<4D F736F F D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF E646F63>

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>"

Transcription

1 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用 される 場 合 は 公 表 版 の 方 か らお 願 いします 東 京 都 国 立 市 大 学 通 り 周 辺 のマンション 建 設 紛 争 をめぐって 提 起 されている 多 数 の 訴 訟 1 は 社 会 的 注 目 を 集 めているが 本 稿 は 20m を 超 える 部 分 の 撤 去 を 命 じて 衝 撃 的 な 判 断 ( 朝 日 新 聞 ) と 評 された 東 京 地 方 裁 判 所 2002 年 12 月 18 日 判 決 (A-3 判 決 )の 景 観 利 益 論 を 分 析 することに よって 本 件 紛 争 が 問 い 掛 けている 問 題 -- 景 観 の 位 置 づけとその 法 的 保 護 のあり 方 --について 示 唆 を 得 ることを 目 的 とするものである 2 1 国 立 市 マンション 建 設 紛 争 の 経 緯 まちづくり 住 民 運 動 の 伝 統 を 有 し, 景 観 保 全 の 住 民 意 識 が 高 い 国 立 市 にとって,JR 国 立 駅 から 南 にのびるいわゆる 大 学 通 り はシンボル 的 存 在 とされる 99 年 夏 明 らかになった 大 学 通 りに 面 した 高 さ 44m( 当 初 53m)のM 社 マンション 計 画 に 対 して 附 近 住 民 は 活 発 な 反 対 運 動 を 展 開 す る 99 年 4 月 に 当 選 した 新 市 長 の 下 市 は 開 発 指 導 要 綱 及 び 景 観 形 成 条 例 による 行 政 指 導 を 試 み たが, 最 終 的 に 決 裂 する 附 近 住 民 の 要 求 に 応 え 市 は 本 件 敷 地 に 関 する 20m の 高 さ 制 限 を 含 む 地 区 計 画 建 築 物 制 限 条 例 を 制 定 した 条 例 施 行 により 高 さ 制 限 等 に 建 築 基 準 法 上 効 力 が 生 じた 時 点 で M 社 は 同 マンションの 根 切 り 工 事 山 留 め 工 事 を 開 始 継 続 していたが 杭 打 ち 基 礎 又 は 地 下 躯 体 工 事 には 着 手 していなかった 訴 訟 進 行 中 にも マンション 建 設 は 高 さ 20m を 超 えて 続 けられ 基 本 的 に 計 画 通 りの 14 階 建 て 建 築 物 が 完 成 し 販 売 が 開 始 されている 本 件 マンションを 巡 っては 主 要 なものとして 1 附 近 住 民 等 が M 社 等 を 相 手 取 って 高 さ 20m を 超 える 部 分 の 撤 去 ( 当 初 は 建 築 禁 止 )を 求 めた 民 事 差 止 訴 訟 仮 処 分 申 立 (A 事 件 )2 附 近 住 民 等 が 特 定 行 政 庁 を 相 手 取 って 高 さ 20m を 超 える 部 分 の 除 却 命 令 を 出 さないこと 等 の 違 法 確 認 同 命 令 の 義 務 づけ 等 を 請 求 した 行 政 事 件 訴 訟 (B 事 件 )3M 社 が 国 立 市 及 び 国 立 市 長 を 相 手 取 って 地 区 計 画 建 築 物 制 限 条 例 の 無 効 確 認 および 国 家 賠 償 訴 訟 を 請 求 した 訴 訟 (C 事 件 )の 3 種 の 訴 訟 が 提 起 され 全 て 係 争 中 である( 詳 しくは 池 田 2003,15) 1 以 下 同 紛 争 に 関 わる 裁 判 例 は 後 記 < 裁 判 例 一 覧 >の 略 称 に 従 って 表 記 する 2 地 域 開 発 464 号 頁 に 住 民 団 体 作 成 による 年 表 式 の 詳 細 な 経 緯 が 掲 載 されている なお 参 照 * 松 2002,48-57;* 松 2001,

2 2 景 観 利 益 と 自 己 規 制 以 上 のような 地 域 地 権 者 の 自 己 規 制 によってもたらされた 都 市 景 観 の 由 来 と 特 殊 性 に 鑑 み ると,いわゆる 抽 象 的 な 環 境 権 や 景 観 権 といったものが 直 ちに 法 律 上 の 権 利 として 認 められな いとしても, 特 定 の 地 域 内 において, 当 該 地 域 内 の 地 権 者 らによる 土 地 利 用 の 自 己 規 制 の 継 続 により, 相 当 の 期 間,ある 特 定 の 人 工 的 な 景 観 が 保 持 され, 社 会 通 念 上 もその 特 定 の 景 観 が 良 好 なものと 認 められ, 地 権 者 らの 所 有 する 土 地 に 付 加 価 値 を 生 み 出 した 場 合 には, 地 権 者 ら は,その 土 地 所 有 権 から 派 生 するものとして, 形 成 された 良 好 な 景 観 を 自 ら 維 持 する 義 務 を 負 う とともにその 維 持 を 相 互 に 求 める 利 益 ( 以 下 景 観 利 益 という )を 有 するに 至 ったと 解 すべきで あり,この 景 観 利 益 は 法 的 保 護 に 値 し,これを 侵 害 する 行 為 は, 一 定 の 場 合 には 不 法 行 為 に 該 当 すると 解 するべきである (A-3 判 決 ) 本 件 紛 争 をめぐる 一 連 の 訴 訟 における 主 要 な 争 点 の 一 つが 地 域 住 民 の 景 観 に 対 する 利 益 に 裁 判 上 の 法 的 保 護 を 認 めるかどうかというものであった A-1 決 定 A-2 決 定 は 美 に 関 わるも のとしての 景 観 の 主 観 的 性 格 や 立 法 の 不 在 を 理 由 に 裁 判 的 保 護 を 否 定 したが B-1 判 決 は 建 築 物 制 限 条 例 の 高 さ 規 制 によって 保 護 されている 限 りにおいての 景 観 を 享 受 する 利 益 につ いて 建 築 基 準 法 上 個 別 的 利 益 として 保 護 された 法 律 上 の 利 益 にあたると 判 断 していた 反 響 を 呼 んだ 3 A-3 判 決 の (B-1 判 決 とも 共 通 する) 第 一 の 特 徴 は 地 権 者 らによる 土 地 利 用 の 自 己 規 制 の 継 続 と 景 観 利 益 との 結 びつきを 強 調 することにある ある 特 定 の 地 域 や 区 画.において, 当 該 地 域 内 の 地 権 者 らが, 同 地 域 内 に 建 築 する 建 築 物 の 高 さや 色 調,デザイン 等 に 一 定 の 基 準 を 設 け, 互 いにこれを 遵 守 することを 積 み 重 ねた 結 果 として, 当 該 地 域 に 独 特 の 街 並 み( 都 市 景 観 )が 形 成 され,かつ,その 特 定 の 都 市 景 観 が, 広 く 一 般 社 会 においても 良 好 な 景 観 であると 認 められることにより, 土 地 に 付 加 価 値 を 生 み 出 している 場 合 がある このような 都 市 景 観 による 付 加 価 値 は, 自 然 の 山 並 みや 海 岸 線 等 といっ たもともとそこに 存 在 する 自 然 的 景 観 を 享 受 したり,あるいは 寺 社 仏 閣 のようなもっぱらその 所 有 者 の 負 担 のもとに 維 持 されている 歴 史 的 建 造 物 による 利 益 を 他 人 が 享 受 するのとは 異 なり, 特 定 の 地 域 内 の 地 権 者 らが, 地 権 者 相 互 の 十 分 な 理 解 と 結 束 及 び 自 己 犠 牲 を 伴 う 長 期 間 の 継 続 的 な 努 力 によって 自 ら 作 り 出 し, 自 らこれを 享 受 するところにその 特 殊 性 がある (A-3 判 決 ) 同 じ 東 京 地 裁 は 既 にいわゆる 景 観 権 裁 判 4 において 主 に 私 有 財 産 に 依 存 している 景 観 に ついて, 所 有 者 等 の 都 合 と 関 わりなく, 景 観 権 の 対 象 として 私 人 に 帰 属 させ ることに 疑 問 を 呈 して 3 名 古 屋 地 決 は A-3 判 決 の 景 観 利 益 論 を 援 用 しつつ マンションの 高 さ20mを 超 える 建 物 の 建 築 禁 止 を 命 じている 4 東 京 地 裁 八 王 子 支 判 2001 年 12 月 10 日 判 時 1791 号 86 頁 東 京 都 及 び 国 立 市 の 用 途 地 域 規 制 緩 和 による 景 観 権 侵 害 を 主 張 するものであるが 本 件 当 事 者 とは 別 の 訴 訟 である 前 記 一 審, 控 訴 審 ( 東 京 高 判 2003 年 2 月 27 日 )とも 請 求 棄 却 2

