事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し"

Transcription

1 上 毛 かるたのこれから 更 なる 発 展 に 向 けて 田 島 広 大 1.はじめに 私 が 住 む 群 馬 県 には 全 国 に 誇 ることのできる 上 毛 かるた がある 上 毛 かるたは 多 くの 県 民 に 認 知 され 親 しまれている 私 自 身 も 群 馬 で 生 まれ 育 ち 地 域 の 子 ども 会 を 通 じて 上 毛 かるたで 遊 んできた 上 毛 かるたを 通 じて 群 馬 県 のことを 知 り 親 しみを 持 て るようになったと 感 じている しかしながら 上 毛 かるたの 意 義 や 歴 史 札 が 表 す 意 味 を 知 っている 県 民 がどれほどいるだろうか 読 み 札 の 後 ろに 解 説 文 が 書 かれていること すら 知 らない 県 民 も 多 いだろう また 群 馬 県 の 魅 力 を 知 る 県 民 が 少 ないと 感 じる 群 馬 県 に 対 して 親 しみを 持 つ 県 民 は 多 いが いざ 県 外 の 者 に 群 馬 県 の 魅 力 を 伝 えることが できる 県 民 は 少 ないのではないだろうか そこで 私 は 上 毛 かるたの 歴 史 や 意 義 を 再 確 認 し 群 馬 県 の 魅 力 について 県 民 に 知 ってもらう 活 動 について 考 えてみたい 2. 上 毛 かるたとは 2.1 歴 史 上 毛 かるたは 1947 年 1 月 11 日 付 の 上 毛 新 聞 の 呼 びかけから 始 まる 当 時 群 馬 県 は 戦 後 復 興 期 であり 深 刻 な 食 糧 住 居 問 題 に 悩 まされていた それに 加 えカスリン 台 風 の 上 陸 で 大 きなダメージを 受 けていた そんな 厳 しい 状 況 が 続 く 中 人 々の 再 起 を 支 援 するために 恩 賜 財 団 群 馬 県 同 胞 援 護 会 によって 上 毛 かるたはつくられた 当 時 の 子 どもたちは 物 資 の 不 足 で 勉 強 も 満 足 にできなかった また GHQ の 占 領 政 策 で 日 本 の 地 理 教 育 と 歴 史 教 育 が 完 全 に 停 止 されていた しかし 援 護 会 の 設 立 者 の 浦 野 匡 彦 は 郷 土 を 復 興 させるためには 郷 土 を 愛 する 心 が 必 要 であり そのための 地 理 と 歴 史 教 育 が 必 要 であると 考 えた そこで 遊 ぶこともでき 教 育 にもなる 郷 土 かるたを 作 成 しようと 考 えたのである 浦 野 はまず 上 毛 かるた 編 纂 委 員 会 を 発 足 させた その 後 上 毛 新 聞 を 通 して 県 民 にかるたの 題 材 を 募 集 した そして 県 内 の 全 域 を 網 羅 することを 前 提 として 編 纂

2 事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 した 上 毛 かるたの 普 及 には 上 毛 かるた 競 技 大 会 や 上 毛 かるた 立 札 運 動 などの 影 響 があった 前 者 は 県 内 の 小 中 学 生 を 対 象 に 現 在 まで 行 われている 後 者 はかるたに 読 み 込 まれた 現 地 に 立 札 を 立 てて 郷 土 を 再 認 識 するという 運 動 であった(が 現 在 は ほとんど 立 札 が 見 られない) 2.2 かるたの 特 徴 原 口 (1996)によると 読 み 札 は 自 然 温 泉 観 光 人 物 産 業 交 通 史 跡 文 化 その 他 に 分 けられる これらの 札 は 多 岐 にわたり 群 馬 県 内 全 域 に 分 布 し ている そして 札 は 県 内 の 川 に 沿 って 分 布 しており 人 々が 川 ( 水 )を 求 めて 居 住 して いることがわかる 読 み 札 は 七 五 調 である 七 五 調 は 日 本 人 に 馴 染 みがあり 適 当 に 休 符 を 入 れて 唱 え ることができる それとともに 12 音 という 少 ない 字 数 で 表 現 しなければならないた め 簡 潔 明 快 な 用 語 を 選 択 している そのことが 記 憶 に 残 りやすい 要 因 ともいえる 絵 札 は 写 実 的 な 要 素 が 強 い 実 際 の 場 所 に 行 ったことはないがその 場 にいったよう な 感 覚 を 持 たせる 効 果 がある 読 み 札 と 絵 札 が 完 全 にリンクしているのでその 絵 の 意 味 を 自 然 と 学 習 することができる 2.3 競 技 活 動 上 毛 かるたが 普 及 するにあたって 上 毛 かるた 競 技 県 大 会 が 多 くの 効 果 をもたら したと 考 えられる 参 加 者 は 各 市 町 村 を 勝 ち 抜 いてきた 小 中 学 生 である 子 どもたち は 放 課 後 や 休 日 を 使 い 一 生 懸 命 に 練 習 をしてきた 大 会 は 二 月 に 行 われており 冬 の 寒 い 時 期 に 室 内 で 練 習 をしながら 群 馬 のことについて 学 習 できる また ルールに ついても 厳 しく 設 定 されている 始 めと 終 わりには 礼 を 交 さなければならないこと 異 議 がある 場 合 には 審 判 に 意 見 を 述 べることができるなど 子 どもに 対 する 教 育 的 配 慮 も 含 まれている さらにやく 札 というルールがある これは 特 定 の 札 ( 主 要 市 町 村 と 上 毛 三 山 の 札 )をそろえれば 加 点 がなされるというルールである このルールにより

3 やく 札 は 特 に 印 象 強 いものとなっており 群 馬 県 の 重 要 な 場 所 を 学 習 することができ る また ここで 特 に 注 目 しておきたいのは 学 校 単 位 での 参 加 ではなく 子 ども 会 とい った 各 地 域 の 学 校 外 の 集 団 単 位 での 参 加 が 多 いということである これは 小 中 学 生 が 上 毛 かるたに 慣 れ 親 しむにあたって 子 ども 会 が 重 要 だということである 3. 上 毛 かるた 活 用 の 問 題 点 上 毛 かるたは 遊 びながら 群 馬 県 を 学 べるということや 郷 土 に 対 する 親 近 感 を 育 むと いう 効 果 を 持 っている 上 毛 かるたの 理 念 そのものにはほとんど 問 題 はないであろう しかし 上 毛 かるたの 活 用 方 法 に 問 題 があるのではないだろうか ここでは 実 体 験 を もとに 上 毛 かるたの 活 用 の 問 題 点 を 考 えていく 第 一 に 上 毛 かるたを 行 う 際 に 遊 び という 側 面 だけが 強 調 されがちではないかと いうことである つまり 子 どもたちが 読 み 札 と 絵 札 を 対 応 させてかるたを 取 ってい き その 得 点 を 競 い 合 うという かるた 遊 び の 側 面 が 強 いのではないかということ である 確 かに 上 毛 かるたは 遊 びながら 郷 土 を 学 んでいくという 側 面 もある しかし 上 毛 かるたが 基 本 的 に 行 われる 子 ども 会 では その 札 の 意 味 や 役 割 を 学 習 するといっ た 機 会 はほとんどない その 場 に 実 際 に 赴 き 観 察 や 体 験 をするといった 活 動 や 読 み 札 の 裏 側 に 書 かれている 解 説 文 を 取 り 上 げて 学 習 する 時 間 をとっている 子 ども 会 はか なり 少 ないだろう 上 毛 かるたは 12 音 という 少 ない 文 字 で 構 成 されており 簡 潔 明 快 な 表 現 であることはすでに 指 摘 されている その 簡 潔 明 快 な 表 現 で 様 々な 群 馬 県 の 事 柄 を 表 さなければいけないため 小 学 生 には 比 較 的 難 しい 漢 字 や 言 い 回 しも 多 い 私 自 身 この 文 章 を 書 くにあたって 初 めて 知 った 表 現 などがたくさんあった だから 小 学 生 などでは 読 み 札 の 意 味 を 知 らず かるたに 興 じている 場 合 が 多 いだろう これでは 上 毛 かるたの 効 果 を 活 用 しきれているとは 言 えない 第 二 に 小 学 校 卒 業 後 は 上 毛 かるたとの 接 点 や 学 習 する 機 会 が 少 なくなってしまう ということである 上 毛 かるたが 子 ども 会 を 中 心 に 営 まれていることについては 触 れ た しかし 子 ども 会 は 主 に 小 学 生 の 時 にしか 所 属 していないことが 多 い 中 学 生 に なると 学 習 や 部 活 動 で 多 忙 となり 自 由 な 時 間 が 取 れなくなるので ほとんどの 子 ども は 小 学 校 卒 業 の 時 点 で 子 ども 会 を 卒 業 していく それによって 上 毛 かるたとの 接 点 も 失 われてしまう また 中 学 校 では 小 倉 百 人 一 首 を 取 り 入 れてそれについて 学 習 した

