<4D F736F F D204B2D E88E68D768CA38C5E8A7790B D E836795F18D908F915F8BE091F28D488BC691E58A77924A8CA48B868EBA5F>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D204B2D3220926E88E68D768CA38C5E8A7790B68376838D83578346834E836795F18D908F915F8BE091F28D488BC691E58A77924A8CA48B868EBA5F>"

Transcription

1 重 要 伝 統 的 建 造 物 群 保 存 地 区 選 定 に 向 け, 伝 統 的 街 並 みを 活 かした 白 峰 集 落 のまちづくり 指 導 教 員 : 金 沢 工 業 大 学 環 境 建 築 学 部 教 授 谷 明 彦 参 加 学 生 : 中 澤 俊 増 田 岳 三 木 脩 平 田 村 佑 介 坪 田 彬 青 柳 怜 志 赤 野 恵 介 伊 藤 伴 茂 則 早 川 優 介 山 田 将 史 山 口 潤 板 倉 裕 樹 大 窪 祐 太 芳 池 和 彦 1. 調 査 研 究 成 果 要 約 本 調 査 研 究 は, 白 山 市 白 峰 地 区 の 継 続 的 な 地 域 活 性 化 のために 伝 統 的 な 街 並 みを 活 かし, 世 界 遺 産 指 定 へのステップとして 重 要 伝 統 的 建 造 物 群 保 存 地 区 ( 重 伝 建 地 区 ) 選 定 を 視 野 に 入 れたまち づくりを 行 うものであり, 街 並 みや 地 域 の 資 源 発 掘 活 用 によっ て, 地 域 に 活 気 をもたらすことを 目 指 す 図 1. 雪 だるまカフェ 2. 調 査 研 究 の 目 的 白 山 市 白 峰 地 区 は, 豊 かな 自 然 条 件 と 歴 史 的 な 街 並 み, 文 化, 景 観 など 非 常 に 価 値 のある 要 素 が 残 る 地 域 である しかし, 長 期 的 な 過 疎 化 現 象 とともに, 特 に 近 年, 少 子 高 齢 化 や 過 疎 化 などの 問 題 が 深 刻 化 しており,2005 年 の 白 山 市 への 合 併 による 財 源 優 先 順 位 の 低 下, 独 自 性 の 喪 失 など 現 状 から の 更 なる 衰 退 が 懸 念 される 本 調 査 研 究 の 目 的 は, 重 伝 建 地 区 選 定 を 念 頭 に 置 き, 白 峰 地 区 の 伝 統 的 な 街 並 みを 活 かしたまちづ くりを 行 うことであり, 継 続 的 な 地 域 活 性 化 の 促 進 を 目 指 すことである そして, 住 民 が 自 立 的 に 活 動 を 実 施 できる 場 の 形 成 を 最 終 的 な 目 標 としている この 取 り 組 みは, 今 年 3 年 目 を 迎 える これまでの 活 動 として,1 年 目 は, 私 たちが 主 体 となって 行 える 活 動 を 中 心 に 古 民 家 の 活 用, 景 観 整 備, 情 報 発 信 の 3 項 目 から 成 る まちづくり 活 動 の3 方 針 を 定 め,これを 軸 に 具 体 的 な 提 案 を 行 い, 実 行 した その 結 果, 古 民 家 を 再 活 用 した 雪 だるまカフェ を 住 民 と 協 働 して 立 ち 上 げ, 運 営 を 行 うなどの 成 果 を 上 げ, 住 民 の 方 々から 信 頼 や 協 力 を 得 ることができた 2 年 目 は, 住 民 からの 信 頼 や 協 力 を 得 たことで, 長 期 間 を 要 する 白 峰 地 区 の 知 名 度 向 上 を 目 指 す 活 動 へと 移 行 していき, 全 国 へ 情 報 を 発 信 できる 土 台 としてホームページやガイ ドマップの 作 成 などを 行 った また, 住 民 と 協 働 で 地 区 内 の 活 性 化 に 向 けた 活 動 も 実 施 した 今 年 度 は, 重 伝 建 地 区 選 定 に 向 けた 活 動 に 重 点 を 置 き, 選 定 された 際 に 整 えられた 景 観 が 形 成 でき るように 景 観 整 備 の 方 針 などを 検 討 する 昨 年 度 から 作 り 上 げてきた 情 報 発 信 の 土 台 の 更 新 発 展 及 び, 継 続 的 な 住 民 との 協 働 による 活 動 を 実 施 する 古 民 家 の 活 用 情 報 発 信 景 観 整 備 図 2.まちづくり 活 動 の3 方 針 図 3 街 並 みの 様 子 1

2 3. 調 査 研 究 の 内 容 1) 調 査 研 究 の 手 順 方 法 本 調 査 研 究 を 以 下 の 手 順 と 方 法 で 行 った 1 文 献 調 査 : 白 峰 地 区 に 関 わる 文 献 や 中 山 間 地 の 活 性 化 事 例 調 査 などを 広 範 に 行 い, 地 域 特 性 や 資 源 などの 把 握 を 行 う 2 景 観 調 査 ( 現 地 調 査 ): 外 観 調 査, 地 形 調 査, 環 境 物 件 調 査 を 行 い, 街 並 みの 現 状 や 特 徴 を 把 握 する 3 事 例 調 査 : 文 献 等 で 事 例 を 知 るだけでなく 実 際 に 現 地 に 赴 き, 活 性 化 への 取 り 組 みを 調 査 する 今 年 度 は, 中 心 市 街 地 活 性 化 事 例 として 七 尾 市 の 一 本 杉 通 りを 視 察 した 4 ヒアリング 調 査 : 白 峰 地 区 で 実 施 される 協 議 会 に 参 加 し, 定 期 的 に 住 民 の 代 表 者 と 打 ち 合 わせを 行 うことで, 本 調 査 研 究 の 質 を 向 上 させていく 5 来 訪 者 調 査 : 白 峰 地 区 で 実 施 されるイベントの 際, 外 部 からの 来 訪 者 や 駐 車 台 数 及 び, 歩 行 者 数 などを 調 査 し,アンケートを 実 施 する 6 ライトアップ 実 験 : イベントの 質 を 向 上 させるべく, 照 明 (ライト)の 形 状 や 輝 度, 配 置 などを 考 案 する 本 学 で 実 験 を 実 施 し, 本 番 に 備 える 2) 調 査 研 究 スケジュール 本 調 査 研 究 では 以 下 の 表 に 示 すスケジュールで 調 査 研 究 を 進 めた 表 1. 調 査 研 究 スケジュール 月 調 査 研 究 内 容 4 月 文 献 調 査 ( 白 峰 地 区 について), 第 5 回 雪 だるまの 里 協 議 会 に 参 加 5 月 ガイドマップのための 現 地 調 査 ( 白 山 眺 望, 撮 影 ), 若 葉 まつりに 参 加 6 月 景 観 調 査 ( 案 内 板 ),ガイドマップのための 現 地 調 査, 加 賀 市 東 谷 地 区 の 住 民 の 方 々の 来 訪 及 び 見 学 会 の 実 施 7 月 白 山 まつりに 参 加, 景 観 調 査 ( 交 通 標 識 ), 住 民 代 表 と 打 ち 合 わせ 8 月 景 観 調 査 ( 外 観 ) 9 月 住 民 代 表 と 打 ち 合 わせ 10 月 住 民 代 表 と 打 ち 合 わせ(ライトアップ),ガイドマップ 製 作, 補 足 調 査 (ガイドマップ),ライトアップ 用 のビン 集 め 11 月 輪 島 市 黒 島 地 区 での 発 表, 住 民 代 表 と 打 ち 合 わせ(ライトアップ), ライトアップ 実 験 準 備, 散 策 ツアーの 実 施, 温 泉 まつりに 参 加,ライトアップイベント 実 施 12 月 市 役 所 職 員 と 打 ち 合 わせ(ライトアップ 反 省 会 ), まちづくり 交 付 金 評 価 委 員 会 に 参 加, 景 観 調 査 ( 工 作 物, 環 境 物 件 ), 七 尾 市 一 本 杉 通 り 視 察, 報 告 書 ( 概 要 版 ) 作 成 2

3 4. 調 査 研 究 の 成 果 本 調 査 研 究 では, まちづくり 活 動 の3 方 針 に 沿 って, 以 下 の 成 果 をあげることが 出 来 た 1) 古 民 家 の 活 用 による 成 果 1-1 文 化 財 登 録 の 資 料 提 出 雪 だるまカフェとして 活 用 されている 古 民 家 を 登 録 文 化 財 にするための 資 料 作 成 を 行 った 登 録 に 必 要 な 資 料 と して, 都 道 府 県 の 進 達 書, 市 町 村 の 意 見 書, 所 有 者 の 同 意 書, 所 見, 候 補 物 件 位 置 図, 配 置 図, 平 面 図, 面 積 求 積 図, 通 常 望 見 できる 範 囲 の 図, 概 観 写 真 がある それらを 提 出 書 類 として 使 用 できる 形 に 整 理 し, 書 面 化 した 現 在 は, 白 山 市 役 所 文 化 課 に 資 料 を 提 出 しており, 文 化 庁 の 視 察 を 図 4. 登 録 文 化 財 資 料 待 つ 状 態 にある 登 録 は 平 成 22 年 度 中 を 予 定 している 2) 景 観 整 備 による 成 果 2-1 白 峰 そぞろ 歩 きの 道 案 内 板 修 正 現 在 まで 存 在 していた そぞろ 歩 きの 道 の 案 内 板 が 朽 ち 果 てているものもあり, 案 内 板 としての 機 能 を 果 たして いなかったため, 白 山 市 役 所 職 員 の 方 と 協 働 し, 重 伝 建 地 区 選 定 に 向 け, 景 観 面 に 配 慮 した 案 内 板 修 正 を 実 施 した 2-2 重 伝 建 地 区 選 定 に 向 けた 伝 統 的 景 観 づくりの 検 討 景 観 ( 現 地 ) 調 査 などで 得 た 情 報 を GIS や CG を 活 用 し て 検 討 を 行 った 地 図 データや 現 地 調 査 だけでは 把 握 でき ない 部 分 に 関 しては, 実 際 に 住 民 の 方 に 尋 ねるなどして 資 料 作 成 を 進 めている さらに 重 伝 建 地 区 選 定 に 向 けた 景 観 整 備 やまちづくり 活 動 について 提 案 する 図 5. 修 正 前 図 7. 分 析 図 図 6. 修 正 後 3) 情 報 発 信 による 成 果 3-1 白 峰 雪 だるまの 里 協 議 会 HP 更 新 HP は 地 区 の 有 志 で 構 成 されている 雪 だるま 倶 楽 部 の 委 託 を 受 け, 製 作 したものである 雪 だるまカフェを 中 心 として, 地 区 全 般 の 情 報 発 信 を 行 う ことを 目 標 としている 今 年 度 は, 住 民 が 調 理 した 伝 統 料 理 のレシピや 新 たにトピックスの 項 目 を 新 設 し, 地 区 内 外 での 住 民 や 学 生 による 活 動 を 紹 介 した また, 白 峰 で 行 われる 様 々 なイベントが 実 施 される 度 に 更 新 を 行 っている 図 8.HP(トップページ) 3-2 まちなみ 散 策 イベントの 提 案 及 び 実 施 散 策 イベントは, 白 峰 地 区 の 伝 統 的 まちなみの 調 査 研 究 を 行 ってきた 私 たちが 主 体 となって 実 施 するものである 参 加 者 の 方 々に 白 峰 地 区 を 散 策 してもらい, 私 たちが 調 査 で 得 た 知 識 や 3

