(案)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(案)"

Transcription

1 ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 昭 和 30 年 政 令 第 255 号 ) 及 び 厚 生 労 働 省 所 管 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 平 成 厚 生 省 12 年 令 第 6 号 )の 規 定 によるほか この 交 付 要 綱 の 定 めるところによる 労 働 省 ( 交 付 の 目 的 ) 2 この 交 付 金 は 医 療 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 205 号 ) 第 30 条 の4 第 1 項 に 規 定 する 都 道 府 県 における 医 療 提 供 体 制 の 確 保 を 図 るための 計 画 ( 以 下 医 療 計 画 と いう )に 定 める 医 療 提 供 施 設 の 整 備 の 目 標 等 に 関 し 整 備 に 要 する 経 費 の 一 部 に 充 てるために 国 が 交 付 する 交 付 金 であり もって 良 質 かつ 適 切 な 医 療 を 効 率 的 に 提 供 する 体 制 の 確 保 を 図 るとともに 医 療 施 設 における 患 者 の 療 養 環 境 及 び 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 の 改 善 並 びに 医 療 従 事 者 の 養 成 力 の 充 実 等 を 図 ることを 目 的 とす る ( 事 業 計 画 の 策 定 ) 3 都 道 府 県 知 事 は 医 療 計 画 に 基 づく 事 業 その 他 必 要 な 事 業 であって 交 付 金 の 交 付 を 受 けて 医 療 提 供 施 設 等 の 整 備 に 要 する 経 費 の 一 部 に 充 てるときは 医 療 提 供 施 設 等 の 整 備 に 関 する 計 画 ( 以 下 事 業 計 画 という ) 及 び 事 業 の 実 施 に 要 する 経 費 に 関 する 調 書 を 別 紙 1により 作 成 し 別 に 定 める 日 までに 厚 生 労 働 大 臣 に 提 出 す るものとする なお 事 業 計 画 の 作 成 に 当 たっては 都 道 府 県 において 策 定 される 医 療 計 画 を 念 頭 に 置 き 地 域 医 療 の 状 況 を 把 握 した 上 で 次 のものを 優 先 的 に 盛 り 込 むこととす る (1) 医 療 提 供 施 設 相 互 間 の 機 能 分 担 と 医 療 連 携 に 相 当 の 効 果 が 期 待 できるもの (2) 医 師 看 護 師 その 他 の 医 療 従 事 者 の 確 保 に 相 当 の 効 果 が 期 待 できるもの (3) 法 令 又 は 通 達 等 により 整 備 促 進 を 図 る 必 要 があるもの (4)その 他 整 備 する 医 療 提 供 施 設 等 の 地 域 における 役 割 等 を 踏 まえ 建 築 後 の 経 過 年 数 及 び 老 朽 度 を 勘 案 して 整 備 するもの - 1 -

2 ( 交 付 対 象 事 業 ) 4 本 交 付 要 綱 において 交 付 金 を 充 てることができる 事 業 は 次 に 掲 げる 事 業 ( 以 下 交 付 対 象 事 業 という )とする (1) 休 日 夜 間 急 患 センター 施 設 整 備 事 業 昭 和 52 年 7 月 6 日 医 発 第 692 号 厚 生 省 医 務 局 長 通 知 救 急 医 療 対 策 の 整 備 事 業 について ( 以 下 救 急 医 療 対 策 事 業 実 施 要 綱 という )に 基 づく 休 日 夜 間 急 患 センター 施 設 整 備 事 業 (2) 病 院 群 輪 番 制 病 院 及 び 共 同 利 用 型 病 院 施 設 整 備 事 業 救 急 医 療 対 策 事 業 実 施 要 綱 に 基 づく 病 院 群 輪 番 制 病 院 及 び 共 同 利 用 型 病 院 施 設 整 備 事 業 (3) 救 急 へリポート 施 設 整 備 事 業 救 急 医 療 対 策 事 業 実 施 要 綱 に 基 づく 入 院 を 要 する( 第 二 次 ) 救 急 医 療 体 制 病 院 へのヘリポート 設 置 に 係 る 施 設 整 備 事 業 (4) 救 命 救 急 センター 施 設 整 備 事 業 救 急 医 療 対 策 事 業 実 施 要 綱 に 基 づく 救 命 救 急 センター 施 設 整 備 事 業 (5) 小 児 救 急 医 療 拠 点 病 院 施 設 整 備 事 業 救 急 医 療 対 策 事 業 実 施 要 綱 に 基 づく 小 児 救 急 医 療 拠 点 病 院 施 設 整 備 事 業 (6) 小 児 初 期 救 急 センター 施 設 整 備 事 業 救 急 医 療 対 策 事 業 実 施 要 綱 に 基 づく 小 児 初 期 救 急 センター 施 設 整 備 事 業 (7) 小 児 集 中 治 療 室 施 設 整 備 事 業 救 急 医 療 対 策 事 業 実 施 要 綱 に 基 づく 小 児 集 中 治 療 室 施 設 整 備 事 業 (8) 小 児 医 療 施 設 施 設 整 備 事 業 平 成 21 年 3 月 30 日 医 政 発 第 号 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 通 知 周 産 期 医 療 対 策 事 業 等 の 実 施 について ( 以 下 周 産 期 医 療 対 策 事 業 等 実 施 要 綱 と いう )に 基 づく 小 児 医 療 施 設 施 設 整 備 事 業 (9) 周 産 期 医 療 施 設 施 設 整 備 事 業 周 産 期 医 療 対 策 事 業 等 実 施 要 綱 に 基 づく 周 産 期 医 療 施 設 施 設 整 備 事 業 (10) 地 域 療 育 支 援 施 設 施 設 整 備 事 業 周 産 期 医 療 対 策 事 業 等 実 施 要 綱 に 基 づく 地 域 療 育 支 援 施 設 施 設 整 備 事 業 - 2 -

3 (11) 共 同 利 用 施 設 施 設 整 備 事 業 昭 和 59 年 10 月 25 日 健 政 発 第 263 号 厚 生 省 健 康 政 策 局 長 通 知 共 同 利 用 施 設 及 び 地 域 医 療 研 修 センターの 整 備 について に 基 づく 共 同 利 用 施 設 施 設 整 備 事 業 (12) 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 平 成 5 年 12 月 15 日 健 政 発 第 786 号 厚 生 省 健 康 政 策 局 長 通 知 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 の 実 施 について ( 以 下 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 綱 という )に 基 づく 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 (13) 不 足 病 床 地 区 病 院 施 設 整 備 事 業 次 に 定 める 基 準 により 実 施 する 療 養 病 床 及 び 一 般 病 床 不 足 地 区 における 病 院 の 施 設 整 備 事 業 ア 新 築 の 場 合 新 築 しようとする 所 在 地 に 係 る 医 療 計 画 上 の 既 存 病 床 数 が 基 準 病 床 数 を 超 え ないこと イ 増 築 の 場 合 増 築 しようとする 病 院 の 療 養 病 床 及 び 一 般 病 床 利 用 率 が 前 年 において 年 間 平 均 80% 以 上 であり かつ アの 要 件 に 該 当 するものであること (14) 基 幹 災 害 拠 点 病 院 施 設 整 備 事 業 平 成 21 年 3 月 30 日 医 政 発 第 号 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 通 知 災 害 医 療 対 策 事 業 等 の 実 施 について ( 以 下 災 害 医 療 対 策 事 業 等 実 施 要 綱 という ) に 基 づく 基 幹 災 害 拠 点 病 院 施 設 整 備 事 業 (15) 地 域 災 害 拠 点 病 院 施 設 整 備 事 業 災 害 医 療 対 策 事 業 等 実 施 要 綱 に 基 づく 地 域 災 害 拠 点 病 院 施 設 整 備 事 業 (16) 腎 移 植 施 設 施 設 整 備 事 業 昭 和 55 年 11 月 4 日 医 発 第 1105 号 厚 生 省 医 務 局 長 通 知 腎 移 植 施 設 の 整 備 事 業 について に 基 づく 腎 移 植 施 設 施 設 整 備 事 業 (17) 特 殊 病 室 施 設 整 備 事 業 平 成 7 年 6 月 5 日 健 医 発 第 716 号 厚 生 省 保 健 医 療 局 長 通 知 骨 髄 移 植 施 設 等 における 無 菌 室 の 整 備 について に 基 づく 特 殊 病 室 施 設 整 備 事 業 (18) 肝 移 植 施 設 施 設 整 備 事 業 平 成 19 年 3 月 26 日 健 発 第 号 厚 生 労 働 省 健 康 局 長 通 知 肝 移 植 施 設 整 備 事 業 の 実 施 について に 基 づく 肝 移 植 施 設 施 設 整 備 事 業 - 3 -

4 (19) 治 験 施 設 施 設 整 備 事 業 平 成 12 年 4 月 3 日 健 政 発 第 464 号 厚 生 省 健 康 政 策 局 長 通 知 治 験 推 進 対 策 施 設 整 備 事 業 の 実 施 について に 基 づく 治 験 施 設 施 設 整 備 事 業 (20) 病 児 病 後 児 保 育 施 設 施 設 整 備 事 業 平 成 11 年 12 月 21 日 児 発 第 882 号 厚 生 省 児 童 家 庭 局 長 通 知 病 児 病 後 児 保 育 施 設 整 備 事 業 の 実 施 について に 基 づく 病 児 病 後 児 保 育 施 設 施 設 整 備 事 業 (21) 特 定 地 域 病 院 施 設 整 備 事 業 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 昭 和 53 年 法 律 第 73 号 ) 第 3 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 に 指 定 された 地 域 に 所 在 し かつ (2) (4) (8) (13) (16)の 施 設 整 備 事 業 又 は 平 成 13 年 5 月 16 日 医 政 発 第 529 号 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 通 知 へき 地 保 健 医 療 対 策 事 業 について に 定 めるへき 地 医 療 拠 点 病 院 の 施 設 整 備 事 業 の 要 件 のいずれかに 該 当 する 病 院 が 耐 震 診 断 の 結 果 改 築 又 は 補 強 が 必 要 と 認 められる 診 療 棟 又 は 病 棟 ( 精 神 病 棟 及 び 感 染 症 病 棟 並 びに 木 造 を 除 く )の 耐 震 化 を 図 る 施 設 整 備 事 業 (22) 地 震 防 災 対 策 医 療 施 設 耐 震 整 備 事 業 災 害 医 療 対 策 事 業 等 実 施 要 綱 に 基 づく 地 震 防 災 対 策 医 療 施 設 耐 震 整 備 事 業 (23) 医 療 施 設 等 耐 震 整 備 事 業 災 害 医 療 対 策 事 業 等 実 施 要 綱 に 基 づく 医 療 施 設 耐 震 整 備 事 業 ア 第 二 次 救 急 医 療 施 設 等 イ 耐 震 構 造 指 標 であるIs 値 が0.3 未 満 の 建 物 を 有 する 病 院 ウ 看 護 師 等 養 成 所 (24) 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 津 波 避 難 対 策 緊 急 事 業 平 成 26 年 3 月 20 日 医 政 発 0320 第 25 号 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 通 知 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 津 波 避 難 対 策 緊 急 事 業 実 施 要 綱 に 基 づく 津 波 避 難 対 策 緊 急 事 業 (25)アスベスト 除 去 等 整 備 事 業 平 成 18 年 2 月 3 日 医 政 発 第 号 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 通 知 アス ベスト 除 去 等 整 備 事 業 の 実 施 について に 基 づくアスベスト 除 去 等 整 備 事 業 (26) 医 療 機 器 管 理 室 施 設 整 備 事 業 平 成 16 年 4 月 1 日 医 政 発 第 号 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 通 知 医 療 機 器 管 理 室 施 設 整 備 事 業 の 実 施 について に 基 づく 医 療 機 器 管 理 室 施 設 整 備 事 業 - 4 -