4 り 競 技 大 会 を 開 いたりすることも 多 くなる それもまた 上 毛 かるたとの 接 点 が 失 われ ていく 一 つの 要 因 であろう そして その 後 はどうだろうか 高 校 生 大 学 生 社 会 人 はほとんど 上 毛 かるたと 接 点 を 持 つことはない 時 々 新 聞 や 雑 誌 あるいは 各 市 町 村 の 広 報 などで 懐 かしい 上 毛 かるたの 言 い 回 しに 触 れることはあるだろう しかし 実 際 に 上 毛 かるたに 興 じたり 上 毛 かるたに 書 かれている 表 現 などを 学 んだりする 機 会 はない 考 えるべきは 今 後 の 群 馬 県 を 背 負 っていくのはこれらの 世 代 であるとい うことである 彼 らには 群 馬 県 の 魅 力 を 知 り 伝 えていく 義 務 がある こうした 世 代 こそ 学 習 する 意 義 は 大 きいのに その 機 会 が 設 けられていないことは 問 題 であると 考 える 4. 問 題 解 決 の 方 法 前 項 で 指 摘 した 第 一 の 問 題 を 解 決 していく 上 で 重 要 なのは 小 学 校 と 子 ども 会 の 取 り 組 みだ 小 学 校 は 教 育 活 動 を 行 う 基 本 的 な 場 所 である 子 ども 会 は 2.3 で 確 認 したよう に 上 毛 かるたの 普 及 活 動 において 重 要 な 役 割 を 果 たしている では 具 体 的 に 何 を 行 えばいいのか 私 が 提 案 することは 次 の 三 つのことである 一 つ 目 は 小 学 校 で 群 馬 県 について 学 習 する 際 に 上 毛 かるたを 用 いるということである 教 師 が 一 方 的 に 教 えるのではなく 自 主 的 な 活 動 を 通 して 学 ぶことが 重 要 である そ れにはそのクラスのオリジナルの 上 毛 かるたを 作 ることを 提 案 する まずはこどもに 札 を 分 担 し 調 べ 学 習 を 通 してその 意 味 や 歴 史 をまとめる 学 習 したことをもとに 自 分 なりの 読 み 札 と 絵 札 を 作 成 する それを 簡 単 な 解 説 を 添 えて 発 表 する 作 成 した 札 はクラスに 掲 示 しておく 注 意 しなければならないのは 読 み 札 の 頭 文 字 は 元 々の 上 毛 かるたと 一 緒 にしなければならない どの 札 を 作 成 したかをわかりやすくするため である このような 活 動 を 通 してこどもは 自 分 なりに 学 習 することができ 札 への 理 解 を 深 めることができる 二 つ 目 は 毎 回 子 ども 会 でのかるた 練 習 の 前 に 読 み 札 の 裏 側 の 解 説 文 をもとにして その 札 がどのような 意 味 を 持 っているかを 学 習 するということである 毎 回 一 つの 札 についてでよい それが 何 回 も 何 年 も 積 み 重 なることによって 小 学 校 卒 業 までには 44 枚 のすべての 札 について 学 習 することができる 毎 回 札 を 学 習 することによって そ の 都 度 札 を 意 識 して 競 技 をすることができ 次 第 に 上 毛 かるたが 何 について 述 べてい るのかが 分 かってくる また 子 どもたちに 学 習 させるために かるた 練 習 の 当 番 も

5 あらかじめ 学 習 しておかなければならないため 保 護 者 にも 学 習 を 促 す 効 果 がある かるたの 当 番 はほとんどの 場 合 保 護 者 が 交 代 して 行 うので 多 くの 保 護 者 が 学 べると いう 点 でも 効 率 的 である 三 つ 目 は 毎 年 数 回 ほどかるたに 読 まれている 現 地 に 赴 くということである 現 状 として 上 毛 かるたで 学 んで 知 ってはいるけれども 実 際 に 行 ったことがないとい う 県 民 も 多 いのではないか 上 毛 かるたの 活 動 は 主 に 冬 にしか 行 われないが 現 地 を 訪 れることは 長 期 休 みなどを 使 って 一 年 を 通 して 行 うことができる やはり 現 地 に 行 って 実 際 の 郷 土 を 体 験 することが 重 要 であると 考 える 次 に 第 二 の 問 題 についてである この 問 題 を 解 決 するためには 上 毛 かるたとの 継 続 的 な 関 わりを 持 てるようにする 必 要 がある そのことを 促 すために 私 が 提 案 したい ことはスタンプラリーである 上 毛 かるたに 書 かれた 現 地 にそれぞれスタンプを 置 い ておき スタンプを 集 める そのスタンプを 獲 得 するためにはその 現 地 に 関 する 簡 単 な 問 題 を 解 かなければならない そして 上 毛 かるたに 書 かれたすべての 場 所 を 回 る と 賞 状 や 非 売 品 の 記 念 品 をもらえるという 制 度 だ これにはいくら 時 間 がかかっても よい だが スタンプラリーを 集 めるためだけに 集 中 してしまうと 現 地 に 訪 れた 意 味 がなくなってしまうため スタンプの 置 き 場 所 には 注 意 する 必 要 がある これによっ て 訪 問 者 の 学 習 を 促 すことができ 期 限 をつけないことで 自 分 のペースで 進 めること ができる また 休 日 などにはその 土 地 に 詳 しい 地 域 住 民 がガイドとして 働 きかける とさらに 効 果 的 なのではないかと 考 える 地 域 住 民 の 学 習 を 促 進 や 社 会 とのつなが りを 作 ることもできる 訪 問 者 にとっては 地 域 住 民 しか 知 らないような 詳 しい 話 を 聞 くことができるため 更 に 学 習 を 深 めることができる 5. 終 わりに 上 毛 かるたは 戦 後 間 もないころに 復 興 の 願 いを 込 めて 郷 土 愛 を 育 もうとしたこ とが 始 まりであった そこには 多 くの 思 いが 託 されている これほど 多 くの 県 民 に 親 しまれ 愛 されているかるたは 多 くない この 事 実 だけでも 群 馬 県 の 誇 れる 文 化 であ る しかし その 誇 れる 文 化 をいかにして 有 効 活 用 できるかが 問 われているように 感 じる どんなにいい 文 化 でも 活 用 できなければ 意 味 がない 上 毛 かるたを 単 なる か るた で 終 わらせてはいけない どのような 形 であれ 多 くの 県 民 が 上 毛 かるたにつ いて 学 習 し 群 馬 県 の 魅 力 を 再 発 見 することが 求 められる そして 一 人 でも 多 くの

6 県 民 が 上 毛 かるたを 使 って 次 の 世 代 や 県 外 の 人 々に 群 馬 県 の 魅 力 を 伝 えられるように なることを 期 待 したい 参 考 文 献 原 口 美 貴 子 上 毛 かるた その 日 本 一 の 秘 密 上 毛 新 聞 社 1996

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針 こどもカフェ 設 置 運 営 に 係 る 基 本 方 針 第 1 総 則 1 目 的 こどもカフェ の 設 置 運 営 については 市 基 本 計 画 及 び 第 一 次 実 施 計 画 に 位 置 付 け 市 内 2 か 所 で モデル 運 営 を 実 施 し その 実 績 検 証 等 をもとに 今 後 の 拡 充 について 検 討 することとして おります また こどもカフェ は 次 世 代 育

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

諮 問 庁 の 説 明 は, 理 由 説 明 書 によると,おおむね 以 下 のとおりである 1 行 政 文 書 開 示 請 求 の 対 象 となった 文 書 開 示 請 求 の 内 容 は, 国 家 公 務 員 総 合 職 採 用 試 験 合 格 者 による 官 庁 訪 問 において, 公 正 取

諮 問 庁 の 説 明 は, 理 由 説 明 書 によると,おおむね 以 下 のとおりである 1 行 政 文 書 開 示 請 求 の 対 象 となった 文 書 開 示 請 求 の 内 容 は, 国 家 公 務 員 総 合 職 採 用 試 験 合 格 者 による 官 庁 訪 問 において, 公 正 取 諮 問 庁 : 公 正 取 引 委 員 会 委 員 長 諮 問 日 : 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 平 成 28 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 136 号 ) 答 申 日 : 平 成 28 年 7 月 7 日 ( 平 成 28 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 183 号 ) 事 件 名 : 平 成 27 年 度 総 合 職 官 庁 訪 問 での 対 応 依 頼 等 の 一 部 開

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF817A82A882A882BD8251824F824F825881758B4B90A789FC8A769776965D8F918176>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF817A82A882A882BD8251824F824F825881758B4B90A789FC8A769776965D8F918176> 外 国 人 集 住 都 市 会 議 の 規 制 改 革 要 望 書 2009( 平 成 21) 年 6 月 30 日 提 出 1 2 定 住 者 の 在 留 資 格 により 入 国 をしようとする 外 国 人 の 査 証 発 行 に 対 する 審 査 及 び 入 国 審 査 について 定 住 者 の 在 留 資 格 により 入 国 をしようとする 外 国 人 については 日 本 で 滞 在 するにあたり

