施設整備交付要綱

Size: px
Start display at page:

Download "施設整備交付要綱"

Transcription

1 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 号 18 福 保 医 政 第 1494 号 平 成 8 年 7 月 1 5 日 平 成 1 9 年 3 月 1 日 9 衛 医 計 第 19 号 19 福 保 医 政 第 487 号 平 成 9 年 5 月 7 日 平 成 19 年 7 月 11 日 9 衛 医 計 第 9 13 号 21 福 保 医 政 第 952 号 平 成 1 0 年 2 月 3 日 平 成 21 年 11 月 6 日 10 衛 医 計 第 743 号 22 福 保 医 政 第 595 号 平 成 10 年 11 月 6 日 平 成 22 年 8 月 12 日 11 衛 医 計 第 1248 号 24 福 保 医 政 第 324 号 平 成 12 年 2 月 18 日 平 成 24 年 6 月 29 日 12 衛 医 計 第 888 号 25 福 保 医 政 第 449 号 平 成 12 年 11 月 10 日 平 成 25 年 6 月 18 日 13 衛 医 計 第 742 号 25 福 保 医 政 第 2012 号 平 成 13 年 10 月 10 日 平 成 26 年 8 月 15 日 14 健 医 政 第 579 号 27 福 保 医 政 第 911 号 平 成 14 年 9 月 24 日 平 成 27 年 8 月 26 日 15 健 医 政 第 655 号 平 成 1 5 年 9 月 1 日 16 福 保 医 政 第 421 号 平 成 16 年 11 月 18 日 16 福 保 医 政 第 1450 号 平 成 1 7 年 4 月 1 日 1

2 第 1 目 的 この 要 綱 は 都 内 の 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 しつつ 病 院 におけ る 患 者 の 療 養 環 境 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 衛 生 環 境 等 の 改 善 及 びへき 地 や 都 市 部 の 診 療 所 の 円 滑 な 承 継 のための 整 備 を 促 進 し もって 医 療 施 設 の 経 営 の 確 保 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 補 助 対 象 1 補 助 対 象 者 この 補 助 金 の 補 助 対 象 者 は 次 に 掲 げる(1)から(6)までの 条 件 に 適 合 する 日 本 赤 十 字 社 全 国 厚 生 農 業 協 同 組 合 連 合 会 社 会 福 祉 法 人 健 康 保 険 組 合 及 びその 連 合 会 その 他 知 事 が 適 当 と 認 める 者 (ただし 地 方 公 共 団 体 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 を 除 く )とする なお 交 付 の 対 象 となるのは 都 で 策 定 する 地 域 医 療 構 想 に 基 づいた( 予 定 も 含 む) 施 設 整 備 を 対 象 とする ただし 精 神 病 棟 結 核 病 棟 及 び 無 床 診 療 所 の 整 備 は 必 ずしも 地 域 医 療 構 想 に 基 づいたものである 必 要 はない また 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 により 整 備 する 区 域 は 補 助 金 の 返 還 義 務 が 生 じる 期 間 内 は 地 域 医 療 介 護 総 合 確 保 基 金 を 活 用 した 施 設 整 備 を 実 施 することができない (1) 病 院 ( 後 記 (2) 又 は(6)に 該 当 する 病 院 は 除 く ) ( 絶 対 条 件 ) 建 物 の 老 朽 化 等 による 建 替 等 のための 整 備 事 業 において 次 のアからケまでをすべて 満 たすこと ただし 前 年 度 以 前 より 継 続 して 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 の 補 助 を 受 けて いる 者 については カのうち 整 備 完 了 後 に 付 される 条 件 を 除 き 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 の 補 助 を 最 初 に 受 けた 年 度 の 絶 対 条 件 を 適 用 する ア 建 替 整 備 ( 改 築 及 び 移 転 新 築 )を 伴 う 場 合 は 整 備 区 域 は 築 後 おおむね30 年 以 上 経 過 又 は 激 甚 災 害 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援 助 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 37 年 法 律 第 1 50 号 ) 第 2 条 第 1 項 の 規 定 により 指 定 された 激 甚 災 害 に 係 る 地 震 により 被 災 している こと イ 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 棟 の1 床 ごとの 病 室 面 積 を6.4 平 方 メートル 以 上 ( 改 修 の 場 合 は5.8 平 方 メートル 以 上 ) かつ 1 床 当 たりの 病 棟 面 積 を18 平 方 メートル 以 上 ( 改 修 の 場 合 は16 平 方 メートル 以 上 ) 確 保 すること ウ 直 近 の 医 療 監 視 時 における 医 師 及 び 看 護 師 の 現 員 の 職 員 数 の 標 準 に 対 する 比 率 が 原 則 として いずれか 一 方 が 医 療 法 上 の 標 準 を 満 たしており かつ 他 方 が80パーセン ト 以 上 であること エ 精 神 科 病 院 にあっては 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 ( 昭 和 25 年 法 律 第 123 号 以 下 精 神 保 健 福 祉 法 という ) 第 18 条 に 基 づく 常 勤 の 精 神 保 健 指 定 医 が2 名 以 上 配 置 されている 病 院 であること ただし 病 床 数 が100 床 未 満 の 病 院 にあ っては 常 勤 の 精 神 保 健 指 定 医 が1 名 以 上 配 置 されている 病 院 であること オ 次 の(ア)から(ノ)までのうち いずれかに 該 当 する 病 院 であること ただし 整 備 区 域 の 病 棟 の 病 床 数 を20パーセント 以 上 削 減 する 場 合 にはこの 限 りでない (ア) 平 成 13 年 5 月 16 日 付 医 政 発 第 529 号 医 政 局 長 通 知 へき 地 保 健 医 療 対 策 事 業 に ついて に 基 づくへき 地 医 療 拠 点 病 院 (イ) 昭 和 52 年 7 月 6 日 付 医 発 第 692 号 厚 生 省 医 務 局 長 通 知 救 急 医 療 対 策 の 整 備 事 業 2

3 について に 基 づく 次 の 病 院 1 病 院 群 輪 番 制 等 に 参 加 している 病 院 2 共 同 利 用 型 病 院 3 救 命 救 急 センター 又 は 救 命 救 急 センターを 設 置 している 病 院 (ウ) 平 成 10 年 6 月 11 日 付 健 政 発 第 728 号 厚 生 省 健 康 政 策 局 長 通 知 地 域 医 療 研 修 施 設 の 整 備 について に 基 づく 地 域 医 療 研 修 施 設 (エ) 昭 和 55 年 11 月 4 日 付 医 発 第 1105 号 厚 生 省 医 務 局 長 通 知 腎 移 植 施 設 の 整 備 事 業 について に 基 づく 腎 移 植 施 設 (オ) 昭 和 57 年 1 月 22 日 付 医 発 第 85 号 厚 生 省 医 務 局 長 通 知 老 人 デイケア 施 設 の 整 備 事 業 について に 基 づく 老 人 デイケア 施 設 (カ) 昭 和 59 年 10 月 25 日 付 健 政 発 第 263 号 厚 生 省 健 康 政 策 局 長 通 知 共 同 利 用 施 設 及 び 地 域 医 療 研 修 センターの 整 備 について に 基 づく 共 同 利 用 施 設 (キ) 平 成 7 年 4 月 3 日 児 発 第 379 号 厚 生 省 児 童 家 庭 局 長 通 知 母 子 医 療 施 設 整 備 事 業 の 実 施 について に 基 づく 周 産 期 医 療 施 設 (ク) 平 成 6 年 6 月 23 日 付 健 政 発 第 495 号 厚 生 省 健 康 政 策 局 長 通 知 研 修 医 のための 研 修 施 設 整 備 事 業 の 整 備 について に 基 づく 研 修 医 のための 研 修 施 設 を 整 備 する 病 院 (ケ) 指 定 訪 問 看 護 を 担 当 する 病 院 (コ) 老 人 介 護 支 援 センター 実 施 病 院 (サ) 平 成 18 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 93 号 基 本 診 療 料 の 施 設 基 準 等 に 基 づく 緩 和 ケア 病 棟 届 出 施 設 (シ) 外 来 患 者 の 院 外 処 方 せん 率 が30パーセントを 超 える 病 院 (ス) 精 神 保 健 福 祉 法 第 19 条 の8に 基 づく 指 定 病 院 (セ) 平 成 18 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 94 号 特 掲 診 療 料 の 施 設 基 準 等 に 定 める 基 準 を 満 た す 精 神 科 作 業 療 法 精 神 科 ショート ケア 精 神 科 デイ ケア 精 神 科 ナイト ケア 又 は 重 度 認 知 症 患 者 デイ ケアを 実 施 している 精 神 科 病 院 (ソ) 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 ( 平 成 17 年 法 律 第 1 23 号 以 下 障 害 者 総 合 支 援 法 という) 第 5 条 第 15 項 に 規 定 する 共 同 生 活 援 助 を 実 施 している 精 神 科 病 院 (タ) 昭 和 57 年 4 月 16 日 付 衛 発 第 360 号 厚 生 省 公 衆 衛 生 局 長 通 知 精 神 障 害 者 社 会 復 帰 適 応 訓 練 事 業 の 実 施 について に 基 づく 精 神 障 害 者 社 会 適 応 訓 練 事 業 を 実 施 している 精 神 科 病 院 (チ) 平 成 12 年 3 月 31 日 付 障 第 251 号 大 臣 官 房 障 害 保 健 福 祉 部 長 通 知 保 健 所 及 び 市 町 村 における 精 神 保 健 福 祉 業 務 について に 基 づき 実 施 される 地 域 精 神 保 健 活 動 に 協 力 支 援 している 精 神 科 病 院 (ツ) 障 害 者 総 合 支 援 法 第 5 条 第 7 項 に 規 定 する 生 活 介 護 を 実 施 している 精 神 科 病 院 (テ) 障 害 者 総 合 支 援 法 第 5 条 第 12 項 に 規 定 する 自 立 訓 練 を 実 施 している 精 神 科 病 院 (ト) 障 害 者 総 合 支 援 法 第 5 条 第 13 項 に 規 定 する 就 労 移 行 支 援 を 実 施 している 精 神 科 病 院 (ナ) 障 害 者 総 合 支 援 法 第 5 条 第 14 項 に 規 定 する 就 労 継 続 支 援 を 実 施 している 精 神 科 病 院 (ニ) 障 害 者 総 合 支 援 法 第 5 条 第 16 項 に 規 定 する 相 談 支 援 を 実 施 している 精 神 科 病 院 (ヌ) 障 害 者 総 合 支 援 法 第 5 条 第 25 項 に 規 定 する 地 域 活 動 支 援 センターを 運 営 している 精 3

