厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4"

Transcription

1 厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 するQ & 目 次 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか Q2. 基 金 の 解 散 方 法 について Q3. 基 金 の 解 散 日 について Q4. 基 金 解 散 後 確 定 給 付 企 業 年 金 へ 移 行 するなどの 後 継 制 度 の 選 択 肢 について Q5. 解 散 に 向 けて 事 業 所 は 何 をすればよいのか Q6. 解 散 に 係 る 同 意 取 得 が 3 分 の 2 を 下 回 ったらどうなるのか Q7. 解 散 認 可 のために 受 給 者 と 待 期 者 の 同 意 は 必 要 ないのか Q8. 基 金 解 散 後 に 社 員 に 上 乗 せの 代 替 制 度 を 残 したい 場 合 はどうすればよいのか Q9. 解 散 に 伴 い 事 業 主 の 追 加 負 担 について Q10. 代 行 部 分 の 債 務 返 還 後 剰 余 が 生 じた 場 合 の 取 扱 いについて Q11. 基 金 解 散 後 の 清 算 業 務 の 内 容 について Q12. 分 配 金 が 発 生 した 場 合 について Q13. 基 金 解 散 までの 年 金 資 産 運 用 について 掛 金 関 係 Q14. 基 金 を 解 散 するのであれば 今 後 掛 金 負 担 は 必 要 ないのでは Q15. 基 金 解 散 に 伴 い 何 月 分 までの 掛 金 を 払 えばよいのか Q16. 基 金 解 散 後 の 掛 金 負 担 割 合 はどうなるのか Q17. 今 まで 納 めた 掛 金 は 掛 捨 てになるのか 年 金 関 係 Q18. 基 金 解 散 に 伴 い 受 給 者 の 年 金 はいつまで 支 払 われるのか また 解 散 後 はどうなるのか Q19. 基 金 解 散 後 の 加 入 員 待 期 者 に 対 する 年 金 給 付 は 将 来 どうなるのか Q20. 基 金 解 散 後 受 給 者 加 入 員 待 期 者 は 年 金 事 務 所 で 手 続 きが 必 要 か Q21. 基 金 の 年 金 手 続 きを 忘 れていたが 未 裁 定 分 の 年 金 は 基 金 解 散 後 どうなるのか 適 用 関 係 Q22. 基 金 解 散 前 に 基 金 を 脱 退 したい Q23. 適 用 の 届 出 はいつまで 提 出 するのか Q24. 加 入 員 証 または 年 金 証 書 はいつまで 保 管 するのか 東 日 本 硝 子 業 厚 生 年 金 基 金

2 厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4 月 から 施 行 されました この 改 正 法 の 内 容 は 1 厚 生 年 金 保 険 を 代 行 している 代 行 部 分 の 債 務 ( 最 低 責 任 準 備 金 ) に 対 して 十 分 な 資 産 (1.5 倍 以 上 )を 保 有 しない 厚 生 年 金 基 金 は 存 続 を 認 めない 改 正 法 施 行 後 5 年 間 の 経 過 措 置 期 間 内 に 代 行 部 分 の 返 納 を 実 質 義 務 化 2 代 行 部 分 の 債 務 を 国 に 返 納 し 易 くする( 代 行 割 れ 基 金 に 対 する 分 割 納 付 制 度 の 緩 和 特 例 解 散 による 代 行 債 務 の 軽 減 化 最 低 責 任 準 備 金 計 算 方 法 の 複 数 化 等 ) などが 挙 げられます 現 在 の 当 基 金 の 財 政 状 況 は 大 幅 に 改 善 し 平 成 25 年 度 決 算 時 においては 代 行 割 れもほ ぼ 解 消 しております 当 基 金 は 昭 和 44 年 1 月 に 設 立 をし 時 間 の 経 過 と 共 に 成 熟 度 は 増 しておりますが 厚 生 年 金 基 金 制 度 は 事 前 積 立 方 式 を 採 用 しているため 従 来 の 財 政 検 証 のもとに 今 後 も 厚 生 年 金 基 金 を 運 営 していくことは 十 分 可 能 です しかしながら 従 来 の 財 政 運 営 基 準 から 乖 離 した 法 律 施 行 後 の 厚 生 年 金 基 金 存 続 基 準 では 5 年 間 で 現 在 の 保 有 年 金 資 産 を1.5 倍 相 当 にすること また そのためには 当 基 金 では 約 11%の 掛 金 引 上 げ 対 応 が 必 要 であることなどが 求 められ 今 後 の 基 金 存 続 のためのハードルは 極 めて 高 いものとなっております このため 今 後 これ 以 上 設 立 事 業 所 の 事 業 主 様 への ご 負 担 をお 願 いすることは 会 社 経 営 に 甚 大 な 影 響 を 及 ぼすため 苦 渋 の 決 断 といたしま して 平 成 26 年 2 月 26 日 開 催 の 第 105 回 代 議 員 会 にて 解 散 方 針 の 議 決 をいた しました Q2. 基 金 の 解 散 方 法 について 当 基 金 の 代 行 割 れは 平 成 25 年 度 決 算 においてほぼ 解 消 していますが 今 後 解 散 まで の 間 に 万 が 一 代 行 部 分 の 債 務 ( 最 低 責 任 準 備 金 )に 不 足 額 が 生 じた 場 合 に 備 えて 特 例 解 散 の 申 請 を 予 定 しております この 特 例 解 散 は 通 常 解 散 と 比 較 して 国 へ 返 還 する 代 行 部 分 の 債 務 が 減 額 ( 減 額 最 低 責 任 準 備 金 )され またさらに 不 足 額 が 生 じた 場 合 は 不 足 額 を 国 へ 分 割 して 納 付 ( 分 割 納 付 の 特 例 措 置 )することが 認 められます この 特 例 解 散 の 申 請 のためには 解 散 までの 間 の 適 切 な 掛 金 の 設 定 及 び 給 付 抑 制 のため の 措 置 を 行 っていることが 認 定 要 件 とされ 社 会 保 障 審 議 会 企 業 年 金 部 会 の 第 三 者 委 員 会 での 調 査 審 議 を 経 て 認 められるものです また 申 請 前 に 事 業 主 加 入 員 労 働 組 合 のそれぞれ3 分 の2 以 上 の 解 散 同 意 の 取 得 と 代 議 員 定 数 の3 分 の2 以 上 の 議 決 を 得 る ことが 必 要 です しかしながら 皆 様 からの 全 体 で3 分 の2 以 上 のご 同 意 がなかった 場 合 は 特 例 解 散 ができずに 現 行 制 度 のまま 今 後 も 基 金 を 継 続 することとなります その 場 合 は 法 律 改 正 後 の 厳 しい 基 金 存 続 条 件 が 毎 年 要 求 され クリアできない 場 合 は 国 からの 解 散 命 令 によって 通 常 解 散 の 扱 いとなり 代 行 割 れをしている 場 合 は 納 付 額 の 特 例 措 置 が 適 用 されません そのため 不 足 金 については 事 業 主 負 担 による 国 への 一 括 納 付 が 必 要 となります 平 成 27 年 9 月 末 日 をご 提 出 期 限 として 皆 様 へ 基 金 解 散 に 係 る

3 同 意 書 のご 提 出 をお 願 いいたしますが 今 後 の 各 設 立 事 業 所 での 追 加 費 用 負 担 発 生 の 可 能 性 がないよう この 度 の 法 律 改 正 対 応 としての 早 期 基 金 解 散 にご 理 解 を 賜 わりますよ うよろしくお 願 い 申 し 上 げます なお 今 後 年 金 資 産 運 用 の 好 転 により 当 基 金 の 保 有 年 金 資 産 が 国 へ 返 還 する 代 行 部 分 の 債 務 を 大 きく 上 回 った 場 合 は 特 例 解 散 の 適 用 を 受 け られず 通 常 解 散 に 変 更 となる 場 合 もありますが その 場 合 にあっても 解 散 に 係 る 皆 様 か らのご 同 意 は 必 要 となります Q3. 基 金 の 解 散 日 について 基 金 の 解 散 のためには 今 後 事 業 主 加 入 員 労 働 組 合 の 皆 様 からの 解 散 同 意 取 得 基 金 加 入 員 記 録 と 国 の 被 保 険 者 記 録 の 突 合 せ 最 低 責 任 準 備 金 の 計 算 代 議 員 会 の 解 散 議 決 が 必 要 となります 昨 年 の 基 金 解 散 方 針 議 決 の 際 には 平 成 27 年 9 月 の 解 散 認 可 申 請 平 成 27 年 12 月 の 解 散 認 可 を 予 定 とし それに 向 けて 事 前 準 備 作 業 記 録 突 合 作 業 を 進 めておりました しかしながら 全 国 に400 以 上 ある 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 の8 0% 近 くが 解 散 方 針 を 議 決 したとのことで 日 本 年 金 機 構 への 記 録 照 会 が 集 中 しており 記 録 照 会 の 回 答 が 3~4か 月 程 度 時 間 を 要 しており 今 後 さらに 遅 延 することも 想 定 されます 日 本 年 金 機 構 からのすべての 回 答 がないと 記 録 の 確 認 が 出 来 ず 認 可 申 請 が できないため 以 上 の 点 に 鑑 みて 当 初 の 予 定 である9 月 の 認 可 申 請 は 難 しく 12 月 の 認 可 申 請 平 成 28 年 3 月 の 解 散 認 可 というスケジュールで 解 散 計 画 を 策 定 し 関 東 信 越 厚 生 局 に 提 出 しております Q4. 基 金 解 散 後 確 定 給 付 企 業 年 金 へ 移 行 するなどの 後 継 制 度 の 選 択 肢 について 平 成 26 年 改 正 法 では 基 金 の 解 散 にあたり 母 体 企 業 が 退 職 金 規 定 等 に 基 づく 退 職 給 付 義 務 を 履 行 するよう 指 導 を 行 うこと という 改 正 法 施 行 のための 承 認 条 件 が 提 示 され ております このため 改 正 法 では 厚 生 年 金 基 金 制 度 は 将 来 的 に 原 則 廃 止 の 前 提 となっ ていますが 基 金 解 散 後 に 代 替 制 度 を 設 立 し 易 くする 様 々な 支 援 措 置 も 織 り 込 まれてい ます 本 来 であれば 当 基 金 にて 基 金 解 散 後 に 後 継 制 度 を 画 策 して 皆 様 にご 提 示 させて いただくべきところですが 当 基 金 は 給 付 体 系 上 代 行 型 の 設 立 形 態 をとっており 他 制 度 へ 持 ち 込 むための 一 時 金 制 度 がないため 持 込 み 原 資 の 振 り 分 けが 不 可 能 です また 現 在 特 例 解 散 の 申 請 を 予 定 していますが 特 例 解 散 では 減 額 最 低 責 任 準 備 金 が 適 用 されることから 国 に 代 行 債 務 を 返 還 した 後 に 一 部 剰 余 金 が 生 じた 場 合 は 分 配 金 の 原 資 に 充 当 できず 剰 余 部 分 も 含 めて 国 に 返 還 することから 後 継 制 度 への 持 ち 込 み 原 資 は 皆 無 となります 以 上 のことから 当 基 金 での 後 継 制 度 設 立 は 困 難 であるため 基 金 の 上 乗 せ 部 分 に 係 る 代 替 制 度 の 導 入 については 各 社 でご 検 討 いただきたくお 願 い 申 し 上 げます Q5. 解 散 に 向 けて 事 業 所 は 何 をすればよいのか 特 例 解 散 の 申 請 を 予 定 どおりに 行 うためには 平 成 27 年 9 月 末 日 を 期 限 として 事 業 主 加 入 員 全 体 の3 分 の2 以 上 及 び 加 入 員 の3 分 1 以 上 で 組 織 する 労 働 組 合 全 体 の4 分 3 以 上 の 解 散 に 係 るご 同 意 が 必 要 となります

