第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額"

Transcription

1 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫 負 担 22 2 基 礎 年 金 拠 出 金 24 3 保 険 料 の 納 付 等 25 4 保 険 料 の 前 納 29 5 保 険 料 の 免 除 30 6 保 険 料 の 追 納 38 7 後 納 保 険 料 の 納 付 40 8 保 険 料 の 徴 収 等 41 (3)

2 第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 59 3 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 65 4 老 齢 基 礎 年 金 の 失 権 70 第 3 節 障 害 基 礎 年 金 71 1 障 害 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 71 2 併 合 認 定 ( 併 給 の 調 整 ) 78 3 障 害 基 礎 年 金 の 年 金 額 と 加 算 額 78 4 障 害 基 礎 年 金 の 年 金 額 の 改 定 80 5 障 害 基 礎 年 金 の 支 給 停 止 82 6 障 害 基 礎 年 金 の 失 権 84 第 4 節 遺 族 基 礎 年 金 86 1 遺 族 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 86 2 遺 族 の 範 囲 87 3 遺 族 基 礎 年 金 の 年 金 額 と 加 算 額 89 4 遺 族 基 礎 年 金 の 年 金 額 の 改 定 90 5 遺 族 基 礎 年 金 の 支 給 停 止 91 6 遺 族 基 礎 年 金 の 失 権 93 (4)

3 第 5 節 その 他 の 給 付 94 1 付 加 年 金 94 2 寡 婦 年 金 95 3 死 亡 一 時 金 98 4 脱 退 一 時 金 101 第 4 章 給 付 の 通 則 国 民 年 金 事 業 の 財 政 年 金 額 の 改 定 端 数 処 理 未 支 給 年 金 併 給 の 調 整 時 効 116 第 5 章 国 民 年 金 基 金 等 国 民 年 金 基 金 国 民 年 金 基 金 連 合 会 125 (5)

4 本 テキスト 中 の 法 令 略 令 一 覧 法 国 民 年 金 法 法 附 則 国 民 年 金 法 附 則 (60) 法 附 則 昭 和 60 年 改 正 国 民 年 金 法 附 則 ( 元 ) 法 附 則 平 成 元 年 改 正 国 民 年 金 法 附 則 ( 6 ) 法 附 則 平 成 6 年 改 正 国 民 年 金 法 附 則 (16) 法 附 則 平 成 16 年 改 正 国 民 年 金 法 附 則 (23) 法 附 則 平 成 23 年 改 正 国 民 年 金 法 附 則 (24) 法 附 則 平 成 24 年 改 正 国 民 年 金 法 附 則 (25) 法 附 則 平 成 25 年 改 正 国 民 年 金 法 附 則 令 国 民 年 金 法 施 行 令 改 定 率 改 定 令 国 民 年 金 法 による 改 定 率 の 改 定 等 に 関 する 政 令 則 国 民 年 金 法 施 行 規 則 厚 年 法 厚 生 年 金 保 険 法 厚 年 令 厚 生 年 金 保 険 法 施 行 令 措 置 令 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 経 過 措 置 に 関 す る 政 令 基 金 令 国 民 年 金 基 金 令 労 基 法 労 働 基 準 法 (6)

5 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者

6 法 1 条 法 2 条 1 目 的 国 民 年 金 制 度 は 日 本 国 憲 法 第 25 条 第 2 項 に 規 定 する 理 念 に 基 き 老 齢 障 害 又 は 死 亡 によって 国 民 生 活 の 安 定 がそこなわれ ることを 国 民 の 共 同 連 帯 によって 防 止 し もって 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 及 び 向 上 に 寄 与 することを 目 的 とする 国 民 年 金 は 上 記 法 第 1 条 の 目 的 を 達 成 するため 国 民 の 老 齢 障 害 又 は 死 亡 に 関 して 必 要 な 給 付 を 行 うものとする 法 3 条 1 項 法 3 条 2 項 法 3 条 3 項 2 管 掌 等 1 管 掌 及 び 事 務 の 実 施 ⑴ 国 民 年 金 事 業 は 政 府 が 管 掌 する ⑵ 国 民 年 金 事 業 の 事 務 の 一 部 は 政 令 の 定 めるところにより 法 律 によって 組 織 された 共 済 組 合 ( 以 下 共 済 組 合 という ) 国 家 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 全 国 市 町 村 職 員 共 済 組 合 連 合 会 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 ( 以 下 共 済 組 合 等 という )に 行 わせることができる ⑶ 国 民 年 金 事 業 の 事 務 の 一 部 は 政 令 の 定 めるところにより 市 町 村 長 ( 特 別 区 の 区 長 を 含 む 以 下 同 じ )が 行 うこととす ることができる 令 1 条 の2 例 えば 任 意 加 入 被 保 険 者 の 資 格 取 得 及 び 喪 失 の 申 出 の 受 理 並 びにその 申 出 に 係 る 事 実 についての 審 査 第 1 号 被 保 険 者 であった 期 間 のみを 有 する 者 に 支 給 される 老 齢 基 礎 年 金 寡 婦 年 金 死 亡 一 時 金 など 一 定 の 給 付 を 受 ける 権 利 の 裁 定 請 求 の 受 理 及 びその 請 求 に 係 る 事 実 についての 審 査 など 各 種 届 出 申 請 等 の 受 理 審 査 に 関 する 事 務 を 市 町 村 長 が 担 当 し ている 2 2 日 本 年 金 機 構 日 本 年 金 機 構 ( 以 下 機 構 という )は 従 来 の 社 会 保 険 庁 の 廃 止 に 伴 い 設 立 された 非 公 務 員 型 の 公 法 人 であり 国 民 年 金 制 度 における 厚 生 労 働 大 臣 の 権 限 に 係 る 一 連 の 運 営 業 務 を 行 うことと されている

7 < 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 > 3 権 限 の 委 任 等 1 機 構 への 委 任 等 ⑴ 機 構 への 厚 生 労 働 大 臣 の 権 限 に 係 る 事 務 の 委 任 厚 生 労 働 大 臣 の 権 限 に 係 る 事 務 ( 前 記 2 1⑵ ⑶により 共 済 組 合 等 市 町 村 長 が 行 うこととされたものを 除 く )については その 一 部 を 機 構 に 行 わせるものとされている ⑵ 機 構 への 事 務 の 委 託 厚 生 労 働 大 臣 は 国 民 年 金 制 度 における 事 務 ( 前 記 2 1 ⑵ ⑶により 共 済 組 合 等 市 町 村 長 が 行 うこととされたものを 除 く ) については その 一 部 を 機 構 に 行 わせるものとされている 法 109 条 の 4, 1 項 法 109 条 の10, 1 項 2 地 方 厚 生 局 長 等 への 権 限 の 委 任 ⑴ 地 方 厚 生 局 長 等 への 権 限 の 委 任 国 民 年 金 法 に 規 定 する 厚 生 労 働 大 臣 の 権 限 ( 次 の⑵の 権 限 等 一 部 の 権 限 を 除 く )は 地 方 厚 生 局 長 に 委 任 することができる また これにより 地 方 厚 生 局 長 に 委 任 された 権 限 は 地 方 厚 生 支 局 長 に 委 任 することができる 法 109 条 の 9, 1 項 法 109 条 の 9, 2 項 3

8 法 142 条 の 2, 1 項 法 142 条 の 2, 2 項 ⑵ 国 民 年 金 基 金 に 係 る 権 限 の 委 任 厚 生 労 働 大 臣 の 権 限 のうち 国 民 年 金 基 金 に 係 るものは 厚 生 労 働 省 令 の 定 めるところにより その 一 部 を 地 方 厚 生 局 長 に 委 任 す ることができる また これにより 地 方 厚 生 局 長 に 委 任 された 権 限 は 厚 生 労 働 省 令 の 定 めるところにより 地 方 厚 生 支 局 長 に 委 任 することが できる 法 5 条 8 項 4 用 語 の 定 義 1 政 府 及 び 実 施 機 関 国 民 年 金 法 において 政 府 及 び 実 施 機 関 とは 厚 生 年 金 保 険 の 実 施 者 たる 政 府 及 び 実 施 機 関 たる 共 済 組 合 等 をいう 法 5 条 9 項 図 表 1 1 政 府 及 び 実 施 機 関 2 実 施 機 関 たる 共 済 組 合 等 国 民 年 金 法 において 実 施 機 関 たる 共 済 組 合 等 とは 次 に 掲 げるものをいう ⑴ 厚 生 年 金 保 険 の 実 施 機 関 たる 国 家 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 ⑵ 厚 生 年 金 保 険 の 実 施 機 関 たる 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 ⑶ 厚 生 年 金 保 険 の 実 施 機 関 たる 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 厚 生 年 金 保 険 の 実 施 者 たる 政 府 政 府 及 び 実 施 機 関 厚 生 年 金 保 険 の 実 施 機 関 たる 国 家 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 実 施 機 関 たる 共 済 組 合 等 厚 生 年 金 保 険 の 実 施 機 関 たる 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 厚 生 年 金 保 険 の 実 施 機 関 たる 日 本 私 立 学 校 振 共 済 事 業 4