5 (27) 地 球 温 暖 化 対 策 施 設 整 備 事 業 平 成 21 年 3 月 30 日 医 政 発 第 号 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 通 知 地 球 温 暖 化 対 策 施 設 整 備 事 業 の 実 施 について に 基 づく 地 球 温 暖 化 対 策 施 設 整 備 事 業 (28) 内 視 鏡 訓 練 施 設 施 設 整 備 事 業 平 成 17 年 3 月 25 日 医 政 発 第 号 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 通 知 内 視 鏡 訓 練 施 設 整 備 事 業 の 実 施 について に 基 づく 内 視 鏡 訓 練 施 設 施 設 整 備 事 業 ( 交 付 金 事 業 者 ) 5 都 道 府 県 から 整 備 に 要 する 経 費 の 一 部 を 受 けて 交 付 対 象 事 業 を 実 施 できる 者 は 次 の 者 ( 以 下 交 付 金 事 業 者 という )とする ただし 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 1 条 の3に 規 定 する 地 方 公 共 団 体 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 118 号 ) 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 地 方 独 立 行 政 法 人 を 除 く (1)4の(1)から(28)に 掲 げる 交 付 対 象 事 業 (ただし (23)ウの 交 付 対 象 事 業 を 除 く ) 医 療 法 第 7 条 の 規 定 に 基 づき 許 可 を 受 けた 病 院 及 び 診 療 所 又 は 同 法 第 8 条 の 規 定 に 基 づき 届 出 をした 診 療 所 の 開 設 者 ただし (13)の 交 付 対 象 事 業 を 実 施 できる 者 は 日 本 赤 十 字 社 社 会 福 祉 法 人 恩 賜 財 団 済 生 会 全 国 厚 生 農 業 協 同 組 合 連 合 会 及 び 社 会 福 祉 法 人 北 海 道 社 会 事 業 協 会 ( 以 下 公 的 団 体 という ) 並 びに 国 民 健 康 保 険 組 合 及 び 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 に 限 る また (11) ( 19) (23)ア (26) 及 び(28)に 掲 げる 交 付 対 象 事 業 を 実 施 できる 者 は 公 的 団 体 を 除 く 者 ( 以 下 民 間 事 業 者 という )に 限 る (2)4の(23)ウに 掲 げる 交 付 対 象 事 業 (ア) 医 療 法 人 (イ) 社 会 福 祉 法 人 (ただし 社 会 福 祉 法 人 恩 賜 財 団 済 生 会 及 び 社 会 福 祉 法 人 北 海 道 社 会 事 業 協 会 を 除 く )(ウ) 学 校 法 人 及 び 準 学 校 法 人 (エ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 (オ) 健 康 保 険 組 合 及 び 健 康 保 険 組 合 連 合 会 (カ) 国 民 健 康 保 険 組 合 及 び 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 (キ) 独 立 行 政 法 人 ただし 学 校 教 育 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 26 号 ) 第 124 条 の 規 定 による 専 修 学 校 又 は 同 法 第 134 条 の 規 定 による 各 種 学 校 の 認 可 を 受 けることの できる 看 護 師 等 養 成 所 (ただし 助 産 師 養 成 所 及 び 看 護 師 養 成 所 2 年 課 程 ( 通 信 制 )にあってはこの 限 りではない )に 限 る ( 交 付 金 の 対 象 除 外 ) 6 交 付 金 は 次 に 掲 げる 費 用 については 交 付 の 対 象 としないものとする (1) 土 地 の 取 得 又 は 整 地 に 要 する 費 用 - 5 -

6 (2) 門 柵 塀 及 び 造 園 工 事 並 びに 通 路 敷 設 に 要 する 費 用 (3) 設 計 その 他 工 事 に 伴 う 事 務 に 要 する 費 用 (4) 既 存 建 物 の 買 収 に 要 する 費 用 (5)その 他 の 整 備 費 として 適 当 と 認 められない 費 用 ( 交 付 額 の 算 定 方 法 ) 7 この 交 付 金 は 事 業 計 画 に 記 載 された 医 療 提 供 施 設 等 の 整 備 に 要 する 経 費 の 一 部 に 充 てるため 都 道 府 県 に 交 付 するものとし その 交 付 額 は 次 により 算 定 するもの とする (1) 別 表 2の 第 1 欄 に 掲 げる 事 業 区 分 別 に 第 2 欄 に 定 める 基 準 額 と 第 3 欄 に 掲 げ る 対 象 経 費 の 実 支 出 額 とを 施 設 ごとに 比 較 して 少 ない 方 の 額 を 選 定 する (2)(1)により 選 定 した 額 と 総 事 業 費 から 寄 付 金 その 他 の 収 入 額 を 控 除 した 額 とを 施 設 ごとに 比 較 して 少 ない 方 の 額 を 交 付 基 礎 額 とする (3) 別 表 1の 第 1 欄 のAに 掲 げる 事 業 分 類 にかかる 交 付 額 の 算 定 方 法 については (2)の 交 付 基 礎 額 に 別 表 5の 調 整 率 を 乗 じて 得 た 額 ( 算 定 された 額 に 1,000 円 未 満 の 端 数 が 生 じた 場 合 には これを 切 捨 てるものとする )を 別 表 6 別 表 7 及 び 別 表 8の 評 価 事 項 並 びに 各 都 道 府 県 が 行 う 事 後 的 評 価 による 評 価 に 基 づき 合 計 した 額 を 交 付 額 とする (なお 予 算 額 等 諸 般 の 事 情 により 各 都 道 府 県 からの 申 請 の 全 部 を 受 理 すること ができない 場 合 申 請 のあった 各 都 道 府 県 の 各 事 業 の 優 先 順 位 については 別 表 6~8の 評 価 事 項 並 びに 各 都 道 府 県 が 行 う 事 後 的 評 価 による 評 価 に 基 づき 決 定 さ れる ) (4) 別 表 1の 第 1 欄 のB 及 びCに 掲 げる 事 業 分 類 にかかる 交 付 額 の 算 定 方 法 につい ては (2)の 交 付 基 礎 額 に 別 表 4(ただし 4の(23)ウ の 交 付 対 象 事 業 を 除 く ) 及 び 別 表 5の 調 整 率 を 乗 じて 得 た 額 ( 算 定 された 額 に 1,000 円 未 満 の 端 数 が 生 じ た 場 合 には これを 切 捨 てるものとする )を 別 表 6の 評 価 事 項 及 び 各 都 道 府 県 が 行 う 事 後 的 評 価 による 評 価 に 基 づき 事 業 分 類 ごとに 合 計 した 額 を 交 付 額 とす る (なお 予 算 額 等 諸 般 の 事 情 により 各 都 道 府 県 からの 申 請 の 全 部 を 受 理 するこ とができない 場 合 申 請 のあった 各 都 道 府 県 の 各 事 業 の 優 先 順 位 については 別 表 6の 評 価 事 項 並 びに 各 都 道 府 県 が 行 う 事 後 的 評 価 による 評 価 に 基 づき 決 定 され る ) - 6 -

7 ( 交 付 金 の 配 分 方 法 ) 8 都 道 府 県 は 国 から 交 付 される 交 付 金 を 交 付 金 事 業 者 ごとに 事 業 区 分 を 示 して 配 分 するものとし その 配 分 方 法 は 次 により 調 整 するものとする なお 配 分 の 調 整 に 伴 い 当 初 提 出 した 事 業 計 画 に 記 載 された 事 業 区 分 又 は 施 設 の 名 称 及 び 設 置 主 体 について 変 更 が 生 じる 場 合 都 道 府 県 知 事 は 速 やかに 事 業 計 画 を 変 更 し 交 付 申 請 書 に 添 えて 厚 生 労 働 大 臣 に 提 出 するものとする (1) 交 付 金 の 配 分 の 調 整 は 当 初 提 出 した 事 業 計 画 の 内 容 に 基 づき 行 うとともに 交 付 金 の 対 象 となる 事 業 分 類 に 該 当 する 事 業 区 分 の 範 囲 内 で 調 整 する (2) 交 付 金 事 業 者 に 配 分 する 交 付 金 の 事 業 分 類 ごとの 合 計 額 は 別 表 1の 第 1 欄 の A 及 びBに 掲 げる 事 業 分 類 については 配 分 する 交 付 対 象 事 業 における 交 付 基 礎 額 の 合 計 額 の3 分 の1 Cに 掲 げる 事 業 分 類 については 該 当 する 交 付 対 象 事 業 における 交 付 基 礎 額 の 合 計 額 の2 分 の1を 超 えない 額 となるよう 調 整 する ただし 事 業 分 類 Aにおける 事 業 区 分 (10) (14) 及 び(15) 事 業 分 類 Bにお ける 事 業 区 分 (22) 及 び(23)について 配 分 する 交 付 金 の 合 計 額 は 交 付 基 礎 額 の 合 計 額 の2 分 の1を 超 えない 額 となるよう 調 整 する 別 表 1 1 事 業 分 類 2 事 業 区 分 A 医 療 計 画 等 の 推 進 に 関 す る 事 業 (1) 休 日 夜 間 急 患 センター 施 設 整 備 事 業 (2) 病 院 群 輪 番 制 病 院 及 び 共 同 利 用 型 病 院 施 設 整 備 事 業 (3) 救 急 へリポート 施 設 整 備 事 業 (4) 救 命 救 急 センター 施 設 整 備 事 業 (5) 小 児 救 急 医 療 拠 点 病 院 施 設 整 備 事 業 (6) 小 児 初 期 救 急 センター 施 設 整 備 事 業 (7) 小 児 集 中 治 療 室 施 設 整 備 事 業 (8) 小 児 医 療 施 設 施 設 整 備 事 業 (9) 周 産 期 医 療 施 設 施 設 整 備 事 業 (10) 地 域 療 育 支 援 施 設 施 設 整 備 事 業 (11) 共 同 利 用 施 設 施 設 整 備 事 業 (12) 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 (13) 不 足 病 床 地 区 病 院 施 設 整 備 事 業 (14) 基 幹 災 害 拠 点 病 院 施 設 整 備 事 業 (15) 地 域 災 害 拠 点 病 院 施 設 整 備 事 業 (16) 腎 移 植 施 設 施 設 整 備 事 業 (17) 特 殊 病 室 施 設 整 備 事 業 (18) 肝 移 植 施 設 施 設 整 備 事 業 - 7 -

8 (19) 治 験 施 設 施 設 整 備 事 業 B 施 設 環 境 等 の 改 善 に 関 す る 事 業 C 医 療 従 事 者 の 養 成 力 の 充 実 等 に 関 する 事 業 (20) 病 児 病 後 児 保 育 施 設 施 設 整 備 事 業 (21) 特 定 地 域 病 院 施 設 整 備 事 業 (22) 地 震 防 災 対 策 医 療 施 設 耐 震 整 備 事 業 (23) 医 療 施 設 等 耐 震 整 備 事 業 (24) 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 津 波 避 難 対 策 緊 急 事 業 (25)アスベスト 除 去 等 整 備 事 業 (26) 医 療 機 器 管 理 室 施 設 整 備 事 業 (27) 地 球 温 暖 化 対 策 施 設 整 備 事 業 (28) 内 視 鏡 訓 練 施 設 施 設 整 備 事 業 別 表 2 1 事 業 区 分 2 基 準 額 3 対 象 経 費 (1) 休 日 夜 間 急 患 センター 施 設 整 備 事 業 次 に 掲 げる に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と する (1) 人 口 10 万 人 以 上 の 場 合 150 m2 (ただし 特 別 に 必 要 が 休 日 夜 間 急 患 センターとして 必 要 な 次 の 各 部 門 の 新 築 増 改 築 に 要 す る 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 診 察 室 処 置 室 薬 剤 室 エック ス 線 室 検 査 室 事 務 室 待 合 室 仮 眠 室 病 室 便 所 玄 関 廊 下 暖 冷 房 附 属 設 備 等 ある 場 合 は 300 m2を 限 度 とする ) (2) 人 口 5 万 人 以 上 10 万 人 未 満 の 場 合 100 m2 (ただし 特 別 に 必 要 があ る 場 合 は 200 m2を 限 度 と する ) (2) 病 院 群 輪 番 制 病 院 及 び 共 同 利 用 型 病 院 施 設 整 備 事 業 次 に 掲 げる に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と する 150 m2 (ただし 特 別 に 必 要 がある 場 合 は 300 m2を 限 度 とす 病 院 群 輪 番 制 病 院 又 は 共 同 利 用 型 病 院 として 必 要 な 次 の 各 部 門 の 新 築 増 改 築 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 診 察 室 処 置 室 手 術 室 薬 剤 室 - 8 -

