施設整備交付要綱

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "施設整備交付要綱"

Transcription

1 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 号 18 福 保 医 政 第 1494 号 平 成 8 年 7 月 1 5 日 平 成 1 9 年 3 月 1 日 9 衛 医 計 第 19 号 19 福 保 医 政 第 487 号 平 成 9 年 5 月 7 日 平 成 19 年 7 月 11 日 9 衛 医 計 第 9 13 号 21 福 保 医 政 第 952 号 平 成 1 0 年 2 月 3 日 平 成 21 年 11 月 6 日 10 衛 医 計 第 743 号 22 福 保 医 政 第 595 号 平 成 10 年 11 月 6 日 平 成 22 年 8 月 12 日 11 衛 医 計 第 1248 号 24 福 保 医 政 第 324 号 平 成 12 年 2 月 18 日 平 成 24 年 6 月 29 日 12 衛 医 計 第 888 号 25 福 保 医 政 第 449 号 平 成 12 年 11 月 10 日 平 成 25 年 6 月 18 日 13 衛 医 計 第 742 号 25 福 保 医 政 第 2012 号 平 成 13 年 10 月 10 日 平 成 26 年 8 月 15 日 14 健 医 政 第 579 号 27 福 保 医 政 第 911 号 平 成 14 年 9 月 24 日 平 成 27 年 8 月 26 日 15 健 医 政 第 655 号 平 成 1 5 年 9 月 1 日 16 福 保 医 政 第 421 号 平 成 16 年 11 月 18 日 16 福 保 医 政 第 1450 号 平 成 1 7 年 4 月 1 日 1

2 第 1 目 的 この 要 綱 は 都 内 の 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 しつつ 病 院 におけ る 患 者 の 療 養 環 境 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 衛 生 環 境 等 の 改 善 及 びへき 地 や 都 市 部 の 診 療 所 の 円 滑 な 承 継 のための 整 備 を 促 進 し もって 医 療 施 設 の 経 営 の 確 保 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 補 助 対 象 1 補 助 対 象 者 この 補 助 金 の 補 助 対 象 者 は 次 に 掲 げる(1)から(6)までの 条 件 に 適 合 する 日 本 赤 十 字 社 全 国 厚 生 農 業 協 同 組 合 連 合 会 社 会 福 祉 法 人 健 康 保 険 組 合 及 びその 連 合 会 その 他 知 事 が 適 当 と 認 める 者 (ただし 地 方 公 共 団 体 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 を 除 く )とする なお 交 付 の 対 象 となるのは 都 で 策 定 する 地 域 医 療 構 想 に 基 づいた( 予 定 も 含 む) 施 設 整 備 を 対 象 とする ただし 精 神 病 棟 結 核 病 棟 及 び 無 床 診 療 所 の 整 備 は 必 ずしも 地 域 医 療 構 想 に 基 づいたものである 必 要 はない また 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 により 整 備 する 区 域 は 補 助 金 の 返 還 義 務 が 生 じる 期 間 内 は 地 域 医 療 介 護 総 合 確 保 基 金 を 活 用 した 施 設 整 備 を 実 施 することができない (1) 病 院 ( 後 記 (2) 又 は(6)に 該 当 する 病 院 は 除 く ) ( 絶 対 条 件 ) 建 物 の 老 朽 化 等 による 建 替 等 のための 整 備 事 業 において 次 のアからケまでをすべて 満 たすこと ただし 前 年 度 以 前 より 継 続 して 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 の 補 助 を 受 けて いる 者 については カのうち 整 備 完 了 後 に 付 される 条 件 を 除 き 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 の 補 助 を 最 初 に 受 けた 年 度 の 絶 対 条 件 を 適 用 する ア 建 替 整 備 ( 改 築 及 び 移 転 新 築 )を 伴 う 場 合 は 整 備 区 域 は 築 後 おおむね30 年 以 上 経 過 又 は 激 甚 災 害 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援 助 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 37 年 法 律 第 1 50 号 ) 第 2 条 第 1 項 の 規 定 により 指 定 された 激 甚 災 害 に 係 る 地 震 により 被 災 している こと イ 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 棟 の1 床 ごとの 病 室 面 積 を6.4 平 方 メートル 以 上 ( 改 修 の 場 合 は5.8 平 方 メートル 以 上 ) かつ 1 床 当 たりの 病 棟 面 積 を18 平 方 メートル 以 上 ( 改 修 の 場 合 は16 平 方 メートル 以 上 ) 確 保 すること ウ 直 近 の 医 療 監 視 時 における 医 師 及 び 看 護 師 の 現 員 の 職 員 数 の 標 準 に 対 する 比 率 が 原 則 として いずれか 一 方 が 医 療 法 上 の 標 準 を 満 たしており かつ 他 方 が80パーセン ト 以 上 であること エ 精 神 科 病 院 にあっては 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 ( 昭 和 25 年 法 律 第 123 号 以 下 精 神 保 健 福 祉 法 という ) 第 18 条 に 基 づく 常 勤 の 精 神 保 健 指 定 医 が2 名 以 上 配 置 されている 病 院 であること ただし 病 床 数 が100 床 未 満 の 病 院 にあ っては 常 勤 の 精 神 保 健 指 定 医 が1 名 以 上 配 置 されている 病 院 であること オ 次 の(ア)から(ノ)までのうち いずれかに 該 当 する 病 院 であること ただし 整 備 区 域 の 病 棟 の 病 床 数 を20パーセント 以 上 削 減 する 場 合 にはこの 限 りでない (ア) 平 成 13 年 5 月 16 日 付 医 政 発 第 529 号 医 政 局 長 通 知 へき 地 保 健 医 療 対 策 事 業 に ついて に 基 づくへき 地 医 療 拠 点 病 院 (イ) 昭 和 52 年 7 月 6 日 付 医 発 第 692 号 厚 生 省 医 務 局 長 通 知 救 急 医 療 対 策 の 整 備 事 業 2

