本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減"

Transcription

1 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 原 審 原 告 に 対 して 平 成 24 年 1 月 10 日 付 けでした 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 について 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 平 成 21 年 度 の 価 格 についての 審 査 の 申 出 を 棄 却 する 決 定 のうち 価 格 30 億 5056 万 5900 円 を 超 える 部 分 を 取 り 消 す (2) 原 審 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 2 原 審 被 告 の 控 訴 を 棄 却 する 3 訴 訟 費 用 は, 第 1,2 審 を 通 じて,これを5 分 し,その4を 原 審 原 告 の 負 担 とし,その 余 を 原 審 被 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 審 被 告 (1) 原 判 決 中, 原 審 被 告 の 敗 訴 部 分 を 取 り 消 す (2) 上 記 の 部 分 につき, 原 審 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 原 審 原 告 (1) 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (2) 東 京 都 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 原 審 原 告 に 対 して 平 成 24 年 1 月 10 日 付 けでした 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 について 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 平 成 21 年 度 の 価 格 についての 審 査 の 申 出 を 棄 却 する 決 定 のうち 価 格 27 億 1966 万 5600 円 を 超 える 部 分 を 取 り 消 す 第 2 事 案 の 概 要 等 1 事 案 の 概 要 - 1 -

2 本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 築 された 部 分 を 増 築 部 分 と,そ の 余 を 新 築 部 分 という )を 所 有 する 原 審 原 告 が, 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 平 成 21 年 度 の 本 件 家 屋 の 価 格 ( 以 下 本 件 登 録 価 格 という )で ある31 億 3408 万 8400 円 について, 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 の 建 築 当 初 の 設 備 の 評 価 等 に 誤 りがあって 本 件 登 録 価 格 が 適 正 な 時 価 を 超 えるものであると して, 東 京 都 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 に 対 し, 地 方 税 法 432 条 1 項 による 審 査 の 申 出 ( 以 下 本 件 申 出 という )をしたが, 平 成 24 年 1 月 10 日 付 け で, 同 委 員 会 から 本 件 申 出 を 棄 却 する 旨 の 決 定 ( 以 下 本 件 決 定 という ) を 受 けたため, 本 件 決 定 のうち 原 審 原 告 が 相 当 と 考 える 本 件 家 屋 の 価 格 である 27 億 1966 万 5600 円 を 超 える 部 分 は 違 法 であると 主 張 して, 同 部 分 の 取 消 しを 求 める 事 案 である 2 原 審 の 判 断 原 審 は, 次 のとおり 判 断 して, 本 件 登 録 価 格 のうち30 億 6072 万 円 を 超 える 部 分 は 違 法 であるとして, 本 件 決 定 のうち 同 部 分 を 取 り 消 した (1) 平 成 21 年 度 を 基 準 年 度 とする 本 件 登 録 価 格 に 不 服 を 申 し 立 てる 本 件 申 出 において, 本 件 家 屋 の 建 築 当 初 の 評 価 の 誤 りを 主 張 することは 許 されない とする 原 審 被 告 の 主 張 は 採 用 することができず, 同 評 価 の 誤 りを 主 張 するこ とも 許 される 即 ち, 本 件 家 屋 についての 基 準 年 度 である 平 成 21 年 度 の 固 定 資 産 課 税 台 帳 登 録 価 格 ( 本 件 登 録 価 格 )は, 本 件 家 屋 の 平 成 20 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 に 再 建 築 費 評 点 補 正 率 を 乗 じて 求 められた 再 建 築 費 評 点 数 に 基 づいて 定 められているが, 平 成 20 年 度 の 再 建 築 費 評 点 数 は, 本 件 家 屋 が 建 築 され た 当 初 の 昭 和 57 年 度 の 再 建 築 費 評 点 数 を 基 礎 として,その 後 の 各 基 準 年 度 ごとに, 固 定 資 産 評 価 基 準 における 補 正 率 を 順 次 適 用 して 算 出 されたもので - 2 -

3 ある したがって,その 間 の 固 定 資 産 評 価 基 準 の 適 用 に 誤 りがない 場 合 に 限 り, 平 成 21 年 度 の 再 建 築 費 評 点 数 に 基 づく 本 件 登 録 価 格 は 適 正 な 時 価 を 上 回 るものではないと 推 認 されるにすぎないから,その 適 用 の 誤 りが 建 築 当 初 の 再 建 築 費 評 点 数 の 算 出 の 誤 りであっても, 平 成 21 年 度 の 再 建 築 費 評 点 数 に 影 響 を 及 ぼすものである 限 り, 同 再 建 築 費 評 点 数 に 基 づく 本 件 登 録 価 格 が 適 正 な 時 価 を 上 回 るものではないとの 推 認 はされない また, 地 方 税 法 432 条 1 項 は, 基 準 年 度 の 登 録 価 格 について 審 査 の 申 出 をすることができる 場 合 につき, 何 ら 制 限 を 設 けていない 以 上 によれば, 本 件 登 録 価 格 に 不 服 を 申 し 立 てる 本 件 申 出 において, 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 の 建 築 当 初 の 評 価 の 誤 りを 主 張 することも 許 され,これを 許 しても 従 前 の 登 録 価 格 及 びこれに 基 づく 課 税 処 分 の 効 力 は 左 右 されないか ら, 法 的 安 定 性 を 害 することもない (2) 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 の 建 築 当 初 の 評 価 において,1 主 体 構 造 部 の 鉄 骨 の 全 てに 耐 火 被 覆 が 施 工 されているとする 点,2 延 べ 床 面 積 の 全 体 にスプリンク ラー 設 備 が 設 置 されているとする 点,3 電 気 設 備 中 のテレビジョン 共 同 聴 視 設 備 に 規 模 補 正 を 行 っていない 点,4 床 仕 上 など4 項 目 において 誤 った 再 建 築 費 評 点 数 を 用 いた 点 について 誤 りがあり,これを 正 して 計 算 すると, 固 定 資 産 評 価 基 準 に 基 づく 平 成 21 年 度 の 本 件 家 屋 の 価 格 は30 億 6072 万 円 となる 3 当 事 者 双 方 の 控 訴 原 審 被 告 は, 本 件 申 出 において 本 件 家 屋 の 建 築 当 初 の 評 価 の 誤 りを 主 張 する ことが 許 され,その 評 価 において 上 記 2(2)の1から4までの 点 について 誤 りが あったとする 原 審 の 判 断 を 不 服 として, 原 判 決 中 の 原 審 被 告 敗 訴 部 分 の 取 消 し と 同 部 分 に 係 る 原 審 原 告 の 請 求 の 棄 却 を 求 めて 控 訴 した 他 方, 原 審 原 告 は, 上 記 2(2)の1の 点 の 誤 りのうち, 耐 火 被 覆 が 施 工 されて いない 部 分 の 算 定 及 び 同 2の 点 の 誤 りのうち,スプリンクラー 設 備 が 設 置 され - 3 -

4 ていない 部 分 の 算 定 に 係 る 原 審 の 判 断 に 不 服 があり,また, Ⅰ 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 の 再 建 築 費 評 点 数 の 算 出 において, ⅰ 電 気 設 備 中 の 電 灯 コンセント 配 線 設 備 につきフロアコンセントが 全 館 にあるものとした 点, ⅱ 電 器 設 備 中 の 照 明 器 具 設 備 につき 天 井 高 を 標 準 であるとした 点, ⅲ 電 気 設 備 中 の 電 話 配 線 設 備 につ きフロアダクトが 全 館 にあるものとした 点, ⅳ 建 築 設 備 に 係 る 規 模 補 正 の 減 点 補 正 率 につき, 建 築 当 初 の 昭 和 57 年 度 の 固 定 資 産 評 価 基 準 における 規 模 補 正 率 を 適 用 すべきところ, 平 成 25 年 度 の 固 定 資 産 評 価 基 準 における 規 模 補 正 率 に 係 る 告 示 を 適 用 し, 正 しい 減 点 補 正 率 を 適 用 せず, 過 少 な 減 点 補 正 率 を 適 用 しているなどの 点 においても 誤 りがあり,さらに, Ⅱ 本 件 家 屋 の 各 基 準 年 度 ご との 評 価 において, 一 棟 単 位 で 経 年 減 点 補 正 率 を 適 用 せず, 過 少 な 経 年 減 点 補 正 率 を 適 用 している 点 にも 誤 りがあるところ,これらの 点 に 誤 りはないとした 原 審 の 判 断 に 不 服 があるとして, 原 判 決 を 変 更 して 原 審 原 告 の 請 求 を 全 部 認 容 することを 求 めて 控 訴 した 4 関 係 法 令 等 の 定 めの 概 要 原 判 決 別 紙 2の 関 係 法 令 等 の 定 めの 概 要 を 次 のとおり 補 正 するほかは, 同 別 紙 記 載 のとおりであるから,これを 引 用 する 原 判 決 104 頁 24 行 目 の (1)カ を (1)キ と 改 め,106 頁 17 行 目 末 尾 の 次 に 行 を 改 めて 下 記 のとおり 加 え, 同 頁 18 行 目 の (4) を (6) と, 107 頁 10 行 目 の (5) を (7) と,108 頁 6 行 目 の (6) を (8) と, 同 頁 9 行 目 の (7) を (9) とそれぞれ 改 める (4) 部 分 別 による 再 建 築 費 評 点 数 の 算 出 方 法 ( 第 3 節 二 ) 各 個 の 非 木 造 家 屋 の 構 造 の 区 分 に 応 じ, 当 該 非 木 造 家 屋 について 適 用 す べき 非 木 造 家 屋 評 点 基 準 表 によって 当 該 非 木 造 家 屋 の 各 部 分 別 に 標 準 評 点 数 を 求 め,これに 補 正 項 目 について 定 められている 補 正 係 数 を 乗 じて 得 た 数 値 に 計 算 単 位 の 数 値 を 乗 じて 算 出 した 部 分 別 再 建 築 費 評 点 数 を 合 計 して 求 めるものとする - 4 -

