われ 企 業 型 DC においては 充 実 した 制 度 になっています しかし ながら 個 人 型 DC に 関 しては 加 入 者 の 数 はさほど 増 えていませ ん これは 半 強 制 的 に 加 入 するようになっている 企 業 型 DC に 対 し 個 人 型 年 金 はあくまでも 自

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "われ 企 業 型 DC においては 充 実 した 制 度 になっています しかし ながら 個 人 型 DC に 関 しては 加 入 者 の 数 はさほど 増 えていませ ん これは 半 強 制 的 に 加 入 するようになっている 企 業 型 DC に 対 し 個 人 型 年 金 はあくまでも 自"

Transcription

1 拡 大 する 確 定 拠 出 年 金 ( DC) 制 度 と マイナス 金 利 時 代 の 運 用 1.はじめに 確 定 拠 出 年 金 (DC: Defined Contribution) 制 度 の 改 正 により 60 歳 未 満 であればだれでも DC 制 度 に 加 入 できることになりました 具 体 的 には 企 業 年 金 制 度 があるものの DC 制 度 はない 企 業 に 勤 務 する 会 社 員 公 務 員 専 業 主 婦 などの 第 3 号 被 保 険 者 が DC 制 度 へ の 加 入 が 認 められることになります 企 業 型 DC を 含 め 今 回 の 法 改 正 が DC 制 度 として 年 金 資 産 の 形 成 を 非 常 に 重 視 していることは 明 白 です 今 後 これまで 低 迷 していた 個 人 型 DC への 加 入 者 は 大 幅 に 増 加 していくことが 見 込 まれます その 一 方 で DC 制 度 の 枠 組 みの 中 で 加 入 者 自 らが 自 己 責 任 の 下 で 資 産 運 用 を 行 うことになることがこ れまで 以 上 に 社 会 的 な 注 目 を 浴 びることになります そのため そ うした 制 度 を 成 功 させるためにも そして 国 民 の 資 産 形 成 を 円 滑 に 推 進 していくためにも 投 資 に 関 する 教 育 が 一 段 と 重 要 になります これまでの 一 部 の 加 入 者 の 資 産 形 成 を 支 援 するという 段 階 から 国 民 の 老 後 の 生 活 の 安 定 を 維 持 向 上 させるという 大 きな 役 割 に 変 わったといえます 加 入 者 自 身 の 自 己 責 任 が 強 調 させるものの 各 方 面 での 支 援 体 制 の 強 化 が 必 要 になるものと 思 われます 本 稿 では DC 制 度 における 資 産 形 成 をどのように 考 え 実 行 に 移 すかを 振 り 返 るとともに 原 油 安 景 気 減 速 懸 念 やマイナス 金 利 と いった 最 近 の 経 済 情 勢 を 考 慮 しつつ 中 長 期 的 な 視 点 での 運 用 戦 略 を あらためて 論 じることにします 2. 確 定 拠 出 年 金 (DC) 制 度 の 法 改 正 確 定 拠 出 年 金 (DC) 制 度 は 2001 年 10 月 にスタートして 以 来 順 調 に 加 入 者 を 増 やし 企 業 型 DC では 2016 年 2 月 末 では 547 万 人 個 人 型 DC では 25 万 人 となっています この 間 法 改 正 が 行 1

2 われ 企 業 型 DC においては 充 実 した 制 度 になっています しかし ながら 個 人 型 DC に 関 しては 加 入 者 の 数 はさほど 増 えていませ ん これは 半 強 制 的 に 加 入 するようになっている 企 業 型 DC に 対 し 個 人 型 年 金 はあくまでも 自 主 的 に 加 入 する 必 要 があり 仕 組 み 自 体 も 簡 単 ではないことから 一 般 には 避 けられてきた 傾 向 がある と 思 われます 一 方 で 加 入 する 意 志 が 強 くても 自 営 業 者 等 の 第 1 号 被 保 険 者 と 一 部 の 会 社 員 である 第 2 号 被 保 険 者 に 限 られていた ため 加 入 員 数 の 増 加 を 阻 む 要 因 となっていたことは 否 めません しかし DC 制 度 は 2016 年 5 月 24 日 にかつてないほどの 大 きな 法 改 正 が 行 われました そして 今 年 度 中 にも 施 行 されることで DC 制 度 全 体 として 大 きな 転 換 期 を 迎 えているということが 言 え ます 企 業 型 DC における 改 正 も 中 小 企 業 向 けの 簡 易 型 DC の 創 設 や 拠 出 規 制 単 位 の 月 単 位 から 年 単 位 への 変 更 運 用 の 改 善 対 応 等 画 期 的 ですが 今 回 の 注 目 点 は 特 に 個 人 型 DC への 対 応 だと 思 って います これまで 加 入 できなかった 層 ( 企 業 年 金 制 度 はあるものの DC 制 度 はなかった 会 社 員 や 公 務 員 そして 第 3 号 被 保 険 者 )に も 解 放 されるということで 今 後 加 入 しうる 潜 在 的 加 入 者 は 2500 万 人 にものぼると 試 算 されています つまり 事 実 上 DC 制 度 に 加 入 できない 層 がなくなるわけです それによって DC 制 度 の 運 用 は 個 人 の 資 産 形 成 において 重 要 な 位 値 を 占 めることは 確 実 です 資 産 運 用 に 関 する 知 識 とスキルを 多 様 な 加 入 者 に 教 育 していく 必 要 性 が 飛 躍 的 に 高 まるということなり ます 3. DC 制 度 の 特 徴 DC 制 度 とは 個 人 の 責 任 で 掛 金 の 運 用 を 行 い その 実 績 に 応 じ た 金 額 が 年 金 で 給 付 されるというものです メリットとしては 1 毎 年 の 掛 金 総 額 が 所 得 総 額 から 控 除 される ため 掛 金 分 の 所 得 税 がかからない 2DC 制 度 で 積 立 てられた 資 金 を 運 用 する 場 合 の 売 買 に 伴 う 税 金 が 非 課 税 になる 3 年 金 での 受 2

3 け 取 りにおいても 課 税 が 軽 減 される 4 企 業 型 DC に 加 入 している 者 が 転 職 や 退 職 しても 積 立 金 を 移 管 できるという 点 があげられます 反 対 にデメリットとしては 1 掛 金 の 積 立 額 に 上 限 があり 自 由 に 設 定 できない 2 運 用 は 自 己 責 任 であるので 運 用 の 結 果 で 年 金 積 立 額 が 変 わる 3 原 則 として 60 歳 以 上 でないと 年 金 として 受 け 取 れ ないため 急 用 の 資 金 は 別 枠 で 用 意 する 必 要 がある という 点 があ げられます 従 って DC 制 度 は 中 長 期 的 な 視 点 で 老 後 の 生 活 資 金 を 形 成 す る ものということを 十 分 に 認 識 する 必 要 があるわけです 4. DC 制 度 における 資 産 運 用 の 基 本 的 な 考 え 方 前 述 したように DC 制 度 の 資 金 は 老 後 まで 引 き 出 せないのです から その 資 金 を 運 用 する 上 でもその 資 金 的 性 格 に 応 じた 運 用 戦 略 を 考 える 必 要 があります これは 短 期 的 な 売 買 を 繰 り 返 すデイト レーダーのような 投 資 とは 全 く 異 なるものです また 運 用 資 金 は 毎 月 掛 金 分 として 積 立 てられ 着 実 に 増 えていくということを 最 大 限 に 利 用 することです そこで DC 加 入 者 が 目 標 として 考 えるべきことは まず 60 歳 以 降 での 生 活 資 金 を 想 定 し DC 制 度 の 下 で 形 成 すべき 資 金 はどれほ どになるのかを 具 体 化 することです DC 制 度 で 積 立 てる 金 額 は 制 度 が 変 更 にならなければ 予 め 算 定 できるので 形 成 すべき 金 額 に 達 成 するためには どれほどの 資 産 を 殖 やす 必 要 があるかがわかります それにより 平 均 的 な 必 要 リターンを 算 定 しておくことです そのリターンを 実 現 するためには 加 入 者 が 運 営 管 理 機 関 の 提 示 する 運 用 商 品 に 投 資 することで 資 産 運 用 を 行 うことになります そ の 際 の 重 要 なポイントを 以 下 の3つで す 1 つ 目 は 運 用 資 産 の 配 分 です これは アセット アロケーシ ョン 若 しくはアセット ミックスと 呼 ばれるもので 目 標 リター ンを 実 現 するために 最 初 に 考 えなくてはならない 運 用 戦 略 です 3

