医療保険普通保険約款

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "医療保険普通保険約款"

Transcription

1 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 医 療 保 険 普 通 保 険 約 款 目 次 主 な 用 語 の 定 義 1. 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 1 条 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 2 条 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 の 支 払 限 度 2. 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 第 3 条 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 3. 責 任 開 始 保 険 期 間 契 約 年 齢 第 4 条 責 任 開 始 第 5 条 保 険 期 間 第 6 条 契 約 年 齢 4. 保 険 料 の 払 込 方 法 と 払 込 経 路 第 7 条 保 険 料 の 払 込 方 法 と 払 込 経 路 5. 保 険 料 の 払 込 猶 予 期 間 および 保 険 契 約 の 失 効 第 8 条 保 険 料 の 払 込 猶 予 期 間 および 保 険 契 約 の 失 効 第 9 条 保 険 料 の 払 込 猶 予 期 間 中 の 保 険 金 支 払 い 6. 保 険 契 約 の 更 新 第 10 条 保 険 契 約 の 更 新 7. 契 約 内 容 の 変 更 第 11 条 契 約 者 の 変 更 第 12 条 契 約 者 の 住 所 変 更 第 13 条 保 険 契 約 のプラン 変 更 第 14 条 保 険 契 約 の 更 新 時 のプラン 変 更 8. 契 約 年 齢 または 性 別 の 誤 りの 処 理 第 15 条 契 約 年 齢 または 性 別 の 誤 りの 処 理 9. 解 約 第 16 条 解 約 第 17 条 解 約 返 戻 金 10. 詐 欺 または 強 迫 による 取 消 第 18 条 詐 欺 または 強 迫 による 取 消 11. 告 知 義 務 および 告 知 義 務 違 反 による 解 除 第 19 条 告 知 義 務 第 20 条 告 知 義 務 違 反 による 解 除 第 21 条 告 知 義 務 違 反 による 解 除 ができない 場 合 12. 重 大 事 由 による 解 除 第 22 条 重 大 事 由 による 解 除 13. 保 険 金 の 請 求 手 続 きおよび 支 払 時 期 第 23 条 保 険 金 の 請 求 手 続 き 第 24 条 保 険 金 の 支 払 時 期 14. 保 険 金 の 代 理 請 求 第 25 条 保 険 金 の 代 理 請 求 15. 被 保 険 者 または 契 約 者 の 死 亡 第 26 条 被 保 険 者 の 死 亡 による 保 険 契 約 の 消 滅 第 27 条 契 約 者 の 死 亡 16. 時 効 保 険 契 約 の 見 直 し 等 管 轄 裁 判 所 第 28 条 時 効 第 29 条 保 険 期 間 中 の 保 険 料 の 増 額 または 保 険 金 額 の 減 額 保 険 金 の 削 減 払 第 30 条 更 新 契 約 の 保 険 料 の 増 額 または 保 険 金 額 の 減 額 引 受 辞 退 第 31 条 管 轄 裁 判 所 女 性 疾 病 入 院 特 約 目 次 1. 特 約 の 締 結 第 1 条 特 約 の 締 結 2. 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 2 条 女 性 疾 病 入 院 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 3 条 女 性 疾 病 入 院 保 険 金 の 支 払 限 度 3. 特 約 の 責 任 開 始 保 険 期 間 第 4 条 特 約 の 責 任 開 始 第 5 条 特 約 の 保 険 期 間 4. 特 約 保 険 料 の 払 込 第 6 条 特 約 保 険 料 の 払 込 5. 特 約 の 失 効 第 7 条 特 約 の 失 効 6. 特 約 の 更 新 第 8 条 特 約 の 更 新 7. 特 約 の 解 約 第 9 条 特 約 の 解 約 第 10 条 特 約 の 解 約 返 戻 金 8. 主 約 款 の 規 定 の 準 用 第 11 条 主 約 款 の 規 定 の 準 用 死 亡 特 約 目 次 1. 特 約 の 締 結 第 1 条 特 約 の 締 結 2. 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 2 条 死 亡 保 険 金 を 支 払 う 場 合 3. 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 第 3 条 死 亡 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 4. 特 約 の 責 任 開 始 保 険 期 間 第 4 条 特 約 の 責 任 開 始 第 5 条 特 約 の 保 険 期 間 5. 特 約 保 険 料 の 払 込 第 6 条 特 約 保 険 料 の 払 込 6. 特 約 の 失 効 第 7 条 特 約 の 失 効 7. 特 約 の 更 新 第 8 条 特 約 の 更 新 8. 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 変 更 第 9 条 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 変 更 9. 特 約 の 解 約 第 10 条 特 約 の 解 約 第 11 条 特 約 の 解 約 返 戻 金 10. 主 約 款 の 規 定 の 準 用 第 12 条 主 約 款 の 規 定 の 準 用 アイアル 少 額 短 期 保 険 株 式 会 社 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 大 伝 馬 町 1-3 2F お 問 合 せ 先 : 受 付 時 間 : 平 日 9:00~17:00 B

2 特 別 条 件 特 約 (B) 目 次 1. 特 約 の 締 結 第 1 条 特 約 の 締 結 第 2 条 被 保 険 者 2. 特 定 疾 病 不 担 保 第 3 条 特 定 疾 病 不 担 保 3. 特 約 の 責 任 開 始 保 険 期 間 第 4 条 特 約 の 責 任 開 始 第 5 条 特 約 の 保 険 期 間 4. 特 約 の 失 効 第 6 条 特 約 の 失 効 5. 特 約 の 更 新 および 削 除 第 7 条 特 約 の 更 新 第 8 条 特 約 の 削 除 6. 特 約 の 解 約 第 9 条 特 約 の 解 約 7. 主 約 款 の 規 定 の 準 用 第 10 条 主 約 款 の 規 定 の 準 用 インターネットによる 通 信 販 売 特 約 (クレジットカー ド 払 ) 目 次 1. 特 約 の 締 結 第 1 条 特 約 の 締 結 2. 保 険 契 約 の 申 込 第 2 条 保 険 契 約 の 申 込 第 3 条 重 要 事 項 説 明 書 の 確 認 と 同 意 3. 保 険 料 の 払 込 第 4 条 第 1 回 保 険 料 の 払 込 第 5 条 第 2 回 以 後 の 保 険 料 の 払 込 4.クレジットカード 会 社 から 保 険 料 相 当 額 を 領 収 できない 場 合 第 6 条 クレジットカード 会 社 から 保 険 料 相 当 額 を 領 収 で きない 場 合 5. 払 込 方 法 等 の 変 更 第 7 条 指 定 クレジットカードの 変 更 第 8 条 払 込 方 法 の 変 更 6. 特 約 の 更 新 第 9 条 特 約 の 更 新 7. 普 通 保 険 約 款 の 規 定 の 準 用 第 10 条 普 通 保 険 約 款 の 規 定 の 準 用 主 な 用 語 の 定 義 契 約 者 被 保 険 者 保 険 金 受 取 人 保 険 証 券 保 険 契 約 継 続 証 保 険 期 間 保 険 始 期 日 保 険 満 期 日 契 約 更 新 日 保 険 金 第 1 回 保 険 料 第 2 回 以 後 の 保 険 料 払 込 期 日 払 込 猶 予 期 間 未 払 込 保 険 料 保 険 契 約 の 失 効 保 険 契 約 の 無 効 保 険 契 約 の 解 約 保 険 契 約 の 解 除 保 険 契 約 の 消 滅 入 院 病 院 または 診 療 所 反 社 会 的 勢 力 当 社 と 保 険 契 約 を 結 び 契 約 上 のさまざまな 権 利 と 義 務 ( 保 険 料 支 払 義 務 など)を 持 つ 人 のことをいい ます 保 険 契 約 によって 保 障 される 人 のことをいいます 保 険 金 を 受 け 取 る 人 ( 通 常 は 被 保 険 者 )のことをいいます 当 社 が 保 険 契 約 の 初 年 度 に 発 行 する 保 険 金 額 や 保 険 期 間 などの 契 約 内 容 を 記 載 した 書 面 をいいます 当 社 が 保 険 契 約 の 更 新 時 に 発 行 する 保 険 契 約 の 継 続 を 証 明 する 書 面 をいいます 保 険 契 約 が 有 効 な 期 間 をいいます 保 険 契 約 の 保 障 が 開 始 される 日 のことをいいます 保 険 契 約 の 保 障 が 終 了 する 日 のことをいいます 更 新 した 保 険 契 約 の 保 障 が 開 始 される 日 ( 保 険 満 期 日 の 翌 日 )のことをいいます 被 保 険 者 が 支 払 事 由 に 該 当 したときに 当 社 からお 支 払 いするお 金 のことをいいます 初 年 度 の 保 険 契 約 の 初 回 保 険 料 のことをいいます 初 年 度 の 保 険 契 約 の 第 2 回 目 以 降 の 保 険 料 および 更 新 契 約 の 保 険 料 のことをいいます 保 険 料 を 払 い 込 んでいただく 日 のことをいいます 払 込 期 日 に 保 険 料 が 払 い 込 まれなかった 場 合 に 一 定 期 間 払 い 込 みを 猶 予 する 期 間 のことをいいます 払 込 期 日 に 払 い 込 まれなかった 保 険 料 のことをいいます 保 険 契 約 の 効 力 が 失 われ 契 約 が 終 了 することをいいます 保 険 契 約 が 申 し 込 み 時 点 にさかのぼって 成 立 しないことをいいます 保 険 契 約 を 契 約 者 の 申 し 出 によって 終 了 させることをいいます 保 険 契 約 を 当 社 が 強 制 的 に 終 了 させることをいいます 被 保 険 者 の 死 亡 により 保 険 契 約 が 終 了 することをいいます 医 師 による 治 療 または 柔 道 整 復 師 による 施 術 が 必 要 であり かつ 自 宅 等 での 治 療 が 困 難 なため 病 院 また は 診 療 所 に 入 り 常 に 医 師 または 柔 道 整 復 師 の 管 理 下 において 治 療 に 専 念 することをいいます 医 療 法 に 定 める 日 本 国 内 にある 病 院 または 患 者 を 収 容 する 施 設 を 有 する 診 療 所 をいい これらと 同 等 と 当 社 が 認 めた 日 本 国 外 にある 医 療 施 設 を 含 みます 暴 力 団 暴 力 団 員 ( 暴 力 団 員 でなくなった 日 から5 年 を 経 過 しない 者 を 含 みます ) 暴 力 団 準 構 成 員 暴 力 団 関 係 企 業 その 他 の 反 社 会 的 勢 力 をいいます

