及 び 意 見 交 換 が 行 われた 委 員 からのご 意 見 事 業 用 地 内 における 基 準 値 を 超 える 土 壌 は 自 然 的 原 因 による 汚 染 土 である 兵 庫 県 域 の 事 業 用 地 内 における 土 壌 調 査 は 18 年 度 19 年 度 の 調 査 内 容

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "及 び 意 見 交 換 が 行 われた 委 員 からのご 意 見 事 業 用 地 内 における 基 準 値 を 超 える 土 壌 は 自 然 的 原 因 による 汚 染 土 である 兵 庫 県 域 の 事 業 用 地 内 における 土 壌 調 査 は 18 年 度 19 年 度 の 調 査 内 容"

Transcription

1 第 一 回 新 名 神 高 速 道 路 兵 庫 県 域 掘 削 土 対 策 検 討 会 議 事 要 旨 1. 日 時 平 成 20 年 5 月 29 日 ( 木 )14 時 ~17 時 2. 場 所 建 設 交 流 館 会 議 室 出 席 委 員 ( 敬 称 略 ) 委 員 長 嘉 門 雅 史 ( 京 都 大 学 大 学 院 地 球 環 境 学 堂 教 授 ) 委 員 平 田 健 正 ( 和 歌 山 大 学 システム 工 学 部 教 授 ) 三 田 村 宗 樹 ( 大 阪 市 立 大 学 大 学 院 理 学 研 究 科 准 教 授 ) 伊 藤 浩 子 (( 財 ) 地 域 地 盤 環 境 研 究 所 地 形 地 質 グループ) 秋 山 和 裕 ( 兵 庫 県 農 政 環 境 部 環 境 管 理 局 水 質 課 副 課 長 ) 菅 原 道 直 ( 神 戸 市 環 境 局 環 境 保 全 指 導 課 主 幹 ) 井 上 忍 ( 宝 塚 市 環 境 部 環 境 政 策 室 環 境 管 理 課 課 長 ) 横 田 聖 哉 (( 株 ) 高 速 道 路 総 合 技 術 研 究 所 道 路 研 究 部 土 工 研 究 室 研 究 担 当 室 長 ) 代 理 出 席 山 本 稔 (( 株 ) 高 速 道 路 総 合 技 術 研 究 所 交 通 環 境 研 究 部 環 境 緑 化 研 究 室 研 究 担 当 室 長 ) 田 山 聡 ( 西 日 本 高 速 道 路 ( 株 ) 関 西 支 社 建 設 事 業 部 建 設 グループ リーダー) 殿 垣 内 正 人 ( 西 日 本 高 速 道 路 ( 株 ) 大 阪 技 術 事 務 所 長 ) 前 邦 彦 ( 西 日 本 高 速 道 路 ( 株 ) 神 戸 工 事 事 務 所 長 ) 4. 議 題 (1) 兵 庫 県 域 掘 削 土 対 策 検 討 会 の 位 置 づけと 検 討 内 容 (2) 新 名 神 高 速 道 路 川 西 ~ 神 戸 間 工 事 概 要 (3) 平 成 18 年 度 平 成 19 年 度 の 土 壌 調 査 結 果 の 概 要 (4) 今 後 のスケジュール 5. 議 事 (1) 兵 庫 県 域 掘 削 土 対 策 検 討 会 の 位 置 づけと 検 討 内 容 事 務 局 から 検 討 会 の 設 立 趣 意 規 約 についての 説 明 を 行 い 承 認 を 得 た (2) 新 名 神 高 速 道 路 川 西 ~ 神 戸 間 工 事 概 要 西 日 本 高 速 道 路 神 戸 工 事 事 務 所 長 より 工 事 概 要 の 説 明 を 行 った (3) 平 成 18 年 度 平 成 19 年 度 の 土 壌 調 査 結 果 の 概 要 事 務 局 から 平 成 18 年 度 平 成 19 年 度 の 土 壌 調 査 結 果 の 概 要 について 説 明 質 疑 応 答

2 及 び 意 見 交 換 が 行 われた 委 員 からのご 意 見 事 業 用 地 内 における 基 準 値 を 超 える 土 壌 は 自 然 的 原 因 による 汚 染 土 である 兵 庫 県 域 の 事 業 用 地 内 における 土 壌 調 査 は 18 年 度 19 年 度 の 調 査 内 容 で 十 分 把 握 でき ており 現 段 階 において 追 加 調 査 の 必 要 はない 但 し 自 然 的 原 因 による 含 有 量 の 上 限 値 の 目 安 を 超 える 土 壌 について 地 域 特 性 を 把 握 しておくことが 必 要 である 古 い 坑 道 付 近 に 見 つかった 鉱 滓 らしきものの 取 り 扱 いについては 今 後 兵 庫 県 と 西 日 本 高 速 道 路 ( 株 )の 協 議 に 基 づいて 適 切 な 対 応 を 行 う (4) 今 後 のスケジュール 事 務 局 から 今 後 のスケジュール( 案 )について 説 明 を 行 った 以 上

3 第 二 回 新 名 神 高 速 道 路 兵 庫 県 域 掘 削 土 対 策 検 討 会 議 事 要 旨 1. 日 時 平 成 20 年 11 月 14 日 ( 金 )14 時 ~17 時 2. 場 所 建 設 交 流 館 会 議 室 702( 大 阪 市 西 区 立 売 堀 ) 3. 出 席 委 員 ( 敬 称 略 ) 委 員 長 嘉 門 雅 史 ( 京 都 大 学 名 誉 教 授 ) 委 員 三 田 村 宗 樹 ( 大 阪 市 立 大 学 大 学 院 理 学 研 究 科 准 教 授 ) 伊 藤 浩 子 (( 財 ) 地 域 地 盤 環 境 研 究 所 地 形 地 質 グループ) 秋 山 和 裕 ( 兵 庫 県 農 政 環 境 部 環 境 管 理 局 水 質 課 副 課 長 ) 望 月 陽 二 ( 神 戸 市 環 境 局 環 境 保 全 指 導 課 ) 代 理 出 席 井 上 忍 ( 宝 塚 市 環 境 部 環 境 政 策 室 環 境 管 理 課 課 長 ) 横 田 聖 哉 (( 株 ) 高 速 道 路 総 合 技 術 研 究 所 道 路 研 究 部 土 工 研 究 室 長 ) 山 本 稔 (( 株 ) 高 速 道 路 総 合 技 術 研 究 所 交 通 環 境 研 究 部 環 境 緑 化 研 究 室 研 究 担 当 室 長 ) 田 山 聡 ( 西 日 本 高 速 道 路 ( 株 ) 関 西 支 社 建 設 事 業 部 建 設 グループ リーダー) 殿 垣 内 正 人 ( 西 日 本 高 速 道 路 ( 株 ) 大 阪 技 術 事 務 所 長 ) 小 笹 浩 司 ( 西 日 本 高 速 道 路 ( 株 ) 神 戸 工 事 事 務 所 長 ) 4. 議 題 (1) 土 配 計 画 ( 案 ) (2) 土 壌 調 査 結 果 水 質 分 析 結 果 (3) 対 策 工 ( 案 ) モニタリング( 案 ) 簡 易 迅 速 分 析 (4)その 他 5. 議 事 (1) 議 事 確 認 事 務 局 から 第 1 回 検 討 会 議 事 要 旨 の 確 認 検 討 会 での 審 議 に 対 するその 後 の 対 応 について 説 明 を 行 った (2) 土 配 計 画 ( 案 ) 平 成 20 年 11 月 現 在 の 概 略 土 配 計 画 について 説 明 が 行 われた (3) 土 壌 調 査 結 果 水 質 分 析 結 果 事 務 局 から 土 壌 調 査 結 果 水 質 分 析 結 果 について 説 明 質 疑 応 答 及 び 意 見 交 換 が 行 われ た

4 委 員 からのご 意 見 土 壌 分 析 の 条 件 に 関 する 情 報 は 実 際 の 工 事 での 掘 削 土 の 取 扱 いに 際 して 参 考 になる 可 能 性 が 高 い 土 壌 分 析 調 査 の 方 法 ( 土 壌 汚 染 対 策 法 に 準 じた 方 法 ボーリングコアを 用 い た 方 法 等 ) 分 析 深 度 の 間 隔 コアの 採 取 時 期 保 管 状 態 ( 乾 湿 状 況 など) 岩 種 岩 級 鉱 脈 が 入 った 部 分 を 局 所 的 に 取 り 出 した 分 析 あるいはロット 全 体 を 混 合 した 状 態 での 分 析 な のかなど 分 析 条 件 区 別 の 整 理 と 資 料 への 明 示 が 必 要 である 河 川 の 水 質 分 析 の phは 7~9 の 範 囲 にあることから 重 炭 酸 イオンを 含 む 地 下 水 の 影 響 で 砒 素 が 溶 出 してきている(pH の 高 い 環 境 で 粘 土 粒 子 表 面 の 吸 着 能 が 低 下 し 砒 素 が 溶 出 している)とみることもできる 今 回 の 水 質 分 析 結 果 と 異 なり 実 際 の 盛 土 では 酸 素 を 多 く 含 んだ 雨 水 が 盛 土 内 を 浸 透 するため 今 回 の 分 析 結 果 と 実 施 工 では 溶 出 特 性 が 異 なること に 留 意 しておくことが 必 要 である 河 川 の 水 質 分 析 については 水 の 採 取 分 析 方 法 を 資 料 に 明 示 しておくことが 必 要 であ る 水 質 に 関 しては 重 金 属 類 が 細 粒 分 表 面 に 吸 着 して 排 出 される 可 能 性 もあるので 事 業 地 から 排 出 される 水 については 十 分 な 管 理 をお 願 いしたい (4) 対 策 工 ( 案 ) モニタリング( 案 ) 簡 易 迅 速 分 析 事 務 局 から 対 策 工 ( 案 ) モニタリング( 案 ) 簡 易 迅 速 分 析 について 説 明 質 疑 応 答 及 び 意 見 交 換 が 行 われた 委 員 からのご 意 見 指 定 基 準 の 適 合 超 過 判 別 区 分 のための 事 前 調 査 に 関 しても 具 体 的 な 検 討 が 必 要 ま た 指 定 基 準 の 10 倍 を 超 過 した 場 合 の 対 処 方 法 についても 対 策 方 法 を 策 定 することが 必 要 指 定 基 準 適 合 土 による 通 常 盛 土 工 についても リスクがゼロとの 判 断 はできないので 施 工 時 には 年 4 回 程 度 のモニタリングを 実 施 し 安 全 性 の 確 認 などが 必 要 国 土 交 通 省 が 有 識 者 会 議 を 設 置 し 建 設 工 事 で 発 生 する 自 然 由 来 汚 染 土 の 処 理 方 法 確 立 に 向 け 具 体 的 な 検 討 を 始 めている(2008 年 度 末 に 調 査 対 応 マニュアル を 策 定 予 定 ) 対 策 工 モニタリング 簡 易 迅 速 分 析 についてはさらに 議 論 することが 必 要 (5)その 他 事 務 局 より 次 回 の 検 討 会 での 審 議 内 容 ( 案 )について 説 明 を 行 った 以 上

