2. 電 気 料 金 審 査 専 門 小 委 員 会 の 審 査 においては 消 費 者 庁 より 示 された 東 北 電 力 及 び 四 国 電 力 の 家 庭 用 電 気 料 金 値 上 げ 認 可 申 請 に 関 するチェックポイント も 踏 まえた 形 で 議 論 が 行 われ 電 気 料

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2. 電 気 料 金 審 査 専 門 小 委 員 会 の 審 査 においては 消 費 者 庁 より 示 された 東 北 電 力 及 び 四 国 電 力 の 家 庭 用 電 気 料 金 値 上 げ 認 可 申 請 に 関 するチェックポイント も 踏 まえた 形 で 議 論 が 行 われ 電 気 料"

Transcription

1 東 北 電 力 及 び 四 国 電 力 に 係 る 消 費 者 庁 からの 意 見 への 対 応 について 平 成 25 年 8 月 経 済 産 業 省 Ⅰ. 全 体 的 な 評 価 人 件 費 調 達 等 に 関 しては 基 本 的 には チェックポイント が 査 定 方 針 案 に 的 確 に 反 映 されたものと 評 価 できる このため 今 般 の 査 定 方 針 案 に 適 用 された 考 え 方 や 基 準 は これまでの 査 定 方 針 とともに 今 後 の 料 金 査 定 を 公 平 かつ 効 率 的 なものとす る 指 針 になると 考 えられる また 今 回 の 公 聴 会 の 運 営 審 査 プロセスの 透 明 性 等 についても 評 価 できる 他 方 Ⅱ.で 掲 げる 個 別 の 項 目 については 更 なる 改 善 を 求 めたい 特 に 東 北 電 力 株 式 会 社 の 供 給 区 域 内 の 消 費 者 からは 東 日 本 大 震 災 の 被 災 地 である ことの 配 慮 が 必 要 であること あるいは 最 近 の 燃 料 費 調 整 により 電 気 料 金 が 上 昇 して いるなか 今 回 の 申 請 に 基 づく 更 なる 値 上 げによる 負 担 増 への 懸 念 があることについ て 多 数 の 意 見 が 出 されていることから このような 意 見 も 踏 まえ 厳 正 に 精 査 を 行 う べきである 新 料 金 体 系 への 移 行 に 向 けた 情 報 提 供 については 電 力 会 社 が 消 費 者 及 び 消 費 者 団 体 ( 行 政 事 業 者 と 消 費 者 をつなぐ 役 割 が 期 待 される 以 下 消 費 者 団 体 等 という ) に 直 接 説 明 する 等 単 なる 情 報 公 開 ではなく 個 々の 消 費 者 に 届 くような 積 極 的 かつ 丁 寧 な 周 知 が 必 要 であり このために 十 分 な 周 知 期 間 をとるべきである また 電 力 会 社 は ホームページにFAQを 掲 載 すること 等 を 通 じ 公 聴 会 等 で 示 さ れた 消 費 者 の 主 な 疑 問 に 対 して 明 解 かつ 丁 寧 に 答 えていくべきである 特 に 東 北 電 力 株 式 会 社 に 対 しては 供 給 区 域 内 に 東 日 本 大 震 災 により 甚 大 な 被 害 を 受 けた 地 域 があり 生 活 基 盤 が 安 定 していない 被 災 者 もいまだ 多 数 に 上 ることも 踏 ま え 今 般 の 値 上 げ 認 可 申 請 について 丁 寧 な 説 明 を 行 うなど 消 費 者 の 理 解 を 得 るた めに 十 分 な 努 力 をするよう 促 すべきである 1. 電 気 料 金 の 認 可 プロセスについては 平 成 24 年 3 月 にとりまとめた 電 気 料 金 制 度 運 用 の 見 直 しに 係 る 有 識 者 会 議 報 告 書 ( 以 下 有 識 者 会 議 報 告 書 という ) や 消 費 者 委 員 会 消 費 者 庁 の 提 言 内 容 を 踏 まえ 料 金 審 査 プロセスを 改 善 するととも に その 後 の 経 験 も 踏 まえて 見 直 しを 行 っている 現 在 電 気 料 金 審 査 専 門 小 委 員 会 ( )の 委 員 には 消 費 者 問 題 の 専 門 家 に 参 加 いただくとともに 電 気 料 金 審 査 専 門 小 委 員 会 の 審 議 についてインターネット 中 継 を 行 った また 公 聴 会 については 約 2ヶ 月 の 募 集 期 間 を 設 けるとともに 消 費 者 団 体 等 を 通 じ1,025 団 体 に 周 知 依 頼 を 行 う とともに 電 気 料 金 審 査 専 門 小 委 員 会 の 委 員 の 参 加 も 得 た 平 成 25 年 7 月 1 日 の 審 議 会 見 直 しに 伴 い 上 記 名 称 に 名 称 変 更 それ 以 前 は 総 合 資 源 エネルギー 調 査 会 総 合 部 会 電 気 料 金 審 査 専 門 委 員 会 1

2 2. 電 気 料 金 審 査 専 門 小 委 員 会 の 審 査 においては 消 費 者 庁 より 示 された 東 北 電 力 及 び 四 国 電 力 の 家 庭 用 電 気 料 金 値 上 げ 認 可 申 請 に 関 するチェックポイント も 踏 まえた 形 で 議 論 が 行 われ 電 気 料 金 審 査 専 門 小 委 員 会 査 定 方 針 案 ( 以 下 査 定 方 針 案 という ) に 反 映 した 3. 経 済 産 業 省 としては 厳 正 に 精 査 を 行 い 査 定 によるメリットを より 多 くの 家 庭 が 享 受 できるよう 2 段 階 料 金 の 引 き 下 げ 幅 を 申 請 時 よりも 大 きくしている その 際 東 北 電 力 株 式 会 社 については 供 給 区 域 内 に 東 日 本 大 震 災 により 甚 大 な 被 害 を 受 けた 地 域 があり 応 急 仮 設 住 宅 に 住 む 避 難 者 など 生 活 基 盤 が 安 定 していない 被 災 者 もまだ 多 数 に 上 ることも 踏 まえ 電 気 の 低 利 用 者 の 負 担 増 に 配 慮 し さらなる 引 き 下 げ 幅 の 拡 大 を 行 っている 4. 新 料 金 体 系 への 移 行 に 向 けた 情 報 提 供 については これまでも 東 北 電 力 及 び 四 国 電 力 において 消 費 者 団 体 等 への 説 明 会 個 別 訪 問 ホームページ 上 での 情 報 提 供 等 を 行 っ てきたところであるが 引 き 続 き 丁 寧 な 周 知 説 明 を 求 めてまいりたい その 際 東 北 電 力 株 式 会 社 に 対 しては 供 給 区 域 内 に 東 日 本 大 震 災 により 甚 大 な 被 害 を 受 けた 地 域 が あり 生 活 基 盤 が 安 定 していない 被 災 者 もいまだ 多 数 に 上 ることに 十 分 配 慮 するよう 求 めてまいりたい また 新 料 金 体 系 の 実 施 時 期 は 十 分 な 周 知 期 間 を 確 保 する 観 点 か ら 9 月 1 日 とする 2

3 Ⅱ. 今 般 の 値 上 げの 認 可 申 請 に 際 し 検 証 した 事 項 1. 人 件 費 電 力 会 社 の 一 人 当 たり 給 与 水 準 について 賃 金 構 造 基 本 統 計 調 査 の 従 業 員 1000 人 以 上 の 正 社 員 給 与 の 平 均 値 をベースとし 年 齢 勤 続 年 数 勤 務 地 域 等 による 補 正 が 行 われているが それぞれの 補 正 結 果 を 詳 細 に 示 すべきである 1. 一 般 電 気 事 業 供 給 約 款 料 金 審 査 要 領 ( 平 成 24 年 3 月 全 面 改 定 以 下 審 査 要 領 という )において 人 件 費 ( 基 準 賃 金 及 び 賞 与 等 )については 賃 金 構 造 基 本 統 計 調 査 における 常 用 労 働 者 1,000 人 以 上 の 企 業 平 均 値 を 基 本 に ガス 事 業 鉄 道 事 業 等 類 似 の 公 益 企 業 の 平 均 値 とも 比 較 しつつ 査 定 を 行 う その 際 地 域 間 の 賃 金 水 準 の 差 についても 考 慮 する 役 員 給 与 や 福 利 厚 生 費 についても 同 様 の 考 え 方 を 適 用 する と 定 められており 東 北 電 力 及 び 四 国 電 力 の1 人 当 たり 年 間 給 与 水 準 の 査 定 方 針 についても 関 西 電 力 及 び 九 州 電 力 の 査 定 方 針 と 同 様 の 査 定 方 針 とする 2. 具 体 的 には 以 下 のとおりである (1) 給 与 水 準 の 査 定 の 基 本 的 な 考 え 方 一 般 電 気 事 業 者 が 競 争 市 場 にある 企 業 と 異 なり 地 域 独 占 の 下 で 競 争 リスクがないこと を 勘 案 し 一 般 的 な 企 業 の 平 均 値 を 基 本 とする 他 方 電 気 事 業 は 事 業 規 模 が 極 めて 大 きいことから 小 規 模 零 細 企 業 の 平 均 値 を 基 本 とすることは 現 実 にそぐわない 面 があることや 公 益 事 業 としての 側 面 を 考 慮 し 同 種 同 等 の 観 点 から 規 模 や 事 業 内 容 の 類 似 性 を 持 つ 企 業 との 比 較 も 加 味 するととも に 地 域 間 の 賃 金 水 準 の 差 を 考 慮 する なお 実 際 に 従 業 員 に 支 給 される 給 与 の 水 準 は 労 使 間 の 交 渉 により 決 定 されるもので ある また どのような 賃 金 体 系 を 採 用 するかについても 従 業 員 のモチベーションの 維 持 向 上 を 図 る 責 務 を 持 つ 事 業 者 の 自 主 性 に 委 ねられるべきものである (2) 一 般 的 な 企 業 の 平 均 値 様 々な 企 業 を 対 象 とした 賃 金 構 造 基 本 統 計 調 査 における 従 業 員 1,000 人 以 上 企 業 の 常 用 労 働 者 ( 正 社 員 )の 賃 金 の 平 均 値 ( 平 成 24 年 調 査 :594 万 円 )とすることが 適 当 である (3) 類 似 の 公 益 企 業 との 比 較 公 益 企 業 の 対 象 業 種 は 大 規 模 なネットワーク 設 備 を 有 するという 事 業 の 類 似 性 や 料 金 規 制 及 び 競 争 実 態 を 勘 案 し ガス 水 道 鉄 道 の3 業 種 とすることが 適 当 である その 際 これら 企 業 との 同 種 同 等 比 較 を 行 う 観 点 から 年 齢 勤 続 年 数 学 歴 について 申 請 会 社 との 相 違 を 補 正 する その 上 で これら3 業 種 それぞれの 水 準 との 比 較 を 行 う 観 点 から 3 業 種 の 単 純 平 均 ( )を 算 出 し これと 上 記 の 一 般 的 な 企 業 の 平 均 値 との 単 純 平 均 とすることが 妥 当 であ る 賃 金 構 造 基 本 統 計 調 査 におけるガス 水 道 鉄 道 の 人 員 数 は 鉄 道 のウェイトが8 割 を 超 えており 加 重 平 均 を 行 うことは 各 業 種 との 比 較 を 行 う 視 点 では 適 当 ではな いと 考 えられる 3

4 (4) 地 域 補 正 東 北 電 力 は 人 事 院 資 料 の 地 域 別 の 民 間 給 与 との 較 差 ( 平 成 24 年 ) のうち 北 海 道 東 北 と 関 東 甲 信 越 地 域 の 民 間 給 与 をこれらの 地 域 に 勤 務 する 従 業 員 数 で 加 重 平 均 し た 値 の 全 国 比 (0.96)を 用 いて 補 正 を 行 っている 四 国 電 力 は 人 事 院 資 料 の 地 域 別 の 民 間 給 与 との 較 差 ( 平 成 24 年 ) のうち 中 国 四 国 地 域 の 民 間 給 与 の 全 国 比 ( 係 数 0.963)を 用 いて 補 正 を 行 っている 購 買 力 の 元 となる 給 与 水 準 の 決 定 には 地 域 の 物 価 水 準 が 大 きな 影 響 を 与 えると 考 え られるが 両 社 の 申 請 方 式 と 消 費 者 物 価 指 数 を 見 比 べたところ それぞれの 間 に 大 きな 乖 離 が 見 られず かつ 両 社 の 申 請 の 水 準 は 消 費 者 物 価 指 数 で 補 正 した 場 合 と 比 較 して 低 い 水 準 となっていることから それぞれの 補 正 方 式 については 妥 当 なものと 考 えられ る (5)その 他 四 国 電 力 のシニア 社 員 のうち 短 時 間 勤 務 者 の 給 与 水 準 は その 勤 務 時 間 を 勘 案 して 年 間 給 与 水 準 を 圧 縮 することが 妥 当 である なお この 補 正 による 四 国 電 力 の 一 般 的 な 企 業 の 平 均 値 は588 万 円 となる 3.1 人 当 たり 年 間 給 与 水 準 の 算 定 結 果 (1) 類 似 の 公 益 企 業 との 比 較 において 上 記 2.の 査 定 方 針 に 沿 って 東 北 電 力 及 び 四 国 電 力 の 従 業 員 における 年 齢 勤 続 年 数 及 び 学 歴 補 正 を 行 ったところ 以 下 のとおりと なる 東 北 電 力 は 公 益 3 業 種 の 単 純 平 均 が647 万 円 (ガス:728 万 円 水 道 :581 万 円 鉄 道 :632 万 円 ) 四 国 電 力 は 公 益 3 業 種 の 単 純 平 均 が689 万 円 (ガス:773 万 円 水 道 :612 万 円 鉄 道 :684 万 円 ) (2)したがって 1 人 当 たり 年 間 給 与 水 準 は 以 下 のとおりとなる 東 北 電 力 の1 人 当 たり 年 間 給 与 水 準 は 一 般 的 な 企 業 の 平 均 値 594 万 円 と 公 益 3 業 種 の 単 純 平 均 647 万 円 を 足 して これらの 単 純 平 均 に 地 域 補 正 (0.96)を 行 うと 596 万 円 ( 単 位 未 満 四 捨 五 入 ) 四 国 電 力 の1 人 当 たり 年 間 給 与 水 準 は 一 般 的 な 企 業 の 平 均 値 588 万 円 と 公 益 3 業 種 の 単 純 平 均 689 万 円 を 足 して これらの 単 純 平 均 に 地 域 補 正 (0.963)を 行 う と615 万 円 ( 単 位 未 満 四 捨 五 入 ) 4