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 採 用 案 内 事 務 / 電 気 / 土 木 ( 平 成 26 年 4 月 採 用 ) 公 社 の 使 命 首 都 東 京 の 都 市 再 生 と 都 市 機 能 の 維 持 増 進 都 民 生 活 の 向 上 に 貢 献 する 道 路 行 政 推 進 への 貢 献 総 合 駐 車 対 策 の 推 進 収 益 の 都 民 社 会 への 還 元 公 社 の 事 業 の 仕 組 み 全 事 業 を 通

More information

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1 季 刊 Vol.4 2010 11 月 毎 格 別 愛 顧 賜 厚 御 礼 度 弊 8 月 相 順 導 鞭 撻 賜 謝 平 12 初 秋 候 担 待 産 声 10 返 ろ ろ 表 通 貴 経 験 積 通 築 ゆ 資 源 糧 如 態 屈 更 遂 度 節 機 同 新 ズ 応 懸 命 努 卒 倍 旧 援 協 拝 眉 挨 拶 略 儀 告 10 返 号 ボ ュ 増 未 届 致 忙 材 協 祝 辞 賜 謝 致

More information

目 次 調 査 概 要 P 2 調 査 結 果 の 要 約 P 3 サマリー1. 具 体 的 な 移 住 意 向 状 況 P 4 サマリー2. 移 住 先 検 討 時 に 重 視 & 求 めること P 5 サマリー3. 移 住 先 検 討 時 に 困 る& 丌 安 なこと P 6 サマリー4. 中

目 次 調 査 概 要 P 2 調 査 結 果 の 要 約 P 3 サマリー1. 具 体 的 な 移 住 意 向 状 況 P 4 サマリー2. 移 住 先 検 討 時 に 重 視 & 求 めること P 5 サマリー3. 移 住 先 検 討 時 に 困 る& 丌 安 なこと P 6 サマリー4. 中 資 料 2 中 野 市 への 移 住 意 向 調 査 結 果 報 告 書 2015 年 7 月 17 日 調 査 結 果 の 要 約 のみ 掲 載 しております 目 次 調 査 概 要 P 2 調 査 結 果 の 要 約 P 3 サマリー1. 具 体 的 な 移 住 意 向 状 況 P 4 サマリー2. 移 住 先 検 討 時 に 重 視 & 求 めること P 5 サマリー3. 移 住 先 検 討

More information

c) 共 済 スタッフの 状 況 異 動 者 本 人 宛 てに メールで 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員 記 載 事 項 変 更 届 など 共 済 組 合 関 係 の 書 類 の 周 知 を 行 って いたところである 提 出 する 書 類 としては 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員

c) 共 済 スタッフの 状 況 異 動 者 本 人 宛 てに メールで 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員 記 載 事 項 変 更 届 など 共 済 組 合 関 係 の 書 類 の 周 知 を 行 って いたところである 提 出 する 書 類 としては 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員 平 成 27 年 度 人 事 異 動 時 における 認 定 事 務 等 に 関 する 改 善 の 取 組 手 間 をかけず 既 存 ツールを 活 用 した 異 動 パターン 別 表 の 導 入 と 効 果 釧 路 開 発 建 設 部 総 務 課 今 村 磨 菅 原 明 日 人 事 異 動 時 に 届 出 が 必 要 となる 書 類 は 種 類 が 多 く 提 出 先 も 異 なることから 提 出 者

More information

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~ ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レポート 2016-02-05 配 偶 者 控 除 見 直 しについて ~ 家 計 の 可 処 分 所 得 への 影 響 ~ 経 済 研 究 部 研 究 員 薮 内 哲 (03)3512-1839 yabuuchi@nli-research.co.jp はじめに 現 在 政 府 は 所 得 税 改 革 に 向 けた 総 点 検 に 着 手 しており とりわけ

More information

社 会 科 学 習 指 導 案 1. 単 元 名 農 業 のさかんな 地 域 をたずねて 日 時 平 成 26 年 7 月 7 日 ( 月 ) 児 童 小 学 校 第 5 学 年 指 導 者 釧 路 教 育 研 究 所 研 究 部 2. 単 元 について (1) 教 材 観 本 単 元 にかかわる

社 会 科 学 習 指 導 案 1. 単 元 名 農 業 のさかんな 地 域 をたずねて 日 時 平 成 26 年 7 月 7 日 ( 月 ) 児 童 小 学 校 第 5 学 年 指 導 者 釧 路 教 育 研 究 所 研 究 部 2. 単 元 について (1) 教 材 観 本 単 元 にかかわる 単 元 名 農 業 のさかんな 地 域 をたずねて 学 びの 地 図 社 会 科 学 習 指 導 案 1 時 間 目 北 海 道 東 北 地 方 が 米 作 りが 盛 んなわけを 予 想 しよ 北 海 道 米 の ゆめぴりか を 調 べて,まちの 人 にしょかい しよ ど し て お い し い の だ ろ? 2 時 間 目 米 がたくさんとれると ころはどんなところだ ろ 3 4 時 間 目 米

More information

限 られた 時 間 ではありますが 活 発 なご 議 論 をしていただきますようお 願 いいたし まして 挨 拶 とさせていただきます 3 協 議 調 整 事 項 ⑴ 沼 津 市 教 育 大 綱 の 決 定 について 資 料 2 沼 津 市 教 育 大 綱 ( 案 ) に 関 する 意 見 募 集

限 られた 時 間 ではありますが 活 発 なご 議 論 をしていただきますようお 願 いいたし まして 挨 拶 とさせていただきます 3 協 議 調 整 事 項 ⑴ 沼 津 市 教 育 大 綱 の 決 定 について 資 料 2 沼 津 市 教 育 大 綱 ( 案 ) に 関 する 意 見 募 集 第 4 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 2 月 9 日 ( 火 曜 日 )10 時 00 分 ~11 時 30 分 〇 開 催 場 所 水 道 部 庁 舎 3 階 会 議 室 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 委 員 長 細 沼 早 希 子 委 員 長 職 務 代 理 者 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育

More information

( 別 紙 ) 宗 像 市 読 書 のまちづくり 推 進 計 画 ( 案 ) に 関 する 市 民 意 見 提 出 手 続 の 意 見 及 びその 回 答 箇 所 意 見 対 応 回 答 ここに 現 在 抱 えている 近 代 の 情 報 化 社 会 の 急 速 な 発 達 が 人 々の 読 書 ス

( 別 紙 ) 宗 像 市 読 書 のまちづくり 推 進 計 画 ( 案 ) に 関 する 市 民 意 見 提 出 手 続 の 意 見 及 びその 回 答 箇 所 意 見 対 応 回 答 ここに 現 在 抱 えている 近 代 の 情 報 化 社 会 の 急 速 な 発 達 が 人 々の 読 書 ス 市 民 意 見 提 出 手 続 (パブリック コメント)の 実 施 結 果 について 宗 像 市 読 書 のまちづくり 推 進 計 画 について 市 民 意 見 提 出 手 続 (パブリック コメン ト)を 実 施 しました その 結 果 は 次 のとおりでしたので 報 告 します 計 画 条 例 案 等 の 名 称 内 容 宗 像 市 読 書 のまちづくり 推 進 計 画 ( 案 ) 家 庭 学

More information

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc 2 電 話 勧 誘 訪 問 販 売 DMに 対 する 生 活 者 意 識 研 究 開 発 室 宮 木 由 貴 子 - 要 旨 - 1 内 閣 府 は 2005 年 に 策 定 された 消 費 者 基 本 計 画 において 消 費 者 が 望 まないのに 勧 誘 を 受 け る いわゆる 不 招 請 勧 誘 について 何 らかの 規 制 に 関 する 一 定 の 結 論 を 得 るとしている こ うした

More information

学期レポート

学期レポート 月 火 水 木 金 7:00 Eng101A 8:35 ASL103A 11:20 7:00 Eng101A 8:35 ASL103A 11:20 Culture 11:35 11:35 11:50 Education Education 13:30 Reading 189B 15:10 13:10 13:30 Reading 189B 15:10 13:10 13:00 ASL tutor 14:00

More information

読解力向上プログラム

読解力向上プログラム 読 解 力 向 上 プログラム 平 成 17 年 12 月 文 部 科 学 省 はじめに 平 成 15 年 (2003 年 )7 月 に0ECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 )が 実 施 したPISA 調 査 ( 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 )の 結 果 が, 昨 年 12 月 に 公 表 された それによれば,わ が 国 の 子 どもたちの 学 力 は, 数 学 的 リテラシー,

More information

1 今 自 分 の 内 にある 授 業 観 を 見 つめ 直 す 授 業 力 向 上 は 目 標 とする 授 業 像 について 自 分 なりの 言 葉 で 表 現 することから 始 まる 理 想 の 授 業 像 について 新 採 用 教 員 から 中 堅 教 員 までの 経 験 年 数 も 様 々な

1 今 自 分 の 内 にある 授 業 観 を 見 つめ 直 す 授 業 力 向 上 は 目 標 とする 授 業 像 について 自 分 なりの 言 葉 で 表 現 することから 始 まる 理 想 の 授 業 像 について 新 採 用 教 員 から 中 堅 教 員 までの 経 験 年 数 も 様 々な 研 究 ノート 国 語 科 を 中 心 とする 授 業 力 向 上 についての 一 考 察 A Study on the Development of Teacher Competence, Centering on Teaching Japanese Language Arts 吉 田 人 史 YOSHIDA Hitoshi 水 上 義 行 MIZUKAMI Yoshiyuki はじめに 授 業

