00_改正税法の概要_白表紙

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "00_改正税法の概要_白表紙"

Transcription

1 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象 となる 控 除 対 象 扶 養 親 族 は 年 齢 16 歳 以 上 の 扶 養 親 族 とされました 2 特 定 扶 養 親 族 (16 歳 から18 歳 まで)に 対 する 扶 養 控 除 の 上 乗 せ 部 分 の 廃 止 ⑴ 高 校 の 実 質 無 償 化 に 伴 い 16 歳 から18 歳 までの 特 定 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 上 乗 せ 部 分 (25 万 円 )が 廃 止 され 16 歳 から18 歳 までの 控 除 対 象 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 額 が38 万 円 ( 改 正 前 :63 万 円 )とされました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 特 定 扶 養 親 族 の 対 象 範 囲 が 控 除 対 象 扶 養 親 族 のうち 年 齢 19 歳 以 上 23 歳 未 満 の 者 とされました 3 同 居 特 別 障 害 者 加 算 の 特 例 の 改 組 ( 同 居 の 特 別 障 害 者 に 対 する 障 害 者 控 除 の 見 直 し) 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 に 伴 い 居 住 者 の 扶 養 親 族 又 は 控 除 対 象 配 偶 者 が 同 居 の 特 別 障 害 者 である 場 合 の 扶 養 控 除 又 は 配 偶 者 控 除 の 額 に 35 万 円 を 加 算 する 措 置 に 代 えて 同 居 特 別 障 害 者 に 対 する 障 害 者 控 除 の 額 が 75 万 円 ( 改 正 前 :40 万 円 )に 引 き 上 げられました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) 4 扶 養 控 除 の 見 直 し 等 に 伴 う 源 泉 徴 収 等 に 関 する 改 正 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 等 に 伴 い 給 与 所 得 又 は 公 的 年 金 等 に 係 る 源 泉 徴 収 制 度 について 次 の 改 正 が 行 われました ( 平 成 23 年 1 月 1 日 以 降 適 用 ) ⑴ 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 及 び 年 末 調 整 並 びに 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 の 際 に 控 除 対 象 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 以 上 の 者 をいいます ) 及 び 同 居 特 別 障 害 者 の 人 数 を 考 慮 して その 受 給 者 の 給 与 等 又 は 公 的 年 金 等 に 係 る 税 額 を 計 算 することとされました ⑵ 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 申 告 書 及 び 従 たる 給 与 についての 扶 養 控 除 等 申 本 文 参 照 頁

2 告 書 並 びに 公 的 年 金 等 の 受 給 者 の 扶 養 親 族 等 申 告 書 の 扶 養 親 族 に 関 する 記 載 事 項 については その 対 象 を 控 除 対 象 扶 養 親 族 に 限 ることとされました ⑶ 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 及 び 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 の 扶 養 親 族 に 関 する 記 載 事 項 については その 対 象 を 控 除 対 象 扶 養 親 族 に 限 ることとされまし た 73 所 得 税 法 等 ( 生 命 保 険 料 控 除 寄 附 金 控 除 等 )の 改 正 1 生 命 保 険 料 控 除 の 改 組 生 命 保 険 料 控 除 が 改 組 され 各 保 険 料 控 除 の 合 計 適 用 限 度 額 が 現 行 の10 万 円 から12 万 円 に 引 き 上 げられました ⑴ 平 成 24 年 1 月 1 日 以 後 に 締 結 した 保 険 契 約 等 ( 新 契 約 )に 係 る 控 除 イ 新 たに 介 護 医 療 保 険 料 控 除 ( 適 用 限 度 額 4 万 円 )が 創 設 されました ロ 新 契 約 に 係 る 一 般 生 命 保 険 料 控 除 及 び 個 人 年 金 保 険 料 控 除 の 適 用 限 度 額 は それぞれ4 万 円 とされました ハ 上 記 イ 及 びロの 各 保 険 料 控 除 の 控 除 額 の 計 算 は 次 のとおりとされまし た 本 文 参 照 頁 76 年 間 の 支 払 保 険 料 等 の 合 計 額 所 得 控 除 額 20,000 円 以 下 支 払 保 険 料 等 の 全 額 20,000 円 超 40,000 円 以 下 支 払 保 険 料 等 1/2+10,000 円 40,000 円 超 80,000 円 以 下 支 払 保 険 料 等 1/4+20,000 円 80,000 円 超 一 律 40,000 円 ニ 新 契 約 については 主 契 約 又 は 特 約 の 保 障 内 容 に 応 じてそれぞれ 保 険 料 控 除 が 適 用 されることとなりました ⑵ 平 成 23 年 12 月 31 日 以 前 に 締 結 した 保 険 契 約 等 ( 旧 契 約 )に 係 る 控 除 従 前 と 同 様 の 一 般 生 命 保 険 料 控 除 及 び 個 人 年 金 保 険 料 控 除 ( 適 用 限 度 額 それぞれ5 万 円 )が 適 用 されます ⑶ 新 契 約 と 旧 契 約 の 双 方 について 控 除 の 適 用 を 受 ける 場 合 新 契 約 と 旧 契 約 の 双 方 について 一 般 生 命 保 険 料 控 除 又 は 個 人 年 金 保 険 料 の 適 用 を 受 ける 場 合 には 上 記 ⑴ロ 及 び⑵にかかわらず 一 般 生 命 保 険 料 控 除 又 は 個 人 年 金 保 険 料 控 除 の 控 除 額 は それぞれ 次 に 掲 げる 金 額 の 合 計 額 ( 適 用 限 度 額 4 万 円 )とされました イ 新 契 約 の 支 払 保 険 料 等 について 上 記 ⑴ハの 計 算 式 により 計 算 した 金 10

3 額 ロ 旧 契 約 の 支 払 保 険 料 等 について 従 前 の 計 算 式 により 計 算 した 金 額 2 寄 附 金 控 除 制 度 の 改 正 寄 付 金 控 除 の 適 用 下 限 額 が5 千 円 から2 千 円 に 引 き 下 げられました 3 政 治 活 動 に 関 する 寄 附 をした 場 合 の 寄 附 金 控 除 の 特 例 又 は 所 得 税 額 の 特 別 控 除 制 度 の 改 正 上 記 2の 改 正 に 伴 い 政 治 活 動 に 関 する 寄 附 をした 場 合 の 寄 付 金 控 除 の 特 例 又 は 所 得 税 額 の 特 別 控 除 の 適 用 下 限 額 が5 千 円 から2 千 円 に 引 き 下 げられ ました 4 オリンピック 競 技 大 会 又 はパラリンピック 競 技 大 会 における 成 績 優 秀 者 を 表 彰 するものとして 交 付 される 金 品 の 非 課 税 措 置 の 改 正 ⑴ 租 税 特 別 措 置 法 に 定 められていた 本 措 置 を 所 得 税 法 の 規 定 とすることと されました ⑵ オリンピック 競 技 大 会 又 はパラリンピック 競 技 大 会 における 成 績 優 秀 者 を 表 彰 するものとして 財 団 法 人 日 本 オリンピック 委 員 会 に 加 盟 している 一 定 の 団 体 から 交 付 される 金 品 で 一 定 のものについても 所 得 税 を 課 さない こととされました 5 先 物 取 引 に 関 する 支 払 調 書 制 度 等 の 改 正 先 物 取 引 に 関 する 支 払 調 書 制 度 等 の 対 象 に 次 に 掲 げる 取 引 を 追 加 するこ ととされました ⑴ 商 品 先 物 取 引 法 の 次 に 掲 げる 取 引 1 先 物 取 引 のうち 商 品 スワップ 取 引 等 2 店 頭 商 品 デリバティブ 取 引 3 外 国 商 品 市 場 取 引 ⑵ 金 融 商 品 取 引 法 の 次 に 掲 げる 取 引 1 市 場 デリバティブ 取 引 のうち 金 融 スワップ 取 引 等 2 外 国 市 場 デリバティブ 取 引 6 生 命 保 険 契 約 及 び 損 害 保 険 契 約 の 範 囲 の 明 確 化 保 険 法 の 制 定 に 伴 い 現 行 の 所 得 税 法 令 に 規 定 する 生 命 保 険 契 約 及 び 損 害 保 険 契 約 の 範 囲 を 明 確 化 するための 所 要 の 整 備 が 行 われました 7 配 当 所 得 の 改 正 グループ 法 人 間 で 行 われる 適 格 現 物 分 配 について 配 当 所 得 の 対 象 となる 配 当 等 の 範 囲 から 除 外 することとされました 8 無 対 価 組 織 再 編 成 に 係 る 整 備 無 対 価 で 行 われる 合 併 分 割 型 分 割 及 び 株 式 交 換 のうち 事 実 上 対 価 の 交 付 があったものと 同 様 の 効 果 を 有 するものについては 所 得 税 法 上 対 価 の 交

4 付 があった 場 合 と 同 様 の 課 税 関 係 となるよう 所 要 の 整 備 が 行 われました 9 罰 則 の 見 直 し 所 得 税 の 関 係 法 令 の 罰 則 について 次 のとおり 見 直 すこととされました ⑴ 脱 税 犯 に 係 る 法 定 刑 の 引 上 げ 等 脱 税 犯 に 係 る 懲 役 刑 及 び 罰 金 刑 の 上 限 を 引 き 上 げるとともに 申 告 所 得 税 ほ 脱 犯 不 正 受 還 付 犯 の 対 象 に 非 居 住 者 の 給 与 等 につき 源 泉 徴 収 を 受 けない 場 合 の 申 告 に 係 るものを 追 加 することとされました ⑵ 秩 序 犯 に 係 る 法 定 刑 の 引 上 げ 等 秩 序 犯 に 係 る 罰 金 刑 の 上 限 を 引 き 上 げるとともに 申 告 書 不 提 出 犯 の 対 象 に 租 税 特 別 措 置 法 に 規 定 する 義 務 的 修 正 申 告 書 及 び 義 務 的 期 限 後 申 告 書 の 不 提 出 を 追 加 することとされました ⑶ その 他 1 税 務 職 員 の 守 秘 義 務 違 反 に 対 する 罰 則 の 見 直 し 国 税 通 則 法 に 税 務 職 員 の 守 秘 義 務 違 反 に 対 する 統 一 的 な 罰 則 規 定 が 設 けられることに 伴 い 所 得 税 法 等 に 規 定 されている 税 務 職 員 の 守 秘 義 務 違 反 に 対 する 罰 則 規 定 を 削 除 することとされました 2 両 罰 規 定 の 公 訴 時 効 期 間 の 特 例 の 整 備 源 泉 所 得 税 ほ 脱 及 び 源 泉 所 得 税 不 納 付 に 係 る 両 罰 規 定 の 公 訴 時 効 期 間 は その 源 泉 所 得 税 ほ 脱 及 び 源 泉 所 得 税 不 納 付 に 係 る 罪 の 公 訴 時 効 期 間 によることとされました 租 税 特 別 措 置 法 等 ( 金 融 証 券 税 制 関 係 )の 改 正 1 非 課 税 口 座 内 の 少 額 上 場 株 式 等 に 係 る 配 当 所 得 及 び 譲 渡 所 得 等 の 非 課 税 措 置 の 創 設 ⑴ 配 当 所 得 の 非 課 税 居 住 者 等 が 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 に 非 課 税 口 座 を 開 設 した 日 から 同 日 の 属 する 年 の1 月 1 日 以 後 10 年 を 経 過 する 日 までの 間 に 支 払 を 受 ける べき 非 課 税 口 座 内 上 場 株 式 等 の 配 当 等 (その 金 融 商 品 取 引 業 者 等 がその 配 当 等 の 支 払 の 取 扱 者 であるものに 限 ります )については 所 得 税 を 課 さ ないこととされました ⑵ 譲 渡 所 得 等 の 非 課 税 居 住 者 等 が 非 課 税 口 座 を 開 設 した 日 から 同 日 の 属 する 年 の1 月 1 日 以 後 10 年 を 経 過 する 日 までの 間 に その 非 課 税 口 座 に 係 る 非 課 税 口 座 内 上 場 株 本 文 参 照 頁

5 式 等 について 非 課 税 上 場 株 式 等 管 理 契 約 に 基 づく 譲 渡 をした 場 合 には そ の 譲 渡 による 譲 渡 所 得 等 については 所 得 税 を 課 さないこととされました また 非 課 税 口 座 内 上 場 株 式 等 の 譲 渡 による 損 失 金 額 は ないものとみな すこととされました ⑶ 非 課 税 口 座 上 記 の 非 課 税 口 座 とは 居 住 者 等 が 非 課 税 の 特 例 の 適 用 を 受 けるため その 者 の 氏 名 住 所 その 他 一 定 の 事 項 を 記 載 した 非 課 税 口 座 開 設 届 出 書 に その 年 分 の 非 課 税 口 座 開 設 確 認 書 を 添 付 した 上 これを 金 融 商 品 取 引 業 者 等 の 営 業 所 の 長 に 提 出 をして その 金 融 商 品 取 引 業 者 等 との 間 で 締 結 した 非 課 税 上 場 株 式 等 管 理 契 約 に 基 づき 平 成 24 年 から 平 成 26 年 までの 各 年 に 設 定 された 上 場 株 式 等 の 振 替 口 座 簿 への 記 載 等 に 係 る 口 座 ( 各 年 1 口 座 のみ) をいいます この 非 課 税 口 座 には その 開 設 の 日 から 同 日 の 属 する 年 の12 月 31 日 まで の 期 間 内 にその 金 融 商 品 取 引 業 者 等 への 買 付 けの 委 託 又 はその 金 融 商 品 取 引 業 者 等 から 取 得 した 上 場 株 式 等 で その 期 間 内 に 受 け 入 れた 上 場 株 式 等 の 取 得 対 価 の 額 の 合 計 額 が100 万 円 を 超 えないものその 他 一 定 の 上 場 株 式 等 のみを 受 け 入 れることができます 2 上 場 会 社 等 の 自 己 の 株 式 の 公 開 買 付 けの 場 合 のみなし 配 当 課 税 の 特 例 の 廃 止 上 場 会 社 等 の 自 己 の 株 式 の 公 開 買 付 けの 場 合 のみなし 配 当 課 税 の 特 例 につ いて 平 成 22 年 12 月 31 日 まで 適 用 する 措 置 が 講 じられた 上 廃 止 することと されました 3 上 場 株 式 等 の 配 当 等 に 係 る 源 泉 徴 収 税 率 等 の 特 例 及 び 上 場 株 式 等 の 配 当 所 得 に 係 る 申 告 分 離 課 税 の 特 例 の 改 正 金 融 商 品 取 引 所 に 上 場 されている 株 式 その 他 一 定 の 株 式 を 発 行 した 株 式 会 社 の 公 開 買 付 けによりその 法 人 が 自 己 の 株 式 の 取 得 をした 場 合 には その 自 己 の 株 式 の 取 得 によるみなし 配 当 に 係 る 大 口 株 主 等 の 判 定 の 基 準 日 を その 公 開 買 付 け 期 間 の 末 日 とすることとされました 4 上 場 株 式 等 の 配 当 等 に 係 る 源 泉 徴 収 義 務 等 の 特 例 の 改 正 ⑴ 上 場 株 式 等 の 配 当 等 でみなし 配 当 に 該 当 するものの 支 払 をする 法 人 は その 上 場 株 式 等 の 配 当 等 の 支 払 をする 際 その 上 場 株 式 等 の 配 当 等 の 支 払 の 取 扱 者 に 対 し そのみなし 配 当 の 交 付 の 基 因 となった 事 由 及 びみなし 配 当 額 等 を 通 知 しなければならないこととされました ⑵ 大 口 株 主 等 の 判 定 の 基 準 日 について 上 記 3と 同 様 の 改 正 が 行 われまし た