4 白 峰 を 外 部 からみた 感 想, 活 動 で 携 わった 住 民 などの 話 を 交 え ながら, 白 峰 について 紹 介 する イベントを 実 施 する 事 前 に, 北 國 新 聞 社 に 宣 伝 に 行 き, 当 日 (11 月 7 日 )と 翌 日 に 新 聞 に 掲 載 された このときにライトアップイベントについても 宣 伝 さ れた 図 9. 散 策 イベントに 関 する 記 事 3-3 ライトアップイベントの 実 施 ライトアップイベントは 他 のプロジェクト(イベント)と 連 動 さ せやすく, 華 やかで, 話 題 を 呼 びやすい 昨 年 度 から 定 期 的 に 実 施 しており, 今 年 度 は, 総 湯 オープン1 年 目 を 祝 う 11 月 8 日 に 温 泉 まつり の 際 に 伝 統 的 街 並 み 夜 灯 り と 題 してライトアップを 行 った 白 山 市 のクリーンセンターに 集 められたビンを 回 収 し, 昨 年 のものと 合 わせて 約 600 本 の 照 明 となるビンを 用 いて, 明 かり を 灯 した イベントを 実 施 する 事 前 に 住 民 に 呼 びかけを 行 ったため, 当 日 に 準 備 を 手 伝 ってくれる 人 が 多 く 見 られた アンケート 調 査 も 実 施 し,43 名 の 方 から 回 答 を 得 ることができた 回 答 者 は 地 元 住 民 から 観 光 客 まで 幅 広 く, 年 齢 層 は 60 代 が 最 も 多 く, 次 いで 30 代,40 代 が 多 い 結 果 となった イベント 及 び 照 明 の 評 価 は, 非 常 に 良 く, 来 年 も 見 たい, 感 激 した などの 意 見 を 頂 いた 反 面, 人 の 通 りが 少 なく 寂 しい, 他 のイベントも 実 施 してほしい と いった 意 見 もあった また, 今 年 度 から, 新 たな 照 明 として 和 傘 を 設 置 したが,その 評 価 に 関 しても 半 数 以 上 の 方 に 良 いと 評 価 して 頂 けた このイベントも 新 聞 に 掲 載 された 3-4 ガイドマップの 作 成 ガイドマップは, 白 山 市 観 光 協 会 と 合 同 で 製 作 した 白 峰 に 訪 れた 人 にどの 場 所 に 何 が 存 在 するのか 知 ってもらう と 共 に, 地 区 に 興 味 を 持 ってもらうことを 目 的 としている 今 年 度 は, 昨 年 度 に 入 手 できなかった 写 真 や 情 報 を 収 集 し,マッ プに 盛 り 込 み, 完 成 を 目 指 した 配 布 は, 平 成 22 年 春 を 予 定 し ている 4) 見 学 会 の 実 施, 外 部 発 表 4-1 加 賀 市 東 谷 地 区 の 住 民 の 方 々の 来 訪 及 び 見 学 会 の 実 施 東 谷 地 区 では, 月 に 一 度 野 菜 市 が 開 催 されると 共 に 山 野 草 カフェ と 呼 ばれる 古 民 家 を 再 活 用 したカフェがオープンする このカフェは, 東 谷 保 存 会 の 事 務 所 と 併 用 して 利 用 されている 今 後,そこをどのよ うにして 運 営 するか,その 参 考 事 例 として 東 谷 保 存 会 で 雪 だるまカフ ェ が 選 ばれ,6 月 に 白 峰 地 区 で 見 学 会 を 実 施 し, 案 内 した 4 図 10.ライトアップ ( 準 備 実 施 の 様 子, 新 聞,アンケート 結 果 ) 図 11.ガイドマップ 図 12. 見 学 会 の 様 子 その 他 5% 49% 46% 大 変 良 い 良 い ライトアップの 評 価

5 4-2 輪 島 市 黒 島 地 区 での 発 表 黒 島 地 区 に 存 在 する 県 指 定 有 形 文 化 財 である 角 海 家 を 有 効 的 に 活 用 するための 参 考 事 例 として, 雪 だるまカフェ の 運 営 及 び 白 峰 地 区 での 活 動 が 選 ばれ,11 月 に 実 施 された 黒 島 地 区 まちづくり 協 議 会 で 発 表 を 行 った 図 13. 協 議 会 の 様 子 5. 調 査 研 究 に 基 づく 提 言 これまでの 調 査 研 究 を 経 て, 私 たちが 提 言 する 戦 略 が 住 民 の 方 々に, 理 解 されてきた また, 住 民, 行 政, 学 生 による 熱 心 な 継 続 的 活 動 の 効 果 により,ハード 事 業 とソフト 事 業 共 に 成 果 が 出 始 め ている 状 況 にある 故 にこれからが, 重 要 な 時 期 だと 言 える そのために 必 要 となる 長 期 戦 略 を 踏 まえ, 以 下 の 提 言 を 述 べる 1) 長 期 的 には 世 界 遺 産 を 目 指 すため, 重 伝 建 地 区 の 選 定 や 文 化 財 登 録 など 街 並 み, 建 築, 文 化 な ど 多 面 的 な 遺 産 の 発 掘 と 活 用 が 必 要 となる そのためには, 今 まで 育 ててきた 街 並 みを 大 切 に, 地 域 の 文 化 や 生 活 を 守 っていくという 姿 勢 が 不 可 欠 である 雪 だるままつりのように 住 民 の 手 で 素 朴 で 温 もりのあるもの を 提 供 していくことも 重 要 である 2) 全 国 的 に 中 山 間 の 集 落 は 人 口 減 少 と 高 齢 化 に 悩 まされている 白 峰 地 区 がまちづくりに 成 功 し て, 少 しでもこの 流 れに 逆 らって 活 性 化 すれば, 全 国 的 にも 注 目 を 浴 びると 考 えられる まち づくりを 一 過 性 のイベントに 終 わらせないことが 重 要 である 3) 本 事 業 により, 大 学 と 地 域 が 一 体 となって 地 域 の 課 題 に 取 り 組 むことが 可 能 になった このこ とは 大 変 すばらしく, 地 域 は 大 学 の 知 恵 と 学 生 のパワーを 得 ることが 出 来, 大 学 は 貴 重 な 教 材 と 生 きた 経 験 を 得 ることが 出 来 る このような 取 り 組 みがいっそう 広 がることが 望 まれる ま た, 同 じ 地 区 で 活 動 している 大 学 及 び 学 生 間 の 交 流 を 深 め, 連 携 していくことも 必 要 である 4)あまり 経 験 のない 大 学 による 思 いつきの 提 案 や 地 域 の 実 情 を 無 視 した 提 案, 一 過 性 のイベント の 仕 掛 けなど,が 懸 念 される 課 題 及 び 研 究 室 の 選 別 も 重 要 である 5) 今 後 さらに 実 施 すべき 提 案 事 項 本 調 査 研 究 では, 提 案 事 項 のうち, 継 続 して 行 う 活 動 を 向 上 させるための 提 案 と 次 年 度 以 降 に 向 けた 新 たな 提 案 とに 分 かれている 短 期 間 で 行 える 提 案 を 実 行 しつつ, 長 期 間 を 要 する 提 案 はじっくりと 腰 を 据 えて, 実 施 していきたい 例 として, 以 下 のものが 挙 げられる 1 雪 だるまカフェに 関 する 提 案 : 伝 統 料 理 などを 提 供 するメニューに 加 え, 囲 炉 裏 を 活 用 し, アユの 塩 焼 きや 地 酒 を 振 舞 えるようにする 内 装 の 充 実 として, 電 灯 を 和 風 の 物 に 変 更 す る 将 来 的 には まちの 駅 にすることも 検 討 する 2 酒 蔵 の 活 用 方 法 の 提 案 : 雪 だるまカフェの 南 に 存 在 する 酒 蔵 を 活 用 し,どぶろく 特 区 を 目 指 すと 共 に, 公 開 古 民 家 となるような 仕 掛 けづくりを 行 う 3 雪 だるまカフェ 前 の 空 地 利 用 に 関 する 提 案 :カフェの 前 の 敷 地 が 空 地 になったため,プラ ンターなどを 設 置 し, 屋 外 カフェとしての 機 能 を 果 たす 活 用 案 を 提 案 する 4 梯 子 の 改 善 : 現 在, 白 峰 地 区 にある 雪 下 しのための 梯 子 は, 鉄 製 のものがほとんどであり, まちなみに 馴 染 まず, 景 観 に 配 慮 されていない そこで, 古 くから 使 用 されてきた 木 製 の 梯 子 に 変 更 することで 景 観 に 配 慮 することを 考 案 する 5 ライトアップイベントに 関 する 提 案 : 伝 統 的 な 文 化 との 連 携 を 考 案 する 雪 だるま 型 のラ イトなど 新 たな 照 明 に 対 する 提 案 も 行 う 5

