「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について"

Transcription

1 健 感 発 0307 第 2 号 平 成 25 年 3 月 7 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基 準 等 について の 一 部 改 正 について 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 25 年 3 月 7 日 厚 生 労 働 省 令 第 23 号 )が 平 成 25 年 3 月 7 日 公 布 されたとこ ろである また 麻 しん 対 策 について 平 成 24 年 12 月 14 日 付 けで 麻 しんに 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 ( 平 成 19 年 12 月 28 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 442 号 ) が 改 正 され 平 成 25 年 4 月 1 日 より 適 用 されるところである これを 踏 まえ 届 出 様 式 において 臨 床 診 断 後 に 原 則 として 検 査 診 断 を 行 うこととし 麻 しん 患 者 か 否 かを より 精 緻 に 判 断 出 来 るように 変 更 す ることとした このほか E 型 肝 炎 のIgA 検 査 等 最 近 の 知 見 から 診 断 方 法 として 認 められる と 判 断 された 等 について 追 加 修 正 することとした 以 上 について 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基 準 等 について ( 平 成 18 年 3 月 8 日 健 感 発 第 号 )について 別 添 の 新 旧 対 照 表 のとおり 改 正 することとしたので 御 了 知 の 上 関 係 機 関 に 周 知 願 いたい なお 本 改 正 については 平 成 25 年 4 月 1 日 から 施 行 する

2 別 紙 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基 準 等 について 新 旧 対 照 表 新 旧 別 紙 医 師 及 び 指 定 届 出 機 関 の 管 理 者 が 都 道 府 県 知 事 に 届 け 出 る 基 準 医 師 及 び 指 定 届 出 機 関 の 管 理 者 が 都 道 府 県 知 事 に 届 け 出 る 基 準 第 1 全 般 的 事 項 第 1 全 般 的 事 項 1 に 関 する 留 意 事 項 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 の 同 定 には 生 化 学 的 性 状 抗 血 清 PCR 法 (LAMP 法 等 の 核 酸 増 幅 法 全 般 をいう 以 下 同 じ )による 同 定 など 種 々の 同 定 方 法 を 含 む 抗 体 検 査 による 感 染 症 の 診 断 には (1) 急 性 期 と 回 復 期 のペア 血 清 による 抗 体 の 陽 転 ( 陰 性 から 陽 性 へ 転 じること) (2) 急 性 期 と 回 復 期 のペア 血 清 による 抗 体 価 の 有 意 上 昇 (3) 急 性 期 の IgM 抗 体 の 検 出 (4) 単 一 血 清 での IgG 抗 体 の 検 出 による 診 断 もあり 得 るが その 場 合 臨 床 症 状 等 総 合 的 な 判 断 が 必 要 である のいずれかが 用 いられる なお 抗 体 価 の 有 意 上 昇 とは 血 清 の 段 階 希 釈 を 実 施 する 方 法 を 使 用 した 場 合 においてのみ 利 用 可 能 であり 4 倍 以 上 の 上 昇 を 示 した 場 合 をいう ただし E LISA 法 EIA 法 等 吸 光 度 (インデックス)で 判 定 する 検 査 法 においては この 値 (4 倍 )を 用 いることはできない 1 に 関 する 留 意 事 項 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 の 同 定 には 生 化 学 的 性 状 抗 血 清 PCR 法 による 同 定 など 種 々の 同 定 方 法 を 含 む 抗 体 検 査 による 感 染 症 の 診 断 には (1) 急 性 期 と 回 復 期 のペア 血 清 による 抗 体 の 陽 転 ( 陰 性 から 陽 性 へ 転 じること) (2) 急 性 期 と 回 復 期 のペア 血 清 による 抗 体 価 の 有 意 上 昇 (3) 急 性 期 の IgM 抗 体 の 検 出 (4) 単 一 血 清 での IgG 抗 体 の 検 出 による 診 断 もあり 得 るが その 場 合 臨 床 症 状 等 総 合 的 な 判 断 が 必 要 である のいずれかが 用 いられる なお 抗 体 価 の 有 意 上 昇 とは 血 清 の 段 階 希 釈 を 実 施 する 方 法 を 使 用 した 場 合 においてのみ 利 用 可 能 であり 4 倍 以 上 の 上 昇 を 示 した 場 合 をいう ただし E LISA 法 EIA 法 等 吸 光 度 (インデックス)で 判 定 する 検 査 法 においては この 値 (4 倍 )を 用 いることはできない 2~3 ( 略 ) 2~3 ( 略 ) 第 2 ( 略 ) 第 2 ( 略 ) 第 3 二 類 感 染 症 第 3 二 類 感 染 症 1~3( 略 ) 4 重 症 急 性 呼 吸 器 症 候 群 ( 病 原 体 がコロナウイルス 属 SARSコロナウイルスであ るものに 限 る) (1)~(2) ( 略 ) 1~3( 略 ) 4 重 症 急 性 呼 吸 器 症 候 群 ( 病 原 体 がコロナウイルス 属 SARSコロナウイルスであ るものに 限 る) (1)~(2) ( 略 ) - 1 -

3 (3) 届 出 基 準 ア~オ ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~オ ( 略 ) 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 PCR 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 ELISA 法 又 は 蛍 光 抗 体 法 によるIgM 抗 体 若 しくはI gg 抗 体 の 検 出 又 は 中 和 試 験 による 抗 体 の 検 出 鼻 咽 頭 拭 い 液 喀 痰 尿 便 血 清 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 PCR 法 又 はLAMP 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 ELISA 法 又 は 蛍 光 抗 体 法 によるIgM 抗 体 若 しくはI gg 抗 体 の 検 出 又 は 中 和 試 験 による 抗 体 の 検 出 鼻 咽 頭 拭 い 液 喀 痰 尿 便 血 清 5( 略 ) 5( 略 ) 第 4 ( 略 ) 第 4 ( 略 ) 第 5 四 類 感 染 症 第 5 四 類 感 染 症 1 E 型 肝 炎 (1)~(2) ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~エ ( 略 ) 1 E 型 肝 炎 (1)~(2) ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~エ ( 略 ) PCR 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 血 液 便 PCR 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 血 液 IgM 抗 体 若 しくはIgA 抗 体 の 検 出 血 清 IgM 抗 体 の 検 出 血 清 10 Q 熱 (1) 定 義 コクシエラ 科 コクシエラ 属 の Coxiella burnetii の 感 染 によって 起 こる 感 染 症 で ある (2)~(3) ( 略 ) 10 Q 熱 (1) 定 義 リケッチア 科 コクシエラ 属 の Coxiella burnetii の 感 染 によって 起 こる 感 染 症 で ある (2)~(3) ( 略 ) 21 デング 熱 (1)~(2) ( 略 ) 21 デング 熱 (1)~(2) ( 略 ) - 2 -

4 (3) 届 出 基 準 ア~エ ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~エ ( 略 ) 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 PCR 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 非 構 造 蛋 白 抗 原 (NS1)の 検 出 IgM 抗 体 の 検 出 中 和 試 験 又 は 赤 血 球 凝 集 阻 止 法 による 抗 体 の 検 出 (ペア 血 清 による 抗 体 陽 転 又 は 抗 体 価 の 有 意 の 上 昇 ) 血 液 血 清 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 PCR 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 IgM 抗 体 の 検 出 中 和 試 験 又 は 赤 血 球 凝 集 阻 止 法 による 抗 体 の 検 出 (ペア 血 清 による 抗 体 陽 転 又 は 抗 体 価 の 有 意 の 上 昇 ) 血 液 血 清 30 ブルセラ 症 (1)~(2) ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~エ ( 略 ) 30 ブルセラ 症 (1)~(2) ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~エ ( 略 ) 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 試 験 管 凝 集 反 応 による 抗 体 の 検 出 ( 抗 原 がアポルタスの 場 合 は40 倍 以 上 カニスの 場 合 は160 倍 以 上 の 抗 体 価 ) 血 液 骨 髄 膿 瘍 血 清 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 試 験 管 凝 集 反 応 による 抗 体 の 検 出 ( 抗 原 がアポルタスの 場 合 は40 倍 以 上 カニスの 場 合 は160 倍 以 上 の 抗 体 価 ) 補 体 結 合 反 応 による 抗 体 の 検 出 (ペア 血 清 による 抗 体 陽 転 又 は 抗 体 価 の 有 意 の 上 昇 ) 血 液 骨 髄 血 清 41 レジオネラ 症 (1) ( 略 ) (2) 臨 床 的 特 徴 在 郷 軍 人 病 (レジオネラ 肺 炎 )とポンティアック 熱 が 主 要 な 病 型 である 腹 痛 下 痢 意 識 障 害 歩 行 障 害 などを 伴 うことがある 臨 床 症 状 で 他 の 細 菌 性 肺 炎 と 区 別 することは 困 難 である 免 疫 不 全 者 の 場 合 には 肺 炎 の 劇 症 化 と 多 臓 器 不 全 が 起 こることがある なお 届 出 上 の 病 型 については 肺 炎 若 しくは 多 臓 器 不 全 の 認 められるものを 肺 炎 型 とし それ 以 外 をポンティアック 熱 型 とする (3) ( 略 ) 41 レジオネラ 症 (1) ( 略 ) (2) 臨 床 的 特 徴 在 郷 軍 人 病 (レジオネラ 肺 炎 )とポンティアック 熱 が 主 要 な 病 型 である 腹 痛 下 痢 意 識 障 害 歩 行 障 害 などを 伴 うことがある 臨 床 症 状 で 他 の 細 菌 性 肺 炎 と 区 別 することは 困 難 である 免 疫 不 全 者 の 場 合 には 肺 炎 の 劇 症 化 と 多 臓 器 不 全 が 起 こることがある (3) ( 略 ) - 3 -

