目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島"

Transcription

1 経 営 発 達 支 援 画 策 定 推 進 事 業 鶴 ヶ 島 市 地 域 経 済 状 況 調 査 分 析 事 業 平 成 27 年 4 月 30 日 鶴 ヶ 島 市 商 工 会 株 式 会 社 ぶぎん 地 域 経 済 研 究 所

2 目 次 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 1 1 人 口 動 態 2 2 市 内 総 生 産 からみた 産 業 構 造 5 3 工 業 統 からみた 製 造 業 の 特 性 6 4 第 三 次 産 業 の 集 積 8 5 サービス 業 の 動 向 10 6 鶴 ヶ 島 市 の 卸 売 業 小 売 業 の 業 種 別 概 要 12 7 鶴 ヶ 島 市 の 商 圏 構 造 と 消 費 動 向 14 おわりに ~ 地 域 経 済 活 性 化 に 向 けた 課 題 解 決 と 支 援 ニーズ

3 はじめに ~ 地 域 経 済 の 仕 組 みを 概 観 する~ 地 域 経 済 の 活 性 化 のためには 地 域 経 済 の 現 状 や 構 造 を 理 解 し 主 要 産 業 等 のポイント を 押 さえて 有 効 な 施 策 を 実 行 することが 肝 要 である 本 調 査 分 析 においては 以 下 の 点 について 留 意 し 統 分 析 をすることとする Ⅰ: 地 域 における 中 核 的 な 産 業 地 域 経 済 にとって 重 要 な 域 外 からの 資 金 を 稼 いでくる 産 業 を 把 握 する 1 産 業 の 規 模 が 大 きい 付 加 価 値 構 成 比 従 業 者 構 成 比 を 把 握 2 産 業 集 積 していて 労 働 生 産 性 が 高 い 特 化 係 数 と 労 働 生 産 性 を 把 握 Ⅱ: 個 別 産 業 の 競 争 力 強 化 を 向 けた 戦 略 個 別 産 業 の 競 争 力 の 推 移 を 分 析 することで 産 業 の 現 状 を 把 握 する 1 特 化 係 数 と 労 働 生 産 性 の 現 状 * 特 化 係 数 = 地 域 の 付 加 価 値 構 成 比 埼 玉 県 の 付 加 価 値 構 成 比 地 域 経 済 分 析 の 視 点 1 域 外 域 内 市 場 産 業 地 域 外 を 市 場 とする 域 外 市 場 産 業 : 例 ) 製 造 業 農 業 観 光 等 地 域 内 を 市 場 とする 域 内 市 場 産 業 : 例 ) 日 用 品 小 売 業 対 個 人 サービス 業 Ⅲ: 地 域 経 済 の 概 観 1 地 域 の 全 産 業 を 付 加 価 値 従 業 者 規 模 から 把 握 する 2 地 域 の 製 造 業 を 付 加 価 値 従 業 者 規 模 から 把 握 する 3 地 域 の 中 核 産 業 と 競 争 力 を 把 握 する 4 地 域 への 波 及 力 の 高 い 産 業 を 把 握 する 個 別 産 業 の 分 析 特 化 係 数 が1を 超 える 産 業 労 働 生 産 性 対 埼 玉 県 比 が1を 超 える 産 業 から 特 化 係 数 労 働 生 産 性 対 埼 玉 県 比 事 業 所 数 従 業 者 数 の 対 比 により 産 業 動 向 を 把 握 する - 3 -

4 1 人 口 動 態 (1) 鶴 ヶ 島 市 の 将 来 推 人 口 鶴 ヶ 島 市 の 厚 生 労 働 省 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 による 将 来 推 人 口 を 見 ると 2010 年 の 69,990 人 をピークに 減 少 し 転 じ 30 年 後 の 2040 年 には 59,631 人 となると 推 され ている 2010 年 から 2040 年 の 30 年 間 で 鶴 ヶ 島 市 は 総 人 口 で 1 万 人 超 の 10,359 人 の 減 少 となり 14.8%の 減 少 率 となっている 減 少 率 に 関 しては 同 期 間 の 埼 玉 県 全 体 の 人 口 減 少 率 が 12.4%であるところから 県 とほぼ 同 水 準 で 推 移 するものと 予 測 される 図 表 1 鶴 ヶ 島 市 の 将 来 推 人 口 男 女 / 年 総 数 69,990 69,757 69,030 67,568 65,403 62,685 59,631 0~4 歳 3,079 2,900 2,562 2,287 2,152 2,069 1,937 5~9 歳 3,370 3,000 2,841 2,511 2,242 2,109 2,028 10~14 歳 3,238 3,385 3,005 2,848 2,518 2,248 2,115 15~19 歳 3,609 3,522 3,568 3,178 3,009 2,659 2,376 20~24 歳 4,360 3,851 3,719 3,763 3,355 3,173 2,802 25~29 歳 4,118 3,765 3,519 3,399 3,441 3,070 2,901 30~34 歳 4,986 3,968 3,679 3,444 3,328 3,367 3,004 35~39 歳 6,169 4,891 3,908 3,629 3,397 3,283 3,320 40~44 歳 5,036 6,019 4,794 3,835 3,561 3,334 3,221 45~49 歳 3,980 4,926 5,910 4,710 3,768 3,500 3,278 50~54 歳 3,903 3,930 4,863 5,835 4,653 3,725 3,461 55~59 歳 5,071 3,824 3,852 4,767 5,723 4,568 3,658 60~64 歳 6,382 4,843 3,674 3,705 4,588 5,513 4,404 65~69 歳 5,187 6,084 4,633 3,522 3,554 4,405 5,301 70~74 歳 3,243 4,846 5,729 4,372 3,334 3,367 4,180 75~79 歳 1,977 2,890 4,359 5,213 3,991 3,060 3,097 80~84 歳 1,222 1,634 2,402 3,665 4,467 3,440 2,662 85~89 歳 ,232 1,821 2,818 3,534 2, 歳 以 上 ,064 1,504 2,261 3,141 ( 再 掲 )0~14 歳 9,688 9,285 8,408 7,646 6,912 6,426 6,080 ( 再 掲 )15~64 歳 47,536 43,539 41,486 40,265 38,823 36,192 32,425 ( 再 掲 )65 歳 以 上 12,687 16,933 19,136 19,657 19,668 20,067 21,126 ( 再 掲 )75 歳 以 上 4,257 6,003 8,774 11,763 12,780 12,295 11,645 ( 出 所 : 厚 生 労 働 省 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ) (2) 年 齢 別 (3 区 分 )の 人 口 推 移 次 にこれまでの 人 口 推 移 と 将 来 推 について 年 齢 別 3 区 分 で 分 析 した 経 済 活 動 の 中 心 となる 15~64 歳 までの 生 産 年 齢 人 口 は これまで 順 調 に 増 加 してきた 特 に 1980 年 代 で は 大 幅 増 加 を 記 録 したことが 図 表 2 より 見 て 取 れる 2005 年 は 50,000 人 超 であっ たが これをピークに 減 少 となり 2030 年 には 4 万 人 台 を 割 り 38,823 人 そして 2040 年 には 32,425 人 とピークのほぼ 4 割 減 となる また 2040 年 の 生 産 年 齢 人 口 が 鶴 ヶ 島 市 の 総 人 口 に 占 める 割 合 は 54.3%となる また 0-2 -

5 ~14 歳 の 年 少 人 口 も 少 子 化 の 中 で 減 少 を 続 け 図 表 1 が 示 すように 2010 年 の 9,688 人 から 2040 年 は 6,080 人 と 37.2% 減 少 すると 推 される 一 方 で 65 歳 以 上 の 老 年 人 口 は 2010 年 の 時 点 での 12,687 人 からも 増 加 を 続 け 2035 年 には 20,067 人 と 2 万 人 台 を 超 え 2040 年 には 21,126 人 にまで 増 加 する 市 の 総 人 口 の 占 める 割 合 も 2010 年 の 18.1%から 2040 年 は 35.4%まで 増 加 する また 75 歳 以 上 の 高 齢 者 人 口 についても 2010 年 の 4,257 人 から 団 塊 の 世 代 が 75 歳 以 上 となる 2025 年 には 11,763 人 と 大 幅 に 増 加 する その 後 は 大 幅 な 増 加 は 見 られず 11,000 人 から 12,000 人 台 で 推 移 することが 推 される 図 表 2 鶴 ヶ 島 市 の 年 齢 別 (3 区 分 )の 人 口 推 移 ( 出 所 : 厚 生 労 働 省 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 より 当 研 究 所 作 成 ) (3) 最 近 の 人 口 の 推 移 図 表 3 鶴 ヶ 島 市 : 最 近 の 人 口 推 移 ( 自 然 増 減 ) - 3 -

6 ( 出 所 : 埼 玉 県 総 務 部 統 課 ) 人 口 動 態 の 現 状 を 検 証 するために 2000 年 から 2013 年 までの 人 口 の 自 然 増 減 について 概 観 する 鶴 ヶ 島 市 は 過 去 出 生 数 が 死 亡 数 を 大 きく 上 回 る 状 況 で 自 然 増 を 継 続 してきた し かしながら その 状 況 も 2013 年 には 自 然 増 による 毎 年 の 貯 金 も 作 れない 状 況 にな ってしまった 出 生 数 の 長 期 低 落 傾 向 と 高 齢 化 の 進 展 による 死 亡 数 の 増 加 傾 向 が 鶴 ヶ 島 市 でも 進 行 していることが 窺 える 図 表 4 鶴 ヶ 島 市 : 最 近 の 人 口 推 移 ( 社 会 増 減 ) - 4 -

7 ( 出 所 : 埼 玉 県 総 務 部 統 課 ) 次 に 社 会 増 減 の 2000 年 から 2013 年 の 推 移 について 分 析 したい 転 入 者 数 は 2000 年 か ら 2006 年 までは 年 間 4,000 人 を 超 えていたが その 後 は 3,000 人 台 となっている また 転 入 者 数 と 転 出 者 数 を 勘 案 した 社 会 増 減 は 2007 年 以 降 大 半 の 年 が 減 少 となっている 人 口 減 少 の 進 行 する 中 で 自 然 増 が 望 めない 現 状 将 来 において 都 市 間 競 争 の 中 で 社 会 増 につながる 施 策 が 求 められる (4) 鶴 ヶ 島 市 における 結 婚 出 産 子 育 て 世 代 女 性 人 口 の 将 来 推 次 に 地 域 の 活 力 及 び 持 続 可 能 性 を 探 る 指 標 として 20~39 歳 までの 女 性 の 将 来 推 人 口 を 分 析 した この 年 代 の 女 性 人 口 は 結 婚 出 産 や 子 育 ての 中 心 的 な 世 代 として 地 域 社 会 の 存 立 に 大 きくかかわってくる それによると 2010 年 に 鶴 ヶ 島 市 では 9,665 人 が 在 住 していたが 2040 年 には 5,952 人 となると 推 されている ちなみに 2010 年 を 100 とした 指 数 でみると 2040 年 は と 40% 減 少 することがわかる この 年 代 を 増 加 させるのは 社 会 増 が 中 心 となるから 鶴 ヶ 島 市 に 引 っ 越 したくなる 住 みたくなるような 魅 力 的 なまちづくりや 現 在 の 小 中 学 生 が 成 人 後 も 鶴 ヶ 島 市 に 住 んで みたいなと 思 わせるような 活 性 化 策 が 求 められる 図 表 5 鶴 ヶ 島 市 の 20~39 歳 の 女 性 人 口 推 ( 出 所 : 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 )(2010 年 =100 とした 指 数 ) 2 市 内 総 生 産 から 見 る 産 業 構 造 図 表 6 鶴 ヶ 島 市 の 地 域 内 総 生 産 - 5 -