5 厚 生 費 については 健 康 保 険 料 の 事 業 主 負 担 について 法 定 負 担 割 合 の 50%を 目 指 した 削 減 とすべき である カフェテリアプラン 等 に 加 え その 他 各 種 奨 励 金 等 一 般 厚 生 費 における 各 項 目 の 削 減 状 況 も 明 確 化 すべきである これらの 項 目 については 消 費 者 の 納 得 性 に 鑑 みて 必 要 最 低 限 の 額 を 計 上 すべき である 1. 健 康 保 険 料 については 健 康 保 険 法 第 161 条 において 被 保 険 者 及 び 被 保 険 者 を 使 用 する 事 業 主 は それぞれ 保 険 料 額 の 二 分 の 一 を 負 担 する と 定 められているが 同 法 第 162 条 では 健 康 保 険 組 合 は 前 条 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 で 定 める ところにより 事 業 主 の 負 担 すべき 一 般 保 険 料 額 又 は 介 護 保 険 料 額 の 負 担 の 割 合 を 増 加 することができる と 定 められている 査 定 方 針 案 では 健 康 保 険 料 の 事 業 主 負 担 割 合 については 健 康 保 険 組 合 の 現 勢 ( 平 成 24 年 3 月 末 現 在 )によれば 単 一 連 合 の 計 の 負 担 割 合 は55%となっているが 近 年 における 単 一 連 合 及 び 類 似 の 公 益 企 業 の 低 減 傾 向 を 踏 まえ 原 価 算 定 期 間 ( 平 成 25 年 度 ~27 年 度 ) 内 は 年 々 引 き 下 げて 平 成 27 年 度 末 には53% 台 の 負 担 割 合 とし 申 請 負 担 割 合 との 差 分 を 料 金 原 価 から 減 額 す る 2. 一 般 厚 生 費 については 労 働 安 全 衛 生 法 や 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 といった 法 令 等 に 定 められた 企 業 としての 責 務 を 果 たすもののほか 各 種 奨 励 金 やカフェテリアプラン 等 従 業 員 の 福 利 厚 生 モチベーションの 維 持 向 上 を 図 るものも 含 まれているが 東 北 電 力 は 各 種 奨 励 金 の 削 減 カフェテリアプランの 縮 小 宿 泊 体 育 施 設 の 廃 止 文 化 体 育 費 の 削 減 等 四 国 電 力 は 各 種 奨 励 金 の 削 減 カフェテリアプランの 縮 小 文 化 体 育 費 の 削 減 等 により 今 回 の 申 請 における 従 業 員 一 人 あたりの 一 般 厚 生 費 は 前 回 平 成 20 年 料 金 改 定 原 価 に 比 べ それぞれ45.7 万 円 から31.1 万 円 ( 東 北 電 力 ) 万 円 から30.7 万 円 ( 四 国 電 力 )に 減 額 されている この 結 果 審 査 要 領 に 基 づ き 日 本 経 済 団 体 連 合 会 2011 年 度 福 利 厚 生 費 調 査 結 果 報 告 の1,000 人 以 上 企 業 の 平 均 値 (31.1 万 円 )と 比 較 した 両 社 の1 人 当 たりの 一 般 厚 生 費 の 水 準 は 妥 当 であると 考 えられる ただし 両 社 が 料 金 原 価 に 算 入 している 持 株 奨 励 金 については 一 般 的 に 従 業 員 の 財 産 形 成 に 資 する 反 面 安 定 株 主 の 形 成 など 会 社 にもたらすメリット が 含 まれていることや 電 気 料 金 の 値 上 げを 行 う 状 況 下 における 費 用 の 優 先 度 を 考 慮 し 料 金 原 価 への 算 入 を 認 めないこととする 5

6 ( 東 北 電 力 ) 第 24 回 電 気 料 金 審 査 専 門 委 員 会 第 6-3より 5. 法 定 厚 生 費 の 概 要 p15 法 定 厚 生 費 は, 年 収 水 準 の 見 直 しによる 減 や 健 康 保 険 料 の 会 社 負 担 割 合 の 見 直 し 等 による 減 はあるもの の, 社 会 保 険 料 率 ( 健 康 保 険 料 率, 厚 生 年 金 保 険 料 率 等 )の 引 上 げなどにより, 前 回 と 比 べ 約 1 億 円 増 加 1 今 回 (H25~27 平 均 ) 2 前 回 (H20 改 定 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 3 差 引 (1-2) 健 康 保 険 料 4,858 4, 介 護 保 険 料 厚 生 年 金 保 険 料 7,534 7,536 2 児 童 手 当 拠 出 金 労 災 保 険 料 雇 用 保 険 料 労 災 補 償 費 健 康 診 断 費 合 計 14,030 13, 一 般 厚 生 費 の 概 要 p17 一 般 厚 生 費 は,カフェテリアプラン, 財 形 貯 蓄 利 子 補 給, 文 化 スポーツ 活 動 の 見 直 しなどにより, 前 回 と 比 べ 約 17 億 円 削 減 1 今 回 (H25~27 平 均 ) 2 前 回 (H20 改 定 ) 3 差 引 (1-2) 文 化 体 育 費 厚 生 施 設 費 2,149 2, 主 な 増 減 要 因 文 化 スポーツ 活 動 の 見 直 し 宿 泊 施 設 体 育 施 設 の 廃 止 カフェテリアプラン 520 1, カフェテリアプランの 見 直 し 慶 弔 費 衛 生 管 理 費 安 全 管 理 費 財 形 貯 蓄 利 子 補 給 金 持 株 会 奨 励 金 その 他 合 計 3,940 5,626 1,686 ( 単 位 : 百 万 円 ) 一 般 財 形 貯 蓄 利 子 補 給 の 見 直 し 6

7 ( 東 北 電 力 ) 第 24 回 電 気 料 金 審 査 専 門 委 員 会 第 6-3より( 続 き) 参 考 福 利 厚 生 制 度 の 概 要 ( 震 災 以 降 の 見 直 し) p19 東 日 本 大 震 災 以 降 の 厳 しい 経 営 環 境 収 支 状 況 等 を 踏 まえ, 福 利 厚 生 制 度 を 以 下 のとおり 見 直 し ( 単 位 : 百 万 円 ) 項 目 見 直 し 内 容 科 目 効 率 化 額 文 化 スポーツ 活 動 への 経 費 助 成 休 止 文 化 スポーツ 活 動 に 対 する 経 費 助 成 の 休 止 文 化 体 育 費 239 宿 泊 体 育 施 設 の 全 廃 名 取 スポーツパークの 廃 止 あおもり 電 気 会 館 の 廃 止 ( 平 成 23 年 度 までに 宿 泊 体 育 施 設 は 全 て 廃 止 ) 厚 生 施 設 費 147 カフェテリアプラン の 内 容 縮 小 年 間 付 与 ポイントの 削 減 80,000ポイント 40,000ポイント カフェテリア 526 一 般 財 形 貯 蓄 制 度 の 見 直 し 利 子 補 給 利 率 の 見 直 し 1.5% 0.5% 財 形 補 給 金 347 力 ) 第 24 回 電 気 料 金 審 査 専 門 委 員 会 資 料 7-3より ( 四 国 電 5. 厚 生 費 の 概 要 17 法 定 厚 生 費 は 各 社 会 保 険 料 率 をもとに 算 定 健 康 保 険 料 の 事 業 主 負 担 割 合 は64%から56%に 見 直 し 一 般 厚 生 費 は 22 年 度 に 諸 給 与 金 の 一 部 原 資 (3.6 億 円 )をカフェテリアプランに 移 行 したものの カフェテリアプランの 付 与 ポイントの3 割 削 減 や 文 化 体 育 費 の 全 額 カット 持 株 奨 励 金 の 半 減 などを 織 り 込 み メルクマールを 下 回 る 水 準 に 引 き 下 げ 今 回 (H25~27 平 均 ) 前 回 (H20) 差 異 ( 百 万 円 ) 法 定 厚 生 費 5,729 5, 健 康 保 険 料 2,065 1, 介 護 保 険 料 厚 生 年 金 保 険 料 3,029 3, 児 童 手 当 拠 出 金 労 災 保 険 料 雇 用 保 険 料 健 康 診 断 費 法 定 厚 生 費 振 替 一 般 厚 生 費 1,897 1, 安 全 衛 生 管 理 費 住 宅 生 活 費 文 化 体 育 費 慶 弔 見 舞 金 持 株 奨 励 金 財 形 助 成 費 カフェテリアプラン その 他 厚 生 費 計 7,626 7,

8 参 考 福 利 厚 生 の 全 体 像 と1 人 あたり 一 般 厚 生 費 の 水 準 19 当 社 の 福 利 厚 生 は 電 力 の 安 全 安 定 供 給 に 不 可 欠 な 労 働 力 の 確 保 や 生 産 性 の 向 上 などを 目 的 に 従 業 員 の 安 全 健 康 の 確 保 職 場 生 活 環 境 の 整 備 に 資 する 施 策 を 実 施 1 人 あたり 一 般 厚 生 費 については 各 種 制 度 の 見 直 し 等 を 行 い メルクマール(1,000 人 以 上 企 業 平 均 )を 下 回 る 水 準 に 引 き 下 げ 福 利 厚 生 制 度 の 意 義 目 的 従 業 員 の 心 身 の 健 康 の 保 持 増 進 安 全 管 理 レクリエーション 活 動 の 実 施 等 を 通 じて 従 業 員 が 能 力 を 十 分 に 発 揮 し 安 心 安 定 して 電 気 事 業 に 従 事 できる 職 場 環 境 を 確 保 することにより 労 働 力 の 確 保 や 労 働 生 産 性 の 向 上 会 社 との 一 体 感 連 帯 感 の 向 上 を 目 的 として 実 施 1 人 あたり 一 般 厚 生 費 当 社 30.7 万 円 安 全 管 理 作 業 安 全 対 策 交 通 安 全 対 策 法 定 安 全 教 育 法 定 外 安 全 教 育 衛 生 管 理 労 働 安 全 衛 生 法 に 基 づく 産 業 医 報 酬 等 健 康 管 理 増 進 活 動 メンタルヘルス ケア 環 境 衛 生 管 理 働 きやすい 環 境 整 備 社 宅 寮 食 堂 厚 生 施 設 文 化 体 育 活 動 支 援 陸 上 競 技 部 文 化 体 育 活 動 支 援 職 場 レクリエー ション 活 動 支 援 生 活 援 助 慶 弔 見 舞 金 共 済 会 生 活 設 計 住 宅 財 形 貯 蓄 従 業 員 持 株 会 各 種 セミナー 確 定 拠 出 年 金 教 育 1,000 人 以 上 企 業 平 均 (メルクマール) 全 産 業 平 均 31.1 万 円 30.7 万 円 カフェテリアプラン( 様 々なメニューから 選 択 ) 安 全 衛 生 管 理 費 住 宅 生 活 費 文 化 体 育 費 慶 弔 見 舞 金 持 株 奨 励 金 財 形 助 成 費 カフェテリア フ ラン その 他 保 養 所 カット 全 額 カット 奨 励 金 引 下 げ ポイント 引 下 げ 諸 費 効 率 化 ( 四 国 電 力 ) 第 24 回 電 気 料 金 審 査 専 門 委 員 会 資 料 7-3より( 続 き) 参 考 カフェテリアプラン 20 当 社 のカフェテリアプランは 福 利 厚 生 制 度 の 運 営 コストの 効 率 化 と 従 業 員 の 多 様 なニーズへの 対 応 の 観 点 から 一 般 財 形 貯 蓄 の 奨 励 金 など 様 々な 制 度 を 廃 止 し 原 資 を 統 合 することにより 創 設 このため 一 般 厚 生 費 に 占 めるカフェテリアプランの 割 合 が 高 くなっているが 1 人 あたり 一 般 厚 生 費 は メルクマール(1,000 人 以 上 企 業 平 均 )を 下 回 る 水 準 消 化 ポイント ポイント 単 価 メニュー 項 目 財 産 形 成 保 険 育 児 福 祉 介 護 健 康 管 理 自 己 啓 発 旅 行 削 減 後 1 人 あたり 消 化 ポイント 104ポイント / 年 人 ポイント 単 価 1ポイント=1,000 円 ( 注 1) 下 表 のメニューは1ポイント1,200 円 ( 注 2) 当 社 には 5 割 増 しメニューは 無 い スポーツ レジャー 当 社 のカフェテリアプラン 一 般 財 形 貯 蓄 保 険 利 用 対 象 例 育 児 施 設 サービス 福 祉 介 護 施 設 サービス 人 間 ドック 等 受 診 スクール セミナー 受 講 宿 泊 施 設 交 通 手 段 スポーツ レジャー 施 設 一 般 厚 生 費 に 占 めるカフェテリアプラン 費 用 の 比 較 当 社 福 利 厚 生 費 調 査 カフェテリアプラン 34% 1 人 あたり 一 般 厚 生 費 30.7 万 円 カフェテリアプラン 19% 1 人 あたり 一 般 厚 生 費 31.1 万 円 ( 出 典 ) 日 本 経 団 連 第 56 回 福 利 厚 生 費 調 査 結 果 報 告 (2011 年 度 ) 住 宅 生 活 費 安 全 衛 生 管 理 費 慶 弔 見 舞 金 財 形 助 成 費 持 株 奨 励 金 住 宅 持 家 援 助 医 療 健 康 慶 弔 金 財 産 形 成 給 食 保 険 育 児 介 護 購 買 ショッピングなどの ライフサポート 文 化 体 育 レクリエーション など 8