3 について に 基 づく 次 の 病 院 1 病 院 群 輪 番 制 等 に 参 加 している 病 院 2 共 同 利 用 型 病 院 3 救 命 救 急 センター 又 は 救 命 救 急 センターを 設 置 している 病 院 (ウ) 平 成 10 年 6 月 11 日 付 健 政 発 第 728 号 厚 生 省 健 康 政 策 局 長 通 知 地 域 医 療 研 修 施 設 の 整 備 について に 基 づく 地 域 医 療 研 修 施 設 (エ) 昭 和 55 年 11 月 4 日 付 医 発 第 1105 号 厚 生 省 医 務 局 長 通 知 腎 移 植 施 設 の 整 備 事 業 について に 基 づく 腎 移 植 施 設 (オ) 昭 和 57 年 1 月 22 日 付 医 発 第 85 号 厚 生 省 医 務 局 長 通 知 老 人 デイケア 施 設 の 整 備 事 業 について に 基 づく 老 人 デイケア 施 設 (カ) 昭 和 59 年 10 月 25 日 付 健 政 発 第 263 号 厚 生 省 健 康 政 策 局 長 通 知 共 同 利 用 施 設 及 び 地 域 医 療 研 修 センターの 整 備 について に 基 づく 共 同 利 用 施 設 (キ) 平 成 7 年 4 月 3 日 児 発 第 379 号 厚 生 省 児 童 家 庭 局 長 通 知 母 子 医 療 施 設 整 備 事 業 の 実 施 について に 基 づく 周 産 期 医 療 施 設 (ク) 平 成 6 年 6 月 23 日 付 健 政 発 第 495 号 厚 生 省 健 康 政 策 局 長 通 知 研 修 医 のための 研 修 施 設 整 備 事 業 の 整 備 について に 基 づく 研 修 医 のための 研 修 施 設 を 整 備 する 病 院 (ケ) 指 定 訪 問 看 護 を 担 当 する 病 院 (コ) 老 人 介 護 支 援 センター 実 施 病 院 (サ) 平 成 18 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 93 号 基 本 診 療 料 の 施 設 基 準 等 に 基 づく 緩 和 ケア 病 棟 届 出 施 設 (シ) 外 来 患 者 の 院 外 処 方 せん 率 が30パーセントを 超 える 病 院 (ス) 精 神 保 健 福 祉 法 第 19 条 の8に 基 づく 指 定 病 院 (セ) 平 成 18 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 94 号 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 に 定 める 基 準 を 満 た す 精 神 科 作 業 療 法 精 神 科 ショート ケア 精 神 科 デイ ケア 精 神 科 ナイト ケア 又 は 重 度 認 知 症 患 者 デイ ケアを 実 施 している 精 神 科 病 院 (ソ) 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 ( 平 成 17 年 法 律 第 1 23 号 以 下 障 害 者 総 合 支 援 法 という) 第 5 条 第 15 項 に 規 定 する 共 同 生 活 援 助 を 実 施 している 精 神 科 病 院 (タ) 昭 和 57 年 4 月 16 日 付 衛 発 第 360 号 厚 生 省 公 衆 衛 生 局 長 通 知 精 神 障 害 者 社 会 復 帰 適 応 訓 練 事 業 の 実 施 について に 基 づく 精 神 障 害 者 社 会 適 応 訓 練 事 業 を 実 施 している 精 神 科 病 院 (チ) 平 成 12 年 3 月 31 日 付 障 第 251 号 大 臣 官 房 障 害 保 健 福 祉 部 長 通 知 保 健 所 及 び 市 町 村 における 精 神 保 健 福 祉 業 務 について に 基 づき 実 施 される 地 域 精 神 保 健 活 動 に 協 力 支 援 している 精 神 科 病 院 (ツ) 障 害 者 総 合 支 援 法 第 5 条 第 7 項 に 規 定 する 生 活 介 護 を 実 施 している 精 神 科 病 院 (テ) 障 害 者 総 合 支 援 法 第 5 条 第 12 項 に 規 定 する 自 立 訓 練 を 実 施 している 精 神 科 病 院 (ト) 障 害 者 総 合 支 援 法 第 5 条 第 13 項 に 規 定 する 就 労 移 行 支 援 を 実 施 している 精 神 科 病 院 (ナ) 障 害 者 総 合 支 援 法 第 5 条 第 14 項 に 規 定 する 就 労 継 続 支 援 を 実 施 している 精 神 科 病 院 (ニ) 障 害 者 総 合 支 援 法 第 5 条 第 16 項 に 規 定 する 相 談 支 援 を 実 施 している 精 神 科 病 院 (ヌ) 障 害 者 総 合 支 援 法 第 5 条 第 25 項 に 規 定 する 地 域 活 動 支 援 センターを 運 営 している 精 3

4 神 科 病 院 (ネ) 障 害 者 総 合 支 援 法 第 5 条 第 26 項 に 規 定 する 福 祉 ホームを 運 営 している 精 神 科 病 院 (ノ) 東 京 都 地 域 医 療 対 策 協 議 会 における 議 論 を 踏 まえて 決 定 した 医 師 派 遣 等 ( 国 が 派 遣 の 決 定 を 行 うものを 含 む )を 実 施 する 病 院 カ オに 掲 げる(ア)から(ノ)までのうち いずれかに 該 当 する 病 院 については 整 備 区 域 の 病 棟 の 病 床 数 を10パーセント 以 上 削 減 し そのまま 病 院 全 体 の 医 療 法 の 許 可 病 床 数 を 削 減 すること ただし 東 京 都 保 健 医 療 計 画 上 の 病 床 非 過 剰 地 域 においては 病 床 削 減 を 必 要 としないが 増 床 を 伴 う 整 備 計 画 でないこと なお オ 及 び 上 記 規 定 の 適 用 に 当 たっては 医 療 法 第 30 条 の4 第 7 項 若 しくは 第 8 項 に 基 づいて 特 例 的 に 許 可 される 病 床 又 はこれに 準 じるものと 東 京 都 医 療 審 議 会 の 意 見 を 聴 いたうえで 知 事 が 判 断 した 病 床 ( 以 下 特 例 病 床 等 という )の 数 の 増 加 分 を 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 から 除 くことができるものとする この 場 合 において 特 例 病 床 等 の 数 の 増 加 分 については 補 助 の 対 象 とならないものとする また 上 記 のように 整 備 計 画 で 病 床 数 を 削 減 すること 又 は 増 床 を 伴 わないことに 加 え て 整 備 完 了 後 においても 増 床 ( 特 例 病 床 等 に 係 る 増 床 を 除 く )しないこと キ 整 備 後 の 病 棟 には 患 者 食 堂 又 は 談 話 室 を 整 備 するとともに スロープを 設 置 する 等 高 齢 者 及 び 身 体 障 害 者 に 配 慮 した 整 備 をすること ク 整 備 区 域 の 病 棟 は 最 低 20 床 以 上 の 病 棟 とすること ケ 精 神 科 病 院 及 び 精 神 病 棟 にあっては 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 棟 には 畳 部 屋 6 床 を 超 える 病 室 及 び 原 則 として 鉄 格 子 を 設 けないこと ( 加 算 条 件 ) コ 病 棟 のほか 患 者 サービスの 向 上 等 を 図 るため 次 の 事 業 を 併 せて 整 備 する 場 合 は 補 助 対 象 基 準 面 積 の 加 算 をする (ア) 患 者 の 療 養 環 境 改 善 の 整 備 (イ) 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 改 善 の 整 備 (ウ) 衛 生 環 境 改 善 の 整 備 (エ) 業 務 の 高 度 情 報 処 理 化 及 び 快 適 環 境 の 整 備 (オ) 乳 幼 児 を 抱 える 母 親 の 通 院 等 のための 環 境 の 整 備 ( 授 乳 室 託 児 室 等 ) サ 医 療 機 関 の 情 報 化 の 推 進 を 図 るため 電 子 カルテシステムを 併 せて 整 備 する 場 合 は 次 の 条 件 を 満 たす 場 合 に 限 り 補 助 対 象 基 準 額 の 加 算 をする (ア) 原 則 として 建 替 整 備 であること (イ) 高 度 医 療 情 報 普 及 推 進 事 業 ( 厚 生 労 働 省 委 託 事 業 )により 管 理 されている 標 準 マス ター( 病 名 手 術 処 置 名 医 薬 品 臨 床 検 査 医 療 材 料 症 状 所 見 画 像 検 査 看 護 用 語 歯 科 分 野 ) 及 び 厚 生 労 働 省 標 準 規 格 のうち 該 当 するものを 使 用 することと し 必 要 に 応 じて 厚 生 労 働 省 が 行 う 調 査 に 協 力 すること (ウ) 診 療 情 報 管 理 や 診 療 情 報 提 供 等 を 行 う 体 制 が 整 備 されていること (エ) 近 隣 の 医 療 機 関 から 診 療 情 報 の 共 有 化 等 の 申 出 があった 場 合 には 協 力 すること (オ) 審 査 支 払 機 関 に 対 し 電 子 情 報 処 理 組 織 又 は 光 ディスク 等 を 用 いたレセプトの 電 子 的 請 求 をすること (2) 改 修 ( 一 部 増 築 を 含 む)により 療 養 病 床 を 整 備 する 病 院 (ただし 整 備 区 域 において 一 4