More information

(3) 調 査 結 果 と 分 析 ア 全 日 制 課 程 の 概 要 について 三 課 程 併 置 校 をA 校,B 校, 二 課 程 併 置 校 をC 校,D 校 とした 項 目 学 校 名 本 校 A 校 B 校 C 校 D 校 併 置 する 課 程 全, 定, 通 全, 定, 通 全, 定,

(3) 調 査 結 果 と 分 析 ア 全 日 制 課 程 の 概 要 について 三 課 程 併 置 校 をA 校,B 校, 二 課 程 併 置 校 をC 校,D 校 とした 項 目 学 校 名 本 校 A 校 B 校 C 校 D 校 併 置 する 課 程 全, 定, 通 全, 定, 通 全, 定, 全 日 制 単 位 制 高 校 のあり 方 と 他 課 程 併 置 の 現 状 総 括 教 頭 黑 木 加 代 子 1 はじめに 単 位 制 高 校 は, 学 校 教 育 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 によって 学 年 による 教 育 課 程 の 区 分 を 設 けない 高 校 として 昭 和 63 年 に 定 時 制 と 通 信 制 で 導 入 され, 平 成 5 年 から 全 日 制

More information

長期失業者の求職活動と就業意識

長期失業者の求職活動と就業意識 第 1 章 調 査 研 究 の 目 的 方 法 と 分 析 結 果 の 概 要 第 1 節 調 査 研 究 の 目 的 バブル 経 済 崩 壊 後 の 長 期 不 況 は 労 働 市 場 の 様 相 を 一 変 させた 長 期 雇 用 慣 行 が 定 着 して いたわが 国 の 労 働 市 場 は 1980 年 代 まで 完 全 失 業 率 が 1~2%という 低 い 水 準 を 維 持 し 若 年

More information

(案)

(案) 平 成 27 年 度 第 7 回 柏 崎 市 地 域 公 共 交 通 活 性 化 協 議 会 議 事 録 日 時 平 成 28 年 3 月 28 日 ( 月 ) 13:00~13:50 場 所 柏 崎 市 役 所 第 二 分 館 302 会 議 室 議 事 次 第 1 開 会 2 会 長 あいさつ 3 議 事 議 第 1 号 柏 崎 市 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 ( 案 )について

More information

緩急接続

緩急接続 第 4 章 案 内 緩 急 接 続 の 旅 客 案 内 の 差 異 文 学 部 3 回 生 笹 木 高 史 1. はじめに 本 稿 ではまた 尐 し 違 った 側 面 から 案 内 を 考 えていこうと 思 う ここでは 民 鉄 における 緩 急 接 続 が 利 用 者 にどのように 案 内 されているか まず 関 東 の 大 手 民 鉄 のうち 小 田 急 東 急 西 武 東 京 メトロを 例 にとって

More information

<593A5C918D96B18C575C95DB88E7898096AF8AD488DA8FF75C82CD82DC82C882B75C323031343037914992E888CF88F589EF5C32303134303889EF8B638A4A8DC35C323031343039303391E63189F15C32362E392E388DC58F49814097768D808145976C8EAE5C32362E392E31318E968BC68ED295E58F5

<593A5C918D96B18C575C95DB88E7898096AF8AD488DA8FF75C82CD82DC82C882B75C323031343037914992E888CF88F589EF5C32303134303889EF8B638A4A8DC35C323031343039303391E63189F15C32362E392E388DC58F49814097768D808145976C8EAE5C32362E392E31318E968BC68ED295E58F5 施 設 を 設 置 運 営 する 場 合 の 諸 条 件 施 設 類 型 認 可 保 育 所 1 建 設 等 の 条 件 (1) 設 置 場 所 等 当 該 施 設 の 用 に 供 する 土 地 については 事 前 に 次 の 事 項 が 分 かる 資 料 を 用 意 し 市 に 相 談 すること 所 在 地 地 積 用 途 地 域 と 防 火 準 防 火 地 域 の 区 分 建 ぺい 率 容 積

More information

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 88 年 07 年 東 京 調 査 の 結 果 目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 者 選 択

More information

年 ○○科 学習指導案

年 ○○科 学習指導案 第 4 学 年 算 数 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 記 録 を 見 やすく 整 理 しよう 2 目 標 資 料 を 分 類 整 理 して 表 にまとめることのよさに 気 づき 生 活 に 用 いようとする 関 心 意 欲 態 度 目 的 に 応 じて 分 類 整 理 する 観 点 を 設 け 表 から 資 料 の 特 徴 や 傾 向 についてとらえることができ る 数 学 的 な 考 え

More information

例 会 で 扇 風 機 だけの 対 応 でよいのかという 質 問 がありました 教 室 内 の 温 度 の 検 証 を 積 極 的 に 行 うべきではないかということも 求 められています これらに 対 応 するため 当 委 員 会 を 設 置 しました ご 意 見 をいただきたいと 思 います 次

例 会 で 扇 風 機 だけの 対 応 でよいのかという 質 問 がありました 教 室 内 の 温 度 の 検 証 を 積 極 的 に 行 うべきではないかということも 求 められています これらに 対 応 するため 当 委 員 会 を 設 置 しました ご 意 見 をいただきたいと 思 います 次 平 成 26 年 度 第 1 回 八 千 代 市 公 立 小 中 学 校 暑 さ 対 策 検 討 委 員 会 会 議 録 期 日 平 成 26 年 7 月 30 日 ( 水 ) 開 会 午 後 2 時 閉 会 午 後 3 時 35 分 場 所 八 千 代 市 市 民 会 館 2 階 第 6 会 議 室 出 席 者 八 千 代 市 長 秋 葉 就 一 委 員 長 小 林 伸 夫 ( 教 育 次 長 )

More information

- 56 -

- 56 - 第 3 章 結 果 の 考 察 - 55 - - 56 - 企 画 政 策 部 企 画 政 策 課 今 回 のアンケートでは 移 転 ( 転 入 出 )のきっかけ 移 転 先 の 決 定 に 重 視 したこと 実 際 に 移 転 先 を 決 定 した 理 由 情 報 源 本 市 に 対 する 印 象 の 変 化 などについて 伺 いました ここでは 本 市 の 人 口 動 態 が 近 年 転 出 者

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5> 年 金 額 分 布 にみられる 公 的 年 金 制 度 の 発 展 の 足 跡 稲 垣 誠 一 ( 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 ) ( 要 旨 ) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 1961 年 の 国 民 年 金 制 度 の 創 設 によって 皆 年 金 制 度 が 実 現 され その 後 の 幾 度 にもわたる 制 度 改 正 とりわけ 1985 年 改 正 による 再 編 を

More information

Ⅰ Ⅰ. 図 書 館 紹 介 1. 沿 革 明 治 20 年 3 月 大 日 本 教 育 会 附 属 書 籍 館 として 東 京 市 神 田 一 ツ 橋 通 21 番 地 に 開 館 明 治 29 年 12 月 帝 国 教 育 会 附 属 書 籍 館 に 改 称 明 治 44 年 10 月 附 属 書 籍 館 は 東 京 市 に 委 託 され 東 京 市 立 神 田 簡 易 図 書 館 に 改 称 明

More information

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc 子 どもの 遊 びの 実 態 に 関 する 研 究 A Study of Actual Conditions of Children s Play 鶴 山 博 之 TSURUYAMA Hiroyuki 橋 爪 和 夫 1) HASHIZUME Kazuo 中 野 綾 2) NAKANO Aya Ⅰ. 緒 言 子 どもは 遊 びを 経 験 することによってさまざまなことを 学 習 していくといわれている

More information

1 テーマ名 

1 テーマ名  第 4 学 年 キャリア 教 育 展 開 計 画 ( 学 年 複 ) 1 テマ 名 1/2 成 人 式 ~みんなで 夢 を 語 り おう~ 千 葉 市 立 打 瀬 小 学 校 指 導 者 平 林 かおる 2 テマについて 大 人 になることや 成 長 について 興 味 はあるが 積 極 的 に 考 えようという 態 度 はあまりみられない 協 力 的 に 活 動 できるが 自 分 で 決 めることが

More information

Taro-研究構想.jtd

Taro-研究構想.jtd 読 解 力 を 高 める 国 語 科 学 習 指 導 法 の 研 究 ~ 言 語 活 動 Ⅰ,Ⅱを 関 連 づけた 授 業 づくりを 通 して~ 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 社 会 の 要 請 や 教 育 の 動 向 から 平 成 15 年 に 実 施 された 国 際 学 力 調 査 (PISA)では, 思 考 力 判 断 力 表 現 力 等 を 問 う 読 解 力 や 記 述 式 問

More information

1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保 推 進 法 で 都 道 府 県 は 地 域 医 療 計 画 に 将 来 の 医 療 提 供 体 制 に 関 する 構 想 として 地 域 医 療 ビジョン( 地 域 医 療

