奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題"

Transcription

1 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就 学 援 助 制 度 や 奨 学 金 制 度 の 充 実 給 付 型 奨 学 金 の 創 設 無 利 子 奨 学 金 の 拡 充 など 人 材 育 成 に 向 けた 就 学 支 援 を 公 約 として 掲 げ 文 部 科 学 省 学 生 への 経 済 的 支 援 の 在 り 方 に 関 する 検 討 会 は 本 年 4 月 から4 回 の 会 合 を 経 て 8 月 30 日 に 学 生 への 経 済 的 支 援 の 在 り 方 について( 中 間 まとめ) をまとめて 無 利 子 奨 学 金 の 拡 充 など 経 済 的 に 困 窮 し ている 学 生 の 負 担 軽 減 に 取 り 組 むべきであるとの 方 向 性 を 示 した 奨 学 金 制 度 を 巡 っては 運 営 主 体 である 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 (J ASSO:Japan Student Services Organization)の 組 織 運 営 の 在 り 方 や 延 滞 額 の 増 加 への 対 応 延 滞 金 の 賦 課 率 10%の 見 直 し 返 還 金 の 回 収 促 進 策 給 付 奨 学 金 創 設 の 是 非 無 利 子 奨 学 金 の 貸 与 基 準 の 見 直 しなど これまで 多 くの 論 点 が 指 摘 されている この 中 から 本 稿 では 財 源 の 観 点 から 奨 学 金 制 度 の 経 緯 と 課 題 について 焦 点 を 当 てることとしたい まず 財 源 を 中 心 に 育 英 奨 学 事 業 1 を 概 観 し 事 業 規 模 の 推 移 と 財 源 構 成 の 変 化 に 触 れた 上 で 同 事 業 の 財 政 的 課 題 について 考 察 す る 1. 奨 学 金 制 度 の 仕 組 み (1) 育 英 奨 学 事 業 の 概 要 我 が 国 の 育 英 奨 学 事 業 は 優 れた 学 生 生 徒 であっても 経 済 的 理 由 により 修 学 困 難 な 者 に 対 して 学 資 を 貸 与 して 教 育 の 機 会 均 等 の 確 保 を 図 るとともに 有 用 な 人 材 を 育 成 することを 目 的 として その 充 実 が 図 られてきた 平 成 22 年 度 の 調 査 によると 奨 学 金 に 係 る 事 業 を 実 施 している 団 体 はJASSOのほ か 地 方 公 共 団 体 学 校 公 益 法 人 等 の 3,928 団 体 がある 多 くの 団 体 が 人 材 育 成 に 携 わり 奨 学 生 数 は 171 万 人 奨 学 金 事 業 額 は1 兆 1,535 億 円 に 上 って いるというものの そのうちJASSOが 支 給 しているのは 123 万 人 ( 全 体 の 1 わが 国 の 奨 学 制 度 には 奨 学 と 育 英 の 要 素 があるが 今 日 の 公 的 な 奨 学 制 度 は 奨 学 が 主 たる 存 在 意 義 となっている( 大 久 保 (2004)9 頁 ) 1 経 済 のプリズム No

2 71.8%) 1 兆 118 億 円 ( 同 87.7%)であり 主 な 事 業 主 体 はJASSOであ る 2 JASSOが 実 施 している 奨 学 金 に 係 る 事 業 は 無 利 子 奨 学 金 事 業 と 有 利 子 奨 学 金 事 業 の2 種 類 に 区 分 される 無 利 子 奨 学 金 事 業 は 学 力 や 家 計 等 の 貸 与 基 準 を 満 たす 学 生 生 徒 に 対 して 無 利 子 で 奨 学 金 を 貸 与 するもの( 第 一 種 奨 学 金 )であり 卒 業 後 6か 月 経 過 後 から 月 賦 での 返 還 を 求 められる 平 成 24 年 度 には 一 定 額 の 収 入 を 得 るまでの 間 は 返 還 期 限 を 猶 予 される 所 得 連 動 返 済 型 無 利 子 奨 学 金 が 新 設 されている 有 利 子 奨 学 金 事 業 は 第 一 種 奨 学 金 より 緩 やかな 貸 与 基 準 を 満 たす 学 生 生 徒 に 対 して 有 利 子 で 貸 与 するもの( 第 二 種 奨 学 金 )であり 在 学 中 は 無 利 子 と され 卒 業 後 から 利 子 が 発 生 し 第 一 種 奨 学 金 と 同 じく 卒 業 後 6か 月 経 過 後 から 返 還 が 求 められるが 返 還 が 延 滞 した 場 合 には 年 当 たり 賦 課 率 10%の 延 滞 金 が 課 せられる 第 一 種 奨 学 金 と 第 二 種 奨 学 金 は 希 望 によって 併 用 貸 与 される 場 合 があり いずれも 卒 業 後 に 返 還 が 困 難 な 場 合 には 減 額 返 還 や 返 還 期 限 の 猶 予 を 求 めることができる 図 表 1 日 本 学 生 支 援 機 構 奨 学 金 事 業 の 概 要 ( 平 成 25 年 度 予 算 ベース) 区 分 貸 与 人 員 無 利 子 奨 学 金 事 業 有 利 子 奨 学 金 事 業 計 42 万 6 千 人 101 万 7 千 人 144 万 3 千 人 事 業 費 2,912 億 円 9,070 億 円 1 兆 1,982 億 円 学 生 が 選 択 学 生 が 選 択 貸 与 月 額 ( 私 立 大 学 自 宅 通 学 の 場 合 ) ( 大 学 等 の 場 合 ) - 3 万 円 5.4 万 円 3 万 円 5 万 円 8 万 円 10 万 円 12 万 円 高 校 成 績 が3.5 以 上 (1 年 生 ) 1 平 均 以 上 の 成 績 の 学 生 大 学 成 績 が 学 部 内 において 上 位 1/3 以 内 (2 年 生 以 上 ) 2 特 定 の 分 野 において 特 に 優 秀 な 能 力 を 有 すると 認 めら 貸 学 力 れる 学 生 与 - 基 ( 大 学 の 場 合 ) 3 学 修 意 欲 のある 学 生 準 955 万 円 以 下 ( 私 大 4 人 世 帯 自 宅 給 与 所 得 者 の 場 1,207 万 円 以 下 ( 私 大 4 人 世 帯 自 宅 給 与 所 得 者 の 場 家 計 合 ) 合 ) 万 円 以 下 ( 所 得 連 動 返 済 型 ) 卒 業 後 20 年 以 内 卒 業 後 20 年 以 内 ( 元 利 均 等 返 済 ) 返 還 方 法 卒 業 後 一 定 の 収 入 ( 年 収 300 万 円 )を 得 るまでは 返 還 期 限 を 猶 予 ( 所 得 連 動 返 済 型 ) - 貸 与 利 率 無 利 子 1 利 率 固 定 方 式 2 利 率 見 直 し 方 式 (5 年 毎 )から 学 生 が 選 択 ( 上 限 3% 在 学 中 は 無 利 子 ) ( 出 所 ) 文 部 科 学 省 学 生 への 経 済 的 な 支 援 の 在 り 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ( 平 )( 資 料 3) 大 学 生 等 への 経 済 的 支 援 についてその1 より 作 成 - 上 記 図 表 1に 示 されるように JASSOは 平 成 25 年 度 に 無 利 子 奨 学 金 に 2 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 22 年 度 奨 学 金 事 業 に 関 する 実 態 調 査 報 告 表 5-2 表 6-2 経 済 のプリズム No

