健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 退 職 時 の 労 務 管 理 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.."

Transcription

1 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 ( 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8 各 種 手 続 きの 確 認 年 齢 による 手 続 きの 確 認 入 社 時 の 手 続 き 雇 入 れ 時 の 労 務 管 理 社 会 保 険 労 働 保 険 加 入 基 準 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 健 康 保 険 被 扶 養 者 ( 異 動 ) 届 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 資 格 取 得 届 厚 生 年 金 保 険 厚 生 年 金 保 険 料 率 一 覧 表 健 康 保 険 被 扶 養 者 となる 条 件 と 範 囲 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 雇 用 保 険 料 率 社 会 保 険 労 働 保 険 外 国 人 の 加 入 基 準 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 書 退 職 時 の 手 続 き

2 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 退 職 時 の 労 務 管 理 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 任 意 継 続 と 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 退 職 再 雇 用 高 齢 者 の 給 付 年 金 に 関 する 手 続 き 再 雇 用 時 の 注 意 事 項 雇 用 保 険 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 老 齢 年 金 の 基 礎 知 識 従 業 員 がケガ 病 気 死 亡 をしたとき 労 災 保 険 業 務 災 害 通 勤 災 害 の 基 礎 知 識 健 康 保 険 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書 健 康 保 険 埋 葬 料 ( 費 ) 支 給 申 請 書 国 民 年 金 厚 生 年 金 遺 族 給 付 裁 定 請 求 書 妊 娠 出 産 育 児 介 護 に 伴 う 手 続 き 健 康 保 険 厚 生 年 金 雇 用 保 険 いつ どんな 手 続 きをするのか 健 康 保 険 出 産 手 当 金 支 給 申 請 書 雇 用 保 険 育 児 休 業 給 付 金 雇 用 保 険 介 護 休 業 給 付 金 支 給 申 請 書 会 社 従 業 員 の 各 種 変 更 届 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 適 用 事 業 所 所 在 地 名 称 変 更 ( 訂 正 ) 届 労 働 保 険 名 称 所 在 地 等 変 更 届 雇 用 保 険 事 業 主 事 業 所 各 種 変 更 届 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 適 用 事 業 所 全 喪 届 労 働 保 険 確 定 保 険 料 申 告 書 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 廃 止 届

3 健 康 保 険 被 保 険 者 ( 異 動 ) 届 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 資 格 取 得 届 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 健 康 保 険 被 扶 養 者 ( 異 動 ) 届 被 保 険 者 家 族 埋 葬 料 ( 費 ) 支 給 申 請 書 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 住 所 変 更 届 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 氏 名 変 更 ( 訂 正 ) 届 雇 用 保 険 被 保 険 者 氏 名 変 更 届 住 所 氏 名 等 の 変 更 時 の 労 務 管 理 厚 生 年 金 保 険 基 礎 年 金 番 号 重 複 取 消 届 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 喪 失 届 訂 正 取 消 願 社 会 保 険 労 働 保 険 の 保 険 料 社 会 保 険 保 険 料 の 徴 収 から 納 付 までの 流 れ 労 働 保 険 保 険 料 の 徴 収 から 納 付 までの 流 れ 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 定 時 決 定 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 随 時 決 定 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 電 子 申 請 e-govシステム 電 子 申 請 システム e-gov 電 子 申 請 のイメージ 入 社 時 退 職 時 の 業 務 処 理 時 の 労 務 管 理 一 覧 業 務 処 理 記 録 票 サンプル 年 間 業 務 カレンダー

4 1. 社 会 保 険 の 基 本 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先 一 覧 日 本 年 金 機 構 事 業 所 の 適 用 や 社 会 保 険 料 の 徴 収 業 務 はこちらへ ( 社 会 保 険 庁 は 廃 止 となりました ) 協 会 けんぽ 健 康 保 険 給 付 ( 被 保 険 者 証 の 交 付 保 険 給 付 任 意 継 続 被 保 険 者 業 務 等 )や 健 診 等 保 健 業 務 はこちらへ ハローワーク 東 京 都 労 働 局 労 働 基 準 監 督 署 の 内 容 はこちらへ 注 意 : 健 康 保 険 組 合 厚 生 年 金 基 金 加 入 の 事 業 所 の 方 へ この 資 料 は 健 康 保 険 組 合 厚 生 年 金 基 金 についての 記 載 はありません 健 康 保 険 組 合 に 加 入 している 会 社 の 場 合 提 出 先 が 年 金 事 務 所 協 会 けんぽ 提 出 と 記 載 があっても 必 要 に 応 じて 読 みかえてください また 厚 生 年 金 基 金 に 加 入 している 会 社 の 場 合 必 要 に 応 じて 基 金 への 手 続 きも 発 生 します ご 注 意 ください 4

5 各 種 手 続 きの 確 認 労 務 管 理 会 社 での 準 備 各 種 確 認 事 項 労 務 管 理 書 類 名 提 出 先 提 出 期 限 添 付 書 類 留 意 事 項 適 用 事 業 報 告 労 働 基 準 監 督 署 事 業 開 始 後 遅 滞 なく 時 間 外 労 働 休 日 労 働 に 関 する 協 定 書 同 上 協 定 成 立 後 遅 滞 なく 36 協 定 を 労 使 で 締 結 し 監 督 署 へ 届 け 出 る もの 就 業 規 則 届 就 業 規 則 に 関 する 意 見 書 ( 就 業 規 則 賃 金 規 程 他 規 程 添 付 ) 同 上 事 業 開 始 後 遅 滞 なく 労 働 者 が 10 名 以 上 の 場 合 に 届 け 出 労 働 者 名 簿 事 業 所 保 管 雇 い 入 れ 時 賃 金 台 帳 同 上 同 上 労 働 契 約 書 雇 入 通 知 書 同 上 同 上 賃 金 控 除 に 関 する 協 定 書 同 上 支 払 控 除 開 始 前 社 会 保 険 労 働 保 険 手 続 きのために 会 社 で 準 備 するもの 書 類 名 使 用 目 的 備 考 法 人 登 記 簿 謄 本 提 出 および 新 規 適 用 届 に 記 入 事 項 あり 不 動 産 登 記 簿 謄 本 ( 不 動 産 を 保 有 している 場 合 ) 提 出 および 新 規 適 用 届 に 記 入 事 項 あり 賃 貸 借 契 約 書 ( 事 務 所 などを 賃 貸 している 場 合 ) 提 出 および 新 規 適 用 届 に 記 入 事 項 あり 出 勤 簿 資 格 取 得 届 提 出 時 の 確 認 書 類 として 一 覧 表 やタイムカードでも 可 労 働 者 名 簿 資 格 取 得 届 提 出 時 の 確 認 書 類 として 氏 名 生 年 月 日 性 別 入 社 年 月 日 住 所 賃 金 台 帳 資 格 取 得 届 提 出 時 の 確 認 書 類 として 月 額 給 与 現 物 給 与 源 泉 徴 収 税 の 領 収 書 税 務 署 に 提 出 した 書 類 ( 給 与 支 払 事 務 所 等 の 開 設 届 法 人 設 立 届 出 書 など) 納 品 書 請 求 書 事 業 開 始 を 確 認 できる 書 類 として 決 算 報 告 書 ( 決 算 をしている 場 合 のみ) 事 業 を 行 っていることの 確 認 書 類 として 5

6 会 社 位 置 の 略 図 保 険 料 口 座 振 替 依 頼 書 保 険 料 の 支 払 い 金 融 機 関 の 確 認 印 をもらうこと 各 種 確 認 事 項 確 認 事 項 確 認 内 容 給 与 の 支 払 い 給 与 形 態 支 払 日 締 切 日 手 当 の 種 類 昇 給 の 時 期 賞 与 の 支 給 時 期 現 物 給 与 の 種 類 最 近 支 払 った 賃 金 月 額 ( 総 額 平 均 男 女 別 ) 役 員 について 法 人 登 記 簿 謄 本 に 記 載 されている 役 員 が 他 の 健 康 保 険 に 加 入 しているときは その 健 康 保 険 の 記 号 番 号 取 引 金 融 機 関 銀 行 名 支 店 名 預 金 種 別 口 座 番 号 6

7 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届 社 会 保 険 ( 1)に 加 入 すべき 事 業 所 の 手 続 き( 新 規 適 用 届 ) 新 しい 会 社 や 支 店 ができたら 新 規 適 用 届 が 必 要 となる 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 法 人 登 記 簿 謄 本 ( 個 人 事 業 所 の 場 合 は 事 業 主 世 帯 全 員 の 住 民 票 のコピー) 賃 貸 借 契 約 書 のコピー( 実 際 の 所 在 地 が 登 記 上 と 異 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届 管 轄 する 年 金 事 務 所 労 働 者 名 簿 賃 金 台 帳 源 泉 徴 収 税 の 領 収 書 など 強 制 適 用 事 業 所 となった 日 から なる 場 合 ) 5 日 以 内 出 勤 簿 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 強 制 適 用 事 業 所 となった 日 から 管 轄 する 年 金 事 務 所 取 得 届 5 日 以 内 基 礎 年 金 番 号 手 帳 ( 年 金 手 帳 ) 保 険 料 口 座 振 替 申 出 書 管 轄 する 年 金 事 務 所 強 制 適 用 事 業 所 となった 日 から 5 日 以 内 金 融 機 関 の 確 認 印 要 被 扶 養 家 族 がいる 場 合 : 強 制 適 用 事 業 所 となった 日 から 被 扶 養 者 の 生 計 維 持 を 証 明 する 書 類 ( 所 得 証 明 住 健 康 保 険 被 扶 養 者 ( 異 動 ) 届 管 轄 する 年 金 事 務 所 5 日 以 内 民 票 など) 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 資 格 取 得 届 1 社 会 保 険 とは 健 康 保 険 厚 生 年 金 介 護 保 険 ( 従 業 員 からの 保 険 料 徴 収 のみ)のこと 7

8 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届 労 働 保 険 ( 1)に 加 入 すべき 事 業 所 の 手 続 き 新 しい 会 社 や 支 店 ができたら 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 と 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届 の 届 出 が 必 要 となる 労 災 保 険 ( 2)と 雇 用 保 険 ( 3)の 手 続 き 1の 手 続 き 後 または 同 時 に2の 手 続 きを 行 う 1の 手 続 き 後 3と4の 手 続 きを 行 う 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 1 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 管 轄 する 労 働 基 準 監 督 署 保 険 関 係 成 立 日 から 10 日 以 内 法 人 登 記 簿 謄 本 労 次 にいずれかに 働 管 轄 する 労 働 基 準 監 督 署 なし 保 2 労 働 保 険 概 算 保 険 料 申 告 書 保 険 関 係 成 立 日 から 50 日 以 内 都 道 府 県 労 働 局 概 算 保 険 料 を 添 えて 納 付 する 険 日 本 銀 行 など 保 険 関 係 成 立 届 の 控 え 法 人 登 記 簿 謄 本 事 業 開 始 を 証 明 する 書 類 ( 営 業 許 可 証 など) 3 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届 管 轄 するハローワーク 設 置 日 から 10 日 以 内 出 勤 簿 雇 労 働 者 名 簿 用 賃 金 台 帳 保 源 泉 徴 収 簿 など 険 賃 金 台 帳 労 働 者 名 簿 4 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 同 上 資 格 取 得 日 の 翌 月 10 日 まで 出 勤 簿 雇 用 契 約 書 など 1 労 働 保 険 とは 労 災 保 険 雇 用 保 険 のこと 2 労 災 保 険 は 仕 事 に 関 連 した 傷 病 に 関 する 保 障 3 雇 用 保 険 は 失 業 した 場 合 の 生 活 保 障 8

9 各 種 手 続 きの 確 認 年 齢 による 手 続 きの 確 認 年 齢 に 応 じて 発 生 する 手 続 き い つ 事 務 処 理 の 内 容 提 出 先 役 所 手 続 き 40 歳 到 達 時 介 護 保 険 料 の 徴 収 開 始 なし 社 会 保 険 の 喪 失 手 続 き 年 金 事 務 所 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 ( 添 付 ) 健 康 保 険 証 60 歳 到 達 時 雇 用 保 険 資 格 喪 失 届 離 職 票 雇 用 保 険 の 喪 失 手 続 き ハローワーク 定 年 退 職 の 場 合 ( 添 付 ) 賃 金 台 帳 出 勤 簿 就 業 規 則 など 退 職 金 の 精 算 など 税 務 署 市 区 町 村 退 職 所 得 の 源 泉 徴 収 票 特 別 徴 収 票 1 雇 用 契 約 書 作 成 ハローワーク なし 社 会 保 険 の 同 日 取 得 喪 失 手 続 き 2 年 金 事 務 所 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 被 保 険 者 資 格 取 得 届 扶 養 があれば 被 扶 養 者 異 動 届 60 歳 ~64 歳 ( 添 付 ) 健 康 保 険 証 就 業 規 則 退 職 継 続 再 雇 用 雇 用 保 険 資 格 喪 失 届 雇 用 保 険 の 喪 失 手 続 き 3 ハローワーク の 場 合 ( 添 付 )なし 60 歳 到 達 賃 金 等 到 達 時 賃 金 証 明 書 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 金 の 申 請 手 続 き 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 受 給 資 格 確 認 票 ハローワーク ( 賃 金 が 75% 未 満 に 低 下 したとき) ( 初 回 ) 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 支 給 申 請 書 ( 添 付 ) 労 働 者 名 簿 出 勤 簿 賃 金 台 帳 雇 用 契 約 書 運 転 免 許 証 など 64 歳 到 達 時 雇 用 保 険 料 の 徴 収 終 了 4 なし 65 歳 到 達 時 介 護 保 険 料 の 徴 収 終 了 なし 70 歳 到 達 時 70 歳 到 達 の 届 け 出 厚 生 年 金 70 歳 以 上 被 用 者 該 当 届 年 金 事 務 所 厚 生 年 金 保 険 料 の 徴 収 終 了 厚 生 年 金 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 9