9 (3) 救 急 へリポート 施 設 整 備 事 業 (4) 救 命 救 急 セン ター 施 設 整 備 事 業 る また 心 臓 病 専 用 病 室 (CCU)を 整 備 する 場 合 は 1 床 当 たり(2 床 を 限 度 とする )15 m2を 加 算 し 脳 卒 中 専 用 病 室 (SCU)を 整 備 する 場 合 は 1 床 当 た り(2 床 を 限 度 とする ) 15 m2を 加 算 する ) 心 臓 病 専 用 病 室 (CCU)を 整 備 する 場 合 次 に 掲 げる 基 準 面 積 に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 とする 15 m2 心 臓 病 専 用 病 床 数 (ただし 2 床 を 限 度 とす る ) 脳 卒 中 専 用 病 室 (SCU)を 整 備 する 場 合 次 に 掲 げる 基 準 面 積 に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 とする 15 m2 脳 卒 中 専 用 病 床 数 (ただし 2 床 を 限 度 とす る ) ヘリポート1か 所 当 たり 41,910 千 円 次 に 掲 げる に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と する 2,300 m2 (ただし 30 床 未 満 の 場 合 は 1 床 当 たり 30 m2を 減 じ るものとし 脳 卒 中 専 用 病 室 (SCU)を 整 備 する 場 合 は 1 床 当 たり(4 床 を 限 度 とする )15 m2を 加 算 し 小 児 救 急 専 門 病 床 ( 小 児 専 門 集 中 治 療 室 )を 整 備 する エックス 線 室 検 査 室 待 合 室 仮 眠 室 病 室 ( 救 急 専 用 病 室 心 臓 病 専 用 病 室 (CCU) 脳 卒 中 専 用 病 室 (S CU)) 便 所 玄 関 廊 下 暖 冷 房 附 属 設 備 等 心 臓 病 専 用 病 室 (CCU)として 必 要 な 次 の 部 門 の 新 築 増 改 築 改 修 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 病 棟 ( 心 臓 病 専 用 病 室 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 ) 脳 卒 中 専 用 病 室 (SCU)として 必 要 な 次 の 部 門 の 新 築 増 改 築 改 修 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 病 棟 ( 脳 卒 中 専 用 病 室 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 ) 入 院 を 要 する( 第 二 次 ) 救 急 医 療 体 制 病 院 へのヘリポート 整 備 に 必 要 な 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 救 命 救 急 センターとして 必 要 な 次 の 各 部 門 の 新 築 増 改 築 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 (1) 病 棟 ( 病 室 集 中 治 療 病 室 (ICU) 記 録 室 処 置 室 診 察 室 寝 具 倉 庫 バルコニー 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 ) (2) 診 療 棟 ( 検 査 室 エックス 線 室 操 作 室 手 術 室 回 復 室 準 備 室 浴 室 診 - 9 -

10 場 合 は 1 床 当 たり(6 床 を 限 度 とする )15 m2を 加 算 し 心 臓 病 専 用 病 室 (C CU)を 整 備 する 場 合 は 1 床 当 たり(4 床 を 限 度 と する ))15 m2を 加 算 し 重 症 外 傷 専 用 病 室 ( 重 症 外 傷 用 集 中 治 療 室 )を 整 備 する 場 合 は 1 床 当 たり(4 床 を 限 度 とする )15 m2を 加 算 する ) ヘリポート1か 所 当 たり 66,778 千 円 脳 卒 中 専 用 病 室 (SCU)を 整 備 する 場 合 次 に 掲 げる 基 準 面 積 に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 とする 15 m2 脳 卒 中 専 用 病 床 数 (ただし 4 床 を 限 度 とす る ) 小 児 救 急 専 門 病 床 ( 小 児 専 門 集 中 治 療 室 )を 整 備 する 場 合 次 に 掲 げる に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 の 合 計 額 とする 15 m2 小 児 救 急 専 門 病 床 数 (ただし 6 床 を 限 度 とす る ) 心 臓 病 専 用 病 室 (CCU)を 整 備 する 場 合 次 に 掲 げる 基 準 面 積 に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 の 合 計 額 とする 15 m2 心 臓 病 専 門 病 床 数 (ただし 4 床 を 限 度 とす る ) 重 症 外 傷 専 用 病 室 ( 重 症 外 察 室 廊 下 待 合 室 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 ) (3) その 他 ( 事 務 室 機 械 室 自 家 発 電 室 等 ) (4) 脳 卒 中 専 用 病 室 (SCU) (5) 小 児 救 急 専 門 病 床 ( 小 児 専 門 集 中 治 療 室 ) (6) 心 臓 病 専 用 病 室 (CCU) (7) 重 症 外 傷 専 用 病 室 ( 重 症 外 傷 用 集 中 治 療 室 ) ヘリポート 整 備 に 必 要 な 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 脳 卒 中 専 用 病 室 (SCU)として 必 要 な 次 の 部 門 の 新 築 増 改 築 改 修 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 病 棟 ( 脳 卒 中 専 用 病 室 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 ) 小 児 救 急 専 門 病 床 ( 小 児 専 門 集 中 治 療 室 )として 必 要 な 新 築 増 改 築 改 修 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 病 棟 ( 小 児 専 門 集 中 治 療 室 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 ) 心 臓 病 専 用 病 室 (CCU)として 必 要 な 新 築 増 改 築 改 修 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 病 棟 ( 心 臓 病 専 用 病 室 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 ) 重 症 外 傷 専 用 病 室 ( 重 症 外 傷 用 集 中

11 傷 用 集 中 治 療 室 )を 整 備 する 場 合 次 に 掲 げる に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 の 合 計 額 とする 15 m2 重 症 外 傷 専 門 病 床 数 (ただし 4 床 を 限 度 とす る ) 治 療 室 )として 必 要 な 新 築 増 改 築 改 修 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 病 棟 ( 重 症 外 傷 用 集 中 治 療 室 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 ) (5) 小 児 救 急 医 療 拠 点 病 院 施 設 整 備 事 業 (6) 小 児 初 期 救 急 センター 施 設 整 備 事 業 (7) 小 児 集 中 治 療 室 施 設 整 備 事 業 (8) 小 児 医 療 施 設 施 設 整 備 事 業 補 強 が 必 要 と 認 められるも の 2,300 m2 37,100 円 次 に 掲 げる に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と する 150 m2 次 に 掲 げる に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と する 300 m2 次 に 掲 げる に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と する 1か 所 あたり 20 m2 小 児 集 中 治 療 室 病 床 数 次 に 掲 げる に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と する (1) 都 道 府 県 人 口 規 模 400 万 人 以 上 の 場 合 1,300 m2 救 命 救 急 センターとして 必 要 な 新 築 増 改 築 に 伴 う 補 強 及 び 既 存 建 物 に 対 する 補 強 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 小 児 救 急 医 療 拠 点 病 院 として 必 要 な 次 の 各 部 門 の 新 築 増 改 築 に 要 す る 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 診 察 室 処 置 室 手 術 室 薬 剤 室 エックス 線 室 検 査 室 待 合 室 仮 眠 室 病 室 ( 救 急 専 用 病 室 ) 便 所 玄 関 廊 下 暖 冷 房 附 属 設 備 研 修 室 等 小 児 初 期 救 急 センターとして 必 要 な 新 築 増 改 築 及 び 改 修 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 小 児 集 中 治 療 室 として 必 要 な 新 築 増 改 築 改 修 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 ( 小 児 集 中 治 療 室 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 ) 小 児 医 療 施 設 として 必 要 な 次 の 各 部 門 の 新 築 増 改 築 改 修 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 (1) 診 療 棟 ( 診 察 室 検 査 室 エックス 線 室 手 術 室 等 )

12 (9) 周 産 期 医 療 施 設 施 設 整 備 事 業 (10) 地 域 療 育 支 援 施 設 施 設 整 備 事 業 (11) 共 同 利 用 施 設 施 設 整 備 事 業 (2) 都 道 府 県 人 口 規 模 400 万 人 未 満 の 場 合 800 m2 (3) 小 児 総 合 病 院 (2) 小 児 専 用 病 棟 ( 病 室 未 熟 児 室 新 生 児 室 記 録 室 患 者 食 堂 寝 具 倉 庫 バルコ ニー 廊 下 便 所 等 ) 4,000 m2 次 に 掲 げる に 別 表 母 体 胎 児 集 中 治 療 管 理 室 として 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と 必 要 な 各 部 門 の 新 築 増 改 築 改 修 する に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 (1) 都 道 府 県 人 口 規 模 400 周 産 期 専 用 病 棟 ( 母 体 胎 児 集 中 万 人 以 上 の 場 合 治 療 管 理 室 を 含 む ) 500 m2 ( 病 室 記 録 室 寝 具 倉 庫 バルコ (2) 都 道 府 県 人 口 規 模 400 ニー 廊 下 便 所 等 ) 万 人 未 満 の 場 合 300 m2 地 域 療 育 支 援 施 設 を 整 備 す 地 域 療 育 支 援 施 設 として 必 要 な 新 る 場 合 次 に 掲 げる 築 増 改 築 及 び 改 修 に 要 する 工 事 費 に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じ 又 は 工 事 請 負 費 ( 病 室 浴 室 診 療 た 額 の 合 計 額 とする 室 処 置 室 記 録 室 寝 具 倉 庫 バ ルコニー 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 1 床 あたり130m2 属 設 備 等 ) (ただし 10 床 を 限 度 とす る ) 次 に 掲 げる に 別 表 共 同 利 用 施 設 又 は 地 域 医 療 支 援 病 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 の 院 の 共 同 利 用 部 門 として 必 要 な 次 の 合 算 額 とする 各 部 門 の 新 築 増 改 築 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 (1) 特 殊 診 療 棟 300 m2 (2) 開 放 型 病 棟 (1) 特 殊 診 療 棟 一 般 病 床 1 床 当 たり ( 共 同 利 用 高 額 医 療 機 器 設 置 に 必 要 な 特 殊 診 療 部 門 ) (1 床 当 たり ) (2) 開 放 型 病 棟 耐 火 構 造 m2 ( 病 室 診 察 室 処 置 室 寝 具 倉 庫 ブロック 木 造 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 ) m2 (ただし 50 床 を 限 度 と する ) ただし 転 用 による 場 合 は の 範 囲 内 で 特 殊 診 療

13 棟 及 び 開 放 型 病 棟 に 転 用 する 面 積 とする (12) 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 次 により 算 定 された 額 の 合 計 額 とする 医 療 施 設 の 患 者 の 療 養 環 境 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 衛 生 環 境 の 改 善 及 び 患 者 サービスの 向 上 等 につなが る 次 の 部 門 の 新 築 増 改 築 及 び 改 修 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 (1) 病 院 ( 改 修 により 療 養 病 床 を 整 備 する 病 院 は 除 く ) (1) 病 院 ( 改 修 により 療 養 病 床 を 整 備 する 病 院 は 除 く ) ア 及 びイに 掲 げる 基 準 面 積 (=ア+イ)に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と ウ により 算 定 された 額 との 合 計 額 とする ア 病 棟 整 備 (ア) 1 床 ごとの 病 室 面 積 を 6.4 m2 以 上 かつ1 床 当 たりの 病 棟 面 積 を 18 m2 以 上 確 保 する 場 合 25 m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 (イ) 1 床 ごとの 病 室 面 積 を 5.8 m2 以 上 かつ1 床 当 たりの 病 棟 面 積 を 16 m2 以 上 確 保 する 場 合 22 m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 ア 病 棟 ( 病 室 診 察 室 処 置 室 記 録 室 患 者 食 堂 談 話 室 機 能 訓 練 室 浴 室 寝 具 倉 庫 バルコニー 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 ) イ 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 綱 の3 の(1)の 加 算 条 件 のうち 10に 該 当 する 場 合 (ア) 整 備 区 域 の 病 床 数 を 20% 以 上 削 減 する 場 合 25 m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 イ 次 に 掲 げる 整 備 のうち 厚 生 労 働 大 臣 が 認 める 部 門 (ア) 患 者 療 養 環 境 改 善 整 備 (イ) 医 療 従 事 者 職 場 環 境 改 善 整 備 (ウ) 衛 生 環 境 改 善 整 備 (エ) 業 務 の 高 度 情 報 処 理 化 及 び 快 適 環 境 の 整 備

