目 まず 始 めに 必 ずお 読 みください 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 4 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 7 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 まず 始 めに 必 ずお 読 みください 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 4 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 7 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険"

Transcription

1 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 のしおり 03 年 0 月 日 以 降 用 ご 契 約 者 の 皆 様 へ この ご 契 約 のしおり( 約 款 ) は 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 および 財 形 年 金 傷 害 保 険 についての 大 切 なことがらを 記 載 したものです 保 険 約 款 につきましては P.0 P.58に 掲 載 しておりますのでお 読 みく ださい もし おわかりにくい 点 お 気 づきの 点 がありましたら ご 遠 慮 なく 代 理 店 または 東 京 海 上 日 動 ( 以 下 弊 社 といいます )までお 問 い 合 わせください 代 理 店 は 弊 社 との 委 託 契 約 にもとづき 保 険 契 約 の 締 結 契 約 条 件 が 変 わった 場 合 のご 通 知 の 受 領 等 の 代 理 業 務 を 行 っております したがいま して 代 理 店 との 間 で 有 効 に 成 立 したご 契 約 につきましては 弊 社 と 直 接 契 約 されたものとなります 代 理 店 は ご 契 約 者 の 皆 様 のご 契 約 状 況 を 常 に 承 知 いたしております ご 契 約 内 容 についてのお 問 い 合 わせ 等 は 代 理 店 または 弊 社 までお 申 し 出 く ださい ご 契 約 のしおり( 約 款 ) は ご 一 読 のうえ 大 切 に 保 管 してください ますようお 願 いいたします

2 目 まず 始 めに 必 ずお 読 みください 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 4 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 7 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 0 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 5 財 形 年 金 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 4 次

3 まず 始 めに 必 ずお 読 みください. 財 形 制 度 について 財 形 制 度 は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 財 形 法 )に 基 づいて 勤 労 者 の 貯 蓄 や 持 家 取 得 などの 財 産 形 成 を 国 と 事 業 主 がバックアップして 促 進 しようとするものです. 予 定 利 率 について ご 契 約 に 適 用 する 予 定 利 率 は 今 後 変 更 することがあります この 場 合 変 更 月 前 にすで にお 預 かりした 保 険 料 分 の 積 立 金 につきましても 変 更 月 以 降 は 変 更 後 の 予 定 利 率 を 適 用 い たします したがいまして 募 集 時 のパンフレット チラシ 等 に 記 載 の 受 取 予 想 額 は 変 動 すること があります 3. 解 約 返 れい 金 について ご 契 約 が 解 約 となる 場 合 には 弊 社 所 定 の 方 法 で 計 算 した 解 約 返 れい 金 をお 支 払 いします 払 込 保 険 料 の 一 部 を 補 償 部 分 の 保 険 料 に 充 当 するため 解 約 返 れい 金 は ご 契 約 後 一 定 期 間 は 払 込 保 険 料 累 計 額 より 少 なくなります

4 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 保 険 金 をお 支 払 いする 場 合 国 内 国 外 を 問 わず 被 保 険 者 ( 保 険 の 対 象 となる 方 )が 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 により 死 亡 されたり 重 度 後 遺 障 害 を 被 られた 場 合 に 保 険 金 をお 支 払 いします 重 度 後 遺 障 害 とは 例 えば 次 のような 障 害 が 該 当 します ( 詳 細 については 約 款 をご 参 照 ください ) 両 眼 が 失 明 したとき そ 咀 しゃくまたは 言 語 の 機 能 を 全 く 廃 したとき 等 お 支 払 いする 保 険 金 ケガのため 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて80 日 以 内 に 死 亡 されたとき または 重 度 後 遺 障 害 を 被 られたときは 死 亡 した 日 または 事 故 の 日 までに 払 い 込 まれた 保 険 料 の 累 計 額 ( 一 部 解 約 があったご 契 約 については 弊 社 所 定 の 方 法 により 減 じた 額 )の 5 倍 に 相 当 する 金 額 を 保 険 金 としてお 支 払 いします 保 険 金 をお 支 払 いしない 主 な 場 合 故 意 または 重 大 な 過 失 自 殺 行 為 闘 争 行 為 犯 罪 行 為 無 資 格 運 転 酒 気 帯 び 運 転 地 震 噴 火 津 波 戦 争 暴 動 等 の 事 由 によって 被 ったケガ 保 険 金 のお 支 払 いによる 契 約 の 失 効 について 死 亡 保 険 金 または 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 が 支 払 われた 場 合 は ご 契 約 は 効 力 を 失 い 積 立 金 はお 支 払 いできなくなります ご 契 約 の 際 のご 注 意 ⑴ 保 険 責 任 の 開 始 第 回 保 険 料 が 賃 金 より 控 除 された 日 の 属 する 月 のご 契 約 者 を 雇 用 している 事 業 主 と 弊 社 が 協 議 して 定 めた 契 約 基 準 日 の 午 後 4 時 から 弊 社 はご 契 約 上 の 責 任 を 負 います ⑵ 告 知 義 務 (ご 契 約 時 に 代 理 店 または 弊 社 に 重 要 な 事 項 を 申 し 出 ていただく 義 務 ) 等 申 込 書 に が 付 された 事 項 は ご 契 約 に 関 する 重 要 な 事 項 ( 告 知 事 項 )です ご 契 約 時 に 申 込 書 等 に 正 確 に 記 載 してください この 表 示 が 事 実 と 異 なる 場 合 やこれに 事 実 を 記 載 しない 場 合 はご 契 約 を 解 除 することがあります ご 契 約 を 解 除 する 場 合 保 険 金 をお 支 払 いできないこと がありますので ご 注 意 ください( 弊 社 の 代 理 店 には 告 知 受 領 権 があります ) 告 知 事 項 は 以 下 の 事 項 となります 他 の 保 険 契 約 等 (*)を 締 結 されている 場 合 には その 内 容 ( 同 時 に 申 し 込 む 契 約 を 含 み ます ) (*) 他 の 保 険 契 約 等 とは 家 族 傷 害 保 険 普 通 傷 害 保 険 交 通 事 故 傷 害 保 険 ファミ リー 交 通 傷 害 保 険 所 得 補 償 保 険 積 立 型 の 傷 害 保 険 等 の 保 険 契 約 または 共 済 契 約 をい います ご 契 約 後 のご 注 意 ⑴ 契 約 内 容 の 変 更 弊 社 所 定 の 範 囲 内 で 保 険 料 額 等 の 変 更 を 行 うことができます ⑵ 退 職 転 任 等 の 場 合 の 取 扱 ご 契 約 者 の 退 職 や 転 任 等 により 保 険 料 を 賃 金 から 控 除 できなくなった 場 合 は 退 職 や 転 任 等 の 日 から 年 以 内 に 解 約 手 続 をしていただきます ただし ご 契 約 を 継 続 できる 場 合 がありま すので 退 職 や 転 任 等 に 際 してはあらかじめご 相 談 ください ⑶ 保 険 料 の 払 込 中 断 の 場 合 の 取 扱 保 険 料 の 払 込 中 断 は 年 未 満 の 期 間 について 認 められています 保 険 料 の 払 込 中 断 が 年 を 経

5 過 した 場 合 には ご 契 約 を 解 約 していただきます ⑷ 保 険 契 約 者 の 住 所 変 更 住 所 または 通 知 先 が 変 更 になった 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 または 弊 社 へご 通 知 くださ い 税 制 上 のお 取 扱 い( 平 成 5 年 4 月 現 在 ) 払 出 の 際 積 立 金 ( 含 む 契 約 者 配 当 )と 払 込 保 険 料 累 計 額 との 差 額 が 利 子 等 として0%(*) 源 泉 分 離 課 税 の 対 象 となります (*) 平 成 5 年 月 より 所 得 税 部 分 に 復 興 特 別 所 得 税 が 付 加 され0.35%となります 財 形 貯 蓄 のご 契 約 者 への 公 的 融 資 ( 平 成 5 年 4 月 現 在 ) 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 にご 加 入 されている 勤 労 者 の 方 は 一 定 の 条 件 のもとに 財 形 持 家 融 資 の 公 的 融 資 を 受 けることができます 財 形 持 家 融 資 については 別 途 条 件 がありますので 詳 細 は 住 宅 金 融 支 援 機 構 ( 沖 縄 県 の 場 合 は 沖 縄 振 興 開 発 金 融 公 庫 )または 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 にお 問 い 合 わ せください もし 事 故 が 起 きたときは ⑴ 事 故 の 日 時 場 所 被 保 険 者 ( 保 険 の 対 象 となる 方 ) 名 事 故 状 況 等 を 事 故 の 発 生 の 日 から その 日 を 含 めて30 日 以 内 にご 契 約 の 代 理 店 または 弊 社 にご 通 知 ください ⑵ 被 保 険 者 ( 保 険 の 対 象 となる 方 )または 保 険 金 を 受 け 取 るべき 方 が 保 険 金 の 請 求 を 行 うときは 約 款 に 定 める 書 類 の 他 支 払 事 由 が 発 生 したことや 保 険 金 を 算 出 するための 確 認 に 必 要 な 資 料 として 以 下 の 書 類 等 をご 提 出 いただく 場 合 がございます 交 通 事 故 証 明 書 事 故 発 生 場 所 の 管 理 者 の 事 故 証 明 等 の 事 故 が 発 生 したことおよび 事 故 状 況 等 を 証 明 する 書 類 住 民 票 戸 籍 謄 本 等 の 被 保 険 者 ( 保 険 の 対 象 となる 方 )であることを 確 認 するための 書 類 3 レントゲン MRI 等 のケガの 程 度 を 証 明 する 書 類 また 被 保 険 者 ( 保 険 の 対 象 となる 方 )に 保 険 金 を 請 求 できない 事 情 がある 場 合 で 保 険 金 の 支 払 を 受 けるべき 被 保 険 者 の 代 理 人 がいない 場 合 は 被 保 険 者 の 配 偶 者 または 3 親 等 内 のご 親 族 (あわせて ご 家 族 といいます )のうち 弊 社 所 定 の 条 件 を 満 たす 方 が 被 保 険 者 の 代 理 人 として 保 険 金 を 請 求 できる 場 合 があります 詳 細 は 代 理 店 または 弊 社 までお 問 い 合 わせく ださい 本 内 容 については ご 家 族 の 皆 様 にご 説 明 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます ⑶ 被 保 険 者 ( 保 険 の 対 象 となる 方 )または 保 険 金 を 受 け 取 るべき 方 が 正 当 な 理 由 がなく 所 定 の 書 類 に 事 実 と 異 なる 記 載 をし もしくはその 書 類 もしくは 証 拠 を 偽 造 し もしくは 変 造 した 場 合 は それによって 弊 社 が 被 った 損 害 の 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 をお 支 払 いしますのでご 注 意 くだ さい 3

6 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 保 険 金 をお 支 払 いする 場 合 国 内 国 外 を 問 わず 被 保 険 者 ( 保 険 の 対 象 となる 方 )が 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 により 死 亡 されたり 重 度 後 遺 障 害 を 被 られた 場 合 に 保 険 金 をお 支 払 いします 重 度 後 遺 障 害 とは 例 えば 次 のような 障 害 が 該 当 します ( 詳 細 については 約 款 をご 参 照 ください ) 両 眼 が 失 明 したとき そ 咀 しゃくまたは 言 語 の 機 能 を 全 く 廃 したとき 等 お 支 払 いする 保 険 金 ケガのため 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて80 日 以 内 に 死 亡 されたとき または 重 度 後 遺 障 害 を 被 られたときは 死 亡 した 日 または 事 故 の 日 までに 払 い 込 まれた 保 険 料 の 累 計 額 ( 持 家 取 得 等 費 用 返 れい 金 をお 支 払 いしたご 契 約 については 弊 社 所 定 の 方 法 により 減 じた 額 )の5 倍 に 相 当 する 金 額 を 保 険 金 としてお 支 払 いします 保 険 金 をお 支 払 いしない 主 な 場 合 故 意 または 重 大 な 過 失 自 殺 行 為 闘 争 行 為 犯 罪 行 為 無 資 格 運 転 酒 気 帯 び 運 転 地 震 噴 火 津 波 戦 争 暴 動 等 の 事 由 によって 被 ったケガ 保 険 金 のお 支 払 いによる 契 約 の 失 効 について 死 亡 保 険 金 または 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 が 支 払 われた 場 合 は ご 契 約 は 効 力 を 失 い 積 立 金 はお 支 払 いできなくなります ご 契 約 の 際 のご 注 意 ( 平 成 5 年 4 月 現 在 ) ⑴ 保 険 料 の 払 込 限 度 額 保 険 料 の 払 込 限 度 額 は 非 課 税 限 度 額 (*)を 超 えることはできませんのでご 注 意 ください ( *) 限 度 額 は550 万 円 以 内 で かつ 財 形 年 金 貯 蓄 契 約 と 合 わせて550 万 円 以 内 で 設 定 できます ⑵ 人 契 約 の 条 件 すべての 金 融 機 関 を 通 じて 人 契 約 に 限 ります ⑶ 保 険 責 任 の 開 始 第 回 保 険 料 が 賃 金 より 控 除 された 日 の 属 する 月 のご 契 約 者 を 雇 用 している 事 業 主 と 弊 社 が 協 議 して 定 めた 契 約 基 準 日 の 午 後 4 時 から 弊 社 はご 契 約 上 の 責 任 を 負 います ⑷ 告 知 義 務 (ご 契 約 時 に 代 理 店 または 弊 社 に 重 要 な 事 項 を 申 し 出 ていただく 義 務 ) 等 申 込 書 に が 付 された 事 項 は ご 契 約 に 関 する 重 要 な 事 項 ( 告 知 事 項 )です ご 契 約 時 に 申 込 書 等 に 正 確 に 記 載 してください この 表 示 が 事 実 と 異 なる 場 合 やこれに 事 実 を 記 載 しない 場 合 はご 契 約 を 解 除 することがあります ご 契 約 を 解 除 する 場 合 保 険 金 をお 支 払 いできないこと がありますので ご 注 意 ください( 弊 社 の 代 理 店 には 告 知 受 領 権 があります ) 告 知 事 項 は 以 下 の 事 項 となります 他 の 保 険 契 約 等 (*)を 締 結 されている 場 合 には その 内 容 ( 同 時 に 申 し 込 む 契 約 を 含 み ます ) (*) 他 の 保 険 契 約 等 とは 家 族 傷 害 保 険 普 通 傷 害 保 険 交 通 事 故 傷 害 保 険 ファミ リー 交 通 傷 害 保 険 所 得 補 償 保 険 積 立 型 の 傷 害 保 険 等 の 保 険 契 約 または 共 済 契 約 をい います 4

