財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜

Size: px
Start display at page:

Download "財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜"

Transcription

1 平 成 26 年 9 月 1 日 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 まで 適 用 ) 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 < 目 次 > ページ 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 2 財 形 年 金 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 15 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 28 平 成 27 年 4 月 普 通 保 険 約 款 改 定 のお 知 らせ この 普 通 保 険 約 款 (*)は 保 険 責 任 が 平 成 27 年 3 月 31 日 までに 開 始 したご 契 約 に 適 用 されま なお 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 の 税 法 令 改 正 により 財 形 貯 蓄 非 課 税 制 度 における 育 児 休 業 等 取 得 に 伴 う 預 入 中 断 期 間 の 特 例 措 置 が 拡 充 されま これに 対 応 するため 平 成 27 年 4 月 1 日 より 財 形 傷 害 保 険 ( 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 )につきまして 普 通 保 険 約 款 (*)の 改 定 を 実 施 することといたしました これに 伴 い 平 成 27 年 3 月 31 日 までに 保 険 責 任 が 開 始 したご 契 約 につ きましても 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 は 改 定 後 の 普 通 保 険 約 款 (*)を 適 用 させていただきま 改 定 後 の 普 通 保 険 約 款 ( *)については 平 成 27 年 4 月 1 日 改 定 版 をご 確 認 いただきますようお 願 いいしま ( *) 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 財 形 年 金 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 をいいま 1

2 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 2 章 当 会 社 の 責 任 に 関 する 条 項 (この 保 険 契 約 の 趣 旨 ) この 保 険 契 約 は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 に 基 づく 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 として 満 期 時 に 勤 労 者 に 所 定 の 返 れい 金 を 支 払 うとともに 保 険 期 間 中 に 勤 労 者 が 所 定 の 事 故 により 死 亡 した 場 合 または 重 度 後 遺 障 害 状 態 とな った 場 合 は 所 定 の 保 険 金 を 支 払 うことを 目 的 とするもので 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 この 普 通 保 険 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によ りま 用 語 財 形 貯 蓄 契 約 財 形 法 事 業 主 自 動 車 等 事 務 代 行 団 体 事 務 取 扱 協 定 退 職 等 治 療 賃 金 払 込 代 行 契 約 保 険 金 定 義 財 形 法 に 基 づく 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 をいいま 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 昭 和 46 年 法 律 第 92 号 )をいいま 保 険 契 約 者 を 雇 用 している 事 業 主 をいいま 自 動 車 または 原 動 機 付 自 転 車 をいいま 財 形 法 に 規 定 する 事 務 代 行 団 体 をいいま 事 業 主 または 事 務 代 行 団 体 と 当 会 社 との 間 で 締 結 された この 保 険 契 約 に 関 する 協 定 をいいま 退 職 転 任 その 他 の 理 由 をいいま 医 師 ( 注 )が 必 要 であると 認 め 医 師 ( 注 )が 行 う 治 療 をい いま ( 注 ) 医 師 被 保 険 者 が 医 師 である 場 合 は 被 保 険 者 以 外 の 医 師 をいいま 財 形 法 に 規 定 する 賃 金 をいいま 財 形 法 に 規 定 する 払 込 代 行 契 約 をいいま 死 亡 保 険 金 または 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 をいいま 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 日 本 国 内 または 国 外 において 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 ( 注 1)によってその 身 体 に 被 った 傷 害 に 対 して この 普 通 保 険 約 款 に 従 い 保 険 金 を 支 払 いま (2) (1)の 傷 害 には 身 体 外 部 から 有 毒 ガスまたは 有 毒 物 質 を 偶 然 かつ 一 時 に 吸 入 吸 収 または 摂 取 した 場 合 に 急 激 に 生 ずる 中 毒 症 状 ( 注 2)を 含 みま ただし 細 菌 性 食 中 毒 およびウイルス 性 食 中 毒 は 含 みません ( 注 1) 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 以 下 事 故 といいま ( 注 2) 中 毒 症 状 継 続 的 に 吸 入 吸 収 または 摂 取 した 結 果 生 ずる 中 毒 症 状 を 除 きま 第 3 条 ( 満 期 返 れい 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 保 険 期 間 が 満 了 した 場 合 は この 普 通 保 険 約 款 に 従 い 満 期 返 れい 金 を 保 険 契 約 者 に 支 払 いま 第 4 条 ( 保 険 責 任 の 始 期 および 保 険 期 間 ) (1) この 保 険 契 約 の 保 険 期 間 は 次 の1および2に 定 めるところによりま 1 保 険 期 間 の 始 期 次 のア.からカ.までに 規 定 する 控 除 日 または 払 込 日 を 基 準 として 事 業 主 または 事 務 代 行 団 体 と 当 会 社 とが 協 議 して 定 めた 日 ( 以 下 契 約 基 準 日 といいま) ア. 事 業 主 がこの 保 険 契 約 の 保 険 料 に 相 当 する 金 額 を 保 険 契 約 者 に 支 払 う 賃 金 から 最 初 に 控 除 した 日 ( 以 下 第 1 回 保 険 料 控 除 日 といいま ) イ.この 保 険 契 約 の 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 事 業 主 により 保 険 契 約 者 に 支 払 われる 賃 金 から 控 除 され 事 務 代 行 団 体 を 通 じて 当 会 社 に 最 初 に 払 い 込 まれた 日 ウ. 第 7 条 ( 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 による 保 険 料 の 2

3 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 み( 注 1)があった 場 合 は その 払 込 日 エ. 第 8 条 ( 転 職 等 の 場 合 の 従 前 の 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 は その 払 込 日 オ. 第 9 条 ( 事 業 主 による 貯 蓄 金 の 管 理 が 中 止 された 場 合 の 返 還 貯 蓄 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 み( 注 1)があった 場 合 は そ の 払 込 日 カ. 第 10 条 ( 他 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 との 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 は その 払 込 日 2 保 険 期 間 の 終 期 契 約 基 準 日 ( 注 2)から 起 算 して3 年 以 上 経 過 した 日 で 保 険 契 約 者 が 次 条 の 規 定 により 指 定 した 日 (2) 当 会 社 の 保 険 責 任 は 保 険 期 間 の 初 日 の 午 後 4 時 に 始 まり 末 日 の 午 後 4 時 に 終 わりま (3) 第 1 回 保 険 料 控 除 日 または (1)1のウ.からカ.までに 規 定 する 払 込 日 が 契 約 基 準 日 と 異 なる 場 合 は (2)の 規 定 にかかわらず 当 会 社 の 保 険 責 任 は 第 1 回 保 険 料 控 除 日 または (1)1のウ.からカ.までに 規 定 する 払 込 日 の 午 後 4 時 に 始 まりま ( 注 1) 保 険 料 の 払 込 み 第 1 回 保 険 料 としての 払 込 みにかぎりま ( 注 2) 契 約 基 準 日 第 8 条 ( 転 職 等 の 場 合 の 従 前 の 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 または 他 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 の 業 務 停 止 等 に 伴 い 第 10 条 ( 他 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 との 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 は 従 前 の 財 形 貯 蓄 契 約 の 契 約 基 準 日 に 相 当 する 日 をいいま 以 下 同 様 としま 第 5 条 ( 保 険 期 間 満 了 日 の 指 定 ) (1) 保 険 契 約 者 は 満 期 返 れい 金 の 支 払 を 受 けようとする 場 合 は あらか じめ 第 23 条 ( 満 期 返 れい 金 の 支 払 )(3)および(4)の 書 類 により 保 険 期 間 満 了 日 を 指 定 しなければなりません (2) 保 険 契 約 者 は 契 約 基 準 日 から 起 算 して3 年 未 満 の 日 を 保 険 期 間 満 了 日 として 指 定 することはできません 第 3 章 保 険 料 の 払 込 みに 関 する 条 項 第 6 条 ( 保 険 料 の 定 期 払 込 ) (1) 保 険 契 約 者 は 保 険 期 間 中 定 期 に 保 険 料 を 払 い 込 まなければなりま せん(この 場 合 の 払 込 みを 以 下 定 期 払 込 といいま) (2) 保 険 料 の 定 期 払 込 は 事 業 主 が その 保 険 料 に 相 当 する 金 額 を 保 険 契 約 者 に 支 払 う 賃 金 から 控 除 し 保 険 契 約 者 に 代 わって その 金 額 をこの 保 険 契 約 の 保 険 料 として 払 い 込 むことまたは 事 務 代 行 団 体 がその 保 険 料 に 相 当 す る 金 額 を 払 い 込 む こ と に よ っ て 行 う も の と し 次 条 第 8 条 ( 転 職 等 の 場 合 の 従 前 の 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み) 第 9 条 ( 事 業 主 による 貯 蓄 金 の 管 理 が 中 止 された 場 合 の 返 還 貯 蓄 金 による 保 険 料 の 払 込 み)および 第 10 条 ( 他 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 との 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みを 含 みません (3) (2)に 規 定 する 定 期 払 込 保 険 料 に 相 当 する 金 額 は 事 務 取 扱 協 定 に 基 づいてその 事 業 主 または 事 務 代 行 団 体 から 当 会 社 または 当 会 社 の 指 定 し た 場 所 に 払 い 込 まれた 時 に この 保 険 契 約 の 保 険 料 として 当 会 社 に 払 い 込 まれたものとしま (4) 保 険 料 の 定 期 払 込 の 方 法 は 毎 月 払 毎 賞 与 時 払 または 毎 月 払 および 毎 賞 与 時 払 の 併 用 払 とし 保 険 契 約 者 は 保 険 契 約 締 結 に 際 しこれらの 方 法 のいずれかを 選 択 するものとしま 第 7 条 ( 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 による 保 険 料 の 払 込 み) (1) 保 険 契 約 者 は 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 ( 注 )によっ て 保 険 料 の 払 込 みを 行 うことができま (2) (1)の 保 険 料 の 払 込 みは 次 の1および2に 定 めるところにより 行 う ものとしま 1 当 会 社 が 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 する 財 産 形 成 給 付 金 もしくは 財 産 形 成 基 金 給 付 金 の 一 括 支 払 機 関 に 指 定 されている 場 合 または 当 会 社 のみが 同 法 施 行 令 に 規 定 する 給 付 金 支 払 機 関 である 場 合 保 険 契 約 者 が 事 業 主 を 通 じて 行 う 申 出 により 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 ( 注 )を 保 険 料 に 振 り 替 えることによって 行 うものと しま 2 1 以 外 の 場 合 財 形 法 施 行 令 に 規 定 する 給 付 金 支 払 機 関 が 事 業 主 を 通 じて 保 険 契 約 3

4 者 が 行 う 申 出 に 基 づき 保 険 契 約 者 に 代 わって 行 うものとしま (3) (1)の 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 ( 注 )は (2)の1の 場 合 はその 振 替 の 時 (2)の2の 場 合 は 当 会 社 または 当 会 社 の 指 定 した 場 所 に 払 い 込 まれた 時 に この 保 険 契 約 の 保 険 料 として 当 会 社 に 払 い 込 まれたものとしま ( 注 ) 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 給 付 金 契 約 または 勤 労 者 財 産 形 成 基 金 契 約 に 基 づき 支 払 われるべき 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 をいいま 第 10 条 ( 他 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 との 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み) (1) 保 険 契 約 者 は 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 するところにより 当 会 社 以 外 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 との 間 で 締 結 されていた 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 によって 保 険 料 の 払 込 みを 行 うことができま (2) (1)の 保 険 料 の 払 込 みは この 保 険 契 約 の 第 1 回 定 期 払 込 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 保 険 契 約 者 に 支 払 う 賃 金 から 控 除 される 日 または 払 込 代 行 契 約 に 基 づき 事 務 代 行 団 体 を 通 じて 当 会 社 に 払 い 込 まれる 日 以 前 に 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 するところにより 行 うものとしま 第 8 条 ( 転 職 等 の 場 合 の 従 前 の 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み) (1) 保 険 契 約 者 は 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 するところにより 転 職 等 により 事 業 主 に 雇 用 されることとなった 時 以 前 に 当 会 社 以 外 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 との 間 で 締 結 されていた 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 によって 保 険 料 の 払 込 みを 行 うことができま (2) (1)の 保 険 料 の 払 込 みは この 保 険 契 約 の 第 1 回 定 期 払 込 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 保 険 契 約 者 に 支 払 う 賃 金 から 控 除 される 日 または 払 込 代 行 契 約 に 基 づき 事 務 代 行 団 体 を 通 じて 当 会 社 に 払 い 込 まれる 日 以 前 に 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 するところにより 行 うものとしま 第 9 条 ( 事 業 主 による 貯 蓄 金 の 管 理 が 中 止 された 場 合 の 返 還 貯 蓄 金 による 保 険 料 の 払 込 み) (1) 保 険 契 約 者 は 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 するところにより 保 険 契 約 者 を 雇 用 する 事 業 主 がその 委 託 を 受 けて 行 う 保 険 契 約 者 の 貯 蓄 金 の 管 理 であって 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるところにより 行 われるものが 中 止 された 場 合 に 保 険 契 約 者 に 返 還 される 貯 蓄 金 ( 以 下 返 還 貯 蓄 金 とい いま)によって 保 険 料 の 払 込 みを 行 うことができま (2) (1)の 保 険 料 の 払 込 みは 事 業 主 または 事 務 代 行 団 体 が その 返 還 貯 蓄 金 を 保 険 契 約 者 の 申 出 に 基 づき 保 険 契 約 者 に 代 わってこの 保 険 契 約 の 保 険 料 として 払 い 込 むことにより 行 うものとしま (3) (1)の 保 険 料 に 相 当 する 金 額 は その 事 業 主 または 事 務 代 行 団 体 から 当 会 社 または 当 会 社 の 指 定 した 場 所 に 払 い 込 まれた 時 に この 保 険 契 約 の 保 険 料 として 当 会 社 に 払 い 込 まれたものとしま 第 4 章 保 険 金 の 支 払 に 関 する 条 項 第 11 条 ( 死 亡 保 険 金 の 支 払 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて 180 日 以 内 に 死 亡 した 場 合 は 事 故 の 生 じた 時 における 払 込 保 険 料 累 計 額 の5 倍 相 当 額 を 死 亡 保 険 金 として 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 支 払 いま (2) (1)の 死 亡 保 険 金 が 支 払 われる 場 合 において 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が2 名 以 上 であるときは 当 会 社 は 法 定 相 続 分 の 割 合 により 死 亡 保 険 金 を 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 支 払 いま (3) この 保 険 契 約 について 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が2 名 以 上 である 場 合 は 当 会 社 は 代 表 者 1 名 を 定 めることを 求 めることができまこの 場 合 において 代 表 者 は 他 の 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 を 代 理 するものとし ま (4) (3)の 代 表 者 が 定 まらない 場 合 またはその 所 在 が 明 らかでない 場 合 は 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 の 中 の1 名 に 対 して 行 う 当 会 社 の 行 為 は 他 の 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 対 しても 効 力 を 有 するものとしま (5) (1)の 払 込 保 険 料 累 計 額 は この 保 険 契 約 の 保 険 料 として 当 会 社 に 払 い 込 まれた 金 額 ( 注 1)の 合 計 額 ( 注 2)をいいま (6) (1)の 死 亡 保 険 金 が 支 払 われる 場 合 において 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 が 生 じた 後 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 賃 金 から 控 除 され 当 会 社 に 払 い 込 まれた 場 合 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 払 込 代 行 契 約 に 基 づき 事 務 代 行 団 体 を 通 じて 当 会 社 に 払 い 込 まれた 場 合 第 7 条 ( 財 産 形 4