10 ( 添 付 )なし 75 歳 到 達 時 75 歳 到 達 の 届 け 出 健 康 保 険 料 の 徴 収 終 了 ( 後 期 高 齢 者 医 療 へ 移 行 ) 年 金 事 務 所 健 康 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 ( 添 付 ) 健 康 保 険 証 1 詳 しくは 税 務 署 市 区 町 村 配 布 の 退 職 所 得 に 関 する 手 引 を 参 照 の 事 2 退 職 後 継 続 再 雇 用 された 際 に 社 会 保 険 の 等 級 が 1 級 以 上 低 下 するときに 行 う 手 続 き 本 人 から 健 康 保 険 証 をいったん 回 収 し 退 職 日 の 翌 日 付 けで 喪 失 届 と 取 得 届 を 同 時 に 提 出 する 新 しい 健 康 保 険 証 が 交 付 されると 同 時 に 再 雇 用 後 の 賃 金 にも 基 づいて 新 しい 標 準 報 酬 月 額 が 決 定 される 3 雇 用 保 険 の 喪 失 手 続 きは 再 雇 用 後 の 就 業 条 件 が 雇 用 保 険 加 入 基 準 を 満 たさなくなった 場 合 に 必 要 となる 再 雇 用 後 も 引 き 続 き 雇 用 保 険 加 入 基 準 を 満 たす 場 合 は 手 続 き 不 要 4 毎 年 4 月 1 日 現 在 において 64 歳 以 上 の 人 は 4 月 から 雇 用 保 険 料 が 免 除 される 10

11 2. 入 社 時 の 手 続 き 雇 入 れ 時 の 労 務 管 理 雇 い 入 れ 時 に 必 要 な 書 類 一 覧 書 類 名 作 成 者 提 出 者 添 付 書 類 留 意 事 項 労 働 者 名 簿 事 業 所 にて 作 成 ( 退 職 時 から 3 年 間 保 存 ) 賃 金 台 帳 事 業 所 にて 作 成 ( 退 職 時 から 3 年 間 保 存 但 し 税 法 上 での 保 管 期 間 は 7 年 間 ) 労 働 契 約 書 雇 入 通 知 書 労 働 条 件 通 知 書 事 業 所 にて 作 成 契 約 社 員 は 契 約 更 新 の 都 度 入 社 誓 約 書 身 元 保 証 書 事 業 所 にて 作 成 機 密 保 持 および 個 人 情 報 保 護 に 関 する 誓 約 書 事 業 所 にて 作 成 勤 務 報 告 書 タイムカード 事 業 所 にて 作 成 住 民 票 記 載 事 項 証 明 書 本 人 から 提 出 してもらう 健 康 診 断 書 本 人 から 提 出 してもらう 源 泉 徴 収 票 本 人 から 提 出 してもらう 前 職 者 のみ 年 金 手 帳 ( 基 礎 年 金 番 号 通 知 書 ) 本 人 から 提 出 してもらう 前 職 者 のみ 雇 用 保 険 被 保 険 者 証 本 人 から 提 出 してもらう 前 職 者 のみ 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 ( 異 動 ) 申 告 書 本 人 から 提 出 してもらう 健 康 保 険 扶 養 家 族 ( 異 動 ) 届 本 人 から 提 出 してもらう 健 康 保 険 被 扶 養 者 証 明 書 類 本 人 から 提 出 してもらう 給 与 口 座 振 込 ( 変 更 ) 依 頼 書 本 人 から 提 出 してもらう 通 勤 手 当 申 請 書 本 人 から 提 出 してもらう 緊 急 連 絡 票 本 人 から 提 出 してもらう 住 民 税 給 与 所 得 者 異 動 届 出 書 本 人 から 提 出 してもらう 前 職 者 のみ 11

12 社 会 保 険 労 働 保 険 加 入 基 準 社 会 保 険 労 働 保 険 に 加 入 する 人 とは 正 社 員 パートタイマーなどの 呼 称 からではなく 就 労 の 実 態 で 判 断 する 社 会 保 険 の 加 入 基 準 1 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 (1)1 日 または 1 週 間 の 所 定 労 働 時 間 が その 事 業 所 で 同 じ 種 類 の 業 務 に 従 事 する 一 般 従 業 員 の 所 定 労 働 時 間 のおおむね 4 分 の 3 以 上 の 人 (2)1 ヶ 月 の 所 定 労 働 日 数 が その 事 業 所 で 同 種 の 業 務 に 従 事 する 一 般 従 業 員 の 所 定 労 働 日 数 のおおむね 4 分 の 3 以 上 の 人 労 働 保 険 の 加 入 基 準 1 労 災 保 険 労 働 時 間 がどんなに 短 いアルバイトでも 労 災 は 適 用 となる 労 災 保 険 は 会 社 が 加 入 手 続 きを 行 っていれば 個 々の 従 業 員 について 加 入 手 続 きは 必 要 ない 2 雇 用 保 険 31 日 以 上 の 雇 用 見 込 みがあり 1 週 間 の 所 定 労 働 時 間 が 20 時 間 以 上 であることが 必 要 年 齢 と 各 保 険 加 入 の 関 係 ( は 会 社 で 徴 収 は 会 社 では 徴 収 しない) 保 険 健 康 保 険 介 護 保 険 1 厚 生 年 金 雇 用 保 険 労 災 保 険 年 齢 40 歳 未 満 40 歳 以 上 65 歳 未 満 65 歳 以 上 70 歳 未 満 70 歳 以 上 75 歳 未 満 2 ( ) 3 75 歳 以 上 ( 後 期 高 齢 医 療 に 移 行 ) 1 40 歳 以 上 から 介 護 保 険 制 度 に 全 員 が 自 動 的 に 加 入 になり 会 社 の 健 康 保 険 に 加 入 している 場 合 65 歳 まであわせて 徴 収 される 2 65 歳 以 上 の 場 合 は 年 金 ( 年 間 18 万 円 以 上 の 場 合 )から 天 引 きの 特 別 徴 収 それ 以 外 は 市 町 村 から 送 付 される 納 付 書 又 は 口 座 振 替 を 利 用 して 納 付 する 普 通 徴 収 がある 3 65 歳 以 上 で 新 たに 雇 用 された 場 合 加 入 できない ただし 65 歳 以 上 になっても 引 き 続 き 雇 用 される 場 合 は 雇 用 保 険 に 継 続 して 加 入 となる 12

13 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 健 康 保 険 被 扶 養 者 ( 異 動 ) 届 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 資 格 取 得 届 入 社 時 の 健 康 保 険 厚 生 年 金 および 被 扶 養 者 の 手 続 き 健 康 保 険 と 厚 生 年 金 は 資 格 取 得 届 を 提 出 することによってセットで 同 時 に 加 入 の 手 続 きとなる また 被 保 険 者 に 扶 養 家 族 がいる 場 合 には 健 康 保 険 被 扶 養 者 ( 異 動 ) 届 を 提 出 する 扶 養 家 族 のうち 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 配 偶 者 がいる 場 合 は 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 資 格 取 得 届 も 提 出 する 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 扶 養 家 族 がいる 場 合 : 健 康 保 険 被 扶 養 者 ( 異 動 ) 届 扶 養 家 族 のうち 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 配 偶 者 がい る 場 合 : 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 資 格 取 得 届 年 金 手 帳 を 紛 失 している 場 合 : 年 金 手 帳 再 交 付 申 請 書 管 轄 する 年 金 事 務 所 資 格 取 得 日 から 5 日 以 内 基 礎 年 金 番 号 通 知 書 ( 年 金 手 帳 ) 同 上 速 やかに 被 扶 養 者 の 生 計 維 持 を 証 明 する 書 類 課 税 証 明 書 もしくは 非 課 税 証 明 書 税 法 上 の 控 除 対 象 配 偶 者 扶 養 家 族 となっていない 場 合 その 他 同 上 同 上 の 書 類 の 添 付 が 必 要 ( 下 記 生 計 維 持 証 明 のための 添 付 書 類 参 照 ) 同 上 同 上 備 考 欄 に 紛 失 の 旨 記 入 する 生 計 維 持 証 明 のための 添 付 書 類 1 市 区 町 村 で 発 行 する 所 得 証 明 書 課 税 証 明 書 もしくは 非 課 税 証 明 書 2 退 職 した 人 : 退 職 証 明 書 または 雇 用 保 険 被 保 険 者 離 職 証 明 書 のコピー 3 失 業 給 付 の 受 給 者 または 終 了 者 : 雇 用 保 険 受 給 資 格 者 証 のコピー 4 年 金 収 入 がある 人 : 年 金 額 ( 改 定 ) 通 知 書 のコピー 5 同 居 を 要 件 とする 人 : 住 民 票 記 載 事 項 証 明 書 の 写 し 13

14 厚 生 年 金 保 険 厚 生 年 金 保 険 料 率 一 覧 表 第 1 種 第 2 種 第 3 種 第 4 種 平 ~ 第 5 種 ( 特 例 一 種 ) 第 6 種 ( 特 例 二 種 ) 第 7 種 ( 特 例 三 種 ) 船 員 任 意 継 続 日 本 鉄 道 共 済 組 合 日 本 たば こ 産 業 共 済 組 合 ( 単 位 : (パーミル) 日 本 電 信 電 話 共 済 組 合 ( 船 保 基 金 加 入 ) 農 林 共 済 平 ~ 平 ~ 平 ~ 平 ~ 平 成 8 年 4 月 からは 第 一 種 第 平 ~ 二 種 及 び 第 三 種 の 保 険 料 率 から 平 各 厚 生 年 金 基 金 に 適 用 される 免 平 ~ 代 行 返 上 除 保 険 料 率 を 控 除 した 保 険 料 率 平 ~ となる 平 ~ 平 ~ 平 ~ 平 29.9 以 降 注 ) 平 成 16 年 10 月 より 第 一 種 第 二 種 及 び 第 四 種 の 保 険 料 率 は 毎 年 3.54/1000 ずつ 第 三 種 は 毎 年 2.48/1000 ずつ 引 き 上 げられ 平 成 29 年 以 後 は 183/1000 となる 予 定 です また 日 本 鉄 道 共 済 組 合 日 本 たばこ 産 業 共 済 組 合 及 び 農 林 漁 業 団 体 職 員 共 済 組 合 の 組 合 員 であった 人 の 保 険 料 率 についても 順 次 引 き 上 げられ 平 成 29 年 9 月 以 後 は 183/1000 となる 予 定 です 14

15 健 康 保 険 被 扶 養 者 となる 条 件 と 範 囲 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 とは 被 扶 養 者 の 範 囲 と 生 計 維 持 の 条 件 の 2 つのどちらにも 該 当 する 人 が 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 として 認 定 される 1 被 扶 養 者 の 範 囲 : 次 のいずれかとなる (1) 配 偶 者 ( 内 縁 関 係 も 含 む) 子 孫 および 弟 妹 父 母 祖 父 母 など 直 系 尊 属 (2) 被 保 険 者 と 同 居 している 被 保 険 者 の 3 親 等 内 の 親 族 ((1)を 除 く) 内 縁 関 係 の 配 偶 者 の 父 母 および 子 ( 死 亡 後 含 む) 2 生 計 維 持 の 条 件 : 被 保 険 者 によって 生 計 が 維 持 されているかどうか を 対 象 者 の 年 収 を 次 の(1)か(2)の 要 件 にあてはめて 判 断 する 収 入 には 年 金 や 失 業 給 付 を 含 め すべての 収 入 が 対 象 となる (1) 同 居 の 場 合 : 次 の(ア) (イ)の 両 方 を 満 たす 場 合 に 被 扶 養 者 となる (ア) 対 象 者 の 年 収 が 130 万 円 未 満 ( 但 し 60 歳 以 上 または 障 害 厚 生 年 金 を 受 けられる 程 度 の 障 害 者 の 人 については 年 間 収 入 180 万 円 未 満 ) (イ) 対 象 者 の 年 収 が 被 保 険 者 の 年 収 の 半 分 未 満 ( 但 し 対 象 者 の 年 収 が 被 保 険 者 の 年 収 の 半 分 以 上 であっても 130 万 円 未 満 かつ 被 保 険 者 の 年 収 を 上 回 らないときは 世 帯 の 生 計 状 況 から 総 合 的 に 考 えて 被 保 険 者 が 生 計 維 持 の 中 心 的 役 割 を 果 たしていると 認 められる ) (2) 別 居 の 場 合 : 次 の(ウ) (エ)の 両 方 を 満 たす 場 合 に 被 扶 養 者 となる (ウ) 対 象 者 の 年 収 が 130 万 円 未 満 ( 但 し 60 歳 以 上 または 障 害 厚 生 年 金 を 受 けられる 程 度 の 障 害 者 については 年 間 収 入 180 万 円 未 満 ) (エ) 対 象 者 の 年 収 が 被 保 険 者 からの 仕 送 り 額 ( 援 助 額 )より 少 ないとき 15

16 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 雇 用 保 険 料 率 入 社 時 の 労 災 保 険 雇 用 保 険 の 手 続 き 労 災 保 険 は 会 社 が 加 入 していれば 従 業 員 ごとの 加 入 手 続 きは 不 要 です 雇 用 保 険 は 個 別 に 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 を 作 成 し 届 出 ます 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 雇 用 保 険 被 保 険 者 証 ( 過 去 に 被 保 険 者 であったことのある 人 ) 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 被 保 険 者 となった 日 の パートタイムの 場 合 : 雇 用 期 間 を 確 認 できる 資 料 ( 雇 用 契 約 書 など) 管 轄 するハローワー 属 する 月 の 翌 月 10 日 ま 外 国 人 も 加 入 要 (p16 参 照 ) ク で H22.4 よりこれまで 添 付 していた 賃 金 台 帳 労 働 者 名 簿 出 勤 簿 (タ イムカードなど)などの 添 付 は 原 則 不 要 となりました 雇 用 保 険 被 保 険 者 証 再 交 付 申 請 書 同 上 取 得 届 に 添 付 被 保 険 者 証 を 紛 失 している 場 合 雇 用 保 険 率 表 平 成 24 年 度 事 業 の 種 類 1 被 保 険 者 負 担 率 2 事 業 主 負 担 率 1+2 保 険 率 一 般 の 事 業 5/ / /1000 農 林 水 産 清 酒 製 造 の 事 業 6/ / /1000 建 設 の 事 業 6/ / /1000 平 成 23 年 度 事 業 の 種 類 1 被 保 険 者 負 担 率 2 事 業 主 負 担 率 1+2 保 険 率 一 般 の 事 業 6/ / /1000 農 林 水 産 清 酒 製 造 の 事 業 7/ / /1000 建 設 の 事 業 7/ / /