6 5 国 外 で 発 行 された 株 式 の 配 当 所 得 の 源 泉 徴 収 等 の 特 例 の 改 正 国 内 の 金 融 商 品 取 引 所 に 上 場 されている 国 外 株 式 の 配 当 等 の 源 泉 徴 収 義 務 者 となる 国 内 の 支 払 の 取 扱 者 は その 国 外 株 式 の 配 当 等 の 支 払 を 受 ける 者 の その 国 外 株 式 の 配 当 等 の 受 領 の 媒 介 取 次 ぎ 又 は 代 理 ( 業 務 として 又 は 業 務 に 関 連 して 国 内 においてするものに 限 ります )をする 者 とされました 6 配 当 等 の 支 払 通 知 書 に 関 する 改 正 1 上 場 株 式 配 当 等 オープン 型 の 証 券 投 資 信 託 の 収 益 分 配 金 若 しくはみな し 配 当 の 支 払 を 受 ける 信 託 の 受 託 者 又 は2これらの 配 当 等 を 他 人 のために 業 務 に 関 連 して 名 義 人 として 支 払 を 受 ける 者 が その 信 託 の 受 益 者 等 又 はその 他 人 に 対 して 交 付 する 上 場 株 式 配 当 等 の 支 払 通 知 書 オープン 型 の 証 券 投 資 信 託 の 収 益 の 分 配 の 支 払 通 知 書 又 は 配 当 等 とみなす 金 額 に 関 する 支 払 通 知 書 の 交 付 期 限 が これらの 配 当 等 の 支 払 の 確 定 した 日 から45 日 以 内 ( 支 払 通 知 書 をその 年 中 に 支 払 った 配 当 等 の 額 の 合 計 額 で 作 成 する 場 合 には 翌 年 2 月 15 日 まで)とされました 7 上 場 証 券 投 資 信 託 の 償 還 金 等 に 係 る 課 税 の 特 例 の 改 正 特 例 の 適 用 対 象 に 内 国 法 人 等 が 上 場 特 定 受 益 証 券 発 行 信 託 の 終 了 又 は 一 部 の 解 約 により 支 払 を 受 ける 収 益 の 分 配 が 追 加 されました 8 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 の 課 税 の 特 例 の 改 正 上 場 特 定 受 益 証 券 発 行 信 託 の 終 了 又 は 一 部 の 解 約 により 交 付 を 受 ける 金 銭 の 額 及 び 金 銭 以 外 の 資 産 の 価 額 の 合 計 額 は その 全 額 を 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 の 収 入 金 額 とみなして 課 税 するとともに 株 式 等 証 券 投 資 信 託 等 の 償 還 金 等 の 支 払 調 書 の 対 象 にされました 9 特 定 管 理 株 式 等 が 価 値 を 失 った 場 合 の 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 の 課 税 の 特 例 の 改 正 特 例 の 適 用 対 象 となる 特 定 管 理 株 式 の 範 囲 から 非 課 税 口 座 内 上 場 株 式 等 のうち その 非 課 税 口 座 内 上 場 株 式 等 が 上 場 されている 金 融 商 品 取 引 所 の 定 める 規 則 に 基 づき その 金 融 商 品 取 引 所 への 上 場 を 廃 止 することが 決 定 され た 銘 柄 ( 整 理 銘 柄 ) 又 は 上 場 を 廃 止 するおそれがある 銘 柄 ( 監 理 銘 柄 )とし てその 非 課 税 口 座 内 上 場 株 式 等 が 指 定 されている 期 間 内 に 非 課 税 口 座 から 特 定 口 座 に 移 管 がされたもの 等 が 除 かれました 10 特 定 口 座 内 保 管 上 場 株 式 等 の 譲 渡 等 に 係 る 所 得 計 算 等 の 特 例 の 改 正 ⑴ 特 定 口 座 に 受 け 入 れることができる 上 場 株 式 等 の 範 囲 に 次 に 掲 げる 上 場 株 式 等 が 追 加 されました 1 相 続 等 により 取 得 した 被 相 続 人 等 が 開 設 していた 非 課 税 口 座 で 管 理 さ れていた 非 課 税 口 座 内 上 場 株 式 等 で その 非 課 税 口 座 が 開 設 されている 金 融 商 品 取 引 業 者 等 にその 相 続 人 等 が 開 設 している 特 定 口 座 に 移 管 がさ

7 れるもの 2 上 場 株 式 等 以 外 の 株 式 等 を 発 行 した 法 人 の 一 定 の 合 併 により 取 得 する 合 併 法 人 の 株 式 又 は 合 併 親 法 人 の 株 式 3 上 場 株 式 等 以 外 の 株 式 等 を 発 行 した 法 人 の 一 定 の 分 割 により 取 得 する 分 割 承 継 法 人 の 株 式 又 は 分 割 承 継 親 法 人 の 株 式 4 上 場 株 式 等 以 外 の 株 式 等 を 発 行 した 法 人 の 一 定 の 株 式 交 換 又 は 株 式 移 転 により 取 得 する 株 式 交 換 完 全 親 法 人 若 しくはその 親 法 人 の 株 式 又 は 株 式 移 転 完 全 親 法 人 の 株 式 5 非 課 税 口 座 から 特 定 口 座 への 移 管 により 受 け 入 れる 上 場 株 式 等 ⑵ 出 国 の 定 義 について 所 要 の 整 備 が 行 われました 11 割 引 の 方 法 により 発 行 される 公 社 債 の 譲 渡 による 所 得 の 課 税 の 特 例 の 改 正 譲 渡 による 所 得 が 課 税 対 象 とされる 公 社 債 の 範 囲 に 利 子 が 支 払 われない 公 社 債 ( 割 引 の 方 法 により 発 行 されるものを 除 きます )が 加 えられました 12 平 成 13 年 9 月 30 日 以 前 に 取 得 した 上 場 株 式 等 の 取 得 費 の 特 例 の 廃 止 平 成 13 年 9 月 30 日 以 前 に 取 得 した 上 場 株 式 等 の 取 得 費 の 特 例 について 適 用 期 限 ( 平 成 22 年 12 月 31 日 )の 到 来 をもって 廃 止 することとされました 13 特 定 中 小 会 社 が 発 行 した 株 式 に 係 る 課 税 の 特 例 の 改 正 特 定 中 小 会 社 が 発 行 した 株 式 に 係 る 課 税 の 特 例 (いわゆるエンジェル 税 制 ) の 対 象 となる 特 定 中 小 会 社 の 範 囲 から 地 域 再 生 法 に 規 定 する 特 定 地 域 再 生 事 業 会 社 を 除 外 することとされました 租 税 特 別 措 置 法 ( 所 得 税 関 係 の 住 宅 土 地 税 制 )の 改 正 1 特 定 の 居 住 用 財 産 の 買 換 え 及 び 交 換 の 場 合 の 長 期 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 の 改 正 本 特 例 の 適 用 対 象 となる 譲 渡 資 産 について その 譲 渡 に 係 る 対 価 の 額 が 2 億 円 以 下 であることの 要 件 が 追 加 された 上 適 用 期 限 が 平 成 23 年 12 月 31 日 まで2 年 延 長 されました 2 居 住 用 財 産 の 買 換 え 等 の 場 合 の 譲 渡 損 失 の 損 益 通 算 及 び 繰 越 控 除 の 改 正 本 特 例 の 適 用 期 限 が 平 成 23 年 12 月 31 日 まで2 年 延 長 されました 3 特 定 居 住 用 財 産 の 譲 渡 損 失 の 損 益 通 算 及 び 繰 越 控 除 の 改 正 本 特 例 の 適 用 期 限 が 平 成 23 年 12 月 31 日 まで2 年 延 長 されました 4 給 与 所 得 者 等 が 住 宅 資 金 の 貸 付 け 等 を 受 けた 場 合 の 課 税 の 特 例 の 廃 止 本 特 例 については 適 用 期 限 ( 平 成 22 年 12 月 31 日 )の 到 来 をもって 廃 止 す 本 文 参 照 頁

8 ることとされました なお 同 日 以 前 に 使 用 者 から 住 宅 資 金 の 貸 付 け 等 を 受 けている 者 に 対 しては 廃 止 前 の 特 例 を 引 き 続 き 適 用 するための 所 要 の 経 過 措 置 が 講 じられています 5 優 良 住 宅 地 の 造 成 等 のために 土 地 等 を 譲 渡 した 場 合 の 長 期 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 の 改 正 本 特 例 の 対 象 となる 優 良 住 宅 地 等 のための 譲 渡 から 独 立 行 政 法 人 空 港 周 辺 整 備 機 構 に 対 する 土 地 等 の 譲 渡 が 除 外 されました 6 特 定 土 地 区 画 整 理 事 業 等 のために 土 地 等 を 譲 渡 した 場 合 の 譲 渡 所 得 の 特 別 控 除 の 改 正 自 然 公 園 法 及 び 自 然 環 境 保 全 法 の 改 正 に 伴 い 本 特 例 を 引 き 続 き 適 用 する ための 所 要 の 整 備 が 行 われました 7 特 定 住 宅 地 造 成 事 業 等 のために 土 地 等 を 譲 渡 した 場 合 の 譲 渡 所 得 の 特 別 控 除 の 改 正 ⑴ 本 特 例 の 適 用 対 象 となる 特 定 住 宅 地 造 成 事 業 等 のために 土 地 等 が 買 い 取 られる 場 合 から 空 港 周 辺 整 備 計 画 に 係 る 事 業 の 用 に 供 するために 土 地 等 が 買 い 取 られる 場 合 が 除 外 されました ⑵ 自 然 公 園 法 及 び 自 然 環 境 保 全 法 の 改 正 に 伴 い 本 特 例 を 引 き 続 き 適 用 す るための 所 要 の 整 備 が 行 われました 8 承 継 業 務 の 事 業 計 画 の 施 行 区 域 内 にある 土 地 等 の 交 換 の 場 合 の 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 の 廃 止 平 成 21 年 6 月 30 日 の 適 用 期 限 が 到 来 したため 本 特 例 が 廃 止 されました 9 土 地 の 譲 渡 等 に 係 る 事 業 所 得 等 の 課 税 の 特 例 の 改 正 本 特 例 が 適 用 されない 土 地 等 の 譲 渡 から 独 立 行 政 法 人 空 港 周 辺 整 備 機 構 に 対 する 土 地 等 の 譲 渡 が 除 外 されました 10 短 期 譲 渡 所 得 の 課 税 の 特 例 の 改 正 本 特 例 が 適 用 されない 土 地 等 の 譲 渡 から 独 立 行 政 法 人 空 港 周 辺 整 備 機 構 に 対 する 土 地 等 の 譲 渡 が 除 外 されました 租 税 特 別 措 置 法 ( 所 得 税 関 係 の 事 業 所 得 等 の 課 税 の 特 例 等 )の 改 正 1 試 験 研 究 を 行 った 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 制 度 の 改 正 試 験 研 究 費 の 増 加 額 に 係 る 特 別 税 額 控 除 又 は 平 均 売 上 金 額 の10% 相 当 額 を 超 える 試 験 研 究 費 に 係 る 特 別 税 額 控 除 を 選 択 できる 措 置 の 適 用 期 限 が 平 成 24 年 まで2 年 延 長 されました 本 文 参 照 頁

9 2 エネルギー 需 給 構 造 改 革 推 進 設 備 を 取 得 した 場 合 の 特 別 償 却 又 は 所 得 税 額 の 特 別 控 除 制 度 の 改 正 制 度 の 対 象 資 産 の 範 囲 について 石 油 以 外 のエネルギー 資 源 の 利 用 に 著 し く 資 する 機 械 その 他 の 減 価 償 却 資 産 を 化 石 燃 料 以 外 のエネルギー 資 源 の 利 用 に 著 しく 資 する 機 械 その 他 の 減 価 償 却 資 産 とする 見 直 しが 行 われました また 対 象 設 備 について 14 設 備 が 除 外 され 1 設 備 が 縮 減 されました 3 中 小 企 業 者 が 機 械 等 を 取 得 した 場 合 の 特 別 償 却 又 は 所 得 税 額 の 特 別 控 除 制 度 の 改 正 適 用 対 象 となるソフトウエアから 除 外 されるソフトウエアの 範 囲 の 見 直 し が 行 われた 上 その 適 用 期 限 が2 年 延 長 されました 4 事 業 基 盤 強 化 設 備 を 取 得 した 場 合 等 の 特 別 償 却 又 は 所 得 税 額 の 特 別 控 除 制 度 の 改 正 ⑴ 事 業 基 盤 強 化 設 備 を 取 得 した 場 合 の 特 別 償 却 又 は 税 額 控 除 について 次 の 見 直 しが 行 われました 1 製 造 業 その 他 一 定 の 事 業 を 営 む 中 小 企 業 者 が 取 得 した 情 報 基 盤 強 化 設 備 等 に 係 る 措 置 が 加 えられました 2 特 定 旅 館 業 を 営 む 中 小 企 業 者 以 外 の 者 に 係 る 措 置 が 除 外 されました ⑵ 中 小 企 業 者 等 の 教 育 訓 練 費 の 総 額 に 係 る 税 額 控 除 について 教 育 訓 練 費 割 合 の 計 算 における 労 務 費 のうち 法 定 福 利 費 の 範 囲 に 平 成 22 年 度 におけ る 子 ども 手 当 の 一 部 として 支 給 される 児 童 手 当 に 係 る 拠 出 金 が 含 まれるこ ととされました 5 情 報 基 盤 強 化 設 備 等 を 取 得 した 場 合 の 特 別 償 却 又 は 所 得 税 額 の 特 別 控 除 制 度 の 廃 止 適 用 期 限 ( 平 成 22 年 3 月 31 日 )の 到 来 をもって 廃 止 されました 6 特 定 設 備 等 の 特 別 償 却 制 度 の 改 正 次 の 見 直 しが 行 われました ⑴ 対 象 設 備 から 揮 発 性 有 機 化 合 物 排 出 抑 制 設 備 及 び 産 業 廃 棄 物 処 理 用 設 備 が 除 外 されました ⑵ 対 象 となるPCB 汚 染 物 等 処 理 用 設 備 及 び 石 綿 含 有 廃 棄 物 無 害 化 処 理 用 設 備 について PCB 汚 染 物 等 又 は 石 綿 含 有 廃 棄 物 の 無 害 化 処 理 に 係 る 環 境 大 臣 の 認 定 を 受 けた 個 人 がその 無 害 化 処 理 に 使 用 するものに 限 定 され その 適 用 期 限 が1 年 延 長 されました 7 地 震 防 災 対 策 用 資 産 の 特 別 償 却 制 度 の 改 正 耐 震 改 修 工 事 に 係 る 措 置 が 適 用 期 限 ( 平 成 22 年 3 月 31 日 )の 到 来 をもって 廃 止 されました

