防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "防衛省薬物乱用防止月間について(通達)"

Transcription

1 防 人 1 第 4664 号 防 人 計 第 354 号 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発 等 の 状 況 を 踏 まえ 防 衛 庁 長 官 の 指 示 により 防 衛 庁 副 長 官 を 長 として 設 置 された 薬 物 問 題 対 策 検 討 会 議 にお いて 毎 年 6 月 を 薬 物 乱 用 防 止 月 間 とし 薬 物 根 絶 意 識 の 醸 成 厳 正 な 規 律 保 持 を 図 る ための啓 発 活 動 等 を 全 国 で 展 開 する 旨 とりまとめられたとこ ろである このため 防 衛 省 においては 当 該 期 間 を 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 と 定 めることとしたので 管 下 の 隊 員 に 対 し 周 知 せられ その 実 施 につき 遺 漏 のないよう 措 置 されたい なお 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 における 啓 発 活 動 等 の 実 施 に 関 する 細 部 については 人 事 教 育 局 長 から 通 知 させる 添 付 資 料 : 薬 物 問 題 対 策 検 討 会 議 における 検 討 結 果 について 最 終 的 なと りまとめ ( 平 成 18 年 2 月 15 日 )

2 薬 物 問 題 対 策 検 討 会 議 における 検 討 結 果 について 最 終 的 なとりまとめ 平 成 18 年 2 月 15 日 防 衛 庁

3 目 次 1 検 討 の 経 緯 1 2 薬 物 事 案 の 概 要 1 (1) 海 上 自 衛 隊 2 (2) 陸 上 自 衛 隊 2 (3) 航 空 自 衛 隊 2 3 主 な 問 題 点 等 2 (1) 薬 物 乱 用 の 動 機 原 因 2 (2) 薬 物 乱 用 を 開 始 した 時 期 等 3 (3) 上 司 等 への 報 告 3 (4) 周 囲 の 者 による 兆 候 等 の 把 握 4 (5) 上 司 の 責 任 4 4 再 発 防 止 策 4 (1) 服 務 指 導 及 び 教 育 の 徹 底 5 (2) 現 職 自 衛 官 を 対 象 とした 薬 物 検 査 ( 尿 検 査 ) 制 度 の 導 入 5 (3) 不 祥 事 の 兆 候 等 への 対 応 6 5 今 後 のフォローアップ 等 6 ( 別 紙 1) 薬 物 問 題 対 策 検 討 会 議 委 員 等 名 簿 及 び 開 催 状 況 8 ( 別 紙 2) 自 衛 官 による 薬 物 事 案 発 生 件 数 9 ( 別 紙 3) 海 上 自 衛 隊 における 事 案 10 ( 別 紙 4) 陸 上 自 衛 隊 における 事 案 12 ( 別 紙 5) 航 空 自 衛 隊 における 事 案 14 ( 別 紙 6) 薬 物 検 査 ( 尿 検 査 ) 制 度 について 15

4 薬 物 問 題 対 策 検 討 会 議 における 検 討 結 果 について 最 終 的 なとりまとめ 1 検 討 の 経 緯 昨 年 7 月 以 降 大 麻 取 締 法 等 に 違 反 した 容 疑 で 自 衛 官 が 相 次 いで 逮 捕 さ れるなど 自 衛 隊 において 薬 物 事 案 が 続 発 した 国 民 の 信 頼 を 基 盤 として 存 在 している 自 衛 隊 において 隊 員 は 高 い 士 気 と 厳 正 な 規 律 をもって 任 務 に 邁 進 し 内 外 から 高 い 評 価 を 受 けているとこ ろであるが 一 部 の 者 による 今 般 のような 不 祥 事 が 生 じたことで 国 民 の 信 頼 を 大 きく 損 ねたことは 誠 に 遺 憾 である 防 衛 庁 としては かかる 事 態 を 重 く 受 け 止 めて 昨 年 10 月 11 日 の 大 野 防 衛 庁 長 官 ( 当 時 )の 指 示 の 下 再 発 防 止 策 を 検 討 するため 防 衛 庁 副 長 官 を 議 長 とする 薬 物 問 題 対 策 検 討 会 議 を 発 足 させた 同 26 日 に 今 津 防 衛 庁 副 長 官 ( 当 時 )の 下 で 検 討 状 況 を 中 間 とりまとめ として 公 表 した 11 月 2 日 には 木 村 防 衛 庁 副 長 官 が 議 長 を 引 き 継 いで 検 討 を 継 続 した 本 検 討 会 議 は 計 6 回 の 会 合 を 開 催 し また 会 議 の 検 討 に 資 するため 前 及 び 現 副 長 官 による 部 隊 視 察 を 計 4 回 実 施 し 部 隊 指 揮 官 等 からのヒアリン グを 行 った 今 般 これまでの 検 討 やヒアリングの 結 果 を 踏 まえ 薬 物 問 題 対 策 検 討 会 議 として 一 連 の 薬 物 事 案 について その 問 題 点 と 再 発 防 止 策 等 につい て 最 終 的 なとりまとめ を 作 成 するものである 薬 物 問 題 対 策 検 討 会 議 委 員 等 名 簿 及 び 開 催 状 況 別 紙 1 2 薬 物 事 案 の 概 要 今 般 の 薬 物 事 案 については 大 麻 取 締 法 や 覚 せい 剤 取 締 法 等 に 違 反 した 容 疑 で 計 17 名 の 隊 員 ( 海 上 自 衛 官 11 名 陸 上 自 衛 官 5 名 航 空 自 衛 官 1 名 )が 逮 捕 又 は 書 類 送 検 された このような 多 数 の 薬 物 事 案 による 逮 捕 者 等 が 生 じたことはかつて 見 られなかったことである( 別 紙 2) 特 に 海 上 自 衛 隊 においては 大 麻 を 自 分 で 所 持 使 用 するにとどまらず これを 栽 培 していた 者 交 友 関 係 等 を 通 じて 他 者 に 譲 り 渡 していた 者 インターネ ットを 通 じて 部 外 者 に 売 り 渡 した 者 などが 明 らかとなった