4 2つ 目 は その 運 用 戦 略 を 実 現 するため 実 際 に 運 用 する 商 品 の 選 定 です DC 運 用 の 商 品 は 個 別 証 券 ではなく 投 資 信 託 商 品 がほと んどなので 個 別 銘 柄 特 有 な 事 項 ではなく 商 品 の 特 性 とマクロ 的 な 動 向 ( 例 えば 景 気 判 断 政 局 地 政 学 的 リスク 産 業 の 業 界 動 向 等 )との 関 連 を 重 視 した 選 択 が 重 要 になります 3つ 目 は 定 期 的 な 掛 金 を 積 立 てる 仕 組 みを 理 解 することです 毎 月 の 掛 金 で 運 用 が 行 われるのですから 時 期 を 分 けて 少 しずつ 投 資 を 行 っていくことになります これは 投 資 タイミングを 分 散 化 す ることになり 損 失 に 対 するリスクを 低 減 化 させる 効 果 があるとい われることから 時 間 分 散 と 呼 ばれます 5. 最 近 の 経 済 情 勢 とマイナス 金 利 の 影 響 アセット ミックスは 資 産 形 成 の 目 標 に 向 けた 第 1 歩 であると 共 に 資 産 運 用 のパフォーマンスの8 割 以 上 を 決 定 付 けると 言 われて います 従 って 各 アセットの 将 来 期 待 される 収 益 ( 期 待 リターン) の 判 断 が 重 要 になってきます 一 般 的 には 過 去 の 中 長 期 に 渡 るデ ータを 元 に 期 待 リターンとリスクが 算 定 されます しかし 過 去 データのウエイトを 高 めると 将 来 の 経 済 情 勢 にパラダイムシフト が 起 こっても それらに 反 映 することはできまません 軽 微 で 短 期 的 かつ 一 時 的 なショックは 中 長 期 運 用 での 要 因 から 除 外 しても 大 き な 問 題 にはなりませんが リーマンショックのような 極 めて 大 きな インパクトやアベノミクスのような 構 造 変 化 においては 見 直 しも 検 討 する 必 要 がでてきます その 意 味 で 2016 年 のマイナス 金 利 導 入 と 約 2 年 にわたる 原 油 安 そして 昨 今 の 為 替 変 動 が 転 換 する 兆 しは 各 アセットの 期 待 リ ターンに どう 影 響 するのかを 整 理 しておくことが 重 要 です そこで 本 稿 では 一 定 の 考 え 方 に 基 づき 各 資 産 の 期 待 リターンの 捉 え 方 を 考 えてみます 日 本 銀 行 は 平 成 28 年 1 月 29 日 にマイナス 金 利 0.1%の 導 入 を 決 定 しました このマイナス 金 利 の 適 用 は 当 座 預 金 残 高 に 適 用 さ 4

5 れるものです 当 座 預 金 に 適 用 されると 企 業 は 当 座 預 金 に 預 けて いるよりも 貸 出 に 資 金 を 向 けた 方 がいいため 貸 出 が 増 え 市 場 金 利 は 競 争 原 理 が 働 いて 低 下 し 景 気 上 昇 に 寄 与 すると 考 えられます しかし 当 座 預 金 残 高 ( 約 260 兆 円 )は 基 礎 残 高 ( 約 210 兆 円 ) マクロ 加 算 残 高 ( 約 40 兆 円 ) 政 策 金 利 残 高 ( 約 10 兆 円 )か ら 構 成 されています 1 実 際 にマイナス 金 利 が 適 用 になるのは 政 策 金 利 残 高 部 分 ですので 金 融 市 場 への 直 接 の 影 響 度 としてはそれほ ど 大 きくないのですが すでに 国 債 利 回 りでマイナスの 利 回 りを 付 け その 度 合 いは 拡 大 基 調 にあるなど アナウンス 効 果 は 絶 大 であ ったと いえるでしょう そのマイナス 金 利 が 導 入 された のは 2012 年 12 月 頃 から 開 始 さ れたアベノミクスによる 景 気 回 復 基 調 に 翳 りが 見 え 始 めたためでし た 政 府 日 銀 としては 景 気 拡 大 を 持 続 させるために 前 例 のない マイナス 金 利 導 入 という 政 策 を 打 ち 出 したのです しかし 導 入 後 4 ヵ 月 あまり 経 過 したものの 市 場 の 評 価 は 一 定 していません 政 府 日 本 銀 行 としても アベノミクスを より 強 力 に 進 め 景 気 拡 大 を 推 進 するために 行 った 金 融 緩 和 措 置 の 一 環 であっ たわけですが 現 在 のところ その 意 図 どおりの 効 果 に 繋 がってい る とはいえない 状 況 にあります 今 回 の 政 策 について 理 論 的 に 考 えれば マイナス 金 利 という 類 を 見 ない 金 融 緩 和 により 投 資 先 を 求 めて 多 額 の 資 金 が 事 業 や 投 資 資 産 に 向 かうと 考 えられます それによって 企 業 の 運 転 資 金 は 潤 沢 になり 業 績 向 上 に 寄 与 することや 投 資 資 産 価 値 の 上 昇 に 繋 がるな ど プラスに 働 くはずです また マイナス 金 利 は 利 回 りが 下 が り 日 本 への 投 資 メリットが 減 ずることになります それは 他 通 貨 資 産 に 逃 避 することを 意 味 し 為 替 は 円 安 となり ます 円 安 になると 1 1 基 礎 残 高 とは 民 間 銀 行 が 日 本 銀 行 口 座 に 預 けた 金 額 のうち 所 要 準 備 額 を 超 える 部 分 ( 超 過 準 備 額 )をいい +0.1%の 金 利 が 適 用 されます 2マクロ 加 算 残 高 とは 所 要 準 備 額 日 銀 がゼロ 金 利 で 民 間 銀 行 に 貸 し 出 す 金 額 ( 貸 出 支 援 基 金 および 被 災 地 金 融 機 関 支 援 オペ) そして 日 銀 が 適 宜 加 算 する 金 額 の 合 計 で これにはゼロ 金 利 が 適 用 されます 3 政 策 金 利 残 高 とは 当 座 預 金 残 高 から1 2を 上 回 る 部 分 をいい 0.1% の 金 利 が 適 用 されます 5

6 国 内 輸 出 産 業 の 収 益 力 は 上 昇 し 業 績 としてプラスに 働 きます マ クロ 的 には 景 気 拡 大 株 価 上 昇 というシナリオが 描 けるわけです また 個 人 消 費 の 面 からも マイナス 金 利 はローン 金 利 の 低 下 で 住 宅 取 得 意 欲 が 高 まり 資 金 的 余 裕 から 一 般 消 費 が 拡 大 し 景 気 上 昇 の 効 果 に 繋 がると 思 われます しかしながら 実 際 の 状 況 を 見 ると 為 替 は 円 高 傾 向 であり 株 価 は 不 安 定 な 状 態 そして 景 気 も 停 滞 気 味 で 物 価 2%の 上 昇 も 難 しいというのが 現 状 です 為 替 が 円 高 になっているのは 金 融 政 策 の 失 敗 ということではなく 米 国 の 円 安 容 認 が 見 直 されたことが 大 きく 影 響 しているようです また 株 価 は 円 高 や 原 油 安 の 影 響 もあ りますが 株 式 市 場 で 高 い 時 価 総 額 ウエイトを 占 めている 金 融 機 関 の 業 績 がマイナス 金 利 の 影 響 で 悪 化 するとの 懸 念 を 持 たれているこ とによります このように 現 状 ではマイナス 金 利 のメリットが 現 わ れていない ということになりますが 筆 者 はそう 悲 観 的 に 考 えていません マ イナス 金 利 の 効 果 は 今 後 徐 々に 現 れてくるものであり 導 入 目 的 と 想 定 される 理 論 的 なプロセスを 考 えれば 前 述 したようにプラス 効 果 となるため 目 先 の 状 況 だけに 捕 らわれることがあってはならな いと 思 っています 特 に DC 制 度 では 中 長 期 的 な 視 点 での 運 用 を 実 践 していくので 一 時 的 な 感 情 による 判 断 に 伴 う 投 資 行 動 こそが マイナス 要 因 と 考 えます 6. DC 制 度 における 当 面 の 運 用 と 中 長 期 的 な 運 用 の 兼 ね 合 い DC 制 度 では 中 長 期 にわたる 運 用 を 行 うことになり なおかつ 期 間 中 での 資 金 の 引 き 出 しはできないことから 短 期 的 な 相 場 の 変 動 に 一 喜 一 憂 して 投 資 行 動 を 変 えることは 得 策 ではありません 個 人 投 資 家 には 近 視 眼 的 な 見 方 になることがしばしばあるため 相 場 の 下 落 が 続 いてくると 売 却 し 相 場 の 上 昇 が 続 いてくると 購 入 するといったように 後 追 い 的 な 行 動 を 取 ることがしばしば 見 られ ます 本 来 運 用 成 果 を 高 めるためには 下 がったところで 買 い 6

7 上 がったところで 売 るという 逆 バリ 行 動 が 必 要 になりますが これを 実 際 の 行 動 に 移 すことは 心 理 的 に 難 しいというのが 実 情 でし ょう 従 って DC 制 度 のような 中 長 期 運 用 では 一 時 的 な 情 報 に 惑 わ されず 当 初 の 戦 略 に 則 って 毎 月 一 定 金 額 の 掛 金 分 を 買 い 続 ける ことが 実 は 非 常 に 重 要 なことです 相 場 が 下 がっていれば 低 価 格 で 多 くの 数 量 を 購 入 できるし 相 場 が 上 がっていれば 価 格 は 高 いこと で 少 ない 数 量 しか 購 入 できないため 結 果 として 平 均 取 得 価 格 が 抑 制 され 中 長 期 的 に 見 ると 簿 価 を 気 にせず 安 定 した 資 産 形 成 を 行 うことが 可 能 に なります しかしながら 相 場 変 動 に 関 して 全 く 無 関 心 では いられないとい う 投 資 家 も 少 なくないと 思 います そうした 投 資 家 においては 次 章 で 紹 介 する コア サテライト 戦 略 を 検 討 するのも 一 案 です 7. コア サテライト 戦 略 の 活 用 (1)コア サテライト 戦 略 とは コア サテライト 戦 略 とは 運 用 資 金 全 体 のうち 一 定 割 合 をコ ア 戦 略 それ 以 外 をサテライト 戦 略 とするものです コア 戦 略 と は 中 長 期 的 な 目 標 達 成 のためのアセット ミックス を 中 心 に 据 える 戦 略 です そして 各 アセットではインデックス 運 用 の 投 資 信 託 を 採 用 します 運 用 戦 略 の 要 ( 核 ) とするということで コアと 呼 ばれま す 一 方 サテライト 戦 略 とは コア 戦 略 から 切 り 離 して 自 由 にリタ ーンを 狙 う 戦 略 です 全 体 の 資 産 に 対 する 割 合 は 1 2 割 程 度 と コアの 周 りの 衛 星 のようなものということでサテライトと 呼 ばれま す サテライト 戦 略 では 高 いリターンを 得 るために 短 期 的 な 情 報 に 素 早 く 対 応 し ハイリスクを 厭 わない 運 用 戦 略 を 取 ります( 図 1 参 照 ) コア サテライト 戦 略 は アセット 全 体 で 見 れば それほどリス クを 高 めることなく プラスαのリターンを 得 ることが 目 的 になり 7