3 医 療 保 険 普 通 保 険 約 款 1. 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 1 条 ( 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 1.この 保 険 契 約 の 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 を 次 のとおり 支 払 います 保 険 金 の 種 類 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ( 以 下 支 払 事 由 といいます ) 支 払 額 保 険 金 受 取 人 入 院 保 険 金 被 保 険 者 が 保 険 期 間 中 に 次 の 条 件 をすべて 満 たす 入 院 をしたとき 1 責 任 開 始 後 に 発 病 した 疾 病 または 発 生 した 別 表 1 の 不 慮 の 事 故 による 傷 害 を 直 接 の 原 因 とした 入 院 2 入 院 日 数 が 継 続 して 5 日 以 上 の 入 院 入 院 1 回 につき 保 険 証 券 に 記 載 された 入 院 保 険 金 日 額 入 院 日 数 ( 入 院 1 日 目 から 起 算 ) 被 保 険 者 手 術 保 険 金 被 保 険 者 が 保 険 期 間 中 に 次 の 条 件 をすべて 満 たす 別 表 2 の 手 術 を 受 けたとき 1 責 任 開 始 後 に 発 病 した 疾 病 または 発 生 した 別 表 1 の 不 慮 の 事 故 による 傷 害 を 直 接 の 原 因 とした 手 術 2 医 師 の 判 断 に 基 づく 疾 病 または 傷 害 の 治 療 を 直 接 の 目 的 とした 手 術 3 病 院 または 診 療 所 における 手 術 手 術 1 回 につき 10 万 円 被 保 険 者 2. 異 常 分 娩 のための 入 院 は 疾 病 の 治 療 を 目 的 とする 入 院 とみなします 3. 不 慮 の 事 故 による 傷 害 を 原 因 とする 入 院 は 事 故 にあった 日 から 180 日 以 内 に 開 始 した 入 院 に 限 ります 4.2 回 以 上 の 入 院 をした 場 合 でも 同 一 の 疾 病 または 同 一 の 不 慮 の 事 故 による 傷 害 ( 傷 病 名 が 異 なる 場 合 でも 医 学 上 重 要 な 関 係 があると 医 師 が 認 めた 場 合 を 含 みます )が 原 因 のときは1 回 の 入 院 とみなします ただし 入 院 保 険 金 が 支 払 われ た 最 終 の 入 院 の 退 院 日 から 180 日 経 過 後 に 開 始 した 入 院 については 新 たな 入 院 として 取 り 扱 います 5. 被 保 険 者 が 入 院 を 開 始 したときに 異 なる 疾 病 を 併 発 していた 場 合 または 入 院 中 に 異 なる 疾 病 を 併 発 した 場 合 には 入 院 開 始 の 直 接 の 原 因 となった 疾 病 による 継 続 した 入 院 とみなします 6. 被 保 険 者 が 同 日 に2 種 類 以 上 の 手 術 を 受 けた 場 合 は 第 1 項 の 規 定 にかかわらず1 種 類 の 手 術 についてのみ 手 術 保 険 金 を 支 払 います 7. 契 約 者 が 法 人 または 個 人 事 業 主 でその 役 員 または 従 業 員 を 被 保 険 者 とする 場 合 契 約 者 が 被 保 険 者 の 同 意 および 当 社 の 承 諾 を 得 たときは 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 契 約 者 を 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 の 受 取 人 とします また この 保 険 契 約 に 女 性 疾 病 入 院 特 約 またはガン 入 院 特 約 が 付 加 されている 場 合 にも 同 様 とします 8. 前 項 の 場 合 であっても 責 任 開 始 後 は 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 の 受 取 人 の 変 更 はできません 第 2 条 ( 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 の 支 払 限 度 ) 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 の 支 払 限 度 は 以 下 のとおりとします (1) 入 院 保 険 金 の 支 払 限 度 日 数 入 院 1 回 についての 支 払 限 度 日 数 は60 日 とします (2) 1 保 険 期 間 中 の 支 払 限 度 額 1 保 険 期 間 中 に 発 生 した 保 険 金 の 支 払 事 由 による 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 の 合 計 支 払 限 度 額 は 80 万 円 とします ただし この 保 険 契 約 に 女 性 疾 病 入 院 特 約 またはガン 入 院 特 約 が 付 加 されている 場 合 には それも 含 めて80 万 円 としま す 2. 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 第 3 条 ( 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ) 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 は 次 のとおりです (1) 契 約 者 または 被 保 険 者 の 故 意 または 重 大 な 過 失 (2) 被 保 険 者 の 犯 罪 行 為 (3) 被 保 険 者 の 精 神 障 害 ( 注 )または 泥 酔 状 態 を 原 因 とする 事 故 (4) 被 保 険 者 が 法 令 に 定 める 運 転 資 格 を 持 たずに 運 転 している 間 に 生 じた 事 故 (5) 被 保 険 者 が 法 令 に 定 める 酒 気 帯 び 運 転 またはこれに 相 当 する 運 転 をしている 間 に 生 じた 事 故 (6) 地 震 噴 火 または 津 波 (7) 戦 争 その 他 の 変 乱 ( 注 ) 医 師 の 判 断 に 基 づく 危 険 を 予 見 回 避 するなどの 合 理 的 判 断 能 力 を 欠 いている 精 神 障 害 の 状 態 をいいます 3. 責 任 開 始 保 険 期 間 契 約 年 齢 第 4 条 ( 責 任 開 始 ) 1. 当 社 は 保 険 契 約 の 申 込 を 承 諾 した 日 の 属 する 月 の 翌 月 1 日 ( 以 下 保 険 始 期 日 といいます )から 保 険 契 約 上 の 責 任 を 負 います 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 1

4 2. 当 社 が 保 険 契 約 の 申 込 を 承 諾 した 場 合 は 保 険 証 券 を 発 送 することにより 承 諾 の 通 知 に 代 えます 第 5 条 ( 保 険 期 間 ) この 保 険 契 約 の 保 険 期 間 は 保 険 始 期 日 から1 年 とします 第 6 条 ( 契 約 年 齢 ) 被 保 険 者 の 契 約 年 齢 は 保 険 始 期 日 における 満 年 齢 とします 4. 保 険 料 の 払 込 方 法 と 払 込 経 路 第 7 条 ( 保 険 料 の 払 込 方 法 と 払 込 経 路 ) 1.この 保 険 契 約 の 保 険 料 は 月 払 いとなります 2. 契 約 者 は 次 の 各 号 いずれかの 特 約 を 付 加 して 保 険 料 を 払 い 込 んでください (1) 保 険 料 口 座 振 替 特 約 金 融 機 関 を 通 じた 口 座 振 替 により 払 い 込 む 方 法 (2) 保 険 料 団 体 集 金 特 約 所 属 する 団 体 を 経 由 して 払 い 込 む 方 法 ( 契 約 者 の 所 属 する 団 体 と 当 社 との 間 に 保 険 料 団 体 集 金 契 約 が 締 結 されている 場 合 に 限 ります ) 3. 前 項 の 各 特 約 において 保 険 料 を 払 い 込 む 日 ( 以 下 払 込 期 日 といいます )は 次 のとおりとします (1) 保 険 料 口 座 振 替 特 約 の 払 込 期 日 第 1 回 保 険 料 は 当 社 が 定 めた 保 険 始 期 日 の 属 する 月 の 振 替 日 第 2 回 以 後 の 保 険 料 は 毎 月 の 振 替 日 (2) 保 険 料 団 体 集 金 特 約 の 払 込 期 日 第 1 回 保 険 料 は 団 体 が 定 めた 保 険 始 期 日 の 属 する 月 の 集 金 日 第 2 回 以 後 の 保 険 料 は 毎 月 の 集 金 日 4. 第 1 回 保 険 料 が 払 込 期 日 に 払 い 込 まれなかった 場 合 には 保 険 契 約 は 成 立 しません 5. 保 険 料 の 払 込 猶 予 期 間 および 保 険 契 約 の 失 効 第 8 条 ( 保 険 料 の 払 込 猶 予 期 間 および 保 険 契 約 の 失 効 ) 1. 第 2 回 以 後 の 保 険 料 の 払 い 込 みについては 払 込 期 日 の 属 する 月 の 翌 月 1 日 から 翌 々 月 末 日 まで 2か 月 間 の 払 込 猶 予 期 間 があります 2. 払 込 猶 予 期 間 内 に 未 払 込 保 険 料 の 払 い 込 みがない 場 合 は 保 険 契 約 は 払 込 猶 予 期 間 満 了 日 の 翌 日 から 効 力 を 失 います 3. 保 険 契 約 が 失 効 した 場 合 復 活 することはできません 第 9 条 ( 保 険 料 の 払 込 猶 予 期 間 中 の 保 険 金 支 払 い) 払 込 猶 予 期 間 中 に 保 険 金 の 支 払 事 由 が 生 じた 場 合 当 社 は すでに 到 来 している 未 払 込 保 険 料 の 払 い 込 みを 確 認 してから 保 険 金 を 支 払 います なお 保 険 金 受 取 人 の 同 意 が 得 られた 場 合 は 支 払 いする 保 険 金 と 未 払 込 保 険 料 を 相 殺 して 支 払 います 6. 保 険 契 約 の 更 新 第 10 条 ( 保 険 契 約 の 更 新 ) 1. 当 社 は 保 険 満 期 日 の2か 月 前 までに 契 約 者 に 保 険 契 約 の 満 期 と 更 新 の 案 内 を 行 います 契 約 者 から 保 険 満 期 日 の 前 日 までに 保 険 契 約 を 更 新 しない 旨 の 申 し 出 がない 場 合 は 保 険 満 期 日 の 翌 日 ( 以 下 契 約 更 新 日 といいます )に 保 険 契 約 は 更 新 されたものとし 契 約 者 あてに 保 険 契 約 継 続 証 を 発 送 します この 場 合 保 険 契 約 継 続 証 と 更 新 前 の 保 険 証 券 を もって 更 新 後 の 保 険 証 券 とみなします 2. 更 新 後 の 保 険 契 約 ( 以 下 更 新 契 約 といいます )は 次 のとおりとします (1) 保 険 期 間 および 保 障 内 容 契 約 更 新 日 から1 年 間 とし 更 新 前 の 保 障 内 容 と 同 一 とします (2) 保 険 料 契 約 更 新 日 の 被 保 険 者 の 満 年 齢 により 計 算 します (3) 保 険 料 の 払 い 込 み 更 新 契 約 の 保 険 料 の 払 込 方 法 および 払 込 経 路 については 更 新 前 の 保 険 契 約 から 継 続 されているものとみなします よって 更 新 契 約 の 保 険 料 は 第 2 回 以 後 の 保 険 料 と 読 み 替 え 第 7 条 第 3 項 および 第 8 条 の 規 定 を 準 用 します 3. 契 約 更 新 日 における 被 保 険 者 の 年 齢 が 当 社 の 定 める 範 囲 を 超 えるときは 更 新 できません 7. 契 約 内 容 の 変 更 第 11 条 ( 契 約 者 の 変 更 ) 1. 契 約 者 は 被 保 険 者 の 同 意 および 当 社 の 承 諾 を 得 て その 権 利 および 義 務 のすべてを 第 三 者 に 承 継 させることができま す 2. 契 約 者 が 前 項 の 変 更 を 請 求 するときは 当 社 所 定 の 書 類 を 提 出 してください 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 2

5 3. 第 1 項 の 変 更 を 行 ったときは 変 更 通 知 書 を 変 更 後 の 契 約 者 に 発 送 します 第 12 条 ( 契 約 者 の 住 所 変 更 ) 1. 契 約 者 が 住 所 を 変 更 したときは すみやかに 当 社 に 通 知 してください 2. 契 約 者 が 前 項 の 通 知 をしなかったときは 当 社 の 知 った 最 後 の 住 所 あてに 発 送 した 通 知 は 通 常 到 達 するために 要 する 期 間 を 経 過 した 時 に 契 約 者 に 到 達 したものとみなします 3. 第 1 項 の 通 知 が 行 われたときは 変 更 通 知 書 を 発 送 します 第 13 条 ( 保 険 契 約 のプラン 変 更 ) 1.この 保 険 契 約 は 保 険 金 額 および 保 険 料 があらかじめ 定 められたプランの 中 から 1つのプラン(プランのうち 主 契 約 のみの 保 険 金 額 および 保 険 料 が 定 められたプランを 以 下 基 本 プラン といいます )を 選 択 して 申 し 込 む 方 式 です 2.プラン 変 更 は 保 険 契 約 の 更 新 時 にのみ 行 うことができます ただし 基 本 プランへの 変 更 以 外 は 新 たに 被 保 険 者 の 健 康 状 態 や 傷 病 歴 の 告 知 が 必 要 となる 場 合 があります 3. 保 険 期 間 中 のプラン 変 更 はできません ただし 現 在 の 保 険 契 約 を 解 約 し 新 たに 保 険 契 約 を 締 結 することができます なお この 場 合 新 たに 被 保 険 者 の 健 康 状 態 や 傷 病 歴 の 告 知 と 当 社 の 承 諾 が 必 要 となります 第 14 条 ( 保 険 契 約 の 更 新 時 のプラン 変 更 ) 1. 当 社 は 契 約 者 より 保 険 満 期 日 の1か 月 前 までに プラン 変 更 の 申 し 出 を 受 けた 場 合 当 社 所 定 の 書 類 を 発 送 します 2. 契 約 者 より 保 険 満 期 日 の15 日 前 ( 当 該 日 が 休 業 日 の 場 合 は 前 営 業 日 となります )までに 前 項 の 書 類 が 届 き 当 社 が 承 諾 した 場 合 は 更 新 契 約 より 新 たなプランに 変 更 します 3. 前 項 の 変 更 を 行 ったときは 契 約 者 あてに 新 たなプラン 内 容 の 保 険 契 約 継 続 証 を 発 送 します この 場 合 保 険 契 約 継 続 証 と 更 新 前 の 保 険 証 券 をもって 更 新 後 の 保 険 証 券 とみなします 8. 契 約 年 齢 または 性 別 の 誤 りの 処 理 第 15 条 ( 契 約 年 齢 または 性 別 の 誤 りの 処 理 ) 1. 保 険 契 約 申 込 書 に 記 載 された 被 保 険 者 の 年 齢 に 誤 りがあった 場 合 は 次 の 方 法 により 取 り 扱 います (1) 保 険 始 期 日 における 実 際 の 年 齢 が 当 社 の 定 める 契 約 年 齢 の 範 囲 内 であった 場 合 は 当 社 の 定 めるところにより 処 理 し ます (2) 保 険 始 期 日 における 実 際 の 年 齢 が 当 社 の 定 める 契 約 年 齢 の 範 囲 外 であった 場 合 は 保 険 契 約 は 無 効 とし すでに 払 い 込 まれた 保 険 料 は 払 い 戻 します 2. 保 険 契 約 申 込 書 に 記 載 された 被 保 険 者 の 性 別 に 誤 りのあった 場 合 は 当 社 の 定 めるところにより 処 理 します 9. 解 約 第 16 条 ( 解 約 ) 1. 契 約 者 は 将 来 に 向 かっていつでも 保 険 契 約 の 解 約 を 請 求 することができます ただし この 場 合 は 同 時 に 付 加 して いる 特 約 についても 解 約 請 求 されたものとみなします 2. 契 約 者 が 前 項 の 請 求 をするときは 当 社 所 定 の 書 類 を 提 出 してください 第 17 条 ( 解 約 返 戻 金 ) 解 約 返 戻 金 はありません 10. 詐 欺 または 強 迫 による 取 消 第 18 条 ( 詐 欺 または 強 迫 による 取 消 ) 保 険 契 約 の 締 結 の 際 に 契 約 者 または 被 保 険 者 に 詐 欺 または 強 迫 の 行 為 があったときは 保 険 契 約 を 取 り 消 し すでに 払 い 込 まれた 保 険 料 は 払 い 戻 しません 11. 告 知 義 務 および 告 知 義 務 違 反 による 解 除 第 19 条 ( 告 知 義 務 ) 保 険 契 約 締 結 の 際 契 約 者 または 被 保 険 者 は 支 払 事 由 の 発 生 の 可 能 性 に 関 する 重 要 な 事 項 のうち 当 社 が 告 知 を 求 める 次 の 事 項 ( 以 下 告 知 事 項 といいます )について 当 社 に 事 実 を 正 確 に 告 げなければなりません (1) 契 約 者 の 氏 名 または 商 号 (2) 被 保 険 者 からみた 契 約 者 の 続 柄 関 係 (3) 被 保 険 者 の 氏 名 性 別 生 年 月 日 (4) 死 亡 保 険 金 受 取 人 (5) 被 保 険 者 の 健 康 状 態 や 傷 病 歴 第 20 条 ( 告 知 義 務 違 反 による 解 除 ) 1. 契 約 者 または 被 保 険 者 が 故 意 または 重 大 な 過 失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げなかったかまたは 事 実 でない 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 3

