目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島"

Transcription

1 経 営 発 達 支 援 画 策 定 推 進 事 業 鶴 ヶ 島 市 地 域 経 済 状 況 調 査 分 析 事 業 平 成 27 年 4 月 30 日 鶴 ヶ 島 市 商 工 会 株 式 会 社 ぶぎん 地 域 経 済 研 究 所

2 目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島 市 の 卸 売 業 小 売 業 の 業 種 別 概 要 12 7 鶴 ヶ 島 市 の 商 圏 構 造 と 消 費 動 向 14 おわりに ~ 地 域 経 済 活 性 化 に 向 けた 課 題 解 決 と 支 援 ニーズ

3 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 地 域 経 済 の 活 性 化 のためには 地 域 経 済 の 現 状 や 構 造 を 理 解 し 主 要 産 業 等 のポイント を 押 さえて 有 効 な 施 策 を 実 行 することが 肝 要 である 本 調 査 分 析 においては 以 下 の 点 について 留 意 し 統 分 析 をすることとする Ⅰ: 地 域 における 中 核 的 な 産 業 地 域 経 済 にとって 重 要 な 域 外 からの 資 金 を 稼 いでくる 産 業 を 把 握 する 1 産 業 の 規 模 が 大 きい 付 加 価 値 構 成 比 従 業 者 構 成 比 を 把 握 2 産 業 集 積 していて 労 働 生 産 性 が 高 い 特 化 係 数 と 労 働 生 産 性 を 把 握 Ⅱ: 個 別 産 業 の 競 争 力 強 化 を 向 けた 戦 略 個 別 産 業 の 競 争 力 の 推 移 を 分 析 することで 産 業 の 現 状 を 把 握 する 1 特 化 係 数 と 労 働 生 産 性 の 現 状 * 特 化 係 数 = 地 域 の 付 加 価 値 構 成 比 埼 玉 県 の 付 加 価 値 構 成 比 地 域 経 済 分 析 の 視 点 1 域 外 域 内 市 場 産 業 地 域 外 を 市 場 とする 域 外 市 場 産 業 : 例 ) 製 造 業 農 業 観 光 等 地 域 内 を 市 場 とする 域 内 市 場 産 業 : 例 ) 日 用 品 小 売 業 対 個 人 サービス 業 Ⅲ: 地 域 経 済 の 概 観 1 地 域 の 全 産 業 を 付 加 価 値 従 業 者 規 模 から 把 握 する 2 地 域 の 製 造 業 を 付 加 価 値 従 業 者 規 模 から 把 握 する 3 地 域 の 中 核 産 業 と 競 争 力 を 把 握 する 4 地 域 への 波 及 力 の 高 い 産 業 を 把 握 する 個 別 産 業 の 分 析 特 化 係 数 が1を 超 える 産 業 労 働 生 産 性 対 埼 玉 県 比 が1を 超 える 産 業 から 特 化 係 数 労 働 生 産 性 対 埼 玉 県 比 事 業 所 数 従 業 者 数 の 対 比 により 産 業 動 向 を 把 握 する - 3 -

4 1 人 口 動 態 (1) 鶴 ヶ 島 市 の 将 来 推 人 口 鶴 ヶ 島 市 の 厚 生 労 働 省 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 による 将 来 推 人 口 を 見 ると 2010 年 の 69,990 人 をピークに 減 少 し 転 じ 30 年 後 の 2040 年 には 59,631 人 となると 推 され ている 2010 年 から 2040 年 の 30 年 間 で 鶴 ヶ 島 市 は 総 人 口 で 1 万 人 超 の 10,359 人 の 減 少 となり 14.8%の 減 少 率 となっている 減 少 率 に 関 しては 同 期 間 の 埼 玉 県 全 体 の 人 口 減 少 率 が 12.4%であるところから 県 とほぼ 同 水 準 で 推 移 するものと 予 測 される 図 表 1 鶴 ヶ 島 市 の 将 来 推 人 口 男 女 / 年 総 数 69,990 69,757 69,030 67,568 65,403 62,685 59,631 0~4 歳 3,079 2,900 2,562 2,287 2,152 2,069 1,937 5~9 歳 3,370 3,000 2,841 2,511 2,242 2,109 2,028 10~14 歳 3,238 3,385 3,005 2,848 2,518 2,248 2,115 15~19 歳 3,609 3,522 3,568 3,178 3,009 2,659 2,376 20~24 歳 4,360 3,851 3,719 3,763 3,355 3,173 2,802 25~29 歳 4,118 3,765 3,519 3,399 3,441 3,070 2,901 30~34 歳 4,986 3,968 3,679 3,444 3,328 3,367 3,004 35~39 歳 6,169 4,891 3,908 3,629 3,397 3,283 3,320 40~44 歳 5,036 6,019 4,794 3,835 3,561 3,334 3,221 45~49 歳 3,980 4,926 5,910 4,710 3,768 3,500 3,278 50~54 歳 3,903 3,930 4,863 5,835 4,653 3,725 3,461 55~59 歳 5,071 3,824 3,852 4,767 5,723 4,568 3,658 60~64 歳 6,382 4,843 3,674 3,705 4,588 5,513 4,404 65~69 歳 5,187 6,084 4,633 3,522 3,554 4,405 5,301 70~74 歳 3,243 4,846 5,729 4,372 3,334 3,367 4,180 75~79 歳 1,977 2,890 4,359 5,213 3,991 3,060 3,097 80~84 歳 1,222 1,634 2,402 3,665 4,467 3,440 2,662 85~89 歳 ,232 1,821 2,818 3,534 2, 歳 以 上 ,064 1,504 2,261 3,141 ( 再 掲 )0~14 歳 9,688 9,285 8,408 7,646 6,912 6,426 6,080 ( 再 掲 )15~64 歳 47,536 43,539 41,486 40,265 38,823 36,192 32,425 ( 再 掲 )65 歳 以 上 12,687 16,933 19,136 19,657 19,668 20,067 21,126 ( 再 掲 )75 歳 以 上 4,257 6,003 8,774 11,763 12,780 12,295 11,645 ( 出 所 : 厚 生 労 働 省 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ) (2) 年 齢 別 (3 区 分 )の 人 口 推 移 次 にこれまでの 人 口 推 移 と 将 来 推 について 年 齢 別 3 区 分 で 分 析 した 経 済 活 動 の 中 心 となる 15~64 歳 までの 生 産 年 齢 人 口 は これまで 順 調 に 増 加 してきた 特 に 1980 年 代 で は 大 幅 増 加 を 記 録 したことが 図 表 2 より 見 て 取 れる 2005 年 は 50,000 人 超 であっ たが これをピークに 減 少 となり 2030 年 には 4 万 人 台 を 割 り 38,823 人 そして 2040 年 には 32,425 人 とピークのほぼ 4 割 減 となる また 2040 年 の 生 産 年 齢 人 口 が 鶴 ヶ 島 市 の 総 人 口 に 占 める 割 合 は 54.3%となる また 0-2 -

5 ~14 歳 の 年 少 人 口 も 少 子 化 の 中 で 減 少 を 続 け 図 表 1 が 示 すように 2010 年 の 9,688 人 から 2040 年 は 6,080 人 と 37.2% 減 少 すると 推 される 一 方 で 65 歳 以 上 の 老 年 人 口 は 2010 年 の 時 点 での 12,687 人 からも 増 加 を 続 け 2035 年 には 20,067 人 と 2 万 人 台 を 超 え 2040 年 には 21,126 人 にまで 増 加 する 市 の 総 人 口 の 占 める 割 合 も 2010 年 の 18.1%から 2040 年 は 35.4%まで 増 加 する また 75 歳 以 上 の 高 齢 者 人 口 についても 2010 年 の 4,257 人 から 団 塊 の 世 代 が 75 歳 以 上 となる 2025 年 には 11,763 人 と 大 幅 に 増 加 する その 後 は 大 幅 な 増 加 は 見 られず 11,000 人 から 12,000 人 台 で 推 移 することが 推 される 図 表 2 鶴 ヶ 島 市 の 年 齢 別 (3 区 分 )の 人 口 推 移 ( 出 所 : 厚 生 労 働 省 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 より 当 研 究 所 作 成 ) (3) 最 近 の 人 口 の 推 移 図 表 3 鶴 ヶ 島 市 : 最 近 の 人 口 推 移 ( 自 然 増 減 ) - 3 -

6 ( 出 所 : 埼 玉 県 総 務 部 統 課 ) 人 口 動 態 の 現 状 を 検 証 するために 2000 年 から 2013 年 までの 人 口 の 自 然 増 減 について 概 観 する 鶴 ヶ 島 市 は 過 去 出 生 数 が 死 亡 数 を 大 きく 上 回 る 状 況 で 自 然 増 を 継 続 してきた し かしながら その 状 況 も 2013 年 には 自 然 増 による 毎 年 の 貯 金 も 作 れない 状 況 にな ってしまった 出 生 数 の 長 期 低 落 傾 向 と 高 齢 化 の 進 展 による 死 亡 数 の 増 加 傾 向 が 鶴 ヶ 島 市 でも 進 行 していることが 窺 える 図 表 4 鶴 ヶ 島 市 : 最 近 の 人 口 推 移 ( 社 会 増 減 ) - 4 -

7 ( 出 所 : 埼 玉 県 総 務 部 統 課 ) 次 に 社 会 増 減 の 2000 年 から 2013 年 の 推 移 について 分 析 したい 転 入 者 数 は 2000 年 か ら 2006 年 までは 年 間 4,000 人 を 超 えていたが その 後 は 3,000 人 台 となっている また 転 入 者 数 と 転 出 者 数 を 勘 案 した 社 会 増 減 は 2007 年 以 降 大 半 の 年 が 減 少 となっている 人 口 減 少 の 進 行 する 中 で 自 然 増 が 望 めない 現 状 将 来 において 都 市 間 競 争 の 中 で 社 会 増 につながる 施 策 が 求 められる (4) 鶴 ヶ 島 市 における 結 婚 出 産 子 育 て 世 代 女 性 人 口 の 将 来 推 次 に 地 域 の 活 力 及 び 持 続 可 能 性 を 探 る 指 標 として 20~39 歳 までの 女 性 の 将 来 推 人 口 を 分 析 した この 年 代 の 女 性 人 口 は 結 婚 出 産 や 子 育 ての 中 心 的 な 世 代 として 地 域 社 会 の 存 立 に 大 きくかかわってくる それによると 2010 年 に 鶴 ヶ 島 市 では 9,665 人 が 在 住 していたが 2040 年 には 5,952 人 となると 推 されている ちなみに 2010 年 を 100 とした 指 数 でみると 2040 年 は と 40% 減 少 することがわかる この 年 代 を 増 加 させるのは 社 会 増 が 中 心 となるから 鶴 ヶ 島 市 に 引 っ 越 したくなる 住 みたくなるような 魅 力 的 なまちづくりや 現 在 の 小 中 学 生 が 成 人 後 も 鶴 ヶ 島 市 に 住 んで みたいなと 思 わせるような 活 性 化 策 が 求 められる 図 表 5 鶴 ヶ 島 市 の 20~39 歳 の 女 性 人 口 推 ( 出 所 : 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 )(2010 年 =100 とした 指 数 ) 2 市 内 総 生 産 から 見 る 産 業 構 造 図 表 6 鶴 ヶ 島 市 の 地 域 内 総 生 産 - 5 -

