島根県福祉サービス第三者評価事業推進要綱

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "島根県福祉サービス第三者評価事業推進要綱"

Transcription

1 福 岡 県 福 祉 サービス 第 三 者 評 価 の 結 果 ( 様 式 1) 第 三 者 評 価 機 関 名 称 特 定 非 営 利 活 動 法 人 医 療 福 祉 ネットワークせいわ 所 在 地 佐 賀 県 佐 賀 市 木 原 二 丁 目 6 番 5 号 T E L F A X 訪 問 調 査 日 平 成 26 年 11 月 日 評 価 調 査 者 登 録 番 号 07-a b00006 福 祉 サービス 事 業 者 施 設 基 本 情 報 しゃかいふくしほうじん ふたばかい 法 人 名 称 社 会 福 祉 法 人 二 葉 会 法 人 の 代 表 者 名 りじちょう こばやし さつき 理 事 長 小 林 サツキ 設 立 年 月 日 昭 和 平 成 53 年 6 月 13 日 施 設 名 称 すなやまほいくえん 砂 山 保 育 園 施 設 種 別 保 育 所 施 設 所 在 地 福 岡 県 中 間 市 大 字 垣 生 字 大 隈 田 1535 番 地 施 設 長 名 えんちょう こばやし てつじ 園 長 小 林 哲 治 開 設 年 月 日 昭 和 平 成 54 年 4 月 1 日 T E L F A X E メ ー ル ア ド レ ス ホームページ ア ド レ ス 定 員 140 名 世 帯 ( 現 員 155 名 117 世 帯 ) 該 当 を で 囲 む

2 1 総 評 (1) 特 に 評 価 の 高 い 点 I. 地 域 性 を 生 かした 保 育 所 運 営 に 取 り 組 まれています 砂 山 保 育 園 の 園 歌 ( 砂 山 の ちびっこ 雀 の そのお 宿 田 んぼの 中 の 保 育 園 ~ )にある ように 当 保 育 園 は 遠 賀 川 を 挟 む 広 大 な 田 園 地 帯 の 中 に 位 置 しています 場 所 的 に 園 児 の 送 迎 には 不 便 さが 感 じられますが 送 迎 バスの 活 用 により 保 護 者 の 負 担 軽 減 にも 配 慮 され ています 当 保 育 園 は 広 い 敷 地 の 中 で 全 国 でも 珍 しい 介 護 事 業 所 との 複 合 施 設 として 運 営 されて おり 世 代 間 交 流 が 日 常 的 に 行 なえる 環 境 が 整 っていると 言 えます また 施 設 は 防 犯 シス テムも 完 備 され 安 全 面 にも 配 慮 がうかがえます 地 域 に 向 けては 田 園 の 中 に 位 置 する 事 を 捉 えて でんでん 祭 り が 開 催 されるなど 地 域 における 役 割 やポジショニングに 応 じた 様 々な 取 り 組 みが 展 開 されています II. 保 育 理 念 に 基 づき 一 人 ひとりの 子 どもを 大 切 にした 保 育 が 行 われています 園 の 理 念 や 方 針 子 どもに 対 する 考 え 方 の 一 つ 一 つについて 丁 寧 に 説 明 された 砂 山 保 育 園 ポリシーブック が 保 護 者 に 配 布 されています そのことが 保 育 園 の 取 り 組 みについての 理 解 に 結 びつき 信 頼 関 係 の 構 築 にも 繋 がっていると 言 えます 保 育 士 は 一 人 ひとりの 子 どもの 最 善 の 利 益 を 尊 重 することを 保 育 の 基 本 とする を 会 議 や 研 修 の 中 で 確 認 しながら 子 ども 主 体 の 保 育 の 実 現 を 目 指 されています 常 に 応 答 的 な 関 わりを 意 識 し 子 どもを 受 容 することを 心 がけられています 日 常 的 に 複 合 施 設 内 の 高 齢 者 と 交 流 し 思 いやりの 心 や 高 齢 者 からの 励 ましや 褒 め 言 葉 による 自 尊 感 情 の 育 成 に 結 びつけるよう 意 識 を 持 って 保 育 が 提 供 されています 施 設 内 は 清 潔 が 保 たれ 子 どもの 健 康 管 理 や 安 全 の 確 保 を 常 に 意 識 されています クラ スごとに 空 気 清 浄 器 (プラズマクラスター)が 設 置 され 感 染 症 対 策 にも 取 り 組 まれており 危 険 と 思 われる 箇 所 については 迅 速 な 改 善 が 図 られています III. 食 育 に 意 欲 的 に 取 り 組 まれています 食 事 を 園 の 目 標 である 健 康 な 身 体 と 豊 かな 心 を 育 む 大 切 な 要 素 として 捉 え 年 齢 に 応 じたバランスの 良 い 食 事 が 提 供 されています 年 間 を 通 して 行 われている 菜 園 活 動 の 中 で は 苗 の 植 え 付 けから 収 穫 までの 世 話 や 手 間 を 体 験 し 収 穫 した 野 菜 などを 使 った 食 事 を 摂 ることで 命 あるものを 頂 くことへの 感 謝 の 気 持 ちや 収 穫 の 喜 びを 感 じられる 機 会 に 結 び 付 け られています 訪 問 時 には 大 きなサツマイモやブロッコリーを 得 意 げに 畑 から 持 ち 帰 ってくる 子 どもの 姿 も 見 受 けられました 離 乳 食 や 食 物 アレルギーがある 子 どもの 食 事 についても 子 どもの 状 態 に 合 わせて 提 供 さ れており 保 護 者 との 細 やかな 連 携 もうかがい 知 ることが 出 来 ます (2) 改 善 を 求 められる 点 I. 書 類 やマニュアル 等 のファイリングや 整 理 に 更 なる 工 夫 が 望 まれます 今 回 の 第 三 者 評 価 受 審 に 向 けて 各 種 書 類 やマニュアル 等 の 再 検 討 が 行 われ 更 なる 充 実 が 図 られています これらは 職 員 が 日 常 において 支 障 なく 職 務 を 遂 行 するために 必 要 なも のと 言 えますので ファイリング 方 法 などの 工 夫 により 更 に 扱 いやすく 整 理 されることが 望 まれ ます

3 2 第 三 者 評 価 の 結 果 に 対 する 事 業 者 の (H ) 当 法 人 の 理 念 や 保 育 において 大 切 にしている 方 針 や 目 標 をご 理 解 いただき あ りがとうございます 子 どもにとってふさわしい 環 境 づくりを 常 に 心 がけ 具 体 的 な 活 動 を 通 して 安 心 で 安 全 な 身 体 作 りと 一 人 一 人 の 発 達 過 程 を 大 切 にした 豊 かな 心 育 てを 今 後 も 目 指 し ていきたいと 思 います どの 子 どもにもその 行 動 や 言 葉 には 意 味 があります これらを 理 解 し 受 けとめ 次 の 発 達 へつながるように 私 たち 職 員 は 一 丸 となり 研 鑽 を 深 めたいと 思 います また 私 たちは 保 護 者 の 子 育 ての 良 きパートナーとなって 共 働 して 子 育 ての 支 援 をしていきたいと 思 います ご 指 摘 の 改 善 点 については すぐに 整 理 し 対 処 したいと 思 います 今 回 の 評 価 では 高 い をいただき 感 謝 の 念 に 絶 えませんが この 評 価 に 満 足 し 留 まることなく 常 に 保 育 の 実 践 を 振 り 返 り 更 なる 保 育 の 質 の 向 上 を 目 指 して いきたいと 思 います 3 共 通 評 価 基 準 及 び 個 別 評 価 基 準 の 評 価 項 目 による 第 三 者 ( 別 添 )

