 状 出 血 が 眼 球 結 膜 や 口 腔 粘 膜 皮 膚 に 認 められ また 出 血 斑 が 体 幹 や 下 肢 に 認 め られる 世 界 各 地 に 散 発 性 又 は 流 行 性 に 発 症 し 温 帯 では 寒 い 季 節 に 熱 帯 では 乾 期 に 多 発 する 学 生 寮 などで 共 同 生 活 を 行 う 10 代 が 最 もリスクが 高 いとされているため 特 に 共 同 生 活 をしている 例 ではアウトブレイクに 注 意 が 必 要 である (3) 届 出 基 準 ア 患 者 ( 確 定 例 ) 医 師 は (2)の 臨 床 的 特 徴 を 有 する 者 を 診 察 した 結 果 症 状 や 所 見 から 侵 襲 性 髄 膜 炎 菌 感 染 症 が 疑 われ かつ 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる により 侵 襲 性 髄 膜 炎 菌 感 染 症 と 診 断 した 場 合 には 法 第 12 条 第 1 項 の 規 定 による 届 出 を7 日 以 内 に 行 わなければならない 特 に 患 者 が 学 生 寮 などで 共 同 生 活 を 行 ってい る 場 合 には 早 期 の 対 応 が 望 まれる この 場 合 において は 同 欄 に 掲 げる の 区 分 ごとに それぞ れ 同 表 の 右 欄 に 定 めるもののいずれかを 用 いること イ 感 染 症 死 亡 者 の 死 体 医 師 は (2)の 臨 床 的 特 徴 を 有 する 死 体 を 検 案 した 結 果 症 状 や 所 見 から 侵 襲 性 髄 膜 炎 菌 感 染 症 が 疑 われ かつ 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる により 侵 襲 性 髄 膜 炎 菌 感 染 症 により 死 亡 したと 判 断 した 場 合 には 法 第 12 条 第 1 項 の 規 定 による 届 出 を7 日 以 内 に 行 わなければならない この 場 合 において は 同 欄 に 掲 げる の 区 分 ごとに それぞ れ 同 表 の 右 欄 に 定 めるもののいずれかを 用 いること 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 PCR 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 髄 液 血 液 髄 液 血 液 髄 膜 炎 菌 性 髄 膜 炎 (1) 定 義 Neisseria meningitidis による 急 性 化 膿 性 髄 膜 炎 である (2) 臨 床 的 特 徴 突 然 の 発 症 がみられ( 潜 伏 期 は2~4 日 ) 髄 膜 炎 症 状 ( 頭 痛 発 熱 痙 攣 意 識 障 害 髄 膜 刺 激 症 状 乳 児 では 大 泉 門 膨 隆 )を 示 す 点 状 出 血 がみられることも ある 敗 血 症 例 ではショック 並 びにDICを 来 し(Waterhouse-Friedrichsen 症 候 群 ) 細 菌 性 の 関 節 炎 を 伴 うこともある 世 界 各 地 に 散 発 性 又 は 流 行 性 に 発 生 し 温 帯 では 寒 い 季 節 に 熱 帯 では 乾 季 に 多 発 する 本 邦 ではまれである (3) 届 出 基 準 ア 患 者 ( 確 定 例 ) 医 師 は (2)の 臨 床 的 特 徴 を 有 する 者 を 診 察 した 結 果 症 状 や 所 見 から 髄 膜 炎 菌 性 髄 膜 炎 が 疑 われ かつ 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる により 髄 膜 炎 菌 性 髄 膜 炎 と 診 断 した 場 合 には 法 第 12 条 第 1 項 の 規 定 による 届 出 を7 日 以 内 に 行 わなければならない この 場 合 において は 同 欄 に 掲 げる の 区 分 ごとに それぞ れ 同 表 の 右 欄 に 定 めるもののいずれかを 用 いること イ 感 染 症 死 亡 者 の 死 体 医 師 は (2)の 臨 床 的 特 徴 を 有 する 死 体 を 検 案 した 結 果 症 状 や 所 見 から 髄 膜 炎 菌 性 髄 膜 炎 が 疑 われ かつ 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる により 髄 膜 炎 菌 性 髄 膜 炎 により 死 亡 したと 判 断 した 場 合 には 法 第 12 条 第 1 項 の 規 定 によ る 届 出 を7 日 以 内 に 行 わなければならない この 場 合 において は 同 欄 に 掲 げる の 区 分 ごとに それぞ れ 同 表 の 右 欄 に 定 めるもののいずれかを 用 いること 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 髄 液 血 液

7 14-5 侵 襲 性 肺 炎 球 菌 感 染 症 (1) 定 義 Streptococcus pneumoniae による 侵 襲 性 感 染 症 のうち 本 菌 が 髄 液 又 は 血 液 から 検 出 された 感 染 症 とする (2) 臨 床 的 特 徴 潜 伏 期 間 は 不 明 である 小 児 及 び 高 齢 者 を 中 心 とした 発 症 が 多 く 小 児 と 成 人 で その 臨 床 的 特 徴 が 異 なる ア 小 児 成 人 と 異 なり 肺 炎 を 伴 わず 発 熱 のみを 初 期 症 状 とした 感 染 巣 のはっきりし ない 菌 血 症 例 が 多 い また 髄 膜 炎 は 直 接 発 症 するものの 他 肺 炎 球 菌 性 の 中 耳 炎 に 続 いて 発 症 することがある イ 成 人 発 熱 咳 嗽 喀 痰 息 切 れを 初 期 症 状 とした 菌 血 症 を 伴 う 肺 炎 が 多 い 髄 膜 炎 例 では 頭 痛 発 熱 痙 攣 意 識 障 害 髄 膜 刺 激 症 状 等 の 症 状 を 示 す (3) 届 出 基 準 ア 患 者 ( 確 定 例 ) 医 師 は (2)の 臨 床 的 特 徴 を 有 する 者 を 診 察 した 結 果 症 状 や 所 見 から 侵 襲 性 肺 炎 球 菌 感 染 症 が 疑 われ かつ 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる により 侵 襲 性 肺 炎 球 菌 感 染 症 患 者 と 診 断 した 場 合 には 法 第 12 条 第 1 項 の 規 定 による 届 出 を 7 日 以 内 に 行 わなければならない この 場 合 において は 同 欄 に 掲 げる の 区 分 ごとに それぞ れ 同 表 の 右 欄 に 定 めるもののいずれかを 用 いること イ 感 染 症 死 亡 者 の 死 体 医 師 は (2)の 臨 床 的 特 徴 を 有 する 死 体 を 検 案 した 結 果 症 状 や 所 見 から 侵 襲 性 肺 炎 球 菌 感 染 症 が 疑 われ かつ 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる により 侵 襲 性 肺 炎 球 菌 感 染 症 により 死 亡 したと 判 断 した 場 合 には 法 第 12 条 第 1 項 の 規 定 による 届 出 を7 日 以 内 に 行 わなければならない この 場 合 において は 同 欄 に 掲 げる の 区 分 ごとに それぞ れ 同 表 の 右 欄 に 定 めるもののいずれかを 用 いること ( 新 規 ) - 6 -

