25回教育賞_中学校P20-28.indd

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "25回教育賞_中学校P20-28.indd"

Transcription

1 最 優 秀 賞 意 欲 的 に 取 り 組 む 生 徒 を 育 成 する 天 体 学 習 いし 静 岡 県 浜 松 市 立 庄 内 中 学 校 石 はら 原 たか 貴 し 志 概 要 空 にあるたくさんの 天 体 は 地 球 からはるか 遠 くに 離 れており 実 際 にその 天 体 の 動 きを 観 察 す る 方 法 は 限 られている また 宇 宙 空 間 を 頭 に 思 い 浮 かべて 天 体 がどのように 動 くのかを 考 えるのはとても 難 しい 生 徒 に 事 前 アンケートをとった 結 果 地 球 が 自 転 や 公 転 をしていることは 知 っているが 星 の 日 周 運 動 にどうかかわっているかは 約 6 割 の 生 徒 がわかっていなかった 知 識 はあるが しくみ については 理 解 していない 本 研 究 では 透 明 半 球 における 太 陽 の 動 きの 観 察 方 法 を 工 夫 して できるだけ 多 くの 発 見 がで きるようにした また いろいろな 天 体 模 型 を 考 案 し 本 物 の 天 体 の 動 きに 似 せてイメージを 持 て るようにした 生 徒 は 与 えられた 知 識 ではなく 観 察 結 果 よ り 得 た 結 果 をもとに 天 体 の 動 きを 考 えることがで きる また いろいろな 天 体 模 型 を 使 うことで 天 体 の 動 きに 対 する 明 確 なイメージを 持 つことが でき 意 欲 的 に 課 題 解 決 に 取 り 組 むことができ ると 考 える 1.はじめに 6. 地 球 と 宇 宙 における 天 体 の 学 習 は 生 徒 が 宇 宙 空 間 (3 次 元 )の 中 で 星 の 動 きをイメー ジすること 空 間 (3 次 元 )でイメージしたもの をワークシート(2 次 元 )にまとめることを 行 わ なければならず とても 難 しい 単 元 である 本 研 究 では 1 本 物 の 星 に 似 た 動 きをする 教 具 で できる だけ 実 際 の 観 測 に 近 づけた 観 察 をすること 2 教 具 を 使 って3 次 元 の 中 で 方 位 や 角 度 を 明 確 にすること 3 3 次 元 のイメージを2 次 元 のワークシートに まとめること の3 点 を 重 視 し これらを 解 決 するための 教 具 の 作 成 を 考 えた 具 体 的 に1としては 実 際 に 観 測 する 場 面 に 近 づけるように 星 の 模 型 地 面 の 模 型 観 測 者 の 模 型 を 作 った 2としては 地 面 模 型 に 東 西 南 北 を 書 き 地 球 の 模 型 に 取 りつけることで 方 位 を 明 確 にした 自 由 に 向 きを 変 えて 取 り 付 けられる 観 測 者 模 型 を 地 面 につけ 観 測 する 方 向 を 明 確 にした 日 周 運 動 する 太 陽 の 角 度 を 測 定 する 道 具 を 製 作 した 3としては 背 景 の 空 間 を 示 した 図 を 作 り その 上 で 天 体 模 型 を 動 かせることで 3 次 元 から2 次 元 にイ 20

2 最 優 秀 賞 メージを 変 えていく 補 助 ができるようにした 生 徒 全 員 が 共 通 の 視 点 を 持 つことができるよ うに 一 人 で 実 験 観 察 できる 扱 いやすい 大 きさの 教 具 にし 生 徒 が 扱 っている 教 具 を 見 る 視 線 で 写 真 を 撮 り ワークシートに 利 用 した 以 上 のことをふまえて 以 下 に 製 作 した 教 具 を 紹 介 する 天 体 模 型 としては 地 球 模 型 太 陽 模 型 日 周 運 動 学 習 用 の 恒 星 模 型 金 星 模 型 を 製 作 した 地 球 模 型 には 方 位 を 示 した 地 面 模 型 地 面 が 受 ける 温 度 を 測 定 できる 液 晶 温 度 計 付 地 面 模 型 観 測 者 の 位 置 と 観 測 の 方 向 を 示 す 観 測 者 模 型 などを 取 り 付 けて 観 察 する 地 球 などの 公 転 のときには 天 体 の 位 置 関 係 がわかるように 背 景 の 空 間 図 を 用 意 した 測 定 用 教 具 としては 透 明 半 球 用 分 度 器 を 製 作 した 以 上 の 教 具 を 使 って 理 解 したことを 記 憶 に 残 すために 観 察 場 面 の 写 真 を 利 用 してワーク シートを 作 った これらの 教 具 は 生 徒 一 人 一 人 が 自 分 で 動 か して 理 解 するためにも 3 次 元 のイメージを 生 徒 全 員 が 共 通 の 視 点 を 持 って2 次 元 のワークシー トにまとめるためにも 一 人 で 実 験 観 察 がで きる 大 きさの 教 具 を 製 作 するようにした 2. 教 材 教 具 の 製 作 方 法 生 徒 が 意 欲 的 にわかりやすく 取 り 組 むための 教 具 について 検 討 した できるだけ 一 人 の 生 徒 が 教 具 を 授 業 中 長 く 使 って 実 験 観 察 できるよ うに 身 近 な 材 料 で 扱 いやすい 大 きさの 物 を 選 ぶようにした ア 透 明 半 球 用 分 度 器 透 明 半 球 を 使 って 太 陽 の 通 り 道 を1 時 間 ごとに 記 録 する 観 察 ( 教 科 書 に 記 載 )を 行 った 後 そ の 結 果 をより 深 く 考 察 するものとして 作 った 材 料 は 半 球 面 には 観 察 で 使 った 薄 型 透 明 塩 ビ 半 球 (φ100 50(H)mm)と 同 じものを 使 用 し 底 面 には 厚 紙 を 使 った 底 面 は 円 の 中 心 から 黒 線 で 半 球 面 は 頂 部 を 中 心 として 赤 線 で15 ずつ 区 切 った また 半 球 面 を 球 の 中 心 を 基 準 に 頂 部 から 底 面 まで 青 点 で10 ずつ 区 切 った イ 地 球 模 型 直 径 約 3cmの 鉄 球 を 使 った 地 面 模 型 観 測 者 模 型 を 地 球 模 型 に 付 けるためには 磁 石 を 利 用 するのが 有 効 と 考 え 地 球 には 磁 石 が 付 く 鉄 を 素 材 に 選 んだ また 球 が 転 がらず 安 定 さ せるために 塩 ビ 管 を 下 に 取 り 付 けた ウ 地 面 模 型 地 球 は 球 形 であるが 大 きいために 普 段 地 球 上 にいる 私 たちが 見 る 地 面 は 平 面 である その ため 生 徒 がふだんどおりのイメージを 持 つこと ができるように 地 面 模 型 を 作 った 地 面 模 型 に は 東 西 南 北 を 書 き 込 み 方 位 がわかるようにし た 地 面 模 型 の 裏 には 薄 型 の 磁 石 を 取 り 付 け 地 球 模 型 のどの 場 所 にも 付 くようにしている 材 料 は 塩 ビ 板 を 使 用 した エ 観 測 者 模 型 観 測 者 の 位 置 がどこであるか 明 確 にするため に 観 測 者 ( 動 物 )の 模 型 を 取 り 付 けるようにした 足 の 部 分 に 磁 石 が 付 いていて 地 面 模 型 上 のど の 方 角 を 向 いても 付 くようになっている 観 測 者 模 型 の 見 ている 向 きにより どの 方 向 で 観 察 する か 視 点 を 定 めることができる オ 太 陽 模 型 消 しゴムとまち 針 で 簡 単 に 作 った 太 陽 が 東 から 西 へどのように 動 くかを 確 かめ 地 球 がどの 向 きに 自 転 するかを 考 えるために 使 う 透 明 半 球 用 分 度 器 地 球 模 型 地 面 模 型 観 測 者 模 型 がついた 状 態 太 陽 模 型 21

3 カ 日周運動学習用の恒星模型 3 教材 教具の使い方 地球の自転によって 太陽以外の恒星 星座 を夜に観察したら どのように動くかを確かめる ア 透明半球用分度器の使い方 ために作った 観測者地面付地球模型 太陽模 ① 透明半球を使って太陽の通り道を1時間ごと 型の実験で地球模型の使い方 自転の向きを理 に記録する観察を行う 6月ごろから10月 解した後でこの恒星模型を使うと効果的である ごろまで班で実施日をずらして行う 特に 直径150mmの透明半球を2個 塩ビ板 塩ビ管 夏至 秋分の日は必ず実施する を使用した 底面の中央には 地球模型を取り ② 結果を記録した透明半球の内側に透明半球 付けるように塩ビ管を接着した 矢印は地球の 用分度器を重ねて 秋分の日に付けた点の規 自転の向きを示している これに図のように地球 則性を調べる 模型と 恒星のシールをはった透明半球をかぶ せて使用する 恒星模型の下部 恒星模型上部をかぶせたところ キ 液晶温度計付地面模型 観察結果 ③ 秋分の日の点が 分度器の一つの円に重なっ 地面を想定した透明な塩ビ板に 液晶温度計 ていることを調べる このことから 地球の自 をはり付けた 転により太陽が円軌道を描くと考え 分度器 ク 金星模型 の底面の直線からこの円の垂線を選び 回転 白色のハッポースチロール球の半分をマジック 軸を見つけて透明半球に印を付ける で黒に塗り ゴムホースを輪切りにしたものを下 部にはり付けた 満ち欠けがわかりやすくなるよ うにした 液晶温度計付地面模型 金星模型 回転軸を見つけて印を付ける 一つの円に 重 なってい る ケ 背景の空間図 点 が15 ず つ 移 動して いる ア クの模型は立体であるが 背景の空間図 ④ 透明半球用分度器の頂部を ③で印を付け は平面にした この空間図により 3次元から2 た回転軸に合わせて 観察結果の点が半球面 次元にイメージしやすくなると考える 分度器の赤線を1時間に何 ずつ移動している かを調べる 15 ずつとわかる ⑤ 秋分の日の結果から印を付けた回転軸に 透明半球用分度器の頂部を合わせると ほか の日に記録した太陽の動きの観察結果も こ 金星用空間図 の回転軸から15 ずつ移動していることがわか 季節と星座用の空間図 る このことから 季節が変わっても回転軸 地 22

