日本学生支援機構入札説明会資料

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "日本学生支援機構入札説明会資料"

Transcription

1 日 本 学 生 支 援 機 構 について 平 成 28 年 3 月

2 概 要 政 策 上 の 重 要 性 国 との 関 係 事 業 の 概 況 極 めて 高 い 社 会 的 意 義 政 策 的 重 要 性 日 本 国 憲 法 や 教 育 基 本 法 に 定 められた 教 育 の 機 会 均 等 を 制 度 的 に 支 える 教 育 の セーフティネット と 位 置 づけられる 役 割 国 の 強 い 関 与 利 子 補 給 金 国 庫 補 助 金 運 営 費 交 付 金 による 国 の 財 政 面 に おける 強 い 関 与 大 学 生 の 2.6 人 に1 人 が 奨 学 金 を 利 用 1 高 等 教 育 への 進 学 率 上 昇 2 景 気 低 迷 などの 社 会 情 勢 を 反 映 し 奨 学 金 の 貸 与 規 模 は 年 々 拡 大 傾 向 学 生 を 支 援 する 中 核 機 関 として 奨 学 金 貸 与 を 的 確 に 実 施 返 還 金 の 回 収 強 化 業 務 運 営 の 効 率 化 にも 強 い 覚 悟 で 臨 む 第 一 種 奨 学 金 無 利 息 で 貸 与 財 源 は 一 般 会 計 借 入 金 等 第 二 種 奨 学 金 有 利 息 で 貸 与 財 源 は 日 本 学 生 支 援 債 券 等 奨 学 金 貸 与 事 業 における 債 権 管 理 要 返 還 債 権 に 占 める3ヶ 月 以 上 延 滞 債 権 の 割 合 ( 平 成 26 年 度 末 ) 第 一 種 奨 学 金 :4.5% 第 二 種 奨 学 金 :3.9% ( 参 考 ) 債 券 の 商 品 性 債 券 発 行 により 調 達 した 資 金 は 第 二 種 奨 学 金 の 財 源 となり 奨 学 生 の 卒 業 時 に 借 り 換 える 財 政 融 資 資 金 ( 国 からの 借 入 金 )で 償 還 される 当 年 度 分 の 回 収 率 ( 平 成 26 年 度 ) 第 一 種 奨 学 金 :96.9% 第 二 種 奨 学 金 :96.0% 四 半 期 毎 の 定 例 発 行 平 成 28 年 度 は 1,200 億 円 を 発 行 予 定 回 収 率 向 上 に 向 けた 取 組 口 座 振 替 (リレー 口 座 )への 原 則 全 員 加 入 コールセンターでの 相 談 体 制 の 強 化 法 的 措 置 の 強 化 個 人 信 用 情 報 機 関 の 活 用 債 権 回 収 会 社 (サービサー)による 督 促 架 電 及 び 回 収 の 委 託 教 育 政 策 上 の 重 要 性 を 背 景 とした 高 い 格 付 け( 平 成 28 年 1 月 現 在 ) R&I:AA( 安 定 的 ) JCR:AA+( 安 定 的 )

3 目 次 本 機 構 の 概 要 2 奨 学 金 事 業 の 現 状 概 況 6 返 還 金 の 回 収 状 況 取 り 組 み 16 本 機 構 の 財 務 状 況 21 ご 参 考 25 Page.1

4 本 機 構 の 概 要 Page.2

5 設 立 経 緯 と 目 的 設 立 の 経 緯 日 本 育 英 会 の 奨 学 金 貸 与 事 業 国 の 留 学 生 に 対 する 奨 学 金 の 給 付 事 業 や 学 生 生 活 調 査 などの 事 業 財 団 法 人 日 本 国 際 教 育 協 会 財 団 法 人 内 外 学 生 センター 財 団 法 人 国 際 学 友 会 財 団 法 人 関 西 国 際 学 友 会 留 学 生 関 連 交 流 事 業 整 理 統 合 平 成 16 年 4 月 1 日 学 生 支 援 を 先 導 する 中 核 機 関 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 設 立 公 益 財 団 法 人 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 目 的 教 育 の 機 会 均 等 に 寄 与 するために 学 資 の 貸 与 その 他 学 生 等 の 修 学 の 援 助 大 学 等 が 学 生 等 に 対 して 行 う 修 学 進 路 選 択 その 他 の 事 項 に 関 する 相 談 及 び 指 導 について 支 援 留 学 生 交 流 の 推 進 を 図 るための 事 業 を 通 じ 我 が 国 の 大 学 等 において 学 ぶ 学 生 等 に 対 する 適 切 な 修 学 の 環 境 を 整 備 し もって 次 代 の 社 会 を 担 う 豊 かな 人 間 性 を 備 えた 創 造 的 な 人 材 の 育 成 に 資 するとともに 国 際 相 互 理 解 の 増 進 に 寄 与 すること ( 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 法 第 3 条 ) Page.3

6 業 務 の 概 要 業 務 の 概 要 ( 事 業 予 算 案 ( 平 成 28 年 度 )) 奨 学 金 貸 与 事 業 経 済 的 理 由 により 修 学 に 困 難 がある 優 れた 学 生 等 に 対 し 奨 学 金 の 貸 与 を 行 っています また 学 生 の 多 様 なニーズに 対 応 した 奨 学 金 制 度 の 充 実 や 申 請 手 続 の 改 善 奨 学 金 に 関 する 情 報 提 供 の 充 実 適 切 な 回 収 を 行 い 更 なるサービス 向 上 に 努 めていきます 留 学 生 支 援 事 業 (1 兆 1,128 億 円 ) (172 億 円 ) 留 学 生 支 援 事 業 172 億 円 1.5% 平 成 28 年 度 (1 兆 1,355 億 円 ) 学 生 生 活 支 援 事 業 1 億 円 0.0% その 他 55 億 円 0.5% 留 学 生 等 に 対 する 奨 学 金 の 給 付 各 種 留 学 生 交 流 プログラムの 実 施 留 学 生 宿 舎 の 整 備 日 本 留 学 試 験 等 による 入 学 手 続 きの 改 善 留 学 に 関 する 情 報 の 収 集 提 供 等 を 推 進 しています 留 学 生 の 質 の 確 保 を 図 るため 各 種 事 業 の 充 実 に 努 めていきます 学 生 生 活 支 援 事 業 (1 億 円 ) 各 大 学 等 が 行 う 各 種 学 生 生 活 支 援 活 動 に 資 するために 学 生 生 活 支 援 に 関 する 有 益 な 活 動 事 例 等 の 情 報 を 収 集 分 析 するとともに 情 報 の 提 供 を 行 います また 各 種 研 修 事 業 等 を 通 して 大 学 等 の 学 生 サー ビスの 充 実 を 支 援 します 大 学 等 のニーズをより 的 確 に 把 握 して 各 種 事 業 の 充 実 に 努 めていきます 奨 学 金 貸 与 事 業 1 兆 1,128 億 円 98.0% その 他 は 人 件 費 一 般 管 理 費 奨 学 金 貸 与 事 業 は 本 機 構 の 予 算 の 大 半 を 占 めています Page.4

7 奨 学 金 貸 与 事 業 の 政 策 的 位 置 付 け 日 本 国 憲 法 及 び 教 育 基 本 法 教 育 を 受 ける 権 利 日 本 国 憲 法 第 26 条 すべて 国 民 は 法 律 の 定 めるところにより その 能 力 に 応 じて ひとしく 教 育 を 受 ける 権 利 を 有 する 教 育 の 機 会 均 等 教 育 基 本 法 第 4 条 すべて 国 民 は ひとしく その 能 力 に 応 じた 教 育 を 受 ける 機 会 を 与 えられなければならず 人 種 信 条 性 別 社 会 的 身 分 経 済 的 地 位 又 は 門 地 によって 教 育 上 差 別 されない 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 障 害 のある 者 が その 障 害 の 状 態 に 応 じ 十 分 な 教 育 を 受 けられるよう 教 育 上 必 要 な 支 援 を 講 じなければならない 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 能 力 があるにもかかわらず 経 済 的 理 由 によって 修 学 が 困 難 な 者 に 対 し て 奨 学 の 措 置 を 講 じなければならない Page.5

8 奨 学 金 事 業 の 現 状 概 況 Page.6

9 学 生 数 に 対 する 奨 学 金 貸 与 割 合 大 学 生 の 2.6 人 に1 人 が 本 機 構 の 奨 学 金 を 利 用 しています 学 種 平 成 16 年 度 貸 与 割 合 平 成 26 年 度 大 学 4.3 人 に1 人 (23.3%) 2.6 人 に1 人 (38.7%) 約 1.7 倍 大 学 院 2.5 人 に1 人 (39.6%) 2.7 人 に1 人 (36.5%) 約 0.9 倍 高 等 専 門 学 校 8.5 人 に1 人 (11.8%) 10.0 人 に1 人 (10.0%) 約 0.8 倍 専 修 学 校 専 門 課 程 6.1 人 に1 人 (16.5%) 2.5 人 に1 人 (40.3%) 約 2.4 倍 計 4.4 人 に1 人 (22.8%) 2.6 人 に1 人 (38.4%) 約 1.7 倍 ( 注 ) 貸 与 割 合 は26 年 度 貸 与 実 績 /26 年 度 学 生 数 ( 実 員 ) Page.7

