厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4"

Transcription

1 厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 するQ & 目 次 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか Q2. 基 金 の 解 散 方 法 について Q3. 基 金 の 解 散 日 について Q4. 基 金 解 散 後 確 定 給 付 企 業 年 金 へ 移 行 するなどの 後 継 制 度 の 選 択 肢 について Q5. 解 散 に 向 けて 事 業 所 は 何 をすればよいのか Q6. 解 散 に 係 る 同 意 取 得 が 3 分 の 2 を 下 回 ったらどうなるのか Q7. 解 散 認 可 のために 受 給 者 と 待 期 者 の 同 意 は 必 要 ないのか Q8. 基 金 解 散 後 に 社 員 に 上 乗 せの 代 替 制 度 を 残 したい 場 合 はどうすればよいのか Q9. 解 散 に 伴 い 事 業 主 の 追 加 負 担 について Q10. 代 行 部 分 の 債 務 返 還 後 剰 余 が 生 じた 場 合 の 取 扱 いについて Q11. 基 金 解 散 後 の 清 算 業 務 の 内 容 について Q12. 分 配 金 が 発 生 した 場 合 について Q13. 基 金 解 散 までの 年 金 資 産 運 用 について 掛 金 関 係 Q14. 基 金 を 解 散 するのであれば 今 後 掛 金 負 担 は 必 要 ないのでは Q15. 基 金 解 散 に 伴 い 何 月 分 までの 掛 金 を 払 えばよいのか Q16. 基 金 解 散 後 の 掛 金 負 担 割 合 はどうなるのか Q17. 今 まで 納 めた 掛 金 は 掛 捨 てになるのか 年 金 関 係 Q18. 基 金 解 散 に 伴 い 受 給 者 の 年 金 はいつまで 支 払 われるのか また 解 散 後 はどうなるのか Q19. 基 金 解 散 後 の 加 入 員 待 期 者 に 対 する 年 金 給 付 は 将 来 どうなるのか Q20. 基 金 解 散 後 受 給 者 加 入 員 待 期 者 は 年 金 事 務 所 で 手 続 きが 必 要 か Q21. 基 金 の 年 金 手 続 きを 忘 れていたが 未 裁 定 分 の 年 金 は 基 金 解 散 後 どうなるのか 適 用 関 係 Q22. 基 金 解 散 前 に 基 金 を 脱 退 したい Q23. 適 用 の 届 出 はいつまで 提 出 するのか Q24. 加 入 員 証 または 年 金 証 書 はいつまで 保 管 するのか 東 日 本 硝 子 業 厚 生 年 金 基 金

2 厚 生 年 金 基 金 解 散 に 関 する Q & 解 散 関 係 Q1.なぜ 基 金 を 解 散 するのか? 平 成 25 年 6 月 に 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 原 則 廃 止 を 前 提 とした 厚 生 年 金 基 金 制 度 見 直 し 法 が 成 立 し 平 成 26 年 4 月 から 施 行 されました この 改 正 法 の 内 容 は 1 厚 生 年 金 保 険 を 代 行 している 代 行 部 分 の 債 務 ( 最 低 責 任 準 備 金 ) に 対 して 十 分 な 資 産 (1.5 倍 以 上 )を 保 有 しない 厚 生 年 金 基 金 は 存 続 を 認 めない 改 正 法 施 行 後 5 年 間 の 経 過 措 置 期 間 内 に 代 行 部 分 の 返 納 を 実 質 義 務 化 2 代 行 部 分 の 債 務 を 国 に 返 納 し 易 くする( 代 行 割 れ 基 金 に 対 する 分 割 納 付 制 度 の 緩 和 特 例 解 散 による 代 行 債 務 の 軽 減 化 最 低 責 任 準 備 金 計 算 方 法 の 複 数 化 等 ) などが 挙 げられます 現 在 の 当 基 金 の 財 政 状 況 は 大 幅 に 改 善 し 平 成 25 年 度 決 算 時 においては 代 行 割 れもほ ぼ 解 消 しております 当 基 金 は 昭 和 44 年 1 月 に 設 立 をし 時 間 の 経 過 と 共 に 成 熟 度 は 増 しておりますが 厚 生 年 金 基 金 制 度 は 事 前 積 立 方 式 を 採 用 しているため 従 来 の 財 政 検 証 のもとに 今 後 も 厚 生 年 金 基 金 を 運 営 していくことは 十 分 可 能 です しかしながら 従 来 の 財 政 運 営 基 準 から 乖 離 した 法 律 施 行 後 の 厚 生 年 金 基 金 存 続 基 準 では 5 年 間 で 現 在 の 保 有 年 金 資 産 を1.5 倍 相 当 にすること また そのためには 当 基 金 では 約 11%の 掛 金 引 上 げ 対 応 が 必 要 であることなどが 求 められ 今 後 の 基 金 存 続 のためのハードルは 極 めて 高 いものとなっております このため 今 後 これ 以 上 設 立 事 業 所 の 事 業 主 様 への ご 負 担 をお 願 いすることは 会 社 経 営 に 甚 大 な 影 響 を 及 ぼすため 苦 渋 の 決 断 といたしま して 平 成 26 年 2 月 26 日 開 催 の 第 105 回 代 議 員 会 にて 解 散 方 針 の 議 決 をいた しました Q2. 基 金 の 解 散 方 法 について 当 基 金 の 代 行 割 れは 平 成 25 年 度 決 算 においてほぼ 解 消 していますが 今 後 解 散 まで の 間 に 万 が 一 代 行 部 分 の 債 務 ( 最 低 責 任 準 備 金 )に 不 足 額 が 生 じた 場 合 に 備 えて 特 例 解 散 の 申 請 を 予 定 しております この 特 例 解 散 は 通 常 解 散 と 比 較 して 国 へ 返 還 する 代 行 部 分 の 債 務 が 減 額 ( 減 額 最 低 責 任 準 備 金 )され またさらに 不 足 額 が 生 じた 場 合 は 不 足 額 を 国 へ 分 割 して 納 付 ( 分 割 納 付 の 特 例 措 置 )することが 認 められます この 特 例 解 散 の 申 請 のためには 解 散 までの 間 の 適 切 な 掛 金 の 設 定 及 び 給 付 抑 制 のため の 措 置 を 行 っていることが 認 定 要 件 とされ 社 会 保 障 審 議 会 企 業 年 金 部 会 の 第 三 者 委 員 会 での 調 査 審 議 を 経 て 認 められるものです また 申 請 前 に 事 業 主 加 入 員 労 働 組 合 のそれぞれ3 分 の2 以 上 の 解 散 同 意 の 取 得 と 代 議 員 定 数 の3 分 の2 以 上 の 議 決 を 得 る ことが 必 要 です しかしながら 皆 様 からの 全 体 で3 分 の2 以 上 のご 同 意 がなかった 場 合 は 特 例 解 散 ができずに 現 行 制 度 のまま 今 後 も 基 金 を 継 続 することとなります その 場 合 は 法 律 改 正 後 の 厳 しい 基 金 存 続 条 件 が 毎 年 要 求 され クリアできない 場 合 は 国 からの 解 散 命 令 によって 通 常 解 散 の 扱 いとなり 代 行 割 れをしている 場 合 は 納 付 額 の 特 例 措 置 が 適 用 されません そのため 不 足 金 については 事 業 主 負 担 による 国 への 一 括 納 付 が 必 要 となります 平 成 27 年 9 月 末 日 をご 提 出 期 限 として 皆 様 へ 基 金 解 散 に 係 る