9 2. 調 達 競 争 入 札 の 比 率 について 東 京 電 力 株 式 会 社 の 事 例 を 踏 まえ 更 に 拡 大 するととも に その 進 捗 の 検 証 に 取 り 組 むべきである 1. 競 争 入 札 の 比 率 について 東 北 電 力 は 現 状 ( 平 成 22 年 度 )の 競 争 発 注 比 率 は1 7% 程 度 であり 競 争 発 注 以 外 の 特 命 発 注 (83% 程 度 )のうち 関 係 会 社 の 占 める 割 合 は48% 一 般 会 社 の 割 合 は52%である また 資 機 材 の 仕 様 汎 用 化 新 たな 取 引 先 の 開 拓 や 分 離 発 注 の 拡 大 等 の 取 組 みを 進 め 3 年 後 ( 平 成 27 年 度 末 )までに 競 争 発 注 比 率 3 割 程 度 を 目 指 すとともに 製 造 会 社 の 品 質 保 証 性 能 保 証 が 必 要 なこと 等 競 争 発 注 が 困 難 なものについても 継 続 して 検 討 を 行 い 競 争 発 注 の 拡 大 に 向 けて 環 境 整 備 を 図 っていく としているほか 調 達 価 格 低 減 競 争 発 注 の 拡 大 の 取 組 みをさらに 推 し 進 めるとともに 第 三 者 の 視 点 による 評 価 検 証 を 行 う 仕 組 みとして 外 部 有 識 者 を 含 む 調 達 改 革 に 関 する 会 議 体 を 設 置 する としている 2. 四 国 電 力 は 当 初 平 成 23 年 度 の 競 争 発 注 比 率 は4%( 競 争 発 注 以 外 の 特 命 発 注 は96% 程 度 )であり 取 引 先 が 一 社 のみのもの 既 設 設 備 の 保 修 維 持 更 新 に 関 する もの 災 害 や 設 備 トラブル 等 緊 急 時 に 対 応 を 要 するものなど 現 時 点 で 競 争 発 注 が 難 しいと 考 えられる 範 囲 が 全 体 の70% 程 度 を 占 めているが 今 後 3 年 間 で 現 状 の3 倍 程 度 である15%を 目 指 すこととし 可 能 なものは 速 やかに 競 争 発 注 に 移 行 するととも に 更 なる 競 争 発 注 比 率 の 拡 大 についても 検 討 していく とし その 後 改 めて 社 内 で 議 論 した 結 果 競 争 発 注 の 可 能 性 があると 判 断 した30% 全 てについて 原 価 算 定 期 間 ( 平 成 27 年 度 末 )において15% その 後 3 年 以 内 を 目 途 に 極 力 早 期 に 競 争 発 注 が 可 能 な30%の 達 成 を 目 指 す としている なお 平 成 23 年 度 において 四 国 電 力 の 競 争 発 注 以 外 の 特 命 発 注 (96%)のうち グループ 会 社 の 占 める 割 合 は73% となっている また 四 国 電 力 によると 平 成 24 年 度 には 社 長 を 委 員 長 とする 経 営 効 率 化 特 別 委 員 会 を 設 置 し 今 後 中 長 期 的 な 効 率 化 施 策 として 組 織 業 務 運 営 体 制 の 見 直 しや 資 材 調 達 の 見 直 しなどに 取 り 組 んでいる また 平 成 17 年 度 に 社 外 コンサル( 第 三 者 視 点 )を 導 入 して サプライチェーンマネジメント 活 動 として 配 電 工 事 材 料 の 物 流 改 善 に 取 り 組 み 調 達 コスト 削 減 の 成 果 をあげるなどしており 今 後 もこ うした 手 法 による 取 組 みや 取 引 先 からの 仕 様 の 標 準 化 に 関 する 提 案 やバリュー エン ジニアリング 提 案 等 を 積 極 的 に 活 用 していく とのことである 3. 料 金 原 価 について 東 北 電 力 及 び 四 国 電 力 は 資 材 調 達 や 工 事 委 託 事 業 等 に 関 し 今 後 契 約 を 締 結 するもの 契 約 交 渉 を 行 うものについて 入 札 の 実 施 の 有 無 にかかわら ず 約 7%の 調 達 価 格 削 減 を 織 り 込 んで 申 請 している 1 が 東 北 電 力 及 び 四 国 電 力 からの 申 請 についても 基 本 的 には 関 西 電 力 九 州 電 力 からの 申 請 と 同 様 の 考 え 方 2 を 適 用 し 査 定 1 調 達 費 用 について 東 北 電 力 は 平 成 21~24 年 度 に 特 命 発 注 から 競 争 発 注 に 変 更 した 物 品 (165 件 ) の 価 格 削 減 効 果 を 調 査 した 結 果 平 均 削 減 率 は 3%であったが 更 なる 取 組 みにより 従 来 以 上 に 効 率 化 を 目 指 すこととし 今 回 申 請 の 料 金 原 価 には 入 札 随 意 契 約 を 問 わず 既 契 約 分 等 を 除 く 発 注 案 件 す べてに 実 績 を 上 回 る7%の 削 減 を 織 り 込 んでいる 四 国 電 力 は 平 成 22~24 年 度 の 間 において 特 命 発 注 から 競 争 発 注 に 移 行 した 案 件 を 対 象 に 価 格 変 動 率 を 検 証 したところ 平 均 6.8%の 価 格 低 減 と なっているとの 結 果 が 得 られたことから これを 参 考 に 削 減 率 を7%に 設 定 し 今 回 申 請 の 料 金 原 価 には 入 札 随 意 契 約 を 問 わず 既 契 約 分 等 を 除 く 発 注 案 件 全 てに7%の 削 減 を 織 り 込 んでいる 2 関 西 電 力 九 州 電 力 からの 申 請 においては 自 らの 調 査 に 基 づき7%の 調 達 価 格 削 減 を 織 り 込 んで 申 請 していたが 調 達 発 注 価 格 を 決 める 際 の 主 要 な 構 成 要 素 の 一 つである 委 託 人 件 費 について 東 京 電 力 の ものと 比 較 し コスト 削 減 前 の 東 京 電 力 と 概 ね 同 様 の 水 準 であることを 確 認 した 上 で 東 京 電 力 が 東 9

10 を 行 う 具 体 的 には 東 北 電 力 については 被 災 3 県 を 中 心 に 資 材 費 や 人 件 費 が 上 昇 傾 向 にあるものの 委 託 人 件 費 の 水 準 は 概 ね 同 様 であることから 東 京 電 力 関 西 電 力 九 州 電 力 と 同 様 震 災 前 の 価 格 水 準 から10%の 調 達 価 格 削 減 を 求 める 四 国 電 力 につ いては 競 争 入 札 比 率 が 他 電 力 と 比 較 して 低 いこと 従 来 型 の 電 子 式 計 器 の 調 達 価 格 が 震 災 後 においても 東 京 電 力 と 比 較 して 大 幅 に 高 かったこと 地 域 補 正 後 の 委 託 人 件 費 に ついても 東 京 電 力 のものと 比 較 して0.5% 程 度 割 高 となっていることなどから 一 段 の 効 率 化 努 力 を 求 め 震 災 前 の 価 格 水 準 から10.5%の 調 達 価 格 削 減 を 求 める この 結 果 東 北 電 力 について 約 42 億 円 四 国 電 力 については 約 25 億 円 の 原 価 の 減 額 とな る 4. 調 達 の 検 証 については 関 西 電 力 株 式 会 社 及 び 九 州 電 力 株 式 会 社 の 供 給 約 款 変 更 認 可 申 請 に 係 る 査 定 方 針 案 ( 平 成 25 年 3 月 6 日 総 合 資 源 エネルギー 調 査 会 総 合 部 会 電 気 料 金 審 査 専 門 委 員 会 取 りまとめ)( 以 下 関 西 電 力 及 び 九 州 電 力 の 電 気 料 金 値 上 げ 認 可 申 請 に 係 る 査 定 方 針 案 という )において 今 後 の 課 題 として 経 営 効 率 化 に 関 し 今 回 の 申 請 にとどまらずより 長 期 的 かつ 持 続 的 効 果 的 に 経 営 効 率 化 の 取 組 を 進 めてい くため 例 えば 発 注 の 仕 様 を 社 内 の 人 材 が 作 成 するために 必 要 なエンジニアリング 能 力 を 向 上 させるなど 様 々な 取 組 を 行 い その 取 り 組 みを 随 時 公 開 するべき また 経 営 効 率 化 計 画 に 係 る 評 価 について 電 気 料 金 の 透 明 性 を 確 保 し 以 って 需 要 家 の 理 解 を 得 るために 外 部 の 第 三 者 の 視 点 を 取 り 入 れた 検 討 検 証 を 行 う 仕 組 みを 導 入 するなど 電 気 事 業 者 の 経 営 効 率 化 インセンティブを 更 に 促 進 する 仕 組 みを 検 討 すべきである としており 今 後 東 京 電 力 の 事 例 を 踏 まえ 東 北 電 力 及 び 四 国 電 力 に 関 しても 競 争 入 札 比 率 の 更 なる 拡 大 を 促 すことを 含 め 具 体 的 な 対 応 策 を 検 討 してまいりたい 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 等 の 第 三 者 による 確 認 を 受 け 10%の 調 達 価 格 削 減 を 織 り 込 んだ 例 を 勘 案 し 各 費 用 項 目 の 性 格 に 応 じ コスト 削 減 を 求 めることが 困 難 である 費 用 を 除 き コスト 削 減 額 が 原 則 10%に 満 たない 場 合 には 未 達 分 を 減 額 査 定 したところである その 際 両 社 が 震 災 後 に 行 っ た 経 営 効 率 化 の 取 組 のうち 原 価 織 り 込 み 前 に 削 減 したものについては 未 達 分 から 除 外 して 算 定 した ところである 10

11 子 会 社 等 からの 調 達 について 人 件 費 を 含 め 電 力 会 社 のコスト 削 減 に 照 らした 削 減 を 可 能 な 限 り 行 うべきである 1. 東 北 電 力 によると 関 係 会 社 は 当 社 との 取 引 価 格 低 減 のため 事 務 所 運 営 経 費 の 削 減 や 業 務 運 営 の 見 直 しによる 稼 動 人 員 の 効 率 化 資 材 の 種 類 削 減 や 調 達 先 の 複 数 化 による 材 料 費 の 削 減 など 業 務 全 般 にわたりコスト 低 減 に 取 り 組 んでいる また 役 員 報 酬 の 削 減 とともに 従 業 員 の 人 件 費 についても 賞 与 や 福 利 厚 生 費 の 削 減 新 規 採 用 の 抑 制 など 効 率 化 に 努 めている とのことであり また 四 国 電 力 によると 関 係 会 社 を 含 む 取 引 先 からの 資 材 調 達 について 競 争 発 注 への 移 行 に 伴 う 調 達 取 引 価 格 低 減 効 果 を 織 り 込 む 観 点 から 原 価 算 定 において 7%の 調 達 取 引 価 格 低 減 効 果 を 織 り 込 んでいる また 関 係 会 社 においては 役 員 報 酬 を 含 む 人 件 費 の 削 減 や 外 注 費 の 削 減 経 費 の 削 減 を 徹 底 し 一 層 の 経 営 合 理 化 を 進 めている とのことである 2. 料 金 原 価 との 関 係 では 資 材 調 達 や 工 事 委 託 事 業 等 に 関 し 今 後 契 約 を 締 結 するも の 契 約 交 渉 を 行 うものについて 入 札 の 実 施 の 有 無 にかかわらず 東 北 電 力 においは1 0% 四 国 電 力 においては10.5%の 効 率 化 を 求 めた 上 で 子 会 社 関 係 会 社 に 対 し ては 本 社 並 の 経 営 合 理 化 を 求 めるため 今 後 の 契 約 取 引 に 係 る 費 用 のうち 一 般 管 理 費 等 のコスト 削 減 可 能 な 部 分 について 出 資 比 率 に 応 じ 本 社 と 同 様 に 東 北 電 力 は1 0% 四 国 電 力 は10.5%の 追 加 的 コスト 削 減 を 行 うことを 前 提 に 原 価 を 減 額 する この 結 果 東 北 電 力 について 約 10 億 円 四 国 電 力 については 約 4 億 円 の 原 価 の 減 額 と なる 11

