目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 1 1. 子 ども 読 書 活 動 の 意 義 2. 筑 後 市 における 子 どもの 読 書 の 現 状 第 2 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 5 1. 計 画 の 趣 旨 2. 計 画 の 目 標

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 1 1. 子 ども 読 書 活 動 の 意 義 2. 筑 後 市 における 子 どもの 読 書 の 現 状 第 2 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 5 1. 計 画 の 趣 旨 2. 計 画 の 目 標"

Transcription

1 筑 後 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 26 年 3 月 筑 後 市 教 育 委 員 会

2 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 1 1. 子 ども 読 書 活 動 の 意 義 2. 筑 後 市 における 子 どもの 読 書 の 現 状 第 2 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 5 1. 計 画 の 趣 旨 2. 計 画 の 目 標 3. 計 画 の 期 間 第 3 章 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 8 1. 家 庭 2. 地 域 3. 幼 稚 園 保 育 所 ( 園 ) 4. 学 校 5. 図 書 館 用 語 集 21 資 料 1 第 1 章 2. 図 1~4データ 資 料 2 筑 後 市 立 図 書 館 アウトリーチサービス 資 料 3 筑 後 市 小 学 校 読 書 会 読 書 ボランティア 資 料 4 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 資 料 5 筑 後 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 策 定 経 緯 資 料 6 筑 後 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 策 定 委 員 会 設 置 要 綱 資 料 7 筑 後 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 策 定 委 員

3 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 1. 子 ども 読 書 活 動 の 意 義 子 どもは 自 身 の 読 書 体 験 や 周 りにいる 大 人 から 読 み 聞 かせ( 1)してもらうこと により 想 像 力 を 働 かせ 未 知 の 世 界 を 知 り 日 常 の 直 接 体 験 では 得 られない 発 見 や 様 々 な 出 会 いをします その 体 験 によって 視 野 が 広 がり 言 葉 を 理 解 し 豊 かな 感 情 や 感 性 が 育 まれていきます また 読 書 は 自 己 実 現 を 図 っていくことの 手 掛 かりにもなります 子 どもにとって 多 くの 情 報 や 知 識 を 習 得 することは 将 来 への 夢 や 希 望 を 持 つことにつ ながります さらには 読 書 活 動 には 子 どもの 成 長 に 不 可 欠 な 正 しい 判 断 力 を 持 ち いの ち の 大 切 さを 感 じとり 思 いやりの 心 と 生 きる 力 を 見 出 すはたらきがあるといわれて います 子 どもの 健 全 な 成 長 を 支 えるためにも 子 どもの 読 書 活 動 を 家 庭 や 学 校 図 書 館 等 の 地 域 社 会 全 体 で 推 進 していく 必 要 があります 2. 筑 後 市 における 子 どもの 読 書 の 現 状 筑 後 市 では 平 成 16 年 2 月 から10か 月 児 を 対 象 にブックスタート( 2) 事 業 を 開 始 し 2 冊 の 絵 本 とともに 保 護 者 の 語 りかけや 読 み 聞 かせの 大 切 さを 保 護 者 へ 伝 え ています 平 成 20 年 4 月 には 少 しでも 早 い 時 期 に 実 施 した 方 が 良 いという 考 えから ブックスタート 対 象 を4か 月 児 に 変 更 しました 平 成 23 年 12 月 に 中 央 公 民 館 図 書 室 から 移 行 した 図 書 館 では 児 童 書 コーナーにお はなし 広 場 ができ 毎 週 土 曜 日 におはなし 会 ( 3)を 開 催 しています 子 育 て 支 援 拠 点 施 設 でも 月 に2 回 おはなし 会 を 開 催 しています いずれも 読 書 ボランティア( 4)の 皆 さんが 生 き 生 きと 活 動 を 行 っています 平 成 18 年 度 から 開 始 した 市 内 の 小 中 学 校 向 けの 団 体 貸 出 ( 5)や 平 成 23 年 度 から 開 始 した 幼 稚 園 保 育 所 ( 園 ) 向 けのセット 団 体 貸 出 など 子 どもの 読 書 環 境 の 充 実 に 努 めています 市 内 の 幼 稚 園 保 育 所 ( 園 ) 学 校 のそれぞれの 現 場 においても 子 どもの 読 書 活 動 に ついて 取 り 組 んでいますが 情 報 の 共 有 化 はまだ 十 分 に 行 われていません そのため 引 き 続 き 子 どもを 取 り 巻 く 家 庭 や 学 校 図 書 館 など 地 域 社 会 全 体 での 連 携 した 取 り 組 み が 大 切 だと 言 えます 今 回 の 読 書 推 進 計 画 の 策 定 をきっかけに 子 どもの 読 書 への 関 心 を 高 めるとともに 読 書 の 質 を 高 める 取 り 組 みも 必 要 であると 考 えます 1

4 ( 図 1) 市 立 図 書 館 における 年 齢 別 利 用 登 録 者 数 人 数 乳 幼 児 小 学 生 中 学 生 高 校 生 0 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 さて 子 どもの 市 立 図 書 館 の 利 用 状 況 をみると 利 用 登 録 者 数 は 平 成 20 年 度 より 乳 幼 児 の 登 録 者 数 が 顕 著 に 増 加 しています これはブックスタートの 際 乳 児 へ 本 と 一 緒 に 図 書 館 の 利 用 カードを 渡 すようになったためです そのため 平 成 20 年 度 以 降 4か 月 児 健 診 を 受 診 した 筑 後 市 の 乳 児 のほとんどは 図 書 館 の 利 用 登 録 を 行 っています 小 学 生 以 上 はほぼ 横 ばい 状 態 となっています ( 図 1 参 照 ) ( 図 2) 市 立 図 書 館 における 年 齢 別 貸 出 冊 数 冊 数 乳 幼 児 小 学 生 中 学 生 高 校 生 0 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 貸 出 冊 数 は 乳 幼 児 小 学 生 が 大 変 多 く 増 加 傾 向 にあります この 理 由 は 利 用 人 数 が 多 いことの 他 に 年 代 的 に 絵 本 や 文 章 が 少 なめの 読 み 物 などの 利 用 が 中 心 なので 一 度 の 来 館 で 多 量 の 図 書 を 借 りていく 傾 向 があるためとも 考 えられます 中 学 生 もゆるやか ではありますが 確 実 に 増 加 しています 高 校 生 も 平 成 17 年 度 よりは 増 加 していますが ここ 数 年 は 横 ばい 状 態 です ( 図 2 参 照 ) 2

5 ( 図 3) 小 学 校 図 書 館 における 児 童 一 人 あたり 貸 出 数 冊 数 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 ( 図 4) 中 学 校 図 書 館 における 生 徒 一 人 あたり 貸 出 数 冊 数 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 また 小 中 学 校 における 児 童 生 徒 1 人 あたりの 貸 出 冊 数 は 小 学 校 においては 平 成 21 年 度 に 微 減 したのを 除 き 全 体 として 増 加 傾 向 にありますが 17 年 度 から2 4 年 度 までの 期 間 で 比 べると 貸 出 数 はおよそ 倍 増 しています ( 図 3 参 照 )これは 学 校 における 朝 の 読 書 活 動 ( 6)をはじめ 授 業 での 活 用 等 様 々な 取 り 組 みが 行 われた ことによる 効 果 の 現 れであると 考 えられます 中 学 校 においては 横 ばいに 近 い 状 態 であったのが 平 成 22 年 度 に 目 立 って 増 加 し ています これは 学 校 において 朝 の 読 書 活 動 を 積 極 的 に 行 ったことによる 結 果 である と 考 えられます ( 図 4 参 照 ) 一 方 23 年 度 の 貸 出 数 に 落 ち 込 みが 見 られるのは 同 年 度 が 中 学 校 図 書 館 図 書 のデ ータベース 化 作 業 のため 開 館 日 が 少 なかったことが 原 因 であると 考 えられます 児 童 1 人 あたり 貸 出 数 と 生 徒 1 人 あたり 貸 出 数 を 比 べると 貸 出 数 に 相 当 な 差 があり ます これは 低 学 年 の 児 童 がおもに 借 りる 本 が 絵 本 や 文 章 が 少 なめの 読 み 物 である ためと 考 えられます 3

6 図 3 4を 見 て 平 成 23 年 度 の 中 学 校 における 貸 出 数 を 除 き 平 成 21 年 度 を 境 に 貸 出 数 の 増 加 傾 向 が 見 られるのは 平 成 20 年 3 月 に 告 示 された 新 学 習 指 導 要 領 の 総 則 の 中 で 学 校 図 書 館 を 計 画 的 に 利 用 しその 機 能 の 活 用 を 図 り 児 童 ( 生 徒 )の 主 体 的 意 欲 的 な 学 習 活 動 や 読 書 活 動 を 充 実 すること という 内 容 が 盛 り 込 まれ 各 教 科 に おいても 活 用 事 例 が 盛 り 込 まれたことも 大 きな 要 因 であると 考 えられます 図 1~4のデータ 詳 細 については 資 料 1(P23)をご 参 照 ください 4

7 第 2 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 計 画 の 趣 旨 子 どもの 読 書 活 動 を 推 進 するためには あらゆる 機 会 と 場 所 においてすべての 子 ども が 自 主 的 に 読 書 活 動 を 行 うことができるよう 読 書 環 境 を 整 備 することが 必 要 です こ こでいう 子 どもとは0 歳 から18 歳 までのことであり その 年 齢 によって 適 する 本 や 読 書 能 力 もさまざまです そこで 筑 後 市 では 子 どもの 発 達 段 階 を 乳 児 期 幼 児 期 小 学 生 中 学 生 から 高 校 生 の4つに 分 け 子 どもの 成 長 に 応 じた 読 書 環 境 を 考 えていきます 〇 乳 児 期 ( 満 1 歳 未 満 ) 子 どもは 言 葉 の 意 味 を 理 解 できませんが 声 そのものから 気 持 ちをしっかり 感 じて います 愛 情 溢 れる 言 葉 を 浴 びることは 家 族 のきずなを 育 む 第 一 歩 となります 多 くの 言 葉 を 耳 にすることは 言 葉 を 覚 えていく 上 でも 必 要 なことです 絵 本 を 言 葉 が けのツールとして 上 手 に 利 用 し コミュニケーションを 取 ることは 子 どもに 信 頼 や 安 心 感 を 与 え 成 長 するための 安 定 した 基 盤 を 形 成 していきます この 時 期 家 庭 で の 読 み 聞 かせが 中 心 となるため 保 護 者 への 読 書 支 援 が 重 要 となります 〇 幼 児 期 ( 満 1 歳 から 小 学 校 就 学 前 まで) 成 長 に 伴 い 文 字 も 少 しずつ 読 めるようになり 絵 本 への 興 味 も 出 てきます しか し 自 分 で 本 を 読 んで 内 容 を 理 解 するのはまだ 難 しく 主 に 大 人 からの 読 み 聞 かせが 読 書 活 動 の 中 心 となります この 時 期 に 本 に 親 しませることは その 後 の 読 書 能 力 の 発 達 に 大 きく 影 響 しますので 家 庭 以 外 でも 幼 稚 園 や 保 育 所 ( 園 ) 子 育 て 支 援 拠 点 施 設 図 書 館 等 の 公 的 機 関 で 行 われている 読 み 聞 かせやおはなし 会 で 本 と 接 する 機 会 を 多 数 設 けることが 必 要 です 〇 小 学 生 読 み 書 きも 覚 え 自 分 で 本 を 選 び 読 むことができるようになります 年 齢 を 重 ね るにつれ 深 い 内 容 の 物 語 も 楽 しめるようになりますが 読 書 能 力 に 個 人 差 が 表 れ 選 択 する 本 もさまざまです 年 齢 に 応 じた 難 易 度 の 本 発 達 段 階 に 適 した 本 を 子 ども にきちんと 届 けることが 重 要 となるため 読 み 聞 かせやブックトーク( 7) 等 で 多 くの 本 を 紹 介 していくことが 大 切 です この 時 期 に 読 書 へ 関 心 を 持 ち さまざまな 本 へ 興 味 を 広 げることは その 後 の 読 書 習 慣 の 形 成 にも 関 わってきます そのため 子 どもが 日 常 的 に 利 用 する 学 校 図 書 館 の 環 境 を 整 えることは 子 どもの 読 書 活 動 を 支 援 するために 重 要 なことです 5

8 〇 中 学 生 から 高 校 生 中 学 生 からの 読 書 活 動 は 自 主 性 に 任 せられることが 多 くなります さらに 勉 強 や 部 活 動 等 で 日 々の 生 活 が 忙 しくなるため 読 書 の 時 間 を 取 るのが 難 しく 読 書 離 れが 指 摘 される 時 期 でもあります 興 味 ある 分 野 が 広 がり 多 様 化 する 年 代 のため 学 校 図 書 館 や 市 立 図 書 館 では 子 どもの 関 心 を 引 くような 蔵 書 や 環 境 整 備 を 行 うことが 重 要 で す 一 方 で 読 書 レベルの 高 い 子 どもが 満 足 感 を 得 られるような 蔵 書 も 必 要 です 小 学 生 までに 育 んだ 読 書 習 慣 を 継 続 させていくための 幅 広 い 蔵 書 や 魅 力 的 な 読 書 環 境 が 求 められます 2. 計 画 の 目 標 (1) 子 どもの 読 書 活 動 の 具 体 的 な 取 組 子 どもが 読 書 活 動 を 行 う 環 境 を 大 きく 考 えると 家 庭 地 域 幼 稚 園 保 育 所 ( 園 ) 子 育 て 支 援 拠 点 施 設 学 校 図 書 館 が 挙 げられます それぞれが 子 どもの 読 書 活 動 を 推 進 するために 必 要 な 役 割 を 認 識 し 関 係 各 機 関 が 主 体 的 に 課 題 に 取 り 組 みます (2) 読 書 環 境 の 整 備 子 どもの 読 書 活 動 を 推 進 するためには 子 どもの 身 近 なところに 読 書 を 楽 しむこと のできる 環 境 を 作 ることが 必 要 です 学 校 図 書 館 や 市 立 図 書 館 の 充 実 子 育 て 支 援 拠 点 施 設 や 公 民 館 等 での 図 書 コーナー 等 整 備 を 行 います (3) 関 係 各 機 関 との 連 携 協 力 子 どもの 読 書 活 動 を 推 進 するために 関 係 各 機 関 の 連 携 協 力 をさらに 深 めていき ます 関 係 各 機 関 が 課 題 を 把 握 し 特 性 を 活 かしながら 関 係 を 深 めていくことが 子 どもの 読 書 活 動 の 継 続 的 な 発 展 に 繋 がります (4) 子 どもの 読 書 活 動 への 理 解 と 関 心 を 深 めるための 啓 発 運 動 子 どもの 読 書 活 動 を 広 げるためには 子 どもにとっての 読 書 の 意 義 や 重 要 性 につい て 市 民 に 理 解 と 関 心 を 持 ってもらう 必 要 があります 講 演 会 やイベント 等 の 読 書 活 動 関 連 事 業 を 積 極 的 に 行 い 広 報 誌 やホームページ 等 を 活 用 し 広 く 情 報 を 提 供 して いきます 3. 計 画 の 期 間 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までの5 年 間 とします 6

