Microsoft Word - 計画書.doc

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 計画書.doc"

Transcription

1 2.8 市 民 企 業 の 緑 のまちづくり 活 動 本 市 では ( 公 財 ) 亀 岡 市 都 市 緑 花 協 会 が 主 催 する 行 事 などを 中 心 として 市 民 がつくる ハンギングバスケットにより 道 路 が 花 で 美 しく 飾 られるなど 市 民 レベルでの 取 り 組 みの 輪 が 広 がりつつあります (1) 活 動 団 体 ( 公 財 ) 亀 岡 市 都 市 緑 花 協 会 各 種 行 事 花 と 緑 のフェスティバル: 都 市 緑 化 の 普 及 啓 発 と 花 と 緑 との 交 流 を 図 り 併 せて 生 涯 学 習 の 発 表 の 場 として 開 催 花 づくりコンクール: 市 内 の 保 育 所 保 育 園 幼 稚 園 小 学 校 中 学 校 を 対 象 に 開 催 市 花 展 示 会 : 市 花 愛 好 者 が 丹 精 込 めて 育 てあげたツツジ サツキを 一 堂 に 集 め 展 示 会 を 開 催 菊 花 展 示 会 : 市 民 が 丹 精 込 めて 育 てた 菊 を 一 堂 に 集 めた 展 示 会 を 開 催 など 各 種 事 業 都 市 公 園 33 箇 所 の 管 理 運 営 : 亀 岡 市 が 指 定 した 都 市 公 園 33 箇 所 の 管 理 運 営 街 路 樹 の 維 持 管 理 : 市 道 に 植 栽 されている 草 木 の 維 持 管 理 亀 岡 駅 前 等 の 緑 化 業 務 : 市 内 各 所 に 花 苗 を 植 栽 ( 亀 岡 駅 前 フラワーロード 並 河 駅 前 鉄 道 歴 史 公 園 馬 堀 駅 前 七 色 公 園 クニッテル 市 民 緑 化 プロムナード など) 亀 岡 市 庁 舎 等 の 植 栽 管 理 : 市 庁 舎 とガレリアかめおかの 植 栽 管 理 など 緑 の 少 年 団 宮 川 つつじ 会 つつじヶ 丘 を 美 しくする 会 体 験 活 動 清 掃 活 動 植 栽 管 理 緑 の 募 金 活 動 緑 化 活 動 清 掃 活 動 花 と 緑 の 会 大 井 ふるさとの 会 ハンギングバスケットの 設 置 植 栽 管 理 花 壇 づくり 清 掃 活 動 (2) 普 及 啓 発 活 動 コンクール 花 づくりコンクール( 花 と 緑 の 街 づくり 賞 ) イベント 花 と 緑 の 教 室 名 木 巡 り(( 公 財 ) 亀 岡 市 都 市 緑 花 協 会 が 実 施 ) 市 花 展 (( 公 財 ) 亀 岡 市 都 市 緑 花 協 会 が 実 施 ) 菊 花 展 (( 公 財 ) 亀 岡 市 都 市 緑 花 協 会 が 実 施 ) (3) 緑 化 に 関 する 要 領 等 わがまちの 花 づくり 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 花 と 緑 のフェスティバル 29

2 2.9 緑 に 関 する 取 り 組 み 動 向 本 市 や 京 都 府 が 主 催 する 緑 に 関 する 取 り 組 みを 以 下 に 整 理 します みどりのカーテンモデル 事 業 主 体 亀 岡 市 (1)みどりのカーテンの 推 進 概 要 (2)みどりのカーテンモデルの 取 り 組 み (1)みどりのカーテンの 推 進 みどりのカーテン とは アサガオやゴーヤなどのつる 性 植 物 を 育 て ベ ランダや 窓 壁 をカーテンのように 覆 ったものです 夏 の 強 い 日 射 しを 和 らげ 葉 の 蒸 散 作 用 により みどりのカーテンの 下 は 温 度 が 低 く 感 じます また 緑 の 葉 が 茂 った 様 子 は 見 た 目 にも 涼 しく 花 や 実 の 鑑 賞 や 収 穫 も 楽 しむことが できます 詳 細 (2)みどりのカーテンモデルの 取 り 組 み 平 成 21 年 度 から 毎 年 市 内 の 公 立 の 保 育 所 私 立 の 保 育 園 公 立 及 び 私 立 の 幼 稚 園 小 中 学 校 市 内 介 護 施 設 等 で ゴーヤの 苗 から みどりのカーテン を 育 てる 取 り 組 みを 行 っています あわせて みどりのカーテン 写 真 コンクール を 実 施 しています 30

3 京 都 モデルフォレスト 運 動 主 体 京 都 府 (1) 京 都 モデルフォレスト 運 動 の 概 要 概 要 (2) 亀 岡 市 内 における 取 り 組 み 例 (1) 京 都 モデルフォレスト 運 動 京 都 府 の 森 林 は 地 球 温 暖 化 の 防 止 や 災 害 の 防 止 景 観 の 保 全 など 多 様 な 役 割 を 担 う 府 民 共 有 の 貴 重 な 財 産 です 京 都 モデルフォレスト 運 動 は 京 都 府 の 森 を 守 り 育 む 運 動 です 近 年 放 置 され 荒 れた 森 林 が 増 えていることから 林 業 関 係 者 だけでは 森 林 を 守 ることが 困 難 なため 住 民 ボランティア NPO NGO 企 業 行 政 の 協 働 で 京 都 府 の 森 林 を 守 る 取 り 組 みです (2) 亀 岡 市 内 における 取 り 組 み 例 株 式 会 社 東 芝 亀 岡 市 東 別 院 町 桜 峠 を 拠 点 に 森 林 整 備 活 動 を 展 開 しています ( 活 動 内 容 : 植 林 活 動 間 伐 体 験 会 ) 株 式 会 社 村 田 製 作 所 亀 岡 市 宮 前 町 神 前 地 区 の 森 林 を 対 象 に 環 境 保 全 活 動 を 展 開 しています ( 活 動 内 容 : 森 林 保 全 活 動 自 然 観 察 会 薪 作 りなど) 詳 細 全 労 済 京 都 府 本 部 亀 岡 市 宮 前 町 神 前 区 の 森 林 を 対 象 に 環 境 保 全 活 動 を 展 開 しています ( 活 動 内 容 : 植 樹 植 樹 場 所 の 草 刈 り 竹 林 等 の 整 理 樹 木 調 査 や 野 鳥 観 察 ) 京 都 生 活 協 同 組 合 亀 岡 市 旭 町 三 俣 の 森 林 を 対 象 に 環 境 保 全 活 動 を 展 開 しています ( 活 動 内 容 : 広 葉 樹 林 の 整 備 と 伐 採 した 樹 木 等 の 有 効 活 用 歩 道 整 備 等 樹 木 調 査 など) 31