17 社 会 保 険 労 働 保 険 外 国 人 の 加 入 基 準 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 書 外 国 人 を 雇 い 入 れたとき 社 会 保 険 の 手 続 き 外 国 人 も 日 本 人 と 同 様 の 基 準 で 各 種 社 会 保 険 の 適 用 がある また 雇 用 保 険 の 加 入 の 有 無 にかかわらず ハローワークへの 届 出 が 必 要 で 退 職 の 時 も 同 様 となる 社 会 保 険 の 加 入 基 準 各 種 社 会 保 険 は 日 本 人 と 同 じ 基 準 で 加 入 となる (p13 参 照 ) 1 健 康 保 険 : 適 用 事 業 所 に 常 時 使 用 される 75 歳 未 満 の 外 国 人 は 加 入 要 件 を 満 たす 場 合 に 国 籍 を 問 わず 加 入 し 被 保 険 者 となる 2 厚 生 年 金 : 適 用 事 業 所 に 常 時 使 用 される 70 歳 未 満 の 外 国 人 は 加 入 要 件 を 満 たす 場 合 に 国 籍 を 問 わず 加 入 する 必 要 がある 3 労 災 保 険 : 日 本 国 内 の 事 業 に 使 用 される 外 国 人 は 国 籍 を 問 わず 加 入 する 4 雇 用 保 険 : 日 本 人 と 同 じく 加 入 基 準 を 満 たす 場 合 国 籍 を 問 わず 加 入 し 被 保 険 者 となる (ただし 外 国 公 務 員 および 外 国 の 失 業 給 付 を 受 けていることが 明 らかである 場 合 を 除 く ) 雇 用 保 険 の 一 般 被 保 険 者 である 外 国 人 の 届 出 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 管 轄 するハローワーク 雇 い 入 れ 日 の 翌 月 10 日 まで なし 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 管 轄 するハローワーク 離 職 日 の 翌 日 から 10 日 以 内 退 職 者 から 請 求 があった 場 合 のみ 離 職 票 雇 用 保 険 の 一 般 被 保 険 者 でない 外 国 人 の 届 出 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 雇 い 入 れに 係 る 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 書 管 轄 するハローワーク 翌 月 末 日 なし 離 職 に 係 る 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 書 管 轄 するハローワーク 翌 月 末 日 なし 17

18 3. 退 職 時 の 手 続 き 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 退 職 時 の 健 康 保 険 厚 生 年 金 の 手 続 き 健 康 保 険 と 厚 生 年 金 は 退 職 や 社 会 保 険 の 加 入 基 準 に 達 しなくなったときに 資 格 喪 失 届 を 提 出 することによってセットで 同 時 に 喪 失 の 手 続 きとなる 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 管 轄 する 年 金 事 務 資 格 喪 失 日 ( 1)から 5 日 以 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 健 康 保 険 証 所 内 紛 失 などの 場 合 : 資 格 喪 失 日 ( 1)から 5 日 以 協 会 けんぽ 健 康 保 険 証 を 紛 失 している 場 合 喪 失 届 に 添 付 健 康 保 険 被 保 険 者 証 回 収 不 能 滅 失 届 内 1 喪 失 日 は 退 職 日 の 翌 日 たとえば 8 月 31 日 に 退 職 した 場 合 8 月 31 日 は 退 職 日 9 月 1 日 が 資 格 喪 失 日 となる 18

19 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 退 職 時 の 労 災 雇 用 保 険 の 手 続 き 従 業 員 が 退 職 などにより 加 入 要 件 を 満 たさなくなった 時 は 雇 用 保 険 のみ 手 続 きが 必 要 となる 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 雇 用 保 険 被 保 険 者 離 職 証 明 書 ( 1 2 3) 労 働 者 名 簿 出 勤 簿 (タイムカード) 賃 金 台 帳 雇 用 契 約 書 退 職 願 辞 令 定 年 などによる 場 合 はその 規 定 など 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 管 轄 するハローワーク 退 職 日 の 翌 日 から 起 算 して 10 日 以 内 1 退 職 者 本 人 から 不 要 の 旨 の 申 出 がない 限 り 要 作 成 2 離 職 時 年 齢 が 59 歳 以 上 の 場 合 は 本 人 の 希 望 にかかわらず 要 作 成 3 退 職 者 の 押 印 要 19

20 退 職 時 の 労 務 管 理 退 職 時 に 必 要 な 書 類 一 覧 書 類 名 作 成 者 提 出 者 提 出 期 限 添 付 書 類 留 意 事 項 退 職 願 本 人 会 社 就 業 規 則 で 定 められた 日 までに 健 康 保 険 資 格 喪 失 証 明 書 会 社 本 人 本 人 から 申 請 があった 時 速 やかに 退 職 証 明 書 会 社 本 人 本 人 から 申 請 があった 時 速 やかに 雇 用 保 険 被 保 険 者 離 職 証 明 書 ハローワークから 交 付 会 社 本 人 押 印 会 社 され 次 第 すみやかに 本 本 人 人 に 交 付 秘 密 保 持 契 約 書 本 人 会 社 退 職 時 社 宅 寮 退 去 関 係 資 格 喪 失 届 のコピーでも 可 退 職 者 から 請 求 があった 場 合 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 の 添 付 書 類 欄 を 参 照 の 事 20

21 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 の 給 付 ( 本 人 の 手 続 き) 在 職 時 に 傷 病 手 当 金 を 受 給 していた 人 が 退 職 した 場 合 退 職 後 も 引 き 続 き 傷 病 手 当 金 を 受 けられる 場 合 がある 書 類 名 提 出 先 期 日 注 意 事 項 支 給 要 件 : 以 下 の 3 つを 満 たした 場 合 1 資 格 を 喪 失 する 日 の 前 日 までに 継 続 して 1 年 以 上 被 保 険 者 であった 期 間 がある 健 康 保 険 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書 支 給 開 始 から 1 年 協 会 けんぽ こと 1 6 ヵ 月 以 内 2 資 格 を 喪 失 した 際 に 受 けていた 傷 病 手 当 金 であること 3 支 給 開 始 日 から 1 年 6 ヵ 月 経 過 していないこと 1 ただし 労 災 保 険 から 給 付 を 受 けている 場 合 は 支 給 されない また 退 職 後 に 老 齢 厚 生 年 金 や 退 職 共 済 年 金 などが 支 給 されている 場 合 その 支 給 日 額 が 傷 病 手 当 金 の 日 額 より 多 いときには 支 給 されず 傷 病 手 当 金 の 日 額 より 少 ないときにはその 差 額 が 支 給 される 21

22 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 任 意 継 続 と 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 退 職 後 すぐに 勤 めない 時 の 健 康 保 険 年 金 保 険 ( 本 人 の 手 続 き) 家 族 の 社 会 保 険 の 扶 養 に 入 る 場 合 1 手 続 き 方 法 : 家 族 の 勤 務 先 で 手 続 き 2 保 険 料 :なし 3ただし 退 職 後 に 受 給 を 開 始 した 失 業 保 険 基 本 手 当 の 日 額 が 基 準 を 超 える 場 合 は 扶 養 家 族 にはなれない 国 民 健 康 保 険 に 加 入 する 場 合 1 保 険 料 : 国 民 健 康 保 険 料 は 1 世 帯 当 たりの 年 間 保 険 料 を 各 市 区 町 村 が 定 めた 率 により 決 定 するため 市 区 町 村 によって 保 険 料 が 異 なる 2 注 意 点 : 退 職 後 国 民 健 康 保 険 に 加 入 する 場 合 は 事 業 主 が 退 職 した 事 実 を 証 明 する 退 職 証 明 書 などが 必 要 となる 健 康 保 険 任 意 継 続 ( 1)に 加 入 する 場 合 1 保 険 料 : 任 意 継 続 被 保 険 者 となった 場 合 今 まで 事 業 主 と 折 半 負 担 していた 保 険 料 を 本 人 が 全 額 負 担 することになる 但 し 保 険 料 には 上 限 が 設 定 されている 2 注 意 点 : 退 職 日 の 翌 日 から 20 日 以 内 に 申 請 すること 1 健 康 保 険 任 意 継 続 被 保 険 者 : 退 職 後 今 まで 加 入 していた 健 康 保 険 制 度 に 個 人 として 継 続 加 入 した 人 資 格 喪 失 日 の 前 日 までに 継 続 して 2 カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 が 必 要 加 入 可 能 期 間 は 最 大 2 年 間 会 社 などを 退 職 したとき 第 1 号 被 保 険 者 農 業 自 営 業 学 生 など 結 婚 などにより 扶 養 に 入 るとき 国 民 年 金 の 基 礎 知 識 1 種 別 と 保 険 料 (1) 第 1 号 被 保 険 者 :20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 自 営 業 自 由 業 学 生 など (2) 第 2 号 被 保 険 者 :65 歳 未 満 の 厚 生 年 金 共 済 年 金 加 入 者 (3) 第 3 号 被 保 険 者 : 第 2 号 被 保 険 者 に 扶 養 される 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 配 偶 者 2 退 職 後 の 種 別 配 偶 者 の 扶 養 に 入 る 場 合 は 第 3 号 被 保 険 者 それ 以 外 は 第 1 号 被 保 険 者 となる 22 会 社 などに 就 職 したとき 第 2 号 被 保 険 者 厚 生 年 金 や 共 済 組 合 に 加 入 し ている 人 ( 会 社 員 や 公 務 員 ) 退 職 などにより 扶 養 に 入 るとき 会 社 などに 就 職 したとき 任 意 加 入 被 保 険 者 ( 希 望 により 加 入 ) 日 本 国 内 に 住 所 のある 60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 人 外 国 に 住 んでいる 20 歳 以 上 65 歳 未 満 の 日 本 人 など 扶 養 から 外 れたとき 第 3 号 被 保 険 者 第 2 号 被 保 険 者 に 扶 養 されている 配 偶 者

23 4. 退 職 再 雇 用 高 齢 者 の 給 付 年 金 に 関 する 手 続 き 再 雇 用 時 の 注 意 事 項 再 雇 用 時 の 社 会 保 険 雇 用 保 険 の 手 続 き 退 職 後 に 再 雇 用 となる 場 合 は 特 に 注 意 が 必 要 手 続 き 内 容 届 出 先 必 要 書 類 添 付 書 類 必 要 に 応 じてハローワ 雇 用 契 約 書 作 成 社 内 書 式 ーク 就 業 規 則 健 康 保 険 証 新 たに 契 約 を 結 んだ 事 がわかる 書 類 ( 退 職 がわかる 書 類 再 雇 用 社 会 保 険 の 同 日 得 喪 失 手 続 き 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 時 の 雇 用 契 約 書 または 事 業 主 の 証 明 等 ) 管 轄 する 年 金 事 務 所 ( 1) 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 扶 養 があれば 健 康 保 険 厚 生 年 金 被 扶 養 者 ( 異 動 ) 届 雇 用 保 険 の 喪 失 手 続 き( 2) 管 轄 するハローワーク 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 なし 本 人 の 年 齢 が 確 認 できる 書 類 ( 住 民 票 記 載 事 雇 用 保 険 被 保 険 者 六 十 歳 到 達 時 等 賃 金 証 明 書 高 年 齢 雇 用 継 続 基 本 給 付 金 の 申 項 証 明 書 住 民 票 の 写 し 運 転 免 許 証 のコピ 管 轄 するハローワーク 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 高 年 請 手 続 き( 3) ーなど) 届 出 の 記 載 内 容 を 確 認 できる 書 類 齢 雇 用 継 続 給 付 支 給 申 請 書 ( 労 働 者 名 簿 賃 金 台 帳 出 勤 簿 など) 1 退 職 後 継 続 再 雇 用 された 際 に 加 入 要 件 を 満 たし 等 級 が 下 がる 場 合 に 必 要 加 入 要 件 を 満 たさなくなった 場 合 は 喪 失 手 続 きだけ 行 う 2 加 入 要 件 を 満 たさなくなった 場 合 に 必 要 3 再 雇 用 後 も 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 で 賃 金 が 75% 未 満 に 低 下 した 場 合 に 必 要 (p24 参 照 ) 23

24 雇 用 保 険 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 60 歳 以 降 に 賃 金 が 低 下 したとき 60 歳 以 降 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 で 賃 金 が 低 下 した 場 合 に 支 給 される 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 : 60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 従 業 員 が 雇 用 保 険 に 5 年 以 上 加 入 しており 60 歳 時 点 に 比 べて 賃 金 が 75% 未 満 に 低 下 した 場 合 支 給 対 象 期 間 の 各 月 に 支 給 される 賃 金 の 最 大 15%までが 給 付 金 として 支 給 される 制 度 で (1) 高 年 齢 雇 用 継 続 基 本 給 付 金 : 原 則 60 歳 以 降 失 業 時 の 基 本 手 当 を 受 給 せずに 雇 用 されている 場 合 60 歳 以 降 65 歳 に 達 する 月 まで 支 給 (2) 高 年 齢 再 就 職 給 付 金 : 原 則 60 歳 以 降 失 業 時 の 基 本 手 当 を 受 給 し 再 就 職 した 時 点 での 基 本 手 当 の 支 給 残 日 数 により 支 給 がある 手 続 き 内 容 届 出 先 期 日 必 要 書 類 添 付 書 類 高 年 齢 雇 用 継 続 基 本 給 付 金 管 轄 するハロ ーワーク 支 給 対 象 月 の 初 日 から 起 算 して 4 カ 月 以 内 雇 用 保 険 被 保 険 者 六 十 歳 到 達 時 等 賃 金 証 明 書 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 支 給 申 請 書 本 人 の 年 齢 が 確 認 できる 書 類 ( 住 民 票 記 載 事 項 証 明 書 住 民 票 の 写 し 運 転 免 許 証 の コピーなど) 届 出 の 記 載 内 容 を 確 認 できる 書 類 ( 労 働 者 名 簿 賃 金 台 帳 出 勤 簿 など) 高 年 齢 再 就 職 給 付 金 管 轄 するハロ ーワーク 再 就 職 後 速 や かに 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 支 給 申 請 書 24

25 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 老 齢 年 金 の 基 礎 知 識 老 齢 年 金 は 何 歳 から 受 給 できるか 原 則 65 歳 以 上 ( 一 部 の 人 は 60 歳 以 上 ) 一 定 の 要 件 を 満 たせば 受 給 できる 老 齢 年 金 は 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 民 年 金 ) 部 分 と 老 齢 厚 生 年 金 ( 厚 生 年 金 ) 部 分 とに 分 かれている 資 格 期 間 支 給 年 齢 老 齢 基 礎 年 金 ( 国 民 年 金 ) 保 険 料 納 付 済 み 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 の 合 計 が 25 年 以 上 必 要 原 則 65 歳 から ただし 一 定 の 要 件 により 60 歳 から 繰 り 上 げ 65 歳 以 降 繰 り 下 げが 認 められている 老 齢 厚 生 年 金 ( 厚 生 年 金 ) 原 則 65 歳 だが 生 年 月 日 に 応 じて 60 歳 以 降 で 支 給 が 開 始 老 齢 基 礎 年 金 の 資 格 期 間 を 満 たしており かつ 厚 生 年 金 の 被 保 険 される 60 歳 から 64 歳 までの 老 齢 厚 生 年 金 を 特 別 支 給 者 期 間 が 1 年 以 上 あることが 必 要 の 老 齢 厚 生 年 金 という 各 個 人 の 年 金 請 求 手 続 きについては 記 載 していません 25