5 第 6 五 類 感 染 症 1~8 ( 略 ) 第 6 五 類 感 染 症 1~8 ( 略 ) 9 侵 襲 性 インフルエンザ 菌 感 染 症 (1) 定 義 Haemophilus influenzae による 侵 襲 性 感 染 症 のうち 本 菌 が 髄 液 又 は 血 液 から 検 出 された 感 染 症 とする (2) 臨 床 的 特 徴 潜 伏 期 間 は 不 明 である 発 症 は 一 般 に 突 発 的 であり 上 気 道 炎 や 中 耳 炎 を 伴 って 発 症 することがある 髄 膜 炎 例 では 頭 痛 発 熱 髄 膜 刺 激 症 状 の 他 痙 攣 意 識 障 害 乳 児 では 大 泉 門 膨 隆 等 の 症 状 を 示 す 敗 血 症 例 では 発 熱 悪 寒 虚 脱 や 発 疹 を 呈 すが 臨 床 症 状 が 特 異 的 ではないことも 多 く 急 速 に 重 症 化 して 肺 炎 や 喉 頭 蓋 炎 並 びにショックを 来 すことがある (3) 届 出 基 準 ア 患 者 ( 確 定 例 ) 医 師 は (2)の 臨 床 的 特 徴 を 有 する 者 を 診 察 した 結 果 症 状 や 所 見 から 侵 襲 性 インフルエンザ 菌 感 染 症 が 疑 われ かつ 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる により 侵 襲 性 インフルエンザ 菌 感 染 症 患 者 と 診 断 した 場 合 には 法 第 12 条 第 1 項 の 規 定 による 届 出 を7 日 以 内 に 行 わなければならない この 場 合 において は 同 欄 に 掲 げる の 区 分 ごとに それぞ れ 同 表 の 右 欄 に 定 めるもののいずれかを 用 いること イ 感 染 症 死 亡 者 の 死 体 医 師 は (2)の 臨 床 的 特 徴 を 有 する 死 体 を 検 案 した 結 果 症 状 や 所 見 から 侵 襲 性 インフルエンザ 菌 感 染 症 が 疑 われ かつ 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる に より 侵 襲 性 インフルエンザ 菌 感 染 症 により 死 亡 したと 判 断 した 場 合 には 法 第 12 条 第 1 項 の 規 定 による 届 出 を7 日 以 内 に 行 わなければならない この 場 合 において は 同 欄 に 掲 げる の 区 分 ごとに それぞ れ 同 表 の 右 欄 に 定 めるもののいずれかを 用 いること ( 新 規 ) 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 PCR 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 髄 液 血 液 髄 液 血 液 - 4 -

6 9-1 侵 襲 性 髄 膜 炎 菌 感 染 症 (1) 定 義 Neisseria meningitidis による 侵 襲 性 感 染 症 のうち 本 菌 が 髄 液 又 は 血 液 から 検 出 された 感 染 症 とする (2) 臨 床 的 特 徴 潜 伏 期 間 は 2~10 日 ( 平 均 4 日 )で 発 症 は 突 発 的 である 髄 膜 炎 例 では 頭 痛 発 熱 髄 膜 刺 激 症 状 の 他 痙 攣 意 識 障 害 乳 児 では 大 泉 門 膨 隆 等 を 示 す 敗 血 症 例 では 発 熱 悪 寒 虚 脱 を 呈 し 重 症 化 を 来 すと 紫 斑 の 出 現 ショック 並 びに DIC (Waterhouse-Friedrichsen 症 候 群 )に 進 展 することがある 本 疾 患 の 特 徴 として 点 状 出 血 が 眼 球 結 膜 や 口 腔 粘 膜 皮 膚 に 認 められ また 出 血 斑 が 体 幹 や 下 肢 に 認 め られる 世 界 各 地 に 散 発 性 又 は 流 行 性 に 発 症 し 温 帯 では 寒 い 季 節 に 熱 帯 では 乾 期 に 多 発 する 学 生 寮 などで 共 同 生 活 を 行 う 10 代 が 最 もリスクが 高 いとされているため 特 に 共 同 生 活 をしている 例 ではアウトブレイクに 注 意 が 必 要 である (3) 届 出 基 準 ア 患 者 ( 確 定 例 ) 医 師 は (2)の 臨 床 的 特 徴 を 有 する 者 を 診 察 した 結 果 症 状 や 所 見 から 侵 襲 性 髄 膜 炎 菌 感 染 症 が 疑 われ かつ 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる により 侵 襲 性 髄 膜 炎 菌 感 染 症 と 診 断 した 場 合 には 法 第 12 条 第 1 項 の 規 定 による 届 出 を7 日 以 内 に 行 わなければならない 特 に 患 者 が 学 生 寮 などで 共 同 生 活 を 行 ってい る 場 合 には 早 期 の 対 応 が 望 まれる この 場 合 において は 同 欄 に 掲 げる の 区 分 ごとに それぞ れ 同 表 の 右 欄 に 定 めるもののいずれかを 用 いること イ 感 染 症 死 亡 者 の 死 体 医 師 は (2)の 臨 床 的 特 徴 を 有 する 死 体 を 検 案 した 結 果 症 状 や 所 見 から 侵 襲 性 髄 膜 炎 菌 感 染 症 が 疑 われ かつ 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる により 侵 襲 性 髄 膜 炎 菌 感 染 症 により 死 亡 したと 判 断 した 場 合 には 法 第 12 条 第 1 項 の 規 定 による 届 出 を7 日 以 内 に 行 わなければならない この 場 合 において は 同 欄 に 掲 げる の 区 分 ごとに それぞ れ 同 表 の 右 欄 に 定 めるもののいずれかを 用 いること 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 PCR 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 髄 液 血 液 髄 液 血 液 髄 膜 炎 菌 性 髄 膜 炎 (1) 定 義 Neisseria meningitidis による 急 性 化 膿 性 髄 膜 炎 である (2) 臨 床 的 特 徴 突 然 の 発 症 がみられ( 潜 伏 期 は2~4 日 ) 髄 膜 炎 症 状 ( 頭 痛 発 熱 痙 攣 意 識 障 害 髄 膜 刺 激 症 状 乳 児 では 大 泉 門 膨 隆 )を 示 す 点 状 出 血 がみられることも ある 敗 血 症 例 ではショック 並 びにDICを 来 し(Waterhouse-Friedrichsen 症 候 群 ) 細 菌 性 の 関 節 炎 を 伴 うこともある 世 界 各 地 に 散 発 性 又 は 流 行 性 に 発 生 し 温 帯 では 寒 い 季 節 に 熱 帯 では 乾 季 に 多 発 する 本 邦 ではまれである (3) 届 出 基 準 ア 患 者 ( 確 定 例 ) 医 師 は (2)の 臨 床 的 特 徴 を 有 する 者 を 診 察 した 結 果 症 状 や 所 見 から 髄 膜 炎 菌 性 髄 膜 炎 が 疑 われ かつ 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる により 髄 膜 炎 菌 性 髄 膜 炎 と 診 断 した 場 合 には 法 第 12 条 第 1 項 の 規 定 による 届 出 を7 日 以 内 に 行 わなければならない この 場 合 において は 同 欄 に 掲 げる の 区 分 ごとに それぞ れ 同 表 の 右 欄 に 定 めるもののいずれかを 用 いること イ 感 染 症 死 亡 者 の 死 体 医 師 は (2)の 臨 床 的 特 徴 を 有 する 死 体 を 検 案 した 結 果 症 状 や 所 見 から 髄 膜 炎 菌 性 髄 膜 炎 が 疑 われ かつ 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる により 髄 膜 炎 菌 性 髄 膜 炎 により 死 亡 したと 判 断 した 場 合 には 法 第 12 条 第 1 項 の 規 定 によ る 届 出 を7 日 以 内 に 行 わなければならない この 場 合 において は 同 欄 に 掲 げる の 区 分 ごとに それぞ れ 同 表 の 右 欄 に 定 めるもののいずれかを 用 いること 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 髄 液 血 液