4 2.10 現 行 計 画 の 評 価 現 行 計 画 で 掲 げた 緑 地 の 保 全 及 び 緑 化 の 推 進 ための 施 策 について 現 況 や 進 捗 状 況 等 の 整 理 による 評 価 を 行 います 緑 のまちづくりのテーマ: 大 きな 骨 格 ふるさとの 緑 と 川 を 守 り 育 てます 全 施 策 実 施 済 実 施 中 未 実 施 21(100.0%) 8(38.1%) 6(28.6%) 7(33.3%) 実 施 済 及 び 継 続 中 が 約 38%と 最 も 多 く 次 いで 未 実 施 が 約 33%となっています 実 施 済 の 施 策 としては 国 営 農 地 再 編 整 備 事 業 の 推 進 地 球 環 境 子 ども 村 計 画 などの 推 進 が 挙 げられます 未 実 施 の 施 策 としては 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 条 例 などによる 保 全 の 検 討 などが 挙 げられ ます 緑 のまちづくりのテーマ: 大 きなネット まちに 緑 の 基 盤 をつくります 全 施 策 実 施 済 実 施 中 未 実 施 20(100.0%) 8(40.0%) 5(25.0%) 7(35.0%) 継 続 中 の 施 策 が 40%と 最 も 多 く 次 いで 未 実 施 が 35%となっています 未 実 施 の 施 策 としては 既 存 公 園 の 再 整 備 住 民 参 加 による 公 園 づくりの 推 進 プレイリ ーダーなどの 育 成 などが 挙 げられます 緑 のまちづくりのテーマ: 小 さなネット 身 近 な 緑 を 増 やし いきいきとしたまちをつくります 全 施 策 実 施 済 実 施 中 未 実 施 24(100.0%) 17(70.8%) 0(0.0%) 7(29.2%) 継 続 中 の 施 策 が 約 7 割 を 占 め 残 りは 未 実 施 となっています 未 実 施 の 施 策 としては 緑 地 協 定 などの 締 結 による 民 有 地 緑 化 の 推 進 や 商 業 地 の 緑 化 推 進 などが 挙 げられます 全 体 としての 施 策 の 進 捗 状 況 は 以 下 のとおりです 全 施 策 実 施 済 実 施 中 未 実 施 65(100.0%) 33(50.8%) 11(16.9%) 21(32.3%) 施 策 の 評 価 結 果 により 抽 出 した 現 行 計 画 における 課 題 は 以 下 のとおりです 法 規 制 や 条 例 などによる 緑 地 や 動 植 物 の 保 全 市 民 や 企 業 行 政 が 協 力 した 緑 の 保 全 と 緑 化 の 推 進 関 連 計 画 と 連 動 した 緑 地 や 美 しい 景 観 の 保 全 市 街 化 区 域 内 農 地 の 計 画 的 な 保 全 全 市 的 な 公 園 整 備 の 優 先 度 の 整 理 や 実 施 計 画 の 策 定 未 着 手 事 業 の 推 進 や 効 果 的 な 事 業 の 継 続 32

5 2.11 緑 の 課 題 (1) 現 況 などの 整 理 緑 の 課 題 を 整 理 するにあたり ここまで 整 理 した 現 況 などについての 要 点 をまとめる と 以 下 のとおりとなります 本 市 の 現 況 市 域 の 約 7 割 を 占 める 森 林 広 大 な 河 川 空 間 や 農 地 を 有 する 自 然 豊 かな 土 地 であり 樹 林 が 点 在 する 農 地 は 一 種 独 特 の 田 園 景 観 を 醸 し 出 している 総 合 公 園 や 近 隣 公 園 などの 都 市 基 幹 公 園 の 整 備 が 進 んでいない また 都 市 基 幹 公 園 は 郊 外 に 偏 って 配 置 されており 都 市 基 幹 公 園 を 市 街 地 中 心 部 へ 配 置 す るなど 公 園 配 置 の 適 正 化 を 検 討 する 必 要 がある 絶 滅 危 惧 種 の 保 全 や 外 来 生 物 が 生 態 系 に 及 ぼす 影 響 が 懸 念 されている 緑 の 現 況 生 活 に 身 近 な 公 園 である 住 区 基 幹 公 園 の 整 備 が 不 足 社 会 の 潮 流 地 球 環 境 問 題 への 意 識 の 高 まりによる 環 境 にやさしい 暮 らしの 実 現 農 業 ニーズの 高 まりによる 都 市 内 農 地 の 適 切 な 維 持 確 保 安 全 安 心 に 対 する 意 識 の 高 まりによる 地 域 防 災 力 の 強 化 上 位 計 画 関 連 計 画 の 整 理 人 と 環 境 にやさしいまちづくり 美 しく 豊 かな 水 と 緑 に 恵 まれた 自 然 環 境 を 守 る 自 然 や 田 園 歴 史 的 まちなみなどの 景 観 の 保 全 形 成 誰 もが 憩 い 集 える 公 園 緑 地 をめざす 豊 かな 自 然 環 境 と 調 和 し 景 観 に 配 慮 したうるおいのあるまちづくり 本 市 特 有 の 環 境 を 生 かした 公 園 緑 地 の 適 切 な 整 備 市 民 との 協 働 による 都 市 緑 化 の 推 進 水 と 緑 のネットワークの 構 築 第 2 次 環 境 基 本 計 画 に 基 づく 環 境 保 全 に 対 する 積 極 的 な 取 り 組 み 策 定 中 の 景 観 計 画 に 基 づいた 規 制 誘 導 による 自 然 景 観 の 保 全 33

6 根 拠 法 等 の 整 理 緑 地 の 保 全 緑 化 の 推 進 及 び 都 市 公 園 の 整 備 の 総 合 的 な 推 進 都 市 公 園 に 関 する 基 準 等 の 見 直 し 生 物 多 様 性 確 保 への 配 慮 市 民 意 向 の 整 理 環 境 保 全 や 安 全 安 心 に 対 する 意 識 が 高 い 亀 岡 市 の 将 来 像 として 自 然 やみどりが 豊 かでうるおいあるまち が 最 も 高 い 市 民 主 体 のまちづくりについて 活 動 に 参 加 するきっかけづくり など 裾 野 をひろげる 機 会 づくりが 必 要 市 民 企 業 の 緑 のまちづくり 活 動 ( 公 財 ) 亀 岡 市 都 市 緑 花 協 会 を 中 心 とした 緑 のまちづくり 活 動 の 展 開 緑 に 関 する 取 り 組 み 動 向 みどりのカーテンによる 学 校 等 施 設 の 緑 化 推 進 等 の 活 動 現 行 計 画 の 評 価 における 課 題 法 規 制 や 条 例 などによる 緑 地 や 動 植 物 の 保 全 市 民 や 企 業 行 政 が 協 力 した 緑 の 保 全 と 緑 化 の 推 進 関 連 計 画 と 連 動 した 緑 地 や 美 しい 景 観 の 保 全 市 街 化 区 域 内 農 地 の 計 画 的 な 保 全 全 市 的 な 公 園 整 備 の 優 先 度 の 整 理 や 実 施 計 画 の 策 定 未 着 手 事 業 の 推 進 や 効 果 的 な 事 業 の 継 続 34

7 (2) 課 題 の 整 理 現 況 などの 整 理 結 果 を 踏 まえ 本 市 における 緑 の 課 題 を 整 理 します 豊 かな 自 然 環 境 の 保 全 と 活 用 環 境 基 本 計 画 に 基 づき 本 市 の 自 然 要 素 を 構 成 する 山 並 み 河 川 などの 水 辺 田 園 な どの 豊 かな 自 然 環 境 の 保 全 活 用 が 必 要 です 農 地 の 適 切 な 保 全 周 辺 環 境 と 調 和 したゆとりとうるおいある 市 街 地 環 境 を 育 成 していくため 生 産 緑 地 地 区 制 度 や 緑 地 協 定 等 の 活 用 を 促 進 し 都 市 内 における 農 地 の 適 切 な 保 全 が 必 要 です 協 働 の 取 り 組 みの 推 進 緑 に 関 する 市 民 企 業 行 政 などの 協 働 の 取 り 組 みにより 緑 地 の 保 全 や 緑 化 の 推 進 を 図 ります また こうした 取 り 組 みのさらなる 活 性 化 のため 気 軽 に 参 加 できるきっかけづく りなど 裾 野 を 広 げる 機 会 づくりが 必 要 です 防 災 性 の 向 上 昨 今 の 安 全 安 心 に 関 する 市 民 の 意 識 は 高 く 避 難 地 となる 大 規 模 公 園 の 整 備 や 避 難 路 延 焼 帯 となる 緑 道 の 整 備 など 防 災 機 能 としての 緑 の 整 備 が 必 要 です 良 好 な 景 観 形 成 策 定 中 の 亀 岡 市 景 観 計 画 に 基 づき 美 しい 田 園 や 山 並 みなどの 自 然 景 観 や 都 市 景 観 ま た 地 域 における 人 々の 生 活 生 業 及 び 地 域 の 風 土 により 形 成 された 文 化 的 景 観 など 豊 かでう るおいのある 良 好 な 景 観 の 形 成 が 必 要 です 計 画 的 な 都 市 公 園 等 の 整 備 全 市 的 な 公 園 整 備 の 優 先 度 の 整 理 や 実 施 計 画 の 策 定 により 計 画 的 な 都 市 公 園 の 整 備 を 推 進 する 必 要 があります 特 に 本 市 では 住 区 基 幹 公 園 の 整 備 が 不 足 しており 生 活 に 身 近 な 公 園 を 中 心 とした 整 備 が 必 要 です また 総 合 公 園 などの 都 市 基 幹 公 園 についても 整 備 が 進 んでおらず 配 置 計 画 な どの 再 編 整 備 も 含 めた 検 討 を 行 い 緑 豊 かな 都 市 空 間 づくりを 進 めていく 必 要 があります 水 と 緑 のネットワークの 形 成 水 や 緑 のもつ 機 能 の 複 合 的 効 果 的 な 発 現 をめざし 都 市 の 拠 点 及 び 軸 となる 骨 格 的 な 緑 の 整 備 と 合 わせ 水 と 緑 のネットワークの 形 成 を 図 る 必 要 があります 生 物 多 様 性 への 配 慮 生 物 の 多 様 性 は 人 類 の 存 続 の 基 盤 であるとともに 地 域 独 自 の 文 化 の 多 様 性 を 支 える 要 因 で もあります 一 方 で 近 年 は 開 発 による 生 物 種 の 絶 滅 や 外 来 種 等 による 生 態 系 のかく 乱 など 深 刻 な 危 機 に 直 面 していることから 生 物 多 様 性 への 配 慮 が 必 要 です 35

