Microsoft Word - J-5a.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - J-5a.doc"

Transcription

1 第 3セッション 雇 用 保 険 発 表 者 1: 浅 見 靖 仁 教 授 ( 一 橋 大 学 大 学 院 社 会 学 研 究 科 ) タイの 総 労 働 力 人 口 の 約 4 分 の1が 失 業 保 険 に 加 入 している フォーマル 部 門 の 従 業 員 に は 失 業 保 険 加 入 が 義 務 付 けられているが 労 働 力 人 口 の4 分 の3を 占 めるインフォーマル 部 門 の 労 働 者 は 失 業 保 険 の 対 象 外 となっている 失 業 保 険 の 受 給 者 数 は 月 により 大 きく 変 動 する 2007 年 は 失 業 者 の 6.7%~17.7%が 失 業 給 付 金 を 受 給 している 2007 年 の 失 業 者 数 の 約 3 分 の1が 会 社 都 合 の 解 雇 であり 給 与 の 50% 相 当 の 給 付 金 受 給 資 格 者 であった 残 りの3 分 の2は 自 己 都 合 退 職 で 給 与 の 33% 相 当 の 給 付 金 受 給 資 格 者 である 2004 年 に 失 業 保 険 制 度 を 初 導 入 した 当 時 タイの 一 人 あたり GDP は 2,479 米 ドルで 他 の APEC 諸 国 が 失 業 保 険 制 度 を 導 入 した 年 の 一 人 あたり GDP よりも 非 常 に 低 い 数 値 であった なぜタイはこのような 早 い 段 階 で 同 制 度 を 導 入 したのか?これは 他 の 第 二 世 代 の 新 興 工 業 国 にとって 何 を 示 唆 するものなのか? 失 業 保 険 制 度 は タクシン 政 権 の 下 2004 年 に 施 行 された 当 時 労 働 省 の 官 僚 たちが 強 く 支 持 していたものの 財 界 の 首 脳 からはあまり 支 持 されなかった にも 関 わらず 導 入 さ れた 理 由 の1つは 同 制 度 によって 政 治 的 な 利 点 が 得 られるからである また 同 制 度 の 興 味 深 い 点 は 持 続 可 能 で 収 益 性 が 見 込 めるという 点 である 保 険 料 だけでは 生 活 できな い 金 額 に 給 付 額 が 設 定 されているため コストが 抑 制 できるし 国 民 が 失 業 保 険 の 給 付 金 のみに 依 存 しないよう 図 ることも 可 能 である 現 行 制 度 のもとでは 従 業 員 と 雇 用 者 は 対 象 従 業 員 の 給 与 の 0.5% 相 当 額 そして 政 府 は 0.25% 相 当 額 の 失 業 保 険 料 を 支 払 うようにな っている これに 対 し 給 付 は 会 社 都 合 の 解 雇 の 場 合 でも 解 雇 前 の 給 与 の 50%(ただし 月 に 7,500 バーツが 上 限 )が 半 年 間 貰 えるだけである 保 険 料 率 と 給 付 額 がこのように 設 定 さ れていることにより 失 業 率 がかなり 高 くなっても 失 業 保 険 制 度 は 赤 字 にはならない 第 二 世 代 の 新 興 工 業 国 の 中 には まだ 失 業 保 険 を 導 入 していない 国 が 多 いが タイの 事 例 は 失 業 保 険 の 導 入 は 財 政 的 に 実 現 可 能 であり 政 治 的 に 魅 力 的 な 政 策 ともなり 得 ること を 示 している 発 表 者 2: 藍 科 正 准 教 授 ( 国 立 中 正 大 学 労 使 関 係 学 部 ) 台 湾 もまた 人 口 の 高 齢 化 出 生 率 の 低 下 失 業 率 の 増 加 が 進 んでいる 2009 年 に 雇 用 保 険 法 が 改 正 され 高 齢 者 や 障 害 者 の 失 業 保 険 の 給 付 期 間 が6ヶ 月 から9ヶ 月 に 延 長 されたほ か 失 業 者 の 扶 養 家 族 に 特 別 給 付 金 が 支 給 されるようになった 15 歳 ~65 歳 の 台 湾 の 国 民 および 永 住 者 は 同 制 度 への 加 入 資 格 を 有 する 雇 用 保 険 加 入 者 数 は 2008 年 まで 下 降 傾 向 に あったが 2009 年 の 改 正 以 降 は 増 加 傾 向 にある 雇 用 保 険 料 は 被 保 険 者 の 給 与 の1%であ 1

2 る 会 社 都 合 の 解 雇 であるとの 証 明 ができ 雇 用 保 険 を 1 年 以 上 納 付 済 みで 公 共 職 業 安 定 所 で 職 業 検 索 サービスに 登 録 している 人 は 誰 でも 給 付 対 象 失 業 者 として 認 定 される 同 保 険 では 1) 失 業 給 付 金 2) 早 期 再 就 職 支 援 金 3) 研 修 生 生 活 手 当 4) 国 民 健 康 保 険 料 補 助 5) 育 児 休 業 手 当 の5 種 類 の 給 付 金 を 支 給 している 台 湾 は 中 小 企 業 の 割 合 が 高 いため 解 雇 された 従 業 員 を 吸 収 できる 状 況 にあり 解 雇 され た 労 働 者 の 生 活 を 支 えるさまざまな 給 付 金 を 支 給 している また 国 内 に 数 多 く 存 在 する 非 熟 練 外 国 人 労 働 者 も その 雇 用 主 は 雇 用 安 定 基 金 に 拠 出 しており 台 湾 人 労 働 者 の 支 援 に 役 立 っている 発 表 者 3: 金 明 中 博 士 (ニッセイ 基 礎 研 究 所 研 究 員 ) 韓 国 では 雇 用 率 失 業 率 が 共 に 低 く 非 常 勤 職 員 の 比 率 が 高 い 2008 年 以 降 失 業 給 付 金 を 求 める 人 が 急 増 している 自 営 業 者 の 比 率 も 高 く 貧 困 率 は 2008 年 以 来 増 加 し 続 けて いる 対 象 企 業 の 雇 用 主 や 従 業 員 は 保 険 料 を 納 めなければならない 彼 らには 雇 用 保 険 機 構 から 助 成 金 や 失 業 給 付 金 を 受 ける 権 利 が 与 えられる 韓 国 の 雇 用 保 険 システムは 失 業 者 に 現 金 給 付 がされる 消 極 的 労 働 市 場 政 策 である1 失 業 給 付 事 業 と 積 極 意 的 労 働 市 場 政 策 であ る2 雇 用 安 定 事 業 と3 職 業 能 力 開 発 事 業 から 構 成 されている また 2002 年 には4 母 性 保 護 事 業 も 導 入 された 保 険 システムは 従 業 員 の 給 与 から 0.45% 相 当 額 を 天 引 き また 雇 用 主 の 給 与 予 算 から 0.45% 以 上 を 天 引 きする 形 でファイナンスされている 農 業 や 林 業 漁 業 狩 猟 建 設 業 公 立 私 立 学 校 職 員 パート 職 員 家 族 経 営 の 従 業 員 など 極 小 規 模 の 事 業 従 事 者 は 対 象 外 となっている 2008 年 は 社 会 保 険 受 給 資 格 者 の 35.5%が 給 付 の 申 請 をしており この 数 値 は 年 々 増 加 傾 向 にある 韓 国 政 府 は 1997 年 の 金 融 危 機 以 来 社 会 的 セーフティネットの 強 化 により 一 層 注 力 して おり 社 会 保 険 制 度 の 他 にも 数 多 くの 対 労 働 市 場 政 策 を 積 極 的 に 施 行 している 政 策 の 一 例 として 若 者 対 象 のインターシップや 弱 者 対 象 の 労 働 プログラム 社 会 奉 仕 による 労 働 創 出 政 策 ワークシェアリング 等 が 挙 げられる 1997 年 の 金 融 危 機 以 来 次 々と 社 会 政 策 が 導 入 されているが ある 程 度 は 成 功 しているも のの 今 後 は 政 策 強 化 が 必 要 であると 思 われる 発 表 者 4: 三 谷 直 紀 教 授 ( 神 戸 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 ) 2