7 14-5 侵 襲 性 肺 炎 球 菌 感 染 症 (1) 定 義 Streptococcus pneumoniae による 侵 襲 性 感 染 症 のうち 本 菌 が 髄 液 又 は 血 液 から 検 出 された 感 染 症 とする (2) 臨 床 的 特 徴 潜 伏 期 間 は 不 明 である 小 児 及 び 高 齢 者 を 中 心 とした 発 症 が 多 く 小 児 と 成 人 で その 臨 床 的 特 徴 が 異 なる ア 小 児 成 人 と 異 なり 肺 炎 を 伴 わず 発 熱 のみを 初 期 症 状 とした 感 染 巣 のはっきりし ない 菌 血 症 例 が 多 い また 髄 膜 炎 は 直 接 発 症 するものの 他 肺 炎 球 菌 性 の 中 耳 炎 に 続 いて 発 症 することがある イ 成 人 発 熱 咳 嗽 喀 痰 息 切 れを 初 期 症 状 とした 菌 血 症 を 伴 う 肺 炎 が 多 い 髄 膜 炎 例 では 頭 痛 発 熱 痙 攣 意 識 障 害 髄 膜 刺 激 症 状 等 の 症 状 を 示 す (3) 届 出 基 準 ア 患 者 ( 確 定 例 ) 医 師 は (2)の 臨 床 的 特 徴 を 有 する 者 を 診 察 した 結 果 症 状 や 所 見 から 侵 襲 性 肺 炎 球 菌 感 染 症 が 疑 われ かつ 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる により 侵 襲 性 肺 炎 球 菌 感 染 症 患 者 と 診 断 した 場 合 には 法 第 12 条 第 1 項 の 規 定 による 届 出 を 7 日 以 内 に 行 わなければならない この 場 合 において は 同 欄 に 掲 げる の 区 分 ごとに それぞ れ 同 表 の 右 欄 に 定 めるもののいずれかを 用 いること イ 感 染 症 死 亡 者 の 死 体 医 師 は (2)の 臨 床 的 特 徴 を 有 する 死 体 を 検 案 した 結 果 症 状 や 所 見 から 侵 襲 性 肺 炎 球 菌 感 染 症 が 疑 われ かつ 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる により 侵 襲 性 肺 炎 球 菌 感 染 症 により 死 亡 したと 判 断 した 場 合 には 法 第 12 条 第 1 項 の 規 定 による 届 出 を7 日 以 内 に 行 わなければならない この 場 合 において は 同 欄 に 掲 げる の 区 分 ごとに それぞ れ 同 表 の 右 欄 に 定 めるもののいずれかを 用 いること ( 新 規 ) - 6 -

8 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 髄 液 血 液 PCR 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 髄 液 血 液 ラテックス 法 又 はイムノクロマト 法 による 病 原 体 抗 原 の 検 出 髄 液 10~12 ( 略 ) 13 バンコマイシン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 感 染 症 (1)~(2) ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~イ ( 略 ) 分 離 同 定 による 黄 色 ブドウ 球 菌 の 検 出 かつ 分 離 菌 に 対 するバンコマイシンのMIC 値 が 16μg/ml 以 上 分 離 同 定 による 黄 色 ブドウ 球 菌 の 検 出 かつ 分 離 菌 に 対 するバンコマイシンのMIC 値 が 16μg/ml 以 上 かつ 分 離 菌 が 感 染 症 の 起 因 菌 であるとの 判 定 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 その 他 の 通 常 無 菌 的 である べき 検 体 喀 痰 膿 尿 その 他 の 通 常 無 菌 的 ではない 検 体 14 バンコマイシン 耐 性 腸 球 菌 感 染 症 (1) 定 義 バンコマイシンに 対 して 耐 性 を 示 す 腸 球 菌 (VRE)による 感 染 症 である (2) ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~イ ( 略 ) 分 離 同 定 による 腸 球 菌 の 検 出 かつ 分 離 菌 に 対 するバンコマイシンのMIC 値 が16μ g/ml 以 上 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 そ の 他 の 通 常 無 菌 的 であるべ き 検 体 10~12 ( 略 ) 13 バンコマイシン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 感 染 症 (1)~(2) ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~イ ( 略 ) 分 離 同 定 による 黄 色 ブドウ 球 菌 の 検 出 かつ 薬 剤 耐 性 の 特 性 の 確 認 ( 分 離 菌 のバンコマイ シンのMIC 値 が32μg/ml 以 上 ) 分 離 同 定 による 黄 色 ブドウ 球 菌 の 検 出 かつ 分 離 菌 に 対 するバンコマイシンのMIC 値 が 32μg/ml 以 上 かつ 分 離 菌 が 肺 炎 などの 深 在 性 侵 襲 性 若 しくは 全 身 感 染 症 の 起 因 菌 である との 判 定 血 液 通 常 無 菌 的 であるべ き 検 体 喀 痰 無 菌 的 ではない 検 体 14 バンコマイシン 耐 性 腸 球 菌 感 染 症 (1) 定 義 バンコマイシン 耐 性 遺 伝 子 (vana,vanb,vanc)を 保 有 する 腸 球 菌 (VRE)によ る 感 染 症 である (2) ( 略 ) (3) 届 出 基 準 ア~イ ( 略 ) 分 離 同 定 による 腸 球 菌 の 検 出 かつ 薬 剤 耐 性 の 特 性 の 確 認 ( 分 離 菌 のバンコマイシンの MIC 値 が16μg/ml 以 上 ) 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 そ の 他 の 通 常 は 無 菌 的 である べき 臨 床 検 体 - 7 -

9 分 離 同 定 による 腸 球 菌 の 検 出 かつ 分 離 菌 に 対 するバンコマイシンのMIC 値 が16μ g/ml 以 上 かつ 分 離 菌 が 感 染 症 の 起 因 菌 と 判 定 された 場 合 喀 痰 膿 尿 その 他 の 通 常 無 菌 的 ではない 検 体 分 離 同 定 による 腸 球 菌 の 検 出 かつ 分 離 菌 からの vana vanb 又 は vanc 遺 伝 子 の 検 出 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 そ の 他 の 通 常 は 無 菌 的 である べき 臨 床 検 体 14-2~35 ( 略 ) 14-2~35 ( 略 ) 36 細 菌 性 髄 髄 膜 炎 ( 髄 膜 炎 菌 肺 炎 球 菌 インフルエンザ 菌 を 原 因 として 同 定 さ れた 場 合 を 除 く ) (1) 定 義 髄 膜 炎 菌 肺 炎 球 菌 インフルエンザ 菌 を 原 因 として 同 定 された 場 合 を 除 く 種 々 の 細 菌 感 染 症 による 髄 膜 の 感 染 症 である (2)~(5) ( 略 ) 37 ペニシリン 耐 性 肺 炎 球 菌 感 染 症 (1) 定 義 ペニシリンGに 対 して 耐 性 を 示 す 肺 炎 球 菌 による 感 染 症 である (2)~(3) ( 略 ) (4) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 分 離 同 定 による 肺 炎 球 菌 の 検 出 かつペニ シリンのMIC 値 が0.125μg/ml 以 上 又 は オキサシリンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が19mm 以 下 分 離 同 定 による 肺 炎 球 菌 の 検 出 かつペニ シリンのMIC 値 が0.125μg/ml 以 上 又 は オキサシリンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が19mm 以 下 かつ 分 離 菌 が 感 染 症 の 起 因 菌 と 判 定 された 場 合 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 そ の 他 の 通 常 無 菌 的 であるべ き 検 体 喀 痰 膿 尿 その 他 の 通 常 無 菌 的 ではない 検 体 36 細 菌 性 髄 髄 膜 炎 ( 髄 膜 炎 菌 性 髄 膜 炎 をのぞく) (1) 定 義 種 々の 細 菌 感 染 症 による 髄 膜 の 感 染 症 である (2)~(5) ( 略 ) 37 ペニシリン 耐 性 肺 炎 球 菌 感 染 症 (1) 定 義 ペニシリンGに 対 して 耐 性 のある 肺 炎 球 菌 による 感 染 症 である (2)~(3) ( 略 ) (4) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 菌 の 分 離 による 病 原 体 の 検 出 ( 敗 血 症 心 内 膜 炎 腹 膜 炎 胸 膜 炎 髄 膜 炎 骨 髄 炎 ) 及 び 以 下 の 検 査 室 での 判 断 基 準 を 満 たすもの( 検 査 室 での 判 断 基 準 は ペニシリンのMIC μg/ml 又 は オキサシリンの 感 受 性 ディ スク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が19mm 以 下 ) 菌 の 分 離 による 病 原 体 の 検 出 かつ 感 染 症 の 起 因 菌 と 判 定 された 場 合 ( 呼 吸 器 感 染 症 肝 胆 道 系 感 染 症 創 傷 感 染 症 腎 盂 腎 炎 複 雑 性 尿 路 感 染 症 扁 桃 炎 細 菌 性 中 耳 炎 副 鼻 腔 炎 皮 膚 軟 部 組 織 感 染 症 ) 及 び 以 下 の 検 査 室 での 判 断 基 準 を 満 たすもの( 検 査 室 での 判 断 基 準 は ペニシリンのMIC 0.125μg/ml 又 は オキサシリンの 感 受 性 ディスク(KB) の 阻 止 円 の 直 径 が19mm 以 下 ) 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 通 常 は 無 菌 的 であるべき 臨 床 検 体 喀 痰 膿 尿 便 無 菌 的 で はない 検 体 - 8 -

