参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を"

Transcription

1 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の3の 規 定 に 基 づく 報 告 書 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 会 計 検 査 の 結 果 について 平 成 24 年 10 月 会 計 検 査 院

2 参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を 行 い その 結 果 を 報 告 するよう 要 請 することが 決 定 され 同 日 参 議 院 議 長 を 経 て 会 計 検 査 院 長 に 対 し 会 計 検 査 及 びその 結 果 の 報 告 を 求 める 要 請 がなされた これに 対 して 会 計 検 査 院 は 同 月 4 日 検 査 官 会 議 において 本 要 請 を 受 諾 することを 決 定 した 本 報 告 書 は 上 記 の 要 請 により 実 施 した 会 計 検 査 の 結 果 について 会 計 検 査 院 長 から 参 議 院 議 長 に 対 して 報 告 するものである なお 会 計 検 査 院 としては 本 報 告 書 の 取 りまとめに 際 して 内 閣 官 房 総 務 省 防 衛 省 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 及 び 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 が 今 後 行 うこ ととしている 損 害 賠 償 の 請 求 再 発 防 止 策 の 策 定 等 の 状 況 について 検 証 等 を 終 えるに 至 っ ていない 部 分 があることなどから これらを 中 心 に 引 き 続 き 検 査 して 検 査 の 結 果 につい ては 取 りまとめが 出 来 次 第 報 告 することとする 平 成 24 年 10 月 会 計 検 査 院

3 目 次 第 1 検 査 の 背 景 及 び 実 施 状 況 1 1 検 査 の 要 請 の 内 容 1 2 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 の 概 要 1 (1) 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 関 する 契 約 の 概 要 1 (2) 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 の 概 要 3 ア 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 における 契 約 の 概 要 3 イ 衛 星 センターにおける 契 約 の 概 要 4 ウ 通 信 機 構 における 契 約 の 概 要 5 エ 総 務 省 における 契 約 の 概 要 5 3 検 査 の 観 点 着 眼 点 対 象 及 び 方 法 6 (1) 検 査 の 観 点 及 び 着 眼 点 6 (2) 検 査 の 対 象 及 び 方 法 8 第 2 検 査 の 結 果 8 1 過 大 請 求 の 経 緯 方 法 内 容 等 の 状 況 8 (1) 過 大 請 求 の 経 緯 8 ア これまで 明 らかになった 過 大 請 求 事 案 8 (ア) 過 去 の 過 大 請 求 事 案 の 件 数 返 還 額 等 8 (イ) 過 去 の 過 大 請 求 事 案 に 対 する 再 発 防 止 策 等 9 a 防 衛 省 の 再 発 防 止 策 9 b 宇 宙 機 構 の 再 発 防 止 策 10 c 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 の 不 正 防 止 対 策 11 イ 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 に 内 在 する 課 題 等 11 (ア) 競 争 性 透 明 性 等 の 確 保 11 (イ) コスト 削 減 へのインセンティブ 12 (ウ) 指 名 停 止 中 の 契 約 締 結 12

4 ウ 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 の 発 生 13 (ア) 三 菱 電 機 及 び 関 係 4 社 による 過 大 請 求 事 案 の 発 生 13 (イ) 住 友 重 機 械 等 による 過 大 請 求 事 案 の 発 生 14 (2) 過 大 請 求 の 方 法 内 容 等 の 状 況 15 ア 三 菱 電 機 及 び 関 係 4 社 による 過 大 請 求 事 案 15 (ア) 三 菱 電 機 による 過 大 請 求 事 案 15 a 三 菱 電 機 の 組 織 15 b 契 約 実 績 等 16 c 工 数 付 替 え 等 の 状 況 17 d 工 数 付 替 え 等 の 目 的 背 景 動 機 等 24 (イ) 関 係 4 社 による 過 大 請 求 事 案 25 a 関 係 4 社 の 組 織 25 b 契 約 実 績 等 26 c 工 数 付 替 え 等 の 状 況 28 d 工 数 付 替 え 等 の 目 的 背 景 動 機 等 31 イ 住 友 重 機 械 等 による 過 大 請 求 事 案 32 (ア) 住 友 重 機 械 等 の 組 織 32 (イ) 契 約 実 績 等 32 (ウ) 工 数 水 増 し 等 の 状 況 33 a 住 友 重 機 械 における 工 数 水 増 し 等 の 状 況 33 b 住 重 特 機 における 工 数 水 増 し 等 の 状 況 35 c 過 大 請 求 額 の 算 定 との 関 係 36 (エ) 工 数 水 増 し 等 の 目 的 背 景 動 機 等 36 2 防 衛 省 等 における 監 査 等 の 実 施 状 況 36 (1) 防 衛 省 等 による 制 度 調 査 の 実 施 状 況 37 (2) 防 衛 省 等 による 原 価 監 査 等 の 実 施 状 況 38 (3) 三 菱 電 機 等 による 内 部 統 制 各 種 の 法 令 遵 守 等 に 係 る 施 策 等 の 実 施 状 況 40 ア 三 菱 電 機 による 施 策 等 の 実 施 状 況 40 イ 関 係 4 社 による 施 策 等 の 実 施 状 況 40 ウ 住 友 重 機 械 等 による 施 策 等 の 実 施 状 況 41

5 第 3 検 査 の 結 果 に 対 する 所 見 41 1 検 査 の 結 果 の 概 要 41 2 所 見 43

6 第 1 検 査 の 背 景 及 び 実 施 状 況 1 検 査 の 要 請 の 内 容 会 計 検 査 院 は 平 成 24 年 9 月 3 日 参 議 院 から 国 会 法 第 105 条 の 規 定 に 基 づき 下 記 事 項 について 会 計 検 査 を 行 いその 結 果 を 報 告 することを 求 める 要 請 を 受 けた これに 対 し 同 月 4 日 検 査 官 会 議 において 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の3の 規 定 により 検 査 を 実 施 してその 検 査 の 結 果 を 報 告 することを 決 定 した 一 会 計 検 査 及 びその 結 果 の 報 告 を 求 める 事 項 ( 一 ) 検 査 の 対 象 内 閣 官 房 総 務 省 防 衛 省 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 ( 二 ) 検 査 の 内 容 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 次 の 各 事 項 過 大 請 求 の 経 緯 方 法 内 容 等 の 状 況 防 衛 省 等 における 監 査 等 の 実 施 状 況 損 害 賠 償 の 請 求 再 発 防 止 策 の 策 定 等 の 状 況 2 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 の 概 要 (1) 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 関 する 契 約 の 概 要 防 衛 省 (19 年 1 月 8 日 以 前 は 防 衛 庁 )は 防 衛 省 設 置 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 164 号 ) 等 に 基 づき 所 掌 に 係 る 防 衛 装 備 品 船 舶 航 空 機 等 の 調 達 等 を 民 間 企 業 等 と 請 負 契 約 等 を 締 結 することにより 実 施 しており これらに 係 る23 年 度 の 予 算 額 は2 兆 8920 億 7647 万 余 円 に 上 っている このうち 防 衛 装 備 品 及 び 防 衛 装 備 品 の 修 理 等 の 役 務 ( 以 下 防 衛 装 備 品 等 とい う )の 調 達 は その 用 途 が 特 殊 であり 市 販 性 が 少 なく 仕 様 が 複 雑 かつ 高 度 であり 最 先 端 技 術 等 を 必 要 とするため 契 約 相 手 方 が 限 定 されることが 少 なくないことなど から 契 約 金 額 でみると 他 府 省 等 の 物 品 調 達 に 比 べて 随 意 契 約 の 割 合 が 高 くなって いる また 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 は 装 備 品 等 及 び 役 務 の 調 達 実 施 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 49 年 防 衛 庁 訓 令 第 4 号 )に 基 づき 図 1のとおり 防 衛 省 装 備 施 設 本 部 (19 年 8 月 31 日 以 前 は 装 備 本 部 )が 行 う 調 達 ( 以 下 中 央 調 達 という )と 陸 上 海 上 航 空 - 1 -

7 各 自 衛 隊 の 部 隊 等 が 行 う 調 達 ( 以 下 地 方 調 達 という )に 区 分 されている 図 1 防 衛 省 における 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 区 分 中 央 調 達 地 方 調 達 陸 上 海 上 航 空 各 自 衛 隊 の 部 隊 等 調 達 要 求 装 備 施 設 本 部 発 注 発 注 各 企 業 各 企 業 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 係 る 予 定 価 格 の 算 定 方 式 については 防 衛 装 備 品 は 一 般 に 公 表 されている 市 場 価 格 が 形 成 されていない 場 合 が 多 いため このような 場 合 には 調 達 物 品 等 の 予 定 価 格 の 算 定 基 準 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 37 年 防 衛 庁 訓 令 第 35 号 )に 基 づき 直 接 材 料 費 加 工 費 ( 直 接 労 務 費 に 間 接 労 務 費 間 接 材 料 費 及 び 間 接 経 費 で ある 製 造 間 接 費 を 加 えたもの) 直 接 経 費 総 利 益 等 の 計 算 項 目 の 合 計 額 により 予 定 価 格 の 決 定 の 基 準 とされる 計 算 価 格 を 算 定 する 原 価 計 算 方 式 を 採 用 することとされて いる このうち 加 工 費 は 工 数 ( 製 造 等 に 直 接 従 事 した 作 業 時 間 )に 加 工 費 率 ( 期 間 加 工 費 を 期 間 工 数 で 除 して 算 定 した1 作 業 時 間 当 たりの 加 工 費 であり 入 札 等 に 参 加 し ようとする 者 等 の 財 務 会 計 資 料 等 に 基 づいて 装 備 施 設 本 部 等 が 設 定 している )を 乗 ずることなどにより 計 算 することとなっている このため 加 工 費 は 外 部 証 ひょう 類 によって 確 認 が 可 能 な 直 接 材 料 費 等 とは 異 なり 契 約 相 手 方 の 管 理 会 計 上 の 関 係 書 類 による 確 認 にとどまるため 改 ざん 等 のリスクは 一 般 に 高 くなる また 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 係 る 契 約 方 法 については 契 約 金 額 は 本 来 契 約 締 結 時 に 確 定 されていることが 原 則 であるが 前 記 のとおり 防 衛 装 備 品 は 仕 様 が 複 雑 かつ 高 度 であるため 最 先 端 技 術 等 を 必 要 とすることなどから 契 約 締 結 時 に 適 切 な 計 算 価 格 を 算 定 することができない 場 合 があり このような 場 合 には 準 確 定 契 約 超 過 利 益 返 納 条 項 付 契 約 又 は 概 算 契 約 ( 以 下 これらを 合 わせて 準 確 定 契 約 等 とい う )が 採 用 されている この 準 確 定 契 約 等 においては 契 約 金 額 の 範 囲 内 等 で 製 造 - 2 -

8 原 価 の 実 績 等 に 基 づいて 契 約 代 金 の 額 が 確 定 されることとなる そして 防 衛 省 は 契 約 代 金 の 額 を 確 定 させるため 原 価 監 査 官 等 を 契 約 相 手 方 に 赴 かせるなどして 契 約 相 手 方 が 契 約 履 行 のために 支 出 又 は 負 担 をした 費 用 が 原 価 として 妥 当 であるか 否 か を 審 査 するための 原 価 の 監 査 又 は 調 査 を 実 施 することとしている さらに 防 衛 省 は 原 価 の 監 査 等 の 際 に 契 約 相 手 方 から 提 出 を 受 ける 資 料 の 信 頼 性 確 保 のための 施 策 の 一 環 として 原 価 計 算 方 式 で 予 定 価 格 を 算 定 して 契 約 を 締 結 して いる 契 約 相 手 方 について その 契 約 相 手 方 が 採 用 している 原 価 計 算 システムの 適 正 性 を 確 認 するための 制 度 調 査 を 実 施 することとしている (2) 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 の 概 要 ア 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 における 契 約 の 概 要 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 宇 宙 機 構 という )は 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 161 号 ) 等 に 基 づき 宇 宙 の 開 発 及 び 利 用 の 促 進 等 を 図 ることを 目 的 として 人 工 衛 星 等 の 開 発 等 を 民 間 企 業 等 と 請 負 契 約 等 を 締 結 することにより 実 施 しており 23 年 度 の 予 算 額 は2287 億 0607 万 円 に 上 っ ている 人 工 衛 星 等 の 開 発 等 は 仕 様 が 複 雑 かつ 高 度 であり 最 先 端 技 術 等 を 必 要 とする ため 契 約 相 手 方 が 限 定 されることが 少 なくないことなどから 契 約 金 額 でみると 随 意 契 約 の 割 合 が 高 くなっている 人 工 衛 星 等 の 開 発 等 の 請 負 契 約 等 に 係 る 予 定 価 格 の 算 定 方 式 については 人 工 衛 星 等 の 開 発 等 は 市 場 価 格 が 形 成 されていない 場 合 が 多 いため このような 場 合 には 宇 宙 機 構 が 定 めた 契 約 事 務 実 施 要 領 ( 平 成 15 年 契 約 部 長 通 達 第 15-1 号 )に 基 づき 原 価 計 算 方 式 を 採 用 することとされている 人 工 衛 星 等 の 開 発 等 に 係 る 契 約 方 法 については 確 定 契 約 のほか 契 約 締 結 時 の 契 約 金 額 を 上 限 金 額 とし 実 際 に 要 した 額 を 基 に 契 約 金 額 を 確 定 する 上 限 付 概 算 契 約 ( 以 下 準 確 定 契 約 超 過 利 益 返 納 条 項 付 契 約 概 算 契 約 及 び 上 限 付 概 算 契 約 を 概 算 契 約 等 と 総 称 する )がある このうち 上 限 付 概 算 契 約 においては 契 約 書 等 に 基 づき 実 際 に 要 した 経 費 を 確 認 する 原 価 監 査 を 実 施 することとなってお り また 原 価 計 算 方 式 で 予 定 価 格 を 算 定 する 契 約 においては 制 度 調 査 を 実 施 す ることとなっている また 宇 宙 機 構 は 内 閣 官 房 内 閣 情 報 調 査 室 内 閣 衛 星 情 報 センター( 以 下 衛 星 - 3 -