8 鶴 ヶ 島 市 平 成 13 年 度 平 成 18 年 度 平 成 23 年 度 市 町 村 内 総 生 産 167, , , 第 1 次 産 業 農 業 林 業 水 産 業 第 2 次 産 業 46, , , 鉱 業 * * * 製 造 業 34, , , 建 設 業 12, , , 第 3 次 産 業 120, , , 電 気 ガス 水 道 業 1, , , 卸 売 小 売 業 21, , , 金 融 保 険 業 6, , , 不 動 産 業 32, , , 運 輸 業 7, , , 情 報 通 信 業 * 5, , サービス 業 33, , , 政 府 サービス 生 産 者 14, , , 対 家 民 非 営 利 サービス 生 産 者 1, , , 輸 入 品 に 課 せられる 税 関 税 1, , , ( 控 除 ) 総 資 本 形 成 に 係 る 消 費 税 ( 単 位 : 百 万 円 %) ( 出 所 : 埼 玉 県 埼 玉 の 市 町 村 経 済 算 ) 鶴 ヶ 島 市 の 経 済 規 模 を 示 す 地 域 内 総 生 産 から 鶴 ヶ 島 市 の 産 業 構 造 について 概 観 する 平 成 23 年 度 の 産 業 別 市 内 総 生 産 ( 名 目 )の 構 成 比 から 見 ると 第 1 次 産 業 が 0.2% 第 2 次 産 業 が 25.5% 第 3 次 産 業 が 73.5%となっている これを 埼 玉 県 ( 第 1 次 産 業 0.6% 第 2 次 産 業 24.2% 第 3 次 産 業 が 74.5%)と 比 較 すると 第 2 次 産 業 ( 主 に 製 造 業 と 建 設 業 ) が 埼 玉 県 を 上 回 る 反 面 第 1 次 産 業 と 第 3 次 産 業 が 低 い 産 業 構 造 となっている 鶴 ヶ 島 市 の 産 業 構 造 をより 詳 しくみるために 鶴 ヶ 島 市 の 特 化 係 数 を 用 いた 埼 玉 県 の 水 準 ( 特 化 係 数 =1)として それを 上 回 るものを 産 業 集 積 が 進 んでいるものとして 捉 える ことができる 第 1 次 産 業 では 特 化 係 数 が1を 上 回 るものはなく 第 2 次 産 業 では 製 造 業 が 1.13 第 3 次 産 業 では 不 動 産 業 が 1.17 と 産 業 全 体 でも 最 も 大 きく 次 いで 卸 売 小 売 業 が 1.13 サービス 業 が 1.00 となっている 次 に 産 業 構 造 の 変 化 について 平 成 年 度 と 平 成 23 年 度 の 産 業 別 市 内 総 生 産 の 構 成 比 に 推 移 から 見 ると 第 1 次 産 業 については ほとんど 変 わりがないことがわかる 第 2 次 産 業 については 動 きが 大 きく 平 成 13 年 度 が 27.7% 平 成 18 年 度 は 32.3%と 製 造 業 が 大 きくシェアを 伸 ばした しかしながら 平 成 23 年 度 には 25.5%と 大 きくシェアを 落 としている この 要 因 としては 製 造 業 が 総 生 産 額 を 506 億 円 から 380 億 円 と 大 きく 減 少 させたこともあるが 建 設 業 が 145 億 円 から 72 億 円 とほぼ 半 額 となり シェアを 7.2%か ら 4.1%まで 減 少 させていることもある 第 3 次 産 業 は 平 成 13 年 度 から 18 年 度 比 較 で 構 成 比 を 落 とすものの 23 年 度 には 73.5% と 70% 台 を 回 復 させた 卸 売 小 売 業 が 1.2 ポイント 不 動 産 業 が 3.8 ポイント サービ ス 業 が 1.2 ポイント 増 加 したことが 要 因 となっている - 6 -

9 3 工 業 統 から 見 た 製 造 業 の 特 性 鶴 ヶ 島 市 の 製 造 業 について 製 造 業 の 中 分 類 での 従 業 員 数 事 業 所 数 製 造 品 出 荷 額 等 また 付 加 価 値 額 により その 特 徴 について 分 析 する 今 回 は 鶴 ヶ 島 市 の 製 造 業 の 特 徴 を 分 析 する 上 で 各 産 業 の 付 加 価 値 額 を 基 本 に 特 化 係 数 ( 埼 玉 県 製 造 業 の 各 産 業 において それぞれの 付 加 価 値 額 が 製 造 業 全 体 の 付 加 価 値 額 にお ける 構 成 割 合 の 水 準 を1とし それと 比 較 して 鶴 ヶ 島 市 の 各 産 業 の 付 加 価 値 額 の 構 成 割 合 が 上 回 っているか 下 回 っているかで 比 較 )が1を 超 える 産 業 または 付 加 価 値 額 と 従 業 者 数 をもとに 割 り 出 した 労 働 生 産 性 が1を 超 える 産 業 を 地 域 の 中 核 産 業 として 分 析 をする 特 化 係 数 が1を 上 回 る 数 値 が 大 きいほど その 産 業 が 県 水 準 を 大 きく 上 回 り 集 積 が 進 ん でいることがわかる 紙 パルプが 6.78 と 最 も 大 きく 埼 玉 県 の 水 準 を 約 6 倍 上 回 る 集 積 があることがわかる その 他 では プラスチックが 1.87 印 刷 が 1.81 金 属 製 品 が 1.65 と 特 化 係 数 が 1 を 上 回 っている 労 働 生 産 性 については 付 加 価 値 額 を 従 業 者 数 で 割 った 数 値 を 埼 玉 県 と 鶴 ヶ 島 市 を 比 較 したものである 埼 玉 県 の 数 値 を1として 比 較 したものである そこから 分 析 すると 労 働 生 産 性 が 高 いのは 紙 パルプが 2.36 と 最 も 高 く 埼 玉 県 の2 倍 以 上 の 労 働 生 産 性 を 記 録 している 続 いて 金 属 製 品 が 1.64 電 気 機 器 が 1.33 である 図 表 7 鶴 ヶ 島 市 の 製 造 業 - 7 -

10 事 業 所 数 従 業 者 数 製 造 品 出 荷 額 等 付 加 価 値 額 特 化 係 数 総 数 52 1,888 7,209,456 2,386,241 食 料 , , 繊 維 2 43 * * * 家 具 1 5 * * * 紙 パルプ ,221, , 印 刷 ,348, , プラスチック , , 窯 業 1 8 * * * 金 属 , , 生 産 ,297 35, 業 務 2 21 * * * 電 子 1 15 * * * 電 気 , , 情 報 * * * 輸 送 1 7 * * * そ 他 ,333 18, ( 埼 玉 県 =1) ( 百 万 円 ) ( 百 万 円 ) 事 業 所 数 従 業 者 数 製 造 品 出 荷 額 等 付 加 価 値 額 労 働 生 産 性 総 数 52 1,888 7,209,456 2,386,241 食 料 , , 繊 維 2 43 * * * 家 具 1 5 * * * 紙 パルプ ,221, , 印 刷 ,348, , プラスチック , , 窯 業 1 8 * * * 金 属 , , 生 産 ,297 35, 業 務 2 21 * * * 電 子 1 15 * * * 電 気 , , 情 報 * * * 輸 送 1 7 * * * そ 他 ,333 18, ( 埼 玉 県 =1) ( 出 所 : 埼 玉 県 総 務 部 統 課 平 成 25 年 工 業 統 調 査 ) - 8 -

11 4 第 三 次 産 業 の 集 積 事 業 所 統 と 経 済 センサスの 事 業 所 数 と 従 業 員 数 から 主 に 第 三 次 産 業 の 集 積 の 特 性 を 見 てみたい ここでは 1991 年 ~2012 年 までのそれぞれの 推 移 と 2012 年 の 数 値 を 埼 玉 県 の 数 値 と 比 較 をもとに 出 した 特 化 係 数 から 分 析 をすることとする 鶴 ヶ 島 市 における 全 体 の 事 業 所 数 については 1991 年 が 1,567 事 業 所 で 直 近 の 2012 年 では 1,776 事 業 所 と この 20 年 という 期 間 では 13%ほど 増 加 している しかしながらこ れまでのピークとなった 2009 年 の 1,891 事 業 所 と 比 較 すると 3 年 間 で 6% 減 少 と 必 ずしも 順 調 に 増 加 を 続 けているとは 言 い 難 い 図 表 8 鶴 ヶ 島 市 の 第 三 次 産 業 の 事 業 所 推 移 事 業 所 ( 民 営 )の 業 種 別 推 移 単 位 : 上 段 は 事 業 所 数 下 段 は 構 成 比 (%) 特 化 係 数 ( 埼 玉 県 =1) 大 分 類 1991 年 1996 年 1999 年 2001 年 2004 年 2006 年 2009 年 2012 年 特 化 係 数 第 三 次 産 業 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 情 報 通 信 業, 運 輸 業 郵 便 業 情 報 通 信 業 運 輸 業, 郵 便 業 卸 売 小 売, 飲 食 サービス 卸 売 業, 小 売 業 宿 泊 業, 飲 食 サービス 業 金 融 業, 保 険 業 不 動 産 業, 物 品 賃 貸 業 サービス 業 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 業 生 活 関 連 サービス 業, 娯 楽 業 教 育, 学 習 支 援 業 医 療, 福 祉 複 合 サービス 事 業 サービス 業 ( 他 に 分 類 されない もの) 合 小 ( 注 : 合 は 全 産 業 の 数 値 となっている) ,567 1,863 1,792 1,863 1,770 1,837 1,891 1, ,973 2,301 2,209 2,275 2,160 2,208 2,296 2, ( 資 料 ) 総 務 省 事 業 所 企 業 統 調 査 2009 年 経 済 センサス 基 礎 調 査 2012 年 経 済 センサス 活 動 調 査 注 :2009 年 以 降 の 経 済 センサス では 従 来 の 事 業 所 企 業 統 調 査 と 比 べ 事 業 所 企 業 の 補 足 範 囲 を 拡 大 しており 両 者 の 数 値 は 単 純 な 比 較 はできない 業 種 別 の 推 移 から 大 きな 変 化 をしているものを 触 れたい 卸 売 業 小 売 業 と 宿 泊 業 飲 食 サービス 業 については 統 がそれぞれ 分 かれた 2004 年 から 2012 年 までの 推 移 を 見 る と 卸 売 業 小 売 業 で 562 事 業 所 から 516 事 業 所 宿 泊 業 飲 食 サービス 業 が 321 事 業 所 か ら 297 事 業 所 と それぞれ 7~8%の 減 少 を 見 ている 一 方 で 増 加 をしている 産 業 とし ては 不 動 産 業 物 品 賃 貸 業 と 医 療 福 祉 である 不 動 産 業 物 品 賃 貸 業 は 1991 年 から 2012 年 で 134 事 業 所 から 179 事 業 所 医 療 福 祉 は 統 が 取 られるようになった

12 年 から 2012 年 で 121 事 業 所 から 175 事 業 所 と 大 きく 増 加 している 特 化 係 数 については 多 くの 業 種 が 1 を 超 え 埼 玉 県 の 水 準 を 上 回 っている 生 活 関 連 サービス 業 娯 楽 業 や 医 療 福 祉 等 の 分 野 で 1.21 と 最 も 高 い 特 化 係 数 を 示 している 図 表 9 鶴 ヶ 島 市 の 第 三 次 産 業 の 従 業 者 数 推 移 従 業 者 ( 民 営 )の 業 種 別 推 移 単 位 : 上 段 は 従 業 者 数 下 段 は 構 成 比 (%) 特 化 係 数 ( 埼 玉 県 =1) 大 分 類 1991 年 1996 年 1999 年 2001 年 2004 年 2006 年 2009 年 2012 年 特 化 係 数 第 三 次 産 業 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 情 報 通 信 業, 運 輸 業 郵 便 業 情 報 通 信 業 運 輸 業, 郵 便 業 卸 売 小 売, 飲 食 サービス 卸 売 業, 小 売 業 宿 泊 業, 飲 食 サービス 業 金 融 業, 保 険 業 不 動 産 業, 物 品 賃 貸 業 サービス 業 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 業 生 活 関 連 サービス 業, 娯 楽 業 教 育, 学 習 支 援 業 医 療, 福 祉 複 合 サービス 事 業 サービス 業 ( 他 に 分 類 されない もの) 合 小 ( 注 : 合 は 全 産 業 の 数 値 となっている) ,120 1, ,387 7,960 7,908 7, ,638 6,195 6,176 5, ,487 3,492 3,541 2, ,525 3,861 4,508 4, , ,130 1, ,498 1,648 2,111 2, ,847 4,416 1,288 1, ,403 13,254 13,957 14,054 15,969 18,636 18,891 16, ,898 20,460 20,209 20,727 20,863 23,092 24,292 22, ( 資 料 ) 総 務 省 事 業 所 企 業 統 調 査 2009 年 経 済 センサス 基 礎 調 査 2012 年 経 済 センサス 活 動 調 査 注 :2009 年 以 降 の 経 済 センサス では 従 来 の 事 業 所 企 業 統 調 査 と 比 べ 事 業 所 企 業 の 補 足 範 囲 を 拡 大 しており 両 者 の 数 値 は 単 純 な 比 較 はできない 従 業 員 数 では 卸 売 業 小 売 業 が 5,791 人 と 鶴 ヶ 島 市 における 第 三 次 産 業 で 最 も 大 きい 雇 用 吸 収 力 を 誇 っている 第 三 次 産 業 の 従 業 者 数 全 体 16,647 人 の 34.8%になる 次 いで 宿 泊 業 飲 食 サービス 業 が 2,513 人 医 療 福 祉 が 2,315 人 となっている 過 去 からの 従 業 者 数 の 推 移 を 見 ると 事 業 所 数 と 同 様 に 不 動 産 業 物 品 賃 貸 業 や 医 療 福 祉 が 大 きく 従 業 者 数 を 伸 ばしている 最 近 の 他 業 種 の 動 きを 見 ると 運 輸 業 郵 便 業 の 大 幅 な 減 少 生 活 関 連 サービス 業 娯 楽 業 の 大 幅 な 増 加 が 目 に 留 まる 特 化 係 数 については 情 報 通 信 業 が 1.90 で 最 も 高 く 次 いで 不 動 産 業 物 品 賃 貸 業 が 1.40 生 活 関 連 サービス 業 娯 楽 業 が 1.27 卸 売 業 小 売 業 が 1.24 の 順 となっている