14 (イ) 整 備 区 域 の 病 床 数 を 20% 未 満 削 減 する 場 合 15 m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 (オ) 乳 幼 児 を 抱 える 母 親 の 通 院 等 のための 環 境 整 備 ウ 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 綱 の3 の(1)の 加 算 条 件 のうち 11に 該 当 する 場 合 電 子 カルテシステムを 整 備 する 場 合 1 床 当 たり 605 千 円 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 (2) 改 修 により 療 養 病 床 を 整 備 する 病 院 1 床 当 たり 3,333 千 円 整 備 後 の 療 養 病 床 の 病 床 数 ウ 電 子 カルテシステムの 整 備 (2) 改 修 により 療 養 病 床 を 整 備 する 病 院 ( 病 室 診 察 室 処 置 室 記 録 室 患 者 食 堂 談 話 室 機 能 訓 練 室 浴 室 寝 具 倉 庫 バルコニー 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 ) ただし (1) (2)の 病 院 の 整 備 事 業 において 整 備 区 域 の 整 備 後 の 病 床 数 は1 病 院 150 床 ( 公 的 団 体 及 び 持 分 のな い 法 人 は 300 床 )を 限 度 とす る (3) 結 核 病 棟 改 修 等 整 備 事 業 ア 及 びイに 掲 げる 基 準 面 積 (=ア+イ)に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 とす る (3) 結 核 病 棟 改 修 等 整 備 事 業 ( 病 室 診 察 室 処 置 室 記 録 室 患 者 食 堂 談 話 室 浴 室 寝 具 倉 庫 バルコニー 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 ) ア 病 棟 整 備 (ア) 1 床 ごとの 病 室 面 積 を 6.4 m2 以 上 かつ1 床 当 たりの 病 棟 面 積 を 18 m2 以 上 確 保 する 場 合 25 m2 整 備 後 の 整 備

15 区 域 の 病 床 数 (イ) 1 床 ごとの 病 室 面 積 を 5.8 m2 以 上 かつ1 床 当 たりの 病 棟 面 積 を 16 m2 以 上 確 保 する 場 合 22 m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 イ 陰 圧 化 等 空 調 整 備 を 併 せて 行 う 場 合 15 m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 (4) 診 療 所 ア 承 継 に 伴 う 診 療 所 次 に 掲 げる に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 とする (ア) 無 床 の 場 合 160 m2 (イ) 有 床 の 場 合 15 床 以 下 の 場 合 240 m2 26 床 以 上 の 場 合 760 m2 (4) 診 療 所 ( 診 察 室 処 置 室 薬 剤 室 エック ス 線 室 暗 室 待 合 室 看 護 師 詰 め 所 玄 関 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 救 急 患 者 搬 入 口 スロ ープ 療 養 指 導 室 等 ) イ 改 修 等 により 療 養 病 床 を 整 備 する 診 療 所 1 床 当 たり 3,333 千 円 整 備 後 の 療 養 病 床 の 病 床 数 ただし 改 修 等 により 療 養 病 床 を 整 備 する 診 療 所 にあっては 次 の とおりとする ( 病 室 診 察 室 処 置 室 記 録 室 患 者 食 堂 談 話 室 機 能 訓 練 室 浴 室 寝 具 倉 庫 バルコニー 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 ( 外 来 部 門 を 除 く )) (5) 療 養 病 床 療 養 環 境 改 善 事 業 ア 及 びイに 掲 げる 基 準 面 積 (=ア+イ)に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と ウ (5) 療 養 病 床 療 養 環 境 改 善 事 業 ( 機 能 訓 練 室 患 者 食 堂 浴 室 附 属 設 備 等 )

16 により 算 定 された 額 との 合 計 額 とする ア 機 能 訓 練 室 1 施 設 当 たり 40 m2 イ 患 者 食 堂 療 養 病 床 1 床 当 たり 1 m2 ウ 浴 室 浴 室 1か 所 当 たり 9,744 千 円 ただし 特 に 厚 生 労 働 大 臣 が 必 要 と 認 める 場 合 は 19,487 千 円 とする (6) 介 護 老 人 保 健 施 設 及 び 診 療 所 病 院 又 は 有 床 診 療 所 の 病 床 を 廃 止 (この 場 合 診 療 所 の 併 設 が 必 要 ) 又 は 削 減 し 当 該 患 者 を 介 護 老 人 保 健 施 設 から 在 宅 に 至 るまで の 診 療 計 画 に 基 づき 入 所 さ せるための 介 護 老 人 保 健 施 設 及 び 診 療 所 を 整 備 する 場 合 (6) 介 護 老 人 保 健 施 設 及 び 診 療 所 ア 介 護 老 人 保 健 施 設 整 備 する 介 護 老 人 保 健 施 設 の 入 所 定 員 数 ( 削 減 した 病 院 又 は 有 床 診 療 所 の 病 床 数 を 上 限 とする ) 1 床 当 たり 単 価 (1 床 当 たり 単 価 ) 新 築 3,442 千 円 改 築 4,130 千 円 改 修 1,721 千 円 ア 介 護 老 人 保 健 施 設 整 備 に 必 要 な 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 及 び 工 事 事 務 費 (6の 交 付 金 の 対 象 除 外 にかかわらず 工 事 施 工 のため 直 接 必 要 な 事 務 に 要 す る 費 用 ( 旅 費 消 耗 品 費 通 信 運 搬 費 印 刷 製 本 費 及 び 設 計 監 督 料 等 ) をいい その 額 は 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 の2.6%に 相 当 する 額 を 限 度 額 とする )) ただし 別 の 負 担 ( 補 助 ) 金 等 にお いて 別 途 補 助 対 象 とする 費 用 を 除 き 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 には

17 これと 同 等 と 認 められる 委 託 費 及 び 分 担 金 及 び 適 当 と 認 められる 購 入 費 等 を 含 む (13) 不 足 病 床 地 区 病 院 施 設 整 備 事 業 イ 病 院 又 は 有 床 診 療 所 を 廃 止 し 介 護 老 人 保 健 施 設 に 併 設 する 診 療 所 を 整 備 する 場 合 次 に 掲 げる に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 とする 160 m2 次 に 掲 げる に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と する (1) 新 築 の 場 合 療 養 病 床 数 及 び 一 般 病 床 数 1 床 当 たり 基 準 面 積 (ただし 100 床 を 限 度 とする ) (2) 増 築 の 場 合 療 養 病 床 数 及 び 一 般 病 床 数 1 床 当 たり 基 準 面 積 (ただし 50 床 を 限 度 とする ) イ 診 療 所 ( 診 察 室 処 置 室 薬 剤 室 エックス 線 室 暗 室 待 合 室 看 護 師 詰 め 所 玄 関 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 救 急 患 者 搬 入 口 スロープ 療 養 指 導 室 等 ) 不 足 病 床 地 区 病 院 として 必 要 な 次 の 各 部 門 の 新 築 増 改 築 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 病 棟 ( 病 室 診 察 室 処 置 室 記 録 室 患 者 食 堂 寝 具 倉 庫 バルコニ ー 廊 下 便 所 等 ) (14) 基 幹 災 害 拠 点 病 院 施 設 整 備 事 業 (1 床 当 たり ) 耐 火 構 造 m2/ 床 ブロック 木 造 m2/ 床 (1) 補 強 が 必 要 と 認 められ るもの 2,300 m2 37,100 円 (2) 耐 震 構 造 指 標 である 基 幹 災 害 拠 点 病 院 として 必 要 な 新 築 増 改 築 に 伴 う 補 強 及 び 既 存 建 物 に 対 する 補 強 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費

18 (15) 地 域 災 害 拠 点 病 院 施 設 整 備 事 業 (16) 腎 移 植 施 設 施 設 整 備 事 業 (17) 特 殊 病 室 施 設 整 備 事 業 Is 値 が 0.4 未 満 の 建 物 を 有 する 病 院 2,300 m2 176,000 円 備 蓄 倉 庫 1か 所 当 たり 137,186 千 円 自 家 発 電 装 置 1か 所 当 たり 149,535 千 円 受 水 槽 1か 所 当 たり 137,802 千 円 研 修 部 門 1か 所 当 たり 105,529 千 円 ヘリポート1か 所 当 たり 123,719 千 円 (1) 補 強 が 必 要 と 認 められ るもの 2,300 m2 37,100 円 (2) 耐 震 構 造 指 標 である Is 値 が 0.4 未 満 の 建 物 を 有 する 病 院 2,300 m2 176,000 円 備 蓄 倉 庫 1か 所 当 たり 38,694 千 円 自 家 発 電 装 置 1か 所 当 たり 149,535 千 円 受 水 槽 1か 所 当 たり 137,802 千 円 ヘリポート1か 所 当 たり 66,778 千 円 次 に 掲 げる に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と する 100 m2 1 室 当 たり 57,423 千 円 備 蓄 倉 庫 整 備 に 必 要 な 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 自 家 発 電 装 置 整 備 に 必 要 な 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 受 水 槽 整 備 に 必 要 な 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 研 修 部 門 整 備 に 必 要 な 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 ヘリポート 整 備 に 必 要 な 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 地 域 災 害 拠 点 病 院 として 必 要 な 新 築 増 改 築 に 伴 う 補 強 及 び 既 存 建 物 に 対 する 補 強 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 備 蓄 倉 庫 整 備 に 必 要 な 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 自 家 発 電 装 置 整 備 に 必 要 な 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 受 水 槽 整 備 に 必 要 な 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 ヘリポート 整 備 に 必 要 な 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 腎 移 植 施 設 として 必 要 な 次 の 部 門 の 新 築 増 改 築 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 無 菌 手 術 室 ( 機 械 室 及 び 附 属 設 備 を 含 む ) 特 殊 病 室 ( 無 菌 室 ) 整 備 に 必 要 な 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費

19 (18) 肝 移 植 施 設 施 設 整 備 事 業 (19) 治 験 施 設 施 設 整 備 事 業 (20) 病 児 病 後 児 保 育 施 設 施 設 整 備 事 業 (21) 特 定 地 域 病 院 施 設 整 備 事 業 次 に 掲 げる に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と する 100 m2 次 に 掲 げる に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と する (1) 治 験 専 門 外 来 100 m2 (2) 治 験 管 理 部 門 ( 事 務 部 門 相 談 部 門 そ の 他 ) 75 m2 次 に 掲 げる に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と する 利 用 ( 増 加 ) 定 員 7.2 m2 ただし 改 修 の 場 合 は 厚 生 労 働 大 臣 が 必 要 と 認 めた 額 次 に 掲 げる に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と する ((2)の 場 合 を 除 く ) (1) 改 築 の 場 合 ア 病 棟 既 存 病 床 数 30% m2 (ただし 一 部 改 築 の 場 合 は 上 記 による 面 肝 移 植 施 設 として 必 要 な 次 の 部 門 の 新 築 増 改 築 及 び 改 修 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 無 菌 手 術 室 ( 機 械 室 及 び 附 属 設 備 を 含 む ) 治 験 施 設 として 必 要 な 次 の 各 部 門 の 新 築 増 改 築 及 び 改 修 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 (1) 治 験 専 門 外 来 ( 外 来 診 察 室 処 置 室 検 査 室 等 ) (2) 治 験 管 理 部 門 事 務 部 門 ( 治 験 事 務 室 治 験 審 査 委 員 会 事 務 室 ) 相 談 部 門 ( 治 験 依 頼 者 相 談 室 被 験 者 相 談 室 ) その 他 ( 諸 記 録 保 管 室 治 験 薬 保 管 管 理 室 調 剤 室 等 ) 病 児 病 後 児 保 育 施 設 として 必 要 な 新 築 増 改 築 及 び 改 修 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 特 定 地 域 病 院 の 次 の 各 部 門 の 改 築 改 修 ( 補 強 )に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 (1) 病 棟 ( 病 室 診 察 室 処 置 室 記 録 室 患 者 食 堂 寝 具 倉 庫 バルコニ- 廊 下 便 所 等 ) (2) 診 療 棟 ( 診 察 室 検 査 室 エックス 線 室