3 ついて 42 万 6 千 人 2,912 億 円 の 貸 与 を 有 利 子 奨 学 金 について 101 万 7 千 人 9,070 億 円 の 延 べ 人 数 144 万 3 千 人 1 兆 1,982 億 円 の 貸 与 を 見 込 んでおり 貸 与 人 員 と 事 業 費 はともに 有 利 子 奨 学 金 事 業 が7 割 以 上 を 占 めている 奨 学 金 を 受 けている 大 学 生 等 の 数 は 近 年 急 速 に 増 加 している 大 学 生 等 の 中 で 奨 学 金 を 受 けている 者 の 割 合 は 長 い 間 10% 程 度 で 推 移 してきたが 平 成 11 年 度 頃 から 急 速 に 拡 大 し 平 成 24 年 度 には 35.8%と3 人 に1 人 の 割 合 となっ ている( 図 表 2 参 照 ) これは 11 年 度 に 貸 与 に 関 する 学 力 基 準 や 家 計 基 準 が 緩 和 されたほか 貸 与 月 額 の 選 択 を 可 能 とする きぼう 21 プラン が 第 二 種 奨 学 金 として 始 まったことなどによる また 11 年 度 には 無 利 子 奨 学 金 制 度 につ いて 緊 急 採 用 奨 学 金 制 度 が 創 設 されて 保 護 者 の 失 職 倒 産 や 災 害 等 によ り 家 計 が 急 変 し 緊 急 に 奨 学 金 が 必 要 となった 学 生 等 へ 対 応 することができる ようになったことが 奨 学 生 数 の 増 加 に 寄 与 している 図 表 2 大 学 等 の 在 学 者 に 占 める 奨 学 生 の 割 合 の 推 移 万 人 % 奨 学 生 数 / 学 生 総 数 ( 右 軸 ) 大 学 等 の 在 学 者 数 ( 左 軸 ) うち 奨 学 生 数 ( 左 軸 ) 年 度 ( 注 ) 大 学 等 は 大 学 短 期 大 学 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 であり 大 学 院 専 攻 科 別 科 その 他 の 学 生 を 含 む 奨 学 生 数 は 延 べ 人 数 ( 出 所 ) 文 部 科 学 省 学 校 基 本 調 査 JASSO JASSO 年 報 平 成 23 年 度 第 12 表 財 政 調 査 会 國 の 予 算 より 作 成 3 経 済 のプリズム No

4 その 後 も 平 成 15 年 度 に 入 学 時 において 有 利 子 奨 学 金 を 増 額 できる 入 学 時 特 別 増 額 貸 与 奨 学 金 制 度 が 創 設 され 24 年 度 には 所 得 連 動 返 済 型 の 無 利 子 奨 学 金 制 度 が 実 施 されて 卒 業 後 一 定 の 収 入 ( 年 収 300 万 円 )を 得 るように なるまで 返 済 期 限 を 猶 予 できる 仕 組 みが 作 られた こうした 制 度 見 直 しによっ て より 多 くの 学 生 等 が 奨 学 金 の 貸 与 を 受 けることができるようになった (2) 奨 学 金 の 財 源 次 に 奨 学 金 に 係 る 事 業 の 財 政 資 金 の 流 れを 整 理 しておきたい JASSO が 実 施 する 奨 学 金 事 業 は 国 の 財 政 資 金 等 を 財 源 として 経 済 的 な 理 由 で 修 学 困 難 な 学 生 を 支 援 するものであり 図 表 1で 見 たとおり 無 利 子 奨 学 金 事 業 ( 第 一 種 奨 学 金 )と 有 利 子 奨 学 金 事 業 ( 第 二 種 奨 学 金 )の2 事 業 が 実 施 されている 財 政 から 見 た2 事 業 の 仕 組 みは 次 の 図 表 3のとおりである 無 利 子 奨 学 金 図 表 3 奨 学 金 貸 与 事 業 の 主 な 財 政 資 金 の 流 れ 有 利 子 奨 学 金 復 興 特 別 会 計 国 一 般 会 計 国 財 政 融 資 資 金 金 融 機 関 財 投 機 関 債 利 政 府 貸 付 金 政 府 貸 付 金 子 補 財 政 融 資 償 民 間 借 入 償 給 還 還 財 投 機 関 債 金 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 (JASSO) 償 還 奨 学 金 返 還 金 奨 学 金 返 還 金 等 学 生 卒 業 返 還 者 学 生 卒 業 返 還 者 ( 出 所 ) 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 財 務 諸 表 ( 平 成 24 事 業 年 度 附 属 明 細 書 )より 作 成 この 図 表 3を 参 照 し 無 利 子 及 び 有 利 子 奨 学 金 の 各 事 業 について 触 れたい ア 無 利 子 奨 学 金 事 業 の 財 源 国 による 本 格 的 な 無 利 子 奨 学 金 事 業 の 開 始 は 昭 和 18 年 度 までさかのぼる 昭 和 17 年 2 月 衆 議 院 から 国 民 教 育 普 遍 化 に 対 する 方 策 の 確 立 = 興 亜 育 英 金 庫 制 度 創 設 の 建 議 が 出 され 翌 18 年 10 月 に 設 立 された 財 団 法 人 大 日 本 育 英 経 済 のプリズム No

5 会 によって 学 資 の 貸 与 事 業 が 開 始 された 育 英 資 金 が 給 付 ではなく 貸 与 であ ることは 財 団 法 人 大 日 本 育 英 会 の 設 立 時 に わが 国 においては 子 女 の 教 育 の 責 任 が 親 または 家 にありとする 家 族 制 度 を 支 持 する 立 場 によるもので この 責 任 者 に 本 会 ( 大 日 本 育 英 会 )が 援 助 協 力 をするという 建 前 があったことによ るものである 3 制 度 が 検 討 された 当 初 は 貸 与 よりもむしろ 給 費 に との 意 見 もあったが 毎 年 の 支 出 を 考 慮 すれば 給 付 は 困 難 であるという 財 政 事 情 から 貸 与 制 が 継 続 されていると 日 本 育 英 会 10 年 誌 は 記 している 4 制 度 発 足 当 初 は 奨 学 生 が 卒 業 して 返 還 が 開 始 して 国 庫 からの 新 規 支 出 が 減 少 し 一 定 の 年 数 が 経 過 すれば 国 庫 からの 借 入 がなくても 返 還 金 のみで 事 業 が 運 営 されるよう になり 国 の 負 担 は 事 務 費 と 利 子 のみにとどまるようになることを 想 定 してい たという 5 奨 学 金 貸 与 終 了 者 からの 返 還 金 を 事 業 資 金 に 充 当 して 循 環 運 用 する との 考 え 方 が 資 金 計 画 の 基 本 構 想 とされていたのである この 方 針 に 基 づい て 財 団 法 人 大 日 本 育 英 会 設 立 の 当 初 は 大 蔵 省 ( 当 時 ) 預 金 部 ( 昭 和 26 年 度 か ら 資 金 運 用 部 と 改 称 )から 資 金 の 借 入 を 行 い その 利 子 は 国 からの 利 子 補 給 を 受 けて 支 払 い 奨 学 生 に 対 しては 無 利 子 貸 与 事 業 を 実 施 していた 昭 和 18 年 度 から 20 年 度 までは 大 蔵 省 預 金 部 の 資 金 による 貸 付 金 を 財 源 と して 奨 学 金 の 事 業 費 に 充 当 していたが 連 合 軍 総 司 令 部 (GHQ) 指 令 によっ て 預 金 部 資 金 からの 貸 付 が 禁 止 され 21 年 度 以 降 は 一 般 会 計 から 直 接 無 利 子 貸 付 が 行 われることとなった この 時 に 一 般 会 計 の 文 部 省 ( 当 時 ) 予 算 に 育 英 資 金 貸 付 金 として 予 算 計 上 され 財 源 は 一 般 財 源 すなわち 租 税 によって 賄 われることとなる しかし 昭 和 41 年 度 から 建 設 国 債 が 発 行 されるようになると その 財 源 は 建 設 国 債 によって 賄 われるようになった 財 政 法 第 4 条 6 は いわゆる 建 設 国 債 を 発 行 できる 公 債 発 行 対 象 経 費 を 公 共 事 業 費 出 資 金 及 び 貸 付 金 に 限 定 している 41 年 度 予 算 編 成 に 当 たって 公 債 発 行 対 象 経 費 となる 公 共 事 業 費 の 範 囲 に 関 し ては 詳 細 な 検 討 が 行 われたが 出 資 金 貸 付 金 の 範 囲 については 法 律 上 の 出 資 金 貸 付 金 の 明 示 規 定 に 基 づくものを 算 定 すればよい 7 との 考 えからほと んど 議 論 されることなく 育 英 資 金 貸 付 金 は 建 設 国 債 発 行 対 象 経 費 とされるこ 3 日 本 育 英 会 (1953)34 頁 4 日 本 育 英 会 (1953)35 頁 5 日 本 育 英 会 (1953)35 頁 6 財 政 法 第 4 条 第 1 項 国 の 歳 出 は 公 債 又 は 借 入 金 以 外 の 歳 入 を 以 て その 財 源 としなけれ ばならない 但 し 公 共 事 業 費 出 資 金 及 び 貸 付 金 の 財 源 については 国 会 の 議 決 を 経 た 金 額 の 範 囲 内 で 公 債 を 発 行 し 又 は 借 入 金 をなすことができる 7 大 蔵 省 財 政 史 室 編 (1997)422 頁 5 経 済 のプリズム No