10 奨 学 生 増 加 の 背 景 1 平 均 給 与 が 年 々 減 少 する 一 方 で 授 業 料 及 び 入 学 料 は 国 立 大 学 私 立 大 学 とも 高 止 まりしています 平 均 給 与 の 推 移 ( 万 円 ) 出 典 : 民 間 給 与 実 態 統 計 調 査 結 果 ( 国 税 庁 ) 平 成 7 年 8 年 9 年 10 年 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 22 年 23 年 24 年 25 年 26 年 授 業 料 入 学 料 の 推 移 ( 万 円 ) 90 出 典 : 私 立 大 学 入 学 者 に 係 る 初 年 度 学 生 納 付 金 平 均 額 ( 定 員 1 人 当 たり)の 調 査 結 果 について( 文 部 科 学 省 ) 国 立 大 学 授 業 料 国 立 大 学 入 学 料 私 立 大 学 授 業 料 私 立 大 学 入 学 料 Page.8

11 奨 学 生 増 加 の 背 景 2 家 庭 からの 給 付 は 年 々 減 少 し 学 生 の 収 入 に 占 める 奨 学 金 の 割 合 が 増 加 しています また 長 引 く 景 気 低 迷 により 学 生 の 収 入 自 体 が 減 少 しており 奨 学 金 の 重 要 度 が 更 に 高 まっています 学 生 の 収 入 状 況 ( 大 学 昼 間 部 ) 平 成 8 年 度 平 成 20 年 度 平 成 24 年 度 アルバイト 17.6% その 他 1.1% アルバイト 16.3% その 他 2.5% アルバイト 16.2% その 他 2.6% 奨 学 金 5.7% 収 入 ( 年 間 ) 2,065,500 円 家 庭 からの 給 付 75.6% 奨 学 金 15.3% 収 入 ( 年 間 ) 2,198,800 円 家 庭 からの 給 付 65.9% 奨 学 金 20.5% 収 入 ( 年 間 ) 1,997,300 円 家 庭 からの 給 付 60.8% 出 典 : 平 成 24 年 度 学 生 生 活 調 査 ( 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 (JASSO)) Page.9

12 奨 学 金 受 給 率 の 推 移 18 歳 人 口 は 平 成 4 年 をピークに 減 少 し 今 後 はほぼ 横 ばいで 推 移 する 見 込 みですが 更 なる 高 等 教 育 への 進 学 率 上 昇 に 伴 い 本 機 構 の 奨 学 金 受 給 率 は 右 上 がりで 上 昇 しています 進 学 率 の 推 移 万 人 250 平 成 4 年 度 平 成 27 年 度 大 学 + 短 大 38.9% 56.5% 50% 18 歳 人 口 のピーク 18 歳 人 口 ( 万 人 ) 大 学 + 短 大 + 高 専 + 専 門 学 校 57.2% 79.8% 45% 高 校 等 卒 業 者 数 ( 万 人 ) 奨 学 金 受 給 率 平 成 21~32 年 頃 は ほぼ 横 ばいで 推 移 平 成 33 年 頃 から 再 び 減 少 40% 35% 30% % 専 門 学 校 入 学 者 数 ( 万 人 ) 短 大 入 学 者 数 ( 万 人 ) 高 専 4 年 次 在 学 者 数 % 15% 10% 大 学 入 学 者 数 ( 万 人 ) 5% 0 0% 元 年 度 Page.10

13 奨 学 金 の 種 類 貸 与 する 学 資 金 を 奨 学 金 といい 奨 学 金 の 貸 与 を 受 ける 者 を 奨 学 生 といいます 奨 学 金 には 第 一 種 奨 学 金 と 第 二 種 奨 学 金 があります 平 成 28 年 度 奨 学 金 貸 与 事 業 費 ( 予 算 案 ) 第 一 種 奨 学 金 第 一 種 奨 学 金 は 昭 和 18 年 からスタートした 制 度 で 短 大 大 学 大 学 院 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 ( 専 門 課 程 )に 在 学 する 学 生 生 徒 を 対 象 とした 無 利 息 で 貸 与 を 行 う 奨 学 金 です 特 に 優 れた 学 生 生 徒 で 経 済 的 理 由 により 著 しく 修 学 が 困 難 な 者 に 貸 与 し ています また 平 成 16 年 度 からは 法 科 大 学 院 生 に 対 する 貸 与 制 度 や 特 に 優 れた 業 績 による 返 還 免 除 制 度 が 開 始 されました 3,258 億 円 7,686 億 円 返 還 金 2,350 億 円 (72.1%) 一 般 会 計 借 入 金 等 908 億 円 (27.9%) 10,944 億 円 財 政 融 資 資 金 等 償 還 10,307 億 円 ( 134.1%) 財 政 融 資 資 金 7,944 億 円 (103.4%) 財 投 機 関 債 1,200 億 円 (15.6%) 返 還 金 5,179 億 円 (67.4%) 民 間 借 入 金 3,670 億 円 (47.7%) 第 二 種 奨 学 金 第 二 種 奨 学 金 は 昭 和 59 年 にスタートした 制 度 で 短 大 大 学 大 学 院 高 等 専 門 学 校 (4 5 年 生 ) 専 修 学 校 ( 専 門 課 程 )に 在 学 する 学 生 生 徒 を 対 象 とした 利 息 を 付 して 貸 与 を 行 う 奨 学 金 です 第 一 種 奨 学 金 よりも 緩 や かな 基 準 によって 選 考 さ れた 者 に 貸 与 しています また 平 成 16 年 度 からは 法 科 大 学 院 生 や 海 外 留 学 の 希 望 者 に 対 する 貸 与 制 度 が 開 始 されました Page.11

14 奨 学 金 貸 与 事 業 の 財 源 措 置 機 構 法 第 23 条 において 政 府 は 毎 年 度 予 算 の 範 囲 内 において 本 機 構 に 対 し 学 資 の 貸 与 に 係 る 業 務 に 要 する 経 費 の 一 部 を 利 子 補 給 金 や 国 庫 補 助 金 といった 形 で 補 助 することができるとされています 利 子 補 給 金 第 二 種 奨 学 金 において 本 機 構 が 奨 学 生 へ 奨 学 金 を 貸 与 している 期 間 及 び 本 機 構 が 奨 学 生 に 対 して 返 還 の 期 限 を 猶 予 している 期 間 は 各 々 無 利 息 としているため この 間 金 利 負 担 が 発 生 します また 本 機 構 の 財 政 融 資 資 金 からの 借 入 等 の 利 率 が3%を 超 える 場 合 第 二 種 奨 学 金 の 貸 与 利 率 の 上 限 が3%であるため 貸 与 利 率 を 超 える 部 分 について 金 利 負 担 が 発 生 します 本 機 構 は こうした 収 支 差 を 補 うために 利 子 補 給 金 を 受 け 入 れています 国 庫 補 助 金 奨 学 生 の 死 亡 等 による 返 還 免 除 にかかる 経 費 や 回 収 不 能 債 権 の 償 却 等 の 財 源 として 補 助 金 を 受 け 入 れています 運 営 費 交 付 金 文 部 科 学 省 国 立 大 学 留 学 生 関 係 公 益 法 人 から 承 継 した 業 務 及 び 事 業 にかかる 経 費 人 件 費 及 び 管 理 費 は 国 からの 運 営 費 交 付 金 及 び 自 己 収 入 等 で 賄 われております ( 単 位 : 百 万 円 ) 年 度 利 子 補 給 金 国 庫 補 助 金 運 営 費 交 付 金 平 成 28 年 度 ( 予 算 案 ) 5,399 15,272( ) 13,245 うち 奨 学 金 貸 与 事 業 に 係 る 補 助 金 は6,560 百 万 円 です Page.12

