連 の 不 動 産 登 記 共 同 省 令 の 書 式 の 作 成 が 続 けられていました このため, 私 の 業 務 は, 発 令 された 民 法 関 連 の 共 同 省 令 に 基 づき, 毎 週 の 起 草 班 会 合 で 検 討 されていた 登 記 簿 および 登 記 申 請 書 の 書

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "連 の 不 動 産 登 記 共 同 省 令 の 書 式 の 作 成 が 続 けられていました このため, 私 の 業 務 は, 発 令 された 民 法 関 連 の 共 同 省 令 に 基 づき, 毎 週 の 起 草 班 会 合 で 検 討 されていた 登 記 簿 および 登 記 申 請 書 の 書"

Transcription

1 ~ 活 動 報 告 ~ JICA 長 期 専 門 家 の 業 務 を 終 えて JICA 国 際 協 力 専 門 員 弁 護 士 磯 井 美 葉 1.プロジェクトと 担 当 業 務 2013 年 4 月 から,2014 年 4 月 まで,カンボジア 民 法 民 事 訴 訟 法 普 及 プロジェクト ( 英 語 名 は Legal and Judicial Development Project Phase4 )の 長 期 専 門 家 として,1 年 間 プノンペンに 赴 任 しておりました 主 な 担 当 業 務 は, 不 動 産 登 記 に 関 する 共 同 省 令 の 起 草 普 及 支 援 でした 本 稿 では, 長 期 専 門 家 業 務 を 終 えての 雑 感 ということで, 業 務 の 様 子 とそのときど きに 感 じたことなどをご 紹 介 したいと 思 います 現 在 のプロジェクトは,2012 年 4 月 から 2017 年 3 月 までの5 年 間 の 予 定 で 実 施 さ れていますが,これまで 行 ってきた 個 別 の 起 草 支 援 をいったん 中 止 し, 民 法 民 事 訴 訟 法 を 理 解 した 中 核 人 材 の 育 成 を 目 指 しています 民 法 民 事 訴 訟 法 の 解 釈 運 用 普 及 や,そのために 必 要 な 法 令 の 起 草 改 正 を, 将 来 カンボジア 側 が 自 分 たちででき るようになってもらうためには,まずは 民 法 と 民 事 訴 訟 法 の 全 体 構 造 や 制 度 趣 旨 をき ちんと 理 解 したカンボジア 人 を 育 成 する 必 要 があるという 考 え 方 に 基 づいています しかし, 不 動 産 登 記 に 関 する 共 同 省 令 は, 現 在 のプロジェクトの 前 身 にあたる 法 制 度 整 備 プロジェクト(フェーズ3)で 支 援 していた 民 事 関 連 法 令 の 中 でも,カンボジ ア 側,および 当 時 の 専 門 家 チームをはじめとする 関 係 者 が, 相 当 の 労 力 を 割 いていた ものでした 民 事 訴 訟 法 を 実 施 するための 共 同 省 令 は,2011 年 3 月 に 発 令 されていま したが,その 後, 民 法 を 実 施 するための 共 同 省 令 の 起 草 作 業 が 続 いており,2012 年 3 月 のプロジェクト 終 了 時 も, 毎 週 の 起 草 班 会 合 が 開 催 されていました これを 途 中 で 打 ち 切 るのは 望 ましくなかったので, 新 しいプロジェクトにおいても, 開 始 から2 年 間 (2012 年 4 月 ~2014 年 3 月 )の 期 間 限 定 で 起 草 作 業 を 支 援 し,その 期 間 中 に, 少 な くとも 省 令 の 発 令 をめざすとともに, 可 能 であれば, 書 式 の 策 定 やある 程 度 の 普 及 セ ミナーの 開 催 も 支 援 することとしたものです その 後, 前 任 の 金 武 絵 美 子 専 門 家 ( 司 法 書 士 )のサポートのもと, 民 法 関 連 の 不 動 産 登 記 共 同 省 令 は,2013 年 1 月 にすでに 発 令 されたところでしたが, 私 が 赴 任 した 2013 年 4 月 には,カンボジア 側 と 合 意 した 支 援 期 間 が1 年 残 っており,また, 民 法 関 150

2 連 の 不 動 産 登 記 共 同 省 令 の 書 式 の 作 成 が 続 けられていました このため, 私 の 業 務 は, 発 令 された 民 法 関 連 の 共 同 省 令 に 基 づき, 毎 週 の 起 草 班 会 合 で 検 討 されていた 登 記 簿 および 登 記 申 請 書 の 書 式 作 成 についてアドバイスをするこ とと, 省 令 の 普 及 セミナーの 実 施 をサポートすることがメインとなりました なお, 金 武 元 専 門 家 は,2013 年 4 月 以 降, 日 本 司 法 書 士 会 連 合 会 と 国 土 管 理 都 市 計 画 建 設 省 ( 以 下 国 土 省 )との 合 意 により,カンボジアの 国 土 省 のアドバイザーとし て, 再 びプノンペンに 赴 任 しておられたので, 現 地 でも 必 要 に 応 じて 情 報 交 換 し,カ ンボジアの 土 地 制 度 についていろいろ 教 えて 頂 くこともありました 以 上 の 経 緯 から, 私 の 任 期 は1 年 であり, 通 常 の 長 期 専 門 家 が2 年 程 度 の 任 期 で 派 遣 されることが 多 いのと 比 べると, 短 い 期 間 でしたが, 私 自 身 は,2009 年 1 月 に, 短 期 専 門 家 として3 週 間, 司 法 省 と 国 土 省 の 協 議 に 参 加 したり,2009 年 4 月 以 降 4 年 間, JICA 本 部 で 客 員 専 門 員 ( 法 整 備 支 援 アドバイザー)としてカンボジアに 関 わったりし てきたので,カンボジアの 不 動 産 登 記 制 度 の 現 状 や 問 題 点, 関 係 者 の 顔 と 名 前 などは ある 程 度 把 握 しており, 業 務 そのものはスムーズに 開 始 することができました プロジェクトは, 日 本 人 の 長 期 専 門 家 が 私 を 含 め5 名,カンボジア 人 のスタッフが 6 名 でした 私 の 後 任 はいないので, 私 の 任 期 満 了 により,2014 年 4 月 以 降 は 日 本 人 が4 名 になっています プロジェクトオフィスの 様 子 ICD NEWS 第 59 号 (2014.6) 151

3 2. 不 動 産 登 記 共 同 省 令 の 起 草 班 会 合 私 の 担 当 していた 不 動 産 登 記 共 同 省 令 の 起 草 班 は, 司 法 省 と 国 土 省 のメンバーで 構 成 されて, 毎 週 木 曜 日 の 午 後, 司 法 省 内 のプロジェクト 会 議 室 で 会 合 をしていました 名 簿 上 のメンバーは 20 名 余 りでしたが, 実 際 に 会 合 に 参 加 していたのは,1 年 を 通 じて,だいたい4 名 程 度 でした 人 材 育 成 の 観 点 からは,もっと 出 席 してもらえると よかったのですが, 書 式 やセミナーの 準 備 などのタスクを 進 める 必 要 もあり,そのた めに 必 要 なコアのメンバーは 参 加 してくれていたので, 出 席 率 を 上 げることは 特 に 目 指 しませんでした 毎 回 出 席 してくれていたメンバーは, 物 権 法 や 不 動 産 登 記 についてもよく 理 解 して おり, 特 に 国 土 省 の 登 記 局 長 ( 当 時 )は, 民 法, 民 事 訴 訟 法 の 内 容 や 考 え 方, 日 本 の 登 記 の 考 え 方 についても 十 分 理 解 してくれていました 司 法 省 側 のメンバーも,かつ ては, 誤 った 認 識 に 基 づいていろいろと 質 問 したり 意 見 を 述 べたりすることもありま したが, 私 が 赴 任 したころには, 民 法, 民 事 訴 訟 法 の 考 え 方 もよく 理 解 しており,と きどき 誤 解 に 基 づく 発 言 があっても,こちらが 説 明 すればスムーズに 理 解 してくれる ようになっていたと 思 います これは, 私 が 本 格 的 にカンボジアの 法 整 備 支 援 に 関 わ り 始 めた 2009 年 ごろと 比 べると 格 段 の 進 歩 であり,ご 本 人 たち,そしてこれまでの 専 門 家 の 方 たちの 苦 労 の 賜 物 でもあると 思 います 3.その 他 の 起 草 支 援 司 法 省 次 官 の 依 頼 により, 不 動 産 登 記 共 同 省 令 以 外 に, 夫 婦 財 産 契 約 登 記 省 令, 法 人 登 記 省 令 についても, 起 草 班 会 合 を 持 ちました これらはいずれも 司 法 省 単 独 の 省 令 です 夫 婦 財 産 契 約 登 記 省 令 については, 過 去 の 専 門 家 の 支 援 のもと,ほぼ 条 文 案 は 完 成 していましたが,2013 年 7 月 に 行 われた 国 民 議 会 選 挙 の 影 響 もあり, 司 法 省 次 官 から, 突 如, 早 急 に 発 令 したいとの 要 請 があり, 対 応 することになりました こちらは 2013 年 8 月 に 発 令 されました また,そのあとは, 法 人 登 記 省 令 についても 検 討 することになりました カンボジ アでは, 法 人 制 度 として, 民 法 の 適 用 開 始 より 前 に, 営 利 企 業 の 登 記 登 録 ( 商 業 省 ) と,NGO の 登 記 登 録 ( 内 務 省 )が 実 施 されており,しかも, 内 務 省 の NGO 法 案 が 起 草 されながらなかなか 成 立 しない 状 態 のため, 民 法 に 基 づく 非 営 利 社 団 法 人 の 適 用 範 囲 はあまりはっきりしていないのですが,これも 2013 年 7 月 の 国 民 議 会 選 挙 後, 司 法 省 でも 前 に 進 めようという 方 針 になったようです こちらの 作 業 は,10 月 ごろから, 毎 週 会 合 を 開 いて 検 討 しましたが, 私 の 任 期 中 に 152