4 この 法 令 で 定 められる 同 意 要 件 を 満 たさない 場 合 は 特 例 解 散 の 申 請 が 出 来 ずに 事 業 主 の 皆 様 に 今 後 追 加 拠 出 等 の 不 利 益 が 生 じる 可 能 性 もあります 基 金 の 早 期 解 散 のためにご 理 解 を 賜 わりたく お 願 い 申 し 上 げます 現 在 基 金 事 務 局 では 最 低 責 任 準 備 金 を 確 定 させるための 事 前 作 業 として 基 金 の 加 入 員 記 録 と 国 の 被 保 険 者 記 録 の 記 録 突 合 作 業 を 鋭 意 進 めております なお 各 事 業 所 から 当 基 金 へお 届 けの 基 礎 年 金 番 号 が 国 の 記 録 と 相 違 している 場 合 は 記 録 突 合 作 業 において 対 象 者 の 特 定 ができず 突 き 合 せ 作 業 が 終 了 しません このため 基 礎 年 金 番 号 不 明 者 について 今 後 各 事 業 所 宛 に 照 会 をさせていただくことも 想 定 されますので ご 理 解 ご 協 力 を 賜 わりますようお 願 い 申 し 上 げます また 国 の 年 金 の 受 給 資 格 があり 当 基 金 の 年 金 手 続 きをされていない 加 入 員 の 方 につ きましては 早 急 に 年 金 裁 定 請 求 をされますよう 事 業 主 または 事 務 ご 担 当 者 様 からの ご 勧 奨 をお 願 い 申 し 上 げます Q6. 解 散 に 係 る 同 意 取 得 が3 分 の2を 下 回 ったらどうなるのか 皆 様 からの 全 体 で3 分 の2 以 上 のご 同 意 がなかった 場 合 は 解 散 ができずに 現 行 制 度 の まま 今 後 も 基 金 を 継 続 することとなります その 場 合 は 法 律 改 正 後 の 厳 しい 基 金 存 続 条 件 が 毎 年 要 求 され クリアできない 場 合 は 国 からの 解 散 命 令 によって 通 常 解 散 の 扱 いとなり 納 付 額 の 特 例 措 置 分 割 納 付 の 特 例 措 置 が 適 用 されません そのため 解 散 時 に 不 足 金 が 生 じた 場 合 は 事 業 主 負 担 による 国 への 一 括 納 付 が 必 要 となります 今 後 各 設 立 事 業 所 からの 追 加 費 用 発 生 の 可 能 性 がないよう この 度 の 法 律 改 正 対 応 と しての 早 期 基 金 解 散 にご 理 解 を 賜 わりますようよろしくお 願 い 申 し 上 げます Q7. 解 散 認 可 のために 受 給 者 と 待 期 者 の 同 意 は 必 要 ないのか 法 令 で 定 められる 解 散 認 可 の 要 件 には 年 金 受 給 者 待 期 者 からの 解 散 に 係 る 同 意 は 含 まれていません 但 し 全 受 給 者 と 全 待 期 者 に 対 して 解 散 理 由 に 係 る 説 明 を 文 書 ま たは 口 頭 で 行 うことが 定 められていますので 今 後 文 書 または 個 別 照 会 での 回 答 にて 受 給 者 の 皆 様 からご 理 解 を 賜 わりますよう 努 めてまいります Q8. 基 金 解 散 後 に 社 員 に 上 乗 せの 代 替 制 度 を 残 したい 場 合 はどうすればよいのか Q4.でご 説 明 いたしましたが 当 基 金 での 後 継 制 度 の 構 築 は 基 金 の 給 付 体 系 上 困 難 です このため 基 金 の 上 乗 せ 部 分 に 係 る 代 替 制 度 の 導 入 については 各 社 でご 検 討 い ただきたくお 願 い 申 し 上 げます なお 代 替 制 度 のご 選 択 肢 としては 大 きく 分 けて 1 退 職 一 時 金 で 準 備 するケース( 内 部 留 保 でのご 対 応 )と 2 退 職 一 時 金 の 一 部 を 社 外 積 立 により 活 用 するケース が 考 えられます 但 し 会 社 の 規 模 にもよりますが 代 替 制 度 を 自 社 単 独 で 実 施 する 場 合 は 極 端 に 運 営 コストが 割 高 となります このため 既 に 社 外 積 立 による 導 入 のご 検 討 をされている 場 合 は 皆 様 の 実 情 に 応 じて 受 託 先 の 金 融 機 関 をご 紹 介 いたしますので 当 基 金 までご 連 絡 ください また 当 基 金 のホームページ 上 で 代 替 制 度 の 詳 細 を 解 散 関 係 に 掲 載 しておりますので ご 活 用 ください (URL)

5 Q9. 解 散 に 伴 い 事 業 主 の 追 加 負 担 について 当 基 金 は 平 成 25 年 度 決 算 時 において ほぼ 代 行 割 れを 解 消 しております 基 金 の 成 熟 度 の 進 行 によって 掛 金 収 入 と 給 付 費 の 年 間 収 支 は 約 12 億 円 のマイナスが 経 常 的 に 発 生 いたしますが 平 成 26 年 度 の 年 金 資 産 運 用 は 内 外 株 式 が 好 転 したことに より 時 間 加 重 収 益 率 が15.24%と 前 年 を 大 きく 上 回 る 結 果 となり 国 の 運 用 機 関 で あるGPIFよりも 収 益 率 が3% 程 度 上 回 っております 基 金 の 存 続 を 前 提 にした 場 合 は 基 金 独 自 給 付 の 数 理 債 務 も 含 めて 不 足 金 を 計 算 する 必 要 がありますが 解 散 を 前 提 にした 場 合 は 代 行 部 分 のみを 意 識 すればよく 代 行 部 分 の 債 務 に 対 する 不 足 金 は G PIFの 運 用 利 回 りを 上 回 っていれば 理 論 上 発 生 しない 見 込 みです また 特 例 解 散 を 予 定 していることから 減 額 最 低 責 任 準 備 金 の 特 例 措 置 を 受 け 解 散 計 画 に 沿 って 早 期 解 散 をした 場 合 は 現 状 で 事 業 主 の 追 加 負 担 が 発 生 する 可 能 性 は 少 ないです Q10. 代 行 部 分 の 債 務 返 還 後 剰 余 が 生 じた 場 合 の 取 扱 いについて 特 例 解 散 の 適 用 を 受 けた 場 合 は 国 への 返 還 額 が 減 額 最 低 責 任 準 備 金 となるため 通 常 解 散 よりも 少 なくなっていることから 剰 余 が 発 生 した 場 合 はその 部 分 も 含 めて 国 へ 返 還 しなければならず 分 配 金 は 発 生 しません しかしながら 今 後 当 基 金 の 保 有 年 金 資 産 が 国 へ 返 還 する 代 行 部 分 の 債 務 を 大 きく 上 回 った 場 合 は 特 例 解 散 の 適 用 を 受 けられず 通 常 解 散 に 変 更 となります この 場 合 は 国 へ 最 低 責 任 準 備 金 を 返 還 した 後 の 残 余 財 産 については 基 金 規 約 に 基 づ き 加 入 員 待 期 者 年 金 受 給 者 の 皆 様 への 分 配 金 の 対 象 となります なお 通 常 解 散 に なった 場 合 のこの 最 終 的 な 残 余 財 産 の 確 定 分 配 金 の 支 払 いまでには 基 金 解 散 後 から1 年 半 程 度 の 時 間 を 要 します Q11. 基 金 解 散 後 の 清 算 業 務 の 内 容 について 厚 生 年 金 基 金 は 解 散 認 可 後 解 散 となりますが 引 き 続 き 清 算 事 務 局 として 清 算 業 務 に 移 行 いたします 清 算 業 務 の 内 容 は 以 下 のとおりですが 通 常 は 解 散 認 可 後 1 年 半 から 2 年 程 度 の 時 間 を 要 します (なお 清 算 業 務 開 始 以 後 は 事 業 所 からの 掛 金 納 付 や 適 用 の 届 出 は 必 要 ありません) 清 算 スケジュール 解 散 に 係 る 周 知 清 算 人 就 任 解 散 及 び 清 算 人 就 任 の 公 告 企 業 年 金 連 合 会 を 介 して 日 本 年 金 機 構 へ 記 録 の 返 還 国 税 徴 収 法 に 基 づき 滞 納 事 業 所 の 未 収 掛 金 回 収 未 裁 定 者 への 裁 定 勧 奨 と 未 払 年 金 の 支 払 い 過 払 い 年 金 に 係 る 未 収 返 納 金 の 整 理 認 可 申 請 後 の 記 録 突 合 せ 作 業 及 び 不 一 致 記 録 の 調 査 補 正 ( 最 終 記 録 整 備 作 業 )

