25回教育賞_中学校P20-28.indd

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "25回教育賞_中学校P20-28.indd"

Transcription

1 最 優 秀 賞 意 欲 的 に 取 り 組 む 生 徒 を 育 成 する 天 体 学 習 いし 静 岡 県 浜 松 市 立 庄 内 中 学 校 石 はら 原 たか 貴 し 志 概 要 空 にあるたくさんの 天 体 は 地 球 からはるか 遠 くに 離 れており 実 際 にその 天 体 の 動 きを 観 察 す る 方 法 は 限 られている また 宇 宙 空 間 を 頭 に 思 い 浮 かべて 天 体 がどのように 動 くのかを 考 えるのはとても 難 しい 生 徒 に 事 前 アンケートをとった 結 果 地 球 が 自 転 や 公 転 をしていることは 知 っているが 星 の 日 周 運 動 にどうかかわっているかは 約 6 割 の 生 徒 がわかっていなかった 知 識 はあるが しくみ については 理 解 していない 本 研 究 では 透 明 半 球 における 太 陽 の 動 きの 観 察 方 法 を 工 夫 して できるだけ 多 くの 発 見 がで きるようにした また いろいろな 天 体 模 型 を 考 案 し 本 物 の 天 体 の 動 きに 似 せてイメージを 持 て るようにした 生 徒 は 与 えられた 知 識 ではなく 観 察 結 果 よ り 得 た 結 果 をもとに 天 体 の 動 きを 考 えることがで きる また いろいろな 天 体 模 型 を 使 うことで 天 体 の 動 きに 対 する 明 確 なイメージを 持 つことが でき 意 欲 的 に 課 題 解 決 に 取 り 組 むことができ ると 考 える 1.はじめに 6. 地 球 と 宇 宙 における 天 体 の 学 習 は 生 徒 が 宇 宙 空 間 (3 次 元 )の 中 で 星 の 動 きをイメー ジすること 空 間 (3 次 元 )でイメージしたもの をワークシート(2 次 元 )にまとめることを 行 わ なければならず とても 難 しい 単 元 である 本 研 究 では 1 本 物 の 星 に 似 た 動 きをする 教 具 で できる だけ 実 際 の 観 測 に 近 づけた 観 察 をすること 2 教 具 を 使 って3 次 元 の 中 で 方 位 や 角 度 を 明 確 にすること 3 3 次 元 のイメージを2 次 元 のワークシートに まとめること の3 点 を 重 視 し これらを 解 決 するための 教 具 の 作 成 を 考 えた 具 体 的 に1としては 実 際 に 観 測 する 場 面 に 近 づけるように 星 の 模 型 地 面 の 模 型 観 測 者 の 模 型 を 作 った 2としては 地 面 模 型 に 東 西 南 北 を 書 き 地 球 の 模 型 に 取 りつけることで 方 位 を 明 確 にした 自 由 に 向 きを 変 えて 取 り 付 けられる 観 測 者 模 型 を 地 面 につけ 観 測 する 方 向 を 明 確 にした 日 周 運 動 する 太 陽 の 角 度 を 測 定 する 道 具 を 製 作 した 3としては 背 景 の 空 間 を 示 した 図 を 作 り その 上 で 天 体 模 型 を 動 かせることで 3 次 元 から2 次 元 にイ 20

2 最 優 秀 賞 メージを 変 えていく 補 助 ができるようにした 生 徒 全 員 が 共 通 の 視 点 を 持 つことができるよ うに 一 人 で 実 験 観 察 できる 扱 いやすい 大 きさの 教 具 にし 生 徒 が 扱 っている 教 具 を 見 る 視 線 で 写 真 を 撮 り ワークシートに 利 用 した 以 上 のことをふまえて 以 下 に 製 作 した 教 具 を 紹 介 する 天 体 模 型 としては 地 球 模 型 太 陽 模 型 日 周 運 動 学 習 用 の 恒 星 模 型 金 星 模 型 を 製 作 した 地 球 模 型 には 方 位 を 示 した 地 面 模 型 地 面 が 受 ける 温 度 を 測 定 できる 液 晶 温 度 計 付 地 面 模 型 観 測 者 の 位 置 と 観 測 の 方 向 を 示 す 観 測 者 模 型 などを 取 り 付 けて 観 察 する 地 球 などの 公 転 のときには 天 体 の 位 置 関 係 がわかるように 背 景 の 空 間 図 を 用 意 した 測 定 用 教 具 としては 透 明 半 球 用 分 度 器 を 製 作 した 以 上 の 教 具 を 使 って 理 解 したことを 記 憶 に 残 すために 観 察 場 面 の 写 真 を 利 用 してワーク シートを 作 った これらの 教 具 は 生 徒 一 人 一 人 が 自 分 で 動 か して 理 解 するためにも 3 次 元 のイメージを 生 徒 全 員 が 共 通 の 視 点 を 持 って2 次 元 のワークシー トにまとめるためにも 一 人 で 実 験 観 察 がで きる 大 きさの 教 具 を 製 作 するようにした 2. 教 材 教 具 の 製 作 方 法 生 徒 が 意 欲 的 にわかりやすく 取 り 組 むための 教 具 について 検 討 した できるだけ 一 人 の 生 徒 が 教 具 を 授 業 中 長 く 使 って 実 験 観 察 できるよ うに 身 近 な 材 料 で 扱 いやすい 大 きさの 物 を 選 ぶようにした ア 透 明 半 球 用 分 度 器 透 明 半 球 を 使 って 太 陽 の 通 り 道 を1 時 間 ごとに 記 録 する 観 察 ( 教 科 書 に 記 載 )を 行 った 後 そ の 結 果 をより 深 く 考 察 するものとして 作 った 材 料 は 半 球 面 には 観 察 で 使 った 薄 型 透 明 塩 ビ 半 球 (φ100 50(H)mm)と 同 じものを 使 用 し 底 面 には 厚 紙 を 使 った 底 面 は 円 の 中 心 から 黒 線 で 半 球 面 は 頂 部 を 中 心 として 赤 線 で15 ずつ 区 切 った また 半 球 面 を 球 の 中 心 を 基 準 に 頂 部 から 底 面 まで 青 点 で10 ずつ 区 切 った イ 地 球 模 型 直 径 約 3cmの 鉄 球 を 使 った 地 面 模 型 観 測 者 模 型 を 地 球 模 型 に 付 けるためには 磁 石 を 利 用 するのが 有 効 と 考 え 地 球 には 磁 石 が 付 く 鉄 を 素 材 に 選 んだ また 球 が 転 がらず 安 定 さ せるために 塩 ビ 管 を 下 に 取 り 付 けた ウ 地 面 模 型 地 球 は 球 形 であるが 大 きいために 普 段 地 球 上 にいる 私 たちが 見 る 地 面 は 平 面 である その ため 生 徒 がふだんどおりのイメージを 持 つこと ができるように 地 面 模 型 を 作 った 地 面 模 型 に は 東 西 南 北 を 書 き 込 み 方 位 がわかるようにし た 地 面 模 型 の 裏 には 薄 型 の 磁 石 を 取 り 付 け 地 球 模 型 のどの 場 所 にも 付 くようにしている 材 料 は 塩 ビ 板 を 使 用 した エ 観 測 者 模 型 観 測 者 の 位 置 がどこであるか 明 確 にするため に 観 測 者 ( 動 物 )の 模 型 を 取 り 付 けるようにした 足 の 部 分 に 磁 石 が 付 いていて 地 面 模 型 上 のど の 方 角 を 向 いても 付 くようになっている 観 測 者 模 型 の 見 ている 向 きにより どの 方 向 で 観 察 する か 視 点 を 定 めることができる オ 太 陽 模 型 消 しゴムとまち 針 で 簡 単 に 作 った 太 陽 が 東 から 西 へどのように 動 くかを 確 かめ 地 球 がどの 向 きに 自 転 するかを 考 えるために 使 う 透 明 半 球 用 分 度 器 地 球 模 型 地 面 模 型 観 測 者 模 型 がついた 状 態 太 陽 模 型 21

3 カ 日周運動学習用の恒星模型 3 教材 教具の使い方 地球の自転によって 太陽以外の恒星 星座 を夜に観察したら どのように動くかを確かめる ア 透明半球用分度器の使い方 ために作った 観測者地面付地球模型 太陽模 ① 透明半球を使って太陽の通り道を1時間ごと 型の実験で地球模型の使い方 自転の向きを理 に記録する観察を行う 6月ごろから10月 解した後でこの恒星模型を使うと効果的である ごろまで班で実施日をずらして行う 特に 直径150mmの透明半球を2個 塩ビ板 塩ビ管 夏至 秋分の日は必ず実施する を使用した 底面の中央には 地球模型を取り ② 結果を記録した透明半球の内側に透明半球 付けるように塩ビ管を接着した 矢印は地球の 用分度器を重ねて 秋分の日に付けた点の規 自転の向きを示している これに図のように地球 則性を調べる 模型と 恒星のシールをはった透明半球をかぶ せて使用する 恒星模型の下部 恒星模型上部をかぶせたところ キ 液晶温度計付地面模型 観察結果 ③ 秋分の日の点が 分度器の一つの円に重なっ 地面を想定した透明な塩ビ板に 液晶温度計 ていることを調べる このことから 地球の自 をはり付けた 転により太陽が円軌道を描くと考え 分度器 ク 金星模型 の底面の直線からこの円の垂線を選び 回転 白色のハッポースチロール球の半分をマジック 軸を見つけて透明半球に印を付ける で黒に塗り ゴムホースを輪切りにしたものを下 部にはり付けた 満ち欠けがわかりやすくなるよ うにした 液晶温度計付地面模型 金星模型 回転軸を見つけて印を付ける 一つの円に 重 なってい る ケ 背景の空間図 点 が15 ず つ 移 動して いる ア クの模型は立体であるが 背景の空間図 ④ 透明半球用分度器の頂部を ③で印を付け は平面にした この空間図により 3次元から2 た回転軸に合わせて 観察結果の点が半球面 次元にイメージしやすくなると考える 分度器の赤線を1時間に何 ずつ移動している かを調べる 15 ずつとわかる ⑤ 秋分の日の結果から印を付けた回転軸に 透明半球用分度器の頂部を合わせると ほか の日に記録した太陽の動きの観察結果も こ 金星用空間図 の回転軸から15 ずつ移動していることがわか 季節と星座用の空間図 る このことから 季節が変わっても回転軸 地 22