10 38 マイコプラズマ 肺 炎 (1)~(3) ( 略 ) (3) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 38 マイコプラズマ 肺 炎 (1)~(3) ( 略 ) (3) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 PCR 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 抗 体 の 検 出 (ペア 血 清 による 抗 体 陽 転 又 は 抗 体 価 の 有 意 の 上 昇 又 は 単 一 血 清 で 間 接 血 球 凝 集 抗 体 価 320 倍 以 上 補 体 結 合 抗 体 価 64 倍 以 上 ゼラチン 粒 子 凝 集 抗 体 価 320 倍 以 上 若 しく はIgM 抗 体 の 検 出 ( 迅 速 診 断 キット)) 気 道 から 採 取 され た 検 体 血 清 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 PCR 法 又 はLAMP 法 による 病 原 体 の 遺 伝 子 の 検 出 抗 体 の 検 出 (ペア 血 清 による 抗 体 陽 転 又 は 抗 体 価 の 有 意 の 上 昇 又 は 単 一 血 清 で 間 接 血 球 凝 集 抗 体 価 320 倍 以 上 補 体 結 合 抗 体 価 64 倍 以 上 ゼラチン 粒 子 凝 集 抗 体 価 320 倍 以 上 若 しく はIgM 抗 体 の 検 出 ( 迅 速 診 断 キット)) 気 道 から 採 取 され た 検 体 血 清 39~40 ( 略 ) 39~40 ( 略 ) 41 メチシリン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 感 染 症 (1)~(3) ( 略 ) (4) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 分 離 同 定 による 黄 色 ブドウ 球 菌 の 検 出 か つオキサシリンのMIC 値 が4μg/ml 以 上 又 はオキサシリンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が10mm 以 下 分 離 同 定 による 黄 色 ブドウ 球 菌 の 検 出 か つオキサシリンのMIC 値 が4μg/ml 以 上 又 はオキサシリンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が10mm 以 下 かつ 分 離 菌 が 感 染 症 の 起 因 菌 と 判 定 された 場 合 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 そ の 他 の 通 常 無 菌 的 であるべ き 検 体 喀 痰 膿 尿 その 他 の 通 常 無 菌 的 ではない 検 体 41 メチシリン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 感 染 症 (1)~(3) ( 略 ) (4) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 菌 の 分 離 による 病 原 体 の 検 出 ( 敗 血 症 心 内 膜 炎 腹 膜 炎 胸 膜 炎 髄 膜 炎 骨 髄 炎 ) 及 び 以 下 の 検 査 室 での 判 断 基 準 を 満 たすもの( 検 査 室 での 判 断 基 準 は オキサシリンのMIC 4 μg/ml 又 はオキサシリンの 感 受 性 ディスク (KB)の 阻 止 円 の 直 径 が10mm 以 下 ) 菌 の 分 離 による 病 原 体 の 検 出 かつ 感 染 症 の 起 因 菌 と 判 定 された 場 合 ( 呼 吸 器 感 染 症 肝 胆 道 系 感 染 症 創 傷 感 染 症 腎 盂 腎 炎 複 雑 性 尿 路 感 染 症 扁 桃 炎 細 菌 性 中 耳 炎 副 鼻 腔 炎 皮 膚 軟 部 組 織 感 染 症 ) 及 び 以 下 の 検 査 室 での 判 断 基 準 を 満 たすもの( 検 査 室 での 判 断 基 準 は オキサシリンのMIC 4μg/ml 又 はオキサシリンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が10mm 以 下 ) 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 通 常 は 無 菌 的 であるべき 臨 床 検 体 喀 痰 膿 尿 便 無 菌 的 で はない 検 体 - 9 -

11 42 薬 剤 耐 性 アシネトバクター 感 染 症 (1)~(3) ( 略 ) (4) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 分 離 同 定 によるアシネトバクター 属 菌 の 検 出 かつ 以 下 の3つの 条 件 を 全 て 満 たした 場 合 ア イミペネムのMIC 値 が16μg/ml 以 上 又 は イミペネムの 感 受 性 ディスク(KB) の 阻 止 円 の 直 径 が13mm 以 下 イ アミカシンのMIC 値 が32μg/ml 以 上 又 は アミカシンの 感 受 性 ディスク(KB) の 阻 止 円 の 直 径 が14mm 以 下 ウ シプロフロキサシンのMIC 値 が4μ g/ml 以 上 又 は シプロフロキサシンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が15mm 以 下 分 離 同 定 によるアシネトバクター 属 菌 の 検 出 かつ 以 下 の3つの 条 件 を 全 て 満 たし か つ 分 離 菌 が 感 染 症 の 起 因 菌 と 判 定 された 場 合 ア イミペネムのMIC 値 が16μg/ml 以 上 又 は イミペネムの 感 受 性 ディスク(KB) の 阻 止 円 の 直 径 が13mm 以 下 イ アミカシンのMIC 値 が32μg/ml 以 上 又 は アミカシンの 感 受 性 ディスク(KB) の 阻 止 円 の 直 径 が14mm 以 下 ウ シプロフロキサシンのMIC 値 が4μ 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 その 他 の 通 常 無 菌 的 である べき 検 体 喀 痰 膿 尿 その 他 の 通 常 無 菌 的 ではない 検 体 薬 剤 耐 性 アシネトバクター 感 染 症 (1)~(3) ( 略 ) (4) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 ( 敗 血 症 心 内 膜 炎 腹 膜 炎 胸 膜 炎 髄 膜 炎 骨 髄 炎 ) 及 び 以 下 の 検 査 室 での 判 断 基 準 を 満 たすもの ( 検 査 室 での 判 断 基 準 は 以 下 の3つの 条 件 を 全 て 満 たした 場 合 である ) ア イミペネムのMIC 16μg/ml 又 は イミペネムの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が13mm 以 下 イ アミカシンのMIC 32μg/ml 又 は アミカシンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が14mm 以 下 ウ シプロフロキサシンのMIC 4μg/ml 又 は シプロフロキサシンの 感 受 性 ディスク (KB)の 阻 止 円 の 直 径 が15mm 以 下 ) 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 かつ 感 染 症 の 起 因 菌 と 判 定 された 場 合 ( 呼 吸 器 感 染 症 肝 胆 道 系 感 染 症 創 傷 感 染 症 腎 盂 腎 炎 複 雑 性 尿 路 感 染 症 皮 膚 軟 部 組 織 感 染 症 細 菌 性 中 耳 炎 副 鼻 腔 炎 眼 炎 ) 及 び 以 下 の 検 査 室 での 判 断 基 準 を 満 たすもの ( 検 査 室 での 判 断 基 準 は 以 下 の3つの 条 件 を 全 て 満 たした 場 合 である ア イミペネムのMIC 16μg/ml 又 は イミペネムの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が13mm 以 下 イ アミカシンのMIC 32μg/ml 又 は アミカシンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が14mm 以 下 ウ シプロフロキサシンのMIC 4μg/ml 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 通 常 は 無 菌 的 であるべき 臨 床 検 体 喀 痰 気 道 分 泌 液 口 腔 粘 液 膿 滲 出 液 尿 耳 漏 眼 脂 無 菌 的 ではない 検 体