5 第 三 回 新 名 神 高 速 道 路 兵 庫 県 域 掘 削 土 対 策 検 討 会 議 事 要 旨 1. 日 時 平 成 21 年 11 月 25 日 ( 水 )14 時 ~17 時 2. 場 所 TKP 新 大 阪 会 議 室 ( 大 阪 市 淀 川 区 宮 原 ) 3. 出 席 委 員 ( 敬 称 略 ) 委 員 長 嘉 門 雅 史 ( 京 都 大 学 名 誉 教 授 ) 委 員 伊 藤 浩 子 (( 財 ) 地 域 地 盤 環 境 研 究 所 地 形 地 質 グループ) 正 賀 充 ( 兵 庫 県 農 政 環 境 部 環 境 管 理 局 水 質 課 副 課 長 ) 菅 原 通 直 ( 神 戸 市 環 境 局 環 境 保 全 指 導 課 主 幹 ) 和 田 秀 彰 ( 宝 塚 市 市 民 環 境 部 市 民 生 活 室 副 課 長 ) 代 理 出 席 横 田 聖 哉 (( 株 ) 高 速 道 路 総 合 技 術 研 究 所 道 路 研 究 部 土 工 研 究 室 長 ) 山 本 稔 (( 株 ) 高 速 道 路 総 合 技 術 研 究 所 交 通 環 境 研 究 部 環 境 緑 化 研 究 室 室 長 ) 松 永 佳 弘 ( 西 日 本 高 速 道 路 ( 株 ) 関 西 支 社 建 設 事 業 部 建 設 グループ リーダー) 田 山 聡 ( 西 日 本 高 速 道 路 ( 株 ) 大 阪 技 術 事 務 所 長 ) 小 笹 浩 司 ( 西 日 本 高 速 道 路 ( 株 ) 兵 庫 工 事 事 務 所 長 ) 4. 議 題 (1) 土 配 計 画 ( 案 ) (2) 水 質 分 析 結 果 (3)その 他 5. 議 事 (1) 議 事 確 認 事 務 局 から 第 2 回 検 討 会 議 事 要 旨 の 確 認 検 討 会 での 審 議 に 対 するその 後 の 対 応 について 説 明 を 行 った (2) 土 配 計 画 ( 案 ) 事 務 局 から 土 配 計 画 ( 案 )について 説 明, 質 疑 応 答 が 行 われた (3) 水 質 分 析 結 果 事 務 局 から 河 川 水 質 分 析 結 果 について, 調 査 地 域 における 水 質 のバックグラウンド 値 の 把 握 について 説 明, 質 疑 応 答 及 び 意 見 交 換 が 行 われた 前 回 委 員 会 までに 報 告 した 分 析 結 果 に, 最 新 データ3 回 分 ( 平 成 20 年 度 冬 季 平 成 21 年 度 春 季 夏 季 )を 追 加 した

6 (4)その 他 国 土 交 通 省 による 建 設 工 事 における 自 然 由 来 重 金 属 等 含 有 岩 石 土 壌 への 対 応 マニュ アル は, 現 時 点 でまだ 内 容 が 確 定 していない 状 況 公 開 時 期 は 未 定 土 壌 汚 染 対 策 法 の 改 正 については, 来 年 4 月 に 施 行 となる 対 策 工 等 の 詳 細 については 上 記 マニュアルの 公 開 および 改 正 土 壌 汚 染 対 策 法 の 施 行 をふ まえて, 再 度 本 検 討 会 で 議 論,および 関 係 機 関 との 協 議 を 行 うこととなった 以 上 検 討 会 の 開 催 状 況

7 第 四 回 新 名 神 高 速 道 路 兵 庫 県 域 掘 削 土 対 策 検 討 会 議 事 要 旨 1. 日 時 平 成 23 年 6 月 6 日 ( 月 )10 時 ~12 時 2. 場 所 TKP 新 大 阪 会 議 室 ( 大 阪 市 淀 川 区 宮 原 ) 3. 出 席 委 員 ( 敬 称 略 ) 委 員 長 嘉 門 雅 史 ( 京 都 大 学 名 誉 教 授 ) 委 員 平 田 健 正 ( 和 歌 山 大 学 システム 工 学 部 教 授 ) 三 田 村 宗 樹 ( 大 阪 市 立 大 学 大 学 院 理 学 研 究 科 准 教 授 ) 伊 藤 浩 子 (( 財 ) 地 域 地 盤 環 境 研 究 所 地 形 地 質 グループ) 横 田 聖 哉 (( 株 ) 高 速 道 路 総 合 技 術 研 究 所 道 路 研 究 部 土 工 研 究 室 長 ) 山 本 稔 (( 株 ) 高 速 道 路 総 合 技 術 研 究 所 交 通 環 境 研 究 部 環 境 緑 化 研 究 室 室 長 ) 伊 藤 哲 男 ( 西 日 本 高 速 道 路 ( 株 ) 関 西 支 社 建 設 事 業 部 建 設 グループ リーダー) 田 山 聡 ( 西 日 本 高 速 道 路 ( 株 ) 大 阪 技 術 事 務 所 長 ) 真 伸 行 ( 西 日 本 高 速 道 路 ( 株 ) 兵 庫 工 事 事 務 所 長 ) 4. 議 題 (1) 検 討 会 の 経 緯 前 回 検 討 会 等 の 内 容 (2) 自 然 由 来 の 重 金 属 を 含 有 する 岩 と 土 壌 に 関 する 施 工 マニュアル( 案 ) (3)その 他 5. 議 事 (1) 検 討 会 の 経 緯 前 回 検 討 会 等 の 内 容 事 務 局 から 検 討 会 の 経 緯 と 前 回 検 討 会 等 の 内 容 について 説 明 が 行 われた (2) 自 然 由 来 の 重 金 属 を 含 有 する 岩 と 土 壌 に 関 する 施 工 マニュアル( 案 ) 事 務 局 から 自 然 由 来 の 重 金 属 を 含 有 する 岩 と 土 壌 に 関 する 施 工 マニュアル( 案 )について 説 明 質 疑 応 答 が 行 われた <1. 適 用 及 び 基 本 方 針 > 事 務 局 から 説 明 され 了 承 された <2. 掘 削 土 管 理 の 基 本 的 な 考 え 方 > 事 務 局 から 管 理 すべき 区 域 の 設 定 掘 削 土 管 理 と 判 定 報 告 の 流 れについて 説 明 を 行 い 委 員 から 一 部 記 載 方 法 などについてご 意 見 をいただいた <3. 掘 削 箇 所 の 施 工 中 の 判 定 >

8 事 務 局 から 施 工 中 の 岩 種 区 分 および 分 析 頻 度 日 常 判 定 分 析 判 定 結 果 に 基 づく 搬 出 先 の 選 定 について 説 明 を 行 い 了 承 された <4. 対 策 土 の 管 理 運 搬 方 法 > 事 務 局 から 管 理 運 搬 に 係 わる 留 意 事 項 の 説 明 を 行 い 委 員 から 以 下 のご 意 見 をいただい た 自 主 調 査 地 域 で 基 準 値 を 超 えない 土 砂 を 覆 土 として 使 用 する 場 合 でも 所 在 が 散 在 しな いよう 適 切 な 管 理 をお 願 いしたい <5. 盛 土 の 構 造 > 事 務 局 から 対 策 盛 土 の 構 造 通 常 盛 土 ( 覆 土 タイプ)の 構 造 について 説 明 を 行 い 委 員 か ら 以 下 のご 意 見 をいただいた 覆 土 の 対 応 も 必 要 であるが 盛 土 本 体 の 構 造 の 安 定 ( 盛 土 からの 排 水 対 策 など)がより 重 要 である <6.モニタリング> 事 務 局 から 方 針 施 工 中 自 主 調 査 区 域 ( 切 土 トンネル)のモニタリング 対 策 盛 土 のモ ニタリング 通 常 盛 土 ( 覆 土 タイプ)のモニタリング 採 水 方 法 モニタリング 結 果 の 記 録 モニタリングに 異 常 値 が 見 られた 場 合 の 対 応 について 説 明 を 行 い 委 員 から 以 下 のご 意 見 をいただいた モニタリング 項 目 としてpH と SS を 追 加 すべきである <その 他 > マニュアルについては ( 案 ) を 取 ることで 了 承 された なお 指 摘 のあった 箇 所 の 一 部 修 正 については 委 員 の 方 にご 確 認 頂 くこととした 事 業 者 として 自 然 由 来 の 重 金 属 の 対 応 の 検 討 を 行 ってきたこと その 対 応 方 針 につい て 周 知 することに 努 めること (3)その 他 対 策 盛 土 の 地 下 水 モニタリングは モニタリング 観 測 井 の 設 置 が 必 須 である 通 常 盛 土 ( 覆 土 タイプ)のうち 施 工 箇 所 近 傍 に 飲 用 ダム 等 ( 貯 水 池 取 水 口 )がある 場 合 の 地 下 水 モニタリングについては 盛 土 の 地 下 排 水 からの 流 出 水 のモニタリングでも よい 以 上

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2 第 3 回 [ミネラルウォーターに 関 する 税 ] 検 討 会 2005.11.15 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 森 林 と 地 下 水 の 関 係 を 中 心 に 東 京 農 業 大 学 太 田 猛 彦 1 森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001

More information

主 な 内 容 1 背 景 2 北 京 市 における 洪 水 防 止 及 び 排 水 システムの 現 状 分 析 3 冠 水 原 因 の 分 析 4 防 止 対 策

主 な 内 容 1 背 景 2 北 京 市 における 洪 水 防 止 及 び 排 水 システムの 現 状 分 析 3 冠 水 原 因 の 分 析 4 防 止 対 策 北 京 市 における 都 市 冠 水 の 現 状 及 び 防 止 対 策 2012.7.24 北 京 市 市 政 工 程 設 計 研 究 総 院 張 韵 主 な 内 容 1 背 景 2 北 京 市 における 洪 水 防 止 及 び 排 水 システムの 現 状 分 析 3 冠 水 原 因 の 分 析 4 防 止 対 策 都 市 化 の 進 展 に 伴 い 千 年 の 古 都 は グローバル 都 市 へと

More information

役 員 の 退 任 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 限 り) 芦 田 豊 本 部 担 当 理 事 2. 職 員 の 人 事 異 動 職 員 の 異 動 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 付 ) (1)ブロック 本 部 本 部 長 / 本 部 長 守 田 憲 敏 本 部 / 支 払 部

役 員 の 退 任 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 限 り) 芦 田 豊 本 部 担 当 理 事 2. 職 員 の 人 事 異 動 職 員 の 異 動 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 付 ) (1)ブロック 本 部 本 部 長 / 本 部 長 守 田 憲 敏 本 部 / 支 払 部 Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 照 会 先 ) 人 事 管 理 部 人 事 グループ 長 矢 口 明 人 事 管 理 部 参 事 役 江 口 伸 二 ( 電 話 直 通 03-6892-0713) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 日 本 年 金 機 構 役 職 員 の 人 事 異 動 について