15 奨 学 金 の 推 移 年 度 別 奨 学 金 貸 与 金 額 及 び 人 数 進 学 率 の 上 昇 近 年 の 厳 しい 経 済 情 勢 下 での 家 計 の 急 変 などにより 奨 学 金 の 希 望 者 は 年 々 増 加 しています ( 億 円 ) ( 万 人 ) 10, 第 一 種 奨 学 金 貸 与 金 額 ( 左 軸 ) 第 二 種 奨 学 金 貸 与 金 額 ( 左 軸 ) 9,000 第 一 種 奨 学 金 貸 与 人 員 ( 右 軸 ) 第 二 種 奨 学 金 貸 与 人 員 ( 右 軸 ) 90 8, 基 準 を 満 たす 希 望 者 全 員 に 対 して 奨 学 金 を 貸 与 すること を 目 的 として 平 成 11 年 4 月 に 第 二 種 奨 学 金 制 度 の 抜 本 的 拡 充 が 行 われました 同 時 に 従 来 の 第 二 種 奨 学 金 の 採 用 基 準 よりも 緩 和 された 結 果 平 成 11 年 度 以 降 の 貸 与 人 員 は 飛 躍 的 に 増 加 して います 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1, 年 度 平 成 15 年 度 までは 日 本 育 英 会 の 貸 与 金 額 となっています 平 成 17 年 度 以 降 は 本 機 構 実 施 分 のみで 都 道 府 県 に 事 業 移 管 している 高 等 学 校 等 奨 学 金 事 業 交 付 金 分 は 含 みません 平 成 27 年 度 は 予 算 平 成 28 年 度 は 予 算 案 となっています 本 機 構 ( 旧 日 本 育 英 会 を 含 む)の 奨 学 金 貸 与 事 業 では 事 業 開 始 ( 昭 和 18 年 ) 以 来 72 年 間 で 約 1,159 万 人 に 対 して 奨 学 金 を 貸 与 ( 累 計 額 約 16 兆 円 ) しています Page.13

16 第 一 種 奨 学 金 の 資 金 調 達 貸 与 返 還 および 利 率 第 一 種 奨 学 金 の 資 金 の 流 れ 貸 与 期 間 卒 業 時 返 還 期 間 奨 学 金 奨 学 生 奨 学 金 奨 学 金 貸 与 総 額 最 長 20 年 間 の 分 割 返 還 奨 学 金 本 機 構 が 無 利 息 で 調 達 した 資 金 をもとに 貸 与 奨 学 生 は 貸 与 期 間 返 還 期 間 ともに 無 利 息 日 本 学 生 支 援 機 構 一 般 会 計 借 入 金 等 により 調 達 した 資 金 一 般 会 計 借 入 金 等 により 調 達 した 資 金 一 般 会 計 借 入 金 等 により 調 達 した 資 金 一 般 会 計 借 入 金 等 により 調 達 した 資 金 35 年 後 に 一 括 償 還 Page.14

17 第 二 種 奨 学 金 の 資 金 調 達 貸 与 返 還 および 利 率 第 二 種 奨 学 金 の 資 金 の 流 れ 貸 与 期 間 卒 業 時 返 還 期 間 奨 学 金 奨 学 生 奨 学 金 奨 学 金 貸 与 総 額 最 長 20 年 間 の 元 利 均 等 返 還 奨 学 金 本 機 構 が 有 利 息 で 調 達 した 資 金 をもとに 貸 与 貸 与 期 間 中 は 奨 学 生 は 無 利 息 利 子 補 給 金 で 利 払 い 同 額 金 利 同 条 件 奨 学 生 の 選 択 した 返 還 の 金 利 条 件 ( 固 定 5 年 ごとの 見 直 し)に 合 わせて 財 政 融 資 資 金 を 借 入 財 政 融 資 資 金 の 借 入 利 率 ( 固 定 5 年 ごとの 見 直 し 別 )を 返 還 利 率 に 適 用 返 還 利 率 の 上 限 を3%とし 超 過 分 は 利 子 補 給 金 で 補 填 平 成 28 年 2 月 の 貸 与 終 了 者 に 適 用 された 利 率 は 固 定 が0.33% 見 直 しが0.10% 日 本 学 生 支 援 機 構 民 間 資 金 借 入 金 等 により 調 達 した 資 金 民 間 資 金 借 入 金 等 により 調 達 した 資 金 民 間 資 金 借 入 金 等 により 調 達 した 資 金 民 間 資 金 借 入 金 等 により 調 達 した 資 金 財 政 融 資 資 金 に 借 換 返 還 期 間 と 同 水 準 の 元 金 均 等 償 還 Page.15

18 返 還 金 の 回 収 状 況 取 り 組 み Page.16

19 貸 与 債 権 の 状 況 要 返 還 債 権 ( 貸 付 債 権 の 総 額 から 現 在 貸 与 中 の 奨 学 生 及 び 返 還 免 除 予 定 者 に 係 る 債 権 を 除 いたもの)の 状 況 貸 与 債 権 の 残 高 は 第 一 種 奨 学 金 および 第 二 種 奨 学 金 合 算 で8 兆 6,042 億 円 となり このうち 平 成 26 年 度 末 の 要 返 還 債 権 額 は6 兆 1,018 億 円 となっております この 要 返 還 債 権 額 をベースとしますと 平 成 26 年 度 末 における 延 滞 3ヶ 月 以 上 の 延 滞 債 権 額 は 2,491 億 円 ( 要 返 還 債 権 額 に 対 して4.1%)となっており このうち6ヶ 月 以 上 の 延 滞 債 権 額 は 2,000 億 円 ( 同 3.3%)となっています なお 平 成 26 年 度 末 における 民 間 金 融 機 関 の 基 準 に 準 じたリスク 管 理 債 権 額 は 5,391 億 円 ( 第 一 種 奨 学 金 1,563 億 円 第 二 種 奨 学 金 3,828 億 円 )です 平 成 11 年 4 月 より 奨 学 生 が 安 心 して 自 立 した 学 生 生 活 ができるように 援 助 するとともに 教 育 の 機 会 均 等 を 図 るため 基 準 を 満 たす 希 望 者 全 員 に 対 して 奨 学 金 を 貸 与 することを 目 標 とし 第 二 種 奨 学 金 の 制 度 の 内 容 貸 与 人 数 ともに 抜 本 的 な 拡 充 を 行 っ ており 貸 付 債 権 の 残 高 も 増 加 してきておりますが 返 還 回 収 促 進 策 の 強 化 を 図 るために 様 々な 施 策 を 講 じております 第 一 種 奨 学 金 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 ( 単 位 : 億 円 ) 平 成 26 年 度 第 二 種 奨 学 金 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 ( 単 位 : 億 円 ) 平 成 26 年 度 3ヶ 月 以 上 延 滞 債 権 1,082 1, 総 貸 付 残 高 24,077 24,304 24,607 24,993 25,563 要 返 還 債 権 16,467 16,803 17,024 17,379 17,777 3ヶ 月 以 上 延 滞 債 権 1,577 1,636 1,718 1,741 1,695 総 貸 付 残 高 43,499 48,456 53,048 57,133 60,480 要 返 還 債 権 27,712 31,401 35,522 39,499 43,241 総 貸 付 残 高 に 対 する 3ヶ 月 以 上 延 滞 債 権 比 率 4.5% 4.2% 3.9% 3.6% 3.1% 総 貸 付 残 高 に 対 する 3ヶ 月 以 上 延 滞 債 権 比 率 3.6% 3.4% 3.2% 3.0% 2.8% 要 返 還 債 権 に 対 する 3ヶ 月 以 上 延 滞 債 権 比 率 6.6% 6.0% 5.7% 5.2% 4.5% 要 返 還 債 権 に 対 する 3ヶ 月 以 上 延 滞 債 権 比 率 5.7% 5.2% 4.8% 4.4% 3.9% Page.17

20 返 還 金 の 回 収 状 況 当 年 度 分 ( 当 年 度 に 回 収 期 日 が 到 来 するもの)の 回 収 率 は 第 一 種 奨 学 金 が96.9% 第 二 種 奨 学 金 が96.0%です( 平 成 26 年 度 ) 一 方 延 滞 分 ( 既 に 回 収 期 日 を 過 ぎたもの)では 回 収 率 が 低 下 しており 当 年 度 分 の 返 還 時 点 で 延 滞 させないことが 回 収 にとって 大 きなポイントとなっています 回 収 促 進 策 として 以 下 の 施 策 を 行 っております 口 座 振 替 (リレー 口 座 )への 原 則 全 員 加 入 債 権 回 収 会 社 (サービサー)による 督 促 架 電 及 び 回 収 の 委 託 コールセンターでの 相 談 体 制 の 強 化 法 的 措 置 の 強 化 個 人 信 用 情 報 機 関 の 活 用 第 一 種 奨 学 金 第 二 種 奨 学 金 億 円 3,200 3,000 2,800 2,600 2,400 2,200 2,000 1,800 1,600 1,400 1,200 1, % 90.0% 80.0% 70.0% 60.0% 50.0% 40.0% 30.0% 20.0% 10.0% % 年 度 億 円 3,200 3,000 2,800 2,600 2,400 2,200 2,000 1,800 1,600 1,400 1,200 1, % 90.0% 80.0% 70.0% 60.0% 50.0% 40.0% 30.0% 20.0% 10.0% % 年 度 当 年 度 分 回 収 額 延 滞 分 回 収 額 当 年 度 分 回 収 率 延 滞 分 回 収 率 当 年 度 分 回 収 額 延 滞 分 回 収 額 当 年 度 分 回 収 率 延 滞 分 回 収 率 Page.18