6 ことを 告 げた 場 合 には 当 社 は 将 来 に 向 かって 保 険 契 約 を 解 除 することができます 2. 当 社 は 保 険 金 の 支 払 事 由 が 生 じた 後 でも 保 険 契 約 を 解 除 することができます この 場 合 は 保 険 金 を 支 払 いません また すでに 保 険 金 を 支 払 っていたときはその 返 還 を 請 求 します 3. 前 項 の 規 定 にかかわらず 保 険 金 支 払 事 由 の 発 生 と 解 除 原 因 とに 因 果 関 係 のないことを 契 約 者 被 保 険 者 または 保 険 金 受 取 人 が 証 明 したときは 保 険 金 を 支 払 います 4. 保 険 契 約 の 解 除 は 契 約 者 に 対 する 通 知 により 行 います 契 約 者 に 通 知 できない 場 合 には 被 保 険 者 または 保 険 金 受 取 人 に 通 知 をします 5. 告 知 義 務 違 反 による 解 除 に 伴 う 返 戻 金 は 発 生 しません 第 21 条 ( 告 知 義 務 違 反 による 解 除 ができない 場 合 ) 当 社 は 次 のいずれかの 場 合 には 前 条 第 1 項 の 規 定 による 解 除 をすることができません (1) 当 社 が 保 険 契 約 の 締 結 の 際 解 除 の 原 因 となる 事 実 を 知 っていたときまたは 過 失 のため 知 らなかったとき (2) 当 社 の 保 険 契 約 の 締 結 の 媒 介 を 行 うことができる 者 が 契 約 者 または 被 保 険 者 に 対 して 事 実 を 告 げることを 妨 げたとき または 事 実 でないことを 告 げることを 勧 めたとき (3) 当 社 が 解 除 の 原 因 となる 事 実 を 知 った 日 から1か 月 を 経 過 したとき (4) 保 険 始 期 日 から 保 険 金 の 支 払 事 由 の 発 生 がなく2 年 が 経 過 したとき なお この 保 険 契 約 に 特 約 が 付 加 された 場 合 には その 特 約 については 付 加 された 保 険 始 期 日 または 契 約 更 新 日 から 保 険 金 の 支 払 事 由 の 発 生 がなく2 年 が 経 過 したとき 12. 重 大 事 由 による 解 除 第 22 条 ( 重 大 事 由 による 解 除 ) 1. 当 社 は 次 の 各 号 のいずれかに 定 める 事 由 が 生 じた 場 合 将 来 に 向 かって 保 険 契 約 を 解 除 することができます (1) 契 約 者 被 保 険 者 または 保 険 金 受 取 人 が 保 険 金 を 詐 取 する 目 的 もしくは 第 三 者 に 保 険 金 を 詐 取 させる 目 的 で 事 故 を 生 じ させた 場 合 ( 未 遂 を 含 みます ) (2)この 保 険 契 約 の 保 険 金 の 請 求 に 関 し 保 険 金 受 取 人 に 詐 欺 行 為 があった 場 合 ( 未 遂 を 含 みます ) (3)この 保 険 契 約 に 付 加 されている 特 約 が 重 大 事 由 によって 解 除 された 場 合 (4) 契 約 者 被 保 険 者 または 保 険 金 受 取 人 が 次 のいずれかに 該 当 するとき 1 反 社 会 的 勢 力 に 該 当 すると 認 められるとき 2 反 社 会 的 勢 力 に 対 して 資 金 等 を 提 供 し または 便 宜 を 供 与 するなどの 関 与 をしていると 認 められるとき 3 反 社 会 的 勢 力 を 不 当 に 利 用 していると 認 められるとき 4 契 約 者 または 保 険 金 受 取 人 が 法 人 の 場 合 反 社 会 的 勢 力 がその 法 人 の 経 営 を 支 配 し またはその 法 人 の 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していると 認 められるとき 5その 他 反 社 会 的 勢 力 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 していると 認 められるとき (5)その 他 この 保 険 契 約 を 継 続 することが 期 待 しえない 第 1 号 から 前 号 までに 掲 げる 事 由 と 同 等 の 事 由 がある 場 合 2. 当 社 は 保 険 金 の 支 払 事 由 が 生 じた 後 でも 保 険 契 約 を 解 除 することができます この 場 合 前 項 に 定 める 事 由 の 発 生 時 以 後 に 生 じた 支 払 事 由 による 保 険 金 ( 注 )を 支 払 いません また すでに 保 険 金 を 支 払 っていたときはその 返 還 を 請 求 します ( 注 ) 前 項 (4)のみに 該 当 した 場 合 で 前 項 (4)に 該 当 したのが 保 険 金 受 取 人 のみで その 保 険 金 の 受 取 人 が 保 険 金 の 一 部 の 受 取 人 であるときは 保 険 金 のうち その 受 取 人 に 支 払 われるべき 保 険 金 のみ 適 用 します 3. 保 険 契 約 の 解 除 は 契 約 者 に 対 する 通 知 により 行 います 契 約 者 に 通 知 できない 場 合 には 被 保 険 者 または 保 険 金 受 取 人 に 通 知 をします 13. 保 険 金 の 請 求 手 続 きおよび 支 払 時 期 第 23 条 ( 保 険 金 の 請 求 手 続 き) 1. 保 険 金 の 支 払 事 由 が 生 じたときは 契 約 者 または 保 険 金 受 取 人 ( 被 保 険 者 )は 遅 滞 なく 当 社 に 通 知 してください なお 保 険 金 の 請 求 をもって 通 知 に 代 えることができます 2. 前 項 の 場 合 保 険 金 受 取 人 は すみやかに 必 要 書 類 ( 別 表 3)を 提 出 して 保 険 金 を 請 求 してください 3. 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 の 受 取 人 が 被 保 険 者 で その 被 保 険 者 が 死 亡 した 場 合 の 保 険 金 の 請 求 については 被 保 険 者 の 法 定 相 続 人 のうち 次 の 各 号 に 定 める1 人 の 者 を 代 表 者 とします この 場 合 その 代 表 者 は 被 保 険 者 の 他 の 法 定 相 続 人 を 代 理 するものとします (1) 被 保 険 者 の 戸 籍 上 の 配 偶 者 (2) 前 号 に 該 当 する 者 がいない 場 合 には 法 定 相 続 人 の 協 議 により 定 めた 者 第 24 条 ( 保 険 金 の 支 払 時 期 ) 1. 当 社 は 前 条 第 2 項 の 必 要 書 類 を 受 領 した 日 ( 不 備 があるときは 不 備 を 解 消 した 日 )から5 営 業 日 以 内 に 保 険 金 を 支 払 います 2. 保 険 金 を 支 払 うために 事 実 の 確 認 が 必 要 な 別 表 4に 掲 げる 場 合 において 保 険 契 約 の 締 結 時 から 保 険 金 請 求 時 までの 間 に 当 社 に 提 出 された 書 類 のみでは 確 認 ができないときは 保 険 金 受 取 人 に 通 知 のうえ それぞれ 別 表 4に 定 める 事 項 の 確 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 4