1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保 推 進 法 で 都 道 府 県 は 地 域 医 療 計 画 に 将 来 の 医 療 提 供 体 制 に 関 する 構 想 として 地 域 医 療 ビジョン( 地 域 医 療 主 な 制 度 仕 組 み( 概 説 ) * 地 域 医 療 計 画 に 関 連 する 主 な 制 度 や 仕 組 みの 現 状 と 課 題 を 概 説 した 趣 旨 と 基 本 的 考 え 方 機 能 分 化 と 連 携 と 併 読 されることを 想 定 している 44 1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保

More information

Ⅰ 学級概要

Ⅰ 学級概要 平 成 28 年 度 コミュニケーションの 教 室 辰 沼 学 級 案 内 足 立 区 立 辰 沼 小 学 校 コミュニケーションの 教 室 辰 沼 足 立 区 谷 中 5-12-1 電 話 03(3629)2421 学 級 電 話 03(3629)2413 Ⅰ 学 級 概 要 1 学 校 名 足 立 区 立 辰 沼 小 学 校 2 所 在 地 120 0006 東 京 都 足 立 区 谷 中 5-12-1

More information

【Kei式】法律争訟物語(1_行政法編)

【Kei式】法律争訟物語(1_行政法編) Kei 式 法 律 争 訟 物 語 (1. 行 政 法 編 ) 第 1~2 話 法 律 争 訟 物 語 (1. 行 政 法 編 - 全 14 話 ) 前 書 き: この 物 語 は 行 政 法 の 中 でも 行 政 手 続 法 行 政 不 服 審 査 法 行 政 事 件 訴 訟 法 を 中 心 に 行 政 争 訟 の 流 れを 楽 し んでお 読 みになれるようつくられた 物 です 問 題 集 を

More information

ビジネスと経営資源

ビジネスと経営資源 第 1 章 ビジネスと 企 業 組 織 学 習 目 標 企 業 の 目 的 を 確 認 し 目 的 を 達 成 するための 方 法 を 理 解 する 経 営 資 源 ( 人 モノ 金 )の 意 味 を 具 体 的 に 理 解 する 第 4の 経 営 資 源 としての 経 営 情 報 の 意 味 を 理 解 する ビジネスの 基 本 として お 金 儲 けの 基 本 原 理 を 理 解 する 企 業

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

Taro-j5_11 観量性理論2016_03.jt

Taro-j5_11 観量性理論2016_03.jt 11 観 量 性 理 論 競 輪 や 競 馬 自 動 車 レース オリンピック 等 で 各 種 競 争 が 行 われている また 人 間 はその 昔 石 や 棒 切 れなどを 投 げて 逃 げる 獲 物 を 捕 まえた これらは 速 度 ( 相 対 的 な 運 動 や 速 さ)を 比 較 しているのであって 速 度 の 比 較 は 我 々の 生 存 生 活 にお ける 必 然 的 な 事 柄 である

More information

平 成 27 年 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 第 10 回 臨 時 会 会 議 録 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 平 成 27 年 駒 ヶ 根 市 教 育 委 員 会 第 10 回 臨 時 会 議 事 日 程 告 示 年 月 日 平 成 27 年 7 月 22 日 開 催 年 月 日 平 成 27 年 7 月 29 日 ( 水 曜 日 ) 開 催 場 所 JA 上 伊 那 アイパルいなん4

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

<5461726F2D8CA48B868365815B837D914F95B68251824F825082522E6A7464>

<5461726F2D8CA48B868365815B837D914F95B68251824F825082522E6A7464> 平 成 25 年 度 永 岩 小 学 校 研 究 テーマについて 1 学 校 の 教 育 目 標 自 学 感 謝 元 気 2 研 究 主 題 1および 研 究 仮 説 2について(3 年 次 ) 1 少 人 数 のよさを 生 かし ことばの 力 の 向 上 を 図 る 指 導 はどうあればよいか 2 国 語 科 における 授 業 の 組 み 立 てを 工 夫 したり 各 種 学 習 タイムを 活 用

More information

1 図書館での児童サービス

1 図書館での児童サービス 第 1 部 第 1 次 計 画 の 成 果 と 課 題 ( 羽 曳 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 : 平 成 19 年 3 月 策 定 分 ) 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 1 これまでの 取 り 組 みと 策 定 の 趣 旨 本 市 教 育 委 員 会 では 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 および 子 ども 読 書 活 動 に 関 す る

More information

平成22年第4回臨時会

平成22年第4回臨時会 平 成 26 年 第 2 回 臨 時 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 期 日 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 ) 場 所 : 大 曲 庁 舎 第 1 委 員 会 室 大 仙 市 議 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 曜 日 ) 午 前 10 時 24 分 ~ 午 前 11 時 09 分 会

More information

第 1 章 経 験 者 採 用 試 験 の 概 要 1 経 験 者 採 用 とは 広 い 視 野 や 優 れたコスト 意 識 など, 民 間 企 業 等 で 培 ったその 知 識 と 経 験 を 行 政 に 活 かしていくことを 目 的 とする 採 用 試 験 である 採 用 後 すぐ, 中 堅 職

第 1 章 経 験 者 採 用 試 験 の 概 要 1 経 験 者 採 用 とは 広 い 視 野 や 優 れたコスト 意 識 など, 民 間 企 業 等 で 培 ったその 知 識 と 経 験 を 行 政 に 活 かしていくことを 目 的 とする 採 用 試 験 である 採 用 後 すぐ, 中 堅 職 講 座 名 転 職 するなら 公 務 員! 試 験 種 地 上 国 家 一 般 職 編 回 数 1 回 講 師 名 丸 尾 旭 科 目 テープ C-241-005 講 師 配 布 / 回 収 物 品 目 コード 名 称 配 布 クラス 数 1 40C241005 板 書 ( 本 紙 ) 全 クラス 共 通 1 回 収 進 行 予 定 種 別 実 施 時 間 収 録 講 義 1:26 最 新 情 報

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 20 日 ( 金 ) 午 後 3 時 15 分 ~ 午 後 4 時 50 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 教 育 長 青 木 洋 委 員 ( 教 育 長 職 務 代 理 者 ) 藤 田 義 嗣 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 土 井 真 一 1 開 会 教

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 減 価 償 却 の 税 務 Ⅰ はじめに 設 備 投 資 は 企 業 活 動 に 必 要 不 可 欠 なものですが その 設 備 投 資 を 後 押 しする 税 制 の 仕 組 みとし て 減 価 償 却 という 制 度 が 設 けられています 減 価 償 却 は 単 に 会 計 処 理 の 一 環 という 話 ではな く 減 価 償 却 を 通 じて

More information

檜皮の確保と檜皮採取者の育成

檜皮の確保と檜皮採取者の育成 檜 皮 の 確 保 と 檜 皮 採 取 者 の 育 成 岡 山 理 科 大 学 江 面 嗣 人 1.はじめに 文 化 財 建 造 物 の 檜 皮 葺 の 建 物 は 現 在 788 棟 ( 平 成 19 年 末 現 在 )が 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 されている これは 指 定 された 重 要 文 化 財 建 造 物 の 約 18.8パーセントにあたり 重 要 文 化 財 建 造 物

More information

年金資産運用に関する実務ガイドライン.PDF

年金資産運用に関する実務ガイドライン.PDF 年 金 資 産 運 用 に 関 する 実 務 ガイドライン 実 務 ガイドラインは 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 及 び 各 社 に 提 示 した 運 用 ガイドラインの 内 容 を 補 完 するものとして 策 定 したものである 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 及 び 運 用 ガイドライ ンの 内 容 について 実 務 上 必 要 な 解 説 を 加 え 内 容 を 具

More information

(Microsoft Word - \216s\217\352\222\262\215\270\225\361\215\220\217\2211026.doc)

(Microsoft Word - \216s\217\352\222\262\215\270\225\361\215\220\217\2211026.doc) Campus Store Tamagawa freecious CampuSweat 商 品 開 発 に 関 する 市 場 調 査 報 告 書 2010 2010 年 10 月 25 日 freecious ( 自 由 研 究 企 業 研 究 から 誕 生 した 生 徒 による 企 業 です) freecious@tamagawa.ed.jp 1 freecious freeciousについて 企

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき 留 学 生 通 信 53 号 一 般 社 団 法 人 全 国 日 本 語 学 校 連 合 会 2015 年 4 月 8 日 慎 重 さ 求 められる 日 本 語 学 校 設 置 基 準 の 緩 和 文 部 科 学 省 法 務 省 とも 基 準 緩 和 を 否 定 官 民 協 力 してこそ 留 学 生 30 万 人 計 画 は 立 派 に 達 成 できる 波 紋 呼 んだ 産 経 新 聞 の 一 本

More information

『教育』をとりまく現状と課題について

『教育』をとりまく現状と課題について 資 料 3 教 育 をとりまく 現 状 と 課 題 1.アンケート 結 果 から 見 た 教 育 をとりまく 現 状 2. 方 向 性 参 考 61 人 の 声 産 業 構 造 審 議 会 基 本 政 策 部 会 2006 年 11 月 17 日 木 幡 美 子 1 アンケート 結 果 から 見 た 教 育 をとりまく 現 状 アンケート 実 施 期 間 2006 年 10 月 13 日 ~31 日

