発達障害を抱えた子どもの高校進学と そこで求められる教育について

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "発達障害を抱えた子どもの高校進学と そこで求められる教育について"

Transcription

1 平 成 28 年 度 知 的 障 害 関 係 施 設 長 会 議 第 1 分 科 会 発 達 支 援 が 必 要 な 子 どもの 支 援 を 考 える 基 調 講 演 子 どもを 取 り 巻 く 状 況 と 支 援 の 方 向 性 について 和 歌 山 県 精 神 保 健 福 祉 センター 小 野 善 郎 1

2 今 日 の 子 ども 支 援 の 傾 向 障 害 児 福 祉 障 害 児 教 育 制 度 の 整 備 発 展 制 度 の 隙 間 を 新 たな 制 度 が 埋 める 精 神 障 害 者 の 確 立 三 障 害 として 支 援 対 象 発 達 障 害 者 支 援 法 発 達 障 害 の 障 害 としての 認 知 制 度 を 利 用 する 基 準 として 精 神 医 学 診 断 が 使 われることが 一 般 的 になってきた 障 害 者 自 立 支 援 サービスの 利 用 特 別 支 援 教 育 の 利 用 精 神 障 害 の 定 義 の 明 文 化 ICD-10 第 五 章 (Fコード) 特 別 支 援 教 育 の 対 象 の 追 加 注 意 欠 陥 / 多 動 性 障 害 高 機 能 自 閉 症 アスペルガー 障 害 学 習 障 害 2

3 制 度 の 限 界 利 用 資 格 (eligibility)を 満 たすことが 条 件 対 象 疾 患 の 診 断 と 重 症 度 = 医 学 的 判 断 の 重 視 公 的 な 障 害 認 定 = 手 帳 診 断 判 定 の 特 性 カテゴリー 的 (シロかクロか) 閾 値 から 外 れれば 支 援 を 受 けられない 実 際 の 支 援 ニーズは 多 様 グレーゾーンが 大 きい 制 度 の 拡 充 はグレーゾーンを 新 たな 障 害 として 承 認 しかし さらなるグレーゾーンが 出 現 (いたちごっこ) 人 為 的 な 線 引 きに 依 存 診 断 判 定 合 理 性 公 平 性 をどう 担 保 するか 医 師 の 判 断 への 依 存 ーやはり 人 為 的 であることは 変 わらない グレーは 黒 にして 制 度 を 利 用 することは 可 能 ( 特 に 精 神 障 害 ) 制 度 を 利 用 するために 障 害 者 になることを 支 援 する 医 師 ( 診 断 書 屋 ) 3

4 診 断 主 義 の 時 代 の 注 意 点 障 害 概 念 における 医 学 モデル の 優 位 化 障 害 を 個 人 の 病 理 としてとらえる 傾 向 が 強 く 社 会 的 要 因 が 軽 視 さ れやすい 多 職 種 による 支 援 の 中 で 医 師 の 判 断 が 突 出 しやすい 診 断 への 過 剰 な 依 存 支 援 の 適 否 の 判 断 に 診 断 が 不 可 欠 診 断 閾 値 に 達 しない 問 題 への 支 援 ができない 診 断 システムや 診 断 基 準 の 変 更 による 影 響 が 大 きい 診 断 分 類 に 含 まれるか 含 まれないかで 支 援 が 変 わる 変 更 によって 支 援 が 得 られなくなる 可 能 性 診 断 をめぐる 利 害 関 係 が 大 きい 政 治 的 介 入 が 生 まれるので 純 粋 に 科 学 的 であるとは 限 らない 4

5 精 神 医 学 界 の 戸 惑 い 精 神 疾 患 は 疾 患 として 明 確 に 定 義 できない 現 在 の 診 断 分 類 は disorder 日 本 児 童 青 年 精 神 医 学 会 は 障 害 という 表 記 を 止 めた 知 的 発 達 障 害 知 的 発 達 症 自 閉 スペクトラム 障 害 自 閉 スペクトラム 症 注 意 欠 如 多 動 性 障 害 注 意 欠 如 多 動 症 IQによる 判 断 の 排 除 IQの 信 頼 性 の 相 対 的 な 低 下 ( 機 能 レベルの 重 視 ) 知 的 障 害 のIQによる 重 症 度 分 類 の 廃 止 精 神 医 学 診 断 の 精 神 医 学 以 外 での 利 用 への 警 告 DSM-5 (2013): 司 法 場 面 でのDSM-5 使 用 に 関 する 注 意 書 き 特 定 の 診 断 の 決 定 が 一 定 水 準 の 機 能 障 害 や 無 能 力 を 意 味 するものではない 5

6 発 達 障 害 診 断 の 注 意 点 ( 医 師 ) 診 断 の 精 度 を 上 げることは 不 合 理 発 達 障 害 の 医 学 モデルの 限 界 しかし 発 達 障 害 という 精 神 医 学 的 問 題 は 確 実 に 存 在 している 明 らかな 発 達 障 害 を 診 断 することは 伝 統 的 な 精 神 医 学 診 断 学 で 可 能 精 神 遅 滞 自 閉 症 併 存 障 害 の 診 断 と 鑑 別 診 断 が 重 要 発 達 障 害 の 人 にはさまざまな 精 神 病 理 が 併 存 していることが 多 い 一 般 精 神 科 の 知 識 が 役 立 つ 鑑 別 診 断 により 曖 昧 な 発 達 障 害 の 拡 大 を 阻 止 する 役 割 発 達 障 害 ではないか? と 言 う 人 はたくさんいるが 発 達 障 害 ではない と 言 える 人 は 少 ない 診 断 の 重 みを 十 分 に 認 識 して 向 き 合 うこと 医 師 の 診 断 は 非 常 に 重 大 な 意 味 がある 曖 昧 な 表 現 ( 疑 い 傾 向 )は 確 定 診 断 と 同 じように 受 け 止 められる 可 能 性 がある 診 断 が 本 人 と 家 族 に 及 ぼす 影 響 を 十 分 に 考 慮 して 判 断 する 即 時 的 な 意 義 だけでなく 生 涯 にわたる 診 断 の 意 義 を 考 慮 しなければならない 6

7 制 度 の 一 人 歩 き ひとたび 障 害 とされると 障 害 者 支 援 のルートに 乗 って 選 択 の 幅 が 狭 まることがある One-Size-Fits-Allの 支 援 障 害 者 = 障 害 者 就 労 支 援 障 害 年 金 グループホーム 子 どもの 場 合 は 特 別 支 援 教 育 高 校 入 学 選 抜 制 度 によって 締 め 出 される 子 どもで 溢 れる 支 援 学 校 高 等 部 障 害 者 としての 生 活 プラン 就 労 事 情 が 作 りだす 障 害 者 中 高 年 での 解 雇 就 職 困 難 発 達 障 害 障 害 者 就 労 支 援 手 間 のかかる 個 別 支 援 よりも 目 先 の 制 度 利 用 に 走 る 傾 向 とにかく 現 状 に 対 する 具 体 的 な 手 当 て 本 人 のニーズと 長 期 的 な 見 通 しが 欠 落 7