4 神 科 病 院 (ネ) 障 害 者 総 合 支 援 法 第 5 条 第 26 項 に 規 定 する 福 祉 ホームを 運 営 している 精 神 科 病 院 (ノ) 東 京 都 地 域 医 療 対 策 協 議 会 における 議 論 を 踏 まえて 決 定 した 医 師 派 遣 等 ( 国 が 派 遣 の 決 定 を 行 うものを 含 む )を 実 施 する 病 院 カ オに 掲 げる(ア)から(ノ)までのうち いずれかに 該 当 する 病 院 については 整 備 区 域 の 病 棟 の 病 床 数 を10パーセント 以 上 削 減 し そのまま 病 院 全 体 の 医 療 法 の 許 可 病 床 数 を 削 減 すること ただし 東 京 都 保 健 医 療 計 画 上 の 病 床 非 過 剰 地 域 においては 病 床 削 減 を 必 要 としないが 増 床 を 伴 う 整 備 計 画 でないこと なお オ 及 び 上 記 規 定 の 適 用 に 当 たっては 医 療 法 第 30 条 の4 第 7 項 若 しくは 第 8 項 に 基 づいて 特 例 的 に 許 可 される 病 床 又 はこれに 準 じるものと 東 京 都 医 療 審 議 会 の 意 見 を 聴 いたうえで 知 事 が 判 断 した 病 床 ( 以 下 特 例 病 床 等 という )の 数 の 増 加 分 を 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 から 除 くことができるものとする この 場 合 において 特 例 病 床 等 の 数 の 増 加 分 については 補 助 の 対 象 とならないものとする また 上 記 のように 整 備 計 画 で 病 床 数 を 削 減 すること 又 は 増 床 を 伴 わないことに 加 え て 整 備 完 了 後 においても 増 床 ( 特 例 病 床 等 に 係 る 増 床 を 除 く )しないこと キ 整 備 後 の 病 棟 には 患 者 食 堂 又 は 談 話 室 を 整 備 するとともに スロープを 設 置 する 等 高 齢 者 及 び 身 体 障 害 者 に 配 慮 した 整 備 をすること ク 整 備 区 域 の 病 棟 は 最 低 20 床 以 上 の 病 棟 とすること ケ 精 神 科 病 院 及 び 精 神 病 棟 にあっては 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 棟 には 畳 部 屋 6 床 を 超 える 病 室 及 び 原 則 として 鉄 格 子 を 設 けないこと ( 加 算 条 件 ) コ 病 棟 のほか 患 者 サービスの 向 上 等 を 図 るため 次 の 事 業 を 併 せて 整 備 する 場 合 は 補 助 対 象 基 準 面 積 の 加 算 をする (ア) 患 者 の 療 養 環 境 改 善 の 整 備 (イ) 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 改 善 の 整 備 (ウ) 衛 生 環 境 改 善 の 整 備 (エ) 業 務 の 高 度 情 報 処 理 化 及 び 快 適 環 境 の 整 備 (オ) 乳 幼 児 を 抱 える 母 親 の 通 院 等 のための 環 境 の 整 備 ( 授 乳 室 託 児 室 等 ) サ 医 療 機 関 の 情 報 化 の 推 進 を 図 るため 電 子 カルテシステムを 併 せて 整 備 する 場 合 は 次 の 条 件 を 満 たす 場 合 に 限 り 補 助 対 象 基 準 額 の 加 算 をする (ア) 原 則 として 建 替 整 備 であること (イ) 高 度 医 療 情 報 普 及 推 進 事 業 ( 厚 生 労 働 省 委 託 事 業 )により 管 理 されている 標 準 マス ター( 病 名 手 術 処 置 名 医 薬 品 臨 床 検 査 医 療 材 料 症 状 所 見 画 像 検 査 看 護 用 語 歯 科 分 野 ) 及 び 厚 生 労 働 省 標 準 規 格 のうち 該 当 するものを 使 用 することと し 必 要 に 応 じて 厚 生 労 働 省 が 行 う 調 査 に 協 力 すること (ウ) 診 療 情 報 管 理 や 診 療 情 報 提 供 等 を 行 う 体 制 が 整 備 されていること (エ) 近 隣 の 医 療 機 関 から 診 療 情 報 の 共 有 化 等 の 申 出 があった 場 合 には 協 力 すること (オ) 審 査 支 払 機 関 に 対 し 電 子 情 報 処 理 組 織 又 は 光 ディスク 等 を 用 いたレセプトの 電 子 的 請 求 をすること (2) 改 修 ( 一 部 増 築 を 含 む)により 療 養 病 床 を 整 備 する 病 院 (ただし 整 備 区 域 において 一 4

5 般 病 床 から 療 養 病 床 に 転 換 する 病 院 及 び(6)に 該 当 する 病 院 は 除 く ) 次 のアからエまでをすべて 満 たすこと ア 改 修 ( 一 部 増 築 を 含 む)により 整 備 する 病 棟 の1 床 ごとの 病 室 面 積 を6.4 平 方 メー トル 以 上 かつ 1 床 当 たりの 病 棟 面 積 を18 平 方 メートル 以 上 確 保 すること イ 機 能 訓 練 室 患 者 食 堂 談 話 室 及 び 浴 室 を 必 ず 設 置 すること ウ 整 備 区 域 の 病 棟 の 病 床 数 を10パーセント 以 上 削 減 し そのまま 病 院 全 体 の 医 療 法 の 許 可 病 床 数 を 削 減 すること ただし 東 京 都 保 健 医 療 計 画 上 の 病 床 非 過 剰 地 域 に 所 在 する 病 院 については 病 床 削 減 を 必 要 としないが 増 床 を 伴 う 整 備 計 画 でないこと なお 上 記 のように 整 備 計 画 で 病 床 数 を 削 減 すること 又 は 増 床 を 伴 わないことに 加 え て 整 備 完 了 後 においても 増 床 しないこと エ 療 養 病 床 の 整 備 は 最 低 20 床 以 上 の 病 棟 とすること (3) 結 核 病 棟 改 修 等 整 備 事 業 次 のアからオまでをすべて 満 たすこと ただし 加 算 条 件 に 規 定 する 整 備 のみを 行 う 場 合 においても 補 助 対 象 事 業 とする ア 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 114 号 ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づく 感 染 症 指 定 医 療 機 関 ( 結 核 病 棟 を 有 するものに 限 る) であること イ 建 替 整 備 ( 改 築 及 び 移 転 新 築 )を 伴 う 場 合 は 整 備 区 域 は 築 後 おおむね30 年 以 上 経 過 していること ウ 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 棟 の1 床 ごとの 病 室 面 積 を6.4 平 方 メートル 以 上 ( 改 修 の 場 合 は5.8 平 方 メートル 以 上 ) かつ 1 床 当 たりの 病 棟 面 積 を18 平 方 メートル 以 上 ( 改 修 の 場 合 は16 平 方 メートル 以 上 ) 確 保 すること エ 直 近 の 医 療 監 視 時 における 医 師 及 び 看 護 師 の 現 員 の 職 員 数 の 標 準 に 対 する 比 率 が 原 則 として いずれか 一 方 が 医 療 法 上 の 標 準 を 満 たしており かつ 他 方 が80パーセ ント 以 上 であること オ 整 備 区 域 の 病 棟 の 病 床 数 を10パーセント 以 上 削 減 し そのまま 病 院 全 体 の 医 療 法 上 の 許 可 病 床 数 を 削 減 すること ただし 結 核 病 棟 においては 東 京 都 保 健 医 療 計 画 上 病 床 非 過 剰 地 域 に 所 在 する 病 院 又 は 都 内 の 他 の 病 院 で 同 規 模 の 削 減 が 可 能 な 場 合 につ いては 整 備 を 行 う 病 院 における 病 床 削 減 は 必 要 としないが 増 床 を 伴 う 整 備 計 画 で ないこと なお 上 記 のように 整 備 計 画 で 病 床 数 を 削 減 すること 又 は 増 床 を 伴 わないことに 加 え て 整 備 完 了 後 においても 増 床 しないこと ( 加 算 条 件 ) カ 陰 圧 化 等 空 調 整 備 を 併 せて 行 う 場 合 は 補 助 対 象 基 準 面 積 の 加 算 をする (4) 診 療 所 ((5) 又 は(6)に 該 当 する 診 療 所 は 除 く ) 次 のアからオまでをすべて 満 たすこと ア 以 下 のいずれかの 地 域 に 所 在 し かつ 事 業 実 施 年 度 の 前 年 度 当 該 年 度 又 は 翌 年 度 の 承 継 に 伴 う 施 設 整 備 であること 1 山 村 振 興 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 64 号 ) 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 指 定 地 域 2 過 疎 地 域 自 立 促 進 特 別 措 置 法 ( 平 成 12 年 法 律 第 15 号 ) 第 2 条 第 1 項 に 規 定 す 5