More information

2 借 地 権 の 更 新 終 了 1 地 主 と 借 地 人 の 合 意 あり 合 意 更 新 借 地 期 間 の 満 了 2 借 地 人 から 更 新 の 請 求 あり 3 借 地 人 からの 更 新 の 請 求 な しに 土 地 の 使 用 継 続 4 借 地 上 に 建 物 なし 借 地 上

2 借 地 権 の 更 新 終 了 1 地 主 と 借 地 人 の 合 意 あり 合 意 更 新 借 地 期 間 の 満 了 2 借 地 人 から 更 新 の 請 求 あり 3 借 地 人 からの 更 新 の 請 求 な しに 土 地 の 使 用 継 続 4 借 地 上 に 建 物 なし 借 地 上 営 ViewPoint 相 談 地 主 家 主 のための 借 地 借 家 法 のポイント 吉 田 覚 部 東 京 室 賃 借 人 の 保 護 を 図 りつつ 賃 貸 人 賃 借 人 の 利 害 の 調 整 を 図 るため 民 法 の 賃 貸 借 の 特 別 法 として 借 地 借 家 法 が 設 けられています 同 法 が 適 用 となるのは 建 物 の 所 有 を 目 的 として 土 地 を 借

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

が 見 られる site2は 今 年 から 設 置 した 箇 所 多 い 日 で1 日 60 回 カウントされた 9 月 5 日 までで706 台 走 行 とカウントされており site1と 比 べると 30 倍 の 走 行 圧 植 生 回 復 試 験 区 について 植 生 の 回 復 率 ( 周

が 見 られる site2は 今 年 から 設 置 した 箇 所 多 い 日 で1 日 60 回 カウントされた 9 月 5 日 までで706 台 走 行 とカウントされており site1と 比 べると 30 倍 の 走 行 圧 植 生 回 復 試 験 区 について 植 生 の 回 復 率 ( 周 平 成 22 年 度 第 2 回 石 狩 浜 海 浜 植 物 保 護 センター 運 営 委 員 会 日 時 : 平 成 22 年 9 月 16 日 ( 木 )14 時 ~16 時 30 分 会 場 : 石 狩 浜 海 浜 植 物 保 護 センター 出 席 : 安 田 秀 子 ( 会 長 ) 石 川 治 今 中 建 男 ( 途 中 退 席 ) 松 島 肇 ( 途 中 退 席 ) 優 子 渡 邉 千 秋

More information

引 き 下 げを 行 ったところあり 職 員 の 給 与 水 準 は 適 正 であると 考 えており また 定 員 適 正 化 計 画 に 基 づき 全 体 的 な 人 件 費 の 削 減 にも いち 早 く 取 り 組 んでまいりました 以 上 のようなことから 10% 削 減 は 考 えておりま

引 き 下 げを 行 ったところあり 職 員 の 給 与 水 準 は 適 正 であると 考 えており また 定 員 適 正 化 計 画 に 基 づき 全 体 的 な 人 件 費 の 削 減 にも いち 早 く 取 り 組 んでまいりました 以 上 のようなことから 10% 削 減 は 考 えておりま 2010 年 12 月 1 日 通 告 15 日 一 般 質 問 山 県 市 議 会 寺 町 知 正 ( 質 問 と 答 弁 を 並 べ 替 えて 分 かりやすくした 今 回 は 時 間 がたりず 実 質 再 質 問 は 無 し) 質 問 番 号 1 番 答 弁 者 副 市 長 質 問 事 項 人 口 増 加 若 者 定 住 のために 転 入 市 民 税 新 築 住 宅 減 税 子 育 て 支 援

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

POINT 2 フォーマルな 場 面 で メールで 連 絡 をするとき どう 書 きますか POINT 2 のねらいは 適 切 なメールの 書 き 方 ( 件 名 書 き 出 し 構 成 終 わりの 挨 拶 など) について 学 習 することです 1 メールの 件 名 はどう 書 きますか 1)a

POINT 2 フォーマルな 場 面 で メールで 連 絡 をするとき どう 書 きますか POINT 2 のねらいは 適 切 なメールの 書 き 方 ( 件 名 書 き 出 し 構 成 終 わりの 挨 拶 など) について 学 習 することです 1 メールの 件 名 はどう 書 きますか 1)a 2 メールで 連 絡 をする POINT 1 日 本 では どんなときにどんな 方 法 で 連 絡 をしますか いい 人 間 関 係 をつくるために 適 切 に 連 絡 をすることが 求 められます POINT 1 のねらい は どんなときにどんな 方 法 で 連 絡 をすることが 大 切 かということを 理 解 してもらうこと です 1 次 のとき あなたは 連 絡 をしますか まず p. 29

More information

第 11 回 ( 定 例 ) 宍 粟 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 開 会 閉 会 の 年 月 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 3 月 16 日 ( 月 ) 午 後 4 時 30 分 ~ 午 後 6 時 10 分 兵 庫 県 宍 粟 市 山 崎 町 中 広 瀬 133 番 地 6

第 11 回 ( 定 例 ) 宍 粟 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 開 会 閉 会 の 年 月 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 3 月 16 日 ( 月 ) 午 後 4 時 30 分 ~ 午 後 6 時 10 分 兵 庫 県 宍 粟 市 山 崎 町 中 広 瀬 133 番 地 6 平 成 26 年 度 第 11 回 宍 粟 市 教 育 委 員 会 会 議 録 ( 要 点 筆 記 ) 日 時 平 成 27 年 3 月 16 日 午 後 4 時 30 分 から 場 所 宍 粟 市 役 所 401 会 議 室 1 第 11 回 ( 定 例 ) 宍 粟 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 開 会 閉 会 の 年 月 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 3 月 16 日 (

More information

平成22年5月18日

平成22年5月18日 さがえ 未 来 創 成 戦 略 ( 案 ) へのパブリックコメントの 結 果 意 見 の 内 容 市 の 考 え 方 公 園 遊 具 があまりなく 子 どもと 遊 べる 場 が 少 ないため 外 で 遊 べる 遊 園 地 を 設 置 してほし いただいたご 意 見 を 参 考 にしつつ 子 育 てしやす い 環 境 づくりの 観 点 から 公 園 整 備 を 含 む 子 供 1 い 子 育 てインフラの

More information

第1学年1組 理科学習指導案

第1学年1組 理科学習指導案 検 印 第 3 学 年 1 組 理 科 学 習 指 導 案 平 成 23 年 12 月 9 日 ( 月 )5 校 時 活 動 場 所 第 2 理 科 室 (3 階 ) 指 導 者 教 諭 1 単 元 名 地 球 から 見 た 天 体 の 動 き 2 単 元 設 定 について この 単 元 では 天 体 の 日 周 運 動 の 観 察 を 行 い その 観 察 記 録 を 地 球 の 自 転 と 関

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

られる 家 庭 像 を 考 察 する 一 助 になるものと 考 える 2. 旧 学 習 指 導 要 領 と 新 学 習 指 導 要 領 の 内 容 新 学 習 指 導 要 領 の C 快 適 な 衣 服 と 住 まい に 関 する 内 容 を 平 成 10 年 版 学 習 指 導 要 領 と 比 較

られる 家 庭 像 を 考 察 する 一 助 になるものと 考 える 2. 旧 学 習 指 導 要 領 と 新 学 習 指 導 要 領 の 内 容 新 学 習 指 導 要 領 の C 快 適 な 衣 服 と 住 まい に 関 する 内 容 を 平 成 10 年 版 学 習 指 導 要 領 と 比 較 家 庭 科 教 育 の 変 容 と 様 相 について 岡 本 文 子 Transformation in Home Economics Education and Its Current Situation Ayako OKAMOTO 1. 諸 言 平 成 20 年 に 学 習 指 導 要 領 が 改 訂 され 平 成 21 年 度 からの 移 行 期 を 経 て 平 成 23 年 度 から 全 面

More information

現 在 の 北 側 と 南 側 で 車 の 出 入 りは 出 来 るのですが 北 側 が 無 くなるのですよね そうすると 南 側 か らしか 出 る 事 が 出 来 なくて 道 路 に 渋 滞 が 起 きるのではないか 現 庁 舎 では 市 役 所 から 電 話 がかかってきた 時 に 着 信 履

現 在 の 北 側 と 南 側 で 車 の 出 入 りは 出 来 るのですが 北 側 が 無 くなるのですよね そうすると 南 側 か らしか 出 る 事 が 出 来 なくて 道 路 に 渋 滞 が 起 きるのではないか 現 庁 舎 では 市 役 所 から 電 話 がかかってきた 時 に 着 信 履 高 浜 市 役 所 本 庁 舎 整 備 事 業 住 民 説 明 会 での 質 問 及 び 回 答 日 時 平 成 27 年 7 月 31 日 ( 金 ) 午 後 7 時 ~ 午 後 8 時 30 分 会 場 市 役 所 4 階 第 2 会 議 室 参 加 者 44 名 建 物 が 出 来 上 がったら 誰 の 物 になるのか 総 額 いくらになったのか 事 業 の 途 中 で 大 災 害 がきて 建