21 奨 学 金 の 返 還 に 関 する 各 種 制 度 減 額 返 還 制 度 月 々の 約 束 した 金 額 の 返 還 は 困 難 であるが 半 額 ならば 返 還 できる 場 合 災 害 傷 病 その 他 経 済 的 理 由 により 奨 学 金 の 返 還 が 困 難 な 方 の 中 で 月 々の 約 定 金 額 を 減 額 すれば 返 還 可 能 である 方 を 対 象 として 一 定 期 間 1 回 当 たりの 割 賦 金 を2 分 の1に 減 額 し その 分 の 返 還 期 限 を 延 長 する 制 度 です 適 用 期 間 は 12ヶ 月 (6ヶ 月 分 の 割 賦 金 を12ヶ 月 で 返 還 )で 最 長 10 年 (120ヶ 月 )まで 延 長 可 能 です 返 還 期 限 の 猶 予 制 度 現 在 の 返 還 が 困 難 であるため 一 定 期 間 返 還 を 待 ってほしい 場 合 災 害 傷 病 経 済 困 難 失 業 などの 返 還 困 難 な 事 情 が 生 じた 場 合 に 願 出 により 返 還 期 限 を 猶 予 する 制 度 です 平 成 26 年 度 より 返 還 期 限 猶 予 制 度 の 適 用 年 数 の 延 長 返 還 期 限 猶 予 制 度 を 適 用 できる 年 数 を 通 算 5 年 から 通 算 10 年 に 延 長 延 滞 者 への 返 還 期 限 猶 予 の 適 用 延 滞 者 であっても 傷 病 生 活 保 護 受 給 中 等 真 に 返 還 が 困 難 な 場 合 は 延 滞 分 を 据 え 置 き 猶 予 申 請 月 より 返 還 期 限 猶 予 を 適 用 返 還 免 除 制 度 死 亡 精 神 身 体 の 障 害 によって 返 還 ができなくなった 場 合 に 願 出 により 返 還 を 免 除 する 制 度 です このほかに 大 学 院 で 受 けた 第 一 種 奨 学 金 については 特 に 優 れた 業 績 による 返 還 免 除 制 度 を 設 けています 平 成 27 年 度 より 博 士 課 程 進 学 者 を 対 象 に 本 制 度 の 改 善 充 実 大 学 院 博 士 課 程 に 進 学 し 奨 学 生 として 採 用 される 段 階 で 返 還 免 除 候 補 者 として 決 定 できる 制 度 を 導 入 新 たな 所 得 連 動 返 還 型 奨 学 金 制 度 の 創 設 については 子 供 の 貧 困 対 策 に 関 する 大 綱 について( 平 成 26 年 8 月 29 日 閣 議 決 定 ) 等 の 提 言 を 踏 まえ 平 成 27 年 9 月 に 文 部 科 学 省 に 設 置 された 所 得 連 動 返 還 型 奨 学 金 制 度 有 識 者 会 議 において 無 利 子 奨 学 金 の 平 成 29 年 度 新 規 採 用 者 からの 導 入 に 向 けて 検 討 していることころです Page.19

22 機 関 保 証 制 度 本 機 構 の 設 立 に 伴 い 学 生 等 の 自 立 を 支 援 する 観 点 から それまでの 連 帯 保 証 人 及 び 保 証 人 の 人 的 保 証 制 度 に 加 えて 機 関 保 証 制 度 が 導 入 されました これにより 平 成 16 年 度 新 規 奨 学 生 から 人 的 保 証 と 機 関 保 証 のいずれかを 選 択 できるようになりました 機 関 保 証 業 務 は 公 益 財 団 法 人 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 が 行 なっています 海 外 留 学 のための 第 二 種 奨 学 金 の 貸 与 については 人 的 保 証 と 機 関 保 証 の 二 つの 保 証 を 付 すこととされています 返 還 を 延 滞 した 場 合 1 請 求 奨 学 生 ( 返 還 者 )が 指 定 された 期 日 までに 返 還 できなくなって から 一 定 期 間 の 督 促 後 本 機 構 の 請 求 に 基 づき 保 証 機 関 が 奨 学 生 ( 返 還 者 )に 代 わって 残 額 を 一 括 返 済 します ( 代 位 弁 済 ) 保 証 機 関 が 返 済 した 後 は 保 証 機 関 より 奨 学 生 ( 返 還 者 )に 奨 学 生 ( 返 還 者 ) 2 延 滞 日 本 学 生 支 援 機 構 (%) 60 その 分 の 返 済 を 請 求 します ( 求 償 権 行 使 ) 加 入 率 の 推 移 5 請 求 ( 求 償 権 行 使 ) 6 返 済 3 代 位 弁 済 請 求 4 代 位 弁 済 保 証 機 関 年 度 Page.20

23 本 機 構 の 財 務 状 況 Page.21

24 平 成 26 年 度 決 算 1 貸 借 対 照 表 平 成 26 年 度 貸 借 対 照 表 ( 単 位 : 億 円 ) 平 成 26 年 度 流 動 資 産 86,131 固 定 資 産 1,858 資 産 合 計 87,989 流 動 負 債 10,202 固 定 負 債 77,156 ( 負 債 合 計 ) 87,357 第 一 種 学 資 金 25,182 第 二 種 学 資 金 60,090 貸 倒 引 当 金 987 その 他 1,846 資 産 流 動 資 産 86,131 負 債 流 動 負 債 10,202 固 定 負 債 77,156 1 年 以 内 償 還 予 定 日 本 学 生 支 援 債 券 1,800 1 年 以 内 返 済 予 定 長 期 借 入 金 8,234 その 他 167 日 本 学 生 支 援 債 券 2,300 長 期 借 入 金 74,801 その 他 54 資 本 金 1 資 本 剰 余 金 396 利 益 剰 余 金 234 ( 純 資 産 計 ) 632 負 債 純 資 産 合 計 87,989 固 定 資 産 1,858 有 形 固 定 資 産 408 無 形 固 定 資 産 70 投 資 その 他 1,380 合 計 87,989 87,989 純 資 産 632 資 本 金 1 資 本 剰 余 金 396 利 益 剰 余 金 234 損 益 計 算 書 平 成 26 年 度 損 益 計 算 書 ( 単 位 : 億 円 ) 平 成 26 年 度 経 常 費 用 1,073 経 常 収 益 1,127 ( 経 常 利 益 ) 54 臨 時 損 失 0 当 期 総 利 益 54 経 常 収 益 1,251 経 常 収 益 1,127 経 常 費 用 1,073 当 期 総 利 益 54 臨 時 損 失 0 Page.22

25 平 成 26 年 度 決 算 2 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 貸 付 金 区 分 金 額 区 分 資 産 の 部 金 額 負 債 の 部 Ⅰ 流 動 負 債 121,325,048,895 運 営 費 交 付 金 債 務 879,201,738 預 り 補 助 金 等 3,009,320,466 第 一 種 学 資 金 2,518,209,529,581 預 り 寄 附 金 2,553,267,720 第 二 種 学 資 金 6,009,038,141,493 一 年 以 内 償 還 予 定 日 本 学 生 支 援 債 券 180,000,000,000 貸 倒 引 当 金 98,740,280,763 8,428,507,390,311 一 年 以 内 返 済 予 定 長 期 借 入 金 823,445,000,000 有 価 証 券 61,999,734,062 未 払 金 1,862,367,685 前 払 金 9,097,793 未 払 消 費 税 等 41,251,300 前 払 費 用 3,842,589 リース 債 務 371,770,377 未 収 収 益 960,032,857 未 払 費 用 7,279,764,976 貸 倒 引 当 金 10,562, ,470,701 前 受 金 312,539,993 未 収 金 294,157,076 預 り 金 284,893,219 流 動 資 産 合 計 8,613,088,741,427 仮 受 金 124,446,683 流 動 負 債 合 計 1,020,163,824,157 Ⅱ 固 定 資 産 Ⅱ 固 定 負 債 1. 有 形 固 定 資 産 資 産 見 返 負 債 建 物 40,160,331,900 資 産 見 返 運 営 費 交 付 金 2,341,676,587 減 価 償 却 累 計 額 11,903,222,379 28,257,109,521 資 産 見 返 施 設 費 2,724,534 構 築 物 118,661,324 資 産 見 返 補 助 金 等 287,160,848 減 価 償 却 累 計 額 68,672,056 49,989,268 資 産 見 返 寄 附 金 10,947,498 2,642,509,467 車 両 運 搬 具 6,890,809 長 期 預 り 寄 附 金 1,796,241,104 減 価 償 却 累 計 額 6,201, ,080 日 本 学 生 支 援 債 券 230,000,000,000 工 具 器 具 備 品 2,398,531,059 長 期 借 入 金 7,480,142,407,345 減 価 償 却 累 計 額 794,753,941 1,603,777,118 長 期 預 り 保 証 金 69,915,816 土 地 10,933,516,060 長 期 リース 債 務 903,384,857 有 形 固 定 資 産 合 計 40,845,081,047 固 定 負 債 合 計 負 債 合 計 7,715,554,458,589 8,735,718,282, 無 形 固 定 資 産 純 資 産 の 部 借 地 権 5,450,587,495 Ⅰ 資 本 金 ソフトウェア 1,522,299,639 政 府 出 資 金 100,000,000 電 話 加 入 権 5,395,000 資 本 金 合 計 100,000,000 無 形 固 定 資 産 合 計 6,978,282,134 Ⅱ 資 本 剰 余 金 資 本 剰 余 金 6,461,902, 投 資 その 他 の 資 産 損 益 外 減 価 償 却 累 計 額 12,719,079,492 投 資 有 価 証 券 16,661,049,763 民 間 出 えん 金 58,801,272,617 破 産 再 生 更 生 債 権 等 76,973,535,103 資 本 剰 余 金 合 計 39,620,290,746 貸 倒 引 当 金 76,709,823, ,711,669 Ⅲ 利 益 剰 余 金 未 収 財 源 措 置 予 定 額 121,010,686,613 前 中 期 目 標 期 間 繰 越 積 立 金 18,030,006,644 差 入 保 証 金 27,128,158 当 期 未 処 分 利 益 5,406,100,675 投 資 その 他 の 資 産 合 計 137,962,576,203 (うち 当 期 総 利 益 ) (5,406,100,675) 利 益 剰 余 金 合 計 23,436,107,319 固 定 資 産 合 計 185,785,939,384 純 資 産 合 計 63,156,398,065 資 産 合 計 8,798,874,680,811 負 債 純 資 産 合 計 8,798,874,680,811 ( 単 位 : 円 ) Page.23