5 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 または 第 9 条 ( 事 業 主 による 貯 蓄 金 の 管 理 が 中 止 さ れた 場 合 の 返 還 貯 蓄 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあっ た 場 合 は 死 亡 保 険 金 を 支 払 う 時 にその 保 険 料 相 当 額 を 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 払 いもどしま (7) 被 保 険 者 が 搭 乗 している 航 空 機 または 船 舶 が 行 方 不 明 となった 場 合 ま たは 遭 難 した 場 合 において その 航 空 機 または 船 舶 が 行 方 不 明 となった 日 または 遭 難 した 日 からその 日 を 含 めて30 日 を 経 過 してもなお 被 保 険 者 が 発 見 されないときは その 航 空 機 または 船 舶 が 行 方 不 明 となった 日 ま たは 遭 難 した 日 に 被 保 険 者 が 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 に よって 死 亡 したものと 推 定 しまこの 場 合 において 行 方 不 明 となっ た 日 または 遭 難 した 日 の 後 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 賃 金 から 控 除 され 当 会 社 に 払 い 込 まれた 場 合 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 払 込 代 行 契 約 に 基 づき 事 務 代 行 団 体 を 通 じて 当 会 社 に 払 い 込 まれた 場 合 第 7 条 ( 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 または 第 9 条 ( 事 業 主 による 貯 蓄 金 の 管 理 が 中 止 さ れた 場 合 の 返 還 貯 蓄 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあっ た 場 合 は (6)の 規 定 に 準 じて 払 いもどしま ( 注 1) この 保 険 契 約 の 保 険 料 として 当 会 社 に 払 い 込 まれた 金 額 当 会 社 に 払 い 込 まれていない 場 合 でも 事 故 の 生 じた 時 に 既 に 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 賃 金 から 控 除 され その 後 当 会 社 に 払 い 込 まれた 場 合 は その 額 を 含 みま ( 注 2) 当 会 社 に 払 い 込 まれた 金 額 ( 注 1)の 合 計 額 保 険 期 間 の 中 途 において この 保 険 契 約 の 一 部 を 解 除 した 場 合 は そ の 一 部 解 除 日 以 前 に 払 い 込 まれた 保 険 料 については 次 の 算 式 によって 算 出 した 額 とみなしま その 一 部 解 除 日 以 前 に 払 い 込 まれた 保 険 料 累 計 額 一 部 解 除 直 後 の 全 部 解 除 の 場 合 の 返 れい 金 一 部 解 除 直 前 の 全 部 解 除 の 場 合 の 返 れい 金 第 12 条 ( 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 の 支 払 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて180 日 以 内 に 別 表 1に 掲 げる 重 度 後 遺 障 害 が 生 じた 場 合 ( 注 )は 前 条 の 死 亡 保 険 金 に 相 当 する 金 額 を 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 として 被 保 険 者 に 支 払 いま (2) 被 保 険 者 が 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 を 被 った 時 既 に 存 在 していた 身 体 の 障 害 の 影 響 により 別 表 1に 掲 げる 重 度 後 遺 障 害 が 生 じ たときも (1)の 重 度 後 遺 障 害 に 含 むものとしま (3) (1)の 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 が 支 払 われる 場 合 において 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 が 生 じた 後 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 賃 金 から 控 除 され 当 会 社 に 払 い 込 まれた 場 合 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 払 込 代 行 契 約 に 基 づき 事 務 代 行 団 体 を 通 じて 当 会 社 に 払 い 込 まれた 場 合 第 7 条 ( 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 または 第 9 条 ( 事 業 主 による 貯 蓄 金 の 管 理 が 中 止 された 場 合 の 返 還 貯 蓄 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 は 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 を 支 払 う 時 にその 保 険 料 相 当 額 を 保 険 契 約 者 に 払 いもどしま ( 注 ) 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて 180 日 以 内 に 別 表 1に 掲 げる 重 度 後 遺 障 害 が 生 じた 場 合 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて 180 日 を 超 えてなお 治 療 を 要 する 状 態 にある 場 合 は 当 会 社 が 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて 181 日 目 における 被 保 険 者 以 外 の 医 師 の 診 断 に 基 づき 別 表 1に 掲 げる 重 度 後 遺 障 害 を 認 定 したときを 含 みま 第 13 条 ( 他 の 傷 害 または 疾 病 の 影 響 等 ) (1) 被 保 険 者 が 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 を 被 った 時 既 に 存 在 していた 疾 病 の 影 響 により または 同 条 の 傷 害 を 被 った 後 にその 原 因 と なった 事 故 と 関 係 なく 発 生 した 傷 害 もしくは 疾 病 の 影 響 により 同 条 の 傷 害 が 重 大 となった 場 合 は 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません (2) 正 当 な 理 由 がなく 被 保 険 者 が 治 療 を 怠 ったことまたは 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 治 療 をさせなかったことにより 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) の 傷 害 が 重 大 となった 場 合 は 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません 第 14 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ) 当 会 社 は 次 の1から13までのいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 傷 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 被 保 険 者 の 故 意 または 重 大 な 過 失 2 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 の 故 意 または 重 大 な 過 失 ただし その 者 が 死 5

6 亡 保 険 金 の 一 部 の 受 取 人 である 場 合 は 保 険 金 を 支 払 わないのはその 者 が 受 け 取 るべき 金 額 にかぎりま 3 被 保 険 者 の 自 殺 行 為 犯 罪 行 為 または 闘 争 行 為 4 被 保 険 者 が 次 のア.からウ.までのいずれかに 該 当 する 間 に 生 じた 事 故 ア. 法 令 に 定 められた 運 転 資 格 ( 注 1)を 持 たないで 自 動 車 等 を 運 転 し ている 間 イ. 道 路 交 通 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 105 号 ) 第 65 条 第 1 項 に 定 める 酒 気 を 帯 びた 状 態 で 自 動 車 等 を 運 転 している 間 ウ. 麻 薬 大 麻 あへん 覚 せい 剤 シンナー 等 の 影 響 により 正 常 な 運 転 ができないおそれがある 状 態 で 自 動 車 等 を 運 転 している 間 5 被 保 険 者 の 脳 疾 患 疾 病 または 心 神 喪 失 6 被 保 険 者 の 妊 娠 出 産 早 産 または 流 産 7 被 保 険 者 に 対 する 外 科 的 手 術 ( 注 2)その 他 の 医 療 処 置 ただし 外 科 的 手 術 ( 注 2)その 他 の 医 療 処 置 によって 生 じた 傷 害 が 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 うべき 傷 害 の 治 療 によるものである 場 合 は 保 険 金 を 支 払 いま 8 被 保 険 者 に 対 する 刑 の 執 行 9 戦 争 外 国 の 武 力 行 使 革 命 政 権 奪 取 内 乱 武 装 反 乱 その 他 これ らに 類 似 の 事 変 または 暴 動 ( 注 3) 10 地 震 もしくは 噴 火 またはこれらによる 津 波 11 核 燃 料 物 質 ( 注 4)もしくは 核 燃 料 物 質 ( 注 4)によって 汚 染 された 物 ( 注 5)の 放 射 性 爆 発 性 その 他 の 有 害 な 特 性 またはこれらの 特 性 による 事 故 12 9から11までの 事 由 に 随 伴 して 生 じた 事 故 またはこれらに 伴 う 秩 序 の 混 乱 に 基 づいて 生 じた 事 故 以 外 の 放 射 線 照 射 または 放 射 能 汚 染 ( 注 1) 運 転 資 格 運 転 する 地 における 法 令 によるものをいいま ( 注 2) 手 術 治 療 を 直 接 の 目 的 として メス 等 の 器 具 を 用 いて 患 部 または 必 要 部 位 に 切 除 摘 出 等 の 処 置 を 施 すことをいいま ( 注 3) 暴 動 群 衆 または 多 数 の 者 の 集 団 の 行 動 によって 全 国 または 一 部 の 地 区 に おいて 著 しく 平 穏 が 害 され 治 安 維 持 上 重 大 な 事 態 と 認 められる 状 態 を いいま ( 注 4) 核 燃 料 物 質 使 用 済 燃 料 を 含 みま ( 注 5) 核 燃 料 物 質 ( 注 4)によって 汚 染 された 物 原 子 核 分 裂 生 成 物 を 含 みま 第 15 条 ( 事 故 の 通 知 ) (1) 被 保 険 者 が 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 を 被 った 場 合 は 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 は 事 故 発 生 の 日 時 場 所 事 故 の 概 要 および 傷 害 の 程 度 につき その 原 因 となった 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて30 日 以 内 に 当 会 社 に 通 知 しなければなりません この 場 合 に おいて 当 会 社 が 書 面 による 通 知 もしくは 説 明 を 求 めたときまたは 被 保 険 者 の 診 断 書 もしくは 死 体 検 案 書 の 提 出 を 求 めたときは これに 応 じな ければなりません (2) 被 保 険 者 が 搭 乗 している 航 空 機 または 船 舶 が 行 方 不 明 となった 場 合 ま たは 遭 難 した 場 合 は 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 は その 航 空 機 または 船 舶 が 行 方 不 明 となった 日 または 遭 難 した 日 からその 日 を 含 めて30 日 以 内 に 行 方 不 明 または 遭 難 発 生 の 状 況 を 当 会 社 に 書 面 により 通 知 しなければな りません (3) 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 正 当 な 理 由 がなく(1)または (2)の 規 定 に 違 反 した 場 合 またはその 通 知 もしくは 説 明 について 知 っ ている 事 実 を 告 げなかった 場 合 もしくは 事 実 と 異 なることを 告 げた 場 合 は 当 会 社 は それによって 当 会 社 が 被 った 損 害 の 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 を 支 払 いま 第 16 条 ( 保 険 金 の 請 求 ) (1) 当 会 社 に 対 する 保 険 金 請 求 権 は 次 の 時 から それぞれ 発 生 し これ を 行 使 することができるものとしま 1 死 亡 保 険 金 については 被 保 険 者 が 死 亡 した 時 2 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 については 被 保 険 者 に 重 度 後 遺 障 害 が 生 じた 時 または 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて180 日 を 経 過 した 時 のいずれ か 早 い 時 (2) 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 保 険 金 の 支 払 を 請 求 する 場 合 は 別 表 2に 掲 げる 書 類 のうち 当 会 社 が 求 めるものを 提 出 しなければな 6

7 りません (3) 当 会 社 は 事 故 の 内 容 または 傷 害 の 程 度 等 に 応 じ 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 対 して (2)に 掲 げるもの 以 外 の 書 類 もしくは 証 拠 の 提 出 または 当 会 社 が 行 う 調 査 への 協 力 を 求 めることがありまこ の 場 合 は 当 会 社 が 求 めた 書 類 または 証 拠 を 速 やかに 提 出 し 必 要 な 協 力 をしなければなりません (4) 被 保 険 者 に 保 険 金 を 請 求 できない 事 情 がある 場 合 で かつ 保 険 金 の 支 払 を 受 けるべき 被 保 険 者 の 代 理 人 がいないときは 次 の1から3まで のいずれかに 該 当 する 者 がその 事 情 を 示 す 書 類 をもってその 旨 を 当 会 社 に 申 し 出 て 当 会 社 の 承 認 を 得 たうえで 被 保 険 者 の 代 理 人 として 保 険 金 を 請 求 することができま 1 被 保 険 者 と 同 居 または 生 計 を 共 にする 配 偶 者 ( 注 ) 2 1に 規 定 する 者 がいない 場 合 または1に 規 定 する 者 に 保 険 金 を 請 求 で きない 事 情 がある 場 合 は 被 保 険 者 と 同 居 または 生 計 を 共 にする3 親 等 内 の 親 族 3 1および2に 規 定 する 者 がいない 場 合 または1および2に 規 定 する 者 に 保 険 金 を 請 求 できない 事 情 がある 場 合 は 1 以 外 の 配 偶 者 ( 注 )または 2 以 外 の3 親 等 内 の 親 族 (5) (4)の 規 定 による 被 保 険 者 の 代 理 人 からの 保 険 金 の 請 求 に 対 して 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 った 後 に 重 複 して 保 険 金 の 請 求 を 受 けた 場 合 であ っても 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません (6) 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 正 当 な 理 由 がなく(3)の 規 定 に 違 反 した 場 合 または (2)から(4)までの 書 類 に 事 実 と 異 なる 記 載 をし もしくはその 書 類 もしくは 証 拠 を 偽 造 しもしくは 変 造 した 場 合 は 当 会 社 は それによって 当 会 社 が 被 った 損 害 の 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 を 支 払 いま ( 注 ) 配 偶 者 法 律 上 の 配 偶 者 にかぎりま 第 17 条 ( 当 会 社 の 指 定 する 医 師 が 作 成 した 診 断 書 等 の 要 求 ) (1) 当 会 社 は 第 15 条 ( 事 故 の 通 知 )の 通 知 または 前 条 の 規 定 による 請 求 を 受 けた 場 合 は 傷 害 の 程 度 の 認 定 その 他 保 険 金 の 支 払 にあたり 必 要 な 限 度 において 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 対 し 当 会 社 の 指 定 する 医 師 が 作 成 した 被 保 険 者 の 診 断 書 または 死 体 検 案 書 の 提 出 を 求 め ることができま (2) (1)の 規 定 による 診 断 または 死 体 の 検 案 ( 注 1)のために 要 した 費 用 ( 注 2)は 当 会 社 が 負 担 しま ( 注 1) 死 体 の 検 案 死 体 について 死 亡 の 事 実 を 医 学 的 に 確 認 することをいいま ( 注 2) 費 用 収 入 の 喪 失 を 含 みません 第 18 条 ( 保 険 金 の 支 払 時 期 ) (1) 当 会 社 は 請 求 完 了 日 ( 注 1)からその 日 を 含 めて30 日 以 内 に 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 うために 必 要 な 次 の1から4までの 事 項 の 確 認 を 終 え 保 険 金 を 支 払 いま 1 保 険 金 の 支 払 事 由 発 生 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として 事 故 の 原 因 事 故 発 生 の 状 況 傷 害 発 生 の 有 無 および 被 保 険 者 に 該 当 する 事 実 2 保 険 金 が 支 払 われない 事 由 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として 保 険 金 が 支 払 われない 事 由 としてこの 保 険 契 約 において 定 める 事 由 に 該 当 する 事 実 の 有 無 3 保 険 金 を 算 出 するための 確 認 に 必 要 な 事 項 として 傷 害 の 程 度 事 故 と 傷 害 との 関 係 治 療 の 経 過 および 内 容 4 保 険 契 約 の 効 力 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として この 保 険 契 約 にお いて 定 める 解 除 無 効 失 効 または 取 消 しの 事 由 に 該 当 する 事 実 の 有 無 (2) (1)の 確 認 をするため 次 の1から5までに 掲 げる 特 別 な 照 会 または 調 査 が 不 可 欠 な 場 合 は (1)の 規 定 にかかわらず 当 会 社 は 請 求 完 了 日 ( 注 1)からその 日 を 含 めて 次 の1から5までに 掲 げる 日 数 ( 注 2)を 経 過 する 日 までに 保 険 金 を 支 払 いまこの 場 合 において 当 会 社 は 確 認 が 必 要 な 事 項 およびその 確 認 を 終 えるべき 時 期 を 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 対 して 通 知 するものとしま 1 (1)の1から4までの 事 項 を 確 認 するための 警 察 検 察 消 防 その 他 の 公 の 機 関 による 捜 査 調 査 結 果 の 照 会 ( 注 3) 180 日 2 (1)の1から4までの 事 項 を 確 認 するための 医 療 機 関 検 査 機 関 そ の 他 の 専 門 機 関 による 診 断 鑑 定 等 の 結 果 の 照 会 90 日 3 (1)の3の 事 項 のうち 後 遺 障 害 の 内 容 およびその 程 度 を 確 認 するた めの 医 療 機 関 による 診 断 後 遺 障 害 の 認 定 に 係 る 専 門 機 関 による 審 査 等 の 結 果 の 照 会 120 日 7