5 (5) 比 準 による 再 建 築 費 評 点 数 の 算 出 方 法 ( 第 3 節 三 ) 1 当 該 市 町 村 に 所 在 する 非 木 造 家 屋 を,その 実 態 に 応 じ, 構 造, 程 度, 規 模 等 の 別 に 区 分 し,それぞれの 区 分 ごとに 標 準 とすべき 非 木 造 家 屋 を 標 準 非 木 造 家 屋 として 定 める 2 標 準 非 木 造 家 屋 について, 二 ( 部 分 別 による 再 建 築 費 評 点 数 の 算 出 方 法 )によって 再 建 築 費 評 点 数 を 付 設 する 3 標 準 非 木 造 家 屋 以 外 の 非 木 造 家 屋 で 当 該 標 準 非 木 造 家 屋 の 属 する 区 分 と 同 一 の 区 分 に 属 するもの( 比 準 非 木 造 家 屋 )の 再 建 築 費 評 点 数 は, 当 該 比 準 非 木 造 家 屋 と 当 該 標 準 非 木 造 家 屋 の 各 部 分 別 の 使 用 資 材, 施 工 量 等 の 相 違 を 考 慮 し, 当 該 標 準 非 木 造 家 屋 の 部 分 別 再 建 築 費 評 点 数 又 は 再 建 築 費 評 点 数 に 比 準 して 付 設 する 5 前 提 事 実 原 判 決 を 下 記 のとおり 補 正 するほかは, 原 判 決 の 事 実 及 び 理 由 中 の 第 2 事 案 の 概 要 の 3 前 提 となる 事 実 に 記 載 のとおりであるから,これ を 引 用 する 原 判 決 5 頁 4 行 目 の 登 録 された を 登 録 され, 原 審 原 告 は, 同 年 6 月 1 日 付 けの 納 税 通 知 書 の 交 付 を 受 けた と, 同 頁 9 行 目 の 決 定 ( 本 件 決 定 )を したが を 決 定 ( 本 件 決 定 )をし, 同 月 18 日, 原 審 原 告 に 告 知 したが と それぞれ 改 める 6 争 点 及 び 争 点 に 関 する 各 当 事 者 の 主 張 の 要 点 原 判 決 を 下 記 のとおり 補 正 するほかは, 原 判 決 の 事 実 及 び 理 由 中 の 第 3 争 点 及 び 第 4 争 点 に 関 する 各 当 事 者 の 主 張 の 要 点 に 記 載 のとおり であるから,これを 引 用 する (1) 上 記 引 用 部 分 中 の 各 別 紙 をいずれも 原 判 決 別 紙 と 改 める (2) 原 判 決 6 頁 24 行 目 の 登 録 価 格 を 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 価 格 ( 以 下,この 価 格 一 般 を 登 録 価 格 という ) と 改 める - 5 -

6 (3) 原 判 決 7 頁 14 行 目 の 前 の 基 準 年 度 との を 削 る (4) 原 判 決 13 頁 3 行 目 の 反 映 したのであるかのかが を 反 映 したもので あるか 否 かが と 改 める (5) 原 判 決 14 頁 13 行 目 の 固 定 資 産 価 格 を 固 定 資 産 の 登 録 価 格 と 改 める (6) 原 判 決 15 頁 1 行 目 の 再 建 築 評 点 数 を 再 建 築 費 評 点 数 と 改 める (7) 原 判 決 19 頁 17 行 目 の 第 3 項 を 第 5 項 と 改 める (8) 原 判 決 24 頁 12 行 目 の 1 階 の 一 部 を 1 階 と 改 める (9) 原 判 決 32 頁 2 行 目 の RC 造 である 竣 工 図 を RC 造 である( 竣 工 図 と, 同 頁 7 行 目 の 見 て 取 れる) を 見 て 取 れる ) と, 同 頁 17 行 目 から21 行 目 までを これに 対 して, 固 定 資 産 の 評 価 における 構 造 別 区 分 は, 固 定 資 産 税 を 課 税 するために 評 価 するという 観 点 から 判 断 する 必 要 が ある とそれぞれ 改 め, 同 頁 23 行 目 から24 行 目 にかけての 経 年 減 点 補 正 率 における を 削 る (10) 原 判 決 33 頁 1 行 目 の 経 年 減 点 補 正 率 の を 削 り, 同 頁 9 行 目 の 地 上 1 階 の から10 行 目 までを 地 上 1 階 の 床 面 積 全 てがSRC 造 RC 造 であると 評 価 することには 合 理 性 が 容 易 に 認 められることからも 裏 付 けられ る と 改 める (11) 原 判 決 56 頁 4 行 目 の 後 記 イc を 後 記 イ(イ)c と 改 める (12) 原 判 決 62 頁 12 行 目 及 び14 行 目 の 各 m2 をいずれも m3 と 改 め る (13) 原 判 決 65 頁 2 行 目 の 補 正 が を 削 る 第 3 当 裁 判 所 の 判 断 1 当 裁 判 所 は, 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 の 建 築 当 初 の 再 建 築 費 評 点 数 の 算 出 には 誤 りがあり,これは 本 件 登 録 価 格 に 影 響 を 及 ぼすものであって, 原 審 原 告 が 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 の 建 築 当 初 の 再 建 築 費 評 点 数 の 誤 りを 主 張 することも 許 される - 6 -

7 から,この 誤 りを 正 して 計 算 すると, 本 件 登 録 価 格 のうち30 億 5056 万 円 を 超 える 部 分 は 違 法 であると 判 断 する その 理 由 は, 原 判 決 を 次 のと おり 補 正 し, 次 項 以 下 において, 当 事 者 の 主 張 に 対 する 判 断 を 付 加 するほかは, 原 判 決 の 事 実 及 び 理 由 中 の 第 5 当 裁 判 所 の 判 断 に 記 載 のとおりであ るから,これを 引 用 する (1) 原 判 決 81 頁 17 行 目 の t を t と, 同 頁 20 行 目 の 3, 及 び をいずれも 3, と, 同 頁 21 行 目 の を とそれぞれ 改 める (2) 原 判 決 84 頁 11 行 目 の あること 照 らすと を あることに 照 らすと と 改 める (3) 原 判 決 87 頁 8 行 目 の 係 る, を 係 る と 改 め, 同 頁 10 行 目 及 び2 3 行 目 の 各 いずれも の 前 に 炭 酸 ガス 消 火 設 備 は 容 積 であるが, その 余 は をそれぞれ 加 える (4) 原 判 決 88 頁 2 行 目 から3 行 目 にかけての それぞれの 設 備 が 消 火 を 対 象 とする 面 積 又 はこれを 基 礎 とする 数 値 が を,それぞれの 設 備 が 消 火 の 対 象 とする 容 積 又 は 面 積 とこれを 基 礎 とする 数 値 が と, 同 頁 22 行 目 の 延 焼 拡 大 にあるにもかかわらず,それらの 計 算 単 位 は を 延 焼 拡 大 の 防 止 に あるにもかかわらず, 炭 酸 ガス 消 火 設 備 の 計 算 単 位 は 設 置 部 分 の 容 積 と され, 泡 消 火 設 備 の 計 算 単 位 は と 改 める (5) 原 判 決 89 頁 1 行 目 から4 行 目 までを 次 のとおり 改 める さらに, 本 件 家 屋 の 階 段 室 やエレベーター 等 のスプリンクラーヘッドが 設 置 されていない 部 分 についても,それらの 位 置, 構 造 等 に 照 らして, 本 件 家 屋 におけるスプリンクラー 設 備 の 効 用 を 直 接 的 に 受 けているとはいい 難 いから, 当 該 部 分 についても,スプリンクラー 設 備 の 設 置 部 分 の 延 べ 床 面 積 から 除 外 されるものと 解 するのが 相 当 である (6) 原 判 決 89 頁 5 行 目 の スプリンクラー 設 備 に 係 る を スプリンクラー - 7 -

8 設 備 は,これに 係 る と, 同 頁 16 行 目 の には を によると と, 同 行 の 地 下 2 階 に を 地 下 2 階 には と, 同 頁 18 行 目 の されており を されているものの と, 同 頁 21 行 目 の 記 載 も を 記 載 は とそれぞ れ 改 める (7) 原 判 決 89 頁 22 行 目 末 尾 の 後 に 行 を 改 めて 次 のとおり 加 える また, 消 火 設 備 の 設 置 されていない 部 分 については,スプリンクラーヘ ッドや,これを 配 置 するための 横 配 管 等 のスプリンクラー 設 備 は 施 工 され ていないのであり, 当 該 部 分 へのスプリンクラー 設 備 の 施 工 に 要 する 費 用 が 投 じられていないのであるから, 設 備 に 相 応 する 評 価 を 行 う 観 点 からも, 当 該 部 分 については,スプリンクラー 設 備 の 設 置 部 分 の 延 べ 床 面 積 か ら 除 外 されるべきであるといわざるを 得 ず,したがって, 原 審 被 告 の 上 記 主 張 は,この 点 においても 採 用 することができない (8) 原 判 決 89 頁 26 行 目 の 認 められる を 認 められ,3 消 火 設 備 の 設 置 されていない 部 分 の 面 積 は m2であることが 認 められる と 改 める (9) 原 判 決 90 頁 2 行 目 の 上 記 1 から4 行 目 までを 上 記 1の m2,2の m2 及 び3の m2の 合 計 m2を 減 じた 床 面 積 である1 万 m2を 使 用 するのが 相 当 であ る と, 同 頁 7 行 目 の 建 設 設 備 を 建 築 設 備 とそれぞれ 改 める (10) 原 判 決 94 頁 16 行 目 の 10,000m2 程 度 を 10,000m2 程 度 のもの と 改 める (11) 原 判 決 96 頁 10 行 目 の 考 えられる )が を 考 えられる ) と, 同 頁 13 行 目 の 1500m2でとされている を 1500m2とされている とそれぞれ 改 める (12) 原 判 決 97 頁 24 行 目 の 固 定 資 産 ( 家 屋 )の 評 価 に 当 たり を 固 定 資 産 ( 家 屋 )を 評 価 するに 当 たり と 改 める - 8 -

9 (13) 原 判 決 98 頁 10 行 目 の tのうち682.72t を tのうち681.60t と, 同 頁 13 行 目 から14 行 目 にかけての 2 万 m2 を 1 万 m2 と, 同 頁 20 行 目 の 別 紙 9 を 別 紙 1 と, 同 行 の 18 万 0700 点 を 1 8 万 0100 点 と, 同 頁 24 行 目 の 別 紙 10のとおり19 万 8300 点 を 別 紙 2のとおり19 万 8000 点 と, 同 頁 25 行 目 の 別 紙 11のと おり20 万 2100 点 を 別 紙 3のとおり20 万 1700 点 とそれぞれ 改 める (14) 原 判 決 99 頁 4 行 目 の 別 紙 10 及 び11 を 別 紙 2 及 び3 と, 同 頁 5 行 目 の 20 億 3928 万 2200 円 を 20 億 3209 万 8000 円 と, 同 行 から6 行 目 にかけての 10 億 0594 万 3600 円 を 1 0 億 0296 万 4700 円 と, 同 行 の 30 億 4522 万 5800 円 を 30 億 3506 万 2700 円 と, 同 頁 8 行 目 及 び10 行 目 の 各 30 億 6072 万 9000 円 をいずれも 30 億 5056 万 5900 円 とそれ ぞれ 改 める 2 原 審 被 告 の 主 張 について (1) 建 築 当 初 の 評 価 の 妥 当 性 を 争 うことの 可 否 について ア 原 審 被 告 は, 建 築 当 初 の 評 価 の 妥 当 性 を 争 うことはできないとする 理 由 として, 原 審 において, 引 用 に 係 る 原 判 決 (ただし, 補 正 後 のもの 以 下 同 じ )の 事 実 及 び 理 由 中 の 第 4 争 点 に 関 する 各 当 事 者 の 主 張 の 要 点 の1( 被 告 の 主 張 の 要 点 )に 記 載 している 主 張 のほかに, 当 審 にお いて, 後 記 イないしカの 主 張 をする 原 審 被 告 の 上 記 主 張 のうち, 原 審 におけるものを 採 用 することができな い 理 由 は, 引 用 に 係 る 原 判 決 の 事 実 及 び 理 由 中 の 第 5 当 裁 判 所 の 判 断 の1において, 説 示 したとおりである イ 原 審 被 告 は, 固 定 資 産 評 価 基 準 では, 在 来 分 の 非 木 造 家 屋 に 係 る 再 建 築 - 9 -