9 < 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 > 3 保 険 料 納 付 済 期 間 国 民 年 金 法 において 保 険 料 納 付 済 期 間 とは 次 の⑴ ⑶ の 期 間 を 合 算 した 期 間 をいう ⑴ 第 1 号 被 保 険 者 としての 被 保 険 者 期 間 のうち 保 険 料 を 納 付 した 期 間 1 法 第 96 条 ( 督 促 及 び 滞 納 処 分 * )の 規 定 により 徴 収 された 保 険 料 を 含 む 2 法 第 90 条 の2 第 1 項 第 3 項 (4 分 の3 免 除 半 額 免 除 4 分 の1 免 除 ) の 規 定 によりその 一 部 の 額 につき 納 付 することを 要 しないものとさ れた 保 険 料 につきその 残 余 の 額 が 納 付 又 は 徴 収 されたものを 除 く 法 5 条 1 項 *P.41 参 照 例 えば 第 1 号 被 保 険 者 が 保 険 料 4 分 の 3 免 除 期 間 について 免 除 さ れる 額 以 外 の 残 りの 額 ( 4 分 の 1 の 部 分 )の 保 険 料 を 納 付 した 期 間 は 保 険 料 を 納 付 した 期 間 ではあるが 保 険 料 納 付 済 期 間 には 含 まれず 保 険 料 4 分 の 3 免 除 期 間 とされる ⑵ 第 2 号 被 保 険 者 としての 被 保 険 者 期 間 ⑶ 第 3 号 被 保 険 者 としての 被 保 険 者 期 間 4 保 険 料 免 除 期 間 国 民 年 金 法 において 保 険 料 免 除 期 間 とは 保 険 料 全 額 免 除 期 間 保 険 料 4 分 の 3 免 除 期 間 保 険 料 半 額 免 除 期 間 及 び 保 険 料 4 分 の 1 免 除 期 間 を 合 算 した 期 間 をいう ⑴ 保 険 料 全 額 免 除 期 間 第 1 号 被 保 険 者 としての 被 保 険 者 期 間 であって 法 第 89 条 第 1 項 ( 法 定 免 除 ) 第 90 条 第 1 項 ( 全 額 免 除 ) 第 90 条 の 3 第 1 項 ( 学 生 納 付 特 例 ) (16) 法 附 則 第 19 条 第 1 項 及 び 2 項 ( 若 年 者 納 付 猶 予 ) 又 は(26) 法 附 則 第 14 条 第 1 項 (50 歳 未 満 納 付 猶 予 )の 規 定 により 納 付 することを 要 しないものとされた 保 険 料 に 係 るもの を 合 算 した 期 間 をいう ⑵ 保 険 料 4 分 の 3 免 除 期 間 第 1 号 被 保 険 者 としての 被 保 険 者 期 間 であって 法 第 90 条 の 2 第 1 項 ( 4 分 の 3 免 除 )の 規 定 によりその 4 分 の 3 の 額 につき 納 付 することを 要 しないものとされた 保 険 料 ( 納 付 することを 要 しな 法 5 条 2 項 * 保 険 料 の 免 除 は 第 2 章 5(P.30 ) で 学 習 する 法 5 条 3 項 (16) 法 附 則 19 条 4 項 (26) 法 附 則 14 条 3 項 法 5 条 4 項 5

10 法 5 条 5 項 法 5 条 6 項 いものとされた 4 分 の 3 の 額 以 外 の 4 分 の 1 の 額 につき 納 付 され たものに 限 る )に 係 るもの を 合 算 した 期 間 をいう ⑶ 保 険 料 半 額 免 除 期 間 第 1 号 被 保 険 者 としての 被 保 険 者 期 間 であって 法 第 90 条 の 2 第 2 項 ( 半 額 免 除 )の 規 定 によりその 半 額 につき 納 付 することを 要 しないものとされた 保 険 料 ( 納 付 することを 要 しないものとされ た 半 額 以 外 の 半 額 につき 納 付 されたものに 限 る )に 係 るもの を 合 算 した 期 間 をいう ⑷ 保 険 料 4 分 の 1 免 除 期 間 第 1 号 被 保 険 者 としての 被 保 険 者 期 間 であって 法 第 90 条 の 2 第 3 項 ( 4 分 の 1 免 除 )の 規 定 によりその 4 分 の 1 の 額 につき 納 付 することを 要 しないものとされた 保 険 料 ( 納 付 することを 要 しな いものとされた 4 分 の 1 の 額 以 外 の 4 分 の 3 の 額 につき 納 付 され たものに 限 る )に 係 るもの を 合 算 した 期 間 をいう * 保 険 料 の 追 納 は 第 ⑴ ⑷いずれも 法 第 94 条 第 4 項 ( 保 険 料 の 追 納 * )の 規 定 により 納 付 2 章 6(P.38 ) で 学 されたものとみなされた 保 険 料 に 係 る 期 間 を 除 く 習 する 図 表 1 2 保 険 料 免 除 期 間 法 定 免 除 保 険 料 免 除 期 間 保 険 料 全 額 免 除 期 間 保 険 料 4 分 の 3 免 除 期 間 保 険 料 半 額 免 除 期 間 全 額 免 除 学 生 納 付 特 例 若 年 者 納 付 猶 予 50 歳 未 満 納 付 猶 予 保 険 料 4 分 の 1 免 除 期 間 法 5 条 7 項 5 配 偶 者 夫 及 び 妻 国 民 年 金 法 において 配 偶 者 夫 及 び 妻 には 婚 姻 の 届 出 をしていないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 むものとする 6

11 < 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 > 5 被 保 険 者 国 民 年 金 の 被 保 険 者 は 法 律 上 当 然 に( 強 制 的 に) 被 保 険 者 と なる 強 制 加 入 被 保 険 者 と 強 制 加 入 被 保 険 者 に 該 当 しない 一 定 の 者 からの 任 意 の 申 出 により 被 保 険 者 となる 任 意 加 入 被 保 険 者 に 分 け られる 具 体 的 な 種 類 は 図 表 1 3 の 通 りである 図 表 1 3 被 保 険 者 の 種 類 1 強 制 加 入 被 保 険 者 国 民 年 金 の 強 制 加 入 被 保 険 者 は 第 1 号 被 保 険 者 第 2 号 被 保 険 者 及 び 第 3 号 被 保 険 者 の 3 種 類 に 分 けられる ⑴ 第 1 号 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 者 であって 第 2 号 被 保 険 者 及 び 第 3 号 被 保 険 者 のいずれにも 該 当 しないもの( 厚 生 年 金 保 険 法 に 基 づく 老 齢 給 付 等 を 受 けることができる 者 を 除 く ) 法 7 条 1 項 1 号 第 1 号 被 保 険 者 となるためには 国 内 居 住 要 件 と 年 齢 要 件 (20 歳 以 上 60 歳 未 満 )を 満 たすことが 必 要 である ⑵ 第 2 号 被 保 険 者 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 ただし 65 歳 以 上 の 者 にあっては 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 その 他 の 老 齢 又 は 退 職 を 支 給 事 由 とする 年 金 たる 給 付 であっ て 政 令 で 定 める 給 付 の 受 給 権 を 有 しない 被 保 険 者 に 限 る 法 7 条 1 項 2 号 法 附 則 3 条 厚 年 法 附 則 4 条 の 3, 1 項 厚 年 令 5 条 7

12 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 は 国 民 年 金 の 第 2 号 被 保 険 者 とされ 厚 生 年 金 保 険 制 度 と 併 せて 2 つの 年 金 制 度 に 加 入 することになる また 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 については 民 間 被 用 者 等 である 被 保 険 者 であるか 公 務 員 等 である 被 保 険 者 であるかを 区 別 するための 厚 生 年 金 保 険 におけ る 種 別 が 次 の 通 り 設 けられている 第 1 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 第 3 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 第 4 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 下 記 以 外 の 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 国 家 公 務 員 共 済 組 合 の 組 合 員 たる 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 地 方 公 務 員 共 済 組 合 の 組 合 員 たる 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 私 立 学 校 教 職 員 共 済 制 度 の 加 入 者 たる 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 第 2 号 被 保 険 者 は 国 内 居 住 要 件 は 問 われない 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 は 20 歳 未 満 又 は60 歳 以 上 であっても 第 2 号 被 保 険 者 となるが 65 歳 以 上 の 老 齢 厚 生 年 金 等 の 受 給 権 者 は 第 2 号 被 保 険 者 から 除 かれ る 法 7 条 1 項 3 号 ⑶ 第 3 号 被 保 険 者 第 2 号 被 保 険 者 の 配 偶 者 であって 主 として 第 2 号 被 保 険 者 の 収 入 により 生 計 を 維 持 するもの( 第 2 号 被 保 険 者 である 者 を 除 く 以 下 被 扶 養 配 偶 者 という )のうち20 歳 以 上 60 歳 未 満 のもの 法 7 条 2 項 令 4 条 被 扶 養 配 偶 者 の 認 定 は 健 康 保 険 法 等 における 被 扶 養 者 の 認 定 の 取 扱 いを 勘 案 して 機 構 が 行 う 第 2 号 被 保 険 者 の20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 配 偶 者 であっても 配 偶 者 自 身 が 自 営 業 を 営 んでおり 被 扶 養 配 偶 者 として 認 定 される 基 準 を 超 える 収 入 がある 場 合 は 第 1 号 被 保 険 者 となる また 配 偶 者 自 身 が 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 等 である 場 合 には その 者 は 第 2 号 被 保 険 者 となる 第 1 号 被 保 険 者 の 配 偶 者 は 20 歳 以 上 60 歳 未 満 であっても 第 3 号 被 保 険 者 とならない( 例 えば 自 営 業 を 営 んでいる 者 の 妻 は 専 業 主 婦 で あっても 第 1 号 被 保 険 者 となる ) 厚 生 年 金 保 険 法 に 基 づく 老 齢 給 付 等 を 受 けることができる 場 合 であっ ても 要 件 を 満 たしていれば 第 3 号 被 保 険 者 となる 8

