栃木県酪肉近代化計画1

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "栃木県酪肉近代化計画1"

Transcription

1 計 画 期 間 平 成 28 年 度 ~ 平 成 37 年 度 栃 木 県 酪 農 肉 用 牛 生 産 近 代 化 計 画 書 平 成 28 年 3 月 栃 木 県

2 目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 をめぐる 近 年 の 情 勢 の 変 化 1 2 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 競 争 力 の 強 化 1 3 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 飼 料 生 産 基 盤 の 確 立 3 4 家 畜 衛 生 対 策 の 充 実 強 化 4 5 安 全 安 心 な 畜 産 物 の 生 産 による 消 費 者 の 信 頼 確 保 5 6 消 費 者 ニーズを 踏 まえた 生 産 供 給 の 推 進 5 7 畜 産 環 境 対 策 の 充 実 強 化 5 Ⅱ 生 乳 の 生 産 数 量 の 目 標 並 びに 乳 牛 及 び 肉 用 牛 の 飼 養 頭 数 の 目 標 1 生 乳 の 生 産 数 量 及 び 乳 牛 の 飼 養 頭 数 の 目 標 7 2 肉 用 牛 の 飼 養 頭 数 の 目 標 7 Ⅲ 近 代 的 な 酪 農 経 営 方 式 及 び 肉 用 牛 経 営 方 式 の 指 標 1 酪 農 経 営 方 式 8 2 肉 用 牛 経 営 方 式 9 Ⅳ 乳 牛 及 び 肉 用 牛 の 飼 養 規 模 の 拡 大 に 関 する 事 項 1 乳 牛 11 2 肉 用 牛 12 Ⅴ 飼 料 の 自 給 率 の 向 上 に 関 する 事 項 1 飼 料 の 自 給 率 の 向 上 14 2 具 体 的 措 置 14 Ⅵ 集 乳 及 び 乳 業 の 合 理 化 並 びに 肉 用 牛 及 び 牛 肉 の 流 通 の 合 理 化 に 関 する 事 項 1 集 送 乳 の 合 理 化 15 2 乳 業 の 合 理 化 等 15 3 肉 用 牛 及 び 牛 肉 の 流 通 の 合 理 化 16 Ⅶ その 他 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 を 図 るために 必 要 な 事 項 1 担 い 手 の 育 成 と 労 働 負 担 の 軽 減 のための 措 置 19 2 畜 産 クラスターの 推 進 方 針 20 3 その 他 必 要 な 事 項 21

3 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 をめぐる 近 年 の 情 勢 の 変 化 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 については 輸 入 飼 料 価 格 の 高 止 まりなど 国 際 的 な 環 境 変 化 や 担 い 手 の 高 齢 化 後 継 者 不 足 などの 課 題 を 抱 えている 酪 農 については 戸 数 の 減 少 が 続 いているものの 担 い 手 の 規 模 拡 大 により 乳 用 牛 飼 養 頭 数 は ほぼ 横 ばいに 推 移 し 乳 牛 の 改 良 や 飼 養 管 理 技 術 の 改 善 等 により 生 乳 生 産 量 は 近 年 増 加 している 肉 用 牛 については 特 に 小 規 模 繁 殖 農 家 において 高 齢 化 に 伴 う 離 農 が 続 いており 肥 育 素 牛 の 生 産 基 盤 が 弱 体 化 している これにより 肥 育 素 牛 価 格 の 高 騰 が 続 き 肥 育 農 家 にとって 大 きな 課 題 となっ ている 加 えて 平 成 27 年 10 月 には 環 太 平 洋 パートナーシップ 協 定 (TPP)が 大 筋 合 意 平 成 28 年 2 月 には 署 名 となり 農 業 への 影 響 が 先 行 き 不 透 明 なことから 経 営 意 欲 の 減 退 に 伴 う 更 なる 生 産 基 盤 の 縮 小 が 懸 念 されている 一 方 では 消 費 者 の 根 強 い 国 産 志 向 に 加 え ナチュラルチーズや 熟 成 肉 などへの 関 心 が 高 まってき ていることや TPPにより 畜 産 物 輸 出 拡 大 の 可 能 性 も 大 きくなるなど 国 内 畜 産 の 新 たな 展 開 も 期 待 されている このような 状 況 の 中 酪 農 では 生 産 基 盤 強 化 のため 担 い 手 の 育 成 や 労 働 負 担 の 軽 減 飼 養 規 模 の 拡 大 による 生 産 性 の 向 上 を 重 点 に 取 り 組 んでいく また 近 年 法 人 酪 農 経 営 においては 雇 用 就 農 も 増 加 してきていることから 新 規 就 農 だけでなく 雇 用 就 農 についても 推 進 していく 肉 用 牛 では 農 家 の 生 産 意 欲 を 高 めることを 念 頭 に 生 産 基 盤 を 早 急 に 回 復 させるため 高 齢 者 を 中 心 とした 小 規 模 農 家 の 離 農 を 抑 えながら 担 い 手 の 規 模 拡 大 を 強 力 に 推 進 する 取 組 を 展 開 する さらに 持 続 性 のある 足 腰 の 強 い 肉 用 牛 経 営 を 目 指 すため 繁 殖 性 向 上 や 自 給 飼 料 増 産 等 による 生 産 コストの 低 減 県 産 牛 肉 のPRによる 認 知 度 向 上 や 消 費 拡 大 など 生 産 と 消 費 の 両 面 から 肉 用 牛 生 産 を 振 興 していく また 飼 料 自 給 率 向 上 に 向 けた 水 田 飼 料 作 の 推 進 や 飼 料 生 産 外 部 支 援 組 織 (コントラクター 等 )の 育 成 飼 料 作 物 の 単 収 向 上 を 重 点 に 取 り 組 んでいく 2 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 競 争 力 の 強 化 (1) 生 産 基 盤 強 化 のための 取 組 ア 担 い 手 の 確 保 育 成 平 成 22 年 から26 年 までの4 年 間 で 本 県 の 酪 農 家 戸 数 は171 戸 17.1% 肉 用 牛 農 家 戸 数 は200 戸 14.7% 減 少 しており 本 県 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 持 続 的 発 展 を 図 るためには 新 たな 担 い 手 を 確 保 育 成 していく 必 要 がある 新 規 就 農 者 にとって 施 設 整 備 は 金 銭 的 な 負 担 が 大 きいことから 離 農 情 報 ( 遊 休 施 設 等 )をデー タベース 化 し 新 規 就 農 希 望 者 等 と 離 農 予 定 農 家 等 のマッチング 支 援 等 による 施 設 等 の 円 滑 な 継 承 1

4 を 図 るとともに 畜 舎 改 修 の 支 援 や 畜 産 クラスター 事 業 を 活 用 した 生 産 者 団 体 によるリース 事 業 な どを 推 進 し 新 規 就 農 者 の 初 期 負 担 の 軽 減 を 図 る また 農 業 高 校 や 農 業 大 学 校 の 学 生 等 を 対 象 とした 就 農 ガイダンスなどにより 大 規 模 農 場 等 へ の 雇 用 就 農 や 地 域 の 中 心 的 な 農 家 等 における 研 修 を 推 進 し 将 来 的 な 新 規 就 農 者 の 確 保 へつなげる とともに 飼 養 管 理 及 び 経 営 管 理 の 技 術 力 向 上 のための 研 修 会 支 援 や 関 係 機 関 団 体 職 員 による 新 規 就 農 者 や 若 手 後 継 者 への 指 導 体 制 を 強 化 し 新 たな 担 い 手 のスキルアップを 図 る イ 生 産 性 向 上 の 取 組 家 畜 の 能 力 を 最 大 限 に 発 揮 させるためには 日 常 の 飼 養 管 理 を 点 検 し 基 本 的 な 飼 養 管 理 技 術 を 励 行 することはもとより アニマルウェルフェアの 観 点 からの 飼 養 管 理 にも 留 意 する 必 要 がある そうした 中 にあって 今 後 更 に 収 益 性 を 向 上 させるためには 新 技 術 の 導 入 等 により 生 産 性 を 高 め る 必 要 がある そこで 酪 農 においては 牛 群 検 定 の 実 施 と 併 せ 検 定 情 報 等 を 活 用 した 牛 群 の 改 良 と 飼 養 管 理 の 高 度 化 を 推 進 していく また 暑 熱 ストレスによる 生 産 性 低 下 を 最 小 限 とするため 効 果 的 な 暑 熱 対 策 を 推 進 する 加 えて 性 選 別 精 液 の 活 用 による 優 良 な 乳 用 後 継 牛 の 計 画 的 な 確 保 を 推 進 しつつ 生 乳 以 外 の 収 益 を 増 加 させるための 取 組 として 受 精 卵 移 植 の 活 用 による 付 加 価 値 の 高 い 和 牛 子 牛 生 産 を 拡 大 し ていく 肉 用 牛 繁 殖 農 家 においては 何 よりも 繁 殖 性 の 向 上 が 重 要 であることから 地 域 の 関 係 者 が 一 体 となって 繁 殖 台 帳 の 整 備 や 早 期 母 子 分 離 などに 取 り 組 むとともに 超 音 波 画 像 を 活 用 した 早 期 妊 娠 診 断 等 の 新 たな 繁 殖 手 法 を 導 入 する また 分 娩 時 における 遠 隔 分 娩 監 視 装 置 の 活 用 などICT 技 術 の 積 極 的 な 普 及 を 図 り 地 域 の 子 牛 損 耗 率 の 低 減 を 図 る 肉 用 牛 肥 育 農 家 では 超 音 波 画 像 による 肉 質 診 断 等 を 活 用 した 肥 育 技 術 肉 質 や 枝 肉 重 量 と 飼 料 効 率 とを 考 慮 した 肥 育 期 間 の 短 縮 技 術 などの 確 立 と 普 及 を 図 る ウ 省 力 化 機 械 の 導 入 や 外 部 支 援 組 織 の 整 備 と 活 用 の 推 進 本 県 の 酪 農 家 や 肉 用 牛 農 家 では 大 規 模 化 生 産 者 の 高 齢 化 に 伴 い 労 働 力 不 足 が 心 配 されてい る そのため 各 農 家 の 飼 養 形 態 や 飼 養 規 模 に 応 じて 搾 乳 ロボットや 哺 乳 ロボット 自 動 給 餌 機 等 の 省 力 化 機 械 の 導 入 を 推 進 していく また 酪 農 肉 用 牛 ヘルパーやコントラクター TMRセンター キャトルブリーディングステ ーション(CBS) 公 共 牧 場 等 の 支 援 組 織 の 整 備 を 支 援 するとともに それらを 活 用 した 作 業 の 外 部 化 を 積 極 的 に 推 進 する 特 に 集 落 営 農 組 織 の 取 組 を 拡 大 した 地 域 のコントラクターなど 中 小 規 模 の 高 齢 畜 産 農 家 の 要 2

5 望 にきめ 細 やかに 対 応 できる 外 部 支 援 組 織 の 育 成 を 推 進 する エ 畜 産 クラスターの 取 組 等 による 畜 産 と 地 域 の 活 性 化 畜 産 クラスターの 取 組 は 県 市 町 関 係 団 体 関 係 企 業 農 家 等 がそれぞれの 役 割 を 明 確 にし 連 携 協 力 しながら 取 組 を 進 めていくことで 地 域 の 畜 産 の 収 益 性 を 向 上 させることにとどまらず 地 域 雇 用 の 創 出 地 域 資 源 の 有 効 活 用 などによる 地 域 の 活 性 化 も 図 っていく 3 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 飼 料 生 産 基 盤 の 確 立 (1) 国 産 粗 飼 料 の 生 産 利 用 の 拡 大 ア 水 田 飼 料 作 物 の 推 進 主 食 用 米 の 需 要 が 減 少 している 中 国 においては 水 田 フル 活 用 と 米 政 策 の 見 直 しにより 主 食 用 米 から 需 要 のある 作 物 への 転 換 を 図 ることとしている 本 県 は 農 地 の 約 8 割 が 水 田 であるとともに 水 田 に 近 接 して 畜 産 農 家 も 多 いことから 外 国 産 飼 料 の 動 向 に 左 右 されない 飼 料 生 産 基 盤 の 確 立 に 向 け 単 位 面 積 当 たりの 生 産 量 が 多 く 労 働 時 間 が 少 ない 青 刈 りとうもろこし 等 を 中 心 とした 飼 料 作 物 の 生 産 拡 大 について 耕 種 農 家 と 畜 産 農 家 の 連 携 強 化 や 水 田 活 用 の 直 接 支 払 交 付 金 等 の 有 効 活 用 により 推 進 する 県 産 飼 料 用 米 の 大 半 は 配 合 飼 料 会 社 に 供 給 されているが 飼 料 コストの 低 減 が 可 能 な 地 域 内 流 通 を 推 進 するため 関 係 機 関 団 体 連 携 のもと 飼 料 用 米 に 係 る 需 給 情 報 の 提 供 や 耕 種 農 家 と 畜 産 農 家 のマッチングの 取 組 を 支 援 するとともに 飼 料 用 米 の 利 用 拡 大 に 必 要 な 機 械 施 設 整 備 を 支 援 する 稲 発 酵 粗 飼 料 ( 稲 WCS)は 水 田 を 水 田 として 利 用 しながら 良 質 な 粗 飼 料 生 産 ができるという 特 徴 を 持 ち 作 業 分 担 による 省 力 化 や 耕 畜 連 携 による 資 源 循 環 にもつながるため 専 用 品 種 の 普 及 拡 大 による 生 産 拡 大 に 努 めるとともに 品 質 の 向 上 などを 図 っていく イ 外 部 支 援 組 織 の 育 成 畜 産 農 家 の 高 齢 化 や 飼 料 価 格 の 高 騰 が 進 む 中 不 足 する 労 働 を 確 保 し 経 営 の 規 模 拡 大 や 生 産 コス トの 低 減 を 推 進 するためには コントラクターやTMRセンターといった 飼 料 生 産 外 部 支 援 組 織 の 役 割 がこれまで 以 上 に 重 要 となっている そのため 新 規 組 織 の 育 成 を 図 るとともに 効 率 的 作 業 のための 農 地 集 積 や 広 域 流 通 の 取 組 を 支 援 するなど 機 能 強 化 を 図 る ウ 自 給 飼 料 の 生 産 性 向 上 青 刈 りとうもろこしや 牧 草 の 単 収 については 近 年 は 漸 減 傾 向 で 推 移 している 飼 料 生 産 基 盤 に 立 脚 した 安 定 的 な 畜 産 経 営 とするため 県 奨 励 品 種 の 導 入 地 域 に 適 した 栽 培 体 系 の 徹 底 及 び 基 本 技 術 の 励 行 等 を 進 め 飼 料 作 物 の 単 収 向 上 を 図 る 3