3 日 本 の 失 業 率 は 2009 年 末 に 5.1%まで 急 増 している 同 年 の 失 業 保 険 受 給 者 数 は 101 万 人 を 越 えている 日 本 の 雇 用 保 険 制 度 は 失 業 給 付 金 ( 予 算 兆 円 従 業 員 給 与 の 8/1000 相 当 額 の 従 業 員 雇 用 主 拠 出 金 からまかなわれている) 職 業 安 定 サービス 人 材 開 発 サービス( 予 算 は 両 サービス 合 計 で 兆 円 従 業 員 給 与 の 3/1000 相 当 額 の 従 業 員 拠 出 金 からまかな われている) 等 がある 雇 用 保 険 の 加 入 資 格 者 となるには 週 20 時 間 以 上 の 労 働 時 間 が6 ヶ 月 以 上 あり 65 歳 以 下 でなくてはならない 失 業 給 付 金 の 受 給 資 格 者 となるには 雇 用 保 険 の 納 付 実 績 が 12 ヶ 月 以 上 あり 公 共 職 業 安 定 所 に 登 録 していなくてはならない 失 業 保 険 制 度 によって 日 本 の 社 会 基 盤 は 効 果 的 に 維 持 されている しかし 職 業 訓 練 や 職 業 紹 介 支 援 等 のさらなる 充 実 化 を 図 り 弱 者 を 支 援 できるようなものとしなければならな い 発 表 者 5: 上 村 泰 裕 准 教 授 ( 名 古 屋 大 学 大 学 院 環 境 学 研 究 科 ) 社 会 政 策 不 在 の 中 で 自 由 貿 易 市 場 の 深 化 を 進 めることは 悪 魔 の 碾 き 臼 (ポランニ)へ の 道 を 歩 むことである 東 アジア 諸 国 は 福 祉 の 境 界 を 引 き 直 す 必 要 がある 本 シンポジ ウムは 相 互 学 習 の 場 として 歓 迎 すべきであり なかでも 失 業 保 険 の 検 討 はこの 地 域 の 未 来 にとって 欠 かせないものである 東 アジア 諸 国 はそれぞれ 産 業 化 の 異 なる 段 階 にある 多 くの 国 にとって 失 業 問 題 は 1997 年 の 経 済 危 機 以 降 に 表 面 化 した 新 しい 課 題 である 失 業 保 険 制 度 をもつ 国 ( 日 本 台 湾 韓 国 タイ 中 国 ベトナム)と もたない 国 ( 香 港 シンガポール マレーシア フィ リピン インドネシア)があるが 何 がこの 違 いを 生 んだのか? 失 業 保 険 の 有 無 と 経 済 発 展 水 準 との 間 には 相 関 関 係 は 見 られない また 日 本 韓 国 台 湾 の 失 業 保 険 を 分 析 し 制 度 のカバリッジ( 労 働 力 人 口 に 占 める 被 保 険 者 の 割 合 )や 受 給 率 ( 失 業 者 に 占 める 受 給 者 の 割 合 )を 比 較 した その 結 果 特 に 若 年 層 で 失 業 しても 失 業 給 付 を 受 給 できない 人 が 多 いことが 判 明 した 香 港 シンガポール マレーシア フィリピン インドネシアは 失 業 保 険 制 度 を 導 入 す べきである 一 方 すでに 同 制 度 が 施 行 されている 国 では 失 業 給 付 を 必 要 とする 人 が 確 実 に 受 給 できるよう 制 度 を 見 直 すべきである コメンテーター: Donald Campbell 大 使 (Chair, Canadian National Committee for Pacific Economic Cooperation (CANCPEC)) 3

4 雇 用 保 険 は 危 機 に 打 たれ 強 い 社 会 を 維 持 するツールとして 直 接 的 な 効 果 があるが 限 界 もある ほとんどの 人 が 雇 用 保 険 は 良 いものであると 同 意 している 点 に 驚 いている と いうのも カナダでは 多 くの 国 民 が 雇 用 保 険 は 成 長 を 減 速 させるものと 見 なしているか らである 失 業 保 険 を 導 入 していない 国 は 導 入 すべき とする 上 村 准 教 授 の 意 見 には 賛 成 である 導 入 国 が 経 済 発 展 のどの 段 階 にあるかは 関 係 ない 失 業 保 険 は 経 済 の 信 頼 性 構 築 に 役 立 つ ものとして 人 気 がある 政 策 だ 積 極 的 な 労 働 市 場 政 策 は 雇 用 保 険 の 重 要 なポイントである 制 度 の 存 在 は 労 働 力 の 安 定 化 要 因 となり 長 期 的 な 成 長 に 寄 与 するとの 研 究 結 果 がある 質 疑 応 答 Dambadarjaa 氏 が 各 国 の 失 業 保 険 施 行 者 について 質 問 これに 対 し Campbell 大 使 は カナ ダでは 政 府 が 施 行 したと 返 答 三 谷 教 授 も 日 本 も 同 様 であると 返 答 Wisarn Pupphavesa 博 士 (Advisor, Thailand Development Research Institute)は 雇 用 保 険 制 度 の ない 国 はその 導 入 に 時 間 がかかるとコメント タイの 事 例 は 制 度 導 入 に 要 する 経 費 をま かなえるだけの 資 金 的 余 裕 が 政 府 にあるかが 政 策 課 題 となった 事 実 があり タクシン 前 首 相 は 政 治 的 動 機 の 故 ではなく 財 界 からの 圧 力 がかかったために 導 入 に 踏 み 切 ったと 指 摘 また 1997 年 の 経 済 危 機 によって 財 界 人 の 多 くが 危 機 に 瀕 したときに 経 済 を 立 て 直 すための 効 果 的 な 社 会 ネットが 存 在 しないことを 認 識 したためであり 政 治 家 の 尽 力 に より 雇 用 保 険 が 生 まれたとは 言 い 切 れないとした これに 対 し 浅 見 教 授 は 雇 用 保 険 の 導 入 について 政 治 的 理 由 を 強 調 しすぎた 可 能 性 があるとしつつも やはり 政 治 的 理 由 もあっ ただろうと 返 答 また 政 治 的 機 運 なくしては 導 入 も 不 可 能 であったはずとした Horioka 教 授 は 日 本 の 失 業 保 険 制 度 に 関 する 三 谷 教 授 の 分 析 についてコメント 同 制 度 が 労 働 者 を 雇 用 した 企 業 にではなく 雇 用 を 継 続 させている 企 業 に 補 助 金 を 支 給 している 点 や 新 規 採 用 ではなく 中 途 採 用 に 対 して 補 助 金 を 支 給 している 点 に 疑 問 を 感 じるとした また 日 本 社 会 で 真 に 補 助 金 を 必 要 としている 機 関 や 人 にとって 役 立 つものに より 多 く のリソースを 投 じるよう 提 案 聴 衆 者 より 日 本 以 外 のアジア 諸 国 で 最 低 賃 金 の 額 について 論 じている 国 は 存 在 するのか また アジア 経 済 にとってこの 論 議 は 効 果 があるのかを 質 問 これに 対 し 藍 教 授 は 台 湾 ではこの2 年 間 労 働 組 合 が 最 低 賃 金 の 値 上 げを 図 るためロビー 活 動 を 行 っていると 返 答 将 来 的 には 政 府 は 市 場 に 決 定 権 を 委 ねる 意 向 である 雇 用 主 側 は 最 低 賃 金 労 働 者 の ほとんどが 外 国 人 であり 外 国 人 にこれ 以 上 高 い 賃 金 を 払 いたくないと 考 えていることか 4