8 ます 通 常 のアセット ミックスの 枠 組 みでリターンを 高 めようと する 場 合 大 きなリスクを 取 らなくてはならないため コア サテ ライト 戦 略 は 有 効 であると 考 えます( 図 2 参 照 ) 図 1 コア サテライト 戦 略 の イメージ 図 2 コア サテライト 戦 略 によるアセット ミックスのイメージ 8

9 (2)DC 制 度 におけるコア サテライト 戦 略 の 応 用 DC 制 度 におけるコア サテライト 戦 略 を 具 体 的 に 考 えてみまま しょう コア 戦 略 の 期 待 リターンを 年 率 3% サテライト 戦 略 の 期 待 リタ ーンを 年 率 6% 掛 金 は 月 額 3 万 円 とします コアの 占 有 率 は 80% としますが 75% までの 乖 離 は 許 容 するものとし それ 以 上 乖 離 し た 場 合 は 80% に 戻 すオペレーションを 実 施 するものとします 運 用 期 間 は 420 ヵ 月 ( 35 年 )を 想 定 し 資 産 変 動 のブレはここでは 考 慮 せずに 資 産 価 値 の 平 均 的 な 推 移 をシミュレーションしてみます その 結 果 が 表 1 表 2 図 3 図 4 です まず 全 額 キャッシュ 運 用 の 場 合 ( 表 1 の1)と コア 戦 略 100% の 場 合 ( 表 1の5)を 比 較 すると 35 年 後 の 資 産 額 はそれぞれ 1236 万 円 と 2233 万 円 であり 1517 万 円 ( 1.8 倍 )も 多 くなります そして コア サテライト 戦 略 を 取 った 場 合 は 2560 万 円 となり コア 戦 略 よりも 336 万 円 多 くなります( 表 2) 実 際 には 資 産 変 動 リスクがあるため このような 結 果 には 必 ず しもなりません しかし 中 長 期 的 な 見 通 しだけでなく 短 期 的 で も 大 きな 要 因 が 資 産 形 成 上 大 きな 影 響 を 与 えると 判 断 する 投 資 家 に とって コア サテライト 戦 略 は1つの 有 力 な 方 法 といえるのでは ないでしょうか 表 1 コア サテライト 戦 略 のシミュレーション 結 果 (1) 9

10 表 2 コア サテライト 戦 略 のシミュレーション(2) 図 3 シミュレーション 結 果 (グラフ1) 図 4 シミュレーション 結 果 (グラフ2) 10

11 7. 終 わりに DC 制 度 は 制 度 改 正 により 加 入 者 の 劇 的 な 増 加 が 見 込 まれ そ れとともに 資 産 運 用 の 重 要 性 も 更 に 高 まってきます 本 稿 では マ イナス 金 利 政 策 が 資 本 市 場 にどう 影 響 するかとの 私 論 を 述 べ そう した 状 況 での 投 資 行 動 を 考 察 しました また 中 長 期 運 用 に 短 期 的 な 変 動 要 因 を 反 映 させたコア サテライト 戦 略 を 紹 介 するとともに その 効 果 は 無 視 できない 場 合 もあることを 示 しました 本 稿 は DC 制 度 をより 理 解 していただくことを 念 頭 に 執 筆 してい ますが DC 制 度 関 係 者 そして 加 入 者 の 一 助 になれば 幸 いです 2016 年 6 月 記 DC 総 合 研 究 所 正 会 員 企 業 年 金 管 理 士 (DC) AFP 博 士 ( 経 営 工 学 ) 日 本 証 券 アナリスト 協 会 検 定 会 員 結 城 淳 本 稿 の 内 容 については 筆 者 が 関 係 する 機 関 を 代 表 するものでは なく その 全 ての 責 任 は 筆 者 個 人 にあることをお 断 りします 11

Microsoft Word - ☆f.doc

Microsoft Word - ☆f.doc 第 1 問 問 1 正 解 2 6,000 千 円 給 与 所 得 の 金 額 は 次 の 式 より 求 める 給 与 所 得 の 金 額 = 収 入 金 額 - 給 与 所 得 控 除 額 まず 給 与 所 得 控 除 額 を 設 例 の 中 の 速 算 表 から 求 め 次 に 上 記 計 算 式 より 給 与 所 得 控 除 後 の 金 額 を 求 めることになる 給 与 所 得 控 除 額

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

第 1 号 被 保 険 者 で 付 加 保 険 料 を 払 っている または 国 民 年 金 基 金 に 加 入 している 場 合 は 両 方 合 わせて 6 万 8000 円 / 月 となる だが 自 営 業 の 人 が 事 業 廃 止 後 や 引 退 後 の 生 活 費 の ために 加 入 して

第 1 号 被 保 険 者 で 付 加 保 険 料 を 払 っている または 国 民 年 金 基 金 に 加 入 している 場 合 は 両 方 合 わせて 6 万 8000 円 / 月 となる だが 自 営 業 の 人 が 事 業 廃 止 後 や 引 退 後 の 生 活 費 の ために 加 入 して ZUU online 確 定 拠 出 年 金 個 人 型 と 企 業 型 の 違 いとは? 今 話 題 の 確 定 拠 出 年 金 確 定 拠 出 年 金 は DC(Defined Contribution Plan) また は 日 本 版 401K とも 言 われる 支 払 った 掛 金 も 運 用 の 利 益 も 将 来 受 け 取 る 一 時 金 や 年 金 も 税 制 上 の 優 遇 があるというトリプルメリットが

More information

の 組 織 による 損 失 隠 しの 準 備 ( 単 位 ; 億 円 ) オリンパス 資 産 の 部 負 債 の 部 資 産 の 部 負 債 の 部 現 金 1,100 借 入 金 800 海 外 現 金 預 金 850 銀 行 有 価 証 券 1,000 純 資 産 の 部 純 資 産 の 部 資

の 組 織 による 損 失 隠 しの 準 備 ( 単 位 ; 億 円 ) オリンパス 資 産 の 部 負 債 の 部 資 産 の 部 負 債 の 部 現 金 1,100 借 入 金 800 海 外 現 金 預 金 850 銀 行 有 価 証 券 1,000 純 資 産 の 部 純 資 産 の 部 資 キャッシュフローはごまかせない 利 益 は 意 見 現 金 は 事 実 といわれるわけ オリンパス 粉 飾 決 算 における 現 金 の 複 雑 な 動 き 粉 飾 の 事 実 株 式 投 資 などの 財 テクの 失 敗 による 巨 額 の 損 失 ( 報 告 書 によれば 1990 年 代 後 半 には 約 1000 億 円 の 含 み 損 があったとされている)を 隠 すために 損 失 分 離

More information

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと 2008.2 日 興 AMファンドアカデミー ベーシック 改 めて 今 分 配 金 について 日 興 アセットマネジメントが お 伝 えしたいこと? お 客 様 から 分 配 金 は 下 がるのか? あと 何 カ 月 くらい 今 の 分 配 金 が 続 けられるのか? というお 問 い 合 わせを 受 けることが 多 くなってきました それに 対 して 明 確 なお 返 事 やお 約 束 をすることはできません

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

超高齢社会に向けた家計金融資産運用

超高齢社会に向けた家計金融資産運用 特 集 超 高 齢 日 本 の 再 構 想 中 里 幸 聖 / 佐 川 あぐり/ 中 田 理 惠 要 約 超 高 齢 社 会 となるわが 国 は 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 要 因 を 抱 えている 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 は 最 終 需 要 にマイナス 要 素 であると 同 時 に 実 物 投 資 の 原 資 減 少 という 形 で 生 産 活 動 にもマイナス 要 素

More information

ファンドの 特 色 販 売 用 資 料 主 として ニュージーランドドル 建 ての 債 券 に 投 資 を 行 ない インカム 収 益 の 確 保 と 信 託 財 産 の 成 長 をめざします ニュージーランドドル 建 ての 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 政 府 機 関 債 国 際 機 関

