参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を"

Transcription

1 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の3の 規 定 に 基 づく 報 告 書 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 会 計 検 査 の 結 果 について 平 成 24 年 10 月 会 計 検 査 院

2 参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を 行 い その 結 果 を 報 告 するよう 要 請 することが 決 定 され 同 日 参 議 院 議 長 を 経 て 会 計 検 査 院 長 に 対 し 会 計 検 査 及 びその 結 果 の 報 告 を 求 める 要 請 がなされた これに 対 して 会 計 検 査 院 は 同 月 4 日 検 査 官 会 議 において 本 要 請 を 受 諾 することを 決 定 した 本 報 告 書 は 上 記 の 要 請 により 実 施 した 会 計 検 査 の 結 果 について 会 計 検 査 院 長 から 参 議 院 議 長 に 対 して 報 告 するものである なお 会 計 検 査 院 としては 本 報 告 書 の 取 りまとめに 際 して 内 閣 官 房 総 務 省 防 衛 省 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 及 び 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 が 今 後 行 うこ ととしている 損 害 賠 償 の 請 求 再 発 防 止 策 の 策 定 等 の 状 況 について 検 証 等 を 終 えるに 至 っ ていない 部 分 があることなどから これらを 中 心 に 引 き 続 き 検 査 して 検 査 の 結 果 につい ては 取 りまとめが 出 来 次 第 報 告 することとする 平 成 24 年 10 月 会 計 検 査 院

3 目 次 第 1 検 査 の 背 景 及 び 実 施 状 況 1 1 検 査 の 要 請 の 内 容 1 2 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 の 概 要 1 (1) 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 関 する 契 約 の 概 要 1 (2) 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 の 概 要 3 ア 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 における 契 約 の 概 要 3 イ 衛 星 センターにおける 契 約 の 概 要 4 ウ 通 信 機 構 における 契 約 の 概 要 5 エ 総 務 省 における 契 約 の 概 要 5 3 検 査 の 観 点 着 眼 点 対 象 及 び 方 法 6 (1) 検 査 の 観 点 及 び 着 眼 点 6 (2) 検 査 の 対 象 及 び 方 法 8 第 2 検 査 の 結 果 8 1 過 大 請 求 の 経 緯 方 法 内 容 等 の 状 況 8 (1) 過 大 請 求 の 経 緯 8 ア これまで 明 らかになった 過 大 請 求 事 案 8 (ア) 過 去 の 過 大 請 求 事 案 の 件 数 返 還 額 等 8 (イ) 過 去 の 過 大 請 求 事 案 に 対 する 再 発 防 止 策 等 9 a 防 衛 省 の 再 発 防 止 策 9 b 宇 宙 機 構 の 再 発 防 止 策 10 c 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 の 不 正 防 止 対 策 11 イ 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 に 内 在 する 課 題 等 11 (ア) 競 争 性 透 明 性 等 の 確 保 11 (イ) コスト 削 減 へのインセンティブ 12 (ウ) 指 名 停 止 中 の 契 約 締 結 12

4 ウ 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 の 発 生 13 (ア) 三 菱 電 機 及 び 関 係 4 社 による 過 大 請 求 事 案 の 発 生 13 (イ) 住 友 重 機 械 等 による 過 大 請 求 事 案 の 発 生 14 (2) 過 大 請 求 の 方 法 内 容 等 の 状 況 15 ア 三 菱 電 機 及 び 関 係 4 社 による 過 大 請 求 事 案 15 (ア) 三 菱 電 機 による 過 大 請 求 事 案 15 a 三 菱 電 機 の 組 織 15 b 契 約 実 績 等 16 c 工 数 付 替 え 等 の 状 況 17 d 工 数 付 替 え 等 の 目 的 背 景 動 機 等 24 (イ) 関 係 4 社 による 過 大 請 求 事 案 25 a 関 係 4 社 の 組 織 25 b 契 約 実 績 等 26 c 工 数 付 替 え 等 の 状 況 28 d 工 数 付 替 え 等 の 目 的 背 景 動 機 等 31 イ 住 友 重 機 械 等 による 過 大 請 求 事 案 32 (ア) 住 友 重 機 械 等 の 組 織 32 (イ) 契 約 実 績 等 32 (ウ) 工 数 水 増 し 等 の 状 況 33 a 住 友 重 機 械 における 工 数 水 増 し 等 の 状 況 33 b 住 重 特 機 における 工 数 水 増 し 等 の 状 況 35 c 過 大 請 求 額 の 算 定 との 関 係 36 (エ) 工 数 水 増 し 等 の 目 的 背 景 動 機 等 36 2 防 衛 省 等 における 監 査 等 の 実 施 状 況 36 (1) 防 衛 省 等 による 制 度 調 査 の 実 施 状 況 37 (2) 防 衛 省 等 による 原 価 監 査 等 の 実 施 状 況 38 (3) 三 菱 電 機 等 による 内 部 統 制 各 種 の 法 令 遵 守 等 に 係 る 施 策 等 の 実 施 状 況 40 ア 三 菱 電 機 による 施 策 等 の 実 施 状 況 40 イ 関 係 4 社 による 施 策 等 の 実 施 状 況 40 ウ 住 友 重 機 械 等 による 施 策 等 の 実 施 状 況 41

5 第 3 検 査 の 結 果 に 対 する 所 見 41 1 検 査 の 結 果 の 概 要 41 2 所 見 43

6 第 1 検 査 の 背 景 及 び 実 施 状 況 1 検 査 の 要 請 の 内 容 会 計 検 査 院 は 平 成 24 年 9 月 3 日 参 議 院 から 国 会 法 第 105 条 の 規 定 に 基 づき 下 記 事 項 について 会 計 検 査 を 行 いその 結 果 を 報 告 することを 求 める 要 請 を 受 けた これに 対 し 同 月 4 日 検 査 官 会 議 において 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の3の 規 定 により 検 査 を 実 施 してその 検 査 の 結 果 を 報 告 することを 決 定 した 一 会 計 検 査 及 びその 結 果 の 報 告 を 求 める 事 項 ( 一 ) 検 査 の 対 象 内 閣 官 房 総 務 省 防 衛 省 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 ( 二 ) 検 査 の 内 容 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 次 の 各 事 項 過 大 請 求 の 経 緯 方 法 内 容 等 の 状 況 防 衛 省 等 における 監 査 等 の 実 施 状 況 損 害 賠 償 の 請 求 再 発 防 止 策 の 策 定 等 の 状 況 2 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 の 概 要 (1) 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 関 する 契 約 の 概 要 防 衛 省 (19 年 1 月 8 日 以 前 は 防 衛 庁 )は 防 衛 省 設 置 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 164 号 ) 等 に 基 づき 所 掌 に 係 る 防 衛 装 備 品 船 舶 航 空 機 等 の 調 達 等 を 民 間 企 業 等 と 請 負 契 約 等 を 締 結 することにより 実 施 しており これらに 係 る23 年 度 の 予 算 額 は2 兆 8920 億 7647 万 余 円 に 上 っている このうち 防 衛 装 備 品 及 び 防 衛 装 備 品 の 修 理 等 の 役 務 ( 以 下 防 衛 装 備 品 等 とい う )の 調 達 は その 用 途 が 特 殊 であり 市 販 性 が 少 なく 仕 様 が 複 雑 かつ 高 度 であり 最 先 端 技 術 等 を 必 要 とするため 契 約 相 手 方 が 限 定 されることが 少 なくないことなど から 契 約 金 額 でみると 他 府 省 等 の 物 品 調 達 に 比 べて 随 意 契 約 の 割 合 が 高 くなって いる また 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 は 装 備 品 等 及 び 役 務 の 調 達 実 施 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 49 年 防 衛 庁 訓 令 第 4 号 )に 基 づき 図 1のとおり 防 衛 省 装 備 施 設 本 部 (19 年 8 月 31 日 以 前 は 装 備 本 部 )が 行 う 調 達 ( 以 下 中 央 調 達 という )と 陸 上 海 上 航 空 - 1 -

7 各 自 衛 隊 の 部 隊 等 が 行 う 調 達 ( 以 下 地 方 調 達 という )に 区 分 されている 図 1 防 衛 省 における 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 区 分 中 央 調 達 地 方 調 達 陸 上 海 上 航 空 各 自 衛 隊 の 部 隊 等 調 達 要 求 装 備 施 設 本 部 発 注 発 注 各 企 業 各 企 業 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 係 る 予 定 価 格 の 算 定 方 式 については 防 衛 装 備 品 は 一 般 に 公 表 されている 市 場 価 格 が 形 成 されていない 場 合 が 多 いため このような 場 合 には 調 達 物 品 等 の 予 定 価 格 の 算 定 基 準 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 37 年 防 衛 庁 訓 令 第 35 号 )に 基 づき 直 接 材 料 費 加 工 費 ( 直 接 労 務 費 に 間 接 労 務 費 間 接 材 料 費 及 び 間 接 経 費 で ある 製 造 間 接 費 を 加 えたもの) 直 接 経 費 総 利 益 等 の 計 算 項 目 の 合 計 額 により 予 定 価 格 の 決 定 の 基 準 とされる 計 算 価 格 を 算 定 する 原 価 計 算 方 式 を 採 用 することとされて いる このうち 加 工 費 は 工 数 ( 製 造 等 に 直 接 従 事 した 作 業 時 間 )に 加 工 費 率 ( 期 間 加 工 費 を 期 間 工 数 で 除 して 算 定 した1 作 業 時 間 当 たりの 加 工 費 であり 入 札 等 に 参 加 し ようとする 者 等 の 財 務 会 計 資 料 等 に 基 づいて 装 備 施 設 本 部 等 が 設 定 している )を 乗 ずることなどにより 計 算 することとなっている このため 加 工 費 は 外 部 証 ひょう 類 によって 確 認 が 可 能 な 直 接 材 料 費 等 とは 異 なり 契 約 相 手 方 の 管 理 会 計 上 の 関 係 書 類 による 確 認 にとどまるため 改 ざん 等 のリスクは 一 般 に 高 くなる また 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 係 る 契 約 方 法 については 契 約 金 額 は 本 来 契 約 締 結 時 に 確 定 されていることが 原 則 であるが 前 記 のとおり 防 衛 装 備 品 は 仕 様 が 複 雑 かつ 高 度 であるため 最 先 端 技 術 等 を 必 要 とすることなどから 契 約 締 結 時 に 適 切 な 計 算 価 格 を 算 定 することができない 場 合 があり このような 場 合 には 準 確 定 契 約 超 過 利 益 返 納 条 項 付 契 約 又 は 概 算 契 約 ( 以 下 これらを 合 わせて 準 確 定 契 約 等 とい う )が 採 用 されている この 準 確 定 契 約 等 においては 契 約 金 額 の 範 囲 内 等 で 製 造 - 2 -

8 原 価 の 実 績 等 に 基 づいて 契 約 代 金 の 額 が 確 定 されることとなる そして 防 衛 省 は 契 約 代 金 の 額 を 確 定 させるため 原 価 監 査 官 等 を 契 約 相 手 方 に 赴 かせるなどして 契 約 相 手 方 が 契 約 履 行 のために 支 出 又 は 負 担 をした 費 用 が 原 価 として 妥 当 であるか 否 か を 審 査 するための 原 価 の 監 査 又 は 調 査 を 実 施 することとしている さらに 防 衛 省 は 原 価 の 監 査 等 の 際 に 契 約 相 手 方 から 提 出 を 受 ける 資 料 の 信 頼 性 確 保 のための 施 策 の 一 環 として 原 価 計 算 方 式 で 予 定 価 格 を 算 定 して 契 約 を 締 結 して いる 契 約 相 手 方 について その 契 約 相 手 方 が 採 用 している 原 価 計 算 システムの 適 正 性 を 確 認 するための 制 度 調 査 を 実 施 することとしている (2) 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 の 概 要 ア 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 における 契 約 の 概 要 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 宇 宙 機 構 という )は 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 161 号 ) 等 に 基 づき 宇 宙 の 開 発 及 び 利 用 の 促 進 等 を 図 ることを 目 的 として 人 工 衛 星 等 の 開 発 等 を 民 間 企 業 等 と 請 負 契 約 等 を 締 結 することにより 実 施 しており 23 年 度 の 予 算 額 は2287 億 0607 万 円 に 上 っ ている 人 工 衛 星 等 の 開 発 等 は 仕 様 が 複 雑 かつ 高 度 であり 最 先 端 技 術 等 を 必 要 とする ため 契 約 相 手 方 が 限 定 されることが 少 なくないことなどから 契 約 金 額 でみると 随 意 契 約 の 割 合 が 高 くなっている 人 工 衛 星 等 の 開 発 等 の 請 負 契 約 等 に 係 る 予 定 価 格 の 算 定 方 式 については 人 工 衛 星 等 の 開 発 等 は 市 場 価 格 が 形 成 されていない 場 合 が 多 いため このような 場 合 には 宇 宙 機 構 が 定 めた 契 約 事 務 実 施 要 領 ( 平 成 15 年 契 約 部 長 通 達 第 15-1 号 )に 基 づき 原 価 計 算 方 式 を 採 用 することとされている 人 工 衛 星 等 の 開 発 等 に 係 る 契 約 方 法 については 確 定 契 約 のほか 契 約 締 結 時 の 契 約 金 額 を 上 限 金 額 とし 実 際 に 要 した 額 を 基 に 契 約 金 額 を 確 定 する 上 限 付 概 算 契 約 ( 以 下 準 確 定 契 約 超 過 利 益 返 納 条 項 付 契 約 概 算 契 約 及 び 上 限 付 概 算 契 約 を 概 算 契 約 等 と 総 称 する )がある このうち 上 限 付 概 算 契 約 においては 契 約 書 等 に 基 づき 実 際 に 要 した 経 費 を 確 認 する 原 価 監 査 を 実 施 することとなってお り また 原 価 計 算 方 式 で 予 定 価 格 を 算 定 する 契 約 においては 制 度 調 査 を 実 施 す ることとなっている また 宇 宙 機 構 は 内 閣 官 房 内 閣 情 報 調 査 室 内 閣 衛 星 情 報 センター( 以 下 衛 星 - 3 -