5 ら 最 低 賃 金 の 値 上 げを 喜 ばしく 思 っていない 浅 見 教 授 は タイの 場 合 最 低 賃 金 制 度 は 1972 年 から 導 入 されており 最 低 賃 金 の 引 き 上 げが 経 済 に 良 い 影 響 を 及 ぼしたこともあ ると 返 答 雇 用 主 は 最 低 賃 金 が 引 き 上 げられると 人 件 費 の 上 昇 を 避 けるために 労 働 者 を 解 雇 することもまれにはあり 特 に 成 長 産 業 の 場 合 は その 高 い 賃 金 で 新 規 採 用 者 を 雇 え るようになるからである 5

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

Microsoft Word - 文書 2

Microsoft Word - 文書 2 中 国 進 出 外 資 企 業 の 選 択 肢 - 人 件 費 上 昇 への 対 応 ( 大 和 総 研 常 務 理 事 金 森 俊 樹 ) 1990 年 代 から 日 系 企 業 も 含 め 多 くの 外 資 企 業 が 無 尽 蔵 とも 思 われた 安 価 な 労 働 力 を 求 め 沿 海 部 を 中 心 に 積 極 的 に 中 国 に 進 出 してきた 外 資 企 業 の 進 出 は 特 に

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

平成26年1-3月期 報告書

平成26年1-3月期 報告書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 結 果 及 び 分 析 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 JAPAN TOURISM AGENCY 2 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 平 成 26 年 1-3 月 期 目 次 報 告 書 Ⅰ 平 成 26

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション カンボジア 投 資 セミナー( 日 本 アセアンセンター 駐 日 カンボジア 王 国 大 使 館 主 催 ) カンボジアでのビジネスの 可 能 性 ~カンボジアへの 投 資 促 進 に 関 する 調 査 結 果 を 踏 まえて~ 2006 年 11 月 15 日 : 名 古 屋 11 月 17 日 : 東 京 JICAカンボジア 国 経 済 政 策 支 援 調 査 団 1 目 次 1. 調 査 の

More information

わが国におけるLCCの台頭と 空港政策

わが国におけるLCCの台頭と 空港政策 平 成 27 年 度 国 総 研 講 演 会 資 料 航 空 市 場 の 環 境 変 化 と 需 要 予 測 手 法 の 研 究 動 向 平 成 27 年 12 月 3 日 空 港 研 究 部 長 谷 川 勇 二 首 都 圏 空 港 利 用 者 数 の 推 移 日 本 の 実 質 GDPの 推 移 [ 単 位 :1 兆 円 ] 600 500 400 300 200 100 実 質 GDPの 推 移

More information

ASEAN NOW (Vol.15)

ASEAN NOW (Vol.15) 東 南 アジア 経 済 1 年 月 日 全 13 頁 ASEAN NOW (Vol.) アセアンへの 外 国 人 観 光 客 事 情 経 済 調 査 部 佐 藤 清 一 郎 [ 要 約 ] 外 国 人 観 光 客 数 の 増 加 は 旅 行 サービス 輸 出 増 や 消 費 増 を 通 じて 訪 問 国 の 経 済 活 動 にプ ラスとなる 11 年 世 界 の 観 光 収 入 は 初 めて 1 兆

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information

ia Mo9 アジアマンスリー 2009 年 6 月 号 Vol.42 今 月 の 内 容 アジア 諸 国 の5 月 のニュースから 中 国 :レジ 袋 有 料 化 地 方 で 浸 透 せず= 中 国 台 湾 : 世 界 IT 企 業 番 付 台 湾 勢 が 好 調 = 小 型 PC 多 機 能 携

ia Mo9 アジアマンスリー 2009 年 6 月 号 Vol.42 今 月 の 内 容 アジア 諸 国 の5 月 のニュースから 中 国 :レジ 袋 有 料 化 地 方 で 浸 透 せず= 中 国 台 湾 : 世 界 IT 企 業 番 付 台 湾 勢 が 好 調 = 小 型 PC 多 機 能 携 取 り 扱 い 金 融 商 品 に 関 する 留 意 事 項 ( ) 52 ( ) ( ) ( TOPIX ) FX ( ) ( ) ( ) 30 33 (SPAN 1.0) FX ( ) FX FX 1 1 (1 10 ) FX Web 1 1 ( ) 1,417 280 100 810 100 378 1 700 5 1,260 ( ) 0.21 ( 52.5 ) ( ) 1 420 225mini

More information

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日 中 国 と 日 本 の 経 済 関 係 房 文 慧 はじめに 中 国 が 日 本 にとって 最 大 の 貿 易 相 手 国 となったことに 象 徴 されるように 日 中 の 経 済 関 係 はますます 強 くなっている ここでは まず 日 中 両 国 の 政 府 間 関 係 について 外 交 関 係 日 本 の 対 中 政 府 開 発 援 助 を 取 り 上 げて 整 理 する 次 に 日 中 の

More information

第 2 章 アジア 内 需 とともに 成 長 する 我 が 国 持 続 的 成 長 実 現 に 向 けたアジア 太 平 洋 の 枠 組 み 第 2-3-4-2 図 主 要 国 地 域 の 家 計 貯 蓄 率 の 推 計 2-3-4-2 72.5 71.4 17.2 5.7 2-3-4-3 Maste

第 2 章 アジア 内 需 とともに 成 長 する 我 が 国 持 続 的 成 長 実 現 に 向 けたアジア 太 平 洋 の 枠 組 み 第 2-3-4-2 図 主 要 国 地 域 の 家 計 貯 蓄 率 の 推 計 2-3-4-2 72.5 71.4 17.2 5.7 2-3-4-3 Maste アジア 消 費 市 場 の 拡 大 良 質 な 市 場 へ 向 けて 第 3 節 第 2-3-3-4 図 中 国 におけるB to C 電 子 商 取 引 市 場 の 推 移 第 2-3-3-6 表 最 近 のネットビジネス 分 野 の 日 系 企 業 海 外 進 出 事 例 ( 株 )ファーストリティリング 2009 年 4 月 中 国 でネット 通 販 大 手 アリババと 提 携 SBIベリトランス(

More information

スライド 1

スライド 1 ZESDAプロデュースカフェ 特 別 版 未 来 予 測 2014-2025 ~ 第 2 回 サスティナビリティ ~ 株 式 会 社 アクアビット 代 表 取 締 役 チーフ ビジネスプランナー 田 中 栄 1 未 来 予 測 レポート シリーズ 全 産 業 /マスター 版 2011 年 4 月 サスティナビリティ ( 環 境 資 源 エネルギー) 2013 年 7 月 ライフ イノベーション 食

More information

1994年 海外労働情勢

1994年 海外労働情勢 タイは 1986 年 から91 年 までの5ヵ 年 間 ( 第 6 次 経 済 社 会 開 発 計 画 期 間 )に 実 質 経 済 成 長 率 年 平 均 10% 以 上 を 記 録 する 高 度 経 済 成 長 を 達 成 し 92 年 の 実 質 成 長 率 も7.4%( 暫 定 値 )が 見 込 まれており 現 在 も 好 調 な 成 長 を 続 けている しかし 急 速 な 経 済 成 長

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63> 首 都 圏 の 空 港 に 関 する 企 業 へのアンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 書 平 成 18 年 8 月 横 浜 市 目 次 調 査 の 概 要... 2 調 査 結 果 ( 要 旨 )... 3 アンケートの 集 計 結 果... 12 1 回 答 企 業 の 属 性... 12 1) 業 種 別... 12 2) 所 在 地 別... 13 3) 資 本 金 規 模 別...