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095B689BB82CC82A482CB82E882F08AAA82AB8B4E82B182B7816931382E332E32375F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095B689BB82CC82A482CB82E882F08AAA82AB8B4E82B182B7816931382E332E32375F2E646F63> 文 化 の う ね り を 巻 き 起 こ す ~ 文 化 振 興 の 基 本 的 な 考 え 方 ~ 平 成 18 年 3 月 千 葉 県 はじめに 千 葉 県 は 豊 かな 自 然 環 境 に 恵 まれ 古 代 から 多 くの 生 活 文 化 が 生 み 出 され また 海 川 街 道 によって 紀 州 江 戸 鎌 倉 など 各 地 と 活 発 に 交 流 し 特 色 ある 多 様 な 文 化

More information

スライド 1

スライド 1 2014 香 川 県 庁 インターンシップ レポート 目 的 香 川 県 庁 でのインターンシップを 通 して 職 業 観 や 就 労 意 識 の 向 上 を 図 り 自 らの 適 性 適 職 を 考 えるとともに 県 職 員 の 仕 事 の 魅 力 に 触 れ 県 政 への 理 解 の 促 進 を 図 ることを 目 的 として 実 施 しました 参 加 者 36 校 (35 大 学 ( 大 学 院

More information

第 7 章 自 由 記 述 第 7 章 自 由 記 述 1 就 学 前 児 童 ( 記 入 者 : 稲 城 市 内 に 居 住 する 就 学 前 児 童 の 保 護 者 ) 主 な 回 答 を 抜 粋 して 掲 載 (1) 子 育 て( 教 育 を 含 む)をする 上 で 周 囲 ( 身 近 な 人 行 政 担 当 者 など)からど のようなサポートを 受 けたいか 問 11 地 域 における 子

More information

タイトル

タイトル 経 済 トレンド 子 ども 手 当 ての 意 義 を 考 える ~ 拙 速 な 廃 止 は 将 来 の 労 働 力 を 質 量 の 両 面 から 減 少 させることに~ 経 済 調 査 部 柵 山 順 子 ( 要 旨 ) 東 日 本 大 震 災 の 復 興 財 源 案 の 一 つとして 子 ども 手 当 ての 廃 止 が 議 論 されている 子 ども 手 当 て 廃 止 が 様 々な 世 帯 にどのような

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7182C782E082CC93C78F918A8893AE908490698C7689E6816988C4816A8AAE90AC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7182C782E082CC93C78F918A8893AE908490698C7689E6816988C4816A8AAE90AC2E646F63> 北 海 道 - 当 別 町 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 - 平 成 22(2010) 年 度 ~ 平 成 26(2014) 年 度 ふれあいから 学 びの 輪 へ 当 別 町 教 育 委 員 会 1 当 別 町 の 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 策 定 にあたっての 背 景 2001 年 ( 平 成 13 年 )11 月 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関

More information

かについて 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 損 害 発 生 の 防 止 等 ) 及

かについて 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 損 害 発 生 の 防 止 等 ) 及 千 葉 市 市 長 部 局 消 防 局 病 院 局 行 政 委 員 会 及 び 議 会 事 務 局 における 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 の 推 進 に 係 る 対 応 要 領 第 1 目 的 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

(3) 平 成 25 年 度 ホッカイドウ 競 馬 の 取 組 に 向 けた 意 見 交 換 ついて 資 料 3に 基 づき 大 野 参 事 から 説 明 ( 三 輪 委 員 ) 発 売 は 大 きくネットにシフトしてきている 発 売 額 が 伸 びるのは 良 いが 手 数 料 がかかってくる 少

(3) 平 成 25 年 度 ホッカイドウ 競 馬 の 取 組 に 向 けた 意 見 交 換 ついて 資 料 3に 基 づき 大 野 参 事 から 説 明 ( 三 輪 委 員 ) 発 売 は 大 きくネットにシフトしてきている 発 売 額 が 伸 びるのは 良 いが 手 数 料 がかかってくる 少 平 成 24 年 度 第 2 回 北 海 道 地 方 競 馬 運 営 委 員 会 概 要 1 日 時 平 成 24 年 12 月 10 日 ( 月 )13:30~15:10 2 場 所 ホテル 札 幌 ガーデンパレス2 階 白 鳥 3 出 席 者 別 紙 出 席 者 名 簿 のとおり 4 概 要 (1) 平 成 24 年 度 ホッカイドウ 競 馬 の 発 売 状 況 について 資 料 1に 基 づき

More information

Taro-結果概要

Taro-結果概要 平 成 26 年 4 月 11 日 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 財 務 課 高 校 修 学 支 援 室 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 不 徴 収 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 等 に 関 するパブリックコメント ( 意 見 公 募 手 続 )の 結 果 について

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

にどうなるかというときに 30 代 40 代 を 含 んで 教 育 会 として 家 庭 教 育 講 座 を やっていかなければならない そのため2つに 分 けている 確 かに 素 直 に 考 えたらそうであるが 特 に0 歳 児 の 親 は 核 家 族 化 になって 子 育 てに 悩 んで 地 域

にどうなるかというときに 30 代 40 代 を 含 んで 教 育 会 として 家 庭 教 育 講 座 を やっていかなければならない そのため2つに 分 けている 確 かに 素 直 に 考 えたらそうであるが 特 に0 歳 児 の 親 は 核 家 族 化 になって 子 育 てに 悩 んで 地 域 No5 0 歳 期 教 育 親 子 教 室 事 業 家 庭 教 育 講 座 事 業 ( 資 料 に 基 づき 事 業 説 明 ) 0 歳 期 教 育 は 1 講 座 30 人 で6 回 開 催 となっている 単 純 に 計 算 したら180 人 になる が 目 標 値 300というのはどのような 數 か 今 年 は50 人 くらい 申 し 込 みがあっているが 6 回 全 部 の 方 や1 回 だけしかでられないと

More information

目 次 コミュニケーションボード たった200 円 でお 手 軽 抽 選 箱 なまえでかるた ひらがなスタンプ まとめよう 漢 字 の 成 り 立 ち 出 来 事 をイメージしよう 書 いてみよう まとめてみよう 抜 き 出 しワークシート 論 議

目 次 コミュニケーションボード たった200 円 でお 手 軽 抽 選 箱 なまえでかるた ひらがなスタンプ まとめよう 漢 字 の 成 り 立 ち 出 来 事 をイメージしよう 書 いてみよう まとめてみよう 抜 き 出 しワークシート 論 議 S 部 門 ( 肢 体 不 自 由 教 育 部 門 ) 文 字 言 語 文 章 等 の 教 材 教 材 ガイド 鹿 本 学 園 キャラクター シカちゃん モトちゃん 平 成 27 年 度 第 2 回 作 成 目 次 コミュニケーションボード たった200 円 でお 手 軽 抽 選 箱 なまえでかるた ひらがなスタンプ まとめよう 漢 字 の 成 り 立 ち 出 来 事 をイメージしよう 書 いてみよう

More information

参考

参考 参 考 参 考 1 平 成 27 年 国 勢 調 査 の 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 世 帯 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 5 年 ごとに 行 っており, 平 成 27 年 国 勢 調 査 はその20 回 目 に 当 たります 国 勢 調 査 は, 大 正 9 年 を 初 めとする10 年 ごとの 大 規 模 調

More information

地元民の誇りである稲毛の海

地元民の誇りである稲毛の海 地 元 民 の 誇 りである 稲 毛 の 海 金 子 周 一 1. はじめに 1-1. テーマ 設 定 千 葉 の 海 浜 地 区 の 可 能 性 を 探 るという 目 的 で 私 たちは 稲 毛 海 浜 公 園 に 関 する 調 査 をおこ なってきた インタビューやアンケートをしていく 中 で 私 は 住 民 の 海 浜 地 区 に 対 する 意 識 の 高 さを 実 感 した 海 浜 公 園

More information

第 1 章 目 指 す 姿 1 基 本 目 標 立 県 ぎふ 県 民 が 明 るく 健 康 で 心 豊 かに 暮 らし 地 域 に 元 気 があふれる による 清 流 国 ぎふ 実 現 は 心 身 健 康 保 持 増 に 重 要 な 役 割 を 果 たし 健 康 で 活 力 に 満 ちた 長 寿 社

第 1 章 目 指 す 姿 1 基 本 目 標 立 県 ぎふ 県 民 が 明 るく 健 康 で 心 豊 かに 暮 らし 地 域 に 元 気 があふれる による 清 流 国 ぎふ 実 現 は 心 身 健 康 保 持 増 に 重 要 な 役 割 を 果 たし 健 康 で 活 力 に 満 ちた 長 寿 社 第 1 章 目 指 す 姿 5 第 1 章 目 指 す 姿 1 基 本 目 標 立 県 ぎふ 県 民 が 明 るく 健 康 で 心 豊 かに 暮 らし 地 域 に 元 気 があふれる による 清 流 国 ぎふ 実 現 は 心 身 健 康 保 持 増 に 重 要 な 役 割 を 果 たし 健 康 で 活 力 に 満 ちた 長 寿 社 会 実 現 に 不 可 欠 なもです さらに とそれを 支 える 活