8 鶴 ヶ 島 市 平 成 13 年 度 平 成 18 年 度 平 成 23 年 度 市 町 村 内 総 生 産 167, , , 第 1 次 産 業 農 業 林 業 水 産 業 第 2 次 産 業 46, , , 鉱 業 * * * 製 造 業 34, , , 建 設 業 12, , , 第 3 次 産 業 120, , , 電 気 ガス 水 道 業 1, , , 卸 売 小 売 業 21, , , 金 融 保 険 業 6, , , 不 動 産 業 32, , , 運 輸 業 7, , , 情 報 通 信 業 * 5, , サービス 業 33, , , 政 府 サービス 生 産 者 14, , , 対 家 民 非 営 利 サービス 生 産 者 1, , , 輸 入 品 に 課 せられる 税 関 税 1, , , ( 控 除 ) 総 資 本 形 成 に 係 る 消 費 税 ( 単 位 : 百 万 円 %) ( 出 所 : 埼 玉 県 埼 玉 の 市 町 村 経 済 算 ) 鶴 ヶ 島 市 の 経 済 規 模 を 示 す 地 域 内 総 生 産 から 鶴 ヶ 島 市 の 産 業 構 造 について 概 観 する 平 成 23 年 度 の 産 業 別 市 内 総 生 産 ( 名 目 )の 構 成 比 から 見 ると 第 1 次 産 業 が 0.2% 第 2 次 産 業 が 25.5% 第 3 次 産 業 が 73.5%となっている これを 埼 玉 県 ( 第 1 次 産 業 0.6% 第 2 次 産 業 24.2% 第 3 次 産 業 が 74.5%)と 比 較 すると 第 2 次 産 業 ( 主 に 製 造 業 と 建 設 業 ) が 埼 玉 県 を 上 回 る 反 面 第 1 次 産 業 と 第 3 次 産 業 が 低 い 産 業 構 造 となっている 鶴 ヶ 島 市 の 産 業 構 造 をより 詳 しくみるために 鶴 ヶ 島 市 の 特 化 係 数 を 用 いた 埼 玉 県 の 水 準 ( 特 化 係 数 =1)として それを 上 回 るものを 産 業 集 積 が 進 んでいるものとして 捉 える ことができる 第 1 次 産 業 では 特 化 係 数 が1を 上 回 るものはなく 第 2 次 産 業 では 製 造 業 が 1.13 第 3 次 産 業 では 不 動 産 業 が 1.17 と 産 業 全 体 でも 最 も 大 きく 次 いで 卸 売 小 売 業 が 1.13 サービス 業 が 1.00 となっている 次 に 産 業 構 造 の 変 化 について 平 成 年 度 と 平 成 23 年 度 の 産 業 別 市 内 総 生 産 の 構 成 比 に 推 移 から 見 ると 第 1 次 産 業 については ほとんど 変 わりがないことがわかる 第 2 次 産 業 については 動 きが 大 きく 平 成 13 年 度 が 27.7% 平 成 18 年 度 は 32.3%と 製 造 業 が 大 きくシェアを 伸 ばした しかしながら 平 成 23 年 度 には 25.5%と 大 きくシェアを 落 としている この 要 因 としては 製 造 業 が 総 生 産 額 を 506 億 円 から 380 億 円 と 大 きく 減 少 させたこともあるが 建 設 業 が 145 億 円 から 72 億 円 とほぼ 半 額 となり シェアを 7.2%か ら 4.1%まで 減 少 させていることもある 第 3 次 産 業 は 平 成 13 年 度 から 18 年 度 比 較 で 構 成 比 を 落 とすものの 23 年 度 には 73.5% と 70% 台 を 回 復 させた 卸 売 小 売 業 が 1.2 ポイント 不 動 産 業 が 3.8 ポイント サービ ス 業 が 1.2 ポイント 増 加 したことが 要 因 となっている - 6 -

9 3 工 業 統 から 見 た 製 造 業 の 特 性 鶴 ヶ 島 市 の 製 造 業 について 製 造 業 の 中 分 類 での 従 業 員 数 事 業 所 数 製 造 品 出 荷 額 等 また 付 加 価 値 額 により その 特 徴 について 分 析 する 今 回 は 鶴 ヶ 島 市 の 製 造 業 の 特 徴 を 分 析 する 上 で 各 産 業 の 付 加 価 値 額 を 基 本 に 特 化 係 数 ( 埼 玉 県 製 造 業 の 各 産 業 において それぞれの 付 加 価 値 額 が 製 造 業 全 体 の 付 加 価 値 額 にお ける 構 成 割 合 の 水 準 を1とし それと 比 較 して 鶴 ヶ 島 市 の 各 産 業 の 付 加 価 値 額 の 構 成 割 合 が 上 回 っているか 下 回 っているかで 比 較 )が1を 超 える 産 業 または 付 加 価 値 額 と 従 業 者 数 をもとに 割 り 出 した 労 働 生 産 性 が1を 超 える 産 業 を 地 域 の 中 核 産 業 として 分 析 をする 特 化 係 数 が1を 上 回 る 数 値 が 大 きいほど その 産 業 が 県 水 準 を 大 きく 上 回 り 集 積 が 進 ん でいることがわかる 紙 パルプが 6.78 と 最 も 大 きく 埼 玉 県 の 水 準 を 約 6 倍 上 回 る 集 積 があることがわかる その 他 では プラスチックが 1.87 印 刷 が 1.81 金 属 製 品 が 1.65 と 特 化 係 数 が 1 を 上 回 っている 労 働 生 産 性 については 付 加 価 値 額 を 従 業 者 数 で 割 った 数 値 を 埼 玉 県 と 鶴 ヶ 島 市 を 比 較 したものである 埼 玉 県 の 数 値 を1として 比 較 したものである そこから 分 析 すると 労 働 生 産 性 が 高 いのは 紙 パルプが 2.36 と 最 も 高 く 埼 玉 県 の2 倍 以 上 の 労 働 生 産 性 を 記 録 している 続 いて 金 属 製 品 が 1.64 電 気 機 器 が 1.33 である 図 表 7 鶴 ヶ 島 市 の 製 造 業 - 7 -

10 事 業 所 数 従 業 者 数 製 造 品 出 荷 額 等 付 加 価 値 額 特 化 係 数 総 数 52 1,888 7,209,456 2,386,241 食 料 , , 繊 維 2 43 * * * 家 具 1 5 * * * 紙 パルプ ,221, , 印 刷 ,348, , プラスチック , , 窯 業 1 8 * * * 金 属 , , 生 産 ,297 35, 業 務 2 21 * * * 電 子 1 15 * * * 電 気 , , 情 報 * * * 輸 送 1 7 * * * そ 他 ,333 18, ( 埼 玉 県 =1) ( 百 万 円 ) ( 百 万 円 ) 事 業 所 数 従 業 者 数 製 造 品 出 荷 額 等 付 加 価 値 額 労 働 生 産 性 総 数 52 1,888 7,209,456 2,386,241 食 料 , , 繊 維 2 43 * * * 家 具 1 5 * * * 紙 パルプ ,221, , 印 刷 ,348, , プラスチック , , 窯 業 1 8 * * * 金 属 , , 生 産 ,297 35, 業 務 2 21 * * * 電 子 1 15 * * * 電 気 , , 情 報 * * * 輸 送 1 7 * * * そ 他 ,333 18, ( 埼 玉 県 =1) ( 出 所 : 埼 玉 県 総 務 部 統 課 平 成 25 年 工 業 統 調 査 ) - 8 -

11 4 第 三 次 産 業 の 集 積 事 業 所 統 と 経 済 センサスの 事 業 所 数 と 従 業 員 数 から 主 に 第 三 次 産 業 の 集 積 の 特 性 を 見 てみたい ここでは 1991 年 ~2012 年 までのそれぞれの 推 移 と 2012 年 の 数 値 を 埼 玉 県 の 数 値 と 比 較 をもとに 出 した 特 化 係 数 から 分 析 をすることとする 鶴 ヶ 島 市 における 全 体 の 事 業 所 数 については 1991 年 が 1,567 事 業 所 で 直 近 の 2012 年 では 1,776 事 業 所 と この 20 年 という 期 間 では 13%ほど 増 加 している しかしながらこ れまでのピークとなった 2009 年 の 1,891 事 業 所 と 比 較 すると 3 年 間 で 6% 減 少 と 必 ずしも 順 調 に 増 加 を 続 けているとは 言 い 難 い 図 表 8 鶴 ヶ 島 市 の 第 三 次 産 業 の 事 業 所 推 移 事 業 所 ( 民 営 )の 業 種 別 推 移 単 位 : 上 段 は 事 業 所 数 下 段 は 構 成 比 (%) 特 化 係 数 ( 埼 玉 県 =1) 大 分 類 1991 年 1996 年 1999 年 2001 年 2004 年 2006 年 2009 年 2012 年 特 化 係 数 第 三 次 産 業 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 情 報 通 信 業, 運 輸 業 郵 便 業 情 報 通 信 業 運 輸 業, 郵 便 業 卸 売 小 売, 飲 食 サービス 卸 売 業, 小 売 業 宿 泊 業, 飲 食 サービス 業 金 融 業, 保 険 業 不 動 産 業, 物 品 賃 貸 業 サービス 業 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 業 生 活 関 連 サービス 業, 娯 楽 業 教 育, 学 習 支 援 業 医 療, 福 祉 複 合 サービス 事 業 サービス 業 ( 他 に 分 類 されない もの) 合 小 ( 注 : 合 は 全 産 業 の 数 値 となっている) ,567 1,863 1,792 1,863 1,770 1,837 1,891 1, ,973 2,301 2,209 2,275 2,160 2,208 2,296 2, ( 資 料 ) 総 務 省 事 業 所 企 業 統 調 査 2009 年 経 済 センサス 基 礎 調 査 2012 年 経 済 センサス 活 動 調 査 注 :2009 年 以 降 の 経 済 センサス では 従 来 の 事 業 所 企 業 統 調 査 と 比 べ 事 業 所 企 業 の 補 足 範 囲 を 拡 大 しており 両 者 の 数 値 は 単 純 な 比 較 はできない 業 種 別 の 推 移 から 大 きな 変 化 をしているものを 触 れたい 卸 売 業 小 売 業 と 宿 泊 業 飲 食 サービス 業 については 統 がそれぞれ 分 かれた 2004 年 から 2012 年 までの 推 移 を 見 る と 卸 売 業 小 売 業 で 562 事 業 所 から 516 事 業 所 宿 泊 業 飲 食 サービス 業 が 321 事 業 所 か ら 297 事 業 所 と それぞれ 7~8%の 減 少 を 見 ている 一 方 で 増 加 をしている 産 業 とし ては 不 動 産 業 物 品 賃 貸 業 と 医 療 福 祉 である 不 動 産 業 物 品 賃 貸 業 は 1991 年 から 2012 年 で 134 事 業 所 から 179 事 業 所 医 療 福 祉 は 統 が 取 られるようになった

