論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する"

Transcription

1 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局

2 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 事 態 を 回 避 するた め 国 家 公 務 員 について 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 措 置 が 必 要 ではな いか 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 選 択 肢 として 1 人 事 院 の 意 見 の 申 出 に 即 した 定 年 の 段 階 的 引 上 げ 2 民 間 の 雇 用 者 に 関 する 法 制 の 見 直 しの 検 討 状 況 を 踏 まえて 再 任 用 を 希 望 する 定 年 退 職 者 の 採 用 の 任 命 権 者 に 対 する 義 務 付 け 等 が 考 えられるが それぞれのメリット デメリットをどのように 考 えるか また 上 記 の2つの 選 択 肢 の 比 較 に 当 たって どのようなことに 留 意 すべき か 1

3 論 点 1 ー 参 考 1 公 的 年 金 (1 階 部 分 )の 支 給 開 始 年 齢 の 段 階 的 引 上 げへの 対 応 ( 民 間 と 公 務 の 現 行 制 度 ) ( 平 成 13 年 度 から 定 額 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 が 段 階 的 に 引 き 上 げられ 平 成 25 年 度 に65 歳 ) 民 間 の 雇 用 者 : 事 業 主 に 選 択 的 な 雇 用 確 保 措 置 を 義 務 付 け 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 における 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 ( 法 定 定 年 年 齢 を60 歳 とした 上 での 雇 用 確 保 措 置 ) 事 業 主 に 対 し 高 年 齢 者 の65 歳 までの 安 定 雇 用 の 確 保 のため 次 のいずれかの 措 置 を 義 務 付 け 1 定 年 の 引 上 げ 2 継 続 雇 用 制 度 3 定 年 の 定 めの 廃 止 2について 事 業 主 が 事 業 所 の 労 働 者 の 過 半 数 で 組 織 する 労 働 組 合 又 は 労 働 者 の 過 半 数 を 代 表 する 者 との 書 面 協 定 により 継 続 雇 用 制 度 の 対 象 となる 高 年 齢 者 に 係 る 基 準 を 定 め 当 該 基 準 に 基 づく 制 度 を 導 入 したときは 2の 措 置 を 講 じ たものとみなす 高 年 齢 雇 用 確 保 措 置 実 施 済 企 業 (95.7%) 未 実 施 企 業 (4.3%) 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 定 年 引 90% 上 げ 定 100% 年 の 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 ( 定 年 63 歳 以 下 + 継 続 雇 用 )(82.6%) ( 定 年 64 歳 以 上 ) 定 めの 廃 止 ( 定 年 なし) (14.6%) (2.8%) 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% うち56.8%( 全 企 業 の44.9%)が 労 使 協 定 により 継 続 雇 用 制 度 の 対 象 者 に 係 る 基 準 を 設 定 出 所 : 平 成 23 年 高 年 齢 者 の 雇 用 状 況 ( 厚 生 労 働 省 / 平 成 23 年 6 月 1 日 現 在 / 規 模 31 人 以 上 の 民 間 企 業 が 対 象 / 調 査 時 点 で64 歳 まで 義 務 付 け) 国 家 公 務 員 : 任 命 権 者 は 従 前 の 勤 務 実 績 等 に 基 づき 選 考 による 再 任 用 が 可 能 ( 義 務 付 けなし) 国 家 公 務 員 法 の 規 定 により 任 命 権 者 は 従 前 の 勤 務 実 績 等 に 基 づく 選 考 により 定 年 退 職 者 等 をフルタイム 又 はパート タイムの 再 任 用 職 員 として 採 用 することが 可 能 となっている 平 成 19~22 年 度 の 一 般 職 の 定 年 退 職 者 15,627 人 に 対 し 平 成 23 年 度 の 再 任 用 予 定 者 は4,644 人 (29.7%) 2