6 離 婚 分 割 移 換 金 の 国 への 納 付 未 払 年 金 未 請 求 者 の 年 金 を 法 務 局 へ 供 託 政 府 負 担 金 申 請 基 金 財 産 目 録 承 認 申 請 関 東 信 越 厚 生 局 実 地 監 査 国 への 最 低 責 任 準 備 金 の 納 付 ( 代 行 相 当 部 分 の 資 産 返 還 ) 結 了 決 算 報 告 書 の 承 認 申 請 清 算 結 了 清 算 人 退 任 の 公 告 国 への 関 係 書 類 引 き 継 ぎ Q12. 分 配 金 が 発 生 した 場 合 について 基 金 の 解 散 が 特 例 解 散 から 通 常 解 散 に 変 更 となった 場 合 で 国 へ 最 低 責 任 準 備 金 を 返 還 した 後 残 余 財 産 が 生 じる 場 合 は 分 配 金 となります 分 配 金 は 代 行 部 分 の 債 務 ( 最 低 責 任 準 備 金 )を 国 へ 返 還 した 後 の 残 余 財 産 を 各 個 人 毎 の 最 低 積 立 基 準 額 により 按 分 して 計 算 いたします 最 低 積 立 基 準 額 とは 解 散 日 までの 加 入 員 期 間 に 応 じた 将 来 の 受 取 総 額 ( 最 低 保 全 給 付 )を 現 在 価 値 に 割 り 引 いたものをい います なお 分 配 金 は 法 令 に 基 づいて 加 入 員 待 期 者 年 金 受 給 者 がその 対 象 となり 事 業 主 には 分 配 できないことになっています 解 散 時 分 配 金 の 計 算 方 法 解 散 時 分 配 金 = 残 余 財 産 個 人 の 最 低 積 立 基 準 額 / 全 体 の 最 低 積 立 基 準 額 * 分 配 金 が 生 じる 場 合 は 個 人 毎 の 額 は 最 終 的 に 当 基 金 の 残 余 財 産 が 確 定 した 後 に 年 金 数 理 人 が 計 算 をいたしますので 事 前 に 見 込 み 額 をお 知 らせすることはできません Q13. 基 金 解 散 までの 年 金 資 産 運 用 について 基 金 解 散 を 前 提 として 平 成 26 年 度 内 でリスクの 軽 減 化 コスト 低 減 化 を 目 的 として 運 用 報 酬 の 高 い 投 資 顧 問 会 社 4 社 をすべて 解 約 しオルタナをキャッシュ 化 しておりま す なお 平 成 27 年 4 月 28 日 に 開 催 の 年 金 資 産 管 理 運 用 委 員 会 にて 平 成 27 年 度 の 運 用 基 本 方 針 を 慎 重 に 審 議 し 基 金 の 解 散 を 前 提 として 以 下 の 内 容 を 議 決 いたしました リスク 軽 減 運 用 報 酬 低 減 を 目 的 に 運 用 手 法 について アクティブ 運 用 からパッシブ 運 用 への 切 り 替 え 解 散 に 向 けた 運 用 時 価 総 額 把 握 の 容 易 性 及 び 運 用 コストの 低 下 を 目 的 として 信 託 銀 行 4 行 を2 行 に 集 約 当 基 金 の 基 本 ポートフォリオを 国 の 運 用 機 関 であるGPIFに 合 致 させる GPIFは 3ヵ 月 毎 にポートフォリオを 公 表 するため 以 降 解 散 までの 間 GPI Fに 追 随 * 基 金 解 散 を 前 提 にした 場 合 は 将 来 の 数 理 債 務 は 認 識 しないため 最 低 責 任 準 備 金 が 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 運 用 利 回 りが 付 利 されて 計 算 されることから 今 後 GPIFと 同 等 の 収 益 率 であれば 代 行 部 分 の 不 足 金 が 生 じる 可 能 性 は 少 ないです 従 来 は GP IFは 債 券 中 心 の 運 用 をしていましたが アベノミクスの 成 長 戦 略 によって 昨 年 か

7 ら 内 外 株 式 の 比 重 を 高 めており 今 までの 当 基 金 の 基 本 ポートフォリオに 近 づいて きておりますが 今 後 は 厚 生 年 金 本 体 利 回 りとの 乖 離 を 抑 制 するため 戦 略 的 に 国 の 基 本 ポートフォリオに 追 随 します 掛 金 関 係 Q14. 基 金 を 解 散 するのであれば 今 後 掛 金 負 担 は 必 要 ないのでは 厚 生 労 働 省 の 解 散 認 可 月 の 月 分 まで 当 基 金 から 年 金 受 給 者 に 対 する 代 行 給 付 相 当 部 分 の 年 金 給 付 が 続 きます このため 国 への 返 還 額 ( 最 低 責 任 準 備 金 )に 過 不 足 が 生 じない よう 法 令 に 従 い 掛 金 をお 支 払 いいただく 必 要 があります Q15. 基 金 解 散 に 伴 い 何 月 分 までの 掛 金 を 支 払 えばよいのか Q14.の 理 由 により 当 基 金 に 対 する 掛 金 のお 支 払 いは 解 散 認 可 月 の 前 月 分 掛 金 まで が 対 象 となります 仮 に 解 散 認 可 月 が 平 成 28 年 3 月 の 場 合 平 成 28 年 2 月 分 掛 金 ( 法 定 納 期 限 : 平 成 28 年 3 月 末 日 )までを 当 基 金 にお 支 払 いいただきます なお 平 成 28 年 3 月 分 か らは 当 基 金 の 免 除 保 険 料 率 分 (38/1000 労 使 折 半 )が 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 保 険 料 率 に 合 算 され 日 本 年 金 機 構 の 保 険 料 として 計 算 されます Q16. 基 金 解 散 後 の 掛 金 負 担 割 合 はどうなるのか 基 金 解 散 後 は 認 可 月 の 翌 月 から 年 金 事 務 所 の 保 険 料 率 に 当 基 金 の 免 除 保 険 料 相 当 部 分 (38/1000 労 使 折 半 )が 合 算 されます * 年 金 事 務 所 の 保 険 料 率 は 平 成 26 年 9 月 現 在 です ( 解 散 前 ) ( 解 散 後 ) 基 金 87/1000 ( 事 業 主 負 担 :49) ( 労 使 折 半 :38) 年 金 事 務 所 / /1000 労 使 折 半 + ( 労 使 折 半 ) 年 金 事 務 所 /1000 ( 労 使 折 半 ) 年 金 事 務 所 計 /1000 ( 労 使 折 半 ) * 加 入 員 の 方 々は 当 基 金 へのご 加 入 前 後 で 自 己 負 担 の 額 に 変 更 ありません 当 基 金 へのご 加 入 で 生 じていた 事 業 主 負 担 分 (49/1000)は 解 散 以 後 発 生 しま せん

8 Q17. 今 まで 納 めた 掛 金 は 掛 捨 てになるのか 厚 生 年 金 保 険 の 一 部 を 代 行 して 給 付 するための 代 行 相 当 部 分 に 対 して 事 業 主 加 入 員 の 皆 様 がご 負 担 いただいた 掛 金 は その 納 付 義 務 が 国 に 引 き 継 がれますので 掛 捨 てに はなりません 一 方 企 業 年 金 である 厚 生 年 金 基 金 が 解 散 すると それ 以 降 の 基 金 独 自 給 付 に 対 する 事 業 主 負 担 もなくなりますので 積 立 状 況 に 応 じて 分 配 金 が 発 生 する 場 合 も ありますが 加 入 員 年 金 受 給 権 者 を 問 わずに 基 金 からの 上 乗 せ 給 付 が 消 滅 します ( 基 金 の 上 乗 せ 給 付 の 原 資 は 全 額 事 業 主 負 担 となっており 加 入 員 の 皆 様 からはご 負 担 い ただいておりません 年 金 関 係 Q18. 基 金 解 散 に 伴 い 受 給 者 の 年 金 はいつまで 支 払 われるのか また 解 散 後 はどうなるのか 年 金 受 給 者 に 対 する 当 基 金 の 年 金 給 付 は 以 下 の 取 り 扱 いとなります 基 金 独 自 の 上 乗 せ 部 分 の 年 金 は 特 例 解 散 の 場 合 は 解 散 認 可 申 請 の 翌 月 ( 平 成 2 8 年 1 月 分 ( 予 定 ))から 支 給 停 止 の 取 り 扱 いとなり 解 散 の 認 可 ( 平 成 28 年 3 月 分 ( 予 定 ))によって 終 了 となります 上 乗 せ 給 付 の 支 給 停 止 の 際 は 年 金 受 給 者 へ 上 乗 せ 部 分 停 止 に 係 る 通 知 書 を 送 付 いたします なお 当 基 金 の 基 本 年 金 のうち 上 乗 せ 部 分 が 占 める 割 合 は 個 人 毎 に 異 なりますが 平 均 で 約 13% 程 度 となります * 上 乗 せ 給 付 の 停 止 は 特 例 解 散 のみの 取 り 扱 いであるため 今 後 通 常 解 散 に 変 更 になった 場 合 は 解 散 認 可 申 請 の 翌 月 の 支 給 停 止 はなく 解 散 認 可 ( 平 成 28 年 3 月 ( 予 定 ))によって 終 了 となります 当 基 金 の 代 行 部 分 の 年 金 は 解 散 認 可 月 ( 平 成 28 年 3 月 分 ( 予 定 ))の 月 分 まで 当 基 金 からお 支 払 いいたします 基 金 解 散 翌 月 分 以 降 の 代 行 相 当 年 金 については 今 までの 国 から 支 給 されていた 老 齢 厚 生 年 金 に 合 算 され 国 から 支 給 されます なお 国 から 支 給 されることになる 基 金 の 代 行 相 当 年 金 は 老 齢 厚 生 年 金 と 同 じ 基 準 で 計 算 されます 支 給 方 法 は 従 来 からの 国 の 年 金 受 取 口 座 に 支 給 されます * 今 後 の 最 終 的 な 記 録 整 理 の 状 況 によっては 国 の 年 金 の 額 改 定 処 理 が 間 に 合 わず 基 金 解 散 の 翌 月 分 からの 代 行 相 当 年 金 の 支 給 が 遅 延 する 場 合 もございますので 予 めご 承 知 おきください 基 金 解 散 後 の 当 基 金 代 行 相 当 部 分 は 国 から 老 齢 厚 生 年 金 として 支 給 されますが 国 から 受 けられる 老 齢 厚 生 年 金 の 手 続 きをされていない 方 や 国 の 年 金 の 受 給 資 格 を 満 たしておらず 国 の 年 金 を 受 けられない 方 は 基 金 から 代 行 相 当 額 が 国 へ 戻 ってい っても 国 の 年 金 の 取 扱 いとなるため 支 給 されなくなりますのでご 注 意 ください ま た 遺 族 年 金 や 障 害 年 金 など 老 齢 厚 生 年 金 以 外 を 選 択 して 受 けている 方 は 基 金 の 代 行 相 当 額 は 老 齢 厚 生 年 金 の 一 部 となるため 支 給 されなくなります 基 金 から 代 行

9 相 当 額 が 戻 ったことにより 老 齢 厚 生 年 金 の 額 が 変 更 になりますので 選 択 等 につい て 管 轄 の 日 本 年 金 機 構 へお 問 い 合 わせください Q19. 基 金 解 散 後 の 加 入 員 待 期 者 に 対 する 年 金 給 付 は 将 来 どうなるのか 厚 生 年 金 基 金 の 給 付 ( 基 本 年 金 )は 国 の 老 齢 厚 生 年 金 ( 報 酬 比 例 部 分 )を 代 行 してお 支 払 いをする 部 分 ( 代 行 部 分 )と 当 基 金 独 自 の 上 乗 せ 部 分 から 構 成 されています 代 行 部 分 の 債 務 ( 最 低 責 任 準 備 金 )は 基 金 解 散 により 国 に 返 還 いたしますので 当 基 金 より 将 来 お 支 払 いする 予 定 であった 基 金 加 入 員 期 間 分 の 代 行 部 分 の 年 金 は 国 へ 引 き 継 がれ 老 齢 厚 生 年 金 として 基 金 加 入 員 期 間 分 が 合 算 されて 計 算 されます なお 将 来 支 払 い 予 定 であった 基 金 独 自 給 付 の 上 乗 せ 部 分 は 基 金 解 散 により 消 滅 いたします ( 当 基 金 の 基 本 年 金 のうち 上 乗 せ 部 分 が 占 める 割 合 は 個 人 毎 に 異 なりま すが 平 均 で 約 13% 程 度 となります) 現 在 特 例 解 散 の 申 請 を 予 定 しておりますが 特 例 解 散 は 基 金 の 資 産 をすべて 国 に 返 還 しますので 解 散 後 に 残 余 は 生 じません なお 代 行 部 分 の 債 務 を 国 に 返 還 したの ちに 基 金 に 残 余 財 産 が 生 じる 場 合 は 特 例 解 散 から 通 常 解 散 に 変 更 となりますが そ の 場 合 は 加 入 員 待 期 者 年 金 受 給 者 の 皆 様 に 上 乗 せ 部 分 に 対 して 基 金 規 約 に 基 づ き 残 余 財 産 に 応 じて 分 配 することとなっております ( 分 配 金 の 額 は 加 入 員 期 間 年 金 額 平 均 余 命 年 数 等 によってお 一 人 毎 に 異 なります) 分 配 が 生 じた 場 合 は 残 余 財 産 確 定 後 ( 基 金 解 散 後 1 年 ~1 年 半 )に 改 めてご 通 知 申 し 上 げます 残 余 財 産 が 確 定 するまでの 間 住 所 氏 名 が 変 更 になられましたら 今 後 の 通 知 等 がお 手 元 に 届 かな くなりますので お 手 数 ですが 当 基 金 事 務 局 ( 清 算 事 務 局 )までご 連 絡 ください 解 散 前 解 散 後 上 乗 せ 部 分 代 行 部 分 ( 厚 生 年 金 保 険 の 報 酬 比 例 部 分 ) 基 金 の 基 本 年 金 終 了 国 へ 返 還 解 散 認 可 により 消 滅 代 行 部 分 ( 厚 生 年 金 保 険 の 報 酬 比 例 部 分 ) 厚 生 年 金 [ 報 酬 比 例 ] 厚 生 年 金 [ 報 酬 比 例 ] ( 再 評 価 スライド 部 分 ) ( 再 評 価 スライド 部 分 ) 老 齢 基 礎 年 金 老 齢 基 礎 年 金