6 6 HP に 関 する 提 案 :HP 上 に 動 画 を 掲 載 し, 地 区 での 活 動 をよりわかりやすく 紹 介 する 7 新 たなイベントおよび 体 験 プログラムの 提 案 : 地 区 での 課 題 となっている 雪 下 しや 伝 統 料 理 作 りの 講 習 会, 脱 穀 作 業, 炭 焼 き 体 験 などの 伝 統 的 な 文 化 に 触 れられる 計 画 を 提 案 する 8 定 点 カメラの 設 置 : 地 区 にカメラを 設 置 し,HP などの Web 上 で 現 在 の 様 子 を 確 認 できる ようにすることで, 魅 力 を 発 信 すると 共 に 防 犯 対 策 を 行 う など 6. 調 査 研 究 の 自 己 評 価 今 年 度 は, まちづくり 活 動 の3 方 針 の 中 でも 景 観 整 備 に 重 点 を 置 き 活 動 を 進 め, 並 行 して, 昨 年 度 から 行 っている 継 続 的 な 活 動 として,ホームページ 更 新 やライトアップイベントなどの 情 報 発 信 を 実 施 した 情 報 発 信 においては,これまでの 蓄 積 や 継 続 して 活 動 してきた 効 果 により, 評 判 も 良 く, 地 区 内 に 浸 透 しつつある 今 後 は, 積 極 的 な 宣 伝 や 白 峰 特 有 の 文 化 との 連 携 が 課 題 となる 古 民 家 の 活 用 において 今 年 度 は, 多 くの 成 果 を 残 すことができなかった しかし, 雪 だるまカ フェは, 住 民 や 学 生 による 地 区 内 外 での 活 動 が 宣 伝 されるなどして, 白 峰 の 認 知 度 が 上 昇 し, 伝 統 料 理 の おろしうどん のメニュー 追 加 などの 相 乗 効 果 により, 非 常 に 盛 況 している 状 況 にある 景 観 整 備 では, 景 観 面 において, 徐 々に 白 峰 型 方 式 で 住 居 が 修 景 されてきており, 街 並 みの 向 上 が 見 受 けられる 現 地 調 査 を 実 施 したことにより,カフェだけでなく 地 区 全 域 を 把 握 することがで きた このことを 活 かし 今 年 度 は, 新 たに 散 策 のイベントを 実 行 したが, 事 前 準 備 などの 計 画 が 甘 く, 良 い 成 果 を 得 ることができなかった また, 現 地 調 査 を 行 う 際 も 日 程 の 計 画 が 上 手 くできておらず, 冬 の 間 にも 調 査 を 行 わなければならない 結 果 となってしまった 住 民 と 協 働 で 活 動 することで, 現 地 に 訪 れる 度 に 住 民 の 方 々から 声 を 掛 けて 頂 き, 親 切 にして 頂 け るようになった 今 年 度 は, 雪 だるまカフェで 忘 年 会 を 実 施 して 頂 くなど 住 民 と 打 ち 解 けることがで きたと 感 じている また, 実 社 会 に 出 る 前 に 社 会 常 識 を 学 ぶことができ, 活 動 した 成 果 に 対 して 生 の 声 を 直 に 聞 けることは 大 変 刺 激 になり, 小 さな 積 み 重 ねが 成 果 を 生 む,その 大 切 さを 学 ばせて 頂 い ている 住 民 側 の 意 見 として, 代 表 者 に 物 事 が 集 中 してしまう, 雪 下 しが 困 難 などの 意 見 を 述 べられたため, 今 後 は, 取 り 組 みが 伝 幡 するしくみなどを 考 えたい 地 区 に 関 しては, 昨 年 に 総 湯, 今 年 は 特 産 品 施 設, 来 年 は 植 物 園 と 段 階 的 に 整 備 が 進 められおり, 地 域 に 伝 わる 文 化 や 料 理 をうまく 活 かして, 現 代 に 伝 えようとする 動 きがみられる 今 後 は, 観 光 客 に 対 して また 来 たい, 快 適 だ と 思 う 仕 掛 けづくりが 必 要 となる 私 たちにとって,この 取 り 組 みは, 継 続 して 行 うものである そのため, 卒 業 時 の 先 輩 が 有 する 地 区 に 対 する 知 識 量 に 達 するまで に 時 間 を 要 することが, 引 き 継 いで 活 動 することの 難 しさであり, 自 分 たちが 次 の 代 にどう 伝 えるか が, 今 後 の 課 題 である この 課 題 を 克 服 しつつ, 学 生 ならではの 視 点 で, 物 事 を 見 て 積 極 的 に 提 案 を 行 えるように 心 掛 けたい 図 14. 脱 穀 作 業 の 様 子 図 15. 忘 年 会 6

Microsoft Word - 090512通常版.doc

Microsoft Word - 090512通常版.doc ~ 都 市 計 画 見 直 し 方 針 について~ 都 市 計 画 とは? 都 市 計 画 は 人 や 自 動 車 交 通 など 移 動 を 支 える 交 通 機 能 をはじめ 都 市 構 造 や 街 区 形 成 等 を 担 う 市 街 地 形 成 機 能 さらには 都 市 防 災 性 向 上 や 上 下 水 道 施 設 共 同 溝 等 ライフライン 収 容 等 を 担 う 空 間 機 能 など 多

More information

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史 資 料 1 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン 平 成 25 年 3 月 湘 南 江 島 魅 力 アッププロジェクト 推 進 会 議 湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水

More information

山 口 市 は 1929 年 に 市 制 が 施 行 されて 行 政 経 済 教 育 文 化 情 報 等 の 都 市 機 能 が 集 積 して きた 人 口 増 加 は 最 近 は 鈍 化 してはいるものの 現 在 も 続 いており(1990~2000 年 の 人 口 増 加 率 6.1%) 第 3

山 口 市 は 1929 年 に 市 制 が 施 行 されて 行 政 経 済 教 育 文 化 情 報 等 の 都 市 機 能 が 集 積 して きた 人 口 増 加 は 最 近 は 鈍 化 してはいるものの 現 在 も 続 いており(1990~2000 年 の 人 口 増 加 率 6.1%) 第 3 事 例 番 号 121 まちと 川 を 結 ぶまちづくり( 山 口 県 山 口 市 ) 1. 背 景 山 口 市 は 山 口 県 の 中 央 に 位 置 する 県 庁 所 在 地 である 市 の 中 心 部 は 北 部 の 山 地 に 発 し 南 の 瀬 戸 内 海 ( 周 防 灘 )に 至 る 椹 野 (ふしの) 川 と 佐 波 川 とが 流 れる 山 口 盆 地 及 びその 下 流 の 臨 海

More information

事 項 に 関 する 指 針 ( 以 下 配 慮 指 針 ) を 勘 案 しつつ, 周 辺 の 生 活 環 境 保 持 の 観 点 から 意 見 を 有 する 場 合 は, 設 置 者 に 対 し 届 出 日 から 8 ヶ 月 以 内 に 意 見 を 述 べる 生 活 環 境 に 配 慮 され 意

事 項 に 関 する 指 針 ( 以 下 配 慮 指 針 ) を 勘 案 しつつ, 周 辺 の 生 活 環 境 保 持 の 観 点 から 意 見 を 有 する 場 合 は, 設 置 者 に 対 し 届 出 日 から 8 ヶ 月 以 内 に 意 見 を 述 べる 生 活 環 境 に 配 慮 され 意 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 の 現 状 と 課 題 解 析 事 業 部 環 境 解 析 部 石 原 一 史 1. は じ め に 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 ( 以 下 大 店 立 地 法 ) は, 大 規 模 小 売 店 舗 法 ( 以 下 大 店 法 に 変 わ る 法 律 として 平 成 12 年 6 月 1 日 に 施 行 された 大 店 法 は, 近 隣 の 中 小

More information

テーマ: 放 射 5 号 線 沿 道 の 土 地 利 用 ( 第 3 回 まちづくり 意 見 交 換 会 ) 開 催 日 :6 月 12 日 ( 金 ) / 会 場 : 久 我 山 会 館 2 階 第 1 第 2 集 会 室 / 参 加 人 数 :20 名 放 射 5 号 線 沿 道 のまちづくりの

テーマ: 放 射 5 号 線 沿 道 の 土 地 利 用 ( 第 3 回 まちづくり 意 見 交 換 会 ) 開 催 日 :6 月 12 日 ( 金 ) / 会 場 : 久 我 山 会 館 2 階 第 1 第 2 集 会 室 / 参 加 人 数 :20 名 放 射 5 号 線 沿 道 のまちづくりの 玉 川 上 水 放 射 5 号 線 周 辺 地 区 まちづくりだより No.3 発 行 日 : 平 成 27 年 10 月 / 発 行 : 杉 並 区 都 市 整 備 部 まちづくり 推 進 課 / 編 集 協 力 : 首 都 圏 総 合 計 画 研 究 所 まちづくり 意 見 交 換 会 オープンハウスを 開 催 しました 日 頃 より 杉 並 区 のまちづくりにご 理 解 とご 協 力 をいただきありがとうございます

More information

設 置 する 学 校 の 入 学 収 容 定 員 入 学 者 在 籍 者 数 仙 台 大 学 ( 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 ) 入 学 定 員 入 学 者 数 収 容 定 員 在 籍 者 数 体 育 学 科 250 385 1,000 1,372 健 康 福 祉 学 科 100 10

設 置 する 学 校 の 入 学 収 容 定 員 入 学 者 在 籍 者 数 仙 台 大 学 ( 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 ) 入 学 定 員 入 学 者 数 収 容 定 員 在 籍 者 数 体 育 学 科 250 385 1,000 1,372 健 康 福 祉 学 科 100 10 平 成 23 年 度 事 業 報 告 書 学 校 法 人 朴 沢 学 園 法 人 の 概 要 建 学 の 精 神 教 育 目 標 について 本 学 校 法 人 の 建 学 の 精 神 は 実 学 と 創 意 工 夫 であります そして 心 身 ともに 健 康 な 人 間 の 形 成 ということを 設 置 する 仙 台 大 学 明 成 高 校 共 通 の 教 育 目 標 としております 平 成 24

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

73 1021 吉 田 展 也 29 男 1:50:05 430 70 男 子 29 歳 以 下 10 74 1042 曽 我 陽 介 32 男 1:50:08 190 71 男 子 30 歳 台 17 75 1319 小 松 洋 助 66 男 1:50:25 960 72 男 子 60 歳 以 上

73 1021 吉 田 展 也 29 男 1:50:05 430 70 男 子 29 歳 以 下 10 74 1042 曽 我 陽 介 32 男 1:50:08 190 71 男 子 30 歳 台 17 75 1319 小 松 洋 助 66 男 1:50:25 960 72 男 子 60 歳 以 上 1 1057 藤 原 孝 志 34 男 1:15:54 930 1 男 子 30 歳 台 2 1063 原 慎 弥 35 男 1:16:34 10 2 男 子 30 歳 台 3 1041 川 嶋 洋 平 32 男 1:17:01 670 3 男 子 30 歳 台 4 1074 野 村 茂 行 37 男 1:18:03 810 4 男 子 30 歳 台 1 5 1050 田 中 啓 佑 33 男 1:18:15