4 保 育 所 個 別 評 価 基 準 評 価 項 目 ( 全 77 項 目 )の 1/6 Ⅰ 福 祉 サービスの 基 本 方 針 と 組 織 Ⅰ-1 理 念 基 本 方 針 Ⅰ-1-(1) 理 念 基 本 方 針 が 確 立 されている 1 Ⅰ-1-(1)-1 理 念 が 明 文 化 されている 2 Ⅰ-1-(1)-2 理 念 に 基 づく 基 本 方 針 が 明 文 化 されている Ⅰ-1-(2) 理 念 や 基 本 方 針 が 周 知 されている 3 Ⅰ-1-(2)-1 理 念 や 基 本 方 針 が 職 員 に 周 知 されている 4 Ⅰ-1-(2)-2 理 念 や 基 本 方 針 が 保 護 者 等 に 周 知 されている 法 人 の 理 念 の 下 保 育 界 の 流 れを 受 け 止 めて 砂 山 保 育 園 の 理 念 方 針 が 明 文 化 されています その 内 容 からは 地 域 の 子 育 て 支 援 施 設 としての 在 り 方 などが 読 み 取 れ ホームページやポ リーシーブック パンフレット 等 に 明 示 されています 年 度 当 初 の 職 員 会 議 や 入 園 説 明 会 において しおり 等 を 用 いた 説 明 が 行 われており 各 種 会 議 や 行 事 等 の 中 でも 継 続 的 に 周 知 に 向 けた 取 組 が 行 われています 職 員 は 理 念 方 針 を 唱 和 すると 共 に 保 育 の 振 り 返 りにも 繋 げられています Ⅰ-2 計 画 の 策 定 Ⅰ-2-(1) 中 長 期 的 なビジョンと 計 画 が 明 確 にされている 5 Ⅰ-2-(1)-1 中 長 期 計 画 が 策 定 されている 6 Ⅰ-2-(1)-2 中 長 期 計 画 を 踏 まえた 事 業 計 画 が 策 定 されている Ⅰ-2-(2) 事 業 計 画 が 適 切 に 策 定 されている 7 Ⅰ-2-(2)-1 事 業 計 画 の 策 定 が 組 織 的 に 行 われている 8 Ⅰ-2-(2)-2 事 業 計 画 が 職 員 に 周 知 されている 9 Ⅰ-2-(2)-3 事 業 計 画 が 保 護 者 等 に 周 知 されている 法 人 としての 中 長 期 計 画 及 び 保 育 園 としての 事 業 計 画 が 策 定 されています 本 年 度 は 人 材 育 成 感 染 症 予 防 運 動 領 域 を 重 点 項 目 とされ 大 学 との 連 携 を 図 りながら 事 業 が 進 められて います 事 業 計 画 の 評 価 見 直 しが 年 齢 ごとのリーダーと 部 員 により 協 議 され 全 体 的 かつ 具 体 的 にまとめあげられています 最 終 的 に は 年 度 末 に 大 学 との 共 同 研 究 も 加 味 した 上 で 次 年 度 の 方 向 性 が 決 定 されています 保 護 者 にはDVD( 保 育 所 は 命 を 育 み 学 ぶ 意 欲 を 育 てます )にあるように いろんな 方 法 で 園 の 事 業 内 容 を 公 開 し 協 力 が 求 められています Ⅰ-3 管 理 者 の 責 任 とリーダーシップ Ⅰ-3-(1) 管 理 者 の 責 任 が 明 確 にされている 10 Ⅰ-3-(1)-1 管 理 者 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 対 して 表 明 している 11 Ⅰ-3-(1)-2 遵 守 すべき 法 令 等 を 正 しく 理 解 するための 取 組 を 行 っている Ⅰ-3-(2) 管 理 者 のリーダーシップが 発 揮 されている 12 Ⅰ-3-(2)-1 質 の 向 上 に 意 欲 を 持 ちその 取 組 に 指 導 力 を 発 揮 している 13 Ⅰ-3-(2)-2 経 営 や 業 務 の 効 率 化 と 改 善 に 向 けた 取 組 に 指 導 力 を 発 揮 している 職 員 会 議 で 管 理 者 及 び 全 職 員 の 職 務 と 責 任 が 明 確 にされた 法 人 組 織 図 の 説 明 が 行 われています 遵 守 すべき 法 令 等 に ついては 社 会 保 険 労 務 士 との 連 携 の 中 でリスト 化 が 図 られ 研 修 受 講 等 により 最 新 情 報 の 収 集 にも 努 められています 園 長 は 理 念 や 基 本 方 針 の 実 現 に 向 け 細 かな 指 導 に 努 めら れています 職 員 の 定 着 率 が 高 く 人 事 処 遇 等 が 適 切 に 行 わ れていることをうかがい 知 ることが 出 来 ます

5 Ⅱ 組 織 の 運 営 管 理 Ⅱ-1 経 営 状 況 の 把 握 Ⅱ-1-(1) 経 営 環 境 の 変 化 等 に 適 切 に 対 応 している 14 Ⅱ-1-(1)-1 事 業 経 営 をとりまく 環 境 が 的 確 に 把 握 されている 15 Ⅱ-1-(1)-2 経 営 状 況 を 分 析 して 改 善 すべき 課 題 を 発 見 する 取 組 を 行 っている 16 Ⅱ-1-(1)-3 外 部 監 査 が 実 施 されている 2/6 保 育 界 全 体 の 動 向 は 各 種 協 議 会 等 からの 情 報 により 把 握 さ れ 地 域 の 現 状 は 中 間 市 の 子 育 てに 関 するニーズ 調 査 によ り 把 握 されています コスト 分 析 にも 取 り 組 まれ 課 題 等 を 職 員 に 提 示 して 効 率 化 に 努 められています また 外 部 監 査 に 関 して は 外 部 の 専 門 家 による 監 査 を 受 けられ 指 導 助 言 に 基 づく 改 善 にも 取 り 組 まれています Ⅱ-2 人 材 の 確 保 養 成 Ⅱ-2-(1) 人 事 管 理 の 体 制 が 整 備 されている 17 Ⅱ-2-(1)-1 必 要 な 人 材 に 関 する 具 体 的 なプランが 確 立 している 18 Ⅱ-2-(1)-2 人 事 考 課 が 客 観 的 な 基 準 に 基 づいて 行 われている Ⅱ-2-(2) 職 員 の 就 業 状 況 に 配 慮 がなされている 19 Ⅱ-2-(2)-1 職 員 の 就 業 状 況 や 意 向 を 把 握 し 必 要 があれば 改 善 する 仕 組 みが 構 築 されている 20 Ⅱ-2-(2)-2 職 員 の 福 利 厚 生 や 健 康 の 維 持 に 積 極 的 に 取 り 組 んでいる Ⅱ-2-(3) 職 員 の 質 の 向 上 に 向 けた 体 制 が 確 立 されている 21 Ⅱ-2-(3)-1 職 員 の 教 育 研 修 に 関 する 基 本 姿 勢 が 明 示 されている 22 Ⅱ-2-(3)-2 個 別 の 職 員 に 対 して 組 織 としての 教 育 研 修 計 画 が 策 定 され 計 画 に 基 づいて 具 体 的 な 取 組 が 行 われている 23 Ⅱ-2-(3)-3 定 期 的 に 個 別 の 教 育 研 修 計 画 の 評 価 見 直 しを 行 っている Ⅱ-2-(4) 実 習 生 の 受 け 入 れが 適 切 に 行 われている 保 育 の 質 を 高 めるための 人 員 体 制 や 人 材 育 成 に 関 する 方 針 が 明 確 にされています 常 勤 職 員 の 比 率 や 定 着 率 が 高 いことから その 有 様 がうかがえます 人 事 考 課 については 内 容 と 方 法 を 職 員 に 説 明 した 上 で 実 施 されています 職 員 の 就 業 状 況 については 勤 務 状 況 を 把 握 し 面 接 などを 通 して 評 価 検 討 に 取 り 組 まれています 個 人 の 悩 みや 相 談 にも 随 時 対 処 されています 福 利 厚 生 については 社 会 福 祉 法 人 と しての 適 切 な 基 準 に 照 らし 実 施 されています 年 度 当 初 全 国 保 育 士 会 倫 理 綱 領 を 基 に 子 ども 一 人 ひとりを 考 察 する 力 を 磨 き 高 めるための 研 究 の 内 容 と 方 法 の 共 有 化 が 図 られています 全 体 的 には 健 康 領 域 世 代 間 交 流 家 庭 支 援 を 取 り 上 げ 個 別 には 内 容 別 経 験 年 数 別 と 階 層 的 に 位 置 づ けて 取 り 組 まれています それぞれの 職 員 の 研 修 成 果 について は 研 修 レポートとしてまとめられ 研 修 報 告 会 や 回 覧 により 職 員 間 の 共 有 化 も 図 られています 24 Ⅱ-2-(4)-1 実 習 生 の 受 入 れと 育 成 について 基 本 的 な 姿 勢 を 明 確 にした 体 制 を 整 備 し 積 極 的 な 取 組 をしている 実 習 生 については 実 習 生 受 け 入 れマニュアル に 基 づく 受 け 入 れが 行 われています 実 務 的 なことは 主 任 が 担 当 され 養 成 校 や 実 習 生 との 打 ち 合 わせに 当 たられています Ⅱ-3 安 全 管 理 Ⅱ-3-(1) こどもの 安 全 を 確 保 するための 取 り 組 みが 行 われている 25 Ⅱ-3-(1)-1 緊 急 時 ( 事 故 感 染 症 の 発 生 時 など)における 子 どもの 安 全 確 保 のための 体 制 が 整 備 されている 26 Ⅱ-3-(1)-2 災 害 時 に 対 する 子 どもの 安 全 確 保 のための 取 組 を 行 っている 27 Ⅱ-3-(1)-3 子 どもの 安 全 管 理 のためにリスクを 把 握 し 対 策 を 実 行 している 子 どもの 安 全 を 確 保 するためのマニュアルが 整 備 され それぞ れ 役 割 と 責 任 が 明 確 にされています 特 に 地 域 性 に 鑑 み 随 所 に 監 視 カメラを 設 置 するなど 積 極 的 な 取 組 も 見 られます 災 害 時 の 対 応 についても 各 種 マニュアルが 整 備 され 役 割 を 明 確 に するとともに 毎 月 時 期 を 捉 えての 避 難 訓 練 が 実 施 されていま す 施 設 設 備 については 施 設 設 備 安 全 点 検 簿 による 定 期 的 な 点 検 が 実 施 され ヒヤリハット 報 告 によりリスクを 洗 い 出 す など 子 どもの 安 全 安 心 への 配 慮 に 努 められています

