(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの"

Transcription

1 独 禁 法 事 例 研 究 第 8 回 ( 平 成 26 年 12 月 10 日 ) 1 セブンイレブン ジャパンに 対 する 独 占 禁 止 法 25 条 訴 訟 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 事 案 の 概 要 と 問 題 点 の 発 表 が 行 われた 1. 事 案 概 要 (1) 経 緯 公 正 取 引 委 員 会 は 平 成 21 年 6 月 22 日 被 告 (P5 セブン-イレブン ジャパン) が 同 社 のフランチャイズチェーンの 加 盟 店 において 廃 棄 された 商 品 の 原 価 相 当 額 の 全 額 が 加 盟 店 の 負 担 となる 仕 組 みの 下 デイリー 商 品 1 の 見 切 り 販 売 2 を 行 おうとし 又 は 行 っている 加 盟 者 に 対 して 見 切 り 販 売 の 取 りやめを 余 儀 なくさせることにより 加 盟 者 が 自 らの 合 理 的 な 経 営 判 断 に 基 づいて 廃 棄 に 係 るデイリー 商 品 の 原 価 相 当 額 の 負 担 を 軽 減 する 機 会 を 失 わせている 行 為 が 法 19 条 に 基 づく 不 公 正 な 取 引 方 法 14 項 4 号 ( 現 行 の 独 禁 法 2 条 9 項 5 号 ハに 相 当 ) 所 定 の 優 越 的 地 位 の 濫 用 に 当 たるとして 被 告 に 対 して 排 除 措 置 命 令 を 発 した 平 成 21 年 8 月 21 日 上 記 排 除 措 置 命 令 が 確 定 した 上 記 排 除 措 置 命 令 の 確 定 を 受 け 被 告 との 間 で 加 盟 店 基 本 契 約 を 締 結 し コンビニエ ンスストアを 営 業 している 原 告 ら(P1 から P4 加 盟 店 オーナー)が 被 告 の 見 切 り 販 売 の 妨 害 行 為 によって 損 害 を 被 ったと 主 張 し 独 占 禁 止 法 第 25 条 に 基 づき 損 害 賠 償 を 請 求 する 訴 訟 を 提 起 した ( 参 考 ) 加 盟 店 がフランチャイズ 本 部 に 支 払 う 金 銭 (チャージ)の 計 算 方 法 等 { 売 上 高 -( 売 上 総 原 価 - 廃 棄 ロス 原 価 - 棚 卸 ロス 原 価 - 仕 入 割 引 高 )} チャージ 率 仕 入 れる 商 品 を 増 やしたことにより 廃 棄 商 品 が 増 えると 加 盟 店 の 収 益 は 減 少 するが フランチャイズ 本 部 に 支 払 うチャージ 金 額 は 減 らない 本 部 : 売 り 逃 しを 防 ぐために 加 盟 店 に 対 して 仕 入 れを 増 やすよう 要 求 する 加 盟 店 : 推 奨 価 格 で 売 れなかった 商 品 を 全 て 廃 棄 するよりも 値 下 げをしてでも 商 品 を 販 売 して 廃 棄 を 少 なくしたほうが 収 益 が 増 える (2) 争 点 争 点 1: 被 告 による 原 告 らに 対 する 組 織 的 な 見 切 り 販 売 妨 害 行 為 の 有 無 争 点 2: 被 告 による 原 告 らに 対 する 個 別 的 な 見 切 り 販 売 妨 害 行 為 の 有 無 争 点 3: 原 告 らの 損 害 の 有 無 及 びその 額 1 品 質 が 劣 化 しやすい 食 品 及 び 飲 料 であって 原 則 として 毎 日 納 品 されるもの 2 被 告 が 独 自 の 基 準 により 定 める 販 売 期 限 が 迫 っている 商 品 について それまでの 販 売 価 格 から 値 引 きした 価 格 で 消 費 者 に 販 売 する 行 為 1