More information

【信下No.1】Ⅳ「やすらぎと賑わいの進化を目指した「ミズベリングやすらぎ堤」の取り組み」服部信

【信下No.1】Ⅳ「やすらぎと賑わいの進化を目指した「ミズベリングやすらぎ堤」の取り組み」服部信 やすらぎと 賑 わいの 進 化 を 目 指 した ミズベリングやすらぎ 堤 の 取 り 組 み 服 部 信 1 井 上 清 敬 2 渡 邉 一 成 3 1 信 濃 川 下 流 河 川 事 務 所 建 設 監 督 官 ( 951-8153 新 潟 市 中 央 区 文 京 町 14-13) 2 信 濃 川 下 流 河 川 事 務 所 事 務 所 長 ( ) 3 信 濃 川 下 流 河 川 事 務 所 事

More information

大 阪 市 エリアマネジメント 活 動 促 進 制 度 活 用 ガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 市 都 市 計 画 局 本 ガイドラインについて エリアマネジメントとは 地 域 (エリア)における 公 共 的 な 空 間 などのまちの 質 を 高 め それを 持 続 的 に 維 持 発 展 させていくための 地 域 の 市 民 民 間 事 業 者 等 の 主 体 的 な 取 組 みを

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63>

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63> 鳥 取 市 ( 平 成 18 年 6 月 ) 第 1 章 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 1 1. 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 2. 基 本 計 画 の 施 策 対 象 の 範 囲 3. 計 画 期 間 第 2 章 現 状 と 課 題 2 1. 犯 罪 の 現 状 2. 生 活 環 境 の 変 化 3. 課 題 第 3 章 基 本 計 画 推 進 の 基 本 的 な 考 え 方 4 1.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

9 む 乙! 晦 心 ユ ニ ッ 制 撤 稀 有 経 我 遠 業 待 受 設 予 定 宝 料 張 マ 山 積 十 数 歳 無 残 姿 変 孟 宗 竹 突 破 葛 丈 ホ 絡 '7 B M W キ ャ ブ 床 キ ノ 重 腰 撤 迫 駄 子 逃 ユ ニ ッ 員 遣 巻 断 吊 鋸 鋏 藪 絡 植 断

9 む 乙! 晦 心 ユ ニ ッ 制 撤 稀 有 経 我 遠 業 待 受 設 予 定 宝 料 張 マ 山 積 十 数 歳 無 残 姿 変 孟 宗 竹 突 破 葛 丈 ホ 絡 '7 B M W キ ャ ブ 床 キ ノ 重 腰 撤 迫 駄 子 逃 ユ ニ ッ 員 遣 巻 断 吊 鋸 鋏 藪 絡 植 断 8 叶 突 拍 子 ぶ 5 武 敷 表 扉 両 ド 番 臣 部 明 治 維 字 帯 刀 許 豪 農 庄 借 称 テ ィ 水 田 農 景 色 売 徐 具 性 増 正 直 意 味 理 変 改 ゃ ギ ャ & フ ェ 訪 吹 抜 高 天 井 堂 太 漆 喰 壁 具 和 小 似 ゆ 落 着 雰 囲 浸 趣 味 楽 友 達 呼 酒 酌 交 悪 小 学 頃 夏 休 掌 口 瓢 箪 駒 待 構 秋 続 書 道 教

More information

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 についての 意 見 募 集 の 結 果 平 成 28 年 3 月 29 日 総 務 省 行 政 評 価 局 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 について 平 成 28 年 2 月 2 日 ( 火 )から 同 年 3 月 2 日 ( 水 )までの 間 国 民 の 皆 様 から 広 く

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

観 光 圏 整 備 による 観 光 旅 客 の 滞 在 の 長 期 化 観 光 圏 整 備 のイメージ 地 域 が 連 携 して 行 う 取 組 への 国 の 主 な 支 援 メニュー 観 光 資 源 の 活 用 促 進 魅 力 ある 観 光 資 源 を 生 かした 観 光 商 品 の 開 発 観

観 光 圏 整 備 による 観 光 旅 客 の 滞 在 の 長 期 化 観 光 圏 整 備 のイメージ 地 域 が 連 携 して 行 う 取 組 への 国 の 主 な 支 援 メニュー 観 光 資 源 の 活 用 促 進 魅 力 ある 観 光 資 源 を 生 かした 観 光 商 品 の 開 発 観 地 域 が いきいき する 創 意 工 夫 とは? キーワードを 探 る 地 域 資 源 素 朴 な 農 村 景 観 と 農 業 海 の 豊 かさと かさと 漁 業 森 の 静 けさと けさと 山 間 地 の 生 活 そぞろ そぞろ 歩 きできる 温 泉 地 産 業 遺 構 と 地 場 産 業 きちんと 保 全 された された 大 自 然 の 生 態 系 伝 統 ある ある 芸 能 工 芸 貴 重

More information

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史

湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地 であり 首 都 圏 有 数 海 水 浴 場 として 自 然 と 歴 史 湘 南 江 島 魅 力 アップ プラン 平 成 25 年 3 月 ( 一 部 改 訂 平 成 27 年 3 月 ) 湘 南 江 島 魅 力 アッププロジェクト 推 進 会 議 湘 南 江 島 魅 力 アップに 向 けた 取 組 みについて 1 はじめに 江 島 と 片 瀬 から 鵠 沼 へと 続 く 湘 南 海 岸 一 体 エリアは 日 本 を 代 表 す る 風 光 明 媚 な 海 浜 観 光 地

More information

~ 声 現 向 ~ 7 産 振 興 施 策 対 要 望 書 提 出 11 7 丸 山 頭 樋 口 馬 場 村 山 副 頭 池 専 訪 問 7 産 振 興 施 策 対 要 望 書 関 口 提 出 意 見 集 約 各 任 下 記 要 望 書 皆 声 集 約 政 施 策 対 提 言 要 望 活 動 1.

~ 声 現 向 ~ 7 産 振 興 施 策 対 要 望 書 提 出 11 7 丸 山 頭 樋 口 馬 場 村 山 副 頭 池 専 訪 問 7 産 振 興 施 策 対 要 望 書 関 口 提 出 意 見 集 約 各 任 下 記 要 望 書 皆 声 集 約 政 施 策 対 提 言 要 望 活 動 1. 1.1 数 :1,37 1 ゼ 1 1 ~1 期 間 得 街 ゼ ゼ 店 師 知 識 情 無 料 教 え 座 専 門 店 裏 ザ 豆 知 識 学 べ 貴 重 ゼ デコショケキ 切 座 駅 : 木 村 屋 98-88 新 潟 県 駅 17 番 TEL5757-5111 FAX575- E-mail info@tokamachi-cci.or.jp URL http:www.tokamachi-cci.or.jp

More information

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を 佐 久 都 市 計 画 ( 佐 久 市 御 代 田 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 長 野 県 変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い

More information

リーディング表

リーディング表 / 1 24 回 数 : ~ 回 1以 上 山 1口 勲 933 294 168 132 99 77 163 108,348,50088,540,000 31.51% 49.52% 戸 2﨑 圭 太 1,665 288 207 160 142 125 7431,185,754,000 809,050,000 17.29% 29.73% 赤 3岡 修 次 646 251 120 85 57 37 96

More information

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集 第 3 章 酒 田 市 中 長 期 観 光 戦 略 ( 新 酒 田 物 語 ) 前 章 の 酒 田 市 の 観 光 の 現 状 と 課 題 SWOT 分 析 等 を 受 けて あらためて 酒 田 市 の 観 光 における 課 題 を 整 理 し 課 題 に 対 応 した 戦 略 とするため 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 を 策 定 する (1) 酒 田 市 の 観 光 の 課 題 整

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道 部 長 職 総 務 企 画 部 長 正 木 隆 司 総 務 企 画 部 長 3/31 兼 務 解 除 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 )ラグビーワールドカップ 推 進 室 長 産 業 振 興 部 長 似 内 敏 行 産 業 振 興 部 次 長 昇 任 ( 兼 ) 港 湾 振 興 課 長 建 設 部

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

彼 と 彼 女 バランスご 飯 づくり 料 理 教 室 協 働 相 手 食 生 活 改 善 推 進 員 協 議 会 平 成 23 年 6 月 18 日 ~11 月 12 日 (3 回 開 催 ) 健 康 推 進 課 双 方 同 等 後 援 日 本 料 理 を 中 心 に 旬 地 場 産 食 材 を

彼 と 彼 女 バランスご 飯 づくり 料 理 教 室 協 働 相 手 食 生 活 改 善 推 進 員 協 議 会 平 成 23 年 6 月 18 日 ~11 月 12 日 (3 回 開 催 ) 健 康 推 進 課 双 方 同 等 後 援 日 本 料 理 を 中 心 に 旬 地 場 産 食 材 を 健 診 栄 養 運 動 教 室 協 働 相 手 食 生 活 改 善 推 進 員 協 議 会 健 康 づくり 推 進 員 会 行 政 主 体 平 成 23 年 7 月 8 日 ~11 月 26 日 (8 回 開 催 ) 健 康 推 進 課 事 業 協 力 協 定 1 日 うちに 健 診 受 診 から 肥 満 や 生 活 習 慣 病 予 防 すべてが 学 べる 教 室 で 栄 養 バランスを 考 えた

More information

(5) 企 業 の 女 性 研 究 者 との 交 流 セミナーの 実 施 民 間 企 業 の 女 性 支 援 策 のノウハウを 学 ぶため 企 業 研 究 者 との 交 流 セミナーを 実 施 する 学 部 学 生 や 修 士 博 士 課 程 の 学 生 にとっては 将 来 構 想 を 視 野 に

(5) 企 業 の 女 性 研 究 者 との 交 流 セミナーの 実 施 民 間 企 業 の 女 性 支 援 策 のノウハウを 学 ぶため 企 業 研 究 者 との 交 流 セミナーを 実 施 する 学 部 学 生 や 修 士 博 士 課 程 の 学 生 にとっては 将 来 構 想 を 視 野 に 逆 風 を 順 風 に 宮 崎 大 学 女 性 研 究 者 支 援 モデル 実 施 予 定 期 間 : 平 成 20 年 度 ~ 平 成 22 年 度 総 括 責 任 者 : 菅 沼 龍 夫 ( 宮 崎 大 学 学 長 ) Ⅰ. 概 要 本 学 が 大 学 院 GP 魅 力 ある 大 学 院 教 育 イニシアティブ (18~19 年 度 )において 取 り 組 んだ 女 子 大 学 院 生 支 援