ファンドの 特 色 販 売 用 資 料 主 として ニュージーランドドル 建 ての 債 券 に 投 資 を 行 ない インカム 収 益 の 確 保 と 信 託 財 産 の 成 長 をめざします ニュージーランドドル 建 ての 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 政 府 機 関 債 国 際 機 関 高 格 付 ニュージーランドドル 債 ファンド 2014-07 ( 早 期 償 還 条 項 付 ) 愛 称 ニュージー トライ 2014-07 単 位 型 投 信 / 海 外 / 債 券 販 売 用 資 料 2014 年 6 月 作 成 設 定 運 用 は 日 興 アセットマネジメント 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 368 号 加 入 協

More information

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日 広 角 視 点 : 名 目 マイナス 金 利 のプラス 効 果 ホセ ビニャルス サイモン グレイ ケリー エコールド 2016 年 4 月 10 日 成 長 見 通 しとインフレ 率 への 重 大 なリスクが 認 識 される 中 で IMF は 一 部 の 中 央 銀 行 が 実 施 した マイナス 政 策 金 利 を 支 持 しています このような 大 胆 な 政 策 は 過 去 に 例 がなく

More information

Microsoft Word - 日銀会合.docx

Microsoft Word - 日銀会合.docx グローバル マクロ トピックス 2016/ 7/29 投 資 情 報 部 チーフ FX ストラテジスト 鈴 木 健 吾 シニアエコノミスト 宮 川 憲 央 追 加 緩 和 は 小 粒 な 内 容 次 回 会 合 で 総 括 的 な 検 証 ~ 日 銀 決 定 会 合 の 結 果 と 為 替 市 場 の 反 応 追 加 緩 和 の 行 方 が 注 目 を 集 めた7/28~29の 金 融 政 策 決

More information

3・2級試験短期合格の秘訣

3・2級試験短期合格の秘訣 FP3 2 級 学 科 実 技 同 時 合 格 の 秘 訣 1FP 試 験 概 要 試 験 日 程 ( 予 定 ) 平 成 28 年 1 月 24 日 ( 日 ) 合 格 発 表 :3 月 3 日 ( 木 ) 〇 平 成 28 年 5 月 22 日 ( 日 ) 合 格 発 表 :6 月 29 日 ( 水 ) 試 験 の 実 施 日 程 等 は 試 験 実 施 団 体 のホームページまたは 受 検 願

More information

表1_4

表1_4 2010 2 4 9 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 46 50 52 54 55 56 58 70 110 111 113 114 117 118 120 121 124 131 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 1,318 64.6 19 39.2 42 64 747.7

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798374834083938368838C837C815B8367817A4A2D52454954838A8354815B83608DC48A4A32303133303532392E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798374834083938368838C837C815B8367817A4A2D52454954838A8354815B83608DC48A4A32303133303532392E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D> ファンド レポート J-REIT リサーチ オープン( 毎 月 決 算 型 ) J-REIT リサーチ オープン( 毎 月 決 算 型 )のお 買 付 け 申 込 受 付 を 再 開 ~ファンドの 魅 力 とJ-REIT 市 場 の 見 通 し~ 販 売 用 資 料 13 年 5 月 9 日 13 年 4 月 15 日 ( 月 )より J-REIT リサーチ オープン( 毎 月 決 算 型 )( 以

More information

わかりやすい解説シリーズキャッシュフロー計算書.docx

わかりやすい解説シリーズキャッシュフロー計算書.docx わかりやすい 解 説 シリーズ キャッシュ フロー 計 算 書 第 1 回 :キャッシュ フロー 計 算 書 とは 2012.11.07 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 蟹 澤 啓 輔 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 牧 野 幸 享 1. キャッシュ フロー 計 算 書 とは キャッシュ フロー 計 算 書 とは 一 会 計 期 間 の

More information

いて 考 える 特 に アベノミクスを 契 機 にインフレ が 従 来 以 上 に 現 実 味 を 帯 びてきたことを 踏 まえ 確 定 拠 出 年 金 における 運 用 目 標 と 想 定 利 回 りの 関 係 に 焦 点 を 当 てる 確 定 拠 出 年 金 の 運 用 の 現 状 上 述 のよ

いて 考 える 特 に アベノミクスを 契 機 にインフレ が 従 来 以 上 に 現 実 味 を 帯 びてきたことを 踏 まえ 確 定 拠 出 年 金 における 運 用 目 標 と 想 定 利 回 りの 関 係 に 焦 点 を 当 てる 確 定 拠 出 年 金 の 運 用 の 現 状 上 述 のよ 2014 年 9 月 確 定 拠 出 年 金 における 運 用 目 標 は 想 定 利 回 りで 良 いのか? インフレ 局 面 における 確 定 拠 出 年 金 の 運 用 を 考 える 揺 らぐ 公 的 年 金 と 高 まる 自 助 努 力 の 必 要 性 2014 年 6 月 に 厚 生 労 働 省 より 公 的 年 金 の 財 政 検 証 結 果 が 発 表 された 今 回 は 複 数 のシナリオを

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73>

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73> 学 校 法 人 会 計 基 準 について ( 平 成 27 年 度 以 降 ) 予 算 と 決 算 の 両 方 を 満 たす 計 算 体 系 の 説 明 学 校 法 人 の 概 要 学 校 法 人 とは 学 校 教 育 法 私 立 学 校 法 の 定 めるところにより 私 立 学 校 の 設 置 を 目 的 に 設 立 された 法 人 です 私 立 学 校 は この 学 校 法 人 によって 設 置

More information

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要 株 価 引 き 下 げ 対 策 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1. 株 価 引 き 下 げの 目 的 2. 株 式 の 評 価 の 仕 組 み 3. 取 引 相 場 のない 株 式 についての 評 価 方 法 4. 株 価 引 き 下 げの3つの 方 法 Ⅱ 株 価 引 き 下 げのポイント 1. 配 当 金 の 引 き 下 げによる 株 価 引 き

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに

生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 通 常 事 業 活 動 による 損 益 ( 経 常 損 益 ) 一 般 に 経 常 損 益 とは 通 常 事 業 活 動 で 発 生 した 損 益 得 られる 収 益 です ことです 経 常 損 益 中 には 経 常 収 益 経 常 費 用 これに 生 命 保 険 会 社 損 益 状 況 を 見 る 損 益 計 算 書 は 事 業 年 度 経 営 成 績 を 表 すもです こ 章 では まず 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 説 明 し さらに 主 な 項 目 について どように 損 益 を 計 算 しているかを 解 説 していきます 生 命 保 険 会 社 損 益 計 算 特 徴 を 知 る 生 命 保 険 会 社 損 益

More information

719000.xls

719000.xls マンスリーレポート 2016 年 8 月 31 日 現 在 みずほインデックス 投 資 戦 略 ファンド( 愛 称 : iパズル) 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 累 積 投 資 基 準 価 額 の 推 移 ( 円 ) 12,000 11,000 ファンドデータ 基 準 価 額 : 10,419 円 純 資 産 総 額 : 41.80 億 円 ファンド 設 定 日 : 2014

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

会社再生サンプル資料

会社再生サンプル資料 経 営 調 査 研 究 会 セミナー 成 功 する 会 社 再 生 スキームと 税 務 上 の 注 意 点 ~ 法 的 な 整 理 のみならず 銀 行 交 渉 や 私 的 な 方 法 による 成 功 実 例 も 紹 介 ~ 平 成 21 年 6 月 19 日 株 式 会 社 日 本 中 央 会 計 事 務 所 / 日 本 中 央 税 理 士 法 人 代 表 取 締 役 / 代 表 社 員 公 認 会

More information

Microsoft Word - 2級1月難易度B(修正)

Microsoft Word - 2級1月難易度B(修正) 難 易 度 B 平 成 24 年 1 月 実 施 過 去 問 ( 学 科 ) 1.ライフプランニングと 資 金 計 画 問 題 6 国 民 年 金 の 第 1 号 被 保 険 者 が 死 亡 した 場 合 の 国 民 年 金 からの 遺 族 給 付 に 関 する 次 の 記 述 のうち 最 も 不 適 切 なものはどれか なお 遺 族 には 国 民 年 金 法 の 障 害 等 級 に 該 当 する

More information

月次運用状況 無配当個人変額年金保険(平成28年4月末).xls

月次運用状況 無配当個人変額年金保険(平成28年4月末).xls 無 配 当 個 人 変 額 年 金 保 険 ( 年 金 原 資 保 証 型 ) 特 別 勘 定 の 現 況 ( 平 成 28 年 4 月 末 ) バランス20 型 01 注 記 事 項 当 資 料 閲 覧 に 関 する 事 項 当 資 料 は 無 配 当 個 人 変 額 年 金 保 険 ( 年 金 原 資 保 証 型 )の 特 別 勘 定 における 運 用 状 況 などについて ご 契 約 者 の

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798D5A97B994C5817A91E598618FD88C94976C5F837D8343838B836883578383837083935F8376838C837E834183578383837083935F94CC948497708E9197BF5F32303136303531322E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798D5A97B994C5817A91E598618FD88C94976C5F837D8343838B836883578383837083935F8376838C837E834183578383837083935F94CC948497708E9197BF5F32303136303531322E70707478> 投 資 者 の 皆 さまへ ( 販 売 用 資 料 ) (2016 年 5 月 作 成 ) 課 税 上 は 株 式 投 資 信 託 として 取 扱 われます 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 )のご 請 求 お 申 込 み 設 定 運 用 < 販 売 会 社 > 商 号 等 大 和 証 券 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 )