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態 建 設 分 野 における 競 合 国 に 関 する 調 査 研 究 概 要 (1) 調 査 研 究 の 目 的 技 術 力 等 の 強 みを 活 かした 海 外 展 開 の 取 組 が 進 められているところ 日 本 の 技 術 力 品 質 信 頼 等 に 関 する 定 評 に 拘 わらず 受 注 に 結 びつかない 状 況 が 生 じている また 人 口 減 少 に 伴 う 日 本 国 内 市 場

More information

タイトル

タイトル Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 から 見 た 食 品 値 上 げの 影 響 発 表 日 :7 年 月 6 日 ( 火 ) ~ 家 計 負 担 増 +6,79 円 / 年 や 輸 入 増 を 通 じて 名 目 GDP 9,55 億 円 押 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 永 濱 利 廣 (3-5-453)

More information

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近 東 京 のブランド 力 ~ 世 界 が 憧 れる5つの 魅 力 ~ 概 要 版 この 研 究 報 告 書 は 外 国 人 から 見 た 東 京 の 魅 力 が 何 であるかを 探 り それを 東 京 の 都 市 ブラ ンドとして 世 界 から 認 知 されるための 課 題 と 戦 略 を 研 究 したものである 東 京 の 魅 力 向 上 によって 国 際 競 争 力 を 高 め 東 京 を 訪 問

More information

野村資本市場研究所|人口移動と資金移動:中国の例(PDF)

野村資本市場研究所|人口移動と資金移動:中国の例(PDF) 特 集 1:アジア 人 口 移 動 と 資 金 移 動 : 中 国 の 例 人 口 移 動 と 資 金 移 動 : 中 国 の 例 宮 本 佐 知 子 要 約 1. 現 在 の 中 国 と 高 度 成 長 期 の 日 本 は 類 似 点 も 多 く 現 在 の 中 国 で 大 きな 問 題 と なっている 地 域 間 の 所 得 格 差 や 大 規 模 な 人 口 移 動 は 当 時 の 日 本 で

More information

ヒアリング事項について

ヒアリング事項について 資 料 3-1 介 護 労 働 者 の 確 保 定 着 等 に 関 する 研 究 会 における 質 問 項 目 日 本 介 護 福 祉 士 会 1 基 本 情 報 1 貴 団 体 の 概 要 設 立 年 月 日 平 成 12 年 6 月 26 日 ( 任 意 団 体 設 立 : 平 成 6 年 2 月 12 日 ) 定 款 に 定 める 目 的 本 会 は 介 護 福 祉 士 の 職 業 倫 理 及

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減

第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減 中 小 企 小 規 模 事 者 が 直 面 する 経 済 社 会 構 造 の 変 化 第 2 部 第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減 少

More information

資 料 1. 税 体 系 のオーバーホールの 方 向 性 非 正 規 雇 用 の 増 加 等 による 労 働 市 場 の 変 容 若 年 低 所 得 層 の 増 加 に 鑑 み 税 の 所 得 再 分 配 機 能 を 高 め 個 人 所 得 課 税 る これを 通 じて 結 婚 して 子 どもを 産

資 料 1. 税 体 系 のオーバーホールの 方 向 性 非 正 規 雇 用 の 増 加 等 による 労 働 市 場 の 変 容 若 年 低 所 得 層 の 増 加 に 鑑 み 税 の 所 得 再 分 配 機 能 を 高 め 個 人 所 得 課 税 る これを 通 じて 結 婚 して 子 どもを 産 Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート どうなる? 税 制 のオーバーホール 発 表 日 :2016 年 4 月 8 日 ( 金 ) ~ 若 年 低 所 得 子 育 て 世 帯 の 負 担 軽 減 へ 舵 を 切 るか~ ( 要 旨 ) 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 副 主 任 エコノミスト 星 野 卓 也 TEL:03-221-447 政

More information

(3) 平 成 27 年 度 の 全 奨 学 生 の 状 況 上 記 (1)の 新 規 採 択 奨 学 生 13 名 と(2)の 継 続 奨 学 生 12 名 を 合 わせ 平 成 27 年 度 の 奨 学 生 総 数 は 25 名 となった その 内 訳 ( 新 規 継 続 別 国 籍 別 大 学

(3) 平 成 27 年 度 の 全 奨 学 生 の 状 況 上 記 (1)の 新 規 採 択 奨 学 生 13 名 と(2)の 継 続 奨 学 生 12 名 を 合 わせ 平 成 27 年 度 の 奨 学 生 総 数 は 25 名 となった その 内 訳 ( 新 規 継 続 別 国 籍 別 大 学 平 成 27 年 度 事 業 報 告 書 Ⅰ. 事 業 の 状 況 1. 奨 学 金 支 給 事 業 (1) 平 成 27 年 度 新 規 奨 学 生 の 選 考 採 択 1) 12 の 大 学 ( 国 立 7 私 立 5)に 依 頼 し 27 名 の 候 補 者 ( 男 性 13 女 性 14)の 推 薦 をいただいた 2) 平 成 27 年 3 月 28 日 開 催 の 選 考 委 員 会 にて

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798347834E835A838B94C5817A837D815B83508362836783748348815B834A835881698341835783418E738FEA816A2E70707478> マーケットフォーカス(アジア 市 場 ) 15 年 月 号 各 国 の 実 質 GDP 成 長 率 ( 前 年 同 期 比 )の 推 移 経 済 各 国 の 消 費 者 物 価 指 数 上 昇 率 ( 前 年 同 月 比 )の 推 移 各 国 の 政 策 金 利 の 推 移 ご 参 考 資 料 15 年 月 1 日 1 (11 年 1 1 月 期 ~1 年 1 1 月 期 四 半 期 ) インドネシア

More information

untitled

untitled 平 成 22 年 (2010 年 )3 月 1 日 NO.2010-09 韓 国 経 済 プレゼンス 拡 大 の 背 景 韓 国 は グローバル 金 融 危 機 後 世 界 的 にみて 比 較 的 早 い 段 階 で 景 気 が 持 ち 直 した ほか 家 電 や 自 動 車 といった 主 力 製 品 の 世 界 市 場 でのシェア 拡 大 など 躍 進 が 目 立 っ ている 以 下 では 最 近

More information

Microsoft PowerPoint - 第14回 香港

Microsoft PowerPoint - 第14回 香港 第 14 号 (28 年 12 月 11 日 ) 香 港 の 基 本 情 報 香 港 の 総 面 積 は 東 京 都 の 約 半 分 ほどで 九 龍 香 港 島 新 界 周 辺 諸 島 の4つの 区 域 で 構 成 されて います 15 年 程 前 には 不 毛 の 岩 山 と 呼 ばれた 香 港 は 今 や 世 界 で 最 も 自 由 な 経 済 地 域 であり 世 界 屈 指 の 金 融 貿 易

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208273826F826F82C6945F8BC68145904897BF814594EC97BF81698250816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208273826F826F82C6945F8BC68145904897BF814594EC97BF81698250816A2E70707478> TPPと 農 業 食 料 肥 料 の 変 化 ( 社 ) 全 国 肥 料 商 連 合 会 会 長 上 杉 登 1 安 倍 首 相 TPP 交 渉 参 加 表 明 TPP 交 渉 参 加 表 明 首 相 米 と 新 経 済 圏 7 月 にも 合 流 農 業 は 攻 めの 政 策 安 倍 首 相 の 記 者 会 見 平 成 二 十 五 年 三 月 十 五 日 ( 金 ) 内 閣 支 持 率 TPP 参

More information

東 大 震 災 へ 対 応 東 大 震 災 から 復 興 を 支 援 しています セーフティネット 関 連 資 うち 平 成 25 年 度 震 災 関 連 資 実 績 は 14,68 件 ( 前 年 度 比 27%) 2,29 億 円 ( 同 26%) 累 計 実 績 ( 平 成 23 年 3 月