9 センター という )から 委 託 を 受 けて 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 を 実 施 している すなわち 政 府 は 情 報 収 集 衛 星 の 導 入 について ( 平 成 10 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )により 外 交 防 衛 等 の 安 全 保 障 及 び 大 規 模 災 害 等 への 対 応 等 の 危 機 管 理 のた めに 必 要 な 情 報 を 収 集 することを 目 的 として 情 報 収 集 衛 星 を 導 入 することを 決 定 し 13 年 4 月 に 内 閣 情 報 調 査 室 に 衛 星 センターを 設 置 して 情 報 収 集 衛 星 に 関 する 研 究 開 発 運 用 等 の 業 務 を 行 っている これらの 業 務 は 図 2のとおり 衛 星 センタ ーが 民 間 企 業 等 と 委 託 契 約 等 を 締 結 するほか 宇 宙 機 構 及 び 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 通 信 機 構 という )と 委 託 契 約 を 締 結 し さらに 両 機 構 から 民 間 企 業 等 へ 業 務 の 一 部 を 再 委 託 することなどにより 実 施 されている 図 2 情 報 収 集 衛 星 に 係 る 契 約 関 連 図 衛 星 センター 開 発 機 関 宇 宙 機 構 通 信 機 構 開 発 メ 各 企 業 各 企 業 各 企 業 各 企 業 - カ - 地 上 システムの 研 究 開 発 等 衛 星 システムの 研 究 開 発 等 イ 衛 星 センターにおける 契 約 の 概 要 衛 星 センターは 上 記 のとおり 情 報 収 集 衛 星 に 関 する 研 究 開 発 運 用 等 の 業 務 を 行 っており これらに 係 る23 年 度 の 予 算 額 は829 億 2538 万 余 円 に 上 っている 情 報 収 集 衛 星 の 研 究 開 発 運 用 等 の 委 託 契 約 等 は その 仕 様 の 多 くが 我 が 国 の 安 全 保 障 上 の 重 大 な 利 益 を 保 護 するために 開 示 できないことなどから 随 意 契 約 に よる 割 合 が 高 くなっている 情 報 収 集 衛 星 の 研 究 開 発 運 用 等 の 委 託 契 約 等 に 係 る 予 定 価 格 の 算 定 方 式 につ - 4 -

10 いては 設 計 費 試 験 費 材 料 費 等 の 製 造 原 価 等 を 積 み 上 げる 原 価 計 算 方 式 を 採 用 しており 契 約 を 締 結 する 者 から 見 積 書 の 提 出 を 受 け その 見 積 書 の 見 積 額 を 査 定 することなどにより 行 っている このうち 設 計 費 及 び 試 験 費 は 人 件 費 単 価 に 作 業 に 要 する 工 数 を 乗 ずることなどにより 算 定 することになっている また 情 報 収 集 衛 星 の 研 究 開 発 運 用 等 の 契 約 方 法 については 確 定 契 約 が 原 則 であるが 契 約 締 結 時 に 契 約 金 額 の 確 定 が 困 難 な 場 合 には 概 算 契 約 が 採 用 され ている このうち 概 算 契 約 においては 契 約 金 額 を 確 定 させるための 調 査 を 実 施 す ることとなっている ウ 通 信 機 構 における 契 約 の 概 要 通 信 機 構 は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 162 号 ) 等 に 基 づ き 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 その 他 の 研 究 開 発 等 を 民 間 企 業 等 と 請 負 契 約 等 を 締 結 す ることにより 実 施 しており 23 年 度 の 予 算 額 は108 億 3605 万 円 に 上 っている このうち 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 については 随 意 契 約 により 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 以 外 の 研 究 開 発 等 については 原 則 として 公 募 による 随 意 契 約 によりそれぞれ 実 施 している 請 負 契 約 等 に 係 る 予 定 価 格 の 算 定 方 式 については 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 では 原 価 計 算 方 式 を 採 用 しており 宇 宙 機 構 の 契 約 相 手 方 と 契 約 を 締 結 する 場 合 は 宇 宙 機 構 と 同 じ 加 工 費 率 等 を 使 用 することになっている また 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 以 外 の 研 究 開 発 等 では 採 択 した 民 間 企 業 等 から 見 積 書 を 提 出 させ その 見 積 書 に 記 載 された 見 積 額 を 査 定 することにより 行 っている また 契 約 方 法 については 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 では 上 限 付 概 算 契 約 を 採 用 して おり 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 以 外 の 研 究 開 発 等 では 概 算 契 約 を 採 用 している そし て 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 に 係 る 上 限 付 概 算 契 約 においては 原 価 監 査 を 実 施 するこ ととなっており 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 以 外 の 研 究 開 発 等 に 係 る 概 算 契 約 において は 額 の 確 定 のための 検 査 ( 以 下 原 価 の 監 査 又 は 調 査 原 価 監 査 契 約 金 額 の 額 を 確 定 させるための 調 査 又 は 検 査 を 原 価 監 査 等 と 総 称 する )を 実 施 すること となっている さらに 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 に 係 る 契 約 については 制 度 調 査 を 実 施 することとなっている エ 総 務 省 における 契 約 の 概 要 総 務 省 は 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 電 波 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第

11 号 ) 等 に 基 づき 電 波 資 源 拡 大 のための 研 究 開 発 等 を 民 間 企 業 等 と 委 託 契 約 等 を 締 結 することにより 実 施 している そして このうち 電 波 資 源 拡 大 のための 研 究 開 発 については 電 波 の 有 効 利 用 に 資 する 研 究 開 発 課 題 を 指 定 した 上 で 研 究 開 発 提 案 を 公 募 して 採 択 された 研 究 開 発 を 行 う 民 間 企 業 等 と 委 託 契 約 を 締 結 することによ り 実 施 しており 23 年 度 の 予 算 額 は73 億 6179 万 余 円 に 上 っている 電 波 資 源 拡 大 のための 研 究 開 発 の 委 託 契 約 に 係 る 予 定 価 格 の 算 定 方 式 については 原 則 として 入 札 等 に 参 加 しようとする 者 等 から 見 積 書 を 提 出 させ その 見 積 書 に 記 載 された 見 積 額 を 査 定 することにより 行 っている また 電 波 資 源 拡 大 のための 研 究 開 発 の 契 約 方 法 については 概 算 契 約 を 採 用 し ており 額 の 確 定 のための 検 査 を 実 施 することとなっている 3 検 査 の 観 点 着 眼 点 対 象 及 び 方 法 (1) 検 査 の 観 点 及 び 着 眼 点 会 計 検 査 院 は 平 成 11 年 度 決 算 検 査 報 告 に 特 定 検 査 対 象 に 関 する 検 査 状 況 として 装 備 品 等 の 調 達 に 係 る 過 払 事 案 の 処 理 等 について を 掲 記 しており 会 計 検 査 院 の 所 見 として 制 度 調 査 等 のより 一 層 の 充 実 を 図 り 過 払 事 案 の 発 生 原 因 背 景 等 を 究 明 し これに 対 する 有 効 な 対 策 を 講 ずるとともに 契 約 相 手 方 である 会 社 の 保 有 する 防 衛 装 備 品 等 に 関 する 情 報 のより 一 層 の 収 集 蓄 積 に 努 める 要 があり もって これ らの 施 策 を 通 じ 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 価 格 の 適 正 化 に 努 め 国 民 の 信 頼 を 得 るようにする ことが 肝 要 であるとしているところである しかし 三 菱 電 機 株 式 会 社 ( 以 下 三 菱 電 機 という )は24 年 1 月 27 日 に 防 衛 省 宇 宙 機 構 及 び 衛 星 センターと 締 結 した 契 約 に 係 る 工 数 等 を 過 大 に 申 告 して 過 大 請 求 を 行 っていたことなどを 認 めた その 後 三 菱 電 機 の 子 会 社 である 三 菱 スペース ソフ トウエア 株 式 会 社 ( 以 下 MSS という ) 三 菱 プレシジョン 株 式 会 社 ( 以 下 プレシジョン という ) 三 菱 電 機 特 機 システム 株 式 会 社 ( 以 下 三 電 特 機 と いう ) 及 び 関 連 会 社 である 太 洋 無 線 株 式 会 社 ( 以 下 太 洋 無 線 株 式 会 社 を 太 洋 無 線 といい これら4 社 を 関 係 4 社 という ) 並 びに 住 友 重 機 械 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 住 友 重 機 械 という ) 及 びその 子 会 社 である 住 重 特 機 サービス 株 式 会 社 ( 以 下 住 重 特 機 サービス 株 式 会 社 を 住 重 特 機 といい 両 社 を 合 わせて 住 友 重 機 械 等 という )による 過 大 請 求 事 案 が 次 々と 明 らかになった これら7 社 によ る 過 大 請 求 事 案 ( 以 下 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 という )につい - 6 -

12 ては マスコミにおいて 大 きく 報 道 されており 国 民 の 関 心 が 極 めて 高 く 国 会 にお いても 質 疑 が 行 われている このようなことから 会 計 検 査 院 は 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 の 発 覚 以 降 同 事 案 について 検 査 を 実 施 してきたが 今 回 の 検 査 の 要 請 を 踏 まえ 今 後 も 検 査 を 続 けることとしている 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 は 三 菱 電 機 関 係 4 社 又 は 住 友 重 機 械 等 に 対 して 指 名 停 止 等 の 措 置 を 講 じているが その 後 も 防 衛 省 宇 宙 機 構 通 信 機 構 及 び 総 務 省 は 指 名 停 止 中 であっても 真 にやむを 得 ない 場 合 に 該 当 する として これらの 会 社 と 契 約 を 締 結 している( 以 下 このような 場 合 に 締 結 した 契 約 を 指 名 停 止 中 の 契 約 という ) このことなどから 早 急 に 原 因 を 究 明 して 再 発 防 止 策 を 策 定 することなどが 重 要 な 課 題 となっている そこで これまで 明 らかになった 検 査 結 果 を 速 やかに 国 会 に 報 告 し 事 態 の 概 要 の 把 握 や 原 因 究 明 等 に 資 することとするとともに 詳 細 な 検 証 等 を 終 えるに 至 っていな い 部 分 を 中 心 に 今 後 引 き 続 き 検 査 を 実 施 して 最 終 的 な 検 査 の 結 果 については 取 り まとめが 出 来 次 第 報 告 することとする 会 計 検 査 院 は 本 件 の 検 査 の 要 請 の 趣 旨 を 踏 まえ 更 なる 検 査 の 徹 底 を 図 るなどのた め 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 合 規 性 経 済 性 等 の 観 点 から 以 下 の 着 眼 点 により 検 査 を 実 施 した ア 過 大 請 求 の 経 緯 過 大 請 求 はどのような 経 緯 で 行 われていたのか 特 にこれまで 明 らかになった 過 大 請 求 事 案 に 対 する 再 発 防 止 策 等 はどのようなものであったのか また 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 における 過 大 請 求 の 背 景 事 情 等 となるような 課 題 等 はないか イ 過 大 請 求 の 方 法 内 容 等 の 状 況 過 大 請 求 はどのように 行 われていたのか 特 に 工 数 の 付 替 え 等 の 方 法 はどのよう なものか また 過 大 請 求 の 目 的 動 機 及 び 背 景 はどのようなものか ウ 防 衛 省 等 における 監 査 等 の 実 施 状 況 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 が 実 施 している 制 度 調 査 原 価 監 査 等 は 適 切 に 実 施 されていたのか また 三 菱 電 機 関 係 4 社 及 び 住 友 重 機 械 等 における 内 部 統 制 各 種 の 法 令 遵 守 等 に 係 る 施 策 等 は 有 効 に 機 能 していたのか - 7 -

13 (2) 検 査 の 対 象 及 び 方 法 会 計 検 査 院 は 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 については 防 衛 省 が19 年 度 から23 年 度 までの 間 に 三 菱 電 機 関 係 4 社 及 び 住 友 重 機 械 等 と 締 結 した 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 関 する 請 負 契 約 等 を 対 象 として 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 については 宇 宙 機 構 衛 星 センタ ー 通 信 機 構 及 び 総 務 省 が 三 菱 電 機 又 は 関 係 4 社 と 締 結 した 情 報 収 集 衛 星 の 研 究 開 発 等 に 係 る 委 託 契 約 等 のうち 19 年 度 から23 年 度 までの 間 に 履 行 の 全 部 又 は 一 部 を 完 了 した 契 約 を 対 象 として 検 査 を 行 った 検 査 に 当 たっては 防 衛 省 内 部 部 局 同 省 装 備 施 設 本 部 宇 宙 機 構 東 京 事 務 所 衛 星 センター 通 信 機 構 本 部 総 務 本 省 等 において 調 書 を 徴 したり 三 菱 電 機 等 から 提 出 された 製 造 等 に 係 る 実 際 の 原 価 が 記 載 された 実 際 原 価 計 算 書 等 の 関 係 書 類 を 確 認 したりするなどの 方 法 により 会 計 実 地 検 査 を 行 った さらに 三 菱 電 機 鎌 倉 製 作 所 及 び 通 信 機 製 作 所 ( 以 下 三 菱 電 機 鎌 倉 製 作 所 を 鎌 倉 製 作 所 同 社 通 信 機 製 作 所 を 通 信 機 製 作 所 という ) 関 係 4 社 並 びに 住 友 重 機 械 等 の 各 製 造 拠 点 に 赴 いて 精 算 関 係 資 料 や 社 内 の 調 査 資 料 を 確 認 したり 関 係 者 に 説 明 を 求 めたり 製 造 現 場 を 確 認 したりなどする 方 法 により 会 計 実 地 検 査 を 行 った これらの 会 計 実 地 検 査 には 計 214 人 日 を 要 した 第 2 検 査 の 結 果 1 過 大 請 求 の 経 緯 方 法 内 容 等 の 状 況 (1) 過 大 請 求 の 経 緯 ア これまで 明 らかになった 過 大 請 求 事 案 (ア) 過 去 の 過 大 請 求 事 案 の 件 数 返 還 額 等 防 衛 省 が 締 結 した 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 契 約 においては 工 数 を 過 大 に 申 告 する などした 過 大 請 求 事 案 が 表 1-1のとおり 5 年 6 月 以 降 19 件 明 らかになっている ( 注 1) また 宇 宙 機 構 が 締 結 した 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 請 負 契 約 等 にお いても 表 1-2のとおり 過 大 請 求 事 案 が4 件 明 らかになっている そして 防 衛 省 及 び 宇 宙 機 構 は 指 名 停 止 等 の 措 置 を 講 ずるとともに 再 発 防 止 策 を 講 じたとしていた - 8 -