6 ととなった つまり 一 般 会 計 は 建 設 国 債 を 発 行 して 調 達 した 資 金 をJASS Oに 無 利 子 で 貸 付 け JASSOはそれを 財 源 として 奨 学 生 に 対 して 無 利 子 で 奨 学 金 を 貸 与 する 仕 組 みとなっている 一 般 会 計 からの 借 入 金 残 高 の 推 移 を 見 ると 卒 業 奨 学 生 の 死 亡 等 によってJ ASSOから 一 般 会 計 への 償 還 が 免 除 8 されて 借 入 金 残 高 が 減 少 することはあ るが 毎 年 度 700 億 円 程 度 の 新 規 借 入 が 行 われて 一 般 会 計 からの 借 入 金 が 積 み 上 がり 平 成 24 年 度 末 で2 兆 5,125 億 円 となっている( 図 表 4) 図 表 4 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 の 長 期 借 入 金 ( 無 利 子 分 )の 推 移 一 般 会 計 借 入 金 ( 単 位 : 億 円 ) 事 業 年 度 期 首 残 高 当 期 増 加 当 期 減 少 期 末 残 高 a b c a+b-c 平 16 19,850 1, , , , , , , , , , , , , , , , , ,125 特 別 会 計 借 入 金 期 首 残 高 当 期 増 加 当 期 減 少 期 末 残 高 事 業 年 度 a b c a+b-c 平 ( 注 ) 一 般 会 計 借 入 金 の 減 少 の 理 由 は 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 法 第 22 条 第 2 項 の 規 定 により 償 還 を 免 除 されたもの ( 出 所 ) 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 (JASSO) 財 務 諸 表 ( 各 年 度 附 属 明 細 書 )より 作 成 なお 平 成 24 年 度 には 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 会 計 が 設 置 され 東 日 本 大 震 災 によって 修 学 が 困 難 となった 学 生 等 の 奨 学 資 金 の 財 源 とするために 同 特 別 会 計 8 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 法 第 22 条 第 2 項 政 府 は 機 構 が 第 15 条 第 3 項 又 は 第 16 条 の 規 定 により 第 一 種 学 資 金 の 返 還 を 免 除 したときは 機 構 に 対 し その 免 除 した 金 額 に 相 当 する 額 の 前 項 の 貸 付 金 の 償 還 を 免 除 することができる との 規 定 による 経 済 のプリズム No

7 に 育 英 資 金 貸 付 金 が 計 上 されており その 財 源 は 復 興 特 別 所 得 税 や 復 興 特 別 法 人 税 復 興 公 債 金 の 発 行 等 によって 調 達 されている これにより 一 般 会 計 に 加 えて 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 会 計 からもJASSOに 対 する 無 利 子 の 貸 付 金 が 支 出 され( 図 表 4) それが 無 利 子 奨 学 金 の 財 源 に 充 てられることとなった イ 有 利 子 奨 学 金 事 業 の 財 源 国 による 育 英 奨 学 事 業 は 昭 和 18 年 度 以 来 無 利 子 貸 与 を 基 本 としていた 支 援 の 対 象 が 経 済 的 に 困 窮 している 学 生 であることや 奨 学 金 の 給 付 を 継 続 す ることは 財 政 的 に 厳 しいが 貸 与 という 仕 組 みにすればいったん 資 金 を 回 収 した 上 で 新 規 に 貸 付 を 行 うことができ 制 度 として 持 続 可 能 であると 考 えて いたからである この 方 針 を 見 直 すきっかけとなったのが 昭 和 48 年 10 月 のいわゆる 第 一 次 石 油 危 機 である 我 が 国 経 済 は 物 資 不 足 物 価 高 騰 によって 混 乱 に 陥 り 引 き 続 く 不 況 の 中 で 49 年 度 から 大 幅 な 税 収 不 足 に 陥 ることとなった 59 年 度 に 特 例 公 債 依 存 体 質 から 脱 却 することが 目 標 とされるなどの 財 政 再 建 に 向 けての 取 組 が 行 われ 55 年 7 月 に 大 蔵 省 ( 当 時 )は 小 冊 子 歳 出 百 科 をまとめ 長 期 的 な 課 題 として 有 利 子 資 金 導 入 の 可 否 返 還 免 除 制 度 の 見 直 し 等 制 度 の 基 本 にまでたちかえって 検 討 する 必 要 がある 9 と 無 利 子 貸 与 の 抜 本 的 な 検 討 の 必 要 性 を 示 唆 するに 至 った この 指 摘 は その 後 に 出 された 臨 時 行 政 調 査 会 の 答 申 や 財 政 制 度 審 議 会 の 報 告 の 基 調 となって 有 利 子 制 度 導 入 に 道 を 開 くこと となった 昭 和 50 年 度 には 大 学 学 生 数 が 200 万 人 を 超 えて 増 加 する 一 方 で 入 学 金 や 授 業 料 等 が 引 上 げられて 家 計 負 担 が 重 くなり 経 済 的 支 援 を 必 要 とする 学 生 数 も 増 加 してきた この 状 況 下 で 大 学 生 等 の 中 で 奨 学 金 を 受 ける 学 生 等 の 割 合 は ほとんど 変 わらず むしろ 学 生 生 活 費 に 占 める 奨 学 金 の 割 合 は 低 下 傾 向 を 示 し 修 学 環 境 は 厳 しさを 増 していた これに 対 して 文 部 省 の 育 英 奨 学 事 業 に 関 する 調 査 研 究 会 が 58 年 6 月 に 瀬 戸 山 文 部 大 臣 に 提 出 した 今 後 における 育 英 奨 学 事 業 の 在 り 方 について( 報 告 ) は 育 英 奨 学 事 業 の 量 的 拡 充 が 必 要 では ある しかし 国 の 財 政 事 情 を 勘 案 すると 一 般 会 計 からの 政 府 貸 付 金 だけでは 限 度 があるので 一 般 会 計 以 外 からの 資 金 調 達 を 考 えるべきであるとして 財 政 投 融 資 資 金 の 活 用 についての 検 討 を 促 した これらを 背 景 に 法 律 改 正 が 行 われ 昭 和 59 年 8 月 に 有 利 子 貸 与 制 度 の 創 設 を 9 大 蔵 省 (1980) 歳 出 百 科 118 頁 7 経 済 のプリズム No