8 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 髄 液 血 液 PCR 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 髄 液 血 液 ラテックス 法 又 はイムノクロマト 法 による 病 原 体 抗 原 の 検 出 髄 液 10~12 ( 略 ) 13 バンコマイシン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 感 染 症 (1)~(2) ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~イ ( 略 ) 分 離 同 定 による 黄 色 ブドウ 球 菌 の 検 出 かつ 分 離 菌 に 対 するバンコマイシンのMIC 値 が 16μg/ml 以 上 分 離 同 定 による 黄 色 ブドウ 球 菌 の 検 出 かつ 分 離 菌 に 対 するバンコマイシンのMIC 値 が 16μg/ml 以 上 かつ 分 離 菌 が 感 染 症 の 起 因 菌 であるとの 判 定 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 その 他 の 通 常 無 菌 的 である べき 検 体 喀 痰 膿 尿 その 他 の 通 常 無 菌 的 ではない 検 体 14 バンコマイシン 耐 性 腸 球 菌 感 染 症 (1) 定 義 バンコマイシンに 対 して 耐 性 を 示 す 腸 球 菌 (VRE)による 感 染 症 である (2) ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~イ ( 略 ) 分 離 同 定 による 腸 球 菌 の 検 出 かつ 分 離 菌 に 対 するバンコマイシンのMIC 値 が16μ g/ml 以 上 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 そ の 他 の 通 常 無 菌 的 であるべ き 検 体 10~12 ( 略 ) 13 バンコマイシン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 感 染 症 (1)~(2) ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~イ ( 略 ) 分 離 同 定 による 黄 色 ブドウ 球 菌 の 検 出 かつ 薬 剤 耐 性 の 特 性 の 確 認 ( 分 離 菌 のバンコマイ シンのMIC 値 が32μg/ml 以 上 ) 分 離 同 定 による 黄 色 ブドウ 球 菌 の 検 出 かつ 分 離 菌 に 対 するバンコマイシンのMIC 値 が 32μg/ml 以 上 かつ 分 離 菌 が 肺 炎 などの 深 在 性 侵 襲 性 若 しくは 全 身 感 染 症 の 起 因 菌 である との 判 定 血 液 通 常 無 菌 的 であるべ き 検 体 喀 痰 無 菌 的 ではない 検 体 14 バンコマイシン 耐 性 腸 球 菌 感 染 症 (1) 定 義 バンコマイシン 耐 性 遺 伝 子 (vana,vanb,vanc)を 保 有 する 腸 球 菌 (VRE)によ る 感 染 症 である (2) ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~イ ( 略 ) 分 離 同 定 による 腸 球 菌 の 検 出 かつ 薬 剤 耐 性 の 特 性 の 確 認 ( 分 離 菌 のバンコマイシンの MIC 値 が16μg/ml 以 上 ) 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 そ の 他 の 通 常 は 無 菌 的 である べき 臨 床 検 体 - 7 -

9 分 離 同 定 による 腸 球 菌 の 検 出 かつ 分 離 菌 に 対 するバンコマイシンのMIC 値 が16μ g/ml 以 上 かつ 分 離 菌 が 感 染 症 の 起 因 菌 と 判 定 された 場 合 喀 痰 膿 尿 その 他 の 通 常 無 菌 的 ではない 検 体 分 離 同 定 による 腸 球 菌 の 検 出 かつ 分 離 菌 からの vana vanb 又 は vanc 遺 伝 子 の 検 出 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 そ の 他 の 通 常 は 無 菌 的 である べき 臨 床 検 体 14-2~35 ( 略 ) 14-2~35 ( 略 ) 36 細 菌 性 髄 髄 膜 炎 ( 髄 膜 炎 菌 肺 炎 球 菌 インフルエンザ 菌 を 原 因 として 同 定 さ れた 場 合 を 除 く ) (1) 定 義 髄 膜 炎 菌 肺 炎 球 菌 インフルエンザ 菌 を 原 因 として 同 定 された 場 合 を 除 く 種 々 の 細 菌 感 染 症 による 髄 膜 の 感 染 症 である (2)~(5) ( 略 ) 37 ペニシリン 耐 性 肺 炎 球 菌 感 染 症 (1) 定 義 ペニシリンGに 対 して 耐 性 を 示 す 肺 炎 球 菌 による 感 染 症 である (2)~(3) ( 略 ) (4) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 分 離 同 定 による 肺 炎 球 菌 の 検 出 かつペニ シリンのMIC 値 が0.125μg/ml 以 上 又 は オキサシリンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が19mm 以 下 分 離 同 定 による 肺 炎 球 菌 の 検 出 かつペニ シリンのMIC 値 が0.125μg/ml 以 上 又 は オキサシリンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が19mm 以 下 かつ 分 離 菌 が 感 染 症 の 起 因 菌 と 判 定 された 場 合 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 そ の 他 の 通 常 無 菌 的 であるべ き 検 体 喀 痰 膿 尿 その 他 の 通 常 無 菌 的 ではない 検 体 36 細 菌 性 髄 髄 膜 炎 ( 髄 膜 炎 菌 性 髄 膜 炎 をのぞく) (1) 定 義 種 々の 細 菌 感 染 症 による 髄 膜 の 感 染 症 である (2)~(5) ( 略 ) 37 ペニシリン 耐 性 肺 炎 球 菌 感 染 症 (1) 定 義 ペニシリンGに 対 して 耐 性 のある 肺 炎 球 菌 による 感 染 症 である (2)~(3) ( 略 ) (4) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 菌 の 分 離 による 病 原 体 の 検 出 ( 敗 血 症 心 内 膜 炎 腹 膜 炎 胸 膜 炎 髄 膜 炎 骨 髄 炎 ) 及 び 以 下 の 検 査 室 での 判 断 基 準 を 満 たすもの( 検 査 室 での 判 断 基 準 は ペニシリンのMIC μg/ml 又 は オキサシリンの 感 受 性 ディ スク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が19mm 以 下 ) 菌 の 分 離 による 病 原 体 の 検 出 かつ 感 染 症 の 起 因 菌 と 判 定 された 場 合 ( 呼 吸 器 感 染 症 肝 胆 道 系 感 染 症 創 傷 感 染 症 腎 盂 腎 炎 複 雑 性 尿 路 感 染 症 扁 桃 炎 細 菌 性 中 耳 炎 副 鼻 腔 炎 皮 膚 軟 部 組 織 感 染 症 ) 及 び 以 下 の 検 査 室 での 判 断 基 準 を 満 たすもの( 検 査 室 での 判 断 基 準 は ペニシリンのMIC 0.125μg/ml 又 は オキサシリンの 感 受 性 ディスク(KB) の 阻 止 円 の 直 径 が19mm 以 下 ) 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 通 常 は 無 菌 的 であるべき 臨 床 検 体 喀 痰 膿 尿 便 無 菌 的 で はない 検 体 - 8 -

10 38 マイコプラズマ 肺 炎 (1)~(3) ( 略 ) (3) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 38 マイコプラズマ 肺 炎 (1)~(3) ( 略 ) (3) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 PCR 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 抗 体 の 検 出 (ペア 血 清 による 抗 体 陽 転 又 は 抗 体 価 の 有 意 の 上 昇 又 は 単 一 血 清 で 間 接 血 球 凝 集 抗 体 価 320 倍 以 上 補 体 結 合 抗 体 価 64 倍 以 上 ゼラチン 粒 子 凝 集 抗 体 価 320 倍 以 上 若 しく はIgM 抗 体 の 検 出 ( 迅 速 診 断 キット)) 気 道 から 採 取 され た 検 体 血 清 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 PCR 法 又 はLAMP 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 抗 体 の 検 出 (ペア 血 清 による 抗 体 陽 転 又 は 抗 体 価 の 有 意 の 上 昇 又 は 単 一 血 清 で 間 接 血 球 凝 集 抗 体 価 320 倍 以 上 補 体 結 合 抗 体 価 64 倍 以 上 ゼラチン 粒 子 凝 集 抗 体 価 320 倍 以 上 若 しく はIgM 抗 体 の 検 出 ( 迅 速 診 断 キット)) 気 道 から 採 取 され た 検 体 血 清 39~40 ( 略 ) 39~40 ( 略 ) 41 メチシリン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 感 染 症 (1)~(3) ( 略 ) (4) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 分 離 同 定 による 黄 色 ブドウ 球 菌 の 検 出 か つオキサシリンのMIC 値 が4μg/ml 以 上 又 はオキサシリンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が10mm 以 下 分 離 同 定 による 黄 色 ブドウ 球 菌 の 検 出 か つオキサシリンのMIC 値 が4μg/ml 以 上 又 はオキサシリンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が10mm 以 下 かつ 分 離 菌 が 感 染 症 の 起 因 菌 と 判 定 された 場 合 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 そ の 他 の 通 常 無 菌 的 であるべ き 検 体 喀 痰 膿 尿 その 他 の 通 常 無 菌 的 ではない 検 体 41 メチシリン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 感 染 症 (1)~(3) ( 略 ) (4) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 菌 の 分 離 による 病 原 体 の 検 出 ( 敗 血 症 心 内 膜 炎 腹 膜 炎 胸 膜 炎 髄 膜 炎 骨 髄 炎 ) 及 び 以 下 の 検 査 室 での 判 断 基 準 を 満 たすもの( 検 査 室 での 判 断 基 準 は オキサシリンのMIC 4 μg/ml 又 はオキサシリンの 感 受 性 ディスク (KB)の 阻 止 円 の 直 径 が10mm 以 下 ) 菌 の 分 離 による 病 原 体 の 検 出 かつ 感 染 症 の 起 因 菌 と 判 定 された 場 合 ( 呼 吸 器 感 染 症 肝 胆 道 系 感 染 症 創 傷 感 染 症 腎 盂 腎 炎 複 雑 性 尿 路 感 染 症 扁 桃 炎 細 菌 性 中 耳 炎 副 鼻 腔 炎 皮 膚 軟 部 組 織 感 染 症 ) 及 び 以 下 の 検 査 室 での 判 断 基 準 を 満 たすもの( 検 査 室 での 判 断 基 準 は オキサシリンのMIC 4μg/ml 又 はオキサシリンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が10mm 以 下 ) 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 通 常 は 無 菌 的 であるべき 臨 床 検 体 喀 痰 膿 尿 便 無 菌 的 で はない 検 体 - 9 -