5 (1) 海 上 自 衛 隊 詳 細 は 別 紙 3 部 外 者 又 は 同 僚 隊 員 から 大 麻 を 譲 り 受 け 所 持 使 用 譲 渡 等 を 行 っ た 海 上 自 衛 官 7 名 が 大 麻 取 締 法 違 反 容 疑 で 逮 捕 され 有 罪 判 決 を 受 けた 海 上 自 衛 隊 は 免 職 の 懲 戒 処 分 を 実 施 した また 同 僚 隊 員 から 大 麻 を 譲 り 受 けて 使 用 した3 名 が 大 麻 取 締 法 違 反 の 容 疑 で 書 類 送 検 され 不 起 訴 ( 起 訴 猶 予 )となった 海 上 自 衛 隊 は 停 職 60 日 の 懲 戒 処 分 を 実 施 した また 同 僚 隊 員 から 合 成 麻 薬 を 譲 り 受 けて 廃 棄 した 海 上 自 衛 官 1 名 が 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 違 反 容 疑 で 逮 捕 され 不 起 訴 ( 起 訴 猶 予 )とな った 海 上 自 衛 隊 は 停 職 30 日 の 懲 戒 処 分 を 実 施 した (2) 陸 上 自 衛 隊 詳 細 は 別 紙 4 部 外 者 から 大 麻 を 譲 り 受 け 所 持 使 用 した 陸 上 自 衛 官 3 名 が 大 麻 取 締 法 違 反 容 疑 で 逮 捕 1 名 が 書 類 送 検 され うち1 名 は 有 罪 判 決 を 受 け その 他 の3 名 は 不 起 訴 ( 起 訴 猶 予 ) 等 となった 陸 上 自 衛 隊 は 免 職 の 懲 戒 処 分 を 実 施 した また 部 外 者 から 覚 せい 剤 を 譲 り 受 けて 使 用 した 陸 上 自 衛 官 1 名 が 覚 せ い 剤 取 締 法 違 反 容 疑 で 逮 捕 され 有 罪 判 決 を 受 けた 陸 上 自 衛 隊 は 免 職 の 懲 戒 処 分 を 実 施 した (3) 航 空 自 衛 隊 詳 細 は 別 紙 5 部 外 者 から 覚 せい 剤 を 譲 り 受 けて使 用 した 航 空 自 衛 官 1 名 が 覚 せい 剤 取 締 法 違 反 容 疑 で 逮 捕 され 有 罪 判 決 を 受 けた 航 空 自 衛 隊 は 免 職 の 懲 戒 処 分 を 実 施 した 3 主 な 問 題 点 等 本 検 討 会 議 においては 各 自 衛 隊 による 調 査 の 結 果 及 び 公 判 等 の 状 況 に ついて 報 告 を 逐 次 受 けつつ 再 発 防 止 策 を 検 討 するため 一 連 の 事 案 にお ける 問 題 点 特 徴 の 把 握 に 努 めた その 結 果 以 下 の 事 項 が 明 らかとなっ た (1) 薬 物 乱 用 の 動 機 原 因 逮 捕 者 等 は 日 頃 の 部 隊 における 服 務 指 導 等 により 薬 物 の 違 法 性 は 承 知 していたが ほとんどの 者 が 興 味 本 位 好 奇 心 で 薬 物 の 違 法 な 所 持 使 用 等 ( 以 下 薬 物 乱 用 )を 行 うに 至 っていた 特 に 大 麻 について

6 は タバコの 延 長 タバコほど 健 康 に 害 はない といった 誤 った 認 識 があり また 交 友 関 係 にある 同 僚 隊 員 を 自 宅 に 誘 って 吸 引 を 勧 め るなど 遵 法 精 神 や 問 題 意 識 の 著 しい 欠 如 が 見 られた また 借 財 返 済 のため インターネットを 通 じて 大 麻 を 部 外 者 に 売 り 渡 した 者 もあっ た なお 逮 捕 された 潜 水 艦 乗 組 隊 員 の 中 には 潜 水 艦 勤 務 からのストレ スを 解 消 するために 使 用 していたと 主 張 している 者 がいる しかしなが ら 潜 水 艦 勤 務 に 限 らず 自 衛 官 は 任 務 遂 行 に 当 たって 緊 張 を 強 いら れることも 少 なくないが ほとんどの 隊 員 が 使 命 感 をもって 整 斉 と 厳 し い 任 務 を 完 遂 している 中 で 勤 務 環 境 を 理 由 として 薬 物 使 用 を 正 当 化 す ることは 全 くできないことは 言 うまでもない (2) 薬 物 乱 用 を 開 始 した 時 期 等 今 般 の 薬 物 事 案 における 逮 捕 者 等 17 名 のうち 13 名 は10 代 20 代 の 若 者 であった また 14 名 は 入 隊 後 に 薬 物 乱 用 を 始 めていた 薬 物 乱 用 を 始 めた 契 機 については 休 暇 中 に 都 市 部 を 訪 れた 際 に 路 上 で 外 国 人 から 購 入 したり あるいはインターネットを 通 じて 購 入 したという 事 例 もあ った 自 衛 隊 の 基 地 駐 屯 地 外 において 一 般 的 に 薬 物 を 比 較 的 容 易 に 入 手 できる 環 境 があったことも 薬 物 乱 用 が 拡 大 した 一 因 と 判 断 され る なお 自 衛 隊 においては 平 成 14 年 7 月 以 降 入 隊 時 における 薬 物 使 用 検 査 ( 尿 検 査 )を 実 施 しているが 逮 捕 者 等 17 名 のうち16 名 は 入 隊 時 検 査 導 入 前 に 入 隊 していた 同 検 査 導 入 後 に 入 隊 した1 名 についても 入 隊 後 に 薬 物 乱 用 を 始 めており 入 隊 の 時 点 では 薬 物 を 使 用 したことはな かった (3) 上 司 等 への 報 告 等 今 般 の 事 案 の 中 には 同 僚 隊 員 から 大 麻 を 勧 められた 際 に 一 旦 は 拒 否 したが 上 司 等 には 報 告 せず 最 終 的 には 勧 めを 断 りきれずに 吸 引 し てしまったという 事 例 があった また 大 麻 栽 培 を 目 撃 しながら 上 司 等 に 報 告 せず その 後 薬 物 を 譲 り 渡 され 逮 捕 されるに 至 った 事 例 があっ た こうした 背 景 には 遵 法 精 神 の 欠 如 のほかに 同 僚 の 違 法 行 為 をか ばおうとする 誤 った 仲 間 意 識 が 働 いていたものと 思 われる