3 いた 上 記 は この 議 論 に 対 する A-3 判 決 なりの 応 答 と 理 解 することができる 景 観 利 益 の 主 張 者 にとって 景 観 の 美 しさは 一 方 的 に 享 受 するだけでなく 負 担 も 伴 いつつ 自 ら 作 り 出 し たもの でもあること そして 地 域 地 権 者 間 に 相 互 依 存 的 関 係 が 見 出 されることに 他 の 地 権 者 にも 一 定 程 度 対 抗 しうるような 要 保 護 性 の 発 生 根 拠 を 見 出 すことが 試 みられているのである 5 また A-3 判 決 は 地 権 者 以 外 の 者 について 原 告 が 主 張 する 憲 法 13 条 25 条 に 基 づく 景 観 享 受 権 について これを 定 める 実 定 法 上 の 根 拠 がなく, 対 象 となる 景 観 の 内 容, 権 利 の 成 立 要 件, 権 利 主 体 の 範 囲 等 のいずれもが 不 明 確 であり,また, 憲 法 13 条,25 条 は 個 々の 国 民 に 対 し 直 接 具 体 的 な 権 利 を 付 与 するものではない とあっさり 切 り 捨 てた そこで 傾 聴 に 値 する 次 のような 批 判 もなされる 公 共 財 としての 良 き 景 観 に 触 れて そこから 何 がしかの 生 活 利 益 の 共 同 享 受 を 得 て 精 神 的 文 化 的 生 活 を 豊 かにしたいとの 思 いは 現 代 人 の 当 然 の 要 求 でもあろう 景 観 享 受 権 と は 本 来 そのような 要 求 に 根 ざすものである そうであれば その 権 利 主 体 性 は 地 権 者 に 限 定 す る 必 要 は 全 くない また その 権 利 の 内 容 はむしろ 人 格 的 利 益 というべきであ(る) ( 富 井 2003,24) 景 観 利 益 の 主 体 を 地 権 者 に 限 定 することの 是 非 はひとまずおこう しかし その 背 後 にある A-3 判 決 の 景 観 理 解 --- 景 観 利 益 を 良 好 な 景 観 一 般 に 対 する 市 民 一 般 の 利 益 としてで はなく あくまで 特 定 の 空 間 に 関 わって 具 体 的 に 形 成 されてきた 生 活 関 係 との 関 連 で 発 生 する 利 益 ととらえる---は 賛 同 に 値 するのではないだろうか 第 一 に 景 観 利 益 には 確 かに 財 産 的 付 加 価 値 のみならず 人 格 的 利 益 としての 要 素 があると 考 えられる しかしそれは 生 命 身 体 など 人 格 権 としての 法 的 保 護 の 対 象 となる 人 格 秩 序 の 問 題 ではなくその 周 辺 の 外 郭 秩 序 としての 生 活 利 益 秩 序 レベルの 問 題 ( 吉 田 1999,243))である そ こでは 保 障 されるべき 利 益 の 具 体 的 内 容 は 憲 法 レベルで 一 義 的 に 定 まってはいない 現 実 の 地 域 空 間 において 歴 史 的 に 形 成 されてきた 生 活 世 界 の 特 定 の 秩 序 内 容 について 侵 害 からの 保 護 が 問 われてくるのである 第 二 に 景 観 を 公 共 財 と 理 解 することは その 利 用 の 非 競 合 的 性 格 6 を 強 調 するという 意 味 で は 正 当 である しかし それは 市 民 一 般 にとっての 公 共 的 価 値 を 常 に 意 味 するものではないな いだろう 特 に A-3 判 決 が 主 に 問 題 にするような 都 市 景 観 に 関 しては 当 該 地 域 の 住 民 にとって のみ 日 常 生 活 においてかけがえのない 景 観 としての 価 値 を 有 すること( 日 常 景 観 松 原 2002,74-75)が 少 なくないはずである 市 民 一 般 にとっての 価 値 ではなく 特 定 地 域 の 住 民 の 現 実 の 生 活 空 間 において 当 該 景 観 が 持 っている 価 値 7 に 焦 点 をあてた 議 論 が 必 要 となってくるのでは なかろうか 5 その 結 果 A-3 判 決 は 景 観 利 益 の 対 象 を 人 工 的 な 都 市 景 観 のみに 限 り 自 然 的 景 観 や 歴 史 的 建 造 物 は 含 まれないとする これに 対 しては すぐれた 自 然 的 歴 史 的 景 観 の 保 全 にあっても これを 守 ろうとする 人 々の 営 為 と 共 同 意 識 が 強 く 働 いている という 正 当 な 批 判 ( 富 井 2003,24)があるが この 批 判 は A ー3 判 決 の 論 理 自 体 の 否 定 ではなく 自 らも 負 担 を 負 っている 関 係 がどのような 場 合 かという 論 理 の 適 用 に 対 する 批 判 と 理 解 できる 6 中 山 1993,68 による 環 境 権 の 定 義 参 照 7 まさにその 意 味 で, 景 観 利 益 の 主 体 を 地 権 者 に 限 定 することには 議 論 の 余 地 がある 3