9 センター という )から 委 託 を 受 けて 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 を 実 施 している すなわち 政 府 は 情 報 収 集 衛 星 の 導 入 について ( 平 成 10 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )により 外 交 防 衛 等 の 安 全 保 障 及 び 大 規 模 災 害 等 への 対 応 等 の 危 機 管 理 のた めに 必 要 な 情 報 を 収 集 することを 目 的 として 情 報 収 集 衛 星 を 導 入 することを 決 定 し 13 年 4 月 に 内 閣 情 報 調 査 室 に 衛 星 センターを 設 置 して 情 報 収 集 衛 星 に 関 する 研 究 開 発 運 用 等 の 業 務 を 行 っている これらの 業 務 は 図 2のとおり 衛 星 センタ ーが 民 間 企 業 等 と 委 託 契 約 等 を 締 結 するほか 宇 宙 機 構 及 び 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 通 信 機 構 という )と 委 託 契 約 を 締 結 し さらに 両 機 構 から 民 間 企 業 等 へ 業 務 の 一 部 を 再 委 託 することなどにより 実 施 されている 図 2 情 報 収 集 衛 星 に 係 る 契 約 関 連 図 衛 星 センター 開 発 機 関 宇 宙 機 構 通 信 機 構 開 発 メ 各 企 業 各 企 業 各 企 業 各 企 業 - カ - 地 上 システムの 研 究 開 発 等 衛 星 システムの 研 究 開 発 等 イ 衛 星 センターにおける 契 約 の 概 要 衛 星 センターは 上 記 のとおり 情 報 収 集 衛 星 に 関 する 研 究 開 発 運 用 等 の 業 務 を 行 っており これらに 係 る23 年 度 の 予 算 額 は829 億 2538 万 余 円 に 上 っている 情 報 収 集 衛 星 の 研 究 開 発 運 用 等 の 委 託 契 約 等 は その 仕 様 の 多 くが 我 が 国 の 安 全 保 障 上 の 重 大 な 利 益 を 保 護 するために 開 示 できないことなどから 随 意 契 約 に よる 割 合 が 高 くなっている 情 報 収 集 衛 星 の 研 究 開 発 運 用 等 の 委 託 契 約 等 に 係 る 予 定 価 格 の 算 定 方 式 につ - 4 -

10 いては 設 計 費 試 験 費 材 料 費 等 の 製 造 原 価 等 を 積 み 上 げる 原 価 計 算 方 式 を 採 用 しており 契 約 を 締 結 する 者 から 見 積 書 の 提 出 を 受 け その 見 積 書 の 見 積 額 を 査 定 することなどにより 行 っている このうち 設 計 費 及 び 試 験 費 は 人 件 費 単 価 に 作 業 に 要 する 工 数 を 乗 ずることなどにより 算 定 することになっている また 情 報 収 集 衛 星 の 研 究 開 発 運 用 等 の 契 約 方 法 については 確 定 契 約 が 原 則 であるが 契 約 締 結 時 に 契 約 金 額 の 確 定 が 困 難 な 場 合 には 概 算 契 約 が 採 用 され ている このうち 概 算 契 約 においては 契 約 金 額 を 確 定 させるための 調 査 を 実 施 す ることとなっている ウ 通 信 機 構 における 契 約 の 概 要 通 信 機 構 は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 162 号 ) 等 に 基 づ き 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 その 他 の 研 究 開 発 等 を 民 間 企 業 等 と 請 負 契 約 等 を 締 結 す ることにより 実 施 しており 23 年 度 の 予 算 額 は108 億 3605 万 円 に 上 っている このうち 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 については 随 意 契 約 により 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 以 外 の 研 究 開 発 等 については 原 則 として 公 募 による 随 意 契 約 によりそれぞれ 実 施 している 請 負 契 約 等 に 係 る 予 定 価 格 の 算 定 方 式 については 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 では 原 価 計 算 方 式 を 採 用 しており 宇 宙 機 構 の 契 約 相 手 方 と 契 約 を 締 結 する 場 合 は 宇 宙 機 構 と 同 じ 加 工 費 率 等 を 使 用 することになっている また 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 以 外 の 研 究 開 発 等 では 採 択 した 民 間 企 業 等 から 見 積 書 を 提 出 させ その 見 積 書 に 記 載 された 見 積 額 を 査 定 することにより 行 っている また 契 約 方 法 については 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 では 上 限 付 概 算 契 約 を 採 用 して おり 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 以 外 の 研 究 開 発 等 では 概 算 契 約 を 採 用 している そし て 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 に 係 る 上 限 付 概 算 契 約 においては 原 価 監 査 を 実 施 するこ ととなっており 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 以 外 の 研 究 開 発 等 に 係 る 概 算 契 約 において は 額 の 確 定 のための 検 査 ( 以 下 原 価 の 監 査 又 は 調 査 原 価 監 査 契 約 金 額 の 額 を 確 定 させるための 調 査 又 は 検 査 を 原 価 監 査 等 と 総 称 する )を 実 施 すること となっている さらに 情 報 収 集 衛 星 の 開 発 に 係 る 契 約 については 制 度 調 査 を 実 施 することとなっている エ 総 務 省 における 契 約 の 概 要 総 務 省 は 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 電 波 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第

11 号 ) 等 に 基 づき 電 波 資 源 拡 大 のための 研 究 開 発 等 を 民 間 企 業 等 と 委 託 契 約 等 を 締 結 することにより 実 施 している そして このうち 電 波 資 源 拡 大 のための 研 究 開 発 については 電 波 の 有 効 利 用 に 資 する 研 究 開 発 課 題 を 指 定 した 上 で 研 究 開 発 提 案 を 公 募 して 採 択 された 研 究 開 発 を 行 う 民 間 企 業 等 と 委 託 契 約 を 締 結 することによ り 実 施 しており 23 年 度 の 予 算 額 は73 億 6179 万 余 円 に 上 っている 電 波 資 源 拡 大 のための 研 究 開 発 の 委 託 契 約 に 係 る 予 定 価 格 の 算 定 方 式 については 原 則 として 入 札 等 に 参 加 しようとする 者 等 から 見 積 書 を 提 出 させ その 見 積 書 に 記 載 された 見 積 額 を 査 定 することにより 行 っている また 電 波 資 源 拡 大 のための 研 究 開 発 の 契 約 方 法 については 概 算 契 約 を 採 用 し ており 額 の 確 定 のための 検 査 を 実 施 することとなっている 3 検 査 の 観 点 着 眼 点 対 象 及 び 方 法 (1) 検 査 の 観 点 及 び 着 眼 点 会 計 検 査 院 は 平 成 11 年 度 決 算 検 査 報 告 に 特 定 検 査 対 象 に 関 する 検 査 状 況 として 装 備 品 等 の 調 達 に 係 る 過 払 事 案 の 処 理 等 について を 掲 記 しており 会 計 検 査 院 の 所 見 として 制 度 調 査 等 のより 一 層 の 充 実 を 図 り 過 払 事 案 の 発 生 原 因 背 景 等 を 究 明 し これに 対 する 有 効 な 対 策 を 講 ずるとともに 契 約 相 手 方 である 会 社 の 保 有 する 防 衛 装 備 品 等 に 関 する 情 報 のより 一 層 の 収 集 蓄 積 に 努 める 要 があり もって これ らの 施 策 を 通 じ 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 価 格 の 適 正 化 に 努 め 国 民 の 信 頼 を 得 るようにする ことが 肝 要 であるとしているところである しかし 三 菱 電 機 株 式 会 社 ( 以 下 三 菱 電 機 という )は24 年 1 月 27 日 に 防 衛 省 宇 宙 機 構 及 び 衛 星 センターと 締 結 した 契 約 に 係 る 工 数 等 を 過 大 に 申 告 して 過 大 請 求 を 行 っていたことなどを 認 めた その 後 三 菱 電 機 の 子 会 社 である 三 菱 スペース ソフ トウエア 株 式 会 社 ( 以 下 MSS という ) 三 菱 プレシジョン 株 式 会 社 ( 以 下 プレシジョン という ) 三 菱 電 機 特 機 システム 株 式 会 社 ( 以 下 三 電 特 機 と いう ) 及 び 関 連 会 社 である 太 洋 無 線 株 式 会 社 ( 以 下 太 洋 無 線 株 式 会 社 を 太 洋 無 線 といい これら4 社 を 関 係 4 社 という ) 並 びに 住 友 重 機 械 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 住 友 重 機 械 という ) 及 びその 子 会 社 である 住 重 特 機 サービス 株 式 会 社 ( 以 下 住 重 特 機 サービス 株 式 会 社 を 住 重 特 機 といい 両 社 を 合 わせて 住 友 重 機 械 等 という )による 過 大 請 求 事 案 が 次 々と 明 らかになった これら7 社 によ る 過 大 請 求 事 案 ( 以 下 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 という )につい - 6 -

12 ては マスコミにおいて 大 きく 報 道 されており 国 民 の 関 心 が 極 めて 高 く 国 会 にお いても 質 疑 が 行 われている このようなことから 会 計 検 査 院 は 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 の 発 覚 以 降 同 事 案 について 検 査 を 実 施 してきたが 今 回 の 検 査 の 要 請 を 踏 まえ 今 後 も 検 査 を 続 けることとしている 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 は 三 菱 電 機 関 係 4 社 又 は 住 友 重 機 械 等 に 対 して 指 名 停 止 等 の 措 置 を 講 じているが その 後 も 防 衛 省 宇 宙 機 構 通 信 機 構 及 び 総 務 省 は 指 名 停 止 中 であっても 真 にやむを 得 ない 場 合 に 該 当 する として これらの 会 社 と 契 約 を 締 結 している( 以 下 このような 場 合 に 締 結 した 契 約 を 指 名 停 止 中 の 契 約 という ) このことなどから 早 急 に 原 因 を 究 明 して 再 発 防 止 策 を 策 定 することなどが 重 要 な 課 題 となっている そこで これまで 明 らかになった 検 査 結 果 を 速 やかに 国 会 に 報 告 し 事 態 の 概 要 の 把 握 や 原 因 究 明 等 に 資 することとするとともに 詳 細 な 検 証 等 を 終 えるに 至 っていな い 部 分 を 中 心 に 今 後 引 き 続 き 検 査 を 実 施 して 最 終 的 な 検 査 の 結 果 については 取 り まとめが 出 来 次 第 報 告 することとする 会 計 検 査 院 は 本 件 の 検 査 の 要 請 の 趣 旨 を 踏 まえ 更 なる 検 査 の 徹 底 を 図 るなどのた め 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 合 規 性 経 済 性 等 の 観 点 から 以 下 の 着 眼 点 により 検 査 を 実 施 した ア 過 大 請 求 の 経 緯 過 大 請 求 はどのような 経 緯 で 行 われていたのか 特 にこれまで 明 らかになった 過 大 請 求 事 案 に 対 する 再 発 防 止 策 等 はどのようなものであったのか また 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 における 過 大 請 求 の 背 景 事 情 等 となるような 課 題 等 はないか イ 過 大 請 求 の 方 法 内 容 等 の 状 況 過 大 請 求 はどのように 行 われていたのか 特 に 工 数 の 付 替 え 等 の 方 法 はどのよう なものか また 過 大 請 求 の 目 的 動 機 及 び 背 景 はどのようなものか ウ 防 衛 省 等 における 監 査 等 の 実 施 状 況 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 が 実 施 している 制 度 調 査 原 価 監 査 等 は 適 切 に 実 施 されていたのか また 三 菱 電 機 関 係 4 社 及 び 住 友 重 機 械 等 における 内 部 統 制 各 種 の 法 令 遵 守 等 に 係 る 施 策 等 は 有 効 に 機 能 していたのか - 7 -

13 (2) 検 査 の 対 象 及 び 方 法 会 計 検 査 院 は 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 については 防 衛 省 が19 年 度 から23 年 度 までの 間 に 三 菱 電 機 関 係 4 社 及 び 住 友 重 機 械 等 と 締 結 した 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 関 する 請 負 契 約 等 を 対 象 として 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 については 宇 宙 機 構 衛 星 センタ ー 通 信 機 構 及 び 総 務 省 が 三 菱 電 機 又 は 関 係 4 社 と 締 結 した 情 報 収 集 衛 星 の 研 究 開 発 等 に 係 る 委 託 契 約 等 のうち 19 年 度 から23 年 度 までの 間 に 履 行 の 全 部 又 は 一 部 を 完 了 した 契 約 を 対 象 として 検 査 を 行 った 検 査 に 当 たっては 防 衛 省 内 部 部 局 同 省 装 備 施 設 本 部 宇 宙 機 構 東 京 事 務 所 衛 星 センター 通 信 機 構 本 部 総 務 本 省 等 において 調 書 を 徴 したり 三 菱 電 機 等 から 提 出 された 製 造 等 に 係 る 実 際 の 原 価 が 記 載 された 実 際 原 価 計 算 書 等 の 関 係 書 類 を 確 認 したりするなどの 方 法 により 会 計 実 地 検 査 を 行 った さらに 三 菱 電 機 鎌 倉 製 作 所 及 び 通 信 機 製 作 所 ( 以 下 三 菱 電 機 鎌 倉 製 作 所 を 鎌 倉 製 作 所 同 社 通 信 機 製 作 所 を 通 信 機 製 作 所 という ) 関 係 4 社 並 びに 住 友 重 機 械 等 の 各 製 造 拠 点 に 赴 いて 精 算 関 係 資 料 や 社 内 の 調 査 資 料 を 確 認 したり 関 係 者 に 説 明 を 求 めたり 製 造 現 場 を 確 認 したりなどする 方 法 により 会 計 実 地 検 査 を 行 った これらの 会 計 実 地 検 査 には 計 214 人 日 を 要 した 第 2 検 査 の 結 果 1 過 大 請 求 の 経 緯 方 法 内 容 等 の 状 況 (1) 過 大 請 求 の 経 緯 ア これまで 明 らかになった 過 大 請 求 事 案 (ア) 過 去 の 過 大 請 求 事 案 の 件 数 返 還 額 等 防 衛 省 が 締 結 した 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 契 約 においては 工 数 を 過 大 に 申 告 する などした 過 大 請 求 事 案 が 表 1-1のとおり 5 年 6 月 以 降 19 件 明 らかになっている ( 注 1) また 宇 宙 機 構 が 締 結 した 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 請 負 契 約 等 にお いても 表 1-2のとおり 過 大 請 求 事 案 が4 件 明 らかになっている そして 防 衛 省 及 び 宇 宙 機 構 は 指 名 停 止 等 の 措 置 を 講 ずるとともに 再 発 防 止 策 を 講 じたとしていた - 8 -