12 3. 事 業 報 酬 事 業 報 酬 について 適 正 であるかを 消 費 者 に 対 して 明 解 かつ 丁 寧 に 説 明 すべきであ る その 際 には 次 に 掲 げる 消 費 者 の 持 つ 疑 問 の 例 を 参 考 にされたい ( 事 業 報 酬 について 消 費 者 の 持 つ 疑 問 の 例 ) 事 業 報 酬 は 電 力 会 社 の 利 益 に 相 当 するのではないか 消 費 者 が 電 力 を 消 費 する 対 価 ( 受 益 者 負 担 )として なぜ 電 気 料 金 で 負 担 しなければならないのか 事 業 報 酬 の 算 定 に 用 いられている 自 己 資 本 比 率 が 実 際 よりも 高 い 30%をベースと しており その 実 際 との 差 額 相 当 分 を 消 費 者 が 電 力 を 消 費 する 対 価 ( 受 益 者 負 担 )として なぜ 電 気 料 金 で 負 担 しなければならないのか 原 価 算 定 期 間 内 に 稼 動 を 見 込 まず 電 力 需 要 者 である 消 費 者 への 電 力 供 給 に 直 接 的 に 寄 与 しない 原 子 力 発 電 所 をレートベースに 算 入 し 消 費 者 が 電 力 を 消 費 する 対 価 ( 受 益 者 負 担 )として なぜ 電 気 料 金 で 負 担 しなければならないのか 1. 事 業 報 酬 は 借 入 金 社 債 に 対 する 支 払 利 息 や 株 主 への 配 当 金 等 に 充 当 するための 資 金 調 達 コストに 相 当 するものであり いわゆる 利 益 とは 異 なる すなわち 電 気 を 安 全 安 定 的 に 供 給 するためには 発 電 設 備 や 送 変 電 設 備 等 の 建 設 維 持 管 理 を 行 う 必 要 があり 電 気 事 業 者 はそのための 巨 額 の 設 備 投 資 資 金 等 事 業 運 営 に 必 要 な 資 金 を 調 達 す る 必 要 がある 資 金 調 達 は 銀 行 等 からの 借 り 入 れ 社 債 の 発 行 による 調 達 ( 他 人 資 本 )や 株 式 の 発 行 等 による 調 達 ( 自 己 資 本 )により 行 われるが 銀 行 社 債 の 債 権 者 に とっては 利 子 率 株 主 にとっては 配 当 や 株 価 上 昇 などがそれぞれ 期 待 する 収 益 率 を 上 回 る 場 合 に 資 金 調 達 が 可 能 となる このため 電 気 事 業 法 においては これらの 収 益 率 に 相 当 する 額 を 適 正 な 利 潤 ( 事 業 報 酬 )として 電 気 料 金 による 回 収 を 認 めており 一 般 電 気 事 業 供 給 約 款 料 金 算 定 規 則 ( 以 下 算 定 規 則 という )に 基 づき 適 正 な 事 業 資 産 価 値 (レートベース)に 事 業 報 酬 率 を 乗 じて 算 定 される なお かつては 支 払 利 息 や 配 当 金 等 を 積 み 上 げるいわゆる 積 み 上 げ 方 式 により 事 業 報 酬 を 算 定 していたが 積 み 上 げ 方 式 では 各 社 毎 の 資 本 構 成 の 差 異 等 によって 原 価 水 準 に 差 が 出 ることや 電 気 事 業 者 における 資 金 調 達 コスト 低 減 のインセンティブが 乏 し いことから 昭 和 35 年 に 現 在 の 事 業 報 酬 制 度 に 変 更 したものである 2. 現 行 の 事 業 報 酬 制 度 においては 適 正 な 事 業 資 産 価 値 (レートベース)に 事 業 報 酬 率 を 乗 じて 事 業 報 酬 額 が 算 定 されることとなっているが 事 業 報 酬 率 については 算 定 規 則 に おいて 自 己 資 本 報 酬 率 に3 割 他 人 資 本 報 酬 率 に7 割 のウェイトを 乗 じた 加 重 平 均 とし ている 自 己 資 本 報 酬 率 に 乗 じる 比 率 である 自 己 資 本 比 率 については レートベース 方 式 導 入 当 時 は5 割 とされていたが 平 成 7 年 にガス 通 信 航 空 鉄 道 といった 類 似 の 公 益 企 業 の 自 己 資 本 比 率 を 参 考 に 電 気 事 業 として 適 正 な 自 己 資 本 比 率 として3 割 が 設 定 され たものである 3 現 状 東 北 電 力 及 び 四 国 電 力 の 自 己 資 本 比 率 は3 割 を 下 回 っており 配 当 や 支 払 利 息 等 の 実 際 の 資 金 調 達 コストを 上 回 る 額 が 事 業 報 酬 として 認 められているので はないかとの 指 摘 があるが 東 北 電 力 は 平 成 22 年 度 以 降 四 国 電 力 も 平 成 23 年 度 以 降 大 幅 な 赤 字 により 自 己 資 本 が 大 きく 毀 損 しており 財 務 体 質 悪 化 の 中 で 資 金 調 達 環 境 が 悪 3 レートベース 方 式 を 採 用 しているガス 事 業 鉄 道 事 業 における 自 己 資 本 比 率 はそれぞれ 35% 30%と なっている 12

13 化 している こうした 中 現 行 レートベース 方 式 の 下 で 資 金 調 達 コストの 低 減 に 努 め 内 部 留 保 の 充 実 を 通 じて 将 来 の 資 金 調 達 コストを 低 減 させていくことは 中 長 期 的 な 電 気 料 金 の 安 定 性 の 観 点 から 需 要 家 にとってもメリットがあるものと 考 えられる 3. 審 査 要 領 上 長 期 停 止 発 電 設 備 については 原 価 算 定 期 間 内 に 緊 急 時 の 即 時 対 応 性 を 有 すること 及 び 改 良 工 事 中 などの 将 来 の 稼 働 の 確 実 性 等 を 踏 まえてレートベースに 算 入 する とされている 東 北 電 力 及 び 四 国 電 力 においては 一 部 の 原 子 力 発 電 について 料 金 算 定 上 原 価 算 定 期 間 内 の 再 稼 働 を 見 込 んでいないが これらの 原 子 力 発 電 所 についても 高 経 年 化 対 策 等 に 加 え 更 なる 安 全 性 向 上 対 策 等 の 実 施 を 計 画 し 再 稼 働 に 向 けた 準 備 を 進 めているところであり 原 価 算 定 期 間 以 降 には 稼 働 するものと 想 定 しており 現 時 点 に おいては 適 正 な 事 業 資 産 価 値 (レートベース) と 認 められる 13

14 東 北 電 力 株 式 会 社 及 び 四 国 電 力 株 式 会 社 の 供 給 約 款 変 更 認 可 申 請 に 係 る 査 定 方 針 案 p78-79 東 北 電 力 株 式 会 社 純 資 産 残 高 と 自 己 資 本 比 率 の 推 移 ( 億 円 ) (%) 12, 自 己 資 本 比 率 ( 右 軸 ) 内 部 留 保 取 崩 し 10,000 財 務 体 質 強 化 20 資 金 調 達 額 の 推 移 ( 個 別 ) ( 億 円 ) H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H24 年 度 社 債 1,200 1, ,200 借 入 金 3,108 3,962 11,800 6,571 長 期 借 入 金 420 1,059 5,087 4,095 短 期 借 入 金 2,688 2,903 6,713 2,476 CP ( 純 増 減 ) 資 金 調 達 額 計 3,798 5,172 12,080 7,531 有 利 子 負 債 残 高 対 前 年 度 末 20,035 20,102 23,968 26, ,866 2,346 7, 当 社 債 の 流 通 市 場 におけるスプレッドの 推 移 ( 残 存 10 年 程 度 ) 1.2% 5,000 純 資 産 残 高 ( 左 軸 ) その 他 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 等 % 0.8% 格 下 げ AA+ AA 格 下 げ AA A+ 2,500 法 定 準 備 金 5 0.6% 資 本 金 0.4% 格 下 げ 方 向 レーティンク モニター 0 H 法 定 準 備 金 = 資 本 準 備 金 + 利 益 準 備 金 四 国 電 力 株 式 会 社 0 0.2% 東 日 本 大 震 災 0.0% H23.3 H23.9 H24.4 H24.10 H25.5 (データの 出 所 : 売 買 参 考 統 計 値 ) [ 資 金 調 達 額 の 推 移 ( 個 別 )] 資 金 調 達 額 の 推 移 ( 個 別 ) ( 億 円 ) 4,000 3,500 3,000 2,500 自 己 資 本 比 率 ( 右 軸 ) その 他 利 益 剰 余 金 (%) 社 債 借 入 金 ( 億 円 ) H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H24 年 度 ,620 長 期 借 入 金 短 期 借 入 金 C P( 純 増 減 ) 資 金 調 達 額 計 有 利 子 負 債 残 高 対 前 年 度 末 比 ,060 6,822 6,545 6,692 7, ,000 法 定 準 備 金 15.0 [ 当 社 債 の 流 通 市 場 におけるスプレッドの 推 移 ( 残 存 10 年 程 度 )] 0.60 格 下 げ AA+ AA 1,500 1, 純 資 産 残 高 ( 左 軸 ) 資 本 金 H 法 定 準 備 金 = 資 本 準 備 金 + 利 益 準 備 金 0.00 H23.3 H23.6 H23.9 H23.12 H24.3 H24.6 H24.9 H24.12 H25.3 H25.6 ( 出 所 : 日 本 証 券 業 協 会 売 買 参 考 統 計 値 ) 14

15 4. 購 入 電 力 料 東 北 電 力 株 式 会 社 が 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社 に 支 払 う 購 入 電 力 料 に 含 まれる 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社 の 人 件 費 は 東 北 電 力 株 式 会 社 の 人 件 費 と 同 等 に 合 理 化 されている が 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社 の 役 員 報 酬 及 び 人 件 費 の 削 減 幅 等 の 合 理 化 の 内 容 を よ り 明 確 に 定 量 的 に 説 明 すべきである 1. 東 北 電 力 が 日 本 原 電 4 に 支 払 う 原 子 力 発 電 による 購 入 電 力 料 については 受 電 量 に 応 じ て 支 払 う 電 力 量 料 金 と 受 電 量 にかかわらず 支 払 う 基 本 料 金 の 組 み 合 わせで 設 定 されてい る 今 回 申 請 では 原 価 算 定 期 間 における 受 電 量 をゼロと 見 込 んでおり 核 燃 料 費 等 受 電 量 に 応 じて 支 払 う 電 力 量 料 金 は 原 価 に 算 入 されていない 他 方 で 今 回 申 請 において は 停 止 中 の 原 子 力 発 電 所 に 係 る 維 持 管 理 や 安 全 対 策 工 事 などに 必 要 と 見 込 まれる 費 用 が 原 価 算 入 されているが これらの 費 用 については 購 入 の 相 手 方 との 契 約 書 原 本 等 を 確 認 した 結 果 以 下 の 理 由 から 原 価 に 算 入 することを 認 めることが 適 当 である 1 発 電 電 力 量 の 全 量 を 受 電 会 社 に 供 給 することとしているなど 当 該 原 子 力 発 電 所 は 契 約 の 相 手 方 との 共 同 開 発 であると 認 められる 2このため 人 件 費 修 繕 費 や 減 価 償 却 費 等 の 原 子 力 発 電 所 を 安 全 に 維 持 管 理 する 費 用 や 将 来 の 稼 働 に 向 けた 投 資 に 要 する 費 用 についても 自 社 電 源 同 様 負 担 する 義 務 があると 考 えられる 2.また 東 北 電 力 が 契 約 している 東 海 第 二 発 電 所 は 日 本 原 電 においては 津 波 対 策 や 耐 震 強 化 に 係 る 改 良 工 事 を 実 施 中 であるなど 発 電 再 開 に 向 けた 準 備 を 実 施 中 である 3. 他 方 で 東 北 電 力 は 契 約 の 相 手 方 に 対 して 効 率 化 努 力 を 求 めていくべきであり 既 設 分 の 減 価 償 却 費 や 固 定 資 産 税 等 といった 効 率 化 努 力 が 見 込 めない 費 用 を 除 く 人 件 費 や 修 繕 費 等 について 東 北 電 力 自 身 による 効 率 化 努 力 分 と 比 較 し 既 に 織 り 込 まれている 効 率 化 努 力 分 では 足 らざる 部 分 については 料 金 原 価 から 減 額 する 4.とりわけ 日 本 原 電 については 東 北 電 力 も 出 資 している 会 社 であり 役 員 における 人 的 関 係 等 を 考 慮 すれば 日 本 原 電 からの 購 入 電 力 料 に 含 まれる 人 件 費 については 東 北 電 力 の 削 減 努 力 並 に 料 金 原 価 から 減 額 し その 他 の 一 般 管 理 費 等 のコスト 削 減 可 能 な 経 費 についても 東 北 電 力 のコスト 削 減 努 力 に 照 らし 10% 減 額 する 5. 特 に 人 件 費 については 日 本 原 電 の 現 行 の 常 勤 役 員 1 人 当 たり 報 酬 額 2,800 万 円 ( 平 成 23 年 度 実 績 )を 東 北 電 力 同 様 国 家 公 務 員 指 定 職 と 同 水 準 (1,800 万 円 )とするとともに 東 北 電 力 の 役 員 と 兼 務 している 非 常 勤 役 員 への 報 酬 については 原 価 算 入 を 認 めない また 1 人 当 たり 従 業 員 給 与 については 現 行 801 万 円 ( 平 成 23 年 度 実 績 )であるところ 東 北 電 力 の 査 定 後 の 水 準 である596 万 円 まで 料 金 原 価 を 減 額 する 4 日 本 原 電 は 電 力 9 社 と 電 源 開 発 等 が 出 資 し 我 が 国 で 初 めて 商 業 用 原 子 力 発 電 所 を 建 設 した 会 社 であ る また 同 社 は 設 立 以 来 配 当 を 行 っておらず 効 率 化 による 効 果 は 購 入 電 力 料 に 反 映 している 15

16 6.なお 他 社 の 査 定 方 針 も 踏 まえ さらに 東 北 電 力 が 日 本 原 電 と 交 渉 した 結 果 平 成 25 年 度 の 受 給 契 約 において 工 事 の 一 部 を 翌 年 度 以 降 に 繰 り 延 べることなどにより 減 額 と なったため これも 料 金 原 価 から 減 額 する 7. 以 上 により 東 北 電 力 が 日 本 原 電 に 支 払 う 原 子 力 発 電 に 係 る 購 入 電 力 料 の 申 請 額 から の 削 減 額 は 約 6 億 円 となる 16

17 5. 電 灯 需 要 の 伸 び 予 測 最 大 電 力 量 想 定 と 節 電 予 測 見 込 みと 実 績 の 乖 離 節 電 や 省 エネ 行 動 による 需 要 削 減 効 果 が 電 気 料 金 に 与 える 影 響 について 個 々の 家 庭 で 節 電 を 行 えば 支 払 いの 抑 制 につながるものであること また 節 電 が 定 着 すれ ば 長 期 的 には 設 備 投 資 の 抑 制 等 による 費 用 の 逓 減 につながるものであることの 説 明 を 行 うことで 消 費 者 の 間 で 節 電 しても 値 上 げになるので 意 味 がないといった 誤 解 が 生 まれないようにすべきである 1. 今 般 の 認 可 申 請 に 当 たっては 両 電 力 会 社 ともピーク 対 応 料 金 メニューを 設 定 してい る( 両 電 力 会 社 本 年 7 月 1 日 に 設 定 済 み)とともに 夜 間 蓄 熱 機 器 要 件 を 有 するメニ ューやオール 電 化 に 附 帯 するメニューの 新 規 加 入 の 停 止 を 表 明 しているが 第 23 回 電 気 料 金 審 査 専 門 委 員 会 において 一 定 の 仮 定 をおいて 試 算 をした 結 果 電 気 料 金 の 値 上 げとなることが 示 された ( 東 北 電 力 ) 第 23 回 電 気 料 金 審 査 専 門 委 員 会 資 料 4-1より 需 要 抑 制 の 深 掘 りに 伴 う 短 期 的 料 金 影 響 p2 需 要 抑 制 による 短 期 的 な 電 気 料 金 への 影 響 について, 検 証 を 行 った 短 期 的 には 発 電 所 等 の 設 備 形 成 に 係 る 固 定 費 の 削 減 は 困 難 であるが, 燃 料 単 価 の 高 い 火 力 発 電 所 の 稼 働 抑 制 により 燃 料 費 が 減 少 すると 考 えられる 仮 に, 規 制 部 門 で1% 需 要 が 抑 制 された 場 合, 燃 料 費 の 減 少 となるものの, 販 売 電 力 量 も 減 少 するこ とから, 規 制 分 野 の 平 均 単 価 はわずかに 上 昇 (24.27 円 /kwh 円 /kwh) < 昼 間 (7~23 時 )の 電 力 量 が1% 抑 制 された 場 合 の 燃 料 削 減 効 果 の 試 算 ( 規 制 分 野 )> [ 更 なる 需 要 抑 制 の 試 算 ] 電 力 量 : 約 200 億 kwh 1 1 % = 約 2 億 kwh 原 価 : 約 2 億 kwh 約 17 円 /kwh 2 = 約 34 億 円 1 規 制 部 門 の 昼 間 (7~23 時 ) 電 力 量 (3ヵ 年 平 均 ) 2 自 社 石 油 火 力 単 価 申 請 更 なる 需 要 抑 制 左 記 反 映 後 原 価 (A) 6,955 億 円 34 億 円 6,921 億 円 電 力 量 (B) 287 億 kwh 2 億 kwh 285 億 kwh 単 価 (C) = (A)/(B) 円 /kwh 円 /kwh 17