2 (3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるものとされているにとどまらず 訴 訟 手 続 上 も 三 審 級 ではなく 二 審 級 とされており 当 事 者 の 審 級 の 利 益 を 考 慮 すると 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 である 本 訴 において 審 理 の 対 象 となる 損 害 賠 償 請 求 権 は 本 件 排 除 措 置 命 令 において 違 反 行 為 と 認 定 された 行 為 に 基 づいて 発 生 するものに 限 られると 解 される 見 切 り 販 売 を 勧 めずに できる 限 り 推 奨 価 格 を 維 持 して 販 売 することを 助 言 指 導 するにとどまる 場 合 についてまで 本 件 排 除 措 置 命 令 が 違 反 行 為 に 含 まれるものと 認 定 したとみることはできない 一 方 で 被 告 が 加 盟 店 オーナーに 対 し デイリー 商 品 を 推 奨 価 格 で 販 売 するよう に 求 める 助 言 指 導 の 域 を 超 えて 見 切 り 販 売 が 加 盟 店 契 約 に 違 反 する 行 為 である と 指 摘 し あるいは 見 切 り 販 売 を 行 うことより 加 盟 店 契 約 の 更 新 ができなくなる などの 不 利 益 が 生 ずることを 申 し 向 けるなどして 経 営 上 の 判 断 に 影 響 を 及 ぼす 事 実 上 の 強 制 を 加 え これにより 加 店 オーナーが 有 する 商 品 の 価 格 決 定 権 の 行 使 が 妨 げられ 見 切 り 販 売 の 取 りやめを 余 儀 なくさせていると 評 価 できる 場 合 には 本 件 排 除 措 置 命 令 の 認 定 した 違 反 行 為 に 含 まれるとみるのが 相 当 である 2 争 点 1: 被 告 による 原 告 らに 対 する 組 織 的 な 見 切 り 販 売 妨 害 行 為 の 有 無 について 原 告 らが 主 張 する 研 修 時 からの 開 店 に 至 る 一 連 の 妨 害 行 為 被 告 のシステムマニュ アル 被 告 による 廃 棄 当 然 という 誤 った 説 明 被 告 による 見 切 り 販 売 を 否 定 する 主 張 の 繰 り 返 し 被 告 によるブランドイメージの 強 調 等 については 助 言 指 導 の 域 を 超 えたものであることを 認 めるに 足 る 証 拠 はなく 被 告 が 原 告 らに 対 して 見 切 り 販 売 の 取 りやめを 余 儀 なくさせていると 評 価 することはできない 3 争 点 2: 被 告 による 原 告 らに 対 する 個 別 的 な 見 切 り 販 売 妨 害 行 為 の 有 無 について 被 告 の 経 営 相 談 員 は 原 告 らに 対 して デイリー 商 品 の 値 下 げはできない 等 の 発 言 等 を 行 っており 当 該 発 言 等 は 見 切 り 販 売 の 実 施 に 関 する 経 営 上 の 判 断 に 影 響 を 及 ぼす 事 実 上 の 強 制 となっている 見 切 り 販 売 を 行 おうとしている 加 盟 店 オーナーに 対 し その 有 する 商 品 の 価 格 決 定 権 の 行 使 を 妨 げ 見 切 り 販 売 の 取 りやめを 余 儀 なくさせているものとして 本 件 排 除 措 置 命 令 にいう 違 反 行 為 に 当 たると 認 めるのが 相 当 である 加 盟 店 オーナーである 原 告 らは 被 告 との 取 引 を 継 続 することができなくなれば それぞれが 事 業 主 である 各 店 舗 の 経 営 上 大 きな 支 障 を 来 すこととなるため 被 告 か 2

3 らの 要 請 に 従 わざるを 得 ない 立 場 にあると 認 められる 被 告 の 取 引 上 の 地 位 は 原 告 らに 対 して 優 越 しており 被 告 の 取 引 上 の 地 位 が 原 告 らに 優 越 していることを 利 用 して 見 切 り 販 売 の 妨 害 行 為 がされたと 認 められるから 被 告 の 原 告 らに 対 する 各 違 反 行 為 は 正 常 な 商 慣 習 に 照 らして 不 当 に 取 引 の 実 施 に ついて 原 告 らに 不 利 益 を 与 えたものであり 一 般 指 定 14 項 4 号 に 該 当 するものと して 法 19 条 に 違 反 する 違 法 な 行 為 であるというべきである 4 争 点 3: 原 告 らの 損 害 の 有 無 及 びその 額 について 本 件 における 損 害 額 は 1ある 時 間 以 降 に 見 切 り 販 売 を 行 った 場 合 の 利 益 から2あ る 時 間 以 降 も 見 切 り 販 売 を 行 わなかった 利 益 を 控 除 した 額 というべきである 上 記 の 額 を 算 定 するには 顧 客 の 購 買 行 動 近 隣 他 店 の 開 店 閉 店 の 状 況 近 隣 地 域 の 住 民 人 口 及 び 住 民 の 年 齢 等 の 変 化 の 状 況 景 気 動 向 など 複 雑 に 絡 み 合 って 相 互 に 影 響 し 合 う 多 くの 諸 要 素 を 考 慮 する 必 要 があり 具 体 的 に 認 定 することは 極 め て 困 難 である 本 件 においては 原 告 らに 損 害 が 生 じたことは 認 められるものの 損 害 の 性 質 上 その 額 を 立 証 することが 極 めて 困 難 であるから 民 訴 法 248 条 に 基 づき 口 頭 弁 論 の 全 趣 旨 及 び 証 拠 調 べの 結 果 に 基 づき 相 当 な 損 害 額 を 認 定 すべきである 損 害 額 の 算 定 が 困 難 であるにもかかわらず 被 告 に 対 し 損 害 賠 償 義 務 を 負 わせる 以 上 当 該 賠 償 額 の 算 定 に 当 たってはある 程 度 謙 抑 的 かつ 控 え 目 に 認 定 することを 避 けられない 見 切 り 販 開 始 妨 害 期 間 と 見 切 り 販 売 開 始 後 における 売 上 高 の 年 平 均 額 商 品 等 仕 入 高 商 品 等 廃 棄 額 利 益 等 の 比 較 等 を 行 い 本 件 で 顕 れた 一 切 の 事 情 を 総 合 すると P1 に 対 しては 280 万 円 P2 に 対 しては 100 万 円 P3 に 対 しては 600 万 円 P4 に 対 しては 160 万 円 の 損 害 が 認 められる 3