8 内 容 とする 日 本 育 英 会 法 が 公 布 施 行 された 従 来 の 日 本 育 英 会 法 の 全 部 を 改 正 する 法 改 正 によって 初 めて 有 利 子 の 貸 与 制 度 ( 第 二 種 学 資 資 金 貸 与 制 度 ) が 設 けられるとともに 従 来 の 一 般 貸 与 と 特 別 貸 与 10 が 無 利 子 貸 与 制 度 ( 第 一 種 学 資 資 金 貸 与 制 度 )に 一 本 化 されたのである 新 たに 創 設 された 有 利 子 貸 与 奨 学 金 は 財 政 投 融 資 資 金 ( 資 金 運 用 部 資 金 ) からの 借 入 金 によって 財 源 を 賄 うこととなったが 奨 学 生 に 対 する 利 子 は 在 学 中 は 無 利 子 として 卒 業 後 に 年 3%のみを 奨 学 生 が 負 担 することとしたことか ら 日 本 育 英 会 11 が 資 金 運 用 部 に 支 払 う 利 子 額 の 不 足 を 補 うために 国 の 一 般 会 計 から 利 子 補 給 金 が 交 付 されることとなった 経 済 的 支 援 を 求 める 学 生 等 からの 需 要 に 応 えて 第 二 種 奨 学 金 は 事 業 の 拡 大 を 続 け それに 伴 って 財 政 融 資 資 金 からの 借 入 金 も 増 加 して 平 成 24 年 度 末 の 借 入 金 残 高 は4 兆 5,269 億 円 となっている( 図 表 5) なお 近 時 の 低 金 利 を 背 景 として 民 間 金 融 機 関 の 利 率 が 財 政 融 資 資 金 の 利 率 を 下 回 っていることから JASSOの 借 入 コストを 抑 制 するため 12 に 平 成 19 年 度 から 新 たに 民 間 金 融 機 関 からの 借 入 を 開 始 13 し その 残 高 は 4,466 億 円 となっている( 図 表 5) 14 また 平 成 13 年 度 の 財 政 投 融 資 改 革 を 契 機 として JASSOの 前 身 であ る 日 本 育 英 会 は 財 投 機 関 債 ( 日 本 育 英 会 債 券 )を 発 行 して 外 部 資 金 を 調 達 する ようになった 日 本 育 英 会 は 平 成 13 年 度 に 10 年 満 期 一 括 償 還 の 財 投 機 関 債 100 億 円 ( 利 率 1.59%)を 発 行 し JASSOへの 移 行 後 も 発 行 規 模 は 拡 大 し 続 け ている 10 昭 和 33 年 4 月 入 学 者 から 従 来 の 一 般 貸 与 に 加 えて 貸 与 条 件 を 厳 しくする 一 方 で 貸 与 月 額 を 増 額 する 特 別 貸 与 の2 種 類 の 貸 与 制 度 を 実 施 していた 11 昭 和 28 年 8 月 に 大 日 本 育 英 会 は 日 本 育 英 会 に 名 称 を 変 更 した 12 財 務 省 財 政 投 融 資 対 象 事 業 に 関 する 政 策 コスト 分 析 ( 平 成 19 年 度 ) ( 独 ) 日 本 学 生 支 援 機 構 13 従 来 も 民 間 金 融 機 関 からの 借 入 を 行 っていたが それはシステム 改 修 等 のために 借 り 入 れた ものであり 有 利 子 奨 学 金 にかかる 民 間 資 金 借 入 は 平 成 19 年 度 から 始 まった 14 日 本 育 英 会 において 実 施 してきた 日 本 人 学 生 への 奨 学 金 貸 与 事 業 日 本 国 際 教 育 協 会 内 外 学 生 センター 国 際 学 友 会 関 西 国 際 学 友 会 の 各 公 益 法 人 において 実 施 してきた 留 学 生 交 流 事 業 及 び 国 が 実 施 してきた 留 学 生 に 対 する 奨 学 金 の 給 付 事 業 や 学 生 生 活 調 査 等 の 事 業 を 整 理 統 合 し 平 成 16 年 4 月 1 日 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 (JASSO)が 設 立 された 経 済 のプリズム No

9 図 表 5 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 の 長 期 借 入 金 ( 有 利 子 分 )の 推 移 財 政 融 資 資 金 借 入 金 ( 単 位 : 億 円 %) 事 業 年 度 期 首 残 高 当 期 増 加 当 期 減 少 期 末 残 高 平 均 利 率 a b c a+b-c (%) 平 16 12,446 3, , ,080 3, , ,890 3, , ,673 3, , ,686 4,541 1,014 27, ,213 5,045 1,469 30, ,789 7,240 2,102 35, ,926 7,573 2,839 40, ,661 8,203 3,595 45, 民 間 借 入 金 ( 有 利 子 奨 学 金 にかかるもの) ( 単 位 : 億 円 %) 事 業 年 度 期 首 残 高 当 期 増 加 当 期 減 少 期 末 残 高 平 均 利 率 a b c a+b-c (%) 平 , , ~ ,549 3,638 1,549 3, ~ ,638 3,822 3,638 3, ~ ,822 4,711 3,822 4, ~ ,711 4,466 4,711 4, ~0.13 ( 注 ) 民 間 借 入 金 の 平 均 利 率 は 平 成 18 年 度 以 前 の 借 入 先 である 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 と 三 井 住 友 銀 行 を 除 く ( 出 所 ) 文 部 科 学 省 資 料 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 (JASSO) 財 務 諸 表 ( 各 年 度 附 属 明 細 書 )より 作 成 2. 事 業 規 模 の 推 移 奨 学 事 業 は 近 年 急 速 に 拡 大 している その 背 景 には バブル 崩 壊 後 の 失 われた 10 年 あるいは 失 われた 20 年 と 言 われる 長 期 不 況 の 中 で 家 計 の 収 入 が 減 少 する 一 方 で 大 学 等 の 授 業 料 が 上 昇 し また 私 立 大 学 では 受 験 から 入 学 時 までに 必 要 な 費 用 の 負 担 感 が 重 い と 感 じている 家 庭 が9 割 に 達 してい 9 経 済 のプリズム No

10 るとの 調 査 15 があるように 大 学 をはじめとする 高 等 教 育 の 費 用 が 重 い 負 担 と なっていることがある 低 所 得 層 だけでなく 中 所 得 層 においても 教 育 にかかる 費 用 が 負 担 となっているとの 指 摘 があり 学 生 等 が 安 心 して 高 等 教 育 段 階 の 学 びの 場 に 進 めるような 仕 組 みを 充 実 することが 極 めて 重 要 であり そのための 対 策 を 早 急 に 講 ずることが 求 められている その 学 修 を 経 済 的 側 面 から 支 援 することも 一 層 重 要 な 課 題 となっているからである 16 ここで 有 利 子 奨 学 金 事 業 が 始 まった 昭 和 59 年 度 から 平 成 25 年 度 までのJ ASSO 及 びその 前 身 である 日 本 育 英 会 の 奨 学 事 業 の 総 事 業 費 ( 貸 与 の 規 模 ) について 財 源 に 着 目 してその 推 移 を 確 認 したい( 図 表 6 参 照 ) 昭 和 59 年 度 の 事 業 費 は 無 利 子 奨 学 金 1,119 億 円 であり その 財 源 は 一 般 会 計 からの 政 府 貸 付 金 822 億 円 と 卒 業 奨 学 生 からの 返 還 金 297 億 円 によって 賄 わ れるものであり 有 利 子 奨 学 金 65 億 円 は 財 政 融 資 資 金 からの 融 資 を 財 源 とする ものであった 奨 学 金 事 業 の 総 事 業 費 1,184 億 円 の 94.5%が 無 利 子 奨 学 金 とし て 実 施 されていたことになる 無 利 子 奨 学 金 は 一 般 会 計 から 無 利 子 で 貸 し 付 けられた 政 府 貸 付 金 と 卒 業 奨 学 生 からの 返 還 金 を 財 源 として 運 営 しているために 事 業 規 模 の 拡 大 は 難 しく 平 成 17 年 度 以 降 一 般 会 計 からの 政 府 貸 付 金 の 規 模 はむしろ 縮 小 傾 向 にある 24 年 度 からは 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 会 計 の 中 に 育 英 資 金 貸 付 金 が 計 上 されて 多 少 持 ち 直 しているものの それでも 12 年 度 当 初 予 算 及 び 13 年 度 当 初 予 算 で 一 般 会 計 に 計 上 された 1,000 億 円 の 規 模 を 下 回 っている その 代 わりに 奨 学 金 に 係 る 事 業 の 規 模 拡 大 を 支 えてきたのが 有 利 子 奨 学 金 による 貸 与 事 業 である 有 利 子 でJASSOに 貸 し 付 けられる 財 政 融 資 資 金 と ともに 毎 年 度 千 数 百 億 円 発 行 される 財 投 機 関 債 卒 業 奨 学 生 からの 返 還 金 等 を 財 源 として きぼう 21 プラン が 導 入 された 平 成 11 年 度 から 急 速 に 拡 大 し て 18 年 度 に 5,000 億 円 を 23 年 度 に 8,000 億 円 を そして 25 年 度 には 9,000 億 円 を 超 える 貸 与 事 業 を 実 施 している 近 年 は 財 政 融 資 資 金 や 民 間 金 融 機 関 への 償 還 が 増 えて 図 表 6の 有 利 子 奨 学 金 ( 第 二 種 奨 学 金 ) 欄 中 の 返 還 金 等 にマイナスが 続 いているが 有 利 子 奨 学 金 事 業 全 体 としての 規 模 は 依 然 として 拡 大 傾 向 にある 平 成 25 年 度 では 無 利 子 奨 学 金 2,912 億 円 に 対 して 有 利 子 奨 学 金 は 9,070 億 円 と 総 事 業 費 の 75.7%が 有 利 子 奨 学 金 として 実 施 される 見 込 である 15 東 京 地 区 私 立 大 学 教 職 員 組 合 連 合 私 立 大 学 新 入 生 の 家 計 負 担 調 査 表 7 16 文 部 科 学 省 学 生 への 経 済 的 支 援 の 在 り 方 に 関 する 検 討 会 学 生 への 経 済 的 支 援 の 在 り 方 に ついて( 中 間 まとめ) ( 平 成 25 年 8 月 30 日 )1~2 頁 経 済 のプリズム No