8 4 災 害 救 助 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 118 号 )が 適 用 された 災 害 の 被 災 地 域 に おける(1)の1から4までの 事 項 の 確 認 のための 調 査 60 日 5 (1)の1から4までの 事 項 の 確 認 を 日 本 国 内 において 行 うための 代 替 的 な 手 段 がない 場 合 の 日 本 国 外 における 調 査 180 日 (3) (1)および(2)に 掲 げる 必 要 な 事 項 の 確 認 に 際 し 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 正 当 な 理 由 なくその 確 認 を 妨 げ またはこれに 応 じ なかった 場 合 ( 注 4)は これにより 確 認 が 遅 延 した 期 間 については (1) または(2)の 期 間 に 算 入 しないものとしま (4) (1)または(2)の 規 定 による 保 険 金 の 支 払 は 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 と 当 会 社 があらかじめ 合 意 した 場 合 を 除 いては 日 本 国 内 に おいて 日 本 国 通 貨 をもって 行 うものとしま ( 注 1) 請 求 完 了 日 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 第 16 条 ( 保 険 金 の 請 求 )(2) および(4)の 規 定 による 手 続 を 完 了 した 日 をいいます ( 注 2) 次 の1から5までに 掲 げる 日 数 1から5までの 複 数 に 該 当 する 場 合 は そのうち 最 長 の 日 数 としま ( 注 3) 照 会 弁 護 士 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 205 号 )に 基 づく 照 会 その 他 法 令 に 基 づく 照 会 を 含 みま ( 注 4) これに 応 じなかった 場 合 必 要 な 協 力 を 行 わなかった 場 合 を 含 みま 第 19 条 ( 保 険 金 支 払 後 の 保 険 契 約 ) (1) 保 険 金 が 支 払 われた 場 合 は この 保 険 契 約 は その 保 険 金 支 払 の 原 因 と なった 傷 害 を 被 った 時 に 終 了 しま (2) (1)の 場 合 は 当 会 社 は 返 れい 金 を 支 払 いません ただし 第 11 条 ( 死 亡 保 険 金 の 支 払 )(6) 同 条 (7)または 第 12 条 ( 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 の 支 払 )(3)の 規 定 による 払 いもどしを 除 きま 第 20 条 ( 時 効 ) 保 険 金 請 求 権 は 第 16 条 ( 保 険 金 の 請 求 )(1)に 定 める 時 の 翌 日 から 起 算 して3 年 を 経 過 した 場 合 は 時 効 によって 消 滅 しま 第 21 条 ( 代 位 ) 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 った 場 合 であっても 被 保 険 者 またはその 法 定 相 続 人 がその 傷 害 について 第 三 者 に 対 して 有 する 損 害 賠 償 請 求 権 は 当 会 社 に 移 転 しません 第 5 章 満 期 返 れい 金 の 支 払 に 関 する 条 項 第 22 条 ( 満 期 返 れい 金 の 支 払 額 ) (1) 満 期 返 れい 金 として 当 会 社 が 支 払 う 額 は 保 険 期 間 満 了 日 におけるこの 保 険 契 約 の 払 込 保 険 料 および 経 過 期 間 に 応 じて 積 み 立 てた 金 額 としま (2) (1)の 経 過 期 間 は 保 険 期 間 の 月 数 をもって 計 算 することとし 1か 月 未 満 の 端 数 は1か 月 としま 第 23 条 ( 満 期 返 れい 金 の 支 払 ) (1) 満 期 返 れい 金 の 支 払 は 保 険 契 約 者 からその 支 払 方 法 についての 指 定 が あり 当 会 社 がこれを 承 認 した 場 合 を 除 いて 当 会 社 の 本 店 または 支 店 で 行 う ものとし 保 険 期 間 満 了 日 ( 注 )の 翌 日 から 起 算 して20 日 以 内 に 行 いま (2) (1)の 規 定 による 満 期 返 れい 金 の 支 払 は 当 会 社 があらかじめ 承 認 した 場 合 を 除 いては 日 本 国 内 において 日 本 国 通 貨 をもって 行 いま (3) 保 険 契 約 者 が 満 期 返 れい 金 の 支 払 を 受 けようとする 場 合 は 別 表 3に 掲 げる 書 類 のうち 当 会 社 が 求 めるものを 提 出 しなければなりません (4) 当 会 社 は 別 表 3に 掲 げる 書 類 以 外 の 書 類 の 提 出 を 求 めることができま (5) 保 険 契 約 者 が(3)および(4)の 提 出 書 類 に 知 っている 事 実 を 記 載 し なかった 場 合 もしくは 事 実 と 異 なることを 記 載 した 場 合 は これにより 満 期 返 れい 金 の 支 払 が 遅 延 した 期 間 については (1)の 期 間 に 算 入 しないも のとしま (6) 満 期 返 れい 金 請 求 権 は 保 険 期 間 満 了 日 の 翌 日 から 起 算 して3 年 を 経 過 した 時 に 消 滅 しま ( 注 ) 保 険 期 間 満 了 日 (3)および(4)の 満 期 返 れい 金 の 請 求 書 類 をもって 保 険 契 約 者 が 手 続 きを 完 了 した 日 が 保 険 期 間 満 了 日 以 後 となる 場 合 は その 手 続 が 完 了 し 8

9 た 日 としま 第 6 章 保 険 契 約 の 無 効 失 効 および 解 除 に 関 する 条 項 第 24 条 ( 保 険 契 約 の 無 効 ) 保 険 契 約 者 が 保 険 金 を 不 法 に 取 得 する 目 的 または 第 三 者 に 保 険 金 を 不 法 に 取 得 させる 目 的 をもって 保 険 契 約 を 締 結 した 場 合 は 保 険 契 約 は 無 効 としま 第 25 条 ( 保 険 契 約 の 失 効 ) 保 険 契 約 締 結 の 後 当 会 社 が 死 亡 保 険 金 を 支 払 うべき 傷 害 以 外 の 事 由 に よって 被 保 険 者 が 死 亡 した 場 合 は その 事 実 が 発 生 した 時 に 保 険 契 約 はそ の 効 力 を 失 いま 第 26 条 ( 保 険 契 約 の 取 消 し) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 の 詐 欺 または 強 迫 によって 当 会 社 が 保 険 契 約 を 締 結 した 場 合 は 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 によ る 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 取 り 消 すことができま 第 27 条 ( 保 険 契 約 の 解 除 - 保 険 契 約 者 による 保 険 契 約 の 解 除 ) 保 険 契 約 者 は 当 会 社 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 の 全 部 または 一 部 を 解 除 することができま 第 28 条 ( 保 険 契 約 の 解 除 - 重 大 事 由 による 解 除 ) (1) 当 会 社 は 次 の1から3までのいずれかに 該 当 する 事 由 がある 場 合 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 するこ とができま 1 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 当 会 社 にこの 保 険 契 約 に 基 づく 保 険 金 を 支 払 わせることを 目 的 として 傷 害 を 生 じさせ または 生 じ させようとしたこと 2 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が この 保 険 契 約 に 基 づく 保 険 金 の 請 求 について 詐 欺 を 行 い または 行 おうとしたこと 3 1または2に 掲 げるもののほか 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 1または2の 事 由 がある 場 合 と 同 程 度 に 当 会 社 のこれらの 者 に 対 する 信 頼 を 損 ない この 保 険 契 約 の 存 続 を 困 難 とする 重 大 な 事 由 を 生 じ させたこと (2) 当 会 社 は 次 の1または2のいずれかに 該 当 する 事 由 がある 場 合 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 すること ができま 1 被 保 険 者 が 次 のア.からエ.までのいずれかに 該 当 すること ア. 反 社 会 的 勢 力 ( 注 1)に 該 当 すると 認 められること イ. 反 社 会 的 勢 力 ( 注 1)に 対 して 資 金 等 を 提 供 し または 便 宜 を 供 与 す る 等 の 関 与 をしていると 認 められること ウ. 反 社 会 的 勢 力 ( 注 1)を 不 当 に 利 用 していると 認 められること エ.その 他 反 社 会 的 勢 力 ( 注 1)と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 して いると 認 められること 2 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 1のア.からエ.までのいずれかに 該 当 す ること (3) (1) または(2)の 規 定 による 解 除 が 傷 害 の 発 生 した 後 になされた 場 合 で あっても 第 31 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 )の 規 定 にかかわらず (1)の1 から3までの 事 由 または(2)の1もしくは2の 事 由 が 生 じた 時 から 解 除 が なされた 時 までに 発 生 した 傷 害 に 対 しては 当 会 社 は 保 険 金 ( 注 2)を 支 払 いません この 場 合 において 既 に 保 険 金 ( 注 2)を 支 払 っていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができま ( 注 1) 反 社 会 的 勢 力 暴 力 団 暴 力 団 員 ( 暴 力 団 員 でなくなった 日 から5 年 を 経 過 し ない 者 を 含 みま) 暴 力 団 準 構 成 員 暴 力 団 関 係 企 業 その 他 の 反 社 会 的 勢 力 をいいま ( 注 2) 保 険 金 (2)の2の 規 定 による 解 除 がなされた 場 合 は 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 のうち (2)の1のア.からエ.までのいずれかに 該 当 する 者 の 受 け 取 るべき 金 額 にかぎりま 第 29 条 ( 保 険 契 約 の 解 除 - 保 険 料 の 定 期 払 込 がない 場 合 ) 保 険 料 の 定 期 払 込 がなされないままで 最 後 に 保 険 料 の 定 期 払 込 がなさ れた 日 から 起 算 して2 年 を 経 過 した 場 合 は この 保 険 契 約 は 最 後 に 保 険 料 の 定 期 払 込 がなされた 日 から 起 算 して2 年 を 経 過 した 日 に 保 険 契 約 者 に 9

10 よって 解 除 されたものとみなしまただし 保 険 契 約 者 が 日 本 国 外 に ある 事 務 所 事 業 所 その 他 これらに 準 じるものに 勤 務 している 場 合 は 当 会 社 が 定 めるところによりま 第 30 条 ( 保 険 契 約 の 解 除 - 退 職 等 による 場 合 ) (1) 退 職 等 によって 保 険 契 約 者 が その 勤 務 先 に 係 る 勤 労 者 の 資 格 を 欠 き 退 職 等 が 生 じた 日 から 起 算 して2 年 を 経 過 した 場 合 は この 保 険 契 約 は 退 職 等 が 生 じた 日 から 起 算 して2 年 を 経 過 した 日 に 保 険 契 約 者 によって 解 除 されたものとみなしまただし その 退 職 等 が 生 じた 日 から 起 算 して 2 年 以 内 に 当 会 社 と 事 務 取 扱 協 定 を 締 結 している 事 業 主 によって 支 払 わ れる 賃 金 からの 控 除 の 方 法 により 保 険 料 が 払 い 込 まれた 場 合 または 当 会 社 と 事 務 取 扱 協 定 を 締 結 している 事 務 代 行 団 体 を 通 じて 保 険 料 が 払 い 込 まれ た 場 合 を 除 きま (2) 払 込 代 行 契 約 の 締 結 の 日 から 起 算 して2 年 を 経 過 した 場 合 は この 保 険 契 約 は その 締 結 日 から 起 算 して2 年 を 経 過 した 日 に 保 険 契 約 者 によって 解 除 されたものとみなしまただし その 締 結 日 から 起 算 して2 年 以 内 に 当 会 社 と 事 務 取 扱 協 定 を 締 結 している 事 業 主 によって 支 払 われる 賃 金 からの 控 除 の 方 法 により 保 険 料 が 払 い 込 まれた 場 合 またはこの 保 険 契 約 の 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 事 業 主 により 保 険 契 約 者 に 支 払 われる 賃 金 から 控 除 され 当 会 社 と 事 務 取 扱 協 定 を 締 結 している 事 務 代 行 団 体 を 通 じて 払 い 込 まれた 場 合 を 除 きま 第 31 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 ) 保 険 契 約 の 解 除 は 将 来 に 向 かってのみその 効 力 を 生 じま 第 32 条 ( 保 険 契 約 の 解 除 等 の 場 合 の 返 れい 金 の 支 払 ) (1) 第 24 条 ( 保 険 契 約 の 無 効 )の 規 定 により この 保 険 契 約 が 無 効 となる 場 合 または 第 26 条 ( 保 険 契 約 の 取 消 し)の 規 定 により 取 消 しとなる 場 合 にお いて 当 会 社 は 返 れい 金 を 支 払 いません (2) 第 25 条 ( 保 険 契 約 の 失 効 )の 規 定 により この 保 険 契 約 が 失 効 となる 場 合 または 第 27 条 ( 保 険 契 約 の 解 除 - 保 険 契 約 者 による 保 険 契 約 の 解 除 )か ら 第 30 条 ( 保 険 契 約 の 解 除 - 退 職 等 による 場 合 )までの 規 定 により 保 険 契 約 が 解 除 された 場 合 は 当 会 社 は 保 険 契 約 が 失 効 の 場 合 は 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 解 除 された 場 合 は 保 険 契 約 者 に 返 れい 金 を 支 払 いまた だし 解 除 された 場 合 の 返 れい 金 計 算 の 基 準 日 は この 保 険 契 約 が 解 除 さ れた 日 としま (3) (2)の 場 合 において 保 険 契 約 者 が 退 職 等 の 後 他 の 事 業 主 に 雇 用 され 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 するところにより 新 たな 財 形 貯 蓄 契 約 ( 当 会 社 以 外 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 との 間 で 締 結 される 契 約 にかぎりま 以 下 新 契 約 といいま)の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 に 返 れい 金 を 払 い 込 む ことを 申 し 出 た 場 合 は 当 会 社 は 新 契 約 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 に 払 い 込 む 方 法 によって 保 険 契 約 者 に 返 れい 金 を 支 払 いま (4) (2)の 場 合 において 保 険 契 約 者 が 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 す るところにより 預 替 え 等 を 行 う 場 合 に 新 契 約 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 に 返 れ い 金 を 払 い 込 むことを 申 し 出 たときは 当 会 社 は 新 契 約 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 に 払 い 込 む 方 法 によって 保 険 契 約 者 に 返 れい 金 を 支 払 いま (5) 当 会 社 が 支 払 う(2)から(4)までの 返 れい 金 の 額 は この 保 険 契 約 の 払 込 保 険 料 および 経 過 期 間 に 応 じて 計 算 した 金 額 としまこの 場 合 の 経 過 期 間 については 第 22 条 ( 満 期 返 れい 金 の 支 払 額 )(2)の 規 定 を 準 用 しま (6) (2)の 返 れい 金 の 支 払 は 保 険 契 約 者 からその 支 払 方 法 についての 指 定 があり 当 会 社 がこれを 承 認 した 場 合 を 除 いて 当 会 社 の 本 店 または 支 店 で 行 うものとし 返 れい 金 支 払 事 由 が 生 じた 日 または(8)および(9)の 請 求 書 類 をもって 保 険 契 約 者 が 手 続 を 完 了 した 日 のいずれか 遅 い 日 の 翌 日 から 起 算 して20 日 以 内 に 行 いま (7) (6)の 規 定 による 返 れい 金 の 支 払 は 当 会 社 があらかじめ 承 認 した 場 合 を 除 いては 日 本 国 内 において 日 本 国 通 貨 をもって 行 いま (8) 保 険 契 約 者 が(2)から(4)までの 返 れい 金 の 支 払 を 受 けようとする 場 合 は 別 表 3に 掲 げる 書 類 のうち 当 会 社 が 求 めるものを 提 出 しなければなり ません (9) 当 会 社 は 別 表 3に 掲 げる 書 類 以 外 の 書 類 の 提 出 を 求 めることができま (10) 保 険 契 約 者 が(8)および(9)の 提 出 書 類 に 知 っている 事 実 を 記 載 しなか った 場 合 もしくは 事 実 と 異 なることを 記 載 した 場 合 は これにより 返 れい 金 の 支 払 が 遅 延 した 期 間 については (6)の 期 間 に 算 入 しないものとしま (11) 第 25 条 ( 保 険 契 約 の 失 効 )の 規 定 により 保 険 契 約 が 失 効 し 返 れい 金 が 支 払 われる 場 合 において 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が2 名 以 上 であるときは 第 11 条 ( 死 亡 保 険 金 の 支 払 )(2)から(4)までの 規 定 を 準 用 しま 10

11 第 7 章 契 約 者 配 当 に 関 する 条 項 第 33 条 ( 契 約 者 配 当 ) (1) 当 会 社 は 毎 事 業 年 度 末 において 積 立 保 険 料 の 運 用 益 が 予 定 利 率 ( 注 )に 基 づく 運 用 益 を 超 えた 場 合 その 超 えた 部 分 の 運 用 益 のうち 主 務 官 庁 の 認 可 を 得 た 所 定 の 方 法 により 計 算 された 金 額 を 契 約 者 配 当 準 備 金 として 積 み 立 てま (2) 当 会 社 は (1)の 契 約 者 配 当 準 備 金 を 次 の 事 業 年 度 における 保 険 期 間 の 始 期 応 当 日 に 有 効 な 保 険 契 約 に 対 して 主 務 官 庁 の 認 可 を 得 た 所 定 の 方 法 により 計 算 しその 応 当 日 から 積 み 立 てておき 契 約 者 配 当 金 として 次 の 1から5までの 規 定 のとおり 支 払 いま 1 死 亡 保 険 金 を 支 払 う 場 合 は 死 亡 保 険 金 を 支 払 う 時 に 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 支 払 いま 2 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 を 支 払 う 場 合 は 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 を 支 払 う 時 に 保 険 契 約 者 に 支 払 いま 3 満 期 返 れい 金 を 支 払 う 場 合 は 満 期 返 れい 金 を 支 払 う 時 に 保 険 契 約 者 に 支 払 いま 4 保 険 契 約 の 失 効 により 返 れい 金 を 支 払 う 場 合 は 返 れい 金 を 支 払 う 時 に 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 支 払 いま 5 保 険 契 約 の 解 除 により 返 れい 金 を 支 払 う 場 合 は 返 れい 金 を 支 払 う 時 に 保 険 契 約 者 に 支 払 いま (3) (2)の 規 定 にかかわらず 保 険 契 約 が 無 効 の 場 合 は 当 会 社 は 契 約 者 配 当 金 を 支 払 いません (4) 契 約 者 配 当 金 の 請 求 方 法 等 については 第 23 条 ( 満 期 返 れい 金 の 支 払 ) (1)から(5)までの 規 定 を 準 用 しま (5) 契 約 者 配 当 金 請 求 権 は 支 払 事 由 が 生 じた 日 の 翌 日 から 起 算 して3 年 を 経 過 した 時 に 消 滅 しま ( 注 ) 予 定 利 率 この 保 険 契 約 の 保 険 料 満 期 返 れい 金 等 を 算 出 する 際 に 用 いた 利 率 を いいま 第 8 章 保 険 契 約 の 取 扱 いに 関 する 条 項 第 34 条 ( 契 約 締 結 時 書 面 の 不 発 行 ) この 保 険 契 約 が 締 結 された 場 合 は 当 会 社 は 保 険 法 ( 平 成 20 年 法 律 第 56 号 )に 定 める 契 約 締 結 時 の 書 面 を 保 険 契 約 者 に 交 付 しません 第 35 条 ( 保 険 契 約 者 の 住 所 変 更 ) 保 険 契 約 者 が 住 所 または 通 知 先 を 変 更 した 場 合 は 保 険 契 約 者 は 遅 滞 なく その 旨 を 当 会 社 に 通 知 しなければなりません 第 36 条 ( 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 変 更 ) (1) 保 険 契 約 締 結 の 際 保 険 契 約 者 が 死 亡 保 険 金 受 取 人 を 定 めなかった 場 合 は 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 を 死 亡 保 険 金 受 取 人 としま (2) 保 険 契 約 締 結 の 後 被 保 険 者 が 死 亡 するまでは 保 険 契 約 者 は 死 亡 保 険 金 受 取 人 を 変 更 することができま (3) (2)の 規 定 による 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 変 更 を 行 う 場 合 は 保 険 契 約 者 は その 旨 を 当 会 社 に 通 知 しなければなりません (4) (3)の 規 定 による 通 知 が 当 会 社 に 到 達 した 場 合 は 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 変 更 は 保 険 契 約 者 がその 通 知 を 発 した 時 にその 効 力 を 生 じたものとしま ただし その 通 知 が 当 会 社 に 到 達 する 前 に 当 会 社 が 変 更 前 の 死 亡 保 険 金 受 取 人 に 保 険 金 を 支 払 った 場 合 は その 後 に 保 険 金 の 請 求 を 受 けても 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません (5) 保 険 契 約 者 は (2)の 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 変 更 を 法 律 上 有 効 な 遺 言 に よって 行 うことができま (6) (5)の 規 定 による 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 変 更 を 行 う 場 合 は 遺 言 が 効 力 を 生 じた 後 保 険 契 約 者 の 法 定 相 続 人 がその 旨 を 当 会 社 に 通 知 しなければ その 変 更 を 当 会 社 に 対 抗 することができません なお その 通 知 が 当 会 社 に 到 達 する 前 に 当 会 社 が 変 更 前 の 死 亡 保 険 金 受 取 人 に 保 険 金 を 支 払 った 場 合 は その 後 に 保 険 金 の 請 求 を 受 けても 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いませ ん (7) (2)および(5)の 規 定 により 死 亡 保 険 金 受 取 人 を 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 以 外 の 者 に 変 更 する 場 合 は 被 保 険 者 の 同 意 がなければその 効 力 を 生 じ ません (8) 死 亡 保 険 金 受 取 人 が 被 保 険 者 が 死 亡 する 前 に 死 亡 した 場 合 は その 死 亡 した 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 死 亡 時 の 法 定 相 続 人 ( 注 )を 死 亡 保 険 金 受 取 人 と しま 11