More information

セカンドライフは 公 的 年 金 が 支 えています 人 生 にはさまざまなライフイベントがあり そ れ ぞ れ の ラ イ フ イベ ン ト を 実 行 するには 大 きな 支 出 を 伴 うことがあります 特 にセカンドライフは 必 要 資 金 額 が 大 きくなる 可 能 性 があります 公

セカンドライフは 公 的 年 金 が 支 えています 人 生 にはさまざまなライフイベントがあり そ れ ぞ れ の ラ イ フ イベ ン ト を 実 行 するには 大 きな 支 出 を 伴 うことがあります 特 にセカンドライフは 必 要 資 金 額 が 大 きくなる 可 能 性 があります 公 販 売 用 資 料 /2015.7 東 京 海 上 年 金 運 用 型 戦 略 ファンド ( 年 1 回 決 算 型 ) 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 愛 称 の 年 金 ぷらす とは 将 来 の 年 金 受 給 とは 別 の ゆとりあるセカンドライフ に 備 えた 資 産 づくりを めざすことを 意 味 しており 当 ファンドをお 申 込 みいただくことで 年 金 額 が 上

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

<4832372E313190E096BE89EF8E9197BF28B6D7B029322E786477>

<4832372E313190E096BE89EF8E9197BF28B6D7B029322E786477> 説 明 会 資 料 新 制 度 移 行 について 新 制 度 では 不 足 金 の 発 生 で 連 帯 債 務 等 の 負 担 がない ようなしくみにしています 掛 金 が 現 行 の1.7%から 1.5%に 引 き 下 げられます 事 務 費 掛 金 は 別 途 0.2% 沖 縄 県 建 設 業 厚 生 年 金 基 金 は 国 の 代 行 部 分 ( 厚 生 年 金 )と 独 自 の3 階 建 ての

More information

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い 水 道 事 業 経 営 に 関 する 各 指 標 の 説 明 (1) 事 業 の 概 要 普 及 率 (%) 現 在 給 水 人 口 行 政 区 域 内 人 口 100 平 均 有 収 水 量 (l) 一 日 平 均 有 収 水 量 現 在 給 水 人 口 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 率 (%) 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 累 計 額 有 形 固 定 資 産 のうち 償 却

More information

年金資産運用に関する実務ガイドライン.PDF

年金資産運用に関する実務ガイドライン.PDF 年 金 資 産 運 用 に 関 する 実 務 ガイドライン 実 務 ガイドラインは 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 及 び 各 社 に 提 示 した 運 用 ガイドラインの 内 容 を 補 完 するものとして 策 定 したものである 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 及 び 運 用 ガイドライ ンの 内 容 について 実 務 上 必 要 な 解 説 を 加 え 内 容 を 具

More information

Microsoft Word - 【QA】外貨MMF受付停止.doc

Microsoft Word - 【QA】外貨MMF受付停止.doc 投 資 者 の 皆 さまへ 販 売 補 助 資 料 ダイワ 外 貨 MMF ユーロ ポートフォリオに 関 するQ&A 平 成 24 年 8 月 1 日 ( 水 )より 新 規 のご 購 入 ( 買 付 )の 申 込 みはできませんのでご 注 意 ください Q.1 新 規 の 買 付 停 止 の 新 規 とはどういう 意 味 ですか 外 貨 MMF(ユーロ ポートフォリオ)を 既 に 保 有 している

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

債 務 の 変 動 による 後 発 債 務 として 基 金 発 足 直 後 から 5 年 ごとの 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 改 正 による 死 亡 率 の 改 正 が 課 題 とされていたが これは 厚 生 年 金 基 金 持 ちとされ 利 差 益 など で 埋 め 合 わせるべきものとさ

債 務 の 変 動 による 後 発 債 務 として 基 金 発 足 直 後 から 5 年 ごとの 厚 生 年 金 保 険 本 体 の 改 正 による 死 亡 率 の 改 正 が 課 題 とされていたが これは 厚 生 年 金 基 金 持 ちとされ 利 差 益 など で 埋 め 合 わせるべきものとさ 厚 生 年 金 基 金 の 免 除 保 険 料 率 に 関 する 一 考 察 三 井 住 友 信 託 銀 行 ペンション リサーチ センター 研 究 理 事 杉 田 健 要 旨 厚 生 年 金 基 金 の 免 除 保 険 料 は 将 来 部 分 の 均 衡 のみによって 計 算 されており 予 定 利 率 の 引 下 げ 等 の 後 発 債 務 の 償 却 を 反 映 していないが 本 稿 では 後

More information

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本 資 料 2 財 政 制 度 等 審 議 会 財 政 制 度 分 科 会 報 告 超 高 齢 日 本 における 政 府 財 政 の 課 題 と 長 期 展 望 株 式 会 社 大 和 総 研 調 査 提 言 企 画 室 長 鈴 木 準 hitoshi.suzuki@dir.co.jp 214 年 3 月 1 日 Japanese Economic Research 財 政 問 題 の 長 期 展 望

More information

図 1 キャッシュバランス 型 年 金 と 確 定 給 付 型 年 金 図 2 年 金 債 務 と 割 引 率 の 関 係 年 金 債 務 年 金 債 務 の 増 加 金 利 の 低 下 金 利 ( 割 引 率 ) 最 終 給 与 比 例 方 式 が 一 般 に 普 及 していますが こ の 場 合

図 1 キャッシュバランス 型 年 金 と 確 定 給 付 型 年 金 図 2 年 金 債 務 と 割 引 率 の 関 係 年 金 債 務 年 金 債 務 の 増 加 金 利 の 低 下 金 利 ( 割 引 率 ) 最 終 給 与 比 例 方 式 が 一 般 に 普 及 していますが こ の 場 合 2002.8 キャッシュバランス 型 年 金 制 度 の 導 入 と 資 産 運 用 上 の 課 題 1 年 金 研 究 センター 主 任 研 究 員 藤 林 宏 1. キャッシュバランス 型 年 金 とは 確 定 給 付 企 業 年 金 法 が 2002 年 4 月 より 施 行 され ました 同 法 の 施 行 によって 従 来 は 導 入 が 不 可 能 と 見 られていたキャッシュバランス

More information

運 用 経 過 作 成 期 間 中 の 基 準 価 額 等 の 推 移 (2015 年 9 月 25 日 ~2016 年 3 月 22 日 ) ( 円 ) 14,500 14,000 13,500 13,000 12,500 12,000 11,500 11,000 ( 百 万 円 ) 50,000

運 用 経 過 作 成 期 間 中 の 基 準 価 額 等 の 推 移 (2015 年 9 月 25 日 ~2016 年 3 月 22 日 ) ( 円 ) 14,500 14,000 13,500 13,000 12,500 12,000 11,500 11,000 ( 百 万 円 ) 50,000 LM オーストラリア 高 配 当 株 ファンド ( 毎 月 分 配 型 ) 追 加 型 投 信 / 海 外 / 資 産 複 合 交 付 運 用 報 告 書 第 49 期 ( 決 算 日 2015 年 10 月 20 日 ) 第 50 期 ( 決 算 日 2015 年 11 月 20 日 ) 第 51 期 ( 決 算 日 2015 年 12 月 21 日 ) 第 52 期 ( 決 算 日 2016 年

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

 

  投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 2016 年 10 月 1 日 たわらノーロード 先 進 国 債 券 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 (インデックス 型 ) 単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 投 資 対 象 資 産 補 足 分 類 地 域 ( 収 益 の 源 泉 ) 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 属 性 区

More information

運 用 経 過 (2015 年 2 月 17 日 から2016 年 2 月 15 日 まで) 基 準 価 額 等 の 推 移 ( 円 ) ( 億 円 ) 25,000 1,500 純 資 産 総 額 ( 右 軸 ) 基 準 価 額 ( 左 軸 ) 23,000 税 引 前 分 配 金 再 投 資 基

運 用 経 過 (2015 年 2 月 17 日 から2016 年 2 月 15 日 まで) 基 準 価 額 等 の 推 移 ( 円 ) ( 億 円 ) 25,000 1,500 純 資 産 総 額 ( 右 軸 ) 基 準 価 額 ( 左 軸 ) 23,000 税 引 前 分 配 金 再 投 資 基 第 12 期 末 (2016 年 2 月 15 日 ) 基 準 価 額 17,132 円 純 資 産 総 額 984 億 円 騰 落 率 9.8% 分 配 金 0 円 ニッセイ 日 経 225インデックスファンド 追 加 型 投 信 / 国 内 / 株 式 /インデックス 型 交 付 運 用 報 告 書 作 成 対 象 期 間 :2015 年 2 月 17 日 ~ 2016 年 2 月 15 日 第

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208169323893FA8E6797708A4A8E6E816A8179303431358DEC90AC817A8269826082CC826C826C826581408CF0957496DA985F8CA98F91313630352E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208169323893FA8E6797708A4A8E6E816A8179303431358DEC90AC817A8269826082CC826C826C826581408CF0957496DA985F8CA98F91313630352E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 使 用 開 始 日 2016.5.28 JAのMMF 追 加 型 投 信 / 国 内 / 株 式 /インデックス 型 分 配 金 再 投 資 ( 累 積 投 資 ) 可 能 (マネー マネージメント ファンド) 追 加 型 投 信 / 国 内 / 債 券 /MMF 分 配 金 再 投 資 ( 累 積 投 資 ) 専 用 単 位 型 追 加