11 42 薬 剤 耐 性 アシネトバクター 感 染 症 (1)~(3) ( 略 ) (4) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 分 離 同 定 によるアシネトバクター 属 菌 の 検 出 かつ 以 下 の3つの 条 件 を 全 て 満 たした 場 合 ア イミペネムのMIC 値 が16μg/ml 以 上 又 は イミペネムの 感 受 性 ディスク(KB) の 阻 止 円 の 直 径 が13mm 以 下 イ アミカシンのMIC 値 が32μg/ml 以 上 又 は アミカシンの 感 受 性 ディスク(KB) の 阻 止 円 の 直 径 が14mm 以 下 ウ シプロフロキサシンのMIC 値 が4μ g/ml 以 上 又 は シプロフロキサシンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が15mm 以 下 分 離 同 定 によるアシネトバクター 属 菌 の 検 出 かつ 以 下 の3つの 条 件 を 全 て 満 たし か つ 分 離 菌 が 感 染 症 の 起 因 菌 と 判 定 された 場 合 ア イミペネムのMIC 値 が16μg/ml 以 上 又 は イミペネムの 感 受 性 ディスク(KB) の 阻 止 円 の 直 径 が13mm 以 下 イ アミカシンのMIC 値 が32μg/ml 以 上 又 は アミカシンの 感 受 性 ディスク(KB) の 阻 止 円 の 直 径 が14mm 以 下 ウ シプロフロキサシンのMIC 値 が4μ 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 その 他 の 通 常 無 菌 的 である べき 検 体 喀 痰 膿 尿 その 他 の 通 常 無 菌 的 ではない 検 体 薬 剤 耐 性 アシネトバクター 感 染 症 (1)~(3) ( 略 ) (4) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 ( 敗 血 症 心 内 膜 炎 腹 膜 炎 胸 膜 炎 髄 膜 炎 骨 髄 炎 ) 及 び 以 下 の 検 査 室 での 判 断 基 準 を 満 たすもの ( 検 査 室 での 判 断 基 準 は 以 下 の3つの 条 件 を 全 て 満 たした 場 合 である ) ア イミペネムのMIC 16μg/ml 又 は イミペネムの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が13mm 以 下 イ アミカシンのMIC 32μg/ml 又 は アミカシンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が14mm 以 下 ウ シプロフロキサシンのMIC 4μg/ml 又 は シプロフロキサシンの 感 受 性 ディスク (KB)の 阻 止 円 の 直 径 が15mm 以 下 ) 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 かつ 感 染 症 の 起 因 菌 と 判 定 された 場 合 ( 呼 吸 器 感 染 症 肝 胆 道 系 感 染 症 創 傷 感 染 症 腎 盂 腎 炎 複 雑 性 尿 路 感 染 症 皮 膚 軟 部 組 織 感 染 症 細 菌 性 中 耳 炎 副 鼻 腔 炎 眼 炎 ) 及 び 以 下 の 検 査 室 での 判 断 基 準 を 満 たすもの ( 検 査 室 での 判 断 基 準 は 以 下 の3つの 条 件 を 全 て 満 たした 場 合 である ア イミペネムのMIC 16μg/ml 又 は イミペネムの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が13mm 以 下 イ アミカシンのMIC 32μg/ml 又 は アミカシンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が14mm 以 下 ウ シプロフロキサシンのMIC 4μg/ml 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 通 常 は 無 菌 的 であるべき 臨 床 検 体 喀 痰 気 道 分 泌 液 口 腔 粘 液 膿 滲 出 液 尿 耳 漏 眼 脂 無 菌 的 ではない 検 体

12 g/ml 以 上 又 は シプロフロキサシンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が15mm 以 下 又 は シプロフロキサシンの 感 受 性 ディスク (KB)の 阻 止 円 の 直 径 が15mm 以 下 ) 43 薬 剤 耐 性 緑 膿 菌 感 染 症 (1)~(3) ( 略 ) (4) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 分 離 同 定 による 緑 膿 菌 の 検 出 かつ 以 下 の3つの 条 件 を 全 て 満 たした 場 合 ア イミペネムのMIC 値 が16μg/ml 以 上 又 は イミペネムの 感 受 性 ディスク(KB) の 阻 止 円 の 直 径 が13mm 以 下 イ アミカシンのMIC 値 が32μg/ml 以 上 又 は アミカシンの 感 受 性 ディスク(KB) の 阻 止 円 の 直 径 が14mm 以 下 ウ シプロフロキサシンのMIC 値 が4μ g/ml 以 上 又 は シプロフロキサシンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が15mm 以 下 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 そ の 他 の 通 常 無 菌 的 であるべ き 検 体 43 薬 剤 耐 性 緑 膿 菌 感 染 症 (1)~(3) ( 略 ) (4) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 ( 敗 血 症 心 内 膜 炎 腹 膜 炎 胸 膜 炎 髄 膜 炎 骨 髄 炎 ) 及 び 以 下 の 検 査 室 での 判 断 基 準 を 満 たすもの ( 検 査 室 での 判 断 基 準 は 以 下 の3つの 条 件 を 全 て 満 たした 場 合 である ア イミペネムのMIC 16μg/ml 又 は イミペネムの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が13mm 以 下 イ アミカシンのMIC 32μg/ml 又 は アミカシンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が14mm 以 下 ウ シプロフロキサシンのMIC 4μg/ml 又 は シプロフロキサシンの 感 受 性 ディスク (KB)の 阻 止 円 の 直 径 が15mm 以 下 ) 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 通 常 は 無 菌 的 であるべき 臨 床 検 体