13 5 サービス 産 業 の 動 向 前 章 で 第 3 次 産 業 の 集 積 について 見 たが 本 章 ではさらに 細 分 化 し サービス 業 という 視 点 からその 集 積 状 況 を 把 握 してみたい 以 下 の 表 は 事 業 所 数 と 従 業 者 数 について 2001 年 ~2012 年 までのそれぞれの 業 種 について 増 減 の 推 移 を 概 観 したものである 図 表 10 鶴 ヶ 島 市 のサービス 産 業 の 事 業 所 数 推 移 サービス 業 の 事 業 所 数 の 推 移 産 業 大 分 類 事 業 所 数 2001~ ~2012 産 業 中 分 類 ( 一 部 小 分 類 を 含 む) 増 減 数 増 加 率 増 減 数 増 加 率 ( 所 ) (%) ( 所 ) (%) G 情 報 通 信 業 通 信 業 放 送 業 情 報 サービス 業 インターネット 附 随 サービス 業 映 像 音 声 文 字 情 報 制 作 業 K 物 品 賃 貸 業 L 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 業 学 術 開 発 研 究 機 関 専 門 サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) 広 告 業 技 術 サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 業 内 格 付 不 能 M 宿 泊 業, 飲 食 サービス 業 宿 泊 業 飲 食 店 持 ち 帰 り 配 達 飲 食 サービス 業 飲 食 店, 持 ち 帰 り 配 達 飲 食 サービス 業 内 格 付 不 能 N 生 活 関 連 サービス 業, 娯 楽 業 洗 濯 理 容 美 容 浴 場 業 その 他 の 生 活 関 連 サービス 業 娯 楽 業 生 活 関 連 サービス 業, 娯 楽 業 内 格 付 不 能 O 教 育, 学 習 支 援 業 学 校 教 育 その 他 の 教 育, 学 習 支 援 業 P 医 療, 福 祉 医 療 業 保 健 衛 生 社 会 保 険 社 会 福 祉 介 護 事 業 医 療, 福 祉 内 格 付 不 能 Q 複 合 サービス 事 業 郵 便 局 協 同 組 合 ( 他 に 分 類 されないもの) R サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) 廃 棄 物 処 理 業 自 動 車 整 備 業 機 械 等 修 理 業 ( 別 掲 を 除 く) 職 業 紹 介 労 働 者 派 遣 業 その 他 の 事 業 サービス 業 政 治 経 済 文 化 団 体 宗 教 その 他 のサービス 業 サービス 業 ( 政 治 経 済 文 化 団 体 宗 教 を 除 く) 内 格 付 不 能 サ ー ビ ス 業 1,009 1,029 1, ( 資 料 ) 総 務 省 事 業 所 企 業 統 調 査 2012 年 経 済 センサス 活 動 調 査 最 近 (2001 年 ~2012 年 )の 鶴 ヶ 島 市 におけるサービス 業 の 事 業 所 数 の 推 移 で 大 きな 動 き を 示 したものを 見 ると まず 飲 食 店 が 2001 年 の 330 店 から 2012 年 275 店 への 16.7%と 大 きく 減 少 させている また 娯 楽 業 も 2001 年 の 23 店 から 17 店 へと 26.1% 減 少 した 一 方 で 事 業 所 数 を 大 きく 増 加 させた 業 種 では 医 療 福 祉 関 係 が 見 て 取 れる 医 療 業 は 2001 年 89 事 業 所 から 120 事 業 所 と 34.8% 増 社 会 保 険 社 会 福 祉 介 護 事 業 の 事 業 所 が 2001 年 の 12 事 業 所 から 53 事 業 所 へと 4 倍 を 超 える 増 加 を 示 していることが 注 目 される

14 次 にサービス 業 の 従 業 者 数 の 推 移 見 ると 情 報 サービス 業 が 事 業 所 数 が 横 ばいながら 従 業 者 数 を 2001 年 の 174 人 から 2012 年 の 404 人 へと 大 きく 増 加 させていることがわか る その 他 従 業 者 数 を 増 加 させている 業 種 については 宿 泊 業 娯 楽 業 や 廃 棄 物 処 理 業 がある また 前 述 の 医 療 業 と 社 会 保 険 社 会 福 祉 介 護 事 業 の 事 業 所 についても 当 然 のこ とながら 医 療 業 が 968 人 から 1,340 人 の 38.4% 社 会 保 険 社 会 福 祉 介 護 事 業 が 294 人 から 955 人 の 224.8%(3.25 倍 )となっている 図 表 11 鶴 ヶ 島 市 のサービス 産 業 の 従 業 者 数 推 移 サービス 業 の 従 業 者 数 の 推 移 産 業 大 分 類 従 業 者 数 2001~ ~2012 産 業 中 分 類 ( 一 部 小 分 類 を 含 む) 増 減 数 増 加 率 増 減 数 増 加 率 ( 人 ) (%) ( 人 ) (%) G 情 報 通 信 業 通 信 業 放 送 業 情 報 サービス 業 インターネット 附 随 サービス 業 映 像 音 声 文 字 情 報 制 作 業 K 物 品 賃 貸 業 L 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 業 944 2, 学 術 開 発 研 究 機 関 243 1, 専 門 サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) 広 告 業 技 術 サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) 学 術 研 究, 専 門 技 術 サービス 業 内 格 付 不 能 M 宿 泊 業, 飲 食 サービス 業 2,297 3,492 2, 宿 泊 業 飲 食 店 2,251 3,392 2, 持 ち 帰 り 配 達 飲 食 サービス 業 飲 食 店, 持 ち 帰 り 配 達 飲 食 サービス 業 内 格 付 不 能 N 生 活 関 連 サービス 業, 娯 楽 業 1,099 1,146 1, 洗 濯 理 容 美 容 浴 場 業 その 他 の 生 活 関 連 サービス 業 娯 楽 業 生 活 関 連 サービス 業, 娯 楽 業 内 格 付 不 能 O 教 育, 学 習 支 援 業 学 校 教 育 その 他 の 教 育, 学 習 支 援 業 P 医 療, 福 祉 1,262 1,648 2, 医 療 業 968 1,115 1, 保 健 衛 生 社 会 保 険 社 会 福 祉 介 護 事 業 医 療, 福 祉 内 格 付 不 能 Q 複 合 サービス 事 業 郵 便 局 協 同 組 合 ( 他 に 分 類 されないもの) R サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) 757 1,041 1, 廃 棄 物 処 理 業 自 動 車 整 備 業 機 械 等 修 理 業 ( 別 掲 を 除 く) 職 業 紹 介 労 働 者 派 遣 業 その 他 の 事 業 サービス 業 政 治 経 済 文 化 団 体 宗 教 その 他 のサービス 業 サービス 業 ( 政 治 経 済 文 化 団 体 宗 教 を 除 く) 内 格 付 不 能 サ ー ビ ス 業 6,917 10,508 8,828 3, , ( 資 料 ) 総 務 省 事 業 所 企 業 統 調 査 2012 年 経 済 センサス 活 動 調 査

15 6 鶴 ヶ 島 市 の 卸 売 業 小 売 業 の 業 種 別 概 要 図 表 12 卸 売 業 の 業 種 別 概 要 卸 売 業 の 業 種 別 概 要 (2012 年 ) 業 種 項 目 事 業 所 数 従 業 者 数 年 間 商 品 販 売 額 実 数 ( 所 ) 構 成 比 (%) 実 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 実 数 ( 百 万 円 ) 構 成 比 (%) 飲 食 料 品 卸 売 業 , 建 築 材 料, 鉱 物 金 属 材 料 等 卸 売 業 , 機 械 器 具 卸 売 業 , その 他 の 卸 売 業 , 卸 売 業 , ( 資 料 ) 総 務 省 2012 年 経 済 センサス 活 動 調 査 鶴 ヶ 島 市 の 卸 売 業 を 2012 年 の 経 済 センサス 活 動 調 査 から 概 観 すると 全 体 で 事 業 数 が 75 従 業 者 数 が 556 人 年 間 商 品 販 売 額 が 409 億 6,900 万 円 となっている 事 業 所 数 で 最 も 多 いのは 建 築 材 料 鉱 物 金 属 材 料 等 卸 売 業 で 26 事 業 所 となっている また 従 業 者 数 と 年 間 商 品 販 売 額 では 飲 食 料 品 卸 売 業 が 従 業 者 数 165 人 年 間 商 品 販 売 額 149 億 4,900 万 円 で 最 も 大 きい 図 表 13 < 参 考 > 鶴 ヶ 島 市 卸 売 業 の 事 業 所 数 と 商 品 販 売 額 の 推 移 ( 資 料 ) 総 務 省 事 業 所 企 業 統 調 査 2009 年 経 済 センサス 基 礎 調 査 2012 年 経 済 センサ ス 活 動 調 査 ( 注 ) 商 業 統 と 経 済 センサスは 調 査 手 法 が 異 なるため 厳 密 には 連 続 しない 参 考 として 1994 年 ~2007 年 までの 商 業 統 から 鶴 ヶ 島 市 の 卸 売 業 の 動 向 を 見 たい こ れによると 事 業 所 数 は 94 年 の 104 から 207 年 の 88 へ 減 少 している その 他 従 業 者 数 に おいても 942 人 から 746 人 へ 年 間 商 品 販 売 額 についても 710 億 円 から 436 億 円 と 大 き く 減 少 していることがわかる

16 図 表 14 小 売 業 の 業 種 別 概 要 小 売 業 の 業 種 別 概 要 (2012 年 ) 事 業 所 数 従 業 者 数 年 間 商 品 販 売 額 業 種 項 目 実 数 ( 所 ) 構 成 比 (%) 実 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 実 数 ( 百 万 円 ) 構 成 比 (%) 各 種 商 品 小 売 業 X - 織 物 衣 服 身 の 回 り 品 小 売 業 , 飲 食 料 品 小 売 業 , , 機 械 器 具 小 売 業 , その 他 の 小 売 業 , X - 無 店 舗 小 売 業 , 小 売 業 , , ( 資 料 ) 総 務 省 2012 年 経 済 センサス 活 動 調 査 鶴 ヶ 島 市 の 小 売 業 を 2012 年 の 経 済 センサス 活 動 調 査 から 概 観 すると 事 業 所 数 は 306 従 業 者 数 が 3,902 人 年 間 商 品 販 売 額 は 740 億 4,200 万 円 となっている 事 業 所 数 では 107 従 業 者 数 は 1,826 人 で 飲 食 料 品 小 売 業 が 最 も 大 きい 年 間 商 品 販 売 額 については 秘 匿 項 目 があり 厳 密 には 判 明 しないが 飲 食 料 品 小 売 業 とその 他 小 売 業 が 大 きなウエイトを 占 め ていることとが 推 察 できる 図 表 15 < 参 考 > 鶴 ヶ 島 市 小 売 業 の 事 業 所 数 と 商 品 販 売 額 の 推 移 ( 資 料 ) 総 務 省 事 業 所 企 業 統 調 査 2009 年 経 済 センサス 基 礎 調 査 2012 年 経 済 センサ ス 活 動 調 査 ( 注 ) 商 業 統 と 経 済 センサスは 調 査 手 法 が 異 なるため 厳 密 には 連 続 しない 参 考 として 卸 売 業 同 様 に 事 業 所 数 を 94 年 の 520 から 2007 年 の 432 へと 減 少 させてい る しかしながら 従 業 者 数 が 4,050 人 から 4,990 人 へ 増 加 し 年 間 商 品 販 売 額 も 895 億 円 から 940 億 円 へ 増 加 している この 間 の 大 きな 動 きとして 売 り 場 面 積 が 5 万 7 千 m2から 11 万 2 千 m2と 約 2 倍 に 増 加 している 点 があげられる 大 型 店 の 出 店 によるものだと 容 易 に 考 えられるが 事 業 所 数 の 減 少 から 地 元 商 業 者 の 閉 店 等 疲 弊 している 現 状 が 見 て 取 れる

