Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 畜 産 技 術 話

2

3 畜 産 技 術 話

4 畜 産 技 術 話 contents 牛 乳 生 産 4 牛 肉 生 産 6 豚 肉 生 産 8 鶏 卵 生 産 10 鶏 肉 生 産 11 能 力 優 家 畜 選 12 能 力 優 雄 雌 多 子 生 産 14 能 力 優 家 畜 増 ( 技 術 ) 受 精 卵 体 細 胞 16 家 畜 雄 雌 産 分 18 雌 雄 見 分 19 個 体 識 別 () 親 子 鑑 別 遺 伝 性 疾 患 原 因 遺 伝 子 保 因 家 畜 判 定 DNA 技 術 使 1 20 DNA 技 術 使 2 感 染 病 迅 速 診 断 遺 伝 子 組 換 22 家 畜 栄 養 管 理 適 切 行 24 混 飯 牛 飼 26 牛 給 食 27! 大 量 排 出 良 質 食 品 残 渣 畜 産 物 28

5 子 牛 早 丈 夫 育 30 品 種 改 良 飼 料 作 物 増 産 32 栽 培 技 術 飼 料 作 物 増 産 33 牧 草 漬 物 牛 食 34 稲 牛 食 36 特 定 病 原 体 排 除 豚 生 産 効 率 SPF 豚 38 家 畜 糞 尿 中 窒 素 排 泄 量 少 40 家 畜 夏 防 止 牛 豚 鶏 42 乳 搾 機 械 任 ( 未 来 酪 農 場 向 ) 44 牛 舎 中 牛 45 放 牧 人 牛 優! 46 放 牧 農 村 環 境 守 48 家 畜 尿 有 機 質 資 源 50 畜 舎 出 汚 水 浄 化 水 52 畜 舎 鶏 舎 出 臭 気 抑 53 畜 産 物 安 全 性 確 保 54 家 畜 伝 染 病 国 内 蔓 延 防 止 56

6 牛 乳 雌 牛 妊 娠 子 牛 分 娩 初 生 産 母 牛 子 牛 飲 泌 乳 人 間 利 用 育 種 改 良 結 果 今 1 年 間 2 万 kg 牛 乳 生 産 雌 牛 哺 乳 出 生 6 月 16 月 2 26 月 哺 乳 は1 2ヵ 月 産 交 配 ( 人 工 授 精 ) (280 日 ) 産 分 子 牛 生 自 分 4 本 脚 立 子 牛 初 乳 ( 分 娩 後 6 日 目 乳 ) 飲 初 乳 母 牛 子 牛 分 娩 後 泌 乳 特 殊 牛 乳 病 原 体 対 免 疫 抗 体 含 初 乳 飲 子 牛 丈 夫 育 生 後 6 月 間 子 牛 呼 以 後 満 2 歳 育 成 牛 以 後 成 牛 呼 一 般 的 生 後 14~18 月 雌 牛 人 工 授 精 行 妊 娠 妊 娠 期 間 280 日 子 牛 分 娩 後 約 1 年 間 牛 乳 搾 間 次 妊 娠 分 娩 搾 乳 中 牛 人 工 授 精 ホルスタイン 種 雌 牛 ジャージー 種 雌 牛

7 哺 乳 放 牧 3 4 分 (142ヵ 月 :432 日 ) 乳 (11ヵ 月 :361 日 ) 乾 乳 (23ヵ 月 ) し( 均 3) 2の 分 均 供 用 数 6 7(4 産 ) 乳 のピークは 3 4 産 のとき 分 娩 予 定 2~3 月 前 搾 乳 栄 養 分 牛 乳 母 体 胎 子 回 分 娩 間 隔 400 日 430 日 程 度 今 乳 牛 雌 普 通 4 回 産 牛 乳 生 産 続 7 産 8 産 乳 牛 国 平 均 4 産 程 度 乳 牛 能 力 向 上 著 1 頭 当 乳 量 毎 年 100kg 程 度 増 加 人 工 授 精 用 凍 結 精 液 海 外 輸 入 多 ミルキングパーラ

8 日 本 牛 肉 生 産 特 徴 雌 牛 子 牛 生 産 販 売 繁 殖 農 家 子 牛 導 入 肥 育 販 売 肥 育 農 家 大 別 繁 殖 肥 育 一 貫 行 農 家 増 数 千 頭 規 模 肉 用 牛 飼 養 企 業 的 経 営 黒 毛 和 種 ( 雄 ) 褐 毛 和 種 ( 雄 )

9 日 本 肉 用 牛 品 種 黒 毛 和 種 褐 毛 和 種 日 本 短 角 種 和 牛 呼 特 黒 毛 和 種 肉 霜 降 () 入 牛 肉 世 界 的 有 名 和 牛 牛 肉 生 産 目 的 牛 牛 肉 生 産 牛 生 雌 牛 育 和 牛 子 牛 生 約 6 月 間 母 牛 一 緒 育 ( 最 近 乳 牛 親 牛 離 人 工 的 育 方 法 増 ) 子 牛 時 代 母 乳 飲 母 牛 食 餌 少 食 16~18 月 頃 人 工 授 精 妊 娠 妊 娠 期 間 285 日 分 娩 後 6 月 間 母 牛 子 牛 一 緒 過 間 次 分 娩 備 母 牛 人 工 授 精 分 娩 間 隔 12 月 程 度 目 標 人 工 授 精 時 期 決 和 牛 子 牛 生 産 用 雌 牛 生 涯 平 均 7 産 多 牛 15 産 以 上 立 派 牛 牛 肉 生 産 子 牛 生 後 6 月 間 親 一 緒 雄 子 牛 間 去 勢 去 勢 肉 質 ( 最 近 親 牛 離 人 工 的 育 方 法 増 ) 10 月 齢 子 牛 本 格 的 肥 育 入 和 牛 27 月 齢 30 月 齢 肥 育 肉 日 本 短 角 種 ( 雌 )

10 豚 肉 3 品 種 交 配 3 元 交 雑 豚 肥 育 多 肥 育 農 家 肥 育 豚 繁 殖 農 家 ( 繁 殖 雌 豚 子 豚 = 肥 育 豚 生 産 農 家 ) 導 入 最 近 繁 殖 肥 育 一 貫 生 産 農 家 多 企 業 的 経 営 多 数 存 在 子 豚 哺 乳 ランドレース( 雌 )

11 デュロック( 雄 ) 母 豚 産 子 豚 出 生 後 約 1 月 離 乳 3 月 齢 子 豚 8 月 齢 育 成 豚 以 後 成 豚 呼 雌 豚 育 成 期 終 8 月 齢 種 付 ( 交 配 ) 妊 娠 期 間 114 日 間 満 1 歳 初 産 分 娩 後 5 月 分 娩 交 配 生 涯 平 均 6 産 肥 育 ( 肉 用 育 ) 豚 離 乳 後 肥 育 入 3 月 齢 子 豚 以 後 肥 育 豚 呼 体 重 約 110kg 達 肉 大 ヨークシャー( 雌 ) バークシャー( 雌 )

12 養 鶏 産 業 鶏 改 良 能 力 向 上 飼 養 衛 生 管 理 技 術 改 善 生 産 性 向 上 規 模 拡 大 大 幅 進 展 採 卵 鶏 能 力 世 界 的 水 準 大 規 模 企 業 的 経 営 主 流 卵 産 雌 鶏 生 産 過 程 卵 21 日 間 孵 卵 機 中 暖 孵 化 孵 化 後 2 日 間 初 生 雛 間 雌 雄 鑑 別 行 雄 雛 卵 産 淘 汰 後 30 日 齢 幼 雛 60 日 齢 中 雛 産 卵 開 始 150 日 齢 頃 大 雛 以 後 成 鶏 呼 産 卵 開 始 400 日 550 日 齢 廃 用 採 卵 鶏 10

13 鶏 肉 生 産 主 流 飼 育 飼 育 肉 用 鶏 導 入 若 鶏 (50~60 日 齢 ) 出 荷 飼 育 形 態 一 斉 導 入 一 斉 出 荷 方 式 一 般 的 入 卵 化 2 日 30 日 4 日 56 日 卵 (21 日 ) 出 ( 型 ) 出 ( 大 型 ) 体 (40) 1400 ( ) (3100) 卵 21 日 間 孵 卵 機 中 暖 孵 化 孵 化 後 2 日 間 初 生 雛 呼 間 雌 雄 鑑 別 行 雄 雌 肉 用 飼 育 雌 雄 別 々 飼 育 雌 雄 鑑 別 必 要 30 日 齢 育 雛 前 期 以 後 出 荷 56 日 齢 育 雛 後 期 呼 呼 肉 用 鶏 56 日 (8 週 ) 齢 49 日 (7 週 ) 齢 出 荷 一 般 地 鶏 呼 鶏 日 本 在 来 鶏 改 良 出 荷 月 齢 100 日 程 度 延 食 用 鶏 ブロイラー 11

14 牛 豚 鶏 能 力 毎 年 向 上 家 畜 能 力 向 上 上 最 大 切 優 子 生 産 出 来 家 畜 選 次 世 代 親 能 力 優 子 生 産 家 畜 見 極 重 要 技 術 牛 乳 牛 肉 牛 牛 示 能 力 祖 父 母 親 兄 弟 姉 妹 子 血 縁 牛 示 能 力 総 合 中 膨 大 計 算 目 見 遺 伝 的 能 力 推 定 牛 乳 生 産 量 の 推 移 (1 頭 あたりの 乳 量 ) kg 年 12

15 ホルスタイン 種 における 改 良 の 仕 組 み 能 力 評 価 結 果 酪 農 家 家 畜 人 工 授 精 事 業 体 報 告 家 畜 人 工 授 精 事 業 体 雄 牛 保 有 精 液 酪 農 家 供 給 遺 伝 的 能 力 評 価 行 検 定 員 測 定 記 録 1 所 集 解 析 遺 伝 的 能 力 評 価 行 酪 農 家 娘 牛 泌 乳 成 績 測 定 豚 の 交 雑 種 利 用 の 一 例 ランドレース 種 ( ) 繁 殖 能 力 が 高 い 大 ヨークシャー 種 ( ) 繁 殖 能 力 が 高 い 交 雑 種 ( ) 繁 殖 能 力 が 高 く 強 健 デュロック 種 ( ) 肉 質 がよく 増 体 能 力 が 高 い 3 元 交 雑 種 ( 肉 を 生 産 ) 肉 質 がよい 増 体 能 力 が 高 い 強 健 種 畜 改 良 品 種 毎 行 主 複 数 品 種 合 交 雑 種 生 産 用 用 交 雑 複 数 品 種 特 徴 能 力 併 持 雑 種 強 勢 品 種 合 起 優 効 果 利 用 行 雑 種 強 勢 繁 殖 能 力 強 健 性 元 品 種 高 13

16 人 工 授 精 精 子 の 凍 結 牛 乳 肉 生 産 雄 牛 精 液 凍 結 保 存 雌 牛 人 工 授 精 優 秀 子 牛 多 生 産 国 牛 人 工 授 精 生 産 生 涯 20 万 頭 以 上 子 牛 生 産 有 名 雄 牛 精 液 の 採 取 牛 の 精 子 ( 染 色 ) ストローに 封 入 された 凍 結 精 液 融 解 した 凍 結 精 液 を 注 入 器 に 装 着 精 液 を 雌 牛 に 注 入 ( 人 工 授 精 ) 子 牛 の 誕 生 ( 授 精 後 日 ) 産 子 数 の 多 い 黒 毛 和 種 雄 牛 の 例 14

17 受 精 卵 移 植 体 外 受 精 優 秀 雌 牛 受 精 卵 代 理 母 牛 子 宮 内 移 植 多 数 能 力 優 子 牛 生 産 技 術 受 精 卵 移 植 技 術 1 年 1 頭 生 産 雌 牛 10 頭 以 上 子 牛 生 産 日 本 受 精 卵 移 植 年 間 約 1 万 9 千 頭 子 牛 生 産 体 外 受 精 卵 移 植 で 生 まれた 双 子 牛 受 精 卵 の 採 取 受 精 卵 受 精 卵 の 移 植 生 体 内 受 精 卵 移 植 技 術 生 体 内 受 精 卵 移 植 能 力 優 雌 牛 過 剰 排 卵 処 理 後 人 工 授 精 後 子 宮 洗 浄 多 数 受 精 卵 回 収 代 理 母 牛 子 宮 内 移 植 体 外 受 精 卵 移 植 技 術 体 外 受 精 卵 移 植 食 肉 処 理 場 採 取 卵 巣 未 成 熟 卵 子 取 出 体 外 成 熟 受 精 発 生 体 外 受 精 卵 代 理 母 牛 子 宮 内 移 植 15