7 ご 契 約 後 のご 注 意 ⑴ 契 約 内 容 の 変 更 弊 社 所 定 の 範 囲 内 で 保 険 料 額 等 の 変 更 を 行 うことができます ⑵ 退 職 転 任 等 の 場 合 の 取 扱 ご 契 約 者 の 退 職 や 転 任 等 により 保 険 料 を 賃 金 から 控 除 できなくなった 場 合 は 退 職 や 転 任 等 の 日 から 年 以 内 に 解 約 手 続 をしていただきます ただし ご 契 約 を 継 続 できる 場 合 がありま すので 退 職 や 転 任 等 に 際 してはあらかじめご 相 談 ください ⑶ 保 険 料 の 払 込 中 断 の 場 合 の 取 扱 保 険 料 の 払 込 中 断 は 年 未 満 の 期 間 について 認 められています 保 険 料 の 払 込 中 断 が 年 を 経 過 した 場 合 には ご 契 約 を 解 約 していただきます ⑷ 保 険 契 約 者 の 住 所 変 更 住 所 または 通 知 先 が 変 更 になった 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 または 弊 社 へご 通 知 くださ い ⑸ 持 家 取 得 等 費 用 返 れい 金 満 期 返 れい 金 の 払 出 について( 平 成 5 年 4 月 現 在 ) 持 家 としての 住 宅 の 取 得 持 家 である 住 宅 の 増 改 築 等 のための 払 出 については 積 立 金 の 全 部 払 出 ( 満 期 返 れい 金 )のほか 積 立 金 の 一 部 払 出 ( 持 家 取 得 等 費 用 返 れい 金 )もできます 払 出 手 続 には 財 形 法 で 定 められた 所 定 の 書 類 のご 提 出 が 必 要 になります 払 出 す 金 額 は 持 家 の 取 得 等 に 要 する 費 用 の 範 囲 内 となります 持 家 の 取 得 等 の 前 後 にそれぞれ 払 出 す 場 合 は 合 計 で 持 家 の 取 得 等 に 要 する 費 用 の 範 囲 内 と なることを 要 し 持 家 の 取 得 等 の 前 に 払 出 す 金 額 は その 時 点 の 積 立 金 の90% 以 内 の 額 とな ります 持 家 の 取 得 には 土 地 のみの 購 入 は 対 象 とならず 床 面 積 が50m 以 上 であること 等 の 要 件 が あります 増 改 築 等 には 工 事 費 が75 万 円 を 超 えること 等 の 要 件 があります 要 件 の 詳 細 につ きましては 代 理 店 または 弊 社 までお 問 い 合 わせください 税 制 上 のお 取 扱 い( 平 成 5 年 4 月 現 在 ) 積 立 金 を 持 家 の 取 得 等 のために 持 家 取 得 等 費 用 返 れい 金 または 満 期 返 れい 金 として 受 け 取 る 場 合 に 限 り 非 課 税 の 扱 いが 受 けられます ただし 解 約 の 場 合 持 家 取 得 等 費 用 返 れい 金 の 払 出 後 年 以 内 かつ 持 家 の 取 得 等 の 後 年 以 内 に 所 定 の 書 類 が 提 出 されない 場 合 最 後 の 払 込 から 年 以 上 経 過 した 場 合 等 財 形 住 宅 貯 蓄 としての 要 件 からはずれる 場 合 には 積 立 金 ( 含 む 契 約 者 配 当 )と 払 込 保 険 料 累 計 額 との 差 額 が 利 子 等 として 遡 及 して0%(*) 源 泉 分 離 課 税 の 対 象 となります (*) 平 成 5 年 月 より 所 得 税 部 分 に 復 興 特 別 所 得 税 が 付 加 され0.35%となります 財 形 貯 蓄 のご 契 約 者 への 公 的 融 資 ( 平 成 5 年 4 月 現 在 ) 財 形 住 宅 傷 害 保 険 にご 加 入 されている 勤 労 者 の 方 は 一 定 の 条 件 のもとに 財 形 持 家 融 資 の 公 的 融 資 を 受 けることができます 財 形 持 家 融 資 については 別 途 条 件 がありますので 詳 細 は 住 宅 金 融 支 援 機 構 ( 沖 縄 県 の 場 合 は 沖 縄 振 興 開 発 金 融 公 庫 )または 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 にお 問 い 合 わ せください 5

8 もし 事 故 が 起 きたときは ⑴ 事 故 の 日 時 場 所 被 保 険 者 ( 保 険 の 対 象 となる 方 ) 名 事 故 状 況 等 を 事 故 の 発 生 の 日 から その 日 を 含 めて30 日 以 内 にご 契 約 の 代 理 店 または 弊 社 にご 通 知 ください ⑵ 被 保 険 者 ( 保 険 の 対 象 となる 方 )または 保 険 金 を 受 け 取 るべき 方 が 保 険 金 の 請 求 を 行 うときは 約 款 に 定 める 書 類 の 他 支 払 事 由 が 発 生 したことや 保 険 金 を 算 出 するための 確 認 に 必 要 な 資 料 として 以 下 の 書 類 等 をご 提 出 いただく 場 合 がございます 交 通 事 故 証 明 書 事 故 発 生 場 所 の 管 理 者 の 事 故 証 明 等 の 事 故 が 発 生 したことおよび 事 故 状 況 等 を 証 明 する 書 類 住 民 票 戸 籍 謄 本 等 の 被 保 険 者 ( 保 険 の 対 象 となる 方 )であることを 確 認 するための 書 類 3 レントゲン MRI 等 のケガの 程 度 を 証 明 する 書 類 また 被 保 険 者 ( 保 険 の 対 象 となる 方 )に 保 険 金 を 請 求 できない 事 情 がある 場 合 で 保 険 金 の 支 払 を 受 けるべき 被 保 険 者 の 代 理 人 がいない 場 合 は 被 保 険 者 の 配 偶 者 または 3 親 等 内 のご 親 族 (あわせて ご 家 族 といいます )のうち 弊 社 所 定 の 条 件 を 満 たす 方 が 被 保 険 者 の 代 理 人 として 保 険 金 を 請 求 できる 場 合 があります 詳 細 は 代 理 店 または 弊 社 までお 問 い 合 わせく ださい 本 内 容 については ご 家 族 の 皆 様 にご 説 明 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます ⑶ 被 保 険 者 ( 保 険 の 対 象 となる 方 )または 保 険 金 を 受 け 取 るべき 方 が 正 当 な 理 由 がなく 所 定 の 書 類 に 事 実 と 異 なる 記 載 をし もしくはその 書 類 もしくは 証 拠 を 偽 造 し もしくは 変 造 した 場 合 は それによって 弊 社 が 被 った 損 害 の 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 をお 支 払 いしますのでご 注 意 くだ さい 6

9 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 保 険 金 をお 支 払 いする 場 合 国 内 国 外 を 問 わず 被 保 険 者 ( 保 険 の 対 象 となる 方 )が 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 により 死 亡 されたり 重 度 後 遺 障 害 を 被 られた 場 合 に 保 険 金 をお 支 払 いします 重 度 後 遺 障 害 とは 例 えば 次 のような 障 害 が 該 当 します ( 詳 細 については 約 款 をご 参 照 ください ) 両 眼 が 失 明 したとき そ 咀 しゃくまたは 言 語 の 機 能 を 全 く 廃 したとき 等 お 支 払 いする 保 険 金 ケガのため 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて80 日 以 内 に 死 亡 されたとき または 重 度 後 遺 障 害 を 被 られたときは 死 亡 した 日 または 事 故 の 日 までに 払 い 込 まれた 保 険 料 の 累 計 額 の 5 倍 に 相 当 する 金 額 を 保 険 金 としてお 支 払 いします 保 険 金 をお 支 払 いしない 主 な 場 合 故 意 または 重 大 な 過 失 自 殺 行 為 闘 争 行 為 犯 罪 行 為 無 資 格 運 転 酒 気 帯 び 運 転 地 震 噴 火 津 波 戦 争 暴 動 等 の 事 由 によって 被 ったケガ 保 険 金 のお 支 払 いによる 契 約 の 失 効 について 死 亡 保 険 金 または 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 が 支 払 われた 場 合 は ご 契 約 は 効 力 を 失 い 積 立 金 はお 支 払 いできなくなります ご 契 約 の 際 のご 注 意 ( 平 成 5 年 4 月 現 在 ) ⑴ 保 険 料 の 払 込 限 度 額 保 険 料 の 払 込 限 度 額 は 非 課 税 限 度 額 (*)を 超 えることはできませんのでご 注 意 ください (*) 限 度 額 は385 万 円 以 内 で かつ 財 形 住 宅 貯 蓄 契 約 と 合 わせて550 万 円 以 内 で 設 定 できます ⑵ 人 契 約 の 条 件 すべての 金 融 機 関 を 通 じて 人 契 約 に 限 ります ⑶ 保 険 責 任 の 開 始 第 回 保 険 料 が 賃 金 より 控 除 された 日 の 属 する 月 のご 契 約 者 を 雇 用 している 事 業 主 と 弊 社 が 協 議 して 定 めた 契 約 基 準 日 の 午 後 4 時 から 弊 社 はご 契 約 上 の 責 任 を 負 います ⑷ 告 知 義 務 (ご 契 約 時 に 代 理 店 または 弊 社 に 重 要 な 事 項 を 申 し 出 ていただく 義 務 ) 等 申 込 書 に が 付 された 事 項 は ご 契 約 に 関 する 重 要 な 事 項 ( 告 知 事 項 )です ご 契 約 時 に 申 込 書 等 に 正 確 に 記 載 してください この 表 示 が 事 実 と 異 なる 場 合 やこれに 事 実 を 記 載 しない 場 合 はご 契 約 を 解 除 することがあります ご 契 約 を 解 除 する 場 合 保 険 金 をお 支 払 いできないこと がありますので ご 注 意 ください( 弊 社 の 代 理 店 には 告 知 受 領 権 があります ) 告 知 事 項 は 以 下 の 事 項 となります 他 の 保 険 契 約 等 (*)を 締 結 されている 場 合 には その 内 容 ( 同 時 に 申 し 込 む 契 約 を 含 み ます ) (*) 他 の 保 険 契 約 等 とは 家 族 傷 害 保 険 普 通 傷 害 保 険 交 通 事 故 傷 害 保 険 ファミ リー 交 通 傷 害 保 険 所 得 補 償 保 険 積 立 型 の 傷 害 保 険 等 の 保 険 契 約 または 共 済 契 約 をい います 7

10 ご 契 約 後 のご 注 意 ⑴ 契 約 内 容 の 変 更 弊 社 所 定 の 範 囲 内 で 保 険 料 額 等 の 変 更 保 険 料 払 込 期 間 年 金 支 払 開 始 日 等 の 変 更 を 行 うこと ができます ⑵ 退 職 転 任 等 の 場 合 の 取 扱 ご 契 約 者 の 退 職 や 転 任 等 により 保 険 料 を 賃 金 から 控 除 できなくなった 場 合 は 退 職 や 転 任 等 の 日 から 年 以 内 に 解 約 手 続 をしていただきます ただし ご 契 約 を 継 続 できる 場 合 がありま すので 退 職 や 転 任 等 に 際 してはあらかじめご 相 談 ください ⑶ 保 険 契 約 者 の 住 所 変 更 住 所 または 通 知 先 が 変 更 になった 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 または 弊 社 へご 通 知 くださ い ⑷ 中 途 払 出 について 積 立 金 の 一 部 を 中 途 で 払 い 出 すことはできません ⑸ 保 険 料 の 払 込 中 断 の 場 合 の 取 扱 保 険 料 の 払 込 中 断 は 年 未 満 の 期 間 に 限 り 認 められています 保 険 料 の 払 込 期 間 はこの 中 断 中 も 含 めて 5 年 以 上 必 要 です 税 制 上 のお 取 扱 い( 平 成 5 年 4 月 現 在 ) 積 立 金 を 年 金 として 受 け 取 る 場 合 に 非 課 税 の 扱 いが 受 けられます ただし 中 途 で 解 約 をされる 等 財 形 年 金 貯 蓄 の 要 件 からはずれる 場 合 には 積 立 金 ( 含 む 契 約 者 配 当 )と 払 込 保 険 料 累 計 額 との 差 額 が 課 税 の 対 象 となります 財 形 貯 蓄 のご 契 約 者 への 公 的 融 資 ( 平 成 5 年 4 月 現 在 ) 財 形 年 金 傷 害 保 険 にご 加 入 されている 勤 労 者 の 方 は 一 定 の 条 件 のもとに 財 形 持 家 融 資 の 公 的 融 資 を 受 けることができます 財 形 持 家 融 資 については 別 途 条 件 がありますので 詳 細 は 住 宅 金 融 支 援 機 構 ( 沖 縄 県 の 場 合 は 沖 縄 振 興 開 発 金 融 公 庫 )または 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 にお 問 い 合 わ せください もし 事 故 が 起 きたときは ⑴ 事 故 の 日 時 場 所 被 保 険 者 ( 保 険 の 対 象 となる 方 ) 名 事 故 状 況 等 を 事 故 の 発 生 の 日 から その 日 を 含 めて30 日 以 内 にご 契 約 の 代 理 店 または 弊 社 にご 通 知 ください ⑵ 被 保 険 者 ( 保 険 の 対 象 となる 方 )または 保 険 金 を 受 け 取 るべき 方 が 保 険 金 の 請 求 を 行 うときは 約 款 に 定 める 書 類 の 他 支 払 事 由 が 発 生 したことや 保 険 金 を 算 出 するための 確 認 に 必 要 な 資 料 として 以 下 の 書 類 等 をご 提 出 いただく 場 合 がございます 交 通 事 故 証 明 書 事 故 発 生 場 所 の 管 理 者 の 事 故 証 明 等 の 事 故 が 発 生 したことおよび 事 故 状 況 等 を 証 明 する 書 類 住 民 票 戸 籍 謄 本 等 の 被 保 険 者 ( 保 険 の 対 象 となる 方 )であることを 確 認 するための 書 類 3 レントゲン MRI 等 のケガの 程 度 を 証 明 する 書 類 また 被 保 険 者 ( 保 険 の 対 象 となる 方 )に 保 険 金 を 請 求 できない 事 情 がある 場 合 で 保 険 金 の 支 払 を 受 けるべき 被 保 険 者 の 代 理 人 がいない 場 合 は 被 保 険 者 の 配 偶 者 または 3 親 等 内 のご 親 族 (あわせて ご 家 族 といいます )のうち 弊 社 所 定 の 条 件 を 満 たす 方 が 被 保 険 者 の 代 理 人 として 保 険 金 を 請 求 できる 場 合 があります 詳 細 は 代 理 店 または 弊 社 までお 問 い 合 わせく ださい 本 内 容 については ご 家 族 の 皆 様 にご 説 明 くださいますようお 願 い 申 し 上 げます ⑶ 被 保 険 者 ( 保 険 の 対 象 となる 方 )または 保 険 金 を 受 け 取 るべき 方 が 正 当 な 理 由 がなく 所 定 の 書 類 に 事 実 と 異 なる 記 載 をし もしくはその 書 類 もしくは 証 拠 を 偽 造 し もしくは 変 造 した 場 合 は それによって 弊 社 が 被 った 損 害 の 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 をお 支 払 いしますのでご 注 意 くだ さい 8