12 年 から 2012 年 で 121 事 業 所 から 175 事 業 所 と 大 きく 増 加 している 特 化 係 数 については 多 くの 業 種 が 1 を 超 え 埼 玉 県 の 水 準 を 上 回 っている 生 活 関 連 サービス 業 娯 楽 業 や 医 療 福 祉 等 の 分 野 で 1.21 と 最 も 高 い 特 化 係 数 を 示 している 図 表 9 鶴 ヶ 島 市 の 第 三 次 産 業 の 従 業 者 数 推 移 従 業 者 ( 民 営 )の 業 種 別 推 移 単 位 : 上 段 は 従 業 者 数 下 段 は 構 成 比 (%) 特 化 係 数 ( 埼 玉 県 =1) 大 分 類 1991 年 1996 年 1999 年 2001 年 2004 年 2006 年 2009 年 2012 年 特 化 係 数 第 三 次 産 業 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 情 報 通 信 業, 運 輸 業 郵 便 業 情 報 通 信 業 運 輸 業, 郵 便 業 卸 売 小 売, 飲 食 サービス 卸 売 業, 小 売 業 宿 泊 業, 飲 食 サービス 業 金 融 業, 保 険 業 不 動 産 業, 物 品 賃 貸 業 サービス 業 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 業 生 活 関 連 サービス 業, 娯 楽 業 教 育, 学 習 支 援 業 医 療, 福 祉 複 合 サービス 事 業 サービス 業 ( 他 に 分 類 されない もの) 合 小 ( 注 : 合 は 全 産 業 の 数 値 となっている) ,120 1, ,387 7,960 7,908 7, ,638 6,195 6,176 5, ,487 3,492 3,541 2, ,525 3,861 4,508 4, , ,130 1, ,498 1,648 2,111 2, ,847 4,416 1,288 1, ,403 13,254 13,957 14,054 15,969 18,636 18,891 16, ,898 20,460 20,209 20,727 20,863 23,092 24,292 22, ( 資 料 ) 総 務 省 事 業 所 企 業 統 調 査 2009 年 経 済 センサス 基 礎 調 査 2012 年 経 済 センサス 活 動 調 査 注 :2009 年 以 降 の 経 済 センサス では 従 来 の 事 業 所 企 業 統 調 査 と 比 べ 事 業 所 企 業 の 補 足 範 囲 を 拡 大 しており 両 者 の 数 値 は 単 純 な 比 較 はできない 従 業 員 数 では 卸 売 業 小 売 業 が 5,791 人 と 鶴 ヶ 島 市 における 第 三 次 産 業 で 最 も 大 きい 雇 用 吸 収 力 を 誇 っている 第 三 次 産 業 の 従 業 者 数 全 体 16,647 人 の 34.8%になる 次 いで 宿 泊 業 飲 食 サービス 業 が 2,513 人 医 療 福 祉 が 2,315 人 となっている 過 去 からの 従 業 者 数 の 推 移 を 見 ると 事 業 所 数 と 同 様 に 不 動 産 業 物 品 賃 貸 業 や 医 療 福 祉 が 大 きく 従 業 者 数 を 伸 ばしている 最 近 の 他 業 種 の 動 きを 見 ると 運 輸 業 郵 便 業 の 大 幅 な 減 少 生 活 関 連 サービス 業 娯 楽 業 の 大 幅 な 増 加 が 目 に 留 まる 特 化 係 数 については 情 報 通 信 業 が 1.90 で 最 も 高 く 次 いで 不 動 産 業 物 品 賃 貸 業 が 1.40 生 活 関 連 サービス 業 娯 楽 業 が 1.27 卸 売 業 小 売 業 が 1.24 の 順 となっている

13 5 サービス 産 業 の 動 向 前 章 で 第 3 次 産 業 の 集 積 について 見 たが 本 章 ではさらに 細 分 化 し サービス 業 という 視 点 からその 集 積 状 況 を 把 握 してみたい 以 下 の 表 は 事 業 所 数 と 従 業 者 数 について 2001 年 ~2012 年 までのそれぞれの 業 種 について 増 減 の 推 移 を 概 観 したものである 図 表 10 鶴 ヶ 島 市 のサービス 産 業 の 事 業 所 数 推 移 サービス 業 の 事 業 所 数 の 推 移 産 業 大 分 類 事 業 所 数 2001~ ~2012 産 業 中 分 類 ( 一 部 小 分 類 を 含 む) 増 減 数 増 加 率 増 減 数 増 加 率 ( 所 ) (%) ( 所 ) (%) G 情 報 通 信 業 通 信 業 放 送 業 情 報 サービス 業 インターネット 附 随 サービス 業 映 像 音 声 文 字 情 報 制 作 業 K 物 品 賃 貸 業 L 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 業 学 術 開 発 研 究 機 関 専 門 サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) 広 告 業 技 術 サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 業 内 格 付 不 能 M 宿 泊 業, 飲 食 サービス 業 宿 泊 業 飲 食 店 持 ち 帰 り 配 達 飲 食 サービス 業 飲 食 店, 持 ち 帰 り 配 達 飲 食 サービス 業 内 格 付 不 能 N 生 活 関 連 サービス 業, 娯 楽 業 洗 濯 理 容 美 容 浴 場 業 その 他 の 生 活 関 連 サービス 業 娯 楽 業 生 活 関 連 サービス 業, 娯 楽 業 内 格 付 不 能 O 教 育, 学 習 支 援 業 学 校 教 育 その 他 の 教 育, 学 習 支 援 業 P 医 療, 福 祉 医 療 業 保 健 衛 生 社 会 保 険 社 会 福 祉 介 護 事 業 医 療, 福 祉 内 格 付 不 能 Q 複 合 サービス 事 業 郵 便 局 協 同 組 合 ( 他 に 分 類 されないもの) R サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) 廃 棄 物 処 理 業 自 動 車 整 備 業 機 械 等 修 理 業 ( 別 掲 を 除 く) 職 業 紹 介 労 働 者 派 遣 業 その 他 の 事 業 サービス 業 政 治 経 済 文 化 団 体 宗 教 その 他 のサービス 業 サービス 業 ( 政 治 経 済 文 化 団 体 宗 教 を 除 く) 内 格 付 不 能 サ ー ビ ス 業 1,009 1,029 1, ( 資 料 ) 総 務 省 事 業 所 企 業 統 調 査 2012 年 経 済 センサス 活 動 調 査 最 近 (2001 年 ~2012 年 )の 鶴 ヶ 島 市 におけるサービス 業 の 事 業 所 数 の 推 移 で 大 きな 動 き を 示 したものを 見 ると まず 飲 食 店 が 2001 年 の 330 店 から 2012 年 275 店 への 16.7%と 大 きく 減 少 させている また 娯 楽 業 も 2001 年 の 23 店 から 17 店 へと 26.1% 減 少 した 一 方 で 事 業 所 数 を 大 きく 増 加 させた 業 種 では 医 療 福 祉 関 係 が 見 て 取 れる 医 療 業 は 2001 年 89 事 業 所 から 120 事 業 所 と 34.8% 増 社 会 保 険 社 会 福 祉 介 護 事 業 の 事 業 所 が 2001 年 の 12 事 業 所 から 53 事 業 所 へと 4 倍 を 超 える 増 加 を 示 していることが 注 目 される