3 同 意 書 のご 提 出 をお 願 いいたしますが 今 後 の 各 設 立 事 業 所 での 追 加 費 用 負 担 発 生 の 可 能 性 がないよう この 度 の 法 律 改 正 対 応 としての 早 期 基 金 解 散 にご 理 解 を 賜 わりますよ うよろしくお 願 い 申 し 上 げます なお 今 後 年 金 資 産 運 用 の 好 転 により 当 基 金 の 保 有 年 金 資 産 が 国 へ 返 還 する 代 行 部 分 の 債 務 を 大 きく 上 回 った 場 合 は 特 例 解 散 の 適 用 を 受 け られず 通 常 解 散 に 変 更 となる 場 合 もありますが その 場 合 にあっても 解 散 に 係 る 皆 様 か らのご 同 意 は 必 要 となります Q3. 基 金 の 解 散 日 について 基 金 の 解 散 のためには 今 後 事 業 主 加 入 員 労 働 組 合 の 皆 様 からの 解 散 同 意 取 得 基 金 加 入 員 記 録 と 国 の 被 保 険 者 記 録 の 突 合 せ 最 低 責 任 準 備 金 の 計 算 代 議 員 会 の 解 散 議 決 が 必 要 となります 昨 年 の 基 金 解 散 方 針 議 決 の 際 には 平 成 27 年 9 月 の 解 散 認 可 申 請 平 成 27 年 12 月 の 解 散 認 可 を 予 定 とし それに 向 けて 事 前 準 備 作 業 記 録 突 合 作 業 を 進 めておりました しかしながら 全 国 に400 以 上 ある 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 の8 0% 近 くが 解 散 方 針 を 議 決 したとのことで 日 本 年 金 機 構 への 記 録 照 会 が 集 中 しており 記 録 照 会 の 回 答 が 3~4か 月 程 度 時 間 を 要 しており 今 後 さらに 遅 延 することも 想 定 されます 日 本 年 金 機 構 からのすべての 回 答 がないと 記 録 の 確 認 が 出 来 ず 認 可 申 請 が できないため 以 上 の 点 に 鑑 みて 当 初 の 予 定 である9 月 の 認 可 申 請 は 難 しく 12 月 の 認 可 申 請 平 成 28 年 3 月 の 解 散 認 可 というスケジュールで 解 散 計 画 を 策 定 し 関 東 信 越 厚 生 局 に 提 出 しております Q4. 基 金 解 散 後 確 定 給 付 企 業 年 金 へ 移 行 するなどの 後 継 制 度 の 選 択 肢 について 平 成 26 年 改 正 法 では 基 金 の 解 散 にあたり 母 体 企 業 が 退 職 金 規 定 等 に 基 づく 退 職 給 付 義 務 を 履 行 するよう 指 導 を 行 うこと という 改 正 法 施 行 のための 承 認 条 件 が 提 示 され ております このため 改 正 法 では 厚 生 年 金 基 金 制 度 は 将 来 的 に 原 則 廃 止 の 前 提 となっ ていますが 基 金 解 散 後 に 代 替 制 度 を 設 立 し 易 くする 様 々な 支 援 措 置 も 織 り 込 まれてい ます 本 来 であれば 当 基 金 にて 基 金 解 散 後 に 後 継 制 度 を 画 策 して 皆 様 にご 提 示 させて いただくべきところですが 当 基 金 は 給 付 体 系 上 代 行 型 の 設 立 形 態 をとっており 他 制 度 へ 持 ち 込 むための 一 時 金 制 度 がないため 持 込 み 原 資 の 振 り 分 けが 不 可 能 です また 現 在 特 例 解 散 の 申 請 を 予 定 していますが 特 例 解 散 では 減 額 最 低 責 任 準 備 金 が 適 用 されることから 国 に 代 行 債 務 を 返 還 した 後 に 一 部 剰 余 金 が 生 じた 場 合 は 分 配 金 の 原 資 に 充 当 できず 剰 余 部 分 も 含 めて 国 に 返 還 することから 後 継 制 度 への 持 ち 込 み 原 資 は 皆 無 となります 以 上 のことから 当 基 金 での 後 継 制 度 設 立 は 困 難 であるため 基 金 の 上 乗 せ 部 分 に 係 る 代 替 制 度 の 導 入 については 各 社 でご 検 討 いただきたくお 願 い 申 し 上 げます Q5. 解 散 に 向 けて 事 業 所 は 何 をすればよいのか 特 例 解 散 の 申 請 を 予 定 どおりに 行 うためには 平 成 27 年 9 月 末 日 を 期 限 として 事 業 主 加 入 員 全 体 の3 分 の2 以 上 及 び 加 入 員 の3 分 1 以 上 で 組 織 する 労 働 組 合 全 体 の4 分 3 以 上 の 解 散 に 係 るご 同 意 が 必 要 となります

4 この 法 令 で 定 められる 同 意 要 件 を 満 たさない 場 合 は 特 例 解 散 の 申 請 が 出 来 ずに 事 業 主 の 皆 様 に 今 後 追 加 拠 出 等 の 不 利 益 が 生 じる 可 能 性 もあります 基 金 の 早 期 解 散 のためにご 理 解 を 賜 わりたく お 願 い 申 し 上 げます 現 在 基 金 事 務 局 では 最 低 責 任 準 備 金 を 確 定 させるための 事 前 作 業 として 基 金 の 加 入 員 記 録 と 国 の 被 保 険 者 記 録 の 記 録 突 合 作 業 を 鋭 意 進 めております なお 各 事 業 所 から 当 基 金 へお 届 けの 基 礎 年 金 番 号 が 国 の 記 録 と 相 違 している 場 合 は 記 録 突 合 作 業 において 対 象 者 の 特 定 ができず 突 き 合 せ 作 業 が 終 了 しません このため 基 礎 年 金 番 号 不 明 者 について 今 後 各 事 業 所 宛 に 照 会 をさせていただくことも 想 定 されますので ご 理 解 ご 協 力 を 賜 わりますようお 願 い 申 し 上 げます また 国 の 年 金 の 受 給 資 格 があり 当 基 金 の 年 金 手 続 きをされていない 加 入 員 の 方 につ きましては 早 急 に 年 金 裁 定 請 求 をされますよう 事 業 主 または 事 務 ご 担 当 者 様 からの ご 勧 奨 をお 願 い 申 し 上 げます Q6. 解 散 に 係 る 同 意 取 得 が3 分 の2を 下 回 ったらどうなるのか 皆 様 からの 全 体 で3 分 の2 以 上 のご 同 意 がなかった 場 合 は 解 散 ができずに 現 行 制 度 の まま 今 後 も 基 金 を 継 続 することとなります その 場 合 は 法 律 改 正 後 の 厳 しい 基 金 存 続 条 件 が 毎 年 要 求 され クリアできない 場 合 は 国 からの 解 散 命 令 によって 通 常 解 散 の 扱 いとなり 納 付 額 の 特 例 措 置 分 割 納 付 の 特 例 措 置 が 適 用 されません そのため 解 散 時 に 不 足 金 が 生 じた 場 合 は 事 業 主 負 担 による 国 への 一 括 納 付 が 必 要 となります 今 後 各 設 立 事 業 所 からの 追 加 費 用 発 生 の 可 能 性 がないよう この 度 の 法 律 改 正 対 応 と しての 早 期 基 金 解 散 にご 理 解 を 賜 わりますようよろしくお 願 い 申 し 上 げます Q7. 解 散 認 可 のために 受 給 者 と 待 期 者 の 同 意 は 必 要 ないのか 法 令 で 定 められる 解 散 認 可 の 要 件 には 年 金 受 給 者 待 期 者 からの 解 散 に 係 る 同 意 は 含 まれていません 但 し 全 受 給 者 と 全 待 期 者 に 対 して 解 散 理 由 に 係 る 説 明 を 文 書 ま たは 口 頭 で 行 うことが 定 められていますので 今 後 文 書 または 個 別 照 会 での 回 答 にて 受 給 者 の 皆 様 からご 理 解 を 賜 わりますよう 努 めてまいります Q8. 基 金 解 散 後 に 社 員 に 上 乗 せの 代 替 制 度 を 残 したい 場 合 はどうすればよいのか Q4.でご 説 明 いたしましたが 当 基 金 での 後 継 制 度 の 構 築 は 基 金 の 給 付 体 系 上 困 難 です このため 基 金 の 上 乗 せ 部 分 に 係 る 代 替 制 度 の 導 入 については 各 社 でご 検 討 い ただきたくお 願 い 申 し 上 げます なお 代 替 制 度 のご 選 択 肢 としては 大 きく 分 けて 1 退 職 一 時 金 で 準 備 するケース( 内 部 留 保 でのご 対 応 )と 2 退 職 一 時 金 の 一 部 を 社 外 積 立 により 活 用 するケース が 考 えられます 但 し 会 社 の 規 模 にもよりますが 代 替 制 度 を 自 社 単 独 で 実 施 する 場 合 は 極 端 に 運 営 コストが 割 高 となります このため 既 に 社 外 積 立 による 導 入 のご 検 討 をされている 場 合 は 皆 様 の 実 情 に 応 じて 受 託 先 の 金 融 機 関 をご 紹 介 いたしますので 当 基 金 までご 連 絡 ください また 当 基 金 のホームページ 上 で 代 替 制 度 の 詳 細 を 解 散 関 係 に 掲 載 しておりますので ご 活 用 ください (URL)