13 < 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 > 第 3 号 被 保 険 者 となるためには 第 2 号 被 保 険 者 による 生 計 維 持 関 係 と 年 齢 要 件 (20 歳 以 上 60 歳 未 満 )を 満 たす ことが 必 要 である( 国 内 居 住 要 件 は 問 われない ) 図 表 1 4 強 制 加 入 被 保 険 者 の 要 件 被 保 険 者 の 種 類 国 内 居 住 要 件 年 齢 要 件 生 計 維 持 要 件 国 籍 要 件 第 1 号 被 保 険 者 日 本 国 内 20 歳 以 上 60 歳 未 満 第 2 号 被 保 険 者 ( 原 則 ) 第 3 号 被 保 険 者 20 歳 以 上 60 歳 未 満 第 2 号 被 保 険 者 による 生 計 維 持 第 1 号 被 保 険 者 第 2 号 被 保 険 者 及 び 第 3 号 被 保 険 者 の いずれの 者 も 国 籍 要 件 ( 日 本 国 籍 を 有 する 者 であること) は 問 われない 2 任 意 加 入 被 保 険 者 ⑴ 次 に 掲 げる 者 ( 第 2 号 被 保 険 者 及 び 第 3 号 被 保 険 者 を 除 く ) は 厚 生 労 働 大 臣 に 申 し 出 て 被 保 険 者 となることができる この 申 出 により 被 保 険 者 となった 者 を 任 意 加 入 被 保 険 者 という 1 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 者 であって 厚 生 年 金 保 険 法 に 基 づく 老 齢 給 付 等 を 受 けることができるも の 2 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 者 3 日 本 国 籍 を 有 する 者 その 他 政 令 で 定 める 者 であって 日 本 国 内 に 住 所 を 有 しない20 歳 以 上 65 歳 未 満 のもの 図 表 1 5 任 意 加 入 被 保 険 者 法 附 則 5 条 1 項 9

14 前 記 1 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 者 であって 厚 生 年 金 保 険 法 に 基 づく 老 齢 給 付 等 を 受 けることができるもの は 第 1 号 被 保 険 者 から 除 かれる 者 である この 者 は 第 1 号 被 保 険 者 とはならない が 任 意 加 入 被 保 険 者 となることができる 法 附 則 5 条 2 項 20 歳 未 満 の 者 は 任 意 加 入 被 保 険 者 となることはでき ない 日 本 国 内 に 住 所 を 有 しない 場 合 は 日 本 国 籍 を 有 する ことが 要 件 となる 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 を 受 けている60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 者 も 要 件 を 満 たしていれば 任 意 加 入 被 保 険 者 となることができる ⑵ 前 記 ⑴1 又 は2に 該 当 する 者 が 任 意 加 入 の 申 出 を 行 おうとす る 場 合 には 口 座 振 替 納 付 を 希 望 する 旨 の 申 出 又 は 口 座 振 替 納 付 によらない 正 当 な 事 由 がある 場 合 として 厚 生 労 働 省 令 で 定 め る 場 合 に 該 当 する 旨 の 申 出 を 厚 生 労 働 大 臣 に 対 してしなければ ならない 法 92 条 の 2 口 座 振 替 納 付 とは 預 金 又 は 貯 金 の 払 出 しとその 払 い 出 した 金 銭 による 保 険 料 の 納 付 をその 預 金 口 座 又 は 貯 金 口 座 のある 金 融 機 関 に 委 託 して 行 うことをいう 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する 者 が 任 意 加 入 の 申 出 を 行 おうと する 場 合 には 原 則 として 口 座 振 替 納 付 の 申 出 をしな ければならない( 後 記 3の 者 についても 同 様 である ) 法 附 則 5 条 5 項 ⑶ 任 意 加 入 被 保 険 者 は いつでも 厚 生 労 働 大 臣 に 申 し 出 て 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 することができる (6) 法 附 則 11 条 1 項 (16) 法 附 則 23 条 1 項 3 任 意 加 入 被 保 険 者 の 特 例 ⑴ 昭 和 40 年 4 月 1 日 以 前 に 生 まれた 者 であって 次 のいずれ かに 該 当 するもの( 第 2 号 被 保 険 者 を 除 く ) は 厚 生 労 働 大 臣 に 申 し 出 て 被 保 険 者 となることができる ただし その 者 が 老 齢 基 礎 年 金 厚 生 年 金 保 険 法 による 老 齢 厚 生 年 金 その 他 の 老 齢 又 は 退 職 を 支 給 事 由 とする 年 金 たる 給 付 10

15 < 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 > であって 政 令 で 定 める 給 付 の 受 給 権 を 有 する 場 合 は この 限 り でない この 申 出 により 被 保 険 者 となった 者 をいわゆる 特 例 による 任 意 加 入 被 保 険 者 という 1 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する65 歳 以 上 70 歳 未 満 の 者 2 日 本 国 籍 を 有 する 者 であって 日 本 国 内 に 住 所 を 有 しない 65 歳 以 上 70 歳 未 満 のもの 前 記 2の 任 意 加 入 は 老 齢 基 礎 年 金 の 受 給 資 格 期 間 を 満 たしていても 年 金 の 増 額 を 目 的 として 任 意 加 入 することができるが 3のいわゆる 特 例 による 任 意 加 入 は 老 齢 基 礎 年 金 の 受 給 権 を 取 得 することが 目 的 のた め 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 権 を 有 していない 者 に 限 り 任 意 加 入 すること ができる ⑵ 前 記 ⑴1に 該 当 する 者 が 任 意 加 入 の 申 出 を 行 おうとする 場 合 には 口 座 振 替 納 付 を 希 望 する 旨 の 申 出 又 は 口 座 振 替 納 付 によら ない 正 当 な 事 由 がある 場 合 として 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 場 合 に 該 当 する 旨 の 申 出 を 厚 生 労 働 大 臣 に 対 してしなければならない ⑶ 前 記 2⑴2 3に 該 当 する 任 意 加 入 被 保 険 者 ( 昭 和 40 年 4 月 1 日 以 前 生 まれの 者 に 限 る )が65 歳 に 達 した 場 合 において 前 記 ⑴のただし 書 にある 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 権 を 有 しないと きは 特 例 による 任 意 加 入 の 申 出 があったものとみなす ⑷ 特 例 による 任 意 加 入 被 保 険 者 は いつでも 厚 生 労 働 大 臣 に 申 し 出 て 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 することができる (6) 法 附 則 11 条 2 項 (16) 法 附 則 23 条 2 項 (6) 法 附 則 11 条 3 項 (16) 法 附 則 23 条 3 項 (6) 法 附 則 11 条 6 項 (16) 法 附 則 23 条 6 項 11

16 次 の 表 は 任 意 加 入 被 保 険 者 と 特 例 による 任 意 加 入 被 保 険 者 の 取 扱 いに ついて 記 載 したものであるが 一 通 り 学 習 が 終 わった 後 にもう 一 度 確 認 してみよう 任 意 加 入 被 保 険 者 特 例 任 意 加 入 被 保 険 者 の 取 扱 い 任 意 加 入 被 保 険 者 特 例 任 意 加 入 被 保 険 者 付 加 保 険 料 納 付 できる 納 付 できない 保 険 料 免 除 適 用 されない 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 繰 上 げ できない 死 亡 一 時 金 の 支 給 要 件 寡 婦 年 金 の 支 給 要 件 脱 退 一 時 金 の 支 給 要 件 任 意 加 入 被 保 険 者 としての 被 保 険 者 期 間 特 例 任 意 加 入 被 保 険 者 としての 被 保 険 者 期 間 第 1 号 被 保 険 者 としての 被 保 険 者 期 間 とみなされる 第 1 号 被 保 険 者 としての 被 保 険 者 期 間 とみなされる 算 入 されない 第 1 号 被 保 険 者 としての 被 保 険 者 期 間 とみなされる 法 8 条 6 資 格 の 取 得 1 強 制 加 入 被 保 険 者 の 資 格 取 得 の 時 期 強 制 加 入 被 保 険 者 は 次 の 図 表 1 6 に 掲 げる 事 由 のいずれか に 該 当 するに 至 った 日 に それぞれ 被 保 険 者 の 資 格 を 取 得 する 12