18 ( 四 国 電 力 ) 第 23 回 電 気 料 金 審 査 専 門 委 員 会 資 料 4-2より 需 要 抑 制 の 深 掘 りに 伴 う 短 期 的 影 響 ( 規 制 部 門 での 影 響 ) 7 需 要 抑 制 による 短 期 的 な 電 気 料 金 への 影 響 について 検 証 短 期 的 には 発 電 所 等 の 設 備 形 成 に 係 る 固 定 費 の 削 減 は 困 難 であるが 燃 料 費 の 高 い 火 力 発 電 所 の 稼 働 抑 制 により 燃 料 費 は 減 少 すると 考 えられる 例 えば 規 制 部 門 で1% 需 要 が 抑 制 された 場 合 火 力 燃 料 費 は 減 少 するものの 販 売 電 力 量 の 減 少 により 固 定 費 単 価 が 増 加 するため 規 制 部 門 の 平 均 単 価 はわずかに 上 昇 する (22.68 円 /kwh 円 /kwh) 昼 間 (7~23 時 )の 電 力 量 が1% 抑 制 された 場 合 の 燃 料 費 節 減 効 果 の 試 算 [ 規 制 部 門 ] [ 更 なる 需 要 抑 制 の 試 算 ] 電 力 量 : 規 制 部 門 の 昼 間 (7~23 時 ) 電 力 量 (3ヵ 年 平 均 ) 約 80 億 kwh 1% = 0.8 億 kwh 原 価 : 約 0.8 億 kwh 自 社 石 油 火 力 単 価 約 15 円 /kwh = 12 億 円 申 請 (3ヵ 年 平 均 ) 更 なる 需 要 抑 制 左 記 反 映 後 原 価 (A) 2,540 億 円 12 億 円 2,528 億 円 電 力 量 (B) 億 kwh 0.8 億 kwh 億 kwh 単 価 (C)=(A) (B) 円 /kwh 円 /kwh 2. 上 記 の 試 算 は 原 価 構 成 や 料 金 メニュー 構 成 は 試 算 の 前 後 で 同 一 とするなど 料 金 改 定 後 の 料 金 メニューを 前 提 として 原 価 算 定 期 間 における 短 期 的 な 需 要 抑 制 効 果 を 試 算 し たものであるが 今 後 需 要 抑 制 に 資 する 様 々な 料 金 メニューが 導 入 活 用 され 抑 制 効 果 が 拡 大 すれば 長 期 的 には 設 備 投 資 の 抑 制 等 により 電 気 料 金 単 価 の 低 減 につながると 考 えられる 18

19 ( 東 北 電 力 ) 第 24 回 電 気 料 金 審 査 専 門 委 員 会 資 料 4-2より 19

20 ( 四 国 電 力 ) 第 24 回 電 気 料 金 審 査 専 門 委 員 会 資 料 4-3より 3.なお 個 別 の 需 要 家 にとっては 節 電 による 使 用 電 力 量 の 抑 制 が 電 気 料 金 の 支 払 い 額 の 軽 減 につながることは 事 実 であり 電 力 会 社 には 料 金 メニューの 活 用 を 促 すなど 節 電 や 負 荷 平 準 化 に 資 する 丁 寧 な 説 明 を 求 めてまいりたい 20

21 6. 新 料 金 体 系 への 移 行 に 向 けた 情 報 提 供 等 新 料 金 体 系 への 移 行 に 向 けた 情 報 提 供 等 について 電 力 会 社 が 消 費 者 団 体 等 への 説 明 の 機 会 を 設 定 する 等 単 に 情 報 を 公 開 するだけではなく 個 々の 消 費 者 に 届 くよう 積 極 的 に 周 知 説 明 することが 必 要 であり このために 十 分 な 周 知 期 間 を 取 るべきで ある また 電 力 会 社 にも 周 知 説 明 の 対 応 を 促 すべきである 特 に 東 北 電 力 株 式 会 社 については 供 給 区 域 内 に 東 日 本 大 震 災 により 甚 大 な 被 害 を 受 けた 地 域 があり 応 急 仮 設 住 宅 に 住 む 避 難 者 など 生 活 基 盤 が 安 定 していない 被 災 者 もいまだ 多 数 に 上 ることも 踏 まえ 電 気 の 低 利 用 者 の 負 担 増 に 配 慮 した 料 金 体 系 とす べきである さらに 料 金 改 定 前 に 消 費 者 団 体 等 との 意 見 交 換 会 を 開 催 する 等 分 かりやすい 情 報 提 供 を 行 うべきである また 料 金 改 定 の 前 後 を 問 わず 消 費 者 からの 問 合 せ 苦 情 に 対 して 丁 寧 な 説 明 を 行 うとともに 事 業 運 営 に 消 費 者 の 意 見 を 反 映 させるといっ た 対 応 も 行 うべきである 1. 東 北 電 力 によると 申 請 以 降 検 針 時 に 全 戸 配 布 する 東 北 電 力 ニュースや 電 気 ご 使 用 量 のお 知 らせ( 検 針 票 )の 裏 面 等 を 通 じて 料 金 値 上 げ 申 請 に 至 った 背 景 申 請 内 容 経 営 効 率 化 への 取 組 み 等 について 幅 広 くお 知 らせするとともに プレス 発 表 の 添 付 資 料 や 電 気 料 金 審 査 専 門 委 員 会 等 での 説 明 資 料 をホームページに 掲 載 している また 各 種 団 体 さま( 消 費 者 団 体 経 済 団 体 自 治 体 等 )に 対 しては 申 請 後 速 やかに 説 明 の 場 を 積 み 重 ねるとともに 詳 細 なご 説 明 を 希 望 される 一 般 のお 客 さま 各 種 団 体 さまに 対 して も 個 別 に 訪 問 の 上 丁 寧 な 説 明 を 実 施 しており 5 月 末 までに 約 4,600 回 約 1 3,000 名 に 説 明 している そのうち 消 費 者 団 体 に 対 しては 値 上 げ 申 請 以 降 個 別 訪 問 や 消 費 者 団 体 が 開 催 する 勉 強 会 や 説 明 会 への 出 席 など 電 気 料 金 値 上 げ 申 請 につ いてご 理 解 いただくため 積 極 的 に 説 明 を 行 っており 5 月 末 までに 延 べ 約 350 団 体 約 2,700 名 に 説 明 している さらに お 電 話 でのお 問 い 合 わせのお 客 さまにつ いては 当 社 コールセンターで 専 用 窓 口 を 設 けている 他 ホームページにおいてもメー ルによるお 問 い 合 わせを 承 っている とりわけ 被 災 地 の 自 治 体 に 対 しては 申 請 後 速 や かにきめ 細 かな 説 明 を 行 い 理 解 活 動 に 注 力 している また 被 災 者 の 方 々を 含 め 詳 細 なご 説 明 を 希 望 されるお 客 さまに 対 しては 個 別 にご 訪 問 させていただき 丁 寧 な 説 明 を 実 施 し ご 理 解 いただくよう 努 めている とのことである また 四 国 電 力 によると 値 上 げ 申 請 に 至 った 背 景 経 営 効 率 化 の 取 り 組 み 値 上 げ の 内 容 等 について 検 針 時 にリーフレットを 全 戸 配 布 することにより 広 くお 知 らせす るとともに 当 社 ホームページ 上 に 値 上 げ 申 請 に 関 するサイト を 開 設 し プレス 発 表 時 に 添 付 した 詳 細 な 説 明 資 料 や 電 気 料 金 審 査 専 門 委 員 会 での 説 明 資 料 を 随 時 掲 載 する など より 詳 細 かつタイムリーな 情 報 提 供 を 行 っている また 自 治 体 消 費 者 団 体 中 小 企 業 団 体 など 各 種 団 体 の 皆 さまに 対 しては 訪 問 等 による 丁 寧 な 説 明 を 実 施 して おり(1,942 団 体 ) 消 費 者 団 体 等 については 本 部 にとどまらず 支 部 や 会 員 等 にも 対 象 を 広 げ 追 加 の 説 明 会 ( 約 110 団 体 約 2,000 名 )を 開 催 している さら に お 電 話 でお 問 い 合 わせいただいたお 客 さまに 対 しても 各 県 のコールセンター 内 に 21

22 専 用 窓 口 を 設 置 し 丁 寧 にお 応 えするとともに 詳 細 な 説 明 を 希 望 されるお 客 さまに 対 しては 個 別 訪 問 による 対 応 を 実 施 している とのことである 2. 東 北 電 力 によると ( 認 可 された 場 合 ) 出 来 る 限 り 速 やかに 検 針 時 に 全 戸 配 布 する 東 北 電 力 ニュースや 電 気 ご 使 用 量 のお 知 らせ( 検 針 票 )の 裏 面 ホームページ さらに は 新 聞 への 広 告 掲 載 などを 通 じて 料 金 値 上 げ 原 価 算 定 の 概 要 値 上 げ 影 響 額 経 営 効 率 化 への 取 組 み 等 について 幅 広 くお 知 らせしていく また 各 種 団 体 さま( 消 費 者 団 体 経 済 団 体 自 治 体 等 )に 対 しては 申 請 時 同 様 速 やかに 説 明 を 行 うとともに 詳 細 なご 説 明 を 希 望 される 一 般 のお 客 さま 各 種 団 体 さまに 対 しては 個 別 訪 問 の 上 丁 寧 な 説 明 を 実 施 していく さらに お 電 話 でのお 問 い 合 わせのお 客 さまについては 引 き 続 き 当 社 コールセンターで 専 用 窓 口 を 設 けている 他 ホームページにおいてもメール によるお 問 い 合 わせを 承 ることとしており お 問 い 合 わせに 対 しても 丁 寧 に 対 応 してい く なお お 客 さまからのお 問 い 合 わせが 多 いものは よくあるご 質 問 として 当 社 ホー ムページに 掲 載 しており 今 後 も 適 宜 更 新 していく とのことである また 四 国 電 力 によると 申 請 日 に 各 県 のコールセンター 内 に 専 用 窓 口 を 設 置 し お 客 さまからのお 問 い 合 わせに 対 して 丁 寧 にお 応 えするとともに 詳 細 な 説 明 を 希 望 さ れるお 客 さまに 対 しては 個 別 訪 問 による 対 応 を 実 施 しており 認 可 をいただいた 場 合 も 引 き 続 き 懇 切 丁 寧 な 対 応 を 実 施 していく また 自 治 体 消 費 者 団 体 中 小 企 業 団 体 など 各 種 団 体 の 皆 さまに 対 しては 値 上 げの 検 討 開 始 を 表 明 した 昨 年 11 月 以 降 訪 問 等 による 丁 寧 な 説 明 を 継 続 して 実 施 しており 認 可 をいただいた 際 も 補 正 後 の 原 価 や 値 上 げの 内 容 等 について 訪 問 等 による 丁 寧 な 説 明 を 実 施 していく 加 えて お 客 さまからのお 問 い 合 わせが 多 い 事 項 については ホームページの よくあるご 質 問 に 追 加 掲 載 しており 今 後 も 随 時 追 加 掲 載 していく とのことである 3. 経 済 産 業 省 としては 厳 正 に 精 査 を 行 い 査 定 によるメリットを より 多 くの 家 庭 が 享 受 できるよう 2 段 階 料 金 の 引 き 下 げ 幅 を 申 請 時 よりも 大 きくしている その 際 東 北 電 力 株 式 会 社 については 供 給 区 域 内 に 東 日 本 大 震 災 により 甚 大 な 被 害 を 受 けた 地 域 があり 応 急 仮 設 住 宅 に 住 む 避 難 者 など 生 活 基 盤 が 安 定 していない 被 災 者 もまだ 多 数 に 上 ることも 踏 まえ 電 気 の 低 利 用 者 の 負 担 増 に 配 慮 し さらなる 引 き 下 げ 幅 の 拡 大 を 行 っている 4. 東 北 電 力 及 び 四 国 電 力 に 対 しては 引 き 続 き 丁 寧 な 周 知 説 明 を 求 めてまいりたい なお 新 料 金 体 系 の 実 施 日 は 十 分 な 周 知 期 間 を 確 保 する 観 点 から 9 月 1 日 とする 22

23 7.その 他 資 産 売 却 について 売 却 可 能 資 産 の 現 状 処 分 計 画 等 を 明 らかにし 更 なる 上 乗 せを 行 う 余 地 はないか 検 証 すべきである 東 北 電 力 によると 社 有 の 宿 泊 体 育 施 設 は 全 て 廃 止 するとともに 土 地 建 物 は 業 務 に 支 障 を 来 たさない 範 囲 で 売 却 し 不 使 用 資 産 の 処 分 に 取 り 組 んできた 具 体 的 に は 平 成 10~23 年 度 に 土 地 約 1,580 画 地 建 物 約 470 棟 を 総 額 約 209 億 円 で 売 却 しており この 内 容 については 年 度 決 算 発 表 時 に 経 営 概 況 の 中 で 公 表 してい る 今 後 処 分 できる 物 件 は 限 られるものの 引 き 続 き 収 益 の 確 保 に 向 け 不 使 用 資 産 の 積 極 的 処 分 を 進 めていくこととしており 中 期 計 画 において 社 宅 寮 などの 旧 厚 生 施 設 を 中 心 に42 件 の 売 却 を 進 める 予 定 としている なお 売 却 の 進 捗 については 今 後 も 経 営 概 況 の 中 で 公 表 する 予 定 である 有 価 証 券 は 電 気 事 業 の 円 滑 かつ 効 率 的 な 運 営 に 資 するために 平 成 24 年 3 月 末 時 点 で142 銘 柄 720 億 円 の 株 式 を 保 有 してい るが 平 成 19 年 度 以 降 の5 年 間 で 約 30 億 円 の 保 有 株 式 を 売 却 している 今 後 も 電 気 事 業 ならびに 当 社 グループの 安 定 的 事 業 運 営 や 企 業 価 値 向 上 に 資 することが 見 込 まれ ないものなどについて 市 場 動 向 等 も 勘 案 の 上 売 却 を 検 討 していく また 関 係 会 社 においても 土 地 建 物 は 業 務 に 支 障 を 来 たさない 範 囲 で 売 却 し 不 使 用 資 産 の 処 分 に 取 り 組 んできている とのことである 23