10 Q20. 基 金 解 散 後 受 給 者 加 入 員 待 期 者 は 年 金 事 務 所 で 手 続 きが 必 要 か 解 散 作 業 で 基 金 の 加 入 員 期 間 と 国 の 被 保 険 者 記 録 の 突 合 せを 行 い 代 行 部 分 の 債 務 を 国 に 返 還 いたします 受 給 者 加 入 員 待 期 者 の 方 々の 基 金 の 加 入 員 記 録 は 基 金 から 国 へ 返 還 を 行 いますので 皆 様 からのお 手 続 きは 必 要 ありません Q21. 基 金 の 年 金 手 続 きを 忘 れていたが 未 裁 定 分 の 年 金 は 解 散 後 どうなるのか 基 金 の 解 散 認 可 後 は 厚 生 年 金 基 金 は 解 散 し 清 算 事 務 局 として 清 算 業 務 に 移 行 しますが 解 散 日 までに 支 払 うべきであった 未 請 求 の 年 金 給 付 が 残 っている 場 合 は 当 基 金 からお 支 払 いいたしますので 基 金 ( 清 算 事 務 局 ) 宛 に 早 急 にご 請 求 ください なお 清 算 業 務 に 移 行 後 も 最 低 責 任 準 備 金 の 最 終 確 定 までは 未 払 い 給 付 を 行 いますが それ 以 降 につきましては 未 払 い 分 が 残 った 場 合 は 法 令 に 基 づき 法 務 局 へ 未 配 年 金 を 供 託 する 取 り 扱 いとなります 適 用 関 係 Q22. 基 金 解 散 前 に 基 金 を 脱 退 したい 当 基 金 解 散 前 に 任 意 で 事 業 所 単 位 で 脱 退 することは 可 能 ですが その 場 合 は 改 正 前 厚 生 年 金 保 険 法 及 び 当 基 金 規 約 に 基 づいて 以 下 の 要 件 が 必 要 となりますのでご 留 意 くださ い 加 入 員 の 半 数 以 上 の 同 意 が 必 要 なこと 代 議 員 会 にて 任 意 脱 退 の 承 認 が 必 要 なこと 任 意 脱 退 時 の 一 括 拠 出 金 の 納 付 が 必 要 なこと なお 当 基 金 は 解 散 を 予 定 していますが 脱 退 時 の 一 括 拠 出 金 の 計 算 方 法 は 基 金 が 今 後 も 継 続 するという 前 提 で 前 回 財 政 再 計 算 時 からの 対 応 に 基 づき 計 算 ( 現 在 の 残 存 償 却 期 間 16 年 特 別 掛 金 率 39/1000)されますので 平 成 25 年 度 決 算 時 基 準 では 平 均 給 与 30 万 円 の 場 合 加 入 員 一 人 当 たり 約 180 万 円 となります 来 年 の3 月 に 解 散 認 可 予 定 であるため 基 金 が 存 続 するという 前 提 で16 年 分 の 特 別 掛 金 を 納 入 した 上 で の 任 意 脱 退 は 基 金 の 解 散 を 控 えて 経 済 的 合 理 性 が 成 り 立 たないと 思 慮 します

11 Q23. 適 用 の 届 出 は いつまで 提 出 するのか 当 基 金 が 解 散 認 可 を 得 るまでは 事 務 手 続 きは 現 行 どおりの 取 り 扱 いとなります 新 た に 採 用 される 方 々の 資 格 取 得 届 も 含 め 資 格 喪 失 届 月 額 変 更 届 算 定 基 礎 届 賞 与 支 払 届 住 所 変 更 届 等 すべての 書 類 をご 提 出 ください 当 基 金 が 解 散 認 可 を 受 けると 厚 生 年 金 基 金 は 解 散 の 扱 いとなり 清 算 事 務 局 となります が 解 散 認 可 後 も 国 への 返 還 額 である 最 低 責 任 準 備 金 の 最 終 確 定 まで 認 可 日 直 前 まで の 記 録 について 国 との 記 録 突 合 せ 作 業 が 続 きます このため 届 出 のご 提 出 がない 場 合 は 当 該 部 分 が 記 録 の 不 一 致 となりますので ご 協 力 の 程 よろしくお 願 い 申 し 上 げます Q24. 加 入 員 証 または 年 金 証 書 はいつまで 保 管 するのか 皆 様 のお 手 間 を 省 くため 基 金 解 散 にあたっては 加 入 員 証 年 金 証 書 の 回 収 は 当 基 金 で は 行 いません 基 金 の 加 入 員 記 録 と 国 の 被 保 険 者 記 録 が 一 致 するまで 厳 格 に 記 録 突 合 せ 作 業 を 行 い 作 業 完 了 後 に 皆 様 の 代 行 相 当 部 分 を 国 へ 返 還 いたしますが 基 金 の 加 入 記 録 を 含 む 国 の 被 保 険 者 記 録 を 確 認 されるまでは 各 自 保 管 をお 願 いいたします 厚 生 年 金 基 金 解 散 に 係 るお 問 い 合 わせ 先 東 京 都 墨 田 区 両 国 東 日 本 硝 子 業 厚 生 年 金 基 金 TEL:03(3633)6445 FX:03(3633)7125 URL: * 厚 生 年 金 基 金 解 散 認 可 後 は 清 算 事 務 局 となりますが 上 記 連 絡 先 に 変 更 はございません

厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 施 行 による 当 基 金 の について 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しを 定 めた 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 昨 年 6 月 に 国 会 で 成 立 し 本 年 4 月 1 日 より 施 行 されました この

厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 施 行 による 当 基 金 の について 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しを 定 めた 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 昨 年 6 月 に 国 会 で 成 立 し 本 年 4 月 1 日 より 施 行 されました この 基 金 だより 重 要 なお 知 らせ 事 業 主 並 びに 加 入 員 の 皆 さまへ 東 日 本 硝 子 業 厚 生 年 金 基 金 は 方 針 を 議 決 しました 日 頃 より 当 基 金 の 事 業 運 営 にご 理 とご 協 力 をいただき 感 謝 申 し 上 げます さて 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 旨 とする 厚 生 年 金

More information

<89F08E558270819582602E786C73>

<89F08E558270819582602E786C73> 解 散 決 議 に 関 するQ&A 1. 解 散 に 関 する 基 本 的 な 説 明 Q1.なぜ 厚 生 年 金 基 金 を 解 散 するのですか 1 Q2. 基 金 が 解 散 するとはどういうことですか 1 Q3. 基 金 の 継 続 はできないのですか 1 Q4. 基 金 の 解 散 はもう 確 定 したのですか 2 Q5. 基 金 が 解 散 し 清 算 完 了 まで3 年 ぐらいかかるとのことですが

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

【ドラフト②】260326_三菱UFJ国際機関債券ファンド(毎月決算・ニュージーランドドル型)_臨時_ .pdf

【ドラフト②】260326_三菱UFJ国際機関債券ファンド(毎月決算・ニュージーランドドル型)_臨時_ .pdf 当 レポートは7ページ 組 です 臨 時 レポート 2014 年 7 月 11 日 第 70 期 分 配 金 のお 知 らせ 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 平 素 は をご 愛 顧 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます 当 ファンドは2014 年 7 月 9 日 に 迎 えた 第 70 期 の 決 算 において 60 円 (1 万 口 当 たり 税 引 前 )の 分 配 金 をお 支

More information

出力用.indd

出力用.indd ( 拠 出 型 企 業 年 金 保 険 ) 日 本 税 理 士 共 済 会 の 個 人 年 金 ー 募 集 のご 案 内 ー H28 年 度 版 申 込 締 切 日 平 成 28 年 9 月 30 日 ( 金 ) 必 着 個 人 年 金 保 険 料 控 除 が 適 用 され 節 税 効 果 があります 月 掛 1 口 10,000 から 最 高 50 口 までお 申 し 込 みいた だけます 別 途

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FA495698A54977690E096BE8F91817987562D303150817A83748340837E838A815B837C8343839383678354815B83728358816982BB82CC91BC816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FA495698A54977690E096BE8F91817987562D303150817A83748340837E838A815B837C8343839383678354815B83728358816982BB82CC91BC816A> ひろしん ファミリーポイントサービス ( 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 ) 1.サービス 名 ひろしん ファミリーポイントサービス 2. 対 象 個 人 および 個 人 事 業 主 の 方 ( 非 居 住 者 任 意 団 体 は 対 象 外 とします) 3. 内 容 お 客 さまのお 取 引 項 目 を 当 金 庫 の 所 定 の 基 準 によりポイント 化 し そのポイント 合 計 に

More information

【(修正)権14-013】260326_三菱UFJ国際機関債券ファンド(毎月決算・ニュージーランドドル型)ボーナス分配のお知らせ.pdf

【(修正)権14-013】260326_三菱UFJ国際機関債券ファンド(毎月決算・ニュージーランドドル型)ボーナス分配のお知らせ.pdf 当 レポートは7ページ 組 です 臨 時 レポート 2014 年 6 月 10 日 ボーナス 分 配 のお 知 らせ 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 平 素 は をご 愛 顧 賜 り 厚 く 御 礼 申 しあげます 当 ファンドは2014 年 6 月 9 日 に 迎 えた 第 69 期 の 決 算 において (1 万 口 当 たり 税 引 前 )の 分 配 金 をお 支 払 いすることといたしましたので

More information

法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部 分 ) 本 ページ 以 降 厚 生 年 金 は と 表 記 施 行 日 以

法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部 分 ) 本 ページ 以 降 厚 生 年 金 は と 表 記 施 行 日 以 厚 生 年 金 制 度 の 見 直 し 2014 年 4 月 Member of Multinational Group of Actuaries and Consultants 法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E968BC68EE590E096BE89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E968BC68EE590E096BE89EF8E9197BF2E70707478> 事 業 主 の 皆 様 へ ~ 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて~ 東 京 都 報 道 事 業 厚 生 年 金 基 金 目 次 事 業 主 の 皆 様 へ 1. 厚 生 年 金 基 金 の 仕 組 み 2. 当 基 金 の 財 政 状 況 3. 法 改 正 の 概 要 4. 存 続 基 準 との 比 較 5. 厚 生 年 金 基 金 全 体 における 当 基 金 の 状 況 6.