6 Ⅱ-4 地 域 との 交 流 と 連 携 3/6 Ⅱ-4-(1) 地 域 との 関 係 が 適 切 に 確 保 されている 28 Ⅱ-4-(1)-1 子 どもと 地 域 とのかかわりを 大 切 にしている 29 Ⅱ-4-(1)-2 事 業 所 が 有 する 機 能 を 地 域 に 還 元 している 30 Ⅱ-4-(1)-3 ボランティア 受 け 入 れに 対 する 基 本 姿 勢 を 明 確 にし 体 制 を 確 立 している Ⅱ-4-(2) 関 係 機 関 との 連 携 が 確 保 されている 31 Ⅱ-4-(2)-1 必 要 な 社 会 資 源 を 明 確 にしている 32 Ⅱ-4-(2)-2 関 係 機 関 等 との 連 携 が 適 切 に 行 われている Ⅱ-4-(3) 地 域 の 福 祉 向 上 のための 取 組 を 行 っている 33 Ⅱ-4-(3)-1 地 域 の 福 祉 ニーズを 把 握 している 34 Ⅱ-4-(3)-2 地 域 の 福 祉 ニーズに 基 づく 事 業 活 動 が 行 われている 法 人 の 理 念 地 域 における 社 会 福 祉 の 推 進 を 図 る にあるよう に 地 域 に 生 き 生 かされる 保 育 園 づくりが 行 われています その 具 体 的 な 取 組 みは 高 齢 者 介 護 との 複 合 的 な 運 営 や 行 事 で んでん 祭 り 等 に 見 ることが 出 来 ます また 一 時 保 育 休 日 保 育 育 児 相 談 等 地 域 の 育 児 支 援 にも 園 の 機 能 が 発 揮 され ボ ランティアの 受 け 入 れもマニュアルに 基 づき 行 われています 各 種 団 体 や 小 中 学 校 公 民 館 等 が 社 会 資 源 として 明 示 され ています はばたけネットワーク 会 議 や 中 間 市 子 ども 育 成 会 議 民 生 児 童 委 員 会 等 を 通 じて 地 域 の 課 題 も 把 握 され 解 決 に 向 け 連 携 が 図 られています 園 長 は 各 種 会 議 の 役 を 積 極 的 に 担 い 連 携 強 化 に 努 められ ています 保 育 園 と 介 護 事 業 所 との 複 合 的 なサービスが 展 開 さ れており 地 域 福 祉 の 核 として 我 が 子 を 入 れたい 保 育 園 づくり を 目 指 した 事 業 が 展 開 されています Ⅲ 適 切 な 福 祉 サービスの 実 施 Ⅲ-1 利 用 者 本 位 の 福 祉 サービス Ⅲ-1-(1) 利 用 者 を 尊 重 する 姿 勢 が 明 示 されている 35 Ⅲ-1-(1)-1 36 Ⅲ-1-(1)-2 子 どもを 尊 重 したサービス 提 供 について 共 通 の 理 解 をもつための 取 組 を 行 ってい る 子 ども 保 護 者 のプライバシー 保 護 に 関 する 規 程 マニュアル 等 を 整 備 してい る Ⅲ-1-(2) 利 用 者 満 足 の 向 上 に 努 めている 37 Ⅲ-1-(2)-1 利 用 者 満 足 の 向 上 を 意 図 した 仕 組 みを 整 備 し 取 組 を 行 っている Ⅲ-1-(3) 保 護 者 が 意 見 等 を 述 べやすい 体 制 が 確 保 されている 38 Ⅲ-1-(3)-1 利 用 者 が 相 談 や 意 見 を 述 べやすい 環 境 を 整 備 している 39 Ⅲ-1-(3)-2 苦 情 解 決 の 仕 組 みが 確 立 され 十 分 に 周 知 機 能 している 40 Ⅲ-1-(3)-3 保 護 者 からの 意 見 等 に 対 して 迅 速 に 対 応 している 保 育 理 念 に 基 づき 子 どもの 利 益 を 尊 重 する 保 育 に 取 り 組 ま れています 外 部 研 修 の 受 講 や 園 内 研 修 が 実 施 され 受 容 共 感 傾 聴 を 心 がけた 子 ども 主 体 の 保 育 の 実 現 を 目 指 されてい ます また 理 念 や 基 本 方 針 園 での 取 り 組 みを 解 説 した ポリ シーブック が 配 布 され 保 育 に 関 する 保 護 者 の 理 解 が 進 むよう に 働 きかけも 行 われています 個 人 情 報 保 護 規 程 には プライバ シー 保 護 に 関 する 記 載 があり 研 修 への 参 加 や 入 園 のしおり により 周 知 も 図 られています 行 事 後 のアンケートや 懇 談 会 保 護 者 役 員 会 で 定 期 的 な 意 見 の 把 握 が 行 われています 意 見 については 分 析 や 検 討 が 行 われ その 結 果 に 基 づいて 改 善 されています また 結 果 につい ては 園 便 りにより 保 護 者 にも 報 告 されています 苦 情 不 満 意 見 要 望 を 解 決 するための 規 定 が 整 備 され 苦 情 等 の 解 決 の 仕 組 みが 構 築 されています 保 護 者 に 対 して は 入 園 時 に 説 明 が 行 われており 苦 情 受 付 専 用 電 話 や 意 見 箱 の 設 置 等 苦 情 解 決 への 体 制 が 確 立 されています 発 生 した 苦 情 等 については 検 討 内 容 や 対 応 策 が 園 便 りや 保 護 者 役 員 会 などで 公 表 されています