14 表 1-1 過 去 の 過 大 請 求 事 案 の 概 要 ( 防 衛 省 ) ( 単 位 : 億 円 ) 会 社 発 覚 年 月 返 還 金 額 1 日 本 工 機 株 式 会 社 平 成 5 年 6 月 東 洋 通 信 機 株 式 会 社 6 年 3 月 71 3 藤 倉 航 装 株 式 会 社 7 年 5 月 ニコー 電 子 株 式 会 社 7 年 5 月 34 5 日 本 航 空 電 子 工 業 株 式 会 社 10 年 3 月 77 6 日 本 電 気 株 式 会 社 10 年 10 月 日 本 電 気 電 波 機 器 エンジニアリング 株 式 会 社 10 年 11 月 44 8 株 式 会 社 トキメック 11 年 11 月 株 式 会 社 富 士 通 ゼネラル 11 年 11 月 東 急 車 輌 製 造 株 式 会 社 12 年 5 月 富 士 写 真 光 機 株 式 会 社 12 年 11 月 日 進 電 子 株 式 会 社 12 年 11 月 日 本 飛 行 機 株 式 会 社 15 年 5 月 株 式 会 社 大 原 鉄 工 所 16 年 12 月 日 本 無 線 株 式 会 社 16 年 12 月 長 野 日 本 無 線 株 式 会 社 16 年 12 月 株 式 会 社 富 士 インダストリーズ 18 年 11 月 株 式 会 社 山 田 洋 行 19 年 11 月 極 東 貿 易 株 式 会 社 20 年 1 月 29.5 表 1-2 過 去 の 過 大 請 求 事 案 の 概 要 ( 宇 宙 機 構 ) ( 単 位 : 億 円 ) 会 社 発 覚 年 月 返 還 金 額 1 日 本 電 気 株 式 会 社 平 成 10 年 9 月 東 洋 通 信 機 株 式 会 社 10 年 9 月 日 本 航 空 電 子 工 業 株 式 会 社 10 年 11 月 3 4 日 本 飛 行 機 株 式 会 社 15 年 5 月 2 ( 注 1) 宇 宙 機 構 宇 宙 機 構 は 平 成 15 年 10 月 に 宇 宙 開 発 事 業 団 文 部 科 学 省 宇 宙 科 学 研 究 所 及 び 独 立 行 政 法 人 航 空 宇 宙 技 術 研 究 所 を 統 合 し そ れぞれの 業 務 を 承 継 して 設 立 されている 本 文 の 宇 宙 機 構 の 記 述 の うち 15 年 9 月 以 前 のものについては 宇 宙 開 発 事 業 団 又 は 宇 宙 科 学 研 究 所 に 関 するものであり 表 1-2 中 1から3までの 事 案 については 同 事 業 団 4の 事 案 については 同 研 究 所 に 係 るものである (イ) 過 去 の 過 大 請 求 事 案 に 対 する 再 発 防 止 策 等 a 防 衛 省 の 再 発 防 止 策 防 衛 省 が 締 結 した 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 関 する 請 負 契 約 等 においては 前 記 のとおり これまで 過 大 請 求 事 案 が 何 度 も 明 らかになっており 防 衛 省 は 次 のような 再 発 防 止 策 を 講 じてきたとしている 11 年 4 月 に 防 衛 庁 長 官 ( 当 時 )を 本 部 長 とする 防 衛 調 達 改 革 本 部 が 取 りまとめ た 調 達 改 革 の 具 体 的 措 置 を 踏 まえ 同 年 6 月 に 関 係 機 関 に 対 して 契 約 の 相 手 方 の 提 出 資 料 の 信 頼 性 確 保 のための 施 策 について( 通 達 ) を 発 して 契 約 相 手 方 が 一 般 的 に 遵 守 すべき 次 の 事 項 を 入 札 等 に 参 加 しようとする 者 や 契 約 相 手 方 が 知 り かつ 守 らなければならない 事 項 を 定 めた 入 札 及 び 契 約 心 ( 注 2) 得 ( 昭 和 51 年 防 衛 庁 調 達 実 施 本 部 公 示 第 2 号 ) 等 に 新 たに 記 載 するとともに そ の 周 知 を 図 ることとした - 9 -

15 (a) 制 度 調 査 の 受 入 義 務 (b) 虚 偽 の 資 料 の 提 示 提 出 の 禁 止 (c) 予 定 価 格 の 算 定 に 当 たって 原 価 計 算 方 式 を 採 用 している 契 約 については 次 の 事 項 を 定 めた 資 料 の 信 頼 性 確 保 に 関 する 特 約 条 項 を 付 すこと 1 原 価 を 確 認 するために 必 要 となる 作 業 報 告 書 等 の 帳 票 類 の 保 存 義 務 ( 契 約 代 金 の 支 払 が 完 了 した 日 の 属 する 年 度 の 翌 年 度 の4 月 1 日 から1 年 間 ) 2 過 大 請 求 事 案 において 原 価 監 査 等 の 際 に 虚 偽 の 資 料 を 提 示 提 出 したこ とが 確 認 された 場 合 は 違 約 金 ( 過 払 額 と 同 額 20 年 4 月 1 日 以 降 は 過 払 額 の 2 倍 )を 課 すこと また 15 年 5 月 に 発 覚 した 日 本 飛 行 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 においては 同 社 が 防 衛 装 備 品 等 以 外 の 工 数 を 防 衛 装 備 品 等 の 工 数 として 付 け 替 えて 付 ( 注 3) 替 え 後 の 状 況 を 反 映 した 原 価 元 帳 等 の 帳 票 類 を 作 成 していた( 一 重 帳 簿 ) こ のことなどから 防 衛 庁 ( 当 時 )は その 後 の 制 度 調 査 においては 単 に 会 計 記 録 である 帳 票 類 を 審 査 するだけではなく その 背 景 となる 生 産 管 理 情 報 等 と の 比 較 検 証 や 内 部 統 制 システムの 調 査 を 加 えたり 従 来 実 施 している 監 査 法 人 等 への 外 部 委 託 に 加 え 防 衛 省 の 職 員 のみで 調 査 を 実 施 する 場 合 の 調 査 内 容 等 について 公 認 会 計 士 の 助 言 を 求 めたりなどして 契 約 相 手 方 の 原 価 計 算 シス テムの 適 正 性 の 確 保 に 努 めることとした ( 注 2) 入 札 及 び 契 約 心 得 平 成 18 年 7 月 の 改 訂 により 現 在 は 入 札 及 び 契 約 心 得 ( 平 成 18 年 防 衛 庁 装 備 本 部 公 示 第 1 号 ) ( 注 3) 一 重 帳 簿 従 来 の 過 大 請 求 事 案 は 原 価 監 査 制 度 調 査 等 の 際 に 提 示 する 虚 偽 の 原 価 元 帳 等 の 帳 簿 類 や 証 ひょう 類 とは 別 に 正 規 の 原 価 元 帳 等 の 帳 簿 類 や 証 ひょう 類 が 存 在 するという 意 味 で いわゆる 二 重 帳 簿 による 過 大 請 求 と 呼 ばれている これに 対 して 日 本 飛 行 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 等 は 他 の 契 約 の 実 績 工 数 の 一 部 を 防 衛 装 備 品 等 の 契 約 の 工 数 に 付 け 替 えるなどしており 当 該 付 替 え 後 の 工 数 等 が 記 載 された 原 価 元 帳 が 正 規 の 原 価 元 帳 として 取 り 扱 われ るとともに これに 符 合 した 証 ひょう 類 が 整 備 されており 他 に 正 規 の 原 価 元 帳 や 証 ひょう 類 が 存 在 しないという 意 味 で 本 報 告 書 に おいては このように 作 成 された 原 価 元 帳 や 証 ひょう 類 を 一 重 帳 簿 と 定 義 付 けている b 宇 宙 機 構 の 再 発 防 止 策 宇 宙 機 構 が 締 結 した 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 請 負 契 約 等 において も 前 記 のとおり これまで 過 大 請 求 事 案 が 明 らかになっており 宇 宙 機 構 は 防 衛 省 と 同 様 に 次 のような 再 発 防 止 策 を 講 じてきたとしている

16 (a) 契 約 書 において 制 度 調 査 の 受 入 義 務 を 定 めて 11 年 11 月 から 順 次 これま でのシステム 監 査 の 調 査 項 目 を 充 実 強 化 した 制 度 調 査 を 実 施 した (b) 関 係 資 料 の 保 存 義 務 ( 原 価 監 査 が 完 了 した 日 の 属 する 年 度 の 翌 年 度 末 ま ( 注 4) で)や 違 約 金 の 額 ( 過 払 額 と 同 額 )を 定 めた 原 価 の 適 正 性 確 保 のための 特 約 条 項 等 を11 年 10 月 以 降 の 新 規 契 約 に 付 すこととした また 15 年 5 月 に 発 覚 した 日 本 飛 行 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 においては 同 社 が 確 定 契 約 において 見 積 書 の 金 額 を 過 大 に 計 上 したことによって 契 約 金 額 が 過 大 となっていた このため 宇 宙 機 構 は 従 来 の 確 定 契 約 においては 過 去 の 契 約 の 原 価 に 関 する 資 料 を 開 示 させていなかったが 今 後 は 当 該 資 料 を 契 約 相 手 方 に 開 示 させ それを 見 積 りの 調 査 に 反 映 させるほか 見 積 りの 前 提 となる 要 求 仕 様 の 明 確 化 具 体 化 を 図 るなど 見 積 りの 精 度 向 上 に 努 めること とした c 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 の 不 正 防 止 対 策 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 は 自 ら 締 結 した 委 託 契 約 等 において 過 大 請 求 事 案 が 明 らかになったことがない このことなどから 衛 星 センターは ( 注 5) 特 に 関 係 資 料 の 保 存 義 務 や 虚 偽 資 料 に 係 る 違 約 金 の 賦 課 といった 不 正 防 止 対 策 ( 注 6) を 講 じていない また 通 信 機 構 は 関 係 資 料 の 保 存 義 務 を 定 めておらず 総 務 省 は 違 約 金 の 賦 課 について 定 めていない ( 注 4) 違 約 金 の 額 宇 宙 機 構 は 本 件 過 大 請 求 事 案 発 覚 後 情 報 収 集 衛 星 以 外 の 契 約 については 三 菱 電 機 についてのみ 平 成 24 年 1 月 以 降 の 契 約 か ら 情 報 収 集 衛 星 に 関 する 全 ての 契 約 については24 年 3 月 以 降 の 契 約 から 違 約 金 の 額 を 過 払 額 の2 倍 に 引 き 上 げた ( 注 5) 違 約 金 の 賦 課 衛 星 センターは 本 件 過 大 請 求 事 案 発 覚 後 平 成 24 年 3 月 に 三 菱 電 機 との 履 行 中 の 契 約 について また 同 年 4 月 からの 新 規 契 約 のうち 原 価 計 算 方 式 により 予 定 価 格 を 算 定 した 契 約 について 契 約 相 手 方 を 問 わず 関 係 資 料 の 保 存 義 務 (1 年 )や 違 約 金 の 賦 課 ( 過 払 額 の2 倍 )を 定 めた 資 料 の 信 頼 性 確 保 に 関 する 特 約 条 項 を 付 すこととした ( 注 6) 関 係 資 料 の 保 存 義 務 通 信 機 構 は 本 件 過 大 請 求 事 案 発 覚 後 平 成 24 年 4 月 以 降 の 契 約 から 関 係 資 料 の 保 存 義 務 (1 年 )を 定 めた イ 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 に 内 在 する 課 題 等 (ア) 競 争 性 透 明 性 等 の 確 保 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 は 前 記 のと

17 おり 契 約 相 手 方 が 限 定 されることが 少 なくない 契 約 金 額 でみると 随 意 契 約 の 割 合 は 防 衛 省 の 中 央 調 達 の 場 合 は22 年 度 で53.4% 宇 宙 機 構 の 場 合 は23 年 度 で40.6%となっているなど 他 府 省 等 の 物 品 調 達 に 比 べて 随 意 契 約 の 割 合 が 高 く 競 争 が 働 きにくい 面 がある また 用 途 が 特 殊 であったり 開 発 品 であったりするため 市 場 価 格 が 形 成 され ておらず 特 定 の 企 業 の 見 積 書 等 に 基 づいて 原 価 計 算 方 式 により 予 定 価 格 を 算 定 する 場 合 が 多 く 例 えば 防 衛 省 の22 年 度 の 中 央 調 達 の 場 合 原 価 計 算 方 式 によ る 予 定 価 格 の 算 定 実 績 は 契 約 金 額 で75%となっているなどしており 更 に 競 争 性 が 乏 しいことから 予 定 価 格 の 算 定 根 拠 等 の 透 明 性 の 確 保 が 重 要 となる (イ) コスト 削 減 へのインセンティブ 現 行 の 概 算 契 約 等 においては 契 約 相 手 方 のコスト 削 減 努 力 により 工 数 等 が 低 減 した 場 合 についても 契 約 代 金 等 を 減 額 することとなり コスト 削 減 の 便 益 を 全 て 発 注 者 が 享 受 することとなっている また 原 価 計 算 方 式 により 予 定 価 格 を 算 定 する 場 合 には 総 利 益 は 製 造 原 価 に 対 して 一 定 の 率 で 計 算 することとなって いることから 製 造 原 価 が 低 減 すると 総 利 益 も 低 減 することとなり 契 約 相 手 方 は コスト 削 減 分 だけでなく 総 利 益 も 減 額 されることとなる このようなことか ら 契 約 相 手 方 において コスト 削 減 へのインセンティブが 働 きにくい 面 がある 一 方 防 衛 省 は 前 記 の 調 達 改 革 の 具 体 的 措 置 を 踏 まえ 11 年 7 月 に インセン ティブ 契 約 として 減 価 提 案 制 度 を 導 入 した これは 契 約 締 結 後 に 成 果 品 とし ての 防 衛 装 備 品 の 機 能 及 び 性 能 を 低 下 させることなく 企 業 が 有 する 技 術 及 び 製 造 ノウハウを 活 用 してコスト 削 減 を 可 能 とする 提 案 を 受 け 審 査 の 上 適 当 と 認 めた 場 合 は 当 該 企 業 にコスト 削 減 額 の50%を 減 価 提 案 技 術 料 として 原 則 3 年 間 支 払 うものである しかし 14 年 4 月 に 要 件 が 厳 しく 使 い 勝 手 が 悪 いとして 要 件 を 緩 和 するとともに 減 価 提 案 技 術 料 の 支 払 期 間 を3 年 から5 年 に 長 くしたものの この 制 度 はほとんど 利 用 されていない このようなことから 防 衛 省 は インセンティブ 契 約 制 度 の 改 善 を 含 め 今 後 の 調 達 制 度 等 の 在 り 方 等 について 更 に 検 討 するとしている (ウ) 指 名 停 止 中 の 契 約 締 結 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 の 相 手 方 とな る 企 業 は 最 先 端 技 術 等 を 有 する 企 業 であり これらの 企 業 でなければ 製 造 又 は