More information

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号)

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号) 兵 庫 県 公 報 火 曜 日 第 2741 号 目 発 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 地 方 卸 売 市 場 における 卸 売 業 務 の 許 可 ( 消 費 流 通 課 ) 1 土

More information

平成18年3月14日

平成18年3月14日 平 成 24 年 3 月 14 日 滝 川 市 議 会 議 長 水 口 典 一 様 滝 川 市 長 前 田 康 吉 滝 川 市 教 育 委 員 会 委 員 長 若 松 重 義 滝 川 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 藤 本 清 正 滝 川 市 ほか6 組 合 公 平 委 員 会 委 員 長 小 出 孝 滝 川 市 代 表 監 査 委 員 宮 崎 英 彰 滝 川 市 農 業 委 員 会 会

More information

<819A E589EF8C8B89CA E815B A90AB816A817A2E786C73>

<819A E589EF8C8B89CA E815B A90AB816A817A2E786C73> 1 17176 竹 内 宏 三 重 県 01:21'44" 01:21'38" 51 17312 野 島 義 之 三 重 県 01:34'06" 01:33'42" 2 17053 立 岡 哲 也 愛 知 県 01:22'42" 01:22'35" 52 17606 角 谷 浩 紀 三 重 県 01:34'11" 01:33'49" 3 17178 田 中 悟 三 重 県 01:23'10" 01:23'02"

More information

平成20年9月30日

平成20年9月30日 ニュースリリース 平 成 27 年 3 月 31 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 日 本 政 策 金 融 公 庫 人 事 異 動 (4 月 1 日 付 ) 本 店 大 和 田 桂 則 長 付 東 京 地 区 統 轄 小 林 壮 一 長 付 東 海 地 区 統 轄 若 井 克 之 長 付 事 業 企 画 部 長 三 田 祥 弘 安 達 研 造 山 本 義 文 営 業 推 進 部 長

More information

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木 平 成 22 年 度 事 業 報 告 自 平 成 22 年 4 月 31 日 至 平 成 23 年 3 月 31 日 1. 会 員 の 状 況 区 分 前 年 度 末 数 入 会 数 退 会 数 本 年 度 末 数 正 会 員 47 1 1 47 名 誉 会 員 5 1 0 6 賛 助 会 員 41 1 0 42 計 93 3 1 95 ( 注 ) 1.( )は 内 書 で 大 阪 府 ( 休 会

More information

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物 第 12 節 廃 棄 物 等 1. 調 査 1.1. 調 査 する 情 報 調 査 する 情 報 は 以 下 のとおりとする 1 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 1.2. 調 査 手 法 (1) 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 については 現 在 業 務 実 施 中 である 今 治 市 新 ごみ 処 理 施 設 に 係 る 環 境 影 響 評 価 および 施 設 発

More information

27 今 井 裕 京 都 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 28 入 江 一 浩 京 都 大 学 29 入 江 正 和 近 畿 大 学 30 岩 倉 洋 一 郎 東 京 理 科 大 学 31 位 田 晴 久 宮 崎 大 学 32 植 田 正 九 州 大 学 33 上 田 光 宏 大 阪 府 立

27 今 井 裕 京 都 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 28 入 江 一 浩 京 都 大 学 29 入 江 正 和 近 畿 大 学 30 岩 倉 洋 一 郎 東 京 理 科 大 学 31 位 田 晴 久 宮 崎 大 学 32 植 田 正 九 州 大 学 33 上 田 光 宏 大 阪 府 立 平 成 28 年 度 農 林 水 産 業 食 品 産 業 科 学 技 術 研 究 推 進 事 業 シーズ 創 出 ステージ 1 次 ( 書 面 ) 審 査 評 価 委 員 リスト 評 価 者 名 1 阿 江 教 治 酪 農 学 園 大 学 2 秋 田 修 実 践 女 子 大 学 3 秋 光 和 也 香 川 大 学 4 秋 山 美 展 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 5 芦 田 均 神

More information

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 一 肉 作 線 維 芽 作 表 活 発 肉 芽 コ ラ ゲ ン 線 維 呼 増 殖 埋 縮 併 進 先

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

組織変更・人事異動について_損保ジャパン、日本興亜損保

組織変更・人事異動について_損保ジャパン、日本興亜損保 2013 年 9 月 6 日 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 日 本 興 亜 損 害 保 険 株 式 会 社 組 織 変 更 人 事 異 動 について 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン( 社 長 櫻 田 謙 悟 )および 日 本 興 亜 損 害 保 険 株 式 会 社 ( 社 長 二 宮 雅 也 )では 次 のとおり 組 織 変 更 および 人 事 異 動 を 行 いますのでお 知

More information

年 度 昭 和 41 年 1966 昭 和 42 年 1967 昭 和 43 年 1968 昭 和 44 年 1969 昭 和 45 年 19 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 副 会 長 国

年 度 昭 和 41 年 1966 昭 和 42 年 1967 昭 和 43 年 1968 昭 和 44 年 1969 昭 和 45 年 19 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 副 会 長 国 年 度 昭 和 36 年 1961 昭 和 37 年 1962 昭 和 38 年 1963 昭 和 39 年 1964 昭 和 40 年 1 会 長 安 孫 子 清 水 (1 回 卒 ) 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 会 長 安 孫 子 清 水 副 会 長 国 井 悌 二 (2 回 卒 ) 副 会 長 竹 谷 音 次 郎 (4 回 卒 ) 同 左

More information

小美玉市ふるさと応援寄附金

小美玉市ふるさと応援寄附金 平 成 27 年 4 月 (1/11ページ) 1 匿 名 埼 玉 県 10,000 4 2 毛 利 学 様 北 海 道 10,000 4 3 嘉 手 納 一 彦 様 沖 縄 県 10,000 2 4 匿 名 兵 庫 県 10,000 1 5 牧 野 稔 海 様 埼 玉 県 10,000 1 6 藤 井 志 保 子 様 埼 玉 県 10,000 3 7 山 崎 弘 之 様 千 葉 県 10,000 3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

栄光の記録(2)

栄光の記録(2) 全 日 本 教 職 員 バドミントン 選 手 権 大 会 栄 光 の 記 録 第 31 回 1992 年 ( 平 成 4 年 ) 熊 本 県 熊 本 市 8 月 7 日 ~11 日 市 総 合 体 育 館 市 体 育 館 一 般 男 子 単 岩 佐 宣 寿 ( 山 梨 ) 伊 東 幸 男 谷 田 尚 嗣 中 家 友 彦 権 藤 浩 二 鶴 見 和 彦 佐 藤 浩 伊 東 幸 男 ( 兵 庫 ) 堺

More information

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方 資 料 5 水 力 発 電 設 備 についての 検 討 に 係 る 考 え 方 平 成 26 年 2 月 18 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 - 目 次 - Ⅰ. 検 討 範 囲 3 Ⅱ. 水 力 設 備 に 関 する 検 討 項 目 4 Ⅲ.L2 地 震 動 に 対 するダムの 耐 性 評 価 5 Ⅳ. 洪 水 に 対 するダムの 耐 性 評 価 8 Ⅴ. 大 規 模

More information

資料1

資料1 資 料 1 平 成 28 年 5 月 19 日 国 税 庁 大 阪 国 税 局 平 成 26 27 年 度 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 庁 舎 における 施 設 管 理 運 営 業 務 の 実 施 状 況 について Ⅰ 事 業 の 概 要 1 委 託 業 務 内 容 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 大 阪 国 税 局 管 内 ( 滋 賀 県 京

More information

60mH M 坂 口 佳 隆 49 和 歌 山 80mH M 鴻 池 清 司 74 和 歌 山 110mH M 坂 口 佳 隆 49 和 歌 山 300mH M 鴻 池 清 司 74 和 歌 山

60mH M 坂 口 佳 隆 49 和 歌 山 80mH M 鴻 池 清 司 74 和 歌 山 110mH M 坂 口 佳 隆 49 和 歌 山 300mH M 鴻 池 清 司 74 和 歌 山 2012 和 歌 山 マスターズ 陸 上 競 技 大 会 記 録 都 道 府 県 名 競 技 会 名 和 歌 山 2012 和 歌 山 マスターズ 陸 上 競 技 大 会 参 加 者 県 内 71 名 期 日 6 月 17 日 ( 日 ) 県 外 117 名 場 所 紀 三 井 寺 公 園 陸 上 競 技 場 < 県 内 男 子 > 種 目 クラス 順 位 記 録 風 速 氏 名 年 齢 所 属 60m

More information

1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1. 環 境 マネジメントシステムを 継 続 的 に 改 善 します 2. 環 境 法 規 制 及 び 地 域 と 取 り 交 わした

1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1. 環 境 マネジメントシステムを 継 続 的 に 改 善 します 2. 環 境 法 規 制 及 び 地 域 と 取 り 交 わした 第 45 期 ( 対 象 期 間 214 年 8 月 1 日 ~215 年 7 月 31 日 ) 発 行 日 :215 年 12 月 1 日 建 設 株 式 会 社 第 三 丸 15 積 改 訂 日 :216 年 3 月 15 日 1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1.

More information

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14 全 日 本 学 生 柔 道 優 勝 大 会 ( 男 子 ) 赤 字 は オリンピック 世 界 選 手 権 全 日 本 選 手 権 のいずれかで3 位 以 内 に 入 ったことがある 選 手 四 年 連 続 で 優 秀 選 手 に 選 ばれたのは 山 下 泰 裕 正 木 嘉 美 斎 藤 制 剛 棟 田 康 幸 高 井 洋 平 回 日 時 優 勝 準 優 勝 第 3 位 優 秀 選 手 1 1952(

More information

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc 環 境 負 荷 低 減 をめざした 水 稲 栽 培 技 術 の 体 系 化 と GIS を 利 用 した 負 荷 予 測 モデルによる 検 証 - 先 端 技 術 を 活 用 した 農 林 水 産 研 究 高 度 化 事 業 の 研 究 成 果 報 告 - 滋 賀 県 農 業 技 術 振 興 センター( 研 究 総 括 者 ) 柴 原 藤 善. 研 究 の 概 要 近 畿 地 域 では 4 万 人

More information

1

1 -------------------------------------------------------------------------------- 別 添 5-4 事 後 調 査 の 計 画 -------------------------------------------------------------------------------- 1 事 後 調 査 項 目 の 選

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2048323591E63689F190E096BE8E9197BF8169899389EA90EC8FB08FE3816A3134303231348F4390B32E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2048323591E63689F190E096BE8E9197BF8169899389EA90EC8FB08FE3816A3134303231348F4390B32E70707478> 平 成 25 年 度 第 6 回 九 州 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 遠 賀 川 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 事 業 ( 飯 塚 穂 波 地 区 ) 事 後 評 価 1 事 業 完 了 後 5 年 以 内 の 事 業 2 審 議 結 果 を 踏 まえ 事 後 評 価 の 実 施 主 体 が 改 めて 事 後 評 価 を 行 う 必 要 があると 判 断 した