10 費 評 点 数 は 基 準 年 度 の 前 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 に 再 建 築 費 評 点 補 正 率 を 乗 じて 求 める( 以 下 評 点 補 正 率 方 式 という )と 規 定 し ているところ,ここで 用 いられる 基 準 年 度 の 前 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 は, 前 基 準 年 度 に 算 出 された 再 建 築 費 評 点 数 という 事 実 としての 確 定 数 値 を 示 しているのであり, 建 築 当 初 の 再 建 築 費 評 点 数 とは 切 り 離 され た 数 値 であると 主 張 する そして,その 根 拠 として, 固 定 資 産 評 価 基 準 が 定 める 家 屋 の 評 価 方 法 は, 再 建 築 価 格 として 評 価 するという 基 本 的 な 考 え の 下 で, 部 分 別 評 価 方 式 ( 固 定 資 産 評 価 基 準 第 2 章 第 3 節 二, 引 用 に 係 る 原 判 決 別 紙 2の 関 係 法 令 等 の 定 めの 概 要 ( 補 正 後 のもの)の2(4))と 比 準 評 価 方 式 ( 固 定 資 産 評 価 基 準 第 2 章 第 3 節 三, 引 用 に 係 る 原 判 決 別 紙 2の 関 係 法 令 等 の 定 めの 概 要 の2(5))とを 同 等 の 評 価 方 法 として 規 定 しており,これらの 評 価 方 法 は 各 基 準 年 度 における 家 屋 の 評 価 を 建 築 当 初 の 評 価 と 切 り 離 して 行 うものであるところ,このうち 比 準 評 価 方 式 につい て, 家 屋 の 構 造 部 分 に 区 別 して 比 準 する 部 分 別 比 準 方 式 と 家 屋 一 棟 全 体 と して 標 準 家 屋 と 比 準 する 総 合 比 準 方 式 を 規 定 していて, 評 価 基 準 依 命 通 達 により, 総 合 比 準 方 式 の 一 種 であってより 簡 便 な 評 価 方 法 である 乗 率 比 準 方 式 ( 標 準 家 屋 の 基 準 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 の 前 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 に 対 する 割 合 を 求 め, 当 該 割 合 を 基 礎 として 市 町 村 長 が 定 めた 率 を 当 該 標 準 家 屋 と 同 一 の 区 分 に 属 する 比 準 家 屋 の 前 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 に 乗 じて 比 準 家 屋 の 当 該 基 準 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 を 求 め る 方 式 )によることができるとしていたところ,この 乗 率 比 準 方 式 が, 平 成 12 年 度 の 固 定 資 産 評 価 基 準 において 在 来 分 の 非 木 造 家 屋 の 原 則 的 な 評 価 方 法 として 採 用 され,さらに, 平 成 15 年 度 の 固 定 資 産 評 価 基 準 におい て, 在 来 分 の 非 木 造 家 屋 の 原 則 的 な 評 価 方 法 として, 全 国 一 律 に 再 建 築 費 評 点 補 正 率 を 用 いる 現 行 の 評 点 補 正 率 方 式 が 採 用 されたという 沿 革 があ り,また, 膨 大 な 数 の 在 来 分 の 非 木 造 家 屋 の 全 てを 部 分 別 評 価 方 式 や 比 準

11 評 価 方 式 により 評 価 替 えを 行 うことが 物 理 的 に 不 可 能 であるという 状 況 下 にあって,これらの 評 価 方 式 と 乗 率 比 準 方 式 のいずれも 同 様 の 結 果 が 得 ら れ, 家 屋 を 再 建 築 価 格 で 評 価 することを 具 体 化 する 簡 便 な 評 価 方 法 である ということから 乗 率 比 準 方 式 が 採 用 された 趣 旨 に 加 え, 小 規 模 市 町 村 等 に おいて 適 切 に 標 準 家 屋 を 選 定 して 評 価 替 え 乗 率 を 決 定 することが 困 難 であ ることなどが 考 慮 されて, 乗 率 比 準 方 式 よりも 更 に 簡 便 な 評 価 方 法 である 評 点 補 正 率 方 式 が 採 用 されたという 経 緯 に 照 らすと, 当 該 基 準 年 度 の 評 価 の 基 礎 となる 前 ( 基 準 ) 年 度 の 評 価 の 誤 りは,その 年 度 の 評 価 の 誤 りとし て 是 正, 救 済 が 済 んでいるという 前 提 において 評 点 補 正 率 方 式 が 採 用 され たものと 考 えるべきであり, 在 来 分 の 非 木 造 家 屋 の 評 価 に 当 たっては, 建 築 当 初 の 再 建 築 費 評 点 数 を 切 り 離 し,これを 考 慮 せずに 再 建 築 費 評 点 数 を 算 定 することとしているなどと 主 張 する しかし, 固 定 資 産 評 価 基 準 は, 在 来 分 の 非 木 造 家 屋 に 係 る 再 建 築 費 評 点 数 の 算 出 方 法 につき, 基 準 年 度 の 前 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 に 再 建 築 費 評 点 補 正 率 を 乗 じて 求 めるとし,その 基 準 年 度 の 前 年 度 におけ る 再 建 築 費 評 点 数 は, 前 基 準 年 度 に 適 用 した 固 定 資 産 評 価 基 準 第 2 章 第 1 節, 第 3 節 及 び 第 4 節 一 によって 求 めたものをいう と 規 定 している( 固 定 資 産 評 価 基 準 第 2 章 第 3 節 四 1 以 下 本 件 規 定 という ) これに よれば, 基 準 年 度 の 前 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 は 固 定 資 産 評 価 基 準 に 則 って 求 められた 再 建 築 費 評 点 数 をいうものであり,したがって, 上 記 算 式 により 算 定 される 基 準 年 度 の 再 建 築 費 評 点 数 も, 固 定 資 産 評 価 基 準 に 則 って 求 められたものと 解 するのが 相 当 である 原 審 被 告 は,この 基 準 年 度 の 前 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 が 前 基 準 年 度 に 算 出 された 事 実 としての 確 定 数 値 を 示 しているものと 主 張 するが,それは, 本 件 規 定 を 基 準 年 度 の 前 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 は, 前 基 準 年 度 に 適 用 したものを いう と 読 み 変 えるものであり, 本 件 規 定 の 規 定 振 りに 照 らしてにわか

12 に 採 用 することはできない また, 原 審 被 告 の 主 張 する 在 来 分 の 非 木 造 家 屋 の 評 価 方 法 の 沿 革 に 照 らしても, 本 件 規 定 にいう 基 準 年 度 の 前 年 度 に おける 再 建 築 費 評 点 数 が 単 なる 確 定 数 値 を 意 味 するものであるとすべき 根 拠 を 見 出 すことはできないというべきであるし, 在 来 分 の 非 木 造 家 屋 の 評 価 方 法 としてより 簡 便 な 評 点 補 正 率 方 式 が 採 用 された 経 緯 等 によって も, 建 築 当 初 の 評 価 の 誤 りは 課 税 初 年 度 限 りで 是 正 済 みであることを 前 提 としたもの, 即 ち, 建 築 当 初 の 評 価 の 誤 りについて 納 税 者 が 不 服 申 立 てを し 得 るのが 課 税 初 年 度 に 限 定 されることを 意 味 するものとまでは 到 底 解 す ることができない さらに, 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 の 再 建 築 費 評 点 数 は, 建 築 当 初 の 再 建 築 費 評 点 数 を 基 礎 として,その 後 の 昭 和 60 年 度 から 平 成 1 8 年 度 までの 各 基 準 年 度 の 固 定 資 産 評 価 基 準 を 適 用 して 算 出 されたもので あり( 前 提 事 実 ), 建 築 当 初 の 評 価 における 再 建 築 費 評 点 数 が 前 提 ないし 基 礎 となっていない 評 価 方 法 がとられたものではない したがって, 原 審 被 告 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない ウ 原 審 被 告 は, 本 件 規 定 において 基 準 年 度 の 前 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 は, 前 基 準 年 度 に 適 用 した 固 定 資 産 評 価 基 準 第 2 章 第 1 節, 第 3 節 及 び 第 4 節 一 によって 求 めたものをいう と 規 定 しているのは, 固 定 資 産 評 価 基 準 第 2 章 第 4 節 三 において, 固 定 資 産 評 価 基 準 の 本 則 により 求 めた 価 格 が, 基 準 年 度 の 前 年 度 の 価 格 を 上 回 るときには, 価 格 を 基 準 年 度 の 前 年 度 の 価 格 に 据 え 置 く 旨 の 措 置 をとることとされているため, 評 点 補 正 率 方 式 における 基 準 年 度 の 前 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 がこの 据 置 措 置 を 考 慮 しないものであることを 明 らかにするためであり, 建 築 当 初 の 再 建 築 費 評 点 数 が 当 該 時 点 で 適 用 された 固 定 資 産 評 価 基 準 に 適 合 した 評 価 に よるものであることを 求 めているものではないと 主 張 する しかし, 本 件 規 定 に 原 審 被 告 の 主 張 する 趣 旨 が 含 まれているとしても, その 趣 旨 を 明 らかにするためだけに 本 件 規 定 が 置 かれていると 解 すべき 根