14 次 にサービス 業 の 従 業 者 数 の 推 移 見 ると 情 報 サービス 業 が 事 業 所 数 が 横 ばいながら 従 業 者 数 を 2001 年 の 174 人 から 2012 年 の 404 人 へと 大 きく 増 加 させていることがわか る その 他 従 業 者 数 を 増 加 させている 業 種 については 宿 泊 業 娯 楽 業 や 廃 棄 物 処 理 業 がある また 前 述 の 医 療 業 と 社 会 保 険 社 会 福 祉 介 護 事 業 の 事 業 所 についても 当 然 のこ とながら 医 療 業 が 968 人 から 1,340 人 の 38.4% 社 会 保 険 社 会 福 祉 介 護 事 業 が 294 人 から 955 人 の 224.8%(3.25 倍 )となっている 図 表 11 鶴 ヶ 島 市 のサービス 産 業 の 従 業 者 数 推 移 サービス 業 の 従 業 者 数 の 推 移 産 業 大 分 類 従 業 者 数 2001~ ~2012 産 業 中 分 類 ( 一 部 小 分 類 を 含 む) 増 減 数 増 加 率 増 減 数 増 加 率 ( 人 ) (%) ( 人 ) (%) G 情 報 通 信 業 通 信 業 放 送 業 情 報 サービス 業 インターネット 附 随 サービス 業 映 像 音 声 文 字 情 報 制 作 業 K 物 品 賃 貸 業 L 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 業 944 2, 学 術 開 発 研 究 機 関 243 1, 専 門 サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) 広 告 業 技 術 サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 業 内 格 付 不 能 M 宿 泊 業, 飲 食 サービス 業 2,297 3,492 2, 宿 泊 業 飲 食 店 2,251 3,392 2, 持 ち 帰 り 配 達 飲 食 サービス 業 飲 食 店, 持 ち 帰 り 配 達 飲 食 サービス 業 内 格 付 不 能 N 生 活 関 連 サービス 業, 娯 楽 業 1,099 1,146 1, 洗 濯 理 容 美 容 浴 場 業 その 他 の 生 活 関 連 サービス 業 娯 楽 業 生 活 関 連 サービス 業, 娯 楽 業 内 格 付 不 能 O 教 育, 学 習 支 援 業 学 校 教 育 その 他 の 教 育, 学 習 支 援 業 P 医 療, 福 祉 1,262 1,648 2, 医 療 業 968 1,115 1, 保 健 衛 生 社 会 保 険 社 会 福 祉 介 護 事 業 医 療, 福 祉 内 格 付 不 能 Q 複 合 サービス 事 業 郵 便 局 協 同 組 合 ( 他 に 分 類 されないもの) R サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) 757 1,041 1, 廃 棄 物 処 理 業 自 動 車 整 備 業 機 械 等 修 理 業 ( 別 掲 を 除 く) 職 業 紹 介 労 働 者 派 遣 業 その 他 の 事 業 サービス 業 政 治 経 済 文 化 団 体 宗 教 その 他 のサービス 業 サービス 業 ( 政 治 経 済 文 化 団 体 宗 教 を 除 く) 内 格 付 不 能 サ ー ビ ス 業 6,917 10,508 8,828 3, , ( 資 料 ) 総 務 省 事 業 所 企 業 統 調 査 2012 年 経 済 センサス 活 動 調 査

15 6 鶴 ヶ 島 市 の 卸 売 業 小 売 業 の 業 種 別 概 要 図 表 12 卸 売 業 の 業 種 別 概 要 卸 売 業 の 業 種 別 概 要 (2012 年 ) 業 種 項 目 事 業 所 数 従 業 者 数 年 間 商 品 販 売 額 実 数 ( 所 ) 構 成 比 (%) 実 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 実 数 ( 百 万 円 ) 構 成 比 (%) 飲 食 料 品 卸 売 業 , 建 築 材 料, 鉱 物 金 属 材 料 等 卸 売 業 , 機 械 器 具 卸 売 業 , その 他 の 卸 売 業 , 卸 売 業 , ( 資 料 ) 総 務 省 2012 年 経 済 センサス 活 動 調 査 鶴 ヶ 島 市 の 卸 売 業 を 2012 年 の 経 済 センサス 活 動 調 査 から 概 観 すると 全 体 で 事 業 数 が 75 従 業 者 数 が 556 人 年 間 商 品 販 売 額 が 409 億 6,900 万 円 となっている 事 業 所 数 で 最 も 多 いのは 建 築 材 料 鉱 物 金 属 材 料 等 卸 売 業 で 26 事 業 所 となっている また 従 業 者 数 と 年 間 商 品 販 売 額 では 飲 食 料 品 卸 売 業 が 従 業 者 数 165 人 年 間 商 品 販 売 額 149 億 4,900 万 円 で 最 も 大 きい 図 表 13 < 参 考 > 鶴 ヶ 島 市 卸 売 業 の 事 業 所 数 と 商 品 販 売 額 の 推 移 ( 資 料 ) 総 務 省 事 業 所 企 業 統 調 査 2009 年 経 済 センサス 基 礎 調 査 2012 年 経 済 センサ ス 活 動 調 査 ( 注 ) 商 業 統 と 経 済 センサスは 調 査 手 法 が 異 なるため 厳 密 には 連 続 しない 参 考 として 1994 年 ~2007 年 までの 商 業 統 から 鶴 ヶ 島 市 の 卸 売 業 の 動 向 を 見 たい こ れによると 事 業 所 数 は 94 年 の 104 から 207 年 の 88 へ 減 少 している その 他 従 業 者 数 に おいても 942 人 から 746 人 へ 年 間 商 品 販 売 額 についても 710 億 円 から 436 億 円 と 大 き く 減 少 していることがわかる

16 図 表 14 小 売 業 の 業 種 別 概 要 小 売 業 の 業 種 別 概 要 (2012 年 ) 事 業 所 数 従 業 者 数 年 間 商 品 販 売 額 業 種 項 目 実 数 ( 所 ) 構 成 比 (%) 実 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 実 数 ( 百 万 円 ) 構 成 比 (%) 各 種 商 品 小 売 業 X - 織 物 衣 服 身 の 回 り 品 小 売 業 , 飲 食 料 品 小 売 業 , , 機 械 器 具 小 売 業 , その 他 の 小 売 業 , X - 無 店 舗 小 売 業 , 小 売 業 , , ( 資 料 ) 総 務 省 2012 年 経 済 センサス 活 動 調 査 鶴 ヶ 島 市 の 小 売 業 を 2012 年 の 経 済 センサス 活 動 調 査 から 概 観 すると 事 業 所 数 は 306 従 業 者 数 が 3,902 人 年 間 商 品 販 売 額 は 740 億 4,200 万 円 となっている 事 業 所 数 では 107 従 業 者 数 は 1,826 人 で 飲 食 料 品 小 売 業 が 最 も 大 きい 年 間 商 品 販 売 額 については 秘 匿 項 目 があり 厳 密 には 判 明 しないが 飲 食 料 品 小 売 業 とその 他 小 売 業 が 大 きなウエイトを 占 め ていることとが 推 察 できる 図 表 15 < 参 考 > 鶴 ヶ 島 市 小 売 業 の 事 業 所 数 と 商 品 販 売 額 の 推 移 ( 資 料 ) 総 務 省 事 業 所 企 業 統 調 査 2009 年 経 済 センサス 基 礎 調 査 2012 年 経 済 センサ ス 活 動 調 査 ( 注 ) 商 業 統 と 経 済 センサスは 調 査 手 法 が 異 なるため 厳 密 には 連 続 しない 参 考 として 卸 売 業 同 様 に 事 業 所 数 を 94 年 の 520 から 2007 年 の 432 へと 減 少 させてい る しかしながら 従 業 者 数 が 4,050 人 から 4,990 人 へ 増 加 し 年 間 商 品 販 売 額 も 895 億 円 から 940 億 円 へ 増 加 している この 間 の 大 きな 動 きとして 売 り 場 面 積 が 5 万 7 千 m2から 11 万 2 千 m2と 約 2 倍 に 増 加 している 点 があげられる 大 型 店 の 出 店 によるものだと 容 易 に 考 えられるが 事 業 所 数 の 減 少 から 地 元 商 業 者 の 閉 店 等 疲 弊 している 現 状 が 見 て 取 れる

17 7 鶴 ヶ 島 市 の 商 圏 構 造 と 消 費 動 向 (1) 鶴 ヶ 島 市 の 商 圏 構 造 鶴 ヶ 島 市 は 川 越 市 を 中 心 として 構 成 されている 川 越 商 圏 の 10 市 町 に 属 している 川 越 商 圏 は 埼 玉 県 内 の 準 広 域 商 圏 のひとつで 川 越 市 を 中 心 に 川 島 町 鶴 ヶ 島 市 毛 呂 山 町 坂 戸 市 ふじみ 野 市 などが 商 圏 にある 鶴 ヶ 島 市 は 本 統 においては 人 口 の 14.5% 10,174 人 が 日 頃 から 川 越 市 で 衣 料 品 などの 消 費 を 行 っていることを 表 している 図 表 15 川 越 商 圏 の 概 要 商 圏 市 町 村 ( 基 準 吸 引 率 ) 第 1 次 商 圏 (30% 以 上 ) 第 2 次 商 圏 (10~30% 未 満 ) 第 3 次 商 圏 (5~10% 未 満 ) 川 越 市 川 島 町 鶴 ヶ 島 市 毛 呂 山 町 坂 戸 市 ふじみ 野 市 など2 市 3 町 商 圏 内 人 口 ( 人 ) 吸 引 率 吸 引 人 口 ( 人 ) 365, % 260, , % 253,939 22, % 6, , % 25,005 70, % 10,174 38, % 4, , % 10, , % 17,630 合 836, % 303,362 ( 出 所 : 平 成 22 年 度 埼 玉 県 の 消 費 者 動 向 ) ( 注 1) 商 圏 内 人 口 : 当 該 市 町 村 の 人 口 ( 埼 玉 県 推 人 口 平 成 22 年 9 月 1 日 現 在 ) ( 注 2) 吸 引 率 : 当 該 市 町 村 の 消 費 者 が 中 心 都 市 で 買 物 (B 群 )をする 割 合 ( 中 心 都 市 で 買 物 をする 消 費 者 数 当 該 市 の 人 口 ) ( 注 3) 吸 引 人 口 : 中 心 都 市 で 買 物 (B 群 )をする 当 該 市 町 村 の 消 費 者 数 ( 当 該 市 商 圏 人 口 吸 引 率 ) ( 注 4) 吸 引 力 : 中 心 都 市 の 人 口 に 対 する 吸 引 人 口 の 割 合 ( 吸 引 人 口 中 心 都 市 の 人 口 ) ( 注 5) 買 物 (B 群 ): 紳 士 服 婦 人 服 子 供 服 や 下 着 等 の 衣 類 と 寝 具 等 を 表 す (2) 鶴 ヶ 島 市 民 の 消 費 動 向 平 成 22 年 度 埼 玉 県 の 消 費 者 動 向 では 鶴 ヶ 島 市 民 の 消 費 動 向 についても 調 査 しており 購 買 品 目 ごとに 鶴 ヶ 島 市 市 内 を 始 め どこの 近 隣 自 治 体 で 消 費 をしているかが 把 握 できる 商 品 の 品 目 を 最 も 日 常 生 活 に 近 い 飲 食 料 品 の A 群 衣 料 品 を 中 心 とする B 群 以 下 靴 や かばん 類 の C 群 等 の E 群 の5つに 分 類 している またその 他 に 家 族 で 買 い 物 を 楽 しむ 時 ( 飲 食 ) 外 食 をする 時 にどこへ 行 くかなどが 調 査 されている