More information

2 頁 部 級 退 職 予 定 技 職 平 田 大 登 磯 子 区 福 祉 保 健 センター ( 保 健 事 職 金 子 裕 磯 子 区 福 祉 保 健 センター 担 当 部 ( 保 健 技 職 齋 藤 泉 金 沢 区 副 区 ( 金 沢 区 総 務 部 兼 務 ) 事 職 山 本 敏 昭 緑 区

2 頁 部 級 退 職 予 定 技 職 平 田 大 登 磯 子 区 福 祉 保 健 センター ( 保 健 事 職 金 子 裕 磯 子 区 福 祉 保 健 センター 担 当 部 ( 保 健 技 職 齋 藤 泉 金 沢 区 副 区 ( 金 沢 区 総 務 部 兼 務 ) 事 職 山 本 敏 昭 緑 区 1 頁 区 局 級 退 職 予 定 部 級 退 職 予 定 医 職 蔵 田 英 志 港 南 区 担 当 理 事 ( 福 祉 保 健 センタ ー ) ( 保 健 事 職 濱 陽 太 郎 旭 区 事 職 信 時 正 人 温 暖 化 対 策 統 括 本 部 環 境 未 来 都 市 推 進 担 当 理 事 事 職 岸 村 英 憲 政 策 局 大 学 担 当 理 事 技 職 中 島 徹 也 国 際 局 国 際

More information

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28:

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28: ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 19 歳 以 上 39 歳 以 下 1 118 中 橋 秀 明 香 川 県 0:35:35.17 2 1:30:41.01 4 2:06:16.18 2 124 茶 屋 孝 三 広 島 県 0:44:02.95 10 1:25:27.58 1 2:09:30.53 3 109 久 保 真 一 鳥 取 県 0:39:58.90 6 1:30:10.43

More information

( 団 体 名 ) 54 H27.5.6 礒 田 洋 三 滋 賀 県 10,000 住 所 寄 附 金 額 寄 附 者 からのメッセージ 陶 器 に 関 心 があります 本 県 では 信 楽 焼 が 有 名 です また 一 度 機 会 があればお 伺 いしたいと 思 います 少 ない 金 額 ですが

( 団 体 名 ) 54 H27.5.6 礒 田 洋 三 滋 賀 県 10,000 住 所 寄 附 金 額 寄 附 者 からのメッセージ 陶 器 に 関 心 があります 本 県 では 信 楽 焼 が 有 名 です また 一 度 機 会 があればお 伺 いしたいと 思 います 少 ない 金 額 ですが 1 H27.5.1 荒 木 繁 男 福 岡 県 10,000 2 H27.5.1 大 木 郁 子 東 京 都 10,000 3 H27.5.1 山 本 直 也 東 京 都 10,000 4 H27.5.1 小 郷 里 絵 東 京 都 20,000 環 境 保 全 にお 役 立 て 下 さい 5 H27.5.1 戸 上 広 樹 栃 木 県 10,000 6 H27.5.1 佐 々 木 利 也 埼 玉

More information

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73>

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73> 1R1 2 2-0 3 1R2 7 2-0 8 中 野 誠 2 石 井 諒 3 西 野 純 平 3 石 黒 慶 3 須 藤 雄 太 2 中 村 翔 3 玉 木 祐 介 3 河 野 太 郎 3 S1 今 田 利 希 3 石 渡 達 也 3 S1 見 目 悠 平 2 判 治 康 久 3 S2 藤 崎 勇 樹 3 磯 野 一 宏 3 S2 伊 藤 克 麻 2 尾 張 拓 也 3 1R3 10 2-0 9

More information

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378>

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378> ニッタン 株 式 会 社 第 1 種 火 災 報 知 システム 専 門 技 術 者 名 簿 1 期 板 谷 敏 行 NK-96-1-0002 吉 井 俊 明 NK-96-1-0037 山 本 博 司 NK-96-1-0077 作 左 部 義 文 NK-96-1-0004 田 中 英 則 NK-96-1-0038 会 沢 潔 NK-96-1-0079 丹 羽 忍 NK-96-1-0006 下 川 雄

More information

資料3 その2 

資料3 その2  (3) 取 組 1 東 京 都 による 対 策 と 現 況 東 京 都 下 水 道 局 では 平 成 25~27 年 度 までに 皇 居 外 苑 濠 への 雨 天 時 の 下 水 道 からの 越 流 を 50mm/ 時 以 上 の 豪 雨 時 を 除 き 防 止 する 措 置 を 行 う 予 定 である 2 環 境 省 による 水 質 改 善 計 画 に 基 づく 取 組 環 境 省 では 下 水

More information

最終処分場の市場動向 調査分科会報告書

最終処分場の市場動向 調査分科会報告書 A-1グループ 最 終 処 分 場 市 場 動 向 調 査 研 究 報 告 書 第 Ⅰ 期 調 査 研 究 期 間 平 成 25 年 9 月 27 日 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 研 究 調 査 の 目 的 1. 最 終 処 分 場 の 市 場 予 測 を 行 い 会 員 のビジ ネス 戦 略 に 資 する 2.LSAの 会 員 の 最 終 処 分 場 分 野 の 活 動 状 況 を 調

More information

73 1021 吉 田 展 也 29 男 1:50:05 430 70 男 子 29 歳 以 下 10 74 1042 曽 我 陽 介 32 男 1:50:08 190 71 男 子 30 歳 台 17 75 1319 小 松 洋 助 66 男 1:50:25 960 72 男 子 60 歳 以 上

73 1021 吉 田 展 也 29 男 1:50:05 430 70 男 子 29 歳 以 下 10 74 1042 曽 我 陽 介 32 男 1:50:08 190 71 男 子 30 歳 台 17 75 1319 小 松 洋 助 66 男 1:50:25 960 72 男 子 60 歳 以 上 1 1057 藤 原 孝 志 34 男 1:15:54 930 1 男 子 30 歳 台 2 1063 原 慎 弥 35 男 1:16:34 10 2 男 子 30 歳 台 3 1041 川 嶋 洋 平 32 男 1:17:01 670 3 男 子 30 歳 台 4 1074 野 村 茂 行 37 男 1:18:03 810 4 男 子 30 歳 台 1 5 1050 田 中 啓 佑 33 男 1:18:15

More information

申出書記載に当たっての注意事項(中間物)

申出書記載に当たっての注意事項(中間物) 申 出 書 記 載 に 当 たっての 注 意 事 項 ( 輸 出 専 用 品 ) Ⅰ. 全 体 を 通 しての 注 意 事 項 申 出 書 及 び 確 認 書 の 様 式 は 新 規 化 学 物 質 の 製 造 又 は 輸 入 に 係 る 届 出 等 に 関 する 省 令 で 定 められているため 項 目 の 名 称 等 が 様 式 と 異 なる 場 合 に は 軽 微 なものであっても 受 け 付

More information

出 水 時 の 予 測 対 象 は ダムサイト 濁 水 とダムの 堤 体 の 工 事 原 石 の 採 取 の 工 事 建 設 発 生 土 の 処 理 の 工 事 施 工 設 備 及 び 工 事 用 道 路 の 設 置 の 工 事 道 路 の 付 替 の 工 事 に おいて 降 雨 時 に 発 生 す

出 水 時 の 予 測 対 象 は ダムサイト 濁 水 とダムの 堤 体 の 工 事 原 石 の 採 取 の 工 事 建 設 発 生 土 の 処 理 の 工 事 施 工 設 備 及 び 工 事 用 道 路 の 設 置 の 工 事 道 路 の 付 替 の 工 事 に おいて 降 雨 時 に 発 生 す 6.1.4.3 予 測 の 結 果 (1) 工 事 の 実 施 (1-1) 試 験 湛 水 以 外 の 期 間 (1-1-1) 土 砂 による 水 の 濁 り 1) 予 測 の 手 法 予 測 対 象 とする 影 響 要 因 を 表 6.1.4-16 及 び 図 6.1.4-27に 示 す 工 事 の 実 施 影 響 要 因 ダムの 堤 体 の 工 事 導 水 施 設 の 建 設 の 工 事 ダムの

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303136303530322096688DD08A778F7098418C6791CC95F18D9089EF208E968CE3947A957A9770>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303136303530322096688DD08A778F7098418C6791CC95F18D9089EF208E968CE3947A957A9770> 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 地 盤 土 砂 災 害 の 知 見 と 今 後 の 防 災 展 望 公 益 社 団 法 人 地 盤 工 学 会 会 長 東 畑 郁 生 ( 関 東 学 院 大 学 客 員 教 授 ) 地 盤 工 学 会 調 査 団 副 団 長 安 福 規 之 ( 九 州 大 学 教 授 ) 山 口 弘 志 ( 中 央 開 発 株 式 会 社 ) 清 田 隆 ( 東 京 大

More information

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷 1 青 森 市 秋 元 良 幸 二 本 柳 主 高 橋 勇 佐 々 木 芳 春 石 橋 修 豊 川 良 一 成 田 守 俊 吉 川 主 山 田 文 夫 葛 西 金 徳 2 弘 前 市 桜 庭 義 則 岡 本 洋 外 崎 美 智 幸 岩 崎 和 弘 野 口 幸 喜 渋 谷 鉄 五 郎 中 村 慎 二 相 馬 親 志 奈 良 道 明 長 内 力 3 八 戸 市 福 田 馨 田 中 勝 芳 風 張 清 志

More information

工 事 に 伴 う 伐 採 木 量 を 表 5163 に 示 す 伐 採 木 量 は 340.2tと 予 測 する 発 生 する 木 くずについては 樹 木 の 状 態 により 処 理 が 異 なるため できる 限 り 有 効 利 用 が 図 れる 方 法 で 処 理 を 行 う 区 分 表 516

工 事 に 伴 う 伐 採 木 量 を 表 5163 に 示 す 伐 採 木 量 は 340.2tと 予 測 する 発 生 する 木 くずについては 樹 木 の 状 態 により 処 理 が 異 なるため できる 限 り 有 効 利 用 が 図 れる 方 法 で 処 理 を 行 う 区 分 表 516 第 16 節 廃 棄 物 等 161 予 測 及 び 評 価 の 結 果 1. 工 事 中 における 発 生 土 量 建 設 廃 棄 物 伐 採 木 による 影 響 1) 予 測 結 果 工 事 に 伴 う 建 設 発 生 土 量 場 内 再 利 用 量 及 び 場 外 搬 出 量 を 表 5161 に 示 す 建 設 発 生 土 については 工 事 計 画 において 盛 土 作 業 と 掘 削 作