12 (9) 保 険 契 約 者 は 死 亡 保 険 金 以 外 の 保 険 金 について その 受 取 人 を 被 保 険 者 以 外 の 者 に 定 め または 変 更 することはできません ( 注 ) 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 死 亡 時 の 法 定 相 続 人 法 定 相 続 人 のうち 死 亡 している 者 がある 場 合 は その 者 については 順 次 の 法 定 相 続 人 としま オ.その 他 反 社 会 的 勢 力 ( 注 1)と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 し ていると 認 められること 4 第 28 条 ( 保 険 契 約 の 解 除 - 重 大 事 由 による 解 除 )( 注 2) の 規 定 中 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 のうち (2)の1のア.からエ.までのいずれか に 該 当 する 者 とあるのは 死 亡 保 険 金 受 取 人 のうち (2)の2のア. からオ.までのいずれかに 該 当 する 者 第 37 条 ( 死 亡 保 険 金 受 取 人 を 定 めた 場 合 の 読 み 替 え) この 保 険 契 約 において 死 亡 保 険 金 受 取 人 を 定 めた 場 合 は この 普 通 保 険 約 款 を 次 のとおり 読 み 替 えて 適 用 しま 1 第 11 条 ( 死 亡 保 険 金 の 支 払 )(1) (3)および(4) 第 13 条 ( 他 の 傷 害 または 疾 病 の 影 響 等 )(2) 第 14 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 )2 第 15 条 ( 事 故 の 通 知 ) 第 16 条 ( 保 険 金 の 請 求 )(2) (3)および(6) 第 17 条 ( 当 会 社 の 指 定 する 医 師 が 作 成 した 診 断 書 等 の 要 求 )(1) 第 18 条 ( 保 険 金 の 支 払 時 期 ) (2)から(4)まで 第 26 条 ( 保 険 契 約 の 取 消 し)ならびに 第 28 条 ( 保 険 契 約 の 解 除 - 重 大 事 由 による 解 除 ) (1)の 規 定 中 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 とあるのは 死 亡 保 険 金 受 取 人 2 第 11 条 ( 死 亡 保 険 金 の 支 払 )(2)の 規 定 中 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 2 名 以 上 であるときは 当 会 社 は 法 定 相 続 分 の 割 合 により 死 亡 保 険 金 を 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 支 払 いま とあるのは 死 亡 保 険 金 受 取 人 が2 名 以 上 である 場 合 は 当 会 社 は 均 等 の 割 合 により 死 亡 保 険 金 を 死 亡 保 険 金 受 取 人 に 支 払 いま 3 第 28 条 ( 保 険 契 約 の 解 除 - 重 大 事 由 による 解 除 )( 2)の 2の 規 定 中 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 1のア.からエ.までのいずれかに 該 当 する こと とあるのは 死 亡 保 険 金 受 取 人 が 次 のア.からオ.までのいずれかに 該 当 する こと ア. 反 社 会 的 勢 力 ( 注 1)に 該 当 すると 認 められること イ. 反 社 会 的 勢 力 ( 注 1)に 対 して 資 金 等 を 提 供 し または 便 宜 を 供 与 する 等 の 関 与 をしていると 認 められること ウ. 反 社 会 的 勢 力 ( 注 1)を 不 当 に 利 用 していると 認 められること エ. 法 人 である 場 合 において 反 社 会 的 勢 力 ( 注 1)がその 法 人 の 経 営 を 支 配 し またはその 法 人 の 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していると 認 め られること 第 38 条 ( 保 険 契 約 の 内 容 の 変 更 およびその 手 続 ) (1) 保 険 契 約 者 は 次 の1および2に 掲 げる 保 険 契 約 の 内 容 その 他 必 要 な 事 項 を 変 更 することができま 1 保 険 料 の 払 込 方 法 2 保 険 料 額 (2) 保 険 契 約 者 は (1)に 規 定 する 保 険 契 約 の 内 容 の 変 更 手 続 および1から 3までに 掲 げる 手 続 を 事 業 主 または 事 務 代 行 団 体 を 通 じて 行 うものとし ま 1 第 5 条 ( 保 険 期 間 満 了 日 の 指 定 )の 規 定 による 指 定 2 第 27 条 ( 保 険 契 約 の 解 除 - 保 険 契 約 者 による 保 険 契 約 の 解 除 )の 規 定 による 通 知 3 第 35 条 ( 保 険 契 約 者 の 住 所 変 更 )の 規 定 による 通 知 第 39 条 ( 契 約 内 容 の 変 更 ) (1) 当 会 社 は 財 形 法 の 改 正 または 金 融 経 済 情 勢 を 反 映 した 市 中 金 利 の 変 動 により 特 に 必 要 があると 認 めた 場 合 は 主 務 官 庁 の 認 可 を 得 て 計 算 基 礎 ( 注 )を 将 来 に 向 かって 変 更 することがありま (2) (1)の 規 定 により 計 算 基 礎 ( 注 )を 変 更 した 場 合 変 更 月 以 降 は 既 に 当 会 社 に 払 い 込 まれた 保 険 料 を 含 めて 変 更 後 の 計 算 基 礎 ( 注 )に 基 づき 運 用 する ものとしま (3) (1)の 変 更 を 行 う 場 合 は 保 険 契 約 者 へ30 日 前 までに 通 知 するものとし ま ( 注 ) 計 算 基 礎 この 普 通 保 険 約 款 の 規 定 または 保 険 料 もしくは 積 立 金 額 等 の 計 算 の 基 礎 をいいま 12

13 第 40 条 ( 準 拠 法 ) この 普 通 保 険 約 款 に 規 定 のない 事 項 については 日 本 国 の 法 令 に 準 拠 し ま 13

14 別 表 1 重 度 後 遺 障 害 表 1. 両 眼 が 失 明 したとき そ 2. 咀 しゃくまたは 言 語 の 機 能 を 全 く 廃 したとき 3. 神 経 系 統 の 機 能 または 精 神 に 著 しい 障 害 を 残 し 常 に 介 護 を 要 するとき 4. 胸 腹 部 臓 器 の 機 能 に 著 しい 障 害 を 残 し 常 に 介 護 を 要 するとき 5. 両 上 肢 をひじ 関 節 以 上 で 失 ったときまたは 両 上 肢 の 用 を 全 く 廃 したとき 6. 両 下 肢 をひざ 関 節 以 上 で 失 ったときまたは 両 下 肢 の 用 を 全 く 廃 したとき 7.1 上 肢 をひじ 関 節 以 上 で 失 いかつ1 下 肢 をひざ 関 節 以 上 で 失 ったかまたは その 用 を 全 く 廃 したとき 8.1 上 肢 の 用 を 全 く 廃 し かつ 1 下 肢 をひざ 関 節 以 上 で 失 ったとき 11. その 他 当 会 社 が 第 18 条 ( 保 険 金 の 支 払 時 期 )(1)に 定 める 必 要 な 確 認 を 行 うために 欠 くことのできない 書 類 または 証 拠 として 保 険 契 約 締 結 の 際 に 当 会 社 が 交 付 する 書 面 等 において 定 めたもの 注 保 険 金 を 請 求 する 場 合 は を 付 した 書 類 のうち 当 会 社 が 求 めるものを 提 出 しなければなりません 別 表 3 無 効 失 効 解 除 の 場 合 の 返 れい 金 および 満 期 返 れい 金 等 の 請 求 書 類 (1) 当 会 社 の 定 める 請 求 書 (2) 保 険 契 約 者 の 印 鑑 証 明 書 注 5.から8.までの 規 定 中 以 上 とはその 関 節 より 心 臓 に 近 い 部 分 を いいま 別 表 2 保 険 金 請 求 書 類 提 出 書 類 保 険 金 種 類 死 亡 重 遺 度 障 後 害 1. 保 険 金 請 求 書 2. 当 会 社 の 定 める 傷 害 状 況 報 告 書 3. 公 の 機 関 (やむを 得 ない 場 合 は 第 三 者 )の 事 故 証 明 書 4. 死 亡 診 断 書 または 死 体 検 案 書 5. 重 度 後 遺 障 害 の 程 度 を 証 明 する 被 保 険 者 以 外 の 医 師 の 診 断 書 6. 法 定 相 続 人 ( 死 亡 保 険 金 受 取 人 を 定 めた 場 合 は 死 亡 保 険 金 受 取 人 )の 印 鑑 証 明 書 7. 被 保 険 者 の 印 鑑 証 明 書 8. 被 保 険 者 の 戸 籍 謄 本 9. 法 定 相 続 人 の 戸 籍 謄 本 ( 死 亡 保 険 金 受 取 人 を 定 めなかっ た 場 合 ) 10. 委 任 を 証 す る 書 類 お よ び 委 任 を 受 け た 者 の 印 鑑 証 明 書 ( 保 険 金 の 請 求 を 第 三 者 に 委 任 する 場 合 ) 14

15 財 形 年 金 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 2 章 当 会 社 の 責 任 に 関 する 条 項 (この 保 険 契 約 の 趣 旨 ) この 保 険 契 約 は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 に 基 づく 勤 労 者 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 契 約 として 勤 労 者 に 所 定 の 年 金 を 支 払 うとともに 保 険 期 間 中 に 勤 労 者 が 所 定 の 事 故 により 死 亡 した 場 合 または 重 度 後 遺 障 害 状 態 となった 場 合 は 所 定 の 保 険 金 を 支 払 うことを 目 的 とするもので 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 日 本 国 内 または 国 外 において 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 ( 注 1)によってその 身 体 に 被 った 傷 害 に 対 して この 普 通 保 険 約 款 に 従 い 保 険 金 を 支 払 いま (2) (1)の 傷 害 には 身 体 外 部 から 有 毒 ガスまたは 有 毒 物 質 を 偶 然 かつ 一 時 に 吸 入 吸 収 または 摂 取 した 場 合 に 急 激 に 生 ずる 中 毒 症 状 ( 注 2)を 含 みま ただし 細 菌 性 食 中 毒 およびウイルス 性 食 中 毒 は 含 みません 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 この 普 通 保 険 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によ りま 用 語 基 本 年 金 財 形 年 金 貯 蓄 契 約 財 形 法 事 業 主 自 動 車 等 事 務 代 行 団 体 事 務 取 扱 協 定 治 療 賃 金 保 険 金 定 義 第 3 条 ( 年 金 を 支 払 う 場 合 )に 規 定 する 年 金 をいいま 財 形 法 に 基 づく 勤 労 者 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 契 約 をいいま 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 昭 和 46 年 法 律 第 92 号 )をいいま 保 険 契 約 者 を 雇 用 している 事 業 主 をいいま 自 動 車 または 原 動 機 付 自 転 車 をいいま 財 形 法 に 規 定 する 事 務 代 行 団 体 をいいま 事 業 主 または 事 務 代 行 団 体 と 当 会 社 との 間 で 締 結 された この 保 険 契 約 に 関 する 協 定 をいいま 医 師 ( 注 )が 必 要 であると 認 め 医 師 ( 注 )が 行 う 治 療 をい いま ( 注 ) 医 師 被 保 険 者 が 医 師 である 場 合 は 被 保 険 者 以 外 の 医 師 をいいま 財 形 法 に 規 定 する 賃 金 をいいま 死 亡 保 険 金 または 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 をいいま ( 注 1) 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 以 下 事 故 といいま ( 注 2) 中 毒 症 状 継 続 的 に 吸 入 吸 収 または 摂 取 した 結 果 生 ずる 中 毒 症 状 を 除 きま 第 3 条 ( 年 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 保 険 期 間 が 満 了 した 場 合 は この 普 通 保 険 約 款 に 従 い 所 定 の 方 法 により 年 金 を 保 険 契 約 者 に 支 払 いま 第 4 条 ( 保 険 責 任 の 始 期 および 保 険 期 間 ) (1) この 保 険 契 約 の 保 険 期 間 は 次 の1および2に 定 めるところによりま 1 保 険 期 間 の 始 期 次 のア.からオ.までに 規 定 する 控 除 日 または 払 込 日 を 基 準 として 事 業 主 または 事 務 代 行 団 体 と 当 会 社 とが 協 議 して 定 めた 日 ( 以 下 契 約 基 準 日 といいま) ア. 事 業 主 がこの 保 険 契 約 の 保 険 料 に 相 当 する 金 額 を 保 険 契 約 者 に 支 払 う 賃 金 から 最 初 に 控 除 した 日 ( 以 下 第 1 回 保 険 料 控 除 日 といいま ) イ.この 保 険 契 約 の 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 事 業 主 により 保 険 契 約 者 に 支 払 われる 賃 金 から 控 除 され 事 務 代 行 団 体 を 通 じて 当 会 社 に 最 初 に 払 い 込 まれた 日 ウ. 第 6 条 ( 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 み( 注 1)があった 場 合 は その 払 込 日 15