5 Q9. 解 散 に 伴 い 事 業 主 の 追 加 負 担 について 当 基 金 は 平 成 25 年 度 決 算 時 において ほぼ 代 行 割 れを 解 消 しております 基 金 の 成 熟 度 の 進 行 によって 掛 金 収 入 と 給 付 費 の 年 間 収 支 は 約 12 億 円 のマイナスが 経 常 的 に 発 生 いたしますが 平 成 26 年 度 の 年 金 資 産 運 用 は 内 外 株 式 が 好 転 したことに より 時 間 加 重 収 益 率 が15.24%と 前 年 を 大 きく 上 回 る 結 果 となり 国 の 運 用 機 関 で あるGPIFよりも 収 益 率 が3% 程 度 上 回 っております 基 金 の 存 続 を 前 提 にした 場 合 は 基 金 独 自 給 付 の 数 理 債 務 も 含 めて 不 足 金 を 計 算 する 必 要 がありますが 解 散 を 前 提 にした 場 合 は 代 行 部 分 のみを 意 識 すればよく 代 行 部 分 の 債 務 に 対 する 不 足 金 は G PIFの 運 用 利 回 りを 上 回 っていれば 理 論 上 発 生 しない 見 込 みです また 特 例 解 散 を 予 定 していることから 減 額 最 低 責 任 準 備 金 の 特 例 措 置 を 受 け 解 散 計 画 に 沿 って 早 期 解 散 をした 場 合 は 現 状 で 事 業 主 の 追 加 負 担 が 発 生 する 可 能 性 は 少 ないです Q10. 代 行 部 分 の 債 務 返 還 後 剰 余 が 生 じた 場 合 の 取 扱 いについて 特 例 解 散 の 適 用 を 受 けた 場 合 は 国 への 返 還 額 が 減 額 最 低 責 任 準 備 金 となるため 通 常 解 散 よりも 少 なくなっていることから 剰 余 が 発 生 した 場 合 はその 部 分 も 含 めて 国 へ 返 還 しなければならず 分 配 金 は 発 生 しません しかしながら 今 後 当 基 金 の 保 有 年 金 資 産 が 国 へ 返 還 する 代 行 部 分 の 債 務 を 大 きく 上 回 った 場 合 は 特 例 解 散 の 適 用 を 受 けられず 通 常 解 散 に 変 更 となります この 場 合 は 国 へ 最 低 責 任 準 備 金 を 返 還 した 後 の 残 余 財 産 については 基 金 規 約 に 基 づ き 加 入 員 待 期 者 年 金 受 給 者 の 皆 様 への 分 配 金 の 対 象 となります なお 通 常 解 散 に なった 場 合 のこの 最 終 的 な 残 余 財 産 の 確 定 分 配 金 の 支 払 いまでには 基 金 解 散 後 から1 年 半 程 度 の 時 間 を 要 します Q11. 基 金 解 散 後 の 清 算 業 務 の 内 容 について 厚 生 年 金 基 金 は 解 散 認 可 後 解 散 となりますが 引 き 続 き 清 算 事 務 局 として 清 算 業 務 に 移 行 いたします 清 算 業 務 の 内 容 は 以 下 のとおりですが 通 常 は 解 散 認 可 後 1 年 半 から 2 年 程 度 の 時 間 を 要 します (なお 清 算 業 務 開 始 以 後 は 事 業 所 からの 掛 金 納 付 や 適 用 の 届 出 は 必 要 ありません) 清 算 スケジュール 解 散 に 係 る 周 知 清 算 人 就 任 解 散 及 び 清 算 人 就 任 の 公 告 企 業 年 金 連 合 会 を 介 して 日 本 年 金 機 構 へ 記 録 の 返 還 国 税 徴 収 法 に 基 づき 滞 納 事 業 所 の 未 収 掛 金 回 収 未 裁 定 者 への 裁 定 勧 奨 と 未 払 年 金 の 支 払 い 過 払 い 年 金 に 係 る 未 収 返 納 金 の 整 理 認 可 申 請 後 の 記 録 突 合 せ 作 業 及 び 不 一 致 記 録 の 調 査 補 正 ( 最 終 記 録 整 備 作 業 )

6 離 婚 分 割 移 換 金 の 国 への 納 付 未 払 年 金 未 請 求 者 の 年 金 を 法 務 局 へ 供 託 政 府 負 担 金 申 請 基 金 財 産 目 録 承 認 申 請 関 東 信 越 厚 生 局 実 地 監 査 国 への 最 低 責 任 準 備 金 の 納 付 ( 代 行 相 当 部 分 の 資 産 返 還 ) 結 了 決 算 報 告 書 の 承 認 申 請 清 算 結 了 清 算 人 退 任 の 公 告 国 への 関 係 書 類 引 き 継 ぎ Q12. 分 配 金 が 発 生 した 場 合 について 基 金 の 解 散 が 特 例 解 散 から 通 常 解 散 に 変 更 となった 場 合 で 国 へ 最 低 責 任 準 備 金 を 返 還 した 後 残 余 財 産 が 生 じる 場 合 は 分 配 金 となります 分 配 金 は 代 行 部 分 の 債 務 ( 最 低 責 任 準 備 金 )を 国 へ 返 還 した 後 の 残 余 財 産 を 各 個 人 毎 の 最 低 積 立 基 準 額 により 按 分 して 計 算 いたします 最 低 積 立 基 準 額 とは 解 散 日 までの 加 入 員 期 間 に 応 じた 将 来 の 受 取 総 額 ( 最 低 保 全 給 付 )を 現 在 価 値 に 割 り 引 いたものをい います なお 分 配 金 は 法 令 に 基 づいて 加 入 員 待 期 者 年 金 受 給 者 がその 対 象 となり 事 業 主 には 分 配 できないことになっています 解 散 時 分 配 金 の 計 算 方 法 解 散 時 分 配 金 = 残 余 財 産 個 人 の 最 低 積 立 基 準 額 / 全 体 の 最 低 積 立 基 準 額 * 分 配 金 が 生 じる 場 合 は 個 人 毎 の 額 は 最 終 的 に 当 基 金 の 残 余 財 産 が 確 定 した 後 に 年 金 数 理 人 が 計 算 をいたしますので 事 前 に 見 込 み 額 をお 知 らせすることはできません Q13. 基 金 解 散 までの 年 金 資 産 運 用 について 基 金 解 散 を 前 提 として 平 成 26 年 度 内 でリスクの 軽 減 化 コスト 低 減 化 を 目 的 として 運 用 報 酬 の 高 い 投 資 顧 問 会 社 4 社 をすべて 解 約 しオルタナをキャッシュ 化 しておりま す なお 平 成 27 年 4 月 28 日 に 開 催 の 年 金 資 産 管 理 運 用 委 員 会 にて 平 成 27 年 度 の 運 用 基 本 方 針 を 慎 重 に 審 議 し 基 金 の 解 散 を 前 提 として 以 下 の 内 容 を 議 決 いたしました リスク 軽 減 運 用 報 酬 低 減 を 目 的 に 運 用 手 法 について アクティブ 運 用 からパッシブ 運 用 への 切 り 替 え 解 散 に 向 けた 運 用 時 価 総 額 把 握 の 容 易 性 及 び 運 用 コストの 低 下 を 目 的 として 信 託 銀 行 4 行 を2 行 に 集 約 当 基 金 の 基 本 ポートフォリオを 国 の 運 用 機 関 であるGPIFに 合 致 させる GPIFは 3ヵ 月 毎 にポートフォリオを 公 表 するため 以 降 解 散 までの 間 GPI Fに 追 随 * 基 金 解 散 を 前 提 にした 場 合 は 将 来 の 数 理 債 務 は 認 識 しないため 最 低 責 任 準 備 金 が 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 運 用 利 回 りが 付 利 されて 計 算 されることから 今 後 GPIFと 同 等 の 収 益 率 であれば 代 行 部 分 の 不 足 金 が 生 じる 可 能 性 は 少 ないです 従 来 は GP IFは 債 券 中 心 の 運 用 をしていましたが アベノミクスの 成 長 戦 略 によって 昨 年 か