18 畜 産 技 術 核 移 植 遺 伝 的 同 - 優 家 畜 増 殖 核 移 植 受 精 前 卵 子 核 取 除 ( 除 核 ) 卵 子 接 核 含 別 細 胞 注 入 電 気 刺 激 融 合 操 作 全 用 顕 微 鏡 下 行 受 精 卵 クローン 移 植 細 胞 受 精 卵 割 球 用 場 合 受 精 卵 呼 受 精 卵 同 受 精 卵 作 個 体 遺 伝 的 同 一 除 核 核 移 植 受 精 卵 ドナー 細 胞 除 核 卵 子 にドナー 細 胞 を 注 入 体 細 胞 体 細 胞 クローン 皮 膚 筋 肉 体 細 胞 用 場 合 体 細 胞 呼 体 細 胞 遺 伝 的 能 力 家 畜 作 出 可 能 16

19 倒 立 型 顕 微 鏡 に 取 り 付 けられた マイクロマニピュレーター 仮 親 の 子 宮 へ 移 植 細 胞 融 合 核 移 植 胚 1つの 受 精 卵 から 作 出 された6つ 子 の 受 精 卵 クローン 牛 雄 牛 の 体 細 胞 クローン 雌 牛 の 体 細 胞 クローン(5つ 子 )と 細 胞 提 供 牛 17

20 自 然 状 態 産 子 牛 性 割 合 雄 雌 半 分 受 精 精 子 X 精 子 時 雌 Y 精 子 時 雄 畜 産 農 家 肉 牛 肥 育 用 雄 牛 乳 牛 搾 乳 用 雌 牛 好 近 年 精 液 X Y 精 子 分 離 授 精 DNA 検 査 性 判 別 受 精 卵 移 植 雄 雌 産 分 精 子 の 性 判 別 X 精 子 とY 精 子 のDNA 量 の 差 をもとに 分 別 するフローサイトメーター /セルソーター 受 精 卵 の 性 判 別 受 精 卵 の 一 部 の 細 胞 を 性 判 別 用 に 切 断 する 2DNA 増 幅 装 置 を 用 いて 切 断 した 一 部 の 細 胞 を 薬 品 と 共 にチューブ に 入 れ 雄 だけに 存 在 するDNA 配 列 を 増 幅 させる 3 雄 雌 3その 後 反 応 副 産 物 であるピロリン 酸 がマグネシウムと 結 合 して 生 ずる 濁 り 具 合 で 雌 雄 を 判 別 する(LAMP 法 ) 受 精 卵 が 雄 の 場 合 チューブ 内 の 液 は 黄 白 色 に 濁 る 受 精 卵 が 雌 の 場 合 チューブ 内 の 液 は 透 明 な 黄 色 のまま 18

21 雌 雄 見 分 何 故 必 要 卵 産 鶏 ( 採 卵 鶏 ) 雄 不 要 肉 生 産 鶏 ( 肉 用 鶏 ) 雄 雌 育 発 育 速 度 雄 雌 違 雄 雌 別 々 飼 育 方 経 済 的 採 卵 鶏 肉 用 鶏 卵 雄 雌 分 雄 雌 見 分 初 生 雛 雌 雄 鑑 別 言 鑑 別 方 法 3 通 指 頭 鑑 別 ( 肛 門 鑑 別 ) 肛 門 内 部 見 開 判 別 方 法 日 本 人 発 明 方 法 鶏 鶏 応 用 鶏 限 七 面 鳥 応 用 方 法 雌 雄 見 分 技 術 持 人 初 生 雛 鑑 別 師 日 本 人 初 生 雛 鑑 別 師 世 界 中 活 躍 羽 毛 鑑 別 伴 性 遺 伝 利 用 方 法 孵 化 羽 毛 方 性 違 利 用 見 分 方 現 在 特 定 品 種 一 代 応 用 段 階 鶏 応 用 方 法 雄 雌 カラー 鑑 別 羽 毛 色 雄 雌 違 利 用 方 法 羽 毛 鑑 別 同 様 特 定 品 種 一 代 限 利 用 段 階 鶏 応 用 方 法 雄 雌 19

22 DNA 生 物 遺 伝 情 報 記 録 物 質 細 胞 含 DNA4 種 類 塩 基 (A,G, C,T 表 ) 並 方 長 物 質 染 色 体 中 折 入 塩 基 並 方 ( 塩 基 配 列 ) 同 動 物 種 例 牛 中 個 体 少 違 個 体 違 調 親 子 鑑 別 個 体 識 別 遺 伝 性 疾 患 原 因 遺 伝 子 異 常 判 定 行 個 体 識 別 DNA 塩 基 配 列 細 胞 DNA 同 個 体 全 同 牛 肉 流 通 経 路 管 理 牛 肉 制 度 裏 付 技 術 利 用 牛 一 頭 一 頭 個 体 識 別 番 号 付 DNA 塩 基 配 列 記 録 牛 肉 売 個 体 識 別 番 号 手 牛 肉 確 牛 確 出 来 核 染 色 体 常 染 色 体 牛 の 染 色 体 細 胞 種 類 の 塩 基 性 染 色 体 対 の 常 染 色 体 と1 対 の 性 染 色 体 ( 性 染 色 体 がXYの 組 み 合 わせは 雄 XXの 組 み 合 わせは 雌 ) X Y 20

23 親 子 鑑 別 牛 人 対 染 色 体 一 本 父 親 一 本 母 親 受 継 染 色 体 中 DNA 塩 基 配 列 特 徴 片 方 父 親 由 来 片 方 母 親 由 来 対 子 DNA10 所 部 分 塩 基 配 列 調 父 母 遺 伝 確 認 親 子 判 定 1 所 父 母 塩 基 配 列 持 親 子 判 定 判 定 正 確 100% 遺 伝 性 疾 患 原 因 遺 伝 子 の 保 因 畜 の 判 定 遺 伝 性 疾 患 劣 性 遺 伝 対 遺 伝 子 片 方 異 常 家 畜 ( 保 因 畜 ) 外 観 正 常 病 気 発 症 正 常 見 家 畜 中 異 常 遺 伝 子 保 因 畜 見 分 DNA 技 術 使 特 牛 人 工 授 精 1 頭 雄 牛 多 子 牛 生 産 人 工 授 精 用 雄 牛 保 因 畜 判 定 産 業 上 重 要 クローディン16 欠 損 症 DNA 診 断 例 正 常 保 因 ( 見 かけは 正 常 ) 発 症 クローディン16 欠 損 疾 患 牛 過 長 蹄 が 見 られる 正 常 牛 保 因 牛 発 症 牛 変 異 型 正 常 型 21

24 感 染 病 の 迅 速 診 断 病 原 体 居 所 材 料 培 養 病 原 体 有 無 種 類 調 各 病 原 体 特 徴 的 遺 伝 子 配 列 酵 素 反 応 増 幅 病 原 体 有 無 種 類 特 定 現 在 増 幅 DNA 電 気 泳 動 方 法 検 出 PCR 法 最 普 及 PCR 法 LAMP 法 使 始 写 真 1:リアルタイムPCR 法 リアルタイムPCR 装 置 PCR 法 より 迅 速 なだけでなく 試 料 中 の 遺 伝 子 の 量 を 定 量 的 に 測 定 できる( 図 1) 写 真 2:LAMP 法 DNAの 増 幅 とともに 液 が 濁 ってくる 肉 眼 でも 結 果 を 判 定 で き 測 定 器 を 使 えば 定 量 的 な 測 定 もできる 図 1 多 数 の 試 料 でDNAが 増 幅 してくる 様 子 が 蛍 光 強 度 としてリアルタイムに 表 示 される 22

25 遺 伝 子 組 換 えワクチン 遺 伝 子 組 換 病 気 原 因 遺 伝 子 働 安 全 生 株 他 病 原 体 抗 原 遺 伝 子 組 込 一 病 気 防 安 全 生 開 発 遺 伝 子 組 換 えで 作 った 安 全 な 生 ワクチン 別 の 病 原 体 の 抗 原 遺 伝 子 を 組 み 込 む 別 の 病 原 体 の 抗 原 遺 伝 子 組 換 えで 作 った 安 全 な 生 ワクチンに 別 の 病 原 体 の 抗 原 遺 伝 子 を 組 み 込 み 安 全 な 生 多 価 ワクチンを 作 る 23

26 牛 豚 家 畜 家 禽 健 康 飼 育 牛 乳 肉 卵 生 産 能 力 最 大 限 引 出 家 畜 家 禽 必 要 栄 養 成 分 過 不 足 給 与 必 要 家 畜 家 禽 必 要 栄 養 成 分 量 示 日 本 飼 養 標 準 穀 類 製 造 副 産 物 牧 草 多 種 類 飼 料 中 含 栄 養 成 分 量 示 日 本 標 準 飼 料 成 分 表 出 版 家 畜 家 禽 適 切 栄 養 管 理 指 標 広 用 飼 養 標 準 ( 乳 牛 ) 飼 養 標 準 ( 肉 用 牛 ) 飼 養 標 準 ( 豚 ) 飼 養 標 準 (めん 羊 ) 飼 養 標 準 ( 家 禽 ) 日 本 飼 養 標 準 ( 乳 牛 肉 用 牛 豚 鶏 ) 日 本 標 準 飼 料 成 分 表 67 年 改 訂 家 畜 家 禽 栄 養 管 理 関 最 新 情 報 記 載 日 本 標 準 飼 料 成 分 表 牛 用 呼 吸 試 験 装 置 を 用 いた 飼 養 試 験 飼 料 家 畜 家 禽 適 切 給 与 飼 料 費 節 減 糞 尿 中 過 剰 栄 養 成 分 排 泄 量 少 環 境 負 荷 軽 減 寄 与 多 牛 用 呼 吸 試 験 装 置 用 飼 養 試 験 24

27 家 畜 家 禽 の 主 な 飼 料 構 成 乳 牛 飼 料 肉 用 牛 飼 料 ビートパルプ ビール 粕 牧 草 稲 わらなど + 主 な 飼 料 原 料 + 大 豆 粕 フスマ 麦 類 米 ヌカ + その 他 の 飼 料 原 料 豚 家 禽 飼 料 25

28 混 飯 数 種 類 材 料 混 合 作 飼 料 TMR(Total Mixed Ration) 完 全 混 合 飼 料 呼 TMR 飼 料 均 一 混 合 選 喰 防 止 乳 牛 必 要 栄 養 素 良 食 ( 第 一 胃 ) 発 酵 良 好 保 乳 成 分 安 定 群 管 理 適 方 法 給 与 作 業 省 力 化 図 各 種 の 濃 厚 飼 料 ( 穀 類 や 粕 類 など) 粗 飼 料 ( 乾 草 やサイレージ) 粗 飼 料 (ヘイキューブ) + + ミキサーで 均 一 に 混 合 して 給 与 扌 26

29 個 々 農 家 飼 料 調 製 行 TMR 作 農 家 配 送 TMR 呼 方 式 広 TMR 一 度 大 量 飼 料 作 腐 食 品 残 渣 利 用 低 飼 料 作 農 家 飼 料 調 製 機 械 労 力 大 幅 節 約 自 給 粗 飼 料 も 利 用 豆 腐 粕 なども 利 用 可 能 堆 肥 散 布 TMRセンター 配 送 TMR 食 乳 牛 給 餌 27

30 食 品 産 業 排 出 食 品 残 渣 1100 万 再 生 利 用 35% 以 外 廃 棄 物 処 分 環 境 悪 影 響 与 食 品 残 渣 飼 料 活 用 畜 産 物 転 換 技 術 開 発 求 再 利 用 廃 棄 物 処 理 扌 上 手 に 分 別 収 集 するとそれらが 良 質 の 飼 料 となります 乾 燥 飼 料 化 多 様 食 品 残 渣 乾 燥 保 存 性 高 粉 末 穀 類 混 合 家 畜 給 与 調 理 残 渣 米 飯 食 品 残 渣 飼 料 化 工 場 パンくず 野 菜 カットくず 乾 燥 処 理 施 設 野 菜 くず おから 乾 燥 パンくず あん 粕 めん 類 乾 燥 おから 28