4 は, 条 文 と 書 式 の 確 認 を 終 えたにとどまり, 発 令 には 至 っていません 4. 普 及 セミナー 講 義 スタイルのセミナーは, 主 に 以 下 の 通 り 開 催 しました 2013 年 5 月 不 動 産 登 記 共 同 省 令 (プノンペン, 担 保 に 関 する 小 規 模 セミナー) 2013 年 12 月 不 動 産 登 記 共 同 省 令 (プノンペン, 日 本 の 先 生 方 による 講 義 ) 2014 年 1 月 不 動 産 登 記 共 同 省 令 (プノンペン) 2014 年 1 月 不 動 産 登 記 共 同 省 令 (シェムリアップ 州, 司 法 省 及 び 国 土 省 メンバ ーによる 講 義 ) 2014 年 2 月 不 動 産 登 記 共 同 省 令 (コッコン 州, 司 法 省 及 び 国 土 省 メンバーによ る 講 義 ) 2014 年 2 月 不 動 産 登 記 共 同 省 令 (モンドルキリ 州, 司 法 省 及 び 国 土 省 メンバー による 講 義 ) 2014 年 2 月 夫 婦 財 産 契 約 登 記 省 令 (プノンペン) それぞれのセミナーについて, 講 義 中 の 焦 りや 反 省 点, 終 わった 後 の 達 成 感 など, カンボジア 側 起 草 班 メンバーによるセミナー 講 義 ICD NEWS 第 59 号 (2014.6) 153

5 いろいろなことを 思 い 出 しますが,2014 年 1 月 から2 月 にかけて 地 方 で 実 施 したセミ ナーでは, 司 法 省 及 び 国 土 省 の 起 草 班 メンバーに 講 義 してもらいました 普 段 の 会 合 では 準 備 の 時 間 が 足 りなくなってしまったので, 結 局 私 がセミナーのための 原 稿 を 用 意 し,それを 参 考 にしてもらうことにしたのですが, 若 手 の 司 法 省 職 員 が, 予 想 以 上 にしっかり 内 容 を 理 解 して 自 分 のものにし,それを 参 加 者 にわかりやすく 伝 えようと していたのがとても 印 象 的 でした 本 人 も 講 義 をしてみて 自 信 がついたようで, 終 了 後 に, こういう 機 会 を 与 えてもらい,プロジェクトに 感 謝 している と 言 ってくれた のも,とても 嬉 しかったことです カンボジアでは, 若 手 がシニアの 参 加 者 に 対 して 講 義 をするのはまだまだ 慣 習 上 難 しいことのようで, 上 記 のセミナーについても, 後 日, 若 手 が 講 義 をするのはよくな い という 意 見 も 出 たようです 年 齢 や 序 列 に 関 係 なく, 専 門 知 識 のある 人 の 話 に 耳 を 傾 けることは,カンボジアの 発 展 にとって 必 要 なことだと 思 うので,その 点 は 残 念 ですが, 今 回 このような 経 験 をしてもらえたのはよかったと 思 います 5. 言 語 と 通 訳 カンボジアの 法 整 備 支 援 における 現 地 の 定 例 会 合 は,これまで 主 に 英 語 クメール 語 の 通 訳 を 介 して 行 っていました 2012 年 に 王 立 法 律 経 済 大 学 / 名 古 屋 大 学 日 本 法 セ ンターの 第 1 期 生 を2 名 採 用 してから, 日 本 語 のできるカンボジア 人 スタッフの 力 も 借 りることができるようになりました ただし, 私 自 身 は, 普 段 の 活 動 は 英 語 クメール 語 の 通 訳 スタッフをメインにお 願 いしていました 過 去 の 起 草 作 業 との 連 続 性 を 保 つためということもありますし, 起 草 支 援 という 活 動 の 性 質 上, 最 終 的 には, 成 果 品 である 省 令 を,カンボジア 人 のみな らず,カンボジアで 活 動 している 国 際 機 関 や NGO, 外 国 人 ビジネスパーソンにも 広 く 公 開 する 必 要 があるためです 会 合 では, 単 語 を 忘 れたり,わかりやすい 表 現 をすぐに 思 いつかなかったりして 手 間 取 ってしまうこともありましたが,スタッフも 法 律 をよく 理 解 しているので, 私 の 意 図 をよく 理 解 してくれ, 大 いに 助 けてもらいました 英 語 で 法 律 の 議 論 をする 際 には, 英 米 法 の 考 え 方 と 大 陸 法 に 近 い 日 本 やカンボジア の 民 法 や 民 事 訴 訟 法 の 概 念 の 間 に 大 きな 違 いがあるため, 一 般 的 にはやりにくかった り 誤 解 が 生 じやすかったりすると 言 われます しかし,カンボジアのプロジェクトで の 日 常 の 活 動 では,その 点 でストレスを 感 じることはほとんどありませんでした そ れは,90 年 代 後 半 からの 活 動 の 蓄 積 があり,しかも, 民 法 と 民 事 訴 訟 法 は 日 本 が 起 草 支 援 しているので, 内 容 についてこちらが 情 報 を 持 っているためだと 思 います 民 法 154

6 と 民 事 訴 訟 法 の 英 訳 も, 日 本 語,クメール 語 の 条 文 をベースに 日 本 側 で 用 意 したもの であり,カンボジア 人 のスタッフや 英 語 のできる 法 律 家 たちも,それをベースに 勉 強 しています このため,カンボジアの 民 法 民 訴 法 の 話 をするときは, 日 本 語 で 想 定 する 概 念 をそのまま 英 語 に 置 き 換 えて 使 えば,ほとんど 誤 解 はないと 思 います ただし, 日 本 の 用 意 している 英 訳 の 意 図 するところが,カンボジア 人 以 外 の 外 国 人 にスムーズに 理 解 される 訳 ではありません 特 にもともと 英 語 圏 の 出 身 者 で, 英 米 法 の 概 念 をベースにした 外 国 人 には, 民 法 民 訴 法 の 英 訳 が 採 用 している 表 現 や 概 念 は, わかりにくいのではないかと 思 います 他 のドナーや 外 国 人 ビジネスパーソンとの 意 見 交 換 では, 民 法 や 民 訴 法 の 概 念 が 誤 解 されていたり, 当 方 との 認 識 のずれがあった りすることを 感 じました こちらも, 英 米 法 の 概 念 をある 程 度 理 解 した 上 で, 誤 解 や 認 識 のずれを 埋 めていく 必 要 があると 感 じます セミナー 等 で 自 分 が 講 義 をする 際 にも,できるところまで 英 語 を 使 うようにしまし た 2 日 間 の 講 義 では,1 日 目 を 英 語 で,2 日 目 を 日 本 語 で 行 ったりしました 大 勢 の 前 での 講 義 なので, 英 語 で 原 稿 を 用 意 して,こちらも 苦 労 しましたし, 度 胸 だけで よくこんなことを,と 我 ながら 思 うのですが, 決 してきれいな 英 語 でなくても,スタ ッフが 内 容 を 理 解 して 通 訳 してくれますし,クメール 語 だけでなく, 英 語 のテクニカ ルタームを 参 加 者 に 耳 にしてもらえることはメリットであったと 思 います 不 動 産 登 記 省 令 普 及 セミナーの 開 会 式 ICD NEWS 第 59 号 (2014.6) 155