7 認 ( 当 社 が 指 定 した 医 師 による 診 断 を 含 みます )を 行 います この 場 合 には 前 項 の 規 定 にかかわらず 保 険 金 を 支 払 う べき 期 日 は その 請 求 に 必 要 な 書 類 を 当 社 が 受 領 した 日 の 翌 日 からその 日 を 含 めて45 日 を 経 過 する 日 とします 3. 前 項 の 確 認 をするために 別 表 5に 掲 げる 特 別 な 照 会 や 調 査 が 不 可 欠 な 場 合 には 前 2 項 にかかわらず 保 険 金 を 支 払 う べき 期 日 は 当 社 が 必 要 書 類 を 受 領 した 日 から 同 表 に 掲 げる 期 日 ( 複 数 に 該 当 する 場 合 であっても 180 日 )とします この 場 合 当 社 は 照 会 や 調 査 が 必 要 な 事 項 および 保 険 金 を 支 払 うべき 期 日 を 契 約 者 または 保 険 金 受 取 人 に 通 知 します 4. 前 2 項 の 必 要 な 事 項 の 確 認 に 際 し 契 約 者 被 保 険 者 または 保 険 金 受 取 人 が 正 当 な 理 由 なくその 確 認 を 妨 げ またはこ れに 応 じなかった 場 合 ( 当 社 の 指 定 した 医 師 による 必 要 な 診 断 に 応 じなかった 場 合 を 含 みます )は これにより 確 認 が 遅 延 した 期 間 については 前 2 項 の 期 間 に 算 入 しないものとします 5. 第 1 項 から 第 3 項 に 定 める 期 日 を 超 えて 保 険 金 を 支 払 う 場 合 当 社 は その 期 日 の 翌 日 から 会 社 所 定 の 利 率 で 計 算 した 遅 延 利 息 を 保 険 金 受 取 人 に 支 払 います ただし 前 項 の 定 めにより 生 じた 確 認 が 遅 延 した 期 間 については 当 社 は 遅 延 の 責 任 を 負 いません 14. 保 険 金 の 代 理 請 求 第 25 条 ( 保 険 金 の 代 理 請 求 ) 1. 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 の 受 取 人 が 被 保 険 者 で その 被 保 険 者 が 保 険 金 を 請 求 できない 特 別 の 事 情 があり 当 社 が その 事 情 を 認 めた 場 合 は 保 険 金 請 求 時 に 次 に 該 当 する 者 ( 以 下 代 理 請 求 人 といいます )が 被 保 険 者 の 代 理 人 とし て 保 険 金 を 請 求 することができます (1) 被 保 険 者 の 戸 籍 上 の 配 偶 者 (2) 被 保 険 者 と 同 居 もしくは 生 計 を 一 にしている 被 保 険 者 の 親 族 のうちの1 人 2. 代 理 請 求 人 が 保 険 金 を 請 求 する 場 合 は 第 23 条 第 2 項 に 定 める 必 要 書 類 に 加 え 特 別 な 事 情 を 示 す 書 類 を 当 社 に 提 出 し てください 3. 当 社 が 特 に 認 めた 場 合 は 代 理 請 求 人 に 保 険 金 を 支 払 うことがあります ただし 当 社 が 代 理 請 求 人 に 保 険 金 を 支 払 っ た 場 合 は 同 一 の 支 払 事 由 による 保 険 金 の 請 求 を 受 けても 保 険 金 は 支 払 いません 4. 第 1 項 の 各 号 に 該 当 する 者 であっても 故 意 または 重 大 な 過 失 によって 保 険 金 支 払 事 由 を 生 じさせた 者 または 故 意 に 被 保 険 者 が 保 険 金 を 請 求 できない 状 態 にさせた 者 は 代 理 請 求 人 となることはできません 15. 被 保 険 者 または 契 約 者 の 死 亡 第 26 条 ( 被 保 険 者 の 死 亡 による 保 険 契 約 の 消 滅 ) 1. 保 険 期 間 内 に 被 保 険 者 が 死 亡 した 場 合 保 険 契 約 は 消 滅 します 2. 被 保 険 者 が 前 項 に 該 当 したときは 当 社 に 通 知 するとともに 当 社 所 定 の 書 類 を 提 出 してください 3. 被 保 険 者 が 死 亡 した 日 の 翌 月 以 降 に 払 い 込 まれた 保 険 料 は 払 い 戻 します 第 27 条 ( 契 約 者 の 死 亡 ) 1. 契 約 者 が 死 亡 した 場 合 は 当 社 に 通 知 してください 契 約 者 が2 人 以 上 となる 場 合 は 代 表 者 1 名 を 定 めてください その 代 表 者 は 他 の 契 約 者 を 代 理 するものとし 当 社 所 定 の 書 類 の 提 出 を 要 します 2. 前 項 の 代 表 者 が 定 まらない 場 合 またはその 所 在 が 不 明 の 場 合 は 契 約 者 の1 人 に 対 する 当 社 の 行 為 は 他 の 者 に 対 して も 効 力 を 生 じるものとします 3. 契 約 者 が2 人 以 上 となる 場 合 には その 責 任 は 連 帯 とします 16. 時 効 保 険 契 約 の 見 直 し 等 管 轄 裁 判 所 第 28 条 ( 時 効 ) 保 険 金 その 他 の 支 払 を 請 求 する 権 利 は 3 年 間 請 求 がない 場 合 には 消 滅 します 第 29 条 ( 保 険 期 間 中 の 保 険 料 の 増 額 または 保 険 金 額 の 減 額 保 険 金 の 削 減 払 ) 1. 収 支 状 況 が 著 しく 悪 化 した 場 合 当 社 の 定 める 必 要 な 手 続 きを 経 て 保 険 期 間 中 の 保 険 料 の 増 額 または 保 険 金 額 の 減 額 をすることがあります 2. 前 項 のほか 保 険 金 支 払 事 由 が 集 中 して 発 生 し その 結 果 として 保 険 金 の 支 払 に 支 障 が 生 じた 場 合 には 当 社 の 定 める 必 要 な 手 続 きを 経 て 保 険 金 を 削 減 して 支 払 うことがあります 3. 前 2 項 に 該 当 する 場 合 当 社 は 契 約 者 にすみやかに 通 知 します また 通 知 は 契 約 者 住 所 にあてた 書 面 により 行 いま す 第 30 条 ( 更 新 契 約 の 保 険 料 の 増 額 または 保 険 金 額 の 減 額 引 受 辞 退 ) 1. 保 険 金 の 支 払 事 由 に 該 当 した 被 保 険 者 の 数 の 増 加 が この 保 険 の 計 算 の 基 礎 に 影 響 を 及 ぼすと 特 に 認 めた 場 合 には 当 社 の 定 める 必 要 な 手 続 きを 経 て 更 新 契 約 について 次 のように 取 り 扱 うことがあります (1) 保 険 料 の 増 額 または 保 険 金 額 の 減 額 (2) 引 受 辞 退 2. 前 項 各 号 に 該 当 する 場 合 当 社 は 対 象 となる 更 新 契 約 の 保 険 始 期 日 の2か 月 前 までに 契 約 者 に 通 知 します また 通 知 は 契 約 者 住 所 にあてた 書 面 により 行 います 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 5

8 第 31 条 ( 管 轄 裁 判 所 ) この 保 険 契 約 における 保 険 金 の 請 求 に 関 する 訴 訟 については 当 社 の 本 店 または 保 険 金 受 取 人 の 住 所 地 の 地 方 裁 判 所 または 簡 易 裁 判 所 (いずれも 都 道 府 県 庁 所 在 地 を 管 轄 する 裁 判 所 とします )をもって 合 意 による 管 轄 裁 判 所 とします 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 6

9 女 性 疾 病 入 院 特 約 1. 特 約 の 締 結 第 1 条 ( 特 約 の 締 結 ) 契 約 者 は 主 たる 保 険 契 約 ( 以 下 主 契 約 といいます ) 締 結 の 際 被 保 険 者 の 同 意 および 当 社 の 承 諾 を 得 て この 特 約 を 付 加 したプランに 加 入 することができます 2. 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 2 条 ( 女 性 疾 病 入 院 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 1.この 特 約 の 女 性 疾 病 入 院 保 険 金 を 次 のとおり 支 払 います 保 険 金 保 険 金 を 支 払 う 場 合 の 種 類 ( 以 下 支 払 事 由 といいます ) 支 払 額 保 険 金 受 取 人 女 性 疾 病 入 院 保 険 金 被 保 険 者 が 保 険 期 間 中 に 次 の 条 件 をすべて 満 たす 入 院 をしたとき 1 責 任 開 始 後 に 発 病 した 別 表 6 の 女 性 疾 病 を 直 接 の 原 因 とした 入 院 ただし 別 表 7 の 悪 性 新 生 物 または 上 皮 内 新 生 物 の 治 療 を 目 的 とした 入 院 は 責 任 開 始 後 90 日 を 経 過 した 日 以 降 に 医 師 によ り 診 断 確 定 された 場 合 に 限 ります 2 入 院 日 数 が 継 続 して 5 日 以 上 の 入 院 入 院 1 回 につき 保 険 証 券 に 記 載 された 女 性 疾 病 入 院 保 険 金 日 額 入 院 日 数 ( 入 院 1 日 目 から 起 算 ) 被 保 険 者 2.2 回 以 上 の 入 院 をした 場 合 でも 同 一 の 女 性 疾 病 が 原 因 のときは1 回 の 入 院 とみなします ただし 女 性 疾 病 入 院 保 険 金 が 支 払 われた 最 終 の 入 院 の 退 院 日 から 180 日 経 過 後 に 開 始 した 入 院 については 新 たな 入 院 として 取 り 扱 います 3. 被 保 険 者 が 女 性 疾 病 による 入 院 を 開 始 したときに 異 なる 女 性 疾 病 を 併 発 していた 場 合 または 入 院 中 に 異 なる 女 性 疾 病 を 併 発 した 場 合 には 入 院 開 始 の 直 接 の 原 因 となった 女 性 疾 病 による 継 続 した 入 院 とみなします 4. 被 保 険 者 が 女 性 疾 病 以 外 の 入 院 中 に 女 性 疾 病 を 発 病 した 場 合 には その 日 から 女 性 疾 病 の 治 療 が 終 了 する 日 までは 女 性 疾 病 による 入 院 とみなします 第 3 条 ( 女 性 疾 病 入 院 保 険 金 の 支 払 限 度 ) 女 性 疾 病 入 院 保 険 金 の 支 払 限 度 は 以 下 のとおりとします (1) 支 払 限 度 日 数 入 院 1 回 についての 支 払 限 度 日 数 は60 日 とします (2)1 保 険 期 間 中 の 支 払 限 度 額 1 保 険 期 間 中 に 発 生 した 保 険 金 の 支 払 事 由 による 女 性 疾 病 入 院 保 険 金 の 合 計 支 払 限 度 額 は 主 契 約 およびガン 入 院 特 約 も 付 加 されている 場 合 にはそれも 含 めて80 万 円 とします 3. 特 約 の 責 任 開 始 保 険 期 間 第 4 条 ( 特 約 の 責 任 開 始 ) この 特 約 の 責 任 開 始 は 主 契 約 と 同 一 とします 第 5 条 ( 特 約 の 保 険 期 間 ) この 特 約 の 保 険 期 間 は 主 契 約 と 同 一 とします 4. 特 約 保 険 料 の 払 込 第 6 条 ( 特 約 保 険 料 の 払 込 ) この 特 約 の 保 険 料 は 主 契 約 の 保 険 料 とともに 払 い 込 むことを 要 します 5. 特 約 の 失 効 第 7 条 ( 特 約 の 失 効 ) 1. 主 契 約 が 効 力 を 失 ったときは この 特 約 も 同 時 に 効 力 を 失 います 2.この 特 約 が 失 効 した 場 合 復 活 することはできません 6. 特 約 の 更 新 第 8 条 ( 特 約 の 更 新 ) 1. 主 契 約 が 更 新 された 場 合 この 特 約 は 主 契 約 とともに 保 険 満 期 日 の 翌 日 に 更 新 されたものとします また 主 契 約 が 更 新 されないときはこの 特 約 も 更 新 されません 2. 更 新 後 のこの 特 約 の 内 容 は 更 新 前 の 内 容 と 同 一 とします 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 7

10 7. 特 約 の 解 約 第 9 条 ( 特 約 の 解 約 ) この 特 約 の 解 約 は 保 険 契 約 のプラン 変 更 となりますので 普 通 保 険 約 款 ( 以 下 主 約 款 といいます ) 第 13 条 および 第 14 条 の 規 定 を 準 用 します ただし 新 たに 被 保 険 者 の 健 康 状 態 や 傷 病 歴 の 告 知 は 必 要 ありません 第 10 条 ( 特 約 の 解 約 返 戻 金 ) この 特 約 の 解 約 返 戻 金 はありません 8. 主 約 款 の 規 定 の 準 用 第 11 条 ( 主 約 款 の 規 定 の 準 用 ) この 特 約 に 別 段 の 定 めのない 場 合 は 主 約 款 の 規 定 を 準 用 します 死 亡 特 約 1. 特 約 の 締 結 第 1 条 ( 特 約 の 締 結 ) 契 約 者 は 主 たる 保 険 契 約 ( 以 下 主 契 約 といいます ) 締 結 の 際 被 保 険 者 の 同 意 および 当 社 の 承 諾 を 得 て この 特 約 を 付 加 したプランに 加 入 することができます 2. 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 2 条 ( 死 亡 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 1.この 特 約 の 死 亡 保 険 金 を 次 のとおり 支 払 います 保 険 金 の 種 類 死 亡 保 険 金 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ( 以 下 支 払 事 由 といいます ) 被 保 険 者 が 保 険 期 間 中 に 死 亡 したとき 支 払 額 保 険 証 券 または 保 険 契 約 継 続 証 に 記 載 された 死 亡 保 険 金 額 2. 被 保 険 者 の 生 死 が 不 明 の 場 合 でも 法 律 上 死 亡 と 認 められた 場 合 は 死 亡 保 険 金 を 支 払 います 保 険 金 受 取 人 死 亡 保 険 金 受 取 人 3. 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 第 3 条 ( 死 亡 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ) 被 保 険 者 が 次 の 各 号 のいずれかにより 死 亡 した 場 合 は 死 亡 保 険 金 を 支 払 いません (1) 契 約 者 または 保 険 金 受 取 人 の 故 意 (2)この 特 約 の 責 任 開 始 の 日 から3 年 以 内 の 自 殺 (3) 地 震 噴 火 または 津 波 (4) 戦 争 その 他 の 変 乱 4. 特 約 の 責 任 開 始 保 険 期 間 第 4 条 ( 特 約 の 責 任 開 始 ) この 特 約 の 責 任 開 始 は 主 契 約 と 同 一 とします 第 5 条 ( 特 約 の 保 険 期 間 ) この 特 約 の 保 険 期 間 は 主 契 約 と 同 一 とします 5. 特 約 保 険 料 の 払 込 第 6 条 ( 特 約 保 険 料 の 払 込 ) この 特 約 の 保 険 料 は 主 契 約 の 保 険 料 とともに 払 い 込 むことを 要 します 6. 特 約 の 失 効 第 7 条 ( 特 約 の 失 効 ) 1. 主 契 約 が 効 力 を 失 ったときは この 特 約 も 同 時 に 効 力 を 失 います 2.この 特 約 が 失 効 した 場 合 復 活 することはできません 7. 特 約 の 更 新 第 8 条 ( 特 約 の 更 新 ) 1. 主 契 約 が 更 新 された 場 合 この 特 約 は 主 契 約 とともに 保 険 満 期 日 の 翌 日 に 更 新 されたものとします また 主 契 約 が 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 8