6 る 地 域 3 離 島 振 興 法 ( 昭 和 28 年 法 律 第 72 号 ) 第 2 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 指 定 地 域 4 小 笠 原 諸 島 振 興 開 発 特 別 措 置 法 ( 昭 和 44 年 法 律 第 79 号 ) 第 4 条 第 1 項 に 規 定 する 地 域 イ 救 急 患 者 の 搬 入 口 を 整 備 すること ウ 高 齢 者 身 体 障 害 者 等 に 配 慮 したスロープの 整 備 をすること エ 療 養 指 導 室 の 整 備 をすること オ 小 児 科 を 標 ぼうするものについては 乳 幼 児 を 抱 える 母 親 の 通 院 等 のための 環 境 整 備 ( 授 乳 室 託 児 室 等 )をすること (5) 改 修 等 ( 新 規 開 設 を 除 く)により 療 養 病 床 を 整 備 する 診 療 所 (ただし 整 備 区 域 におい て 一 般 病 床 から 療 養 病 床 に 転 換 する 診 療 所 及 び(6)に 該 当 する 診 療 所 は 除 く ) 次 のアからオまでをすべて 満 たすこと ア 東 京 都 保 健 医 療 計 画 上 の 病 床 非 過 剰 地 域 に 所 在 する 診 療 所 であり 当 該 整 備 計 画 は 非 過 剰 病 床 数 の 範 囲 内 であること イ 整 備 区 域 の 病 床 数 は 医 療 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 10 年 厚 生 省 令 第 35 号 ( 以 下 平 成 10 年 改 正 省 令 という ))の 施 行 の 際 現 に 医 療 法 第 7 条 第 1 項 の 開 設 の 許 可 を 受 けている 診 療 所 又 は 第 8 条 の 届 出 を 行 っている 診 療 所 の 病 床 数 の 範 囲 内 であること なお 増 床 を 伴 う 整 備 計 画 でないこととし 整 備 完 了 後 においても 増 床 しないこと ウ 建 替 整 備 ( 改 築 及 び 移 転 新 築 )の 場 合 は 築 後 おおむね30 年 以 上 経 過 しているこ と なお 移 転 新 築 の 場 合 は 同 一 医 療 圏 内 での 整 備 計 画 であること エ 改 修 等 により 整 備 する 療 養 病 床 の1 床 ごとの 病 室 面 積 を6.4 平 方 メートル 以 上 確 保 し かつ 以 下 のいずれかを 満 たすものであること (ア) 1 床 当 たりの 病 棟 面 積 を18 平 方 メートル 以 上 確 保 すること (イ) 1 床 当 たりの 病 室 面 積 を8 平 方 メートル 以 上 確 保 すること オ 機 能 訓 練 室 患 者 食 堂 談 話 室 及 び 浴 室 を 必 ず 設 置 すること ( 談 話 室 は 患 者 食 堂 と 兼 用 でも 可 とする ) (6) 療 養 病 床 療 養 環 境 改 善 事 業 病 院 診 療 所 における 療 養 病 床 の 療 養 環 境 改 善 のための 整 備 事 業 において 次 のアか らウまでをすべて 満 たすこと ア 療 養 病 床 に 必 要 な 機 能 訓 練 室 患 者 食 堂 及 び 浴 室 の 全 部 又 は 一 部 の 整 備 事 業 であるこ と イ 病 室 の 整 備 が 伴 わない 整 備 計 画 であること ただし アの 整 備 にあたり 既 存 病 床 を 転 用 する 場 合 はこの 限 りでない ウ 整 備 後 は 医 療 法 及 び 医 療 法 施 行 規 則 本 則 に 定 める 療 養 病 床 の 構 造 設 備 の 基 準 を 満 た すこと なお 廊 下 幅 に 限 り 医 療 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 5 年 厚 生 省 令 第 3 号 ) 平 成 10 年 改 正 省 令 及 び 医 療 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 13 年 厚 生 労 働 省 令 第 8 号 ) に 定 める 経 過 措 置 の 基 準 を 適 用 しても 差 し 支 えないものとすること 6

7 2 補 助 対 象 経 費 医 療 施 設 の 患 者 の 療 養 環 境 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 衛 生 環 境 等 の 改 善 及 び 療 養 病 床 の 整 備 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 ただし 次 に 掲 げる 費 用 については 除 く (1) 土 地 の 取 得 又 は 整 地 に 要 する 費 用 (2) 門 柵 塀 及 び 造 園 工 事 並 びに 通 路 敷 設 に 要 する 費 用 (3) 設 計 その 他 工 事 に 伴 う 事 務 に 要 する 費 用 (4) 既 存 建 物 の 買 収 に 要 する 費 用 (5) その 他 整 備 費 として 適 当 と 認 められない 費 用 第 3 補 助 金 の 交 付 この 補 助 金 の 交 付 額 は 次 により 算 出 された 額 を 都 の 予 算 の 範 囲 内 で 交 付 するものとする ただし 算 出 された 額 に1,000 円 未 満 の 端 数 が 生 じた 場 合 には これを 切 り 捨 てるものと する (1) 次 の 表 の 第 1 欄 に 定 める 基 準 額 と 第 2 欄 に 定 める 対 象 経 費 の 実 支 出 額 とを 施 設 ごとに 比 較 して 少 ない 方 の 額 を 選 定 する (2) (1)により 選 定 された 額 と 総 事 業 費 から 寄 附 金 その 他 の 収 入 額 を 控 除 した 額 とを 施 設 ごと に 比 較 して 少 ない 方 の 額 を 選 定 する (3) (2)により 選 定 された 額 に 第 3 欄 に 定 める 補 助 率 を 乗 じて 得 た 額 と (2)により 選 定 された 額 に3 分 の1を 乗 じて 得 た 額 に5 億 円 を 加 えた 額 とを 施 設 ごとに 比 較 して 少 ない 方 の 額 の 合 計 額 を 交 付 額 とする 1 基 準 額 2 対 象 経 費 3 補 助 率 次 により 算 定 された 額 の 合 計 額 とする ただし 前 年 度 以 前 から 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 の 補 助 を 受 けている 者 については 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 の 補 助 を 最 初 に 受 けた 年 度 の 交 付 要 綱 に 定 め る 基 準 面 積 及 び 単 価 を 適 用 する 医 療 施 設 の 患 者 の 療 養 環 境 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 衛 生 環 境 の 改 善 及 び 患 者 サ ービスの 向 上 等 につながる 次 の 部 門 の 新 築 増 改 築 及 び 改 修 に 要 する 工 事 費 又 は 工 事 請 負 費 次 に 掲 げる 事 項 ごとに 定 める 補 助 率 とする 1 病 院 (2 又 は6に 該 当 する 病 院 は 除 く ) (1) 及 び(2)に 掲 げる 基 準 面 積 (=(1)+(2))に 別 表 に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と (3)により 算 出 された 額 との 合 計 額 とする (1) 病 棟 整 備 ア 整 備 区 域 の 病 棟 の1 床 ご 1 病 院 (2 又 は6に 該 当 す る 病 院 は 除 く ) (1) 病 棟 病 室 診 察 室 処 置 室 記 録 室 患 者 食 堂 談 話 室 機 能 訓 7 1 病 院 (2 又 は6に 該 当 する 病 院 は 除 く ) (1) 休 日 全 夜 間 診 療 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 11 年 3 月 19 日 付 10 衛 医 救 第 1029 号 )に 掲 げる 東 京 都 指 定 二 次 救 急 医 療 機 関 で かつ 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第