13 分 離 同 定 による 緑 膿 菌 の 検 出 かつ 以 下 の3つの 条 件 を 全 て 満 たし かつ 分 離 菌 が 感 染 症 の 起 因 菌 と 判 定 された 場 合 ア イミペネムのMIC 値 が16μg/ml 以 上 又 は イミペネムの 感 受 性 ディスク(KB) の 阻 止 円 の 直 径 が13mm 以 下 イ アミカシンのMIC 値 が32μg/ml 以 上 又 は アミカシンの 感 受 性 ディスク(KB) の 阻 止 円 の 直 径 が14mm 以 下 ウ シプロフロキサシンのMIC 値 が4μ g/ml 以 上 又 は シプロフロキサシンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が15 mm 以 下 喀 痰 膿 尿 その 他 の 通 常 無 菌 的 ではない 検 体 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 かつ 感 染 症 の 起 因 菌 と 判 定 された 場 合 ( 呼 吸 器 感 染 症 肝 胆 道 系 感 染 症 創 傷 感 染 症 腎 盂 腎 炎 複 雑 性 尿 路 感 染 症 扁 桃 炎 細 菌 性 中 耳 炎 副 鼻 腔 炎 皮 膚 軟 部 組 織 感 染 症 ) 及 び 以 下 の 検 査 室 での 判 断 基 準 を 満 たすもの ( 検 査 室 での 判 断 基 準 は 以 下 の3つの 条 件 を 全 て 満 たした 場 合 である ア イミペネムのMIC 16μg/ml 又 は イミペネムの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が13mm 以 下 イ アミカシンのMIC 32μg/ml 又 は アミカシンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が14mm 以 下 ウ シプロフロキサシンのMIC 4μg/ml 又 は シプロフロキサシンの 感 受 性 ディスク (KB)の 阻 止 円 の 直 径 が15mm 以 下 ) 喀 痰 膿 尿 便 無 菌 的 で はない 検 体 第 7 ( 略 ) 第 7 ( 略 )

14 別 記 様 式 1( 略 ) 別 記 様 式 2-1~2-3( 略 ) 別 記 様 式 2-4 新 別 記 様 式 1( 略 ) 別 記 様 式 2-1~2-3( 略 ) 別 記 様 式 2-4 旧 別 記 様 式 2-5( 略 ) 別 記 様 式 2-5( 略 )

15 別 記 様 式 3-1( 略 ) 別 記 様 式 3-2 別 記 様 式 3-1( 略 ) 別 記 様 式 3-2 別 記 様 式 3-3~3-5 ( 略 ) 別 記 様 式 3-3~3-5 ( 略 )

16 別 記 様 式 4-1 別 記 様 式 4-1 別 記 様 式 4-2~4-18 ( 略 ) 別 記 様 式 4-2~4-18 ( 略 )

17 別 記 様 式 4-19 別 記 様 式 4-19

18 別 記 様 式 4-20 ( 略 ) 別 記 様 式 4-21 別 記 様 式 4-20 ( 略 ) 別 記 様 式 4-21 別 記 様 式 4-22~4-25 ( 略 ) 別 記 様 式 4-22~4-25 ( 略 )

19 別 記 様 式 4-26 別 記 様 式 4-26

20 別 記 様 式 4-27~4-29 ( 略 ) 別 記 様 式 4-30 別 記 様 式 4-27~4-29 ( 略 ) 別 記 様 式 4-30

21 別 記 様 式 4-31~4-34 ( 略 ) 別 記 様 式 4-35 別 記 様 式 4-31~4-34 ( 略 ) 別 記 様 式 4-35

22 別 記 様 式 4-36~4-39 ( 略 ) 別 記 様 式 4-40 別 記 様 式 4-36~4-39 ( 略 ) 別 記 様 式 4-40

23 別 記 様 式 4-41 別 記 様 式 4-41 別 記 様 式 4-42~4-43 別 記 様 式 4-42~4-43

24 別 記 様 式 5-1 ( 略 ) 別 記 様 式 5-2 別 記 様 式 5-1 ( 略 ) 別 記 様 式 5-2

25 別 記 様 式 5-3~5-5 別 記 様 式 5-6 別 記 様 式 5-3~5-5 別 記 様 式 5-6

26 別 記 様 式 5-7~5-8( 略 ) 別 記 様 式 5-7~5-8( 略 ) ( 新 規 )

27 別 記 様 式 別 記 様 式 5-9

28 別 記 様 式 ( 新 規 )

29 別 記 様 式 5-10~5-12( 略 ) 別 記 様 式 5-13 別 記 様 式 5-10~5-12( 略 ) 別 記 様 式 5-13

30 別 記 様 式 5-14 別 記 様 式 5-14

31 別 記 様 式 ( 略 ) 別 記 様 式 別 記 様 式 ( 略 ) 別 記 様 式

32 別 記 様 式 6~7( 略 ) 別 記 様 式 6~7( 略 )

届出基準

届出基準 15 RSウイルス 感 染 症 RSウイルス(respiratory syncytial virus)による 急 性 呼 吸 器 感 染 症 である 乳 児 期 の 発 症 が 多 く 特 徴 的 な 病 像 は 細 気 管 支 炎 肺 炎 である 2 日 ~1 週 間 ( 通 常 4~5 日 )の 潜 伏 期 間 の 後 に 初 感 染 の 乳 幼 児 では 上 気 道 症 状 ( 鼻 汁 咳 など)から

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

10w.xdw

10w.xdw 児 県 感 染 症 発 生 動 向 調 査 事 業 感 染 症 のホームページアドレス http://www.pref.kagoshima.jp/kenko-fukushi/kenko-iryo/kansen/index.html 県 内 に 流 行 性 耳 下 腺 炎 (おたふくかぜ)の 流 行 発 生 警 報 が 発 令 されました 県 内 の 流 行 性 耳 下 腺 炎 の 発 生 動 向 と

More information

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後 主 治 医 様 下 記 太 線 枠 内 をご 記 入 願 います 登 園 許 可 証 光 輪 はさみこども 園 園 長 殿 入 所 園 児 氏 名. 病 名 平 成 年 月 日 から 病 状 も 回 復 し 集 団 生 活 に 支 障 がない 状 態 になったので 登 園 可 能 と 判 断 します 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 医 師 名 印 こども 園 は 乳 幼 児 が 集 団 で

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

重症急性呼吸器症候群(SARS)

重症急性呼吸器症候群(SARS) 7-15. 中 東 呼 吸 器 症 候 群 (MERS)( 暫 定 版 ) 2012 年 9 月 22 日 中 東 へ 渡 航 歴 のある 重 症 肺 炎 患 者 から 後 に Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus(MERS コロナウイルス)と 命 名 される 新 種 のコロナウイルス( 以 下 MERS-CoV)が 分 離 されたと 英 国 より

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3915395B6817A8C9F897591CE899E92CA926D>

<5461726F2D817989FC90B38CE3915395B6817A8C9F897591CE899E92CA926D> 健 感 発 第 1017001 号 平 成 18 年 10 月 17 日 ( 平 成 20 年 7 月 1 日 一 部 改 正 ) ( 平 成 23 年 8 月 19 日 一 部 改 正 ) ( 平 成 25 年 4 月 26 日 一 部 改 正 ) 各 検 疫 所 長 殿 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 ( 公 印 省 略 ) 鳥 インフルエンザA(H5N1 又 はH7N9)における 検

More information

付録2192.ec9

付録2192.ec9 広 島 県 医 師 会 速 報 ( 第 号 ) 付 録 年 ( 平 成 年 ) 月 日 ( ) 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 について 広 島 県 医 師 会 常 任 理 事 渡 邊 弘 司 本 県 における 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 につきましては すでにお 知 らせしておりますが

More information

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 に 係 る 水 道 法 第 二 一 条 に 規 定 する 健 康 診 断 の 実 施 等 について( 平 成 八 年 八 月 六 日 )( 衛 水 第 二 三 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 水 道 行 政 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 厚 生 省 生 活 衛 生 局 水 道 環 境 部 水 道 整 備 課 長 通 知 ) 伝 染 病 予 防 法

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

相 談 窓 口 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 救 済 制 度 相 談 窓 口 0120-149-931(フリーダイヤル) IP 電 話 等 の 方 でフリーダイヤルが 御 利 用 になれない 場 合 は 03-3506-9411( 有 料 )を 御 利 用 くだ