7 ら 内 外 株 式 の 比 重 を 高 めており 今 までの 当 基 金 の 基 本 ポートフォリオに 近 づいて きておりますが 今 後 は 厚 生 年 金 本 体 利 回 りとの 乖 離 を 抑 制 するため 戦 略 的 に 国 の 基 本 ポートフォリオに 追 随 します 掛 金 関 係 Q14. 基 金 を 解 散 するのであれば 今 後 掛 金 負 担 は 必 要 ないのでは 厚 生 労 働 省 の 解 散 認 可 月 の 月 分 まで 当 基 金 から 年 金 受 給 者 に 対 する 代 行 給 付 相 当 部 分 の 年 金 給 付 が 続 きます このため 国 への 返 還 額 ( 最 低 責 任 準 備 金 )に 過 不 足 が 生 じない よう 法 令 に 従 い 掛 金 をお 支 払 いいただく 必 要 があります Q15. 基 金 解 散 に 伴 い 何 月 分 までの 掛 金 を 支 払 えばよいのか Q14.の 理 由 により 当 基 金 に 対 する 掛 金 のお 支 払 いは 解 散 認 可 月 の 前 月 分 掛 金 まで が 対 象 となります 仮 に 解 散 認 可 月 が 平 成 28 年 3 月 の 場 合 平 成 28 年 2 月 分 掛 金 ( 法 定 納 期 限 : 平 成 28 年 3 月 末 日 )までを 当 基 金 にお 支 払 いいただきます なお 平 成 28 年 3 月 分 か らは 当 基 金 の 免 除 保 険 料 率 分 (38/1000 労 使 折 半 )が 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 保 険 料 率 に 合 算 され 日 本 年 金 機 構 の 保 険 料 として 計 算 されます Q16. 基 金 解 散 後 の 掛 金 負 担 割 合 はどうなるのか 基 金 解 散 後 は 認 可 月 の 翌 月 から 年 金 事 務 所 の 保 険 料 率 に 当 基 金 の 免 除 保 険 料 相 当 部 分 (38/1000 労 使 折 半 )が 合 算 されます * 年 金 事 務 所 の 保 険 料 率 は 平 成 26 年 9 月 現 在 です ( 解 散 前 ) ( 解 散 後 ) 基 金 87/1000 ( 事 業 主 負 担 :49) ( 労 使 折 半 :38) 年 金 事 務 所 / /1000 労 使 折 半 + ( 労 使 折 半 ) 年 金 事 務 所 /1000 ( 労 使 折 半 ) 年 金 事 務 所 計 /1000 ( 労 使 折 半 ) * 加 入 員 の 方 々は 当 基 金 へのご 加 入 前 後 で 自 己 負 担 の 額 に 変 更 ありません 当 基 金 へのご 加 入 で 生 じていた 事 業 主 負 担 分 (49/1000)は 解 散 以 後 発 生 しま せん

8 Q17. 今 まで 納 めた 掛 金 は 掛 捨 てになるのか 厚 生 年 金 保 険 の 一 部 を 代 行 して 給 付 するための 代 行 相 当 部 分 に 対 して 事 業 主 加 入 員 の 皆 様 がご 負 担 いただいた 掛 金 は その 納 付 義 務 が 国 に 引 き 継 がれますので 掛 捨 てに はなりません 一 方 企 業 年 金 である 厚 生 年 金 基 金 が 解 散 すると それ 以 降 の 基 金 独 自 給 付 に 対 する 事 業 主 負 担 もなくなりますので 積 立 状 況 に 応 じて 分 配 金 が 発 生 する 場 合 も ありますが 加 入 員 年 金 受 給 権 者 を 問 わずに 基 金 からの 上 乗 せ 給 付 が 消 滅 します ( 基 金 の 上 乗 せ 給 付 の 原 資 は 全 額 事 業 主 負 担 となっており 加 入 員 の 皆 様 からはご 負 担 い ただいておりません 年 金 関 係 Q18. 基 金 解 散 に 伴 い 受 給 者 の 年 金 はいつまで 支 払 われるのか また 解 散 後 はどうなるのか 年 金 受 給 者 に 対 する 当 基 金 の 年 金 給 付 は 以 下 の 取 り 扱 いとなります 基 金 独 自 の 上 乗 せ 部 分 の 年 金 は 特 例 解 散 の 場 合 は 解 散 認 可 申 請 の 翌 月 ( 平 成 2 8 年 1 月 分 ( 予 定 ))から 支 給 停 止 の 取 り 扱 いとなり 解 散 の 認 可 ( 平 成 28 年 3 月 分 ( 予 定 ))によって 終 了 となります 上 乗 せ 給 付 の 支 給 停 止 の 際 は 年 金 受 給 者 へ 上 乗 せ 部 分 停 止 に 係 る 通 知 書 を 送 付 いたします なお 当 基 金 の 基 本 年 金 のうち 上 乗 せ 部 分 が 占 める 割 合 は 個 人 毎 に 異 なりますが 平 均 で 約 13% 程 度 となります * 上 乗 せ 給 付 の 停 止 は 特 例 解 散 のみの 取 り 扱 いであるため 今 後 通 常 解 散 に 変 更 になった 場 合 は 解 散 認 可 申 請 の 翌 月 の 支 給 停 止 はなく 解 散 認 可 ( 平 成 28 年 3 月 ( 予 定 ))によって 終 了 となります 当 基 金 の 代 行 部 分 の 年 金 は 解 散 認 可 月 ( 平 成 28 年 3 月 分 ( 予 定 ))の 月 分 まで 当 基 金 からお 支 払 いいたします 基 金 解 散 翌 月 分 以 降 の 代 行 相 当 年 金 については 今 までの 国 から 支 給 されていた 老 齢 厚 生 年 金 に 合 算 され 国 から 支 給 されます なお 国 から 支 給 されることになる 基 金 の 代 行 相 当 年 金 は 老 齢 厚 生 年 金 と 同 じ 基 準 で 計 算 されます 支 給 方 法 は 従 来 からの 国 の 年 金 受 取 口 座 に 支 給 されます * 今 後 の 最 終 的 な 記 録 整 理 の 状 況 によっては 国 の 年 金 の 額 改 定 処 理 が 間 に 合 わず 基 金 解 散 の 翌 月 分 からの 代 行 相 当 年 金 の 支 給 が 遅 延 する 場 合 もございますので 予 めご 承 知 おきください 基 金 解 散 後 の 当 基 金 代 行 相 当 部 分 は 国 から 老 齢 厚 生 年 金 として 支 給 されますが 国 から 受 けられる 老 齢 厚 生 年 金 の 手 続 きをされていない 方 や 国 の 年 金 の 受 給 資 格 を 満 たしておらず 国 の 年 金 を 受 けられない 方 は 基 金 から 代 行 相 当 額 が 国 へ 戻 ってい っても 国 の 年 金 の 取 扱 いとなるため 支 給 されなくなりますのでご 注 意 ください ま た 遺 族 年 金 や 障 害 年 金 など 老 齢 厚 生 年 金 以 外 を 選 択 して 受 けている 方 は 基 金 の 代 行 相 当 額 は 老 齢 厚 生 年 金 の 一 部 となるため 支 給 されなくなります 基 金 から 代 行