4 最 優 秀 賞 軸 )の 向 きが 変 わらないことがわかる 後 に 学 習 する なぜ 四 季 があるのか につなげ ていく * 秋 分 から 春 分 の 間 を 調 べる 場 合 は 半 球 では 記 録 した 点 の 位 置 に 届 かなくなるので 分 度 器 を 二 つ 使 用 し 球 形 にして 測 定 するとわかり やすい 6 秋 分 の 日 に 太 陽 が 南 中 した 点 と 夏 至 の 日 に 太 陽 が 南 中 した 点 が 透 明 半 球 用 分 度 器 の 青 い 点 で 何 違 うかを 調 べる この 結 果 から 地 軸 が 地 球 の 公 転 面 の 垂 線 から23.4 傾 いてい ることにつなげていくことができる イ 地 球 と 太 陽 の 模 型 の 使 い 方 ( 太 陽 の 一 日 の 動 き 方 と 地 球 の 自 転 の 方 向 ) 1 教 室 の 天 井 が 地 軸 の 北 床 が 南 とすること を 伝 え 地 面 模 型 を 地 球 模 型 の 日 本 の 位 置 に くっつけさせる 2 地 球 模 型 の 横 に 太 陽 模 型 を 置 く 3 顔 を 地 球 模 型 に 近 づけさせて 観 測 者 の 模 型 の 位 置 から 太 陽 模 型 を 見 るようにする 太 陽 が 東 の 地 平 線 から 昇 り 西 の 地 平 線 へ 沈 む ように 地 球 模 型 を 手 で 回 す そのとき 太 陽 は 東 南 西 の 空 をどのように 動 いていくかを 観 察 させる 東 の 空 南 の 空 西 の 空 青 い 点 は10 ずつ 区 切 られ ている 夏 至 と 秋 分 の 日 の 南 中 した 点 は 23.4 ずれている 7 透 明 半 球 用 分 度 器 に 結 果 を 記 録 した 透 明 半 球 を 頂 部 を 合 わせてピッタリと 重 ねる 青 い 点 を 利 用 すると その 日 の 南 中 高 度 を 測 定 する ことができる 下 図 は 秋 分 の 日 の 南 中 高 度 を 測 定 している 約 55 であった 測 定 場 所 の 緯 度 は34 度 45 分 である これにより 南 中 高 度 から 緯 度 を 考 えさせることができる また 違 う 観 測 日 から 南 中 高 度 の 比 較 をすること ができる * 透 明 半 球 でこれらの 結 果 を 得 るためには 正 確 な 測 定 南 中 高 度 の 測 定 が 必 要 である 中 央 標 準 時 から 観 測 場 所 の 正 確 な 南 中 時 刻 を 計 算 し 正 確 な 方 位 で 観 察 させた 点 も 付 けた 後 点 の 影 が 台 紙 の 正 しい 位 置 に 写 っている かを 確 認 させた * 太 陽 が 東 の 空 では 右 上 がりに 南 の 空 で は 左 から 右 へ 弧 を 描 き 西 の 空 では 右 下 がり に 移 動 するのがわかる 4 手 で 回 した 地 球 模 型 を 北 ( 上 )から 見 て 地 球 の 自 転 はどう 回 転 するかを 考 えさせる * 反 時 計 回 りに 動 くのがわかる ウ 地 球 と 太 陽 の 模 型 の 使 い 方 ( 朝 昼 夕 夜 中 ) 1 観 測 者 地 面 付 地 球 模 型 と 太 陽 模 型 を 置 く 2 太 陽 の 側 に 地 面 があると 昼 反 対 が 夜 など 太 陽 と 地 球 の 位 置 関 係 から 朝 昼 夕 方 真 夜 中 を 考 えさせる 朝 の 太 陽 と 地 球 の 位 置 昼 の 位 置 夕 方 の 位 置 南 中 高 度 の 測 定 23

5 エ 地 球 と 太 陽 の 模 型 の 使 い 方 ( 北 半 球 南 半 球 ) 1 観 測 者 地 面 付 地 球 模 型 と 太 陽 模 型 を 置 く 2 地 面 と 太 陽 の 角 度 から 北 半 球 赤 道 付 近 南 半 球 の 三 つの 場 所 で 真 昼 ( 正 午 )に 太 陽 が 上 がったとき それぞれの 太 陽 の 方 位 を 考 えさせる * 真 昼 の 太 陽 が 北 半 球 では 真 上 よりも 南 に 南 半 球 では 真 上 よりも 北 にあるのがわかる から 順 に 見 ると カシオペヤ 座 が ほぼ 北 極 星 を 中 心 に 反 時 計 回 りをしているのがわかる A3 枚 の 写 真 は 北 の 空 黄 は 北 極 星 赤 はカシオペヤ 座 北 半 球 の 場 所 の 南 中 オ 地 球 模 型 と 日 周 運 動 学 習 用 恒 星 模 型 の 使 い 方 1 恒 星 模 型 下 部 の 回 転 板 に 観 測 者 地 面 模 型 付 地 球 模 型 を 取 り 付 ける 2 恒 星 模 型 上 部 の 透 明 半 球 を 下 部 にかぶせ る 南 半 球 の 場 所 の 北 中 3 観 測 者 模 型 の 視 線 で 見 るように 顔 を 近 づ け 上 部 の 透 明 半 球 を 固 定 しながら 下 部 の 回 転 板 をゆっくり 回 す その 時 顔 を 常 に 観 測 者 の 視 線 になるように 観 測 者 模 型 の 裏 側 に 移 動 して 観 察 する もしくは 自 転 を 理 解 し たら 下 の 回 転 板 を 固 定 し 透 明 半 球 を 自 転 と は 逆 向 きに 回 転 させながら 観 測 者 の 視 線 で 恒 星 を 見 て 恒 星 の 動 きを 確 かめる 4 恒 星 (シール)の 動 き 方 を 観 察 する * この 模 型 を 使 うと 東 南 西 の 空 での 星 の 動 きをつなげて 観 察 しやすい また 地 面 の 下 の 見 えない 部 分 も 星 が 円 軌 道 を 描 いている ことをイメージさせることができる また 太 陽 模 型 ではできなかった 北 の 空 の 星 の 動 きも 観 察 することができる Aの3 枚 の 写 真 を 左 授 業 の 様 子 カ 地 球 模 型 と 液 晶 温 度 計 付 地 面 模 型 の 使 い 方 1 地 球 模 型 に 液 晶 温 度 計 付 地 面 模 型 を 付 け る 角 度 を 変 えて 地 球 模 型 に 付 けた 液 晶 温 度 計 付 地 面 模 型 を2セット 用 意 し 裸 電 球 から 等 距 離 離 す 2 一 定 時 間 裸 電 球 を 点 灯 し それぞれの 温 度 を 測 定 し 比 較 する 3 二 つの 地 面 模 型 の 南 中 高 度 の 違 いから 光 を 受 ける 地 面 の 角 度 と 温 度 上 昇 の 違 いについ て 考 察 させる * 地 面 が 電 球 の 側 に 傾 いている 方 が 温 度 が 高 くなることがわかる 夏 の 地 面 と 冬 の 地 面 の 温 度 の 比 較 温 度 測 定 のようす 恒 星 模 型 の 下 部 恒 星 模 型 上 部 をかぶせたところ 24

6 最優秀賞 キ 背景の空間図の使い方 四季の星座 ① 四季の星座 太陽 地球の位置が書かれ た空間図を机上に敷く ② 観測者地面付地球模型を地球の位置に置く ③ 空間図の上で 地球模型を公転や自転をさ 空間図 せながら 朝 昼 夕 夜中に観測者から見 た星座の方向を地面模型に書かれた方位で調 べる 金星の満ち欠けを調べる 見かけの大きさを調べる 秋の真夜中 ペガスス座を見ている 授業の様子 授業の様子 夕方 西の空 太陽の方 に見える金星 ク 背景の空間図の使い方 金星 ① 太陽 地球 金星の位置の書かれた空間図 4 授業におけるその他の工夫 を机上に敷く ⑴ 天体模型の継続活用 ② 金星模型を太陽の側が明るく 白く なるよ うに置く 生徒が興味をもって天体学習に取り組むように ③ 地球の位置に観測者地面付地球模型を置く 天体模型の継続活用を考えた できるだけ同じ ④ 観測者模型に顔を近づけて 地球の位置か 教具 地球模型 地面模型 観測者模型 を続け ら見える金星の形を観察する て使用することで 生徒が教具の使い方に慣れ ⑤ 観測者模型のすぐ横に定規を置き顔を近づ 地球の動き方をイメージしやすくなるようにした けて 金星模型の直径を測り それぞれの見 生徒は 次は何を調べる教具になるのだろうと かけの大きさを比べる わくわくしながら授業を受けることができた ⑵ 授業における天体模型の説明の仕方 ⑥ 明けの明星 よいの明星とはどういうときか 位置関係を確認する 全体に視点をしっかり示すために プレゼン 25

7 テーション用ソフトを使って 映像で示すように した 金星模型を観察した結果を 書き込む プレゼンテーションの例① プレゼンテーションの例② 実験で測定した温度を書き 込む プレゼンテーションの例③ 朝 昼 夕 真夜中の地 面の方位を書き込ませる ⑷ 意見交流 本校では 生徒が人前で話す力を身に付ける 授業の様子 ように 総合的な学習の時間を 探究 と名付 ⑶ ワークシートの特徴 け 1対1 1対複数で他学年相手にいろいろな 天体模型は個人が机上で観察できるように作 テーマでSHOW TELL 資料を提示して説明 られた教材であり どのように観察するかの視 する を行っている そこで 理科と探究をリンク 点も明確に与えているので ワークシートに使 して 天体の内容を教具を使ってSHOW TELL う写真のアングルも決まってくる そこで 天 する意見交流を行った 自分が選択した内容を 体模型を使って頭にイメージしたことを わか しっかりと理解し 相手にうまく伝えることを目的 りやすくまとめられるように写真を利用した として行う 質問応答による意見交流 うまく伝 ワークシートを作成した 以下に 生徒のワー えるために内容を整理する中で理解を深めるこ クシートを紹介する とができた 26

8 最 優 秀 賞 左 から 青 :とてもそう 思 う 水 色 :だいたいそう 思 う 黄 :あまりそう 思 わない 赤 : 全 くそう 思 わない SHOW&TELLの 様 子 < 天 体 模 型 活 用 授 業 の 生 徒 アンケート 集 計 結 果 > ビデオによる 撮 影 5. 成 果 ⑴ アンケート 結 果 生 徒 は 天 体 模 型 を 使 用 することで 楽 しく 理 解 して 授 業 を 受 けることができた 以 下 は 生 徒 のアンケート 結 果 である ( 対 象 3 年 101 人 透 明 半 球 用 分 度 器 太 陽 模 型 日 周 運 動 学 習 用 恒 星 模 型 液 晶 温 度 計 付 地 面 模 型 背 景 の 空 間 図 ( 四 季 の 星 座 ) 背 景 の 空 間 図 ( 金 星 )を 使 用 した 授 業 6 回 のアンケート 結 果 を 集 計 した ) すべての 項 目 で とてもそう 思 う だいたい そう 思 う と 答 えた 生 徒 がそれぞれ92% 以 上 で あった 特 に 意 欲 を 持 てた という 項 目 で と てもそう 思 う だいたいそう 思 う と 答 えた 生 徒 が 合 わせて99パーセントであった この 結 果 から 天 体 教 具 活 用 授 業 が 生 徒 に 受 け 入 れられ 期 待 されていることがわかる ⑵ 生 徒 の 感 想 1 透 明 半 球 用 分 度 器 利 用 の 授 業 地 球 の 自 転 は 回 転 軸 が 変 わらず 等 間 隔 で 同 じ 速 さで 動 くことがわかった 天 体 教 具 があ るおかげで 天 体 についてすごくわかったと 思 いま す 地 球 の 自 転 が15 ということは 知 っていたけ ど 実 際 には 確 かめたことなんてなかったので 確 かめることができて 良 かった 太 陽 の 速 さが 速 く 感 じられるときもあったけ ど 実 際 は 朝 も 昼 も 太 陽 の 速 さは 変 わっていな かったので 意 外 でした 地 軸 は 季 節 によって 変 わらないことがわかっ た だから 北 の 空 はいつも 北 極 星 を 中 心 に 星 が 回 るのかと 思 った 地 軸 の 傾 きは 知 ってはいたけど 秋 分 と 夏 至 の 南 中 高 度 の 差 が23.4 になっていたのには 驚 い た 冬 至 の 時 は 逆 の 方 向 に23.4 傾 いているの か 確 かめてみたい 2 太 陽 模 型 利 用 の 授 業 地 平 線 に 対 して 太 陽 の 動 きが 変 わることが はっきりわかったので 良 かった 模 型 がわかり やすかった 天 体 模 型 を 使 うことでわかりやすかった 模 型 で 実 際 に 顔 を 動 かしてみたので 地 球 の 自 転 がよくわかった 27