8

9 第2章 本市の現況と課題 3 緑の課題図 河川などの水辺 本市を代表する河川である桂川などについて は 広大な河川空間を活かした うるおいとふれあ い にぎわいを提供する場 として環境整備を進め 1 亀岡市緑の基本計画 改訂にあたって る必要があります 市街地を流れる中小河川については 河川改 修にあわせたせせらぎ水路や水辺の遊歩道 水 生生物の生息場所の確保によるビオトープづくり など 市民が自然や水と親しめる親水施設や水辺 環境の整備を推進していく必要があります 田園 都市公園等 市街地周辺の平地部に広がる田園地帯で は 農業振興を基本とし 地域特有の風景と 一体となった田園環境の保全を図る必要が あります 環境の保全や防災性の向上等の考え方に基づき 全市 的な公園整備の優先度の整理や実施計画の策定を行い 計画的な都市公園の整備を推進する必要があります 特に本市では 住区基幹公園 の整備が不足しており 生活に身近な公園を中心とした整備が必要です さらに 総合公園などの 都市基幹公園 については 郊 外部に偏って配置されていることから 配置計画などの再編 整備も含めた検討を行い 緑豊かな都市空間づくりを進めて いく必要があります 山並み 本市の骨格を形成する緑地であり 水 源の涵養機能や土砂災害防止機能の保 持 生物多様性への配慮の観点等から 基本的に開発を抑制するとともに 森林 のあいまに分布する農地や集落について は 農業と調和した里環境を保全していく 必要があります 道路 緑地間を結び ネットワークを形成する道路 については 沿道の緑化を推進し まちに連続 性のあるうるおい空間を演出していく必要があ ります 特に 市街地における主要な幹線道路につ いては 植栽帯の整備や沿道景観と調和した 道路緑化を推進していく必要があります 市街地部周辺及び山間部の幹線道路にお いては 沿道の農地や山の緑が自然的な 緑 のネットワークを形成しているため 地域特性 に調和した草花などで特色ある緑化を推進す ることにより 自然景観をより際立たせることも 必要です 市街地 周辺環境と調和したゆとりとうるおいある市街地環境を育 成していくため 市民 企業 行政などの協働の取り組みによ り 緑地の保全や緑化の推進を図り 緑 の空間を有効に活 用していく必要があります また 市街地周辺の美しい山並みや田園景観などに配慮 しつつ 公園や道路といった都市施設の緑化を推進し 良好 な住環境を形成していく必要があります 市街地内農地については 計画的な宅地化を進めることを 基本としながら 防災やゆとり空間といった観点から生産緑 地地区制度や緑地協定等の活用を促進し 適切な保全を図 っていく必要があります 37

<8E738A5889BB92B290AE8BE688E E C E6169>

<8E738A5889BB92B290AE8BE688E E C E6169> 市街化調整区域土地利用計画の概要 市では 良好な都市環境を確保すると共に 農業生産など市街化調整区域の 持つ多様な機能を維持するため 地形や優良な農地の分布 集落の形成等それ ぞれの土地が持つ特性に応じて 農林業の振興および地域活力の維持等に資す る土地利用を適切に調整するため 市街化調整区域土地利用計画を 三田市の 都市計画に関する基本的な方針 の一部として定めています 土地利用の方針 各土地の持つ特性に応じて

More information

Memo Memo Memo ③ 特色ある通りの形成 本市の魅力のひとつでもある市内各地の個性ある大路 小路 の沿道地区において 特色ある商業 業務機能の立地誘導を図 ります 2 ものづくり産業等の集積地における土地利用 ① ものづくり拠点の形成 ものづくり拠点 N ものづくり産業の重要な 基盤となる工場の集積地や 知恵産業の創出にも貢献す る研究開発拠点においては 国際競争力を高める環境整

More information

台東緑2章_4

台東緑2章_4 第 2 章 緑 を 取 り 巻 く 現 況 と 課 題 5. 緑 の 役 割 別 にみた 課 題 区 の 概 況 緑 を 取 り 巻 く 社 会 動 向 区 の 緑 の 変 化 区 の 緑 の 状 況 から 緑 の 役 割 別 に 課 題 を 整 理 しました (1) 都 市 環 境 の 維 持 改 善 地 球 規 模 での 地 球 温 暖 化 の 進 行 や 都 市 のヒートアイランド 現 象 が

More information

市街化調整区域の土地利用方針の施策体系 神奈川県 平塚市 神奈川県総合計画 神奈川県国土利用計画 平塚市総合計画 かながわ都市マスタープラン 同地域別計画 平塚市都市マスタープラン ( 都市計画に関する基本方針 ) 平塚都市計画都市計画区域の 整備 開発及び保全の方針 神奈川県土地利用方針 神奈川県

市街化調整区域の土地利用方針の施策体系 神奈川県 平塚市 神奈川県総合計画 神奈川県国土利用計画 平塚市総合計画 かながわ都市マスタープラン 同地域別計画 平塚市都市マスタープラン ( 都市計画に関する基本方針 ) 平塚都市計画都市計画区域の 整備 開発及び保全の方針 神奈川県土地利用方針 神奈川県 平塚市市街化調整区域の土地利用方針 1 方針策定に当たって (1) 背景と必要性 高度経済成長期における都市への急速な人口や産業の集中による市街地の無秩序な拡散 ( スプロール ) に対処するため 昭和 43 年に市街化区域及び市街化調整区域の区域区分制度 ( 線引き制度 ) 開発許可制度が制定された 本市においても 昭和 45 年に線引きを行い 市街化調整区域においては 市街化の抑制を基本とし 農地や山林等を保全する一方

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

014_P09

014_P09 ⑧生産緑地地区 生産緑地地区は 市街化区域内の農地等の農業生 産活動に裏付けられた緑地機能に着目し 公害や災 害の防止 都市環境の保全に役立つ農地等を計画的 に保全することによって 調和の取れた潤いのある 都市環境を形成するために定める制度です 武蔵野市では 平成3年の生産緑地法の大幅な改 正に伴い 宅地化する農地 と 保全する農地 とを明確に区分することになったため 良好な都 市環境の形成と将来の公共施設等の敷地の確保な

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

annaka

annaka 序 章 計 画 のあらまし 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 1) 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 (1) 背 景 近 年 の 急 速 な 少 子 高 齢 化 の 進 展 人 口 減 少 社 会 の 到 来 を 踏 まえ 平 成 18 年 6 月 現 在 及 び 将 来 における 国 民 の 豊 かな 住 生 活 を 実 現 するため 住 生 活 基 本 法 が 制 定 され 同 年

More information

タイトル

タイトル 8. 地 区 内 道 路 整 備 プログラム 8. 地 区 内 道 路 整 備 プログラム (1) 地 区 内 道 路 整 備 プログラムの 検 討 地 区 内 道 路 整 備 プログラムは, 目 指 すべき 地 区 内 道 路 網 の 各 路 線 を 対 象 に, 整 備 の 優 先 度 を 明 示 した もので, 整 備 優 先 度 の 考 え 方 に 基 づき, 優 先 整 備 路 線, 局