18 修 理 できない 防 衛 装 備 品 や 研 究 開 発 できない 人 工 衛 星 等 が 多 数 存 在 している ま た これらの 防 衛 装 備 品 や 人 工 衛 星 等 は 我 が 国 の 安 全 保 障 等 の 面 において 大 き な 役 割 を 担 っている このため 今 回 の 過 大 請 求 事 案 の 発 覚 に 伴 い 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 は 三 菱 電 機 等 に 対 して 指 名 停 止 等 の 措 置 を 講 じているが その 後 も 防 衛 省 宇 宙 機 構 通 信 機 構 及 び 総 務 省 は 指 名 停 止 中 の 契 約 をこれらの 会 社 と 締 結 しており その 件 数 及 び 金 額 は 後 記 の 表 3 及 び 表 4-1から 表 4-3までのとおり 計 238 件 1166 億 3013 万 余 円 に 上 っている この うち 防 衛 省 が 本 件 過 大 請 求 事 案 に 伴 い 三 菱 電 機 を 指 名 停 止 等 とした24 年 1 月 2 7 日 から6 月 30 日 までの 間 に 三 菱 電 機 と 締 結 した 指 名 停 止 中 の 契 約 は 計 152 件 契 約 金 額 計 1118 億 4386 万 余 円 となっている これは 22 年 度 に 防 衛 省 が 三 菱 電 機 と 締 結 した 契 約 の 契 約 金 額 計 1192 億 2994 万 余 円 の9 割 を 超 える 額 である また 宇 宙 機 構 が 締 結 した 指 名 停 止 中 の 契 約 も 計 24 件 契 約 金 額 計 13 億 1578 万 余 円 に 上 って いる 防 衛 省 は 指 名 停 止 中 の 契 約 について 代 替 品 や 代 替 会 社 の 有 無 を 精 査 した 結 果 代 替 の 調 達 手 段 がなく かつ 指 名 停 止 中 の 会 社 との 契 約 を 行 わなければ 自 衛 隊 の 任 務 遂 行 に 重 大 な 支 障 が 生 じる 場 合 に 限 定 して 締 結 したとしているが 結 果 的 に 三 菱 電 機 との 間 で 指 名 停 止 後 の5か 月 間 に 直 近 年 度 の 契 約 金 額 計 の9 割 を 超 える 額 の 契 約 を 締 結 していることは 指 名 停 止 等 の 措 置 が 契 約 相 手 方 にとっ てペナルティとして 十 分 に 機 能 していないと 思 料 される 上 記 (ア) (イ) 及 び(ウ)のとおり 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 については 様 々な 課 題 等 が 内 在 しており これらの 課 題 等 が 過 大 請 求 の 発 生 リスクに 影 響 を 与 えていると 思 料 される ウ 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 の 発 生 (ア) 三 菱 電 機 及 び 関 係 4 社 による 過 大 請 求 事 案 の 発 生 防 衛 省 宇 宙 機 構 及 び 衛 星 センターは 三 菱 電 機 が 防 衛 省 及 び 宇 宙 機 構 と 締 結 した 契 約 において 工 数 等 を 付 け 替 えるなど 過 大 請 求 等 を 行 っているとの 情 報 を 受 けたことなどから 24 年 1 月 17 日 に 調 査 等 を 開 始 した そして 防 衛 省 宇 宙 機 構 及 び 衛 星 センターは 同 月 27 日 に 三 菱 電 機 がそれぞれと 締 結 した 契 約 において 工 数 等 を 過 大 に 申 告 して 過 大 請 求 を 行 っていたことなどを 認 めて 報 告 したことか ら 同 日 付 けで 同 社 に 対 し 指 名 停 止 等 の 措 置 を 執 るとともに 同 月 31 日 から 三 菱

19 電 機 の 過 大 請 求 額 ( 過 払 額 )の 算 定 を 行 うための 特 別 調 査 等 を 鎌 倉 製 作 所 に 対 し て 開 始 した また 防 衛 省 は 同 日 に 宇 宙 機 構 は4 月 24 日 に 通 信 機 製 作 所 に 対 して も 同 様 の 特 別 調 査 を 開 始 した さらに 通 信 機 構 及 び 総 務 省 は それぞれ2 月 3 日 及 び3 月 2 日 に 通 信 機 構 及 び 総 務 省 と 締 結 した 契 約 においても 同 様 に 過 大 請 求 を 行 っていたとの 報 告 を 三 菱 電 機 から 受 けたことから それぞれ 同 日 付 けで 同 社 に 対 し 指 名 停 止 の 措 置 を 執 るとともに 同 日 から 鎌 倉 製 作 所 に 対 して 特 別 調 査 等 を 開 始 した そして 通 信 機 構 は 6 月 12 日 に 通 信 機 製 作 所 に 対 しても 同 様 に 特 別 調 査 を 開 始 した また 防 衛 省 は 2 月 24 日 に 関 係 4 社 から 防 衛 省 と 締 結 した 契 約 において 工 数 を 過 大 に 申 告 して 過 大 請 求 を 行 っていたとの 報 告 を 受 けたことから 同 日 付 けで 関 係 4 社 に 対 し 指 名 停 止 の 措 置 を 執 るとともに 同 月 28 日 から 特 別 調 査 を 開 始 した さらに 上 記 のとおり 関 係 4 社 が 防 衛 省 と 締 結 した 契 約 において 過 大 請 求 を 行 っていたことが 判 明 したことから 宇 宙 機 構 は 4 月 3 日 に 関 係 4 社 に 対 し 同 種 事 態 がないか 事 実 確 認 の 調 査 依 頼 を 文 書 により 行 った (イ) 住 友 重 機 械 等 による 過 大 請 求 事 案 の 発 生 防 衛 省 は 住 友 重 機 械 が 防 衛 省 と 締 結 した 契 約 において 工 数 を 水 増 しして 過 大 請 求 を 行 っているとの 情 報 を 受 けたことから 24 年 5 月 8 日 に 調 査 等 を 開 始 した そして 防 衛 省 は 同 月 25 日 に 住 友 重 機 械 及 び 子 会 社 の 住 重 特 機 が 防 衛 省 と 締 結 した 契 約 において 工 数 を 過 大 に 申 告 して 過 大 請 求 を 行 っていたことを 認 めて 報 告 したことから 同 日 付 けで 住 友 重 機 械 等 に 対 し 指 名 停 止 の 措 置 を 執 るととも に 同 月 29 日 から 特 別 調 査 を 開 始 した 上 記 について 調 達 機 関 調 査 開 始 年 月 日 報 告 年 月 日 及 び 指 名 停 止 等 年 月 日 を 一 覧 にまとめると 表 2-1から 表 2-3までのとおりである 表 2-1 三 菱 電 機 による 過 大 請 求 事 案 の 調 査 開 始 年 月 日 等 調 達 機 関 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 総 務 省 平 成 調 査 開 始 年 月 日 24 年 1 月 17 日 24 年 1 月 17 日 24 年 1 月 17 日 24 年 2 月 3 日 24 年 3 月 2 日 報 告 年 月 日 24 年 1 月 27 日 24 年 1 月 27 日 24 年 1 月 27 日 24 年 2 月 3 日 24 年 3 月 2 日 指 名 停 止 等 年 月 日 24 年 1 月 27 日 24 年 1 月 27 日 24 年 1 月 27 日 24 年 2 月 3 日 24 年 3 月 2 日 表 2-2 関 係 4 社 による 過 大 請 求 事 案 の 調 査 開 始 年 月 日 等 調 達 機 関 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 総 務 省 調 査 開 始 年 月 日 24 年 2 月 28 日 24 年 4 月 3 日 報 告 年 月 日 24 年 2 月 24 日 指 名 停 止 等 年 月 日 24 年 2 月 24 日

20 表 2-3 住 友 重 機 械 等 による 過 大 請 求 事 案 の 調 査 開 始 年 月 日 等 調 達 機 関 防 衛 省 調 査 開 始 年 月 日 24 年 5 月 8 日 報 告 年 月 日 24 年 5 月 25 日 指 名 停 止 等 年 月 日 24 年 5 月 25 日 (2) 過 大 請 求 の 方 法 内 容 等 の 状 況 ア 三 菱 電 機 及 び 関 係 4 社 による 過 大 請 求 事 案 (ア) 三 菱 電 機 による 過 大 請 求 事 案 a 三 菱 電 機 の 組 織 三 菱 電 機 は 事 業 本 部 制 を 採 用 しており 図 3-1のとおり 執 行 役 社 長 執 行 役 副 社 長 等 の 下 に 開 発 本 部 電 子 システム 事 業 本 部 通 信 システム 事 業 本 部 等 の 事 業 本 部 等 と 監 査 部 総 務 部 経 理 部 法 務 部 等 の 管 理 部 門 が 設 置 されて いる このうち 防 衛 装 備 品 の 製 造 修 理 等 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 の 主 な 担 当 部 門 は 電 子 システム 事 業 本 部 であり 同 事 業 本 部 には 製 造 拠 点 とし て 鎌 倉 製 作 所 及 び 通 信 機 製 作 所 が 設 置 されている また 開 発 本 部 には 情 報 技 術 総 合 研 究 所 が 設 置 されている 鎌 倉 製 作 所 には 図 3-2のとおり 所 長 副 所 長 の 下 に 防 衛 部 門 として 飛 し ょう 体 システム 部 管 制 システム 第 一 部 同 第 二 部 同 第 三 部 等 宇 宙 部 門 と して 衛 星 情 報 システム 部 宇 宙 システム 部 等 が 設 置 されている また 防 衛 宇 宙 に 共 通 する 関 連 部 門 として 製 造 部 技 術 部 相 模 工 場 等 管 理 部 門 として 総 務 部 経 理 部 等 が 設 置 されている 通 信 機 製 作 所 には 図 3-3のとおり 所 長 副 所 長 の 下 に 防 衛 部 門 として 電 子 情 報 システム 部 通 信 情 報 システム 部 等 宇 宙 部 門 としてインフラ 情 報 シス テム 部 地 上 システム 課 等 が 設 置 されている また 防 衛 宇 宙 に 共 通 する 関 連 部 門 として 工 作 部 情 報 技 術 部 技 術 部 等 管 理 部 門 として 総 務 部 経 理 部 等 が 設 置 されている

21 図 3-1 本 社 等 の 組 織 図 (2011 年 4 月 1 日 現 在 ) 執 行 役 ( 会 議 ) 監 査 部 執 行 役 社 長 執 行 役 副 社 長 総 務 部 専 務 執 行 役 常 務 執 行 役 経 理 部 法 務 部 開 発 本 部 情 報 技 術 総 合 研 究 所 等 電 子 システム 事 業 本 部 図 3-2 鎌 倉 製 作 所 の 組 織 図 ( 同 ) 通 信 システム 事 業 本 部 総 務 部 経 理 部 飛 しょう 体 システム 部 管 制 システム 第 一 部 管 制 システム 第 二 部 所 長 副 所 長 管 制 システム 第 三 部 製 造 部 技 術 部 衛 星 情 報 システム 部 宇 宙 システム 部 相 模 工 場 図 3-3 通 信 機 製 作 所 の 組 織 図 ( 同 ) 総 務 部 経 理 部 電 子 システム 事 業 部 通 信 機 製 作 所 鎌 倉 製 作 所 電 子 情 報 システム 部 所 長 副 所 長 通 信 情 報 システム 部 インフラ 情 報 システム 部 地 上 システム 課 等 工 作 部 情 報 技 術 部 技 術 部 b 契 約 実 績 等 三 菱 電 機 は 防 衛 省 と 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 関 する 請 負 契 約 等 を 締 結 し ま た 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 と 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 委 託 契 約 等 を 締 結 している これらの 契 約 の 主 な 契 約 内 容 主 な 製 造 拠 点 19 年 度 から23 年 度 までの 間 の 契 約 実 績 及 び 指 名 停 止 中 の 契 約 の 実 績 は 表 3のとおりである

22 表 3 防 衛 省 等 と 三 菱 電 機 との 契 約 の 概 要 ( 単 位 : 件 ( 上 段 ) 千 円 ( 下 段 )) 調 達 機 関 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 総 務 省 03 式 中 距 離 地 対 空 人 工 衛 星 ( 情 報 情 報 収 集 衛 星 情 報 収 集 衛 星 の 開 衛 星 通 信 技 術 の 開 主 な 契 約 内 容 誘 導 弾 等 の 製 造 等 収 集 衛 星 含 む) の 研 究 開 発 発 通 信 技 術 の 研 発 通 信 技 術 の 研 究 の 開 発 等 等 究 開 発 等 開 発 等 鎌 倉 製 作 所 鎌 倉 製 作 所 鎌 倉 製 作 所 鎌 倉 製 作 所 鎌 倉 製 作 所 主 な 製 造 拠 点 通 信 機 製 作 所 通 信 機 製 作 所 通 信 機 製 作 所 通 信 機 製 作 所 情 報 技 術 総 合 研 究 所 情 報 技 術 総 合 研 究 所 平 成 年 度 119,067,716 37,038, ,647 5,759,351 2,737, 年 度 ,344,021 42,015,776 9,765 7,107,642 2,386,062 契 約 実 績 21 年 度 ,552,341 39,851, ,870 8,041,486 3,020, 年 度 ,229,946 38,723, ,350 14,698,351 1,604, 年 度 ,913,582 8,165, ,060 3,304,541 1,740,227 3, 計 634,107, ,794, ,692 38,911,372 11,488,351 指 名 停 止 等 年 月 日 24 年 1 月 27 日 24 年 1 月 27 日 24 年 1 月 27 日 24 年 2 月 3 日 24 年 3 月 2 日 指 名 停 止 中 の 契 約 なし 3 5 の 実 績 111,843,866 1,315, , ,738 ( 注 ) 契 約 実 績 は 防 衛 省 については 平 成 19 年 度 から23 年 度 まで( 指 名 停 止 まで)の 間 に 締 結 した 契 約 の 実 績 であり また 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 については 19 年 度 から23 年 度 までの 間 に 履 行 の 全 部 又 は 一 部 を 完 了 した 契 約 の 実 績 である なお 防 衛 省 の 契 約 実 績 については 中 央 調 達 は 全 契 約 地 方 調 達 は 公 共 調 達 の 適 正 化 について ( 平 成 18 年 8 月 25 日 財 計 第 2017 号 )に 基 づき 契 約 に 係 る 情 報 の 公 表 の 対 象 となっている 契 約 であり 指 名 停 止 中 の 契 約 の 実 績 (24 年 6 月 末 現 在 )は 全 契 約 の 実 績 である 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 の 契 約 実 績 及 び 指 名 停 止 中 の 契 約 の 実 績 ( 同 )は 1 件 300 万 円 以 上 のものである また 金 額 は 単 位 未 満 を 切 り 捨 て ているため 合 計 しても 計 欄 の 金 額 と 一 致 しない 場 合 がある 以 下 表 4-1から 表 4-4まで 及 び 表 6において 同 じ c 工 数 付 替 え 等 の 状 況 (a) 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 関 する 契 約 1 鎌 倉 製 作 所 における 工 数 付 替 え 等 の 状 況 鎌 倉 製 作 所 の 飛 しょう 体 システム 部 等 の 防 衛 部 門 は 防 衛 省 と 締 結 した 大 半 の 契 約 において その 契 約 金 額 に 基 づき 損 益 管 理 等 を 行 うための 指 標 として 目 標 工 数 を 設 定 していた そして 同 防 衛 部 門 は 準 確 定 契 約 等 に おいて 契 約 代 金 の 確 定 時 に 契 約 代 金 の 減 額 や 返 納 を 避 けるなどの 目 的 で 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には その 下 回 った 分 に 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 った 民 需 を 含 む 他 の 契 約 から 実 績 工 数 の 一 部 を 付 け 替 えて 付 け 替 えた 工 数 を 加 算 した 後 の 工 数 を 当 該 契 約 の 実 績 工 数 として 防 衛 省 に 申 告 するなどしていた また 同 部 門 は 確 定 契 約 においても 契 約 に 際