5 般 病 床 から 療 養 病 床 に 転 換 する 病 院 及 び(6)に 該 当 する 病 院 は 除 く ) 次 のアからエまでをすべて 満 たすこと ア 改 修 ( 一 部 増 築 を 含 む)により 整 備 する 病 棟 の1 床 ごとの 病 室 面 積 を6.4 平 方 メー トル 以 上 かつ 1 床 当 たりの 病 棟 面 積 を18 平 方 メートル 以 上 確 保 すること イ 機 能 訓 練 室 患 者 食 堂 談 話 室 及 び 浴 室 を 必 ず 設 置 すること ウ 整 備 区 域 の 病 棟 の 病 床 数 を10パーセント 以 上 削 減 し そのまま 病 院 全 体 の 医 療 法 の 許 可 病 床 数 を 削 減 すること ただし 東 京 都 保 健 医 療 計 画 上 の 病 床 非 過 剰 地 域 に 所 在 する 病 院 については 病 床 削 減 を 必 要 としないが 増 床 を 伴 う 整 備 計 画 でないこと なお 上 記 のように 整 備 計 画 で 病 床 数 を 削 減 すること 又 は 増 床 を 伴 わないことに 加 え て 整 備 完 了 後 においても 増 床 しないこと エ 療 養 病 床 の 整 備 は 最 低 20 床 以 上 の 病 棟 とすること (3) 結 核 病 棟 改 修 等 整 備 事 業 次 のアからオまでをすべて 満 たすこと ただし 加 算 条 件 に 規 定 する 整 備 のみを 行 う 場 合 においても 補 助 対 象 事 業 とする ア 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 114 号 ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づく 感 染 症 指 定 医 療 機 関 ( 結 核 病 棟 を 有 するものに 限 る) であること イ 建 替 整 備 ( 改 築 及 び 移 転 新 築 )を 伴 う 場 合 は 整 備 区 域 は 築 後 おおむね30 年 以 上 経 過 していること ウ 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 棟 の1 床 ごとの 病 室 面 積 を6.4 平 方 メートル 以 上 ( 改 修 の 場 合 は5.8 平 方 メートル 以 上 ) かつ 1 床 当 たりの 病 棟 面 積 を18 平 方 メートル 以 上 ( 改 修 の 場 合 は16 平 方 メートル 以 上 ) 確 保 すること エ 直 近 の 医 療 監 視 時 における 医 師 及 び 看 護 師 の 現 員 の 職 員 数 の 標 準 に 対 する 比 率 が 原 則 として いずれか 一 方 が 医 療 法 上 の 標 準 を 満 たしており かつ 他 方 が80パーセ ント 以 上 であること オ 整 備 区 域 の 病 棟 の 病 床 数 を10パーセント 以 上 削 減 し そのまま 病 院 全 体 の 医 療 法 上 の 許 可 病 床 数 を 削 減 すること ただし 結 核 病 棟 においては 東 京 都 保 健 医 療 計 画 上 病 床 非 過 剰 地 域 に 所 在 する 病 院 又 は 都 内 の 他 の 病 院 で 同 規 模 の 削 減 が 可 能 な 場 合 につ いては 整 備 を 行 う 病 院 における 病 床 削 減 は 必 要 としないが 増 床 を 伴 う 整 備 計 画 で ないこと なお 上 記 のように 整 備 計 画 で 病 床 数 を 削 減 すること 又 は 増 床 を 伴 わないことに 加 え て 整 備 完 了 後 においても 増 床 しないこと ( 加 算 条 件 ) カ 陰 圧 化 等 空 調 整 備 を 併 せて 行 う 場 合 は 補 助 対 象 基 準 面 積 の 加 算 をする (4) 診 療 所 ((5) 又 は(6)に 該 当 する 診 療 所 は 除 く ) 次 のアからオまでをすべて 満 たすこと ア 以 下 のいずれかの 地 域 に 所 在 し かつ 事 業 実 施 年 度 の 前 年 度 当 該 年 度 又 は 翌 年 度 の 承 継 に 伴 う 施 設 整 備 であること 1 山 村 振 興 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 64 号 ) 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 指 定 地 域 2 過 疎 地 域 自 立 促 進 特 別 措 置 法 ( 平 成 12 年 法 律 第 15 号 ) 第 2 条 第 1 項 に 規 定 す 5

6 る 地 域 3 離 島 振 興 法 ( 昭 和 28 年 法 律 第 72 号 ) 第 2 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 指 定 地 域 4 小 笠 原 諸 島 振 興 開 発 特 別 措 置 法 ( 昭 和 44 年 法 律 第 79 号 ) 第 4 条 第 1 項 に 規 定 する 地 域 イ 救 急 患 者 の 搬 入 口 を 整 備 すること ウ 高 齢 者 身 体 障 害 者 等 に 配 慮 したスロープの 整 備 をすること エ 療 養 指 導 室 の 整 備 をすること オ 小 児 科 を 標 ぼうするものについては 乳 幼 児 を 抱 える 母 親 の 通 院 等 のための 環 境 整 備 ( 授 乳 室 託 児 室 等 )をすること (5) 改 修 等 ( 新 規 開 設 を 除 く)により 療 養 病 床 を 整 備 する 診 療 所 (ただし 整 備 区 域 におい て 一 般 病 床 から 療 養 病 床 に 転 換 する 診 療 所 及 び(6)に 該 当 する 診 療 所 は 除 く ) 次 のアからオまでをすべて 満 たすこと ア 東 京 都 保 健 医 療 計 画 上 の 病 床 非 過 剰 地 域 に 所 在 する 診 療 所 であり 当 該 整 備 計 画 は 非 過 剰 病 床 数 の 範 囲 内 であること イ 整 備 区 域 の 病 床 数 は 医 療 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 10 年 厚 生 省 令 第 35 号 ( 以 下 平 成 10 年 改 正 省 令 という ))の 施 行 の 際 現 に 医 療 法 第 7 条 第 1 項 の 開 設 の 許 可 を 受 けている 診 療 所 又 は 第 8 条 の 届 出 を 行 っている 診 療 所 の 病 床 数 の 範 囲 内 であること なお 増 床 を 伴 う 整 備 計 画 でないこととし 整 備 完 了 後 においても 増 床 しないこと ウ 建 替 整 備 ( 改 築 及 び 移 転 新 築 )の 場 合 は 築 後 おおむね30 年 以 上 経 過 しているこ と なお 移 転 新 築 の 場 合 は 同 一 医 療 圏 内 での 整 備 計 画 であること エ 改 修 等 により 整 備 する 療 養 病 床 の1 床 ごとの 病 室 面 積 を6.4 平 方 メートル 以 上 確 保 し かつ 以 下 のいずれかを 満 たすものであること (ア) 1 床 当 たりの 病 棟 面 積 を18 平 方 メートル 以 上 確 保 すること (イ) 1 床 当 たりの 病 室 面 積 を8 平 方 メートル 以 上 確 保 すること オ 機 能 訓 練 室 患 者 食 堂 談 話 室 及 び 浴 室 を 必 ず 設 置 すること ( 談 話 室 は 患 者 食 堂 と 兼 用 でも 可 とする ) (6) 療 養 病 床 療 養 環 境 改 善 事 業 病 院 診 療 所 における 療 養 病 床 の 療 養 環 境 改 善 のための 整 備 事 業 において 次 のアか らウまでをすべて 満 たすこと ア 療 養 病 床 に 必 要 な 機 能 訓 練 室 患 者 食 堂 及 び 浴 室 の 全 部 又 は 一 部 の 整 備 事 業 であるこ と イ 病 室 の 整 備 が 伴 わない 整 備 計 画 であること ただし アの 整 備 にあたり 既 存 病 床 を 転 用 する 場 合 はこの 限 りでない ウ 整 備 後 は 医 療 法 及 び 医 療 法 施 行 規 則 本 則 に 定 める 療 養 病 床 の 構 造 設 備 の 基 準 を 満 た すこと なお 廊 下 幅 に 限 り 医 療 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 5 年 厚 生 省 令 第 3 号 ) 平 成 10 年 改 正 省 令 及 び 医 療 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 13 年 厚 生 労 働 省 令 第 8 号 ) に 定 める 経 過 措 置 の 基 準 を 適 用 しても 差 し 支 えないものとすること 6