12 g/ml 以 上 又 は シプロフロキサシンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が15mm 以 下 又 は シプロフロキサシンの 感 受 性 ディスク (KB)の 阻 止 円 の 直 径 が15mm 以 下 ) 43 薬 剤 耐 性 緑 膿 菌 感 染 症 (1)~(3) ( 略 ) (4) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 分 離 同 定 による 緑 膿 菌 の 検 出 かつ 以 下 の3つの 条 件 を 全 て 満 たした 場 合 ア イミペネムのMIC 値 が16μg/ml 以 上 又 は イミペネムの 感 受 性 ディスク(KB) の 阻 止 円 の 直 径 が13mm 以 下 イ アミカシンのMIC 値 が32μg/ml 以 上 又 は アミカシンの 感 受 性 ディスク(KB) の 阻 止 円 の 直 径 が14mm 以 下 ウ シプロフロキサシンのMIC 値 が4μ g/ml 以 上 又 は シプロフロキサシンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が15mm 以 下 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 そ の 他 の 通 常 無 菌 的 であるべ き 検 体 43 薬 剤 耐 性 緑 膿 菌 感 染 症 (1)~(3) ( 略 ) (4) 届 出 のために 必 要 な 検 査 所 見 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 ( 敗 血 症 心 内 膜 炎 腹 膜 炎 胸 膜 炎 髄 膜 炎 骨 髄 炎 ) 及 び 以 下 の 検 査 室 での 判 断 基 準 を 満 たすもの ( 検 査 室 での 判 断 基 準 は 以 下 の3つの 条 件 を 全 て 満 たした 場 合 である ア イミペネムのMIC 16μg/ml 又 は イミペネムの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が13mm 以 下 イ アミカシンのMIC 32μg/ml 又 は アミカシンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が14mm 以 下 ウ シプロフロキサシンのMIC 4μg/ml 又 は シプロフロキサシンの 感 受 性 ディスク (KB)の 阻 止 円 の 直 径 が15mm 以 下 ) 血 液 腹 水 胸 水 髄 液 通 常 は 無 菌 的 であるべき 臨 床 検 体

13 分 離 同 定 による 緑 膿 菌 の 検 出 かつ 以 下 の3つの 条 件 を 全 て 満 たし かつ 分 離 菌 が 感 染 症 の 起 因 菌 と 判 定 された 場 合 ア イミペネムのMIC 値 が16μg/ml 以 上 又 は イミペネムの 感 受 性 ディスク(KB) の 阻 止 円 の 直 径 が13mm 以 下 イ アミカシンのMIC 値 が32μg/ml 以 上 又 は アミカシンの 感 受 性 ディスク(KB) の 阻 止 円 の 直 径 が14mm 以 下 ウ シプロフロキサシンのMIC 値 が4μ g/ml 以 上 又 は シプロフロキサシンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が15 mm 以 下 喀 痰 膿 尿 その 他 の 通 常 無 菌 的 ではない 検 体 分 離 同 定 による 病 原 体 の 検 出 かつ 感 染 症 の 起 因 菌 と 判 定 された 場 合 ( 呼 吸 器 感 染 症 肝 胆 道 系 感 染 症 創 傷 感 染 症 腎 盂 腎 炎 複 雑 性 尿 路 感 染 症 扁 桃 炎 細 菌 性 中 耳 炎 副 鼻 腔 炎 皮 膚 軟 部 組 織 感 染 症 ) 及 び 以 下 の 検 査 室 での 判 断 基 準 を 満 たすもの ( 検 査 室 での 判 断 基 準 は 以 下 の3つの 条 件 を 全 て 満 たした 場 合 である ア イミペネムのMIC 16μg/ml 又 は イミペネムの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が13mm 以 下 イ アミカシンのMIC 32μg/ml 又 は アミカシンの 感 受 性 ディスク(KB)の 阻 止 円 の 直 径 が14mm 以 下 ウ シプロフロキサシンのMIC 4μg/ml 又 は シプロフロキサシンの 感 受 性 ディスク (KB)の 阻 止 円 の 直 径 が15mm 以 下 ) 喀 痰 膿 尿 便 無 菌 的 で はない 検 体 第 7 ( 略 ) 第 7 ( 略 )

14 別 記 様 式 1( 略 ) 別 記 様 式 2-1~2-3( 略 ) 別 記 様 式 2-4 新 別 記 様 式 1( 略 ) 別 記 様 式 2-1~2-3( 略 ) 別 記 様 式 2-4 旧 別 記 様 式 2-5( 略 ) 別 記 様 式 2-5( 略 )

15 別 記 様 式 3-1( 略 ) 別 記 様 式 3-2 別 記 様 式 3-1( 略 ) 別 記 様 式 3-2 別 記 様 式 3-3~3-5 ( 略 ) 別 記 様 式 3-3~3-5 ( 略 )

16 別 記 様 式 4-1 別 記 様 式 4-1 別 記 様 式 4-2~4-18 ( 略 ) 別 記 様 式 4-2~4-18 ( 略 )

17 別 記 様 式 4-19 別 記 様 式 4-19

18 別 記 様 式 4-20 ( 略 ) 別 記 様 式 4-21 別 記 様 式 4-20 ( 略 ) 別 記 様 式 4-21 別 記 様 式 4-22~4-25 ( 略 ) 別 記 様 式 4-22~4-25 ( 略 )

19 別 記 様 式 4-26 別 記 様 式 4-26

20 別 記 様 式 4-27~4-29 ( 略 ) 別 記 様 式 4-30 別 記 様 式 4-27~4-29 ( 略 ) 別 記 様 式 4-30

21 別 記 様 式 4-31~4-34 ( 略 ) 別 記 様 式 4-35 別 記 様 式 4-31~4-34 ( 略 ) 別 記 様 式 4-35

22 別 記 様 式 4-36~4-39 ( 略 ) 別 記 様 式 4-40 別 記 様 式 4-36~4-39 ( 略 ) 別 記 様 式 4-40

23 別 記 様 式 4-41 別 記 様 式 4-41 別 記 様 式 4-42~4-43 別 記 様 式 4-42~4-43

24 別 記 様 式 5-1 ( 略 ) 別 記 様 式 5-2 別 記 様 式 5-1 ( 略 ) 別 記 様 式 5-2

25 別 記 様 式 5-3~5-5 別 記 様 式 5-6 別 記 様 式 5-3~5-5 別 記 様 式 5-6

26 別 記 様 式 5-7~5-8( 略 ) 別 記 様 式 5-7~5-8( 略 ) ( 新 規 )

27 別 記 様 式 別 記 様 式 5-9

28 別 記 様 式 ( 新 規 )

29 別 記 様 式 5-10~5-12( 略 ) 別 記 様 式 5-13 別 記 様 式 5-10~5-12( 略 ) 別 記 様 式 5-13

30 別 記 様 式 5-14 別 記 様 式 5-14

31 別 記 様 式 ( 略 ) 別 記 様 式 別 記 様 式 ( 略 ) 別 記 様 式

32 別 記 様 式 6~7( 略 ) 別 記 様 式 6~7( 略 )

届出基準

届出基準 15 RSウイルス 感 染 症 RSウイルス(respiratory syncytial virus)による 急 性 呼 吸 器 感 染 症 である 乳 児 期 の 発 症 が 多 く 特 徴 的 な 病 像 は 細 気 管 支 炎 肺 炎 である 2 日 ~1 週 間 ( 通 常 4~5 日 )の 潜 伏 期 間 の 後 に 初 感 染 の 乳 幼 児 では 上 気 道 症 状 ( 鼻 汁 咳 など)から

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後 主 治 医 様 下 記 太 線 枠 内 をご 記 入 願 います 登 園 許 可 証 光 輪 はさみこども 園 園 長 殿 入 所 園 児 氏 名. 病 名 平 成 年 月 日 から 病 状 も 回 復 し 集 団 生 活 に 支 障 がない 状 態 になったので 登 園 可 能 と 判 断 します 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 医 師 名 印 こども 園 は 乳 幼 児 が 集 団 で

