<4D F736F F D2094E594418AED8D5289C197EE5F91E63689F D834F A2E646F6378>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2094E594418AED8D5289C197EE5F91E63689F18376838D834F83898380202848509770816A2E646F6378>"

Transcription

1 第 6 回 泌 尿 器 抗 加 齢 医 学 研 究 会 会 期 :2015 年 2 月 1 日 ( 日 ) 10:00~17:00 会 場 : 梅 田 スカイビル E 会 議 室 単 位 : 日 本 抗 加 齢 医 学 会 認 定 単 位 ( 受 験 更 新 用 ) 5 単 位 参 加 費 : 泌 尿 器 抗 加 齢 医 学 研 究 会 会 員 参 加 費 8,000 円 泌 尿 器 抗 加 齢 医 学 研 究 会 非 会 員 参 加 費 13,000 円 10:00~10:10 開 会 挨 拶 10:10~11:20(70 分 ) セッション1 男 のためのアンチエイジング 診 療 の 実 際 座 長 : 守 山 敏 樹 ( 大 阪 大 学 保 健 センター 教 授 ) 1. 開 業 医 でのアンチエイジングドック 演 者 (20 分 ): 池 岡 清 光 ( 池 岡 クリニック 院 長 大 阪 ) 当 院 は 内 科 のクリニックであるが 抗 加 齢 医 学 会 認 定 医 療 施 設 としてアンチエイジングドッ クを 行 っている 検 査 内 容 は 血 管 年 齢 筋 年 齢 骨 年 齢 脳 年 齢 ホルモン 年 齢 の 判 定 や 体 内 の 酸 化 度 測 定 毛 髪 ミネラル 検 査 疾 病 や 長 寿 の 遺 伝 子 検 査 などであるが 必 要 度 金 額 の 面 などからフルコースを 行 う 例 は 多 くなく 選 択 されることが 多 い 癌 や 認 知 症 の 血 液 学 的 リスクスクリーニングテストも 行 っているが そちらの 方 が 数 倍 利 用 者 が 多 い ドック 利 用 者 を 分 析 してみると 性 別 では 3 : 7 で 女 性 が 多 く 年 齢 は 20 代 から 70 代 までほぼ 均 等 に 分 布 している 愁 訴 を 持 ってドックを 受 ける 人 は 少 なく 特 に 女 性 の 場 合 はいわゆる 健 康 オ タク 的 な 受 診 者 が 大 半 である それに 比 して 男 性 は よく 問 診 を 行 うと ED 等 の 性 的 な 問 題 を 意 識 していることが 多 く 全 員 遊 離 テストステロン 測 定 を 含 むホルモン 検 査 を 選 択 してい た 今 回 内 科 アンチエイジングドック 利 用 男 性 群 の 特 徴 筋 肉 トレーニングなどの 介 入 によ る 結 果 等 を 紹 介 する 2.メンズヘルス 外 来 の 現 状 演 者 (20 分 ): 松 下 一 仁 ( 聖 路 加 国 際 病 院 泌 尿 器 科 ) 日 本 Men s Health 医 学 会 抗 加 齢 医 学 会 そして 日 本 性 機 能 学 会 など 関 係 学 会 の 啓 蒙 活 動 によ りここ 数 年 でメンズヘルスという 言 葉 も 一 般 市 民 に 認 識 されるようになってきた 聖 路 加 国 際 病 院 でも 約 2 年 前 より 聖 路 加 メンズヘルス 外 来 として 泌 尿 器 科 診 療 の 中 で 専 門 外 来 を 立 ち 上 げた 当 院 メンズヘルス 外 来 で 提 供 する 内 容 として 主 に 掲 げていることは 1) テストス テロンレベルを 診 断 し 適 切 な 値 を 保 つよう 治 療 すること 2) 前 立 腺 のコンディション 管 理 例 えば 前 立 腺 肥 大 症 による 排 尿 障 害 に 対 しレーザーを 使 用 した 手 術 (HoLEP) 前 立 腺 癌 の 治 療 (ロボット 手 術 や 放 射 線 治 療 )とその 治 療 後 の QOL 管 理 ( 性 機 能 排 尿 機 能 ) 3) 性 機 能 障 害 に 対 する 治 療 特 に 勃 起 障 害 に 対 する 薬 物 治 療 や 手 術 射 精 障 害 に 対 する 治 療 ペロ ニー 病 に 対 する 治 療 などである さらに 最 近 の 医 学 会 では 男 性 の 加 齢 性 の 健 康 障 害 として 特 にメタボリック 症 候 群 が 注 目 されており このメタボリック 因 子 と 血 中 低 テストステロン

2 値 との 関 連 も 盛 んに 研 究 されている 今 回 は 立 ち 上 げて 2 年 が 経 過 したメンズヘルス 外 来 の 現 状 を 報 告 する 3.うつ 病 とテストステロン Web アプリを 用 いた 泌 尿 器 科 医 にも 出 来 るうつ 症 状 の 評 価 の 実 際 演 者 (20 分 ): 渡 部 芳 德 (ひもろぎ 心 のクリニック 理 事 長 ) うつ 病 等 の 精 神 疾 患 によって 働 き 盛 りの 人 が 就 業 困 難 となる 事 例 が 急 増 し 社 会 問 題 化 してい る 当 院 でも 従 来 の 治 療 では 完 全 復 職 出 来 ない 男 性 のケースに 度 々 遭 遇 する これらの 患 者 の 多 くは 遊 離 テストステロン(FT) 値 の 低 下 を 示 すが 精 神 科 医 は LOH 症 候 群 の 症 状 である 身 体 症 状 ( 体 の 痛 み 筋 力 の 低 下 ) 精 神 症 状 ( 抑 うつ 気 分 不 安 不 眠 )を 訴 える 患 者 に 対 して 採 血 せずにうつ 病 と 診 断 し 治 療 を 開 始 する 精 神 科 医 はそもそも LOH 症 候 群 そのもの をうつ 病 と 考 えている 一 方 泌 尿 器 科 医 は 上 記 症 状 に 性 機 能 症 状 を 加 えて FT の 低 下 を 確 認 し ART を 開 始 するが 背 景 にある 気 分 障 害 の 存 在 をあまり 意 識 しない その 原 因 は 精 神 科 医 泌 尿 器 科 医 との 間 で 共 通 の 認 識 がないためである この 問 題 を 解 決 するため うつ 症 状 を 簡 易 に 定 量 化 するひもろぎ 式 自 己 記 入 式 うつ 病 評 価 尺 度 (HSDS)を 作 成 した 当 院 では HSDS を ipad に 組 み 込 み 泌 尿 器 科 医 と 精 神 科 医 での 外 来 を 開 設 さらに HSDS を Web 上 で 利 用 可 能 なアプリを 開 発 しデータベースの 構 築 を 開 始 した その 経 験 から LOH 症 候 群 での 診 療 の 実 際 を 報 告 する 4. 質 疑 応 答 (10 分 ) 11:20~11:50 ( 講 演 25 分 質 疑 応 答 5 分 ) 講 演 1 エビデンスに 基 づくグッド ダイエット 座 長 : 植 村 天 受 ( 近 畿 大 学 医 学 部 泌 尿 器 科 教 室 教 授 ) 演 者 : 前 田 和 久 ( 大 阪 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 生 体 機 能 補 完 医 学 講 座 准 教 授 ) 現 在 の 医 療 が 対 象 とする 病 気 治 療 としての 食 事 療 法 は カロリー 制 限 を 中 心 としたバランス 良 い 食 事 摂 取 が 基 本 です 一 方 健 康 な 人 の 更 なる 健 康 を 指 導 するプラスの 治 療 を 目 指 す 食 事 療 法 のもつ 意 義 は 健 康 長 寿 を 全 うさせるところにも 有 ります 70 年 代 より 米 国 ハーバ ード 大 学 栄 養 部 門 において 確 立 されてきた 疫 学 研 究 では カロリー 制 限 や 運 動 に 加 えて 積 極 的 に 体 に 良 い 食 事 療 法 (グッド ダイエット)を 行 なう 事 により 様 々な 疾 患 を 予 防 できるこ とが 報 告 されています 本 講 演 では こうしたエビデンスに 基 づいて 毎 日 の 食 事 成 分 の 質 を 見 直 す 事 が 如 何 に 重 要 であるか 大 阪 大 学 での 様 々な 研 究 や 取 り 組 みを 含 め 御 紹 介 させて 頂 きたいと 思 います 休 憩 (10 分 ) 12:00~12:50(50 分 ) ランチョンセミナー ED にならないためのアンチエイジングメソッド ( 共 催 : 日 本 新 薬 株 式 会 社 ) 座 長 : 大 家 基 嗣 ( 慶 應 義 塾 大 学 医 学 部 泌 尿 器 科 学 教 室 教 授 ) 演 者 : 永 井 敦 ( 川 崎 医 科 大 学 泌 尿 器 科 学 教 室 教 授 )