11 図 表 6 育 英 奨 学 事 業 総 事 業 費 の 財 源 ( 当 初 予 算 ベース) ( 単 位 : 億 円 ) 無 利 子 奨 学 金 ( 第 一 種 奨 学 金 ) 有 利 子 奨 学 金 ( 第 二 種 奨 学 金 ) 構 成 割 合 年 度 政 府 貸 付 金 ( 一 般 会 計 復 興 特 会 ) 返 還 金 計 a 財 政 融 資 資 金 財 投 機 関 債 返 還 金 等 計 b 合 計 c 利 子 補 給 金 無 利 子 奨 学 金 a/c 有 利 子 奨 学 金 b/c 昭 和 , , % 5.5% 平 成 元 , , % 21.4% , , % 22.2% ,168 2,121 1, ,660 3, % 43.9% 12 1,020 1,178 2,198 1, ,953 4, % 47.0% 13 1,046 1,239 2,286 2, ,446 4, % 51.7% ,295 2,214 2, ,952 5, % 57.1% ,435 2,385 2, ,405 5, % 58.8% ,514 2,504 3, ,316 6, % 63.3% ,627 2,540 3,371 1, ,879 7, % 65.8% ,718 2,531 3,473 1, ,278 7, % 67.6% ,742 2,489 3,832 1, ,727 8, % 69.7% ,756 2,501 4,541 1, ,512 9, % 72.3% ,798 2,502 4,942 1, ,973 9, % 73.6% ,846 2,549 7,240 1,600 1,334 7,506 10, % 74.6% ,891 2,597 7,688 1,700 1,203 8,185 10, % 75.9% ,972 2,767 8,383 1,800 1,687 8,496 11, % 75.4% ,122 2,912 8,605 1,800 1,335 9,070 11, % 75.7% ( 注 1) 平 成 24 年 度 の 第 一 種 奨 学 金 政 府 貸 付 金 796 億 円 の 内 訳 は 一 般 会 計 から 758 億 円 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 会 計 から 38 億 円 平 成 25 年 度 の 第 一 種 奨 学 金 政 府 貸 付 金 790 億 円 の 内 訳 は 一 般 会 計 から 719 億 円 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 会 計 から 72 億 円 ( 注 2) 財 投 機 関 債 は 平 成 15 年 度 までは 日 本 育 英 会 債 券 16 年 度 以 降 は 日 本 学 生 支 援 債 券 として 発 行 ( 注 3) 返 還 金 等 は 返 還 金 民 間 資 金 借 入 及 び 財 政 融 資 資 金 等 償 還 ( 注 4) 高 等 学 校 専 修 学 校 高 等 課 程 の 生 徒 を 対 象 とした 第 一 種 奨 学 金 は 平 成 17 年 度 入 学 者 から 都 道 府 県 に 事 業 移 管 し 高 等 学 校 等 奨 学 金 事 業 交 付 金 として 別 途 予 算 措 置 ( 出 所 ) 財 政 調 査 会 國 の 予 算 予 算 書 ( 独 ) 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 25 年 度 計 画 等 よ り 作 成 なお 有 利 子 奨 学 金 の 貸 与 額 増 大 に 伴 って 貸 与 人 員 も 増 加 し 直 近 の 10 年 間 では 平 成 16 年 度 の 96 万 5 千 人 ( 無 利 子 奨 学 金 43 万 8 千 人 有 利 子 奨 学 金 経 済 のプリズム No

12 万 7 千 人 )から 平 成 25 年 度 の 144 万 3 千 人 ( 無 利 子 奨 学 金 42 万 6 千 人 有 利 子 奨 学 金 101 万 7 千 人 )へと 約 1.5 倍 に 拡 大 すると 見 込 んでいる( 図 表 1 図 表 2 参 照 ) 3. 奨 学 金 制 度 の 財 政 的 課 題 ここまで 財 政 的 な 資 金 の 流 れに 着 目 して 奨 学 金 制 度 の 経 緯 と 仕 組 みを 中 心 に 見 てきた 改 めて 奨 学 金 制 度 の 抱 える 財 政 的 な3つの 課 題 を 指 摘 しておきた い (1) 財 源 が 輻 湊 する2 種 類 の 奨 学 金 無 利 子 奨 学 金 について JASSOは 一 般 会 計 及 び 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 会 計 から 無 利 子 の 政 府 貸 付 金 を 受 けて それを 財 源 として 奨 学 生 に 対 して 奨 学 金 を 貸 与 している 一 方 有 利 子 奨 学 金 については JASSOは 財 政 融 資 資 金 からの 有 利 子 の 資 金 を 主 な 財 源 として 調 達 するほか 財 投 機 関 債 ( 日 本 学 生 支 援 債 券 )の 発 行 卒 業 奨 学 生 からの 返 還 金 民 間 金 融 機 関 からの 借 入 など 多 くの 資 金 調 達 手 段 に 依 存 している また JASSOが 財 政 融 資 資 金 から 借 り 入 れる 利 率 と 奨 学 生 に 有 利 子 で 貸 し 付 ける 利 率 の 差 額 は 一 般 会 計 からの 利 子 補 給 を 受 けている その 結 果 JASSOから 貸 与 される 奨 学 金 が 無 利 子 奨 学 金 か 有 利 子 奨 学 金 かによって 財 源 を 一 般 会 計 又 は 特 別 会 計 からの 無 利 子 の 政 府 貸 付 金 財 政 融 資 資 金 からの 有 利 子 の 政 府 貸 付 金 財 投 機 関 債 の 発 行 民 間 金 融 機 関 からの 借 入 金 あるいは 卒 業 奨 学 生 の 返 還 金 などに 求 めており 財 政 資 金 の 流 れが 複 雑 になっている 現 状 がある 財 政 資 金 の 流 れが 複 雑 になると 場 合 によっては 制 度 趣 旨 にそぐわない 支 出 が 行 われ あるいは 重 複 した 財 政 支 出 となって 非 効 率 な 財 政 運 営 が 行 われるなど その 実 態 がわかりにくくなる 可 能 性 も 否 定 で きない 奨 学 金 の 制 度 趣 旨 や 目 的 に 沿 った 使 い 方 が 行 われるように 見 守 ってい く 必 要 があろう (2) 奨 学 金 事 業 の 根 幹 は 無 利 子 貸 与 昭 和 18 年 度 に 奨 学 金 事 業 を 始 めるに 当 たって 制 度 が 検 討 された 当 時 給 付 制 か 貸 与 制 かとの 議 論 が 行 われた 17 結 果 は 給 付 によって 国 が 学 生 を 管 理 する 仕 組 みとすべきではないと 考 えられたこと そして 貸 与 とすることによって 返 還 金 を 次 の 学 生 等 への 奨 学 金 に 充 当 することができるという 財 政 上 の 理 由 から 17 日 本 育 英 会 (1953)35 頁 経 済 のプリズム No

