Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3 a technical expert vol.227

4

5 3

6

7 vol April No.402 vol.235

8

9 7 1 Q A

10

11 9

12 Q A

13 11

14 Q A

15 13

16 Q A

17 15

18 Q A

19 17

20 Q A

21 19

22

23 21

24 Q A

25 23

26 Q A

27 25

28 Q A

29 27

30 Q A

31 29

32

33 31

34

35 33

36

37 35

38 第5回 高齢者雇用 ダイキン工業株式会社 総務部シニアスキルスペシャリスト 柚木 俊弘 年ごろか オイルショックがもたらした業績の低迷が きっかけとなってスタートした当社の高齢者 対策でしたが 1980 昭和 ら ようやく景気が上向きはじめ 日本はバ ブル景気に向かおうとしていました 景気の好転により需要が伸びたため 当社 でも優秀な人材を確保するために 技術系の 中途採用などがスタートしました また 現場を支える技能労働者が不足して くるという状況も見えてきましたので 造船 業や鉄鋼業などのいわゆる 不況業種 から た さらに 労働省 当時 の 高齢者支援 のための支援機器等の開発 プロジェクトに 参加して支援機器の開発も行いました 定年を迎える社員の意識 歳 日本は 歳定年の時代が長かったこともあ り 昔は 歳は老人 という印象でしたが 歳は実に若いと思います 私も を過ぎましたが まだ働ける という気持 最近の 技能訓練にも力を入れて即戦力化を図り ま でもありました こうした人たちに対しては を支援従業員として積極的に受け入れた時代 という人が増えているのではないでしょう な く あ り ま せ ん 元 気 な う ち は 働 き た い という言葉が思わず出てしまうような人も少 実際当社には 歳の定年で退職するとい う 人 の 中 に え っ も う 辞 め て し ま う の ちを持っています た労働災害を起こさないように安全対策に注 か 平成2年当時 当社の労働組合が 組合 県北九州市 への 留学 があります これ 現在 再就職などで働いている 4 4 は工場の生産技術者のレベルアップを目的に 1 当社で働くことを希望 学 を 学 ば せ た の で す エ ル ダ ー に も た び 67 加えて 現在とは異なり 当時は人手が欲 しかった時代ですから 人事制度を改革する 回答は複数回答 ていただき 1983年から1994年まで たのです よい人材に来てもらいたいという思いもあっ ことによって 少しでも経験 技能を蓄えた 一方 産業医科大学からも先生を招き ラ インの工程分析や職場負荷の調査も行いまし 大学で学びました の間に 全部で5人の生産技術者が産業医科 たび寄稿されている神代雅晴教授から指導し 歳以降も働くことを希望 いましたが その結果は以下のとおりです 員で定年退職した人を対象にアンケートを行 60 したもので 大学に1年間在籍させて人間工 60 私が関わった このころの特筆すべきエピ ソードとしては 社員の産業医科大学 福岡 意を払うことも忘れませんでした の社員及び季節従業員やパートタイマーなど

39 37

40

41 39

42 F O O D

43 41 Q A & Q 1 A

44 Q 2 A

45 43 Q A & Q 3 A

46 TOPICS TOPICS

47 45

48

49 47

50

51 49

52

53 51

54 TOPICS TOPICS

55 53

56

57 55

58 E I W L S E

59 April

60

61 59

62

63 61 Interview T a t s u o I k e d a

64

65 63 Interview T a t s u o I k e d a

66

67

68 2013 4

市報2016年3月号-10

市報2016年3月号-10 0 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 60,000 70,000 19 20 21 22 23 24 25 26 高齢者 障害者の雇用障害者の雇用に関するお知らせ!! あなたの会社は希望者全員が 65 歳まで働ける制度になっていますか? 鹿児島労働局 少子高齢化が急速に進行する中 平成 25 年度から老齢厚生年金 ( 報酬比例部分 ) の支給開始年齢が段階的に

More information

sangi_p2

sangi_p2 私たちは ふるさと と 人々のくらし を支える 未来の土木エンジニアを待っています 土木 は 英語で Civil Engineering と言い 市民生活を支え 発展させるための 技術を意味します 具体的には 道路や橋 ダムや港 公園など 私たちのくらしや経済活動を支える社会 資本 インフラ をつくり 守っていく仕事です 交通ネットワークの整備による産業や観光の振興 美しいまちなみや景観の形成 洪水

More information

大京グループレポート(CSR抜粋版)