11 更 新 されないときはこの 特 約 も 更 新 されません 2. 更 新 後 のこの 特 約 の 内 容 は 更 新 前 の 内 容 と 同 一 とします 8. 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 変 更 第 9 条 ( 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 変 更 ) 1. 契 約 者 は 死 亡 保 険 金 の 支 払 事 由 が 発 生 するまでは 死 亡 保 険 金 受 取 人 を 変 更 することができます 2. 前 項 に 定 めるほか 契 約 者 は 法 律 上 有 効 な 遺 言 により 死 亡 保 険 金 受 取 人 を 変 更 することができます この 場 合 契 約 者 の 相 続 人 が 当 社 に 通 知 しなければなりません 3. 前 2 項 の 変 更 については 被 保 険 者 の 同 意 を 得 て 当 社 所 定 の 書 類 が 当 社 に 到 達 したときは 通 知 を 行 った 日 にさかの ぼってその 効 力 が 生 じます なお 書 類 による 通 知 が 当 社 に 到 達 する 前 に 変 更 前 の 死 亡 保 険 金 受 取 人 に 死 亡 保 険 金 を 支 払 ったときは 変 更 後 の 死 亡 保 険 金 受 取 人 から 請 求 を 受 けても 死 亡 保 険 金 を 支 払 いません 4. 死 亡 保 険 金 受 取 人 が 死 亡 保 険 金 の 支 払 事 由 発 生 前 に 死 亡 したときは その 相 続 人 全 員 を 死 亡 保 険 金 受 取 人 とし 受 取 割 合 は 均 等 とします この 場 合 の 死 亡 保 険 金 受 取 人 の 一 部 が 故 意 に 被 保 険 者 を 死 亡 させたときには 死 亡 保 険 金 の 残 額 を 他 の 死 亡 保 険 金 受 取 人 に 支 払 います 9. 特 約 の 解 約 第 10 条 ( 特 約 の 解 約 ) この 特 約 の 解 約 は 保 険 契 約 のプラン 変 更 となりますので 普 通 保 険 約 款 ( 以 下 主 約 款 といいます ) 第 13 条 および 第 14 条 の 規 定 を 準 用 します ただし 新 たに 被 保 険 者 の 健 康 状 態 や 傷 病 歴 の 告 知 は 必 要 ありません 第 11 条 ( 特 約 の 解 約 返 戻 金 ) この 特 約 の 解 約 返 戻 金 はありません 10. 主 約 款 の 規 定 の 準 用 第 12 条 ( 主 約 款 の 規 定 の 準 用 ) この 特 約 に 別 段 の 定 めのない 場 合 は 主 約 款 の 規 定 を 準 用 します 特 別 条 件 特 約 (B) 1. 特 約 の 締 結 第 1 条 ( 特 約 の 締 結 ) 契 約 者 は 主 たる 保 険 契 約 ( 以 下 主 契 約 といいます ) 締 結 の 際 被 保 険 者 の 同 意 および 当 社 の 承 諾 を 得 て この 特 約 を 付 加 することができます 第 2 条 ( 被 保 険 者 ) この 特 約 条 項 は 以 下 の 条 件 を 満 たした 被 保 険 者 に 付 加 することができます 過 去 1 年 以 内 に 次 の 不 妊 治 療 の 経 験 がある 女 性 ( 申 込 日 または 更 新 日 現 在 において 予 定 しているもの を 含 みます ) 排 卵 誘 発 剤 の 投 与 人 工 授 精 または 体 外 受 精 2. 特 定 疾 病 不 担 保 第 3 条 ( 特 定 疾 病 不 担 保 ) 当 社 は この 特 約 条 項 に 従 い 以 下 の 特 定 疾 病 等 の 治 療 を 目 的 とする 入 院 手 術 については 普 通 保 険 約 款 ( 以 下 主 約 款 といいます )の 入 院 保 険 金 手 術 保 険 金 ならびにこれに 付 加 する 女 性 疾 病 入 院 特 約 の 女 性 疾 病 入 院 保 険 金 を 支 払 いません < 不 担 保 となる 特 定 疾 病 等 > 卵 巣 過 剰 刺 激 症 候 群 (OHSS) 骨 盤 腹 膜 炎 子 宮 内 膜 ポリープ 帝 王 切 開 流 産 ( 切 迫 流 産 を 含 む) 切 迫 早 産 3. 特 約 の 責 任 開 始 保 険 期 間 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 9

12 第 4 条 ( 特 約 の 責 任 開 始 ) この 特 約 の 責 任 開 始 は 主 契 約 と 同 一 とします 第 5 条 ( 特 約 の 保 険 期 間 ) この 特 約 の 保 険 期 間 は 主 契 約 と 同 一 とします 4. 特 約 の 失 効 第 6 条 ( 特 約 の 失 効 ) 主 契 約 が 効 力 を 失 ったときは この 特 約 も 同 時 に 効 力 を 失 います 5. 特 約 の 更 新 および 削 除 第 7 条 ( 特 約 の 更 新 ) 1. 主 契 約 が 更 新 された 場 合 この 特 約 は 主 契 約 とともに 保 険 満 期 日 の 翌 日 に 更 新 されたものとします また 主 契 約 が 更 新 されないときはこの 特 約 も 更 新 されません 2. 更 新 後 のこの 特 約 の 内 容 は 更 新 前 の 内 容 と 同 一 とします 第 8 条 ( 特 約 の 削 除 ) 1. 契 約 者 は 被 保 険 者 が 第 2 条 の 条 件 を 満 たさなくなったときは 被 保 険 者 の 同 意 および 当 社 の 承 諾 を 得 て 保 険 契 約 更 新 時 にこの 特 約 を 削 除 することができます 2. 契 約 者 が 前 項 の 規 定 による 削 除 を 行 う 場 合 は 保 険 満 期 日 の15 日 前 ( 当 該 日 が 休 業 日 の 場 合 は 前 営 業 日 となりま す )までに 当 社 所 定 の 書 類 を 提 出 し 当 社 の 承 諾 を 得 る 必 要 があります なお 当 社 が 承 諾 した 場 合 は 特 約 を 削 除 した 保 険 契 約 継 続 証 を 発 送 します また 当 社 が 承 諾 しなかった 場 合 は 保 険 満 期 日 までに 契 約 者 に 通 知 します 6. 特 約 の 解 約 第 9 条 ( 特 約 の 解 約 ) 保 険 期 間 中 に この 特 約 のみを 解 約 することはできません 7. 主 約 款 の 規 定 の 準 用 第 10 条 ( 主 約 款 の 規 定 の 準 用 ) この 特 約 に 別 段 の 定 めのない 場 合 は 主 約 款 およびこれに 付 加 された 他 の 特 約 の 規 定 を 準 用 します インターネットによる 通 信 販 売 特 約 (クレジットカード 払 ) 1. 特 約 の 締 結 第 1 条 ( 特 約 の 締 結 ) 1. 契 約 者 は 主 たる 保 険 契 約 ( 以 下 主 契 約 といいます ) 締 結 の 際 当 社 の 承 諾 を 得 て この 特 約 を 主 契 約 に 付 加 し て 締 結 できます 2.この 特 約 は 次 の 条 件 をすべて 満 たす 場 合 に 締 結 できます (1) インターネットを 利 用 して 保 険 契 約 を 申 込 むこと (2) 当 社 と 提 携 しているクレジットカードにより 保 険 料 を 払 い 込 むこと 2. 保 険 契 約 の 申 込 第 2 条 ( 保 険 契 約 の 申 込 ) 1. 契 約 者 は インターネットを 利 用 して 当 社 のインターネット 契 約 申 込 画 面 から 保 険 契 約 の 申 込 をすることができるも のとします 2. 当 社 は インターネット 契 約 申 込 画 面 による 保 険 契 約 の 申 込 みを 受 けたときは 契 約 者 に 対 して 申 込 完 了 メールを 送 信 します 3. 当 社 は 申 込 完 了 メール 送 信 後 保 険 契 約 の 申 込 に 対 する 承 諾 可 否 の 判 断 を 行 い 承 諾 した 場 合 は 契 約 者 に 対 して 保 険 証 券 を 発 送 します 第 3 条 ( 重 要 事 項 説 明 書 の 確 認 と 同 意 ) 契 約 者 は 前 条 のインターネット 契 約 申 込 画 面 の 中 において 重 要 事 項 説 明 書 の 確 認 と 同 意 をしなければなりません 3. 保 険 料 の 払 込 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 10

13 第 4 条 ( 第 1 回 保 険 料 の 払 込 ) 1. 第 1 回 保 険 料 の 払 い 込 みは 第 2 条 のインターネット 契 約 申 込 画 面 の 手 続 きに 従 い 当 社 が 当 該 クレジットカードの 有 効 性 等 を 確 認 できた 日 に 当 社 に 払 い 込 まれたものとします 2. 前 項 において クレジットカードの 有 効 性 等 が 確 認 できなかった 場 合 は 保 険 契 約 の 申 込 みは 完 了 しません 第 5 条 ( 第 2 回 以 後 の 保 険 料 の 払 込 ) 1. 第 2 回 以 後 の 保 険 料 の 払 い 込 みは 当 社 が 当 該 クレジットカードの 有 効 性 等 を 確 認 できた 日 に 保 険 料 が 当 社 に 払 い 込 ま れたものとします 2. 第 2 回 以 後 の 保 険 料 の 払 い 込 みにおいて クレジットカードの 有 効 性 等 が 確 認 できなかった 場 合 主 契 約 に 定 める 払 込 猶 予 期 間 までに すでに 到 来 した 未 払 込 保 険 料 を 当 社 の 指 定 した 口 座 に 払 い 込 んでください 未 払 込 保 険 料 の 払 い 込 みの ない 場 合 には 保 険 契 約 は 払 込 猶 予 期 間 満 了 日 の 翌 日 から 効 力 を 失 います 4.クレジットカード 会 社 から 保 険 料 相 当 額 を 領 収 できない 場 合 第 6 条 (クレジットカード 会 社 から 保 険 料 相 当 額 を 領 収 できない 場 合 ) 1.クレジットカードの 有 効 性 等 を 確 認 できた 場 合 であっても 次 のすべてを 満 たす 場 合 当 社 は 契 約 者 に 直 接 保 険 料 を 請 求 できるものとします (1) 当 社 がカード 会 社 より 保 険 料 相 当 額 を 領 収 できないこと (2) 契 約 者 がカード 会 社 に 対 して 保 険 料 相 当 額 を 支 払 っていないこと 2. 第 1 回 保 険 料 相 当 額 を 領 収 できなかった 場 合 は 次 のとおりとします 当 社 が 第 1 項 の 規 定 により 契 約 者 に 保 険 料 を 請 求 し 1か 月 以 内 に 第 1 回 保 険 料 および 未 払 込 保 険 料 の 払 い 込 みがない 場 合 は 保 険 契 約 は 不 成 立 とします 3. 第 2 回 以 後 の 保 険 料 相 当 額 を 領 収 できなかった 場 合 は 次 のとおりとします 当 社 が 第 1 項 の 規 定 により 契 約 者 に 保 険 料 を 請 求 し 契 約 者 が 主 約 款 に 定 める 猶 予 期 間 満 了 の 日 までに 未 払 込 保 険 料 の 払 い 込 みのない 場 合 には 保 険 契 約 は 払 込 猶 予 期 間 満 了 日 の 翌 日 から 効 力 を 失 います 5. 払 込 方 法 等 の 変 更 第 7 条 ( 指 定 クレジットカードの 変 更 ) 1. 契 約 者 は 指 定 クレジットカードを 変 更 することができます 2. 契 約 者 が 前 項 の 請 求 をするときは 当 社 所 定 の 書 類 を 提 出 してください 第 8 条 ( 払 込 方 法 の 変 更 ) 1. 払 込 方 法 の 変 更 は 主 契 約 の 更 新 時 に 限 り 行 うことができます 2. 契 約 者 が 前 項 の 請 求 をするときは 当 社 所 定 の 書 類 を 提 出 してください 6. 特 約 の 更 新 第 9 条 ( 特 約 の 更 新 ) 主 契 約 が 更 新 された 場 合 この 特 約 は 主 契 約 とともに 特 約 の 保 険 満 期 日 の 翌 日 に 更 新 されたものとします また 主 契 約 が 更 新 されないときはこの 特 約 も 更 新 されません 7. 普 通 保 険 約 款 の 規 定 の 準 用 第 10 条 ( 普 通 保 険 約 款 の 規 定 の 準 用 ) この 特 約 に 別 段 の 定 めのない 場 合 は 普 通 保 険 約 款 の 規 定 を 準 用 します 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 11