東 大 震 災 へ 対 応 東 大 震 災 から 復 興 を 支 援 しています セーフティネット 関 連 資 うち 平 成 25 年 度 震 災 関 連 資 実 績 は 14,68 件 ( 前 年 度 比 27%) 2,29 億 円 ( 同 26%) 累 計 実 績 ( 平 成 23 年 3 月 東 大 震 災 へ 対 応 16 実 施 17 総 合 力 を 発 揮 したお 客 さまサービス 向 上 2 平 成 25 年 度 業 務 概 況 及 び 決 算 概 要 22 資 調 達 24 そ 他 26 214 15 東 大 震 災 へ 対 応 東 大 震 災 から 復 興 を 支 援 しています セーフティネット 関 連 資 うち 平 成 25 年 度 震 災 関 連 資 実 績 は 14,68

More information

216 年 2 月 3 日 1. インドネシア 消 費 者 物 価 上 昇 率 が 6 年 ぶりの 低 水 準 に 止 まるなかで 高 まる 追 加 利 下 げ 期 待 1 月 1 日 インドネシア 中 銀 は 政 策 金 利 であるBIレートを7.%から7.2%へ.2% ポイント 引 き 下 げた

216 年 2 月 3 日 1. インドネシア 消 費 者 物 価 上 昇 率 が 6 年 ぶりの 低 水 準 に 止 まるなかで 高 まる 追 加 利 下 げ 期 待 1 月 1 日 インドネシア 中 銀 は 政 策 金 利 であるBIレートを7.%から7.2%へ.2% ポイント 引 き 下 げた 216 年 2 月 3 日 ASEAN インド 月 報 (216 年 2 月 ) 目 次 ASEAN インドのマクロ 経 済 動 向 インドネシア 1 マレーシア 2 フィリピン 3 シンガポール タイ ベトナム 6 インド 7 アジア 主 要 国 地 域 の 主 要 経 済 指 標 ( 国 地 域 別 ) 8 アジア 主 要 国 地 域 の 主 要 経 済 指 標 比 較 13 経 済 調 査 室

More information

IMF理事会、対日4条協議を完了; プレスリリースNo. 14/374; 2014年7月31日

IMF理事会、対日4条協議を完了; プレスリリースNo. 14/374; 2014年7月31日 国 際 通 貨 基 金 コミュニケー ション 局 ( 参 考 仮 訳 ) プレスリリース No. 14/374 即 時 解 禁 国 際 通 貨 基 金 (IMF) 米 国 ワシントン DC 2014 年 7 月 31 日 IMF 理 事 会 対 日 4 条 協 議 を 完 了 2014 年 7 月 23 日 国 際 通 貨 基 金 (IMF) 理 事 会 は 対 日 4 条 協 議 を 完 了 した

More information

スライド 1

スライド 1 タイ 投 資 セミナー in 仙 台 札 幌 最 近 の 日 本 企 業 の 進 出 動 向 とタイの 魅 力 目 次 1. タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 2. タイのビジネス 環 境 上 の 優 位 点 ~ 生 産 拠 点 として 消 費 市 場 として~ 3. の 課 題 4.まとめ 2 1.タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 3 ASEANでは 日 本 企 業 はタイに

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

ル マレーシア インドネシア タイの 銀 行 で 占 められています ベトナムの 上 場 銀 行 は ベトコムバ ンク(VCB)が 27 位 ベトインバンク(CTG)が 28 位 以 下 44 位 から 47 位 に エクシムバンク(EIB) サコムバンク(STB) アジア 商 業 銀 行 (ACB

ル マレーシア インドネシア タイの 銀 行 で 占 められています ベトナムの 上 場 銀 行 は ベトコムバ ンク(VCB)が 27 位 ベトインバンク(CTG)が 28 位 以 下 44 位 から 47 位 に エクシムバンク(EIB) サコムバンク(STB) アジア 商 業 銀 行 (ACB アセアン 域 内 の 主 要 な 上 場 銀 行 の 時 価 総 額 ランキング 再 編 が 遅 れているベトナムの 銀 行 セクターのアセアン 域 内 での 位 置 付 け- 下 の 2 つのリストは アセアン 主 要 6 ヶ 国 の 証 券 取 引 所 に 上 場 している 上 場 銀 行 の 時 価 総 額 ランキン グとアセアン 諸 国 以 外 のアジア 主 要 国 の 上 場 銀 行 の

More information

日経平均と騰落レシオ

日経平均と騰落レシオ 今 さら 人 に 聞 けない!!マレーシアってどんな 国? 1 基 礎 データ 面 積 約 33 万 平 方 キロメートル( 日 本 の 約.9 倍 ) 人 口 約 2995 万 人 (213 年 マレーシア 統 計 局 ) 主 な 都 市 クアラルンプール( 首 都 ) ペナン ジョホールバル コタキナバル 南 シナ 海 をはさんで 東 西 に 分 かれている 左 側 のタイから 南 に 延 び

More information

改 案 の 具 体 的 内 容 (ポイント) 新 しい 年 制 度 の 格 所 得 例 年 ( 社 会 保 険 式 ): 職 種 を 問 わず 全 ての が 同 じ 制 度 に 加 し 所 得 が 同 じなら 同 じ 保 険 料 同 じ 給 付 最 低 保 障 年 ( 税 財 源 ): 齢 期 に

改 案 の 具 体 的 内 容 (ポイント) 新 しい 年 制 度 の 格 所 得 例 年 ( 社 会 保 険 式 ): 職 種 を 問 わず 全 ての が 同 じ 制 度 に 加 し 所 得 が 同 じなら 同 じ 保 険 料 同 じ 給 付 最 低 保 障 年 ( 税 財 源 ): 齢 期 に Ⅲ 年 金 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 が 雇 就 労 や の 選 択 に 影 響 3 低 年 無 年 者 の 存 在 4 年

More information

スライド 1

スライド 1 Welcome to ISE-SHIMA Summit 伊 勢 志 摩 サミット 歓 迎 フラッグ のぼり 旗 を 設 置 平 成 28 年 3 月 23 日 設 置 の 趣 旨 平 成 28 年 5 月 26 日 木 27 日 金 開 催 伊 勢 志 摩 サミット 商 店 街 での 歓 迎 ムードの 創 出 商 業 の 活 性 化 高 速 船 を 利 用 した 旅 行 客 等 の 増 加 ようこそ

More information

① 公 告 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 公 表 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 次 のとおり 公 表 する 平 成 25 年 3 月 29 日 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (23 年 度 末 ) 23 年 度 2,973,174 A 1,165,215,035

More information

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ ニッセイ 基 礎 研 究 所 No. 13-3 19 March 214 再 犯 社 会 が 問 う 高 齢 社 会 像 安 全 社 会 から 安 心 社 会 へ 社 会 研 究 部 主 任 研 究 員 土 堤 内 昭 雄 (3)3512-1794 doteuchi@nli-research.co.jp はじめに 213 年 3 月 末 旧 ライブドアの 元 社 長 ホリエモン こと 堀 江 貴 文

More information

第1 謝罪・名誉回復について

第1 謝罪・名誉回復について 2012 年 5 月 17 日 厚 生 労 働 大 臣 小 宮 山 洋 子 殿 平 成 24 年 度 ハンセン 病 問 題 対 策 協 議 会 統 一 要 求 書 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 原 告 団 協 議 会 全 国 ハンセン 病 療 養 所 入 所 者 協 議 会 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 弁 護 団 連 絡 会 第 1 謝 罪 名 誉

More information

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx Economic Trends マ クロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 上 昇 で 広 がる 生 活 格 差 212 年 6 月 13 日 ( 水 ) ~ 食 料 エネルギー 価 格 上 昇 と 所 得 減 で 必 要 となるインフレ 目 標 の 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