7 2 補 助 対 象 経 費 医 療 施 設 の 患 者 の 療 養 環 境 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 衛 生 環 境 等 の 改 善 及 び 療 養 病 床 の 整 備 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 ただし 次 に 掲 げる 費 用 については 除 く (1) 土 地 の 取 得 又 は 整 地 に 要 する 費 用 (2) 門 柵 塀 及 び 造 園 工 事 並 びに 通 路 敷 設 に 要 する 費 用 (3) 設 計 その 他 工 事 に 伴 う 事 務 に 要 する 費 用 (4) 既 存 建 物 の 買 収 に 要 する 費 用 (5) その 他 整 備 費 として 適 当 と 認 められない 費 用 第 3 補 助 金 の 交 付 この 補 助 金 の 交 付 額 は 次 により 算 出 された 額 を 都 の 予 算 の 範 囲 内 で 交 付 するものとする ただし 算 出 された 額 に1,000 円 未 満 の 端 数 が 生 じた 場 合 には これを 切 り 捨 てるものと する (1) 次 の 表 の 第 1 欄 に 定 める 基 準 額 と 第 2 欄 に 定 める 対 象 経 費 の 実 支 出 額 とを 施 設 ごとに 比 較 して 少 ない 方 の 額 を 選 定 する (2) (1)により 選 定 された 額 と 総 事 業 費 から 寄 附 金 その 他 の 収 入 額 を 控 除 した 額 とを 施 設 ごと に 比 較 して 少 ない 方 の 額 を 選 定 する (3) (2)により 選 定 された 額 に 第 3 欄 に 定 める 補 助 率 を 乗 じて 得 た 額 と (2)により 選 定 された 額 に3 分 の1を 乗 じて 得 た 額 に5 億 円 を 加 えた 額 とを 施 設 ごとに 比 較 して 少 ない 方 の 額 の 合 計 額 を 交 付 額 とする 1 基 準 額 2 対 象 経 費 3 補 助 率 次 により 算 定 された 額 の 合 計 額 とする ただし 前 年 度 以 前 から 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 の 補 助 を 受 けている 者 については 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 の 補 助 を 最 初 に 受 けた 年 度 の 交 付 要 綱 に 定 め る 基 準 面 積 及 び 単 価 を 適 用 する 医 療 施 設 の 患 者 の 療 養 環 境 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 衛 生 環 境 の 改 善 及 び 患 者 サ ービスの 向 上 等 につながる 次 の 部 門 の 新 築 増 改 築 及 び 改 修 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 次 に 掲 げる 事 項 ごとに 定 める 補 助 率 とする 1 病 院 (2 又 は6に 該 当 する 病 院 は 除 く ) (1) 及 び(2)に 掲 げる 基 準 面 積 (=(1)+(2))に 別 表 に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と (3)により 算 出 された 額 との 合 計 額 とする (1) 病 棟 整 備 ア 整 備 区 域 の 病 棟 の1 床 ご 1 病 院 (2 又 は6に 該 当 す る 病 院 は 除 く ) (1) 病 棟 病 室 診 察 室 処 置 室 記 録 室 患 者 食 堂 談 話 室 機 能 訓 7 1 病 院 (2 又 は6に 該 当 する 病 院 は 除 く ) (1) 休 日 全 夜 間 診 療 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 11 年 3 月 19 日 付 10 衛 医 救 第 1029 号 )に 掲 げる 東 京 都 指 定 二 次 救 急 医 療 機 関 で かつ 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第

8 との 病 室 面 積 を6.4m2 以 上 かつ1 床 当 たりの 病 棟 面 積 を18m2 以 上 確 保 する 場 合 25m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 イ 整 備 区 域 の 病 棟 の1 床 ご との 病 室 面 積 を5.8m2 以 上 かつ1 床 当 たりの 病 棟 面 積 を16m2 以 上 確 保 する 場 合 22m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 (2) 第 2の 規 定 による 加 算 条 件 のうちコに 該 当 する 場 合 ア 整 備 区 域 の 整 備 後 の 病 床 数 を20% 以 上 削 減 する 場 合 25m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 イ 整 備 区 域 の 整 備 後 の 病 床 数 を20% 未 満 削 減 する 場 合 15m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 (3) 第 2の 規 定 による 加 算 条 件 の うちサに 該 当 する 場 合 電 子 カルテシステムを 整 備 す る 場 合 1 床 当 たり605 千 円 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 練 室 浴 室 寝 具 倉 庫 バルコニー 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 (2) 次 に 掲 げる 整 備 のう ち 知 事 が 認 める 部 門 ア 患 者 の 療 養 環 境 改 善 整 備 イ 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 改 善 整 備 ウ 衛 生 環 境 改 善 整 備 エ 業 務 の 高 度 情 報 処 理 化 及 び 快 適 環 境 の 整 備 オ 乳 幼 児 を 抱 える 母 親 の 通 院 等 のための 環 境 整 備 (3) 電 子 カルテシステムの 整 備 201 号 )における 新 耐 震 基 準 ( 昭 和 56 年 6 月 1 日 施 行 ) 導 入 以 前 に 建 築 された 未 耐 震 ( 未 耐 震 と 証 明 された 建 物 及 び 耐 震 診 断 の 結 果 Is 値 が0.6 未 満 の 建 物 )の 病 棟 等 の 建 替 整 備 を 行 う 場 合 0.66 (2) (1)に 該 当 しない 場 合 ア 病 院 全 体 の 医 療 法 の 許 可 病 床 数 が 200 床 以 上 の 病 院 又 は 東 京 都 保 健 医 療 計 画 上 の 病 床 非 過 剰 地 域 の 病 院 において 医 療 法 の 許 可 病 床 数 を 削 減 する 場 合 ( 精 神 科 病 院 精 神 病 棟 及 び 介 護 保 険 適 用 の 療 養 病 床 への 転 換 整 備 を 除 く ) 0.41 イ 学 校 法 人 が 開 設 する 病 院 の 場 合 0.41 ウ ア 及 びイ 両 方 に 該 当 する 場 合 0.37 エ ア 及 びイに 該 当 しない 場 合 0.5 8

9 2 改 修 により 療 養 病 床 を 整 備 す る 病 院 (ただし 整 備 区 域 におい て 一 般 病 床 から 療 養 病 床 に 転 換 する 病 院 及 び6に 該 当 する 病 院 は 除 く ) 1 床 当 たり3,214 千 円 整 備 後 の 療 養 病 床 の 病 床 数 2 改 修 により 療 養 病 床 を 整 備 する 病 院 (ただし 整 備 区 域 において 一 般 病 床 から 療 養 病 床 に 転 換 する 病 院 及 び6に 該 当 する 病 院 は 除 く ) 病 室 診 察 室 処 置 室 記 録 室 患 者 食 堂 談 話 室 機 能 訓 練 室 浴 室 寝 具 倉 庫 バルコ ニー 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 2 改 修 により 療 養 病 床 を 整 備 する 病 院 (ただし 整 備 区 域 において 一 般 病 床 から 療 養 病 床 に 転 換 す る 病 院 及 び6に 該 当 する 病 院 は 除 く ) (1) 病 院 全 体 の 医 療 法 の 許 可 病 床 数 が200 床 以 上 の 病 院 又 は 東 京 都 保 健 医 療 計 画 上 の 病 床 非 過 剰 地 域 の 病 院 において 医 療 法 の 許 可 病 床 数 を 削 減 する 場 合 0.41 (2) 学 校 法 人 が 開 設 す る 病 院 の 場 合 0.41 (3) (1) 及 び(2) 両 方 に 該 当 する 場 合 0.37 (4) (1) 又 は(2)に 該 当 し ない 場 合 結 核 病 棟 改 修 等 整 備 事 業 (1) 及 び(2)に 掲 げる 基 準 面 積 (= (1)+(2))に 別 表 に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 とする (1) 病 棟 整 備 ア 整 備 区 域 の 病 棟 の1 床 ご との 病 室 面 積 を6.4m2 以 上 かつ1 床 当 たりの 病 棟 面 積 を18m2 以 上 確 保 する 場 合 25m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 イ 整 備 区 域 の 病 棟 の1 床 ご との 病 室 面 積 を5.8m2 以 上 かつ1 床 当 たりの 病 棟 面 3 結 核 病 棟 改 修 等 整 備 事 業 病 室 診 察 室 処 置 室 記 録 室 患 者 食 堂 談 話 室 浴 室 寝 具 倉 庫 バルコニー 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 9 3 結 核 病 棟 改 修 等 整 備 事 業 0.5