3 ED のリスクファクターには 加 齢 喫 煙 高 血 圧 糖 尿 病 脂 質 異 常 肥 満 うつ 病 下 部 尿 路 症 状 / 前 立 腺 肥 大 症 慢 性 腎 臓 病 睡 眠 時 無 呼 吸 症 候 群 神 経 疾 患 などがある これらの 危 険 因 子 を 排 除 することが ED 予 防 には 重 要 である ED を 血 管 内 皮 機 能 の 老 化 と 捉 えれば 血 管 の 老 化 を 防 ぐ 食 習 慣 や 運 動 などが 推 奨 される 低 テストステロンが ED の 一 因 である 場 合 は テストステロン 補 充 も 有 用 である 一 方 ED の 治 療 は PDE5 阻 害 薬 が 第 一 選 択 であるが PDE5 阻 害 薬 には 勃 起 改 善 だけではなく 血 管 内 皮 改 善 効 果 があり ED の 予 防 においても 有 用 である PDE5 阻 害 薬 は 血 管 内 皮 前 駆 細 胞 増 加 作 用 およびその 結 果 として 血 流 依 存 性 血 管 拡 張 反 応 を 改 善 させる また PDE5 阻 害 薬 の 長 期 間 歇 投 与 においても 酸 化 ストレス 指 標 である 唾 液 中 8-OHdG を 有 意 に 低 下 させている PDE5 阻 害 薬 とテストステロンは ED になら ないためのアンチエイジングメソッドとして 理 想 的 なツールと 言 えるであろう 休 憩 (10 分 ) 13:00~13:30( 講 演 25 分 質 疑 応 答 5 分 ) 講 演 2 自 分 自 身 の 若 がえり 座 長 : 小 川 良 雄 ( 昭 和 大 学 医 学 部 泌 尿 器 科 学 講 座 主 任 教 授 ) 演 者 : 高 須 克 弥 ( 高 須 クリニック 院 長 ) 1999 年 に 高 須 若 返 りプロジェクトを 始 めてから 15 年 になる その 間 にフェイスリフトを 2 回 頬 の 脂 肪 除 去 金 の 糸 の 埋 め 込 み 顔 面 のレーザー 治 療 顎 と 腹 部 の 脂 肪 蒸 散 術 等 を 受 けた 後 の 2008 年 顔 面 若 返 り 治 療 には 満 足 していた が その 顔 と 体 の 大 きな 格 差 に 愕 然 と し 体 の 若 返 り 治 療 を 受 けることにした 脂 肪 吸 引 術 は 私 がパリのフルニエ 医 師 から 手 ほど きを 受 けた 1982 年 から 大 いに 進 歩 していた 昨 今 の 発 達 は 特 に 著 しく 脂 肪 彫 刻 とも 呼 ばれ るハイデフェニッション 超 音 波 脂 肪 吸 引 術 と 脂 肪 注 入 術 を ミケランジェロのダビデ 像 をお 手 本 に 受 けてみた これは 腹 部 と 胸 部 の 筋 肉 周 辺 の 深 い 脂 肪 と 浅 い 脂 肪 を 正 確 に 吸 引 したう えで その 吸 引 した 脂 肪 をボリュームの 欲 しいところに 正 確 に 注 入 し ハイデフェニッショ ン( 筋 肉 のめりはり)を 形 成 していく 非 常 に 高 度 な 技 術 である この 2008 年 の 術 前 と 術 後 2009 年 の 術 後 と 2014 年 の 術 後 をお 見 せする そして 外 見 の 若 返 りは 内 面 にも 好 影 響 を 及 ぼす お 陰 で 2011 年 にはゴルフでギネス 世 界 記 録 を 達 成 することが 出 来 た この 脂 肪 彫 刻 の 効 果 は 6 年 経 った 現 在 も 持 続 している 13:30~14:00( 講 演 25 分 質 疑 応 答 5 分 ) 講 演 3 勃 起 機 能 を 改 善 するサプリメント 座 長 : 岡 田 弘 ( 獨 協 医 科 大 学 越 谷 病 院 泌 尿 器 科 教 授 ) 演 者 : 辻 村 晃 ( 順 天 堂 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 泌 尿 器 外 科 学 先 任 准 教 授 ) 日 本 に 約 1130 万 人 存 在 すると 推 測 される 勃 起 障 害 患 者 に 対 する 治 療 の 第 一 選 択 は PDE5 阻 害 剤 の 内 服 である これまでに 高 い 有 用 性 が 報 告 される 一 方 重 症 糖 尿 病 患 者 には 治 療 が 効 果 不 十 分 なことも 多 い また 虚 血 性 心 疾 患 に 対 する 硝 酸 剤 を 服 用 している 患 者 は PDE5 阻

