調 理 洗 う 切 る 混 ぜる 漬 ける 冷 やす ゆでる 煮 る 蒸 す 揚 げる 炒 める 焼 く 電 子 レン ジ 加 熱 食 品 を 安 全 にする 食 べやすくする おいしくする 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "調 理 洗 う 切 る 混 ぜる 漬 ける 冷 やす ゆでる 煮 る 蒸 す 揚 げる 炒 める 焼 く 電 子 レン ジ 加 熱 食 品 を 安 全 にする 食 べやすくする おいしくする 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員"

Transcription

1 食 中 毒 を 防 ぐ 加 熱

2 調 理 洗 う 切 る 混 ぜる 漬 ける 冷 やす ゆでる 煮 る 蒸 す 揚 げる 炒 める 焼 く 電 子 レン ジ 加 熱 食 品 を 安 全 にする 食 べやすくする おいしくする 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員

3 火 の 利 用 1920 年 代 に 中 国 の 北 京 郊 外 の 周 口 で 発 見 された 北 京 原 人 の 遺 跡 の 洞 窟 に 火 を 使 っていた 痕 跡 が 残 っている. 遺 跡 の 北 京 原 人 の 歯 は50 万 年 23 万 年 前 のものと 見 なされている 炙 る 焼 く 燻 製 日 本 では1 万 3000 年 1 万 2000 年 前 に 土 器 が 出 現 した( 縄 文 土 器 ) 土 器 を 使 うと 水 とともに 材 料 を 加 熱 できる

4 人 類 は 火 を 使 い 加 熱 することによって 1. 有 害 微 生 物 や 虫 卵 を 殺 滅 し 安 全 な 食 品 とすること ができた 2. 食 品 の 保 存 が 可 能 になった 生 では 保 存 できないも のも 加 熱 したり 炙 ったりすると 保 存 期 間 が 延 長 される また 一 旦 加 熱 すると 乾 燥 しやすくなるので 保 存 しやす くなる 3. 食 べられる 食 品 材 料 がふえた 水 を 加 えて 加 熱 す るとでんぷんが 糊 化 し 消 化 しやすくなる でんぷんを 多 く 含 むものが 食 べやすくなる 硬 い 植 物 の 葉 茎 根 等 も 食 べやすくなる アクも 除 きやすい

5 平 成 22 年 病 因 物 質 別 食 中 毒 発 生 状 況 ( 厚 生 労 働 省 食 中 毒 情 報 より) その 他 28 件 動 物 性 自 然 毒 34 件 植 物 性 自 然 毒 105 件 不 明 95 件 ぶどう 球 菌 サルモネラ 属 菌 73 件 33 件 ボツリヌス 1 件 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 27 件 ウェルシュ 菌 24 件 ノロウイルス 399 件 カンピロバクター ジェジュニ/コリ 361 件 上 記 合 計 1254 件

6 平 成 22 年 病 因 物 質 別 月 別 食 中 毒 発 生 状 況 ( 件 ) ( 厚 生 労 働 省 食 中 毒 情 報 より) ノロウイルス カンピロバクター ジェジュニ/コリ 腸 炎 ビブリオ ぶどう 球 菌 サルモネラ 属 菌 腸 管 出 血 性 大 腸 菌

7 件 数 国 内 の 食 中 毒 発 生 状 況 ( 年 次 推 移 ) 年 次 別 病 原 物 質 別 食 中 毒 発 生 状 況 ( 厚 生 労 働 省 食 中 毒 情 報 より) カンピロバク ター ジェジュニ/ コリ サルモネラ 属 菌 ブドウ 球 菌 平 成 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 22 年 腸 炎 ビブリオ 病 原 大 腸 菌 ウエルシュ 菌 セレウス 菌 ノロウイルス

8 家 庭 でできる 食 中 毒 予 防 十 分 な 加 熱 細 菌 性 食 中 毒 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 O-157やサルモネラ 属 菌 などには75 1 分 以 上 の 加 熱 ウイルス 性 食 中 毒 ノロウイルスには85 1 分 以 上 の 加 熱

9 カンピロバクターによる 食 中 毒 家 畜 家 禽 類 の 腸 管 内 に 生 息 し 食 肉 ( 特 に 鶏 肉 ) 臓 器 や 飲 料 水 を 汚 染 する 乾 燥 にきわめて 弱 く また 通 常 の 加 熱 調 理 で 死 滅 する < 症 状 > 潜 伏 期 は1 7 日 と 長 い 発 熱 倦 怠 感 頭 痛 吐 き 気 腹 痛 下 痢 血 便 等 少 ない 菌 量 でも 発 症 < 過 去 の 原 因 食 品 > 食 肉 ( 特 に 鶏 肉 ) 飲 料 水 生 野 菜 牛 乳 等 潜 伏 期 が 長 いので 判 明 しないことも 多 い < 対 策 > 調 理 器 具 を 熱 湯 消 毒 し よく 乾 燥 させる. 肉 と 他 の 食 品 との 接 触 を 防 ぐ. 食 肉 食 鳥 肉 処 理 場 での 衛 生 管 理 二 次 汚 染 防 止 を 徹 底 する 食 肉 は 充 分 な 加 熱 (65 以 上 数 分 )を 行 なう

10 サルモネラ 属 菌 による 食 中 毒 動 物 の 腸 管 自 然 界 ( 川 下 水 湖 など)に 広 く 分 布 生 肉 特 に 鶏 肉 と 卵 を 汚 染 する ことが 多 い 乾 燥 に 強 い < 症 状 > 潜 伏 期 は6 72 時 間 激 しい 腹 痛 下 痢 発 熱 嘔 吐 長 期 にわたり 保 菌 者 となることもある < 過 去 の 原 因 物 質 > 卵 又 はその 加 工 品 食 肉 ( 牛 レバー 刺 し 鶏 肉 ) ウナギ スッポンなど 二 次 汚 染 による 各 種 食 品 < 対 策 > 肉 卵 は 充 分 に 加 熱 (75 以 上 1 分 以 上 )する 卵 の 生 食 は 新 鮮 なものに 限 る 低 温 保 存 は 有 効 しかし 過 信 は 禁 物 二 次 汚 染 にも 注 意

11 卵 のサルモネラ 汚 染 サルモネラは 卵 の 殻 表 面 ばかりでなく 卵 の 中 も 汚 染 し ていることがある 汚 染 経 路 は 1 サルモネラに 感 染 している 鶏 が 中 に 菌 のいる 卵 を 産 む 2 殻 に 付 着 した 菌 が 卵 の 中 に 入 る 卵 のうち0.03%(4 千 個 に1 個 程 度 )からサルモネラ エンテリティディスが 検 出 されたという 報 告 がある

12 温 泉 卵 は? 70 で25 分 間 75 度 で15 分 間 中 心 温 度 は68 賞 味 期 限 を 過 ぎた 卵 の 場 合 は 内 部 まで 十 分 に 加 熱 し 中 心 温 度 が75 に 達 することが 必 要 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員

13 充 分 な 加 熱 というけれど è[ï Ç»â îmç²ç Ç ÇØÇÍÇ«内 部 は ì ïîçõ 61 61~74 こんなオ DZÇÒÇ»ÉI ÉÄÉåÉcÇ ムレツが Ç Ç ÇµÇ おいしい 表 面 は 固 まっている ï\ñ ÇÕå-Ç Ç ÇƒÇ ÇÈ 内 部 は75 これでは 卵 焼 き ì ïîçõ 75ÅéÅADZÇÍÇ- ÇÕóëèƒÇ 賞 味 期 限 を 過 ぎた 卵 の 場 合 は 内 部 まで 十 分 に 加 熱 し 中 心 温 度 が75 に 達 することが 必 要

14 親 子 丼 作 り 方 を 読 むと 半 熟 でできあがり これがおいしい 賞 味 期 限 を 過 ぎた 卵 の 場 合 は 内 部 まで 十 分 に 加 熱 し 中 心 温 度 が75 に 達 することが 必 要

15 卵 の 賞 味 期 限 卵 の 賞 味 期 限 は 家 庭 で 冷 蔵 庫 で 保 管 したときに 生 で 食 べられる 期 限 これを 過 ぎたら 加 熱 して 食 べた 方 が 良 い 施 設 によってはQuality Control Egg(サルモネラフリー)を 使 用 し 生 あるいは 半 熟 を 提 供 している 食 品 衛 生 法 により 平 成 11 年 11 月 1 日 から 生 食 用 加 熱 用 の 別 賞 味 期 限 保 存 方 法 包 装 場 所 等 の 表 示 が 義 務 づけられた