8 高 校 教 育 の 再 考 高 校 教 育 とは 何 なのか? 中 学 までの 義 務 教 育 を 修 了 して 選 抜 試 験 に 合 格 して 入 学 高 度 な 普 通 教 育 及 び 専 門 教 育 ( 学 校 教 育 法 ) 高 校 教 育 の 現 実 ほぼ 全 入 時 代 = 事 実 上 の 義 務 教 育 学 力 の 幅 が 大 きい 適 格 者 主 義 の 破 たん= 学 力 による 入 学 の 基 準 の 崩 壊 高 校 教 育 の 疑 問 学 校 数 学 級 数 を 減 らす 時 代 になっても 選 抜 試 験 があるのはな ぜ? 障 害 児 は 特 別 支 援 学 校 高 等 部? 高 等 部 だけは 増 加 し 続 ける 新 たな 高 校 教 育 のパラダイムへの 期 待 移 行 支 援 としての 高 校 教 育 ( 小 野 保 坂 2012) 高 校 における 特 別 支 援 教 育 を 再 考 する 必 要 8

9 高 校 教 育 における 特 別 支 援 教 育 とは 何 か? 特 別 支 援 教 育 ( 日 本 ) Special Education (USA) 障 害 児 教 育 個 別 的 教 育 支 援 の 保 障 障 害 のある 子 どもへの 教 育 保 障 障 害 児 教 育 は 別 問 題 診 断 主 義 が 主 流 になることで 急 速 に 拡 大 障 害 とニーズのギャップ 取 り 出 し 教 育 の 拡 大 インクルージョンに 逆 行 義 務 教 育 と 高 校 教 育 での 特 別 支 援 教 育 の 違 い 義 務 教 育 : 基 礎 学 力 の 保 障 流 動 的 な 段 階 全 般 的 に 伸 ばす 教 育 高 校 教 育 : 個 人 の 特 性 に 応 じた 社 会 化 の 準 備 支 援 ある 程 度 人 格 ができあがってくる 段 階 絞 り 込 む 教 育 基 礎 学 力 の 不 足 を 補 う 教 育 ( 後 ろ 向 き)ではなく 持 っている 力 を 活 かす 教 育 ( 前 向 き) 9

10 低 学 力 が 障 害 になる 時 代 LD 概 念 の 拡 大 と 濫 用 SLD:アメリカのSpecial Educationの 中 核 1980 年 代 には50~60%がSLD; 今 でも 約 1/3 定 義 の 変 更 により 減 少 Discrepancy criteria RTI(Response to Intervention) 低 学 力 = 低 IQ という 誤 解 安 易 な 療 育 手 帳 の 申 請 と 交 付 知 能 検 査 の 濫 用 LDや 知 的 障 害 には 政 治 的 要 素 がある 公 式 な 診 断 分 類 (たとえばDSM-5)の 定 義 や 診 断 基 準 をめぐ る 駆 け 引 き 10

11 ニーズと 移 行 の 視 点 Transitionとの 出 会 い 11

12 Transition Transition [trænzíp¹n, -síp-] 1 (ある 位 置 状 態 段 階 主 題 概 念 などから 他 への) 移 り 変 わり, 移 動, 推 移, 変 化, 変 遷 ; 変 転 [ 過 渡 ] 期, 変 わり 目 : 移 行 the transition from adolescence to adulthood 青 春 期 から 成 熟 期 へ の 移 行 make a hurried transition to other topics 急 いで 別 の 話 題 に 移 る The educational system is in transition. 教 育 制 度 は 過 渡 期 にある. (ランダムハウス 英 和 大 辞 典 ) ( 制 度 などが)うつりゆくこと 新 体 制 に-する ー 措 置 ( 広 辞 苑 第 6 版 ) 12

13 障 害 者 と 移 行 ライフサイクルの 移 行 幼 児 期 小 児 期 思 春 期 成 人 期 老 年 期 生 活 の 移 行 家 庭 集 団 生 活 ( 寄 宿 舎 入 所 施 設 ) グループホーム 自 立 生 活 活 動 の 移 行 教 育 ( 小 学 校 中 学 校 高 校 ) 職 業 ( 就 労 支 援 障 害 者 雇 用 一 般 就 労 ) 機 能 の 移 行 機 能 の 獲 得 喪 失 13

14 移 行 支 援 の 重 要 性 日 本 では 自 立 支 援 が 優 勢 障 害 者 自 立 支 援 法 (2005) 障 害 者 総 合 支 援 法 (2014) 自 立 支 援 医 療 自 立 依 存 という 二 分 法 よく 言 えば 目 標 指 向 的 (goal-oriented) やはりカテゴリー 的 (all or nothing) 移 行 支 援 の 視 点 現 在 の 状 況 から 次 の 状 況 に 向 けて 何 が 必 要 か 移 行 に 必 要 な 基 盤 を 整 えるーそこまでの 工 程 の 支 援 多 次 元 的 (ディメンジョナル)なニーズを 支 援 グレーゾーンの 支 援 の 可 能 性 14

15 グレーゾーンを 埋 める 支 援 ニーズに 基 づく 移 行 支 援 仕 事 をしたい 就 労 支 援 一 人 暮 らしをしたい 旅 行 に 行 きたい 大 学 に 行 きたい 求 められる 支 援 の 要 素 ディメンジョナル 結 果 ではなくプロセス 連 続 的 継 続 的 支 援 日 常 的 非 専 門 的 非 公 式 障 害 の 有 無 で 支 援 が 決 まるのではなく ニーズがあるかぎり 支 援 する ニーズに 応 じた 支 援 既 存 の 制 度 だけに 頼 らず 柔 軟 に 対 応 ( 障 害 者 障 害 福 祉 ) 15

16 たとえば 就 労 支 援 就 職 の 厳 しい 時 代 就 職 が 難 しいのは 障 害 者 だけではない 新 卒 就 職 率 1 年 目 の 離 職 率 高 卒 ー17.5% 19.9% 大 卒 65.9% 12.7% 社 会 問 題 の 医 療 化 (= 個 人 化 ) 若 者 の 就 労 困 難 =ひきこもり 発 達 障 害 雇 用 経 済 的 困 難 =うつ 病 自 殺 ひとり 親 家 庭 の 貧 困 孤 立 = 児 童 虐 待 医 療 化 による 障 害 者 支 援 への 圧 迫 就 労 支 援 の 失 敗 障 害 者 就 労 支 援 へ もともとの 障 害 者 就 労 支 援 との 競 合 16