14 別 表 1 不 慮 の 事 故 対 象 となる 不 慮 の 事 故 は 急 激 かつ 偶 発 的 な 外 来 の 事 故 (ただし 疾 病 または 体 質 的 な 要 因 を 有 する 者 が 軽 微 な 外 因 により 発 症 しまたはその 症 状 が 憎 悪 したときには その 軽 微 な 外 因 は 急 激 かつ 偶 発 的 な 外 来 の 事 故 とみなしません )で かつ 昭 和 53 年 12 月 15 日 行 政 管 理 庁 告 示 第 73 号 に 定 められた 分 類 項 目 中 下 記 のものとし 分 類 項 目 の 内 容 については 厚 生 省 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 編 疾 病 傷 害 および 死 因 統 計 分 類 提 要 昭 和 54 年 版 によるものとします 分 類 項 目 基 本 分 類 表 番 号 1. 鉄 道 事 故 E800~E 自 動 車 交 通 事 故 E810~E 自 動 車 非 交 通 事 故 E820~E その 他 の 道 路 交 通 機 関 事 故 E826~E 水 上 交 通 機 関 事 故 E830~E 航 空 機 および 宇 宙 交 通 機 関 事 故 E840~E 他 に 分 類 されない 交 通 機 関 事 故 E846~E 医 薬 品 および 生 物 学 的 製 剤 による 不 慮 の 中 毒 ただし 外 用 薬 または 薬 物 接 触 によるアレルギー 皮 膚 炎 などは 含 まれません また 疾 病 の 診 断 治 療 を 目 的 としたものは 除 外 します 9. その 他 の 固 体 液 体 ガスおよび 蒸 気 による 不 慮 の 中 毒 ただし 洗 剤 油 脂 およびグリース 溶 剤 その 他 の 化 学 物 質 による 接 触 皮 膚 炎 ならびにサルモネラ 性 食 中 毒 細 菌 性 食 中 毒 (ブドー 球 菌 性 ボツリヌス 菌 性 その 他 および 詳 細 不 明 の 細 菌 性 食 中 毒 )および アレルギー 性 食 餌 性 中 毒 性 の 胃 腸 炎 大 腸 炎 は 含 まれません 10. 外 科 的 および 内 科 的 診 療 上 の 患 者 事 故 ただし 疾 病 の 診 断 治 療 を 目 的 としたものは 除 きます 11. 患 者 の 異 常 反 応 あるいは 後 発 合 併 症 を 生 じた 外 科 的 および 内 科 的 処 置 で 処 置 時 事 故 の 記 載 のないもの ただし 疾 病 の 診 断 治 療 を 目 的 としたものは 除 外 します E850~E858 E860~E869 E870~E876 E878~E 不 慮 の 墜 落 E880~E 火 災 および 火 焔 による 不 慮 の 事 故 E890~E 自 然 および 環 境 要 因 による 不 慮 の 事 故 ただし 過 度 の 高 温 (E900) 中 の 気 象 条 件 によるもの 高 圧 低 圧 および 気 圧 の 変 化 (E902) 旅 行 および 身 体 動 揺 (E903) および 飢 餓 渇 不 良 環 境 曝 露 および 放 置 (E904) 中 の 飢 餓 渇 は 除 外 します 15. 溺 水 窒 息 および 異 物 による 不 慮 の 事 故 ただし 疾 病 による 呼 吸 障 害 嚥 下 障 害 精 神 神 経 障 害 の 状 態 にある 者 の 食 物 の 吸 入 または 嚥 下 によ る 気 道 閉 塞 または 窒 息 (E911) その 他 の 物 体 の 吸 入 または 嚥 下 による 気 道 の 閉 塞 または 窒 息 (E912) は 除 外 します 16. その 他 の 不 慮 の 事 故 ただし 努 力 過 度 および 激 しい 運 動 (E927) 中 の 過 度 の 肉 体 行 使 レクリエーション その 他 の 活 動 に おける 過 度 の 運 動 および その 他 および 詳 細 不 明 の 環 境 的 原 因 および 不 慮 の 事 故 (E928) 中 の 無 重 力 環 境 への 長 期 滞 在 騒 音 暴 露 振 動 は 除 外 します 17. 医 薬 品 および 生 物 学 的 製 剤 の 治 療 上 使 用 による 有 害 作 用 ただし 外 用 薬 または 薬 物 接 触 によるアレルギー 皮 膚 炎 などは 含 まれません また 疾 病 の 診 断 治 療 を 目 的 としたものは 除 外 します E900~E909 E910~E915 E916~E928 E930~E 他 人 の 加 害 による 損 傷 E960~E969 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 12

15 別 表 2 対 象 となる 手 術 対 象 となる 手 術 とは 医 師 が 治 療 を 直 接 の 目 的 として メスなどの 器 具 を 用 いて 患 部 や 必 要 部 位 に 切 除 摘 出 などの 処 置 を 施 すことをいい 下 表 の 手 術 番 号 1~88 を 指 します 対 象 となる 手 術 皮 膚 乳 房 の 手 術 1. 植 皮 術 (25c m2 未 満 は 除 く ) 2. 乳 房 切 断 術 筋 骨 の 手 術 ( 抜 釘 術 は 除 く ) 3. 骨 移 植 術 4. 骨 髄 炎 骨 結 核 手 術 ( 膿 瘍 の 単 なる 切 開 は 除 く ) 5. 頭 蓋 骨 観 血 手 術 ( 鼻 骨 鼻 中 隔 を 除 く ) 6. 鼻 骨 観 血 手 術 ( 鼻 中 隔 弯 曲 症 手 術 を 除 く ) 7. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 肉 の 処 置 に 伴 うものを 除 く ) 8. 脊 椎 骨 盤 観 血 手 術 9. 鎖 骨 肩 胛 骨 肋 骨 胸 骨 観 血 手 術 10. 四 肢 切 断 術 ( 手 指 足 指 を 除 く ) 11. 切 断 四 肢 再 接 合 術 ( 骨 関 節 の 離 断 に 伴 うもの ) 12. 四 肢 骨 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 を 除 く ) 13. 筋 腱 靭 帯 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 を 除 く 筋 炎 結 節 腫 粘 液 腫 手 術 は 除 く ) 呼 吸 器 胸 部 の 手 術 14. 慢 性 副 鼻 腔 炎 根 本 手 術 15. 喉 頭 全 摘 除 術 16. 気 管 気 管 支 肺 胸 膜 手 術 ( 開 胸 術 を 伴 うもの ) 17. 胸 郭 形 成 術 18. 縦 隔 腫 瘍 摘 出 術 循 環 器 脾 の 手 術 19. 観 血 的 血 管 形 成 術 ( 血 液 透 析 用 外 シャント 形 成 術 を 除 く ) 20. 静 脈 瘤 根 本 手 術 21. 大 動 脈 大 静 脈 肺 動 脈 冠 動 脈 手 術 ( 開 胸 開 腹 術 を 伴 うもの ) 22. 心 膜 切 開 縫 合 術 23. 直 視 下 心 臓 内 手 術 24. 体 内 用 ペースメーカー 埋 込 術 25. 脾 摘 除 術 消 化 器 の 手 術 26. 耳 下 腺 腫 瘍 摘 出 術 27. 顎 下 腺 腫 瘍 摘 出 術 28. 食 道 離 断 術 29. 胃 切 除 術 30.その 他 の 胃 食 道 手 術 ( 開 胸 開 腹 術 を 伴 うもの ) 31. 腹 膜 炎 手 術 32. 肝 臓 胆 嚢 胆 道 膵 臓 観 血 手 術 33.ヘルニア 根 本 手 術 34. 虫 垂 切 除 術 盲 腸 縫 縮 術 35. 直 腸 脱 根 本 手 術 36.その 他 の 腸 腸 間 膜 手 術 ( 開 腹 術 を 伴 うもの ) 37. 痔 瘻 脱 肛 痔 核 根 本 手 術 ( 根 治 を 目 的 としたもので 処 置 単 なる 痔 核 のみの 手 術 は 除 く ) 尿 性 器 の 手 術 38. 腎 移 植 手 術 ( 受 容 者 に 限 る ) 39. 腎 臓 腎 盂 尿 管 膀 胱 観 血 手 術 ( 経 尿 道 的 操 作 は 除 く ) 40. 尿 道 狭 窄 観 血 手 術 ( 経 尿 道 的 操 作 は 除 く ) 41. 尿 瘻 閉 鎖 観 血 手 術 ( 経 尿 道 的 操 作 は 除 く ) 42. 陰 茎 切 断 術 43. 睾 丸 副 睾 丸 精 管 精 索 精 嚢 前 立 腺 手 術 44. 陰 嚢 水 腫 根 本 手 術 45. 子 宮 広 汎 全 摘 除 術 ( 単 純 子 宮 全 摘 などの 子 宮 全 摘 除 術 は 除 く ) 46. 子 宮 頸 管 形 成 術 子 宮 頸 管 縫 縮 術 47. 帝 王 切 開 娩 出 術 48. 子 宮 外 妊 娠 手 術 対 象 となる 手 術 49. 子 宮 脱 膣 脱 手 術 50.その 他 の 子 宮 手 術 ( 子 宮 頸 管 ポリープ 切 除 術 人 工 妊 娠 中 絶 術 を 除 く ) 51. 卵 管 卵 巣 観 血 手 術 ( 経 膣 的 操 作 は 除 く ) 52.その 他 の 卵 管 卵 巣 手 術 内 分 泌 器 の 手 術 53. 下 垂 体 腫 瘍 摘 除 術 54. 甲 状 腺 手 術 55. 副 腎 全 摘 除 術 神 経 の 手 術 56. 頭 蓋 内 観 血 手 術 57. 神 経 観 血 手 術 ( 形 成 術 移 植 術 切 除 術 減 圧 術 開 放 術 捻 除 術 ) 58. 観 血 的 脊 髄 腫 瘍 摘 出 手 術 59. 脊 髄 硬 膜 内 外 観 血 手 術 感 覚 器 視 器 の 手 術 60. 眼 瞼 下 垂 症 手 術 61. 涙 小 管 形 成 術 62. 涙 嚢 鼻 腔 吻 合 術 63. 結 膜 嚢 形 成 術 64. 角 膜 移 植 術 65. 観 血 的 前 房 虹 彩 硝 子 体 眼 窩 内 異 物 除 去 術 66. 虹 彩 前 後 癒 着 剥 離 術 67. 緑 内 障 観 血 手 術 68. 白 内 障 水 晶 体 観 血 手 術 69. 硝 子 体 観 血 手 術 70. 網 膜 剥 離 症 手 術 71.レーザー 冷 凍 凝 固 による 眼 球 手 術 ( 施 術 の 開 始 日 か ら 60 日 の 間 に1 回 の 給 付 を 限 度 とする ) 72. 眼 球 摘 除 術 組 織 充 填 術 73. 眼 窩 腫 瘍 摘 出 術 74. 眼 筋 移 植 術 感 覚 器 視 器 の 手 術 においては 屈 折 矯 正 手 術 は 支 払 の 対 象 となりません 感 覚 器 聴 器 の 手 術 75. 観 血 的 鼓 膜 鼓 室 形 成 術 76. 乳 様 洞 削 開 術 77. 中 耳 根 本 手 術 78. 内 耳 観 血 手 術 79. 聴 神 経 腫 瘍 摘 出 術 悪 性 新 生 物 の 手 術 80. 悪 性 新 生 物 根 治 手 術 81. 悪 性 新 生 物 温 熱 療 法 ( 施 術 の 開 始 日 から 60 日 の 間 に 1 回 の 給 付 を 限 度 とする ) 82.その 他 の 悪 性 新 生 物 手 術 上 記 以 外 の 手 術 83. 上 記 以 外 の 開 頭 術 84. 上 記 以 外 の 開 胸 術 85. 上 記 以 外 の 開 腹 術 86. 衝 撃 波 による 体 内 結 石 破 砕 術 ( 施 術 の 開 始 日 から 60 日 の 間 に1 回 の 給 付 を 限 度 とする ) 87.ファイバースコープまたは 血 管 バスケットカテーテ ルによる 脳 喉 頭 胸 腹 部 臓 器 手 術 ( 検 査 処 置 は 含 まない 施 術 の 開 始 日 から 60 日 の 間 に1 回 の 給 付 を 限 度 とする ) 新 生 物 根 治 放 射 線 照 射 88. 新 生 物 根 治 放 射 線 照 射 (5,000 ラド 以 上 の 照 射 で 施 術 の 開 始 日 から 60 日 の 間 に1 回 の 給 付 を 限 度 とす る ) 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 13