4 現 在 の 日 本 の 景 観 保 護 行 政 が 重 点 保 護 主 義 選 別 保 護 主 義 をとり 保 護 対 象 を 狭 く 限 定 して いることはつとに 指 摘 されてきた( 亘 理 1993,36) この 点 で 広 く 一 般 社 会 においても 良 好 な 景 観 と 認 められる ことを 必 要 条 件 とはしつつ その 本 質 としては 具 体 的 に 形 成 された 空 間 の 生 活 関 係 のありように 由 来 する 価 値 に 着 目 して 景 観 利 益 の 要 保 護 性 を 説 く A-3 判 決 の 議 論 は 豊 かな 発 展 可 能 性 を 有 していると 思 われる またそれは いかなる 景 観 が 美 しいのか いかなる 景 観 が 当 該 地 域 にふさわしいのかについては それを 判 断 する 者 の 主 観 に 負 うところが 極 めて 大 きく これを 一 義 的 に 定 めることは 極 めて 困 難 (A-1 決 定 ) 保 持 することが 望 ましい 良 好 な 景 観 が 具 体 的 に どのようなものを 意 味 するかについては いまだ 国 民 の 間 に 共 通 の 理 解 が 存 するとはいい 難 い (C-1 判 決 ) という 景 観 の 主 観 性 を 強 調 する 議 論 に 対 する 応 答 にもなっていると 言 える 3 景 観 利 益 と 互 換 的 交 換 関 係 A-3 判 決 景 観 利 益 論 の 第 2の 特 徴 は 地 域 内 地 権 者 の 利 害 の 相 互 依 存 性 に 着 目 して 他 の 地 権 者 に 対 する 権 利 が 導 出 されていることにある このような 都 市 景 観 による 付 加 価 値 を 維 持 するためには, 当 該 地 域 内 の 地 権 者 全 員 が 前 記 の 基 準 を 遵 守 する 必 要 があり, 仮 に, 地 権 者 らのうち1 人 でもその 基 準 を 逸 脱 した 建 築 物 を 建 築 し て 自 己 の 利 益 を 追 求 する 土 地 利 用 に 走 ったならば,それまで 統 一 的 に 構 成 されてきた 当 該 景 観 は 直 ちに 破 壊 され, 他 の 全 ての 地 権 者 らの 前 記 の 付 加 価 値 が 奪 われかねないという 関 係 にあ るから, 当 該 地 域 内 の 地 権 者 らは, 自 らの 財 産 権 の 自 由 な 行 使 を 自 制 する 負 担 を 負 う 反 面, 他 の 地 権 者 らに 対 して, 同 様 の 負 担 を 求 めることができなくてはならない (A-3 判 決 ) この 議 論 も B-1 判 決 に 既 にみられるものであり さらには ドイツ 連 邦 行 政 裁 判 所 が 依 拠 すると される 互 換 的 交 換 関 係 論 = 私 人 A と 私 人 B の 空 間 利 用 をともに 規 律 することにより 一 体 性 の ある または 調 和 のとれた 都 市 空 間 が 形 成 される 場 合 A は B が 都 市 空 間 に 適 合 した 空 間 利 用 を するよう または A の 空 間 利 用 と 調 和 の 取 れた 空 間 利 用 をするよう 行 政 庁 に 規 律 を 求 める 権 利 を 有 する ( 山 本 2003,110)と 呼 ばれる 考 え 方 に 由 来 を 求 めることができる 8 しかし 2つの 判 決 には 無 視 できない 文 脈 上 の 相 違 がある B-1 判 決 において 問 題 とされてい たのは 本 件 地 区 計 画 及 び 建 築 物 制 限 条 例 によって 課 された 高 さ 制 限 から 地 権 者 が 受 ける 利 益 が 建 築 基 本 法 によって 法 律 上 保 護 された 個 別 的 利 益 として 法 定 外 抗 告 訴 訟 の 適 法 性 を 根 拠 づ けるかどうかという 問 題 であった 同 判 決 の 互 換 的 利 害 関 係 論 は それを 肯 定 する 文 脈 で 用 いら れたものである 本 件 高 さ 制 限 地 区 の 地 権 者 は, 大 学 通 りの 景 観 を 構 成 する 空 間 の 利 用 者 であり,このような 景 8 なお 参 照, 山 本 2000, B-1 判 決 の 判 示 は 同 書 の 記 述 を 援 用 した 住 民 側 弁 護 団 の 主 張 ( 池 田 2003,17)を 全 面 的 に 採 用 したものである 4

5 観 に 関 して, 上 記 の( 建 築 物 制 限 条 例 および 地 区 計 画 ) 高 さ 規 制 を 守 り, 自 らの 財 産 権 制 限 を 受 忍 することによって, 前 記 のような 大 学 通 りの 具 体 的 な 景 観 に 対 する 利 益 を 享 受 するという 互 換 的 利 害 関 係 を 有 している 9 こと, 一 人 でも 規 制 に 反 する 者 がいると, 景 観 は 容 易 に 破 壊 されてしまうため に, 規 制 を 受 ける 者 が 景 観 を 維 持 する 意 欲 を 失 い, 景 観 破 壊 が 促 進 される 結 果 を 生 じ 易 く, 規 制 を 受 ける 者 の 景 観 に 対 する 利 益 を 十 分 に 保 護 しなければ, 景 観 の 維 持 という 公 益 目 的 の 達 成 自 体 が 困 難 になるというべきであることなどを 考 慮 すると, 本 件 建 築 条 例 及 び 建 築 基 準 法 68 条 の 2 は, 大 学 通 りという 特 定 の 景 観 の 維 持 を 図 るという 公 益 目 的 を 実 現 するとともに, 本 件 建 築 条 例 によっ て 直 接 規 制 を 受 ける 対 象 者 である 高 さ 制 限 地 区 地 権 者 の, 前 記 のような 内 容 の 大 学 通 りという 特 定 の 景 観 を 享 受 する 利 益 については, 個 々 人 の 個 別 的 利 益 としても 保 護 すべきものとする 趣 旨 を 含 むものと 解 すべきである (B-1 判 決 括 弧 強 調 は 引 用 者 ) つまり B-1 判 決 が 行 政 法 規 が 定 める 具 体 的 規 制 の 解 釈 として それを 訴 訟 で 争 う 資 格 を 根 拠 づけるために 展 開 している 議 論 を A-3 判 決 は 事 実 として 行 われた 不 文 律 的 な 自 己 規 制 から 景 観 利 益 の 内 容 それ 自 体 を 導 出 するための 議 論 として 用 いているのである A-3 判 決 は 本 件 建 築 物 制 限 条 例 を 従 来 の 合 意 制 約 をいわば 法 的 に 追 認 明 確 化 する 形 で 制 定 と 位 置 づけ 立 法 権 による 形 成 的 規 律 以 上 に 従 来 の 合 意 制 約 を 重 視 しているようにも 読 める しかし 互 換 的 交 換 関 係 論 それ 自 体 は むしろ B-1 判 決 のような 用 いられ 方 を 前 提 とした 議 論 であろう 10 A-3 判 決 の 景 観 利 益 には わが 国 の 裁 判 所 による 大 胆 な 司 法 的 法 創 造 という 評 価 が 妥 当 するかもしれ ない しかし このような 法 創 造 を 必 要 ならしめたのは 自 己 規 制 が 守 ろうとする 現 実 の 生 活 空 間 の 原 状 に 対 する 法 的 保 護 があまりにも 乏 しい 日 本 都 市 計 画 の 実 態 に 他 ならない 欧 米 では 都 市 計 画 規 制 は 原 則 現 状 を 保 全 するためのものであり 例 外 的 に 誘 導 的 に 用 いられる 日 本 では 原 則 が 無 制 約 無 条 件 にユルユルとなっており 例 外 的 に 現 状 の 環 境 の 保 全 のために 用 いられて いる ( 窪 田 / 小 泉 2002,34)という 指 摘 を 直 視 すべきである さて A-3 判 決 の 景 観 利 益 論 を 前 提 とすれば その3 要 件 =1 特 定 の 地 域 内 における 地 権 者 らによる 土 地 利 用 の 自 己 規 制 の 継 続 2 社 会 通 念 上 良 好 と 認 められる 特 定 の 人 工 的 景 観 の 保 持 3 土 地 への 付 加 価 値 の 発 生 をどのような 場 合 に 認 めるのか 裁 判 所 の 事 実 認 定 が 問 われることにな る 場 合 によって それは 困 難 な 作 業 であろう ただし 景 観 利 益 の 認 定 は あくまで 第 一 段 階 で ある 景 観 利 益 を 認 定 した 上 で A-3 判 決 は 総 合 考 慮 的 な 受 忍 限 度 判 断 を 行 っている そこで は 附 近 住 民 との 交 渉 過 程 の 具 体 的 事 情 に 即 して M 社 側 の 事 前 認 識 や 対 応 被 害 回 避 可 能 性 などが 詳 細 に 認 定 されている むしろその 過 程 の 評 価 こそが 結 論 を 左 右 した 感 がある だとすれば あくまで 第 一 段 階 としての 景 観 利 益 の 要 保 護 性 判 断 において 司 法 権 が 過 度 に 自 己 制 約 的 に 対 処 する 必 要 はないのではなかろうか 9 本 文 3ではなく 本 文 2のような 内 容 を 互 換 的 利 害 関 係 ( 互 換 的 交 換 関 係 の 上 位 概 念 )と 呼 んでい るようにもこの 部 分 は 読 め 概 念 の 用 法 としては 若 干 の 疑 問 がないでもない 10 山 本 2000,340 は 諸 利 益 を 相 互 に 細 かく 衡 量 して 調 和 を 形 成 するには 差 異 化 された 実 体 法 プログラ ム 手 続 組 織 が 必 要 であり これらを 定 めるのは 一 次 的 には 立 法 府 の 任 務 である とする 5