9 相 当 額 が 戻 ったことにより 老 齢 厚 生 年 金 の 額 が 変 更 になりますので 選 択 等 につい て 管 轄 の 日 本 年 金 機 構 へお 問 い 合 わせください Q19. 基 金 解 散 後 の 加 入 員 待 期 者 に 対 する 年 金 給 付 は 将 来 どうなるのか 厚 生 年 金 基 金 の 給 付 ( 基 本 年 金 )は 国 の 老 齢 厚 生 年 金 ( 報 酬 比 例 部 分 )を 代 行 してお 支 払 いをする 部 分 ( 代 行 部 分 )と 当 基 金 独 自 の 上 乗 せ 部 分 から 構 成 されています 代 行 部 分 の 債 務 ( 最 低 責 任 準 備 金 )は 基 金 解 散 により 国 に 返 還 いたしますので 当 基 金 より 将 来 お 支 払 いする 予 定 であった 基 金 加 入 員 期 間 分 の 代 行 部 分 の 年 金 は 国 へ 引 き 継 がれ 老 齢 厚 生 年 金 として 基 金 加 入 員 期 間 分 が 合 算 されて 計 算 されます なお 将 来 支 払 い 予 定 であった 基 金 独 自 給 付 の 上 乗 せ 部 分 は 基 金 解 散 により 消 滅 いたします ( 当 基 金 の 基 本 年 金 のうち 上 乗 せ 部 分 が 占 める 割 合 は 個 人 毎 に 異 なりま すが 平 均 で 約 13% 程 度 となります) 現 在 特 例 解 散 の 申 請 を 予 定 しておりますが 特 例 解 散 は 基 金 の 資 産 をすべて 国 に 返 還 しますので 解 散 後 に 残 余 は 生 じません なお 代 行 部 分 の 債 務 を 国 に 返 還 したの ちに 基 金 に 残 余 財 産 が 生 じる 場 合 は 特 例 解 散 から 通 常 解 散 に 変 更 となりますが そ の 場 合 は 加 入 員 待 期 者 年 金 受 給 者 の 皆 様 に 上 乗 せ 部 分 に 対 して 基 金 規 約 に 基 づ き 残 余 財 産 に 応 じて 分 配 することとなっております ( 分 配 金 の 額 は 加 入 員 期 間 年 金 額 平 均 余 命 年 数 等 によってお 一 人 毎 に 異 なります) 分 配 が 生 じた 場 合 は 残 余 財 産 確 定 後 ( 基 金 解 散 後 1 年 ~1 年 半 )に 改 めてご 通 知 申 し 上 げます 残 余 財 産 が 確 定 するまでの 間 住 所 氏 名 が 変 更 になられましたら 今 後 の 通 知 等 がお 手 元 に 届 かな くなりますので お 手 数 ですが 当 基 金 事 務 局 ( 清 算 事 務 局 )までご 連 絡 ください 解 散 前 解 散 後 上 乗 せ 部 分 代 行 部 分 ( 厚 生 年 金 保 険 の 報 酬 比 例 部 分 ) 基 金 の 基 本 年 金 終 了 国 へ 返 還 解 散 認 可 により 消 滅 代 行 部 分 ( 厚 生 年 金 保 険 の 報 酬 比 例 部 分 ) 厚 生 年 金 [ 報 酬 比 例 ] 厚 生 年 金 [ 報 酬 比 例 ] ( 再 評 価 スライド 部 分 ) ( 再 評 価 スライド 部 分 ) 老 齢 基 礎 年 金 老 齢 基 礎 年 金

10 Q20. 基 金 解 散 後 受 給 者 加 入 員 待 期 者 は 年 金 事 務 所 で 手 続 きが 必 要 か 解 散 作 業 で 基 金 の 加 入 員 期 間 と 国 の 被 保 険 者 記 録 の 突 合 せを 行 い 代 行 部 分 の 債 務 を 国 に 返 還 いたします 受 給 者 加 入 員 待 期 者 の 方 々の 基 金 の 加 入 員 記 録 は 基 金 から 国 へ 返 還 を 行 いますので 皆 様 からのお 手 続 きは 必 要 ありません Q21. 基 金 の 年 金 手 続 きを 忘 れていたが 未 裁 定 分 の 年 金 は 解 散 後 どうなるのか 基 金 の 解 散 認 可 後 は 厚 生 年 金 基 金 は 解 散 し 清 算 事 務 局 として 清 算 業 務 に 移 行 しますが 解 散 日 までに 支 払 うべきであった 未 請 求 の 年 金 給 付 が 残 っている 場 合 は 当 基 金 からお 支 払 いいたしますので 基 金 ( 清 算 事 務 局 ) 宛 に 早 急 にご 請 求 ください なお 清 算 業 務 に 移 行 後 も 最 低 責 任 準 備 金 の 最 終 確 定 までは 未 払 い 給 付 を 行 いますが それ 以 降 につきましては 未 払 い 分 が 残 った 場 合 は 法 令 に 基 づき 法 務 局 へ 未 配 年 金 を 供 託 する 取 り 扱 いとなります 適 用 関 係 Q22. 基 金 解 散 前 に 基 金 を 脱 退 したい 当 基 金 解 散 前 に 任 意 で 事 業 所 単 位 で 脱 退 することは 可 能 ですが その 場 合 は 改 正 前 厚 生 年 金 保 険 法 及 び 当 基 金 規 約 に 基 づいて 以 下 の 要 件 が 必 要 となりますのでご 留 意 くださ い 加 入 員 の 半 数 以 上 の 同 意 が 必 要 なこと 代 議 員 会 にて 任 意 脱 退 の 承 認 が 必 要 なこと 任 意 脱 退 時 の 一 括 拠 出 金 の 納 付 が 必 要 なこと なお 当 基 金 は 解 散 を 予 定 していますが 脱 退 時 の 一 括 拠 出 金 の 計 算 方 法 は 基 金 が 今 後 も 継 続 するという 前 提 で 前 回 財 政 再 計 算 時 からの 対 応 に 基 づき 計 算 ( 現 在 の 残 存 償 却 期 間 16 年 特 別 掛 金 率 39/1000)されますので 平 成 25 年 度 決 算 時 基 準 では 平 均 給 与 30 万 円 の 場 合 加 入 員 一 人 当 たり 約 180 万 円 となります 来 年 の3 月 に 解 散 認 可 予 定 であるため 基 金 が 存 続 するという 前 提 で16 年 分 の 特 別 掛 金 を 納 入 した 上 で の 任 意 脱 退 は 基 金 の 解 散 を 控 えて 経 済 的 合 理 性 が 成 り 立 たないと 思 慮 します