7 6. 他 のドナーとの 意 見 交 換 カンボジア 滞 在 中 は,せっかく 現 地 にいるので, 法 律 分 野 のドナー 関 係 者 とのネッ トワークも 広 げるように 心 がけました 言 葉 の 壁 もあり,インタビュー 以 上 に, 会 っ て 雑 談 をするような 関 係 にまではなかなかなりませんでしたが,GIZ の 国 土 省 アドバ イザーや USAID のプロジェクトを 実 施 している EWMI(East West Management Institute)のアドバイザー,NGO にいる 外 国 人 弁 護 士, 現 地 の 法 人 権 分 野 のドナー のチェアとなった 国 連 OHCHR の 担 当 者,ADB のコンサルタントの 方 たちなどからお 話 を 伺 うことができました 7. 帰 国 後 カンボジア 在 任 中 は,できるだけのことをしたつもりでしたが, 今 考 えるといろい ろ 積 み 残 したこと,もっとやればよかったと 思 うことがあります また, 若 手 の 人 材 は 少 しずつ 育 っていると 思 いますが, 民 法 民 事 訴 訟 法 は,いろ いろな 要 因 でまだまだ 趣 旨 どおりに 動 いているとは 言 えません 幸 い,カンボジアから 帰 任 して, 再 び JICA 本 部 の 国 際 協 力 専 門 員 として, 引 き 続 き 法 整 備 支 援 に 関 与 しており,カンボジアも 引 き 続 き 担 当 する 予 定 ですので, 今 後 も, 日 本 からできることをしていきたいと 思 います 以 上 156

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利 別 紙 2 土 地 売 買 契 約 等 に 伴 う 留 意 事 項 の 文 書 確 認 について 前 茂 充 近 畿 地 方 整 備 局 用 地 部 用 地 対 策 課 ( 540-8586 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 1-5-44) 被 補 償 者 が 用 地 買 収 により 補 償 金 を 受 け 取 ることによって 所 得 税 や 住 民 税 が 増 えたり 各 種 年 金

More information

Microsoft Word ヒヤリング結果.doc

Microsoft Word ヒヤリング結果.doc 自 動 車 整 備 士 へのヒヤリング 結 果 1. 対 象 者 所 属 性 別 役 職 整 備 士 資 格 勤 続 年 数 ディーラ 女 性 主 任 2 級 ガソリン 2 級 ジーゼル 19 年 男 性 主 任 検 査 員 2 級 ガソリン 2 級 ジーゼル 14 年 専 業 A 女 性 2 級 ガソリン 20 年 男 性 2 級 ガソリン 9 年 専 業 B 女 性 2 級 ガソリン 3 年 男

More information

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc

Microsoft Word - sennsyuu mennkyojyou 1.doc 私 たち 養 護 教 諭 の 職 務 は 時 代 と 共 にかたちを 変 え,そのニーズに 応 えようと 学 ぶべき 研 修 内 容 も 変 化 してきました 県 内 には, 幅 広 い 年 齢 層 の 養 護 教 諭 が 勤 務 していますが,その 職 務 への 期 待 は 年 齢 に 関 係 ありません 静 岡 県 内 には, 与 えられた 研 修 だけでなく 自 ら 進 んで 資 質 向 上

More information

( 資 料 )

( 資 料 ) 読 書 活 動 の 推 進 に 向 けた 取 り 組 み ~ 学 校 図 書 館 支 援 員 の 有 効 活 用 ~ 越 前 市 王 子 保 小 学 校 本 年 度 より 学 校 図 書 館 支 援 事 業 として 本 校 に 毎 週 月 曜 日 と1 3 5 週 の 木 曜 日 に 図 書 支 援 員 を 迎 えることになった 本 校 の 支 援 員 さんは 図 書 ボ ランティアとしての 経 歴

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63> 食 肉 センター 事 業 特 別 会 計 に 係 る 過 少 申 告 加 算 税 および 延 滞 税 の 支 出 差 止 め に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 20 年 11 月 11 日

More information

損害保険の保険金支払に関するガイドライン

損害保険の保険金支払に関するガイドライン 損 害 保 険 の 保 険 金 支 払 に 関 するガイドライン 一 般 社 団 法 人 日 本 損 害 保 険 協 会 2012 年 4 月 Ⅰ.はじめに ~ 本 ガイドラインの 目 的 ~... 2 Ⅱ. 保 険 金 支 払 にあたっての 基 本 姿 勢... 2 1.お 客 さまの 視 点 に 立 った 対 応... 2 2. 損 害 保 険 会 社 の 社 会 的 な 役 割 をふまえた 保

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

「報・連・相」の方法

「報・連・相」の方法 1 All Rights Reserved Copyright 資 産 工 学 研 究 所 LIMITED 2012 2 All Rights Reserved Copyright 資 産 工 学 研 究 所 LIMITED 2012 報 連 相 の 方 法 はじめに 本 資 料 は ビジネスパーソンがあいまいに 使 用 している 報 連 相 の 定 義 と 方 法 を 詳 細 に 紹 介 す るものです

More information

c) 共 済 スタッフの 状 況 異 動 者 本 人 宛 てに メールで 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員 記 載 事 項 変 更 届 など 共 済 組 合 関 係 の 書 類 の 周 知 を 行 って いたところである 提 出 する 書 類 としては 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員

c) 共 済 スタッフの 状 況 異 動 者 本 人 宛 てに メールで 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員 記 載 事 項 変 更 届 など 共 済 組 合 関 係 の 書 類 の 周 知 を 行 って いたところである 提 出 する 書 類 としては 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員 平 成 27 年 度 人 事 異 動 時 における 認 定 事 務 等 に 関 する 改 善 の 取 組 手 間 をかけず 既 存 ツールを 活 用 した 異 動 パターン 別 表 の 導 入 と 効 果 釧 路 開 発 建 設 部 総 務 課 今 村 磨 菅 原 明 日 人 事 異 動 時 に 届 出 が 必 要 となる 書 類 は 種 類 が 多 く 提 出 先 も 異 なることから 提 出 者

More information

平 成 27 年 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 第 10 回 臨 時 会 会 議 録 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 平 成 27 年 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 第 10 回 臨 時 会 議 事 日 程 告 示 年 月 日 平 成 27 年 7 月 22 日 開 催 年 月 日 平 成 27 年 7 月 29 日 ( 水 曜 日 ) 開 催 場 所 JA 上 伊 那 アイパルいなん4

More information

1.マンション 管 理 会 社 と 管 理 業 界 についての 基 本 知 識 (1)マンション 管 理 業 者 マンション 管 理 適 正 化 法 で 管 理 業 者 の 登 録 制 度 が 導 入 された 1 国 土 交 通 省 のマンション 管 理 業 者 登 録 簿 に 登 録 が 必 要

1.マンション 管 理 会 社 と 管 理 業 界 についての 基 本 知 識 (1)マンション 管 理 業 者 マンション 管 理 適 正 化 法 で 管 理 業 者 の 登 録 制 度 が 導 入 された 1 国 土 交 通 省 のマンション 管 理 業 者 登 録 簿 に 登 録 が 必 要 平 成 24 年 9 月 29 日 財 団 法 人 まちみらい 千 代 田 マンション 管 理 セミナー 管 理 会 社 の 上 手 な 活 用 法 飯 田 太 郎 はじめに 日 本 でマンション( 区 分 所 有 の 共 同 住 宅 )が 登 場 してから 約 50 年 が 経 過 しました 都 市 住 宅 として 急 速 に 普 及 し 東 京 23 区 では 全 世 帯 の 30% 近 く 千

More information

労 働 者 派 遣 法 政 令 26 業 務 解 釈 例 集 社 団 法 人 日 本 人 材 派 遣 協 会

労 働 者 派 遣 法 政 令 26 業 務 解 釈 例 集 社 団 法 人 日 本 人 材 派 遣 協 会 26 26 22 26 107 26 26 26 26 26 TEL03-3222-1601E-mailsomu@jassa.jp 労 働 者 派 遣 法 政 令 26 業 務 解 釈 例 集 社 団 法 人 日 本 人 材 派 遣 協 会 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

More information

手 順 1: 管 理 会 社 との 役 割 分 担 の 確 認 マンション 管 理 組 合 の 業 務 を 管 理 会 社 に 委 託 している 場 合 滞 納 者 への 督 促 業 務 について 具 体 的 にどのよう に 委 託 しているかを 管 理 委 託 契 約 書 で 確 認 します 意

手 順 1: 管 理 会 社 との 役 割 分 担 の 確 認 マンション 管 理 組 合 の 業 務 を 管 理 会 社 に 委 託 している 場 合 滞 納 者 への 督 促 業 務 について 具 体 的 にどのよう に 委 託 しているかを 管 理 委 託 契 約 書 で 確 認 します 意 2013 年 8 月 第 19 回 管 理 費 を 払 わない 区 分 所 有 者 への 対 応 公 認 不 動 産 コンサルティングマスター 矢 島 尚 司 概 要 マンション 等 の 区 分 所 有 物 件 の 管 理 組 合 の 役 員 になると 不 慣 れなことをやらなければならなくなることがあ ります その 中 でも 管 理 費 を 滞 納 する 区 分 所 有 者 への 督 促 の 対