13 拠 はない むしろ, 固 定 資 産 評 価 基 準 ( 中 略 )によって 求 めたもの と いう 本 件 規 定 の 文 言 と, 地 方 税 法 341 条 5 号 が 固 定 資 産 の 価 格 とは 適 正 な 時 価 をいう 旨 を 定 め, 同 法 388 条 がその 価 格 を 定 めるために 固 定 資 産 評 価 基 準 を 定 めることとし, 同 法 403 条 が 固 定 資 産 評 価 基 準 によっ て 固 定 資 産 の 価 格 を 決 定 しなければならないとしていることに 照 らすと, 本 件 規 定 は, 固 定 資 産 評 価 基 準 が 在 来 分 の 非 木 造 家 屋 について 簡 便 な 評 点 補 正 率 方 式 を 用 いる 場 合 においても, 適 正 な 時 価 としての 固 定 資 産 の 価 格 を 決 定 するために 固 定 資 産 評 価 基 準 に 則 って 求 められた 再 建 築 費 評 点 数 によるべきことを 明 らかにする 趣 旨 の 規 定 であると 解 される したがって, 原 審 被 告 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない エ 原 審 被 告 は, 固 定 資 産 評 価 基 準 が 在 来 分 の 非 木 造 家 屋 の 評 価 方 法 として 評 点 補 正 率 方 式 を 用 いるとしていることの 例 外 として,1 当 該 市 町 村 に 所 在 する 在 来 分 の 非 木 造 家 屋 の 実 態 等 からみて 適 当 でないと 認 められる 場 合 と,2 地 方 税 法 349 条 2 項 各 号 に 掲 げる 事 情 ( 家 屋 の 改 築 又 は 損 壊 その 他 これらに 類 する 特 別 の 事 情 等 )があることにより 適 当 でないと 認 められ る 場 合 とを 挙 げ,この 場 合 には 部 分 別 評 価 方 式 又 は 比 準 評 価 方 式 により 再 建 築 費 評 点 数 を 求 めると 規 定 しているところ,この 例 外 に 当 たる 事 情 は 建 築 当 初 の 再 建 築 費 評 点 数 とは 関 わりがない 事 情 である 上, 基 準 年 度 の 前 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 の 意 義 が, 建 築 当 初 の 評 価 が 当 該 時 点 で 適 用 された 固 定 資 産 評 価 基 準 に 適 合 したものであることまで 含 むものとする と, 在 来 分 の 非 木 造 家 屋 の 原 則 的 な 評 価 方 法 は, 部 分 別 評 価 法 又 は 比 準 評 価 法 と 異 ならないものとなるから, 固 定 資 産 評 価 基 準 が 上 記 の 例 外 を 定 め ていることが 無 意 味 になると 主 張 する しかし, 在 来 分 の 非 木 造 家 屋 について 評 点 補 正 率 方 式 を 用 いることの 例 外 として 固 定 資 産 評 価 基 準 が 定 めている 上 記 1 及 び2の 場 合 というのは, 基 準 年 度 の 前 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 が 固 定 資 産 評 価 基 準 に 則 っ

14 て 求 められた 再 建 築 費 評 点 数 が 用 いられている 場 合 であっても, 同 方 式 の 算 出 方 法 によるのが 適 当 でないと 認 められる 場 合 をいうものであって, 基 準 年 度 の 前 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 が 固 定 資 産 評 価 基 準 に 則 って 求 められているものか 否 かとは 次 元 の 異 なる 事 情 が 認 められる 場 合 をいうも のであることは, 上 記 1 及 び2の 文 言 及 びその 内 容 から 明 らかというべき である したがって, 上 記 の 例 外 としている 各 場 合 が 建 築 当 初 の 評 価 の 適 否 とは 関 わりのない 事 情 であるのは 当 然 のことであり,また,その 例 外 の 定 めが 無 意 味 になるものでもないというべきである したがって, 原 審 被 告 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない オ 原 審 被 告 は, 平 成 21 年 度 が 基 準 年 度 である 在 来 分 の 非 木 造 家 屋 の 評 価 において 適 用 されるのは 平 成 21 年 度 の 固 定 資 産 評 価 基 準 に 限 られ, 過 去 の 評 価 基 準 と 一 体 となって 適 用 されるわけではないから, 基 準 年 度 の 前 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 は 平 成 20 年 度 で 確 定 した 値 であり, 何 者 にも 依 存 しない 自 立 した 値 と 解 すべきであるとも 主 張 する しかし, 平 成 21 年 度 が 基 準 年 度 である 在 来 分 の 非 木 造 家 屋 の 評 価 にお いて 適 用 されるのは 平 成 21 年 度 度 の 固 定 資 産 評 価 基 準 であるが, 同 基 準 自 体 が, 上 記 のとおり, 前 基 準 年 度 に 適 用 した 固 定 資 産 評 価 基 準 第 2 章 第 1 節, 第 3 節 及 び 第 4 節 一 によって 求 めた 再 建 築 費 評 点 数 に 基 づくことを 求 めているのであり,また, 前 基 準 年 度 ( 平 成 18 年 度 )に 適 用 した 固 定 資 産 評 価 基 準 においても 同 様 の 定 めがされているため, 更 に 前 々 基 準 年 度 ( 平 成 15 年 度 )に 適 用 した 固 定 資 産 評 価 基 準 によって 求 めた 再 建 築 費 評 点 数 に 基 づく 必 要 を 生 ずるのであって,これを 繰 り 返 すことによって 建 築 当 初 の 課 税 初 年 度 に 適 用 した 固 定 資 産 評 価 基 準 に 則 った 再 建 築 費 評 点 数 に よることが 求 められるのであるから,これはまさに 平 成 21 年 度 の 固 定 資 産 評 価 基 準 を 適 用 した 結 果 であるというべきである このように, 平 成 2 1 年 度 を 基 準 年 度 とする 在 来 分 の 非 木 造 家 屋 の 評 価 において 同 年 度 の 固 定

15 資 産 評 価 基 準 を 適 用 することから, 直 ちに 基 準 年 度 の 前 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 が 平 成 20 年 度 で 確 定 かつ 自 立 した 値 と 解 すべきことにな るわけではない したがって, 原 審 被 告 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない カ 原 審 被 告 は, 基 準 年 度 の 前 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 に 再 建 築 費 評 点 補 正 率 を 乗 じて 評 価 している 限 り, 固 定 資 産 評 価 基 準 の 適 用 に 誤 りはないから,その 評 価 方 法 によっては 適 正 な 時 価 を 適 切 に 算 定 すること のできない 特 別 の 事 情 が 存 しない 限 り, 適 正 な 時 価 を 上 回 るものではない と 推 認 されることとなり, 当 該 特 別 の 事 情 があるといい 得 る 場 合 とは, 地 方 税 法 417 条 1 項 が, 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 価 格 等 を 登 録 した 旨 の 公 示 の 日 以 後, 評 価 庁 が 誤 りを 発 見 しても, 重 大 な 錯 誤 がある 場 合 にのみ 価 格 の 修 正 を 義 務 付 けていることからすると, 建 築 当 初 の 評 価 においてここ でいう 重 大 な 錯 誤 と 同 程 度 の 瑕 疵 があった 場 合 に 限 られると 解 すべき であると 主 張 する しかし, 原 審 被 告 の 上 記 主 張 は, 基 準 年 度 の 前 年 度 における 再 建 築 費 評 点 数 が, 事 実 として 前 基 準 年 度 に 算 出 された 再 建 築 費 評 点 数 の 数 値 を 示 しているもので, 当 該 前 年 度 で 確 定 した 数 値 であり, 建 築 当 初 の 再 建 築 費 評 点 数 とは 切 り 離 された 数 値 であるとする 原 審 被 告 の 主 張 を 前 提 とする ものといわざるを 得 ないものであり,その 前 提 を 採 用 することができない ことは 既 に 説 示 したとおりである なお, 原 審 被 告 の 上 記 主 張 は, 建 築 当 初 の 評 価 において 瑕 疵 があれば, それが 重 大 な 瑕 疵 でない 場 合 であっても, 建 築 当 初 に 遡 ってその 評 価 の 誤 りを 主 張 することができるとすることに 異 議 を 述 べる 原 審 における 主 張 と 同 趣 旨 のものとも 解 され,また,この 主 張 に 関 連 して, 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 に 係 る 資 料 の 全 部 が 提 出 されなければ, 評 価 庁 による 評 価 の 相 当 性 を 立 証 することは 困 難 であると 主 張 しているところ,この 点 の 主 張 が 採 用 でき

16 ないことは, 引 用 に 係 る 原 判 決 の 事 実 及 び 理 由 中 の 第 5 当 裁 判 所 の 判 断 の1(4)において 説 示 したとおりである したがって, 原 審 被 告 の 上 記 主 張 も 採 用 することができない (2) 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 における 再 建 築 費 評 点 数 の 算 出 の 誤 りについて ア 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 の 主 体 構 造 部 の 鉄 骨 に 係 る 評 点 数 について 上 記 の 事 項 についての 判 断 は, 引 用 に 係 る 原 判 決 の 事 実 及 び 理 由 中 の 第 5 当 裁 判 所 の 判 断 の2(1)のとおりである この 点 について, 原 審 被 告 は, 主 体 構 造 部 の 鉄 骨 に 耐 火 被 覆 がされてい るものと 耐 火 被 覆 がされていないものが 混 在 している 場 合,どの 程 度 の 鉄 骨 量 に 耐 火 被 覆 が 施 されているかは 判 然 としないことが 多 く,また, 鉄 骨 量 は 床 面 積 に 比 例 するものではないことなどに 照 らすと,その 鉄 骨 量 につ いての 厳 密 な 認 定 は 求 められていないから, 混 在 している 場 合 にどのよう に 評 価 するかは 評 価 庁 の 裁 量 に 委 ねられているところ, 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 については 耐 火 被 覆 のある 部 分 が 過 半 を 占 めているから, 全 てに 耐 火 被 覆 があるものと 認 定 することにも 十 分 な 合 理 性 があるというべきであっ て, 以 上 に 基 づく 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 の 建 築 当 初 の 評 価 に 誤 りはなく, 誤 りがあったとしてもこれが 重 大 であったとはいえないと 主 張 する しかし, 引 用 に 係 る 原 判 決 の 第 5 当 裁 判 所 の 判 断 の2(1)ア 及 びウ において 説 示 したとおり, 昭 和 57 年 度 の 固 定 資 産 評 価 基 準 では, 鉄 骨 に ついて 耐 火 被 覆 の 施 工 の 有 無 によって 異 なる 標 準 評 点 数 を 定 めているので あるから, 耐 火 被 覆 が 施 工 されていない 鉄 骨 に 対 して,これが 施 工 されて いる 場 合 の 標 準 評 点 数 を 用 いるのは, 固 定 資 産 評 価 基 準 を 誤 って 適 用 する ものであり, 再 建 築 費 評 点 数 を 過 大 に 算 定 することになる また, 耐 火 被 覆 のあるものとないものが 混 在 している 場 合 には, 床 面 積 を 計 算 単 位 とし て 考 慮 して 差 し 支 えないとされていた 上, 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 については, 床 面 積 によって 耐 火 被 覆 の 有 無 の 区 別 を 把 握 することができ, 耐 火 被 覆 の