More information

目 次 1.はじめに 1 2. 多 摩 川 土 手 の 天 端 の 現 状 1 3. 市 としての 方 向 性 1 4.3つのコンセプトとその 基 本 的 な 考 え 方 2 参 考 資 料 5

目 次 1.はじめに 1 2. 多 摩 川 土 手 の 天 端 の 現 状 1 3. 市 としての 方 向 性 1 4.3つのコンセプトとその 基 本 的 な 考 え 方 2 参 考 資 料 5 狛 江 市 多 摩 川 土 手 の 天 端 の 整 備 に 関 する 考 え 方 狛 江 市 平 成 28 年 3 月 目 次 1.はじめに 1 2. 多 摩 川 土 手 の 天 端 の 現 状 1 3. 市 としての 方 向 性 1 4.3つのコンセプトとその 基 本 的 な 考 え 方 2 参 考 資 料 5 1.はじめに 狛 江 市 では, 多 摩 川 土 手 の 天 端 のあり 方 について

More information

( 事 務 局 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 所 属 大 野 紀 明 稲 沢 市 市 長 杉 原 利 秋 稲 沢 市 建 設 部 部 長 六 鹿 幸 男 稲 沢 市 建 設 部 次 長 兼 都 市 計 画 課 課 長 菱 田 浩 正 主 幹 山 内 竜 典 主 事 櫻 木 耕 史 技 師 永 柳

( 事 務 局 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 所 属 大 野 紀 明 稲 沢 市 市 長 杉 原 利 秋 稲 沢 市 建 設 部 部 長 六 鹿 幸 男 稲 沢 市 建 設 部 次 長 兼 都 市 計 画 課 課 長 菱 田 浩 正 主 幹 山 内 竜 典 主 事 櫻 木 耕 史 技 師 永 柳 稲 沢 市 都 市 と 緑 のマスタープラン 策 定 委 員 会 第 5 回 議 事 録 開 催 日 時 : 平 成 22 年 3 月 17 日 ( 水 ) 午 後 2 時 00 分 ~ 午 後 4 時 30 分 開 催 場 所 : 稲 沢 市 産 業 会 館 1F 大 会 議 室 出 席 者 : ( 委 員 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 所 属 区 分 瀬 口 哲 夫 名 古 屋 市 立 大 学

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号)

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号) 兵 庫 県 公 報 火 曜 日 第 2741 号 目 発 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 地 方 卸 売 市 場 における 卸 売 業 務 の 許 可 ( 消 費 流 通 課 ) 1 土

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

() 935 () () () () 1 1 1 1 男 子 団 体 平 成 21 年 度 長 野 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 柔 道 競 技 大 会 男 子 団 体 大 会 成 績 一 覧 1 松 本 第 一 5 男 子 団 体 2 長 野 工 業 3 0 1 位 松 本 第 一 高 等 学 校 3 丸 子 修 学 館 2 4 2 位 東 海 大 三 高 等 学 校 4

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し 上 毛 かるたのこれから 更 なる 発 展 に 向 けて 田 島 広 大 1.はじめに 私 が 住 む 群 馬 県 には 全 国 に 誇 ることのできる 上 毛 かるた がある 上 毛 かるたは 多 くの 県 民 に 認 知 され 親 しまれている 私 自 身 も 群 馬 で 生 まれ 育 ち 地 域 の 子 ども 会 を 通 じて 上 毛 かるたで 遊 んできた 上 毛 かるたを 通 じて 群 馬

More information

Microsoft Word - 鷹山.doc

Microsoft Word - 鷹山.doc 平 成 24 年 度 まちづくりミーティングの 質 問 と 回 答 の 要 旨 鷹 山 地 区 :7 月 2 日 ( 月 ) 午 後 7 時 30 分 ~9 時 参 加 者 数 62 人 < 質 問 > Q 文 書 配 布 の 量 をなるべく 減 らそうという 傾 向 があるが 町 報 だけでは 紙 面 が 少 なすぎるのではない か 学 校 だより 等 が 配 布 になるため 情 報 が 得 られる

More information

1 会 長 あいさつ 本 日 はご 多 忙 の 中 ご 参 集 いただき 感 謝 申 し 上 げる 本 協 議 会 は 昨 年 4 月 11 日 の 設 置 以 来 銚 子 電 鉄 の 運 行 維 持 に 対 する 支 援 のあ り 方 について 協 議 し 市 長 に 対 して 意 見 及 び 助

1 会 長 あいさつ 本 日 はご 多 忙 の 中 ご 参 集 いただき 感 謝 申 し 上 げる 本 協 議 会 は 昨 年 4 月 11 日 の 設 置 以 来 銚 子 電 鉄 の 運 行 維 持 に 対 する 支 援 のあ り 方 について 協 議 し 市 長 に 対 して 意 見 及 び 助 第 5 回 銚 子 電 気 鉄 道 運 行 維 持 対 策 協 議 会 概 要 開 催 日 時 平 成 26 年 3 月 27 日 ( 木 ) 午 後 3 時 30 分 から 午 後 5 時 30 分 まで 開 催 場 所 銚 子 市 役 所 1 階 市 民 ホール 出 席 者 員 吉 原 正 己 ( 銚 子 市 観 光 協 会 会 長 銚 子 地 区 ハイタク 運 営 協 議 会 会 長 ) 唐

More information

2 結 果 基 準 及 び の ポ イ ン ト 配 点 1 有 効 性 施 設 の 設 置 目 的 の 達 成 に 関 する 取 組 み など 50 ----- 28 (1) 施 設 の 設 置 目 的 の 達 成 に 向 けた 取 組 み 1 事 業 計 画 に 従 い 施 設 の 管 理 運 営

2 結 果 基 準 及 び の ポ イ ン ト 配 点 1 有 効 性 施 設 の 設 置 目 的 の 達 成 に 関 する 取 組 み など 50 ----- 28 (1) 施 設 の 設 置 目 的 の 達 成 に 向 けた 取 組 み 1 事 業 計 画 に 従 い 施 設 の 管 理 運 営 指 定 管 理 者 の 管 理 運 営 に 対 する シート( 年 度 ) 所 管 部 課 対 象 期 間 市 民 生 活 部 交 通 防 犯 課 平 成 25 年 4 月 1 日 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 1 指 定 管 理 の 概 要 名 称 所 在 地 龍 ケ 崎 市 佐 貫 中 央 第 1 駐 輪 場 龍 ケ 崎 市 佐 貫 中 央 第 2 駐 輪 場 龍 ケ 崎 市 佐 貫

More information

Microsoft Word - 130306_●甲州市甘草活用ビジョン.docx

Microsoft Word - 130306_●甲州市甘草活用ビジョン.docx 地 域 の 歴 史 文 化 資 源 を 活 用 した ~ 甘 草 の 里 づくりビジョン~ 日 本 甘 草 のふるさと 重 要 文 化 財 旧 高 野 家 住 宅 甘 草 屋 敷 と 付 属 の 薬 草 園 で 栽 培 され る 江 戸 時 代 から 伝 わるウラルカンゾウ 平 成 25 年 2 月 甲 州 市 甲 州 市 甘 草 の 里 づくり 研 究 会 1 目 次 第 1 章 計 画 策 定

More information

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部 2015 年 度 事 業 計 画 ( 2 0 1 5. 4. 1 ~ 2016. 3.31) 一 般 財 団 法 人 少 林 寺 拳 法 連 盟 目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する

More information

今 後 の 検 討 スケジュール(イメージ) 網 掛 けは, 終 了 した 会 議 ( 文 化 審 議 会 総 会 第 1 回 ) 第 1 回 :3 月 28 日 ( 木 )15:00~17:00 ( 文 化 政 策 部 会 第 1 回 ) 第 1 回 :5 月 15 日 ( 木 )10:00~12:00 文 化 芸 術 立 国 中 期 プラン 説 明, 諮 問 文 説 明, 関 係 省 庁 施 策

More information

1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 敬 称 略 ) 真 瀬 宏 子 ( 野 木 町 長 ) 舘 野 本 嗣 ( 野 木 町 副 町 長

1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 敬 称 略 ) 真 瀬 宏 子 ( 野 木 町 長 ) 舘 野 本 嗣 ( 野 木 町 副 町 長 第 1 回 台 風 18 号 に 伴 う 大 雨 被 害 検 証 委 員 会 ( 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 被 害 検 証 委 員 会 ) 会 議 録 要 旨 野 木 町 総 合 政 策 部 総 務 課 1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 2 5 年 度 第 6 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 2 5 年 8 月 3 0 日 ( 金 ) 午 前 1 1 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 住 民 票 の 写 し 等 第 三 者 交 付 に 関 す る 本 人 通 知 制 度 子 育 て き ら き ら カ ー ド の 利 用 が 始 ま り ま す 地 域 支 え 合 い 団 体 の

More information

1 位 置 及 び 範 囲 位 置 登 録 範 囲 と 範 囲 設 定 の 考 え 方 市 内 のうち 木 津 川 沿 いに 広 がる 上 津 屋 地 区 の 茶 畑 ( 浜 茶 )を 登 録 範 囲 とする 城 陽 市

1 位 置 及 び 範 囲 位 置 登 録 範 囲 と 範 囲 設 定 の 考 え 方 市 内 のうち 木 津 川 沿 いに 広 がる 上 津 屋 地 区 の 茶 畑 ( 浜 茶 )を 登 録 範 囲 とする 城 陽 市 保 存 活 用 計 画 書 景 観 資 産 の 名 称 浜 茶 と 竹 林 の 景 観 城 陽 市 上 津 屋 ~ 木 津 川 の 恵 みがもたらす 宇 治 てん 茶 ~ 申 請 者 城 陽 市 茶 生 産 組 合 代 表 写 真 1 位 置 及 び 範 囲 位 置 登 録 範 囲 と 範 囲 設 定 の 考 え 方 市 内 のうち 木 津 川 沿 いに 広 がる 上 津 屋 地 区 の 茶 畑 (

More information

6 月 15 日 第 6 回 評 議 員 会 開 催 14:30~15:30 於 : 学 士 会 館 評 議 員 現 在 数 15 名 定 足 数 8 名 出 席 者 13 名 で 成 立 出 席 者 生 田 正 治 井 口 洋 夫 上 島 重 二 江 河 利 幸 大 國 昌 彦 大 坪 孝 雄 金