16 エ. 第 7 条 ( 転 職 等 の 場 合 の 従 前 の 財 形 年 金 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 は その 払 込 日 オ. 第 8 条 ( 他 の 財 形 年 金 貯 蓄 取 扱 機 関 との 財 形 年 金 貯 蓄 契 約 の 残 高 に よる 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 は その 払 込 日 2 保 険 期 間 の 終 期 契 約 基 準 日 ( 注 2)から 起 算 して5 年 以 上 経 過 した 日 で 保 険 契 約 者 が 定 めた 日 ただし 保 険 契 約 者 の 年 齢 が 満 60 歳 以 上 となっている 日 でな ければなりません (2) 当 会 社 の 保 険 責 任 は 保 険 期 間 の 初 日 の 午 後 4 時 に 始 まり 末 日 の 午 後 4 時 に 終 わりま (3) 第 1 回 保 険 料 控 除 日 または(1)1のウ.からオ.までに 規 定 する 払 込 日 が 契 約 基 準 日 と 異 なる 場 合 は (2)の 規 定 にかかわらず 当 会 社 の 保 険 責 任 は 第 1 回 保 険 料 控 除 日 または(1)1のウ.からオ.までに 規 定 する 払 込 日 の 午 後 4 時 に 始 まりま ( 注 1) 保 険 料 の 払 込 み 第 1 回 保 険 料 としての 払 込 みにかぎりま ( 注 2) 契 約 基 準 日 第 7 条 ( 転 職 等 の 場 合 の 従 前 の 財 形 年 金 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 または 第 8 条 ( 他 の 財 形 年 金 貯 蓄 取 扱 機 関 との 財 形 年 金 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 は 従 前 の 財 形 年 金 貯 蓄 契 約 の 契 約 基 準 日 に 相 当 する 日 をいいま 第 3 章 保 険 料 の 払 込 みに 関 する 条 項 第 5 条 ( 保 険 料 の 定 期 払 込 ) (1) 保 険 契 約 者 は 保 険 料 払 込 期 間 中 定 期 に 保 険 料 を 払 い 込 まなければな りません(この 場 合 の 払 込 みを 以 下 定 期 払 込 といいま) ただし 保 険 契 約 者 が 日 本 国 外 にある 事 務 所 事 業 所 その 他 これらに 準 じるもの に 勤 務 している 期 間 中 は 保 険 料 の 払 込 みはできません (2) 保 険 料 の 定 期 払 込 は 事 業 主 が その 保 険 料 に 相 当 する 金 額 を 保 険 契 約 者 に 支 払 う 賃 金 から 控 除 し 保 険 契 約 者 に 代 わって その 金 額 をこの 保 険 契 約 の 保 険 料 として 払 い 込 むことまたは 事 務 代 行 団 体 がその 保 険 料 に 相 当 する 金 額 を 払 い 込 むことによって 行 うものとし 次 条 第 7 条 ( 転 職 等 の 場 合 の 従 前 の 財 形 年 金 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み)および 第 8 条 ( 他 の 財 形 年 金 貯 蓄 取 扱 機 関 との 財 形 年 金 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みを 含 みません (3) (2)に 規 定 する 定 期 払 込 保 険 料 に 相 当 する 金 額 は 事 務 取 扱 協 定 に 基 づ いてその 事 業 主 または 事 務 代 行 団 体 から 当 会 社 または 当 会 社 の 指 定 した 場 所 に 払 い 込 まれた 時 に この 保 険 契 約 の 保 険 料 として 当 会 社 に 払 い 込 まれ たものとしま (4) 保 険 料 の 定 期 払 込 の 方 法 は 毎 月 払 毎 賞 与 時 払 または 毎 月 払 および 毎 賞 与 時 払 の 併 用 払 とし 保 険 契 約 者 は 保 険 契 約 締 結 に 際 しこれらの 方 法 のいずれかを 選 択 するものとしま 第 6 条 ( 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 による 保 険 料 の 払 込 み) (1) 保 険 契 約 者 は 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 ( 注 )によって 保 険 料 の 払 込 みを 行 うことができま (2) (1)の 保 険 料 の 払 込 みは 次 の1または2に 定 めるところにより 行 うも のとしま 1 当 会 社 が 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 する 財 産 形 成 給 付 金 もしくは 財 産 形 成 基 金 給 付 金 の 一 括 支 払 機 関 に 指 定 されている 場 合 または 当 会 社 のみが 同 法 施 行 令 に 規 定 する 給 付 金 支 払 機 関 である 場 合 保 険 契 約 者 が 事 業 主 を 通 じて 行 う 申 出 により 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 ( 注 )を 保 険 料 に 振 り 替 えることによって 行 うものと しま 2 1 以 外 の 場 合 財 形 法 施 行 令 に 規 定 する 給 付 金 支 払 機 関 が 事 業 主 を 通 じて 保 険 契 約 者 が 行 う 申 出 に 基 づき 保 険 契 約 者 に 代 わって 行 うものとしま (3) (1)の 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 ( 注 )は (2)の1の 場 合 はその 振 替 の 時 (2)の2の 場 合 は 当 会 社 または 当 会 社 の 指 定 した 場 所 に 払 い 込 まれた 時 に この 保 険 契 約 の 保 険 料 として 当 会 社 に 払 い 込 まれた ものとしま ( 注 ) 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 給 付 金 契 約 または 16

17 勤 労 者 財 産 形 成 基 金 契 約 に 基 づき 支 払 われるべき 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 をいいま 第 7 条 ( 転 職 等 の 場 合 の 従 前 の 財 形 年 金 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み) (1) 保 険 契 約 者 は 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 するところにより 転 職 等 により 事 業 主 に 雇 用 されることとなった 時 以 前 に 当 会 社 以 外 の 財 形 年 金 貯 蓄 取 扱 機 関 との 間 で 締 結 されていた 財 形 年 金 貯 蓄 契 約 の 残 高 によって 保 険 料 の 払 込 みを 行 うことができま (2) (1)の 保 険 料 の 払 込 みは この 保 険 契 約 の 第 1 回 定 期 払 込 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 保 険 契 約 者 に 支 払 う 賃 金 から 控 除 される 日 以 前 に 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 するところにより 行 うものとしま 第 8 条 ( 他 の 財 形 年 金 貯 蓄 取 扱 機 関 との 財 形 年 金 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み) (1) 保 険 契 約 者 は 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 するところにより 当 会 社 以 外 の 財 形 年 金 貯 蓄 取 扱 機 関 との 間 で 締 結 されていた 財 形 年 金 貯 蓄 契 約 の 残 高 によって 保 険 料 の 払 込 みを 行 うことができま (2) (1)の 保 険 料 の 払 込 みは この 保 険 契 約 の 第 1 回 定 期 払 込 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 保 険 契 約 者 に 支 払 う 賃 金 から 控 除 される 日 以 前 に 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 するところにより 行 うものとしま おいて 代 表 者 は 他 の 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 を 代 理 するものとしま (4) (3)の 代 表 者 が 定 まらない 場 合 またはその 所 在 が 明 らかでない 場 合 は 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 の 中 の1 名 に 対 して 行 う 当 会 社 の 行 為 は 他 の 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 対 しても 効 力 を 有 するものとしま (5) (1)の 払 込 保 険 料 累 計 額 は この 保 険 契 約 の 保 険 料 として 当 会 社 に 払 い 込 まれた 金 額 ( 注 )の 合 計 額 をいいま (6) (1)の 死 亡 保 険 金 が 支 払 われる 場 合 において 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 が 生 じた 後 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 賃 金 から 控 除 され 当 会 社 に 払 い 込 まれた 場 合 または 第 6 条 ( 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 は 死 亡 保 険 金 を 支 払 う 時 にその 保 険 料 相 当 額 を 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 払 いもど しま (7) 被 保 険 者 が 搭 乗 している 航 空 機 または 船 舶 が 行 方 不 明 となった 場 合 また は 遭 難 した 場 合 において その 航 空 機 または 船 舶 が 行 方 不 明 となった 日 ま たは 遭 難 した 日 からその 日 を 含 めて30 日 を 経 過 してもなお 被 保 険 者 が 発 見 されないときは その 航 空 機 または 船 舶 が 行 方 不 明 となった 日 または 遭 難 した 日 に 被 保 険 者 が 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 によって 死 亡 したものと 推 定 しまこの 場 合 において 行 方 不 明 となった 日 または 遭 難 した 日 の 後 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 賃 金 から 控 除 され 当 会 社 に 払 い 込 まれた 場 合 または 第 6 条 ( 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 によ る 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 は (6)の 規 定 に 準 じ て 払 いもどしま 第 4 章 保 険 金 の 支 払 に 関 する 条 項 第 9 条 ( 死 亡 保 険 金 の 支 払 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 を 被 り そ の 直 接 の 結 果 として 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて 180 日 以 内 に 死 亡 した 場 合 は 事 故 の 生 じた 時 における 払 込 保 険 料 累 計 額 の5 倍 相 当 額 を 死 亡 保 険 金 として 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 支 払 いま (2) (1)の 死 亡 保 険 金 が 支 払 われる 場 合 において 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 2 名 以 上 であるときは 当 会 社 は 法 定 相 続 分 の 割 合 により 死 亡 保 険 金 を 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 支 払 いま (3) この 保 険 契 約 について 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が2 名 以 上 である 場 合 は 当 会 社 は 代 表 者 1 名 を 定 めることを 求 めることができまこの 場 合 に ( 注 ) この 保 険 契 約 の 保 険 料 として 当 会 社 に 払 い 込 まれた 金 額 当 会 社 に 払 い 込 まれていない 場 合 でも 事 故 の 生 じた 時 に 既 に 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 賃 金 から 控 除 され その 後 当 会 社 に 払 い 込 まれた 場 合 は その 額 を 含 みま 第 10 条 ( 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 の 支 払 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 を 被 り そ の 直 接 の 結 果 として 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて 180 日 以 内 に 別 表 1に 掲 げる 重 度 後 遺 障 害 が 生 じた 場 合 ( 注 )は 前 条 の 死 亡 保 険 金 に 相 当 する 金 額 を 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 として 被 保 険 者 に 支 払 いま (2) 被 保 険 者 が 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 を 被 った 時 既 に 存 在 し ていた 身 体 の 障 害 の 影 響 により 別 表 1に 掲 げる 重 度 後 遺 障 害 が 生 じた 場 17

18 合 も (1)の 重 度 後 遺 障 害 に 含 むものとしま (3) (1)の 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 が 支 払 われる 場 合 において 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 が 生 じた 後 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 賃 金 から 控 除 され 当 会 社 に 払 い 込 まれた 場 合 または 第 6 条 ( 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 は 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 を 支 払 う 時 にその 保 険 料 相 当 額 を 保 険 契 約 者 に 払 いも どしま ( 注 ) 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて 180 日 以 内 に 別 表 1に 掲 げる 重 度 後 遺 障 害 が 生 じた 場 合 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて 180 日 を 超 えてなお 治 療 を 要 する 状 態 にある 場 合 当 会 社 が 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて 181 日 目 における 被 保 険 者 以 外 の 医 師 の 診 断 に 基 づき 別 表 1に 掲 げる 重 度 後 遺 障 害 を 認 定 したときを 含 みま 第 11 条 ( 他 の 傷 害 または 疾 病 の 影 響 等 ) (1) 被 保 険 者 が 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 を 被 った 時 既 に 存 在 し ていた 疾 病 の 影 響 により または 同 条 の 傷 害 を 被 った 後 にその 原 因 となっ た 事 故 と 関 係 なく 発 生 した 傷 害 もしくは 疾 病 の 影 響 により 同 条 の 傷 害 が 重 大 となった 場 合 は 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません (2) 正 当 な 理 由 がなく 被 保 険 者 が 治 療 を 怠 ったことまたは 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 治 療 をさせなかったことにより 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 が 重 大 となった 場 合 は 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません 第 12 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ) 当 会 社 は 次 の1から13までのいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 傷 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 被 保 険 者 の 故 意 または 重 大 な 過 失 2 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 の 故 意 または 重 大 な 過 失 ただし その 者 が 死 亡 保 険 金 の 一 部 の 受 取 人 である 場 合 は 保 険 金 を 支 払 わないのはその 者 が 受 け 取 るべき 金 額 にかぎりま 3 被 保 険 者 の 自 殺 行 為 犯 罪 行 為 または 闘 争 行 為 4 被 保 険 者 が 次 のア.からウ.までのいずれかに 該 当 する 間 に 生 じた 事 故 ア. 法 令 に 定 められた 運 転 資 格 ( 注 1)を 持 たないで 自 動 車 等 を 運 転 して いる 間 イ. 道 路 交 通 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 105 号 ) 第 65 条 第 1 項 に 定 める 酒 気 を 帯 びた 状 態 で 自 動 車 等 を 運 転 している 間 ウ. 麻 薬 大 麻 あへん 覚 せい 剤 シンナー 等 の 影 響 により 正 常 な 運 転 ができないおそれがある 状 態 で 自 動 車 等 を 運 転 している 間 5 被 保 険 者 の 脳 疾 患 疾 病 または 心 神 喪 失 6 被 保 険 者 の 妊 娠 出 産 早 産 または 流 産 7 被 保 険 者 に 対 する 外 科 的 手 術 ( 注 2)その 他 の 医 療 処 置 ただし 外 科 的 手 術 ( 注 2)その 他 の 医 療 処 置 によって 生 じた 傷 害 が 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 うべき 傷 害 の 治 療 によるものである 場 合 は 保 険 金 を 支 払 いま 8 被 保 険 者 に 対 する 刑 の 執 行 9 戦 争 外 国 の 武 力 行 使 革 命 政 権 奪 取 内 乱 武 装 反 乱 その 他 これ らに 類 似 の 事 変 または 暴 動 ( 注 3) 10 地 震 もしくは 噴 火 またはこれらによる 津 波 11 核 燃 料 物 質 ( 注 4)もしくは 核 燃 料 物 質 ( 注 4)によって 汚 染 された 物 ( 注 5)の 放 射 性 爆 発 性 その 他 の 有 害 な 特 性 またはこれらの 特 性 による 事 故 12 9から11までの 事 由 に 随 伴 して 生 じた 事 故 またはこれらに 伴 う 秩 序 の 混 乱 に 基 づいて 生 じた 事 故 以 外 の 放 射 線 照 射 または 放 射 能 汚 染 ( 注 1) 運 転 資 格 運 転 する 地 における 法 令 によるものをいいま ( 注 2) 手 術 治 療 を 直 接 の 目 的 として メス 等 の 器 具 を 用 いて 患 部 または 必 要 部 位 に 切 除 摘 出 等 の 処 置 を 施 すことをいいま ( 注 3) 暴 動 群 衆 または 多 数 の 者 の 集 団 の 行 動 によって 全 国 または 一 部 の 地 区 に おいて 著 しく 平 穏 が 害 され 治 安 維 持 上 重 大 な 事 態 と 認 められる 状 態 を いいま ( 注 4) 核 燃 料 物 質 使 用 済 燃 料 を 含 みま ( 注 5) 核 燃 料 物 質 ( 注 4)によって 汚 染 された 物 18

19 原 子 核 分 裂 生 成 物 を 含 みま 第 13 条 ( 事 故 の 通 知 ) (1) 被 保 険 者 が 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 を 被 った 場 合 は 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 は その 原 因 となった 事 故 の 発 生 の 日 か らその 日 を 含 めて30 日 以 内 に 事 故 発 生 の 日 時 場 所 事 故 の 概 要 および 傷 害 の 程 度 につき 当 会 社 に 通 知 しなければなりません この 場 合 において 当 会 社 が 書 面 による 通 知 もしくは 説 明 を 求 めたときまたは 被 保 険 者 の 診 断 書 もしくは 死 体 検 案 書 の 提 出 を 求 めたときは これに 応 じなければなりま せん (2) 被 保 険 者 が 搭 乗 している 航 空 機 または 船 舶 が 行 方 不 明 となった 場 合 また は 遭 難 した 場 合 は 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 は その 航 空 機 または 船 舶 が 行 方 不 明 となった 日 または 遭 難 した 日 からその 日 を 含 めて30 日 以 内 に 行 方 不 明 または 遭 難 発 生 の 状 況 を 当 会 社 に 書 面 により 通 知 しなければなりません (3) 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 正 当 な 理 由 がなく(1)または (2)の 規 定 に 違 反 した 場 合 またはその 通 知 もしくは 説 明 について 知 って いる 事 実 を 告 げなかった 場 合 もしくは 事 実 と 異 なることを 告 げた 場 合 は 当 会 社 は それによって 当 会 社 が 被 った 損 害 の 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 を 支 払 いま 第 14 条 ( 保 険 金 の 請 求 ) (1) 当 会 社 に 対 する 保 険 金 請 求 権 は 次 の 時 から それぞれ 発 生 し これを 行 使 することができるものとしま 1 死 亡 保 険 金 については 被 保 険 者 が 死 亡 した 時 2 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 については 被 保 険 者 に 重 度 後 遺 障 害 が 生 じた 時 または 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて180 日 を 経 過 した 時 のいずれ か 早 い 時 (2) 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 保 険 金 の 支 払 を 請 求 する 場 合 は 別 表 2に 掲 げる 書 類 のうち 当 会 社 が 求 めるものを 提 出 しなければなりませ ん (3) 当 会 社 は 事 故 の 内 容 または 傷 害 の 程 度 等 に 応 じ 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 対 して (2)に 掲 げるもの 以 外 の 書 類 もしくは 証 拠 の 提 出 または 当 会 社 が 行 う 調 査 への 協 力 を 求 めることがありまこの 場 合 は 当 会 社 が 求 めた 書 類 または 証 拠 を 速 やかに 提 出 し 必 要 な 協 力 をしな ければなりません (4) 被 保 険 者 に 保 険 金 を 請 求 できない 事 情 がある 場 合 で かつ 保 険 金 の 支 払 を 受 けるべき 被 保 険 者 の 代 理 人 がいないときは 次 の1から3までのい ずれかに 該 当 する 者 がその 事 情 を 示 す 書 類 をもってその 旨 を 当 会 社 に 申 し 出 て 当 会 社 の 承 認 を 得 たうえで 被 保 険 者 の 代 理 人 として 保 険 金 を 請 求 することができま 1 被 保 険 者 と 同 居 または 生 計 を 共 にする 配 偶 者 ( 注 ) 2 1に 規 定 する 者 がいない 場 合 または1に 規 定 する 者 に 保 険 金 を 請 求 で きない 事 情 がある 場 合 は 被 保 険 者 と 同 居 または 生 計 を 共 にする3 親 等 内 の 親 族 3 1および2に 規 定 する 者 がいない 場 合 または1および2に 規 定 する 者 に 保 険 金 を 請 求 できない 事 情 がある 場 合 は 1 以 外 の 配 偶 者 ( 注 )または 2 以 外 の3 親 等 内 の 親 族 (5) (4)の 規 定 による 被 保 険 者 の 代 理 人 からの 保 険 金 の 請 求 に 対 して 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 った 後 に 重 複 して 保 険 金 の 請 求 を 受 けた 場 合 であって も 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません (6) 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 正 当 な 理 由 がなく(3)の 規 定 に 違 反 した 場 合 または (2)から(4)までの 書 類 に 事 実 と 異 なる 記 載 をし もしくはその 書 類 もしくは 証 拠 を 偽 造 しもしくは 変 造 した 場 合 は 当 会 社 は それによって 当 会 社 が 被 った 損 害 の 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 を 支 払 いま ( 注 ) 配 偶 者 法 律 上 の 配 偶 者 にかぎりま 第 15 条 ( 当 会 社 の 指 定 する 医 師 が 作 成 した 診 断 書 等 の 要 求 ) (1) 当 会 社 は 第 13 条 ( 事 故 の 通 知 )の 通 知 または 前 条 の 規 定 による 請 求 を 受 けた 場 合 は 傷 害 の 程 度 の 認 定 その 他 保 険 金 の 支 払 にあたり 必 要 な 限 度 において 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 対 し 当 会 社 の 指 定 する 医 師 が 作 成 した 被 保 険 者 の 診 断 書 または 死 体 検 案 書 の 提 出 を 求 めることが できま (2) (1)の 規 定 による 診 断 または 死 体 の 検 案 ( 注 1)のために 要 した 費 用 ( 注 2)は 当 会 社 が 負 担 しま ( 注 1) 死 体 の 検 案 死 体 について 死 亡 の 事 実 を 医 学 的 に 確 認 することをいいま 19