6 エ 飼 料 基 盤 の 整 備 国 産 粗 飼 料 の 生 産 利 用 を 拡 大 するためには 担 い 手 への 農 地 集 積 や 団 地 化 が 重 要 となっている そのため 農 地 中 間 管 理 機 構 による 耕 作 放 棄 地 や 水 田 畑 地 の 担 い 手 への 集 積 及 び 公 共 事 業 等 を 活 用 した 飼 料 基 盤 の 造 成 整 備 を 推 進 し 作 業 効 率 に 優 れた 飼 料 基 盤 を 確 保 する (2) 放 牧 活 用 の 推 進 放 牧 を 経 営 に 導 入 することは 飼 料 費 の 低 減 による 収 益 性 の 向 上 のほか 受 胎 率 の 改 善 や 肢 蹄 の 強 化 など 牛 の 生 産 性 向 上 も 期 待 される また 近 年 は 中 山 間 地 域 の 耕 作 放 棄 地 獣 害 対 策 としても 注 目 されている このため 関 係 機 関 団 体 連 携 のもと 放 牧 技 術 の 普 及 高 度 化 を 進 めるとともに 各 種 事 業 を 活 用 した 条 件 整 備 を 支 援 するなどして 放 牧 を 推 進 する (3) 飼 料 流 通 基 盤 の 強 化 青 刈 りとうもろこしや 稲 WCS 等 の 国 産 粗 飼 料 の 利 用 拡 大 を 図 るため 需 給 調 整 機 能 を 含 めた 調 製 保 管 体 制 さらには 広 域 流 通 体 制 を 構 築 する (4)エコフィード 等 の 生 産 利 用 の 促 進 食 品 残 さや 農 場 残 さといった 未 利 用 低 利 用 の 地 域 資 源 を 有 効 活 用 することは 飼 料 自 給 率 の 向 上 飼 料 費 の 低 減 等 につながるため 食 品 残 さ 等 に 関 する 情 報 共 有 や 飼 料 化 に 関 する 検 討 等 を 通 し て エコフィードの 生 産 利 用 の 拡 大 を 推 進 する また イアコーン 等 の 新 たな 国 産 濃 厚 飼 料 原 料 の 生 産 利 用 の 取 組 を 推 進 する 4 家 畜 衛 生 対 策 の 充 実 強 化 (1) 家 畜 防 疫 体 制 の 強 化 口 蹄 疫 等 の 海 外 悪 性 伝 染 病 は 生 産 性 を 著 しく 低 下 させるだけでなく 畜 産 物 の 消 費 減 少 や 輸 出 制 限 など 経 済 的 な 影 響 を 受 けることが 懸 念 される そこで 農 場 における 飼 養 衛 生 管 理 基 準 遵 守 の 徹 底 により 農 場 バイオセキュリティを 高 め その 侵 入 防 止 に 万 全 を 期 すとともに 万 一 発 生 した 場 合 の 迅 速 かつ 的 確 な 防 疫 措 置 が 可 能 となるよう 防 疫 体 制 の 継 続 的 な 充 実 強 化 に 努 めていく (2) 家 畜 伝 染 性 疾 病 の 発 生 予 防 及 び 清 浄 化 対 策 の 推 進 家 畜 の 伝 染 性 疾 病 は 発 生 状 況 によっては 畜 産 経 営 に 甚 大 な 被 害 を 及 ぼし また 幼 齢 期 の 下 痢 や 呼 吸 器 病 乳 房 炎 や 異 常 産 等 は 家 畜 の 生 産 性 低 下 による 収 益 低 下 の 大 きな 原 因 となっている 4

7 そのため 飼 養 衛 生 管 理 基 準 遵 守 の 徹 底 により 農 場 の 衛 生 レベルの 向 上 に 努 め 伝 染 性 疾 病 の 発 生 予 防 及 びまん 延 防 止 の 強 化 を 図 っていく 特 に 清 浄 化 に 長 期 間 を 要 するヨーネ 病 や 牛 白 血 病 に ついては 清 浄 家 畜 の 導 入 に 努 めるとともに 農 場 の 浸 潤 状 況 や 経 営 状 況 に 応 じた 効 率 的 効 果 的 な 清 浄 化 対 策 を 推 進 し 経 営 の 安 定 化 を 図 っていく 5 安 全 安 心 な 畜 産 物 の 生 産 による 消 費 者 の 信 頼 確 保 食 品 の 安 全 への 考 え 方 が 最 終 製 品 の 検 査 による 安 全 確 保 から 全 工 程 での 安 全 管 理 へ 変 わってき ていることから 畜 産 物 についても 生 産 加 工 販 売 の 全 ての 段 階 で 安 全 を 確 保 することが 一 層 重 要 となってきている 農 家 段 階 においては 動 物 用 医 薬 品 や 農 薬 の 適 正 使 用 飼 料 給 与 に 関 する 記 帳 等 の 指 導 を 強 化 し つつ 農 場 HACCPの 導 入 を 促 進 するとともに 牛 トレーサビリティ 法 に 基 づく 飼 養 地 情 報 の 公 表 を 進 める また 食 肉 センターや 乳 業 工 場 等 ではHACCPを 用 いた 衛 生 管 理 の 導 入 を 引 き 続 き 促 進 していく さらに 原 子 力 発 電 所 事 故 による 放 射 性 物 質 対 策 として 牧 草 地 の 除 染 や 汚 染 廃 棄 物 の 処 理 等 を 進 めるとともに 畜 産 物 モニタリング 検 査 の 実 施 により 県 産 畜 産 物 の 安 全 性 を 確 保 していく 併 せて これらの 取 組 を 消 費 者 に 伝 えるとともに 教 育 ファームや6 次 産 業 化 の 取 組 により 生 産 者 と 消 費 者 との 交 流 を 推 進 する 6 消 費 者 ニーズを 踏 まえた 生 産 供 給 の 推 進 食 品 に 対 する 消 費 者 の 好 みは 多 様 化 してきており 消 費 者 ニーズに 合 った 生 乳 や 牛 肉 の 生 産 ま たそれらを 使 った 乳 製 品 肉 製 品 など 特 徴 ある 畜 産 加 工 品 が 求 められてきている 平 成 28 年 度 に 本 県 畜 産 酪 農 研 究 センターに 設 置 する 畜 産 物 評 価 加 工 棟 では 牛 乳 の 機 能 性 成 分 に 着 目 した 研 究 やその 成 分 の 効 果 を 高 めていくための 乳 製 品 の 開 発 などの 検 討 を 進 めるとともに 牛 肉 ではオレイン 酸 などの おいしさ に 関 する 評 価 指 標 の 検 討 と 併 せ 消 費 者 の 赤 身 志 向 に 対 応 し た 生 産 加 工 技 術 を 検 討 していく また 畜 産 物 加 工 品 製 造 に 関 する 研 修 機 会 を 設 け 畜 産 農 家 に おける 県 産 畜 産 物 を 活 用 した 新 製 品 づくりを 支 援 する 本 県 リーディングブランドである とちぎ 和 牛 は 認 知 度 向 上 及 び 消 費 拡 大 を 図 り ブランド 力 向 上 による 高 付 加 価 値 化 を 進 めていく 更 には 海 外 富 裕 層 での 日 本 食 への 関 心 の 高 まりやTPPによる 貿 易 の 自 由 化 を 味 方 にし 輸 出 に 対 応 した 衛 生 管 理 基 準 を 満 たす 食 肉 センターを 整 備 し とちぎ 和 牛 等 の 輸 出 拡 大 を 図 っていく 7 畜 産 環 境 対 策 の 充 実 強 化 (1) 家 畜 排 せつ 物 の 管 理 の 適 正 化 と 利 用 の 推 進 家 畜 排 せつ 物 の 管 理 の 適 正 化 及 び 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 及 び 栃 木 県 における 家 畜 排 せつ 5

8 物 の 利 用 の 促 進 を 図 るための 計 画 に 基 づき 県 内 で 発 生 する 家 畜 排 せつ 物 の 適 正 管 理 と 堆 肥 等 の 適 正 利 用 を 推 進 する 特 に 堆 肥 については 品 質 向 上 を 進 め 自 給 飼 料 生 産 に 積 極 的 に 活 用 するとともに 耕 畜 連 携 を 強 化 し 米 麦 だけでなく 露 地 野 菜 などの 園 芸 作 物 への 利 用 拡 大 を 促 進 する さらに 家 畜 排 せつ 物 のエネルギー 利 用 についても 検 証 していく (2) 臭 気 排 水 対 策 の 推 進 畜 産 農 家 の 大 規 模 化 や 住 宅 地 との 混 住 化 に 伴 い 地 域 によっては 畜 産 を 起 因 とする 環 境 問 題 が 深 刻 化 しているほか 臭 気 や 水 質 に 係 る 環 境 規 制 が 強 化 されていることから 家 畜 排 せつ 物 等 の 処 理 施 設 の 整 備 や 処 理 技 術 の 効 果 的 な 活 用 についての 支 援 を 行 うとともに 地 域 の 関 係 機 関 による 指 導 体 制 を 強 化 していく 6

9 Ⅱ 生 乳 の 生 産 数 量 の 目 標 並 びに 乳 牛 及 び 肉 用 牛 の 飼 養 頭 数 の 目 標 1 生 乳 の 生 産 数 量 及 び 乳 牛 の 飼 養 頭 数 の 目 標 現 在 ( 平 成 25 年 度 ) 目 標 ( 平 成 37 年 度 ) 区 域 名 区 域 の 範 囲 総 頭 数 成 牛 頭 数 経 産 牛 頭 数 経 産 牛 1 頭 当 たり 年 間 搾 乳 量 生 乳 生 産 量 総 頭 数 成 牛 頭 数 経 産 牛 頭 数 経 産 牛 1 頭 当 たり 年 間 搾 乳 量 生 乳 生 産 量 頭 頭 頭 kg t 頭 頭 頭 kg t 栃 木 県 県 全 域 52,900 40,900 38,300 8, ,166 50,200 38,800 36,400 8, ,000 合 計 52,900 40,900 38,300 8, ,166 50,200 38,800 36,400 8, ,000 ( 注 )1. 生 乳 生 産 量 は 自 家 消 費 量 を 含 めた 総 搾 乳 量 2. 成 牛 とは 24ヶ 月 齢 以 上 のものをいう 以 下 諸 表 において 同 じ 2 肉 用 牛 の 飼 養 頭 数 の 目 標 区 域 名 栃 木 県 区 域 の 範 囲 肉 用 牛 総 頭 数 繁 殖 雌 牛 現 在 ( 平 成 25 年 度 ) 目 標 ( 平 成 37 年 度 ) 肉 専 用 種 乳 用 種 等 肥 育 牛 その 他 計 乳 用 種 交 雑 種 計 肉 用 牛 総 頭 数 繁 殖 雌 牛 肉 専 用 種 乳 用 種 等 肥 育 牛 その 他 計 乳 用 種 交 雑 種 計 頭 頭 頭 頭 頭 頭 頭 頭 頭 頭 頭 頭 頭 頭 頭 頭 県 全 域 87,900 12,300 21,600 8,500 42,400 16,000 29,500 45,500 89,000 15,000 27,000 11,000 53,000 10,000 26,000 36,000 合 計 87,900 12,300 21,600 8,500 42,400 16,000 29,500 45,500 89,000 15,000 27,000 11,000 53,000 10,000 26,000 36,000 ( 注 )1. 繁 殖 雌 牛 とは 繁 殖 の 用 に 供 する 全 ての 雌 牛 であり 子 牛 育 成 牛 を 含 む 2. 肉 専 用 種 のその 他 は 肉 専 用 種 総 頭 数 から 繁 殖 雌 牛 及 び 肥 育 牛 頭 数 を 減 じた 頭 数 で 子 牛 を 含 む 以 下 諸 表 において 同 じ 3. 乳 用 種 等 とは 乳 用 種 及 び 交 雑 種 で 子 牛 育 成 牛 を 含 む 以 下 諸 表 において 同 じ 7