More information

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任 任 意 継 続 被 保 険 者 の 手 引 き 東 京 都 医 業 健 康 保 険 組 合 平 成 27 年 4 月 適 用 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 木 村 化 工 機

More information

多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています したがって 信 用 取 引 の 開 始 にあたって は 下 記 の 内 容 を 十 分 に 把 握 する 必 要 があります 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 株 式 相 場 金 利 水 準 為 替 相 場 不 動 産 相

多 額 の 損 失 が 発 生 する 可 能 性 を 有 しています したがって 信 用 取 引 の 開 始 にあたって は 下 記 の 内 容 を 十 分 に 把 握 する 必 要 があります 信 用 取 引 を 行 うにあたっては 株 式 相 場 金 利 水 準 為 替 相 場 不 動 産 相 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あ らかじめよくお 読 みいただき ご 不 明 な 点 は お 取 引 開 始 前 にご 確 認 ください なお 本

More information

1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) (1) 信 用 取 引 とは この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記

1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) (1) 信 用 取 引 とは この 書 面 には 信 用 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 程 によりお 渡 しするものです ) 1 信 用 取 引 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (1) 信 用 取 引 とは (2) 信 用 取 引 の 手 数 料 など 諸 費 用 リスク 等 について (3) 信 用 取 引 の 仕 組 みについて (4) 信 用

More information

公共債のご案内

公共債のご案内 1 頁 / 全 5 頁 ( 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ) 公 共 債 のご 案 内 この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の3の 規 定 ( 契 約 締 結 前 の 書 面 交 付 )によりお 渡 しするものです 公 共 債 とは 国 地 方 公 共 団 体 政 府 関 係 機 関 等 が 発 行 する 債 券 です この 書 面 には 公 共 債 の 売 買 等 のお

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

Ⅱ給付事務

Ⅱ給付事務 Ⅳ 給 付 事 務 1. 基 金 給 付 の 仕 組 み 基 金 の 給 付 は キャッシュ バランス プランによる 生 協 独 自 の 給 付 老 齢 給 付 金 ( 年 金 ) 選 択 一 時 金 脱 退 一 時 金 遺 族 給 付 金 ( 一 時 金 ) です キャッシュ バランス プランでは 加 入 者 一 人 一 人 の 仮 想 個 人 勘 定 残 高 をもとに 給 付 を 行 います 基

More information

商品名

商品名 商 品 概 要 説 明 書 住 宅 ローン( 新 築 購 入 コース) ( 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 ) 商 品 名 ご 利 用 いただける 方 資 金 使 途 借 入 金 額 借 入 期 間 借 入 利 率 住 宅 ローン( 新 築 購 入 コース) 当 JAの 組 合 員 の 方 お 借 入 時 の 年 齢 が 満 20 歳 以 上 66 歳 未 満 であり, 最 終 償 還 時

More information

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま 岡 安 の 証 券 総 合 取 引 約 款 第 1 章 証 券 総 合 取 引 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 有 価 証 券 の 保 護 預 り 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 ( 以 下 振 替 法 といいます )において 取 扱 う 証 券 の 取 引 累 積 投 資 取 引 外 国 証 券 の 取 引 新 光 MRF(マネー リザーブ フアンド)の

More information

目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) <コード 8027> 当 ファンドに 係 る 当 社 は ファンドの 販 売 会 社 として 募 集 の 取 扱 いおよび 販 売 等 に 関 する 事 務 を 行 います 金 融 商 品 取 引 契 約 の 概 要 当 社 が 行 う 金 融

目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) <コード 8027> 当 ファンドに 係 る 当 社 は ファンドの 販 売 会 社 として 募 集 の 取 扱 いおよび 販 売 等 に 関 する 事 務 を 行 います 金 融 商 品 取 引 契 約 の 概 要 当 社 が 行 う 金 融 目 論 見 書 補 完 書 面 ( 投 資 信 託 ) (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 および 目 論 見 書 の 内 容 をよくお 読 みください この 書 面 および 目 論 見 書 は ご 投 資 にあたってのリスクやご 留 意 点 が 記 載 されております お 客 様 がお

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN DISCLOSURE 2016 1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN 2016 DISCLOSURE 1 2 貸 借 対 照 表 注 記 1. 記 載 金 額 は 百 万 円 未 満 を 切 り 捨 てて 表 示 しております 2. 有 価 証 券 の 評 価 基 準 および 評 価 方 法 有 価 証 券 の 評 価 は 子 会 社 株 式 については 移

More information

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 退 職 共 済 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 ( 以 下 共 助 会 という ) 定 款 第 4 条 に 規 定 する 事 業 ( 以 下 共 済 事 業 という )の 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

FX個人情報保護方針(2016年4月28日改定)

FX個人情報保護方針(2016年4月28日改定) 個 人 情 報 保 護 方 針 個 人 情 報 保 護 方 針 当 社 は 証 券 業 務 および 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 業 務 において 当 社 が 取 り 扱 う 全 ての 個 人 情 報 および 個 人 番 号 ( 以 下 個 人 情 報 等 といいます)の 保 護 について その 重 要 性 お よび 社 会 的 使 命 を 十 分 に 認 識 し 本 人 の 権 利 の 保

More information

平成20年度 健康保険被扶養者資格確認(検認) 実施要綱

平成20年度 健康保険被扶養者資格確認(検認) 実施要綱 平 成 28 年 6 月 平 成 28 年 度 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 確 認 調 査 実 施 要 領 目 次 1. 実 施 概 要 (1) 実 施 目 的 1 (2) 調 査 対 象 者 1 (3) 実 施 手 順 (スケジュール) 1 (4) 送 付 物 1 (5) 調 書 への 住 所 印 字 について 2 (6) 調 書 の 提 出 について 2 (7) 留 意 点 等 3

More information

2 連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 8 社 連 結 子 会 社 の 名 称 日 精 興 産 日 精 バイリス アルボース オレオトレ

2 連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 8 社 連 結 子 会 社 の 名 称 日 精 興 産 日 精 バイリス アルボース オレオトレ 1 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 注 記 表 個 別 注 記 表 第 146 期 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 まで) 上 記 の 事 項 につきましては 法 令 および 当 社 定 款 第 15 条 の 規 定 に 基 づき インターネット 上 の 当 社 ホームページ (http://www.nipponseika.co.jp/)に

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

Microsoft Word - 200016_円真力_表紙.doc

Microsoft Word - 200016_円真力_表紙.doc 月 次 運 用 レポート 作 成 基 準 日 : 2016 年 3 月 24 日 資 料 作 成 日 : 2016 年 3 月 25 日 明 治 安 田 円 戦 略 債 券 ファンド( 毎 月 分 配 型 ) < 愛 称 > 円 真 力 追 加 型 投 信 / 内 外 / 債 券 投 資 信 託 ご 購 入 時 の 注 意 事 項 ファンドの 取 得 のお 申 込 みを 行 う 場 合 には 投 資

More information

<4832372E313190E096BE89EF8E9197BF28B6D7B029322E786477>

<4832372E313190E096BE89EF8E9197BF28B6D7B029322E786477> 説 明 会 資 料 新 制 度 移 行 について 新 制 度 では 不 足 金 の 発 生 で 連 帯 債 務 等 の 負 担 がない ようなしくみにしています 掛 金 が 現 行 の1.7%から 1.5%に 引 き 下 げられます 事 務 費 掛 金 は 別 途 0.2% 沖 縄 県 建 設 業 厚 生 年 金 基 金 は 国 の 代 行 部 分 ( 厚 生 年 金 )と 独 自 の3 階 建 ての

More information

3

3 日 頃 は 当 基 金 の 事 業 運 営 につきまして ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 当 基 金 は 基 金 加 入 員 の 皆 様 の 老 後 の 生 活 の 安 定 と 福 祉 の 向 上 を 目 的 として 昭 和 44 年 10 月 に 西 日 本 地 区 の 電 線 業 界 の 事 業 所 を 対 象 として 設 立 され 事 業 主 の

More information

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料 (1) 年 金 受 給 権 者 死 亡 後 に 支 給 された 年 金 の 返 納 請 求 通 知 の 改 善 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 母 は 多 額 の 借 金 をしていたため 同 居 している 私 は 相 続 放 棄 をし ていた 母 が 死 亡 した 際 市 町 村 に 死 亡 届 を 提 出 したが 日 本 年 金 機 構 に 対 しては このようなこともあり 母

More information

4. 購 入 方 法 (1) 購 入 最 低 金 額 (2) 購 入 単 位 (3) 購 入 対 価 のお 支 払 方 法 5 万 円 5 万 円 単 位 新 しく 発 行 される 国 債 のご 購 入 で 発 行 日 の 前 営 業 日 までに 約 定 された 場 合 は 発 行 日 が 受 渡

4. 購 入 方 法 (1) 購 入 最 低 金 額 (2) 購 入 単 位 (3) 購 入 対 価 のお 支 払 方 法 5 万 円 5 万 円 単 位 新 しく 発 行 される 国 債 のご 購 入 で 発 行 日 の 前 営 業 日 までに 約 定 された 場 合 は 発 行 日 が 受 渡 国 債 商 品 概 要 説 明 書 ( 兼 契 約 締 結 前 交 付 書 面 ) (この 書 面 は 法 令 の 規 定 に 基 づく 契 約 締 結 前 交 付 書 面 です ) この 書 面 には 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みいただき ご 不 明 な 点 はお 取 引 開 始 前 にご 確 認 ください

More information

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版 年 金 相 談 マニュアル 相 談 事 例 編 2010.07 - 目 次 - 1. 資 格 記 録 1 受 給 要 件 10 厚 生 年 金 の 適 用 関 係 10 2. 国 民 年 金 保 険 料 納 付 還 付 15 納 付 17 任 意 加 入 期 間 の 保 険 料 還 付 23 3. 過 去 記 録 整 備 27 4.ユーザID パスワード 39 5. ねんきん 定 期 便 ( 平 成

More information

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls 年 金 事 務 所 で 受 付 審 査 を 行 う 電 子 申 請 項 番 手 続 名 称 1 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 所 属 選 択 二 以 上 事 業 所 勤 務 届 2 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 申 出 書 ( 新 規 延 長 ) 3 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 終 了 届

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63> 厚 生 年 金 基 金 実 務 基 準 第 4 号 [ 平 成 17 年 4 月 改 訂 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 分 配 の 実 務 基 準 [ 内 容 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 基 金 解 散 時 の 分 配 < 参 考 資 料 > 解 散 実 務 の 流 れ( 例 ) [ 留 意 事 項 ] 解 散 時 の 最