16 別 表 3 保 険 金 の 請 求 に 必 要 な 書 類 保 険 金 の 請 求 に 必 要 な 書 類 は 以 下 のとおりです 項 目 入 院 保 険 金 手 術 保 険 金 女 性 疾 病 入 院 保 険 金 死 亡 保 険 金 1 当 社 所 定 の 保 険 金 請 求 書 2 当 社 所 定 の 様 式 による 医 師 の 診 断 書 必 要 書 類 1 当 社 所 定 の 保 険 金 請 求 書 2 保 険 証 券 および 保 険 契 約 継 続 証 ( 更 新 契 約 の 場 合 ) 3 当 社 所 定 の 様 式 による 医 師 の 死 亡 証 明 書 (ただし 当 社 が 認 めた 場 合 は 医 師 の 死 亡 診 断 書 また は 死 体 検 案 書 ) 4 保 険 金 受 取 人 の 戸 籍 謄 本 および 印 鑑 証 明 書 ( 注 ) 上 記 各 保 険 金 の 請 求 を 第 三 者 に 委 任 する 場 合 は 請 求 委 任 を 証 する 書 類 および 委 任 した 者 の 印 鑑 証 明 書 が 必 要 です 別 表 4 保 険 金 を 支 払 うために 行 う 必 要 な 確 認 確 認 の 内 容 (1) 保 険 金 の 支 払 事 由 としてこの 保 険 契 約 において 定 める 事 由 に 該 当 する 事 実 の 有 無 (2) 保 険 金 が 支 払 われない 事 由 としてこの 保 険 契 約 において 定 める 事 由 に 該 当 する 事 実 の 有 無 (3) (4) 第 20 条 第 1 項 に 定 める 告 知 義 務 違 反 に 該 当 する 可 能 性 がある 場 合 当 社 が 告 知 を 求 めた 事 項 および 告 知 義 務 違 反 に 至 った 原 因 第 22 条 第 1 項 各 号 に 定 める 重 大 事 由 に 該 当 する 可 能 性 がある 場 合 契 約 者 被 保 険 者 もしくは 保 険 金 受 取 人 の 保 険 契 約 締 結 の 目 的 または 保 険 金 請 求 の 意 図 に 関 する 事 実 別 表 5 特 別 な 照 会 や 調 査 および 保 険 金 支 払 期 日 特 別 な 照 会 や 調 査 の 内 容 支 払 期 日 (1) (2) (3) 別 表 4(1) (2)または(4)を 確 認 するための 警 察 検 察 消 防 その 他 の 公 の 機 関 による 捜 査 調 査 結 果 の 照 会 ( 弁 護 士 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 205 号 )に 基 づく 照 会 その 他 法 令 に 基 づく 照 会 を 含 みます ) 別 表 4(1) (2)または(4)を 確 認 するための 学 究 機 関 等 の 専 門 機 関 による 医 学 または 工 学 等 の 科 学 技 術 的 な 特 別 な 調 査 分 析 または 鑑 定 別 表 4(2)または(4)を 確 認 するための 契 約 者 被 保 険 者 または 死 亡 保 険 金 受 取 人 を 被 疑 者 として 捜 査 起 訴 その 他 刑 事 手 続 きが 開 始 されたことが 報 道 等 から 明 らかな 場 合 における 別 表 4(2)または(4) に 定 める 事 項 に 関 する 送 致 起 訴 判 決 等 の 刑 事 手 続 きの 結 果 について 警 察 検 察 等 の 捜 査 機 関 ま たは 裁 判 所 に 対 する 照 会 180 日 180 日 180 日 (4) 別 表 4の 各 号 の 確 認 を 日 本 国 内 において 行 うための 代 替 的 な 手 段 がない 場 合 の 日 本 国 外 における 調 査 180 日 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 13

17 別 表 6 女 性 疾 病 対 象 となる 女 性 疾 病 は 平 成 6 年 10 月 12 日 総 務 庁 告 示 第 75 号 に 定 められた 分 類 項 目 中 下 記 のものとし 分 類 項 目 の 内 容 に ついては 厚 生 省 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 編 疾 病 傷 害 および 死 因 統 計 分 類 提 要 ICD-10(2003 年 版 ) 準 拠 によるものとします 女 性 疾 病 の 種 類 分 類 項 目 基 本 分 類 コード 悪 性 新 生 物 上 皮 内 新 生 物 良 性 新 生 物 内 分 泌 栄 養 および 代 謝 疾 患 妊 娠 分 娩 および 産 じょく( 褥 ) 尿 路 性 器 系 の 疾 患 乳 房 の 悪 性 新 生 物 外 陰 ( 部 )の 悪 性 新 生 物 膣 の 悪 性 新 生 物 子 宮 頸 ( 部 )の 悪 性 新 生 物 子 宮 体 部 の 悪 性 新 生 物 子 宮 の 悪 性 新 生 物 部 位 不 明 卵 巣 の 悪 性 新 生 物 その 他 および 部 位 不 明 の 女 性 生 殖 器 の 悪 性 新 生 物 胎 盤 の 悪 性 新 生 物 乳 房 の 上 皮 内 癌 子 宮 頸 ( 部 )の 上 皮 内 癌 その 他 および 部 位 不 明 の 生 殖 器 の 上 皮 内 癌 (D17)のうち 子 宮 内 膜 外 陰 部 膣 その 他 および 部 位 不 明 の 女 性 生 殖 器 乳 房 の 良 性 新 生 物 子 宮 平 滑 筋 腫 子 宮 のその 他 の 良 性 新 生 物 卵 巣 の 良 性 新 生 物 その 他 および 部 位 不 明 の 女 性 生 殖 器 の 良 性 新 生 物 女 性 生 殖 器 の 性 状 不 詳 または 不 明 の 良 性 新 生 物 C50 C51 C52 C53 C54 C55 C56 C57 C58 D05 D06 D07.0 D07.1 D07.2 D07.3 その 他 および 部 位 不 明 の 性 状 不 詳 または 不 明 の 新 生 物 (D48)のうち 乳 房 D48.6 卵 巣 機 能 障 害 流 産 に 終 わった 妊 娠 妊 娠 分 娩 および 産 褥 における 浮 腫 たんぱく( 蛋 白 ) 尿 および 高 血 圧 性 障 害 主 として 妊 娠 に 関 連 するその 他 の 母 体 障 害 胎 児 および 羊 膜 腔 に 関 連 する 母 体 ケアならびに 予 想 される 分 娩 の 諸 問 題 分 娩 の 合 併 症 分 娩 ( 単 胎 自 然 分 娩 (O80)は 除 く) 主 として 産 褥 に 関 連 する 合 併 症 その 他 の 産 科 的 病 態 他 に 分 類 されないもの 乳 房 の 障 害 女 性 骨 盤 臓 器 の 炎 症 性 障 害 女 性 生 殖 器 の 非 炎 症 性 障 害 D24 D25 D26 D27 D28 D39 E28 O00~O08 O10~O16 O20~O29 O30~O48 O60~O75 O81~O84 O85~O92 O95~O99 N60~N64 N70~N77 N80~N98 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 14

18 別 表 7 悪 性 新 生 物 または 上 皮 内 新 生 物 (ガン) 対 象 となる 悪 性 新 生 物 または 上 皮 内 新 生 物 (ガン)とは 平 成 6 年 10 月 12 日 総 務 庁 告 示 第 75 号 に 定 められた 分 類 項 目 中 下 記 のものとし 分 類 項 目 の 内 容 については 厚 生 省 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 編 疾 病 傷 害 および 死 因 統 計 分 類 提 要 ICD-10(2003 年 版 ) 準 拠 によるものとします Ⅰ 悪 性 新 生 物 分 類 項 目 口 唇 口 腔 および 咽 頭 の 悪 性 新 生 物 消 化 器 の 悪 性 新 生 物 呼 吸 器 および 胸 腔 内 臓 器 の 悪 性 新 生 物 骨 および 関 節 軟 骨 の 悪 性 新 生 物 皮 膚 の 黒 色 腫 およびその 他 皮 膚 の 悪 性 新 生 物 中 皮 および 軟 部 組 織 の 悪 性 新 生 物 乳 房 の 悪 性 新 生 物 女 性 生 殖 器 の 悪 性 新 生 物 男 性 生 殖 器 の 悪 性 新 生 物 尿 路 の 悪 性 新 生 物 眼 脳 およびその 他 の 中 枢 神 経 系 の 部 位 の 悪 性 新 生 物 甲 状 腺 およびその 他 の 内 分 泌 腺 の 悪 性 新 生 物 部 位 不 明 確 続 発 部 位 および 部 位 不 明 の 悪 性 新 生 物 リンパ 組 織 造 血 組 織 および 関 連 組 織 の 悪 性 新 生 物 独 立 した( 原 発 性 ) 多 部 位 の 悪 性 新 生 物 基 本 分 類 コード C00~C14 C15~C26 C30~C39 C40~C41 C43~C44 C45~C49 C50 C51~C58 C60~C63 C64~C68 C69~C72 C73~C75 C76~C80 C81~C96 C97 Ⅱ 上 皮 内 新 生 物 上 皮 内 新 生 物 分 類 項 目 基 本 分 類 コード D00~D07,D09 備 考 上 皮 内 新 生 物 とは 1987 年 国 際 対 がん 連 合 (UICC)により 発 行 された TNM 悪 性 腫 瘍 の 分 類 改 訂 第 4 版 で 病 期 分 類 が0 期 の 上 皮 内 癌 を 含 みます 従 って 大 腸 粘 膜 内 癌 等 は 上 皮 内 新 生 物 として 取 り 扱 います 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 15

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

Microsoft Word - 3大疾病保障特約付団体信用生命保険の概要_村上.docx

Microsoft Word - 3大疾病保障特約付団体信用生命保険の概要_村上.docx 3 大 疾 病 保 障 特 約 付 団 体 信 用 生 命 保 険 の 概 要 一 般 団 体 信 用 生 命 保 険 3 大 疾 病 保 障 特 約 死 亡 保 障 + 高 度 障 害 保 障 全 国 保 証 ( 一 社 )しんきん 保 証 基 金 保 険 契 約 者 全 国 保 証 信 金 中 央 金 庫 申 込 時 年 齢 と 実 行 時 年 齢 満 20 歳 以 上 満 50 歳 未 満 満

More information

終身保険(無選択型)普通保険約款

終身保険(無選択型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 保 険 金 の 削 減 支 払 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 第 6 条 保 険 料 の 払 込 第 7 条 保 険 料 の 払 込

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

養老保険普通保険約款

養老保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 戦 争 その 他 の 変 乱 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 免 除 第 6 条 保 険 料 の 払 込 免 除 第 7 条 保 険

More information

●終身・定期総合医療共済/終身・定期総合医療共済ジュニア特約●

●終身・定期総合医療共済/終身・定期総合医療共済ジュニア特約● 15.7 終 身 定 期 総 合 医 療 / 終 身 定 期 総 合 医 療 ジュニア 特 約 終 身 定 期 総 合 医 療 のしくみ 年 定 期 型 終 身 型 入 院 金 金 退 院 金 通 院 金 ご 契 約 保 障 期 間 ( 年 ) 満 了 ご 契 約 保 障 期 間 ( 終 身 ) お 支 払 事 由 など(お 支 払 事 由 の 詳 細 およびお 支 払 いできない 場 合 等 については

More information

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 第 1 条 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 2 責 任 開 始 期 第 2 条 責 任 開 始 期 3 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 額 第 4 条 保 険 金 の 支 払 第 5 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 戦 争 その 他 の 変 乱

More information

変額個人年金保険普通保険約款

変額個人年金保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 特 別 勘 定 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 の 指 定 変 更 2 積 立 金 第 3 条 積 立 金 第 4 条 積 立 金 の 移 転 3 責 任 開 始 期 第 5 条 責 任 開 始 期 4 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 第 6 条 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

10分冊_表紙1

10分冊_表紙1 この の 概 要 5 年 ごと 配 当 付 一 時 払 積 立 保 険 条 項 目 次 第 1 条 満 期 保 険 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 支 払 第 2 条 満 期 保 険 の 支 払 に 関 する 補 則 第 3 条 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 の 免 責

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 死 亡 後 遺 障 害 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送 車

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に 原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 目 次 この 保 険 の 概 要 1. 特 別 勘 定 および 積 立 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 特 別 勘 定 群 および 特 別 勘 定 群 に 含 まれる 特 別 勘 定 の 種 類 第 3 条 特 別 勘 定 の 指 定 第 4 条 積 立 第 5 条 特 別 勘 定 の 廃 止 に 伴 う 積 立 の 移 転 9.