9 模 型 を 使 った 授 業 は わかりやすかった 太 陽 の 出 方 や 方 向 などが 地 球 の 自 転 によることがよ くわかった 3 日 周 運 動 学 習 用 恒 星 模 型 利 用 の 授 業 ほかの 星 も 同 じように 地 球 の 自 転 でまわっ ている 下 から 見 る 方 法 もあるんだなと 思 った 北 から 見 た 星 と 南 から 見 た 星 は やっぱり 逆 に 動 いている 4 液 晶 温 度 計 付 地 面 模 型 利 用 の 授 業 温 度 がすごく 違 ったから すごいと 思 ったし 角 度 が 違 うだけで 温 度 がかわるなんて 思 わな かった 模 型 を 使 ったりして わかりやすかったです 最 後 に 使 ったものは とてもすごいと 思 いました 左 右 に 置 いたもので 温 度 差 がはっきりとでて な んで 温 度 が 変 わるのかよくわかりました こんな に 温 度 差 があるとは 思 いませんでした こう 考 え ると 夏 と 冬 もこんなに 温 度 差 があるのかなと 思 いました 5 四 季 の 星 座 空 間 図 利 用 の 授 業 このやり 方 がわかれば いつどこに 何 の 星 座 があるのかひと 目 でわかるのですごいと 思 いまし た 6 金 星 模 型 利 用 の 授 業 金 星 模 型 の 直 径 を 測 ってみてびっくり! 同 じ 金 星 が 近 くにあるときと 遠 くにあるときで 長 さが 変 わるとは 思 いませんでした 金 星 の 満 ち 欠 けには 太 陽 や 地 球 との 位 置 関 係 が 大 きく 関 わっていることがわかりました あとは 金 星 が 光 を 発 する 星 ではないことが 原 因 だということがわかった 金 星 は 地 球 に 近 づく ほど 大 きく 見 える 生 徒 の 感 想 には 天 体 教 具 の 効 果 と 天 体 の 動 き 方 について 書 かれた 意 見 が 数 多 く 見 られた 生 徒 は 天 体 教 具 の 授 業 を 通 して 地 球 の 自 転 公 転 地 軸 の 傾 きから 起 こる 変 化 に 興 味 を 持 ち 天 体 についての 関 心 を 高 め 課 題 解 決 に 取 り 組 むことができた ⑶ 活 動 のようす 右 の 写 真 は 生 徒 の 活 動 の 様 子 である どの 生 徒 も 意 欲 的 に 課 題 解 決 に 取 り 組 むことができ た 28

第1学年1組 理科学習指導案

第1学年1組 理科学習指導案 検 印 第 3 学 年 1 組 理 科 学 習 指 導 案 平 成 23 年 12 月 9 日 ( 月 )5 校 時 活 動 場 所 第 2 理 科 室 (3 階 ) 指 導 者 教 諭 1 単 元 名 地 球 から 見 た 天 体 の 動 き 2 単 元 設 定 について この 単 元 では 天 体 の 日 周 運 動 の 観 察 を 行 い その 観 察 記 録 を 地 球 の 自 転 と 関

More information

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531>

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531> ( 参 考 Ⅱ) 千 葉 県 教 育 委 員 会 と 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 事 業 アンケートの 結 果 A 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 による 基 礎 教 養 講 座 受 講 者 アンケート (アンケート 回 収 数 :76 名 ).あなたは 将 来 教 員 になることを 志 望 していますか?. 教 員 になることを 目 指 している(6 名 ). 教

More information

設 問 4(5) 主 として 知 識 に 関 する 問 題 地 球 自 然 事 象 についての 知 識 理 解 ( 短 答 式 ) (6) 主 として 活 用 に 関 する 問 題 地 球 科 学 的 な 思 考 表 現 ( 選 択 式 ) 水 が 水 蒸 気 になる 現 象 について 科 学 的

設 問 4(5) 主 として 知 識 に 関 する 問 題 地 球 自 然 事 象 についての 知 識 理 解 ( 短 答 式 ) (6) 主 として 活 用 に 関 する 問 題 地 球 科 学 的 な 思 考 表 現 ( 選 択 式 ) 水 が 水 蒸 気 になる 現 象 について 科 学 的 (4) 理 科 の 設 問 別 考 察 ( 特 徴 のある 設 問 について) 小 学 校 理 科 全 国 と 比 較 し 平 均 正 答 率 を 上 回 った 設 問 例 設 問 3(4) 主 として 知 識 に 関 する 問 題 物 質 観 察 実 験 の 技 能 ( 短 答 式 ) (5) 主 として 知 識 に 関 する 問 題 物 質 観 察 実 験 の 技 能 ( 選 択 式 ) メスシリンダーの

More information

「節電に対する生活者の行動・意識

「節電に対する生活者の行動・意識 節 電 に 対 する 生 活 者 の 行 動 意 識 に 関 する 調 査 -2014 年 調 査 - みずほ 情 報 総 研 株 式 会 社 環 境 エネルギー 第 1 部 2015 年 3 月 9 日 目 次 要 旨 調 査 の 背 景 と 目 的 調 査 方 法 調 査 の 主 な 結 果 調 査 結 果 1. 回 答 者 の 基 本 属 性 2. 電 力 不 足 地 球 温 暖 化 への 意

More information

Microsoft PowerPoint - ガリレオ衛星観測例.ppt

Microsoft PowerPoint - ガリレオ衛星観測例.ppt インターネット 望 遠 鏡 天 文 学 ーガリレオ 衛 星 の 魅 力 ー 望 遠 鏡 で 天 体 観 測 しているガリレオ ( 五 藤 光 学 研 究 所 所 蔵 ) ガリレオ ガリレイ ガリレイ ( 五 藤 光 学 研 究 所 所 蔵 ) 木 星 とガリレオ 衛 星 カリスト エウロパ イオ 木 星 ガニメデ 五 藤 光 学 研 究 所 近 藤 弘 之 氏 提 供 撮 影 日 時 :27 年 6

More information

平成23年度事例集06

平成23年度事例集06 違 反 是 正 事 例 ( 事 例 6-3) テーマ < 消 防 用 設 備 設 置 工 事 の 基 準 違 反 に 対 する 違 反 通 告 措 置 平 成 22 年 > 平 成 22 年 消 防 設 備 士 が 建 物 5 階 のベランダに 設 置 した 緩 降 機 の 取 り 付 け 方 法 が 不 適 切 であったことから 違 反 事 項 を 通 告 した 事 例 防 火 対 象 物 の 概

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2050616F46697493FA904882C982E682E98C8E82CC8B9797A391AA92E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2050616F46697493FA904882C982E682E98C8E82CC8B9797A391AA92E82E646F63> 日 食 による 月 と 太 陽 の 距 離 測 定 大 西 浩 次 ( 長 野 工 業 高 等 専 門 学 校 ) 2009 年 7 月 22 日 日 本 で 46 年 ぶりの 皆 既 日 食 が 起 きた この 現 象 は 月 の 公 転 を 実 感 する 好 機 会 であると 共 に 地 球 の 自 転 現 象 を 体 感 する 機 会 でもあった 月 は 地 球 のまわり を 約 30 日 で

More information

表紙

表紙 現 況 の 指 定 容 積 率 をすべて 使 い 切 った 場 合 に 現 況 容 積 率 の 2.25 倍 以 上 になるかどうかを 確 認 する 現 況 の 街 区 面 積 は 3,569,759m2 延 べ 床 面 積 は 3,569,759m2であるから 目 標 とする 延 べ 床 面 積 はその 2.25 倍 の 8,031,958m2である 一 方 指 定 容 積 率 をすべて 使 い

More information

4. 指 導 計 画 ( 計 2 ) 単 元 名 宇 宙 広 が り 地 球 運 動 と 天 体 動 き 小 単 元 本 時 ねらい 評 価 銀 河 系 と 太 陽 系 太 陽 太 陽 系 天 体 太 陽 系 広 がり 天 球 と 方 位, 時 刻 地 球 自 転 と 天 体 動 き 星 座 1 年

4. 指 導 計 画 ( 計 2 ) 単 元 名 宇 宙 広 が り 地 球 運 動 と 天 体 動 き 小 単 元 本 時 ねらい 評 価 銀 河 系 と 太 陽 系 太 陽 太 陽 系 天 体 太 陽 系 広 がり 天 球 と 方 位, 時 刻 地 球 自 転 と 天 体 動 き 星 座 1 年 第 3 学 年 理 科 学 習 指 導 案 1. 単 元 名 地 球 と 宇 宙 第 2 章 地 球 運 動 と 天 体 動 き 平 成 24 年 12 月 3 日 ( 月 )5 校 時 沖 縄 市 立 コザ 中 学 校 3 年 1 組 男 子 21 名 女 子 18 名 計 39 名 授 業 者 木 下 剛 志 2. 単 元 目 標 身 近 な 天 体 観 察 を 通 して, 地 球 運 動 について

More information

トランシットの誤差と消去法

トランシットの誤差と消去法 トランシット(セオドライト)の 水 平 角 観 測 に 関 する 誤 差 < 試 験 合 格 へのポイント> トランシット( 又 は セオドライト: 以 下 トランシット)の 水 平 角 観 測 における 誤 差 に 関 する 問 題 である 定 番 問 題 の 一 つであり 基 本 的 には 誤 差 の 名 称 と 消 去 法 (できれば 原 因 )を 覚 えておけ ば 解 答 できるものが 殆