More information

1. ドル 換 算 の 東 京 区 部 市 街 地 価 格 指 数 推 移 以 下 のグラフ 2 は 97 年 から 13 年 までの 東 京 区 部 の 地 価 推 移 をドル 換 算 で 評 価 したものです ドル 換 算 価 格 は 円 建 ての 地 価 のような 低 迷 傾 向 にあるわけで

1. ドル 換 算 の 東 京 区 部 市 街 地 価 格 指 数 推 移 以 下 のグラフ 2 は 97 年 から 13 年 までの 東 京 区 部 の 地 価 推 移 をドル 換 算 で 評 価 したものです ドル 換 算 価 格 は 円 建 ての 地 価 のような 低 迷 傾 向 にあるわけで 2013/12/27 アジア 通 信 第 十 八 回 海 外 投 資 家 から 見 た 東 京 不 動 産 の 魅 力 山 田 ビジネスコンサルティング( 株 ) アジア 事 業 本 部 アベノミクス により 日 本 の 株 式 市 場 は 活 況 を 呈 しております また 2020 年 に 東 京 オリンピックの 開 催 も 決 定 され 東 京 の 不 動 産 市 場 の 活 況 が 期 待

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303136303131355F918A8FEA89BA978E82C982C282A282C45F96EC91BAE69A8C9481698EF389768ED28CFC82AF815E8F4390B394C5816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303136303131355F918A8FEA89BA978E82C982C282A282C45F96EC91BAE69A8C9481698EF389768ED28CFC82AF815E8F4390B394C5816A2E646F6378> 販 売 用 資 料 受 益 者 の 皆 様 へ 2016 年 1 月 15 日 スパークス アセット マネジメント 株 式 会 社 スパークス 新 国 際 優 良 日 本 株 ファンド( 愛 称 : 厳 選 投 資 ) 足 元 の 運 用 状 況 と 今 後 の 見 通 しについて 当 ファンドの 基 準 価 額 ( 税 引 前 分 配 金 再 投 資 )は 2013 年 以 降 のアベノミクスや

More information

はじめに AIJ 投 資 顧 問 会 社 による 年 金 資 産 消 失 事 件 に 端 を 発 し 厚 生 年 金 基 金 特 に 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 制 度 への 信 頼 を 損 なうような 報 道 が 散 見 され 加 入 事 業 所 の 皆 様 は 全 国 測 量 業 厚 生

はじめに AIJ 投 資 顧 問 会 社 による 年 金 資 産 消 失 事 件 に 端 を 発 し 厚 生 年 金 基 金 特 に 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 制 度 への 信 頼 を 損 なうような 報 道 が 散 見 され 加 入 事 業 所 の 皆 様 は 全 国 測 量 業 厚 生 平成24年度 厚生年金基金制度の現状 全国測量業厚生年金基金 はじめに AIJ 投 資 顧 問 会 社 による 年 金 資 産 消 失 事 件 に 端 を 発 し 厚 生 年 金 基 金 特 に 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 制 度 への 信 頼 を 損 なうような 報 道 が 散 見 され 加 入 事 業 所 の 皆 様 は 全 国 測 量 業 厚 生 年 金 基 金 の 状 況 に ついても

More information

月次運用状況 無配当個人変額年金保険(平成27年8月末).xls

月次運用状況 無配当個人変額年金保険(平成27年8月末).xls 無 配 当 個 人 変 額 年 金 保 険 ( 年 金 原 資 保 証 型 ) 特 別 勘 定 の 現 況 ( 平 成 27 年 8 月 末 ) バランス20 型 01 注 記 事 項 当 資 料 閲 覧 に 関 する 事 項 当 資 料 は 無 配 当 個 人 変 額 年 金 保 険 ( 年 金 原 資 保 証 型 )の 特 別 勘 定 における 運 用 状 況 などについて ご 契 約 者 の

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A815B8367837D83938358838A815B32303136944E328C8E8D862E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A815B8367837D83938358838A815B32303136944E328C8E8D862E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> M リート マーケット マンスリー リート 不 動 産 を 中 心 に 運 用 を 行 う 投 資 信 託 正 式 英 語 名 称 は Real Estate Investment Trusts( 略 語 REIT) 情 報 提 供 資 料 2016 年 2 月 号 図 1 リート 市 場 動 向 S&P 先 進 国 REIT 指 数 ( 配 当 込 み) : 先 進 国 円 ベース 0 年 以 降

More information

 

  投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 2016 年 10 月 1 日 たわらノーロード 国 内 リート 追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 (インデックス 型 ) 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 商 品 分 類 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 国 内 不 動 産 投 信 インデックス 型 補

More information

Economic Trends    マクロ経済分析レポート

Economic Trends                                                         マクロ経済分析レポート Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ: 景 気 回 復 の 重 石 になる 原 油 価 格 2014 年 7 月 10 日 ( 木 ) ~2008 年 並 上 昇 で 家 計 負 担 増 +2.1 万 円 / 年 今 年 度 経 済 成 長 率 0.22pt 押 し 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利

More information

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを 用 語 解 説 1 共 通 事 項 用 語 算 出 方 法 解 説 経 常 収 支 比 率 (%) ( 法 適 用 企 業 ) 経 常 収 益 経 常 費 用 損 益 計 算 書 の 項 目 間 の 分 析 であり 企 業 にとっては 最 も 重 要 な 指 標 の 一 つである この 比 率 は 主 たる 営 業 活 動 によって 得 た 収 益 と 他 の 関 連 する 収 益 の 合 算 を

More information

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 90 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成 22 年 4 月 1 日 至 平 成 22 年 6 月 30 日 第 91 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 90 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成 22 年 4 月 1 日 至 平 成 22 年 6 月 30 日 第 91 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成 表 紙 提 出 書 類 根 拠 条 文 金 融 商 品 取 引 法 第 24 条 の4の7 第 1 項 提 出 先 東 北 財 務 局 長 提 出 日 平 成 23 年 8 月 10 日 四 半 期 会 計 期 間 第 91 期 第 1 四 半 期 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 23 年 6 月 30 日 ) 会 社 名 株 式 会 社 かわでん 英 訳 名 KAWADEN

More information

2325 28152810 232513 -1- -2- -3- -4- -5- -6- -7- -8- -9- -10- -11- -12- -13- -14- -15- -16- -17- -18- -19- -20- -21- -22- -23- -24- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36- -37- -38-

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

はじめに ファンドの 特 色 1 2 3 主 に 日 本 国 債 に 投 資 を 行 います 日 本 の 国 債 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 とするとともに 国 債 先 物 取 引 等 を 活 用 します 外 貨 建 資 産 への 投 資 は 行 いませんので 為 替 変 動 リスク

はじめに ファンドの 特 色 1 2 3 主 に 日 本 国 債 に 投 資 を 行 います 日 本 の 国 債 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 とするとともに 国 債 先 物 取 引 等 を 活 用 します 外 貨 建 資 産 への 投 資 は 行 いませんので 為 替 変 動 リスク 販 売 用 資 料 2016.08 ニッセイ 国 内 債 券 アルファ 追 加 型 投 信 / 国 内 / 債 券 ( 愛 称 )Jアルファ はじめに ファンドの 特 色 1 2 3 主 に 日 本 国 債 に 投 資 を 行 います 日 本 の 国 債 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 とするとともに 国 債 先 物 取 引 等 を 活 用 します 外 貨 建 資 産 への 投 資 は

More information

運 用 経 過 の 説 明 1 期 中 の 基 準 価 額 等 の 推 移 (215 年 1 月 7 日 ~216 年 6 月 15 日 ) ( 円 ) ( 百 万 円 ) 18, 2,4 16, 純 資 産 総 額 ( 右 軸 ) 2,1 基 準 価 額 ( 左 軸 ) 14, 1,8 分 配 金

運 用 経 過 の 説 明 1 期 中 の 基 準 価 額 等 の 推 移 (215 年 1 月 7 日 ~216 年 6 月 15 日 ) ( 円 ) ( 百 万 円 ) 18, 2,4 16, 純 資 産 総 額 ( 右 軸 ) 2,1 基 準 価 額 ( 左 軸 ) 14, 1,8 分 配 金 楽 天 日 本 株 トリプル ベアⅢ 追 加 型 投 信 / 国 内 / 株 式 / 特 殊 型 (ブル ベア 型 ) 交 付 運 用 報 告 書 第 1 期 ( 決 算 日 216 年 6 月 15 日 ) ( 作 成 対 象 期 間 215 年 1 月 7 日 ~216 年 6 月 15 日 ) 第 1 期 末 (216 年 6 月 15 日 ) 基 準 価 額 1,328 円 純 資 産 総

More information

1.ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 シティ 世 界 国 債 インデックス( 除 く 日 本 円 ベース 為 替 ヘッジなし)の 動 きに 連 動 する 投 資 成 果 をめざして 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 1 主 に 外 国 債 券 パッシブ ファンド マザーファン

1.ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 シティ 世 界 国 債 インデックス( 除 く 日 本 円 ベース 為 替 ヘッジなし)の 動 きに 連 動 する 投 資 成 果 をめざして 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 1 主 に 外 国 債 券 パッシブ ファンド マザーファン 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 2016 年 7 月 13 日 DIAM 外 国 債 券 パッシブ ファンド 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 (インデックス 型 ) 単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 投 資 対 象 資 産 補 足 分 類 地 域 ( 収 益 の 源 泉 ) 投 資 対 象 資 産 属 性 区 分 投 資 対 象 投 資