More information

目  次

目  次 年 金 手 当 について 障 害 基 礎 年 金 公 的 年 金 制 度 に 加 入 している 期 間 中 に 被 った 傷 病 により 障 害 者 になった 場 合 に 年 金 や 一 時 金 が 支 給 されます( 申 請 は 原 則 65 歳 までとなりま) 制 度 の 種 類 支 給 要 件 年 金 額 中 央 窓 口 センター 国 民 年 金 係 823-9439 国 民 年 金 障 害

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

Microsoft Word - s-17-yatukan

Microsoft Word - s-17-yatukan 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は, 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 保 険 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行

More information

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対 軽 自 動 車 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 ( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対 象 お よ び 処 理 方 法

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57> 平 成 18 年 12 月 平 成 19 年 10 月 ( 追 加 改 正 ) 平 成 20 年 5 月 ( 改 正 ) ポジティブアクション 推 進 プロジェクト 一 人 で 悩 む 前 に まずご 相 談 ください 妊 娠 したのですが どのような 手 続 をすればいいのですか? 産 休 から 育 児 休 暇 への 流 れは 次 の 通 りです 産 前 休 暇 出 産 産 後 休 暇 育 児 休

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

2_02_kitei2.ppt

2_02_kitei2.ppt 認 可 特 定 保 険 業 医 師 年 金 規 程 の 主 な 改 定 内 容 平 成 24 年 11 月 日 本 医 師 会 年 金 規 程 改 定 の 基 本 方 針 について 今 般 の 保 険 業 法 改 正 に 伴 う 認 可 特 定 保 険 業 申 請 にあたり 本 会 の 基 本 方 針 としては 現 行 の 年 金 制 度 の 枠 組 みを 変 更 せず 維 持 する としつつ 保

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時 金 直 接 支 払 制 度 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 事 務 取 扱 規 則 ( 昭 和 58 年 綾 瀬 市 規 則 第 2 5 号 以 下 規 則 という ) 第 14 条 第 2 項 に 規 定 する 被 保 険 者 等 が 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所

More information

3 保 険 料 ( 掛 金 )を 納 めていること 原 則 として 初 診 日 月 前 々 月 まで 国 民 年 金 加 入 期 間 全 体 うち 3 分 2 以 上 きち んと 納 めている( 保 険 料 免 除 期 間 も 含 む)ことが 必 要 です 現 在 は 特 例 として 初 診 日 が

3 保 険 料 ( 掛 金 )を 納 めていること 原 則 として 初 診 日 月 前 々 月 まで 国 民 年 金 加 入 期 間 全 体 うち 3 分 2 以 上 きち んと 納 めている( 保 険 料 免 除 期 間 も 含 む)ことが 必 要 です 現 在 は 特 例 として 初 診 日 が 厚 生 年 金 手 当 金 支 援 制 度 概 要 厚 生 年 金 手 当 金 は 疾 病 (がんも 対 象 )やケガで が 残 った 場 合 生 活 保 をする 給 付 であり 支 給 要 件 を 満 たし 厚 生 年 金 1 2 級 に 該 当 すれば 基 礎 年 金 に 厚 生 年 金 が 上 乗 せされ 支 給 され 厚 生 年 金 3 級 に 該 当 すれば 厚 生 年 金 厚 生 年 金

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4)

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4) 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 留 意 事 項 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 26 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 足 寄 町 の 住 民 基 本 台 帳 に 記 録 されている 方 ( ) 2 平 成 26 年 度 分 の 市 町 村 民 税 ( 均 等 割

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1 前 橋 市 軽 自 動 車 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 前 橋 市 市 税 条 例 ( 昭 和 26 年 前 橋 市 条 例 第 302 号 以 下 条 例 という ) 第 89 条 及 び 第 90 条 に 規 定 する 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 取 扱 いに 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 減 免 要 件 の

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ コンシェルジュサービス 会 員 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 関 係 ) 1.この 会 員 規 約 は 株 式 会 社 三 ラージ( 以 下 当 社 といいます )が 株 式 会 社 アクトコ ールを 通 じて 運 営 するコンシェルジュサービス( 以 下 本 サービス といいます )の 提 供 及 びその 利 用 に 関 して 適 用 されます( 以 下 会 員 規 約 といいます

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利 自 由 金 利 型 定 期 預 金 M 型 (スーパー 定 期 ) 規 定 1.( 取 扱 店 の 範 囲 ) (1) 個 人 のお 客 さま この 預 金 は 当 店 のほか 当 金 庫 本 支 店 および 当 金 庫 が 提 携 した 他 の 労 働 金 庫 ( 以 下 提 携 金 庫 といいます )のどこの 店 舗 でも 預 入 れができます (2) 団 体 のお 客 さま この 預 金 は

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

一部解約可能型定期預金(複利型)規定

一部解約可能型定期預金(複利型)規定 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 ) 規 定 この 規 定 は 一 部 解 約 可 能 型 定 期 預 金 ( 複 利 型 )についての 当 行 の 取 扱 いを 記 載 したものです な お この 預 金 には 満 期 時 に 自 動 継 続 の 取 扱 いをするもの( 以 下 自 動 継 続 型 といいます )と 自 動 解 約 の 取 扱 いをするもの( 以 下 満

More information

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告 市 役 所 窓 口 等 においてマイナンバーの 記 入 が 必 要 となる 手 続 き 等 手 続 きの 通 知 カード 通 知 カード 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )の 変 更 等 引 越 し 婚 姻 などで 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )に 変 更 が 生 じた 市 民 課 住 民 登 録 係 0533-89-2272 手 続 時 には

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

日 雇 い 等 の 収 入 の 場 合 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分 所 得 額 証 勤 務 先 が 不 特 定 の 日 雇 いをしている 方 前 年 分 確 定 申 告 書 ( 控 ) 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分

日 雇 い 等 の 収 入 の 場 合 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分 所 得 額 証 勤 務 先 が 不 特 定 の 日 雇 いをしている 方 前 年 分 確 定 申 告 書 ( 控 ) 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分 書 類 審 査 に 必 要 なもの 書 類 審 査 には 次 の1~5の 該 当 する 全 ての 書 類 が 必 要 です 必 要 な 書 類 が 提 出 されない 場 合 は 失 格 になります なお 必 要 事 項 の 記 入 漏 れや 証 明 者 等 の 印 鑑 のないもの およびコピーは 無 効 な 書 類 となります また 提 出 された 書 類 はお 返 しできません 1. 世 帯 員

More information

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱 川 崎 市 重 度 障 害 者 等 入 院 時 コミュニケーション 支 援 事 業 実 施 要 綱 制 定 平 成 28 年 2 月 25 日 27 川 健 障 福 第 1192 号 ( 市 長 決 裁 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 意 思 の 疎 通 が 困 難 な 障 害 者 及 び 障 害 児 が 医 療 機 関 ( 精 神 科 病 院 および 一 般 病 院 の 精 神

More information

●特にご注意いただきたいこと●

●特にご注意いただきたいこと● < 平 成 25 年 月 > 医 療 保 険 - 約 款 特 約 集 - 明 治 安 田 損 害 保 険 株 式 会 社 お 願 い この 保 険 約 款 は ご 契 約 上 の 大 切 な 事 柄 をご 説 明 したものです 必 ずご 一 読 いただ き 保 険 証 券 とともに 保 険 期 間 満 了 まで 大 切 に 保 管 してください もしおわかりになりにくい 点 お 気 づきの 点 がございましたら

More information

教育資金管理約款

教育資金管理約款 教 育 資 金 管 理 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は お 客 様 ( 以 下 申 込 者 といいます )が 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2 の2 第 1 項 の 適 用 を 受 けるため 同 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 教 育 資 金 管 理 契 約 を 締 結 し 同 項 に 規 定 される 要 件 及 び 当 社 との 権 利

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

障害福祉制度あらまし目次

障害福祉制度あらまし目次 4 年 金 手 当 障 害 基 礎 年 金 次 の 要 件 をすべて 満 たす 方 に 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 されます 要 年 金 額 支 給 制 限 件 1 初 診 日 が 20 歳 前 であるか 初 診 日 において 国 民 年 金 に 加 入 中 の 方 もしくは 国 民 年 金 に 加 入 したことのある 60 歳 以 上 65 歳 未 満 で 日 本 国 内 に 住 所 がある

More information

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 (H 普 通 約 款 目 次 2. 金 の 支 第 2 条 金 の 支 第 3 条 金 の 支 に 関 する 補 則 第 4 条 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 5 条 金 支 方 法 の 選 択 第 6 条 金 の 請 求 支 期 および 支 場 所 3. 当 会 社 の 責 任 開 始

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 事 業 承 継 と 民 法 < 遺 留 分 > 相 続 までに 自 社 株 の 価 値 が 上 昇 すると 想 定 外 の 遺 留 分 の 主 張 を 受 けないか 心 配 だ 後 継 者 に 自 社 株 を 集 中 させたいが 相 続 紛 争 が 心 配 だ 民 法 の 遺 留 分 の 事 前 放 棄 は 利 用 しにくい 相 続 紛 争 や 自 社 株 式 の 分 散 を 防 止 でき 後 継

More information

埼玉県/自動車税事務所 障害者の方のための減免制度

埼玉県/自動車税事務所 障害者の方のための減免制度 軽 自 動 車 税 の 減 免 について 伊 勢 崎 市 財 政 部 市 民 税 課 次 のような 特 別 な 事 情 がある 場 合 軽 自 動 車 税 は 申 請 により 減 免 される 制 度 があります 1 身 体 障 害 者 戦 傷 病 者 知 的 障 害 者 精 神 障 害 者 ( 以 下 身 体 障 害 者 等 という )が 所 有 する 場 合 または 身 体 障 害 者 等 と にする

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域

Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金 へ 昭 和 61 年 4 月 から 20 歳 以 上 60 歳 未 満 のすべての 国 民 が 国 民 年 金 に 加 入 厚 生 年 金 基 金 職 域 退 職 共 済 年 金 制 度 等 について Ⅰ 年 金 制 度 Ⅱ 退 職 共 済 年 金 Ⅲ 年 金 額 Ⅳ 定 年 退 職 後 の 就 労 と 年 金 調 整 Ⅴ 年 金 の 請 求 手 続 Ⅵ その 他 公 立 学 校 共 済 組 合 大 阪 支 部 Ⅰ 年 金 制 度 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 恩 給 から 年 金

More information

ただし 当 該 事 故 が 本 特 典 の 適 用 対 象 となった 会 員 の 直 近 の 事 故 発 生 日 から 起 算 して 1 年 以 内 に 発 生 した 事 故 である 場 合 補 償 の 対 象 とはなりません 対 象 端 末 について 当 社 が 別 途 提 供 する ケータイ 補

ただし 当 該 事 故 が 本 特 典 の 適 用 対 象 となった 会 員 の 直 近 の 事 故 発 生 日 から 起 算 して 1 年 以 内 に 発 生 した 事 故 である 場 合 補 償 の 対 象 とはなりません 対 象 端 末 について 当 社 が 別 途 提 供 する ケータイ 補 dカードケータイ 補 償 規 約 dカードケータイ 補 償 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます)は 当 社 がdカードの 会 員 に 対 し 提 供 する dカードケータイ 補 償 ( 以 下 本 特 典 といいます)の 内 容 および 提 供 条 件 等 の 基 本 的 事 項 を 定 めるものです 第 1 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 使 用 する 用 語 の 定 義 は 以

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73>

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73> 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 資 料 6 保 護 観 察 新 規 受 理 人 員 の 推 移 資 料 7 ( 千 人 ) ( 昭 和 24 年 ~ 平 成 17 年 ) 80 70 60 保 護 観 察 処 分 少 年 50 40 30 20 10 保 護 観 察 付 執 行 猶 予 者 仮 釈 放 者 0 少 年 院 仮 退 院 者 24 年 30 35 40 45

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx 退 職 手 当 制 度 について 制 度 の 概 要 1 退 職 手 当 の 支 給 根 拠 退 職 手 当 は 地 方 自 治 法 第 204 条 第 2 項 ( 諸 手 当 )の 規 定 に 基 づき 地 方 公 共 団 体 が 職 員 に 支 給 する 手 当 の 一 つです 同 条 第 3 項 において その 額 及 びその 支 給 方 法 は 条 例 で 定 めなければならな いとしており

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則 金 ケ 崎 町 規 則 第 13 号 金 ケ 崎 町 小 学 生 医 療 費 給 付 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 小 学 生 に 対 して 医 療 費 の 一 部 を 給 付 することにより 保 護 者 の 負 担 を 軽 減 し もって 小 学 生 の 健 全 な 育 成 と 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 入 通 院 / 一 時 金 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送

More information