相 談 窓 口 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 救 済 制 度 相 談 窓 口 0120-149-931(フリーダイヤル) IP 電 話 等 の 方 でフリーダイヤルが 御 利 用 になれない 場 合 は 03-3506-9411( 有 料 )を 御 利 用 くだ 事 務 連 絡 平 成 27 年 10 月 22 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 健 康 局 健 康 課 医 薬 生 活 衛 生 局 安 全 対 策 課 子 宮 頸 がん 等 ワクチン 接 種 緊 急 促 進 事 業 に 基 づく 接 種 に 係 る 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の 請 求 期 限 の 周 知 について( 依 頼

More information

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき 日 付 時 限 内 4 月 8 日 4 婦 人 科 腫 瘍 学 総 論 GIO: 女 性 に 特 有 の 腫 瘍 疾 患 を 総 論 的 に 捉 え 理 解 する 容 SBO: 1. 生 殖 器 の 解 剖 生 殖 器 腫 瘍 の 病 理 細 胞 診 断 画 像 診 断 などについて 説 明 ができる 2. 子 宮 頸 部 悪 性 腫 瘍 の 発 癌 メカニズム( 特 にHPV) 診 断 治 療 について

More information

untitled

untitled CMV 12 24-1 造 血 幹 細 胞 移 植 後 の 合 併 症 時 期 合 併 症 抗 癌 剤 副 作 用 細 菌 性 真 菌 性 前 処 置 期 早 期 中 期 後 期 VODそ 敗 血 症 中 耳 炎 肺 炎 敗 血 症 ウイルス 性 白 血 球 数 とその 由 来 G V H D 造 血 幹 細 胞 移 植 日 数 前 処 置 期 早 期 中 期 後 期 患 者 本 人 の 口 内 (HSV

More information

我孫子市小規模水道条例

我孫子市小規模水道条例 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 施 行 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 46 号 以 下 条 例 という ) の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める ( 検 査 項 目 等 ) 第 2 条 条 例 第 3 条 第 2 項 に 規 定 する 基 準 ( 以 下 水 質 基

More information

文書フォーマット基本

文書フォーマット基本 新 潟 県 蚊 媒 介 感 染 症 対 策 対 応 指 針 平 成 28 年 4 月 新 潟 県 福 祉 保 健 部 目 次 第 1 指 針 の 基 本 的 事 項 1 1 指 針 策 定 の 趣 旨 2 指 針 の 性 格 3 指 針 の 見 直 し 第 2 基 本 方 針 1 1 発 生 段 階 の 考 え 方 2 各 機 関 の 役 割 と 連 携 第 3 発 生 段 階 における 対 策 及

More information

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った 資 料 1-1 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 について これまでの 経 緯 1986 年 1 月 :B 型 肝 炎 母 子 感 染 防 止 事 業 において 乳 児 に 対 する 感 染 防 止 事 業 を 開 始 1992 年 3 月 : WHOがB 型 肝 炎 ワクチンのユニバーサル 化 を 推 奨 2012 年 5 月 : 厚 生 科 学 審 議 会 感 染 症 分 科 会

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 感 染 症 の 細 胞 診 症 例 1 喀 痰 症 例 6 喀 痰 症 例 2 膣 断 端 症 例 7 胆 汁 症 例 3 気 管 支 擦 過 症 例 8 子 宮 頚 部 症 例 4 胆 汁 症 例 9 気 管 支 洗 浄 症 例 5 腹 水 症 例 10 副 鼻 腔 症 例 1 Pap 染 色 ( 喀 痰 ) 30 歳 タイ 人 女 性 日 本 在 住 6 年 画 像 画 像 をクリックすると 拡

More information

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D>

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D> 保 発 第 0305002 号 平 成 20 年 3 月 5 日 地 方 社 会 事 務 局 長 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 局 長 医 療 費 の 内 容 の 分 かる 領 収 証 の 交 付 について の 一 部 改 正 について 標 記 については 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 59 号 )が 制 定 され 同 告

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 3 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 個 人 の 健

More information

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63>

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63> 健 感 発 第 1116003 号 平 成 18 年 11 月 16 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 狂 犬 病 の 流 行 地 域 より 帰 国 し 当 該 疾 病 への 感 染 が 疑 われる 患 者 の 診 療 等 に 関 する 周 知 の 徹 底 について 今 般 別 添 のとおり

More information

2 ギニア シエラレオネ リベリア ウガンダ スーダン ガボン コートジボワー ル コンゴ 民 主 共 和 国 コンゴ 共 和 国 また 有 症 状 者 からの 電 話 相 談 によりエボラ 出 血 熱 への 感 染 が 疑 われる 場 合 二 次 感 染 拡 大 のリスクを 避 けるため 保 健

2 ギニア シエラレオネ リベリア ウガンダ スーダン ガボン コートジボワー ル コンゴ 民 主 共 和 国 コンゴ 共 和 国 また 有 症 状 者 からの 電 話 相 談 によりエボラ 出 血 熱 への 感 染 が 疑 われる 場 合 二 次 感 染 拡 大 のリスクを 避 けるため 保 健 都 道 府 県 各 保 健 所 設 置 市 特 別 区 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 健 感 発 0 9 1 8 第 9 号 平 成 27 年 9 月 18 日 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 ( 公 印 省 略 ) エボラ 出 血 熱 の 国 内 発 生 を 想 定 した 対 応 について エボラ 出 血 熱 については 平 成 26 年 11 月 21 日

More information

( 別 添 )インフルエンザに 伴 う 異 常 な 行 動 に 関 する 報 告 基 準 ( 報 告 基 準 ) ( 重 度 調 査 )インフルエンザ 様 疾 患 と 診 断 され かつ 重 度 の 異 常 な 行 動 を 示 した 患 者 につき ご 報 告 ください ( 軽 度 調 査 )インフ

( 別 添 )インフルエンザに 伴 う 異 常 な 行 動 に 関 する 報 告 基 準 ( 報 告 基 準 ) ( 重 度 調 査 )インフルエンザ 様 疾 患 と 診 断 され かつ 重 度 の 異 常 な 行 動 を 示 した 患 者 につき ご 報 告 ください ( 軽 度 調 査 )インフ ( 別 記 様 式 2) インフルエンザに 伴 う 異 常 な 行 動 に 関 する 調 査 のお 願 い インフルエンザ 定 点 医 療 機 関 用 インフルエンザ 様 疾 患 罹 患 時 及 び 抗 インフルエンザ 薬 使 用 時 に 見 られた 異 常 な 行 動 が 医 学 的 にも 社 会 的 にも 問 題 になっており 2007 年 より 調 査 をお 願 いしております 厚 生 労 働

More information

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1 前 橋 市 軽 自 動 車 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 前 橋 市 市 税 条 例 ( 昭 和 26 年 前 橋 市 条 例 第 302 号 以 下 条 例 という ) 第 89 条 及 び 第 90 条 に 規 定 する 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 取 扱 いに 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 減 免 要 件 の

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E>

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E> 第 5 節 糖 尿 病 の 医 療 体 制 1 現 状 (1) 罹 患 死 亡 の 状 況 北 海 道 では 糖 尿 病 が 強 く 疑 われる 者 は40~74 歳 の 男 性 で183,372 人 ( 14.8% ) 女 性 で98,903 人 (7.1%)で 合 計 282,275 人 と 推 計 され 糖 尿 病 の 可 能 性 が 否 定 で きない 者 は 男 性 で144,963 人

More information

5 ウイルス行政検査について

5 ウイルス行政検査について 5 ウイルス 行 政 検 査 について 平 成 12 年 5 月 8 日 健 医 感 発 第 43 号 各 都 道 府 県 ( 政 令 市 特 別 区 ) 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 省 保 健 医 療 局 結 核 感 染 症 課 長 標 記 については 昭 和 42 年 10 月 20 日 衛 防 第 50 号 厚 生 省 公 衆 衛 生 局 防 疫 課 長 通 知 により 実

More information

ユナシン ファイザー 錠 剤 ( 粉 砕 不 可 ):375mg(\61.9) トシル 酸 スルタミシリン SBTPC 用 法 用 量 1 回 375mg,1 日 2~3 回 禁 忌 (1) 本 剤 の 成 分 に 対 し 過 敏 の 既 往 歴 (2) 伝 染 性 単 核 重 大 な 副 作 用