8 との 病 室 面 積 を6.4m2 以 上 かつ1 床 当 たりの 病 棟 面 積 を18m2 以 上 確 保 する 場 合 25m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 イ 整 備 区 域 の 病 棟 の1 床 ご との 病 室 面 積 を5.8m2 以 上 かつ1 床 当 たりの 病 棟 面 積 を16m2 以 上 確 保 する 場 合 22m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 (2) 第 2の 規 定 による 加 算 条 件 のうちコに 該 当 する 場 合 ア 整 備 区 域 の 整 備 後 の 病 床 数 を20% 以 上 削 減 する 場 合 25m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 イ 整 備 区 域 の 整 備 後 の 病 床 数 を20% 未 満 削 減 する 場 合 15m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 (3) 第 2の 規 定 による 加 算 条 件 の うちサに 該 当 する 場 合 電 子 カルテシステムを 整 備 す る 場 合 1 床 当 たり605 千 円 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 練 室 浴 室 寝 具 倉 庫 バルコニー 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 (2) 次 に 掲 げる 整 備 のう ち 知 事 が 認 める 部 門 ア 患 者 の 療 養 環 境 改 善 整 備 イ 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 改 善 整 備 ウ 衛 生 環 境 改 善 整 備 エ 業 務 の 高 度 情 報 処 理 化 及 び 快 適 環 境 の 整 備 オ 乳 幼 児 を 抱 える 母 親 の 通 院 等 のための 環 境 整 備 (3) 電 子 カルテシステムの 整 備 201 号 )における 新 耐 震 基 準 ( 昭 和 56 年 6 月 1 日 施 行 ) 導 入 以 前 に 建 築 された 未 耐 震 ( 未 耐 震 と 証 明 された 建 物 及 び 耐 震 診 断 の 結 果 Is 値 が0.6 未 満 の 建 物 )の 病 棟 等 の 建 替 整 備 を 行 う 場 合 0.66 (2) (1)に 該 当 しない 場 合 ア 病 院 全 体 の 医 療 法 の 許 可 病 床 数 が 200 床 以 上 の 病 院 又 は 東 京 都 保 健 医 療 計 画 上 の 病 床 非 過 剰 地 域 の 病 院 において 医 療 法 の 許 可 病 床 数 を 削 減 する 場 合 ( 精 神 科 病 院 精 神 病 棟 及 び 介 護 保 険 適 用 の 療 養 病 床 への 転 換 整 備 を 除 く ) 0.41 イ 学 校 法 人 が 開 設 する 病 院 の 場 合 0.41 ウ ア 及 びイ 両 方 に 該 当 する 場 合 0.37 エ ア 及 びイに 該 当 しない 場 合 0.5 8

9 2 改 修 により 療 養 病 床 を 整 備 す る 病 院 (ただし 整 備 区 域 におい て 一 般 病 床 から 療 養 病 床 に 転 換 する 病 院 及 び6に 該 当 する 病 院 は 除 く ) 1 床 当 たり3,214 千 円 整 備 後 の 療 養 病 床 の 病 床 数 2 改 修 により 療 養 病 床 を 整 備 する 病 院 (ただし 整 備 区 域 において 一 般 病 床 から 療 養 病 床 に 転 換 する 病 院 及 び6に 該 当 する 病 院 は 除 く ) 病 室 診 察 室 処 置 室 記 録 室 患 者 食 堂 談 話 室 機 能 訓 練 室 浴 室 寝 具 倉 庫 バルコ ニー 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 2 改 修 により 療 養 病 床 を 整 備 する 病 院 (ただし 整 備 区 域 において 一 般 病 床 から 療 養 病 床 に 転 換 す る 病 院 及 び6に 該 当 する 病 院 は 除 く ) (1) 病 院 全 体 の 医 療 法 の 許 可 病 床 数 が200 床 以 上 の 病 院 又 は 東 京 都 保 健 医 療 計 画 上 の 病 床 非 過 剰 地 域 の 病 院 において 医 療 法 の 許 可 病 床 数 を 削 減 する 場 合 0.41 (2) 学 校 法 人 が 開 設 す る 病 院 の 場 合 0.41 (3) (1) 及 び(2) 両 方 に 該 当 する 場 合 0.37 (4) (1) 又 は(2)に 該 当 し ない 場 合 結 核 病 棟 改 修 等 整 備 事 業 (1) 及 び(2)に 掲 げる 基 準 面 積 (= (1)+(2))に 別 表 に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 とする (1) 病 棟 整 備 ア 整 備 区 域 の 病 棟 の1 床 ご との 病 室 面 積 を6.4m2 以 上 かつ1 床 当 たりの 病 棟 面 積 を18m2 以 上 確 保 する 場 合 25m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 イ 整 備 区 域 の 病 棟 の1 床 ご との 病 室 面 積 を5.8m2 以 上 かつ1 床 当 たりの 病 棟 面 3 結 核 病 棟 改 修 等 整 備 事 業 病 室 診 察 室 処 置 室 記 録 室 患 者 食 堂 談 話 室 浴 室 寝 具 倉 庫 バルコニー 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 9 3 結 核 病 棟 改 修 等 整 備 事 業 0.5

10 積 を16m2 以 上 確 保 する 場 合 22m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 (2) 陰 圧 化 等 空 調 整 備 を 併 せて 行 う 場 合 15m2 整 備 後 の 整 備 区 域 の 病 床 数 4 診 療 所 (5 又 は6に 該 当 する 診 療 所 は 除 く ) 次 に 掲 げる 基 準 面 積 に 別 表 に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 とする (1) 無 床 の 場 合 160m2 (2) 有 床 の 場 合 ア 5 床 以 下 の 場 合 240m2 イ 6 床 以 上 の 場 合 760m2 4 診 療 所 (5 又 は6に 該 当 する 診 療 所 は 除 く ) 診 察 室 処 置 室 薬 剤 室 エックス 線 室 暗 室 待 合 室 看 護 師 詰 め 所 玄 関 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 救 急 患 者 搬 入 口 スロ ープ 療 養 指 導 室 等 4 診 療 所 (5 又 は6に 該 当 する 診 療 所 は 除 く ) (1) 休 日 全 夜 間 診 療 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 11 年 3 月 19 日 付 10 衛 医 救 第 1029 号 )に 掲 げる 東 京 都 指 定 二 次 救 急 医 療 機 関 で かつ 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 )における 新 耐 震 基 準 ( 昭 和 56 年 6 月 1 日 施 行 ) 導 入 以 前 に 建 築 された 未 耐 震 ( 未 耐 震 と 証 明 された 建 物 及 び 耐 震 診 断 の 結 果 Is 値 が0.6 未 満 の 建 物 )の 病 棟 等 の 建 替 整 備 を 行 う 場 合 0.66 (2) (1)に 該 当 しない 場 合 改 修 等 により 療 養 病 床 を 整 備 する 診 療 所 (ただし 整 備 区 域 に おいて 一 般 病 床 から 療 養 病 床 に 転 換 する 診 療 所 及 び6に 該 当 す る 診 療 所 は 除 く ) 1 床 当 たり3,214 千 円 整 備 後 の 療 養 病 床 の 病 床 数 5 改 修 等 により 療 養 病 床 を 整 備 する 診 療 所 (ただ し 整 備 区 域 において 一 般 病 床 から 療 養 病 床 に 転 換 する 診 療 所 及 び6に 該 当 する 診 療 所 は 除 く ) 病 室 診 察 室 処 置 室 記 録 室 患 者 食 堂 談 話 室 機 能 訓 練 室 浴 10 5 改 修 等 により 療 養 病 床 を 整 備 する 診 療 所 (ただ し 整 備 区 域 において 一 般 病 床 から 療 養 病 床 に 転 換 する 診 療 所 及 び6に 該 当 する 診 療 所 は 除 く ) 0.5