7 Ⅲ-2 サービスの 質 の 確 保 4/6 Ⅲ-2-(1) 質 の 向 上 に 向 けた 取 組 が 組 織 的 に 行 われている 41 Ⅲ-2-(1)-1 サービス 内 容 について 定 期 的 に 評 価 を 行 う 体 制 を 整 備 している 42 Ⅲ-2-(1)-2 に 基 づき 組 織 として 取 り 組 むべき 課 題 を 明 確 にし 改 善 策 改 善 計 画 を 立 て 実 施 している Ⅲ-2-(2) 提 供 するサービスの 標 準 的 な 実 施 方 法 が 確 立 している 43 Ⅲ-2-(2)-1 提 供 するサービスについて 標 準 的 な 実 施 方 法 が 文 書 化 されサービスが 提 供 されて いる 44 Ⅲ-2-(2)-2 標 準 的 な 実 施 方 法 について 見 直 しをする 仕 組 みが 確 立 されている Ⅲ-2-(3) サービス 実 施 の 記 録 が 適 切 に 行 われている 45 Ⅲ-2-(3)-1 子 どもに 関 するサービス 実 施 状 況 の 記 録 が 適 切 に 行 われている 46 Ⅲ-2-(3)-2 子 どもに 関 する 記 録 の 管 理 体 制 が 確 立 している 47 Ⅲ-2-(3)-3 子 どもの 状 況 等 に 関 する 情 報 を 職 員 間 で 共 有 化 している 第 三 者 評 価 は 今 回 が 初 めての 受 審 ですが 今 後 は 定 期 的 な 受 審 を 目 指 されています 保 育 士 の 自 己 評 価 は 年 に2 回 実 施 さ れており 抽 出 された 課 題 について 改 善 が 行 われています 自 己 については 事 務 所 横 の 掲 示 板 で 保 護 者 がいつでも 閲 覧 できるようにされています 授 乳 やおむつ 交 換 清 潔 保 持 等 個 々のサービスについての マニュアルが 整 備 されており プライバシーへの 配 慮 や 子 どもを 尊 重 した 保 育 に 努 められています マニュアルは 保 育 士 の 自 己 評 価 や 子 どもの 日 々の 記 録 から 見 直 しが 必 要 な 部 分 の 把 握 が 行 われており 随 時 の 見 直 しと 年 度 末 の 定 期 の 見 直 しに 取 り 組 ま れています 子 どもの 発 達 状 況 や 生 活 の 様 子 について 統 一 様 式 による 記 録 が 行 われています 保 育 記 録 に 関 する 研 修 や 副 園 長 主 任 に よる 指 導 により 記 録 にバラつきが 生 じないよう 努 められていま す 記 録 は 職 員 室 の 施 錠 できる 倉 庫 で 管 理 されており 記 録 管 理 規 程 に 基 づき 保 管 廃 棄 情 報 開 示 が 行 われています 定 期 的 なケース 会 議 による 情 報 の 共 有 化 も 図 られています Ⅲ-3 サービスの 開 始 継 続 Ⅲ-3-(1) サービス 提 供 の 開 始 が 適 切 に 行 われている 48 Ⅲ-3-(1)-1 利 用 希 望 者 に 対 してサービス 選 択 に 必 要 な 情 報 を 提 供 している 49 Ⅲ-3-(1)-2 サービスの 開 始 にあたり 保 護 者 等 に 説 明 し 同 意 を 得 ている Ⅲ-3-(2) サービスの 継 続 性 に 配 慮 した 対 応 が 行 われている 50 Ⅲ-3-(2)-1 事 業 所 の 変 更 や 家 庭 への 移 行 などにあたりサービスの 継 続 性 に 配 慮 した 対 応 を 行 っている 公 共 機 関 で 入 手 可 能 なパンフレットやホームページでの 情 報 提 供 が 行 われています 入 園 説 明 会 では 入 園 のしおり を 使 っ て 保 育 内 容 や 料 金 の 説 明 が 行 われており 見 学 希 望 者 には 副 園 長 や 主 任 による 丁 寧 な 説 明 が 行 われています 入 園 から 保 育 サービス 終 了 までの 保 育 所 児 童 保 育 要 録 が 作 成 され 引 継 ぎに 活 用 されています 卒 園 後 も 相 談 できることが 入 園 のしおり を 用 いて 説 明 されており サービスの 継 続 性 への 配 慮 がうかがえます Ⅲ-4 サービス 実 施 計 画 の 策 定 Ⅲ-4-(1) 子 どもや 保 護 者 のアセスメントが 行 われている 51 Ⅲ-4-(1)-1 定 められた 手 順 に 従 ってアセスメントを 行 っている Ⅲ-4-(2) 子 どもに 対 する 指 導 計 画 が 策 定 されている 52 Ⅲ-4-(2)-1 指 導 計 画 を 適 切 に 策 定 している 53 Ⅲ-4-(2)-2 定 期 的 に 指 導 計 画 の 評 価 見 直 しを 行 っている 児 童 台 帳 により 子 どもの 身 体 や 生 活 状 況 が 把 握 され 児 童 原 簿 には 緊 急 連 絡 先 やかかりつけ 医 既 往 症 アレルギー 予 防 接 種 歴 罹 患 歴 等 の 情 報 が 整 理 されています また 個 人 面 談 も 行 われています 各 クラス 担 任 が 中 心 となり 年 齢 ごとに 年 月 週 の 指 導 計 画 が 策 定 されています 3 歳 未 満 児 と 支 援 が 必 要 な 子 どもについて は 個 別 の 指 導 計 画 が 策 定 され それぞれの 指 導 計 画 からは 定 期 的 な 評 価 に 基 づく 次 の 計 画 への 反 映 が 見 られます

8 A-1 保 育 所 保 育 の 基 本 5/6 A-1-(1) 養 護 と 教 育 の 一 体 的 展 開 54 A-1-(1)-1 55 A-1-(1)-2 乳 児 保 育 のための 適 切 な 環 境 が 整 備 され 保 育 の 内 容 や 方 法 に 配 慮 されている 56 A-1-(1)-3 57 A-1-(1)-4 58 A-1-(1)-5 保 育 所 の 保 育 の 方 針 や 目 標 に 基 づき 発 達 過 程 を 踏 まえ 子 どもの 心 身 の 発 達 や 家 庭 及 び 地 域 の 実 態 に 即 した 保 育 課 程 を 編 成 している 1 2 歳 児 の 保 育 において 養 護 と 教 育 の 一 体 的 展 開 がされるような 適 切 な 環 境 が 整 備 され 保 育 の 内 容 や 方 法 に 配 慮 されている 3 歳 以 上 児 の 保 育 において 養 護 と 教 育 の 一 体 的 展 開 がされるような 適 切 な 環 境 が 整 備 され 保 育 の 内 容 や 方 法 に 配 慮 されている 小 学 校 との 連 携 や 就 学 を 見 通 した 計 画 に 基 づいて 保 育 の 内 容 や 方 法 保 護 者 と の 関 わりに 配 慮 している 子 どもの 最 善 の 利 益 を 尊 重 する という 保 育 理 念 に 基 づき 全 職 員 が 参 画 する 会 議 の 中 で 保 育 課 程 が 編 成 されています 乳 児 保 育 については 担 当 制 が 採 られ 少 人 数 での 食 事 など 一 人 ひとりの 生 活 リズムに 合 わせて 保 育 が 行 われており 特 定 の 保 育 者 との 継 続 的 な 関 わりが 保 てるように 配 慮 されています 1 2 歳 児 については 保 育 者 との 応 答 的 な 関 わりの 中 で 受 容 さ れ 併 設 の 高 齢 者 介 護 事 業 利 用 者 からの 励 ましや 褒 め 言 葉 によ り 自 尊 感 情 が 育 まれています また 年 齢 に 応 じて 集 団 の 中 で 友 達 との 協 同 的 な 活 動 ができるように 栽 培 活 動 や 当 番 活 動 にも 取 り 組 まれています 年 長 児 保 育 では 小 学 校 での 生 活 を 体 験 できる 機 会 として 2 月 に 体 験 入 学 の 機 会 が 設 けられています 保 護 者 には 就 学 に 向 けての 個 人 懇 談 会 が 行 われ 入 学 後 の 見 通 しがもてるように 配 慮 されています 保 育 士 は 3 月 に 行 わ れる 各 小 学 校 との 連 絡 会 への 参 加 や 入 学 後 の 授 業 参 観 への 出 席 により 小 学 校 との 連 携 に 努 められています A-1-(2) 環 境 を 通 して 行 う 保 育 A-1-(2)-1 A-1-(2)-2 A-1-(2)-3 A-1-(2)-4 63 A-1-(2)-5 生 活 にふさわしい 場 として 子 どもが 心 地 よく 過 ごすことのできるような 人 的 物 的 環 境 が 整 備 されている 子 どもが 基 本 的 な 生 活 習 慣 を 身 につけ 積 極 的 に 身 体 的 な 活 動 ができるような 環 境 が 整 備 されている 子 どもが 主 体 的 に 活 動 し 様 々な 人 間 関 係 や 友 だちとの 協 同 的 な 体 験 ができるよ うな 人 的 物 的 環 境 が 整 備 されている 子 どもが 主 体 的 に 身 近 な 自 然 や 社 会 とかかわれるような 人 的 物 的 環 境 が 整 備 さ れている 子 どもが 言 葉 豊 かな 言 語 環 境 に 触 れたり 様 々な 表 現 活 動 が 自 由 に 体 験 できるよ うな 人 的 物 的 環 境 が 整 備 されている 施 設 内 は 明 るく 清 潔 に 保 たれ 食 事 と 睡 眠 や 安 息 の 場 が 区 分 けされるなど 子 どもが 心 地 よく 過 ごせる 環 境 づくりに 配 慮 されて います 施 設 の 中 での 部 屋 の 向 きなどによる 温 度 差 や 防 音 にも 木 材 や 塗 料 等 での 工 夫 が 施 されています 各 クラスには 畳 敷 きのスペースや 遊 びのコーナーが 設 けられ ており 子 どもたちがくつろいで 過 ごしたり 好 みの 玩 具 で 自 由 に 遊 べたりするように 配 慮 されています 園 内 ではたくさんの 昆 虫 やメダカなどが 飼 育 され 分 からないこ とは 自 分 で 調 べられるように 図 鑑 なども 揃 えられています 園 の 大 きな 行 事 の 一 つである でんでん 祭 り は 地 域 的 な 行 事 となっており 地 域 の 人 たちや 卒 園 児 またその 家 族 との 交 流 の 場 となっています 併 設 する 高 齢 者 介 護 事 業 の 利 用 者 とは 日 常 的 に 交 流 が 行 われています 移 動 図 書 館 の 利 用 や 消 防 車 の 来 園 などにより 社 会 的 な 体 験 が 得 られる 機 会 も 設 けられています 各 クラスには 年 齢 に 応 じた 絵 本 が 置 かれています 生 活 発 表 会 では 子 どもたちが 選 んだ 絵 本 を 題 材 にして 劇 が 披 露 されてお り 台 詞 などは 子 どもたち 自 ら 考 えています A-1-(3) 職 員 の 資 質 向 上 64 A-1-(3)-1 保 育 士 等 が 主 体 的 に 自 己 評 価 に 取 り 組 み 保 育 の 改 善 が 図 られている 保 育 士 は 定 期 的 に 自 己 評 価 ガイドラインに 基 づき 自 己 評 価 を 行 い 保 育 の 質 の 向 上 に 繋 げられています