4 最 優 秀 賞 軸 )の 向 きが 変 わらないことがわかる 後 に 学 習 する なぜ 四 季 があるのか につなげ ていく * 秋 分 から 春 分 の 間 を 調 べる 場 合 は 半 球 では 記 録 した 点 の 位 置 に 届 かなくなるので 分 度 器 を 二 つ 使 用 し 球 形 にして 測 定 するとわかり やすい 6 秋 分 の 日 に 太 陽 が 南 中 した 点 と 夏 至 の 日 に 太 陽 が 南 中 した 点 が 透 明 半 球 用 分 度 器 の 青 い 点 で 何 違 うかを 調 べる この 結 果 から 地 軸 が 地 球 の 公 転 面 の 垂 線 から23.4 傾 いてい ることにつなげていくことができる イ 地 球 と 太 陽 の 模 型 の 使 い 方 ( 太 陽 の 一 日 の 動 き 方 と 地 球 の 自 転 の 方 向 ) 1 教 室 の 天 井 が 地 軸 の 北 床 が 南 とすること を 伝 え 地 面 模 型 を 地 球 模 型 の 日 本 の 位 置 に くっつけさせる 2 地 球 模 型 の 横 に 太 陽 模 型 を 置 く 3 顔 を 地 球 模 型 に 近 づけさせて 観 測 者 の 模 型 の 位 置 から 太 陽 模 型 を 見 るようにする 太 陽 が 東 の 地 平 線 から 昇 り 西 の 地 平 線 へ 沈 む ように 地 球 模 型 を 手 で 回 す そのとき 太 陽 は 東 南 西 の 空 をどのように 動 いていくかを 観 察 させる 東 の 空 南 の 空 西 の 空 青 い 点 は10 ずつ 区 切 られ ている 夏 至 と 秋 分 の 日 の 南 中 した 点 は 23.4 ずれている 7 透 明 半 球 用 分 度 器 に 結 果 を 記 録 した 透 明 半 球 を 頂 部 を 合 わせてピッタリと 重 ねる 青 い 点 を 利 用 すると その 日 の 南 中 高 度 を 測 定 する ことができる 下 図 は 秋 分 の 日 の 南 中 高 度 を 測 定 している 約 55 であった 測 定 場 所 の 緯 度 は34 度 45 分 である これにより 南 中 高 度 から 緯 度 を 考 えさせることができる また 違 う 観 測 日 から 南 中 高 度 の 比 較 をすること ができる * 透 明 半 球 でこれらの 結 果 を 得 るためには 正 確 な 測 定 南 中 高 度 の 測 定 が 必 要 である 中 央 標 準 時 から 観 測 場 所 の 正 確 な 南 中 時 刻 を 計 算 し 正 確 な 方 位 で 観 察 させた 点 も 付 けた 後 点 の 影 が 台 紙 の 正 しい 位 置 に 写 っている かを 確 認 させた * 太 陽 が 東 の 空 では 右 上 がりに 南 の 空 で は 左 から 右 へ 弧 を 描 き 西 の 空 では 右 下 がり に 移 動 するのがわかる 4 手 で 回 した 地 球 模 型 を 北 ( 上 )から 見 て 地 球 の 自 転 はどう 回 転 するかを 考 えさせる * 反 時 計 回 りに 動 くのがわかる ウ 地 球 と 太 陽 の 模 型 の 使 い 方 ( 朝 昼 夕 夜 中 ) 1 観 測 者 地 面 付 地 球 模 型 と 太 陽 模 型 を 置 く 2 太 陽 の 側 に 地 面 があると 昼 反 対 が 夜 など 太 陽 と 地 球 の 位 置 関 係 から 朝 昼 夕 方 真 夜 中 を 考 えさせる 朝 の 太 陽 と 地 球 の 位 置 昼 の 位 置 夕 方 の 位 置 南 中 高 度 の 測 定 23

5 エ 地 球 と 太 陽 の 模 型 の 使 い 方 ( 北 半 球 南 半 球 ) 1 観 測 者 地 面 付 地 球 模 型 と 太 陽 模 型 を 置 く 2 地 面 と 太 陽 の 角 度 から 北 半 球 赤 道 付 近 南 半 球 の 三 つの 場 所 で 真 昼 ( 正 午 )に 太 陽 が 上 がったとき それぞれの 太 陽 の 方 位 を 考 えさせる * 真 昼 の 太 陽 が 北 半 球 では 真 上 よりも 南 に 南 半 球 では 真 上 よりも 北 にあるのがわかる から 順 に 見 ると カシオペヤ 座 が ほぼ 北 極 星 を 中 心 に 反 時 計 回 りをしているのがわかる A3 枚 の 写 真 は 北 の 空 黄 は 北 極 星 赤 はカシオペヤ 座 北 半 球 の 場 所 の 南 中 オ 地 球 模 型 と 日 周 運 動 学 習 用 恒 星 模 型 の 使 い 方 1 恒 星 模 型 下 部 の 回 転 板 に 観 測 者 地 面 模 型 付 地 球 模 型 を 取 り 付 ける 2 恒 星 模 型 上 部 の 透 明 半 球 を 下 部 にかぶせ る 南 半 球 の 場 所 の 北 中 3 観 測 者 模 型 の 視 線 で 見 るように 顔 を 近 づ け 上 部 の 透 明 半 球 を 固 定 しながら 下 部 の 回 転 板 をゆっくり 回 す その 時 顔 を 常 に 観 測 者 の 視 線 になるように 観 測 者 模 型 の 裏 側 に 移 動 して 観 察 する もしくは 自 転 を 理 解 し たら 下 の 回 転 板 を 固 定 し 透 明 半 球 を 自 転 と は 逆 向 きに 回 転 させながら 観 測 者 の 視 線 で 恒 星 を 見 て 恒 星 の 動 きを 確 かめる 4 恒 星 (シール)の 動 き 方 を 観 察 する * この 模 型 を 使 うと 東 南 西 の 空 での 星 の 動 きをつなげて 観 察 しやすい また 地 面 の 下 の 見 えない 部 分 も 星 が 円 軌 道 を 描 いている ことをイメージさせることができる また 太 陽 模 型 ではできなかった 北 の 空 の 星 の 動 きも 観 察 することができる Aの3 枚 の 写 真 を 左 授 業 の 様 子 カ 地 球 模 型 と 液 晶 温 度 計 付 地 面 模 型 の 使 い 方 1 地 球 模 型 に 液 晶 温 度 計 付 地 面 模 型 を 付 け る 角 度 を 変 えて 地 球 模 型 に 付 けた 液 晶 温 度 計 付 地 面 模 型 を2セット 用 意 し 裸 電 球 から 等 距 離 離 す 2 一 定 時 間 裸 電 球 を 点 灯 し それぞれの 温 度 を 測 定 し 比 較 する 3 二 つの 地 面 模 型 の 南 中 高 度 の 違 いから 光 を 受 ける 地 面 の 角 度 と 温 度 上 昇 の 違 いについ て 考 察 させる * 地 面 が 電 球 の 側 に 傾 いている 方 が 温 度 が 高 くなることがわかる 夏 の 地 面 と 冬 の 地 面 の 温 度 の 比 較 温 度 測 定 のようす 恒 星 模 型 の 下 部 恒 星 模 型 上 部 をかぶせたところ 24

6 最優秀賞 キ 背景の空間図の使い方 四季の星座 ① 四季の星座 太陽 地球の位置が書かれ た空間図を机上に敷く ② 観測者地面付地球模型を地球の位置に置く ③ 空間図の上で 地球模型を公転や自転をさ 空間図 せながら 朝 昼 夕 夜中に観測者から見 た星座の方向を地面模型に書かれた方位で調 べる 金星の満ち欠けを調べる 見かけの大きさを調べる 秋の真夜中 ペガスス座を見ている 授業の様子 授業の様子 夕方 西の空 太陽の方 に見える金星 ク 背景の空間図の使い方 金星 ① 太陽 地球 金星の位置の書かれた空間図 4 授業におけるその他の工夫 を机上に敷く ⑴ 天体模型の継続活用 ② 金星模型を太陽の側が明るく 白く なるよ うに置く 生徒が興味をもって天体学習に取り組むように ③ 地球の位置に観測者地面付地球模型を置く 天体模型の継続活用を考えた できるだけ同じ ④ 観測者模型に顔を近づけて 地球の位置か 教具 地球模型 地面模型 観測者模型 を続け ら見える金星の形を観察する て使用することで 生徒が教具の使い方に慣れ ⑤ 観測者模型のすぐ横に定規を置き顔を近づ 地球の動き方をイメージしやすくなるようにした けて 金星模型の直径を測り それぞれの見 生徒は 次は何を調べる教具になるのだろうと かけの大きさを比べる わくわくしながら授業を受けることができた ⑵ 授業における天体模型の説明の仕方 ⑥ 明けの明星 よいの明星とはどういうときか 位置関係を確認する 全体に視点をしっかり示すために プレゼン 25

7 テーション用ソフトを使って 映像で示すように した 金星模型を観察した結果を 書き込む プレゼンテーションの例① プレゼンテーションの例② 実験で測定した温度を書き 込む プレゼンテーションの例③ 朝 昼 夕 真夜中の地 面の方位を書き込ませる ⑷ 意見交流 本校では 生徒が人前で話す力を身に付ける 授業の様子 ように 総合的な学習の時間を 探究 と名付 ⑶ ワークシートの特徴 け 1対1 1対複数で他学年相手にいろいろな 天体模型は個人が机上で観察できるように作 テーマでSHOW TELL 資料を提示して説明 られた教材であり どのように観察するかの視 する を行っている そこで 理科と探究をリンク 点も明確に与えているので ワークシートに使 して 天体の内容を教具を使ってSHOW TELL う写真のアングルも決まってくる そこで 天 する意見交流を行った 自分が選択した内容を 体模型を使って頭にイメージしたことを わか しっかりと理解し 相手にうまく伝えることを目的 りやすくまとめられるように写真を利用した として行う 質問応答による意見交流 うまく伝 ワークシートを作成した 以下に 生徒のワー えるために内容を整理する中で理解を深めるこ クシートを紹介する とができた 26