11 室 寝 具 倉 庫 バルコ ニー 廊 下 便 所 暖 冷 房 附 属 設 備 等 ( 外 来 部 門 を 除 く ) 6 療 養 病 床 療 養 環 境 改 善 事 業 (1) 及 び(2)に 掲 げる 基 準 面 積 (=(1)+(2))に 別 表 に 定 める 単 価 を 乗 じた 額 と(3)により 算 出 され た 額 との 合 計 額 とする (1) 機 能 訓 練 室 1 施 設 当 たり 40m2 6 療 養 病 床 療 養 環 境 改 善 事 業 機 能 訓 練 室 患 者 食 堂 浴 室 附 属 設 備 等 6 療 養 病 床 療 養 環 境 改 善 事 業 0.5 (2) 患 者 食 堂 療 養 病 床 1 床 当 たり 1m2 (3) 浴 室 浴 室 1か 所 当 たり 9,396 千 円 ただし 特 に 知 事 が 必 要 と 認 める 場 合 は18,792 千 円 とする ただし 1 又 は2に 該 当 する 病 院 の 整 備 事 業 において 整 備 区 域 の 整 備 後 の 病 床 数 は1 病 院 150 床 ( 公 的 団 体 及 び 持 分 のない 法 人 は30 0 床 )を 限 度 とする ( 注 ) 建 築 面 積 が 基 準 面 積 を 下 回 るときは 当 該 建 築 面 積 を 基 準 面 積 とする ( 別 表 )1 平 方 メートル 当 たりの 単 価 表 診 療 所 区 分 鉄 筋 コンクリート ブロック 木 造 病 院 184,000 円 160,500 円 一 般 地 区 138,000 円 120,100 円 138,000 円 離 島 地 区 147,700 円 129,000 円 147,700 円 ( 注 )1 上 記 基 準 単 価 は 新 築 増 改 築 及 び 改 修 における 補 助 金 算 出 の 限 度 となる 単 価 であり 11

12 建 築 単 価 が 基 準 単 価 を 下 回 るときは 当 該 建 築 単 価 を 基 準 単 価 とする 2 既 存 建 物 を 買 収 する 場 合 の 買 収 費 の 単 価 及 び 費 用 については 別 途 知 事 に 協 議 して 得 た 額 とする 3 離 島 地 区 とは 離 島 振 興 法 第 2 条 第 1 項 小 笠 原 諸 島 振 興 開 発 特 別 措 置 法 第 2 条 の 規 定 に 基 づく 指 定 地 域 に 該 当 する 地 域 とする 第 4 補 助 金 の 交 付 の 申 請 この 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 毎 年 度 6 月 30 日 まで に 別 記 第 1 号 様 式 による 交 付 申 請 書 を 知 事 に2 部 提 出 しなければならない ただし 必 要 によ っては 知 事 があらかじめ 定 める 日 までに 申 請 することができる 第 5 補 助 金 の 交 付 の 決 定 知 事 は 第 4の 規 定 による 補 助 金 の 交 付 申 請 があったときは 交 付 申 請 書 及 び 関 係 書 類 の 審 査 並 びに 必 要 に 応 じての 現 地 調 査 等 を 行 い 適 当 と 認 めたときは 第 8に 掲 げる 事 項 を 条 件 に 補 助 金 の 交 付 決 定 をするものとし その 決 定 の 内 容 を 申 請 者 に 通 知 するものとする 第 6 変 更 申 請 手 続 申 請 者 は この 補 助 金 の 交 付 の 決 定 後 の 事 情 の 変 更 により 申 請 の 内 容 を 変 更 して 追 加 交 付 申 請 等 を 行 う 場 合 には 第 4に 定 める 規 定 に 従 い 毎 年 度 1 月 20 日 までに 変 更 の 申 請 を 行 うも のとする ただし 必 要 によっては 知 事 があらかじめ 定 める 日 までに 申 請 することができる 第 7 申 請 の 撤 回 申 請 者 は この 交 付 の 決 定 の 内 容 又 はこれに 付 けた 条 件 に 異 議 があるときは この 交 付 決 定 の 通 知 受 領 後 14 日 以 内 に 申 請 の 撤 回 をすることができる 第 8 交 付 の 条 件 この 補 助 金 の 交 付 決 定 には 次 の 条 件 を 付 けるものとする 1 工 事 契 約 補 助 事 業 に 係 る 契 約 については 福 祉 保 健 局 医 療 政 策 部 医 療 施 設 等 施 設 設 備 整 備 費 等 補 助 金 に 係 る 契 約 手 続 基 準 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 付 16 福 保 医 政 第 1450 号 )によることと する 2 事 情 変 更 による 決 定 の 取 消 し 等 (1) 知 事 は 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をした 場 合 において その 後 の 事 情 の 変 更 により 特 別 の 必 要 が 生 じたときは 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 全 部 若 しくは 一 部 を 取 り 消 し 又 はその 決 定 内 容 若 しくはこれに 付 けた 条 件 を 変 更 することがある ただし 補 助 事 業 のうち 既 に 経 過 した 期 間 に 係 る 部 分 については この 限 りではない (2) (1)の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 を 取 り 消 すことがある 場 合 は 天 災 地 変 その 他 補 助 金 の 交 付 決 定 後 生 じた 事 情 の 変 更 により 補 助 事 業 の 全 部 又 は 一 部 を 継 続 する 必 要 がなく なったと 認 める 場 合 に 限 るものとする 12

13 (3) (1)の 規 定 による 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 取 消 しにより 特 別 に 必 要 となった 事 務 又 は 事 業 に 対 して 補 助 事 業 に 係 る 残 務 整 理 に 要 する 経 費 及 び 補 助 事 業 を 行 うため 締 結 した 契 約 の 解 除 により 必 要 となった 賠 償 金 の 支 払 いに 要 する 経 費 に 係 る 補 助 金 を 交 付 する (4) (3)の 規 定 による 補 助 金 交 付 額 の 当 該 経 費 に 対 する 割 合 その 他 その 交 付 については (1) の 規 定 による 取 消 しに 係 る 補 助 事 業 についての 補 助 金 に 準 ずるものとする 3 承 認 事 項 補 助 金 の 交 付 決 定 を 受 けた 者 ( 以 下 補 助 事 業 者 という )は 補 助 事 業 が 次 の 一 に 該 当 する 場 合 は あらかじめその 理 由 及 びその 他 必 要 事 項 を 記 載 した 書 面 を 知 事 に 提 出 し 承 認 を 受 けなければならない ただし (1) 及 び(2)に 掲 げる 事 項 のうち 軽 微 なものについては この 限 りではない (1) 補 助 事 業 に 要 する 経 費 の 配 分 を 変 更 しようとするとき (2) 補 助 事 業 の 内 容 を 変 更 しようとするとき (3) 補 助 事 業 を 中 止 し 又 は 廃 止 しようとするとき 4 事 故 報 告 (1) 補 助 事 業 者 は 補 助 事 業 が 予 定 の 期 間 内 に 完 了 しない 場 合 又 はその 遂 行 が 困 難 となった 場 合 は 速 やかにその 理 由 その 他 必 要 事 項 を 書 面 により 知 事 に 報 告 しなければならない (2) (1)の 報 告 に 基 づき 必 要 な 指 示 を 与 えられた 場 合 は 補 助 事 業 者 は 直 ちにその 指 示 に 従 わなければならない 5 状 況 報 告 (1) 知 事 は 補 助 事 業 の 円 滑 適 正 な 執 行 を 図 るため 必 要 と 認 めるときは 補 助 事 業 の 実 施 状 況 経 理 状 況 及 びその 他 必 要 な 事 項 について 報 告 を 徴 し 又 は 検 査 を 行 うことがある (2) 補 助 事 業 者 は 毎 年 度 12 月 末 日 現 在 の 補 助 事 業 の 遂 行 状 況 を 翌 月 15 日 までに 別 記 第 2 号 様 式 により 知 事 に 報 告 しなければならない 6 遂 行 命 令 等 (1) 知 事 は 補 助 事 業 者 が 提 出 する 報 告 書 及 び 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 2 21 条 第 2 項 の 規 定 による 調 査 等 により 補 助 事 業 が 交 付 の 決 定 の 内 容 及 びこれに 付 けた 条 件 に 従 って 当 該 補 助 事 業 を 遂 行 されていないと 認 めるときは 補 助 事 業 者 に 対 し これ らに 従 って 当 該 補 助 事 業 を 遂 行 するよう 命 ずる (2) 補 助 事 業 者 が(1)の 命 令 に 違 反 したときは 知 事 は 補 助 事 業 者 に 対 し 当 該 補 助 事 業 の 一 時 停 止 を 命 ずることができる (3) (2)の 一 時 停 止 を 命 ずる 場 合 において 補 助 事 業 者 が 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 内 容 及 びこれ に 付 けた 条 件 に 適 合 させるための 措 置 を 指 定 する 期 日 までにとらないときは 知 事 は 11の 規 定 により 当 該 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 全 部 又 は 一 部 を 取 り 消 すことができる 7 調 書 の 作 成 補 助 事 業 者 は 事 業 に 係 る 収 入 及 び 支 出 を 明 らかにした 帳 簿 を 備 え 当 該 収 入 及 び 支 出 に ついて 証 拠 書 類 を 整 理 し かつ 当 該 帳 簿 及 び 証 拠 書 類 を 事 業 完 了 後 5 年 間 保 管 しておかなけ ればならない 8 実 績 報 告 (1) 補 助 事 業 者 は 補 助 事 業 が 完 了 したとき 又 は 東 京 都 の 会 計 年 度 が 終 了 したときは 別 記 第 3 号 様 式 による 事 業 実 績 報 告 書 を 指 定 する 期 日 までに 知 事 に2 部 提 出 しなければなら 13