16 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 O 157 動 物 の 腸 管 内 に 生 息 し 糞 尿 を 介 して 食 品 飲 料 水 を 汚 染 する 少 量 でも 発 病 することがある 加 熱 や 消 毒 処 理 に 弱 い < 過 去 の 原 因 食 品 > 日 本 : 井 戸 水 焼 き 肉 牛 レバー カイワレ ダイコンなど 欧 米 :ハンバーガー ローストビーフ アップルサイ ダーなど < 症 状 > 感 染 後 1 10 日 間 の 潜 伏 期 間 初 期 感 冒 用 症 状 の 後 激 しい 腹 痛 と 大 量 の 新 鮮 血 を 伴 う 血 便 発 熱 は 少 ない 重 症 では 溶 血 性 尿 毒 性 症 候 群 を 併 発 し 意 識 障 害 にいたることもある < 対 策 > 食 肉 は 中 心 部 までよく 加 熱 する(75 1 分 以 上 ) 野 菜 類 はよく 洗 浄 と 畜 場 の 衛 生 管 理 食 肉 店 での 二 次 汚 染 対 策 を 十 分 に 行 なう 低 温 保 存 の 徹 底

17 食 肉 の 汚 染 動 物 の 体 内 で 細 菌 ウイルスがいるのは 通 常 は 気 道 と 消 化 管 のみ 筋 肉 の 内 部 は 無 菌 しかし かたまり 肉 の 表 面 は 有 害 な 微 生 物 で 汚 染 されている 可 能 性 がある

18 ビーフステーキ 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員 中 心 部 のフライパンで 分 加 熱 裏 返 して 同 時 間 加 熱 した(ビーフステーキはレアでも 食 べる)

19 食 肉 の 汚 染 動 物 の 体 内 で 細 菌 ウイルスがいるのは 通 常 は 気 道 と 消 化 管 のみ 筋 肉 の 内 部 は 無 菌 しかし かたまり 肉 の 表 面 は 有 害 な 微 生 物 で 汚 染 されている 可 能 性 がある では 挽 肉 (ハンバーグ)は? テンダライズ 処 理 や 成 形 肉 は? いずれも 中 心 部 まで 十 分 な 加 熱 (75 1 分 以 上 )が 必 要 挽 肉 は 肉 を 小 さくしているので いわば 全 部 が 表 面 といえる テンダライズ 処 理 は 針 のような 器 具 で 肉 を 刺 すので 中 に 細 菌 が 入 る 可 能 性 がある 成 形 肉 も 様 々な 肉 片 を 集 めて 形 づくっているので 表 面 が 中 に 入 ってしまっている 状 態

20 ハンバーグステーキ 焦 げ 色 がちょうど 良 いと 思 っても 中 心 部 50 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員

21 ハンバーグステーキ 充 分 焦 げているか ら 火 がとおっている だろうと 思 っても 中 心 部 63 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員

22 ハンバーグステーキ 焼 けているように 見 えても 赤 い 肉 汁 が 出 る 中 心 部 70 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員

23 ハンバーグステーキ 上 面 に 茶 色 い 肉 汁 がでる 中 心 部 76 余 熱 で78 これでよい 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員

24 牛 挽 肉 ハンバーグの 中 心 部 温 度 と 断 面 の 状 態 加 熱 不 十 分 加 熱 不 十 分 加 熱 充 分 牛 肉 挽 肉 と 挽 肉 に 対 してタマネギ30% パン 粉 15% 牛 乳 15% 卵 15%の 標 準 的 なレシピ 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員

25 合 い 挽 き 肉 ハンバーグの 中 心 部 温 度 と 断 面 の 状 態 加 熱 不 足 加 熱 不 足 加 熱 充 分 牛 肉 豚 肉 50%ずつの 挽 肉 と 挽 肉 に 対 してタマネギ30% パン 粉 15% 牛 乳 15% 卵 15%の 標 準 的 なレシピ 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員

26 牛 レバーの 加 熱 加 熱 方 法 沸 騰 水 中 で 加 熱 (2.5 x3.5 x5)cm3, 50g 温 度 計

27 牛 レバーの 加 熱 ー65 切 ると 赤 い 汁 が 出 る

28 牛 レバーの 加 熱 ー75 15 秒 15 秒 後 に 余 熱 で76 すぐに 下 がる まだ 赤 い 汁 がでる 内 部 は 赤 緑 に 変 色

29 牛 レバーの 加 熱 ー75 で1 分 間 まだ 少 し 赤 い 汁 が 出 る 1 分 後 に81 余 熱 で1 分 後 に83

30 牛 レバーの 加 熱 ー85 赤 い 汁 は 出 ない 完 全 に 変 色 凝 固 している 余 熱 で45 秒 後 に87 40 秒 後 に85

31 牛 レバーの 加 熱 牛 の 血 液 の 色 素 はミオグロビンが 多 く ヘモグロビンは 少 な い 筋 肉 の 色 は 血 液 の 色 による 75 加 熱 でメト 化 し 変 色 肝 臓 の 血 液 ( 肝 臓 の 色 )は 大 部 分 がヘモグロビンで ミオグ ロビンは 非 常 に 少 ないか ない へモグロビンはミオグロビ ンに 比 べ 熱 耐 性 が 強 く 75 に 加 熱 しても 変 性 しない 75 1 分 間 の 加 熱 で Oー157は 死 滅 しても 肝 臓 は 赤 い 汁 が 出 る しかし 色 で 判 断 するなら どこが75 1 分 かわかりにくい ので 家 庭 では 完 全 に 変 色 する85 まで 加 熱 するのが 無 難 である

32 ノロウィルスによる 食 中 毒 冬 に 多 く 発 生 し 二 枚 貝 の 生 食 や 調 理 従 事 者 からの 二 次 汚 染 による 種 々の 食 品 が 原 因 と なる 人 から 人 への 二 次 感 染 もある 逆 性 石 けんやエタノールに 抵 抗 性 があるため 器 具 や 床 の 消 毒 には 高 濃 度 の 次 亜 塩 素 酸 ナトリ ウムを 用 いる 必 要 が 有 る 少 量 のウィルスで も 発 症 する < 症 状 > 潜 伏 期 は24 48 時 間 下 痢 嘔 吐 吐 き 気 腹 痛 38 以 下 の 発 熱 < 過 去 の 原 因 物 質 > 貝 類 特 に 生 ガキ 調 理 従 事 者 からの 二 次 汚 染 によるサンドイッチ パンなど < 対 策 > 二 枚 貝 は 中 心 部 まで 十 分 に 加 熱 する(85 ~90 90 秒 以 上 ) 野 菜 等 の 生 鮮 食 品 は 十 分 に 洗 浄 する 手 指 を 良 く 洗 浄 する 感 染 者 の 便 嘔 吐 物 に 接 触 しない

33 カキフライ カキの 温 度 15gのカキ 1. 5 分 間 180 の 油 の 中 で 揚 げ 加 熱 (85 に 達 していない 部 分 がある) 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員

34 カキフライー 充 分 な 加 熱 14.0g 3 分 間 揚 げると 87.5~ gのカキ 3.5 分 間 揚 加 熱 余 熱 も 含 め85 1 分 以 上 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員

35 カキ ゆで 加 熱 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員 1 分 分 5ï ï 分 ï 分 16.7gëOå 3. 0ï ä Ç-85Åé 16.7g 前 後 のカキ 3.0 分 間 で85

36 電 子 レンジ 加 熱 で 微 生 物 を 死 滅 させられるか 電 磁 波 のムラ 角 に 集 中 し 温 度 が 上 昇 食 塩 の 存 在 蓋 の 使 用 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員

37 食 塩 添 加 の 有 無 がゲル 表 面 および 内 部 の 加 熱 直 後 の 温 度 に 及 ぼす 影 響

38 鶏 もも 肉 の 温 度 分 布 塩 をふると ( 右 ) 電 磁 波 が 表 面 で 吸 収 され 表 面 のみ 温 度 が 上 がる

39 ハンバーグの 電 子 レンジ 加 熱 ー 蓋 の 効 果 ー

40 腸 炎 ビブリオによる 食 中 毒 海 ( 河 口 部 沿 岸 部 など)に 生 息 真 水 や 酸 に 弱 い 室 温 でも 速 やかに 増 殖 する < 症 状 > 潜 伏 期 は8 24 時 間 腹 痛 水 様 下 痢 発 熱 嘔 吐 < 過 去 の 原 因 物 質 > 魚 介 類 ( 刺 身 すし 魚 介 加 工 品 ) 二 次 汚 染 による 各 種 食 品 ( 漬 け 物 等 ) < 対 策 > 魚 介 類 は 新 鮮 なものでも 真 水 でよく 洗 う 短 時 間 でも 冷 蔵 庫 に 保 存 し 増 殖 を 抑 える 分 間 または65 1 分 以 上 の 加 熱 で 死 滅 二 次 汚 染 にも 注 意

41 塩 辛 による 食 中 毒 2007 年 9 月 17 日 毎 日 新 聞 海 自 横 須 賀 基 地 87 人 食 中 毒 症 状 海 上 自 衛 隊 横 須 賀 基 地 所 属 の 護 衛 艦 3 艘 の 乗 組 員 と 海 自 第 2 術 科 学 校 の 隊 員 ら 計 87 人 が8 14 日 に 下 痢 や 腹 痛 等 を 訴 え うち26 人 が 入 院 イカの 塩 辛 から 腸 炎 ビブリオ 菌 が 検 出 された