6 月 15 日 第 6 回 評 議 員 会 開 催 14:30~15:30 於 : 学 士 会 館 評 議 員 現 在 数 15 名 定 足 数 8 名 出 席 者 13 名 で 成 立 出 席 者 生 田 正 治 井 口 洋 夫 上 島 重 二 江 河 利 幸 大 國 昌 彦 大 坪 孝 雄 金 平 成 24 年 度 (2012 年 度 ) 事 業 状 況 報 告 書 平 成 24 年 (2012 年 )4 月 1 日 から 平 成 25 年 (2013 年 )3 月 31 日 まで 平 成 24 年 (2012 年 ) 4 月 2 日 平 成 25 年 (2013 年 )1 月 ~ 平 成 26 年 (2014 年 )12 月 の 間 に 開 催 の セミナー 募 集 応 募 要 項 書

More information

群馬県地域住宅等整備計画(地域住宅計画 群馬地区(第2期) 本文

群馬県地域住宅等整備計画(地域住宅計画 群馬地区(第2期) 本文 ぐ ん ま け ん 群 馬 県 ち い き ( 地 域 ち い き 地 域 じ ゅ う た く 住 宅 け い か く 計 画 じ ゅ う た く と う 住 宅 等 ぐ ん ま 群 馬 せ い び 整 備 ち い き 地 域 き (2 期 け い か く 計 画 )) ぐんまけん き り ゅ う し い せ さ き し お お た し ぬ ま た し たてばやしし しぶかわし ふじおかし とみおかし

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 鹿 児 島 県 奄 美 市 奄 美 市 では 市 内 に 住 所 及 び 企 業 施 設 を 有 しない 企 業 が 市 内 に 新 たに 企 業 施 設 を 設 置 する 場 合 や 市 内 に 住 所 を 有 する 企 業 が 事 業 の 規 模 拡 張 等 を 行 う 場 合 に 企 業 立 地 等 促 進 条 例 に 基 づく 支 援 を 行 っております この 他 企 業 の 事 業 展

More information

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1

季 刊 Vol.4 2010 11 月 供 根 源 10 告 項 利 用 巻 深 謝 共 敬 10 続 続 想 像 超 尽 注 察 推 移 順 右 肩 新 3 料 老 ホ 3 総 居 室 1 6 0 込 広 11 至 更 福 祉 柔 軟 性 安 定 性 臨 従 寄 与 翼 担 誇 精 参 挨 拶 1 季 刊 Vol.4 2010 11 月 毎 格 別 愛 顧 賜 厚 御 礼 度 弊 8 月 相 順 導 鞭 撻 賜 謝 平 12 初 秋 候 担 待 産 声 10 返 ろ ろ 表 通 貴 経 験 積 通 築 ゆ 資 源 糧 如 態 屈 更 遂 度 節 機 同 新 ズ 応 懸 命 努 卒 倍 旧 援 協 拝 眉 挨 拶 略 儀 告 10 返 号 ボ ュ 増 未 届 致 忙 材 協 祝 辞 賜 謝 致

More information

<874450313481605031358EE597768E968BC688EA97972E786C7378>

<874450313481605031358EE597768E968BC688EA97972E786C7378> 45 ( 単 位 : 千 円 ) 款 民 生 費 項 児 童 福 祉 費 事 業 区 分 新 規 拡 大 保 育 所 外 国 語 指 導 助 手 派 遣 事 業 政 策 (4つの 柱 ) 未 来 づくり 教 育 のまちづくり 担 当 部 局 所 属 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 国 庫 支 出 金 県 支 出 金 市 債 その 他 1,744 一 般 財 源 1,744 認 可 保 育 所 に

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

のと 考 えられる 一 方 で 仮 に 申 請 書 のマイナンバーの 部 分 のみ 空 欄 とし 他 の 部 分 を 記 入 し た 状 態 で 行 政 への 転 送 封 筒 を 同 封 して 家 族 へ 送 付 し 家 族 に 番 号 を 記 入 し てもらい 行 政 へ 発 送 することが 考

のと 考 えられる 一 方 で 仮 に 申 請 書 のマイナンバーの 部 分 のみ 空 欄 とし 他 の 部 分 を 記 入 し た 状 態 で 行 政 への 転 送 封 筒 を 同 封 して 家 族 へ 送 付 し 家 族 に 番 号 を 記 入 し てもらい 行 政 へ 発 送 することが 考 マイナンバーに 係 るアンケートの 実 施 結 果 ( 概 要 ) 全 国 老 施 協 発 第 1507 号 ( 平 成 27 年 11 月 4 日 付 )にて 発 出 したアンケートにおい て 得 た 結 果 の 概 要 は 以 下 に 示 すとおり 1. 従 業 員 に 関 するマイナンバーの 取 り 扱 いについて 従 業 員 に 対 する 事 業 所 のマイナンバーの 取 り 扱 いに 関

More information

行動計画シート(下半期)

行動計画シート(下半期) シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する 4 接 遇 改 善 に 関 する 5 経 費 節 減 に 関 する 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 まえ た 下 半 期 の 進 め 方

More information

西予市人口ビジョン

西予市人口ビジョン 西 予 市 人 口 ビジョン 28 年 3 月 西 予 市 目 次 西 予 市 のお 財 布 事 情... 1 Ⅰ 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的... 2 Ⅱ 西 予 市 の 人 口 動 向... 2 1. 人 口 推 移... 2 2. 自 然 増 減... 6 3. 社 会 増 減... 10 Ⅲ 西 予 市 の 将 来 人 口 推 計... 12 1. 市 全 体... 12 ア 推

More information

スライド 1

スライド 1 住 まい 健 康 交 流 が 超 高 齢 化 人 口 減 少 社 会 を 乗 り 超 える 処 方 箋 ウエルネスタウンみつけ < 平 成 27 年 5 月 作 成 > ウエルネスタウンみつけ = 柳 橋 町 地 内 に 造 成 を 計 画 している 住 宅 地 の 名 称 長 期 間 安 全 快 適 で 環 境 や 健 康 にも 優 しい 住 宅 建 設 を 誘 導 電 線 地 中 化 や 水 辺

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

平成22年5月18日

平成22年5月18日 さがえ 未 来 創 成 戦 略 ( 案 ) へのパブリックコメントの 結 果 意 見 の 内 容 市 の 考 え 方 公 園 遊 具 があまりなく 子 どもと 遊 べる 場 が 少 ないため 外 で 遊 べる 遊 園 地 を 設 置 してほし いただいたご 意 見 を 参 考 にしつつ 子 育 てしやす い 環 境 づくりの 観 点 から 公 園 整 備 を 含 む 子 供 1 い 子 育 てインフラの

More information

平成23第1回定例会一般質問

平成23第1回定例会一般質問 平 成 23 第 1 回 定 例 会 一 般 質 問 1. 北 方 四 島 交 流 事 業 について (1) 今 後 の 四 島 交 流 事 業 実 施 の 見 通 しについて (2) 四 島 交 流 事 業 実 施 による 経 済 効 果 について (3) 新 たな 視 点 でのポスト 四 島 交 流 事 業 について 2. 病 院 経 営 について (1) 改 訂 版 根 室 市 病 院 事 業

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 5 回 変 更 ) ひ ろ し ま 広 島 と し ん 都 心 ち く 地 区 ひろしまけん 広 島 ひ ろ し ま 県 広 島 し 市 平 成 22 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期

More information

様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る が し 敦 賀 市 地 区 名 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) 面 積 178.6 ha 計 画 期 間 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29

様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る が し 敦 賀 市 地 区 名 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) 面 積 178.6 ha 計 画 期 間 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29 都 市 再 生 整 備 計 画 て つ ど う みなと つ る が 鉄 道 と 港 のまち 敦 賀 地 区 ( 地 方 都 市 リノベーション 事 業 ) ふ く い つ る が 福 井 県 敦 賀 市 平 成 25 年 1 月 様 式 は A4 長 辺 側 を 2 箇 所 ホチキス 留 めすること 様 式 1 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 福 井 県 市 町 村 名 つ る

More information

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 検 討 結 果 報 告 平 成 15 年 9 月 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと

More information

福 島 県 /いわき 湯 本 温 泉 スパリゾートハワイアンズ 昨 年 大 好 評!ハワイアンズ 入 場 券 付 き&フラガールのショーは 必 見! 住 所 アクセス 最 寄 駅 福 島 県 いわき 市 常 磐 藤 原 町 蕨 平 50 常 磐 道 ~いわき 湯 本 IC~3 分 JR 常 磐 線

福 島 県 /いわき 湯 本 温 泉 スパリゾートハワイアンズ 昨 年 大 好 評!ハワイアンズ 入 場 券 付 き&フラガールのショーは 必 見! 住 所 アクセス 最 寄 駅 福 島 県 いわき 市 常 磐 藤 原 町 蕨 平 50 常 磐 道 ~いわき 湯 本 IC~3 分 JR 常 磐 線 全 11 施 設 の 料 金 は 消 費 税 サービス 料 入 湯 税 が 含 まれております (ハワイアンズ 除 く) 掲 載 の 料 理 写 真 はすべてイメ-ジとなります 福 島 県 /いわき 湯 本 温 泉 スパリゾートハワイアンズ 昨 年 大 好 評!ハワイアンズ 入 場 券 付 き&フラガールのショーは 必 見! 住 所 アクセス 最 寄 駅 福 島 県 いわき 市 常 磐 藤 原 町

More information

( 平 成 26 年 4 月 10 日 プレスリリース) 人 事 異 動 内 示 平 成 26 年 4 月 15 日 付 総 務 部 人 材 開 発 課

( 平 成 26 年 4 月 10 日 プレスリリース) 人 事 異 動 内 示 平 成 26 年 4 月 15 日 付 総 務 部 人 材 開 発 課 平 成 26 年 4 月 15 日 付 人 事 異 動 の 概 要 平 成 26 年 4 月 10 日 記 者 会 見 資 料 総 務 部 人 材 開 発 課 1 概 要 市 長 選 の 年 の 定 期 人 事 異 動 は 5 月 1 日 に 実 施 するのが 通 例 であったが 新 市 政 の 早 期 スタートを 図 るため 4 月 15 日 付 の 人 事 異 動 を 実 施 することとした 平

More information

【群馬県】県地域住宅等整備計画(第4回変更).xls

【群馬県】県地域住宅等整備計画(第4回変更).xls ぐ ん ま け ん 群 馬 県 ち い き ( 地 域 ち い き 地 域 じ ゅ う た く 住 宅 け い か く 計 画 じ ゅ う た く と う 住 宅 等 ぐ ん ま 群 馬 せ い び 整 備 ち い き 地 域 き (2 期 け い か く 計 画 )) ぐんまけん き り ゅ う し い せ さ き し お お た し ぬ ま た し たてばやしし しぶかわし ふじおかし とみおかし