14 ない (2) 補 助 事 業 者 は 補 助 事 業 完 了 後 に 消 費 税 の 申 告 により 補 助 金 に 係 る 消 費 税 仕 入 控 除 税 額 が 確 定 した 場 合 は 別 記 第 4 号 様 式 により 速 やかに 知 事 に 報 告 しなければならない なお 補 助 事 業 者 が 全 国 的 に 事 業 を 展 開 する 組 織 の 一 支 部 ( 又 は 一 支 社 一 支 所 等 )で あって 自 ら 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 を 行 わず 本 部 ( 又 は 本 社 本 所 等 )で 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 申 告 を 行 っている 場 合 は 本 部 の 課 税 売 上 割 合 等 の 申 告 内 容 に 基 づき 報 告 を 行 うこと また 知 事 に 報 告 があった 場 合 には 当 該 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 に 係 る 仕 入 控 除 税 額 の 全 部 又 は 一 部 を 都 に 納 付 させることがある 9 補 助 金 額 の 確 定 等 知 事 は 8の 規 定 による 事 業 実 績 の 報 告 があったときは 事 業 実 績 報 告 書 の 審 査 及 び 現 地 調 査 等 を 行 い 補 助 事 業 の 成 果 が 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 内 容 及 びこれに 付 けた 条 件 に 適 合 す ると 認 めるときは 交 付 すべき 補 助 金 の 額 を 確 定 し 補 助 事 業 者 に 通 知 するものとする 10 是 正 のための 措 置 知 事 は 9の 規 定 による 調 査 等 の 結 果 補 助 事 業 の 成 果 が 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 内 容 及 び これに 付 けた 条 件 に 適 合 しないと 認 めるときは これに 適 合 させるための 措 置 をとるべきこ とを 命 ずるものとする 11 決 定 の 取 消 し (1) 知 事 は 補 助 事 業 者 が 次 の 一 に 該 当 するときは 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 全 部 又 は 一 部 を 取 り 消 すものとする ア 偽 り その 他 不 正 の 手 段 により 補 助 金 の 交 付 を 受 けたとき イ 補 助 金 を 他 の 用 途 に 使 用 したとき ウ 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 内 容 又 はこれに 付 けた 条 件 その 他 法 令 若 しくはこの 要 綱 によ る 指 示 に 違 反 したとき (2) (1)の 規 定 は 9の 規 定 により 交 付 すべき 補 助 金 の 額 の 確 定 があった 場 合 においても 適 用 する 12 補 助 金 の 返 還 (1) 知 事 が11の(1)の 規 定 によりこの 交 付 の 決 定 の 全 部 又 は 一 部 を 取 り 消 した 場 合 において 補 助 事 業 者 が 補 助 事 業 の 当 該 取 消 しに 係 る 部 分 に 関 し 既 に 補 助 金 を 受 領 している 場 合 に は 指 定 する 期 日 までに 取 り 消 された 金 額 を 返 還 しなければならない (2) (1)の 規 定 は 9の 規 定 により 交 付 すべき 補 助 金 の 額 が 確 定 した 場 合 において 既 にその 額 を 超 える 補 助 金 を 受 領 している 場 合 においても 適 用 する 13 違 約 加 算 金 及 び 延 滞 金 (1) 11の 規 定 により 知 事 が 補 助 金 の 交 付 の 決 定 の 全 部 又 は 一 部 の 取 消 しをした 場 合 におい て 補 助 金 の 返 還 を 命 じたときは 補 助 事 業 者 はその 命 令 に 係 る 補 助 金 の 受 領 の 日 から 納 付 の 日 までの 日 数 に 応 じ 当 該 補 助 金 の 額 (その 一 部 を 返 納 した 場 合 におけるその 後 の 期 間 については 既 納 付 額 を 控 除 した 額 )につき 年 10.95パーセントの 割 合 で 計 算 した 違 約 加 算 金 (100 円 未 満 の 場 合 を 除 く )を 納 付 しなければならない (2) 知 事 が 補 助 事 業 者 に 対 し 補 助 金 の 返 還 を 命 じた 場 合 において 補 助 事 業 者 がこれを 納 期 日 までに 納 付 しなかったときは 納 期 日 の 翌 日 から 納 付 の 日 までの 日 数 に 応 じ その 未 14

15 納 付 額 につき 年 10.95パーセントの 割 合 で 計 算 した 延 滞 金 (100 円 未 満 の 場 合 を 除 く )を 納 付 しなければならない 14 違 約 加 算 金 の 計 算 (1) 補 助 金 が2 回 以 上 に 分 けて 交 付 されている 場 合 における13の(1)の 規 定 の 適 用 について は 返 還 を 命 じた 額 に 相 当 する 補 助 金 は 最 後 の 受 領 の 日 に 受 領 したものとし 当 該 返 還 を 命 じた 額 がその 日 に 受 領 した 額 を 超 えるときは 当 該 返 還 を 命 ぜられた 額 に 達 するまで 順 次 さかのぼりそれぞれの 受 領 の 日 において 受 領 したものとする (2) 知 事 が13の(1)の 規 定 により 加 算 金 の 納 付 を 命 じた 場 合 において 補 助 事 業 者 の 納 付 し た 金 額 が 返 還 を 命 じた 補 助 金 の 額 に 達 するまではその 納 付 額 は まず 当 該 返 還 を 命 じた 補 助 金 の 額 に 充 てるものとする 15 延 滞 金 の 計 算 知 事 が13の(2)の 規 定 により 延 滞 金 の 納 付 を 命 じた 場 合 において 補 助 事 業 者 が 返 還 を 命 じられた 補 助 金 の 未 納 額 の 一 部 を 納 付 したときは 当 該 納 付 の 日 の 翌 日 以 後 の 期 間 に 係 る 延 滞 金 の 計 算 の 基 礎 となるべき 未 納 付 額 は その 納 付 額 を 控 除 した 額 によるものとする 16 維 持 管 理 補 助 事 業 者 は 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 を 増 加 した 不 動 産 及 びその 従 物 ( 以 下 財 産 という )については 事 業 終 了 後 においても 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 管 理 するとと もに その 効 率 的 な 運 営 を 図 らなければならない 17 財 産 の 処 分 (1) 補 助 事 業 者 は 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 を 増 加 した 財 産 については (2)に 定 め る 期 間 を 経 過 するまで 知 事 の 承 認 を 受 けないで 補 助 金 の 交 付 の 目 的 に 反 して 使 用 し 譲 渡 し 交 換 し 貸 し 付 け 又 は 担 保 に 供 してはならない (2) (1)による 財 産 の 処 分 の 制 限 期 間 は 地 方 公 営 企 業 法 施 行 規 則 ( 昭 和 27 年 総 理 府 令 第 7 3 号 ) 及 び 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 等 に 関 する 省 令 ( 昭 和 40 年 大 蔵 省 令 第 15 号 )で 定 める 耐 用 年 数 とする (3) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 合 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 納 付 させることがある 18 他 の 補 助 金 等 の 交 付 この 補 助 事 業 にかかる 補 助 金 の 交 付 と 対 象 経 費 を 重 複 して 他 の 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けては ならない 第 9 その 他 1 特 別 の 事 情 により 第 3 第 4 第 6 第 8の5 及 び 第 8の8に 定 める 算 定 方 法 及 び 手 続 によることができない 場 合 には あらかじめ 知 事 の 承 認 を 受 けてその 定 めるところによるも のとする 2 ここに 定 めるもののほか この 補 助 金 の 交 付 については 東 京 都 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 37 年 東 京 都 規 則 第 141 号 )の 定 めるところによるものとする この 要 綱 は 平 成 7 年 2 月 1 日 から 施 行 し 平 成 6 年 4 月 1 日 から 適 用 する 15

16 この 要 綱 は 平 成 7 年 10 月 25 日 から 施 行 し 平 成 7 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 8 年 7 月 15 日 から 施 行 し 平 成 8 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 9 年 5 月 7 日 から 施 行 し 平 成 9 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 10 年 2 月 3 日 から 施 行 し 平 成 9 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 10 年 11 月 6 日 から 施 行 し 平 成 10 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 12 年 2 月 18 日 から 施 行 し 平 成 11 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 12 年 11 月 10 日 から 施 行 し 平 成 12 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 13 年 10 月 10 日 から 施 行 し 平 成 13 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 14 年 9 月 24 日 から 施 行 し 平 成 14 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 15 年 9 月 1 日 から 施 行 し 平 成 15 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 16 年 11 月 18 日 から 施 行 し 平 成 16 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 要 綱 は 平 成 17 年 7 月 15 日 から 施 行 し 平 成 17 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 18 年 12 月 15 日 から 施 行 し 平 成 18 年 4 月 1 日 から 適 用 する ただし この 要 綱 中 精 神 科 病 院 とある 文 言 は 平 成 18 年 12 月 22 日 までは 精 神 病 院 と 読 み 替 える この 要 綱 は 平 成 19 年 3 月 1 日 から 施 行 し 平 成 18 年 12 月 23 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 19 年 7 月 11 日 から 施 行 し 平 成 19 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 21 年 11 月 6 日 から 施 行 し 平 成 21 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 22 年 8 月 12 日 から 施 行 し 平 成 22 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 24 年 6 月 29 日 から 施 行 し 平 成 24 年 4 月 1 日 から 適 用 する 16