9 7

10 第 3 章 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 1. 家 庭 子 どもの 読 書 活 動 を 推 進 するためには 保 護 者 が 読 書 の 重 要 性 を 理 解 することが 大 切 です 特 に 子 どもの 読 書 習 慣 は 日 常 の 生 活 の 中 で 形 成 されるものであり 読 書 が 継 続 して 行 われるよう 保 護 者 が 子 どもの 読 書 活 動 の 機 会 の 充 実 や 習 慣 化 に 積 極 的 に 取 り 組 むことが 重 要 です 家 庭 においては 子 どもの 成 長 に 合 わせた 読 み 聞 かせ 子 どもと 一 緒 に 本 を 読 むこと や 図 書 館 の 利 用 など 読 書 に 親 しむきっかけを 作 ることは 子 どもにとって 楽 しい 経 験 であり 読 書 活 動 の 基 礎 ともなります また 読 書 を 通 じて 家 族 で 感 じたことを 話 し 合 うなど 読 書 に 対 する 興 味 や 関 心 を 引 き 出 すように 子 どもに 働 きかけることが 望 まれま す 子 育 て 支 援 拠 点 施 設 においては 乳 幼 児 期 における 保 護 者 の 語 りかけや 読 み 聞 かせの 重 要 性 を 伝 え 絵 本 に 親 しめるような 事 業 展 開 を 図 っていきます (1) 子 どもの 読 書 活 動 の 具 体 的 な 取 組 1ブックスタート 事 業 の 推 進 4か 月 児 健 診 時 に 絵 本 の 紹 介 をしながら 絵 本 等 が 入 ったブックスタートパックを 手 渡 しています その 際 に 絵 本 を 介 して 親 子 の 楽 しい 時 間 を 過 ごすことや 子 ども が 早 い 時 期 に 本 とふれあうこと またそのきっかけをたくさん 作 ることの 大 切 さを 伝 えています 子 どもの 健 やかな 心 と 体 の 成 長 と 保 護 者 の 育 児 を 支 援 するために 引 き 続 き 事 業 の 継 続 と 充 実 を 図 っていきます 2おはなし 会 等 の 充 実 と 参 加 の 呼 びかけ 子 育 て 支 援 拠 点 施 設 の 事 業 として おひさま 教 室 ( 月 5 回 ) 赤 ちゃんひろば( 月 3 回 ) 12~3 月 おはなしひろば( 月 1 回 )で 保 育 士 が 毎 回 絵 本 の 読 み 聞 かせを 行 い 乳 幼 児 の 時 期 から 絵 本 に 親 しむ 機 会 を 設 けています 今 後 も 絵 本 紙 芝 居 パネル シアター( 8) 等 を 使 ったおはなし 会 など 親 子 で 参 加 することのできる 魅 力 的 な 行 事 を 開 催 していきます さらに 子 どもの 読 書 活 動 を 推 進 する 団 体 を 支 援 して ボランティア 活 動 等 の 機 会 や 場 所 を 提 供 することにより おはなし 会 の 機 会 や 内 容 の 充 実 を 図 ります また これらの 行 事 内 容 を 積 極 的 に 住 民 に 伝 えていくことが 重 要 となるため チラ シやポスター 広 報 誌 やインターネット 等 による 活 発 な 広 報 活 動 を 行 います (2) 読 書 環 境 の 整 備 8

11 1 身 近 に 本 がある 環 境 への 整 備 支 援 子 育 て 支 援 拠 点 施 設 内 の つどいのひろば に 図 書 館 の 絵 本 や 育 児 関 連 の 本 を 常 時 約 400 冊 設 置 しています 親 子 が 自 由 に 本 に 触 れ 合 えるように さらに 環 境 を 整 備 していきます また 図 書 館 より おでかけ 図 書 サービス として 月 2 回 ロビーで 親 子 向 けの 貸 出 を 行 い いつでも 本 が 返 却 できるよう 返 却 ポストを 設 置 しています 市 立 図 書 館 で 借 りた 本 も 返 却 できるよう 一 般 市 民 にも 開 放 しています 2 図 書 リストの 配 布 設 置 4か 月 児 健 診 時 に 赤 ちゃんの 好 きな 絵 本 ガイド を 手 渡 しています ブックスタ ートの 際 に 渡 す 絵 本 以 外 にも 歳 児 におくる 絵 本 として 数 冊 ほど 掲 載 し 保 護 者 へ 向 けて 赤 ちゃん 絵 本 の 紹 介 をしています また 市 立 図 書 館 には 読 書 ボランティア 団 体 が 学 校 や 図 書 館 のおはなし 会 等 で 実 際 に 使 用 した 図 書 のリスト 朝 読 おはなし 会 で 読 まれた 本 学 校 図 書 館 の 司 書 部 会 で 作 成 された 冊 子 図 書 の 先 生 おすすめの 本 があり 配 布 もしています さらに ヤングアダルト( 9)コーナーには 利 用 者 からおすすめの 本 を 教 えて もらえるよう 本 のタイトルやイラストが 記 入 できる 用 紙 と 回 収 箱 を 設 置 し いつで も 投 稿 できるようにしています この 取 組 は 利 用 者 に 大 変 好 評 であり 利 用 者 同 士 の 情 報 提 供 など 交 流 の 場 ともなっています 毎 年 インターンシップ( 10)の 学 生 や 先 生 にもおすすめの 本 の 記 入 をお 願 いし どなたでも 閲 覧 できるよう 設 置 していま す 今 後 も 引 き 続 き 子 どもの 読 書 活 動 の 手 助 けとなるような 図 書 リストの 作 成 や 活 用 を 行 っていきます (3) 関 係 各 機 関 との 連 携 協 力 市 立 図 書 館 ボランティア 団 体 との 連 携 協 力 子 育 て 支 援 拠 点 施 設 では おでかけ 図 書 サービスの 日 に 合 わせ 読 書 ボランティア グーチョキパー ぼちぼち による 読 み 聞 かせを 月 2 回 開 催 しています 今 後 も ボランティア 団 体 の 支 援 を 行 い おはなし 会 の 開 催 や 内 容 の 充 実 を 図 ります (4) 子 どもの 読 書 活 動 への 理 解 と 関 心 を 深 めるための 啓 発 運 動 1 家 庭 での 読 書 の 啓 発 周 囲 の 大 人 の 読 書 に 対 する 姿 勢 は 子 どもに 大 きな 影 響 を 与 えます 身 近 にいる 大 人 が 普 段 の 生 活 の 中 で 読 書 を 楽 しんでいる 姿 を 見 ていくことで 子 どもは 本 を 読 む ことは 楽 しいものだと 感 じることができます このように 読 書 はテレビやゲーム 等 の メディアとは 違 った 家 庭 での 時 間 を 与 えてくれます 本 市 では 家 庭 での 読 書 に 関 する 情 報 提 供 や 読 み 聞 かせの 楽 しさや 読 書 の 重 要 性 について 理 解 の 促 進 を 図 っていきます 9

12 2 講 習 会 の 開 催 子 育 て 支 援 拠 点 施 設 にて 毎 年 行 っている 子 育 てボランティア 講 習 会 では 絵 本 に 関 する 講 座 を 行 っています 子 どもを 取 り 巻 く 大 人 や 保 護 者 を 対 象 にした 教 室 講 演 会 を 開 催 していきます 2. 地 域 地 域 にある 身 近 な 施 設 の 図 書 コーナーは 子 どもが 家 庭 や 学 校 以 外 で 本 と 出 会 う 場 所 であり 自 由 な 読 書 活 動 を 行 える 場 となっています 子 どもが 遊 びや 楽 しみの 中 で 自 然 に 本 と 親 しむことのできる 読 書 環 境 を 整 備 することは 読 書 への 関 心 を 高 め さまざ まな 本 への 興 味 を 広 げることにつながります 子 どもができるだけ 身 近 な 場 所 で 読 書 ができるよう 地 域 において 図 書 コーナー 等 の 整 備 充 実 が 求 められます また 子 どもの 読 書 習 慣 を 形 成 するためには 子 どもの 周 囲 にいる 大 人 がまず 読 書 に 親 しむことが 大 切 です そして 子 どもが 本 に 親 しむことのできる 環 境 を 作 り 読 書 の 楽 しさを 体 験 させ 読 書 の 素 晴 らしさを 教 えることが 必 要 です そのため 生 涯 学 習 の あらゆる 場 において 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 や 重 要 性 について 理 解 を 広 めていく 必 要 があります (1) 子 どもの 読 書 活 動 の 具 体 的 な 取 組 読 書 活 動 の 機 会 の 充 実 図 書 館 や 学 校 をはじめとする 地 域 の 公 共 施 設 で 子 どもやその 保 護 者 を 対 象 とした おはなし 会 本 の 講 座 テーマ 展 示 など 読 書 活 動 に 関 する 行 事 を 開 催 しています 今 後 も 絵 本 や 紙 芝 居 パネルシアター 等 を 使 ったおはなし 会 や 絵 本 作 家 の 講 演 会 など 親 子 で 参 加 することのできる 魅 力 的 な 行 事 を 多 数 開 催 していきます さらに 子 どもの 読 書 活 動 を 推 進 する 団 体 を 支 援 して ボランティア 活 動 等 の 機 会 や 場 所 を 提 供 することにより おはなし 会 の 機 会 や 内 容 の 充 実 を 図 ります また これらの 子 どもの 読 書 活 動 の 機 会 に 関 する 情 報 を 積 極 的 に 住 民 に 提 供 するこ とが 重 要 となるため チラシやポスター 広 報 誌 やインターネット 等 による 活 発 な 広 報 活 動 を 行 います (2) 読 書 環 境 の 整 備 1 学 童 保 育 所 における 読 書 活 動 の 充 実 放 課 後 の 子 どもの 居 場 所 として 学 童 保 育 所 があります 学 校 の 授 業 を 終 えた 子 ど もは 学 童 保 育 所 で その 日 の 宿 題 をしたり 本 を 読 んだり 友 達 と 遊 んだりしてい ます 今 後 は 学 童 保 育 所 においても 気 軽 に 読 書 できるよう ニーズに 応 じた 図 書 を 充 実 させることが 必 要 です また 子 どもが 本 に 親 しみ 読 書 の 習 慣 が 身 につくよ 10

13 う 指 導 員 が 読 書 環 境 を 整 えていきます 2 地 域 子 育 てサロンにおける 読 書 活 動 の 充 実 地 域 子 育 てサロンでは 絵 本 等 の 読 み 聞 かせを 推 進 しています 地 域 によって 異 な りますが 毎 回 サロンのスタッフが 読 み 聞 かせを 行 うところもあり 親 子 が 絵 本 に 出 会 う 機 会 をつくっています サロンでの 読 み 聞 かせは 保 護 者 の 読 書 活 動 のきっかけ になっています また サロンでは 中 央 公 民 館 との 連 携 により 読 書 ボランティアが 絵 本 や 紙 芝 居 を 読 んだり パネルシアターなどを 行 ったりしています 親 子 が 楽 しんで 興 味 や 関 心 を 示 す 企 画 を 今 後 も 充 実 していきます 3 市 の 公 共 施 設 等 におけるアウトリーチサービス( 11)の 拡 充 子 育 て 支 援 拠 点 施 設 や 市 立 病 院 では 図 書 館 からのアウトリーチサービスが 実 施 さ れ 身 近 に 図 書 に 接 することができる 地 域 のサービス 拠 点 となっています 今 後 校 区 コミュニティ 協 議 会 などと 連 携 し 小 学 校 区 ごとに 子 どもが 集 える 公 共 施 設 へのアウトリーチサービスの 実 施 を 目 指 します 資 料 2(P24)をご 参 照 ください (3) 関 係 各 機 関 との 連 携 協 力 ボランティア 団 体 との 連 携 協 力 筑 後 市 には 主 に 保 護 者 を 中 心 として 結 成 し 各 小 学 校 で 読 み 聞 かせ 等 をする 読 書 会 そして 学 校 や 図 書 館 子 育 て 拠 点 支 援 施 設 等 で 活 動 する 読 書 ボランティア 団 体 が 多 数 あります また 図 書 館 の 活 動 を 支 援 するボランティア 団 体 筑 後 市 立 図 書 館 を ささえる 会 等 もあります 年 に3 回 程 各 読 書 会 団 体 の 代 表 者 市 立 図 書 館 学 校 図 書 館 職 員 が 集 まり 意 見 交 換 会 を 行 い 各 々の 活 動 内 容 の 理 解 を 深 めています 今 後 も 多 くの 子 どもに 本 の 楽 しさを 伝 えていただくため より 一 層 の 連 携 や 協 力 を 行 っていきます 資 料 3(P25)をご 参 照 ください (4) 子 どもの 読 書 活 動 への 理 解 と 関 心 を 深 めるための 啓 発 運 動 1 子 ども 読 書 の 日 読 書 週 間 の 取 り 組 み 4 月 23 日 は 子 ども 読 書 の 日 ( 12)として 制 定 されました 現 在 こども の 読 書 週 間 は この 日 から5 月 12 日 までの 約 3 週 間 です 秋 の 読 書 週 間 と 合 わせ 子 どもの 読 書 活 動 推 進 のため 様 々な 行 事 を 開 催 し 活 発 な 取 り 組 みを 行 ってい きます そして チラシやポスター 広 報 誌 やインターネット 等 を 活 用 し 積 極 的 に 広 報 活 動 を 行 っていきます 2 市 広 報 誌 図 書 館 報 等 や 図 書 館 ホームページの 活 用 筑 後 市 が 発 行 している 広 報 誌 ちくご 1 日 号 では 毎 月 1ページを 使 って イベ 11