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

095365 浦和市緑の基本計画_本文

095365 浦和市緑の基本計画_本文 - の 背 景 と 目 的 -2 緑 の 基 本 計 画 とは -3 みどりの 考 え 方 -4 計 画 の 位 置 づけ -5 計 画 期 間 -6 計 画 の 経 緯 - の 背 景 と 目 的 浦 安 市 では 平 成 年 4 月 浦 安 市 緑 の 基 本 計 画 を 策 し 以 来 様 々な 緑 化 施 策 を 展 開 しきまし この 平 成 年 策 され 緑 の 基 本 計 画 は 平

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 とうきょう と 東 京 都 ひのえき しゅうへんち く 市 町 村 名 ひ の し 日 野 市 地 区 名 日 野 駅 周 辺 地 区 面 積 69.2 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~ 平 成 2

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 とうきょう と 東 京 都 ひのえき しゅうへんち く 市 町 村 名 ひ の し 日 野 市 地 区 名 日 野 駅 周 辺 地 区 面 積 69.2 ha 計 画 期 間 平 成 19 年 度 ~ 平 成 2 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 2 回 変 更 ) ひ の え き 日 野 駅 しゅうへん 周 辺 ち く 地 区 東 京 都 日 野 市 平 成 23 年 8 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 とうきょう と 東 京 都 ひのえき しゅうへんち く 市 町 村 名 ひ の し 日 野 市 地 区 名 日 野 駅 周 辺 地 区 面

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

(1) 人 口 世 帯 平 成 22 年 国 勢 調 査 における 人 口 は 235,081 人 世 帯 数 は 93,445 世 帯 で 伸 び 率 は 低 くなってきているものの 増 加 しています 一 世 帯 当 たりの 世 帯 人 員 は 減 少 傾 向 が 続 いており 平 成 22 年

(1) 人 口 世 帯 平 成 22 年 国 勢 調 査 における 人 口 は 235,081 人 世 帯 数 は 93,445 世 帯 で 伸 び 率 は 低 くなってきているものの 増 加 しています 一 世 帯 当 たりの 世 帯 人 員 は 減 少 傾 向 が 続 いており 平 成 22 年 第2章 住まいを取り巻く現状と課題 1 市の現状 1 本市の概況 本市は 恵まれた自然環境と 四季を通じての温暖な気候から 住みやすく定住志向が強 い まとまりのある生活圏 があるまちです また 湘南 というイメージで対外的に も知名度があります 平成23年に策定された 茅ヶ崎市総合計画基本構想 では 市の特徴として 人口密 度が高く コンパクトなまち 住宅都市としての性格が強い 市民の多くは 生活実

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

序 3 今 年 度 の 実 施 概 要 今 年 度 は 以 下 に 示 す 策 定 フローの 手 順 により 業 務 を 実 施 した 図. 策 定 フロー 地 区 別 の 景 観 特 性 の 抽 出 現 地 調 査 関 連 資 料 調 査 地 区 別 の 景 観 形 成 上 の 課 題 の 抽 出

序 3 今 年 度 の 実 施 概 要 今 年 度 は 以 下 に 示 す 策 定 フローの 手 順 により 業 務 を 実 施 した 図. 策 定 フロー 地 区 別 の 景 観 特 性 の 抽 出 現 地 調 査 関 連 資 料 調 査 地 区 別 の 景 観 形 成 上 の 課 題 の 抽 出 序 章 業 務 の 目 的 位 置 づけ 等 序 1 業 務 の 背 景 目 的 近 年 では 心 の 豊 かさや 生 活 におけるゆとりが 特 に 重 視 されるようになり 人 々が 暮 らす 住 環 境 に おいても より 一 層 魅 力 ある 景 観 づくりが 求 められるようになってきている また 昨 年 全 面 施 行 された 景 観 法 においても 地 方 公 共 団 体 の 責 務 として

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

2 自 然 環 境 歴 史 文 化 の 保 全 のための 指 定 状 況 自 然 環 境 や 森 林 農 地 に 関 しては 現 状 保 全 を 基 本 とした 各 種 法 律 条 例 に 基 づき 規 制 事 項 が 定 められています その 規 制 により 山 間 部 や 田 園 地 帯 の 開

2 自 然 環 境 歴 史 文 化 の 保 全 のための 指 定 状 況 自 然 環 境 や 森 林 農 地 に 関 しては 現 状 保 全 を 基 本 とした 各 種 法 律 条 例 に 基 づき 規 制 事 項 が 定 められています その 規 制 により 山 間 部 や 田 園 地 帯 の 開 1 街 なみの 形 成 に 関 するルールづくり 等 の 指 定 状 況 宗 像 都 市 計 画 区 域 内 においては 土 地 利 用 のすみわけを 行 うために 用 途 地 域 が 設 定 されてお り 用 途 地 域 ごとに 建 物 の 用 途 建 ぺい 率 容 積 率 のルールが 定 められています 第 1 種 2 種 低 層 住 居 専 用 地 域 においては 建 築 物 の 高 さの 限

More information

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5>

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5> 0 序 章 計 画 基 本 的 事 項 1. 計 画 目 的 基 本 計 画 は 都 地 法 第 4 条 に 町 村 地 適 正 な 保 全 及 び 化 推 進 に 関 する 基 本 計 画 として 規 定 されており とオープンスペースに 関 する 総 合 的 な 計 画 です 戸 田 では 地 もつ 様 々な 機 能 を 踏 まえつつ 確 保 整 備 や 化 民 間 参 加 協 力 等 促 進

More information

阿賀野市の発展と市民福祉の向上を図ることを目的とした 行政運営の指針となる 阿賀野市総合計画 に定める本市の将来像 人 まち 自然が輝く幸福祉都市阿賀野 の実現に向けて また こよなく愛するふる里創造のため 全力を上げ取り組んでいるところでございます 国から地方への事務 権限移譲や三位一体改革が加速

阿賀野市の発展と市民福祉の向上を図ることを目的とした 行政運営の指針となる 阿賀野市総合計画 に定める本市の将来像 人 まち 自然が輝く幸福祉都市阿賀野 の実現に向けて また こよなく愛するふる里創造のため 全力を上げ取り組んでいるところでございます 国から地方への事務 権限移譲や三位一体改革が加速 多彩な自然と文化ふれあう 田園居住都市阿賀野 阿賀野市の発展と市民福祉の向上を図ることを目的とした 行政運営の指針となる 阿賀野市総合計画 に定める本市の将来像 人 まち 自然が輝く幸福祉都市阿賀野 の実現に向けて また こよなく愛するふる里創造のため 全力を上げ取り組んでいるところでございます 国から地方への事務 権限移譲や三位一体改革が加速し 更に 人口減少 少子高齢化が一層進行する社会情勢は

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

新 宿 区 施 設 白 書 新宿区施設白書 平成 28 年 3 月 新 宿 区 宿 区 平 成 二 十 八 年 三 月 新 目 次 序 章 施 設 白 書 について 第 1 節 施 設 白 書 作 成 の 背 景 3 第 2 節 新 宿 区 基 本 構 想 総 合 計 画 実 行 計 画 4 第 3 節 施 設 白 書 の 内 容 と 構 成 6 第 1 章 新 宿 区 の 概 要 第 1 節 区

More information

表面.ai

表面.ai STATION 将来都市像 思いやり 支え合い 手と手をつなぐ 大家族たかはま みんなで考え みんなで汗かき みんなのまちを創ろう 市民の自主性を高め 交流を促進する 都市づくり 多用な都市機能の充実 市街地整備 再開発等 歴史 文化など地域資源の活用 街並み整備 地域主体のまちづくりの推進 地区計画制度など 学びあい 力を合わせて 豊かな未来を育もう いきいきとした 暮らしを実現できる 都市づくり

More information

第1号議案

第1号議案 第 1 号 議 案 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 Ⅰ 庶 務 事 項 平 成 25 年 度 の 庶 務 事 項 は 次 のとおりです 1 会 員 並 びに 役 員 等 平 成 25 年 度 末 の 会 員 役 員 委 員 の 数 支 部 会 員 役 員 委 員 理 事 監 事 総 務 企 画 啓 発 労 働 技