31 飼 料 化 する 方 法 サイレージ 水 分 多 残 渣 密 封 乳 酸 発 酵 飼 料 漬 物 酸 牛 平 気 食 リキッドフィーディング 食 品 残 渣 液 体 飼 料 主 豚 給 与 方 法 飼 料 利 用 液 状 活 用 豚 舎 内 大 幅 減 豚 健 康 良 コストの 低 減 畜 産 物 中 飼 料 代 最 大 食 品 残 渣 飼 料 化 大 幅 削 減 食 品 残 渣 を 上 手 に 利 用 する ビール 粕 サイレージ パンくずと 牛 乳 の 混 合 食 品 残 渣 飼 料 上 手 利 用 特 徴 的 畜 産 物 作 可 能 麺 類 米 飯 等 質 素 材 多 給 霜 降 豚 肉 生 産 養 豚 農 家 ビール 粕 のサイレージ 調 製 リキッド 飼 料 霜 降 豚 肉 TMRミキサー リキッドフィーディングシステム 発 酵 TMR 29

32 母 牛 初 乳 飲 後 発 育 必 要 栄 養 豊 富 含 代 用 乳 与 成 長 促 進 健 康 牛 固 形 飼 料 ( 人 工 乳 ) 与 胃 発 育 促 進 離 乳 順 調 進 牧 草 採 食 量 高 呼 庭 付 一 軒 家 飼 病 気 少 考 最 近 子 牛 世 話 費 時 間 削 減 仕 事 効 率 良 行 哺 乳 利 用 農 家 増 哺 乳 子 牛 1 頭 毎 必 要 量 代 用 乳 自 動 的 与 人 工 乳 カーフハッチ 哺 乳 ロボット 本 体 ミルクタンク(ホッパー) 乳 首 哺 乳 中 の 子 牛 哺 乳 中 の 子 牛 30

33 生 後 42 日 での 早 期 離 乳 により 胃 の 発 育 を 促 進 健 康 な 哺 乳 子 牛 順 調 に 育 った 牛 牛 の 胃 の 発 達 1 胃 +2 胃 3 胃 +4 胃 2 3ヵ 月 の 牛 成 牛 生 まれた 時 30% 70% 3 ヵ 月 齢 70% 30% 4 ヵ 月 齢 80% 20% 18 ヵ 月 齢 85% 15% 3ヵ 月 齢 で 反 芻 胃 ( 第 1 胃 )と 第 4 胃 の 割 合 が 逆 転 し 4ヵ 月 齢 からは 成 牛 並 みの 反 芻 胃 となる 反 芻 胃 (1 胃 )をルーメンと 呼 ぶ 逆 転 する 成 牛 並 み 第 4 胃 30% 第 1 胃 70% 第 2 胃 第 3 胃 第 4 胃 7% 第 1 胃 80% 第 2 胃 5% 第 3 胃 8% 31

34 日 本 国 土 南 北 長 気 象 地 域 違 気 象 条 件 適 応 地 域 最 大 収 量 得 牧 草 飼 料 用 飼 料 作 物 品 種 改 良 進 収 量 向 上 加 風 吹 倒 特 性 ( 耐 倒 伏 性 ) 病 気 強 特 性 ( 耐 病 性 ) 特 長 改 良 優 良 品 種 次 々 世 出 北 海 道 に 適 し 耐 倒 伏 性 に 優 れた 飼 料 用 トウモロコシ 品 種 おおぞら の 育 成 おおぞら による 耐 倒 伏 性 の 改 良 ( 左 :おおぞら 右 : 外 国 導 入 品 種 ) おおぞら による 収 量 性 の 向 上 (TDN 収 量 家 畜 が 消 化 できる 収 量 部 分 を 表 したもの) 暖 地 に 適 し いもち 病 抵 抗 性 に 優 れたイタリアンライグラス 品 種 さちあおば の 育 成 さちあおば によるいもち 病 抵 抗 性 の 改 良 ( 左 :ミナミアオバ 右 :さちあおば) さちあおば による 収 量 性 の 向 上 32

35 飼 料 作 物 増 産 地 域 気 象 作 付 体 系 適 品 種 選 雑 草 特 外 来 雑 草 防 除 大 切 省 力 化 不 耕 起 栽 培 技 術 開 発 進 飼 料 用 トウモロコシ 播 種 後 短 日 数 (90 日 前 後 ) 刈 取 極 早 生 品 種 ( 写 真 左 ) 収 穫 130 日 前 後 要 晩 生 品 種 ( 写 真 右 )100 以 上 品 種 市 販 組 合 利 用 播 種 作 業 の 大 幅 な 省 力 化 が 可 能 となる 不 耕 起 播 種 技 術 畑 耕 起 播 種 省 力 化 技 術 外 来 雑 草 の 防 除 技 術 の 開 発 主 要 外 来 雑 草 一 圃 場 蔓 延 様 子 通 常 播 種 時 除 草 剤 散 布 加 播 種 2~3 週 間 後 茎 葉 処 理 剤 散 布 発 生 抑 制 除 草 剤 の 散 布 方 法 の 改 善 33

36 牛 牧 草 飼 料 作 物 毎 日 与 必 要 刈 取 牛 喜 一 年 中 通 与 腐 貯 蔵 方 法 乾 乾 草 漬 物 ( ) 方 法 漬 物 乳 酸 菌 力 借 日 本 適 方 法 人 間 漬 物 牛 主 食 一 日 20kg30kg 食 牛 日 本 500 万 頭 牛 漬 物 東 京 25 杯 分 程 作 バンカーサイロ 最 近 写 真 増 圧 密 大 型 サイロ 空 気 入 腐 敗 圧 密 空 気 抜 新 空 気 入 必 要 写 真 入 物 牛 飼 的 大 型 地 下 式 サイロ 目 立 地 下 式 ( 写 真 / 左 下 ) 取 出 用 ( 写 真 / 左 上 ) 自 動 給 飼 ( 写 真 / 右 ) 使 用 飼 料 調 製 給 与 方 法 利 用 34

37 ロールベール 平 成 急 速 普 及 円 柱 状 握 牧 草 薄 包 北 海 道 観 光 掲 載 漬 物 牛 進 歩 下 写 真 最 近 日 本 開 発 進 歩 作 細 切 断 細 切 圧 密 良 効 美 味 漬 物 扌 ❶ 収 穫 作 業 ❺ 解 体 作 業 ❹ 運 搬 車 への 積 載 扌 扌 ❷ロール 排 出 ❸ 専 用 ラッパ 扌 35

38 米 消 費 量 減 使 田 増 水 田 使 乳 牛 肉 牛 飼 料 作 考 出 湿 地 育 飼 料 飼 料 用 皆 食 食 用 違 飼 料 用 特 別 品 種 改 良 食 用 違 背 丈 高 茎 葉 含 10a 当 生 3,000~5,000kg 取 茎 葉 全 部 乳 酸 発 酵 () 肉 牛 乳 牛 食 飼 料 自 給 率 高 日 本 取 組 韓 国 台 湾 関 心 高 湿 水 田 収 穫 易 飼 料 用 専 用 機 械 ( 左 : 右 : 収 穫 機 ) 開 発 農 薬 使 病 気 強 倒 特 徴 ( 左 : 食 用 品 種 右 : 飼 料 夢 ) 費 用 直 播 法 堆 肥 十 分 使 有 機 栽 培 行 輸 入 牧 草 引 取 栄 養 価 牛 喜 食 36

39 貯 蔵 中 の 肉 色 の 変 化 (ロース 部 ) 貯 蔵 6 日 目 (4 蛍 光 灯 下 ) 鳥 取 県 畜 産 農 協 京 都 生 協 協 力 飼 料 食 牛 肉 鳥 取 牛 販 売 天 然 E 豊 富 含 飼 料 食 脂 肪 酸 化 抑 肉 色 保 牛 肉 ( 写 真 飼 料 区 ( 左 ) 対 照 区 ( 右 )) 37

40 SPF 豚 発 育 遅 特 定 病 気 ( 病 豚 赤 痢 病 萎 縮 性 鼻 炎 肺 炎 ) 病 原 体 健 康 豚 SPF 豚 農 場 健 康 豚 生 産 加 農 場 病 気 侵 入 必 要 農 場 立 地 条 件 厳 基 準 設 共 農 場 外 周 設 置 人 農 場 入 場 合 全 身 洗 浄 厳 衛 生 管 理 実 施 特 定 疾 病 以 外 病 気 減 少 発 育 約 15% 早 抗 菌 性 物 質 使 用 低 減 良 好 腸 内 細 菌 生 育 臭 豚 肉 生 産 SPF 豚 生 産 の 仕 組 み 第 1 世 代 豚 作 出 農 場 豚 の 流 通 方 向 種 豚 増 殖 農 場 肉 豚 生 産 農 場 38

41 農 場 周 辺 他 養 豚 場 人 家 公 道 場 所 設 置 外 周 外 部 遮 断 人 車 両 立 入 制 限 場 内 入 車 両 消 毒 薬 噴 霧 人 全 身 洗 浄 専 用 衣 服 着 用 作 業 種 豚 SPF 豚 専 用 車 両 使 輸 送 SPF 豚 肉 の 特 性 良 好 腸 内 細 菌 多 SPF 豚 臭 原 因 考 VFA 濃 度 一 般 豚 低 示 ( 日 本 SPF 豚 協 会 HP 一 部 改 変 転 載 ) 一 般 消 費 者 150 名 の 肉 のおいしさに 関 するアンケート 結 果 結 果 SPF 豚 肉 柔 評 価 出 ( 日 本 SPF 豚 協 会 HP 一 部 改 変 転 載 ) 39

42 家 畜 糞 尿 排 泄 窒 素 環 境 汚 染 物 質 環 境 負 荷 少 生 産 性 ( 肉 生 産 ) 損 窒 素 家 畜 排 泄 量 少 努 力 1 窒 素 排 泄 量 を 少 なくする( 低 蛋 白 質 アミノ 酸 添 加 飼 料 ) 飼 料 中 質 含 有 量 少 不 するアミノ 酸 は 添 加 してさせる 分 な 酸 必 要 な 酸 扌 摂 取 窒 素 少 必 要 酸 不 足 扌 不 足 酸 添 付 扌 生 産 性 損 尿 中 窒 素 排 泄 量 少 2 1 日 当 たりの 窒 素 摂 取 量 と 窒 素 排 泄 量 (g) 消 化 吸 収 摂 取 量 4263 尿 中 排 泄 量 ( 利 用 量 ) 糞 中 排 泄 量 ( 消 化 量 )

43 3リン 排 泄 量 を 少 なくする(フィターゼ 添 加 飼 料 ) 飼 料 中 約 1000 単 位 /kg 添 加 糞 中 排 泄 量 40% 程 度 少 PO 4 PO 4 PO 4 PO 4 PO 4 PO 4 態 PO 4 扌 扌 扌 扌 飼 料 中 ( 酵 素 ) 添 加 PO 4 無 機 PO 4 PO 4 PO 4 PO 4 飼 料 原 料 中 態 多 家 畜 吸 収 糞 中 排 泄 ( 酵 素 ) 分 解 無 機 態 変 多 家 畜 吸 収 扌 生 産 性 損 糞 中 排 泄 量 少 41

44 家 畜 人 同 夏 人 汗 暑 弱 湿 度 影 響 受 人 低 温 度 暑 感 夏 乳 出 量 減 卵 産 死 家 畜 が 暑 さを 感 じ 始 める 温 度 牛 が 暑 さを 感 じ 始 める 温 度 は 約 19 豚 が 暑 さを 感 じ 始 める 温 度 は 約 22 鶏 が 暑 さを 感 じ 始 める 温 度 は 約 26 42

45 家 畜 の 夏 バテと 防 止 対 策 送 風 と 細 霧 が 基 本 温 湿 度 環 境 自 動 測 定 体 感 温 度 計 算 体 感 温 度 合 細 霧 送 風 機 自 動 制 御 機 能 性 塗 料 混 機 能 性 塗 料 日 射 反 射 熱 畜 舎 内 入 送 風 扇 風 機 細 霧 温 湿 度 送 風 細 霧 家 畜 周 空 気 冷 同 時 体 付 着 水 滴 蒸 発 体 冷 扇 風 機 送 風 細 霧 43