17 施 工 がない 部 分 の 床 面 積 の 割 合 がその 全 床 面 積 の5 分 の1を 超 える21. 89パーセントを 占 めるというものであって, 看 過 することができない 程 度 のものというべきであるから, 耐 火 被 覆 が 施 工 されていないSRC 造 部 分 の 鉄 骨 については, 床 面 積 を 計 算 単 位 として, 耐 火 被 覆 が 施 工 されてい ない 場 合 の 標 準 評 点 数 を 用 いるべきであったというべきである したがって, 原 審 被 告 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない イ 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 の 防 災 設 備 に 係 る 評 点 数 について 上 記 の 事 項 についての 判 断 は, 引 用 に 係 る 原 判 決 の 事 実 及 び 理 由 中 の 第 5 当 裁 判 所 の 判 断 の2(5)のとおりである この 点 について, 原 審 被 告 は,スプリンクラー 設 備 が 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 の 延 べ 床 面 積 の 全 体 に 設 置 されていると 評 価 した 点 について,スプリン クラー 設 備 の 設 置 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 問 われているのは, 固 定 資 産 税 を 課 税 するための 評 価 においてであって, 消 火 設 備 としての 効 用 が 及 ぶか 否 か によるべきではなく,また, 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 には,スプリンクラー 設 備 に 係 る 縦 配 管 が 全 館 にわたって 施 工 され, 各 階 の 天 井 裏 等 に 敷 設 されて いる 横 配 管 等 も 各 階 に 相 当 量 施 工 されているから,スプリンクラー 設 備 の 設 置 部 分 の 延 べ 床 面 積 を 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 の 延 べ 床 面 積 の 全 体 と 評 価 し たことが 妥 当 性 を 欠 くとまではいえず, 本 件 建 物 の 新 築 部 分 の 建 築 当 初 の 評 価 に 誤 りはなく, 誤 りがあったとしてもこれが 重 大 であったとはいえな いと 主 張 する しかし, 引 用 に 係 る 原 判 決 の 第 5 当 裁 判 所 の 判 断 の2(5)イないし エにおいて 認 定 し 説 示 したとおり,スプリンクラー 設 備 は, 同 設 備 によっ て 火 災 の 際 の 初 期 消 火 と 延 焼 拡 大 の 防 止 を 図 っている 部 分 に 設 置 されてい るものというべきであり, 他 の 消 火 設 備 が 設 置 されている 部 分 や, 階 段 室 やエレベーター 等 のスプリンクラーヘッドが 設 置 されていない 部 分 につい て, 同 設 備 が 存 在 するものということはできない また, 同 各 部 分 には,

18 現 に,スプリンクラーヘッドやこれを 配 置 するための 横 配 管 等 のスプリン クラー 設 備 は 施 工 されていないことからすると, 当 該 部 分 へのスプリンク ラー 設 備 の 施 工 に 要 する 費 用 は 投 じられていると 解 することも 相 当 ではな い 以 上 によれば, 当 該 部 分 の 床 面 積 はスプリンクラー 設 備 の 設 置 部 分 の 延 べ 床 面 積 から 除 外 されるべきである したがって,スプリンクラー 設 備 の 設 置 部 分 の 延 べ 床 面 積 を 本 件 家 屋 の 延 べ 床 面 積 の 全 体 と 評 価 したのは, 固 定 資 産 評 価 基 準 を 誤 って 適 用 したも のといわざるを 得 ず, 原 審 被 告 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない ウ なお, 原 審 被 告 は, 原 審 原 告 が 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 の 評 価 において 固 定 資 産 評 価 基 準 に 則 っていない 再 建 築 費 評 点 数 の 算 出 をしている 誤 りがある と 主 張 しているのに 対 して, 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 の 建 築 に 係 る 資 料 の 全 て が 提 出 されなければ, 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 の 適 正 な 時 価 が 立 証 された とはいえないと 主 張 する しかし, 本 件 において, 原 審 原 告 は, 固 定 資 産 評 価 基 準 に 定 める 評 価 方 法 が 合 理 性 を 有 するものであることを 前 提 として, 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 の 建 築 当 初 の 評 価 において 固 定 資 産 評 価 基 準 の 適 用 に 誤 りがあるとする 部 分 についてのみ 評 価 の 不 適 正 を 主 張 し,その 余 の 部 分 についてまで 評 価 の 不 適 正 を 主 張 しているわけではない すなわち, 同 主 張 は, 原 審 原 告 が 不 適 正 を 主 張 する 部 分 は, 固 定 資 産 評 価 基 準 に 定 める 評 価 方 法 に 従 っておらず, その 部 分 の 評 価 価 格 は, 同 評 価 方 法 に 従 った 評 価 価 格 を 上 回 るものである から, 適 正 な 時 価 を 上 回 るものではないとの 推 認 をすることができる 場 合 ではないという 主 張 である そうすると, 原 審 被 告 としては, 固 定 資 産 評 価 基 準 の 適 用 に 誤 りがあると 主 張 されている 部 分 について 適 正 な 時 価 を 上 回 らないことについて 立 証 を 尽 くせば 足 りるというべきである したがって, 原 審 被 告 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない 3 原 審 原 告 の 主 張 について

19 (1) 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 における 再 建 築 費 評 点 数 の 算 出 の 誤 りについて 原 審 原 告 は, 当 審 において,1 電 気 設 備 中 の 電 灯 コンセント 配 線 設 備 につ きフロアコンセントが 全 館 にあるものとした 点,2 電 気 設 備 中 の 照 明 器 具 設 備 につき 天 井 高 を 標 準 であるとした 点,3 電 気 設 備 中 の 電 話 配 線 設 備 につき フロアダクトが 全 館 にあるものとした 点,4 建 築 設 備 に 係 る 規 模 補 正 の 減 点 補 正 率 につき, 建 設 当 初 の 昭 和 57 年 度 の 固 定 資 産 評 価 基 準 における 規 模 補 正 率 を 適 用 すべきところ, 平 成 25 年 度 の 固 定 資 産 評 価 基 準 における 規 模 補 正 率 に 係 る 告 示 を 適 用 し, 正 しい 減 点 補 正 率 を 適 用 せず, 過 少 な 減 点 補 正 率 を 適 用 しているなどの 点 において, 本 件 建 物 の 新 築 部 分 の 建 築 当 初 の 再 建 築 費 評 点 数 の 算 出 には 誤 りがあると 主 張 する しかし, 上 記 の 各 点 に 関 する 原 審 原 告 の 主 張 は,いずれも 原 審 における 主 張 の 繰 り 返 しであるところ,いずれの 点 に 関 する 主 張 も 採 用 することができ ないものであることは,1の 点 については, 引 用 に 係 る 原 判 決 の 事 実 及 び 理 由 中 の 第 5 当 裁 判 所 の 判 断 の2(2)において,2の 点 については, 同 2(3)において,3の 点 については, 同 2(4)において,4の 点 については, 同 2(6)において,それぞれ 説 示 したとおりである (2) 建 設 当 初 の 評 価 後 の 各 基 準 年 度 の 評 価 における 経 年 減 点 補 正 率 の 適 用 の 誤 りについて 原 審 原 告 は, 経 年 減 点 補 正 率 の 適 用 の 誤 りに 関 する 主 張 について, 原 審 に おける 主 張 ( 引 用 に 係 る 原 判 決 の 事 実 及 び 理 由 中 の 第 4 争 点 に 関 す る 各 当 事 者 の 主 張 の 要 点 の3( 原 告 の 主 張 の 要 点 ))に 加 えて, 当 審 にお いて, 複 合 構 造 家 屋 について 構 造 別 に 分 けて 経 年 減 点 補 正 率 を 適 用 すること が 例 外 的 に 許 容 されるとしても,このような 取 扱 いをする 場 合 には, 特 定 の 複 合 構 造 家 屋 についてのみ 適 用 するのではなく, 同 一 自 治 体 に 存 在 する 全 て の 複 合 構 造 家 屋 について 同 一 の 取 扱 いをする 必 要 があるところ, 東 京 都 にお いては, 区 部 に 存 在 する 複 合 構 造 家 屋 について 一 棟 単 位 で 経 年 減 点 補 正 率 を

20 適 用 している 例 と 構 造 別 に 分 けて 経 年 減 点 補 正 率 を 適 用 している 例 がある が,このような 取 扱 いは 許 されず, 経 年 減 点 補 正 率 の 適 用 方 法 の 原 則 に 立 ち 返 り, 本 件 家 屋 については 一 棟 単 位 でS 造 に 係 る 経 年 減 点 補 正 率 を 適 用 すべ きであると 主 張 する しかし, 上 記 主 張 も,その 実 質 は 原 審 における 原 審 原 告 の 主 張 の 繰 り 返 し であるというべきものであるところ, 引 用 に 係 る 原 判 決 の 事 実 及 び 理 由 中 の 第 5 当 裁 判 所 の 判 断 の3において 説 示 したとおり, 東 京 都 におい ては, 平 成 21 年 度 東 京 都 固 定 資 産 ( 家 屋 ) 評 価 事 務 取 扱 要 領 により, 複 合 構 造 家 屋 の 経 年 減 点 補 正 率 の 適 用 について, 原 則 として, 各 構 造 別 に 経 年 減 点 補 正 率 を 適 用 する 取 扱 いとしているのであるから, 本 件 家 屋 について,こ の 原 則 に 従 って, 各 構 造 別 に 経 年 減 点 補 正 率 を 適 用 して 評 価 したことに 違 法 があるということはできない 仮 に, 原 審 原 告 が 主 張 するように, 東 京 都 区 部 に 存 在 する 複 合 構 造 家 屋 の 中 に,この 原 則 とは 異 なる 一 棟 単 位 による 経 年 減 点 補 正 率 が 適 用 されているものがあるとしても, 当 該 家 屋 に 係 る 納 税 者 が 原 則 とは 異 なる 適 用 について 争 うことはともかくとして, 原 則 どおりの 構 造 別 に 区 分 して 経 年 減 価 補 正 率 を 適 用 する 方 法 がとられている 本 件 家 屋 の 新 築 部 分 の 評 価 について, 原 審 原 告 の 主 張 する 事 情 を 理 由 として 経 年 減 点 補 正 率 の 適 用 に 違 法 があるということはできないというべきである したがって, 原 審 原 告 の 上 記 主 張 は 採 用 することができない 4 以 上 によれば, 本 件 登 録 価 格 のうち30 億 5056 万 5900 円 を 超 える 部 分 は 固 定 資 産 評 価 基 準 の 適 用 を 誤 ったものであって 違 法 であり, 本 件 決 定 のう ち 当 該 部 分 は 取 消 しを 免 れないというべきであるから,これと 異 なる 原 判 決 は 一 部 失 当 であり, 原 審 原 告 の 控 訴 は 一 部 理 由 があるが, 原 審 被 告 の 控 訴 は 理 由 がない よって, 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 上 記 のとおり 変 更 し, 原 審 被 告 の 控 訴 を 棄 却 することとして, 主 文 のとおり 判 決 する