4 害 剤 の 服 用 が 禁 忌 とされている これらの 患 者 には 第 二 選 択 として PGE1 の 陰 茎 海 綿 体 注 射 や 陰 圧 式 勃 起 補 助 具 の 使 用 が 推 奨 されているが その 煩 わしさから 実 際 に 希 望 する 患 者 は 極 めて 少 ない こういった 背 景 の 中 勃 起 機 能 を 改 善 させるサプリメントに 注 目 が 集 まっ た 血 管 内 皮 機 能 を 高 めるレスベラトロールは 長 寿 遺 伝 子 である SIRT1 を 介 して 陰 茎 海 綿 体 平 滑 筋 細 胞 内 の 一 酸 化 窒 素 (NO)を 高 めることが 知 られている また シトルリンは NO 合 成 の 基 質 である L-アルギニンに 変 換 されることから その 摂 取 により NO 上 昇 が 期 待 されてい る 両 者 はいずれも 動 物 実 験 で 勃 起 機 能 を 改 善 させることが 示 され ヒトにおいても 臨 床 研 究 が 進 められている これらを 中 心 に 勃 起 機 能 を 高 めるサプリメントについて 報 告 する 14:00~14:50(50 分 ) セッション2 尿 失 禁 治 療 最 前 線 座 長 : 大 山 力 ( 弘 前 大 学 医 学 部 泌 尿 器 科 教 授 ) 1. 男 性 尿 失 禁 外 科 治 療 の 最 前 線 演 者 (20 分 ): 増 田 均 (がん 研 究 会 有 明 病 院 泌 尿 器 科 副 部 長 ) 前 立 腺 全 摘 除 を 受 けた 1~3%の 患 者 に 重 症 尿 失 禁 がみられる ロボット 支 援 手 術 の 普 及 及 び 様 々な 尿 失 禁 に 対 する 術 式 の 工 夫 がなされているが 大 規 模 なメタアナリシスで 術 式 の 変 革 が 尿 禁 制 率 を 明 らかに 改 善 したとする 報 告 はなく 外 科 的 治 療 を 要 する 尿 失 禁 が 一 定 頻 度 発 生 し 続 けることは 間 違 いないであろう 2012 年 4 月 より gold standard として 欧 米 では 確 立 されていた 人 工 尿 道 括 約 筋 (AMS 800)が 保 険 適 応 となり 普 及 し 始 めたが 一 施 設 で 施 行 する 症 例 数 は 少 なく また 少 数 例 ながら 合 併 症 の 発 生 も 散 見 されている デバイスとしての 完 成 度 も 高 く 手 技 も 確 立 されているが いくつかのピットフォールが 存 在 する 事 も 事 実 である これまでの 100 例 以 上 の 経 験 から 本 術 式 の 要 点 を 概 説 するとともに 成 績 初 回 例 以 外 にも 尿 道 スリング 術 後 尿 道 外 傷 後 などでのカフ 巻 きつけの 注 意 点 及 び 工 夫 恥 骨 後 式 以 外 に 腹 腔 鏡 ロボット 支 援 手 術 後 両 側 鼠 径 ヘルニア 術 後 での 注 意 点 についても 言 及 する 注 意 点 さえ 遵 守 すれば 誰 でもできる 簡 便 な 手 術 であるので 情 報 の 双 方 向 の 共 有 を 図 り 安 定 した 普 及 が 望 まれる 2. 腹 圧 性 尿 失 禁 ( 泌 尿 器 科 領 域 )における 脂 肪 組 織 由 来 幹 細 胞 治 療 演 者 (20 分 ): 山 本 徳 則 ( 名 古 屋 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 病 態 外 科 学 講 座 泌 尿 器 科 学 准 教 授 ) 尿 失 禁 は 直 接 生 命 に 関 わることはないものの Quality of Life(QOL)を 著 しく 阻 害 する 疾 患 であり 本 邦 では 約 400 万 人 が 罹 患 していると 推 定 されている 我 々は 自 己 皮 下 吸 引 脂 肪 から 分 離 した 脂 肪 組 織 由 来 幹 細 胞 を 内 視 鏡 下 に 傍 尿 道 に 注 入 する 方 法 を 開 発 し(IJU 2012)First in man の 臨 床 研 究 (IJU2013)を 行 っている 腹 圧 性 尿 失 禁 ( 男 性 : 前 立 腺 癌 術 後 TUR-P;11 症 例 女 性 :4 症 例 )を 対 象 に 行 いその 成 績 を 報 告 する その 男 性 の 結 果 として 1 年 後 の 尿 失 禁 量 の 減 少 割 合 は 40.9%その 内 訳 は 非 改 善 群 +9.5%(n=3) 改 善 群 59.8%( n=8) であった また 全 症 例 尿 道 内 圧 の 上 昇 と 機 能 的 尿 道 長 の 延 長 加 えて 細 胞 注 入 部 位 ( 造 影 TRUS)での 血 流 増 加 と 注 入 細 胞 の 容 量 効 果 (MRI)を 認 めた また 注 入 細 胞 溶 液 の 感

5 染 症 検 査 はなく 治 療 の 大 きな 合 併 症 はなかった 1) 筋 原 性 分 化 2) 自 己 脂 肪 または 分 化 に よる 容 量 効 果 3)サイトカイン 分 泌 3) 血 流 増 加 を 介 して 尿 道 内 圧 を 上 昇 尿 道 長 を 延 長 せし め 尿 禁 制 を 改 善 しせしめたと 推 測 された この 新 しい 治 療 法 は1) 低 侵 襲 2) 高 齢 者 も 対 象 となる3)CPC 培 養 を 必 要 としない4)Single procedure(3 時 間 )であることより 有 用 な 方 法 である 考 える 今 年 7 月 保 険 医 療 を 前 提 とした PMDAの 対 面 助 言 での 認 可 を 得 て 医 師 前 向 き 試 験 の 事 前 相 談 準 備 している 3. 質 疑 応 答 (10 分 ) 休 憩 (10 分 ) 15:00~15:55(55 分 ) セッション3 男 のためのサプリメント 教 室 座 長 : 岡 田 弘 ( 獨 協 医 科 大 学 越 谷 病 院 泌 尿 器 科 教 授 ) 1.いまからできる 前 立 腺 癌 予 防 演 者 (20 分 ): 井 手 久 満 ( 帝 京 大 学 医 学 部 泌 尿 器 科 准 教 授 ) 癌 死 亡 率 の 将 来 予 測 では 前 立 腺 癌 は1995 年 と 比 較 し 2020 年 には 約 5.9 倍 にな ると 予 測 され 全 癌 種 の 中 で 最 も 増 加 率 が 高 い その 理 由 として 高 年 齢 化 食 生 活 の 欧 米 化 前 立 腺 特 異 抗 原 (Prostate specific antigen: PSA)による 早 期 血 清 診 断 が 可 能 になったこ とがあげられる しかし 前 立 腺 癌 はすべての 患 者 に 積 極 的 な 治 療 が 必 要 ではなく 他 因 子 による 死 亡 も 多 い そのため 正 確 なリスク 評 価 とともに 増 加 する 前 立 腺 癌 特 に 臨 床 的 に 死 に 至 るような 悪 性 前 立 腺 癌 への 進 行 をいかに 予 防 するかが 重 要 になってきている 老 年 人 口 の 増 加 に 伴 う 医 療 費 の 増 大 からは 予 防 医 療 への 戦 略 転 換 が 求 められ そのような 社 会 的 流 れから 健 康 食 品 の 機 能 性 表 示 の 解 禁 が 議 論 されている 増 加 する 前 立 腺 癌 特 に 臨 床 的 に 重 要 な 癌 への 進 行 をいかに 予 防 するか 肥 満 運 動 や 喫 煙 などのライフスタイルや 食 事 そして 前 立 腺 癌 予 防 に 有 用 なサプリメントなど 我 々の 基 礎 臨 床 研 究 データを 含 め 紹 介 した い 今 後 科 学 的 知 見 に 基 づいたエビデンスの 高 い 食 事 やライフスタイルの 改 善 プログラム など 具 体 的 な 予 防 戦 略 の 確 立 が 期 待 されている 2. 精 子 力 をあげるエリクサー 演 者 (20 分 ): 岡 田 弘 ( 獨 協 医 科 大 学 越 谷 病 院 泌 尿 器 科 教 授 ) 調 整 中 3.パネルディスカッション(15 分 ) 15:55~16:50(55 分 ) セッション4 タダラフィルのアンチエイジング 効 果 座 長 : 辻 村 晃 ( 順 天 堂 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 泌 尿 器 外 科 学 先 任 准 教 授 ) 1. 下 部 尿 路 症 状 (LUTS) 改 善 による QOL とアンチエイジング 演 者 (15 分 ): 松 本 成 史 ( 旭 川 医 科 大 学 腎 泌 尿 器 外 科 学 講 座 講 師 ) 前 立 腺 肥 大 症 治 療 薬 であるタダラフィルは 排 尿 症 状 だけでなく 蓄 尿 症 状 にも 効 果 を 示 す LUTS は QOL に 直 結 し その 改 善 は QOL を 向 上 し 中 高 年 男 性 のアンチエイジングに 繋 が