9 A-2 子 どもの 生 活 と 発 達 6/6 A-2-(1) 生 活 と 発 達 の 連 続 性 65 A-2-(1)-1 子 ども 一 人 ひとりを 受 容 し 理 解 を 深 めて 働 きかけや 援 助 が 行 われている 66 A-2-(1)-2 67 A-2-(1)-3 障 害 のある 子 どもが 安 心 して 生 活 できる 保 育 環 境 が 整 備 され 保 育 の 内 容 や 方 法 に 配 慮 がみられる 長 時 間 にわたる 保 育 のための 環 境 が 整 備 され 保 育 の 内 容 や 方 法 が 配 慮 されてい る 子 どものペースに 合 わせ 受 容 を 心 がけた 保 育 が 行 われていま す 支 援 が 必 要 な 子 どもについては 関 係 機 関 とのこまめな 連 携 が 図 られており 少 人 数 のクラス 編 成 など 落 ち 着 いて 過 ごせるよう に 配 慮 されています 他 の 保 護 者 も 支 援 が 必 要 な 子 どものことを 理 解 されており 生 活 発 表 会 の 際 には その 子 の 成 長 を 一 緒 に なって 喜 ばれていたというエピソードも 聞 かれました 長 時 間 保 育 の 子 どもについては 職 員 間 での 引 継 ぎがチームと して 行 われており 安 心 して 過 ごせるように 配 慮 されています A-2-(2) 子 どもの 福 祉 を 増 進 することに 最 もふさわしい 生 活 の 場 68 A-2-(2)-1 子 どもの 健 康 管 理 は 子 ども 一 人 ひとりの 健 康 状 態 に 応 じて 実 施 している 69 A-2-(2)-2 食 事 を 楽 しむことができる 工 夫 をしている 70 A-2-(2)-3 71 A-2-(2)-4 乳 幼 児 にふさわしい 食 生 活 が 展 開 されるよう 食 事 について 見 直 しや 改 善 をして いる 健 康 診 断 歯 科 健 診 の 結 果 について 保 護 者 や 職 員 に 伝 達 し それを 保 育 に 反 映 させている 健 康 管 理 マニュアルが 整 備 されています 年 に2 回 の 内 科 健 診 歯 科 検 診 の 結 果 は 健 康 診 断 票 や 歯 科 検 診 のお 知 らせ により 保 護 者 に 報 告 されています アレルギーや 予 防 接 種 歴 等 は 定 期 的 に 保 護 者 から 情 報 が 得 られ 記 録 に 残 されています 食 育 計 画 が 策 定 されています 菜 園 活 動 では 育 てた 野 菜 を 収 穫 し 食 べる 機 会 も 設 けられています 調 理 の 職 員 は クラス を 訪 ね 子 どもから 直 接 話 を 聞 いたり 残 食 調 査 を 行 ったりして 献 立 の 工 夫 に 繋 げられています 保 育 士 は 食 事 の 時 間 になるとカラ フルな 三 角 巾 を 着 け 雰 囲 気 づくりに 努 められています 乳 児 は ゆったりとした 雰 囲 気 の 中 で 担 当 保 育 士 と 食 事 を 摂 る ことができ 離 乳 食 については 保 護 者 と 話 し 合 いながら 進 められ ています A-2-(3) 健 康 及 び 安 全 の 実 施 体 制 72 A-2-(3)-1 73 A-2-(3)-2 アレルギ- 疾 患 慢 性 疾 患 等 をもつ 子 どもに 対 し 主 治 医 からの 指 示 を 得 て 適 切 な 対 応 を 行 っている 調 理 場 水 周 りなどの 衛 生 管 理 が 適 切 に 実 施 され 食 中 毒 等 の 発 生 時 に 対 応 でき るような 体 制 が 整 備 されている 食 物 アレルギーに 関 する 情 報 は 入 園 時 に 把 握 され 主 治 医 の アレルギー 除 去 食 依 頼 書 に 基 づいて 食 事 が 提 供 されています 除 去 食 は 個 別 にトレーを 使 って 配 膳 されており 間 違 いが 生 じ ないように 工 夫 されています 調 理 室 は 衛 生 管 理 マニュアルに 基 づき 衛 生 的 に 保 たれてお り 保 健 所 の 給 食 監 査 においても 高 い 評 価 を 得 られています A-3 保 護 者 に 対 する 支 援 A-3-(1) 家 庭 との 緊 密 な 連 携 74 A-3-(1)-1 子 どもの 食 生 活 を 充 実 させるために 家 庭 と 連 携 している 75 A-3-(1)-2 家 庭 と 子 どもの 保 育 が 密 接 に 関 連 した 保 護 者 支 援 を 行 っている 76 A-3-(1)-3 77 A-3-(1)-4 子 どもの 発 達 や 育 児 などについて 懇 談 会 などの 話 し 合 いの 場 に 加 えて 保 護 者 と 共 通 の 理 解 を 得 るための 機 会 を 設 けている 虐 待 に 対 応 できる 保 育 所 内 の 体 制 の 下 不 適 切 な 養 育 や 虐 待 を 受 けていると 疑 わ れる 子 どもの 早 期 発 見 及 び 虐 待 の 予 防 に 努 めている 保 護 者 には ポリシーブック や 入 園 のしおり を 用 いて 食 べる ことの 大 切 さが 伝 えられています 連 絡 帳 は 年 長 児 まで 使 用 されており 送 迎 バスには 保 育 士 が ローテーションで 添 乗 し クラス 担 任 と 保 護 者 間 の 連 絡 事 項 が 確 実 に 伝 わるよう 努 められています 個 人 懇 談 会 や 保 育 参 観 が 実 施 され 玄 関 横 に 設 置 されたフォ トフレームでは 子 どもの 様 子 を 見 ることができます 虐 待 防 止 マニュアルが 整 備 され チェックリスト 等 を 活 用 して 早 期 発 見 に 努 められています 日 常 的 な 子 どもの 状 態 を 把 握 し 着 替 えなどの 場 面 での 確 認 も 行 われています 気 になる 子 どもにつ いては 保 護 者 の 気 持 ちに 配 慮 しながら 声 掛 けが 行 われていま す

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 1-1-1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され 飛 騨 市 次 世 代 育 成 支 援 行 動 計 画 ( 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 飛 騨 市 長 飛 騨 市 議 会 議 長 飛 騨 市 選 挙 管 理 委 員 会 飛 騨 市 代 表 監 査 委 員 飛 騨 市 農 業 委 員 会 飛 騨 市 教 育 委 員 会 飛 騨 市 消 防 本 部 消 防 長 古 川 国 府 給 食 センター 利 用 組