20 (22) 地 震 防 災 対 策 医 療 施 設 耐 震 整 備 事 業 積 から 改 築 を 要 しな い 病 床 数 m2 を 差 引 いた 面 積 を 限 度 とする ) イ 診 療 棟 当 該 改 築 部 分 に 係 る 既 存 診 療 棟 面 積 で 厚 生 労 働 大 臣 が 認 める 面 積 (2) 補 強 の 場 合 ア 病 棟 既 存 病 床 数 30% m2 37,100 円 (ただし 一 部 補 強 の 場 合 は 上 記 による 面 積 から 補 強 を 要 しな い 病 床 数 m2 を 差 引 いた 面 積 を 限 度 とする ) イ 診 療 棟 当 該 補 強 部 分 に 係 る 既 存 診 療 棟 面 積 で 厚 生 労 働 大 臣 が 認 める 面 積 37,100 円 補 強 が 必 要 と 認 められるも の 2,300 m2 37,100 円 補 強 又 は 防 護 壁 の 設 置 等 が 必 要 と 認 められるもの1か 所 当 たり 29,230 千 円 手 術 室 等 ) 耐 震 化 を 必 要 とする 医 療 機 関 とし て 必 要 な 新 築 増 改 築 に 伴 う 補 強 及 び 既 存 建 物 に 対 する 補 強 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 土 砂 災 害 危 険 か 所 に 所 在 する 医 療 機 関 として 必 要 な 新 築 増 改 築 に 伴 う 補 強 既 存 建 物 に 対 する 補 強 及 び 防 護 壁 の 設 置 等 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費

21 (23) 医 療 施 設 等 耐 震 整 備 事 業 (24) 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 津 波 避 難 対 策 緊 急 事 業 病 院 の 場 合 (1) 補 強 が 必 要 と 認 められ るもの 2,300 m2 37,100 円 (2) ア 耐 震 構 造 指 標 である Is 値 が 0.4 未 満 の 建 物 を 有 する 第 二 次 救 急 医 療 施 設 等 イ 耐 震 構 造 指 標 である Is 値 が 0.3 未 満 の 建 物 を 有 する 病 院 ( 第 二 次 救 急 医 療 施 設 等 は 除 く) 2,300 m2 176,000 円 看 護 師 等 養 成 所 の 場 合 (1) 補 強 が 必 要 と 認 められ るもの 2,300 m2 28,300 円 (2) 耐 震 構 造 指 標 である Is 値 が 0.3 未 満 のもの 2,300 m2 134,400 円 救 命 救 急 センター 797,557 千 円 病 院 群 輪 番 制 病 院 及 び 共 同 利 用 型 病 院 83,167 千 円 在 宅 当 番 医 制 診 療 所 13,625 千 円 在 宅 当 番 医 制 歯 科 診 療 所 13,625 千 円 休 日 夜 間 急 患 センター 13,625 千 円 休 日 等 歯 科 診 療 所 医 療 施 設 等 耐 震 整 備 として 必 要 な 新 築 増 改 築 に 伴 う 補 強 及 び 既 存 建 物 に 対 する 補 強 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 救 命 救 急 センターの 新 築 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 及 び 既 存 建 物 の 除 去 費 病 院 群 輪 番 制 病 院 又 は 共 同 利 用 型 病 院 の 新 築 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 及 び 既 存 建 物 の 除 去 費 在 宅 当 番 医 制 診 療 所 の 新 築 に 要 す る 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 及 び 既 存 建 物 の 除 去 費 在 宅 当 番 医 制 歯 科 診 療 所 の 新 築 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 及 び 既 存 建 物 の 除 去 費 休 日 夜 間 急 患 センターの 新 築 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 及 び 既 存 建 物 の 除 去 費 休 日 等 歯 科 診 療 所 の 新 築 に 要 する

22 (25) アスベスト 除 去 等 整 備 事 業 (26) 医 療 機 器 管 理 室 施 設 整 備 事 業 13,625 千 円 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 及 び 既 存 建 物 の 除 去 費 時 間 外 診 療 実 施 診 療 所 時 間 外 診 療 実 施 診 療 所 の 新 築 に 要 13,625 千 円 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 及 び 既 存 建 物 の 除 去 費 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基 幹 災 害 拠 点 病 院 の 新 築 に 要 する 702,327 千 円 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 及 び 既 存 建 物 の 除 去 費 地 域 災 害 拠 点 病 院 地 域 災 害 拠 点 病 院 の 新 築 に 要 する 464,005 千 円 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 及 び 既 存 建 物 の 除 去 費 周 産 期 母 子 医 療 センター 周 産 期 母 子 医 療 センターの 新 築 に 86,382 千 円 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 及 び 既 存 建 物 の 除 去 費 小 児 救 急 医 療 拠 点 病 院 小 児 救 急 医 療 拠 点 病 院 の 新 築 に 要 29,197 千 円 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 及 び 既 存 建 物 の 除 去 費 在 宅 医 療 実 施 病 院 在 宅 医 療 実 施 病 院 の 新 築 に 要 する 83,167 千 円 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 及 び 既 存 建 物 の 除 去 費 在 宅 医 療 実 施 診 療 所 在 宅 医 療 実 施 診 療 所 の 新 築 に 要 す 13,625 千 円 る 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 及 び 既 存 建 物 の 除 去 費 在 宅 医 療 実 施 歯 科 診 療 所 在 宅 医 療 実 施 歯 科 診 療 所 の 新 築 に 13,625 千 円 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 及 び 既 存 建 物 の 除 去 費 精 神 科 病 院 精 神 科 病 院 の 新 築 に 要 する 工 事 費 83,167 千 円 又 は 工 事 請 負 費 及 び 既 存 建 物 の 除 去 費 精 神 科 救 急 医 療 センター 精 神 科 救 急 医 療 センターの 新 築 に 797,557 千 円 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 及 び 既 存 建 物 の 除 去 費 1m2 当 たり 39,000 円 アスベスト 等 の 除 去 等 に 要 する 工 アスベスト 等 の 除 去 等 を 事 費 又 は 工 事 請 負 費 行 う 壁 等 の 延 面 積 次 に 掲 げる に 別 表 医 療 機 器 管 理 室 として 必 要 な 新 築 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 の 増 改 築 及 び 改 修 に 要 する 工 事 費 又 は 合 計 額 とする 工 事 請 負 費 80 m2-22 -

23 (27) 地 球 温 暖 化 対 策 施 設 整 備 事 業 (28) 内 視 鏡 訓 練 施 設 施 設 整 備 事 業 1か 所 当 たり 96,686 千 円 次 に 掲 げる に 別 表 3に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 の 合 計 額 とする 訓 練 者 30 m2 (ただし 1,000 m2を 限 度 と する ) 地 球 温 暖 化 対 策 に 資 する 整 備 に 必 要 な 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 内 視 鏡 訓 練 施 設 として 必 要 な 新 築 増 改 築 及 び 改 修 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 ( 注 )1 過 去 に 同 一 事 業 について 補 助 を 受 け 現 に 使 用 しているときは ( 基 準 面 積 が 定 められていないときは 基 準 額 とする 以 下 この 項 において 同 じ )から 当 該 補 助 の 際 の を 差 し 引 いた 面 積 を とする 2 建 築 面 積 が を 下 回 るときは 当 該 建 築 面 積 を とする 3 補 強 の 基 準 単 価 は 補 強 事 業 における 単 価 であり 補 強 単 価 が 基 準 単 価 を 下 回 ると きは 当 該 補 強 単 価 を 基 準 単 価 とする

24 別 表 3 地 域 別 1 平 方 メートル 当 たり 単 価 表 ( 単 位 : 円 ) 事 業 区 分 種 目 等 構 造 別 地 域 区 分 A B C D (1) 休 日 夜 間 急 患 鉄 筋 コ ン ク 150, , , ,800 センター 施 設 整 備 事 業 リート ブロック 130, , , ,000 (6) 小 児 初 期 救 急 センター 施 設 整 木 造 150, , , ,800 備 事 業 (2) 病 院 群 輪 番 制 鉄 筋 コ ン ク 213, , , ,600 病 院 及 び 共 同 利 用 型 病 院 施 設 整 備 事 業 (4) 救 命 救 急 セン ター 施 設 整 備 事 業 (5) 小 児 救 急 医 療 拠 点 病 院 施 設 整 備 事 業 (7) 小 児 集 中 治 療 室 施 設 整 備 事 業 (26) 医 療 機 器 管 理 室 施 設 整 備 事 業 (28) 内 視 鏡 訓 練 施 設 施 設 整 備 事 業 リート (8) 小 児 医 療 施 設 病 棟 鉄 筋 コ ン ク 190, , , ,400 施 設 整 備 事 業 (10) 地 域 療 育 支 援 リート ブロック 166, , , ,500 施 設 施 設 整 備 事 業 診 療 棟 鉄 筋 コ ン ク 213, , , ,600 (11) 共 同 利 用 施 設 施 設 整 備 事 業 (13) 不 足 病 床 地 区 病 院 施 設 整 備 事 業 (21) 特 定 地 域 病 院 施 設 整 備 事 業 リート ブロック 186, , , ,

25 (9) 周 産 期 医 療 施 設 施 設 整 備 事 業 (12) 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 (20) 病 児 病 後 児 保 育 施 設 施 設 整 備 事 業 病 院 診 療 所 ( 一 般 地 区 ) 診 療 所 ( 離 島 豪 雪 地 区 ) 鉄 筋 コ ン ク 190, , , ,400 リート ブロック 166, , , ,500 鉄 筋 コ ン ク 190, , , ,400 リート ブロック 166, , , ,500 鉄 筋 コ ン ク 143, , , ,100 リート ブロック 124, , , ,400 木 造 143, , , ,100 鉄 筋 コ ン ク 153, , , ,200 リート ブロック 133, , , ,600 木 造 153, , , ,200 鉄 筋 コ ン ク 190, , , ,400 リート ブロック 166, , , ,500 (16) 腎 移 植 施 設 施 設 整 備 事 業 (18) 肝 移 植 施 設 施 設 整 備 事 業 (19) 治 験 施 設 施 設 整 備 事 業 治 験 専 門 外 来 治 験 管 理 部 門 木 造 190, , , ,400 鉄 筋 コ ン ク 452, , , ,500 リート 鉄 筋 コ ン ク 213, , , ,600 リート ブロック 186, , , ,500 鉄 筋 コ ン ク 175, , , ,600 リート ブロック 153, , , ,600 ( 注 )1 上 記 基 準 単 価 は 新 築 及 び 増 改 築 事 業 における 基 準 額 算 定 の 限 度 となる 単 価 であ り 建 築 単 価 が 基 準 単 価 を 下 回 るときは 当 該 建 築 単 価 を 基 準 単 価 とする 2 (12) 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 の 項 の 離 島 豪 雪 地 区 とは 離 島 振 興 法 ( 昭 和 28 年 法 律 第 72 号 ) 第 2 条 第 1 項 の 規 定 により 離 島 振 興 対 策 実 施 地 域 として 指 定 された 離 島 の 地 域 奄 美 群 島 振 興 開 発 特 別 措 置 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 189 号 ) 第 1 条 に 規 定 する 奄 美 群 島 ( 鹿 児 島 県 奄 美 市 及 び 大 島 郡 の 区 域 ) 豪 雪 地 帯 対 策 特 別 措 置 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 73 号 ) 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 豪 雪 地 帯 小 笠