18 図 表 16 鶴 ヶ 島 市 消 費 者 動 向 (1) 購 買 地 区 市 町 村 商 品 肉 果 実 魚 野 菜 調 理 総 済 菜 み 食 弁 品 当 等 ( ) A 群 そ 飲 の 料 他 の 食 料 品 日 用 家 庭 雑 貨 小 呉 服 帯 寝 具 紳 紳 士 士 服 用 品 雑 貨 B 群 婦 婦 人 人 服 洋 品 雑 貨 子 ベ ど ビ も 服 服 ー 下 着 肌 着 小 鶴 ヶ 島 市 内 有 効 回 答 者 合 自 地 区 ( 西 部 Ⅰ 地 区 ) 鶴 ヶ 島 市 川 越 市 坂 戸 市 東 松 山 市 朝 霞 市 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 川 島 町 西 部 Ⅰ 地 区 以 外 の 県 内 市 町 村 嵐 山 町 さいたま 市 鴻 巣 市 所 沢 市 熊 谷 市 入 間 市 その 他 の 市 町 村 他 都 県 東 京 都 千 葉 県 群 馬 県 その 他 の 県

19 図 表 17 鶴 ヶ 島 市 消 費 者 動 向 (2) 購 買 地 区 市 町 村 商 品 靴 履 き も の C 群 D 群 E 群 家 楽 か ハ ば ン ん ド バ 小 家 具 イ ン 家 庭 用 電 化 自 転 車 小 時 コ ン タ メ ク ガ ト 医 薬 化 粧 書 籍 文 房 楽 器 C D 玩 具 ス ポ ツ 用 花 木 園 芸 小 族 し で む 買 物 を テ 製 ネ レ 品 具 品 リ 品 ン 生 ア ズ 花 ッ グ ー 飲 食 ( 外 食 ) 鶴 ヶ 島 市 内 有 効 回 答 者 合 自 地 区 ( 西 部 Ⅰ 地 区 ) 鶴 ヶ 島 市 川 越 市 坂 戸 市 東 松 山 市 朝 霞 市 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 川 島 町 西 部 Ⅰ 地 区 以 外 の 県 内 市 町 村 嵐 山 町 さいたま 市 鴻 巣 市 所 沢 市 熊 谷 市 入 間 市 その 他 の 市 町 村 他 都 県 東 京 都 千 葉 県 群 馬 県 その 他 の 県

20 鶴 ヶ 島 市 民 の 消 費 動 向 を 見 ると 生 鮮 食 料 品 など 飲 食 料 品 は 90% 近 い 市 民 が 市 内 で 買 物 するとしている 市 外 では 川 越 市 や 坂 戸 市 で 買 物 をする 市 民 が 多 い 次 に 衣 類 等 の 消 費 となると 市 内 で 買 物 するという 市 民 は 60% 台 まで 落 ち 婦 人 服 などは 30% 台 までになる 一 方 で 減 少 した 分 は 先 ほどの 川 越 市 や 坂 戸 市 が 増 加 する また この 商 品 群 の 買 物 では さいたま 市 や 東 京 都 内 などで 買 物 する 市 民 が 増 加 し 紳 士 服 や 婦 人 服 では 10%を 超 える 商 品 も 出 てくる 続 いて C 群 から E 群 についても B 群 の 消 費 動 向 と 同 様 に 商 品 によって 多 少 のブレはあ るものの 半 分 程 度 の 市 民 しか 市 内 で 購 入 していないことがわかる 比 較 的 市 内 で 購 入 す る 割 合 が 高 いのは 自 転 車 医 薬 化 粧 品 書 籍 文 具 や 花 木 園 芸 生 花 で 80% 近 く 又 は それ 以 上 の 割 合 で 市 内 で 購 入 されている その 他 の 消 費 動 向 として 家 族 で 買 物 を 楽 しむ 時 は 鶴 ヶ 島 市 内 が 36.0%と 大 きく 減 少 していることがわかる 川 越 市 内 が 16.9% 東 京 都 内 が 14.3% 東 松 山 市 が 7.9%な どとなっている また 飲 食 ( 外 食 ) は 鶴 ヶ 島 市 内 が 71% 坂 戸 市 内 が 14.0% 川 越 市 が 10.4%となっている 8 おわりに ~ 地 域 経 済 活 性 化 に 向 けた 課 題 解 決 と 支 援 ニーズ~ (1) 鶴 ヶ 島 市 の 経 済 及 び 産 業 構 造 の 特 徴 1 鶴 ヶ 島 市 の 将 来 推 人 口 鶴 ヶ 島 市 の 将 来 推 人 口 は 2040 年 には 59,631 人 となると 推 されている 2010 年 から 2040 年 の 30 年 間 で 鶴 ヶ 島 市 は 総 人 口 で 1 万 人 超 の 10,359 人 の 減 少 となり 14.8%の 減 少 率 となっている 減 少 率 に 関 しては 同 期 間 の 埼 玉 県 全 体 の 人 口 減 少 率 が 12.4%である ところから 県 とほぼ 同 水 準 で 推 移 するものと 予 測 される また 経 済 活 動 の 中 心 となる 15~64 歳 までの 生 産 年 齢 人 口 は これまで 順 調 に 増 加 し 2005 年 は 50,000 人 超 であったが これをピークに 減 少 となり 2030 年 には 4 万 人 台 を 割 り 38,823 人 そして 2040 年 には 32,425 人 とピークのほぼ 4 割 減 となる 2 鶴 ヶ 島 市 の 産 業 構 造 鶴 ヶ 島 市 の 産 業 構 造 は 埼 玉 県 の 水 準 ( 特 化 係 数 =1)として それを 上 回 るものを 産 業 集 積 が 進 んでいるものとして 捉 えることができる 第 1 次 産 業 では 特 化 係 数 が1を 上 回 る ものはなく 第 2 次 産 業 では 製 造 業 が 1.13 第 3 次 産 業 では 不 動 産 業 が 1.17 と 産 業 全 体 でも 最 も 大 きく 次 いで 卸 売 小 売 業 が 1.13 サービス 業 が 1.00 となっている 3 鶴 ヶ 島 市 の 製 造 業 特 化 係 数 が1を 上 回 る 数 値 が 大 きいほど その 産 業 が 県 水 準 を 大 きく 上 回 り 集 積 が 進 んで いることがわかる 紙 パルプが 6.78 と 最 も 大 きく 埼 玉 県 の 水 準 を 約 6 倍 上 回 る 集 積 が あることがわかる その 他 では プラスチックが 1.87 印 刷 が 1.81 金 属 製 品 が 1.65 と 特 化 係 数 が 1 を 上 回 っている また 労 働 生 産 性 については 付 加 価 値 額 を 従 業 者 数 で 割 った 数 値 を 埼 玉 県 と 鶴 ヶ 島 市 を 比 較 したものである 埼 玉 県 の 数 値 を1としたもので そこから 分 析 すると 労 働 生 産 性 が 高 いのは 紙 パルプが 2.36 と 最 も 高 く 埼 玉 県 の2 倍 以 上 の 労 働 生 産 性 を 記 録 している 続 いて 金 属 製 品 が 1.64 電 気 機 器 が 1.33 である 18

21 4 第 三 次 産 業 の 集 積 卸 売 業 小 売 業 と 宿 泊 業 飲 食 サービス 業 については 統 がそれぞれ 分 かれた 2004 年 から 2012 年 までの 推 移 を 見 ると 卸 売 業 小 売 業 で 562 事 業 所 から 516 事 業 所 宿 泊 業 飲 食 サービス 業 が 321 事 業 所 から 297 事 業 所 と それぞれ 7~8%の 減 少 を 見 ている 一 方 で 増 加 をしている 産 業 としては 不 動 産 業 物 品 賃 貸 業 と 医 療 福 祉 である 不 動 産 業 物 品 賃 貸 業 は 1991 年 から 2012 年 で 134 事 業 所 から 179 事 業 所 医 療 福 祉 は 統 が 取 られるようになった 2004 年 から 2012 年 で 121 事 業 所 から 175 事 業 所 と 大 きく 増 加 している 特 化 係 数 については 多 くの 業 種 が 1 を 超 え 埼 玉 県 の 水 準 を 上 回 っている 生 活 関 連 サービス 業 娯 楽 業 や 医 療 福 祉 等 の 分 野 で 1.21 と 最 も 高 い 特 化 係 数 を 示 している 5 鶴 ヶ 島 市 の 商 圏 構 造 鶴 ヶ 島 市 は 川 越 市 を 中 心 として 構 成 されている 川 越 商 圏 の 10 市 町 に 属 している 川 越 商 圏 は 埼 玉 県 内 の 準 広 域 商 圏 のひとつで 川 越 市 を 中 心 に 川 島 町 鶴 ヶ 島 市 毛 呂 山 町 坂 戸 市 ふじみ 野 市 などが 商 圏 にある 鶴 ヶ 島 市 は 本 統 においては 人 口 の 14.5% 10,174 人 が 日 頃 から 川 越 市 で 衣 料 品 などの 消 費 を 行 っている (2) 地 域 経 済 活 性 化 に 向 けた 課 題 解 決 と 支 援 ニーズ 鶴 ヶ 島 市 における 地 域 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 組 みにおいて それらの 戦 略 策 定 課 題 解 決 や 中 小 企 業 を 中 心 とする 支 援 策 等 について 取 りまとめた 1 メリハリのある 高 齢 者 対 策 の 必 要 性 高 齢 者 に 対 する 生 涯 学 習 の 機 会 及 び 高 齢 者 の 就 労 環 境 が 適 切 に 提 供 された 場 合 は 高 齢 者 世 代 は 労 働 市 場 で 資 源 となる 高 齢 社 会 を 測 する 指 標 を 整 備 し 現 在 の 高 齢 化 の 進 展 の 段 階 や 各 段 階 で 起 こりうる 変 化 を 理 解 することが 有 用 だ 健 康 や 社 会 的 介 護 コミュ ニティ 活 動 労 働 居 住 環 境 交 通 アクセスや 移 動 手 段 の 分 野 などの 指 標 分 析 しにより 予 測 される 高 齢 化 の 影 響 を 最 低 限 のものとして 積 極 的 に 高 齢 者 を 地 域 の 経 済 活 動 の 力 とし て 活 かしていく 鶴 ヶ 島 市 の 場 合 2030 年 以 降 高 齢 者 が 減 少 する 自 治 体 も 見 られるなかで 2040 年 まで 高 齢 者 人 口 が 増 加 し 続 けることが 推 される また 団 塊 世 代 が 後 期 高 齢 者 となる 2025 年 には 2020 年 からの 5 年 間 で 75 歳 以 上 の 高 齢 者 が 一 挙 に 約 3,000 人 が 増 加 する いわゆる 2025 年 問 題 の 解 決 に 向 けた 施 策 が 求 められる よって 単 純 な 高 齢 者 人 口 に 対 する 人 口 ビジョンを 作 成 ではなく 実 態 を 細 かく 掴 んだ 高 齢 者 対 策 が 必 要 となる 2 地 域 経 済 に 波 及 効 果 のある 経 済 産 業 分 野 の 特 定 と 事 業 推 進 地 域 の 経 済 や 産 業 面 での 特 性 や 集 積 を 分 析 し それらの 産 業 を 中 心 とする 関 連 事 業 を 行 うことは 地 域 経 済 への 波 及 効 果 も 大 きい その 際 に 消 費 者 のニーズともすり 合 わせ 地 域 全 体 の 活 性 化 につながるように 心 づける 本 分 析 において 特 化 係 数 や 労 働 生 産 性 が 高 いと された 産 業 分 野 での 取 り 組 みがより 波 及 効 果 が 高 くなるものと 推 察 される 例 えば 製 造 業 においては 集 積 が 進 み 労 働 生 産 性 が 高 い 紙 パルプ 印 刷 金 属 製 品 な どの 産 業 を 中 心 に 市 内 での 中 堅 中 小 企 業 を 支 援 し 製 造 業 の 底 上 げを 図 ることや これ らの 産 業 を 中 心 に 将 来 性 ある 成 長 分 野 への 進 出 や 企 業 マッチングを 支 援 していくことも 求 められる 3 地 域 の 魅 力 発 信 と 多 様 な 人 材 の 確 保 19