10 積 を16m2 以 上 確 保 する 場 合 22m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 (2) 陰 圧 化 等 空 調 整 備 を 併 せて 行 う 場 合 15m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 4 診 療 所 (5 又 は6に 該 当 する 診 療 所 は 除 く ) 次 に 掲 げる 基 準 面 積 に 別 表 に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 とする (1) 無 床 の 場 合 160m2 (2) 有 床 の 場 合 ア 5 床 以 下 の 場 合 240m2 イ 6 床 以 上 の 場 合 760m2 4 診 療 所 (5 又 は6に 該 当 する 診 療 所 は 除 く ) 診 察 室 処 置 室 薬 剤 室 エックス 線 室 暗 室 待 合 室 看 護 師 詰 め 所 玄 関 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 救 急 患 者 搬 入 口 スロ ープ 療 養 指 導 室 等 4 診 療 所 (5 又 は6に 該 当 する 診 療 所 は 除 く ) (1) 休 日 全 夜 間 診 療 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 11 年 3 月 19 日 付 10 衛 医 救 第 1029 号 )に 掲 げる 東 京 都 指 定 二 次 救 急 医 療 機 関 で かつ 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 )における 新 耐 震 基 準 ( 昭 和 56 年 6 月 1 日 施 行 ) 導 入 以 前 に 建 築 された 未 耐 震 ( 未 耐 震 と 証 明 された 建 物 及 び 耐 震 診 断 の 結 果 Is 値 が0.6 未 満 の 建 物 )の 病 棟 等 の 建 替 整 備 を 行 う 場 合 0.66 (2) (1)に 該 当 しない 場 合 改 修 等 により 療 養 病 床 を 整 備 する 診 療 所 (ただし 整 備 区 域 に おいて 一 般 病 床 から 療 養 病 床 に 転 換 する 診 療 所 及 び6に 該 当 す る 診 療 所 は 除 く ) 1 床 当 たり3,214 千 円 整 備 後 の 療 養 病 床 の 病 床 数 5 改 修 等 により 療 養 病 床 を 整 備 する 診 療 所 (ただ し 整 備 区 域 において 一 般 病 床 から 療 養 病 床 に 転 換 する 診 療 所 及 び6に 該 当 する 診 療 所 は 除 く ) 病 室 診 察 室 処 置 室 記 録 室 患 者 食 堂 談 話 室 機 能 訓 練 室 浴 10 5 改 修 等 により 療 養 病 床 を 整 備 する 診 療 所 (ただ し 整 備 区 域 において 一 般 病 床 から 療 養 病 床 に 転 換 する 診 療 所 及 び6に 該 当 する 診 療 所 は 除 く ) 0.5

11 室 寝 具 倉 庫 バルコ ニー 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 ( 外 来 部 門 を 除 く ) 6 療 養 病 床 療 養 環 境 改 善 事 業 (1) 及 び(2)に 掲 げる 基 準 面 積 (=(1)+(2))に 別 表 に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と(3)により 算 出 され た 額 との 合 計 額 とする (1) 機 能 訓 練 室 1 施 設 当 たり 40m2 6 療 養 病 床 療 養 環 境 改 善 事 業 機 能 訓 練 室 患 者 食 堂 浴 室 附 属 設 備 等 6 療 養 病 床 療 養 環 境 改 善 事 業 0.5 (2) 患 者 食 堂 療 養 病 床 1 床 当 たり 1m2 (3) 浴 室 浴 室 1か 所 当 たり 9,396 千 円 ただし 特 に 知 事 が 必 要 と 認 める 場 合 は18,792 千 円 とする ただし 1 又 は2に 該 当 する 病 院 の 整 備 事 業 において 整 備 区 域 の 整 備 後 の 病 床 数 は1 病 院 150 床 ( 公 的 団 体 及 び 持 分 のない 法 人 は30 0 床 )を 限 度 とする ( 注 ) 建 築 面 積 が 基 準 面 積 を 下 回 るときは 当 該 建 築 面 積 を 基 準 面 積 とする ( 別 表 )1 平 方 メートル 当 たりの 単 価 表 診 療 所 区 分 鉄 筋 コンクリート ブロック 木 造 病 院 184,000 円 160,500 円 一 般 地 区 138,000 円 120,100 円 138,000 円 離 島 地 区 147,700 円 129,000 円 147,700 円 ( 注 )1 上 記 基 準 単 価 は 新 築 増 改 築 及 び 改 修 における 補 助 金 算 出 の 限 度 となる 単 価 であり 11

12 建 築 単 価 が 基 準 単 価 を 下 回 るときは 当 該 建 築 単 価 を 基 準 単 価 とする 2 既 存 建 物 を 買 収 する 場 合 の 買 収 費 の 単 価 及 び 費 用 については 別 途 知 事 に 協 議 して 得 た 額 とする 3 離 島 地 区 とは 離 島 振 興 法 第 2 条 第 1 項 小 笠 原 諸 島 振 興 開 発 特 別 措 置 法 第 2 条 の 規 定 に 基 づく 指 定 地 域 に 該 当 する 地 域 とする 第 4 補 助 金 の 交 付 の 申 請 この 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 毎 年 度 6 月 30 日 まで に 別 記 第 1 号 様 式 による 交 付 申 請 書 を 知 事 に2 部 提 出 しなければならない ただし 必 要 によ っては 知 事 があらかじめ 定 める 日 までに 申 請 することができる 第 5 補 助 金 の 交 付 の 決 定 知 事 は 第 4の 規 定 による 補 助 金 の 交 付 申 請 があったときは 交 付 申 請 書 及 び 関 係 書 類 の 審 査 並 びに 必 要 に 応 じての 現 地 調 査 等 を 行 い 適 当 と 認 めたときは 第 8に 掲 げる 事 項 を 条 件 に 補 助 金 の 交 付 決 定 をするものとし その 決 定 の 内 容 を 申 請 者 に 通 知 するものとする 第 6 変 更 申 請 手 続 申 請 者 は この 補 助 金 の 交 付 の 決 定 後 の 事 情 の 変 更 により 申 請 の 内 容 を 変 更 して 追 加 交 付 申 請 等 を 行 う 場 合 には 第 4に 定 める 規 定 に 従 い 毎 年 度 1 月 20 日 までに 変 更 の 申 請 を 行 うも のとする ただし 必 要 によっては 知 事 があらかじめ 定 める 日 までに 申 請 することができる 第 7 申 請 の 撤 回 申 請 者 は この 交 付 の 決 定 の 内 容 又 はこれに 付 けた 条 件 に 異 議 があるときは この 交 付 決 定 の 通 知 受 領 後 14 日 以 内 に 申 請 の 撤 回 をすることができる 第 8 交 付 の 条 件 この 補 助 金 の 交 付 決 定 には 次 の 条 件 を 付 けるものとする 1 工 事 契 約 補 助 事 業 に 係 る 契 約 については 福 祉 保 健 局 医 療 政 策 部 医 療 施 設 等 施 設 設 備 整 備 費 等 補 助 金 に 係 る 契 約 手 続 基 準 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 付 16 福 保 医 政 第 1450 号 )によることと する 2 事 情 変 更 による 決 定 の 取 消 し 等 (1) 知 事 は 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をした 場 合 において その 後 の 事 情 の 変 更 により 特 別 の 必 要 が 生 じたときは 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 全 部 若 しくは 一 部 を 取 り 消 し 又 はその 決 定 内 容 若 しくはこれに 付 けた 条 件 を 変 更 することがある ただし 補 助 事 業 のうち 既 に 経 過 した 期 間 に 係 る 部 分 については この 限 りではない (2) (1)の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 を 取 り 消 すことがある 場 合 は 天 災 地 変 その 他 補 助 金 の 交 付 決 定 後 生 じた 事 情 の 変 更 により 補 助 事 業 の 全 部 又 は 一 部 を 継 続 する 必 要 がなく なったと 認 める 場 合 に 限 るものとする 12