6 る また PDE5 阻 害 剤 として 男 性 機 能 障 害 にも 効 果 があるため 男 のためのアンチエイジ ング に 幅 広 く 寄 与 する 薬 物 である 近 年 膀 胱 血 流 と LUTS の 関 連 が 盛 んに 議 論 され 膀 胱 血 流 による 変 化 が LUTS の 一 因 であることが 分 かってきた PDE5 阻 害 剤 であるタダラフ ィルの 作 用 の 一 つとして 下 部 尿 路 の 血 流 改 善 効 果 を 有 し 同 時 に 酸 化 ストレス 消 去 作 用 も 有 するとされている 一 方 PDE5 阻 害 剤 継 続 投 与 がテストステロン 血 中 濃 度 を 上 昇 させるとす る 報 告 から タダラフィルはテストステロンの 生 体 内 効 果 も 高 めていると 考 えられる つま り タダラフィルは LUTS 改 善 効 果 だけでなく 血 管 機 能 改 善 効 果 やテストステロンによる アンチエイジングも 期 待 出 来 る ここでは 主 にタダラフィルの LUTS 改 善 の 作 用 機 序 から QOL やアンチエイジングへの 貢 献 を 発 表 する 2.テストステロンのアンチエイジングにおける 役 割 演 者 (15 分 ): 久 末 伸 一 ( 順 天 堂 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 泌 尿 器 外 科 学 准 教 授 ) PDE5 阻 害 薬 であるタダラフィルが 新 たに BPH に 対 して 保 険 適 応 となった これまでにタダ ラフィル 単 剤 では IPSS において 症 状 を 有 意 に 改 善 することが 明 らかとなっており 他 覚 的 所 見 に 関 しては α ブロッカーとの 併 用 で 尿 流 測 定 における 最 大 尿 流 率 の 改 善 に 寄 与 する 事 も 知 られている また 動 物 実 験 では 前 立 腺 の 線 維 化 の 予 防 につながり 長 期 投 与 によって BPH による 症 状 悪 化 を 防 ぐ 可 能 性 も 示 唆 されてきている PDE5 阻 害 薬 は 抗 酸 化 作 用 を 有 し 血 管 内 皮 機 能 の 改 善 やテストステロン 上 昇 につながること がこれまでにも 示 されており アンチエイジングにおいて 重 要 と 考 えられる タダラフィル のメタ 解 析 においてその 有 効 性 の 予 測 因 子 は 治 療 前 症 状 年 齢 BMI である (Gacci et al. Eur Urol 2012)ED 治 療 において 低 テストステロン 患 者 ではテストステロン 補 充 で 有 効 性 が 改 善 す る 事 が 知 られている タダラフィルの 連 日 投 与 によるアンチエイジング 効 果 とテストステロ ンの 関 連 について 今 後 更 なる 検 討 が 待 たれるところである 3. 血 管 機 能 改 善 効 果 とアンチエイジング 演 者 (15 分 ): 佐 田 政 隆 ( 徳 島 大 学 大 学 院 ヘルスバイオサイエンス 研 究 部 循 環 器 内 科 学 分 野 教 授 ) 動 脈 硬 化 早 期 には 内 皮 機 能 障 害 (Endothelial Dysfunction)が 生 じる 糖 尿 病 脂 質 異 常 症 高 血 圧 といった 生 活 習 慣 病 は 全 身 の 内 皮 機 能 を 障 害 して 勃 起 障 害 (ED)も 引 き 起 こす 我 々は 血 管 形 成 術 後 再 狭 窄 や 血 管 新 生 療 法 の 研 究 を 行 っている 従 来 傷 害 後 の 臓 器 修 復 は 局 所 の 細 胞 増 殖 や 遊 走 によってのみ 行 なわれていると 考 えられていた しかし 成 人 で も 多 分 化 能 をもった 細 胞 が 残 存 しており 遠 隔 臓 器 の 修 復 に 関 与 する 可 能 性 が 示 唆 された 我 々は 傷 害 後 の 血 管 に 血 中 細 胞 が 定 着 し 平 滑 筋 様 細 胞 もしくは 内 皮 様 細 胞 に 分 化 して 血 管 修 復 と 同 時 に 病 変 形 成 に 関 与 することを 報 告 した ED 患 者 では 血 中 の 内 皮 前 駆 細 胞 数 が 減 少 しているが PDE5 阻 害 薬 が 内 皮 前 駆 細 胞 数 を 増 加 させて 血 管 新 生 や 傷 害 内 皮 の 修 復 を 促 進 することが 報 告 されている 本 シンポジウムにおいては 血 管 生 物 学 動 脈 硬 化 学 の 最 新 の 知 見 を 紹 介 したうえで ザル ティアによる 血 管 機 能 改 善 とアンチエイジング 効 果 を 考 察 したい 4.パネルディスカッション(10 分 ) 16:50~17:00 閉 会 挨 拶

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

各論_1章〜7章.indd

各論_1章〜7章.indd 第 7 章 健 康 指 標 分 野 ( 糖 尿 病 循 環 器 疾 患 がん COPD) 1 推 進 の 方 向 糖 尿 病 (1) 糖 尿 病 の 発 症 を 予 防 するための 生 活 習 慣 の 改 善 あらゆる 機 会 に 多 様 な 伝 達 手 段 を 使 って 県 民 に 糖 尿 病 の 正 しい 知 識 や 糖 尿 病 発 症 予 防 のため の 生 活 習 慣 の 改 善 について

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc 公 益 財 団 法 人 痛 風 財 団 平 成 21 年 度 事 業 報 告 書 事 業 の 概 要 1. 研 究 助 成 事 業 平 成 21 年 度 の 研 究 助 成 は 下 記 4 部 門 を 対 象 として 総 額 900 万 円 の 助 成 を 行 った 1 痛 風 高 尿 酸 血 症 に 関 する 臨 床 的 色 彩 の 濃 い 研 究 を 対 象 とした 鳥 居 痛 風 学 術 賞

More information

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満)

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満) 第 12 回 代 謝 統 合 の 破 綻 ( 糖 尿 病 と 肥 満 ) 日 紫 喜 光 良 基 礎 生 化 学 講 義 2014.7.15 1 糖 尿 病 とは インスリンの 相 対 的 もしくは 絶 対 的 な 不 足 に 起 因 する 空 腹 時 の 血 糖 値 上 昇 で さまざまな 疾 患 からなる 症 候 群 2 図 25.1より 1 型 糖 尿 病 と2 型 糖 尿 病 1 型 糖 尿

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

睡眠と健康

睡眠と健康 健 康 文 化 心 身 の 健 康 と 睡 眠 野 田 明 子 はじめに 睡 眠 は 人 の 一 生 の 約 1/3 の 時 間 を 占 め 神 経 系 免 疫 系 循 環 系 内 分 泌 系 の 機 能 とも 深 く 関 係 し 脳 および 身 体 機 能 を 維 持 するために 必 要 不 可 欠 であり 健 康 な 生 活 の 維 持 に 重 要 な 役 割 を 果 たしています 現 代 社

More information

1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生 活 国 民 の 健 康 や 将 来 の 生 活 に 対 する 不 安 の 増 大 医 療 費 増 大 等 による 医 療 介 護 制 度 の

1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生 活 国 民 の 健 康 や 将 来 の 生 活 に 対 する 不 安 の 増 大 医 療 費 増 大 等 による 医 療 介 護 制 度 の 講 演 資 料 2 医 学 の 視 点 から 農 林 水 産 食 品 分 野 と の 連 携 や 医 食 の 連 携 による 新 たな 産 業 創 出 の 展 望 京 都 府 立 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 吉 川 敏 一 1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生

More information

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1]