22 インターネットやSNS 等 の 様 々なツールを 戦 略 的 効 果 的 に 活 用 し 地 域 や 地 元 企 業 の 魅 力 発 信 を 積 極 的 に 行 うことで 地 域 間 競 争 を 勝 ち 抜 き 定 住 人 口 や 交 流 人 口 の 増 加 に 繋 げ る また 若 者 や 女 性 やシニア 層 等 の 多 様 な 人 材 と 能 力 を 確 保 し 起 業 の 支 援 やビジネスマ ッチングへの 環 境 を 整 える 鶴 ヶ 島 市 の 場 合 は 圏 央 道 の 開 通 による 首 都 圏 高 速 交 通 網 の 要 衝 として 機 能 や 県 立 農 業 大 学 校 の 跡 地 利 用 など 地 域 活 性 化 に 向 けてポテンシャルは 高 いものがある これまでの 鶴 ヶ 島 市 が 持 っている 歴 史 伝 統 産 業 等 の 地 域 資 産 に 加 え 新 しい 地 域 の 魅 力 発 信 を 特 に 女 性 や 若 い 世 代 に 向 け 積 極 的 に 発 信 していくことにより 大 きな 効 果 が 期 待 される 鶴 ヶ 島 市 のこれからの 発 展 の 可 能 性 や 利 便 性 を 知 らせめることにより 若 い 世 代 や 子 育 て 世 代 の 流 入 につなげ 地 域 社 会 地 域 産 業 の 活 性 化 のみならず 人 口 減 少 の 歯 止 めとなる 4 地 域 活 性 化 施 策 推 進 のワンストップの 支 援 体 制 の 構 築 行 政 商 工 会 や 地 域 金 融 機 関 等 の 各 種 団 体 が 一 同 に 会 し 地 域 経 済 や 産 業 活 性 化 のため の 定 期 的 な 情 報 交 換 や 課 題 解 決 成 長 分 野 への 地 元 企 業 の 進 出 支 援 等 に 向 けた 組 織 が 施 策 推 進 のスピードアップさせるものと 考 えられる その 中 心 となるべき 事 務 局 : 商 工 会 が 戦 略 的 に 分 野 横 断 的 に 対 処 できるように 地 域 のコンセンサスを 確 立 して 人 材 予 算 等 を 投 入 できるようワンストップの 支 援 体 制 の 構 築 が 求 められる 5 地 域 経 済 の 課 題 を 類 別 し 適 切 な 対 応 地 域 経 済 や 産 業 の 各 分 野 において 各 企 業 内 や 地 域 内 での 取 り 組 みによって 地 域 経 済 の 課 題 を 解 決 し 持 続 可 能 な 社 会 につなげる 取 組 みと 地 域 外 からの 力 を 借 りて 課 題 解 決 してい く 取 組 みとを 類 別 しバランスを 取 りながら 適 切 に 対 応 が 肝 要 である 地 域 外 の 力 を 借 りる 取 組 みとしては 生 産 や 物 流 拠 点 や 商 業 施 設 の 誘 致 活 動 が 考 えられる それらは 地 域 経 済 に 大 きな 効 果 をもたらすが あまりそちらに 比 重 をかけると 万 一 の 撤 退 や 事 業 縮 小 などの 時 に 地 域 経 済 に 大 きな 打 撃 となる 常 に 地 域 内 からの 内 発 的 な 経 済 活 性 化 の 取 組 みが 地 域 経 済 の 足 腰 を 鍛 え 持 続 可 能 な 社 会 の 構 築 につながるものとなる 以 上 平 成 27 年 4 月 委 託 : 鶴 ヶ 島 市 商 工 会 受 託 : 株 式 会 社 ぶぎん 地 域 経 済 研 究 所 20

Microsoft Word - H25年度の概要

Microsoft Word - H25年度の概要 1 県 民 経 済 計 算 の 概 要 1. 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 概 要 平 成 25 年 度 の 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 について 主 な 経 済 指 標 は 次 のとおりです 3 千 葉 県 [ 参 考 ] 全 国 実 数 増 加 率 実 数 増 加 率 1 県 ( 国 ) 内 総 生 産 県 ( 国 ) 民 所 得 名 目 19 兆 8,112

More information

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64 平 成 21 年 度 労 働 関 係 総 合 実 態 調 査 調 査 結 果 の 概 要 1 諸 制 度 の 状 況 (1) 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 従 業 員 の 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 の 方 法 は 労 働 ( 雇 用 ) 契 約 書 を 取 り 交 わ している が 34.3%でもっとも 多 く 次 いで 口 頭 による 説 明 が 30.2%

More information

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類 1 市 町 村 民 所 得 の 概 念 (1) 市 町 村 民 所 得 の 概 念 市 町 村 民 所 得 推 計 は 県 民 経 済 計 算 の 概 念 を 市 町 村 という 行 政 区 域 に 適 用 して 市 町 村 単 位 での 1 年 間 に 生 み 出 された 価 値 ( 付 加 価 値 )を 生 産 分 配 の 二 面 からとらえることにより 市 町 村 経 済 の 規 模 や 産

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

平 成 22 年 度 女 性 雇 用 環 境 調 査 結 果 報 告 書 長 野 県 商 工 労 働 部 目 次 第 1 調 査 の 概 要... 2 第 2 調 査 結 果 の 概 要... 6 1 事 業 所 調 査... 6 (1) 回 答 事 業 所 の 属 性... 6 (2) 雇 用 管 理 について... 7 ア 新 規 学 卒 者 及 び 中 途 採 用 者 の 採 用 状 況...

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改 柳 井 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 34,890 16,214,109 468,464 2,650,321 16.3 16.5 (2)

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

12 大 都 市 の 人 口 と 従 業 者 数 12 大 都 市 は 全 国 の 人 口 の 約 2 割 従 業 者 数 の 約 3 割 を 占 める 12 大 都 市 の 事 業 所 数 従 業 者 数 及 び 人 口 は 表 1 のとおりです これらの 12 大 都 市 を 合 わせると 全

12 大 都 市 の 人 口 と 従 業 者 数 12 大 都 市 は 全 国 の 人 口 の 約 2 割 従 業 者 数 の 約 3 割 を 占 める 12 大 都 市 の 事 業 所 数 従 業 者 数 及 び 人 口 は 表 1 のとおりです これらの 12 大 都 市 を 合 わせると 全 はははは 平 成 25 年 12 月 3 日 平 成 26 年 2 月 26 日 改 訂 統 計 トピックスNo.75 経 済 センサスでみる12 大 都 市 の 産 業 特 性 と 主 要 産 業 - 平 成 24 年 経 済 センサス 活 動 調 査 の 分 析 事 例 2 地 域 分 析 - 経 済 センサスは 我 が 国 の 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 状 態 を 全

More information

Microsoft Word - 文書 3

Microsoft Word - 文書 3 2 事 業 所 調 査 (1) 教 育 訓 練 の 実 施 状 況 1OFF-JTの 実 施 状 況 ( 図 11) 平 成 17 年 度 に 正 社 員 に 対 して OFF-JTを 実 施 した 事 業 所 は72.2%であった 業 種 別 にみると 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 89.4% 医 療, 福 祉 84.9% 金 融 保 険 業 84.4%が 高 い 一 方 教 育, 学 習

More information

景況調査集計結果の概要

景況調査集計結果の概要 Ⅰ. 調 査 の 概 要 1. 調 査 の 目 的 平 成 27 年 度 第 4 四 半 期 ( 平 成 28 年 月 期 ) 長 岡 市 景 況 調 査 報 告 書 ( 概 要 版 ) 平 成 28 年 4 月 長 岡 市 長 岡 商 工 会 議 所 ( 調 査 機 関 ) ホクギン 経 済 研 究 所 長 岡 市 と 長 岡 商 工 会 議 所 が 共 同 で 四 半 期 ごとの 長 岡 市 内

More information

(Microsoft Word - \220\340\226\276\217\221.doc)

(Microsoft Word - \220\340\226\276\217\221.doc) 南 丹 市 建 設 業 新 分 野 進 出 支 援 事 業 補 助 金 申 請 用 紙 記 入 説 明 書 様 式 第 1 号 ( 第 7 条 関 係 )の 記 入 方 法 南 丹 市 長 様 市 長 名 を 記 入 元 号 年 月 日 を 記 入 平 成 年 月 日 申 請 者 情 報 を 記 入 ( 代 表 企 業 ) ( 申 請 者 ) 所 在 地 南 丹 市 園 部 町 小 桜 町 47 番

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 燕 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 22 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B / A ( 参 考 ) H21 年 度 の 件 費 率 H22 年 度 83,216 33,869,103 1,012,644 4,927,440 14.5%