46 乳 牛 乳 子 牛 与 心 地 感 搾 乳 授 乳 本 能 利 用 作 業 沢 山 乳 牛 飼 酪 農 家 労 働 軽 減 乳 牛 心 地 搾 高 品 質 牛 乳 効 率 的 生 産 搾 乳 機 械 技 術 革 新 進 成 果 生 産 現 場 取 入 搾 乳 ユニット 自 動 搬 送 装 置 牛 舎 天 井 配 置 重 搾 乳 牛 自 動 的 運 装 置 1 人 作 業 者 1 時 間 50 頭 搾 乳 ミルキングパーラ 多 牛 同 時 搾 乳 出 来 搾 乳 専 用 施 設 搾 乳 前 牛 群 集 必 要 作 業 者 腰 必 要 衛 生 的 環 境 多 頭 数 能 率 的 搾 乳 出 来 搾 乳 ロボット 乳 牛 自 発 的 乳 搾 来 利 用 装 置 搾 乳 来 乳 牛 搾 乳 機 取 付 作 業 1 日 中 行 乳 牛 訪 問 易 飼 養 方 法 少 搾 方 研 究 進 44

47 方 式 搾 乳 牛 牛 舎 内 牛 舎 内 1 頭 分 休 息 清 潔 () 準 備 24 時 間 食 時 間 食 食 給 与 牛 牛 舎 内 自 由 歩 回 好 時 間 好 食 好 時 間 好 休 出 来 毎 日 朝 夕 方 牛 乳 搾 牛 集 フリーストール 式 牛 舎 中 央 部 分 牛 自 由 休 息 のんびり 休 憩 中 ミルキングパーラでの 搾 乳 風 景 搾 場 所 牛 自 分 歩 フリーストールでの 採 食 風 景 45

48 牛 牧 草 地 放 牧 草 好 食 放 牧 言 乳 牛 牛 舎 中 飼 場 合 飼 料 収 穫 貯 蔵 給 与 牛 舎 清 掃 排 泄 物 処 理 作 業 必 要 放 牧 作 業 省 人 楽 新 鮮 草 野 外 食 牛 健 康 良 効 果 期 待 いろいろな 乳 牛 の 放 牧 山 地 利 用 肥 料 使 行 放 牧 栄 養 価 高 若 草 食 高 乳 生 産 期 待 放 牧 栄 養 価 の 高 い 草 を 食 べさせる 放 牧 代 表 的 牛 飼 料 牧 草 栄 養 価 収 量 勘 案 一 時 収 穫 乾 草 貯 蔵 ( 自 給 飼 料 ) 放 牧 牧 草 生 長 間 新 伸 部 分 採 食 貯 蔵 飼 料 栄 養 価 高 栄 養 価 高 若 草 食 草 地 電 気 牧 柵 区 切 1~2 日 単 位 新 場 所 入 春 牧 草 成 長 早 短 若 草 維 持 難 刈 取 貯 蔵 放 牧 集 約 放 牧 飼 料 の 栄 養 価 主 要 な 自 給 飼 料 100 集 約 放 牧 80 TDN( 乾 物 中 % ) 従 来 の 放 牧 A B C 月 6 月 8 月 10 月 放 牧 草 TDNとは 家 畜 が 利 用 できるエネルギーの 単 位 で 値 が 大 きいほど 栄 養 価 が 高 い A: 牧 草 のサイレージ B:トウモロコシのサイレージ C: 飼 料 イネのサイレージ 46

49 ふれあい 牧 場 乳 牛 放 牧 風 景 安 与 動 物 触 直 接 与 効 果 期 待 各 地 域 牧 場 牧 場 山 作 白 黒 毛 色 種 種 飼 2.2% 放 牧 牛 乳 の 特 徴 放 牧 生 産 牛 乳 貯 蔵 飼 料 与 場 合 比 無 機 質 抗 作 用 共 役 酸 濃 度 高 0.7% 貯 蔵 飼 料 給 与 放 牧 牛 乳 脂 肪 酸 に 含 まれる 共 役 リノール 酸 の 割 合 (%) 47

50 全 国 中 山 間 地 域 過 疎 化 農 家 高 齢 化 耕 作 荒 放 題 畑 水 田 ( 耕 作 放 棄 地 ) 増 耕 作 放 棄 地 農 村 景 観 悪 田 畑 荒 野 生 動 物 住 処 生 活 人 々 生 産 活 動 生 活 環 境 悪 影 響 及 耕 作 放 棄 地 電 気 牧 柵 囲 牛 放 牧 雑 草 灌 木 元 農 地 戻 景 観 維 持 隠 場 所 失 野 生 動 物 田 畑 出 耕 作 放 棄 地 放 牧 に 必 要 なもの 電 気 牧 柵 水 塩 耕 作 放 棄 地 放 牧 始 電 気 牧 柵 について 電 気 牧 柵 柵 線 3 千 ~7 千 電 気 断 続 的 流 牛 触 感 電 牛 柵 線 触 感 電 学 習 柵 線 近 寄 柵 外 出 牧 柵 線 支 柱 水 水 槽 給 塩 台 放 牧 牛 出 入 口 太 陽 電 池 利 用 電 気 牧 柵 器 48

51 耕 作 放 棄 地 放 牧 地 域 状 況 応 工 夫 呼 名 小 規 模 移 動 放 牧 棚 田 放 牧 水 田 放 牧 様 々 小 規 模 移 動 放 牧 耕 作 放 棄 地 点 在 場 合 電 気 牧 柵 囲 間 移 動 放 牧 牛 運 搬 用 放 牧 地 A 放 牧 地 C 放 牧 地 B 棚 田 放 牧 水 田 放 牧 棚 田 放 牧 ( 写 真 左 ) 水 田 真 中 放 牧 ( 写 真 右 ) 放 牧 でよみがえった 景 観 放 牧 雑 草 灌 木 草 地 扌 雑 草 生 茂 放 牧 開 始 時 草 地 変 身 49

52 牛 豚 鶏 家 畜 尿 肥 料 成 分 有 機 物 含 生 尿 臭 気 強 不 潔 作 物 対 良 効 果 及 生 尿 堆 肥 変 必 要 生 尿 発 酵 堆 肥 ( 有 機 質 肥 料 ) 作 作 物 施 堆 肥 利 用 豊 実 家 畜 尿 有 機 質 資 源 資 源 循 環 型 社 会 実 現 1 家 畜 尿 肥 料 成 分 有 機 物 含 2 堆 肥 化 装 置 利 用 有 機 質 肥 料 作 牛 扌 豚 家 畜 尿 堆 肥 化 装 置 鶏 50

53 3 有 機 質 肥 料 循 環 利 用 4 豊 実 資 源 循 環 型 社 会 実 現 有 機 質 肥 料 扌 堆 肥 扌 15kg 入 300 円 窒 素 年 間 約 42 万 量 51

54 汚 水 浄 化 人 間 下 水 尿 浄 化 方 法 同 豚 出 汚 水 曝 気 槽 () 中 活 性 汚 泥 ( ) 名 前 微 生 物 浄 化 沈 殿 槽 ( ) 中 活 性 汚 泥 沈 上 水 水 河 川 放 流 環 境 汚 染 汚 水 を 浄 化 するしくみ 活 性 汚 泥 微 生 物 汚 水 浄 化 汚 水 ( 畜 舎 汚 水 ) 活 性 汚 泥 浄 化 活 性 汚 泥 沈 水 活 性 汚 泥 水 活 性 汚 泥 () 名 前 微 生 物 ( 顕 微 鏡 写 真 ) 曝 気 槽 中 汚 水 浄 化 能 力 曝 気 槽 () 空 気 送 槽 4 水 消 毒 河 川 放 流 水 質 沈 殿 槽 () 活 性 汚 泥 沈 槽 52

55 畜 舎 臭 気 抑 清 掃 尿 残 飼 舎 外 搬 出 換 気 良 空 気 舎 内 乾 燥 排 水 良 尿 混 合 敷 料 有 効 衛 生 上 注 意 必 要 舎 外 搬 出 尿 等 適 正 処 理 開 始 必 要 応 以 下 脱 臭 技 術 導 入 まずは こまめな 掃 除 から 密 閉 型 畜 舎 では 堆 肥 化 施 設 では 新 しい 技 術 も 開 発 中 53

56 牛 乳 肉 鶏 卵 私 人 間 必 要 栄 養 素 豊 富 含 重 要 食 品 畜 産 物 人 間 健 康 害 有 害 化 学 物 質 感 染 症 引 起 微 生 物 異 常 含 技 術 開 発 異 常 プリオンの 高 感 度 検 出 法 牛 海 綿 状 脳 症 (BSE) 診 断 肉 骨 粉 異 常 蛋 白 質 混 入 検 査 異 常 蛋 白 質 高 感 度 検 出 方 法 必 要 PMCA 法 方 法 異 常 蛋 白 質 増 幅 微 量 異 常 蛋 白 質 検 出 微 量 異 常 蛋 白 質 効 率 増 幅 自 動 増 幅 装 置 開 発 PrP c PrP Sc 正 常 (PrP C ) 異 常 模 式 図 (PrP Sc ) PCMA 法 模 式 図 自 動 増 幅 装 置 54

57 異 常 プリオン 蛋 白 質 を 無 毒 化 する 酵 素 異 常 蛋 白 質 通 常 消 毒 処 理 無 毒 化 蛋 白 質 分 解 酵 素 分 解 最 近 異 常 蛋 白 質 無 毒 化 酵 素 見 出 成 功 酵 素 応 用 異 常 蛋 白 質 汚 染 畜 場 器 具 効 率 消 毒 酵 素 食 中 毒 の 発 生 を 減 らす 食 中 毒 原 因 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 O157 牛 腸 内 生 息 牛 腸 内 大 腸 菌 O157 取 除 牛 肉 大 腸 菌 O157 汚 染 防 食 中 毒 発 生 減 大 腸 菌 (O157) 牛 肉 の 汚 染 を 防 ぐ 牛 粗 飼 料 ( 乾 草 ) 給 与 牛 腸 中 大 腸 菌 O157 糞 出 分 畜 場 出 荷 数 日 前 牛 乾 草 給 与 大 腸 菌 O157 糞 排 泄 減 少 牛 肉 汚 染 防 出 来 糞 大 腸 菌 (O157) 排 泄 量 推 移 55

58 高 病 原 性 鳥 清 浄 国 維 持 重 要 家 畜 伝 染 病 対 国 発 生 国 感 受 性 家 畜 畜 産 物 輸 入 禁 止 等 侵 入 防 止 策 共 通 常 伝 染 病 侵 入 監 視 行 侵 入 場 合 早 期 発 見 感 染 家 畜 殺 処 分 防 疫 措 置 発 生 農 場 病 原 体 消 滅 伝 染 病 国 内 蔓 延 防 止 大 切 伝 染 病 監 視 発 見 精 度 高 病 原 体 検 出 技 術 抗 体 検 出 技 術 開 発 応 用 重 要 家 畜 伝 染 病 発 生 備 国 特 定 家 畜 伝 染 病 防 疫 指 針 発 行 中 伝 染 病 診 断 法 蔓 延 防 止 措 置 法 等 定 鳥 分 離 発 育 鶏 卵 検 査 試 料 接 種 行 鳥 電 子 顕 微 鏡 写 真 粒 子 膜 被 消 毒 薬 熱 比 較 的 弱 70 加 熱 完 全 死 滅 100nm 56

59 鳥 抗 体 検 査 寒 天 内 沈 降 反 応 用 陽 性 血 清 (PS) 検 査 血 清 沈 降 線 場 合 (#1#2) 抗 体 陽 性 沈 降 線 場 合 (#3) 陰 性 判 定 鳥 抗 体 検 査 赤 血 球 凝 集 抑 制 試 験 用 本 法 特 定 流 行 株 感 染 状 況 調 査 場 合 使 用 高 病 原 性 鳥 発 生 発 見 場 合 早 農 場 病 原 体 消 滅 農 場 内 全 感 受 性 家 殺 処 分 埋 却 焼 却 発 酵 消 毒 動 物 舎 消 毒 徹 底 57

60 畜 産 技 術 話 発 行 日 2005 年 3 月 31 日 編 集 発 行 制 作 印 刷 所 社 団 法 人 畜 産 技 術 協 会 東 京 都 文 京 区 湯 島 3 丁 目 20 9 緬 羊 会 館 内 TEL: ( 代 ) FAX: jp/ 社 団 法 人 日 本 農 村 情 報 協 会 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 階 TEL: FAX: T-room.inc 藤 山 秀 子 株 式 会 社 東 京 印 書 館