14 表 1-1 過 去 の 過 大 請 求 事 案 の 概 要 ( 防 衛 省 ) ( 単 位 : 億 円 ) 会 社 発 覚 年 月 返 還 金 額 1 日 本 工 機 株 式 会 社 平 成 5 年 6 月 東 洋 通 信 機 株 式 会 社 6 年 3 月 71 3 藤 倉 航 装 株 式 会 社 7 年 5 月 ニコー 電 子 株 式 会 社 7 年 5 月 34 5 日 本 航 空 電 子 工 業 株 式 会 社 10 年 3 月 77 6 日 本 電 気 株 式 会 社 10 年 10 月 日 本 電 気 電 波 機 器 エンジニアリング 株 式 会 社 10 年 11 月 44 8 株 式 会 社 トキメック 11 年 11 月 株 式 会 社 富 士 通 ゼネラル 11 年 11 月 東 急 車 輌 製 造 株 式 会 社 12 年 5 月 富 士 写 真 光 機 株 式 会 社 12 年 11 月 日 進 電 子 株 式 会 社 12 年 11 月 日 本 飛 行 機 株 式 会 社 15 年 5 月 株 式 会 社 大 原 鉄 工 所 16 年 12 月 日 本 無 線 株 式 会 社 16 年 12 月 長 野 日 本 無 線 株 式 会 社 16 年 12 月 株 式 会 社 富 士 インダストリーズ 18 年 11 月 株 式 会 社 山 田 洋 行 19 年 11 月 極 東 貿 易 株 式 会 社 20 年 1 月 29.5 表 1-2 過 去 の 過 大 請 求 事 案 の 概 要 ( 宇 宙 機 構 ) ( 単 位 : 億 円 ) 会 社 発 覚 年 月 返 還 金 額 1 日 本 電 気 株 式 会 社 平 成 10 年 9 月 東 洋 通 信 機 株 式 会 社 10 年 9 月 日 本 航 空 電 子 工 業 株 式 会 社 10 年 11 月 3 4 日 本 飛 行 機 株 式 会 社 15 年 5 月 2 ( 注 1) 宇 宙 機 構 宇 宙 機 構 は 平 成 15 年 10 月 に 宇 宙 開 発 事 業 団 文 部 科 学 省 宇 宙 科 学 研 究 所 及 び 独 立 行 政 法 人 航 空 宇 宙 技 術 研 究 所 を 統 合 し そ れぞれの 業 務 を 承 継 して 設 立 されている 本 文 の 宇 宙 機 構 の 記 述 の うち 15 年 9 月 以 前 のものについては 宇 宙 開 発 事 業 団 又 は 宇 宙 科 学 研 究 所 に 関 するものであり 表 1-2 中 1から3までの 事 案 については 同 事 業 団 4の 事 案 については 同 研 究 所 に 係 るものである (イ) 過 去 の 過 大 請 求 事 案 に 対 する 再 発 防 止 策 等 a 防 衛 省 の 再 発 防 止 策 防 衛 省 が 締 結 した 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 関 する 請 負 契 約 等 においては 前 記 のとおり これまで 過 大 請 求 事 案 が 何 度 も 明 らかになっており 防 衛 省 は 次 のような 再 発 防 止 策 を 講 じてきたとしている 11 年 4 月 に 防 衛 庁 長 官 ( 当 時 )を 本 部 長 とする 防 衛 調 達 改 革 本 部 が 取 りまとめ た 調 達 改 革 の 具 体 的 措 置 を 踏 まえ 同 年 6 月 に 関 係 機 関 に 対 して 契 約 の 相 手 方 の 提 出 資 料 の 信 頼 性 確 保 のための 施 策 について( 通 達 ) を 発 して 契 約 相 手 方 が 一 般 的 に 遵 守 すべき 次 の 事 項 を 入 札 等 に 参 加 しようとする 者 や 契 約 相 手 方 が 知 り かつ 守 らなければならない 事 項 を 定 めた 入 札 及 び 契 約 心 ( 注 2) 得 ( 昭 和 51 年 防 衛 庁 調 達 実 施 本 部 公 示 第 2 号 ) 等 に 新 たに 記 載 するとともに そ の 周 知 を 図 ることとした - 9 -

15 (a) 制 度 調 査 の 受 入 義 務 (b) 虚 偽 の 資 料 の 提 示 提 出 の 禁 止 (c) 予 定 価 格 の 算 定 に 当 たって 原 価 計 算 方 式 を 採 用 している 契 約 については 次 の 事 項 を 定 めた 資 料 の 信 頼 性 確 保 に 関 する 特 約 条 項 を 付 すこと 1 原 価 を 確 認 するために 必 要 となる 作 業 報 告 書 等 の 帳 票 類 の 保 存 義 務 ( 契 約 代 金 の 支 払 が 完 了 した 日 の 属 する 年 度 の 翌 年 度 の4 月 1 日 から1 年 間 ) 2 過 大 請 求 事 案 において 原 価 監 査 等 の 際 に 虚 偽 の 資 料 を 提 示 提 出 したこ とが 確 認 された 場 合 は 違 約 金 ( 過 払 額 と 同 額 20 年 4 月 1 日 以 降 は 過 払 額 の 2 倍 )を 課 すこと また 15 年 5 月 に 発 覚 した 日 本 飛 行 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 においては 同 社 が 防 衛 装 備 品 等 以 外 の 工 数 を 防 衛 装 備 品 等 の 工 数 として 付 け 替 えて 付 ( 注 3) 替 え 後 の 状 況 を 反 映 した 原 価 元 帳 等 の 帳 票 類 を 作 成 していた( 一 重 帳 簿 ) こ のことなどから 防 衛 庁 ( 当 時 )は その 後 の 制 度 調 査 においては 単 に 会 計 記 録 である 帳 票 類 を 審 査 するだけではなく その 背 景 となる 生 産 管 理 情 報 等 と の 比 較 検 証 や 内 部 統 制 システムの 調 査 を 加 えたり 従 来 実 施 している 監 査 法 人 等 への 外 部 委 託 に 加 え 防 衛 省 の 職 員 のみで 調 査 を 実 施 する 場 合 の 調 査 内 容 等 について 公 認 会 計 士 の 助 言 を 求 めたりなどして 契 約 相 手 方 の 原 価 計 算 シス テムの 適 正 性 の 確 保 に 努 めることとした ( 注 2) 入 札 及 び 契 約 心 得 平 成 18 年 7 月 の 改 訂 により 現 在 は 入 札 及 び 契 約 心 得 ( 平 成 18 年 防 衛 庁 装 備 本 部 公 示 第 1 号 ) ( 注 3) 一 重 帳 簿 従 来 の 過 大 請 求 事 案 は 原 価 監 査 制 度 調 査 等 の 際 に 提 示 する 虚 偽 の 原 価 元 帳 等 の 帳 簿 類 や 証 ひょう 類 とは 別 に 正 規 の 原 価 元 帳 等 の 帳 簿 類 や 証 ひょう 類 が 存 在 するという 意 味 で いわゆる 二 重 帳 簿 による 過 大 請 求 と 呼 ばれている これに 対 して 日 本 飛 行 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 等 は 他 の 契 約 の 実 績 工 数 の 一 部 を 防 衛 装 備 品 等 の 契 約 の 工 数 に 付 け 替 えるなどしており 当 該 付 替 え 後 の 工 数 等 が 記 載 された 原 価 元 帳 が 正 規 の 原 価 元 帳 として 取 り 扱 われ るとともに これに 符 合 した 証 ひょう 類 が 整 備 されており 他 に 正 規 の 原 価 元 帳 や 証 ひょう 類 が 存 在 しないという 意 味 で 本 報 告 書 に おいては このように 作 成 された 原 価 元 帳 や 証 ひょう 類 を 一 重 帳 簿 と 定 義 付 けている b 宇 宙 機 構 の 再 発 防 止 策 宇 宙 機 構 が 締 結 した 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 請 負 契 約 等 において も 前 記 のとおり これまで 過 大 請 求 事 案 が 明 らかになっており 宇 宙 機 構 は 防 衛 省 と 同 様 に 次 のような 再 発 防 止 策 を 講 じてきたとしている

16 (a) 契 約 書 において 制 度 調 査 の 受 入 義 務 を 定 めて 11 年 11 月 から 順 次 これま でのシステム 監 査 の 調 査 項 目 を 充 実 強 化 した 制 度 調 査 を 実 施 した (b) 関 係 資 料 の 保 存 義 務 ( 原 価 監 査 が 完 了 した 日 の 属 する 年 度 の 翌 年 度 末 ま ( 注 4) で)や 違 約 金 の 額 ( 過 払 額 と 同 額 )を 定 めた 原 価 の 適 正 性 確 保 のための 特 約 条 項 等 を11 年 10 月 以 降 の 新 規 契 約 に 付 すこととした また 15 年 5 月 に 発 覚 した 日 本 飛 行 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 においては 同 社 が 確 定 契 約 において 見 積 書 の 金 額 を 過 大 に 計 上 したことによって 契 約 金 額 が 過 大 となっていた このため 宇 宙 機 構 は 従 来 の 確 定 契 約 においては 過 去 の 契 約 の 原 価 に 関 する 資 料 を 開 示 させていなかったが 今 後 は 当 該 資 料 を 契 約 相 手 方 に 開 示 させ それを 見 積 りの 調 査 に 反 映 させるほか 見 積 りの 前 提 となる 要 求 仕 様 の 明 確 化 具 体 化 を 図 るなど 見 積 りの 精 度 向 上 に 努 めること とした c 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 の 不 正 防 止 対 策 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 は 自 ら 締 結 した 委 託 契 約 等 において 過 大 請 求 事 案 が 明 らかになったことがない このことなどから 衛 星 センターは ( 注 5) 特 に 関 係 資 料 の 保 存 義 務 や 虚 偽 資 料 に 係 る 違 約 金 の 賦 課 といった 不 正 防 止 対 策 ( 注 6) を 講 じていない また 通 信 機 構 は 関 係 資 料 の 保 存 義 務 を 定 めておらず 総 務 省 は 違 約 金 の 賦 課 について 定 めていない ( 注 4) 違 約 金 の 額 宇 宙 機 構 は 本 件 過 大 請 求 事 案 発 覚 後 情 報 収 集 衛 星 以 外 の 契 約 については 三 菱 電 機 についてのみ 平 成 24 年 1 月 以 降 の 契 約 か ら 情 報 収 集 衛 星 に 関 する 全 ての 契 約 については24 年 3 月 以 降 の 契 約 から 違 約 金 の 額 を 過 払 額 の2 倍 に 引 き 上 げた ( 注 5) 違 約 金 の 賦 課 衛 星 センターは 本 件 過 大 請 求 事 案 発 覚 後 平 成 24 年 3 月 に 三 菱 電 機 との 履 行 中 の 契 約 について また 同 年 4 月 からの 新 規 契 約 のうち 原 価 計 算 方 式 により 予 定 価 格 を 算 定 した 契 約 について 契 約 相 手 方 を 問 わず 関 係 資 料 の 保 存 義 務 (1 年 )や 違 約 金 の 賦 課 ( 過 払 額 の2 倍 )を 定 めた 資 料 の 信 頼 性 確 保 に 関 する 特 約 条 項 を 付 すこととした ( 注 6) 関 係 資 料 の 保 存 義 務 通 信 機 構 は 本 件 過 大 請 求 事 案 発 覚 後 平 成 24 年 4 月 以 降 の 契 約 から 関 係 資 料 の 保 存 義 務 (1 年 )を 定 めた イ 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 に 内 在 する 課 題 等 (ア) 競 争 性 透 明 性 等 の 確 保 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 は 前 記 のと

17 おり 契 約 相 手 方 が 限 定 されることが 少 なくない 契 約 金 額 でみると 随 意 契 約 の 割 合 は 防 衛 省 の 中 央 調 達 の 場 合 は22 年 度 で53.4% 宇 宙 機 構 の 場 合 は23 年 度 で40.6%となっているなど 他 府 省 等 の 物 品 調 達 に 比 べて 随 意 契 約 の 割 合 が 高 く 競 争 が 働 きにくい 面 がある また 用 途 が 特 殊 であったり 開 発 品 であったりするため 市 場 価 格 が 形 成 され ておらず 特 定 の 企 業 の 見 積 書 等 に 基 づいて 原 価 計 算 方 式 により 予 定 価 格 を 算 定 する 場 合 が 多 く 例 えば 防 衛 省 の22 年 度 の 中 央 調 達 の 場 合 原 価 計 算 方 式 によ る 予 定 価 格 の 算 定 実 績 は 契 約 金 額 で75%となっているなどしており 更 に 競 争 性 が 乏 しいことから 予 定 価 格 の 算 定 根 拠 等 の 透 明 性 の 確 保 が 重 要 となる (イ) コスト 削 減 へのインセンティブ 現 行 の 概 算 契 約 等 においては 契 約 相 手 方 のコスト 削 減 努 力 により 工 数 等 が 低 減 した 場 合 についても 契 約 代 金 等 を 減 額 することとなり コスト 削 減 の 便 益 を 全 て 発 注 者 が 享 受 することとなっている また 原 価 計 算 方 式 により 予 定 価 格 を 算 定 する 場 合 には 総 利 益 は 製 造 原 価 に 対 して 一 定 の 率 で 計 算 することとなって いることから 製 造 原 価 が 低 減 すると 総 利 益 も 低 減 することとなり 契 約 相 手 方 は コスト 削 減 分 だけでなく 総 利 益 も 減 額 されることとなる このようなことか ら 契 約 相 手 方 において コスト 削 減 へのインセンティブが 働 きにくい 面 がある 一 方 防 衛 省 は 前 記 の 調 達 改 革 の 具 体 的 措 置 を 踏 まえ 11 年 7 月 に インセン ティブ 契 約 として 減 価 提 案 制 度 を 導 入 した これは 契 約 締 結 後 に 成 果 品 とし ての 防 衛 装 備 品 の 機 能 及 び 性 能 を 低 下 させることなく 企 業 が 有 する 技 術 及 び 製 造 ノウハウを 活 用 してコスト 削 減 を 可 能 とする 提 案 を 受 け 審 査 の 上 適 当 と 認 めた 場 合 は 当 該 企 業 にコスト 削 減 額 の50%を 減 価 提 案 技 術 料 として 原 則 3 年 間 支 払 うものである しかし 14 年 4 月 に 要 件 が 厳 しく 使 い 勝 手 が 悪 いとして 要 件 を 緩 和 するとともに 減 価 提 案 技 術 料 の 支 払 期 間 を3 年 から5 年 に 長 くしたものの この 制 度 はほとんど 利 用 されていない このようなことから 防 衛 省 は インセンティブ 契 約 制 度 の 改 善 を 含 め 今 後 の 調 達 制 度 等 の 在 り 方 等 について 更 に 検 討 するとしている (ウ) 指 名 停 止 中 の 契 約 締 結 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 の 相 手 方 とな る 企 業 は 最 先 端 技 術 等 を 有 する 企 業 であり これらの 企 業 でなければ 製 造 又 は