More information

経験発表

経験発表 共 通 性 を 持 つ 製 品 群 への USDMの 適 用 と 拡 張 アジェンダ 1. 表 現 を 拡 張 したUSDM 導 入 の 背 景 と 課 題 要 望 2. 表 現 を 拡 張 したUSDM 導 入 の 取 り 組 み 3. 表 現 を 拡 張 したUSDM 4. 表 現 を 拡 張 したUSDM 導 入 による 効 果 5. 表 現 を 拡 張 したUSDM 導 入 後 の 課 題

More information

t検定

t検定 2 つ 平 均 を 比 べる(t 検 定 ) 1. 対 応 のない t 検 定 (1 つのテストを 2 つのグループが 受 けた 場 合 ) 同 じグループ( 組 )の 生 徒 が 2 回 受 験 した 場 合 には 対 応 がある t 検 定 を 行 ったが, ここでは 対 応 のない( 対 象 としているグループが 別 である) 場 合 の t 検 定 を 行 ってみよう 例 60 点 満 点

More information

写 真 3 点 灯 している 手 回 し 交 流 発 電 機 磁 石 を 回 転 させる 構 造 であるため 発 光 ダイオード との 接 続 も 簡 単 で 回 路 が 単 純 で 分 かりやすい 接 点 が 少 ないため 接 触 不 良 がなく 安 定 して 発 電 できる 発 光 ダイオードは

写 真 3 点 灯 している 手 回 し 交 流 発 電 機 磁 石 を 回 転 させる 構 造 であるため 発 光 ダイオード との 接 続 も 簡 単 で 回 路 が 単 純 で 分 かりやすい 接 点 が 少 ないため 接 触 不 良 がなく 安 定 して 発 電 できる 発 光 ダイオードは 中 学 第 一 分 野 簡 単 にできる 手 回 し 交 流 発 電 機 の 開 発 と 交 流 電 流 の 学 習 * 福 井 県 坂 井 市 立 三 国 中 学 校 月 僧 秀 弥 目 的 Ⅱ. 発 電 機 の 構 造 中 学 校 理 科 における 新 学 習 指 導 要 領 1) において 交 流 電 流 に 関 しての 学 習 が 追 加 された 交 流 電 流 は 家 庭 で 使 われている

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

(3) 小 単 元 の 指 導 と 評 価 の 計 画 小 単 元 第 11 章 税 のあらまし の 指 導 と 評 価 の 計 画 ( 四 次 確 定 申 告 制 度 抜 粋 ) 関 心 意 欲 態 度 思 考 判 断 技 能 表 現 知 識 理 解 小 単 元 の 評 価 規 準 税 に 関 す

(3) 小 単 元 の 指 導 と 評 価 の 計 画 小 単 元 第 11 章 税 のあらまし の 指 導 と 評 価 の 計 画 ( 四 次 確 定 申 告 制 度 抜 粋 ) 関 心 意 欲 態 度 思 考 判 断 技 能 表 現 知 識 理 解 小 単 元 の 評 価 規 準 税 に 関 す (1) 単 元 の 評 価 規 準 と 小 単 元 の 評 価 規 準 科 目 名 会 計 実 務 単 位 数 4 単 位 研 究 事 例 国 税 庁 Webサイトを 利 用 した 授 業 展 開 例 単 元 名 第 4 編 税 と 会 計 第 11 章 税 のあらまし 第 12 章 法 人 税 の 計 算 第 13 章 法 人 税 の 申 告 と 納 付 税 の 意 義 種 類 体 系 のあらましを

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

1

1 -------------------------------------------------------------------------------- 別 添 5-4 事 後 調 査 の 計 画 -------------------------------------------------------------------------------- 1 事 後 調 査 項 目 の 選

More information

測量士補 重要事項「写真地図作成」

測量士補 重要事項「写真地図作成」 写 真 地 図 < 試 験 合 格 へポイント> 写 真 地 図 は 旧 業 規 程 において 写 真 図 として 掲 載 されていたもである H20 年 3 月 業 規 程 準 則 改 正 により 写 真 地 図 として 新 たな 項 目 となった 士 補 へ 出 題 は オルソフォトに 関 する 枝 問 として 出 題 されていた 写 真 地 図 として 出 題 は H24 年 度 が 初 めてで

More information

大 阪 福 岡 鹿 児 島 前 頁 からの 続 き 35

大 阪 福 岡 鹿 児 島 前 頁 からの 続 き 35 資 料 1 各 都 市 における 年 平 均 気 温 の 長 期 変 化 傾 向 グラフ 札 幌 仙 台 新 潟 名 古 屋 東 京 横 浜 京 都 広 島 各 都 市 における 年 平 均 した 平 均 気 温 日 最 高 気 温 日 最 低 気 温 の 長 期 変 化 傾 向 細 い 折 れ 線 は 毎 年 の 値 太 い 折 れ 線 は 5 年 移 動 平 均 を 示 す 信 頼 水 準 90%

More information

社会科学習指導略案

社会科学習指導略案 第 3 学 年 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 24 年 9 月 28 日 ( 金 )5 校 時 学 級 : 男 子 9 名 女 子 18 名 計 27 名 指 導 者 : 千 葉 邦 彦 1 単 元 名 第 3 章 わたしたちの 暮 らしと 民 主 政 治 第 2 節 司 法 権 の 独 立 と 裁 判 ( 教 育 出 版 P92~101) 2 単

More information

‘n??ˆçŁ¬flm0809JT

‘n??ˆçŁ¬flm0809JT 第 6 回 創 造 性 の 育 成 塾 夏 合 宿 緑 のカーテンを 科 学 する 植 物 の 温 度 調 節 の 仕 組 み( 役 割 )について 2011 年 8 月 9 日 日 本 たばこ 産 業 株 式 会 社 植 物 イノベーションセンター 上 岡 修 (かみおか おさむ) 大 森 征 樹 (おおもり まさき) 緑 のカーテン カーテンを 科 学 する 植 物 の 温 度 調 節 の 仕

More information

スライド 0

スライド 0 北 海 道 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 函 館 線 列 車 脱 線 事 故 ( 平 成 24 年 2 月 29 日 発 生 ) 鉄 道 事 故 調 査 報 告 書 説 明 資 料 運 輸 安 全 委 員 会 平 成 26 年 7 月 1. 事 故 の 概 要 1. 事 業 者 名 : 北 海 道 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 2. 事 故 種 類 : 列 車 脱 線 事 故 3. 発 生 日

More information

Microsoft Word - セット版●報告書要約2月28日「タイにおける省エネルギー技術として有効な屋根用省エネ塗料の技術協力事業」実証事業20130228 (2)

Microsoft Word - セット版●報告書要約2月28日「タイにおける省エネルギー技術として有効な屋根用省エネ塗料の技術協力事業」実証事業20130228 (2) 平 成 24 年 度 経 済 産 業 省 委 託 事 業 平 成 24 年 度 貿 易 投 資 円 滑 化 支 援 事 業 ( 実 証 事 業 一 般 案 件 ) タイにおける 省 エネルギー 技 術 として 有 効 な 屋 根 用 省 エネ 塗 料 の 技 術 協 力 事 業 実 証 事 業 報 告 書 ( 要 約 版 ) 平 成 25 年 2 月 社 団 法 人 日 本 塗 料 工 業 会 禁

More information

様式(補助金)

様式(補助金) 別 添 1 提 案 書 の 様 式 1. 提 案 書 は 次 頁 以 下 の 記 載 例 に 従 って 記 入 して 下 さい 2. 用 紙 は A4 版 を 利 用 し 左 とじにして 下 さい 3. 提 案 書 は 9 部 ( 正 1 部 副 ( 正 のコピー)8 部 )を 提 出 して 下 さい 4. 提 案 書 は それぞれA4フラットファイルに 綴 じた 上 で 提 出 してください 5.

More information

4 教 科 に 関 する 調 査 結 果 の 概 況 校 種 学 年 小 学 校 2 年 生 3 年 生 4 年 生 5 年 生 6 年 生 教 科 平 均 到 達 度 目 標 値 差 達 成 率 国 語 77.8% 68.9% 8.9% 79.3% 算 数 92.0% 76.7% 15.3% 94

4 教 科 に 関 する 調 査 結 果 の 概 況 校 種 学 年 小 学 校 2 年 生 3 年 生 4 年 生 5 年 生 6 年 生 教 科 平 均 到 達 度 目 標 値 差 達 成 率 国 語 77.8% 68.9% 8.9% 79.3% 算 数 92.0% 76.7% 15.3% 94 4 教 科 に 関 する 調 査 結 果 の 概 況 校 種 学 年 小 学 校 2 年 生 3 年 生 4 年 生 5 年 生 6 年 生 教 科 平 均 到 達 度 目 標 値 差 達 成 率 国 語 77.8% 68.9% 8.9% 79.3% 算 数 92.0% 76.7% 15.3% 94.3% 国 語 84.7% 73.9% 10.8% 79.0% 算 数 87.7% 74.3% 13.4%

More information

試 験 概 略 試 験 目 的 同 同 一 一 規 規 格 格 の の 電 電 熱 熱 線 線 式 式 ヒーティングユニットを2 台 台 並 並 べ べ 片 片 方 方 のユニットに 遠 遠 赤 赤 外 外 線 線 放 放 射 射 材 材 料 料 である アルミ 合 金 エキスパンションメタルを 組

試 験 概 略 試 験 目 的 同 同 一 一 規 規 格 格 の の 電 電 熱 熱 線 線 式 式 ヒーティングユニットを2 台 台 並 並 べ べ 片 片 方 方 のユニットに 遠 遠 赤 赤 外 外 線 線 放 放 射 射 材 材 料 料 である アルミ 合 金 エキスパンションメタルを 組 遠 赤 外 線 アルミ 合 金 併 用 融 雪 システム 融 雪 試 験 報 告 書 平 成 20 年 2 月 試 験 概 略 試 験 目 的 同 同 一 一 規 規 格 格 の の 電 電 熱 熱 線 線 式 式 ヒーティングユニットを2 台 台 並 並 べ べ 片 片 方 方 のユニットに 遠 遠 赤 赤 外 外 線 線 放 放 射 射 材 材 料 料 である アルミ 合 金 エキスパンションメタルを

More information

瀬戸大橋開通とその影響

瀬戸大橋開通とその影響 第 4 章 案 内 京 阪 神 間 における 緩 急 接 続 案 内 の 実 態 調 査 工 学 部 2 回 生 樋 口 貴 士 緩 急 接 続 は 便 利 なシステムではあるが 利 用 者 に 乗 り 換 えを 強 いることになるという 避 けて 通 れない 短 所 がある そしてまたそれを 正 確 に わかり 易 く 案 内 しなければ 折 角 の ダイヤの 意 味 も 半 減 してしまう 案

More information

Taro-学校だより学力調査号.jtd

Taro-学校だより学力調査号.jtd 第 5 号 ( H2 7. 1 1. 1 7 ) 舞 鶴 小 学 校 ま い づ る 発 行 人 大 澤 正 史 本 校 の 学 習 状 況 に つ い て ( 今 年 度 6 年 生 が 実 施 し た 全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 ) 今 年 度 の 全 国 学 A1 2007 年 よ り 日 本 全 国 の 小 中 学 校 の 最 高 学 年 ( 小 学 6 年 力 学