13 (3) (1)の 規 定 による 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 取 消 しにより 特 別 に 必 要 となった 事 務 又 は 事 業 に 対 して 補 助 事 業 に 係 る 残 務 整 理 に 要 する 経 費 及 び 補 助 事 業 を 行 うため 締 結 した 契 約 の 解 除 により 必 要 となった 賠 償 金 の 支 払 いに 要 する 経 費 に 係 る 補 助 金 を 交 付 する (4) (3)の 規 定 による 補 助 金 交 付 額 の 当 該 経 費 に 対 する 割 合 その 他 その 交 付 については (1) の 規 定 による 取 消 しに 係 る 補 助 事 業 についての 補 助 金 に 準 ずるものとする 3 承 認 事 項 補 助 金 の 交 付 決 定 を 受 けた 者 ( 以 下 補 助 事 業 者 という )は 補 助 事 業 が 次 の 一 に 該 当 する 場 合 は あらかじめその 理 由 及 びその 他 必 要 事 項 を 記 載 した 書 面 を 知 事 に 提 出 し 承 認 を 受 けなければならない ただし (1) 及 び(2)に 掲 げる 事 項 のうち 軽 微 なものについては この 限 りではない (1) 補 助 事 業 に 要 する 経 費 の 配 分 を 変 更 しようとするとき (2) 補 助 事 業 の 内 容 を 変 更 しようとするとき (3) 補 助 事 業 を 中 止 し 又 は 廃 止 しようとするとき 4 事 故 報 告 (1) 補 助 事 業 者 は 補 助 事 業 が 予 定 の 期 間 内 に 完 了 しない 場 合 又 はその 遂 行 が 困 難 となった 場 合 は 速 やかにその 理 由 その 他 必 要 事 項 を 書 面 により 知 事 に 報 告 しなければならない (2) (1)の 報 告 に 基 づき 必 要 な 指 示 を 与 えられた 場 合 は 補 助 事 業 者 は 直 ちにその 指 示 に 従 わなければならない 5 状 況 報 告 (1) 知 事 は 補 助 事 業 の 円 滑 適 正 な 執 行 を 図 るため 必 要 と 認 めるときは 補 助 事 業 の 実 施 状 況 経 理 状 況 及 びその 他 必 要 な 事 項 について 報 告 を 徴 し 又 は 検 査 を 行 うことがある (2) 補 助 事 業 者 は 毎 年 度 12 月 末 日 現 在 の 補 助 事 業 の 遂 行 状 況 を 翌 月 15 日 までに 別 記 第 2 号 様 式 により 知 事 に 報 告 しなければならない 6 遂 行 命 令 等 (1) 知 事 は 補 助 事 業 者 が 提 出 する 報 告 書 及 び 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 2 21 条 第 2 項 の 規 定 による 調 査 等 により 補 助 事 業 が 交 付 の 決 定 の 内 容 及 びこれに 付 けた 条 件 に 従 って 当 該 補 助 事 業 を 遂 行 されていないと 認 めるときは 補 助 事 業 者 に 対 し これ らに 従 って 当 該 補 助 事 業 を 遂 行 するよう 命 ずる (2) 補 助 事 業 者 が(1)の 命 令 に 違 反 したときは 知 事 は 補 助 事 業 者 に 対 し 当 該 補 助 事 業 の 一 時 停 止 を 命 ずることができる (3) (2)の 一 時 停 止 を 命 ずる 場 合 において 補 助 事 業 者 が 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 内 容 及 びこれ に 付 けた 条 件 に 適 合 させるための 措 置 を 指 定 する 期 日 までにとらないときは 知 事 は 11の 規 定 により 当 該 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 全 部 又 は 一 部 を 取 り 消 すことができる 7 調 書 の 作 成 補 助 事 業 者 は 事 業 に 係 る 収 入 及 び 支 出 を 明 らかにした 帳 簿 を 備 え 当 該 収 入 及 び 支 出 に ついて 証 拠 書 類 を 整 理 し かつ 当 該 帳 簿 及 び 証 拠 書 類 を 事 業 完 了 後 5 年 間 保 管 しておかなけ ればならない 8 実 績 報 告 (1) 補 助 事 業 者 は 補 助 事 業 が 完 了 したとき 又 は 東 京 都 の 会 計 年 度 が 終 了 したときは 別 記 第 3 号 様 式 による 事 業 実 績 報 告 書 を 指 定 する 期 日 までに 知 事 に2 部 提 出 しなければなら 13