61 執 筆 者 編 集 委 員 写 真 提 供 赤 木 悟 史 池 口 厚 男 池 田 哲 也 市 戸 万 丈 犬 丸 茂 樹 岩 村 祥 吉 永 西 修 川 島 知 之 菅 野 勉 櫛 引 史 郎 下 司 雅 也 佐 々 木 修 塩 谷 繁 重 田 一 人 進 藤 和 政 高 田 良 三 高 橋 繁 男 高 橋 博 人 手 島 茂 樹 野 寺 厚 栂 村 恭 子 羽 賀 清 典 長 谷 川 三 喜 平 野 貴 松 尾 守 展 水 野 和 彦 宮 崎 茂 山 口 成 夫 山 田 明 央 吉 田 宣 夫 代 永 道 裕 渡 邊 伸 也 渡 邊 敏 夫 小 川 増 弘 小 野 寺 聖 柏 崎 守 塩 谷 康 生 島 田 和 宏 高 橋 博 人 寺 田 文 典 羽 賀 清 典 針 生 程 吉 松 川 正 北 海 道 立 畜 産 試 験 場 岩 手 県 農 業 研 究 畜 産 研 究 所 千 葉 県 畜 産 総 合 研 究 長 野 県 畜 産 試 験 場 岐 阜 県 畜 産 研 究 所 熊 本 県 農 業 研 究 畜 産 研 究 所 ( 独 ) 農 業 生 物 系 特 定 産 業 技 術 研 究 機 構 ( 畜 産 草 地 研 究 所 動 物 衛 生 研 究 所 東 北 農 業 研 究 ) ( 独 ) 家 畜 改 良 ( 社 ) 家 畜 改 良 事 業 団 ( 社 ) 日 本 登 録 協 会 ( 社 ) 畜 産 技 術 協 会 附 属 動 物 遺 伝 研 究 所 ( 社 ) 日 本 種 鶏 孵 卵 協 会 ( 社 ) 日 本 養 豚 協 会 ( 株 ) 全 農 畜 産 ( 株 ) ( 有 )

62

63

64 社 団 法 人 畜 産 技 術 協 会 東 京 都 文 京 区 湯 島 3 丁 目 20 9 緬 羊 会 館 内 TEL: ( 代 ) FAX: ホームページ

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組 別 記 様 式 第 1 号 計 画 期 間 平 成 年 度 ~ 平 成 3 年 度 福 井 県 酪 農 肉 用 牛 生 産 近 代 化 計 画 書 平 成 3 年 3 月 福 井 県 目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持

More information

1

1 秋 田 県 家 畜 改 良 増 殖 計 画 平 成 28 年 3 月 1 Ⅰ 乳 用 牛 1 改 良 目 標 酪 農 経 営 の 安 定 化 と 生 乳 の 安 定 供 給 を 図 るため 優 良 な 種 雄 牛 を 選 抜 するための 後 代 検 定 と 雌 牛 の 能 力 測 定 を 行 う 牛 群 検 定 を 柱 とし 遺 伝 的 多 様 性 を 確 保 するとともに 能 力 体 型 の 両

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96>

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96> 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 25 年 度 当 初 版 ) 目 的 は 具 体 的 には 対 応 する 事 業 実 施 主 体 事 業 の 特 徴 又 は 窓 口 1 規 模 拡 大 を 共 同 利 用 牛 舎 一 般 予 算 図 る を 整 備 したい 強 い 農 業 づくり 交 付 金 公 社 農 協 都 道 府 県 協 業 法 人 経 営 の 開 始 に 伴 う 共

More information

家畜衛生ニュース-中央

家畜衛生ニュース-中央 中 央 家 畜 衛 生 通 信 第 65 号 平 成 25 年 8 月 発 行 岩 手 県 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 岩 手 県 中 央 家 畜 衛 生 協 議 会 目 次 家 畜 を 残 暑 から 守 りましょう 岩 手 県 牛 ヨーネ 病 防 疫 対 策 要 領 の 改 正 について 農 場 HACCP 興 味 のある 方 は 当 所 まで!! めん 羊 の 慢 性 銅 中 毒 1 3

More information

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」 資 料 2 生 ごみの 堆 肥 飼 料 利 用 に 関 するヒアリングについて 1. 概 要 飼 料 化 堆 肥 化 等 の 生 ごみ 利 用 について 食 品 製 造 工 場 から 排 出 されるものから 家 庭 から 排 出 されるものに 至 るまでの 生 ごみを 想 定 し 主 に 飼 料 堆 肥 のユーザー 側 の 関 係 団 体 にインタビュー 形 式 でヒアリングを 行 った インタビューでは

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

7 送 風 機 と 細 霧 装 置 の 併 用 送 風 と 噴 霧 とを 組 み 合 わせると より 効 果 的 4 畜 舎 環 境 をチェックしましょう! 畜 舎 内 に 温 度 計 や 湿 度 計 などを 設 置 したり 可 能 であれば 風 力 を 測 定 するなどして 畜 舎 環 境 の 実

7 送 風 機 と 細 霧 装 置 の 併 用 送 風 と 噴 霧 とを 組 み 合 わせると より 効 果 的 4 畜 舎 環 境 をチェックしましょう! 畜 舎 内 に 温 度 計 や 湿 度 計 などを 設 置 したり 可 能 であれば 風 力 を 測 定 するなどして 畜 舎 環 境 の 実 目 次 家 畜 の 生 産 性 を 落 とさないための 暑 熱 対 策 1 気 象 災 害 に 備 える 未 然 防 止 対 策 資 料 の 作 成 について 3 飼 養 衛 生 管 理 基 準 の 遵 守 について 6 平 成 26 年 度 畜 産 経 営 相 談 ( 畜 産 コンサルタント) 受 付 中 7 矢 板 家 畜 市 場 市 況 の 推 移 8 家 畜 の 生 産 性 を 落 とさないための

More information

イラスト(p1-2)

イラスト(p1-2) 1 自 給 飼 料 の 増 産 自 給 飼 料 生 産 で 飼 料 費 カット! 飼 料 生 産 面 積 を 拡 大! 購 入 乾 草 給 与 自 給 飼 料 給 与 飼 料 作 物 の 生 産 費 67 23 13 7 0 50 24 円 減! 資 材 費 労 賃 減 価 償 却 費 購 入 乾 草 費 乾 物 1kg 当 たりの 生 産 コストは 自 給 飼 料 輸 入 乾 草 43 円 < 67

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 4 ベストパフォーマンスを 発 揮 するための 7つの 疑 問 とその 解 決 すべき 課 題 について ~ 改 めて 確 認 してみよう 自 らの 繁 殖 飼 養 衛 生 管 理 ~ 1 なぜ 生 乳 生 産 量 が 減 少 しているのか? 2 なぜ 乳 用 牛 の 頭 数 が 減 少 しているのか? 3 なぜ 分 娩 事 故 や 子 牛 の 事 故 が 減 らないのか? 4 なぜ 乳 用

More information

Microsoft Word - 2.妊娠期の管理.doc

Microsoft Word - 2.妊娠期の管理.doc 2. 妊 娠 期 の 管 理 1) 妊 娠 鑑 定 超 音 波 検 査 による 妊 娠 鑑 定 の 実 施 時 期 1 妊 娠 ( 交 配 後 )14 日 目 受 胎 および 双 胎 の 有 無 の 確 認 2 妊 娠 ( 交 配 後 )16 日 目 胚 胞 の 発 育 状 態 の 確 認 シストとの 識 別 双 胎 の 有 無 の 確 認 不 受 胎 の 場 合 は 卵 胞 の 発 育 状 態 を

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し 第 4 鶏 2 章 信 州 黄 金 シャモ 衛 生 管 理 マニュアル 信 州 黄 金 シャモ 飼 育 の 統 一 基 準 で 定 められている 衛 生 管 理 は 下 記 の2 項 目 です 最 寄 りの 家 畜 保 健 衛 生 所 と 協 同 して 防 疫 対 策 に 取 り 組 んでください (1)サルモネラ 検 査 家 畜 保 健 衛 生 所 による 導 入 一 か 月 以 降 のロット 毎

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

目 次 1 位 置 気 象 1 2 沿 革 1 ~ 2 3 組 織 体 制 ( 1 ) 組 織 の 概 要 3 ( 2 ) 職 員 数 3 ( 3 ) 業 務 分 担 4 ~ 5 4 事 業 概 要 ( 1 ) 当 初 予 算 6 ( 2 ) 用 地 面 積 6 ( 3 ) 主 要 施 設 7 (

目 次 1 位 置 気 象 1 2 沿 革 1 ~ 2 3 組 織 体 制 ( 1 ) 組 織 の 概 要 3 ( 2 ) 職 員 数 3 ( 3 ) 業 務 分 担 4 ~ 5 4 事 業 概 要 ( 1 ) 当 初 予 算 6 ( 2 ) 用 地 面 積 6 ( 3 ) 主 要 施 設 7 ( 平 成 2 7 年 度 秋 田 県 畜 産 試 験 場 業 務 概 要 ( 平 成 2 7 年 4 月 ) 0 1 0-1 7 0 1 秋 田 県 大 仙 市 神 宮 寺 字 海 草 沼 谷 地 1 3-3 TEL 総 務 企 画 室 (0187) 72-2511 FAX 総 務 企 画 室 (0187) 72-4371 飼 料 家 畜 研 究 部 (0187) 72-3814 研 究 部 (0187)

More information

労 働 の 取 扱 い 等 の 改 正 を 行 った 平 成 10 年 には 農 業 における 労 働 実 態 をより 適 切 に 生 産 費 結 果 へ 反 映 させるため 家 族 労 働 評 価 について それまでの 男 女 別 評 価 から 男 女 同 一 評 価 ( 当 該 地 域 で 男

労 働 の 取 扱 い 等 の 改 正 を 行 った 平 成 10 年 には 農 業 における 労 働 実 態 をより 適 切 に 生 産 費 結 果 へ 反 映 させるため 家 族 労 働 評 価 について それまでの 男 女 別 評 価 から 男 女 同 一 評 価 ( 当 該 地 域 で 男 利 用 者 の た め に 1 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 畜 産 物 生 産 費 統 計 は 牛 乳 子 牛 乳 用 雄 育 成 牛 交 雑 種 育 成 牛 去 勢 若 齢 肥 育 牛 乳 用 雄 肥 育 牛 交 雑 種 肥 育 牛 ( 以 下 乳 用 雄 育 成 牛 及 び 交 雑 種 育 成 牛 を 育 成 牛 去 勢 若 齢 肥 育 牛 乳 用 雄 肥 育 牛 及 び 交

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 豚 繁 殖 呼 吸 障 害 症 候 群 (PRRS) 対 象 家 畜 : 豚 いのしし 原 因 : PRRSウイルスはプラス 一 本 鎖 RNAをゲノムとし 北 米 型 と 欧 州 型 の 二 つの 遺 伝 子 型 に 大 別 され 前 者 がより 強 毒 である 疫 学 : 1987 年 に 米 国 で 確 認 された 新 興 感 染 症 であり 世 界 中 に 拡 散 し 日 本 でも 北 米

More information

スライド 1

スライド 1 エコフィードの 取 組 み 事 例 平 成 2 5 年 1 1 月 エコフィードの 取 り 組 み 事 例 一 覧 No. エコフィード 製 造 事 業 者 名 所 在 地 エコフィード 原 料 対 象 家 畜 担 当 農 政 局 等 問 い 合 わせ 先 1 ( 株 ) 日 本 フードエコロジー センター 神 奈 川 県 食 品 製 造 副 産 物 ( 製 パン 屑 製 麺 屑 等 ) 余 剰 食

More information

2 酪 農 基 盤 を フ リ ー ス ト ー 強 化 したい ル 牛 舎 やミル 畜 産 クラスター 関 連 事 業 公 社 農 協 畜 産 クラスター 計 画 に 定 められ キ ン グ パ ー ラ 都 道 府 県 等 た 中 心 的 な 経 営 体 に 対 し 畜 舎 ーを 整 備 した の

2 酪 農 基 盤 を フ リ ー ス ト ー 強 化 したい ル 牛 舎 やミル 畜 産 クラスター 関 連 事 業 公 社 農 協 畜 産 クラスター 計 画 に 定 められ キ ン グ パ ー ラ 都 道 府 県 等 た 中 心 的 な 経 営 体 に 対 し 畜 舎 ーを 整 備 した の 酪 農 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 27 年 度 当 初 版 6/9 時 点 ) 簡 単 検 索 キーワードと 記 載 ページ(あいうえお 順 ) 稲 WCS(7p) 衛 生 (15p 16p) エコフィード(10p) 改 良 (5p) 加 工 販 売 施 設 (11p) 簡 易 牛 舎 (2p) 環 境 (14p 15p) 機 械 導 入 ( 生 産 性 向 上 )(4p) 機 械