11 9

12 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 章 用 語 の 定 義 条 項 第 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 下 表 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 危 険 告 知 事 項 財 形 貯 蓄 契 約 財 形 法 財 産 形 成 基 金 給 付 金 財 産 形 成 給 付 金 事 業 主 自 動 車 等 事 務 代 行 団 体 事 務 取 扱 協 定 重 度 後 遺 障 害 手 術 他 の 保 険 契 約 等 治 療 賃 金 払 込 代 行 契 約 保 険 金 傷 害 の 発 生 の 可 能 性 をいいます 危 険 に 関 する 重 要 な 事 項 のうち 保 険 契 約 申 込 書 の 記 載 事 項 とする ことによって 当 会 社 が 告 知 を 求 めたものをいいます (*) (*) 他 の 保 険 契 約 等 に 関 する 事 項 を 含 みます 財 形 法 に 基 づく 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 をいいます 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 をいいます 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 基 金 契 約 に 基 づき 支 払 われるべき 財 産 形 成 基 金 給 付 金 をいいます 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 給 付 金 契 約 に 基 づき 支 払 われるべき 財 産 形 成 給 付 金 をいいます 保 険 契 約 者 を 雇 用 している 事 業 主 をいいます 自 動 車 または 原 動 機 付 自 転 車 をいいます 財 形 法 に 規 定 する 事 務 代 行 団 体 をいいます 事 業 主 または 事 務 代 行 団 体 と 当 会 社 との 間 で 締 結 されたこの 保 険 契 約 に 関 する 協 定 をいいます 治 療 の 効 果 が 医 学 上 期 待 できない 状 態 であって 被 保 険 者 の 身 体 に 残 された 症 状 が 将 来 においても 回 復 できない 機 能 の 重 大 な 障 害 に 至 ったものまたは 身 体 の 一 部 の 欠 損 で 別 表 に 掲 げるものをいい ます 治 療 を 直 接 の 目 的 として メス 等 の 器 具 を 用 いて 患 部 または 必 要 部 位 に 切 除 摘 出 等 の 処 置 を 施 すことをいいます この 保 険 契 約 の 全 部 または 一 部 に 対 して 支 払 責 任 が 同 じである 他 の 保 険 契 約 または 共 済 契 約 をいいます 医 師 (*)が 必 要 であると 認 め 医 師 (*)が 行 う 治 療 をいいます (*) 被 保 険 者 が 医 師 である 場 合 は 被 保 険 者 以 外 の 医 師 をいい ます 財 形 法 に 規 定 する 賃 金 をいいます 財 形 法 に 規 定 する 払 込 代 行 契 約 をいいます 死 亡 保 険 金 または 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 をいいます 0

13 第 条 ( 保 険 契 約 者 および 被 保 険 者 の 範 囲 ) この 保 険 契 約 の 保 険 契 約 者 となる 者 は 財 形 法 に 定 める 勤 労 者 で 被 保 険 者 は 契 約 者 本 人 に 限 ります 第 3 条 ( 契 約 基 準 日 ) () 契 約 基 準 日 は 下 表 のいずれかの 日 で 定 めます 事 業 主 がこの 保 険 契 約 の 保 険 料 に 相 当 する 金 額 を 保 険 契 約 者 に 支 払 う 賃 金 から 最 初 に 控 除 した 日 第 4 条 ( 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の うち 第 回 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 には その 払 込 日 3 第 5 条 ( 転 職 等 の 場 合 の 従 前 の 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 には その 払 込 日 4 第 6 条 ( 事 業 主 による 貯 蓄 金 の 管 理 が 中 止 された 場 合 の 返 還 貯 蓄 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 のうち 第 回 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 には その 払 込 日 5 第 7 条 ( 他 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 との 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 には その 払 込 日 () ()の 規 定 にかかわらず 事 業 主 または 事 務 代 行 団 体 が 当 会 社 と 協 議 することにより この 保 険 契 約 の 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 事 業 主 により 保 険 契 約 者 に 支 払 われる 賃 金 から 控 除 され 事 務 代 行 団 体 を 通 じて 当 会 社 に 最 初 に 払 い 込 まれた 日 等 () 以 外 の 日 を 契 約 基 準 日 とする ことができます 第 章 補 償 条 項 第 4 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) () 当 会 社 は 被 保 険 者 が 日 本 国 内 または 国 外 において 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 (*)によっ てその 身 体 に 被 った 傷 害 に 対 して この 約 款 に 従 い 保 険 金 を 支 払 います () ()の 傷 害 には 身 体 外 部 から 有 毒 ガスまたは 有 毒 物 質 を 偶 然 かつ 一 時 に 吸 入 吸 収 または 摂 取 した 場 合 に 急 激 に 生 ずる 中 毒 症 状 (*)を 含 みます ただし 細 菌 性 食 中 毒 およびウイル ス 性 食 中 毒 は 含 みません (*) 以 下 事 故 といいます (*) 継 続 的 に 吸 入 吸 収 または 摂 取 した 結 果 生 ずる 中 毒 症 状 を 除 きます 第 5 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ) 当 会 社 は 下 表 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 傷 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いま せん 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 の 故 意 または 重 大 な 過 失 3 4 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 (*)の 故 意 または 重 大 な 過 失 ただし その 者 が 死 亡 保 険 金 の 一 部 の 受 取 人 である 場 合 には 保 険 金 を 支 払 わないのはその 者 が 受 け 取 るべき 金 額 に 限 ります 被 保 険 者 の 自 殺 行 為 犯 罪 行 為 または 闘 争 行 為 被 保 険 者 が 次 のいずれかに 該 当 する 間 に 生 じた 事 故 ア. 法 令 に 定 められた 運 転 資 格 (*)を 持 たないで 自 動 車 等 を 運 転 している 間 イ. 道 路 交 通 法 第 65 条 第 項 に 定 める 酒 気 を 帯 びた 状 態 で 自 動 車 等 を 運 転 している 間 ウ. 麻 薬 大 麻 あへん 覚 せい 剤 シンナー 等 の 影 響 により 正 常 な 運 転 ができない おそれがある 状 態 で 自 動 車 等 を 運 転 している 間

14 被 保 険 者 の 脳 疾 患 疾 病 または 心 神 喪 失 被 保 険 者 の 妊 娠 出 産 早 産 または 流 産 被 保 険 者 に 対 する 外 科 的 手 術 その 他 の 医 療 処 置 ただし 外 科 的 手 術 その 他 の 医 療 処 置 によって 生 じた 傷 害 が 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 うべき 傷 害 の 治 療 によるものである 場 合 には 保 険 金 を 支 払 います 被 保 険 者 に 対 する 刑 の 執 行 戦 争 外 国 の 武 力 行 使 革 命 政 権 奪 取 内 乱 武 装 反 乱 その 他 これらに 類 似 の 事 変 または 暴 動 (*3) 地 震 もしくは 噴 火 またはこれらによる 津 波 核 燃 料 物 質 (*4)もしくは 核 燃 料 物 質 (*4)によって 汚 染 された 物 (*5)の 放 射 性 爆 発 性 その 他 の 有 害 な 特 性 またはこれらの 特 性 による 事 故 9からまでの 事 由 に 随 伴 して 生 じた 事 故 またはこれらに 伴 う 秩 序 の 混 乱 に 基 づい て 生 じた 事 故 以 外 の 放 射 線 照 射 または 放 射 能 汚 染 (*) 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 が 法 人 である 場 合 は その 理 事 取 締 役 または 法 人 の 業 務 を 執 行 するその 他 の 機 関 をいいます (*) 運 転 する 地 における 法 令 によるものをいいます (*3) 群 衆 または 多 数 の 者 の 集 団 の 行 動 によって 全 国 または 一 部 の 地 区 において 著 しく 平 穏 が 害 され 治 安 維 持 上 重 大 な 事 態 と 認 められる 状 態 をいいます (*4) 使 用 済 燃 料 を 含 みます (*5) 原 子 核 分 裂 生 成 物 を 含 みます 第 6 条 ( 死 亡 保 険 金 の 支 払 ) () 当 会 社 は 被 保 険 者 が 第 4 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて80 日 以 内 に 死 亡 した 場 合 は 死 亡 した 日 における 払 込 保 険 料 累 計 額 の5 倍 相 当 額 を 死 亡 保 険 金 として 死 亡 保 険 金 受 取 人 に 支 払 います () 第 36 条 ( 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 変 更 )()または()の 規 定 により 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 死 亡 保 険 金 受 取 人 となる 場 合 で その 者 が 名 以 上 であるときは 当 会 社 は 法 定 相 続 分 の 割 合 に より 死 亡 保 険 金 を 死 亡 保 険 金 受 取 人 に 支 払 います (3) 第 36 条 (8)の 死 亡 保 険 金 受 取 人 が 名 以 上 である 場 合 は 当 会 社 は 均 等 の 割 合 により 死 亡 保 険 金 を 死 亡 保 険 金 受 取 人 に 支 払 います (4) ()の 払 込 保 険 料 累 計 額 は この 保 険 契 約 の 保 険 料 として 当 会 社 に 払 い 込 まれた 金 額 (*)の 合 計 額 をいいます なお 保 険 期 間 の 中 途 において 当 会 社 が 返 れい 金 を 支 払 った 場 合 は そ の 返 れい 金 に 対 する 保 険 料 相 当 額 を 減 額 します (5) ()の 死 亡 保 険 金 が 支 払 われる 場 合 において 第 4 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 死 亡 した 日 の 後 に 下 表 のいずれかに 該 当 するときには その 保 険 料 相 当 額 を 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 払 い もどします 3 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 賃 金 から 控 除 され 当 会 社 に 払 い 込 まれたとき 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 払 込 代 行 契 約 に 基 づき 事 務 代 行 団 体 を 通 じて 当 会 社 に 払 い 込 まれたとき 第 4 条 ( 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあったとき

15 4 第 6 条 ( 事 業 主 による 貯 蓄 金 の 管 理 が 中 止 された 場 合 の 返 還 貯 蓄 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあったとき (*) 当 会 社 に 払 い 込 まれていない 場 合 であっても 事 故 の 生 じた 時 に 既 に 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 賃 金 から 控 除 され その 後 当 会 社 に 払 い 込 まれた 場 合 には その 額 を 含 みます 第 7 条 ( 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 の 支 払 ) () 当 会 社 は 被 保 険 者 が 第 4 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて80 日 以 内 に 別 表 に 掲 げる 重 度 後 遺 障 害 が 生 じた 場 合 は 事 故 の 生 じた 時 における 払 込 保 険 料 累 計 額 の5 倍 相 当 額 を 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 として 被 保 険 者 に 支 払 います () ()の 規 定 にかかわらず 被 保 険 者 が 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて80 日 を 超 えてなお 治 療 を 必 要 とする 状 態 にある 場 合 は 当 会 社 は 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて8 日 目 における 被 保 険 者 以 外 の 医 師 の 診 断 に 基 づき 別 表 に 掲 げる 重 度 後 遺 障 害 を 認 定 したときに ()のとおり 算 出 した 額 を 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 として 支 払 います (3) 被 保 険 者 が 第 4 条 の 傷 害 を 被 った 時 既 に 存 在 していた 身 体 の 障 害 の 影 響 により 別 表 に 掲 げる 重 度 後 遺 障 害 が 生 じた 場 合 も ()の 重 度 後 遺 障 害 に 含 むものとします (4) ()の 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 が 支 払 われる 場 合 において 第 4 条 の 事 故 が 生 じた 後 に 下 表 のい ずれかに 該 当 するときには 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 を 支 払 う 時 にその 保 険 料 相 当 額 を 保 険 契 約 者 に 払 いもどします 3 4 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 賃 金 から 控 除 され 当 会 社 に 払 い 込 まれたとき 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 払 込 代 行 契 約 に 基 づき 事 務 代 行 団 体 を 通 じて 当 会 社 に 払 い 込 まれたとき 第 4 条 ( 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあったとき 第 6 条 ( 事 業 主 による 貯 蓄 金 の 管 理 が 中 止 された 場 合 の 返 還 貯 蓄 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあったとき 第 8 条 ( 死 亡 の 推 定 ) 被 保 険 者 が 搭 乗 している 航 空 機 または 船 舶 が 行 方 不 明 となった 場 合 または 遭 難 した 場 合 におい て その 航 空 機 または 船 舶 が 行 方 不 明 となった 日 または 遭 難 した 日 からその 日 を 含 めて30 日 を 経 過 してもなお 被 保 険 者 が 発 見 されないときは その 航 空 機 または 船 舶 が 行 方 不 明 となった 日 また は 遭 難 した 日 に 被 保 険 者 が 第 4 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 によって 死 亡 したものと 推 定 します この 場 合 において 行 方 不 明 となった 日 または 遭 難 した 日 の 後 に 下 表 のいずれかに 該 当 するときには その 保 険 料 相 当 額 を 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 払 いもどします 3 4 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 賃 金 から 控 除 され 当 会 社 に 払 い 込 まれたとき 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 払 込 代 行 契 約 に 基 づき 事 務 代 行 団 体 を 通 じて 当 会 社 に 払 い 込 まれたとき 第 4 条 ( 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあったとき 第 6 条 ( 事 業 主 による 貯 蓄 金 の 管 理 が 中 止 された 場 合 の 返 還 貯 蓄 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあったとき 第 9 条 ( 他 の 身 体 の 障 害 または 疾 病 の 影 響 ) () 被 保 険 者 が 第 4 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 を 被 った 時 既 に 存 在 していた 身 体 の 障 害 も しくは 疾 病 の 影 響 により または 同 条 の 傷 害 を 被 った 後 にその 原 因 となった 事 故 と 関 係 なく 発 3