18 修 理 できない 防 衛 装 備 品 や 研 究 開 発 できない 人 工 衛 星 等 が 多 数 存 在 している ま た これらの 防 衛 装 備 品 や 人 工 衛 星 等 は 我 が 国 の 安 全 保 障 等 の 面 において 大 き な 役 割 を 担 っている このため 今 回 の 過 大 請 求 事 案 の 発 覚 に 伴 い 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 は 三 菱 電 機 等 に 対 して 指 名 停 止 等 の 措 置 を 講 じているが その 後 も 防 衛 省 宇 宙 機 構 通 信 機 構 及 び 総 務 省 は 指 名 停 止 中 の 契 約 をこれらの 会 社 と 締 結 しており その 件 数 及 び 金 額 は 後 記 の 表 3 及 び 表 4-1から 表 4-3までのとおり 計 238 件 1166 億 3013 万 余 円 に 上 っている この うち 防 衛 省 が 本 件 過 大 請 求 事 案 に 伴 い 三 菱 電 機 を 指 名 停 止 等 とした24 年 1 月 2 7 日 から6 月 30 日 までの 間 に 三 菱 電 機 と 締 結 した 指 名 停 止 中 の 契 約 は 計 152 件 契 約 金 額 計 1118 億 4386 万 余 円 となっている これは 22 年 度 に 防 衛 省 が 三 菱 電 機 と 締 結 した 契 約 の 契 約 金 額 計 1192 億 2994 万 余 円 の9 割 を 超 える 額 である また 宇 宙 機 構 が 締 結 した 指 名 停 止 中 の 契 約 も 計 24 件 契 約 金 額 計 13 億 1578 万 余 円 に 上 って いる 防 衛 省 は 指 名 停 止 中 の 契 約 について 代 替 品 や 代 替 会 社 の 有 無 を 精 査 した 結 果 代 替 の 調 達 手 段 がなく かつ 指 名 停 止 中 の 会 社 との 契 約 を 行 わなければ 自 衛 隊 の 任 務 遂 行 に 重 大 な 支 障 が 生 じる 場 合 に 限 定 して 締 結 したとしているが 結 果 的 に 三 菱 電 機 との 間 で 指 名 停 止 後 の5か 月 間 に 直 近 年 度 の 契 約 金 額 計 の9 割 を 超 える 額 の 契 約 を 締 結 していることは 指 名 停 止 等 の 措 置 が 契 約 相 手 方 にとっ てペナルティとして 十 分 に 機 能 していないと 思 料 される 上 記 (ア) (イ) 及 び(ウ)のとおり 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 については 様 々な 課 題 等 が 内 在 しており これらの 課 題 等 が 過 大 請 求 の 発 生 リスクに 影 響 を 与 えていると 思 料 される ウ 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 の 発 生 (ア) 三 菱 電 機 及 び 関 係 4 社 による 過 大 請 求 事 案 の 発 生 防 衛 省 宇 宙 機 構 及 び 衛 星 センターは 三 菱 電 機 が 防 衛 省 及 び 宇 宙 機 構 と 締 結 した 契 約 において 工 数 等 を 付 け 替 えるなど 過 大 請 求 等 を 行 っているとの 情 報 を 受 けたことなどから 24 年 1 月 17 日 に 調 査 等 を 開 始 した そして 防 衛 省 宇 宙 機 構 及 び 衛 星 センターは 同 月 27 日 に 三 菱 電 機 がそれぞれと 締 結 した 契 約 において 工 数 等 を 過 大 に 申 告 して 過 大 請 求 を 行 っていたことなどを 認 めて 報 告 したことか ら 同 日 付 けで 同 社 に 対 し 指 名 停 止 等 の 措 置 を 執 るとともに 同 月 31 日 から 三 菱

19 電 機 の 過 大 請 求 額 ( 過 払 額 )の 算 定 を 行 うための 特 別 調 査 等 を 鎌 倉 製 作 所 に 対 し て 開 始 した また 防 衛 省 は 同 日 に 宇 宙 機 構 は4 月 24 日 に 通 信 機 製 作 所 に 対 して も 同 様 の 特 別 調 査 を 開 始 した さらに 通 信 機 構 及 び 総 務 省 は それぞれ2 月 3 日 及 び3 月 2 日 に 通 信 機 構 及 び 総 務 省 と 締 結 した 契 約 においても 同 様 に 過 大 請 求 を 行 っていたとの 報 告 を 三 菱 電 機 から 受 けたことから それぞれ 同 日 付 けで 同 社 に 対 し 指 名 停 止 の 措 置 を 執 るとともに 同 日 から 鎌 倉 製 作 所 に 対 して 特 別 調 査 等 を 開 始 した そして 通 信 機 構 は 6 月 12 日 に 通 信 機 製 作 所 に 対 しても 同 様 に 特 別 調 査 を 開 始 した また 防 衛 省 は 2 月 24 日 に 関 係 4 社 から 防 衛 省 と 締 結 した 契 約 において 工 数 を 過 大 に 申 告 して 過 大 請 求 を 行 っていたとの 報 告 を 受 けたことから 同 日 付 けで 関 係 4 社 に 対 し 指 名 停 止 の 措 置 を 執 るとともに 同 月 28 日 から 特 別 調 査 を 開 始 した さらに 上 記 のとおり 関 係 4 社 が 防 衛 省 と 締 結 した 契 約 において 過 大 請 求 を 行 っていたことが 判 明 したことから 宇 宙 機 構 は 4 月 3 日 に 関 係 4 社 に 対 し 同 種 事 態 がないか 事 実 確 認 の 調 査 依 頼 を 文 書 により 行 った (イ) 住 友 重 機 械 等 による 過 大 請 求 事 案 の 発 生 防 衛 省 は 住 友 重 機 械 が 防 衛 省 と 締 結 した 契 約 において 工 数 を 水 増 しして 過 大 請 求 を 行 っているとの 情 報 を 受 けたことから 24 年 5 月 8 日 に 調 査 等 を 開 始 した そして 防 衛 省 は 同 月 25 日 に 住 友 重 機 械 及 び 子 会 社 の 住 重 特 機 が 防 衛 省 と 締 結 した 契 約 において 工 数 を 過 大 に 申 告 して 過 大 請 求 を 行 っていたことを 認 めて 報 告 したことから 同 日 付 けで 住 友 重 機 械 等 に 対 し 指 名 停 止 の 措 置 を 執 るととも に 同 月 29 日 から 特 別 調 査 を 開 始 した 上 記 について 調 達 機 関 調 査 開 始 年 月 日 報 告 年 月 日 及 び 指 名 停 止 等 年 月 日 を 一 覧 にまとめると 表 2-1から 表 2-3までのとおりである 表 2-1 三 菱 電 機 による 過 大 請 求 事 案 の 調 査 開 始 年 月 日 等 調 達 機 関 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 総 務 省 平 成 調 査 開 始 年 月 日 24 年 1 月 17 日 24 年 1 月 17 日 24 年 1 月 17 日 24 年 2 月 3 日 24 年 3 月 2 日 報 告 年 月 日 24 年 1 月 27 日 24 年 1 月 27 日 24 年 1 月 27 日 24 年 2 月 3 日 24 年 3 月 2 日 指 名 停 止 等 年 月 日 24 年 1 月 27 日 24 年 1 月 27 日 24 年 1 月 27 日 24 年 2 月 3 日 24 年 3 月 2 日 表 2-2 関 係 4 社 による 過 大 請 求 事 案 の 調 査 開 始 年 月 日 等 調 達 機 関 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 総 務 省 調 査 開 始 年 月 日 24 年 2 月 28 日 24 年 4 月 3 日 報 告 年 月 日 24 年 2 月 24 日 指 名 停 止 等 年 月 日 24 年 2 月 24 日

20 表 2-3 住 友 重 機 械 等 による 過 大 請 求 事 案 の 調 査 開 始 年 月 日 等 調 達 機 関 防 衛 省 調 査 開 始 年 月 日 24 年 5 月 8 日 報 告 年 月 日 24 年 5 月 25 日 指 名 停 止 等 年 月 日 24 年 5 月 25 日 (2) 過 大 請 求 の 方 法 内 容 等 の 状 況 ア 三 菱 電 機 及 び 関 係 4 社 による 過 大 請 求 事 案 (ア) 三 菱 電 機 による 過 大 請 求 事 案 a 三 菱 電 機 の 組 織 三 菱 電 機 は 事 業 本 部 制 を 採 用 しており 図 3-1のとおり 執 行 役 社 長 執 行 役 副 社 長 等 の 下 に 開 発 本 部 電 子 システム 事 業 本 部 通 信 システム 事 業 本 部 等 の 事 業 本 部 等 と 監 査 部 総 務 部 経 理 部 法 務 部 等 の 管 理 部 門 が 設 置 されて いる このうち 防 衛 装 備 品 の 製 造 修 理 等 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 の 主 な 担 当 部 門 は 電 子 システム 事 業 本 部 であり 同 事 業 本 部 には 製 造 拠 点 とし て 鎌 倉 製 作 所 及 び 通 信 機 製 作 所 が 設 置 されている また 開 発 本 部 には 情 報 技 術 総 合 研 究 所 が 設 置 されている 鎌 倉 製 作 所 には 図 3-2のとおり 所 長 副 所 長 の 下 に 防 衛 部 門 として 飛 し ょう 体 システム 部 管 制 システム 第 一 部 同 第 二 部 同 第 三 部 等 宇 宙 部 門 と して 衛 星 情 報 システム 部 宇 宙 システム 部 等 が 設 置 されている また 防 衛 宇 宙 に 共 通 する 関 連 部 門 として 製 造 部 技 術 部 相 模 工 場 等 管 理 部 門 として 総 務 部 経 理 部 等 が 設 置 されている 通 信 機 製 作 所 には 図 3-3のとおり 所 長 副 所 長 の 下 に 防 衛 部 門 として 電 子 情 報 システム 部 通 信 情 報 システム 部 等 宇 宙 部 門 としてインフラ 情 報 シス テム 部 地 上 システム 課 等 が 設 置 されている また 防 衛 宇 宙 に 共 通 する 関 連 部 門 として 工 作 部 情 報 技 術 部 技 術 部 等 管 理 部 門 として 総 務 部 経 理 部 等 が 設 置 されている

21 図 3-1 本 社 等 の 組 織 図 (2011 年 4 月 1 日 現 在 ) 執 行 役 ( 会 議 ) 監 査 部 執 行 役 社 長 執 行 役 副 社 長 総 務 部 専 務 執 行 役 常 務 執 行 役 経 理 部 法 務 部 開 発 本 部 情 報 技 術 総 合 研 究 所 等 電 子 システム 事 業 本 部 図 3-2 鎌 倉 製 作 所 の 組 織 図 ( 同 ) 通 信 システム 事 業 本 部 総 務 部 経 理 部 飛 しょう 体 システム 部 管 制 システム 第 一 部 管 制 システム 第 二 部 所 長 副 所 長 管 制 システム 第 三 部 製 造 部 技 術 部 衛 星 情 報 システム 部 宇 宙 システム 部 相 模 工 場 図 3-3 通 信 機 製 作 所 の 組 織 図 ( 同 ) 総 務 部 経 理 部 電 子 システム 事 業 部 通 信 機 製 作 所 鎌 倉 製 作 所 電 子 情 報 システム 部 所 長 副 所 長 通 信 情 報 システム 部 インフラ 情 報 システム 部 地 上 システム 課 等 工 作 部 情 報 技 術 部 技 術 部 b 契 約 実 績 等 三 菱 電 機 は 防 衛 省 と 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 関 する 請 負 契 約 等 を 締 結 し ま た 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 と 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 委 託 契 約 等 を 締 結 している これらの 契 約 の 主 な 契 約 内 容 主 な 製 造 拠 点 19 年 度 から23 年 度 までの 間 の 契 約 実 績 及 び 指 名 停 止 中 の 契 約 の 実 績 は 表 3のとおりである

22 表 3 防 衛 省 等 と 三 菱 電 機 との 契 約 の 概 要 ( 単 位 : 件 ( 上 段 ) 千 円 ( 下 段 )) 調 達 機 関 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 総 務 省 03 式 中 距 離 地 対 空 人 工 衛 星 ( 情 報 情 報 収 集 衛 星 情 報 収 集 衛 星 の 開 衛 星 通 信 技 術 の 開 主 な 契 約 内 容 誘 導 弾 等 の 製 造 等 収 集 衛 星 含 む) の 研 究 開 発 発 通 信 技 術 の 研 発 通 信 技 術 の 研 究 の 開 発 等 等 究 開 発 等 開 発 等 鎌 倉 製 作 所 鎌 倉 製 作 所 鎌 倉 製 作 所 鎌 倉 製 作 所 鎌 倉 製 作 所 主 な 製 造 拠 点 通 信 機 製 作 所 通 信 機 製 作 所 通 信 機 製 作 所 通 信 機 製 作 所 情 報 技 術 総 合 研 究 所 情 報 技 術 総 合 研 究 所 平 成 年 度 119,067,716 37,038, ,647 5,759,351 2,737, 年 度 ,344,021 42,015,776 9,765 7,107,642 2,386,062 契 約 実 績 21 年 度 ,552,341 39,851, ,870 8,041,486 3,020, 年 度 ,229,946 38,723, ,350 14,698,351 1,604, 年 度 ,913,582 8,165, ,060 3,304,541 1,740,227 3, 計 634,107, ,794, ,692 38,911,372 11,488,351 指 名 停 止 等 年 月 日 24 年 1 月 27 日 24 年 1 月 27 日 24 年 1 月 27 日 24 年 2 月 3 日 24 年 3 月 2 日 指 名 停 止 中 の 契 約 なし 3 5 の 実 績 111,843,866 1,315, , ,738 ( 注 ) 契 約 実 績 は 防 衛 省 については 平 成 19 年 度 から23 年 度 まで( 指 名 停 止 まで)の 間 に 締 結 した 契 約 の 実 績 であり また 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 については 19 年 度 から23 年 度 までの 間 に 履 行 の 全 部 又 は 一 部 を 完 了 した 契 約 の 実 績 である なお 防 衛 省 の 契 約 実 績 については 中 央 調 達 は 全 契 約 地 方 調 達 は 公 共 調 達 の 適 正 化 について ( 平 成 18 年 8 月 25 日 財 計 第 2017 号 )に 基 づき 契 約 に 係 る 情 報 の 公 表 の 対 象 となっている 契 約 であり 指 名 停 止 中 の 契 約 の 実 績 (24 年 6 月 末 現 在 )は 全 契 約 の 実 績 である 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 の 契 約 実 績 及 び 指 名 停 止 中 の 契 約 の 実 績 ( 同 )は 1 件 300 万 円 以 上 のものである また 金 額 は 単 位 未 満 を 切 り 捨 て ているため 合 計 しても 計 欄 の 金 額 と 一 致 しない 場 合 がある 以 下 表 4-1から 表 4-4まで 及 び 表 6において 同 じ c 工 数 付 替 え 等 の 状 況 (a) 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 関 する 契 約 1 鎌 倉 製 作 所 における 工 数 付 替 え 等 の 状 況 鎌 倉 製 作 所 の 飛 しょう 体 システム 部 等 の 防 衛 部 門 は 防 衛 省 と 締 結 した 大 半 の 契 約 において その 契 約 金 額 に 基 づき 損 益 管 理 等 を 行 うための 指 標 として 目 標 工 数 を 設 定 していた そして 同 防 衛 部 門 は 準 確 定 契 約 等 に おいて 契 約 代 金 の 確 定 時 に 契 約 代 金 の 減 額 や 返 納 を 避 けるなどの 目 的 で 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には その 下 回 った 分 に 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 った 民 需 を 含 む 他 の 契 約 から 実 績 工 数 の 一 部 を 付 け 替 えて 付 け 替 えた 工 数 を 加 算 した 後 の 工 数 を 当 該 契 約 の 実 績 工 数 として 防 衛 省 に 申 告 するなどしていた また 同 部 門 は 確 定 契 約 においても 契 約 に 際