7 (4) 周 囲 の 者 による 兆 候 等 の 把 握 薬 物 乱 用 が 基 地 内 の 潜 水 艦 乗 員 待 機 所 や 駐 屯 地 内 の 生 活 隊 舎 といっ た 自 衛 隊 の 管 理 下 にある 施 設 内 で 行 われていた 事 例 があった このこと は 特 に 極 めて 遺 憾 であり 深 刻 に 受 け 止 めている 他 方 これら 事 例 で は 週 末 や 夜 間 等 の 勤 務 時 間 外 に 仮 眠 室 として 割 り 当 てられた 潜 水 艦 乗 員 待 機 所 個 室 や 同 室 者 が 長 時 間 不 在 中 の 生 活 隊 舎 居 室 で 使 用 したり あるいは 乗 員 待 機 所 において 勤 務 中 に 他 者 が 所 在 しないときを 見 計 ら って 共 同 便 所 で 使 用 するなどして 他 人 に 気 づかれないようにしていた ことから 上 司 や 同 僚 等 周 囲 の 者 はそうした 事 実 を 認 識 できなかった その 他 多 くの 場 合 には 薬 物 乱 用 は 基 地 駐 屯 地 外 の 自 宅 アパート 等 で 行 われており また 周 囲 の 者 は 逮 捕 者 等 の 日 頃 の 勤 務 態 度 や 仕 事 ぶりに 特 段 の 不 審 な 点 や 問 題 は 見 られなかったと 発 言 している こう したことから 休 暇 からの 帰 隊 時 に 様 子 が 不 審 であったことを 発 端 とし て 薬 物 乱 用 が 判 明 したという 事 例 などもあったが 大 概 は 周 囲 の 者 は 薬 物 乱 用 の 事 実 兆 候 に 気 づくことは 困 難 であった (5) 上 司 の 責 任 逮 捕 者 等 が 所 属 した 部 隊 では 薬 物 乱 用 防 止 に 関 する 教 育 服 務 指 導 を 従 来 から 行 っており これらを 通 じて 逮 捕 者 等 は 違 法 性 については 承 知 していた また 逮 捕 者 等 は 上 述 のように 他 の 隊 員 に 気 付 かれ ないような 状 況 場 所 において 薬 物 を 使 用 しており 周 囲 の 者 が 兆 候 等 を 把 握 することは 極 めて 困 難 であった しかしながら 海 上 自 衛 隊 については 第 2 潜 水 隊 群 の 一 部 の 隊 員 が 基 地 内 の 乗 員 待 機 所 において 一 部 勤 務 時 間 中 にも 薬 物 を 使 用 した 事 例 が あった このことを 含 め 多 数 の 隊 員 の 間 で 薬 物 乱 用 が 拡 散 して 逮 捕 者 等 が 続 出 したことは 結 果 として 指 揮 官 としての 指 導 監 督 が 不 十 分 であ ったと 言 わざるを 得 ない 4 再 発 防 止 策 わが 国 の 平 和 と 独 立 を 守 るという 使 命 の 下 武 器 等 を 取 り 扱 いつつ 一 致 団 結 して 任 務 に 当 たる 自 衛 隊 の 部 隊 等 において 薬 物 乱 用 はあってはなら ないことであり 再 発 防 止 を 徹 底 し 薬 物 乱 用 を 徹 底 的 に 排 除 する 必 要 が ある

8 防 衛 庁 自 衛 隊 としては これまでも かかる 認 識 の 下 事 案 の 調 査 を 進 め 逮 捕 者 等 に 対 しては 厳 正 な 処 分 を 実 施 するとともに 部 隊 等 におい て 服 務 指 導 の 更 なる 徹 底 等 を 図 ってきた 本 検 討 会 議 の 最 終 的 なとりまと めに 当 たっては 既 に 述 べた 問 題 点 等 を 踏 まえて 検 討 を 行 い 薬 物 乱 用 防 止 のため 今 後 新 たに 又 は 重 点 的 に 実 施 すべき 施 策 として 以 下 のとおり とりまとめた (1) 服 務 指 導 及 び 教 育 の 徹 底 薬 物 の 違 法 性 を 承 知 しながらも 興 味 本 位 で 薬 物 乱 用 に 至 った 事 例 が 多 いこと 上 司 等 への 報 告 をしなかった 事 例 があったことなどを 踏 まえれ ば 薬 物 乱 用 防 止 のための 服 務 指 導 及 び 教 育 を 一 層 徹 底 し 薬 物 根 絶 意 識 の 醸 成 厳 正 な 規 律 保 持 を 図 ることが 重 要 である このため 以 下 の 施 策 を 推 進 することとするが 教 育 指 導 にあたっては 薬 物 の 違 法 性 や 害 悪 に 関 することのみならず 刑 事 訴 訟 法 に 規 定 されている 公 務 員 の 告 発 義 務 や 借 財 といった 個 人 が 抱 える 問 題 への 対 応 についても 留 意 する 必 要 がある 1 毎 年 6 月 を 薬 物 乱 用 防 止 月 間 とし 啓 発 活 動 等 を 全 国 で 展 開 する 2 巡 回 指 導 等 を 通 じて 効 果 的 な 服 務 指 導 を 推 進 する 3 准 尉 曹 (いわゆる 優 しい 鬼 軍 曹 ) を 活 用 してきめ 細 かな 身 上 把 握 服 務 指 導 等 を 充 実 する 4 サークル 活 動 の 奨 励 等 を 通 じて 隊 員 間 の 交 流 やコミュニケーション を 強 化 することにより 身 上 把 握 等 を 充 実 する 5 新 隊 員 教 育 を 含 む 自 衛 隊 の 課 程 教 育 において 薬 物 乱 用 防 止 教 育 を 着 実 に 実 施 する 6 身 上 把 握 服 務 指 導 に 資 するため 隊 員 の 家 族 にも 薬 物 問 題 の 広 報 等 を 実 施 して 連 携 を 図 る (2) 現 職 自 衛 官 を 対 象 とした 薬 物 検 査 ( 尿 検 査 ) 制 度 の 導 入 ほとんどの 者 が 入 隊 後 に 薬 物 乱 用 を 開 始 したこと 周 囲 の 者 が 薬 物 乱 用 に 気 づくことが 困 難 であったことなどを 踏 まえれば 現 行 の 入 隊 時 に おける 薬 物 検 査 に 加 え 新 たに 入 隊 後 における 薬 物 検 査 を 導 入 すること が 極 めて 有 効 である 検 査 の 導 入 に 当 たっては それを 強 制 することは 裁 判 所 が 発 する 令 状 に 基 づかなければならない( 憲 法 第 35 条 等 )ことに 留 意 しつつ 検 討 した