42 伝 統 的 な 保 存 食 :イカ 塩 辛 原 料 (スルメイカ) 細 切 りしたイカに 肝 臓 と10 15%の 食 塩 を 加 え 時 々 撹 拌 しながら 漬 け 込 んでおく 日 で 出 来 上 がる 気 温 の 高 いときは5 日 酵 素 作 用 で 熟 成 中 に 味 がよくなる 微 生 物 は 香 気 成 分 の 生 産 腸 炎 ビブリオ( 好 塩 菌 2 5% 食 塩 )は10% 食 塩 では 増 殖 出 来 ない 黄 色 ブドウ 球 菌 は 検 出 されない 肝 臓 成 分 やトリメチルアミンオキシ ドによる? 保 存 料 なしで 常 温 で 長 期 保 存 が 可 能 特 に 黒 作 りは 墨 のリゾチーム 様 成 分 でより 長 期 保 存 可

43 伝 統 的 塩 辛 と 低 塩 分 塩 辛 の 比 較 食 塩 濃 度 (%) 仕 込 み 期 間 ( 日 ) うま 味 の 生 成 腐 敗 の 防 止 保 存 性 製 品 の 特 徴 伝 統 的 塩 辛 約 10 ~20 約 10 ~20 自 己 消 化 によるア ミノ 酸 の 生 成 食 塩 による 防 腐 高 い( 常 温 貯 蔵 可 ) 保 存 食 品 低 塩 分 塩 辛 約 4 ~7% 約 0 ~3 調 味 腑 や 調 味 料 に よる 味 付 け 保 存 料 水 分 活 性 調 節 による 防 腐 低 ( 要 冷 蔵 ) 和 え 物 風

44 家 庭 でできる 食 中 毒 予 防 の6つのポイント ポイント1 食 品 の 購 入 新 鮮 な 物 消 費 期 限 を 確 認 して 購 入 する ポイント2 家 庭 での 保 存 冷 凍 庫 で 持 ち 帰 ったらすぐに 冷 蔵 庫 や 保 存 ポイント3 下 準 備 手 を 洗 う 清 潔 な 調 理 器 具 を 使 う ポイント4 調 理 手 を 洗 う 十 分 に 加 熱 する ポイント5 食 事 手 を 洗 う 室 温 に 長 く 放 置 しない ポイント6 残 った 食 品 清 潔 な 器 具 容 器 で 保 存 する 再 加 熱 する

Microsoft Word - H26合体版【H260106】1.doc

Microsoft Word - H26合体版【H260106】1.doc ノロウイルスによる 食 中 毒 感 染 症 は 感 染 後 1 日 から 2 日 の 潜 伏 期 間 の 後 に 下 痢 腹 痛 吐 気 嘔 吐 などを 引 き 起 こす 疾 患 です ノロウイルスは 乾 燥 に 強 く また 消 毒 用 アルコールの 効 果 がないことから 次 亜 塩 素 酸 や 85 度 ~90 度 90 秒 間 以 上 の 加 熱 等 の 消 毒 が 必 要 ですが 不 適

More information

<30312082AF82A282D182E582A4955C8E8620766F6C31392E6169>

<30312082AF82A282D182E582A4955C8E8620766F6C31392E6169> vol.19 2011 いざという 時 に 役 立 つ 救 命 処 置 今 年 流 行 している 食 中 毒 について 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 カンピロバクター (O157, O26, O111 など) 症 状 激 しい 腹 痛 下 痢 ( 血 便 を 含 む) 下 痢 腹 痛 発 熱 頭 痛 場 合 によってはこんな 症 状 溶 血 性 尿 毒 症 症 候 群 (HUS) 腎 機

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087448AFA8CC090DD92E882CC837C83438393836781695031398160503335816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087448AFA8CC090DD92E882CC837C83438393836781695031398160503335816A2E646F63> 期 限 設 定 の ポ イ ン ト はじめに はじめに 期 限 表 示 には 次 の2とおりの 表 示 方 法 があります 用 語 消 費 期 限 賞 味 期 限 定 められた 方 法 により 保 存 した 場 合 定 義 意 味 腐 敗 変 敗 その 他 の 品 質 の 劣 化 に 伴 い 安 全 性 を 欠 くこととなるおそれがな いと 認 められる 期 限 を 示 す 年 月 日 をい う 品

More information

(クイズ案 09

(クイズ案 09 食 パト 検 定 < 働 く 仲 間 編 > 出 題 内 容 食 パト 検 定 < 働 く 仲 間 編 >は 次 の 設 問 から 出 題 しています 心 がまえ 設 問 1 食 品 を 扱 う 作 業 をする 人 の 中 で 衛 生 的 な 取 扱 いに 注 意 しなければならないは 次 のうち 誰 でしょうか? 経 営 者 正 社 員 パート アルバイト a. すべての 立 場 の 人 b. 経

More information

<81798F649776817A944E8E9F95CA9048928693C594AD90B68FF38BB581698CF68A4A9770816A2E786C73>

<81798F649776817A944E8E9F95CA9048928693C594AD90B68FF38BB581698CF68A4A9770816A2E786C73> 1 富 山 県 内 の 発 生 件 数 8 件 患 者 110 名 ( 死 者 0 名 ) 平 成 22 年 No 発 生 月 日 摂 取 者 数 患 者 数 死 者 数 原 因 食 品 病 因 物 質 血 清 型 等 1 2 月 7 日 富 山 市 23 7 0 鶏 肉 刺 身 カンピロバクター ジェジュニ 飲 食 店 ( 軽 飲 食 ) 2 4 月 9 日 黒 部 市 34 23 0 不 明 (

More information

未 だに 自 己 責 任 で 食 べても 構 わないと 主 張 する 人 が 多 い 問 題 は 消 費 者 に 対 して 生 食 のリスクについての 情 報 提 供 の 機 会 が 少 ないことだと 感 じた : 豚 に 限 らないが 肉 の 生 食 についてはリスクがあるということを 小 学 校

未 だに 自 己 責 任 で 食 べても 構 わないと 主 張 する 人 が 多 い 問 題 は 消 費 者 に 対 して 生 食 のリスクについての 情 報 提 供 の 機 会 が 少 ないことだと 感 じた : 豚 に 限 らないが 肉 の 生 食 についてはリスクがあるということを 小 学 校 食 品 安 全 委 員 会 委 員 と 消 費 者 団 体 との 情 報 交 換 会 ( 第 8 回 ) 1. 日 時 : 平 成 27 年 2 月 20 日 ( 金 ) 10:00~12:00 2. 場 所 : 食 品 安 全 委 員 会 委 員 長 室 3. 出 席 者 :( 敬 称 略 ) ( 消 費 者 団 体 ) 主 婦 連 合 会 会 長 全 国 消 費 者 団 体 連 絡 会 事 務

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D209EBE97CB8DD532303136897190B68AEE8F802E8AAE90AC94C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D209EBE97CB8DD532303136897190B68AEE8F802E8AAE90AC94C5> 楡 陵 祭 2016 衛 生 基 準 1. 初 めに この 衛 生 基 準 は 楡 陵 祭 2016( 以 下 楡 陵 祭 )において 守 らなければならないルール を 記 載 したものである 食 品 提 供 を 行 う 際 食 中 毒 のリスクと 背 中 合 わせになっている ことを 忘 れてはならない 事 実 毎 年 各 地 の 大 学 祭 で 食 中 毒 の 事 件 が 発 生 している 衛

More information

Microsoft Word - 原稿 一般衛生管理マニュアル解説書

Microsoft Word - 原稿 一般衛生管理マニュアル解説書 8 食 品 等 の 衛 生 的 な 取 扱 管 理 規 定 の 遵 守 事 項 管 理 運 営 基 準 6 食 品 等 の 取 扱 い (1) 原 材 料 の 仕 入 れに 当 たっては 品 質 鮮 度 包 装 状 態 表 示 等 について 点 検 すること ならびにそれ らの 結 果 および 当 該 原 材 料 の 購 入 先 の 記 録 に 努 めること (2) 原 材 料 は 当 該 原 材

More information

夏 場 に 多 い 食 中 毒 も 感 染 症 の 一 種 温 度 湿 度 ともに 上 昇 する 日 本 の 夏 は 細 菌 や 真 菌 (カビ)の 増 殖 も 活 発 になります 当 然 夏 場 に 多 くなる 食 中 毒 もあります 暑 い 時 期 に 特 に 気 をつけたいのは 腸 炎 ビブリ

夏 場 に 多 い 食 中 毒 も 感 染 症 の 一 種 温 度 湿 度 ともに 上 昇 する 日 本 の 夏 は 細 菌 や 真 菌 (カビ)の 増 殖 も 活 発 になります 当 然 夏 場 に 多 くなる 食 中 毒 もあります 暑 い 時 期 に 特 に 気 をつけたいのは 腸 炎 ビブリ 夏 に 気 をつけたい 感 染 症 について 2014 年 夏 東 京 でデング 熱 の 国 内 感 染 が 報 告 されました 感 染 症 という と 国 内 ではインフルエンザやノロウイルスなど 寒 い 時 期 を 連 想 しがちです が 暑 い 時 期 に 流 行 する 熱 帯 性 の 感 染 症 の 国 内 流 行 もあります そこで 愛 知 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科