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

Microsoft Word - 小児科No.105.2015年10月号.docx

Microsoft Word - 小児科No.105.2015年10月号.docx CONTENTS 筑 豊 小 児 科 医 会 のご 案 内 1 小 児 科 医 会 報 告 1 地 域 連 携 ささえあい 小 児 診 療 4 飯 塚 病 院 月 間 診 療 のまとめ 5 筑 豊 小 児 科 医 会 のご 案 内 第 269 回 日 時 :2015 年 10 月 14 日 ( 水 )(18:50~20:30) 場 所 : 飯 塚 病 院 北 棟 4 階 多 目 的 ホール 一 般

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

付録2192.ec9

付録2192.ec9 広 島 県 医 師 会 速 報 ( 第 号 ) 付 録 年 ( 平 成 年 ) 月 日 ( ) 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 について 広 島 県 医 師 会 常 任 理 事 渡 邊 弘 司 本 県 における 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 につきましては すでにお 知 らせしておりますが

More information

陸上自衛隊における感染症対策に関する達

陸上自衛隊における感染症対策に関する達 陸 上 自 衛 隊 における 感 染 症 対 策 に 関 する 達 平 成 11 年 9 月 13 日 陸 上 自 衛 隊 達 第 92 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 23 日 達 第 92 7 1 号 平 成 18 年 7 月 26 日 達 第 122 211 号 平 成 19 年 3 月 30 日 達 第 92 7 2 号 平 成 20 年 5 月 29 日 達 第 92 7 3 号

More information

ユナシン ファイザー 錠 剤 ( 粉 砕 不 可 ):375mg(\61.9) トシル 酸 スルタミシリン SBTPC 用 法 用 量 1 回 375mg,1 日 2~3 回 禁 忌 (1) 本 剤 の 成 分 に 対 し 過 敏 の 既 往 歴 (2) 伝 染 性 単 核 重 大 な 副 作 用

ユナシン ファイザー 錠 剤 ( 粉 砕 不 可 ):375mg(\61.9) トシル 酸 スルタミシリン SBTPC 用 法 用 量 1 回 375mg,1 日 2~3 回 禁 忌 (1) 本 剤 の 成 分 に 対 し 過 敏 の 既 往 歴 (2) 伝 染 性 単 核 重 大 な 副 作 用 病 原 微 生 物 に 対 する 剤 1 抗 菌 ペニシリン 系 バイシリンG MSD 顆 粒 剤 :40 万 U/g(\31) ベンジルペニシリンベンザチン 水 和 物 Aus:A, 用 法 用 量 1 回 40 万 単 位,1 日 2~4 回, 梅 毒 :1 回 40 万 単 位,1 日 3~4 回 重 大 な 副 作 用 1)ショック,2) 溶 血 性 貧 血,3) 間 質 性 腎 炎 急 性

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤 ~ 度 成 作 成 : 薬 剤 科 医 薬 品 情 報 室 青 医 薬 品 発 品 称 用 法 用 量 欄 注 釈 用 ] 適 ] 添 付 文 記 載 い 用 法 用 量 当 院 適 応 中 心 記 載 禁 ] 投 禁 忌 患 者 状 態 併 用 禁 忌 薬 示 い ] 重 篤 作 用 頻 度 高 い 作 用 中 心 注 意 代 表 的 い 記 載 い 特 ] 薬 剤 特 長 薬 剤 系 統 利 使

More information

10w.xdw

10w.xdw 児 県 感 染 症 発 生 動 向 調 査 事 業 感 染 症 のホームページアドレス http://www.pref.kagoshima.jp/kenko-fukushi/kenko-iryo/kansen/index.html 県 内 に 流 行 性 耳 下 腺 炎 (おたふくかぜ)の 流 行 発 生 警 報 が 発 令 されました 県 内 の 流 行 性 耳 下 腺 炎 の 発 生 動 向 と

More information

Microsoft Word - vaccine_dog.doc

Microsoft Word - vaccine_dog.doc ワクチンについて ワンちゃん 編 ワクチンは いつ 接 種 するかのタイミングが 重 要 です 特 に 子 犬 の 場 合 は 生 まれる 時 に 親 から 貰 った 免 疫 ( 移 行 抗 体 )が 残 っているので これが 切 れる 時 期 を 見 計 らってワクチンを 接 種 することが 大 切 です また 健 康 状 態 や 体 質 によっては 副 作 用 の 危 険 や 十 分 な 免 疫

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

5 ウイルス行政検査について

5 ウイルス行政検査について 5 ウイルス 行 政 検 査 について 平 成 12 年 5 月 8 日 健 医 感 発 第 43 号 各 都 道 府 県 ( 政 令 市 特 別 区 ) 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 省 保 健 医 療 局 結 核 感 染 症 課 長 標 記 については 昭 和 42 年 10 月 20 日 衛 防 第 50 号 厚 生 省 公 衆 衛 生 局 防 疫 課 長 通 知 により 実

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

1分冊_表紙1

1分冊_表紙1 この 約 の 概 要 5 年 ごと 配 当 付 定 疾 病 保 障 終 身 保 険 約 条 項 目 次 第 1 条 約 保 険 金 の 支 払 第 2 条 約 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 3 条 約 保 険 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 4 条 約 保 険 金 の 請 求 支 払 時 期 および 支 払 場 所 第 5 条 約 定 疾 病 保

More information

untitled

untitled CMV 12 24-1 造 血 幹 細 胞 移 植 後 の 合 併 症 時 期 合 併 症 抗 癌 剤 副 作 用 細 菌 性 真 菌 性 前 処 置 期 早 期 中 期 後 期 VODそ 敗 血 症 中 耳 炎 肺 炎 敗 血 症 ウイルス 性 白 血 球 数 とその 由 来 G V H D 造 血 幹 細 胞 移 植 日 数 前 処 置 期 早 期 中 期 後 期 患 者 本 人 の 口 内 (HSV

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63>

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63> 健 感 発 第 1116003 号 平 成 18 年 11 月 16 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 狂 犬 病 の 流 行 地 域 より 帰 国 し 当 該 疾 病 への 感 染 が 疑 われる 患 者 の 診 療 等 に 関 する 周 知 の 徹 底 について 今 般 別 添 のとおり

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

Microsoft Word - 210202菊地

Microsoft Word - 210202菊地 中 耳 炎 の 病 態 と 予 防 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 耳 鼻 咽 喉 科 菊 地 茂 1.はじめに 中 耳 炎 とは 中 耳 に 生 じる 炎 症 の 総 称 で 中 耳 炎 には 急 性 中 耳 炎 慢 性 中 耳 炎 滲 出 性 中 耳 炎 真 珠 腫 性 中 耳 炎 癒 着 性 中 耳 炎 結 核 性 中 耳 炎 壊 疽 性 中 耳 炎 航 空 性 中 耳 炎

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

安全性情報302.indd

安全性情報302.indd 3 重 要 な 副 作 用 等 に 関 する 情 報 平 成 25 年 4 月 23 日 及 び 同 年 5 月 17 日 に 改 訂 を 指 導 した 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 のうち 重 要 な 副 作 用 等 について, 改 訂 内 容 等 とともに 改 訂 の 根 拠 となった 症 例 の 概 要 等 に 関 する 情 報 を 紹 介 いたします 1 アンブリセンタン 販 売

More information

特定疾患医療受給者証交付申請書

特定疾患医療受給者証交付申請書 第 1 号 様 式 の1 申 請 種 類 特 定 疾 患 医 療 給 証 交 付 申 請 書 新 規 更 新 医 療 機 関 追 加 転 入 再 登 録 給 生 計 中 心 療 医 療 機 関 ( 給 証 に 記 載 ) 重 要 事 項 フリガナ 氏 名 疾 患 名 給 番 号 ( 新 規 転 入 以 外 ) 生 年 月 日 明 大 昭 平 年 月 日 生 性 別 職 住 氏 住 業 所 名 所 収

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 感 染 症 の 細 胞 診 症 例 1 喀 痰 症 例 6 喀 痰 症 例 2 膣 断 端 症 例 7 胆 汁 症 例 3 気 管 支 擦 過 症 例 8 子 宮 頚 部 症 例 4 胆 汁 症 例 9 気 管 支 洗 浄 症 例 5 腹 水 症 例 10 副 鼻 腔 症 例 1 Pap 染 色 ( 喀 痰 ) 30 歳 タイ 人 女 性 日 本 在 住 6 年 画 像 画 像 をクリックすると 拡

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

日本アレルギー学会第27期理事会

日本アレルギー学会第27期理事会 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 報 告 第 2 回 ( 第 6 回 ) 化 粧 品 中 のタンパク 加 水 分 解 物 の 安 全 性 に 関 する 特 別 委 員 会 日 時 :2012 年 10 月 8 日 ( 月 祝 日 ) 11:00~15:30 場 所 : 日 本 アレルギー 学 会 事 務 局 会 議 室 出 席 者 :