24 ( 東 北 電 力 ) 第 7 回 家 庭 用 電 気 料 金 の 値 上 げ 認 可 申 請 に 関 する 調 査 会 資 料 2より ( 東 北 電 力 ) 第 24 回 電 気 料 金 審 査 専 門 委 員 会 資 料 6-1より 資 産 圧 縮 の 取 組 み( 有 価 証 券 ) p8 電 気 事 業 の 円 滑 かつ 効 率 的 な 運 営 に 資 するために,142 銘 柄 720 億 円 の 株 式 を 保 有 ( 平 成 24 年 3 月 末 ) 平 成 19 年 度 から23 年 度 までの5 年 間 で, 約 30 億 円 の 保 有 株 式 を 売 却 今 後 も, 電 気 事 業 ならびに 当 社 グループの 安 定 的 事 業 運 営 や 企 業 価 値 向 上 に 資 することが 見 込 まれないものなどにつ いて, 市 場 動 向 等 も 勘 案 の 上, 売 却 を 検 討 していく < 有 価 証 券 売 却 実 績 > ( 金 額 単 位 : 百 万 円 ) 年 度 売 却 額 売 却 益 銘 柄 数 平 成 19 年 度 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 2, 平 成 23 年 度 合 計 3,

25 2. 四 国 電 力 によると 電 力 の 小 売 部 分 自 由 化 が 始 まった 平 成 12 年 度 以 降 23 年 度 まで の12ヵ 年 で 事 業 所 の 統 廃 合 やそれに 伴 う 社 宅 寮 の 廃 止 により 不 要 となった 土 地 等 の 資 産 約 290 件 約 14 万 m2 約 40 億 円 を 売 却 した 今 後 の 取 り 組 みとしては 当 社 が 保 有 する 電 気 事 業 の 運 営 に 直 接 係 わらない 資 産 の 数 は 限 られていること 四 国 域 内 の 地 価 も 大 都 市 圏 と 比 較 して 低 調 に 推 移 していることなどから 資 産 売 却 による 大 幅 な 収 益 を 期 待 することは 困 難 であるが 引 き 続 き 事 業 所 や 社 宅 の 廃 止 など 設 備 の 廃 止 により 不 使 用 となる 資 産 について 積 極 的 に 売 却 を 推 進 し 今 後 3ヵ 年 において 約 7.4 億 円 を 売 却 する 予 定 である とのことである ( 四 国 電 力 ) 第 24 回 電 気 料 金 審 査 専 門 委 員 会 資 料 7-1より 7. 保 有 資 産 の 売 却 について 25 平 成 12 年 度 から23 年 度 までの12ヵ 年 の 売 却 実 績 は 約 290 件 約 14 万 m2 約 40 億 円 ( 売 却 価 額 ) これまでの 取 り 組 み 電 力 の 小 売 部 分 自 由 化 が 始 まった 平 成 12 年 度 以 降 事 業 所 の 統 廃 合 やそれに 伴 う 社 宅 寮 の 廃 止 により 不 要 となった 土 地 等 の 資 産 について 継 続 的 に 売 却 を 実 施 してきた 期 間 件 数 面 積 売 却 価 額 主 な 売 却 物 件 平 成 12 年 度 ~ 平 成 23 年 度 約 290 件 約 14 万 m2 約 40 億 円 高 松 支 店 電 柱 置 場 西 条 営 業 所 跡 地 吉 田 浜 変 電 所 東 側 社 宅 跡 地 番 町 社 宅 跡 地 今 後 の 取 り 組 み 当 社 が 保 有 する 電 気 事 業 の 運 営 に 直 接 係 わらない 資 産 の 数 は 限 られていること 四 国 域 内 の 地 価 も 大 都 市 圏 と 比 較 して 低 調 に 推 移 していることなどから 資 産 売 却 による 大 幅 な 収 益 を 期 待 することは 困 難 であるが 引 き 続 き 事 業 所 や 社 宅 の 廃 止 など 設 備 の 廃 止 により 不 使 用 となる 資 産 について 積 極 的 に 売 却 を 推 進 していく ( 今 後 3ヵ 年 における 売 却 予 定 資 産 ) 旧 用 途 件 数 面 積 固 定 資 産 評 価 額 主 な 売 却 対 象 物 件 旧 事 業 所 4 件 約 0.4 万 m2 約 1.7 億 円 旧 宮 脇 1 号 社 宅 跡 地 旧 社 宅 寮 厚 生 施 設 18 件 約 1.6 万 m2 約 5.7 億 円 旧 桜 町 1 2 号 社 宅 跡 地 藤 原 テニスコート 合 計 22 件 約 2.0 万 m2 約 7.4 億 円 入 明 社 宅 跡 地 25

26 各 利 害 関 係 者 (ステークホルダー)の 負 担 について 利 用 者 取 引 先 役 員 従 業 員 株 主 金 融 機 関 等 の 負 担 も 可 能 な 限 り 定 量 的 に 説 明 すべきである 1. 東 北 電 力 によると 電 気 料 金 の 値 上 げによりお 客 さまに 多 大 なご 負 担 をお 願 いする ことになるため 徹 底 した 経 営 効 率 化 を 前 提 に 料 金 原 価 を 算 定 しており その 中 で 各 ス テークホルダーにも 様 々な 形 でご 負 担 をお 願 いすることとしている 役 員 について は 平 成 23 年 11 月 から 年 収 の 最 大 20%の 自 主 返 上 を 実 施 しており さらに 平 成 2 4 年 12 月 からは 最 大 40%まで 深 掘 りし 減 額 後 の 水 準 で 原 価 算 入 している また 従 業 員 についても 前 回 原 価 から23% 減 の642 万 円 で 原 価 算 入 している 取 引 先 に 対 しては 競 争 的 発 注 の 拡 大 などによる 発 注 額 の 削 減 を 地 域 社 会 の 皆 さまに 対 しては 寄 付 金 や 諸 会 費 等 の 削 減 を 実 施 していくこととしている 株 主 の 皆 さまには 前 年 度 に 引 続 き2 年 連 続 で 無 配 とさせていただいているほか 1 株 当 たり 純 資 産 も 震 災 以 降 大 幅 な 減 少 となっている 最 後 に 金 融 機 関 からの 融 資 額 は 増 加 しているが 格 付 けが 低 下 す るなど 財 務 リスクは 高 まっている とのことである 機 密 性 26

27 2. 四 国 電 力 によると 電 気 料 金 の 値 上 げにより お 客 さまには 多 大 なご 負 担 をお 願 い する 一 方 更 なる 経 営 合 理 化 効 率 化 の 実 施 を 通 じて 役 員 従 業 員 はもとより 取 引 先 株 主 等 各 ステークホルダーにも ご 負 担 をお 願 いすることとしている 役 員 報 酬 については 年 収 を3 割 程 度 減 額 しており 申 請 原 価 にも 減 額 後 の 水 準 で 算 入 してい る また 従 業 員 においても 基 準 賃 金 や 賞 与 のカットによる 年 収 水 準 の 引 下 げを 実 施 しており 年 収 メルクマールの 基 準 に 沿 って 現 行 水 準 から16% 減 となる645 万 円 で 原 価 に 算 入 している 以 上 の 取 り 組 みについては プレス 発 表 や 電 気 料 金 審 査 専 門 委 員 会 の 説 明 資 料 等 で 定 量 的 なデータを 公 表 しており ホームページにも 掲 載 してい る とのことである 平 成 25~27 年 度 平 均 お 客 さま 値 上 げ 申 請 規 制 部 門 : 平 均 10.94% 自 由 化 部 門 : 平 均 17.50% 取 引 先 地 域 社 会 役 員 従 業 員 仕 様 の 見 直 しや 競 争 発 注 の 拡 大 による 調 達 取 引 価 格 の 低 減 工 事 内 容 や 実 施 時 期 の 見 直 し 燃 料 費 購 入 電 力 料 の 削 減 など 寄 付 金 諸 会 費 等 の 削 減 役 員 報 酬 : 年 収 を3 割 程 度 減 額 基 準 賃 金 や 賞 与 のカットによる 年 収 水 準 の 引 下 げ 福 利 厚 生 制 度 の 見 直 し など 合 計 配 当 の 状 況 237 ( 172) ( 281) ( ) 内 の 数 値 は 費 用 換 算 後 の 値 株 主 配 当 : 平 成 25 年 3 月 期 決 算 :60 円 0 円 124 平 成 22 年 度 平 成 24 年 度 金 融 機 関 格 付 長 期 借 入 金 残 高 AA+( 震 災 前 ) 2,655 億 円 AA-( 直 近 ) 3,205 億 円 R&Iの 格 付 27

28 Ⅲ. 今 後 の 課 題 人 件 費 の 査 定 における 給 与 の 比 較 について 比 較 対 象 とする 企 業 や 公 益 事 業 のセクタ ーの 範 囲 をより 合 理 的 なものにできないか 検 討 すべきである 公 益 企 業 との 比 較 については 審 査 要 領 において ガス 事 業 鉄 道 事 業 等 類 似 の 公 益 事 業 の 平 均 値 とも 比 較 しつつ 査 定 を 行 うことが 予 め 定 められており その 対 象 業 種 は 5 大 規 模 なネットワーク 設 備 を 有 するという 事 業 の 類 似 性 や 料 金 規 制 及 び 競 争 実 態 を 勘 案 した 結 果 ガス 水 道 鉄 道 の3 業 種 を 比 較 対 象 とすることが 適 当 であるとした 比 較 を 行 う 上 で 適 当 な 公 益 企 業 については それぞれの 事 業 規 制 や 業 態 が 変 化 していくこ とも 踏 まえ 今 後 とも 引 き 続 き 検 討 してまいりたい 5 料 金 規 制 について ガス 水 道 鉄 道 事 業 については 総 括 原 価 方 式 に 基 づく 認 可 制 となっている 一 方 通 信 については NTTの 基 本 通 話 料 金 のみ 上 限 規 制 航 空 については 国 際 線 は 認 可 制 であるが 国 内 線 は 届 出 制 となっている 28

29 事 後 検 証 については 以 下 の 点 を 検 討 すべきである 燃 料 調 達 について 世 界 的 なエネルギー 価 格 の 動 向 を 反 映 させるとともに 継 続 的 なコスト 削 減 インセンティブに 関 する 事 後 的 な 検 証 (トップランナー 価 格 の 原 価 織 り 込 み 燃 料 費 調 整 制 度 の 在 り 方 等 を 含 む) 料 金 算 定 の 前 提 条 件 が 認 可 時 からどの 程 度 乖 離 したかどうかの 観 点 からの 検 証 費 用 と 料 金 メニュー 毎 の 収 入 及 び 販 売 量 の 原 価 算 定 期 間 内 の 進 捗 状 況 について 一 覧 といった 分 かりやすい 形 での 消 費 者 への 定 期 的 公 表 ( 実 績 値 や 見 込 額 ) 今 回 の 原 価 算 定 期 間 終 了 後 には 電 源 構 成 が 大 きく 変 わり 燃 料 費 の 大 幅 削 減 による 値 下 げも 想 定 される 現 行 の 電 気 事 業 法 において 値 下 げにあたっては 事 業 者 からの 届 出 のみで 済 むことになるが その 際 に 値 下 げ 幅 について 何 らかの 検 証 が 可 能 になるよ う その 方 策 についての 検 討 を 行 うべきである 1. 燃 料 調 達 については 特 にLNGについて 世 界 的 な 需 給 構 造 が 変 革 期 にある 中 で 継 続 的 なコスト 削 減 インセンティブが 確 保 されるよう 料 金 認 可 時 における 原 価 織 り 込 みのあり 方 燃 料 費 調 整 制 度 のあり 方 を 含 め 今 後 引 き 続 き 検 討 してまいりたい な お 関 西 電 力 及 び 九 州 電 力 の 電 気 料 金 値 上 げ 認 可 申 請 に 係 る 査 定 方 針 案 においても 天 然 ガスに 係 る 燃 料 調 達 については 従 来 の 石 油 価 格 リンクの 長 期 契 約 に 加 え スポ ット 取 引 が 増 大 していることや 天 然 ガス 価 格 リンクの 長 期 契 約 の 増 加 が 今 後 見 込 まれる ことを 踏 まえ 事 業 者 における 経 営 効 率 化 インセンティブを 阻 害 することがないよう 必 要 に 応 じ 現 行 の 燃 料 費 調 整 制 度 のあり 方 を 検 討 していくべきである とされてい る 2. 有 識 者 会 議 報 告 書 の 提 言 を 受 け これまで 自 由 化 部 門 が 赤 字 の 場 合 のみ 公 表 されてい た 部 門 別 収 支 を 毎 年 度 公 表 するよう 電 気 料 金 情 報 公 開 ガイドライン を 改 正 した 今 年 度 の 部 門 別 収 支 の 公 表 に 当 たっては 各 社 ともホームページ 上 で 過 去 の 原 価 算 定 期 間 における 販 売 電 力 量 や 原 価 項 目 の 実 績 値 を 公 表 している また 東 北 電 力 と 四 国 電 力 に ついては それぞれ 第 27 回 審 査 専 門 委 員 会 の 資 料 7-3 及 び 資 料 8-3において 供 給 約 款 と 選 択 約 款 の 平 成 20 年 料 金 改 定 時 の 電 力 量 料 金 収 入 改 定 以 降 の 実 績 を 公 表 し さらに それぞれ 第 7 回 家 庭 用 電 気 料 金 の 値 上 げ 認 可 申 請 に 関 する 調 査 会 の 資 料 2 3においても 平 成 20 年 料 金 改 定 時 の 原 価 と 改 定 以 降 の 実 績 を 公 表 している 今 後 とも 消 費 者 にとって 分 かりやすい 情 報 の 提 供 に 努 めてまいりたい 3. 有 識 者 会 議 報 告 書 においては 料 金 設 定 後 1 原 価 算 定 期 間 内 においては 決 算 発 表 時 に 決 算 実 績 収 支 見 通 し 利 益 の 使 途 効 率 化 の 進 捗 等 について 評 価 を 行 うともに 部 門 別 収 支 を 公 表 すること 2 原 価 算 定 期 間 終 了 後 は 1に 加 えて 原 価 と 実 績 の 比 較 等 につい て 規 制 自 由 部 門 に 分 けて 評 価 を 実 施 し 必 要 に 応 じて 料 金 認 可 申 請 命 令 の 発 動 の 要 否 を 検 討 することが 提 言 されている なお 同 報 告 書 の 提 言 を 受 け これまで 自 由 化 部 門 が 赤 字 の 場 合 のみ 公 表 されていた 部 門 別 収 支 を 毎 年 度 公 表 するよう 電 気 料 金 情 報 公 開 ガイド ライン を 改 正 している 4.また 今 回 改 定 以 降 の 収 益 構 造 の 変 化 については 事 後 評 価 において 部 門 別 収 支 が 毎 年 公 表 され 原 価 算 定 期 間 終 了 後 には 原 価 と 実 績 の 部 門 別 評 価 を 実 施 することとなっている 29