9 結 果 受 検 者 本 人 の 同 意 に 基 づく 薬 物 検 査 制 度 を 導 入 することとした 導 入 する 薬 物 検 査 制 度 は 対 象 者 の 選 定 として 例 えば 無 作 為 の 方 法 に より 抽 出 して 原 則 として 検 査 当 日 に 告 知 した 後 本 人 の 同 意 に 基 づき 実 施 し もって 厳 正 な 規 律 の 保 持 等 を 図 ることとした( 別 紙 6) 検 査 の 実 施 要 領 については 本 年 度 内 に 通 達 し 各 自 衛 隊 において 準 備 を 整 え 次 第 逐 次 実 施 することとする 特 に 一 連 の 薬 物 事 案 が 主 に 海 上 自 衛 隊 で 起 きたことを 踏 まえ 海 上 自 衛 隊 においては 平 成 18 年 度 の 早 い 時 期 から 検 査 を 開 始 する また 平 成 19 年 度 以 降 の 予 算 措 置 について 平 成 18 年 度 における 検 査 の 実 施 状 況 等 も 踏 まえながら 今 後 検 討 することと する (3) 不 祥 事 の 兆 候 等 への 対 応 服 務 指 導 や 教 育 により 隊 員 の 意 識 関 心 を 高 めるとともに 薬 物 犯 罪 を 始 めとする 不 祥 事 の 兆 候 に 接 した 一 般 隊 員 が 適 切 に 相 談 情 報 提 供 できる 仕 組 みを 整 備 することは 事 案 の 発 生 拡 大 の 未 然 防 止 という 観 点 から 重 要 である このため 他 の 隊 員 による 不 祥 事 の 事 実 兆 候 に 接 した 場 合 に 相 談 情 報 提 供 しやすいよう 直 属 の 上 司 等 の 指 揮 系 統 以 外 にも 以 下 のとおり 各 種 窓 口 の 整 備 を 図 る 1 各 自 衛 隊 の 警 務 隊 に 相 談 窓 口 を 設 置 し 活 用 を 図 る 2 公 益 通 報 者 保 護 法 の 施 行 ( 平 成 18 年 4 月 1 日 )に 伴 い 整 備 される 予 定 の 通 報 窓 口 について 周 知 徹 底 する 3 准 尉 曹 の 活 用 等 により 部 隊 レベルにおける 相 談 対 応 要 領 を 検 討 整 備 する なお 薬 物 検 査 の 結 果 として 薬 物 乱 用 の 疑 いが 認 められた 場 合 には 捜 査 機 関 への 通 報 等 を 行 うとともに 薬 物 乱 用 が 確 認 された 場 合 には 併 せて 自 衛 隊 としても 厳 正 なる 処 分 を 実 施 することは 言 うまでもない 5 今 後 のフォローアップ 等 今 般 とりまとめた 再 発 防 止 策 は 速 やかかつ 着 実 な 実 施 を 図 ることとす る その 後 の 実 施 状 況 については 本 検 討 会 議 を 存 置 し フォローアップ を 実 施 する また 本 最 終 的 なとりまとめ は 各 自 衛 隊 が 実 施 した 調 査 の 結 果 を 踏 まえ 作 成 したものであるが 今 後 仮 に 新 たな 事 実 が 判 明 し た 場 合 には 本 検 討 会 議 で 必 要 な 措 置 を 再 度 検 討 することとする

10 最 後 に 防 衛 庁 自 衛 隊 としては 今 般 の 一 連 の 事 案 によって 厳 正 な 規 律 を 保 持 すべき 自 衛 隊 に 対 する 国 民 の 信 頼 を 傷 つけるに 至 った 事 態 を 深 刻 に 捉 え 今 回 とりまとめた 各 種 の 薬 物 乱 用 防 止 施 策 を 徹 底 し 自 衛 隊 に おける 薬 物 犯 罪 の 再 発 防 止 根 絶 に 全 力 を 注 いでまいりたい

11 ( 別 紙 1) 1 薬 物 問 題 対 策 検 討 会 議 名 簿 議 長 : 今 津 防 衛 庁 副 長 官 ( ~11.2) 木 村 防 衛 庁 副 長 官 ( ~) 副 議 長 : 愛 知 防 衛 庁 長 官 政 務 官 委 員 : 人 事 教 育 局 長 衛 生 担 当 防 衛 参 事 官 陸 上 幕 僚 監 部 人 事 部 長 海 上 幕 僚 監 部 人 事 教 育 部 長 航 空 幕 僚 監 部 人 事 教 育 部 長 統 合 幕 僚 会 議 事 務 局 第 1 幕 僚 室 長 人 事 教 育 局 人 事 第 1 課 長 2 薬 物 問 題 対 策 検 討 会 議 開 催 状 況 防 衛 庁 長 官 による 再 発 防 止 策 検 討 の 指 示 第 1 回 会 合 各 自 衛 隊 の 事 案 の 報 告 再 発 防 止 策 の 方 向 性 議 長 ( 今 津 前 防 衛 庁 副 長 官 )による 横 須 賀 視 察 第 2 回 会 合 中 間 とりまとめ 第 3 回 会 合 各 自 衛 隊 の 事 案 の 報 告 再 発 防 止 策 の 検 討 状 況 議 長 ( 木 村 防 衛 庁 副 長 官 )による 横 須 賀 視 察 第 4 回 会 合 各 自 衛 隊 の 事 案 の 報 告 薬 物 検 査 ( 尿 検 査 ) 制 度 について 議 長 ( 木 村 防 衛 庁 副 長 官 )による 朝 霞 視 察 議 長 ( 木 村 防 衛 庁 副 長 官 )による 府 中 視 察 第 5 回 会 合 部 隊 視 察 結 果 について 薬 物 検 査 ( 尿 検 査 ) 制 度 について 最 終 的 なとりまとめの 骨 子 案 第 6 回 会 合 海 上 自 衛 隊 薬 物 事 案 特 別 調 査 チーム 調 査 報 告 最 終 的 なとりまとめ

12 ( 別 紙 2) 自 衛 官 による 薬 物 事 案 発 生 件 数 年 度 陸 自 海 自 空 自 計 単 位 : 人 計 ( 注 1) 件 数 は 薬 物 事 案 懲 戒 処 分 件 数 で 整 理 ( 注 2) 平 成 17 年 度 は 平 成 18 年 2 月 15 日 現 在