16 生 した 傷 害 もしくは 疾 病 の 影 響 により 同 条 の 傷 害 が 重 大 となった 場 合 は 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません () 正 当 な 理 由 がなく 被 保 険 者 が 治 療 を 怠 ったことまたは 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 が 治 療 をさせ なかったことにより 第 4 条 の 傷 害 が 重 大 となった 場 合 は 保 険 金 を 支 払 いません 第 3 章 基 本 条 項 第 0 条 ( 保 険 責 任 の 始 期 日 および 満 了 日 ) () この 保 険 契 約 の 始 期 日 は 第 3 条 ( 契 約 基 準 日 )()の 表 に 規 定 するいずれかの 日 となります () この 保 険 契 約 の 満 了 日 は 第 3 条 に 規 定 する 契 約 基 準 日 から 起 算 して3 年 以 上 経 過 した 日 (*)で 保 険 契 約 者 が 満 期 返 れい 金 の 支 払 を 受 けようとして あらかじめ 第 43 条 ( 満 期 返 れい 金 の 支 払 )(6)の 書 類 により 指 定 した 日 とします (3) 当 会 社 の 保 険 責 任 は 始 期 日 の 午 後 4 時 に 始 まり 満 了 日 の 午 後 4 時 に 終 わります (4) (3)の 時 刻 は 日 本 国 の 標 準 時 によるものとします (*) 第 5 条 ( 転 職 等 の 場 合 の 従 前 の 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 または 他 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 の 業 務 停 止 等 に 伴 い 第 7 条 ( 他 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 との 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 に は 従 前 の 財 形 貯 蓄 契 約 の 契 約 基 準 日 に 相 当 する 日 から 起 算 して3 年 以 上 経 過 した 日 としま す 第 条 ( 告 知 義 務 ) () 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 になる 者 は 保 険 契 約 締 結 の 際 告 知 事 項 について 当 会 社 に 事 実 を 正 確 に 告 げなければなりません () 当 会 社 は 保 険 契 約 締 結 の 際 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 告 知 事 項 について 故 意 また は 重 大 な 過 失 によって 事 実 を 告 げなかった 場 合 または 事 実 と 異 なることを 告 げた 場 合 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます (3) ()の 規 定 は 下 表 のいずれかに 該 当 する 場 合 には 適 用 しません ()に 規 定 する 事 実 がなくなった 場 合 3 4 当 会 社 が 保 険 契 約 締 結 の 際 ()に 規 定 する 事 実 を 知 っていた 場 合 または 過 失 によっ てこれを 知 らなかった 場 合 (*) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 第 4 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 によって 傷 害 を 被 る 前 に 告 知 事 項 について 書 面 をもって 訂 正 を 当 会 社 に 申 し 出 て 当 会 社 がこれ を 承 認 した 場 合 なお 当 会 社 が 訂 正 の 申 出 を 受 けた 場 合 において その 訂 正 を 申 し 出 た 事 実 が 保 険 契 約 締 結 の 際 に 当 会 社 に 告 げられていたとしても 当 会 社 が 保 険 契 約 を 締 結 していたと 認 めるときに 限 り これを 承 認 するものとします 当 会 社 が ()の 規 定 による 解 除 の 原 因 があることを 知 った 時 からか 月 を 経 過 した 場 合 または 保 険 契 約 締 結 時 から5 年 を 経 過 した 場 合 (4) ()の 規 定 による 解 除 が 傷 害 の 発 生 した 後 になされた 場 合 であっても 第 5 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 )の 規 定 にかかわらず 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません この 場 合 において 既 に 保 険 金 を 支 払 っていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます (5) (4)の 規 定 は ()に 規 定 する 事 実 に 基 づかずに 発 生 した 傷 害 については 適 用 しません (*) 当 会 社 のために 保 険 契 約 の 締 結 の 代 理 を 行 う 者 が 事 実 を 告 げることを 妨 げた 場 合 また は 事 実 を 告 げないこともしくは 事 実 と 異 なることを 告 げることを 勧 めた 場 合 を 含 みます 第 条 ( 保 険 契 約 者 の 住 所 変 更 ) 保 険 契 約 者 が 住 所 または 通 知 先 を 変 更 した 場 合 は 保 険 契 約 者 は 遅 滞 なく その 事 実 を 当 会 社 に 通 知 しなければなりません 第 3 条 ( 保 険 料 の 定 期 払 込 ) () 保 険 契 約 者 は 保 険 期 間 中 定 期 に 保 険 料 を 払 い 込 まなければなりません(*) 4

17 () 保 険 料 の 定 期 払 込 は 事 業 主 が その 保 険 料 に 相 当 する 金 額 を 保 険 契 約 者 に 支 払 う 賃 金 から 控 除 し 保 険 契 約 者 に 代 わって その 金 額 をこの 保 険 契 約 の 保 険 料 として 払 い 込 むことまたは 事 務 代 行 団 体 がその 保 険 料 に 相 当 する 金 額 を 払 い 込 むことによって 行 うものとし 第 4 条 ( 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 による 保 険 料 の 払 込 み) 第 5 条 ( 転 職 等 の 場 合 の 従 前 の 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み) 第 6 条 ( 事 業 主 による 貯 蓄 金 の 管 理 が 中 止 された 場 合 の 返 還 貯 蓄 金 による 保 険 料 の 払 込 み)および 第 7 条 ( 他 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 との 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みを 含 みません (3) ()に 規 定 する 定 期 払 込 保 険 料 に 相 当 する 金 額 は 事 務 取 扱 協 定 に 基 づいてその 事 業 主 また は 事 務 代 行 団 体 から 当 会 社 または 当 会 社 の 指 定 した 場 所 に 払 い 込 まれた 時 に この 保 険 契 約 の 保 険 料 として 当 会 社 に 払 い 込 まれたものとします (4) 保 険 料 の 定 期 払 込 の 方 法 は 下 表 のいずれかの 方 法 とし 保 険 契 約 者 は 保 険 契 約 締 結 に 際 しこれらの 方 法 のいずれかを 選 択 するものとします 毎 月 払 毎 賞 与 時 払 3 毎 月 払 および 毎 賞 与 時 払 の 併 用 払 (*) この 場 合 の 払 込 みを 以 下 定 期 払 込 といいます 第 4 条 ( 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 による 保 険 料 の 払 込 み) () 保 険 契 約 者 は 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 によって 保 険 料 の 払 込 みを 行 うこ とができます () ()の 保 険 料 の 払 込 みは 下 表 に 規 定 するところにより 行 うものとします 当 会 社 が 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 する 財 産 形 成 給 付 金 もしくは 財 産 形 成 基 金 給 付 金 の 一 括 支 払 機 関 に 指 定 されてい る 場 合 または 当 会 社 のみが 同 法 施 行 令 に 規 定 する 給 付 金 支 払 機 関 である 場 合 保 険 契 約 者 が 事 業 主 を 通 じて 行 う 申 出 に より 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 を 保 険 料 に 振 り 替 えることによ って 行 うものとします 以 外 の 場 合 財 形 法 施 行 令 に 規 定 する 給 付 金 支 払 機 関 が 事 業 主 を 通 じて 保 険 契 約 者 が 行 う 申 出 に 基 づき 保 険 契 約 者 に 代 わって 行 う ものとします (3) ()の 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 は ()の 表 のの 場 合 にはその 振 替 の 時 () の 表 のの 場 合 には 当 会 社 または 当 会 社 の 指 定 した 場 所 に 払 い 込 まれた 時 に この 保 険 契 約 の 保 険 料 として 当 会 社 に 払 い 込 まれたものとします 第 5 条 ( 転 職 等 の 場 合 の 従 前 の 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み) () 保 険 契 約 者 は 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 するところにより 転 職 等 により 事 業 主 に 雇 用 されることとなった 時 以 前 に 当 会 社 以 外 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 との 間 で 締 結 されていた 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 によって 保 険 料 の 払 込 みを 行 うことができます () ()の 保 険 料 の 払 込 みは この 保 険 契 約 の 第 回 定 期 払 込 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 保 険 契 約 者 に 支 払 う 賃 金 から 控 除 される 日 または 財 形 法 に 規 定 する 払 込 代 行 契 約 に 基 づき 事 務 代 行 団 体 を 通 じて 当 会 社 に 払 い 込 まれる 日 以 前 に 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 するところにより 行 う ものとします 第 6 条 ( 事 業 主 による 貯 蓄 金 の 管 理 が 中 止 された 場 合 の 返 還 貯 蓄 金 による 保 険 料 の 払 込 み) () 保 険 契 約 者 は 返 還 貯 蓄 金 (*)によって 保 険 料 の 払 込 みを 行 うことができます () ()の 保 険 料 の 払 込 みは 事 業 主 または 事 務 代 行 団 体 が その 返 還 貯 蓄 金 (*)を 保 険 契 約 者 の 申 出 に 基 づき 保 険 契 約 者 に 代 わってこの 保 険 契 約 の 保 険 料 として 払 い 込 むことにより 行 うものとします 5

18 (3) ()の 保 険 料 に 相 当 する 金 額 は その 事 業 主 または 事 務 代 行 団 体 から 当 会 社 または 当 会 社 の 指 定 した 場 所 に 払 い 込 まれた 時 に この 保 険 契 約 の 保 険 料 として 当 会 社 に 払 い 込 まれたものと します (*) 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 するところにより 保 険 契 約 者 を 雇 用 する 事 業 主 がその 委 託 を 受 けて 行 う 保 険 契 約 者 の 貯 蓄 金 の 管 理 であって 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるところにより 行 われるものが 中 止 された 場 合 に 保 険 契 約 者 に 返 還 される 貯 蓄 金 のことをいいます 第 7 条 ( 他 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 との 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み) () 保 険 契 約 者 は 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 するところにより 当 会 社 以 外 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 との 間 で 締 結 されていた 財 形 貯 蓄 契 約 の 残 高 によって 保 険 料 の 払 込 みを 行 うことができ ます () ()の 保 険 料 の 払 込 みは この 保 険 契 約 の 第 回 定 期 払 込 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 保 険 契 約 者 に 支 払 う 賃 金 から 控 除 される 日 または 払 込 代 行 契 約 に 基 づき 事 務 代 行 団 体 を 通 じて 当 会 社 に 払 い 込 まれる 日 以 前 に 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 するところにより 行 うものとします 第 8 条 ( 保 険 契 約 の 無 効 ) 保 険 契 約 者 が 保 険 金 を 不 法 に 取 得 する 目 的 または 第 三 者 に 保 険 金 を 不 法 に 取 得 させる 目 的 を もって 保 険 契 約 を 締 結 した 場 合 には 保 険 契 約 は 無 効 とします 第 9 条 ( 保 険 契 約 の 失 効 ) () 保 険 契 約 締 結 の 後 被 保 険 者 が 死 亡 した 場 合 には 保 険 契 約 は 効 力 を 失 います () 第 7 条 ( 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 の 支 払 )()の 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 が 支 払 われた 場 合 は この 保 険 契 約 は 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 支 払 の 原 因 となった 事 故 が 生 じた 日 に 効 力 を 失 います 第 0 条 ( 保 険 契 約 の 取 消 し) 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 の 詐 欺 または 強 迫 によって 当 会 社 が 保 険 契 約 を 締 結 した 場 合 には 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 取 り 消 すことができます 第 条 ( 保 険 契 約 者 による 保 険 契 約 の 解 除 ) 保 険 契 約 者 は 当 会 社 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができ ます 第 条 ( 重 大 事 由 による 解 除 ) () 当 会 社 は 下 表 のいずれかに 該 当 する 事 由 がある 場 合 には 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 が 当 会 社 にこの 保 険 契 約 に 基 づく 保 険 金 を 支 払 わせることを 目 的 として 傷 害 を 生 じさせ または 生 じさせようとし たこと 被 保 険 者 または 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 が この 保 険 契 約 に 基 づく 保 険 金 の 請 求 につ いて 詐 欺 を 行 い または 行 おうとしたこと 3 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 に 生 じた 傷 害 に 対 して 支 払 う 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 が 次 のいずれかに 該 当 すること ア. 反 社 会 的 勢 力 (*)に 該 当 すると 認 められること イ. 反 社 会 的 勢 力 (*)に 対 して 資 金 等 を 提 供 し または 便 宜 を 供 与 する 等 の 関 与 を していると 認 められること ウ. 反 社 会 的 勢 力 (*)を 不 当 に 利 用 していると 認 められること エ. 法 人 である 場 合 において 反 社 会 的 勢 力 (*)がその 法 人 の 経 営 を 支 配 し また はその 法 人 の 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していると 認 められること オ.その 他 反 社 会 的 勢 力 (*)と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 していると 認 めら れること 6