23 して 提 出 する 見 積 書 に 記 載 する 工 数 は 過 去 の 製 造 実 績 に 基 づいて 計 上 する ことが 基 本 となっていることなどから その 契 約 の 実 績 工 数 が 次 回 以 降 の 契 約 に 際 して 提 出 する 見 積 書 に 記 載 する 工 数 に 影 響 を 与 えることなどを 回 避 するために 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には 準 確 定 契 約 等 と 同 様 に 実 績 工 数 の 一 部 を 付 け 替 えるなどしていた これを 概 念 図 で 示 すと 図 4のとおりである 図 4 工 数 付 替 えの 概 念 図 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 に 目 標 工 数 100 は A 契 約 が 準 確 定 契 約 等 のときは 契 約 代 金 の 減 額 や 返 納 となる A 契 約 実 績 工 数 70 不 足 分 30 付 替 え 付 替 え C 契 約 目 標 工 数 145 超 過 分 5 ( 民 需 ) 実 績 工 数 180 実 績 工 数 150 B 契 約 目 標 工 数 155 超 過 分 25 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 った 分 の 工 数 は 契 約 金 額 が 上 限 となっているた め このままでは 防 衛 省 に 請 求 できず 赤 字 になる なお 同 部 門 は 部 課 が 多 岐 にわたっていること 課 員 が 多 数 に 上 って いること 契 約 件 数 が 膨 大 であることなどから 全 ての 契 約 に 過 不 足 なく 工 数 を 付 け 替 えることは 困 難 であるため 結 果 的 に 一 部 の 契 約 では 間 接 作 業 時 間 を 工 数 として 計 上 すること( 水 増 し)も 行 っていた 三 菱 電 機 は これらの 付 替 え 等 を 遅 くとも1970 年 頃 ( 昭 和 45 年 頃 )から 行 ってきたとしており 防 衛 省 と 締 結 した 契 約 との 間 だけでなく 宇 宙 機 構 等 と 締 結 した 契 約 や 民 需 に 係 る 契 約 との 間 でも 一 部 行 っていたとしてい る また 同 部 門 では 防 衛 装 備 品 に 係 るプロジェクトの 管 理 システム 設 計 等 を 担 当 するプロジェクト 部 門 の 担 当 課 が 目 標 工 数 を 設 定 して 当 該 プロ ジェクトの 製 造 等 に 関 わる 技 術 品 質 管 理 製 造 等 の 関 連 部 門 に 配 布 して いたとしている そして 目 標 工 数 に 対 して 実 績 工 数 が 下 回 るなどした 場 合 関 係 課 長 が 工 数 の 付 替 えを 行 うなどしていた その 際 工 数 データを

24 集 計 管 理 等 するシステム( 以 下 工 数 管 理 システム という )を 導 入 した1990 年 ( 平 成 2 年 )までは 課 員 が 紙 に 記 録 した 実 績 工 数 を 課 長 が 書 き 換 える 方 法 により また 工 数 管 理 システムが 導 入 された 後 は 課 長 が 課 員 に 指 示 して 工 数 管 理 システムに 実 際 の 工 数 ではない 目 標 工 数 を 入 力 させ たり 課 長 がアクセス 権 限 を 有 する 工 数 データを 上 書 きして 修 正 するため の 専 用 端 末 ( 以 下 工 数 修 正 専 用 端 末 という )を 使 用 して 課 員 が 入 力 した 工 数 データを 目 標 工 数 に 書 き 換 えたりするなどの 方 法 により 工 数 の 付 替 えを 行 っていたとしている その 後 後 述 の 宇 宙 システム 部 等 の 宇 宙 部 門 の 工 数 修 正 専 用 端 末 の 撤 去 に 続 いて 22 年 8 月 に 防 衛 部 門 の 工 数 修 正 専 用 端 末 が 撤 去 されたが その 後 においても 各 課 長 は 課 員 に 指 示 して 実 際 の 工 数 ではない 目 標 工 数 を 工 数 管 理 システムに 入 力 させたり 過 去 に 計 上 したことがある 工 数 を 実 績 工 数 としたりするなどの 方 法 により 付 替 え を 行 うなどしていた なお 付 替 え 前 の 工 数 データについては 22 年 8 月 以 前 のデータが 廃 棄 さ れており それ 以 降 の 工 数 データも 最 初 から 目 標 工 数 が 工 数 管 理 システム に 直 接 入 力 されるなどしていたとしている また 廃 棄 されていたとして いた22 年 8 月 以 前 の 工 数 データについては バックアップ 用 の 大 容 量 テープ が 一 部 保 管 されるなどしていたが 現 在 防 衛 省 が その 中 に 記 録 されて いるデータの 信 頼 性 等 について 検 証 を 行 っている 2 通 信 機 製 作 所 における 工 数 付 替 え 等 の 状 況 通 信 機 製 作 所 の 電 子 情 報 システム 部 等 の 防 衛 部 門 は 鎌 倉 製 作 所 と 同 様 に 防 衛 省 と 締 結 した 大 半 の 契 約 において 目 標 工 数 を 設 定 しており 準 確 定 契 約 等 及 び 確 定 契 約 のいずれの 契 約 においても 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には その 下 回 った 分 に 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 った 他 の 契 約 から 実 績 工 数 の 一 部 を 付 け 替 えるなどしていた 三 菱 電 機 は これらの 付 替 えを 遅 くとも1980 年 代 後 半 ( 昭 和 60 年 頃 )か ら 行 ってきたとしており 防 衛 省 と 締 結 した 契 約 の 間 だけでなく 民 需 に 係 る 契 約 との 間 でも 一 部 行 っていたなどとしている また 同 防 衛 部 門 では 鎌 倉 製 作 所 と 同 様 に 防 衛 装 備 品 に 係 るプロジ ェクトの 管 理 システム 設 計 等 を 担 当 するプロジェクト 部 門 の 課 長 が 中 心

25 となって 工 数 の 付 替 えを 行 うなどしていたとしている そして 工 数 修 正 専 用 端 末 は 平 成 16 年 9 月 に 撤 去 され 使 用 不 可 能 となっていたが その 後 に おいても 鎌 倉 製 作 所 と 同 様 に 各 課 長 が 課 員 に 指 示 して 実 際 の 工 数 では ない 目 標 工 数 を 工 数 管 理 システムに 入 力 させる 方 法 で 付 替 えを 行 うなどし ていた さらに 鎌 倉 製 作 所 が 製 造 等 を 担 当 する 防 衛 省 との 請 負 契 約 等 において 通 信 機 製 作 所 は 製 造 等 の 業 務 の 一 部 を 実 施 して 鎌 倉 製 作 所 に 成 果 物 等 を 供 給 する 場 合 があり( 以 下 この 場 合 の 成 果 物 等 の 供 給 を 社 供 とい う ) この 場 合 は あくまでも 社 内 取 引 ではあるが 通 信 機 製 作 所 は 鎌 倉 製 作 所 に 見 積 書 を 提 出 した 上 査 定 を 受 けた 確 定 金 額 で 社 供 の 代 金 を 確 定 している 通 信 機 製 作 所 は 防 衛 省 との 請 負 契 約 等 に 係 る 社 供 におい ても 工 数 の 付 替 えを 行 うなどしていた 上 記 のほか 通 信 機 製 作 所 の 防 衛 部 門 は 次 のような 工 数 の 計 上 等 を 行 っていた ⅰ 工 作 部 門 において 遅 くとも 昭 和 62 年 から 平 成 2 年 までの 間 に 定 型 作 業 等 に 設 定 している 標 準 作 業 時 間 を1.2 倍 から1.5 倍 程 度 にまで 割 り 増 し した 標 準 作 業 時 間 を 用 いるなどして 実 績 工 数 を 計 上 していた ⅱ 契 約 に 基 づき 部 品 等 を 製 作 する 場 合 に 不 良 品 の 歩 留 率 が 改 善 したこ とから 納 入 予 定 数 量 を 超 える 良 品 が 製 作 されたにもかかわらず 当 該 超 過 分 の 良 品 を 簿 外 管 理 するとともに 当 該 部 品 等 の 製 作 費 の 全 額 を 当 該 契 約 の 原 価 に 含 める 場 合 があった なお 付 替 え 前 の 工 数 データについては 17 年 頃 以 前 のデータが 廃 棄 さ れており それ 以 降 の 工 数 データも 最 初 から 目 標 工 数 が 工 数 管 理 システム に 直 接 入 力 されるなどしており 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 された 工 数 データ については 一 部 しか 保 管 されていないとしていることから 現 在 防 衛 省 がその 信 頼 性 等 について 検 証 している 3 過 大 請 求 額 の 算 定 との 関 係 上 記 のとおり 鎌 倉 製 作 所 及 び 通 信 機 製 作 所 の 防 衛 部 門 は 防 衛 省 と 締 結 した 大 半 の 契 約 において 目 標 工 数 を 設 定 した 上 で 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には その 下 回 った 分 に 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 った

26 他 の 契 約 から 実 績 工 数 の 一 部 を 付 け 替 えるなどしていた これらの 付 替 え 等 は 準 確 定 契 約 等 においては 契 約 代 金 の 確 定 時 に 契 約 代 金 の 減 額 や 返 納 を 避 けるなどの 目 的 で また 確 定 契 約 においては 次 回 以 降 の 契 約 に 際 して 提 出 する 見 積 書 に 記 載 する 工 数 に 影 響 を 与 えることなどを 回 避 する ために 行 われていたものである 防 衛 省 は 現 在 過 払 額 の 算 定 を 行 うための 特 別 調 査 を 実 施 しているが 前 記 のとおり 鎌 倉 製 作 所 及 び 通 信 機 製 作 所 は 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 さ れた 工 数 データを 一 部 しか 保 管 していないことなどから 従 来 の 過 大 請 求 事 案 のように 個 々の 契 約 の 支 払 済 額 から 原 価 元 帳 その 他 の 帳 簿 類 から 確 認 した 真 の 工 数 等 に 基 づいて 算 定 した 契 約 金 額 を 差 し 引 いて 過 払 額 を 算 定 するという 作 業 ができない 状 況 となっている このため 防 衛 省 は 現 在 保 管 されていたデータの 信 頼 性 を 検 証 するなどした 上 で 当 該 データ 等 から 過 払 額 を 算 定 するための 適 正 な 工 数 の 推 定 方 法 等 を 検 討 してい る (b) 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 1 鎌 倉 製 作 所 における 工 数 付 替 え 等 の 状 況 鎌 倉 製 作 所 の 宇 宙 システム 部 等 の 宇 宙 部 門 は 防 衛 部 門 が 防 衛 省 との 契 約 で 行 っていたのと 同 様 に 宇 宙 機 構 衛 星 センター 及 び 通 信 機 構 と 締 結 した 大 半 の 契 約 において その 契 約 金 額 に 基 づき 損 益 管 理 等 を 行 うための 指 標 として 目 標 工 数 を 設 定 していた そして 概 算 契 約 等 においては 額 の 確 定 時 に 契 約 金 額 の 減 額 や 返 納 を 避 けるなどの 目 的 で 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には その 下 回 った 分 に 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 った 他 の 契 約 から 実 績 工 数 の 一 部 を 付 け 替 えるなどしていた また 確 定 契 約 においても 概 算 契 約 等 と 同 様 に 工 数 の 付 替 えを 行 うなどしていた 三 菱 電 機 は 宇 宙 部 門 において これらの 付 替 えを 遅 くとも1990 年 代 か ら 行 ってきたとしている また 鎌 倉 製 作 所 の 宇 宙 部 門 では これらの 付 替 えについて 情 報 収 集 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 係 るプロジェクトの 管 理 システム 設 計 等 を 担 当 するプロジェクトマネージャーや 当 該 プロジェクトの 製 造 等 に 関 わる 技 術 品 質 管 理 製 造 等 の 部 門 の 課 長 が 中 心 となって 行 っていたなどとしている