10 8 特 定 電 気 通 信 設 備 等 の 特 別 償 却 制 度 の 廃 止 適 用 期 限 ( 平 成 22 年 3 月 31 日 )の 到 来 をもって 廃 止 されました 9 資 源 再 生 化 設 備 等 の 特 別 償 却 制 度 の 廃 止 適 用 期 限 ( 平 成 22 年 3 月 31 日 )の 到 来 をもって 廃 止 されました 10 特 定 地 域 における 工 業 用 機 械 等 の 特 別 償 却 制 度 の 改 正 過 疎 地 域 に 係 る 措 置 について 次 の 見 直 しが 行 われた 上 その 適 用 期 限 が 1 年 延 長 されました ⑴ 対 象 となる 事 業 につき 商 品 又 は 役 務 に 関 する 情 報 の 提 供 等 の 業 務 に 係 る 事 業 が 追 加 されるとともに ソフトウエア 業 が 除 外 されました ⑵ 過 疎 地 域 自 立 促 進 特 別 措 置 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 に 伴 い 本 措 置 の 対 象 地 区 が 追 加 されました 11 障 害 者 を 雇 用 する 場 合 の 機 械 等 の 割 増 償 却 制 度 の 改 正 ⑴ 障 害 者 の 雇 用 の 促 進 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 に 伴 い 障 害 者 雇 用 割 合 の 算 定 の 基 礎 となる 従 業 員 の 総 数 に 短 時 間 労 働 者 数 の2 分 の1の 数 が 雇 用 障 害 者 数 に 身 体 障 害 者 又 は 知 的 障 害 者 である 短 時 間 労 働 者 数 の2 分 の1 の 数 が それぞれ 加 えられました ⑵ 公 共 交 通 機 関 に 係 る 障 害 者 対 応 設 備 等 の 特 別 償 却 の 適 用 期 限 が1 年 延 長 されました 12 支 援 事 業 所 取 引 金 額 が 増 加 した 場 合 の3 年 以 内 取 得 資 産 の 割 増 償 却 制 度 の 改 正 障 害 者 の 雇 用 の 促 進 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 に 伴 い 障 害 者 就 労 支 援 事 業 所 の 判 定 に 係 る 労 働 者 に 短 時 間 労 働 者 が 加 えられ 短 時 間 労 働 者 に 係 る 障 害 者 数 等 の 計 算 方 法 が 定 められました 13 優 良 賃 貸 住 宅 の 割 増 償 却 制 度 の 改 正 中 心 市 街 地 優 良 賃 貸 住 宅 に 係 る 措 置 が 適 用 期 限 ( 平 成 22 年 3 月 31 日 )の 到 来 をもって 廃 止 されました 14 特 別 償 却 等 に 関 する 複 数 の 規 定 の 不 適 用 制 度 の 改 正 所 要 の 規 定 の 整 備 が 行 われました 15 金 属 鉱 業 等 鉱 害 防 止 準 備 金 制 度 の 改 正 その 適 用 期 限 が2 年 延 長 されました 16 特 定 廃 棄 物 最 終 処 分 場 に 係 る 特 定 災 害 防 止 準 備 金 制 度 の 改 正 その 適 用 期 限 が2 年 延 長 されました 17 探 鉱 準 備 金 制 度 の 改 正 その 適 用 期 限 が3 年 延 長 されました

11 18 中 小 企 業 者 の 少 額 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 の 必 要 経 費 算 入 の 特 例 制 度 の 改 正 その 適 用 期 限 が2 年 延 長 されました 186 法 人 税 法 の 改 正 1 資 本 に 関 係 する 取 引 等 に 係 る 税 制 ⑴ 100%グループ 内 の 法 人 間 の 取 引 等 1 100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の 譲 渡 取 引 等 連 結 法 人 間 取 引 の 損 益 の 調 整 制 度 について 内 国 法 人 が 譲 渡 損 益 調 整 資 産 を 当 該 内 国 法 人 との 間 に 完 全 支 配 関 係 がある 他 の 内 国 法 人 に 譲 渡 し た 場 合 には その 譲 渡 損 益 調 整 資 産 に 係 る 譲 渡 利 益 額 又 は 譲 渡 損 失 額 に 相 当 する 金 額 を 所 得 の 金 額 の 計 算 上 損 金 の 額 又 は 益 金 の 額 に 算 入 す る 制 度 に 改 組 されました これに 伴 い 適 格 事 後 設 立 制 度 は 廃 止 されま した 2 非 適 格 株 式 交 換 等 に 係 る 株 式 交 換 完 全 子 法 人 等 の 有 する 資 産 の 時 価 評 価 非 適 格 株 式 交 換 等 に 係 る 株 式 交 換 完 全 子 法 人 等 の 有 する 資 産 の 時 価 評 価 制 度 について 株 式 交 換 等 の 直 前 に 株 式 交 換 完 全 子 法 人 等 と 株 式 交 換 完 全 親 法 人 等 との 間 に 完 全 支 配 関 係 がある 場 合 のその 株 式 交 換 等 が 適 用 対 象 から 除 外 されました 3 100%グループ 内 の 法 人 間 の 寄 附 内 国 法 人 がその 内 国 法 人 との 間 に 完 全 支 配 関 係 がある 他 の 内 国 法 人 に 対 して 支 出 した 寄 附 金 についてその 全 額 が 損 金 不 算 入 とされるとともに 当 該 他 の 内 国 法 人 が 受 けた 受 贈 益 についてその 全 額 が 益 金 不 算 入 とされ ました また 完 全 支 配 関 係 がある 他 の 法 人 から 受 贈 益 を 受 け 又 は 完 全 支 配 関 係 がある 他 の 法 人 に 寄 附 金 を 支 出 した 法 人 の 株 主 が 有 するその 法 人 の 株 式 の 帳 簿 価 額 及 びその 株 主 の 利 益 積 立 金 額 の 調 整 計 算 について 定 められました 4 100%グループ 内 の 現 物 配 当 内 国 法 人 が 行 う 現 物 分 配 ( 法 人 がその 株 主 等 に 剰 余 金 の 配 当 等 の 事 由 により 金 銭 以 外 の 資 産 の 交 付 をすることをいいます )のうち その 現 物 分 配 により 資 産 の 移 転 を 受 ける 者 がその 現 物 分 配 の 直 前 においてその 内 国 法 人 との 間 に 完 全 支 配 関 係 がある 内 国 法 人 のみであるものを 適 格 現 本 文 参 照 頁

12 物 分 配 とし 適 格 現 物 分 配 による 資 産 の 移 転 をその 適 格 現 物 分 配 の 直 前 の 帳 簿 価 額 による 譲 渡 とするほか 適 格 現 物 分 配 について 他 の 適 格 組 織 再 編 成 に 準 じた 措 置 が 講 じられました 5 100%グループ 内 の 受 取 配 当 等 完 全 子 法 人 株 式 等 につき 受 ける 配 当 等 の 額 については 負 債 の 利 子 を 控 除 せず その 全 額 が 益 金 不 算 入 とされました 6 100%グループ 内 法 人 の 株 式 の 発 行 法 人 に 対 する 譲 渡 内 国 法 人 が その 有 する 株 式 を 発 行 した 他 の 内 国 法 人 で 当 該 内 国 法 人 との 間 に 完 全 支 配 関 係 があるものからみなし 配 当 の 額 が 生 ずる 基 因 とな る 事 由 により 金 銭 その 他 の 資 産 の 交 付 を 受 けた 場 合 等 には 当 該 事 由 に より 生 ずる 株 式 の 譲 渡 損 益 を 計 上 しないこととされました ⑵ 中 小 企 業 向 け 特 例 措 置 の 大 法 人 の100% 子 法 人 に 対 する 適 用 資 本 金 の 額 若 しくは 出 資 金 の 額 が5 億 円 以 上 である 法 人 又 は 相 互 会 社 等 との 間 にこれらの 法 人 による 完 全 支 配 関 係 がある 法 人 については 中 小 企 業 者 等 の 軽 減 税 率 を 適 用 しないとともに 特 定 同 族 会 社 の 特 別 税 率 の 適 用 対 象 とされました ⑶ 連 結 納 税 制 度 1 連 結 欠 損 金 額 連 結 欠 損 金 の 繰 越 し 制 度 について 次 の 見 直 しが 行 われました イ 連 結 欠 損 金 額 とみなす 欠 損 金 額 の 範 囲 に 連 結 納 税 の 開 始 又 は 連 結 グループへの 加 入 に 伴 う 資 産 の 時 価 評 価 制 度 が 適 用 されない 連 結 子 法 人 の 最 初 連 結 事 業 年 度 開 始 の 日 前 7 年 以 内 に 開 始 した 事 業 年 度 におい て 生 じた 欠 損 金 額 等 及 び 連 結 子 法 人 を 合 併 法 人 とする 適 格 合 併 に 係 る 被 合 併 法 人 の 当 該 適 格 合 併 の 日 前 7 年 以 内 に 開 始 した 各 事 業 年 度 にお いて 生 じた 未 処 理 欠 損 金 額 等 を 追 加 する ロ 上 記 イの 欠 損 金 額 等 及 び 連 結 親 法 人 を 合 併 法 人 とする 適 格 合 併 に 係 る 被 合 併 法 人 の 当 該 適 格 合 併 の 日 前 7 年 以 内 に 開 始 した 各 事 業 年 度 に おいて 生 じた 未 処 理 欠 損 金 額 等 で 連 結 欠 損 金 額 とみなされるものを 特 定 連 結 欠 損 金 額 とする ハ 連 結 所 得 の 金 額 から 控 除 する 特 定 連 結 欠 損 金 額 は 特 定 連 結 欠 損 金 個 別 帰 属 額 ( 特 定 連 結 欠 損 金 額 に 係 る 連 結 欠 損 金 個 別 帰 属 額 をいいま す )を 有 する 各 連 結 法 人 の 当 該 特 定 連 結 欠 損 金 個 別 帰 属 額 が 個 別 所 得 金 額 に 達 するまでの 金 額 の 合 計 額 ( 連 結 所 得 の 金 額 を 限 度 )とする 2 連 結 納 税 の 承 認 申 請 書 の 提 出 期 限 連 結 納 税 の 承 認 申 請 書 の 提 出 期 限 について 最 初 の 連 結 事 業 年 度 とし ようとする 期 間 の 開 始 の 日 の3 月 前 の 日 ( 改 正 前 :6 月 前 の 日 )とされ

13 ました 3 連 結 納 税 への 加 入 の 場 合 のみなし 事 業 年 度 の 特 例 連 結 親 法 人 事 業 年 度 開 始 の 日 の 前 後 1 月 の 期 間 において 連 結 親 法 人 と の 間 に 完 全 支 配 関 係 を 有 することとなった 場 合 の 最 初 連 結 事 業 年 度 の 特 例 制 度 について 連 結 親 法 人 事 業 年 度 の 中 途 において 連 結 親 法 人 との 間 に 完 全 支 配 関 係 を 有 することとなった 他 の 内 国 法 人 のみなし 事 業 年 度 の 終 了 の 日 を 加 入 日 の 前 日 の 属 する 月 次 決 算 期 間 の 末 日 とすることができ る 制 度 に 改 組 され この 制 度 の 適 用 を 受 けた 当 該 他 の 内 国 法 人 の 連 結 納 税 の 承 認 の 効 力 発 生 日 が 当 該 末 日 の 翌 日 とされました 4 連 結 納 税 の 開 始 又 は 連 結 グループへの 加 入 に 伴 う 資 産 の 時 価 評 価 連 結 納 税 の 開 始 又 は 連 結 グループへの 加 入 に 伴 う 時 価 評 価 の 対 象 とな る 資 産 等 について 支 配 日 以 後 2 月 以 内 に 連 結 グループから 離 脱 する 法 人 の 有 する 資 産 等 が 除 外 されました ⑷ 清 算 所 得 課 税 の 廃 止 1 清 算 所 得 課 税 が 廃 止 されるとともに 清 算 中 の 内 国 法 人 である 普 通 法 人 又 は 協 同 組 合 等 に 各 事 業 年 度 の 所 得 に 対 する 法 人 税 を 課 することとさ れました 2 法 人 が 解 散 した 場 合 において 残 余 財 産 がないと 見 込 まれるときは 青 色 欠 損 金 額 等 以 外 の 欠 損 金 額 を 損 金 の 額 に 算 入 することとされました 3 連 結 子 法 人 の 解 散 ( 合 併 による 解 散 を 除 きます )のうち 破 産 手 続 開 始 の 決 定 による 解 散 以 外 のものが 連 結 納 税 の 承 認 の 取 消 事 由 から 除 外 されました 4 みなし 事 業 年 度 確 定 申 告 書 の 提 出 期 限 等 について 所 要 の 規 定 の 整 備 が 行 われました ⑸ 残 余 財 産 確 定 の 場 合 の 欠 損 金 の 引 継 ぎ 内 国 法 人 との 間 に 完 全 支 配 関 係 がある 他 の 内 国 法 人 の 残 余 財 産 が 確 定 し た 場 合 において 当 該 他 の 内 国 法 人 に 未 処 理 欠 損 金 額 等 があるときは そ の 未 処 理 欠 損 金 額 等 に 相 当 する 金 額 は その 株 主 である 内 国 法 人 の 当 該 残 余 財 産 の 確 定 の 日 の 翌 日 の 属 する 事 業 年 度 以 後 の 各 事 業 年 度 における 繰 越 控 除 の 適 用 において その 未 処 理 欠 損 金 額 等 の 生 じた 当 該 他 の 内 国 法 人 の 事 業 年 度 開 始 の 日 の 属 するその 株 主 である 内 国 法 人 の 事 業 年 度 において 生 じた 欠 損 金 額 とみなすこととされました ⑹ 組 織 再 編 税 制 の 見 直 し 1 適 格 合 併 等 の 場 合 における 欠 損 金 の 制 限 措 置 等 の 見 直 し 支 配 関 係 がある 法 人 の 間 で 適 格 組 織 再 編 成 等 が 行 われた 場 合 において その 支 配 関 係 が 合 併 法 人 等 の 適 格 組 織 再 編 成 等 の 日 の 属 する 事 業 年 度 開