17 7 鶴 ヶ 島 市 の 商 圏 構 造 と 消 費 動 向 (1) 鶴 ヶ 島 市 の 商 圏 構 造 鶴 ヶ 島 市 は 川 越 市 を 中 心 として 構 成 されている 川 越 商 圏 の 10 市 町 に 属 している 川 越 商 圏 は 埼 玉 県 内 の 準 広 域 商 圏 のひとつで 川 越 市 を 中 心 に 川 島 町 鶴 ヶ 島 市 毛 呂 山 町 坂 戸 市 ふじみ 野 市 などが 商 圏 にある 鶴 ヶ 島 市 は 本 統 においては 人 口 の 14.5% 10,174 人 が 日 頃 から 川 越 市 で 衣 料 品 などの 消 費 を 行 っていることを 表 している 図 表 15 川 越 商 圏 の 概 要 商 圏 市 町 村 ( 基 準 吸 引 率 ) 第 1 次 商 圏 (30% 以 上 ) 第 2 次 商 圏 (10~30% 未 満 ) 第 3 次 商 圏 (5~10% 未 満 ) 川 越 市 川 島 町 鶴 ヶ 島 市 毛 呂 山 町 坂 戸 市 ふじみ 野 市 など2 市 3 町 商 圏 内 人 口 ( 人 ) 吸 引 率 吸 引 人 口 ( 人 ) 365, % 260, , % 253,939 22, % 6, , % 25,005 70, % 10,174 38, % 4, , % 10, , % 17,630 合 836, % 303,362 ( 出 所 : 平 成 22 年 度 埼 玉 県 の 消 費 者 動 向 ) ( 注 1) 商 圏 内 人 口 : 当 該 市 町 村 の 人 口 ( 埼 玉 県 推 人 口 平 成 22 年 9 月 1 日 現 在 ) ( 注 2) 吸 引 率 : 当 該 市 町 村 の 消 費 者 が 中 心 都 市 で 買 物 (B 群 )をする 割 合 ( 中 心 都 市 で 買 物 をする 消 費 者 数 当 該 市 の 人 口 ) ( 注 3) 吸 引 人 口 : 中 心 都 市 で 買 物 (B 群 )をする 当 該 市 町 村 の 消 費 者 数 ( 当 該 市 商 圏 人 口 吸 引 率 ) ( 注 4) 吸 引 力 : 中 心 都 市 の 人 口 に 対 する 吸 引 人 口 の 割 合 ( 吸 引 人 口 中 心 都 市 の 人 口 ) ( 注 5) 買 物 (B 群 ): 紳 士 服 婦 人 服 子 供 服 や 下 着 等 の 衣 類 と 寝 具 等 を 表 す (2) 鶴 ヶ 島 市 民 の 消 費 動 向 平 成 22 年 度 埼 玉 県 の 消 費 者 動 向 では 鶴 ヶ 島 市 民 の 消 費 動 向 についても 調 査 しており 購 買 品 目 ごとに 鶴 ヶ 島 市 市 内 を 始 め どこの 近 隣 自 治 体 で 消 費 をしているかが 把 握 できる 商 品 の 品 目 を 最 も 日 常 生 活 に 近 い 飲 食 料 品 の A 群 衣 料 品 を 中 心 とする B 群 以 下 靴 や かばん 類 の C 群 等 の E 群 の5つに 分 類 している またその 他 に 家 族 で 買 い 物 を 楽 しむ 時 ( 飲 食 ) 外 食 をする 時 にどこへ 行 くかなどが 調 査 されている

18 図 表 16 鶴 ヶ 島 市 消 費 者 動 向 (1) 購 買 地 区 市 町 村 商 品 肉 果 実 魚 野 菜 調 理 総 済 菜 み 食 弁 品 当 等 ( ) A 群 そ 飲 の 料 他 の 食 料 品 日 用 家 庭 雑 貨 小 呉 服 帯 寝 具 紳 紳 士 士 服 用 品 雑 貨 B 群 婦 婦 人 人 服 洋 品 雑 貨 子 ベ ど ビ も 服 服 ー 下 着 肌 着 小 鶴 ヶ 島 市 内 有 効 回 答 者 合 自 地 区 ( 西 部 Ⅰ 地 区 ) 鶴 ヶ 島 市 川 越 市 坂 戸 市 東 松 山 市 朝 霞 市 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 川 島 町 西 部 Ⅰ 地 区 以 外 の 県 内 市 町 村 嵐 山 町 さいたま 市 鴻 巣 市 所 沢 市 熊 谷 市 入 間 市 その 他 の 市 町 村 他 都 県 東 京 都 千 葉 県 群 馬 県 その 他 の 県

19 図 表 17 鶴 ヶ 島 市 消 費 者 動 向 (2) 購 買 地 区 市 町 村 商 品 靴 履 き も の C 群 D 群 E 群 家 楽 か ハ ば ン ん ド バ 小 家 具 イ ン 家 庭 用 電 化 自 転 車 小 時 コ ン タ メ ク ガ ト 医 薬 化 粧 書 籍 文 房 楽 器 C D 玩 具 ス ポ ツ 用 花 木 園 芸 小 族 し で む 買 物 を テ 製 ネ レ 品 具 品 リ 品 ン 生 ア ズ 花 ッ グ ー 飲 食 ( 外 食 ) 鶴 ヶ 島 市 内 有 効 回 答 者 合 自 地 区 ( 西 部 Ⅰ 地 区 ) 鶴 ヶ 島 市 川 越 市 坂 戸 市 東 松 山 市 朝 霞 市 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 川 島 町 西 部 Ⅰ 地 区 以 外 の 県 内 市 町 村 嵐 山 町 さいたま 市 鴻 巣 市 所 沢 市 熊 谷 市 入 間 市 その 他 の 市 町 村 他 都 県 東 京 都 千 葉 県 群 馬 県 その 他 の 県

20 鶴 ヶ 島 市 民 の 消 費 動 向 を 見 ると 生 鮮 食 料 品 など 飲 食 料 品 は 90% 近 い 市 民 が 市 内 で 買 物 するとしている 市 外 では 川 越 市 や 坂 戸 市 で 買 物 をする 市 民 が 多 い 次 に 衣 類 等 の 消 費 となると 市 内 で 買 物 するという 市 民 は 60% 台 まで 落 ち 婦 人 服 などは 30% 台 までになる 一 方 で 減 少 した 分 は 先 ほどの 川 越 市 や 坂 戸 市 が 増 加 する また この 商 品 群 の 買 物 では さいたま 市 や 東 京 都 内 などで 買 物 する 市 民 が 増 加 し 紳 士 服 や 婦 人 服 では 10%を 超 える 商 品 も 出 てくる 続 いて C 群 から E 群 についても B 群 の 消 費 動 向 と 同 様 に 商 品 によって 多 少 のブレはあ るものの 半 分 程 度 の 市 民 しか 市 内 で 購 入 していないことがわかる 比 較 的 市 内 で 購 入 す る 割 合 が 高 いのは 自 転 車 医 薬 化 粧 品 書 籍 文 具 や 花 木 園 芸 生 花 で 80% 近 く 又 は それ 以 上 の 割 合 で 市 内 で 購 入 されている その 他 の 消 費 動 向 として 家 族 で 買 物 を 楽 しむ 時 は 鶴 ヶ 島 市 内 が 36.0%と 大 きく 減 少 していることがわかる 川 越 市 内 が 16.9% 東 京 都 内 が 14.3% 東 松 山 市 が 7.9%な どとなっている また 飲 食 ( 外 食 ) は 鶴 ヶ 島 市 内 が 71% 坂 戸 市 内 が 14.0% 川 越 市 が 10.4%となっている 8 おわりに ~ 地 域 経 済 活 性 化 に 向 けた 課 題 解 決 と 支 援 ニーズ~ (1) 鶴 ヶ 島 市 の 経 済 及 び 産 業 構 造 の 特 徴 1 鶴 ヶ 島 市 の 将 来 推 人 口 鶴 ヶ 島 市 の 将 来 推 人 口 は 2040 年 には 59,631 人 となると 推 されている 2010 年 から 2040 年 の 30 年 間 で 鶴 ヶ 島 市 は 総 人 口 で 1 万 人 超 の 10,359 人 の 減 少 となり 14.8%の 減 少 率 となっている 減 少 率 に 関 しては 同 期 間 の 埼 玉 県 全 体 の 人 口 減 少 率 が 12.4%である ところから 県 とほぼ 同 水 準 で 推 移 するものと 予 測 される また 経 済 活 動 の 中 心 となる 15~64 歳 までの 生 産 年 齢 人 口 は これまで 順 調 に 増 加 し 2005 年 は 50,000 人 超 であったが これをピークに 減 少 となり 2030 年 には 4 万 人 台 を 割 り 38,823 人 そして 2040 年 には 32,425 人 とピークのほぼ 4 割 減 となる 2 鶴 ヶ 島 市 の 産 業 構 造 鶴 ヶ 島 市 の 産 業 構 造 は 埼 玉 県 の 水 準 ( 特 化 係 数 =1)として それを 上 回 るものを 産 業 集 積 が 進 んでいるものとして 捉 えることができる 第 1 次 産 業 では 特 化 係 数 が1を 上 回 る ものはなく 第 2 次 産 業 では 製 造 業 が 1.13 第 3 次 産 業 では 不 動 産 業 が 1.17 と 産 業 全 体 でも 最 も 大 きく 次 いで 卸 売 小 売 業 が 1.13 サービス 業 が 1.00 となっている 3 鶴 ヶ 島 市 の 製 造 業 特 化 係 数 が1を 上 回 る 数 値 が 大 きいほど その 産 業 が 県 水 準 を 大 きく 上 回 り 集 積 が 進 んで いることがわかる 紙 パルプが 6.78 と 最 も 大 きく 埼 玉 県 の 水 準 を 約 6 倍 上 回 る 集 積 が あることがわかる その 他 では プラスチックが 1.87 印 刷 が 1.81 金 属 製 品 が 1.65 と 特 化 係 数 が 1 を 上 回 っている また 労 働 生 産 性 については 付 加 価 値 額 を 従 業 者 数 で 割 った 数 値 を 埼 玉 県 と 鶴 ヶ 島 市 を 比 較 したものである 埼 玉 県 の 数 値 を1としたもので そこから 分 析 すると 労 働 生 産 性 が 高 いのは 紙 パルプが 2.36 と 最 も 高 く 埼 玉 県 の2 倍 以 上 の 労 働 生 産 性 を 記 録 している 続 いて 金 属 製 品 が 1.64 電 気 機 器 が 1.33 である 18