14 ント 情 報 や 新 刊 案 内 等 の 図 書 館 に 関 する 情 報 を 発 信 しています 他 にも 図 書 館 報 ちっごつたえる をはじめ 社 会 教 育 課 が 小 学 校 へ 配 布 してい る うぉんと や 図 書 館 ホームページ 等 で 子 ども 向 けの 読 書 行 事 やイベントの 周 知 を 行 っています また より 充 実 した 子 ども 向 けの 利 用 案 内 等 を 作 成 し 図 書 館 への 興 味 や 関 心 を 高 めていきます 3. 幼 稚 園 保 育 所 ( 園 ) 幼 稚 園 保 育 所 ( 園 )では 子 どもが 本 と 出 会 い ふれあう 環 境 を 整 備 し 絵 本 等 に 親 しむ 機 会 を 提 供 することが 必 要 です 絵 本 を 通 して 子 どもは 感 情 が 豊 かになり 人 への 愛 情 や 信 頼 感 が 育 まれます そのために 幼 稚 園 保 育 所 ( 園 )では 年 齢 に 応 じた 絵 本 の 読 み 聞 かせ 等 の 様 々な 機 会 を 提 供 します (1) 子 どもの 読 書 活 動 の 具 体 的 な 取 組 読 み 聞 かせの 実 施 支 援 乳 幼 児 期 の 子 どもにとって 身 近 な 大 人 ( 保 護 者 )による 読 み 聞 かせは 読 む 人 の 愛 情 とともに 読 書 の 楽 しみを 知 る 大 切 な 機 会 です また 大 人 ( 保 護 者 )の 読 書 に 対 する 認 識 の 深 さが 子 どもの 読 書 習 慣 を 育 みます 幼 稚 園 保 育 所 ( 園 )では 教 諭 や 保 育 士 による 絵 本 の 読 み 聞 かせや 紙 芝 居 を 活 動 時 間 の 中 に 積 極 的 に 取 り 入 れ それらを 通 して 身 近 な 事 象 について 学 んだり 絵 や 言 葉 の 中 に 喜 びや 楽 しさを 見 つけたりするための 読 書 活 動 を 行 っています 家 庭 でも 保 護 者 が 絵 本 などを 使 った 肉 声 での 語 りかけを 十 分 に 行 うことが 子 どもの 健 やか な 成 長 にはかかせません そこで 幼 稚 園 保 育 所 ( 園 )では 保 護 者 に 対 して 読 み 聞 かせの 大 切 さを 知 らせるとともに 絵 本 の 紹 介 や 貸 出 をするなど 親 子 の 読 書 体 験 を 支 援 するための 取 り 組 みも 行 っていきます (2) 読 書 環 境 の 整 備 身 近 に 本 がある 環 境 への 整 備 幼 稚 園 保 育 所 ( 園 )では 子 どもが 自 由 に 絵 本 にふれることができる 絵 本 コーナ ー 等 の 読 書 環 境 の 整 備 や 子 どもの 興 味 や 発 達 段 階 に 合 わせた 絵 本 の 設 置 等 内 容 の 充 実 を 図 っていきます 子 どもが 本 に 親 しむ 環 境 をより 良 くするためには 図 書 館 を 活 用 し 偏 りなく 様 々 なジャンルの 絵 本 や 紙 芝 居 大 型 絵 本 などの 充 実 を 図 ることが 必 要 です そこで 図 書 館 の 幼 稚 園 保 育 所 ( 園 )へ 向 けた 団 体 貸 出 の 利 用 をさらに 広 めていきます 12

15 (3) 関 係 各 機 関 との 連 携 協 力 市 立 図 書 館 との 連 携 協 力 幼 稚 園 保 育 所 ( 園 )では 図 書 館 と 連 携 して 読 書 活 動 のPRポスター 掲 示 やチ ラシ 配 布 を 行 い 親 子 読 書 へのはたらきかけを 行 います (4) 子 どもの 読 書 活 動 への 理 解 と 関 心 を 深 めるための 啓 発 運 動 講 習 会 の 開 催 幼 稚 園 保 育 所 ( 園 )では 図 書 館 との 連 携 を 深 め 読 書 活 動 の 情 報 交 換 を 行 い 保 護 者 に 乳 幼 児 期 からの 読 書 ( 読 み 聞 かせ)の 大 切 さを 伝 え 成 長 に 応 じた 絵 本 を 紹 介 していきます また 読 書 活 動 の 質 を 高 めるために 定 期 的 に 保 育 士 等 向 けの 研 修 も 行 っていきま す 4. 学 校 小 中 学 校 において 子 どもの 読 書 活 動 を 推 進 するためには 学 校 における 学 習 情 報 センター 及 び 読 書 センターである 学 校 図 書 館 が 子 どもにとって 身 近 で 楽 しく 足 を 運 びやすい 場 所 であることが 必 要 です そのためには 学 校 図 書 館 の 図 書 は 児 童 生 徒 にとって 魅 力 的 かつ 充 実 されている 必 要 があります また 学 校 においては 図 書 館 を 中 心 に 読 書 に 関 する 様 々な 活 動 を 行 い 図 書 に 関 する 様 々な 情 報 を 児 童 生 徒 に 発 信 する 必 要 があります このように 学 校 における 読 書 活 動 を 充 実 させるために 学 校 教 育 委 員 会 市 立 図 書 館 が 連 携 して 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 を 支 えて 行 きます (1) 子 どもの 読 書 活 動 の 具 体 的 な 取 組 図 書 館 教 育 計 画 の 整 備 小 中 学 校 において 図 書 館 教 育 を 計 画 的 系 統 的 効 果 的 に 推 進 するために 年 間 指 導 計 画 や 教 育 課 程 上 の 位 置 づけを 行 います 今 後 も 各 校 が 定 める 教 育 指 導 計 画 書 において 学 年 や 教 科 に 応 じた 図 書 館 教 育 全 体 計 画 を 制 定 し 小 中 学 校 の 図 書 館 教 育 推 進 体 制 を 整 備 します (2) 読 書 環 境 の 整 備 1 司 書 教 諭 の 配 置 学 校 図 書 館 法 において 12 以 上 の 学 級 がある 学 校 については 司 書 教 諭 の 配 置 が 義 務 づけられています 司 書 教 諭 は 学 校 図 書 館 資 料 の 選 択 収 集 提 供 や 子 どもの 読 書 活 動 に 対 する 指 導 等 を 行 うなど 学 校 の 読 書 環 境 を 整 備 するうえで 大 変 重 要 な 役 13

16 割 を 担 っています 今 後 も 司 書 教 諭 を 配 置 し 学 習 活 動 や 読 書 活 動 の 充 実 を 図 ります 2 学 校 司 書 の 配 置 子 どもが 読 みたい 本 や 知 りたい 情 報 を 入 手 するためには 図 書 に 精 通 した 学 校 司 書 の 存 在 が 大 きな 役 割 を 果 たします 現 在 筑 後 市 においては 全 小 中 学 校 14 校 に 学 校 司 書 を 配 置 しており 今 後 も 引 き 続 き 配 置 します また 図 書 部 会 委 員 会 活 動 の 活 性 化 や 研 修 への 派 遣 を 行 うことによ り 学 校 司 書 の 資 質 向 上 を 図 ります 3 図 書 資 料 の 充 実 学 校 図 書 館 にある 本 は 子 どもにとって 魅 力 があるものでなければなりません ま た 幅 広 いジャンルの 本 を 揃 えることにより 子 どもがより 多 くの 図 書 に 触 れる 機 会 を 提 供 しなければなりません 一 方 授 業 ( 国 語 科 社 会 科 生 活 科 等 )では 調 べ 学 習 や 総 合 的 な 学 習 において 学 校 図 書 館 の 図 書 を 活 用 するため これらに 対 応 できる 図 書 や 資 料 の 充 実 を 図 る 必 要 があります 今 後 も 図 書 の 購 入 に 際 しては 学 校 において 司 書 教 諭 図 書 主 任 学 校 司 書 が 連 携 し また 図 書 発 注 システムの 検 索 機 能 を 活 用 して 厳 選 して 必 要 な 図 書 を 購 入 しま す 4 学 校 図 書 館 図 書 標 準 の 達 成 学 校 図 書 館 の 蔵 書 数 は 学 校 図 書 館 図 書 標 準 ( 13)により 学 校 規 模 等 に 応 じて 必 要 な 蔵 書 数 の 標 準 が 定 められています 現 在 筑 後 市 においては 学 校 図 書 館 図 書 標 準 を 満 たしていない 学 校 がありますが 市 立 図 書 館 からの 団 体 貸 出 や 県 立 図 書 館 との 相 互 貸 借 ( 14)を 活 用 し 魅 力 的 な 本 や 必 要 な 本 をタイムリーに 提 供 することにより 不 足 分 を 補 っています 今 後 は 学 校 図 書 館 図 書 標 準 を 満 たしていない 学 校 については 計 画 的 に 達 成 す るよう 努 めます 5 蔵 書 点 検 の 実 施 学 校 図 書 館 において 児 童 生 徒 が 目 当 ての 本 にたどり 着 くためには 蔵 書 が 正 し く 分 類 され あるべきところに 配 架 されている 必 要 があります また 蔵 書 データベ ースに 登 録 されている 本 と 書 架 にある 蔵 書 は 同 一 である 必 要 があります そこで 学 校 図 書 館 貸 出 システムの 蔵 書 点 検 機 能 を 活 用 し 定 期 的 に 蔵 書 点 検 を 行 い 正 確 な 蔵 書 数 を 把 握 し 適 切 に 蔵 書 を 管 理 します 6 学 校 図 書 館 環 境 整 備 子 どもが 読 書 に 親 しむためには 学 校 図 書 館 が 自 由 に 読 書 を 楽 しみ くつろげる 空 14

17 間 であり 子 どもにとって 足 を 運 びやすい 場 所 となっていなければなりません そのために 季 節 や 行 事 に 合 わせた 展 示 や 掲 示 物 等 を 工 夫 し 温 かい 雰 囲 気 で 子 ど もにとって 魅 力 ある 学 校 図 書 館 にします 7 団 体 貸 出 の 実 施 による 図 書 の 充 実 各 学 校 においては 学 期 に 一 度 (5 月 10 月 1 月 ) 市 立 図 書 館 からの 団 体 貸 出 を 活 用 し 学 校 が 必 要 とする 本 や 学 校 図 書 館 蔵 書 にはない 魅 力 ある 本 を 児 童 生 徒 に 提 供 しています ( 各 校 の 学 校 司 書 が 選 書 した 図 書 の 配 送 回 収 は 学 校 教 育 課 職 員 が 担 当 ) 今 後 も この 事 業 及 び 図 書 の 物 流 体 制 を 継 続 し 児 童 生 徒 にとって 魅 力 ある 学 校 図 書 館 づくりに 努 めます (3) 関 係 各 機 関 との 連 携 協 力 ボランティア 団 体 との 連 携 多 くの 小 学 校 では 保 護 者 等 で 組 織 した 小 学 校 読 書 会 (9 団 体 )の 協 力 のもと 読 み 聞 かせ 等 の 活 動 を 行 っています 今 後 も ボランティア 団 体 と 連 携 協 力 し 読 書 活 動 の 充 実 活 性 化 を 図 っていき ます (4) 子 どもの 読 書 活 動 への 理 解 と 関 心 を 深 めるための 啓 発 活 動 1 朝 の 読 書 活 動 の 実 施 読 書 は 子 どもの 知 的 活 動 を 推 進 し 人 間 形 成 や 情 操 を 養 ううえで 重 要 な 役 割 を 果 たしています 小 中 学 校 では 子 どもに 読 書 の 楽 しさを 実 感 させ 読 書 に 対 する 意 欲 を 喚 起 する ことを 目 的 として 朝 の 読 書 活 動 を 行 っています この 活 動 を 通 じて 子 どもへ 読 書 の 習 慣 づけを 図 ることにより 読 解 力 や 想 像 力 な どの 国 語 力 が 向 上 するほか 様 々な 効 果 に 繋 がるよう 今 後 もこの 活 動 に 取 り 組 んで いきます 2 図 書 館 だよりの 発 行 現 在 筑 後 市 の 小 中 学 校 では 全 校 において 毎 月 図 書 館 だより を 発 行 しています このように 児 童 生 徒 が 図 書 館 への 関 心 を 持 つために 図 書 館 だより を 利 用 し てタイムリーな 話 題 や 情 報 を 提 供 しています 今 後 も この 取 り 組 みを 継 続 し 児 童 生 徒 にとって 魅 力 ある 情 報 を 提 供 していき ます 図 書 館 だより の 主 な 内 容 15