8 最 優 秀 賞 左 から 青 :とてもそう 思 う 水 色 :だいたいそう 思 う 黄 :あまりそう 思 わない 赤 : 全 くそう 思 わない SHOW&TELLの 様 子 < 天 体 模 型 活 用 授 業 の 生 徒 アンケート 集 計 結 果 > ビデオによる 撮 影 5. 成 果 ⑴ アンケート 結 果 生 徒 は 天 体 模 型 を 使 用 することで 楽 しく 理 解 して 授 業 を 受 けることができた 以 下 は 生 徒 のアンケート 結 果 である ( 対 象 3 年 101 人 透 明 半 球 用 分 度 器 太 陽 模 型 日 周 運 動 学 習 用 恒 星 模 型 液 晶 温 度 計 付 地 面 模 型 背 景 の 空 間 図 ( 四 季 の 星 座 ) 背 景 の 空 間 図 ( 金 星 )を 使 用 した 授 業 6 回 のアンケート 結 果 を 集 計 した ) すべての 項 目 で とてもそう 思 う だいたい そう 思 う と 答 えた 生 徒 がそれぞれ92% 以 上 で あった 特 に 意 欲 を 持 てた という 項 目 で と てもそう 思 う だいたいそう 思 う と 答 えた 生 徒 が 合 わせて99パーセントであった この 結 果 から 天 体 教 具 活 用 授 業 が 生 徒 に 受 け 入 れられ 期 待 されていることがわかる ⑵ 生 徒 の 感 想 1 透 明 半 球 用 分 度 器 利 用 の 授 業 地 球 の 自 転 は 回 転 軸 が 変 わらず 等 間 隔 で 同 じ 速 さで 動 くことがわかった 天 体 教 具 があ るおかげで 天 体 についてすごくわかったと 思 いま す 地 球 の 自 転 が15 ということは 知 っていたけ ど 実 際 には 確 かめたことなんてなかったので 確 かめることができて 良 かった 太 陽 の 速 さが 速 く 感 じられるときもあったけ ど 実 際 は 朝 も 昼 も 太 陽 の 速 さは 変 わっていな かったので 意 外 でした 地 軸 は 季 節 によって 変 わらないことがわかっ た だから 北 の 空 はいつも 北 極 星 を 中 心 に 星 が 回 るのかと 思 った 地 軸 の 傾 きは 知 ってはいたけど 秋 分 と 夏 至 の 南 中 高 度 の 差 が23.4 になっていたのには 驚 い た 冬 至 の 時 は 逆 の 方 向 に23.4 傾 いているの か 確 かめてみたい 2 太 陽 模 型 利 用 の 授 業 地 平 線 に 対 して 太 陽 の 動 きが 変 わることが はっきりわかったので 良 かった 模 型 がわかり やすかった 天 体 模 型 を 使 うことでわかりやすかった 模 型 で 実 際 に 顔 を 動 かしてみたので 地 球 の 自 転 がよくわかった 27

9 模 型 を 使 った 授 業 は わかりやすかった 太 陽 の 出 方 や 方 向 などが 地 球 の 自 転 によることがよ くわかった 3 日 周 運 動 学 習 用 恒 星 模 型 利 用 の 授 業 ほかの 星 も 同 じように 地 球 の 自 転 でまわっ ている 下 から 見 る 方 法 もあるんだなと 思 った 北 から 見 た 星 と 南 から 見 た 星 は やっぱり 逆 に 動 いている 4 液 晶 温 度 計 付 地 面 模 型 利 用 の 授 業 温 度 がすごく 違 ったから すごいと 思 ったし 角 度 が 違 うだけで 温 度 がかわるなんて 思 わな かった 模 型 を 使 ったりして わかりやすかったです 最 後 に 使 ったものは とてもすごいと 思 いました 左 右 に 置 いたもので 温 度 差 がはっきりとでて な んで 温 度 が 変 わるのかよくわかりました こんな に 温 度 差 があるとは 思 いませんでした こう 考 え ると 夏 と 冬 もこんなに 温 度 差 があるのかなと 思 いました 5 四 季 の 星 座 空 間 図 利 用 の 授 業 このやり 方 がわかれば いつどこに 何 の 星 座 があるのかひと 目 でわかるのですごいと 思 いまし た 6 金 星 模 型 利 用 の 授 業 金 星 模 型 の 直 径 を 測 ってみてびっくり! 同 じ 金 星 が 近 くにあるときと 遠 くにあるときで 長 さが 変 わるとは 思 いませんでした 金 星 の 満 ち 欠 けには 太 陽 や 地 球 との 位 置 関 係 が 大 きく 関 わっていることがわかりました あとは 金 星 が 光 を 発 する 星 ではないことが 原 因 だということがわかった 金 星 は 地 球 に 近 づく ほど 大 きく 見 える 生 徒 の 感 想 には 天 体 教 具 の 効 果 と 天 体 の 動 き 方 について 書 かれた 意 見 が 数 多 く 見 られた 生 徒 は 天 体 教 具 の 授 業 を 通 して 地 球 の 自 転 公 転 地 軸 の 傾 きから 起 こる 変 化 に 興 味 を 持 ち 天 体 についての 関 心 を 高 め 課 題 解 決 に 取 り 組 むことができた ⑶ 活 動 のようす 右 の 写 真 は 生 徒 の 活 動 の 様 子 である どの 生 徒 も 意 欲 的 に 課 題 解 決 に 取 り 組 むことができ た 28

第1学年1組 理科学習指導案

第1学年1組 理科学習指導案 検 印 第 3 学 年 1 組 理 科 学 習 指 導 案 平 成 23 年 12 月 9 日 ( 月 )5 校 時 活 動 場 所 第 2 理 科 室 (3 階 ) 指 導 者 教 諭 1 単 元 名 地 球 から 見 た 天 体 の 動 き 2 単 元 設 定 について この 単 元 では 天 体 の 日 周 運 動 の 観 察 を 行 い その 観 察 記 録 を 地 球 の 自 転 と 関

More information

Taro-内藤教諭0213

Taro-内藤教諭0213 平 成 24 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 意 思 決 定 のプロセスから 思 考 力 を 育 てる 2 年 生 家 庭 基 礎 家 庭 の 経 済 と 消 費 の 授 業 を 通 して 県 立 新 潟 北 高 等 学 校 内 藤 香 織 Ⅰ 指 導 構 想 生 徒 との 普 段 の 会 話 から 消 費 生 活 が 意 思 決 定 を 意 識 的

More information

4. 指 導 計 画 ( 計 2 ) 単 元 名 宇 宙 広 が り 地 球 運 動 と 天 体 動 き 小 単 元 本 時 ねらい 評 価 銀 河 系 と 太 陽 系 太 陽 太 陽 系 天 体 太 陽 系 広 がり 天 球 と 方 位, 時 刻 地 球 自 転 と 天 体 動 き 星 座 1 年

4. 指 導 計 画 ( 計 2 ) 単 元 名 宇 宙 広 が り 地 球 運 動 と 天 体 動 き 小 単 元 本 時 ねらい 評 価 銀 河 系 と 太 陽 系 太 陽 太 陽 系 天 体 太 陽 系 広 がり 天 球 と 方 位, 時 刻 地 球 自 転 と 天 体 動 き 星 座 1 年 第 3 学 年 理 科 学 習 指 導 案 1. 単 元 名 地 球 と 宇 宙 第 2 章 地 球 運 動 と 天 体 動 き 平 成 24 年 12 月 3 日 ( 月 )5 校 時 沖 縄 市 立 コザ 中 学 校 3 年 1 組 男 子 21 名 女 子 18 名 計 39 名 授 業 者 木 下 剛 志 2. 単 元 目 標 身 近 な 天 体 観 察 を 通 して, 地 球 運 動 について

More information

コア5年1章p indd

コア5年1章p indd 2 第 1 章 天 気 の 変 化 天 気 の 変 化 のきまり 1 じょう ほ う 天 気 の 情 報 雲 写 真 ともいう 2 天 気 の 変 化 のきまり 1 雲 があっても 雨 のふっていないところが ある 天 気 はどのように 変 化 していくのだろうか インターネットや 新 聞 などから 数 日 間 の 天 気 の 情 報 を 集 める なら 雲 の 動 きや 雨 のふっている 地 いきの

More information

第1回給食研究会アンケート集計

第1回給食研究会アンケート集計 第 2 回 栄 養 管 理 研 修 会 ( 管 理 栄 養 士 栄 養 士 ) 平 成 26 年 11 月 21 日 ( 金 ) 岡 山 衛 生 会 館 5 階 中 ホール 午 前 講 演 演 題 実 践 での 活 用 事 例 に 学 ぶ カーボカウントの 基 本 と 応 用! 講 師 京 都 大 学 医 学 部 附 属 病 院 疾 患 栄 養 治 療 部 副 部 長 幣 憲 一 郎 先 生 午 後

More information

3 実 験 の 進 め 方 水 をはった 浴 槽 に 発 泡 スチロール 製 のボールを 沈 めて 手 を 離 し 水 面 から 飛 び 出 した ボールの 高 さ を 測 定 する 沈 める 深 さ を 変 えて 実 験 する 1 実 験 会 場 は 我 が 家 の 浴 槽 水 面 から 飛 び

3 実 験 の 進 め 方 水 をはった 浴 槽 に 発 泡 スチロール 製 のボールを 沈 めて 手 を 離 し 水 面 から 飛 び 出 した ボールの 高 さ を 測 定 する 沈 める 深 さ を 変 えて 実 験 する 1 実 験 会 場 は 我 が 家 の 浴 槽 水 面 から 飛 び 水 中 から 飛 び 出 すボールの 実 験 ~ 水 中 深 く 沈 めて 急 速 浮 上 ~ 戦 艦 大 和 の ス ピ ー ド の 秘 密 も あのピッチャーの 変 化 球 の 謎 も これで 全 部 わかってしまった!? 会 津 若 松 市 立 第 二 中 学 校 第 3 学 年 福 原 諒 1 実 験 の 動 機 プールで 気 づいたボールの 動 きの 不 思 議 を 自 宅 のお 風 呂

More information

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子

小学校理科の観察,実験の手引き 第3学年B(3) 太陽と地面の様子 学 年 B() 太 陽 と 地 面 の 様 子 全 10 間 学 年 1 単 元 のねらい ここでは, 太 陽 と 地 面 の 様 子 について 興 味 関 心 をもって 追 究 する 活 動 を 通 して, 日 陰 の 位 置 の 変 化 と 太 陽 の 動 きと を 関 係 付 けたり, 日 なたと 日 陰 の 地 面 の 様 子 の 違 いを 比 較 したりする 能 力 を 育 てるとともに,それらについての