17 < 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 > 図 表 1 6 強 制 加 入 被 保 険 者 の 資 格 取 得 時 期 20 歳 に 達 したとき 取 得 時 期 その 日 第 1 号 被 保 険 者 第 2 号 被 保 険 者 第 3 号 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 を 有 するに 至 ったとき 厚 生 年 金 保 険 法 に 基 づく 老 齢 給 付 等 を 受 けることができる 者 でなくなっ たとき 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 資 格 を 取 得 したとき ( 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 間 において) 被 扶 養 配 偶 者 となったとき ( 被 扶 養 配 偶 者 が)20 歳 に 達 したとき 注 〇 〇 歳 に 達 した 日 とは 誕 生 日 の 前 日 を 指 す したがって 例 えば 4 月 1 日 が 誕 生 日 の 者 は 3 月 31 日 が20 歳 に 達 した 日 となる 2 任 意 加 入 被 保 険 者 (52の 任 意 加 入 被 保 険 者 )の 資 格 取 得 の 時 期 前 記 52⑴1 2の 者 については 厚 生 労 働 大 臣 に 口 座 振 替 納 付 を 希 望 する 旨 又 は 口 座 振 替 納 付 によらない 正 当 な 事 由 がある 場 合 として 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 場 合 に 該 当 する 旨 の 申 出 をした 日 3の 者 については 厚 生 労 働 大 臣 に 任 意 加 入 の 申 出 をした 日 に 被 保 険 者 の 資 格 を 取 得 する 法 附 則 5 条 3 項 P.92 参 照 3 65 歳 以 上 70 歳 未 満 の 特 例 による 任 意 加 入 被 保 険 者 (53の 任 意 加 入 被 保 険 者 )の 資 格 取 得 の 時 期 前 記 53⑴1の 者 については 厚 生 労 働 大 臣 に 口 座 振 替 納 付 を 希 望 する 旨 又 は 口 座 振 替 納 付 によらない 正 当 な 事 由 がある 場 合 と して 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 場 合 に 該 当 する 旨 の 申 出 をした 日 2 の 者 については 厚 生 労 働 大 臣 に 任 意 加 入 の 申 出 をした 日 に 被 保 険 者 の 資 格 を 取 得 する また 53⑶により 特 例 による 任 意 加 入 の 申 出 があったものとみなされた 者 については 65 歳 に 達 した 日 に 被 保 険 者 の 資 格 を 取 得 する (6) 法 附 則 11 条 4 項 (16) 法 附 則 23 条 4 項 P.103 参 照 13

18 法 9 条 7 資 格 の 喪 失 1 強 制 加 入 被 保 険 者 の 資 格 喪 失 の 時 期 強 制 加 入 被 保 険 者 は 次 の 図 表 1 7 に 掲 げる 事 由 のいずれか 法 附 則 4 条 の 2 に 該 当 するに 至 った 日 の 翌 日 又 は 該 当 するに 至 った 日 に 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 する 図 表 1 7 強 制 加 入 被 保 険 者 の 資 格 喪 失 時 期 第 1 号 被 保 険 者 第 2 号 被 保 険 者 第 3 号 被 保 険 者 死 亡 したとき 翌 日 日 本 国 内 に 住 所 を 有 しなくなっ たとき 死 亡 したとき 死 亡 したとき 被 扶 養 配 偶 者 でなくなったとき ( 第 1 号 被 保 険 者 又 は 第 2 号 被 保 険 者 に 該 当 するときは 種 別 の 変 更 ) 喪 失 時 期 その 日 60 歳 に 達 したとき 厚 生 年 金 保 険 法 に 基 づく 老 齢 給 付 等 を 受 けることができる 者 となったと き 日 本 国 内 に 住 所 を 有 しなくなった 日 に 更 に 第 2 号 被 保 険 者 又 は 第 3 号 被 保 険 者 となったとき 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 したとき( 第 1 号 被 保 険 者 又 は 第 3 号 被 保 険 者 に 該 当 するときは 種 別 の 変 更 ) 65 歳 に 達 したとき(ただし 老 齢 又 は 退 職 を 支 給 事 由 とする 年 金 たる 給 付 の 受 給 権 を 有 する 場 合 に 限 る ) 60 歳 に 達 したとき 例 えば 第 2 号 被 保 険 者 が 会 社 を 退 職 し 第 1 号 被 保 険 者 に 該 当 する 場 合 のように 被 保 険 者 資 格 の 得 喪 を 伴 わず 強 制 被 保 険 者 の 種 別 の 間 で 変 更 が 行 われることを 種 別 の 変 更 という 14 法 附 則 5 条 6 9 項 2 任 意 加 入 被 保 険 者 (52の 任 意 加 入 被 保 険 者 )の 資 格 喪 失 の 時 期 (52の) 任 意 加 入 被 保 険 者 は 次 の 図 表 1 8 に 掲 げる 事 由 のいずれかに 該 当 するに 至 った 日 の 翌 日 又 は 該 当 するに 至 った 日 に それぞれ 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 する

19 < 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 > 図 表 1 8 (52の) 任 意 加 入 被 保 険 者 の 資 格 喪 失 時 期 共 通 日 本 国 内 に 住 所 を 有 す る20 歳 以 上 60 歳 未 満 で 厚 生 年 金 保 険 法 に 基 づ く 老 齢 給 付 等 を 受 ける ことができる 任 意 加 入 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 を 有 す る60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 任 意 加 入 被 保 険 者 日 本 国 籍 を 有 する 者 で あって 日 本 国 内 に 住 所 を 有 しない20 歳 以 上 65 歳 未 満 の 任 意 加 入 被 保 険 者 死 亡 したとき 翌 日 日 本 国 内 に 住 所 を 有 しなくな ったとき 保 険 料 を 滞 納 し 督 促 状 の 指 定 期 限 までに その 保 険 料 を 納 付 しないとき 日 本 国 内 に 住 所 を 有 しなくな ったとき 保 険 料 を 滞 納 し 督 促 状 の 指 定 期 限 までに その 保 険 料 を 納 付 しないとき 日 本 国 内 に 住 所 を 有 するに 至 ったとき 日 本 国 籍 を 有 する 者 でなくな ったとき 保 険 料 を 滞 納 し その 後 保 険 料 を 納 付 することなく 2 年 間 が 経 過 したとき 喪 失 時 期 その 日 65 歳 に 達 したとき 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 資 格 を 取 得 したとき 厚 生 労 働 大 臣 に 対 する 資 格 喪 失 の 申 出 が 受 理 されたとき 老 齢 基 礎 年 金 が 満 額 支 給 され るための 期 間 を 満 たしたとき 日 本 国 内 に 住 所 を 有 しなくなっ た 日 に 更 に 被 保 険 者 の 資 格 を 取 得 したとき 厚 生 年 金 保 険 法 に 基 づく 老 齢 給 付 等 を 受 けることができる 者 でなくなったとき 被 扶 養 配 偶 者 となったとき 日 本 国 内 に 住 所 を 有 しなくなっ た 日 に 更 に 被 保 険 者 の 資 格 を 取 得 したとき 左 欄 に 掲 げる 事 実 があった 日 に 更 に 被 保 険 者 の 資 格 を 取 得 した とき 被 扶 養 配 偶 者 となったとき ( 60 歳 未 満 であるときに 限 る ) 法 第 27 条 各 号 に 掲 げる 月 数 ( 第 3 章 第 2 節 22の1 8の 月 数 )を 合 算 した 月 数 が480に 達 したとき 将 来 受 給 できる 老 齢 基 礎 年 金 の 額 を 増 やすために 国 民 年 金 に 任 意 加 入 し ている 者 について 保 険 料 納 付 済 期 間 等 の 月 数 を 合 算 した 月 数 が480に 達 したことにより 満 額 の 老 齢 基 礎 年 金 を 受 給 するための 期 間 を 満 たすこ ととなったときは その 月 数 を 超 えて 保 険 料 を 納 める 必 要 はなくなるた め その 者 からの 申 出 の 有 無 にかかわらず その 日 に 任 意 加 入 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 することとされている 15