More information

消 防 庁 危 険 物 保 安 室 殿 ドラム 缶 に 係 る 可 燃 性 蒸 気 対 流 シミュレーション 分 析 業 務 成 果 報 告 書 2013 年 1 月 アドバンスソフト 株 式 会 社

消 防 庁 危 険 物 保 安 室 殿 ドラム 缶 に 係 る 可 燃 性 蒸 気 対 流 シミュレーション 分 析 業 務 成 果 報 告 書 2013 年 1 月 アドバンスソフト 株 式 会 社 参 考 資 料 4 ドラム 缶 に 係 る 可 燃 性 蒸 気 滞 留 シミュレ ーション 分 析 業 務 成 果 報 告 書 消 防 庁 危 険 物 保 安 室 殿 ドラム 缶 に 係 る 可 燃 性 蒸 気 対 流 シミュレーション 分 析 業 務 成 果 報 告 書 2013 年 1 月 アドバンスソフト 株 式 会 社 目 次 1.はじめに... 2 2 ドラム 缶 によるガソリン 及 び

More information

39_1

39_1 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 215 年 7 月 号 高 齢 化 財 政 悪 化 が 変 える 個 人 消 費 構 造 < 要 旨 > 日 本 では 年 金 受 給 者 数 が 給 与 所 得 者 数 の 約 7 割 に 達 し 高 齢 者 が 消 費 全 体 に 与 え る 影 響 は 年 々 増 してきている 214 年 は 給 与 所 得 環 境 が 改 善 したにもかかわらず

More information

2 県 公 立 高 校 の 合 格 者 は このように 決 まる (1) 選 抜 の 仕 組 み 選 抜 の 資 料 選 抜 の 資 料 は 主 に 下 記 の3つがあり 全 高 校 で 使 用 する 共 通 の ものと 高 校 ごとに 決 めるものとがあります 1 学 力 検 査 ( 国 語 数

2 県 公 立 高 校 の 合 格 者 は このように 決 まる (1) 選 抜 の 仕 組 み 選 抜 の 資 料 選 抜 の 資 料 は 主 に 下 記 の3つがあり 全 高 校 で 使 用 する 共 通 の ものと 高 校 ごとに 決 めるものとがあります 1 学 力 検 査 ( 国 語 数 2 県 公 立 高 校 の 合 格 者 は このように 決 まる (1) 選 抜 の 仕 組 み 選 抜 の 資 料 選 抜 の 資 料 は 主 に 下 記 の3つがあり 全 高 校 で 使 用 する 共 通 の ものと 高 校 ごとに 決 めるものとがあります 1 学 力 検 査 ( 国 語 数 学 社 会 理 科 英 語 の5 教 科 ) すべての 高 校 で 資 料 とする 2 調 査 書 (

More information

pos_meas_iKAGRA_BS

pos_meas_iKAGRA_BS ikagra BS 鏡 及 び 真 空 槽 位 置 測 定 2016 年 6 月 文 責 : 大 石 奈 緒 子 測 定 : 荒 木 栄 (KEK) 寺 田 聡 一 ikagra で 使 用 した BS 鏡 の 位 置 を 測 定 するため 6 月 7 8 日 に FARO 社 製 3 次 元 測 定 器 を 用 いて 測 定 を 行 った 結 果 真 空 槽 の 横 フランジを 参 照 基 準 とした

More information

Microsoft PowerPoint - 1012-1_ビジネスプランの作成_勝瀬典雄.pptx[読み取り専用]

Microsoft PowerPoint - 1012-1_ビジネスプランの作成_勝瀬典雄.pptx[読み取り専用] 農 山 漁 村 地 域 ビジネス 創 出 人 材 育 成 プログラム ビジネスプランの 作 成 ビジネスプロセスと 最 終 成 果 物 のビジネスプラン( 事 業 計 画 書 ) 講 師 : 勝 瀬 典 雄 兵 庫 県 大 学 大 学 院 客 員 教 授 6 次 産 業 化 中 央 サポートセンタープランナー 有 限 会 社 ビジネスプランニング 代 表 取 締 役 最 終 更 新 日 :2015

More information

/ 5 ページ 身 近 な 普 通 名 詞 を 覚 えさせ 絵 カードや 言 葉 絵 本 などを 使 い 身 近 な 生 活 に 関 わる 固 有 名 詞 をマッチングさせ 集 合 名 詞 の 概 念 を 身 に 付 けさせ 普 通 名 詞 の 絵 カードや 字 単 語 カードを 見 本 に 従 っ

/ 5 ページ 身 近 な 普 通 名 詞 を 覚 えさせ 絵 カードや 言 葉 絵 本 などを 使 い 身 近 な 生 活 に 関 わる 固 有 名 詞 をマッチングさせ 集 合 名 詞 の 概 念 を 身 に 付 けさせ 普 通 名 詞 の 絵 カードや 字 単 語 カードを 見 本 に 従 っ / 5 ページ 写 真 マークへの 興 味 を 持 たせ コミュニケーションの 補 助 手 段 として 日 課 生 活 習 慣 を 示 す 日 々の 活 動 カードなど を 見 せ 絵 写 真 を 用 いたコミュニケーションをはか 絵 本 の 絵 や 過 去 の 体 験 の 写 真 によってコミュニケーションを 楽 しませ カードによる 字 指 字 に 気 づかせ カードに 単 語 で 字 を 併

More information

他 覚 的 斜 視 角 検 査 Ⅱ( を 点 滅 する 方 法 ) 準 備 物 大 型 弱 視 鏡 固 視 が 可 能 な 最 も 小 さいサイズの 同 時 視 用 スライド 顕 性 偏 位 量 の 他 覚 的 測 定 但 し 大 型 弱 視 鏡 検 査 での 顕 性 偏 位 光 学 台 と 椅 子

他 覚 的 斜 視 角 検 査 Ⅱ( を 点 滅 する 方 法 ) 準 備 物 大 型 弱 視 鏡 固 視 が 可 能 な 最 も 小 さいサイズの 同 時 視 用 スライド 顕 性 偏 位 量 の 他 覚 的 測 定 但 し 大 型 弱 視 鏡 検 査 での 顕 性 偏 位 光 学 台 と 椅 子 両 眼 性 眼 位 の 検 査 他 覚 的 斜 視 角 検 査 Ⅰ( 角 膜 反 射 を 見 る 方 法 ) 乳 幼 児 片 眼 の 視 力 不 良 偏 心 固 視 麻 痺 性 斜 視 がある 場 合 の 他 覚 的 斜 視 角 の 測 定 準 備 物 大 型 弱 視 鏡 固 視 が 可 能 な 最 も 小 さいサイズの 中 心 のあるスライド 光 学 台 と 椅 子 の 高 さの 調 節 顎 台

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任 別 紙 3 平 成 25 年 度 赤 平 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) 23 年 度 A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 12,234 8,75,43 376,599 1,329,315 15.2

More information

Microsoft PowerPoint - 390

Microsoft PowerPoint - 390 MR 研 修 として MPIが 要 約 医 MPI 政 情 報 http://www.nichiiko.co.jp/stu-ge/ 都 道 府 県 別 の 医 療 需 要 予 測 分 析 - 将 来 の 地 域 医 療 における 保 険 者 と 企 業 のあり に 関 する 研 究 会 報 告 書 より- (2015 年 3 18 経 済 産 業 省 HPで 公 表 ) 株 式 会 社 医 医 業

More information

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目 9 大 規 模 特 殊 災 害 時 における 広 域 航 空 消 防 応 援 実 施 細 目 昭 和 61 年 5 月 30 日 消 防 救 第 61 号 改 正 平 成 4 年 3 月 23 日 消 防 救 第 39 号 改 正 平 成 5 年 3 月 26 日 消 防 救 第 36 号 改 正 平 成 5 年 5 月 14 日 消 防 救 第 66 号 改 正 平 成 6 年 4 月 1 日 消

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 26 年 度 研 究 テーマ 社 会 科 における 協 働 協 調 的 な 学 びの 創 造 社 会 科 事 例 紹 介 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 教 諭 五 十 嵐 健 指 導 主 事 恒 松 龍 治 自 己 紹 介 学 校 紹 介 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 生 徒 665 名 職 員 76 名 教 育 目 標 自 分 の 将 来 に 目 標 を 持 ち 自 己 実 現

More information

Taro-8図形の角.jtd

Taro-8図形の角.jtd 8 図 形 の 角 1 指 導 改 善 の 工 夫 について 作 業 的 体 験 的 な 算 数 的 活 動 を 通 した 図 形 指 導 の 工 夫 (1) 作 業 的 体 験 的 な 算 数 的 活 動 1 三 角 形 の 角 の 総 和 が180 であることを 確 かめるため, 実 際 に 様 々な 三 角 形 の 内 角 を 合 わ せてみる 活 動 を 取 り 入 れる 正 三 角 形,

More information

積 極 的 な 児 童 の 発 想 や 活 動 を 引 き 出 していきたい 共 通 事 項 の 視 点 自 分 の 感 覚 や 活 動 を 通 し て 形 や 色 組 合 せ な ど の 感 じ を と ら え る こ と 形 や 色 などの 感 じを 基 に 自 分 のイメージをもつこと 4 テ

積 極 的 な 児 童 の 発 想 や 活 動 を 引 き 出 していきたい 共 通 事 項 の 視 点 自 分 の 感 覚 や 活 動 を 通 し て 形 や 色 組 合 せ な ど の 感 じ を と ら え る こ と 形 や 色 などの 感 じを 基 に 自 分 のイメージをもつこと 4 テ 図 画 工 作 科 学 習 指 導 案 横 浜 市 立 西 寺 尾 小 学 校 指 導 者 関 根 明 一 1 日 平 成 2 7 年 1 月 2 8 日 ( 水 ) 5 校 2 学 年 組 第 3 学 年 1 組 28 名 体 育 館 3 学 習 主 題 か ら 題 材 へ 学 習 の 主 題 材 料 や 場 所 などの 特 徴 を 基 に 工 夫 してつくり 続 け る こ と を 楽 し む

More information

1 年 女 子 保 健 体 育 生 徒 は 主 体 的 に 授 業 に 取 り 組 んでいる しかし 周 りが 動 かないと 動 けない 場 面 が 見 られる 体 育 係 が 声 掛 けをしているが 今 後 は 体 育 係 の 声 掛 けがなくても 動 けるようにしていく 運 動 が 苦 手 な

1 年 女 子 保 健 体 育 生 徒 は 主 体 的 に 授 業 に 取 り 組 んでいる しかし 周 りが 動 かないと 動 けない 場 面 が 見 られる 体 育 係 が 声 掛 けをしているが 今 後 は 体 育 係 の 声 掛 けがなくても 動 けるようにしていく 運 動 が 苦 手 な 1 年 男 子 保 健 体 育 授 業 改 善 推 進 プラン 集 合 整 列 は 速 くできるようになってきた 学 習 カード 等 を 提 出 しない 生 徒 がおり 記 入 の 仕 方 もいい 加 減 な 生 徒 もいる 積 極 的 な 発 言 があまり 見 られない 体 力 テストの 持 久 走 ( 全 身 持 久 力 )の 数 値 が 低 い 種 目 に 対 して 好 き 嫌 いの 差 が