More information

<3133303330355F93DF9465905693739053926E8BE68140926E8BE68C7689E62E786C7378>

<3133303330355F93DF9465905693739053926E8BE68140926E8BE68C7689E62E786C7378> 21 世 紀 に 向 けた 都 市 づくり 当 初 告 示 日 : 平 成 9 年 9 月 5 日 変 更 告 示 日 : 平 成 19年 12 月 3 日 那 覇 市 南 の 拠 点 那 覇 新 都 心 それは あけもどろのまち 那 覇 にあります 先 人 が 築 き はぐくんだ 南 島 の 歴 史 と 文 化 を 受 け 継 ぎ21 世 紀 に 向 けて 那 覇 新 都 心 は 新 たな 交 流

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 6 章 市 街 化 調 整 区 域 における 整 備 保 全 の 方 策 本 構 想 を 実 現 していくためには 地 域 別 構 想 で 定 めた 地 区 区 分 ごとにその 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 整 備 及 び 保 全 手 法 を 展 開 していく 必 要 がある そこで 本 市 で 適 用 が 考 えられる 手 法 内 容 及 びその 適 用 の 方 針 について 以 下 に

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

- 1 -

- 1 - 平 成 27 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 27 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc Ⅳ. 実 現 方 策 ここでは まちづくり 基 本 方 針 に 基 づき 地 区 計 画 の 導 入 を 前 提 に 分 野 別 方 針 を 実 現 し ていくための 方 策 を 明 らかにするとともに 住 民 と 行 政 の 協 働 で 取 り 組 むまちづくりの 進 め 方 と 都 市 計 画 の 見 直 しの 考 え 方 を 示 して います Ⅳ-1 分 野 別 の 実 現 方 策 ここでは

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E8BE68C7689E682CC8EE888F882AB816989AB8EFC95D3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E8BE68C7689E682CC8EE888F882AB816989AB8EFC95D3816A2E646F63> 地 区 計 画 手 引 きー 沖 周 辺 地 区 地 区 計 画 地 区 計 画 とは 地 区 計 画 とは 建 築 物 の 用 途 や 形 態 ( 建 ぺい 率 容 積 率 壁 面 位 置 意 匠 の 制 限 ) 垣 柵 の 制 限 道 路 公 園 などをきめ 細 かに 定 め 良 好 なまちづくりを 推 進 していくためのルールです 沖 周 辺 地 区 では 商 業 街 区 及 び 住 宅 街

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

総合計画及び国土利用計画アンケート調査結果 平成 20 年度 地域別構想 土地利用の方向性について 上位3つ ①無秩序な開発を抑制し 農地等は極力保全する ②主要な沿道等への店舗の立地を進め 利便性を高める ③身近な公園 生活道路 下水道などの生活環境基盤を整備する 住みよい 25.6% 22.9%

総合計画及び国土利用計画アンケート調査結果 平成 20 年度 地域別構想 土地利用の方向性について 上位3つ ①無秩序な開発を抑制し 農地等は極力保全する ②主要な沿道等への店舗の立地を進め 利便性を高める ③身近な公園 生活道路 下水道などの生活環境基盤を整備する 住みよい 25.6% 22.9% 4. 1 将来目標 多世代が交流する緑あふれたまち 2 地域づくりのすがた (1) 快適居住のまち 緑多い地域景観を守り 活発な地域コミュニティ活動を通し 多世代が温かみのある交流 ができる快適な居住地域を目指します (2) 身近な緑を大切にしたまち 森や河川などの自然資源を保全 活用し 緑地に縁取られた市街地の形成を目指します (3) 地区拠点の形成 JR六合駅周辺は 地域の暮らしを支える拠点としてのまちづくりを目指します

More information

<338E9197BF95D25F3031916790442E786477>

<338E9197BF95D25F3031916790442E786477> 第 1 章 組 織 1-1 周 南 市 防 災 会 議 条 例 ( 平 成 15 年 4 月 21 日 条 例 第 15 号 ) 改 正 平 成 17 年 6 月 30 日 条 例 第 34 号 平 成 17 年 6 月 30 日 条 例 第 34 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 16 条 第 6 項

More information

市街化調整区域の保全と活用の方針

市街化調整区域の保全と活用の方針 市 街 化 調 整 区 域 の 保 全 と 活 用 の 方 針 ( 平 成 18 年 3 月 29 日 市 長 決 裁 ) ( 平 成 22 年 11 月 22 日 最 終 改 正 ) Ⅰ 方 針 策 定 にあたって 2 1 方 針 策 定 の 背 景 2 2 目 的 と 位 置 づけ 4 Ⅱ 札 幌 市 都 市 計 画 マスタープランにおける 基 本 方 針 5 1 市 街 地 の 範 囲 5 2

More information

(         部・局長)

(         部・局長) 庁 議 日 時 : 平 成 25 年 8 月 20 日 ( 火 )AM9:00< 庁 議 室 > 協 議 事 項 1. 太 田 市 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 について 企 画 部 2. 太 田 市 市 税 条 例 の 一 部 改 正 について 総 務 部 3. 太 田 市 税 外 収 入 金 の 延 滞 金 徴 収 条 例 等 の 一 部 改 正 について

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 66 (2) 68 (3) 69 (1) 70 (2) 74 (3) 76 (1) 77 (2) 79 (3) 80 (1) 81 (2) 82 (3)

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要

私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要 熊 本 森 林 管 理 署 の 国 有 林 のあらまし 平 成 27 年 度 版 九 州 森 林 管 理 局 熊 本 森 林 管 理 署 私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの

More information

1 3. 一 日 に 約 70,000 人 が 乗 降 する 浦 安 駅 を 中 心 と した 地 区 は 駅 周 辺 に 分 散 したバス 乗 降 場 安 全 で 快 適 な 歩 行 空 間 の 不 足 一 般 車 の 入 りにくいロータ リー 道 にあふれるタクシーなど 多 くの 課 題 を 抱

1 3. 一 日 に 約 70,000 人 が 乗 降 する 浦 安 駅 を 中 心 と した 地 区 は 駅 周 辺 に 分 散 したバス 乗 降 場 安 全 で 快 適 な 歩 行 空 間 の 不 足 一 般 車 の 入 りにくいロータ リー 道 にあふれるタクシーなど 多 くの 課 題 を 抱 1 市 街 地 ( 拠 点 軸 )のまちづくり 方 針 1 浦 安 市 が 魅 力 と 活 力 にあふれた 都 市 として 引 き 続 き 発 展 していくためには 豊 かに 暮 らし 働 き 学 び 楽 しむなど 多 様 な 都 市 機 能 が 持 続 的 に 集 積 発 展 することが 重 要 です 浦 安 駅 新 浦 安 駅 舞 浜 駅 には 都 市 の 魅 力 を 高 める 多 様 な 都

More information

目 次 はじめに 1 1. 清 瀬 市 の 財 政 状 況 2 2. 保 育 事 業 概 要 3 1 施 設 定 員 待 機 児 童 数 の 状 況 2 保 育 料 の 仕 組 み 3 認 可 保 育 園 の 運 営 費 3. 保 育 料 の 適 正 化 6 4. 付 言 8 資 料 審 議 経 過

目 次 はじめに 1 1. 清 瀬 市 の 財 政 状 況 2 2. 保 育 事 業 概 要 3 1 施 設 定 員 待 機 児 童 数 の 状 況 2 保 育 料 の 仕 組 み 3 認 可 保 育 園 の 運 営 費 3. 保 育 料 の 適 正 化 6 4. 付 言 8 資 料 審 議 経 過 清 瀬 市 認 可 保 育 園 の 保 育 料 について ( 答 申 ) 平 成 25 年 12 月 清 瀬 市 使 用 料 審 議 会 目 次 はじめに 1 1. 清 瀬 市 の 財 政 状 況 2 2. 保 育 事 業 概 要 3 1 施 設 定 員 待 機 児 童 数 の 状 況 2 保 育 料 の 仕 組 み 3 認 可 保 育 園 の 運 営 費 3. 保 育 料 の 適 正 化 6 4.