14 ない (2) 補 助 事 業 者 は 補 助 事 業 完 了 後 に 消 費 税 の 申 告 により 補 助 金 に 係 る 消 費 税 仕 入 控 除 税 額 が 確 定 した 場 合 は 別 記 第 4 号 様 式 により 速 やかに 知 事 に 報 告 しなければならない なお 補 助 事 業 者 が 全 国 的 に 事 業 を 展 開 する 組 織 の 一 支 部 ( 又 は 一 支 社 一 支 所 等 )で あって 自 ら 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 を 行 わず 本 部 ( 又 は 本 社 本 所 等 )で 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 を 行 っている 場 合 は 本 部 の 課 税 売 上 割 合 等 の 申 告 内 容 に 基 づき 報 告 を 行 うこと また 知 事 に 報 告 があった 場 合 には 当 該 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 に 係 る 仕 入 控 除 税 額 の 全 部 又 は 一 部 を 都 に 納 付 させることがある 9 補 助 金 額 の 確 定 等 知 事 は 8の 規 定 による 事 業 実 績 の 報 告 があったときは 事 業 実 績 報 告 書 の 審 査 及 び 現 地 調 査 等 を 行 い 補 助 事 業 の 成 果 が 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 内 容 及 びこれに 付 けた 条 件 に 適 合 す ると 認 めるときは 交 付 すべき 補 助 金 の 額 を 確 定 し 補 助 事 業 者 に 通 知 するものとする 10 是 正 のための 措 置 知 事 は 9の 規 定 による 調 査 等 の 結 果 補 助 事 業 の 成 果 が 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 内 容 及 び これに 付 けた 条 件 に 適 合 しないと 認 めるときは これに 適 合 させるための 措 置 をとるべきこ とを 命 ずるものとする 11 決 定 の 取 消 し (1) 知 事 は 補 助 事 業 者 が 次 の 一 に 該 当 するときは 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 全 部 又 は 一 部 を 取 り 消 すものとする ア 偽 り その 他 不 正 の 手 段 により 補 助 金 の 交 付 を 受 けたとき イ 補 助 金 を 他 の 用 途 に 使 用 したとき ウ 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 内 容 又 はこれに 付 けた 条 件 その 他 法 令 若 しくはこの 要 綱 によ る 指 示 に 違 反 したとき (2) (1)の 規 定 は 9の 規 定 により 交 付 すべき 補 助 金 の 額 の 確 定 があった 場 合 においても 適 用 する 12 補 助 金 の 返 還 (1) 知 事 が11の(1)の 規 定 によりこの 交 付 の 決 定 の 全 部 又 は 一 部 を 取 り 消 した 場 合 において 補 助 事 業 者 が 補 助 事 業 の 当 該 取 消 しに 係 る 部 分 に 関 し 既 に 補 助 金 を 受 領 している 場 合 に は 指 定 する 期 日 までに 取 り 消 された 金 額 を 返 還 しなければならない (2) (1)の 規 定 は 9の 規 定 により 交 付 すべき 補 助 金 の 額 が 確 定 した 場 合 において 既 にその 額 を 超 える 補 助 金 を 受 領 している 場 合 においても 適 用 する 13 違 約 加 算 金 及 び 延 滞 金 (1) 11の 規 定 により 知 事 が 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 全 部 又 は 一 部 の 取 消 しをした 場 合 におい て 補 助 金 の 返 還 を 命 じたときは 補 助 事 業 者 はその 命 令 に 係 る 補 助 金 の 受 領 の 日 から 納 付 の 日 までの 日 数 に 応 じ 当 該 補 助 金 の 額 (その 一 部 を 返 納 した 場 合 におけるその 後 の 期 間 については 既 納 付 額 を 控 除 した 額 )につき 年 10.95パーセントの 割 合 で 計 算 した 違 約 加 算 金 (100 円 未 満 の 場 合 を 除 く )を 納 付 しなければならない (2) 知 事 が 補 助 事 業 者 に 対 し 補 助 金 の 返 還 を 命 じた 場 合 において 補 助 事 業 者 がこれを 納 期 日 までに 納 付 しなかったときは 納 期 日 の 翌 日 から 納 付 の 日 までの 日 数 に 応 じ その 未 14

15 納 付 額 につき 年 10.95パーセントの 割 合 で 計 算 した 延 滞 金 (100 円 未 満 の 場 合 を 除 く )を 納 付 しなければならない 14 違 約 加 算 金 の 計 算 (1) 補 助 金 が2 回 以 上 に 分 けて 交 付 されている 場 合 における13の(1)の 規 定 の 適 用 について は 返 還 を 命 じた 額 に 相 当 する 補 助 金 は 最 後 の 受 領 の 日 に 受 領 したものとし 当 該 返 還 を 命 じた 額 がその 日 に 受 領 した 額 を 超 えるときは 当 該 返 還 を 命 ぜられた 額 に 達 するまで 順 次 さかのぼりそれぞれの 受 領 の 日 において 受 領 したものとする (2) 知 事 が13の(1)の 規 定 により 加 算 金 の 納 付 を 命 じた 場 合 において 補 助 事 業 者 の 納 付 し た 金 額 が 返 還 を 命 じた 補 助 金 の 額 に 達 するまではその 納 付 額 は まず 当 該 返 還 を 命 じた 補 助 金 の 額 に 充 てるものとする 15 延 滞 金 の 計 算 知 事 が13の(2)の 規 定 により 延 滞 金 の 納 付 を 命 じた 場 合 において 補 助 事 業 者 が 返 還 を 命 じられた 補 助 金 の 未 納 額 の 一 部 を 納 付 したときは 当 該 納 付 の 日 の 翌 日 以 後 の 期 間 に 係 る 延 滞 金 の 計 算 の 基 礎 となるべき 未 納 付 額 は その 納 付 額 を 控 除 した 額 によるものとする 16 維 持 管 理 補 助 事 業 者 は 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 を 増 加 した 不 動 産 及 びその 従 物 ( 以 下 財 産 という )については 事 業 終 了 後 においても 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 管 理 するとと もに その 効 率 的 な 運 営 を 図 らなければならない 17 財 産 の 処 分 (1) 補 助 事 業 者 は 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 を 増 加 した 財 産 については (2)に 定 め る 期 間 を 経 過 するまで 知 事 の 承 認 を 受 けないで 補 助 金 の 交 付 の 目 的 に 反 して 使 用 し 譲 渡 し 交 換 し 貸 し 付 け 又 は 担 保 に 供 してはならない (2) (1)による 財 産 の 処 分 の 制 限 期 間 は 地 方 公 営 企 業 法 施 行 規 則 ( 昭 和 27 年 総 理 府 令 第 7 3 号 ) 及 び 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 等 に 関 する 省 令 ( 昭 和 40 年 大 蔵 省 令 第 15 号 )で 定 める 耐 用 年 数 とする (3) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 合 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 納 付 させることがある 18 他 の 補 助 金 等 の 交 付 この 補 助 事 業 にかかる 補 助 金 の 交 付 と 対 象 経 費 を 重 複 して 他 の 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けては ならない 第 9 その 他 1 特 別 の 事 情 により 第 3 第 4 第 6 第 8の5 及 び 第 8の8に 定 める 算 定 方 法 及 び 手 続 によることができない 場 合 には あらかじめ 知 事 の 承 認 を 受 けてその 定 めるところによるも のとする 2 ここに 定 めるもののほか この 補 助 金 の 交 付 については 東 京 都 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 37 年 東 京 都 規 則 第 141 号 )の 定 めるところによるものとする この 要 綱 は 平 成 7 年 2 月 1 日 から 施 行 し 平 成 6 年 4 月 1 日 から 適 用 する 15

16 この 要 綱 は 平 成 7 年 10 月 25 日 から 施 行 し 平 成 7 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 8 年 7 月 15 日 から 施 行 し 平 成 8 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 9 年 5 月 7 日 から 施 行 し 平 成 9 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 10 年 2 月 3 日 から 施 行 し 平 成 9 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 10 年 11 月 6 日 から 施 行 し 平 成 10 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 12 年 2 月 18 日 から 施 行 し 平 成 11 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 12 年 11 月 10 日 から 施 行 し 平 成 12 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 13 年 10 月 10 日 から 施 行 し 平 成 13 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 14 年 9 月 24 日 から 施 行 し 平 成 14 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 15 年 9 月 1 日 から 施 行 し 平 成 15 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 16 年 11 月 18 日 から 施 行 し 平 成 16 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 要 綱 は 平 成 17 年 7 月 15 日 から 施 行 し 平 成 17 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 18 年 12 月 15 日 から 施 行 し 平 成 18 年 4 月 1 日 から 適 用 する ただし この 要 綱 中 精 神 科 病 院 とある 文 言 は 平 成 18 年 12 月 22 日 までは 精 神 病 院 と 読 み 替 える この 要 綱 は 平 成 19 年 3 月 1 日 から 施 行 し 平 成 18 年 12 月 23 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 19 年 7 月 11 日 から 施 行 し 平 成 19 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 21 年 11 月 6 日 から 施 行 し 平 成 21 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 22 年 8 月 12 日 から 施 行 し 平 成 22 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 24 年 6 月 29 日 から 施 行 し 平 成 24 年 4 月 1 日 から 適 用 する 16

17 この 要 綱 は 平 成 25 年 6 月 18 日 から 施 行 し 平 成 25 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 26 年 8 月 15 日 から 施 行 し 平 成 26 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 27 年 8 月 26 日 から 施 行 し 平 成 27 年 4 月 9 日 から 適 用 する 17