10 Ⅲ 近 代 的 な 酪 農 経 営 方 式 及 び 肉 用 牛 経 営 方 式 の 指 標 1 酪 農 経 営 方 式 単 一 経 営 経 営 概 要 生 産 性 指 標 飼 養 形 態 牛 飼 料 人 方 式 名 ( 特 徴 となる 取 組 の 概 要 ) 現 規 模 で 経 営 高 度 化 (44 50 頭 ) 経 営 形 態 家 族 経 産 牛 頭 数 50 頭 飼 養 方 式 外 部 化 給 与 方 式 繋 ぎ ハ イフ ライ ン 搾 乳 ユニット 自 動 搬 送 装 置 酪 農 ヘルハ ー 公 共 牧 場 ( 育 成 ) 分 離 給 与 放 牧 利 用 ( 放 牧 地 面 積 ) 経 産 牛 1 頭 当 た り 乳 量 更 新 産 次 作 付 体 系 及 び 単 収 ( ha) kg 産 次 kg 作 付 延 べ 面 積 放 牧 利 用 を 含 む イタリアン ライク ラス 8, ,000kg 13.3 トウモロコシ 6,500kg ha 外 部 化 ( 種 類 ) 購 入 国 産 飼 料 ( 種 類 ) 飼 料 自 給 率 ( 国 産 飼 料 ) なし 稲 WCS 65 % 粗 飼 料 給 与 率 50 % 経 営 内 堆 肥 利 用 割 合 7 割 生 産 コスト 生 乳 1kg 当 たり 費 用 合 計 ( 現 状 平 均 規 模 との 比 較 ) 106 経 産 牛 1 頭 当 たり 飼 養 労 働 時 間 総 労 働 時 間 ( 主 たる 従 事 者 の 労 働 時 間 ) 円 (%) hr hr 万 円 万 円 万 円 98 労 働 4,900 (95%) (2,000 2) 粗 収 入 5,650 経 営 費 経 営 農 業 所 得 4,570 1,080 主 たる 従 事 者 1 人 当 たり 所 得 万 円 540 備 考 規 模 拡 大 で 経 営 高 度 化 ( 頭 ) 家 族 (1 戸 1 法 人 含 ) 100 フリーストール ハ ーラー(ハ ラレル) 搾 乳 ロボット 酪 農 ヘルハ ー 公 共 牧 場 ( 育 成 ) TMR 給 与 自 動 給 餌 9, イタリアン ライク ラス 5,000kg トウモロコシ 6,500kg 22.8 コントラクター TMRセンター 稲 WCS (91%) 85 8,500 (2,000 3) 11,710 9,190 2, 規 模 拡 大 で 経 営 高 度 化 ( 頭 ) 1 戸 1 法 人 ( 家 族 含 ) 200 フリーストール ハ ーラー(ハ ラレル) 搾 乳 ロボット 公 共 牧 場 ( 育 成 ) TMR 給 与 自 動 給 餌 9, イタリアン ライク ラス 5,000kg トウモロコシ 6,500kg 38.0 コントラクター TMRセンター 稲 WCS , ,270 17,470 6,800 (83%) (2,000 6) 1,130 6 次 産 業 化 チース シ ェラート 家 族 (1 戸 1 法 人 含 ) ,700 (2,000 1) 1,450 1, 次 産 業 化 は 生 乳 使 用 量 10kg/ 日 とし 生 乳 販 売 による 粗 収 入 は50 万 円 減 少 する 8

11 2 肉 用 牛 経 営 方 式 (1) 肉 専 用 種 繁 殖 経 営 方 式 名 ( 特 徴 となる 取 組 の 概 要 ) 放 牧 やキャトルブ リーディングス テーションを 活 用 した 省 力 化 を 図 り 効 率 的 な 飼 養 管 理 を 図 る 家 族 経 営 経 営 形 態 家 族 複 合 飼 養 頭 数 繁 殖 雌 牛 8 頭 繁 殖 雌 牛 20 頭 経 営 概 要 生 産 性 指 標 飼 養 形 態 牛 飼 料 人 作 付 生 産 コスト 労 働 経 営 放 牧 延 べ 飼 料 自 経 営 内 出 荷 作 付 体 購 入 国 子 牛 1 頭 当 た 子 牛 1 総 労 働 時 飼 養 外 部 給 与 利 用 分 娩 初 産 出 荷 面 積 外 部 化 給 率 粗 飼 料 堆 肥 時 系 及 び 産 飼 料 り 費 用 合 計 頭 当 た 間 ( 主 た 方 式 化 方 式 ( 放 牧 間 隔 月 齢 月 齢 放 牧 ( 種 類 ) ( 国 産 給 与 率 利 用 農 業 体 重 単 収 ( 種 類 ) ( 現 状 平 均 り 飼 養 る 従 事 者 粗 収 入 経 営 費 地 面 積 ) 利 用 を 飼 料 ) 割 合 所 得 規 模 との 比 労 働 時 の 労 働 時 含 む 較 ) 間 間 ) 主 たる 従 事 者 1 人 当 たり 所 得 頭 (ha) ヶ 月 ヶ 月 ヶ 月 kg kg ha % % 割 円 (%) hr hr 万 円 万 円 万 円 万 円 牛 房 群 飼 フリー バーン CBS 分 離 給 与 イタリアン 5,000kg トウモロコシ ,500kg 稲 WCS 3,000kg 3.5 なし ,390 (94.9%) ,650 (1,650) 1, 備 考 キャトル ブリー ディング ステー ションの 活 用 を 通 じ 省 力 化 と 牛 舎 の 有 効 利 用 で 規 模 拡 大 を 図 る 家 族 経 営 家 族 専 業 繁 殖 雌 牛 牛 房 群 飼 30 頭 連 動 スタ 繁 殖 雌 牛 ンチョン 50 頭 CBS イタリアン 5,000kg トウモロコシ 分 離 ,500kg 給 与 稲 WCS 3,000kg 6 なし 稲 わら ,938 (91.5%) ,316 (1,824) 2,834 1,521 1, 牛 房 群 飼 分 娩 監 視 装 置 やコ ントラクターの 活 用 等 により 分 娩 家 族 ないし 法 間 隔 の 短 縮 や 省 力 人 専 業 化 等 を 図 る 大 規 模 法 人 経 営 繁 殖 雌 牛 70 頭 繁 殖 雌 牛 100 頭 連 動 スタ ンチョン 早 期 離 乳 発 情 発 見 装 置 CBS 分 離 給 与 イタリアン 5,000kg トウモロコシ ,500kg 稲 WCS 3,000kg 8 コントラ クター ( 稲 わら 回 収 / 稲 WCS 収 穫 ) 稲 わら ,407 (89.8%) ,887 (1,880) 5,958 4,020 1, 分 娩 監 視 装 置 9

12 (2) 肉 用 牛 ( 肥 育 一 貫 ) 経 営 経 営 概 要 生 産 性 指 標 方 式 名 ( 特 徴 と なる 取 組 の 概 要 ) 経 営 形 態 飼 養 頭 数 飼 養 形 態 牛 飼 料 人 飼 養 方 式 給 与 方 式 肥 育 開 始 時 月 齢 出 荷 月 齢 肥 育 期 間 頭 ヶ 月 ヶ 月 ヶ 月 出 荷 時 体 重 1 日 当 たり 増 体 量 作 付 体 系 及 び 単 収 作 付 延 べ 面 積 放 牧 利 用 を 含 む 外 部 化 ( 種 類 ) 購 入 国 産 飼 料 ( 種 類 ) 飼 料 自 給 率 ( 国 産 飼 料 ) kg kg kg ha % 粗 飼 料 給 与 率 経 営 内 堆 肥 利 用 割 合 生 産 コスト 労 働 経 営 肥 育 牛 1 頭 当 たり 費 用 合 計 ( 現 状 平 均 規 模 との 比 較 ) 牛 1 頭 当 たり 飼 養 労 働 時 間 総 労 働 時 間 ( 主 たる 従 事 者 の 労 働 時 間 ) 10 割 円 (%) hr hr 万 円 粗 収 入 経 営 費 万 円 農 業 所 得 主 た る 従 事 者 1 人 当 た り 所 得 万 円 万 円 備 考 生 産 性 の 向 上 や 規 模 拡 大 を 図 る 肉 専 用 種 肥 育 の 家 族 経 営 家 族 複 合 肥 育 牛 60 頭 肥 育 牛 100 頭 牛 房 群 飼 分 離 給 与 稲 WCS 3,000 kg 1.5 コント ラク ター ( 稲 WCS 収 穫 ) 稲 わら ,440 (93.5%) ,612 (1,806) 7,525 6,228 1, 牛 肉 のブラン ド 化 等 を 図 る 交 雑 種 肥 育 の 大 規 模 法 人 経 営 法 人 複 合 肥 育 牛 400 頭 肥 育 牛 500 頭 牛 房 群 飼 分 離 給 与 自 動 給 餌 機 コント ラク ター ( 稲 わ ら 回 収 稲 WCS 収 穫 ) 稲 わら ,239 (91.6%) ,262 (2,000) 25,145 21,773 3, 肥 育 牛 の 出 荷 月 齢 の 早 期 化 繁 殖 肥 家 族 育 一 貫 化 によ ないし る 飼 料 費 やも 法 人 と 畜 費 の 低 減 等 を 図 る 肉 専 用 種 繁 殖 肥 専 業 育 一 貫 の 法 人 経 営 繁 殖 牛 30 頭 肥 育 牛 60 頭 繁 殖 牛 50 頭 肥 育 牛 120 頭 牛 房 群 飼 連 動 スタンチョン 分 離 給 与 イタリアン 5,000 kg トウモロコシ 6,500 kg 稲 WCS 3,000 kg 6.2 コント ラク ター ( 稲 わ ら 回 収 稲 WCS 収 穫 ) ,559 (79.6%) ,574 (1,825) 8,767 6,080 2, ( 注 )1. 肥 育 牛 1 頭 当 たりの 費 用 合 計 は もと 畜 費 は 含 めない 10

13 Ⅳ 乳 牛 及 び 肉 用 牛 の 飼 養 規 模 の 拡 大 に 関 する 事 項 1 乳 牛 (1) 区 域 別 乳 牛 飼 養 構 造 県 全 域 区 域 名 現 在 (H25 年 度 ) 目 標 (H37 年 度 ) 1 総 農 家 戸 数 2 飼 養 農 家 戸 数 64, /1 戸 戸 % 3 総 数 52,900 乳 牛 頭 数 頭 4うち 成 牛 頭 数 40,900 頭 1 戸 当 たり 平 均 飼 養 頭 数 3/ ,200 38, 頭 (2) 乳 牛 の 飼 養 規 模 の 拡 大 のための 措 置 高 齢 化 により 労 働 力 不 足 が 懸 念 される 中 小 規 模 農 家 については 経 営 の 継 続 が 可 能 となるよう 酪 農 ヘルパーやコントラクター TMRセンター 公 共 牧 場 などの 外 部 支 援 組 織 の 活 用 を 促 進 する 増 頭 意 欲 のある 法 人 又 は 法 人 化 を 目 指 す 農 家 については 地 域 をリードする 中 心 的 な 担 い 手 とし て 位 置 づけ 畜 産 クラスター 等 の 事 業 活 用 による 飼 養 管 理 施 設 等 の 整 備 搾 乳 ロボットや 哺 乳 ロボ ット 自 動 給 餌 機 等 の 省 力 化 機 械 の 導 入 及 び 飼 料 生 産 等 の 作 業 の 外 部 化 等 を 進 めることで 飼 養 管 理 に 労 力 を 集 中 させ 飼 養 規 模 の 拡 大 を 図 っていく また 性 選 別 精 液 や 性 判 別 受 精 卵 を 活 用 し 優 良 乳 用 後 継 牛 を 効 率 的 に 確 保 するとともに 牛 群 検 定 や 代 謝 プロファイルテスト ICT 等 を 活 用 しながら 飼 養 管 理 や 繁 殖 管 理 の 改 善 を 図 り 乳 用 牛 の 増 頭 につながる 供 用 期 間 延 長 も 図 っていく 11

14 2 肉 用 牛 (1) 区 域 別 肉 用 牛 飼 養 構 造 繁 肉 殖 専 経 用 営 種 肥 肉 育 専 経 用 営 種 乳 用 種 交 雑 種 肥 育 経 営 合 計 区 域 名 目 標 1 総 農 家 数 戸 2 飼 養 農 家 戸 数 ,337 1, % 900 ( 注 )( ) 内 には 一 貫 経 営 に 係 る 分 ( 肉 専 用 種 繁 殖 経 営 乳 用 種 交 雑 種 育 成 経 営 との 複 合 経 営 ) について 内 数 を 記 入 2/1 総 数 計 戸 % 頭 頭 現 在 64, % 15,400 15,400 県 全 域 18,000 18,000 87,900 42,400 12,300 21,600 8,500 45,500 89,000 53,000 繁 殖 雌 牛 肉 専 用 種 肉 用 牛 飼 養 頭 数 肥 育 牛 15,000 27,000 頭 その 他 6,300 7,500 頭 計 頭 乳 用 種 等 ,000 3,200 21,600 現 在 64, % 27,000 2,200 (87) (11,700) ( 3,200 ) ( 8,500 ) 県 全 域 ,000 4,500 27,000 目 標 35,000 3,500 ( 120 ) (16,500) ( 4,500 ) ( 12,000 ) 300 現 在 64, % 29,500 29,500 29,500 県 全 域 (95) (11,000) (11,000) 交 雑 種 100 目 標 26,000 26,000 26,000 (30) (10,000) (10,000) 90 16,000 16,000 現 在 64, % 16,000 県 全 域 ( 9 ) (7,500) (7,500) 乳 用 種 20 10,000 10,000 目 標 10,000 ( 4 ) (8,000) (8,000) 390 現 在 64, % 45,500 45,500 16,000 29,500 小 計 ( 104 ) 120 目 標 36,000 36,000 10,000 26,000 ( 34 ) 現 在 目 標 9,100 10,500 頭 乳 用 種 16,000 11,000 36,000 10,000 頭 交 雑 種 29,500 26,000 頭 (2) 肉 用 牛 の 飼 養 規 模 拡 大 のための 措 置 農 家 の 生 産 意 欲 を 高 めることを 念 頭 に 置 き 高 齢 者 を 中 心 とした 小 規 模 農 家 の 離 農 を 抑 えながら 担 い 手 による 規 模 拡 大 が 円 滑 に 進 む 取 組 を 総 合 的 に 展 開 していく ア 繁 殖 経 営 高 齢 化 が 進 む 地 域 では 公 共 牧 場 や 共 同 畜 舎 等 による 繁 殖 雌 牛 の 一 括 管 理 体 制 を 構 築 するなど 支 援 組 織 の 育 成 強 化 を 推 進 し 離 農 戸 数 を 可 能 な 限 り 抑 制 する 増 頭 意 欲 のある 農 家 には 優 良 繁 殖 雌 牛 の 導 入 支 援 のほか 受 精 卵 移 植 技 術 の 活 用 や 水 田 等 を 活 用 した 放 牧 を 積 極 的 に 推 進 するとともに 酪 農 家 による 繁 殖 部 門 を 取 り 入 れた 複 合 経 営 の 取 組 を 推 進 することで 増 頭 を 図 っていく また CBSの 整 備 を 促 進 し 地 域 内 での 繁 殖 育 成 の 集 約 化 を 図 ることで 斉 一 性 のある 肥 育 素 牛 の 安 定 供 給 を 可 能 とするとともに 繁 殖 農 家 の 労 力 軽 減 を 図 り 繁 殖 雌 牛 の 効 率 的 な 増 頭 につ なげていく 12