More information

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等 北 見 市 障 害 福 祉 サービス 請 求 等 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 除 く)の 手 引 き - 目 次 - 1. 対 象 サービス -2-2. 障 害 福 祉 サービスの 流 れ( 概 要 ) -3-3. 契 約 -4- 受 給 者 証 への 記 載 契 約 内 容 報 告 書 についてはこちら 4. サービス 提 供 -5- 計 画 サービス 提 供 の 確 認 についてはこちら

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

< 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援 ボランティアへの 参 加 登 録 2-3. 登 録 者 への 派 遣 要 請 情 報 の 配 信

< 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援 ボランティアへの 参 加 登 録 2-3. 登 録 者 への 派 遣 要 請 情 報 の 配 信 災 害 時 透 析 業 務 支 援 ボランティア 活 動 マニュアル ver.1.10 2014 年 6 月 公 益 社 団 法 人 日 本 臨 床 工 学 技 士 会 災 害 対 策 委 員 会 < 目 次 > 1. ボランティア 活 動 の 心 構 え 2. 支 援 ボランティア 登 録 から 現 地 派 遣 まで 2-1. 要 項 の 確 認 と 情 報 の 収 集 2-2. 業 務 支 援

More information

13回会議録【概要】

13回会議録【概要】 第 13 回 兵 庫 県 本 人 確 認 情 報 保 護 審 議 会 会 議 録 1 会 議 の 日 時 及 び 場 所 (1) 日 時 平 成 26 年 12 月 22 日 ( 月 )13 時 ~14 時 30 分 (2) 場 所 兵 庫 県 庁 第 3 号 館 7 階 第 7 委 員 会 室 2 出 席 委 員 の 氏 名 柴 田 眞 里 申 吉 浩 塔 下 佳 里 中 川 丈 久 永 吉 一

More information

2 経 営 者 との 間 で 経 営 者 保 証 に 係 る 契 約 を 締 結 する 際 の 債 権 者 の 対 応 ( 適 切 な 説 明 適 切 な 保 証 金 額 の 設 定 等 ) 3 既 存 の 保 証 契 約 の 適 切 な 見 直 し( 保 証 契 約 の 解 除 申 入 れがあった

2 経 営 者 との 間 で 経 営 者 保 証 に 係 る 契 約 を 締 結 する 際 の 債 権 者 の 対 応 ( 適 切 な 説 明 適 切 な 保 証 金 額 の 設 定 等 ) 3 既 存 の 保 証 契 約 の 適 切 な 見 直 し( 保 証 契 約 の 解 除 申 入 れがあった LM ニュースレター Vol.9 平 成 26 年 8 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドラインを 利 用 した 保 証 債 務 整 理 日 本 商 工 会 議 所 と 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 が 事 務 局 となっている 経 営 者 保 証 に 関 するガイ およ 任 ドライン 研 究 会 より 昨 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 1 (

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

北海道臨床工学技士会ニュース

北海道臨床工学技士会ニュース 2015-(1) 公 益 社 団 法 人 北 海 道 臨 床 工 学 技 士 会 ニュース 2015 年 2 月 公 益 社 団 法 人 北 海 道 臨 床 工 学 技 士 会 ニュース No.121 ホームページ http://hcea.umin.ac.jp 事 務 局 へのお 問 い 合 わせは 上 記 Homepage お 問 い 合 わせフォームより 発 行 人 : 室 橋 高 男 060-8543

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

福岡マンション管理基礎セミナー

福岡マンション管理基礎セミナー 福 岡 マンション 管 基 礎 セミナー 管 組 合 と 管 会 社 が 行 う 業 務 と 役 割 課 題 について ~ 管 会 社 上 手 な 使 い 方 ~ 中 島 法 律 事 務 所 弁 護 士 中 島 繁 樹 1.マンション 管 規 約 国 土 交 通 省 作 成 マンション 標 準 管 規 約 第 32 条 管 組 合 業 務 第 33 条 業 務 委 託 ( 業 務 ) 第 32 条

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2 平 成 25 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 千 千 千 5,594,744,222 164,19 62,94

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

東京港の交通混雑対策について 質疑

東京港の交通混雑対策について 質疑 1. 東 京 港 の 交 通 混 雑 対 策 について まず 東 京 港 の 交 通 混 雑 対 策 について 伺 う 東 京 港 は 首 都 圏 4000 万 人 の 生 活 を 支 える 重 要 な 機 能 を 担 っ ており 日 々 絶 えることなく 食 品 や 衣 類 など 生 活 必 需 品 の 詰 まっ た 多 くのコンテナが 運 び 出 されている 2020 年 東 京 オリンピック

More information

46【選択研修⑥:業務遂行能力開発コース】研修ガイド(説得力)

46【選択研修⑥:業務遂行能力開発コース】研修ガイド(説得力) ~ひと 目 でわかる 相 手 を 納 得 させる 資 料 の 作 り 方 ~ 説 得 力 をアップする 図 解 表 現 講 座 自 らの 業 務 に 関 係 のあるテーマを 用 意 し わかりやすく 効 果 的 に 見 せる 図 解 資 料 を 作 成 します のアドバイスを 受 けながら A4 一 枚 の 図 解 にまとめます 論 理 的 なストーリーの 組 立 て 方 を 学 び ひと 目 でわかる

More information

平 成 1 3 年 度

平 成 1 3 年 度 27 豊 建 維 第 33-3 号 平 成 27 年 7 月 31 日 豊 前 市 監 査 委 員 初 山 吉 治 様 豊 前 市 監 査 委 員 鈴 木 正 博 様 豊 前 市 長 後 藤 ( 建 設 課 ) 元 秀 定 期 監 査 等 の 結 果 について( 回 答 ) 平 成 27 年 5 月 に 実 施 されました 定 期 監 査 等 においてご 指 摘 いただきました 事 項 について 下

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033835A83628356838783933295F18D903181698D828E52816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2033835A83628356838783933295F18D903181698D828E52816A> 第 2 セッション 第 1 報 告 留 学 生 に 対 する 英 語 による 日 本 法 教 育 - 刑 事 法 を 中 心 に- 京 都 大 学 : 高 山 佳 奈 子 < 高 山 > 京 都 大 学 の 高 山 でございます 私 のほうもパワーポイントとかコンピュータとか 準 備 し ていなくて この3ページのレジュメだけで 発 表 をさせていただきます 後 の 櫻 田 先 生 の 資 料 が

More information

第 3の3の 具 体 的 な 事 情 について, 借 金 の 時 期 やその 使 途 等 について 過 不 足 なく 記 載 しているか 第 3の7の 差 押 え, 訴 訟 の 有 無 について, 記 載 漏 れ,チェック 漏 れがないか 第 4についてチェック 漏 れ, 記 載 漏 れがないか,

第 3の3の 具 体 的 な 事 情 について, 借 金 の 時 期 やその 使 途 等 について 過 不 足 なく 記 載 しているか 第 3の7の 差 押 え, 訴 訟 の 有 無 について, 記 載 漏 れ,チェック 漏 れがないか 第 4についてチェック 漏 れ, 記 載 漏 れがないか, 個 人 再 生 手 続 申 立 てチェックリスト ver4,0 このチェックリストは, 申 立 書 の 作 成 にあたり, 各 項 目 をチェック( 確 認 調 査 検 討 )していくことにより, 申 立 書 を 正 確 に 作 成 するためのものです 各 チェック 項 目 は, 添 付 書 類 一 覧 表 で 提 出 すべき 資 料 としているにもかかわらず, これまで 提 出 忘 れが 多 かったものや,

More information

最 近 このノートテイカーさん 元 気 がないけどどうしたんだろう? とか 上 手 く 書 け ないという 気 持 ちがあるから 元 気 がないのか? など その 辺 りまで 気 を 配 り 上 手 く 回 わ せるようになって 欲 しいです 講 義 保 障 には 様 々な 人 達 がかかわります

最 近 このノートテイカーさん 元 気 がないけどどうしたんだろう? とか 上 手 く 書 け ないという 気 持 ちがあるから 元 気 がないのか? など その 辺 りまで 気 を 配 り 上 手 く 回 わ せるようになって 欲 しいです 講 義 保 障 には 様 々な 人 達 がかかわります 講 義 における 聴 覚 障 害 学 生 への 教 育 的 配 慮 について 河 野 純 大 先 生 ( 筑 波 技 術 大 学 准 教 授 ) 1. 講 義 時 の 心 がまえ みんなの 一 歩 ずつの 歩 み 寄 りが 大 切 私 が 言 いたいのはここです 教 員 として 誰 に 向 かって 講 義 していますか? 講 義 にはいろいろな 学 生 が 来 ています そして きこえ ない 学 生

More information

R&D提案書2014_00w

R&D提案書2014_00w 最 新! 製 品 安 全 対 策 取 り 組 みの 流 通 小 売 事 業 者 向 け R&D 2014 年 版 www.tdn-japan.com TDN インターナショナル 株 式 会 社 当 社 の R&D コンサルティングについて 一 般 的 に R&D(Research and development) は 研 究 開 発 と 解 釈 され 新 製 品 開 発 という 企 業 の 将 来