Taro-270409_近代化実施要綱

Taro-270409_近代化実施要綱 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 綱 最 終 改 正 健 政 発 第 7 8 6 号 平 成 5 年 1 2 月 1 5 日 医 政 発 0409 第 29 号 平 成 2 7 年 4 月 9 日 1 目 的 この 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 しつつ 病 院 における 患 者 の 療 養 環 境

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A> 平 成 24 年 度 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 ( 以

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

Taro-27近代化要領本文

Taro-27近代化要領本文 新 潟 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 領 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 29 日 1 目 的 こ の 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 し つつ 病 院 に おける 患 者 の 療 養 環 境 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 衛 生 環 境 等 の 改 善 及 び へき 地

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱 南 伊 豆 町 空 き 家 バンクリフォーム 等 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 27 年 4 月 16 日 要 綱 第 15 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 南 伊 豆 町 空 き 家 バンク 設 置 要 綱 ( 平 成 23 年 要 綱 第 14 号 ) に 定 める 空 き 家 の 有 効 活 用 をとおして 町 内 への 移 住 及 び 定 住 の 促 進 による

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱 茨 城 県 宿 泊 施 設 のトイレ 整 備 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 平 成 31 年 茨 城 国 体 全 国 障 害 者 スポーツ 大 会, 平 成 32 年 東 京 オリンピック パ ラリンピックを 見 据 え, 県 内 宿 泊 施 設 の 受 入 体 制 の 強 化 を 図 るため, 宿 泊 施 設 内 のトイレを 改 修 する

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱 川 崎 市 重 度 障 害 者 等 入 院 時 コミュニケーション 支 援 事 業 実 施 要 綱 制 定 平 成 28 年 2 月 25 日 27 川 健 障 福 第 1192 号 ( 市 長 決 裁 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 意 思 の 疎 通 が 困 難 な 障 害 者 及 び 障 害 児 が 医 療 機 関 ( 精 神 科 病 院 および 一 般 病 院 の 精 神

More information

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長 四 日 市 市 告 示 第 356 号 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 8 月 10 日 田 中 俊 行 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 のリフォームを 促 進 し 地 域 経 済 の 活 性 化 をより 確 かなも

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受 福 井 市 集 会 所 建 設 等 事 業 補 助 要 綱 昭 和 50 年 4 月 1 日 告 示 第 26 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 集 会 所 の 建 設 等 に 要 する 経 費 につき 補 助 金 を 交 付 することについて 福 井 市 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 48 年 福 井 市 規 則 第 11 号 以 下 規 則 という )によるほか 必

More information

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の 別 紙 薬 局 等 における 管 理 薬 剤 師 の 兼 任 の 取 扱 いについて 1 共 通 事 項 管 理 薬 剤 師 兼 任 許 可 申 請 は 平 成 10 年 4 月 27 日 付 け 保 衛 第 283 号 保 健 福 祉 部 長 通 知 薬 局 及 び 医 薬 品 販 売 業 の 構 造 設 備 規 則 及 び 許 可 等 の 取 扱 いについて による 学 校 薬 剤 師 の 兼

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73>

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73> 新 潟 県 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 代 替 職 員 制 度 は 市 町 村 又 は 社 会 福 祉 法 人 等 が 設 置 する 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とす る 場 合 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 がその

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )は 私 立 の 幼 稚 園 及 び 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )に 在 籍 する 幼 児 の 就 園 に 係 る 父 母 負 担 の 軽

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

平成18年度弥富町私立幼稚園就園

平成18年度弥富町私立幼稚園就園 弥 富 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 3 月 31 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 23 年 4 月 6 日 平 成 23 年 9 月 30 日 平 成 24 年 5 月 30 日 平 成 25 年 6 月 5 日 平 成 26 年 5 月 8 日 平 成 27 年 5 月 13 日 平 成 28 年 5 月 10

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

別記

別記 富 山 大 学 における 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 9 月 21 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分 健 康 福 祉 政 策 課 低 所 得 者 自 立 更 生 融 資 対 策 費 659,521 (1,516,423) 国 328,209 財 656 1 生 活 福 祉 資 金 貸 付 金 補 助 414,400 滋 賀 県 社 会 福 祉 協 議 会 が 実 施 する 低 所 得 者 等 が 必 要 とする 生 活 福 祉 資 金 の 貸 付 けに 要 する 原 資 を 助 成 する 660,000

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病 資 料 22 ( 別 紙 第 1 2 号 様 式 ) 平 成 24 年 度 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 における 計 画 評 価 シート 1 の 概 要 神 奈 川 県 ( 金 額 の 単 位 は 千 円 ) 補 助 金 等 名 称 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 補 助 年 度 平 成 24 年 度 担 当 課 神 奈 川 県 保 健 福 祉 局 保 健 医 療

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時 金 直 接 支 払 制 度 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 事 務 取 扱 規 則 ( 昭 和 58 年 綾 瀬 市 規 則 第 2 5 号 以 下 規 則 という ) 第 14 条 第 2 項 に 規 定 する 被 保 険 者 等 が 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

00本文

00本文 保 医 発 1 2 2 2 第 2 号 平 成 2 6 年 1 2 月 2 2 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

More information

PR版

PR版 平 成 2 9 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> 1 < 健 康 医 療 > 1 < 医 療 保 険 > 3 < 介 護 社 会 福 祉 > 3 < 年 金 > 4 < 雇 用 > 4 < 生 活 衛 生 > 5 6 * 印 を 付 している 項 目 は 他 省 庁 が 主 管 で 要 望 をしている

More information

Microsoft Word - y0813040.doc

Microsoft Word - y0813040.doc 桜 井 市 規 程 要 綱 集 y0813040 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 昭 和 58 年 1 月 25 日 告 示 第 9 号 改 正 平 成 12 年 07 月 01 日 告 示 第 82 号 改 正 平 成 14 年 09 月 27 日 告 示 第 146 号 改 正 平 成

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条 学 生 生 徒 等 の 納 入 金 に 関 する 規 則 平 成 15 年 12 月 16 日 規 則 第 19 号 沿 革 1 平 成 17 年 5 月 17 日 改 正 2 平 成 17 年 10 月 3 日 改 正 3 平 成 18 年 1 月 25 日 改 正 5 平 成 21 年 9 月 16 日 改 正 7 平 成 22 年 2 月 12 日 改 正 9 平 成 23 年 12 月 6

More information

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 4 月 1 日 国 住 生 第 9 号 第 1 通 則 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 しては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号

More information

住民税

住民税 住 民 個 人 住 民 は 平 成 23 年 1 月 1 日 現 在 東 神 楽 町 に 住 がある 方 に 課 されます なお 他 市 町 村 に 住 がある 方 でも 生 活 関 係 の 面 で 東 神 楽 町 に 本 拠 地 をおかれている 場 合 は 課 されます ただし 次 の 方 には 課 されません 割 均 等 割 とも 非 課 生 活 保 護 法 の 規 定 による 生 活 扶 助

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については 宮 崎 県 まちなか 商 業 再 生 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 4 月 1 日 商 工 観 光 労 働 部 商 工 政 策 課 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は 商 店 街 等 と 多 様 な 主 体 が 連 携 して 行 う 新 たな 振 興 策 や 起 業 への 取 組 及 び 商 店 街 の 活 性 化 への 取 組 を 促 進 するため 予 算 で

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保 県 契 約 における 適 正 な 労 働 条 件 の 確 保 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 県 契 約 において 当 該 県 契 約 に 基 づく 業 務 に 関 わる 労 働 者 の 適 正 な 労 働 条 件 を 確 保 し もって 労 働 者 の 生 活 の 安 定 を 図 り 公 共 工 事 及 び 公 共 サービス の 質 の 向 上 に 資 するために

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information