14 始 の 日 の5 年 前 の 日 又 は 合 併 法 人 等 若 しくは 被 合 併 法 人 等 の 設 立 の 日 の うち 最 も 遅 い 日 から 継 続 してあるときは 繰 越 青 色 欠 損 金 額 に 係 る 制 限 制 度 及 び 特 定 資 産 の 譲 渡 等 損 失 額 の 損 金 不 算 入 制 度 を 適 用 しないことと されました また その 適 格 組 織 再 編 成 等 が 事 業 を 移 転 しない 適 格 分 割 若 しくは 適 格 現 物 出 資 又 は 適 格 現 物 分 配 である 場 合 に 制 限 の 対 象 となる 欠 損 金 額 及 び 譲 渡 等 損 失 額 を 移 転 資 産 の 価 額 に 応 じた 金 額 とすることが できる 特 例 が 設 けられました 2 分 割 型 分 割 のみなし 事 業 年 度 の 廃 止 分 割 型 分 割 について みなし 事 業 年 度 を 設 けないこととされました これに 伴 い 適 格 分 割 型 分 割 が 行 われた 場 合 の 分 割 承 継 法 人 の 増 加 する 資 本 金 等 の 額 は 当 該 適 格 分 割 型 分 割 に 係 る 分 割 法 人 の 当 該 適 格 分 割 型 分 割 の 直 前 の 資 本 金 等 の 額 に 基 づき 算 出 することとされました 3 適 格 分 社 型 分 割 等 の 場 合 の 時 価 法 等 一 括 評 価 金 銭 債 権 又 は 短 期 売 買 商 品 売 買 目 的 有 価 証 券 空 売 り 等 に 係 る 契 約 未 決 済 デリバティブ 取 引 に 係 る 契 約 繰 延 ヘッジ 処 理 若 しく は 時 価 ヘッジ 処 理 の 対 象 となる 資 産 等 若 しくは 外 貨 建 資 産 等 を 適 格 分 社 型 分 割 等 により 移 転 する 場 合 には その 移 転 の 直 前 の 時 又 は 前 日 を 事 業 年 度 終 了 の 日 とみなして 貸 倒 引 当 金 の 繰 入 れ 又 は 時 価 評 価 による 損 益 の 計 上 を 行 うこととされました 4 無 対 価 組 織 再 編 成 対 価 が 交 付 されない 分 割 が 行 われた 場 合 の 分 割 型 分 割 と 分 社 型 分 割 と の 区 分 対 価 が 交 付 されない 適 格 合 併 又 は 適 格 株 式 交 換 が 行 われた 場 合 の 株 式 の 譲 渡 損 益 の 計 算 方 法 等 について 明 確 化 が 行 われました 5 合 併 類 似 適 格 分 割 型 分 割 制 度 の 廃 止 欠 損 金 の 引 継 ぎ 等 の 合 併 類 似 適 格 分 割 型 分 割 が 行 われた 場 合 に 係 る 各 措 置 は 廃 止 されました ⑺ みなし 配 当 の 生 ずる 取 引 に 関 する 課 税 の 適 正 化 自 己 株 式 としての 取 得 が 行 われることが 予 定 されている 株 式 を 取 得 した 場 合 におけるその 取 得 した 株 式 に 係 るみなし 配 当 の 額 については 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 制 度 を 適 用 しないこととされました また 抱 合 株 式 に ついては 譲 渡 損 益 を 計 上 しないこととされました ⑻ その 他 1 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 制 度 の 負 債 利 子 控 除 制 度 における 簡 便 計 算 の 基 準 年 度 の 見 直 し 受 取 配 当 等 の 益 金 不 算 入 制 度 について 負 債 利 子 控 除 の 計 算 に 関 する 簡 便 法 の 基 準 年 度 が 平 成 22 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 までに 開 始

15 する 各 事 業 年 度 とされました 2 所 得 税 額 控 除 における 利 子 配 当 等 の 計 算 期 間 の 明 確 化 利 子 配 当 等 の 計 算 の 基 礎 となった 期 間 の 起 算 日 について 1 年 以 上 前 に 設 立 された 法 人 からの 初 回 配 当 についてはその 配 当 を 受 けた 日 の1 年 前 の 日 の 翌 日 を 起 算 日 とする 等 の 明 確 化 が 行 われました 3 連 結 法 人 間 の 適 格 合 併 等 に 伴 う 単 体 欠 損 金 の 繰 越 控 除 制 度 の 調 整 規 定 の 整 備 連 結 法 人 間 の 適 格 合 併 等 が 行 われた 場 合 の 単 体 欠 損 金 の 繰 越 控 除 制 度 の 調 整 規 定 が 整 備 されました 2 特 殊 支 配 同 族 会 社 の 業 務 主 宰 役 員 給 与 の 損 金 不 算 入 制 度 ( 廃 止 ) 特 殊 支 配 同 族 会 社 の 業 務 主 宰 役 員 給 与 の 損 金 不 算 入 制 度 は 廃 止 されまし た 3 罰 則 の 見 直 し 脱 税 犯 及 び 秩 序 犯 に 係 る 法 定 刑 の 引 上 げ 並 びに 税 務 職 員 の 守 秘 義 務 違 反 に 対 する 罰 則 の 見 直 しが 行 われました 租 税 特 別 措 置 法 等 ( 法 人 税 関 係 )の 改 正 1 法 人 税 率 の 特 例 関 係 中 小 企 業 者 等 の 法 人 税 率 の 特 例 の 対 象 となる 普 通 法 人 から 次 の 法 人 が 除 外 されました ⑴ 資 本 金 の 額 等 が5 億 円 以 上 である 法 人 相 互 会 社 若 しくは 外 国 相 互 会 社 又 は 法 人 課 税 信 託 の 受 託 法 人 ( 以 下 大 法 人 といいます )との 間 にそ の 大 法 人 による 完 全 支 配 関 係 がある 普 通 法 人 ⑵ 法 人 課 税 信 託 の 受 託 法 人 2 税 額 控 除 関 係 ⑴ 試 験 研 究 を 行 った 場 合 の 法 人 税 額 の 特 別 控 除 制 度 について 次 の 見 直 し が 行 われました 1 試 験 研 究 費 の 総 額 に 係 る 税 額 控 除 制 度 及 び 試 験 研 究 費 の 増 加 額 又 は 平 均 売 上 金 額 の10%を 超 える 試 験 研 究 費 の 額 に 係 る 税 額 控 除 制 度 において 現 物 分 配 が 行 われた 場 合 における 被 現 物 分 配 法 人 に 係 る 比 較 試 験 研 究 費 の 額 及 び 平 均 売 上 金 額 の 計 算 について 所 要 の 改 正 が 行 われました 2 適 格 事 後 設 立 制 度 の 廃 止 及 び 分 割 型 分 割 を 行 った 場 合 のみなし 事 業 年 度 の 廃 止 に 伴 い 試 験 研 究 費 の 総 額 に 係 る 税 額 控 除 制 度 及 び 試 験 研 究 費 本 文 参 照 頁

16 の 増 加 額 又 は 平 均 売 上 金 額 の10%を 超 える 試 験 研 究 費 の 額 に 係 る 税 額 控 除 制 度 における 比 較 試 験 研 究 費 の 額 及 び 平 均 売 上 金 額 の 計 算 について 所 要 の 改 正 が 行 われました 3 連 結 子 法 人 の 解 散 が 行 われた 場 合 における 連 結 納 税 の 承 認 の 取 消 し 事 由 の 見 直 しに 伴 い 連 結 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 に 係 る 税 額 控 除 制 度 等 について 所 要 の 改 正 が 行 われました 4 試 験 研 究 費 の 増 加 額 又 は 平 均 売 上 金 額 の10%を 超 える 試 験 研 究 費 の 額 に 係 る 税 額 控 除 制 度 の 適 用 期 限 が2 年 延 長 されました ⑵ エネルギー 需 給 構 造 改 革 推 進 投 資 促 進 税 制 について 次 の 見 直 しが 行 わ れました 1 エネルギー 需 給 構 造 改 革 推 進 設 備 等 の 範 囲 について 石 油 以 外 のエネ ルギー 資 源 の 利 用 に 著 しく 資 する 機 械 その 他 の 減 価 償 却 資 産 を 化 石 燃 料 以 外 のエネルギー 資 源 の 利 用 に 著 しく 資 する 機 械 その 他 の 減 価 償 却 資 産 とする 見 直 しが 行 われました 2 エネルギー 需 給 構 造 改 革 推 進 設 備 等 のうちその 他 の 石 油 代 替 エネルギ ー 利 用 設 備 等 の 見 直 しが 行 われました 3 連 結 納 税 制 度 における 適 用 対 象 法 人 から 清 算 中 の 連 結 子 法 人 が 除 外 さ れました ⑶ 中 小 企 業 投 資 促 進 税 制 について 次 の 見 直 しが 行 われた 上 その 適 用 期 限 が2 年 延 長 されました 1 情 報 基 盤 強 化 税 制 の 廃 止 及 び 中 小 企 業 等 基 盤 強 化 税 制 への 中 小 企 業 者 が 取 得 した 情 報 基 盤 強 化 設 備 等 に 係 る 措 置 の 追 加 に 伴 い 対 象 となるソ フトウエアの 見 直 しが 行 われました 2 上 記 ⑵3と 同 様 の 改 正 が 行 われました ⑷ 中 小 企 業 等 基 盤 強 化 税 制 について 次 の 見 直 しが 行 われました 1 事 業 基 盤 強 化 設 備 を 取 得 した 場 合 の 特 別 償 却 又 は 税 額 控 除 について 次 の 見 直 しが 行 われました イ 対 象 となる 措 置 に 中 小 企 業 者 が 取 得 した 情 報 基 盤 強 化 設 備 等 に 係 る 措 置 が 追 加 されました ロ 対 象 となる 措 置 から 特 定 旅 館 業 を 営 む 大 規 模 法 人 に 係 る 措 置 が 除 外 されました ハ 上 記 ⑵3と 同 様 の 改 正 が 行 われました 2 中 小 企 業 者 等 の 教 育 訓 練 費 の 総 額 に 係 る 税 額 控 除 について 教 育 訓 練 費 割 合 の 計 算 における 労 務 費 のうち 法 定 福 利 費 の 範 囲 に 平 成 22 年 度 にお ける 子 ども 手 当 の 一 部 として 支 給 される 児 童 手 当 に 係 る 拠 出 金 を 含 める こととされました

17 ⑸ 情 報 基 盤 強 化 税 制 が 適 用 期 限 の 到 来 をもって 廃 止 されました なお 中 小 企 業 者 については 中 小 企 業 等 基 盤 強 化 税 制 における 措 置 の1つとして 中 小 企 業 者 が 取 得 した 情 報 基 盤 強 化 設 備 等 に 係 る 措 置 が 追 加 されています ⑹ 試 験 研 究 を 行 った 場 合 の 法 人 税 額 の 特 別 控 除 の 特 例 沖 縄 の 特 定 地 域 に おいて 工 業 用 機 械 等 を 取 得 した 場 合 の 法 人 税 額 の 特 別 控 除 及 び 沖 縄 の 特 定 中 小 連 結 法 人 が 経 営 革 新 設 備 等 を 取 得 した 場 合 の 特 別 償 却 又 は 法 人 税 額 の 特 別 控 除 について 分 割 型 分 割 を 行 った 場 合 のみなし 事 業 年 度 の 廃 止 連 結 子 法 人 の 解 散 が 行 われた 場 合 における 連 結 納 税 の 承 認 の 取 消 し 事 由 の 見 直 し 等 に 伴 う 所 要 の 改 正 が 行 われました 3 特 別 償 却 関 係 ⑴ 特 定 設 備 等 の 特 別 償 却 制 度 における 公 害 防 止 用 設 備 について 次 の 見 直 しが 行 われました 1 対 象 設 備 から 揮 発 性 有 機 化 合 物 排 出 抑 制 設 備 及 び 産 業 廃 棄 物 処 理 用 設 備 が 除 外 されました 2 PCB 汚 染 物 等 処 理 用 設 備 及 び 石 綿 含 有 廃 棄 物 無 害 化 処 理 用 設 備 につい て 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 の 規 定 に 基 づくPCB 汚 染 物 等 又 は 石 綿 含 有 廃 棄 物 等 の 無 害 化 処 理 に 係 る 環 境 大 臣 の 認 定 を 受 けた 法 人 が その 無 害 化 処 理 に 使 用 するものに 限 定 された 上 その 適 用 期 限 が1 年 延 長 されました ⑵ 地 震 防 災 対 策 用 資 産 の 特 別 償 却 制 度 における 耐 震 改 修 工 事 に 伴 う 特 定 建 築 物 に 係 る 措 置 が 適 用 期 限 の 到 来 をもって 廃 止 されました ⑶ 特 定 電 気 通 信 設 備 等 の 特 別 償 却 制 度 が 適 用 期 限 の 到 来 をもって 廃 止 され ました ⑷ 資 源 再 生 化 設 備 等 の 特 別 償 却 制 度 が 適 用 期 限 の 到 来 をもって 廃 止 されま した ⑸ 特 定 地 域 における 工 業 用 機 械 等 の 特 別 償 却 制 度 における 過 疎 地 域 に 係 る 措 置 について 次 の 見 直 しが 行 われた 上 その 適 用 期 限 が1 年 延 長 されま した 1 対 象 事 業 について 商 品 又 は 役 務 に 関 する 情 報 の 提 供 等 の 業 務 に 係 る 事 業 が 追 加 されるとともに ソフトウエア 業 が 除 外 されました 2 過 疎 地 域 自 立 促 進 特 別 措 置 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 に 伴 い 本 措 置 の 対 象 地 区 となる 過 疎 地 域 の 区 域 が 追 加 されました ⑹ 障 害 者 を 雇 用 する 場 合 の 機 械 等 の 割 増 償 却 制 度 について 次 の 見 直 しが 行 われました 1 障 害 者 雇 用 割 合 の 算 定 に 係 る 計 算 式 の 分 母 となる 常 時 雇 用 する 従 業 員 の 総 数 に 短 時 間 労 働 者 の 数 が 同 計 算 式 の 分 子 となる 雇 用 障 害 者 数 に 身

18 体 障 害 者 又 は 知 的 障 害 者 である 短 時 間 労 働 者 の 数 が それぞれ 追 加 され ました 2 本 制 度 における 障 害 者 のうち 身 体 障 害 者 手 帳 の 所 持 者 の 範 囲 に 肝 臓 の 機 能 の 障 害 を 有 する 者 を 含 めることとされました ⑺ 障 害 者 対 応 設 備 等 の 特 別 償 却 制 度 の 適 用 期 限 が1 年 延 長 されました ⑻ 支 援 事 業 所 取 引 金 額 が 増 加 した 場 合 の3 年 以 内 取 得 資 産 の 割 増 償 却 制 度 について 次 の 見 直 しが 行 われました 1 障 害 者 就 労 支 援 事 業 所 となる 事 業 所 の 判 定 要 件 における 労 働 者 に 短 時 間 労 働 者 を 追 加 することとされました 2 障 害 者 就 労 支 援 事 業 所 となる 事 業 所 の 判 定 要 件 における 身 体 障 害 者 の 範 囲 に 肝 臓 の 機 能 の 障 害 を 有 する 者 を 含 めることとされました 3 現 物 分 配 が 行 われた 場 合 における 被 現 物 分 配 法 人 に 係 る 前 事 業 年 度 等 における 支 援 事 業 所 取 引 金 額 の 計 算 について 所 要 の 改 正 が 行 われまし た 4 適 格 事 後 設 立 制 度 の 廃 止 及 び 分 割 型 分 割 を 行 った 場 合 のみなし 事 業 年 度 の 廃 止 に 伴 い 前 事 業 年 度 等 における 支 援 事 業 所 取 引 金 額 の 合 理 的 な 方 法 による 計 算 等 について 所 要 の 改 正 が 行 われました ⑼ 優 良 賃 貸 住 宅 の 割 増 償 却 制 度 について 次 の 見 直 しが 行 われました 1 中 心 市 街 地 優 良 賃 貸 住 宅 に 係 る 措 置 が 適 用 期 限 の 到 来 をもって 廃 止 さ れました 2 適 格 合 併 等 によって 高 齢 者 向 け 優 良 賃 貸 住 宅 の 移 転 を 受 けた 場 合 の 供 用 日 の 引 継 ぎ 等 に 関 する 措 置 について 適 格 事 後 設 立 により 移 転 を 受 け た 場 合 が 除 外 されるとともに 適 格 現 物 分 配 により 移 転 を 受 けた 場 合 が 追 加 されました ⑽ 特 定 再 開 発 建 築 物 等 の 割 増 償 却 制 度 倉 庫 用 建 物 等 の 割 増 償 却 制 度 特 別 償 却 不 足 額 がある 場 合 の 償 却 限 度 額 の 計 算 の 特 例 制 度 及 び 準 備 金 方 式 に よる 特 別 償 却 制 度 について 適 格 事 後 設 立 制 度 の 廃 止 適 格 現 物 分 配 に 係 る 措 置 の 整 備 等 に 伴 う 所 要 の 改 正 が 行 われました 4 準 備 金 等 関 係 ⑴ 海 外 投 資 等 損 失 準 備 金 制 度 について 次 の 見 直 しが 行 われた 上 その 適 用 期 限 が2 年 延 長 されました 1 資 源 探 鉱 事 業 法 人 及 び 資 源 探 鉱 投 資 法 人 の 特 定 株 式 等 に 係 る 準 備 金 の 積 立 率 が90%( 改 正 前 :100%)に 引 き 下 げられました 2 資 源 開 発 事 業 等 及 び 資 源 の 探 鉱 等 の 事 業 の 対 象 となる 資 源 から 石 炭 及 び 木 材 が 除 外 されました 3 適 格 合 併 等 により 準 備 金 対 象 資 産 が 移 転 する 場 合 の 益 金 算 入 規 定 の 適