大京グループレポート(CSR抜粋版) 2016 (CSR 抜粋版 ) 3. 1. 4. 2. 2016/3 2015/3 827 1,236 2014/3 1,056 1. 防災意識の啓蒙 バケーションレンタル ( 空室の有効活用 ) 大京グループでは 40 年以上住まいを提供してきた企業として大規模災害時には これまでの経験を活かし グループ全体で復旧支援に努めました その経験から お住まいの方々が安心して暮らせる環境をサポートするために

More information

Newsletterむさしの11.indd

Newsletterむさしの11.indd Newsletter Topics Report 11 2015 Topics Topics News Letter 2 News Letter Information 3 Area News 4 News Letter Area News Report News Letter Information.. 5 Information News Letter 6 i nformation 7 News

More information

Newsletterむさしの_7.indd

Newsletterむさしの_7.indd Newsletter Topics 72016 2 News Letter Topics Topics News Letter Topics 3 Report Report / Area News News Letter Area News 4 News Letter Information 5 Information News Letter 6 News Letter Information 7

More information

案内パンフレット2016 神戸大学大学院人間発達環境学研究科

案内パンフレット2016 神戸大学大学院人間発達環境学研究科 1 2 3 4 5 66 67 P 76 P 74 P 90 P 90 P 86 P 86 P 80 P 80 P 96 P 96 P104 P 98 P 98 P 100 P100 P102 P102 P108 TOPICS 1 2 3 TOPICS TOPICS 68 69 70 TOPICS 4 5 TOPICS TOPICS 6 71 TOPICS 7 8 TOPICS TOPICS 9 72

More information

01Newsletterむさしの7.indd

01Newsletterむさしの7.indd Newsletter Topics 72015 2 News Letter Topics Topics News Letter Topics 3 Area News 4 News Letter Topics Topics Area News News Letter Information 5 Information News Letter 6 News Letter Information. 7 News

More information

Newsletterむさしの_2.indd

Newsletterむさしの_2.indd Newsletter Topics 22016 Topics News Letter Topics 2 News Letter Topics. 3 4 News Letter Report News Letter Report 5 Information News Letter 6 News Letter Information 7 News Letter 3/17 i nformation 8 News

More information

特集 東南アジア進出企業の人財育成 経営現地化および労務管理 前編 図表1 東南アジアの日系企業を取り巻く環境 出所 JOI作成 図表2 グローバル経営を進展させるための本社側視点 による主要経営課題 用した理由 として 現地従業員のモラールアップ になる 優秀な現地社員を採用できる というのは 現

特集 東南アジア進出企業の人財育成 経営現地化および労務管理 前編 図表1 東南アジアの日系企業を取り巻く環境 出所 JOI作成 図表2 グローバル経営を進展させるための本社側視点 による主要経営課題 用した理由 として 現地従業員のモラールアップ になる 優秀な現地社員を採用できる というのは 現 特集 東南アジア進出企業の人財育成 経営現地化および労務管理 前編 図表1 東南アジアの日系企業を取り巻く環境 出所 JOI作成 図表2 グローバル経営を進展させるための本社側視点 による主要経営課題 用した理由 として 現地従業員のモラールアップ になる 優秀な現地社員を採用できる というのは 現地人社員の育成 76 グローバルな人事 処遇制度の確立 64 注目される ナショナルスタッフの経営幹部への登

More information

アンケート調査から得られた大学生の保険意識

アンケート調査から得られた大学生の保険意識 保険学雑誌 第 630 号 頼できる ある程度信頼できる との回答を合計すると77.6 に達する 損害保険協会のこの調査は 上述のように 全国の20歳以上の男性を対象 としているが 大学生は除かれている 第 図 損害保険に対する信頼度 出所 日本損害保険協会 ニュースリリース No. 13-012 平成25年 より作成 月20日 保険加入の実態および消費者の保険意識に係わるその他の主な調査として 2)

More information

副学長 教学担当 中村 久美 新しい大学づくりに向けた教育の展開 巻頭言 2012年6月に文部科学省が公表した 大学改革実行プラン は 激動の社会における大学機能の再構築を掲げています 教学に関し ては ①学生の主体的な学びの創出や学修時間の拡大化をはじめと する大学教育の質的転換 ②グローバル化に

副学長 教学担当 中村 久美 新しい大学づくりに向けた教育の展開 巻頭言 2012年6月に文部科学省が公表した 大学改革実行プラン は 激動の社会における大学機能の再構築を掲げています 教学に関し ては ①学生の主体的な学びの創出や学修時間の拡大化をはじめと する大学教育の質的転換 ②グローバル化に R enouveau KYOTO NOTRE DAME UNIVERSITY Vol.88 副学長 教学担当 中村 久美 新しい大学づくりに向けた教育の展開 巻頭言 2012年6月に文部科学省が公表した 大学改革実行プラン は 激動の社会における大学機能の再構築を掲げています 教学に関し ては ①学生の主体的な学びの創出や学修時間の拡大化をはじめと する大学教育の質的転換 ②グローバル化に対応した人材育成