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc 三 島 市 住 宅 マスタープラン 2 章 主 要 課 題 と 施 策 の 方 向 性 住 宅 に 関 する 現 況 データ 将 来 の 需 要 関 連 計 画 を 踏 まえて 住 生 活 に 関 する 主 要 課 題 を 以 下 の ように 整 理 した 2-1 人 口 世 帯 の 現 状 と 課 題 現 状 人 口 は 横 ばいから 減 少 傾 向 へ 移 る 一 方 核 家 族 化 により 平

More information

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330>

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330> 門 真 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 平 成 22 年 3 月 門 真 はじめに 門 真 では 平 成 22 年 3 月 現 在 487 戸 の 営 住 宅 を 管 理 しており これらの 住 宅 ストックを 良 好 な 社 会 的 資 産 として 有 効 に 活 用 していくことは 極 めて 重 要 な 課 題 である 本 では 昭 和 20~30 年 代 に 建 設 された 木 造 営

More information

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火 1. 住 宅 数 居 住 世 帯 の 有 無 別 住 宅 数 ( 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 戸 200,000 150,000 171,990 21,230 (12.3%) 177,020 21,750 (12.3%) 179,620 20,820 (11.6%) 居 住 世 帯 なし 居 住 世 帯 あり 100,000 150,760 155,280 158,810 50,000 0

More information

第 1 章 第 4 節 分 類 細 分 類 土 地 利 用 配 置 方 針 商 業 サ ービス 地 工 業 系 産 業 地 住 宅 地 地 域 生 活 中 心 地 沿 道 型 サービス 地 住 商 複 能 地 住 工 共 生 地 内 陸 産 業 地 臨 海 産 業 地 一 般 住 宅 地 中 高 層

第 1 章 第 4 節 分 類 細 分 類 土 地 利 用 配 置 方 針 商 業 サ ービス 地 工 業 系 産 業 地 住 宅 地 地 域 生 活 中 心 地 沿 道 型 サービス 地 住 商 複 能 地 住 工 共 生 地 内 陸 産 業 地 臨 海 産 業 地 一 般 住 宅 地 中 高 層 第 1 章 第 4 節 第 4 節 4-1. 土 地 利 用 都 市 空 間 の 方 針 (1) 土 地 利 用 都 市 空 間 の 基 本 的 考 え 方 近 年 の 人 口 減 少 少 子 高 齢 社 会 の 到 来 産 業 構 造 の 変 化 等 を 背 景 に これまでの 都 市 の 拡 大 成 長 を 前 提 としたまちづくりから 成 熟 する 社 会 に 対 応 し 質 的 な 豊 かさの

More information

Microsoft Word - 【最終案】公園運営サウンディング実施要領

Microsoft Word - 【最終案】公園運営サウンディング実施要領 安 満 遺 跡 公 園 運 営 管 理 に 係 るサウンディング 型 市 場 調 査 実 施 要 領 高 槻 市 都 市 創 造 部 平 成 28 年 9 月 26 日 1. 調 査 名 称 安 満 遺 跡 公 園 運 営 管 理 に 係 るサウンディング 型 市 場 調 査 サウンディング 型 市 場 調 査 市 有 地 などの 有 効 活 用 に 向 けた 検 討 にあたって その 活 用 方

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

目 次 1 まちづくり 戦 略 計 画 の 期 間 1ヘ ーシ 2 特 に 重 点 的 戦 略 的 に 取 り 組 む 10の 課 題 2ヘ ーシ 3 課 題 別 重 点 取 組 新 規 事 業 3ヘ ーシ 4 参 考 まちづくり 戦 略 計 画 ( 第 1 期 ) 25ヘ ーシ ( 課 題 別 重

目 次 1 まちづくり 戦 略 計 画 の 期 間 1ヘ ーシ 2 特 に 重 点 的 戦 略 的 に 取 り 組 む 10の 課 題 2ヘ ーシ 3 課 題 別 重 点 取 組 新 規 事 業 3ヘ ーシ 4 参 考 まちづくり 戦 略 計 画 ( 第 1 期 ) 25ヘ ーシ ( 課 題 別 重 第 5 次 高 松 市 総 合 計 画 ( 平 成 20 年 度 ~27 年 度 ) - 新 生 たかまつ 人 まち 輝 き ビジョン - 高 松 市 まちづくり 戦 略 計 画 ( 第 1 期 )における 課 題 別 重 点 取 組 新 規 事 業 ( ) 平 成 2 1 年 2 月 高 松 市 目 次 1 まちづくり 戦 略 計 画 の 期 間 1ヘ ーシ 2 特 に 重 点 的 戦 略 的 に

More information

141114近畿景観シンポジウム(141111:印刷用提出)

141114近畿景観シンポジウム(141111:印刷用提出) 景 観 法 成 立 以 降 の 景 観 行 政 の 歩 み 国 土 交 通 省 都 市 局 公 園 緑 地 景 観 課 景 観 歴 史 文 化 環 境 整 備 室 長 出 口 陽 一 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism ~ 景 観 法 制 定 10 周 年 記 念 ~ 近 畿 景 観 シンポジウム 平 成 26 年 11 月

More information

CSRコミュニケーションブック

CSRコミュニケーションブック 地域との 地域とともに 森を育て守っています 共生を目指して 全国に広がる森林保全活動 JTの森 JTグループは 事業活動において葉たばこ 紙 野菜 茶葉などを原材料として使用しており 事業を支える自然の恵みに 対する感謝の想いと企業の社会的責任の観点から 森林保全活動 JTの森 に取り組んでいます JTの森 は国内各地の森林 を一定期間借り受け 専門家や地元の方々との対話を重ねながら 森づくりに必要な手入れを支援するしくみです

More information

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 ~ 自 然 環 境 等 や 景 観 の 保 全 と 適 切 な 都 市 的 土 地 利 用 の 誘 導 に 向 けて~ 平 成 16 年 3 月 ( 平 成 24 年 3 月 改 正 ) 函 館 市 目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

はじめに

はじめに Ⅱ.まちの 骨 格 基 盤 以 下 では Ⅰ. 都 市 機 能 環 境 景 観 で 示 された 東 部 拠 点 のまちづくりを 支 えるための 骨 格 基 盤 について 主 に 公 的 主 体 が 整 備 又 は 誘 導 を 図 る 方 針 として 記 述 します 1. 都 市 基 盤 整 備 1) 土 地 区 画 整 理 事 業 a. 土 地 区 画 整 理 事 業 は 吹 田 操 車 場 跡 地

More information

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 の 大 綱 豊 かな 心 と 健 全 な 身 体 を 育 む ふるさと 小 山 の 教 育 2015 年 ( 平 成 27 年 )4 月 栃 木 県 小 山 市 はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

目 次 1 背 景 目 的... 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 の 区 域... 2 ⑴ 計 画 の 位 置 付 け... 2 ⑵ 計 画 の 区 域... 2 3 問 題 点 と 課 題... 3 ⑴ 問 題 点... 3 ⑵ 課 題... 3 4 市 街 化 調 整 区 域 にお

目 次 1 背 景 目 的... 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 の 区 域... 2 ⑴ 計 画 の 位 置 付 け... 2 ⑵ 計 画 の 区 域... 2 3 問 題 点 と 課 題... 3 ⑴ 問 題 点... 3 ⑵ 課 題... 3 4 市 街 化 調 整 区 域 にお 資 料 2-1 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 本 編 ( 素 案 ) 平 成 22 年 月 木 更 津 市 目 次 1 背 景 目 的... 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 の 区 域... 2 ⑴ 計 画 の 位 置 付 け... 2 ⑵ 計 画 の 区 域... 2 3 問 題 点 と 課 題... 3 ⑴ 問 題 点... 3 ⑵ 課 題... 3

More information

ÿþ

ÿþ 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 1 回 変 更 ) か し ま じ ん ぐ う し ゅ う へ ん 鹿 島 神 宮 周 辺 地 区 い ば ら き か し ま し 茨 城 県 鹿 嶋 市 平 成 20 年 11 月 様 式 は A4 長 辺 側 を 2 箇 所 ホチキス 留 めすること 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 茨 城 県 市 町