19 用 除 外 等 に 関 する 措 置 について 所 要 の 改 正 が 行 われました 4 連 結 納 税 制 度 における 適 用 対 象 法 人 から 清 算 中 の 連 結 子 法 人 が 除 外 さ れました ⑵ 保 険 会 社 等 の 異 常 危 険 準 備 金 制 度 について 次 の 見 直 しが 行 われました 1 火 災 共 済 協 同 組 合 及 び 火 災 共 済 協 同 組 合 連 合 会 が 行 う 火 災 共 済 に 係 る 積 立 率 が2%( 改 正 前 :2.5%)に 引 き 下 げられました 2 火 災 保 険 等 及 び 火 災 共 済 に 係 る 積 立 率 の 特 例 について 次 の 見 直 しが 行 われた 上 その 適 用 期 限 が3 年 延 長 されました イ 火 災 共 済 に 係 る 積 立 率 の 特 例 における 積 立 率 が4%( 改 正 前 :5%) に 引 き 下 げられました ロ 火 災 保 険 等 及 び 火 災 共 済 に 係 る 積 立 率 の 特 例 について その 対 象 と なる 事 業 年 度 から 火 災 保 険 等 については 事 業 年 度 終 了 の 日 における 異 常 危 険 準 備 金 の 残 高 がその 事 業 年 度 における 正 味 収 入 保 険 料 の30% を 超 える 場 合 のその 事 業 年 度 が 火 災 共 済 については 同 残 高 がその 事 業 年 度 における 正 味 収 入 共 済 掛 金 の60%( 協 同 組 合 連 合 会 が 行 う 火 災 共 済 については 75%)を 超 える 場 合 のその 事 業 年 度 が それぞれ 除 外 されました 3 10 年 経 過 異 常 危 険 準 備 金 の 積 立 残 高 がある 場 合 の 益 金 算 入 における 被 合 併 法 人 等 からの 引 継 ぎ 金 額 の 加 算 等 に 関 する 措 置 について 所 要 の 改 正 が 行 われました 4 事 業 年 度 が1 年 に 満 たない 場 合 の 洗 替 保 証 限 度 額 の 算 定 における 当 年 度 保 険 料 等 の 計 算 の 特 例 について 所 要 の 改 正 が 行 われました 5 上 記 ⑴4と 同 様 の 改 正 が 行 われました ⑶ 中 小 企 業 等 の 貸 倒 引 当 金 の 特 例 について 次 の 見 直 しが 行 われました 1 中 小 企 業 等 の 法 定 繰 入 率 の 適 用 に 関 する 特 例 の 対 象 となる 法 人 から 大 法 人 との 間 にその 大 法 人 による 完 全 支 配 関 係 がある 普 通 法 人 が 除 外 され ました 2 本 制 度 の 対 象 に 適 格 分 割 等 により 分 割 承 継 法 人 等 に 移 転 する 一 括 評 価 金 銭 債 権 について 期 中 一 括 貸 倒 引 当 金 勘 定 を 設 けた 場 合 のその 一 括 評 価 金 銭 債 権 が 追 加 されました ⑷ 農 業 経 営 基 盤 強 化 準 備 金 制 度 について 次 の 見 直 しが 行 われました 1 適 用 対 象 となる 法 人 から 特 定 農 業 団 体 及 びこれに 準 ずる 組 織 が 除 外 さ れました 2 適 用 対 象 となる 交 付 金 等 について 水 田 農 業 構 造 改 革 補 助 金 が 除 外 さ れるとともに 戸 別 所 得 補 償 制 度 実 証 事 業 交 付 金 が 追 加 されました 3 上 記 ⑴4と 同 様 の 改 正 が 行 われました

20 ⑸ その 他 の 準 備 金 制 度 について 適 格 事 後 設 立 制 度 の 廃 止 分 割 型 分 割 を 行 った 場 合 のみなし 事 業 年 度 の 廃 止 等 に 伴 う 所 要 の 改 正 が 行 われました ⑹ 金 属 鉱 業 等 鉱 害 防 止 準 備 金 制 度 及 び 特 定 廃 棄 物 最 終 処 分 場 の 維 持 管 理 積 立 金 に 係 る 特 定 災 害 防 止 準 備 金 制 度 の 適 用 期 限 が2 年 延 長 されました ⑺ 探 鉱 準 備 金 又 は 海 外 探 鉱 準 備 金 制 度 の 適 用 期 限 が3 年 延 長 されました 5 土 地 税 制 関 係 ⑴ 法 人 の( 一 般 の) 土 地 の 譲 渡 等 がある 場 合 の 追 加 課 税 制 度 について 次 の 見 直 しが 行 われました 1 優 良 住 宅 地 等 のための 譲 渡 に 該 当 する 土 地 等 の 譲 渡 に 係 る 適 用 除 外 措 置 の 対 象 から 独 立 行 政 法 人 空 港 周 辺 整 備 機 構 に 対 する 土 地 等 の 譲 渡 が 除 外 されました 2 土 地 の 譲 渡 等 の 範 囲 から 除 かれる 行 為 について 適 格 事 後 設 立 による 土 地 等 の 移 転 が 除 外 されるとともに 適 格 現 物 分 配 による 土 地 等 の 移 転 が 追 加 されました 3 清 算 中 の 法 人 の 残 余 財 産 のうちに 土 地 等 がある 場 合 における 譲 渡 利 益 金 額 の 算 定 の 基 礎 となる 収 益 の 額 及 び 原 価 の 額 の 計 算 等 について 所 要 の 改 正 が 行 われました ⑵ 法 人 の 短 期 所 有 に 係 る 土 地 の 譲 渡 等 がある 場 合 の 追 加 課 税 制 度 について 次 の 見 直 しが 行 われました 1 本 制 度 の 適 用 除 外 措 置 の 対 象 から 独 立 行 政 法 人 空 港 周 辺 整 備 機 構 に 対 する 土 地 等 の 譲 渡 が 除 外 されました 2 適 格 事 後 設 立 制 度 の 廃 止 適 格 現 物 分 配 に 係 る 措 置 の 整 備 等 に 伴 う 所 要 の 改 正 が 行 われました ⑶ 特 定 住 宅 地 造 成 事 業 等 のために 土 地 等 を 譲 渡 した 場 合 の 所 得 の 特 別 控 除 (1,500 万 円 特 別 控 除 ) 制 度 について 次 の 見 直 しが 行 われました 1 適 用 対 象 から 地 方 公 共 団 体 が 空 港 周 辺 整 備 計 画 に 基 づいて 行 う 空 港 周 辺 の 整 備 に 関 する 事 業 のために 土 地 等 が 買 い 取 られる 場 合 が 除 外 されま した 2 自 然 公 園 法 及 び 自 然 環 境 保 全 法 の 改 正 に 伴 う 所 要 の 改 正 が 行 われまし た ⑷ 特 定 の 資 産 の 買 換 えの 場 合 等 の 課 税 の 特 例 について 次 の 見 直 しが 行 わ れました 1 過 疎 地 域 自 立 促 進 特 別 措 置 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 に 伴 い 本 制 度 の 対 象 地 域 となる 都 市 開 発 区 域 等 のうち 過 疎 地 域 の 区 域 が 追 加 され ました 2 適 格 事 後 設 立 制 度 の 廃 止 分 割 型 分 割 を 行 った 場 合 のみなし 事 業 年 度

21 の 廃 止 適 格 現 物 分 配 に 係 る 措 置 の 整 備 等 に 伴 う 所 要 の 改 正 が 行 われま した ⑸ 承 継 業 務 の 事 業 計 画 の 施 行 区 域 内 にある 土 地 等 の 交 換 の 場 合 の 課 税 の 特 例 が 適 用 期 限 の 到 来 に 伴 い 廃 止 されました ⑹ その 他 の 土 地 税 制 について 適 格 事 後 設 立 制 度 の 廃 止 適 格 現 物 分 配 に 係 る 措 置 の 整 備 等 に 伴 う 所 要 の 改 正 が 行 われました 6 その 他 の 特 別 措 置 関 係 ⑴ 交 際 費 等 の 損 金 不 算 入 制 度 について 次 の 見 直 しが 行 われた 上 その 適 用 期 限 が2 年 延 長 されました 1 中 小 企 業 者 に 係 る 定 額 控 除 額 の 特 例 の 対 象 となる 法 人 から 大 法 人 との 間 にその 大 法 人 による 完 全 支 配 関 係 がある 普 通 法 人 が 除 外 されました 2 清 算 中 の 各 事 業 年 度 が 本 制 度 の 対 象 事 業 年 度 とされました ⑵ 使 途 秘 匿 金 の 支 出 がある 場 合 の 課 税 の 特 例 について 清 算 所 得 課 税 の 廃 止 及 び 通 常 所 得 課 税 への 移 行 に 伴 う 所 要 の 改 正 が 行 われた 上 その 適 用 期 限 が2 年 延 長 されました ⑶ 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 に 対 する 寄 附 金 の 損 金 算 入 等 の 特 例 について 次 の 改 正 が 行 われました 1 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 の 申 請 書 の 添 付 書 類 及 び 各 事 業 年 度 の 報 告 書 類 等 について 次 のとおり 見 直 されました イ 寄 附 者 名 簿 について 初 回 の 認 定 に 係 る 申 請 書 の 添 付 書 類 であるこ とが 明 確 化 されるとともに 各 事 業 年 度 の 報 告 書 類 から 除 外 され そ の5 年 間 の 保 存 の 義 務 付 け 等 がされました ロ 事 業 報 告 書 等 の 所 轄 庁 から 入 手 することができる 書 類 について 申 請 書 の 添 付 書 類 及 び 各 事 業 年 度 の 報 告 書 類 から 除 外 され 国 税 庁 長 官 が 所 轄 庁 からその 事 業 報 告 書 等 の 写 しの 提 出 を 受 けること 等 とされま した ハ 法 令 等 に 違 反 する 疑 いがあると 認 められる 相 当 の 理 由 がない 旨 の 所 轄 庁 の 証 明 書 について 国 税 庁 長 官 が 所 轄 庁 から 提 出 を 受 けること 等 とされました 2 閲 覧 書 類 等 から 報 酬 又 は 給 与 を 得 た 役 員 又 は 従 業 員 の 氏 名 及 びその 金 額 に 関 する 事 項 社 員 の 親 族 割 合 に 関 する 事 項 及 び 特 定 法 人 等 割 合 に 関 する 事 項 を 記 載 した 書 類 が 除 外 されました 3 初 回 の 認 定 を 受 けようとする 特 定 非 営 利 活 動 法 人 のパブリック サポ ート テスト 等 の 実 績 判 定 期 間 を2 年 ( 原 則 5 年 )とすることができる 特 例 の 適 用 期 限 が1 年 延 長 されました ⑷ 特 定 地 域 雇 用 会 社 に 対 する 寄 附 金 の 損 金 算 入 の 特 例 が 平 成 22 年 3 月 31 日

22 をもって 廃 止 されました ⑸ 中 小 企 業 者 等 以 外 の 法 人 の 欠 損 金 の 繰 戻 しによる 還 付 の 不 適 用 制 度 につ いて 次 の 見 直 しが 行 われた 上 その 適 用 期 限 が2 年 延 長 されました 1 本 制 度 の 適 用 除 外 となる 法 人 から 大 法 人 との 間 にその 大 法 人 による 完 全 支 配 関 係 がある 普 通 法 人 が 除 外 されました 2 清 算 中 に 終 了 する 事 業 年 度 の 欠 損 金 額 については 本 制 度 を 適 用 しな いこととされました ⑹ 特 定 目 的 会 社 に 係 る 課 税 の 特 例 について 次 の 見 直 しが 行 われました 1 特 定 社 債 に 係 る 機 関 投 資 家 による 引 受 要 件 が 保 有 見 込 要 件 とされまし た 2 国 内 募 集 50% 超 要 件 について その 対 象 につき 特 定 社 債 が 除 外 され るとともに 一 定 の 特 定 出 資 が 追 加 されました ⑺ その 他 の 特 別 措 置 について 適 格 事 後 設 立 制 度 の 廃 止 適 格 現 物 分 配 に 係 る 措 置 の 整 備 等 に 伴 う 所 要 の 改 正 が 行 われました ⑻ 中 小 企 業 者 等 の 少 額 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 の 損 金 算 入 の 特 例 の 適 用 期 限 が2 年 延 長 されました ⑼ 農 林 中 央 金 庫 の 合 併 等 に 係 る 課 税 の 特 例 における 農 林 中 央 金 庫 等 の 合 併 に 係 る 措 置 の 適 用 期 限 が3 年 延 長 されました 相 続 税 法 等 の 改 正 一 相 続 税 贈 与 税 関 係 1 保 険 法 の 制 定 に 伴 うみなし 相 続 贈 与 財 産 の 改 正 保 険 法 の 制 定 を 踏 まえ みなし 相 続 贈 与 財 産 である 生 命 保 険 契 約 及 び 損 害 保 険 契 約 の 範 囲 が 明 確 化 されました 2 障 害 者 控 除 の 改 正 障 害 者 控 除 の 計 算 に 用 いる 年 数 について 相 続 人 が85 歳 ( 改 正 前 70 歳 )に 達 するまでの 年 数 によることとされました 3 定 期 金 給 付 契 約 に 関 する 権 利 の 評 価 の 改 正 定 期 金 給 付 契 約 に 関 する 権 利 の 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 評 価 方 法 について 次 の 見 直 しが 行 われました ⑴ 定 期 金 給 付 事 由 が 発 生 している 定 期 金 給 付 契 約 に 関 する 権 利 の 評 価 額 は 次 に 掲 げる 金 額 のうちいずれか 多 い 金 額 とすることとされました イ 解 約 返 戻 金 相 当 額 本 文 参 照 頁