More information

第50回

第50回 平 成 28 年 度 大 気 環 境 学 会 総 会 総 会 受 賞 講 演 日 時 : 平 成 28 年 9 月 8 日 ( 木 ) 13:00 ~ 15:20 会 場 : 北 海 道 大 学 工 学 部 オープンホール 1. 年 会 総 会 (1) 大 気 環 境 学 会 年 会 長 挨 拶 (2) 大 気 環 境 学 会 賞 及 び 論 文 賞 の 表 彰 (3) ポスター 賞 の 発 表 (4)

More information

3 48''05 馬 場 智 和 H10 4 48"86 澤 田 雄 太 5 49"00 古 橋 弘 貴 石 川 県 国 体 予 選 6 49''06 藤 沢 慎 也 H14 7 49''08 鈴 木 裕 也 H22 8 49"15 中 村 勝 H19 9 49''24 吉 川 貴 大 H5 10

3 48''05 馬 場 智 和 H10 4 4886 澤 田 雄 太 5 4900 古 橋 弘 貴 石 川 県 国 体 予 選 6 49''06 藤 沢 慎 也 H14 7 49''08 鈴 木 裕 也 H22 8 4915 中 村 勝 H19 9 49''24 吉 川 貴 大 H5 10 日 本 学 生 記 録 北 信 越 学 生 記 録 石 川 県 記 録 200m 以 内 : 手 動 +0''24が 電 気 と 同 等 400m: 手 動 +0''14が 電 気 と 同 等 800m 以 上 : 手 動 電 気 の 差 なし やり 投 げ:1985 年 ( 昭 和 60 年 ) 以 降 が 新 規 格 で それより 以 前 は 旧 規 格 男 子 金 沢 大 学 陸 上 競 技

More information

はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要 となる 業 務 であ り これを 担 う 建 築 士 建 築 士 事 務 所 に 係 る 制 度 について 社 会 の 要 請 に 応 じ て 適 正 化 することは 極 めて 重 要 な

はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要 となる 業 務 であ り これを 担 う 建 築 士 建 築 士 事 務 所 に 係 る 制 度 について 社 会 の 要 請 に 応 じ て 適 正 化 することは 極 めて 重 要 な 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 の 業 の 適 正 化 及 び 建 築 主 等 への 情 報 開 示 の 充 実 に 向 けて ~ 自 由 民 主 党 建 築 設 計 議 員 連 盟 提 言 ~ 平 成 26 年 3 月 27 日 自 由 民 主 党 建 築 設 計 議 員 連 盟 はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

54 664 堀 内 宏 道 38 男 4:34:42 46 30 代 15 55 438 稲 葉 義 男 41 男 4:35:46 47 40 代 14 56 421 石 井 彰 52 男 4:36:57 48 50 代 5 57 638 橋 本 晋 矢 31 男 4:37:37 49 30 代

54 664 堀 内 宏 道 38 男 4:34:42 46 30 代 15 55 438 稲 葉 義 男 41 男 4:35:46 47 40 代 14 56 421 石 井 彰 52 男 4:36:57 48 50 代 5 57 638 橋 本 晋 矢 31 男 4:37:37 49 30 代 1 506 クライン イーサン 22 男 3:02:41 1 10 代 &20 代 1 2 418 五 十 嵐 太 博 26 男 3:06:25 2 10 代 &20 代 2 3 687 武 藤 晃 治 31 男 3:07:38 3 30 代 1 3 733 LIONEL MICOLLET 41 男 3:07:38 3 40 代 1 5 423 石 川 元 20 男 3:10:48 5 10 代 &20

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A48386834183658362834E8169838F815B836894C5816A8CF6955C97705F92E88AFA906C8E9688D993AE82518169313430373031816A646F63782E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A48386834183658362834E8169838F815B836894C5816A8CF6955C97705F92E88AFA906C8E9688D993AE82518169313430373031816A646F63782E646F6378> 当 社 関 係 (7 月 1 日 付 ) 発 令 ( 前 所 属 ) 氏 名 業 務 監 査 部 課 長 ( 経 営 企 画 部 副 長 ) 寺 本 榮 一 経 営 企 画 部 副 部 長 兼 新 エネ 推 進 プロジェクト( 経 営 企 画 部 グループ 事 業 推 進 室 長 ) 高 橋 進 一 経 営 企 画 部 部 長 ( 営 業 本 部 東 京 本 部 営 業 一 部 部 長 ) 大 沼

More information

平 成 27 年 1 月 8 日 ( 株 ) 大 林 組 大 阪 本 店 大 阪 市 北 区 中 之 島 3632 新 名 神 高 速 道 路 高 槻 ジャンクション 工 事 大 阪 府 高 槻 市 大 字 成 合 ~ 大 阪 府 高 槻 市 大 字 下 他 土 木 工 事 本 工 事 は 名 神

平 成 27 年 1 月 8 日 ( 株 ) 大 林 組 大 阪 本 店 大 阪 市 北 区 中 之 島 3632 新 名 神 高 速 道 路 高 槻 ジャンクション 工 事 大 阪 府 高 槻 市 大 字 成 合 ~ 大 阪 府 高 槻 市 大 字 下 他 土 木 工 事 本 工 事 は 名 神 平 成 27 年 1 月 5 日 ( 株 ) 昭 建 滋 賀 県 大 津 市 浜 大 津 259 名 神 高 速 道 路 滋 賀 高 速 道 路 事 務 所 管 内 舗 装 補 修 工 事 滋 賀 県 東 近 江 市 尻 無 町 ~ 滋 賀 県 大 津 市 追 分 町 他 舗 装 工 事 本 工 事 は 車 線 規 制 内 で 行 う 切 削 オーバーレイ 工 による 舗 装 補 修 工 事 を 行

More information

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx 熊 本 地 震 による 農 地 農 業 用 施 設 の 被 災 状 況 と 対 応 について 目 次 熊 本 地 震 の 概 要 2 熊 本 地 震 による 農 林 水 産 関 係 被 害 の 概 要 5 農 地 農 業 用 施 設 の 被 害 の 状 況 6 被 災 後 の 対 応 ( 職 員 等 の 派 遣 ) 13 被 災 後 の 対 応 ( 災 害 復 旧 事 業 の 実 施 ) 15 1

More information

福島第一原発事故による放射性物質の除染等について

福島第一原発事故による放射性物質の除染等について 玉 川 村 除 染 実 施 計 画 < 第 2 版 > 平 成 24 年 7 月 13 日 玉 川 村 改 正 の 履 歴 年 月 日 内 容 備 考 平 成 24 年 2 月 10 日 玉 川 村 除 染 計 画 第 1 版 の 策 定 内 閣 府 除 染 に 関 する 緊 急 実 施 基 本 方 針 に 基 づく 除 染 計 画 平 成 24 年 7 月 13 日 玉 川 村 除 染 実 施 計

More information

男 子 シングルスA-2 犬 陽 介 圭 祐 花 俊 幸 将 紀 成 明 北 典 ( 淑 徳 国 際 学 ) 陽 典 ( 青 学 院 学 ) 誠 和 樹 矢 神 謙 介 越 雄 太 佐 樹 長 徹 ( 東 京 情 報 学 ) 佐 光 博 海 祐 樹 佐 伯 祐 行 斉 洋 毅 原 理 人 菊 翔 太

男 子 シングルスA-2 犬 陽 介 圭 祐 花 俊 幸 将 紀 成 明 北 典 ( 淑 徳 国 際 学 ) 陽 典 ( 青 学 院 学 ) 誠 和 樹 矢 神 謙 介 越 雄 太 佐 樹 長 徹 ( 東 京 情 報 学 ) 佐 光 博 海 祐 樹 佐 伯 祐 行 斉 洋 毅 原 理 人 菊 翔 太 男 子 シングルスA-1 拓 馬 ( 早 稲 学 ) 俊 介 斉 翔 吾 ( 淑 徳 国 際 学 ) 今 給 黎 将 之 康 次 ( 獨 協 学 ) 竹 内 隼 人 裕 竜 也 卓 也 天 勝 仁 枝 伸 和 ( 東 京 経 済 学 ) 溝 智 也 ( 湘 南 工 科 学 ) 丸 一 輝 裕 一 郎 平 戸 充 ( 青 学 院 学 ) 春 樹 沓 沢 康 平 羽 直 弥 ( 早 稲 学 ) 古 勇

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

WLS大会_全日本学生個人2014.xls

WLS大会_全日本学生個人2014.xls 平 成 26 度 第 60 回 全 日 本 ウエイトリフティング 個 人 選 手 権 大 会 第 26 回 全 日 本 女 子 ウェイトリフティング 選 手 権 大 会 日 時 : 平 成 26 5 月 9 日 ( 金 ) 競 技 委 員 長 ジュリー 田 邊 知 隆 ( 京 都 ) 大 川 克 弘 ( 大 阪 ) 競 技 時 間 : 15:30 16:05 Tコントローラー C&シ ャーク 16:15

More information

札幌ジュニア20160604

札幌ジュニア20160604 平 成 8 年 度 札 幌 ジュニア 柔 道 体 重 別 選 手 権 大 会 入 賞 者 ( 日 ) サブアリーナ 段 別 優 勝 準 優 勝 第 三 位 55kg 級 60kg 級 66kg 級 73kg 級 8kg 級 90kg 級 00kg 級 00kg 超 級 鷲 見 仁 義 木 村 祐 太 菅 原 一 生 鎌 田 龍 翔 山 崎 裕 大 高 橋 佑 人 高 田 大 樹 丹 羽 福 太 朗

More information

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の ( 別 紙 ) 簡 易 型 総 合 評 価 落 札 方 式 における 施 工 計 画 評 価 に 関 する 留 意 事 項 について 施 工 計 画 型 では 技 術 的 な 工 夫 の 余 地 の 小 さい 工 事 において 工 事 の 条 件 や 現 場 条 件 等 を 踏 まえて 目 標 を 達 成 するための 施 工 上 の 配 慮 を 評 価 します 施 工 計 画 を 作 成 する 場

More information

小美玉市ふるさと応援寄附金

小美玉市ふるさと応援寄附金 平 成 27 年 8 月 (1/11ページ) 1797 匿 名 千 葉 県 20,000 3 1798 匿 名 大 阪 府 10,000 2 1799 匿 名 鹿 児 島 県 10,000 2 1800 比 嘉 良 幸 様 兵 庫 県 10,000 1 1801 匿 名 東 京 都 10,000 4 1802 匿 名 千 葉 県 10,000 1 1803 匿 名 和 歌 山 県 10,000 3

More information

著 者 昭 和 45 $ド 11 月 ) 搬 影 金 ~I 塚 一 男

著 者 昭 和 45 $ド 11 月 ) 搬 影 金 ~I 塚 一 男 著 者 昭 和 45 $ド 11 月 ) 搬 影 金 ~I 塚 一 男 ~

More information

きないことから,おそらく 斜 面 表 層 の 薄 い 土 層 の 崩 壊 と 推 定 され, 東 隣 で 発 生 した 2012 年 崩 壊 と 類 似 した 土 砂 移 動 であった 可 能 性 がある. 2012.7.12 崩 壊 江 戸 中 期 の 崩 壊 地 ( 崩 山 ) 供 養 塔 (