More information

Microsoft Word - 議事録

Microsoft Word - 議事録 子 どもの 健 康 と 環 境 に 関 する 全 国 調 査 (エコチル 調 査 ) 第 6 回 神 奈 川 ユニットセンター 連 絡 協 議 会 日 時 : 平 成 27 年 1 月 7 日 ( 水 )15:00~17:00 場 所 :ヨコハマプラザホテル 5 階 芙 蓉 の 間 220-0011 横 浜 市 西 区 高 島 2-12-12(TEL:045-461-1771) 議 事 次 第 1.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

Ⅰはじめに

Ⅰはじめに 日 本 人 は 幸 福 か ~ 幸 福 度 先 進 国 との 比 較 と 日 本 人 の 幸 福 感 について~ 群 馬 県 立 前 橋 女 子 高 等 学 校 2 年 吉 川 綾 乃 Ⅰ はじめに 日 本 人 は 幸 福 か 高 校 生 の 私 にとって 非 常 に 大 きなテーマである 幸 福 かどうか というのは 非 常 に 個 人 的 な 感 覚 であり 年 齢 も 性 別 も 環 境 も

More information

発行:東京農工大学工学部

発行:東京農工大学工学部 2.3 繊 維 から 分 子 へ (1) 工 業 社 会 と 1950 年 代 前 半 に 我 が 国 は 第 二 次 世 界 大 戦 で 受 けた 重 大 なダメージから 徐 々に 立 ち 直 り 経 済 は 本 格 的 な 拡 大 期 に 入 った この 期 間 に 高 度 成 長 の 波 に 乗 って 繊 維 工 業 や 工 業 などの 重 工 業 が 大 きく 発 展 したが そのような 最

More information

意 見 質 問 回 答 等 ( 詳 細 に 記 述 すること ) ( 詳 細 に 記 述 すること ) 別 紙 議 事 録 のとおり 別 紙 議 事 録 のとおり 委 員 からの 意 見 質 問 それに 対 する 回 答 等 委 員 会 による 意 見 の 具 申 又 は 勧 告 の 内 容 特 に

意 見 質 問 回 答 等 ( 詳 細 に 記 述 すること ) ( 詳 細 に 記 述 すること ) 別 紙 議 事 録 のとおり 別 紙 議 事 録 のとおり 委 員 からの 意 見 質 問 それに 対 する 回 答 等 委 員 会 による 意 見 の 具 申 又 は 勧 告 の 内 容 特 に 別 紙 様 式 9 入 札 等 監 視 委 員 会 審 議 概 要 (ホームページ 掲 載 日 : 平 成 24 年 8 月 14 日 ) 開 催 日 及 び 場 所 平 成 24 年 7 月 11 日 ( 水 ) 第 2 特 別 会 議 室 委 員 高 橋 昌 彦 ( 公 認 会 計 士 ) 星 野 学 ( 弁 護 士 ) 園 部 高 秀 (シ ャーナリスト) 審 議 対 象 期 間 審 議 対

More information

英 語 国 語 世 界 史 の3 科 目 でGMARCHを 中 心 とした 入 試 問 題 分 析 会 を 行 います 入 試 で 狙 われるポイントをお 話 します!それを 踏 まえた 予 想 問 題 の 演 習 をすることにより 目 標 と 現 状 の 学 力 の 差 を 実 感 し 夏 期 以

英 語 国 語 世 界 史 の3 科 目 でGMARCHを 中 心 とした 入 試 問 題 分 析 会 を 行 います 入 試 で 狙 われるポイントをお 話 します!それを 踏 まえた 予 想 問 題 の 演 習 をすることにより 目 標 と 現 状 の 学 力 の 差 を 実 感 し 夏 期 以 SHOZEMI 大 学 進 学 館 港 南 台 校 からのお 知 らせ こんにちはSHOZEMI 大 学 進 学 館 港 南 台 校 です SHOZEMI 大 学 進 学 館 港 南 台 校 で7 月 に 実 施 するイベントに ついてお 知 らせします 勉 強 会 では 演 習 だけでなく 普 段 の 授 業 ではなかなかお 話 することのできない 内 容 を 各 先 生 が 用 意 し ています

More information

Microsoft Word - dp55

Microsoft Word - dp55 DISCUSSION PAPER April 2012 No.55 地 方 都 市 圏 における 年 齢 別 人 口 移 動 -- 福 岡 都 市 圏 と 札 幌 都 市 圏 を 中 心 に-- 加 藤 要 一 Faculty of Economics, Kyushu-Sangyo University 地 方 都 市 圏 における 年 齢 別 人 口 移 動 -- 福 岡 都 市 圏 と 札 幌

More information

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464>

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464> 問 題 解 決 学 習 を 通 して 科 学 的 思 考 力 と 表 現 力 の 育 成 を 図 る 理 科 授 業 ~ 言 語 活 動 を 充 実 させる 授 業 ~ 新 発 田 市 立 第 一 中 学 校 教 諭 星 野 勝 紀 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 今 までの 実 践 から 私 自 身 のこれまでの 授 業 を 振 り 返 ると 教 師 側 である 程 度 筋 道 を 立 て 発 達

More information

土師地区地区計画

土師地区地区計画 資 料 1-2 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 に 関 する 運 用 基 準 ( 案 ) 平 成 27 年 月 堺 市 目 次 第 1 章 背 景 目 的... 2 第 2 章 対 象 外 区 域... 3 第 3 章 運 用 の 考 え 方... 4 第 4 章 運 用 の 基 準... 5 第 5 章 提 案 の 審 査... 7 1 第 1 章 背 景 目 的 市 街 化

More information

各種申請手続及び届出の手引きQ&A

各種申請手続及び届出の手引きQ&A 各 種 申 請 手 続 及 び 届 出 に 関 するQ&A 1 研 修 事 業 者 指 定 申 請 研 修 事 業 指 定 申 請 (Q1-1) 通 学 形 式 の 事 業 者 として 指 定 を 受 けましたが 新 たに 通 信 形 式 での 研 修 を 計 画 した 場 合 研 修 事 業 の 指 定 申 請 のみを 行 えばよいですか (A1-1) 違 います 事 業 者 指 定 された 形

More information

気 になる 生 徒 の 実 態 把 握 をすることは より 良 い 支 援 に 向 けた 第 一 歩 です また 今 まで 先 生 方 が 気 づかなかった 生 徒 の 困 り 感 を 明 らかにする 上 でも 実 態 把 握 の 観 点 を 設 定 して 調 べることは 大 事 なことです しかし 実 態 把 握 の 結 果 が 一 人 歩 き してしまったり レッテル 貼 りにつながってしまうおそれも

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2051264181798DA196EC8F4390B3817A8169483236926E88E690E096BE89EF8F5796F1816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2051264181798DA196EC8F4390B3817A8169483236926E88E690E096BE89EF8F5796F1816A2E646F6378> 県 立 東 桜 学 館 中 学 校 高 等 学 校 ( 仮 称 ) Q&A( 平 成 26 年 度 版 ) このQ&Aは 平 成 26 年 11 月 10 日 から 25 日 までの 間 県 内 7 会 場 において 開 催 した 地 域 説 明 会 の 際 に 質 問 のあった 内 容 をもとに 作 成 したものです 学 習 全 般 について Q1:6 年 間 で 生 徒 間 にかなりの 学 力

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

3. 研 究 の 方 法 本 研 究 では 生 徒 が 自 分 で 考 え 自 分 で 決 める ことを 主 軸 とし 次 の3 点 を 研 究 の 柱 とする (1) 生 徒 全 員 が IT 断 食 を 体 験 する IT 断 食 とは ケータイ パソコン 音 楽 再 生 機 器 等 のIT 機

3. 研 究 の 方 法 本 研 究 では 生 徒 が 自 分 で 考 え 自 分 で 決 める ことを 主 軸 とし 次 の3 点 を 研 究 の 柱 とする (1) 生 徒 全 員 が IT 断 食 を 体 験 する IT 断 食 とは ケータイ パソコン 音 楽 再 生 機 器 等 のIT 機 研 究 課 題 副 題 生 徒 が 自 身 のケータイの 使 い 方 を 見 直 す ための 取 組 ~IT 断 食 から IT 活 用 を 考 える~ 学 校 名 所 在 地 ホームページ アドレス 埼 玉 県 立 芸 術 総 合 高 等 学 校 359-1164 埼 玉 県 所 沢 市 三 ヶ 島 2-695-1 http://www.geiso-h.spec.ed.jp 1. 研 究 の 背

More information

・日程第5 会議録署名委員の指名

・日程第5 会議録署名委員の指名 平 成 26 年 7 月 臨 時 会 議 平 成 26 年 度 第 2 回 みどり 市 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 26 年 7 月 22 日 みどり 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 度 第 2 回 みどり 市 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 招 集 日 時 : 平 成 26 年 7 月 22 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 から 招 集 場 所 :みどり

More information