More information

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 本 約 款 は お 客 様 と SBI FX トレード 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます)との 間 で 行 なう 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 ( 以 下 本 取 引 といいます)に 関 する 権 利 義 務 関 係 等 を 明 確 にするための 取 り 決 めで ( 定 義 ) 第 2 条 本

More information

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで 2011 年 10 月 20 日 ロイヤリング 講 義 講 師 : 弁 護 士 室 谷 光 一 郎 先 生 文 責 須 藤 勇 人 ジェンダー セクシュアリティの 法 律 問 題 世 の 中 は 法 律 だけで 動 いている 訳 ではないので 色 々なものに 目 を 向 けなけれ ばいけないと 考 えています 法 律 馬 鹿 になってしまうと 経 済 や 社 会 の 状 況 が 読 めなくなってしまいます

More information

本 当 のまちづくりということを 都 市 計 画 のところから 考 えないと 難 しいので はないか 〇 地 域 における 支 えあい 推 進 のための 会 議 について 家 事 援 助 等 の 支 援 を 行 っ ている 団 体 事 業 者 の 意 見 も 参 考 になるのではないか 〇 地 域

本 当 のまちづくりということを 都 市 計 画 のところから 考 えないと 難 しいので はないか 〇 地 域 における 支 えあい 推 進 のための 会 議 について 家 事 援 助 等 の 支 援 を 行 っ ている 団 体 事 業 者 の 意 見 も 参 考 になるのではないか 〇 地 域 差 替 保 健 福 祉 審 議 会 2014/6/19 第 5 回 介 護 地 域 包 括 ケア 部 会 資 料 3 第 4 回 介 護 地 域 包 括 ケア 部 会 までの 意 見 整 理 介 護 保 険 基 盤 整 備 について 〇 地 域 密 着 型 サービスの 基 盤 整 備 が 進 んでいない 公 有 地 の 有 効 活 用 やすでに 特 別 養 護 老 人 ホームを 運 営 している 法

More information

<5461726F2D3933208CA795F18CB48D65816993648E718366815B835E816A20>

<5461726F2D3933208CA795F18CB48D65816993648E718366815B835E816A20> 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 新 潟 市 西 区 寺 尾 東 二 丁 目 23 番 37 号 山 下 省 三 2 請 求 の 要 旨 平 成 20 年 4 月 に 県 立 がんセンター 新 潟 病 院 に 採 用 された 職 員 に 対 する 以 下 の 赴 任 旅 費 の 支 出 は 違 法 不 当 である (1) 平 成 20 年

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6 主 文 一 被 告 栃 木 県 宇 都 宮 県 税 事 務 所 長 が 原 告 に 対 し 別 紙 目 録 記 載 の 建 物 につき 昭 和 五 一 年 一 二 月 一 〇 日 付 けでした 課 税 標 準 を 金 三 億 一 五 六 一 万 九 〇 〇 〇 円 税 額 を 金 九 四 六 万 八 五 七 〇 円 とする 不 動 産 取 得 税 賦 課 決 定 を 取 り 消 す 二 被 告 栃

More information

<5461726F2D30373081468DE08C609299927E93998AD68C578E9696B18EE6>

<5461726F2D30373081468DE08C609299927E93998AD68C578E9696B18EE6> 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 要 項 ( 昭 和 63 年 4 月 1 日 制 定 ) ( 趣 旨 ) 第 1 本 学 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下 財 形 貯 蓄 等 という )の 事 務 の 取 扱 いについては 勤 労 者 財 産

More information

untitled

untitled 広 島 大 学 高 等 教 育 研 究 開 発 センター コリーグ 編 集 発 行 広 島 大 学 高 等 教 育 研 究 開 発 センター 739-8512 東 広 島 市 鏡 山 1-2-2 TEL 082-424-6240 FAX 082-422-7104 URL: http://rihe.hiroshima-u.ac.jp 2011 年 4 月 コリーグ 44 号 目 次 巻 頭 言 戦 略

More information

Microsoft Word - 記者会見要旨

Microsoft Word - 記者会見要旨 会 見 要 旨 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 1 日 時 平 成 26 年 5 月 29 日 ( 木 曜 日 ) 午 前 11 時 ~ 2 場 所 市 役 所 東 庁 舎 2 階 大 会 議 室 3 内 容 大 学 病 院 の 建 設 に 関 する 協 定 調 印 式 4 調 印 5 出 席 者 岡 崎 市 長 内 田 康 宏 学 校 法 人 藤 田 学 園 理 事

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB91538E968BC68F8A88EA90C48EC08E7B8270819582602E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB91538E968BC68F8A88EA90C48EC08E7B8270819582602E646F63> Q1 市 民 税 県 民 税 ( 個 人 住 民 税 )の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 事 業 者 ( 特 別 徴 収 義 務 者 )が 従 業 員 ( 納 税 義 務 者 )に 対 して 支 払 う 給 与 から 市 民 税 県 民 税 ( 個 人 住 民 税 )を 天 引 きし 従 業 員 に 代 わってその 従 業 員 に 課 税 した 市 町 村 に 納 入 する 制 度 です Q2

More information

vol.8 no.1 p.1-7

vol.8 no.1 p.1-7 上 武 大 学 ビジネス 情 報 学 部 紀 要 第 8 巻 第 1 号 (2009 年 12 月 ) 寄 稿 上 武 大 学 駅 伝 部 箱 根 駅 伝 出 場 までの 歩 み 花 田 勝 彦 HANADA Katsuhiko 2004 年 に 創 部 された 上 武 大 学 駅 伝 部 は 2008 年 10 月 に 行 われた 第 85 回 箱 根 駅 伝 予 選 会 で 総 合 3 位 となり

More information

問 10 問 11 問 12 問 13 問 14 問 15 問 16 問 17 問 18 問 19 問 20 セミナー 及 びレセプションへの 参 加 酒 食 を 伴 うシンポジウムへの 出 席 1 泊 2 日 の 会 議 講 演 会 への 出 席 フォーラムへの 出 席 1 フォーラムへの 出 席

問 10 問 11 問 12 問 13 問 14 問 15 問 16 問 17 問 18 問 19 問 20 セミナー 及 びレセプションへの 参 加 酒 食 を 伴 うシンポジウムへの 出 席 1 泊 2 日 の 会 議 講 演 会 への 出 席 フォーラムへの 出 席 1 フォーラムへの 出 席 国 家 公 務 員 倫 理 規 程 事 例 集 ( 平 成 24 年 増 補 版 ) 国 家 公 務 員 倫 理 審 査 会 事 務 局 はじめに 国 家 公 務 員 倫 理 審 査 会 事 務 局 では 倫 理 事 務 担 当 者 の 参 考 に 資 するため 平 成 13 年 に 国 家 公 務 員 倫 理 規 程 事 例 集 を 発 行 して 以 来 平 成 14 年 改 訂 版 平 成 15

More information

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上 市 街 地 再 開 発 事 業 の 今 後 の 展 開 に 関 する 検 討 会 ワーキンググループにおける 検 討 概 要 目 的 再 開 発 ビルの 再 生 ( 建 替 え リニューアル 等 )について 具 体 地 区 における 課 題 を 洗 い 出 し 必 要 な 方 策 等 について 検 討 を 行 うとともに 必 要 に 応 じて 国 に 制 度 提 案 等 を 行 う 検 討 地 区

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 年 金 生 活 者 ですが 年 金 を 担 保 にお 金 を 借 りることができると 聞 きました 貸 付 制 度 の 内 容 について 教 えてください Q2 震 災 で 家 屋 が 倒 壊 損 傷 しました 家 屋 の 建 替 資 金 補 修 資 金 のための 支 援 や 新 規 融 資 を 受 けられ ないでしょうか Q3 恩 給 共 済 年 金 担 保 貸 付 の 内 容 について

More information

公文書非公開決定処分に関する諮問について(答申)

公文書非公開決定処分に関する諮問について(答申) 答 申 情 第 23 号 平 成 24 年 4 月 9 日 相 模 原 市 長 加 山 俊 夫 殿 相 模 原 市 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 公 文 書 非 公 開 決 定 処 分 に 関 する 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 23 年 8 月 18 日 付 FNo.0 4 5により 諮 問 のありました 事 案 に ついて 別 紙 のとおり 答 申 します 以 上

More information

よくある質問とその回答

よくある質問とその回答 平 成 2 年 度 課 題 解 決 型 医 療 機 器 の 開 発 改 良 に 向 けた 病 院 企 業 間 の 連 携 支 援 事 業 よくある 質 問 とその 回 答 ( 平 成 2 年 度 第 1 弾 ) 平 成 2 年 7 月 8 日 経 済 産 業 省 商 務 情 報 政 策 局 サービス 産 業 課 医 療 福 祉 機 器 産 業 室 事 業 管 理 支 援 法 人 : 三 菱 総 合