More information

連 続 講 座 断 層 映 像 法 の 基 礎 第 34 回 : 篠 原 広 行 他 図 2 放 射 状 に 線 を 照 射 し 対 面 に 検 出 器 の 列 を 置 い ておき 一 度 に 1 つの 角 度 データを 取 得 する 後 は 全 体 を 1 回 転 しながら 次 々と 角 度 デー

連 続 講 座 断 層 映 像 法 の 基 礎 第 34 回 : 篠 原 広 行 他 図 2 放 射 状 に 線 を 照 射 し 対 面 に 検 出 器 の 列 を 置 い ておき 一 度 に 1 つの 角 度 データを 取 得 する 後 は 全 体 を 1 回 転 しながら 次 々と 角 度 デー 連 続 講 座 断 層 映 像 法 の 基 礎 第 34 回 : 篠 原 広 行 他 篠 原 広 行 桑 山 潤 小 川 亙 中 世 古 和 真 断 層 映 像 法 の 基 礎 第 34 回 スパイラルスキャン CT 1) 軽 部 修 平 2) 橋 本 雄 幸 1) 小 島 慎 也 1) 藤 堂 幸 宏 1) 3) 首 都 大 学 東 京 人 間 健 康 科 学 研 究 科 放 射 線 科 学 域

More information

FdData理科3年

FdData理科3年 FdData 中間期末 : 中学理科 3 年 : 年周運動 [ 四季の星座 ] [ 問題 ](2 学期期末 ) 図は四季の太陽と地球の位置, および黄道付近にある 4 つの星座を示したものである (1) 日本の夏至の日の地球の位置はどれか A~ D から選べ (2) (1) の位置に地球があるとき, 一晩中見える星座は図の 4 つの星座のうちのどれか (3) 1 みずがめ座が真夜中に南の空に見えるのは,

More information

背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の 上 部 構 造 の 流 出 が 多 発 - は 復 旧 に 時 間 を 要 する 一 方 交 通 機 能 の 回 復 は 待 ったなし 活 動 項 目 数 活 動 項 目 数 ( 全 体 ) 50 40 30 20 10 全 体 は24hで ピー

背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の 上 部 構 造 の 流 出 が 多 発 - は 復 旧 に 時 間 を 要 する 一 方 交 通 機 能 の 回 復 は 待 ったなし 活 動 項 目 数 活 動 項 目 数 ( 全 体 ) 50 40 30 20 10 全 体 は24hで ピー 巨 津 波 の 基 本 特 性 の 把 握 と 対 津 波 設 計 への 活 用 国 土 交 通 省 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 危 機 管 理 技 術 研 究 センター 地 震 防 災 研 究 室 防 災 減 災 に 向 けた 研 究 成 果 報 告 会 ~ 東 日 本 震 災 から3 年 ~ 平 成 26 年 3 月 19 日 背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の

More information

住宅購入に関する消費者意識調査

住宅購入に関する消費者意識調査 報 道 関 係 者 各 位 2013 年 12 月 10 日 住 信 SBI ネット 銀 行 株 式 会 社 住 宅 購 入 に 関 する 消 費 者 意 識 調 査 来 年 の 金 利 やマンション 価 格 は? 住 宅 ローン 金 利 は 上 昇 が 約 7 割 買 い 時 は 増 税 前 (2014 年 3 月 まで) が 最 多 ~ 来 年 の 経 済 環 境 物 価 上 昇 は 約 9 割

More information

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子 学 年 B() 太 陽 と 地 面 の 様 子 全 10 間 学 年 1 単 元 のねらい ここでは, 太 陽 と 地 面 の 様 子 について 興 味 関 心 をもって 追 究 する 活 動 を 通 して, 日 陰 の 位 置 の 変 化 と 太 陽 の 動 きと を 関 係 付 けたり, 日 なたと 日 陰 の 地 面 の 様 子 の 違 いを 比 較 したりする 能 力 を 育 てるとともに,それらについての

More information

わない (1) そう 思 う (2)のそれぞれ3 段 階 で 回 答 をしてもらった その 結 果 を 次 節 で 数 値 に 換 算 している 4. 調 査 の 結 果 と 考 察 4.1 学 習 上 の 困 難 点 4.1.1 全 体 的 な 傾 向 表 1 漢 字 の 学 習 困 難 点 (

わない (1) そう 思 う (2)のそれぞれ3 段 階 で 回 答 をしてもらった その 結 果 を 次 節 で 数 値 に 換 算 している 4. 調 査 の 結 果 と 考 察 4.1 学 習 上 の 困 難 点 4.1.1 全 体 的 な 傾 向 表 1 漢 字 の 学 習 困 難 点 ( 2016 年 日 本 語 教 育 国 際 研 究 大 会 口 頭 発 表 2016 年 9 月 10 日 ( 土 ) タイ 人 日 本 語 学 習 者 における 漢 字 学 習 意 識 学 習 困 難 点 及 び 情 意 的 側 面 について ブッサバー バンチョンマ 二 (カセサート 大 学 ) 1. はじめに 漢 字 学 習 が 日 本 語 学 習 の 中 で 習 得 しにくい の 一 つであることは

More information

<3234944E93788CF6955C976C8EAE8169974E908592AC816A2E786C73>

<3234944E93788CF6955C976C8EAE8169974E908592AC816A2E786C73> ( 地 方 公 共 団 体 における 職 員 給 与 等 の 公 表 について の 一 部 改 正 について( 平 成 2 年 3 月 29 日 付 け 総 行 給 第 2 号 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 )に 基 づき, 今 回 の 公 表 から 様 式 を 一 部 変 更 している ) 別 紙 3 総 括 ⑴ 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民

More information

1.3. 距 離 による 比 較 距 離 による 比 較 を 行 う ( 基 本 的 に 要 求 される 能 力 が 違 うと 思 われるトラック 別 に 集 計 を 行 った ) 表 -3 に 距 離 別 の 比 較 を 示 す 表 -3 距 離 別 比 較 1000 2.27 8 1000 2.

1.3. 距 離 による 比 較 距 離 による 比 較 を 行 う ( 基 本 的 に 要 求 される 能 力 が 違 うと 思 われるトラック 別 に 集 計 を 行 った ) 表 -3 に 距 離 別 の 比 較 を 示 す 表 -3 距 離 別 比 較 1000 2.27 8 1000 2. 1. 性 別 による 競 争 能 力 の 違 い 競 走 馬 にとって 性 別 による 競 争 能 力 にどのくらいの 違 いがあるのかについて 集 計 したデータを 基 に 解 析 する 1.1. 全 成 績 の 比 較 全 成 績 による 比 較 を 行 う 表 -1 に 競 争 成 績 比 較 を 示 す 表 -1 全 成 績 比 較 1 着 2 着 3 着 4 着 5 着 着 外 全 数 勝

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF332E8EA98CC8955D89BF82CC95FB9640939982C982C282A282C4816995BD90AC8251824F944E93788EC08E7B95AA814191E6825194C5816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF332E8EA98CC8955D89BF82CC95FB9640939982C982C282A282C4816995BD90AC8251824F944E93788EC08E7B95AA814191E6825194C5816A2E707074> ( 平 成 20 年 度 実 施 分 ) 自 己 評 価 の 方 法 等 について 高 等 専 門 学 校 機 関 別 認 証 評 価 に 関 する 自 己 評 価 担 当 者 等 に 対 する 研 修 会 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 自 己 評 価 書 の 作 成 自 己 評 価 書 の 作 成 高 等 専 門 学 校 機 関 別 認 証 評 価 と 選 択 的

More information

理 科 学 習 指 導 案

理 科 学 習 指 導 案 授 業 のエキスパート 養 成 事 業 ( 第 3 学 年 理 科 ) 授 業 実 践 記 録 学 校 名 職 氏 名 新 居 浜 市 立 東 中 学 校 教 諭 近 藤 栄 一 1 日 時 場 所 平 成 年 1 月 7 日 ( 火 ) 第 5 校 時 (13:5~14:15) 理 科 室 単 元 名 地 球 と 宇 宙 3 単 元 目 標 天 体 の 動 きと 地 球 の 自 転 公 転 太 陽

More information

2016年夏のボーナス見通し

2016年夏のボーナス見通し 216 年 4 月 6 日 経 済 レポート 216 年 夏 のボーナス 見 通 し ~ 小 幅 ながらも 2 年 ぶりに 増 加 へ~ 調 査 部 研 究 員 藤 田 隼 平 216 年 夏 の 民 間 企 業 ( 調 査 産 業 計 事 業 所 規 模 人 以 上 )の ボ ー ナ ス は 2 年 ぶりに 増 加 すると 予 測 する 労 働 需 給 がタイトな 中 今 年 の 春 闘 では 基

More information

御 利 用 規 約 Excel でつくる 配 光 曲 線, 直 射 水 平 面 照 度 Version 2.0 小 冊 子 を 御 利 用 頂 くにあたり 以 下 の 内 容 をよく 御 読 み 頂 き 御 同 意 の 上 御 利 用 頂 く 様 宜 しく 御 願 い 致 します 1. 著 作 物

御 利 用 規 約 Excel でつくる 配 光 曲 線, 直 射 水 平 面 照 度 Version 2.0 小 冊 子 を 御 利 用 頂 くにあたり 以 下 の 内 容 をよく 御 読 み 頂 き 御 同 意 の 上 御 利 用 頂 く 様 宜 しく 御 願 い 致 します 1. 著 作 物 LE SA Version 2.0 MP Excelでつくる 配光曲線,直射水平面照度 HI-LAND 御 利 用 規 約 Excel でつくる 配 光 曲 線, 直 射 水 平 面 照 度 Version 2.0 小 冊 子 を 御 利 用 頂 くにあたり 以 下 の 内 容 をよく 御 読 み 頂 き 御 同 意 の 上 御 利 用 頂 く 様 宜 しく 御 願 い 致 します 1. 著 作 物

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか 平 成 23 年 度 自 己 報 告 書 1 理 念 目 的 (1) 大 学 学 部 研 究 科 等 の 理 念 目 的 は 適 切 に 設 定 されているか 平 成 19 年 6 月 に の 目 標 として 大 学 の 発 展 に 貢 献 する 力 のある 組 織 とい う 共 通 の 目 標 を 掲 げ この 目 標 を 常 に 念 頭 に 置 きながら 日 々の 業 務 に 当 たっている さらに

More information

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で 甲 府 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 8 年 3 月 31 日 策 定 甲 府 市 長 甲 府 市 議 会 議 長 甲 府 市 教 育 委 員 会 甲 府 市 選 挙 管 理 委 員 会 甲 府 市 代 表 監 査 委 員 甲 府 市 農 業 委 員 会 甲 府 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 1 計 画 策