4 2. コメント 助 言 指 導 の 範 囲 内 かどうかを 基 準 にする 判 断 は 妥 当 か ( 参 考 ) フランチャイズ システムに 関 する 独 占 禁 止 法 上 の 考 え 方 について ( 見 切 り 販 売 の 制 限 ) 廃 棄 ロス 原 価 を 含 む 売 上 総 利 益 がロイヤルティの 算 定 の 基 準 となる 場 合 において 本 部 が 加 盟 者 に 対 して 正 当 な 理 由 がないのに 品 質 が 急 速 に 低 下 する 商 品 等 の 見 切 り 販 売 を 制 限 し 売 れ 残 りとして 廃 棄 することを 余 儀 なくさせること( 注 4) ( 注 4)コンビニエンスストアのフランチャイズ 契 約 においては 売 上 総 利 益 をロイヤル ティの 算 定 の 基 準 としていることが 多 く その 大 半 は 廃 棄 ロス 原 価 を 売 上 原 価 に 算 入 せず その 結 果 廃 棄 ロス 原 価 が 売 上 総 利 益 に 含 まれる 方 式 を 採 用 してい る この 方 式 の 下 では 加 盟 者 が 商 品 を 廃 棄 する 場 合 には 加 盟 者 は 廃 棄 ロス 原 価 を 負 担 するほか 廃 棄 ロス 原 価 を 含 む 売 上 総 利 益 に 基 づくロイヤルティも 負 担 することとなり 廃 棄 ロス 原 価 が 売 上 原 価 に 算 入 され 売 上 総 利 益 に 含 まれな い 方 式 に 比 べて 不 利 益 が 大 きくなりやすい 原 告 らの 損 害 の 有 無 及 びその 額 については 具 体 的 な 算 定 方 法 が 記 載 されていない ど のように 損 害 額 が 算 定 されているのか 不 明 であるが 算 定 された 損 害 額 は 妥 当 か 以 上 参 考 条 文 私 的 独 占 の 禁 止 及 び 公 正 取 引 の 確 保 に 関 する 法 律 ( 平 成 二 一 年 六 月 一 〇 日 法 律 第 五 一 号 による 改 正 前 ) 第 十 九 条 事 業 者 は 不 公 正 な 取 引 方 法 を 用 いてはならない 第 二 十 条 前 条 の 規 定 に 違 反 する 行 為 があるときは 公 正 取 引 委 員 会 は 第 八 章 第 二 節 に 規 定 する 手 続 に 従 い 当 該 行 為 の 差 止 め 契 約 条 項 の 削 除 その 他 当 該 行 為 を 排 除 するために 必 要 な 措 置 を 命 ずることができる 2 第 七 条 第 二 項 の 規 定 は 前 条 の 規 定 に 違 反 する 行 為 に 準 用 する ( 平 成 二 一 年 六 月 一 〇 日 法 律 第 五 一 号 による 改 正 後 ) 第 二 十 五 条 第 三 条 第 六 条 又 は 第 十 九 条 の 規 定 に 違 反 する 行 為 をした 事 業 者 ( 第 六 条 の 規 定 に 違 反 する 行 為 をした 事 業 者 にあつては 当 該 国 際 的 協 定 又 は 国 際 的 契 約 において 不 当 な 取 引 制 限 をし 又 は 不 公 正 な 取 引 方 法 を 自 ら 用 いた 事 業 者 に 限 る ) 及 び 第 八 条 第 一 項 の 規 定 に 違 反 する 行 為 をした 事 業 者 団 体 は 被 害 者 に 対 し 損 害 賠 償 の 責 めに 任 ずる 2 事 業 者 及 び 事 業 者 団 体 は 故 意 又 は 過 失 がなかつたことを 証 明 して 前 項 に 規 定 する 責 任 を 免 れることができない 4

5 一 般 指 定 14 項 ( 平 成 21 年 公 正 取 引 委 員 会 告 示 第 18 号 による 改 正 前 のもの) ( 優 越 的 地 位 の 濫 用 ) 14 自 己 の 取 引 上 の 地 位 が 相 手 方 に 優 越 していることを 利 用 して 正 常 な 商 慣 習 に 照 ら して 不 当 に 次 の 各 号 のいずれかに 掲 げる 行 為 をすること 一 継 続 して 取 引 する 相 手 方 に 対 し 当 該 取 引 に 係 る 商 品 又 は 役 務 以 外 の 商 品 又 は 役 務 を 購 入 させること 二 継 続 して 取 引 する 相 手 方 に 対 し 自 己 のために 金 銭 役 務 その 他 の 経 済 上 の 利 益 を 提 供 させること 三 相 手 方 に 不 利 益 となるように 取 引 条 件 を 設 定 し 又 は 変 更 すること 四 前 三 号 に 該 当 する 行 為 のほか 取 引 の 条 件 又 は 実 施 について 相 手 方 に 不 利 益 を 与 えること 五 取 引 の 相 手 方 である 会 社 に 対 し 当 該 会 社 の 役 員 ( 私 的 独 占 の 禁 止 及 び 公 正 取 引 の 確 保 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 五 十 四 号 ) 第 二 条 第 三 項 の 役 員 を いう 以 下 同 じ )の 選 任 についてあらかじめ 自 己 の 指 示 に 従 わせ 又 は 自 己 の 承 認 を 受 けさせること 民 事 訴 訟 法 ( 損 害 額 の 認 定 ) 第 二 百 四 十 八 条 損 害 が 生 じたことが 認 められる 場 合 において 損 害 の 性 質 上 その 額 を 立 証 することが 極 めて 困 難 であるときは 裁 判 所 は 口 頭 弁 論 の 全 趣 旨 及 び 証 拠 調 べの 結 果 に 基 づき 相 当 な 損 害 額 を 認 定 することができる その 後 以 下 のとおり 質 疑 が 行 われた 本 件 では 争 点 1として 被 告 による 原 告 らに 対 する 組 織 的 な 見 切 り 販 売 妨 害 行 為 の 有 無 争 点 2として 被 告 による 原 告 らに 対 する 個 別 的 な 見 切 り 販 売 妨 害 行 為 の 有 無 が 挙 げられているが このように 明 確 に 分 けて 論 じることに 意 味 があるのか 例 えば 個 別 的 な 妨 害 行 為 があれば 組 織 的 な 妨 害 行 為 がなくても 違 反 となりうるので はないか 〇 入 札 談 合 の 場 合 であれば 基 本 合 意 と 個 別 調 整 という2つが 問 題 になるが 組 織 的 行 為 が 立 証 されるのであれば 個 別 的 な 行 為 について 明 確 に 立 証 できない 場 合 でも 存 在 が 推 認 されるということはありうるのではないか セブンイレブンの 会 計 システムが 値 下 げ 監 視 のためのシステムであるということで あれば 組 織 的 な 行 為 であることの 大 きな 要 素 になるのではないか 5