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798D5A97B994C5817A91E598618FD88C94976C5F837D8343838B836883578383837083935F8376838C837E834183578383837083935F94CC948497708E9197BF5F32303136303531322E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798D5A97B994C5817A91E598618FD88C94976C5F837D8343838B836883578383837083935F8376838C837E834183578383837083935F94CC948497708E9197BF5F32303136303531322E70707478> 投 資 者 の 皆 さまへ ( 販 売 用 資 料 ) (2016 年 5 月 作 成 ) 課 税 上 は 株 式 投 資 信 託 として 取 扱 われます 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 )のご 請 求 お 申 込 み 設 定 運 用 < 販 売 会 社 > 商 号 等 大 和 証 券 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 )

More information

私学ねんきん定期便B.indd

私学ねんきん定期便B.indd ねんきん 定 期 便 に 関 するお 問 い 合 わせは 私 学 事 業 団 電 話 相 談 室 もしくは 各 ガーデンパレスの 共 済 業 務 課 にお 電 話 くださるようお 願 いします お 問 い 合 わせの 際 は 基 礎 年 金 番 号 をお 知 らせください ねんきん 定 期 便 パンフレット( ( 節 目 年 齢 59 歳 ) このパンフレットは ねんきん 定 期 便 をご 覧 になるときにご

More information

27.2 確定版.xlsx

27.2 確定版.xlsx Press Release 平 成 27 年 4 月 17 日 ( 照 会 先 ) 品 質 管 理 部 長 田 中 章 夫 ( 電 話 直 通 03-6892-0752) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 報 道 関 係 者 各 位 事 務 処 理 誤 り 等 ( 平 成 27 年 2 月 分 )について 平 成 27 年 2 月 分 の 事 務 処 理

More information

毎 年 1 月 1 日 から12 月 31 日 までに 本 口 座 から 払 い 戻 しをされた 金 額 と 当 行 へご 提 出 いただいた 同 年 中 の 結 婚 子 育 て 資 金 のお 支 払 いに 係 る 領 収 書 等 の 金 額 のいずれか 低 い 金 額 が 同 年 の 非 課 税

毎 年 1 月 1 日 から12 月 31 日 までに 本 口 座 から 払 い 戻 しをされた 金 額 と 当 行 へご 提 出 いただいた 同 年 中 の 結 婚 子 育 て 資 金 のお 支 払 いに 係 る 領 収 書 等 の 金 額 のいずれか 低 い 金 額 が 同 年 の 非 課 税 商 品 説 明 書 1. 商 品 名 普 通 預 金 ( 結 婚 子 育 て 資 金 贈 与 非 課 税 口 ) (2015 年 6 月 16 日 現 在 ) 2. 申 込 受 付 当 行 の 国 内 本 支 店 窓 口 3. 商 品 概 要 普 通 預 金 ( 結 婚 子 育 て 資 金 贈 与 非 課 税 口 ) ( 以 下 本 口 座 という) は 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2の3の

More information

取 引 所 FX 取 引 に 関 する 約 款 第 1 条 ( 約 款 の 趣 旨 ) 本 約 款 は 日 産 センチュリー 証 券 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )の 取 引 所 FX 取 引 ( 以 下 本 取 引 という )を 利 用 するにあたり 必 要 な 取 り 決 めです

取 引 所 FX 取 引 に 関 する 約 款 第 1 条 ( 約 款 の 趣 旨 ) 本 約 款 は 日 産 センチュリー 証 券 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )の 取 引 所 FX 取 引 ( 以 下 本 取 引 という )を 利 用 するにあたり 必 要 な 取 り 決 めです 取 引 所 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 約 款 大 証 FX 平 成 24 年 1 月 取 引 所 FX 取 引 に 関 する 約 款 第 1 条 ( 約 款 の 趣 旨 ) 本 約 款 は 日 産 センチュリー 証 券 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )の 取 引 所 FX 取 引 ( 以 下 本 取 引 という )を 利 用 するにあたり 必 要 な 取 り 決 めです お

More information

老発第    第 号

老発第    第 号 事 務 連 絡 平 成 23 年 10 月 7 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 予 防 )サービス 費 の 受 給 権 及 び 介 護 報 酬 の 返 還 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 取 扱 いに 関 する 事 務 連 絡 等 の 一 部 改 正 について

More information

Microsoft Word - 【QA】外貨MMF受付停止.doc

Microsoft Word - 【QA】外貨MMF受付停止.doc 投 資 者 の 皆 さまへ 販 売 補 助 資 料 ダイワ 外 貨 MMF ユーロ ポートフォリオに 関 するQ&A 平 成 24 年 8 月 1 日 ( 水 )より 新 規 のご 購 入 ( 買 付 )の 申 込 みはできませんのでご 注 意 ください Q.1 新 規 の 買 付 停 止 の 新 規 とはどういう 意 味 ですか 外 貨 MMF(ユーロ ポートフォリオ)を 既 に 保 有 している

More information

190309_東証REIT指数上場投信_20160831_M.xlsx

190309_東証REIT指数上場投信_20160831_M.xlsx 6 枚 組 の1 枚 目 です # 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 8/31 基 準 価 額 ( 円 ) 184,839 純 資 産 総 額 ( 百 万 円 ) 23,212 前 月 比 -3,766 695 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 の 推 移 ファンド 設 定 日 H27.3.24 純 資 産 総 額 ( 億 円 : 右 軸 ) 基 準 価 額 ( 円 : 左 軸

More information

1 老 齢 給 付 金 を 請 求 するとき 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 満 60 歳 に 到 達 し 老 齢 給 付 金 を 請 求 される 方 は 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 を 電 機 年 金 基 金 に 提 出 して ください ただし 全 額 一 時 金 での 受 給 を 選

1 老 齢 給 付 金 を 請 求 するとき 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 満 60 歳 に 到 達 し 老 齢 給 付 金 を 請 求 される 方 は 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 を 電 機 年 金 基 金 に 提 出 して ください ただし 全 額 一 時 金 での 受 給 を 選 年 金 一 時 金 請 求 に 関 する 手 続 き 電 機 年 金 基 金 では 受 給 権 者 からの 請 求 に 基 づいて 裁 定 を 行 い 年 金 一 時 金 をお 支 払 いします 電 機 年 金 基 金 が 支 払 う 年 金 または 一 時 金 は 受 給 権 者 からの 請 求 に 基 づいて 電 機 年 金 基 金 が 裁 定 し 受 給 権 者 が 指 定 した 金 融 機

More information

社 員 が 退 職 すると き( 資 格 喪 失 届 の 住 所 ) 社 員 が 退 職 すると き( 同 月 得 喪 ) 制 度 移 行 後 の 取 得 届 喪 失 届 等 算 定 基 礎 届 月 額 変 更 届 社 員 が 退 職 後 すぐに 引 越 しすることがわかっている 場 合 資 格 喪

社 員 が 退 職 すると き( 資 格 喪 失 届 の 住 所 ) 社 員 が 退 職 すると き( 同 月 得 喪 ) 制 度 移 行 後 の 取 得 届 喪 失 届 等 算 定 基 礎 届 月 額 変 更 届 社 員 が 退 職 後 すぐに 引 越 しすることがわかっている 場 合 資 格 喪 よくあるご 質 問 加 入 中 の 手 続 きについて 加 入 者 証 とは 何 ですか? 基 金 から 届 いた 案 内 の 中 に 加 入 者 証 と 書 いてありますが どのようなも のですか? 加 入 者 証 とは? 基 金 の 加 入 者 であることを 証 明 するもので 入 社 時 に 発 行 して 会 社 へお 渡 ししています 年 金 手 帳 などに 挟 んである 場 合 もありますのでご

More information

日本消防協会パンフ.indd

日本消防協会パンフ.indd 消 防 団 員 消 防 職 員 の 皆 さまへ 平 成 28 年 度 1 2 3 4 5 6 7 1 月 払 2 月 払 + 半 年 払 3 月 払 + 加 入 時 一 時 払 4 月 払 + 半 年 払 + 加 入 時 一 時 払 5 月 払 6 月 払 + 半 年 払 7 月 払 + 加 入 後 ( 随 時 ) 一 時 払 8 月 払 + 半 年 払 + 加 入 後 ( 随 時 ) 一 時 払

More information

出 資 のしくみ 会 員 募 集 分 配 金 銭 出 資 ( 匿 名 組 合 契 約 ) 愛 馬 会 法 人 キャロットクラブ 競 走 馬 の 購 入 分 配 現 物 出 資 ( 匿 名 組 合 契 約 ) クラブ 法 人 キャロットファー ム 馬 主 登 録 馬 名 手 続 き 入 厩 手 続 き

出 資 のしくみ 会 員 募 集 分 配 金 銭 出 資 ( 匿 名 組 合 契 約 ) 愛 馬 会 法 人 キャロットクラブ 競 走 馬 の 購 入 分 配 現 物 出 資 ( 匿 名 組 合 契 約 ) クラブ 法 人 キャロットファー ム 馬 主 登 録 馬 名 手 続 き 入 厩 手 続 き [ 愛 馬 会 法 人 ] [クラブ 法 人 ] 株 式 会 社 キャロットクラブ 東 京 都 中 央 区 銀 座 4 丁 目 14 番 6 号 代 表 取 締 役 会 長 手 嶋 龍 一 登 録 番 号 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 1583 号 有 限 会 社 キャロットファーム 東 京 都 中 央 区 銀 座 4 丁 目 14 番 6 号 代 表 取 締 役 社 長 髙 橋 二

More information

大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 案 内 書 目 次 1. 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 概 要 P.1 2.お 申 込 みから 土 地 引 渡 しまでのスケジュール P.2 3.お 申 込 みに

大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 案 内 書 目 次 1. 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 概 要 P.1 2.お 申 込 みから 土 地 引 渡 しまでのスケジュール P.2 3.お 申 込 みに 改 訂 4 版 ( 先 着 順 販 売 区 画 ) さいたま 都 市 計 画 事 業 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 事 業 施 行 者 売 主 :さいたま 市 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 0 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 案 内 書 目 次 1. 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地

More information

目 次 1.クラブ 法 人 及 び 愛 馬 会 法 人 2. 顧 客 から 出 資 された 財 産 の 運 用 形 態 3. 競 走 用 馬 ファンド 受 益 権 の 販 売 に 関 する 事 項 (1) 入 会 及 び 出 資 申 込 の 方 法 並 びに 出 資 金 払 込 の 期 日 及 び

目 次 1.クラブ 法 人 及 び 愛 馬 会 法 人 2. 顧 客 から 出 資 された 財 産 の 運 用 形 態 3. 競 走 用 馬 ファンド 受 益 権 の 販 売 に 関 する 事 項 (1) 入 会 及 び 出 資 申 込 の 方 法 並 びに 出 資 金 払 込 の 期 日 及 び ローレルクラブ 会 員 規 約 - 競 走 用 馬 ファンドの 契 約 にあたって- 契 約 成 立 前 ( 時 )の 書 面 ご 出 資 いただく 前 に 本 書 面 を 必 ずお 読 みいただき 契 約 内 容 を 充 分 ご 理 解 のうえ お 申 し 込 み 下 さい 発 行 : 株 式 会 社 ローレルクラブ ( 作 成 年 月 日 : 平 成 28 年 7 月 1 日 ) 103-0013