11 Q23. 適 用 の 届 出 は いつまで 提 出 するのか 当 基 金 が 解 散 認 可 を 得 るまでは 事 務 手 続 きは 現 行 どおりの 取 り 扱 いとなります 新 た に 採 用 される 方 々の 資 格 取 得 届 も 含 め 資 格 喪 失 届 月 額 変 更 届 算 定 基 礎 届 賞 与 支 払 届 住 所 変 更 届 等 すべての 書 類 をご 提 出 ください 当 基 金 が 解 散 認 可 を 受 けると 厚 生 年 金 基 金 は 解 散 の 扱 いとなり 清 算 事 務 局 となります が 解 散 認 可 後 も 国 への 返 還 額 である 最 低 責 任 準 備 金 の 最 終 確 定 まで 認 可 日 直 前 まで の 記 録 について 国 との 記 録 突 合 せ 作 業 が 続 きます このため 届 出 のご 提 出 がない 場 合 は 当 該 部 分 が 記 録 の 不 一 致 となりますので ご 協 力 の 程 よろしくお 願 い 申 し 上 げます Q24. 加 入 員 証 または 年 金 証 書 はいつまで 保 管 するのか 皆 様 のお 手 間 を 省 くため 基 金 解 散 にあたっては 加 入 員 証 年 金 証 書 の 回 収 は 当 基 金 で は 行 いません 基 金 の 加 入 員 記 録 と 国 の 被 保 険 者 記 録 が 一 致 するまで 厳 格 に 記 録 突 合 せ 作 業 を 行 い 作 業 完 了 後 に 皆 様 の 代 行 相 当 部 分 を 国 へ 返 還 いたしますが 基 金 の 加 入 記 録 を 含 む 国 の 被 保 険 者 記 録 を 確 認 されるまでは 各 自 保 管 をお 願 いいたします 厚 生 年 金 基 金 解 散 に 係 るお 問 い 合 わせ 先 東 京 都 墨 田 区 両 国 東 日 本 硝 子 業 厚 生 年 金 基 金 TEL:03(3633)6445 FX:03(3633)7125 URL: * 厚 生 年 金 基 金 解 散 認 可 後 は 清 算 事 務 局 となりますが 上 記 連 絡 先 に 変 更 はございません

<89F08E558270819582602E786C73>

<89F08E558270819582602E786C73> 解 散 決 議 に 関 するQ&A 1. 解 散 に 関 する 基 本 的 な 説 明 Q1.なぜ 厚 生 年 金 基 金 を 解 散 するのですか 1 Q2. 基 金 が 解 散 するとはどういうことですか 1 Q3. 基 金 の 継 続 はできないのですか 1 Q4. 基 金 の 解 散 はもう 確 定 したのですか 2 Q5. 基 金 が 解 散 し 清 算 完 了 まで3 年 ぐらいかかるとのことですが

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

3

3 日 頃 は 当 基 金 の 事 業 運 営 につきまして ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 当 基 金 は 基 金 加 入 員 の 皆 様 の 老 後 の 生 活 の 安 定 と 福 祉 の 向 上 を 目 的 として 昭 和 44 年 10 月 に 西 日 本 地 区 の 電 線 業 界 の 事 業 所 を 対 象 として 設 立 され 事 業 主 の

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

年 金 払 い 退 職 給 付 制 度 における 年 金 財 政 のイメージ 積 立 時 給 付 時 給 付 定 基 (1/2) で 年 金 を 基 準 利 率 で 付 利 給 付 定 基 ( 付 与 利 の ) 有 期 年 金 終 身 年 金 退 職 1 年 2 年 1 月 2 月 ( 終 了 )

年 金 払 い 退 職 給 付 制 度 における 年 金 財 政 のイメージ 積 立 時 給 付 時 給 付 定 基 (1/2) で 年 金 を 基 準 利 率 で 付 利 給 付 定 基 ( 付 与 利 の ) 有 期 年 金 終 身 年 金 退 職 1 年 2 年 1 月 2 月 ( 終 了 ) 共 済 組 合 員 の 皆 さんへ 年 金 払 い 退 職 給 付 制 度 に 係 る 付 与 率 掛 金 率 等 について 昨 年 11 月 にも 組 合 員 の 皆 様 にお 知 らせしましたとおり 本 年 10 月 に 施 行 される 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 により これまでの 職 域 年 金 相 当 部 分 は 廃 止 され 新 たに 年 金 払 い 退 職 給 付 制

More information

<5461726F2D8CFA944E8AEE8BE08BC696B195F18D908F91816990568B8C816A>

<5461726F2D8CFA944E8AEE8BE08BC696B195F18D908F91816990568B8C816A> 厚 生 年 金 基 金 の 業 務 報 告 書 の 様 式 について( 平 成 十 年 十 月 十 四 日 企 国 発 第 三 〇 号 厚 生 省 年 金 局 企 業 年 金 国 民 年 金 基 金 課 長 から 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 通 知 ) - 新 旧 対 照 表 - 新 旧 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 基 金

More information

代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第

代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第 代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第 58 条 第 1 項 に 定 める 財 政 再 計 算 の 実 施 第 2 号 議 案 : 基 金 規

More information

資料 厚生年金基金の今後の方向性について.PDF

資料 厚生年金基金の今後の方向性について.PDF 資 料 厚 生 年 金 基 金 今 後 方 向 性 について 1 ( 総 論 ) 2 厚 生 年 金 基 金 制 度 改 革 基 本 構 造 厚 生 年 金 被 保 険 者 を 含 めたリスク 分 かち 合 いによる 代 行 割 れ 早 期 決 代 行 割 れを 再 び 起 こさない ため 制 度 的 措 置 代 行 部 分 に 対 す る 積 立 比 率 6.0 5.0 4.0 3.0 2.0 1.5

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

老発第    第 号

老発第    第 号 事 務 連 絡 平 成 23 年 10 月 7 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 予 防 )サービス 費 の 受 給 権 及 び 介 護 報 酬 の 返 還 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 取 扱 いに 関 する 事 務 連 絡 等 の 一 部 改 正 について

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63> 厚 生 年 金 基 金 実 務 基 準 第 4 号 [ 平 成 17 年 4 月 改 訂 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 分 配 の 実 務 基 準 [ 内 容 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 基 金 解 散 時 の 分 配 < 参 考 資 料 > 解 散 実 務 の 流 れ( 例 ) [ 留 意 事 項 ] 解 散 時 の 最

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 参 考 資 料 厚 生 年 金 基 金 等 の 現 状 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 給

More information

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題 第 1 回 厚 生 年 金 基 金 制 度 に 関 す る 専 門 委 員 会 平 成 2 4 年 1 1 月 2 日 資 料 3-1 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて ( 試 案 ) この 試 案 は 代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 みとする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 広 く 国 民 の 論 議 に 供 するため 議 論

More information

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加 別 添 事 務 連 絡 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 年 金 機 構 厚 生 年 金 保 険 部 長 殿 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 長 持 続 可 能 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 するための 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 による 健 康 保 険 法 及 び 船 員 保 険 法 改 正 内 容 の 一 部 に

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

2_02_kitei2.ppt

2_02_kitei2.ppt 認 可 特 定 保 険 業 医 師 年 金 規 程 の 主 な 改 定 内 容 平 成 24 年 11 月 日 本 医 師 会 年 金 規 程 改 定 の 基 本 方 針 について 今 般 の 保 険 業 法 改 正 に 伴 う 認 可 特 定 保 険 業 申 請 にあたり 本 会 の 基 本 方 針 としては 現 行 の 年 金 制 度 の 枠 組 みを 変 更 せず 維 持 する としつつ 保

More information

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け

か 行 繰 上 げ/ 繰 上 げ 支 給 の 国 民 年 金 受 取 額 は 少 なくなるが 年 金 を 早 く 受 け 取 ること 早 期 ( 減 額 ) 支 払 い 65 歳 から 受 け 取 る 年 金 を 前 倒 しで 減 額 して 受 ける 年 金 繰 上 げ 請 求 早 期 に 受 け わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 置 き 換 え 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状