13 ( 別 紙 3) ( 海 上 自 衛 隊 における 事 案 ) 本 事 案 の 詳 細 は 海 上 幕 僚 監 部 薬 物 事 案 特 別 調 査 チームが 別 途 作 成 した 薬 物 事 案 に 係 る 調 査 報 告 書 のとおりである 所 属 階 級 等 概 要 横 須 賀 基 地 業 務 隊 大 麻 取 締 法 違 反 容 疑 で 平 成 17 年 7 月 17 日 逮 捕 2 等 海 曹 (33 歳 ) 平 成 17 年 10 月 19 日 懲 戒 免 職 平 成 17 年 10 月 20 日 判 決 ( 懲 役 3 年 執 行 猶 予 5 年 ) 第 2 潜 水 隊 群 大 麻 取 締 法 違 反 容 疑 で 平 成 17 年 7 月 27 日 逮 捕 海 士 長 (28 歳 ) 平 成 17 年 10 月 19 日 懲 戒 免 職 平 成 17 年 11 月 2 日 判 決 ( 懲 役 3 年 執 行 猶 予 4 年 ) 第 2 潜 水 隊 群 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 違 反 容 疑 で 平 成 17 年 8 月 11 日 逮 捕 海 士 長 (22 歳 ) 平 成 17 年 9月 12 日 不 起 訴 ( 起 訴 猶 予 ) 平 成 17 年 10 月 19 日 停 職 30 日 第 2 潜 水 隊 群 大 麻 取 締 法 違 反 容 疑 で 平 成 17 年 8 月 23 日 逮 捕 海 士 長 (21 歳 ) 平 成 17 年 11 月 14 日 懲 戒 免 職 平 成 17 年 11 月 15 日 判 決 ( 懲 役 1 年 執 行 猶 予 3 年 ) 第 2 潜 水 隊 群 大 麻 取 締 法 違 反 容 疑 で 平 成 17 年 8 月 24 日 逮 捕 海 士 長 (22 歳 ) 平 成 17 年 11 月 14 日 懲 戒 免 職 平 成 17 年 11 月 15 日 判 決 ( 懲 役 1 年 6 月 執 行 猶 予 3 年 ) 第 2 潜 水 隊 群 大 麻 取 締 法 違 反 容 疑 で 平 成 17 年 9 月 11 日 逮 捕 海 士 長 (22 歳 ) 平 成 17 年 11 月 14 日 懲 戒 免 職 平 成 17 年 12 月 27 日 判 決 ( 懲 役 3 年 執 行 猶 予 5 年 ) 第 2 潜 水 隊 群 大 麻 取 締 法 違 反 容 疑 で 平 成 17 年 9 月 28 日 逮 捕 2 等 海 曹 (33 歳 ) 平 成 17 年 11 月 30 日 懲 戒 免 職 平 成 17 年 12 月 1 日 判 決 ( 懲 役 1 年 6 月 執 行 猶 予 3 年 ) 第 2 潜 水 隊 群 大 麻 取 締 法 違 反 容 疑 で 平 成 17 年 10 月 24 日 書 類 送 検 海 士 長 (21 歳 ) 平 成 17 年 10 月 28 日 不 起 訴 ( 起 訴 猶 予 ) 平 成 17 年 11 月 14 日 停 職 60 日 横 須 賀 基 地 業 務 隊 大 麻 取 締 法 違 反 容 疑 で 平 成 17 年 10 月 24 日 書 類 送 検 元 3 等 海 曹 ( 26 歳 ) 平 成 17 年 10 月 19 日 停 職 60 日

14 平 成 17 年 10 月 31 日 不 起 訴 ( 起 訴 猶 予 ) 掃 海 隊 群 大 麻 取 締 法 違 反 容 疑 で 平 成 17 年 11 月 1 日 書 類 送 検 海 士 長 (27 歳 ) 平 成 17 年 11 月 14 日 停 職 60 日 平 成 17 年 11 月 14 日 不 起 訴 ( 起 訴 猶 予 ) 呉 基 地 業 務 隊 大 麻 取 締 法 違 反 で 平 成 17 年 12 月 9 日 逮 捕 海 士 長 (24 歳 ) 平 成 18 年 2 月 13 日 懲 戒 免 職 平 成 18 年 2 月 14 日 判 決 ( 懲 役 1 年 6 月 執 行 猶 予 3 年 ) ( 注 ) 所 属 階 級 年 齢 は 逮 捕 又 は 書 類 送 検 時 のもの( 以 下 別 紙 4 及 び5も 同 様 )

15 ( 別 紙 4) ( 陸 上 自 衛 隊 における 事 案 ) ア 第 5 施 設 団 における 事 案 本 事 案 は 平 成 17 年 8 月 第 5 施 設 団 所 属 の2 等 陸 曹 (31 歳 )が 大 麻 取 締 法 違 反 容 疑 で 陸 上 自 衛 隊 警 務 隊 により 書 類 送 検 され 不 起 訴 ( 起 訴 猶 予 )となったものである 懲 戒 処 分 は 同 月 に 免 職 とした 同 2 等 陸 曹 は 大 麻 に 興 味 を 持 ったことから 平 成 16 年 1 月 及 び5 月 頃 都 市 部 の 公 園 において 部 外 者 から 大 麻 を 購 入 し 駐 屯 地 内 の 生 活 隊 舎 の 同 室 者 が 臨 時 勤 務 で 不 在 にしている 場 合 が 多 かったことから 数 回 にわたり 自 室 において 消 灯 後 に 使 用 していた イ 第 10 師 団 における 事 案 本 事 案 は 平 成 17 年 8 月 第 10 師 団 所 属 の 陸 士 長 (24 歳 )が 覚 せい 剤 取 締 法 違 反 容 疑 で 警 察 により 逮 捕 され 同 年 10 月 有 罪 判 決 を 受 けたもの である 懲 戒 処 分 は9 月 に 免 職 とした 同 陸 士 長 は 入 隊 前 の 平 成 12 年 頃 に 興 味 本 位 から 覚 せい 剤 の 使 用 を 始 め 入 隊 前 は 週 1 回 程 度 入 隊 後 は3ヶ 月 に2 回 程 度 合 計 では 約 4 年 半 の 間 に300 回 程 度 覚 せい 剤 を 使 用 していた 覚 せい 剤 は 帰 省 先 の 都 市 部 路 上 にて 部 外 者 から 購 入 し 駐 屯 地 外 のホテル 等 のほか 駐 屯 地 内 の 生 活 隊 舎 の 同 室 者 が 教 育 入 校 で 不 在 中 に 自 室 においても 数 回 程 度 使 用 し たことがあった ウ 第 4 施 設 団 における 事 案 本 事 案 は 平 成 17 年 11 月 第 4 施 設 団 所 属 の 陸 士 長 (21 歳 ) 及 び1 等 陸 士 (19 歳 )が 大 麻 取 締 法 違 反 容 疑 で 麻 薬 取 締 部 により 逮 捕 され 不 起 訴 ( 起 訴 猶 予 ) 又 は 家 裁 送 致 となったものである 懲 戒 処 分 は 同 月 に 免 職 とした 両 名 は 音 楽 を 通 じて 交 友 関 係 にあった 同 陸 士 長 は 市 販 雑 誌 に 記 載 されていた 大 麻 に 関 する 情 報 に 接 して 興 味 を 持 ち 平 成 17 年 5 月 頃 インターネットを 通 じて 大 麻 を 購 入 した 後 同 1 等 陸 士 とともに 私 有 車 両 内 において 使 用 した その 後 同 年 10 月 頃 までの 間 に インターネッ トを 通 じて 共 同 で 大 麻 を 購 入 するなどしつつ それぞれ10 数 回 程 度 使 用 した 使 用 場 所 は 駐 屯 地 外 の 私 有 車 両 内 遊 興 施 設 のほか 駐 屯 地 生