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

Microsoft Word - 景観計画.doc

Microsoft Word - 景観計画.doc 裾 野 市 景 観 計 画 平 成 25 年 3 月 裾 野 市 2 目 次 はじめに 1 1 景 観 計 画 区 域 2 2 良 好 な 景 観 形 成 のための 方 針 3 1) 景 観 形 成 の 基 本 的 考 え 方 3 2) 景 観 形 成 の 基 本 目 標 4 3) 要 素 別 景 観 形 成 方 針 5 4) 地 区 別 景 観 形 成 方 針 9 5) 土 地 利 用 別 景 観

More information

Ⅰ 全体構想 1 都市づく りの将来 目標 都市づくりの目標 悠久の歴史が育む にぎわい 快適 まごころ創造都市 大和郡山 自然 歴史等の地域資源の保全と活用 自然 歴史等に触れ 親しみ 学べるような環境づくりをめざします また 県内各地の観光地とのネッ トワーク化を図り その拠点となることをめざし

Ⅰ 全体構想 1 都市づく りの将来 目標 都市づくりの目標 悠久の歴史が育む にぎわい 快適 まごころ創造都市 大和郡山 自然 歴史等の地域資源の保全と活用 自然 歴史等に触れ 親しみ 学べるような環境づくりをめざします また 県内各地の観光地とのネッ トワーク化を図り その拠点となることをめざし 大和郡山市都市計画マスタープラン 概要版 ~ 悠久の歴史が育むにぎわい 快適 まごころ創造都市大和郡山 ~ 平成 21 年 3 月 都市計画マスタープランとは 都市計画マスタープランの位置づけ 都市計画マスタープランは 大和郡山市の根幹となる都市づくりの方針 まちづくりの方針を定めていくものです 個別の事業等の施策は 本マスタープランの指針を元に 財政状況 優先順位等を鑑みながら 具体的な検討を行った上で実現化していくこととなります

More information

56 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 町 政 24.7 41.7 12.9 7.9 9.4 5 事 業 の 企 画 検 討 11.6 42.7 22.4 9.8 12.5 2 各 種 計 画 17.0 45.4 17.0 8.3 11.0 6 町 民 の 声 を 聞 く 姿 勢 16.2 34.4 21.3 15.4 9.8

More information

稲 美 町 都 市 計 画 マスタープラン 概 要 版 稲 美 町 Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅰ 1) 総 合 計 画 との 関 係 2) 人 口 動 向 の 変 化 3) 市 街 化 調 整 区 域 におけるまちづくりの 必 要 性 4) 地 域 コミュニティの 役 割 の 増 大 Ⅱ 1) 都 市 づくりの 理 念 稲 美 町 総 合 計 画 都 市 づくりの 理 念 Ⅱ 2) 基 本 方 針 1 2 3

More information

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6 羽 島 市 第 六 次 総 合 計 画 策 定 に 関 する 市 民 アンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 平 成 25 年 11 月 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の

More information

121022資料1さっぽろビジョン(素案)

121022資料1さっぽろビジョン(素案) 3 札 幌 市 おける 物 多 様 性 の 現 状 と 課 題 自 然 林 自 然 草 原 ( 湿 原 ) 二 次 林 26 はじめ 物多様性さっぽろビジョン 1 人工林 白旗山 トドマツ林 3 札幌市おける生物多様性の現状と課題 白旗山 カラマツ林 2 ビジョン策定あたって 明治以降の伐採後トドマツやカラマツなどが植林された場所です これらは樹種が単一 で 手入れをしないと生態系の構成種が単純なりますが

More information

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216 平 成 26 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 26 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

総務省は3 月28 日、「地方公共団体における行財政改革の推進のための新たな指針」を公表した

総務省は3 月28 日、「地方公共団体における行財政改革の推進のための新たな指針」を公表した 行 政 経 営 改 革 プラン 行 動 計 画 の 見 直 しについて 平 成 22 年 度 実 績 1 はじめに 本 市 では 昨 年 度 新 たに 平 成 22 年 度 から 平 成 26 年 度 を 計 画 期 間 とする 行 政 経 営 改 革 プラン を 策 定 しました 行 政 経 営 改 革 プランでは 1 成 果 コストを 重 視 した 組 織 制 度 への 転 換 2 持 続 可

More information

4 PUBLIC RELATIONS MAGAZINE OF NASUSHIOBARA No.31 ! 整備効率を重視した道づくり 厳しい財政運営の効率化を図るた め 事業実施にあたっては あらゆ る補助メニューを模索するととも に 他の各種事業との組み合わせ などによる財政負担を軽減させる 総合的 効率的な取り組みを推進 します 整備 計画 開発や他事業とのパッケージによる投資効果の高い道

More information

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交

(3) 国 県 支 出 金 22 億 9,950 万 8 千 円 (715,189 千 円 45.1 45.1% 増 ) 国 庫 支 出 金 は 安 全 安 心 な 学 校 づくり 交 付 金 の 減 はあるものの 下 釜 山 岸 線 整 備 事 業 費 補 助 金 の 増 や 子 ども 手 当 交 平 成 22 年 度 寒 河 江 市 一 般 会 計 当 初 予 算 ( 案 )の 概 要 予 算 規 模 (22 年 2 月 19 日 現 在 ) 一 般 会 計 当 初 予 算 額 対 前 年 度 比 147 億 6 千 万 円 7 億 円 5.0% 増 (3 年 連 続 で 増 ) 平 成 22 年 度 予 算 のポイント 予 算 編 成 上 の 重 点 テーマ 緊 急 雇 用 創 出 事 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8> 東 大 谷 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 第 1 河 川 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 1 1 河 川 及 び 流 域 の 現 状 1 (1) 河 川 及 び 流 域 の 概 要 1 (2) 治 水 事 業 の 沿 革 と 現 状 1 (3) 河 川 の 利 用 及 び 住 民 との 関 わり 2 (4)

More information

Microsoft Word - 24年8月29日教育委員会会議録

Microsoft Word - 24年8月29日教育委員会会議録 平 成 24 年 8 月 29 日 亀 岡 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 開 会 午 前 9 時 30 分 閉 会 午 後 0 時 00 分 2 出 席 委 員 中 桐 委 員 長 大 谷 委 員 長 職 務 代 理 者 井 上 委 員 栗 山 委 員 竹 岡 教 育 長 3 欠 席 委 員 な し 4 出 席 事 務 局 職 員 辻 田 教 育 部 長 中 川 次 長 兼 総 括 指 導

More information

Microsoft Word - 090401_橿原市都市MP-★本編修正案.doc

Microsoft Word - 090401_橿原市都市MP-★本編修正案.doc 5. 地 域 別 まちづくりの 方 針 ( 地 域 別 構 想 ) (1) 地 域 区 分 について 地 域 別 構 想 の 地 域 区 分 の 方 法 として まちづくりの 特 性 が 類 似 している 地 域 によって 地 域 を 区 分 すると 本 市 の 都 市 拠 点 を 担 う 大 和 八 木 駅 周 辺 の 中 心 市 街 地 が 形 成 されている 中 部 地 域 藤 原 宮 跡 や

More information

再 提 案 (10 項 目 ) 部 局 名 提 案 事 項 健 康 福 祉 部 公 立 保 育 所 民 間 立 保 育 所 等 の 一 体 的 な 運 営 を 図 るため 公 立 保 育 所 における 給 食 の 外 部 搬 入 を 特 区 として 認 められている 地 域 において 公 立 保 育

再 提 案 (10 項 目 ) 部 局 名 提 案 事 項 健 康 福 祉 部 公 立 保 育 所 民 間 立 保 育 所 等 の 一 体 的 な 運 営 を 図 るため 公 立 保 育 所 における 給 食 の 外 部 搬 入 を 特 区 として 認 められている 地 域 において 公 立 保 育 作 成 年 月 日 平 成 22 年 6 月 28 日 作 成 部 局 企 画 県 民 部 政 策 室 課 室 名 地 域 振 興 課 [ 兵 庫 県 地 域 再 生 構 造 改 革 特 区 推 進 会 議 ( 平 成 22 年 度 第 1 回 )] 構 造 改 革 特 区 ( 第 18 次 ) 及 び 地 域 再 生 ( 第 8 次 )の 提 案 標 記 の 提 案 については 6 月 7 日 から