23 ロ 定 期 金 に 代 えて 一 時 金 の 給 付 を 受 けることができる 場 合 には 当 該 一 時 金 の 金 額 ハ 予 定 利 率 等 を 基 に 算 出 した 金 額 ⑵ 定 期 金 給 付 事 由 が 発 生 していない 定 期 金 給 付 契 約 に 関 する 権 利 の 評 価 額 は 原 則 として 解 約 返 戻 金 相 当 額 とすることとされました 4 罰 則 の 見 直 し 脱 税 犯 等 に 係 る 法 定 刑 の 引 上 げ 等 の 見 直 しが 行 われました 二 地 価 税 関 係 1 罰 則 の 見 直 し 脱 税 犯 等 に 係 る 法 定 刑 の 引 上 げ 等 の 見 直 しが 行 われました 租 税 特 別 措 置 法 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 1 小 規 模 宅 地 等 についての 相 続 税 の 課 税 価 格 の 計 算 の 特 例 の 改 正 ⑴ 相 続 人 等 が 相 続 税 の 申 告 期 限 まで 事 業 又 は 居 住 を 継 続 しない 宅 地 等 ( 改 正 前 200m2まで50% 減 額 )が 適 用 対 象 から 除 外 されました ⑵ 一 の 宅 地 等 について 共 同 相 続 があった 場 合 には 取 得 した 者 ごとに 適 用 要 件 を 判 定 することとされました ⑶ 一 棟 の 建 物 の 敷 地 の 用 に 供 されていた 宅 地 等 のうちに 特 定 居 住 用 宅 地 等 の 要 件 に 該 当 する 部 分 とそれ 以 外 の 部 分 がある 場 合 には 部 分 ごとに 按 分 して 軽 減 割 合 を 計 算 することとされました ⑷ 特 定 居 住 用 宅 地 等 は 主 として 居 住 の 用 に 供 されていた 一 の 宅 地 等 に 限 られることが 明 確 化 されました 2 直 系 尊 属 から 住 宅 取 得 等 資 金 の 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 の 非 課 税 の 改 正 ⑴ 適 用 期 限 が 平 成 22 年 1 月 1 日 から 平 成 23 年 12 月 31 日 までとされました ⑵ 非 課 税 限 度 額 が 次 のとおり 引 き 上 げられました イ 平 成 22 年 中 に 住 宅 取 得 等 資 金 の 贈 与 を 受 けた 者 1,500 万 円 ロ 平 成 23 年 中 に 住 宅 取 得 等 資 金 の 贈 与 を 受 けた 者 1,000 万 円 ⑶ 特 定 受 贈 者 の 要 件 に 贈 与 を 受 けた 年 の 合 計 所 得 金 額 が2,000 万 円 以 下 であることが 追 加 されました 3 住 宅 取 得 等 資 金 に 係 る 相 続 時 精 算 課 税 の 特 例 の 改 正 ⑴ 特 定 の 贈 与 者 から 住 宅 取 得 等 資 金 の 贈 与 を 受 けた 場 合 の 相 続 時 精 算 課 税 の 特 例 について 適 用 期 限 が 平 成 23 年 12 月 31 日 まで2 年 延 長 されました ⑵ 住 宅 取 得 等 資 金 の 贈 与 を 受 けた 場 合 の 相 続 時 精 算 課 税 に 係 る 贈 与 税 の 特 本 文 参 照 頁

24 別 控 除 の 特 例 について 平 成 21 年 12 月 31 日 の 適 用 期 限 をもって 廃 止 されま した 4 非 上 場 株 式 等 についての 相 続 税 贈 与 税 の 納 税 猶 予 の 改 正 非 上 場 株 式 等 に 係 る 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 猶 予 制 度 が 適 用 されない 一 定 の 法 人 の 株 式 等 を 認 定 会 社 を 通 じて 保 有 する 場 合 における 適 用 要 件 が 明 確 化 されるとともに この 場 合 における 当 該 認 定 会 社 の 株 式 等 に 係 る 納 税 猶 予 税 額 の 計 算 上 当 該 法 人 の 株 式 等 相 当 額 を 算 入 しないこととする 等 の 所 要 の 見 直 しが 行 われました 5 特 定 受 贈 同 族 会 社 株 式 等 又 は 特 定 同 族 株 式 等 に 係 る 経 過 措 置 ( 平 成 21 年 改 正 法 附 則 6427)の 改 正 上 記 4の 改 正 に 伴 い 所 要 の 見 直 しが 行 われました 6 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 特 例 に 係 る 修 正 申 告 書 等 の 提 出 に 係 る 罰 則 の 創 設 正 当 な 理 由 がなくて 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 特 例 に 係 る 義 務 的 修 正 申 告 書 又 は 義 務 的 期 限 後 申 告 書 を 提 出 しなかった 者 について 申 告 書 不 提 出 犯 の 対 象 とす ることとされました 租 税 特 別 措 置 法 ( 登 録 免 許 税 関 係 )の 改 正 1 マンション 建 替 事 業 の 施 行 者 等 が 受 ける 権 利 変 換 手 続 開 始 の 登 記 等 の 免 税 措 置 の 改 正 適 用 対 象 から 施 行 再 建 マンションに 関 する 権 利 について 必 要 な 登 記 が 除 外 された 上 適 用 期 限 が 平 成 24 年 3 月 31 日 まで2 年 延 長 されました 2 認 定 事 業 再 構 築 計 画 等 に 基 づき 行 う 登 記 の 税 率 の 軽 減 措 置 の 改 正 次 の 資 本 金 の 額 の 増 加 の 登 記 について 適 用 対 象 となる 資 本 金 の 額 の 上 限 が3,000 億 円 とされた 上 適 用 期 限 が 平 成 24 年 3 月 31 日 まで2 年 延 長 されま した 1 株 式 会 社 の 設 立 又 は 資 本 金 の 額 の 増 加 2 合 併 又 は 分 割 による 株 式 会 社 の 設 立 又 は 資 本 金 の 額 の 増 加 の 登 記 におけ る 純 増 部 分 の 登 記 3 関 西 国 際 空 港 株 式 会 社 等 の 登 記 の 免 税 措 置 の 改 正 関 西 国 際 空 港 株 式 会 社 等 が 受 ける 次 の 登 記 について 免 税 措 置 から 税 率 の 軽 減 措 置 に 改 組 された 上 その 適 用 期 限 が 平 成 23 年 3 月 31 日 までとされまし た 1 資 本 金 の 額 の 増 加 の 登 記 ( 政 府 出 資 の 部 分 に 限 る ) 1,000 分 の1 本 文 参 照 頁

25 2 土 地 の 所 有 権 の 移 転 の 登 記 1,000 分 の3 3 土 地 の 地 上 権 又 は 賃 借 権 の 設 定 の 登 記 1,000 分 の1.5 4 土 地 の 所 有 権 の 保 存 の 登 記 1,000 分 の0.5 4 国 際 船 舶 の 所 有 権 の 保 存 登 記 等 の 税 率 の 軽 減 措 置 の 改 正 所 有 権 の 保 存 登 記 及 び 抵 当 権 の 設 定 登 記 に 係 る 軽 減 税 率 が1,000 分 の3に 引 き 上 げられた 上 その 適 用 期 限 が 平 成 24 年 3 月 31 日 まで2 年 延 長 されまし た 5 特 定 目 的 会 社 が 資 産 流 動 化 計 画 に 基 づき 特 定 不 動 産 を 取 得 した 場 合 等 の 所 有 権 の 移 転 登 記 等 の 税 率 の 軽 減 措 置 の 改 正 ⑴ 特 定 目 的 会 社 が 資 産 流 動 化 計 画 に 基 づき 不 動 産 又 は 指 名 金 銭 債 権 を 取 得 した 場 合 の 所 有 権 の 移 転 登 記 等 の 税 率 の 軽 減 措 置 について その 適 用 対 象 となる 不 動 産 から 倉 庫 及 びその 敷 地 ( 倉 庫 等 )が 除 外 されるとともに 所 有 権 の 移 転 登 記 の 軽 減 税 率 が 次 のとおり 段 階 的 に 引 き 上 げられた 上 適 用 期 限 が 平 成 25 年 3 月 31 日 まで3 年 ( 質 権 又 は 抵 当 権 の 移 転 登 記 にあっては 平 成 23 年 3 月 31 日 まで1 年 ) 延 長 されました 1 平 成 22 年 4 月 1 日 から 平 成 23 年 3 月 31 日 まで 1,000 分 の8 2 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで 1,000 分 の11 3 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 1,000 分 の13 ⑵ 信 託 会 社 等 が 投 資 信 託 約 款 に 従 い 特 定 不 動 産 を 取 得 した 場 合 の 所 有 権 の 移 転 の 登 記 の 税 率 の 軽 減 措 置 について その 適 用 対 象 となる 不 動 産 から 倉 庫 等 が 除 外 されるとともに 税 率 が 次 のとおり 段 階 的 に 引 き 上 げられた 上 適 用 期 限 が 平 成 25 年 3 月 31 日 まで3 年 延 長 されました 1 平 成 22 年 4 月 1 日 から 平 成 23 年 3 月 31 日 まで 1,000 分 の8 2 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで 1,000 分 の11 3 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 1,000 分 の13 ⑶ 一 定 の 投 資 法 人 が 規 約 に 従 い 特 定 不 動 産 を 取 得 した 場 合 の 所 有 権 の 移 転 の 登 記 の 税 率 の 軽 減 措 置 について その 適 用 対 象 となる 不 動 産 から 倉 庫 等 が 除 外 されるとともに 税 率 が 次 のとおり 段 階 的 に 引 き 上 げられた 上 適 用 期 限 が 平 成 25 年 3 月 31 日 まで3 年 延 長 されました 1 平 成 22 年 4 月 1 日 から 平 成 23 年 3 月 31 日 まで 1,000 分 の8 2 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで 1,000 分 の11 3 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 1,000 分 の13 6 租 税 特 別 措 置 の 適 用 期 限 の 延 長 次 の 租 税 特 別 措 置 の 適 用 期 限 が2 年 延 長 されました ⑴ 特 定 認 定 長 期 優 良 住 宅 の 所 有 権 の 保 存 登 記 等 の 税 率 の 軽 減 措 置 ⑵ 預 金 保 険 法 に 規 定 する 第 1 号 措 置 を 行 うべき 旨 の 内 閣 総 理 大 臣 の 決 定 に

26 基 づく 預 金 保 険 機 構 による 金 融 機 関 の 株 式 の 引 受 け 等 に 係 る 資 本 金 の 額 の 増 加 の 登 記 の 税 率 の 軽 減 措 置 ⑶ 認 定 経 営 基 盤 強 化 計 画 等 に 基 づき 行 う 登 記 の 税 率 の 軽 減 措 置 7 租 税 特 別 措 置 の 廃 止 次 の 租 税 特 別 措 置 が 適 用 期 限 をもって 所 要 の 経 過 措 置 を 講 じた 上 廃 止 されました ⑴ 農 地 保 有 合 理 化 法 人 又 は 農 地 利 用 集 積 円 滑 化 団 体 が 農 用 地 を 取 得 した 場 合 の 所 有 権 の 移 転 登 記 の 税 率 の 軽 減 措 置 ⑵ 漁 業 協 同 組 合 が 漁 業 協 同 組 合 連 合 会 から 権 利 義 務 の 包 括 承 継 をした 場 合 の 不 動 産 の 所 有 権 の 移 転 登 記 等 の 税 率 の 軽 減 措 置 ⑶ 農 林 中 央 金 庫 等 が 行 う 組 織 再 編 成 によってする 登 記 の 税 率 の 軽 減 措 置 ⑷ 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 から 交 換 により 土 地 を 取 得 した 場 合 の 所 有 権 の 移 転 登 記 の 税 率 の 軽 減 措 置 ⑸ 認 定 鉄 道 事 業 再 構 築 実 施 計 画 に 基 づき 鉄 道 施 設 を 取 得 した 場 合 の 所 有 権 の 移 転 登 記 等 の 税 率 の 軽 減 措 置 ⑹ 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 が 旧 法 人 から 承 継 した 権 利 又 は 資 産 に 係 る 登 記 等 の 免 税 措 置 国 際 課 税 関 係 の 改 正 1 特 定 外 国 子 会 社 等 に 係 る 所 得 の 課 税 の 特 例 等 の 改 正 ⑴ 特 定 外 国 子 会 社 等 の 判 定 における 租 税 負 担 割 合 の 基 準 が20% 以 下 ( 改 正 前 25% 以 下 )に 引 き 下 げられました また その 租 税 負 担 割 合 の 計 算 にお いて 非 課 税 所 得 から 除 かれる 本 店 所 在 地 国 以 外 の 国 の 法 人 から 受 ける 配 当 等 に 外 国 法 人 税 の 負 担 を 減 少 させる 仕 組 みに 係 るものでないことを 要 件 として 非 課 税 とされる 配 当 等 が 追 加 されました ⑵ 合 算 課 税 の 対 象 となる 内 国 法 人 等 の 直 接 及 び 間 接 の 外 国 関 係 会 社 の 株 式 等 の 保 有 割 合 要 件 が10% 以 上 ( 改 正 前 5% 以 上 )に 引 き 上 げられました ⑶ 被 統 括 会 社 の 株 式 等 の 保 有 を 行 う 統 括 会 社 ( 当 該 統 括 会 社 の 事 業 年 度 終 了 の 時 において 有 する 被 統 括 会 社 の 株 式 等 の 帳 簿 価 額 の 合 計 額 が 当 該 事 業 年 度 終 了 の 時 において 有 する 株 式 等 の 帳 簿 価 額 の 合 計 額 の50%に 相 当 する 金 額 を 超 える 場 合 における 当 該 統 括 会 社 に 限 ります )を 本 特 例 の 適 用 除 外 とならない 株 式 等 の 保 有 を 主 たる 事 業 とする 特 定 外 国 子 会 社 等 から 除 外 本 文 参 照 頁