6 < 参 考 文 献 > 淡 路 剛 久 2003: 景 観 権 の 生 成 と 国 立 大 学 通 り 訴 訟 判 決 ジュリスト 1240 号 頁 池 田 計 彦 2003: 国 立 の 景 観 裁 判 の 経 過 と 展 望 地 域 開 発 464 号 pp15-20 * 松 生 史 2001: 建 築 基 準 法 3 条 2 項 の 解 釈 をめぐって-- 国 立 市 マンション 建 設 仮 処 分 事 件 ( 東 京 高 決 2000 年 12 月 22 日 )を 素 材 にして 法 政 研 究 ( 九 州 大 学 )68(1)pp * 松 生 史 2002: 景 観 保 護 的 まちづくりと 法 の 役 割 -- 国 立 市 マンション 紛 争 をめぐって 都 市 住 宅 学 38 号,pp 窪 田 亜 矢 / 小 泉 秀 樹 2002: マンション 紛 争 問 題 を 考 える-- 都 市 計 画 の 立 場 から-- 都 市 住 宅 学 38 号 (2002)33-40 頁 富 井 利 安 2003: 景 観 利 益 判 決 の 要 点 と 意 義 地 域 開 発 464 号 頁 中 山 充 1993: 環 境 権 -- 環 境 の 共 同 利 用 権 (4 完 ) 香 川 法 学 13 巻 1 号 頁 松 原 隆 一 郎 2002: 失 われた 景 観 PHP 新 書 山 本 隆 司 2000: 行 政 上 の 主 観 法 と 法 関 係 有 斐 閣 山 本 隆 司 2003: 行 政 訴 訟 に 関 する 外 国 法 制 調 査 --ドイツ( 下 ) ジュリスト 1239 号 頁 亘 理 格 1993: 都 市 計 画 と 景 観 保 全 法 制 -- 歴 史 的 街 並 み 景 観 保 存 を 中 心 に 山 下 健 次 編 都 市 の 環 境 管 理 と 財 産 権 ( 法 律 文 化 社 )pp 吉 田 克 己 1999: 現 代 市 民 社 会 と 民 法 学 ( 日 本 評 論 社 ) 6

7 < 国 立 マンション 事 件 に 関 する 裁 判 例 一 覧 > A 事 件 ( 民 事 差 止 訴 訟 ) A-1 決 定 ( 東 京 地 裁 八 王 子 支 決 ) A-2 決 定 ( 東 京 高 決 判 時 1767 号 43 頁 ) A-3 判 決 ( 東 京 地 判 ) 争 点 1 ( 条 例 の 違 法 性 ) 争 点 2 ( 既 存 不 適 格 ) 争 点 3 ( 差 止 撤 去 又 は 是 正 命 令 ) B 事 件 ( 法 定 外 抗 告 訴 訟 ) C 事 件 ( 国 家 賠 償 訴 訟 等 ) B-1 判 決 ( 東 京 地 判 判 時 1791 号 3 頁 ) B-2 判 決 ( 東 京 高 判 判 時 1815 号 75 頁 ) C-1 判 決 ( 東 京 地 判 判 時 1808 号 31 頁 ) (*1) (*2) 争 点 1: 地 区 計 画 建 築 物 制 限 条 例 自 体 の 違 法 性 争 点 2: 本 件 マンションに 建 築 基 準 法 3 条 2 項 ( 既 存 不 適 格 )が 適 用 されるか 争 点 3:20mを 超 える 部 分 の 建 築 差 止 撤 去 あるいは 特 定 行 政 庁 のその 旨 の 是 正 命 令 の 要 否 = 付 近 住 民 の 主 張 を 認 める =M 社 ないし 特 定 行 政 庁 側 の 主 張 を 認 める - = 当 該 争 点 について 特 に 判 断 していない (*1) B-1 判 決 は 是 正 命 令 権 限 を 行 使 しないことが 違 法 と 判 断 している 以 上 本 件 建 築 物 条 例 の 適 法 性 を 当 然 に 前 提 しているともいえるが 訴 訟 上 主 要 な 争 点 としては 扱 われていない (*2)C-1 判 決 は 地 区 計 画 建 築 物 制 限 条 例 の 無 効 確 認 請 求 を 不 適 法 として 却 下 しているが これらは 国 家 賠 償 法 上 違 法 であるとしている 7

職種限定契約

職種限定契約 職 種 限 定 契 約 における 配 転 命 令 の 可 否 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 事 件 東 京 地 判 平 19.3.26 判 時 1965 号 3 頁 佐 藤 敬 二 ( 立 命 館 大 学 ) Ⅰ 事 実 の 概 要 X( 原 告 )は 損 害 保 険 業 等 を 目 的 とするY 社 ( 被 告 )において 損 害 保 険 の 契 約 募 集 等 に 従 事 する 外 勤

More information

判例からみる中国における補正の制限について

判例からみる中国における補正の制限について 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2 重 要 判 例 速 報 解 説 平 成 28(2016) 年 7 月 29 日 長 澤 運 輸 事 件 ( 東 京 地 判 平 成 28 年 5 月 13 日 )について 定 年 後 再 雇 用 による 嘱 託 社 員 ( 有 期 契 約 労 働 者 )と 正 社 員 ( 無 期 契 約 労 働 者 )との 間 の 賃 金 の 定 めの 相 違 が 不 合 理 であり 労 働 契 約 法 20 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

( 2 ) 評 価 基 準 が 定 め る 市 街 化 区 域 農 地 の 評 価 方 法 市 街 化 区 域 農 地 ( 法 附 則 1 9 条 の 2 第 1 項 に 規 定 す る 市 街 化 区 域 農 地 を い う ) の 評 価 に つ い て 評 価 基 準 は 沿 接 す る 道