13 無 利 子 貸 与 事 業 として 奨 学 金 事 業 は 始 まった 昭 和 59 年 8 月 に 成 立 した 日 本 育 英 会 法 は 旧 日 本 育 英 会 法 を 全 部 改 正 するも のであり その 第 22 条 において 従 来 の 一 般 貸 与 と 特 別 貸 与 18 を 一 本 化 した 無 利 子 貸 与 制 度 に 加 えて 新 たに 有 利 子 貸 与 制 度 を 設 けることを 規 定 した 法 案 審 議 の 過 程 において 森 文 部 大 臣 ( 当 時 )が 無 利 子 貸 与 制 度 を 根 幹 として 存 続 さ せ その 量 的 拡 充 を 図 るために 新 たに 財 政 投 融 資 資 金 の 導 入 によって 低 利 の 有 利 子 貸 与 制 度 を 創 設 しようとするもの 19 この 事 業 は 無 利 子 でいくとい うのがやはり 大 義 として 正 しい 20 と 答 弁 しているように 奨 学 金 事 業 は 基 本 的 には 無 利 子 で 貸 与 すべきものであるが 量 的 な 拡 充 を 図 ることによって 事 業 の 枠 をできるだけ 広 げていきたい いわゆる 対 象 の 学 生 に 対 する 期 待 にこたえ ていきたい こういうことで 有 利 子 貸 与 制 度 を 21 実 施 することにしたのである 日 本 育 英 会 法 案 の 委 員 会 採 決 に 際 して 衆 議 院 文 教 委 員 会 は 育 英 奨 学 事 業 は 無 利 子 貸 与 制 度 を 根 幹 としてその 充 実 改 善 に 努 めるとともに 有 利 子 貸 与 制 度 は 補 完 措 置 とし 財 政 が 好 転 した 場 合 には 検 討 すること との 附 帯 決 議 ( 昭 )を 附 している 参 議 院 文 教 委 員 会 は 更 に 踏 み 込 んで 育 英 奨 学 事 業 は 無 利 子 貸 与 制 度 を 根 幹 としてその 充 実 改 善 に 努 めるとともに 有 利 子 貸 与 制 度 は その 補 完 措 置 とし 財 政 が 好 転 した 場 合 には 廃 止 等 を 含 めて 検 討 す ること との 附 帯 決 議 ( 昭 )を 可 決 し 将 来 的 には 有 利 子 貸 与 制 度 の 廃 止 も 視 野 に 入 れていたことが 示 されており 政 府 も 国 会 も 共 に 奨 学 金 制 度 は 無 利 子 貸 与 制 度 が 基 本 であると 考 えていたことがわかる しかし 現 在 では 貸 与 人 員 と 奨 学 金 の 規 模 の 両 者 において JASSOの 実 施 する 奨 学 金 事 業 の7 割 以 上 を 有 利 子 奨 学 金 が 占 めている 有 利 子 制 度 導 入 時 に 同 制 度 は 補 完 措 置 であるとしながらもその 後 拡 充 を 続 け 奨 学 生 の 多 くが 有 利 子 奨 学 金 を 活 用 している 現 状 を 振 り 返 れば 有 利 子 制 度 がどんどん 増 殖 し ていくというようなことのないように 22 との 懸 念 が 現 実 のものとなっている と 言 えるのではなかろうか JASSOの 貸 与 奨 学 金 は 無 利 子 奨 学 金 とすべきであって 有 利 子 奨 学 金 は 補 完 的 役 割 にとどめるべきとの 本 来 の 趣 旨 が 変 わってきていることに 対 して 学 生 への 経 済 的 支 援 の 在 り 方 について( 中 間 まとめ) は 原 則 に 立 ち 戻 り 18 特 別 貸 与 奨 学 金 は 特 に 成 績 が 優 秀 で 経 済 的 な 理 由 により 就 学 困 難 な 学 生 生 徒 に 貸 与 され るもの 19 第 101 回 国 会 衆 議 院 本 会 議 録 第 17 号 ( 昭 )646 頁 の 森 文 部 大 臣 答 弁 20 第 101 回 国 会 衆 議 院 文 教 委 員 会 議 録 第 16 号 ( 昭 )26 頁 の 森 文 部 大 臣 答 弁 21 第 101 回 国 会 衆 議 院 文 教 委 員 会 議 録 第 14 号 ( 昭 )32 頁 の 森 文 部 大 臣 答 弁 22 第 101 回 国 会 衆 議 院 文 教 委 員 会 議 録 第 16 号 ( 昭 )33 頁 の 江 田 五 月 委 員 質 疑 13 経 済 のプリズム No

14 無 利 子 奨 学 金 を 基 本 とする 姿 を 目 指 すべきである と 警 鐘 を 鳴 らし 報 告 書 の 中 で 無 利 子 奨 学 金 の 拡 充 ( 有 利 子 から 無 利 子 へ) という 項 目 を 立 てて 提 言 を 行 っている また 下 村 文 部 科 学 大 臣 は 有 利 子 を 無 利 子 にかえる 奨 学 金 に 少 しずつ そして 大 胆 にシフトしていくような 政 策 をとってまいりたい 23 と 決 意 を 述 べている 厳 しい 財 政 状 況 の 下 で 予 算 の 制 約 がある 中 での 量 的 拡 大 という 困 難 な 課 題 であるが 奨 学 生 としての 適 格 認 定 の 厳 格 化 や 返 還 金 の 回 収 に 努 めることなど によって 財 源 を 確 保 し 無 利 子 奨 学 金 の 拡 充 を 図 るべきであろう (3) 増 加 を 続 ける 政 府 貸 付 金 残 高 JASSO 平 成 24 事 業 年 度 財 務 諸 表 ( 附 属 明 細 書 ) によると 一 般 会 計 からの 借 入 金 残 高 は2 兆 5,125 億 円 である( 図 表 4) 毎 年 度 借 入 金 残 高 の 増 減 ( 当 期 増 加 当 期 減 少 )が 生 じているが 減 少 は 奨 学 金 返 還 の 免 除 に 伴 っ て 一 般 会 計 への 償 還 免 除 が 行 われる 24 ことによるものである 一 般 会 計 からの 新 規 借 入 金 が 償 還 の 規 模 を 上 回 っているために 借 入 金 の 償 還 による 残 高 の 減 少 は 生 じていない つまり 貸 付 金 とはいうものの 残 高 は 増 加 する 一 方 で 減 少 しないことから 実 態 は 交 付 金 としての 性 格 が 色 濃 くなっているのではな かろうか この 問 題 は 既 に 昭 和 59 年 度 の 時 点 で 国 会 論 議 の 中 で 示 唆 されている 貸 付 金 はいずれ 償 還 される 仕 組 みとなっているが 実 際 に 戻 ってはきていないんで すね しかも 相 当 遠 い 先 まで 日 本 育 英 会 から 国 の 一 般 会 計 に 貸 し 付 けたも のが 返 ってくるということはない それでいいのですか との 質 問 に 対 して 政 府 は それはそのとおりでございます 相 当 先 のところまで 育 英 会 から 国 の 一 般 会 計 に 対 して 返 還 をするという 仕 組 みは 現 実 問 題 としては 出 てこない ということでございます と 答 弁 25 し 貸 付 金 であってもいわば 渡 しきりの 交 付 金 となっているとの 認 識 を 示 している 財 政 法 第 4 条 に 関 して 建 設 国 債 の 発 行 を 例 外 的 に 認 めておりますのは ( 建 設 国 債 発 行 によって 調 達 した 資 金 の 使 途 である) 公 共 事 業 費 出 資 金 及 び 貸 付 金 はいずれも 消 費 的 支 出 ではございませんで 国 の 資 産 を 形 成 する 26 か 23 第 185 回 国 会 衆 議 院 文 部 科 学 委 員 会 第 1 号 ( 平 )10 頁 の 下 村 文 部 科 学 大 臣 答 弁 24 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 法 第 22 条 第 2 項 の 規 定 による 25 第 101 回 国 会 衆 議 院 文 教 委 員 会 議 録 第 16 号 ( 昭 )30 頁 の 宮 地 貫 一 文 部 省 大 学 局 長 答 弁 26 第 140 回 国 会 参 議 院 大 蔵 委 員 会 会 議 録 第 4 号 ( 平 )12 頁 の 林 正 和 大 蔵 省 主 計 局 次 長 答 弁 経 済 のプリズム No