26 平 成 26 年 度 決 算 3 損 益 計 算 書 キャッシュ フロー 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 円 ) 区 分 金 額 経 常 費 用 業 務 費 学 資 金 貸 与 業 務 費 82,345,307,633 留 学 生 学 資 金 支 給 業 務 費 11,781,024,461 留 学 生 寄 宿 舎 運 営 業 務 費 761,969,447 留 学 試 験 業 務 費 447,806,844 日 本 語 予 備 教 育 業 務 費 671,303,913 留 学 生 交 流 推 進 業 務 費 551,562,071 研 修 情 報 提 供 業 務 費 186,575,833 修 学 環 境 等 調 査 研 究 業 務 費 156,364,369 高 等 学 校 等 奨 学 金 事 業 移 管 業 務 費 8,078,857, ,980,771,571 一 般 管 理 費 2,308,094,893 経 常 費 用 合 計 107,288,866,464 経 常 収 益 運 営 費 交 付 金 収 益 12,627,293,821 学 資 金 利 息 37,804,001,828 延 滞 金 収 入 4,068,193,322 留 学 生 宿 舎 収 入 677,366,605 日 本 語 学 校 収 入 328,030,839 日 本 留 学 試 験 検 定 料 収 入 339,647,428 その 他 事 業 収 入 285,207,797 受 託 収 入 6,302,434 補 助 金 等 収 益 高 等 学 校 等 奨 学 金 事 業 交 付 金 収 益 8,078,857,000 国 庫 補 助 金 収 益 6,531,360,754 政 府 補 給 金 収 益 4,060,379,247 18,670,597,001 財 源 措 置 予 定 額 収 益 36,179,609,004 寄 附 金 収 益 574,814,947 資 産 見 返 負 債 戻 入 資 産 見 返 運 営 費 交 付 金 戻 入 490,219,421 資 産 見 返 施 設 費 戻 入 796,680 資 産 見 返 補 助 金 等 戻 入 315,566,549 資 産 見 返 寄 附 金 戻 入 1,467, ,049,955 財 務 収 益 受 取 利 息 36,137,951 有 価 証 券 利 息 291,598, ,736,898 経 常 収 益 合 計 112,696,851,879 経 常 利 益 5,407,985,415 臨 時 損 失 固 定 資 産 除 却 損 1,884,740 1,884,740 当 期 純 利 益 5,406,100,675 当 期 総 利 益 5,406,100,675 ( 単 位 : 円 ) 区 分 金 額 Ⅰ 業 務 活 動 によるキャッシュ フロー 人 件 費 支 出 4,321,809,517 学 資 金 の 貸 付 による 支 出 1,080,700,388,831 短 期 借 入 金 の 返 済 による 支 出 3,832,075,000,000 債 券 の 償 還 による 支 出 180,000,000,000 長 期 借 入 金 の 返 済 による 支 出 854,553,394,000 借 入 利 息 の 支 払 額 35,430,506,600 債 券 利 息 の 支 払 額 741,810,196 高 等 学 校 等 奨 学 金 事 業 移 管 による 支 出 8,078,857,000 その 他 の 業 務 支 出 20,008,283,005 運 営 費 交 付 金 収 入 14,029,475,000 政 府 交 付 金 収 入 8,078,857,000 学 資 金 の 回 収 による 収 入 657,408,979,227 短 期 借 入 れによる 収 入 3,832,075,000,000 債 券 の 発 行 による 収 入 179,754,933,674 長 期 借 入 れによる 収 入 1,265,003,499,000 学 資 金 利 息 の 受 取 額 37,811,839,769 延 滞 金 収 入 4,068,193,322 留 学 生 宿 舎 収 入 701,446,902 日 本 語 学 校 収 入 316,864,165 日 本 留 学 試 験 検 定 料 収 入 370,871,687 その 他 の 事 業 収 入 464,302,362 国 庫 補 助 金 収 入 14,240,265,000 政 府 補 給 金 収 入 790,548,000 寄 附 金 収 入 2,563,264,101 小 計 1,768,290,060 その 他 利 息 の 受 取 額 317,124,171 その 他 利 息 の 支 払 額 725,924,350 国 庫 納 付 金 の 支 払 額 1,871,171,067 業 務 活 動 によるキャッシュ フロー 511,681,186 Ⅱ 投 資 活 動 によるキャッシュ フロー 有 価 証 券 の 取 得 による 支 出 60,000,000,000 有 価 証 券 の 償 還 による 収 入 56,024,000,000 有 形 固 定 資 産 の 取 得 による 支 出 86,356,647 無 形 固 定 資 産 の 取 得 による 支 出 438,227,134 投 資 活 動 によるキャッシュ フロー 4,500,583,781 Ⅲ 財 務 活 動 によるキャッシュ フロー リース 債 務 の 返 済 による 支 出 589,484,039 財 務 活 動 によるキャッシュ フロー 589,484,039 Ⅳ 資 金 に 係 る 換 算 差 額 - Ⅴ 資 金 減 少 額 5,601,749,006 Ⅵ 資 金 期 首 残 高 126,926,797,901 Ⅶ 資 金 期 末 残 高 121,325,048,895 Page.24

27 ご 参 考 Page.25

28 日 本 学 生 支 援 債 券 の 概 要 1 本 機 構 債 は 年 4 回 の 定 例 発 行 平 成 28 年 度 は 6 月 に 2 年 債 300 億 円 9 月 に 2 年 債 300 億 円 11 月 に 2 年 債 300 億 円 2 月 に 2 年 債 300 億 円 の 発 行 を 予 定 年 度 別 発 行 額 日 本 学 生 支 援 債 券 実 績 予 定 平 成 16 年 度 平 成 17 年 度 平 成 18 年 度 平 成 19 年 度 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 平 成 25 年 度 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 平 成 28 年 度 760 億 円 1,100 億 円 1,170 億 円 1,170 億 円 1,170 億 円 1,170 億 円 1,600 億 円 1,700 億 円 1,800 億 円 1,800 億 円 1,800 億 円 1,200 億 円 1,200 億 円 日 本 育 英 会 債 券 は 平 成 13 年 度 に100 億 円 平 成 14 年 度 に560 億 円 平 成 15 年 度 に610 億 円 を 発 行 しました 発 行 実 績 6 月 / 7 月 9 月 11 月 2 月 年 度 計 平 成 24 年 度 (7 月 ) 2Y 400 億 円 2Y 500 億 円 3Y 500 億 円 2Y 400 億 円 1,800 億 円 平 成 25 年 度 (6 月 ) 2Y 500 億 円 2Y 400 億 円 3Y 500 億 円 2Y 400 億 円 1,800 億 円 平 成 26 年 度 (6 月 ) 3Y 500 億 円 2Y 500 億 円 2Y 400 億 円 2Y 400 億 円 1,800 億 円 平 成 27 年 度 (6 月 ) 2Y 300 億 円 2Y 300 億 円 2Y 300 億 円 2Y 300 億 円 1,200 億 円 Page.26