21 東 京 高 等 裁 判 所 第 16 民 事 部 裁 判 長 裁 判 官 青 野 洋 士 裁 判 官 貝 原 信 之 裁 判 官 藤 澤 孝 彦

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され 主 文 1 札 幌 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 原 告 に 対 して 平 成 24 年 12 月 6 日 付 けでした 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 家 屋 について 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 平 成 24 年 度 の 価 格 についての 審 査 の 申 出 を 棄 却 する 旨 の 決 定 のうち, 価 格 1 億 2698 万

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E161507\223\214\213\236\215\202H24\201i\215s\203R\201j38.doc)

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E161507\223\214\213\236\215\202H24\201i\215s\203R\201j38.doc) 平 成 25 年 4 月 16 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 コ) 第 38 号 固 定 資 産 評 価 審 査 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 主 文 1 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 控 訴 人 に 対 して 平 成 20 年 1 月 23 日 付 けでした 固 定 資 産 課 税 台 帳

More information

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc)

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc) 平 成 25 年 7 月 5 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 17 号 加 給 年 金 額 対 象 者 不 該 当 処 分 取 消 請 求 事 件 主 文 1 厚 生 労 働 大 臣 が 原 告 に 対 し 平 成 22 年 6 月 16 日 付 けでしたAを 老 齢 厚 生 年 金 加 給 年 金 額 対 象 者 としない 旨 の 処 分 を 取 り 消 す 2 訴 訟 費

More information

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋 諮 問 ( 情 ) 第 27 号 答 申 第 1 審 査 会 の 結 論 特 定 区 分 所 有 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 という )に 係 る 家 屋 評 価 調 書 非 木 造 家 屋 評 価 計 算 書 及 び 図 面 ( 以 下 これらを 本 件 対 象 公 文 書 という )に 記 載 された 課 税 床 面 積 課 税 用 途 延 床 面 積 及 び 求 積 表 ( 以 下 本

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -200( 順 号 12324) 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 すべき 理 由 がない 旨 の 通 知 処 分 取 消 等 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 新 宿 税 務 署 長 事 務 承 継 者 日 本 橋 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 10 月 30 日 棄 却 控 訴 判 決 原 告 更 生 会 社

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6 主 文 一 被 告 栃 木 県 宇 都 宮 県 税 事 務 所 長 が 原 告 に 対 し 別 紙 目 録 記 載 の 建 物 につき 昭 和 五 一 年 一 二 月 一 〇 日 付 けでした 課 税 標 準 を 金 三 億 一 五 六 一 万 九 〇 〇 〇 円 税 額 を 金 九 四 六 万 八 五 七 〇 円 とする 不 動 産 取 得 税 賦 課 決 定 を 取 り 消 す 二 被 告 栃

More information

平成23年1月27日判決言渡 同日原本交付 裁判所書記官

平成23年1月27日判決言渡 同日原本交付 裁判所書記官 平 成 26 年 2 月 5 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 コ) 第 345 号 納 付 義 務 不 存 在 確 認 等 請 求 控 訴 事 件 主 文 本 件 控 訴 を 棄 却 する 控 訴 費 用 は 控 訴 人 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 中, 控 訴 人 敗 訴 部 分 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 の

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63> 食 肉 センター 事 業 特 別 会 計 に 係 る 過 少 申 告 加 算 税 および 延 滞 税 の 支 出 差 止 め に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 20 年 11 月 11 日

More information

EFD1A38E7610369249256A57005AF79

EFD1A38E7610369249256A57005AF79 主 文 昭 和 五 七 年 ( 行 コ) 第 二 号 事 件 について 原 判 決 中 控 訴 人 ( 第 一 審 被 告 ) 敗 訴 の 部 分 を 取 り 消 す 被 控 訴 人 ( 第 一 審 原 告 )らの 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 は 第 一 二 審 とも 被 控 訴 人 ( 第 一 審 原 告 )らの 負 担 とする 昭 和 五 七 年 ( 行 コ) 第 三 号 同 第

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論 1 速 報 税 理 御 中 2011.10.20 2000 字 ( 最 大 4000 字 ) 目 安 連 担 建 築 物 設 計 制 度 下 での 余 剰 容 積 率 の 移 転 の 対 価 は 譲 渡 所 得 ではなく 不 動 産 所 得 である 東 京 地 判 平 成 20 年 11 月 28 日 税 資 258 号 順 号 11089TAINS:Z888-1472 立 教 大 学 法 学 部

More information

183761DAD5529296492570DF001A2E9

183761DAD5529296492570DF001A2E9 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

し 納 税 者 が 本 件 各 競 走 馬 等 の 保 有 に 係 る 管 理 及 び 運 営 の 重 要 な 部 分 を 自 ら 行 っていたため 平 成 1 4 年 分 の 本 件 競 走 馬 所 得 が 事 業 所 得 に 該 当 するか 否 かの 判 断 において 上 記 5,000 万 円

し 納 税 者 が 本 件 各 競 走 馬 等 の 保 有 に 係 る 管 理 及 び 運 営 の 重 要 な 部 分 を 自 ら 行 っていたため 平 成 1 4 年 分 の 本 件 競 走 馬 所 得 が 事 業 所 得 に 該 当 するか 否 かの 判 断 において 上 記 5,000 万 円 税 務 訴 訟 資 料 第 258 号 -120( 順 号 10978) 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 所 得 税 更 正 処 分 取 消 等 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 浅 草 税 務 署 長 ) 平 成 20 年 6 月 27 日 棄 却 控 訴 判 示 事 項 (1) 事 業 所 得 該 当 性 の 判 断 基 準 (2) 競 走 馬 の 保 有 に

More information

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1 訴 状 2013 年 ( 平 成 25 年 )11 月 7 日 佐 賀 地 方 裁 判 所 御 中 原 告 ら 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 東 島 浩 幸 同 桑 原 健 同 梶 原 恒 夫 同 八 木 大 和 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 の 通 り 退 職 金 請 求 事 件 訴 訟 物 の 価 額 金 364 万 0745 円 貼 用 印 紙 額 金 2 万

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc)

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc) 宝 監 第 104 号 平 成 22 年 2 月 17 日 請 求 人 様 宝 塚 市 監 査 委 員 同 同 村 野 一 郎 井 上 芳 治 伊 福 義 治 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について 平 成 21 年 12 月 25 日 付 けで 提 出 のありました 住 民 監 査 請 求 について 地 方 自 治 法 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

(2) 商 標 法 4 条 1 項 8 号,10 号,15 号 及 び19 号 該 当 性 判 断 の 誤 り( 取 消 事 由 2) 判 断 1 認 定 事 実 後 掲 の 証 拠 及 び 弁 論 の 全 趣 旨 によれば, 以 下 の 事 実 が 認 められ,これを 覆 す に 足 りる 証 拠

(2) 商 標 法 4 条 1 項 8 号,10 号,15 号 及 び19 号 該 当 性 判 断 の 誤 り( 取 消 事 由 2) 判 断 1 認 定 事 実 後 掲 の 証 拠 及 び 弁 論 の 全 趣 旨 によれば, 以 下 の 事 実 が 認 められ,これを 覆 す に 足 りる 証 拠 G-218 登 録 商 標 吉 村 流 無 効 審 決 取 消 請 求 事 件 : 知 財 高 裁 平 成 28( 行 ケ)10045 平 成 28 年 6 月 29 日 (4 部 ) 判 決 < 請 求 棄 却 > キーワード 日 本 舞 踊 の 家 元 流 名 ( 商 標 法 4 条 1 項 7 号 社 会 的 妥 当 性 /8 号 10 号 15 号 19 号 ) 事 案 の 概 要 1 特

More information

160801TOKYO 辰 已 法 律 研 究 所 &リーダーズ 総 合 研 究 所 行 政 法 実 力 診 断 テスト 試 験 問 題 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 開 いてはいけません ( 注 意 事 項 ) 1 問 題 は 1 ページから 9 ページまで 10 問 あり 時 間 は 30 分 です 2 解 答 は 別 紙 の 答 案 用 紙 に 記 入 してください 3 答 案 用

More information

Taro11-20060613120847.jtd

Taro11-20060613120847.jtd 主 文 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 原 告 が 被 告 に 対 して 平 成 13 年 10 月 16 日 付 けでした 原 告 の 平 成 12 年 分 所 得 税 に 係 る 更 正 の 請 求 ( 以 下 本 件 更 正 請 求 という )に 対 し, 被 告 が 同 年 12 月 25

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳 主 文 原 判 決 中, 上 告 人 敗 訴 部 分 を 破 棄 する 前 項 の 部 分 につき, 本 件 を 知 的 財 産 高 等 裁 判 所 に 差 し 戻 す 理 由 上 告 代 理 人 中 村 稔 ほかの 上 告 受 理 申 立 て 理 由 第 2について 1 本 件 は, 上 告 人 が, 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 )の 施 行 日 である 昭 和 46

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

※全体は前回の監査請求に基づき作成している

※全体は前回の監査請求に基づき作成している 平 監 収 第 1 0 0 号 平 成 20 年 12 月 19 日 請 求 人 殿 小 平 市 監 査 委 員 舛 川 博 昭 小 平 市 監 査 委 員 島 村 速 雄 住 民 監 査 請 求 に 基 づく 監 査 の 結 果 について( 通 知 ) 平 成 20 年 11 月 6 日 付 けをもって 提 出 された 小 平 市 職 員 措 置 請 求 書 について 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E163726\223\214\213\236\222nH24_\215s\203E\201j229.doc)

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E163726\223\214\213\236\222nH24_\215s\203E\201j229.doc) 平 成 25 年 9 月 27 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 229 号 所 得 税 更 正 処 分 取 消 請 求 事 件 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 四 日 市 税 務 署 長 が 平 成 25 年 3 月 15 日 付 けで 原 告 に 対 してした