More information

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが II 病 院 経 営 管 理 指 標 に 関 する 調 査 研 究 結 果 1. 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 概 要 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 詳 細 については 後 述 の 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 に 示 し 以 下 ではその 概 況 を 述 べる 注 有 効 回 答 数 が 5 以 下 の 項 目 には

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最 飛 騨 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 実 質 収 支 (H23 年 度 末 ) A B B/A H22 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 23 年 度 26,858 17,655,457 1,317,559

More information

提 出 書 類 等 摘 要 3 業 績 調 書 専 攻 分 野 に 関 連 する 研 究 業 績 等 について 所 属 長 が 作 成 し 厳 封 したもの ( 所 定 の 用 紙 ) 4 学 術 論 文 等 の 要 旨 研 究 等 に 関 連 する 論 文 がある 場 合 には その 別 刷 学

提 出 書 類 等 摘 要 3 業 績 調 書 専 攻 分 野 に 関 連 する 研 究 業 績 等 について 所 属 長 が 作 成 し 厳 封 したもの ( 所 定 の 用 紙 ) 4 学 術 論 文 等 の 要 旨 研 究 等 に 関 連 する 論 文 がある 場 合 には その 別 刷 学 平 成 28 年 度 富 山 県 立 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 ( 博 士 後 期 課 程 ) 社 会 人 特 別 選 抜 学 生 募 集 要 項 1 募 集 人 員 専 攻 募 集 人 員 機 械 シ ス テ ム 工 学 専 攻 若 干 名 知 能 デ ザ イ ン 工 学 専 攻 若 干 名 情 報 シ ス テ ム 工 学 専 攻 若 干 名 若 干 名 若 干 名 2 出 願 資

More information

原付・小特の学科試験手続き

原付・小特の学科試験手続き 原 付 ヷ 小 型 特 殊 の 手 続 き 受 験 資 格 申 し 込 み 住 民 票 の 住 所 と 運 転 免 許 証 ( 所 有 している 方 )の 住 所 が 愛 媛 県 であること 住 民 票 の 住 所 は 愛 媛 県 で 免 許 証 の 住 所 が 他 県 の 場 合 は 先 に 免 許 証 の 住 所 変 更 をしてくださ い 16 歳 以 上 であること 過 去 に 免 許 の 拒

More information

<4D F736F F F696E74202D20819F918D8D87955D89BF95FB8EAE82CC92D482E895FB8BB38EBA2E >

<4D F736F F F696E74202D20819F918D8D87955D89BF95FB8EAE82CC92D482E895FB8BB38EBA2E > 提 案 書 章 の 綴 り 教 室 提 案 書 章 の 綴 り 教 室 1 技 術 提 案 とは 提 案 書 の 書 き 2 技 術 提 案 とは 技 術 提 案 とは 発 注 者 を 説 得 するために 技 術 提 案 の 項 ずつについて 的 何 の 為 にその 技 術 提 案 をするのか 標 また その 結 果 何 をどれくらい 変 えるのか 指 すのか 段 それをどう 施 するのか 実 現

More information

数学

数学 例 学 A Standard ( 東 書 A8) 学 習 到 達 目 標 等 学 習 到 達 目 標 場 合 確 率, 整 性 質 または 図 形 性 質 について 理 解 させ, 基 礎 的 な 知 識 習 得 技 能 習 熟 を 図 り, 事 象 を 学 的 に 考 察 する 能 力 を 養 い, 学 よさを 認 識 できるようにするもに,それらを 活 用 する 態 度 を 育 て 評 価 観

More information

タイトル

タイトル 2015 年 度 経 済 産 業 省 次 世 代 物 流 シスム 構 築 事 業 費 補 助 金 ( 次 世 代 物 流 シスム 構 築 に 関 する 調 査 事 業 ) ラウドユースの 推 進 方 策 の 実 証 的 研 究 概 要 版 公 益 社 団 法 人 日 本 ロジスィスシスム 協 会 ( 委 託 先 : 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 ) 2016 年 3 月 1 目 次 1.

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

中高の英語指導の実態と 教員の意識 ―「中高の英語指導に関する実態調査2015」 ―

中高の英語指導の実態と 教員の意識  ―「中高の英語指導に関する実態調査2015」 ― 中 高 の 英 語 指 導 の 実 態 と 教 員 の 意 識 中 高 の 英 語 指 導 に 関 する 実 態 調 査 2015 中 高 英 語 教 育 研 究 会 根 岸 雅 史 ( 東 京 外 国 語 大 学 ) 酒 井 英 樹 ( 信 州 大 学 ) 髙 木 亜 希 子 ( 青 山 学 院 大 学 ) 工 藤 洋 路 ( 玉 川 大 学 ) 重 松 靖 ( 国 分 寺 市 立 第 二 中 学

More information

158 高 校 講 座 習 モ 現 ラ 習 モ 距 離 置 示 終 向 据 示 唆 与 取 ょ 第 7576 回 第 :

158 高 校 講 座 習 モ 現 ラ 習 モ 距 離 置 示 終 向 据 示 唆 与 取 ょ 第 7576 回 第 : 157 高 校 講 座 習 モ 現 第 7576 回 ラ 習 モ 全 回 杉 卓 第 : 第 : 題 高 低 違 善 善 悪 立 観 項 立 怒 始 身 近 エ ソ 訓 進 ぜ 起 客 観 姿 勢 深 ポ 身 近 来 析 視 点 批 判 リ カ リ 力 エ ソ 例 踏 ビ ラ ネ 表 隅 々 込 改 般 利 発 達 結 果 過 去 戻 標 ぼ 質 せ 反 埋 ゆ 過 知 利 益 被 ょ 少 立 止

More information

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8140928692B78AFA95DB91538C7689E68DEC90AC289

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8140928692B78AFA95DB91538C7689E68DEC90AC289 官 庁 施 設 情 報 管 理 システム (BIMMS-N) 操 作 説 明 書 9 施 設 維 持 管 理 9.4 中 長 期 保 全 計 画 作 成 ( 東 北 版 ) 平 成 26 年 10 月 国 土 交 通 省 東 北 地 方 整 備 局 営 繕 部 目 次 9 施 設 維 持 管 理 9.4 中 長 期 保 全 計 画 作 成 ( 東 北 版 ) 9.4.0 中 長 期 保 全 計 画

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 実 験 室 スケールの 現 象 をどのようにして 天 体 に 応 用 するか?その 合 理 性 と 限 界 は? THE SCALING OF IMPACT POCESSES IN PLANETAY SCIENCES K. A. Holsapple, 1993 神 戸 大 学 M1 原 田 竣 也 クレーター 形 成 実 験 の 問 題 点 衝 突 クレーターは 天 体 表 面 で 普 遍 的 で

More information

(Microsoft Word - \221\346\202P\202U\201@\214i\212\317.doc)

(Microsoft Word - \221\346\202P\202U\201@\214i\212\317.doc) (1) 1 ア 調 査 すべき の 手 法 情 報 できる 主 要 な 眺 望 地 点 及 び 主 要 で 身 近 な 視 点 の 状 況 な 実 視 施 点 地 ( 区 点 不 域 のうち 特 周 定 辺 の 多 主 数 の 要 な なものをいう 人 々 眺 望 又 地 は 点 周 ( 辺 の 不 以 住 特 下 民 定 が 同 多 じ ) 数 の する 人 及 々が 場 び 所 対 利 で 象

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. (H2.4.1) 92. (H25.4.1) 12.7 (H25.4.1) 参 考 値 94.8 (H25.7.1) 99.4 (H25.4.1) 14.5 (H25.4.1) (H25.7.1) 13.2 12.2 (H25.

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. (H2.4.1) 92. (H25.4.1) 12.7 (H25.4.1) 参 考 値 94.8 (H25.7.1) 99.4 (H25.4.1) 14.5 (H25.4.1) (H25.7.1) 13.2 12.2 (H25. 平 成 25 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) (A) 24 年 度 千 千 19,973 13,566,146 243,191 件 費 (B) 千 2,7,115 件 費 率 ( 参 考 ) (B/A) 23 年 度 の 件 費 率

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A819A819A819A92808FF089F090E05F95FA92758EA9935D8ED48FF097E15F32352E31302E38>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A819A819A819A92808FF089F090E05F95FA92758EA9935D8ED48FF097E15F32352E31302E38> 富 士 市 自 転 車 等 の 放 置 の 防 止 に 関 する 条 例 の 解 説 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 公 共 の 場 所 における 自 転 車 等 の 放 置 を 防 止 することにより 歩 行 者 等 の 安 全 な 通 行 を 確 保 するとともに 良 好 な 都 市 景 観 を 保 全 し もって 安 全 で 快 適 な 市 民 生 活 の 実 現 を 図 ることを

More information

2 運 営 状 況 (1) 特 筆 すべき 事 項 ( 地 域 貢 献 の 実 績 取 組 成 果 ) 東 日 本 大 震 災 被 災 者 サポートカード 提 示 者 に 利 用 料 金 の 割 引 サービスを 行 った ま た 夏 の 節 電 家 族 でお 出 かけ 節 電 キャンペーン を 実

2 運 営 状 況 (1) 特 筆 すべき 事 項 ( 地 域 貢 献 の 実 績 取 組 成 果 ) 東 日 本 大 震 災 被 災 者 サポートカード 提 示 者 に 利 用 料 金 の 割 引 サービスを 行 った ま た 夏 の 節 電 家 族 でお 出 かけ 節 電 キャンペーン を 実 1 基 本 情 報 (1) 公 の 施 設 の 名 称 指 定 者 表 様 式 1 堺 市 金 岡 公 園 プール 大 浜 公 園 プール (2) 施 設 の 設 置 的 市 民 の 健 康 増 進 に 寄 与 し レクリエーションの 場 を 提 供 することを 的 に 設 置 さ れた 公 園 施 設 (3) 所 部 局 建 設 局 公 園 緑 地 部 大 浜 公 園 事 務 所 (4) 指 定

More information

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料 別 添 72 後 退 灯 の 技 術 基 準 1. 適 用 範 囲 等 この 技 術 基 準 は 自 動 車 に 備 える 後 退 灯 に 適 用 する( 保 安 基 準 第 40 条 関 係 ) ただし 法 第 75 条 の2 第 1 項 の 規 定 によりその 型 式 について 指 定 を 受 けた 白 色 の 前 部 霧 灯 が 後 退 灯 として 取 付 けられている 自 動 車 にあっては

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

スライド 1

スライド 1 1/14 業 界 別 動 向 2014/7/1 夏 期 講 習 親 子 で 異 なる 選 ばれる 塾 の 条 件 とは? 塾 と 夏 期 講 習 に 関 する 意 識 調 査 はじめに 文 部 科 学 省 の 発 表 によると 2013 年 に 塾 ( 家 庭 教 師 を 含 む) で 勉 強 をしている 小 学 生 は41.1% 中 学 生 は54.6%と ほぼ 2 人 に1 人 は 通 っている