20 (6) 法 附 則 11 条 7 9 項 (16) 法 附 則 23 条 7 9 項 3 65 歳 以 上 70 歳 未 満 の 特 例 による 任 意 加 入 被 保 険 者 (53の 任 意 加 入 被 保 険 者 )の 資 格 喪 失 の 時 期 65 歳 以 上 70 歳 未 満 の 特 例 による 任 意 加 入 被 保 険 者 は 次 の 図 表 1 9 に 掲 げる 事 由 のいずれかに 該 当 するに 至 った 日 の 翌 日 又 は 該 当 するに 至 った 日 に それぞれ 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 する 図 表 歳 以 上 70 歳 未 満 の 特 例 による 任 意 加 入 被 保 険 者 の 資 格 喪 失 時 期 共 通 日 本 国 内 に 住 所 を 有 す る65 歳 以 上 70 歳 未 満 の 任 意 加 入 被 保 険 者 日 本 国 籍 を 有 する 者 で あって 日 本 国 内 に 住 所 を 有 しない65 歳 以 上 70 歳 未 満 の 任 意 加 入 被 保 険 者 喪 失 時 期 翌 日 その 日 死 亡 したとき 老 齢 基 礎 年 金 老 齢 厚 生 年 金 その 他 の 老 齢 又 は 退 職 を 支 給 70 歳 に 達 したとき 事 由 とする 年 金 たる 給 付 であ って 政 令 で 定 める 給 付 の 受 給 権 を 取 得 したとき 日 本 国 内 に 住 所 を 有 しなくな ったとき 保 険 料 を 滞 納 し 督 促 状 の 指 定 期 限 までに その 保 険 料 を 納 付 しないとき 日 本 国 内 に 住 所 を 有 するに 至 ったとき 日 本 国 籍 を 有 しなくなったと き 保 険 料 を 滞 納 し その 後 保 険 料 を 納 付 することなく 2 年 間 が 経 過 したとき 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 資 格 を 取 得 したとき 厚 生 労 働 大 臣 に 対 する 資 格 喪 失 の 申 出 が 受 理 されたとき 日 本 国 内 に 住 所 を 有 しなくな った 日 に 更 に 被 保 険 者 の 資 格 を 取 得 したとき 左 欄 に 掲 げる 事 実 があった 日 に 更 に 被 保 険 者 の 資 格 を 取 得 したとき 保 険 料 を 滞 納 した 場 合 の 資 格 喪 失 時 期 について 日 本 国 内 に 住 所 を 有 す る 任 意 加 入 被 保 険 者 と 日 本 国 内 に 住 所 を 有 しない 任 意 加 入 被 保 険 者 とで は 取 扱 いが 異 なる 16 法 11 条 1 項 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 1 被 保 険 者 期 間 の 計 算 ⑴ 被 保 険 者 期 間 を 計 算 する 場 合 には 月 によるものとし 被 保 険 者 の 資 格 を 取 得 した 日 の 属 する 月 からその 資 格 を 喪 失 した 日 の 属 する 月 の 前 月 までをこれに 算 入 する

21 < 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 > ⑵ 被 保 険 者 がその 資 格 を 取 得 した 日 の 属 する 月 にその 資 格 を 喪 失 した 場 合 には その 月 を 1 箇 月 として 被 保 険 者 期 間 に 算 入 す る ただし その 月 にさらに 被 保 険 者 の 資 格 を 取 得 したときは 後 の 資 格 取 得 についての 期 間 のみを 1 箇 月 の 被 保 険 者 期 間 とし て 算 入 する ⑶ 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 後 さらにその 資 格 を 取 得 した 者 については 前 後 の 被 保 険 者 期 間 を 合 算 する 法 11 条 2 項 法 11 条 3 項 図 表 1 10 被 保 険 者 期 間 の 計 算 2 種 別 の 変 更 被 保 険 者 の 種 別 ( 第 1 号 被 保 険 者 第 2 号 被 保 険 者 又 は 第 3 号 被 保 険 者 のいずれであるかの 区 別 )に 変 更 があった 月 は 変 更 後 の 種 別 の 被 保 険 者 であった 月 とみなし 同 一 月 に 2 回 以 上 の 種 別 の 変 更 があったときは その 月 は 最 後 の 種 別 の 被 保 険 者 であった 月 とみなして 被 保 険 者 期 間 を 計 算 する 法 11 条 の 2 図 表 1 11 種 別 の 変 更 17

22 法 14 条 法 附 則 7 条 の 5, 1 項 9 国 民 年 金 原 簿 等 1 国 民 年 金 原 簿 厚 生 労 働 大 臣 は 国 民 年 金 原 簿 を 備 え これに 被 保 険 者 ( 第 2 号 被 保 険 者 のうち 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 第 3 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 又 は 第 4 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 であるものを 除 く 次 の3⑴に おいて 同 じ )の 氏 名 資 格 の 取 得 及 び 喪 失 種 別 の 変 更 保 険 料 の 納 付 状 況 基 礎 年 金 番 号 その 他 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 事 項 を 記 録 するものとする 基 礎 年 金 番 号 とは 政 府 管 掌 年 金 事 業 ( 政 府 が 管 掌 する 国 民 年 金 事 業 及 び 厚 生 年 金 保 険 事 業 をいう )の 運 営 に 関 する 事 務 その 他 当 該 事 業 に 関 連 する 事 務 であって 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるものを 遂 行 するために 用 いる 国 民 年 金 手 帳 などの 記 号 及 び 番 号 をいう なお 基 礎 年 金 番 号 は 被 保 険 者 について 一 生 を 通 じて 変 わらない ものである 法 14 条 の 2 2 訂 正 の 請 求 等 ⑴ 訂 正 の 請 求 被 保 険 者 又 は 被 保 険 者 であった 者 は 国 民 年 金 原 簿 に 記 録 され た 自 己 に 係 る 特 定 国 民 年 金 原 簿 記 録 ( 被 保 険 者 の 資 格 の 取 得 及 び 喪 失 種 別 の 変 更 保 険 料 の 納 付 状 況 その 他 厚 生 労 働 省 令 で 定 め る 事 項 の 内 容 をいう 以 下 同 じ )が 事 実 でない 又 は 国 民 年 金 原 簿 に 自 己 に 係 る 特 定 国 民 年 金 原 簿 記 録 が 記 録 されていないと 思 料 するときは 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるところにより 厚 生 労 働 大 臣 に 対 し 国 民 年 金 原 簿 の 訂 正 の 請 求 をすることができる 法 附 則 7 条 の 4, 2 項 カッコ 書 法 附 則 7 条 の 5, 1 項 第 2 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 第 3 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 又 は 第 4 号 厚 生 年 金 被 保 険 者 については 上 記 1 国 民 年 金 原 簿 及 び2⑴ 訂 正 の 請 求 に 関 する 規 定 は 適 用 されない これらの 者 については 被 保 険 者 として 国 民 年 金 原 簿 への 記 録 管 理 を 行 わないこととしているので 訂 正 の 請 求 の 対 象 と せず これらの 者 に 対 しては 国 民 年 金 手 帳 を 交 付 しない 18

23 < 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 > ⑵ 訂 正 請 求 に 対 する 措 置 厚 生 労 働 大 臣 は 訂 正 請 求 に 理 由 があると 認 めるときは 当 該 訂 正 請 求 に 係 る 国 民 年 金 原 簿 の 訂 正 をする 旨 を 決 定 しなければな らない また 厚 生 労 働 大 臣 は 当 該 訂 正 をする 旨 の 決 定 をする 場 合 を 除 き 訂 正 請 求 に 係 る 国 民 年 金 原 簿 の 訂 正 をしない 旨 を 決 定 しなければならない 法 14 条 の 4, 1 項 2 項 3 被 保 険 者 に 対 する 情 報 の 提 供 (ねんきん 定 期 便 ) 厚 生 労 働 大 臣 は 国 民 年 金 制 度 に 対 する 国 民 の 理 解 を 増 進 させ 及 びその 信 頼 を 向 上 させるため 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるところに より 被 保 険 者 に 対 し 当 該 被 保 険 者 の 保 険 料 納 付 の 実 績 及 び 将 来 の 給 付 に 関 する 必 要 な 情 報 を 分 かりやすい 形 で 通 知 するものと する 法 14 条 の 5 19