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

Microsoft PowerPoint - 経営事項審査.ppt

Microsoft PowerPoint - 経営事項審査.ppt 経 営 事 項 審 査 建 設 業 を 取 り 巻 く 環 境 工 事 不 足 は 深 刻 化 しており 建 設 業 者 の 統 廃 合 も 活 発 化 している 中 選 ばれる 企 業 となる 事 が 生 き 残 りをかけた 最 重 要 課 題 といえる 選 ばれる 企 業 の 指 標 となるものが 経 営 事 項 審 査 であり この 評 点 はインターネット 等 にて 公 開 されている 事

More information

H27年報

H27年報 沖 縄 県 家 計 調 査 結 果 の 概 況 ( 平 成 27 年 平 均 ) 沖 縄 県 企 画 部 統 計 課 消 費 農 林 統 計 班 (Mail :aa014001@pref.okinawa.lg.jp) TEL:098-866-2050 沖 縄 県 統 計 資 料 Webサイト (http://www.pref.okinawa.jp/toukeika/) 統 計 データ 項 目 一 覧

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

130117_『高齢社会をむかえた東京23区の将来 人口と建物の関係から見て

130117_『高齢社会をむかえた東京23区の将来 人口と建物の関係から見て 第 60 回 (n300)nsri 都 市 環 境 フォーラム 2013.1.17 超 高 齢 社 会 をむかえた 東 京 23 区 の 将 来 人 口 と 建 物 の 関 係 から 見 て 早 稲 田 大 学 特 命 教 授 伊 藤 滋 1 総 人 口 の 推 移 予 測 東 京 23 区 の 人 口 東 京 23 区 の 総 人 口 は 2010 年 の907 万 人 から 2030 年 には985

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

2016年夏のボーナス見通し

2016年夏のボーナス見通し 216 年 4 月 6 日 経 済 レポート 216 年 夏 のボーナス 見 通 し ~ 小 幅 ながらも 2 年 ぶりに 増 加 へ~ 調 査 部 研 究 員 藤 田 隼 平 216 年 夏 の 民 間 企 業 ( 調 査 産 業 計 事 業 所 規 模 人 以 上 )の ボ ー ナ ス は 2 年 ぶりに 増 加 すると 予 測 する 労 働 需 給 がタイトな 中 今 年 の 春 闘 では 基

More information

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 長 野 県 における 行 政 財 政 改 革 の 取 組 について 参 考 資 料 3 1 行 政 財 政 改 革 を 推 進 するための 計 画 1 財 政 改 革 推 進 プログラム(H14~H18 ) 2 長 野 県 行 財 政 改 革 プラン(H19~H23 ) 3 長 野 県 行 政 財 政 改 革 方 針 (H24~H28 ) 事 務 事 業 の 見 直 し 民 間 委 託 など 外 部

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

業 種 別 業 況 は 製 造 業 が 46.2 で 前 期 より 12.3 ポイント 低 下 ( 前 期 33.9) し 建 設 業 が 48.1 で 13.1 ポイントの 低 下 商 業 サービス 業 が 65.1 で 3.4 ポイントの 低 下 となりました 製 造 業 のポイントの 低 下

業 種 別 業 況 は 製 造 業 が 46.2 で 前 期 より 12.3 ポイント 低 下 ( 前 期 33.9) し 建 設 業 が 48.1 で 13.1 ポイントの 低 下 商 業 サービス 業 が 65.1 で 3.4 ポイントの 低 下 となりました 製 造 業 のポイントの 低 下 平 成 23 年 6 月 24 日 参 考 資 料 送 付 平 成 23 年 4~6 月 期 中 小 企 業 景 気 動 向 調 査 結 果 全 業 種 で 業 況 DIが 悪 化 輸 送 用 機 械 は 過 去 最 大 の 落 ち 込 み 業 況 判 断 DI は 総 合 で 前 期 比 7.5 ポイント 低 下 の 56.3 となりました 業 種 別 では 製 造 業 が 46.2 と 前 期

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

ア 産 業 別 平 均 賃 金 男 女 計 の 平 均 賃 金 を 産 業 別 にみると 金 融 業, 保 険 業 が 346,180 ( 平 均 36.1 歳 勤 続 15.6 と 最 も 高 年 く ) 次 い で 建 設 業 の 329,446 ( 平 均 42.4 歳 勤 続 11.9 情

ア 産 業 別 平 均 賃 金 男 女 計 の 平 均 賃 金 を 産 業 別 にみると 金 融 業, 保 険 業 が 346,180 ( 平 均 36.1 歳 勤 続 15.6 と 最 も 高 年 く ) 次 い で 建 設 業 の 329,446 ( 平 均 42.4 歳 勤 続 11.9 情 平 成 21 年 中 小 企 業 賃 金 退 職 金 等 実 態 調 査 結 果 の 概 要 静 岡 県 産 業 部 就 業 支 援 局 労 働 政 策 室 1 調 査 目 的 本 調 査 は 県 内 の 主 要 産 業 に 属 する 中 小 企 業 の 賃 金 退 職 金 等 の 実 態 を 明 らかにすることにより 中 小 企 業 の 賃 金 労 務 改 善 に 役 立 てるとともに 労 働 行

More information

は し が き

は し が き 1 総 資 本 形 成 の 概 念 総 資 本 形 成 とは 一 般 政 府 公 的 企 業 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 民 間 法 人 及 び 家 計 ( 個 人 企 業 )の 支 出 ( 購 入 及 び 自 己 生 産 物 の 使 用 )のうち 中 間 消 費 とならないものであり 総 固 定 資 本 形 成 と 在 庫 品 増 加 に 区 別 される (1) 総 固 定 資 本 形

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正)

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正) 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 支 給 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 売 上 高 や 生 産 量 の 減 少 等 に 伴 う 人 員 削 減 により 離 職 した 者 を 正 規 雇 用 した 事 業 主 に 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 ( 以 下 奨 励 金 という )を 支 給 するために 必 要 な 事 項 を 定 める ( 定 義

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66 平 成 26 年 度 健 保 組 合 予 算 早 期 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 4 月 18 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 26 年 度 における 健 保 組 合 の 財 政 状 況 等 を 早 期 に 把 握 するため 26 年 度 予 算

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 243,7 2 級 185,8 37,8 3 級 4 級 222,9 354,7 ( 注 )

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 243,7 2 級 185,8 37,8 3 級 4 級 222,9 354,7 ( 注 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 平 成 23 年 度 (23 年 度 末 ) 31,244 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 件 費 率 B/A 千 千 千 21,46,642 97,678 2,698,812 B 12.6 ( 参 考 ) 前 年 度 の 件 費 率 13.1 (2)

More information

1 口 速 報 集 計 について 県 において 国 に 提 出 した 調 査 書 をもとに 速 報 値 として 集 計 したものである したがって 国 における 審 査 の 結 果 次 第 では 国 がこの2 月 に 公 表 する 予 定 の 口 速 報 集 計 値 と 一 致 しないことがある ま

1 口 速 報 集 計 について 県 において 国 に 提 出 した 調 査 書 をもとに 速 報 値 として 集 計 したものである したがって 国 における 審 査 の 結 果 次 第 では 国 がこの2 月 に 公 表 する 予 定 の 口 速 報 集 計 値 と 一 致 しないことがある ま 平 成 27 年 国 勢 調 査 高 知 県 の 口 速 報 集 計 結 果 平 成 28 年 1 月 18 日 高 知 県 総 務 部 統 計 課 1 口 速 報 集 計 について 県 において 国 に 提 出 した 調 査 書 をもとに 速 報 値 として 集 計 したものである したがって 国 における 審 査 の 結 果 次 第 では 国 がこの2 月 に 公 表 する 予 定 の 口 速

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 の 手 引 き この 手 引 きは 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 書 の 記 載 にあたって 一 般 的 な 事 項 について 説 明 しています 申 告 や 各 種 計 算 方 法 などについてお 分 かりにならない 点 がありましたら 北 広 島

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

Microsoft Word - ....

Microsoft Word - .... 目 次 出 題 傾 向 1 (1) わが 国 の 人 口 動 向 等 3 (2) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 の 現 況 3 (3) 公 的 年 金 制 度 の 沿 革 ( 主 な 内 容 を 抜 粋 ) 4 (4) 公 的 年 金 のしくみ 6 (5) 国 民 年 金 の 被 保 険 者 8 (6) 国 民 年 金 の 被 保 険 者 資 格 の 取 得 と 喪 失 10 (7) 被 保

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

M

M ビジネスモデルで 解 説 する 中 国 ビジネスにおける 利 益 回 収 税 コスト 通 関 管 理 のポイント(2014 年 版 ) 送 金 手 続 や 決 済 通 関 手 続 利 益 回 収 注 意 したい 法 制 度 や 税 務 上 の 問 題 について ビジネススキームごとに 実 践 解 説 Mizuno Consultancy Holdings Ltd. 代 表 取 締 役 社 長 水 野

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

( 注 )1 ラスパイレス 指 数 とは 全 地 方 公 共 団 体 の 一 般 行 政 職 の 給 料 月 額 を 一 の 基 準 で 比 較 するため の 職 員 数 ( 構 成 )を 用 いて 学 歴 や 経 験 年 数 の 差 による 影 響 を 補 正 し の 行 政 職 俸 給 表 (

( 注 )1 ラスパイレス 指 数 とは 全 地 方 公 共 団 体 の 一 般 行 政 職 の 給 料 月 額 を 一 の 基 準 で 比 較 するため の 職 員 数 ( 構 成 )を 用 いて 学 歴 や 経 験 年 数 の 差 による 影 響 を 補 正 し の 行 政 職 俸 給 表 ( 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 平 成 5 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 千 千 千 31,131 15,5,15 311,66,57,939 16.9 17.9 () 職 員

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

(2) 支 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 支 状 況 は 次 とおりです 1 総 入 構 成 比 は 割 合 が88.1% 活 動 外 入 が2.1% 特 別 入 が9.8%でした 2 構 成 比 は 運 営 費 入 が80.1% 経 常 経 費 補 助 金 入 が17.8%

(2) 支 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 支 状 況 は 次 とおりです 1 総 入 構 成 比 は 割 合 が88.1% 活 動 外 入 が2.1% 特 別 入 が9.8%でした 2 構 成 比 は 運 営 費 入 が80.1% 経 常 経 費 補 助 金 入 が17.8% 認 可 保 育 所 経 営 析 参 考 指 標 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 1. 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) (1) 機 能 性 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 有 効 集 対 象 3,086 施 設 機 能 性 状 況 は 次 とおりです 1 平 均 認 可 定 員 数 は108.5 人 で 利 用 率 は110.0%でした 2 在 所 児 1 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的 矢 掛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 5,055 千 7,78,45 千 48,9 千 877,259.3 2.8 (2) 職 員 給