More information

03_27計画(本文)黒下線無

03_27計画(本文)黒下線無 平 成 27 年 度 千 葉 県 食 品 衛 生 監 視 指 導 計 画 千 葉 県 健 康 福 祉 部 衛 生 指 導 課 目 次 第 1 基 本 指 針 1 第 2 総 括 的 事 項 1 1 監 視 指 導 計 画 の 対 象 地 域 2 監 視 指 導 計 画 の 対 象 者 等 3 実 施 期 間 第 3 監 視 指 導 を 実 施 すべき 事 項 1 1 共 通 監 視 指 導 事 項

More information

学校給食衛生管理基準

学校給食衛生管理基準 一 頁 文 部 科 学 省 告 示 第 六 十 四 号 学 校 給 食 法 ( 昭 和 二 十 九 年 法 律 第 百 六 十 号 ) 第 九 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 を 次 の よ う に 定 め 平 成 二 十 一 年 四 月 一 日 か ら 施 行 す る 平 成 二 十 一 年 三 月 三 十 一 日 文 部 科 学 大 臣 塩 谷

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

Microsoft Word - ★【通知】「大量調理施設衛生管理マニュアル」の改正について(番号入り)

Microsoft Word - ★【通知】「大量調理施設衛生管理マニュアル」の改正について(番号入り) 食 安 発 1022 第 10 号 平 成 25 年 10 月 22 日 都 道 府 県 知 事 各 保 健 所 設 置 市 長 殿 特 別 区 長 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 食 品 安 全 部 長 ( 公 印 省 略 ) 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マニュアル の 改 正 について 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マニュアル については 大 規 模 食 中 毒 対

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

(2) 有 害 化 学 物 質 一 次 産 品 に 含 まれる 有 害 化 学 物 質 ( 環 境 中 に 存 在 する 重 金 属 とその 類 似 物 質 ) カドミウム 鉛 ヒ 素 メチル 水 銀 鉱 物 や 土 壌 などの 中 に 天 然 に 存 在 する 重 金 属 腎 障 害 や 骨 代

(2) 有 害 化 学 物 質 一 次 産 品 に 含 まれる 有 害 化 学 物 質 ( 環 境 中 に 存 在 する 重 金 属 とその 類 似 物 質 ) カドミウム 鉛 ヒ 素 メチル 水 銀 鉱 物 や 土 壌 などの 中 に 天 然 に 存 在 する 重 金 属 腎 障 害 や 骨 代 平 成 25 年 6 月 28 日 農 林 水 産 省 食 品 安 全 セミナー( 微 生 物 編 ) 参 考 資 料 (1) 有 害 微 生 物 農 林 水 産 省 が 優 先 的 にリスク 管 理 を 行 う 対 象 に 位 置 付 けているハザードについての 情 報 (ハザードは 五 十 音 順 に 掲 載 ) 食 中 毒 の 症 状 原 因 となる 食 品 等 カンピロバクター サルモネラ

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し 第 4 鶏 2 章 信 州 黄 金 シャモ 衛 生 管 理 マニュアル 信 州 黄 金 シャモ 飼 育 の 統 一 基 準 で 定 められている 衛 生 管 理 は 下 記 の2 項 目 です 最 寄 りの 家 畜 保 健 衛 生 所 と 協 同 して 防 疫 対 策 に 取 り 組 んでください (1)サルモネラ 検 査 家 畜 保 健 衛 生 所 による 導 入 一 か 月 以 降 のロット 毎

More information

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊

季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 伝 えたいふる 里 の 味 美 作 市 栄 養 委 員 会 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 餅 餅 柏 餅 山 菜 寿 司 小 麦 饅 頭 饅 頭 巻 揚 栗 茶 碗 蒸 雑 煮 黒 豆 煮 物 七 草 粥 旬 の 食 材 を 使 った 料 理 保 存 食 山 実 梅 柿 栗 芋 大 根 餅 献 立 編 集 委 員 名 簿 発 刊 季 節 の 行 事 で 食 べる 料 理 ぼた 餅 米 A

More information

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」 資 料 2 生 ごみの 堆 肥 飼 料 利 用 に 関 するヒアリングについて 1. 概 要 飼 料 化 堆 肥 化 等 の 生 ごみ 利 用 について 食 品 製 造 工 場 から 排 出 されるものから 家 庭 から 排 出 されるものに 至 るまでの 生 ごみを 想 定 し 主 に 飼 料 堆 肥 のユーザー 側 の 関 係 団 体 にインタビュー 形 式 でヒアリングを 行 った インタビューでは

More information

食 中 毒 予 防 の3 原 則 つけない 増 やさない やっつける 食 中 毒 は,その 原 因 となる 細 菌 やウイルスが 食 べ 物 に 付 着 し, 体 内 へ 進 入 することによっ て 発 生 します 食 中 毒 を 防 ぐためには, 細 菌 やウイルスなどを 食 べ 物 に つけない

食 中 毒 予 防 の3 原 則 つけない 増 やさない やっつける 食 中 毒 は,その 原 因 となる 細 菌 やウイルスが 食 べ 物 に 付 着 し, 体 内 へ 進 入 することによっ て 発 生 します 食 中 毒 を 防 ぐためには, 細 菌 やウイルスなどを 食 べ 物 に つけない 慶 應 義 塾 大 学 保 健 管 理 センター 文 化 祭 実 行 委 員,イベント 担 当 者 向 けガイドライン 食 品 を 取 扱 う 場 合 の 衛 生 管 理 について 慶 應 義 塾 の 各 キャンパスや 一 貫 教 育 校 における 学 園 祭 やイベント, 行 事 にお いては, 模 擬 店 が 出 店 されたり 食 品 を 調 理 したりする 機 会 があると 思 われます が,

More information

Microsoft Word - 漬物の衛生規範

Microsoft Word - 漬物の衛生規範 漬 物 の 衛 生 規 範 ( 平 成 24 年 10 月 12 日 改 正 ) 第 1 目 的 及 び 趣 旨 本 規 範 は 漬 物 に 係 る 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため その 原 材 料 の 受 入 れから 製 品 の 販 売 までの 各 工 程 における 取 扱 い 等 の 指 針 を 示 し 漬 物 に 関 する 衛 生 の 確 保 及 び 向 上 を 図

More information

ⅰ_本扉.indd

ⅰ_本扉.indd 1 2 2 2 3 2 4 3 5 4 6 4 7 9 8 9 1 28 2 33 3 36 4 40 5 41 6 43 7 47 8 49 1 1 52 1 2 56 1 3 60 2 64 3 1 66 3 2 66 4 67 5 1 68 5 2 76 5 3 84 6 92 7 96 8 97 9 98 10 1 102 10 2 104 11 108 12 109 13 109 14 110

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

⑤大量調理施設衛生管理マニュアルH20改訂版

⑤大量調理施設衛生管理マニュアルH20改訂版 (5) 家 庭 でできる 食 中 毒 予 防 の 6 つのポイント 1996 年 は 学 校 給 食 等 が 原 因 となった 過 去 に 例 を 見 ない 規 模 の 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 O157 による 集 団 食 中 毒 が 多 発 しました 1997 年 に 入 っても 家 庭 が 原 因 と 疑 われる 散 発 的 な 発 生 が 続 き 死 亡 した 例 も 報 告 されています

More information

ア 正 しい 苦 情 処 理 苦 情 は 重 要 な 情 報 源 としてとらえることが 大 切 です いかに 些 細 な 苦 情 であっても 正 確 にその 本 質 を 確 認 し 誠 意 を 持 って 迅 速 に 対 応 することが 大 切 で す このため 苦 情 対 応 の 責 任 者 を 決

ア 正 しい 苦 情 処 理 苦 情 は 重 要 な 情 報 源 としてとらえることが 大 切 です いかに 些 細 な 苦 情 であっても 正 確 にその 本 質 を 確 認 し 誠 意 を 持 って 迅 速 に 対 応 することが 大 切 で す このため 苦 情 対 応 の 責 任 者 を 決 Ⅳ 食 品 製 造 事 業 の 運 営 1 食 品 製 造 に 従 事 する 者 としての 健 康 管 理 食 物 は 人 間 の 生 命 健 康 の 維 持 増 進 になくてはならないものです 食 品 を 製 造 販 売 するということは 同 時 に 消 費 者 の 生 命 健 康 を 預 かっているとい えるでしょう 消 費 者 へ 提 供 される 食 品 は 衛 生 的 に 管 理 された 施

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

H28知事・国立あて

H28知事・国立あて 28 文 科 初 第 409 号 平 成 28 6 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 殿 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 長 小 松 親 次 郎 ( 印 影 印 刷 ) 平 成 28 度 学 校 給 食 表 彰 に 関 する 被 表 彰 候 補 者 の 推 薦 について( 依 頼 ) 文 部 科 学 省 では 学