More information

Taro-tentai_T1

Taro-tentai_T1 P 月のようす ~P 太陽のようす () 月の表面で, 少し暗く平たんな部分を何といいますか () 月の表面にある, 右図のような部分を何といいますか () 太陽の表面温度は, 約何 ですか (4) 太陽の表面で, まわりよりも温度の低い部分を何といいますか (5) 毎日, 同じ時刻に月を観察すると, 月はどちらの方角へ動いて見えますか (6) 地球から月を見ると, 月の同じ面しか見ることができないのはなぜか

More information

102086-2225 消防科学と情報№114 2013 秋.indb

102086-2225 消防科学と情報№114 2013 秋.indb 研 究 レポート 放 火 火 災 に 係 る 住 民 意 識 の 現 状 と 要 因 分 析 その1 アンケート 調 査 結 果 の 単 純 集 計 に 基 づく 概 観 一 般 財 団 法 人 消 防 科 学 総 合 センター 研 究 員 胡 哲 新 1.はじめに 平 成 24 年 版 の 消 防 白 書 によると あいかわらず 放 火 が 出 火 原 因 の 第 1 位 で 15 年 連 続 ということ

More information

をメモ 書 きし それを 見 て 教 師 に 話 したり 質 問 に 答 えたりできる 4. 単 元 指 導 計 画 (8 時 間 ) 段 階 配 時 目 標 活 動 と 内 容 教 師 の 手 立 て 話 をするときは6 1 教 師 のある 日 の 体 験 につい *6 要 素 が 大 切 である

をメモ 書 きし それを 見 て 教 師 に 話 したり 質 問 に 答 えたりできる 4. 単 元 指 導 計 画 (8 時 間 ) 段 階 配 時 目 標 活 動 と 内 容 教 師 の 手 立 て 話 をするときは6 1 教 師 のある 日 の 体 験 につい *6 要 素 が 大 切 である 自 閉 症 情 緒 障 害 特 別 支 援 学 級 国 語 科 学 習 指 導 案 指 導 者 1. 単 元 名 国 語 科 体 験 したことを 先 生 に 話 そう 2. 指 導 観 本 学 級 の 生 徒 は 中 学 3 年 生 1 名 である 自 閉 的 傾 向 があり 特 定 の 乗 り 物 に 対 するこだわりがあ る また 級 友 が 話 した 冗 談 の 意 味 を 言 葉 どおりに

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 が 無 い た め 記 載 し て お り ま せ ん 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 A - B 勧 告 ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 国 の 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 が 無 い た め 記 載 し て お り ま せ ん 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 A - B 勧 告 ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 国 の 改 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 芽 室 町 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) 歳 出 額 A 21 年 度 1 9, 3 7 6 1 1, 3 4, 9 4 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B / A 1 6, 3 9 3 9 9 6, 541 8. 8 1 ( 参

More information

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革 第 2 分 野 男 女 共 同 参 画 の 視 点 に 立 った 社 会 制 度 慣 行 の 見 直 し 意 識 の 改 革 < 基 本 的 考 え 方 > 男 女 共 同 参 画 社 会 の 形 成 のためには 社 会 制 度 慣 行 が 実 質 的 に 男 女 にどのような 影 響 を 及 ぼすのか 常 に 検 討 されなければならない 社 会 制 度 や 慣 行 については それぞれの 目 的

More information

食 品 や 食 材 を 購 入 する 際 に 注 意 する 点 食 品 や 食 材 を 購 入 される 際 には 主 にどのような 点 に 注 意 されていますか 価 格 数 量 味 賞 味 期 限 消 費 期 限 や 加 工 年 月 日 色 つや ブランド 産 地 食 物 アレルギー 原 材 料

食 品 や 食 材 を 購 入 する 際 に 注 意 する 点 食 品 や 食 材 を 購 入 される 際 には 主 にどのような 点 に 注 意 されていますか 価 格 数 量 味 賞 味 期 限 消 費 期 限 や 加 工 年 月 日 色 つや ブランド 産 地 食 物 アレルギー 原 材 料 食 品 添 加 物 への 認 知 に 関 するアンケート 調 査 結 果 調 査 を 行 った 背 景 食 の 安 全 で 最 も 大 きな 課 題 は 腐 敗 や 食 中 毒 を 引 き 起 こす 微 生 物 の 制 御 と 言 えます 当 社 では 食 品 工 場 の 衛 生 化 に 役 立 つ 資 材 サービスを 提 供 するとともに 保 存 料 日 持 向 上 剤 といった 食 品 添 加

More information

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73>

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について ( 平 成 23 年 4 月 1 日 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (21 年 度 末 ) A 21 年 度 3,455 19,33,478 実 質 収 支 472,685 件 費 B 3,364,471 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 2 年 度 の 件 費 率 17.7

More information

様 式 5 平 成 28 年 度 NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 事 前 アンケート * 申 込 をした 方 に を 付 けてください スタンダード 編 ステップアップ 編 氏 名 所 属 大 学 学 年 1. NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 への 参 加 を 希 望 する 理 由 動 機

様 式 5 平 成 28 年 度 NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 事 前 アンケート * 申 込 をした 方 に を 付 けてください スタンダード 編 ステップアップ 編 氏 名 所 属 大 学 学 年 1. NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 への 参 加 を 希 望 する 理 由 動 機 様 式 4 北 海 道 実 習 用 平 成 28 年 度 NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 北 海 道 で 実 習 を 希 望 する 者 のみ 提 出 すること スタンダード 編 志 望 理 由 書 ふりがな 氏 名 在 籍 大 学 大 学 名 修 学 年 次 年 次 所 属 研 究 室 実 習 希 望 先 県 名 北 海 道 組 合 名 希 望 する 組 合 を 選 んだ 理 由 複 数 回 答

More information

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 の 一 部 改 正 について 1. 改 正 の 背 景 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 ( 以 下 条 例 という )では 日 照 障 害 により 近 隣 の 生 活 環 境 に 支 障 を 及 ぼさないことを 目 的 に 建 物 高 さに 対 して 規 制 を 定 めております この 規 制 は 建 築 基 準 法 に 定 める 日 影 規 制 より

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20574254816995B68F918DEC90AC89898F4B899E977095D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20574254816995B68F918DEC90AC89898F4B899E977095D2816A2E646F63> 文 書 作 成 演 習 ( 応 用 編 ) (Word007,Excel007) 文 書 作 成 演 習 ( 応 用 編 ) のテキストを 参 考 にしながら, 次 の 学 級 だよりを 作 成 してみましょう IPA 教 育 用 画 像 素 材 集 より < 演 習 のための 準 備 > 演 習 用 素 材 のフォルダをデスクトップ 上 に 作 成 します IPA 教 育 用 画 像 素 材 集

More information

ステップ2 日 中 の 高 校 の 異 同 自 分 の 学 校 の 魅 力 に 関 するプレゼンテーション 中 国 ルーツの 生 徒 には 日 本 の 高 校 に 来 て どんな 事 に 驚 いたのかまた 興 味 をもったのかパワーポイントにまとめ 発 表 して もらう また 日 本 人 生 徒 は

ステップ2 日 中 の 高 校 の 異 同 自 分 の 学 校 の 魅 力 に 関 するプレゼンテーション 中 国 ルーツの 生 徒 には 日 本 の 高 校 に 来 て どんな 事 に 驚 いたのかまた 興 味 をもったのかパワーポイントにまとめ 発 表 して もらう また 日 本 人 生 徒 は 学 習 レベル 日 本 人 生 徒 1 中 国 人 生 徒 4 中 国 語 ( 日 本 語 )の 表 現 力 の 向 上 テーマ 学 校 紹 介 PV を 作 ろう 複 眼 的 な 視 点 をもって 目 標 他 文 化 の 多 様 性 への 視 点 を 養 い 自 文 化 をふりかえる 力 を 身 につける 情 報 機 器 の 活 用 ( 活 動 の 効 率 化 生 徒 のモチベーションの 維 持

More information

26補正リース実施要領一部改正

26補正リース実施要領一部改正 別 紙 様 式 第 1 号 年 月 日 一 般 社 団 法 人 全 日 本 畜 産 経 営 者 協 会 理 事 長 青 野 正 宣 殿 住 所 末 端 借 受 者 印 TEL E-mail(ある 場 合 ) 平 成 年 度 畜 産 収 益 力 強 化 緊 急 支 援 事 業 参 加 申 請 書 畜 産 収 益 力 強 化 緊 急 支 援 事 業 を 下 記 のとおり 実 施 したいので 独 立 行

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改 柳 井 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 34,890 16,214,109 468,464 2,650,321 16.3 16.5 (2)

More information

サッカーの話をしよう 旅するワールドカップ 立ち読み版

サッカーの話をしよう 旅するワールドカップ 立ち読み版 8 旅 ケ 番 号 頼 着 席 ゴ 裏 ポ 中 * 9 7 年 西 ツ 次 グ 第 3 戦 ポ 対 生 初 め 最 終 年 前 オ ピ ク 優 ゼ ハ 連 高 評 価 受 ポ 予 定 ひ お 苦 労 ケ 入 手 シ ュ ツ ガ 陸 上 競 技 ゴ 裏 前 列 席 ほ ピ 高 ャ 周 囲 ぐ 立 上 ょ 立 前 男 め 瞬 間 ピ 視 野 消 陽 楽 シ ュ ツ ガ ツ 南 部 町 ぐ 南 下 縦 断

More information

Microsoft PowerPoint - 医用工学概論実習3.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 医用工学概論実習3.ppt [互換モード] http://chtgkato3.med.hokudai.ac.jp/kougi/me_practice/ EXCEL で リサージュ 曲 線 のシミュレーションを 行 う Excel を 開 いて Aカラムのセル1 に (A1に) tと 入 力. (Aカラム( 列 )に 時 間 ( 秒 )を 入 れる) ツールバーの 中 央 揃 えボタンを 押 すと 文 字 がセルの 中 央 に 配 置 される.

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

2ステータスバーのアイコンを 文 字 表 示 にする ステータスバーを 右 クリックし アイコンを 使 用 のチェックをはずす 文 字 表 示 になる 操 作 時 は 適 宜 オン オフを 変 更 するが まずは 直 行 モード OSNAP 線 の 太 さのみオンとし 他 はオフにしておく 2. 製

2ステータスバーのアイコンを 文 字 表 示 にする ステータスバーを 右 クリックし アイコンを 使 用 のチェックをはずす 文 字 表 示 になる 操 作 時 は 適 宜 オン オフを 変 更 するが まずは 直 行 モード OSNAP 線 の 太 さのみオンとし 他 はオフにしておく 2. 製 1. 操 作 画 面 の 設 定 1メニューバーを 表 示 させる AutoCAD2014 操 作 説 明 ここをクリックしワークスペースをチェック ここをクリックしワークスペース 設 定 をクリック 製 図 と 注 釈 にチェックを 入 れる 初 期 設 定 で 製 図 と 注 釈 が 出 て い れ ば 不 要 ここをクリックしメニューバーを 表 示 させる メニューバー タブ リボン ページ1

More information