26 5. 従 業 員 がケガ 病 気 死 亡 をしたとき 労 災 保 険 業 務 災 害 通 勤 災 害 の 基 礎 知 識 業 務 災 害 通 勤 災 害 とは 何 か 労 働 災 害 は 業 務 上 は 業 務 災 害 通 勤 途 中 は 通 勤 災 害 に 分 かれる 1 業 務 災 害 : 従 業 員 が 仕 事 中 にケガをしてしまったり 仕 事 をしている 事 が 原 因 となって 生 じた 病 気 そしてそれが 原 因 で 障 害 が 残 ったり 死 亡 した 場 合 の 災 害 2 通 勤 災 害 : 通 勤 途 中 に 従 業 員 がケガをしてしまったり 障 害 が 残 ったり 死 亡 した 場 合 の 災 害 手 続 き 内 容 届 出 先 必 要 書 類 添 付 書 類 療 養 の 給 付 労 災 指 定 を 受 けた 病 院 薬 局 を 経 由 して 管 轄 する 労 働 基 準 監 督 署 業 務 災 害 : 療 養 補 償 給 付 たる 療 養 の 給 付 請 求 書 ( 様 式 5 号 ) 通 勤 災 害 : 療 養 給 付 たる 療 養 の 給 付 請 求 書 ( 様 式 16 号 の 3) なし 療 養 の 費 用 の 給 付 管 轄 する 労 働 基 準 監 督 署 業 務 災 害 : 療 養 補 償 給 付 樽 療 養 の 費 用 請 求 書 ( 様 式 7 号 ) 通 勤 災 害 : 療 養 給 付 たる 療 養 の 費 用 請 求 書 ( 様 式 16 号 の 5) 立 替 払 いをした 領 収 書 26

27 健 康 保 険 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書 業 務 外 の 病 気 などで 会 社 を 休 んだ 時 被 保 険 者 が 業 務 外 のケガや 病 気 にかかり 労 働 できないために 会 社 を 休 んだ 場 合 に 請 求 する 書 類 名 提 出 先 添 付 書 類 健 康 保 険 傷 病 手 当 金 支 給 請 求 書 協 会 けんぽ 賃 金 台 帳 出 勤 簿 のコピー 健 康 保 険 埋 葬 料 ( 費 ) 支 給 申 請 書 国 民 年 金 厚 生 年 金 遺 族 給 付 裁 定 請 求 書 従 業 員 が 死 亡 したとき また 従 業 員 および 扶 養 家 族 の 埋 葬 を 行 うとき 被 保 険 者 が 死 亡 したときは 埋 葬 を 行 う 人 に 埋 葬 料 または 埋 葬 費 が 支 給 される また 一 定 の 条 件 を 満 たす 場 合 に 死 亡 した 被 保 険 者 の 遺 族 に 遺 族 年 金 が 支 給 される 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 死 亡 の 場 合 : 埋 葬 料 ( 費 ) 支 給 申 請 書 死 亡 の 場 合 : 遺 族 給 付 裁 定 請 求 書 協 会 けんぽ 速 やかに 死 亡 診 断 書 埋 葬 許 可 証 のコピーほか 年 金 事 務 所 速 やかに 死 亡 診 断 書 など( 事 前 に 年 金 事 務 所 などで 確 認 ) 27

28 6. 妊 娠 出 産 育 児 介 護 に 伴 う 手 続 き 健 康 保 険 厚 生 年 金 雇 用 保 険 いつ どんな 手 続 きをするのか 出 産 育 児 をサポートする 給 付 や 手 続 き 時 期 産 前 休 暇 産 後 休 暇 育 児 休 業 育 児 休 業 延 長 職 場 復 帰 後 対 象 者 手 続 き 本 人 家 族 内 容 提 出 先 産 前 産 後 休 暇 育 児 休 業 期 間 申 出 従 業 員 が 育 児 休 業 期 間 などの 申 し 出 を 会 社 に 行 うもの 会 社 出 産 育 児 一 時 金 家 族 出 産 一 時 金 被 保 険 者 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したら 1 児 ごとに 42 万 円 出 産 する 医 療 機 関 また ただし 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 しない 医 療 機 関 などで 出 産 し は 協 会 けんぽ た 場 合 は 39 万 円 被 扶 養 者 ( 異 動 ) 届 出 生 した 子 の 健 康 保 険 証 を 発 行 する 手 続 き 年 金 事 務 所 出 産 手 当 金 1 日 につき 標 準 報 酬 日 額 の 3 分 の 2 相 当 額 ( 産 前 産 後 休 暇 期 間 ) 協 会 けんぽ 育 児 休 業 等 取 得 者 申 出 書 ( 社 会 保 険 料 の 免 除 申 請 / 初 回 ) 育 児 休 業 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 申 請 ( 子 が 1 歳 になるまで) 年 金 事 務 所 育 児 休 業 給 付 金 休 業 開 始 時 賃 金 日 額 の 50% ハローワーク 育 児 休 業 給 付 金 休 業 開 始 時 賃 金 日 額 の 50%( 特 定 事 由 に 該 当 した 場 合 に 最 長 で ( 延 長 申 請 ) 子 が 1 歳 6 カ 月 に 達 する 前 まで) ハローワーク 育 児 休 業 等 取 得 者 申 出 書 育 児 休 業 期 間 中 の 社 会 保 険 料 の 免 除 申 請 ( 社 会 保 険 料 の 免 除 申 請 / 2 回 目 3 回 目 ) 2 回 目 : 子 が 1 歳 から 1 歳 6 カ 月 に 達 するまで 3 回 目 : 子 が 1 歳 (または 1 歳 6 カ 月 )から 3 歳 に 達 するまで 年 金 事 務 所 育 児 休 業 等 取 得 者 終 了 届 ( 社 会 保 険 料 の 免 除 終 了 届 ) 予 定 より 早 く 復 帰 した 場 合 の 届 出 年 金 事 務 所 厚 生 年 金 保 険 養 育 期 間 標 準 報 酬 月 額 特 例 申 出 書 ( 1) 将 来 の 年 金 ダウンを 防 ぐための 届 出 年 金 事 務 所 育 児 休 業 等 終 了 時 報 酬 月 額 変 更 届 復 帰 後 の 賃 金 ダウンで 1 等 級 以 上 の 差 が 生 じたら 届 出 ( 固 定 的 年 金 事 務 所 28

29 賃 金 の 変 動 がなくてもよい) 1 子 が 3 歳 になるまでの 養 育 期 間 に 標 準 報 酬 月 額 が 低 下 した 時 子 が 生 まれる 前 の 標 準 報 酬 月 額 に 基 づく 年 金 額 を 受 け 取 れるよう 特 例 を 申 出 る 届 出 29

30 健 康 保 険 出 産 手 当 金 支 給 申 請 書 雇 用 保 険 育 児 休 業 給 付 金 雇 用 保 険 介 護 休 業 給 付 金 支 給 申 請 書 産 後 休 暇 中 育 児 休 業 中 の 賃 金 介 護 休 業 で 賃 金 が 支 払 われない 時 健 康 保 険 の 被 保 険 者 が 出 産 のために 会 社 を 休 み 会 社 から 報 酬 を 受 けられない 場 合 出 産 手 当 金 が 支 給 される また 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 が 1 歳 ( 一 定 の 場 合 は 1 歳 6 カ 月 ) 未 満 の 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 した 場 合 育 児 休 業 給 付 金 が 支 払 われる 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 が 介 護 休 業 を 取 得 し 休 業 中 の 賃 金 が 休 業 開 始 前 に 比 べて 80% 未 満 であるなど 一 定 の 要 件 を 満 たすと 介 護 休 業 給 付 金 が 支 給 される 書 類 期 日 届 出 先 添 付 書 類 健 康 保 出 産 手 当 金 支 給 申 請 書 出 産 のために 休 業 した 日 ご とにその 翌 日 から 2 年 以 内 協 会 けんぽ 出 勤 簿 賃 金 台 帳 のコピー 険 雇 用 保 険 被 保 険 者 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 ( 育 児 ) 育 児 休 業 給 付 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 育 児 休 業 給 付 支 給 申 請 書 育 児 休 業 開 始 日 の 翌 日 から 起 算 して 10 日 以 内 ハローワーク 賃 金 台 帳 出 勤 簿 母 子 手 帳 のコピー 介 護 保 険 被 保 険 者 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 ( 介 護 )( 1) 介 護 休 業 開 始 日 の 翌 日 から 起 算 して 10 日 以 内 ハローワーク 賃 金 台 帳 出 勤 簿 介 護 休 業 給 付 金 支 給 申 請 書 ( 1) 介 護 休 業 終 了 日 の 翌 日 から 起 算 して 2 カ 月 を 経 過 する 日 の 属 する 月 の 末 日 まで ハローワーク 賃 金 台 帳 出 勤 簿 介 護 休 業 申 出 書 ( 被 保 険 者 が 事 業 主 へ 提 出 したもの) 住 民 票 記 載 事 項 証 明 書 ( 介 護 対 象 家 族 の 使 命 性 別 生 年 月 日 本 人 との 続 柄 を 確 認 するため) 1 事 業 主 が 介 護 休 業 給 付 金 申 請 書 を 被 保 険 者 に 代 わって 提 出 する 場 合 は 被 保 険 者 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 ( 介 護 ) を 支 給 申 請 書 と 同 時 に 提 出 するこ とができる 30

31 7. 会 社 従 業 員 の 各 種 変 更 届 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 適 用 事 業 所 所 在 地 名 称 変 更 ( 訂 正 ) 届 労 働 保 険 名 称 所 在 地 等 変 更 届 雇 用 保 険 事 業 主 事 業 所 各 種 変 更 届 会 社 の 移 転 合 併 組 織 変 更 の 手 続 き 事 業 所 の 移 転 や 社 名 変 更 のほかにも 会 社 の 届 け 出 の 内 容 に 変 更 があったら 変 更 届 を 提 出 する [ 社 会 保 険 ] 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 移 転 変 移 転 後 も 管 轄 の 年 金 事 務 所 が 変 わらない 場 合 : 登 記 簿 謄 本 賃 貸 借 契 約 書 全 員 ( 扶 養 者 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 適 用 事 業 所 所 在 地 名 称 変 更 ( 訂 管 轄 する 年 金 事 務 所 変 更 から 5 日 以 内 分 も 含 む)の 健 康 保 険 者 証 正 ) 届 ( 管 轄 内 ) 移 転 により 管 轄 の 年 金 事 務 所 が 変 わる 場 合 : 移 転 前 の 所 在 地 を 管 轄 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 適 用 事 業 所 所 在 地 名 称 変 更 ( 訂 変 更 から 5 日 以 内 している 年 金 事 務 所 正 ) 届 ( 管 轄 外 ) 登 記 簿 謄 本 新 しい 健 康 保 険 証 が 発 券 されたら 古 い 健 康 保 険 証 は 移 転 前 の 協 会 けんぽへ 返 却 する 更 事 業 主 の 変 更 や 昇 給 月 賞 与 の 支 払 予 定 日 など 事 業 所 に 関 する 事 項 が 変 更 となった 場 合 : 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 関 係 変 更 ( 訂 正 ) 届 管 轄 する 年 金 事 務 所 変 更 から 5 日 以 内 訂 正 1 被 保 険 者 証 2 解 散 登 記 の 記 載 がある 法 人 ( 商 業 ) 登 記 簿 謄 本 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 廃 止 届 のコピー 給 与 支 払 事 務 所 等 の 廃 止 届 のコピー 解 散 時 1 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 2 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 適 用 事 業 所 全 喪 届 管 轄 する 年 金 事 務 所 変 更 日 から 5 日 以 内 31

32 [ 労 働 保 険 雇 用 保 険 ] 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 移 転 変 同 一 県 内 で 移 転 する 場 合 1 移 転 後 の 労 働 基 準 監 督 登 記 簿 謄 本 ( 所 在 地 の 変 更 をしない 場 合 には 変 更 日 から 10 日 以 内 労 働 保 険 名 称 所 在 地 等 変 更 届 署 賃 貸 借 契 約 書 のコピー) 労 働 基 準 監 督 署 で 新 し い 労 働 番 号 を 付 与 され 登 記 簿 謄 本 ( 所 在 地 の 変 更 をしない 場 合 には 更 雇 用 保 険 事 業 主 事 業 所 各 種 変 更 届 た 後 で 移 転 先 の 住 所 変 更 日 から 10 日 以 内 賃 貸 借 契 約 書 のコピー 労 働 保 険 名 称 所 在 地 を 管 轄 するハローワ 地 変 更 得 届 の 事 業 主 控 え 事 業 所 台 帳 ークへ 提 出 1 同 一 都 道 府 県 内 での 変 更 の 場 合 を 示 している 都 道 府 県 をまたがる 場 合 は 変 更 から 50 日 以 内 に 旧 所 在 地 で 保 険 関 係 の 消 滅 ( 保 険 料 の 精 算 )の 手 続 きをし 変 更 後 の 所 在 地 を 管 轄 する 労 働 基 準 監 督 署 で 新 規 加 入 の 手 続 きが 必 要 となる 32

33 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 適 用 事 業 所 全 喪 届 労 働 保 険 確 定 保 険 料 申 告 書 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 廃 止 届 事 業 所 の 保 険 関 係 が 消 滅 した 時 社 会 保 険 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 がいなくなった 場 合 や 事 業 所 を 廃 止 休 止 した 場 合 などの 手 続 き [ 社 会 保 険 ] 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 適 用 事 業 所 全 喪 届 所 管 する 年 金 事 務 所 変 更 日 から 5 日 以 内 登 記 簿 謄 本 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 喪 失 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 廃 止 届 の 写 しまたは 給 与 支 払 事 務 所 等 の 廃 止 届 の 写 しなど 健 康 保 険 証 [ 労 働 保 険 ] 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 労 働 保 険 確 定 保 険 料 申 告 書 管 轄 する 労 働 基 準 監 廃 止 した 日 の 翌 日 なし 労 働 保 険 料 還 付 請 求 書 督 署 から 50 日 以 内 1 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 雇 用 保 険 離 職 証 明 書 賃 金 台 帳 など 資 格 喪 失 手 続 き 時 に 必 要 な 書 類 管 轄 するハローワー 廃 止 した 日 の 翌 日 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 廃 止 届 2 登 記 簿 謄 本 株 主 総 会 議 事 録 合 併 契 約 書 などの 事 実 を 証 明 す ク から 10 日 以 内 る 書 類 3 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 台 帳 33