6 組 織 的 か 個 別 的 かが このように 明 確 に 区 別 できるかは 疑 問 であり 争 点 1のところ での 考 慮 要 素 が 争 点 2のところの 議 論 でも 利 用 できたのではないかと 思 われる 本 部 による 助 言 指 導 の 範 囲 内 かどうかで 違 反 かどうかが 判 断 されているが 助 言 指 導 であっても 加 盟 者 にとっては 不 利 益 なこともありうるのではないか 本 件 では 助 言 指 導 の 範 囲 を 広 範 囲 に 許 容 しすぎているのではないか 各 原 告 の 損 害 額 の 算 定 方 法 が 不 明 確 である 本 件 は 課 徴 金 導 入 前 の 事 件 であるが 課 徴 金 導 入 後 であれば どのような 命 令 に なっていたか 興 味 深 い 本 件 では 公 取 は 組 織 的 な 行 為 により 違 反 を 認 定 している ように 見 える 〇 本 件 は 25 条 訴 訟 であるということが 大 前 提 であろう したがって 各 原 告 に 対 す る 行 為 が 排 除 措 置 命 令 の 対 象 となっているかどうかが 問 題 となっている 本 判 決 では 助 言 指 導 を 超 えていないと 違 反 とならないとまでは 言 っていないが 優 越 的 地 位 ガイドラインでも 余 儀 なくさせている 場 合 を 問 題 視 しており 単 なる 助 言 指 導 であれば 余 儀 なくさせている とまでは 言 えないという 議 論 もありうる 民 法 709 条 による 場 合 であれば 強 制 がなくても 損 害 があれば 問 題 となるので 助 言 指 導 であっても 損 害 賠 償 が 認 められることがありうるのではないか 〇 一 連 のセブンイレブンに 対 する 訴 訟 では 民 法 709 条 によらず 独 禁 法 25 条 によ る 訴 訟 が 多 かった 民 法 709 条 の 場 合 でも 助 言 指 導 と 損 害 発 生 との 因 果 関 係 の 立 証 は 必 要 であり その 際 に 余 儀 なくされた かどうかが 議 論 とはなりうるだろう 課 徴 金 については 個 別 に 判 断 せざるを 得 ないだろう 損 害 額 の 認 定 に 当 たり ある 程 度 謙 抑 的 かつ 控 え 目 に 認 定 することを 避 けられない との 一 般 論 を 述 べているが 民 訴 法 248 条 の 立 法 趣 旨 からここまで 言 い 切 ってしまっ てよいのか 疑 問 である この 表 現 自 体 は 本 判 決 で 初 めて 出 てきたものではない 6

7 2 神 鉄 タクシー 事 件 ( 大 阪 高 裁 判 決 ) 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 事 案 の 概 要 の 発 表 が 行 われた 1. 争 点 (1) 差 止 請 求 について 1 原 告 ( 個 人 タクシー 事 業 者 3 名 )と 被 告 ( 神 鉄 タクシー)との 間 の 競 争 関 係 ( 一 般 指 定 14 項 )の 有 無 2 被 告 の 行 為 は 原 告 らの 取 引 を 不 当 に 妨 害 ( 一 般 指 定 14 項 )したものか 3 被 告 の 行 為 によって 原 告 らに 著 しい 損 害 を 生 じ 又 は 生 ずるおそれがあるか( 独 禁 法 24 条 ) (2) 損 害 賠 償 請 求 について 1 被 告 の 行 為 が 原 告 らのうち 2 名 に 対 する 不 法 行 為 に 当 たるか 2 損 害 の 有 無 数 額 2. 裁 判 所 の 判 断 (1)1 競 争 関 係 の 有 無 について 一 般 指 定 14 項 にいう 競 争 関 係 は 自 己 と 他 の 事 業 者 の 間 に その 通 常 の 事 業 活 動 の 範 囲 内 において かつ 当 該 事 業 活 動 の 施 設 又 は 態 様 に 重 要 な 変 更 を 加 えることなく 同 一 の 需 要 者 に 同 種 又 は 類 似 の 商 品 又 は 役 務 を 供 給 し 又 は 供 給 することができるという 関 係 が 成 り 立 つことをいう( 独 禁 法 2 条 4 項 1 号 ) 同 一 の 需 要 者 は 本 件 各 タクシー 待 機 場 所 ( 鈴 蘭 台 駅 前 タクシー 待 機 場 所 北 鈴 蘭 台 駅 前 タクシー 待 機 場 所 )におけるタクシー 利 用 者 である 原 告 らが 本 件 各 タクシー 待 機 場 所 で 乗 客 を 得 ようとすることは 周 辺 で 事 業 活 動 を 行 う ために 必 要 な 法 令 上 の 許 可 を 得 ていることや 事 業 拠 点 の 所 在 地 からしても 不 合 理 と はいえない 競 争 関 係 があると 認 定 (1)2 不 当 な 取 引 妨 害 について 待 機 場 所 に 侵 入 しようとした 原 告 側 タクシーの 前 に 立 ちはだからせるなどの 行 為 は 物 理 的 実 力 を 用 いて 利 用 者 との 旅 客 自 動 車 運 送 契 約 の 締 結 を 妨 害 する 行 為 といえる 一 般 指 定 14 項 にいう 不 当 な 取 引 妨 害 に 当 たる 一 方 利 用 者 に 対 して 先 頭 車 両 以 外 の 車 両 に 乗 車 するよう 働 きかける 行 為 については 不 当 な 取 引 妨 害 に 当 たるとはいえないと 判 示 7