More information

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 Up Newsletter 養 老 保 険 の 減 額 逓 増 定 期 保 険 の 取 扱 い 変 更 介 護 費 用 保 険 の 導 入 企 業 の 保 険 のポイント http://www.up-firm.com 1 養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 北 海 道 人 口 ビジョン 骨 子 全 体 構 成 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 口 動 向 分 析 (1) 時 系 列 による 人 口 動 向 分 析 1 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 2 自 然 増 減 ( 出 生 死 亡 )の 推 移 (ⅰ) 出 生 数 死 亡 数 の 推 移 (ⅱ) 出 生 数 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 3 社 会

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

1 福 岡 市 の 将 来 人 口 推 計 ( 基 礎 資 料 ) 平 成 24 年 3 月 福 岡 市 総 務 企 画 局 企 画 調 整 部 目 次 1 福 岡 市 の 人 口 動 向 1-1 人 口 及 び 世 帯 の 概 況 1 (1) 総 人 口 男 女 別 人 口 1 (2) 人 口 動 態 2 (3) 区 別 人 口 4 (4) 年 齢 階 層 別 (3 区 分 ) 人 口 5 (5) 昼

More information

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4 平 2 6. 5. 9 法 D 5-4 税 制 調 査 会 ( 法 人 課 税 DG5) 中 小 法 人 公 益 法 人 等 ( 地 方 税 ) 平 成 26 年 5 月 9 日 ( 金 ) 総 務 省 目 次 中 小 企 業 に 対 する 特 別 な 取 扱 い( 主 なもの) 地 方 税 1 中 小 法 人 と 個 人 事 業 主 との 税 負 担 率 の 比 較 ( 国 税 地 方 税 ) 2

More information

目 次 1 Ⅰ.エグゼクティブ サマリー 2 Ⅱ. 各 事 業 の 状 況 6 Ⅲ.2015 年 3 月 期 決 算 実 績 詳 細 資 料 10 Ⅳ.2016 年 3 月 期 業 績 予 想 詳 細 資 料 23 ( 参 考 資 料 ) 34 将 来 の 見 通 しについて ここに 掲 載 されて

目 次 1 Ⅰ.エグゼクティブ サマリー 2 Ⅱ. 各 事 業 の 状 況 6 Ⅲ.2015 年 3 月 期 決 算 実 績 詳 細 資 料 10 Ⅳ.2016 年 3 月 期 業 績 予 想 詳 細 資 料 23 ( 参 考 資 料 ) 34 将 来 の 見 通 しについて ここに 掲 載 されて 2015 年 3 月 期 決 算 実 績 2016 年 3 月 期 業 績 予 想 概 況 資 料 2015 年 5 月 13 日 東 京 急 行 電 鉄 株 式 会 社 (9005) http://www.tokyu.co.jp/ 目 次 1 Ⅰ.エグゼクティブ サマリー 2 Ⅱ. 各 事 業 の 状 況 6 Ⅲ.2015 年 3 月 期 決 算 実 績 詳 細 資 料 10 Ⅳ.2016 年 3

More information

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5

1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 1 厚 労 働 全 般 人 口 構 造 概 要 我 が 国 の 人 口 ピラミッド 我 が 国 の 人 口 動 態 ( 平 成 23 年 ) 4 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 1 資 料 編 我 が 国 の 人 口 の 推 移 厚 労 働 全 般 平 成 24 年 版 厚 労 働 白 書 5 詳 細 データ1 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 )

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73>

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73> 標 準 報 酬 月 額 等 級 表 ( 厚 生 年 金 ) 標 準 報 酬 報 酬 月 額 厚 生 年 金 保 険 料 厚 生 年 金 保 険 料 率 14.642% ( 平 成 18 年 9 月 ~ 平 成 19 年 8 月 ) 等 級 月 額 全 額 ( 円 ) 折 半 額 ( 円 ) 円 以 上 円 未 満 1 98,000 ~ 101,000 14,349.16 7,174.58 2 104,000

More information

第1号様式 その1

第1号様式 その1 別 記 第 1 号 様 式 ( 第 6 条 関 係 ) ( 宛 先 ) 大 田 区 長 ( 第 1 面 ) 事 業 計 画 書 ( 提 出 者 ) 現 住 所 ( - ) 年 月 日 企 業 名 代 表 者 役 職 氏 名 印 大 田 区 研 究 開 発 企 業 等 拠 点 整 備 助 成 事 業 実 施 要 綱 第 6 条 の 規 定 により 次 のとおり 提 出 します 1 業 種 大 分 類

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

一般資料選定基準

一般資料選定基準 一 般 資 料 選 定 基 準 平 成 13 年 3 月 30 日 館 長 決 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 3 月 31 日 改 正 1 図 書 資 料 (1) 一 般 図 書 国 内 で 出 版 さ れ る 一 般 図 書 に つ い て は 基 礎 的 入 門 的 な も の か ら 専 門 的 な も の ま で 各 分 野 に わ た り 広 範 囲 に

More information

一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 3 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 級 3 級 4 級 5 級 6 級 単 位 : ( ) 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 137, 163,7 4,9 31,4 71, 33,3 359,7 最 高 号 給 の 給 料 月 額

一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 3 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 級 3 級 4 級 5 級 6 級 単 位 : ( ) 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 137, 163,7 4,9 31,4 71, 33,3 359,7 最 高 号 給 の 給 料 月 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 年 度 46,68 9,564,141,933,73 1,178,183 13.4 15.3 () 職 員 給 与 費 の 状 況 (

More information

39_1

39_1 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 215 年 7 月 号 高 齢 化 財 政 悪 化 が 変 える 個 人 消 費 構 造 < 要 旨 > 日 本 では 年 金 受 給 者 数 が 給 与 所 得 者 数 の 約 7 割 に 達 し 高 齢 者 が 消 費 全 体 に 与 え る 影 響 は 年 々 増 してきている 214 年 は 給 与 所 得 環 境 が 改 善 したにもかかわらず

More information

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために 第 6 次 出 入 国 管 理 政 策 懇 談 会 新 宿 区 1 新 宿 区 は 外 国 人 住 民 が 全 国 で 一 番 多 く 暮 らす 自 治 体 で 全 区 民 の10%を 超 えています 地 域 別 全 国 平 成 26 年 1 月 1 日 現 在 住 民 記 録 人 口 総 数 ( 人 ) 日 本 人 住 民 人 口 外 国 人 住 民 人 口 人 数 ( 人 ) 割 合 (%) 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095F18D908F9181798E9197BF95D24E4F32817A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095F18D908F9181798E9197BF95D24E4F32817A2E646F6378> 2.ヒアリング 調 査 票 (1) 商 工 会 議 所 商 工 会 用 ヒアリングシート 東 広 島 市 商 業 実 態 調 査 ヒアリングシート< 商 工 会 議 所 商 工 会 等 > 商 工 会 議 所 商 工 会 等 概 要 組 織 名 称 所 在 地 組 織 名 称 ( ) 所 在 地 ( ) ご 担 当 者 役 職 ( )お 名 前 ( ) 設 立 年 会 員 数 ( 平 昭 ) 年 (

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女 報 道 資 料 平 成 27 年 12 月 1 日 内 閣 官 房 内 閣 人 事 局 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 及 び 国 家 公 務 員 の 育 児 休 業 等 の 取 得 状 況 の フォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 各 府 省 等 は 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 )に 定 める 目

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが II 病 院 経 営 管 理 指 標 に 関 する 調 査 研 究 結 果 1. 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 概 要 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 詳 細 については 後 述 の 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 に 示 し 以 下 ではその 概 況 を 述 べる 注 有 効 回 答 数 が 5 以 下 の 項 目 には

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考 石 井 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 6,69 8,136,675 373,713 1,54,11 18.95 19.18 () 職 員 給 与

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

平成26年度渋谷区の給与・定員管理等について

平成26年度渋谷区の給与・定員管理等について の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 25 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (26 年 1 月 1 日 ) 214,665 歳 出 額 A 千 72,276,923 実 質 収 支 千 8,3,724 件 費 B 千 18,568,667 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 24 年 度 の 件 費 率 25.7 27.

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

完 成 工 事 高 ( 直 近 2 期 平 均 ) 10~30 億 円 未 満, 5~10 億 円 未 満, 1 30 億 円 以 上, 1%, 3 回 答 企 業 の 完 成 工 事 高 別 の 割 合 をみると 左 の 円 グラフの とおりとなっている 1~5 億 円 未 満, 4 年 齢 構

完 成 工 事 高 ( 直 近 2 期 平 均 ) 10~30 億 円 未 満, 5~10 億 円 未 満, 1 30 億 円 以 上, 1%, 3 回 答 企 業 の 完 成 工 事 高 別 の 割 合 をみると 左 の 円 グラフの とおりとなっている 1~5 億 円 未 満, 4 年 齢 構 島 根 県 建 設 産 業 実 態 調 査 結 果 平 成 25 年 5 月 アンケート 調 査 は 平 成 25 年 1 月 の 島 根 県 入 札 参 加 資 格 申 請 書 の 提 出 に 併 せて 県 内 の 建 設 業 者 を 対 象 に 調 査 の 協 力 を 依 頼 した 回 収 率 は 下 表 のとおり 松 江 雲 南 出 雲 県 央 浜 田 益 田 隠 岐 不 明 計 アンケート

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 本 巣 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) (A) (B) 35,523 歳 出 額 14,360,892 実 質 収 支 件 費 999,985 2,521,801 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 17.6 20 年 度 の 件 費 率 18.8

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

官報掲載【セット版】

官報掲載【セット版】 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 厚 生 労 働 省 告 示 第 二 百 八 十 四 号 ( ) 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 る 事 業 分 野 別 指 針 を 次 の よ う に 策 定 し た の で 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 告 示 す る 介 護 分 野 に 係 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎

More information

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 第 3 市 町 村 税 関 係 市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 基 づいてとりまとめた 一 平 成 25 年 度 決 算 状 況 1

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体 平 成 25 年 度 香 川 県 県 民 経 済 計 算 推 計 結 果 平 成 27 年 12 月 香 川 県 政 策 部 統 計 調 査 課 ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を

More information