More information

学校安全の推進に関する計画の取組事例

学校安全の推進に関する計画の取組事例 学 校 安 全 の 推 進 に 関 する 計 画 と Ⅱ 学 校 安 全 を 推 進 するための 方 策 項 目 1. 安 全 に 関 する 教 育 の 充 実 方 策 (1) 安 全 教 育 にお ける 主 体 的 に 行 動 する 態 度 や 共 助 公 助 の 視 点 (2) 教 育 手 法 の 改 善 被 災 地 へのボランティア 活 動 を 行 う 学 校 等 の 生 きる 力 をはぐくむ

More information

Microsoft Word - 24行動計画案.doc

Microsoft Word - 24行動計画案.doc 京 都 市 動 物 愛 護 行 動 計 画 に 基 づく 取 組 予 定 ( 平 成 24 年 度 ) 1 殺 処 分 数 の 大 幅 な 減 少 (1) 飼 主 責 任 の 徹 底 1 終 生 飼 養 の 徹 底 犬 猫 の 引 取 手 数 料 増 額 に 向 けて 研 究 する 新 規 動 物 の 飼 養 を 希 望 する 市 民 に 対 し, 終 生 適 正 飼 養 等 に 係 る 意 識 の

More information

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病 資 料 22 ( 別 紙 第 1 2 号 様 式 ) 平 成 24 年 度 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 における 計 画 評 価 シート 1 の 概 要 神 奈 川 県 ( 金 額 の 単 位 は 千 円 ) 補 助 金 等 名 称 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 補 助 年 度 平 成 24 年 度 担 当 課 神 奈 川 県 保 健 福 祉 局 保 健 医 療

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門 新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051101 86 取 組 施 策 地 方 政 府 を 担 う 職 員 像 の 策 定 と 人 材 育 成 ( 新 人 材 育 成 ビジョンの 策 定 ) 平 成 17 年 度 静 岡 市 人 材 育 成 ビジョン を 策 定 平 成 20 年 度 進 捗 管 理 に 伴 う 一 部 改 訂 職 員 セッションの 試 行 を 行 った

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版)

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版) 福 島 県 警 察 職 員 男 女 共 同 参 画 推 進 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 4 月 改 定 ) 福 島 県 警 察 目 次 第 1 総 論 1 計 画 改 定 の 趣 旨 2 計 画 期 間 第 2 具 体 的 取 組 Ⅰ 意 識 改 革 幹 部 を 始 めとした 全 職 員 の 意 識 改 革 の 徹 底 Ⅱ 女 性 警 察 官 の 採 用 拡 大 1 女 性 警 察 官 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか 平 成 23 年 度 自 己 報 告 書 1 理 念 目 的 (1) 大 学 学 部 研 究 科 等 の 理 念 目 的 は 適 切 に 設 定 されているか 平 成 19 年 6 月 に の 目 標 として 大 学 の 発 展 に 貢 献 する 力 のある 組 織 とい う 共 通 の 目 標 を 掲 げ この 目 標 を 常 に 念 頭 に 置 きながら 日 々の 業 務 に 当 たっている さらに

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 安 芸 太 田 町 平 成 26 年 10 月 12 日 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

<5461726F2D819B92CA926D816990488E9693E09765816A2E6A7464>

<5461726F2D819B92CA926D816990488E9693E09765816A2E6A7464> 記 1 学 校 給 食 摂 取 基 準 について (1) 学 校 給 食 における 摂 取 基 準 ( 以 下 学 校 給 食 摂 取 基 準 という )につ いては 義 務 教 育 諸 学 校 の 児 童 生 徒 においては 学 校 給 食 実 施 基 準 別 表 ( 別 紙 1)に 夜 間 課 程 を 置 く 高 等 学 校 の 生 徒 においては 夜 間 学 校 給 食 実 施 基 準 別 表

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

Microsoft Word - 02第3期計画(元データ).doc

Microsoft Word - 02第3期計画(元データ).doc 第 3 期 長 岡 市 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 市 職 員 ) 平 成 23 年 4 月 長 岡 市 教 育 委 員 会 Ⅰ 総 論 1 目 的 急 速 な 少 子 化 の 進 行 家 庭 地 域 を 取 巻 く 環 境 の 変 化 により 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ かつ 育 成 される 社 会 の 形 成 に 資 するため

More information

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 状 況 について 1 接 種 費 用 の 公 費 助 成 (1) 県 の 助 成 制 度 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 費 用 は 3 回 の 接 種 で 約 45,000 円 (1 回 当 たり 約 15,000 円 )であり 被 接 種 者 の 経 済 的 負 担 が 大 きいものであった そのため がん 対 策 推 進 の 観 点 から 公

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機 薬 局 機 能 情 報 の 事 項 の 説 明 薬 局 機 能 情 報 の 各 事 項 については 次 のとおりです また 等 の 欄 は 各 事 項 についての 該 当 の 又 は が 薬 局 機 能 に 関 する 情 報 欄 は その 項 目 について 該 当 する 情 報 の 内 容 が 記 載 されています 第 1 管 理 運 営 サービス 等 に 関 する 事 項 1 基 本 事 項 (1)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63> 公 立 幼 稚 園 のあり 方 について( 方 針 ) 平 成 19 年 7 月 いわき 市 教 育 委 員 会 目 次 1 これまでの 公 立 幼 稚 園 P.1 2 今 後 の 公 立 幼 稚 園 の 役 割 について P.1 ⑴ 公 立 幼 稚 園 と 私 立 幼 稚 園 の 役 割 ⑵ 障 がい 児 統 合 保 育 ⑶ 幼 保 連 携 への 対 応 ⑷ 子 育 て 支 援 の 推 進 3 公

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研 南 阿 蘇 村 農 業 研 修 生 受 入 協 議 会 青 年 就 農 給 付 金 ( 準 備 型 ) 農 業 研 修 生 受 入 要 項 平 成 24 年 4 月 27 日 制 定 平 成 24 年 6 月 13 日 一 部 改 正 平 成 24 年 10 月 31 日 一 部 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 本 要 項 は 新 規 就 農 総 合 支 援 事 業 実 施 要 綱 ( 農 林

More information

ア 運 営 管 理 業 務 に 関 する 事 項 管 理 事 務 所 の 使 用 に 関 すること( 電 話 金 庫 警 備 鍵 等 名 義 変 更 の 必 要 な もの( 電 気 水 道 ガス 機 械 警 備 消 防 計 画 書 危 険 物 取 扱 設 置 許 可 等 )) 年 間 行 事 予 定

ア 運 営 管 理 業 務 に 関 する 事 項 管 理 事 務 所 の 使 用 に 関 すること( 電 話 金 庫 警 備 鍵 等 名 義 変 更 の 必 要 な もの( 電 気 水 道 ガス 機 械 警 備 消 防 計 画 書 危 険 物 取 扱 設 置 許 可 等 )) 年 間 行 事 予 定 指 定 管 理 業 務 の 引 継 ぎに 係 る 基 本 事 項 等 1. 基 本 事 項 次 期 指 定 管 理 候 補 者 への 引 継 ぎについては 下 記 の 事 項 に 留 意 の 上 誠 意 をもって 円 滑 に 行 うこととする (1) 現 指 定 管 理 者 及 び 次 期 指 定 管 理 者 は 当 該 公 園 の 管 理 運 営 が 円 滑 に 開 始 できるよう 必 要 な 引

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

(3) 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) (4) 図 書 館 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 118 号 ) (5) 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 ) (6) 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平

(3) 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) (4) 図 書 館 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 118 号 ) (5) 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 ) (6) 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 寒 川 総 合 図 書 館 寒 川 文 書 館 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 本 仕 様 書 は 寒 川 総 合 図 書 館 寒 川 文 書 館 指 定 管 理 者 募 集 要 項 に 基 づき 寒 川 町 ( 以 下 町 という )が 指 定 管 理 者 に 要 求 する 管 理 運 営 業 務 の 基 準 を 示 すものです 寒 川 総 合 図 書 館 ( 以 下 図 書 館 という

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 祉 法 人 氏 名 人 見 君 子 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 9 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 606-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 番 の 電 話 番 号 075-77 - 388 FAX 番

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

5 民 間 事 業 者 における 取 扱 いについて( 概 要 資 料 P.17~19) 6 法 人 番 号 について( 概 要 資 料 P.4) (3) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 のスケジュールについて( 概 要 資 料 P.20) 1 平 成 27 年 10 月 から( 施 行 日 は