16 活 隊 舎 の 居 室 においても 他 の 隊 員 が 演 習 参 加 で 不 在 時 に1 回 又 は2 回 使 用 したことがあった エ 第 2 師 団 における 事 案 本 事 案 は 平 成 17 年 12 月 第 2 師 団 所 属 の 陸 士 長 (22 歳 )が 大 麻 取 締 法 違 反 容 疑 で 警 察 により 逮 捕 され 平 成 18 年 1 月 有 罪 判 決 を 受 けたもの である 懲 戒 処 分 は1 月 に 免 職 とした 同 陸 士 長 は 入 隊 前 の 平 成 13 年 頃 好 奇 心 から 大 麻 使 用 を 開 始 し 入 隊 後 も 部 外 友 人 から 大 麻 を 譲 り 受 けつつ 逮 捕 されるまでの 間 200 回 以 上 にわたり 自 宅 友 人 宅 等 で 使 用 していた 所 属 階 級 等 概 要 第 5 施 設 団 大 麻 取 締 法 違 反 容 疑 で 平 成 17 年 8 月 9 日 書 類 送 検 2 等 陸 曹 (31 歳 ) 平 成 17 年 8 月 9 日 懲 戒 免 職 平 成 17 年 8 月 15 日 不 起 訴 ( 起 訴 猶 予 ) 第 10 師 団 覚 せい 剤 取 締 法 違 反 容 疑 で 平 成 17 年 8 月 23 日 逮 捕 陸 士 長 (24 歳 ) 平 成 17 年 9 月 13 日 懲 戒 免 職 平 成 17 年 10 月 24 日 判 決 ( 懲 役 1 年 6 月 執 行 猶 予 3 年 ) 第 4 施 設 団 大 麻 取 締 法 違 反 容 疑 で 平 成 17 年 11 月 7 日 逮 捕 陸 士 長 (21 歳 ) 平 成 17 年 11 月 7 日 懲 戒 免 職 平 成 17 年 11 月 17 日 不 起 訴 ( 起 訴 猶 予 ) 第 4 施 設 団 大 麻 取 締 法 違 反 容 疑 で 平 成 17 年 11 月 7 日 逮 捕 1 等 陸 士 (19 歳 ) 平 成 17 年 11 月 7 日 懲 戒 免 職 平 成 17 年 11 月 17 日 家 裁 送 致 12 月 12 日 不 処 分 第 2 師 団 大 麻 取 締 法 違 反 容 疑 で 平 成 17 年 12 月 4 日 逮 捕 陸 士 長 (22 歳 ) 平 成 18 年 1 月 25 日 懲 戒 免 職 平 成 18 年 1 月 27 日 判 決 ( 懲 役 2 年 執 行 猶 予 3 年 )

17 ( 別 紙 5) ( 航 空 自 衛 隊 における 事 案 ) 本 事 案 は 平 成 17 年 9 月 中 部 警 戒 管 制 団 所 属 の3 等 空 曹 (30 歳 )が覚 せい 剤 取 締 法 違 反 容 疑 で 航 空 自 衛 隊 警 務 隊 により 逮 捕 され 12 月 に 有 罪 判 決 を 受 けたものである 懲 戒 処 分 は 同 年 10 月 に 免 職 とした 同 3 等 空 曹 は 平 成 13 年 頃 好 奇 心 から 外 出 先 の 都 市 部 街 頭 で 部 外 者 から 大 麻 を 購 入 使 用 したことが 数 回 あり また 平 成 17 年 9 月 やはり 好 奇 心 から 都 市 部 街 頭 で 部 外 者 から 覚 せい 剤 を 購 入 し 遊 興 店 等 で 使 用 した 所 属 階 級 等 概 要 中 部 警 戒 管 制 団 覚 せい 剤 取 締 法 違 反 容 疑 で 平 成 17 年 9 月 28 日 逮 捕 3 等 空 曹 (30 歳 ) 平 成 17 年 10 月 18 日 懲 戒 免 職 平 成 17 年 12 月 2 日 判 決 ( 懲 役 1 年 6 月 執 行 猶 予 3 年 )

18 薬 物 検 査 ( 尿 検 査 ) 制 度 について ( 別 紙 6) 1 目 的 薬 物 乱 用 を 未 然 に 防 止 すること 等 により 厳 正 な 規 律 を 保 持 する 2 薬 物 検 査 の 実 施 体 制 各 幕 僚 長 の 下 検 査 実 施 に 必 要 な 要 員 を 指 定 して 実 施 する 3 検 査 対 象 者 の 選 定 次 のいずれかの 方 法 により 幕 僚 長 が 検 査 対 象 者 を 選 定 する (1) 無 作 為 に 抽 出 した 隊 員 を 個 々に 選 定 する 方 法 (2) 無 作 為 又 は 有 意 に 抽 出 した 部 隊 等 に 属 する 隊 員 全 員 を 選 定 する 方 法 (3) 上 記 を 組 み 合 わせた 方 法 (4)その 他 幕 僚 長 が 特 に 必 要 と 認 める 方 法 4 検 査 の 実 施 検 査 の 実 効 性 を 確 保 するため 検 査 対 象 者 への 告 知 は 原 則 として 薬 物 検 査 の 実 施 日 に 行 う 検 査 の 実 施 に 先 立 ち 書 面 により 検 査 対 象 者 の 同 意 を 得 る 尿 検 査 キットにより 検 査 を 実 施 し 必 要 に 応 じて 再 検 査 等 を 行 う 薬 物 乱 用 の 疑 いが 認 められた 場 合 には 捜 査 機 関 への 通 報 等 を 行 う 5 同 意 しない 者 の 取 り 扱 い 同 意 しない 理 由 を 聴 取 し 改 めて 受 検 を 求 める 上 記 の 求 めにかかわらず なお 同 意 しないときは その 旨 検 査 記 録 と して 保 管 する 幕 僚 長 は 同 意 しない 隊 員 を 改 めて 検 査 対 象 者 に 選 定 できる 検 査 記 録 は 捜 査 機 関 から 刑 事 訴 訟 法 第 197 条 第 2 項 に 基 づく 照 会 があったときは 提 出 する

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8>

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8> 総 行 選 第 4 7 号 平 成 25 年 6 月 3 日 各 都 道 府 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 選 挙 部 長 ( 公 印 省 略 ) 成 年 被 後 見 人 の 選 挙 権 の 回 復 等 のための 公 職 選 挙 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 取 扱 いについて 成 年 被 後 見 人 の

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

情 報 漏 えい 事 件 の 概 要 と 再 発 防 止 策 平 成 27 年 11 月 唐 津 市 目 次 1 はじめに 1 2 事 件 の 概 要 2 3 事 件 発 覚 後 の 経 過 5 4 処 分 8 5 前 回 の 事 件 後 の 取 り 組 み 9 6 再 発 防 止 に 向 けた 検 討 13 7 再 発 防 止 に 向 けた 取 り 組 み 15 8 おわりに 19 1 はじめに