27 そして 工 数 修 正 専 用 端 末 は 16 年 5 月 から7 月 までの 間 に 宇 宙 機 構 による 制 度 調 査 が 行 われたことなどを 契 機 として 17 年 4 月 に 撤 去 されたが その 後 も 防 衛 部 門 の 撤 去 後 と 同 様 の 方 法 により 付 替 えを 行 うなどしていた なお 付 替 え 前 の 工 数 データについては 22 年 8 月 以 前 のデータが 廃 棄 さ れており それ 以 降 の 工 数 データも 最 初 から 目 標 工 数 が 工 数 管 理 システム に 直 接 入 力 されるなどしており 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 された 工 数 データ については 一 部 しか 保 管 されていないなどとしている 三 菱 電 機 が 総 務 省 との 間 で 締 結 した 概 算 契 約 は 両 年 度 の2 件 のみ であるが いずれの 契 約 においても 実 際 に 作 業 を 実 施 した 鎌 倉 製 作 所 の 相 模 工 場 は 工 数 管 理 担 当 者 が 実 績 工 数 の 集 計 の 際 に 課 員 が 入 力 した 実 績 工 数 を 目 標 工 数 に 達 するよう 水 増 しするなどしていた なお これらの2 契 約 においては 工 数 データは 廃 棄 されておらず 工 数 管 理 担 当 者 による 工 数 の 水 増 しが 行 われる 前 の 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 され た 工 数 データが 保 管 されていたとしている 2 通 信 機 製 作 所 における 工 数 付 替 え 等 の 状 況 通 信 機 製 作 所 の 地 上 システム 課 等 の 宇 宙 部 門 等 は 鎌 倉 製 作 所 の 宇 宙 部 門 と 同 様 に 宇 宙 機 構 通 信 機 構 及 び 総 務 省 と 締 結 した 大 半 の 契 約 におい て 目 標 工 数 を 設 定 していた そして 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には その 下 回 った 分 に 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 った 他 の 契 約 から 実 績 工 数 の 一 部 を 付 け 替 えるなどしていた また 鎌 倉 製 作 所 からの 社 供 に ついても 工 数 の 付 替 えを 行 うなどしていた 三 菱 電 機 は これらの 付 替 えを 遅 くとも1990 年 代 終 盤 から 行 ってきたと している また 通 信 機 製 作 所 の 宇 宙 部 門 等 では これらの 付 替 えについて プロ ジェクト 部 門 からの 電 子 メール 等 による 指 示 に 基 づいて 次 のとおり 行 っ ていたなどとしている ⅰ 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 った 契 約 を 担 当 したため 実 際 の 工 数 より も 少 ない 工 数 しか 当 該 契 約 の 実 績 工 数 に 計 上 できなかった 課 員 に 対 して 実 際 には 開 発 を 担 当 していない 契 約 に 係 る 実 績 工 数 に 上 回 った 分 の 工 数 を 計 上 するように 課 長 が 指 示 していた

28 ⅱ 工 事 命 令 書 発 令 前 ( 契 約 締 結 前 )に 行 った 作 業 について 工 事 命 令 書 発 令 後 当 該 契 約 を 担 当 していない 課 員 に 対 して 工 事 命 令 書 発 令 前 ( 契 約 締 結 前 )に 行 った 工 数 を 計 上 するように 課 長 が 指 示 していた なお 付 替 え 前 の 工 数 データについては 従 前 より 最 初 から 目 標 工 数 が 工 数 管 理 システムに 直 接 入 力 されるなどしており 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 された 工 数 データについては 一 部 しか 保 管 されていないなどとしてい る 3 情 報 技 術 総 合 研 究 所 における 状 況 三 菱 電 機 は 情 報 技 術 総 合 研 究 所 が 通 信 機 構 及 び 総 務 省 と 締 結 した 全 て の 契 約 において 工 数 の 付 替 え 等 を 行 っていなかったことを 確 認 したとし ている 4 過 大 請 求 額 の 算 定 との 関 係 ⅰ 概 算 契 約 等 について 前 記 のとおり 鎌 倉 製 作 所 の 宇 宙 部 門 は 宇 宙 機 構 衛 星 センター 又 は 通 信 機 構 と 締 結 した 大 半 の 契 約 において 目 標 工 数 を 設 定 した 上 で 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には その 下 回 った 分 に 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 った 他 の 契 約 から 実 績 工 数 の 一 部 を 付 け 替 えるなどして いた これらの 付 替 えは 概 算 契 約 等 において 額 の 確 定 時 に 契 約 金 額 の 減 額 や 返 納 を 避 けるなどの 目 的 で 行 われていたもので 宇 宙 機 構 等 は 現 在 過 払 額 の 算 定 を 行 うための 特 別 調 査 を 実 施 するなどしている しかし 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 された 工 数 データが 一 部 しか 保 管 され ていないことなどから 宇 宙 機 構 等 は 防 衛 省 と 同 様 に 現 在 過 払 額 を 算 定 するための 適 正 な 工 数 の 推 定 方 法 等 を 検 討 するなどしている また 三 菱 電 機 は 前 記 のとおり 鎌 倉 製 作 所 が 研 究 開 発 を 担 当 した 2 件 の 契 約 について 相 模 工 場 が 作 業 を 担 当 していて 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 された 工 数 データを 保 管 していたとしていることから 24 年 5 月 に 総 務 省 へこれらの 工 数 データを 基 礎 として 実 績 報 告 書 を 再 提 出 した 総 務 省 は 同 年 6 月 にこれにより 額 の 再 確 定 を 行 い 三 菱 電 機 から 同 年 7 月 に 過 払 額 1796 万 余 円 延 滞 金 809 万 余 円 計 2605 万 余 円 の 返 還 を 受 けた ⅱ 確 定 契 約 について

29 前 記 のとおり 鎌 倉 製 作 所 及 び 通 信 機 製 作 所 の 宇 宙 部 門 等 は 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 又 は 総 務 省 と 締 結 した 確 定 契 約 においても 目 標 工 数 を 設 定 した 上 で 工 数 の 付 替 えを 行 うなどしていた そして 三 菱 電 機 は 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 確 定 契 約 に おいて 過 去 の 契 約 に 同 一 仕 様 のものがなかったため 宇 宙 機 構 等 に 提 出 した 見 積 書 の 工 数 の 算 出 に 当 たって 過 去 の 工 数 を 参 考 とせずに そ の 都 度 必 要 と 見 込 まれる 工 数 を 積 み 上 げて 算 出 しており 見 積 書 の 工 数 が 不 適 切 なものとはなっていなかったこと また 結 果 として 見 積 書 の 工 数 と 実 際 の 工 数 との 間 に 差 が 生 じていたとしても 確 定 契 約 では 実 際 の 工 数 に 基 づいて 精 算 することとはなっていないことから 工 数 の 付 替 えを 行 っていたとしても 過 大 請 求 には 当 たらないとしている しかし 確 定 契 約 の 中 には 同 一 仕 様 ではないとしても 同 種 の 作 業 を 含 む 契 約 が 次 年 度 以 降 に 締 結 されていることもあることから 工 数 の 付 替 えを 行 った 契 約 の 工 数 を 翌 年 度 以 降 の 契 約 に 反 映 させたことにより 不 当 に 予 定 価 格 の 算 定 基 礎 となる 製 造 原 価 を 増 額 させることとなっていな いか 引 き 続 き 検 査 する 必 要 がある なお 総 務 省 は 前 記 の2 件 以 外 の 契 約 について 三 菱 電 機 に 対 し 文 書 に よる 調 査 依 頼 を 行 っておらず 実 地 の 調 査 も 行 っていない d 工 数 付 替 え 等 の 目 的 背 景 動 機 等 前 記 のとおり 鎌 倉 製 作 所 及 び 通 信 機 製 作 所 は 工 数 の 付 替 え 等 をプロジェ クト 部 門 の 課 長 等 が 中 心 となって 行 うとともに 当 該 プロジェクトの 製 造 等 に 関 わる 技 術 品 質 管 理 製 造 等 の 関 係 課 長 に 指 示 して 行 うなどしていたとして いる そして これらの 課 を 所 掌 する 部 長 級 以 上 の 者 が 工 数 の 付 替 えに 直 接 関 与 した 事 実 は 確 認 されていないが その 多 くの 者 は かつて 関 係 課 長 を 経 験 し ていたことなどから 工 数 の 付 替 え 等 が 行 われていることを 認 識 していたとし ており 所 長 及 び 副 所 長 についても 同 様 であるなどとしている そして 工 数 の 付 替 え 等 の 目 的 は 前 記 のとおり 概 算 契 約 等 においては 契 約 代 金 等 の 確 定 時 に 契 約 代 金 等 の 減 額 や 返 納 を 避 けることなどであり また 防 衛 省 との 確 定 契 約 においては 次 回 以 降 の 契 約 に 際 して 提 出 する 見 積 書 に 記 載 する 工 数 に 影 響 を 与 えることなどを 回 避 することであるが さらに 次 のよ

30 うな 背 景 動 機 等 があったなどとしている (a) 各 部 各 課 の 人 員 確 保 のため 鎌 倉 製 作 所 及 び 通 信 機 製 作 所 は 直 接 部 門 の 各 部 各 課 の 所 属 人 数 の 妥 当 性 を 図 る 指 標 として 在 場 時 間 ( 業 務 の 始 業 から 終 業 までの 時 間 から 休 憩 時 間 を 引 いた 時 間 )に 対 する 工 数 の 割 合 を 示 す 直 作 率 を 用 いているとしている すなわち 直 作 率 が 高 い 場 合 は 課 員 は 本 来 業 務 である 製 造 等 に 直 接 従 事 し ている 割 合 が 多 く 人 員 管 理 上 効 率 が 良 い 状 態 を 示 し 低 い 場 合 は 本 来 業 務 に 直 接 従 事 している 割 合 が 少 なく 人 員 管 理 上 効 率 が 悪 い 状 態 換 言 すると 余 剰 人 員 を 抱 えている 状 態 を 示 すとしている 一 方 両 製 作 所 は 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 った 場 合 は 当 該 契 約 が 赤 字 であったことを 示 すことになるため 従 来 社 内 損 益 確 保 の 観 点 からその 超 過 分 を 当 該 契 約 に 工 数 計 上 しない 取 扱 いとしていたとしている しかし このような 取 扱 いをすると 工 数 計 上 しなかった 分 が 間 接 作 業 時 間 に 計 上 されることになるため 当 該 部 門 の 直 作 率 が 下 がり 人 事 部 門 から 余 剰 人 員 を 抱 えていると 判 断 されて 人 員 削 減 の 検 討 対 象 になる 可 能 性 があ ったとしている このため 各 部 各 課 は 人 員 確 保 の 観 点 からも 工 数 の 付 替 えを 行 っていた としている (b) 利 益 の 確 保 のため 鎌 倉 製 作 所 及 び 通 信 機 製 作 所 は プロジェクト 部 門 全 体 としての 利 益 を 確 保 するためには 概 算 契 約 等 における 契 約 代 金 等 の 減 額 や 返 納 を 避 けること などだけでなく 宇 宙 部 門 等 の 確 定 契 約 においても 個 別 の 契 約 ごとの 損 益 管 理 を 行 っており 個 別 の 機 種 で 赤 字 を 出 すことが 問 題 視 されるため 部 長 課 長 等 は 関 係 各 課 に 原 価 低 減 を 求 めるとともに 目 標 工 数 を 目 安 とした 作 業 を 求 めていたとしている これを 受 けた 関 係 各 課 の 課 長 は 概 算 契 約 等 だけ でなく 確 定 契 約 においても 目 標 工 数 達 成 を 自 らの 責 務 と 捉 え 個 別 の 契 約 における 赤 字 を 極 力 なくし 各 契 約 の 実 績 工 数 を 目 標 工 数 に 一 致 させること が 望 ましいと 考 えていたなどとしている (イ) 関 係 4 社 による 過 大 請 求 事 案 a 関 係 4 社 の 組 織

31 MSSは 事 業 部 制 を 採 用 しており 防 衛 装 備 品 の 製 造 修 理 等 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 の 担 当 部 門 及 び 製 造 拠 点 は 鎌 倉 つくば 関 西 各 事 業 部 である プレシジョンは 営 業 本 部 制 を 採 用 しており 防 衛 装 備 品 の 製 造 修 理 等 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 の 担 当 部 門 は 防 衛 宇 宙 営 業 本 部 であり 製 造 拠 点 は 鎌 倉 事 業 所 である 三 電 特 機 は 事 業 部 制 を 採 用 しており 防 衛 装 備 品 の 製 造 修 理 等 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 の 担 当 部 門 及 び 製 造 拠 点 は 東 部 西 部 両 事 業 部 である 太 洋 無 線 は 事 業 本 部 制 を 採 用 しており 防 衛 装 備 品 の 製 造 修 理 等 及 び 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 の 担 当 部 門 は 特 機 事 業 本 部 であり 製 造 拠 点 は 本 社 工 場 である b 契 約 実 績 等 関 係 4 社 は 防 衛 省 と 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 関 する 請 負 契 約 等 を また 宇 宙 機 構 通 信 機 構 又 は 総 務 省 と 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 委 託 契 約 等 を それぞれ 締 結 している これらの 契 約 の 主 な 契 約 内 容 主 な 製 造 拠 点 19 年 度 から23 年 度 までの 間 の 契 約 実 績 及 び 指 名 停 止 中 の 契 約 の 実 績 は 表 4-1から 表 4-4までのとおりである 表 4-1 防 衛 省 等 とMSSとの 契 約 の 概 要 ( 単 位 : 件 ( 上 段 ) 千 円 ( 下 段 )) 調 達 機 関 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 総 務 省 ペトリオットミサ 宇 宙 航 空 システ サーバー 運 用 支 援 システム 用 機 器 の 主 な 契 約 内 容 イルの 品 質 確 認 試 ムの 開 発 等 作 業 等 賃 貸 借 等 験 ( 解 析 ) 等 主 な 製 造 拠 点 鎌 倉 事 業 部 鎌 倉 事 業 部 つくば 事 業 部 つくば 事 業 部 平 成 年 度 1,123, ,478 3, , 年 度 ,349, ,076 13, ,836 契 約 実 績 21 年 度 , ,833 3, , 年 度 ,140, ,289 3, , 年 度 , ,668 3, , 計 4,913,813 2,706,344 29,169 1,070,752 指 名 停 止 等 年 月 日 24 年 2 月 24 日 指 名 停 止 等 なし 指 名 停 止 等 なし 指 名 停 止 等 なし 指 名 停 止 中 の 契 約 の 実 績 1,

32 表 4-2 防 衛 省 等 とプレシジョンとの 契 約 の 概 要 ( 単 位 : 件 ( 上 段 ) 千 円 ( 下 段 )) 調 達 機 関 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 総 務 省 F-15 用 フライトシ 航 空 宇 宙 慣 性 手 術 手 技 教 育 訓 練 主 な 契 約 内 容 ミュレータプログ 電 波 各 機 器 の 開 システムの 開 発 ラム 維 持 等 発 等 主 な 製 造 拠 点 鎌 倉 事 業 所 鎌 倉 事 業 所 鎌 倉 事 業 所 平 成 年 度 5,732, ,567 43, 年 度 ,009, ,773 43,998 契 約 実 績 21 年 度 ,786, , 年 度 ,594, , 年 度 ,393, , 計 23,516,183 2,669,970 87,980 指 名 停 止 等 年 月 日 24 年 2 月 24 日 指 名 停 止 等 なし 指 名 停 止 等 なし 指 名 停 止 中 の 契 約 の 実 績 2,623,691 表 4-3 防 衛 省 等 と 三 電 特 機 との 契 約 の 概 要 ( 単 位 : 件 ( 上 段 ) 千 円 ( 下 段 )) 調 達 機 関 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 総 務 省 レーダーセットAN 衛 星 搭 載 機 器 の 開 多 周 波 電 磁 環 境 統 主 な 契 約 内 容 /AGP-63 構 成 品 修 発 等 計 測 定 装 置 等 理 等 主 な 製 造 拠 点 東 部 事 業 部 東 部 事 業 部 東 部 事 業 部 西 部 事 業 部 平 成 年 度 10,493,452 18, , 年 度 ,048,932 46,196 22,260 契 約 実 績 21 年 度 ,696, ,492 27, 年 度 ,565,327 17, 年 度 ,351,577 72,440 1, 計 56,155, , ,214 指 名 停 止 等 年 月 日 24 年 2 月 24 日 指 名 停 止 等 なし 指 名 停 止 等 なし 指 名 停 止 中 の 契 約 の 実 績 400,