34 健 康 保 険 被 保 険 者 ( 異 動 ) 届 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 資 格 取 得 届 被 扶 養 家 族 の 増 減 があったとき 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 健 康 保 険 被 扶 養 者 ( 異 動 ) 届 管 轄 する 年 金 事 務 所 当 該 事 実 の 発 生 から 5 日 以 内 課 税 ( 非 課 税 ) 証 明 書 在 学 証 明 書 年 金 額 の 改 定 通 知 書 雇 用 保 険 受 給 資 格 者 証 など( 収 入 に 関 する 証 明 ) 健 康 保 険 証 ( 扶 養 削 除 の 場 合 ) 配 偶 者 を 扶 養 に 追 加 する 場 合 : 国 民 年 金 第 3 号 被 保 険 者 資 格 取 得 届 ( 被 扶 養 者 ( 異 動 ) 届 の 3 枚 目 に 複 写 されるもの)も 提 出 する 扶 養 認 定 日 の 取 り 扱 い 1 被 保 険 者 資 格 取 得 届 と 同 時 に 提 出 する 場 合 ( 採 用 など) 資 格 取 得 年 月 日 2 出 生 の 場 合 生 年 月 日 3 婚 姻 の 場 合 婚 姻 年 月 日 4 退 職 の 場 合 退 職 年 月 日 の 翌 日 ( 資 格 喪 失 日 ) 5その 他 の 理 由 による 場 合 その 事 実 の 発 生 年 月 日 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 健 康 保 険 被 扶 養 者 ( 異 動 ) 届 被 保 険 者 家 族 埋 葬 料 ( 費 ) 支 給 申 請 書 扶 養 脱 退 時 の 手 続 き 被 保 険 者 の 被 扶 養 者 が 脱 退 する 場 合 または 死 亡 した 場 合 脱 退 の 手 続 きをします 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 健 康 保 険 被 保 険 者 家 族 埋 葬 料 ( 費 ) 支 給 申 請 書 協 会 けんぽ 速 やかに 死 亡 診 断 書 のコピー 埋 葬 許 可 証 のコピーほか 34

35 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 住 所 変 更 届 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 氏 名 変 更 ( 訂 正 ) 届 雇 用 保 険 被 保 険 者 氏 名 変 更 届 住 所 氏 名 の 変 更 ( 結 婚 養 子 縁 組 など) 住 所 変 更 時 の 手 続 き 住 所 変 更 手 続 き 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 住 所 変 更 届 管 轄 する 年 金 事 務 所 速 やかに 氏 名 変 更 手 続 き 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 健 康 保 険 証 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 氏 名 変 更 ( 訂 管 轄 する 年 金 事 務 所 速 やかに 年 金 手 帳 の 添 付 は 不 要 だが 事 業 主 にて 変 更 後 の 正 ) 届 氏 名 を 手 帳 に 記 入 の 事 雇 用 保 険 被 保 険 者 氏 名 変 更 届 管 轄 するハローワーク 速 やかに 雇 用 保 険 被 保 険 者 証 住 所 氏 名 等 の 変 更 時 の 労 務 管 理 書 類 名 期 日 添 付 書 類 労 働 者 名 簿 変 更 社 内 登 録 データ 変 更 速 やかに 給 与 振 込 口 座 等 の 確 認 変 更 速 やかに 通 勤 交 通 費 通 勤 経 路 の 確 認 変 更 速 やかに 35

36 厚 生 年 金 保 険 基 礎 年 金 番 号 重 複 取 消 届 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 喪 失 届 訂 正 取 消 願 基 礎 年 金 番 号 被 保 険 者 番 号 を 複 数 持 っているとき 年 金 手 帳 を 複 数 持 っていたり 雇 用 保 険 加 入 時 に 自 分 の 被 保 険 者 番 号 が 不 明 だったために 新 たな 被 保 険 者 番 号 で 取 得 手 続 きを 行 ったことがあるなど 複 数 の 基 礎 年 金 番 号 や 被 保 険 者 番 号 がある 場 合 は 番 号 の 統 一 を 行 う 社 会 保 険 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 年 金 手 帳 その 他 基 礎 年 金 番 号 を 確 認 基 礎 年 金 番 号 重 複 取 消 届 管 轄 する 年 金 事 務 所 速 やかに できる 書 類 雇 用 保 険 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 喪 失 等 届 訂 正 取 消 願 雇 用 保 険 被 保 険 者 証 統 一 届 管 轄 するハローワーク 速 やかに 複 数 ある 雇 用 保 険 被 保 険 者 証 36

37 8. 社 会 保 険 労 働 保 険 の 保 険 料 社 会 保 険 保 険 料 の 徴 収 から 納 付 までの 流 れ 社 会 保 険 料 の 徴 収 納 付 のしくみ 会 社 は 従 業 員 の 毎 月 の 給 与 より 前 月 分 の 保 険 料 を 控 除 する 社 会 保 険 料 ( 健 康 保 険 料 介 護 保 険 料 厚 生 年 金 保 険 料 )の 納 付 ( 毎 月 納 付 ) 従 業 員 毎 月 の 給 与 から 前 月 分 の 保 険 料 を 徴 収 会 社 会 社 負 担 分 毎 月 下 旬 に 納 入 告 知 書 社 会 保 険 事 務 所 + 従 業 員 負 担 分 + 児 童 手 当 拠 出 金 3つをあわせて 月 末 までに 納 付 社 会 保 険 料 : 被 保 険 者 の 標 準 報 酬 月 額 に 保 険 料 率 を 掛 けた 金 額 で 被 保 険 者 と 会 社 がそれぞれ 半 分 ずつ 負 担 する 37

38 労 働 保 険 保 険 料 の 徴 収 から 納 付 までの 流 れ 労 働 保 険 料 の 徴 収 納 付 のしくみ 労 災 保 険 料 は 会 社 負 担 のみ 雇 用 保 険 料 は 会 社 と 労 働 者 とで 負 担 する 労 働 保 険 料 は 保 険 年 度 (4 月 1 日 ~ 翌 年 3 月 31 日 )の 初 めにその 保 険 年 度 1 年 分 の 保 険 料 を 概 算 で 前 払 いしておく( 概 算 保 険 料 という) その 年 度 が 終 わったら 1 年 分 を 計 算 し 直 して 保 険 料 を 決 定 し( 確 定 保 険 料 ) 前 払 いしておいた 概 算 保 険 料 と 確 定 保 険 料 を 比 べて 精 算 する これと 同 時 に 今 保 険 年 度 分 の 概 算 保 険 料 を 前 払 いする 労 働 保 険 料 ( 労 働 保 険 料 雇 用 保 険 料 )の 納 付 ( 年 に 一 度 条 件 を 満 たせば 分 割 納 付 可 能 ) 前 年 度 の 確 定 保 険 料 の 精 算 前 年 : 確 定 賃 金 で 計 算 当 年 度 の 概 算 保 険 料 の 算 出 当 年 : 概 算 賃 金 で 計 算 4 月 1 日 3 月 31 日 / 4 月 1 日 3 月 31 日 労 働 保 険 の 申 告 は 7 月 10 日 まで 労 働 保 険 は 4 月 1 日 から 翌 年 3 月 31 日 までを 1 年 間 とする 6 月 1 日 申 告 納 付 7 月 10 日 前 年 度 の 確 定 保 険 料 の 精 算 当 年 度 の 概 算 保 険 料 の 前 払 い 雇 用 保 険 料 : 雇 用 保 険 に 加 入 している 人 の 保 険 料 は 月 々の 給 与 や 賞 与 が 支 払 われる 都 度 算 定 基 礎 となる 賃 金 ( 通 勤 手 当 等 諸 手 当 を 含 めた 総 額 )に 雇 用 保 険 料 率 の 被 保 険 者 負 担 率 を 掛 けた 金 額 38

39 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 定 時 決 定 毎 年 7 月 の 標 準 報 酬 月 額 の 見 直 し 毎 年 1 回 実 際 の 報 酬 額 と 標 準 報 酬 月 額 が 大 きくかけ 離 れないようにするために 7 月 1 日 現 在 の 被 保 険 者 全 員 について その 年 の 4 月 5 月 6 月 に 受 けた 報 酬 に 基 づいて 9 月 以 降 に 適 用 される 新 たな 標 準 報 酬 月 額 を 決 める 事 を 定 時 決 定 という 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 報 酬 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 報 酬 月 管 轄 する 年 金 事 務 所 7 月 1 日 ~7 月 10 日 月 額 算 定 基 礎 届 額 算 定 基 礎 届 総 括 表 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 随 時 決 定 給 与 改 定 をしたとき 基 本 給 などの 固 定 的 賃 金 が 改 定 され 一 定 条 件 を 満 たした 場 合 標 準 報 酬 月 額 変 更 の 届 け 出 が 必 要 となる 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 報 酬 管 轄 する 年 金 事 務 所 固 定 的 賃 金 変 動 月 から 4 カ 月 目 なし( 1) 月 額 変 更 届 1 改 定 月 の 初 日 から 起 算 して 60 日 以 上 遅 延 した 届 け 出 の 場 合 : 賃 金 台 帳 のコピー( 報 酬 の 変 更 があった 月 の 前 月 分 から 届 け 出 のあった 月 の 直 近 支 払 い 分 まで) 出 勤 簿 のコピー( 報 酬 の 変 更 があった 月 以 降 3 ヶ 月 分 ) が 必 要 となる 39

40 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 賞 与 を 支 給 したとき 賞 与 を 支 給 した 場 合 事 業 主 は 原 則 5 日 以 内 に 年 金 事 務 所 に 届 け 出 が 必 要 となる この 届 け 出 により 標 準 賞 与 額 を 決 定 する 書 類 名 届 出 先 期 日 添 付 書 類 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 賞 与 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 賞 与 支 管 轄 する 年 金 事 務 所 賞 与 を 支 払 った 日 から 5 日 以 内 支 払 届 払 届 総 括 表 標 準 賞 与 額 とは 労 働 の 対 象 として 年 3 回 以 下 支 給 されるもの 実 際 に 支 給 した 賞 与 の 額 から 1,000 円 未 満 を 切 り 捨 てた 金 額 但 し 健 康 保 険 では 年 度 の 合 計 が 540 万 円 厚 生 年 金 保 険 では 賞 与 支 給 ごとに 150 万 円 を 上 限 とする 賞 与 となるもの 賞 与 とならないもの 金 銭 現 物 賞 与 ボーナス 期 末 手 当 夏 季 手 当 冬 季 手 当 決 算 手 当 期 末 一 時 金 など そのほか 一 時 的 に 支 給 されるものも 含 む 賞 与 等 として 金 銭 以 外 で 支 給 されるもの ( 自 社 製 品 などは 金 銭 に 換 算 して 賞 与 額 に 含 め る) 年 4 回 以 上 支 給 される 賞 与 ( 標 準 報 酬 月 額 の 対 象 とな るため) 結 婚 祝 金 大 入 袋 など 労 働 の 対 象 とならない もの 賞 与 にかかる 保 険 料 標 準 賞 与 額 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 それぞれに 上 限 金 額 あり)に 通 常 の 健 康 保 険 介 護 保 険 厚 生 年 金 保 険 の 保 険 料 率 をかけて 算 出 40

41 9. 電 子 申 請 e-gov システム 電 子 申 請 システム 厚 生 労 働 省 電 子 申 請 利 用 マニュアル より e-gov 電 子 申 請 システムとは 何 か? インターネットからの 電 子 申 請 は e-gov ( 利 用 します 電 子 申 請 のメリット: 時 間 の 節 約 (24 時 間 いつでも 申 請 可 能 ) 電 子 申 請 ができる 社 会 保 険 労 働 保 険 手 続 き:ほとんどの 手 続 きが 可 能 e-gov 電 子 申 請 システムの 事 前 準 備 1 電 子 証 明 書 の 取 得 電 子 証 明 書 は 電 子 申 請 の 申 請 書 等 に 電 子 署 名 を 行 うために 必 要 となります 取 得 には 通 常 1 週 間 から 2 週 間 程 度 の 期 間 が 必 要 です 2パソコンの 環 境 設 定 総 務 省 が 運 営 する e-gov という 情 報 ポータルサイトを 利 用 するための 必 要 な 環 境 を 整 えます 3 手 続 きによっては 他 のソフトウウウェアを 利 用 して 電 子 申 請 用 のデータを 作 成 します 例 えば 社 会 保 険 雇 用 保 険 関 係 の 9 手 続 きを 作 成 できる 磁 気 媒 体 届 書 作 成 プログラム というソフトウェアがあります 4e-Gov のホームページから 電 子 申 請 を 行 います 作 成 した 申 請 書 や 添 付 書 類 に 電 子 署 名 を 付 けて インターネットを 通 して 提 出 します 41

42 e-gov 電 子 申 請 のイメージ 厚 生 労 働 省 電 子 申 請 利 用 マニュアル より 電 子 申 請 のイメージ 事 前 準 備 1 電 子 証 明 書 の 取 得 2パソコンの 環 境 設 定 パソコンの 環 境 を 確 認 必 要 なソフトをインストー 3 電 子 申 請 用 データを 作 成 4e-Gov で 電 子 申 請 42