18 年 度 当 初 の 図 書 館 利 用 案 内 図 書 館 配 置 図 リクエスト 受 付 案 内 図 書 委 員 会 活 動 の 紹 介 新 刊 の 案 内 季 節 のあいさつ 統 計 情 報 5. 図 書 館 平 成 24 年 度 統 計 によると 市 立 図 書 館 には 約 9 万 5 千 万 冊 の 蔵 書 があり うち 約 3 万 5 千 冊 が 児 童 書 となっています また 筑 後 市 は 古 くから 読 書 ボランティア 活 動 が 活 発 なため とても 良 い 児 童 書 を 多 く 所 蔵 しています これらの 本 をより 多 くの 子 どもに 届 けるために 図 書 館 は 本 に 関 す る 様 々なネットワークの 中 心 になり 子 どもの 読 書 活 動 を 支 援 し 読 書 環 境 の 整 備 に 取 り 組 みます この 活 動 を 支 える 図 書 館 員 は 専 門 的 な 知 識 が 必 要 とされますので 県 立 図 書 館 等 で 行 われている 研 修 に 積 極 的 に 参 加 し 資 質 の 向 上 をします (1) 子 どもの 読 書 活 動 の 具 体 的 な 取 組 1 団 体 貸 出 幼 稚 園 保 育 所 ( 園 ) 小 中 学 校 などの 団 体 に 対 して セット 貸 出 や 特 別 貸 出 を 行 っ ています 子 どもが より 身 近 な 場 所 で 本 と 出 会 えるように また 先 生 方 の 読 書 教 育 を 支 援 するために 利 用 システムを 充 実 させます 2 読 書 相 談 やレファレンスサービス( 15) 子 どもや 保 護 者 をはじめ 子 どもの 読 書 にかかわる 人 からの 読 書 についての 相 談 や レファレンスに 細 やかな 対 応 をします また 読 書 のきっかけづくりや 読 む 本 を 選 ぶときの 参 考 になるように テーマ 展 示 や おすすめの 本 のリスト 作 成 等 を 充 実 させます 3 読 書 ボランティアへの 支 援 子 どもの 読 書 活 動 を 推 進 するうえで 読 書 ボランティアの 活 動 は 重 要 な 役 割 を 果 た しています 関 係 機 関 や 団 体 施 設 等 とのネットワークを 活 かし 活 動 の 促 進 や 充 実 16

19 を 図 ります (2) 読 書 環 境 の 整 備 1 児 童 コーナーの 充 実 赤 ちゃん 絵 本 にはじまり 小 学 生 から 中 学 生 高 校 生 向 けの 魅 力 ある 蔵 書 構 成 をす るために 幅 広 くそろえている 本 を さらに 子 どものニーズに 対 応 しながら 充 実 させ ます また 本 の 配 置 等 の 見 直 しを 行 い 子 どもにもわかりやすく 利 用 しやすい 環 境 づ くりをめざします 2ヤングアダルトコーナーの 設 置 図 書 館 では 児 童 コーナーとは 別 に10 代 の 子 どもを 対 象 に 専 用 のコーナーを 設 け ています ヤングアダルト 向 けの 小 説 をはじめとして 職 業 案 内 本 や 資 格 取 得 のため のガイドブックなど 利 用 希 望 の 多 い 本 を 集 めています 部 活 動 や 勉 強 で 忙 しい 子 どもは 読 書 離 れの 時 期 です この 子 どもが 一 人 でも 多 く 読 書 に 関 心 を 持 つように 講 座 企 画 や 蔵 書 をさらに 充 実 し 周 知 を 行 い 利 用 を 推 進 し ます 3インターネットコーナーの 設 置 パソコンが 身 近 にある 生 活 環 境 となり インターネットによる 情 報 収 集 が 不 可 欠 な 社 会 になっています そのため 資 料 収 集 や 研 究 調 査 を 行 う 子 ども( 小 学 校 3 年 生 以 上 )に コーナーの 利 用 を 開 放 しています 引 続 き アクセスサイトへの 規 制 に 配 慮 しながら 青 少 年 が 気 軽 に 利 用 できるように 一 層 の 整 備 充 実 を 図 ります 4 障 がいのある 子 への 読 書 支 援 読 書 に 障 がいのある 子 どもの 読 書 活 動 を 支 援 するために 点 字 本 等 の 充 実 を 図 り 関 係 機 関 と 連 携 協 力 し 様 々な 資 料 や 情 報 の 収 集 と 活 用 を 行 います (3) 関 係 各 機 関 との 連 携 協 力 1 他 の 図 書 館 との 連 携 協 力 図 書 館 には 自 館 の 資 料 はもとより 県 や 他 自 治 体 との 相 互 貸 借 等 を 活 用 することに よって 子 どもに 豊 かな 読 書 環 境 を 提 供 することができます 市 立 図 書 館 は 福 岡 県 図 書 館 情 報 ネットワークシステム( 16)への 参 加 に 加 え 全 国 の 大 学 図 書 館 公 共 図 書 館 専 門 図 書 館 等 のネットワーク 利 用 で 数 多 くの 本 を 他 館 と 貸 し 借 りしてい ます 今 後 も 情 報 交 換 等 を 行 い さらに 相 互 貸 借 の 推 進 をします 2 子 どもを 対 象 とした 読 書 活 動 団 体 等 と 連 携 協 力 17

20 地 域 や 学 校 等 で 活 動 している 読 書 ボランティア 等 に 子 どもの 読 書 活 動 に 関 する 情 報 の 提 供 を 行 います それとともに 図 書 館 を 団 体 間 の 情 報 交 換 や 交 流 の 場 として 施 設 や 資 料 の 提 供 をし 連 携 して 子 どもの 読 書 活 動 を 推 進 していきます 3 各 小 中 高 等 学 校 との 連 携 協 力 司 書 教 諭 や 学 校 司 書 と 情 報 交 換 をしながら レファレンスサービス リサイクル 本 ( 17)の 活 用 図 書 館 見 学 職 場 体 験 学 習 等 を 積 極 的 に 受 け 入 れることで 図 書 館 に 親 しみを 持 ってもらえるよう 学 校 との 連 携 協 力 体 制 を 整 備 していきます 4 男 女 共 同 参 画 推 進 室 との 連 携 協 力 ゆっくり 読 書 タイム など 未 就 学 児 の 保 護 者 に 図 書 館 の 利 用 を 促 進 するために 男 女 共 同 参 画 推 進 室 と 連 携 して 託 児 支 援 を 行 っていますが 今 後 も 継 続 します この ことにより 保 護 者 の 読 書 活 動 を 促 し 子 どもの 読 書 環 境 を 向 上 させることが 期 待 で きます (4) 子 どもの 読 書 活 動 への 理 解 と 関 心 を 深 めるための 啓 発 活 動 1 図 書 館 行 事 の 開 催 毎 週 土 曜 日 のおはなし 会 子 育 て 支 援 拠 点 施 設 での 出 張 おはなし 会 夏 休 みや 冬 休 みなどの 時 節 に 合 わせたイベントやおはなし 会 ボランティア 団 体 によるおはなし 会 などでは 子 どもに 楽 しく 本 と 出 会 える 機 会 を 提 供 しています 今 後 も それぞれのおはなし 会 の 対 象 年 齢 にあった 絵 本 の 読 み 聞 かせや 手 あそび わらべうたなど 内 容 も 充 実 させ 参 加 した 親 子 が 本 に 親 しみがわき 本 の 世 界 に 入 る きっかけをつくっていきます このように 図 書 館 に 親 しみ 図 書 館 の 利 用 を 促 すた めに 魅 力 のある 企 画 を 充 実 していきます 2 啓 発 広 報 活 動 幼 いころから 本 と 親 しむことが 子 どもの 生 きる 力 を 育 むことを 伝 え 家 庭 での 読 書 環 境 を 整 えるために ブックスタート 事 業 をはじめ 子 ども 向 けの 読 書 行 事 やイベン トの 周 知 や 案 内 を 行 います 子 どもや 保 護 者 が 読 書 活 動 に 興 味 や 関 心 を 示 すことで 読 書 環 境 の 一 層 の 充 実 が 図 られるため 団 体 や 関 係 機 関 等 で 取 り 組 まれる 活 動 状 況 を 把 握 して 地 域 や 家 庭 に 向 けて 情 報 提 供 を 行 っていきます また 読 書 関 係 ボランティア 団 体 の 活 動 状 況 等 も 広 く 紹 介 し 今 後 も 引 き 続 き 積 極 的 な 啓 発 活 動 を 進 めていきます 18

21 用 語 集 1 読 み 聞 かせ 主 に 子 どもに 対 して 絵 本 などを 見 せながら 読 んで 聞 かせること 本 に 対 する 興 味 を 育 て 読 書 へのきっ かけとして 効 果 が 期 待 される 2 ブックスタート 赤 ちゃんと 保 護 者 に 絵 本 を 介 して 生 まれる 言 葉 と 心 の 通 った 温 かい 時 間 の 大 切 さを 伝 える 運 動 市 町 村 単 位 で0 歳 児 健 診 時 に 実 施 されることが 多 く 絵 本 や 子 育 てに 関 する 資 料 の 入 った ブックスタートパック を 配 布 している 3 おはなし 会 子 どもを 集 めておはなしを 聞 かせる 集 まりのこと 本 の 世 界 の 素 晴 らしさや 豊 かさを 子 どもに 直 接 伝 えるこ とができ その 後 の 読 書 へのきっかけともなる 4 読 書 ボランティア 読 み 聞 かせやおはなし 会 の 開 催 など 本 の 紹 介 や 楽 しさを 伝 えるための 活 動 を 中 心 として 行 うボランティア 名 称 は おはなしボランティア 読 み 聞 かせボランティアなど 多 数 あるが ここでは 読 書 ボランティアに 統 一 し て 表 記 する 5 団 体 貸 出 学 校 や 施 設 ボランティアなどの 団 体 利 用 者 に 対 して 多 数 の 図 書 資 料 を 長 期 間 貸 出 する 方 法 6 朝 の 読 書 活 動 学 校 で 始 業 時 間 の 前 に10~15 分 間 程 度 読 書 の 時 間 を 設 けること 子 どもに 読 書 の 楽 しさを 体 験 させ 読 書 が 習 慣 づくことを 目 的 としている 7 ブックトーク あるテーマに 沿 って 様 々な 分 野 の 本 を 数 冊 選 び 順 序 立 てて 紹 介 するもの 読 書 に 対 する 興 味 や 幅 を 広 げることに 効 果 的 な 方 法 と 言 える 8 パネルシアター 不 織 布 や 和 紙 などで 作 った 絵 や 図 形 を 付 着 力 のあるパネル 布 を 貼 った 舞 台 に 貼 ったり 外 したりして おはなしなどを 展 開 していく 方 法 9 ヤングアダルト 中 高 生 などティーン エイジャー すなわち 子 どもと 大 人 の 中 間 に 位 置 する 年 齢 層 のこと 図 書 館 ではその 年 代 を 対 象 とした 独 自 のサービスを 行 っている 19

22 10 インターンシップ 学 生 が 将 来 の 就 職 に 向 けて 興 味 のある 企 業 などで 一 定 期 間 研 修 生 として 働 き 職 業 体 験 を 行 う 制 度 11 アウトリーチサービス 図 書 館 から 遠 い 地 域 に 居 住 している 市 民 や 身 体 的 理 由 などで 図 書 館 を 利 用 したくても 利 用 できない 市 民 に 対 して 図 書 館 側 から 出 向 いて 行 うサービスのこと 12 子 ども 読 書 の 日 国 民 に 子 どもの 読 書 活 動 についての 関 心 と 理 解 を 深 めるとともに 子 どもの 読 書 活 動 意 欲 を 高 めるため 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 13 年 12 月 公 布 施 行 )に 基 づき 制 定 された 資 料 4(P26) を 参 照 13 学 校 図 書 館 図 書 標 準 公 立 義 務 教 育 諸 学 校 の 学 校 図 書 館 に 整 備 すべき 蔵 書 の 標 準 として 平 成 5 年 3 月 に 文 部 省 ( 当 時 )が 定 めたもの 学 級 数 に 対 する 蔵 書 冊 数 の 標 準 が 設 定 されている 14 相 互 貸 借 図 書 館 が 利 用 者 の 求 める 資 料 を 所 蔵 しておらず 購 入 することも 難 しい 場 合 その 資 料 を 所 蔵 する 他 の 図 書 館 から 借 用 し 利 用 者 に 貸 出 をすること 15 レファレンスサービス 利 用 者 の 求 める 情 報 を 図 書 館 の 資 料 と 機 能 を 活 用 し 必 要 とする 情 報 を 見 つけるための 援 助 や 情 報 の 提 供 を 行 うサービス 16 福 岡 県 図 書 館 情 報 ネットワークシステム 福 岡 県 内 の 図 書 館 ( 室 ) 間 で 横 断 検 索 や 相 互 貸 借 の 依 頼 などを インターネットを 通 じて 行 うことができる システム 17 リサイクル 本 図 書 館 で 除 籍 した 資 料 などを 市 民 に 提 供 すること 20