26 原 諸 島 振 興 開 発 特 別 措 置 法 ( 昭 和 44 年 法 律 第 79 号 ) 第 4 条 第 1 項 に 規 定 する 小 笠 原 諸 島 並 びに 沖 縄 振 興 特 別 措 置 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 14 号 ) 第 3 条 第 3 号 に 規 定 する 離 島 とする 3 都 道 府 県 別 の 地 域 区 分 は 次 のとおりとする 区 分 地 域 A 青 森 県 岩 手 県 福 島 県 東 京 都 富 山 県 山 梨 県 長 野 県 沖 縄 県 B 北 海 道 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 茨 城 県 神 奈 川 県 新 潟 県 石 川 県 岐 阜 県 静 岡 県 三 重 県 京 都 府 大 阪 府 奈 良 県 鳥 取 県 広 島 県 熊 本 県 鹿 児 島 県 C 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 千 葉 県 福 井 県 愛 知 県 滋 賀 県 兵 庫 県 和 歌 山 県 島 根 県 岡 山 県 山 口 県 香 川 県 高 知 県 佐 賀 県 長 崎 県 宮 崎 県 D 徳 島 県 愛 媛 県 福 岡 県 大 分 県 別 表 4 既 存 病 床 数 の 割 合 による 調 整 ( 前 年 度 3 月 31 日 現 在 ) 既 存 病 床 数 が 医 療 計 画 上 の 基 準 病 床 数 に 占 める 割 合 ( 精 神 病 床 感 染 症 病 床 結 核 病 床 療 養 病 床 一 般 病 床 の 合 計 ) 調 整 率 105% 以 上 % 未 満 1.00 別 表 5 事 業 区 分 による 調 整 事 業 区 分 4の(1)から(9) (11)から(22) 及 び(24)から(27)に 掲 げ る 事 業 (ただし 4の(14) ( 15) 及 び(22)に 掲 げる 事 業 に ついては 耐 震 化 に 伴 う 補 強 が 必 要 と 認 められるものを 除 く ) 4の(10) (14) (15) (22) 及 び(23)に 掲 げる 事 業 (ただし 4の(14) ( 15)(22) ( 28)に 掲 げる 事 業 については 耐 震 化 に 伴 う 補 強 が 必 要 と 認 められるものに 限 る ) 調 整 率 別 表 6 都 道 府 県 の 優 先 順 位 に 係 る 評 価 事 項 (100 点 )

27 都 道 府 県 の 優 先 順 位 項 目 点 数 以 下 の 式 により 算 出 される 点 数 とする 100/( 事 業 数 -1) ( 事 業 数 - 順 位 ) なお 事 業 数 が1の 場 合 は 100 点 とする 別 表 7 医 療 機 関 に 係 る 評 価 事 項 (40 点 ) 区 分 当 該 事 業 を 行 う 医 療 機 関 の 医 療 計 画 における 位 置 付 け (1)がん 専 門 的 な 診 療 機 能 ア 圏 域 内 で 初 めて 整 備 :20 点 イ ア 以 外 :15 点 点 数 その 他 の 医 療 機 能 ア 圏 域 内 で 初 めて 整 備 :15 点 イ ア 以 外 :10 点 (2) 脳 卒 中 救 急 医 療 の 機 能 ア 圏 域 内 で 初 めて 整 備 :20 点 イ ア 以 外 :15 点 その 他 の 医 療 機 能 ア 圏 域 内 で 初 めて 整 備 :15 点 イ ア 以 外 :10 点 (3) 急 性 心 筋 梗 塞 救 急 医 療 の 機 能 ア 圏 域 内 で 初 めて 整 備 :20 点 イ ア 以 外 :15 点 その 他 の 医 療 機 能 ア 圏 域 内 で 初 めて 整 備 :15 点 イ ア 以 外 :10 点 (4) 糖 尿 病 各 医 療 機 能 ア 圏 域 内 で 初 めて 整 備 :15 点 イ ア 以 外 :10 点 (5) 救 急 医 療 救 命 救 急 医 療 機 関 の 機 能 又 は 入 院 を 要 する 救 急 医 療 の 機 能 (6) 災 害 時 におけ る 医 療 その 他 の 医 療 機 能 災 害 拠 点 病 院 としての 機 能 その 他 の 医 療 機 能 ア 圏 域 内 で 初 めて 整 備 :20 点 イ ア 以 外 :15 点 ア 圏 域 内 で 初 めて 整 備 :15 点 イ ア 以 外 :10 点 ア 圏 域 内 で 初 めて 整 備 :20 点 イ ア 以 外 :15 点 ア 圏 域 内 で 初 めて 整 備 :15 点 イ ア 以 外 :10 点

28 (7)へき 地 の 医 療 へき 地 診 療 の 支 援 医 療 の 機 能 その 他 の 医 療 機 能 (8) 周 産 期 医 療 総 合 周 産 期 医 療 の 機 能 地 域 周 産 期 医 療 の 機 能 又 は 正 常 分 娩 の 機 能 その 他 の 医 療 機 能 ア 圏 域 内 で 初 めて 整 備 :20 点 イ ア 以 外 :15 点 ア 圏 域 内 で 初 めて 整 備 :15 点 イ ア 以 外 :10 点 ア 圏 域 内 で 初 めて 整 備 :20 点 イ ア 以 外 :15 点 ア 圏 域 内 で 初 めて 整 備 :15 点 イ ア 以 外 :10 点 (9) 小 児 医 療 小 児 の 救 命 救 急 医 療 の 機 能 又 は 初 期 小 児 救 急 医 療 の 機 能 (10)その 他 その 他 の 医 療 機 能 都 道 府 県 知 事 が 特 に 必 要 と 認 める 医 療 の 機 能 ア 圏 域 内 で 初 めて 整 備 :20 点 イ ア 以 外 :15 点 ア 圏 域 内 で 初 めて 整 備 :15 点 イ ア 以 外 :10 点 ア 圏 域 内 で 初 めて 整 備 :15 点 イ ア 以 外 :10 点 区 分 点 数 (11) 前 年 度 における 都 道 府 県 医 療 対 策 協 議 会 の 派 遣 要 請 に 基 づく 医 師 派 遣 の 実 績 (12) 前 年 度 における 都 道 府 県 医 療 対 策 協 議 会 以 外 の 都 道 府 県 の 機 関 委 員 会 等 の 派 遣 要 請 に 基 づく 医 師 派 遣 の 実 績 (13) 患 者 の 療 養 環 境 向 上 等 に 配 慮 し 当 該 事 業 において 国 産 材 を 使 用 するもの ア 3 人 以 上 :10 点 イ 1 人 以 上 3 人 未 満 :5 点 1 人 以 上 :5 点 使 用 する:5 点 ( 注 1) 区 分 (1)~(10)については 事 業 内 容 に 応 じていずれか 一 区 分 を 使 用 する ( 注 2) 区 分 (11) 及 び(12)については 派 遣 日 数 を245で 除 した 数 を 派 遣 人 数 とみな す 別 表 8 都 道 府 県 の 取 組 に 係 る 評 価 事 項 (15 点 ) 項 目 点 数 都 道 府 県 の 医 療 連 携 体 制 推 進 事 業 への 取 組 状 況 (5 点 ) 以 下 の 事 業 内 容 のうち 前 年 度 に 各 都 道 府 県 が 行 った 医 療 連 携 体 制 推 進 事 業 に 含 まれる 事 業 内 容 の 数 を 点 数 とする( 各 項 目 1 点 ) (1) 地 域 医 療 連 携 パスの 作 成 (2)IT 等 の 活 用 による 住 民 への 情 報 提 供 (3)IT 等 の 活 用 による 診 療 連 携 体 制 の 構 築 (4) 医 療 従 事 者 向 けの 研 修 会 の 実 施

29 都 道 府 県 医 療 対 策 協 議 会 に よる 医 師 派 遣 人 数 (5 点 ) 都 道 府 県 における 医 師 確 保 対 策 取 組 等 ( 医 師 派 遣 を 除 く )(5 点 ) (5)その 他 前 年 度 の 各 都 道 府 県 医 療 対 策 協 議 会 による 医 師 派 遣 人 数 に 応 じて 以 下 の 点 数 とする (1)20 人 以 上 :5 点 (2)10 人 以 上 20 人 未 満 :2 点 当 該 年 度 に 各 都 道 府 県 において 行 われる 医 師 確 保 対 策 の 取 組 等 のうち 以 下 に 該 当 する 数 を 点 数 とする ( 各 項 目 1 点 ) (1) 大 学 医 学 部 における 地 域 枠 を 設 定 (2) 医 学 部 学 生 等 への 修 学 資 金 支 援 を 実 施 (3)ドクターバンクを 設 置 (4) 小 児 科 産 科 の 集 約 化 重 点 化 の 実 施 に 伴 う 連 携 強 化 病 院 を 設 置 (5) 自 治 医 科 大 学 卒 業 生 の 義 務 年 限 終 了 後 出 身 都 道 府 県 定 着 率 が80% 以 上 ( 交 付 の 条 件 ) 9 この 交 付 金 の 交 付 の 決 定 には 次 の 条 件 が 付 されるものとする (1) 交 付 対 象 事 業 に 要 する 経 費 の 配 分 の 変 更 ( 軽 微 な 変 更 を 除 く )をする 場 合 には 厚 生 労 働 大 臣 の 承 認 を 受 けなければならない (2) 交 付 対 象 事 業 の 内 容 のうち 次 のものを 変 更 ( 軽 微 な 変 更 を 除 く )する 場 合 に は 厚 生 労 働 大 臣 の 承 認 を 受 けなければならない ア 建 物 の 設 置 場 所 (ただし 設 置 予 定 敷 地 内 における 設 置 場 所 の 変 更 で 機 能 を 著 しく 変 更 しない 軽 微 な 変 更 を 除 く ) イ 建 物 の 規 模 構 造 又 は 用 途 (ただし 機 能 を 著 しく 変 更 しない 軽 微 な 変 更 を 除 く ) (3) 交 付 対 象 事 業 を 中 止 し 又 は 廃 止 ( 一 部 の 中 止 又 は 廃 止 を 含 む )する 場 合 には 厚 生 労 働 大 臣 の 承 認 を 受 けなければならない (4) 交 付 対 象 事 業 が 予 定 の 期 間 内 に 完 了 しない 場 合 又 は 当 該 事 業 の 遂 行 が 困 難 にな った 場 合 には 速 やかに 厚 生 労 働 大 臣 に 報 告 してその 指 示 を 受 けなければならな い (5) 交 付 金 と 交 付 対 象 事 業 に 係 る 予 算 及 び 決 算 との 関 係 を 明 らかにした 別 紙 8によ る 調 書 を 作 成 するとともに 事 業 に 係 る 歳 入 及 び 歳 出 について 証 拠 書 類 を 整 理 し