30 が 経 済 産 業 省 としては 料 金 認 可 申 請 命 令 の 発 動 基 準 に 基 づき 収 益 構 造 のゆがみが 著 しく また 構 造 的 なものと 認 められる 場 合 には 事 業 者 に 料 金 改 定 を 促 すとともに 事 業 者 がこれに 応 じない 場 合 には 料 金 認 可 申 請 命 令 の 発 動 を 検 討 することとしたい 5.なお 電 気 事 業 法 に 基 づく 値 下 げの 届 出 がなされた 場 合 には 経 済 産 業 省 としては 値 下 げ 幅 やその 要 因 等 について ホームページ 等 を 用 いた 丁 寧 な 説 明 周 知 を 行 うよう 促 してまいりたい 東 北 電 力 事 業 者 に 係 る 部 門 別 収 支 計 算 書 ( 東 北 電 力 )( 平 成 23 年 度 ) 30

31 31

32 32

33 ( 東 北 電 力 ) 第 27 回 電 気 料 金 審 査 専 門 委 員 会 資 料 7-3より ( 参 考 ) 需 要 想 定 と 需 要 実 績 について p47 供 給 約 款 平 成 20 年 改 定 平 成 20 年 度 想 定 実 績 増 減 率 対 平 成 20 年 改 定 電 力 量 24,642 24, 料 金 収 入 589, , ( 単 位 : 百 万 kwh, 百 万 円,%) 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 実 績 増 減 率 対 平 成 20 年 改 定 実 績 増 減 率 対 平 成 20 年 改 定 実 績 増 減 率 対 平 成 20 年 改 定 23, , , , , , 再 掲 従 量 電 灯 電 力 量 20,628 20, 料 金 収 入 488, , , , , , , , 選 択 約 款 電 力 量 4,596 4, 料 金 収 入 64,270 68, , , , , , , 再 掲 時 間 帯 別 電 灯 電 力 量 2,779 2, 料 金 収 入 36,846 41, , , , , , , 規 制 部 門 合 計 電 力 量 29,238 28, 料 金 収 入 653, , , , , , , , 四 国 電 力 事 業 者 に 係 る 部 門 別 収 支 計 算 書 ( 四 国 電 力 )( 平 成 23 年 度 ) 33

34 34

35 ( 四 国 電 力 ) 第 27 回 電 気 料 金 審 査 専 門 委 員 会 資 料 8-3より ( 参 考 ) 需 要 想 定 と 需 要 実 績 47 平 成 20 年 改 定 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 ( 単 位 : 百 万 kwh, 百 万 円,%) 平 成 23 年 度 実 績 増 減 率 実 績 増 減 率 実 績 増 減 率 想 定 実 績 増 減 率 対 平 成 20 年 想 定 対 平 成 20 年 想 定 対 平 成 20 年 想 定 対 平 成 20 年 想 定 供 給 約 款 再 掲 従 量 電 灯 A 選 択 約 款 再 掲 季 時 別 電 灯 規 制 部 門 合 計 電 力 量 8,936 8, , , , 料 金 208, , , , , 電 力 量 6,627 6, , , , 料 金 148, , , , , 電 力 量 2,599 2, , , , 料 金 35,813 37, , , , 電 力 量 1,503 1, , , , 料 金 21,819 23, , , , 電 力 量 11,535 11, , , , 料 金 244, , , , , 四 捨 五 入 の 関 係 で 合 計 が 一 致 しない 場 合 がある 第 31 回 電 気 料 金 審 査 専 門 委 員 会 ( 後 半 ) 資 料 5より ( 参 考 ) 電 気 事 業 法 第 23 条 に 基 づく 料 金 変 更 認 可 申 請 命 令 に 係 る 基 準 設 定 の 主 旨 1. 電 気 料 金 制 度 運 用 の 見 直 しに 係 る 有 識 者 会 議 においては 原 価 算 定 期 間 終 了 後 に 事 後 評 価 を 実 施 することが また 消 費 者 委 員 会 の 東 京 電 力 の 家 庭 用 電 気 料 金 の 値 上 げ 認 可 申 請 に 対 する 意 見 ( 平 成 24 年 7 月 13 日 )においては 料 金 変 更 認 可 申 請 命 令 等 を 含 めた 法 令 等 の 見 直 し 整 備 にかかる 検 討 を 行 うことが 提 言 されている 2.かかる 状 況 を 受 け 規 制 部 門 の 料 金 設 定 について 構 造 的 要 因 として 利 益 率 が 必 要 以 上 に 高 いものとなっていないかを 事 後 評 価 として 確 認 するため 客 観 的 な 基 準 を 電 気 事 業 法 に 基 づく 経 済 産 業 大 臣 の 処 分 に 係 る 審 査 基 準 等 において 設 定 す べくパブリックコメントを 実 施 し 平 成 25 年 3 月 19 日 付 けで 改 定 した 基 準 概 要 原 価 算 定 期 間 終 了 後 の 事 後 評 価 において 以 下 のステップで 得 られた 情 報 に 基 づき 認 可 申 請 命 令 の 発 動 の 要 否 を 検 討 1 電 気 事 業 利 益 率 による 基 準 規 制 部 門 の 電 気 事 業 利 益 率 の 直 近 3カ 年 度 平 均 値 が 電 力 会 社 10 社 の 過 去 10カ 年 度 平 均 値 を 上 回 っている かどうかを 確 認 2 累 積 超 過 利 潤 による 基 準 1に 該 当 している 場 合 料 金 改 定 時 の 事 業 報 酬 から 想 定 される 水 準 を 超 過 して 規 制 部 門 が 利 益 ( 超 過 利 潤 ) を 計 上 することにより 前 回 料 金 改 定 以 降 の 超 過 利 潤 の 累 積 額 が 当 該 事 業 報 酬 の 額 を 超 えているかどうかを 確 認 ステップ2において 自 由 化 部 門 の 収 支 が 直 近 2 年 度 間 連 続 で 赤 字 である 場 合 も 変 更 認 可 申 請 命 令 の 発 動 を 検 討 26 35

36 これまでの 各 電 力 会 社 の 値 上 げ 認 可 申 請 の 査 定 のプロセスで 明 らかになった 諸 課 題 ( 例 : 情 報 公 開 開 示 の 在 り 方 事 業 報 酬 算 定 の 在 り 方 購 入 電 力 料 の 負 担 の 在 り 方 等 )について 整 理 し 電 気 料 金 値 上 げ 認 可 申 請 に 関 する 審 査 の 在 り 方 に 適 切 に 反 映 す べきである これまでの 電 気 料 金 審 査 専 門 小 委 員 会 における 検 討 や 消 費 者 庁 協 議 を 含 め 明 らかに なった 諸 課 題 ( 情 報 公 開 開 示 の 在 り 方 事 業 報 酬 算 定 の 在 り 方 等 )については 適 宜 検 討 を 行 い 必 要 に 応 じ 反 映 を 図 ってきたところであり 今 後 電 力 会 社 から 申 請 がなさ れた 場 合 においても これまでの 審 査 結 果 を 踏 まえつつ 審 査 するよう 引 き 続 き 努 めてま いりたい また これまでの 審 査 の 過 程 で 明 らかとなった 諸 課 題 を 踏 まえ 審 査 の 在 り 方 につい て 検 証 を 行 い 必 要 に 応 じて 見 直 しをしてまいりたい 36

37 電 力 システム 改 革 について 消 費 者 にどのような 影 響 があるのかについて 分 かりやすい 情 報 提 供 を 行 うべきである 今 後 の 発 送 電 分 離 などの 電 力 の 自 由 化 再 生 可 能 エネルギーの 利 用 拡 大 スマートメーターの 普 及 等 が 消 費 者 に 与 える 影 響 について 明 確 に 説 明 すべきである また 今 後 具 体 的 な 制 度 設 計 を 行 う 際 には 規 制 なき 独 占 に 陥 り 消 費 者 の 利 益 が 損 なわれるといったことがないよう 消 費 者 の 意 見 を 積 極 的 に 聴 くべきである さらに 電 力 システム 改 革 や 原 子 力 発 電 所 の 廃 炉 費 用 負 担 等 の 検 討 について は 消 費 者 の 関 心 も 高 いため これら 検 討 の 全 体 を 俯 瞰 できるような 情 報 提 供 を 工 夫 すべきである 1. 電 力 システム 改 革 は 新 規 参 入 の 促 進 やスマートメーターも 含 めた 競 争 環 境 の 整 備 に より 電 力 の 低 廉 かつ 安 定 的 な 供 給 を 一 層 進 めていくものであり エネルギー 制 約 の 克 服 に 向 けた 改 革 の 中 心 を 成 すもの 2. 電 力 の 自 由 化 や 広 域 系 統 運 用 の 拡 大 により 需 要 家 の 選 択 によるスマートな 需 要 抑 制 や 地 域 間 での 電 力 融 通 の 円 滑 化 を 進 め 厳 しい 電 力 需 給 の 中 でも 安 定 供 給 を 確 保 す る また 燃 料 コストの 増 加 等 による 電 気 料 金 上 昇 圧 力 がある 中 にあっても 競 争 の 促 進 により 料 金 を 最 大 限 抑 制 する 効 果 があるものと 考 える 3. 自 由 化 に 当 たっては 需 要 家 がスマートメーターから 得 られる 情 報 を 活 用 し 適 切 に 電 力 会 社 や 料 金 メニュー 電 源 別 メニューを 選 択 できるよう 適 切 な 情 報 提 供 や 広 報 を 積 極 的 に 行 う 4.また 諸 外 国 の 事 例 も 参 考 にしつつ 電 気 料 金 を 最 大 限 抑 制 できるよう 段 階 的 な 料 金 規 制 の 撤 廃 や 規 制 当 局 による 市 場 監 視 の 強 化 等 慎 重 な 制 度 設 計 を 行 い 規 制 な き 独 占 に 陥 ることがないよう 万 全 を 期 す 5.これまで 改 革 の 全 体 像 について 検 討 を 行 ってきた 電 力 システム 改 革 専 門 委 員 会 ( ) においては 消 費 者 問 題 の 専 門 家 の 方 にも 委 員 として 議 論 にご 参 加 いただいていたとこ ろであり 具 体 的 な 制 度 設 計 に 関 する 検 討 審 議 を 行 う 制 度 設 計 ワーキンググループ (8 月 2 日 に 第 1 回 WGを 開 催 )においても 消 費 者 問 題 の 専 門 家 の 方 にも 委 員 として 議 論 にご 参 加 いただく 今 後 実 際 の 詳 細 な 制 度 改 正 を 行 う 際 には パブリックコメン トを 通 じ 広 く 国 民 の 皆 様 のご 意 見 を 伺 ってまいりたい 平 成 25 年 7 月 1 日 の 審 議 会 見 直 しに 伴 い 総 合 資 源 エネルギー 調 査 会 基 本 政 策 分 科 会 電 力 システム 改 革 小 委 員 会 に 名 称 変 更 6. 再 生 可 能 エネルギーの 固 定 価 格 買 取 制 度 については 国 民 全 体 で 買 い 支 え 普 及 させ ることで ひいてはその 発 電 コストを 下 げることを 目 的 に 平 成 24 年 7 月 に 導 入 されたも の その 普 及 によって 自 らのご 家 庭 に 太 陽 光 パネルを 設 置 する 屋 根 貸 しモデルを 通 じて 太 陽 光 発 電 に 自 宅 の 屋 根 を 提 供 する 市 民 ファンドを 通 じて 自 ら 再 生 可 能 エネルギ ー 発 電 に 投 資 するなど 消 費 者 がエネルギーをより 身 近 な 問 題 として 解 決 するための 手 段 を 格 段 に 増 やすことができる 37

38 7. 本 制 度 では 現 在 標 準 的 な 家 庭 の 負 担 は 月 120 円 程 度 であるが その 負 担 が 過 剰 となることがないよう 法 律 の 規 定 に 従 って 中 立 的 な 調 達 価 格 等 算 定 委 員 会 が 公 開 で 案 を 策 定 し 消 費 者 問 題 担 当 大 臣 の 意 見 も 伺 った 上 で 決 められた 買 取 価 格 に 基 づき 算 定 されている 8. 制 度 の 導 入 開 始 に 当 たっては 全 国 で 約 70 回 におよぶ 説 明 会 や 各 種 イベントの 開 催 制 度 や 負 担 に 関 するチラシの 全 戸 配 布 パンフレットの 作 成 等 を 通 じて 制 度 の 周 知 に 努 めてきたところ 引 き 続 き こうした 負 担 への 配 慮 をしっかりと 行 うとともに 住 宅 用 太 陽 光 発 電 を 巡 る 悪 質 商 法 の 排 除 再 生 可 能 エネルギーを 巡 る 意 識 喚 起 や 広 範 な 知 見 の 向 上 など 様 々な 角 度 から 再 生 可 能 エネルギーの 普 及 政 策 を 展 開 してまいりたい 9.さらに 電 力 システム 改 革 や 原 発 の 廃 炉 費 用 負 担 等 の 検 討 を 進 めていく 上 で 広 く 国 民 の 皆 様 の 意 見 を 伺 いつつ 内 容 の 充 実 を 図 ることは 重 要 なことであり 検 討 状 況 の 把 握 が 容 易 となるよう 適 切 な 情 報 の 提 供 を 図 ってまいりたい 38