21 4 第 三 次 産 業 の 集 積 卸 売 業 小 売 業 と 宿 泊 業 飲 食 サービス 業 については 統 がそれぞれ 分 かれた 2004 年 から 2012 年 までの 推 移 を 見 ると 卸 売 業 小 売 業 で 562 事 業 所 から 516 事 業 所 宿 泊 業 飲 食 サービス 業 が 321 事 業 所 から 297 事 業 所 と それぞれ 7~8%の 減 少 を 見 ている 一 方 で 増 加 をしている 産 業 としては 不 動 産 業 物 品 賃 貸 業 と 医 療 福 祉 である 不 動 産 業 物 品 賃 貸 業 は 1991 年 から 2012 年 で 134 事 業 所 から 179 事 業 所 医 療 福 祉 は 統 が 取 られるようになった 2004 年 から 2012 年 で 121 事 業 所 から 175 事 業 所 と 大 きく 増 加 している 特 化 係 数 については 多 くの 業 種 が 1 を 超 え 埼 玉 県 の 水 準 を 上 回 っている 生 活 関 連 サービス 業 娯 楽 業 や 医 療 福 祉 等 の 分 野 で 1.21 と 最 も 高 い 特 化 係 数 を 示 している 5 鶴 ヶ 島 市 の 商 圏 構 造 鶴 ヶ 島 市 は 川 越 市 を 中 心 として 構 成 されている 川 越 商 圏 の 10 市 町 に 属 している 川 越 商 圏 は 埼 玉 県 内 の 準 広 域 商 圏 のひとつで 川 越 市 を 中 心 に 川 島 町 鶴 ヶ 島 市 毛 呂 山 町 坂 戸 市 ふじみ 野 市 などが 商 圏 にある 鶴 ヶ 島 市 は 本 統 においては 人 口 の 14.5% 10,174 人 が 日 頃 から 川 越 市 で 衣 料 品 などの 消 費 を 行 っている (2) 地 域 経 済 活 性 化 に 向 けた 課 題 解 決 と 支 援 ニーズ 鶴 ヶ 島 市 における 地 域 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 組 みにおいて それらの 戦 略 策 定 課 題 解 決 や 中 小 企 業 を 中 心 とする 支 援 策 等 について 取 りまとめた 1 メリハリのある 高 齢 者 対 策 の 必 要 性 高 齢 者 に 対 する 生 涯 学 習 の 機 会 及 び 高 齢 者 の 就 労 環 境 が 適 切 に 提 供 された 場 合 は 高 齢 者 世 代 は 労 働 市 場 で 資 源 となる 高 齢 社 会 を 測 する 指 標 を 整 備 し 現 在 の 高 齢 化 の 進 展 の 段 階 や 各 段 階 で 起 こりうる 変 化 を 理 解 することが 有 用 だ 健 康 や 社 会 的 介 護 コミュ ニティ 活 動 労 働 居 住 環 境 交 通 アクセスや 移 動 手 段 の 分 野 などの 指 標 分 析 しにより 予 測 される 高 齢 化 の 影 響 を 最 低 限 のものとして 積 極 的 に 高 齢 者 を 地 域 の 経 済 活 動 の 力 とし て 活 かしていく 鶴 ヶ 島 市 の 場 合 2030 年 以 降 高 齢 者 が 減 少 する 自 治 体 も 見 られるなかで 2040 年 まで 高 齢 者 人 口 が 増 加 し 続 けることが 推 される また 団 塊 世 代 が 後 期 高 齢 者 となる 2025 年 には 2020 年 からの 5 年 間 で 75 歳 以 上 の 高 齢 者 が 一 挙 に 約 3,000 人 が 増 加 する いわゆる 2025 年 問 題 の 解 決 に 向 けた 施 策 が 求 められる よって 単 純 な 高 齢 者 人 口 に 対 する 人 口 ビジョンを 作 成 ではなく 実 態 を 細 かく 掴 んだ 高 齢 者 対 策 が 必 要 となる 2 地 域 経 済 に 波 及 効 果 のある 経 済 産 業 分 野 の 特 定 と 事 業 推 進 地 域 の 経 済 や 産 業 面 での 特 性 や 集 積 を 分 析 し それらの 産 業 を 中 心 とする 関 連 事 業 を 行 うことは 地 域 経 済 への 波 及 効 果 も 大 きい その 際 に 消 費 者 のニーズともすり 合 わせ 地 域 全 体 の 活 性 化 につながるように 心 づける 本 分 析 において 特 化 係 数 や 労 働 生 産 性 が 高 いと された 産 業 分 野 での 取 り 組 みがより 波 及 効 果 が 高 くなるものと 推 察 される 例 えば 製 造 業 においては 集 積 が 進 み 労 働 生 産 性 が 高 い 紙 パルプ 印 刷 金 属 製 品 な どの 産 業 を 中 心 に 市 内 での 中 堅 中 小 企 業 を 支 援 し 製 造 業 の 底 上 げを 図 ることや これ らの 産 業 を 中 心 に 将 来 性 ある 成 長 分 野 への 進 出 や 企 業 マッチングを 支 援 していくことも 求 められる 3 地 域 の 魅 力 発 信 と 多 様 な 人 材 の 確 保 19

22 インターネットやSNS 等 の 様 々なツールを 戦 略 的 効 果 的 に 活 用 し 地 域 や 地 元 企 業 の 魅 力 発 信 を 積 極 的 に 行 うことで 地 域 間 競 争 を 勝 ち 抜 き 定 住 人 口 や 交 流 人 口 の 増 加 に 繋 げ る また 若 者 や 女 性 やシニア 層 等 の 多 様 な 人 材 と 能 力 を 確 保 し 起 業 の 支 援 やビジネスマ ッチングへの 環 境 を 整 える 鶴 ヶ 島 市 の 場 合 は 圏 央 道 の 開 通 による 首 都 圏 高 速 交 通 網 の 要 衝 として 機 能 や 県 立 農 業 大 学 校 の 跡 地 利 用 など 地 域 活 性 化 に 向 けてポテンシャルは 高 いものがある これまでの 鶴 ヶ 島 市 が 持 っている 歴 史 伝 統 産 業 等 の 地 域 資 産 に 加 え 新 しい 地 域 の 魅 力 発 信 を 特 に 女 性 や 若 い 世 代 に 向 け 積 極 的 に 発 信 していくことにより 大 きな 効 果 が 期 待 される 鶴 ヶ 島 市 のこれからの 発 展 の 可 能 性 や 利 便 性 を 知 らせめることにより 若 い 世 代 や 子 育 て 世 代 の 流 入 につなげ 地 域 社 会 地 域 産 業 の 活 性 化 のみならず 人 口 減 少 の 歯 止 めとなる 4 地 域 活 性 化 施 策 推 進 のワンストップの 支 援 体 制 の 構 築 行 政 商 工 会 や 地 域 金 融 機 関 等 の 各 種 団 体 が 一 同 に 会 し 地 域 経 済 や 産 業 活 性 化 のため の 定 期 的 な 情 報 交 換 や 課 題 解 決 成 長 分 野 への 地 元 企 業 の 進 出 支 援 等 に 向 けた 組 織 が 施 策 推 進 のスピードアップさせるものと 考 えられる その 中 心 となるべき 事 務 局 : 商 工 会 が 戦 略 的 に 分 野 横 断 的 に 対 処 できるように 地 域 のコンセンサスを 確 立 して 人 材 予 算 等 を 投 入 できるようワンストップの 支 援 体 制 の 構 築 が 求 められる 5 地 域 経 済 の 課 題 を 類 別 し 適 切 な 対 応 地 域 経 済 や 産 業 の 各 分 野 において 各 企 業 内 や 地 域 内 での 取 り 組 みによって 地 域 経 済 の 課 題 を 解 決 し 持 続 可 能 な 社 会 につなげる 取 組 みと 地 域 外 からの 力 を 借 りて 課 題 解 決 してい く 取 組 みとを 類 別 しバランスを 取 りながら 適 切 に 対 応 が 肝 要 である 地 域 外 の 力 を 借 りる 取 組 みとしては 生 産 や 物 流 拠 点 や 商 業 施 設 の 誘 致 活 動 が 考 えられる それらは 地 域 経 済 に 大 きな 効 果 をもたらすが あまりそちらに 比 重 をかけると 万 一 の 撤 退 や 事 業 縮 小 などの 時 に 地 域 経 済 に 大 きな 打 撃 となる 常 に 地 域 内 からの 内 発 的 な 経 済 活 性 化 の 取 組 みが 地 域 経 済 の 足 腰 を 鍛 え 持 続 可 能 な 社 会 の 構 築 につながるものとなる 以 上 平 成 27 年 4 月 委 託 : 鶴 ヶ 島 市 商 工 会 受 託 : 株 式 会 社 ぶぎん 地 域 経 済 研 究 所 20

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類 1 市 町 村 民 所 得 の 概 念 (1) 市 町 村 民 所 得 の 概 念 市 町 村 民 所 得 推 計 は 県 民 経 済 計 算 の 概 念 を 市 町 村 という 行 政 区 域 に 適 用 して 市 町 村 単 位 での 1 年 間 に 生 み 出 された 価 値 ( 付 加 価 値 )を 生 産 分 配 の 二 面 からとらえることにより 市 町 村 経 済 の 規 模 や 産

More information

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車 Ⅳ 産 分 類 別 愛 知 県 内 ランキング 表 以 下 事 所 数 及 び 従 者 数 は 必 要 な 事 項 の 数 値 が 得 られた 事 所 を 対 象 として 集 した 表 Ⅳ 1 産 ( 小 分 類 ) 別 事 所 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 事 所 数 構 成 比 (%) 累 (%) 1 専 門 料 理 店 日 本 料 理 店, 焼 肉 店,ラーメン

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体 平 成 25 年 度 香 川 県 県 民 経 済 計 算 推 計 結 果 平 成 27 年 12 月 香 川 県 政 策 部 統 計 調 査 課 ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分)

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分) ( 別 表 ) 日 本 標 準 産 分 類 の 分 類 項 目 と 類 似 種 比 準 価 額 計 算 上 の 種 目 との 対 比 表 ( 平 成 21 年 分 ) A B C 農, 林 01 農 011 耕 種 農 012 畜 産 農 013 農 ( 園 芸 を 除 く) 014 園 芸 02 林 021 育 林 022 素 材 生 産 023 特 用 林 産 物 生 産 (きのこ 類 の 栽

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

ランキング(2月数値訂正済み)

ランキング(2月数値訂正済み) [ 参 考 資 料 ] 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 ( 確 報 ) 結 果 産 業 小 分 類 都 道 府 県 市 町 村 のランキング 産 業 小 分 類 1 事 業 所 数 ( 県 内 ) 上 位 100 産 業 小 分 類 2 2 従 業 者 数 ( 県 内 ) 上 位 100 産 業 小 分 類 4 都 道 府 県 3 事 業 所 数 産 業 大 分 類 都 道 府

More information

Microsoft Word - H25年度の概要

Microsoft Word - H25年度の概要 1 県 民 経 済 計 算 の 概 要 1. 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 概 要 平 成 25 年 度 の 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 について 主 な 経 済 指 標 は 次 のとおりです 3 千 葉 県 [ 参 考 ] 全 国 実 数 増 加 率 実 数 増 加 率 1 県 ( 国 ) 内 総 生 産 県 ( 国 ) 民 所 得 名 目 19 兆 8,112

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

<8A54977693992E786C73>

<8A54977693992E786C73> 事 業 所 企 業 統 計 調 査 1 調 査 の 概 要 事 業 所 企 業 統 計 調 査 ( 総 務 省 所 管 指 定 統 計 第 2 号 )は すべての 事 業 所 及 び 企 業 を 対 象 として 事 業 の 種 類 や 従 業 者 数 等 事 業 所 及 び 企 業 の 基 本 的 事 項 を 調 査 し 行 政 施 策 のための 基 礎 資 料 並 びに 各 種 統 計 調 査 実

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477>

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477> 琴 平 町 人 口 ビジョン 平 成 27 年 1 月 琴 平 町 目 次 1 章 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 1 1.1 人 口 ビジョンの 策 定 の 目 的... 1 1.2 人 口 ビジョンの 期 間... 1 2 章 人 口 の 現 状 分 析... 2 2.1 人 口 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (2) 年 齢 3

More information

一般資料選定基準

一般資料選定基準 一 般 資 料 選 定 基 準 平 成 13 年 3 月 30 日 館 長 決 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 3 月 31 日 改 正 1 図 書 資 料 (1) 一 般 図 書 国 内 で 出 版 さ れ る 一 般 図 書 に つ い て は 基 礎 的 入 門 的 な も の か ら 専 門 的 な も の ま で 各 分 野 に わ た り 広 範 囲 に

More information

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx 悪 化 した 企 業 収 益 が 雇 用 と 所 得 に 与 える 影 響 国 内 の 消 費 は 政 府 の 景 気 対 策 の 効 果 もあって このところ 持 ち 直 しの 動 きが 続 いている が 雇 用 所 得 環 境 は 依 然 として 厳 しい 情 勢 が 続 いている 以 下 では 昨 年 末 以 降 の 景 気 後 退 による 製 造 業 を 中 心 とした 企 業 収 益 の

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

( 運 用 原 則 ) b 従 前 建 築 主 からの 贈 与 ( 贈 与 予 定 も 含 む この 場 合 三 親 等 以 内 に 限 る ) により 取 得 した 者 が 行 う 場 合 c 当 該 建 築 物 が 従 前 建 築 主 の 負 債 の 返 済 に 伴 う 競 売 により 落 札