24 第 1 章 演 習 問 題 次 の 記 述 のうち 正 しいものには 誤 っているものには を 記 入 せよ 1. 日 本 国 内 に 住 所 を 有 さない 者 は 第 1 号 被 保 険 者 となることはない 2.16 歳 の 者 は 第 2 号 被 保 険 者 となることはない 3.18 歳 で 第 2 号 被 保 険 者 と 婚 姻 をして 専 業 主 婦 となった 者 は 第 3 号 被 保 険 者 となる 4. 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 者 ( 第 2 号 被 保 険 者 を 除 く ) は 原 則 として 厚 生 労 働 大 臣 に 申 し 出 て 任 意 加 入 被 保 険 者 となることがで きる 5. 第 1 号 被 保 険 者 が 60 歳 に 達 したときは その 日 に 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 する 6. 被 保 険 者 期 間 を 計 算 する 場 合 には 月 によるものとし 被 保 険 者 の 資 格 を 取 得 した 日 の 属 する 月 から その 資 格 を 喪 失 した 日 の 属 する 月 の 前 月 までをこれ に 算 入 する 解 答 解 説 1. 法 7 条 1 項 1 号 設 問 の 通 り 正 しい なお 強 制 加 入 被 保 険 者 のうち 国 内 居 住 要 件 が 問 われるのは 第 1 号 被 保 険 者 のみである 2. 法 7 条 1 項 2 号 法 附 則 3 条 設 問 のように20 歳 未 満 の 者 であっても 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 である 場 合 は 第 2 号 被 保 険 者 となる 3. 法 7 条 1 項 3 号 20 歳 未 満 の 者 は 第 3 号 被 保 険 者 とならない 4. 法 附 則 5 条 1 項 2 号 設 問 の 通 り 正 しい 5. 法 9 条 3 号 設 問 の 通 り 正 しい 6. 法 11 条 1 項 設 問 の 通 り 正 しい 20

25 第 2 章 費 用

26 国 民 年 金 制 度 は 国 民 の 共 同 連 帯 を 基 調 とする 社 会 保 障 制 度 で あり この 事 業 運 営 に 必 要 な 費 用 は 国 庫 負 担 政 府 及 び 実 施 機 関 からの 基 礎 年 金 拠 出 金 第 1 号 被 保 険 者 の 保 険 料 及 び 積 立 金 の 運 用 収 入 等 で 賄 われている 図 表 2 1 国 民 年 金 の 財 源 法 85 条 1 項 1 国 庫 負 担 1 給 付 費 に 対 する 国 庫 負 担 国 庫 は 基 礎 年 金 の 給 付 費 については 次 に 掲 げる 割 合 を 負 担 することとされている 給 付 費 の 種 類 国 庫 負 担 割 合 原 則 ( 下 記 以 外 の 基 礎 年 金 の 給 付 費 ) 2 分 の 1 保 険 料 4 分 の 1 免 除 期 間 に 係 る 老 齢 基 礎 年 金 の 給 付 費 7 分 の 4 保 険 料 半 額 免 除 期 間 に 係 る 老 齢 基 礎 年 金 の 給 付 費 3 分 の 2 保 険 料 4 分 の 3 免 除 期 間 に 係 る 老 齢 基 礎 年 金 の 給 付 費 5 分 の 4 保 険 料 全 額 免 除 期 間 に 係 る 老 齢 基 礎 年 金 の 給 付 費 1 ( 全 額 ) 20 歳 前 傷 病 による 障 害 基 礎 年 金 の 給 付 費 10 分 の 6 1 それぞれの 保 険 料 免 除 期 間 の 月 数 が 上 限 (480から 保 険 料 納 付 済 期 間 等 の 月 数 を 控 除 して 得 た 月 数 )を 超 える 場 合 には その 超 える 月 数 については 国 庫 負 担 の 対 象 とされない 2 学 生 納 付 特 例 期 間 若 年 者 納 付 猶 予 期 間 及 び50 歳 未 満 納 付 猶 予 期 間 については 給 付 の 対 象 とされない( 年 金 額 に 反 映 されな い)ため 上 記 の 保 険 料 全 額 免 除 期 間 から 除 かれる(つまり 国 庫 負 担 は 行 われない ) 22

27 < 第 2 章 費 用 > 図 表 2 2 給 付 費 に 対 する 国 庫 負 担 割 合 2 事 務 費 に 対 する 国 庫 負 担 国 庫 は 毎 年 度 予 算 の 範 囲 内 で 国 民 年 金 事 業 の 事 務 の 執 行 に 要 する 費 用 を 負 担 する 法 85 条 2 項 < 事 務 費 の 交 付 > 政 府 は 政 令 の 定 めるところにより 市 町 村 ( 特 別 区 を 含 む 以 下 同 じ ) に 対 し 市 町 村 長 が 国 民 年 金 法 又 は 国 民 年 金 法 に 基 づく 政 令 の 規 定 によ って 行 う 事 務 の 処 理 に 必 要 な 費 用 を 交 付 する 法 86 条 23

28 法 94 条 の 2, 1 項 法 94 条 の 2, 2 項 法 94 条 の 2, 3 項 *P.1082 参 照 2 基 礎 年 金 拠 出 金 1 基 礎 年 金 拠 出 金 の 負 担 納 付 厚 生 年 金 保 険 の 実 施 者 たる 政 府 及 び 実 施 機 関 たる 共 済 組 合 等 は 毎 年 度 基 礎 年 金 の 給 付 に 要 する 費 用 のうち 第 2 号 被 保 険 者 及 び 第 3 号 被 保 険 者 の 負 担 分 を 基 礎 年 金 拠 出 金 として 負 担 納 付 している ⑴ 厚 生 年 金 保 険 の 実 施 者 たる 政 府 は 毎 年 度 基 礎 年 金 の 給 付 に 要 する 費 用 に 充 てるため 基 礎 年 金 拠 出 金 を 負 担 する ⑵ 実 施 機 関 たる 共 済 組 合 等 は 毎 年 度 基 礎 年 金 の 給 付 に 要 す る 費 用 に 充 てるため 基 礎 年 金 拠 出 金 を 納 付 する ⑶ 財 政 の 現 況 及 び 見 通 し * が 作 成 されるときは 厚 生 労 働 大 臣 は 厚 生 年 金 保 険 の 実 施 者 たる 政 府 が 負 担 し 又 は 実 施 機 関 たる 共 済 組 合 等 が 納 付 すべき 基 礎 年 金 拠 出 金 について その 将 来 にわたる 予 想 額 を 算 定 するものとする 法 94 条 の 3 2 基 礎 年 金 拠 出 金 の 額 基 礎 年 金 拠 出 金 の 額 は 保 険 料 拠 出 金 算 定 対 象 額 に 当 該 年 度 における 被 保 険 者 の 総 数 に 対 する 当 該 年 度 における 当 該 政 府 及 び 実 施 機 関 に 係 る 被 保 険 者 である 第 2 号 被 保 険 者 及 びその 被 扶 養 配 偶 者 である 第 3 号 被 保 険 者 の 合 計 数 の 比 率 に 相 当 するものとして 毎 年 政 令 で 定 めるところにより 算 定 した 率 を 乗 じて 得 た 額 とす る 第 2 号 第 3 号 被 保 険 者 数 基 礎 年 金 拠 出 金 の 額 = 保 険 料 拠 出 金 算 定 対 象 額 ( 基 礎 年 金 の 給 付 費 ) 国 民 年 金 の 被 保 険 者 数 令 11 条 の 3 被 保 険 者 数 の 算 定 に 当 たっては 第 1 号 被 保 険 者 については 保 険 料 納 付 者 ( 保 険 料 納 付 済 期 間 保 険 料 4 分 の 1 免 除 期 間 保 険 料 半 額 免 除 期 間 又 は 保 険 料 4 分 の 3 免 除 期 間 を 有 する 者 ) 第 2 号 被 保 険 者 については20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 者 第 3 号 被 保 険 者 についてはすべ ての 者 を 基 礎 とすることとされている 24

29 < 第 2 章 費 用 > 図 表 2 3 基 礎 年 金 拠 出 金 第 1 号 被 保 険 者 保 険 料 国 民 年 金 ( 政 府 ) 基 礎 年 金 拠 出 金 厚 生 年 金 保 険 ( 政 府 共 済 組 合 等 ) 保 険 料 第 2 号 被 保 険 者 ( 第 3 号 被 保 険 者 分 を 含 む) 3 保 険 料 の 納 付 等 1 保 険 料 の 徴 収 ⑴ 政 府 は 国 民 年 金 事 業 に 要 する 費 用 に 充 てるため 保 険 料 を 徴 収 する ⑵ 保 険 料 は 被 保 険 者 期 間 の 計 算 の 基 礎 となる 各 月 につき 徴 収 するものとする 法 87 条 1 項 法 87 条 2 項 2 保 険 料 の 額 国 民 年 金 の 保 険 料 は 平 成 16 年 の 改 正 により 最 終 的 な 保 険 料 負 担 の 水 準 を 法 律 で 定 め その 範 囲 内 で 給 付 水 準 が 自 動 調 整 され る 保 険 料 水 準 固 定 方 式 が 導 入 された これにより 最 終 的 な 保 険 料 水 準 とともにそこに 至 る 各 年 度 の 保 険 料 水 準 も 定 められること になり 平 成 17 年 度 から 各 年 度 ごとに 基 本 額 となる 月 額 が280 円 ずつ( 平 成 29 年 度 のみ240 円 ) 引 き 上 げられ 引 き 上 げられた 額 に 保 険 料 改 定 率 を 乗 じた 額 を 保 険 料 額 とし 毎 年 度 改 定 されるこ とになっている 25