15 イ 肥 育 経 営 法 人 又 は 法 人 化 を 目 指 す 肥 育 農 家 では 空 き 牛 舎 等 の 遊 休 施 設 のマッチング 支 援 並 びに 畜 産 クラ スター 事 業 等 を 活 用 した 規 模 拡 大 を 推 進 する また 肉 専 用 種 肥 育 経 営 では 繁 殖 肥 育 一 貫 経 営 への 移 行 を 促 進 し 肥 育 素 牛 の 安 定 的 な 確 保 と 生 産 コストの 低 減 を 図 るとともに 超 音 波 画 像 診 断 装 置 等 を 活 用 した 肥 育 期 間 の 適 正 化 を 検 討 し 本 県 の 特 徴 である 肉 質 が 良 く 肉 量 も 豊 かな 肉 用 牛 づくりを 一 層 発 展 させる 更 に とちぎ 和 牛 をはじめとする 県 産 銘 柄 牛 の 認 知 度 向 上 や 輸 出 を 含 めた 販 路 拡 大 にも 積 極 的 に 取 り 組 んでいく 13

16 Ⅴ 飼 料 の 自 給 率 の 向 上 に 関 する 事 項 1 飼 料 の 自 給 率 の 向 上 乳 用 牛 肉 用 牛 ( 繁 殖 ) 飼 料 自 給 率 肉 用 牛 ( 肥 育 ) 合 計 飼 料 作 物 の 作 付 延 べ 面 積 現 在 ( 平 成 25 年 度 ) ,300 % % % % % % % % ha 目 標 ( 平 成 37 年 度 ) ,300 ha 2 具 体 的 措 置 (1) 水 田 飼 料 作 の 推 進 耕 種 農 家 と 畜 産 農 家 の 連 携 強 化 や 交 付 金 等 の 有 効 活 用 等 により 水 田 における 飼 料 作 物 の 生 産 拡 大 を 推 進 する また 飼 料 コストの 低 減 が 可 能 な 飼 料 用 米 の 地 域 内 流 通 についても 推 進 する ア 水 田 飼 料 畑 への 転 換 現 在 (H25)4,000ha 目 標 (H37)5,200ha イ 稲 WCSの 生 産 拡 大 現 在 (H25)1,000ha 目 標 (H37)3,000ha ウ 飼 料 用 米 地 域 内 流 通 の 拡 大 現 在 (H25)100ha 目 標 (H37)300ha (2) 飼 料 生 産 外 部 支 援 組 織 (コントラクター TMRセンター 等 )の 育 成 研 修 会 や 情 報 交 換 会 の 開 催 県 単 事 業 等 を 活 用 した 広 域 流 通 品 質 向 上 の 取 組 支 援 法 人 化 や 経 営 改 善 の 取 組 支 援 及 び 各 種 補 助 事 業 を 活 用 した 機 械 施 設 整 備 の 支 援 により 既 存 組 織 の 機 能 強 化 及 び 新 規 組 織 の 設 立 を 推 進 する ア コントラクターの 作 業 受 託 面 積 現 在 (H25)1,500ha 目 標 (H37)3,000ha (3) 飼 料 作 物 の 単 収 向 上 飼 料 自 給 率 の 向 上 を 図 るため 奨 励 品 種 の 導 入 地 域 の 実 情 に 応 じた 基 本 技 術 の 励 行 指 導 者 のス キルアップ 新 技 術 の 普 及 により 飼 料 作 物 の 単 収 向 上 を 推 進 する ア 青 刈 りとうもろこし 現 在 (H25)4,700kg/10a 目 標 (H37)6,500kg/10a イ 牧 草 現 在 (H25)4,200kg/10a 目 標 (H37)5,000kg/10a 14

17 Ⅵ 集 乳 及 び 乳 業 の 合 理 化 並 びに 肉 用 牛 及 び 牛 肉 の 流 通 の 合 理 化 に 関 する 事 項 1 集 送 乳 の 合 理 化 生 乳 流 通 コストの 低 減 による 生 産 者 の 収 益 性 向 上 を 図 るため 酪 農 業 協 同 組 合 に 働 きかけ 効 率 的 な 集 送 乳 路 線 の 設 定 及 び 見 直 しを 推 進 する 2 乳 業 の 合 理 化 等 (1) 乳 業 施 設 の 合 理 化 区 域 名 工 場 数 (1 日 当 たり 生 乳 処 理 量 2t 以 上 ) 1 日 当 たり 生 乳 処 理 量 1 kg 1 日 当 たり 生 乳 処 理 能 力 2 kg 稼 働 率 1/2 100 % 備 考 県 全 域 現 在 ( 平 成 25 年 度 ) 飲 用 牛 乳 を 主 に 製 造 する 工 場 9 工 場 合 計 1 工 場 平 均 402, , ,700 96, 目 標 ( 平 成 37 年 度 ) 飲 用 牛 乳 を 主 に 製 造 する 工 場 9 工 場 合 計 1 工 場 平 均 457, , , , ( 注 )1. 1 日 当 たり 生 乳 処 理 量 欄 は 年 間 生 乳 処 理 量 を365 日 で 除 した 数 値 2. 1 日 当 たり 生 乳 処 理 能 力 欄 は 飲 用 牛 乳 を 主 に 製 造 する 工 場 にあっては6 時 間 稼 働 した 場 合 に 処 理 できる 生 乳 処 理 量 (kg)の 合 計 (2) 具 体 的 措 置 本 県 の 乳 業 工 場 (1 日 当 たり 生 乳 処 理 量 2t 以 上 )は 平 成 13 年 度 までの 再 編 整 備 により 農 協 系 4 工 場 を 含 む9 工 場 となっている 乳 業 施 設 の 合 理 化 は 乳 業 の 経 営 体 質 の 強 化 はもとより 消 費 者 への 牛 乳 乳 製 品 の 安 定 供 給 につながることから 引 き 続 き 各 乳 業 者 を 中 心 に 地 域 の 生 乳 生 産 量 や 需 要 動 向 等 を 考 慮 しながら 乳 業 の 合 理 化 について 検 討 を 進 めていく また 全 工 場 におけるHACCP 導 入 を 強 力 に 推 進 し 牛 乳 乳 製 品 の 安 全 性 向 上 や 消 費 者 の 信 頼 確 保 乳 業 者 の 経 営 強 化 につなげていく 15

18 3 肉 用 牛 及 び 牛 肉 の 流 通 の 合 理 化 (1) 肉 用 牛 の 流 通 合 理 化 ア 家 畜 市 場 の 現 状 名 称 開 設 者 登 録 年 月 日 年 間 開 催 日 数 年 間 取 引 頭 数 ( 平 成 25 年 度 ) 肉 専 用 種 乳 用 種 等 肉 専 用 種 乳 用 種 等 子 牛 成 牛 初 生 牛 子 牛 成 牛 子 牛 成 牛 初 生 牛 子 牛 成 牛 ( 日 ) ( 日 ) ( 日 ) ( 日 ) ( 日 ) 頭 頭 頭 頭 頭 矢 板 家 畜 市 場 全 国 農 業 協 同 組 合 連 合 会 栃 木 県 本 部 H , 那 須 家 畜 市 場 栃 木 県 家 畜 商 商 業 協 同 組 合 H ,170 20,068 (11,378) 293 (165) 793 (30) 計 2ヶ 所 ,257 1,170 20,068 (11,378) 293 (165) 793 (30) ( 注 )1. 初 生 牛 とは 生 後 1~4 週 間 程 度 のもの 子 牛 とは 生 後 1 年 未 満 のもの( 初 生 牛 を 除 く) 成 牛 とは 生 後 1 年 以 上 のもの 2. 乳 用 種 等 については 交 雑 種 は 内 数 とし( ) 書 き イ 具 体 的 措 置 肉 用 牛 の 家 畜 市 場 として 黒 毛 和 種 の 子 牛 が 上 場 される 矢 板 家 畜 市 場 主 に 乳 用 種 の 初 生 雄 牛 が 上 場 される 那 須 家 畜 市 場 の2ヶ 所 が 設 置 されており 全 国 でも 有 数 の 優 良 肉 用 牛 供 給 拠 点 として 機 能 している 今 後 とも 県 内 外 に 優 良 な 肉 用 子 牛 が 安 定 供 給 できるよう 県 内 繁 殖 基 盤 の 維 持 強 化 を 進 め 規 格 の 揃 った 子 牛 が 上 場 されるよう 取 り 組 むとともに セリ 情 報 の 充 実 や 衛 生 対 策 の 徹 底 など 購 買 者 が 利 用 しやすい 市 場 を 目 指 していく 16

19 (2) 牛 肉 の 流 通 の 合 理 化 ア 食 肉 処 理 加 工 施 設 の 現 状 名 称 設 置 者 ( 開 設 ) 設 置 ( 開 設 ) 年 月 日 年 間 稼 働 日 数 と 畜 能 力 1 日 当 たり 1 うち 牛 2 と 畜 実 績 1 日 当 たり うち 牛 稼 働 率 2/1 % 部 分 肉 処 理 能 力 1 日 当 たり 3 うち 牛 部 分 肉 処 理 実 績 計 4 うち 牛 稼 働 率 4/3 % 日 頭 頭 頭 頭 % 頭 頭 頭 頭 % 宇 都 宮 市 食 肉 卸 売 市 場 栃 木 県 畜 産 公 社 S , , 両 毛 食 肉 セン ター 同 左 S 那 須 地 区 食 肉 セ ンター 那 須 地 区 広 域 行 政 組 合 S ( 独 ) 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 畜 産 草 地 研 究 所 同 左 S 宮 内 庁 御 料 牧 場 簡 易 と 畜 場 宮 内 庁 S 計 5ヶ 所 2, , ( 注 )1. 食 肉 処 理 施 設 とは 食 肉 の 処 理 加 工 を 行 う 施 設 であって と 畜 場 法 ( 昭 和 28 年 法 律 第 114 号 ) 第 4 条 第 1 項 の 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受 けたものをいう 2. 頭 数 は 豚 換 算 ( 牛 1 頭 = 豚 4 頭 )で 記 載 うち 牛 についても 同 じ イ 食 肉 処 理 加 工 施 設 の 再 編 整 備 目 標 宇 都 宮 市 食 肉 卸 売 市 場 ( 株 ) 両 毛 食 肉 センター 那 須 地 区 食 肉 センターの 県 内 3 食 肉 センターの 老 朽 化 等 を 踏 まえ 今 後 の 食 肉 流 通 の 合 理 化 を 図 るため 家 畜 の 出 荷 体 制 や 食 肉 センターの 再 編 整 備 を 支 援 していく なお 関 係 者 で 構 成 する 食 肉 センター 整 備 検 討 協 議 会 が 平 成 27 年 に 策 定 した 新 たな 食 肉 センタ ー 整 備 基 本 構 想 の 概 要 は 以 下 のとおりである 新 たな 食 肉 センター 整 備 基 本 構 想 の 概 要 基 本 方 針 食 肉 の 安 定 供 給 実 需 者 ニーズへの 対 応 県 産 食 肉 を 活 用 した フードバレーとちぎ の 実 現 環 境 等 との 調 和 整 備 運 営 主 体 ( 株 ) 栃 木 県 畜 産 公 社 業 務 内 容 家 畜 のと 畜 解 体 及 び 副 産 物 の 処 理 市 場 の 開 設 運 営 部 分 肉 処 理 等 処 理 の 規 模 ( 案 ) 17

20 と 畜 解 体 能 力 牛 65 頭 / 日 豚 2,000 頭 / 日 病 畜 と 畜 施 設 牛 で 換 算 した 場 合 5 頭 / 日 市 場 施 設 牛 16 頭 / 日 豚 142 頭 / 日 副 産 物 処 理 能 力 牛 65 頭 / 日 豚 2,000 頭 / 日 部 分 肉 処 理 能 力 牛 52 頭 / 日 豚 1,600 頭 / 日 建 設 候 補 地 芳 賀 郡 芳 賀 町 稲 毛 田 地 内 ( 畜 産 酪 農 研 究 センター 芳 賀 分 場 跡 地 のうち10ha 程 度 ) 施 設 の 基 本 的 な 考 え 方 各 施 設 は 外 部 と 遮 断 されるとともに 生 体 の 搬 入 製 品 の 搬 出 が 効 率 的 に 行 われ 各 搬 入 搬 出 の 動 線 が 交 差 しないレイアウトとする 最 新 の 食 肉 処 理 設 備 とHACCP 等 衛 生 管 理 手 法 の 導 入 食 肉 の 安 全 性 確 保 と 作 業 の 効 率 化 のためのワンウェイ ワンフロアシステムの 導 入 輸 出 に 対 応 可 能 な 高 い 衛 生 水 準 の 確 保 騒 音 悪 臭 煤 煙 防 止 対 策 の 徹 底 肉 畜 にストレスを 与 えない 追 い 込 み けい 留 構 造 の 採 用 基 本 施 設 けい 留 施 設 と 畜 解 体 施 設 副 産 物 処 理 施 設 部 分 肉 処 理 施 設 市 場 施 設 病 畜 と 畜 施 設 等 豚 のと 畜 方 法 は 皮 剥 ぎ 方 式 ダーティーゾーンとクリーンゾーンの 明 確 な 区 分 市 場 は 建 設 費 を 抑 えた 簡 易 な 方 式 病 畜 と 畜 施 設 は 別 棟 の 単 独 設 置 18