More information

位 協 定 2 条 1 項 (a)に 基 づき, 同 項 (a)の 施 設 及 び 区 域 として, 米 国 に 対 して 提 供 し, それを 米 軍 が 上 瀬 谷 通 信 施 設 として 使 用 してきたものである 3 当 事 者 の 主 張 の 概 要 (1) 原 告 の 主 張 の 概 要

位 協 定 2 条 1 項 (a)に 基 づき, 同 項 (a)の 施 設 及 び 区 域 として, 米 国 に 対 して 提 供 し, それを 米 軍 が 上 瀬 谷 通 信 施 設 として 使 用 してきたものである 3 当 事 者 の 主 張 の 概 要 (1) 原 告 の 主 張 の 概 要 8- 平 成 10(ワ)799 土 地 明 渡 請 求 平 成 14 年 8 月 29 日 横 浜 地 方 裁 判 所 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 被 告 は, 原 告 に 対 し, 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 各 土 地 ( 以 下 本 件 各 土 地 と 総 称 し,

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果 平 成 2 8 年 8 月 1 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 (その4) 監 査 結 果 について 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山 加 朱 美 吉

More information

平成24年7月18日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官

平成24年7月18日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官 平 成 26 年 10 月 22 日 判 決 言 渡 平 成 26 年 ( 行 ケ) 第 10134 号 審 決 取 消 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 26 年 9 月 3 日 判 決 原 告 X 訴 訟 代 理 人 弁 理 士 佐 藤 富 徳 被 告 特 許 庁 長 官 指 定 代 理 人 高 野 和 行 野 口 美 代 子 堀 内 仁 子 主 文 原 告 の 請 求 を 棄

More information

平成○○年○○月○○日判決言渡 同日原本交付 裁判所書記官

平成○○年○○月○○日判決言渡 同日原本交付 裁判所書記官 主 文 1 本 件 訴 えのうち, 処 分 行 政 庁 が 平 成 24 年 12 月 27 日 付 けで 原 告 に 対 してした 原 告 を 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 する 処 分 が 無 効 であ ることの 確 認 を 求 める 訴 えを 却 下 する 2 本 件 訴 えのうち, 処 分 行 政 庁 が 平 成 25 年 12 月 25 日 付 けで 原 告 に

More information

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 26 年 10 月 24 日 及 び 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 576 号 及 び 平 成 27 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 28 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 平 成 27 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 45 号 及 び 同 第 46

More information

第 2 事 案 の 概 要 本 件 は, 商 標 登 録 出 願 拒 絶 査 定 に 対 する 不 服 審 判 請 求 を 成 り 立 たないとした 審 決 の 取 消 訴 訟 である 争 点 は, 商 標 法 4 条 1 項 8 号 該 当 性 の 有 無 である 1 特 許 庁 における 手 続

第 2 事 案 の 概 要 本 件 は, 商 標 登 録 出 願 拒 絶 査 定 に 対 する 不 服 審 判 請 求 を 成 り 立 たないとした 審 決 の 取 消 訴 訟 である 争 点 は, 商 標 法 4 条 1 項 8 号 該 当 性 の 有 無 である 1 特 許 庁 における 手 続 平 成 27 年 6 月 18 日 判 決 言 渡 平 成 26 年 ( 行 ケ) 第 10266 号 商 標 登 録 取 消 審 決 取 消 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 27 年 4 月 23 日 判 決 原 告 株 式 会 社 太 鼓 亭 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 清 原 直 己 弁 理 士 清 原 義 博 北 本 友 彦 西 村 直 也 今 岡 大 明 被 告 特

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの 独 禁 法 事 例 研 究 第 8 回 ( 平 成 26 年 12 月 10 日 ) 1 セブンイレブン ジャパンに 対 する 独 占 禁 止 法 25 条 訴 訟 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 事 案 の 概 要 と 問 題 点 の 発 表 が 行 われた 1. 事 案 概 要 (1) 経 緯 公 正 取 引 委 員 会 は 平 成 21 年 6 月 22 日 被 告 (P5 セブン-イレブン

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63> 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 平 成 27 年 4 月 静 岡 県 経 営 管 理 部 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 1 総 則 この 基 準 は 県 が 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業 務 ( 以 下 設 計 等 の 業 務 という )を 委 託 に 付

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

平成15年度税制改正の概要

平成15年度税制改正の概要 [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 小 規 模 宅 地 / 居 住 の 用 に 供 されていた 宅 地 の 意 義 / 生 活 の 拠 点 第 42 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )12 月 2 日 発 表 中 島 孝 一 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての 詳

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求監査結果 平 成 2 8 年 7 月 8 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 について 第 1 請 求 の 受 付 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

達 の 日 の 翌 日 ( 同 月 21 日 )から,うち517 万 5000 円 に 対 する 平 成 2 7 年 4 月 10 日 付 け 訴 えの 変 更 申 立 書 送 達 の 翌 日 ( 同 月 17 日 )から 各 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払

達 の 日 の 翌 日 ( 同 月 21 日 )から,うち517 万 5000 円 に 対 する 平 成 2 7 年 4 月 10 日 付 け 訴 えの 変 更 申 立 書 送 達 の 翌 日 ( 同 月 17 日 )から 各 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 平 成 27 年 10 月 22 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 交 付 裁 判 所 書 記 官 平 成 26 年 (ワ) 第 6372 号 不 正 競 争 行 為 差 止 等 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 27 年 8 月 20 日 判 当 事 者 の 表 示 主 決 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 のとおり 文 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 訴 訟

More information

が 終 了 した 後, 他 の 従 業 員 5 名 とともに 同 社 の 車 両 で 医 療 法 人 健 正 会 須 田 医 院 ( 以 下 須 田 医 院 という )に 赴 き,インフルエンザの 予 防 接 種 ( 以 下, 原 告 が 受 けたインフルエンザの 予 防 接 種 を 本 件 予 防

が 終 了 した 後, 他 の 従 業 員 5 名 とともに 同 社 の 車 両 で 医 療 法 人 健 正 会 須 田 医 院 ( 以 下 須 田 医 院 という )に 赴 き,インフルエンザの 予 防 接 種 ( 以 下, 原 告 が 受 けたインフルエンザの 予 防 接 種 を 本 件 予 防 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 1 処 分 行 政 庁 が 原 告 に 対 して 平 成 25 年 3 月 29 日 付 けでした 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 に 基 づく 療 養 補 償 給 付 を 支 給 しない 旨 の 処 分 を 取 り 消 す 2 処 分 行 政

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

なければ, 改 めてその 特 定 を 求 めるものである ウ 複 写 の 交 付 が 本 件 対 象 文 書 の 全 ての 内 容 を 複 写 しているか 確 認 を 求 める 平 成 22 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 538 号 で 明 らかになったように, 電 子 ファイルを 紙 に 出

なければ, 改 めてその 特 定 を 求 めるものである ウ 複 写 の 交 付 が 本 件 対 象 文 書 の 全 ての 内 容 を 複 写 しているか 確 認 を 求 める 平 成 22 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 538 号 で 明 らかになったように, 電 子 ファイルを 紙 に 出 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 27 年 9 月 15 日 ( 平 成 27 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 555 号 ), 同 年 9 月 29 日 ( 同 第 588 号 ) 及 び 同 年 11 月 25 日 ( 同 第 689 号 ) 答 申 日 : 平 成 28 年 2 月 23 日 ( 平 成 27 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 775 号, 同 第 776

More information

1 法 の 適 用 に 関 する 通 則 法 における 規 律 (1) 失 踪 の 宣 告 の 国 際 裁 判 管 轄 ア 法 制 審 議 会 国 際 私 法 ( 現 代 化 関 係 ) 部 会 における 議 論 等 1 不 在 者 が 生 存 していたとされる 最 後 の 時 点 において 日 本

1 法 の 適 用 に 関 する 通 則 法 における 規 律 (1) 失 踪 の 宣 告 の 国 際 裁 判 管 轄 ア 法 制 審 議 会 国 際 私 法 ( 現 代 化 関 係 ) 部 会 における 議 論 等 1 不 在 者 が 生 存 していたとされる 最 後 の 時 点 において 日 本 国 際 裁 判 管 轄 法 制 ( 人 事 訴 訟 事 件 及 び 家 事 事 件 関 係 ) 部 会 資 料 4-3 検 討 課 題 失 踪 宣 告 不 在 者 財 産 管 理 事 件 第 1 失 踪 宣 告 関 係 事 件 1 裁 判 所 は, 失 踪 の 宣 告 に 関 する 審 判 事 件 ( 注 1)について, 不 在 者 等 ( 不 在 者 及 び 失 踪 者 ( 注 2)をいう 以 下

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

<4D F736F F D BD90E690B CF68A4A A C E646F63>

<4D F736F F D BD90E690B CF68A4A A C E646F63> [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 居 住 用 財 産 の 特 別 控 除 共 有 家 屋 の 一 部 を 取 り 壊 してその 敷 地 を 譲 渡 した 場 合 第 40 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )8 月 5 日 発 表 平 仁 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての

More information

- 目 次 - 第 1 裁 決 判 決 からみた 土 地 評 価 1 1 土 地 の 評 価 上 の 区 分 1 2 評 価 単 位 2 3 通 達 等 における 評 価 減 の 主 な 規 定 5 4 路 線 価 方 式 6 (1) 正 面 路 線 価 等 6 ( 事 例 1) 隅 切 りがある

- 目 次 - 第 1 裁 決 判 決 からみた 土 地 評 価 1 1 土 地 の 評 価 上 の 区 分 1 2 評 価 単 位 2 3 通 達 等 における 評 価 減 の 主 な 規 定 5 4 路 線 価 方 式 6 (1) 正 面 路 線 価 等 6 ( 事 例 1) 隅 切 りがある - 目 次 - 第 1 裁 決 判 決 からみた 土 地 評 価 1 1 土 地 の 評 価 上 の 区 分 1 2 評 価 単 位 2 3 通 達 等 における 評 価 減 の 主 な 規 定 5 4 路 線 価 方 式 6 (1) 正 面 路 線 価 等 6 ( 事 例 1) 隅 切 りがある 場 合 の 間 口 距 離 が 問 題 となった 事 例 6 (2) 側 方 加 算 等 7 ( 事

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

7CFD3D2C73E3942C49256D41000B0AA

7CFD3D2C73E3942C49256D41000B0AA 主 文 1 原 告 らの 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 1 被 告 らは 訴 外 東 京 都 に 対 し 連 帯 して2 億 4098 万 0560 円 及 びうち 金 2 億 1918 万 4000 円 に 対 する 平 成 8 年 3 月 2 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による

More information

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思 第 4 章 電 子 商 取 引 (10 月 10 日 ) 1 授 業 のねらい 電 子 商 取 引 において 事 業 者 がどのような 事 柄 について 情 報 提 供 を 行 うべきであるか について 理 解 する 電 子 商 取 引 には どのような 法 令 が 適 用 されるのか? 事 業 者 はどの 範 囲 のものをさすのか ネットオークションで 私 人 が 出 品 する 場 合 はどう か?