15 らであるとの 国 会 答 弁 が 行 われている すなわち 例 外 的 に 建 設 国 債 が 発 行 で きるのは それによって 調 達 した 資 金 が 消 費 的 に 支 出 されるものでない 場 合 に 限 られる しかし JASSOへの 政 府 貸 付 金 は 建 設 国 債 によって 資 金 を 調 達 していながら 実 質 的 に 交 付 金 的 に 使 われていると 考 えられ 公 債 発 行 対 象 経 費 である 貸 付 金 の 使 い 方 としての 妥 当 性 が 問 われかねない 奨 学 金 制 度 の 在 り 方 とともに その 財 源 についても 改 めて 議 論 が 必 要 になってきているのではな かろうか 参 考 文 献 大 久 保 桂 子 (2004) 奨 学 金 制 度 の 課 題 ~ 私 立 大 学 の 視 点 から~ 大 学 と 学 生 第 7 号 通 巻 第 481 号 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 編 大 蔵 省 財 政 史 室 編 (1997) 昭 和 財 政 史 - 昭 和 27~48 年 度 第 7 巻 国 債 東 洋 経 済 新 報 社 白 川 優 治 (2008) 財 政 投 融 資 と 奨 学 金 制 度 政 策 の 関 係 についての 研 究 ゆうちょ 資 産 研 究 - 研 究 助 成 論 文 集 - 第 16 巻 財 団 法 人 ゆうちょ 財 団 日 本 育 英 会 (1953) 日 本 育 英 会 10 年 誌 日 本 育 英 会 (1993) 日 本 育 英 会 50 年 史 日 本 育 英 会 (2003) 創 立 60 周 年 記 念 誌 藤 井 亮 二 (2013) 財 源 構 成 から 見 た 奨 学 金 制 度 の 課 題 経 済 金 融 財 政 月 例 資 料 No.435 平 成 25 年 8 月 参 議 院 予 算 委 員 会 調 査 室 ( 内 線 75321) 15 経 済 のプリズム No

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

日本学生支援機構入札説明会資料

日本学生支援機構入札説明会資料 日 本 学 生 支 援 機 構 について 平 成 28 年 3 月 概 要 政 策 上 の 重 要 性 国 との 関 係 事 業 の 概 況 極 めて 高 い 社 会 的 意 義 政 策 的 重 要 性 日 本 国 憲 法 や 教 育 基 本 法 に 定 められた 教 育 の 機 会 均 等 を 制 度 的 に 支 える 教 育 の セーフティネット と 位 置 づけられる 役 割 国 の 強 い

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般 2007 年 5 月 18 日 平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ 平 成 18 年 度 決 算 の 概 要 は 次 のとおりです なお 金 額 は 記 載 単 位 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てており 諸 比 率 は 四 捨 五 入 によって 表 示 しています 平 成 18 年 度 トピックス 1. 保 険 料 等 収 入 は 5.5%の 増 加 2. 総 資 産 は 16.2%の

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

給付減額を行った厚生年金基金数

給付減額を行った厚生年金基金数 論 点 3 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 の 在 り 方 関 係 資 料 資 料 2-2 代 行 制 度 の 意 義 役 割 と 変 遷 1 1. 代 行 制 度 の 性 格 代 行 制 度 は 公 的 年 金 の 一 部 を 基 金 という 国 以 外 の 者 が 管 理 運 用 する 仕 組 み イギリスの 適 用 除 外 制 度 とは 異 なり 公 的 年 金 としての 性 格 を 持

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 連 結 財 務

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 連 結 財 務 平 成 19 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 19 年 5 月 23 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 証 一 部 コ ー ド 番 号 1 8 1 0 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

資料2 独立行政法人日本学生支援機構奨学金貸与事業の概要

資料2 独立行政法人日本学生支援機構奨学金貸与事業の概要 ( 独 ) 日 本 生 支 援 機 構 (JASSO) 奨 金 貸 与 事 業 の 概 要 資 料 2 高 等 教 育 局 生 留 生 課 平 成 24 年 6 月 Japan student services organization 0 目 次 Ⅰ. 事 業 の 概 要 2 Ⅱ. 奨 金 の 貸 与 について 12 Ⅲ. 奨 金 の 返 還 について 31 Ⅳ.これまでの 取 組 46 Ⅴ. 今

More information

目 次 グローバル 人 材 の 育 成 について 2 頁 奨 学 金 の 返 還 制 度 について 8 頁 参 考 データ 17 頁

目 次 グローバル 人 材 の 育 成 について 2 頁 奨 学 金 の 返 還 制 度 について 8 頁 参 考 データ 17 頁 資 料 3-2 財 政 制 度 等 審 議 会 財 政 投 融 資 分 科 会 参 考 資 料 平 成 26 年 10 月 17 日 文 部 科 学 省 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 目 次 グローバル 人 材 の 育 成 について 2 頁 奨 学 金 の 返 還 制 度 について 8 頁 参 考 データ 17 頁 グローバル 人 材 の 育 成 について 海 外 留 学

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

38 様式第17号の3【付属明細表】

38 様式第17号の3【付属明細表】 様 式 第 十 七 号 の 三 ( 第 四 条 第 十 条 関 係 ) ( 用 紙 A4) 附 属 明 細 表 平 成 年 月 日 現 在 1 完 成 工 事 未 収 入 金 の 詳 細 相 手 先 別 内 訳 滞 留 状 況 相 手 先 金 額 発 生 時 完 成 工 事 未 収 入 金 当 期 上 分 前 期 以 前 上 分 2 短 期 貸 付 金 明 細 表 相 手 先 金 額 3 長 期 貸

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F3039313132368DB791D682A65F5B46494E414C5D836A8385815B8358838C835E815B5F8E918BE08C888DCF82C98AD682B782E9964097A52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F3039313132368DB791D682A65F5B46494E414C5D836A8385815B8358838C835E815B5F8E918BE08C888DCF82C98AD682B782E9964097A52E646F63> 資 金 決 済 に 関 する 法 律 の 制 定 について 平 成 21 年 6 月 24 日 資 金 決 済 に 関 する 法 律 ( 平 成 21 年 法 律 第 59 号 ) 1 ( 以 下 資 金 決 済 法 とい う )が 公 布 された 本 法 律 は 公 布 の 日 から 起 算 して1 年 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 め る 日 から 施 行 される( 資

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 中 間 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 中 間

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 中 間 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 中 間 平 成 20 年 3 月 期 中 間 決 算 短 信 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 証 一 部 平 成 19 年 11 月 14 日 コ ー ド 番 号 1 8 1 0 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

No.580

No.580 労 働 保 険 特 別 会 計 雇 用 勘 定 の 積 立 金 の 取 崩 しの 課 題 参 議 院 事 務 局 藤 井 亮 二 平 成 22 年 3 月 に 成 立 した 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 22 年 法 律 第 15 号 ) では 平 成 22 年 度 と 平 成 23 年 度 の 2 年 間 において 労 働 保 険 特 別 会 計 雇 用

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

適格退職年金廃止後の企業年金に関する一考察- 確定給付企業年金数の増加対策の検討を開始すべし -

適格退職年金廃止後の企業年金に関する一考察- 確定給付企業年金数の増加対策の検討を開始すべし - REPORT 適 格 退 職 年 金 廃 止 後 の 企 業 年 金 に 関 する 一 考 察 - 確 定 給 付 企 業 年 金 数 の 増 加 対 策 の 検 討 を 開 始 すべし - 鈴 木 政 司 生 活 設 計 研 究 部 主 任 研 究 員 要 旨 確 定 給 付 企 業 年 金 法 が 2002 年 4 月 に 施 行 されたことから 10 年 間 の 移 行 期 間 を 経 て 2012