More information

Microsoft PowerPoint - 4_②SNNATEC掲載用西尾,.ppt

Microsoft PowerPoint - 4_②SNNATEC掲載用西尾,.ppt 食 品 を 介 して 人 体 に 危 害 を 及 ぼすノロウイ ルス 感 染 症 とその 対 策 について 愛 知 医 科 大 学 西 尾 治 平 成 23 年 5 月 26 日 三 重 県 総 合 文 化 センター 主 催 ( 財 ) 食 品 分 析 開 発 センターSUNATEC 細 菌 ウイルスの 大 きさ 細 菌 =μm= 1μm =1/1000mm ウイルス=nm 1nm=1/1000μm

More information

Microsoft Word - 2007.04村田.doc

Microsoft Word - 2007.04村田.doc 豊 浦 獣 医 科 クリニック 村 田 知 下 痢 症 対 策 まずは 環 境 対 策 から はじめに なぜ 動 物 は 下 痢 をするのでしょ 表 1: 下 痢 の 発 生 機 序 うか 実 はこの 下 痢 という 現 象 は ウイルス 感 染 による 発 熱 と 同 じよ うな もともとは 体 を 守 るための 生 体 防 御 反 応 の1つです 通 常 ヒトでは 1 日 に 約 9l の 水

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A8386815B835890488AED82CC897190B68AC7979D82C98AD682B782E9834B8343836883898343839388C481518DC58F4994C52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A8386815B835890488AED82CC897190B68AC7979D82C98AD682B782E9834B8343836883898343839388C481518DC58F4994C52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> リユース 食 器 の 衛 生 管 理 に 関 する 自 主 ガイドライン 2011 年 3 月 リユース 食 器 ネットワーク 本 ガイドラインは 三 井 物 産 環 境 基 金 の 助 成 を 受 けて 作 成 しました 1 はじめに リユース 食 器 は 繰 り 返 し 使 用 することから きちんとした 衛 生 管 理 を 行 うこ とが 不 可 欠 です 食 品 の 取 り 扱 いに 関 する

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73>

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73> デゾレートA( 水 溶 剤 ), 北 興 化 学 工 業 株 式 会 社, 3031-04, 015/10/06, 1/6 作 成 日 014 年 08 月 05 日 改 訂 日 015 年 10 月 06 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 FAX 番 号 緊 急 連 絡 電

More information

           目    次

           目    次 第 10 章 維 持 管 理 第 10 章 維 持 管 理 1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 給 水 装 置 は 年 月 の 経 過 に 伴 う 材 質 の 劣 化 により 故 障 漏 水 等 の 事 故 が 発 生 す ることがある 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 又 は 最 小 限 に 抑 えるためには 維 持 管 理 を 行 うことが 重 要 である (1) 給 水 装 置 工

More information

目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 175 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準

目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 175 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 平 成 20 年 4 月 1 日 制 定 平 成 23 年 6 月 13 日 最 終 改 定 一 般 社 団 法 人 日 本 冷 凍 食 品 協 会 目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

食品衛生係

食品衛生係 生 衛 第 111 号 の1 平 成 18 年 5 月 2 日 地 域 振 興 局 健 康 福 祉 ( 環 境 ) 部 長 様 保 健 環 境 科 学 研 究 所 長 様 食 肉 衛 生 検 査 センター 所 長 様 福 祉 保 健 部 長 新 潟 県 食 品 の 指 導 基 準 の 改 正 について( 通 知 ) 当 県 は 新 潟 県 食 品 の 指 導 基 準 ( 昭 和 51 年 設 定 平

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直 大 雨 時 の 農 作 物 被 害 軽 減 対 策 平 成 18 年 (2006 年 )6 月 26 日 農 業 振 興 課 Ⅰ 水 稲 1 大 雨 時 の 対 策 (1) 移 植 後 分 げつ 初 期 の 水 稲 は 深 水 となると 著 しい 分 げつ 抑 制 を 受 けるの で 深 水 状 態 が 長 く 続 かないようにす (2) 大 雨 が 予 想 される 場 合 は 除 草 剤 の 使

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

5 ウイルス行政検査について

5 ウイルス行政検査について 5 ウイルス 行 政 検 査 について 平 成 12 年 5 月 8 日 健 医 感 発 第 43 号 各 都 道 府 県 ( 政 令 市 特 別 区 ) 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 省 保 健 医 療 局 結 核 感 染 症 課 長 標 記 については 昭 和 42 年 10 月 20 日 衛 防 第 50 号 厚 生 省 公 衆 衛 生 局 防 疫 課 長 通 知 により 実

More information

昭和62年度目本獣医公衆衛生学会講演要旨

昭和62年度目本獣医公衆衛生学会講演要旨 4~5 月 1~2 月 で 0.11-0.19%, T@-R18は 14-19 頭,その 他 は 4~8 頭. また, 出 産 の 重 なった 昭 和 61 年 4~5 (* 北 海 道 銀 11 路 保 -~II 路 市 花 園 町 8-6) 年 8 月 ~62 年 4 月 に, 北 海 ミートと 畜 場 に 搬 入 された 某 養 豚 場 の 6~7 カ 月 齢 肉 豚 に 継 続 的 に 発

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

目 次 1 食 料 品 の 販 売 について 3 2 調 理 品 の 販 売 について 5 テント 等 の 簡 易 な 施 設 の 要 件 5 調 理 品 の 取 り 扱 い 品 目 例 6 1テント 等 の 簡 易 な 施 設 で 取 り 扱 う 場 合 6 2 給 排 水 要 件 など 一 定

目 次 1 食 料 品 の 販 売 について 3 2 調 理 品 の 販 売 について 5 テント 等 の 簡 易 な 施 設 の 要 件 5 調 理 品 の 取 り 扱 い 品 目 例 6 1テント 等 の 簡 易 な 施 設 で 取 り 扱 う 場 合 6 2 給 排 水 要 件 など 一 定 LOHAS FESTA 東 京 : 出 店 者 マニュアル ver.10.01.29 監 修 : 行 政 書 士 椋 木 法 務 事 務 所 行 政 書 士 椋 木 マキ 目 次 1 食 料 品 の 販 売 について 3 2 調 理 品 の 販 売 について 5 テント 等 の 簡 易 な 施 設 の 要 件 5 調 理 品 の 取 り 扱 い 品 目 例 6 1テント 等 の 簡 易 な 施 設

More information

輸入食品監視指導計画

輸入食品監視指導計画 厚 生 労 働 省 Ministry of Health, Labour and Welfare 輸 入 食 品 等 の 安 全 性 確 保 について 平 成 255 年 7 月 23 日 新 潟 検 疫 所 金 沢 七 尾 出 張 所 / 小 松 空 港 出 張 所 新 潟 検 疫 所 食 品 監 視 課 小 松 空 港 分 室 黒 飛 敏 1 内 容 輸 入 食 品 の 現 状 について 輸 出

More information

Microsoft Word - IF48new.DOC

Microsoft Word - IF48new.DOC 2007 年 8 月 作 成 ( 第 3 版 ) インタビューフォーム 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 875200 医 療 用 漢 方 製 剤 ジュウゼンタイホトウ 本 草 十 全 大 補 湯 エキス 顆 粒 -M H48 剤 形 顆 粒 剤 含 量 規 格 一 般 名 十 全 大 補 湯 製 造 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会 社 販 売 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会

More information

糖尿病と歯周病の関係

糖尿病と歯周病の関係 糖 尿 病 と 歯 周 病 の 関 係 ー お 口 の 中 の 変 化 から 初 期 症 状 を 発 見?! ー 入 野 田 歯 科 医 院 入 野 田 昌 史 日 本 糖 尿 病 対 策 推 進 会 議 で 作 成 されたポスターです 血 糖 値 が 下 がらないのは 歯 周 病 かもしれません 糖 尿 病 の 第 6 合 併 症 が 歯 周 病 と 言 われています 歯 の 喪 出 で 過 栄

More information

Microsoft Word - 要旨.doc

Microsoft Word - 要旨.doc アレルギー 物 質 を 含 む 食 品 の 検 査 について 新 潟 市 衛 生 環 境 研 究 所 衛 生 科 学 室 技 師 桃 井 拓 也 1 はじめに アレルギー 物 質 を 含 む 食 品 に 起 因 する 健 康 被 害 を 未 然 に 防 止 するため, 厚 生 労 働 省 は 平 成 13 年 4 月 に, 小 麦 など 5 品 目 のアレルギー 物 質 ( 特 定 原 材 料 )について

More information

160615宮本先生セミナーレポート_d_docx

160615宮本先生セミナーレポート_d_docx 公 益 財 団 法 人 日 本 健 康 アカデミー 健 康 セミナー 誰 も 教 えてくれなかった 薬 の 話 ~ご 存 知 ですか? 薬 を 知 ることが 国 民 の 義 務 になったこと~ 講 師 : 宮 本 法 子 氏 東 京 薬 科 大 学 薬 学 部 客 員 教 授 日 時 平 成 28 年 6 月 15 日 (18:30~20:00) 会 場 日 本 生 命 八 王 子 ビル8 階 研