23 筑 後 市 小 学 校 読 書 会 読 書 ボランティア 資 料 3 平 成 25 年 7 月 1 日 現 在 団 体 名 活 動 人 数 活 動 場 所 活 動 周 期 活 動 内 容 水 洗 おはなしの 会 26 名 学 校 月 1 回 毎 月 1 回 水 曜 の 朝 の 時 間 全 学 年 に 教 室 にて 読 み 聞 か せ H24 年 度 は 学 習 発 表 会 ふれあい 給 食 でも 読 み 聞 かせを 実 施 小 学 校 読 書 会 筑 後 北 小 おやこ 読 書 会 筑 後 小 学 校 親 子 読 書 会 西 牟 田 小 読 書 ボランティア 羽 犬 塚 小 学 校 おやこ 読 書 会 二 川 小 読 書 ボランティア 6 名 学 校 毎 週 7 名 学 校 月 1 回 6 名 学 校 月 1 2 回 11 名 学 校 月 2 回 6 名 学 校 月 1 回 毎 週 木 曜 の 朝 読 の 時 間 に2 学 年 ずつ1~6 年 生 まで 第 3 木 曜 はお 昼 休 みに 図 書 室 にて 読 み 聞 かせ H24 年 度 ブラックシアターを 製 作 し 実 演 今 年 度 も 製 作 予 定 毎 月 1 回 月 曜 5 時 間 目 に1 2 年 生 に 読 み 聞 かせ H24 年 度 は12 月 に 野 火 さんよりブラックシアターをしても らった 今 年 度 は 外 部 の 方 でなく 読 書 会 メンバーで 予 定 1 2 年 生 は 月 2 回 3 年 生 は 月 1 回 共 に 水 曜 の 朝 毎 年 11 月 読 書 まつりでは 低 学 年 は 外 部 より 中 学 年 は 読 書 会 メンバー 高 学 年 はストーリーテリングを 行 う 今 年 度 も 実 施 予 定 年 1 回 学 校 長 も 参 加 1~3 年 生 に 実 施 朝 読 のほかに 学 期 ごとに 授 業 1 時 間 もらい 図 書 室 にて 読 み 聞 かせ 3 学 期 にはメンバー 全 員 で 読 み 聞 かせを 実 施 1 2 年 3 4 年 は 毎 月 5 6 年 生 は 学 期 に1 回 朝 に 図 書 室 にて 読 み 聞 かせ 春 に 教 室 で 行 ったが メンバー 数 などから 図 書 室 に 戻 す 予 定 地 域 より2 名 参 加 古 川 小 読 書 の 会 7 名 学 校 不 定 期 松 原 親 子 読 書 会 12 名 学 校 月 1 回 水 田 読 み 語 りの 会 8 名 学 校 月 1 回 昼 休 み 図 書 室 にて 読 み 聞 かせ 手 遊 び 紙 芝 居 など 他 に 学 校 行 事 の 間 や 学 校 公 開 日 に 合 わせて(H25 年 度 は7 回 予 定 ) 活 動 1 2 年 生 に 月 曜 の 授 業 時 間 に 図 書 室 にて 実 施 H24 年 度 は すずめの 会 さんにブラックシアターをしてもらっ た 今 年 度 は 未 定 3 月 に 学 校 長 に 参 加 してもらう 1~3 年 は 月 1 回 授 業 時 間 4~6 年 は 月 1 回 朝 読 の 時 間 に 読 み 聞 かせ 学 期 に1 回 パネルシアター 数 か 月 に1 回 ストーリーテリングを 取 り 入 れている 学 校 長 など も 読 み 聞 かせに 参 加 グーチョキパー 6 名 おひさま ハウス 月 1 回 毎 月 第 1 木 曜 に 乳 幼 児 から 未 就 学 児 まで 読 み 聞 かせ 赤 ちゃん 絵 本 手 遊 び 大 型 絵 本 など 読 書 ボ ラ ン テ ィ ア ぼちぼち ちくご 読 書 の 会 ぺえじ 6 名 おひさま ハウス 月 1 回 25 名 図 書 館 他 月 数 回 毎 月 第 3 木 曜 に 乳 幼 児 から 未 就 学 児 までに 読 み 聞 か せ 赤 ちゃん 絵 本 手 遊 び 大 型 絵 本 など 年 10 回 定 例 会 を 行 い 情 報 交 換 毎 月 第 2 土 曜 に 図 書 館 で 乳 幼 児 から 未 就 学 児 への 読 み 聞 かせのほか に 福 島 中 や 市 内 外 の 学 校 施 設 にて 活 動 ぽけっと 9 名 図 書 館 月 1 回 毎 月 第 4 土 曜 に 図 書 館 で 乳 幼 児 から 未 就 学 児 への 読 み 聞 かせを 実 施 そ の 他 ブックスタートボランティア さくらんぼ 筑 後 市 立 図 書 館 を ささえる 会 ちっご おやこ ふれあい 隊 実 行 委 員 会 30 名 保 健 センター 月 1 回 10 名 図 書 館 不 定 期 11 名 図 書 館 不 定 期 毎 月 第 4 金 曜 に 保 健 センターで 行 われる4か 月 児 健 診 の 中 で 図 書 館 職 員 とともにブックスタートを 実 施 年 数 回 総 会 を 開 き 研 修 や 赤 ちゃんへ 贈 る 絵 本 の 選 書 を 行 う 図 書 館 の 様 々なことを 会 員 各 自 お 手 伝 い 曜 日 や 時 間 も 各 自 自 由 イベントの 準 備 や プレゼント 作 成 書 架 整 理 など 毎 年 図 書 館 入 り 口 にリースとクリスマスツリー を 飾 りつけ 子 どもゆめ 基 金 の 助 成 金 を 受 け 活 動 するため 現 在 申 請 中 H25 年 度 は 写 真 家 津 田 堅 之 介 氏 の 講 演 会 を2 月 に 実 施 予 定 25

24 資 料 4 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 平 成 十 三 年 十 二 月 十 二 日 法 律 第 百 五 十 四 号 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 し 基 本 理 念 を 定 め 並 びに 国 及 び 地 方 公 共 団 体 の 責 務 等 を 明 らかにするとともに 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 施 策 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 し もって 子 どもの 健 やかな 成 長 に 資 することを 目 的 とする ( 基 本 理 念 ) 第 二 条 子 ども(おおむね 十 八 歳 以 下 の 者 をいう 以 下 同 じ )の 読 書 活 動 は 子 どもが 言 葉 を 学 び 感 性 を 磨 き 表 現 力 を 高 め 創 造 力 を 豊 かなものにし 人 生 をより 深 く 生 きる 力 を 身 に 付 けていく 上 で 欠 くことのできないものであることにかんがみ すべての 子 どもがあらゆる 機 会 とあらゆる 場 所 に おいて 自 主 的 に 読 書 活 動 を 行 うことができるよう 積 極 的 にそのための 環 境 の 整 備 が 推 進 されなけれ ばならない ( 国 の 責 務 ) 第 三 条 国 は 前 条 の 基 本 理 念 ( 以 下 基 本 理 念 という )にのっとり 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 施 策 を 総 合 的 に 策 定 し 及 び 実 施 する 責 務 を 有 する ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 第 四 条 地 方 公 共 団 体 は 基 本 理 念 にのっとり 国 との 連 携 を 図 りつつ その 地 域 の 実 情 を 踏 まえ 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 施 策 を 策 定 し 及 び 実 施 する 責 務 を 有 する ( 事 業 者 の 努 力 ) 第 五 条 事 業 者 は その 事 業 活 動 を 行 うに 当 たっては 基 本 理 念 にのっとり 子 どもの 読 書 活 動 が 推 進 されるよう 子 どもの 健 やかな 成 長 に 資 する 書 籍 等 の 提 供 に 努 めるものとする ( 保 護 者 の 役 割 ) 第 六 条 父 母 その 他 の 保 護 者 は 子 どもの 読 書 活 動 の 機 会 の 充 実 及 び 読 書 活 動 の 習 慣 化 に 積 極 的 な 役 割 を 果 たすものとする ( 関 係 機 関 等 との 連 携 強 化 ) 第 七 条 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 施 策 が 円 滑 に 実 施 されるよう 学 校 図 書 館 その 他 の 関 係 機 関 及 び 民 間 団 体 との 連 携 の 強 化 その 他 必 要 な 体 制 の 整 備 に 努 めるものとする ( 子 ども 読 書 活 動 推 進 基 本 計 画 ) 第 八 条 政 府 は 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 施 策 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 推 進 を 図 るため 子 ども の 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 計 画 ( 以 下 子 ども 読 書 活 動 推 進 基 本 計 画 という )を 策 定 し なければならない 二 政 府 は 子 ども 読 書 活 動 推 進 基 本 計 画 を 策 定 したときは 遅 滞 なく これを 国 会 に 報 告 するととも に 公 表 しなければならない 26

25 三 前 項 の 規 定 は 子 ども 読 書 活 動 推 進 基 本 計 画 の 変 更 について 準 用 する ( 都 道 府 県 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 等 ) 第 九 条 都 道 府 県 は 子 ども 読 書 活 動 推 進 基 本 計 画 を 基 本 とするとともに 当 該 都 道 府 県 における 子 ど もの 読 書 活 動 の 推 進 の 状 況 等 を 踏 まえ 当 該 都 道 府 県 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 施 策 についての 計 画 ( 以 下 都 道 府 県 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 という )を 策 定 するよう 努 めなければ ならない 二 市 町 村 は 子 ども 読 書 活 動 推 進 基 本 計 画 ( 都 道 府 県 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 が 策 定 されているとき は 子 ども 読 書 活 動 推 進 基 本 計 画 及 び 都 道 府 県 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 )を 基 本 とするとともに 当 該 市 町 村 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 の 状 況 等 を 踏 まえ 当 該 市 町 村 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 施 策 についての 計 画 ( 以 下 市 町 村 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 という )を 策 定 する よう 努 めなければならない 三 都 道 府 県 又 は 市 町 村 は 都 道 府 県 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 又 は 市 町 村 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 を 策 定 したときは これを 公 表 しなければならない 四 前 項 の 規 定 は 都 道 府 県 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 又 は 市 町 村 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 の 変 更 につい て 準 用 する ( 子 ども 読 書 の 日 ) 第 十 条 国 民 の 間 に 広 く 子 どもの 読 書 活 動 についての 関 心 と 理 解 を 深 めるとともに 子 どもが 積 極 的 に 読 書 活 動 を 行 う 意 欲 を 高 めるため 子 ども 読 書 の 日 を 設 ける 二 子 ども 読 書 の 日 は 四 月 二 十 三 日 とする 三 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 子 ども 読 書 の 日 の 趣 旨 にふさわしい 事 業 を 実 施 するよう 努 めなければなら ない ( 財 政 上 の 措 置 等 ) 第 十 一 条 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 施 策 を 実 施 するため 必 要 な 財 政 上 の 措 置 その 他 の 措 置 を 講 ずるよう 努 めるものとする 附 則 この 法 律 は 公 布 の 日 から 施 行 する 27

26 資 料 5 筑 後 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 策 定 経 緯 筑 後 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 策 定 委 員 会 日 程 内 容 第 1 回 平 成 25 年 4 月 18 日 ( 木 ) 委 嘱 書 交 付 委 員 長 副 委 員 長 選 出 策 定 スケジュール 計 画 の 概 要 子 ども 読 書 に 関 わる 法 的 根 拠 及 び 近 隣 自 治 体 の 策 定 状 況 について 第 2 回 7 月 30 日 ( 火 ) 事 務 局 素 案 の 検 討 計 画 の 枠 組 みの 確 認 今 後 のスケジュール 第 3 回 10 月 17 日 ( 木 ) 筑 後 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 ( 案 )の 審 議 * 事 務 局 全 員 会 議 に 参 加 11 月 19 日 ~12 月 10 日 パブリックコメント 募 集 ( 電 話 での 意 見 が1 件 ) 第 4 回 平 成 26 年 1 月 30 日 ( 木 ) 筑 後 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 ( 案 )の 最 終 審 議 策 定 後 の 取 り 組 みについて 筑 後 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 策 定 委 員 会 日 程 事 務 局 会 議 内 容 第 1 回 平 成 25 年 4 月 26 日 ( 木 ) 策 定 スケジュール 計 画 の 概 要 ( 担 当 割 案 ) 子 ども 読 書 に 関 わる 法 的 根 拠 及 び 近 隣 自 治 体 の 策 定 状 況 について 第 2 回 5 月 30 日 ( 木 ) 筑 後 市 の 子 ども 読 書 環 境 の 現 状 について 子 ども 読 書 活 動 推 進 の 基 本 的 な 考 え 方 について 具 体 的 な 取 り 組 みについて 今 後 の 事 務 局 スケジュール 第 3 回 6 月 28 日 ( 金 ) 第 4 回 8 月 29 日 ( 木 ) 筑 後 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 素 案 の 内 容 検 討 第 2 章 の 項 目 1 家 庭 地 域 2 幼 稚 園 保 育 所 ( 園 ) 3 学 校 4 図 書 館 第 2 回 筑 後 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 策 定 委 員 会 に おける 意 見 に 対 する 内 容 検 討 について 第 2 章 が5 項 目 に 変 更 1 家 庭 2 地 域 3 幼 稚 園 保 育 所 ( 園 ) 4 学 校 5 図 書 館 28

27 資 料 6 筑 後 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 策 定 委 員 会 設 置 要 綱 平 成 24 年 4 月 11 日 教 委 告 示 第 2 号 ( 設 置 ) 第 1 条 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 13 年 法 律 第 154 号 ) 第 9 条 第 2 項 の 規 定 により 筑 後 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 ( 以 下 推 進 計 画 という )を 策 定 するため 筑 後 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 策 定 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )を 設 置 する ( 所 掌 事 務 ) 第 2 条 委 員 会 は 次 に 掲 げる 事 項 について 協 議 を 行 う (1) 推 進 計 画 の 策 定 に 関 すること (2) その 他 推 進 計 画 策 定 に 必 要 な 事 項 に 関 すること 2 委 員 会 は 前 項 の 事 項 について 協 議 した 結 果 を 筑 後 市 教 育 委 員 会 ( 以 下 教 育 委 員 会 という )に 報 告 するものとする ( 組 織 ) 第 3 条 委 員 会 の 委 員 は 10 人 以 内 とし 次 に 掲 げる 者 のうちから 教 育 委 員 会 が 委 嘱 する (1) 保 育 及 び 子 育 てを 通 じて 子 どもに 関 わっている 者 (2) 学 校 教 育 関 係 者 (3) 社 会 教 育 関 係 者 (4) 読 書 ボランティア 代 表 (5) 図 書 館 協 議 会 委 員 (6) 図 書 館 長 (7) 前 各 号 に 定 める 者 のほか 教 育 委 員 会 が 特 に 必 要 と 認 める 者 ( 任 期 ) 第 4 条 委 員 の 任 期 は 2 年 とする ただし 再 任 を 妨 げない 2 補 欠 委 員 の 任 期 は 前 任 者 の 残 任 期 間 とする ( 委 員 長 及 び 副 委 員 長 ) 第 5 条 委 員 会 に 委 員 長 及 び 副 委 員 長 を 置 く 2 委 員 長 及 び 副 委 員 長 は 委 員 の 互 選 により 定 める 29

28 3 委 員 長 は 会 務 を 総 理 し 委 員 会 を 代 表 する 4 副 委 員 長 は 委 員 長 を 補 佐 し 委 員 長 に 事 故 あるとき 又 は 委 員 長 が 欠 けたときは その 職 務 を 代 理 する ( 会 議 ) 第 6 条 委 員 会 の 会 議 は 委 員 長 が 招 集 し 委 員 長 が 会 議 の 議 長 とな る 2 委 員 会 の 会 議 は 委 員 の 過 半 数 が 出 席 しなければ 開 くことがで きない 3 委 員 会 の 議 事 は 出 席 した 委 員 の 過 半 数 をもって 決 し 可 否 同 数 のときは 議 長 の 決 するところによる ( 意 見 の 聴 取 等 ) 第 7 条 委 員 会 は その 所 掌 事 務 を 遂 行 するため 必 要 があると 認 める ときは 会 議 に 委 員 以 外 の 者 の 出 席 を 求 め その 意 見 を 聴 き 又 は 説 明 を 求 めることができる ( 庶 務 ) 第 8 条 委 員 会 の 庶 務 は 筑 後 市 立 図 書 館 において 処 理 する ( 委 任 ) 第 9 条 この 要 綱 に 定 めるもののほか 委 員 会 の 運 営 に 関 し 必 要 な 事 項 は 委 員 長 が 委 員 会 に 諮 って 定 める 附 則 この 告 示 は 公 布 の 日 から 施 行 する 30