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313630353132208C6F8DCF2095C48D912083678389839383768E8182AA8BA49861937D82CC91E5939D97CC8CF395E28E7796BC8A6C93BE82D62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313630353132208C6F8DCF2095C48D912083678389839383768E8182AA8BA49861937D82CC91E5939D97CC8CF395E28E7796BC8A6C93BE82D62E646F6378> グローバル マクロ トピックス 2016/ 5/12 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 宮 川 憲 央 トランプ 氏 が 共 和 党 の 大 統 領 候 補 指 名 獲 得 へ ドナルド トランプ 氏 が11 月 の 米 大 統 領 選 挙 における 共 和 党 の 候 補 指 名 獲 得 をほぼ 確 実 に 現 時 点 で 判 明 しているトランプ 氏 の 経 済 政 策 は1 大 規 模

More information

1.ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 信 託 財 産 の 中 長 期 的 な 成 長 を 図 ることを 目 標 として 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 主 に 外 国 債 券 パッシブ ファンド マザーファンドに 投 資 を 行 い シティ 世 界 国 債 インデックス (

1.ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 信 託 財 産 の 中 長 期 的 な 成 長 を 図 ることを 目 標 として 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 主 に 外 国 債 券 パッシブ ファンド マザーファンドに 投 資 を 行 い シティ 世 界 国 債 インデックス ( 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 2016 年 5 月 21 日 DIAM 外 国 債 券 インデックスファンド 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 (インデックス 型 ) 商 品 分 類 単 位 型 投 資 対 象 投 資 対 象 資 産 補 足 分 類 追 加 型 地 域 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 海 外 債 券 インデックス

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 末 の 運 用 資 産 額 は 2,976 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は +1.79%となりました なお 実 現 収 益 率 は +0.67%です 第 3 四 半 期

第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 末 の 運 用 資 産 額 は 2,976 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は +1.79%となりました なお 実 現 収 益 率 は +0.67%です 第 3 四 半 期 第 3 四 半 期 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 運 用 状 況 東 京 都 職 員 共 済 組 合 第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 末 の 運 用 資 産 額 は 2,976 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は +1.79%となりました なお 実 現 収 益 率 は +0.67%です

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

untitled

untitled 平 成 25 年 (213 年 )9 月 2 日 ローン 減 税 の 拡 充 と 消 費 税 率 引 き 上 げが 着 工 に 与 える 影 響 について 要 旨 214 年 4 月 に 予 定 される 消 費 税 率 引 き 上 げの 最 終 決 定 が いよいよ 1 月 の 初 旬 に 迫 ってきた 消 費 税 率 引 き 上 げは その 前 後 に 発 生 する 駆 け 込 み 需 要 と 反

More information

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 し 概 要 について 約 半 世 紀 ぶりに 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 が 改 正 されました この 会 計 制 度 は 全 国 約 3,000の 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 適 用 企 業 の 経 営 管 理 ツールの 一 つです 新 制 度 への 移 行 により 貸 借 対 照 表 や 損 益 計 算 書 など 予 算

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート 2014 年 度 新 車 販 売 の 行 方 発 表 日 :2014 年 1 月 24 日 ( 金 ) ~ 車 体 課 税 の 見 直 しの 効 果 はいかに?~ ( 要 旨 ) 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 エコノミスト 大 塚 崇 広 TEL:03-5221-4525 昨 年 12 月 に 平 成

More information

運 用 経 過 期 中 の 基 準 価 額 等 の 推 移 (2015 年 10 月 20 日 ~2016 年 4 月 18 日 ) ( 円 ) ( 百 万 円 ) 12,500 4,000 12,000 11,500 11,000 10,500 10,000 9,500 9,000 3,800 3

運 用 経 過 期 中 の 基 準 価 額 等 の 推 移 (2015 年 10 月 20 日 ~2016 年 4 月 18 日 ) ( 円 ) ( 百 万 円 ) 12,500 4,000 12,000 11,500 11,000 10,500 10,000 9,500 9,000 3,800 3 受 益 者 のみなさまへ 平 素 は 格 別 のお 引 立 てにあずかり 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 女 性 活 力 日 本 株 ファンド は 2016 年 4 月 18 日 に 第 4 期 決 算 を 行 いました 当 ファ ンドは わが 国 の 株 式 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 とし 信 託 財 産 の 中 長 期 的 な 成 長 を 目 指 して 運 用 を 行

More information

ご 参 考 情 報 ( 指 数 ) 11,500 11,000 10,500 10,000 9,500 The S&P 500 Dynamic VEQTOR Index の 推 移 (%) 指 数 資 産 配 分 9,

ご 参 考 情 報 ( 指 数 ) 11,500 11,000 10,500 10,000 9,500 The S&P 500 Dynamic VEQTOR Index の 推 移 (%) 指 数 資 産 配 分 9, Monthly Report 作 成 基 準 日 : 2016 年 6 月 30 日 米 国 株 式 モニターファンド( 愛 称 : ベクター 博 士 ) 追 加 型 投 信 海 外 株 式 特 殊 型 本 資 料 は 原 則 として 表 示 桁 数 未 満 を 四 捨 五 入 していますので 合 計 の 数 値 とは 必 ずしも 一 致 しません 運 用 実 績 および 分 配 実 績 は 過 去

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

欧州に学ぶマイナス金利の経済への影響

欧州に学ぶマイナス金利の経済への影響 経 済 分 析 レポート 年 月 日 全 頁 欧 州 に 学 ぶ 金 利 の 経 済 への 影 響 日 銀 による 金 利 導 入 の 影 響 をどう 捉 えるか? エコノミック インテリジェンス チーム エコノミスト 岡 本 佳 佑 [ 要 約 ] 月 9 日 日 本 銀 行 が 金 利 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 導 入 を 決 定 した 世 界 を 見 渡 せば 金 利 を 導

More information

平 成 24 年 度 決 算 報 告 去 る9 月 19 日 に 開 催 した 第 113 回 代 議 員 会 において 当 基 金 の 平 成 24 年 度 決 算 が 議 決 承 認 されましたので お 知 らせします 24 年 度 の 年 金 資 産 運 用 状 況 は 欧 州 の 財 政 再

平 成 24 年 度 決 算 報 告 去 る9 月 19 日 に 開 催 した 第 113 回 代 議 員 会 において 当 基 金 の 平 成 24 年 度 決 算 が 議 決 承 認 されましたので お 知 らせします 24 年 度 の 年 金 資 産 運 用 状 況 は 欧 州 の 財 政 再 213 年 NO.5 西 日 本 段 ボール 厚 生 年 金 基 金 平 成 24 年 度 決 算 報 告 去 る9 月 19 日 に 開 催 した 第 113 回 代 議 員 会 において 当 基 金 の 平 成 24 年 度 決 算 が 議 決 承 認 されましたので お 知 らせします 24 年 度 の 年 金 資 産 運 用 状 況 は 欧 州 の 財 政 再 建 に 対 する 不 透 明

More information

Microsoft Word - douko.doc

Microsoft Word - douko.doc 住 まいの 売 却 で 4 件 中 3 件 が 売 却 損 発 生 不 動 産 売 買 に 当 たりインターネットの 利 用 者 が5 割 不 動 産 流 通 に 関 する 消 費 者 動 向 調 査 結 果 ( 社 ) 不 動 産 流 通 経 営 協 会 住 まいの 売 却 のうち 4 件 中 3 件 で 売 却 損 が 発 生 不 動 産 価 格 の 下 落 により 不 動 産 の 購 入 に

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

Microsoft Word - 2006 Ronbun_Zai3_Pro-Ans.doc

Microsoft Word - 2006 Ronbun_Zai3_Pro-Ans.doc ~HBA~ 公 認 会 計 士 / 論 文 式 本 試 験 過 去 問 解 説 2006 第 三 問 財 務 諸 表 論 解 答 を 参 照 する 場 合 の 注 意! 論 文 試 験 に 巷 でよく 言 われるような 部 分 点 などと 行 った 採 点 は 基 本 的 に 存 在 しません 一 つの 論 文 ( 例 え 5 行 でも 10 行 でも 論 文 です)の 中 で 部 分 部 分 は

More information

日本の資金循環と改正PFI法

日本の資金循環と改正PFI法 日 本 の 資 金 循 環 と 改 正 PFI 法 - 資 金 循 環 の 観 点 からみた 改 正 PFI 法 の 意 義 - 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 公 共 経 営 戦 略 コンサルティング 部 副 主 任 コンサルタント 竹 端 克 利 1.はじめに 2. 日 本 の 資 金 循 環 構 造 の 変 遷 2011 年 5 月 24 日 に 民 間 資 金 等 の 活 用 に

More information

【ご参考資料】

【ご参考資料】 141-0022 東 京 都 品 川 区 東 五 反 田 2-10-2 東 五 反 田 スクエア 5 階 お 客 様 サポートダイヤル:0120-580446 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 387 号 商 品 投 資 顧 問 業 者 農 経 (1) 第 21 号 加 入 協 会 : 一 般 社 団 法 人 投 資 信 託 協 会 / 一 般 社 団 法

More information

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般 2007 年 5 月 18 日 平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ 平 成 18 年 度 決 算 の 概 要 は 次 のとおりです なお 金 額 は 記 載 単 位 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てており 諸 比 率 は 四 捨 五 入 によって 表 示 しています 平 成 18 年 度 トピックス 1. 保 険 料 等 収 入 は 5.5%の 増 加 2. 総 資 産 は 16.2%の