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CC3905881469A6291A78BB38EBA8E9197BF322E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CC3905881469A6291A78BB38EBA8E9197BF322E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 2009 年 11 月 7 日 第 5 回 福 岡 病 院 アレルギー 喘 息 教 室 成 人 喘 息 とウイルス 感 染 国 立 病 院 機 構 福 岡 病 院 呼 吸 器 科 医 長 古 森 雅 志 気 管 支 喘 息 とは? 気 道 の 炎 症 は 慢 性 的 にあり 特 定 のアレル ゲン(アレルギーの 原 因 物 質 )やその 他 の 物 質 を 主 に 吸 い 込 んで その 刺 激 により

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 部 開 設 科 目 に 係 る 欠 席 取 扱 い 申 合 せ GPAによる 成 績 評 価 について

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

重症急性呼吸器症候群(SARS)

重症急性呼吸器症候群(SARS) 7-15. 中 東 呼 吸 器 症 候 群 (MERS)( 暫 定 版 ) 2012 年 9 月 22 日 中 東 へ 渡 航 歴 のある 重 症 肺 炎 患 者 から 後 に Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus(MERS コロナウイルス)と 命 名 される 新 種 のコロナウイルス( 以 下 MERS-CoV)が 分 離 されたと 英 国 より

More information

01

01 保 医 発 0 3 2 5 第 6 号 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長

More information

外科外来を受診される方へ(問診票)

外科外来を受診される方へ(問診票) ワクチンで 予 防 可 能 な 病 気 (VPD)について 第 1 版 2013 年 4 月 1 日 作 成 VPD とは Vaccine=ワクチン Preventable= 予 防 可 能 な Diseases= 病 気 の 略 で 文 字 通 り ワ クチンで 予 防 可 能 な 病 気 のことです 主 な VPD には 次 のようなものがあります B 型 肝 炎 破 傷 風 おたふく 風 邪

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

( 症 状 および 検 査 所 見 ) 3~7 日 の 潜 伏 期 間 の 後 に 発 熱 発 疹 頭 痛 骨 関 節 痛 嘔 気 嘔 吐 などの 症 状 がおこる 日 本 国 内 で 診 断 されたデング 熱 患 者 の 症 状 や 検 査 所 見 の 出 現 頻 度 を 表 1 に 示 す 3)

( 症 状 および 検 査 所 見 ) 3~7 日 の 潜 伏 期 間 の 後 に 発 熱 発 疹 頭 痛 骨 関 節 痛 嘔 気 嘔 吐 などの 症 状 がおこる 日 本 国 内 で 診 断 されたデング 熱 患 者 の 症 状 や 検 査 所 見 の 出 現 頻 度 を 表 1 に 示 す 3) デング 熱 診 療 マニュアル ( 第 1 版 ) 2014 年 9 月 3 日 デング 熱 はアジア 中 東 アフリカ 中 南 米 オセアニアで 流 行 しており 年 間 1 億 人 近 くの 患 者 が 発 生 していると 推 定 される 1) とくに 近 年 では 東 南 アジアや 中 南 米 で 患 者 の 増 加 が 顕 著 となっている こうした 流 行 地 域 で 日 本 からの 渡

More information

1 学 校 保 健 安 全 法 の 規 定 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 分 類 第 一 種 感 染 症 法 の 一 類 感 染 症 と 結 核 を 除 く 二 類 感 染 症 を 規 定 している 第 二 種 空 気 感 染 または 飛 沫 感 染 するも ので 学 校 におい て

1 学 校 保 健 安 全 法 の 規 定 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 分 類 第 一 種 感 染 症 法 の 一 類 感 染 症 と 結 核 を 除 く 二 類 感 染 症 を 規 定 している 第 二 種 空 気 感 染 または 飛 沫 感 染 するも ので 学 校 におい て 学 校 における 感 染 症 発 生 時 の 対 応 学 校 保 健 法 が 学 校 保 健 安 全 法 に 改 正 され 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 されました その 後 学 校 保 健 安 全 法 施 行 規 則 の 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 の 種 類 や 出 席 停 止 の 期 間 の 基 準 が 見 直 されました 本 資 料 は 長 野 県 における

More information

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎 抗 HIV 予 防 内 服 のための 苫 小 牧 市 立 病 院 受 診 の 手 続 き 事 故 を 起 こす 前 に 事 故 前 に 抗 HIV 予 防 内 服 薬 について 必 要 性 副 作 用 危 険 性 を 理 解 しておく 必 要 があります 予 め 各 説 明 書 をご 参 照 の 上 事 故 時 には 自 己 決 定 のもと 迅 速 行 動 が 望 まれます 事 故 時 の 対 処

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された 厚 生 省 ( 当 時 ) 通 知 を 受 け 一 般 医 療 機 関

はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された 厚 生 省 ( 当 時 ) 通 知 を 受 け 一 般 医 療 機 関 医 療 事 故 緊 急 対 応 用 一 般 医 療 機 関 向 け 平 成 26 年 7 月 改 定 版 東 京 都 エイズ 診 療 協 力 病 院 運 営 協 議 会 編 はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

の 肺 外 発 症 が 起 こり さらにサイトカイン 補 体 などの 活 性 化 により 血 管 閉 塞 型 の 肺 外 発 症 が 起 こります いずれにせよマイコプラズマ 感 染 症 は 肺 炎 も 肺 外 発 症 も 免 疫 発 症 で ある という 点 をご 理 解 戴 けましたら 幸 いで

の 肺 外 発 症 が 起 こり さらにサイトカイン 補 体 などの 活 性 化 により 血 管 閉 塞 型 の 肺 外 発 症 が 起 こります いずれにせよマイコプラズマ 感 染 症 は 肺 炎 も 肺 外 発 症 も 免 疫 発 症 で ある という 点 をご 理 解 戴 けましたら 幸 いで 2012 年 3 月 14 日 放 送 マイコプラズマ-その 診 断 と 治 療 札 幌 徳 洲 会 病 院 小 児 科 医 長 成 田 光 生 発 症 機 構 マイコプラズマ その 診 断 と 治 療 というテーマで 話 させて 戴 きますが その 前 提 とし てまずマイコプラズマ 感 染 症 のメカニズムを 理 解 する ということが 重 要 ですので ち ょっと 複 雑 ですが 最 初 にマイコプラズマの

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易 障 害 に 係 る 認 定 基 準 ( 別 添 ) 障 害 の 区 分 留 意 事 項 視 覚 (1) 両 眼 の 視 力 の 和 とは 各 眼 毎 の 視 力 を 別 々に 測 定 した 数 値 を 合 算 したものをいう (2) 矯 正 視 力 とは 眼 科 的 に 最 も 適 正 な 常 用 し 得 る 矯 正 眼 鏡 コン タクトレンズ 又 は 眼 内 レンズによって 得 られた 視 力 をいう

More information

<4D F736F F D E C9F91CC8DCC8EE68E9E82CC928D88D35F82505F2E646F63>

<4D F736F F D E C9F91CC8DCC8EE68E9E82CC928D88D35F82505F2E646F63> 検 体 採 取 の 方 法 1. 検 体 採 取 時 の 一 般 的 注 意 点 診 断 価 値 の 高 い 検 査 結 果 を 得 るために 材 料 を 正 しく 採 取 提 出 することは 欠 かせな い 採 取 した 材 料 が 目 的 としない 雑 菌 で 汚 染 されていたり 検 査 室 への 運 搬 の 過 程 で 死 滅 したりすることがないよう 十 分 注 意 する 必 要 がある

More information

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら ABVD 療 法 の 手 引 き 2013 年 1 月 国 立 がん 研 究 センター 中 央 病 院 血 液 腫 瘍 科 薬 剤 部 看 護 部 はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ

More information

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に 別 紙 24 基 準 感 染 防 止 対 策 地 域 連 携 加 算 チェック 項 目 表 A: 適 切 に 行 われている あるいは 十 分 である B: 適 切 に 行 われているが 改 善 が 必 要 あるいは 十 分 ではない C: 不 適 切 である あるいは 行 われていない X: 判 定 不 能 ( 当 該 医 療 機 関 では 実 施 の 必 要 性 がない 項 目 確 認 が 行

More information

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 HIV への 職 業 上 曝 露 後 の 感 染 防 止 予 防 服 用 マニュアル 一 般 医 療 機 関 用 平 成 26 年 10 月 < 兵 庫 県 エイズ 拠 点 病 院 連 絡 協 議 会 編 > 兵 庫 県 健 康 福 祉 部 健 康 局 疾 病 対 策 課 目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2