43 10. 入 社 時 退 職 時 の 業 務 処 理 時 の 労 務 管 理 一 覧 業 務 処 理 記 録 票 サンプル 1. 入 社 処 理 平 成 年 月 業 務 処 理 記 録 票 サンプル 氏 名 入 社 日 入 社 時 書 類 社 会 保 険 手 続 き 雇 用 保 険 手 続 き その 他 D E F G H I J K L( ) D E F G H I J K L( ) D E F G H I J K L( ) D E F G H I J K L( ) D E F G H I J K L( ) D E F G H I J K L( ) D E F G H I J K L( ) D E F G H I J K L( ) D E F G H I J K L( ) * 入 社 時 書 類 : 住 民 票 記 載 事 項 証 明 書 年 金 手 帳 雇 用 保 険 被 保 険 者 証 D 源 泉 徴 収 票 E 労 働 者 名 簿 F 所 得 税 扶 養 控 除 申 告 書 G 給 与 振 込 口 座 依 頼 書 H 通 勤 費 申 請 書 I 健 康 保 険 扶 養 家 族 異 動 届 ( 証 明 書 添 付 ) J 賃 金 台 帳 K 機 密 保 持 契 約 書 L その 他 ( 基 本 給 他 給 与 額 入 社 時 および 通 常 月 時 ) * 社 会 保 険 手 続 き: 手 続 日 健 康 保 険 証 渡 し 日 * 雇 用 保 険 手 続 き: 手 続 日 またはハローワーク 送 付 日 手 続 終 了 書 類 受 取 日 *その 他 : 入 社 連 絡 日 給 与 データ 入 力 日 ( 有 給 休 暇 日 数 付 与 ) 特 別 な 扱 い( 立 替 払 いなどをした 場 合 に 記 入 ) 43

44 2. 退 社 処 理 氏 名 退 社 日 返 却 書 類 手 続 受 け 取 り 書 類 社 会 雇 用 保 険 手 続 き その 他 D E F G H I J( ) D E F G H I J( ) D E F G H I J( ) D E F G H I J( ) D E F G H I J( ) D E F G H I J( ) * 返 却 書 類 : 年 金 手 帳 雇 用 保 険 被 保 険 者 証 源 泉 徴 収 票 D 退 職 所 得 の 源 泉 徴 収 票 E 退 職 金 支 給 明 細 書 F 社 会 保 険 資 格 喪 失 証 明 書 G 住 民 税 給 与 所 得 者 異 動 届 H 離 職 票 送 付 日 I 社 会 保 険 料 の 精 算 ( 必 要 時 ) Jその 他 * 受 取 書 類 : 健 康 保 険 被 保 険 者 証 退 職 願 雇 用 保 険 資 格 喪 失 届 離 職 票 の 押 印 D 機 密 保 持 誓 約 書 へ 署 名 押 印 * 社 会 保 険 雇 用 保 険 手 続 き: 社 会 保 険 手 続 日 雇 用 保 険 手 続 日 またはハローワーク 送 付 日 D 雇 用 保 険 手 続 終 了 書 類 受 取 日 *その 他 : 退 職 証 明 書 の 発 行 他 退 社 に 伴 う 処 理 内 容 および 処 理 日 を 記 入 する D D D D D D or D or D or D or D or D or D 44

45 3. 給 与 計 算 業 務 氏 名 処 理 すべき 内 容 ( 予 定 を 含 む) 処 理 未 処 理 内 容 ( 結 果 を 記 入 ) * 処 理 内 容 欄 は 通 常 時 と 異 なる 扱 いをした 内 容 を 記 入 する 前 月 の 給 与 の 調 整 をした 社 会 保 険 料 の 改 定 を 行 い 通 知 を 出 した 通 勤 費 の 変 更 をした など * 未 処 理 内 容 は 前 職 給 与 データの 未 入 力 ( 源 泉 徴 収 票 が 届 いていないため)など 来 月 に 処 理 すべき 事 項 を 記 入 しておく 4. 契 約 管 理 (1) 契 約 更 新 者 (2ヶ 月 後 の 契 約 更 新 者 ) 氏 名 更 新 日 雇 用 契 約 書 提 出 日 その 他 処 理 未 処 理 内 容 ( 結 果 を 記 入 ) (2) 身 元 保 証 契 約 更 新 者 (3ヵ 月 後 の 契 約 更 新 者 ) 氏 名 更 新 日 契 約 書 提 出 日 その 他 処 理 未 処 理 内 容 ( 結 果 を 記 入 ) 5.その 他 *その 他 は 1~4 以 外 の 事 項 で やるべき 事 項 やった 事 項 を 分 かるように 記 入 する また 先 月 からの 申 し 送 り 事 項 を 記 入 する * 事 業 所 の 移 転 扶 養 家 族 の 変 更 社 員 の 怪 我 や 病 気 社 宅 契 約 の 手 続 など 人 事 総 務 に 関 する 事 項 を 記 入 する 月 末 に 社 員 データの 入 力 次 月 の 業 務 処 理 記 録 票 の 作 成 ( 申 し 送 り 事 項 など)を 実 施 すること 実 施 日 月 日 45

46 年 間 業 務 カレンダー 給 与 計 算 その 他 欄 は 会 社 により 時 期 が 異 なる 場 合 があります 年 間 業 務 カレンダーサンプル 月 給 与 計 算 社 会 保 険 労 働 保 険 その 他 4 昇 給 の 処 理 労 働 保 険 料 算 定 基 礎 賃 金 集 計 表 出 力 5 住 民 税 の 書 類 整 理 更 新 準 備 労 働 保 険 料 算 出 の 準 備 住 民 税 データ 入 力 徴 収 開 始 高 年 齢 者 雇 用 状 況 報 告 書 提 出 労 働 保 険 概 算 確 定 申 告 書 作 成 提 出 (6/1 6 賞 与 処 理 障 害 者 雇 用 状 況 報 告 書 提 出 ~7/10 まで) 賞 与 等 支 払 届 作 成 提 出 算 定 基 礎 届 基 礎 資 料 出 力 7 月 10 日 までに 労 働 保 険 料 の 支 払 (7/10 まで) 7 1 月 額 変 更 届 作 成 提 出 (4 月 昇 給 の 場 合 ) 2 算 定 基 礎 届 作 成 提 出 社 会 保 険 料 の 改 定 ( 定 時 決 定 ) 労 働 保 険 料 の 支 払 ( 延 納 の 場 合 ) 年 次 有 給 休 暇 更 新 11 年 末 調 整 書 類 作 成 配 付 年 末 調 整 賞 与 等 支 払 届 作 成 提 出 12 賞 与 処 理 年 末 調 整 再 計 算 労 働 保 険 料 の 支 払 ( 延 納 の 場 合 ) 源 泉 徴 収 票 作 成 配 布 給 与 支 払 報 告 書 作 成 送 付 1 源 泉 徴 収 簿 法 定 調 書 の 作 成 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 申 告 書 の 受 理 入 力 じん 肺 に 関 する 健 康 管 理 の 実 施 状 況 2 報 告 を 提 出 賃 金 台 帳 出 力 36 協 定 他 協 定 の 更 新 3 ( 労 働 基 準 監 督 署 への 所 定 の 書 類 提 出 ) 46

47 随 時 入 社 退 社 処 理 月 額 変 更 処 理 決 算 資 料 作 成 ( 決 算 月 ) 月 額 変 更 届 保 険 料 / 児 童 手 当 拠 出 金 納 付 育 児 休 業 者 の 手 続 き( 社 会 保 険 料 の 免 除 手 続 き 雇 用 保 険 の 育 児 休 業 給 付 金 の 手 続 き) 被 扶 養 者 の 異 動 手 続 き 外 国 人 雇 用 状 況 報 告 書 協 定 締 結 時 定 期 健 康 診 断 の 報 告 労 働 保 険 料 の 延 納 (3 分 割 にて 支 払 )ができるのは 概 算 保 険 料 が 40 万 円 以 上 の 場 合 である 労 働 保 険 料 の 納 期 限 が 土 曜 日 にあたるときはその 翌 々 日 日 曜 日 にあたるときはその 翌 日 が 期 限 日 となる 労 働 保 険 一 括 有 期 事 業 の 適 用 を 受 けている 場 合 は 毎 月 10 日 までに 労 働 保 険 一 括 有 期 事 業 開 始 届 を 提 出 47

- 目 次 - ページ Q1: 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 とはどのような 制 度 でしょうか 3 Q2: 新 たに 従 業 員 を 採 用 したときは どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 5 Q3: 従 業 員 が 退 職 したとき 等 は どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 8 Q4: 扶 養 家 族 を 被 扶 養 者 とするときや 被 扶 養 者 に 異 動

More information

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び 2016/3/16 1 福 利 厚 生 (1) 公 立 学 校 共 済 組 合 の 保 健 事 業 人 間 ドック 事 業 1 泊 1 日 ド ッ ク 及 び 脳 ド ッ ク ( 35 歳 以 上 ) 婦 人 検 診 ( 25 歳 以 上 女 性 ) 年 齢 は4 月 1 日 現 在 の 満 年 齢 レクリエーション 施 設 宿 泊 利 用 補 助 ( 年 度 当 初 に 冊 子 を 配 付 ) 及

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 16-17 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2016 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 資 産 設 計 提 案 業 務 ( 日 本 FP 協 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) (ア) 適 切 弁 護 士 資 格 を 有

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63> 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 国 民 健 康 保 険 手 続 き 問 合 せ 先 / 本 庁 国 保 医 療 課 各 支 所 健 康 福 祉 課 国 民 健 康 保 険 に 加 入 するとき もしくはやめるときは 必 ず14 日 以 内 に 届 出 をして こんなとき 必 要 なもの 職 場 の 健 康 保 険 をやめたとき 職 場 の 健 康 保 険 をやめた 証 明 書 国 民 健 康

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370835E815B8393874291DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F323031322E322E32305F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370835E815B8393874291DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F323031322E322E32305F> 退 職 後 の 年 金 手 続 きガイド ~ 年 金 加 入 や 年 金 受 取 りのために~ 退 職 後 の 年 金 加 入 1 退 職 後 の 年 金 の 受 取 り 6 年 金 相 談 サービス 10 ( 参 考 1) 退 職 後 の 医 療 保 険 12 ( 参 考 2) 退 職 と 年 金 健 康 保 険 の 手 続 き 15 http://www.nenkin.go.jp/ 日 本 年

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所 年 金 の し お り ( 平 成 25 年 1 月 改 訂 版 ) 日 本 金 属 プレス 工 業 厚 生 年 金 基 金 130 8554 東 京 都 墨 田 区 両 国 4 丁 目 30 番 7 号 金 属 プレス 会 館 8 階 03(5638)7811 FAX03(5638)7815 目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年

More information

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部 (1) 年 金 年 金 の 障 害 程 度 の 認 定 基 準 は 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 認 定 基 準 とは 異 なります 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 0 歳 以 上 で 国 民 年 金 法 に 定 める 障 害 を 有 し 次 のいずれかに 該 当 する 人 0 歳 前 から 障 害 者 となった 人 ( 本 人

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村 死 亡 後 の 手 続 きリスト 1 5 日 以 内 死 後 5 日 以 内 国 民 健 康 保 険 以 外 の 健 康 保 険 証 の 返 却 勤 務 先 社 会 保 険 事 務 所 7 日 以 内 期 限 項 目 手 続 き 先 提 出 先 必 要 書 類 備 考 死 後 知 った 時 から7 日 以 内 死 亡 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 医 師 による

More information

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 沖 縄 県 職 員 のための 子 育 てハンドブック 22 年 3 月 総 務 部 人 事 課 1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 中

More information

新規文書1

新規文書1 社 会 福 祉 法 人 京 都 身 体 障 害 者 福 祉 センター 一 般 事 業 主 行 動 計 画 職 員 がその 能 力 を 発 揮 し 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 り 働 きやすい 雇 用 環 境 の 整 備 を 行 うため 次 のように 行 動 計 画 を 策 定 する 1 計 画 期 間 : 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 までの

More information

被扶養者の資格確認を行います

被扶養者の資格確認を行います H28.8.16 改 訂 重 要 被 扶 養 者 認 定 に 係 る 添 付 書 類 について 被 保 険 者 と 同 じように 保 険 給 付 を 受 けられる 被 扶 養 者 は 健 康 保 険 法 等 によ って 定 められた 家 族 が 対 象 で 被 扶 養 者 として 認 定 されるには 主 として 被 保 険 者 の 収 入 により 生 計 維 持 されていることが 必 要 です この

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

主 な 保 険 給 付 病 気 の 給 付 病 気 やケガをして 病 院 にかかった 場 合 医 療 費 の 7 割 の 給 付 が 受 けられます 高 額 医 療 費 1 ヶ 月 にかかった 医 療 費 の 自 己 負 担 額 が 以 下 の 限 度 額 を 超 えた 場 合 は 限 度 額 を

主 な 保 険 給 付 病 気 の 給 付 病 気 やケガをして 病 院 にかかった 場 合 医 療 費 の 7 割 の 給 付 が 受 けられます 高 額 医 療 費 1 ヶ 月 にかかった 医 療 費 の 自 己 負 担 額 が 以 下 の 限 度 額 を 超 えた 場 合 は 限 度 額 を 社 会 保 険 制 度 のご 案 内 加 入 資 格 健 康 保 険 厚 生 年 金 1 週 間 の 所 定 労 働 時 間 が 30 時 間 以 上 ( 雇 用 元 の 一 般 社 員 のおおむね 4 分 の 3 以 上 )で 2 ヶ 月 を 超 える 契 約 期 間 があ る 場 合 加 入 することになります 雇 用 保 険 1 週 間 の 所 定 労 働 時 間 が 20 時 間 以 上 で

More information

明 な) 4 自 動 車 の 利 用 自 動 車 の 継 続 検 査 ( 車 検 ) 所 有 している 場 合 2 年 に1 回 ( 新 車 購 入 直 後 は3 年 目 ) 約 3,166 万 件 / 年 自 動 車 :2,171 万 件 / 年 軽 自 動 車 :995 万 件 / 年 (H21

明 な) 4 自 動 車 の 利 用 自 動 車 の 継 続 検 査 ( 車 検 ) 所 有 している 場 合 2 年 に1 回 ( 新 車 購 入 直 後 は3 年 目 ) 約 3,166 万 件 / 年 自 動 車 :2,171 万 件 / 年 軽 自 動 車 :995 万 件 / 年 (H21 凡 例 別 添 資 料 1 選 定 基 準 に 関 係 する 項 目 1 以 上 2 年 100 万 以 上 年 1000 万 以 上 3 個 行 政 等 が 関 係 民 間 が 関 係 4 添 付 類 あり ライフイベント 別 主 要 手 続 整 理 表 ( 多 数 あるイベントや 手 続 きの 中 で 主 なもののみ 掲 載 しています また 自 治 体 等 により 内 容 が 異 なる 場 合

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 退 職 共 済 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 ( 以 下 共 助 会 という ) 定 款 第 4 条 に 規 定 する 事 業 ( 以 下 共 済 事 業 という )の 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