8 (1)3 著 しい 損 害 について 被 告 は 4 日 間 原 告 らのうち 2 名 から 北 鈴 蘭 台 駅 前 タクシー 待 機 場 所 においてタク シー 利 用 者 と 旅 客 自 動 車 運 送 契 約 を 締 結 する 機 会 をほぼ 完 全 に 奪 った 今 後 も 本 件 各 タクシー 待 機 場 所 において 同 様 の 行 為 が 行 われることが 予 想 される これは 公 正 かつ 自 由 な 競 争 を 促 進 するという 独 禁 法 の 目 的 ないし 理 念 を 真 っ 向 から 否 定 するも の である 手 段 としては 立 ちはだからせたり 被 告 タクシーを 割 り 込 ませたりするなど 原 告 側 タクシーが 利 用 者 を 乗 せて 発 進 することを 妨 害 した これらの 行 為 は 物 理 的 な 実 力 を 組 織 的 に 用 いて 利 用 者 との 旅 客 自 動 車 運 送 契 約 の 締 結 を 妨 害 するものである 損 害 の 内 容 程 度 独 禁 法 違 反 行 為 の 態 様 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 著 しい 損 害 を 認 定 独 禁 法 24 条 に 基 づく 差 止 請 求 は( 不 当 な 取 引 妨 害 に 当 たる 行 為 の 差 止 めという 限 度 で) 認 められる (2)1 不 法 行 為 について 被 告 の 妨 害 行 為 は 営 業 活 動 をすることが 出 来 る 利 益 を 違 法 に 侵 害 するものである 不 法 行 為 に 当 たる (2)2 損 害 の 有 無 数 額 について 乗 客 を 得 る 機 会 を 喪 失 したことによる 損 害 は 得 られたはずの 売 上 高 でなく 限 界 利 益 である 原 告 らのうち 1 名 に 330 円 1 名 に 320 円 の 額 の 損 害 賠 償 を 認 める 精 神 的 苦 痛 に 対 する 慰 謝 料 については 自 ら 求 めて 被 告 の 行 為 による 被 害 を 受 けたと いう 面 がないわけではない 精 神 的 苦 痛 に 対 する 慰 謝 料 は 認 めず その 後 以 下 のとおり 質 疑 が 行 われた 原 審 よりも 本 判 決 は 市 場 を 狭 く 見 ているが 実 態 に 即 しており 納 得 がいくと 思 われる 被 告 の 従 業 員 等 が 利 用 者 を 先 頭 車 両 以 外 に 乗 車 するよう 誘 導 する 行 為 について 不 当 な 取 引 妨 害 には 当 たらないとしているが 一 般 の 慣 習 からすると 違 和 感 がある また 損 害 額 の 算 定 に 当 たり 4 日 間 で1 回 ずつしか 乗 客 を 奪 われた 機 会 はないと しているが 少 なすぎるのではないかと 思 われる 先 頭 車 両 以 外 への 誘 導 を 問 題 視 しなかったことには 日 本 の 商 慣 習 からみて 違 和 感 は 8

9 あるが 施 設 の 利 用 のフリーライドを 防 ぐための 有 料 での 共 同 利 用 などの 検 討 の 余 地 は あるのではないかと 思 われる 著 しい 損 害 について 原 審 はゆうパック 判 決 に 基 づき 市 場 からの 排 除 を 必 要 と してハードルが 高 い 印 象 であったが 民 法 709 条 による 場 合 であれば 強 制 がなくて も 損 害 があれば 問 題 となるので 助 言 指 導 であっても 損 害 賠 償 が 認 められることが ありうるのではないか 〇 本 判 決 は 一 般 論 を 変 えているのではなく 市 場 の 取 り 方 を 変 えているということか と 思 われる 著 しい 不 利 益 を 取 引 分 野 ごとに 見 るのか 事 業 者 単 位 で 見 るのかという 問 題 がある 優 越 的 地 位 の 濫 用 事 件 でも 特 定 の 地 区 で 不 利 益 を 受 けていることについて どのよう に 考 えるべきかという 問 題 がある このような 訴 訟 が 提 起 されることを 促 進 すべきとの 立 場 に 立 つと 特 定 の 分 野 での 損 害 を 問 題 視 する 傾 向 があろう 本 件 では 施 設 が 公 有 地 にあるか 私 有 地 にあるかで 評 価 が 変 わったと 考 えるべきなの か 私 的 な 設 備 であっても NTT や 電 力 会 社 の 設 備 のように 開 放 が 求 められることはあ りうる ただし その 場 合 でも 有 料 か 無 料 かは 問 題 となりうる 先 頭 車 両 以 外 への 誘 導 については 一 部 私 有 地 があったこととも 関 連 しているのか もしれない 自 社 の 車 両 に 誘 導 しようとすることは 正 当 な 営 業 活 動 の 側 面 もある 空 港 でも 似 たようなことはあるが 使 用 料 を 払 っているので フリーライドの 場 合 と は 異 なるものと 思 われる 過 去 の 公 取 への 相 談 事 例 において 駅 前 のバスターミナルについて アウトサイダーに 維 持 運 営 費 の 支 払 いを 求 めることに 正 当 性 があるとされたことがある 利 用 料 が 高 いか 安 いかという 問 題 と そもそも 利 用 させないということでは 問 題 が 異 なるのではないか 9