17 被 虐 待 児 の 医 療 化 の 経 路 障 害 福 祉 ルート 精 神 科 医 療 ルートの 偏 重 障 害 モデルの 援 助 精 神 科 医 療 17

18 若 者 の 生 きづらさは 精 神 障 害 か? 精 神 障 害 による 生 きづらさ= 障 害 福 祉 による 緩 和 生 きづらさの 精 神 障 害 による 説 明 = 個 人 病 理 への 還 元 = 社 会 的 要 因 の 隠 ぺい 例 ) 不 登 校 ひきこもり= 貧 困 虐 待 労 働 市 場 の 劣 化 貧 困 虐 待 (トラウマ)は 精 神 障 害 のリスク 因 子 ではあるが 精 神 症 状 を 呈 したとしても 精 神 保 健 医 療 だけでは 解 決 できない もっとも 困 難 な 若 者 の 支 援 現 場 には 精 神 病 理 発 達 障 害 は 当 たり 前 に 存 在 している しかし 必 ずしも 診 断 にもとづく 対 応 をしていない= 個 別 の ニーズへの 対 応 ( 非 専 門 職 モデル) 専 門 職 がからむと 診 断 が 重 要 になる 18

19 若 者 の 生 きづらさの 諸 相 困 難 を 抱 える 若 者 たち 失 業 者 若 年 無 業 者 (ニート) 労 働 市 場 からの 排 除 若 年 無 業 者 非 求 職 型 ホームレス ワーキングプア 求 職 型 ( 失 業 者 ) 非 希 望 型 疾 病 障 害 機 能 障 害 による 社 会 活 動 の 制 約 ひきこもり 居 場 所 家 族 の 存 在 が 特 徴 最 低 限 のセキュリティの 存 在 (ニート) 家 族 側 にとっても 大 きな 問 題 でもある 英 国 :NEET 米 国 :Disconnected Youth 19

20 一 般 就 労 よりも 障 害 者 就 労 の 方 が 安 定? 特 別 支 援 学 校 高 等 部 障 害 者 就 労 支 援 障 害 者 雇 用 中 学 高 校 転 学 卒 業 ドロップアウト 大 学 正 規 雇 用 不 安 定 就 労 非 正 規 雇 用 変 えるべきはどっち? 教 育 or 労 働 市 場 高 校 で 学 力 を 追 求 することや 大 学 に 進 学 させることで 雇 用 が 安 定 化 するわけではない 高 校 は 高 校 の 教 育 をしっかりとすればいい それは 何 か? 20

21 障 害 福 祉 は 聖 域 ではない 障 害 者 というカテゴリーだけで 障 害 者 支 援 を 保 障 できなくな る 可 能 性 障 害 概 念 の 拡 大 知 的 障 害 ー 生 育 歴 や 機 能 障 害 にかかわらずIQだけで 認 定 される 傾 向 精 神 障 害 ーICD-10Fコードの 診 断 名 があれば 精 神 障 害 者 人 口 の10~20%には 何 らかの 精 神 障 害 がある! 他 制 度 ( 生 活 保 護 就 労 支 援 生 活 困 窮 者 支 援 など)からの 流 入 療 育 手 帳 精 神 保 健 福 祉 手 帳 の 申 請 交 付 ( 障 害 者 として 認 定 ) ますます 多 様 な 障 害 者 を 障 害 者 支 援 が 引 き 受 ける 傾 向 これまでの 障 害 者 支 援 では 対 応 が 困 難 ニーズの 多 様 化 新 たな 支 援 の 枠 組 みが 必 要 ニーズに 基 づく 支 援 21

22 ニーズに 基 づく 就 労 支 援 働 きたい というニーズへの 支 援 働 いていない 状 態 から 継 続 的 に 働 く 状 態 への 移 行 支 援 支 援 の 入 口 は 一 つ 障 害 の 有 無 によって 入 口 を 分 けない 強 いて 言 えばフルサービスかセルフサービスかの 選 択 支 援 ニーズが 少 ない セルフサービス 支 援 ニーズが 高 い フルサービス ディメンジョン 的 なアセスメントでニーズを 把 握 障 害 は 個 別 的 ニーズとして 理 解 できないこと( 能 力 障 害 )だけでなくできること(ストレングス)も 個 別 的 支 援 計 画 ラップアラウンド 22

23 非 公 式 な 支 援 の 重 要 性 多 様 なニーズは 制 度 だけではカバーできない 隙 間 のニーズに 対 しては 非 公 式 ( 非 制 度 的 ) 支 援 既 存 の 支 援 の 多 くは 非 公 式 支 援 が 普 及 して 制 度 化 された 制 度 による 支 援 の 制 約 公 式 な 支 援 = 専 門 職 モデル 地 域 格 差 職 能 団 体 の 利 害 関 係 地 域 の 人 材 が 活 用 できない 人 による 支 援 = 一 般 人 モデル(lay person model) 地 域 のあらゆる 資 源 を 活 用 ニーズに 基 づく 移 行 支 援 の 要 素 人 のつながり 継 続 性 一 貫 性 地 域 づくりの 要 素 と 共 通 23

24 非 専 門 的 支 援 の 重 要 性 ( 高 校 教 育 の 場 合 ) 高 校 教 員 = 発 達 障 害 については 素 人 目 の 前 の 生 徒 と 向 き 合 って 何 ができるかをまず 自 分 で 考 え る 先 入 観 (= 診 断 )で 決 めつけない 最 後 まで 責 任 を 持 つ(とくに 近 くに 専 門 家 がいない 場 合 ) 使 えるものは 何 でも 使 う( 柔 軟 な 発 想 ) 専 門 家 の 限 界 診 断 をつけたがる いったん 診 断 がつくと その 枠 組 みで 子 どもを 見 る 子 ども 自 身 を 理 解 する 思 考 が 停 止 しやすい 自 らの 専 門 分 野 の 境 界 自 分 の 方 法 論 でダメなら 他 の 専 門 家 に 委 ねる または 撤 退 する 24

25 誰 も 排 除 しない 高 校 教 育 社 会 へのインクルージョンを 促 す 高 校 教 育 の 重 要 性 学 力 のみを 規 準 とした 高 校 教 育 は 競 争 を 介 して 結 果 的 に 排 除 を 生 む 高 校 生 の 発 達 的 課 題 自 分 の 可 能 性 を 見 つける 同 時 に 自 分 にできないことを 了 解 する( 人 間 は 万 能 ではない) そうであれば 単 一 の 価 値 観 (= 学 力 )で 規 定 される 教 育 は 無 理 移 行 支 援 としての 高 校 教 育 = 普 通 教 育 の 再 定 義 個 人 のニーズに 応 える 教 育 支 援 であれば もはや 高 校 では 特 別 支 援 教 育 は 不 要 になる(むしろすべての 高 校 教 育 は 特 別 支 援 教 育 といってもいい) 25