21 ウ 肉 用 牛 ( 肥 育 牛 )の 出 荷 先 区 分 現 在 ( 平 成 25 年 度 ) 目 標 ( 平 成 37 年 度 ) 出 荷 先 出 荷 先 区 域 名 出 荷 頭 数 1 食 肉 処 理 加 工 施 設 2 県 内 家 畜 市 場 その 他 県 外 2/1 出 荷 頭 数 1 食 肉 処 理 加 工 施 設 2 県 内 家 畜 市 場 その 他 県 外 2/1 県 全 域 肉 専 用 種 乳 用 種 交 雑 種 頭 頭 頭 頭 頭 % 頭 頭 頭 頭 頭 % 14,305 1, ,745 11% 18,000 3, ,900 17% 19,456 5, ,264 27% 15,000 5, ,400 37% 14,186 2, ,298 20% 13,000 3, ,400 28% 計 47,947 9, ,307 20% 46,000 12, ,700 27% エ 具 体 的 措 置 食 肉 の 流 通 については 産 地 処 理 を 推 進 して 流 通 コストの 低 減 を 図 り 県 内 消 費 者 へ 適 正 な 価 格 の 食 肉 を 安 定 的 に 供 給 することが 重 要 である このため 今 後 生 産 者 や 生 産 者 団 体 等 への 働 きかけ 県 内 で 生 産 された 肉 用 牛 が 県 内 処 理 施 設 へ 安 定 して 集 荷 されるよう 推 進 する また 県 内 食 肉 業 者 等 のニーズに 即 した 高 度 な 食 肉 処 理 がなされる 施 設 を 目 指 す 特 に 新 食 肉 センターの 運 営 予 定 者 である( 株 ) 栃 木 県 畜 産 公 社 は 平 成 27 年 度 にHACCPを 導 入 しているところであり 新 食 肉 センターにおいても 最 新 の 食 肉 処 理 設 備 の 導 入 とHACCP 等 衛 生 管 理 手 法 の 適 切 な 運 用 により 輸 出 に 対 応 できる 高 い 衛 生 水 準 を 確 保 する Ⅶ その 他 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 を 図 るために 必 要 な 事 項 1 担 い 手 の 育 成 と 労 働 負 担 の 軽 減 のための 措 置 (1) 担 い 手 の 育 成 畜 産 農 家 の 後 継 者 の 就 農 支 援 だけでなく 畜 産 外 からの 就 農 希 望 者 についても 本 県 畜 産 の 重 要 な 担 い 手 として 位 置 づけ 研 修 制 度 や 遊 休 施 設 の 紹 介 初 期 投 資 の 軽 減 支 援 など 就 農 しやすい 環 境 を 整 備 していく また 就 農 後 は 本 県 畜 産 の 中 心 的 な 担 い 手 へと 成 長 できるように 関 係 機 関 団 体 と 連 携 して 飼 養 管 理 技 術 飼 料 栽 培 技 術 畜 産 経 営 管 理 技 術 などのスキルアップを 支 援 していく (2) 労 働 負 担 の 軽 減 今 後 も 高 齢 化 や 規 模 拡 大 による 労 働 力 不 足 などが 懸 念 されるため 搾 乳 ロボット 哺 乳 ロボット 自 動 給 餌 機 等 の 導 入 による 省 力 化 や 酪 農 ヘルパー コントラクター TMRセンター 公 共 牧 場 19

22 等 支 援 組 織 を 活 用 した 作 業 の 外 部 化 などにより 労 働 負 担 が 軽 減 された 酪 農 肉 用 牛 経 営 を 推 進 す る 2 畜 産 クラスターの 推 進 方 針 (1) 畜 産 クラスターの 推 進 の 基 本 的 な 考 え 方 本 県 畜 産 は 農 業 産 出 額 の39.7%( 平 成 26 年 )を 占 めており 本 県 農 業 の 核 となっている 本 県 畜 産 の 更 なる 収 益 性 の 向 上 に 向 けて 地 域 の 課 題 解 決 のための 取 組 を 行 う 畜 産 クラスター 協 議 会 を 地 域 の 畜 産 関 係 者 が 一 体 となって 立 ち 上 げ 施 設 整 備 や 機 械 導 入 など 畜 産 クラスターの 関 連 事 業 を 有 効 に 活 用 していく (2) 地 域 や 畜 種 ごとに 重 点 を 置 く 取 組 内 容 等 本 県 の 畜 産 は 県 北 地 域 を 中 心 に 規 模 拡 大 が 進 んでおり 県 央 地 域 県 南 地 域 においては 中 小 規 模 経 営 ながら 地 域 の 主 要 な 産 業 として 展 開 されている そのため 地 域 の 実 情 に 応 じた 柔 軟 な 発 想 に 基 づく 取 組 を 支 援 していく 酪 農 では 酪 農 生 産 基 盤 の 維 持 拡 大 に 向 けた 牛 舎 整 備 や 後 継 牛 確 保 による 飼 養 規 模 拡 大 の 取 組 搾 乳 ロボットなどの 省 力 化 機 械 の 導 入 やコントラクター 活 用 による 労 働 力 軽 減 のための 取 組 等 を 推 進 していく 肉 用 牛 繁 殖 では 発 情 発 見 装 置 等 の 導 入 による 省 力 化 やCBSの 活 用 等 による 外 部 化 の 取 組 などを 進 め 高 齢 化 が 進 んでも 継 続 可 能 となる 経 営 を 確 立 していくとともに 受 精 卵 移 植 技 術 の 活 用 によ る 繁 殖 雌 牛 の 効 率 的 生 産 など 増 頭 に 向 けた 取 組 等 を 支 援 していく 肉 用 牛 肥 育 では 国 際 競 争 力 に 打 ち 勝 つため とちぎ 和 牛 のブランド 力 向 上 の 取 組 肥 育 期 間 短 縮 や 耕 畜 連 携 による 輸 入 飼 料 の 削 減 などの 生 産 コスト 低 減 の 取 組 等 を 支 援 していく また 水 田 農 業 が 盛 んな 本 県 の 特 徴 を 活 かし 水 田 を 活 用 した 飼 料 増 産 耕 畜 連 携 を 進 める (3) 畜 産 クラスターを 推 進 するための 方 策 地 域 における 課 題 解 決 に 向 け 県 市 町 関 係 団 体 関 係 企 業 農 家 等 がそれぞれの 役 割 を 明 確 にし 連 携 協 力 しながら 取 組 を 進 めていく また 畜 産 クラスターの 取 組 を 効 率 的 に 進 めるため 畜 産 クラスター 関 連 事 業 以 外 の 国 庫 事 業 や 県 単 事 業 の 活 用 なども 検 討 していく 20

23 3 その 他 必 要 な 事 項 本 県 農 政 の 基 本 指 針 であり 農 業 農 村 振 興 の 基 本 的 な 方 向 性 とその 実 現 に 向 けた 重 点 的 な 取 組 を 明 らかにした 栃 木 県 農 業 振 興 計 画 に 沿 って 取 組 を 進 めていく 栃 木 県 農 業 振 興 計 画 の 概 要 ア 目 指 すべき 将 来 像 稼 げる 農 業 が 展 開 され 棲 みよい 農 村 環 境 が 整 うことにより 子 供 たちが 夢 を 持 ち 人 を 惹 きつける 魅 力 ある 農 業 農 村 が 実 現 イ 数 値 目 標 項 目 現 状 ( 直 近 ) 目 標 ( 平 成 32 年 ) 農 業 の 稼 ぐ 力 681 億 円 1,100 億 円 ( 生 産 農 業 所 得 ) ( 平 成 26 年 ) 新 たな 活 力 1,420 人 /5 年 間 1,700 人 /5 年 間 ( 雇 用 就 農 含 む 新 規 就 農 者 数 ) ( 平 成 27 年 ) 地 域 の 持 続 力 43% 68% ( 担 い 手 への 農 地 集 積 率 ) ( 平 成 26 年 ) ウ 今 後 5 年 間 で 重 点 的 戦 略 的 に 進 める リーディング プロジェクト 1 明 日 の 農 業 を 拓 く 次 代 を 担 う 農 業 人 材 の 確 保 スマート 農 業 とちぎへの 挑 戦 2 栃 木 の 強 みを 伸 ばす 新 たな 園 芸 生 産 の 戦 略 的 拡 大 国 際 化 に 対 応 した 水 田 畜 産 経 営 の 確 立 農 産 物 のブランド 力 強 化 と 輸 出 促 進 3 農 業 農 村 の 価 値 を 高 める 農 村 資 源 を 活 かした 地 域 の 創 生 農 の 多 彩 な 効 用 の 発 揮 促 進 21

24 22

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組 別 記 様 式 第 1 号 計 画 期 間 平 成 年 度 ~ 平 成 3 年 度 福 井 県 酪 農 肉 用 牛 生 産 近 代 化 計 画 書 平 成 3 年 3 月 福 井 県 目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持

More information

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96>

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96> 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 25 年 度 当 初 版 ) 目 的 は 具 体 的 には 対 応 する 事 業 実 施 主 体 事 業 の 特 徴 又 は 窓 口 1 規 模 拡 大 を 共 同 利 用 牛 舎 一 般 予 算 図 る を 整 備 したい 強 い 農 業 づくり 交 付 金 公 社 農 協 都 道 府 県 協 業 法 人 経 営 の 開 始 に 伴 う 共

More information

2 繁 殖 基 盤 を 離 農 農 場 を 強 化 した 活 用 して 規 模 畜 産 クラスター 関 連 事 業 民 間 団 体 農 協 や 公 社 等 が 買 入 れ 又 は 借 入 (つづき) 拡 大 した した 離 農 跡 地 等 におて 畜 舎 畜 産 企 画 課 推 進 班 等 の 補

2 繁 殖 基 盤 を 離 農 農 場 を 強 化 した 活 用 して 規 模 畜 産 クラスター 関 連 事 業 民 間 団 体 農 協 や 公 社 等 が 買 入 れ 又 は 借 入 (つづき) 拡 大 した した 離 農 跡 地 等 におて 畜 舎 畜 産 企 画 課 推 進 班 等 の 補 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 27 年 度 版 6/9 時 点 ) 簡 単 検 索 キーワードと 記 載 ページ(あうえお 順 ) 稲 WCS(6p) 衛 生 (14p 15p) エコフィード(9p) 改 良 (5p) 加 工 販 売 施 設 (10p 11p) 家 畜 市 場 (9p) 簡 易 牛 舎 (2p) 環 境 (13p 14p) 機 械 導 入 ( 生 産 性

More information

1

1 秋 田 県 家 畜 改 良 増 殖 計 画 平 成 28 年 3 月 1 Ⅰ 乳 用 牛 1 改 良 目 標 酪 農 経 営 の 安 定 化 と 生 乳 の 安 定 供 給 を 図 るため 優 良 な 種 雄 牛 を 選 抜 するための 後 代 検 定 と 雌 牛 の 能 力 測 定 を 行 う 牛 群 検 定 を 柱 とし 遺 伝 的 多 様 性 を 確 保 するとともに 能 力 体 型 の 両

More information

2 酪 農 基 盤 を フ リ ー ス ト ー 強 化 したい ル 牛 舎 やミル 畜 産 クラスター 関 連 事 業 公 社 農 協 畜 産 クラスター 計 画 に 定 められ キ ン グ パ ー ラ 都 道 府 県 等 た 中 心 的 な 経 営 体 に 対 し 畜 舎 ーを 整 備 した の

2 酪 農 基 盤 を フ リ ー ス ト ー 強 化 したい ル 牛 舎 やミル 畜 産 クラスター 関 連 事 業 公 社 農 協 畜 産 クラスター 計 画 に 定 められ キ ン グ パ ー ラ 都 道 府 県 等 た 中 心 的 な 経 営 体 に 対 し 畜 舎 ーを 整 備 した の 酪 農 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 27 年 度 当 初 版 6/9 時 点 ) 簡 単 検 索 キーワードと 記 載 ページ(あいうえお 順 ) 稲 WCS(7p) 衛 生 (15p 16p) エコフィード(10p) 改 良 (5p) 加 工 販 売 施 設 (11p) 簡 易 牛 舎 (2p) 環 境 (14p 15p) 機 械 導 入 ( 生 産 性 向 上 )(4p) 機 械

More information

左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農 業 を 体 験 する 修 学 旅

左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農 業 を 体 験 する 修 学 旅 第 1 章 TPP 協 定 と 関 連 対 策 ~ 努 力 が 報 われる 農 林 水 産 業 の 実 現 に 向 けて~ - 41 - 左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農

More information

ニュースリリース

ニュースリリース ニュースリリース 畜 産 経 営 要 因 分 析 平 成 26 年 3 月 12 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 飼 料 高 騰 下 でも を 実 現 する 畜 産 経 営 生 産 性 向 上 やコスト 削 減 努 力 経 営 面 でも 工 夫 ~ 畜 産 経 営 の 要 因 分 析 調 査 結 果 ~ < 要 旨 > 我 が 国 の 畜 産 経 営 では 飼 料 費 が 経 営

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 4 ベストパフォーマンスを 発 揮 するための 7つの 疑 問 とその 解 決 すべき 課 題 について ~ 改 めて 確 認 してみよう 自 らの 繁 殖 飼 養 衛 生 管 理 ~ 1 なぜ 生 乳 生 産 量 が 減 少 しているのか? 2 なぜ 乳 用 牛 の 頭 数 が 減 少 しているのか? 3 なぜ 分 娩 事 故 や 子 牛 の 事 故 が 減 らないのか? 4 なぜ 乳 用

More information

ニュースリリース

ニュースリリース ニュースリリース 畜 産 経 営 要 因 分 析 平 成 2 6 年 3 月 19 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 飼 料 高 騰 下 でも を 実 現 する 畜 産 経 営 やコスト 削 減 努 力 経 営 面 でも 工 夫 ~ 畜 産 経 営 の 要 因 分 析 調 査 結 果 ~ < 要 旨 > 我 が 国 の 畜 産 経 営 では 飼 料 費 が 経 営 コストの4 割

More information

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会 策 定 年 度 策 定 地 域 平 成 21 年 度 琴 平 町 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 ビジョン 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 推 進 協 議 会 目 次 1. 地 域 水 田 農 業 の 改 革 の 基 本 的 な 方 向 について 1) 地 域 水 田 農 業 の 特 性 について 1 2) 作 物 振 興 及 び 水 田 利 用 の 将 来 方 向 1 1 地 域 の 水

More information

労 働 の 取 扱 い 等 の 改 正 を 行 った 平 成 10 年 には 農 業 における 労 働 実 態 をより 適 切 に 生 産 費 結 果 へ 反 映 させるため 家 族 労 働 評 価 について それまでの 男 女 別 評 価 から 男 女 同 一 評 価 ( 当 該 地 域 で 男