23 して 提 出 する 見 積 書 に 記 載 する 工 数 は 過 去 の 製 造 実 績 に 基 づいて 計 上 する ことが 基 本 となっていることなどから その 契 約 の 実 績 工 数 が 次 回 以 降 の 契 約 に 際 して 提 出 する 見 積 書 に 記 載 する 工 数 に 影 響 を 与 えることなどを 回 避 するために 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には 準 確 定 契 約 等 と 同 様 に 実 績 工 数 の 一 部 を 付 け 替 えるなどしていた これを 概 念 図 で 示 すと 図 4のとおりである 図 4 工 数 付 替 えの 概 念 図 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 に 目 標 工 数 100 は A 契 約 が 準 確 定 契 約 等 のときは 契 約 代 金 の 減 額 や 返 納 となる A 契 約 実 績 工 数 70 不 足 分 30 付 替 え 付 替 え C 契 約 目 標 工 数 145 超 過 分 5 ( 民 需 ) 実 績 工 数 180 実 績 工 数 150 B 契 約 目 標 工 数 155 超 過 分 25 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 った 分 の 工 数 は 契 約 金 額 が 上 限 となっているた め このままでは 防 衛 省 に 請 求 できず 赤 字 になる なお 同 部 門 は 部 課 が 多 岐 にわたっていること 課 員 が 多 数 に 上 って いること 契 約 件 数 が 膨 大 であることなどから 全 ての 契 約 に 過 不 足 なく 工 数 を 付 け 替 えることは 困 難 であるため 結 果 的 に 一 部 の 契 約 では 間 接 作 業 時 間 を 工 数 として 計 上 すること( 水 増 し)も 行 っていた 三 菱 電 機 は これらの 付 替 え 等 を 遅 くとも1970 年 頃 ( 昭 和 45 年 頃 )から 行 ってきたとしており 防 衛 省 と 締 結 した 契 約 との 間 だけでなく 宇 宙 機 構 等 と 締 結 した 契 約 や 民 需 に 係 る 契 約 との 間 でも 一 部 行 っていたとしてい る また 同 部 門 では 防 衛 装 備 品 に 係 るプロジェクトの 管 理 システム 設 計 等 を 担 当 するプロジェクト 部 門 の 担 当 課 が 目 標 工 数 を 設 定 して 当 該 プロ ジェクトの 製 造 等 に 関 わる 技 術 品 質 管 理 製 造 等 の 関 連 部 門 に 配 布 して いたとしている そして 目 標 工 数 に 対 して 実 績 工 数 が 下 回 るなどした 場 合 関 係 課 長 が 工 数 の 付 替 えを 行 うなどしていた その 際 工 数 データを

24 集 計 管 理 等 するシステム( 以 下 工 数 管 理 システム という )を 導 入 した1990 年 ( 平 成 2 年 )までは 課 員 が 紙 に 記 録 した 実 績 工 数 を 課 長 が 書 き 換 える 方 法 により また 工 数 管 理 システムが 導 入 された 後 は 課 長 が 課 員 に 指 示 して 工 数 管 理 システムに 実 際 の 工 数 ではない 目 標 工 数 を 入 力 させ たり 課 長 がアクセス 権 限 を 有 する 工 数 データを 上 書 きして 修 正 するため の 専 用 端 末 ( 以 下 工 数 修 正 専 用 端 末 という )を 使 用 して 課 員 が 入 力 した 工 数 データを 目 標 工 数 に 書 き 換 えたりするなどの 方 法 により 工 数 の 付 替 えを 行 っていたとしている その 後 後 述 の 宇 宙 システム 部 等 の 宇 宙 部 門 の 工 数 修 正 専 用 端 末 の 撤 去 に 続 いて 22 年 8 月 に 防 衛 部 門 の 工 数 修 正 専 用 端 末 が 撤 去 されたが その 後 においても 各 課 長 は 課 員 に 指 示 して 実 際 の 工 数 ではない 目 標 工 数 を 工 数 管 理 システムに 入 力 させたり 過 去 に 計 上 したことがある 工 数 を 実 績 工 数 としたりするなどの 方 法 により 付 替 え を 行 うなどしていた なお 付 替 え 前 の 工 数 データについては 22 年 8 月 以 前 のデータが 廃 棄 さ れており それ 以 降 の 工 数 データも 最 初 から 目 標 工 数 が 工 数 管 理 システム に 直 接 入 力 されるなどしていたとしている また 廃 棄 されていたとして いた22 年 8 月 以 前 の 工 数 データについては バックアップ 用 の 大 容 量 テープ が 一 部 保 管 されるなどしていたが 現 在 防 衛 省 が その 中 に 記 録 されて いるデータの 信 頼 性 等 について 検 証 を 行 っている 2 通 信 機 製 作 所 における 工 数 付 替 え 等 の 状 況 通 信 機 製 作 所 の 電 子 情 報 システム 部 等 の 防 衛 部 門 は 鎌 倉 製 作 所 と 同 様 に 防 衛 省 と 締 結 した 大 半 の 契 約 において 目 標 工 数 を 設 定 しており 準 確 定 契 約 等 及 び 確 定 契 約 のいずれの 契 約 においても 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には その 下 回 った 分 に 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 った 他 の 契 約 から 実 績 工 数 の 一 部 を 付 け 替 えるなどしていた 三 菱 電 機 は これらの 付 替 えを 遅 くとも1980 年 代 後 半 ( 昭 和 60 年 頃 )か ら 行 ってきたとしており 防 衛 省 と 締 結 した 契 約 の 間 だけでなく 民 需 に 係 る 契 約 との 間 でも 一 部 行 っていたなどとしている また 同 防 衛 部 門 では 鎌 倉 製 作 所 と 同 様 に 防 衛 装 備 品 に 係 るプロジ ェクトの 管 理 システム 設 計 等 を 担 当 するプロジェクト 部 門 の 課 長 が 中 心

25 となって 工 数 の 付 替 えを 行 うなどしていたとしている そして 工 数 修 正 専 用 端 末 は 平 成 16 年 9 月 に 撤 去 され 使 用 不 可 能 となっていたが その 後 に おいても 鎌 倉 製 作 所 と 同 様 に 各 課 長 が 課 員 に 指 示 して 実 際 の 工 数 では ない 目 標 工 数 を 工 数 管 理 システムに 入 力 させる 方 法 で 付 替 えを 行 うなどし ていた さらに 鎌 倉 製 作 所 が 製 造 等 を 担 当 する 防 衛 省 との 請 負 契 約 等 において 通 信 機 製 作 所 は 製 造 等 の 業 務 の 一 部 を 実 施 して 鎌 倉 製 作 所 に 成 果 物 等 を 供 給 する 場 合 があり( 以 下 この 場 合 の 成 果 物 等 の 供 給 を 社 供 とい う ) この 場 合 は あくまでも 社 内 取 引 ではあるが 通 信 機 製 作 所 は 鎌 倉 製 作 所 に 見 積 書 を 提 出 した 上 査 定 を 受 けた 確 定 金 額 で 社 供 の 代 金 を 確 定 している 通 信 機 製 作 所 は 防 衛 省 との 請 負 契 約 等 に 係 る 社 供 におい ても 工 数 の 付 替 えを 行 うなどしていた 上 記 のほか 通 信 機 製 作 所 の 防 衛 部 門 は 次 のような 工 数 の 計 上 等 を 行 っていた ⅰ 工 作 部 門 において 遅 くとも 昭 和 62 年 から 平 成 2 年 までの 間 に 定 型 作 業 等 に 設 定 している 標 準 作 業 時 間 を1.2 倍 から1.5 倍 程 度 にまで 割 り 増 し した 標 準 作 業 時 間 を 用 いるなどして 実 績 工 数 を 計 上 していた ⅱ 契 約 に 基 づき 部 品 等 を 製 作 する 場 合 に 不 良 品 の 歩 留 率 が 改 善 したこ とから 納 入 予 定 数 量 を 超 える 良 品 が 製 作 されたにもかかわらず 当 該 超 過 分 の 良 品 を 簿 外 管 理 するとともに 当 該 部 品 等 の 製 作 費 の 全 額 を 当 該 契 約 の 原 価 に 含 める 場 合 があった なお 付 替 え 前 の 工 数 データについては 17 年 頃 以 前 のデータが 廃 棄 さ れており それ 以 降 の 工 数 データも 最 初 から 目 標 工 数 が 工 数 管 理 システム に 直 接 入 力 されるなどしており 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 された 工 数 データ については 一 部 しか 保 管 されていないとしていることから 現 在 防 衛 省 がその 信 頼 性 等 について 検 証 している 3 過 大 請 求 額 の 算 定 との 関 係 上 記 のとおり 鎌 倉 製 作 所 及 び 通 信 機 製 作 所 の 防 衛 部 門 は 防 衛 省 と 締 結 した 大 半 の 契 約 において 目 標 工 数 を 設 定 した 上 で 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には その 下 回 った 分 に 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 った

26 他 の 契 約 から 実 績 工 数 の 一 部 を 付 け 替 えるなどしていた これらの 付 替 え 等 は 準 確 定 契 約 等 においては 契 約 代 金 の 確 定 時 に 契 約 代 金 の 減 額 や 返 納 を 避 けるなどの 目 的 で また 確 定 契 約 においては 次 回 以 降 の 契 約 に 際 して 提 出 する 見 積 書 に 記 載 する 工 数 に 影 響 を 与 えることなどを 回 避 する ために 行 われていたものである 防 衛 省 は 現 在 過 払 額 の 算 定 を 行 うための 特 別 調 査 を 実 施 しているが 前 記 のとおり 鎌 倉 製 作 所 及 び 通 信 機 製 作 所 は 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 さ れた 工 数 データを 一 部 しか 保 管 していないことなどから 従 来 の 過 大 請 求 事 案 のように 個 々の 契 約 の 支 払 済 額 から 原 価 元 帳 その 他 の 帳 簿 類 から 確 認 した 真 の 工 数 等 に 基 づいて 算 定 した 契 約 金 額 を 差 し 引 いて 過 払 額 を 算 定 するという 作 業 ができない 状 況 となっている このため 防 衛 省 は 現 在 保 管 されていたデータの 信 頼 性 を 検 証 するなどした 上 で 当 該 データ 等 から 過 払 額 を 算 定 するための 適 正 な 工 数 の 推 定 方 法 等 を 検 討 してい る (b) 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 1 鎌 倉 製 作 所 における 工 数 付 替 え 等 の 状 況 鎌 倉 製 作 所 の 宇 宙 システム 部 等 の 宇 宙 部 門 は 防 衛 部 門 が 防 衛 省 との 契 約 で 行 っていたのと 同 様 に 宇 宙 機 構 衛 星 センター 及 び 通 信 機 構 と 締 結 した 大 半 の 契 約 において その 契 約 金 額 に 基 づき 損 益 管 理 等 を 行 うための 指 標 として 目 標 工 数 を 設 定 していた そして 概 算 契 約 等 においては 額 の 確 定 時 に 契 約 金 額 の 減 額 や 返 納 を 避 けるなどの 目 的 で 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には その 下 回 った 分 に 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 った 他 の 契 約 から 実 績 工 数 の 一 部 を 付 け 替 えるなどしていた また 確 定 契 約 においても 概 算 契 約 等 と 同 様 に 工 数 の 付 替 えを 行 うなどしていた 三 菱 電 機 は 宇 宙 部 門 において これらの 付 替 えを 遅 くとも1990 年 代 か ら 行 ってきたとしている また 鎌 倉 製 作 所 の 宇 宙 部 門 では これらの 付 替 えについて 情 報 収 集 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 係 るプロジェクトの 管 理 システム 設 計 等 を 担 当 するプロジェクトマネージャーや 当 該 プロジェクトの 製 造 等 に 関 わる 技 術 品 質 管 理 製 造 等 の 部 門 の 課 長 が 中 心 となって 行 っていたなどとしている

27 そして 工 数 修 正 専 用 端 末 は 16 年 5 月 から7 月 までの 間 に 宇 宙 機 構 による 制 度 調 査 が 行 われたことなどを 契 機 として 17 年 4 月 に 撤 去 されたが その 後 も 防 衛 部 門 の 撤 去 後 と 同 様 の 方 法 により 付 替 えを 行 うなどしていた なお 付 替 え 前 の 工 数 データについては 22 年 8 月 以 前 のデータが 廃 棄 さ れており それ 以 降 の 工 数 データも 最 初 から 目 標 工 数 が 工 数 管 理 システム に 直 接 入 力 されるなどしており 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 された 工 数 データ については 一 部 しか 保 管 されていないなどとしている 三 菱 電 機 が 総 務 省 との 間 で 締 結 した 概 算 契 約 は 両 年 度 の2 件 のみ であるが いずれの 契 約 においても 実 際 に 作 業 を 実 施 した 鎌 倉 製 作 所 の 相 模 工 場 は 工 数 管 理 担 当 者 が 実 績 工 数 の 集 計 の 際 に 課 員 が 入 力 した 実 績 工 数 を 目 標 工 数 に 達 するよう 水 増 しするなどしていた なお これらの2 契 約 においては 工 数 データは 廃 棄 されておらず 工 数 管 理 担 当 者 による 工 数 の 水 増 しが 行 われる 前 の 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 され た 工 数 データが 保 管 されていたとしている 2 通 信 機 製 作 所 における 工 数 付 替 え 等 の 状 況 通 信 機 製 作 所 の 地 上 システム 課 等 の 宇 宙 部 門 等 は 鎌 倉 製 作 所 の 宇 宙 部 門 と 同 様 に 宇 宙 機 構 通 信 機 構 及 び 総 務 省 と 締 結 した 大 半 の 契 約 におい て 目 標 工 数 を 設 定 していた そして 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には その 下 回 った 分 に 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 った 他 の 契 約 から 実 績 工 数 の 一 部 を 付 け 替 えるなどしていた また 鎌 倉 製 作 所 からの 社 供 に ついても 工 数 の 付 替 えを 行 うなどしていた 三 菱 電 機 は これらの 付 替 えを 遅 くとも1990 年 代 終 盤 から 行 ってきたと している また 通 信 機 製 作 所 の 宇 宙 部 門 等 では これらの 付 替 えについて プロ ジェクト 部 門 からの 電 子 メール 等 による 指 示 に 基 づいて 次 のとおり 行 っ ていたなどとしている ⅰ 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 った 契 約 を 担 当 したため 実 際 の 工 数 より も 少 ない 工 数 しか 当 該 契 約 の 実 績 工 数 に 計 上 できなかった 課 員 に 対 して 実 際 には 開 発 を 担 当 していない 契 約 に 係 る 実 績 工 数 に 上 回 った 分 の 工 数 を 計 上 するように 課 長 が 指 示 していた