More information

2 ( 178 9)

2 ( 178 9) ( 1,876.58 km2) 98 ( 11 ) ( 21 ) 4 17 (8 9 ) 28 6 1? H25.12 11,998 489.5 H26.12 13,392 111.6% 565.5 115.5% H27.12 13,828 103.3% 476.8 84.3% H25.12 84 4.5 H26.12 132 157.1% 5 111.1% H27.12 95 72.0 2.56

More information

281

281 m3 m3 m3 280 281 m3 m3 282 283 ⑴ ⑵ m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 284 ⑵ m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 ⑶ ⑷ 285 ⑴ 286 ⑵ ⑶ 287 (1) 92.3 288 289 (2) 40,700 () () () () () () () () () () () ( ) () () () () (ha)

More information

⑴ ⑵ ⑶ ⑷ A C B ( D Other A C B ( D 1996/2/1 1996/3/1 1996/6/1 1996/8/1 1996/9/1 1997/3/1 1997/5/1 1997/6/1 1997/6/1 1997/6/1 1997/10/1 1997/10/1 1997/10/1 1997/11/1 1997/11/1

More information

理 科 学 習 指 導 案

理 科 学 習 指 導 案 授 業 のエキスパート 養 成 事 業 ( 第 3 学 年 理 科 ) 授 業 実 践 記 録 学 校 名 職 氏 名 新 居 浜 市 立 東 中 学 校 教 諭 近 藤 栄 一 1 日 時 場 所 平 成 年 1 月 7 日 ( 火 ) 第 5 校 時 (13:5~14:15) 理 科 室 単 元 名 地 球 と 宇 宙 3 単 元 目 標 天 体 の 動 きと 地 球 の 自 転 公 転 太 陽

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253944E8E5A909489C88A778F4B8E7793B188C4817596CA90CF81768288825182512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253944E8E5A909489C88A778F4B8E7793B188C4817596CA90CF81768288825182512E646F63> 123 指 導 者 松 島 恵 子 4 日 学 単 元 について 時 年 名 平 第 面 成 4 積 22 学 年 年 男 10 子 12 月 20 名 日 ( 女 水 子 4 ) 名 第 計 21 校 時 名 算 数 科 学 習 指 導 案 角 味 これまで を 本 理 単 解 元 は, し, 量 学 正 と 習 方 測 指 形 定 導 及 の 要 び 長 領 の 方 域 内 形 では, 容 の

More information

-2 -

-2 - -1 - -2 - ⑴ ⑵ -3 - ⑶ -4 - ⑴ ⑵ ⑶ -5 - ⑷ 6,268 16 23,256,247.299 39.48 8,385. 34 35 2 2,117. 34 4 3,936 8 16,544,761.1 28.8 5,625. 927 35 14 1,689. 927 6 872 6 7,765,329.122 13.18 3,83. 554 17 7 2,211. 554

More information

0 001212 112468 1 10 2 11 12 13 3 14 15 ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ 4 ⑵ 5 6 ⑴ ⑴ ⑴ ⑵ 7 ⑶ ⑷ ⑵ ⑴ 8 ⑵ ⑴ 9 ⑴ ⑵ ⑴ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ 10 11 ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑵ ⑷ ⑸ ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ 12 ⑵ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ 13 ⑶ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ 14 ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ 15

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2050616F46697493FA904882C982E682E98C8E82CC8B9797A391AA92E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2050616F46697493FA904882C982E682E98C8E82CC8B9797A391AA92E82E646F63> 日 食 による 月 と 太 陽 の 距 離 測 定 大 西 浩 次 ( 長 野 工 業 高 等 専 門 学 校 ) 2009 年 7 月 22 日 日 本 で 46 年 ぶりの 皆 既 日 食 が 起 きた この 現 象 は 月 の 公 転 を 実 感 する 好 機 会 であると 共 に 地 球 の 自 転 現 象 を 体 感 する 機 会 でもあった 月 は 地 球 のまわり を 約 30 日 で

More information

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対 第 二 章 IH 加 熱 時 の 伝 熱 特 性 調 理 は 単 に 食 材 を 加 熱 するだけではなく 食 材 出 来 上 がりのこげ 加 減 など 視 覚 的 に 食 欲 を 促 進 させるためには 加 熱 性 能 も 重 要 な 要 素 になる IH とガス 加 熱 で 調 理 した 場 合 に 味 が 変 わると 言 われているが IH とガス 加 熱 で 直 接 味 に 影 響 す ることは

More information

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ )

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ ) 知 多 理 科 同 好 会 広 報 部 会 報 第 29 号 平 成 23 年 11 月 18 日 流 星 今 か ら 1 0 年 前, 2 0 0 1 年 1 1 月 小 学 生 2 年 生 の 息 子 と と も に 夜 中 に 起 き 出 し て, 庭 に シ ー ト を 引 き, 東 の 空 を 見 て い た こ と が あ り ま す 一 つ の 寝 袋 に 二 人 で 潜 り 込 ん

More information

平 成 24 年 11 月 1 日 開 催 地 域 協 議 会 会 長 会 議 出 席 者 名 簿 地 域 協 議 会 氏 名 役 職 備 考 高 田 区 地 域 協 議 会 西 山 要 耕 会 長 新 道 区 地 域 協 議 会 岡 田 竹 一 会 長 金 谷 区 地 域 協 議 会 田 村 恒

平 成 24 年 11 月 1 日 開 催 地 域 協 議 会 会 長 会 議 出 席 者 名 簿 地 域 協 議 会 氏 名 役 職 備 考 高 田 区 地 域 協 議 会 西 山 要 耕 会 長 新 道 区 地 域 協 議 会 岡 田 竹 一 会 長 金 谷 区 地 域 協 議 会 田 村 恒 地 域 協 議 会 会 長 会 議 次 第 と き 平 成 24 年 11 月 1 日 ( 木 ) 午 後 3 時 30 分 ~ ところ 上 越 市 春 日 謙 信 交 流 館 集 会 室 1 あいさつ 2 議 題 (1) 地 域 活 動 支 援 事 業 について 資 料 1~3 参 照 (2) 副 市 長 との 意 見 交 換 について [ 資 料 ] 次 第 出 席 者 名 簿 資 料 1 平

More information

untitled

untitled 資料5 AとBの力を育てる構想図 ② HR 教科での教育 のワークは 授業 休み時間 朝の会 帰りの会等の時 間に展開できるように工夫されている これは 学級の状況や問題の内容に応じて 教師が臨機応変にワークを選択し 時宜を得た効果的な指導が行えるという利点を 生むものでもある しかしそのためには 教師が資料2に示す HR 教科での教 育 のねらいや内容を十分理解していなければ 効果的に活用することは難しい

More information

写 真 3 点 灯 している 手 回 し 交 流 発 電 機 磁 石 を 回 転 させる 構 造 であるため 発 光 ダイオード との 接 続 も 簡 単 で 回 路 が 単 純 で 分 かりやすい 接 点 が 少 ないため 接 触 不 良 がなく 安 定 して 発 電 できる 発 光 ダイオードは

写 真 3 点 灯 している 手 回 し 交 流 発 電 機 磁 石 を 回 転 させる 構 造 であるため 発 光 ダイオード との 接 続 も 簡 単 で 回 路 が 単 純 で 分 かりやすい 接 点 が 少 ないため 接 触 不 良 がなく 安 定 して 発 電 できる 発 光 ダイオードは 中 学 第 一 分 野 簡 単 にできる 手 回 し 交 流 発 電 機 の 開 発 と 交 流 電 流 の 学 習 * 福 井 県 坂 井 市 立 三 国 中 学 校 月 僧 秀 弥 目 的 Ⅱ. 発 電 機 の 構 造 中 学 校 理 科 における 新 学 習 指 導 要 領 1) において 交 流 電 流 に 関 しての 学 習 が 追 加 された 交 流 電 流 は 家 庭 で 使 われている

More information

<3234944E93788CF6955C976C8EAE8169974E908592AC816A2E786C73>

<3234944E93788CF6955C976C8EAE8169974E908592AC816A2E786C73> ( 地 方 公 共 団 体 における 職 員 給 与 等 の 公 表 について の 一 部 改 正 について( 平 成 2 年 3 月 29 日 付 け 総 行 給 第 2 号 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 )に 基 づき, 今 回 の 公 表 から 様 式 を 一 部 変 更 している ) 別 紙 3 総 括 ⑴ 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民

More information

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464>

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464> 問 題 解 決 学 習 を 通 して 科 学 的 思 考 力 と 表 現 力 の 育 成 を 図 る 理 科 授 業 ~ 言 語 活 動 を 充 実 させる 授 業 ~ 新 発 田 市 立 第 一 中 学 校 教 諭 星 野 勝 紀 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 今 までの 実 践 から 私 自 身 のこれまでの 授 業 を 振 り 返 ると 教 師 側 である 程 度 筋 道 を 立 て 発 達

More information

Taro-shakai.jtd

Taro-shakai.jtd 第 3 学 年 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 21 年 11 月 11 日 5 校 時 場 所 : 第 3 学 年 3 組 教 室 授 業 者 : 教 諭 梅 津 卯 1 単 元 名 わたしたちの 生 活 と 経 済 2 単 元 の 目 標 (1) 経 済 活 動 の 意 義 や 生 産 流 通 消 費 といった 経 済 のおおまかなしくみを, 身

More information

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために 3 30/ /31 3 3 体の動かし方やコツがわかる授業 体育の授業で体の動かし方やうまくなるためのコツが わかった と回答した小学生は 男子46.0 女子38.0 であり 保健体育の授業で わかった と回答した中学生は男子 30.5 女子20.7 と 中学生に比べ小学生が 体の動かし方やコツに関する理解を得てい ることが分かった 一方で 体の動かし方やコツを理解できていない児童生徒も存在して いた

More information

t検定

t検定 2 つ 平 均 を 比 べる(t 検 定 ) 1. 対 応 のない t 検 定 (1 つのテストを 2 つのグループが 受 けた 場 合 ) 同 じグループ( 組 )の 生 徒 が 2 回 受 験 した 場 合 には 対 応 がある t 検 定 を 行 ったが, ここでは 対 応 のない( 対 象 としているグループが 別 である) 場 合 の t 検 定 を 行 ってみよう 例 60 点 満 点