More information

マンスリーレポート 野 村 ワールド バランス ストラテジー マザーファンド の 資 産 内 容 資 産 別 構 成 比 ( 純 資 産 比 ) REIT その 他 ( 2) 5.3% 外 国 債 券 44.1% その 他 の 資 産 7.6% 国 内 株 式 0.0% 外 国 株 式 ( 1) 3

マンスリーレポート 野 村 ワールド バランス ストラテジー マザーファンド の 資 産 内 容 資 産 別 構 成 比 ( 純 資 産 比 ) REIT その 他 ( 2) 5.3% 外 国 債 券 44.1% その 他 の 資 産 7.6% 国 内 株 式 0.0% 外 国 株 式 ( 1) 3 運 用 実 績 マンスリーレポート 運 用 実 績 の 推 移 11,000 10,500 10,000 9,500 基 準 価 額 ( 分 配 金 再 投 資 ) 基 準 価 額 ( 左 軸 ) 純 資 産 ( 右 軸 ) ( 設 定 日 前 日 =10,000 として 指 数 化 : 日 次 ) 9,000 16/05 16/06 16/07 16/08 ( 億 円 ) 上 記 の 指 数 化

More information

Ⅰ. 資 産 運 用 報 告 1 資 産 運 用 の 概 況 (1) 投 資 法 人 の 運 用 状 況 等 の 推 移 期 別 第 1 期 自 平 成 27 年 8 月 5 日 至 平 成 28 年 5 月 31 日 営 業 収 益 ( 百 万 円 ) - (うち 賃 貸 事 業 収 益 ) (

Ⅰ. 資 産 運 用 報 告 1 資 産 運 用 の 概 況 (1) 投 資 法 人 の 運 用 状 況 等 の 推 移 期 別 第 1 期 自 平 成 27 年 8 月 5 日 至 平 成 28 年 5 月 31 日 営 業 収 益 ( 百 万 円 ) - (うち 賃 貸 事 業 収 益 ) ( 第 1 期 資 産 運 用 報 告 自 平 成 27 年 8 月 5 日 至 平 成 28 年 5 月 31 日 Ⅰ. 資 産 運 用 報 告 Ⅱ. 貸 借 対 照 表 Ⅲ. 損 益 計 算 書 Ⅳ. 投 資 主 資 本 等 変 動 計 算 書 Ⅴ. 注 記 表 Ⅵ. 金 銭 の 分 配 に 係 る 計 算 書 Ⅶ. 監 査 報 告 書 Ⅷ.キャッシュ フロー 計 算 書 ( 参 考 情 報 ) タカラレーベン

More information

Microsoft Word - 201210601.doc

Microsoft Word - 201210601.doc 金 融 緩 和 と 成 長 戦 略 の 効 果 発 現 を 期 待 する 日 銀 シナリオ ~2012 年 10 月 日 銀 展 望 レポートと 金 融 緩 和 の 強 化 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 2012 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 は 先 行 きの 経 済 と 物 価 情 勢 を 展 望 した 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 ( 展 望 レポート) 1 を

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

Microsoft Word - エコノミスト便り 渡邊 160622.docx

Microsoft Word - エコノミスト便り 渡邊 160622.docx エコノミスト 便 り 6 年 6 三 井 住 友 アセットマネジメント シニアエコノミスト 渡 邊 誠 本 経 済 消 費 低 迷 の 背 景 を 探 る 浮 かび 上 がる 5 つの 要 因 雇 所 得 環 境 が 堅 調 な 割 に 個 消 費 が 冴 えないのは 何 故 か 個 消 費 低 迷 の 背 景 を 探 った 様 々な 経 済 統 計 を 分 析 していくと 可 処 分 所 得 の

More information

ファンドの 特 色 1. 成 長 が 期 待 される 米 国 株 式 (S&P5)およびS&P5VIX 短 期 先 物 指 数 ( 以 下 VIX 先 物 指 数 と いいます ) 1 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 とし 信 託 財 産 の 中 長 期 的 な 成 長 を 目 指 して

ファンドの 特 色 1. 成 長 が 期 待 される 米 国 株 式 (S&P5)およびS&P5VIX 短 期 先 物 指 数 ( 以 下 VIX 先 物 指 数 と いいます ) 1 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 とし 信 託 財 産 の 中 長 期 的 な 成 長 を 目 指 して ファンドの 特 色 1. 成 長 が 期 待 される 米 国 株 式 (S&P5)およびS&P5VIX 短 期 先 物 指 数 ( 以 下 VIX 先 物 指 数 と いいます ) 1 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 とし 信 託 財 産 の 中 長 期 的 な 成 長 を 目 指 して 運 用 を 行 います ファンドでは ベクター 戦 略 の 投 資 成 果 を 実 質 的 に 享

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031362D30372D3230208358837C83628367838C837C815B83678169835C83748367836F8393834E834F838B815B8376814694838EFB92F188C4816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031362D30372D3230208358837C83628367838C837C815B83678169835C83748367836F8393834E834F838B815B8376814694838EFB92F188C4816A> 販 売 用 資 料 受 益 者 の 皆 様 へ 2016 年 7 月 20 日 スパークス アセット マネジメント 株 式 会 社 スパークス 新 国 際 優 良 日 本 株 ファンド( ) ソフトバンクグループ 株 式 会 社 (9984)による ARM 買 収 の 提 案 について 特 化 型 1.2016 年 7 月 の 運 用 状 況 について 堅 調 な 米 国 雇 用 統 計 や 円 安

More information

https://edits1.pronexus.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Edits.woa/67/w

https://edits1.pronexus.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Edits.woa/67/w 四 半 期 報 告 書 ( 第 67 期 第 1 四 半 期 ) 自 平 成 20 年 4 月 1 日 至 平 成 20 年 6 月 30 日 丸 八 証 券 株 式 会 社 目 次 表 紙 頁 第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 1 2 事 業 の 内 容 2 3 関 係 会 社 の 状 況 2 4 従 業 員 の 状 況 2 第

More information

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース みずほインサイト 日 本 経 済 13 年 1 月 7 日 日 本 企 業 のマネーフローに 変 化 は みられるか みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 市 場 調 査 部 金 融 調 査 部 3-3591-18/3-3591-1351 13 年 7~9 月 期 における 日 本 企 業 の 資 金 運 用 ( 資 金 の 使 い 途 )は 大 企 業 では 投 融 資 の 増 加 を 背

More information

Microsoft Word - 300044_ハリアー_表紙.doc

Microsoft Word - 300044_ハリアー_表紙.doc 月 次 運 用 レポート 作 成 基 準 日 : 2016 年 6 月 30 日 資 料 作 成 日 : 2016 年 7 月 15 日 明 治 安 田 外 国 債 券 ファンド< 愛 称 >ハリアー 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 投 資 信 託 ご 購 入 時 の 注 意 事 項 ファンドの 取 得 のお 申 込 みを 行 う 場 合 には 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目

More information

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 いよいよ 適 用 開 始 投 信 制 度 改 革 目 論 見 書 運 用 報 告 書 などの 見 直 し 手 数 料 情 報 リスク 情 報 運 用 報 告 書 の 二 段 階 化 2014 年 12 月 8 日 全 15 頁 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2014 年 12 月 1 日 から 一 連 の 投 信 制 度

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 1,424,389 流 動 負 債 1,460,450 現 金 及 び 預 金 988,384 買 掛 金 753 売 掛 金 334,616 短 期 借 入 金 182,000 リ ー ス 債 権 15,287 一 年 内 返 済 予 定 の 長

More information

CFP ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング 目 次 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ P3 1 国 税 と 地 方 税 所 得 税 概 論 P28 1-1 国 税 と 地 方 税 P28 1-2 所 得 税 のしくみ P29 2 各 種 所 得 の 計 算 P33 2-

CFP ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング 目 次 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ P3 1 国 税 と 地 方 税 所 得 税 概 論 P28 1-1 国 税 と 地 方 税 P28 1-2 所 得 税 のしくみ P29 2 各 種 所 得 の 計 算 P33 2- 平 成 18 年 度 CFP 受 験 対 策 ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング サンプル 版 ~ 途 中 でページが 省 略 されている 部 分 があります 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ CFP 試 験 頻 出 ポイント 集 株 式 会 社 住 まいと 保 険 と 資 産 管 理 http://www.fpcom.net http://www.mylifenavi.net

More information

 

  法 令 改 正 にともない 投 資 信 託 は 交 付 運 用 報 告 書 と 運 用 報 告 書 ( 全 体 版 ) を 分 けて 作 成 することとなりました 今 後 受 益 者 の 皆 様 のお 手 元 へは 交 付 運 用 報 告 書 をお 届 けいたします 全 体 版 はお 問 い 合 わ せ 先 の 下 に 記 載 の 方 法 にて 閲 覧 いただくことがで きます 第

More information

MONEX個人投資家サーベイ 2015年1月調査

MONEX個人投資家サーベイ 2015年1月調査 MONEX 個 人 投 資 家 サーベイ 2015 年 1 月 調 査 個 人 投 資 家 の 皆 様 の 相 場 環 境 等 に 対 する 意 識 調 査 のため 2015 年 1 月 16 日 ~1 月 19 日 にマネ ックス 証 券 に 口 座 をお 持 ちのお 客 様 向 けにアンケートを 実 施 しました ご 回 答 くださった 皆 様 には ご 協 力 に 感 謝 いたします 誠 にありがとうございました

More information