29 資 料 7 筑 後 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 策 定 委 員 策 定 委 員 所 属 役 職 氏 名 備 考 1 筑 後 市 保 育 協 会 代 表 加 藤 裕 子 2 筑 後 市 PTA 連 合 会 副 会 長 今 村 惠 3 筑 後 市 小 学 校 校 長 会 代 表 梶 原 一 美 4 学 校 教 育 課 課 長 橋 本 國 光 5 南 筑 後 教 育 事 務 所 社 会 教 育 主 事 古 賀 隆 広 6 社 会 教 育 委 員 の 会 社 会 教 育 委 員 上 野 寛 清 7 筑 後 市 立 図 書 館 を 支 える 会 会 長 紫 原 英 子 副 委 員 長 8 九 州 大 谷 短 期 大 学 准 教 授 坂 川 和 彦 委 員 長 9 筑 後 市 立 図 書 館 館 長 一 ノ 瀬 留 美 事 務 局 所 属 役 職 氏 名 備 考 1 社 会 教 育 課 課 長 高 木 正 勝 2 子 育 て 支 援 課 子 育 て 支 援 係 長 山 田 邦 昭 3 学 校 教 育 課 学 校 教 育 係 長 徳 永 卓 美 4 社 会 教 育 課 社 会 教 育 係 長 古 賀 和 広 5 子 育 て 支 援 拠 点 施 設 保 育 士 後 藤 多 真 美 6 図 書 館 図 書 館 係 長 横 溝 典 稔 7 図 書 館 司 書 松 永 明 子 31

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 22(2010) 年 3 月 泉 佐 野 市 目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉

More information

目 次 第 1 章 はじめに 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 第 3 章 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 1 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 の 役 割 2 協 力 連 携 による 活 動 第 4 章 各

目 次 第 1 章 はじめに 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 第 3 章 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 1 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 の 役 割 2 協 力 連 携 による 活 動 第 4 章 各 第 2 次 北 上 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 北 上 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 はじめに 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 第 3 章 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 1 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 の 役 割 2 協 力 連 携 による 活 動 第 4 章 各 世

More information

1 図書館での児童サービス

1 図書館での児童サービス 第 1 部 第 1 次 計 画 の 成 果 と 課 題 ( 羽 曳 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 : 平 成 19 年 3 月 策 定 分 ) 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 1 これまでの 取 り 組 みと 策 定 の 趣 旨 本 市 教 育 委 員 会 では 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 および 子 ども 読 書 活 動 に 関 す る

More information

野 田 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 1 8 年 3 月 野 田 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 はじめに 1 第 2 章 基 本 方 針 2 1 計 画 策 定 の 目 的 2 2 計 画 の 基 本 方 針 2 (1) どもが 子 読 書 に 親 しむ 機 会 の 提 供 と 充 実 2 (2) 家 庭 地 域 学 校 を 通 社 じた 会 全 体 での

More information

教育委員会・図書館

教育委員会・図書館 鶴 岡 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 27 年 3 月 鶴 岡 市 教 育 委 員 会 は じ め に 情 報 化 社 会 の 渦 の 中 にいる 次 代 を 担 う 子 どもにとって 読 書 活 動 は ことばを 学 んだり 感 性 を 磨 いたり 表 現 力 を 高 めたり 創 造 力 を 豊 かにしたりと 人 生 を 豊 かにたくましく 生 きる 力 を 身 に 付 けていく

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092F990B394C5814694D693638E738E7182C782E093C78A8893AE908490698C7689E62091E682518E9F8C7689E62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092F990B394C5814694D693638E738E7182C782E093C78A8893AE908490698C7689E62091E682518E9F8C7689E62E646F63> 磐 田 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 ( 第 2 次 計 画 ) 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 平 成 23 年 6 月 磐 田 市 教 育 委 員 会 21 knowledge-based society 13 12 17 18 2 2 23 2 3 第 1 章 基 本 的 な 考 え 方 1 計 画 の 目 的 2 計 画 の 性 格 3 計 画 の 期 間 4

More information

目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 基 本 方 針 4 2. 目 標 4 3. 対 象 4

目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 基 本 方 針 4 2. 目 標 4 3. 対 象 4 滝 川 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 滝 川 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え

More information

子ども読書活動推進計画 内容案

子ども読書活動推進計画 内容案 第 二 次 鈴 鹿 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 ~ 読 書 を 通 して, 大 人 と 子 ども, 子 どもと 子 どもがつながる 鈴 鹿 のまち~ 平 成 23 年 4 月 鈴 鹿 市 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 子 どもの 読 書 活 動 を 取 り 巻 く 情 勢 の 変 化 2 Ⅲ 計 画 の 基 本 方 針 4 Ⅳ 子 ども 読 書 活 動 推 進 のための 方 策 7

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20312E91E682518E9F936F95CA8E738E7182C782E093C78F918A8893AE908490698C768140955C8E8682C696DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20312E91E682518E9F936F95CA8E738E7182C782E093C78F918A8893AE908490698C768140955C8E8682C696DA8E9F2E646F63> 第 2 次 登 別 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 案 平 成 25 年 3 月 登 別 市 目 次 第 1 章 はじめに 1 子 ども 読 書 活 動 推 進 の 意 義 1 2 第 1 次 計 画 の 策 定 1 第 2 章 第 2 次 登 別 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 の 策 定 にあたって 2 1 第 2 次 計 画 策 定 の 目 的 と 趣 旨 2 2

More information

目 次 1 はじめに 1 2 第 1 次 夕 張 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 2 1 計 画 策 定 の 意 義 と 目 指 す 姿 2 2 計 画 の 名 称 と 期 間 2 3 計 画 3 ステージⅰ 乳 幼 児 の 読 書 環 境 (0 歳 から 5 歳 ) 3 ステージⅱ

目 次 1 はじめに 1 2 第 1 次 夕 張 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 2 1 計 画 策 定 の 意 義 と 目 指 す 姿 2 2 計 画 の 名 称 と 期 間 2 3 計 画 3 ステージⅰ 乳 幼 児 の 読 書 環 境 (0 歳 から 5 歳 ) 3 ステージⅱ 夕 張 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 25 年 4 月 夕 張 市 教 育 委 員 会 目 次 1 はじめに 1 2 第 1 次 夕 張 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 2 1 計 画 策 定 の 意 義 と 目 指 す 姿 2 2 計 画 の 名 称 と 期 間 2 3 計 画 3 ステージⅰ 乳 幼 児 の 読 書 環 境 (0 歳 から 5 歳 ) 3

More information

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 3 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2. 子 どもの 読 書 活 動 の 現 状 3. 国 の 動 向 4. 県 の 動 向 第 2 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 6 1.

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 3 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2. 子 どもの 読 書 活 動 の 現 状 3. 国 の 動 向 4. 県 の 動 向 第 2 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 6 1. 萩 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 ( 平 成 25 年 度 ~29 年 度 ) 萩 市 目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 3 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2. 子 どもの 読 書 活 動 の 現 状 3. 国 の 動 向 4. 県 の 動 向 第 2 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 6 1.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204093C78F918A8893AE908490698C7689E681698C888DD9816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204093C78F918A8893AE908490698C7689E681698C888DD9816A2E646F63> 福 津 市 まちづくり 計 画 福 津 市 子 ど も 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 19 年 3 月 福 津 市 福 津 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 はじめに 1p 第 Ⅰ 章. 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 策 定 の 背 景 1. 読 書 活 動 の 意 義 2p 2. 読 書 活 動 の 現 状 3p 3. 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7182C782E082CC93C78F918A8893AE908490698C7689E6816988C4816A8AAE90AC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7182C782E082CC93C78F918A8893AE908490698C7689E6816988C4816A8AAE90AC2E646F63> 北 海 道 - 当 別 町 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 - 平 成 22(2010) 年 度 ~ 平 成 26(2014) 年 度 ふれあいから 学 びの 輪 へ 当 別 町 教 育 委 員 会 1 当 別 町 の 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 策 定 にあたっての 背 景 2001 年 ( 平 成 13 年 )11 月 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関

More information

は じ め に 本 では 平 成 23 年 5 月 に 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 を 図 るため 第 1 次 となる 知 立 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 ~ 本 はともだち~ を 策 定 しました 計 画 策 定 後 子 どもたちが 小 さい 頃 から 本 に 親 しむ

は じ め に 本 では 平 成 23 年 5 月 に 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 を 図 るため 第 1 次 となる 知 立 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 ~ 本 はともだち~ を 策 定 しました 計 画 策 定 後 子 どもたちが 小 さい 頃 から 本 に 親 しむ 第 2 次 知 立 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 ~ 本 はともだち ~ ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 知 立 は じ め に 本 では 平 成 23 年 5 月 に 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 を 図 るため 第 1 次 となる 知 立 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 ~ 本 はともだち~ を 策 定 しました

More information

<88EE91F28E738E9F90A291E388E790AC8E7889875F955C8E8630332E786477>

<88EE91F28E738E9F90A291E388E790AC8E7889875F955C8E8630332E786477> 資 料 編 1 意 見 提 案 の 内 容 ニーズ 調 査 における 主 な 意 見 ニーズ 調 査 において 子 育 て 支 援 に 関 する 意 見 をうかがったところ 就 学 前 児 童 の 保 護 者 から 1,355 件 小 学 生 の 保 護 者 から 1,300 件 が 得 られました 主 な 意 見 は 次 のとおりです 分 類 意 見 提 案 ( 概 要 ) 保 育 園 親 の 就

More information

(3) 計 画 策 定 の 意 義 (4) 計 画 策 定 の 目 的 子 どもの 読 書 活 動 は 子 どもが 言 葉 を 学 び 感 性 を 磨 き 表 現 力 を 高 め 創 造 力 を 豊 かなものにし 人 生 をより 深 く 生 きる 力 を 身 に 付 け ていく 上 で 欠 くことの

(3) 計 画 策 定 の 意 義 (4) 計 画 策 定 の 目 的 子 どもの 読 書 活 動 は 子 どもが 言 葉 を 学 び 感 性 を 磨 き 表 現 力 を 高 め 創 造 力 を 豊 かなものにし 人 生 をより 深 く 生 きる 力 を 身 に 付 け ていく 上 で 欠 くことの 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 計 画 策 定 の 経 緯 (2) 策 定 の 背 景 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 13 年 法 律 154 号 ) ( 以 下 法 という)の 第 4 条 では 地 方 公 共 団 体 は 基 本 理 念 にの っとり 国 との 連 携 を 図 りつつ その 地 域

More information

第 2 次 島 本 町 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 26 年 2 月 島 本 町 目 次 はじめに 4 第 1 章 計 画 策 定 の 見 直 しにあたって 5 1. 計 画 策 定 後 の 現 状 5 2. 計 画 の 目 標 と 期 間 等 5 (1) 計 画 の 目 標 5~6 (2) 子 どもの 読 書 活 動 の 支 援 6 (3) 計 画 の 期 間 等 6 (4)

More information

高 校 生 37%)で 遠 い ( 全 体 で 26%)のも 大 きな 理 由 になっている テレビ パソコン ゲーム 携 帯 電 話 などの 普 及 塾 や 習 い 事 部 活 動 などで 生 活 時 間 が 大 幅 に 削 られ 読 書 にあてる 時 間 がない という 理 由 以 外 に 考

高 校 生 37%)で 遠 い ( 全 体 で 26%)のも 大 きな 理 由 になっている テレビ パソコン ゲーム 携 帯 電 話 などの 普 及 塾 や 習 い 事 部 活 動 などで 生 活 時 間 が 大 幅 に 削 られ 読 書 にあてる 時 間 がない という 理 由 以 外 に 考 富 士 河 口 湖 町 子 ども 読 書 推 進 計 画 平 成 18 年 3 月 31 日 富 士 河 口 湖 町 教 育 委 員 会 1. 推 進 計 画 の 策 定 にあたって (1) 子 どもの 読 書 活 動 の 大 切 さ 子 ども 時 代 の 読 書 習 慣 は 成 長 後 の 読 書 や 生 き 方 に 影 響 を 与 える 最 近 の 子 どもたちは 塾 習 い 事 スポーツ 等

More information

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本 第 4 回 教 育 基 本 計 画 審 議 会 資 料 平 成 8 年 月 15 日 学 びあい 響 きあう ちがさき 教 育 プラン 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 第 次 実 施 計 画 平 成 8 年 度 ~ 平 成 0 年 度 (016 年 度 ~018 年 度 ) ( 案 ) この 資 料 は 現 在 策 定 中 の 第 次 実 施 計 画 ( 案 )より 一 部 を 抜 粋 したものです

More information

ゆたかなまちづくりをめざす公共図書館のあり方

ゆたかなまちづくりをめざす公共図書館のあり方 朝 倉 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 ~ 読 書 ではぐくむ 豊 かな 心 生 きる 力 ~ ( 改 訂 版 ) 平 成 27 年 3 月 朝 倉 市 目 次 第 1 章 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 ( 改 訂 版 ) 策 定 にあたって P 1 1 子 ども 読 書 現 状 第 2 章 取 り 組 み 成 果 と 課 題 P 3 1 成 果 2 課 題 第 3 章 基

More information

はじめに すべての 子 どもと 本 との 幸 せな 出 会 いを 願 い 平 成 21 年 3 月 に 策 定 した 第 1 次 多 気 町 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 による 取 り 組 みも5 年 が 経 過 しました この 間 多 くの 皆 様 のご 理 解 ご 支 援 をいた

はじめに すべての 子 どもと 本 との 幸 せな 出 会 いを 願 い 平 成 21 年 3 月 に 策 定 した 第 1 次 多 気 町 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 による 取 り 組 みも5 年 が 経 過 しました この 間 多 くの 皆 様 のご 理 解 ご 支 援 をいた 多 気 町 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 ( 第 2 次 計 画 ) 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 平 成 26 年 4 月 多 気 町 はじめに すべての 子 どもと 本 との 幸 せな 出 会 いを 願 い 平 成 21 年 3 月 に 策 定 した 第 1 次 多 気 町 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 による 取 り 組 みも5 年 が 経 過 しました