28 ⅱ 工 事 命 令 書 発 令 前 ( 契 約 締 結 前 )に 行 った 作 業 について 工 事 命 令 書 発 令 後 当 該 契 約 を 担 当 していない 課 員 に 対 して 工 事 命 令 書 発 令 前 ( 契 約 締 結 前 )に 行 った 工 数 を 計 上 するように 課 長 が 指 示 していた なお 付 替 え 前 の 工 数 データについては 従 前 より 最 初 から 目 標 工 数 が 工 数 管 理 システムに 直 接 入 力 されるなどしており 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 された 工 数 データについては 一 部 しか 保 管 されていないなどとしてい る 3 情 報 技 術 総 合 研 究 所 における 状 況 三 菱 電 機 は 情 報 技 術 総 合 研 究 所 が 通 信 機 構 及 び 総 務 省 と 締 結 した 全 て の 契 約 において 工 数 の 付 替 え 等 を 行 っていなかったことを 確 認 したとし ている 4 過 大 請 求 額 の 算 定 との 関 係 ⅰ 概 算 契 約 等 について 前 記 のとおり 鎌 倉 製 作 所 の 宇 宙 部 門 は 宇 宙 機 構 衛 星 センター 又 は 通 信 機 構 と 締 結 した 大 半 の 契 約 において 目 標 工 数 を 設 定 した 上 で 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には その 下 回 った 分 に 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 った 他 の 契 約 から 実 績 工 数 の 一 部 を 付 け 替 えるなどして いた これらの 付 替 えは 概 算 契 約 等 において 額 の 確 定 時 に 契 約 金 額 の 減 額 や 返 納 を 避 けるなどの 目 的 で 行 われていたもので 宇 宙 機 構 等 は 現 在 過 払 額 の 算 定 を 行 うための 特 別 調 査 を 実 施 するなどしている しかし 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 された 工 数 データが 一 部 しか 保 管 され ていないことなどから 宇 宙 機 構 等 は 防 衛 省 と 同 様 に 現 在 過 払 額 を 算 定 するための 適 正 な 工 数 の 推 定 方 法 等 を 検 討 するなどしている また 三 菱 電 機 は 前 記 のとおり 鎌 倉 製 作 所 が 研 究 開 発 を 担 当 した 2 件 の 契 約 について 相 模 工 場 が 作 業 を 担 当 していて 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 された 工 数 データを 保 管 していたとしていることから 24 年 5 月 に 総 務 省 へこれらの 工 数 データを 基 礎 として 実 績 報 告 書 を 再 提 出 した 総 務 省 は 同 年 6 月 にこれにより 額 の 再 確 定 を 行 い 三 菱 電 機 から 同 年 7 月 に 過 払 額 1796 万 余 円 延 滞 金 809 万 余 円 計 2605 万 余 円 の 返 還 を 受 けた ⅱ 確 定 契 約 について

29 前 記 のとおり 鎌 倉 製 作 所 及 び 通 信 機 製 作 所 の 宇 宙 部 門 等 は 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 又 は 総 務 省 と 締 結 した 確 定 契 約 においても 目 標 工 数 を 設 定 した 上 で 工 数 の 付 替 えを 行 うなどしていた そして 三 菱 電 機 は 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 確 定 契 約 に おいて 過 去 の 契 約 に 同 一 仕 様 のものがなかったため 宇 宙 機 構 等 に 提 出 した 見 積 書 の 工 数 の 算 出 に 当 たって 過 去 の 工 数 を 参 考 とせずに そ の 都 度 必 要 と 見 込 まれる 工 数 を 積 み 上 げて 算 出 しており 見 積 書 の 工 数 が 不 適 切 なものとはなっていなかったこと また 結 果 として 見 積 書 の 工 数 と 実 際 の 工 数 との 間 に 差 が 生 じていたとしても 確 定 契 約 では 実 際 の 工 数 に 基 づいて 精 算 することとはなっていないことから 工 数 の 付 替 えを 行 っていたとしても 過 大 請 求 には 当 たらないとしている しかし 確 定 契 約 の 中 には 同 一 仕 様 ではないとしても 同 種 の 作 業 を 含 む 契 約 が 次 年 度 以 降 に 締 結 されていることもあることから 工 数 の 付 替 えを 行 った 契 約 の 工 数 を 翌 年 度 以 降 の 契 約 に 反 映 させたことにより 不 当 に 予 定 価 格 の 算 定 基 礎 となる 製 造 原 価 を 増 額 させることとなっていな いか 引 き 続 き 検 査 する 必 要 がある なお 総 務 省 は 前 記 の2 件 以 外 の 契 約 について 三 菱 電 機 に 対 し 文 書 に よる 調 査 依 頼 を 行 っておらず 実 地 の 調 査 も 行 っていない d 工 数 付 替 え 等 の 目 的 背 景 動 機 等 前 記 のとおり 鎌 倉 製 作 所 及 び 通 信 機 製 作 所 は 工 数 の 付 替 え 等 をプロジェ クト 部 門 の 課 長 等 が 中 心 となって 行 うとともに 当 該 プロジェクトの 製 造 等 に 関 わる 技 術 品 質 管 理 製 造 等 の 関 係 課 長 に 指 示 して 行 うなどしていたとして いる そして これらの 課 を 所 掌 する 部 長 級 以 上 の 者 が 工 数 の 付 替 えに 直 接 関 与 した 事 実 は 確 認 されていないが その 多 くの 者 は かつて 関 係 課 長 を 経 験 し ていたことなどから 工 数 の 付 替 え 等 が 行 われていることを 認 識 していたとし ており 所 長 及 び 副 所 長 についても 同 様 であるなどとしている そして 工 数 の 付 替 え 等 の 目 的 は 前 記 のとおり 概 算 契 約 等 においては 契 約 代 金 等 の 確 定 時 に 契 約 代 金 等 の 減 額 や 返 納 を 避 けることなどであり また 防 衛 省 との 確 定 契 約 においては 次 回 以 降 の 契 約 に 際 して 提 出 する 見 積 書 に 記 載 する 工 数 に 影 響 を 与 えることなどを 回 避 することであるが さらに 次 のよ

30 うな 背 景 動 機 等 があったなどとしている (a) 各 部 各 課 の 人 員 確 保 のため 鎌 倉 製 作 所 及 び 通 信 機 製 作 所 は 直 接 部 門 の 各 部 各 課 の 所 属 人 数 の 妥 当 性 を 図 る 指 標 として 在 場 時 間 ( 業 務 の 始 業 から 終 業 までの 時 間 から 休 憩 時 間 を 引 いた 時 間 )に 対 する 工 数 の 割 合 を 示 す 直 作 率 を 用 いているとしている すなわち 直 作 率 が 高 い 場 合 は 課 員 は 本 来 業 務 である 製 造 等 に 直 接 従 事 し ている 割 合 が 多 く 人 員 管 理 上 効 率 が 良 い 状 態 を 示 し 低 い 場 合 は 本 来 業 務 に 直 接 従 事 している 割 合 が 少 なく 人 員 管 理 上 効 率 が 悪 い 状 態 換 言 すると 余 剰 人 員 を 抱 えている 状 態 を 示 すとしている 一 方 両 製 作 所 は 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 った 場 合 は 当 該 契 約 が 赤 字 であったことを 示 すことになるため 従 来 社 内 損 益 確 保 の 観 点 からその 超 過 分 を 当 該 契 約 に 工 数 計 上 しない 取 扱 いとしていたとしている しかし このような 取 扱 いをすると 工 数 計 上 しなかった 分 が 間 接 作 業 時 間 に 計 上 されることになるため 当 該 部 門 の 直 作 率 が 下 がり 人 事 部 門 から 余 剰 人 員 を 抱 えていると 判 断 されて 人 員 削 減 の 検 討 対 象 になる 可 能 性 があ ったとしている このため 各 部 各 課 は 人 員 確 保 の 観 点 からも 工 数 の 付 替 えを 行 っていた としている (b) 利 益 の 確 保 のため 鎌 倉 製 作 所 及 び 通 信 機 製 作 所 は プロジェクト 部 門 全 体 としての 利 益 を 確 保 するためには 概 算 契 約 等 における 契 約 代 金 等 の 減 額 や 返 納 を 避 けること などだけでなく 宇 宙 部 門 等 の 確 定 契 約 においても 個 別 の 契 約 ごとの 損 益 管 理 を 行 っており 個 別 の 機 種 で 赤 字 を 出 すことが 問 題 視 されるため 部 長 課 長 等 は 関 係 各 課 に 原 価 低 減 を 求 めるとともに 目 標 工 数 を 目 安 とした 作 業 を 求 めていたとしている これを 受 けた 関 係 各 課 の 課 長 は 概 算 契 約 等 だけ でなく 確 定 契 約 においても 目 標 工 数 達 成 を 自 らの 責 務 と 捉 え 個 別 の 契 約 における 赤 字 を 極 力 なくし 各 契 約 の 実 績 工 数 を 目 標 工 数 に 一 致 させること が 望 ましいと 考 えていたなどとしている (イ) 関 係 4 社 による 過 大 請 求 事 案 a 関 係 4 社 の 組 織

31 MSSは 事 業 部 制 を 採 用 しており 防 衛 装 備 品 の 製 造 修 理 等 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 の 担 当 部 門 及 び 製 造 拠 点 は 鎌 倉 つくば 関 西 各 事 業 部 である プレシジョンは 営 業 本 部 制 を 採 用 しており 防 衛 装 備 品 の 製 造 修 理 等 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 の 担 当 部 門 は 防 衛 宇 宙 営 業 本 部 であり 製 造 拠 点 は 鎌 倉 事 業 所 である 三 電 特 機 は 事 業 部 制 を 採 用 しており 防 衛 装 備 品 の 製 造 修 理 等 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 の 担 当 部 門 及 び 製 造 拠 点 は 東 部 西 部 両 事 業 部 である 太 洋 無 線 は 事 業 本 部 制 を 採 用 しており 防 衛 装 備 品 の 製 造 修 理 等 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 の 担 当 部 門 は 特 機 事 業 本 部 であり 製 造 拠 点 は 本 社 工 場 である b 契 約 実 績 等 関 係 4 社 は 防 衛 省 と 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 関 する 請 負 契 約 等 を また 宇 宙 機 構 通 信 機 構 又 は 総 務 省 と 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 委 託 契 約 等 を それぞれ 締 結 している これらの 契 約 の 主 な 契 約 内 容 主 な 製 造 拠 点 19 年 度 から23 年 度 までの 間 の 契 約 実 績 及 び 指 名 停 止 中 の 契 約 の 実 績 は 表 4-1から 表 4-4までのとおりである 表 4-1 防 衛 省 等 とMSSとの 契 約 の 概 要 ( 単 位 : 件 ( 上 段 ) 千 円 ( 下 段 )) 調 達 機 関 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 総 務 省 ペトリオットミサ 宇 宙 航 空 システ サーバー 運 用 支 援 システム 用 機 器 の 主 な 契 約 内 容 イルの 品 質 確 認 試 ムの 開 発 等 作 業 等 賃 貸 借 等 験 ( 解 析 ) 等 主 な 製 造 拠 点 鎌 倉 事 業 部 鎌 倉 事 業 部 つくば 事 業 部 つくば 事 業 部 平 成 年 度 1,123, ,478 3, , 年 度 ,349, ,076 13, ,836 契 約 実 績 21 年 度 , ,833 3, , 年 度 ,140, ,289 3, , 年 度 , ,668 3, , 計 4,913,813 2,706,344 29,169 1,070,752 指 名 停 止 等 年 月 日 24 年 2 月 24 日 指 名 停 止 等 なし 指 名 停 止 等 なし 指 名 停 止 等 なし 指 名 停 止 中 の 契 約 の 実 績 1,

32 表 4-2 防 衛 省 等 とプレシジョンとの 契 約 の 概 要 ( 単 位 : 件 ( 上 段 ) 千 円 ( 下 段 )) 調 達 機 関 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 総 務 省 F-15 用 フライトシ 航 空 宇 宙 慣 性 手 術 手 技 教 育 訓 練 主 な 契 約 内 容 ミュレータプログ 電 波 各 機 器 の 開 システムの 開 発 ラム 維 持 等 発 等 主 な 製 造 拠 点 鎌 倉 事 業 所 鎌 倉 事 業 所 鎌 倉 事 業 所 平 成 年 度 5,732, ,567 43, 年 度 ,009, ,773 43,998 契 約 実 績 21 年 度 ,786, , 年 度 ,594, , 年 度 ,393, , 計 23,516,183 2,669,970 87,980 指 名 停 止 等 年 月 日 24 年 2 月 24 日 指 名 停 止 等 なし 指 名 停 止 等 なし 指 名 停 止 中 の 契 約 の 実 績 2,623,691 表 4-3 防 衛 省 等 と 三 電 特 機 との 契 約 の 概 要 ( 単 位 : 件 ( 上 段 ) 千 円 ( 下 段 )) 調 達 機 関 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 総 務 省 レーダーセットAN 衛 星 搭 載 機 器 の 開 多 周 波 電 磁 環 境 統 主 な 契 約 内 容 /AGP-63 構 成 品 修 発 等 計 測 定 装 置 等 理 等 主 な 製 造 拠 点 東 部 事 業 部 東 部 事 業 部 東 部 事 業 部 西 部 事 業 部 平 成 年 度 10,493,452 18, , 年 度 ,048,932 46,196 22,260 契 約 実 績 21 年 度 ,696, ,492 27, 年 度 ,565,327 17, 年 度 ,351,577 72,440 1, 計 56,155, , ,214 指 名 停 止 等 年 月 日 24 年 2 月 24 日 指 名 停 止 等 なし 指 名 停 止 等 なし 指 名 停 止 中 の 契 約 の 実 績 400,