19 4 5 他 の 保 険 契 約 等 との 重 複 によって 被 保 険 者 に 係 る 保 険 金 額 の 合 計 額 が 著 しく 過 大 と なり 保 険 制 度 の 目 的 に 反 する 状 態 がもたらされるおそれがあること から4までに 掲 げるもののほか 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 保 険 金 を 受 け 取 るべ き 者 が から4までの 事 由 がある 場 合 と 同 程 度 に 当 会 社 のこれらの 者 に 対 する 信 頼 を 損 ない この 保 険 契 約 の 存 続 を 困 難 とする 重 大 な 事 由 を 生 じさせたこと () ()の 規 定 による 解 除 が 傷 害 の 発 生 した 後 になされた 場 合 であっても 第 5 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 )の 規 定 にかかわらず ()の 表 のから5までの 事 由 が 生 じた 時 から 解 除 がなされ た 時 までに 発 生 した 傷 害 に 対 しては 当 会 社 は 保 険 金 (*)を 支 払 いません この 場 合 にお いて 既 に 保 険 金 (*)を 支 払 っていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます (*) 暴 力 団 暴 力 団 員 (*3) 暴 力 団 準 構 成 員 暴 力 団 関 係 企 業 その 他 の 反 社 会 的 勢 力 をいい ます (*) 被 保 険 者 に 生 じた 傷 害 に 対 して 支 払 う 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 が()の 表 の3ア.からオ.ま でのいずれかに 該 当 することにより()の 規 定 による 解 除 がなされた 場 合 には 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 のうち ()の 表 の3ア.からオ.までのいずれかに 該 当 する 者 の 受 け 取 るべき 金 額 に 限 ります (*3) 暴 力 団 員 でなくなった 日 から5 年 を 経 過 しない 者 を 含 みます 第 3 条 ( 保 険 契 約 の 解 除 - 保 険 料 の 定 期 払 込 がない 場 合 ) 保 険 料 の 定 期 払 込 がなされないままで 最 後 に 保 険 料 の 定 期 払 込 がなされた 日 から 起 算 して 年 を 経 過 した 場 合 には この 保 険 契 約 は 最 後 に 保 険 料 の 定 期 払 込 がなされた 日 から 起 算 して 年 を 経 過 した 日 に 保 険 契 約 者 によって 解 除 されたものとみなします ただし 保 険 契 約 者 が 日 本 国 外 にある 事 務 所 事 業 所 その 他 これらに 準 じるものに 勤 務 している 場 合 または 当 会 社 が 特 に 認 めた 場 合 は 当 会 社 が 定 めるところによります 第 4 条 ( 保 険 契 約 の 解 除 - 退 職 転 任 その 他 の 理 由 による 場 合 ) () 退 職 転 任 その 他 の 理 由 (*)によって 保 険 契 約 者 が その 勤 務 先 に 係 る 勤 労 者 の 資 格 を 欠 き 退 職 等 が 生 じた 日 から 起 算 して 年 を 経 過 した 場 合 には この 保 険 契 約 は 退 職 等 が 生 じた 日 から 起 算 して 年 を 経 過 した 日 に 保 険 契 約 者 によって 解 除 されたものとみなします た だし その 退 職 等 が 生 じた 日 から 起 算 して 年 以 内 に 当 会 社 と 事 務 取 扱 協 定 を 締 結 している 事 業 主 によって 支 払 われる 賃 金 からの 控 除 の 方 法 により 保 険 料 が 払 い 込 まれた 場 合 または 当 会 社 と 事 務 取 扱 協 定 を 締 結 している 事 務 代 行 団 体 を 通 じて 保 険 料 が 払 い 込 まれた 場 合 を 除 きます () 払 込 代 行 契 約 の 締 結 の 日 から 起 算 して 年 を 経 過 した 場 合 には この 保 険 契 約 は その 締 結 日 から 起 算 して 年 を 経 過 した 日 に 保 険 契 約 者 によって 解 除 されたものとみなします ただし その 締 結 日 から 起 算 して 年 以 内 に 当 会 社 と 事 務 取 扱 協 定 を 締 結 している 事 業 主 によって 支 払 われる 賃 金 からの 控 除 の 方 法 により 保 険 料 が 払 い 込 まれた 場 合 またはこの 保 険 契 約 の 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 事 業 主 により 保 険 契 約 者 に 支 払 われる 賃 金 から 控 除 され 当 会 社 と 事 務 取 扱 協 定 を 締 結 している 事 務 代 行 団 体 を 通 じて 払 い 込 まれた 場 合 を 除 きます (*) 以 下 退 職 等 といいます 第 5 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 ) 保 険 契 約 の 解 除 は 将 来 に 向 かってのみその 効 力 を 生 じます 第 6 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 無 効 または 失 効 の 場 合 ) () 保 険 契 約 が 無 効 の 場 合 には 当 会 社 は 保 険 料 の 全 額 を 返 還 します ただし 第 8 条 ( 保 険 契 約 の 無 効 )の 規 定 により 保 険 契 約 が 無 効 となる 場 合 には 保 険 料 を 返 還 しません () 保 険 契 約 が 失 効 となる 場 合 には 当 会 社 は この 保 険 契 約 の 払 込 保 険 料 および 経 過 期 間 に 応 じて 計 算 した 別 表 の 金 額 を 返 還 します この 場 合 の 経 過 期 間 については 第 43 条 ( 満 期 返 れい 金 の 支 払 )(3)の 規 定 を 準 用 します (3) ()の 規 定 にかかわらず 第 6 条 ( 死 亡 保 険 金 の 支 払 )()の 死 亡 保 険 金 が 支 払 われた 場 合 ま たは 第 7 条 ( 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 の 支 払 )()の 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 が 支 払 われた 場 合 は 返 れ い 金 は 支 払 いません ただし 第 6 条 (5) 第 7 条 (4) または 第 8 条 ( 死 亡 の 推 定 )の 規 定 に 7

20 よる 払 いもどしについては 支 払 います (4) ()の 返 れい 金 の 支 払 は 保 険 契 約 者 からその 支 払 方 法 についての 指 定 があり 当 会 社 がこれ を 承 認 した 場 合 を 除 いて 当 会 社 の 本 店 または 支 店 で 行 うものとし 返 れい 金 支 払 事 由 が 生 じた 日 または(6)の 請 求 書 類 が 当 会 社 に 到 着 した 日 のいずれか 遅 い 日 の 翌 日 から 起 算 して0 日 以 内 に 行 います (5) (4)の 規 定 による 返 れい 金 の 支 払 は 当 会 社 があらかじめ 合 意 した 場 合 を 除 いては 日 本 国 内 において 日 本 国 通 貨 をもって 行 います (6) 保 険 契 約 者 が()および 第 9 条 ( 保 険 料 の 返 還 方 法 - 失 効 解 除 の 場 合 )の 返 れい 金 の 支 払 を 受 けようとする 場 合 は 別 表 3に 掲 げる 書 類 のうち 当 会 社 が 求 めるものを 提 出 しなければな りません (7) 保 険 契 約 者 が 提 出 書 類 に 知 っている 事 実 を 記 載 しなかった 場 合 または 事 実 と 異 なる 記 載 を した 場 合 は 当 会 社 は 事 実 を 記 載 した 書 類 が 提 出 されるまで 返 れい 金 を 支 払 いません (8) 第 9 条 ( 保 険 契 約 の 失 効 )の 規 定 により 保 険 契 約 が 失 効 し 返 れい 金 が 支 払 われる 場 合 におい て 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 名 以 上 である 場 合 は 第 6 条 ( 死 亡 保 険 金 の 支 払 )()および 第 39 条 ( 保 険 契 約 者 または 死 亡 保 険 金 受 取 人 が 複 数 の 場 合 の 取 扱 い)の 規 定 を 準 用 します 第 7 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 取 消 しの 場 合 ) 第 0 条 ( 保 険 契 約 の 取 消 し)の 規 定 により 当 会 社 が 保 険 契 約 を 取 り 消 した 場 合 には 当 会 社 は 保 険 料 を 返 還 しません 第 8 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 解 除 の 場 合 ) () 保 険 契 約 が 解 除 された 場 合 は 当 会 社 は この 保 険 契 約 の 払 込 保 険 料 および 経 過 期 間 に 応 じ て 計 算 した 別 表 の 金 額 を 返 還 します この 場 合 の 経 過 期 間 については 第 43 条 ( 満 期 返 れい 金 の 支 払 )(3)の 規 定 を 準 用 します () ()および 第 9 条 ( 保 険 料 の 返 還 方 法 - 失 効 解 除 の 場 合 )のいずれかの 規 定 により 返 れい 金 を 支 払 う 場 合 には 第 6 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 無 効 または 失 効 の 場 合 )(4)から(8)までの 規 定 を 適 用 します 第 9 条 ( 保 険 料 の 返 還 方 法 - 失 効 解 除 の 場 合 ) 第 6 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 無 効 または 失 効 の 場 合 )()および 第 8 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 解 除 の 場 合 )()の 場 合 において 下 表 のいずれかに 該 当 するときは 当 会 社 は 新 たな 財 形 貯 蓄 契 約 (*) の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 に 払 い 込 む 方 法 によって 保 険 契 約 者 に 返 れい 金 を 支 払 います 保 険 契 約 者 が 退 職 等 の 後 他 の 事 業 主 に 雇 用 され 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 す るところにより 新 契 約 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 に 返 れい 金 を 払 い 込 むことを 申 し 出 たと き 保 険 契 約 者 が 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 するところにより 預 替 え 等 を 行 う 場 合 に 新 契 約 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 に 返 れい 金 を 払 い 込 むことを 申 し 出 たとき (*) 当 会 社 以 外 の 財 形 貯 蓄 取 扱 機 関 との 間 で 締 結 される 契 約 に 限 ります 以 下 新 契 約 と いいます 第 30 条 ( 事 故 の 通 知 ) () 被 保 険 者 が 第 4 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 を 被 った 場 合 は 保 険 契 約 者 被 保 険 者 ま たは 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 は その 原 因 となった 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて30 日 以 内 に 事 故 発 生 の 状 況 および 傷 害 の 程 度 を 当 会 社 に 通 知 しなければなりません この 場 合 におい て 当 会 社 が 書 面 による 通 知 もしくは 説 明 を 求 めたときまたは 被 保 険 者 の 診 断 書 もしくは 死 体 検 案 書 の 提 出 を 求 めたときは これに 応 じなければなりません () 被 保 険 者 が 搭 乗 している 航 空 機 または 船 舶 が 行 方 不 明 となった 場 合 または 遭 難 した 場 合 は 保 険 契 約 者 または 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 は その 航 空 機 または 船 舶 が 行 方 不 明 となった 日 ま たは 遭 難 した 日 からその 日 を 含 めて30 日 以 内 に 行 方 不 明 または 遭 難 発 生 の 状 況 を 当 会 社 に 書 面 により 通 知 しなければなりません (3) 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 が 正 当 な 理 由 がなく()もしくは() 8

21 の 規 定 に 違 反 した 場 合 またはその 通 知 もしくは 説 明 について 知 っている 事 実 を 告 げなかった 場 合 もしくは 事 実 と 異 なることを 告 げた 場 合 は 当 会 社 は それによって 当 会 社 が 被 った 損 害 の 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 を 支 払 います 第 3 条 ( 保 険 金 の 請 求 ) () 当 会 社 に 対 する 保 険 金 請 求 権 は 下 表 の 時 から それぞれ 発 生 し これを 行 使 することがで きるものとします 死 亡 保 険 金 については 被 保 険 者 が 死 亡 した 時 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 については 被 保 険 者 に 重 度 後 遺 障 害 が 生 じた 時 または 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて80 日 を 経 過 した 時 のいずれか 早 い 時 () 被 保 険 者 または 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 が 保 険 金 の 支 払 を 請 求 する 場 合 は 別 表 4に 掲 げる 書 類 のうち 当 会 社 が 求 めるものを 提 出 しなければなりません (3) 被 保 険 者 に 保 険 金 を 請 求 できない 事 情 がある 場 合 で かつ 保 険 金 の 支 払 を 受 けるべき 被 保 険 者 の 代 理 人 がいないときは 下 表 に 掲 げる 者 のいずれかがその 事 情 を 示 す 書 類 をもってその 事 実 を 当 会 社 に 申 し 出 て 当 会 社 の 承 認 を 得 たうえで 被 保 険 者 の 代 理 人 として 保 険 金 を 請 求 することができます 3 被 保 険 者 と 同 居 または 生 計 を 共 にする 配 偶 者 (*) に 規 定 する 者 がいない 場 合 またはに 規 定 する 者 に 保 険 金 を 請 求 できない 事 情 があ る 場 合 には 被 保 険 者 と 同 居 または 生 計 を 共 にする3 親 等 内 の 親 族 およびに 規 定 する 者 がいない 場 合 またはおよびに 規 定 する 者 に 保 険 金 を 請 求 できない 事 情 がある 場 合 には 以 外 の 配 偶 者 (*)または 以 外 の3 親 等 内 の 親 族 (4) (3)の 規 定 による 被 保 険 者 の 代 理 人 からの 保 険 金 の 請 求 に 対 して 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 っ た 後 に 重 複 して 保 険 金 の 請 求 を 受 けたとしても 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません (5) 当 会 社 は 事 故 の 内 容 または 傷 害 の 程 度 等 に 応 じ 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 に 対 して ()に 掲 げるもの 以 外 の 書 類 もしくは 証 拠 の 提 出 または 当 会 社 が 行 う 調 査 への 協 力 を 求 めることがあります この 場 合 には 当 会 社 が 求 めた 書 類 または 証 拠 を 速 や かに 提 出 し 必 要 な 協 力 をしなければなりません (6) 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 が 正 当 な 理 由 がなく(5)の 規 定 に 違 反 した 場 合 または() (3)もしくは(5)の 書 類 に 事 実 と 異 なる 記 載 をし もしくはその 書 類 もし くは 証 拠 を 偽 造 しもしくは 変 造 した 場 合 は 当 会 社 は それによって 当 会 社 が 被 った 損 害 の 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 を 支 払 います (*) 法 律 上 の 配 偶 者 に 限 ります 第 3 条 ( 保 険 金 の 支 払 時 期 ) () 当 会 社 は 請 求 完 了 日 (*)からその 日 を 含 めて30 日 以 内 に 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 うため に 必 要 な 下 表 の 事 項 の 確 認 を 終 え 保 険 金 を 支 払 います 保 険 金 の 支 払 事 由 発 生 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として 事 故 の 原 因 事 故 発 生 の 状 況 傷 害 発 生 の 有 無 および 被 保 険 者 に 該 当 する 事 実 保 険 金 が 支 払 われない 事 由 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として 保 険 金 が 支 払 われない 事 由 としてこの 保 険 契 約 において 定 める 事 由 に 該 当 する 事 実 の 有 無 3 保 険 金 を 算 出 するための 確 認 に 必 要 な 事 項 として 傷 害 の 程 度 事 故 と 傷 害 との 関 係 治 療 の 経 過 および 内 容 9