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

別 記 第 1-2 号 様 式 番 号 年 月 日 〇 〇 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 事 業 実 施 主 体 (コンソーシアム 名 ) 代 表 者 氏 名 印 平 成 〇 年 度 次 世 代 施 設 園 芸 導 入 加 速 化 支 援 事 業 のうち 拠 点 整 備 事 業

別 記 第 1-2 号 様 式 番 号 年 月 日 〇 〇 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 事 業 実 施 主 体 (コンソーシアム 名 ) 代 表 者 氏 名 印 平 成 〇 年 度 次 世 代 施 設 園 芸 導 入 加 速 化 支 援 事 業 のうち 拠 点 整 備 事 業 別 記 第 1 号 様 式 番 号 年 月 日 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 市 町 村 長 氏 名 印 強 い 農 業 づくり 事 業 ( ) 画 承 認 申 請 書 強 い 農 業 づくり 事 業 補 助 金 交 付 事 務 取 扱 要 領 ( 平 成 17 年 7 月 15 日 付 け 支 援 第 432 号 北 海 道 農 政 部 長 通 知 ) 第 2に 基 づき 関

More information

ニュースリリース

ニュースリリース ニュースリリース 畜 産 経 営 要 因 分 析 平 成 26 年 3 月 12 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 飼 料 高 騰 下 でも を 実 現 する 畜 産 経 営 生 産 性 向 上 やコスト 削 減 努 力 経 営 面 でも 工 夫 ~ 畜 産 経 営 の 要 因 分 析 調 査 結 果 ~ < 要 旨 > 我 が 国 の 畜 産 経 営 では 飼 料 費 が 経 営

More information

Microsoft Word - 漬物の衛生規範

Microsoft Word - 漬物の衛生規範 漬 物 の 衛 生 規 範 ( 平 成 24 年 10 月 12 日 改 正 ) 第 1 目 的 及 び 趣 旨 本 規 範 は 漬 物 に 係 る 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため その 原 材 料 の 受 入 れから 製 品 の 販 売 までの 各 工 程 における 取 扱 い 等 の 指 針 を 示 し 漬 物 に 関 する 衛 生 の 確 保 及 び 向 上 を 図

More information

初 産 乳 牛 移 行 期 の 飼 養 管 理 表 題 未 定 示 した. TMR 原 料 をミキサーで 混 合 した 後, 細 断 型 ロー ルベーラーにより 成 型 梱 包 後 にラッピングを 行 い,3 週 間 以 上 静 置 したものを 発 酵 TMR として 給 与 した.また, 搾 乳

初 産 乳 牛 移 行 期 の 飼 養 管 理 表 題 未 定 示 した. TMR 原 料 をミキサーで 混 合 した 後, 細 断 型 ロー ルベーラーにより 成 型 梱 包 後 にラッピングを 行 い,3 週 間 以 上 静 置 したものを 発 酵 TMR として 給 与 した.また, 搾 乳 秋 田 畜 試 研 報 Bull.Akit Pref.Livest,Exp.Stn.28. 6~12 2014 初 産 乳 牛 の 移 行 期 に 適 した 飼 料 の 段 階 的 増 給 法 及 び 繋 留 条 件 の 検 討 ( 第 2 報 ) 緒 言 材 料 および 方 法 初 産 乳 牛 移 行 期 の 飼 養 管 理 表 題 未 定 示 した. TMR 原 料 をミキサーで 混 合 した

More information

Taro-H21.05(改正).jtd

Taro-H21.05(改正).jtd 5. 養 豚 農 家 濃 密 指 導 による 経 営 改 善 事 例 豊 後 大 野 家 畜 保 健 衛 生 所 丸 山 信 明 芦 刈 美 穂 里 秀 樹 廣 瀬 英 明 1. 農 家 の 概 要 平 成 7 年 度 に 県 の 指 導 により 農 場 から 食 卓 へ をキャッチフレ-ス に 有 名 な 料 理 研 究 家 を 招 いて 養 豚 生 産 者 3 戸 が 共 同 でハム 加 工 販

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

5 ウイルス行政検査について

5 ウイルス行政検査について 5 ウイルス 行 政 検 査 について 平 成 12 年 5 月 8 日 健 医 感 発 第 43 号 各 都 道 府 県 ( 政 令 市 特 別 区 ) 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 省 保 健 医 療 局 結 核 感 染 症 課 長 標 記 については 昭 和 42 年 10 月 20 日 衛 防 第 50 号 厚 生 省 公 衆 衛 生 局 防 疫 課 長 通 知 により 実

More information

昭和62年度目本獣医公衆衛生学会講演要旨

昭和62年度目本獣医公衆衛生学会講演要旨 4~5 月 1~2 月 で 0.11-0.19%, T@-R18は 14-19 頭,その 他 は 4~8 頭. また, 出 産 の 重 なった 昭 和 61 年 4~5 (* 北 海 道 銀 11 路 保 -~II 路 市 花 園 町 8-6) 年 8 月 ~62 年 4 月 に, 北 海 ミートと 畜 場 に 搬 入 された 某 養 豚 場 の 6~7 カ 月 齢 肉 豚 に 継 続 的 に 発

More information

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直 大 雨 時 の 農 作 物 被 害 軽 減 対 策 平 成 18 年 (2006 年 )6 月 26 日 農 業 振 興 課 Ⅰ 水 稲 1 大 雨 時 の 対 策 (1) 移 植 後 分 げつ 初 期 の 水 稲 は 深 水 となると 著 しい 分 げつ 抑 制 を 受 けるの で 深 水 状 態 が 長 く 続 かないようにす (2) 大 雨 が 予 想 される 場 合 は 除 草 剤 の 使

More information

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高 1.VS34( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VS34は 生 きた 微 生 物 群 で バーミキュライト( 蛭 石 )に 放 線 菌 細 菌 糸 状 菌 酵 母 等 の 有 効 微 生 物 を 培 養 吸 着 した 総 合 的 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 堆 肥 ボカシ 肥 料 づくり 3 連 作 障 害 対 策

More information

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二 食 品 衛 生 法 施 行 条 例 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 条 例 は 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 二 百 三 十 三 号 以 下 法 という )の 施 行 に ついて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 食 品 衛 生 検 査 施 設 の 設 備 及 び 職 員 の 配 置 の 基 準 ) 第 二 条 食 品 衛 生 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

非化膿性脳脊髄炎を主徴とする山羊関節炎・脳脊髄炎のウイルス学的分析

非化膿性脳脊髄炎を主徴とする山羊関節炎・脳脊髄炎のウイルス学的分析 西 讃 地 域 における 乳 質 改 善 の 取 り 組 み 西 部 家 畜 保 健 衛 生 所 西 讃 支 所 高 橋 茂 隆 小 野 耕 一 澤 野 一 浩 真 鍋 圭 哲 1. はじめに 近 年 食 の 安 全 安 心 とともに 牛 乳 の 消 費 低 下 も 加 わって 酪 農 家 には 良 質 な 生 乳 の 生 産 が 求 められて いる そのため 乳 質 の 中 でも 体 細 胞 数

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

Taro-8671.jtd

Taro-8671.jtd 平 成 21 年 3 23 日 報 8671 章 平 成 21 年 3 23 日 8671 目 ページ 財 部 正 計 課 2 告 示 監 視 伝 染 病 検 査 命 令 畜 産 課 3 4 家 畜 注 射 実 施 4 公 告 河 川 整 備 計 画 変 更 原 案 河 川 課 5 河 川 整 備 計 画 変 更 係 縦 覧 7 1 2 財 部 正 公 布 平 成 年 日 知 大 澤 正 明 財 部

More information

都府県酪農緊急経営強化対策事業実施要綱(案)

都府県酪農緊急経営強化対策事業実施要綱(案) 別 添 1 酪 農 生 産 基 盤 強 化 事 業 第 1 事 業 実 施 主 体 この 事 業 の 事 業 実 施 主 体 は 平 成 28 年 度 畜 産 業 振 興 事 業 に 係 る 公 募 要 領 ( 平 成 28 年 1 月 15 日 付 け 27 農 畜 機 第 4499 号 )により 応 募 した 者 から 選 定 された 者 ( 以 下 公 募 団 体 という )とする 第 2 事

More information

2 繁 殖 基 盤 を 離 農 農 場 を 強 化 した 活 用 して 規 模 畜 産 クラスター 関 連 事 業 民 間 団 体 農 協 や 公 社 等 が 買 入 れ 又 は 借 入 (つづき) 拡 大 した した 離 農 跡 地 等 におて 畜 舎 畜 産 企 画 課 推 進 班 等 の 補

2 繁 殖 基 盤 を 離 農 農 場 を 強 化 した 活 用 して 規 模 畜 産 クラスター 関 連 事 業 民 間 団 体 農 協 や 公 社 等 が 買 入 れ 又 は 借 入 (つづき) 拡 大 した した 離 農 跡 地 等 におて 畜 舎 畜 産 企 画 課 推 進 班 等 の 補 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 27 年 度 版 6/9 時 点 ) 簡 単 検 索 キーワードと 記 載 ページ(あうえお 順 ) 稲 WCS(6p) 衛 生 (14p 15p) エコフィード(9p) 改 良 (5p) 加 工 販 売 施 設 (10p 11p) 家 畜 市 場 (9p) 簡 易 牛 舎 (2p) 環 境 (13p 14p) 機 械 導 入 ( 生 産 性

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

ニュースリリース

ニュースリリース ニュースリリース 畜 産 経 営 要 因 分 析 平 成 2 6 年 3 月 19 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 飼 料 高 騰 下 でも を 実 現 する 畜 産 経 営 やコスト 削 減 努 力 経 営 面 でも 工 夫 ~ 畜 産 経 営 の 要 因 分 析 調 査 結 果 ~ < 要 旨 > 我 が 国 の 畜 産 経 営 では 飼 料 費 が 経 営 コストの4 割

More information

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73>

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73> デゾレートA( 水 溶 剤 ), 北 興 化 学 工 業 株 式 会 社, 3031-04, 015/10/06, 1/6 作 成 日 014 年 08 月 05 日 改 訂 日 015 年 10 月 06 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 FAX 番 号 緊 急 連 絡 電

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

gomi

gomi 春 日 井 市 告 示 第 52 号 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 ( 昭 和 45 年 法 律 第 137 号 以 下 廃 棄 物 処 理 法 という ) 第 6 条 第 1 項 の 規 定 により 平 成 27 年 度 一 般 廃 棄 物 処 理 実 施 計 画 を 定 めたの で 春 日 井 市 廃 棄 物 の 減 量 及 び 適 正 処 理 に 関 する 条

More information

( 記 入 方 法 ) 様 式 -1 未 来 農 業 のフロンティア 育 成 研 修 受 講 申 請 書 1 申 請 ( 本 人 が 提 出 する) 年 月 日 住 所 ( 番 地 記 入 ) 氏 名 を 記 入 し 捺 印 する 2 研 修 コース 募 集 7コースの 作 物 野 菜 花 き 酪

( 記 入 方 法 ) 様 式 -1 未 来 農 業 のフロンティア 育 成 研 修 受 講 申 請 書 1 申 請 ( 本 人 が 提 出 する) 年 月 日 住 所 ( 番 地 記 入 ) 氏 名 を 記 入 し 捺 印 する 2 研 修 コース 募 集 7コースの 作 物 野 菜 花 き 酪 様 式 集 等 ページ 記 入 方 法 5 様 式 -1 未 来 農 業 のフロンティア 育 成 研 修 受 講 申 請 書 7 ( 受 講 希 望 者 ) 様 式 -2 未 来 農 業 のフロンティア 育 成 研 修 希 望 者 カード 8 ( 受 講 希 望 者 ) 様 式 -3 健 康 診 断 書 10 ( 受 講 希 望 者 が 医 療 機 関 へ 依 頼 して 作 成 ) 様 式 -4 作

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

木 質 バイオマスエネルギー 利 用 促 進 協 議 会 利 用 部 会 資 料 資 料 平 成 22 年 8 月 31 日 ( 火 ) 14:00~16:00 工 業 技 術 センター 2F 第 1 研 修 室 Ⅰ, 燃 焼 灰 の 処 理 利 用 についての 概 要 Ⅱ, 事 業 活 動 から