きないことから,おそらく 斜 面 表 層 の 薄 い 土 層 の 崩 壊 と 推 定 され, 東 隣 で 発 生 した 2012 年 崩 壊 と 類 似 した 土 砂 移 動 であった 可 能 性 がある. 2012.7.12 崩 壊 江 戸 中 期 の 崩 壊 地 ( 崩 山 ) 供 養 塔 ( 熊 本 県 南 阿 蘇 村 に 伝 わる 江 戸 時 代 中 期 の 土 砂 災 害 の 伝 承 と 自 治 会 による 防 災 活 動 への 利 用 徳 島 大 学 環 境 防 災 研 究 センター 西 山 賢 一 徳 島 県 立 博 物 館 中 尾 賢 一 防 災 科 学 技 術 研 究 所 若 月 強 はじめに 熊 本 県 阿 蘇 地 方 は,2012 年 7 月 11~12 日 にかけて,

More information

兵庫県公報(平成28年4月5日 第2787号)

兵庫県公報(平成28年4月5日 第2787号) 兵 庫 県 公 報 火 曜 日 第 2787 号 目 発 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 土 地 改 良 区 役 員 の 退 任 及 び 就 任 の 届 出 ( 農 地 整 備 課 )

More information

人事異動のお知らせ

人事異動のお知らせ 2016 年 3 月 2 9 日 日 本 郵 便 株 式 会 社 近 畿 支 社 人 事 異 動 のお 知 らせ 日 本 郵 便 株 式 会 社 近 畿 支 社 ( 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 支 社 長 矢 﨑 敏 幸 )の 人 事 異 動 について 次 のとおりお 知 らせします (2016 年 4 月 1 日 付 ) 近 畿 支 社 近 畿 支 社 経 営 管 理 本 部 副 本 部

More information

大 会 役 員 大 会 会 長 大 会 副 会 長 大 会 役 員 長 競 技 役 員 長 総 務 部 長 藤 原 和 文 佐 原 聡 藤 井 清 明 藤 原 誠 人 高 木 茂 義 総 務 役 員 大 森 克 也 林 智 也 川 染 賢 司 中 村 公 人 矢 田 貴 代 福 濱 広 美 競 技

大 会 役 員 大 会 会 長 大 会 副 会 長 大 会 役 員 長 競 技 役 員 長 総 務 部 長 藤 原 和 文 佐 原 聡 藤 井 清 明 藤 原 誠 人 高 木 茂 義 総 務 役 員 大 森 克 也 林 智 也 川 染 賢 司 中 村 公 人 矢 田 貴 代 福 濱 広 美 競 技 007 グループカップ 坂 出 オープンバドミントン 大 会 試 合 結 果 を 送 付 させていただきます 宜 しくお 願 いいたします 坂 出 市 バドミントン 協 会 藤 原 誠 人 76-005 坂 出 市 大 屋 冨 町 095-79 日 時 平 成 9 年 5 月 日 ( 木 )9 時 場 所 坂 出 市 立 体 育 館 坂 出 市 入 船 町 丁 目 番 59 号 TEL(0877)45-6670

More information

<91E589EF895E8963>

<91E589EF895E8963> 第 6 回 全 日 本 中 学 生 バドミントン 選 手 権 大 会 6//5-7 青 森 県 武 道 館 スポカルイン 黒 石 決 勝 トーナメント 予 選 ブロック チーム 位 位 優 勝 広 新 潟 兵 庫 位 愛 知 位 香 川 北 海 道 B 大 分 熊 本 愛 媛 和 歌 東 京 石 川 口 5 位 宮 崎 高 知 埼 玉 岩 手 静 北 海 道 A 沖 縄 栃 木 千 葉 長 崎 形

More information

漁港漁場関係事業優良請負者表彰歴代受賞者名簿

漁港漁場関係事業優良請負者表彰歴代受賞者名簿 歴 代 受 賞 者 名 簿 昭 和 60 年 昭 和 61 年 昭 和 62 年 昭 和 63 年 平 成 元 年 平 成 2 年 平 成 3 年 平 成 4 年 平 成 5 年 平 成 6 年 平 成 7 年 平 成 8 年 平 成 9 年 平 成 10 年 平 成 11 年 平 成 12 年 平 成 13 年 平 成 14 年 平 成 15 年 平 成 16 年 平 成 17 年 平 成 18

More information

22 鶴 岡 市 鶴 岡 長 谷 川 正 彦 150.00 150.00 水 稲 23 鶴 岡 市 鶴 岡 大 滝 政 好 200.00 100.00 300.00 水 稲 大 豆 メロ ン 24 鶴 岡 市 鶴 岡 阿 部 元 成 50.00 100.00 150.00 水 稲 野 菜 25 鶴

22 鶴 岡 市 鶴 岡 長 谷 川 正 彦 150.00 150.00 水 稲 23 鶴 岡 市 鶴 岡 大 滝 政 好 200.00 100.00 300.00 水 稲 大 豆 メロ ン 24 鶴 岡 市 鶴 岡 阿 部 元 成 50.00 100.00 150.00 水 稲 野 菜 25 鶴 1 鶴 岡 市 鶴 岡 西 郷 農 事 組 合 法 人 4,728.90 2,464.20 7,193.10 水 稲 大 豆 枝 豆 花 卉 2 鶴 岡 市 鶴 岡 齋 藤 健 一 400.00 400.00 水 稲 3 鶴 岡 市 鶴 岡 後 藤 幸 一 100.00 100.00 水 稲 4 鶴 岡 市 鶴 岡 柴 田 正 則 50.00 50.00 100.00 水 稲 メロ ン 5 鶴 岡

More information

第 4 回 明 石 時 感 動 アクアスロン 大 会 記 録 ジュニア 小 学 5 6 年 生 No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ランラッフ R 順 学 年 板 谷 和 磨 12 男 明 石 市 0:07:36 0:01:54 5 0:05:42

第 4 回 明 石 時 感 動 アクアスロン 大 会 記 録 ジュニア 小 学 5 6 年 生 No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ランラッフ R 順 学 年 板 谷 和 磨 12 男 明 石 市 0:07:36 0:01:54 5 0:05:42 第 4 回 明 石 時 感 動 アクアスロン 大 会 記 録 大 会 開 催 日 ; ( 月 祝 ) 会 場 ; 兵 庫 県 明 石 市 大 蔵 海 岸 ( 大 蔵 海 岸 海 水 浴 場 大 蔵 海 岸 公 園 特 設 コース) 気 象 環 境 ; 晴 れ 気 温 27.0 水 温 24.7 湿 度 64% 風 向 南 南 東 風 速 5m/s(AM8 時 10 分 ) 参 加 申 込 者 数 ;

More information

42 14 Basketball 選 手 下 山 田 俊 介 男 28 東 京 都 社 団 法 人 東 京 都 聴 覚 障 害 者 連 盟 Basketball 選 手 小 沼 功 治 男 30 神 奈 川 県 神 奈 川 県 聴 覚 障 害 者 連 盟 Basketball

42 14 Basketball 選 手 下 山 田 俊 介 男 28 東 京 都 社 団 法 人 東 京 都 聴 覚 障 害 者 連 盟 Basketball 選 手 小 沼 功 治 男 30 神 奈 川 県 神 奈 川 県 聴 覚 障 害 者 連 盟 Basketball 1 1 Badminton スタッフ 佐 藤 裕 介 男 32 北 海 道 社 団 法 人 北 海 道 ろうあ 連 盟 2 2 Badminton スタッフ 阿 部 千 子 女 49 東 京 都 社 団 法 人 東 京 都 聴 覚 障 害 者 連 盟 3 3 Badminton 選 手 千 田 泰 輔 男 31 北 海 道 社 団 法 人 北 海 道 ろうあ 連 盟 4 4 Badminton 選

More information

2008年日本学連50傑(関東・フィールド混成)090211

2008年日本学連50傑(関東・フィールド混成)090211 2008 日 本 学 生 陸 上 競 技 連 合 50 傑 < 作 成 途 中 > について 確 認 事 項 赤 色 い 部 分 ( 風 学 年 陸 協 未 記 入 箇 所 )の 確 認 各 大 学 が 把 握 している 記 録 と 差 異 部 分 の 有 無 の 確 認 ( 記 録 風 大 会 等 ) 学 年 の 確 認 ( 注 ) 各 学 部 の 正 規 学 年 を 記 入 する 医 学 部 薬

More information

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73>

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73> 男 子 団 体 戦 第 1ステージ リーグ 戦 1 A ブロック 1 青 森 山 田 2 天 竜 3 双 葉 勝 敗 順 位 1 青 森 山 田 ( 青 森 県 ) 2 天 竜 ( 静 岡 県 ) 3 双 葉 ( 滋 賀 県 ) B ブロック 1 桐 花 2 相 陽 3 加 津 佐 勝 敗 順 位 1 桐 花 ( 北 海 道 ) 2 相 陽 ( 神 奈 川 県 ) 3 加 津 佐 ( 長 崎 県 )

More information

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事

5. 火 災 時 の 措 置 消 火 剤 : 周 辺 の 貯 蔵 品 に 適 用 される 消 火 剤 消 火 を 行 う 者 の 保 護 : 適 切 な 保 護 具 を 着 用 し 安 全 な 場 所 から 消 火 活 動 を 行 う 6. 漏 出 時 の 措 置 人 体 に 対 する 注 意 事 安 全 データシート 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 製 品 番 号 :AB5174 PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 製 品 和 名 :RABBIT ANTI-Kv1.1, VOLTAGE GATED POTASSIUM CHANNEL AFFINITY PURIFIED POLYCLONAL ANTIBODY 会 社 名 :メルク 株 式 会 社 住 所 : 東

More information

<91E589EF895E8963>

<91E589EF895E8963> 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 51 35 52 36 53 37 54 38 55 39 56 40 57 41 58 42 59 43 60 44 61 45 62 46 63 47 64 48 65 49 66 50 67 試 合 番 号 BT-1

More information

h24tennis_nanbu_shinjin-kojin-result

h24tennis_nanbu_shinjin-kojin-result 平 成 年 度 福 岡 県 高 等 学 校 テニス 新 人 大 会 南 部 ブロック 予 選 会 個 人 戦 男 子 ダブルス 平 成 年 9 月 日 ( 土 ) 日 ( 月 ) 日 ( 土 ) 日 ( 日 ) 9 日 ( 土 ) 諏 訪 公 園 大 牟 田 港 緑 地 運 動 公 園 筑 後 広 域 公 園 テニスコート 西 本 林 田 河 野 山 西 遠 藤 古 川 () 諸 富 中 園 ( 八

More information

05愛媛県大会

05愛媛県大会 テ ニ ス 平 成 17 年 度 1 日 時 6 月 4 日 8:30~ 2 会 場 6 月 4 日 男 子 愛 媛 県 総 合 運 動 公 園 庭 球 場 女 子 松 山 市 中 央 公 園 テニスコート 6 月 5 日 男 子 愛 媛 県 総 合 運 動 公 園 庭 球 場 女 子 男 子 団 体 新 居 高 専 愛 光 愛 光 2-0 2-0 空 港 東 第 4 公 園 テニスコート 愛 媛