26 移 行 支 援 としての 高 校 教 育 のポイント 困 難 校 での 経 験 から 学 ぶ 体 験 の 重 要 性 何 を 学 ぶか よりも 学 びのプロセス 学 び を 基 軸 とした 仲 間 や 大 人 ( 教 師 )との 相 互 作 用 移 行 支 援 としての 学 び の 要 素 活 発 な 生 徒 間 生 徒 ー 教 師 間 の 相 互 作 用 教 えない 教 育 ー 見 守 る 年 長 者 機 会 のネットワーク 仲 間 大 人 との 出 会 いの 場 地 域 とつながる 場 地 域 大 人 仲 間 もっとも 合 理 的 かつ 効 果 的 な 場 としての 高 校 26

27 インクルーシブな 移 行 支 援 を 目 指 して カテゴリー 的 支 援 構 造 からディメンジョナルな 構 造 へ 診 断 そのものが 排 除 されるものではない 診 断 のみで 支 援 が 判 断 されることは 不 合 理 障 害 者 としてではなく 個 人 として 個 別 的 ニーズに 応 える 支 援 ニーズに 基 づく 移 行 支 援 障 害 の 有 無 によって 区 別 されない 非 公 式 な 支 援 の 活 用 地 域 の 人 々とのつながり 交 流 の 促 進 地 域 づくりとの 連 携 町 おこし 高 齢 者 の 活 躍 インクルージョンに 寄 与 する 支 援 構 造 27

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc

Microsoft Word - h22_3yosaniinntyouhoukoku.doc 平 成 22 年 3 月 18 日 三 田 市 議 会 議 長 檜 田 充 様 予 算 特 別 委 員 会 委 員 長 厚 地 弘 行 予 算 特 別 委 員 会 審 査 報 告 書 本 委 員 会 は 平 成 22 年 3 月 4 日 に 付 託 された 議 案 を 審 査 の 結 果 下 記 のとおり 決 定 した ので 会 議 規 則 第 77 条 の 規 定 により 報 告 します 記 議

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6388C491E6825282558D8681408E7390EC8E738D7390AD8EE891B182C982A882AF82E993C192E882CC8CC2906C82F08EAF95CA82B782E982BD82DF82CC94D48D8682CC97989770939982C98AD682B782E9964097A582C98AEE82C382AD8CC2906C94D48D868 議 案 第 36 号 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番 号 利 用 及 び 特 定 個 人 情 報 提 供 に 関 する 条 例 制 定 について 市 川 市 行 政 手 続 における 特 定 個 人 を 識 別 するため 番 号 利 用 等 に 関 する 法 律 に 基 づく 個 人 番

More information

(1) 団 体 への 問 い 合 わせ 件 数 平 成 20 年 8 月 から 平 成 20 年 11 月 までの 間 に 団 体 への 所 謂 家 出 行 方 不 明 者 に 関 する 捜 索 支 援 への 問 い 合 わせ 総 数 は 26 件 であり 月 平 均 :6.5 人 である 8 月

(1) 団 体 への 問 い 合 わせ 件 数 平 成 20 年 8 月 から 平 成 20 年 11 月 までの 間 に 団 体 への 所 謂 家 出 行 方 不 明 者 に 関 する 捜 索 支 援 への 問 い 合 わせ 総 数 は 26 件 であり 月 平 均 :6.5 人 である 8 月 平 成 21 年 6 月 8 日 古 内 栄 行 方 不 明 者 の 傾 向 と 動 機 から 社 会 と 人 々が 抱 える 様 々な 問 題 を 浮 き 彫 りにさせるため 行 方 不 明 者 の 傾 向 および 動 機 その 後 の 解 決 の 有 無 安 否 の 有 無 などを 団 体 への 依 頼 から 分 類 調 査 を 実 施 した (1) 団 体 への 問 い 合 わせ 件 数 (2)

More information

パーソナル サポート サービス 検 討 の 経 緯 昨 年 来 の 取 組 緊 急 雇 用 対 策 ( 平 成 21 年 10 月 )に 基 づき 貧 困 困 窮 者 対 策 を 実 施 ワンストップ サービス デイ の 試 行 年 末 年 始 の 緊 急 宿 泊 施 設 の 確 保 と 生 活 相

パーソナル サポート サービス 検 討 の 経 緯 昨 年 来 の 取 組 緊 急 雇 用 対 策 ( 平 成 21 年 10 月 )に 基 づき 貧 困 困 窮 者 対 策 を 実 施 ワンストップ サービス デイ の 試 行 年 末 年 始 の 緊 急 宿 泊 施 設 の 確 保 と 生 活 相 パーソナル サポート サービス について 参 考 パーソナル サポート サービス 検 討 の 経 緯 昨 年 来 の 取 組 緊 急 雇 用 対 策 ( 平 成 21 年 10 月 )に 基 づき 貧 困 困 窮 者 対 策 を 実 施 ワンストップ サービス デイ の 試 行 年 末 年 始 の 緊 急 宿 泊 施 設 の 確 保 と 生 活 相 談 一 定 の 目 的 は 達 成 したものの 場

More information

Microsoft Word - 020-2_帳票類確定版0327

Microsoft Word - 020-2_帳票類確定版0327 厚 生 労 働 省 25 度 セーフティネット 支 援 対 策 等 事 業 ( 社 会 福 祉 推 進 事 業 ) 自 立 相 談 支 援 機 関 使 用 標 準 様 式 研 究 事 業 自 立 相 談 支 援 機 関 使 用 標 準 様 式 ~アセスメントシート プランシート 等 帳 票 類 ~ < 改 訂 版 > 26 3 目 次 基 本 帳 票 類 1 相 談 申 込 受 付 票... 2 2

More information

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 参 考 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づく 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 ( 市 町 村 関 連 部 分 のみ 抜 粋 ) 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支

More information

基本指針骨子

基本指針骨子 資 料 5 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 1 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 含 め 全 ての 子 どもや 子 育 て

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF817A82A882A882BD8251824F824F825881758B4B90A789FC8A769776965D8F918176>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF817A82A882A882BD8251824F824F825881758B4B90A789FC8A769776965D8F918176> 外 国 人 集 住 都 市 会 議 の 規 制 改 革 要 望 書 2009( 平 成 21) 年 6 月 30 日 提 出 1 2 定 住 者 の 在 留 資 格 により 入 国 をしようとする 外 国 人 の 査 証 発 行 に 対 する 審 査 及 び 入 国 審 査 について 定 住 者 の 在 留 資 格 により 入 国 をしようとする 外 国 人 については 日 本 で 滞 在 するにあたり