30 法 87 条 3 項 改 定 率 改 定 令 2 条 法 87 条 4 項 6 項 ⑴ 保 険 料 の 額 保 険 料 の 額 は 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる 月 分 についてそれぞれ 所 定 の 額 に 保 険 料 改 定 率 を 乗 じて 得 た 額 (その 額 に 5 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときには これを 切 り 捨 て 5 円 以 上 10 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを10 円 に 切 り 上 げる )とする 年 度 所 定 の 額 保 険 料 改 定 率 保 険 料 額 平 成 17 年 度 に 属 する 月 の 月 分 13,580 円 1 13,580 円 平 成 18 年 度 に 属 する 月 の 月 分 13,860 円 1 13,860 円 法 87 条 5 項 平 成 28 年 度 に 属 する 月 の 月 分 16,660 円 ,260 円 平 成 29 年 度 以 後 に 属 する 月 の 月 分 16,900 円 ⑵ 保 険 料 改 定 率 保 険 料 改 定 率 は 毎 年 度 当 該 年 度 の 前 年 度 の 保 険 料 改 定 率 に 名 目 賃 金 変 動 率 を 乗 じて 得 た 率 を 基 準 として 改 定 する 名 目 賃 金 変 動 率 とは 当 該 年 度 から 一 定 期 間 さかのぼった 過 去 における 物 価 指 数 や 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 に 係 る 標 準 報 酬 平 均 額 の 対 比 を 基 準 に 算 定 される 率 をいう 名 目 賃 金 変 動 率 = 当 該 年 度 の 初 日 の 属 する 年 の 2 年 前 の 物 価 変 動 率 当 該 年 度 の 初 日 の 属 する 年 の 4 年 前 の 年 度 の 実 質 賃 金 変 動 率 ( 3 年 前 から 5 年 前 のものの 3 年 平 均 ) 法 87 条 の 2, 1 項 法 附 則 5 条 10 項 * 保 険 料 の 免 除 について は5(P.30 )で 学 習 す る 3 付 加 保 険 料 ⑴ 国 民 年 金 制 度 は 定 額 保 険 料 定 額 給 付 である そこで よ り 高 い 給 付 を 望 む 第 1 号 被 保 険 者 及 び65 歳 未 満 の 任 意 加 入 被 保 険 者 は 厚 生 労 働 大 臣 に 申 し 出 て その 申 出 をした 日 の 属 す る 月 以 後 の 各 月 につき 前 記 2の 保 険 料 のほかに 付 加 保 険 料 を 納 付 することができる ただし 第 1 号 被 保 険 者 のうち 次 の 者 は 付 加 保 険 料 を 納 付 することができない 1 保 険 料 の 免 除 * の 規 定 により 前 記 2の 保 険 料 の 全 部 又 は 一 部 の 額 の 納 付 を 要 しないものとされている 者 2 国 民 年 金 基 金 の 加 入 員 26

31 < 第 2 章 費 用 > 第 1 号 被 保 険 者 のうち 農 業 者 年 金 の 被 保 険 者 については 希 望 の 有 無 に かかわらず 付 加 保 険 料 を 納 付 しなければならない 独 立 行 政 法 人 農 業 者 年 金 基 金 法 17 条 ⑵ 付 加 保 険 料 の 額 =400 円 ( 月 額 ) ⑶ 前 記 2の 保 険 料 を 納 付 した 月 ( 追 納 又 は 後 納 * の 規 定 により 保 険 料 が 納 付 されたものとみなされた 月 を 除 く )についての み 付 加 保 険 料 は 納 付 できる ⑷ 付 加 保 険 料 を 納 付 する 者 となったものは いつでも 厚 生 労 働 大 臣 に 申 し 出 て 付 加 保 険 料 を 納 付 する 者 でなくなることがで きる この 申 出 をした 場 合 には 申 出 をした 日 の 属 する 月 の 前 月 以 後 の 各 月 に 係 る 保 険 料 既 に 納 付 されたもの 及 び 前 納 されたも の( 国 民 年 金 基 金 の 加 入 員 となった 日 の 属 する 月 以 後 の 各 月 に 係 るものを 除 く )を 除 く につき 付 加 保 険 料 を 納 付 する 者 でなくなる ⑸ 付 加 保 険 料 を 納 付 する 者 となったものが 国 民 年 金 基 金 の 加 入 員 となったときは その 加 入 員 となった 日 に 前 記 ⑷の 申 出 をしたものとみなされる 法 87 条 の 2, 2 項 * 追 納 については6 (P.38 )で 学 習 する * 後 納 については7 (P.40 )で 学 習 する 法 87 条 の 2, 3 項 法 87 条 の 2, 4 項 国 民 年 金 基 金 の 加 入 員 となったときは その 加 入 員 となった 日 に 前 記 ⑷の 申 出 をしたものとみなされ 加 入 員 となった 日 の 属 する 月 の 前 月 以 後 の 各 月 に 係 る 付 加 保 険 料 について 付 加 保 険 料 を 納 付 する 者 でなく なる また 既 に 付 加 保 険 料 を 納 付 又 は 前 納 した 者 が 国 民 年 金 基 金 の 加 入 員 となったときは 加 入 員 となった 日 の 属 する 月 以 後 の 各 月 に 係 る 付 加 保 険 料 については 既 に 納 付 又 は 前 納 したものも 含 め 付 加 保 険 料 を 納 付 する 者 でなくなる 65 歳 以 上 70 歳 未 満 の 特 例 による 任 意 加 入 被 保 険 者 は 付 加 保 険 料 を 納 付 することができない 第 2 号 被 保 険 者 及 び 第 3 号 被 保 険 者 は 付 加 保 険 料 を 納 付 することができない (6) 法 附 則 11 条 10 項 (16) 法 附 則 23 条 10 項 27

32 法 88 条 1 項 法 88 条 2 項 3 項 4 保 険 料 の 納 付 義 務 ⑴ 原 則 第 1 号 被 保 険 者 ( 任 意 加 入 被 保 険 者 を 含 む )は 保 険 料 を 納 付 しなければならない ⑵ 連 帯 納 付 義 務 世 帯 主 はその 世 帯 に 属 する 被 保 険 者 の 保 険 料 を 配 偶 者 の 一 方 は 被 保 険 者 たる 他 方 の 保 険 料 を それぞれ 連 帯 し 納 付 する 義 務 を 負 う 法 94 条 の 6 第 2 号 被 保 険 者 及 び 第 3 号 被 保 険 者 については これらの 者 に 係 る 基 礎 年 金 の 費 用 負 担 が 第 2 号 被 保 険 者 に 係 る 政 府 及 び 実 施 機 関 から 基 礎 年 金 拠 出 金 の 負 担 納 付 を 通 して 行 われているため 個 人 として 国 民 年 金 の 保 険 料 を 納 付 することは 要 しない 法 91 条 5 保 険 料 の 納 期 限 毎 月 の 保 険 料 は 翌 月 末 日 までに 納 付 しなければならない 法 92 条 1 項 令 6 条 の13 6 保 険 料 の 通 知 及 び 納 付 ⑴ 厚 生 労 働 大 臣 は 毎 年 度 被 保 険 者 に 対 し 各 年 度 の 各 月 に 係 る 保 険 料 について 保 険 料 の 額 納 期 限 その 他 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 事 項 を 通 知 するものとする ⑵ 被 保 険 者 は 保 険 料 を 納 付 しようとするときは 厚 生 労 働 大 臣 が 交 付 する 納 付 書 を 添 付 しなければならない ただし 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 場 合 は この 限 りではない 法 92 条 の 2 *P.10 参 照 7 口 座 振 替 による 納 付 厚 生 労 働 大 臣 は 被 保 険 者 から 保 険 料 について 口 座 振 替 納 付 * を 希 望 する 旨 の 申 出 があった 場 合 には その 納 付 が 確 実 と 認 められ かつ その 申 出 を 承 認 することが 保 険 料 の 徴 収 上 有 利 と 認 められるときに 限 り その 申 出 を 承 認 することができる 28

Ⅰ 国民年金

Ⅰ 国民年金 年 金 相 談 事 例 集 1 巻 p.101 Ⅰ 国 民 年 金 1 国 民 年 金 制 度 の 目 的 及 び 沿 革 国 民 年 金 制 度 は, 厚 生 年 金 保 険, 旧 船 員 保 険, 旧 共 済 組 合 など 被 用 者 を 対 象 とする 公 的 年 金 制 度 が 適 用 されていない 農 業 者, 自 営 業 者 等 及 び 被 用 者 の 配 偶 者 などを 対 象 とした

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 9 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 職

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464>

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464> 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 事 務 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 54 条 及 び 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 教 員 就 業 規 則 ( 以 下 教 員 就 業 規

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

第14章 国民年金

第14章 国民年金 第 15 章 国 民 年 金 国 民 年 金 は すべての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 年 金 を 支 給 し 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています - 145 - 国 民 年 金 のしくみ 1 被 保 険 者 国 民 年 金 に 必 ず 加 入 しなければならない 人 は 日 本 国 内 に 住 所 がある

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル 年 金 相 談 マニュアル Contents 年 金 相 談 マニュアル 入 門 編 目 次 ( 入 門 編 ) 第 1 章 年 金 相 談 の 心 得... 1 1 相 談 担 当 職 員 としての 心 構 え... 3 2 一 般 的 な 相 談 の 対 応... 7 3 お 客 様 の 声 への 対 応... 17 4 個 人 情 報 保 護... 22 5 相 談 対 象 者 の 確 認...