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連 巡 回 連 絡 実 施 要 領 平 成 22 年 7 月 1 日 地 第 6 8 7 号 警 察 本 部 長 巡 回 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について( 通 達 ) この 度 巡 回 連 絡 を 適 正 かつ 効 果 的 に 実 施 するため みだしの 要 領 を 別 添 のとおり 制 定 し 平 成 22 年 7 月 2 日 から 実 施 することとしたので 実 効 の 上 がるよう

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 3 月 31 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 153 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 1 月 17 日 ( 平 成 23 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 422 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 19 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

諮問第1号

諮問第1号 平 成 28 年 2 月 諮 問 説 明 資 料 ページ 諮 問 第 1 号 退 職 手 当 支 給 制 限 処 分 に 関 する 審 査 請 求 について 1 総 務 企 画 局 諮 問 第 1 号 退 職 手 当 支 給 制 限 処 分 に 関 する 審 査 請 求 について 第 1 議 会 への 諮 問 の 理 由 酒 気 帯 び 運 転 を 行 った 教 員 に 対 して, 平 成 27 年

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

2004syuki027職員退職手当規程

2004syuki027職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 度 九 大 就 規 第 27 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 27 年 3 月 30 日 ( 平 成 26 年 度 九 大 就 規 第 21 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 就 業 通 則 ( 平 成 16

More information

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務)

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務) 資 料 2 28.6.16 防 衛 省 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 における 施 設 管 理 業 務 の 実 施 状 況 について ( 平 成 26 年 度 及 び27 年 度 ) Ⅰ 事 業 の 概 要 1. 委 託 業 務 内 容 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 の 施 設 管 理 業 務 建 築 設 備 点 検 保 守 業 務 電 気 設 備 点 検

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑 裁 判 員 裁 判 の 概 況 本 日 中 不 公 表,5 月 21 日 解 禁 でお 願 いします 第 1 これまでの 裁 判 員 裁 判 の 概 要 平 成 22 年 5 月 20 日 最 高 検 察 庁 1 起 訴 件 数 合 計 1, 881 件 ( 平 成 22 年 5 月 20 日 現 在 ) 別 添 資 料 1のとおり 2 判 決 結 果 判 決 言 渡 人 員 合 計 530 人 (

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

国の栄典及び表彰等の上申要領について(通達)

国の栄典及び表彰等の上申要領について(通達) 国 の 栄 典 及 び 表 彰 等 の 上 申 要 領 について( 通 達 ) 平 成 元 年 10 月 20 日 陸 幕 人 計 第 322 号 改 正 平 成 6 年 9 月 12 日 陸 幕 人 計 第 272 号 平 成 14 年 3 月 29 日 陸 幕 人 計 第 108 号 平 成 18 年 7 月 26 日 陸 幕 法 第 127 号 平 成 19 年 1 月 9 日 陸 幕 法 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63> 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 2 月 1 9 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 1 0 9 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 1 年 1 2 月 1 5 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 4 3 7 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 1 8 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

1 評 価 制 度 程 国 評 価 制 度 ど 参 考 評 価 基 準 明 示 自 己 申 告 面 談 評 価 結 果 開 示 苦 情 対 応 評 価 訓 練 どつ 必 要 設 けく 適 2 程 整 備 っ へ 分 周 知 理 解 踏 まえ 進 く 重 要 ま 程 制 変 更 へ 周 知 努 3 評

1 評 価 制 度 程 国 評 価 制 度 ど 参 考 評 価 基 準 明 示 自 己 申 告 面 談 評 価 結 果 開 示 苦 情 対 応 評 価 訓 練 どつ 必 要 設 けく 適 2 程 整 備 っ へ 分 周 知 理 解 踏 まえ 進 く 重 要 ま 程 制 変 更 へ 周 知 努 3 評 総 6 7 総 経 4 1 平 成 26 8 月 15 日 各 都 道 府 県 知 各 政 令 指 都 市 市 各 殿 総 省 自 治 政 局 及 び 独 立 政 改 正 律 運 用 つ 通 知 及 び 独 立 政 改 正 律 平 成 26 律 34 改 正 布 つ 平 成 26 5 月 14 日 付 け 総 42 総 大 臣 通 知 り 知 せろ 改 正 運 用 り 通 知 り 通 知 ほ 記 留

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

Microsoft Word - 20年度(行情)答申第581号.doc

Microsoft Word - 20年度(行情)答申第581号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 20 年 4 月 15 日 ( 平 成 20 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 204 号 ) 答 申 日 : 平 成 21 年 3 月 31 日 ( 平 成 20 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 581 号 ) 事 件 名 : インド 洋 方 面 における 対 米 支 援 用 燃 料 の 供 給 能 力 の 調 査 結 果 につい て の

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

図書等の管理に関する達

図書等の管理に関する達 防 衛 研 修 所 達 第 16 号 防 衛 庁 の 図 書 管 理 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 34 年 防 衛 庁 訓 令 第 60 号 ) 第 18 条 の 規 定 に 基 づき 図 書 等 の 管 理 及 び 図 書 館 の 業 務 に 関 する 達 を 次 のように 定 める 昭 和 55 年 7 月 1 日 防 衛 研 修 所 長 水 間 明 図 書 等 の 管 理 に 関 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

ついては, 別 に 定 める 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 任 用 規 程 ( 平 成 17 年 規 程 第 44 号 )による ( 労 働 条 件 の 明 示 ) 第 7 条 学 長 は 職 員 の 採 用 に 際 しては, 採 用 する 職 員 に 対 し, 次 の 事

ついては, 別 に 定 める 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 任 用 規 程 ( 平 成 17 年 規 程 第 44 号 )による ( 労 働 条 件 の 明 示 ) 第 7 条 学 長 は 職 員 の 採 用 に 際 しては, 採 用 する 職 員 に 対 し, 次 の 事 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 10 月 3 日 規 則 第 5 号 最 終 改 正 平 成 26 年 3 月 18 日 規 則 第 2 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号

More information

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 2007 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき, 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464>

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 教 員 人 事 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 平 成 1 6 年 規 則 第 2 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 3 条 第 1 項

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生 2010 年 に 発 生 した 大 麻 事 件 に 関 する 報 告 書 ( 総 括 ) 2011 年 6 月 西 南 学 院 大 学 薬 物 問 題 等 対 策 委 員 会 目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