More information

04-01-01【講義4-1】発達障害と相談支援

04-01-01【講義4-1】発達障害と相談支援 (1 基 本 的 理 解 ) 発 達 障 害 の 定 義 広 汎 性 発 達 障 害 ( 自 閉 症 アスペルガー 症 候 群 等 ) 学 習 障 害 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 等 通 常 低 年 齢 で 発 現 する 脳 機 能 の 障 害 ( 発 達 障 害 者 支 援 法 第 2 条 ) ICD-10におけるF80-98に 含 まれる 障 害 ( 文 部 科 学 事 務 次 官 厚

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

はじめに 札 幌 市 は 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 体 制 整 備 事 業 を 中 心 に 発 達 障 がい 者 の 子 どもから 大 人 までの 一 貫 した 支 援 に 向 けた 取 組 をしています この 支 援 体 制 整 備 事 業 は 発 達 障 害 者 支 援 法 の

はじめに 札 幌 市 は 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 体 制 整 備 事 業 を 中 心 に 発 達 障 がい 者 の 子 どもから 大 人 までの 一 貫 した 支 援 に 向 けた 取 組 をしています この 支 援 体 制 整 備 事 業 は 発 達 障 害 者 支 援 法 の 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 施 策 体 系 ~ 現 状 における 関 連 事 業 の 取 りまとめ~ 平 成 25 年 4 月 札 幌 市 保 健 福 祉 局 障 がい 保 健 福 祉 部 はじめに 札 幌 市 は 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 体 制 整 備 事 業 を 中 心 に 発 達 障 がい 者 の 子 どもから 大 人 までの 一 貫 した 支 援 に 向 けた

More information

平成26年度 東京都居住支援協議会セミナー 基調講演レジュメ

平成26年度 東京都居住支援協議会セミナー 基調講演レジュメ 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 踏 まえた 安 心 で 豊 かな 居 住 の 実 現 - 行 政 とNPOの 連 携 に 向 けて- 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 受 けて 将 来 への 不 安 が 提 起 されている 一 人 暮 ら しの 高 齢 者 の 増 加 収 入 格 差 のひろがり 空 き 家 空 き 部 屋 の 増 加 子 育 て 世 帯 つながりの 弱 体 化 等 々 このような

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

資料 厚生年金基金の今後の方向性について.PDF

資料 厚生年金基金の今後の方向性について.PDF 資 料 厚 生 年 金 基 金 今 後 方 向 性 について 1 ( 総 論 ) 2 厚 生 年 金 基 金 制 度 改 革 基 本 構 造 厚 生 年 金 被 保 険 者 を 含 めたリスク 分 かち 合 いによる 代 行 割 れ 早 期 決 代 行 割 れを 再 び 起 こさない ため 制 度 的 措 置 代 行 部 分 に 対 す る 積 立 比 率 6.0 5.0 4.0 3.0 2.0 1.5

More information

2007 年 ( 平 成 19 年 )7 月 四 万 十 市 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 策 定 の 趣 旨 1 Ⅱ 基 本 理 念 2 Ⅲ 推 進 方 針 3 1 共 通 事 項 3 2 個 別 事 項 4 (1) 子 ども 4 (2) 女 性 4 (3) 高 齢 者 5 (4) 同 和 問 題 6 (5) 障 害 者 6 (6) ハンセン 病 HIV 感 染 者 等 7 (7) 外 国 人 7

More information

野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 市 民 一 人 ひとりが 役 割 をもって 社 会 に 参 加 できるよう 市 が 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という

野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 市 民 一 人 ひとりが 役 割 をもって 社 会 に 参 加 できるよう 市 が 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という 要 綱 様 式 等 参 考 資 料 集 野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 実 施 規 則 P.1 野 洲 市 生 活 困 窮 者 支 援 事 業 相 談 申 込 書 P.2 野 洲 市 市 民 相 談 総 合 推 進 委 員 会 設 置 要 綱 P.4 野 洲 市 自 立 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 P.6 野 洲 市 支 援 調 整 会 議 設 置 要 綱 P.8 野 洲

More information

目 次 第 1 章 基 本 的 な 考 え 方 計 画 策 定 の 背 景 と 趣 旨 計 画 の 法 的 根 拠 と 位 置 づけ 第 4 期 障 がい 福 祉 計 画 策 定 におけるポイント 計 画 の 期 間... 7 第 2 章 川

目 次 第 1 章 基 本 的 な 考 え 方 計 画 策 定 の 背 景 と 趣 旨 計 画 の 法 的 根 拠 と 位 置 づけ 第 4 期 障 がい 福 祉 計 画 策 定 におけるポイント 計 画 の 期 間... 7 第 2 章 川 第 4 期 川 辺 町 障 がい 福 祉 計 画 [ 案 ] ( 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 ) 平 成 27 年 2 月 川 辺 町 1 目 次 第 1 章 基 本 的 な 考 え 方... 4 1 計 画 策 定 の 背 景 と 趣 旨... 4 2 計 画 の 法 的 根 拠 と 位 置 づけ... 5 3 第 4 期 障 がい 福 祉 計 画 策 定 におけるポイント...

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 若 者 の 意 識 を 探 る 概 要 厚 生 労 働 省 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 の 全 体 像 第 1 部 (テーマ 編 ) 若 者 の 意 識 を 探 る 若 者 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 の 現 状 と 変 化 を 踏 まえ 若 者 の 意 識 やライフコースにおける 様 々な 課 題 について 分 析 併 せて

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323081603134347081698FE18A518E998E78898782C982C282A282C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323081603134347081698FE18A518E998E78898782C982C282A282C4816A2E646F63> Ⅵ 障 害 児 支 援 について 1 障 害 児 支 援 の 基 本 的 な 視 点 (1)できるだけ 早 い 時 期 から 身 近 な 地 域 で 療 育 支 援 が 受 けられる 体 制 づくり 障 害 のある 子 どもが その 持 てる 能 力 や 可 能 性 を 伸 ばしていけるよう できるだけ 早 い 時 期 から 子 どもやご 家 族 にとってより 身 近 な 地 域 で 療 育 支 援

More information

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果)

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果) 学 校 安 全 に 関 する 規 制 ( 学 校 保 健 安 全 法 案 第 27 条 第 28 条 第 29 条 ) 主 管 課 ( 課 長 名 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 学 校 健 康 教 育 課 ( 課 長 : 作 花 文 雄 ) 関 係 課 ( 課 長 名 ) 施 策 目 標 及 び 達 成 目 標 施 策 目 標 2-5 健 やかな 体 の 育 成 児 童 生 徒

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 検 討 結 果 報 告 平 成 15 年 9 月 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと

More information

 

  H22 年 度 内 閣 府 子 ども 若 者 支 援 地 域 協 議 会 体 制 整 備 モデル 事 業 第 1 回 中 央 企 画 委 員 会 不 登 校 の 現 状 と 地 域 で の 対 応 東 京 家 政 大 学 大 学 院 教 授 ( 臨 床 心 理 士 認 定 スーパーバイザー) 相 馬 誠 一 1. 不 登 校 観 の 変 遷 分 離 不 安 説 (1950 年 代 後 半 ~) 分