More information

梨花学習指導案

梨花学習指導案 主体的に学ぶ学習活動の工夫を取り入れた理科学習指導案 日時平成 21 年 10 月 29 日 ( 木 )5 校時学級 3 年 2 組男子 16 名女子 18 名計 34 名授業者照井聡樹 1 単元名 地球と宇宙 2 単元について (1) 教材について本単元は身近な天体の観察を行い その観察記録や資料などを基に 地球の運動や太陽系の天体とその運動の様子を考察させるとともに 恒星の特徴をとらえさえ 宇宙についての認識を深めることが大きなねらいである

More information

平成18年度 教職員12年経験者研修

平成18年度 教職員12年経験者研修 中 学 校 美 術 科 2( 平 成 23 年 度 ) 第 2 学 年 美 術 科 学 習 指 導 案 本 時 の 主 張 生 徒 一 人 一 人 が 表 現 力 を 高 めるためには, 自 分 の 作 品 に 自 信 をもち,そのよさを 相 手 に 伝 えたり, 他 者 の 発 想 や 表 現 から 学 んだりすることが 大 切 である 本 時 では, 共 同 で 行 う 創 造 活 動 において,

More information

聖徳(中)H27特待(理科)問題.indd

聖徳(中)H27特待(理科)問題.indd 平 成 27 年 度 特 待 入 学 試 験 受 験 番 号 氏 名 理 科 試 験 開 始 の 合 図 があるまでこの 問 題 冊 子 を 開 いてはいけません この 問 題 冊 子 は1 6ページです 試 験 時 間 は30 分 です 受 験 番 号 氏 名 は, 問 題 冊 子 解 答 用 紙 の 両 方 に 書 きなさい 計 算 が 必 要 な 場 合 は, 問 題 冊 子 のあいているところを

More information

高等学校「化学Ⅰ《学習指導案

高等学校「化学Ⅰ《学習指導案 高 等 学 校 生 物 Ⅰ 学 習 指 導 案 埼 玉 県 立 所 沢 北 高 等 学 校 授 業 者 2 年 必 修 2 年 組 教 室 男 子 2 名 女 子 9 名 計 40 人 単 元 名 : 第 3 編 遺 伝 2 章 遺 伝 子 と 染 色 体 2 この 単 元 の 目 標 遺 伝 子 が 染 色 体 上 に 存 在 することを 観 察 実 験 などを 通 して 探 究 し 染 色 体

More information

TL-880

TL-880 使 用 説 明 書 TL-880 L0i2 80mm 屈 折 経 緯 台 式 天 体 望 遠 鏡 組 み 立 て 方 1 はじめに 三 脚 を 広 げて 立 てます 中 央 部 のステイ(3 本 )が 開 いて 水 平 になるまで 広 げて 下 さい 2 三 脚 の 長 さは 伸 縮 固 定 ネジを 回 してゆるめ 脚 の 長 さを 変 えてからしめ 付 けて 固 定 します 三 脚 の 長 さは

More information

Taro-2012エネルギー環境教育

Taro-2012エネルギー環境教育 スマホ 世 代 への 省 エネルギー 教 育 の 実 践 津 市 立 久 居 東 中 学 校 教 諭 出 村 雅 実 実 施 教 科 学 年 1 年 数 学 科 平 成 24 年 12 月 19 日 実 施 1 はじめに 1.1 動 機 中 学 校 では 今 年 度 より 新 しい 指 導 要 領 が 完 全 実 施 となった その 中 で 改 訂 のポイ ントとして 挙 げられている 言 語 活

More information

⑴ ⑵ ⑶

⑴ ⑵ ⑶ - 108 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ - 110 - ⑴ ⑵ ⑶ - 111 - ⑷ ⑴ ⑸ ⑹ ⑵ ⑶ - 112 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - - 119 - - 120 - ⑴ - ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 122 - - 123 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ - 124 - ⑷ - 125 -

More information

( 事 務 局 ) 東 岡 屋 地 区 の 大 規 模 開 発 についての 新 聞 報 道 があったが 今 回 の 計 画 整 備 による 新 ルールをこの 開 発 に 適 用 できるかは 分 からない 現 行 ルールに 基 づいて 開 発 を 進 める 中 計 画 整 備 も 行 っていく 合 意

( 事 務 局 ) 東 岡 屋 地 区 の 大 規 模 開 発 についての 新 聞 報 道 があったが 今 回 の 計 画 整 備 による 新 ルールをこの 開 発 に 適 用 できるかは 分 からない 現 行 ルールに 基 づいて 開 発 を 進 める 中 計 画 整 備 も 行 っていく 合 意 議 題 第 42 回 篠 山 市 総 合 計 画 審 議 会 会 議 録 日 時 平 成 21 年 10 月 20 日 ( 火 )13 時 30 分 ~ 場 所 篠 山 市 役 所 第 2 庁 舎 出 席 委 員 上 見 重 信 加 藤 哲 夫 柳 本 晃 代 小 森 星 児 横 山 宜 致 吉 田 栄 治 藤 本 悦 郎 西 尾 純 一 堀 江 溢 雄 團 野 和 人 欠 席 委 員 山 鳥 嘉

More information

⑴ ⑵ ⑶

⑴ ⑵ ⑶ - 108 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑶ ⑵ ⑷ ⑴ ⑵ - 110 - ⑶ - 111 - ⑷ ⑴ ⑸ ⑹ ⑵ ⑶ - 112 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - ⑴ - 119 - - 120 - ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ - 121 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 122 - - 123 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 124 - ⑶ - 125

More information

3 万 人 11 億 人 ): 各 1 人 無 回 答 :6 人 4 今 の 日 本 の 人 口 に 関 する 問 題 少 子 高 齢 化 17 人 や 課 題 をあげてください 少 子 化 2 人 ( 複 数 回 答 可 ) 人 口 減 少 1 人 地 方 中 枢 都 市 や 三 大 都 市 に

3 万 人 11 億 人 ): 各 1 人 無 回 答 :6 人 4 今 の 日 本 の 人 口 に 関 する 問 題 少 子 高 齢 化 17 人 や 課 題 をあげてください 少 子 化 2 人 ( 複 数 回 答 可 ) 人 口 減 少 1 人 地 方 中 枢 都 市 や 三 大 都 市 に 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 北 広 島 町 立 大 朝 中 学 校 教 諭 三 田 直 子 1. 日 時 平 成 26 年 12 月 10 日 ( 水 )4 校 時 2. 場 所 3 年 生 教 室 3. 学 級 第 3 学 年 ( 男 子 10 名 女 子 12 名 計 22 名 ) 4. 単 元 名 第 3 編 私 たちの 生 活 と 経 済 第 3 章 財 政

More information

平成24年7月3日

平成24年7月3日 平 成 27 年 11 月 4 日 六 ツ 川 中 学 校 PTA 運 営 委 員 会 第 6 回 運 営 委 員 会 議 事 録 日 時 平 成 27 年 11 月 4 日 ( 水 ) 10:00~ 場 所 PTA 会 議 室 司 会 柳 副 会 長 記 録 盛 田 書 記 出 席 者 32 名 ( 副 校 長, 会 長, 副 会 長 2 名, 書 記 2 名, 会 計, 校 外 1 名, 学 年

More information

123 ( 17 120 18 ) ( - 1 - - 2 - ⑴ ⑵ - 3 - - 4 - ⑴ - 5 - ⑵ - 6 - ⑶ - 7 - ⑴ ⑵ ⑶ - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - ⑴ ⑵ ⑶ - 12 - ⑴ - 13 - ⑵ 12-14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - ⑴ ⑵ - 19 - ⑴ ⑵ ⑶ - 20 - ⑷ ⑸ ⑹ - 21 -

More information

[ 現 代 文 ]: 論 理 力 を 徹 底 的 に 鍛 える 1. 抽 象 と 具 体 の 関 係,イコールと 対 立 の 関 係 が 理 解 できる 2. 現 代 社 会 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 近 代 化 情 報 化 ポストモダンなど)が 理 解 できる 3. 小 説 の 表 現

[ 現 代 文 ]: 論 理 力 を 徹 底 的 に 鍛 える 1. 抽 象 と 具 体 の 関 係,イコールと 対 立 の 関 係 が 理 解 できる 2. 現 代 社 会 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 近 代 化 情 報 化 ポストモダンなど)が 理 解 できる 3. 小 説 の 表 現 5 教 科 CAN-DO リスト< 各 教 科 別 > 平 成 26 年 度 以 降 入 学 特 進 及 び 一 貫 平 成 26 年 度 以 降 入 学 グレス アス アスリート 国 語 科 中 1 1. 論 説 文 段 落 ごとの 要 約 とつながりを 中 心 にした 読 解 ができる 2. 小 説 きっかけ 心 情 行 動 という 読 解 パターンが 理 解 できる 3. 作 文 映 像 と

More information

pos_meas_iKAGRA_BS

pos_meas_iKAGRA_BS ikagra BS 鏡 及 び 真 空 槽 位 置 測 定 2016 年 6 月 文 責 : 大 石 奈 緒 子 測 定 : 荒 木 栄 (KEK) 寺 田 聡 一 ikagra で 使 用 した BS 鏡 の 位 置 を 測 定 するため 6 月 7 8 日 に FARO 社 製 3 次 元 測 定 器 を 用 いて 測 定 を 行 った 結 果 真 空 槽 の 横 フランジを 参 照 基 準 とした

More information

Microsoft Word - 01 募集要項.docx

Microsoft Word - 01 募集要項.docx 愛 知 の 食 文 化 継 承 事 業 ( 郷 土 料 理 レシピ 集 ) 業 務 委 託 先 募 集 要 項 1 事 業 の 目 的 平 成 25 年 12 月 に 和 食 : 日 本 の 伝 統 的 な 食 文 化 がユネスコの 無 形 文 化 遺 産 に 登 録 された しかし 和 食 の 基 礎 となる 各 地 域 で 継 承 されてきた 伝 統 的 な 食 文 化 は 担 い 手 の 高

More information

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC>

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC> 授 業 のエキスパート 養 成 事 業 ( 第 2 学 年 技 術 家 庭 科 ) 授 業 実 践 記 録 学 校 名 今 治 市 立 桜 井 中 学 校 職 氏 名 教 諭 門 岡 千 草 1 日 時 平 成 21 年 10 月 23 日 ( 金 ) 第 5 校 時 (13:25~14:15) 2 題 材 名 わたしと 家 族 家 庭 と 地 域 3 目 標 生 活 に 必 要 な 基 本 的 な