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1] 消 化 器 がんの 予 防 と 1.がん について 2. 消 化 器 がん 食 道 がん 胃 がん 大 腸 がん 肝 臓 がん 膵 臓 がん 3.がんを 予 防 する 4. 早 期 発 見 で 治 す 5. 個 別 化 予 防 滋 賀 県 立 成 人 病 センター 疾 病 介 護 予 防 推 進 室 水 田 和 彦 平 成 26 年 2 月 14 日 予 防 受 治 療 発 生 断 可 能 症 状

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

イヌリンと脂質異常症

イヌリンと脂質異常症 イヌリンと 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 株 式 会 社 国 際 医 薬 品 開 発 研 究 所 代 表 取 締 役 薬 学 博 士 工 藤 庄 次 はじめに: イヌリンとは 難 消 化 性 の 水 溶 性 高 分 子 多 糖 で, チコリ, 菊 芋, にんにく, ゴボウ, ニラ, タマネギ, アスパラガスなどの 根 菜 野 菜 に 含 まれる 日 本 において, チコリや 菊 芋 は

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講 日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 第 1 回 南 和 地 域 病 診 連 携 研 修 6/1( 水 ) 14:00~16:00 南 奈 良 総 合 医 療 センタ- 講 演 14:00~14:30 最 近 の 大 腸 がんの 診 断 治 療 について

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63> 糖 尿 病 の 医 療 体 制 構 築 について 第 1 糖 尿 病 の 現 状 1 糖 尿 病 の 疫 学 状 況 糖 尿 病 は 血 液 中 のブドウ 糖 ( 血 糖 )が 過 剰 に 増 える 疾 病 で 血 糖 値 を 下 げるホルモンである インスリンの 不 足 により 主 に 幼 児 から 小 児 期 に 発 症 する1 型 糖 尿 病 と 過 食 運 動 不 足 肥 満 な どによりインスリンの

More information

様式S−1−11 応募内容ファイル

様式S−1−11 応募内容ファイル 核 医 学 診 療 科 専 門 医 養 成 コース 概 要 当 院 における 核 医 学 診 療 全 般 を 受 け 持 っています 年 間 の 核 医 学 検 査 件 数 はシングルフォト ン(SPECTなど) 関 連 約 7500 件,PET 関 連 約 2000 件 で, 核 医 学 診 断 が 関 連 する 全 臓 器 とその 機 能 に 関 する 診 断 をカバーしています 甲 状 腺 外

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード] 南 堺 病 院 で 大 腸 癌 の 治 療 をお 受 けになる 方 に 南 堺 病 院 では 患 者 さんの 人 権 を 尊 重 し 患 者 さんにご 満 足 頂 け 喜 んで 退 院 して 頂 けるよう な 治 療 を 目 指 しています 手 術 前 には 十 分 な 説 明 をし ご 納 得 頂 いた 上 で 最 も 良 いと 思 われる 治 療 法 を 選 択 して 頂 くことにしております

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

糖尿病診療における早期からの厳格な血糖コントロールの重要性

糖尿病診療における早期からの厳格な血糖コントロールの重要性 2016 年 6 月 23 日 放 送 新 しい 糖 尿 病 治 療 薬 の 使 い 方 虎 の 門 病 院 内 分 泌 代 謝 科 部 長 森 保 道 糖 尿 病 の 90% 以 上 を 占 める 2 型 糖 尿 病 は インスリン 作 用 の 障 害 とインスリン 分 泌 不 全 の 2 つの 病 態 によって 血 糖 調 節 機 構 が 破 たんし 慢 性 の 高 血 糖 を 呈 する 疾 患

More information

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医 腎 臓 内 科 科 長 のメッセージ 腎 炎 から 腎 臓 移 植 まですべての 領 域 をカバーしている 日 本 唯 一 といっていい 総 合 腎 臓 内 科 であ り 6つの 専 門 医 が 取 得 可 能 です One for all, all for one の 精 神 で 皆 が 連 帯 しています 科 長 横 山 仁 (よこやま ひとし) 教 授 腎 臓 内 科 学 腎 炎 ネフローゼ

More information

094-149_新_臨床研修-2_cs5.indd

094-149_新_臨床研修-2_cs5.indd 高 齢 医 学 科 科 長 のメッセージ 皆 さんが 活 躍 する10 年 後 20 年 後 には 65 歳 以 上 が 全 人 口 の35 40%となり 高 齢 医 学 のニー ズはより 高 まっていきます チーム 医 療 地 域 医 療 を 学 ぶために 最 適 の 環 境 を 提 供 しています 科 長 森 本 茂 人 (もりもと しげと) 教 授 老 年 病 学 高 血 圧 高 齢 者 肺

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

循環器領域における 睡眠時呼吸障害

循環器領域における 睡眠時呼吸障害 ~ 睡 眠 時 無 呼 吸 症 候 群 (SAS) ~ サス 臨 床 検 査 技 師 としてどう 関 わるか? 睡 眠 時 無 呼 吸 症 候 群 とは? サス Sleep Apnea Syndrome(SAS) 夜 間 睡 眠 中 に 無 呼 吸 を 繰 り 返 し その 結 果 日 中 傾 眠 などの 種 々の 自 覚 症 状 を 呈 する 疾 患 の 総 称 7 時 間 の 睡 眠 中 に30

More information

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E>

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E> 第 5 節 糖 尿 病 の 医 療 体 制 1 現 状 (1) 罹 患 死 亡 の 状 況 北 海 道 では 糖 尿 病 が 強 く 疑 われる 者 は40~74 歳 の 男 性 で183,372 人 ( 14.8% ) 女 性 で98,903 人 (7.1%)で 合 計 282,275 人 と 推 計 され 糖 尿 病 の 可 能 性 が 否 定 で きない 者 は 男 性 で144,963 人

More information

第 2 部 各 論 1 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 及 び 健 康 課 題 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 から, 柏 市 の 健 康 課 題 を 抽 出 します 柏 市 の 現 状 データ 疾 病 の 指 摘 状 況 再 掲 図 4 成 人 の 疾 病 の 指 摘

第 2 部 各 論 1 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 及 び 健 康 課 題 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 から, 柏 市 の 健 康 課 題 を 抽 出 します 柏 市 の 現 状 データ 疾 病 の 指 摘 状 況 再 掲 図 4 成 人 の 疾 病 の 指 摘 7 糖 尿 病 生 活 習 慣 を 整 えて, 糖 尿 病 の 発 症 及 び 重 症 化 を 防 ぐまち ~ 生 活 習 慣 病 予 防 の 知 識 を 正 しく 身 につけ, 生 活 習 慣 の 改 善 により, 自 分 とまわりの 人 の 健 康 を 守 りましょう!~ 85 第 2 部 各 論 1 糖 尿 病 に 関 する 柏 市 の 現 状 及 び 健 康 課 題 糖 尿 病 に 関 する

More information

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc じん 臓 機 能 障 害 (1 級 3 級 4 級 ) じん 臓 は 体 の 適 切 な 水 分 量 や 必 要 な 塩 分 量 の 調 節 老 廃 物 の 排 泄 血 圧 や 血 液 成 分 の 数 時 間 から 数 日 にわたる 比 較 的 緩 やかな 継 続 的 な 調 節 を 主 な 機 能 としてしている この 機 能 に 障 害 があると 体 内 の 水 分 量 や 塩 分 の 調 節

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

糖尿病の歯科病変

糖尿病の歯科病変 第 21 回 健 康 セミナー 糖 尿 病 の 歯 科 病 変 水 俣 芦 北 郡 市 歯 科 医 師 会 井 上 真 樹 歯 周 病 って どんな 病 気? 年 齢 別 に 見 た 歯 周 病 罹 患 率 100% 80% 60% 40% 20% 0% 15-24 歳 1.3% 4.2% 25.7% 46.3% 0.0% 0.0% 49.8% 21.2% 42.3% 48.9% 0.0% 7.3%