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ 第 4 部 施 策 の 展 開 1 妊 産 婦 乳 幼 児 への 保 健 対 策 の 充 実 < 現 状 と 課 題 > 地 域 で 母 子 が 安 心 して 生 活 するためには 妊 娠 出 産 産 後 における 地 域 での 切 れ 目 の ない 支 援 が 必 要 となります そのためには 医 療 機 関 行 政 NPO 関 係 団 体 等 が 密 接 に 関 わりながら 産 前 から の 相

More information

2/10 2007 年 版 の 白 書 では, 医 療 構 造 改 革 関 連 法 の 円 滑 な 施 行 や 都 道 府 県 の 各 種 計 画 の 策 定 作 業 にも 資 するよう, 医 療 構 造 改 革 の 内 容 を 解 説 するとともに, 今 後 の 日 本 の 医 療 の 進 むべき

2/10 2007 年 版 の 白 書 では, 医 療 構 造 改 革 関 連 法 の 円 滑 な 施 行 や 都 道 府 県 の 各 種 計 画 の 策 定 作 業 にも 資 するよう, 医 療 構 造 改 革 の 内 容 を 解 説 するとともに, 今 後 の 日 本 の 医 療 の 進 むべき 1/10 白 書 のポイント を 理 解 する 厚 生 労 働 白 書 少 子 化 社 会 白 書 国 民 生 活 白 書 青 少 年 白 書 高 齢 社 会 白 書 障 害 者 白 書 男 女 共 同 参 画 白 書 自 殺 対 策 白 書 ( :2009 年 1 月 8 日 掲 載 ) 白 書 ポイント 厚 生 労 働 白 書 ( 厚 生 労 働 省 ) 2007 年 版 厚 生 労 働 白 書

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

Microsoft Word - 210J4055.docx

Microsoft Word - 210J4055.docx 修 士 論 文 ( 要 旨 ) 2012 年 1 月 学 校 における 子 どもの 居 場 所 づくりの 課 題 と 方 法 の 検 討 不 登 校 児 を 中 心 にー 指 導 茂 木 俊 彦 教 授 心 理 学 研 究 科 健 康 心 理 学 専 攻 学 籍 番 号 210J4055 氏 名 窪 田 清 美 目 次 序 第 1 章 居 場 所 をめぐる 問 題 の 所 在 第 2 章 居 場 所

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

第6分科会

第6分科会 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 ( 教 育 ) 平 成 23 年 7 月 19 日 自 由 民 主 党 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 はじめに 戦 後 のわが 国 の 教 育 は 教 育 水 準 の 向 上 を 通 じ 経 済 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきた その 中 で 自 由 民 主 党 は 左 翼 思 想 に 支 配 された 日 本 教 職 員 組 合 が

More information

精神保健福祉相談業務

精神保健福祉相談業務 精 神 保 健 福 祉 基 礎 研 修 ( 基 礎 知 識 編 ) ~ 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 施 策 と 社 会 資 源 ~ 平 成 25 年 4 月 25 日 こころの 健 康 センター 技 術 指 導 課 三 上 政 和 1 今 日 お 話 させていただく 内 容 1 精 神 保 健 福 祉 の 法 体 系 (1) 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

Microsoft Word - 160329 健康づくり総合計画【確定】

Microsoft Word - 160329 健康づくり総合計画【確定】 基 本 目 標 2 すべての の 切 れ 目 ない 健 康 づくりを 支 援 します 基 本 目 標 2 すべての の 切 れ 目 ない 健 康 づくりを 支 援 します 基 本 的 な 考 え 方 母 保 健 は すべての どもが 健 やかに 成 長 していくうえでの 健 康 づくりの 出 発 点 であ り 次 世 代 を 担 う どもたちを 健 やかに 育 てるための 基 盤 なります 安 心

More information

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd 保 国 民 健 康 保 制 度 問 住 民 課 963-1733 国 民 健 康 保 健 康 保 制 度 とは 病 気 やケガをしたときに 安 心 して 医 療 機 関 などにかかることができるように みなさんが 納 めた 保 税 などで みんなで 助 け 合 おうという 制 度 で す 日 本 では 国 民 皆 保 制 度 になっています この 健 康 保 制 度 のなかで 国 民 健 康 保 はみなさん

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

1リスクへの備え

1リスクへの備え リスクへの 備 え 福 祉 施 設 運 営 は 様 々なリスク 対 応 を 覚 悟 しなければならない 業 務 中 に 負 った 賠 償 責 任 入 所 児 童 が 他 人 に 損 害 を 負 わせた 場 合 施 設 管 理 者 は 損 害 賠 償 金 や 訴 訟 費 用 等 を 法 律 上 負 うべき 事 態 に 見 舞 われる また 財 産 の 損 害 が 生 じる 事 態 もある これらの 事

More information

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総 村 山 の 概 要 村 山 の 概 要 1) 位 置 及 び 地 勢 村 山 は 京 都 の 北 西 部 北 緯 35 度 45 分 経 139 度 28 分 に 位 置 し 荒 川 から 多 摩 川 に かけて 広 がる 洪 積 層 武 蔵 野 台 地 のほぼ 中 央 部 京 都 心 部 から 約 30kmの 圏 内 に 位 置 してい ます 域 の 北 側 は 埼 玉 県 所 沢 側 は 清 瀬

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63> 公 立 幼 稚 園 のあり 方 について( 方 針 ) 平 成 19 年 7 月 いわき 市 教 育 委 員 会 目 次 1 これまでの 公 立 幼 稚 園 P.1 2 今 後 の 公 立 幼 稚 園 の 役 割 について P.1 ⑴ 公 立 幼 稚 園 と 私 立 幼 稚 園 の 役 割 ⑵ 障 がい 児 統 合 保 育 ⑶ 幼 保 連 携 への 対 応 ⑷ 子 育 て 支 援 の 推 進 3 公

More information

教育「保障」と、教育「投資」|旺文社教育情報センター

教育「保障」と、教育「投資」|旺文社教育情報センター 今 月 の 視 点 -30 教 育 保 障 と 教 育 投 資 公 共 財 である 教 育 に 公 財 政 の 充 実 を! 旺 文 社 教 育 情 報 センター 21 年 6 月 国 民 の 教 育 を 受 ける 権 利 や 義 務 教 育 の 無 償 については 憲 法 及 び 教 育 基 本 法 で 明 確 に 保 障 されている しかし 現 下 の 厳 しい 経 済 情 勢 の 影 響 で