More information

法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部 分 ) 本 ページ 以 降 厚 生 年 金 は と 表 記 施 行 日 以

法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部 分 ) 本 ページ 以 降 厚 生 年 金 は と 表 記 施 行 日 以 厚 生 年 金 制 度 の 見 直 し 2014 年 4 月 Member of Multinational Group of Actuaries and Consultants 法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

財政再計算結果_色変更.indd

財政再計算結果_色変更.indd 私 たちの 共 済 年 金 財 政 再 計 算 結 果 と 新 保 険 料 率 について 組 合 員 の 皆 さまに これまでリーフレットなどでお 知 らせしてきましたように 本 年 は 組 合 員 の 皆 さまが 加 入 している 共 済 年 金 で5 年 に 一 度 の 財 政 再 計 算 を 行 う 年 になっています 去 る5 月 27 日 に 財 務 省 から 財 政 再 計 算 に 関

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 事 業 承 継 と 民 法 < 遺 留 分 > 相 続 までに 自 社 株 の 価 値 が 上 昇 すると 想 定 外 の 遺 留 分 の 主 張 を 受 けないか 心 配 だ 後 継 者 に 自 社 株 を 集 中 させたいが 相 続 紛 争 が 心 配 だ 民 法 の 遺 留 分 の 事 前 放 棄 は 利 用 しにくい 相 続 紛 争 や 自 社 株 式 の 分 散 を 防 止 でき 後 継

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB82C98AD682B782E9827081954182512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093C195CA92A58EFB82C98AD682B782E9827081954182512E646F63> 特 別 徴 収 に 関 するQ&A 2 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 介 護 保 険 課 国 民 健 康 保 険 課 高 齢 者 医 療 制 度 施 行 準 備 室 問 1 年 度 途 中 において 保 険 料 が 増 額 された 場 合 は 特 別 徴 収 と 普 通 徴 収 を 併 用 すること( 併 徴 )が 可 能 であるとのことだが 特 別 徴 収 依 頼 の 時 点

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支

か 行 基 金 代 行 厚 生 年 金 基 金 が 国 に 代 わって 厚 生 年 金 の 事 務 の 一 部 を 行 うこと 基 本 月 額 ( 在 職 老 齢 年 金 ) 給 付 加 給 年 金 経 過 的 加 算 を 除 いた 年 金 月 額 加 算 部 分 を 除 いた 年 金 月 額 支 わかりやすい 言 葉 置 き 換 え 例 集 見 直 し 例 ( 年 金 の 支 払 い 関 係 ) あ 行 按 分 ( 離 婚 分 割 ) 年 金 額 を 合 意 された 割 合 で 分 けること 移 管 内 払 調 整 永 久 固 定 年 金 記 録 を 加 入 制 度 間 で 移 動 させること 払 いすぎた 額 を 今 後 支 払 う 年 金 額 から 減 額 すること 障 害 の 状 態

More information

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要)

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要) 25-30 第 17 号 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて( 法 改 正 の 概 要 ) 平 成 25 年 6 月 19 日 団 体 年 金 事 業 部 平 成 25 年 6 月 19 日 の 参 議 院 本 会 議 にて 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 し 法 案 ( 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

Microsoft Word - 14_ _資本準備金他_(修正ー)(2).doc

Microsoft Word - 14_ _資本準備金他_(修正ー)(2).doc 各 位 平 成 22 年 5 月 21 日 上 場 会 社 名 日 特 建 設 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 中 森 保 コード 番 号 1929 ( 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 執 行 役 員 経 営 企 画 室 長 阿 部 義 宏 ( 電 話 番 号 )03-3542-9164 資 本 準 備 金 の 額 の 減 少 剰 余 金 の 処 分 乙 種 優

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり 平 成 21 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313130373238817991678D87817A93C197E18C8892E88270826093AA8E862E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313130373238817991678D87817A93C197E18C8892E88270826093AA8E862E646F6378> 事 業 主 殿 東 自 発 通 知 第 27 号 23 8 月 9 東 京 都 自 動 車 整 備 組 合 理 事 長 早 川 清 三 郎 ( 公 印 省 略 ) 東 本 大 震 災 に 伴 う 法 及 び 厚 生 金 保 険 法 における の 定 時 決 定 の 取 扱 いに 係 る 特 例 措 置 について 事 業 主 の 皆 様 には 平 素 から 当 組 合 の 事 業 運 営 にご 協 力

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 (

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 ( 平 成 27 年 12 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 27 年 5 月 13 日 上 場 会 社 名 KLab 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 真 田 哲 弥 問 合 せ 先 責

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081838269826181848D9196AF944E8BE08AEE5B315D2E2E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081838269826181848D9196AF944E8BE08AEE5B315D2E2E2E646F63> 柔 道 整 復 師 国 民 年 金 基 金 柔 道 整 復 師 は その 多 くが 個 人 単 位 での 自 営 業 者 であり 国 民 年 金 加 入 者 で あると 思 われます そのため 国 民 年 金 に 上 乗 せして 厚 生 年 金 に 加 入 している サラリーマンなどの 給 与 所 得 者 と 国 民 年 金 だけにしか 加 入 していない 自 営 業 者 などとでは 将 来 受 け

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5 資 料 3 番 号 制 度 で 何 ができるようになるか 2011 年 1 月 31 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 ( 注 )ここで 示 される 利 用 場 面 については 関 係 者 にシステム 対 応 等 の 負 担 を 求 める 可 能 性 があることや 個 人 情 報 等 の 取 扱 い 等 に 特 に 留 意 が 必 要 な 場 合 もあることから 引 き 続 き

More information

全設健発第     号

全設健発第     号 全 設 健 発 第 114 号 平 成 28 年 2 月 23 日 事 業 主 殿 全 国 設 計 事 務 所 健 康 保 険 組 合 理 事 長 石 井 純 公 印 省 略 健 康 保 険 法 の 改 正 の ご 案 内 等 に つ い て 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 当 健 康 保 険 組 合 の 運 営 につきましては 日 頃 よりご 協 力 いただき 厚

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

建設特別・資産運用の基本方針

建設特別・資産運用の基本方針 建 設 業 退 職 金 特 別 共 済 事 業 資 産 運 用 の 基 本 方 針 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 変 更 平 成 22 年 12 月 27 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 変 更 平 成 28 年 3 月 1 日 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機

More information

153053-FP知年金_-D-_[本文].indb

153053-FP知年金_-D-_[本文].indb も く じ 公 的 制 度 改 正 動 向 3 12 公 的 払 込 期 間 中 Q& 22 1 主 な 改 正 変 更 事 項 3 (1) 物 価 スライド 特 例 水 準 解 消 と 本 来 水 準 額 3 (2)マクロ 経 済 スライド 本 格 発 動 3 (3) 第 3 号 不 整 合 記 録 問 題 へ 対 応 4 (4) 厚 生 と 共 済 一 元 化 4 (5) 新 たな 保 険 料

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

Microsoft PowerPoint - 総合型DB資料_県版基金説明用.pptx

Microsoft PowerPoint - 総合型DB資料_県版基金説明用.pptx 全 国 建 設 企 業 年 金 基 金 ( 仮 称 )について 平 成 29 年 春 の 設 立 に 向 けて 準 備 を 進 めています 平 成 26 年 10 月 全 国 建 設 厚 生 年 金 基 金 ( 注 ) 現 時 点 における 制 度 の 大 枠 であり 詳 細 については 今 後 検 討 を 行 います 1. 全 国 建 設 企 業 年 金 基 金 ( 仮 称 )について 全 国 建