27 することとされました また 卸 売 業 を 主 たる 事 業 とする 統 括 会 社 に 係 る 被 統 括 会 社 を 非 関 連 者 基 準 における 関 連 者 から 除 外 することとされました ( 注 ) 本 措 置 の 導 入 に 伴 い 特 定 外 国 子 会 社 等 で 非 関 連 者 基 準 又 は 所 在 地 国 基 準 を 満 たさないものが 事 業 基 準 実 体 基 準 及 び 管 理 支 配 基 準 を 満 たす 場 合 に 人 件 費 の10% 相 当 額 を 適 用 対 象 金 額 から 控 除 する 措 置 は 廃 止 されま した ⑷ 適 用 除 外 基 準 を 満 たす 特 定 外 国 子 会 社 等 であっても 一 定 の 剰 余 金 の 配 当 等 利 子 償 還 差 益 譲 渡 対 価 使 用 料 又 は 貸 付 けによる 対 価 に 係 る 所 得 ( 以 下 特 定 所 得 といいます )を 有 する 場 合 には 特 定 所 得 の 金 額 の 合 計 額 ( 以 下 部 分 適 用 対 象 金 額 といいます )のうち 内 国 法 人 等 のその 有 する 株 式 等 に 対 応 する 部 分 として 計 算 した 金 額 を 収 益 の 額 とみな して その 内 国 法 人 等 の 所 得 の 金 額 の 計 算 上 益 金 の 額 に 算 入 することと されました なお 特 定 外 国 子 会 社 等 の 部 分 適 用 対 象 金 額 に 係 る 収 入 金 額 が1,000 万 円 以 下 である 場 合 又 は 特 定 外 国 子 会 社 等 の 決 算 に 基 づく 所 得 の 金 額 に 相 当 する 金 額 のうちに 部 分 適 用 対 象 金 額 の 占 める 割 合 が5% 以 下 である 場 合 に は 本 措 置 は 適 用 されません ⑸ 内 国 法 人 等 が 外 国 法 人 から 受 ける 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 のうち 当 該 外 国 法 人 に 係 る 間 接 特 定 課 税 対 象 金 額 に 達 するまでの 金 額 をその 内 国 法 人 等 の 所 得 の 金 額 の 計 算 上 益 金 の 額 に 算 入 しないこととする 等 の 措 置 が 講 じられ ました ( 注 ) 間 接 特 定 課 税 対 象 金 額 とは 内 国 法 人 等 の 剰 余 金 の 配 当 等 を 受 ける 日 を 含 む 事 業 年 度 及 び 当 該 事 業 年 度 開 始 の 日 前 2 年 以 内 に 開 始 した 各 事 業 年 度 における 次 の 金 額 のうちいずれか 少 ない 金 額 をいいます イ 上 記 の 外 国 法 人 が 他 の 外 国 法 人 から 受 けた 剰 余 金 の 配 当 等 の 額 のうち 内 国 法 人 等 の 有 する 当 該 外 国 法 人 の 直 接 保 有 の 株 式 等 に 対 応 する 金 額 ロ イの 他 の 外 国 法 人 に 係 る 課 税 対 象 金 額 又 は 部 分 課 税 対 象 金 額 のうち 内 国 法 人 等 の 有 する 当 該 他 の 外 国 法 人 の 間 接 保 有 の 株 式 等 に 対 応 する 金 額 ⑹ 特 殊 関 係 株 主 等 である 内 国 法 人 等 に 係 る 特 定 外 国 法 人 に 係 る 所 得 の 課 税 の 特 例 における 外 国 関 係 法 人 の 租 税 負 担 割 合 の 基 準 等 について 所 要 の 改 正 が 行 われました 2 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 ( 移 転 価 格 税 制 )の 改 正 移 転 価 格 調 査 における 納 税 者 の 協 力 が 得 られない 場 合 の 推 定 課 税 規 定 にお いて 提 示 又 は 提 出 を 求 めている 書 類 の 範 囲 について 明 確 化 が 図 られました

28 3 振 替 国 債 等 の 利 子 の 課 税 の 特 例 等 の 改 正 ⑴ 適 格 外 国 証 券 投 資 信 託 の 範 囲 に 次 のいずれかに 該 当 する 外 国 投 資 信 託 ( 証 券 投 資 信 託 又 は 公 社 債 等 運 用 投 資 信 託 に 該 当 するものに 限 ります )が 追 加 されました 1 その 外 国 投 資 信 託 の 設 定 に 係 る 受 益 権 の 国 外 における 募 集 が 公 募 によ り 行 われている 外 国 投 資 信 託 で 一 定 の 要 件 を 満 たすもの 2 その 外 国 投 資 信 託 の 受 益 権 のすべてが 他 の 適 格 外 国 証 券 投 資 信 託 の 信 託 財 産 として 取 得 されたものであり かつ その 外 国 投 資 信 託 の 目 論 見 書 その 他 これに 類 する 書 類 にその 旨 の 記 載 がなされている 外 国 投 資 信 託 ⑵ 振 替 国 債 等 の 利 子 の 課 税 の 特 例 に 係 る 適 用 手 続 について 次 の 改 正 が 行 われました 1 非 課 税 適 用 申 告 書 について 振 替 国 債 等 の 利 子 の 支 払 者 ごとの 所 轄 税 務 署 長 への 提 出 を 簡 素 化 し 特 定 振 替 機 関 等 又 は 適 格 外 国 仲 介 業 者 ごと に これらを 経 由 して 特 定 振 替 機 関 等 の 所 轄 税 務 署 長 に 提 出 することと されました 2 適 格 外 国 仲 介 業 者 の 承 認 制 度 について 振 替 国 債 等 の 利 子 の 支 払 者 ご との 所 轄 税 務 署 長 の 承 認 から 特 定 振 替 機 関 ごとの 国 税 庁 長 官 の 承 認 とし その 承 認 の 取 消 事 由 を 明 確 化 することとされました 3 所 有 期 間 明 細 書 について 非 課 税 区 分 口 座 において 振 替 記 載 等 を 受 け た 振 替 国 債 等 につき 特 定 振 替 機 関 等 又 は 適 格 外 国 仲 介 業 者 が 源 泉 徴 収 の 計 算 の 明 細 書 をその 振 替 国 債 等 の 利 子 の 支 払 者 に 提 出 した 場 合 には 非 居 住 者 又 は 外 国 法 人 による 提 出 を 不 要 とするとともに 適 格 外 国 仲 介 業 者 から 振 替 国 債 等 の 利 子 の 受 領 者 に 関 する 事 項 を 適 格 口 座 管 理 機 関 に 通 知 させ これを 基 に 適 格 口 座 管 理 機 関 が 振 替 国 債 等 の 利 子 に 係 る 支 払 調 書 を 提 出 することとされました ( 注 ) 適 格 口 座 管 理 機 関 とは 特 定 口 座 管 理 機 関 又 は 特 定 間 接 口 座 管 理 機 関 のうち 非 課 税 区 分 口 座 設 定 時 の 確 認 等 の 事 務 が 適 正 に 行 われると 認 められるものとして 国 税 庁 長 官 から 承 認 を 受 けたものをいいます ⑶ 非 居 住 者 又 は 外 国 法 人 が 支 払 を 受 ける 利 付 振 替 国 債 等 の 償 還 差 益 につい て 所 得 税 及 び 法 人 税 を 課 さないこととされました 4 振 替 社 債 等 の 利 子 等 の 課 税 の 特 例 の 創 設 ⑴ 非 居 住 者 又 は 外 国 法 人 が 平 成 25 年 3 月 31 日 までに 発 行 される 振 替 社 債 等 (その 利 子 の 額 が 振 替 社 債 等 の 発 行 者 等 の 利 益 の 額 等 に 連 動 するものを 除 きます )につき 支 払 を 受 ける 利 子 及 び 償 還 差 益 について 所 得 税 及 び 法 人 税 を 課 さないこととされました ⑵ 上 記 ⑴の 措 置 は 振 替 社 債 等 の 発 行 者 と 特 殊 の 関 係 のある 者 が 支 払 を 受

29 ける 利 子 及 び 償 還 差 益 については 適 用 されません ( 注 ) 発 行 者 と 特 殊 の 関 係 のある 者 とは 発 行 者 との 間 に 発 行 済 株 式 等 の50% 超 の 保 有 関 係 がある 者 等 をいいます 5 民 間 国 外 債 等 の 利 子 等 の 課 税 の 特 例 の 改 正 民 間 国 外 債 等 の 利 子 等 の 課 税 の 特 例 について 次 の 見 直 しを 行 った 上 そ の 適 用 期 限 が 撤 廃 されました ⑴ 非 課 税 措 置 の 対 象 から 除 かれる 民 間 国 外 債 について 軽 課 税 国 に 本 店 等 が 所 在 する 実 体 のない 外 国 法 人 により 発 行 される 民 間 国 外 債 に 代 えて 次 のものとすることとされました 1 その 利 子 の 額 が 民 間 国 外 債 の 発 行 者 等 の 利 益 の 額 等 に 連 動 する 場 合 の 当 該 民 間 国 外 債 2 民 間 国 外 債 の 発 行 者 と 特 殊 の 関 係 のある 者 が 有 する 当 該 民 間 国 外 債 ( 注 ) 発 行 者 と 特 殊 の 関 係 のある 者 とは 発 行 者 との 間 に 発 行 済 株 式 等 の50 % 超 の 保 有 関 係 がある 者 等 をいいます ⑵ 指 定 民 間 国 外 債 制 度 について 2 年 間 の 経 過 措 置 を 講 じた 上 廃 止 する こととされました ⑶ 国 内 金 融 機 関 等 が 支 払 を 受 ける 上 記 ⑴1 又 は2に 該 当 する 民 間 国 外 債 の 利 子 について 源 泉 徴 収 を 免 除 することとされました 6 特 定 短 期 公 社 債 に 係 る 源 泉 徴 収 の 免 除 等 の 特 例 の 改 正 ⑴ 外 国 法 人 が 支 払 を 受 ける 特 定 短 期 社 債 の 償 還 差 益 について 所 得 税 及 び 法 人 税 を 課 さないこととされました ⑵ 外 国 法 人 が 支 払 を 受 ける 特 定 短 期 国 債 の 償 還 差 益 について 法 人 税 を 課 さ ないこととされました 7 外 国 組 合 員 に 対 する 課 税 の 特 例 の 改 正 外 国 組 合 員 に 対 する 課 税 の 特 例 について 本 特 例 の 適 用 要 件 における 業 務 の 執 行 は いわゆる 利 益 相 反 取 引 に 対 して 投 資 組 合 の 有 限 責 任 組 合 員 が 同 意 することを 含 まないこととされました 8 資 本 に 関 係 する 取 引 等 に 係 る 税 制 の 見 直 しに 係 る 国 際 課 税 関 係 の 改 正 自 己 株 式 として 取 得 されることを 予 定 して 取 得 した 株 式 が 自 己 株 式 として 取 得 された 際 に 生 ずるみなし 配 当 については 外 国 子 会 社 配 当 益 金 不 算 入 制 度 を 適 用 しないこととする 等 の 所 要 の 措 置 が 講 じられました 9 外 国 税 務 当 局 との 情 報 交 換 に 関 する 規 定 の 創 設 外 国 税 務 当 局 との 情 報 交 換 に 関 し 租 税 条 約 等 に 定 めるところにより 当 該 租 税 条 約 等 の 相 手 国 の 税 務 当 局 に 対 し 租 税 に 関 する 情 報 の 提 供 を 行 うこ とができる 旨 の 規 定 が 創 設 されました

30 10 その 他 の 国 際 課 税 の 改 正 ⑴ 国 際 課 税 に 関 する 罰 則 について 所 要 の 見 直 しが 行 われました ⑵ 保 険 法 の 制 定 に 伴 い 生 命 保 険 契 約 及 び 損 害 保 険 契 約 の 範 囲 が 明 確 化 さ れました 租 税 条 約 協 定 の 締 結 改 正 日 本 バミューダ 新 租 税 協 定 日 本 とバミューダとの 間 で 租 税 協 定 が 新 たに 締 結 され 第 174 回 通 常 国 会 で 承 認 されました( 平 成 22 年 (2010 年 )5 月 ) 本 協 定 は 租 税 に 関 する 国 際 標 準 に 基 づく 税 務 当 局 間 の 実 効 的 な 情 報 の 交 換 の 実 施 を 可 能 とするものであり G20 等 で 重 要 性 が 確 認 されている 国 際 的 な 脱 税 及 び 租 税 回 避 行 為 の 防 止 に 資 す ることとなります また 本 協 定 は 人 的 交 流 を 促 進 する 観 点 から 退 職 年 金 等 の 特 定 の 個 人 の 所 得 についての 課 税 の 免 除 を 規 定 しています 1 情 報 の 交 換 ⑴ 対 象 となる 租 税 ( 第 4 条 ) 本 協 定 の 情 報 交 換 の 対 象 となる 租 税 の 範 囲 について 規 定 しています( 我 が 国 については 所 得 税 法 人 税 住 民 税 相 続 税 及 び 贈 与 税 ) ⑵ 要 請 に 基 づく 情 報 の 交 換 ( 第 5 条 ) 以 下 のものが 主 に 規 定 されています 1 情 報 の 提 供 を 要 請 された 締 約 者 ( 以 下 被 要 請 者 といいます )の 権 限 のある 当 局 は この 協 定 の 実 施 又 は 第 4 条 に 規 定 する 租 税 に 関 する 法 令 の 規 定 の 運 用 若 しくは 執 行 に 関 連 する 情 報 の 交 換 を 通 じて 支 援 を 行 うため 要 請 に 応 じて 情 報 を 提 供 すること 2 被 要 請 者 は 情 報 の 提 供 を 要 請 された 場 合 には 自 己 の 課 税 目 的 のた めに 必 要 でないときであっても 要 請 された 情 報 を 提 供 するためにすべ ての 関 連 する 情 報 収 集 のための 措 置 をとること 3 各 締 約 者 は 金 融 機 関 等 が 保 有 する 情 報 を 要 請 に 応 じて 入 手 し 及 び 提 供 する 権 限 を 自 己 の 権 限 のある 当 局 に 対 して 付 与 することを 確 保 す ること ⑶ 要 請 を 拒 否 することができる 場 合 ( 第 7 条 ) 以 下 のものが 主 に 規 定 されています 1 情 報 の 提 供 の 要 請 が 本 協 定 に 従 って 行 われていない 場 合 等 には 被 要 本 文 参 照 頁

31 請 者 の 権 限 のある 当 局 は 支 援 を 拒 否 することができること 2 本 協 定 は 営 業 上 事 業 上 産 業 上 商 業 上 若 しくは 職 業 上 の 秘 密 又 は 取 引 の 過 程 を 明 らかにするような 情 報 については 提 供 する 義 務 が 課 さ れるものではないこと ⑷ 秘 密 ( 第 8 条 ) 本 協 定 に 基 づいて 受 領 した 情 報 は 秘 密 として 取 り 扱 うものとし 租 税 の 賦 課 又 は 徴 収 等 に 関 与 する 者 又 は 当 局 に 対 してのみ 開 示 することができ ること 等 について 規 定 しています 2 課 税 権 の 配 分 ⑴ 対 象 となる 者 ( 第 11 条 ) 課 税 権 の 配 分 に 関 する 規 定 は 日 本 又 はバミューダの 居 住 者 である 個 人 に 適 用 することを 規 定 しています ⑵ 対 象 となる 租 税 ( 第 12 条 ) 課 税 権 の 配 分 に 関 する 規 定 の 対 象 となる 租 税 の 範 囲 について 規 定 してい ます( 我 が 国 については 所 得 税 住 民 税 ) ⑶ 退 職 年 金 等 ( 第 条 ) 退 職 年 金 に 対 しては 居 住 地 においてのみ 課 税 できること( 第 14 条 ) 政 府 職 員 が 受 け 取 る 給 与 所 得 等 に 対 しては 政 府 職 員 の 派 遣 元 においての み 課 税 できること( 第 15 条 ) 学 生 又 は 事 業 修 習 者 が 滞 在 地 外 から 送 金 さ れて 受 け 取 った 生 計 費 又 は 学 費 等 については 滞 在 地 で 免 税 となること 等 ( 第 16 条 ) を 規 定 しています 3 その 他 の 規 定 の 整 備 上 記 のほか 次 のような 規 定 も 定 められました ⑴ 相 互 協 議 手 続 ( 第 17 条 ) 課 税 権 の 配 分 に 関 する 規 定 に 適 合 しない 課 税 について 権 限 のある 当 局 に 対 して 申 立 てを 行 うこと 及 び 権 限 のある 当 局 は 相 手 の 権 限 のある 当 局 と 協 議 を 行 って 解 決 を 図 ることができることを 規 定 しています ⑵ 不 利 益 な 又 は 制 限 的 な 租 税 に 係 る 課 税 措 置 の 禁 止 ( 第 18 条 ) 相 手 の 居 住 者 又 は 国 民 に 対 して 特 に 居 住 者 であるか 否 かに 関 し 同 様 の 状 況 にある 自 らの 国 民 に 適 用 する 措 置 よりも 不 利 益 な 又 は 制 限 的 な 租 税 に 係 る 課 税 措 置 を 適 用 してはならなことを 規 定 しています 4 効 力 発 生 適 用 開 始 本 協 定 は 双 方 においてそれぞれの 法 令 上 の 手 続 ( 我 が 国 の 場 合 は 国 会 の 承 認 )を 経 た 後 その 手 続 の 完 了 を 通 知 する 外 交 上 の 公 文 の 交 換 の 日 の 翌 日 から30 日 目 の 日 に 効 力 を 生 じ その 効 力 を 生 ずる 日 以 後 に 課 される 租 税 につ いて 適 用 されます ただし 課 税 権 の 配 分 に 関 する 規 定 は 効 力 を 生 ずる 年