労 働 の 取 扱 い 等 の 改 正 を 行 った 平 成 10 年 には 農 業 における 労 働 実 態 をより 適 切 に 生 産 費 結 果 へ 反 映 させるため 家 族 労 働 評 価 について それまでの 男 女 別 評 価 から 男 女 同 一 評 価 ( 当 該 地 域 で 男 利 用 者 の た め に 1 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 畜 産 物 生 産 費 統 計 は 牛 乳 子 牛 乳 用 雄 育 成 牛 交 雑 種 育 成 牛 去 勢 若 齢 肥 育 牛 乳 用 雄 肥 育 牛 交 雑 種 肥 育 牛 ( 以 下 乳 用 雄 育 成 牛 及 び 交 雑 種 育 成 牛 を 育 成 牛 去 勢 若 齢 肥 育 牛 乳 用 雄 肥 育 牛 及 び 交

More information

Microsoft Word - 表紙

Microsoft Word - 表紙 平 成 28 年 度 畜 産 行 政 の 概 要 平 成 28 年 8 月 鳥 取 県 農 林 水 産 部 農 業 振 興 戦 略 監 畜 産 課 目 次 Ⅰ 鳥 取 県 の 畜 産 の 現 状 1 Ⅱ 平 成 28 年 度 畜 産 関 係 予 算 の 概 要 9 1 県 及 び 農 林 水 産 部 予 算 の 概 要 9 2 畜 産 関 係 予 算 の 総 括 9 3 平 成 28 年 度 畜 産

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2 JAいわき 市 の 地 域 農 業 への 支 援 対 応 その 2 福 島 県 JA 系 統 機 関 の 原 発 被 害 への 取 組 みレポート 2012.10.05 農 林 中 金 総 合 研 究 所 理 事 研 究 員 渡 部 喜 智 福 島 県 いわき 市 ( 以 下 同 市 )を 管 内 とするJAいわき 市 ( 以 下 同 JA )が 東 日 本 震 災 と 福 島 第 一 原 子 力

More information

都府県酪農緊急経営強化対策事業実施要綱(案)

都府県酪農緊急経営強化対策事業実施要綱(案) 別 添 1 酪 農 生 産 基 盤 強 化 事 業 第 1 事 業 実 施 主 体 この 事 業 の 事 業 実 施 主 体 は 平 成 28 年 度 畜 産 業 振 興 事 業 に 係 る 公 募 要 領 ( 平 成 28 年 1 月 15 日 付 け 27 農 畜 機 第 4499 号 )により 応 募 した 者 から 選 定 された 者 ( 以 下 公 募 団 体 という )とする 第 2 事

More information

別 記 第 1-2 号 様 式 番 号 年 月 日 〇 〇 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 事 業 実 施 主 体 (コンソーシアム 名 ) 代 表 者 氏 名 印 平 成 〇 年 度 次 世 代 施 設 園 芸 導 入 加 速 化 支 援 事 業 のうち 拠 点 整 備 事 業

別 記 第 1-2 号 様 式 番 号 年 月 日 〇 〇 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 事 業 実 施 主 体 (コンソーシアム 名 ) 代 表 者 氏 名 印 平 成 〇 年 度 次 世 代 施 設 園 芸 導 入 加 速 化 支 援 事 業 のうち 拠 点 整 備 事 業 別 記 第 1 号 様 式 番 号 年 月 日 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 市 町 村 長 氏 名 印 強 い 農 業 づくり 事 業 ( ) 画 承 認 申 請 書 強 い 農 業 づくり 事 業 補 助 金 交 付 事 務 取 扱 要 領 ( 平 成 17 年 7 月 15 日 付 け 支 援 第 432 号 北 海 道 農 政 部 長 通 知 ) 第 2に 基 づき 関

More information

平 成 25 年 度 乳 用 種 初 生 牛 の 経 営 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 26 年 2 月 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 はじめに この 報 告 書 は 公 益 社 団 法 人 中 央 畜 産 会 に 委 託 して 実 施 した 平 成 25 年 度 乳 用 種 初 生 牛 の 経 営 に 関 する 調 査 の 成 果 を 取 りまとめたものである

More information

<5461726F2D819A91E63389F1959489EF97708179915391CC94C5817A8DC5>

<5461726F2D819A91E63389F1959489EF97708179915391CC94C5817A8DC5> 資 料 9-2 鶏 の 改 良 増 殖 目 標 ( 案 ) 平 成 22 年 7 月 Ⅰ まえがき 食 料 は 人 間 の 生 命 の 維 持 に 欠 くことができないものであり かつ 健 康 で 充 実 した 生 活 の 基 礎 として 重 要 なものである 中 でも 鶏 肉 鶏 卵 はたんぱく 質 に 富 み 国 民 の 健 康 増 進 に 大 きく 貢 献 しており 将 来 にわたって 良 質

More information

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性 斐 川 町 地 域 農 業 再 生 協 議 会 水 田 フル 活 用 ビジョン 1 地 域 の 作 物 作 付 の 現 状 地 域 が 抱 える 課 題 当 地 域 は 全 耕 地 面 積 に 占 める 主 食 用 米 面 積 の 割 合 が 約 61%で 転 作 作 物 については 大 麦 大 豆 加 工 用 米 ハトムギ 飼 料 作 物 を 中 心 として 作 付 が 行 われている また 農

More information

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ 畜 産 経 営 の 法 人 化 - 合 同 会 社 という 新 たな 会 社 形 態 - 日 本 政 策 金 融 公 庫 農 林 水 産 事 業 本 部 情 報 戦 略 部 技 術 情 報 担 当 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法

More information

平成14年度

平成14年度 村 上 農 業 振 興 地 域 整 備 計 画 書 平 成 23 年 9 月 新 潟 県 村 上 市 目 第 1 農 用 地 利 用 計 画 1 1 土 地 利 用 区 分 の 方 向 1 (1) 土 地 利 用 の 方 向 1 ア. 土 地 利 用 の 構 想 1 イ. 農 用 地 区 域 の 設 定 方 針 2 (2) 農 業 上 の 土 地 利 用 の 方 向 5 ア. 農 用 地 等 利 用

More information

目 次 (1) 施 策 の 実 行 状 況 について 農 林 水 産 業 地 域 の 活 力 創 造 プラン に 基 づく 農 政 改 革 について 1 1 国 内 外 の 需 要 拡 大 ( 品 目 別 輸 出 団 体 輸 出 環 境 整 備 新 たな 国 内 市 場 の 開 拓 ) 2 2 バリ

目 次 (1) 施 策 の 実 行 状 況 について 農 林 水 産 業 地 域 の 活 力 創 造 プラン に 基 づく 農 政 改 革 について 1 1 国 内 外 の 需 要 拡 大 ( 品 目 別 輸 出 団 体 輸 出 環 境 整 備 新 たな 国 内 市 場 の 開 拓 ) 2 2 バリ 資 料 1 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 KPIの 進 捗 及 び 施 策 の 実 行 状 況 について 平 成 26 年 11 月 目 次 (1) 施 策 の 実 行 状 況 について 農 林 水 産 業 地 域 の 活 力 創 造 プラン に 基 づく 農 政 改 革 について 1 1 国 内 外 の 需 要 拡 大 ( 品 目 別 輸 出 団 体 輸 出 環 境 整 備 新 たな

More information

26補正リース実施要領一部改正

26補正リース実施要領一部改正 別 紙 様 式 第 1 号 年 月 日 一 般 社 団 法 人 全 日 本 畜 産 経 営 者 協 会 理 事 長 青 野 正 宣 殿 住 所 末 端 借 受 者 印 TEL E-mail(ある 場 合 ) 平 成 年 度 畜 産 収 益 力 強 化 緊 急 支 援 事 業 参 加 申 請 書 畜 産 収 益 力 強 化 緊 急 支 援 事 業 を 下 記 のとおり 実 施 したいので 独 立 行

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

国営農地開発事業の概要

国営農地開発事業の概要 Ⅲ 大 邑 地 区 の 概 要 1 地 区 の 概 要 本 地 区 は 島 根 県 のほぼ 中 央 部 に 位 置 する 大 田 市 及 び 邑 智 郡 美 郷 町 にあり 東 には 標 高 1,126m の 三 瓶 山 西 に 808m の 大 江 高 山 があって これを 主 峰 とする 連 山 に 囲 まれていることから 平 担 地 に 乏 しく 全 体 の 80%が 山 林 原 野 で 耕

More information

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B>

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B> 農 業 者 用 中 山 間 地 域 等 直 接 支 払 交 付 金 集 落 協 定 書 等 の 書 き 方 記 入 マニュアル 平 成 25 年 5 月 16 日 < 集 落 協 定 を 申 請 する 場 合 > 参 考 様 式 第 6 号 共 通 の 申 請 書 ( 記 入 例 ) 番 号 年 月 日 市 町 村 長 殿 集 落 協 定 代 表 者 氏 名 印 中 山 間 地 域 等 直 接 支

More information

家畜衛生ニュース-中央

家畜衛生ニュース-中央 中 央 家 畜 衛 生 通 信 第 65 号 平 成 25 年 8 月 発 行 岩 手 県 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 岩 手 県 中 央 家 畜 衛 生 協 議 会 目 次 家 畜 を 残 暑 から 守 りましょう 岩 手 県 牛 ヨーネ 病 防 疫 対 策 要 領 の 改 正 について 農 場 HACCP 興 味 のある 方 は 当 所 まで!! めん 羊 の 慢 性 銅 中 毒 1 3

More information

Microsoft PowerPoint - 【統計部】270901名古屋大学講義資料「農林統計でみる我が国の農業構造」(ファイルサイズ縮小版) [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 【統計部】270901名古屋大学講義資料「農林統計でみる我が国の農業構造」(ファイルサイズ縮小版) [互換モード] 名 古 屋 大 学 特 別 講 義 農 林 統 計 でみる 我 が 国 の 農 業 構 造 東 海 農 政 局 統 計 部 長 秋 山 研 一 平 成 27 年 9 月 1 日 Ⅰ 統 計 調 査 の 種 類 実 施 体 系 Ⅱ 農 林 水 産 統 計 の 役 割 Ⅲ 2015 年 農 林 業 センサスの 役 割 見 直 し 等 Ⅳ 農 業 センサスでみる 農 業 構 造 等 Ⅴ 東 海 3 県 の

More information

東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復

東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 5,918(2,868) 災 害 復 旧 事 業 6,611(2,605) 災 害 廃 棄 物 の 処 理 1,266(3,442) 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 平 成 25 年 度 予 算 ( 政 府 予 算 案 )のポイント 福 島 復 資 料 2 平 成 25 年 2 月 17 日 復 興 庁 福 島 の 復 興 再 生 に 向 けた 主 な 予 算 について ( 平 成 24 年 度 補 正 予 算 平 成 25 年 度 予 算 案 ) 復 興 庁 が 司 令 塔 となって 原 子 力 災 害 からの 福 島 の 復 興 及 び 再 生 を 加 速 的 に 推 進 する さらに 福 島 の 深 刻 な 諸 問 題 に 対 応 できるよう

More information

Taro-H21.05(改正).jtd

Taro-H21.05(改正).jtd 5. 養 豚 農 家 濃 密 指 導 による 経 営 改 善 事 例 豊 後 大 野 家 畜 保 健 衛 生 所 丸 山 信 明 芦 刈 美 穂 里 秀 樹 廣 瀬 英 明 1. 農 家 の 概 要 平 成 7 年 度 に 県 の 指 導 により 農 場 から 食 卓 へ をキャッチフレ-ス に 有 名 な 料 理 研 究 家 を 招 いて 養 豚 生 産 者 3 戸 が 共 同 でハム 加 工 販

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

Taro-H26-10○ 村山(P2点)

Taro-H26-10○ 村山(P2点) 母 豚 のボディコンディションの 適 正 化 による 生 産 性 向 上 への 取 り 組 み 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 村 山 修 吾 権 田 寛 子 堀 江 香 会 丸 山 幹 夫 石 田 秀 史 はじめに これまで 家 畜 保 健 衛 生 所 が 行 う 生 産 性 向 上 対 策 は 疾 病 コントロールが 主 体 であったが そも そも 繁 殖 成 績 が 悪 く 生 産 頭 数

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63> 鷹 栖 町 農 業 ビジョン 平 成 28 年 度 ~ 平 成 29 年 度 ( 第 1 期 ) 平 成 28 年 3 月 北 海 道 鷹 栖 町 目 次 第 1 章 ビジョンの 策 定 にあたって 1 ビジョン 策 定 の 目 的 1 2 ビジョンの 性 格 1 3 ビジョンの 計 画 期 間 2 4 鷹 栖 町 未 来 づくり 構 想 ( 一 部 抜 粋 ) 3 第 2 章 鷹 栖 町 の 現

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

Microsoft Word - P01-12.doc

Microsoft Word - P01-12.doc 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 種 雄 馬 管 理 規 程 設 定 昭 和 50 年 7 月 1 日 改 正 昭 和 54 年 9 月 26 日 改 正 昭 和 60 年 6 月 7 日 改 正 平 成 5 年 4 月 1 日 改 正 平 成 14 年 3 月 18 日 改 正 平 成 17 年 11 月 1 日 改 正 平 成 19 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8

More information

Microsoft Word - 発表要旨(宮城)2013.10.1.doc

Microsoft Word - 発表要旨(宮城)2013.10.1.doc 家 族 と 経 営 改 善 宮 城 県 刈 田 郡 七 ヶ 宿 町 : 櫻 井 章 子 1. 経 営 の 経 過 昭 和 24 年 祖 父 ( 初 代 )が 酪 農 を 始 める 50 年 祖 父 と 父 が 牛 舎 を 建 築 して 飼 養 頭 数 を 10 頭 に 増 やす 52 年 父 (2 代 目 )が 就 農 してデントコーンの 作 付 けを 始 める 57 年 自 給 飼 料 の 通 年

More information

農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 の 構 成 員 区 分 職 名 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 本 部 長 代 理 農 林 水 産 副 大 臣 農 林 水 産 副 大 臣 副 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 本 部