33 表 4-4 防 衛 省 等 と 太 洋 無 線 との 契 約 の 概 要 ( 単 位 : 件 ( 上 段 ) 千 円 ( 下 段 )) 調 達 機 関 防 衛 省 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 総 務 省 主 な 契 約 内 容 航 空 機 搭 載 用 救 難 電 波 監 視 用 器 材 等 携 帯 型 方 向 探 知 機 無 線 機 等 等 主 な 製 造 拠 点 本 社 工 場 本 社 工 場 本 社 工 場 平 成 年 度 488,869 41, 年 度 ,389 5,040 80,797 契 約 実 績 21 年 度 ,131 48, 年 度 ,206 67, 年 度 ,196 43, 計 1,963,794 5, ,550 指 名 停 止 等 年 月 日 24 年 2 月 24 日 指 名 停 止 等 なし 指 名 停 止 等 なし 指 名 停 止 中 の 契 約 なし - - の 実 績 c 工 数 付 替 え 等 の 状 況 (a) 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 関 する 契 約 1 工 数 付 替 えの 状 況 関 係 4 社 の 防 衛 部 門 は 三 菱 電 機 と 同 様 に 防 衛 省 と 締 結 した 大 半 の 契 約 について 目 標 工 数 を 設 定 しており 準 確 定 契 約 等 においては 契 約 代 金 の 確 定 時 に 契 約 代 金 の 減 額 や 返 納 を 避 けるなどの 目 的 で 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には その 下 回 った 分 に 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 上 回 っ た 他 の 契 約 から 実 績 工 数 の 一 部 を 付 け 替 えて 付 替 え 分 を 加 算 した 工 数 を 当 該 契 約 の 実 績 工 数 として 防 衛 省 に 申 告 するなどしていた また 確 定 契 約 においても 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には 工 数 の 付 替 えを 行 うなどしていた これらの 付 替 えは 遅 くとも MSS 及 びプレシジョンは1990 年 代 前 半 (2 年 頃 )から 三 電 特 機 は1970 年 代 半 ば( 昭 和 50 年 頃 )から 太 洋 無 線 は 1999 年 頃 ( 平 成 11 年 頃 )からそれぞれ 行 ってきたとしており 課 長 等 が 前 任 者 から 引 き 継 ぐ 形 等 で 行 われていたなどとしている そして 課 長 等 は 課 員 が 記 載 した 実 績 工 数 を 手 書 きで 目 標 工 数 に 書 き 換 えたり 工 数 データ

34 を 上 書 きして 修 正 するためのプログラム( 以 下 工 数 修 正 プログラム と いう )を 使 用 して 目 標 工 数 に 書 き 換 えたりなどしていたとしている なお 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 された 工 数 データについては 三 菱 電 機 と 同 様 に 一 部 しか 保 管 されていないなどとしている 2 過 大 請 求 額 の 算 定 との 関 係 防 衛 省 は 三 菱 電 機 と 同 様 に 現 在 関 係 4 社 に 対 して 過 払 額 の 算 定 を 行 うための 特 別 調 査 を 実 施 している しかし 前 記 のとおり 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 された 工 数 データが 一 部 しか 保 管 されていないことなどから 過 払 額 を 算 定 するための 適 正 な 工 数 の 推 定 方 法 等 を 検 討 している (b) 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 1 工 数 付 替 えの 状 況 関 係 4 社 が 宇 宙 機 構 通 信 機 構 又 は 総 務 省 と 締 結 した 人 工 衛 星 等 の 研 究 開 発 等 に 関 する 契 約 は プレシジョンが 通 信 機 構 と 上 限 付 概 算 契 約 で 締 結 した2 件 を 除 き いずれも 確 定 契 約 となっていた そして 上 記 の 上 限 付 概 算 契 約 2 件 について プレシジョンは 当 該 契 約 に 係 る 研 究 開 発 等 の 担 当 部 門 が 間 接 部 門 であり 原 価 計 算 システム 上 工 数 計 上 することとなっていないことから 工 数 の 付 替 えを 行 っていなか ったとしている 確 定 契 約 については 表 5のとおり MSS プレシジョン 及 び 三 電 特 機 が 宇 宙 機 構 と 締 結 した 契 約 MSS 及 び 三 電 特 機 が 通 信 機 構 と 締 結 した 契 約 並 びにMSS 及 び 太 洋 無 線 が 総 務 省 と 締 結 した 契 約 において いずれも 目 標 工 数 が 設 定 されていた そして 目 標 工 数 が 設 定 されていた 契 約 にお いて MSSつくば 事 業 部 が 実 施 していた 通 信 機 構 及 び 総 務 省 との 契 約 を 除 き 工 数 の 付 替 えが 行 われるなどしていた これらの 付 替 えは 遅 くとも MSSは1999 年 頃 (11 年 頃 )から プレ シジョンは1990 年 代 前 半 (2 年 頃 )から 行 ってきたとしており また 三 電 特 機 は2003 年 (15 年 ) 当 時 既 に 行 っていたとしており 太 洋 無 線 は2008 年 頃 (20 年 頃 )から 行 ってきたとしている そして 課 長 等 が 前 任 者 から 引 き 継 ぐ 形 等 で 課 員 が 記 載 した 実 際 の 工 数 を 手 書 きで 目 標 工 数 に 書 き 換 え たり 工 数 修 正 プログラムを 使 用 して 目 標 工 数 に 書 き 換 えたりするなどし

35 ていたとしている なお 実 際 の 作 業 時 間 が 記 録 された 工 数 データについては 防 衛 部 門 と 同 様 に 一 部 しか 保 管 されていないなどとしている 太 洋 無 線 が 宇 宙 機 構 と 締 結 した 契 約 及 び 三 電 特 機 が 総 務 省 と 締 結 した 契 約 においては 見 積 書 の 金 額 がカタログ 価 格 を 基 に 算 出 されていて 工 数 計 上 されていないことから 工 数 の 付 替 えは 行 われていなかった 表 5 関 係 4 社 における 工 数 付 替 えの 状 況 会 社 調 達 機 関 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 総 務 省 契 約 方 式 確 定 確 定 確 定 目 標 工 数 の 設 定 有 有 有 MSS 工 数 付 替 え 有 無 無 始 めた 時 期 遅 くとも1999 年 - - 頃 契 約 方 式 確 定 概 算 - プレシジ 目 標 工 数 の 設 定 有 無 - ョン 工 数 付 替 え 有 - - 始 めた 時 期 遅 くとも1990 年 - - 代 前 半 契 約 方 式 確 定 確 定 確 定 三 電 特 機 目 標 工 数 の 設 定 有 有 無 工 数 付 替 え 有 有 無 始 めた 時 期 2003 年 当 時 既 に 2003 年 当 時 既 に - 契 約 方 式 確 定 - 確 定 太 洋 無 線 目 標 工 数 の 設 定 無 - 有 工 数 付 替 え 無 - 有 始 めた 時 期 - - 遅 くとも 2008 年 頃 2 過 大 請 求 額 の 算 定 との 関 係 前 記 のとおり プレシジョンが 通 信 機 構 と 締 結 した 上 限 付 概 算 契 約 2 件 に ついては 原 価 計 算 システム 上 工 数 計 上 することとなっていないことか ら プレシジョンは 工 数 の 付 替 えを 行 っていなかったとしている また 確 定 契 約 においては 三 菱 電 機 が 宇 宙 機 構 衛 星 センター 通 信 機 構 及 び 総 務 省 と 締 結 した 確 定 契 約 と 同 様 に 関 係 4 社 は 過 去 の 契 約 に 同 一 仕 様 の ものがなかったため 宇 宙 機 構 等 に 提 出 した 見 積 書 の 工 数 の 算 出 に 当 たっ て 過 去 の 工 数 を 参 考 とせずに その 都 度 必 要 と 見 込 まれる 工 数 を 積 み 上 げて 算 出 しており 見 積 書 の 工 数 が 不 適 切 なものとはなっていなかった

36 こと また 結 果 として 見 積 書 の 工 数 と 実 際 の 工 数 との 間 に 差 が 生 じてい たとしても 確 定 契 約 では 実 際 の 工 数 に 基 づいて 精 算 することとはなって いないことから 工 数 の 付 替 えを 行 っていたとしても 過 大 請 求 には 当 たら ないとしている しかし 三 菱 電 機 の 宇 宙 部 門 等 の 確 定 契 約 と 同 様 に 同 一 仕 様 ではない としても 同 種 の 作 業 を 含 む 契 約 が 次 年 度 以 降 に 締 結 されていることもある ことから 工 数 の 付 替 えを 行 った 契 約 の 工 数 を 翌 年 度 以 降 の 契 約 に 反 映 さ せたことにより 不 当 に 予 定 価 格 の 算 定 基 礎 となる 製 造 原 価 を 増 額 させるこ ととなっていないか 引 き 続 き 検 査 する 必 要 がある d 工 数 付 替 え 等 の 目 的 背 景 動 機 等 前 記 のとおり 関 係 4 社 は 工 数 の 付 替 えを 課 長 等 が 前 任 者 から 引 き 継 ぐ 形 等 で 行 っていたなどとしている そして 三 菱 電 機 と 同 様 に 部 長 等 の 上 位 者 が 工 数 の 付 替 えに 直 接 関 与 した 事 実 は 確 認 されていないが その 多 くの 者 は かつて 関 係 課 長 等 を 経 験 していたことなどから 工 数 の 付 替 えが 行 われている ことについてはこれを 認 識 していたなどとしている そして 工 数 の 付 替 えの 目 的 は 三 菱 電 機 と 同 様 に 概 算 契 約 等 において 契 約 代 金 等 の 確 定 時 に 契 約 代 金 等 の 減 額 や 返 納 を 避 けることなどであるが さら に 次 のような 背 景 動 機 等 があったなどとしている (a) 三 菱 電 機 と 同 様 に 各 部 各 課 の 人 員 確 保 のため (b) 三 菱 電 機 と 同 様 に 利 益 の 確 保 のため (c) 工 数 の 付 替 えが 広 範 囲 長 期 間 にわたり 引 継 事 項 として 当 たり 前 のよう に 行 われてきたことから 契 約 上 の 違 反 行 為 としての 認 識 が 薄 くなっていた こと (d) 三 菱 電 機 から 移 管 された 事 業 については 引 き 継 いだ 工 数 を 変 えることが 三 菱 電 機 の 工 数 の 計 上 根 拠 を 否 定 し 三 菱 電 機 に 迷 惑 をかけることになると の 配 慮 があったこと (e) 防 衛 省 との 契 約 の 中 には 赤 字 となる 契 約 もあったことから 全 体 として 防 衛 省 に 実 質 的 な 損 害 が 生 じていないのではないかという 思 い 込 みがあったこ と ( 注 7) (f) プレシジョンは 裁 量 労 働 制 適 用 労 働 者 に 係 る 工 数 計 上 をみなし 労 働 時 間

37 である1 日 当 たり7.75 時 間 に 当 該 所 属 部 門 の 直 作 率 を 乗 じた 値 を 上 限 としてい たが 実 際 には 裁 量 労 働 制 適 用 労 働 者 が 残 業 することはまれではなく 裁 量 労 働 制 適 用 労 働 者 が 残 業 をした 場 合 には 当 該 残 業 時 間 分 等 を 裁 量 労 働 制 適 用 労 働 者 以 外 の 者 の 工 数 に 付 け 替 えていたこと ( 注 7) 裁 量 労 働 制 使 用 者 から 業 務 の 進 め 方 や 時 間 配 分 の 指 示 を 受 けず 本 人 の 自 己 裁 量 と 自 己 責 任 によって 仕 事 の 進 め 方 や 勤 務 時 間 の 計 画 が 立 てられる 制 度 で 通 常 労 使 協 定 等 によりみなし 労 働 時 間 が 定 め られている イ 住 友 重 機 械 等 による 過 大 請 求 事 案 (ア) 住 友 重 機 械 等 の 組 織 住 友 重 機 械 は 事 業 部 制 を 採 用 しており 防 衛 装 備 品 の 製 造 修 理 等 の 担 当 部 門 は 装 備 システム 事 業 部 であり 製 造 拠 点 は 田 無 製 造 所 である 住 重 特 機 の 防 衛 装 備 品 の 製 造 修 理 等 の 担 当 部 門 は 田 無 製 造 所 ( 本 社 )である (イ) 契 約 実 績 等 住 友 重 機 械 等 は 防 衛 省 と 防 衛 装 備 品 等 の 調 達 に 関 する 請 負 契 約 等 を 締 結 して いる これらの 契 約 の 主 な 契 約 内 容 主 な 製 造 拠 点 19 年 度 から23 年 度 までの 間 の 契 約 実 績 及 び 指 名 停 止 中 の 契 約 の 実 績 は 表 6のとおりである 表 6 防 衛 省 と 住 友 重 機 械 等 との 契 約 の 概 要 ( 単 位 : 件 ( 上 段 ) 千 円 ( 下 段 )) 調 達 機 関 防 衛 省 会 社 住 友 重 機 械 住 重 特 機 主 な 契 約 内 容 高 性 能 20mm 機 関 砲 20mm 対 空 機 関 砲 定 期 用 弾 薬 給 弾 装 置 等 修 理 等 主 な 製 造 拠 点 田 無 製 造 所 田 無 製 造 所 ( 本 社 ) 平 成 年 度 5,381,906 1,353, 年 度 ,470,759 1,171,564 契 約 実 績 21 年 度 ,488,953 1,376, 年 度 ,117,749 1,147, 年 度 ,845,562 1,403, 計 19,304,932 6,452,189 指 名 停 止 等 年 月 日 24 年 5 月 25 日 24 年 5 月 25 日 指 名 停 止 中 の 契 約 の 実 績 なし なし