5 民 間 事 業 者 における 取 扱 いについて( 概 要 資 料 P.17~19) 6 法 人 番 号 について( 概 要 資 料 P.4) (3) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 のスケジュールについて( 概 要 資 料 P.20) 1 平 成 27 年 10 月 から( 施 行 日 は 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 1 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について (1) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 趣 旨 について( 概 要 資 料 P.1~2) 1 公 平 公 正 な 社 会 の 実 現 行 政 機 関 等 が 所 得 や 他 の 行 政 サービスの 受 給 状 況 を 把 握 しやすくな るため 負 担 を 不 当 に 免 れることや 給 付 を

More information

2 生 活 安 全 部 地 域 課 鉄 道 警 察 隊 長 ( 以 下 隊 長 という )は 被 害 相 談 所 の 名 称 を 記 載 した 表 示 板 を 庁 舎 入 口 付 近 に 掲 出 するものとする 3 隊 長 は 臨 時 の 被 害 相 談 所 を 設 置 するときは 当 該 相 談

2 生 活 安 全 部 地 域 課 鉄 道 警 察 隊 長 ( 以 下 隊 長 という )は 被 害 相 談 所 の 名 称 を 記 載 した 表 示 板 を 庁 舎 入 口 付 近 に 掲 出 するものとする 3 隊 長 は 臨 時 の 被 害 相 談 所 を 設 置 するときは 当 該 相 談 女 性 のための 安 全 相 談 所 等 設 置 運 用 要 領 の 制 定 について( 例 規 ) ( 平 成 12 年 5 月 17 日 例 規 第 21 号 ) [ 沿 革 ] 平 成 13 年 12 月 例 規 第 55 号 改 正 この 度 地 域 警 察 部 門 における 女 性 の 安 全 対 策 を 更 に 充 実 強 化 するため みだしの 要 領 を 別 記 のとおり 制 定 し

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 氏 名 人 見 君 子 市 祉 法 人 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 9 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 7 年 4 月 1 日 現 在 606-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 1 番 の1 電 話 番 号 075-771 - 388

More information

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育 ここに 掲 載 されている 内 容 は 平 成 26 年 9 月 時 点 での 予 定 です 今 後 変 更 となる 可 能 性 があります 平 成 27 年 度 から 幼 稚 園 等 の 利 用 手 続 きが 変 わります! 幼 児 期 の 学 校 教 育 や 保 育 地 域 の 子 育 て 支 援 の 量 の 拡 充 や 質 の 向 上 を 進 めていく 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

老発第    第 号

老発第    第 号 事 務 連 絡 平 成 23 年 10 月 7 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 予 防 )サービス 費 の 受 給 権 及 び 介 護 報 酬 の 返 還 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 取 扱 いに 関 する 事 務 連 絡 等 の 一 部 改 正 について

More information

推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担

推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担 アクションプラン 全 体 計 画 ( 平 成 23~27 年 ) H25 推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担 当 取 組 年 H23 ~

More information

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農 国 営 かんがい 排 水 事 業 石 垣 島 地 区 事 業 の 概 要 本 事 業 は 沖 縄 本 島 から 南 西 約 400kmにある 石 垣 島 に 位 置 する 石 垣 市 の4,338haの 農 業 地 帯 において 農 業 用 水 の 安 定 供 給 を 図 るため 農 業 水 利 施 設 の 改 修 整 備 を 行 うものである 事 業 の 目 的 必 要 性 本 地 区 は さとうきびを

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象 平 成 27 年 度 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 委 託 仕 様 書 1. 事 業 名 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 2. 事 業 の 目 的 本 事 業 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 )に 基 づき 生 活 困 窮 者 が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援

More information

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 我 が 国 においては 少 子 高 齢 化 が 進 展 し 65 歳 以 上 の 高 齢 者 化 率 は 2 0 6 0 年 に は 4 0 % 近 い 水 準 と な る 事 が 推 計 さ れ て おります 本 道 に お い て も 6 5 歳 以 上 の 高 齢 者 人 口 は 2 7 年 1 月 1 日 現 在 で は 1 5 1 万 人 を 超 え

More information

そ の 他 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 広 島 市 城 山 北 城 南 域 包 括 支 援 センター 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 5-6-0 B0 平 成 8 年 4 月 日 必 要 な 者

そ の 他 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 広 島 市 城 山 北 城 南 域 包 括 支 援 センター 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 5-6-0 B0 平 成 8 年 4 月 日 必 要 な 者 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 市 祉 法 人 楽 友 会 非 73-00 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 一 丁 目 番 9 号 電 話 番 号 08-83 - 4 FAX 番 号 08-876 - 非 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 http://kawauchinosato.net kawauchinosato@deluxe.ocn.ne.jp

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

答申第585号

答申第585号 別 紙 諮 問 第 722 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 平 成 23 年 月 日 区 営 業 所 で 起 きた 物 損 事 故 に 関 する 全 ての 内 容 の 文 書 の 開 示 請 求 に 対 し 終 業 点 呼 記 録 簿 ほか7 件 を 対 象 公 文 書 として 特 定 し 一 部 開 示 と した 決 定 は 妥 当 である 2 審 査 請 求 の 内 容 (1) 審 査

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

神 奈 川 県 立 横 須 賀 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 いじめの 防 止 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 ( 本 校 のいじめ 防 止 に 関 する 基 本 的 な 姿 勢 ) いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利

神 奈 川 県 立 横 須 賀 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 いじめの 防 止 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 ( 本 校 のいじめ 防 止 に 関 する 基 本 的 な 姿 勢 ) いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 神 奈 川 県 立 横 須 賀 大 津 高 等 学 校 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 神 奈 川 県 立 横 須 賀 大 津 高 等 学 校 神 奈 川 県 立 横 須 賀 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 いじめの 防 止 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 ( 本 校 のいじめ 防 止 に 関 する 基 本 的 な 姿 勢 ) いじめは いじめを 受

More information

honbu-38H06_kunrei31

honbu-38H06_kunrei31 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 12 月 27 日 本 部 訓 令 第 31 号 ) 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 を 次 のように 定 める 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 徳 島 県 警 察 航 空 機 使 用 管 理 規 程 ( 平 成 2 年 徳

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63> 消 防 危 第 245 号 平 成 1 7 年 1 0 月 2 6 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 東 京 消 防 庁 各 指 定 都 市 消 防 長 殿 消 防 庁 危 険 物 保 安 室 長 給 油 取 扱 所 等 における 単 独 荷 卸 しに 係 る 運 用 について 危 険 物 取 扱 者 の 立 会 いなしに 移 動 タンク 貯 蔵 所 に 乗 務 する 危 険

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可 ミスミグループ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 本 基 本 方 針 は ミスミグループ( 以 下 当 社 グループ という)のコーポレートガバナン スに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 を 定 めるものである 1. コーポレートガバナンスの 原 則 (1) 当 社 グループのコーポレートガバナンスは 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の

More information

文化政策情報システムの運用等

文化政策情報システムの運用等 名 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 番 号 0406 平 成 25 年 行 政 レビューシート ( 文 部 科 学 省 ) 文 化 政 策 情 報 システム 運 用 等 担 当 部 局 庁 文 化 庁 作 成 責 任 者 平 成 8 年 度 なし 担 当 課 室 長 官 官 房 政 策 課 政 策 課 長 清 水 明 会 計 区 分 一 般 会 計 政 策 施 策 名 根 拠 法 令 ( 具

More information

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27 大 和 高 田 市 要 介 護 認 定 業 務 一 部 委 託 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 4 月 大 和 高 田 市 保 健 部 介 護 保 険 課 1 目 次 1. 委 託 業 務 の 概 要 1 (1) 背 景 及 び 目 的 1 (2) アウトソーシングの 基 本 的 な 考 え 方 1 (3) 受 託 者 に 求 めること 1 (4) 期 待 する 効 果 2 2. 委 託 内

More information

東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 5 内 容 これまで1ヶ 月 の 動 きと 今 後 1ヶ 月 の 予 定 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 備 考 員 の 確 保 状 況 と 地 元 雇 用 率 の 実

東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 5 内 容 これまで1ヶ 月 の 動 きと 今 後 1ヶ 月 の 予 定 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 備 考 員 の 確 保 状 況 と 地 元 雇 用 率 の 実 東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 管 理 対 象 区 域 の 運 用 区 分 及 び 放 射 線 防 護 装 備 の 適 正 化 管 理 対 象 区 域 の 運 用 区 分 に 応 じた 放 射 線 防 護 装 備 の 適 正 化 の 運 用 開 始 (2016 年 3 月 8 日 ~) 労 働 環 境 改 善 スケジュール