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 健 康 市 民 講 座 男 性 女 性 の 鼠 径 ヘルニア と 腹 部 のヘルニア 平 成 22 年 9 月 18 日 豊 見 城 中 央 病 院 消 化 器 外 科 仲 地 厚 金 城 さん 50 歳 男 性 足 の 付 け 根 に 脱 腸 があります 若 いころは 重 い 荷 物 を 運 ぶ 仕 事 をして おりました 島 袋 さん 65 歳 男 性 尿 が 出 るまで 時 間 がかかり 病

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要

主 要 な が ん 治 療 に つ い て 入 院 に か か る 医 療 費 の 支 払 い か ら 計 算 し た も の で す 例 え ば 胃 が ん に つ い て は 平 均 入 院 費 は 総 額 約 1 1 0 万 円 で 自 己 負 担 額 は 約 3 3 万 円 程 度 必 要 市 民 の 健 康 ~ が ん の 予 防 と 体 操 で 健 康 づ く り ~ 1 挨 拶 こ ん に ち は 長 久 手 市 役 所 健 康 推 進 課 の 伊 藤 と 申 し ま す 本 日 は よ ろ し く お 願 い し ま す 座 っ た ま ま で 説 明 さ せ て い た だ き ま す 今 回 の タ イ ト ル は 市 民 の 健 康 が ん の 予 防 と 体 操 で 健

More information

北海道医療大学歯学部シラバス

北海道医療大学歯学部シラバス 病 理 学 口 腔 病 理 学 口 腔 病 理 学 [ 講 義 ] 第 3 学 年 後 期 必 修 担 当 者 名 教 授 / 安 彦 善 裕 講 師 / 講 師 / 佐 藤 惇 助 教 / 非 常 勤 講 師 / 下 野 正 基 非 常 勤 講 師 / 松 原 茂 非 常 勤 講 師 / 浜 野 弘 規 概 要 口 腔 病 理 学 は 歯 をはじめ 口 腔 領 域 に 発 生 する 疾 病 や 病

More information

Microsoft Word - 212J4054.docx

Microsoft Word - 212J4054.docx 修 士 論 文 ( 要 旨 ) 2014 年 1 月 糖 分 摂 取 が 気 分 に 及 ぼす 影 響 指 導 山 口 創 先 生 心 理 学 研 究 科 健 康 心 理 学 専 攻 212J4054 原 野 有 紗 目 次 1. 序 論... 1 2. 方 法... 1 対 象 者... 1 調 査 内 容... 1 実 験 の 手 続 き... 2 分 析 方 法... 2 3. 結 果 と 考

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

前立腺癌の診断と治療

前立腺癌の診断と治療 Prostate Cancer 泌 尿 器 科 畠 山 真 吾 弘 前 大 学 泌 尿 器 科 における 前 立 腺 癌 の 診 断 と 治 療 前 立 腺 癌 はゆっくり 進 行 する 病 気 です 前 立 腺 癌 と 診 断 されても 慌 てる 必 要 はありません ゆっくり 治 療 法 を 選 択 し 治 療 に 向 かいましょう はじめに 前 立 腺 癌 は 世 界 的 に 罹 患 率 の

More information

採択一覧

採択一覧 10000 E019 九 州 内 分 泌 外 科 甲 状 腺 上 皮 小 体 5 13 日 ( 金 ) 14:20-15:00 第 2 会 場 (3F 会 議 室 4) 胸 腺 カルチノイドを 合 併 した 多 発 性 内 分 泌 腫 瘍 症 1 型 症 10001 S095 九 州 外 科 胃 十 二 指 腸 悪 性 1 14 日 ( 土 ) 10:51-11:55 第 2 会 場 (3F 会 議

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

Microsoft PowerPoint - H23疾患と治療1008配

Microsoft PowerPoint - H23疾患と治療1008配 生 殖 器 系 の 疾 患 平 成 22 年 10 月 8 日 不 妊 症 (Sterility) 疾 患 概 念 定 義 疫 学 通 常 夫 婦 間 で 避 妊 をしなければ1 年 間 で80% 2 年 間 で90%が 妊 娠 することが 統 計 学 的 に 示 されている し たがって 挙 児 を 希 望 し 通 常 の 性 生 活 を 送 りながら ( ) 経 過 しても 妊 娠 が 成 立

More information

かしわぎ Vol.43

かしわぎ Vol.43 東 京 医 科 大 学 病 院 総 合 相 談 支 援 センターだより 平 成 25 年 7 月 1 日 43 Vol. CONTENTS 小 児 科 就 任 挨 拶 2 脳 神 経 外 科 就 任 挨 拶 2 腎 臓 内 科 就 任 挨 拶 3 高 齢 診 療 科 就 任 挨 拶 3 神 経 内 科 就 任 挨 拶 4 2013 年 ( 平 成 25 年 ) 東 京 医 科 大 学 病 院 市 民

More information

アジェンダ <ライフサイエンス 分 野 の 技 術 戦 略 マップについて> 15:50-16:00 全 体 概 要 < 個 別 分 野 毎 の 技 術 戦 略 マップについて> 16:00-16:10 創 薬 診 断 技 術 分 野 16:10-16:20 診 断 治 療 機 器 分 野 16:2

アジェンダ <ライフサイエンス 分 野 の 技 術 戦 略 マップについて> 15:50-16:00 全 体 概 要 < 個 別 分 野 毎 の 技 術 戦 略 マップについて> 16:00-16:10 創 薬 診 断 技 術 分 野 16:10-16:20 診 断 治 療 機 器 分 野 16:2 イノベーション ジャパン 技 術 戦 略 マップの 概 要 - ライフサイエンス 分 野 - 平 成 17 年 9 月 28 日 ( 水 ) NEDO 技 術 開 発 機 構 バイオテクノロジー 医 療 技 術 開 発 部 アジェンダ 15:50-16:00 全 体 概 要 < 個 別 分 野 毎 の 技 術 戦 略 マップについて>

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

はじめに 1 背 景 及 び 趣 旨 我 が 国 は 国 民 皆 保 険 のもと 世 界 最 長 の 平 均 寿 命 や 高 い 保 健 医 療 水 準 を 達 成 してきた しかし 急 速 な 少 子 高 齢 化 や 国 民 の 意 識 変 化 などにより 大 幅 な 疾 病 構 造 の 変 化

はじめに 1 背 景 及 び 趣 旨 我 が 国 は 国 民 皆 保 険 のもと 世 界 最 長 の 平 均 寿 命 や 高 い 保 健 医 療 水 準 を 達 成 してきた しかし 急 速 な 少 子 高 齢 化 や 国 民 の 意 識 変 化 などにより 大 幅 な 疾 病 構 造 の 変 化 特 定 健 康 診 査 等 実 施 計 画 福 岡 県 情 報 サービス 産 業 健 康 保 険 組 合 平 成 25 年 4 月 1 日 はじめに 1 背 景 及 び 趣 旨 我 が 国 は 国 民 皆 保 険 のもと 世 界 最 長 の 平 均 寿 命 や 高 い 保 健 医 療 水 準 を 達 成 してきた しかし 急 速 な 少 子 高 齢 化 や 国 民 の 意 識 変 化 などにより 大