20 ( 注 2) 費 用 収 入 の 喪 失 を 含 みません 第 16 条 ( 保 険 金 の 支 払 時 期 ) (1) 当 会 社 は 請 求 完 了 日 ( 注 1)からその 日 を 含 めて30 日 以 内 に 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 うために 必 要 な 次 の1から4までの 事 項 の 確 認 を 終 え 保 険 金 を 支 払 いま 1 保 険 金 の 支 払 事 由 発 生 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として 事 故 の 原 因 事 故 発 生 の 状 況 傷 害 発 生 の 有 無 および 被 保 険 者 に 該 当 する 事 実 2 保 険 金 が 支 払 われない 事 由 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として 保 険 金 が 支 払 われない 事 由 としてこの 保 険 契 約 において 定 める 事 由 に 該 当 する 事 実 の 有 無 3 保 険 金 を 算 出 するための 確 認 に 必 要 な 事 項 として 傷 害 の 程 度 事 故 と 傷 害 との 関 係 治 療 の 経 過 および 内 容 4 保 険 契 約 の 効 力 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として この 保 険 契 約 にお いて 定 める 解 除 無 効 失 効 または 取 消 しの 事 由 に 該 当 する 事 実 の 有 無 (2) (1)の 確 認 をするため 次 の1から5までに 掲 げる 特 別 な 照 会 または 調 査 が 不 可 欠 な 場 合 は (1)の 規 定 にかかわらず 当 会 社 は 請 求 完 了 日 ( 注 1)からその 日 を 含 めて 次 の1から5までに 掲 げる 日 数 ( 注 2)を 経 過 す る 日 までに 保 険 金 を 支 払 いまこの 場 合 において 当 会 社 は 確 認 が 必 要 な 事 項 およびその 確 認 を 終 えるべき 時 期 を 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 対 して 通 知 するものとしま 1 (1)の1から4までの 事 項 を 確 認 するための 警 察 検 察 消 防 その 他 の 公 の 機 関 による 捜 査 調 査 結 果 の 照 会 ( 注 3) 180 日 2 (1)の1から4までの 事 項 を 確 認 するための 医 療 機 関 検 査 機 関 そ の 他 の 専 門 機 関 による 診 断 鑑 定 等 の 結 果 の 照 会 90 日 3 (1)の3の 事 項 のうち 後 遺 障 害 の 内 容 およびその 程 度 を 確 認 するた めの 医 療 機 関 による 診 断 後 遺 障 害 の 認 定 に 係 る 専 門 機 関 による 審 査 等 の 結 果 の 照 会 120 日 4 災 害 救 助 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 118 号 )が 適 用 された 災 害 の 被 災 地 域 に おける(1)の1から4までの 事 項 の 確 認 のための 調 査 60 日 5 (1)の1から4までの 事 項 の 確 認 を 日 本 国 内 において 行 うための 代 替 的 な 手 段 がない 場 合 の 日 本 国 外 における 調 査 180 日 (3) (1)および(2)に 掲 げる 必 要 な 事 項 の 確 認 に 際 し 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 正 当 な 理 由 なくその 確 認 を 妨 げ またはこれに 応 じな かった 場 合 ( 注 4)は これにより 確 認 が 遅 延 した 期 間 については (1)ま たは(2)の 期 間 に 算 入 しないものとしま (4) (1)または(2)の 規 定 による 保 険 金 の 支 払 は 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 と 当 会 社 があらかじめ 合 意 した 場 合 を 除 いては 日 本 国 内 に おいて 日 本 国 通 貨 をもって 行 うものとしま ( 注 1) 請 求 完 了 日 被 保 険 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 第 14 条 ( 保 険 金 の 請 求 )(2)お よび(4)の 規 定 による 手 続 を 完 了 した 日 をいいま ( 注 2) 次 の1から5までに 掲 げる 日 数 1から5までの 複 数 に 該 当 する 場 合 は そのうち 最 長 の 日 数 としま ( 注 3) 照 会 弁 護 士 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 205 号 )に 基 づく 照 会 その 他 法 令 に 基 づく 照 会 を 含 みま ( 注 4) これに 応 じなかった 場 合 必 要 な 協 力 を 行 わなかった 場 合 を 含 みま 第 17 条 ( 保 険 金 支 払 後 の 保 険 契 約 ) (1) 保 険 金 が 支 払 われた 場 合 は この 保 険 契 約 は その 保 険 金 支 払 の 原 因 と なった 傷 害 を 被 った 時 に 終 了 しま (2) (1)の 場 合 は 当 会 社 は 返 れい 金 を 支 払 いません ただし 第 9 条 ( 死 亡 保 険 金 の 支 払 )(6) 同 条 (7)または 第 10 条 ( 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 の 支 払 )(3)の 規 定 による 払 いもどしを 除 きま 第 18 条 ( 時 効 ) 保 険 金 請 求 権 は 第 14 条 ( 保 険 金 の 請 求 )(1)に 定 める 時 の 翌 日 から 起 算 して3 年 を 経 過 した 場 合 は 時 効 によって 消 滅 しま 第 19 条 ( 代 位 ) 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 った 場 合 であっても 被 保 険 者 またはその 法 定 相 続 人 がその 傷 害 について 第 三 者 に 対 して 有 する 損 害 賠 償 請 求 権 は 当 会 社 に 移 転 しません 20

21 第 5 章 基 本 年 金 の 支 払 に 関 する 条 項 第 20 条 ( 基 本 年 金 の 支 払 額 ) (1) 当 会 社 が 支 払 う 基 本 年 金 の 額 は 保 険 期 間 満 了 日 におけるこの 保 険 契 約 の 払 込 保 険 料 および 経 過 期 間 に 応 じて 積 み 立 てた 金 額 に 基 本 年 金 の 支 払 方 法 に 応 じて 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 としま (2) (1)の 経 過 期 間 は 保 険 期 間 の 月 数 をもって 計 算 することとし 1か 月 未 満 の 端 数 は1か 月 としま (3) (1)の 規 定 にかかわらず 当 会 社 は 保 険 契 約 者 またはその 配 偶 者 ( 注 1)が 財 形 法 施 行 令 に 規 定 する 重 度 障 害 等 になった 場 合 は 保 険 期 間 満 了 日 以 後 その 保 険 契 約 者 の 申 出 に 基 づき 財 形 法 施 行 令 の 定 めるところに より 基 本 年 金 支 払 期 間 を 短 縮 し 短 縮 した 期 間 に 応 じて 計 算 した 金 額 を (1)の 規 定 により 計 算 した 金 額 に 加 えて 得 た 額 をもって 以 後 の 基 本 年 金 額 としま (4) (3)の 規 定 は その 保 険 契 約 者 から 申 出 があった 日 の 翌 日 から 当 会 社 の 定 める 期 間 ( 注 2)を 経 過 した 日 以 後 の 最 初 の 基 本 年 金 の 支 払 期 日 ( 注 3)に 支 払 う 基 本 年 金 から 適 用 しま ( 注 1) 配 偶 者 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあるものを 含 みま ( 注 2) 当 会 社 の 定 める 期 間 3か 月 以 内 としま ( 注 3) 基 本 年 金 の 支 払 期 日 保 険 期 間 満 了 日 の 毎 年 の 応 当 日 をいいま 第 21 条 ( 基 本 年 金 の 支 払 ) (1) 第 1 回 の 基 本 年 金 の 支 払 は 保 険 契 約 者 からその 支 払 方 法 についての 指 定 があり 当 会 社 がこれを 承 認 した 場 合 を 除 いて 当 会 社 の 本 店 または 支 店 で 行 うものとし 保 険 期 間 満 了 日 ( 注 )の 翌 日 から 起 算 して20 日 以 内 に 行 いま (2) 第 2 回 以 後 の 基 本 年 金 の 支 払 は 保 険 期 間 満 了 日 の 毎 年 の 応 当 日 に 保 険 契 約 者 からその 支 払 方 法 についての 指 定 があり 当 会 社 がこれを 承 認 した 場 合 を 除 いて 当 会 社 の 本 店 または 支 店 で 行 いま (3) (2)の 規 定 にかかわらず 基 本 年 金 を 年 2 回 または 年 4 回 に 分 割 して 支 払 う 場 合 は その 分 割 回 数 に 応 じて 次 の1および2に 掲 げる 期 日 に 分 割 された 基 本 年 金 の 支 払 を 行 いま 1 年 2 回 分 割 の 場 合 保 険 期 間 満 了 日 の6か 月 毎 の 応 当 日 2 年 4 回 分 割 の 場 合 保 険 期 間 満 了 日 の3か 月 毎 の 応 当 日 (4) (1)から(3)までの 規 定 による 基 本 年 金 の 支 払 は 当 会 社 があらかじめ 承 認 した 場 合 を 除 いては 日 本 国 内 において 日 本 国 通 貨 をもって 行 いま (5) 保 険 契 約 者 が 基 本 年 金 の 支 払 を 受 けようとする 場 合 は 別 表 3に 掲 げる 書 類 のうち 当 会 社 が 求 めるものを 提 出 しなければなりません (6) 当 会 社 は 別 表 3に 掲 げる 書 類 以 外 の 書 類 の 提 出 を 求 めることができま (7) 保 険 契 約 者 が(5)および(6)の 提 出 書 類 に 知 っている 事 実 を 記 載 しな かった 場 合 もしくは 事 実 と 異 なることを 記 載 した 場 合 は これにより 基 本 年 金 の 支 払 が 遅 延 した 期 間 については (1)の 期 間 に 算 入 しないものとし ま (8) 基 本 年 金 請 求 権 は 支 払 事 由 が 生 じた 日 の 翌 日 から 起 算 して3 年 を 経 過 した 時 に 消 滅 しま ( 注 ) 保 険 期 間 満 了 日 (5)および(6)の 基 本 年 金 の 請 求 書 類 をもって 保 険 契 約 者 が 手 続 を 完 了 した 日 が 保 険 期 間 が 満 了 した 日 以 後 となる 場 合 は その 手 続 が 完 了 し た 日 としま 第 22 条 ( 未 払 基 本 年 金 の 一 括 支 払 ) (1) 保 険 期 間 満 了 後 最 終 回 年 金 支 払 日 の 前 日 までに 保 険 契 約 者 が 死 亡 した 場 合 は 当 会 社 は 死 亡 した 日 における 未 払 基 本 年 金 の 現 価 を 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 支 払 いま (2) 保 険 期 間 満 了 後 最 終 回 年 金 支 払 日 の 前 日 までに 保 険 契 約 者 が 未 払 基 本 年 金 の 一 括 支 払 を 請 求 した 場 合 は 当 会 社 は この 手 続 の 日 における 未 払 基 本 年 金 の 現 価 を 保 険 契 約 者 に 支 払 いま (3) (1)および(2)の 規 定 により 一 括 して 支 払 う 未 払 基 本 年 金 ( 以 下 一 括 払 基 本 年 金 といいま)の 支 払 は 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 からその 支 払 方 法 についての 指 定 があり 当 会 社 がこれを 承 認 した 場 合 を 除 いて 当 会 社 の 本 店 または 支 店 で 行 うものとし 一 括 払 基 本 年 金 支 払 21

目 まず 始 めに 必 ずお 読 みください 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 4 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 7 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険

目 まず 始 めに 必 ずお 読 みください 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 4 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 7 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 のしおり 03 年 0 月 日 以 降 用 ご 契 約 者 の 皆 様 へ この ご 契 約 のしおり( 約 款 ) は 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 および 財 形 年 金 傷 害 保 険 についての 大 切 なことがらを 記 載 したものです 保 険 約

More information

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款 目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款 および 保 険 証 券 保 険 契 約 継 続 証 をあわせてご 確 認 ください また ご 不 明

More information

第 2 章 補 償 条 項 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 日 本 国 内 または 国 外 において 下 表 に 掲 げる 間 に 生 じた 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 によっ てその 身 体 に 被 った 傷 害

第 2 章 補 償 条 項 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 日 本 国 内 または 国 外 において 下 表 に 掲 げる 間 に 生 じた 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 によっ てその 身 体 に 被 った 傷 害 Ⅲ. 学 生 教 育 研 究 災 害 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 下 表 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神 経 学 的 検 査 臨 床 検 査 画 像 検 査 等 により 認 められる

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 死 亡 後 遺 障 害 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送 車

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093599574322D345F3130365F819C91E6825395D25F4F54415F8F9D8A518EA197C394EF977095E28F9E93C196F15F5034332D35302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093599574322D345F3130365F819C91E6825395D25F4F54415F8F9D8A518EA197C394EF977095E28F9E93C196F15F5034332D35302E646F63> 傷 害 治 療 費 用 補 償 特 約 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 特 約 において 下 表 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神 経 学 的 検 査 臨 床 検 査 画 像 検 査 等 により 認 められ る 異 常 所 見 をいいます 競 技 等 競 技 競 争 興 行 (*1)または

More information

別紙特約(138)

別紙特約(138) 個 人 賠 償 責 任 補 償 特 約 ( 長 期 契 約 用 ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 保 険 期 間 中 に 発 生 した 下 表 に 掲 げる 偶 然 な 事 故 のいずれかによる 他 人 の 身 体 の 障 害 (*1)または 他 人 の 財 物 の 損 壊 (*2)もしくは 紛 失 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 損

More information

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 賠 償 責 任 保 険 対 人 対 物 事 故 により 相 手 方 への 法 律 上 の 損

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

亡 保 険 金 の 一 部 の 受 取 人 である 場 合 には 保 険 金 を 支 払 わないのはその 者 が 受 け 取 るべき 金 額 に 限 ります 3 被 保 険 者 の 自 殺 行 為 犯 罪 行 為 または 闘 争 行 為 4 被 保 険 者 が 次 のいずれかに 該 当 する 間 に

亡 保 険 金 の 一 部 の 受 取 人 である 場 合 には 保 険 金 を 支 払 わないのはその 者 が 受 け 取 るべき 金 額 に 限 ります 3 被 保 険 者 の 自 殺 行 為 犯 罪 行 為 または 闘 争 行 為 4 被 保 険 者 が 次 のいずれかに 該 当 する 間 に 海 外 旅 行 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 (50 音 順 ) 定 義 医 学 的 他 覚 所 理 学 的 検 査 神 経 学 的 検 査 臨 床 検 査 画 像 検 査 等 により 認 めら 見 れる 異

More information

傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 (50 音 順 ) 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神

傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 (50 音 順 ) 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神 ジェイアイ 傷 害 火 災 保 険 株 式 会 社 2014.4.1 以 降 保 険 始 期 インターネットオンライン 契 約 用 国 内 旅 行 保 険 約 款 ( 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 および 特 約 ) 普 通 保 険 約 款 特 約 頁 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 2 国 内 旅 行 傷 害 保 険 特 約 23 個 人 賠 償 責 任 補 償 特 約 ( 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20958192CA95DB8CAF96F18ABC82A882E682D193C196F12E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20958192CA95DB8CAF96F18ABC82A882E682D193C196F12E646F63> 一 般 財 団 法 人 あんしん 財 団 普 通 保 険 約 款 および 特 約 事 業 総 合 傷 害 保 険 (この 保 険 の 趣 旨 ) この 保 険 は 中 小 企 業 の 法 人 または 個 人 事 業 主 が 一 般 財 団 法 人 あんしん 財 団 ( 以 下 当 法 人 といいます )の 会 員 として 保 険 契 約 者 および 保 険 金 受 取 人 になり 事 業 主 および