More information

平成26年度坂出市防災女性チーム 活動報告

平成26年度坂出市防災女性チーム 活動報告 平 成 26 年 度 坂 出 市 防 災 女 性 チーム 活 動 報 告 書 内 容 1. 設 置 目 的 2. 今 年 度 の 目 標 3. 活 動 体 制 4. 活 動 内 容 5. 成 果 課 題 等 6. 来 年 度 の 目 標 1. 設 置 目 的 災 害 は, 地 震 や 洪 水 が 起 こることではなく,それまで 営 んでいた 生 活 が 壊 されること 日 常 生 活, 特 に 家

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63> 学 校 自 己 評 価 報 告 書 ( 平 成 24 年 度 ) 平 成 25 年 7 月 学 校 法 人 電 波 学 園 あいち 情 報 専 門 学 校 学 校 評 価 委 員 会 委 員 長 加 藤 仁 志 ( 校 長 ) 総 括 責 任 者 渡 邉 栄 二 ( 教 務 科 長 ) 目 次 ( 点 検 中 項 目 一 覧 ) 基 準 1 教 育 理 念 目 的 育 成 人 材 像 等 1-1 理

More information

ファイザープログラム

ファイザープログラム ファイザープログラム 応 募 企 画 書 作 成 の 手 引 き < 企 画 内 容 のご 検 討 にあたって> 企 画 内 容 が 中 堅 世 代 の 心 とからだのヘルスケア にふさわしいものであり 応 募 要 項 の 助 成 対 象 プロジェクトについて に 該 当 しているかどうかをご 確 認 下 さい 企 画 内 容 をご 検 討 の 際 応 募 要 項 の プログラムのねらい にある 保

More information

こととされている 会 長 の 選 出 について 御 推 薦 等 御 発 言 はないか ( 各 委 員 から 意 見 なし) ( 事 務 局 ) 御 意 見 が 無 いようであるので 事 務 局 案 として 大 脇 委 員 にお 願 いしたいと 考 えるが いかがか ( 各 委 員 から 異 議 なし

こととされている 会 長 の 選 出 について 御 推 薦 等 御 発 言 はないか ( 各 委 員 から 意 見 なし) ( 事 務 局 ) 御 意 見 が 無 いようであるので 事 務 局 案 として 大 脇 委 員 にお 願 いしたいと 考 えるが いかがか ( 各 委 員 から 異 議 なし 第 14 回 熊 本 県 本 人 確 認 情 報 保 護 審 議 会 議 事 録 1 日 時 平 成 27 年 12 月 21 日 ( 月 ) 午 後 3 時 から 午 後 5 時 まで 2 場 所 県 庁 行 政 棟 本 館 13 階 展 望 会 議 室 3 出 席 者 < 審 議 会 委 員 > 大 脇 会 長 上 田 委 員 德 永 委 員 中 嶋 委 員 山 野 委 員 渡 辺 委 員

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

Microsoft Word - 平成24年度第1回広報委員会.doc

Microsoft Word - 平成24年度第1回広報委員会.doc 平 成 24 年 度 第 1 回 吹 田 市 広 報 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 24 年 6 月 20 日 ( 水 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 場 所 : 吹 田 市 役 所 中 層 棟 4 階 第 4 委 員 会 室 傍 聴 者 :なし 出 席 者 : 広 報 委 員 稲 木 荒 河 大 元 北 村 林 村 田 室 永 山 本 ( 敬 称 略 ) 事 務 局 井 上 市 長

More information

会議録

会議録 第 4 回 秦 野 市 公 立 幼 稚 園 あり 方 検 討 委 員 会 1 日 時 平 成 24 年 2 月 7 日 ( 火 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 2 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 3 階 3A 会 議 室 3 出 席 委 員 逢 坂 委 員 小 林 委 員 佐 藤 委 員 佐 々 木 委 員 桐 山 委 員 横 尾 委 員 大 澤 委 員 梅 原 委 員 野 々 山 委 員

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

なければ, 改 めてその 特 定 を 求 めるものである ウ 複 写 の 交 付 が 本 件 対 象 文 書 の 全 ての 内 容 を 複 写 しているか 確 認 を 求 める 平 成 22 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 538 号 で 明 らかになったように, 電 子 ファイルを 紙 に 出

なければ, 改 めてその 特 定 を 求 めるものである ウ 複 写 の 交 付 が 本 件 対 象 文 書 の 全 ての 内 容 を 複 写 しているか 確 認 を 求 める 平 成 22 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 538 号 で 明 らかになったように, 電 子 ファイルを 紙 に 出 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 27 年 9 月 15 日 ( 平 成 27 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 555 号 ), 同 年 9 月 29 日 ( 同 第 588 号 ) 及 び 同 年 11 月 25 日 ( 同 第 689 号 ) 答 申 日 : 平 成 28 年 2 月 23 日 ( 平 成 27 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 775 号, 同 第 776

More information

スライド 1

スライド 1 第 6 回 陸 前 高 田 の 未 来 をつくる 対 話 プロジェクト ~ 広 田 の 未 来 をつくる 対 話 ~ 開 催 レポート 開 催 日 :2012 年 5 月 27 日 ( 日 ) 赤 い 羽 根 災 害 ボランティア NPO 活 動 サポート 募 金 助 成 事 業 陸 前 高 田 創 生 ふるさと 会 議 ミラツク 大 木 浩 士 0 開 催 概 要 プロジェクト 名 : 陸 前 高

More information

1. 目 的 19 2. 強 制 適 用 事 業 所 20 3. 被 保 険 者 となる 者 及 び 適 用 除 外 となる 者 20 4. 加 入 手 続 き 21 第 3 章 社 会 保 険 担 当 部 局 が 行 う 未 加 入 事 業 所 に 対 する 指 導 第 1 健 康 保 険 及 び

1. 目 的 19 2. 強 制 適 用 事 業 所 20 3. 被 保 険 者 となる 者 及 び 適 用 除 外 となる 者 20 4. 加 入 手 続 き 21 第 3 章 社 会 保 険 担 当 部 局 が 行 う 未 加 入 事 業 所 に 対 する 指 導 第 1 健 康 保 険 及 び 建 設 業 の 社 会 保 険 加 入 と 一 人 親 方 をめぐる Q &A 目 次 第 1 章 国 土 交 通 省 による 建 設 業 の 社 会 保 険 未 加 入 対 策 第 1 建 設 業 の 社 会 保 険 加 入 促 進 の 必 然 性 2 1. 社 会 保 険 制 度 の 目 的 2 2. 社 会 保 険 等 の 加 入 状 況 2 3. 国 土 交 通 省 が 社 会 保 険 未

More information

医 療 情 報 分 科 会 会 長 坂 本 博 先 生 熊 本 大 学 医 学 部 附 属 病 院 栃 原 秀 一 先 生 東 京 女 子 医 科 大 学 病 院 福 岡 美 代 子 先 生 グループディスカッション 風 景

医 療 情 報 分 科 会 会 長 坂 本 博 先 生 熊 本 大 学 医 学 部 附 属 病 院 栃 原 秀 一 先 生 東 京 女 子 医 科 大 学 病 院 福 岡 美 代 子 先 生 グループディスカッション 風 景 第 9 回 PACS Specialistセミナー 開 催 報 告 書 平 成 25 年 6 月 1 日 沖 縄 県 立 南 部 医 療 センター こども 医 療 センター 城 間 哲 開 催 内 容 開 催 日 : 平 成 25 年 6 月 1 日 ( 士 ) 9 時 30 分 ~17 時 00 分 会 場 : 沖 縄 県 立 南 部 医 療 センター こども 医 療 センター 2 階 講 堂 主

More information

過重労働者の健康リスクマネジメントのためのアクションチェックリスト

過重労働者の健康リスクマネジメントのためのアクションチェックリスト A 過 重 労 働 の 定 義 I 紹 介 自 己 申 告 B 過 重 労 働 者 の 把 握 H 記 録 の 取 扱 い 保 管 C 面 接 対 象 者 の 選 定 D 面 接 対 象 者 の 呼 び 出 し 健 診 結 果 や 労 働 時 間 などに 基 づき 産 業 保 健 従 事 者 が 判 断 した 者 季 節 や 作 業 環 境 の 特 性 を 考 慮 した 判 断 基 準 を 作 E

More information

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc NPOって 何? 平 成 25 年 10 月 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課 目 次 Q 1 NPOって 何? 2 Q 2 非 営 利 とはどういうことですか? 2 Q 3 NGOとの 違 いは? 3 Q 4 NPOとボランティアとの 違 いは? 3 Q 5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 4 Q 6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 4 Q 7

More information

第1回給食研究会アンケート集計

第1回給食研究会アンケート集計 第 2 回 栄 養 管 理 研 修 会 ( 管 理 栄 養 士 栄 養 士 ) 平 成 26 年 11 月 21 日 ( 金 ) 岡 山 衛 生 会 館 5 階 中 ホール 午 前 講 演 演 題 実 践 での 活 用 事 例 に 学 ぶ カーボカウントの 基 本 と 応 用! 講 師 京 都 大 学 医 学 部 附 属 病 院 疾 患 栄 養 治 療 部 副 部 長 幣 憲 一 郎 先 生 午 後