More information

1 総 則 (1) 目 的 このガイドラインは 南 相 馬 市 のホームページを 利 用 する 人 利 用 する 場 所 利 用 する 機 器 利 用 する 目 的 に 関 わらず 全 ての 人 が 平 等 に 情 報 にアクセスでき 誰 もが 使 いやすいアクセシビリテ ィの 高 いホームページを

1 総 則 (1) 目 的 このガイドラインは 南 相 馬 市 のホームページを 利 用 する 人 利 用 する 場 所 利 用 する 機 器 利 用 する 目 的 に 関 わらず 全 ての 人 が 平 等 に 情 報 にアクセスでき 誰 もが 使 いやすいアクセシビリテ ィの 高 いホームページを 南 相 馬 市 ホームページ 作 成 ガイドライン 平 成 19 年 12 月 13 日 策 定 平 成 20 年 10 月 10 日 改 定 平 成 25 年 11 月 26 日 改 定 総 務 部 情 報 政 策 課 1 総 則 (1) 目 的 このガイドラインは 南 相 馬 市 のホームページを 利 用 する 人 利 用 する 場 所 利 用 する 機 器 利 用 する 目 的 に 関 わらず

More information

東 洋 大 学 PPP 研 究 センター 紀 要 No.3 2013 1-2 公 共 施 設 の 規 模 に 関 する 評 価 公 共 施 設 の 現 状 について 評 価 した まず 国 立 市 の 人 口 一 人 当 たりの 公 共 施 設 規 模 は 同 規 模 自 治 体 31 市 町 村

東 洋 大 学 PPP 研 究 センター 紀 要 No.3 2013 1-2 公 共 施 設 の 規 模 に 関 する 評 価 公 共 施 設 の 現 状 について 評 価 した まず 国 立 市 の 人 口 一 人 当 たりの 公 共 施 設 規 模 は 同 規 模 自 治 体 31 市 町 村 事 例 研 究 国 立 市 公 共 施 設 等 のあり 方 に 関 する 研 究 について 1 鶴 園 卓 也 東 洋 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 公 民 連 携 専 攻 国 立 市 公 共 施 設 等 のあり 方 研 究 チーム 序 章 研 究 の 経 緯 と 目 的 本 研 究 は 東 京 都 国 立 市 からの 依 頼 により 同 市 の 公 共 施 設 等 のあり 方 について

More information

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49 生 きる 力 をはぐくむ 家 庭 科 教 育 - 生 活 の 自 立 を 目 指 した 指 導 と 評 価 の 工 夫 - 指 導 主 事 竹 川 春 美 Takegawa Harumi 要 旨 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 高 齢 社 会 の 到 来 など 社 会 の 変 化 が 著 しい このような 社 会 状 況 の 中 で 男 女 を 問 わず 生 活 の 自 立 に 必 要

More information

前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 )

前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 ) 前 期 試 験 日 程 願 書 受 付 平 成 28 年 1 月 12 日 ( ) 13 日 ( 水 ) 午 後 5 時 まで 1 月 14 日 ( 木 ) 午 後 3 時 まで 試 験 日 平 成 28 年 1 月 19 日 ( ) 合 格 発 表 平 成 28 年 1 月 22 日 ( 金 ) 専 願 入 学 手 続 締 切 併 願 入 学 手 続 締 切 平 成 28 年 1 月 27 日 (

More information

<4D F736F F F696E74202D F38DFC97708DC58F4994C5817A979D89C889C894AD955C AE89E6816A205B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D F38DFC97708DC58F4994C5817A979D89C889C894AD955C AE89E6816A205B8CDD8AB B83685D> 新しい学びプロジェクト 理科 大分県竹田市立久住中学校 堀 公彦 宮崎県国富町立木脇中学校 福園 祐基 広島県安芸太田町立筒賀中学校 亀岡 圭太 研究の方向性 実践していく中で 成果や課題を明らかにし 次年度 につないでいく 協調学習を知る 実践できる分野や単元の検討と教材の開発 実験が難しい分野 単元の導入 協調学習によっておこる子どもの変容 1 研究の概要教材開発 8 月 27 28 日 ( 東京大学

More information

平成21年2月23日

平成21年2月23日 Ⅰ 平 成 21 年 度 由 布 市 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 に 係 る 研 究 1 連 携 対 象 校 由 布 市 立 湯 布 院 中 学 校 由 布 市 立 庄 内 中 学 校 由 布 市 立 挾 間 中 学 校 大 分 県 立 由 布 高 等 学 校 2 連 携 校 のめざす 生 徒 像 確 かな 学 力 と 豊 かな 人 間 性 を 身 につけ 自 己 実 現 に 積 極 的 に

More information

毎 日 決 めた 時 間 に 自 分 から 行 おう 規 則 正 しい 生 活 リズムから 家 庭 学 習 時 間 を 確 保 しましょう 毎 日 必 ず 学 習 しましょう 目 標 時 間 1 年 生 1 時 間 30 分 以 上 2 年 生 2 時 間 以 上 3 年 生 2 時 間 30 分

毎 日 決 めた 時 間 に 自 分 から 行 おう 規 則 正 しい 生 活 リズムから 家 庭 学 習 時 間 を 確 保 しましょう 毎 日 必 ず 学 習 しましょう 目 標 時 間 1 年 生 1 時 間 30 分 以 上 2 年 生 2 時 間 以 上 3 年 生 2 時 間 30 分 家 庭 学 習 の 手 引 き 確 かな 学 力 を 身 に 付 けるために 充 実 した 家 庭 学 習 をするために 家 庭 学 習 の 意 義 家 庭 学 習 を 通 して 自 分 にあった 学 習 方 法 を 見 つけていくことが 何 よりも 大 切 なことです そのためには,まず 授 業 の 進 度 に 合 わせて,しっかりと 予 習 復 習 をする 習 慣 を 身 に 付 けていくことが

More information

<5461726F31312D979D89C889DB91E892548B812E6A7464>

<5461726F31312D979D89C889DB91E892548B812E6A7464> 携 帯 電 話 付 属 カメラによる 天 文 教 材 作 成 の 可 能 性 と 授 業 への 導 入 の 試 み 学 校 改 善 山 本 昌 邦 Ⅰ はじめに 長 年 小 学 校 の 理 科 の 授 業 を 担 当 してきて 感 じるのは, 児 童 にとって 大 変 興 味 のある 分 野 であるにもかかわらず, 最 も 理 解 しづらい 単 元 は 月 と 星 だということである こ れは 私

More information

Taro-研究構想.jtd

Taro-研究構想.jtd 読 解 力 を 高 める 国 語 科 学 習 指 導 法 の 研 究 ~ 言 語 活 動 Ⅰ,Ⅱを 関 連 づけた 授 業 づくりを 通 して~ 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 社 会 の 要 請 や 教 育 の 動 向 から 平 成 15 年 に 実 施 された 国 際 学 力 調 査 (PISA)では, 思 考 力 判 断 力 表 現 力 等 を 問 う 読 解 力 や 記 述 式 問

More information

<4D F736F F D D30362D CA792868BB38CA E492868A778D5A904588F58CA48F C E646F63>

<4D F736F F D D30362D CA792868BB38CA E492868A778D5A904588F58CA48F C E646F63> 柏 崎 市 瑞 穂 中 学 校 職 員 研 修 21 世 紀 型 能 をつける 授 業 改 はFTで FTの 基 本 と 学 び 合 う 授 業 のつくり 瑞 穂 中 は? 平 成 28 年 6 9 ( ) 新 潟 県 中 学 校 教 育 研 究 会 柏 崎 市 瑞 穂 中 学 校 職 員 研 修 21 世 紀 型 能 をつける 授 業 改 はFTで 新 潟 県 中 学 校 教 育 研 究 会 FTの

More information

Taro-8図形の角.jtd

Taro-8図形の角.jtd 8 図 形 の 角 1 指 導 改 善 の 工 夫 について 作 業 的 体 験 的 な 算 数 的 活 動 を 通 した 図 形 指 導 の 工 夫 (1) 作 業 的 体 験 的 な 算 数 的 活 動 1 三 角 形 の 角 の 総 和 が180 であることを 確 かめるため, 実 際 に 様 々な 三 角 形 の 内 角 を 合 わ せてみる 活 動 を 取 り 入 れる 正 三 角 形,

More information

Microsoft Word - 【熊野町】熊野町立熊野東中学校 英語 「大使になって熊野町をPRしよう!」(2年)

Microsoft Word - 【熊野町】熊野町立熊野東中学校 英語 「大使になって熊野町をPRしよう!」(2年) 英 語 第 2 学 年 熊 野 町 立 熊 野 東 中 学 校 単 元 名 大 使 になって 熊 野 町 を PR しよう! 指 導 者 安 村 由 美 子 篠 原 真 由 美 Jovine nikkol Antonio 本 単 元 で 育 成 する 資 質 能 力 先 を 見 通 す 力,,チャレンジ 精 神, 粘 り 強 さ, 単 元 について 本 単 元 は, 熊 野 町 の 研 究 テーマ

More information

Microsoft Word - 04黄金比 原稿.doc

Microsoft Word - 04黄金比 原稿.doc 黄 金 比 は 本 当 に 美 しいものなのか 1. 研 究 の 動 機 なぜ 黄 金 比 は 美 しいと 言 われているのか 知 りたかったから 黄 金 比 を 美 しいと 思 う 人 はどのくらいいるのか 知 りたかったから 身 の 回 りにどのくらいの 黄 金 比 が 存 在 しているのか 興 味 があったから. 黄 金 比 とは 研 究 者 氏 名 角 間 洋 平 島 雅 彦 長 谷 川 瞳

More information

AO-29-通し.indd

AO-29-通し.indd 平 成 29 年 度 (2017 年 度 ) 教 育 学 部 学 校 教 育 課 程 AO 入 試 学 生 募 集 要 項 添 付 用 紙 ( 綴 じ 込 み) この 要 項 には, 次 の 本 学 部 所 定 の 用 紙 が 綴 じ 込 みで 添 付 されています AO 入 試 志 願 票 AO 入 試 写 真 票 受 験 票 AO 入 試 自 己 推 薦 書 AO 入 試 自 己 推 薦 書 補