More information

1 2 3 4 5 1 2 3 2 3

1 2 3 4 5 1 2 3 2 3 Vol.58 CONTENTS 1 2 2 3 4 5 6 8 9 9 9 10 10 11 11 12 http://www.matsue-cityhospital.jp/ 1 2 3 4 5 1 2 3 2 3 4 5 Check! 6 7 Q A TOPICS 8 9 I N F O R M A T I O N 10 11 http://www.matsue-cityhospital.jp/

More information

2

2 2015年 9 月号 442 No. がんばる中小企業のためのビジネス情報誌 がんばる中小企業のためのビジネス情報誌 N CO T TS EN 成長産業分野の海外展開支援事業のご案内 1 シリーズ キラリ企業 の現場から 2 第108回 マックスプル工業株式会社 転ばぬ先の法律相談 4 学生デザイナーと中小企業の共同商品開発 5 海外展開のヒント 6 東京都中小企業業種別経営動向調査の概要 生活支援サービス業

More information

SNK13[30-35].indd

SNK13[30-35].indd 財 建設業振興基金 構造改善センター 協力 社 東京電業協会 昨年1月号から リレーレポート建設業で働く女性たちの現状 を連載しています 第16 回目の今号では電気 通信業界の第一線で仕事をしている方々にお集まりいただきお話しを 伺っていきます 今回お集まりいただいた方々は 社 社当初から工事部配属で 現場の施工管理 東京電業協会発行の月刊 電業経営 シリー の業務をしています 現場経験数でいうと

More information

表紙案8

表紙案8 新しい 働き方 応援フォーラム 報告書 主催広島市男女共同参画推進センター ( ゆいぽーと ) 会社は目標を持って一緒にやっていくもの 女性が働き続けられずに仕事に穴ができると 会社にとってもその人にとっても損失女性の活躍は必要だが 女性を甘やかすことになってはよくない 女性の視点も男性の視点も必要であり 同じ給料をもらっている以上 女性もできることをしないと男性が育児休暇を取得するのは周囲の理解がなければ難しいと思う

More information

NK11_H4H1_B[0104].indd

NK11_H4H1_B[0104].indd NK Newsletter Vol.01 August.2010 ust.20 NK Newsletter Vol.11 1 Part 1 2 NK Newsletter Vol.11 NK Newsletter Vol.11 3 Part 2 4 NK Newsletter Vol.11 NK Newsletter Vol.11 5 Part 3 Interview to Expert 6 NK

More information

NK17_12,01_B.indd_CS3

NK17_12,01_B.indd_CS3 NK Newsletter Vol.01 August.2010 ust.20 NK Newsletter Vol.17 1 Part 1 NK Newsletter Vol.17 2 Part 2 NK Newsletter Vol.17 3 NK Newsletter Vol.17 4 1 TEL03-5259-7171FAX03-5259-7172 NK Newsletter Vol.17 5

More information

web用PDF作成用.indd

web用PDF作成用.indd 2013.9 Topics & Report Information 1 300 210 150 370 50 43.1 0.6 1.0 1.1 1.8 2.3 2.5 3.7 7.4 8.9 13.4 14.2 1 Topics & Report 2 Topics & Report 2 G O M E N K U N A N S Y O vol.102 3 Topics & Report 2 3

More information

Joshibi_151

Joshibi_151 No.151 Interview Interview No.151 Interview Interview No.151 No.151 Topics Topics No.151 Library Library Topics & NEWS Topics No.151 N E W S No.151 N E W S No.151 New Teacher No.151 JAM & NEWS J A M No.151

More information

(2)3 年以内の有期プロジェクト型業務 ( 同項第 2 号イ ) 事業の開始 転換 拡大 縮小または廃止のために必要な業務で 一定期間内で完了することが予定されている業務への派遣については その業務が完了するまでの期間であれば 受入期間の制限はありません (3) 日数限定業務 ( 同項第 2 号ロ

(2)3 年以内の有期プロジェクト型業務 ( 同項第 2 号イ ) 事業の開始 転換 拡大 縮小または廃止のために必要な業務で 一定期間内で完了することが予定されている業務への派遣については その業務が完了するまでの期間であれば 受入期間の制限はありません (3) 日数限定業務 ( 同項第 2 号ロ Q3 派遣労働で働ける仕事とは 派遣労働で働くことができる仕事にはどのようなものがありますか また 同じ派遣先で何年間でも派遣社員として働くことができますか? 派遣法によって派遣を行ってはならないと定められている業務を除く全ての業務で派遣労働が認められています 派遣で働くことができる期間は 業務によって異なります 平成 16 年の派遣法改正により 以下に示した業務を除いて すべての業務で派遣労働が認められるようになりました