More information

安心マイカー保険新型自動車総合保険(個人用)普通保険約款および特約.indd

安心マイカー保険新型自動車総合保険(個人用)普通保険約款および特約.indd 新 型 自 動 車 総 合 保 険 ( 個 人 用 ) 普 通 保 険 約 款 < の ( 共 通 )> この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 において 次 の の 意 味 は それぞれ 次 の によりまただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 において 別 途 の がある 場 合 は それによりま 医 学 的 他 覚

More information

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被 2016 1 1 事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被 保 険 者 が 賠 償 責 任 を 負 う 事 故 が 発 生 した 場 合 は 弊

More information

団体総合保険普通保険約款

団体総合保険普通保険約款 団 体 総 合 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 普 通 保 険 約 款 この 保 険 契 約 に 付 帯 された 基 本 特 約 および 特 約 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 危 険 損 害 等 の 発 生 の 可 能 性 をいいます 後 遺 障 害

More information

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保 賠 償 責 任 危 険 補 償 特 約 用 語 の 説 明 この 特 約 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 普 通 保 険 約 款 用 語 の 説 明 に よる 場 合 のほか 次 のとおりとします 用 語 説 明 財 物 の 破 損 財 産 的 価 値 を 有 する 有 体 物 の 滅 失 破 損 または 汚 損 を いいます ただし 滅 失 には 盗 難 紛 失 または 詐 取

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 入 通 院 / 一 時 金 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 当 社 は 被 保 険 者 が 保 険 中 に 発 生 した 他 人 の 身 体 の 障 害 1) または 財 物 の 滅 失 破 損 もしくは 汚 損 2) ( 以 下 事 故 といいま)について 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る 損 害 ( 以 下 損 害 といいま) に 対 して この 約 款 に 従

More information

(Microsoft Word - \223\301\225\312\225\342\217\236\213K\222\366.doc)

(Microsoft Word - \223\301\225\312\225\342\217\236\213K\222\366.doc) 特 別 補 償 規 程 第 一 章 補 償 金 等 の 支 払 い ( 当 社 の 支 払 責 任 ) 第 一 条 ぴあ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は 当 社 が 実 施 する 企 画 旅 行 に 参 加 する 旅 行 者 が そ の 企 画 旅 行 参 加 中 に 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 ( 以 下 事 故 といいます )によって 身 体 に 傷 害

More information

変額個人年金保険普通保険約款

変額個人年金保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 特 別 勘 定 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 の 指 定 変 更 2 積 立 金 第 3 条 積 立 金 第 4 条 積 立 金 の 移 転 3 責 任 開 始 期 第 5 条 責 任 開 始 期 4 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 第 6 条 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払

More information

賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 といいます )につ いて 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 す

賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 といいます )につ いて 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 す 事 故 が 発 生 した 場 合 は (1) 事 故 が 発 生 した 場 合 は ただちに 保 険 会 社 ( 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 株 式 会 社 )へ 連 絡 し 被 害 者 と 損 害 賠 償 の 示 談 を 行 わないようご 注 意 ください 保 険 会 社 の 了 解 なく 示 談 を 行 った 場 合 保 険 金 が 支 払 われないことがあります (2) 保 険 会

More information

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 第 1 条 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 2 責 任 開 始 期 第 2 条 責 任 開 始 期 3 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 額 第 4 条 保 険 金 の 支 払 第 5 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 戦 争 その 他 の 変 乱

More information

SBI_普約特約_改訂版.indd

SBI_普約特約_改訂版.indd 2014 年 4 月 改 定 普 通 保 険 約 款 特 約 SBI の 自 動 車 保 険 個 人 総 合 自 動 車 保 険 このたびは 弊 社 SBI 損 保 の 自 動 車 保 険 をご 契 約 いただき 誠 にありがとうございまた この 小 冊 子 には ご 契 約 上 の 大 切 なことがらが 記 載 されております ご 一 読 のうえ 大 切 に 保 管 て ご 利 用 ください ご

More information

タフ・シンプル クルマの保険

タフ・シンプル クルマの保険 N3 P.4 P.6 P.8 P.9 P.13 P.15 P. 19 P.28 P.40 P.50 P.97 4 6 8 9 13 1 2 3 4 15 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 19 1 2 3 4 5 13 13 13 14 15 15 16 16 16 17 18 18 18 18 19 19 20 23 24 26 28 1 2 40 1 2 3 4 5 6 7 8 9

More information

ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや 事 故 が 起 こった 場 合 のお 手 続 きなど 大 切 な 事 柄 を 記 載 した

ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや 事 故 が 起 こった 場 合 のお 手 続 きなど 大 切 な 事 柄 を 記 載 した 自治体提携慶弔共済保険 やすらぎ 全福ネット慶弔共済保険 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 ご契約のしおり 普通保険約款 特約 冊子 2013 年6月版 一般財団法人 全国勤労者福祉 共済振興協会 ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

特 約 正 式 名 称 掲 載 略 称 特 約 正 式 名 称 ページ 特 別 条 件 付 保 険 特 約 特 別 条 件 付 保 険 特 約 27 団 体 扱 一 般 A 団 体 扱 特 約 ( 一 般 A) 29 団 体 扱 一 般 B 団 体 扱 特 約 ( 一 般 B) 30 団 体 扱 一

特 約 正 式 名 称 掲 載 略 称 特 約 正 式 名 称 ページ 特 別 条 件 付 保 険 特 約 特 別 条 件 付 保 険 特 約 27 団 体 扱 一 般 A 団 体 扱 特 約 ( 一 般 A) 29 団 体 扱 一 般 B 団 体 扱 特 約 ( 一 般 B) 30 団 体 扱 一 2013 年 10 月 1 日 以 降 始 期 用 ロングライフミニ 長 期 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり ご 契 約 者 の 皆 様 へ この ご 契 約 のしおり は 長 期 医 療 保 険 契 約 についての 大 切 なことがらを 記 載 したものです ご 一 読 のうえ 保 険 証 券 と 共 にご 保 管 くださいますようお 願 いいたします(なお ご 契 約 者 と 被 保 険

More information

ご 契 約 のお 礼 この 度 は 当 組 合 にご 契 約 いただきまして 誠 にありが とうございました ご 契 約 の 証 として 共 済 証 書 併 せて 普 通 共 済 約 款 ( 特 約 条 項 付 をお 届 けいたしますので お 目 通 しください 当 組 合 は 組 合 員 の 相

ご 契 約 のお 礼 この 度 は 当 組 合 にご 契 約 いただきまして 誠 にありが とうございました ご 契 約 の 証 として 共 済 証 書 併 せて 普 通 共 済 約 款 ( 特 約 条 項 付 をお 届 けいたしますので お 目 通 しください 当 組 合 は 組 合 員 の 相 TOHOKUJIKYO 自 動 車 共 済 約 款 ( 普 通 共 済 約 款 および 特 約 条 項 平 成 27 年 10 月 東 北 自 動 車 共 済 協 同 組 合 980-0011 仙 台 市 青 葉 区 上 杉 一 丁 目 9 番 15 号 022-264-1188 FAX 022-264-1166 ご 契 約 のお 礼 この 度 は 当 組 合 にご 契 約 いただきまして 誠 にありが

More information

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 冊 子 といい ます )は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したものです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 冊 子

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 冊 子 といい ます )は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したものです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 冊 子 目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 冊 子 といい ます )は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したものです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 冊 子 およびご 契 約 後 にお 届 けする 保 険 証 券 をあわせてご 確 認 ください また ご 不

More information

商工団体総合賠償責任保険制度

商工団体総合賠償責任保険制度 1 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 当 社 は 被 保 険 者 が 保 険 期 間 中 に 発 生 した 他 人 の 身 体 の 障 害 1) または 財 物 の 滅 失 破 損 もし くは 汚 損 ( 以 下 事 故 といいま)について 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 することによっ て 被 る 損 害 ( 以 下 損 害 といいま)に 対 して この 約 款

More information

タフ・クルマの保険

タフ・クルマの保険 P.4 P.6 P.8 P.9 P.12 P.16 P.21 P.30 P.46 P.56 P.100 N1 4 6 8 9 12 1 2 3 4 5 6 16 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 12 12 13 13 14 15 16 17 17 18 18 19 19 20 20 20 21 1 21 2 21 3 22 4 25 5 26 28 30 1 2 46 1 2 3 4

More information

スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6

スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6 スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6 第 2 章 人 身 傷 害 条 項 7 第 3 章 搭 乗 者 傷 害 条 項 16 第 4 章 車

More information

サイクル保険約款

サイクル保険約款 2016 10 1 ご 注 意 1. 保 険 料 払 込 みの 際 は 弊 社 所 定 の 保 険 料 領 収 証 を 発 行 しますので お 確 かめください 金 融 機 関 での 口 座 振 替 請 求 書 ( 銀 行 等 での 振 込 み)に より 払 い 込 まれた 保 険 料 については 領 収 証 の 発 行 を 省 略 させていただ きますので 振 込 金 受 取 書 通 帳 等 お

More information

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 (H 普 通 約 款 目 次 2. 金 の 支 第 2 条 金 の 支 第 3 条 金 の 支 に 関 する 補 則 第 4 条 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 5 条 金 支 方 法 の 選 択 第 6 条 金 の 請 求 支 期 および 支 場 所 3. 当 会 社 の 責 任 開 始

More information

養老保険普通保険約款

養老保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 戦 争 その 他 の 変 乱 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 免 除 第 6 条 保 険 料 の 払 込 免 除 第 7 条 保 険

More information

1.お 買 い 物 安 心 保 険 ( 動 産 総 合 保 険 ) 被 保 険 者 の 範 囲 はゴールドカード 会 員 本 人 となります 国 内 外 を 問 わず 北 國 Visa デビットカード カード(ゴールド) (ゴールド)をご 利 用 して 購 入 された 商 品 の 偶 然 な 破 損

1.お 買 い 物 安 心 保 険 ( 動 産 総 合 保 険 ) 被 保 険 者 の 範 囲 はゴールドカード 会 員 本 人 となります 国 内 外 を 問 わず 北 國 Visa デビットカード カード(ゴールド) (ゴールド)をご 利 用 して 購 入 された 商 品 の 偶 然 な 破 損 北 國 Visa デビットカード(ゴールド) 保 険 サービスご 利 用 の 手 引 き 株 式 会 社 北 國 銀 行 引 受 保 険 会 社 : 三 井 住 友 海 上 火 災 保 険 株 式 会 社 本 保 険 サービスのご 案 内 は お 持 ちのカードに 付 帯 させていただいている 保 険 サービスの 概 要 についてご 説 明 させていただいたものです 実 際 の 保 険 金 お 支

More information

目 次 総 合 自 動 車 保 険 Type S 普 通 保 険 約 款 特 約 普 通 保 険 約 款 特 約 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 章 人 身 傷 害 条 項 3 別 紙 人 身 傷 害 条 項 損 害 額 基 準 5 第 3 章 車 両 条 項 10 第 4 章 基

目 次 総 合 自 動 車 保 険 Type S 普 通 保 険 約 款 特 約 普 通 保 険 約 款 特 約 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 章 人 身 傷 害 条 項 3 別 紙 人 身 傷 害 条 項 損 害 額 基 準 5 第 3 章 車 両 条 項 10 第 4 章 基 保 険 約 款 の 構 成 総 合 自 動 車 保 険 Type S は 普 通 保 険 約 款 と 特 約 により 構 成 されてい 普 通 保 険 約 款 相 手 方 への 賠 償 賠 償 責 任 条 項 対 人 賠 償 対 物 賠 償 ご 自 身 ご 家 族 搭 乗 中 の 方 への 補 償 人 身 傷 害 条 項 お 車 への 補 償 車 両 条 項 保 険 契 約 の 成 立 や 事 故

More information

Microsoft Word - 旅行業約款(募集型企画旅行PEX契約)

Microsoft Word - 旅行業約款(募集型企画旅行PEX契約) 旅 行 業 約 款 ( 募 集 型 企 画 旅 行 契 約 /PEX 約 款 ) 社 団 法 人 日 本 旅 行 業 協 会 保 証 社 員 株 式 会 社 シイ.エイ.エヌ 第 一 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 一 条 当 社 が 旅 行 者 との 間 で 締 結 する 募 集 型 企 画 旅 行 に 関 する 契 約 ( 以 下 募 集 型 企 画 旅 行 契 約 といいま)は この

More information

自動車保険のしおり・約款(保険開始日(始期日)が2010年3月31日以前のご契約)

自動車保険のしおり・約款(保険開始日(始期日)が2010年3月31日以前のご契約) 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 特 約 条 項 この 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 には ご 契 約 上 の 大 切 なことがらが 記 載 されて おりますので ご 一 読 ください ご 契 約 者 と 補 償 の 対 象 となる 方 が 異 なる 場 合 は ご 契 約 者 よりこの 内 容 を 補 償 の 対 象 となる 方 にもご 説

More information

Microsoft Word - s-17-yatukan

Microsoft Word - s-17-yatukan 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は, 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 保 険 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

スポーツ・レジャー保険 補償の説明

スポーツ・レジャー保険 補償の説明 スポーツ レジャー 保 険 補 償 の 説 明 傷 害 国 内 補 償 1 死 亡 保 険 金 スポーツ レジャー 中 に 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 によりケガをされ 事 故 の 発 生 の 日 か らその 日 を 含 めて 180 日 以 内 に 死 亡 された 場 合 死 亡 後 遺 障 害 保 険 金 額 の 全 額 をお 支 払 いします ただし 既 に 後 遺 障 害

More information

( 1) 野 球 肩 やテニス 肘 疲 労 骨 折 靴 ズレ 成 長 障 害 加 齢 に 伴 うものなど その 他 急 激 的 な 外 傷 によらない 特 有 の 障 害 は 補 償 の 対 象 となりません ( 2) 日 本 連 盟 ( 都 道 府 県 連 盟 地 区 団 隊 を 含 みます )の

( 1) 野 球 肩 やテニス 肘 疲 労 骨 折 靴 ズレ 成 長 障 害 加 齢 に 伴 うものなど その 他 急 激 的 な 外 傷 によらない 特 有 の 障 害 は 補 償 の 対 象 となりません ( 2) 日 本 連 盟 ( 都 道 府 県 連 盟 地 区 団 隊 を 含 みます )の そなえよつねに 保 険 (ケガの 補 償 )について 1. 補 償 の 内 容 と 特 徴 そなえよつねに 保 険 は 各 種 傷 害 補 償 で 構 成 されています 補 償 項 目 概 要 額 備 考 死 亡 補 償 ( 死 亡 ) に 不 慮 の 事 故 により 死 亡 したとき 20,000,000 円 事 故 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて 180 日 以 内 の 死 亡 について

More information

終身保険(無選択型)普通保険約款

終身保険(無選択型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 保 険 金 の 削 減 支 払 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 第 6 条 保 険 料 の 払 込 第 7 条 保 険 料 の 払 込

More information

普通火災保険ご契約のしおり(一般物件用)

普通火災保険ご契約のしおり(一般物件用) 2 1 Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ 2 Ⅵ Ⅶ 3 4 5 6 6 7 7 Ⅰ Ⅰ 8 Ⅱ Ⅱ 9 10 11 11 Ⅱ 12 13 13 Ⅱ 14 Ⅱ 15 16 16 17 17 Ⅱ 18 Ⅱ 19 Ⅲ 20 Ⅲ 21 22 Ⅲ 23 24 Ⅲ 25 26 Ⅲ 27 28 28 Ⅲ 29 30 31 31 Ⅲ 32 Ⅳ 33 Ⅳ 34 34 35 Ⅳ 36 36 37 37 Ⅳ Ⅴ 38 Ⅴ 39 Ⅵ

More information

⑶ 第 1 項 により 相 殺 する 場 合 の 利 息 等 については 次 のとおりとしま 1 この 預 金 の 利 息 の 計 算 については その 期 間 を 相 殺 通 知 が 当 行 に 到 達 した 日 の 前 日 までとして 利 率 は 約 定 利 率 を 適 用 するものとしま 2

⑶ 第 1 項 により 相 殺 する 場 合 の 利 息 等 については 次 のとおりとしま 1 この 預 金 の 利 息 の 計 算 については その 期 間 を 相 殺 通 知 が 当 行 に 到 達 した 日 の 前 日 までとして 利 率 は 約 定 利 率 を 適 用 するものとしま 2 ホクギン 通 帳 式 定 期 預 金 をご 利 用 いただきありがとうございま 通 帳 式 定 期 預 金 規 定 をお 届 けいたしますのでご 覧 ください 通 帳 式 定 期 預 金 規 定 ( 共 通 規 定 ) 1. 定 期 預 金 の 種 類 ⑴ 通 帳 で 利 用 できる 定 期 預 金 の 種 類 は 次 のとおりとしま 1 自 由 金 利 型 定 期 預 金 2 自 由 金 利 型

More information

自動車保険のしおり・約款(保険開始日(始期日)が2010年4月1日以降のご契約)

自動車保険のしおり・約款(保険開始日(始期日)が2010年4月1日以降のご契約) 保 険 開 始 日 ( 始 期 日 )が 平 成 22 年 4 月 1 日 以 降 のご 契 約 に 適 用 となります 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 特 約 条 項 この 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 には ご 契 約 上 の 大 切 なことがらが 記 載 されて おりますので ご 一 読 ください ご 契 約 者 と 補 償 の 対 象

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

08_13分冊_H1

08_13分冊_H1 この 保 険 の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 2. 保 険 契 約 の 型 および 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 第 2 条 保 険 契 約 の 型 第 3 条 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 3. 給 付 金 の 支 払 第 4 条 給 付 金 の 支 払 第 5 条 災 害 入 院 給 付 金 の 支 払 に 関 する 補

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

00-表1-4_定期保険(無解約返戻金型).indd

00-表1-4_定期保険(無解約返戻金型).indd 目 次 款 定 期 ( 無 解 返 戻 金 型 ) 普 通 款 P2 災 害 割 増 傷 害 リビング ニーズ 年 金 払 指 定 代 理 請 求 料 口 座 振 替 クレジットカード 扱 団 体 扱 別 団 体 扱 集 団 扱 P23 P36 P52 P58 P63 P67 P69 P71 P73 P75 1 定 期 ( 無 解 返 戻 金 型 ) 普 通 款 必 ずご 一 読 のうえ 大 切 なご

More information

定 期 預 金 等 規 定 集 お 客 さまへ いつも 私 ども 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます お 預 け 入 れいただきます 定 期 預 金 等 は その 種 類 など に 応 じ 本 規 定 集 に 記 載 した 規 定 が 適 用 されます ぜひご 一 読 のうえ 保 管 ください 目 次 定 期 預 金 共 通 規 定... 1 5 以

More information

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に 原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 目 次 この 保 険 の 概 要 1. 特 別 勘 定 および 積 立 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 特 別 勘 定 群 および 特 別 勘 定 群 に 含 まれる 特 別 勘 定 の 種 類 第 3 条 特 別 勘 定 の 指 定 第 4 条 積 立 第 5 条 特 別 勘 定 の 廃 止 に 伴 う 積 立 の 移 転 9.