( 2 ) 評 価 基 準 が 定 め る 市 街 化 区 域 農 地 の 評 価 方 法 市 街 化 区 域 農 地 ( 法 附 則 1 9 条 の 2 第 1 項 に 規 定 す る 市 街 化 区 域 農 地 を い う ) の 評 価 に つ い て 評 価 基 準 は 沿 接 す る 道 File.18< 判 決 原 文 > 固 定 資 産 税 4 事 件 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 1 2 年 ( 行 ウ) 第 3 32 号 平 成 1 4 年 1 月 2 2 日 判 決 (TAINS 判 例 検 索 Z999-8099) 控 訴 審 : 東 京 高 裁 平 成 1 4 年 ( 行 コ) 第 4 4 号 平 成 1 6 年 5 月 27 日 判 決 (TAINS 判 例

More information

住民訴訟判決と地方議会の放棄議決(上)最判(二)平成24年4月20日等における「諸般の事情の総合考慮による判断枠組み」等について

住民訴訟判決と地方議会の放棄議決(上)最判(二)平成24年4月20日等における「諸般の事情の総合考慮による判断枠組み」等について 住 民 訴 訟 判 決 と 地 方 議 会 の 放 棄 議 決 ( 上 ) 最 判 ( 二 ) 平 成 24 年 4 月 20 日 等 における 諸 般 の 事 情 の 総 合 考 慮 による 判 断 枠 組 み 等 について 小 川 正 はじめに 第 1 事 案 の 概 要 と 経 過 第 2 最 高 裁 判 決 による 判 断 の 統 一 第 3 放 棄 議 決 の 手 続 要 件 ( 以 上

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

英国競争法の執行手続―日本の独占禁止法改正に関連して

英国競争法の執行手続―日本の独占禁止法改正に関連して 1 英 国 競 争 法 の 執 行 手 続 日 本 の 独 占 禁 止 法 改 正 に 関 連 して 千 葉 大 学 大 学 院 専 門 法 務 研 究 科 教 授 栗 田 誠 氏 Ⅰ はじめに 本 報 告 の 対 象 は 1998 年 競 争 法 違 反 行 為 ( 日 本 の 独 占 禁 止 法 ( 以 下 独 禁 法 と 略 す )でいう 不 当 な 取 引 制 限 私 的 独 占 及 び 不

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

Microsoft Word - 25_06 「特許安定性」.docx

Microsoft Word - 25_06 「特許安定性」.docx 侵 害 訴 訟 等 における 特 許 の 安 定 性 に 資 する (*) 特 許 制 度 運 用 に 関 する 調 査 研 究 我 が 国 産 業 の 競 争 力 強 化 のため 特 許 権 の 紛 争 処 理 機 能 について 知 的 財 産 紛 争 解 決 システム 全 体 が 適 切 に 機 能 して いるかどうか 検 証 し より 魅 力 ある 制 度 となるように 取 り 組 みを 進

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

Microsoft Word - 20130115013.docx

Microsoft Word - 20130115013.docx 参 議 院 選 挙 制 度 の 改 革 1 票 の 較 差 定 数 是 正 問 題 を 中 心 として 総 務 委 員 会 調 査 室 さとう 佐 藤 けんすけ 研 資 1.はじめに 平 成 24 年 11 月 ( 第 181 回 国 会 ) 参 議 院 の 選 挙 区 選 出 議 員 の 定 数 を4 増 4 減 して1 票 の 較 差 を 是 正 する 公 職 選 挙 法 の 一 部 を 改 正

More information

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 監 査 結 果 報 告 書 ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 給 付 金 返 還 差 止 に 係 る 住 民 監 査 請 求 ) 枚 方 市 監 査 委 員 枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚

More information

テストです

テストです 2011 年 ( 平 成 23 年 )2 月 25 日 国 際 的 な 子 の 奪 取 の 民 事 面 に 関 する 条 約 の 批 准 についての 意 見 書 大 阪 弁 護 士 会 会 長 金 子 武 嗣 第 1 趣 旨 政 府 は,ハーグ 国 際 私 法 会 議 において 制 定 された 国 際 的 な 子 の 奪 取 の 民 事 面 に 関 する 条 約 ( 以 下 ハーグ 条 約 という

More information

Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 企 業 再 生 債 権 管 理 ニュースレター 1. 本 報 告 書 において 検 討 された 3 つの 制 度 モデル 本 検 討 会 においては 商 取 引 債 権 者 も 債 権 カット 対 象 となることにより 事 業 価 値 維 持 が 困 難 となるとい

Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 企 業 再 生 債 権 管 理 ニュースレター 1. 本 報 告 書 において 検 討 された 3 つの 制 度 モデル 本 検 討 会 においては 商 取 引 債 権 者 も 債 権 カット 対 象 となることにより 事 業 価 値 維 持 が 困 難 となるとい 2015 年 9 月 号 事 業 再 生 ADR への 多 数 決 原 理 導 入 に 向 けた 動 き ~ 本 年 3 月 の 有 識 者 検 討 会 報 告 書 について~ Ⅰ. はじめに Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 Ⅲ. 今 後 の 課 題 と 展 望 森 濱 田 松 本 法 律 事 務 所 弁 護 士 山 崎 良 太 TEL 03 5223 7790 ryota.yamasaki@mhmjapan.com

More information

Microsoft PowerPoint - 070608訴訟状況.ppt

Microsoft PowerPoint - 070608訴訟状況.ppt 住 基 ネット 関 連 訴 訟 に 関 する 判 決 資 料 8 < 平 成 17 年 > 5 月 30 日 ( 月 ) 金 沢 地 裁 判 決 ( 一 部 敗 訴 ) 1 5 月 31 日 ( 火 ) 名 古 屋 地 裁 10 部 判 決 ( 全 面 勝 訴 ) 2 10 月 14 日 ( 金 ) 福 岡 地 裁 判 決 ( 全 面 勝 訴 ) < 平 成 18 年 > 2 月 9 日 ( 木 )

More information

保険商品を巡る課税上の諸問題

保険商品を巡る課税上の諸問題 保 険 商 品 を 巡 る 課 税 上 の 諸 問 題 - 支 払 保 険 料 の 損 金 性 の 問 題 を 中 心 に- 矢 田 公 一 税 務 大 学 校 研 究 部 教 授 106 要 約 1 研 究 の 目 的 ( 問 題 の 所 在 ) 法 人 が その 役 員 使 用 人 の 福 利 厚 生 のため あるいは 事 故 発 生 時 の 経 営 面 での 打 撃 を 軽 減 するため それらの

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc

Microsoft Word - 陳レジュメ.doc 2006.4.29 台 湾 における 憲 法 と 市 民 社 会 陳 志 明 本 報 告 では まず 台 湾 における 憲 法 の 変 遷 とその 歴 史 的 社 会 的 背 景 をたどった 上 で 憲 法 と 市 民 社 会 との 関 わり そして 東 アジア 規 模 での 課 題 について 考 える Ⅰ 蒋 介 石 蒋 経 国 政 権 期 1. 中 華 民 国 憲 法 の 制 定 台 湾 の 憲

More information

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1 訴 状 2013 年 ( 平 成 25 年 )11 月 7 日 佐 賀 地 方 裁 判 所 御 中 原 告 ら 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 東 島 浩 幸 同 桑 原 健 同 梶 原 恒 夫 同 八 木 大 和 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 の 通 り 退 職 金 請 求 事 件 訴 訟 物 の 価 額 金 364 万 0745 円 貼 用 印 紙 額 金 2 万

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年 判 例 時 報 平 成 26 年 6 月 21 日 号 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セ 現 状 と 課 題 ンター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 < 行 政 > 1 件 33 < 民 事 > 6 件 46 < 知 の 財 産 権 > 2 件 100 < 商 事 > 1