<4D F736F F D BD90AC E937890C590A789FC90B D>

<4D F736F F D BD90AC E937890C590A789FC90B D> 平 成 27 年 11 月 5 日 一 般 社 団 法 人 全 国 住 宅 産 業 協 会 会 長 神 山 和 郎 平 成 28 年 度 住 宅 土 地 税 制 改 正 要 望 わが 国 経 済 は 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 傾 向 が 続 くなかで 政 府 の 経 済 対 策 等 の 下 支 えもあり 景 気 は 穏 やかな 回 復 基 調 が 続 くことが 期 待 されていますが 消

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

untitled

untitled 平 成 23 年 (2011 年 )11 月 2 日 NO.2011-27 長 期 化 が 見 込 まれるタイ 洪 水 被 害 の 影 響 要 旨 タイの 洪 水 被 害 が 拡 大 している 10 月 28 日 に 始 まった 大 潮 でバンコク 市 内 も 浸 水 した タイ 南 部 は 地 形 の 勾 配 が 緩 やかであるため 排 水 には 1 ヵ 月 以 上 かかるとの 見 方 が 多 い

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

タイトル

タイトル Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ: 原 油 2ドル/バレルの 衝 撃 発 表 日 :8 年 5 月 23 日 ( 金 ) ~ 今 年 度 1ドル=1 円 想 定 で 家 計 負 担 増 74,756 円 / 年 経 常 利 益 13.3% 押 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

2 テーマ 1 留 学 生 数 と 入 管 法 の 関 係 2 留 学 生 の 在 留 関 係 審 査 書 類 3 新 しい 在 留 管 理 と 留 学 生 4 新 しい 在 留 管 理 への 問 題 提 起 5 高 度 人 材 ポイント 制 の 意 味

2 テーマ 1 留 学 生 数 と 入 管 法 の 関 係 2 留 学 生 の 在 留 関 係 審 査 書 類 3 新 しい 在 留 管 理 と 留 学 生 4 新 しい 在 留 管 理 への 問 題 提 起 5 高 度 人 材 ポイント 制 の 意 味 1 監 視 される 高 度 人 材 留 学 生 財 団 法 人 アジア 学 生 文 化 協 会 教 育 交 流 事 業 部 白 石 勝 己 113-8642 東 京 都 文 京 区 本 駒 込 2-12-13 Tel:03-3946-7565 shiraishi@abk.or.jp 2 テーマ 1 留 学 生 数 と 入 管 法 の 関 係 2 留 学 生 の 在 留 関 係 審 査 書 類 3 新

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20975C966888E397C394C781408376838C835B83938E9197BF5F8DC58F49>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20975C966888E397C394C781408376838C835B83938E9197BF5F8DC58F49> 長 寿 大 国 日 本 の 予 防 医 療 ~ 健 康 に 長 生 きしよう~ ( 資 料 )http://www.sakucci.or.jp/pinkoro/index.html 公 益 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター 岡 圭 佑 ( 日 本 生 命 保 険 ) 松 木 拓 ( 八 十 二 銀 行 ) 皆 川 篤 (JR 東 海 ) 綿 貫 剛 ( 横 浜 銀 行 ) 高 齢 化

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information

JSA2001/ごあいさつ

JSA2001/ごあいさつ 2007 年 12 月 20 日 海 事 記 者 会 各 位 社 団 法 人 日 本 船 主 協 会 2007 年 海 運 界 10 大 ニュースについて 当 協 会 は 本 年 の 海 運 界 10 大 ニュースを 別 紙 のとおり 選 定 いたしましたので お 知 らせいたします 以 上 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 ( 社 ) 日 本 船 主 協 会 総 務 部 (TEL:03-3264-7181

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information

00_cover

00_cover 2008/7/29 http://research.netmile.co.jp/ 2008/7/29 調 査 票 タイトル: 海 外 旅 行 についてのアンケート 調 査 手 法 : インターネットリサーチ (ネットマイル 会 員 による 回 答 ) 調 査 票 種 別 : Easyリサーチ 実 施 期 間 : 2008/7/17 14:07 ~ 2008/7/18 02:16 回 答 モニタ 数

More information

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) ( 計 数 資 料 編 ) 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 計 数 資 料 編 1 歳 入 歳 出 予 算 の 概 要 1 (1) 歳 入 予 算 の 概 要 2 (2) 歳 出 予 算 の 概 要 5 2 計 数 に よ る 予 算 の 概 要 8 ( 参 考 ) 予 算 の 推 移 等 12 3 特 別 会 計 予 算 の 概

More information

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 世 界 日 本 の 長 期 エネルギー 需 給 の 見 通 し 平 成 21 年 9 月 3 日 第 1 回 エネルギーベストミックス 研 究 会 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 計 量 分 析 ユニット 主 任 研 究 員 松 尾 雄 司 1 発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 1. 世 界

More information

資料3-2

資料3-2 資 料 3-2 改 訂 案 ( 昨 年 からの 変 更 点 は 赤 字 ) 男 女 共 同 参 画 社 会 の 実 現 を 目 指 して 平 成 28 年 版 データ 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 社 会 のあらゆる 分 野 において 2020 年 までに 指 導 的 地 位 ( )に 女 性 が 占 める 割 合 を 少 なくとも 30% 程 度 とする 目 標 を 設

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031363035313183418357834181458349835A8341836A83418D44947A939690AC92B78A948349815B8376839382CC895E97708FF38BB52E7070746D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031363035313183418357834181458349835A8341836A83418D44947A939690AC92B78A948349815B8376839382CC895E97708FF38BB52E7070746D> アジア オセアニア 好 配 当 成 長 株 オープン( 毎 月 分 配 型 ) 情 報 提 供 用 資 料 アジア オセアニア 好 配 当 成 長 株 オープンの 運 用 状 況 2016 年 5 月 11 日 株 式 市 場 の 反 落 や 円 の 急 速 な 進 を 受 けて 基 準 価 額 は 下 落 当 ファンドの 基 準 価 額 は 4 月 中 旬 から 下 旬 にかけては 為 替 市 場

More information

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書 2012 年 6 月 7 日 新 たな 在 留 管 理 制 度 外 国 人 住 民 基 本 台 帳 制 度 に 関 する 各 市 区 町 村 に 対 する アンケート 結 果 をふまえての 意 見 書 東 京 弁 護 士 会 会 長 斎 藤 義 房 当 会 は 本 年 7 月 9 日 に 予 定 されている 新 たな 在 留 管 理 制 度 ( 以 下 新 在 管 制 度 という) 及 び 外 国

More information

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流

資料2スポーツを通じた国際交流と青少年の国際交流 資 料 2 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 と 青 少 年 の 国 際 交 流 平 成 22 年 4 月 30 日 ( 金 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 1.スポーツを 通 じた 国 際 交 流 について 11 国 際 競 技 力 の 向 上 と 国 際 スポーツ 界 をリードする 人 材 育 成 の 強 化 スポーツを 通 じた 国 際 交 流 は 国 際 競 技 力 の

More information

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し JTB 広 報 室 140-8602 東 京 都 品 川 区 東 品 川 2-3-11 TEL.03-5796 -5833 FAX.03-5796 -5848 http://jtb 2013 年 第 109 号 (2013.12. 4) 年 末 年 始 (2013 年 12 月 23 日 ~2014 年 1 月 3 日 )の 旅 行 動 向 国 内 旅 行 海 外 旅 行 共 に 過 去 最 高 国

More information

Microsoft Word - 56.2016GWの旅行動向.doc

Microsoft Word - 56.2016GWの旅行動向.doc JTB 広 報 室 140-8602 東 京 都 品 川 区 東 品 川 2-3-11 TEL.03-5796-5833 FAX.03-5796-5848 http://jtb.jp/ 2016 年 ゴールデンウィークの 旅 行 動 向 2016 年 第 56 号 (2016.4.5) 節 約 志 向 はあるものの 旅 行 の 意 欲 は 堅 調 海 外 旅 行 人 数 は 昨 年 より 2.8%