ユナシン ファイザー 錠 剤 ( 粉 砕 不 可 ):375mg(\61.9) トシル 酸 スルタミシリン SBTPC 用 法 用 量 1 回 375mg,1 日 2~3 回 禁 忌 (1) 本 剤 の 成 分 に 対 し 過 敏 の 既 往 歴 (2) 伝 染 性 単 核 重 大 な 副 作 用 病 原 微 生 物 に 対 する 剤 1 抗 菌 ペニシリン 系 バイシリンG MSD 顆 粒 剤 :40 万 U/g(\31) ベンジルペニシリンベンザチン 水 和 物 Aus:A, 用 法 用 量 1 回 40 万 単 位,1 日 2~4 回, 梅 毒 :1 回 40 万 単 位,1 日 3~4 回 重 大 な 副 作 用 1)ショック,2) 溶 血 性 貧 血,3) 間 質 性 腎 炎 急 性

More information

Microsoft Word - 210202菊地

Microsoft Word - 210202菊地 中 耳 炎 の 病 態 と 予 防 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 耳 鼻 咽 喉 科 菊 地 茂 1.はじめに 中 耳 炎 とは 中 耳 に 生 じる 炎 症 の 総 称 で 中 耳 炎 には 急 性 中 耳 炎 慢 性 中 耳 炎 滲 出 性 中 耳 炎 真 珠 腫 性 中 耳 炎 癒 着 性 中 耳 炎 結 核 性 中 耳 炎 壊 疽 性 中 耳 炎 航 空 性 中 耳 炎

More information

<5461726F2D95CA8E868250817C82528140939A905C8F91976C8EAE816992B2>

<5461726F2D95CA8E868250817C82528140939A905C8F91976C8EAE816992B2> 3 調 剤 報 酬 点 数 表 項 目 現 行 改 正 案 第 1 部 調 剤 報 酬 第 1 節 調 剤 技 術 料 00 調 剤 基 本 料 ( 処 方 せんの 受 付 1 回 につき) 注 の 見 直 し 注 3 保 険 薬 局 及 び 保 険 薬 剤 師 療 養 担 当 規 則 注 3 保 険 薬 局 及 び 保 険 薬 剤 師 療 養 担 当 規 則 ( 昭 和 32 年 厚 生 省 令

More information

00本文

00本文 保 医 発 1 2 2 2 第 2 号 平 成 2 6 年 1 2 月 2 2 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd ( 別 紙 1) 紹 介 状 病 院 担 当 医 様 この 度, 患 者 様 の 体 液 によって, 当 院 の 職 員 が, 皮 内 粘 膜 及 び 傷 のある 皮 膚 への 曝 露 事 故 を 起 こしました ついては, 必 要 な 検 査, 予 防 内 服 の 処 方 及 び 指 導 について, 御 検 討 いただきますようお 願 いしま す 職 員 名 所 属 部 署 連 絡 先 平 成 年

More information

①表紙

①表紙 子 ども 助 成 事 業 に 係 る 請 求 方 法 及 びレセプト 等 記 載 について 平 成 8 年 月 社 会 報 酬 支 払 基 金 大 分 支 部 大 分 県 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 請 求 支 払 概 要 並 びに 請 求 要 領 について P ( 調 剤 ) 報 酬 請 求 書 記 載 方 法 について 社 国 P 3 子 ども 助 成 事 業 に 係 るレセプト

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

表紙 雛形(都道府県、市町村、関係団体)3課連名

表紙 雛形(都道府県、市町村、関係団体)3課連名 老 発 0930 第 3 号 平 成 27 年 9 月 30 日 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 老 健 局 長 ( 公 印 省 略 ) 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 等 を 図 るための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 厚 生 労 働 省 関 係 政 令 等 の 整 備 に 関 する 政 令 の 公 布 について

More information

ウ 一 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 粒 ~ 粒 お 召 し 上 がりください という 旨 の 幅 の 両 端 をもって 表 示 することも 可 能 です エ 栄 養 成 分 の 量 及 び 熱 量 ( 栄 養 成 分 表 示 ) 一 日 の 摂 取 目 安 量 当 たりの 栄 養 成 分 の

ウ 一 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 粒 ~ 粒 お 召 し 上 がりください という 旨 の 幅 の 両 端 をもって 表 示 することも 可 能 です エ 栄 養 成 分 の 量 及 び 熱 量 ( 栄 養 成 分 表 示 ) 一 日 の 摂 取 目 安 量 当 たりの 栄 養 成 分 の 栄 養 機 能 食 品 として 栄 養 成 分 の 機 能 の 表 示 を 行 うには 1 日 当 たりの 摂 取 目 安 量 に 含 まれる 栄 養 成 分 量 が 国 が 定 めた 下 限 上 限 値 の 基 準 に 適 合 していることが 必 要 です 定 められた 栄 養 成 分 の 機 能 の 表 示 のほか 摂 取 す る 上 での 注 意 事 項 や 消 費 者 庁 長 官 の 個 別

More information

Microsoft Word - 2章.doc

Microsoft Word - 2章.doc 第 2 章 1. 人 口 の 構 成 と 動 態 (1) 人 口 総 数 と 年 齢 構 成 住 民 基 本 台 帳 人 口 及 び 外 国 人 登 録 人 口 による 平 成 21 年 (29 年 )9 月 末 現 在 の 本 市 の 人 口 総 数 は358,756 人 で 前 計 画 が 策 定 された 平 成 16 年 (24 年 )と 比 べる と 約 2,8 人 の 増 加 となっています

More information

福 島 県 県 民 健 康 調 査 報 告 平 成 28 年 4 月 25 日 修 正 版 http://fukushima-mimamori.jp/ http://fmu-global.jp/ 7 4,783 ~ 健 康 診 査 ( 対 象 者 : 約 21 万 人 ) 目 的 今 回 の 原 発 事 故 に 伴 い 当 時 国 が 指 定 した 避 難 区 域 に 居 住 していた 県 民

More information

製剤であり、本製剤の自己注射を行っている患者に対して指導管理を行った場合は、「診療報酬の算定方法」(平成20年厚生労働省

製剤であり、本製剤の自己注射を行っている患者に対して指導管理を行った場合は、「診療報酬の算定方法」(平成20年厚生労働省 保 医 発 0417 第 4 号 平 成 26 年 4 月 17 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

目次

目次 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 ( 概 要 ) 医 療 経 済 研 究 機 構 では 社 会 保 険 庁 より 委 託 を 受 け 政 府 管 掌 健 康 保 険 における 分 析 手 法 等 に 関 する 調 査 研 究 を 実 施 した 調 査 研 究 の 主 なポイントは 以 下 の 通 り Ⅰ. 調 査 研 究 の 背 景 と 目

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

<5461726F2D87408140814081408E9696B19841978D81698B5E8B6089F08EDF>

<5461726F2D87408140814081408E9696B19841978D81698B5E8B6089F08EDF> 事 務 連 絡 平 成 23 年 3 月 3 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 御 中 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 柔 道 整 復 施 術 療 養 費 に

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

図 2. 男 女 別 部 位 別 がん 死 亡 数 図 3. 胃 がんの 年 齢 階 級 別 がん 罹 患 率 推 移 ( 国 立 がん 研 究 センターがん 情 報 サービス) 男 女 ともに 60 歳 以 降 に 罹 患 率 が 上 がっており 女 性 は 30 年 前 と 比 べ 減 少 傾