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 ( 再 評 価 ) 平 成 28 年 3 月 10 日 一 般 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝

More information

第 二 次 坂 祝 町 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 目 次 1 はじめに 2 第 1 章 計 画 策 定 にあたって 3 1. 計 画 策 定 の 背 景 とねらい 3 2. 計 画 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 3 4. 計 画 の 対 象 3 第 2 章 めざす

第 二 次 坂 祝 町 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 目 次 1 はじめに 2 第 1 章 計 画 策 定 にあたって 3 1. 計 画 策 定 の 背 景 とねらい 3 2. 計 画 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 3 4. 計 画 の 対 象 3 第 2 章 めざす 第 二 次 坂 祝 町 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 目 次 1 はじめに 2 第 1 章 計 画 策 定 にあたって 3 1. 計 画 策 定 の 背 景 とねらい 3 2. 計 画 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 3 4. 計 画 の 対 象 3 第 2 章 めざす 姿 と 計 画 の 方 針 と 重 点 3 第 3 章 具 体 的 な 取 り 組 み 5 1. 子

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

目 次 第 1 章 東 久 留 米 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 ( 第 1 次 計 画 ) 第 1 計 画 策 定 の 基 本 的 理 念 第 2 計 画 の 基 本 方 針 第 3 主 な 取 り 組 み 第 2 章 これまでの 成 果 と 課 題 第 1 第 1 次 計 画 に

目 次 第 1 章 東 久 留 米 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 ( 第 1 次 計 画 ) 第 1 計 画 策 定 の 基 本 的 理 念 第 2 計 画 の 基 本 方 針 第 3 主 な 取 り 組 み 第 2 章 これまでの 成 果 と 課 題 第 1 第 1 次 計 画 に 第 2 次 東 久 留 米 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 ( 素 案 ) 平 成 25 年 11 月 東 久 留 米 市 目 次 第 1 章 東 久 留 米 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 ( 第 1 次 計 画 ) 第 1 計 画 策 定 の 基 本 的 理 念 第 2 計 画 の 基 本 方 針 第 3 主 な 取 り 組 み 第 2 章 これまでの 成 果 と 課

More information

守山市

守山市 第 1 回 守 山 市 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 25 年 10 月 17 日 資 料 5-1 守 山 市 保 育 * 幼 児 教 育 * 子 育 て 支 援 の 概 要 1 人 口 世 帯 数 ( 1 ) 人 口 世 帯 数 の 推 移 住 民 登 録 基 本 台 帳 より 区 分 人 口 ( 前 年 度 比 ) 世 帯 数 ( 前 年 度 比 ) 1 世 帯 あたり S45.7.1

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

一太郎 10/9/8 文書

一太郎 10/9/8 文書 公 民 館 の 管 理 運 営 事 業 1 大 津 市 立 公 民 館 運 営 基 本 方 針 大 津 市 の 公 民 館 は 昭 和 22 年 5 月 に 大 津 公 民 館 を 開 設 して 以 来 各 学 区 に 整 備 を 進 め 地 域 の 社 会 教 育 の 中 心 的 施 設 として 大 きな 役 割 を 果 たしてきた 平 成 24 年 3 月 に 策 定 された 大 津 市 生 涯

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

のびのび塩竈っ子プラン

のびのび塩竈っ子プラン 第 2 章 子 どもがのびのびと 健 やかに 育 つまち Ⅳ 計 画 の 内 容 ( 第 2 章 ) 第 1 節 多 様 な 生 涯 学 習 の 推 進 現 状 と 課 題 幼 稚 園 の 教 育 幼 稚 園 は 保 育 所 と 並 び 子 どもたちが 集 団 で 生 活 を 経 験 する 最 初 の 場 です 子 どもたち は 家 族 以 外 の 友 だちや 先 生 とのふれあいや 遊 び 体 験

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

はじめに

はじめに 豊 かな 本 豊 かな 育 ちを 子 どもたちに 第 二 次 国 立 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 25(2013) 年 度 ~ 平 成 30(2018) 年 度 平 成 25(2013) 年 10 月 国 立 市 教 育 委 員 会 第 二 次 国 立 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 目 次 はじめに 1 第 二 次 国 立 市 子 ども 読 書 活 動 推

More information

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 しらとり 保 育 所 目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 向 けた 取 組 -----------------------------------------

More information

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

はじめに 平 成 18 年 2 月 に 子 どもが 本 と 出 会 い 読 書 を 楽 しむまち ふじ を 基 本 理 念 とした 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 が 策 定 された この 推 進 計 画 は 子 ども 読 書 に 関 わる 多 くの 富 士 市 民 や 関 係

はじめに 平 成 18 年 2 月 に 子 どもが 本 と 出 会 い 読 書 を 楽 しむまち ふじ を 基 本 理 念 とした 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 が 策 定 された この 推 進 計 画 は 子 ども 読 書 に 関 わる 多 くの 富 士 市 民 や 関 係 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 の 進 捗 状 況 について 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 協 議 会 はじめに 平 成 18 年 2 月 に 子 どもが 本 と 出 会 い 読 書 を 楽 しむまち ふじ を 基 本 理 念 とした 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 が 策 定 された この 推 進 計 画 は 子 ども 読 書 に 関 わる

More information

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事 基 本 目 標 1 十 分 な 保 育 設 等 の 数 量 を 確 保 するとともに 保 育 環 境 の 改 善 及 び 充 実 を 図 り ま 山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] の 内 容 ( 区 分 ) 事 業 名 事 業 内 容 根 拠 法 令 等 関 連 計 画 担 当 課 (1) 設 型 給 付 地 域 型 保 育 給

More information

横浜市立図書館 アクションプラン(素 素案)

横浜市立図書館 アクションプラン(素 素案) 横 浜 市 立 図 書 館 アクションプラン ( 第 2 期 : 平 成 27 年 度 ~ 平 成 31 年 度 ) ~ 市 民 の 読 書 活 動 を 支 える 地 域 の 情 報 拠 点 を 目 指 して~ 平 成 27 年 3 月 横 浜 市 立 図 書 館 はじめに 横 浜 市 立 図 書 館 は 平 成 22 年 度 に5か 年 の 行 動 計 画 横 浜 市 立 図 書 館 アクションプラン

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E9373957B8E7182C782E082CC93C78F918A8893AE908490698C7689E68169955C8E86814596DA8E9F816A8740>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E9373957B8E7182C782E082CC93C78F918A8893AE908490698C7689E68169955C8E86814596DA8E9F816A8740> 京 都 府 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 ( 第 二 次 推 進 計 画 ) 読 書 で はぐくむ 京 の 子 ども 夢 未 来 平 成 22 年 1 月 京 都 府 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 1 第 1 章 第 二 次 推 進 計 画 策 定 の 趣 旨 3 第 2 章 第 一 次 推 進 計 画 期 間 における 成 果 と 課 題 1 第 一 次 推 進 計 画 期

More information

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf 四 條 畷 市 幼 児 教 育 ビジョン( 案 ) 平 成 24 年 7 月 四 條 畷 市 教 育 委 員 会 はじめに 1. 幼 児 期 の 教 育 の 重 要 性 1 2. 幼 稚 園 教 育 について 1~2 3. 四 條 畷 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 2~3 (1) 市 立 幼 稚 園 の 現 状 (2) 私 立 幼 稚 園 の 現 状 (3) 保 育 所 ( 園 )の 現 状

More information

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 推 進 計 画 計 画 期 間 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 平 成 23 年 4 月 恵 庭 市 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc 子 どもの 遊 びの 実 態 に 関 する 研 究 A Study of Actual Conditions of Children s Play 鶴 山 博 之 TSURUYAMA Hiroyuki 橋 爪 和 夫 1) HASHIZUME Kazuo 中 野 綾 2) NAKANO Aya Ⅰ. 緒 言 子 どもは 遊 びを 経 験 することによってさまざまなことを 学 習 していくといわれている

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478> 第 9 回 教 育 懇 談 会 資 料 国 の 教 育 改 革 と 愛 知 県 の 取 組 状 況 について 1 教 育 再 生 実 行 会 議 で 示 された 教 育 課 題 第 一 次 提 言 平 成 25 年 2 月 26 日 いじめの 問 題 等 への 対 応 について 道 徳 教 育 いじめ 対 策 体 罰 禁 止 第 二 次 提 言 平 成 25 年 4 月 15 日 教 育 委 員 会

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc 第 20 回 本 宮 町 白 沢 村 合 併 協 議 会 別 冊 目 次 1. 経 過 報 告 別 紙 資 料 1 2. 合 併 協 定 項 目 具 体 的 調 整 内 容 一 覧 表 ( 要 協 議 会 報 告 ) 4 3. 報 告 第 73 号 関 係 本 宮 市 市 章 デザイン 応 募 結 果 7 4. 報 告 第 80 号 別 紙 指 定 金 融 機 関 等 一 覧 14 本 宮 町 白

More information

3 平 成 25 年 度 (2013 年 度 ) 紀 要 108 号 Ⅳ 学 校 組 織 マネジメントグループ 組 織 力 を 高 める 学 校 体 制 づくり - 組 織 的 な 学 校 間 連 携 首 席 と 学 校 組 織 マネジメント- 学 校 組 織 マネジメントグループ < 研 究 員 > 千 里 第 二 小 学 校 副 主 査 角 本 一 省 千 里 第 三 小 学 校 主 事 西 村 留

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

研 修 は 年 間 複 数 回 計 画 実 施 すること 研 修 計 画 は 指 定 管 理 者 自 ら 主 催 するもの だけでなく 名 古 屋 市 図 書 館 愛 知 県 図 書 館 日 本 図 書 館 協 会 等 他 の 機 関 団 体 が 主 催 する 研 修 も 積 極 的 に 取 り 入

研 修 は 年 間 複 数 回 計 画 実 施 すること 研 修 計 画 は 指 定 管 理 者 自 ら 主 催 するもの だけでなく 名 古 屋 市 図 書 館 愛 知 県 図 書 館 日 本 図 書 館 協 会 等 他 の 機 関 団 体 が 主 催 する 研 修 も 積 極 的 に 取 り 入 名 古 屋 市 図 書 館 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 本 書 は 名 古 屋 市 図 書 館 指 定 管 理 者 募 集 要 項 に 基 づき 名 古 屋 市 教 育 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )が 指 定 管 理 者 に 要 求 する 管 理 運 営 業 務 の 基 準 を 示 すものである 第 1 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 図 書

More information

財団法人宝塚市スポーツ教育振興公社

財団法人宝塚市スポーツ教育振興公社 写 監 査 結 果 報 告 書 宝 監 第 80 号 平 成 27 年 12 月 24 日 (2015 年 ) 宝 塚 市 長 中 川 智 子 様 宝 塚 市 監 査 委 員 徳 田 逸 男 同 井 上 芳 治 同 冨 川 晃 太 郎 定 期 監 査 ( 教 育 委 員 会 事 務 局 管 理 部 学 校 教 育 部 社 会 教 育 部 )の 結 果 について( 報 告 ) 地 方 自 治 法 第

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

Microsoft Word - 1-①.運用の手引き.doc

Microsoft Word - 1-①.運用の手引き.doc 京 都 市 民 間 保 育 園 職 員 給 与 等 運 用 事 業 実 施 要 綱 ( 昭 和 47 年 4 月 1 日 実 施 ) 改 正 昭 和 58 年 3 月 16 日, 昭 和 60 年 3 月 15 日, 昭 和 61 年 3 月 13 日, 昭 和 63 年 5 月 11 日, 平 成 2 年 5 月 24 日, 平 成 3 年 5 月 24 日, 平 成 4 年 5 月 21 日,

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童 年 間 指 導 計 画 補 助 資 料 : 指 導 者 用 ハンドブック4( 小 学 校 : 特 別 活 動 ) 特 別 活 動 ハンドブック 小 学 校 児 童 会 活 動 1 目 標 特 別 活 動 の 目 標 加 須 市 教 育 委 員 会 望 ましい 集 団 活 動 を 通 して 心 身 の 調 和 のとれた 発 達 と 個 性 の 伸 長 を 図 り 集 団 の 一 員 としてよりよい 生

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

平成28年金沢市教育委員会第7回定例会議

平成28年金沢市教育委員会第7回定例会議 第 7 回 金 沢 市 教 育 委 員 会 定 例 会 議 1 日 時 : 平 成 28 年 7 月 20 日 ( 水 ) 13 時 30 分 ~15 時 00 分 ( 予 定 ) 2 場 所 : 金 沢 市 庁 舎 7 階 第 3 委 員 会 室 3 審 議 等 頁 議 案 第 24 号 学 校 運 営 協 議 会 を 置 く 学 校 の 指 定 について ( 学 校 職 員 課 ) 1 議 案

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的 第 1 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 26 日 ( 木 曜 日 )15 時 00 分 ~16 時 00 分 〇 開 催 場 所 沼 津 市 立 第 四 小 学 校 多 目 的 ホール 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 長 服 部 裕 美 子 教 育 委 員 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育 委 員

More information

子 ども 子 育 て 支 援 法 に 規 定 されている 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 内 容 区 分 記 載 事 項 本 審 議 会 部 会 A B 1 教 育 保 育 提 供 区 域 設 定 ( 地 理 的 条 件 人 口 交 通 事 情 社 会 的 条 件 施 設 整 備 状

子 ども 子 育 て 支 援 法 に 規 定 されている 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 内 容 区 分 記 載 事 項 本 審 議 会 部 会 A B 1 教 育 保 育 提 供 区 域 設 定 ( 地 理 的 条 件 人 口 交 通 事 情 社 会 的 条 件 施 設 整 備 状 子 どもに 関 する 計 画 位 置 付 け 八 王 子 市 基 本 構 想 基 本 計 画 他 計 画 ゆめおり 教 育 プラン 生 涯 学 習 プラン 文 化 振 興 計 画 地 域 防 災 計 画 都 市 計 画 マスタープラン など 連 携 地 域 福 祉 計 画 新 こども 育 成 計 画 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ニーズ 調 査 に 基 づく 目 標 事 業 量 決