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです 3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです 3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 46,466 17,32,594 1,516,543 3,34,747 19.2 19.9 (2) 職 員 給 与

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Global Advisory Department 香 港 アウトルック 2016 年 7 月 グローバル アドバイザリー 部 本 資 料 は 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 取 引 の 勧 誘 を 目 的 としたものではありません 本 資 料 は 一 般 に 信 頼 できると 思 われるデー タに 基 づき 作 成 致 しておりますが その 信 憑 性 正 確

More information

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1 規 制 改 革 ホットライン へ 提 案 内 容 と 官 回 答 参 考 資 料 1 提 案 官 制 度 現 状 寄 港 地 上 陸 許 可 手 続 運 用 改 善 とトランジット ビザ 発 給 方 法 見 直 し 要 望 具 体 的 内 容 観 光 立 国 実 現 観 点 から わが 国 主 要 国 際 空 港 等 において 自 動 化 ゲート 活 用 混 雑 時 既 存 ブ ースフル 運 用 を

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

T12-1024_ブック.indb

T12-1024_ブック.indb ( 千 人 ) 20,000 18,000 16,000 14,000 12,000 10,000 8,000 6,000 4,000 2,000 日 本 人 海 外 旅 行 者 数 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 新 東 京 国 際 空 港 開 港 (1978) 台 湾 発 の 渡 航 自 由 化 (1979) 第 一 次 石 油 危 機 (1975) 韓 国 発 の 渡 航 自 由 化 (1989)

More information

海 外 進 出 企 業 を 取 り 巻 くリスク 火 災 爆 発 電 気 火 災 危 険 物 取 扱 自 然 災 害 地 震 水 災 システム 関 連 物 流 インフラ 停 止 電 気 水 等 ストライキ シ ョフ ホッヒ ンク 海 外 派 遣 社 員 の 安 全 盗 難 労 働 災 害 サフ ライ

海 外 進 出 企 業 を 取 り 巻 くリスク 火 災 爆 発 電 気 火 災 危 険 物 取 扱 自 然 災 害 地 震 水 災 システム 関 連 物 流 インフラ 停 止 電 気 水 等 ストライキ シ ョフ ホッヒ ンク 海 外 派 遣 社 員 の 安 全 盗 難 労 働 災 害 サフ ライ 海 外 進 出 企 業 のリスクについて ~ 中 国 暴 動 リスク タイ 洪 水 リスクを 中 心 に ~ 2012 年 11 月 30 日 海 外 進 出 企 業 を 取 り 巻 くリスク 火 災 爆 発 電 気 火 災 危 険 物 取 扱 自 然 災 害 地 震 水 災 システム 関 連 物 流 インフラ 停 止 電 気 水 等 ストライキ シ ョフ ホッヒ ンク 海 外 派 遣 社 員 の

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 資 料 1-1 年 金 に 関 する 資 料 平 成 23 年 5 月 23 日 厚 生 労 働 省 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

More information

業 においては 減 産 を 口 実 とした 人 員 削 減 を 加 速 させている 自 動 車 業 界 においては トヨタの2009 年 3 月 期 の 連 結 業 績 予 想 は4500 億 円 減 で 派 遣 期 間 従 業 員 の 削 減 は4100 名 ホンダは1400 億 円 の 損 益

業 においては 減 産 を 口 実 とした 人 員 削 減 を 加 速 させている 自 動 車 業 界 においては トヨタの2009 年 3 月 期 の 連 結 業 績 予 想 は4500 億 円 減 で 派 遣 期 間 従 業 員 の 削 減 は4100 名 ホンダは1400 億 円 の 損 益 新 自 由 主 義 派 の 詭 弁 を 許 すな! 3 月 1 日 に 放 映 されたテレビ 朝 日 の サンデープロジェクト に 登 場 した 竹 中 平 蔵 元 総 務 省 は アメリカ 型 資 本 主 義 が 破 綻 したのではなく 社 会 民 主 主 義 や 中 国 の 経 済 も 崩 壊 した との 詭 弁 を 弄 して 1980 年 代 から 採 用 されてきた 新 自 由 主 義 経

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

Microsoft Word - 02目次.doc

Microsoft Word - 02目次.doc 5 税 金 1 国 税 に 関 する 控 除 非 課 税 適 用 を 受 けるには 所 得 税 に 関 する 障 がい 者 の 所 得 控 除 税 額 の 計 算 の 基 礎 となる 所 得 から 所 得 控 除 として 次 の 区 分 により 一 定 額 が 控 除 されます 等 級 身 体 障 害 知 的 障 害 精 神 障 害 123456 左 記 左 記 重 度 1 級 区 分 級 級 級

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 初 めてのタイ 不 動 産 マニュアル ~2014~ 資 料 請 求 やお 問 い 合 わせ http://thai.gbn.bz/ 電 話 098-868-6232 受 付 時 間 :9:00~18:00 ( 土 日 祝 日 定 休 日 ) なぜ 今 タイの 不 動 産 が 注 目 されているか 東 南 アジアは 今 世 界 的 に 注 目 され 投 資 が 加 速 しています ここ 数 年 で

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

リーマンショック 級 の 経 済 危 機 が 起 きない 限 りもう 消 費 税 延 期 はない と 言 い 続 けてき た だから サミットを 利 用 して 無 理 やり リーマンショック 級 の 事 態 が 起 きている ということを 喧 伝 しようとしたと 受 け 取 れる だからこそ 海 外

リーマンショック 級 の 経 済 危 機 が 起 きない 限 りもう 消 費 税 延 期 はない と 言 い 続 けてき た だから サミットを 利 用 して 無 理 やり リーマンショック 級 の 事 態 が 起 きている ということを 喧 伝 しようとしたと 受 け 取 れる だからこそ 海 外 安 部 首 相 の 世 界 経 済 無 知 発 言 がG7 首 脳 会 議 で 失 笑 を 買 っている! 5 月 26 日 と27 日 の2 日 間 にわたって 三 重 県 志 摩 市 で 開 かれたG7 伊 勢 志 摩 サミット 大 方 の メディアの 報 告 をまとめてみる 主 要 7カ 国 (G 7) 首 脳 会 議 ( 伊 勢 志 摩 サミット)で 初 日 に 行 われた 首 脳 会 談

More information

The Future of Space Applications:

The Future of Space Applications: 経 済 協 力 開 発 機 構 ORGANISATION FOR ECONOMIC CO-OPERATION AND DEVELOPMENT 多 面 的 問 題 諮 問 ユニット ADVISORY UNIT ON MULTI-DISCIPLINARY ISSUES 国 際 将 来 プログラム INTERNATIONAL FUTURES PROGRAMME OECD 将 来 プロジェクト 2030 年

More information

図 4-4 国 内 債 残 高 /GDP 比 率 の 推 移 資 料 :BIS(2007) World Bank(2007)により 筆 者 作 成 図 4-5 国 債 残 高 /GDP 比 率 の 推 移 資 料 :BIS(2007) World Bank(2007)により 筆 者 作 成 83

図 4-4 国 内 債 残 高 /GDP 比 率 の 推 移 資 料 :BIS(2007) World Bank(2007)により 筆 者 作 成 図 4-5 国 債 残 高 /GDP 比 率 の 推 移 資 料 :BIS(2007) World Bank(2007)により 筆 者 作 成 83 4-4-3 高 齢 化 する 東 アジアの 金 融 市 場 の 課 題 このように 東 アジアの 金 融 市 場 は 特 に 債 券 市 場 で 脆 弱 性 が 目 立 つ この 脆 弱 性 を 改 善 し 年 金 基 金 等 の 効 率 的 な 資 産 配 分 に 資 する 金 融 市 場 債 券 市 場 とするため ADB 世 界 銀 行 等 は 以 下 のような 改 革 課 題 を 指 摘 している