10 過 去 の 矢 板 バス 事 件 や 新 潟 エレベーター 事 件 では 弁 論 終 結 時 に 行 為 が 終 了 しており 再 び 行 われる 可 能 性 もないため 差 し 止 めは 認 められなかった 本 判 決 は 一 般 論 はあ まり 述 べていないが 過 去 と 将 来 の 両 方 について 一 応 述 べている 損 害 額 については 認 定 された 金 額 は 小 さいが nominal damage の 考 え 方 に 基 づい て ゼロではないということを 述 べただけなのかもしれない 設 備 が 開 放 されるべきかについては 私 的 なものであっても 電 気 通 信 や 電 力 のように もともと 公 益 事 業 特 権 に 基 づいて 保 持 されてきたものであるとか 特 許 権 の 場 合 の FRAND 宣 言 がなされた 場 合 などのようなときには 開 放 されるべきということになる のかもしれない 10

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

法 律 の 目 的 及 び 概 要 1. 目 的 平 成 26 年 4 月 及 び 平 成 29 年 4 月 の 消 費 税 率 の 引 上 げに 際 し, 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 を 確 保 するため, 特 定 事 業 者 による 消 費 税 の 転 嫁 拒 否 等 の

法 律 の 目 的 及 び 概 要 1. 目 的 平 成 26 年 4 月 及 び 平 成 29 年 4 月 の 消 費 税 率 の 引 上 げに 際 し, 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 を 確 保 するため, 特 定 事 業 者 による 消 費 税 の 転 嫁 拒 否 等 の 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 の 確 保 のための 消 費 税 の 転 嫁 を 阻 害 する 行 為 の 是 正 等 に 関 す る 特 別 措 置 法 及 びガイドライン 等 について 法 律 の 目 的 及 び 概 要 1. 目 的 平 成 26 年 4 月 及 び 平 成 29 年 4 月 の 消 費 税 率 の 引 上 げに 際 し, 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

諮問第1号

諮問第1号 平 成 28 年 2 月 諮 問 説 明 資 料 ページ 諮 問 第 1 号 退 職 手 当 支 給 制 限 処 分 に 関 する 審 査 請 求 について 1 総 務 企 画 局 諮 問 第 1 号 退 職 手 当 支 給 制 限 処 分 に 関 する 審 査 請 求 について 第 1 議 会 への 諮 問 の 理 由 酒 気 帯 び 運 転 を 行 った 教 員 に 対 して, 平 成 27 年

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年 判 例 時 報 平 成 26 年 6 月 21 日 号 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セ 現 状 と 課 題 ンター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 < 行 政 > 1 件 33 < 民 事 > 6 件 46 < 知 の 財 産 権 > 2 件 100 < 商 事 > 1

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本 金 融 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン 第 1 条 目 的 ( 法 第 1 条 関 連 ) 1 本 ガイドラインは 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 以 下 法 という ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 15 年 政 令 第 507 号 以 下 施 行 令 という

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され 主 文 1 札 幌 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 原 告 に 対 して 平 成 24 年 12 月 6 日 付 けでした 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 家 屋 について 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 平 成 24 年 度 の 価 格 についての 審 査 の 申 出 を 棄 却 する 旨 の 決 定 のうち, 価 格 1 億 2698 万

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

<4D F736F F D20378C8E3393FA838C834E B B B5F92C78B4C94C52E646F6378>

<4D F736F F D20378C8E3393FA838C834E B B B5F92C78B4C94C52E646F6378> 2013 年 7 月 3 日 新 潟 大 学 職 員 組 合 委 員 長 新 潟 大 学 未 払 い 賃 金 請 求 大 学 自 治 侵 害 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 原 告 団 長 世 取 山 洋 介 (よとりやま ようすけ) 本 日 新 潟 地 裁 に 提 訴 した 新 潟 大 学 未 払 い 賃 金 請 求 大 学 自 治 侵 害 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 について 1. 給 与

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権 民 法 改 正 論 点 の 検 討 ~ 消 滅 時 効 制 度 その1~ 平 成 27 年 10 月 26 日 弁 護 士 法 人 ほくと 総 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 平 岡 弘 次 弁 護 士 井 田 大 輔 第 1 はじめに 平 成 27 年 2 月 10 日 開 催 の 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 第 99 回 会 議 において 民 法 ( 債 権 関 係 ) の 改