33 表 4-4 防 衛 省 等 と 太 洋 無 線 との 契 約 の 概 要 ( 単 位 : 件 ( 上 段 ) 千 円 ( 下 段 )) 調 達 機 関 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 総 務 省 主 な 契 約 内 容 航 空 機 搭 載 用 救 難 電 波 監 視 用 器 材 等 携 帯 型 方 向 探 知 機 無 線 機 等 等 主 な 製 造 拠 点 本 社 工 場 本 社 工 場 本 社 工 場 平 成 年 度 488,869 41, 年 度 ,389 5,040 80,797 契 約 実 績 21 年 度 ,131 48, 年 度 ,206 67, 年 度 ,196 43, 計 1,963,794 5, ,550 指 名 停 止 等 年 月 日 24 年 2 月 24 日 指 名 停 止 等 なし 指 名 停 止 等 なし 指 名 停 止 中 の 契 約 なし - - の 実 績 c 工 数 付 替 え 等 の 状 況 (a) 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 関 する 契 約 1 工 数 付 替 えの 状 況 関 係 4 社 の 防 衛 部 門 は 三 菱 電 機 と 同 様 に 防 衛 省 と 締 結 した 大 半 の 契 約 について 目 標 工 数 を 設 定 しており 準 確 定 契 約 等 においては 契 約 代 金 の 確 定 時 に 契 約 代 金 の 減 額 や 返 納 を 避 けるなどの 目 的 で 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には その 下 回 った 分 に 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 っ た 他 の 契 約 から 実 績 工 数 の 一 部 を 付 け 替 えて 付 替 え 分 を 加 算 した 工 数 を 当 該 契 約 の 実 績 工 数 として 防 衛 省 に 申 告 するなどしていた また 確 定 契 約 においても 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には 工 数 の 付 替 えを 行 うなどしていた これらの 付 替 えは 遅 くとも MSS 及 びプレシジョンは1990 年 代 前 半 (2 年 頃 )から 三 電 特 機 は1970 年 代 半 ば( 昭 和 50 年 頃 )から 太 洋 無 線 は 1999 年 頃 ( 平 成 11 年 頃 )からそれぞれ 行 ってきたとしており 課 長 等 が 前 任 者 から 引 き 継 ぐ 形 等 で 行 われていたなどとしている そして 課 長 等 は 課 員 が 記 載 した 実 績 工 数 を 手 書 きで 目 標 工 数 に 書 き 換 えたり 工 数 データ

34 を 上 書 きして 修 正 するためのプログラム( 以 下 工 数 修 正 プログラム と いう )を 使 用 して 目 標 工 数 に 書 き 換 えたりなどしていたとしている なお 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 された 工 数 データについては 三 菱 電 機 と 同 様 に 一 部 しか 保 管 されていないなどとしている 2 過 大 請 求 額 の 算 定 との 関 係 防 衛 省 は 三 菱 電 機 と 同 様 に 現 在 関 係 4 社 に 対 して 過 払 額 の 算 定 を 行 うための 特 別 調 査 を 実 施 している しかし 前 記 のとおり 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 された 工 数 データが 一 部 しか 保 管 されていないことなどから 過 払 額 を 算 定 するための 適 正 な 工 数 の 推 定 方 法 等 を 検 討 している (b) 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 1 工 数 付 替 えの 状 況 関 係 4 社 が 宇 宙 機 構 通 信 機 構 又 は 総 務 省 と 締 結 した 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 は プレシジョンが 通 信 機 構 と 上 限 付 概 算 契 約 で 締 結 した2 件 を 除 き いずれも 確 定 契 約 となっていた そして 上 記 の 上 限 付 概 算 契 約 2 件 について プレシジョンは 当 該 契 約 に 係 る 研 究 開 発 等 の 担 当 部 門 が 間 接 部 門 であり 原 価 計 算 システム 上 工 数 計 上 することとなっていないことから 工 数 の 付 替 えを 行 っていなか ったとしている 確 定 契 約 については 表 5のとおり MSS プレシジョン 及 び 三 電 特 機 が 宇 宙 機 構 と 締 結 した 契 約 MSS 及 び 三 電 特 機 が 通 信 機 構 と 締 結 した 契 約 並 びにMSS 及 び 太 洋 無 線 が 総 務 省 と 締 結 した 契 約 において いずれも 目 標 工 数 が 設 定 されていた そして 目 標 工 数 が 設 定 されていた 契 約 にお いて MSSつくば 事 業 部 が 実 施 していた 通 信 機 構 及 び 総 務 省 との 契 約 を 除 き 工 数 の 付 替 えが 行 われるなどしていた これらの 付 替 えは 遅 くとも MSSは1999 年 頃 (11 年 頃 )から プレ シジョンは1990 年 代 前 半 (2 年 頃 )から 行 ってきたとしており また 三 電 特 機 は2003 年 (15 年 ) 当 時 既 に 行 っていたとしており 太 洋 無 線 は2008 年 頃 (20 年 頃 )から 行 ってきたとしている そして 課 長 等 が 前 任 者 から 引 き 継 ぐ 形 等 で 課 員 が 記 載 した 実 際 の 工 数 を 手 書 きで 目 標 工 数 に 書 き 換 え たり 工 数 修 正 プログラムを 使 用 して 目 標 工 数 に 書 き 換 えたりするなどし

35 ていたとしている なお 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 された 工 数 データについては 防 衛 部 門 と 同 様 に 一 部 しか 保 管 されていないなどとしている 太 洋 無 線 が 宇 宙 機 構 と 締 結 した 契 約 及 び 三 電 特 機 が 総 務 省 と 締 結 した 契 約 においては 見 積 書 の 金 額 がカタログ 価 格 を 基 に 算 出 されていて 工 数 計 上 されていないことから 工 数 の 付 替 えは 行 われていなかった 表 5 関 係 4 社 における 工 数 付 替 えの 状 況 会 社 調 達 機 関 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 総 務 省 契 約 方 式 確 定 確 定 確 定 目 標 工 数 の 設 定 有 有 有 MSS 工 数 付 替 え 有 無 無 始 めた 時 期 遅 くとも1999 年 - - 頃 契 約 方 式 確 定 概 算 - プレシジ 目 標 工 数 の 設 定 有 無 - ョン 工 数 付 替 え 有 - - 始 めた 時 期 遅 くとも1990 年 - - 代 前 半 契 約 方 式 確 定 確 定 確 定 三 電 特 機 目 標 工 数 の 設 定 有 有 無 工 数 付 替 え 有 有 無 始 めた 時 期 2003 年 当 時 既 に 2003 年 当 時 既 に - 契 約 方 式 確 定 - 確 定 太 洋 無 線 目 標 工 数 の 設 定 無 - 有 工 数 付 替 え 無 - 有 始 めた 時 期 - - 遅 くとも 2008 年 頃 2 過 大 請 求 額 の 算 定 との 関 係 前 記 のとおり プレシジョンが 通 信 機 構 と 締 結 した 上 限 付 概 算 契 約 2 件 に ついては 原 価 計 算 システム 上 工 数 計 上 することとなっていないことか ら プレシジョンは 工 数 の 付 替 えを 行 っていなかったとしている また 確 定 契 約 においては 三 菱 電 機 が 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 と 締 結 した 確 定 契 約 と 同 様 に 関 係 4 社 は 過 去 の 契 約 に 同 一 仕 様 の ものがなかったため 宇 宙 機 構 等 に 提 出 した 見 積 書 の 工 数 の 算 出 に 当 たっ て 過 去 の 工 数 を 参 考 とせずに その 都 度 必 要 と 見 込 まれる 工 数 を 積 み 上 げて 算 出 しており 見 積 書 の 工 数 が 不 適 切 なものとはなっていなかった

36 こと また 結 果 として 見 積 書 の 工 数 と 実 際 の 工 数 との 間 に 差 が 生 じてい たとしても 確 定 契 約 では 実 際 の 工 数 に 基 づいて 精 算 することとはなって いないことから 工 数 の 付 替 えを 行 っていたとしても 過 大 請 求 には 当 たら ないとしている しかし 三 菱 電 機 の 宇 宙 部 門 等 の 確 定 契 約 と 同 様 に 同 一 仕 様 ではない としても 同 種 の 作 業 を 含 む 契 約 が 次 年 度 以 降 に 締 結 されていることもある ことから 工 数 の 付 替 えを 行 った 契 約 の 工 数 を 翌 年 度 以 降 の 契 約 に 反 映 さ せたことにより 不 当 に 予 定 価 格 の 算 定 基 礎 となる 製 造 原 価 を 増 額 させるこ ととなっていないか 引 き 続 き 検 査 する 必 要 がある d 工 数 付 替 え 等 の 目 的 背 景 動 機 等 前 記 のとおり 関 係 4 社 は 工 数 の 付 替 えを 課 長 等 が 前 任 者 から 引 き 継 ぐ 形 等 で 行 っていたなどとしている そして 三 菱 電 機 と 同 様 に 部 長 等 の 上 位 者 が 工 数 の 付 替 えに 直 接 関 与 した 事 実 は 確 認 されていないが その 多 くの 者 は かつて 関 係 課 長 等 を 経 験 していたことなどから 工 数 の 付 替 えが 行 われている ことについてはこれを 認 識 していたなどとしている そして 工 数 の 付 替 えの 目 的 は 三 菱 電 機 と 同 様 に 概 算 契 約 等 において 契 約 代 金 等 の 確 定 時 に 契 約 代 金 等 の 減 額 や 返 納 を 避 けることなどであるが さら に 次 のような 背 景 動 機 等 があったなどとしている (a) 三 菱 電 機 と 同 様 に 各 部 各 課 の 人 員 確 保 のため (b) 三 菱 電 機 と 同 様 に 利 益 の 確 保 のため (c) 工 数 の 付 替 えが 広 範 囲 長 期 間 にわたり 引 継 事 項 として 当 たり 前 のよう に 行 われてきたことから 契 約 上 の 違 反 行 為 としての 認 識 が 薄 くなっていた こと (d) 三 菱 電 機 から 移 管 された 事 業 については 引 き 継 いだ 工 数 を 変 えることが 三 菱 電 機 の 工 数 の 計 上 根 拠 を 否 定 し 三 菱 電 機 に 迷 惑 をかけることになると の 配 慮 があったこと (e) 防 衛 省 との 契 約 の 中 には 赤 字 となる 契 約 もあったことから 全 体 として 防 衛 省 に 実 質 的 な 損 害 が 生 じていないのではないかという 思 い 込 みがあったこ と ( 注 7) (f) プレシジョンは 裁 量 労 働 制 適 用 労 働 者 に 係 る 工 数 計 上 をみなし 労 働 時 間

37 である1 日 当 たり7.75 時 間 に 当 該 所 属 部 門 の 直 作 率 を 乗 じた 値 を 上 限 としてい たが 実 際 には 裁 量 労 働 制 適 用 労 働 者 が 残 業 することはまれではなく 裁 量 労 働 制 適 用 労 働 者 が 残 業 をした 場 合 には 当 該 残 業 時 間 分 等 を 裁 量 労 働 制 適 用 労 働 者 以 外 の 者 の 工 数 に 付 け 替 えていたこと ( 注 7) 裁 量 労 働 制 使 用 者 から 業 務 の 進 め 方 や 時 間 配 分 の 指 示 を 受 けず 本 人 の 自 己 裁 量 と 自 己 責 任 によって 仕 事 の 進 め 方 や 勤 務 時 間 の 計 画 が 立 てられる 制 度 で 通 常 労 使 協 定 等 によりみなし 労 働 時 間 が 定 め られている イ 住 友 重 機 械 等 による 過 大 請 求 事 案 (ア) 住 友 重 機 械 等 の 組 織 住 友 重 機 械 は 事 業 部 制 を 採 用 しており 防 衛 装 備 品 の 製 造 修 理 等 の 担 当 部 門 は 装 備 システム 事 業 部 であり 製 造 拠 点 は 田 無 製 造 所 である 住 重 特 機 の 防 衛 装 備 品 の 製 造 修 理 等 の 担 当 部 門 は 田 無 製 造 所 ( 本 社 )である (イ) 契 約 実 績 等 住 友 重 機 械 等 は 防 衛 省 と 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 関 する 請 負 契 約 等 を 締 結 して いる これらの 契 約 の 主 な 契 約 内 容 主 な 製 造 拠 点 19 年 度 から23 年 度 までの 間 の 契 約 実 績 及 び 指 名 停 止 中 の 契 約 の 実 績 は 表 6のとおりである 表 6 防 衛 省 と 住 友 重 機 械 等 との 契 約 の 概 要 ( 単 位 : 件 ( 上 段 ) 千 円 ( 下 段 )) 調 達 機 関 防 衛 省 会 社 住 友 重 機 械 住 重 特 機 主 な 契 約 内 容 高 性 能 20mm 機 関 砲 20mm 対 空 機 関 砲 定 期 用 弾 薬 給 弾 装 置 等 修 理 等 主 な 製 造 拠 点 田 無 製 造 所 田 無 製 造 所 ( 本 社 ) 平 成 年 度 5,381,906 1,353, 年 度 ,470,759 1,171,564 契 約 実 績 21 年 度 ,488,953 1,376, 年 度 ,117,749 1,147, 年 度 ,845,562 1,403, 計 19,304,932 6,452,189 指 名 停 止 等 年 月 日 24 年 5 月 25 日 24 年 5 月 25 日 指 名 停 止 中 の 契 約 の 実 績 なし なし

38 (ウ) 工 数 水 増 し 等 の 状 況 a 住 友 重 機 械 における 工 数 水 増 し 等 の 状 況 住 友 重 機 械 は 防 衛 省 と 締 結 した 大 半 の 契 約 において 契 約 に 際 して 防 衛 省 に 提 出 した 見 積 書 の 工 数 又 はこれに 近 似 した 工 数 ( 以 下 これらの 工 数 を 見 積 工 数 という )を 目 標 工 数 として 設 定 していた そして 確 定 契 約 におい ては 見 積 工 数 は 過 去 の 製 造 実 績 に 基 づいて 計 上 することが 基 本 となっている ことなどから その 契 約 の 実 績 工 数 が 次 回 以 降 の 契 約 に 際 して 提 出 する 見 積 書 に 記 載 する 工 数 に 影 響 を 与 えることなどを 回 避 するために 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には その 下 回 った 分 について 防 衛 装 備 品 の 製 造 等 に 直 接 従 事 した 時 間 ではない 各 製 品 共 通 の 作 業 等 に 従 事 した 時 間 ( 間 接 作 業 時 間 )を 当 該 防 衛 装 備 品 等 の 工 数 に 振 り 替 えることなどにより 実 績 工 数 を 目 標 工 数 まで 水 増 しするなどしていた また 準 確 定 契 約 等 においても 契 約 代 金 の 確 定 時 に 契 約 代 金 の 減 額 を 避 けるなどの 目 的 で 確 定 契 約 と 同 様 に 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には その 下 回 った 分 について 防 衛 装 備 品 の 製 造 等 に 直 接 従 事 した 時 間 ではない 間 接 作 業 時 間 を 当 該 防 衛 装 備 品 等 の 工 数 に 振 り 替 える ことなどにより 実 績 工 数 を 目 標 工 数 まで 水 増 しするなどして 当 該 契 約 の 実 績 工 数 として 防 衛 省 に 申 告 していた そして 加 工 費 率 は 前 記 のとおり 直 接 労 務 費 に 間 接 労 務 費 間 接 材 料 費 及 び 間 接 経 費 である 製 造 間 接 費 を 加 えた 期 間 加 工 費 を 期 間 工 数 で 除 して 算 定 し た1 作 業 時 間 当 たりの 加 工 費 であることから 課 員 が 間 接 作 業 に 従 事 した 時 間 を 工 数 計 上 することは 当 該 時 間 に 係 る 当 該 部 門 の 費 用 を 二 重 に 計 上 しているこ とになる これを 概 念 図 で 示 すと 図 5のとおりである