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

高 士 区 地 域 活 動 支 援 事 業 ヒアリング 日 程 表 日 時 : 平 成 27 年 5 月 7 日 午 後 1 時 30 分 ~ 資 料 No 1 場 所 : 公 民 館 高 士 分 館 中 会 議 室 時 間 提 案 団 体 名 事 業 名 士 -2 13:40~13:55 高 士

高 士 区 地 域 活 動 支 援 事 業 ヒアリング 日 程 表 日 時 : 平 成 27 年 5 月 7 日 午 後 1 時 30 分 ~ 資 料 No 1 場 所 : 公 民 館 高 士 分 館 中 会 議 室 時 間 提 案 団 体 名 事 業 名 士 -2 13:40~13:55 高 士 平 成 27 年 度 第 2 回 高 士 区 地 域 協 議 会 次 第 日 時 : 平 成 27 年 5 月 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 会 場 : 公 民 館 高 士 分 館 2 階 中 会 議 室 1 開 会 2 会 長 挨 拶 3 議 題 地 域 活 動 支 援 事 業 について 高 士 区 の 提 案 状 況 について 提 案 事 業 に 関 する 概 要 説 明 及

More information

(3)オブザーバー 2 名 公 益 財 団 さわやか 福 祉 財 団 鶴 山 芳 子 社 会 福 祉 法 人 聖 労 院 羽 田 ゆかり (4) 傍 聴 者 4 名 4 次 第 (1) 開 会 (2) 挨 拶 高 齢 福 祉 担 当 部 長 より (3) 配 布 資 料 の 確 認 資 料 1 清

(3)オブザーバー 2 名 公 益 財 団 さわやか 福 祉 財 団 鶴 山 芳 子 社 会 福 祉 法 人 聖 労 院 羽 田 ゆかり (4) 傍 聴 者 4 名 4 次 第 (1) 開 会 (2) 挨 拶 高 齢 福 祉 担 当 部 長 より (3) 配 布 資 料 の 確 認 資 料 1 清 平 成 27 年 度 第 3 回 生 活 支 援 介 護 予 防 サービス 提 供 主 体 等 協 議 体 会 議 録 ( 議 事 要 旨 ) 1 開 催 日 時 平 成 28 年 3 月 31 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 4 時 00 分 2 場 所 健 康 センター 研 修 室 3 出 席 者 (1) 地 縁 団 体 阿 久 津 州 美 男 内 野 光 裕 地 域 福

More information

Microsoft Word - ニュースレター148①.doc

Microsoft Word - ニュースレター148①.doc Vol.148 平 成 22 年 11 月 26 日 発 行 テーマⅠ 小 江 戸 文 化 の 再 興 による 甲 府 城 下 町 の 活 性 化 に 向 けて 新 世 紀 甲 府 城 下 町 研 究 会 丸 茂 紀 彦 1 現 状 と 課 題 甲 府 市 はまちづくりのラストチャンスを 迎 えている 甲 府 駅 北 口 再 開 発 事 業 が 進 展 する 中 で コンパクト シティ 構 想 が

More information

年 度 加 盟 クラブ 大 会 実 績 クラブ 会 員 数 市 内 大 オープ 参 加 者 数 会 回 数 ン 大 会 数 合 計 回 数 S54 5 3 1 S55 8 220 3 1 S56 8 3 1 900 S57 9 4 1 1000 S58 10 4 1 1100 S59 12 6 1

年 度 加 盟 クラブ 大 会 実 績 クラブ 会 員 数 市 内 大 オープ 参 加 者 数 会 回 数 ン 大 会 数 合 計 回 数 S54 5 3 1 S55 8 220 3 1 S56 8 3 1 900 S57 9 4 1 1000 S58 10 4 1 1100 S59 12 6 1 我 孫 子 市 卓 球 連 盟 創 立 昭 和 54 年 ( 現 行 規 約 による 組 織 の 開 始 ) 加 盟 昭 和 40 年 1. 沿 革 昭 和 40 年 初 期 に 近 県 大 会 の 開 催 実 績 があるこ とから 市 民 大 会 近 県 大 会 を 運 営 する 有 志 の 会 が 卓 球 連 盟 として 活 動 していたと 思 われます 筆 者 が 卓 球 連 盟 に 役 員

More information

第 1 期 先 行 地 域 における 地 域 議 の 運 営 状 況 ( 代 陽 校 区 ) 資 料 1 地 域 議 名 称 代 陽 校 区 住 民 自 治 推 進 議 役 員 名 簿 事 務 局 所 在 地 代 陽 公 民 館 ( 旧 管 理 人 室 ) 役 職 氏 名 役 職 氏 名 総 構 成

第 1 期 先 行 地 域 における 地 域 議 の 運 営 状 況 ( 代 陽 校 区 ) 資 料 1 地 域 議 名 称 代 陽 校 区 住 民 自 治 推 進 議 役 員 名 簿 事 務 局 所 在 地 代 陽 公 民 館 ( 旧 管 理 人 室 ) 役 職 氏 名 役 職 氏 名 総 構 成 議 題 1 第 1 期 先 行 地 域 における 地 域 議 の 運 営 状 況 について 平 成 24 年 8 月 6 日 市 民 働 部 市 民 活 動 支 援 課 第 1 期 先 行 地 域 における 地 域 議 の 運 営 状 況 ( 代 陽 校 区 ) 資 料 1 地 域 議 名 称 代 陽 校 区 住 民 自 治 推 進 議 役 員 名 簿 事 務 局 所 在 地 代 陽 公 民 館 (

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

別紙3

別紙3 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 方 針 目 次 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 1 2 重 点 的 に 取 り 組 みを 行 う 主 なもの 5 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 (1) 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求

More information

川 辺 町 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 岐 阜 県 川 辺 町 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 計 画 期 間... 1 3. 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 2 4. 推 進 検 証 体 制... 3 第 2 章 総 合 戦 略 の 基 本 方 針... 4 1. 基 本 方 針... 4 2. 基 本 的 方 向 性...

More information

< 資 料 1 2 3に 基 づき 地 方 創 生 関 連 交 付 金 事 業 等 について 事 務 局 より 説 明 > 島 津 委 員 : 申 請 中 の 地 方 創 生 加 速 化 交 付 金 は 申 請 が 全 て 採 択 されない 可 能 性 があるとのことだ が 採 択 されなかった 場

< 資 料 1 2 3に 基 づき 地 方 創 生 関 連 交 付 金 事 業 等 について 事 務 局 より 説 明 > 島 津 委 員 : 申 請 中 の 地 方 創 生 加 速 化 交 付 金 は 申 請 が 全 て 採 択 されない 可 能 性 があるとのことだ が 採 択 されなかった 場 第 5 回 富 里 市 まち ひと しごと 創 生 有 識 者 懇 談 会 議 事 録 日 時 2016 年 3 月 10 日 ( 木 )13:30~15:00 場 所 すこやかセンター2 階 会 議 室 1 出 席 者 ( 順 不 同 敬 称 略 ) ( 座 長 ) 富 里 市 商 工 会 寒 郡 茂 樹 ( 委 員 ) 富 里 市 区 長 会 沖 田 健 二 富 里 市 農 業 協 同 組 合

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5>

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5> 0 序 章 計 画 基 本 的 事 項 1. 計 画 目 的 基 本 計 画 は 都 地 法 第 4 条 に 町 村 地 適 正 な 保 全 及 び 化 推 進 に 関 する 基 本 計 画 として 規 定 されており とオープンスペースに 関 する 総 合 的 な 計 画 です 戸 田 では 地 もつ 様 々な 機 能 を 踏 まえつつ 確 保 整 備 や 化 民 間 参 加 協 力 等 促 進

More information

<87433137323130378146926E88E68F5A91EE8C7689E68F912E786C73>

<87433137323130378146926E88E68F5A91EE8C7689E68F912E786C73> 地 域 住 宅 計 画 ひ だ し 平 成 22 年 3 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 地 域 住 宅 計 画 都 道 府 県 名 岐 阜 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 22 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯 及 び 現 況 本 市 は 岐 阜 県 の 北 部 に 位 置 し 人 口 約 3 万 人 世 帯 数 約 9200

More information

第8回全国市議会議長会研究フォーラムin旭川報告書

第8回全国市議会議長会研究フォーラムin旭川報告書 第 8 回 全 国 市 議 会 議 長 会 研 究 フォーラム in 旭 川 報 告 書 貝 塚 市 議 会 議 長 田 畑 庄 司 殿 自 由 市 民 食 野 雅 由 田 中 学 池 尻 平 和 田 畑 庄 司 [ 開 催 概 要 ] 日 時 第 1 日 : 平 成 25 年 7 月 10 日 ( 水 )13:00 第 1 部 基 調 講 演 地 方 議 会 改 革 第 2 部 パネルディスカッション

More information

Microsoft Word - 47小矢部商工会.doc

Microsoft Word - 47小矢部商工会.doc 高 齢 者 市 民 のふれあいの 場 : 憩 い 語 らい 自 己 表 現 生 涯 学 習... 街 かどサロ ンふれあい 小 矢 部 商 工 会 機 関 名 小 矢 部 商 工 会 所 在 地 富 山 県 小 矢 部 市 八 和 町 5-15 電 話 番 号 0766-67-0756 地 域 概 要 (1) 管 内 人 口 34 千 人 (2) 管 内 商 店 街 数 3 商 店 街 事 業 の

More information

各 部 会 における 反 省 改 善 提 案 の 提 出 は9 月 7 日 ( 日 )までにお 願 いしたい 3 9 丁 目 防 犯 灯 新 設 と 工 事 費 助 成 について 新 設 工 事 費 用 は 9 丁 目 と 協 議 会 で 折 半 4 各 町 内 戸 建 空 き 家 及 び 空 地

各 部 会 における 反 省 改 善 提 案 の 提 出 は9 月 7 日 ( 日 )までにお 願 いしたい 3 9 丁 目 防 犯 灯 新 設 と 工 事 費 助 成 について 新 設 工 事 費 用 は 9 丁 目 と 協 議 会 で 折 半 4 各 町 内 戸 建 空 き 家 及 び 空 地 日 の 里 地 区 コミュニティ 運 営 協 議 会 平 成 26 年 度 8 月 役 員 会 議 事 録 平 成 26 年 8 月 9 日 ( 土 )19:00~21:00 日 の 里 地 区 コミュニティ センター 宗 像 沖 ノ 島 世 界 遺 産 市 民 の 会 ワーキング 報 告 ( 吉 原 委 員 より 説 明 ) 今 年 度 における 文 化 庁 のユネスコ 世 界 遺 産 登 録 への