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 立 教 大 学 経 済 学 部 2014 年 度 スタディサポートプログラム 実 施 報 告 Ⅰ. 実 施 概 要 キャリア 教 育 運 営 委 員 会 実 施 目 的 : 1. 新 入 生 が 高 校 までの 学 び 方 と 大 学 での 学 び 方 の 違 いを 知 り 大 学 での 学 びに 期 待 と 意 欲 を 持 つ 2. 新 入 生 が 経 済 学 部 の 先 輩 の 姿 を 見 て

More information

[] 17 15 1,,, P.,,[3,4],[5,6], 3,,,[7] [7], 1,,,,,[8],, 1 acm bcm, AB = a + b,, AP : P B = b : a AP = x

[] 17 15 1,,, P.,,[3,4],[5,6], 3,,,[7] [7], 1,,,,,[8],, 1 acm bcm, AB = a + b,, AP : P B = b : a AP = x 006,Vol.5, 16-5 1,, 1. 15 [1],, 5 6 61.8 59. 1 3 48.8 44.6 47.1 3,,, 5 6 79.1 79. 1 3 67.7 59.6 5.7,,, 5 6 57.7 48.8 1 3 31.8 3.4 1.6 0 30 1, 17011034 16 [] 17 15 1,,, P.,,[3,4],[5,6], 3,,,[7] [7], 1,,,,,[8],,

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任 別 紙 3 平 成 25 年 度 赤 平 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) 23 年 度 A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 12,234 8,75,43 376,599 1,329,315 15.2

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

<8D754191E538343030388EC08E7B95F18D908F91816989C18C7698439683816A2E786C73>

<8D754191E538343030388EC08E7B95F18D908F91816989C18C7698439683816A2E786C73> 平 成 20 年 度 サイエンス パートナーシップ プロジェクト 講 座 型 学 習 活 動 プランA 実 施 報 告 書 緑 部 分 は 項 目 選 択 黄 色 部 分 は 必 ず 記 入 してください 英 数 字 は 半 角 で 統 一 して 記 して 下 さい 整 理 番 号 実 施 機 関 キャリア 教 育 枠 有 り 鹿 児 島 工 業 高 等 専 門 学 校 様 式 Ⅲ4(A)-1/6

More information

4 統 計 教 育 と 統 計 リテラシー( 4) 統 計 教 育 の 目 的 統 計 リテラシーの 形 成 統 計 リテラシーとは? 1 統 計 的 な 知 識 理 解 と 技 能 2 統 計 的 探 究 能 力 3 統 計 的 な 見 方 考 え 方 統 計 を 学 習 や 生 活 において 適

4 統 計 教 育 と 統 計 リテラシー( 4) 統 計 教 育 の 目 的 統 計 リテラシーの 形 成 統 計 リテラシーとは? 1 統 計 的 な 知 識 理 解 と 技 能 2 統 計 的 探 究 能 力 3 統 計 的 な 見 方 考 え 方 統 計 を 学 習 や 生 活 において 適 第 71 回 数 学 教 育 実 践 研 究 会 平 成 21 年 11 月 28 日 データの 分 析 の 指 導 について( 数 学 Ⅰ) 北 海 道 小 樽 桜 陽 高 等 学 校 若 林 理 一 郎 1 企 業 から 見 た 数 学 教 育 の 需 要 度 ( 1) ( 表 ) 新 入 社 員 が 大 学 で 学 んできてほしい 数 学 の 分 野 分 野 選 択 比 率 ( 文 系 ) 選

More information

年 ○○科 学習指導案

年 ○○科 学習指導案 第 4 学 年 算 数 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 記 録 を 見 やすく 整 理 しよう 2 目 標 資 料 を 分 類 整 理 して 表 にまとめることのよさに 気 づき 生 活 に 用 いようとする 関 心 意 欲 態 度 目 的 に 応 じて 分 類 整 理 する 観 点 を 設 け 表 から 資 料 の 特 徴 や 傾 向 についてとらえることができ る 数 学 的 な 考 え

More information

4 題 材 の 評 価 規 準 評 価 規 準 関 木 材 の 特 徴 や 加 工 道 具 に 関 心 を 持 ち 構 想 した 通 りの 加 工 を 行 おうとしている 心 道 具 の 特 徴 を 考 えて 合 理 的 な 使 用 の 仕 方 をしようとしている 安 全 に 注 意 して 作 業

4 題 材 の 評 価 規 準 評 価 規 準 関 木 材 の 特 徴 や 加 工 道 具 に 関 心 を 持 ち 構 想 した 通 りの 加 工 を 行 おうとしている 心 道 具 の 特 徴 を 考 えて 合 理 的 な 使 用 の 仕 方 をしようとしている 安 全 に 注 意 して 作 業 第 1 学 年 4 組 技 術 科 学 習 指 導 案 平 成 16 年 10 月 1 日 ( 金 ) 第 3 4 校 時 指 導 者 松 浜 中 教 諭 小 林 秀 雄 1 題 材 名 A 技 術 とものづくり 木 材 の 特 徴 と 木 工 具 の 構 造 との 関 係 を 学 び その 使 用 方 法 を 習 得 しよう 2 題 材 の 目 標 生 活 に 必 要 な 製 品 を 自 ら 設

More information

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お 保 健 体 育 科 投 動 作 の 習 得 と 投 力 ア ッ プ を 目 指 し た 運 動 の 実 践 と 指 導 の 在 り 方 - 楽 し く 活 動 で き る 場 の 設 定 と 教 材 の 工 夫 を 通 し て - ひ た ち な か 市 立 那 珂 湊 第 二 小 学 校 矢 吹 美 左 子 1 は じ め に ( 1 ) 子 ど も た ち の 日 常 の 遊 び 近 年, 運

More information

小学校第5学年家庭科学習指導案

小学校第5学年家庭科学習指導案 小 学 校 第 5 学 年 家 庭 科 学 習 指 導 案 日 時 平 成 24 年 9 月 28 日 ( 金 ) 指 導 者 5 年 担 任 教 諭 宮 本 ルミ 1 題 材 名 針 と 糸 を 使 ってみよう ~ 見 つめよう 家 庭 生 活 ~ 2 題 材 について (1)ねらいについて 本 題 材 は 小 学 校 学 習 指 導 要 領 家 庭 科 の 内 容 (3) 生 活 に 役 立 つ

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261 津 幡 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 人 件 費 率 23 年 度 人 37,549 12,760,557 199,134 2,173,562

More information

風致地区条例許可事務マニュアル

風致地区条例許可事務マニュアル 立 川 市 風 致 区 条 例 申 請 の 手 引 き 平 成 26 年 4 月 都 市 計 画 課 風 致 区 とは 都 市 の 良 好 な 自 然 的 景 観 を 維 持 するために 都 市 計 画 法 で 定 められた 区 です 立 川 市 風 致 区 条 例 に 定 められている 一 定 の 行 為 を 行 う 場 合 は 市 長 の 許 可 を 受 けることが 必 要 です 風 致 区 内

More information

仕 事 ( 職 種 ) 研 究 については 33.5%が 個 別 企 業 のホームページ を 挙 げた さらに 就 職 情 報 サイト 27.8% インターネット 上 の 情 報 (SNS 含 む) 20.4%と 続 き 多 くの 学 生 が 仕 事 ( 職 種 ) 研 究 にあたり 有 益 な 情

仕 事 ( 職 種 ) 研 究 については 33.5%が 個 別 企 業 のホームページ を 挙 げた さらに 就 職 情 報 サイト 27.8% インターネット 上 の 情 報 (SNS 含 む) 20.4%と 続 き 多 くの 学 生 が 仕 事 ( 職 種 ) 研 究 にあたり 有 益 な 情 2016 年 度 採 用 ホームページ 好 感 度 ランキング キャリアリサーチ 2015 年 9 月 発 行 景 気 回 復 による 求 人 増 で 売 り 手 市 場 が 鮮 明 になる 中 優 秀 な 学 生 を 採 用 しようと 人 材 獲 得 競 争 が 過 熱 している 加 えて 今 年 はスケジュールが 大 きく 変 わったことで 手 探 りで 採 用 活 動 を 進 めなけ ればならず

More information

募 集 学 科 募 集 定 員 募 集 学 科 衛 生 看 護 科 (5 年 一 貫 看 護 師 養 成 課 程 ) ( 募 集 定 員 200 名 40 名 160 名 ) 40 名 計 240 名 出 願 に 必 要 な 書 類 の 請 求 について 生 徒 募 集 要 項 ( 入 学 願 書

募 集 学 科 募 集 定 員 募 集 学 科 衛 生 看 護 科 (5 年 一 貫 看 護 師 養 成 課 程 ) ( 募 集 定 員 200 名 40 名 160 名 ) 40 名 計 240 名 出 願 に 必 要 な 書 類 の 請 求 について 生 徒 募 集 要 項 ( 入 学 願 書 平 成 2 5 年 度 生 徒 募 集 要 項 学 校 法 人 加 茂 暁 星 学 園 加 茂 暁 星 高 等 学 校 959-1322 新 潟 県 加 茂 市 学 校 町 16 番 18 号 TEL(0256)52 2000( 代 表 ) FAX(0256)52 2003 募 集 学 科 募 集 定 員 募 集 学 科 衛 生 看 護 科 (5 年 一 貫 看 護 師 養 成 課 程 ) ( 募

More information

Microsoft Word - BG110055-houkoku.doc

Microsoft Word - BG110055-houkoku.doc 平 成 23 年 度 サイエンス パートナーシップ プロジェクト 講 座 型 学 習 活 動 実 施 報 告 書 整 理 番 号 BG110055 1. 実 施 機 関 実 施 機 関 名 文 京 学 院 大 学 女 子 中 学 校 2. 連 携 先 ( 機 関 名 ) 1 東 京 理 科 大 学 2 明 治 大 学 3 立 命 館 大 学 4 レビ 設 計 室 5 国 立 西 洋 美 術 館 6

More information

Microsoft PowerPoint - S-PLUS(中野).ppt

Microsoft PowerPoint - S-PLUS(中野).ppt SPMによる 日 本 海 域 側 の 黄 砂 沈 降 量 分 布 の 推 定 と 可 視 化 金 沢 工 業 大 学 情 報 フロンティア 学 部 メディア 情 報 学 科 中 野 侑 宮 崎 綾 子 1 研 究 の 背 景 黄 砂 が 飛 来 することによって 人 体 に 鼻 水 痒 みといった 呼 吸 器 官 への 被 害 や 目 や 耳 への 被 害 がある [1] このために 黄 砂 がどのくらい