( 運 用 原 則 ) b 従 前 建 築 主 からの 贈 与 ( 贈 与 予 定 も 含 む この 場 合 三 親 等 以 内 に 限 る ) により 取 得 した 者 が 行 う 場 合 c 当 該 建 築 物 が 従 前 建 築 主 の 負 債 の 返 済 に 伴 う 競 売 により 落 札 都 市 計 画 法 施 行 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホ( 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 物 の 用 途 変 更 について)に 関 する 判 断 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 都 市 計 画 法 ( 以 下 法 という ) 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホ( 建 築 物 の 用 途 変 更 )の 判 断

More information

Taro-04 別記10 営業調査算定要領

Taro-04 別記10 営業調査算定要領 別 記 10 Ⅰ 営 業 調 査 営 業 調 査 算 定 要 領 区 分 事 項 内 容 基 本 調 査 事 項 基 本 的 調 査 事 項 として 次 の 事 項 を 調 査 し 又 は 資 料 収 集 を 行 うものとする ( 法 人 の 場 合 ) イ) 営 業 所 の 所 在 営 業 所 の 所 在 地 社 名 代 表 者 名 業 種 及 び 開 地 等 設 年 月 日 ロ) 事 業 概 況

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

Taro-i04.jtd

Taro-i04.jtd 別 記 9 営 業 調 査 及 び 補 償 金 額 算 定 要 領 Ⅰ 営 業 調 査 区 分 事 項 内 容 基 本 調 査 事 項 基 本 的 調 査 事 項 として 次 の 事 項 を 調 査 し 又 は 資 料 収 集 を 行 う ものとする ( 法 人 の 場 合 ) イ ) 営 業 所 の 所 在 営 業 所 の 所 在 地 社 名 代 表 者 名 業 種 及 び 開 設 年 月 日 地

More information

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64 平 成 21 年 度 労 働 関 係 総 合 実 態 調 査 調 査 結 果 の 概 要 1 諸 制 度 の 状 況 (1) 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 従 業 員 の 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 の 方 法 は 労 働 ( 雇 用 ) 契 約 書 を 取 り 交 わ している が 34.3%でもっとも 多 く 次 いで 口 頭 による 説 明 が 30.2%

More information

目 次 第 1 章 調 査 の 実 施 概 要 1. 調 査 方 法 の 概 要... 1 2. 調 査 対 象 者 の 概 要... 3 3. 調 査 対 象 商 品... 4 4. 調 査 資 料 利 用 上 の 注 意... 5 第 2 章 狭 山 市 の 商 圏 動 向 1. 狭 山 市 の

目 次 第 1 章 調 査 の 実 施 概 要 1. 調 査 方 法 の 概 要... 1 2. 調 査 対 象 者 の 概 要... 3 3. 調 査 対 象 商 品... 4 4. 調 査 資 料 利 用 上 の 注 意... 5 第 2 章 狭 山 市 の 商 圏 動 向 1. 狭 山 市 の 平 成 25 年 度 狭 山 市 消 費 動 向 調 査 報 告 書 駿 河 台 大 学 飯 能 信 用 金 庫 狭 山 商 工 会 議 所 狭 山 市 目 次 第 1 章 調 査 の 実 施 概 要 1. 調 査 方 法 の 概 要... 1 2. 調 査 対 象 者 の 概 要... 3 3. 調 査 対 象 商 品... 4 4. 調 査 資 料 利 用 上 の 注 意... 5 第 2 章

More information

Microsoft Word レポート(最終)

Microsoft Word レポート(最終) 景 気 動 向 指 数 からみる 消 費 税 増 税 後 の 県 内 景 気 < はじめに > 26 4 月 に 消 費 税 が5%から8%へと 引 き 上 げられた 本 県 経 済 は 増 税 直 後 か ら 一 部 で 増 税 に 伴 う 駆 け 込 み 需 要 の 反 動 減 がみられるなど 全 体 として 弱 い 動 きが 続 き 増 税 から2 近 くたった 現 在 においても 直 接 的

More information

0300072008520000E001.xls

0300072008520000E001.xls ( 平 成 年 度 調 査 ) 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 調 査 表 一 覧 表 頁 番 号 表 番 号 調 査 表 類 法 人 の 道 府 県 民 税 等 に 関 する 調 P () 道 府 県 民 税 額 等 に 関 する 調 法 人 県 民 税 5P 7 () 業 種 別 及 び 割 基 準 別 に 関 する 調 法 人 県 民 税 7P 9 () 資 本 金

More information

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産 電 気 通 信 役 務 に 関 する 収 支 の 状 況 その 他 会 計 に 関 する 事 項 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 30 条 第 5 項 による) 第 16 期 平 成 2 6 年 4 月 1 日 から 平 成 2 7 年 3 月 31 日 まで 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明

More information

第1章 甘楽町人口ビジョン

第1章 甘楽町人口ビジョン 第 1 章 甘 楽 町 口 ビジョン 1. 甘 楽 町 口 ビジョンの 位 置 づけ 国 県 の 口 ビジョンを 勘 案 しつつ 甘 楽 町 における 口 の 現 状 を 分 析 し 口 に 関 する 町 民 の 認 識 を 共 有 し 今 後 目 指 すべき 将 来 の 方 向 と 口 の 将 来 展 望 を 掲 示 する ものです この 甘 楽 町 口 ビジョンは 甘 楽 町 版 総 合 戦 略

More information

産業廃棄物管理票(マニフェスト)交付等状況報告書に関するQ&A

産業廃棄物管理票(マニフェスト)交付等状況報告書に関するQ&A 産 業 廃 棄 物 管 理 票 (マニフェスト) 交 付 等 状 況 報 告 書 に 関 するQ&A 1. 報 告 対 象 期 間 Q1-1 当 社 は 決 算 が12 月 締 めのため 各 種 伝 票 やデータについても 暦 年 でまとめています が 当 該 報 告 もこれによってまとめてよいでしょうか A1-1 廃 棄 物 処 理 法 施 行 規 則 第 8の27 条 により 毎 年 6 月 30

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

松 山 市 の 事 業 所 平 成 18 年 事 業 所 企 業 統 計 調 査 結 果 報 告 書 松 山 市 は じ め に この 統 計 書 は, 平 成 18 年 10 月 1 日 現 在 で 実 施 された 平 成 18 年 事 業 所 企 業 統 計 調 査 の 結 果 か ら, 松 山 市 のデータについて, 主 な 事 項 を 産 業 別 経 営 組 織 別 地 区 別 等 に 分

More information

高校生のための金融教育.indd

高校生のための金融教育.indd 47311 425 89616 83 65 219 176 124 312958 267331 57696 37 73 963 561 261 178 51117 342 166 473 32527 1 1 49 日 本 の 経 済 活 動 のしくみ 高 校 生 のための 金 融 消 費 者 教 育 ❶ 経 済 の3 主 体 1 家 計 消 費 の 主 体, 生 産 への 労 働 力 の 提 供,

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

参 考 資 料 4 当 別 町 人 口 ビジョン( 案 ) 平 成 27 年 7 月 版 当 別 町 目 次 1 人 口 動 向 分 析... 1 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 1 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (3) 出 生 死 亡 転 入 転 出 の 推 移... 6 (4) 総 人 口 の 推 移 に 与 えてきた

More information

Microsoft Word - 調査報告書.doc

Microsoft Word - 調査報告書.doc . 企 業 の 現 状 把 握.. 企 業 の 海 外 高 度 人 材 活 用 実 績 本 調 査 の 企 業 アンケート 送 付 総 数,66 社 のうち 9 社 (9.8%)から 回 答 を 得 た そのうち 海 外 高 度 人 材 を 活 用 している( 経 験 がある 企 業 を 含 む)は 社 (5.%)であった 実 績 は 無 いが 活 用 したいと 考 えている 企 業 が 社 (6.9%)

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

本 市 は 佐 賀 県 の 西 北 部 にあり 伊 万 里 湾 が 深 く 入 り 込 んだ 天 然 の 良 港 を 擁 しています 江 戸 時 代 には 焼 物 の 積 出 港 として 栄 え イマリ の 名 が 世 界 に 広 まりました 21 世 紀 に 伝 えたい 景 観 新 さが 百 景

本 市 は 佐 賀 県 の 西 北 部 にあり 伊 万 里 湾 が 深 く 入 り 込 んだ 天 然 の 良 港 を 擁 しています 江 戸 時 代 には 焼 物 の 積 出 港 として 栄 え イマリ の 名 が 世 界 に 広 まりました 21 世 紀 に 伝 えたい 景 観 新 さが 百 景 平 成 17 年 (2005 年 ) 伊 万 里 市 本 市 は 佐 賀 県 の 西 北 部 にあり 伊 万 里 湾 が 深 く 入 り 込 んだ 天 然 の 良 港 を 擁 しています 江 戸 時 代 には 焼 物 の 積 出 港 として 栄 え イマリ の 名 が 世 界 に 広 まりました 21 世 紀 に 伝 えたい 景 観 新 さが 百 景 に 伊 万 里 市 からは 里 小 路 の 小

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203036939D8C768366815B835E81698ACF8CF5816082BB82CC91BC816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203036939D8C768366815B835E81698ACF8CF5816082BB82CC91BC816A2E646F63> 14 14 観 光 137. 観 光 客 の 動 向 ( 単 位 : 千 人 ) 年 次 区 分 平 成 18 年 平 成 19 年 平 成 20 年 平 成 21 年 平 成 22 年 総 計 5 434 5 397 5 280 5 271 5 388 観 光 客 数 日 帰 り 4 892 4 816 4 734 4 804 4 902 宿 泊 542 581 546 467 486 J R 653

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

法人ニュース「あかしあ」 2013年5月25日 166号

法人ニュース「あかしあ」 2013年5月25日 166号 社 A K A S H I A 発 社 岸 美 惠 子 連 絡 先 - 00 東 京 都 区 青 井 -0- 電 話 08988 FAX 089700 印 刷 区 谷 就 労 ニュ 隔 発 催 7 評 午 0 時 時 午 時 0 時 場 階 室 項 空 調 備 改 修 号 算 監 査 号 そ 他 目 評 催 算 熱 心 審 全 原 通 承 認 ハ ウ 0 節 目 迎 続 青 井 ハ ウ 棟 予 永

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095F18D908F9181798E9197BF95D24E4F32817A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095F18D908F9181798E9197BF95D24E4F32817A2E646F6378> 2.ヒアリング 調 査 票 (1) 商 工 会 議 所 商 工 会 用 ヒアリングシート 東 広 島 市 商 業 実 態 調 査 ヒアリングシート< 商 工 会 議 所 商 工 会 等 > 商 工 会 議 所 商 工 会 等 概 要 組 織 名 称 所 在 地 組 織 名 称 ( ) 所 在 地 ( ) ご 担 当 者 役 職 ( )お 名 前 ( ) 設 立 年 会 員 数 ( 平 昭 ) 年 (

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

2016年夏のボーナス見通し

2016年夏のボーナス見通し 216 年 4 月 6 日 経 済 レポート 216 年 夏 のボーナス 見 通 し ~ 小 幅 ながらも 2 年 ぶりに 増 加 へ~ 調 査 部 研 究 員 藤 田 隼 平 216 年 夏 の 民 間 企 業 ( 調 査 産 業 計 事 業 所 規 模 人 以 上 )の ボ ー ナ ス は 2 年 ぶりに 増 加 すると 予 測 する 労 働 需 給 がタイトな 中 今 年 の 春 闘 では 基

More information

Q4. 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 に 関 する 問 い 合 わせ 先 はどこですか? A4. 経 済 産 業 省 に 設 けられた 生 産 性 税 制 電 話 相 談 窓 口 にお 尋 ね 下 さい 電 話 番 号 :03-3501-1565 対 応 時 間 : 平 日 9

Q4. 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 に 関 する 問 い 合 わせ 先 はどこですか? A4. 経 済 産 業 省 に 設 けられた 生 産 性 税 制 電 話 相 談 窓 口 にお 尋 ね 下 さい 電 話 番 号 :03-3501-1565 対 応 時 間 : 平 日 9 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 に 係 る 証 明 書 発 行 に 関 するQ&A 1. 税 制 全 体 に 関 する 件 Q1. 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 の 目 的 は 何 ですか? A1. 産 業 競 争 力 強 化 法 の 施 行 に 伴 い 質 の 高 い 設 備 投 資 の 促 進 を 行 うことによって 事 業 者 の 生 産 性 向 上

More information

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330>

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330> 門 真 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 平 成 22 年 3 月 門 真 はじめに 門 真 では 平 成 22 年 3 月 現 在 487 戸 の 営 住 宅 を 管 理 しており これらの 住 宅 ストックを 良 好 な 社 会 的 資 産 として 有 効 に 活 用 していくことは 極 めて 重 要 な 課 題 である 本 では 昭 和 20~30 年 代 に 建 設 された 木 造 営