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき 日 付 時 限 内 4 月 8 日 4 婦 人 科 腫 瘍 学 総 論 GIO: 女 性 に 特 有 の 腫 瘍 疾 患 を 総 論 的 に 捉 え 理 解 する 容 SBO: 1. 生 殖 器 の 解 剖 生 殖 器 腫 瘍 の 病 理 細 胞 診 断 画 像 診 断 などについて 説 明 ができる 2. 子 宮 頸 部 悪 性 腫 瘍 の 発 癌 メカニズム( 特 にHPV) 診 断 治 療 について

More information

スライド 1

スライド 1 全 国 健 康 保 険 協 会 広 島 支 部 データヘルス 計 画 ~ 安 定 した 経 営 は 従 業 員 の 健 康 づくりから~ 概 要 版 ~ ヘルスケア 通 信 簿 に 基 づく 事 業 所 毎 の 健 康 課 題 の 把 握 と 特 徴 に 合 った 保 健 事 業 の 提 案 ~ ヘルスケア 通 信 簿 は 全 国 健 康 保 険 協 会 の 商 標 登 録 です 平 成 27 年

More information

《第68回日本栄養・食糧学会大会》における研究発表(8題)

《第68回日本栄養・食糧学会大会》における研究発表(8題) 報 道 関 係 各 位 平 成 26 年 5 月 29 日 第 68 回 日 本 栄 養 食 糧 学 会 大 会 における 研 究 発 表 (8 題 ) 雪 印 メグミルク 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 長 : 中 野 吉 晴 )は コーポレートスローガン 未 来 は ミルクの 中 にある に 基 づき おいしさ と 健 康 を 追 求 するための

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information

鈴木隆雄委員資料

鈴木隆雄委員資料 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 58 回 ) 平 成 28 年 5 月 25 日 鈴 木 隆 雄 委 員 提 出 資 料 後 期 高 齢 者 の 保 健 事 業 のあり 方 に 関 する 研 究 (ポイント) 平 成 27 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 特 別 研 究 ( 班 長 : 鈴 木 隆 雄 ( 国 立 長 寿 医 療 研 究 センター 理 事 長 特

More information

5.禁煙指導

5.禁煙指導 5. 禁 煙 指 導 ~かかりつけ 医 に 不 可 欠 な 禁 煙 に 関 する 知 識 ~ 平 成 27 年 度 地 域 包 括 診 療 加 算 地 域 包 括 診 療 料 に 係 る かかりつけ 医 研 修 会 平 成 27 年 7 月 12 日 ( 日 ) 日 本 医 師 会 常 任 理 事 羽 鳥 裕 yutaka@hatori.or.jp 非 感 染 性 疾 患 と 傷 害 による 成 人

More information

社会保障における未病の位置づけ

社会保障における未病の位置づけ 産 官 学 民 で 支 える 笑 顔 あふれる 超 高 齢 社 会 東 京 大 学 高 齢 社 会 総 合 研 究 機 構 辻 哲 夫 1 今 後 の 日 本 の 高 齢 化 - 後 期 高 齢 者 の 増 加 後 期 高 齢 者 の 姿 生 存 率 から 見 た 場 合 老 いて 死 ぬのが 普 通 となって 老 いの 期 間 が 延 びている( 百 歳 の 壁 は 厚 い?) 医 療 介 護 健

More information

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86>

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86> 第 9 号 平 成 16 年 7 月 1 日 発 行 愛 知 県 がんセンター Tel.052-762-6111 代 私 たちは 病 む 人 の 立 場 にたって 最 新 の 研 究 成 果 に 基 づく 最 良 の 心 あるがん 医 療 を 提 供 します The mission of Aichi Cancer Center is to provide patients suffering from

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

スライド 1

スライド 1 泌 尿 器 科 のがん ~ 前 立 腺 癌 を 中 心 に~ 沼 津 市 立 病 院 泌 尿 器 科 花 井 禎 ただし 本 日 の 話 題 泌 尿 器 科 について 前 立 腺 癌 について 疫 学 診 断 治 療 (ちょっと 一 息 : 堺 市 ゆかりの ) 泌 尿 器 科 って? 腎 臓 内 科 や 産 婦 人 科 と 一 部 重 なる 尿 の 性 状 の 異 常 赤 い 濁 ってる 臭 い

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

2 日 常 生 活 における 歩 数 の 増 加 : 1 日 1000 歩 増 加 させる 現 在 男 性 8,202 歩 9,20 歩 以 上 女 性 7,282 歩 8,30 歩 以 上 3 運 動 習 慣 者 の 増 加 : 10%の 増 加 現 在 男 性 28.6% 39% 以 上 女 性

2 日 常 生 活 における 歩 数 の 増 加 : 1 日 1000 歩 増 加 させる 現 在 男 性 8,202 歩 9,20 歩 以 上 女 性 7,282 歩 8,30 歩 以 上 3 運 動 習 慣 者 の 増 加 : 10%の 増 加 現 在 男 性 28.6% 39% 以 上 女 性 メタボリックシンドロームにおける 運 動 の 役 割 有 限 会 社 健 康 創 研 代 表 取 締 役 菅 野 隆 ( 健 康 運 動 指 導 士 ヘルスケアトレーナー) はじめに - 近 年 におけるわが 国 の 健 康 問 題 と 施 策 - 昭 和 30 年 以 降 伝 染 病 や 結 核 に 代 わり 脳 卒 中 心 臓 病 などの 疾 病 いわゆる 成 人 病 が 国 民 の 死 亡 原

More information

気血津液学説: :奈良上眞作成

気血津液学説: :奈良上眞作成 大 阪 医 療 技 術 学 園 専 門 学 校 東 洋 医 療 技 術 教 員 養 成 学 科 講 義 ノート 気 血 津 液 学 説 気 ( 簡 略 解 説 ) 奈 良 上 眞 参 考 文 献 呉 敦 序 主 編 : 中 医 基 礎 理 論, 上 海 科 学 技 術 出 版 社,1995, 中 国 上 海. 気 血 津 液 気 血 津 液 人 体 の 生 命 活 動 を 維 持 する 基 本 物

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

アプローチ 第45号

アプローチ 第45号 地 域 の 皆 様 と 共 に 歩 む ドクターのリレー 講 座 深 部 静 脈 血 栓 症 について 循 環 器 内 科 専 門 科 長 文 藏 優 子 我 が 国 のがん 対 策 について 茨 城 県 地 域 がんセンター 長 菊 池 孝 治 病 院 ツアーズ No7 中 学 高 校 が 職 場 体 験 に 訪 れました 療 養 環 境 整 備 をすすめています ラウンジに 手 洗 い 場 を

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 第 2 節 脳 卒 中 1. 現 状 と 課 題 (1) 脳 卒 中 の 発 症 状 況 脳 卒 中 ( 脳 血 管 疾 患 )とは 脳 の 血 管 に 血 栓 が 詰 まって 起 こる 脳 梗 塞 脳 の 細 い 血 管 が 破 れて 起 こる 脳 出 血 脳 の 血 管 にできたこぶ( 動 脈 瘤 )が 破 れること 等 によって 起 こる くも 膜 下 出 血 等 の 症 状 をあわせた 総

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information

続 発 性 無 月 経 の 原 因 別 分 類 と 鑑 別 診 断 チャートを 説 明 できる 原 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 続 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 月 経 前 症 候 群 の 病 態 と 治 療 法 について

続 発 性 無 月 経 の 原 因 別 分 類 と 鑑 別 診 断 チャートを 説 明 できる 原 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 続 発 性 無 月 経 の 治 療 法 の 概 略 を 説 明 できる 月 経 前 症 候 群 の 病 態 と 治 療 法 について 生 殖 系 D9 オーガナイザー 産 科 婦 人 科 井 箟 一 彦 泌 尿 器 科 原 勲 Ⅰ 一 般 学 習 目 標 内 科 学 外 科 学 などの 臨 床 医 学 が 個 体 維 持 治 療 医 学 を 主 たる 目 的 とするのに 対 し 生 殖 医 学 は 治 療 医 学 に 加 え 種 族 保 存 リプロダクションを 含 むことを 理 解 し 基 礎 的 知 識 のもと 診 断 治 療