木 質 バイオマスエネルギー 利 用 促 進 協 議 会 利 用 部 会 資 料 資 料 平 成 22 年 8 月 31 日 ( 火 ) 14:00~16:00 工 業 技 術 センター 2F 第 1 研 修 室 Ⅰ, 燃 焼 灰 の 処 理 利 用 についての 概 要 Ⅱ, 事 業 活 動 から 高 知 県 木 質 バイオマスエネルギー 利 用 促 進 協 議 会 第 2 回 利 用 部 会 日 時 : 平 成 22 年 8 月 31 日 ( 火 )14:00~16:00 場 所 : 工 業 技 術 センター 2 階 第 1 研 修 室 会 次 第 1 開 会 2 出 席 者 紹 介 3 協 議 (1) 事 業 活 動 から 排 出 される 燃 焼 灰 の 法 的 な 規 制 について (

More information

< F2D D312D AC28BAB95DB9153>

< F2D D312D AC28BAB95DB9153> Ⅵ 環 境 保 全 型 農 業 と 土 壌 管 理 1 有 機 質 肥 料 の 利 用 技 術 (1) 水 田 での 利 用 技 術 ア 有 機 質 肥 料 の 種 類 と 特 性 (ア) 有 機 質 肥 料 の 施 用 効 果 有 機 質 肥 料 は 肥 料 取 締 法 では 植 物 油 かす 類 魚 肥 類 骨 粉 類 肉 かす 粉 末 等 の 動 植 物 質 の 普 通 肥 料 をいう 土 壌

More information

Microsoft Word - 表紙

Microsoft Word - 表紙 平 成 28 年 度 畜 産 行 政 の 概 要 平 成 28 年 8 月 鳥 取 県 農 林 水 産 部 農 業 振 興 戦 略 監 畜 産 課 目 次 Ⅰ 鳥 取 県 の 畜 産 の 現 状 1 Ⅱ 平 成 28 年 度 畜 産 関 係 予 算 の 概 要 9 1 県 及 び 農 林 水 産 部 予 算 の 概 要 9 2 畜 産 関 係 予 算 の 総 括 9 3 平 成 28 年 度 畜 産

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

Microsoft Word - 発表要旨(宮城)2013.10.1.doc

Microsoft Word - 発表要旨(宮城)2013.10.1.doc 家 族 と 経 営 改 善 宮 城 県 刈 田 郡 七 ヶ 宿 町 : 櫻 井 章 子 1. 経 営 の 経 過 昭 和 24 年 祖 父 ( 初 代 )が 酪 農 を 始 める 50 年 祖 父 と 父 が 牛 舎 を 建 築 して 飼 養 頭 数 を 10 頭 に 増 やす 52 年 父 (2 代 目 )が 就 農 してデントコーンの 作 付 けを 始 める 57 年 自 給 飼 料 の 通 年

More information

家 畜 感 染 症 学 会 誌 1 巻 2 号 2012 子 牛 の 栄 養 と 感 染 症 中 IgG 濃 度 と 血 清 総 蛋 白 (r = 0.659)やγ- グ ルタミルトランスフェラーゼ(r = 0.587)と の 間 には 1% 水 準 で 有 意 な 相 関 があり 初 乳 摂 取

家 畜 感 染 症 学 会 誌 1 巻 2 号 2012 子 牛 の 栄 養 と 感 染 症 中 IgG 濃 度 と 血 清 総 蛋 白 (r = 0.659)やγ- グ ルタミルトランスフェラーゼ(r = 0.587)と の 間 には 1% 水 準 で 有 意 な 相 関 があり 初 乳 摂 取 総 説 福 島 護 之 兵 庫 県 立 農 林 水 産 技 術 総 合 センター 北 部 農 業 技 術 センター ( 669 5254 兵 庫 県 朝 来 郡 和 田 山 町 安 井 123) [はじめに] 子 牛 の 感 染 症 を 考 えると 飼 養 管 理 失 宜 による 子 牛 の 栄 養 不 足 に 伴 う 罹 患 が 多 く 見 受 けられる ことから 哺 乳 期 の 栄 養 管 理

More information

肝機能検査の基礎

肝機能検査の基礎 肝 機 能 検 査 の 基 礎 刈 谷 豊 田 総 合 病 院 臨 床 検 査 科 大 島 彩 肝 臓 の 特 徴 と 働 き 特 徴 人 体 の 代 謝 能 の 中 枢 大 きな 予 備 能 と 再 生 能 を 有 する ( 正 常 肝 の 場 合 6/7を 切 除 しても 肝 機 能 は 正 常 に 働 く!!) 働 き 1 代 謝 機 能 (グルコース アミノ 酸 脂 肪 酸 など) 2 胆

More information

Ⅴ 導 入 プロセス 1 導 入 手 順 肉 牛 を 開 始 するとしたら( 初 期 投 資 運 転 資 金 かかる) 導 入 頭 数 別 の 経 営 収 支 初 年 目 2 年 3 年 4 年 5 年 6 年 7 年 8 年 10 頭 導 入 繁 殖 牛 頭 10 10 10 10 10 10 1

Ⅴ 導 入 プロセス 1 導 入 手 順 肉 牛 を 開 始 するとしたら( 初 期 投 資 運 転 資 金 かかる) 導 入 頭 数 別 の 経 営 収 支 初 年 目 2 年 3 年 4 年 5 年 6 年 7 年 8 年 10 頭 導 入 繁 殖 牛 頭 10 10 10 10 10 10 1 Ⅳ 和 牛 を 取 り 入 れた 経 営 の 経 済 性 1 経 営 収 支 宗 谷 肉 牛 ( 黒 毛 繁 殖 ) 経 営 指 標 総 括 類 型 1 類 型 2 類 型 3 類 型 4 類 型 5 高 齢 者 雇 用 促 進 肉 牛 専 業 経 営 乳 肉 複 合 ( 経 産 牛 50 頭 ) 乳 肉 移 行 ( 経 産 牛 40 頭 ) 20 頭 80 頭 110 頭 肉 牛 20 頭 借 腹

More information

気血津液学説: :奈良上眞作成

気血津液学説: :奈良上眞作成 大 阪 医 療 技 術 学 園 専 門 学 校 東 洋 医 療 技 術 教 員 養 成 学 科 講 義 ノート 気 血 津 液 学 説 気 ( 簡 略 解 説 ) 奈 良 上 眞 参 考 文 献 呉 敦 序 主 編 : 中 医 基 礎 理 論, 上 海 科 学 技 術 出 版 社,1995, 中 国 上 海. 気 血 津 液 気 血 津 液 人 体 の 生 命 活 動 を 維 持 する 基 本 物

More information

Microsoft Word - H26合体版【H260106】1.doc

Microsoft Word - H26合体版【H260106】1.doc ノロウイルスによる 食 中 毒 感 染 症 は 感 染 後 1 日 から 2 日 の 潜 伏 期 間 の 後 に 下 痢 腹 痛 吐 気 嘔 吐 などを 引 き 起 こす 疾 患 です ノロウイルスは 乾 燥 に 強 く また 消 毒 用 アルコールの 効 果 がないことから 次 亜 塩 素 酸 や 85 度 ~90 度 90 秒 間 以 上 の 加 熱 等 の 消 毒 が 必 要 ですが 不 適

More information

Microsoft Word - ★【通知】「大量調理施設衛生管理マニュアル」の改正について(番号入り)

Microsoft Word - ★【通知】「大量調理施設衛生管理マニュアル」の改正について(番号入り) 食 安 発 1022 第 10 号 平 成 25 年 10 月 22 日 都 道 府 県 知 事 各 保 健 所 設 置 市 長 殿 特 別 区 長 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 食 品 安 全 部 長 ( 公 印 省 略 ) 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マニュアル の 改 正 について 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マニュアル については 大 規 模 食 中 毒 対

More information

Microsoft Word - MSDS A3H.doc

Microsoft Word - MSDS A3H.doc Mediracs P/N MPH090015 Co.,Ltd. MS090015_201004ver2 別 化 学 物 質 等 安 全 データシート (MSDS MSDS) 製 名 : 4%テトラヒドロフラン 溶 液 MSDS 称 品 : 番 整 号 N 理 : 末 番 端 MPH090015 号 プロテインシーケンス : MS090015_201004ver2 用 試 薬 A3H 1. 製 品 及

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等 伊 賀 市 浄 化 センター 第 1 処 理 場 委 託 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 伊 賀 市 ( 以 下 市 という ) 浄 化 センター 第 1 処 理 場 の 運 転 管 理 業 務 に 関 し 適 正 に 委 託 業 務 を 行 うため 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 名 称 及 び 履 行

More information

栃木県酪肉近代化計画1

栃木県酪肉近代化計画1 計 画 期 間 平 成 28 年 度 ~ 平 成 37 年 度 栃 木 県 酪 農 肉 用 牛 生 産 近 代 化 計 画 書 平 成 28 年 3 月 栃 木 県 目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 をめぐる 近 年 の 情 勢 の 変 化 1 2 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 競 争 力 の 強

More information

~ 住 所 等 変 更 のご 連 絡 のお 願 い \~.~ 畢 井 健 23 ~1 月 15 日 の 2 カ 月 間 であったが, 月 1 日 ~1 月 31 日 の 3 カ 月 間 に 変 更 された)にかけて 容 液 の ph は 6.27~7.06,アンモニア 農 度 は 3.00~8.01 mg/dl,プロトゾア 数 は 14.2~17.9X105/ が 体 重 当 たり 2.3~2.8%

More information

産業廃棄物最終処分量削減目標の達成状況について

産業廃棄物最終処分量削減目標の達成状況について 日 本 経 団 連 環 境 自 主 行 動 計 画 循 環 型 社 会 形 成 編 全 国 清 涼 飲 料 工 業 会 2011 年 度 以 降 の 目 標 < 産 業 廃 棄 物 最 終 処 分 量 > 最 終 処 分 量 3,000t 以 下 とする(2000 年 度 比 約 74% 削 減 ) < 業 種 別 独 自 目 標 > 再 資 源 化 率 99% 以 上 を 維 持 する 1. 目

More information

循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは ---

循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは --- 循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは ------------------------------------------------------------------------

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087448AFA8CC090DD92E882CC837C83438393836781695031398160503335816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087448AFA8CC090DD92E882CC837C83438393836781695031398160503335816A2E646F63> 期 限 設 定 の ポ イ ン ト はじめに はじめに 期 限 表 示 には 次 の2とおりの 表 示 方 法 があります 用 語 消 費 期 限 賞 味 期 限 定 められた 方 法 により 保 存 した 場 合 定 義 意 味 腐 敗 変 敗 その 他 の 品 質 の 劣 化 に 伴 い 安 全 性 を 欠 くこととなるおそれがな いと 認 められる 期 限 を 示 す 年 月 日 をい う 品

More information

Microsoft Word - 2007.04村田.doc

Microsoft Word - 2007.04村田.doc 豊 浦 獣 医 科 クリニック 村 田 知 下 痢 症 対 策 まずは 環 境 対 策 から はじめに なぜ 動 物 は 下 痢 をするのでしょ 表 1: 下 痢 の 発 生 機 序 うか 実 はこの 下 痢 という 現 象 は ウイルス 感 染 による 発 熱 と 同 じよ うな もともとは 体 を 守 るための 生 体 防 御 反 応 の1つです 通 常 ヒトでは 1 日 に 約 9l の 水

More information

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療 資 料 5 筑 後 市 立 病 院 概 要 平 成 22 年 度 版 視 察 団 体 埼 玉 県 東 松 山 市 市 議 会 視 察 日 平 成 17 年 10 月 20 日 ( 木 ) 筑 後 市 立 病 院 目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3.