More information

世界測地系対応 全国メッシュ地図

世界測地系対応 全国メッシュ地図 Census Japan 2010 < 2010 年 国 勢 調 査 統 計 地 図 データ( 町 丁 字 等 ) > Version 2012.12 USER GUIDE データの 内 容 Census Japan 2010 は 政 府 統 計 の 総 合 窓 口 (e-stat)にて 公 開 されている 平 成 22 年 国 勢 調 査 ( 小 地 域 統 計 )の 基 本 的 な 統 計 指

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825189F189EF8B638E9197BF82512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825189F189EF8B638E9197BF82512E646F63> 資 料 2 広 域 的 課 題 の 整 理 のまとめ 方 等 について 目 次 1. 検 討 の 視 点...1 (1) 広 域 的 課 題 の 整 理 の 目 的...1 (2) 課 題 等 のとりまとめ 方 法...1 (3) 広 域 的 課 題 等 として 整 理 することが 考 えられるもの( 例 )...2 2. 各 市 の 現 況 の 整 理 に 用 いるデータ 指 標 案...3 参

More information

2.サービス 関 連 産 業 の 動 向 本 レポートで 取 り 上 げるサービス 関 連 産 業 大 分 類 5 産 業 と 各 産 業 の 中 分 類 までの 事 業 所 数 や 従 業 者 数 ならびに 売 上 収 入 をみたものが 下 図 表 2 である なお 事 業 所 単 位 で 売 上

2.サービス 関 連 産 業 の 動 向 本 レポートで 取 り 上 げるサービス 関 連 産 業 大 分 類 5 産 業 と 各 産 業 の 中 分 類 までの 事 業 所 数 や 従 業 者 数 ならびに 売 上 収 入 をみたものが 下 図 表 2 である なお 事 業 所 単 位 で 売 上 2014 年 9 月 公 益 財 団 法 人 地 方 経 済 総 合 研 究 所 熊 本 のサービス 関 連 産 業 の 特 徴 と 主 要 産 業 の 動 向 ~ 経 済 センサス 活 動 調 査 産 業 別 集 計 より ~ はじめに 本 年 7 月 2 回 目 の 経 済 センサス 基 礎 調 査 が 実 施 された その 調 査 結 果 は 来 年 6 月 末 までに 速 報 が 11 月

More information

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え 215 年 1 月 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 中 国 支 店 株 式 会 社 日 本 経 済 研 究 所 総 務 本 部 経 営 企 画 部 人 口 減 少 時 代 における 広 島 都 市 圏 の 現 状 と 女 性 の 就 業 状 況 < 要 旨 > - 国 勢 調 査 にみる 人 口 動 向 を 中 心 に- 広 島 都 市 圏 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口

More information

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産 ご 蛇 易 下 呂 式 No. 発 発 : 青 森 県 編 集 : 広 編 集 - 青 森 県 下 北 郡 大 字 易 字 大 川 目 - TEL --(FAX 兼 ) 常 任 総 常 任 大 原 子 力 発 電 般 質 動 編 集 記 般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目

More information

278 労 働 社 会 保 障 介 護 保 険 サービス 給 付 状 況 ( 平 成 26 )

278 労 働 社 会 保 障 介 護 保 険 サービス 給 付 状 況 ( 平 成 26 ) 労 働 社 会 保 障 277 15 労 働 社 会 保 障 一 般 職 業 紹 介 状 況 278 労 働 社 会 保 障 介 護 保 険 サービス 給 付 状 況 ( 平 成 26 ) 労 働 社 会 保 障 279 15-1 一 般 職 業 紹 介 状 況 新 規 新 規 一 般 求 職 申 込 件 数 他 県 安 定 所 よ 一 般 就 職 件 数 一 般 求 人 数 り 連 絡 を 受 け

More information

会議顛末書

会議顛末書 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

平成19年企業活動基本調査に係る調査事項の新旧対照表(案)

平成19年企業活動基本調査に係る調査事項の新旧対照表(案) 2 事 業 組 織 及 び 従 業 者 数 (1) 事 業 組 織 別 事 業 所 数 及 び 常 時 従 業 者 数 ( 年 度 末 現 在 ) 店 店 外 機 能 部 門 現 業 部 門 国 内 ( クレジットカード 割 賦 金 融 事 業 部 門 情 報 サービス 事 業 部 門 その 他 の 部 門 ( 記 外 の 部 門 ) 現 業 部 門 B 他 企 業 等 へ の 出 向 者 1( A

More information

更 新 申 請 全 般 Q1 宅 建 業 免 許 の 更 新 は ど の よ う に す れ ば よ い の で し ょ う か? A1 申 請 書 類 を 作 成 し 必 要 書 類 を そ ろ え 埼 玉 県 庁 第 二 庁 舎 1 階 建 築 安 全 課 宅 建 業 免 許 担 当 の 窓 口

更 新 申 請 全 般 Q1 宅 建 業 免 許 の 更 新 は ど の よ う に す れ ば よ い の で し ょ う か? A1 申 請 書 類 を 作 成 し 必 要 書 類 を そ ろ え 埼 玉 県 庁 第 二 庁 舎 1 階 建 築 安 全 課 宅 建 業 免 許 担 当 の 窓 口 宅 建 業 免 許 更 新 申 請 Q&A ( 目 次 の 題 名 を ク リ ッ ク す る と 該 当 の 箇 所 に 飛 べ ま す ) 目 次 更 新 申 請 全 般... 1 申 請 書 の 記 入 方 法 に つ い て... 2 申 請 書 第 一 面 ~ 第 五 面... 3 宅 地 建 物 取 引 業 経 歴 書... 4 誓 約 書... 5 宅 地 建 物 取 引 士 設 置

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ 平 成 23 年 度 財 務 省 調 査 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 23 年 11 月 株 式 会 社 リサーチアンドソリューション 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費

More information

Microsoft Word - 1表紙2

Microsoft Word - 1表紙2 2015 とうけい 見 附 市 平 成 26 年 版 は し が き 平 成 26 年 版 見 附 市 統 計 書 をここに 発 行 いたします この 統 計 書 は 見 附 市 の 推 移 と 現 況 を 明 らかにし 市 勢 のようすを 正 しく 認 識 し ていただくため 編 さんしています 編 さんにあたっては 資 料 の 収 集 など 内 容 の 整 備 改 善 につとめていますが な

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

ア 産 業 別 平 均 賃 金 男 女 計 の 平 均 賃 金 を 産 業 別 にみると 金 融 業, 保 険 業 が 346,180 ( 平 均 36.1 歳 勤 続 15.6 と 最 も 高 年 く ) 次 い で 建 設 業 の 329,446 ( 平 均 42.4 歳 勤 続 11.9 情

ア 産 業 別 平 均 賃 金 男 女 計 の 平 均 賃 金 を 産 業 別 にみると 金 融 業, 保 険 業 が 346,180 ( 平 均 36.1 歳 勤 続 15.6 と 最 も 高 年 く ) 次 い で 建 設 業 の 329,446 ( 平 均 42.4 歳 勤 続 11.9 情 平 成 21 年 中 小 企 業 賃 金 退 職 金 等 実 態 調 査 結 果 の 概 要 静 岡 県 産 業 部 就 業 支 援 局 労 働 政 策 室 1 調 査 目 的 本 調 査 は 県 内 の 主 要 産 業 に 属 する 中 小 企 業 の 賃 金 退 職 金 等 の 実 態 を 明 らかにすることにより 中 小 企 業 の 賃 金 労 務 改 善 に 役 立 てるとともに 労 働 行

More information

Microsoft Word - 303 新季調方法.doc

Microsoft Word - 303 新季調方法.doc 所 得 階 級 別 にみる 消 費 の 変 化 について 家 計 の 所 得 を 勤 労 者 の 現 金 給 与 総 額 でみると 9 年 月 期 をピクに 減 少 に 転 じ た 後 年 79 月 期 を 底 にやや 持 ち 直 していたが 8 年 になって 伸 び 悩 みがみられ る 同 様 に 家 計 の 最 終 消 費 支 出 は 概 ね 右 肩 上 がりの 増 加 が 続 いていたが 8

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

Ⅰ. 世 田 谷 区 の 概 要 世 田 谷 区 は 東 京 都 の 南 西 部 に 位 置 し 北 は 杉 並 区 東 は 渋 谷 区 と 目 黒 区 南 東 は 大 田 区 にそれぞれ 隣 接 している 本 区 の 総 面 積 は 58.084km2 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 時 点

Ⅰ. 世 田 谷 区 の 概 要 世 田 谷 区 は 東 京 都 の 南 西 部 に 位 置 し 北 は 杉 並 区 東 は 渋 谷 区 と 目 黒 区 南 東 は 大 田 区 にそれぞれ 隣 接 している 本 区 の 総 面 積 は 58.084km2 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 時 点 資 料 編 63 Ⅰ. 世 田 谷 区 の 概 要 世 田 谷 区 は 東 京 都 の 南 西 部 に 位 置 し 北 は 杉 並 区 東 は 渋 谷 区 と 目 黒 区 南 東 は 大 田 区 にそれぞれ 隣 接 している 本 区 の 総 面 積 は 58.084km2 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 時 点 )で 23 区 の 総 面 積 の 約 9.35%を 占 める また 人 口 は

More information

−yfiÅflI−zfi−ŁìŒ§—£“‡ŁU–¬??−i25_12ŒŽ•ÏfiX−j−iH25−`34−j

−yfiÅflI−zfi−ŁìŒ§—£“‡ŁU–¬??−i25_12ŒŽ•ÏfiX−j−iH25−`34−j 小 豆 島 地 域 振 興 計 画 1 第 1 章 離 島 の 現 状 と 課 題 1-1 概 要 本 地 域 の 有 人 島 は 平 成 22 年 現 在 小 豆 島 ( 土 庄 町 小 豆 島 町 30,167 人 153.29km2) 沖 之 島 ( 土 庄 町 75 人 0.18km2) 豊 島 ( 土 庄 町 1,018 人 14.50km2) 小 豊 島 ( 土 庄 町 15 人 1.09km2)の

More information

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融 平 成 27 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 3テーマ Dブロック 中 小 企 業 における 資 金 調 達 について 1 2 30 大 阪 経 済 大 学 樋 口 ゼミナール 野 田 班 1 1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4

More information

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報 者 よ り 取 得 効 増 加 財 ち 処 分 制 限 財 よ り 取 得 効 増 加 財 処 分 制 限 期 間 定 め 件 平 成 年 月 日 文 部 科 省 告 示 改 正 : 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年

More information

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と 達 人 シ ス テ ム 所 得 税 の 達 人 平 成 26 年 版 東 京 地 方 税 理 士 会 デ ー タ 通 信 協 同 組 合 2015/1/30 もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

Microsoft Word - P001.doc

Microsoft Word - P001.doc 平 成 18 年 (2006 年 ) 伊 万 里 市 目 次 変 遷 図 5 土 地 及 び 気 象 6 人 口 及 び 労 働 力 9 産 業 事 業 所 24 農 業 28 林 業 41 水 産 業 42 製 造 業 45 商 業 51 財 政 54 市 民 所 得 58 社 会 福 祉 60 教 育 文 化 63 観 光 70 保 健 衛 生 73 建 設 76 電 気 ガス 水 道 79 治

More information

Microsoft Word - 開発許可パンフレット

Microsoft Word - 開発許可パンフレット 市 街 化 調 整 区 域 における 2016.1.1 改 訂 版 開 発 許 可 等 の 立 地 基 準 について 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 許 可 等 に 関 する 新 たな 基 準 して 境 港 市 及 び 日 吉 津 村 の 市 街 化 調 整 区 域 のうち 市 街 化 区 域 一 体 的 な 地 域 等 において 行 うこができる 開 発 行 為 等 の 立 地 基 準

More information

局 概 次 増 昨 政 ば 図 聞 相 談 ベ 開 催 盛 取 未 来 政 昨 政 接 遇 周 辺 流 込 企 働 々 む 選 ぶ チ 何 ば 選 魅 奨 返 完 納 材 報 奨 営 居 宅 以 下 供 賃 割 引 供 応 最 拡 増 勤 労 宅 資 貸 医 療 無 9 期 開 政 7 報 告 増