図 2. 男 女 別 部 位 別 がん 死 亡 数 図 3. 胃 がんの 年 齢 階 級 別 がん 罹 患 率 推 移 ( 国 立 がん 研 究 センターがん 情 報 サービス) 男 女 ともに 60 歳 以 降 に 罹 患 率 が 上 がっており 女 性 は 30 年 前 と 比 べ 減 少 傾 ピロリ 菌 と 胃 がん 荒 木 産 婦 人 科 肛 門 科 荒 木 常 男 2014 年 12 月 31 日 作 成 目 次 1. 日 本 人 の 男 女 別 胃 がん 罹 患 数 死 亡 数 と 年 齢 階 級 別 罹 患 率 死 亡 率 推 移 2. 胃 がんの 主 たる 原 因 はピロリ 菌 感 染 による 慢 性 胃 炎 です 3.ピロリ 菌 感 染 が 小 児 期 からずっとない 成 人

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

( 医 療 機 器 の 性 能 及 び 機 能 ) 第 3 条 医 療 機 器 は 製 造 販 売 業 者 等 の 意 図 する 性 能 を 発 揮 できなければならず 医 療 機 器 としての 機 能 を 発 揮 できるよう 設 計 製 造 及 び 包 装 されなければならない 要 求 項 目 を

( 医 療 機 器 の 性 能 及 び 機 能 ) 第 3 条 医 療 機 器 は 製 造 販 売 業 者 等 の 意 図 する 性 能 を 発 揮 できなければならず 医 療 機 器 としての 機 能 を 発 揮 できるよう 設 計 製 造 及 び 包 装 されなければならない 要 求 項 目 を 様 式 3の 記 載 方 法 基 本 要 件 基 準 の 基 本 的 考 え 方 ( 別 紙 3)も 併 せて 参 照 すること チェックリストの 作 成 にあたっては 添 付 のテンプレートファイル(ワード 版 )を 用 いること 注 意 改 正 基 準 であっても 規 定 書 式 に 整 合 させるために 添 付 のテンプレートファイル(ワード 版 )を 用 いて 作 成 すること( 不 欄 適

More information

(3) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 23 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (4) 定 年 退 職 時 にE 職 員 就 業 規 則 第 22 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (5) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 66 条 の(1)

(3) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 23 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (4) 定 年 退 職 時 にE 職 員 就 業 規 則 第 22 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (5) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 66 条 の(1) 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 定 年 退 職 職 員 再 雇 用 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 G 職 員 就 業 規 則 第 20 条 第 1 項 及 びE 職 員 就 業 規 則 第 19 条 第 1 項 に 基 づき 定 年 退 職 した 職 員 を 同 第 2 項 により 再 雇 用 する 場 合

More information

薬食発第●●●号

薬食発第●●●号 都 道 府 県 知 事 各 保 健 所 設 置 市 長 殿 特 別 区 長 薬 食 発 第 0206002 号 平 成 21 年 2 月 6 日 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 長 薬 事 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 告 示 の 公 布 について 薬 事 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 69 号 以 下

More information

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者

( 運 用 制 限 ) 第 5 条 労 働 基 準 局 は 本 システムの 維 持 補 修 の 必 要 があるとき 天 災 地 変 その 他 の 事 由 によりシステムに 障 害 又 は 遅 延 の 生 じたとき その 他 理 由 の 如 何 を 問 わず その 裁 量 により システム 利 用 者 労 災 レセプト 電 算 処 理 システム 利 用 規 約 ( 目 的 及 び 定 義 ) 第 1 条 本 規 約 は 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 ( 以 下 労 働 基 準 局 という )が 運 営 する 労 災 レセプト 電 算 処 理 システムを 利 用 する 場 合 に 必 要 な 事 項 を 定 めるものです 2 本 規 約 において 使 用 する 用 語 の 意 義 は 次

More information

δ

δ Ⅸ 上 肢 ( 上 肢 及 び 手 指 )の 障 害 ( 第 9 次 改 正 全 部 ) 1 障 害 の 等 級 及 び 程 度 (1) 上 肢 ( 上 肢 及 び 手 指 )の 障 害 について 省 令 別 表 第 二 に 定 める 障 害 は 次 のと おりである ( 第 10 次 改 正 一 部 ) ア 上 肢 の 障 害 (ァ) 欠 損 障 害 ( 系 列 区 分 18 21) 第 1 級

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

10 アムジェン デベロップメント 株 式 会 社 の 依 頼 による 血 小 板 減 少 症 患 者 を 対 象 とした AMG 531の 長 期 継 続 投 与 第 Ⅲ 11 エーザイ 株 式 会 社 の 依 頼 によるE5555の 第 Ⅱ 12 生 化 学 工 業 株 式 会 社 の 依 頼

10 アムジェン デベロップメント 株 式 会 社 の 依 頼 による 血 小 板 減 少 症 患 者 を 対 象 とした AMG 531の 長 期 継 続 投 与 第 Ⅲ 11 エーザイ 株 式 会 社 の 依 頼 によるE5555の 第 Ⅱ 12 生 化 学 工 業 株 式 会 社 の 依 頼 平 成 21 年 度 第 4 回 NTT 関 東 病 院 治 審 査 委 員 会 会 議 の 記 録 の 概 要 開 催 日 時 :2009 年 7 月 30 日 ( 木 ) 17:30~18:00 開 催 場 所 :NTT 関 東 病 院 特 別 会 議 室 出 席 委 員 名 : 臼 杵 吉 田 鈴 木 忠 内 渋 谷 坂 本 塩 沼 安 原 議 題 及 び 審 議 結 果 を 含 む 主 な

More information

本 日 の 内 容 薬 事 法 改 正 の 概 要 医 療 機 器 QMSに 関 する 条 文 抜 粋 と 解 説 新 法 対 応 に 向 けて

本 日 の 内 容 薬 事 法 改 正 の 概 要 医 療 機 器 QMSに 関 する 条 文 抜 粋 と 解 説 新 法 対 応 に 向 けて 薬 事 法 改 正 における QMSについて 平 成 26 年 9 月 5 日 埼 玉 県 保 健 医 療 部 薬 務 課 医 療 機 器 審 査 監 視 担 当 本 日 の 内 容 薬 事 法 改 正 の 概 要 医 療 機 器 QMSに 関 する 条 文 抜 粋 と 解 説 新 法 対 応 に 向 けて 平 成 25 年 11 月 27 日 公 布 薬 事 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 休 暇 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 一 部 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 別 に 定 めるもののほか 職 員 就 業 規

More information

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知)

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知) 27 文 科 初 第 1593 号 平 成 28 年 3 月 22 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 各 指 定 都 市 教 育 委 員 会 殿 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 構 造 改 革 特 別 区 域 法 第 12 条 第 1 項 の 認 定 を 受 けた 地 方 公 共 団 体 の 長 文 部 科 学 省 初 等 中 等

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易 障 害 に 係 る 認 定 基 準 ( 別 添 ) 障 害 の 区 分 留 意 事 項 視 覚 (1) 両 眼 の 視 力 の 和 とは 各 眼 毎 の 視 力 を 別 々に 測 定 した 数 値 を 合 算 したものをいう (2) 矯 正 視 力 とは 眼 科 的 に 最 も 適 正 な 常 用 し 得 る 矯 正 眼 鏡 コン タクトレンズ 又 は 眼 内 レンズによって 得 られた 視 力 をいう

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20392E2088E397C38B408AED82CC90BB91A294CC94848CE392B28DB882CC8CBB8FF382C697AF88D3935F2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20392E2088E397C38B408AED82CC90BB91A294CC94848CE392B28DB882CC8CBB8FF382C697AF88D3935F2E70707478> 医 療 機 器 の 製 造 販 売 後 調 査 の 現 状 と 留 意 点 について 1 本 日 の 内 容 1. 関 連 法 規 2. 信 頼 性 適 合 性 書 面 調 査 の 業 務 の 流 れ 3. 適 合 性 書 面 調 査 において 確 認 された 事 例 4. 相 談 制 度 の 導 入 2 1. 関 連 法 規 3 再 審 査 に 係 る 規 定 < 旧 法 > 薬 事 法 第 14