More information

58

58 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 第Ⅳ章 林業と山村

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ニュースリリース (1/ 7) 報道関係者各位 平成 26 年 3 月 10 日株式会社ヒット 新年度を控え 転職 に関する意識調査を実施首都高速をよく利用する世帯年収 600 万円以上の 6 割超が収入に不満 スキルアップして転職を希望 屋外広告の媒体業および広告の企画 立案を手がける株式会社ヒット ( 東京都中央区 代表取締役 : 松丸敦之 ) は 主力看板媒体のターゲット層である 首都高速をよく利用する

More information

1.4 4 2 2.1 1-3 1060 601060 1 60 1020 2.2 45 50 2015 31 2 1 3 20 30 1970 1980 1990 2000 40 50 60 70 2015% 30 20 30 10 20 0 10 2 2015 Vol.10 No.4 2008

1.4 4 2 2.1 1-3 1060 601060 1 60 1020 2.2 45 50 2015 31 2 1 3 20 30 1970 1980 1990 2000 40 50 60 70 2015% 30 20 30 10 20 0 10 2 2015 Vol.10 No.4 2008 Colloquium 第88 回 運輸政策コロキウム 少子高齢社会における交通のあり方 運輸事業者の人材確保と技術の継承に対する認識と対応 平成19年10月30日 運輸政策研究機構 大会議室 1. 講師 運輸政策研究所少子高齢社会研究グループ 内田 傑 財 運輸政策研究機構運輸政策研究所主任研究員 日比野直彦 前 財 運輸政策研究機構運輸政策研究所研究員 現 政策研究大学院大学助教授 財 運輸政策研究機構運輸政策研究所客員研究員

More information

Newsletterむさしの12.indd

Newsletterむさしの12.indd Newsletter Topics 12 2015 2 News Letter Topics Topics News Letter Topics 3 Area News News Letter Area News 4 News Letter Information / Report 5 Report News Letter 6 News Letter i nformation i nformation

More information

Vol..3 2010 2 10 2

Vol..3 2010 2 10 2 1 Vol..3 2010 2 10 2 Vol..3 2010 2 10 3 Vol..3 2010 2 10 4 Vol..3 2010 2 10 5 Vol..3 2010 2 10 6 Vol..3 2010 2 10 7 Vol..3 2010 2 10 8 Vol..3 2010 2 10 9 Vol..3 2010 2 10 10 Vol..3 2010 2 10 11 Vol..3

More information

VOL a s d f g h

VOL a s d f g h VOL.20013 -- 1937 101939 1940410 1940 1 VOL.20013 2030 193810 19391034 1937 a s d f g h 1995139140161 1998348 1988236 1994577578 1998 1987151 1922 2 VOL.20013 101110 3000500 70 1929 1920 1927 70 4050 30

More information

みさき_1

みさき_1 2 3 4 5 6 7 1F 2F 8 9 10 11 17 18 19 20 21 22 23 24 31 25 26 27 28 29 30 8 1 2 3 4 5 6 7 6 8 7 16 7 8 9 10 11 12 14 15 13 17 23 Vol.41 8 6 20 11 7 15 7 23 7 7 7 16 23 23 8 13 18:00 22:00 722

More information

H21_report

H21_report vol.4 1 2 6 10 14 18 20 22 24 25 1 2 2172 73 3 21925 926 21125 126 4 5 6 21629 630 7 21107 108 21127 128 8 9 10 21616 617 11 211026 1027 211213 1214 12 13 14 21713 714 15 2194 95 211031 111 16 17 18 19

More information

2009-9-2.indd

2009-9-2.indd Q No.1441 Q No.1442 Vol.33 NO.9 (2009) 30 (614) Q No.1443 Vol.33 NO.9 (2009) 31 (615) Q No.1444 Vol.33 NO.9 (2009) 32 (616) Vol.33 NO.9 (2009) 33 (617) Vol.33 NO.9 (2009) 34 (618) Q No.1445 Vol.33 NO.9

More information

untitled

untitled Vol.27 1 Vol.27 2 Vol.27 3 Vol.27 4 Vol.27 5 Vol.27 6 Vol.27 7 Vol.27 8 Vol.27 9 Vol.27 10 11 Vol.27 Vol.27 12 Vol.27 13 Vol.27 14 Vol.27 15 Vol.27 16 Vol.27 17 Vol.27 2007 10 29 18 http://www.nira.or.jp/index.html

More information