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6 主 文 一 被 告 栃 木 県 宇 都 宮 県 税 事 務 所 長 が 原 告 に 対 し 別 紙 目 録 記 載 の 建 物 につき 昭 和 五 一 年 一 二 月 一 〇 日 付 けでした 課 税 標 準 を 金 三 億 一 五 六 一 万 九 〇 〇 〇 円 税 額 を 金 九 四 六 万 八 五 七 〇 円 とする 不 動 産 取 得 税 賦 課 決 定 を 取 り 消 す 二 被 告 栃

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

会員規約(バニラVisaオンライン会員用)

会員規約(バニラVisaオンライン会員用) 会 員 規 約 (バニラ Visa オンライン 会 員 用 ) 第 1 条 ( 目 的 ) (1) 本 規 約 は インターネット 上 の 加 盟 店 で 代 金 決 済 に 利 用 する ことができるインターネット 決 済 専 用 プリペイドカードであって SBI カード 株 式 会 社 ( 以 下 SBI カード 又 は 当 社 という ) が 発 行 するもの( 名 称 :バニラ Visa オンライン(

More information

123456789012345678901234567890123456

123456789012345678901234567890123456 医 療 保 険 約 款 における 法 的 問 題 上 智 大 学 甘 利 公 人 1.はじめに 医 療 保 険 は 被 保 険 者 が 傷 害 または 疾 病 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 入 院 手 術 をした ときに 保 険 金 を 支 払 うものである 被 保 険 者 が 傷 害 や 疾 病 を 原 因 として 入 院 手 術 をしたこ とが 保 険 事 故 となっている 医

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 地 方 公 務 員 法 ( 抜 粋 ) 第 六 節 の 二 退 職 管 理 ( 再 就 職 者 による 依 頼 等 の 規 制 ) 第 三 十 八 条 の 二 職 員 ( 臨 時 的 に 任 用 された 職 員 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 及 び 非 常 勤 職 員 ( 第 二 十 八 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 短 時 間 勤 務 の 職 を 占 める 職 員 を 除

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

PMK510プライバシーマーク制度における欠格事項及び判断基準

PMK510プライバシーマーク制度における欠格事項及び判断基準 プライバシーマーク 制 度 における 欠 格 事 項 及 び 判 断 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思 第 4 章 電 子 商 取 引 (10 月 10 日 ) 1 授 業 のねらい 電 子 商 取 引 において 事 業 者 がどのような 事 柄 について 情 報 提 供 を 行 うべきであるか について 理 解 する 電 子 商 取 引 には どのような 法 令 が 適 用 されるのか? 事 業 者 はどの 範 囲 のものをさすのか ネットオークションで 私 人 が 出 品 する 場 合 はどう か?

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2 重 要 判 例 速 報 解 説 平 成 28(2016) 年 7 月 29 日 長 澤 運 輸 事 件 ( 東 京 地 判 平 成 28 年 5 月 13 日 )について 定 年 後 再 雇 用 による 嘱 託 社 員 ( 有 期 契 約 労 働 者 )と 正 社 員 ( 無 期 契 約 労 働 者 )との 間 の 賃 金 の 定 めの 相 違 が 不 合 理 であり 労 働 契 約 法 20 条

More information

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法 Ⅲ 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 務 手 続 き 1. 概 要 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 例 は 全 国 ではまだ 例 が 少 なく 膨 大 な 事 務 量 と 専 門 知 識 を 必 要 とする 割 には 具 体 的 な 事 務 手 続 きを 示 した 知 見 が 少 ない のが 現 状 である

More information

24-1-本文-中表紙.indd

24-1-本文-中表紙.indd 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 論 説 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 岩 﨑 政 明 Ⅰ はじめに 本 稿 は 弁 護 士 法 23 条 の 2 に 定 める いわゆる 弁 護 士 会 照 会 に 対 して 顧 客 情 報 について 守 秘 義 務 を 負 う 税 理 士 等 の 専 門 家 がその

More information

平成  年(厚)第  号

平成  年(厚)第  号 項 番 2 平 成 21 年 ( 健 ) 第 71 号 平 成 22 年 2 月 26 日 裁 決 主 文 1 後 記 第 2の2 記 載 の 原 処 分 のうち 平 成 〇 年 〇 月 〇 日 から 同 年 〇 月 〇 日 までの 期 間 について 傷 病 手 当 金 を 支 給 しないとした 部 分 を 取 り 消 す 2 その 余 の 本 件 再 審 査 請 求 を 棄 却 する 理 由 第

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032337732363639368140834783438375838B91CE83548393834E8358816989BC96BC8F88979D8DCF82DD816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032337732363639368140834783438375838B91CE83548393834E8358816989BC96BC8F88979D8DCF82DD816A2E646F63> 平 成 24 年 10 月 17 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 領 収 裁 判 所 書 記 官 平 成 23 年 (ワ) 第 26696 号 ロイヤルティ 等 請 求 事 件 ( 被 告 株 式 会 社 サンク ス ライフパートナー 関 係 ) 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 24 年 8 月 29 日 判 決 東 京 都 港 区 < 以 下 略 > 原 告 株 式 会 社 エ イ ブ ル

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

厚生労働省

厚生労働省 わが 国 の 自 治 体 立 病 院 の 主 流 は 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 規 定 のみが 適 用 される 一 部 適 用 と なるが 近 年 はこれを 全 部 適 用 とし 企 業 管 理 者 を 設 置 することにより 人 事 労 務 等 をも 委 ねる 手 法 を 採 用 する 事 例 が 段 階 的 に 増 えつつある 下 記 図 1.15 は 経 営 のあり 方 の 差