4 ( 参 考 ) 国 家 公 務 員 の 再 任 用 制 度 に 関 する 運 用 状 況 平 成 13 年 4 月 から 導 入 されている 現 行 再 任 用 制 度 においては 定 年 前 と 比 べ 職 制 上 の 段 階 が 低 い 官 職 に 採 用 する 運 用 が 各 府 省 で 定 着 している 背 景 には 基 礎 年 金 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 の 段 階 的 引 上 げに 対 応 した 制 度 として 設 けら れてきた 経 緯 が 存 在 する 再 任 用 後 のポスト:1 係 員 59.0% 2スタッフ 職 専 門 職 33.0% 3ラインの 役 職 者 7.2% 4 不 明 0.8% 再 任 用 後 の 官 署 :1 退 職 時 の 官 署 で 同 じ 部 署 41.0% 2 退 職 時 の 官 署 で 異 なる 部 署 30.1% 3その 他 不 明 28.9% 再 任 用 希 望 者 のうち 再 任 用 された 職 員 :88.4% 出 所 : 平 成 22 年 度 退 職 公 務 員 生 活 調 査 ( 人 事 院 ) ( 現 業 特 定 独 法 職 員 を 含 むデータ) ( 注 ) スタッフ 職 専 門 職 は 出 先 機 関 の 独 任 官 等 を 含 み ラインの 役 職 者 は 出 先 機 関 の 係 長 等 を 含 む 現 行 の 再 任 用 制 度 の 運 用 を 一 般 職 非 現 業 の 職 員 でみると ストックベースで 対 象 層 の2~3 割 程 度 が 再 任 用 されるか その 予 定 になっており 再 任 用 職 員 の 約 7 割 が 短 時 間 再 任 用 職 員 ( 週 15 時 間 30 分 ~31 時 間 勤 務 )である 平 成 18~21 年 度 定 年 退 職 者 数 15,352 人 平 成 22 年 度 再 任 用 職 員 数 3,297 人 ( 100.0%) うち フルタイム 再 任 用 職 員 数 992 人 ( 30.1%) うち 短 時 間 再 任 用 職 員 数 2,305 人 ( 69.9%) 平 成 19~22 年 度 定 年 退 職 者 数 15,627 人 平 成 23 年 度 再 任 用 予 定 職 員 数 4,644 人 ( 100.0%) うち フルタイム 再 任 用 職 員 数 1,301 人 ( 28.0%) うち 短 時 間 再 任 用 職 員 数 3,343 人 ( 72.0%) フルタイム 再 任 用 は 法 務 省 国 交 省 ( 海 上 保 安 庁 等 )で 増 総 務 省 が 示 しているモデルケースにより 再 任 用 職 員 の 収 入 を 見 ると 以 下 のとおりである モデルケース 昭 和 26 年 10 月 生 昭 和 45 年 4 月 採 用 平 成 24 年 3 月 末 定 年 退 職 ( 共 済 組 合 員 期 間 42 年 間 退 職 時 行 ( 一 )6 級 65 号 俸 )/ 勤 務 先 : 地 方 機 関 ( 地 域 手 当 3%: 富 山 市 桑 名 市 岡 山 市 等 ) 退 職 時 の 給 与 年 額 約 730 万 円 1フルタイム 再 任 用 < 行 ( 一 )3 級 > 2 短 時 間 再 任 用 < 行 ( 一 )3 級 / 週 24 時 間 > 給 与 給 与 ( 約 44 万 円 12 月 + 約 200 万 円 ) 期 末 勤 勉 手 当 :3.95 月 分 年 額 約 378 万 円 ( 約 27 万 円 12 月 + 約 51 万 円 ) 期 末 勤 勉 手 当 :2.1 月 分 年 額 約 234 万 円 ( 約 16 万 円 12 月 + 約 36 万 円 ) 期 末 勤 勉 手 当 :2.1 月 分 収 入 額 等 による 年 金 の 支 給 停 止 の 解 除 分 退 職 共 済 年 金 年 額 約 13 万 円 年 額 約 125 万 円 年 額 約 391 万 円 ( 46.4%) 年 額 約 359 万 円 ( 50.8%) 3