29 日 本 学 生 支 援 債 券 の 概 要 2 起 債 一 覧 条 件 決 定 日 銘 柄 年 限 発 行 額 ( 億 円 ) 払 込 日 償 還 日 利 率 ( %) 発 行 価 格 ( 円 ) ロ ーンチ スプ レッド 条 件 決 定 日 銘 柄 年 限 発 行 額 ( 億 円 ) 払 込 日 償 還 日 利 率 ( %) 発 行 価 格 ( 円 ) ロ ーンチ スプ レッド H 第 1 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #214+14bp H 第 2 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #214+12bp H 第 3 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #220+9bp H 第 4 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #223+9bp H 第 5 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #223+10bp H 第 6 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #230+10bp H 第 7 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #234+24bp H 第 8 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #234+23bp H 第 9 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #210+15bp H 第 10 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #214+8bp H 第 11 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #214+15bp H 第 12 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #220+16bp H 第 13 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #223+20bp H 第 14 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #234+35bp H 第 15 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #226+37bp H 第 16 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #232+16bp H 第 17 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #243+13bp H 第 18 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #238+15bp H 第 19 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #240+10bp H 第 20 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #243+10bp H 第 21 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #254+11bp H 第 22 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #249+8bp H 第 23 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #250+8bp H 第 24 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #254+6bp H 第 25 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #267+6bp H 第 26 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #258+10bp H 第 27 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #260+7bp H 第 28 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #264+5bp H 第 29 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #275+5bp H 第 30 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #269+7bp H 第 31 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #271+6bp H 第 32 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #272+5bp H 第 33 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #284+6bp H 第 34 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #277+5bp H 第 35 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H # bp H 第 36 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H #282+4bp H 第 37 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H H 第 38 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H H 第 39 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H H 第 40 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H H 第 41 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H H 第 42 回 日 本 学 生 支 援 債 券 H H Page.27

30 東 日 本 大 震 災 に 伴 う 本 機 構 の 支 援 状 況 本 機 構 では 東 日 本 大 震 災 の 発 生 を 受 けて 震 災 直 後 の 平 成 23 年 3 月 14 日 より 被 災 された 学 生 に 係 る 支 援 を 開 始 しました 平 成 23 年 度 は 緊 急 採 用 応 急 採 用 により 平 成 24 年 度 からは 第 一 種 奨 学 金 に 被 災 された 学 生 を 対 象 とした 震 災 復 興 枠 を 設 けており ます また 被 災 された 返 還 者 に 対 しても 減 額 返 還 返 還 期 限 猶 予 といった 支 援 を 行 っております 第 一 種 奨 学 金 ( 震 災 復 興 枠 ) 採 用 の 状 況 ( 単 位 : 人 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 平 成 26 年 度 1,256 平 成 25 年 度 3,451 平 成 24 年 度 4,855 東 日 本 大 震 災 を 理 由 とする 緊 急 採 用 応 急 採 用 の 状 況 ( 単 位 : 人 ) 4~6 月 7~9 月 10~12 月 1~3 月 計 平 成 23 年 度 緊 急 ( 第 一 種 ) ,649 応 急 ( 第 二 種 ) ,003 東 日 本 大 震 災 を 理 由 とする 返 還 期 限 猶 予 減 額 返 還 の 承 認 状 況 ( 単 位 : 人 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 4~6 月 7~9 月 10~12 月 1~3 月 計 平 成 26 年 度 返 還 期 限 猶 予 減 額 返 還 平 成 25 年 度 平 成 24 年 度 平 成 23 年 度 平 成 22 年 度 返 還 期 限 猶 予 減 額 返 還 返 還 期 限 猶 予 減 額 返 還 返 還 期 限 猶 予 1, ,353 減 額 返 還 平 成 22 年 度 3 月 は 平 成 23 年 度 4~6 月 に 含 みます Page.28

31 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 の 概 要 本 事 業 の 財 源 は 民 間 企 業 等 からの グローバル 人 材 育 成 コミュニティ への 寄 附 金 とし 2020 年 までの7カ 年 で 総 額 200 億 円 ( 約 30 億 円 / 年 換 算 )を 目 標 とし 10,000 名 程 度 の 留 学 生 の 創 出 を 目 指 す ( 平 成 28 年 2 月 5 日 現 在 176 社 団 体 平 成 32 年 (2020 年 )までの7か 年 の 寄 附 見 込 額 約 億 円 ) 制 度 の 特 徴 学 生 等 が 立 案 作 成 した 留 学 計 画 を 支 援 実 践 を 焦 点 にした 留 学 を 支 援 日 本 再 興 戦 略 産 業 界 からの 意 向 を 踏 まえた 支 援 コースの 設 定 産 業 界 の 求 める 人 材 を 選 抜 留 学 中 の 支 援 だけでなく 留 学 の 質 を 高 めるための 事 前 事 後 研 修 留 学 中 のプロジェクト 留 学 後 のコミュニティを 提 供 申 請 対 象 となる 留 学 コース 合 格 学 生 数 等 コース 合 格 学 生 数 平 成 26 年 度 ( 第 1 期 ) 平 成 27 年 度 前 期 ( 第 2 期 ) 平 成 27 年 度 後 期 ( 第 3 期 ) 平 成 28 年 度 前 期 ( 第 4 期 ) 自 然 科 学 系 複 合 融 合 系 人 材 コース 159 名 119 名 163 名 206 名 新 興 国 コース 44 名 18 名 26 名 47 名 世 界 トップレベル 大 学 等 コース 61 名 43 名 77 名 52 名 多 様 性 人 材 コース 59 名 76 名 96 名 102 名 地 域 性 人 材 コース 42 名 30 名 計 323 名 256 名 404 名 437 名 地 域 人 材 コース 地 域 の 活 性 化 に 貢 献 し 地 域 に 定 着 する 意 欲 のある 学 生 を 対 象 に 地 域 内 でのインター ンシップを 組 み 合 わせた 留 学 を 支 援 採 択 地 域 栃 木 県 三 重 県 岡 山 県 徳 島 県 熊 本 県 大 分 県 沖 縄 県 福 島 県 いわき 市 石 川 県 奈 良 県 奈 良 市 香 川 県 (H 現 在 ) 高 校 生 コース 大 学 等 向 けのプログラムと 同 様 の 形 態 で 世 界 に 挑 戦 専 門 的 な 職 業 社 会 貢 献 等 を 焦 点 にした 留 学 を 支 援 (アカテ ミック/スホ ーツ 芸 術 /フ ロフェッショナル/ 国 際 ホ ランティアの4 分 野 ) 平 成 27 年 度 合 格 者 数 303 名 支 援 の 内 容 奨 学 金 留 学 準 備 金 授 業 料 留 学 先 地 域 により 区 分 200,000 円 160,000 円 140,000 円 120,000 円 事 前 事 後 研 修 参 加 費 事 前 事 後 研 修 参 加 のための 国 内 旅 費 の 一 部 往 復 渡 航 費 留 学 先 への 渡 航 及 び 帰 国 のための 往 復 渡 航 費 の 一 部 100,000 円 (アジア 地 域 ) 200,000 円 (アジア 地 域 以 外 ) 授 業 料 留 学 先 のおける 授 業 料 相 当 額 ( 学 費 登 録 料 ) (1 年 以 内 の 留 学 : 上 限 金 額 300,000 円 )(1 年 を 超 える 留 学 : 上 限 金 額 600,000 円 ) 大 学 等 の 場 合 Page.29

32 お 問 い 合 わせ 先 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 財 務 部 資 金 管 理 課 TEL (ダイヤルイン) FAX URL 投 資 家 の 皆 さま 向 けのホームページもございます Page.30

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

Microsoft Word - 奨学金相談Q&A.rtf

Microsoft Word - 奨学金相談Q&A.rtf 奨 学 金 相 談 Q&A 1 奨 学 金 制 度 の 何 が 問 題 か 1 金 融 事 業 に 変 質 した 奨 学 金 制 度 日 本 育 英 会 が2004 年 に 廃 止 されて 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 に 移 行 してから 金 融 事 業 として 位 置 づけられ 返 還 金 の 回 収 強 化 が 進 められてきました 2010 年 4 月 から 返 済

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378>

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378> 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 財 務 レポート ( 平 成 27 年 10 月 ) 事 業 年 度 2014 年 4 月 1 日 ー2015 年 3 月 31 日 は じ め に 平 成 26 事 業 年 度 の 財 務 諸 表 について 平 成 27 年 8 月 31 日 付 で 東 京 都 知 事 の 承 認 を 受 けましたので ここに 公 表 します 加 えて 今 回 発

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越

1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越 平 成 25 事 業 年 度 財 務 諸 表 の 概 要 1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越 欠 損 金 792 億 円 : 利 益 剰

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx

Microsoft PowerPoint - 税制上の特例.pptx (1) 被 災 地 の 雇 用 機 会 の 確 保 のための 税 制 上 の 特 例 措 置 (~28 年 3 月 末 ) 復 興 産 業 集 積 区 域 内 において 雇 用 に 大 きな 被 害 が 生 じた 地 域 の 雇 用 機 会 の 確 保 に 寄 与 する 事 業 を 行 う 個 人 事 業 者 又 は 法 人 ( 新 規 立 地 促 進 税 制 は 法 人 のみ)を 対 象 として

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73>

<83528373815B4832338E918E598C888E5A8F912E786C73> 山 形 県 公 営 企 業 資 産 運 用 事 業 会 決 算 書 目 次 1 決 算 書 1 決 算 報 告 書 1 2 損 益 算 書 5 3 剰 余 金 算 書 8 4 剰 余 金 処 分 算 書 ( 案 ) 9 5 貸 借 対 照 表 11 2 事 業 報 告 書 1 概 況 13 2 業 務 13 3 会 14 3 決 算 附 属 書 1 収 益 費 用 明 細 書 15 2 固 定 資

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資 産 変 動 計 算 書 6 連 結 資 金 収 支 計 算 書 7

目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資 産 変 動 計 算 書 6 連 結 資 金 収 支 計 算 書 7 平 成 22 年 度 高 山 市 貸 借 対 照 表 ( 連 結 ) 行 政 コスト 計 算 書 ( 連 結 ) 純 資 産 変 動 計 算 書 ( 連 結 ) 資 金 収 支 計 算 書 ( 連 結 ) 平 成 24 年 3 月 岐 阜 県 高 山 市 目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 21 年 3 月 期 平 成 20 年 7 月 31 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経 理 部 長 (

More information

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり 平 成 21 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

添 付 資 料 の 目 次 1.サマリー 情 報 (その 他 )に 関 する 事 項... 2 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動... 2 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用.