More information

農用地利用計画の変更について(H26.10一部改正)

農用地利用計画の変更について(H26.10一部改正) 農 用 地 利 用 計 画 の 変 更 マニュアル 平 成 25 年 7 月 策 定 平 成 26 年 4 月 一 部 改 正 平 成 26 年 10 月 一 部 改 正 長 岡 市 農 林 部 農 振 除 外 ( 農 用 地 区 域 からの 除 外 ) 又 は 用 途 変 更 ( 例 : 農 機 具 格 納 庫 等 の 建 築 を 目 的 とし た 農 業 用 施 設 用 地 への 用 途 区 分

More information

第29回 東京大学農学部公開セミナー

第29回 東京大学農学部公開セミナー 東 京 大 学 農 学 部 公 開 セミナー 第 48 回 食 卓 を 彩 る 農 学 研 究 講 演 要 旨 集 ~~~~~~~~~~ プログラム ~~~~~~~~~~ 開 会 の 挨 拶 13:3 5 ~ 1 4 : 2 5 和 食 の 中 心 ~ 米 と 魚 水 圏 生 物 科 学 専 攻 教 授 潮 秀 樹 休 憩 ( 10 分 ) 1 4 : 3 5 ~ 1 5 : 2 5 肉 こそ 豊

More information

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc 環 境 負 荷 低 減 をめざした 水 稲 栽 培 技 術 の 体 系 化 と GIS を 利 用 した 負 荷 予 測 モデルによる 検 証 - 先 端 技 術 を 活 用 した 農 林 水 産 研 究 高 度 化 事 業 の 研 究 成 果 報 告 - 滋 賀 県 農 業 技 術 振 興 センター( 研 究 総 括 者 ) 柴 原 藤 善. 研 究 の 概 要 近 畿 地 域 では 4 万 人

More information

家 畜 衛 生 情 報

家 畜 衛 生 情 報 564 号 家 畜 衛 生 情 報 東 部 地 域 畜 産 経 営 技 術 推 進 指 導 協 議 会 富 山 県 東 部 家 畜 保 健 衛 生 所 第 57 回 全 国 家 畜 保 健 衛 生 業 績 発 表 会 開 催 さ れる 西 部 地 域 畜 産 経 営 技 術 推 進 指 導 協 議 会 富 山 県 西 部 家 畜 保 健 衛 生 所 1 アジア 地 域 の 疾 病 発 生 情 報 野

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

12 秋 田 県 畜 産 試 験 場 研 究 報 告 第 27 号 (2013) 給 与 量 (6) 初 産 牛 への 配 合 飼 料 最 大 給 与 量 (7) これまで 経 験 した 初 産 牛 の 事 故, 疾 病 (8) 初 妊 牛 導 入 について 結 果 および 考 察 1. 県 内 に

12 秋 田 県 畜 産 試 験 場 研 究 報 告 第 27 号 (2013) 給 与 量 (6) 初 産 牛 への 配 合 飼 料 最 大 給 与 量 (7) これまで 経 験 した 初 産 牛 の 事 故, 疾 病 (8) 初 妊 牛 導 入 について 結 果 および 考 察 1. 県 内 に 秋 田 畜 試 研 報 Bull.Akita.Pref.Livest,Exp.stn.27.11~16 2013 11 初 産 乳 牛 の 移 行 期 に 適 した 飼 料 の 段 階 的 増 給 法 及 び 繋 留 条 件 の 検 討 ( 第 1 報 )- 乳 用 牛 の 県 内 フィールド 調 査 から - 加 藤 真 姫 子 渡 邊 潤 佐 藤 寛 子 要 約 初 産 牛 の 移 行 期 は,

More information

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc じん 臓 機 能 障 害 (1 級 3 級 4 級 ) じん 臓 は 体 の 適 切 な 水 分 量 や 必 要 な 塩 分 量 の 調 節 老 廃 物 の 排 泄 血 圧 や 血 液 成 分 の 数 時 間 から 数 日 にわたる 比 較 的 緩 やかな 継 続 的 な 調 節 を 主 な 機 能 としてしている この 機 能 に 障 害 があると 体 内 の 水 分 量 や 塩 分 の 調 節

More information

国営農地開発事業の概要

国営農地開発事業の概要 Ⅲ 大 邑 地 区 の 概 要 1 地 区 の 概 要 本 地 区 は 島 根 県 のほぼ 中 央 部 に 位 置 する 大 田 市 及 び 邑 智 郡 美 郷 町 にあり 東 には 標 高 1,126m の 三 瓶 山 西 に 808m の 大 江 高 山 があって これを 主 峰 とする 連 山 に 囲 まれていることから 平 担 地 に 乏 しく 全 体 の 80%が 山 林 原 野 で 耕

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

表紙_責了.indd

表紙_責了.indd 2012 Vol. 36 環 境 都 市 宣 言 シンボルマーク 稚 内 市 では 生 ごみや 下 水 汚 泥 を 微 生 物 の 発 酵 により 減 容 すると 共 に 発 生 するバイオガスを 回 収 してエネルギーとして 活 用 するため 稚 内 市 バイオエネルギーセンターを 整 備 しました この 施 設 では 生 ごみ(4,200トン/ 年 ) 下 水 汚 泥 (2,100トン/ 年 )を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63> 付 属 入 出 金 取 引 の 一 覧 表 (Version Version4.1 以 降 ) 第 1 章 出 金 取 引 の 一 覧 表 税 に 記 載 されているものは 消 費 税 の 課 税 情 報 です 課 課 税 仕 入 不 不 課 税 仕 入 非 非 課 税 仕 入 [ 資 金 移 動 ]--- 取 引 内 容 区 分 借 方 勘 定 科 目 税 青 色 決 算 科 目 預 金 の 場

More information

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊 地 域 の 環 境 保 全 と 循 環 型 社 会 づくり に 貢 献 します!! NEDO 新 エネルギーフィールドテスト 事 業 浮 遊 外 熱 式 高 カロリーガス 化 システム 設 置 風 景 2009 年 3 月 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929の2 ( 有 ) 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター TEL 0942-83-4069 ( 代 表 ) ホームページアドレス http://www.tosukan.co.jp

More information

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に 別 紙 24 基 準 感 染 防 止 対 策 地 域 連 携 加 算 チェック 項 目 表 A: 適 切 に 行 われている あるいは 十 分 である B: 適 切 に 行 われているが 改 善 が 必 要 あるいは 十 分 ではない C: 不 適 切 である あるいは 行 われていない X: 判 定 不 能 ( 当 該 医 療 機 関 では 実 施 の 必 要 性 がない 項 目 確 認 が 行

More information

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358>

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358> 養 豚 管 理 における 暑 熱 ストレスの 影 響 と 効 果 的 対 策 の 検 討 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 大 城 守 池 宮 城 一 文 津 波 修 比 嘉 喜 政 ほか 高 温 多 湿 な 気 候 条 件 は 家 畜 の 生 産 性 に 大 きな 影 響 を 及 ぼすことが 知 られており 暑 熱 対 策 は 重 要 な 管 理 の 一 つと 考 えられている しかし 2008

More information

輸出用フマキラーベープマットf

輸出用フマキラーベープマットf 2014 年 1 月 27 日 ( 第 2 版 ) 1/5 安 全 データシート 作 成 日 ( 初 版 ) 改 訂 日 ( 第 2 版 ) 2011 年 12 月 27 日 2014 年 1 月 27 日 1. 及 び 会 社 情 報 名 スキンベープミスト 200mL スキンベープミスト ハローキティ 200mL ( 販 売 名 :スキンベープB2) 会 社 名 フマキラー 株 式 会 社 所

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63> 抗 菌 加 工 クリーン 空 調 システム 新 晃 工 業 ( 株 ) 技 術 本 部 朝 田 満 1.はじめに MRSA(メチシリン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 )やレジオネラ 菌 などによる 院 内 感 染 O-157 や 大 腸 菌 などによる 集 団 食 中 毒 など ウィルス 細 菌 による 被 害 を 最 小 限 に 抑 えるため 徹 底 した 抗 菌 対 策 が 望 まれています

More information

農業収支ノート(25年分)

農業収支ノート(25年分) 平 成 年 分 農 業 収 支 ノ ー ト 氏 名 : 住 所 : 電 話 番 号 : このノートに 記 載 した 金 額 を 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所 得 用 ) に 転 記 することで 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所 得 用 ) を 作 成 することができます 農 産 物 の 棚 卸 高 など 別 に 計 算 が 必 要 な 項 目 もあります 記 載 されている 項 目 や 事

More information

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ 畜 産 経 営 の 法 人 化 - 合 同 会 社 という 新 たな 会 社 形 態 - 日 本 政 策 金 融 公 庫 農 林 水 産 事 業 本 部 情 報 戦 略 部 技 術 情 報 担 当 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030325F816988C431816A82BD82A294EC82F08FE38EE882C99798977082B582E682A4819435>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030325F816988C431816A82BD82A294EC82F08FE38EE882C99798977082B582E682A4819435> 堆 肥 の 利 用 ガイド 堆 肥 の 施 用 効 果 堆 肥 は 作 物 への 養 分 供 給 だけでなく 土 壌 の 化 学 性 物 理 性 生 物 性 を 総 合 的 に 改 善 し 地 力 の 向 上 を 図 ることができます 1 養 分 供 給 土 壌 化 学 性 の 改 善 効 果 窒 素 リン 酸 カリの 他 石 灰 苦 土 等 の 多 量 要 素 やホウ 素 鉄 等 の 微 量 要

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

<5461726F2D819A91E63389F1959489EF97708179915391CC94C5817A8DC5>

<5461726F2D819A91E63389F1959489EF97708179915391CC94C5817A8DC5> 資 料 9-2 鶏 の 改 良 増 殖 目 標 ( 案 ) 平 成 22 年 7 月 Ⅰ まえがき 食 料 は 人 間 の 生 命 の 維 持 に 欠 くことができないものであり かつ 健 康 で 充 実 した 生 活 の 基 礎 として 重 要 なものである 中 でも 鶏 肉 鶏 卵 はたんぱく 質 に 富 み 国 民 の 健 康 増 進 に 大 きく 貢 献 しており 将 来 にわたって 良 質

More information

2. 分 肥 育 豚 への 給 与 試 験 は 交 雑 種 (バークシャー 種 デュロック 種 (BD))の 去 勢 雌 を 用 い 群 飼 とし 平 均 体 重 約 70kg から 供 試 飼 料 を 不 断 給 与 し 終 了 体 重 は 115kg を 目 標 とした トマト 給 与 は 1

2. 分 肥 育 豚 への 給 与 試 験 は 交 雑 種 (バークシャー 種 デュロック 種 (BD))の 去 勢 雌 を 用 い 群 飼 とし 平 均 体 重 約 70kg から 供 試 飼 料 を 不 断 給 与 し 終 了 体 重 は 115kg を 目 標 とした トマト 給 与 は 1 トマト 給 与 が 肥 育 豚 の 発 育 と 肉 質 に 及 ぼす 影 響 上 原 力 山 下 洋 治 Effect of Dietary Tomato on Growth Performance and Meat Quality of Finishing Pigs. Tsutomu UEHARA, Youji YAMASHITA 要 約 トマトの 機 能 性 を 付 加 価 値 として 豚 肉

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9A927A95A882CC838C83578349836C838991CE8DF42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9A927A95A882CC838C83578349836C838991CE8DF42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 平 成 24 年 度 埼 玉 県 建 築 物 衛 生 管 理 研 修 会 日 時 : 平 成 25 年 2 月 4 日 ( 月 ) 場 所 : 埼 玉 会 館 小 ホール 彩 の 国 埼 玉 県 保 健 医 療 部 生 活 衛 生 課 埼 玉 県 のマスコット コバトン 1 開 会 平 成 24 年 度 埼 玉 県 建 築 物 衛 生 管 理 研 修 会 次 第 日 時 : 平 成 25 年 2

More information

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17 資 料 2 北 海 道 における 農 業 農 村 整 備 の 概 況 等 について 平 成 27 年 11 月 13 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

じ 図 2-2-1 河 川 水 質 測 定 地 点 図 思 案 橋 川 河 口 上 の 出 橋 西 ノ 宮 橋 陣 屋 川 橋 大 城 橋 片 の 瀬 猿 尾 橋 中 原 橋 行 徳 北 橋 瀬 ノ 下 大 刀 洗 川 河 口 下 野 久 留 米 大 橋 神 代 橋 善 導 寺 山 橋 筒 川 河

じ 図 2-2-1 河 川 水 質 測 定 地 点 図 思 案 橋 川 河 口 上 の 出 橋 西 ノ 宮 橋 陣 屋 川 橋 大 城 橋 片 の 瀬 猿 尾 橋 中 原 橋 行 徳 北 橋 瀬 ノ 下 大 刀 洗 川 河 口 下 野 久 留 米 大 橋 神 代 橋 善 導 寺 山 橋 筒 川 河 第 2 節 水 質 汚 濁 1. 概 況 本 市 における 河 川 や 溜 池 等 の 公 共 用 水 域 の 水 質 は 公 共 下 水 道 の 整 備 や 工 場 事 業 場 における 排 水 規 制 等 により 改 善 されてきていますが 下 水 道 未 整 備 地 域 の 中 小 河 川 等 においては 住 居 密 集 地 からの 生 活 排 水 や 未 規 制 の 小 規 模 事 業 場

More information

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 ) は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information