More information

2013 April 内 外 診 療 科 科 心 臓 血 管 セ ン タ ー 呼 吸 器 ( 新 患 ) 呼 吸 器 ( 再 診 ) 血 液 消 化 器 腎 臓 科 心 臓 血 管 外 科 月 熊 部 山 口 佐 々 木 中 村 竹 田 大 地 火 山 口 須 加 原 外 山 工 藤 水 佐 々 木 松 本 中 村 新 名 木 須 加 原 山 口 外 山 大 地 7 階

More information

製 造 業 者 は 製 造 販 売 業 者 の 管 理 監 督 の 下 適 切 な 品 質 管 理 を 行 い 製 品 を 製 造 します なお 製 造 業 は 製 造 に 特 化 した 許 可 となっており 製 造 業 の 許 可 のみでは 製 品 を 市 場 に 出 荷 することはできま せん

製 造 業 者 は 製 造 販 売 業 者 の 管 理 監 督 の 下 適 切 な 品 質 管 理 を 行 い 製 品 を 製 造 します なお 製 造 業 は 製 造 に 特 化 した 許 可 となっており 製 造 業 の 許 可 のみでは 製 品 を 市 場 に 出 荷 することはできま せん 化 粧 品 の 製 造 販 売 業 製 造 業 について 化 粧 品 の 定 義 について ( 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 品 質 有 効 性 及 び 安 全 性 の 確 保 等 に 関 する 法 律 第 2 条 第 2 項 ) 化 粧 品 とは 人 の 身 体 を 清 潔 にし 美 化 し 魅 力 を 増 し 容 貌 を 変 え 又 は 皮 膚 若 しくは 毛 髪 を 健 やかに 保 つために

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考 石 井 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 6,69 8,136,675 373,713 1,54,11 18.95 19.18 () 職 員 給 与

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464>

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464> 健 康 保 険 組 合 事 業 運 営 指 針 ( 案 ) 第 1 本 指 針 の 趣 旨 本 指 針 は 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 事 業 運 営 のうち 組 合 の 判 断 で 実 施 するものについて 適 正 な 事 業 運 営 が 確 保 されるよう 事 業 運 営 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 や 適 正 水 準 望 ましい 事 業 の 例 事

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63> 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 部 ( 局 ) 担 当 者 様 事 務 連 絡 平 成 25 年 1 月 25 日 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 等 の 取 扱 いについて 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについては そ の 基 本 的 考 え 方 に 変

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

(5 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 居 宅 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業

(5 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 所 の 新 規 に 採 用 し た 全 て の 居 宅 介 護 従 業 者 に 対 し 熟 練 し た 居 宅 介 護 従 業 者 の 同 行 に よ る 研 修 を 実 施 し て い る こ と (6 ) 当 該 指 定 居 宅 介 護 事 業 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 基 準 ( 平 成 十 八 年 九 月 二 十 九 日 ) ( 厚 生 労 働 省 告 示 第 五 百 四 十 三 号 ) 障 害 者 自 立 支 援 法 に 基 づ く 指 定 障 害 福 祉 サ ー ビ ス 等 及 び 基 準 該 当 障 害 福 祉 サ ー ビ ス に 要 す る 費 用 の 額 の 算 定 に 関 す る 基 準 ( 平 成 十 八 年

More information

監 修 北 辰 会 有 澤 総 合 病 院 内 科 大 八 木 秀 和 1 時 間 目 子 宮 内 膜 症 名 古 屋 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 産 婦 人 科 中 原 辰 夫 NAKAHARA Tatsuo 月 経 困 腎 難 不 を 全 訴 とはどのような えて 来 院 される

監 修 北 辰 会 有 澤 総 合 病 院 内 科 大 八 木 秀 和 1 時 間 目 子 宮 内 膜 症 名 古 屋 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 産 婦 人 科 中 原 辰 夫 NAKAHARA Tatsuo 月 経 困 腎 難 不 を 全 訴 とはどのような えて 来 院 される お 詫 びと 訂 正 本 誌 2014 年 7 月 号 連 載 医 師 とのmutual respectに 必 要 な 臨 床 医 学 知 識 中 に 誤 りが ございました 著 者 の 中 原 辰 夫 先 生 はじめ 読 者 の 方 々にお 詫 びして 訂 正 いたします( 編 集 部 ) また, 以 下 に 全 文 を 掲 載 いたします 127 頁 誤 正 監 修 北 辰 会 有 澤 総 合

More information

島根大学における学生等の授業料その他の費用に関する規則

島根大学における学生等の授業料その他の費用に関する規則 島 根 大 学 における 学 生 等 の 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 則 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 164 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 17 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 17 年 9 月 26 日 一 部 改 正 平 成 1 8 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 18 年 9 月 19 日 一

More information

こうした 経 緯 を 踏 まえ 当 該 製 剤 の 供 給 が 安 定 するまでの 間 は これら 2 疾 患 の 適 応 が 認 められていない 下 記 2 の 免 疫 グロブリン 3 製 剤 が 使 用 された 場 合 であっても 診 療 報 酬 の 審 査 にあたり 柔 軟 な 対 応 がなさ

こうした 経 緯 を 踏 まえ 当 該 製 剤 の 供 給 が 安 定 するまでの 間 は これら 2 疾 患 の 適 応 が 認 められていない 下 記 2 の 免 疫 グロブリン 3 製 剤 が 使 用 された 場 合 であっても 診 療 報 酬 の 審 査 にあたり 柔 軟 な 対 応 がなさ 日 医 発 第 350 号 ( 保 62) 平 成 2 7 年 7 月 9 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 横 倉 義 武 免 疫 グロブリン 製 剤 の 医 療 保 険 上 の 取 扱 いについて 一 般 財 団 法 人 化 学 及 血 清 療 法 研 究 所 ( 以 下 化 血 研 )が 製 造 販 売 する 血 液 製 剤 のう ち 12 製 品 26 品 目

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加 別 添 事 務 連 絡 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 年 金 機 構 厚 生 年 金 保 険 部 長 殿 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 長 持 続 可 能 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 するための 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 による 健 康 保 険 法 及 び 船 員 保 険 法 改 正 内 容 の 一 部 に

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医 熊 本 県 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 服 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに

More information

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー 栃 木 県 特 定 医 療 費 ( 指 定 難 病 ) 支 給 認 定 申 請 手 続 きのご 案 内 はじめに 発 病 の 機 構 が 明 らかでなく かつ 治 療 方 法 が 確 立 していない 希 少 な 疾 病 であって 当 該 疾 病 にかか ることにより 長 期 にわたり 療 養 を 必 要 とすることとなるもののうち 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 疾 病 を 指 定 難 病 といいます

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

老発第    第 号

老発第    第 号 事 務 連 絡 平 成 23 年 10 月 7 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 予 防 )サービス 費 の 受 給 権 及 び 介 護 報 酬 の 返 還 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 取 扱 いに 関 する 事 務 連 絡 等 の 一 部 改 正 について

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

公平委員会設置条例

公平委員会設置条例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 19 年 条 例 第 13 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 1 条 中 法 を 育 児 休 業 法 に 改 め

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

大学病院治験受託手順書

大学病院治験受託手順書 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 運 営 手 順 書 第 1 条 目 的 本 手 順 書 は 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 各 種 委 員 会 規 程 の 定 めるところにより 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )の 運 営 方 法 を 定 め 医 薬 品 等 の 治 験 製 造

More information

Microsoft Word - 02目次.doc

Microsoft Word - 02目次.doc 5 税 金 1 国 税 に 関 する 控 除 非 課 税 適 用 を 受 けるには 所 得 税 に 関 する 障 がい 者 の 所 得 控 除 税 額 の 計 算 の 基 礎 となる 所 得 から 所 得 控 除 として 次 の 区 分 により 一 定 額 が 控 除 されます 等 級 身 体 障 害 知 的 障 害 精 神 障 害 123456 左 記 左 記 重 度 1 級 区 分 級 級 級

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 難 小 児 慢 性 東 京 都 医 費 助 成 事 業 等 に 関 する 請 求 事 例 集 平 成 7 年 月 東 京 都 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information