More information

障害者保健福祉施策の基本的な方向

障害者保健福祉施策の基本的な方向 発 達 障 害 者 支 援 施 策 関 係 資 料 ~ 平 成 21 年 度 予 算 の 概 要 ~ 厚 生 労 働 省 Ⅰ ね ら い 発 達 障 害 の 定 義 と 発 達 障 害 への 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 に 対 する 生 活 全 般 にわたる 支 援 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 を 担 当 する 部 局 相 互 の 緊 密 な 連 携 の 確 保 Ⅱ 概 要

More information

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分 健 康 福 祉 政 策 課 低 所 得 者 自 立 更 生 融 資 対 策 費 659,521 (1,516,423) 国 328,209 財 656 1 生 活 福 祉 資 金 貸 付 金 補 助 414,400 滋 賀 県 社 会 福 祉 協 議 会 が 実 施 する 低 所 得 者 等 が 必 要 とする 生 活 福 祉 資 金 の 貸 付 けに 要 する 原 資 を 助 成 する 660,000

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

課題整理と要望(修正版) (3)

課題整理と要望(修正版) (3) 社 保 審 - 介 護 給 付 費 分 科 会 第 108 回 (H26.9.10) ヒアリング 資 料 6 第 108 回 社 会 保 障 審 議 会 介 護 給 付 費 分 科 会 事 業 者 団 体 ヒアリング 資 料 一 般 社 団 法 人 全 国 軽 費 老 人 ホーム 協 議 会 理 事 長 川 西 基 雄 課 題 整 理 と 要 望 平 成 25 年 度 養 護 老 人 ホーム 軽 費

More information

Microsoft PowerPoint - 多重債務問題の個別的生活支援.ppt

Microsoft PowerPoint - 多重債務問題の個別的生活支援.ppt 個 別 的 生 活 支 援 アプローチによる 多 重 債 務 者 の 支 援 事 例 で 学 ぶ 介 入 から 回 復 まで 司 法 書 士 稲 村 厚 1 本 研 修 のねらい 多 重 債 務 者 の 支 援 を 考 える 多 重 債 務 の 原 因 とその 克 服 について 考 える 個 別 支 援 と 地 域 連 携 について 考 える 社 会 福 祉 における 多 重 債 務 相 談 の 役

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

参考資料

参考資料 インクルーシブ 教 育 システム 構 築 事 業 1.インクルーシブ 教 育 システムについて P. 1 2. 事 業 概 要 P. 9 3. 関 係 法 令 条 約 計 画 P.13 4.データ 等 P.27 文 部 科 省 初 等 中 等 教 育 局 特 別 支 援 教 育 課 1.インクルーシブ 教 育 システムについて -1- 障 害 ある 子 供 へ 教 育 的 支 援 必 要 性 全 て

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

女 性 が 活 躍 する 未 来 に 向 けてスピードアップ! ~ 地 域 をけん 引 する 指 定 都 市 の 提 言 ~ 平 成 26 年 11 月 指 定 都 市 市 長 会 提 言 の 趣 旨 人 口 急 減 超 高 齢 化 への 対 応 が 国 を 挙 げての 喫 緊 の 課 題 となる 中 社 会 の 活 力 を 維 持 していくためには あらゆる 人 が 意 欲 を 持 ち 活 動

More information

Ⅰ 総 論 Ⅰ 総 論 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 策 定 の 趣 旨 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 会 の 構 築 を 目 指 す 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社

Ⅰ 総 論 Ⅰ 総 論 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 策 定 の 趣 旨 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 会 の 構 築 を 目 指 す 本 県 では 障 害 のある 人 もない 人 も 共 に 生 活 し 活 動 できる 社 新 旧 対 照 表 ( 変 更 箇 所 対 照 表 : 修 正 部 のみ 抜 粋 ) 変 更 後 ( 案 ) 変 更 前 第 3 次 沖 縄 県 障 害 者 基 本 計 画 ~ 美 らしま 障 害 者 プラン~ 第 3 次 沖 縄 県 障 害 者 基 本 計 画 ~ 美 らしま 障 害 者 プラン~ 平 成 16 年 3 月 18 日 策 定 平 成 21 年 6 月 16 日 変 更 平 成 24

More information

発達障害について

発達障害について 発 達 障 害 について 2008 5 4 デイケア 家 族 教 室 ハートクリニック 医 師 高 卓 士 生 まれながらの 可 能 性 個 性 18 歳 以 前 に 発 症 ことば 運 動 認 識 能 力 の 発 達 の 遅 れ/かたより 障 害 = 困 っている 発 達 障 害 の 分 類 広 汎 性 発 達 障 害 とは 広 汎 性 発 達 障 害 とは 自 閉 症 とその 周 りのもの 広

More information

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 平 成 25 年 度 の 業 務 運 営 に 関 する 計 画 ( 年 度 計 画 ) 平 成 25 年 3 月 29 日, 届 出 平 成 25 年 度 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

本 計 画 では 体 系 的 に 施 策 を 推 進 する 中 で(50 51ページ 参 照 ) 施 策 を 複 合 的 に 捉 え 重 点 的 な 取 組 を3つ 掲 げ 中 長 期 的 な 見 通 しを 踏 まえ 取 り 組 んでいきます これらの 取 組 は 地 域 包 括 ケアシステム 構

本 計 画 では 体 系 的 に 施 策 を 推 進 する 中 で(50 51ページ 参 照 ) 施 策 を 複 合 的 に 捉 え 重 点 的 な 取 組 を3つ 掲 げ 中 長 期 的 な 見 通 しを 踏 まえ 取 り 組 んでいきます これらの 取 組 は 地 域 包 括 ケアシステム 構 第 4 章 重 点 的 な 取 組 - 57 - 本 計 画 では 体 系 的 に 施 策 を 推 進 する 中 で(50 51ページ 参 照 ) 施 策 を 複 合 的 に 捉 え 重 点 的 な 取 組 を3つ 掲 げ 中 長 期 的 な 見 通 しを 踏 まえ 取 り 組 んでいきます これらの 取 組 は 地 域 包 括 ケアシステム 構 築 のために 市 町 村 が 重 点 的 に 取 り

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

Microsoft Word - 280317プランdoc.doc

Microsoft Word - 280317プランdoc.doc さまざまな 人 権 に 関 する 現 状 と 課 題 女 性 条 約 法 制 度 の 整 備 状 況 女 子 に 対 するあらゆる 形 態 の 差 別 の 撤 廃 に 関 する 条 約 ( 女 子 差 別 撤 廃 条 約 )が 1985( 昭 和 60) 年 に 締 結 されました その 中 では 男 子 も 女 子 も 個 人 として 等 しく 尊 重 されるべきとされており 国 際 社 会 における

More information

224kugikai1-8.indd

224kugikai1-8.indd 8 6 5 丁 番 号 電 話 54- 代 ホムペジ http://www.kugikai.city.chuo.lg.jp/ ゅ 情 8 程 企 画 常 8 休 企 画 7 福 祉 広 連 合 約 変 約 8 程 休 終 8 常 7 個 情 6 印 鑑 次 酬 弁 償 陳 料 答 弁 旨 ~ 常 旨 石 川 島 4 4 撮 影 8 6 4 間 矢 信 派 ほ 8 7 命 同 4 同 件 6 矢 信