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc 資 料 基 本 条 例 P36 規 則 P38 委 員 名 簿 P39 基 本 計 画 の 策 定 に 係 る 経 過 P40-35 - 基 本 条 例 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 交 野 の 自 然 環 境 歴 史 文 化 市 民 力 等 の 地 域 資 源 を 有 効 活 用 した 地 域 産 業 の 振 興 についての 基 本 となる 事 項 を 定 め 市 事 業 者 及

More information

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画 徳 山 大 学 公 的 研 究 費 取 扱 規 程 ( 平 成 27 年 1 月 30 日 制 定 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 徳 山 大 学 教 育 職 員 倫 理 綱 領 及 び 徳 山 大 学 における 研 究 に 携 わる 者 の 行 動 規 範 の 定 めに 従 い, 徳 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )において 公 的 研 究 費 を 適 正 に 運 営

More information

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革 第 2 分 野 男 女 共 同 参 画 の 視 点 に 立 った 社 会 制 度 慣 行 の 見 直 し 意 識 の 改 革 < 基 本 的 考 え 方 > 男 女 共 同 参 画 社 会 の 形 成 のためには 社 会 制 度 慣 行 が 実 質 的 に 男 女 にどのような 影 響 を 及 ぼすのか 常 に 検 討 されなければならない 社 会 制 度 や 慣 行 については それぞれの 目 的

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知)

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知) 27 文 科 初 第 1593 号 平 成 28 年 3 月 22 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 各 指 定 都 市 教 育 委 員 会 殿 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 構 造 改 革 特 別 区 域 法 第 12 条 第 1 項 の 認 定 を 受 けた 地 方 公 共 団 体 の 長 文 部 科 学 省 初 等 中 等

More information

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策 日 置 市 障 がい 者 計 画 及 び 障 がい 福 祉 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 24 年 3 月 鹿 児 島 県 日 置 市 0 計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果)

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果) 学 校 安 全 に 関 する 規 制 ( 学 校 保 健 安 全 法 案 第 27 条 第 28 条 第 29 条 ) 主 管 課 ( 課 長 名 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 学 校 健 康 教 育 課 ( 課 長 : 作 花 文 雄 ) 関 係 課 ( 課 長 名 ) 施 策 目 標 及 び 達 成 目 標 施 策 目 標 2-5 健 やかな 体 の 育 成 児 童 生 徒

More information

Taro-07-1提言概要.jtd

Taro-07-1提言概要.jtd 新 たな 在 留 管 理 制 度 に 関 する 提 言 の 概 要 について 資 料 7 1 在 留 管 理 制 度 見 直 しのねらい 法 務 大 臣 が 外 国 人 の 在 留 管 理 に 必 要 な 情 報 を 一 元 的, 正 確 かつ 継 続 的 に 把 握 する 制 度 を 構 築 し, 的 確 な 在 留 管 理 を 行 う一 方 で, 市 区 町 村 において 整 備 される 予 定

More information

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 管 理 規 程 第 1 章 総 則 ( 事 業 所 等 の 名 称 など) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 若 杉 福 祉 会 が 設 置 するこの 保 育 園 の 名 称 及 び 所 在 地 は 次 のとおりにする (1) 名 称 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 (2) 所 在 地 那 覇 市 首 里 大 名 町 1 64 5 ( 施 設

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

(Microsoft Word - \220\340\226\276\217\221.doc)

(Microsoft Word - \220\340\226\276\217\221.doc) 南 丹 市 建 設 業 新 分 野 進 出 支 援 事 業 補 助 金 申 請 用 紙 記 入 説 明 書 様 式 第 1 号 ( 第 7 条 関 係 )の 記 入 方 法 南 丹 市 長 様 市 長 名 を 記 入 元 号 年 月 日 を 記 入 平 成 年 月 日 申 請 者 情 報 を 記 入 ( 代 表 企 業 ) ( 申 請 者 ) 所 在 地 南 丹 市 園 部 町 小 桜 町 47 番

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

公 益 事 類 ( 番 号 を 記 載 ) 12 施 設 名 事 所 名 介 護 老 人 保 健 施 設 アヴニール 入 間 市 宮 寺 二 本 木 区 域 包 括 支 援 センター 所 在 埼 玉 県 入 間 市 大 字 二 本 木 1082-1 埼 玉 県 入 間 市 宮 寺 2655-1 入

公 益 事 類 ( 番 号 を 記 載 ) 12 施 設 名 事 所 名 介 護 老 人 保 健 施 設 アヴニール 入 間 市 宮 寺 二 本 木 区 域 包 括 支 援 センター 所 在 埼 玉 県 入 間 市 大 字 二 本 木 1082-1 埼 玉 県 入 間 市 宮 寺 2655-1 入 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 市 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 主 たる 事 埼 友 会 務 所 の 所 在 http://www.seiaien.jp メールアド 設 立 認 可 レス seiaien@guitar.ocn.ne.jp 年 月 日 昭 和 62 年 7 月 16 日 氏 名 友 野 政

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

(3) 福 祉 施 設 から 一 般 就 労 への 移 行 本 市 の 福 祉 施 設 利 用 者 の 中 で 平 成 24 年 度 に 一 般 就 労 により 退 所 した 人 は 3 人 です ここでいう 福 祉 施 設 とは 生 活 介 護 事 業 自 立 訓 練 事 業 ( 生 活 訓 練

(3) 福 祉 施 設 から 一 般 就 労 への 移 行 本 市 の 福 祉 施 設 利 用 者 の 中 で 平 成 24 年 度 に 一 般 就 労 により 退 所 した 人 は 3 人 です ここでいう 福 祉 施 設 とは 生 活 介 護 事 業 自 立 訓 練 事 業 ( 生 活 訓 練 第 5 章 数 値 目 標 ( 第 4 期 案 ) (1) 入 所 施 設 入 所 者 の 地 域 生 活 への 移 行 本 市 の 平 成 25 年 度 末 時 点 の 施 設 入 所 者 は39 人 です 平 成 29 年 度 までに 入 所 施 設 を 退 所 し 自 立 訓 練 事 業 等 を 利 用 しながら グル ープホームや 一 般 住 宅 等 に 移 行 する 人 ( 地 域 移 行

More information

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針 こどもカフェ 設 置 運 営 に 係 る 基 本 方 針 第 1 総 則 1 目 的 こどもカフェ の 設 置 運 営 については 市 基 本 計 画 及 び 第 一 次 実 施 計 画 に 位 置 付 け 市 内 2 か 所 で モデル 運 営 を 実 施 し その 実 績 検 証 等 をもとに 今 後 の 拡 充 について 検 討 することとして おります また こどもカフェ は 次 世 代 育

More information

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令 防 衛 省 訓 令 第 2 9 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 2 9 年 法 律 第 1 6 5 号 ) 第 3 0 条 の 2 第 1 項 第 5 号 の 規 定 に 基 づ き 自 衛 官 以 外 の 隊 員 の 標 準 職 務 遂 行 能 力 を 定 め る 訓 令 を 次 の よ う に 定 め る 平 成 2 6 年 5 月 3 0 日 防 衛 大 臣 小 野 寺 五 典 自 衛 官 以

More information

介護保険制度改正にかかる事業所説明会

介護保険制度改正にかかる事業所説明会 資 料 3 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 へ 移 行 時 のポイント 杉 並 区 役 所 保 健 福 祉 部 高 齢 者 施 策 課 総 合 事 業 整 備 係 1 利 用 者 の 総 合 事 業 への 移 行 時 期 予 防 給 付 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 給 付 平 成 27 年 度 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 保 険 法 改 正 予 防 生 活 支 援 サー

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868 議 案 第 36 号 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 利 用 及 び 特 定 個 人 情 報 提 供 に 関 する 条 例 制 定 について 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番

More information

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で 甲 府 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 8 年 3 月 31 日 策 定 甲 府 市 長 甲 府 市 議 会 議 長 甲 府 市 教 育 委 員 会 甲 府 市 選 挙 管 理 委 員 会 甲 府 市 代 表 監 査 委 員 甲 府 市 農 業 委 員 会 甲 府 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 1 計 画 策

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン の 改 訂 について 概 要 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするため 平 成 24 年 11 月 に 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン を 施 行 本 ガイドラインは

More information