30 かつ 調 書 及 び 証 拠 書 類 を 交 付 金 の 額 の 確 定 の 日 ( 事 業 の 中 止 又 は 廃 止 の 承 認 を 受 けた 場 合 には その 承 認 を 受 けた 日 )の 属 する 年 度 の 終 了 後 5 年 間 保 管 しておか なければならない ただし 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 がある 場 合 は 前 記 の 期 間 を 経 過 後 当 該 財 産 の 財 産 処 分 が 完 了 する 日 又 は 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 施 行 令 第 14 条 第 1 項 第 2 号 の 規 定 によ り 厚 生 労 働 大 臣 が 別 に 定 める 期 間 を 経 過 する 日 のいずれか 遅 い 日 まで 保 管 してお かなければならない (6) 都 道 府 県 が 交 付 対 象 事 業 ( 市 町 村 が 補 助 する 事 業 を 除 く )に 対 してこの 交 付 金 を 財 源 の 全 部 又 は 一 部 として 補 助 金 を 交 付 する 場 合 には 次 の 条 件 を 付 さなけれ ばならない ア 都 道 府 県 から 補 助 金 の 交 付 を 受 けて 行 われる 事 業 ( 以 下 9において 補 助 事 業 という )に 要 する 経 費 の 配 分 の 変 更 ( 軽 微 な 変 更 を 除 く )をする 場 合 には 都 道 府 県 知 事 の 承 認 を 受 けなければならない イ 補 助 事 業 の 内 容 のうち 次 のものを 変 更 ( 軽 微 な 変 更 を 除 く )する 場 合 には 都 道 府 県 知 事 の 承 認 を 受 けなければならない (ア) 建 物 の 設 置 場 所 (ただし 設 置 予 定 敷 地 内 における 設 置 場 所 の 変 更 で 機 能 を 著 しく 変 更 しない 軽 微 な 変 更 を 除 く ) (イ) 建 物 の 規 模 構 造 又 は 用 途 (ただし 機 能 を 著 しく 変 更 しない 軽 微 な 変 更 を 除 く ) ウ 補 助 事 業 を 中 止 し 又 は 廃 止 ( 一 部 の 中 止 又 は 廃 止 を 含 む )する 場 合 には 都 道 府 県 知 事 の 承 認 を 受 けなければならない エ 補 助 事 業 が 予 定 の 期 間 内 に 完 了 しない 場 合 又 は 補 助 事 業 の 遂 行 が 困 難 になっ た 場 合 には 速 やかに 都 道 府 県 知 事 に 報 告 してその 指 示 を 受 けなければならない オ 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 不 動 産 及 びその 従 物 については 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 施 行 令 第 14 条 第 1 項 第 2 号 の 規 定 により 厚 生 労 働 大 臣 が 別 に 定 める 期 間 を 経 過 するまで 都 道 府 県 知 事 の 承 認 を 受 けないでこの 補 助 金 の 交 付 の 目 的 に 反 して 使 用 し 譲 渡 し 交 換 し 貸 し 付 け 担 保 に 供 し 又 は 取 り 壊 してはならない カ 都 道 府 県 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 合 に は その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 都 道 府 県 に 納 付 させることがある キ 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については 補 助 事 業 完 了 後

31 においても 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 管 理 するとともに その 効 率 的 な 運 用 を 図 らなければならない ク 補 助 事 業 に 係 る 収 入 及 び 支 出 を 明 らかにした 帳 簿 を 備 え 当 該 収 入 及 び 支 出 に ついて 証 拠 書 類 を 整 理 し 当 該 帳 簿 及 び 証 拠 書 類 を 補 助 金 の 額 の 確 定 の 日 ( 補 助 事 業 の 中 止 又 は 廃 止 の 承 認 を 受 けた 場 合 には その 承 認 を 受 けた 日 )の 属 する 年 度 の 終 了 後 5 年 間 保 管 しておかなければならない ケ 補 助 事 業 を 行 うために 締 結 する 契 約 については 一 般 競 争 入 札 に 付 するなど 都 道 府 県 が 行 う 契 約 手 続 の 取 扱 いに 準 拠 しなければならない コ 補 助 事 業 を 行 うために 建 設 工 事 の 完 成 を 目 的 として 締 結 するいかなる 契 約 に おいても 契 約 の 相 手 方 が 当 該 工 事 を 一 括 して 第 三 者 に 請 け 負 わせることを 承 諾 してはならない サ 補 助 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 によりこの 補 助 金 に 係 る 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 に 係 る 仕 入 控 除 税 額 が 確 定 した 場 合 は 別 紙 7により 速 やかに 都 道 府 県 知 事 に 報 告 しなければならない なお 補 助 事 業 を 実 施 する 者 ( 以 下 9において 補 助 事 業 者 という )が 全 国 的 に 事 業 を 展 開 する 組 織 の 一 支 部 ( 又 は 一 支 社 一 支 所 等 )であって 自 ら 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 を 行 わず 本 部 ( 又 は 本 社 本 所 等 )で 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 を 行 っている 場 合 は 本 部 の 課 税 売 上 割 合 等 の 申 告 内 容 に 基 づき 報 告 を 行 うこと また 都 道 府 県 知 事 に 報 告 があった 場 合 には 当 該 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 に 係 る 仕 入 控 除 税 額 の 全 部 又 は 一 部 を 都 道 府 県 に 納 付 させることがある シ 補 助 事 業 者 は この 交 付 金 にかかる 補 助 金 の 交 付 と 対 象 経 費 を 重 複 して 他 の 法 律 又 は 予 算 制 度 に 基 づく 国 の 負 担 又 は 補 助 を 受 けてはならない (7) 都 道 府 県 が 交 付 対 象 事 業 ( 市 町 村 が 補 助 する 事 業 に 限 る )に 対 してこの 交 付 金 を 財 源 の 全 部 又 は 一 部 として 補 助 金 を 交 付 する 場 合 には 市 町 村 に 対 し 次 の 条 件 を 付 さなければならない ア (5) 及 び(6)のア イ ウ 及 びエ この 場 合 において (5) 中 交 付 金 とあるのは 補 助 金 と 別 紙 8 と あるのは 別 紙 8に 準 じた 様 式 と 読 み 替 えるものとする イ 市 町 村 は 都 道 府 県 が 交 付 する 補 助 金 を 財 源 の 全 部 又 は 一 部 とした 補 助 金 ( 以 下 9において 間 接 補 助 金 という )を 交 付 する 場 合 には 間 接 補 助 金 を 交 付 さ れた 者 ( 以 下 9において 間 接 補 助 事 業 者 という )に 対 し その 対 象 事 業 ( 以

32 下 9において 間 接 補 助 事 業 という )を 行 うにあたり(6)のアからシまでに 掲 げる 条 件 を 付 さなければならない この 場 合 において 補 助 事 業 とあるのは 間 接 補 助 事 業 と 都 道 府 県 知 事 とあるのは 市 町 村 長 と 都 道 府 県 とあるのは 市 町 村 と 補 助 事 業 者 とあるのは 間 接 補 助 事 業 者 と 別 紙 7 とあるのは 別 紙 7に 準 じた 様 式 と 読 み 替 えるものとする ウ イにより 付 した 条 件 に 基 づき 市 町 村 長 が 承 認 又 は 指 示 する 場 合 には あらかじ め 都 道 府 県 知 事 の 承 認 又 は 指 示 を 受 けなければならない エ イにより 付 した 条 件 に 基 づき 市 町 村 に 財 産 の 処 分 による 収 入 又 は 間 接 補 助 金 に 係 る 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 に 係 る 仕 入 控 除 税 額 の 全 部 又 は 一 部 の 納 付 があった 場 合 には その 納 付 額 の 全 部 又 は 一 部 を 都 道 府 県 に 納 付 させることがある (8)(6) 及 び(7)により 付 した 条 件 に 基 づき 都 道 府 県 知 事 が 承 認 又 は 指 示 する 場 合 には あらかじめ 厚 生 労 働 大 臣 の 承 認 又 は 指 示 を 受 けなければならない (9) 補 助 事 業 者 から 財 産 の 処 分 による 収 入 又 は 補 助 金 に 係 る 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 に 係 る 仕 入 控 除 税 額 の 全 部 又 は 一 部 の 納 付 があった 場 合 には 別 紙 6により 速 や かに 厚 生 労 働 大 臣 に 報 告 しなければならない なお 厚 生 労 働 大 臣 に 報 告 があっ た 場 合 には その 納 付 額 の 全 部 又 は 一 部 を 国 庫 に 納 付 させることがある ( 申 請 手 続 ) 10 この 交 付 金 の 交 付 の 申 請 は 都 道 府 県 知 事 が 別 紙 2による 申 請 書 に 当 初 提 出 し た 事 業 計 画 に 変 更 がある 場 合 は 変 更 後 の 事 業 計 画 その 他 の 関 係 書 類 を 添 えて 別 途 定 める 期 日 までに 厚 生 労 働 大 臣 に 提 出 するものとする ( 変 更 申 請 手 続 ) 11 この 交 付 金 の 交 付 決 定 後 の 事 情 の 変 更 により 申 請 の 内 容 を 変 更 して 追 加 交 付 申 請 等 を 行 う 場 合 には 10 に 定 める 申 請 手 続 に 従 い 毎 年 度 1 月 20 日 までに 行 うもの とする ( 交 付 決 定 までの 標 準 的 期 間 ) 12 厚 生 労 働 大 臣 は 10 又 は 11 による 申 請 書 が 到 達 した 日 から 起 算 して 原 則 として 2 月 以 内 に 交 付 の 決 定 ( 変 更 交 付 決 定 を 含 む )を 行 うものとする ( 交 付 金 の 概 算 払 ) 13 厚 生 労 働 大 臣 は 必 要 があると 認 める 場 合 においては 国 の 支 払 計 画 承 認 額 の 範 囲 内 において 概 算 払 をすることができるものとする

33 ( 遂 行 状 況 報 告 ) 14 都 道 府 県 知 事 は 別 紙 3による 毎 年 度 12 月 末 日 現 在 の 状 況 報 告 書 に 関 係 書 類 を 添 えて 翌 月 15 日 までに 厚 生 労 働 大 臣 に 提 出 するものとする ( 実 績 報 告 ) 15 都 道 府 県 知 事 は 別 紙 4による 報 告 書 に 関 係 書 類 を 添 えて 事 業 の 完 了 の 日 から 起 算 して1 月 を 経 過 した 日 (9の(3)により 事 業 の 中 止 又 は 廃 止 の 承 認 を 受 けた 場 合 には 当 該 承 認 通 知 を 受 理 した 日 から 起 算 して1 月 を 経 過 した 日 ) 又 は 翌 年 度 4 月 10 日 のいずれか 早 い 日 までに 厚 生 労 働 大 臣 に 提 出 するものとする なお 事 業 が 翌 年 度 にわたるときは 別 紙 5による 年 度 終 了 実 績 報 告 書 を この 交 付 金 の 交 付 決 定 に 係 る 国 の 会 計 年 度 の 翌 年 度 の4 月 30 日 までに 厚 生 労 働 大 臣 に 提 出 するものとする ( 交 付 金 の 返 還 ) 16 厚 生 労 働 大 臣 は 交 付 すべき 交 付 金 の 額 を 確 定 した 場 合 において 既 にその 額 を 超 える 交 付 金 が 交 付 されているときは 期 限 を 定 めて その 超 える 部 分 について 国 庫 に 返 還 することを 命 ずるものとする (その 他 ) 17 特 別 の 事 情 により 及 び 15 に 定 める 算 定 方 法 手 続 きによるこ とができない 場 合 には あらかじめ 厚 生 労 働 大 臣 の 承 認 を 受 けてその 定 めるところ によるものとする

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A> 平 成 24 年 度 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 ( 以

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

Taro-270409_近代化実施要綱

Taro-270409_近代化実施要綱 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 綱 最 終 改 正 健 政 発 第 7 8 6 号 平 成 5 年 1 2 月 1 5 日 医 政 発 0409 第 29 号 平 成 2 7 年 4 月 9 日 1 目 的 この 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 しつつ 病 院 における 患 者 の 療 養 環 境

More information

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx 参 考 ( 改 正 後 全 文 ) 厚 生 労 働 省 発 老 0717 第 2 号 平 成 2 4 年 7 月 1 7 日 最 終 改 正 厚 生 労 働 省 発 老 0309 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 9 日 指 定 都 市 市 長 各 中 核 市 市 長 殿 市 区 町 村 長 厚 生 労 働 事 務 次 官 ( 公 印 省 略 ) 地 域 介 護 福 祉 空 間 整 備 等 施

More information

Taro-27近代化要領本文

Taro-27近代化要領本文 新 潟 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 領 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 29 日 1 目 的 こ の 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 し つつ 病 院 に おける 患 者 の 療 養 環 境 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 衛 生 環 境 等 の 改 善 及 び へき 地

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 4 月 21 日 第 74 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 2-2 出 産 育 児 一 時 金 について 平 成 26 年 4 月 21 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 出 産 育 児 一 時 金 について 出 産 育 児 一 時 金 とは 健 康 保 険 法 等 に 基 づく 保 険 給 付 として 健 康 保 険 や 国 民 健 康 保 険

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病 特 定 医 療 に 係 る 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 等 の 記 載 方 法 について( 指 定 医 療 機 関 用 ) 和 歌 山 県 福 祉 保 健 部 健 康 局 健 康 推 進 課 平 成 27 年 1 目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229>