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら ABVD 療 法 の 手 引 き 2013 年 1 月 国 立 がん 研 究 センター 中 央 病 院 血 液 腫 瘍 科 薬 剤 部 看 護 部 はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ

More information

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二 食 品 衛 生 法 施 行 条 例 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 条 例 は 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 二 百 三 十 三 号 以 下 法 という )の 施 行 に ついて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 食 品 衛 生 検 査 施 設 の 設 備 及 び 職 員 の 配 置 の 基 準 ) 第 二 条 食 品 衛 生 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

Taro-8671.jtd

Taro-8671.jtd 平 成 21 年 3 23 日 報 8671 章 平 成 21 年 3 23 日 8671 目 ページ 財 部 正 計 課 2 告 示 監 視 伝 染 病 検 査 命 令 畜 産 課 3 4 家 畜 注 射 実 施 4 公 告 河 川 整 備 計 画 変 更 原 案 河 川 課 5 河 川 整 備 計 画 変 更 係 縦 覧 7 1 2 財 部 正 公 布 平 成 年 日 知 大 澤 正 明 財 部

More information

家畜衛生ニュース-中央

家畜衛生ニュース-中央 中 央 家 畜 衛 生 通 信 第 65 号 平 成 25 年 8 月 発 行 岩 手 県 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 岩 手 県 中 央 家 畜 衛 生 協 議 会 目 次 家 畜 を 残 暑 から 守 りましょう 岩 手 県 牛 ヨーネ 病 防 疫 対 策 要 領 の 改 正 について 農 場 HACCP 興 味 のある 方 は 当 所 まで!! めん 羊 の 慢 性 銅 中 毒 1 3

More information

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合 太 田 市 簡 易 専 用 水 道 の 手 引 き 問 い 合 わせ 先 太 田 市 役 所 環 境 政 策 課 電 話 : 0276-47-1893 FAX : 0276-47-1881 1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給

More information

第 7 章 健 康 危 機 管 理 ( 食 中 毒 感 染 症 自 然 災 害 ) 0.02 0.02 10 O 発 生 上 司 を 通 して 報 告 報 告 連 絡 相 談 報 告 連 絡 相 談 報 告 連 絡 相 談 会 議 結 果 も 反 映 した 対 策 の 実 施 指 導 ( 技 術 的 助 言 ) () ライフラインが 使 用 できるか? YES 厨 房 食 材 料 が 使 用 できるか?

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒)

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒) 第 7 章 維 持 管 理 138 第 7 章 維 持 管 理 7.1 維 持 管 理 給 水 装 置 はお 客 様 ( 需 要 者 )に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり 給 水 装 置 の 的 確 な 維 持 管 理 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えるため 水 を 汚 染 し 又 は 漏 水 のない よう 随 時 又 は 定 期 的 に 行 うこと 給

More information

2. 蚊 から 感 染 する 病 気 疾 患 流 行 地 潜 伏 期 間 主 な 症 状 ワクチン 又 は 予 防 薬 マラリア 熱 帯 1 週 間 以 上 熱 発 作 と 呼 ばれる 発 熱 が 主 症 状 悪 寒 や 震 え マラロン(MARALONE) 亜 熱 帯 を 伴 った 発 熱 が 1

2. 蚊 から 感 染 する 病 気 疾 患 流 行 地 潜 伏 期 間 主 な 症 状 ワクチン 又 は 予 防 薬 マラリア 熱 帯 1 週 間 以 上 熱 発 作 と 呼 ばれる 発 熱 が 主 症 状 悪 寒 や 震 え マラロン(MARALONE) 亜 熱 帯 を 伴 った 発 熱 が 1 1. 水 食 事 から 感 染 する 病 気 疾 患 主 な 症 状 予 防 方 法 ワクチン 食 中 毒 下 痢 食 品 の 加 熱 赤 痢 腹 痛 発 熱 血 便 食 品 の 加 熱 コレラ 水 様 性 下 痢 黄 疸 食 品 の 加 熱 コレラワクチン A 型 肝 炎 全 身 倦 怠 感 黄 疸 食 欲 不 振 発 熱 不 快 感 拒 食 症 強 い 腹 痛 や 下 痢 食 品 の 加 熱 A

More information

(Microsoft Word - \216\350\210\370\202\253.doc)

(Microsoft Word - \216\350\210\370\202\253.doc) 衛 生 管 理 マ ニ ュ ア ル 作 成 の 手 引 き -ふりかけ 類 製 造 業 - 広 島 県 -ふりかけ 類 製 造 業 - 目 次 ふ り か け 類 製 造 業 の 定 義 1 第 1 章 個 別 基 準 - ふ り か け 類 製 造 業 - 2 第 2 章 マ ニ ュ ア ル 作 成 の ポ イ ン ト 及 び 記 載 例 1 機 械 器 具 類 の 衛 生 管 理 特 定 原 材

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081795765628CF68A4A977082C992B290AE817A48323193A496DD8CA48B8695F18D9081698DB2815896D88D81816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081795765628CF68A4A977082C992B290AE817A48323193A496DD8CA48B8695F18D9081698DB2815896D88D81816A> 十 勝 産 豆 類 を 用 いた 商 品 の 開 発 ( 平 成 21 年 度 ) 研 究 開 発 課 佐 々 木 香 子 共 同 研 究 紫 竹 ガーデン 1. 背 景 と 目 的 十 勝 は 日 本 有 数 の 豆 類 生 産 地 であり 近 年 では 雑 豆 を 原 料 とした 穀 物 酢 や 製 餡 煮 汁 を 用 いた 色 付 け 剤 常 温 流 通 可 能 な 豆 腐 の 薫 製 品 などの

More information

第29回 東京大学農学部公開セミナー

第29回 東京大学農学部公開セミナー 東 京 大 学 農 学 部 公 開 セミナー 第 48 回 食 卓 を 彩 る 農 学 研 究 講 演 要 旨 集 ~~~~~~~~~~ プログラム ~~~~~~~~~~ 開 会 の 挨 拶 13:3 5 ~ 1 4 : 2 5 和 食 の 中 心 ~ 米 と 魚 水 圏 生 物 科 学 専 攻 教 授 潮 秀 樹 休 憩 ( 10 分 ) 1 4 : 3 5 ~ 1 5 : 2 5 肉 こそ 豊

More information

分 で 88% 30 分 で 57% 60 分 後 は 肝 臓 など 貯 蔵 庫 から 補 給 して 63% 120 分 後 71% と いうように 30 分 位 で 約 半 分 になってしまう 充 分 摂 っていると 思 われても 消 耗 が 激 しく て 残 存 量 は 意 外 に 少 ないこと

分 で 88% 30 分 で 57% 60 分 後 は 肝 臓 など 貯 蔵 庫 から 補 給 して 63% 120 分 後 71% と いうように 30 分 位 で 約 半 分 になってしまう 充 分 摂 っていると 思 われても 消 耗 が 激 しく て 残 存 量 は 意 外 に 少 ないこと 老 化 を4 倍 抑 制 するビタミンCの 摂 り 方 東 京 都 老 人 総 合 研 究 所 薬 学 博 士 石 神 昭 人 ビタミン C と 老 化 老 化 のメカニズムを 世 界 で 初 めて 解 明! 老 人 総 合 研 究 所 では 今 から 15 年 ほど 前 に 丸 山 先 生 が 老 化 で 減 少 するタンパク 質 とし て SMP30 というタンパク 質 を 新 たに 発 見 した

More information

目 次 第 1 基 本 方 針 1 第 2 監 視 指 導 計 画 の 対 象 及 び 実 施 範 囲 1 1 監 視 指 導 計 画 の 範 囲 2 監 視 指 導 計 画 の 実 施 期 間 3 監 視 指 導 計 画 の 対 象 第 3 監 視 指 導 等 実 施 体 制 に 関 する 事 項

目 次 第 1 基 本 方 針 1 第 2 監 視 指 導 計 画 の 対 象 及 び 実 施 範 囲 1 1 監 視 指 導 計 画 の 範 囲 2 監 視 指 導 計 画 の 実 施 期 間 3 監 視 指 導 計 画 の 対 象 第 3 監 視 指 導 等 実 施 体 制 に 関 する 事 項 平 成 26 年 度 青 森 県 食 品 衛 生 監 視 指 導 計 画 青 森 県 健 康 福 祉 部 保 健 衛 生 課 目 次 第 1 基 本 方 針 1 第 2 監 視 指 導 計 画 の 対 象 及 び 実 施 範 囲 1 1 監 視 指 導 計 画 の 範 囲 2 監 視 指 導 計 画 の 実 施 期 間 3 監 視 指 導 計 画 の 対 象 第 3 監 視 指 導 等 実 施 体

More information

< F2D D312D AC28BAB95DB9153>

< F2D D312D AC28BAB95DB9153> Ⅵ 環 境 保 全 型 農 業 と 土 壌 管 理 1 有 機 質 肥 料 の 利 用 技 術 (1) 水 田 での 利 用 技 術 ア 有 機 質 肥 料 の 種 類 と 特 性 (ア) 有 機 質 肥 料 の 施 用 効 果 有 機 質 肥 料 は 肥 料 取 締 法 では 植 物 油 かす 類 魚 肥 類 骨 粉 類 肉 かす 粉 末 等 の 動 植 物 質 の 普 通 肥 料 をいう 土 壌