被扶養者の認定取扱について

被扶養者の認定取扱について 日 本 マクドナルド 健 康 保 険 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 7 項 の 規 定 による 被 扶 養 者 の 認 定 について 日 本 マクドナル ド 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という)が 適 正 かつ 公 平 に 行 うための 具 体 的 事 項 を 定 めることを 目 的 と する

More information

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック 両 立 支 援 ハンドブック ~ 働 くパパママ 子 育 て 応 援 プラン~ 平 成 27 年 9 月 沖 縄 県 教 育 委 員 会 教 育 庁 総 務 課 目 次 1 妊 娠 したら (1) 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 p1 (2) 妊 娠 障 害 休 暇 p1 (3) 妊 婦 通 勤 緩 和 休 暇 p2 (4) 妊 娠 中 の 休 息 又 は 補 食 のための 職

More information

健 康 保 険 被 保 険 者 証 について 社 会 保 険 加 入 手 続 後 NTT 健 康 保 険 組 合 被 保 険 者 証 (カード 型 )が 交 付 されます 被 保 険 者 証 がお 手 元 に 届 きましたら 内 容 等 をご 確 認 のうえ 受 領 書 の 返 送 を 必 ずお 願

健 康 保 険 被 保 険 者 証 について 社 会 保 険 加 入 手 続 後 NTT 健 康 保 険 組 合 被 保 険 者 証 (カード 型 )が 交 付 されます 被 保 険 者 証 がお 手 元 に 届 きましたら 内 容 等 をご 確 認 のうえ 受 領 書 の 返 送 を 必 ずお 願 各 種 保 険 の 概 要 健 康 保 険 介 護 保 険 厚 生 年 金 保 険 雇 用 保 険 労 災 保 険 のご 案 内 です エヌ ティ ティ 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 制 度 は みなさんが 病 気 やけがをした 場 合 に お 医 者 さんに 診 てもらったり 薬 局 で 薬 を 処 方 し てもらった 際 の 医 療 費 の 一 部 や 出 産 した 時 に 一 時 金

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

項 目 3 育 ( 満 3 歳 まで 取 ることができる ) 提 出 書 類 添 付 書 類 提 出 期 限 留 意 事 項 提 出 先 ( 部 数 ) ( 部 数 ). 教 育 委 員 会 育 児 業 承 認 請 養 育 する 子 の 戸 籍 抄 本 育 3 週 間 前 特 別 の 事 情 がある

項 目 3 育 ( 満 3 歳 まで 取 ることができる ) 提 出 書 類 添 付 書 類 提 出 期 限 留 意 事 項 提 出 先 ( 部 数 ) ( 部 数 ). 教 育 委 員 会 育 児 業 承 認 請 養 育 する 子 の 戸 籍 抄 本 育 3 週 間 前 特 別 の 事 情 がある から 育 までの 提 出 書 類 一 覧 項 目 1 前 ( 出 も 含 む) 提 出 書 類 提 出 先 ( 部 数 ) 添 付 書 類 ( 部 数 ) 提 出 期 限 留 意 事 項. 教 育 委 員 会 前 暇 願 妊 娠 証 明 書 3 週 間 前 出 予 定 まで56 前 (8 (3 部 ) (3 部 うち2 部 は 写 し)までに 週 ): 逆 算 学 校 長 地 教 委 原 本 は 教

More information

0表紙

0表紙 各 種 手 続 きについて 組 合 員 の 皆 様 が 広 く 理 解 していただけるよう 公 立 学 校 共 済 組 合 給 付 のし おり を 作 成 しましたので ご 活 用 ください なお 手 続 きでご 不 明 な 点 などございましたら 遠 慮 なくお 尋 ねください 平 成 28 年 4 月 給 付 班 一 同 お 問 い 合 わせ 先 862-8609 熊 本 市 中 央 区 水 前

More information

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される 年 金 の し お り 全 国 測 量 業 厚 生 年 金 基 金 このしおりの 最 後 に 届 出 用 紙 ( 住 所 受 取 方 法 変 更 届 氏 名 変 更 届 )がありますの で 住 所 受 取 方 法 氏 名 の 変 更 があった 場 合 に 切 取 ってお 使 いください なお 用 紙 がなくなったときは 基 金 に 請 求 してください 各 種 届 出 用 紙 はホームページからのダウンロードもできます

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

§5 被扶養者の認定及び取消し

§5 被扶養者の認定及び取消し 7 被 扶 養 者 の 認 定 及 び 取 消 し( 法 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 施 行 令 第 条, 運 用 方 針 第 2 条 関 係, 法 第 55 条, 施 行 規 程 第 94 条 ) 共 済 組 合 の 被 扶 養 者 主 として 組 合 員 の 収 入 により 生 計 を 維 持 し, 組 合 員 と 一 定 の 身 分 関 係 にある 人 は, 被 扶 養 者 とし て

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必 平 成 27 年 度 保 育 所 入 所 案 内 保 育 所 とは 保 護 者 が 働 いていたり 病 気 の 状 態 にあるなどの 理 由 により 保 育 が 必 要 な 乳 幼 児 を 家 庭 の 保 護 者 に 代 わって 保 育 することを 目 的 とする 児 童 福 祉 施 設 です 保 育 所 の 利 用 を 希 望 する 場 合 には 保 護 者 が 法 律 に 定 める 要 件 に

More information

Microsoft Word - 01 表紙

Microsoft Word - 01 表紙 高 校 生 等 に 対 する 修 学 支 援 制 度 ガイドブック 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 教 育 委 員 会 事 務 局 高 校 教 育 課 目 次 ページ はじめに 1 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 2 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 6 兵 庫 県 内 の 各 市 町 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 25 兵 庫

More information

年 間 収 入 とは 扶 養 者 の 収 入 調 査 ( 検 認 ) 時 の 収 入 は 1 月 1 日 ~12 月 31 日 の1 年 間 分 とし 調 査 時 の 前 年 収 入 額 とする 年 度 の 途 中 からの 扶 養 認 定 申 請 の 際 は 今 後 1 年 間 の 収 入 を 概

年 間 収 入 とは 扶 養 者 の 収 入 調 査 ( 検 認 ) 時 の 収 入 は 1 月 1 日 ~12 月 31 日 の1 年 間 分 とし 調 査 時 の 前 年 収 入 額 とする 年 度 の 途 中 からの 扶 養 認 定 申 請 の 際 は 今 後 1 年 間 の 収 入 を 概 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 になるための 条 件 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 になるためには 世 帯 関 係 や 収 入 基 準 および 髙 島 屋 健 康 保 険 組 合 の 被 扶 養 者 認 定 基 準 等 の 条 件 を 満 たす 必 要 があります 認 定 申 請 をする 前 に 必 ず 内 容 をご 確 認 ください 虚 偽 の 申 請 又 は 故 意 による 届 出 をしなかった

More information

4. 支 給 内 容 採 用 後 願 書 の 情 報 に 基 づき 奨 学 生 区 分 を 決 定 し 下 記 の 奨 学 金 を 支 給 する なお 支 給 開 始 後 は 原 則 として 奨 学 生 区 分 は 変 更 しない 学 校 納 付 金 相 当 額 として 入 学 金 相 当 30 万

4. 支 給 内 容 採 用 後 願 書 の 情 報 に 基 づき 奨 学 生 区 分 を 決 定 し 下 記 の 奨 学 金 を 支 給 する なお 支 給 開 始 後 は 原 則 として 奨 学 生 区 分 は 変 更 しない 学 校 納 付 金 相 当 額 として 入 学 金 相 当 30 万 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 冠 奨 学 金 事 業 2016 年 度 JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) 募 集 推 薦 要 項 公 益 財 団 法 人 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 ( 以 下 本 協 会 という )では 日 本 たばこ 産 業 株 式 会 社 のご 支 援 により JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) ( 以 下 本

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

書 類 の 説 明 1 最 新 の 所 得 証 明 書 ( 課 税 証 明 書 ) 原 本 を 提 出 してください 就 学 者 を 除 く 家 族 全 員 について 提 出 してください 住 民 票 を 置 いている 市 区 町 村 役 場 に 申 請 してください ( 税 務 署 で 発 行 さ

書 類 の 説 明 1 最 新 の 所 得 証 明 書 ( 課 税 証 明 書 ) 原 本 を 提 出 してください 就 学 者 を 除 く 家 族 全 員 について 提 出 してください 住 民 票 を 置 いている 市 区 町 村 役 場 に 申 請 してください ( 税 務 署 で 発 行 さ 収 入 に 関 する 書 類 について 家 計 審 査 表 とあわせて 以 下 の 表 に 記 載 の 収 入 に 関 する 書 類 をすべて 提 出 してください は 必 ず 必 要 な 書 類 です は ある 場 合 のみ あるいは 該 当 する 場 合 のみ 提 出 してください 収 入 に 関 する 書 類 についての 注 意 事 項 1. 就 学 者 を 除 く 家 族 全 員 について

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

九大教員ハンドブック2012本文後半.indd

九大教員ハンドブック2012本文後半.indd 諸 手 当 九 州 大 学 に 勤 務 する 職 員 の に 関 する 事 項 につ いての 説 明 です 制 度 職 員 の の 種 類 は 次 の 表 のとおりです の 種 類 基 本 月 額 特 殊 勤 務 手 当 期 末 手 当 基 本 調 整 額 入 試 手 当 勤 勉 手 当 管 理 職 手 当 学 位 論 文 調 査 手 当 初 任 調 整 手 当 特 地 勤 務 手 当 地 域 手

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

1 老 齢 給 付 金 を 請 求 するとき 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 満 60 歳 に 到 達 し 老 齢 給 付 金 を 請 求 される 方 は 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 を 電 機 年 金 基 金 に 提 出 して ください ただし 全 額 一 時 金 での 受 給 を 選

1 老 齢 給 付 金 を 請 求 するとき 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 満 60 歳 に 到 達 し 老 齢 給 付 金 を 請 求 される 方 は 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 を 電 機 年 金 基 金 に 提 出 して ください ただし 全 額 一 時 金 での 受 給 を 選 年 金 一 時 金 請 求 に 関 する 手 続 き 電 機 年 金 基 金 では 受 給 権 者 からの 請 求 に 基 づいて 裁 定 を 行 い 年 金 一 時 金 をお 支 払 いします 電 機 年 金 基 金 が 支 払 う 年 金 または 一 時 金 は 受 給 権 者 からの 請 求 に 基 づいて 電 機 年 金 基 金 が 裁 定 し 受 給 権 者 が 指 定 した 金 融 機

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

【H.1-4】H28年度在学採用募集要項(高校等)

【H.1-4】H28年度在学採用募集要項(高校等) 平 成 28 年 度 宮 崎 県 育 英 資 金 在 学 採 用 募 集 要 項 高 等 学 校 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 ( 高 等 課 程 ) 奨 学 生 1 宮 崎 県 育 英 資 金 の 目 的 将 来 有 能 な 人 材 を 育 成 するため 向 学 心 に 富 み 優 れた 素 質 を 有 しながら 経 済 的 理 由 により 修 学 が 困 難 な 学 生 又 は 生 徒

More information

このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 手 続 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 まで

このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 手 続 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 まで 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 を 経 済 的 に 支 援 します 仕 事 と 介 護 を 両 立 できる 職 場 環 境 の 整 備 促 進 のためのシンボルマーク トモニン 目 次 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 P. 3 介 護 休 業 給 付 の 支 給 P. 5 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 等 期 間 中 の 社 会 保 険 料 の 免 除 P. 6 産

More information

Ⅱ給付事務

Ⅱ給付事務 Ⅳ 給 付 事 務 1. 基 金 給 付 の 仕 組 み 基 金 の 給 付 は キャッシュ バランス プランによる 生 協 独 自 の 給 付 老 齢 給 付 金 ( 年 金 ) 選 択 一 時 金 脱 退 一 時 金 遺 族 給 付 金 ( 一 時 金 ) です キャッシュ バランス プランでは 加 入 者 一 人 一 人 の 仮 想 個 人 勘 定 残 高 をもとに 給 付 を 行 います 基

More information

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の 入 社 時 の 社 会 保 険 料 計 算 ( 給 与 計 算 )と 保 険 料 納 付 多 くの 企 業 では 社 員 が 入 社 し 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 介 護 保 険 )の 資 格 を 取 得 した 翌 月 の 給 与 支 払 い 時 に 社 会 保 険 料 を 徴 収 します たとえば 4 月 分 の 社 会 保 険 料 は 5 月 に 支 払 われる

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金 第 1 共 済 年 金 について 1 公 的 年 金 制 度 (1) 公 的 年 金 制 度 の 概 要 わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 昭 和 61 年 4 月 以 降 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 全 国 民 は 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) の 加 入 が 義 務 づけられ 国 民 は 共 通 の 基 礎 年 金 を 受 けられる 制 度 になりました それにより

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 =

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 = 2 給 与 規 程 関 係 この 項 目 では 就 業 規 則 の 給 与 に 関 する 事 項 について 別 に 定 めた 給 与 規 程 として 参 考 例 を 記 載 しています 法 人 会 給 与 規 程 ( 参 考 例 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 就 業 規 則 第 条 の 規 程 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 する 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

000

000 4 退 会 の 手 続 き (1) 作 成 書 類 退 会 理 由 により 必 要 な 書 類 が 異 なります 今 回 の 退 会 が 以 下 1~3のいずれに 該 当 するか 確 認 の 上 手 続 きを 進 めてください 1 退 職 や 身 分 切 り 替 え/ 法 人 の 解 散 や 施 設 団 体 の 廃 止 による 退 会 従 事 者 共 済 会 加 入 期 間 1 年 以 上 の 場

More information

授業料免除申請のしおり

授業料免除申請のしおり 北 海 道 大 学 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) 申 請 のしおり ( 平 成 25 年 度 版 ) 目 次 〇 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 概 要 申 請 資 格 について 1 本 学 の 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )について 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 ) 申 請 における 注 意 事 項 入 学 料 免 除 ( 徴 収 猶 予 )の 申

More information

日 本 学 生 支 援 機 構 申 し 込 みから 採 用 までの 流 れ (おおよその 目 安 です) すべての 連 絡 は 掲 示 板 で 行 います 見 落 としのないように!! 1 掲 示 4 月 2 日 に 掲 示 板 にて 募 集 の 案 内 をいたします 2 出 願 説 明 会 説 明