22 4 保 険 契 約 の 効 力 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として この 保 険 契 約 において 定 める 解 除 無 効 失 効 または 取 消 しの 事 由 に 該 当 する 事 実 の 有 無 () ()の 確 認 をするため 下 表 に 掲 げる 特 別 な 照 会 または 調 査 が 不 可 欠 な 場 合 には ()の 規 定 にかかわらず 当 会 社 は 請 求 完 了 日 (*)からその 日 を 含 めて 下 表 に 掲 げる 日 数 (*)を 経 過 する 日 までに 保 険 金 を 支 払 います この 場 合 において 当 会 社 は 確 認 が 必 要 な 事 項 および その 確 認 を 終 えるべき 時 期 を 被 保 険 者 または 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 に 対 して 通 知 するものと します ()の 表 のから4までの 事 項 を 確 認 するための 警 察 検 察 消 防 その 他 の 公 の 機 関 による 捜 査 結 果 または 調 査 結 果 の 照 会 (*3) 80 日 ()の 表 のから4までの 事 項 を 確 認 するための 医 療 機 関 検 査 機 関 その 他 の 専 門 機 関 による 診 断 鑑 定 等 の 結 果 の 照 会 90 日 ()の 表 の3の 事 項 のうち 重 度 後 遺 障 害 の 内 容 およびその 程 度 を 確 認 するための 医 療 機 関 による 診 断 後 遺 障 害 の 認 定 に 係 る 専 門 機 関 による 審 査 等 の 結 果 の 照 会 0 日 災 害 救 助 法 が 適 用 された 災 害 の 被 災 地 域 における()の 表 のから4までの 事 項 の 確 認 のための 調 査 60 日 ()の 表 のから4までの 事 項 の 確 認 を 日 本 国 内 において 行 うための 代 替 的 な 手 段 が ない 場 合 の 日 本 国 外 における 調 査 80 日 (3) ()および()に 掲 げる 必 要 な 事 項 の 確 認 に 際 し 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 が 正 当 な 理 由 なくその 確 認 を 妨 げ またはこれに 応 じなかった 場 合 (*4)には こ れにより 確 認 が 遅 延 した 期 間 については ()または()の 期 間 に 算 入 しないものとします (4) ()または()の 規 定 による 保 険 金 の 支 払 は 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 保 険 金 を 受 け 取 る べき 者 と 当 会 社 があらかじめ 合 意 した 場 合 を 除 いては 日 本 国 内 において 日 本 国 通 貨 をもっ て 行 うものとします (*) 被 保 険 者 または 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 が 第 3 条 ( 保 険 金 の 請 求 )()および(3)の 規 定 に よる 手 続 を 完 了 した 日 をいいます (*) 複 数 に 該 当 する 場 合 は そのうち 最 長 の 日 数 とします (*3) 弁 護 士 法 に 基 づく 照 会 その 他 法 令 に 基 づく 照 会 を 含 みます (*4) 必 要 な 協 力 を 行 わなかった 場 合 を 含 みます 第 33 条 ( 当 会 社 の 指 定 する 医 師 が 作 成 した 診 断 書 等 の 要 求 ) () 当 会 社 は 第 30 条 ( 事 故 の 通 知 )の 規 定 による 通 知 または 第 3 条 ( 保 険 金 の 請 求 )の 規 定 に よる 請 求 を 受 けた 場 合 は 傷 害 の 程 度 の 認 定 その 他 保 険 金 の 支 払 にあたり 必 要 な 限 度 において 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 に 対 し 当 会 社 の 指 定 する 医 師 が 作 成 した 被 保 険 者 の 診 断 書 または 死 体 検 案 書 の 提 出 を 求 めることができます () ()の 規 定 による 診 断 または 死 体 の 検 案 (*)のために 必 要 とした 費 用 (*)は 当 会 社 が 負 担 します (*) 死 体 について 死 亡 の 事 実 を 医 学 的 に 確 認 することをいいます (*) 収 入 の 喪 失 を 含 みません 第 34 条 ( 時 効 ) 保 険 金 請 求 権 は 第 3 条 ( 保 険 金 の 請 求 )()に 規 定 する 時 の 翌 日 から 起 算 して3 年 を 経 過 した 場 合 は 時 効 によって 消 滅 します 第 35 条 ( 代 位 ) 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 った 場 合 であっても 被 保 険 者 またはその 法 定 相 続 人 がその 傷 害 につい て 第 三 者 に 対 して 有 する 損 害 賠 償 請 求 権 は 当 会 社 に 移 転 しません 0

23 第 36 条 ( 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 変 更 ) () 保 険 契 約 締 結 の 際 保 険 契 約 者 が 死 亡 保 険 金 受 取 人 を 定 めなかった 場 合 は 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 を 死 亡 保 険 金 受 取 人 とします () 保 険 契 約 締 結 の 後 被 保 険 者 が 死 亡 するまでは 保 険 契 約 者 は 死 亡 保 険 金 受 取 人 を 変 更 す ることができます (3) ()の 規 定 による 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 変 更 を 行 う 場 合 には 保 険 契 約 者 は その 事 実 を 当 会 社 に 通 知 しなければなりません (4) (3)の 規 定 による 通 知 が 当 会 社 に 到 達 した 場 合 には 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 変 更 は 保 険 契 約 者 がその 通 知 を 発 した 時 にその 効 力 を 生 じたものとします ただし その 通 知 が 当 会 社 に 到 達 する 前 に 当 会 社 が 変 更 前 の 死 亡 保 険 金 受 取 人 に 保 険 金 を 支 払 った 場 合 は その 後 に 保 険 金 の 請 求 を 受 けても 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません (5) 保 険 契 約 者 は ()の 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 変 更 を 法 律 上 有 効 な 遺 言 によって 行 うことがで きます (6) (5)の 規 定 による 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 変 更 を 行 う 場 合 には 遺 言 が 効 力 を 生 じた 後 保 険 契 約 者 の 法 定 相 続 人 がその 事 実 を 当 会 社 に 通 知 しなければ その 変 更 を 当 会 社 に 対 抗 することが できません なお その 通 知 が 当 会 社 に 到 達 する 前 に 当 会 社 が 変 更 前 の 死 亡 保 険 金 受 取 人 に 保 険 金 を 支 払 った 場 合 は その 後 に 保 険 金 の 請 求 を 受 けても 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません (7) ()および(5)の 規 定 により 死 亡 保 険 金 受 取 人 を 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 以 外 の 者 に 変 更 する 場 合 は 被 保 険 者 の 同 意 がなければその 効 力 は 生 じません (8) 死 亡 保 険 金 受 取 人 が 被 保 険 者 が 死 亡 する 前 に 死 亡 した 場 合 は その 死 亡 した 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 死 亡 時 の 法 定 相 続 人 (*)を 死 亡 保 険 金 受 取 人 とします (9) 保 険 契 約 者 は 死 亡 保 険 金 以 外 の 保 険 金 について その 受 取 人 を 被 保 険 者 以 外 の 者 に 定 め または 変 更 することはできません (*) 法 定 相 続 人 のうち 死 亡 している 者 がある 場 合 は その 者 については 順 次 の 法 定 相 続 人 とします 第 37 条 ( 契 約 内 容 の 変 更 ) () 当 会 社 は 財 形 法 の 改 正 または 金 融 経 済 情 勢 を 反 映 した 市 中 金 利 の 変 動 により 特 に 必 要 があ ると 認 めた 場 合 は この 約 款 の 規 定 または 保 険 料 もしくは 積 立 金 額 等 の 計 算 の 基 礎 を 将 来 に 向 かって 変 更 することがあります () ()の 規 定 により 積 立 金 額 等 の 計 算 の 基 礎 を 変 更 した 場 合 変 更 月 以 降 は 既 に 当 会 社 に 払 い 込 まれた 保 険 料 を 含 めて 変 更 後 の 積 立 金 額 等 の 計 算 の 基 礎 に 基 づき 運 用 するものとします (3) ()の 変 更 をする 場 合 には 変 更 する 日 の30 日 前 までに 保 険 契 約 者 に 通 知 するものとします 第 38 条 ( 保 険 契 約 者 の 変 更 ) 保 険 契 約 締 結 の 後 保 険 契 約 者 は この 保 険 契 約 に 適 用 される 普 通 保 険 約 款 および 特 約 に 関 す る 権 利 および 義 務 を 第 三 者 に 移 転 させることはできません 第 39 条 ( 保 険 契 約 者 または 死 亡 保 険 金 受 取 人 が 複 数 の 場 合 の 取 扱 い) () この 保 険 契 約 について 保 険 契 約 者 または 死 亡 保 険 金 受 取 人 が 名 以 上 である 場 合 は 当 会 社 は 代 表 者 名 を 定 めることを 求 めることができます この 場 合 において 代 表 者 は 他 の 保 険 契 約 者 または 死 亡 保 険 金 受 取 人 を 代 理 するものとします () ()の 代 表 者 が 定 まらない 場 合 またはその 所 在 が 明 らかでない 場 合 には 保 険 契 約 者 または 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 中 の 名 に 対 して 行 う 当 会 社 の 行 為 は 他 の 保 険 契 約 者 または 死 亡 保 険 金 受 取 人 に 対 しても 効 力 を 有 するものとします (3) 保 険 契 約 者 が 名 以 上 である 場 合 には 各 保 険 契 約 者 は 連 帯 してこの 保 険 契 約 に 適 用 される 普 通 保 険 約 款 および 特 約 に 関 する 義 務 を 負 うものとします 第 40 条 ( 被 保 険 者 が 複 数 の 場 合 の 約 款 の 適 用 ) 被 保 険 者 が 名 以 上 である 場 合 は それぞれの 被 保 険 者 ごとにこの 約 款 の 規 定 を 適 用 します 第 4 条 ( 保 険 法 に 定 める 保 険 契 約 締 結 時 に 交 付 する 書 面 の 省 略 ) 当 会 社 は この 保 険 契 約 の 締 結 の 際 に 保 険 契 約 者 に 対 して 保 険 法 に 定 める 保 険 契 約 締 結 時 の 書 面 は 交 付 しません

24 第 4 条 ( 訴 訟 の 提 起 ) この 保 険 契 約 に 関 する 訴 訟 については 日 本 国 内 における 裁 判 所 に 提 起 するものとします 第 43 条 ( 満 期 返 れい 金 の 支 払 ) () 当 会 社 は 保 険 期 間 が 満 了 した 場 合 には この 約 款 に 従 い 満 期 返 れい 金 を 保 険 契 約 者 に 支 払 います () 満 期 返 れい 金 として 当 会 社 が 支 払 う 額 は 保 険 期 間 満 了 日 におけるこの 保 険 契 約 の 払 込 保 険 料 および 経 過 期 間 に 応 じて 積 み 立 てた 別 表 5の 金 額 とします (3) ()の 経 過 期 間 は 保 険 期 間 の 月 数 をもって 計 算 することとし カ 月 未 満 の 端 数 はカ 月 とします (4) 満 期 返 れい 金 の 支 払 は 保 険 契 約 者 からその 支 払 方 法 についての 指 定 があり 当 会 社 がこれを 承 認 した 場 合 を 除 いて 当 会 社 の 本 店 または 支 店 で 行 うものとし 保 険 期 間 が 満 了 した 日 (*) の 翌 日 から 起 算 して0 日 以 内 に 行 います (5) (4)の 規 定 による 満 期 返 れい 金 の 支 払 は 当 会 社 があらかじめ 合 意 した 場 合 を 除 いては 日 本 国 内 において 日 本 国 通 貨 をもって 行 います (6) 保 険 契 約 者 が 満 期 返 れい 金 の 支 払 を 受 けようとする 場 合 は 別 表 3に 掲 げる 書 類 のうち 当 会 社 が 求 めるものを 提 出 しなければなりません (7) 保 険 契 約 者 が 提 出 書 類 に 知 っている 事 実 を 記 載 しなかった 場 合 または 事 実 と 異 なる 記 載 を した 場 合 は 当 会 社 は 事 実 を 記 載 した 書 類 が 提 出 されるまで 満 期 返 れい 金 を 支 払 いません (8) 満 期 返 れい 金 請 求 権 は 保 険 期 間 満 了 日 の 翌 日 から 起 算 して3 年 を 経 過 した 時 に 消 滅 します (*) (6)の 満 期 返 れい 金 の 請 求 書 類 が 当 会 社 に 到 着 するのが 保 険 期 間 が 満 了 した 日 以 後 となる 場 合 には その 書 類 が 到 着 した 日 とします 第 44 条 ( 契 約 者 配 当 ) () 当 会 社 は 毎 事 業 年 度 末 において 積 立 保 険 料 の 運 用 益 が 予 定 利 率 に 基 づく 運 用 益 を 超 えた 場 合 その 超 えた 部 分 の 運 用 益 のうち 契 約 基 準 日 からの 経 過 月 数 に 応 じて 計 算 された 金 額 を 契 約 者 配 当 準 備 金 として 積 み 立 てます () 当 会 社 は ()の 契 約 者 配 当 準 備 金 を 次 の 事 業 年 度 における 保 険 期 間 の 始 期 応 当 日 に 有 効 な 保 険 契 約 に 対 して 契 約 基 準 日 からの 経 過 月 数 に 応 じて 計 算 しその 応 当 日 から 積 み 立 ててお き 契 約 者 配 当 金 として 支 払 います (3) 契 約 者 配 当 金 は 下 表 のとおり 支 払 います 3 第 6 条 ( 死 亡 保 険 金 の 支 払 )()の 死 亡 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 7 条 ( 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 の 支 払 )()の 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 43 条 ( 満 期 返 れい 金 の 支 払 )()の 満 期 返 れい 金 を 支 払 う 場 合 死 亡 保 険 金 を 支 払 う 時 に 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 支 払 います 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 を 支 払 う 時 に 保 険 契 約 者 に 支 払 います 満 期 返 れい 金 を 支 払 う 時 に 保 険 契 約 者 に 支 払 います 4 第 6 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 無 効 または 失 効 の 場 合 ) ()の 返 れい 金 を 支 払 う 場 合 返 れい 金 を 支 払 う 時 に 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 支 払 います 5 第 8 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 解 除 の 場 合 )()の 返 れ い 金 を 支 払 う 場 合 返 れい 金 を 支 払 う 時 に 保 険 契 約 者 に 支 払 います (4) (3)の 規 定 にかかわらず 保 険 契 約 が 無 効 または 取 消 しとなる 場 合 には 当 会 社 は 契 約 者 配 当 金 を 支 払 いません (5) 契 約 者 配 当 金 の 請 求 方 法 等 については 第 43 条 ( 満 期 返 れい 金 の 支 払 )(4)から(7)までの 規 定 を 準 用 します (6) 契 約 者 配 当 金 請 求 権 は 支 払 事 由 が 生 じた 日 の 翌 日 から 起 算 して3 年 を 経 過 した 時 に 消 滅 し ます