More information

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所 年 金 の し お り ( 平 成 25 年 1 月 改 訂 版 ) 日 本 金 属 プレス 工 業 厚 生 年 金 基 金 130 8554 東 京 都 墨 田 区 両 国 4 丁 目 30 番 7 号 金 属 プレス 会 館 8 階 03(5638)7811 FAX03(5638)7815 目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年

More information

<4D F736F F D20975A817C D9195DB8FD88F5A91EE838D815B F824F A2E646F63>

<4D F736F F D20975A817C D9195DB8FD88F5A91EE838D815B F824F A2E646F63> 商 品 名 < 愛 称 > 全 国 保 証 保 証 付 住 宅 ローン 200% 借 換 住 宅 ローン 保 証 次 の 各 号 すべてに 該 当 する 方 1 団 体 信 用 生 命 保 険 に 加 入 が 認 められる 方 2 借 入 申 込 時 年 齢 が 満 20 歳 以 上 満 65 歳 未 満 の 方 で かつ 最 終 返 済 時 の 年 齢 が 満 80 歳 を 超 えない 方 ただし

More information

<82B582A882E82E786C73>

<82B582A882E82E786C73> 基 金 年 金 支 給 の 手 引 き - この 手 引 き は 年 金 証 書 とともに 大 切 に 保 管 してください 年 金 の 給 付 をお 受 けになるための 手 続 きやご 注 意 等 をまとめたものですので よくご 覧 いただき 手 続 き 等 をお 忘 れにならないように 注 意 してください なお この 手 引 き には 手 続 き 書 類 が 添 付 されておりませんので 手

More information

水戸ファンドラップ契約締結前交付書面

水戸ファンドラップ契約締結前交付書面 (2016.7.1) 水 戸 ファンドラップ 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) 投 資 一 任 契 約 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 水 戸 証 券 株 式 会 社 投 資 一 任 契 約 の 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引

More information

140815_J-REITリサーチオープン_1404.xls

140815_J-REITリサーチオープン_1404.xls 基 準 価 額 の 推 移 基 準 価 額 純 資 産 総 額 22,000 18,000 3,000 2,400 当 月 末 前 月 末 比 基 準 価 額 8,189 円 + 87 円 純 資 産 総 額 2,863.06 億 円 + 142.83 億 円 14,000 1,800 期 間 別 騰 落 率 10,000 6,000 2,000 0 2005/1 2007/5 2009/9 2012/1

More information

「投資信託 約款・規程集」改定(予定)のお知らせ

「投資信託 約款・規程集」改定(予定)のお知らせ お 客 さま 各 位 平 成 23 年 10 月 三 井 生 命 保 険 株 式 会 社 投 資 信 託 約 款 規 程 集 の 改 定 ( 予 定 )について 拝 啓 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 格 別 のお 引 き 立 てを いただき 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 平 成 23 年 11 月 15 日 より 弊 社 投 資 信 託

More information

マザーファンドの 資 産 組 入 状 況 (2016 年 1 月 29 日 現 在 ) 事 業 債 政 保 債 12.67% 1.66% 国 債 85.68% 組 入 上 位 10 銘 柄 銘 柄 名 利 率 (%) 満 期 日 投 資 比 率 (%) 1 第 95 回 利 付 国 債 (20 年

マザーファンドの 資 産 組 入 状 況 (2016 年 1 月 29 日 現 在 ) 事 業 債 政 保 債 12.67% 1.66% 国 債 85.68% 組 入 上 位 10 銘 柄 銘 柄 名 利 率 (%) 満 期 日 投 資 比 率 (%) 1 第 95 回 利 付 国 債 (20 年 マイナス 金 利 政 策 導 入 による への 影 響 について 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 ( 以 下 日 銀 )はわが 国 史 上 初 めてとなるマイナス 金 利 政 策 の 導 入 を 決 定 しました その 結 果 わが 国 の 金 利 は 大 きく 低 下 ( 債 券 価 格 は 上 昇 )しています ファンドの 状 況 基 準 価 額 純 資 産 の 推 移 (2002

More information

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題 第 1 回 厚 生 年 金 基 金 制 度 に 関 す る 専 門 委 員 会 平 成 2 4 年 1 1 月 2 日 資 料 3-1 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて ( 試 案 ) この 試 案 は 代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 みとする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 広 く 国 民 の 論 議 に 供 するため 議 論

More information

ヤマダカード規約 2008年4月版

ヤマダカード規約 2008年4月版 第 1 章 前 提 事 項 第 1 条 ( 各 条 項 の 適 用 ) 次 条 以 下 の 規 定 は 契 約 者 が 本 件 融 資 申 込 書 ( 以 下 本 件 融 資 申 込 書 という ) 所 定 の 事 項 を 記 入 のうえ 株 式 会 社 セディナ( 以 下 当 社 という )に 対 して 融 資 を 申 し 込 み 当 社 が 所 定 の 審 査 手 続 を 経 てこの 申 込 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378> 2016 3 目 次 1 経 営 移 譲 年 金 と 農 業 者 老 齢 年 金 について 2 これから 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 しようとされる 方 へ 2-1 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 するには 4 2-1-1 経 営 移 譲 とは 4 2-1-2 加 算 付 年 金 8 2-2 実 体 を 伴 った 経 営 移 譲 を 行 うために 11 2-3 支 給 開 始 時 期

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203230313630373230938A8E918ED282CC8A46976C82D65F91E58DE3814595BA8CC9899E89878A4F8D918DC28C948349815B8376839395AA947A8BE082C982C282A282C42E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203230313630373230938A8E918ED282CC8A46976C82D65F91E58DE3814595BA8CC9899E89878A4F8D918DC28C948349815B8376839395AA947A8BE082C982C282A282C42E70707478> 情 報 提 供 用 資 料 2016 年 7 20 ご 投 資 者 の 皆 様 へ 岡 三 アセットマネジメント 株 式 会 社 阪 兵 庫 応 援 外 国 債 券 オープン 愛 称 まごころ 応 援 団 の 分 配 について 平 素 は 当 ファンドに 格 別 のご 配 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 皆 様 にご 愛 顧 頂 いております 阪 兵 庫 応 援 外 国 債 券

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 参 考 資 料 厚 生 年 金 基 金 等 の 現 状 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 給

More information

スライド 1

スライド 1 確 定 拠 出 年 金 ( 個 人 型 ) 登 録 事 業 所 導 入 事 務 マニュアル 2015 年 10 月 大 和 証 券 株 式 会 社 標 準 版 1 ~はじめに~ 確 定 拠 出 年 金 法 では 個 人 型 の 確 定 拠 出 年 金 に 加 入 を 希 望 する 方 に 対 して 次 のように 事 業 主 の 協 力 義 務 を 定 めています 当 資 料 をご 参 照 の 上 ご

More information

追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 当 初 設 定 日 : 2005 年 1 月 17 日 資 産 の 状 況 当 ページの 数 値 はマザーファンドベースです 資 産 内 容 特 性 値 J-REIT 98.52% J-REIT 先 物 取 引 0.00% 短 期 金 融 資

追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 当 初 設 定 日 : 2005 年 1 月 17 日 資 産 の 状 況 当 ページの 数 値 はマザーファンドベースです 資 産 内 容 特 性 値 J-REIT 98.52% J-REIT 先 物 取 引 0.00% 短 期 金 融 資 追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 当 初 設 定 日 : 2005 年 1 月 17 日 基 準 価 額 の 推 移 基 準 価 額 純 資 産 総 額 30,000 6,000 当 月 末 前 月 末 比 25,000 5,000 基 準 価 額 8,821 円 - 288 円 純 資 産 総 額 3,791.66 億 円 - 216.65 億 円 20,000 15,000

More information

20121213適時開示

20121213適時開示 各 位 2011 年 12 月 13 日 会 社 名 ミ サ ワ ホ ー ム 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 執 行 役 員 竹 中 宣 雄 (コード 番 号 1722 東 証 大 証 名 証 第 1 部 ) 問 合 せ 先 経 営 企 画 部 広 報 IR 担 当 部 長 中 村 孝 (TEL.03-3349-8088) 第 三 者 割 当 増 資 による 優 先 株

More information

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 (024-541-2304) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 (024-541-2304) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客 証 券 振 替 決 済 口 座 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 をよくお 読 みください 当 行 では お 客 さまから 有 価 証 券 ( 投 資 信 託 および 国 債 ならびに 地 方 債 をいいます 以 下 同 じ ) の 売 買 等 に 必 要 な 金 銭

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

給付減額を行った厚生年金基金数

給付減額を行った厚生年金基金数 論 点 3 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 の 在 り 方 関 係 資 料 資 料 2-2 代 行 制 度 の 意 義 役 割 と 変 遷 1 1. 代 行 制 度 の 性 格 代 行 制 度 は 公 的 年 金 の 一 部 を 基 金 という 国 以 外 の 者 が 管 理 運 用 する 仕 組 み イギリスの 適 用 除 外 制 度 とは 異 なり 公 的 年 金 としての 性 格 を 持

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般 2007 年 5 月 18 日 平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ 平 成 18 年 度 決 算 の 概 要 は 次 のとおりです なお 金 額 は 記 載 単 位 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てており 諸 比 率 は 四 捨 五 入 によって 表 示 しています 平 成 18 年 度 トピックス 1. 保 険 料 等 収 入 は 5.5%の 増 加 2. 総 資 産 は 16.2%の

More information

個 人 向 け 国 債 この 書 面 には 個 人 向 け 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みください 発 行 日 から 1 年 未 満 の 中 途 換 金 は 原 則 できません 中 途 換 金 時 の 受

個 人 向 け 国 債 この 書 面 には 個 人 向 け 国 債 のお 取 引 を 行 っていただく 上 でのリスクや 留 意 点 が 記 載 されています あらかじめよくお 読 みください 発 行 日 から 1 年 未 満 の 中 途 換 金 は 原 則 できません 中 途 換 金 時 の 受 個 人 向 け 国 債 商 品 説 明 書 公 共 債 保 護 預 り 兼 振 替 決 済 口 座 に 関 する 契 約 のご 説 明 商 品 説 明 書 (2016 年 8 月 ): 次 ページより(5)ページ 公 共 債 保 護 預 り 兼 振 替 決 済 口 座 に 関 する 契 約 のご 説 明 (2016 年 8 月 ):(6)ページ 個 人 向 け 国 債 この 書 面 には 個 人 向

More information

Q1 の 繰 上 償 還 ( 予 定 ) のお 知 らせ が 送 られてきました 受 益 者 として 何 か 手 続 きが 必 要 なのでしょうか の 繰 上 償 還 ( 予 定 )のお 知 らせ をご 覧 いただき 繰 上 償 還 に ご 同 意 いただける 場 合 には 何 のお 手 続 きも