農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 の 構 成 員 区 分 職 名 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 本 部 長 代 理 農 林 水 産 副 大 臣 農 林 水 産 副 大 臣 副 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 本 部 平 成 28 年 5 月 18 日 10 時 15 分 ~ 第 一 特 別 会 議 室 平 成 28 年 熊 本 地 震 復 興 推 進 本 部 第 7 回 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 議 事 次 第 1 開 会 2 本 部 長 御 発 言 ( 大 臣 ) 3 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 被 災 農 林 漁

More information

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改 平 成 2 9 年 度 ( 学 生 募 集 要 項 ) 畜 産 経 営 学 科 畑 作 園 芸 経 営 学 科 農 業 経 営 研 究 科 稲 作 経 営 専 攻 コ ー ス 本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

Microsoft Word - 2007.04村田.doc

Microsoft Word - 2007.04村田.doc 豊 浦 獣 医 科 クリニック 村 田 知 下 痢 症 対 策 まずは 環 境 対 策 から はじめに なぜ 動 物 は 下 痢 をするのでしょ 表 1: 下 痢 の 発 生 機 序 うか 実 はこの 下 痢 という 現 象 は ウイルス 感 染 による 発 熱 と 同 じよ うな もともとは 体 を 守 るための 生 体 防 御 反 応 の1つです 通 常 ヒトでは 1 日 に 約 9l の 水

More information

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17 資 料 2 北 海 道 における 農 業 農 村 整 備 の 概 況 等 について 平 成 27 年 11 月 13 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域

More information

第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 施 策 体 系 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 名 地 域 の 魅 力 1 次 産 品 の 高 を 生 かした 産 付 加 価 値 化 業 の 強 化 1 次 産

第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 施 策 体 系 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 名 地 域 の 魅 力 1 次 産 品 の 高 を 生 かした 産 付 加 価 値 化 業 の 強 化 1 次 産 第 2 次 北 見 市 産 業 振 興 ビジョン 取 組 状 況 ( 平 成 26 年 7 月 現 在 ) 基 本 方 針 基 本 的 施 策 展 開 施 策 個 別 施 策 事 業 数 地 域 の 魅 力 を 生 かした 産 業 の 強 化 4 9 4 32 72,644 地 域 の 未 来 を 切 り 拓 く 新 産 業 の 創 出 3 6 14 14 39,58 地 域 を 支 える 強 い

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

Taro-H27果振計画3.30

Taro-H27果振計画3.30 計 画 期 間 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 栃 木 県 果 樹 農 業 振 興 計 画 平 成 28 年 3 月 栃 木 県 目 次 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 本 県 果 樹 農 業 の 現 状 と 課 題 2 (1) 果 樹 経 営 (2) 果 実 の 生 産 販 売 (3) 担 い 手 (4) 加 工 (5) 輸 出 の 取 組 3 果 樹 農 業 の 振 興

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63> 付 属 入 出 金 取 引 の 一 覧 表 (Version Version4.1 以 降 ) 第 1 章 出 金 取 引 の 一 覧 表 税 に 記 載 されているものは 消 費 税 の 課 税 情 報 です 課 課 税 仕 入 不 不 課 税 仕 入 非 非 課 税 仕 入 [ 資 金 移 動 ]--- 取 引 内 容 区 分 借 方 勘 定 科 目 税 青 色 決 算 科 目 預 金 の 場

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc 環 境 負 荷 低 減 をめざした 水 稲 栽 培 技 術 の 体 系 化 と GIS を 利 用 した 負 荷 予 測 モデルによる 検 証 - 先 端 技 術 を 活 用 した 農 林 水 産 研 究 高 度 化 事 業 の 研 究 成 果 報 告 - 滋 賀 県 農 業 技 術 振 興 センター( 研 究 総 括 者 ) 柴 原 藤 善. 研 究 の 概 要 近 畿 地 域 では 4 万 人

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

<8E8E8CB18CA48B868B408AD688EA97972E786477>

<8E8E8CB18CA48B868B408AD688EA97972E786477> Ⅰ 試 験 研 究 機 関 の 沿 革 明 治 大 正 昭 和 明 治 33.5 昭 和 11.8 昭 和 31.7 昭 和 37.3 農 事 試 験 場 ( 安 倍 郡 豊 田 村 曲 金 ) ( 静 岡 市 北 安 東 ) 農 業 試 験 場 改 築 昭 和 33.4 三 方 原 田 畑 転 換 試 験 地 ( 浜 松 市 東 三 方 町 ) 昭 和 40.4 西 遠 農 業 昭 和 11.3

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

イラスト(p1-2)

イラスト(p1-2) 1 自 給 飼 料 の 増 産 自 給 飼 料 生 産 で 飼 料 費 カット! 飼 料 生 産 面 積 を 拡 大! 購 入 乾 草 給 与 自 給 飼 料 給 与 飼 料 作 物 の 生 産 費 67 23 13 7 0 50 24 円 減! 資 材 費 労 賃 減 価 償 却 費 購 入 乾 草 費 乾 物 1kg 当 たりの 生 産 コストは 自 給 飼 料 輸 入 乾 草 43 円 < 67

More information

90 1979 1999 1981 1999 1990 1990 1987 197382 198186 80 70 60 50 40 30 20 10 0 160,000 1.40 140,000 1.20 120,000 1.00 100,000 0.80 80,000 0.60 60,000 0.40 40,000 0.20 20,000 0 0.00 1970 1980 1990 2000

More information

7 送 風 機 と 細 霧 装 置 の 併 用 送 風 と 噴 霧 とを 組 み 合 わせると より 効 果 的 4 畜 舎 環 境 をチェックしましょう! 畜 舎 内 に 温 度 計 や 湿 度 計 などを 設 置 したり 可 能 であれば 風 力 を 測 定 するなどして 畜 舎 環 境 の 実

7 送 風 機 と 細 霧 装 置 の 併 用 送 風 と 噴 霧 とを 組 み 合 わせると より 効 果 的 4 畜 舎 環 境 をチェックしましょう! 畜 舎 内 に 温 度 計 や 湿 度 計 などを 設 置 したり 可 能 であれば 風 力 を 測 定 するなどして 畜 舎 環 境 の 実 目 次 家 畜 の 生 産 性 を 落 とさないための 暑 熱 対 策 1 気 象 災 害 に 備 える 未 然 防 止 対 策 資 料 の 作 成 について 3 飼 養 衛 生 管 理 基 準 の 遵 守 について 6 平 成 26 年 度 畜 産 経 営 相 談 ( 畜 産 コンサルタント) 受 付 中 7 矢 板 家 畜 市 場 市 況 の 推 移 8 家 畜 の 生 産 性 を 落 とさないための

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

目 次 1 位 置 気 象 1 2 沿 革 1 ~ 2 3 組 織 体 制 ( 1 ) 組 織 の 概 要 3 ( 2 ) 職 員 数 3 ( 3 ) 業 務 分 担 4 ~ 5 4 事 業 概 要 ( 1 ) 当 初 予 算 6 ( 2 ) 用 地 面 積 6 ( 3 ) 主 要 施 設 7 (

目 次 1 位 置 気 象 1 2 沿 革 1 ~ 2 3 組 織 体 制 ( 1 ) 組 織 の 概 要 3 ( 2 ) 職 員 数 3 ( 3 ) 業 務 分 担 4 ~ 5 4 事 業 概 要 ( 1 ) 当 初 予 算 6 ( 2 ) 用 地 面 積 6 ( 3 ) 主 要 施 設 7 ( 平 成 2 7 年 度 秋 田 県 畜 産 試 験 場 業 務 概 要 ( 平 成 2 7 年 4 月 ) 0 1 0-1 7 0 1 秋 田 県 大 仙 市 神 宮 寺 字 海 草 沼 谷 地 1 3-3 TEL 総 務 企 画 室 (0187) 72-2511 FAX 総 務 企 画 室 (0187) 72-4371 飼 料 家 畜 研 究 部 (0187) 72-3814 研 究 部 (0187)

More information

木 質 バイオマスエネルギー 利 用 促 進 協 議 会 利 用 部 会 資 料 資 料 平 成 22 年 8 月 31 日 ( 火 ) 14:00~16:00 工 業 技 術 センター 2F 第 1 研 修 室 Ⅰ, 燃 焼 灰 の 処 理 利 用 についての 概 要 Ⅱ, 事 業 活 動 から

木 質 バイオマスエネルギー 利 用 促 進 協 議 会 利 用 部 会 資 料 資 料 平 成 22 年 8 月 31 日 ( 火 ) 14:00~16:00 工 業 技 術 センター 2F 第 1 研 修 室 Ⅰ, 燃 焼 灰 の 処 理 利 用 についての 概 要 Ⅱ, 事 業 活 動 から 高 知 県 木 質 バイオマスエネルギー 利 用 促 進 協 議 会 第 2 回 利 用 部 会 日 時 : 平 成 22 年 8 月 31 日 ( 火 )14:00~16:00 場 所 : 工 業 技 術 センター 2 階 第 1 研 修 室 会 次 第 1 開 会 2 出 席 者 紹 介 3 協 議 (1) 事 業 活 動 から 排 出 される 燃 焼 灰 の 法 的 な 規 制 について (

More information

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358>

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358> 養 豚 管 理 における 暑 熱 ストレスの 影 響 と 効 果 的 対 策 の 検 討 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 大 城 守 池 宮 城 一 文 津 波 修 比 嘉 喜 政 ほか 高 温 多 湿 な 気 候 条 件 は 家 畜 の 生 産 性 に 大 きな 影 響 を 及 ぼすことが 知 られており 暑 熱 対 策 は 重 要 な 管 理 の 一 つと 考 えられている しかし 2008

More information

○○地域農業再生協議会水田フル活用ビジョン

○○地域農業再生協議会水田フル活用ビジョン 河 北 町 農 業 再 生 協 議 会 水 田 フル 活 用 ビジョン 1 地 域 の 作 物 作 付 の 現 状 地 域 が 抱 える 課 題 本 町 の 農 業 は 風 水 害 の 自 然 災 害 が 比 較 的 少 なく 肥 沃 で 恵 まれた 土 地 条 件 のもと 水 稲 を 基 幹 作 物 とし さくらんぼなどの 果 樹 野 菜 花 き 等 の 園 芸 作 物 を 組 み 合 わせた 複

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監 日 本 中 央 競 馬 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 注 ) 年 度 は1 月 1 日 ~12 月 31 日 のJRA 事 業 年 度 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 報 酬 については 勝 馬 投 票 券

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00 熊 本 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 H24 年 度 731,815 277,665,883 2,881,104 47,758,592

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

指 標 担 い 手 数 ( 認 定 農 業 者 数 + 集 落 営 農 組 織 数 ) 経 営 体 基 準 値 H 4 (H9) H4 H5 H,,5 農 水 産 業 の 担 い 手 育 や 生 産 性 の 向 上 を 図 ります 新 廃 担 い 手 育 事 業 事 業 名 事 業 所 管 課 農

指 標 担 い 手 数 ( 認 定 農 業 者 数 + 集 落 営 農 組 織 数 ) 経 営 体 基 準 値 H 4 (H9) H4 H5 H,,5 農 水 産 業 の 担 い 手 育 や 生 産 性 の 向 上 を 図 ります 新 廃 担 い 手 育 事 業 事 業 名 事 業 所 管 課 農 第 6 次 総 合 計 実 施 計 施 策 シト(~) ( 様 式 ) 政 策 名 第 7 章 地 域 の 活 力 をつくりだす 産 業 経 済 の 振 興 施 策 名 第 節 農 水 産 業 の 振 興 施 策 の 目 標 良 質 な 農 水 産 物 の 提 供 と 農 水 産 業 の 持 続 的 発 展 を 図 る 事 業 費 ( : 千 円 ) 事 業 数 細 事 業 数 予 算 額 合 計

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

(4) 食 鳥 流 通 統 計 調 査 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 平 成 2 年 法 律 第 70 号 )に 基 づ き 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受 けて 設 置 された 食 鳥 処 理 場 のうち 肉 用 若 鶏 廃

(4) 食 鳥 流 通 統 計 調 査 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 平 成 2 年 法 律 第 70 号 )に 基 づ き 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受 けて 設 置 された 食 鳥 処 理 場 のうち 肉 用 若 鶏 廃 利 用 者 の た め に 1 調 査 の 目 的 畜 産 物 流 通 調 査 は 畜 産 物 の 取 引 数 量 価 格 等 を 把 握 し 畜 産 物 に 関 する 生 産 出 荷 の 調 整 価 格 安 定 等 各 種 施 策 の 資 料 を 提 供 することを 目 的 とする 2 調 査 の 根 拠 と 畜 場 統 計 調 査 鶏 卵 流 通 統 計 調 査 及 び 食 鳥 流 通 統 計

More information

Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサスの 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 1 調 査 の 目 的 本 統 計 は 農 林 業 に 関 する 基 礎 データを 作 成 し 食 料 農 業 農 村 基 本 計 画 及 び 森 林 林 業 基 本 計 画 に 基 づく 諸 施 策 並 びに

Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサスの 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 1 調 査 の 目 的 本 統 計 は 農 林 業 に 関 する 基 礎 データを 作 成 し 食 料 農 業 農 村 基 本 計 画 及 び 森 林 林 業 基 本 計 画 に 基 づく 諸 施 策 並 びに Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサス の 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 2010 年 世 界 農 林 業 センサスマスコットキャラクター Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサスの 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 1 調 査 の 目 的 本 統 計 は 農 林 業 に 関 する 基 礎 データを 作 成 し 食 料 農 業 農 村 基 本 計 画 及 び 森 林 林

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 66 (2) 68 (3) 69 (1) 70 (2) 74 (3) 76 (1) 77 (2) 79 (3) 80 (1) 81 (2) 82 (3)

More information

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 等 に 係 る 被 害 の 防 止 のための 施 策 を 実 施 するための 基 本 的 な 指 針 最 終 改 正 平 成 20 年 2 月 21 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 254 号 平 成 27 年 5 月 29 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 1396 号 ( 平 成 27 年 5 月 29 日 施 行 ) 一 被 害 防 止