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 報 告 書 を 踏 まえた 経 営 合 理 化 策 等 の 対 処 方 針 平 成 23 年 10 月 28 日 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 東 京 電 力 株 式 会 社 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 ( 委 員 会 )は 本 年 10 月 3 日 東 京 電 力 が 経 営 合

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

(イ) 役 員 報 酬 の 削 減 率 が 少 なくとも60% 以 上 となっているか 役 員 給 与 については 申 請 された 料 金 原 価 に 織 り 込 まれていない (ウ) 平 日 時 間 外 手 当 割 増 率 が 減 少 しているにも 関 わらず 基 準 外 賃 金 が 減 少 しな

(イ) 役 員 報 酬 の 削 減 率 が 少 なくとも60% 以 上 となっているか 役 員 給 与 については 申 請 された 料 金 原 価 に 織 り 込 まれていない (ウ) 平 日 時 間 外 手 当 割 増 率 が 減 少 しているにも 関 わらず 基 準 外 賃 金 が 減 少 しな チェックポイント( 詳 細 版 )への 回 答 資 源 エネルギー 庁 平 成 24 年 7 月 11 日 1 今 般 の 値 上 げの 認 可 申 請 に 際 し 検 証 を 行 うべき 事 項 人 件 費 等 について [ 給 与 賞 与 ] 1 給 与 賞 与 について 人 員 削 減 効 果 とは 別 に 他 の 公 的 資 金 投 入 企 業 事 例 も 踏 まえて 少 なくと も30%

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

1. 人 件 費 の 概 要 p1 役 員 給 与 の 削 減, 社 員 年 収 の 引 下 げ, 退 職 給 付 制 度 と 福 利 厚 生 制 度 の 見 直 し 等 により, 前 回 改 定 原 価 (H20 改 定 )に 比 べ,208 億 円 減 少 ( 単 位 : 百 万 円, 人 )

1. 人 件 費 の 概 要 p1 役 員 給 与 の 削 減, 社 員 年 収 の 引 下 げ, 退 職 給 付 制 度 と 福 利 厚 生 制 度 の 見 直 し 等 により, 前 回 改 定 原 価 (H20 改 定 )に 比 べ,208 億 円 減 少 ( 単 位 : 百 万 円, 人 ) 人 件 費 平 成 25 年 4 月 16 日 東 北 電 力 1. 人 件 費 の 概 要 p1 役 員 給 与 の 削 減, 社 員 年 収 の 引 下 げ, 退 職 給 付 制 度 と 福 利 厚 生 制 度 の 見 直 し 等 により, 前 回 改 定 原 価 (H20 改 定 )に 比 べ,208 億 円 減 少 ( 単 位 : 百 万 円, 人 ) 1 今 回 (H25~27 平 均 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

平成25年度の業務実績の評価結果

平成25年度の業務実績の評価結果 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 の 平 成 25 年 度 の 業 務 実 績 の 評 価 結 果 平 成 26 年 8 月 19 日 独 立 行 政 法 人 評 価 委 員 会 1 1 平 成 25 年 度 業 務 実 績 評 価 について (1) 評 価 の 視 点 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 以 下 機 構 という )は 特

More information

平成16年3月期 中間決算説明会資料

平成16年3月期 中間決算説明会資料 資 料 6 これまでの 質 問 等 への 回 答 について 平 成 24 年 6 月 12 日 東 京 電 力 株 式 会 社 目 次 1 人 件 費 1. 一 般 厚 生 費 の 詳 細 について 2. 前 回 いただいたその 他 宿 題 への 回 答 燃 料 費 3. 火 力 燃 料 費 削 減 に 向 けた 当 社 の 取 組 4. 燃 料 費 削 減 に 向 けた 調 達 戦 略 5. 他

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

2014年3月期第2四半期決算説明会資料(解説文)

2014年3月期第2四半期決算説明会資料(解説文) 2014 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 に 関 する 機 関 投 資 家 アナリスト 向 け 説 明 会 ご 説 明 内 容 開 催 日 :2013 年 10 月 31 日 スピーカー: 常 務 執 行 役 村 松 衛 はじめに 当 社 原 子 力 発 電 所 の 事 故 から 2 年 7 ヵ 月 余 りが 経 過 いたしましたが 汚 染 水 問 題 をはじめ 今 なお 発 電 所 周

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて に 係 るフォローアップ 調 査 様 式 ( 様 式 1) 所 管 府 省 名 厚 生 労 働 省 法 人 名 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 ( 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 ) 基 本 方 針 の 記 載 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて 1. 不 要 資 産 の 国 庫 返 納 国 の 資 産 を 有

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監 日 本 中 央 競 馬 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 注 ) 年 度 は1 月 1 日 ~12 月 31 日 のJRA 事 業 年 度 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 報 酬 については 勝 馬 投 票 券

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

分 析 共 有 の 迅 速 化 地 方 の 消 費 者 行 政 の 体 制 整 備 にあたっての 消 費 者 行 政 関 係 の 独 立 行 政 法 人 の 人 材 の 有 効 活 用 民 間 ADR 等 の 活 動 を 妨 げることがないように 取 扱 う 紛 争 の 明 確 化 等 を 指 摘

分 析 共 有 の 迅 速 化 地 方 の 消 費 者 行 政 の 体 制 整 備 にあたっての 消 費 者 行 政 関 係 の 独 立 行 政 法 人 の 人 材 の 有 効 活 用 民 間 ADR 等 の 活 動 を 妨 げることがないように 取 扱 う 紛 争 の 明 確 化 等 を 指 摘 独 立 行 政 法 人 整 理 合 理 化 計 画 のフォローアップ( 平 成 20 年 ) 平 成 20 年 12 月 3 日 行 政 減 量 効 率 化 有 識 者 会 議 Ⅰ.はじめに 独 立 行 政 法 人 の 見 直 しについては 昨 年 行 政 減 量 効 率 化 有 識 者 会 議 ( 以 下 有 識 者 会 議 という )において 8 月 末 までに 主 務 大 臣 から 提 出 のあった

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

(9) 宇 都 宮 市 心 身 障 害 者 福 祉 作 業 所 福 祉 作 業 所 受 託 事 業 が 平 成 18 年 度 においては 資 金 収 支 計 算 上 では 実 質 的 に 赤 字 であることから, 今 後 の 指 定 管 理 者 への 募 集 に 際 して, 報 酬 の 算 定 にお

(9) 宇 都 宮 市 心 身 障 害 者 福 祉 作 業 所 福 祉 作 業 所 受 託 事 業 が 平 成 18 年 度 においては 資 金 収 支 計 算 上 では 実 質 的 に 赤 字 であることから, 今 後 の 指 定 管 理 者 への 募 集 に 際 して, 報 酬 の 算 定 にお Ⅵ 監 査 の 結 果 1. 指 定 管 理 者 制 度 等 (2) 宇 都 宮 市 への 報 告 宇 都 宮 市 に 提 出 された, 事 業 報 告 書 を 閲 覧 したところ, 記 載 の 誤 りが あった 適 正 な 事 業 報 告 書 を 作 成 して 報 告 すべきである (5) 宇 都 宮 市 老 人 福 祉 センター バス 運 行 業 務 は, 契 約 開 始 年 度 に 指 名 競

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E D CA48B868C8B89CA95F18D908F B837D E703529>

<4D F736F F D2095BD90AC E D CA48B868C8B89CA95F18D908F B837D E703529> 調 査 研 究 報 告 書 マンションの 管 理 組 合 会 計 平 成 25 年 7 月 はじめに マンションの 管 理 組 合 の 会 計 処 理 については 企 業 会 計 と 異 なり 事 業 所 得 がほとんどないため 税 務 署 への 申 告 義 務 はありません したがって 管 理 組 合 毎 に 様 々な 会 計 処 理 が 行 われています 特 に 自 主 管 理 を 行 っている

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

目 次 1. 託 送 供 給 等 約 款 の 認 可 申 請 について P2 2. 料 金 原 価 算 定 の 概 要 主 な 前 提 諸 元 P4 物 価 上 昇 率 の 織 込 P5 申 請 原 価 の 内 訳 P6 電 圧 別 原 価 単 価 P7 経 営 効 率 化 の 内 訳 P8 3.

目 次 1. 託 送 供 給 等 約 款 の 認 可 申 請 について P2 2. 料 金 原 価 算 定 の 概 要 主 な 前 提 諸 元 P4 物 価 上 昇 率 の 織 込 P5 申 請 原 価 の 内 訳 P6 電 圧 別 原 価 単 価 P7 経 営 効 率 化 の 内 訳 P8 3. 資 料 4 託 送 供 給 等 約 款 申 請 の 概 要 平 成 2 7 年 9 月 4 日 北 陸 電 力 株 式 会 社 目 次 1. 託 送 供 給 等 約 款 の 認 可 申 請 について P2 2. 料 金 原 価 算 定 の 概 要 主 な 前 提 諸 元 P4 物 価 上 昇 率 の 織 込 P5 申 請 原 価 の 内 訳 P6 電 圧 別 原 価 単 価 P7 経 営 効 率 化

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年 地 方 財 政 計 画 及 び 地 方 公 務 員 の 特 殊 勤 務 手 当 等 の 状 況 につい ての 報 告 書 ( 要 旨 ) 平 成 2 6 年 4 月 会 計 検 査 院 1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832353035313290B68A8895DB8CEC82C582CC8CE394AD88E396F2956982C98AD682B782E98EE688B582A28B7982D192CA926D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832353035313290B68A8895DB8CEC82C582CC8CE394AD88E396F2956982C98AD682B782E98EE688B582A28B7982D192CA926D2E646F63> 生 活 保 護 での 後 発 医 薬 品 に 関 する 取 扱 い 及 び 通 知 岐 阜 市 耳 鼻 咽 喉 科 医 会 のひろば 江 崎 俊 夫 平 成 20 年 度 診 療 報 酬 改 定 で 後 発 医 薬 品 の 使 用 促 進 が 図 られ, 一 般 の 医 療 保 険 制 度 と 同 様 に, 生 活 保 護 の 医 療 扶 助 でも 医 学 的 理 由 があると 判 断 した 場 合

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題 第 1 回 厚 生 年 金 基 金 制 度 に 関 す る 専 門 委 員 会 平 成 2 4 年 1 1 月 2 日 資 料 3-1 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて ( 試 案 ) この 試 案 は 代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 みとする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 広 く 国 民 の 論 議 に 供 するため 議 論

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

所得拡大促進税制 のガイドライン

所得拡大促進税制 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 説 明 会 用 - 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 - 経 営 力 向 上 計 画 策 定 活 用 の 手 引 き 案 目 次 1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 経 営 力 向 上 計 画 の 概 要 (1) 制 度 の 概 要 2 (2) 制 度 利 用 のポイント 2 (3) 中 小 企 業 中 小 企 業 者 等 の 範 囲 3 (4) 制 度 活

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

補 正 予 算 手 順 は 各 部 見 積 もり 政 策 経 営 部 調 整 理 事 者 査 定 議 案 ( 予 算 書 ) 作 成 議 決 後 公 表 現 状 把 握 の 部 (DO) () 事 務 事 業 の 目 的 と 指 標 手 段 ( 主 な 活 動 ) 4 年 度 実 績 (4 年 度 に 行 った 主 な 活 動 ) 当 初 予 算 に 関 しては 行 政 システムにより 策 定 した

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活 資 料 21 公 務 員 部 関 係 資 料 平 成 28 年 1 月 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 < 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

スライド 1

スライド 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 地 方 公 営 企 業 とは 那 覇 市 上 下 水 道 局 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 な 考 え 方 地 方 公 営 企 業 の 会 計 制 度 は 地 方 公 営 企 業 法 及 び 関 係 政 省 令 の 改 正 に 伴 い 昭 和 41 年 以 来 約 半 世 紀 ぶりに

More information

厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4

厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4 厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 するQ & 目 次 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか Q2. 基 金 の 解 散 方 法 について Q3. 基 金 の 解 散 日 について Q4. 基 金 解 散 後 確 定 給 付 企 業 年 金 へ 移 行 するなどの 後 継 制 度 の 選 択 肢 について Q5. 解 散 に 向 けて 事 業 所 は 何 をすればよいのか Q6.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE> Ⅱ 会 計 科 目 の 説 明 (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 区 分 大 科 目 小 科 目 内 容 収 入 学 生 生 徒 等 納 学 則 に 記 載 されている 納 付 金 をいう( 在 学 条 件 として 義 務 的 に の 部 付 金 収 入 又 一 律 に 納 付 すべきものをいう ) 授 業 料 収 入 聴 講 料 補 講 料 教 職 課 程 履 修 費 を 含 む 入 学

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63> 第 四 部 入 札 契 約 手 続 きについて 1 契 約 方 法 ( 調 達 先 選 定 方 法 ) 決 定 の 概 略 フロー 検 討 開 始 判 断 1 政 府 調 達 に 関 する 協 定 の 対 象 か? 判 断 2 特 例 政 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? 判 断 3 地 方 自 治 法 施 行 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? ( 少 額 随

More information

国有財産レポート

国有財産レポート 国 有 財 産 レ ポ ー ト 平 成 28 年 7 月 財 務 省 理 財 局 目 次 はじめに ~ 国 有 財 産 及 び 国 有 財 産 行 政 とは~ 第 一 部 総 論 第 1 章 国 有 財 産 の 概 要 P 4 1 国 有 財 産 の 範 囲 分 類 2 国 有 財 産 価 格 面 積 3 国 有 財 産 台 帳 第 2 章 国 有 財 産 行 政 の 概 要 1 国 有 財 産 行

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63> 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 京 都 府 監 査 委 員 20 監 第 202 号 平 成 20 年 9 月 2 日 京 都 府 知 事 山 田 啓 二 様 京 都 府 監 査 委 員 田 坂 幾 太 同 小 巻 實 司 同 道 林 邦 彦 同 村 山 佳 也 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 の 決 算 審 査 について

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information