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 に 関 する 仕 様 書 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 の 実 施 については この 仕 様 書 の 定 めるところによる ( 総 則 ) 1 件 名 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 2 履 行 場 所 施 設 名 熊 本 市 立 熊 本 市 民 病 院 所 在 地 熊 本 市 東

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030373131303692B08AC78F6F8C8C90AB91E592B08BDB51418F4390B38169836E8393836F815B834F816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030373131303692B08AC78F6F8C8C90AB91E592B08BDB51418F4390B38169836E8393836F815B834F816A2E646F63> 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 Q&A 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 の 特 徴 について 1 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 って 何 ですか? 2 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 の O157 ってどういう 意 味 ですか? 3 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 のほかに 病 気 を 起 こす 大 腸 菌 がありますか? 4 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 は 毒 素 を 出 すと 聞 いたけれど

More information

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高 1.VS34( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VS34は 生 きた 微 生 物 群 で バーミキュライト( 蛭 石 )に 放 線 菌 細 菌 糸 状 菌 酵 母 等 の 有 効 微 生 物 を 培 養 吸 着 した 総 合 的 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 堆 肥 ボカシ 肥 料 づくり 3 連 作 障 害 対 策

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

<90858E598374815B8368485089FC92F9332E6169>

<90858E598374815B8368485089FC92F9332E6169> 平 成 24 年 度 水 庁 補 助 事 業 水 物 フードシステム 質 管 理 体 制 構 築 推 進 事 業 質 衛 生 管 理 指 導 の 推 進 のうち 地 市 場 質 衛 生 管 理 指 導 冷 サバの 製 造 工 程 における 鮮 度 と 質 向 上 の 手 引 き ( 地 関 係 者 向 け) ( 社 ) 海 洋 水 システム 協 会 目 次 はじめに 1 Ⅰ 対 策 編 1. サバの

More information

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25 2015.11 No. 475 高 リン 血 症 治 療 剤 注 ) 処 方 箋 医 薬 品 注 ) 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること 新 発 売 のお 知 らせ 謹 啓 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 製 品 に 格 別 のお 引 き 立 てを 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます この 度 高 リン 血

More information

平成○○年○月○日 

平成○○年○月○日  平 成 28 年 3 月 学 校 給 食 における 具 体 的 な 衛 生 管 理 Ⅰ はじめに 1 受 託 業 務 の 履 行 にあたっては 学 校 給 食 に 関 する 法 律 食 品 及 び 公 衆 衛 生 に 関 する 法 規 な どすべての 関 係 法 規 通 達 文 部 科 学 省 や 日 本 スポーツ 振 興 センターからの 関 連 資 料 を 遵 守 し 契 約 書 に 沿 って 進

More information

非化膿性脳脊髄炎を主徴とする山羊関節炎・脳脊髄炎のウイルス学的分析

非化膿性脳脊髄炎を主徴とする山羊関節炎・脳脊髄炎のウイルス学的分析 西 讃 地 域 における 乳 質 改 善 の 取 り 組 み 西 部 家 畜 保 健 衛 生 所 西 讃 支 所 高 橋 茂 隆 小 野 耕 一 澤 野 一 浩 真 鍋 圭 哲 1. はじめに 近 年 食 の 安 全 安 心 とともに 牛 乳 の 消 費 低 下 も 加 わって 酪 農 家 には 良 質 な 生 乳 の 生 産 が 求 められて いる そのため 乳 質 の 中 でも 体 細 胞 数

More information

食 品 添 加 物 とは < 食 品 添 加 物 の 定 義 > 食 品 衛 生 法 第 4 条 第 2 項 添 加 物 とは 食 品 の 製 造 の 過 程 にお いて 又 は 食 品 の 加 工 若 しくは 保 存 の 目 的 で 食 品 に 添 加 混 和 浸 潤 その 他 の 方 法 によっ

食 品 添 加 物 とは < 食 品 添 加 物 の 定 義 > 食 品 衛 生 法 第 4 条 第 2 項 添 加 物 とは 食 品 の 製 造 の 過 程 にお いて 又 は 食 品 の 加 工 若 しくは 保 存 の 目 的 で 食 品 に 添 加 混 和 浸 潤 その 他 の 方 法 によっ 食 品 添 加 物 について 平 成 26 年 11 月 22 日 神 奈 川 県 食 品 衛 生 課 食 の 安 全 推 進 グループ 1 食 品 添 加 物 とは < 食 品 添 加 物 の 定 義 > 食 品 衛 生 法 第 4 条 第 2 項 添 加 物 とは 食 品 の 製 造 の 過 程 にお いて 又 は 食 品 の 加 工 若 しくは 保 存 の 目 的 で 食 品 に 添 加 混

More information

食品衛生法第十九条第一項の規定に基づく表示の基準に関する内閣府令

食品衛生法第十九条第一項の規定に基づく表示の基準に関する内閣府令 資 料 2-1 食 品 衛 生 法 第 十 九 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 表 示 の 基 準 に 関 する 内 閣 府 令 ( 平 成 23 年 内 閣 府 令 第 45 号 ) 第 1 次 平 成 23 年 9 月 22 日 内 閣 府 令 第 51 号 第 2 次 平 成 24 年 7 月 25 日 内 閣 府 令 第 51 号 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 感 染 症 の 細 胞 診 症 例 1 喀 痰 症 例 6 喀 痰 症 例 2 膣 断 端 症 例 7 胆 汁 症 例 3 気 管 支 擦 過 症 例 8 子 宮 頚 部 症 例 4 胆 汁 症 例 9 気 管 支 洗 浄 症 例 5 腹 水 症 例 10 副 鼻 腔 症 例 1 Pap 染 色 ( 喀 痰 ) 30 歳 タイ 人 女 性 日 本 在 住 6 年 画 像 画 像 をクリックすると 拡

More information

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 6 月 稲 沢 市 民 病 院 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食

More information

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358>

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358> 養 豚 管 理 における 暑 熱 ストレスの 影 響 と 効 果 的 対 策 の 検 討 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 大 城 守 池 宮 城 一 文 津 波 修 比 嘉 喜 政 ほか 高 温 多 湿 な 気 候 条 件 は 家 畜 の 生 産 性 に 大 きな 影 響 を 及 ぼすことが 知 られており 暑 熱 対 策 は 重 要 な 管 理 の 一 つと 考 えられている しかし 2008

More information

113066

113066 第 28 回 山 﨑 賞 3 分 解 者 のキチナーゼ 活 性 に 関 する 研 究 1. はじめに 夏 にはいろいろなところでセミの 抜 け 殻 を 見 つけることができる しかし 夏 以 降 になると 発 見 できなくなる 何 がぬけがらを 分 解 しているのだろう これが 先 輩 が 疑 問 に 思 ったことであ り この 研 究 の 始 まりだった 文 献 を 調 べ セミの 抜 け 殻 のキチン

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

Microsoft Word - vaccine_dog.doc

Microsoft Word - vaccine_dog.doc ワクチンについて ワンちゃん 編 ワクチンは いつ 接 種 するかのタイミングが 重 要 です 特 に 子 犬 の 場 合 は 生 まれる 時 に 親 から 貰 った 免 疫 ( 移 行 抗 体 )が 残 っているので これが 切 れる 時 期 を 見 計 らってワクチンを 接 種 することが 大 切 です また 健 康 状 態 や 体 質 によっては 副 作 用 の 危 険 や 十 分 な 免 疫

More information

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3 143. 十 全 大 補 湯 添 付 文 書 等 に 記 載 すべき 事 項 してはいけないこと ( 守 らないと 現 在 の 症 状 が 悪 化 したり 副 作 用 が 起 こりやすくなる) 次 の 人 は 服 用 しないこと 相 談 すること 1. 次 の 人 は 服 用 前 に 医 師 薬 剤 師 又 は 登 録 販 売 者 に 相 談 すること (3) 胃 腸 の 弱 い 人 (4) 高 齢

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

じ 図 2-2-1 河 川 水 質 測 定 地 点 図 思 案 橋 川 河 口 上 の 出 橋 西 ノ 宮 橋 陣 屋 川 橋 大 城 橋 片 の 瀬 猿 尾 橋 中 原 橋 行 徳 北 橋 瀬 ノ 下 大 刀 洗 川 河 口 下 野 久 留 米 大 橋 神 代 橋 善 導 寺 山 橋 筒 川 河

じ 図 2-2-1 河 川 水 質 測 定 地 点 図 思 案 橋 川 河 口 上 の 出 橋 西 ノ 宮 橋 陣 屋 川 橋 大 城 橋 片 の 瀬 猿 尾 橋 中 原 橋 行 徳 北 橋 瀬 ノ 下 大 刀 洗 川 河 口 下 野 久 留 米 大 橋 神 代 橋 善 導 寺 山 橋 筒 川 河 第 2 節 水 質 汚 濁 1. 概 況 本 市 における 河 川 や 溜 池 等 の 公 共 用 水 域 の 水 質 は 公 共 下 水 道 の 整 備 や 工 場 事 業 場 における 排 水 規 制 等 により 改 善 されてきていますが 下 水 道 未 整 備 地 域 の 中 小 河 川 等 においては 住 居 密 集 地 からの 生 活 排 水 や 未 規 制 の 小 規 模 事 業 場