More information

123456789012345678901234567890123456

123456789012345678901234567890123456 医 療 保 険 約 款 における 法 的 問 題 上 智 大 学 甘 利 公 人 1.はじめに 医 療 保 険 は 被 保 険 者 が 傷 害 または 疾 病 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 入 院 手 術 をした ときに 保 険 金 を 支 払 うものである 被 保 険 者 が 傷 害 や 疾 病 を 原 因 として 入 院 手 術 をしたこ とが 保 険 事 故 となっている 医

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され 主 文 1 札 幌 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 原 告 に 対 して 平 成 24 年 12 月 6 日 付 けでした 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 家 屋 について 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 平 成 24 年 度 の 価 格 についての 審 査 の 申 出 を 棄 却 する 旨 の 決 定 のうち, 価 格 1 億 2698 万

More information

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳 主 文 原 判 決 中, 上 告 人 敗 訴 部 分 を 破 棄 する 前 項 の 部 分 につき, 本 件 を 知 的 財 産 高 等 裁 判 所 に 差 し 戻 す 理 由 上 告 代 理 人 中 村 稔 ほかの 上 告 受 理 申 立 て 理 由 第 2について 1 本 件 は, 上 告 人 が, 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 )の 施 行 日 である 昭 和 46

More information

あって この 救 済 命 令 は 不 当 労 働 行 為 による 被 害 の 救 済 としての 性 質 をもつものでな ければならず このことから 導 かれる 一 定 の 限 界 を 超 えることはできないものといわな ければならない しかし 法 が 右 のように 労 働 委 員 会 に 広 い 裁

あって この 救 済 命 令 は 不 当 労 働 行 為 による 被 害 の 救 済 としての 性 質 をもつものでな ければならず このことから 導 かれる 一 定 の 限 界 を 超 えることはできないものといわな ければならない しかし 法 が 右 のように 労 働 委 員 会 に 広 い 裁 最 高 裁 昭 和 四 五 年 ( 行 ツ) 第 六 〇 号 第 六 一 号 五 二 二 二 三 判 決 判 決 上 告 人 東 京 都 地 方 労 働 委 員 会 補 助 参 加 人 東 京 自 動 車 交 通 労 働 組 合 補 助 参 加 人 X1 補 助 参 加 人 X2 補 助 参 加 人 X3 補 助 参 加 人 X4 補 助 参 加 人 X5 補 助 参 加 人 X6 被 上 告 人

More information

民法(債権関係)の改正

民法(債権関係)の改正 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 要 綱 仮 案 が 決 定 通 常 国 会 にも 法 案 提 出 の 可 能 性 法 務 委 員 会 調 査 室 菱 沼 誠 一 1.はじめに 法 制 審 議 会 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 ( 以 下 部 会 という )は 平 成 26 年 8 月 26 日 に 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 要 綱 仮 案 1 ( 以

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

Microsoft Word - 131106WS議事録【修正後】.docx

Microsoft Word - 131106WS議事録【修正後】.docx 都 市 公 共 政 策 ワークショップⅡ 議 事 録 開 講 日 : 平 成 25 年 10 月 18 日 ( 金 ) 講 師 : 横 田 明 美 先 生 千 葉 大 学 法 経 学 部 総 合 政 策 学 科 政 策 実 現 における 訴 訟 の 機 能 はじめに 横 田 先 生 が 執 筆 中 の 論 文 義 務 付 け 訴 訟 の 機 能 - 時 間 の 観 点 からみた 行 政 と 司 法

More information

大阪大学法学部同窓会 青雲会 懸賞論文

大阪大学法学部同窓会 青雲会 懸賞論文 大 阪 大 学 法 学 部 同 窓 会 青 雲 会 懸 賞 論 文 死 刑 にあたる 罪 についての 公 訴 時 効 廃 止 の 是 非 法 学 部 法 学 科 1 回 生 浅 岡 遼 太 郎 包 末 成 留 美 五 味 洋 平 松 本 真 弥 代 表 : 五 味 洋 平 1 死 刑 にあたる 罪 についての 公 訴 時 効 廃 止 の 是 非 大 阪 大 学 法 学 部 法 学 科 1 回 生 浅

More information

<5461726F2D323031338D7390AD9640838C8357838583812E6A7464>

<5461726F2D323031338D7390AD9640838C8357838583812E6A7464> 2013 年 度 行 政 法 レジュメ(7) の 2013.5.22 石 崎 は 本 講 義 (7 回 から11 回 )では 1 行 政 処 分 ( 行 政 行 為 )の 基 本 的 概 念 と 2 行 政 処 分 Ⅵ. 行 処 分 の 概 念 特 徴 ( 特 にその 権 力 性 )を 理 解 することを 主 目 標 とする その 際 素 材 に 取 り 上 げるの 題 ある 許 認 行 可 政 上

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

24-1-本文-中表紙.indd

24-1-本文-中表紙.indd 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 論 説 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 岩 﨑 政 明 Ⅰ はじめに 本 稿 は 弁 護 士 法 23 条 の 2 に 定 める いわゆる 弁 護 士 会 照 会 に 対 して 顧 客 情 報 について 守 秘 義 務 を 負 う 税 理 士 等 の 専 門 家 がその

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初 平 成 23 年 (ワ) 第 21209 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 被 告 渡 邉 光 一 郎 第 2 準 備 書 面 平 成 24 年 3 月 1 日 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 8 部 合 議 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 阪 口 徳 雄 同 金 啓 彦 同 大 住 洋 外 14 名 本 書 面 は, 被 告 準 備 書 面 (1)に 対 する

More information

Microsoft Word - 根本表紙

Microsoft Word - 根本表紙 後 発 的 事 由 による 更 正 の 請 求 についての 考 察 後 発 的 事 由 の 該 当 性 及 び 減 額 更 正 年 度 を 中 心 として 根 本 昌 幸 後 発 的 事 由 による 更 正 の 請 求 についての 考 察 後 発 的 事 由 の 該 当 性 及 び 減 額 更 正 年 度 を 中 心 として 納 税 者 が 過 年 度 の 申 告 内 容 を 自 己 の 有 利 に

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information

183761DAD5529296492570DF001A2E9

183761DAD5529296492570DF001A2E9 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

3 申 立 人 らの 申 立 てに 対 して 被 申 立 人 が 裁 定 委 員 会 で 行 った 2015 年 5 月 12 日 付 け 裁 定 (2015 年 ( 裁 ) 第 3 号 裁 定 )のうち 被 申 立 人 は 被 申 立 人 強 化 委 員 会 決 定 のとおり D クルーを 代 表

3 申 立 人 らの 申 立 てに 対 して 被 申 立 人 が 裁 定 委 員 会 で 行 った 2015 年 5 月 12 日 付 け 裁 定 (2015 年 ( 裁 ) 第 3 号 裁 定 )のうち 被 申 立 人 は 被 申 立 人 強 化 委 員 会 決 定 のとおり D クルーを 代 表 仲 裁 判 断 の 骨 子 公 益 財 団 法 人 日 本 スポーツ 仲 裁 機 構 JSAA-AP-2015-003 申 立 人 X1 X2 申 立 人 代 理 人 弁 護 士 五 十 嵐 潤 同 鳩 貝 滋 被 申 立 人 公 益 社 団 法 人 日 本 ボート 協 会 被 申 立 人 代 理 人 弁 護 士 鈴 木 仁 主 文 本 件 スポーツ 仲 裁 パネルは 次 のとおり 判 断 する 1