More information

○かんなべ議案1号事業計画.xls

○かんなべ議案1号事業計画.xls 2015 年 度 ( 平 成 27 年 度 ) 公 益 財 団 法 人 福 山 市 かんなべ 文 化 振 興 会 事 業 計 画 について < 運 営 方 針 > 公 益 財 団 法 人 福 山 市 かんなべ 文 化 振 興 会 は, 地 域 の 芸 術 文 化 の 振 興 と 地 域 社 会 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とし, 指 定 管 理 者 として, 次 の 重

More information

2 業 務 目 的 (1) 本 業 務 は 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 らし 空 間 創 生 推 進 区 域 における 住 宅 地 整 備 事 業 を 推 進 するために 行 う 調 査 事 業 計 画 策 定 等 業 務 を 行 うも のである (2) 静 波 地 区 安 全 で 豊

2 業 務 目 的 (1) 本 業 務 は 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 らし 空 間 創 生 推 進 区 域 における 住 宅 地 整 備 事 業 を 推 進 するために 行 う 調 査 事 業 計 画 策 定 等 業 務 を 行 うも のである (2) 静 波 地 区 安 全 で 豊 平 成 27 年 度 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 らし 空 間 創 生 住 宅 地 整 備 事 業 に 伴 う 調 査 及 び 計 画 策 定 事 業 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 第 1 条 ( 適 用 範 囲 ) 1 本 特 記 仕 様 書 は 平 成 27 年 度 都 市 計 画 総 務 費 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 ら し 空 間 創 生 住 宅 地 整

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

Microsoft Word - 建築報告2.doc

Microsoft Word - 建築報告2.doc 研 究 報 告 平 成 27 年 度 建 築 分 野 No.2 花 街 における 伝 統 文 化 を 継 承 した 地 方 創 成 活 動 に 関 する 研 究 The study on regional revitalization by inheriting traditional cultures in kagai 新 潟 大 学 工 学 部 建 設 学 科 教 授 岡 崎 篤 行 ( 研 究

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

1 組 小 山 高 橋 ( 神 戸 ) 井 谷 小 池 ( 川 島 ) 清 水 宮 本 ( 池 田 オープン) 西 村 堀 部 ( 日 置 江 ) 小 川 渡 部 ( 大 垣 東 ) 國 枝 横 尾 ( 池 田 ) 3 組 杉 江 高 島 ( 岐 南 東 ) 松 岡 清 水 ( 垂 井 シ ュニア)

1 組 小 山 高 橋 ( 神 戸 ) 井 谷 小 池 ( 川 島 ) 清 水 宮 本 ( 池 田 オープン) 西 村 堀 部 ( 日 置 江 ) 小 川 渡 部 ( 大 垣 東 ) 國 枝 横 尾 ( 池 田 ) 3 組 杉 江 高 島 ( 岐 南 東 ) 松 岡 清 水 ( 垂 井 シ ュニア) 2011 池 田 小 学 生 クリスマスバドミントン 大 会 結 果 2011 年 月 11 日 6 年 生 ダブルス 5 年 生 ダブルス 4 年 生 ダブルス 3 年 生 ダブルス 2 年 生 ダブルス 1 年 生 シングルス 優 勝 小 山 令 華 脇 田 乃 幸 久 保 田 晏 未 宮 本 桃 花 阿 保 龍 斗 高 橋 理 輝 高 島 優 月 野 原 万 由 佳 山 口 珠 鈴 小 島 知

More information

山 梨 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 テニス 大 会 男 子 シングルス1 5/5 6 9~11 1 1 畠 中 翔 太 北 杜 坂 井 坂 井 亮 介 北 杜 岡 6- 畠 中 8-1 坂 井 河 西 宏 明 農 林 1 輿 石 貢 司 韮 工 4 芦 沢 雅 規 白 根 芦 沢 米 山 6-6- 畠 中 坂 井 米 山 昴 宏 甲 一 渡 辺 千 翔 也 東 海 1 5 古 屋 浩

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 千 代 田 区 平 成 27 年 9 月 ( 平 成 28 年 1 月 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件

More information

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循 能 代 山 本 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 平 成 22 年 11 月 9 日 平 成 24 年 1 月 1 日 変 更 報 告 平 成 25 年 1 月 7 日 変 更 報 告 平 成 26 年 1 月 8 日 変 更 報 告 能 代 山 本 広 域 市 町 村 圏 組 合 能 代 市 藤 里 町 三 種 町 八 峰 町 目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 度 職 務 経 験 者 採 用 試 験 申 込 結 果 について 平 成 26 年 11 月 4 日 職 務 経 験 者 採 用 試 験 導 入 の 経 緯 津 市 へのU J Iターン 就 職 や 転 職 を 望 む 声 新 規 職 員 採 用 試 験 には 年 齢 制 限 が 存 在 職 務 経 験 者 採 用 試 験 の 導 入 幅 広 い 年 齢 層 の 人 が 受 験 できる

More information

はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要 となる 業 務 であ り これを 担 う 建 築 士 建 築 士 事 務 所 に 係 る 制 度 について 社 会 の 要 請 に 応 じ て 適 正 化 することは 極 めて 重 要 な

はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要 となる 業 務 であ り これを 担 う 建 築 士 建 築 士 事 務 所 に 係 る 制 度 について 社 会 の 要 請 に 応 じ て 適 正 化 することは 極 めて 重 要 な 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 の 業 の 適 正 化 及 び 建 築 主 等 への 情 報 開 示 の 充 実 に 向 けて ~ 自 由 民 主 党 建 築 設 計 議 員 連 盟 提 言 ~ 平 成 26 年 3 月 27 日 自 由 民 主 党 建 築 設 計 議 員 連 盟 はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要

More information

障 害 者 福 二 祉 障 害 福 祉 サービス 事 身 体 障 害 者 福 祉 センター 地 域 活 動 支 援 センター 障 害 者 居 宅 介 護 事 所 谷 山 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 地 域

障 害 者 福 二 祉 障 害 福 祉 サービス 事 身 体 障 害 者 福 祉 センター 地 域 活 動 支 援 センター 障 害 者 居 宅 介 護 事 所 谷 山 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 地 域 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 8 年 4 月 日 現 在 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 市 法 人 名 社 会 福 祉 法 人 鹿 児 島 市 社 会 福 祉 協 議 会 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 89-8 鹿 児 島 県 鹿 児 島 市 山 下 町 5- 電 話 番 号 99 - - 67 FAX 番 号 99 - - 675 ホームペー ジアドレス 代 表 者

More information

目 次 1 まちづくり 計 画 の 必 要 性 1 2 まちづくり 計 画 の 役 割 1 3 まちづくり 計 画 の 期 間 1 4 人 口 の 将 来 推 計 1 5 作 手 地 域 の 課 題 2 6 まちづくり 計 画 3 まちづくりの 目 標 3 まちづくりのスローガン 3 まちづくりの

目 次 1 まちづくり 計 画 の 必 要 性 1 2 まちづくり 計 画 の 役 割 1 3 まちづくり 計 画 の 期 間 1 4 人 口 の 将 来 推 計 1 5 作 手 地 域 の 課 題 2 6 まちづくり 計 画 3 まちづくりの 目 標 3 まちづくりのスローガン 3 まちづくりの 作 手 地 域 まちづくり 計 画 ~ 手 をつなぎ 作 ろう 未 来 の ふるさと 作 手 ~ 手 前 鬼 久 保 ふれあい 広 場 から 北 に 広 がる 作 手 高 原 平 成 27 年 10 月 新 城 市 作 手 地 域 自 治 区 目 次 1 まちづくり 計 画 の 必 要 性 1 2 まちづくり 計 画 の 役 割 1 3 まちづくり 計 画 の 期 間 1 4 人 口 の 将 来 推

More information

資料1

資料1 資 料 1 平 成 28 年 5 月 19 日 国 税 庁 大 阪 国 税 局 平 成 26 27 年 度 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 庁 舎 における 施 設 管 理 運 営 業 務 の 実 施 状 況 について Ⅰ 事 業 の 概 要 1 委 託 業 務 内 容 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 大 阪 国 税 局 管 内 ( 滋 賀 県 京

More information

土 佐 町 青 少 年 等 の 家 さめうら 荘 の 新 築 について 答 申 書 平 成 26 年 6 月 5 日 さめうら 荘 ( 仮 称 ) 建 設 検 討 委 員 会

土 佐 町 青 少 年 等 の 家 さめうら 荘 の 新 築 について 答 申 書 平 成 26 年 6 月 5 日 さめうら 荘 ( 仮 称 ) 建 設 検 討 委 員 会 平 成 26 年 6 月 5 日 土 佐 町 長 西 村 卓 士 様 さめうら 荘 ( 仮 称 ) 建 設 検 討 委 員 会 委 員 長 筒 井 良 一 郎 土 佐 町 青 少 年 等 の 家 さめうら 荘 の 新 築 について( 答 申 ) 平 成 25 年 10 月 23 日 付 けで 諮 問 のあった 土 佐 町 青 少 年 等 の 家 さめうら 荘 の 新 築 については 別 添 答 申

More information

都 市 計 画 1. 用 途 地 域 2. 容 積 率 % ( 前 面 道 路 幅 員 による 容 積 率 低 減 係 数 ) 3. 建 ぺい 率 % 角 地 敷 地 の 項 目 へ 4. 高 さ 制 限 m 高 度 地 区 第 種 5. 防 火 指 定 防 火 地 域 or 準 防 火 地 域 6

都 市 計 画 1. 用 途 地 域 2. 容 積 率 % ( 前 面 道 路 幅 員 による 容 積 率 低 減 係 数 ) 3. 建 ぺい 率 % 角 地 敷 地 の 項 目 へ 4. 高 さ 制 限 m 高 度 地 区 第 種 5. 防 火 指 定 防 火 地 域 or 準 防 火 地 域 6 物 件 所 在 地 :[ 地 番 住 居 表 示 ] 区 町 役 所 調 査 ( 新 宿 区 の 戸 建 用 住 宅 地 ) 役 所 調 査 とは 簡 単 に 言 えば その 土 地 に 家 を 建 てられるかどうか どのくらいの 規 模 の 家 が 建 てられるか を 明 らかにするためのものです 事 業 を 考 えての 不 動 産 の 取 得 なの でしたら その 土 地 でこの 商 売 はできるのか

More information