添 付 資 料 の 目 次 1.サマリー 情 報 (その 他 )に 関 する 事 項... 2 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動... 2 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用. 平 成 26 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 26 年 1 月 29 日 会 社 名 SMBC 日 興 証 券 株 式 会 社 (URL http://www.smbcnikko.co.jp/ ) 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 久 保 哲 也 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 経 理 部

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 1,424,389 流 動 負 債 1,460,450 現 金 及 び 預 金 988,384 買 掛 金 753 売 掛 金 334,616 短 期 借 入 金 182,000 リ ー ス 債 権 15,287 一 年 内 返 済 予 定 の 長

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

1_扉-配布用.indd

1_扉-配布用.indd 私 立 高 校 の 学 費 負 担 を 軽 減 する 制 度 のご 案 内 平 成 26 年 度 の 内 容 です 私 立 高 等 学 校 等 に 通 学 する 生 徒 の 学 費 負 担 を 軽 くする 制 度 をご 紹 介 します 下 記 の3つの 制 度 はあわ せて 受 けることができます また いずれも 保 護 者 の 所 得 による 制 限 があります ⑴ 就 学 支 援 金 : 私 立

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 経 営 成 績 財 政 状 態 に 関 する 分 析 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 分 析 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 分 析 3 (3) 利 益 配 分 に 関 する 基 本 方 針 及 び 当 期 次 期 の 配 当 3 2. 企 業 集 団 の 状 況 4 3. 経 営 方 針 5 (1) 経 営 の 基 本 方 針 5 (2) 目

More information

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4 平 2 6. 5. 9 法 D 5-4 税 制 調 査 会 ( 法 人 課 税 DG5) 中 小 法 人 公 益 法 人 等 ( 地 方 税 ) 平 成 26 年 5 月 9 日 ( 金 ) 総 務 省 目 次 中 小 企 業 に 対 する 特 別 な 取 扱 い( 主 なもの) 地 方 税 1 中 小 法 人 と 個 人 事 業 主 との 税 負 担 率 の 比 較 ( 国 税 地 方 税 ) 2

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

Microsoft Word - 短大奨学金

Microsoft Word - 短大奨学金 東 筑 紫 短 期 大 学 奨 学 金 について 本 学 に 募 集 がある 奨 学 制 度 は 日 本 学 生 支 援 機 構 山 口 県 ひとづくり 財 団 宮 崎 県 育 英 資 金 交 通 遺 児 育 英 会 あしなが 育 英 会 ( 病 気 災 害 遺 児 )です 多 数 の 学 生 が 採 用 されている 奨 学 制 度 は 日 本 学 生 支 援 機 構 の 奨 学 制 度 ですが 大

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

第 41 期

第 41 期 決 算 公 告 平 成 24 年 6 月 28 日 各 位 大 阪 市 中 央 区 南 船 場 一 丁 目 17 番 26 号 株 式 会 社 アプラス 代 表 取 締 役 社 長 野 口 郷 司 第 3 期 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで) 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 及 び 個 別 注 記 表 貸 借 対 照 表 損 益 計 算

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 第 3 市 町 村 税 関 係 市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 基 づいてとりまとめた 一 平 成 25 年 度 決 算 状 況 1

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

(2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 該 当 事 項 はありません (3) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 当

(2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 該 当 事 項 はありません (3) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 当 定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 会 計 期 間 ( 以 下 当 四 半 期 という)では 米 国 のサブプライムローンに 端 を 発 した 金 融 危 機 が 世 界 的 に 連 鎖 する 中 想 定 をはるかに 超 えた 円 高 株 安 雇 用 環 境 の 悪 化 や 個 人 消 費 の 低 迷

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 金 額 ( 単 位 : 百 万 円 ) 売 上 高 99,163 売 上 原 価 90,815 売 上 総 利 益 8,347 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 4,661 営 業 利 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 金 額 ( 単 位 : 百 万 円 ) 売 上 高 99,163 売 上 原 価 90,815 売 上 総 利 益 8,347 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 4,661 営 業 利 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 金 額 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 59,772 流 動 負 債 30,678 現 金 及 び 預 金 7,239 支 払 手 形 121 受 取 手 形 1,047 買 掛 金 22,341 売 掛 金 43,230 短 期 借 入 金 5,506 商

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

( 延 納 ) 第 6 条 前 第 5 条 第 1 項 の 期 日 までに 学 費 の 納 入 ができない 者 は 次 の 期 日 までに 延 納 願 いを 提 出 し 許 可 を 得 なければならない 前 期 分 延 納 願 い 4 月 15 日 後 期 分 延 納 願 い 9 月 10 日 2

( 延 納 ) 第 6 条 前 第 5 条 第 1 項 の 期 日 までに 学 費 の 納 入 ができない 者 は 次 の 期 日 までに 延 納 願 いを 提 出 し 許 可 を 得 なければならない 前 期 分 延 納 願 い 4 月 15 日 後 期 分 延 納 願 い 9 月 10 日 2 人 間 環 境 大 学 学 費 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 人 間 環 境 大 学 学 則 第 55 条 から 第 60 条 人 間 環 境 大 学 大 学 院 学 則 第 54 条 か ら 第 59 条 に 基 づき 学 費 及 びその 他 の 納 付 金 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 学 費 ) 第 2 条 学 費 とは 入 学 金 授 業

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378>

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378> 平 成 19 年 度 決 算 の 概 要 長 期 経 理 長 期 経 理 は 地 方 公 共 団 体 及 び 組 合 員 から 徴 した 負 担 金 及 び 掛 金 等 を 財 源 に 退 職 共 済 年 金 等 の 長 期 給 付 並 びに 資 産 の 運 用 を 行 う 経 理 である 前 年 度 繰 越 長 期 給 付 積 立 金 9,954,376,826 流 動 資 産 481,436,803

More information

<95BD90AC825133944E93788C888E5A82CC8A54977620208FEE95F18CF68A4A97702E786C73>

<95BD90AC825133944E93788C888E5A82CC8A54977620208FEE95F18CF68A4A97702E786C73> 平 成 23 年 度 決 算 の 概 要 学 校 法 人 京 都 成 安 学 園 はじめに 1 金 額 は 千 円 未 満 の 端 数 については 四 捨 五 入 し 全 て 千 円 単 位 で 表 記 しているため この 資 料 内 の 表 の 合 計 欄 の 金 額 や この 資 料 と 計 算 書 類 の 金 額 が 一 致 しない 場 合 があります 2 この 資 料 でいう 予 算 額 とは

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 平 成 22 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 サンエツ 金 属 株 式 会 社 上 場 取 引 所 名 コード 番 号 5757 URL http://www.sanetu.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 釣 谷 宏 行 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )-

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- テキスト 6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- 権 利 の 確 定 - 4. 権 利 行 使 ( 新 株 の 発 行 ) 5. 権 利 行

More information

(2) 支 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 支 状 況 は 次 とおりです 1 総 入 構 成 比 は 割 合 が88.1% 活 動 外 入 が2.1% 特 別 入 が9.8%でした 2 構 成 比 は 運 営 費 入 が80.1% 経 常 経 費 補 助 金 入 が17.8%

(2) 支 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 支 状 況 は 次 とおりです 1 総 入 構 成 比 は 割 合 が88.1% 活 動 外 入 が2.1% 特 別 入 が9.8%でした 2 構 成 比 は 運 営 費 入 が80.1% 経 常 経 費 補 助 金 入 が17.8% 認 可 保 育 所 経 営 析 参 考 指 標 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 1. 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) (1) 機 能 性 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 有 効 集 対 象 3,086 施 設 機 能 性 状 況 は 次 とおりです 1 平 均 認 可 定 員 数 は108.5 人 で 利 用 率 は110.0%でした 2 在 所 児 1 人