Q1 の 繰 上 償 還 ( 予 定 ) のお 知 らせ が 送 られてきました 受 益 者 として 何 か 手 続 きが 必 要 なのでしょうか の 繰 上 償 還 ( 予 定 )のお 知 らせ をご 覧 いただき 繰 上 償 還 に ご 同 意 いただける 場 合 には 何 のお 手 続 きも 1 / 10 繰 上 償 還 ( 予 定 )に 関 するQ&A 2016 年 3 月 31 日 平 素 は 格 別 のご 高 配 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます における 繰 上 償 還 ( 予 定 )に 関 してお 知 らせいたします Q1 Q2 Q3 Q4 Q5 Q6 Q7 Q8 Q9 Q10 Q11 Q12 Q13 Q14 Q15 の 繰 上 償 還 ( 予 定 )のお 知 らせ

More information

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の3の 規 定 に 基 づく 報 告 書 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る 契 約 の 状 況 等 に 関 する 会 計 検 査 の 結 果 について 平 成 24 年 10 月 会 計 検 査 院 参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

個人向け国債事務取扱要領

個人向け国債事務取扱要領 でんさいサービス 利 用 規 定 愛 知 信 用 金 庫 ( 以 下 当 金 庫 といいます)は 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク( 以 下 でんさい ネット といいます)の 窓 口 金 融 機 関 として 利 用 者 ( 以 下 お 客 様 といいます)に 提 供 するでんさい サービス( 以 下 本 サービス といいます)について 次 のとおり 取 扱 いを 行 います なお

More information

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 平 成 25-26 年 度 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 介 護 雇 用 プログラム 委 託 業 務 ( 平 成 25 年 度 募 集 分 )Q&A ( 別 紙 4) ( 平 成 25.12) 番 号 質 問 回 答 1 応 募 資 格 について 1-1 応 募 は 法 人 名 と 施 設 名 どちらで 行 えばいいですか 県 内 に 複 数 施 設 を 有 している 場 合

More information

1 1. 商 品 名 変 動 固 定 金 利 選 択 型 2. ご 利 用 いただける 方 次 の 条 件 をすべて 満 たす 方 お 申 込 時 の 年 齢 が 満 20 歳 以 上 満 65 歳 未 満 で 最 終 ご 返 済 時 の 年 齢 が 満 76 歳 未 満 の 方 原 則 として 勤 務 地 および 居 住 地 ならびに 担 保 物 件 所 在 地 が 当 行 の 営 業 区 域 内 にある

More information

【ご参考資料】

【ご参考資料】 141-0022 東 京 都 品 川 区 東 五 反 田 2-10-2 東 五 反 田 スクエア 5 階 お 客 様 サポートダイヤル:0120-580446 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 387 号 商 品 投 資 顧 問 業 者 農 経 (1) 第 21 号 加 入 協 会 : 一 般 社 団 法 人 投 資 信 託 協 会 / 一 般 社 団 法

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

自 分 らしい 人 生 を 送 るために 望 むこと 自 分 らしい 老 後 を 送 りたい 退 職 後 に 行 ってみたかった 場 所 へ 旅 行 したい 老 後 に 現 役 時 代 できなかった 趣 味 を 始 めたい 子 や 孫 に 幸 せな 人 生 を 歩 んでほしい ボランティアをして 地

自 分 らしい 人 生 を 送 るために 望 むこと 自 分 らしい 老 後 を 送 りたい 退 職 後 に 行 ってみたかった 場 所 へ 旅 行 したい 老 後 に 現 役 時 代 できなかった 趣 味 を 始 めたい 子 や 孫 に 幸 せな 人 生 を 歩 んでほしい ボランティアをして 地 金 利 情 等 によって 指 定 通 貨 据 置 期 間 には 販 売 停 止 期 間 がある 場 合 があります 100 自 分 らしい 人 生 を 送 るために 望 むこと 自 分 らしい 老 後 を 送 りたい 退 職 後 に 行 ってみたかった 場 所 へ 旅 行 したい 老 後 に 現 役 時 代 できなかった 趣 味 を 始 めたい 子 や 孫 に 幸 せな 人 生 を 歩 んでほしい

More information

NY-11-0129 Word Proposal Template New

NY-11-0129 Word Proposal Template New 2015 年 度 税 制 改 正 Issue 110, April 2015 In brief 2015 年 3 月 31 日 2015 年 度 税 制 改 正 法 ( 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 及 び 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ) 及 び 関 連 する 政 省 令 が 公 布 され 法 人 税 については 一 部 の 規 定 を 除

More information

Microsoft Word - ~ doc

Microsoft Word - ~ doc 各 位 平 成 25 年 5 月 24 日 会 社 名 三 菱 自 動 車 工 業 株 式 会 社 代 表 者 名 取 締 役 社 長 益 子 修 コード 番 号 7211 東 証 第 1 部 問 合 せ 先 常 務 執 行 役 員 経 営 企 画 本 部 長 黒 井 義 博 (Tel. 03 6852 4206) 資 本 金 及 び 資 本 準 備 金 の 額 の 減 少 剰 余 金 の 処 分

More information

税務セミナー「FX取引の所得申告ノウハウ」

税務セミナー「FX取引の所得申告ノウハウ」 ~ 税 務 セミナー ~ FX 取 引 の 所 得 申 告 ノウハウ 公 認 会 計 士 税 理 士 玉 置 栄 一 氏 セミナーに 先 立 って(その1) 脱 税 は 犯 罪 行 為 である!! 2005 年 までの3 年 間 で4 億 円 の 所 得 がありながら 確 定 申 告 せず1 億 3,900 万 円 を 脱 税 したとして 東 京 の 主 婦 が 懲 役 1 年 6 月 執 行 猶

More information

Special 1 定 年 を 控 えた 加 入 員 の 皆 さま 必 見 です! 受 けられる 年 金 と 年 金 見 込 額 試 算 票 の 見 方 受 けられる 年 金 の 種 類 を 確 認 しましょう! 当 基 金 の 加 入 員 の 皆 さんは 20 歳 以 上 のすべての 国 民 が

Special 1 定 年 を 控 えた 加 入 員 の 皆 さま 必 見 です! 受 けられる 年 金 と 年 金 見 込 額 試 算 票 の 見 方 受 けられる 年 金 の 種 類 を 確 認 しましょう! 当 基 金 の 加 入 員 の 皆 さんは 20 歳 以 上 のすべての 国 民 が 基 金 だより 2012 DEC No.62 Special 1 受 けられる 年 金 と 年 金 見 込 額 試 算 票 の 見 方 _02 Special 2 平 成 23 年 度 信 用 金 庫 年 金 決 算 の お 知 らせ_04 Report 平 成 23 年 度 財 政 検 証 結 果 のお 知 らせ_06 平 成 24 年 度 4-10 月 期 の 年 金 資 産 運 用 状 況 _07

More information

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 本 約 款 は お 客 様 と SBI FX トレード 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます)との 間 で 行 なう 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 ( 以 下 本 取 引 といいます)に 関 する 権 利 義 務 関 係 等 を 明 確 にするための 取 り 決 めで ( 定 義 ) 第 2 条 本

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

平成22年度 年末調整書類発送のお知らせ(2010年11月9日)

平成22年度 年末調整書類発送のお知らせ(2010年11月9日) 平 成 22 年 度 年 末 調 整 Q&A 例 年 スタッフの 皆 様 から 多 くいただくご 質 問 と 回 答 をご 紹 介 いたします 源 泉 徴 収 票 は 年 末 調 整 対 象 者 : 12 月 中 旬 ~ 下 旬 対 象 外 の 方 : 2011 年 1 月 中 旬 ~ 下 旬 に 発 送 いたします 年 末 調 整 Q&A 年 末 調 整 対 象 者 について >> 健 康 保 険

More information

1.IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 の 概 要 IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 は IT 業 務 の 遂 行 またはITユーザー 行 為 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る

1.IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 の 概 要 IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 は IT 業 務 の 遂 行 またはITユーザー 行 為 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 このご 案 内 書 は 上 記 保 険 およびこれに 付 帯 する 特 約 条 項 の 概 要 を 紹 介 したものです 上 記 保 険 に 関 するすべての 事 項 を 記 載 しているものではありません 詳 細 につきましては 保 険 約 款 によりますが 保 険 金 のお 支 払 い 条 件 ご 契 約 手 続 その 他 ご 不 明 な 点

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031362D30322D32342091E63130308AFA2098418C8B928D8B4C955CA58CC295CA928D8B4C955C>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031362D30322D32342091E63130308AFA2098418C8B928D8B4C955CA58CC295CA928D8B4C955C> 第 100 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての 法 令 および 定 款 に 基 づくインターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 から 平 成 27 年 12 月 31 日 まで) 東 洋 ゴム 工 業 株 式 会 社 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記

More information

<5461726F2D8CFA944E8AEE8BE08BC696B195F18D908F91816990568B8C816A>

<5461726F2D8CFA944E8AEE8BE08BC696B195F18D908F91816990568B8C816A> 厚 生 年 金 基 金 の 業 務 報 告 書 の 様 式 について( 平 成 十 年 十 月 十 四 日 企 国 発 第 三 〇 号 厚 生 省 年 金 局 企 業 年 金 国 民 年 金 基 金 課 長 から 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 通 知 ) - 新 旧 対 照 表 - 新 旧 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 基 金

More information

Microsoft Word - 【最終】DVH 株主割当リリースdraft120919r1.doc

Microsoft Word - 【最終】DVH 株主割当リリースdraft120919r1.doc 各 位 平 成 24 年 9 月 19 日 ドリームバイザー ホールディングス 株 式 会 社 (コード 番 号 :3772 東 証 マザーズ) (URL http://www.dreamvisor.com/) 代 表 者 代 表 取 締 役 社 長 奥 山 泰 問 合 せ 先 代 表 取 締 役 社 長 奥 山 泰 電 話 番 号 0 3-6 6 6 1-9311 株 主 割 当 による 新 株

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE88EACADFDDCCDAAFC4323031332E313194C5816B8DC58F4988C4816C>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE88EACADFDDCCDAAFC4323031332E313194C5816B8DC58F4988C4816C> はじめに この 度 あなた 様 は 日 本 年 金 機 構 より 老 齢 ( 障 害 遺 族 ) 厚 生 年 金 の 決 定 を 受 けられたことと 存 じます この 決 定 を 受 けられた 年 金 にはあな た 様 又 は 元 組 合 員 の 方 が( 旧 ) 国 鉄 共 済 組 合 に 加 入 されていた 期 間 が 通 算 されております あなた 様 又 は 元 組 合 員 の 方 は( 旧

More information

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 取 扱 規 定 ( ダイワFX 取 扱 規 定 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 規 定 の 趣 旨 この 規 定 ( 以 下 本 規 定 といいます )は お 客 様 と 大 和 証 券 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 とい います )との 間 でインターネットを 利 用 して 行 う 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 (ダイワFX)(

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成 姫 監 公 表 第 1 号 平 成 2 5 年 1 月 2 5 日 姫 路 市 監 査 委 員 井 神 曉 同 小 林 茂 信 住 民 監 査 請 求 ( 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 につ い て ) に 係 る 監 査 の 結 果 に つ い て 平 成 24 年 11 月 30 日 に 受 付 し た 地 方 自 治 法 第 2 4 2 条 第 1 項

More information