More information

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用 国 民 年 金 国 民 年 金 は 全 ての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 必 要 な 給 付 を 行 い 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています 従 来 は 被 用 者 年 金 制 度 に 加 入 していない 自 営 業 者 等 を 対 象 としていましたが 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls 年 金 事 務 所 で 受 付 審 査 を 行 う 電 子 申 請 項 番 手 続 名 称 1 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 所 属 選 択 二 以 上 事 業 所 勤 務 届 2 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 申 出 書 ( 新 規 延 長 ) 3 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 終 了 届

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

Microsoft Word - y0813040.doc

Microsoft Word - y0813040.doc 桜 井 市 規 程 要 綱 集 y0813040 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 昭 和 58 年 1 月 25 日 告 示 第 9 号 改 正 平 成 12 年 07 月 01 日 告 示 第 82 号 改 正 平 成 14 年 09 月 27 日 告 示 第 146 号 改 正 平 成

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

<5461726F31322D944E8BE08D5597AA835B837E91E6825589F1814083418362>

<5461726F31322D944E8BE08D5597AA835B837E91E6825589F1814083418362> 年 金 攻 略 ゼミ 第 6 回 厚 生 年 金 保 険 法 2 第 1 1 節 支 給 対 男 法 附 則 13 条 の4) 特 象 者 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 金 (2) 28 から 36 までの まれた 12 1 支 )であって の 繰 上 げの 特 例 2 昭 和 一 33 般 年 女 4 子 月 2 日 から昭 和 41 年 4 月 していない 1 日 までの もの 間 型 )であって

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 職 員 の 退 職 金 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 規 則 第 8 号 改 正 平 成 16 年 法 人 規 則 第 27 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 28 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 29 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 25 号 平 成

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

Microsoft Word - 18 疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 -

Microsoft Word - 18  疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 - 疑 義 照 会 ( 年 金 給 付 ) 1. 老 齢 給 付 年 金 P1 1~30 2. 障 害 基 礎 年 金 P14 1~15 3. 障 害 給 付 年 金 ( 障 害 厚 生 ) P21 1~7 4. 遺 族 基 礎 年 金 P24 1~4 5. 遺 族 給 付 年 金 ( 遺 族 厚 生 遺 族 基 礎 ) P26 1~10 6. 老 齢 年 金 ( 旧 )( 厚 生 年 金 ) P31

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E>

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 54 号 改 正 平 成 16 年 10 月 1 日 規 則 第 199 号 平 成 17 年 7 月 1 日 規 則 第 48 号 平 成 17 年 11 月 22 日 規 則 第 85 号 平 成 18 年 3 月 28 日 規 則 第 18 号 平 成 19 年 3 月 20

More information

2 年 金 実 務 平 成 平 成 3 4 年 金 実 務 5 年 金 実 務 6 年 金 実 務 7 年 金 実 務 8 年 金 実 務 9 年 金 実 務 10 年 金 実 務 11 年 金 実 務 12 年 金 実 務 13 年 金 実 務 14 年 金 実 務 966,000 15 16 年 金 実 務 55 17 18 年 金 実 務 19 年 金 実 務 20 年 金 実 務 21 年

More information

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 7 月 8 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 1 月 1 日 改 正 平 成 24 年 10 月 1 日

More information

2004syuki027職員退職手当規程

2004syuki027職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 度 九 大 就 規 第 27 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 27 年 3 月 30 日 ( 平 成 26 年 度 九 大 就 規 第 21 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 就 業 通 則 ( 平 成 16

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

2 年 金 実 務 3 年 金 実 務 4 年 金 実 務 5 年 金 実 務 6 年 金 実 務 7 年 金 実 務 8 年 金 実 務 9 年 金 実 務 10 年 金 実 務 11 年 金 実 務 12 年 金 実 務 13 年 金 実 務 14 年 金 実 務 15 年 金 実 務 16 年 金 実 務 17 年 金 実 務 ません 18 19 年 金 実 務 20 年 金 実 務 21 年

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

から2.0の 範 囲 内 で 印 刷 局 の 業 務 実 績 に 対 する 評 価 に 応 じて 決 定 する 業 績 勘 案 率 を 乗 じた 額 とする ただし 第 6 条 第 1 項 及 び 第 7 条 後 段 の 規 定 によ り 引 き 続 き 在 職 したものとみなされた 者 の 退 職

から2.0の 範 囲 内 で 印 刷 局 の 業 務 実 績 に 対 する 評 価 に 応 じて 決 定 する 業 績 勘 案 率 を 乗 じた 額 とする ただし 第 6 条 第 1 項 及 び 第 7 条 後 段 の 規 定 によ り 引 き 続 き 在 職 したものとみなされた 者 の 退 職 国 立 印 刷 局 規 則 第 10 号 改 訂 平 15 規 則 第 69 号 改 訂 平 16 規 則 第 4 号 改 訂 平 21 規 則 第 11 号 改 訂 平 24 規 則 第 22 号 改 訂 平 27 規 則 第 11 号 独 立 行 政 法 人 国 立 印 刷 局 役 員 退 職 手 当 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 (

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

法改正情報

法改正情報 うかる! 社 労 士 2014 年 度 版 追 加 の 法 改 正 情 報 等 です (6 月 17 日 版 ) このPDFファイルは 下 記 の2 部 構 成 になっています 第 1 部 法 改 正 情 報 P2~P27 平 成 26 年 度 試 験 に 係 る 直 近 1 年 間 の 法 改 正 情 報 のうち 総 合 テキストに 反 映 されていないものを 少 し 細 かい 点 を 含 めて

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人 2 各 表 の 記 載 の 仕 方 別 表 一 ( 一 ) 普 通 法 人 ( 特 定 の 医 療 法 人 を 除 く ) 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 の 分 の 申 告 書 1 この 表 の 用 途 この 表 は 普 通 法 人 一 般 社 団 法 人 等 ( 法 別 表 第 二 に 掲 げる 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 並 びに 公

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

◆併給の調整◆

◆併給の調整◆ 平 成 18 年 度 の 給 付 額 1 物 価 スライド 特 例 措 置 による 物 価 スライド 率 の 改 定 平 成 17 年 度 0.988 平 成 18 年 度 0.985 2 従 前 額 改 定 率 の 改 定 平 成 17 年 度 1.001 平 成 18 年 度 0.998 3 国 民 年 金 法 による 改 定 率 の 改 定 平 成 17 年 度 1 平 成 18 年 度 0.997

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 =

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 = 2 給 与 規 程 関 係 この 項 目 では 就 業 規 則 の 給 与 に 関 する 事 項 について 別 に 定 めた 給 与 規 程 として 参 考 例 を 記 載 しています 法 人 会 給 与 規 程 ( 参 考 例 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 就 業 規 則 第 条 の 規 程 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 する 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

国民年金

国民年金 国 民 年 金 の 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 のある20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 原 則 として 国 民 年 金 に 加 入 し なければなりません 国 民 年 金 は, 職 業 などにより 次 の3 種 類 に 分 類 されます 第 1 号 被 保 険 者 自 営 業 者 や 農 林 漁 業 者 学 生 無 職 など( 第 2 号 第 3 号 被 保 険 者 を

More information

京都市危険物事務処理規程

京都市危険物事務処理規程 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 昭 和 63 年 4 月 1 日 京 都 市 消 防 局 訓 令 甲 第 2 号 各 部 消 防 学 校 各 消 防 署 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 を 次 のように 定 める 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 訓 令 は, 消 防 法, 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令,

More information

職員退職手当規則【 】

職員退職手当規則【 】 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 100 号 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 広 島 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 78 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 4 条 及 び 広 島 大 学 船 員 就 業 規

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

財団法人日本相撲連盟寄附行為

財団法人日本相撲連盟寄附行為 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 新 宿 区 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 我 が 国 におけるアマチュア

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63> 国 立 大 学 法 人 和 歌 山 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 和 歌 山 大 学 規 程 第 37 号 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 19 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 112 号 以 下 法 人 法 という ) 附 則 第 4 条 の

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8>

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8> 総 行 選 第 4 7 号 平 成 25 年 6 月 3 日 各 都 道 府 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 選 挙 部 長 ( 公 印 省 略 ) 成 年 被 後 見 人 の 選 挙 権 の 回 復 等 のための 公 職 選 挙 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 取 扱 いについて 成 年 被 後 見 人 の

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information