17 この 要 綱 は 平 成 25 年 6 月 18 日 から 施 行 し 平 成 25 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 26 年 8 月 15 日 から 施 行 し 平 成 26 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 要 綱 は 平 成 27 年 8 月 26 日 から 施 行 し 平 成 27 年 4 月 9 日 から 適 用 する 17

Taro-270409_近代化実施要綱

Taro-270409_近代化実施要綱 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 綱 最 終 改 正 健 政 発 第 7 8 6 号 平 成 5 年 1 2 月 1 5 日 医 政 発 0409 第 29 号 平 成 2 7 年 4 月 9 日 1 目 的 この 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 しつつ 病 院 における 患 者 の 療 養 環 境

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A> 平 成 24 年 度 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 ( 以

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

Taro-27近代化要領本文

Taro-27近代化要領本文 新 潟 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 領 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 29 日 1 目 的 こ の 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 し つつ 病 院 に おける 患 者 の 療 養 環 境 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 衛 生 環 境 等 の 改 善 及 び へき 地

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

県 民 局 次 世 代 育 成 部 次 世 代 育 成 課 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き ~ 新 設 編 ~ 平 成 27 年 10 月 目 次 はじめに 2 第 1 章 保 育 所 設 置 認 可 の 手 続 き 4 第 2 章 保 育 所 設 置 届 出 の 手 続 き 26 1 はじめに 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き~ 新 設 編 ~ は 児 童 福 祉 法 に 基 づく

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

.10.中高美術

.10.中高美術 中 学 校 美 術 / 特 別 支 援 学 校 中 学 部 高 等 部 美 術 第 1 問 第 2 問 第 3 問 第 4 問 第 5 問 第 6 問 ア イ ウ エ オ カ キ ク ケ コ サ シ ス セ ソ タ チ ツ テ ト ナ ニ ヌ ネ ノ 正 答 b c 配 点 3 3 備 考 ア イ ウ エ オ カ キ ク ケ コ サ シ ス セ ソ タ チ ツ テ ト ナ ニ ヌ ネ ノ 正 答 c

More information

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx 参 考 ( 改 正 後 全 文 ) 厚 生 労 働 省 発 老 0717 第 2 号 平 成 2 4 年 7 月 1 7 日 最 終 改 正 厚 生 労 働 省 発 老 0309 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 9 日 指 定 都 市 市 長 各 中 核 市 市 長 殿 市 区 町 村 長 厚 生 労 働 事 務 次 官 ( 公 印 省 略 ) 地 域 介 護 福 祉 空 間 整 備 等 施

More information

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案)

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案) 港 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 平 成 27 年 6 月 1 日 27 港 街 計 第 791 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 78 号 以 下 法 という ) 第 105 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 容 積 率 の 許

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466> 京 都 市 老 保 護 措 置 費 の 支 弁 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 養 護 老 ホーム( 以 下 施 設 という )の 入 所 者 に 係 る 老 福 祉 法 第 11 条 第 1 項 の 規 定 による 措 置 に 要 する 費 用 ( 以 下 措 置 費 という )の 支 弁 に 関 し, 必 要 な 事 項 を 定 める ものとする ( 事 務

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 4 月 1 日 国 住 生 第 9 号 第 1 通 則 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 しては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

00本文

00本文 保 医 発 1 2 2 2 第 2 号 平 成 2 6 年 1 2 月 2 2 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

More information

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考 H25.4.1 版 認 証 保 育 所 施 設 基 準 解 説 平 成 22 年 10 月 東 京 都 福 祉 保 健 局 少 子 社 会 対 策 部 保 育 支 援 課 0/15 本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性 革 命 投 資 促 進 事 業 費 補 助 金 交 付 規 程 平 成 28 年 2 月 16 日 SII-2 7X- 規 程 -001 ( 目 的 ) 第 1 条 こ の 規 程 は 一 般 社 団 法 人 環 境 共 創 イニシアチ ブ( 以 下 S II という )が 行 う 経 済 産 業 省 からの 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性

More information

控 除 明 細 書 ( 規 則 第 6 号 様 式 別 表 11) 4 利 子 割 額 の 都 道 府 県 別 明 細 書 ( 規 則 第 9 号 の3 様 式 ) 5 課 税 標 準 の 分 割 に 関 する 明 細 書 ( 規 則 第 10 号 様 式 ) 4 医 療 法 人 等 の 所 得 計

控 除 明 細 書 ( 規 則 第 6 号 様 式 別 表 11) 4 利 子 割 額 の 都 道 府 県 別 明 細 書 ( 規 則 第 9 号 の3 様 式 ) 5 課 税 標 準 の 分 割 に 関 する 明 細 書 ( 規 則 第 10 号 様 式 ) 4 医 療 法 人 等 の 所 得 計 医 療 法 人 等 に 係 る 所 得 の 計 算 書 記 載 の 手 引 き 等 ( 熊 本 県 ) 平 成 27 年 4 月 目 次 1 はじめに P1 2 この 計 算 書 の 提 出 について P1 3 申 告 書 の 提 出 に 必 要 な 添 付 書 類 P1 4 医 療 法 人 等 の 所 得 計 算 書 ( 上 段 部 分 )の 記 載 方 法 P2 5 所 得 の 計 算 の 基

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73>

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73> 新 潟 県 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 代 替 職 員 制 度 は 市 町 村 又 は 社 会 福 祉 法 人 等 が 設 置 する 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とす る 場 合 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 がその

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

医療法人等の社会保険医療分の所得金額計算書

医療法人等の社会保険医療分の所得金額計算書 ( 平 成 25 年 3 月 改 正 ) 医 療 法 人 等 の 社 会 保 険 医 療 分 の 所 得 金 額 計 算 書 記 載 の 手 引 目 次 1 医 療 法 人 等 の 社 会 保 険 医 療 分 の 所 得 金 額 計 算 書 の 使 用 について 1ページ 2 医 療 法 人 等 の 社 会 保 険 医 療 分 の 所 得 金 額 計 算 書 の 記 載 方 法 2ページ 3 医 療

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

<5461726F2D95DB88E78F8A90DD9275944689C2939982CC8AEE8F8082C98AD6>

<5461726F2D95DB88E78F8A90DD9275944689C2939982CC8AEE8F8082C98AD6> 保 育 所 設 置 認 可 等 の 基 準 に 関 する 指 針 第 1 趣 旨 この 指 針 は 児 童 福 祉 施 設 最 低 基 準 ( 昭 和 23 年 12 月 29 日 厚 生 省 令 第 63 号 以 下 最 低 基 準 という ) 等 を 内 容 とする 保 育 所 設 置 認 可 に 関 する 審 査 基 準 及 びその 他 法 令 の 定 めるもののほか 県 が 保 育 所 設

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

医療法人等に係る所得金額の計算書

医療法人等に係る所得金額の計算書 (お 知 らせ) 本 手 引 きは 平 成 25 年 度 に 改 正 しました 変 更 点 は 赤 文 字 となっています 申 告 書 作 成 に あたっては 変 更 点 に 留 意 いただきますようお 願 いします なお 平 成 25 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 分 から 適 用 します ( 主 な 変 更 点 ) 各 種 補 助 金 助 成 金 の 取 扱 い(P9~10)や

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 803,072 349,918,053 1,594,508 54,662,625 15.6 15.4

More information

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 に 関 する 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 島 市 病 院 事 業 ( 以 下 甲 とする )が 委 託 する 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 について その 仕 様 を 定 めるものであり 受 託 請 負 業 者 ( 以 下 乙 とする ) は 電 気 通

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については 宮 崎 県 まちなか 商 業 再 生 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 4 月 1 日 商 工 観 光 労 働 部 商 工 政 策 課 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は 商 店 街 等 と 多 様 な 主 体 が 連 携 して 行 う 新 たな 振 興 策 や 起 業 への 取 組 及 び 商 店 街 の 活 性 化 への 取 組 を 促 進 するため 予 算 で

More information

認可保育所募集要項

認可保育所募集要項 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 ( 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 一 部 修 正 版 1 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 (6 月 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 24 日 : 下 線 部 修 正 第 1 募 集 概

More information

Taro13-要綱本文.jtd

Taro13-要綱本文.jtd 被 災 者 生 活 支 援 対 策 事 業 ( 仮 設 住 宅 等 生 活 交 通 確 保 ) 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 財 団 法 人 新 潟 県 中 越 沖 地 震 復 興 基 金 ( 以 下 基 金 という )は バス 事 業 者 等 が 実 施 する 仮 設 住 宅 への 生 活 交 通 確 保 対 策 を 支 援 し 仮 設 住 宅 に 入 居 せざるを 得