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

平 成 27 年 期 P.2 国 土 交 通 本 省 土 地 建 設 産 業 局 建 1 日 建 政 部 建 設 産 業 調 整 官 設 市 場 整 備 課 企 画 専 門 官 事 下 岡 壽 1 日 関 東 運 輸 局 埼 玉 運 輸 支 局 次 長 建 政 部 土 地 市 場 監 視 官 事 池

平 成 27 年 期 P.2 国 土 交 通 本 省 土 地 建 設 産 業 局 建 1 日 建 政 部 建 設 産 業 調 整 官 設 市 場 整 備 課 企 画 専 門 官 事 下 岡 壽 1 日 関 東 運 輸 局 埼 玉 運 輸 支 局 次 長 建 政 部 土 地 市 場 監 視 官 事 池 平 成 27 年 期 P.1 1 日 辞 職 総 務 部 総 括 調 整 官 事 関 根 伸 章 1 日 総 務 部 総 括 調 整 官 総 務 部 調 査 官 事 渡 邉 猛 雄 1 日 総 務 部 調 査 官 主 任 監 査 官 事 五 味 田 文 和 1 日 主 任 監 査 官 総 務 部 財 産 管 理 官 事 八 子 康 幸 1 日 総 務 部 財 産 管 理 官 道 路 部 路 政 調

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20312E8179958D91AE8A778D5A817A83748340834E836783758362834E875481698BAD82DD814593C1904695D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20312E8179958D91AE8A778D5A817A83748340834E836783758362834E875481698BAD82DD814593C1904695D2816A2E646F63> 附 属 学 校 部 ファクトブックⅠ ( 強 み 特 色 編 ) 1. 他 大 学 他 学 部 にない 独 自 性 ( 強 み) P1 2. 最 近 における 特 記 事 項 P1 3. 地 域 貢 献 P2 4. 各 界 メディア 等 で 活 躍 している 教 員 卒 業 生 P3 1. 他 大 学 や 他 学 部 等 にない 独 自 性 ( 強 み) 平 成 21(2009) 年 度 より, 附

More information

塩 竈 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 日 時 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 30 分 場 所 壱 番 館 3 階 共 用 会 議 室 出 席 委 員 委 員 長 柴 田 仁 市 郎 委 員 長 職 務 代 行 者 太

塩 竈 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 日 時 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 30 分 場 所 壱 番 館 3 階 共 用 会 議 室 出 席 委 員 委 員 長 柴 田 仁 市 郎 委 員 長 職 務 代 行 者 太 平 成 27 年 7 月 定 例 会 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 書 記 菊 池 亮 書 記 鈴 木 和 賀 子 塩 竈 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 日 時 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 30 分 場 所 壱 番 館 3 階 共 用 会 議 室 出 席 委 員 委 員 長 柴 田 仁 市 郎 委 員

More information

( 平 成 26 年 4 月 10 日 プレスリリース) 人 事 異 動 内 示 平 成 26 年 4 月 15 日 付 総 務 部 人 材 開 発 課

( 平 成 26 年 4 月 10 日 プレスリリース) 人 事 異 動 内 示 平 成 26 年 4 月 15 日 付 総 務 部 人 材 開 発 課 平 成 26 年 4 月 15 日 付 人 事 異 動 の 概 要 平 成 26 年 4 月 10 日 記 者 会 見 資 料 総 務 部 人 材 開 発 課 1 概 要 市 長 選 の 年 の 定 期 人 事 異 動 は 5 月 1 日 に 実 施 するのが 通 例 であったが 新 市 政 の 早 期 スタートを 図 るため 4 月 15 日 付 の 人 事 異 動 を 実 施 することとした 平

More information

1. 水 安 全 計 画 策 定 の 目 的 下 関 市 上 下 水 道 局 では 安 全 でおいしい 水 道 水 を 皆 さまのご 家 庭 にお 届 けするために 水 道 水 の 源 となる 河 川 水 やダム 水 地 下 水 を 取 水 し できれいで 安 全 な 水 道 水 にして 配 水 池

1. 水 安 全 計 画 策 定 の 目 的 下 関 市 上 下 水 道 局 では 安 全 でおいしい 水 道 水 を 皆 さまのご 家 庭 にお 届 けするために 水 道 水 の 源 となる 河 川 水 やダム 水 地 下 水 を 取 水 し できれいで 安 全 な 水 道 水 にして 配 水 池 下 関 市 水 安 全 計 画 概 要 版 下 関 市 上 下 水 道 局 平 成 24 年 3 月 1. 水 安 全 計 画 策 定 の 目 的 下 関 市 上 下 水 道 局 では 安 全 でおいしい 水 道 水 を 皆 さまのご 家 庭 にお 届 けするために 水 道 水 の 源 となる 河 川 水 やダム 水 地 下 水 を 取 水 し できれいで 安 全 な 水 道 水 にして 配 水 池

More information

<89EF92B794748367815B83698381839383678AAE90AC2E786C73>

<89EF92B794748367815B83698381839383678AAE90AC2E786C73> 第 44 回 会 長 杯 争 奪 卓 球 大 会 結 果 日 時 会 場 平 成 22 年 度 2 月 5 日 ( 土 ) 近 畿 大 学 記 念 会 館 2 月 6 日 ( 日 ) 近 畿 大 学 記 念 会 館 男 子 団 体 女 子 団 体 優 勝 大 阪 商 業 大 優 勝 武 庫 川 女 子 大 準 優 勝 甲 南 大 準 優 勝 天 理 大 位 天 理 大 位 京 都 女 子 大 位 大

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

Microsoft Word - 議事録_案_.doc

Microsoft Word - 議事録_案_.doc 日 本 農 芸 化 学 会 関 西 支 部 評 議 員 会 (469 回 ) 議 事 録 平 成 23 年 5 月 28 日 ( 土 ) 参 加 数 44 名 議 題 1. 評 議 員 の 異 動 推 薦 : 大 阪 府 立 大 学 生 命 環 境 科 学 研 究 科 教 授 乾 隆 氏 ( 承 認 ) ( 推 薦 者 : 大 阪 府 立 大 学 大 学 院 生 命 環 境 科 学 研 究 科 教

More information

60m M 瀧 口 直 樹 47 男 60m M45 DNS 小 長 賢 二 47 男 60m M 伊 達 俊 之 47 男 60m M 岩 切 紀

60m M 瀧 口 直 樹 47 男 60m M45 DNS 小 長 賢 二 47 男 60m M 伊 達 俊 之 47 男 60m M 岩 切 紀 60m M25 7.92-1.2 27 001481 山 田 真 生 25 男 60m M25 DNS 28 001437 岡 田 敏 彦 28 男 60m M25 7.44-1.2 28 001400 田 中 俊 祐 29 男 60m M30 7.17-1.2 28 001593 後 藤 知 宏 30 男 60m M30 8.13-1.2 28 001595 増 田 祐 也 31 男 60m M30

More information

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx 瀬 戸 内 海 環 境 保 全 特 別 措 置 法 ( 昭 和 四 十 八 年 十 月 二 日 法 律 第 百 十 号 ) 第 章 総 則 ( 第 条 - 第 二 条 の 二 ) 第 二 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 計 画 ( 第 三 条 - 第 四 条 の 二 ) 第 三 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 特 別 の 措 置 第 節 特 定 施

More information

選手10.xlsx

選手10.xlsx 最 も 好 きな 現 役 選 手 (1 名 のみの 回 答 結 果 より 集 計 ) 1. 読 売 巨 人 軍 阿 部 慎 之 介 29 24.0% 小 笠 原 道 大 34 28.8% 小 笠 原 道 大 27 22.3% 阿 部 慎 之 介 27 22.9% 坂 本 勇 人 17 14.0% 高 橋 由 伸 21 17.8% 高 橋 由 伸 13 10.7% ラミレス 7 5.9% 亀 井 義

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

日本精神科医学会 認定看護師 認定者リスト

日本精神科医学会 認定看護師 認定者リスト 日 本 精 神 科 医 学 会 認 定 看 護 師 平 成 27 年 度 新 規 認 定 者 (44 名 ) 勤 務 先 医 療 機 関 に 変 更 がある 場 合 は 日 本 精 神 科 病 院 協 会 事 務 局 までご 連 絡 をお 願 いいたします (TEL:03-5232-3311 FAX:03-5232-3315) 認 定 期 限 : 平 成 33 年 3 月 31 日 都 道 府 県

More information

目 次 ページ 第 1 章 策 定 の 趣 旨 1 第 2 章 整 備 計 画 の 体 系 1 第 3 章 施 設 整 備 の 現 状 と 課 題 2 第 1 節 施 設 整 備 のあゆみ 2 第 2 節 施 設 整 備 の 現 状 と 課 題 7 第 4 章 施 設 整 備 の 基 本 的 な 考

目 次 ページ 第 1 章 策 定 の 趣 旨 1 第 2 章 整 備 計 画 の 体 系 1 第 3 章 施 設 整 備 の 現 状 と 課 題 2 第 1 節 施 設 整 備 のあゆみ 2 第 2 節 施 設 整 備 の 現 状 と 課 題 7 第 4 章 施 設 整 備 の 基 本 的 な 考 ( 平 成 25 年 度 ~ 平 成 33 年 度 ) 目 次 ページ 第 1 章 策 定 の 趣 旨 1 第 2 章 整 備 計 画 の 体 系 1 第 3 章 施 設 整 備 の 現 状 と 課 題 2 第 1 節 施 設 整 備 のあゆみ 2 第 2 節 施 設 整 備 の 現 状 と 課 題 7 第 4 章 施 設 整 備 の 基 本 的 な 考 え 方 8 第 1 節 ビジョン 経 営 計

More information

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部 防 衛 省 発 令 防 衛 研 究 所 主 任 研 究 官 を 命 ずる ( 第 3 高 射 特 科 群 長 ) 1 等 陸 佐 山 口 尚 彦 統 合 幕 僚 監 部 総 務 部 総 務 課 勤 務 を 命 ずる ( 航 空 幕 僚 監 部 監 理 監 察 官 付 ) 2 等 空 佐 泉 山 正 司 統 合 幕 僚 監 部 防 衛 計 画 部 防 衛 課 付 を 命 ずる ( 第 7 高 射 特

More information

2. 人 事 異 動 (1) 東 邦 薬 品 株 式 会 社 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 付 ) 1 営 業 統 轄 本 部 医 薬 営 業 本 部 北 海 道 東 北 支 社 國 分 公 正 管 理 担 当 部 長 東 北 事 業 部 管 理 担 当 部 長 2 営 業 統 轄 本 部