25 第 45 条 ( 準 拠 法 ) この 約 款 に 規 定 のない 事 項 については 日 本 国 の 法 令 に 準 拠 します 別 表 ( 第 7 条 ( 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 の 支 払 ) 関 係 ) 重 度 後 遺 障 害 表. 両 眼 が 失 明 した 場 合 そ. 咀 しゃくまたは 言 語 の 機 能 を 全 く 廃 した 場 合 3. 神 経 系 統 の 機 能 または 精 神 に 著 しい 障 害 を 残 し 常 に 介 護 を 必 要 とする 場 合 4. 胸 腹 部 臓 器 の 機 能 に 著 しい 障 害 を 残 し 常 に 介 護 を 必 要 とする 場 合 5. 両 上 肢 をひじ 関 節 以 上 で 失 った 場 合 または 両 上 肢 の 用 を 全 く 廃 した 場 合 6. 両 下 肢 をひざ 関 節 以 上 で 失 った 場 合 または 両 下 肢 の 用 を 全 く 廃 した 場 合 7. 上 肢 をひじ 関 節 以 上 で 失 いかつ 下 肢 をひざ 関 節 以 上 で 失 ったかまたはその 用 を 全 く 廃 した 場 合 8. 上 肢 の 用 を 全 く 廃 し かつ 下 肢 をひざ 関 節 以 上 で 失 った 場 合 ( 注 )5.から8.までの 規 定 中 以 上 とはその 関 節 より 心 臓 に 近 い 部 分 をいいます 別 表 ( 第 6 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 無 効 または 失 効 の 場 合 )() 第 8 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 解 除 の 場 合 )() 関 係 ) 解 除 等 の 場 合 の 返 れい 金 額 例 表 保 険 料 を 毎 月,000 円 ずつ 払 い 込 んだ 場 合 保 険 料 払 込 年 数 返 れ い 金 額 年 ,948 円 3,938 35,995 48,9 60,3 85,0 3,43 88,5 注 上 記 保 険 料 払 込 年 数 以 外 の 場 合 には 上 記 保 険 料 払 込 年 数 に 準 じて 経 過 期 間 によって 計 算 した 額 を 返 れいします 別 表 3( 第 6 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 無 効 または 失 効 の 場 合 ) 第 8 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 解 除 の 場 合 ) 第 43 条 ( 満 期 返 れい 金 の 支 払 ) 第 44 条 ( 契 約 者 配 当 ) 関 係 ) 無 効 失 効 解 除 の 場 合 の 返 れい 金 および 満 期 返 れい 金 等 の 請 求 書 類 当 会 社 所 定 の 請 求 書 保 険 契 約 者 の 印 鑑 証 明 書 3

26 別 表 4( 第 3 条 ( 保 険 金 の 請 求 ) 関 係 ) 保 険 金 請 求 書 類 提 出 書 類 保 険 金 種 類 死 亡 重 度 後 遺 障 害. 保 険 金 請 求 書. 当 会 社 の 定 める 傷 害 状 況 報 告 書 3. 公 の 機 関 (やむを 得 ない 場 合 には 第 三 者 ) の 事 故 証 明 書 4. 死 亡 診 断 書 または 死 体 検 案 書 5. 重 度 後 遺 障 害 の 程 度 を 証 明 する 被 保 険 者 以 外 の 医 師 の 診 断 書 6. 死 亡 保 険 金 受 取 人 ( 死 亡 保 険 金 受 取 人 を 定 め なかった 場 合 は 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 )の 印 鑑 証 明 書 7. 被 保 険 者 の 印 鑑 証 明 書 8. 被 保 険 者 の 戸 籍 謄 本 9. 法 定 相 続 人 の 戸 籍 謄 本 ( 死 亡 保 険 金 受 取 人 を 定 めなかった 場 合 ) 0. 委 任 を 証 する 書 類 および 委 任 を 受 けた 者 の 印 鑑 証 明 書 ( 保 険 金 の 請 求 を 第 三 者 に 委 任 する 場 合 ).その 他 当 会 社 が 第 3 条 ( 保 険 金 の 支 払 時 期 )() に 定 める 必 要 な 事 項 の 確 認 を 行 うために 欠 くこ とのできない 書 類 または 証 拠 として 保 険 契 約 締 結 の 際 に 当 会 社 が 交 付 する 書 面 等 において 定 め たもの 注 保 険 金 を 請 求 する 場 合 には を 付 した 書 類 のうち 当 会 社 が 求 めるものを 提 出 しなけれ ばなりません 別 表 5 第 43 条 ( 満 期 返 れい 金 の 支 払 )() 関 係 満 期 返 れい 金 積 立 金 額 例 表 保 険 料 を 毎 月,000 円 ずつ 払 い 込 んだ 場 合 保 険 料 払 込 年 数 3 年 積 立 金 額 35,995 円 48,9 60,3 85,0 3,43 88,5 注 上 記 保 険 料 払 込 年 数 以 外 の 場 合 には 上 記 保 険 料 払 込 年 数 に 準 じて 経 過 期 間 によって 計 算 した 額 を 返 れいします 4

27 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 章 用 語 の 定 義 条 項 第 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 下 表 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 危 険 告 知 事 項 財 形 住 宅 貯 蓄 契 約 財 形 法 財 産 形 成 基 金 給 付 金 財 産 形 成 給 付 金 事 業 主 自 動 車 等 事 務 代 行 団 体 事 務 取 扱 協 定 重 度 後 遺 障 害 手 術 他 の 保 険 契 約 等 治 療 賃 金 払 込 代 行 契 約 保 険 金 傷 害 の 発 生 の 可 能 性 をいいます 危 険 に 関 する 重 要 な 事 項 のうち 保 険 契 約 申 込 書 の 記 載 事 項 とする ことによって 当 会 社 が 告 知 を 求 めたものをいいます (*) (*) 他 の 保 険 契 約 等 に 関 する 事 項 を 含 みます 財 形 法 に 基 づく 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 契 約 をいいます 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 をいいます 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 基 金 契 約 に 基 づき 支 払 われるべき 財 産 形 成 基 金 給 付 金 をいいます 財 形 法 および 同 法 施 行 令 に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 給 付 金 契 約 に 基 づき 支 払 われるべき 財 産 形 成 給 付 金 をいいます 保 険 契 約 者 を 雇 用 している 事 業 主 をいいます 自 動 車 または 原 動 機 付 自 転 車 をいいます 財 形 法 に 規 定 する 事 務 代 行 団 体 をいいます 事 業 主 または 事 務 代 行 団 体 と 当 会 社 との 間 で 締 結 されたこの 保 険 契 約 に 関 する 協 定 をいいます 治 療 の 効 果 が 医 学 上 期 待 できない 状 態 であって 被 保 険 者 の 身 体 に 残 された 症 状 が 将 来 においても 回 復 できない 機 能 の 重 大 な 障 害 に 至 ったものまたは 身 体 の 一 部 の 欠 損 で 別 表 に 掲 げるものをいい ます 治 療 を 直 接 の 目 的 として メス 等 の 器 具 を 用 いて 患 部 または 必 要 部 位 に 切 除 摘 出 等 の 処 置 を 施 すことをいいます この 保 険 契 約 の 全 部 または 一 部 に 対 して 支 払 責 任 が 同 じである 他 の 保 険 契 約 または 共 済 契 約 をいいます 医 師 (*)が 必 要 であると 認 め 医 師 (*)が 行 う 治 療 をいいます (*) 被 保 険 者 が 医 師 である 場 合 は 被 保 険 者 以 外 の 医 師 をいい ます 財 形 法 に 規 定 する 賃 金 をいいます 財 形 法 に 規 定 する 払 込 代 行 契 約 をいいます 死 亡 保 険 金 または 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 をいいます 5

28 第 条 ( 保 険 契 約 者 および 被 保 険 者 の 範 囲 ) この 保 険 契 約 の 保 険 契 約 者 となる 者 は 財 形 法 に 定 める 勤 労 者 で 被 保 険 者 は 契 約 者 本 人 に 限 ります 第 3 条 ( 契 約 基 準 日 ) () 契 約 基 準 日 は 下 表 のいずれかの 日 で 定 めます 事 業 主 がこの 保 険 契 約 の 保 険 料 に 相 当 する 金 額 を 保 険 契 約 者 に 支 払 う 賃 金 から 最 初 に 控 除 した 日 第 4 条 ( 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 のうち 第 回 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 には その 払 込 日 3 第 5 条 ( 転 職 等 の 場 合 の 従 前 の 財 形 住 宅 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 には その 払 込 日 4 第 6 条 ( 他 の 財 形 住 宅 貯 蓄 取 扱 機 関 との 財 形 住 宅 貯 蓄 契 約 の 残 高 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあった 場 合 には その 払 込 日 () ()の 規 定 にかかわらず 事 業 主 または 事 務 代 行 団 体 が 当 会 社 と 協 議 することにより この 保 険 契 約 の 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 事 業 主 により 保 険 契 約 者 に 支 払 われる 賃 金 から 控 除 され 事 務 代 行 団 体 を 通 じて 当 会 社 に 最 初 に 払 い 込 まれた 日 等 () 以 外 の 日 を 契 約 基 準 日 とする ことができます 第 章 補 償 条 項 第 4 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) () 当 会 社 は 被 保 険 者 が 日 本 国 内 または 国 外 において 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 (*)によっ てその 身 体 に 被 った 傷 害 に 対 して この 約 款 に 従 い 保 険 金 を 支 払 います () ()の 傷 害 には 身 体 外 部 から 有 毒 ガスまたは 有 毒 物 質 を 偶 然 かつ 一 時 に 吸 入 吸 収 または 摂 取 した 場 合 に 急 激 に 生 ずる 中 毒 症 状 (*)を 含 みます ただし 細 菌 性 食 中 毒 およびウイル ス 性 食 中 毒 は 含 みません (*) 以 下 事 故 といいます (*) 継 続 的 に 吸 入 吸 収 または 摂 取 した 結 果 生 ずる 中 毒 症 状 を 除 きます 第 5 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ) 当 会 社 は 下 表 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 傷 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いま せん 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 の 故 意 または 重 大 な 過 失 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 (*)の 故 意 または 重 大 な 過 失 ただし その 者 が 死 亡 保 険 金 の 一 部 の 受 取 人 である 場 合 には 保 険 金 を 支 払 わないのはその 者 が 受 け 取 るべき 金 額 に 限 ります 被 保 険 者 の 自 殺 行 為 犯 罪 行 為 または 闘 争 行 為 被 保 険 者 が 次 のいずれかに 該 当 する 間 に 生 じた 事 故 ア. 法 令 に 定 められた 運 転 資 格 (*)を 持 たないで 自 動 車 等 を 運 転 している 間 イ. 道 路 交 通 法 第 65 条 第 項 に 定 める 酒 気 を 帯 びた 状 態 で 自 動 車 等 を 運 転 している 間 ウ. 麻 薬 大 麻 あへん 覚 せい 剤 シンナー 等 の 影 響 により 正 常 な 運 転 ができない おそれがある 状 態 で 自 動 車 等 を 運 転 している 間 被 保 険 者 の 脳 疾 患 疾 病 または 心 神 喪 失 被 保 険 者 の 妊 娠 出 産 早 産 または 流 産 6