More information

建築基準法第52条第14項第1号に基づく練馬区容積率の許可に関する取扱基準

建築基準法第52条第14項第1号に基づく練馬区容積率の許可に関する取扱基準 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 基 づく 練 馬 区 容 積 率 の 許 可 に 関 する 取 扱 基 準 練 都 建 第 282 号 平 成 14 年 3 月 11 日 第 1 運 用 方 針 練 馬 区 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 規 定 による 機 械

More information

り 知 事 の 承 認 を 受 けること (2) 補 助 事 業 を 中 止 し, 又 は 廃 止 する 場 合 においては, 様 式 第 5 号 により 知 事 の 承 認 を 受 けること (3) 補 助 事 業 が 予 定 の 期 間 内 に 完 了 しない 場 合 又 は 補 助 事 業 の

り 知 事 の 承 認 を 受 けること (2) 補 助 事 業 を 中 止 し, 又 は 廃 止 する 場 合 においては, 様 式 第 5 号 により 知 事 の 承 認 を 受 けること (3) 補 助 事 業 が 予 定 の 期 間 内 に 完 了 しない 場 合 又 は 補 助 事 業 の 観 光 施 設 再 生 立 地 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 県 内 の 観 光 施 設 の 早 期 の 再 生 を 支 援 することにより, 多 くの 観 光 客 が 訪 れ, 交 流 人 口 が 増 加 し, 地 域 経 済 及 び 地 域 社 会 が 活 性 化 される 観 光 王 国 み やぎ の 実 現

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても 指 定 介 護 予 防 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について 第 一 届 出 手 続 の 運 用 1 届 出 の 受 理 (1) 届 出 書 類 の 受 取 り 指 定 事 業 者 側 から 統 一 的 な 届 出 様 式 及 び 添 付 書 類 により サービス 種 類 ごとの1 件 書 類 の 提

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

Microsoft Word - 仕様書

Microsoft Word - 仕様書 養 護 老 人 ホームとよおか 業 務 仕 様 書 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 養 護 老 人 ホームとよおかは 環 境 上 の 理 由 及 び 経 済 的 理 由 により 居 宅 において 養 護 を 受 けることが 困 難 な 高 齢 者 を 入 所 させることを 目 的 に 設 置 されています 養 護 老 人 ホームとよおかを 管 理 運 営 するに 当 たり 次 に 掲

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

3 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 の 計 算 書 ( 付 表 ) ( 下 段 部 分 )の 記 載 のしかた 社 会 保 険 医 療 分 の 収 入 金 額 欄 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 2 項 の 社 会 保 険 関 係 法 律 等 の 規 定 に 基 づく 給 付 又

3 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 の 計 算 書 ( 付 表 ) ( 下 段 部 分 )の 記 載 のしかた 社 会 保 険 医 療 分 の 収 入 金 額 欄 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 2 項 の 社 会 保 険 関 係 法 律 等 の 規 定 に 基 づく 給 付 又 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 計 算 書 記 載 の 手 引 1 この 計 算 書 の 用 途 等 (1) 医 療 法 人 の 課 税 標 準 の 算 定 については 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 1 項 において 社 会 保 険 診 療 につき 支 払 を 受 けた 金 額 は 益 金 の 額 に 算 入 せず また 当 該 社 会 保 険 診 療 に 係 る 経 費 は 損

More information

「医療法人等に係る所得区分計算書」

「医療法人等に係る所得区分計算書」 医 療 法 人 等 に 係 る 所 得 区 分 計 算 書 記 載 の 手 引 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 分 ) 目 次 ページ 1 計 算 の 基 礎 とする 収 入 金 額 の 計 算 ( 計 算 書 下 段 部 分 ) 1 1 社 会 保 険 診 療 に 係 る 収 入 金 額 (A 欄 ) 1 2 その 他 の 収 入 金 額 (B 欄

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 3 6 7 条 お よ び 第 7 0 2 条 の 8 第 7 項 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 5 1 条 の 規 定 を 根 拠 と す る 固 定 資 産 税 お よ び 都 市 計 画 税

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 3 6 7 条 お よ び 第 7 0 2 条 の 8 第 7 項 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 5 1 条 の 規 定 を 根 拠 と す る 固 定 資 産 税 お よ び 都 市 計 画 税 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 ( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 3 6 7 条 お よ び 第 7 0 2 条 の 8 第 7 項 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 5 1 条 の 規 定 を 根 拠 と す る 固 定 資 産 税 お よ び 都 市 計 画 税 の 減 免

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

都府県酪農緊急経営強化対策事業実施要綱(案)

都府県酪農緊急経営強化対策事業実施要綱(案) 別 添 1 酪 農 生 産 基 盤 強 化 事 業 第 1 事 業 実 施 主 体 この 事 業 の 事 業 実 施 主 体 は 平 成 28 年 度 畜 産 業 振 興 事 業 に 係 る 公 募 要 領 ( 平 成 28 年 1 月 15 日 付 け 27 農 畜 機 第 4499 号 )により 応 募 した 者 から 選 定 された 者 ( 以 下 公 募 団 体 という )とする 第 2 事

More information

- は じ め に - 〇 この 資 料 は 保 育 所 整 備 にあたって 基 本 的 な 事 項 について 要 約 したものです 〇 この 資 料 は 作 成 日 ( 表 紙 記 載 ) 現 在 の 内 容 で 整 理 しています 法 令 や 予 算 等 の 関 係 で 補 助 制 度 などは

- は じ め に - 〇 この 資 料 は 保 育 所 整 備 にあたって 基 本 的 な 事 項 について 要 約 したものです 〇 この 資 料 は 作 成 日 ( 表 紙 記 載 ) 現 在 の 内 容 で 整 理 しています 法 令 や 予 算 等 の 関 係 で 補 助 制 度 などは 保 育 所 整 備 の 手 引 き - 整 備 希 望 の 皆 様 へ- - 平 成 24 年 4 月 版 - 横 浜 市 こども 青 少 年 局 保 育 所 整 備 課 1 - は じ め に - 〇 この 資 料 は 保 育 所 整 備 にあたって 基 本 的 な 事 項 について 要 約 したものです 〇 この 資 料 は 作 成 日 ( 表 紙 記 載 ) 現 在 の 内 容 で 整 理 しています

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

8 部 分 払 す る ( 回 以 内 ) しない 部 分 払 の 基 準 業 務 内 容 履 行 予 定 月 数 量 単 位 単 価 金 額 単 価 及 び 金 額 は 消 費 及 び 地 方 消 費 相 当 額 を 含 まない 金 額 概 算 数 量 の 場 合 は 数 量 及 び 金 額 を(

8 部 分 払 す る ( 回 以 内 ) しない 部 分 払 の 基 準 業 務 内 容 履 行 予 定 月 数 量 単 位 単 価 金 額 単 価 及 び 金 額 は 消 費 及 び 地 方 消 費 相 当 額 を 含 まない 金 額 概 算 数 量 の 場 合 は 数 量 及 び 金 額 を( 平 成 28 年 度 一 般 会 計 歳 出 第 2 款 5 項 2 目 13 節 委 託 料 受 付 番 号 種 目 番 号 連 絡 先 委 託 担 当 財 政 局 務 課 課 担 当 担 当 者 名 熊 澤 電 話 671-2253 設 計 書 1 委 託 名 平 成 28 年 度 町 村 課 状 況 等 の 調 作 成 業 務 委 託 2 履 行 場 所 受 託 業 者 内 3 履 行 期 間

More information

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 6 月 稲 沢 市 民 病 院 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食

More information

2

2 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 平 成 23 年 10 月 東 村 山 市 教 育 委 員 会 2 目 次 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 1 指 定 管 理 者 制 度 導 入 の 目 的 7 2 公 募 の 概 要 7 (1) 対 象 施 設 7 (2) 主 催 者 7 (3) 指 定 期 間 7 (4) 指 定

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任 別 紙 3 平 成 25 年 度 赤 平 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) 23 年 度 A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 12,234 8,75,43 376,599 1,329,315 15.2

More information

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 建 設 工 事 一 般 競 争 入 札 公 告 第 11 号 袖 ケ 浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 建 築 )の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 一 般 競 争 入 札 を 次 のとおり 実 施 する 平 成 25 年 10 月 2 日 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 理 事

More information

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2 佐 賀 市 文 化 交 流 プラザ 指 定 管 理 者 管 理 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 経 済 部 商 業 振 興 課 目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び

More information

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱 川 崎 市 重 度 障 害 者 等 入 院 時 コミュニケーション 支 援 事 業 実 施 要 綱 制 定 平 成 28 年 2 月 25 日 27 川 健 障 福 第 1192 号 ( 市 長 決 裁 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 意 思 の 疎 通 が 困 難 な 障 害 者 及 び 障 害 児 が 医 療 機 関 ( 精 神 科 病 院 および 一 般 病 院 の 精 神

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information