日 本 学 生 支 援 機 構 申 し 込 みから 採 用 までの 流 れ (おおよその 目 安 です) すべての 連 絡 は 掲 示 板 で 行 います 見 落 としのないように!! 1 掲 示 4 月 2 日 に 掲 示 板 にて 募 集 の 案 内 をいたします 2 出 願 説 明 会 説 明 < 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 旧 日 本 育 英 会 ) 奨 学 金 > 日 本 学 生 支 援 機 構 への 奨 学 金 事 業 の 引 継 ぎについてのおしらせ 日 本 育 英 会 は 平 成 16 年 3 月 31 日 をもって 廃 止 され 奨 学 金 事 業 は4 月 1 日 から 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 に 移 管 されることになりました 奨 学

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A>

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A> ライフプラン 関 係 1. 児 童 手 当 の 改 正 ( 平 成 19 年 4 月 実 施 ) 下 記 のように 3 歳 未 満 の 子 は 一 律 10,000 円 に 引 上 げられる 0 歳 ~3 歳 未 満 3 歳 以 上 小 学 校 修 了 前 まで 改 正 後 一 人 につき 10,000 円 第 一 子 第 二 子 は 一 人 につき 5,000 円 第 三 子 以 降 は 一 人

More information

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則 金 ケ 崎 町 規 則 第 13 号 金 ケ 崎 町 小 学 生 医 療 費 給 付 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 小 学 生 に 対 して 医 療 費 の 一 部 を 給 付 することにより 保 護 者 の 負 担 を 軽 減 し もって 小 学 生 の 健 全 な 育 成 と 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則

More information

京都市職員共済組合被扶養者認定基準

京都市職員共済組合被扶養者認定基準 京 都 市 職 員 共 済 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 平 成 22 年 12 月 1 日 最 近 改 正 平 成 26 年 3 月 5 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用 国 民 年 金 国 民 年 金 は 全 ての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 必 要 な 給 付 を 行 い 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています 従 来 は 被 用 者 年 金 制 度 に 加 入 していない 自 営 業 者 等 を 対 象 としていましたが 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

契約社員・アルバイト規程

契約社員・アルバイト規程 契 約 職 員 アルバイト 規 程 一 般 財 団 法 人 Rubyアソシエーション 平 成 23 年 7 月 27 日 作 成 施 行 平 成 26 年 6 月 12 日 第 2 条 及 び 第 8 条 改 正 第 1 条 ( 目 的 ) 第 1 章 : 総 則 1.この 規 程 は 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 契 約 職 員 およびアルバイトの 服 務 と 就 業 条 件 に

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

給与規程

給与規程 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 給 与 規 程 は, 就 業 規 則 第 47 条 に 規 定 する 社 員 の 給 与 について 定 める 2 嘱 託 社 員,パートタイマー 社 員,その 他 の 臨 時 社 員 の 給 与 は 別 に 定 める ( 給 与 の 種 類 ) 第 2 条 社 員 の 給 与 は, 給 料 および 次 に 掲 げる 諸 手 当 とする

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd 保 国 民 健 康 保 制 度 問 住 民 課 963-1733 国 民 健 康 保 健 康 保 制 度 とは 病 気 やケガをしたときに 安 心 して 医 療 機 関 などにかかることができるように みなさんが 納 めた 保 税 などで みんなで 助 け 合 おうという 制 度 で す 日 本 では 国 民 皆 保 制 度 になっています この 健 康 保 制 度 のなかで 国 民 健 康 保 はみなさん

More information

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 平 成 28 年 8 月 1 日 現 在 第 一 章 総 則 ( 名 称 及 び 目 的 ) 第 一 条 この 組 合 は 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )と 称 し 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 三 十 三 年 法 律 第 百 九 十 二 号 以 下 法 という )に 基

More information

đ) 人 民 軍 事 専 従 の 士 官 軍 人 人 民 公 安 専 従 の 士 官 下 士 官 及 び 技 術 専 門 の 仕 官 下 士 官 軍 人 と 同 じく 給 与 を 受 ける 情 報 管 理 に 関 わる 業 務 に 従 事 する 者 e) 人 民 軍 事 および 人 民 公 安 の

đ) 人 民 軍 事 専 従 の 士 官 軍 人 人 民 公 安 専 従 の 士 官 下 士 官 及 び 技 術 専 門 の 仕 官 下 士 官 軍 人 と 同 じく 給 与 を 受 ける 情 報 管 理 に 関 わる 業 務 に 従 事 する 者 e) 人 民 軍 事 および 人 民 公 安 の 国 会 --------- 法 律 番 号 :58/2014/QH13 号 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 独 立 自 由 幸 福 ---------------- ハノイ 2014 年 11 月 20 日 社 会 保 険 法 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 の 憲 法 に 基 づき 国 会 は 社 会 保 険 法 を 公 布 する 第 1 章 総 則 第 1 条 適 用 範 囲 本 法

More information

Taro-H24年度.jtd

Taro-H24年度.jtd 石 井 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 ( 平 成 24 年 度 ) 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 採 用 の 状 況 (H24.4.1) 一 般 行 政 事 務 4 人 幼 稚 園 教 諭 1 人 保 育 士 9 人 計 14 人 (2) 職 員 の 退 職 状 況 (H23.4.1~H24.3.31) 一 般 行 政 事 務

More information

001平成28年度後期授業料免除について

001平成28年度後期授業料免除について 平 成 28 年 度 後 期 授 業 料 免 除 について * 授 業 料 免 除 申 請 と 同 時 に 受 付 ける 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度 ( 在 学 生 のみ)もあります * 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 入 学 料 免 除 入 学 料 徴 収 猶 予 及 び 東 日 本 大 震 災 被 災 者 の 方 向 けの 支 援 制 度

More information

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場 育 児 介 護 休 業 法 が 改 正 されます 改 正 育 児 介 護 休 業 法 が 平 成 22 年 6 月 30 日 に 施 行 されます 今 回 の 育 児 休 業 関 係 の 改 正 は 少 子 化 の 流 れを 変 え 男 女 ともに 子 育 てをしながら 働 き 続 けることができる 社 会 を 目 指 して 行 われます また 介 護 休 業 関 係 の 改 正 は 高 齢 化 が

More information

スライド 1

スライド 1 葬 儀 後 の 諸 手 続 相 続 手 続 人 が 亡 くなると どの 様 な 手 続 きが 必 要 となるでしょう? 死 亡 届 から 始 まり 遺 族 年 金 保 険 金 の 請 求 遺 産 分 割 相 続 税 など 多 くの 手 続 が 待 ち 構 えています これらの 手 続 には 多 くの 時 間 と 労 力 を 要 します 必 要 となる 手 続 の 内 容 を 確 認 し 自 分 で

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

                                       

                                        定 年 退 職 者 の 退 職 共 済 年 金 のしおり 地 方 職 員 共 済 組 合 大 阪 府 支 部 福 利 厚 生 グループ( 年 金 担 当 ) 目 次 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 1 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 の 請 求 3 3 老 齢 基 礎 年

More information

記 載 例 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 後 見 監 督 処 分 事 件 ( 定 期 監 督 用 ) ( 基 本 事 件 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 者 甲 山 次 郎 ) 東 京 家 庭 裁 判 所 家 事 部 後 見 センター 御 中 平 成 年 月 日 後 見 事

記 載 例 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 後 見 監 督 処 分 事 件 ( 定 期 監 督 用 ) ( 基 本 事 件 平 成 年 ( 家 ) 第 号 未 成 年 者 甲 山 次 郎 ) 東 京 家 庭 裁 判 所 家 事 部 後 見 センター 御 中 平 成 年 月 日 後 見 事 記 載 例 財 産 目 録 ( 平 成 年 月 末 日 現 在 ) 平 成 年 ( 家 ) 第 号 1 不 動 産 仮 に 提 出 期 限 に 遅 れる 場 合 でも, 特 に 指 示 がない 限 り 基 準 日 は 変 わりません 番 号 所 在, 種 類, 面 積 等 備 考 ( 変 動 事 項 等 ) 1 2 区 町 1-12 宅 地 123.24m2 区 町 1-12-34 居 宅 2 階

More information

2 資 格 取 得 の 申 出 方 法 ( 施 行 令 第 46 条 ) 任 意 継 続 組 合 員 申 出 書 を 退 職 時 の 所 属 所 長 へ 提 出 し 事 実 証 明 を 受 けて 共 済 組 合 に 提 出 してください 3 被 扶 養 者 の 取 扱 い 退 職 時 に 被 扶 養

2 資 格 取 得 の 申 出 方 法 ( 施 行 令 第 46 条 ) 任 意 継 続 組 合 員 申 出 書 を 退 職 時 の 所 属 所 長 へ 提 出 し 事 実 証 明 を 受 けて 共 済 組 合 に 提 出 してください 3 被 扶 養 者 の 取 扱 い 退 職 時 に 被 扶 養 Ⅵ 任 意 継 続 組 合 員 1 制 度 の 内 容 ( 法 第 144 条 の2) 退 職 の 日 の 前 日 まで 引 き 続 き1 年 以 上 組 合 員 であった 者 が 退 職 の 日 から 起 算 して 20 日 以 内 に 任 意 継 続 組 合 員 申 出 書 を 共 済 組 合 に 提 出 した 場 合 は 退 職 の 日 の 翌 日 から 起 算 して2 年 間 ( 退 職 時

More information

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206)

(Microsoft Word - 1 \225\\\216\206) 校 担 当 者 用 平 成 28 年 度 高 等 校 等 奨 金 抜 粋 異 動 補 導 事 務 の て び き この 冊 子 には 奨 生 採 用 後 の 奨 金 の 交 付 奨 生 の 異 動 及 び 補 導 に 係 る 事 項 につい て 校 における 事 務 及 び 留 意 事 項 について 説 明 したものです あわせて 終 了 時 及 び 終 了 後 の 手 きの 概 要 についても 記

More information

市県民税のしおり

市県民税のしおり 市 県 民 税 のしおり 739-8601 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 財 務 部 市 民 税 課 TEL (082)420-0910( 直 通 ) FAX (082)422-6810 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 市 県 民 税 の 申 告 申 告 が 必 要 な 人 p 2 申 告 書

More information

各 制 度 の 担 当 内 線 短 期 給 付 給 付 グループ 2262 互 助 会 事 業 給 付 グループ 2263 福 祉 事 業 ( 保 健 事 業 ) 福 利 グループ 2260 貸 付 事 業 [ 共 済 ] 福 利 グループ 2261 [ 互 助 会 ] 給 付 グループ 2263

各 制 度 の 担 当 内 線 短 期 給 付 給 付 グループ 2262 互 助 会 事 業 給 付 グループ 2263 福 祉 事 業 ( 保 健 事 業 ) 福 利 グループ 2260 貸 付 事 業 [ 共 済 ] 福 利 グループ 2261 [ 互 助 会 ] 給 付 グループ 2263 平 成 26 年 度 共 済 組 合 及 び 互 助 会 事 務 の 手 引 地 方 職 員 共 済 組 合 広 島 県 支 部 一 般 財 団 法 人 広 島 県 職 員 互 助 会 各 制 度 の 担 当 内 線 短 期 給 付 給 付 グループ 2262 互 助 会 事 業 給 付 グループ 2263 福 祉 事 業 ( 保 健 事 業 ) 福 利 グループ 2260 貸 付 事 業 [ 共

More information

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください ~ 平 成 25 年 度 税 制 改 正 ~ 新 しい 事 業 承 継 税 制 の 概 要 平 成 25 年 6 月 1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する 掛 金 負 担 金 について 目 次 頁 費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 1 標 準 報 酬 1 掛 金 等 額 の 算 定 方 法 2 掛 金 等 の 納 付 2 産 前 産 後 休 業 期 間 中 の 掛 金 等 免 除 5 等 終 了 後 に 報 酬 が 低 下 した 場 合 の 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 8 海 外 居 住 等 に 係 る 介 護 保 険 の 適 用

More information

従 業 員 を 雇 うことになる 場 合 (5 人 以 上 ) ( 注 9) までに ワーク 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 - 強 制 適 用 事 務 所 になっ 年 金 事 務 所 新 規 適 用 届 ( 注 10) て 原 則 5 日 以 内 注 1: 評 価 方 法 及 び 償 却

従 業 員 を 雇 うことになる 場 合 (5 人 以 上 ) ( 注 9) までに ワーク 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 - 強 制 適 用 事 務 所 になっ 年 金 事 務 所 新 規 適 用 届 ( 注 10) て 原 則 5 日 以 内 注 1: 評 価 方 法 及 び 償 却 個 人 事 業 開 設 法 人 設 立 ( 主 な 法 定 届 出 書 類 ) 1. 個 人 事 業 開 設 の 場 合 個 人 事 業 を 開 設 される 場 合 には 各 種 の 届 出 が 必 要 となりますが 以 下 に 主 な 法 定 届 出 内 容 をまとめてみ ました 要 届 出 の 事 象 届 出 書 式 名 選 択 届 出 期 限 届 出 先 個 人 事 業 を 開 業 した 場

More information

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を 平 成 27 度 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 要 領 1. 提 出 書 類 平 成 27 度 免 除 ( 猶 予 ) 申 請 書 類 確 認 票 の1~25 項 目 中 の1~6 項 目 は 必 ず 提 出 し,7~25 項 目 は 該 当 する 全 ての 書 類 を 提 出 してください 2. 提 出 期 限 授 業 料 免 除, 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 の

More information

給 付 <#1> 1 して 給 付 されます 2 行 方 不 明 手 当 金 職 務 上 の 事 由 により1 月 以 上 行 方 不 明 になったとき 3 月 を 限 度 に 行 方 不 明 期 間 中 支 給 されます 3 休 業 手 当 金 1 日 目 ~3 日 目 (2) 労 災 保 険 制

給 付 <#1> 1 して 給 付 されます 2 行 方 不 明 手 当 金 職 務 上 の 事 由 により1 月 以 上 行 方 不 明 になったとき 3 月 を 限 度 に 行 方 不 明 期 間 中 支 給 されます 3 休 業 手 当 金 1 日 目 ~3 日 目 (2) 労 災 保 険 制 平 成 22 年 1 月 から 船 員 保 険 制 度 が 大 きく 変 わりました このため 今 回 の 船 員 保 険 給 付 のあらまし では 船 員 保 険 の 制 度 や 手 続 き 等 がどのように 変 わったのか 説 明 するとともに 船 員 保 険 の 給 付 の 概 要 について 紹 介 します なお 資 料 の 作 成 に 当 たっては 厚 生 労 働 省 旧 社 会 保 険 庁

More information

2. 相 談 の 窓 口

2. 相 談 の 窓 口 障 害 年 金 制 度 1. 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 ( 初

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information