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

1 事情聴取の要旨

1 事情聴取の要旨 区 分 所 有 の 併 用 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 賦 課 徴 収 を 怠 る 事 実 に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 と い う ) 第 2 4 2 条 第 4 項 の 規 定 に より 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 23 年 9 月 8 日 高 松 市

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 7 月 8 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 1 月 1 日 改 正 平 成 24 年 10 月 1 日

More information

2A6D27DDE053A89D49256DB3000DDC9

2A6D27DDE053A89D49256DB3000DDC9 平 成 14 年 ( 行 ケ) 第 130 号 特 許 取 消 決 定 取 消 請 求 事 件 平 成 15 年 5 月 22 日 口 頭 弁 論 終 結 判 決 原 告 東 京 応 化 工 業 株 式 会 社 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 稲 元 富 保 訴 訟 代 理 人 弁 理 士 小 山 有 被 告 特 許 庁 長 官 太 田 信 一 郎 指 定 代 理 人 西 川 恵 雄 同 氏 原 康

More information

からないから,これを 明 らかにしてもらうために 審 査 請 求 をする (2) 意 見 書 ア 本 件 不 開 示 情 報 が 開 示 されることによって,1 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 が 生 じるかどうか( 法 5 条 4 号 ),2 大 阪 高 等 検 察 庁 及

からないから,これを 明 らかにしてもらうために 審 査 請 求 をする (2) 意 見 書 ア 本 件 不 開 示 情 報 が 開 示 されることによって,1 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 が 生 じるかどうか( 法 5 条 4 号 ),2 大 阪 高 等 検 察 庁 及 諮 問 庁 : 検 事 総 長 諮 問 日 : 平 成 25 年 9 月 30 日 ( 平 成 25 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 423 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 439 号 ) 事 件 名 : 級 別 定 数 ( 平 成 24 年 度 当 初 ) 等 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

知財セミナーテキスト

知財セミナーテキスト 岐 阜 大 学 産 官 学 連 携 推 進 本 部 知 的 財 産 部 門 主 催 知 的 財 産 セミナー 事 例 に 学 ぶ 知 的 財 産 ビールテイスト 飲 料 特 許 権 侵 害 差 止 請 求 事 件 ( 公 然 実 施 発 明 に 基 づく 進 歩 性 の 欠 如 及 び 権 利 行 使 阻 止 の 抗 弁 に 関 する 事 件 ) 日 時 場 所 講 師 平 成 28 年 2 月 12

More information

3 申 立 人 らの 申 立 てに 対 して 被 申 立 人 が 裁 定 委 員 会 で 行 った 2015 年 5 月 12 日 付 け 裁 定 (2015 年 ( 裁 ) 第 3 号 裁 定 )のうち 被 申 立 人 は 被 申 立 人 強 化 委 員 会 決 定 のとおり D クルーを 代 表

3 申 立 人 らの 申 立 てに 対 して 被 申 立 人 が 裁 定 委 員 会 で 行 った 2015 年 5 月 12 日 付 け 裁 定 (2015 年 ( 裁 ) 第 3 号 裁 定 )のうち 被 申 立 人 は 被 申 立 人 強 化 委 員 会 決 定 のとおり D クルーを 代 表 仲 裁 判 断 の 骨 子 公 益 財 団 法 人 日 本 スポーツ 仲 裁 機 構 JSAA-AP-2015-003 申 立 人 X1 X2 申 立 人 代 理 人 弁 護 士 五 十 嵐 潤 同 鳩 貝 滋 被 申 立 人 公 益 社 団 法 人 日 本 ボート 協 会 被 申 立 人 代 理 人 弁 護 士 鈴 木 仁 主 文 本 件 スポーツ 仲 裁 パネルは 次 のとおり 判 断 する 1

More information

A-1 エキス 分 の 総 量 が0.5 重 量 % 以 上 2.0 重 量 % 以 下 であるノン アルコールのビールテイスト 飲 料 であって, A-2 phが3.0 以 上 4.5 以 下 であり, A-3 糖 質 の 含 量 が0.5g/100ml 以 下 である, B 前 記 飲 料 (3

A-1 エキス 分 の 総 量 が0.5 重 量 % 以 上 2.0 重 量 % 以 下 であるノン アルコールのビールテイスト 飲 料 であって, A-2 phが3.0 以 上 4.5 以 下 であり, A-3 糖 質 の 含 量 が0.5g/100ml 以 下 である, B 前 記 飲 料 (3 E-20 phを 調 整 した 低 エキス 分 のビールテイスト 飲 料 特 許 権 侵 害 差 止 請 求 事 件 : 東 京 地 裁 平 成 27(ワ)1025 平 成 27 年 10 月 29 日 ( 民 40 部 ) 判 決 < 請 求 棄 却 > キーワード 特 許 発 明 の 進 歩 性 ( 特 29 条 2 項 ), 特 許 の 無 効 事 由 と 特 許 権 の 行 使 ( 特 104

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主 平 成 11 年 11 月 24 日 判 例 集 未 掲 載 大 阪 地 判 管 理 費 等 の 徴 収 中 間 取 得 者 の 支 払 義 務 1 特 別 修 繕 費 の 未 納 者 から 区 分 所 有 建 物 を 競 売 により 取 得 し さらに 第 三 者 にこれを 売 却 した 中 間 取 得 者 も 特 定 承 継 人 として 特 別 修 繕 費 等 の 支 払 義 務 を 負 うとした

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し (1) 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 が 生 じた 場 合 の 納 付 済 保 険 料 の 取 扱 い の 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 娘 は 20 年 以 上 前 から 精 神 疾 患 があり 平 成 25 年 に 主 治 医 を 替 え たところ 当 該 医 師 から 病 状 から 判 断 して 障 害 年 金 を 受 給 できるので はないか 一 度 障

More information

平成21年2月17日

平成21年2月17日 平 成 26 年 12 月 18 日 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 公 益 社 団 法 人 福 岡 中 部 法 人 会 福 岡 地 区 の5 公 益 社 団 法 人 会 は 平 成 28 年 度 の 税 制 改 正 に 関 して 中 小 企 業 に 係 る 税 制 を 中 心 に 下 記 のとおり その 実 現 を 強 く 要 望 します 記 1 重 点 要 望 事 項 1

More information

固定資産評価審査申出とは

固定資産評価審査申出とは H28.4 伊 那 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 1 固 定 資 産 評 価 審 査 申 出 とは 固 定 資 産 税 の 納 税 者 は 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 価 格 に 不 服 がある 場 合 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 に 審 査 の 申 出 ( 以 下 審 査 申 出 といいます )ができます 固 定 資 産 評 価 審 査 委

More information

⑨持分法基準

⑨持分法基準 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に 関 する 会 計 基 準 - 1 - 平 成 20 年 3 月 10 日 改 正 平 成 20 年 12 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 会 計 基 準 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 会 計 処 理 6 持 分 法 の 適 用 範 囲 6 被 投 資 会 社 の 財 務 諸 表 8 持 分 法

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

< F2D AD96B192B28DB894EF81458C8B89CA2890B3292E6A74>

< F2D AD96B192B28DB894EF81458C8B89CA2890B3292E6A74> 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスヒ ル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 23 年 10 月 20 日 3 請 求 の 内 容 (1) 主 張 事 実 の 要 旨 ア 北 海 道 議 会 ( 以 下 道 議 会 という

More information

り, 到 底 容 認 できるものではない ( 本 答 申 では 添 付 資 料 は 省 略 ) (2) 意 見 書 ア 任 意 団 体 という 弁 明 に 対 する 反 論 処 分 庁 は, 過 去 の 法 人 文 書 開 示 決 定 処 分 で, 千 葉 司 法 精 神 保 健 研 修 会 が 保

り, 到 底 容 認 できるものではない ( 本 答 申 では 添 付 資 料 は 省 略 ) (2) 意 見 書 ア 任 意 団 体 という 弁 明 に 対 する 反 論 処 分 庁 は, 過 去 の 法 人 文 書 開 示 決 定 処 分 で, 千 葉 司 法 精 神 保 健 研 修 会 が 保 諮 問 庁 : 国 立 大 学 法 人 千 葉 大 学 諮 問 日 : 平 成 27 年 8 月 3 日 ( 平 成 27 年 ( 独 情 ) 諮 問 第 35 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 11 月 20 日 ( 平 成 27 年 度 ( 独 情 ) 答 申 第 57 号 ) 事 件 名 : 特 定 の 祝 賀 会 に 関 する 文 書 の 不 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

著 名 な 雅 号, 芸 名 若 しくは 筆 名 若 しくはこれらの 著 名 な 略 称 を 含 む 商 標 (その 他 人 の 承 諾 を 得 ているものを 除 く ) については, 商 標 登 録 を 受 けることが できない 旨 を 規 定 している 商 標 法 4 条 1 項 は, 商 標

著 名 な 雅 号, 芸 名 若 しくは 筆 名 若 しくはこれらの 著 名 な 略 称 を 含 む 商 標 (その 他 人 の 承 諾 を 得 ているものを 除 く ) については, 商 標 登 録 を 受 けることが できない 旨 を 規 定 している 商 標 法 4 条 1 項 は, 商 標 G-221 (1) 出 願 商 標 山 岸 一 雄 大 勝 軒 審 決 取 消 請 求 事 件 : 知 財 高 裁 平 成 28( 行 ケ)10065 平 成 28 年 8 月 10 日 (4 部 ) 判 決 < 請 求 棄 却 > (2) 出 願 商 標 山 岸 一 雄 審 決 取 消 請 求 事 件 : 知 財 高 裁 平 成 28( 行 ケ)10066 平 成 28 年 8 月 10 日 (4

More information

平成7年4月28日最高裁判決で示された「その意図を外部からも覗い得る特段の行動」の意義(解釈)についての一考察

平成7年4月28日最高裁判決で示された「その意図を外部からも覗い得る特段の行動」の意義(解釈)についての一考察 論 説 平 成 7 年 4 月 28 日 最 高 裁 判 決 で 示 された その 意 図 を 外 部 からも 覗 い 得 る 特 段 の 行 動 の 意 義 ( 解 釈 )についての 一 考 察 - 重 加 算 税 が 賦 課 される 隠 ぺい 仮 装 の 対 象 となるのは 具 体 的 にいかなる 行 為 をいうのか( 過 少 申 告 行 為 そのもの は 隠 ぺい 仮 装 の 対 象 となるか)

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information