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法 国 家 公 務 員 倫 理 規 程 質 疑 応 集 利 害 関 係 者 の 定 義 利 害 関 係 者 全 般 問 1 倫 理 法 及 び 倫 理 規 程 の 事 業 者 等 には 地 方 公 共 団 体 は 含 まれるのか 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 はどうか 地 方 公 共 団 体 は 事 業 者 等 に 含 まれる 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 は

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

労働契約法改正 ~有期雇用はどう変わる?~

労働契約法改正 ~有期雇用はどう変わる?~ 2016.5.31 第 20 号 マタニティ ハラスメント(マタハラ)への 対 応 - 妊 娠 出 産 育 児 等 を 理 由 とする 不 利 益 取 扱 いの 違 法 性 - POINT ❶ 妊 娠 出 産 等 を 理 由 とする 不 利 益 取 扱 いは 違 法 です 梅 田 総 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 古 賀 健 介 弁 護 士 望 月 康 平 ❷ 使 用 者 には 妊 娠 中 の

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

( 第 2 項 ) 会 員 がサービスを 利 用 するためにカードを 提 示 した 場 合 当 社 及 び 関 連 会 社 は 会 員 本 人 であることを 確 認 するために 身 分 証 明 書 の 提 示 を 要 求 することがあります この 場 合 会 員 は 当 社 及 び 関 連 会 社

( 第 2 項 ) 会 員 がサービスを 利 用 するためにカードを 提 示 した 場 合 当 社 及 び 関 連 会 社 は 会 員 本 人 であることを 確 認 するために 身 分 証 明 書 の 提 示 を 要 求 することがあります この 場 合 会 員 は 当 社 及 び 関 連 会 社 ロッテ 免 税 店 VIP 会 員 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は ロッテ 免 税 店 の 会 員 がロッテ 免 税 店 ( 以 下 当 社 という )が 提 供 する 会 員 サービスを 利 用 するにあたり ロッテ 免 税 店 の 会 員 と 当 社 内 における 諸 権 利 義 務 及 び 関 連 諸 手 続 きなどを 規 定 することにその 目 的 があります 第

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464>

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464> 徳 島 県 情 報 公 開 審 査 会 答 申 第 37 号 第 1 審 査 会 の 結 論 実 施 機 関 が 産 業 廃 棄 物 処 理 業 の 事 業 範 囲 変 更 許 可 申 請 書 ( 平 成 11 年 2 月 10 日 付 け) 平 成 11 年 度 分 のダイオキシン 類 測 定 結 果 報 告 書 平 成 11 年 度 分 の 産 業 廃 棄 物 の 処 分 実 績 報 告 書 に

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に 2015.9.1 2015 年 ベトナム 民 法 改 正 ドラフトに 対 する JICA 民 法 共 同 研 究 会 見 解 (エグゼクティブ サマリー) JICA 法 司 法 制 度 改 革 支 援 プロジェクト(フェーズ 2) 民 法 共 同 研 究 会 序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行

More information

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の 滞 納 管 理 費 等 回 収 のための 管 理 組 合 による 措 置 に 係 るフローチャート( 解 説 ) フローチャートにおける 各 手 順 の 概 要 は つぎのとおりである (1) 督 促 管 理 組 合 は 滞 納 者 に 対 して 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 の 督 促 とともに 今 後 も 滞 納 が 継 続 する 場 合 には その 状 況 に 応 じてさらなる 措 置

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

M. Nakamura CHUKYO LAWYER 第 1 はじめに 近 時 債 務 超 過 やそれに 等 しい 窮 状 に 陥 った 会 社 が 会 社 分 割 制 度 とりわけ 新 設 分 割 制 度 を 用 い て 再 建 を 行 う 手 法 が 実 務 上 行 われている その 中 で 会

M. Nakamura CHUKYO LAWYER 第 1 はじめに 近 時 債 務 超 過 やそれに 等 しい 窮 状 に 陥 った 会 社 が 会 社 分 割 制 度 とりわけ 新 設 分 割 制 度 を 用 い て 再 建 を 行 う 手 法 が 実 務 上 行 われている その 中 で 会 CHUKYO LAWYER Vol. 17 2012 法 務 研 修 セミナー 第 30 回 報 告 詐 害 的 会 社 分 割 における 債 権 回 収 方 法 要 件 事 実 の 検 討 を 中 心 として 中 京 大 学 法 科 大 学 院 法 務 研 究 科 研 修 生 中 村 将 成 目 次 第 1 はじめに 第 2 会 社 法 22 条 1 項 類 推 適 用 による 債 権 回 収 方

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323281798E9197BF8251817C8251817A836F8343834E95D682CC93C195CA89C193FC82CC91CE8FDB8ED28A6791E52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323281798E9197BF8251817C8251817A836F8343834E95D682CC93C195CA89C193FC82CC91CE8FDB8ED28A6791E52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 背 景 バイク 便 事 業 者 に 係 る 特 別 加 入 の 対 象 範 囲 の 見 直 しについて いわゆるバイク 便 事 業 者 については 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 等 の 規 制 の 対 象 となって いる 総 排 気 量 125cc 超 のバイクを 使 用 する 事 業 者 について 特 別 加 入 できることとしている バイク 便 協 同 組 合 より 125cc 以 下

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information