国立大学法人上越教育大学職員就業規則

国立大学法人上越教育大学職員就業規則 国 立 大 学 法 人 上 越 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 ) 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 4 日 規 則 第 1 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FAC93638CB48E7397A79561894082C982A882AF82E9976182E88BE082C98AD682B782E992B28DB893C195CA88CF88F589EF95F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FAC93638CB48E7397A79561894082C982A882AF82E9976182E88BE082C98AD682B782E992B28DB893C195CA88CF88F589EF95F18D908F912E646F63> 小 田 原 市 立 病 院 における 預 り 金 に 関 する 調 査 特 別 委 員 会 報 告 書 平 成 24 年 3 月 2 日 目 次 1 調 査 に 至 った 経 緯 1ページ 2 特 別 委 員 会 の 設 置 1ページ (1) 設 置 決 議 1ページ (2) 委 員 会 の 定 数 2ページ (3) 委 員 長 副 委 員 長 委 員 の 氏 名 2ページ 3 調 査 の 概 要

More information

○ ○都道府県(市町村)の職員の任免状況について

○ ○都道府県(市町村)の職員の任免状況について 地 方 公 務 員 法 第 58 条 の 2 及 び 大 崎 上 島 町 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 における 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 を 次 のとおり 公 表 します 平 成 26 年 4 月 大 崎 上 島 町 長 高 田 幸 典 空 欄 としている 事 項 については 地

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

(Microsoft Word - \214f\216\246\227p\201[.doc)

(Microsoft Word - \214f\216\246\227p\201[.doc) 市 県 民 税 に 係 る 業 務 上 横 領 事 件 の 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 9 日 ( 金 ) 大 津 市 目 次 1 はじめに 1P 2 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 納 入 の 仕 組 み 1P 3 事 件 の 主 な 経 過 2P 4 元 職 員 の 経 歴 3P 5 被 害 額 4P 6 事 件 を 防 止 できなかった 組 織 的 な 問 題

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 職 員 の 退 職 金 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 規 則 第 8 号 改 正 平 成 16 年 法 人 規 則 第 27 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 28 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 29 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 25 号 平 成

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63> 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 10986 号 2011.8.4 一 部 改 正 2011.8.4 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 職 員 就 業 規 則 制 定 平 成 16 規 程 第 10 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 18 号 平 成 18 規 程 第 6 号 平 成 19 規 程 第 19 号 平 成 20 規 程 第 77 号 平 成 21 規 程 第 18 号 平 成 22 規 程 第 97 号 平 成 25 規 程 第 20 号 平 成 25 規 程 第

More information

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ 会 計 監 査 人 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 説 明 書 ( 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 会 計 監 査 人 業 務 ( 平 成 28 年 度 から 平 成 32 年 度 )) 平 成 28 年 9 月 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表 北 海 道 青 少 年 健 全 育 成 条 例 ( 昭 和 30 年 4 月 2 日 条 例 第 17 号 ) 沿 革 昭 和 35 年 4 月 27 日 条 例 第 18 号 38 年 3 月 26 日 第 4 号 41 年 4 月 11 日 第 23 号 48 年 4 月 1 日 第 27 号 53 年 3 月 31 日 第 7 号 平 成 2 年 3 月 31 日 第 8 号 4 年 3 月

More information

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 ( 以 下 協 会 という ) 定 款 第 3 3 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 協 会 職 員 ( 以 下 職 員 という ) の 就 業 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴

用 するためのガイドラインを 次 のとおり 定 めました ガイドラインの 対 象 は 公 共 的 団 体 が 公 共 空 間 に 設 置 する 防 犯 カメラとし ていますが 個 人 や 事 業 者 など 防 犯 カメラを 設 置 する 場 合 の 参 考 としてご 活 用 ください 2 定 義 ⑴ 長 久 手 市 公 共 的 団 体 による 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 逐 条 解 説 1 目 的 このガイドラインは 防 犯 カメラによる 犯 罪 防 止 への 有 用 性 と 市 民 の 容 ぼ うや 行 動 をみだりに 撮 影 されないなどプライバシーの 保 護 との 調 和 を 旨 に 地 域 の 公 共 的 団 体 が 市 内 の 公 共 空 間 を

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

持 TFでの 検 討 を 踏 まえ 対 策 を 講 ずることといたしますが 貴 職 におかれまし ては 現 段 階 において 下 記 事 項 につきご 対 応 いただきますようお 願 い 申 し 上 げます 記 1. 貴 会 会 員 に 対 して 今 回 の 厚 生 労 働 省 からの 緊 急 要

持 TFでの 検 討 を 踏 まえ 対 策 を 講 ずることといたしますが 貴 職 におかれまし ては 現 段 階 において 下 記 事 項 につきご 対 応 いただきますようお 願 い 申 し 上 げます 記 1. 貴 会 会 員 に 対 して 今 回 の 厚 生 労 働 省 からの 緊 急 要 社 労 連 第 200 号 平 成 25 年 5 月 9 日 都 道 府 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 長 殿 全 国 社 会 保 険 労 務 士 会 連 合 会 会 長 金 田 修 ( 公 印 省 略 ) 厚 生 労 働 省 からの 社 会 保 険 労 務 士 の 不 正 行 為 防 止 に 係 る 緊 急 要 請 への 対 応 について 平 素 は 連 合 会 の 事 業 運 営 につきまして

More information

1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 の 採 用 の 状 況 平 成 25 年 度 新 たに 採 用 した 職 員 数 は27 人 です 職 種 別 性 別 内 訳 は 以 下 のとおりです 区 分 一 般 事 務 ( 単 位 : 人 ) 土 木 電 気

1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 の 採 用 の 状 況 平 成 25 年 度 新 たに 採 用 した 職 員 数 は27 人 です 職 種 別 性 別 内 訳 は 以 下 のとおりです 区 分 一 般 事 務 ( 単 位 : 人 ) 土 木 電 気 平 成 25 年 度 今 治 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の2 及 び 今 治 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 今 治 市 条 例 第 313 号 )に 基 づき 今 治 市 の 人 事 行 政 の 運 営 等

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6> 情 報 システム 研 究 機 構 法 人 文 書 管 理 規 程 平 成 2 4 月 1 日 制 定 目 次 第 1 章 総 則 第 2 章 管 理 体 制 第 3 章 作 成 第 4 章 整 理 第 5 章 保 存 第 6 章 法 人 文 書 ファイル 管 理 簿 第 7 章 移 管, または 保 存 期 間 の 延 長 第 8 章 点 検 監 査 及 び 管 理 状 況 の 報 告 等 第 9

More information

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画 徳 山 大 学 公 的 研 究 費 取 扱 規 程 ( 平 成 27 年 1 月 30 日 制 定 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 徳 山 大 学 教 育 職 員 倫 理 綱 領 及 び 徳 山 大 学 における 研 究 に 携 わる 者 の 行 動 規 範 の 定 めに 従 い, 徳 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )において 公 的 研 究 費 を 適 正 に 運 営

More information