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 秋 田 河 川 国 道 事 務 所 長 渡 邊 政 義 1. 業 務 概 要

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果 平 成 7 年 度 検 査 結 果 について () 検 査 体 制 等 農 政 部 農 地 整 備 課 の 検 査 員 名 以 上 により 土 地 改 良 区 等 あたり 日 間 から 日 間 実 施 しました 農 業 振 興 事 務 所 の 土 地 改 良 区 指 導 担 当 職 員 及 び 関 係 市 町 職 員 が 立 会 いました () 検 査 件 数 定 期 検 査 8( 土 地 改 良

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる 独 立 行 政 法 人 の 役 員 の 退 職 金 に 係 る 業 績 勘 案 率 の 算 定 ルールについて 平 成 27 年 5 月 25 日 総 務 大 臣 決 定 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 及 び 認 可 法 人 の 役 員 の 退 職 金 について ( 平 成 27 年 3 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 閣 議 決 定 という )に 基 づき 独 立 行 政 法 人

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

文化政策情報システムの運用等

文化政策情報システムの運用等 名 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 番 号 0406 平 成 25 年 行 政 レビューシート ( 文 部 科 学 省 ) 文 化 政 策 情 報 システム 運 用 等 担 当 部 局 庁 文 化 庁 作 成 責 任 者 平 成 8 年 度 なし 担 当 課 室 長 官 官 房 政 策 課 政 策 課 長 清 水 明 会 計 区 分 一 般 会 計 政 策 施 策 名 根 拠 法 令 ( 具

More information

Microsoft Word - 06(公示文)プロポ公募_160609.doc

Microsoft Word - 06(公示文)プロポ公募_160609.doc 簡 易 公 募 型 プロポーザル 方 式 に 係 る 手 続 開 始 の 公 示 次 のとおり 技 術 提 案 書 の 提 出 を 招 請 します 平 成 28 年 9 月 16 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 九 州 地 方 整 備 局 国 営 海 の 中 道 海 浜 公 園 事 務 所 長 辻 野 恒 一 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 : 海 の 中 道 海 浜 公

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

(8) 日 本 国 籍 を 有 し 日 本 国 憲 法 及 びその 下 に 成 立 した 政 府 を 暴 力 等 で 破 壊 すること を 主 張 する 団 体 等 その 他 を 結 成 し 又 は 加 入 し 若 しくは 協 力 していないことを 証 明 又 は 誓 約 し 若 しくは 保 証 で

(8) 日 本 国 籍 を 有 し 日 本 国 憲 法 及 びその 下 に 成 立 した 政 府 を 暴 力 等 で 破 壊 すること を 主 張 する 団 体 等 その 他 を 結 成 し 又 は 加 入 し 若 しくは 協 力 していないことを 証 明 又 は 誓 約 し 若 しくは 保 証 で 舞 監 公 示 第 50 号 27.10.1 自 衛 艦 及 び 支 援 船 の 改 造 改 修 工 事 及 び 搭 載 機 器 等 の 装 備 工 事 並 びに 調 査 工 事 の 契 約 希 望 者 募 集 要 項 ( 公 募 ) 次 の 契 約 について 公 募 を 実 施 するので 参 加 を 希 望 する 者 は 下 記 に 基 づき 資 料 等 を 提 出 して 下 さい ( 公 募 実

More information

入札公告 機動装備センター

入札公告 機動装備センター 千 葉 県 一 般 競 争 入 札 公 告 県 警 第 18 号 機 動 装 備 センター 屋 内 舗 装 改 修 工 事 の 一 般 競 争 入 札 ( 事 後 審 査 型 )の 実 施 について 地 方 自 治 法 第 234 条 第 1 項 の 規 定 により 一 般 競 争 入 札 を 次 のとおり 実 施 する なお この 入 札 は ちば 電 子 調 達 システムに 係 る 電 子 入

More information

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン の 改 訂 について 概 要 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするため 平 成 24 年 11 月 に 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン を 施 行 本 ガイドラインは

More information

公募

公募 木 製 品 試 作 販 売 システム 等 構 築 可 能 性 調 査 委 託 業 務 の 公 募 型 プロポーザル 方 式 実 施 要 領 1. 目 的 厚 真 町 における 林 産 業 は 造 林 保 育 及 び 造 材 等 の 森 林 整 備 を 行 う 事 業 体 や 木 炭 製 造 業 等 が 成 立 している 一 方 で 加 工 する 施 設 は 小 規 模 な 製 材 工 場 が1 軒

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 き 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 27 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 三 陸 国 道 事 務 所 長 永 井 浩 泰 1. 業 務 概 要 (1)

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71>

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71> 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 平 成 6 年 9 月 1 日 本 部 訓 令 第 26 号 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 航 空 隊 ( 第 3 条 - 第 13 条 ) 第 3 章 運 用 ( 第 14- 第 25

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 参 考 資 料 厚 生 年 金 基 金 等 の 現 状 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 給

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい 小 松 島 市 プロポーザル 方 式 実 施 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 市 が 発 注 する 企 画 調 査, 計 画, 設 計 等 の 業 務 のうち, 高 度 な 技 術 又 は 専 門 的 な 知 識 を 必 要 とする 業 務 等 の 契 約 に 当 たり, 当 該 業 務 に 係 る 提 案 を 求 め, 当 該 業 務 の 目 的 及 び 内 容 に 最 も

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

(8) 入 札 に 関 する 事 項 の 問 合 わせ 先 陸 上 自 衛 隊 上 富 良 野 駐 屯 地 第 344 会 計 隊 契 約 班 ( 担 当 : 立 川 ) TEL 0167-45-3101 内 線 :347(FAX:660) 11 公 告 掲 示 場 所 (1) 掲 示 場 所 :

(8) 入 札 に 関 する 事 項 の 問 合 わせ 先 陸 上 自 衛 隊 上 富 良 野 駐 屯 地 第 344 会 計 隊 契 約 班 ( 担 当 : 立 川 ) TEL 0167-45-3101 内 線 :347(FAX:660) 11 公 告 掲 示 場 所 (1) 掲 示 場 所 : 公 告 平 成 28 年 1 月 25 日 分 任 契 約 担 当 官 陸 上 自 衛 隊 上 富 良 野 駐 屯 地 第 344 会 計 隊 長 長 谷 川 洋 三 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 を 行 う 1 競 争 に 付 する 事 項 (1) 件 名 : 毛 布 外 注 洗 濯 ほか3 件 別 紙 第 2 内 訳 書 のとおり (2) 納 入 場 所 : 陸 上 自 衛 隊 上 富

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

Microsoft Word - 通達(参考).doc

Microsoft Word - 通達(参考).doc 参 考 1 基 発 第 0909001 号 平 成 20 年 9 月 9 日 都 道 府 県 労 働 局 長 殿 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 長 ( 公 印 省 略 ) 多 店 舗 展 開 する 小 売 業 飲 食 業 等 の 店 舗 における 管 理 監 督 者 の 範 囲 の 適 正 化 について 小 売 業 飲 食 業 等 において いわゆるチェーン 店 の 形 態 により 相 当

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

<9056976C8EAE81698B4C93FC8FE382CC97AF88D38E968D80814595CA8E86816A2E786C73>

<9056976C8EAE81698B4C93FC8FE382CC97AF88D38E968D80814595CA8E86816A2E786C73> 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 需 給 調 整 事 業 課 労 働 者 派 遣 事 業 書 記 入 のポイント 実 際 の 記 入 にあたっては 様 式 第 11 号 ( 第 3 面 )の 記 載 要 領 をご 覧 の 上 正 確 に 記 入 して 下 さい 一 般 派 遣 元 事 業 主 及 び 特 定 派 遣 元 事 業 主 は 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 ごとに

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料 第 3 回 制 度 設 計 専 門 会 合 事 務 局 提 出 資 料 ~ 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )の 概 要 について~ 平 成 27 年 12 月 4 日 ( 金 ) 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )で 整 備 する の 目 次 1. 需 要 家 への 適 切 な 情 報 提 供 (1) 一 般 的 な 情 報 提 供 (2) 契

More information

0439 研究開発推進事業(防衛省所管計上)250614

0439 研究開発推進事業(防衛省所管計上)250614 事 業 番 号 0439 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 防 衛 省 設 置 法 第 4 条 第 1 号 経 理 装 備 局 技 術 計 画 官 現 用 防 護 マスク(00 式 個 人 用 防 護 装 備 )と 同 等 防 護 性 能 を 有 し 広 視 野 化 放 射 能 除 染 呼 吸 追 随 ブロワー 小 型 化 及 び 現 用 通 信 装 置 (

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42 独 立 行 政 法 人 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 は 北 方 領 土 問 題 その 他 北 方 地 域 に 関 する

More information

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画 徳 山 大 学 公 的 研 究 費 取 扱 規 程 ( 平 成 27 年 1 月 30 日 制 定 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 徳 山 大 学 教 育 職 員 倫 理 綱 領 及 び 徳 山 大 学 における 研 究 に 携 わる 者 の 行 動 規 範 の 定 めに 従 い, 徳 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )において 公 的 研 究 費 を 適 正 に 運 営

More information

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A>

<5461726F2D8A678F5B92CA92428169926E95FB8CF68BA4926391CC9770816A> 建 設 省 経 振 発 第 8 号 平 成 11 年 1 月 28 日 改 正 国 総 建 第 199 号 国 総 建 整 第 156 号 平 成 20 年 10 月 17 日 都 道 府 県 知 事 政 令 指 定 都 市 長 あて 建 設 省 建 設 経 済 局 長 公 共 工 事 に 係 る 工 事 請 負 代 金 債 権 の 譲 渡 を 活 用 した 融 資 制 度 について 建 設 投 資

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 企 画 競 争 に 係 る 募 集 公 告 平 成 25 年 12 月 16 日 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 契 約 事 務 責 任 者 理 事 馬 場 一 洋 平 成 25 年 度 消 費 税 確 定 申 告 に 係 る 事 前 準 備 ( 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 等 ) 及 び 確 定 申 告 書 作 成 等 委 託 業 務 に 係 る 企 画 競 争

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 募 集 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づき 当 該 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 者 を 公 募 して 選 定 する 手 続 等 当 該 事 業 の 円 滑 な 実 施 を 図 るために 必 要 な 事 項 を 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保 県 契 約 における 適 正 な 労 働 条 件 の 確 保 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 県 契 約 において 当 該 県 契 約 に 基 づく 業 務 に 関 わる 労 働 者 の 適 正 な 労 働 条 件 を 確 保 し もって 労 働 者 の 生 活 の 安 定 を 図 り 公 共 工 事 及 び 公 共 サービス の 質 の 向 上 に 資 するために

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申 資 料 3-1 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 進 捗 状 況 平 成 28 年 7 月 1 日 資 源 エネルギー 庁 小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全

More information

一般競争入札について

一般競争入札について ( 一 般 競 争 入 札 ) 総 合 評 価 落 札 方 式 ガイドライン 平 成 21 年 4 月 ( 独 ) 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 1.はじめに 現 在 公 共 調 達 の 透 明 性 公 正 性 をより 一 層 めることが 喫 緊 の 課 題 とな っており 独 立 行 政 法 人 も 含 めた 政 府 全 体 で 随 意 契 約 の 見 直 しに 取 り 組 んで おります

More information

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正)

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正) 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 支 給 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 売 上 高 や 生 産 量 の 減 少 等 に 伴 う 人 員 削 減 により 離 職 した 者 を 正 規 雇 用 した 事 業 主 に 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 ( 以 下 奨 励 金 という )を 支 給 するために 必 要 な 事 項 を 定 める ( 定 義

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

Ⅰ 元 請 負 人 を 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 に 限 定 平 成 28 年 10 月 1 日 以 降 に 入 札 公 告 指 名 通 知 随 意 契 約 のための 見 積 依 頼 を 行 う 工 事 から 以 下 に 定 める 届 出 の 義 務 ( 以 下 届 出 義 務 と

Ⅰ 元 請 負 人 を 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 に 限 定 平 成 28 年 10 月 1 日 以 降 に 入 札 公 告 指 名 通 知 随 意 契 約 のための 見 積 依 頼 を 行 う 工 事 から 以 下 に 定 める 届 出 の 義 務 ( 以 下 届 出 義 務 と 平 成 28 年 5 月 30 日 市 発 注 工 事 における 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 について お 知 らせ 瀬 戸 内 市 契 約 管 財 課 建 設 業 の 持 続 的 な 発 展 に 必 要 な 人 材 の 確 保 等 の 観 点 から 市 発 注 工 事 におけ る 社 会 保 険 等 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ) 未 加 入 対

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

(1) 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 業 者 の 確 認 方 法 等 受 注 者 から 提 出 される 施 工 体 制 台 帳 及 び 添 付 書 類 により 確 認 を 行 います (2) 違 反 した 受 注 者 へのペナルティー 違 反 した 受 注 者 に 対 しては 下 記 のペ

(1) 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 業 者 の 確 認 方 法 等 受 注 者 から 提 出 される 施 工 体 制 台 帳 及 び 添 付 書 類 により 確 認 を 行 います (2) 違 反 した 受 注 者 へのペナルティー 違 反 した 受 注 者 に 対 しては 下 記 のペ 井 原 市 発 注 工 事 における 一 次 下 請 人 の 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 の 限 定 について 平 成 27 年 9 月 28 日 井 原 市 では 建 設 業 の 持 続 的 な 発 展 に 必 要 な 人 材 の 確 保 等 の 観 点 から 井 原 市 発 注 工 事 における 社 会 保 険 等 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保

More information