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま 岡 安 の 証 券 総 合 取 引 約 款 第 1 章 証 券 総 合 取 引 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 有 価 証 券 の 保 護 預 り 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 ( 以 下 振 替 法 といいます )において 取 扱 う 証 券 の 取 引 累 積 投 資 取 引 外 国 証 券 の 取 引 新 光 MRF(マネー リザーブ フアンド)の

More information

10分冊_表紙1

10分冊_表紙1 この の 概 要 5 年 ごと 配 当 付 一 時 払 積 立 保 険 条 項 目 次 第 1 条 満 期 保 険 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 支 払 第 2 条 満 期 保 険 の 支 払 に 関 する 補 則 第 3 条 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 の 免 責

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

普 通 約 款 (この の 概 要 ) (2015 年 5 月 21 日 改 正 ) この は 期 間 および 料 払 込 期 間 を とする の であって つぎの 給 付 を 行 うことを 主 な 内 容 とするものです 災 害 入 院 給 付 金 疾 病 入 院 給 付 金 手 術 給 付 金

普 通 約 款 (この の 概 要 ) (2015 年 5 月 21 日 改 正 ) この は 期 間 および 料 払 込 期 間 を とする の であって つぎの 給 付 を 行 うことを 主 な 内 容 とするものです 災 害 入 院 給 付 金 疾 病 入 院 給 付 金 手 術 給 付 金 この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 2. 契 約 の 型 および 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 第 2 条 契 約 の 型 第 3 条 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 3. 給 付 金 の 支 払 第 4 条 給 付 金 の 支 払 第 5 条 災 害 入 院 給 付 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 疾 病

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

はじめに このたびは 弊 社 のドライバー 保 険 をご 契 約 いただきありがとうございます この 安 心 ガイド では ドライバー 保 険 に ついてのご 契 約 内 容 および 注 意 事 項 など 大 切 なことがらを 記 載 しておりますので ご 一 読 のうえ 保 険 証 券 (または

はじめに このたびは 弊 社 のドライバー 保 険 をご 契 約 いただきありがとうございます この 安 心 ガイド では ドライバー 保 険 に ついてのご 契 約 内 容 および 注 意 事 項 など 大 切 なことがらを 記 載 しておりますので ご 一 読 のうえ 保 険 証 券 (または ドライバー 保 険 安 心 ガイド ( 普 通 保 険 約 款 特 約 ) ~ 私 たちが 未 来 に 今 できること~ 日 本 興 亜 損 保 では 環 境 に 優 しい エコ 安 全 ドライブ を 推 進 しています 2012 年 1 月 改 定 EA はじめに このたびは 弊 社 のドライバー 保 険 をご 契 約 いただきありがとうございます この 安 心 ガイド では ドライバー 保 険

More information

076 無配当医療保険 (図入り)

076 無配当医療保険 (図入り) 無 配 当 医 療 保 険 普 通 保 険 約 款 目 次 1. 会 社 の 責 任 開 始 期 第 1 条 2. 給 付 金 の 支 払 い 保 険 料 の 払 込 免 除 第 2 条 災 害 入 院 給 付 金 の 支 払 い 第 3 条 疾 病 入 院 給 付 金 の 支 払 い 第 4 条 がん 入 院 給 付 金 の 支 払 い 第 5 条 入 院 給 付 金 の 支 払 いに 関 するその

More information

総 合 ( 慶 弔 ) 共 済 契 約 のしおり 目 次 重 要 事 項 説 明 書 ( 契 約 概 要 と 注 意 喚 起 情 報 のご 説 明 ) 1 1. 共 済 金 (お 祝 金 お 見 舞 金 等 ) 一 覧 1 2. 共 済 掛 金 2 3. 共 済 契 約 の 成 立 と 期 間 2

総 合 ( 慶 弔 ) 共 済 契 約 のしおり 目 次 重 要 事 項 説 明 書 ( 契 約 概 要 と 注 意 喚 起 情 報 のご 説 明 ) 1 1. 共 済 金 (お 祝 金 お 見 舞 金 等 ) 一 覧 1 2. 共 済 掛 金 2 3. 共 済 契 約 の 成 立 と 期 間 2 総 合 ( 慶 弔 ) 共 済 契 約 のしおり 目 次 重 要 事 項 説 明 書 ( 契 約 概 要 と 注 意 喚 起 情 報 のご 説 明 ) 1 1. 共 済 金 (お 祝 金 お 見 舞 金 等 ) 一 覧 1 2. 共 済 掛 金 2 3. 共 済 契 約 の 成 立 と 期 間 2 4. 共 済 金 (お 祝 金 お 見 舞 金 等 )の 請 求 事 由 が 発 生 したとき 4 5.

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d 財 産 形 成 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 基 本 規

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

キャッシュワン会員規約

キャッシュワン会員規約 キャッシュワン 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 会 員 とは 本 規 約 を 承 認 のうえ 株 式 会 社 じぶん 銀 行 ( 以 下 当 行 という )に 当 行 所 定 の 申 込 書 によりキャッ シュワンカードの 入 会 申 込 をされ 当 行 が 審 査 のうえ 入 会 を 認 めた 方 をいいます 第 2 条 (カードの 貸 与 有 効 期 限 等 ) 1. 本 規 約 に

More information

00-表1-4_養老保険.indd

00-表1-4_養老保険.indd 目 次 款 普 通 養 老 普 通 款 P2 定 期 P24 定 期 ( 逓 増 型 ) P37 災 害 割 増 P49 傷 害 P62 災 害 入 院 P78 疾 病 入 院 P89 リビング ニ ズ P106 年 金 払 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 ) P112 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 に 締 結 された 年 金 払 年 金 払 ( 平 成 24 年 3 月

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

整備受託自動車保険(人数方式)のご案内

整備受託自動車保険(人数方式)のご案内 2015 年 10 月 1 日 保 険 始 期 以 降 適 用 整 備 受 託 自 動 車 保 険 ( 整 備 従 事 者 数 方 式 ) 特 約 のご 案 内 Ⅰ. 整 備 受 託 自 動 車 保 険 ( 整 備 従 事 者 数 方 式 ) 特 約 の 概 要 整 備 受 託 自 動 車 保 険 ( 整 備 従 事 者 数 方 式 ) 特 約 は 貴 社 の 整 備 工 場 においてお 客 さまから

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

総合共済(cs5).indd

総合共済(cs5).indd ご 契 約 者 ( 組 合 員 )の 皆 さまへ このたびは JP 共 済 生 協 の 共 済 をご 契 約 いただき 誠 にありがとうご ざいます この ご 契 約 のしおり は 総 合 共 済 の 契 約 内 容 に 関 する 大 切 な 事 柄 を ご 説 明 したものです 必 ずお 読 みいただき 契 約 内 容 をご 確 認 のうえ 共 済 証 書 とともに 大 切 に 保 管 してください

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

販売用自動車保険(人数方式・車両保険なし)のご案内

販売用自動車保険(人数方式・車両保険なし)のご案内 2015 年 10 月 1 日 保 険 始 期 以 降 適 用 販 売 用 自 動 車 保 険 ( 人 数 方 式 車 両 保 険 なし) 特 約 のご 案 内 Ⅰ. 販 売 用 自 動 車 保 険 ( 人 数 方 式 車 両 保 険 なし) 特 約 の 概 要 販 売 用 自 動 車 保 険 特 約 は 貴 社 が 販 売 の 目 的 をもって 輸 送 または 管 理 する 自 動 車 ( 販 売

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179826782518254837083938374838C83628367817A8F4390B38DCF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179826782518254837083938374838C83628367817A8F4390B38DCF2E646F63> 神 奈 川 県 保 険 医 協 会 会 員 の 先 生 へ 医 師 賠 償 責 任 保 険 個 人 賠 償 責 任 保 険 のおすすめ 医 師 賠 償 責 任 保 険 : 団 体 割 引 20% 適 用 個 人 賠 償 責 任 保 険 : 団 体 割 引 15% 適 用 神 奈 川 県 保 険 医 協 会 では 三 井 住 友 海 上 火 災 保 険 株 式 会 社 と 医 師 賠 償 責 任 保

More information

目 次 がん 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 1 第 2 章 保 障 条 項 2 第 3 章 保 険 料 払 込 免 除 条 項 2 第 4 章 基 本 条 項 4 特 約 (1) 消 化 器 のがんに 対 する 入 院 保 険 金 増 額 支 払 特 約 (

目 次 がん 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 1 第 2 章 保 障 条 項 2 第 3 章 保 険 料 払 込 免 除 条 項 2 第 4 章 基 本 条 項 4 特 約 (1) 消 化 器 のがんに 対 する 入 院 保 険 金 増 額 支 払 特 約 ( 保 険 約 款 の 構 成 この 保 険 は がん 保 険 普 通 保 険 約 款 と 特 約 により 構 成 されています 保 険 約 款 の 特 徴 用 語 の 定 義 わかりづらい 用 語 や 難 解 な 用 語 を 各 約 款 の 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 )でご 説 明 しています 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 )は50 音 順 で 記 載 されています この 小 冊 子

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

年 間 10,000 円 の 保 険 料 で 病 気 やケガの 入 院 手 術 を 保 障 します さらに 万 が 一 の 葬 祭 費 用 つき! 職 調 協 の 医 療 保 険 お 支 払 いする 保 険 金 の 種 類 詳 細 は 医 療 保 険 保 険 金 のお 支 払 いについて をご 参

年 間 10,000 円 の 保 険 料 で 病 気 やケガの 入 院 手 術 を 保 障 します さらに 万 が 一 の 葬 祭 費 用 つき! 職 調 協 の 医 療 保 険 お 支 払 いする 保 険 金 の 種 類 詳 細 は 医 療 保 険 保 険 金 のお 支 払 いについて をご 参 公 益 社 団 法 人 日 本 全 職 業 調 理 士 協 会 調 理 師 ( 士 ) 会 に 所 属 の 調 理 師 ( 士 )のみなさまへ 特 徴 職 調 協 の 医 療 保 険 のご 案 内 (1 年 契 約 用 ) 保 険 期 間 平 成 28 年 10 月 1 日 午 後 4 時 から1 年 間 ご 提 出 締 切 日 平 成 28 年 8 月 31 日 ( 水 ) 平 成 28 年 6

More information

はじめに 平 素 は 格 別 のお 引 き 立 てをいただき 心 より 御 礼 申 し 上 げます この ご 契 約 のしおり では 自 転 車 向 け 保 険 について ご 契 約 内 容 ( 約 款 )やご 契 約 に 伴 うご 注 意 事 項 など 大 切 なことがらをご 説 明 しています

はじめに 平 素 は 格 別 のお 引 き 立 てをいただき 心 より 御 礼 申 し 上 げます この ご 契 約 のしおり では 自 転 車 向 け 保 険 について ご 契 約 内 容 ( 約 款 )やご 契 約 に 伴 うご 注 意 事 項 など 大 切 なことがらをご 説 明 しています 改 定 2016.4 自 転 車 向 け 保 険 ご 契 約 のしおり パーソナル 総 合 傷 害 保 険 ( 交 通 傷 害 型 ) 普 通 保 険 約 款 特 約 Zハ はじめに 平 素 は 格 別 のお 引 き 立 てをいただき 心 より 御 礼 申 し 上 げます この ご 契 約 のしおり では 自 転 車 向 け 保 険 について ご 契 約 内 容 ( 約 款 )やご 契 約 に 伴

More information

00-表1-4_終身保険.indd

00-表1-4_終身保険.indd 目 次 款 終 身 普 通 款 P2 定 期 P23 定 期 ( 逓 増 型 ) P36 災 害 割 増 P48 傷 害 P61 災 害 入 院 P77 疾 病 入 院 P88 リビング ニ ズ P105 介 護 障 移 行 P111 年 金 払 P122 指 定 代 理 請 求 P127 別 条 件 P131 料 口 座 振 替 P136 クレジットカード 扱 P138 団 体 扱 P140 別

More information

傷害保険普通保険約款

傷害保険普通保険約款 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 普 通 保 険 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神 経 学 的 検 査 臨 床 検 査 画 像 検 査 等 により 認 められる 異 常 所 見 をいいます

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

単 体 商 品 <7> 保 険 料 保 険 金 額 ( 保 険 期 間 1 年 団 割 20% 適 用 ) 契 約 型 保 険 金 額 保 険 料 対 人 1 事 故 につき 対 人 期 間 中 医 師 200 型 2 億 円 6 億 円 51,570 円 100 型 1 億 円 3 億 円 40,

単 体 商 品 <7> 保 険 料 保 険 金 額 ( 保 険 期 間 1 年 団 割 20% 適 用 ) 契 約 型 保 険 金 額 保 険 料 対 人 1 事 故 につき 対 人 期 間 中 医 師 200 型 2 億 円 6 億 円 51,570 円 100 型 1 億 円 3 億 円 40, 平 成 26 年 度 版 勤 務 医 師 賠 償 責 任 保 険 ( 個 人 型 ) 単 体 商 品 本 団 体 契 約 は 日 本 病 院 会 を 契 約 者 とする 団 体 保 険 契 約 です 日 本 病 院 会 会 員 が 開 設 もしくは 管 理 している 医 療 機 関 に 勤 務 していることがご 加 入 の 条 件 となりますのでご 注 意 下 さい 勤 務 医 師 等 の 医 療

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63> 当 金 庫 でお 預 りいたしますご 預 金 は 本 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます ひがしん 総 合 口 座 取 引 規 定 1. ( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は ひがしん 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます ) ができます 1 普 通 預 金 ( 無 利 息 型 普 通 預 金 を 含 みます 以 下 同

More information

丸三の総合取引約款

丸三の総合取引約款 総 合 取 引 約 款 第 1 章 総 合 取 引 ( 平 成 28 年 1 月 改 定 ) ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 取 引 口 座 の 設 定 累 積 投 資 取 引 証 券 総 合 口 座 サービス 自 動 運 用 買 付 換 金 取 引 および 国 内 外 貨 建 債 券 取 引 又 はそれらを 組 合 わせた 取 引 等 ( 以 下 総 合 取 引 といいます

More information

第1章 総則

第1章 総則 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 取 引 会 員 規 程 本 規 程 は, 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 の 運 営 する 日 本 卸 電 力 取 引 所 ( 以 下 本 取 引 所 という ) の 取 引 会 員 に 関 する 手 続 きを 定 めることを 目 的 とする 2. 本 規 程 の 変 更 は, 理 事 会 の

More information