More information

平成25年4月26日

平成25年4月26日 転 職 志 向 が3 年 連 続 増 加 男 性 の 家 庭 生 活 重 視 伸 びる 当 社 では 例 年 3 月 から4 月 にかけて 県 内 企 業 の 新 入 社 員 を 対 象 に 意 識 調 査 を 実 施 している 今 年 は 584 名 から 有 効 回 答 を 得 た 新 入 社 員 の5 割 以 上 が 就 職 した 企 業 に 定 年 まで 勤 めたい と 回 答 す るなど

More information

4 開 催 経 過 回 数 日 時 場 所 テーマ 検 討 会 議 の 進 め 方 について 第 1 回 6 月 5 日 9:30 市 役 所 市 民 局 会 議 室 証 明 書 発 行 窓 口 と 届 出 窓 口 の 分 離 ( 分 割 ) に 関 する 意 見 交 換 第 2 回 6 月 12

4 開 催 経 過 回 数 日 時 場 所 テーマ 検 討 会 議 の 進 め 方 について 第 1 回 6 月 5 日 9:30 市 役 所 市 民 局 会 議 室 証 明 書 発 行 窓 口 と 届 出 窓 口 の 分 離 ( 分 割 ) に 関 する 意 見 交 換 第 2 回 6 月 12 区 役 所 の 住 民 情 報 窓 口 のあり 方 検 討 会 議 ( 経 過 報 告 ) 1 本 会 議 の 目 的 平 成 19 年 度 に 作 成 したキャッチフレーズの 具 体 化 に 向 けて 個 別 具 体 的 な 課 題 への 対 応 や 業 務 プロセスの 改 善 策 を 検 討 すること 2 本 会 議 のメンバー( 敬 称 略 ) 小 林 梨 紗 ( 港 区 窓 口 サービス 担

More information

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの)

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの) 平 成 24 年 度 開 設 予 定 大 学 院 等 一 覧 ( 判 定 を 不 可 とするもの) 1 研 究 科 を 設 置 するもの 1 校 平 成 23 年 12 月 区 分 大 学 院 名 研 究 科 名 専 攻 名 入 学 定 員 位 置 設 置 者 理 由 備 考 人 私 立 東 京 福 祉 大 学 大 学 院 経 営 学 研 究 科 群 馬 県 伊 勢 崎 市 学 校 法 人 ( 別

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E688EA89F1837283668349838F815B834E835683878362837695F18D902E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E688EA89F1837283668349838F815B834E835683878362837695F18D902E646F63> 国 境 なき 子 どもたち(KnK)カンボジア ビデオワークショップ 2004 実 施 報 告 書 主 催 : 特 定 非 営 利 活 動 法 人 国 境 なき 子 どもたち(KnK) 協 賛 : 松 下 電 器 産 業 株 式 会 社 報 告 者 ビデオワークショップ 講 師 清 水 匡 作 成 日 2004 年 11 月 30 日 Ⅰ. 開 催 にあたって デジタルビデオカメラは その 性 能

More information

Taro-4_160113メルマガ_HP用

Taro-4_160113メルマガ_HP用 公 園 通 法 律 事 務 所 自 治 体 債 権 管 理 回 収 メールマガジン. 4 2016 年 1 月 16 日 発 行 発 行 ( 弁 ) 公 園 通 法 律 事 務 所 自 治 体 債 権 グループ 代 表 弁 護 士 瀧 康 暢 ご 無 沙 汰 しています 諸 事 雑 務 に 追 われ 本 メールマガジンは 10 カ 月 以 上 のブラ ンクがありました 当 事 務 所 の 自 治 体

More information

平 成 9 年

平 成 9 年 平 成 2 8 年 高 松 市 教 育 委 員 会 6 月 定 例 会 会 議 録 ( 抄 本 ) 6 月 22 日 ( 水 ) 開 会 6 月 22 日 ( 水 ) 閉 会 出 席 し た 教 育 長 及 び 委 員 教 育 長 藤 本 泰 雄 神 内 仁 委 員 木 場 巳 男 藤 本 英 子 葛 西 優 子 欠 席 し た 教 育 長 及 び 委 員 説 明 のため 会 議 に 出 席 した

More information

平成23第1回定例会一般質問

平成23第1回定例会一般質問 平 成 23 第 1 回 定 例 会 一 般 質 問 1. 北 方 四 島 交 流 事 業 について (1) 今 後 の 四 島 交 流 事 業 実 施 の 見 通 しについて (2) 四 島 交 流 事 業 実 施 による 経 済 効 果 について (3) 新 たな 視 点 でのポスト 四 島 交 流 事 業 について 2. 病 院 経 営 について (1) 改 訂 版 根 室 市 病 院 事 業

More information

産業医学振興財団委託研究

産業医学振興財団委託研究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 産 業 医 学 振 興 財 団 委 託 研 究 中 小 規 模 事 業 場 におけるメンタルヘルス 対 策 の 進 め 方 に 関 する 研 究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 目 次 1. 過 重 労 働 で 引 き 起 こされる 健 康 障 害 と 労 災 認 定 P 1 2. 過 重 労 働 対 策 に 関 係 する 法

More information

賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受

賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受 4 Q & A 賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受 けられないのか また 実 際 の 賃 金 改 善 額 が 賃 金 改 善 計 画 における

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

平 成 26 年 12 月 11 日 中 部 経 済 産 業 局 特 定 商 取 引 法 違 反 の 訪 問 販 売 業 者 に 対 する 業 務 停 止 命 令 について 中 部 経 済 産 業 局 は 床 下 基 礎 補 修 や 床 下 換 気 扇 設 置 などの 床 下 補 修 関 連 工 事

平 成 26 年 12 月 11 日 中 部 経 済 産 業 局 特 定 商 取 引 法 違 反 の 訪 問 販 売 業 者 に 対 する 業 務 停 止 命 令 について 中 部 経 済 産 業 局 は 床 下 基 礎 補 修 や 床 下 換 気 扇 設 置 などの 床 下 補 修 関 連 工 事 News Release 平 成 26 年 12 月 11 日 消 費 者 庁 特 定 商 取 引 法 に 基 づく 行 政 処 分 について 本 日 中 部 経 済 産 業 局 が 特 定 商 取 引 法 に 基 づく 行 政 処 分 を 実 施 しましたので 公 表 します 本 件 は 特 定 商 取 引 法 第 69 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 消 費 者 庁 長 官 の 権 限

More information

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ 適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き える 雇 見 込 みが 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの 雇 保 険 労 災 保 険 諸 手 当 年 次 有 給 休 暇 その 他 休 暇 1 週 間 の 所 定 時 間 が20 時 間 以 上 か つ31 日 以 上 の 雇 見 込 みがあるこ と 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 (= 現 業

More information

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条 = 尼 崎 市 職 員 労 働 組 合 との 交 渉 状 況 = 平 成 27 年 度 第 1 号 通 算 第 540 号 平 成 27 年 6 月 17 日 尼 崎 市 役 所 総 務 局 人 事 管 理 部 給 与 課 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 及 び 平 成 27 年 度 の 欠 員 等 について 6 月 8 日 午 後 3 時 から 午 後 5 時 まで 中 央 公 民 館 小 ホールにおいて

More information

記者会見発言要旨(未定稿)

記者会見発言要旨(未定稿) 第 25 回 全 国 経 済 同 友 会 セミナー 終 了 後 記 者 会 見 発 言 要 旨 ( 未 定 稿 ) 日 時 : 2012 年 4 月 20 日 ( 金 ) 12:10~12:40 場 所 : 富 山 国 際 会 議 場 2 階 特 別 会 議 室 出 席 者 : 有 富 慶 二 全 国 経 済 同 友 会 セミナー 企 画 委 員 会 委 員 長 長 谷 川 閑 史 経 済 同 友

More information

保 護 者 のみなさまへ エビングハウスの 忘 却 曲 線 というものがあります 一 度 学 習 して 覚 えたこと でも 1 時 間 後 には 56% 忘 れ 1 日 たつと 74% 忘 れてしまうというものです 学 校 で 習 ったときにわかったつもりでも 1 日 たつと4 分 の1しか 覚 え

保 護 者 のみなさまへ エビングハウスの 忘 却 曲 線 というものがあります 一 度 学 習 して 覚 えたこと でも 1 時 間 後 には 56% 忘 れ 1 日 たつと 74% 忘 れてしまうというものです 学 校 で 習 ったときにわかったつもりでも 1 日 たつと4 分 の1しか 覚 え 卒 業 まで 大 切 に 使 おう ご 家 庭 の 皆 様 もご 一 読 ください 川 場 村 立 川 場 中 学 校 保 護 者 のみなさまへ エビングハウスの 忘 却 曲 線 というものがあります 一 度 学 習 して 覚 えたこと でも 1 時 間 後 には 56% 忘 れ 1 日 たつと 74% 忘 れてしまうというものです 学 校 で 習 ったときにわかったつもりでも 1 日 たつと4 分