More information

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前 破 裂 脳 動 脈 瘤 に 対 する 開 頭 クリッピング 術 とは くも 膜 下 出 血 について 頭 蓋 骨 の 内 側 には 硬 膜 くも 膜 軟 膜 と 呼 ばれる 脳 組 織 を 包 んで いる 組 織 があります くも 膜 と 軟 膜 のすき 間 は くも 膜 下 腔 と 呼 ば れています くも 膜 下 腔 に 出 血 を 起 こした 状 態 がくも 膜 下 出 血 で す くも 膜

More information

KITASATO  UNIVERSITY EAST  HOSPITAL

KITASATO  UNIVERSITY   EAST  HOSPITAL KITASATO UNIVERSITY EAST HOSPITAL DRUG NEWS 目 次 Vol.25-2 2014 年 4 月 発 行 薬 剤 部 医 薬 品 情 報 室 (2008 2619) 医 薬 品 医 療 機 器 等 安 全 性 情 報 No.311 P.1~4 1. 医 薬 部 外 品 及 び 化 粧 品 の 副 作 用 報 告 制 度 の 改 正 について 2. 重 要 な 副

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089FC8A7683568393837C31817C33946E8AB490F58FC7814597D58FB08EC08F4B8376838D834F8389838082CC8A54977681698FE396EC816A20284E58506F7765724C697465292E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089FC8A7683568393837C31817C33946E8AB490F58FC7814597D58FB08EC08F4B8376838D834F8389838082CC8A54977681698FE396EC816A20284E58506F7765724C697465292E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 馬 感 染 症 臨 床 実 習 プログラムの 概 要 JRA 競 走 馬 総 合 研 究 所 企 画 調 整 室 長 上 野 儀 治 研 修 プログラム 日 程 (8/27~9/7) 事 前 講 義 ( 於 東 京 大 学 ) 8 月 20,21 日 競 走 馬 総 合 研 究 所 本 所 1 日 目 開 講 式 オリエンテーション ハンドリング 実 習 解 剖 講 義 実 習 2 日 目 解 剖

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2028895E8BA68CE38160318C8E323993FA92F990B3816A8C4B96BC8E738D9196AF8C928D4E95DB8CAF95DB8C928E968BC68EC08E7B8C7689E68169916688C4816A202D2083528373815B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2028895E8BA68CE38160318C8E323993FA92F990B3816A8C4B96BC8E738D9196AF8C928D4E95DB8CAF95DB8C928E968BC68EC08E7B8C7689E68169916688C4816A202D2083528373815B> 第 4 章 医 療 情 報 等 の 分 析 による 健 康 課 題 1 医 療 費 の 状 況 (1) 医 療 費 の 経 年 変 化 平 成 24 年 度 から 平 成 26 年 度 の 本 市 三 重 県 全 国 における 医 科 の 一 人 当 たり 医 療 費 の 推 移 を 合 計 入 院 外 来 とそれぞれ 表 しています ( 図 4-1) 一 人 当 たりの 医 療 費 は 三 重 県

More information

■難病医療費助成制度の御案内

■難病医療費助成制度の御案内 制 度 の 趣 旨 難 病 医 療 費 助 成 制 度 の 御 案 内 [ 新 規 申 請 の 方 へ] 難 病 医 療 費 助 成 制 度 が 平 成 27 年 1 月 1 日 から 新 しくなります この 制 度 は 効 果 的 な 治 療 方 法 が 確 立 されるまでの 間 長 期 の 療 養 による 医 療 費 の 経 済 的 な 負 担 が 大 きい 方 を 支 援 するという 目 的

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 解 -1 管 轄 区 域 図 解 -7 管 轄 一 覧 解 -8 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 解 -9 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 解 -10 各

More information

<5461726F2D30352D3197AF88D38E968D8092CA926D816995CA935982508145>

<5461726F2D30352D3197AF88D38E968D8092CA926D816995CA935982508145> 保 医 発 0305 第 1 号 平 成 22 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労

More information

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医 熊 本 県 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 服 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに

More information

病児保育室 ぞうさん

病児保育室 ぞうさん 病 児 保 育 室 ぞうさん お 子 さんが 病 気 で 保 育 所 への 通 園 等 ができず かつ 保 護 者 の 仕 事 の 都 合 等 で 家 庭 での 保 育 が 困 難 な 場 合 に 院 内 保 育 所 ぞうさんで 一 時 的 にお 子 さんをお 預 かりします 病 気 等 の 回 復 期 に 至 らない 病 状 からお 預 かりできます < 施 設 概 要 > 保 育 日 月 曜 日

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀬 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 藤 井 義 弘 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 26 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる 保 険 金 等 を できる 場 合 と できない 場 合 の 事 例 集 この 事 例 集 は 保 険 金 等 をできる 場 合 またはできない 場 合 の 代 表 的 な 事 例 です ご 契 約 の 保 険 種 類 特 約 種 類 加 入 時 期 によっては 取 扱 いが 異 なる 場 合 があります ので 実 際 の 契 約 での 取 扱 いに 関 しては 保 険 証 券 ご 契 約 のしおり

More information

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講 日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 第 1 回 南 和 地 域 病 診 連 携 研 修 6/1( 水 ) 14:00~16:00 南 奈 良 総 合 医 療 センタ- 講 演 14:00~14:30 最 近 の 大 腸 がんの 診 断 治 療 について

More information

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った 資 料 1-1 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 について これまでの 経 緯 1986 年 1 月 :B 型 肝 炎 母 子 感 染 防 止 事 業 において 乳 児 に 対 する 感 染 防 止 事 業 を 開 始 1992 年 3 月 : WHOがB 型 肝 炎 ワクチンのユニバーサル 化 を 推 奨 2012 年 5 月 : 厚 生 科 学 審 議 会 感 染 症 分 科 会

More information

採択一覧

採択一覧 10000 E019 九 州 内 分 泌 外 科 甲 状 腺 上 皮 小 体 5 13 日 ( 金 ) 14:20-15:00 第 2 会 場 (3F 会 議 室 4) 胸 腺 カルチノイドを 合 併 した 多 発 性 内 分 泌 腫 瘍 症 1 型 症 10001 S095 九 州 外 科 胃 十 二 指 腸 悪 性 1 14 日 ( 土 ) 10:51-11:55 第 2 会 場 (3F 会 議

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 ) は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切

More information

炎 症 の 定 義 を 説 明 できる 到 達 目 標 自 己 評 価 炎 症 の 分 類 組 織 形 態 学 的 変 化 と 経 時 的 変 化 を 説 明 できる 血 漿 タンパク 質 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 白 血 球 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 血 漿 タ

炎 症 の 定 義 を 説 明 できる 到 達 目 標 自 己 評 価 炎 症 の 分 類 組 織 形 態 学 的 変 化 と 経 時 的 変 化 を 説 明 できる 血 漿 タンパク 質 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 白 血 球 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 血 漿 タ 10: 免 疫 膠 原 病 アレルギーコース 1. 免 疫 膠 原 病 アレルギーコースの 概 要 本 コースでは 人 体 の 免 疫 応 答 の 異 常 に 関 連 する 疾 患 を 学 習 する 免 疫 応 答 の 異 常 とは 免 疫 能 低 下 免 疫 寛 容 の 破 綻 および 過 敏 反 応 等 であり 疾 患 として 免 疫 不 全 症 膠 原 病 アレルギー 性 疾 患 に 該 当

More information

OPD添付文書-1512(8)イJ

OPD添付文書-1512(8)イJ 資 料 1-2 薬 生 安 発 0 1 2 8 第 1 号 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 別 記 1) 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 生 活 衛 生 局 安 全 対 策 課 長 ( 公 印 省 略 ) ニボルマブ( 遺 伝 子 組 換 え) 製 剤 使 用 時 の 劇 症 1 型 糖 尿 病 に 関 する 周 知 について( 依 頼 ) 医 薬 品 の 適 正 使 用 安 全 対 策 につきましては

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63> - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 み 下 さい - 使 用 上 の 注 意 改 訂 のお 知 らせ 2011 年 7 月 販 売 マルホ 株 式 会 社 製 造 販 売 高 田 製 薬 株 式 会 社 この 度 セチリジン 塩 酸 塩 錠 5 mg タカタ セチリジン 塩 酸 塩 錠 10 mg タカタ の 添 付 文 書 使 用 上 の 注 意 を

More information