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

ケーススタディ 3 死 刑 求 刑 事 件 の 上 告 審 弁 論 期 日 の 欠 席 問 題 村 岡 啓 一 はじめに 2006 年 6 月 20 日 最 高 裁 第 三 小 法 廷 は いわゆる 山 口 県 光 市 母 子 殺 害 事 件 につき 検 察 官 の 上 告 趣 意 ( 判 例 違

ケーススタディ 3 死 刑 求 刑 事 件 の 上 告 審 弁 論 期 日 の 欠 席 問 題 村 岡 啓 一 はじめに 2006 年 6 月 20 日 最 高 裁 第 三 小 法 廷 は いわゆる 山 口 県 光 市 母 子 殺 害 事 件 につき 検 察 官 の 上 告 趣 意 ( 判 例 違 Title 刑 事 弁 護 人 の 役 割 と 倫 理 村 岡, 啓 一 ; 川 崎, 英 明 ; 指 宿, 信 ; 武 井, 康 年 ; 大 出, 良 知 ; 高 田, 昭 正 ; 上 田, 信 太 郎 ; 上 田, 國 廣 ; 白 取, Author(s) 祐 司 ; 森 下, 弘 ; 水 谷, 規 男 ; 加 藤, 克 佳 ; 田 淵, 浩 二 ; 四 宮, 啓 Citation Issue

More information

<5461726F31332D8CF68A4A977081458DDD93FA8A4F8D91906C8FE182AA82A2>

<5461726F31332D8CF68A4A977081458DDD93FA8A4F8D91906C8FE182AA82A2> 日 弁 連 総 第 125 号 2010 年 ( 平 成 22 年 )4 月 7 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 内 閣 総 理 大 臣 鳩 山 由 紀 夫 殿 衆 議 院 議 長 横 路 孝 弘 殿 参 議 院 議 長 江 田 五 月 殿 日 本 弁 護 士 連 合 会 会 長 宇 都 宮 健 児 勧 告 書 当 連 合 会 は,A 外 22 名 申 立 てに 係 る 人 権 救 済

More information

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭

Q3 今 回 の 解 釈 改 憲 で 憲 法 の 規 範 性 が 損 なわれる との 批 判 がありますが A3 今 回 のいわゆる 自 衛 の 措 置 としての 武 力 の 行 使 の 新 三 要 件 は わが 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 の 大 きな 変 化 を 踏 まえ 昭 安 全 保 障 法 制 整 備 に 関 するQ&A 平 成 26 年 7 月 自 由 民 主 党 Q1 なぜ 今 憲 法 解 釈 を 見 直 し 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 を 容 認 する 必 要 があるのです か? 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 によらなくても 個 別 的 自 衛 権 や 既 存 の 法 制 度 の 下 での 対 応 が 可 能 ではないですか? A1 国 民 の

More information

無罪判決後の勾留に関する意見書

無罪判決後の勾留に関する意見書 無 罪 判 決 後 の 勾 留 に 関 する 意 見 書 2015 年 ( 平 成 27 年 )10 月 21 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 刑 事 訴 訟 法 第 345 条 に, 第 2 項 として, 判 決 で 無 罪 の 言 渡 しがあったときは, 上 訴 審 において 原 判 決 が 破 棄 されるまで, 新 たに 勾 留 状 を 発 することはできな い

More information

平成15年度税制改正の概要

平成15年度税制改正の概要 [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 小 規 模 宅 地 / 居 住 の 用 に 供 されていた 宅 地 の 意 義 / 生 活 の 拠 点 第 42 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )12 月 2 日 発 表 中 島 孝 一 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての 詳

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

目 次 はじめに 諮 問 内 容 と 審 議 の 経 過 1 1. 杉 並 区 における 狭 あい 道 路 の 状 況 と 拡 幅 整 備 の 実 態 (1) 狭 あい 道 路 の 種 類 と 分 布 2 (2) 狭 あい 道 路 拡 幅 整 備 の 実 態 と 問 題 点 2 2. 狭 あい 道

目 次 はじめに 諮 問 内 容 と 審 議 の 経 過 1 1. 杉 並 区 における 狭 あい 道 路 の 状 況 と 拡 幅 整 備 の 実 態 (1) 狭 あい 道 路 の 種 類 と 分 布 2 (2) 狭 あい 道 路 拡 幅 整 備 の 実 態 と 問 題 点 2 2. 狭 あい 道 狭 あい 道 路 の 拡 幅 整 備 について 中 間 のまとめ 平 成 26 年 11 月 杉 並 区 狭 あい 道 路 拡 幅 整 備 に 関 する 審 議 会 目 次 はじめに 諮 問 内 容 と 審 議 の 経 過 1 1. 杉 並 区 における 狭 あい 道 路 の 状 況 と 拡 幅 整 備 の 実 態 (1) 狭 あい 道 路 の 種 類 と 分 布 2 (2) 狭 あい 道 路 拡

More information

1. はじめに 本 指 針 では 第 3 章 2.(3)2(イ) 就 業 規 則 契 約 等 による 従 業 者 退 職 者 等 への 秘 密 保 持 の 要 請 において 有 効 性 が 認 められやすい 競 業 避 止 義 務 契 約 のポイントについ て 記 載 している これは 平 成 24

1. はじめに 本 指 針 では 第 3 章 2.(3)2(イ) 就 業 規 則 契 約 等 による 従 業 者 退 職 者 等 への 秘 密 保 持 の 要 請 において 有 効 性 が 認 められやすい 競 業 避 止 義 務 契 約 のポイントについ て 記 載 している これは 平 成 24 参 考 資 料 6 競 業 避 止 義 務 契 約 の 有 効 性 について 1. はじめに 本 指 針 では 第 3 章 2.(3)2(イ) 就 業 規 則 契 約 等 による 従 業 者 退 職 者 等 への 秘 密 保 持 の 要 請 において 有 効 性 が 認 められやすい 競 業 避 止 義 務 契 約 のポイントについ て 記 載 している これは 平 成 24 年 度 経 済 産 業

More information

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権 民 法 改 正 論 点 の 検 討 ~ 消 滅 時 効 制 度 その1~ 平 成 27 年 10 月 26 日 弁 護 士 法 人 ほくと 総 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 平 岡 弘 次 弁 護 士 井 田 大 輔 第 1 はじめに 平 成 27 年 2 月 10 日 開 催 の 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 第 99 回 会 議 において 民 法 ( 債 権 関 係 ) の 改

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

からないから,これを 明 らかにしてもらうために 審 査 請 求 をする (2) 意 見 書 ア 本 件 不 開 示 情 報 が 開 示 されることによって,1 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 が 生 じるかどうか( 法 5 条 4 号 ),2 大 阪 高 等 検 察 庁 及

からないから,これを 明 らかにしてもらうために 審 査 請 求 をする (2) 意 見 書 ア 本 件 不 開 示 情 報 が 開 示 されることによって,1 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 が 生 じるかどうか( 法 5 条 4 号 ),2 大 阪 高 等 検 察 庁 及 諮 問 庁 : 検 事 総 長 諮 問 日 : 平 成 25 年 9 月 30 日 ( 平 成 25 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 423 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 439 号 ) 事 件 名 : 級 別 定 数 ( 平 成 24 年 度 当 初 ) 等 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