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押 2011 年 12 月 26 日 米 国 新 規 失 業 保 険 申 請 件 数 は36.4 万 件 に 減 少 08 年 4 月 以 来 の 低 水 準 となった 11 月 の 中 古 住 宅 販 売 件 数 は 前 月 比 で4% 増 を 示 し 10か 月 ぶりの 高 水 準 となった 米 議 会 が 給 与 減 税 の2ヶ 月 延 長 で 合 意 に 達 し オバマ 大 統 領 の 支 持

More information

COSLOG活動報告(10528提出)

COSLOG活動報告(10528提出) 平 成 21 年 度 の 活 動 ( 比 較 地 方 自 治 研 究 センター) 1.センター センターの 目 的 本 センターは アジア 諸 国 を 始 め 多 くの 国 で 社 会 経 済 の 発 展 等 に 伴 い 内 政 の 充 実 すなわち 行 政 サービス 水 準 の 向 上 とデモクラティック ガバナンスの 強 化 が 求 められ 地 方 分 権 の 推 進 と ローカル ガバナンスの

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本

財 政 問 題 の 長 期 展 望 1 6 4 2-2 -4-6 -8-1 基 礎 的 財 政 収 支 の 長 期 予 測 中 央 政 府 地 方 政 府 ベース 一 般 政 府 ベース -12 198 199 2 21 22 23 24 ( 注 )マクロモデルによる 予 測 値 超 高 齢 日 本 資 料 2 財 政 制 度 等 審 議 会 財 政 制 度 分 科 会 報 告 超 高 齢 日 本 における 政 府 財 政 の 課 題 と 長 期 展 望 株 式 会 社 大 和 総 研 調 査 提 言 企 画 室 長 鈴 木 準 hitoshi.suzuki@dir.co.jp 214 年 3 月 1 日 Japanese Economic Research 財 政 問 題 の 長 期 展 望

More information

スライド 1

スライド 1 訪 日 旅 行 の 全 体 像 4 ( 単 位 : 千 人 ) 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 訪 日 旅 行 者 数 訪 日 旅 行 マーケットの 全 体 像 -199 年 以 降 の 訪 日 旅 行 者 数 の 推 移 - 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO)がまとめた 訪 日 旅 行 者 数 の199 年 からの 推 移 をみると 24 年 から 急 速 に 訪 日

More information

長期失業者の求職活動と就業意識

長期失業者の求職活動と就業意識 第 1 章 調 査 研 究 の 目 的 方 法 と 分 析 結 果 の 概 要 第 1 節 調 査 研 究 の 目 的 バブル 経 済 崩 壊 後 の 長 期 不 況 は 労 働 市 場 の 様 相 を 一 変 させた 長 期 雇 用 慣 行 が 定 着 して いたわが 国 の 労 働 市 場 は 1980 年 代 まで 完 全 失 業 率 が 1~2%という 低 い 水 準 を 維 持 し 若 年

More information

商 品 分 類 および 属 性 区 分 表 当 ファンドの 商 品 分 類 および 属 性 区 分 は 以 下 のとおりです 単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 海 外 株 式 属 性 区 分 投 資 対 象

商 品 分 類 および 属 性 区 分 表 当 ファンドの 商 品 分 類 および 属 性 区 分 は 以 下 のとおりです 単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 海 外 株 式 属 性 区 分 投 資 対 象 使 用 開 始 日 214 年 4 月 26 日 投 資 信 託 説 明 書 ( 交 付 目 論 見 書 ) 日 興 UBSアジア 株 式 リスク コントロール ファンド 追 加 型 投 信 / 海 外 / 株 式 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 第 13 条 の 規 定 に 基 づく 目 論 見 書 です 当 ファンドに 関 する 投 資 信 託 説 明 書 ( 請 求 目 論 見 書 )を

More information

Microsoft Word - RM最前線2014-28.doc

Microsoft Word - RM最前線2014-28.doc 2014 No.28 アジア 地 域 統 括 会 社 に 求 められるリスク 管 理 日 系 企 業 がアジアに 地 域 統 括 会 社 を 設 置 する 動 きが 加 速 している ジェトロ シンガポールが 2012 年 に 発 表 した 在 シンガポール 日 系 企 業 の 地 域 統 括 会 社 に 関 するアンケート 調 査 によれば アジ ア 統 括 会 社 の 設 置 件 数 は 2006

More information

Microsoft Word - 101009金融危機シンポジウム

Microsoft Word - 101009金融危機シンポジウム 金 融 危 機 シンポジウム 第 2 編 危 機 後 の 金 融 界 第 2 回 日 本 の 金 融 市 場 の 活 性 化 に 向 けて 山 澤 光 太 郎 氏 株 式 会 社 大 阪 証 券 取 引 所 取 締 役 常 務 執 行 役 員 日 時 :2010 年 7 月 28 日 ( 水 ) 場 所 : 早 稲 田 大 学 日 本 橋 キャンパス ホール 報 告 日 本 の 金 融 市 場 は

More information

退職給付プランのあり方に関する研究(総括報告書)

退職給付プランのあり方に関する研究(総括報告書) プレスリリース 資 料 平 成 25 年 1 月 21 日 国 民 の 老 後 保 障 に 関 する 研 究 ~ 個 人 退 職 勘 定 制 度 及 び 日 本 版 IRA の 可 能 性 を 探 る~ < 要 旨 > 公 益 財 団 法 人 年 金 シニアプラン 総 合 研 究 機 構 (http://www.nensoken.or.jp/) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 が 国 民 の

More information

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73%

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73% 自 民 接 戦 1 人 区 を 重 点 民 進 共 産 3 分 の 2 阻 止 を 前 面 参 院 選 最 終 盤 攻 防 朝 日 新 聞 2016 年 7 月 8 日 10 日 投 開 票 の 参 院 選 は 選 挙 戦 の 最 終 盤 を 迎 えている 安 倍 晋 三 首 相 ( 自 民 党 総 裁 ) は7 日 福 島 県 を 遊 説 接 戦 の1 人 区 を 重 点 的 に 回 り 単 独

More information

北海道の観光における課題等について20140110

北海道の観光における課題等について20140110 2014 年 1 月 10 日 日 本 銀 行 札 幌 支 店 北 海 道 金 融 経 済 レポート 北 海 道 の 観 光 における 課 題 等 について 本 レポートの 執 筆 は 札 幌 支 店 営 業 課 金 森 渉 が 担 当 しました 本 レポートで 示 された 意 見 は 執 筆 者 に 属 し 必 ずしも 日 本 銀 行 札 幌 支 店 の 見 解 を 示 すものではありません 照

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208F4390B394C52D83438393836882CC8C6F8DCF90AC92B782C68E738FEA93AE8CFC>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208F4390B394C52D83438393836882CC8C6F8DCF90AC92B782C68E738FEA93AE8CFC> インドの 経 済 成 長 と 市 場 動 向 ~ 大 国 への 道 を 歩 む 静 かなる 聖 流 ~ 平 成 21 年 9 月 18 日 株 式 会 社 SBI 証 券 投 資 調 査 部 (ガンジス 川 ) 1.アジア アジアの 成 長 大 国 ( 概 略 ) 国 名 インド インド(India India) 首 都 ニューデリー ニューデリー(New Delhi)

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する 平 成 27 年 (215 年 )6 月 3 日 NO.215-6 成 長 力 の 底 上 げに 向 け 前 向 きな 変 化 が 現 れてきた 企 業 行 動 要 旨 企 業 行 動 の 前 向 きな 変 化 の 背 景 には 経 常 利 益 が 過 去 最 高 を 更 新 するなど 円 安 基 調 の 定 着 を 受 けた 収 益 環 境 の 全 般 的 な 改 善 がある 円 安 基 調 の

More information