More information

南 相 馬 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 案 ) ( 概 要 版 ) 平 成 26 年 11 月 南 相 馬 市 1 計 画 の 概 要 (1) 計 画 の 位 置 づけ 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 61 条 第 7 項 に 定 める 市 町 村 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 あるとともに 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 第 8 条

More information

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録 副 本 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 28 年 7 月 28 日 ( 木 ) 吉 川 市 教 委 告 示 第 7 号 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 を 次 のとおり 招 集 する 平 成 28 年 7 月 25 日 吉 川 市 教 育 委 員 会 教 育 長 染 谷 行 宏 1 日 時 平 成 28 年 7

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A> 早 期 からの 教 育 相 談 支 援 体 制 構 築 への 取 組 ~ 教 育 委 員 会 と 福 祉 部 局 との 連 携 ~ 秋 田 県 大 館 市 教 育 委 員 会 教 育 研 究 所 山 本 多 鶴 子 忠 犬 ハチ 公 のふるさと 青 森 県 大 館 市 人 口 78,000 人 地 図 秋 田 県 岩 手 県 2 < 学 校 教 育 推 進 目 標 > ふるさとに 根 ざし 自 立

More information

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477>

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477> 平 成 28 年 3 月 行 財 政 局 人 事 部 人 事 課 京 都 市 職 員 の 再 就 職 等 に 関 する 規 制 の 概 要... 2 改 正 地 方 公 務 員 法 及 び 京 都 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 概 要... 1 再 就 職 者 による 働 きかけの 規 制... 2 再 就 職 情 報 の 届 出 及 び 罰 則... 3 再 就 職 状

More information

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果)

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果) 学 校 安 全 に 関 する 規 制 ( 学 校 保 健 安 全 法 案 第 27 条 第 28 条 第 29 条 ) 主 管 課 ( 課 長 名 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 学 校 健 康 教 育 課 ( 課 長 : 作 花 文 雄 ) 関 係 課 ( 課 長 名 ) 施 策 目 標 及 び 達 成 目 標 施 策 目 標 2-5 健 やかな 体 の 育 成 児 童 生 徒

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 計 画 書 福 岡 県 教 育 委 員 会 目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経

More information

平12同和対策係01

平12同和対策係01 第 7 節 人 権 推 進 課 総 括 概 要 人 権 推 進 課 の 主 な 分 掌 事 務 は 人 権 問 題 人 権 啓 発 人 権 擁 護 委 員 人 権 関 係 機 関 及 び 人 権 関 係 団 体 に 関 すること 大 平 隣 保 館 厚 生 センターの 管 理 運 営 及 び 隣 保 館 相 談 事 業 等 に 関 することである 主 な 事 務 事 業 の 実 施 状 況 については

More information

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画 第 3 期 あったか 家 族 応 援 プログラム 山 形 市 役 所 次 世 代 育 成 支 援 特 定 事 業 主 行 動 計 画 山 形 市 役 所 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 3 月 16 日 山 形 市 Ⅰ はじめに 1 プログラム 策 定 の 背 景 及 び 目 的 我 が 国 における 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ

More information

2 箕面市子ども育成推進協議会への諮問 112

2 箕面市子ども育成推進協議会への諮問 112 参 考 資 料 1. 第 三 次 箕 面 市 子 どもプランの 策 定 経 過 日 程 検 討 内 容 会 議 平 成 25 年 度 (2013 年 度 ) 7 月 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 部 会 の 設 置 第 1 回 箕 面 市 子 ども 育 成 推 進 協 議 会 11 月 アンケート 調 査 票 第 1~2 回 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 部 会 12 月 3

More information

目 次 はじめに 1 1. 清 瀬 市 の 財 政 状 況 2 2. 保 育 事 業 概 要 3 1 施 設 定 員 待 機 児 童 数 の 状 況 2 保 育 料 の 仕 組 み 3 認 可 保 育 園 の 運 営 費 3. 保 育 料 の 適 正 化 6 4. 付 言 8 資 料 審 議 経 過

目 次 はじめに 1 1. 清 瀬 市 の 財 政 状 況 2 2. 保 育 事 業 概 要 3 1 施 設 定 員 待 機 児 童 数 の 状 況 2 保 育 料 の 仕 組 み 3 認 可 保 育 園 の 運 営 費 3. 保 育 料 の 適 正 化 6 4. 付 言 8 資 料 審 議 経 過 清 瀬 市 認 可 保 育 園 の 保 育 料 について ( 答 申 ) 平 成 25 年 12 月 清 瀬 市 使 用 料 審 議 会 目 次 はじめに 1 1. 清 瀬 市 の 財 政 状 況 2 2. 保 育 事 業 概 要 3 1 施 設 定 員 待 機 児 童 数 の 状 況 2 保 育 料 の 仕 組 み 3 認 可 保 育 園 の 運 営 費 3. 保 育 料 の 適 正 化 6 4.

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 平 成 27 年 度 ~ 平 成 31 年 度 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づく 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ~ 職 員 の 仕 事 と 子 育 て 両 立 支 援 プログラム~ 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 目 次 Ⅰ 総 論 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 計 画 の 期 間 1 3 計 画 の 対 象

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63> 公 立 幼 稚 園 のあり 方 について( 方 針 ) 平 成 19 年 7 月 いわき 市 教 育 委 員 会 目 次 1 これまでの 公 立 幼 稚 園 P.1 2 今 後 の 公 立 幼 稚 園 の 役 割 について P.1 ⑴ 公 立 幼 稚 園 と 私 立 幼 稚 園 の 役 割 ⑵ 障 がい 児 統 合 保 育 ⑶ 幼 保 連 携 への 対 応 ⑷ 子 育 て 支 援 の 推 進 3 公

More information

鹿 角 市 その 他 社 会 力 スキルアップ 事 業 ( 家 庭 教 育 事 業 ) 就 学 前 児 童 を 持 つ 保 護 者 を 対 象 に 子 育 て 講 座 を 開 催 小 坂 町 結 婚 しやすい 環 境 づくり 出 会 いイベント 支 援 事 業 出 会 いイベント 等 開 催 に 対

鹿 角 市 その 他 社 会 力 スキルアップ 事 業 ( 家 庭 教 育 事 業 ) 就 学 前 児 童 を 持 つ 保 護 者 を 対 象 に 子 育 て 講 座 を 開 催 小 坂 町 結 婚 しやすい 環 境 づくり 出 会 いイベント 支 援 事 業 出 会 いイベント 等 開 催 に 対 平 成 25 年 度 市 町 村 少 子 化 対 策 事 業 一 覧 ( 平 成 25 年 12 月 16 日 現 在 ) 市 町 村 名 分 類 事 業 名 内 容 鹿 角 市 妊 娠 出 産 等 に 関 する 取 組 こんにちは 赤 ちゃん 事 業 育 児 不 安 を 解 消 するため 生 後 4か 月 までの 乳 児 がいる 家 庭 の 訪 問 相 談 鹿 角 市 妊 娠 出 産 等 に 関

More information

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱 平 成 28 年 度 兵 庫 県 公 立 高 等 学 校 入 学 者 選 抜 要 綱 兵 庫 県 教 育 委 員 会 目 次 第 1 入 学 者 選 抜 の 対 象 となる 学 校 等 p 1 第 2 入 学 者 選 抜 の 基 本 方 針 p 1 第 3 調 査 書 学 年 学 習 評 定 一 覧 表 等 p 3 第 4 学 力 検 査 実 施 要 領 ( 多 部 制 については 第 7による)

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

( 様 式 1-1) 事 業 計 画 書 目 次 [こども 青 少 年 局 ] 6 款 2 項 3 目 幼 児 教 育 費 ( 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 25 年 度 24 年 度 増 減 (25-24) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 成 長 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 5 7 9 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

総務関係  4名

総務関係  4名 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 の 概 要 Ⅰ 社 会 福 祉 協 議 会 とは Ⅱ 設 置 目 的 役 職 員 構 成 重 点 目 標 等 Ⅲ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 主 要 事 業 Ⅳ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 予 算 概 要 Ⅴ 社 会 福 祉 協 議 会 の 組 織 体 制 Ⅰ 社 会 福 祉 協

More information

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の 平 成 27 年 4 月 17 日 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 校 長 藤 田 賀 子 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 13 条 に 基 づき 本 校 におけるいじめの 防 止 等 のための 対 策 に 関 する 基 本 的 な 方 針 を 定 める いじめの 定 義 (いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 2 条

More information

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 浜 松 市 社 会 福 祉 協 議 会 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業

More information

はじめに 札 幌 市 は 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 体 制 整 備 事 業 を 中 心 に 発 達 障 がい 者 の 子 どもから 大 人 までの 一 貫 した 支 援 に 向 けた 取 組 をしています この 支 援 体 制 整 備 事 業 は 発 達 障 害 者 支 援 法 の

はじめに 札 幌 市 は 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 体 制 整 備 事 業 を 中 心 に 発 達 障 がい 者 の 子 どもから 大 人 までの 一 貫 した 支 援 に 向 けた 取 組 をしています この 支 援 体 制 整 備 事 業 は 発 達 障 害 者 支 援 法 の 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 施 策 体 系 ~ 現 状 における 関 連 事 業 の 取 りまとめ~ 平 成 25 年 4 月 札 幌 市 保 健 福 祉 局 障 がい 保 健 福 祉 部 はじめに 札 幌 市 は 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 体 制 整 備 事 業 を 中 心 に 発 達 障 がい 者 の 子 どもから 大 人 までの 一 貫 した 支 援 に 向 けた

More information

意欲を育み 未来を拓く おおた教育振興プラン2014 平成26年度 平成30年度 大田区教育委員会 はじめに 大 田 区 教 育 委 員 会 は 大 田 区 基 本 構 想 に 掲 げる 区 の 将 来 像 の 実 現 をめざすとともに 国 が 掲 げる 教 育 の 目 的 理 念 にのっとり 平 成 21 年 6 月 に 教 育 目 標 を 定 め あわせ て この 教 育 目 標 を 実 現

More information

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc 資 料 基 本 条 例 P36 規 則 P38 委 員 名 簿 P39 基 本 計 画 の 策 定 に 係 る 経 過 P40-35 - 基 本 条 例 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 交 野 の 自 然 環 境 歴 史 文 化 市 民 力 等 の 地 域 資 源 を 有 効 活 用 した 地 域 産 業 の 振 興 についての 基 本 となる 事 項 を 定 め 市 事 業 者 及

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は,

は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は, は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は, 平 成 15 年 に 少 子 化 対 策 基 本 法 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法

More information

Ⅰ 学級概要

Ⅰ 学級概要 平 成 28 年 度 コミュニケーションの 教 室 辰 沼 学 級 案 内 足 立 区 立 辰 沼 小 学 校 コミュニケーションの 教 室 辰 沼 足 立 区 谷 中 5-12-1 電 話 03(3629)2421 学 級 電 話 03(3629)2413 Ⅰ 学 級 概 要 1 学 校 名 足 立 区 立 辰 沼 小 学 校 2 所 在 地 120 0006 東 京 都 足 立 区 谷 中 5-12-1

More information

( 素 案 ) 燕 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 27 年 度 ~ 31 年 度 ) 26 年 6 月 現 在 燕 市

( 素 案 ) 燕 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 27 年 度 ~ 31 年 度 ) 26 年 6 月 現 在 燕 市 資 料 1 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 について 26 年 7 月 4 日 燕 市 Tsubame City ( 素 案 ) 燕 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 27 年 度 ~ 31 年 度 ) 26 年 6 月 現 在 燕 市 目 次 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって ------------------------------------------

More information

ひたちなか 市 第 1 地 区 民 生 委 員 児 童 委 人 口 24,917 世 帯 数 9,917 65 歳 以 上 5,607 高 齢 化 率 22.50 会 長 吉 原 桃 八 事 務 局 ひたちなか 市 福 祉 部 委 員 数 35 人 (うち 主 任 児 童 委 員 2 人 ) ( 男

ひたちなか 市 第 1 地 区 民 生 委 員 児 童 委 人 口 24,917 世 帯 数 9,917 65 歳 以 上 5,607 高 齢 化 率 22.50 会 長 吉 原 桃 八 事 務 局 ひたちなか 市 福 祉 部 委 員 数 35 人 (うち 主 任 児 童 委 員 2 人 ) ( 男 ひたちなか 市 概 要 (H24.12.1 現 在 ) 人 口 159,928 人 ( 男 80,348 人 女 79,580 人 ) 面 積 99.07 km2 65 歳 以 上 33,849 人 ( 男 15,453 人 女 18,396 人 ) 高 齢 化 率 21.17% ひたちなか 市 連 合 民 生 委 員 児 童 委 概 要 会 長 神 保 忠 正 男 107 人 民 生 委 員 児

More information

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議 参 考 資 料 1 日 本 語 能 力 が 十 分 でない について 平 成 28 年 3 月 22 日 文 部 科 学 省 目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

Microsoft Word - 160329 健康づくり総合計画【確定】

Microsoft Word - 160329 健康づくり総合計画【確定】 基 本 目 標 2 すべての の 切 れ 目 ない 健 康 づくりを 支 援 します 基 本 目 標 2 すべての の 切 れ 目 ない 健 康 づくりを 支 援 します 基 本 的 な 考 え 方 母 保 健 は すべての どもが 健 やかに 成 長 していくうえでの 健 康 づくりの 出 発 点 であ り 次 世 代 を 担 う どもたちを 健 やかに 育 てるための 基 盤 なります 安 心

More information

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成 若 い 先 生 のための 学 級 経 営 講 座 月 別 編 7 月 4 通 知 表 ( 票 ) 通 信 簿 の 作 成 ~ 学 期 の 学 校 生 活 の 様 子 を 伝 える 連 絡 簿 ~ 埼 玉 県 教 育 局 東 部 教 育 事 務 所 学 期 末 になれば 担 任 教 師 は 当 該 学 期 の 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 学 習 や 生 活 の 状 況 をま とめ 通 知 表

More information

平成26年試験問題AP-4.indd

平成26年試験問題AP-4.indd a 0 7 0 4 0 0 0 0 a 平 成 26 年 保 育 士 試 験 問 題 児 童 家 庭 福 祉 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 を 確 認 し 誤 り がある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information