More information

4農業

4農業 1 群 馬 県 農 業 農 村 の 基 本 政 策 に ついて 群 馬 県 農 業 農 村 振 興 計 画 の 概 要 等 について 説 明 しま 60 農 政 課 企 画 調 整 係 電 話 027-226-3017 fax 027-223-3648 nouseika@ref.gunm 2 農 地 法 制 度 について 農 地 の 権 利 移 動 転 用 許 可 制 度 について 説 明 しま 60

More information

平成19年度水稲・園芸作物振興計画

平成19年度水稲・園芸作物振興計画 平 成 28 年 度 水 稲 園 芸 作 物 振 興 計 画 島 根 おおち 地 区 本 部 1. 水 稲 の 生 産 振 興 平 成 27 年 における 全 国 の 水 稲 作 付 け 面 積 は 140 万 6 千 ha で 飼 料 米 等 の 新 規 需 要 米 が 増 えた ことが 影 響 し 前 年 産 に 比 べ 6 万 8 千 ha の 減 少 となっています 米 の 全 国 作 況

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032302D312D3730874581408140816B8E9197BF816C91E63689F189C6927B897190B688CF88F589EF89EF8B638A549776288DC58F4994C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032302D312D3730874581408140816B8E9197BF816C91E63689F189C6927B897190B688CF88F589EF89EF8B638A549776288DC58F4994C5816A> 第 6 回 家 畜 衛 生 委 員 会 の 会 議 概 要 ( 畜 産 家 畜 衛 生 部 会 常 設 委 員 会 ) Ⅰ 日 時 平 成 20 年 3 月 3 日 ( 月 ) 13:30~17:00 Ⅱ 場 所 日 本 獣 医 師 会 会 議 室 Ⅲ 出 席 者 委 員 委 員 長 戸 谷 孝 治 日 本 獣 医 師 会 理 事 副 委 員 長 丸 山 崇 全 国 家 畜 衛 生 職 員 会 顧

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

ビッグプロジェクト 直 轄 除 染 中 間 貯 蔵 施 設 整 備 / 環 境 省 双 葉 町 2 地 区 除 染 は27 年 度 完 了 中 間 貯 蔵 27 年 度 は 施 設 本 体 用 地 取 得 等 27 年 度 政 府 予 算 案 における 除 染 事 業 費 は4153 億 円 汚 染

ビッグプロジェクト 直 轄 除 染 中 間 貯 蔵 施 設 整 備 / 環 境 省 双 葉 町 2 地 区 除 染 は27 年 度 完 了 中 間 貯 蔵 27 年 度 は 施 設 本 体 用 地 取 得 等 27 年 度 政 府 予 算 案 における 除 染 事 業 費 は4153 億 円 汚 染 ビッグプロジェクト イノベーション コースト 構 想 / 国 県 等 共 同 研 究 施 設 と 一 体 化 した 無 人 航 空 陸 上 ロボットのテストフィールド 施 設 案 ロボット 実 証 拠 点 の 整 備 案 示 す 共 同 研 究 施 設 地 下 1 階 地 上 3 階 1 万 m2 想 定 イノベーション コースト 構 想 に 関 して 政 府 が 設 置 した1ロボット 研 究 実

More information

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378>

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378> 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 岐 阜 市 の 給 与 定 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 08,307 1,9,10 9,07,66 7,1,77 18.8 18.7 ( 注 ) 人

More information

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に

被 災 企 業 等 への 支 援 策 の 充 実 について 被 災 企 業 の 支 援 策 について 復 興 計 画 の 遅 れや 人 件 費 資 材 不 足 等 の 現 状 に 配 慮 し グループ 補 助 金 制 度 の 継 続 や 運 用 の 改 善 等 を 国 に 強 く 求 めると 共 に 被 災 したJR 各 線 の 復 旧 について 被 災 したJR 山 田 線 大 船 渡 線 の 復 旧 については あくまでも 鉄 路 での 復 旧 が 果 たされるよう 関 係 自 治 体 と 共 に 国 やJR 東 日 本 に 対 して 強 く 働 き 掛 けること 復 興 計 画 が 完 了 するまでの 復 興 予 算 の 確 保 について 被 災 自 治 体 が 安 心 して 復 興 に

More information

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 6 月 稲 沢 市 民 病 院 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

初 産 乳 牛 移 行 期 の 飼 養 管 理 表 題 未 定 示 した. TMR 原 料 をミキサーで 混 合 した 後, 細 断 型 ロー ルベーラーにより 成 型 梱 包 後 にラッピングを 行 い,3 週 間 以 上 静 置 したものを 発 酵 TMR として 給 与 した.また, 搾 乳

初 産 乳 牛 移 行 期 の 飼 養 管 理 表 題 未 定 示 した. TMR 原 料 をミキサーで 混 合 した 後, 細 断 型 ロー ルベーラーにより 成 型 梱 包 後 にラッピングを 行 い,3 週 間 以 上 静 置 したものを 発 酵 TMR として 給 与 した.また, 搾 乳 秋 田 畜 試 研 報 Bull.Akit Pref.Livest,Exp.Stn.28. 6~12 2014 初 産 乳 牛 の 移 行 期 に 適 した 飼 料 の 段 階 的 増 給 法 及 び 繋 留 条 件 の 検 討 ( 第 2 報 ) 緒 言 材 料 および 方 法 初 産 乳 牛 移 行 期 の 飼 養 管 理 表 題 未 定 示 した. TMR 原 料 をミキサーで 混 合 した

More information

平成21年度 事業計画書(案)

平成21年度 事業計画書(案) 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 自 至 平 成 25 年 7 月 1 日 平 成 26 年 6 月 30 日 財 団 法 人 日 本 きのこセンター 平 成 25 年 度 事 業 計 画 事 業 方 針 昨 年 末 の 衆 議 院 総 選 挙 で 与 党 復 帰 を 果 たした 自 民 公 明 政 権 がデフレからの 脱 却 と 経 済 再 生 を 最 優 先 課 題 として 取 り 組

More information

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 鳥 獣 被 害 の 現 状 と 対 策 平 成 2 8 年 3 月 目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 隊 8 6 鳥 獣 被 害 防 止

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83858341838B955C8E865F915391CC96DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83858341838B955C8E865F915391CC96DA8E9F2E646F63> 平 成 17 年 度 事 業 効 果 評 価 分 析 手 法 調 査 委 託 事 業 費 用 対 効 果 分 析 手 法 マニュアル 平 成 18 年 3 月 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 財 団 法 人 農 林 水 産 奨 励 会 農 林 水 産 情 報 センター 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 目 次 理 論 編 序 本 マニュアルの 基 本 的 な 考 え

More information

< F2D D312D AC28BAB95DB9153>

< F2D D312D AC28BAB95DB9153> Ⅵ 環 境 保 全 型 農 業 と 土 壌 管 理 1 有 機 質 肥 料 の 利 用 技 術 (1) 水 田 での 利 用 技 術 ア 有 機 質 肥 料 の 種 類 と 特 性 (ア) 有 機 質 肥 料 の 施 用 効 果 有 機 質 肥 料 は 肥 料 取 締 法 では 植 物 油 かす 類 魚 肥 類 骨 粉 類 肉 かす 粉 末 等 の 動 植 物 質 の 普 通 肥 料 をいう 土 壌

More information

1 畜 産 経 営 における 飼 料 と 飼 料 自 給 率 (1) 畜 種 別 の 経 営 と 飼 料 我 が 国 の 畜 産 における 飼 料 供 給 は 主 に 国 産 でまかなわれている 粗 飼 料 が22% 輸 入 に 依 存 している 濃 厚 飼 料 が78%の 割 合 (TDNトンベー

1 畜 産 経 営 における 飼 料 と 飼 料 自 給 率 (1) 畜 種 別 の 経 営 と 飼 料 我 が 国 の 畜 産 における 飼 料 供 給 は 主 に 国 産 でまかなわれている 粗 飼 料 が22% 輸 入 に 依 存 している 濃 厚 飼 料 が78%の 割 合 (TDNトンベー 資 料 3 本 格 的 議 論 のための 飼 料 の 課 題 1 畜 産 経 営 における 飼 料 と 飼 料 自 給 率 1 (1) 畜 種 別 の 経 営 と 飼 料 (2) 飼 料 自 給 率 の 現 状 と 目 標 (3) 飼 料 自 給 率 の 向 上 の 意 義 2 穀 物 の 輸 入 と 配 合 飼 料 価 格 の 動 向 5 (1) 近 年 の 飼 料 穀 物 の 輸 入 状 況 (2)

More information

主 な 施 策 (1) 日 向 地 域 のブランドの 確 立 に 努 めます 日 向 市 特 産 へべす など 地 域 の 特 性 に 応 じ た 農 畜 産 物 の 安 定 的 な 生 産 や 加 工 品 の 開 発 によ り 付 加 価 値 の 高 い 日 向 入 郷 地 域 のブランド 確 立

主 な 施 策 (1) 日 向 地 域 のブランドの 確 立 に 努 めます 日 向 市 特 産 へべす など 地 域 の 特 性 に 応 じ た 農 畜 産 物 の 安 定 的 な 生 産 や 加 工 品 の 開 発 によ り 付 加 価 値 の 高 い 日 向 入 郷 地 域 のブランド 確 立 第 4 章 施 策 の 展 開 Ⅰ 農 業 の 振 興 安 全 な 食 を 生 み 出 す 豊 かな 農 業 の 振 興 1. 地 域 の 特 性 を 生 かしたブランド 化 の 推 進 農 産 物 のブランド 化 については 県 による 特 長 ある 商 品 づくり 信 頼 される 産 地 づくり 安 定 的 な 取 引 づくり を 目 指 しており 日 向 入 郷 地 域 においては 合 計 7

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

Taro-8671.jtd

Taro-8671.jtd 平 成 21 年 3 23 日 報 8671 章 平 成 21 年 3 23 日 8671 目 ページ 財 部 正 計 課 2 告 示 監 視 伝 染 病 検 査 命 令 畜 産 課 3 4 家 畜 注 射 実 施 4 公 告 河 川 整 備 計 画 変 更 原 案 河 川 課 5 河 川 整 備 計 画 変 更 係 縦 覧 7 1 2 財 部 正 公 布 平 成 年 日 知 大 澤 正 明 財 部

More information

畜 産 技 術 話 畜 産 技 術 話 畜 産 技 術 話 contents 牛 乳 生 産 4 牛 肉 生 産 6 豚 肉 生 産 8 鶏 卵 生 産 10 鶏 肉 生 産 11 能 力 優 家 畜 選 12 能 力 優 雄 雌 多 子 生 産 14 能 力 優 家 畜 増 ( 技 術 ) 受 精 卵 体 細 胞 16 家 畜 雄 雌 産 分 18 雌 雄 見 分 19 個 体 識 別 () 親

More information

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について 平 成 27 年 度 事 業 報 告 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 1 当 法 人 の 現 況 に 関 する 事 項 (1) 事 業 の 経 過 及 びその 経 過 事 業 別 予 算 額 決 算 額 達 成 率 公 衆 衛 生 推 進 事 業 21,310,809 21,340,463 % 100.1 学 術 普 及 向 上 事 業 5,194,599

More information

Ⅴ 導 入 プロセス 1 導 入 手 順 肉 牛 を 開 始 するとしたら( 初 期 投 資 運 転 資 金 かかる) 導 入 頭 数 別 の 経 営 収 支 初 年 目 2 年 3 年 4 年 5 年 6 年 7 年 8 年 10 頭 導 入 繁 殖 牛 頭 10 10 10 10 10 10 1

Ⅴ 導 入 プロセス 1 導 入 手 順 肉 牛 を 開 始 するとしたら( 初 期 投 資 運 転 資 金 かかる) 導 入 頭 数 別 の 経 営 収 支 初 年 目 2 年 3 年 4 年 5 年 6 年 7 年 8 年 10 頭 導 入 繁 殖 牛 頭 10 10 10 10 10 10 1 Ⅳ 和 牛 を 取 り 入 れた 経 営 の 経 済 性 1 経 営 収 支 宗 谷 肉 牛 ( 黒 毛 繁 殖 ) 経 営 指 標 総 括 類 型 1 類 型 2 類 型 3 類 型 4 類 型 5 高 齢 者 雇 用 促 進 肉 牛 専 業 経 営 乳 肉 複 合 ( 経 産 牛 50 頭 ) 乳 肉 移 行 ( 経 産 牛 40 頭 ) 20 頭 80 頭 110 頭 肉 牛 20 頭 借 腹

More information

Microsoft PowerPoint - 2015.1001_関東農政局(森岡)

Microsoft PowerPoint - 2015.1001_関東農政局(森岡) 宮 崎 県 内 の と 畜 場 における HACCP 導 入 の 概 要 宮 崎 県 衛 生 管 理 指 導 主 幹 都 城 食 肉 衛 生 検 査 所 黒 木 伸 二 高 崎 食 肉 衛 生 検 査 所 長 倉 祐 一 小 林 食 肉 衛 生 検 査 所 岩 切 章 都 農 食 肉 衛 生 検 査 所 森 岡 浩 文 日 向 食 肉 衛 生 検 査 所 三 重 野 由 子 宮 崎 県 のと 畜 頭

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 豚 繁 殖 呼 吸 障 害 症 候 群 (PRRS) 対 象 家 畜 : 豚 いのしし 原 因 : PRRSウイルスはプラス 一 本 鎖 RNAをゲノムとし 北 米 型 と 欧 州 型 の 二 つの 遺 伝 子 型 に 大 別 され 前 者 がより 強 毒 である 疫 学 : 1987 年 に 米 国 で 確 認 された 新 興 感 染 症 であり 世 界 中 に 拡 散 し 日 本 でも 北 米

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

市街化調整区域の保全と活用の方針

市街化調整区域の保全と活用の方針 市 街 化 調 整 区 域 の 保 全 と 活 用 の 方 針 ( 平 成 18 年 3 月 29 日 市 長 決 裁 ) ( 平 成 22 年 11 月 22 日 最 終 改 正 ) Ⅰ 方 針 策 定 にあたって 2 1 方 針 策 定 の 背 景 2 2 目 的 と 位 置 づけ 4 Ⅱ 札 幌 市 都 市 計 画 マスタープランにおける 基 本 方 針 5 1 市 街 地 の 範 囲 5 2

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information