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx 地 方 法 人 課 税 関 係 資 料 資 料 1 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 改 革 の 趣 旨 欧 米 各 国 も 行 ってきたように 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる ことにより 法 人 課 税 を 成 長 志 向 型 の 構 造 に 変 える より 広 く 負 担 を 分 かち 合 い 稼 ぐ 力 のある 企 業 等 の 税 負

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378>

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378> press release 2016 年 5 月 27 日 SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 平 成 27 年 度 決 算 ( 案 )について SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 長 : 飯 沼 邦 彦 )は 本 日 平 成 27 年 度 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 決 算

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor2/html_gene.asp

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor2/html_gene.asp 平 成 21 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 21 年 5 月 15 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信 みずほリポート 214 年 6 月 9 日 相 続 税 法 改 正 と 貸 家 着 工 税 制 改 正 が 貸 家 着 工 に 与 える 影 響 試 算 213 年 の 貸 家 着 工 は 前 年 比 +11.8%と 大 幅 に 増 加 低 金 利 や 住 宅 価 格 の 先 高 観 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 駆 け 込 みに 加 えて 213 年 度 税 制 改 正 で 決 定 した

More information

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1 訴 状 2013 年 ( 平 成 25 年 )11 月 7 日 佐 賀 地 方 裁 判 所 御 中 原 告 ら 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 東 島 浩 幸 同 桑 原 健 同 梶 原 恒 夫 同 八 木 大 和 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 の 通 り 退 職 金 請 求 事 件 訴 訟 物 の 価 額 金 364 万 0745 円 貼 用 印 紙 額 金 2 万

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の

結 論 の 背 景 26 検 討 の 経 緯 26 自 己 株 式 の 会 計 処 理 及 び 表 示 29 自 己 株 式 の 取 得 及 び 保 有 29 自 己 株 式 の 処 分 34 自 己 株 式 の 消 却 44 自 己 株 式 の 処 分 及 び 消 却 時 の 帳 簿 価 額 の 企 業 会 計 基 準 第 1 号 自 己 株 式 及 び 準 備 金 の 額 の 減 少 等 に 関 する 会 計 基 準 平 成 14 年 2 月 21 日 改 正 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 18 年 8 月 11 日 最 終 改 正 平 成 2 7 年 3 月 2 6 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用

More information

復興特別法人税の前倒し廃止の検討

復興特別法人税の前倒し廃止の検討 税 制 A to Z 2013 年 11 月 25 日 全 6 頁 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 の 検 討 民 間 投 資 活 性 化 等 のための 税 制 改 正 大 綱 の 解 説 その 4( 最 終 回 ) 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 平 成 25 年 10 月 1 日 自 由 民 主 党 および 公 明 党 は 民 間 投 資 活

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 -------------------------------------------

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------- 参 考 1 国 民 健 康 ( 統 一 方 式 )について 平 成 23 年 8 月 26 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------------------

More information

資    料 (法人課税)

資    料 (法人課税) 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 際 課 税 関 係 ) 1 外 国 税 額 控 除 制 度 の 適 正 化 外 国 税 額 控 除 制 度 は 国 際 的 二 重 課 税 を 排 除 するために 外 国 で 納 付 した 外 国 税 額 を 国 外 所 得 に 対 しわが 国 で 納 付 すべき 法 人 の 税 額 ( 控 除 限 度 額 )の 範 囲 内 で 控 除

More information

片岡氏提出資料

片岡氏提出資料 第 4 回 今 後 の 経 済 財 政 動 向 等 についての 集 中 点 検 会 合 ( 於 : 総 理 大 臣 官 邸 4 階 大 会 議 室 ) 消 費 税 再 増 税 と 日 本 経 済 2014 年 11 月 17 日 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 株 式 会 社 経 済 社 会 政 策 部 主 任 研 究 員 片 岡 剛 士 1 2013 年 以 降 の 日 本 経 済 の

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

消費税増税先送りに伴う他政策への影響

消費税増税先送りに伴う他政策への影響 税 制 A to Z 2014 年 11 月 21 日 全 13 頁 消 費 税 増 税 先 送 りに 伴 う 他 政 策 への 影 響 住 宅 ローン 減 税 自 動 車 税 制 年 金 制 度 給 付 措 置 などに 影 響 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 安 倍 首 相 は 2014 年 11 月 18 日 に 記 者 会 見 を 行 い 消 費 税 率 の 10%への

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9 地 方 税 法 等 の 改 正 目 一 平 成 27 年 度 地 方 財 政 計 画 924 二 平 成 27 年 度 の 地 方 税 収 見 込 み 928 三 個 人 住 民 税 932 四 地 方 法 人 課 税 ( 法 人 住 民 税 法 人 事 業 税 ) 945 五 地 方 消 費 税 949 六 自 動 車 取 得 税 952 七 軽 自 動 車 税 961 次 八 軽 油 引 取 税

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する 税 制 A to Z 2014 年 1 月 28 日 全 12 頁 年 収 1,000 万 円 前 後 の 層 に 負 担 増 が 集 中 する 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 所 得 税 )と 家 計 関 連 の 予 算 の 解 説 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 本 稿 は 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 以 下 大 綱 )のうち

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の3の 規 定 に 基 づく 報 告 書 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る 契 約 の 状 況 等 に 関 する 会 計 検 査 の 結 果 について 平 成 24 年 10 月 会 計 検 査 院 参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478> 資 料 3 年 金 分 野 の 改 革 の 進 捗 状 況 について 平 成 26 年 10 月 10 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1. 年 金 制 度 の 検 討 課 題 1 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 平 成 16 年 改 正 による 年 金 財 政 フレームが 完 成 するとともに 社 会 経 済 状 態 の 変 化 に 対 応 した 社

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

平成21年2月17日

平成21年2月17日 平 成 26 年 12 月 18 日 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 公 益 社 団 法 人 福 岡 中 部 法 人 会 福 岡 地 区 の5 公 益 社 団 法 人 会 は 平 成 28 年 度 の 税 制 改 正 に 関 して 中 小 企 業 に 係 る 税 制 を 中 心 に 下 記 のとおり その 実 現 を 強 く 要 望 します 記 1 重 点 要 望 事 項 1

More information

の 割 増 (3) 共 済 年 金 職 域 部 分 (243 万 円 )の 廃 止 と それに 替 わる 年 金 払 い 退 職 給 付 の 新 設 共 済 年 金 の 職 域 部 分 はすでに 2015 年 10 月 に 廃 止 することが 決 定 済 みであるの で 年 金 払 い 退 職 給

の 割 増 (3) 共 済 年 金 職 域 部 分 (243 万 円 )の 廃 止 と それに 替 わる 年 金 払 い 退 職 給 付 の 新 設 共 済 年 金 の 職 域 部 分 はすでに 2015 年 10 月 に 廃 止 することが 決 定 済 みであるの で 年 金 払 い 退 職 給 全 大 教 資 料 No.12-02 2012 年 11 月 退 職 金 の 大 幅 切 り 下 げをさせないための 第 1 次 討 議 資 料 2012 年 11 月 22 日 全 国 大 学 高 専 教 職 員 組 合 中 央 執 行 委 員 会 政 府 は 8 月 7 日 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 を 平 均 402.6 万 円 引 き 下 げること および 独 立 行 政 法

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408 梅 雨 前 線 豪 雨 等 被 災 農 業 者 向 け 経 営 体 育 成 支 援 事 業 実 施 要 領 第 1 趣 旨 平 成 24 年 6 月 8 日 から7 月 23 日 までの 間 の 豪 雨 及 び 暴 風 雨 による 農 業 被 害 ( 以 下 気 象 災 害 による 農 業 被 害 という )により 農 産 物 の 生 産 に 必 要 な 施 設 が 倒 壊 し 農 業 経 営 の

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information