More information

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日 年 1 年 制 度 の 概 要 1 長 期 給 付 の 種 類 ( 共 済 年 と 基 礎 年 の 種 類 ) 長 期 給 付 は 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによっ て 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とそ の 家 族 の 生 活 の 安

More information

Q10 適 用 年 度 の 前 事 業 年 度 末 日 に 雇 用 者 がいない 場 合 には 雇 用 増 加 割 合 が 算 出 できないため 適 用 年 度 において 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることはできな いのか Q11 新 設 法 人 や 新 たに 事 業 を 開 始

Q10 適 用 年 度 の 前 事 業 年 度 末 日 に 雇 用 者 がいない 場 合 には 雇 用 増 加 割 合 が 算 出 できないため 適 用 年 度 において 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることはできな いのか Q11 新 設 法 人 や 新 たに 事 業 を 開 始 雇 用 促 進 税 制 に 関 する Q&A 雇 用 促 進 税 制 について Q1 雇 用 促 進 税 制 とはどのような 制 度 か ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) Q2 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 要 件 を 一 度 でも 満 たした 場 合 には その 後 適 用 年 度 中 であれば 継 続 して 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることができるのか

More information

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 Up Newsletter 養 老 保 険 の 減 額 逓 増 定 期 保 険 の 取 扱 い 変 更 介 護 費 用 保 険 の 導 入 企 業 の 保 険 のポイント http://www.up-firm.com 1 養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63> 退 職 所 得 に 対 する 住 民 税 の 特 別 徴 収 の 手 引 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 適 用 ) 愛 知 県 清 須 市 - 1 - は じ め に 個 人 の 住 民 税 は 納 税 義 務 者 の 前 年 中 の 所 得 を 課 税 標 準 としてその 翌 年 に 課 税 するいわゆる 前 年 所 得 課 税 をたてまえとしておりますが 退 職 所 得 に 対

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

◆併給の調整◆

◆併給の調整◆ 平 成 18 年 度 の 給 付 額 1 物 価 スライド 特 例 措 置 による 物 価 スライド 率 の 改 定 平 成 17 年 度 0.988 平 成 18 年 度 0.985 2 従 前 額 改 定 率 の 改 定 平 成 17 年 度 1.001 平 成 18 年 度 0.998 3 国 民 年 金 法 による 改 定 率 の 改 定 平 成 17 年 度 1 平 成 18 年 度 0.997

More information

定款の一部変更、全部取得条項付普通株式の取得及び減資に関するお知らせ

定款の一部変更、全部取得条項付普通株式の取得及び減資に関するお知らせ 平 成 23 年 10 月 26 日 各 位 会 社 名 サイレックス テクノロジー 株 式 会 社 代 表 者 名 取 締 役 兼 代 表 執 行 役 社 長 河 野 剛 士 (コード 番 号 6679) 問 合 せ 先 執 行 役 経 営 管 理 本 部 長 情 報 開 示 担 当 鈴 木 祐 二 (TEL 0774-98-3781) 定 款 の 一 部 変 更 全 部 取 得 条 項 付 普

More information

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域 退 職 共 済 年 金 制 度 等 について Ⅰ 年 金 制 度 Ⅱ 退 職 共 済 年 金 Ⅲ 年 金 額 Ⅳ 定 年 退 職 後 の 就 労 と 年 金 調 整 Ⅴ 年 金 の 請 求 手 続 Ⅵ その 他 公 立 学 校 共 済 組 合 大 阪 支 部 Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378> が30 ア されたとき(フルタイムの 再 雇 用 職 員 として 採 用 されたときを 含 む ) 人 事 異 動 に 伴 う 提 類 ( 共 済 組 合 互 助 会 関 係 ) 取 組 共 済 組 合, 互 助 会 の 資 格 取 得 の 届 出 1 船 得 合 員 届 員 提 出 書 当 採 組 ( 書 会 員 ) 資 格 用 合 資 格 取 得 員 届 ( 出 会 員 ) 前 人 給 通 歴

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 21 年 3 月 期 平 成 20 年 7 月 31 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経 理 部 長 (

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

②130401雇用促進計画パンフレット

②130401雇用促進計画パンフレット ( 事 業 主 の 方 へ) 雇 用 促 進 計 画 の 提 出 手 続 き ~ 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けるために~ 適 用 期 限 が2 年 間 延 長 になりました! 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 期 間 内 に 始 まる 事 業 年 度 分 まで 適 用 されます 雇 用 促 進 税 制 とは 適 用 年 度 中 に 雇 用 者 数 を5 人 以 上 ( 中

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A6D92E88B928F6F944E8BE0826582608270816982E682AD82A082E982B28EBF96E2816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A6D92E88B928F6F944E8BE0826582608270816982E682AD82A082E982B28EBF96E2816A2E646F6378> FAQ(よくあるご 質 問 ) 制 度 共 通 1 基 礎 年 金 番 号 は どのようなものです 基 礎 年 金 番 号 とは 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 共 済 組 合 といったすべての 公 的 年 金 制 度 で 共 通 して 使 用 する10 桁 の 番 号 で 一 人 に 一 つの 基 礎 年 金 番 号 が 付 番 されていま す 確 定 拠 出 年 金 に 関 する 各 種

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

「経営者保証に関するガイドライン」に基づく保証債務の整理に係る課税関係の整理

「経営者保証に関するガイドライン」に基づく保証債務の整理に係る課税関係の整理 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン に 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 に 係 る 課 税 関 係 の 整 理 目 次 平 成 26 年 1 月 16 日 制 定 Q1 主 たる 債 務 と 保 証 債 務 の 一 体 整 理 を 既 存 の 私 的 整 理 手 続 により 行 った 場 合... 2 Q2 主 たる 債 務 について 既 に 法 的 整 理 ( 再 生 型 )が 終

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

   新潟市市税口座振替事務取扱要領

   新潟市市税口座振替事務取扱要領 昭 和 63 年 4 月 1 日 制 定 平 成 13 年 5 月 1 日 全 部 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 12 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 7 月 17 日 一 部 改 正 平 成

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 平 成 22 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 サンエツ 金 属 株 式 会 社 上 場 取 引 所 名 コード 番 号 5757 URL http://www.sanetu.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 釣 谷 宏 行 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

保 険 料 の 軽 減 措 置 均 等 割 額 の 軽 減 1 以 下 の 基 準 によって 均 等 割 額 が 軽 減 されます 軽 減 割 合 は 被 保 険 者 と 世 帯 主 の 総 所 得 金 額 等 の 合 計 額 によって 判 定 します 軽 減 割 合 同 一 世 帯 内 の 被 保

保 険 料 の 軽 減 措 置 均 等 割 額 の 軽 減 1 以 下 の 基 準 によって 均 等 割 額 が 軽 減 されます 軽 減 割 合 は 被 保 険 者 と 世 帯 主 の 総 所 得 金 額 等 の 合 計 額 によって 判 定 します 軽 減 割 合 同 一 世 帯 内 の 被 保 保 険 料 について 保 険 料 は 被 保 険 者 が 等 しく 負 担 する 均 等 割 額 と 被 保 険 者 の 所 得 に 応 じて 決 まる 所 得 割 額 の 合 計 額 になります 保 険 料 率 等 は 香 川 県 内 のいずれの 市 町 にお 住 まいでも 同 じです ( 平 成 27 年 度 ) 保 険 料 年 額 基 礎 控 除 後 の 47,200 円 + 所 得 割 率

More information

1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越

1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越 平 成 25 事 業 年 度 財 務 諸 表 の 概 要 1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越 欠 損 金 792 億 円 : 利 益 剰

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 1,424,389 流 動 負 債 1,460,450 現 金 及 び 預 金 988,384 買 掛 金 753 売 掛 金 334,616 短 期 借 入 金 182,000 リ ー ス 債 権 15,287 一 年 内 返 済 予 定 の 長

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information