38 (ウ) 工 数 水 増 し 等 の 状 況 a 住 友 重 機 械 における 工 数 水 増 し 等 の 状 況 住 友 重 機 械 は 防 衛 省 と 締 結 した 大 半 の 契 約 において 契 約 に 際 して 防 衛 省 に 提 出 した 見 積 書 の 工 数 又 はこれに 近 似 した 工 数 ( 以 下 これらの 工 数 を 見 積 工 数 という )を 目 標 工 数 として 設 定 していた そして 確 定 契 約 におい ては 見 積 工 数 は 過 去 の 製 造 実 績 に 基 づいて 計 上 することが 基 本 となっている ことなどから その 契 約 の 実 績 工 数 が 次 回 以 降 の 契 約 に 際 して 提 出 する 見 積 書 に 記 載 する 工 数 に 影 響 を 与 えることなどを 回 避 するために 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には その 下 回 った 分 について 防 衛 装 備 品 の 製 造 等 に 直 接 従 事 した 時 間 ではない 各 製 品 共 通 の 作 業 等 に 従 事 した 時 間 ( 間 接 作 業 時 間 )を 当 該 防 衛 装 備 品 等 の 工 数 に 振 り 替 えることなどにより 実 績 工 数 を 目 標 工 数 まで 水 増 しするなどしていた また 準 確 定 契 約 等 においても 契 約 代 金 の 確 定 時 に 契 約 代 金 の 減 額 を 避 けるなどの 目 的 で 確 定 契 約 と 同 様 に 実 績 工 数 が 目 標 工 数 を 下 回 った 場 合 には その 下 回 った 分 について 防 衛 装 備 品 の 製 造 等 に 直 接 従 事 した 時 間 ではない 間 接 作 業 時 間 を 当 該 防 衛 装 備 品 等 の 工 数 に 振 り 替 える ことなどにより 実 績 工 数 を 目 標 工 数 まで 水 増 しするなどして 当 該 契 約 の 実 績 工 数 として 防 衛 省 に 申 告 していた そして 加 工 費 率 は 前 記 のとおり 直 接 労 務 費 に 間 接 労 務 費 間 接 材 料 費 及 び 間 接 経 費 である 製 造 間 接 費 を 加 えた 期 間 加 工 費 を 期 間 工 数 で 除 して 算 定 し た1 作 業 時 間 当 たりの 加 工 費 であることから 課 員 が 間 接 作 業 に 従 事 した 時 間 を 工 数 計 上 することは 当 該 時 間 に 係 る 当 該 部 門 の 費 用 を 二 重 に 計 上 しているこ とになる これを 概 念 図 で 示 すと 図 5のとおりである

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい 小 松 島 市 プロポーザル 方 式 実 施 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 市 が 発 注 する 企 画 調 査, 計 画, 設 計 等 の 業 務 のうち, 高 度 な 技 術 又 は 専 門 的 な 知 識 を 必 要 とする 業 務 等 の 契 約 に 当 たり, 当 該 業 務 に 係 る 提 案 を 求 め, 当 該 業 務 の 目 的 及 び 内 容 に 最 も

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業 別 記 第 2 号 千 葉 県 道 路 公 社 一 般 競 争 入 札 公 告 第 4 号 千 葉 外 房 有 料 道 路 料 金 徴 収 業 務 委 託 の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 平 成 27 年 12 月 21 日 千 葉 県 道 路 公 社 理 事 長 金 谷 隆 司 1 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 (1) 委 託 名 千 葉 外 房 有 料 道 路

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A> 平 成 24 年 度 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 ( 以

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ 会 計 監 査 人 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 説 明 書 ( 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 会 計 監 査 人 業 務 ( 平 成 28 年 度 から 平 成 32 年 度 )) 平 成 28 年 9 月 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

高 松 市 告 示 第 403 号 )に 基 づく 指 名 停 止 期 間 中 でないこと (5) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 のいずれにも 該 当 していないこと 4 提 案 公 募 関 係 資 料 の

高 松 市 告 示 第 403 号 )に 基 づく 指 名 停 止 期 間 中 でないこと (5) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 のいずれにも 該 当 していないこと 4 提 案 公 募 関 係 資 料 の 平 成 28 年 度 路 線 バス 基 幹 系 統 サービスレベル 向 上 策 検 討 業 務 委 託 提 案 公 募 要 領 1 提 案 公 募 の 目 的 中 心 市 街 地 の 公 共 交 通 において 基 幹 的 役 割 を 担 っている 路 線 バスについて 沿 線 住 民 の 意 識 調 査 等 を 実 施 することにより その 需 要 予 測 を 行 うとともに 公 共 交 通 としての

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63> 第 四 部 入 札 契 約 手 続 きについて 1 契 約 方 法 ( 調 達 先 選 定 方 法 ) 決 定 の 概 略 フロー 検 討 開 始 判 断 1 政 府 調 達 に 関 する 協 定 の 対 象 か? 判 断 2 特 例 政 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? 判 断 3 地 方 自 治 法 施 行 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? ( 少 額 随

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

特定個人情報保護評価書(全項目評価書)

特定個人情報保護評価書(全項目評価書) 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 全 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 3 評 価 書 名 職 業 安 定 行 政 業 務 に 関 する 事 務 全 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 職 業 安 定 行 政 業 務 に 関 する 事 務 における 特 定 個 人 情 報 については 全 国 の 都 道 府 県 労 働

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

しなければなりません (3) 謝 金 事 業 を 実 施 するために 追 加 的 に 必 要 となる 行 為 ( 資 料 整 理 作 業 補 助 専 門 的 知 識 の 提 供 資 料 の 収 集 等 )に 対 して 謝 礼 として 支 払 う 経 費 です 謝 金 の 単 価 については 業 務

しなければなりません (3) 謝 金 事 業 を 実 施 するために 追 加 的 に 必 要 となる 行 為 ( 資 料 整 理 作 業 補 助 専 門 的 知 識 の 提 供 資 料 の 収 集 等 )に 対 して 謝 礼 として 支 払 う 経 費 です 謝 金 の 単 価 については 業 務 苗 木 安 定 供 給 推 進 事 業 のうち 花 粉 症 対 策 苗 木 への 植 替 促 進 事 業 に 係 る 公 募 要 領 1 総 則 苗 木 安 定 供 給 推 進 事 業 のうち 花 粉 症 対 策 苗 木 への 植 替 促 進 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう)に 係 る 課 題 提 案 の 実 施 については この 要 領 に 定 めるところによるものとします 2 公 募

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の3の 規 定 に 基 づく 報 告 書 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る 契 約 の 状 況 等 に 関 する 会 計 検 査 の 結 果 について 平 成 24 年 10 月 会 計 検 査 院 参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて に 係 るフォローアップ 調 査 様 式 ( 様 式 1) 所 管 府 省 名 厚 生 労 働 省 法 人 名 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 ( 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 ) 基 本 方 針 の 記 載 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて 1. 不 要 資 産 の 国 庫 返 納 国 の 資 産 を 有

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性 革 命 投 資 促 進 事 業 費 補 助 金 交 付 規 程 平 成 28 年 2 月 16 日 SII-2 7X- 規 程 -001 ( 目 的 ) 第 1 条 こ の 規 程 は 一 般 社 団 法 人 環 境 共 創 イニシアチ ブ( 以 下 S II という )が 行 う 経 済 産 業 省 からの 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6> 情 報 システム 研 究 機 構 法 人 文 書 管 理 規 程 平 成 2 4 月 1 日 制 定 目 次 第 1 章 総 則 第 2 章 管 理 体 制 第 3 章 作 成 第 4 章 整 理 第 5 章 保 存 第 6 章 法 人 文 書 ファイル 管 理 簿 第 7 章 移 管, または 保 存 期 間 の 延 長 第 8 章 点 検 監 査 及 び 管 理 状 況 の 報 告 等 第 9

More information

マイナンバーガイドライン入門

マイナンバーガイドライン入門 マイナンバーガイドライン 入 門 ~ 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の 概 要 ~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 事 務 局 長 其 田 真 理 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) ( 案 )の

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

Taro-入札説明書(真空巻締め)

Taro-入札説明書(真空巻締め) 入 札 説 明 書 宮 崎 県 水 産 試 験 場 が 行 う 真 空 巻 締 め 機 の 賃 貸 借 に 係 る 入 札 公 告 に 基 づく 一 般 競 争 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 入 札 に 参 加 する 者 は 下 記 事 項 を 熟 知 の 上 で 入 札 しなけれこの 場 合 におい て 当 該 説 明 書

More information

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477>

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477> 市 有 財 産 公 売 ( 一 般 競 争 入 札 ) 応 募 要 領 [ 平 成 28 年 度 ] 宇 都 宮 市 経 済 部 商 工 振 興 課 028-632-2433 公 売 物 件 一 覧 表 1 物 件 及 び 現 地 説 明 日 時 物 件 番 号 物 件 の 所 在 実 測 面 積 現 況 地 目 最 低 入 札 価 格 現 地 説 明 日 時 1 宇 都 宮 市 ゆいの 杜 8 丁

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868FAC8AE98BC693998C6F89638BAD89BB964082C98AEE82C382AD8CC592E88E918E5990C593C197E1915B927582CC8EE888F882AB816991E63194C5816A3230313630383139>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868FAC8AE98BC693998C6F89638BAD89BB964082C98AEE82C382AD8CC592E88E918E5990C593C197E1915B927582CC8EE888F882AB816991E63194C5816A3230313630383139> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 に 基 づく 固 定 資 産 税 特 例 措 置 の 手 引 き < 第 1 版 > この 手 引 きは 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 認 定 経 営 力 向 上 計 画 に 基 づき 中 小 事 業 者 等 がファイナンス リース 取 引 により 設 備 を 導 入 した 場 合 に 適 用 が 受 けられる 固 定 資 産 税 特 例 措 置

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

フィサー)の 指 揮 のもとに 各 管 理 部 署 の 幹 部 役 職 員 及 び 社 外 の 専 門 家 ( 当 社 顧 問 弁 護 士 及 び 専 門 家 弁 護 士 )で 構 成 される 特 別 調 査 チームを 組 成 し 1 本 三 国 間 取 引 に 係 る 事 実 確 認 2 当 社

フィサー)の 指 揮 のもとに 各 管 理 部 署 の 幹 部 役 職 員 及 び 社 外 の 専 門 家 ( 当 社 顧 問 弁 護 士 及 び 専 門 家 弁 護 士 )で 構 成 される 特 別 調 査 チームを 組 成 し 1 本 三 国 間 取 引 に 係 る 事 実 確 認 2 当 社 各 位 2009 年 1 月 28 日 会 社 名 伊 藤 忠 商 事 株 式 会 社 代 表 者 名 取 締 役 社 長 小 林 栄 三 (コード 番 号 8001 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 広 報 部 長 中 山 勇 (TEL. 03-3497-7291) 三 国 間 貿 易 取 引 に 係 る 債 権 の 回 収 遅 延 及 び 物 流 を 伴 わない 金 融 支 援 取 引 について

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

<4D F736F F D20378C8E3393FA838C834E B B B5F92C78B4C94C52E646F6378>

<4D F736F F D20378C8E3393FA838C834E B B B5F92C78B4C94C52E646F6378> 2013 年 7 月 3 日 新 潟 大 学 職 員 組 合 委 員 長 新 潟 大 学 未 払 い 賃 金 請 求 大 学 自 治 侵 害 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 原 告 団 長 世 取 山 洋 介 (よとりやま ようすけ) 本 日 新 潟 地 裁 に 提 訴 した 新 潟 大 学 未 払 い 賃 金 請 求 大 学 自 治 侵 害 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 について 1. 給 与

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

Taro-入札公告等:相浦(28)宿舎

Taro-入札公告等:相浦(28)宿舎 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 ( 政 府 調 達 協 定 対 象 外 )に 付 します 平 成 28 年 10 月 6 日 支 出 負 担 行 為 担 当 官 九 州 防 衛 局 長 川 嶋 貴 樹 1 工 事 概 要 (1) 工 事 名 相 浦 (28) 宿 舎 等 新 設 建 築 工 事 (その2) (2) 工 事 場 所 長 崎 県 佐 世 保

More information

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx 参 考 ( 改 正 後 全 文 ) 厚 生 労 働 省 発 老 0717 第 2 号 平 成 2 4 年 7 月 1 7 日 最 終 改 正 厚 生 労 働 省 発 老 0309 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 9 日 指 定 都 市 市 長 各 中 核 市 市 長 殿 市 区 町 村 長 厚 生 労 働 事 務 次 官 ( 公 印 省 略 ) 地 域 介 護 福 祉 空 間 整 備 等 施

More information

目 次 Ⅰ. 目 的... 2 Ⅱ. 経 緯... 2 Ⅲ. 特 別 調 査 の 方 法 及 び 手 法... 2 Ⅳ. 特 別 調 査 の 結 果 三 菱 電 機 による 不 正 の 全 容 本 件 事 案 の 概 要 鎌 倉 製 作 所 におけ

目 次 Ⅰ. 目 的... 2 Ⅱ. 経 緯... 2 Ⅲ. 特 別 調 査 の 方 法 及 び 手 法... 2 Ⅳ. 特 別 調 査 の 結 果 三 菱 電 機 による 不 正 の 全 容 本 件 事 案 の 概 要 鎌 倉 製 作 所 におけ 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 独 立 行 政 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 (JAXA) 目 次 Ⅰ. 目 的... 2 Ⅱ. 経 緯... 2 Ⅲ. 特 別 調 査 の 方 法 及 び 手 法... 2 Ⅳ. 特 別 調 査 の 結 果... 4 1. 三 菱 電 機 による 不 正 の 全 容...

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information

監査の結果

監査の結果 柳 川 市 監 査 委 員 告 示 第 8 号 地 方 自 治 法 第 199 条 第 1 項 及 び 第 4 項 の 規 定 により 定 期 監 査 を 実 施 したの で 同 条 第 9 項 の 規 定 により その 結 果 を 公 表 します 平 成 28 年 4 月 28 日 柳 川 市 監 査 委 員 松 藤 博 明 柳 川 市 監 査 委 員 近 藤 末 治 平 成 27 年 度 (3

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

様式第2                                        (別添)

様式第2                                        (別添) 外 部 用 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委 託 契 約 事 務 処 理 要 領 平 成 20 年 1 月 改 正 平 成 19 年 2 月 制 定 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 研 究 開 発 局 目 次 1. 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委

More information

行 政 文 書 の 管 理 に 関 するガイドライン 平 成 23 年 4 月 1 日 内 閣 総 理 大 臣 決 定 平 成 24 年 6 月 29 日 一 部 改 正 平 成 26 年 5 月 30 日 一 部 改 正 平 成 26 年 7 月 1 日 一 部 改 正 平 成 27 年 1 月 23 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 行 政 文 書 の 管

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information