More information

<5461726F2D8C79937894AD924290669266836083468362834E838A83588367>

<5461726F2D8C79937894AD924290669266836083468362834E838A83588367> 名 古 屋 周 辺 のADHD 診 断 治 療 機 関 えじそんくらぶ 名 古 屋 親 の 会 (A D CATS)からの 情 報 を 中 心 に 一 部 書 籍 などで 得 た 情 報 を 加 えています あいち 小 児 保 健 医 療 センター 心 療 科 474-0031 愛 知 県 大 府 市 森 岡 町 尾 坂 田 1ー2 電 話 0562-43-0500( 代 表 ) FAX 0562-43-0513

More information

Microsoft Word - 最終FASD予防憲章1309.doc

Microsoft Word - 最終FASD予防憲章1309.doc FASD 予 防 の 国 際 憲 章 (Fetal Alcohol Spectrum Disorder: 胎 児 性 アルコール 多 様 障 害 ) ( 憲 章 委 員 会 メンバー: 久 繁 哲 徳 翻 訳 ) FASD 予 防 の 第 一 回 国 際 会 議 が カナダのエドモントンで 2013 年 9 月 23 日 ~25 日 に 開 催 された この 会 議 の 参 加 者 により つぎの

More information

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること 11/01/14 関 東 ブロック 新 人 研 修 会 静 岡 県 司 法 書 士 会 中 里 功 多 重 債 務 整 理 事 件 3 - 消 費 者 破 産 - 本 稿 は 個 人 破 産 の 中 でもいわゆる 消 費 者 破 産 ( 非 事 業 者 に 関 する 破 産 事 件 )に 関 する 基 礎 的 論 点 の 修 得 を 目 的 としており 事 業 者 の 破 産 事 件 や 会 社 の

More information

スライドマスター

スライドマスター 変 革 の 今 改 めて 公 衆 衛 生 について 考 える 自 治 労 研 修 会 IN 大 坂 平 成 20 年 5 月 17 日 高 知 県 中 央 東 福 祉 保 健 所 田 上 豊 資 自 己 紹 介 S54 自 治 医 科 大 学 卒 業 S54 県 立 中 央 病 院 ( 臨 床 研 修 ) S56 室 戸 保 健 所 S59 中 央 保 健 所 S61 窪 川 保 健 所 長 兼 務

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc 資 料 2 大 阪 府 における 住 宅 バウチャー( 家 賃 補 助 ) 制 度 の 検 討 経 過 等 について 安 心 して 暮 らせる 住 宅 とまちの 形 成 ( 今 後 の 住 宅 セーフティネット 施 策 の 展 開 について) 今 後 の 住 宅 セーフティネットの 構 築 の 方 向 性 施 策 の 構 築 にあたっては 府 民 の 生 活 実 態 や 市 場 の 状 況 把 握

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

具 体 的 な 取 組 1-(2) 日 本 語 の 習 得 と 地 域 社 会 で 共 に 暮 らしていくための 支 援.4 日 本 語 母 語 教 室 の 開 催 支 援 日 本 語 教 室 の 開 催 運 営 支 援 済 継 続 支 援 母 語 教 室 の 開 催 運 営 支 援 済 継 続 支

具 体 的 な 取 組 1-(2) 日 本 語 の 習 得 と 地 域 社 会 で 共 に 暮 らしていくための 支 援.4 日 本 語 母 語 教 室 の 開 催 支 援 日 本 語 教 室 の 開 催 運 営 支 援 済 継 続 支 援 母 語 教 室 の 開 催 運 営 支 援 済 継 続 支 1-(2) 日 本 語 の 習 得 と 地 域 社 会 で 共 に 暮 らしていくための 支 援 1) 現 状 と 課 題 1 現 状 ア 外 国 人 住 民 の 中 には 日 本 の 文 化 慣 習 等 に 戸 惑 いながら 生 活 して いる 人 もいます イ 日 本 語 ができない 外 国 人 住 民 は 必 要 な 情 報 を 十 分 に 得 ることがで きず 日 本 社 会 で 共 存 していく

More information

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景 定 例 記 者 懇 談 会 資 料 3-1 平 成 28 年 2 月 22 日 政 策 協 働 部 財 政 課 0548-23-0054 平 成 28 年 度 牧 之 原 市 当 初 予 算 案 について 1 当 初 予 算 案 の 総 額 予 算 額 ( 前 年 度 比 伸 び 率 ) 一 般 会 計 ( 歳 入 歳 出 ) 194 億 円 ( 6 億 円 3.0%) 特 別 会 計 ( 歳 入

More information

Taro-第1~4-2.jtd

Taro-第1~4-2.jtd 第 8 章 保 健 医 療 福 祉 ( 介 護 )の 総 合 的 な 取 組 の 促 進 第 1 節 保 健 医 療 福 祉 ( 介 護 )の 連 携 ( 現 状 及 び 課 題 ) 保 健 医 療 福 祉 は 相 互 に 密 接 に 関 わっており 医 療 連 携 体 制 の 構 築 にあ たっても 疾 病 の 予 防 特 定 健 診 特 定 保 健 指 導 各 種 の 相 談 治 療 リハビ リテーション

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

別添2(表紙・目次)

別添2(表紙・目次) 別 添 2 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 等 目 次 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 35 全 体 概 要 36 企 業 事 例 一 覧 38 賃 金 制 度 の 見 直 しに 当 たって 従 業 員 の 納 得 性 を 高 めるための 取 組 事 例 57 中

More information

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題 第 1 回 厚 生 年 金 基 金 制 度 に 関 す る 専 門 委 員 会 平 成 2 4 年 1 1 月 2 日 資 料 3-1 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて ( 試 案 ) この 試 案 は 代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 みとする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 広 く 国 民 の 論 議 に 供 するため 議 論

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 事 業 計 画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 ( 以 下 慶 福 苑 という )は 利 用 定 100 床 の 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 及 び 利 用 定 4 床 の 短 期 入 所 生 活 介 護 事 業 所 としての 認 可 を 受 け 施 設 運 営 を 行 っています 平 成 27 年 度 国 の 介

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別 第 9 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 平 成 2 0 年 6 月 1 9 日 資 料 1-8 高 齢 者 雇 用 と 整 合 的 な 仕 組 み( 在 職 老 齢 年 金 等 )について 現 行 制 度 の 仕 組 み 趣 旨 在 職 老 齢 年 金 制 度 厚 生 年 金 の 適 用 事 業 所 に 勤 務 する70 歳 未 満 の 者 は 被 保 険 者 として 適 用 され

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information