2. 人 事 異 動 (1) 東 邦 薬 品 株 式 会 社 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 付 ) 1 営 業 統 轄 本 部 医 薬 営 業 本 部 北 海 道 東 北 支 社 國 分 公 正 管 理 担 当 部 長 東 北 事 業 部 管 理 担 当 部 長 2 営 業 統 轄 本 部 平 成 25 年 9 月 13 日 各 位 会 社 名 東 邦 ホールディングス 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 濱 田 矩 男 (コード 番 号 8129 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 取 締 役 コーホ レート コミュニケーション 室 長 兼 経 営 企 画 室 長 加 藤 勝 哉 ( 電 話 03-5259- 9520) 組 織 変 更 および 人 事 異

More information

51 仲 田 茂 満 39 42 52 烏 谷 純 一 43 50 93 19.2 53 渡 辺 勝 介 46 46 54 福 岡 雅 人 41 45 86 12.0 55 和 田 豊 茂 43 43 56 鳥 越 博 之 44 42 86 12.0 57 石 山 靖 人 42 44 58 土 屋

51 仲 田 茂 満 39 42 52 烏 谷 純 一 43 50 93 19.2 53 渡 辺 勝 介 46 46 54 福 岡 雅 人 41 45 86 12.0 55 和 田 豊 茂 43 43 56 鳥 越 博 之 44 42 86 12.0 57 石 山 靖 人 42 44 58 土 屋 優 勝 藤 城 正 裕 44 36 2 高 取 正 38 41 79 9.6 3 中 田 康 夫 36 44 4 西 岡 和 敏 36 38 74 3.6 5 嶋 矢 廣 喜 44 40 6 加 藤 正 之 43 35 78 7.2 7 伊 佐 岡 朗 宏 46 44 8 向 井 義 明 42 41 83 12.0 9 川 上 孝 子 49 46 10 児 玉 和 生 37 33 70 +1.2 11

More information

Microsoft Word - ③特記仕様書

Microsoft Word - ③特記仕様書 名 護 久 志 浄 水 場 及 び 久 志 管 理 施 設 運 転 管 理 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 27 年 度 沖 縄 県 企 業 局 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 沖 縄 県 企 業 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 管 理 する 名 護 久 志 浄 水 場 及 び 両 浄 水 場 の 排 水 処 理 施 設 並 びに 久 志

More information

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32>

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32> ( 建 設 リサイクル 法 に 関 する 条 件 明 示 等 ) 1. 本 工 事 は 建 設 工 事 に 係 る 資 材 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 (( 平 成 12 年 法 律 第 104 号 ) 以 下 建 設 リサイクル 法 という )に 基 づき 特 定 建 設 資 材 の 分 別 解 体 等 及 び 再 資 源 化 等 の 実 施 について 適 正 な 措 置 を 講

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

神 戸 市 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 に 係 る 都 市 機 能 の 調 和 に 関 する 条 例 を 平 成 18 年 4 月 1 日 より 施 行 します 大 規 模 な 小 売 店 舗 をはじめとした 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 により 周 辺 の 道 路 交 通 の

神 戸 市 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 に 係 る 都 市 機 能 の 調 和 に 関 する 条 例 を 平 成 18 年 4 月 1 日 より 施 行 します 大 規 模 な 小 売 店 舗 をはじめとした 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 により 周 辺 の 道 路 交 通 の 神 戸 市 大 規 模 小 売 店 舗 等 立 地 審 議 会 平 成 25 年 度 第 3 回 資 料 資 料 No. 1 提 出 年 月 日 H25.11.8 平 成 25 年 度 第 3 回 大 規 模 小 売 店 舗 等 立 地 審 議 会 資 料 届 出 内 容 審 議 案 件 (1) 第 179 号 案 件 ( 仮 称 ) 小 束 山 複 合 商 業 施 設 新 設 計 画 神 戸 市

More information

部 長 級 福 祉 保 健 部 長 兼 子 育 て 総 合 支 援 センター 所 長 福 祉 保 健 部 次 長 兼 子 ども 家 庭 課 長 兼 子 育 て 総 合 支 援 センター 所 長 塚 根 智 子 建 設 部 長 建 設 部 次 長 兼 管 理 課 長 長 井 貴 徳 次 長 級 建 設

部 長 級 福 祉 保 健 部 長 兼 子 育 て 総 合 支 援 センター 所 長 福 祉 保 健 部 次 長 兼 子 ども 家 庭 課 長 兼 子 育 て 総 合 支 援 センター 所 長 塚 根 智 子 建 設 部 長 建 設 部 次 長 兼 管 理 課 長 長 井 貴 徳 次 長 級 建 設 倉 吉 市 人 事 異 動 ( け) 異 動 規 模 異 動 138 人 部 長 級 2 人 ( 2 人 ) 次 長 級 3 人 ( 3 人 ) 課 長 級 16 人 ( 8 人 8 人 ) 退 職 計 19 人 21 人 178 人 倉 吉 市 初 の 女 性 部 長 1 人 の 登 用 をはじめ 課 長 級 1 人 課 長 補 佐 級 4 人 係 長 級 10 人 の 女 性 管 理 監 督 職

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817991E6825189F18E968CE3955D89BF8C9F93A289EF81408B638E96985E817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817991E6825189F18E968CE3955D89BF8C9F93A289EF81408B638E96985E817A2E646F63> 第 2 回 エネルギー 使 用 合 理 化 総 合 鉱 害 防 止 技 術 開 発 に 係 る 研 究 開 発 プロジェクト 事 後 評 価 検 討 会 議 事 録 1. 日 時 : 平 成 20 年 2 月 5 日 ( 火 )14:00~16:00 2. 場 所 : 経 済 産 業 省 別 館 1012 共 用 会 議 室 3. 出 席 者 : 検 討 会 委 員 ( 敬 称 略 五 十 音 順

More information

開 会 教 育 長 開 会 挨 拶 会 議 の 成 立 全 委 員 10 人 中 8 人 出 席 につき 茨 木 市 文 化 財 保 護 審 議 会 規 則 第 4 条 第 2 項 の 規 定 により 本 会 議 は 成 立 する 旨 を 説 明 職 員 の 紹 介 平 成 28 年 4 月 1 日

開 会 教 育 長 開 会 挨 拶 会 議 の 成 立 全 委 員 10 人 中 8 人 出 席 につき 茨 木 市 文 化 財 保 護 審 議 会 規 則 第 4 条 第 2 項 の 規 定 により 本 会 議 は 成 立 する 旨 を 説 明 職 員 の 紹 介 平 成 28 年 4 月 1 日 会 議 録 会 議 の 名 称 平 成 28 年 度 第 1 回 茨 木 市 文 化 財 保 護 審 議 会 開 催 日 時 平 成 28 年 4 月 18 日 ( 月 ) ( 午 前 午 後 )6 時 00 分 開 会 ( 午 前 午 後 )8 時 0 0 分 閉 会 開 催 場 所 茨 木 市 役 所 南 館 6 階 第 1 会 議 室 会 長 代 理 菱 田 哲 郎 ( 京 都 府 立 大 学

More information

Microsoft Visual Basic

Microsoft Visual Basic 第 回 全 日 本 教 職 員 選 手 権 大 会 平 成 年 月 日 - 日 東 京 都 一 般 男 子 単 (MS)- 山 口 公 洋 ( 京 都 ) 後 藤 拓 磨 熊 谷 篤 ( 宮 城 ) 朝 倉 裕 朗 ( 福 島 ) 桑 名 翔 也 ( 高 知 ) 齋 藤 圭 佑 ( 岐 阜 ) 竹 田 怜 史 ( 千 葉 ) 朝 稲 拓 弥 ( 和 歌 山 ) 阿 部 芳 弘 ( 広 島 ) 鳥 居

More information

組 織 改 正 ポイント 2016 年 度 は 明 治 安 田 NEXTチャレンジプログラム の 最 終 年 度 にあたり 中 期 経 営 計 画 の 完 遂 および 次 期 中 期 経 営 計 画 に 向 けた 対 応 体 制 の 強 化 をめざし 国 内 生 命 保 険 海 外 保 険 事 業

組 織 改 正 ポイント 2016 年 度 は 明 治 安 田 NEXTチャレンジプログラム の 最 終 年 度 にあたり 中 期 経 営 計 画 の 完 遂 および 次 期 中 期 経 営 計 画 に 向 けた 対 応 体 制 の 強 化 をめざし 国 内 生 命 保 険 海 外 保 険 事 業 2016 年 3 月 2 日 2016 年 4 月 1 日 付 組 織 改 正 人 事 異 動 役 員 の 業 務 担 当 変 更 のお 知 らせ ( 執 行 役 社 長 根 岸 秋 男 )は 1. 組 織 改 正 (2~4ページ) 2. 人 事 異 動 役 員 の 業 務 担 当 変 更 (5~13ページ) を 行 ないますので お 知 らせいたします 組 織 改 正 ポイント 2016 年 度

More information

板 厚 測 定 法 の 活 用 によって 周 期 を 検 討 できるのは 昭 和 52 年 以 降 に 設 置 された 屋 外 タンク 貯 蔵 所 ( 及 びそれと 同 等 以 上 の 性 能 を 有 するもの)であり 本 検 討 項 目 はこれらの 屋 外 タ ンク 貯 蔵 所 を 対 象 として

板 厚 測 定 法 の 活 用 によって 周 期 を 検 討 できるのは 昭 和 52 年 以 降 に 設 置 された 屋 外 タンク 貯 蔵 所 ( 及 びそれと 同 等 以 上 の 性 能 を 有 するもの)であり 本 検 討 項 目 はこれらの 屋 外 タ ンク 貯 蔵 所 を 対 象 として 第 1 章 調 査 検 討 の 概 要 1.1 調 査 検 討 の 目 的 容 量 1 万 キロリットル 以 上 の 液 体 の 危 険 物 を 貯 蔵 する 屋 外 タンク 貯 蔵 所 については 消 防 法 の 規 定 により 周 期 8 年 ( 保 安 のための 措 置 がとられたものは 10 年 又 は 13 年 )ごとに 市 町 村 長 等 による 保 安 検 査 を 受 けることとされているが

More information

採 用 昇 任 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 教 頭 竪 邦 康 岩 出 市 立 中 央 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 北 小 学 校 教 頭 小 山 幸 作 紀 の 川 市 立 粉 河 中 学 校 校 長 紀 の 川 市 立 粉 河

採 用 昇 任 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 小 学 校 教 頭 竪 邦 康 岩 出 市 立 中 央 小 学 校 校 長 岩 出 市 立 山 崎 北 小 学 校 教 頭 小 山 幸 作 紀 の 川 市 立 粉 河 中 学 校 校 長 紀 の 川 市 立 粉 河 平 成 26 年 度 末 和 歌 山 県 教 職 員 人 事 異 動 表 学 校 人 事 課 < 小 中 学 校 > 校 長 の 部 平 成 27 年 4 月 1 日 区 分 新 任 校 新 職 名 旧 任 校 旧 職 名 氏 名 採 用 昇 任 和 歌 山 市 立 大 新 小 学 校 校 長 和 歌 山 市 立 中 之 島 小 学 校 教 頭 松 田 晃 和 歌 山 市 立 砂 山 小 学 校 校

More information