More information

c) 共 済 スタッフの 状 況 異 動 者 本 人 宛 てに メールで 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員 記 載 事 項 変 更 届 など 共 済 組 合 関 係 の 書 類 の 周 知 を 行 って いたところである 提 出 する 書 類 としては 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員

c) 共 済 スタッフの 状 況 異 動 者 本 人 宛 てに メールで 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員 記 載 事 項 変 更 届 など 共 済 組 合 関 係 の 書 類 の 周 知 を 行 って いたところである 提 出 する 書 類 としては 被 扶 養 者 申 告 書 組 合 員 平 成 27 年 度 人 事 異 動 時 における 認 定 事 務 等 に 関 する 改 善 の 取 組 手 間 をかけず 既 存 ツールを 活 用 した 異 動 パターン 別 表 の 導 入 と 効 果 釧 路 開 発 建 設 部 総 務 課 今 村 磨 菅 原 明 日 人 事 異 動 時 に 届 出 が 必 要 となる 書 類 は 種 類 が 多 く 提 出 先 も 異 なることから 提 出 者

More information

7 会 議 録 ( 要 約 ) ⑴ 開 会 ( 行 政 管 理 課 長 ) ⑵ 総 務 部 長 あいさつ ( 総 務 部 長 ) 総 務 部 長 昨 年 策 定 された 第 7 次 松 本 市 行 政 改 革 大 綱 に 対 する 取 組 みについて 委 員 の 皆 様 からご 意 見 をいただくた

7 会 議 録 ( 要 約 ) ⑴ 開 会 ( 行 政 管 理 課 長 ) ⑵ 総 務 部 長 あいさつ ( 総 務 部 長 ) 総 務 部 長 昨 年 策 定 された 第 7 次 松 本 市 行 政 改 革 大 綱 に 対 する 取 組 みについて 委 員 の 皆 様 からご 意 見 をいただくた 平 成 27 年 度 松 本 市 行 政 改 革 推 進 委 員 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 28 年 1 月 26 日 ( 火 ) 15 時 30 分 ~16 時 50 分 2 会 場 松 本 市 役 所 第 一 応 接 室 3 出 席 委 員 稲 葉 憲 一 委 員 上 田 順 子 委 員 太 田 克 彦 委 員 太 田 勉 委 員 大 月 清 光 委 員 草 間 秀 委 員 丹

More information

出 身 高 校 と 合 格 大 学 内 は 学 部 学 科 名 西 武 台 千 葉 高 校 慶 応 義 塾 大 学 環 境 情 報 学 部 県 立 柏 高 校 同 志 社 大 学 商 学 部 県 立 柏 高 校 明 治 大 学 情 報 数 理 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学 情

出 身 高 校 と 合 格 大 学 内 は 学 部 学 科 名 西 武 台 千 葉 高 校 慶 応 義 塾 大 学 環 境 情 報 学 部 県 立 柏 高 校 同 志 社 大 学 商 学 部 県 立 柏 高 校 明 治 大 学 情 報 数 理 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学 情 2013 合 格 実 績 出 身 高 校 と 合 格 大 学 内 は 学 部 学 科 名 西 武 台 千 葉 高 校 慶 応 義 塾 大 学 環 境 情 報 学 部 県 立 柏 高 校 同 志 社 大 学 商 学 部 県 立 柏 高 校 明 治 大 学 情 報 数 理 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学 情 報 コミュニケーション 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学

More information

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明 学校評価保護者アンケート集計結果 学籍分類 度数 相対度数 (%) 小 通学 21 51.2 小 訪問 9 22.0 中 通学 8 19.5 中 訪問 3 7.3 学籍分類 3 8 21 9 小 通学 中 通学 小 訪問 中 訪問 1 学校 ( 教室等 ) は常に整頓され 清掃が行き届いている 十分 19 46.3 29 おおむね十分 16 39.0 42.2 やや十分 1 2.4 10.6 不十分

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

第5章:書く(概要)

第5章:書く(概要) (1) 目 的 では まとまった 文 ( )を 力 を 測 ります 力 は 教 科 学 習 言 語 能 力 の 大 きな 部 分 を 占 めるもので 考 える 力 と 文 字 にする 力 の 両 方 が 必 です 文 字 文 法 の 習 得 はもちろん 基 礎 作 文 力 の 大 切 な 素 ですが 文 字 化 する 前 の 考 える 力 にも 焦 点 をあてます では きたいことがあっても 文 字

More information

ングした 約 4MB のファイルです なお サイズが 大 きく( 約 15MB)より 広 範 囲 を 撮 影 し た N1912B.fits N1912V.fits を 利 用 することもできます ただし その 分 ダウンロー ドに 時 間 がかかりますし また 測 光 中 パソコンに 大 きな 負

ングした 約 4MB のファイルです なお サイズが 大 きく( 約 15MB)より 広 範 囲 を 撮 影 し た N1912B.fits N1912V.fits を 利 用 することもできます ただし その 分 ダウンロー ドに 時 間 がかかりますし また 測 光 中 パソコンに 大 きな 負 実 習 散 開 星 団 までの 距 離 を 求 めよう Teachers Guide 目 次 1.ねらい 2. 内 容 3. 実 習 の 流 れ 4. 背 景 5. 参 考 文 献 1.ねらい 散 開 星 団 NGC1912(M38)の FITS 画 像 を 用 いて 星 団 の 個 々の 恒 星 のみかけの 等 級 を 求 める 求 めたみかけの 等 級 を ( 年 周 視 差 から 距 離 と

More information

給水装置工事施行要領

給水装置工事施行要領 5 図 面 作 成 5.1 図 面 作 成 図 面 は 給 水 装 置 計 画 の 技 術 的 表 現 であり 工 事 施 行 の 際 の 基 礎 であるとともに 給 水 装 置 の 適 切 な 維 持 管 理 のための 必 須 の 資 料 であるので 明 確 かつ 容 易 に 理 解 できるもの であること 1 図 面 は 設 計 図 と 給 水 装 置 しゅん 工 図 ( 以 下 しゅん 工 図

More information

本 報 告 書 は, 内 閣 府 からの 委 託 事 業 として, 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 が 実 施 した 平 成 23 年 度 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 係 る 避 難 区 域 等 における 除 染 実 証 業 務 の 成 果

本 報 告 書 は, 内 閣 府 からの 委 託 事 業 として, 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 が 実 施 した 平 成 23 年 度 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 係 る 避 難 区 域 等 における 除 染 実 証 業 務 の 成 果 平 成 23 年 度 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 係 る 避 難 区 域 等 における 除 染 実 証 業 務 個 人 線 量 調 査 事 業 編 報 告 書 平 成 24 年 6 月 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 本 報 告 書 は, 内 閣 府 からの 委 託 事 業 として, 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開

More information

当 初 東 京 駅 北 口 から 右 折 し 東 京 国 際 フォー ラムまでのルートを 実 験 ルートとして 予 定 した しかしながら ランドマークとなり 得 る 看 板 が 極 端 に 少 ない 観 光 バスの 発 着 所 があり 通 行 人 が 非 常 に 多 い の 理 由 で 別 のルー

当 初 東 京 駅 北 口 から 右 折 し 東 京 国 際 フォー ラムまでのルートを 実 験 ルートとして 予 定 した しかしながら ランドマークとなり 得 る 看 板 が 極 端 に 少 ない 観 光 バスの 発 着 所 があり 通 行 人 が 非 常 に 多 い の 理 由 で 別 のルー 障 害 者 自 立 支 援 機 器 等 研 究 開 発 プロジェクト 分 担 研 究 報 告 書 2.ランドマーク 画 像 認 識 と 画 像 による 障 害 物 検 知 に 関 する 研 究 研 究 分 担 者 宇 都 宮 大 学 青 木 恭 太 研 究 要 旨 歩 行 支 援 システムにおいて, 画 像 処 理 認 識 に 期 待 される 位 置 確 認 と 障 害 物 検 知 の2 課 題 に

More information

Taro-22jyohou2.jtd

Taro-22jyohou2.jtd 生 徒 の 工 夫 が 発 揮 される 表 計 算 ソフトの 教 材 づくり ~ 個 々の 対 応 を 目 指 す 自 作 テキスト~ 千 葉 県 立 〇 〇 〇 高 等 学 校 〇 〇 〇 〇 ( 情 報 ) 研 究 の 概 要 この 研 究 は, 生 徒 個 々の 工 夫 や 個 性 を 発 揮 できる 要 素 を 取 り 入 れ, 思 考 力 判 断 力 表 現 力 を 育 成 させる 教 材

More information

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について 報 道 発 表 資 料 平 成 25 年 9 月 2 7 日 文 部 科 学 省 経 済 産 業 省 気 象 庁 環 境 省 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC) 第 5 次 評 価 報 告 書 第 1 作 業 部 会 報 告 書 ( 自 然 科 学 的 根 拠 )の 公 表 について 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC) 第 36 回 総 会 及 び

More information

(3) 調 査 結 果 と 分 析 ア 全 日 制 課 程 の 概 要 について 三 課 程 併 置 校 をA 校,B 校, 二 課 程 併 置 校 をC 校,D 校 とした 項 目 学 校 名 本 校 A 校 B 校 C 校 D 校 併 置 する 課 程 全, 定, 通 全, 定, 通 全, 定,

(3) 調 査 結 果 と 分 析 ア 全 日 制 課 程 の 概 要 について 三 課 程 併 置 校 をA 校,B 校, 二 課 程 併 置 校 をC 校,D 校 とした 項 目 学 校 名 本 校 A 校 B 校 C 校 D 校 併 置 する 課 程 全, 定, 通 全, 定, 通 全, 定, 全 日 制 単 位 制 高 校 のあり 方 と 他 課 程 併 置 の 現 状 総 括 教 頭 黑 木 加 代 子 1 はじめに 単 位 制 高 校 は, 学 校 教 育 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 によって 学 年 による 教 育 課 程 の 区 分 を 設 けない 高 校 として 昭 和 63 年 に 定 時 制 と 通 信 制 で 導 入 され, 平 成 5 年 から 全 日 制

More information