32 の 翌 年 から 適 用 されることとなり 例 えば 2010 年 12 月 31 日 以 前 に 効 力 を 生 ずる 場 合 には 本 協 定 は 次 のものに 適 用 されます ⑴ 源 泉 徴 収 される 租 税 に 関 しては 2011 年 1 月 1 日 以 後 に 租 税 を 課 される 額 ⑵ 源 泉 徴 収 されない 所 得 に 対 する 租 税 に 関 しては 2011 年 1 月 1 日 以 後 に 開 始 する 各 課 税 年 度 の 所 得 日 本 シンガポール 租 税 協 定 の 改 正 日 本 マレーシア 租 税 協 定 の 改 正 日 本 ベルギー 租 税 条 約 の 改 正 及 び 日 本 ルクセンブルク 租 税 条 約 の 改 正 日 本 シンガポール 租 税 協 定 日 本 マレーシア 租 税 協 定 日 本 ベルギー 租 税 条 約 及 び 日 本 ルクセンブルク 租 税 条 約 について 改 正 が 行 われ 第 174 回 通 常 国 会 で 承 認 されました( 平 成 22 年 (2010 年 )5 月 ) これらの 改 正 は 現 行 の 条 約 又 は 協 定 ( 以 下 条 約 等 といいます )の 租 税 に 関 する 情 報 の 交 換 に 係 る 規 定 を 国 際 標 準 に 沿 った 規 定 とするものです 改 正 後 の 条 約 等 においては 租 税 に 関 する 国 際 標 準 に 基 づく 税 務 当 局 間 の 実 効 的 な 情 報 の 交 換 の 実 施 が 可 能 となり G20 等 で 重 要 性 が 確 認 されている 国 際 的 な 脱 税 及 び 租 税 回 避 行 為 の 防 止 に 資 することとなります なお これらの 改 正 は これらの 条 約 等 を 改 正 する 議 定 書 ( 以 下 改 正 議 定 書 といいます )の 締 結 により 行 われました 1 主 たる 改 正 点 ( 改 正 議 定 書 第 1 条 ただし 日 本 ルクセンブルク 租 税 条 約 改 正 議 定 書 については 第 2 条 ) ⑴ 情 報 交 換 の 対 象 となる 情 報 権 限 のある 当 局 は 条 約 等 の 規 定 の 実 施 又 は 両 国 若 しくは 地 方 政 府 等 が 課 するすべての 種 類 の 租 税 に 関 する 両 国 の 法 令 の 規 定 の 運 用 若 しくは 執 行 に 関 連 する 情 報 を 交 換 することとされ 情 報 交 換 の 対 象 となる 租 税 は 条 約 等 の 対 象 となる 税 目 に 限 定 されることなく すべての 種 類 の 租 税 に 拡 大 されました ⑵ 自 国 の 課 税 目 的 がない 場 合 情 報 の 提 供 を 要 請 された 国 は 自 国 の 課 税 目 的 がない 場 合 であっても 要 請 された 情 報 を 入 手 するための 必 要 な 措 置 を 講 ずることを 義 務 付 けられ 自 己 の 課 税 目 的 がないことのみを 理 由 として 情 報 提 供 を 拒 否 することはで きないとする 規 定 が 追 加 されました ⑶ 銀 行 等 が 有 する 情 報 等 情 報 の 提 供 を 要 請 された 国 は 銀 行 等 が 有 する 情 報 等 であることのみを 理 由 として 情 報 提 供 を 拒 否 することはできないとする 規 定 が 追 加 されまし た

33 2 効 力 発 生 適 用 開 始 ⑴ 日 本 ルクセンブルク 租 税 条 約 改 正 議 定 書 本 改 正 議 定 書 は 両 国 においてそれぞれの 国 内 手 続 ( 我 が 国 の 場 合 は 国 会 の 承 認 )を 経 た 後 その 国 内 手 続 の 完 了 を 通 知 する 外 交 上 の 公 文 の 交 換 の 日 の 翌 日 から30 日 目 の 日 に 効 力 を 生 じ その 効 力 を 生 ずる 日 以 後 に 課 さ れる 租 税 について 適 用 されます ⑵ 日 本 ベルギー 租 税 条 約 改 正 議 定 書 本 改 正 議 定 書 は 両 国 においてそれぞれの 国 内 手 続 ( 我 が 国 の 場 合 は 国 会 の 承 認 )を 経 た 後 国 内 手 続 が 完 了 したことを 相 手 国 に 通 告 し 遅 い 方 の 通 告 が 受 領 された 日 から30 日 目 の 日 に 効 力 を 生 じ 我 が 国 については その 効 力 を 生 ずる 年 の 翌 年 以 後 に 課 される 租 税 から ベルギーについては その 効 力 を 生 ずる 年 の 翌 年 の1 月 1 日 以 後 に 開 始 する 各 課 税 期 間 又 は 同 日 以 後 に 生 ずる 課 税 対 象 から 適 用 されます ⑶ 日 本 シンガポール 租 税 協 定 改 正 議 定 書 本 改 正 議 定 書 は 両 国 においてそれぞれの 国 内 手 続 ( 我 が 国 の 場 合 は 国 会 の 承 認 )を 経 た 後 国 内 手 続 が 完 了 したことを 相 手 国 に 通 告 し 遅 い 方 の 通 告 が 受 領 された 日 から30 日 目 の 日 に 効 力 を 生 じます ⑷ 日 本 マレーシア 租 税 協 定 改 正 議 定 書 本 改 正 議 定 書 は 両 国 においてそれぞれの 国 内 手 続 ( 我 が 国 の 場 合 は 国 会 の 承 認 )を 経 た 後 その 国 内 手 続 の 完 了 を 通 知 する 外 交 上 の 公 文 の 交 換 の 日 の 翌 日 から30 日 目 の 日 に 効 力 を 生 じ その 効 力 を 生 ずる 年 の 翌 年 から 適 用 されます 日 本 クウェート 新 租 税 条 約 日 本 とクウェート 国 との 間 で 租 税 条 約 が 新 たに 締 結 され 第 174 回 通 常 国 会 で 承 認 されました( 平 成 22 年 (2010 年 )5 月 ) 本 条 約 は 両 国 間 の 投 資 経 済 活 動 に 係 る 課 税 範 囲 を 確 定 すること 等 により 国 際 的 な 二 重 課 税 を 調 整 する ものです また この 締 結 により 両 国 の 税 務 当 局 間 の 相 互 協 議 や 租 税 に 関 す る 情 報 交 換 の 枠 組 みが 構 築 されることとなります これらにより 進 出 企 業 に 対 する 課 税 の 法 的 安 定 性 が 確 保 され 脱 税 及 び 租 税 回 避 行 為 を 防 止 しつつ 両 国 間 の 投 資 経 済 交 流 が 一 層 促 進 されることが 期 待 されます 1 事 業 利 得 ( 第 7 条 ) 事 業 利 得 に 対 する 課 税 について 国 際 的 な 租 税 条 約 モデル 及 び 我 が 国 の 他 の 租 税 条 約 の 規 定 と 同 様 に 相 手 国 の 企 業 が 取 得 する 事 業 利 得 については 恒 久 的 施 設 がなければ 課 税 することができない( 恒 久 的 施 設 なければ 課 税 なし の 原 則 )ことを 規 定 しています また 恒 久 的 施 設 がある 場 合 におい

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 金 融 証 券 税 制 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 の 投 資 信 託 の 受 益 権 3 証 券 投 資 信 託 以 外 の 公

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 の 概 要 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 経 済 再 生 をより 確 実 なものにしていくため 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 高 齢 者 層 から 若 年 層 への 資 産 の 早 期

平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 の 概 要 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 経 済 再 生 をより 確 実 なものにしていくため 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 高 齢 者 層 から 若 年 層 への 資 産 の 早 期 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 27 年 1 月 14 日 閣 議 決 定 ) k 主 な 改 正 内 容 k l 相 続 税 節 税 にも 有 効! 若 年 層 への 資 産 移 転 スムーズに 結 婚 子 育 て 資 金 一 括 贈 与 の 非 課 税 措 置 の 創 設 など l 法 人 税 率 引 下 げ! 各 租 税 特 別 措 置 も 拡 充 所 得 拡 大 促

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9 地 方 税 法 等 の 改 正 目 一 平 成 27 年 度 地 方 財 政 計 画 924 二 平 成 27 年 度 の 地 方 税 収 見 込 み 928 三 個 人 住 民 税 932 四 地 方 法 人 課 税 ( 法 人 住 民 税 法 人 事 業 税 ) 945 五 地 方 消 費 税 949 六 自 動 車 取 得 税 952 七 軽 自 動 車 税 961 次 八 軽 油 引 取 税

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

租 税 特 別 措 置 法 等 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 はじめに 平 成 25 年 度 税 制 改 正 では 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 成 長 と 富 の 創 出 の 好 循 環 を 実 現 する 等 の 観 点 から 生 産 等 設 備 投 資 促 進

租 税 特 別 措 置 法 等 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 はじめに 平 成 25 年 度 税 制 改 正 では 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 成 長 と 富 の 創 出 の 好 循 環 を 実 現 する 等 の 観 点 から 生 産 等 設 備 投 資 促 進 租 税 特 別 措 置 法 等 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 目 一 相 続 税 贈 与 税 の 見 直 し 583 Ⅰ 小 規 模 宅 地 等 についての 相 続 税 の 課 税 価 格 の 計 算 の 特 例 の 改 正 583 Ⅱ 直 系 尊 属 から 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 の 税 率 の 特 例 及 び 相 続 時 精 算 課 税 の 特 例 の

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

NY-11-0129 Word Proposal Template New

NY-11-0129 Word Proposal Template New 2015 年 度 税 制 改 正 Issue 110, April 2015 In brief 2015 年 3 月 31 日 2015 年 度 税 制 改 正 法 ( 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 及 び 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ) 及 び 関 連 する 政 省 令 が 公 布 され 法 人 税 については 一 部 の 規 定 を 除

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

平成21年度税制改正について

平成21年度税制改正について 相 続 税 法 等 の 改 正 所 得 税 関 係 のその 他 の 改 正 目 一 特 定 退 職 金 共 済 制 度 の 改 正 185 二 家 事 関 連 費 等 の 必 要 経 費 不 算 入 制 度 の 改 正 188 三 電 子 証 明 書 を 有 する 個 人 の 電 子 情 報 処 理 組 織 による 申 告 に 係 る 所 得 税 額 の 特 別 控 除 制 度 の 改 正 190

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人 2 各 表 の 記 載 の 仕 方 別 表 一 ( 一 ) 普 通 法 人 ( 特 定 の 医 療 法 人 を 除 く ) 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 の 分 の 申 告 書 1 この 表 の 用 途 この 表 は 普 通 法 人 一 般 社 団 法 人 等 ( 法 別 表 第 二 に 掲 げる 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 並 びに 公

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください ~ 平 成 25 年 度 税 制 改 正 ~ 新 しい 事 業 承 継 税 制 の 概 要 平 成 25 年 6 月 1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

Microsoft PowerPoint - 【速報版】図解 平成26年度税制改正大綱.pptx

Microsoft PowerPoint - 【速報版】図解 平成26年度税制改正大綱.pptx 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 速 報 版 情 報 提 供 税 理 士 法 人 名 南 経 営 広 報 室 平 成 26 年 度 税 制 改 正 の 全 体 像 ~ 主 要 項 目 一 覧 ~ 個 人 所 得 税 高 所 得 層 の 給 与 所 得 控 除 の 上 限 の 引 下 げ ゴルフ 会 員 権 等 の 損 益 通 算 の 廃 止 金 融 証 券 税 制 NISA( 少 額 投

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出 036-8900-1090-19 税 16 第 6 6 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

Microsoft PowerPoint - 【速報】図解・平成27年度税制改正大綱(1月6日時点).pptx

Microsoft PowerPoint - 【速報】図解・平成27年度税制改正大綱(1月6日時点).pptx 図 解 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 速 報 版 税 理 士 法 人 名 南 経 営 平 成 27 年 1 月 6 日 時 点 情 報 平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 全 体 像 ~ 主 要 項 目 一 覧 ~ 個 人 所 得 税 医 療 用 機 器 等 の 特 別 償 却 制 度 の 延 長 縮 減 ふるさと 納 税 制 度 の 拡 充 等 NISA( 少 額 投 資 非

More information

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源 1 第 4 回 グループ 法 人 の 税 務 と 会 計 ( 完 全 支 配 関 係 と 課 税 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 1 月 20 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 企 業 会 計 基 準 税 法 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 全 国 研 修 会 グループ

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構 2016( 平 成 28) 年 度 税 制 改 正 大 綱 決 定 2016.1.15 ~ 収 益 力 ある 企 業 の 投 資 や 賃 金 の 引 き 上 げ 促 進! 本 年 度 の 税 制 改 正 大 綱 について この 度 政 府 は 2016 年 度 税 制 改 正 の 関 連 法 案 を 閣 議 決 定 しました(2015.12.24) 3 月 末 までの 成 立 を 目 指 します 本

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63> 社 会 福 祉 法 人 設 立 提 出 書 類 様 式 集 平 成 5 年 4 月 座 間 市 福 祉 部 福 祉 長 寿 課 目 次 第 号 様 式 ( 第 条 関 係 ) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書... 様 式 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要... 3 様 式 定 款 案... 様 式 3 財 産 目 録... 様 式 4 贈 与 契 約 書... 3

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは

More information

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと 035-8900-1094-16 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 消 費 税 法 はじめに 第 一 問 第 二 問 ともに2 題 形 式 での 出 題 であり それぞれ 問 1 問 2の 配 点 の 内 訳 が 明 らかにされてい なかった 今 回 の 本 試 験 は 資 料 や 問 題 文 の 読 み 取 りが 厳 しい 内 容 もあったが 基 本 的 な 事 項 を 確

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

財団法人日本相撲連盟寄附行為

財団法人日本相撲連盟寄附行為 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 新 宿 区 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 我 が 国 におけるアマチュア

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

 

  法 令 及 び 定 款 に 基 づ く インターネット 開 示 事 項 1 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 2 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 平 成 25 年 度 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 ) 三 菱 食 品 株 式 会 社 法 令 及 び 当 社 定 款 第 16 条 の 規 定 に 基 づき 当 社 ホームページ (http://www.mitsubishi-shokuhin.com/)に

More information