More information

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 26 年 10 月 24 日 及 び 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 576 号 及 び 平 成 27 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 28 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 平 成 27 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 45 号 及 び 同 第 46

More information

Taro-委託マニュアル【H27

Taro-委託マニュアル【H27 委 託 業 務 に 係 る 事 務 処 理 マニュアル 平 成 2 5 年 3 月 平 成 2 6 年 2 月 改 定 平 成 2 7 年 4 月 改 定 沖 縄 県 商 工 労 働 部 雇 用 政 策 課 目 次 1 本 マニュアルの 位 置 づけ 1 2 委 託 業 務 について 2 3 人 件 費 に 関 する 経 理 処 理 4 4 謝 金 に 関 する 経 理 処 理 7 5 旅 費 に

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

フィサー)の 指 揮 のもとに 各 管 理 部 署 の 幹 部 役 職 員 及 び 社 外 の 専 門 家 ( 当 社 顧 問 弁 護 士 及 び 専 門 家 弁 護 士 )で 構 成 される 特 別 調 査 チームを 組 成 し 1 本 三 国 間 取 引 に 係 る 事 実 確 認 2 当 社

フィサー)の 指 揮 のもとに 各 管 理 部 署 の 幹 部 役 職 員 及 び 社 外 の 専 門 家 ( 当 社 顧 問 弁 護 士 及 び 専 門 家 弁 護 士 )で 構 成 される 特 別 調 査 チームを 組 成 し 1 本 三 国 間 取 引 に 係 る 事 実 確 認 2 当 社 各 位 2009 年 1 月 28 日 会 社 名 伊 藤 忠 商 事 株 式 会 社 代 表 者 名 取 締 役 社 長 小 林 栄 三 (コード 番 号 8001 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 広 報 部 長 中 山 勇 (TEL. 03-3497-7291) 三 国 間 貿 易 取 引 に 係 る 債 権 の 回 収 遅 延 及 び 物 流 を 伴 わない 金 融 支 援 取 引 について

More information

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 総 括 平 成 5 年 度 標 津 町 の 事 行 政 の 運 営 状 況 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 総 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 年 度 5,587 6,5,9 % % 8,5 87,75 3..6 () 職 員 給 与 費 の 状

More information

収益物件検索サイト 健美家のご紹介

収益物件検索サイト 健美家のご紹介 News Release 不 動 産 投 資 と 収 益 物 件 の 情 報 サイト 健 美 家 ( けんびや ) 不 動 産 投 資 に 関 する 意 識 調 査 ( 第 2 回 )を 実 施 4 分 の1 以 上 が 現 金 で 物 件 を 購 入 買 付 から 購 入 までの 期 間 は 短 縮 化 の 傾 向 健 美 家 株 式 会 社 ( 本 社 東 京 都 港 区 )は11 月 12 日

More information

<< 著 者 紹 介 >> 1978 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 横 浜 市 に 生 まれる 2001 年 3 月 専 修 大 学 経 営 学 部 情 報 管 理 学 科 卒 業 2001 年 4 月 株 式 会 社 ジェミニ( 不 動 産 会 社 ) 入 社 入 社 2 年 目 にトップ

<< 著 者 紹 介 >> 1978 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 横 浜 市 に 生 まれる 2001 年 3 月 専 修 大 学 経 営 学 部 情 報 管 理 学 科 卒 業 2001 年 4 月 株 式 会 社 ジェミニ( 不 動 産 会 社 ) 入 社 入 社 2 年 目 にトップ 事 務 所 を 借 りる その 前 に! 知 って 得 する! 賃 貸 オフィス 節 税 マニュアル このレポートは 税 理 士 が 監 修 しています この 特 別 レポートは メールマガジン 不 動 産 屋 が 教 える! 賃 貸 オフィスの 借 り 方 虎 の 巻 の 購 読 が 条 件 になります つきましては 特 別 レポートをご 請 求 頂 いた 方 は メールマガジンに 代 理 登 録

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

別紙3

別紙3 美 濃 加 茂 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 (24 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 55,018 人 17,404,089 1,057,991 2,446,300

More information

研究の計画・方法

研究の計画・方法 外 来 患 者 を 対 象 とした 緩 和 ケアに 関 するニーズ 調 査 報 告 書 大 友 宣 1) 佐 野 かず 江 2) 橋 本 勉 3) 1) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 内 科 医 長 / 湘 南 国 際 村 クリニック 所 長 2) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 ケアセンター 所 長 3) 社 会 福 祉 法

More information

平成27年第08回会議記録(抜粋)

平成27年第08回会議記録(抜粋) 平 成 27 年 第 8 回 定 例 教 育 委 員 会 平 成 27 年 8 月 27 日 ( 木 曜 日 ) 開 会 午 前 10 時 00 分 閉 会 午 前 10 時 38 分 議 事 日 程 日 程 第 1 会 期 の 決 定 日 程 第 2 会 議 録 署 名 委 員 の 指 名 日 程 第 3 報 告 第 45 号 諸 般 の 報 告 日 程 第 4 報 告 第 46 号 浦 幌 町

More information

2. 国 内 研 修 の 感 想 は? 国 内 研 修 の 魅 力 の 一 つは 自 由 でのびのびとした 雰 囲 気 の 中 で さまざまな 分 野 の 専 門 家 から 直 接 学 び お 話 を 伺 えることです 同 期 の 日 本 人 研 修 員 には 法 律 やジャーナリズム 医 学 な

2. 国 内 研 修 の 感 想 は? 国 内 研 修 の 魅 力 の 一 つは 自 由 でのびのびとした 雰 囲 気 の 中 で さまざまな 分 野 の 専 門 家 から 直 接 学 び お 話 を 伺 えることです 同 期 の 日 本 人 研 修 員 には 法 律 やジャーナリズム 医 学 な 平 成 23 年 度 研 修 員 本 間 和 実 さんの 声 プロフィール 日 本 の 大 学 大 学 院 で 学 んだ 後 国 際 協 力 機 構 (JICA)で 日 本 の 政 府 開 発 援 助 (ODA)に 携 わる 機 会 を 頂 き JICA インド 事 務 所 同 バルカン 事 務 所 に 勤 務 ボスニア ヘルツェゴビナ( 以 下 ボスニア) 赴 任 中 に 平 成 23 年 度 平

More information

裁 決 書 審 査 申 立 人 丹 羽 國 臣 上 記 審 査 申 立 人 から 平 成 27 年 7 月 8 日 付 けで 提 起 された 同 年 4 月 26 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 における 当 選 の 効 力 に 関 する 審 査 の 申 立 てについて

裁 決 書 審 査 申 立 人 丹 羽 國 臣 上 記 審 査 申 立 人 から 平 成 27 年 7 月 8 日 付 けで 提 起 された 同 年 4 月 26 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 における 当 選 の 効 力 に 関 する 審 査 の 申 立 てについて 告 示 埼 玉 県 選 管 告 示 第 六 十 四 号 平 成 二 十 七 年 四 月 二 十 六 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 に お け る 当 選 の 効 力 に 関 す る 審 査 の 申 立 て に つ い て 当 委 員 会 は 次 の と お り 裁 決 し た 平 成 二 十 七 年 九 月 四 日 埼 玉 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 滝

More information

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc)

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc) 宝 監 第 104 号 平 成 22 年 2 月 17 日 請 求 人 様 宝 塚 市 監 査 委 員 同 同 村 野 一 郎 井 上 芳 治 伊 福 義 治 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について 平 成 21 年 12 月 25 日 付 けで 提 出 のありました 住 民 監 査 請 求 について 地 方 自 治 法 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査

More information

総務建設常任委員会協議会会議録

総務建設常任委員会協議会会議録 総 務 建 設 常 任 委 員 会 協 議 会 会 議 録 1 開 会 日 平 成 26 年 1 月 30 日 午 前 10 時 20 分 開 会 午 前 11 時 23 分 閉 会 2 場 所 第 1 委 員 会 室 3 出 席 委 員 渡 辺 順 子 委 員 長 吉 川 重 雄 副 委 員 長 高 橋 英 俊 委 員 二 宮 加 寿 子 委 員 三 澤 龍 夫 委 員 関 威 國 委 員 鈴 木

More information

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要 平 成 25 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 速 報 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 7 月 29 日 総 務 省 統 計 局 目 次 結 果 の 概 要 第 1 章 住 宅 世 帯 の 概 況 1 総 住 宅 数 と 総 世 帯 数 1 2 居 住 世 帯 の 有 無 2 第 2 章 住 宅 の 状 況 1 住 宅 の 種 類 3 2 建 て 方, 構 造 4 3 建 築 の 時

More information