More information

Microsoft Word - (H23 6 1)患者手帳&連携パスシート _3_.doc

Microsoft Word - (H23 6 1)患者手帳&連携パスシート _3_.doc C 型 慢 性 肝 炎 インターフェロン 治 療 患 者 手 帳 & 連 携 パスシート 1 この 患 者 手 帳 を 使 用 するにあたって 病 院 およびかかりつけ 医 受 診 の 際 に 必 ず 携 帯 して 下 さい 治 療 中 の 血 液 項 目 などはできるだけ 患 者 様 本 人 でご 記 入 願 います 治 療 および 副 作 用 について 重 要 な 説 明 がありますのでご 確

More information

Taro-第1~4-2.jtd

Taro-第1~4-2.jtd 第 8 章 保 健 医 療 福 祉 ( 介 護 )の 総 合 的 な 取 組 の 促 進 第 1 節 保 健 医 療 福 祉 ( 介 護 )の 連 携 ( 現 状 及 び 課 題 ) 保 健 医 療 福 祉 は 相 互 に 密 接 に 関 わっており 医 療 連 携 体 制 の 構 築 にあ たっても 疾 病 の 予 防 特 定 健 診 特 定 保 健 指 導 各 種 の 相 談 治 療 リハビ リテーション

More information

再 生 医 療 について ips 細 胞 など 幹 細 胞 は 再 生 医 療 への 応 用 はもちろん 創 薬 への 利 用 も 期 待 され 医 療 分 野 に 大 きな 革 新 をもたらす 可 能 性 特 に 再 生 医 療 は 根 本 治 療 や 他 に 治 療 法 のない 疾 患 の 治

再 生 医 療 について ips 細 胞 など 幹 細 胞 は 再 生 医 療 への 応 用 はもちろん 創 薬 への 利 用 も 期 待 され 医 療 分 野 に 大 きな 革 新 をもたらす 可 能 性 特 に 再 生 医 療 は 根 本 治 療 や 他 に 治 療 法 のない 疾 患 の 治 1 規 制 制 度 改 革 委 員 会 集 中 討 議 再 生 細 胞 医 療 の 現 状 及 び 課 題 平 成 24 年 11 月 29 日 厚 生 労 働 省 1 再 生 医 療 について ips 細 胞 など 幹 細 胞 は 再 生 医 療 への 応 用 はもちろん 創 薬 への 利 用 も 期 待 され 医 療 分 野 に 大 きな 革 新 をもたらす 可 能 性 特 に 再 生 医 療

More information

Taro-4-1-4糖尿病(PDF用).jtd

Taro-4-1-4糖尿病(PDF用).jtd 4 糖 尿 病 現 状 と 課 題 ア 糖 尿 病 の 現 状 管 内 における 糖 尿 病 による 死 亡 数 は, 平 成 21 年 は8 人 ( 男 性 6 人, 女 性 2 人 )で, 死 亡 率 は, 男 性 は 全 国, 県 を 上 回 っていますが, 女 性 は 全 国, 県 を 下 回 っています 死 亡 率 のここ 数 年 の 年 次 推 移 をみると, 全 国 や 県 を 上 回

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20975C966888E397C394C781408376838C835B83938E9197BF5F8DC58F49>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20975C966888E397C394C781408376838C835B83938E9197BF5F8DC58F49> 長 寿 大 国 日 本 の 予 防 医 療 ~ 健 康 に 長 生 きしよう~ ( 資 料 )http://www.sakucci.or.jp/pinkoro/index.html 公 益 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター 岡 圭 佑 ( 日 本 生 命 保 険 ) 松 木 拓 ( 八 十 二 銀 行 ) 皆 川 篤 (JR 東 海 ) 綿 貫 剛 ( 横 浜 銀 行 ) 高 齢 化

More information

Microsoft PowerPoint - 20160421北大工藤ハンドアウト

Microsoft PowerPoint - 20160421北大工藤ハンドアウト 日 本 産 科 婦 人 科 学 会 第 68 回 学 術 講 演 会 専 攻 医 教 育 プログラム 子 宮 内 膜 症 / 子 宮 腺 筋 症 の 診 断 と 治 療 北 海 道 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 生 殖 内 分 泌 腫 瘍 学 分 野 工 藤 正 尊 第 68 回 日 本 産 科 婦 人 科 学 会 学 術 講 演 会 利 益 相 反 状 態 の 開 示 筆 頭 演 者 氏

More information

Microsoft PowerPoint - 市民講座 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 市民講座 [互換モード] 市 民 講 座 みみ はな のどの 癌 の 話 市 立 函 館 病 院 耳 鼻 咽 喉 科 科 長 坪 田 大 耳 鼻 科 と 癌 は 関 係 があるの? 耳 鼻 咽 喉 科 は 頭 蓋 内, 眼 窩 内, 歯 牙 咬 合 を 除 く 頭 部 頸 部 の 外 科 疾 患 を 対 象 と しており, 医 学 部 医 科 大 学 や 一 部 病 院 では, 耳 鼻 咽 喉 科 頭 頸 部 外 科 と 言

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

び 都 市 観 光 の 推 進 を 図 る 本 事 業 に 係 る 施 設 等 の 種 類 は 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 施 行 令 第 5 条 第 5 号 のイ ~ハ 当 該 施 設 等 を 設 ける 道 路 の 区 域 は 別 添 1のとおりとする ( 事 業 実 施 の 際 は 清

び 都 市 観 光 の 推 進 を 図 る 本 事 業 に 係 る 施 設 等 の 種 類 は 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 施 行 令 第 5 条 第 5 号 のイ ~ハ 当 該 施 設 等 を 設 ける 道 路 の 区 域 は 別 添 1のとおりとする ( 事 業 実 施 の 際 は 清 参 考 資 料 3 区 域 計 画 1 国 家 戦 略 特 別 区 域 の 名 称 東 京 圏 国 家 戦 略 特 別 区 域 2 法 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 特 定 事 業 の 名 称 及 び 内 容 (1) 名 称 : 国 家 戦 略 民 間 都 市 再 生 事 業 内 容 : 民 間 都 市 再 生 事 業 計 画 の 認 定 に 係 る 都 市 再 生 特 別 措 置 法

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

CW6_A2200A01.indd

CW6_A2200A01.indd 1 発 育 発 達 について 1 発 育 発 達 子 どもの 特 徴 は 常 に 発 育 ( 成 長 発 達 )していることです 成 長 は 身 体 の 量 的 な 増 大 のことで 発 達 は 機 能 的 な 成 熟 を 意 味 しています 子 どもの 発 育 期 を 区 分 すると 新 生 児 期 ( 出 生 後 の4 週 間 ) 乳 児 期 ( 出 生 より1 年 ) 幼 児 期 ( 小 学

More information

血清アルブミン濃度と      6分間歩行距離の関係について

血清アルブミン濃度と      6分間歩行距離の関係について 低 栄 養 状 態 時 における 運 動 療 法 の 進 め 方 研 究 発 表 報 告 血 清 アルブミン 濃 度 と6 分 間 歩 行 距 離 の 関 係 について 血 清 アルブミン 濃 度 と 握 力 体 重 の 関 係 について 理 学 療 法 実 施 患 者 の 栄 養 状 態 に 関 する 調 査 研 究 低 栄 養 状 態 時 における 運 動 療 法 の 進 め 方 公 立 長 生

More information