29 被 保 険 者 に 対 する 外 科 的 手 術 その 他 の 医 療 処 置 ただし 外 科 的 手 術 その 他 の 医 療 処 置 によって 生 じた 傷 害 が 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 うべき 傷 害 の 治 療 によるものである 場 合 には 保 険 金 を 支 払 います 被 保 険 者 に 対 する 刑 の 執 行 戦 争 外 国 の 武 力 行 使 革 命 政 権 奪 取 内 乱 武 装 反 乱 その 他 これらに 類 似 の 事 変 または 暴 動 (*3) 地 震 もしくは 噴 火 またはこれらによる 津 波 核 燃 料 物 質 (*4)もしくは 核 燃 料 物 質 (*4)によって 汚 染 された 物 (*5)の 放 射 性 爆 発 性 その 他 の 有 害 な 特 性 またはこれらの 特 性 による 事 故 9からまでの 事 由 に 随 伴 して 生 じた 事 故 またはこれらに 伴 う 秩 序 の 混 乱 に 基 づい て 生 じた 事 故 以 外 の 放 射 線 照 射 または 放 射 能 汚 染 (*) 保 険 金 を 受 け 取 るべき 者 が 法 人 である 場 合 は その 理 事 取 締 役 または 法 人 の 業 務 を 執 行 するその 他 の 機 関 をいいます (*) 運 転 する 地 における 法 令 によるものをいいます (*3) 群 衆 または 多 数 の 者 の 集 団 の 行 動 によって 全 国 または 一 部 の 地 区 において 著 しく 平 穏 が 害 され 治 安 維 持 上 重 大 な 事 態 と 認 められる 状 態 をいいます (*4) 使 用 済 燃 料 を 含 みます (*5) 原 子 核 分 裂 生 成 物 を 含 みます 第 6 条 ( 死 亡 保 険 金 の 支 払 ) () 当 会 社 は 被 保 険 者 が 第 4 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて80 日 以 内 に 死 亡 した 場 合 は 死 亡 した 日 における 払 込 保 険 料 累 計 額 の5 倍 相 当 額 を 死 亡 保 険 金 として 死 亡 保 険 金 受 取 人 に 支 払 います () 第 37 条 ( 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 変 更 )()または()の 規 定 により 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 が 死 亡 保 険 金 受 取 人 となる 場 合 で その 者 が 名 以 上 であるときは 当 会 社 は 法 定 相 続 分 の 割 合 に より 死 亡 保 険 金 を 死 亡 保 険 金 受 取 人 に 支 払 います (3) 第 37 条 (8)の 死 亡 保 険 金 受 取 人 が 名 以 上 である 場 合 は 当 会 社 は 均 等 の 割 合 により 死 亡 保 険 金 を 死 亡 保 険 金 受 取 人 に 支 払 います (4) ()の 払 込 保 険 料 累 計 額 は この 保 険 契 約 の 保 険 料 として 当 会 社 に 払 い 込 まれた 金 額 (*)の 合 計 額 をいいます なお 保 険 期 間 の 中 途 において 当 会 社 が 返 れい 金 を 支 払 った 場 合 は そ の 返 れい 金 に 対 する 保 険 料 相 当 額 を 減 額 します (5) ()の 死 亡 保 険 金 が 支 払 われる 場 合 において 第 4 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 死 亡 した 日 の 後 に 下 表 のいずれかに 該 当 するときには その 保 険 料 相 当 額 を 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 に 払 い もどします 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 賃 金 から 控 除 され 当 会 社 に 払 い 込 まれたとき 第 4 条 ( 財 産 形 成 給 付 金 または 財 産 形 成 基 金 給 付 金 による 保 険 料 の 払 込 み)の 保 険 料 の 払 込 みがあったとき (*) 当 会 社 に 払 い 込 まれていない 場 合 であっても 事 故 の 生 じた 時 に 既 に 保 険 料 に 相 当 する 金 額 が 賃 金 から 控 除 され その 後 当 会 社 に 払 い 込 まれた 場 合 には その 額 を 含 みます 第 7 条 ( 重 度 後 遺 障 害 保 険 金 の 支 払 ) () 当 会 社 は 被 保 険 者 が 第 4 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 傷 害 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 事 故 の 発 生 の 日 からその 日 を 含 めて80 日 以 内 に 別 表 に 掲 げる 重 度 後 遺 障 害 が 生 じた 場 合 は 7

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 死 亡 後 遺 障 害 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送 車

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜

財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜 平 成 26 年 9 月 1 日 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 まで 適 用 ) 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 < 目 次 > ページ 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 2 財 形 年 金 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 15 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

Microsoft Word - s-17-yatukan

Microsoft Word - s-17-yatukan 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は, 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 保 険 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行

More information

養老保険普通保険約款

養老保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 戦 争 その 他 の 変 乱 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 免 除 第 6 条 保 険 料 の 払 込 免 除 第 7 条 保 険

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利 自 由 金 利 型 定 期 預 金 M 型 (スーパー 定 期 ) 規 定 1.( 取 扱 店 の 範 囲 ) (1) 個 人 のお 客 さま この 預 金 は 当 店 のほか 当 金 庫 本 支 店 および 当 金 庫 が 提 携 した 他 の 労 働 金 庫 ( 以 下 提 携 金 庫 といいます )のどこの 店 舗 でも 預 入 れができます (2) 団 体 のお 客 さま この 預 金 は

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に 原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 目 次 この 保 険 の 概 要 1. 特 別 勘 定 および 積 立 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 特 別 勘 定 群 および 特 別 勘 定 群 に 含 まれる 特 別 勘 定 の 種 類 第 3 条 特 別 勘 定 の 指 定 第 4 条 積 立 第 5 条 特 別 勘 定 の 廃 止 に 伴 う 積 立 の 移 転 9.

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

終身保険(無選択型)普通保険約款

終身保険(無選択型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 保 険 金 の 削 減 支 払 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 第 6 条 保 険 料 の 払 込 第 7 条 保 険 料 の 払 込

More information

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新 事 務 取 扱 要 領 この 事 務 取 扱 要 領 は 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 契 約 約 款 第 37 条 に 基 づき 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 に 係 る 市 町 村 特 別 区 及 び 市 町 村 の 一 部 事 務 組 合 ( 以 下 市 町 村 等 という )と 公 益 財 団 法 人 日 本 消 防 協 会 ( 以 下 協 会 という

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx 退 職 手 当 制 度 について 制 度 の 概 要 1 退 職 手 当 の 支 給 根 拠 退 職 手 当 は 地 方 自 治 法 第 204 条 第 2 項 ( 諸 手 当 )の 規 定 に 基 づき 地 方 公 共 団 体 が 職 員 に 支 給 する 手 当 の 一 つです 同 条 第 3 項 において その 額 及 びその 支 給 方 法 は 条 例 で 定 めなければならな いとしており

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

変額個人年金保険普通保険約款

変額個人年金保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 特 別 勘 定 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 の 指 定 変 更 2 積 立 金 第 3 条 積 立 金 第 4 条 積 立 金 の 移 転 3 責 任 開 始 期 第 5 条 責 任 開 始 期 4 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 第 6 条 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払

More information

別紙特約(138)

別紙特約(138) 個 人 賠 償 責 任 補 償 特 約 ( 長 期 契 約 用 ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 保 険 期 間 中 に 発 生 した 下 表 に 掲 げる 偶 然 な 事 故 のいずれかによる 他 人 の 身 体 の 障 害 (*1)または 他 人 の 財 物 の 損 壊 (*2)もしくは 紛 失 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 損

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4)

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4) 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 留 意 事 項 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 26 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 足 寄 町 の 住 民 基 本 台 帳 に 記 録 されている 方 ( ) 2 平 成 26 年 度 分 の 市 町 村 民 税 ( 均 等 割

More information

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 第 1 条 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 2 責 任 開 始 期 第 2 条 責 任 開 始 期 3 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 額 第 4 条 保 険 金 の 支 払 第 5 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 戦 争 その 他 の 変 乱

More information

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保 賠 償 責 任 危 険 補 償 特 約 用 語 の 説 明 この 特 約 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 普 通 保 険 約 款 用 語 の 説 明 に よる 場 合 のほか 次 のとおりとします 用 語 説 明 財 物 の 破 損 財 産 的 価 値 を 有 する 有 体 物 の 滅 失 破 損 または 汚 損 を いいます ただし 滅 失 には 盗 難 紛 失 または 詐 取

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

ただし 当 該 事 故 が 本 特 典 の 適 用 対 象 となった 会 員 の 直 近 の 事 故 発 生 日 から 起 算 して 1 年 以 内 に 発 生 した 事 故 である 場 合 補 償 の 対 象 とはなりません 対 象 端 末 について 当 社 が 別 途 提 供 する ケータイ 補

ただし 当 該 事 故 が 本 特 典 の 適 用 対 象 となった 会 員 の 直 近 の 事 故 発 生 日 から 起 算 して 1 年 以 内 に 発 生 した 事 故 である 場 合 補 償 の 対 象 とはなりません 対 象 端 末 について 当 社 が 別 途 提 供 する ケータイ 補 dカードケータイ 補 償 規 約 dカードケータイ 補 償 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます)は 当 社 がdカードの 会 員 に 対 し 提 供 する dカードケータイ 補 償 ( 以 下 本 特 典 といいます)の 内 容 および 提 供 条 件 等 の 基 本 的 事 項 を 定 めるものです 第 1 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 使 用 する 用 語 の 定 義 は 以

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63> 退 職 所 得 に 対 する 住 民 税 の 特 別 徴 収 の 手 引 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 適 用 ) 愛 知 県 清 須 市 - 1 - は じ め に 個 人 の 住 民 税 は 納 税 義 務 者 の 前 年 中 の 所 得 を 課 税 標 準 としてその 翌 年 に 課 税 するいわゆる 前 年 所 得 課 税 をたてまえとしておりますが 退 職 所 得 に 対

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

特定退職年金共済制度14031868[01-08].indd

特定退職年金共済制度14031868[01-08].indd 安 心 して 働 ける 職 場 に 特 定 退 職 金 共 済 制 度 ご 加 入 のおすすめ 安 心 感 と 安 定 を 築 き 事 業 の 成 長 を 助 けます 豊 橋 商 工 会 議 所 THE TOYOHASHI CHAMBER OF COMMERCE AND INDUSTRY 事 業 所 のみなさまへ この 特 定 退 職 金 共 済 制 度 は 豊 橋 商 工 会 議 所 が 地 区

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正)

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正) 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 支 給 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 売 上 高 や 生 産 量 の 減 少 等 に 伴 う 人 員 削 減 により 離 職 した 者 を 正 規 雇 用 した 事 業 主 に 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 ( 以 下 奨 励 金 という )を 支 給 するために 必 要 な 事 項 を 定 める ( 定 義

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

2_02_kitei2.ppt

2_02_kitei2.ppt 認 可 特 定 保 険 業 医 師 年 金 規 程 の 主 な 改 定 内 容 平 成 24 年 11 月 日 本 医 師 会 年 金 規 程 改 定 の 基 本 方 針 について 今 般 の 保 険 業 法 改 正 に 伴 う 認 可 特 定 保 険 業 申 請 にあたり 本 会 の 基 本 方 針 としては 現 行 の 年 金 制 度 の 枠 組 みを 変 更 せず 維 持 する としつつ 保

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

総合口座取引規定

総合口座取引規定 総 合 口 座 取 引 規 定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は おきぎん 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 という ) ができます 1 普 通 預 金 2 新 型 期 日 指 定 定 期 預 金 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 )(スーパー 定 期 ) および 自 由 金 利 型 定 期 定 期 預 金 ( 大 口 定

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378> が30 ア されたとき(フルタイムの 再 雇 用 職 員 として 採 用 されたときを 含 む ) 人 事 異 動 に 伴 う 提 類 ( 共 済 組 合 互 助 会 関 係 ) 取 組 共 済 組 合, 互 助 会 の 資 格 取 得 の 届 出 1 船 得 合 員 届 員 提 出 書 当 採 組 ( 書 会 員 ) 資 格 用 合 資 格 取 得 員 届 ( 出 会 員 ) 前 人 給 通 歴

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則 金 ケ 崎 町 規 則 第 13 号 金 ケ 崎 町 小 学 生 医 療 費 給 付 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 小 学 生 に 対 して 医 療 費 の 一 部 を 給 付 することにより 保 護 者 の 負 担 を 軽 減 し もって 小 学 生 の 健 全 な 育 成 と 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

教育資金管理約款

教育資金管理約款 教 育 資 金 管 理 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は お 客 様 ( 以 下 申 込 者 といいます )が 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2 の2 第 1 項 の 適 用 を 受 けるため 同 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 教 育 資 金 管 理 契 約 を 締 結 し 同 項 に 規 定 される 要 件 及 び 当 社 との 権 利

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

一部解約可能型定期預金(複利型)規定

一部解約可能型定期預金(複利型)規定 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 ) 規 定 この 規 定 は 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 )についての 当 行 の 取 扱 いを 記 載 したものです な お この 預 金 には 満 期 時 に 自 動 継 続 の 取 扱 いをするもの( 以 下 自 動 継 続 型 といいます )と 自 動 解 約 の 取 扱 いをするもの( 以 下 満

More information

目  次

目  次 年 金 手 当 について 障 害 基 礎 年 金 公 的 年 金 制 度 に 加 入 している 期 間 中 に 被 った 傷 病 により 障 害 者 になった 場 合 に 年 金 や 一 時 金 が 支 給 されます( 申 請 は 原 則 65 歳 までとなりま) 制 度 の 種 類 支 給 要 件 年 金 額 中 央 窓 口 センター 国 民 年 金 係 823-9439 国 民 年 金 障 害

More information

Microsoft Word - 3大疾病保障特約付団体信用生命保険の概要_村上.docx

Microsoft Word - 3大疾病保障特約付団体信用生命保険の概要_村上.docx 3 大 疾 病 保 障 特 約 付 団 体 信 用 生 命 保 険 の 概 要 一 般 団 体 信 用 生 命 保 険 3 大 疾 病 保 障 特 約 死 亡 保 障 + 高 度 障 害 保 障 全 国 保 証 ( 一 社 )しんきん 保 証 基 金 保 険 契 約 者 全 国 保 証 信 金 中 央 金 庫 申 込 時 年 齢 と 実 行 時 年 齢 満 20 歳 以 上 満 50 歳 未 満 満

More information

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日 年 1 年 制 度 の 概 要 1 長 期 給 付 の 種 類 ( 共 済 年 と 基 礎 年 の 種 類 ) 長 期 給 付 は 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによっ て 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とそ の 家 族 の 生 活 の 安

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information