09堀内.indd

09堀内.indd 議 院 内 閣 制 の 二 つのモデルと 実 定 憲 法 論 堀 内 健 志 目 次 1. 序 問 題 の 所 在 2. 議 院 内 閣 制 の 二 つのモデル 3. 実 定 憲 法 解 釈 論 としての 議 院 内 閣 制 4. 結 び 1. 序 問 題 の 所 在 (1) 憲 法 学 上 の 統 治 組 織 論 に 登 場 する 国 家 機 関 相 互 間 の 諸 態 様 は もともと 近 代

More information

民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 目 次 第 1 法 律 行 為 総 則 法 律 行 為 の 意 義 ( 民 法 第 1 編 第 5 章 第 1 節 関 係 ) 公 序 良 俗 ( 民 法 第 90 条 関

民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 目 次 第 1 法 律 行 為 総 則 法 律 行 為 の 意 義 ( 民 法 第 1 編 第 5 章 第 1 節 関 係 ) 公 序 良 俗 ( 民 法 第 90 条 関 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 平 成 25 年 6 月 17 日 東 京 弁 護 士 会 倒 産 法 部 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 目 次 第 1 法 律 行 為 総 則... 1 1 法 律 行 為 の 意 義 ( 民 法 第 1 編 第 5 章 第 1 節

More information

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論 1 速 報 税 理 御 中 2011.10.20 2000 字 ( 最 大 4000 字 ) 目 安 連 担 建 築 物 設 計 制 度 下 での 余 剰 容 積 率 の 移 転 の 対 価 は 譲 渡 所 得 ではなく 不 動 産 所 得 である 東 京 地 判 平 成 20 年 11 月 28 日 税 資 258 号 順 号 11089TAINS:Z888-1472 立 教 大 学 法 学 部

More information

社会科学習指導略案

社会科学習指導略案 第 3 学 年 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 24 年 9 月 28 日 ( 金 )5 校 時 学 級 : 男 子 9 名 女 子 18 名 計 27 名 指 導 者 : 千 葉 邦 彦 1 単 元 名 第 3 章 わたしたちの 暮 らしと 民 主 政 治 第 2 節 司 法 権 の 独 立 と 裁 判 ( 教 育 出 版 P92~101) 2 単

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生 2012 年 6 月 14 日 森 本 紀 行 資 産 運 用 コラム 厚 生 年 金 基 金 の 脱 退 と 解 散 をめぐる 社 会 問 題 前 回 は 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 について 解 散 と 任 意 脱 退 をめぐる 解 き 得 ない 難 問 が 検 討 さ れたのでした 今 回 は 続 編 として その 難 問 が 具 体 的 な 社 会 問 題 化 していることについて

More information

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に 2015.9.1 2015 年 ベトナム 民 法 改 正 ドラフトに 対 する JICA 民 法 共 同 研 究 会 見 解 (エグゼクティブ サマリー) JICA 法 司 法 制 度 改 革 支 援 プロジェクト(フェーズ 2) 民 法 共 同 研 究 会 序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行

More information

6F0C56DFB43BCDF749256C4400256D3

6F0C56DFB43BCDF749256C4400256D3 平 成 14 年 (ワ) 第 1157 号 出 版 差 止 等 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 14 年 5 月 15 日 判 決 原 告 A 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 武 田 博 孝 同 長 島 亘 被 告 株 式 会 社 ポプラ 社 被 告 B 被 告 ら 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 蜂 須 優 二 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴

More information

<5461726F2D817966696E616C817A91E68250825782588D868FF096F189BC>

<5461726F2D817966696E616C817A91E68250825782588D868FF096F189BC> 切 仕 号 総 理 ジ ュ ネ ー ブ 招 集 月 回 本 原 則 宣 言 公 地 球 模 化 社 義 宣 言 目 標 達 成 人 切 仕 促 進 決 留 族 責 任 男 女 賃 金 増 高 齢 障 害 児 童 育 増 大 見 多 額 得 転 含 世 界 経 済 重 要 貢 献 認 識 依 然 過 小 評 価 軽 視 主 女 子 わ 女 子 多 差 人 侵 害 被 害 や 立 地 域 社 構 成 員

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

Microsoft Word - 160118資産申告問題要望書(案)

Microsoft Word - 160118資産申告問題要望書(案) 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎 恭 久 殿 2016( 平 成 27) 年 2 月 1 日 資 産 申 告 書 に 関 する 保 護 課 長 通 知 の 撤 回 等 を 求 める 要 望 書 生 活 保 護 問 題 対 策 全 国 会 議 代 表 幹 事 尾 藤 廣 喜 第 1 要 望 の 趣 旨 1 生 活 保 護 利 用 者 に 対 して 最 低 年 1 回 の 資 産 申 告 を 行 わせるよう

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず(

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず( 別 紙 2 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 実 務 上 の 検 討 ポイント 第 1 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 概 要 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 ( 以 下 D&O 保 険 ) とは 保 険 契 約 者 である 会 社 と 保 険 者 である 保 険 会 社 の 契 約 により 被 保 険 者 とされている 役 員

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

区 分 所 有 者 の 団 体 が 一 人 の 区 分 所 有 者 による 滞 納 管 理 費 等 の 不 払 いは 共 同 の 利 益 に 反 する 行 為 に 当 たる とし 建 物 の 区 分 所 有 等 に 関 する 法 律 59 条 に 基 づき 本 件 不 動 産 の 競 売 を 請 求

区 分 所 有 者 の 団 体 が 一 人 の 区 分 所 有 者 による 滞 納 管 理 費 等 の 不 払 いは 共 同 の 利 益 に 反 する 行 為 に 当 たる とし 建 物 の 区 分 所 有 等 に 関 する 法 律 59 条 に 基 づき 本 件 不 動 産 の 競 売 を 請 求 明 治 学 院 大 学 機 関 リポジトリ http://repository.meijigakuin 区 分 所 有 者 の 団 体 が 一 人 の 区 分 所 有 者 による 滞 納 管 理 費 等 の 不 払 いは 共 同 の 利 益 に 反 する 行 為 に 当 たると Title し 建 物 の 区 分 所 有 等 に 関 する 法 律 59 条 に 基 づき 本 Author(s) 竹

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

Taro13-H 森林・環境フォ

Taro13-H 森林・環境フォ 森 林 環 境 フォーラム 報 告 資 料 奥 入 瀬 渓 流 事 件 判 決 について 弁 護 士 平 成 22 年 11 月 20 日 お ぼ な い 小 保 内 義 和 第 1 事 案 の 概 要 と 原 告 ( 被 害 者 )の 請 求 の 内 容 1 平 成 15 年 8 月 4 日 十 和 田 八 幡 平 国 立 公 園 の 奥 入 瀬 渓 流 の 石 ヶ 戸 地 区 所 在 の 遊 歩

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -200( 順 号 12324) 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 すべき 理 由 がない 旨 の 通 知 処 分 取 消 等 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 新 宿 税 務 署 長 事 務 承 継 者 日 本 橋 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 10 月 30 日 棄 却 控 訴 判 決 原 告 更 生 会 社

More information

067-089★帝京法学第28巻第1号★07口★上條.indd

067-089★帝京法学第28巻第1号★07口★上條.indd 納 税 申 告 における 制 度 選 択 の 意 思 表 示 と 租 税 法 律 主 義 67 納 税 申 告 における 制 度 選 択 の 意 思 表 示 と 租 税 法 律 主 義 各 納 税 者 の 意 思 と 全 納 税 者 の 意 思 上 條 克 彦 1 はじめに 今 年 の 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 大 地 震 ( 東 日 本 大 震 災 )が 発 生 すると

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information