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

(3) 事 業 内 容 項 目 内 容 1. 事 業 の 方 向 性 1 大 久 保 公 園 については エンターテイメント&スポーツ をキーコ ンセプトにした 施 設 を 整 備 する 例 えば 主 催 者 と 観 客 が 一 体 となって 楽 しむことができるイベント 体 験 型 のアミューズメ

(3) 事 業 内 容 項 目 内 容 1. 事 業 の 方 向 性 1 大 久 保 公 園 については エンターテイメント&スポーツ をキーコ ンセプトにした 施 設 を 整 備 する 例 えば 主 催 者 と 観 客 が 一 体 となって 楽 しむことができるイベント 体 験 型 のアミューズメ 大 久 保 公 園 を 活 用 したエンターテイメント&スポーツ 施 設 整 備 事 業 1 募 集 事 業 概 要 募 集 要 項 (1) 背 景 新 宿 区 立 大 久 保 公 園 は 戦 災 復 興 区 画 整 理 事 業 により 造 成 された 公 園 であり 昭 和 2 年 区 立 公 園 として 開 園 した 都 市 計 画 公 園 として 都 市 公 園 法 ( 昭 和 31 年 法

More information

本文.indd

本文.indd 環 境 基 本 計 画 では 区 地 域 特 性 や 環 境 課 題 等 を 踏 まえ 計 画 目 標 を 達 成 するうえで 的 かつ 計 画 的 な 展 開 を 図 っていく 必 要 ある 主 要 なテーマを として 推 進 して います ここでは つ 状 況 について 報 告 します 地 勢 視 1 区 民 や 事 業 者 と 協 働 に より 推 進 すべきも 設 定 つ 視 視 2 先 導

More information

“à’Ł›Û2.ec9

“à’Ł›Û2.ec9 6. 戦 略 プロジェクト 第 四 次 宮 崎 市 総 合 計 画 において より 効 果 的 に 計 画 を 推 進 していくために 戦 略 プロジェクト とし て 優 先 して 取 り 組 む 事 業 を 紹 介 します (1) 次 世 代 を 担 う 人 づくり 戦 略 プロジェクト 1 豊 かな 心 をはぐくむ 教 育 創 造 都 市 づくり 1 教 育 委 員 会 総 務 課 新 学 校

More information

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 平 成 21 年 3 月 島 田 市 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 1. 計 画 策 定 の 背 景 趣 旨 島 田 市 の 人 口 規 模 は 平 成 17 年 5 月 の 旧 島 田 市 と 旧 金 谷 町 との 合 併 及 び 平 成 20 年 4 月 の 旧 川 根 町 との 合 併 により 人 口 10 万 を 超 える 人

More information

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 -

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 - 第 6 章 河 川 海 岸 第 1 節 河 川 海 岸 の 概 要 秋 田 県 を 流 れる 河 川 は 雄 物 川 米 代 川 子 吉 川 の 一 級 水 系 302 河 川 馬 場 目 川 などの 二 級 水 系 51 河 川 で 合 計 353 河 川 となっており 総 延 長 は3,189kmに 及 んでいます また 海 岸 については 総 延 長 264kmのうち 国 土 交 通 省 で169kmを

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 かさいし れきし へいわ けいしょう うずらの ちく 都 道 府 県 名 兵 庫 県 市 町 村 名 加 西 市 地 区 名 歴 史 と 平 和 を 継 承 するまち 鶉 野 地 区 面 積 550 ha 計 画 期 間 平 成 2

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 かさいし れきし へいわ けいしょう うずらの ちく 都 道 府 県 名 兵 庫 県 市 町 村 名 加 西 市 地 区 名 歴 史 と 平 和 を 継 承 するまち 鶉 野 地 区 面 積 550 ha 計 画 期 間 平 成 2 れ き し 歴 史 へ い わ と 平 和 都 市 再 生 整 備 計 画 け い し ょ う を 継 承 うずら するまち 鶉 の 野 ち く 地 区 ( 第 1 回 変 更 ) か さ い 兵 庫 県 加 西 市 平 成 28 年 7 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 かさいし れきし へいわ けいしょう うずらの ちく 都 道 府 県 名 兵 庫 県 市

More information

目 次 1 まちづくり 計 画 の 必 要 性 1 2 まちづくり 計 画 の 役 割 1 3 まちづくり 計 画 の 期 間 1 4 人 口 の 将 来 推 計 1 5 作 手 地 域 の 課 題 2 6 まちづくり 計 画 3 まちづくりの 目 標 3 まちづくりのスローガン 3 まちづくりの

目 次 1 まちづくり 計 画 の 必 要 性 1 2 まちづくり 計 画 の 役 割 1 3 まちづくり 計 画 の 期 間 1 4 人 口 の 将 来 推 計 1 5 作 手 地 域 の 課 題 2 6 まちづくり 計 画 3 まちづくりの 目 標 3 まちづくりのスローガン 3 まちづくりの 作 手 地 域 まちづくり 計 画 ~ 手 をつなぎ 作 ろう 未 来 の ふるさと 作 手 ~ 手 前 鬼 久 保 ふれあい 広 場 から 北 に 広 がる 作 手 高 原 平 成 27 年 10 月 新 城 市 作 手 地 域 自 治 区 目 次 1 まちづくり 計 画 の 必 要 性 1 2 まちづくり 計 画 の 役 割 1 3 まちづくり 計 画 の 期 間 1 4 人 口 の 将 来 推

More information

平 成 2 年 度 評 価 表 [ 2 / ] 平 成 26 年 0 月 05 日 18 時 分 0 秒 作 成 担 当 部 局 市 民 部 人 権 同 和 対 策 課 記 入 年 月 日 平 成 25 年 07 月 16 日 浦 川 哲 也 ( 連 絡 先 ) 291 名

平 成 2 年 度 評 価 表 [ 2 / ] 平 成 26 年 0 月 05 日 18 時 分 0 秒 作 成 担 当 部 局 市 民 部 人 権 同 和 対 策 課 記 入 年 月 日 平 成 25 年 07 月 16 日 浦 川 哲 也 ( 連 絡 先 ) 291 名 平 成 2 年 度 評 価 表 [ 1 / ] 平 成 26 年 0 月 05 日 18 時 分 0 秒 作 成 担 当 部 局 00200 市 民 部 人 権 同 和 対 策 課 記 入 年 月 日 平 成 25 年 07 月 16 日 浦 川 哲 也 政 策 / 経 常 / 義 / 臨 時 経 常 的 新 規 / 継 続 継 続 ( 連 絡 先 ) 291 名 0000515 社 会 福 祉 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518FCD81408FE388CA8AD698418C7689E682CC90AE979D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518FCD81408FE388CA8AD698418C7689E682CC90AE979D> 第 2 章 上 位 関 連 計 画 の 整 理 第 2 章 上 位 関 連 計 画 の 整 理 1. 沖 縄 21 世 紀 ビジョン 基 本 計 画 ( 平 成 24 年 5 月 ) (1) 基 本 施 策 1) 沖 縄 らしい 自 然 と 歴 史 伝 統 文 化 を 大 切 にする 島 を 目 指 して 2) 心 豊 かで 安 全 安 心 に 暮 らせる 島 を 目 指 して 3) 希 望 と 活

More information

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を

変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 を 佐 久 都 市 計 画 ( 佐 久 市 御 代 田 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 長 野 県 変 更 理 由 書 佐 久 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 は 平 成 16 年 3 月 に 策 定 後 旧 佐 久 市 旧 臼 田 町 旧 浅 科 村 旧 望 月 町 の4 市 町 村 が 合 併 したことに 伴 い

More information

【出典追加】20141117国土審参考資料.pptx

【出典追加】20141117国土審参考資料.pptx 平 成 26 年 度 第 1 回 国 土 利 用 計 画 審 議 会 部 会 農 地 国 土 利 用 計 画 審 議 会 部 会 資 料 -2 農 地 面 積 の 推 移 H19~32 年 目 標 増 減 値 H19~24 年 実 績 増 減 値 目 標 増 減 に 対 する 実 績 の 割 合 -1,000ha -647ha 64.7% 10,600 10,400 10,200 10,000 9,800

More information