局 概 次 増 昨 政 ば 図 聞 相 談 ベ 開 催 盛 取 未 来 政 昨 政 接 遇 周 辺 流 込 企 働 々 む 選 ぶ チ 何 ば 選 魅 奨 返 完 納 材 報 奨 営 居 宅 以 下 供 賃 割 引 供 応 最 拡 増 勤 労 宅 資 貸 医 療 無 9 期 開 政 7 報 告 増 む 坂登穏穀豊穣 ノ宮 伊勢 撮影フォカ友笠智宏 2 歯科腔健 副選 優逝去哀悼 91 傍聴 593 午9 編集 運 営 7 9 郡字99 埼郡 察9 77 77 http://www.town.kamikawa.saitama.jp 局 概 次 増 昨 政 ば 図 聞 相 談 ベ 開 催 盛 取 未 来 政 昨 政 接 遇 周 辺 流 込 企 働 々 む 選 ぶ チ 何 ば 選 魅 奨 返 完 納

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 乙 部 町 の 魅 力 ある 地 域 資 源 を 活 用 した 産 業 活 性 化 事 業 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 乙 部 町 の

More information

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正)

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正) 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 支 給 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 売 上 高 や 生 産 量 の 減 少 等 に 伴 う 人 員 削 減 により 離 職 した 者 を 正 規 雇 用 した 事 業 主 に 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 ( 以 下 奨 励 金 という )を 支 給 するために 必 要 な 事 項 を 定 める ( 定 義

More information

目 次 関 市 の 工 業 () はじめに () 概 況 工 業 の 概 要 () 平 成 5 年 製 品 区 分 別 の 事 業 所 数 従 業 者 数 及 び 出 荷 額 等 ( 従 業 者 4 以 上 ) () 製 品 区 分 別 の 年 次 出 荷 額 等 の 推 移 (3) 事 業 所 数

目 次 関 市 の 工 業 () はじめに () 概 況 工 業 の 概 要 () 平 成 5 年 製 品 区 分 別 の 事 業 所 数 従 業 者 数 及 び 出 荷 額 等 ( 従 業 者 4 以 上 ) () 製 品 区 分 別 の 年 次 出 荷 額 等 の 推 移 (3) 事 業 所 数 平 成 6 年 度 関 市 の 工 業 関 テクノハイラント 工 業 団 地 岐 阜 県 関 市 関 *はもみん 日 本 の 口 重 心 があるまち 目 次 関 市 の 工 業 () はじめに () 概 況 工 業 の 概 要 () 平 成 5 年 製 品 区 分 別 の 事 業 所 数 従 業 者 数 及 び 出 荷 額 等 ( 従 業 者 4 以 上 ) () 製 品 区 分 別 の 年 次 出

More information

1 各 サービス 共 通 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 Q1 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 について A1 あらかじめ 利 用 申 込 者 又 は その 家 族 に 運 営 規 程 の 概 要 従 業 者 の 勤 務 の 体 制 事 故 発 生 時 の 対 応 苦 情 処

1 各 サービス 共 通 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 Q1 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 について A1 あらかじめ 利 用 申 込 者 又 は その 家 族 に 運 営 規 程 の 概 要 従 業 者 の 勤 務 の 体 制 事 故 発 生 時 の 対 応 苦 情 処 実 地 指 導 等 における 主 な 指 摘 事 項 に 関 するQ&A ー 介 護 保 険 居 宅 サービス 事 業 所 居 宅 介 護 支 援 事 業 所 ー こ の Q & A は 平 成 2 7 年 度 までの 実 地 指 導 等 で の 主 な 指 摘 事 項 に つ い て Q & A 形 式 で 分 か り や す く 解 説 作 成 したものです 指 定 基 準 報 酬 算 定 基

More information

1 道 民 経 済 計 算 の 概 要 (1) 道 民 経 済 計 算 のねらい 道 民 経 済 計 算 は 北 海 道 の 経 済 の 循 環 と 構 造 を 生 産 分 配 支 出 の 各 面 から 計 量 的 に 把 握 することにより 本 道 経 済 の 実 態 を 包 括 的 体 系 的

1 道 民 経 済 計 算 の 概 要 (1) 道 民 経 済 計 算 のねらい 道 民 経 済 計 算 は 北 海 道 の 経 済 の 循 環 と 構 造 を 生 産 分 配 支 出 の 各 面 から 計 量 的 に 把 握 することにより 本 道 経 済 の 実 態 を 包 括 的 体 系 的 第 3 編 道 民 経 済 計 算 の し く み 第 1 章 道 民 経 済 計 算 の し く み - 287 - 1 道 民 経 済 計 算 の 概 要 (1) 道 民 経 済 計 算 のねらい 道 民 経 済 計 算 は 北 海 道 の 経 済 の 循 環 と 構 造 を 生 産 分 配 支 出 の 各 面 から 計 量 的 に 把 握 することにより 本 道 経 済 の 実 態 を 包 括

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

<34323192AC96AF8F8A93BE90848C762E786C73>

<34323192AC96AF8F8A93BE90848C762E786C73> 平 成 21 年 度 和 泊 町 民 所 得 推 計 報 告 書 平 成 24 年 3 月 鹿 児 島 県 大 島 郡 和 泊 町 は し が き ここに 平 成 21 年 度 町 民 所 得 推 計 結 果 を 公 表 します 御 承 知 の 通 り, 町 民 所 得 推 計 は, 町 民 の1 年 間 の 経 済 活 動 によって 生 み 出 された 所 得 を 総 合 的 に 把 握 して,

More information

標準テンプレート

標準テンプレート 資 料 鎌 倉 市 地 方 創 生 に 関 するアンケート 調 査 結 果 概 要 目 次 0. 要 約 II. 転 入 転 出 調 査 ( 転 入 ) a. 属 性 I. 市 民 対 象 調 査 a. 属 性 b. 晩 婚 化 の 要 因 の 把 握 c. 希 望 の 子 どもの 数 d. 出 生 率 の 低 下 の 要 因 の 把 握 e. 夫 婦 の 出 生 力 の 低 下 の 背 景 となる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4995F18D908F915F8F4390B38CE35F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4995F18D908F915F8F4390B38CE35F2E646F63> 和 歌 山 県 観 光 統 計 調 査 報 告 書 平 成 21 年 (2009 年 )3 月 和 歌 山 県 目 次 1.はじめに... 3 1-1. 調 査 目 的...3 1-2. 実 施 調 査 内 容...3 2. 調 査 結 果 と 分 析 ( 単 純 集 計 結 果 )... 6 2-1. 県 内 アンケート 調 査 結 果...6 2-1-1. 回 答 者 プロフィール...6 2-1-2.

More information

問 3 あなたの 勤 務 先 ( 派 遣 社 員 の 場 合 は 派 遣 元 の 事 業 所 )や 経 営 する 店 事 業 などの 業 種 に ついて 当 てはまるものを 1つだけ 選 んでください ( 問 2で 4 を 選 んだ 方 は その 仕 事 の 業 種 について 当 てはまるものを 選

問 3 あなたの 勤 務 先 ( 派 遣 社 員 の 場 合 は 派 遣 元 の 事 業 所 )や 経 営 する 店 事 業 などの 業 種 に ついて 当 てはまるものを 1つだけ 選 んでください ( 問 2で 4 を 選 んだ 方 は その 仕 事 の 業 種 について 当 てはまるものを 選 厚 生 労 働 省 統 計 法 に 基 づく 国 の 統 計 調 査 です 調 査 票 情 報 の 秘 密 の 保 護 に 万 全 を 期 します 地 区 番 号 秘 単 位 区 番 号 調 査 員 記 入 欄 世 帯 番 号 世 帯 員 番 号 公 的 年 金 加 入 状 況 等 調 査 調 査 票 確 認 欄 調 査 のご 協 力 のお 願 い この 調 査 は 国 民 年 金 厚 生 年 金

More information

営 業 調 査 算 定 要 領 1 調 査 区 分 事 項 内 容 基 本 調 査 事 項 基 本 的 調 査 事 項 として 次 の 事 項 を 調 査 し 又 は 資 料 収 ( 法 人 の 場 合 ) 集 を 行 うものとする イ) 営 業 所 の 所 在 地 営 業 所 の 所 在 地 社

営 業 調 査 算 定 要 領 1 調 査 区 分 事 項 内 容 基 本 調 査 事 項 基 本 的 調 査 事 項 として 次 の 事 項 を 調 査 し 又 は 資 料 収 ( 法 人 の 場 合 ) 集 を 行 うものとする イ) 営 業 所 の 所 在 地 営 業 所 の 所 在 地 社 別 記 11 営 業 調 査 算 定 要 領 ( 第 114 条 ) 営 業 調 査 算 定 要 領 1 調 査 区 分 事 項 内 容 基 本 調 査 事 項 基 本 的 調 査 事 項 として 次 の 事 項 を 調 査 し 又 は 資 料 収 ( 法 人 の 場 合 ) 集 を 行 うものとする イ) 営 業 所 の 所 在 地 営 業 所 の 所 在 地 社 名 代 表 者 名 業 種 及

More information

(Microsoft Word - \220\340\226\276\217\221.doc)

(Microsoft Word - \220\340\226\276\217\221.doc) 南 丹 市 建 設 業 新 分 野 進 出 支 援 事 業 補 助 金 申 請 用 紙 記 入 説 明 書 様 式 第 1 号 ( 第 7 条 関 係 )の 記 入 方 法 南 丹 市 長 様 市 長 名 を 記 入 元 号 年 月 日 を 記 入 平 成 年 月 日 申 請 者 情 報 を 記 入 ( 代 表 企 業 ) ( 申 請 者 ) 所 在 地 南 丹 市 園 部 町 小 桜 町 47 番

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

平 成 28 年 第 1 回 尾 鷲 市 議 会 定 例 会 所 信 表 明 ( 附 提 案 説 明 ) 尾 鷲 市 ( 登 壇 ) 平 成 2 8 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 平 成 2 8 年 度 当 初 予 算 並 び に そ の 他 の 諸 議 案 に つ い て の ご 説 明 に 先 立 ち ま し て 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べ 議 員 各 位

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

Microsoft Word - 文書 3

Microsoft Word - 文書 3 2 事 業 所 調 査 (1) 教 育 訓 練 の 実 施 状 況 1OFF-JTの 実 施 状 況 ( 図 11) 平 成 17 年 度 に 正 社 員 に 対 して OFF-JTを 実 施 した 事 業 所 は72.2%であった 業 種 別 にみると 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 89.4% 医 療, 福 祉 84.9% 金 融 保 険 業 84.4%が 高 い 一 方 教 育, 学 習

More information

平 成 25 年 度 乳 用 種 初 生 牛 の 経 営 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 26 年 2 月 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 はじめに この 報 告 書 は 公 益 社 団 法 人 中 央 畜 産 会 に 委 託 して 実 施 した 平 成 25 年 度 乳 用 種 初 生 牛 の 経 営 に 関 する 調 査 の 成 果 を 取 りまとめたものである

More information

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査 別 紙 1 簡 易 水 道 事 業 勘 定 科 目 は 規 則 別 表 第 一 号 に 定 める 水 道 事 業 の 勘 定 科 目 を 考 慮 して 区 分 すること 港 湾 整 備 事 業 ( 埋 立 ) 収 益 埋 立 事 業 収 益 営 業 収 益 土 地 売 却 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 営 業 収 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 及 び 配 当 金 預 金 利 息

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

営 業 調 査 積 算 要 領 Ⅰ 営 業 調 査 区 分 事 項 内 容 基 本 調 査 事 項 基 本 的 条 項 として 次 の 事 項 を 調 査 し 又 は 資 料 収 集 を 行 う ものとする ( 法 人 の 場 合 ) イ) 営 業 所 の 所 在 地 営 業 所 の 所 在 地 社

営 業 調 査 積 算 要 領 Ⅰ 営 業 調 査 区 分 事 項 内 容 基 本 調 査 事 項 基 本 的 条 項 として 次 の 事 項 を 調 査 し 又 は 資 料 収 集 を 行 う ものとする ( 法 人 の 場 合 ) イ) 営 業 所 の 所 在 地 営 業 所 の 所 在 地 社 別 記 5 営 業 調 査 積 算 要 領 営 業 調 査 積 算 要 領 Ⅰ 営 業 調 査 区 分 事 項 内 容 基 本 調 査 事 項 基 本 的 条 項 として 次 の 事 項 を 調 査 し 又 は 資 料 収 集 を 行 う ものとする ( 法 人 の 場 合 ) イ) 営 業 所 の 所 在 地 営 業 所 の 所 在 地 社 名 代 表 者 名 業 種 及 び 開 設 年 月 日

More information