More information

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 貸 借 対 照 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 当 年 度 前 年 度 ( 注 ) 増 減 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 286,929,827 217,799,894 69,129,933 未 収 金 24,691,586 24,68,834 82,752 前 払 金 2,857,973 2,75,243

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

1_2013BS(0414)

1_2013BS(0414) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 三 井 住 友 金 属 鉱 山 伸 銅 株 式 会 社 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 25,869,002 流 動 負 債 9,707,274 現 金 及 び 預 金 987,167 買 掛 金 3,612,919 受 取 手 形 1,225,710 短 期 借

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

 

  第 4 経 理 の 状 況 1. 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 方 法 について 当 社 の 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 は 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 平 成 19 年 内 閣 府 令 第 64 号 )に 基 づいて 作 成 しております 2. 監 査 証 明 について 当 社 は 金 融 商

More information

<重要な会計方針及び注記>

<重要な会計方針及び注記> 個 別 注 記 表 自 平 成 23 年 1 月 1 日 至 平 成 23 年 12 月 31 日 1. 重 要 な 会 計 方 針 に 係 る 事 項 に 関 する 注 記 1 棚 卸 資 産 の 評 価 基 準 及 び 評 価 方 法 商 品 先 入 先 出 法 による 原 価 法 ( 収 益 性 の 低 下 による 簿 価 切 下 げの 方 法 )によっております 2 固 定 資 産 の 減

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

委 託 会 社 等 の 経 理 状 況 1. 委 託 会 社 の 財 務 諸 表 は 財 務 諸 表 等 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 昭 和 38 年 大 蔵 省 令 第 59 号 )ならびに 同 規 則 第 2 条 の 規 定 に 基 づき 金 融 商 品

委 託 会 社 等 の 経 理 状 況 1. 委 託 会 社 の 財 務 諸 表 は 財 務 諸 表 等 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 昭 和 38 年 大 蔵 省 令 第 59 号 )ならびに 同 規 則 第 2 条 の 規 定 に 基 づき 金 融 商 品 マニュライフ インベストメンツ ジャパン 株 式 会 社 第 7 期 自 : 平 成 25 年 4 月 1 日 至 : 平 成 26 年 3 月 31 日 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 委 託 会 社 等 の 経 理 状 況 1. 委 託 会 社 の 財 務 諸 表 は 財 務 諸 表 等 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項 平 成 28 年 度 文 部 科 学 省 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 8 月 28 日 H27 税 制 改 正 要 望 事 項 1. 寄 附 税 制 の 拡 充 (1) 国 立 大 学 法 人 等 への 個 人 寄 附 に 係 る 税 額 控 除 の 導 入 等 所 得 税 等 新 設 (2) 学 校 法 人 への 個 人 寄 附 に 係 る 所 得 控 除 上 限 額 の 引

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A>

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A> 建 設 省 経 振 発 第 8 号 平 成 11 年 1 月 28 日 改 正 国 総 建 第 199 号 国 総 建 整 第 156 号 平 成 20 年 10 月 17 日 都 道 府 県 知 事 政 令 指 定 都 市 長 あて 建 設 省 建 設 経 済 局 長 公 共 工 事 に 係 る 工 事 請 負 代 金 債 権 の 譲 渡 を 活 用 した 融 資 制 度 について 建 設 投 資

More information

<5461726F2D95D48AD282CC8EE888F82848323495D48AD28A4A8E6E8ED28145>

<5461726F2D95D48AD282CC8EE888F82848323495D48AD28A4A8E6E8ED28145> 徳 島 県 奨 学 金 返 還 の 手 引 き 返 還 が 完 了 するまで 必 ず 保 管 し, 諸 届 を 提 出 する 際 には, 本 手 引 きの 様 式 をコピーして 御 使 用 ください 大 学 生 版 奨 学 生 番 号 氏 名 徳 島 県 教 育 委 員 会 学 校 政 策 課 770-8570 徳 島 市 万 代 町 1 丁 目 1 番 地 088-621-3132 ファクシミリ

More information

者 が 在 学 した 期 間 の 年 数 を 乗 じて 得 た 額 から 当 該 者 が 在 学 した 期 間 に 納 付 すべき 授 業 料 の 総 額 を 控 除 した 額 を 徴 収 するものとする 3 在 学 生 が 長 期 履 修 学 生 として 認 められた 場 合 の 授 業 料 の

者 が 在 学 した 期 間 の 年 数 を 乗 じて 得 た 額 から 当 該 者 が 在 学 した 期 間 に 納 付 すべき 授 業 料 の 総 額 を 控 除 した 額 を 徴 収 するものとする 3 在 学 生 が 長 期 履 修 学 生 として 認 められた 場 合 の 授 業 料 の 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 の 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 43 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 ( 以 下 法 人 という )が 徴 収 する 授 業 料 その 他 の 料 金 について 定 めることを 目 的 とする ( 料 金 ) 第 2 条 法 人 の

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 長 野 県 における 行 政 財 政 改 革 の 取 組 について 参 考 資 料 3 1 行 政 財 政 改 革 を 推 進 するための 計 画 1 財 政 改 革 推 進 プログラム(H14~H18 ) 2 長 野 県 行 財 政 改 革 プラン(H19~H23 ) 3 長 野 県 行 政 財 政 改 革 方 針 (H24~H28 ) 事 務 事 業 の 見 直 し 民 間 委 託 など 外 部

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 11 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 税 制 ) 平 成 25 年 2 月 中 小 企 業 庁 1. 事 業 承 継 税 制 の 拡 充 1 ( 相 続 税 贈 与 税 ) 拡 充 中 小 企 業 経 営 者 の 平 均 年 齢 が 約 60 歳 となっており 事 業 承 継 の 円 滑 化 は 喫 緊 の 課 題 事 業 承 継 税 制

More information

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 資 料 4-1 第 2 回 長 野 市 社 会 福 祉 審 議 会 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 平 成 26 年 7 月 15 日 保 育 課 作 成 1 新 制 度 における 利 用 者 負 担 ( 保 育 料 )の 設 定 について( 案 ) ~ 保 育 所 等 (2 号 3 号 ) 保 育 料 ~ 平 成 26 年 7 月 こども 未 来 部 保 育 課 1. 本 市 の 保 育 所

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

<874031343033814091DD8ED891CE8FC6955C2E786C73>

<874031343033814091DD8ED891CE8FC6955C2E786C73> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 181,154,164 流 動 負 債 158,796,609 現 金 及 び 預 金 1,266,240 買 掛 金 88,750,649 割 賦 売 掛 金 157,726,828 短 期 借 入 金 31,500,000 営 業 貸 付 金 20,381

More information

Microsoft PowerPoint - 表紙

Microsoft PowerPoint - 表紙 216 年 3 月 期 中 間 決 算 記 者 会 見 資 料 215 年 11 月 18 日 (コード 番 号 8766) ページ 1. 東 京 海 上 ホールディングス 連 結 決 算 の 概 況 (1) 東 京 海 上 ホールディングス 連 結 1 (2) 連 結 経 常 収 益 の 主 な 内 訳 1 (3) 連 結 純 利 益 の 内 訳 1 2. 国 内 損 害 保 険 事 業 の 概

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

Microsoft Word - (会社法用)2013.03期_02.計算書類.doc

Microsoft Word - (会社法用)2013.03期_02.計算書類.doc 計 算 書 類 第 1 期 平 成 24 年 7 月 31 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 1. 貸 借 対 照 表 2. 損 益 計 算 書 3. 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 4. 個 別 注 記 表 株 式 会 社 あきんどスシロー 貸 借 対 照 表 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金

More information

注 記 事 項 (1) 四 半 期 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 無 (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 無 2 1

注 記 事 項 (1) 四 半 期 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 無 (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 無 2 1 平 成 29 年 2 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 非 連 結 ) 平 成 28 年 7 月 1 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 UCS 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8787 URL https://www.ucscard.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 後 藤 秀 樹 問 合 せ 先 責

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 3 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 22 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

第 40 回 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 要 綱 1 公 募 推 薦 総 枠 30 億 円 一 般 物 流 効 率 化 促 進 中 小 企 業 高 度 化 資 金 貸 付 対 象 事 業 の 合 計 枠 2 公 募 期 間 平 成 28 年 6 月 20

第 40 回 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 要 綱 1 公 募 推 薦 総 枠 30 億 円 一 般 物 流 効 率 化 促 進 中 小 企 業 高 度 化 資 金 貸 付 対 象 事 業 の 合 計 枠 2 公 募 期 間 平 成 28 年 6 月 20 利 子 補 給 つき 低 利 の 融 資 でトラック 業 界 の 近 代 化 を 第 40 回 ( 平 成 28 年 度 ) 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 のしおり この 融 資 の 目 的 この 融 資 は 全 日 本 トラック 協 会 からの 利 子 補 給 により 長 期 低 利 の 融 資 を 推 進 し トラック 運 送 事 業 者 の 近 代 化

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information