More information

Microsoft Word - MSDS A3H.doc

Microsoft Word - MSDS A3H.doc Mediracs P/N MPH090015 Co.,Ltd. MS090015_201004ver2 別 化 学 物 質 等 安 全 データシート (MSDS MSDS) 製 名 : 4%テトラヒドロフラン 溶 液 MSDS 称 品 : 番 整 号 N 理 : 末 番 端 MPH090015 号 プロテインシーケンス : MS090015_201004ver2 用 試 薬 A3H 1. 製 品 及

More information

堆堆堆

堆堆堆 メリット-1 についての 解 説 エアコン 内 部 に 堆 積 した 汚 れは 熱 交 換 効 率 を 下 げ それを 補 うためにエアコンは 長 時 間 運 転 を 続 けてし まいます そのため 必 要 以 上 に 電 気 を 使 ってしまうのです エアコン 洗 浄 による 省 エネ 効 果 の 実 証 例 実 施 施 設 : 都 内 某 居 酒 屋 のエアコン 2 系 統 各 4 台 計 8

More information

有 働 不 足 / 過 剰 ダ + 魚 卵 乳 ア ノ 酸 再 組 織 被 毛 爪 骨 腱 血 液 組 織 須 アノ 酸 不 足 欲 不 振 不 良 ざ 障 害 関 過 剰 肥 満 肝 臓 腎 臓 疾 患 尿 石 症 因 + 米 麦 穀 モ 糖 繊 糖 繊 働 不 足 糖 不 足 子 血 糖 因 繊

有 働 不 足 / 過 剰 ダ + 魚 卵 乳 ア ノ 酸 再 組 織 被 毛 爪 骨 腱 血 液 組 織 須 アノ 酸 不 足 欲 不 振 不 良 ざ 障 害 関 過 剰 肥 満 肝 臓 腎 臓 疾 患 尿 石 症 因 + 米 麦 穀 モ 糖 繊 糖 繊 働 不 足 糖 不 足 子 血 糖 因 繊 監 修 文 : 奈 良 ぎ CLYTON COLLEGE OF NTURL HELTHアHOLISTIC NUTRITION 修 士 課 程 修 了 現 在 ニ 指 導 者 勤 務 人 個 ム 効 伴 提 唱 本 学 会 会 員 本 病 学 会 会 員 merin demy of Veterinry Nutrition 会 員 種 格 想 協 力 : 芳 賀 晶 子 写 真 : 村 陽 子 :ワ 研

More information

目 次 1. 新 型 インフルエンザについて 2. 旅 行 前 の 注 意 a. 持 病 のチェック b. 予 防 接 種 ワクチン 接 種 を 要 求 される 場 合 自 分 を 病 気 からまもるため 3. 旅 行 中 の 注 意 a. 食 べ 物 からうつる 病 気 について b. 昆 虫 か

目 次 1. 新 型 インフルエンザについて 2. 旅 行 前 の 注 意 a. 持 病 のチェック b. 予 防 接 種 ワクチン 接 種 を 要 求 される 場 合 自 分 を 病 気 からまもるため 3. 旅 行 中 の 注 意 a. 食 べ 物 からうつる 病 気 について b. 昆 虫 か 目 次 1. 新 型 インフルエンザについて 2. 旅 行 前 の 注 意 a. 持 病 のチェック b. 予 防 接 種 ワクチン 接 種 を 要 求 される 場 合 自 分 を 病 気 からまもるため 3. 旅 行 中 の 注 意 a. 食 べ 物 からうつる 病 気 について b. 昆 虫 からうつる 病 気 について c. 動 物 からうつる 病 気 について d.ヒトからうつる 病 気 について

More information

列 とオメガ 3 系 列 の 多 い 食 品 も 分 けられておらず 主 菜 においてオメガ 系 列 の 多 い 肉 と オメガ 3 系 列 の 多 い 魚 が 区 別 されていないことが 問 題 であった 食 品 成 分 表 を 比 較 したところ 日 本 と 比 較 して 中 国 においては 肉

列 とオメガ 3 系 列 の 多 い 食 品 も 分 けられておらず 主 菜 においてオメガ 系 列 の 多 い 肉 と オメガ 3 系 列 の 多 い 魚 が 区 別 されていないことが 問 題 であった 食 品 成 分 表 を 比 較 したところ 日 本 と 比 較 して 中 国 においては 肉 脂 質 栄 養 に 関 する 日 中 比 較 とオメガ 3 系 列 脂 肪 酸 の 生 理 機 能 に 関 する 研 究 家 政 教 育 専 修 59 黄 鐘 倩.はじめに 日 本 では 過 去 年 間 に 食 生 活 の 欧 米 化 により 脂 質 摂 取 量 が 3 倍 以 上 に 増 大 し メタボリ ック 症 候 群 や 生 活 習 慣 病 が 増 加 した こうした 量 的 変 化 の 弊

More information

(Microsoft PowerPoint - \220H\210\347\215u\215\300\201i\216\233\340V\201j)

(Microsoft PowerPoint - \220H\210\347\215u\215\300\201i\216\233\340V\201j) 一 汁 三 菜 で 食 育 体 験 を! 献 立 の 成 り 立 ち 生 きるために 成 長 のために 健 康 のために 体 調 を 整 え 病 気 を 予 防 するために 楽 しむために (おいしさ 季 節 感 香 り 色 ) 人 と 人 との 交 流 を 深 めるために ~ 食 べることは 命 のつらなり~ 一 次 消 費 者 ( 草 食 動 物 ) 二 次 消 費 者 ( 肉 食 動 物 )

More information

に 水 を 加 えて 蒸 しパン 粥 を 調 製 し 嚥 下 困 難 者 用 食 品 としての 利 用 適 性 を 検 討 した その 結 果 自 然 薯 蒸 しパン 製 品 の 比 容 積 ( 容 量 / 重 量 )は 撹 拌 時 間 10 分 まで 上 昇 し 膨 化 は 最 大 となった 自

に 水 を 加 えて 蒸 しパン 粥 を 調 製 し 嚥 下 困 難 者 用 食 品 としての 利 用 適 性 を 検 討 した その 結 果 自 然 薯 蒸 しパン 製 品 の 比 容 積 ( 容 量 / 重 量 )は 撹 拌 時 間 10 分 まで 上 昇 し 膨 化 は 最 大 となった 自 氏 名 : 宮 下 朋 子 学 位 の 種 類 : 博 士 ( 学 術 ) 学 位 記 番 号 : 博 甲 第 28 号 学 位 授 与 の 日 付 : 平 成 26 年 3 月 18 日 学 位 授 与 の 要 件 : 東 京 家 政 大 学 大 学 院 学 位 規 程 第 3 条 第 2 項 該 当 家 政 学 研 究 科 人 間 生 活 学 専 攻 学 位 論 文 題 目 : 気 泡 分 散

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030383033303388F38DFC9770816089C88A778B5A8F7093AE8CFC95F18D90816092868D9181695265762E31816A5243524397702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030383033303388F38DFC9770816089C88A778B5A8F7093AE8CFC95F18D90816092868D9181695265762E31816A5243524397702E646F63> 4.4.5 国 家 重 点 実 験 一 覧 (2008 年 1 月 調 査 現 在 ) 2.5.1 研 究 開 発 プログラム-(4) 国 家 重 点 実 験 計 画 で 紹 介 した 国 家 重 点 実 験 の 一 覧 を 以 下 に 示 す 科 学 技 術 部 管 の 国 家 重 点 実 験 は 2008 年 1 月 時 点 で 220 箇 指 定 されている なお 本 文 中 にも 記 載 した

More information

Microsoft PowerPoint - 226食育 - コピー.pptx

Microsoft PowerPoint - 226食育 - コピー.pptx 食 育 は 料 理 や 調 理 だけが 食 育 ではないと 理 解 が 進 むうちに 知 らな いことの 多 さに 驚 きました 料 理 食 材 はもちろん 食 に 関 連 するさ まざまなことを 知 りたくなった 食 育 らぼ 研 究 員 は それぞれ 興 味 関 心 の 高 まったテーマ 内 容 を 少 し 掘 り 下 げ 調 査 取 材 を 敢 行 しました ここでは 知 らなかった 編 として

More information

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一 25 消 安 第 5776 号 環 水 大 土 発 第 1403281 号 平 成 26 年 3 月 28 日 ( 改 正 : 平 成 26 年 11 月 25 日 ) 各 都 道 府 県 知 事 宛 農 林 水 産 省 消 費 安 全 局 長 環 境 省 水 大 気 環 境 局 長 特 定 農 薬 ( 特 定 防 除 資 材 )として 指 定 された 資 材 ( 天 敵 を 除 く )の 留 意

More information