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229> 建 設 業 許 可 ( 建 設 業 法 第 3 条 ) (1) 建 設 業 の 許 可 ア 建 設 業 を 営 もうとする 者 は 軽 微 な 建 設 工 事 のみを 請 け 負 う 場 合 を 除 き 建 設 業 法 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 建 設 業 の 許 可 を 受 けなければなりません イ 軽 微 な 建 設 工 事 とは 工 事 1 件 の 請 負 代 金 の 額 が 建

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 803,072 349,918,053 1,594,508 54,662,625 15.6 15.4

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 詳 細 は 別 紙 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 事 後 審 査 ) 東 日 本 本 部 一 般 土 木 工 事 建 築 工 事 共 通 を 参 照 すること 1 公 告 日 平 成 28 年 09 月 26 日 ( 月 ) 2 契 約 職 東 日 本 本 部 長 松 浦 將 行 3 工 事 概 要

More information

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考 H25.4.1 版 認 証 保 育 所 施 設 基 準 解 説 平 成 22 年 10 月 東 京 都 福 祉 保 健 局 少 子 社 会 対 策 部 保 育 支 援 課 0/15 本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建

More information

49.6 1

49.6 1 49.6 1 t-co2 120 100 80 60 40 20 0 2 4 8 40 52 53 53 59 64 79 83 83 108 101 104 2 3 鳥 取 県 3 2,876 t 岡 山 県 83,782 t 島 根 県 8 1,660 t 広 島 県 15 3,995t 福 岡 県 19 4,141 t 佐 賀 県 3 952 t 大 分 県 53,181 t 長 崎 県 2

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 23 年 11 月 24 日 第 49 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 5 国 保 組 合 の 国 庫 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 11 月 24 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された 国

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場 第 2 章 短 期 給 付 の 内 容 と 請 求 手 続 第 1 節 傷 病 等 に 係 る 給 付 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 病 気 や 負 傷 をしたときは 通 常 の 場 合 組 合 員 証 を 保 険 医 療 機 関 に 提 示 する ことによって 療 養 の 給 付 や 家 族 療 養 費 の 現 物 給 付 を 受 けることができます しかし 緊 急 その 他 やむを 得

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

<81798AAE90AC94C5817A483236906C8E968D7390AD81694832372E348C668DDA94C5816A288F4390B3292E786C73>

<81798AAE90AC94C5817A483236906C8E968D7390AD81694832372E348C668DDA94C5816A288F4390B3292E786C73> 函 館 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 25 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 (25 年 12 月 31 日 ) 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B/A 人 274,485 135,133,615 1,560,497 17,631,082 B 人 件 費 率 13.1 ( 参 考 ) 24

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 作 成 要 領 申 請 の 手 引 1 申 請 の 時 期 一 般 競 争 に 参 加 しようとする 者 は 次 の 表 の 左 欄 の 区 分 に 従 い 参 加 しようとする 地 区 のいずれか1つ の 部 局 長 あてに 次 号 に 掲 げる 申 請 書 等 の 関 係 書 類 を 原 則 として 定 期 審 査 を

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466> 京 都 市 老 保 護 措 置 費 の 支 弁 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 養 護 老 ホーム( 以 下 施 設 という )の 入 所 者 に 係 る 老 福 祉 法 第 11 条 第 1 項 の 規 定 による 措 置 に 要 する 費 用 ( 以 下 措 置 費 という )の 支 弁 に 関 し, 必 要 な 事 項 を 定 める ものとする ( 事 務

More information

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464>

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464> 健 康 保 険 組 合 事 業 運 営 指 針 ( 案 ) 第 1 本 指 針 の 趣 旨 本 指 針 は 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 事 業 運 営 のうち 組 合 の 判 断 で 実 施 するものについて 適 正 な 事 業 運 営 が 確 保 されるよう 事 業 運 営 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 や 適 正 水 準 望 ましい 事 業 の 例 事

More information

0520表紙.pdf

0520表紙.pdf - 197 - 平 成 24 年 度 精 神 保 健 福 祉 資 料 調 査 作 業 要 領 1. 調 査 の 目 的 この 調 査 は 精 神 科 病 院 及 び 精 神 科 診 療 所 等 を 利 用 する 患 者 の 実 態 等 を 把 握 し 精 神 保 健 福 祉 施 策 推 進 のための 資 料 を 得 ることを 目 的 とし 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福

More information

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分)

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分) 具 体 的 な 報 告 項 目 報 告 方 法 時 期 等 について 今 年 度 一 般 病 床 療 養 病 床 を 有 する 病 院 診 療 所 は 以 下 の 項 目 を 平 成 26 年 11 月 14 日 ( 金 )までに 報 告 することとする(10 月 1 日 ( 水 ) 受 付 開 始 ) 報 告 項 目 1 平 成 26 年 7 月 1 日 時 点 における 医 療 機 能 ( 病

More information

県 民 局 次 世 代 育 成 部 次 世 代 育 成 課 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き ~ 新 設 編 ~ 平 成 27 年 10 月 目 次 はじめに 2 第 1 章 保 育 所 設 置 認 可 の 手 続 き 4 第 2 章 保 育 所 設 置 届 出 の 手 続 き 26 1 はじめに 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き~ 新 設 編 ~ は 児 童 福 祉 法 に 基 づく

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399,

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399, の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 715,637 268,79,786 4,138,833 47,61,99 17.5 16.5 (48,651,395)

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4

目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 資 料 2 広 域 医 療 の 推 進 について 平 成 23 年 12 月 10 日 広 域 医 療 局 目 次 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 1 2 広 域 的 ドクターヘリの 配 置 運 航 2 3 東 日 本 大 震 災 における 医 療 支 援 活 動 4 1 関 西 広 域 救 急 医 療 連 携 計 画 の 策 定 (1)

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63> 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 京 都 府 監 査 委 員 20 監 第 202 号 平 成 20 年 9 月 2 日 京 都 府 知 事 山 田 啓 二 様 京 都 府 監 査 委 員 田 坂 幾 太 同 小 巻 實 司 同 道 林 邦 彦 同 村 山 佳 也 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 の 決 算 審 査 について

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378>

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378> 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 岐 阜 市 の 給 与 定 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 08,307 1,9,10 9,07,66 7,1,77 18.8 18.7 ( 注 ) 人

More information

○00表紙

○00表紙 結 果 の 概 要 1 結 果 の 要 約 (1) 出 生 数 は 減 少 出 生 数 は1 万 3532 人 で 前 年 の12 万 9816 人 より2 万 6284 人 減 少 し 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) は 8.で 前 年 の8.2を 下 回 った 出 生 数 を 母 の 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 にみると 2~39 歳 の 各 階 級 では 前 年 より 減 少 しているが

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

1. 請 求 書 類 の 各 種 様 式 および 作 成 について 1 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 明 細 書 は 厚 生 労 働 省 から 示 された 様 式 を 使 用 してください 記 載 方 法 については 3ページをご 覧 ください 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 請

1. 請 求 書 類 の 各 種 様 式 および 作 成 について 1 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 明 細 書 は 厚 生 労 働 省 から 示 された 様 式 を 使 用 してください 記 載 方 法 については 3ページをご 覧 ください 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 請 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 請 求 の 手 引 き ( 国 民 健 康 保 険 及 び 後 期 高 齢 者 医 療 ) 0 目 次 1. 請 求 書 類 の 各 種 様 式 および 作 成 について.1. 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 の 記 載 方 法 について.3 3. 東 日 本 大 震 災 に 係 る 一 部 負 担 金 免 除 明 細 書 の 記 載 方 法 について.6

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀬 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 藤 井 義 弘 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 26 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B5489AA8E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C4816995BD90AC3234944E937894C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B5489AA8E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C4816995BD90AC3234944E937894C5816A2E646F63> 別 紙 3 亀 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 24 年 度 版 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 92,241 32,809,597 千

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 勢 一 覧 勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 口 推 計 年 報 4 人 口 密 度 社 会 生 活 統 計 指 標 5 世 帯 数

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

① 公 告 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 公 表 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 次 のとおり 公 表 する 平 成 25 年 3 月 29 日 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (23 年 度 末 ) 23 年 度 2,973,174 A 1,165,215,035

More information

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63>

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63> 仙 台 市 立 病 院 総 合 ビルメンテナンス 業 務 仕 様 書 1 目 的 この 仕 様 書 は, 仙 台 市 立 病 院 ( 以 下 当 院 という )の 利 用 者 の 利 便 性 快 適 性 安 全 性 を 良 好 な 状 態 に 保 つため, 施 設 を 常 時 適 正 な 状 態 に 維 持 するとともに,その 運 営 が 円 滑 かつ 経 済 的 となるよう, 必 要 な 事 項

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

Taro-(全文)通則と補助基準(26

Taro-(全文)通則と補助基準(26 別 添 感 染 症 予 防 事 業 費 等 国 庫 負 担 ( 補 助 ) 金 交 付 要 綱 厚 生 労 働 省 発 健 第 1219002 号 平 成 2 0 年 1 2 月 1 9 日 一 部 改 正 平 成 21 年 8 月 31 日 一 部 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 一 部 改 正 平 成 23 年 6 月 16 日 一 部 改 正 平 成 2 4 年 9 月 7 日 一

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63>

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63> ~ 健 全 で 自 立 した 病 院 経 営 を 目 指 して~ 第 1 次 改 訂 ( 平 成 23~25 ) 平 成 23 年 11 月 岡 山 県 備 前 市 目 次 1 はじめに 1 2 計 画 期 間 1 3 備 前 病 院 1 (1) 現 況 及 び 役 割 1 (2) 経 営 効 率 化 計 画 3 4 日 生 病 院 5 (1) 現 況 及 び 役 割 5 (2) 経 営 効 率 化

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63> 目 平 成 17 年 10 月 1 日 次 21 総 資 則 格 ( の 第 審 1 査 条 ( 第 第 32 条 条 ) 34 工 事 等 の 施 契 行 約 手 の 続 手 ( 続 第 ( 9 14 8 条 ) 第 13 第 条 21 条 )) 65 建 設 工 締 事 結 及 ( び 第 監 24 理 条 の 委 第 託 33 契 条 約 ) の 手 続 ( 第 22 条 第 23 条 ) 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

22 号 室 楽 屋 2 号 号 室 楽 屋 3 号 号 室 楽 屋 5 号 号 室 楽 屋 6 号 24,15 33 号 室 ホワイエ 号 室 和 室

22 号 室 楽 屋 2 号 号 室 楽 屋 3 号 号 室 楽 屋 5 号 号 室 楽 屋 6 号 24,15 33 号 室 ホワイエ 号 室 和 室 江 別 市 民 会 館 指 定 管 理 者 の 仕 様 書 江 別 市 民 会 館 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 江 別 市 民 会 館 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 履 行 方 法 について 定 めることを 目 的 と する 2 江 別 市 民 会 館

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 ( 年 度 末 ) A 千 239,272 62,594,887 実 質 収 支 千 2,514,423 件 費 B 千 12,997,986 件 費 率 B/A % 20.8 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73>

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73> 新 潟 県 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 代 替 職 員 制 度 は 市 町 村 又 は 社 会 福 祉 法 人 等 が 設 置 する 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とす る 場 合 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 がその

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン 総 務 省 行 政 管 理 局 行 政 手 続 室 御 中 平 成 25 年 3 月 22 日 行 政 不 服 審 査 制 度 の 見 直 しに 係 るヒアリング 行 政 救 済 制 度 の 改 革 について( 資 料 ) 日 本 司 法 書 士 会 連 合 会 第 1 第 2 第 3 第 4 司 法 書 士 の 活 動 領 域 について 現 在 の 司 法 書 士 制 度 の 概 要 行 政 救

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63> 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 平 成 27 年 4 月 静 岡 県 経 営 管 理 部 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 1 総 則 この 基 準 は 県 が 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業 務 ( 以 下 設 計 等 の 業 務 という )を 委 託 に 付

More information

Untitled

Untitled 2 27 2 3601-1 28 2 26 R( 2 248 514 2514 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 : 南 方 熊 楠 記 念 館 ( 旧 館 ) 耐 震 改 修 工 事 設 計 業 務 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以 下 対 象 施 設 という )の 概 要 は 次 のとおりとする

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information