5 論 点 1 ー 参 考 2 公 的 年 金 (2 階 部 分 )の 支 給 開 始 年 齢 の 段 階 的 引 上 げへの 対 応 ( 平 成 25 年 度 から 報 酬 比 例 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 が 段 階 的 に 引 き 上 げられ 平 成 37 年 度 から65 歳 ) < 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 引 上 げのスケジュール> 報 酬 比 例 部 分 職 域 加 算 部 分 定 額 部 分 H25.4 H28.4 H31.4 H34.4 H37.4 H13.4 H25 年 4 月 引 上 げ 開 始 (S 生 ~) H16.4 H19.4 H22.4 H25.4 H37 年 4 月 引 上 げ 完 了 (S 生 ~) 退 職 共 済 年 金 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 ( 職 域 加 算 額 を 含 む) 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 民 間 の 雇 用 者 60 歳 61 歳 62 歳 63 歳 64 歳 H13 年 4 月 引 上 げ 開 始 (S 生 ~) 65 歳 ( 現 状 ( 平 均 値 ): 老 齢 基 礎 年 金 の 月 額 65,741 円 退 職 共 済 年 金 の 月 額 120,199 円 ) H25 年 4 月 引 上 げ 完 了 (S 生 ~) < 厚 生 労 働 省 労 働 政 策 審 議 会 建 議 今 後 の 高 年 齢 者 雇 用 対 策 について のポイント>( 平 成 24 年 1 月 6 日 ) 法 定 定 年 年 齢 を 公 的 年 金 支 給 開 始 年 齢 と 合 わせて 引 き 上 げることは 企 業 の 労 務 管 理 上 大 きな 影 響 を 及 ぼすこと 60 歳 以 降 は 働 き 方 や 暮 らし 方 に 対 するニーズが 多 様 であることから 困 難 法 定 定 年 年 齢 引 上 げは 中 長 期 的 に 検 討 していくべき 課 題 平 成 25 年 度 からの 報 酬 比 例 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 引 上 げに 伴 い 無 年 金 無 収 入 となる 者 が 生 じないよう 継 続 雇 用 制 度 の 対 象 となる 高 年 齢 者 に 係 る 基 準 は 廃 止 することが 適 当 使 用 者 側 から 継 続 雇 用 の 対 象 者 基 準 の 存 続 を 求 める 意 見 が 示 されている 事 情 に 対 する 一 つの 方 策 として 報 酬 比 例 部 分 が 支 給 される 年 代 の 者 ( 注 )に 対 しては 継 続 雇 用 制 度 の 対 象 となる 高 年 齢 者 に 係 る 基 準 を 利 用 できる 特 例 を 認 める 経 過 措 置 を 設 けることが 適 当 ( 注 ) 報 酬 比 例 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 については H25.4.1から 3 年 に 年 齢 1 歳 ずつ 段 階 的 に 引 き 上 げることとされている ( 具 体 的 には 例 えば H25.4.1~H の 期 間 は 61 歳 H28.4.1~H の 期 間 は 62 歳 等 となる ) 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 について ( 平 成 24 年 2 月 17 日 閣 議 決 定 )において 労 働 政 策 審 議 会 の 議 論 を 踏 まえ 必 要 な 法 案 を 平 成 24 年 通 常 国 会 へ 提 出 する こととされている 4

6 国 家 公 務 員 人 事 院 からの 意 見 の 申 出 ( 平 成 23 年 9 月 30 日 ) 国 家 公 務 員 制 度 改 革 基 本 法 の 規 定 を 踏 まえ 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 の 引 上 げに 合 わせて 平 成 25 年 度 から 平 成 37 年 度 に 向 けて 定 年 を 段 階 的 に65 歳 まで 引 き 上 げることが 適 当 民 間 企 業 の 高 齢 期 雇 用 の 実 情 を 考 慮 し 60 歳 超 の 職 員 の 年 間 給 与 を60 歳 前 の70% 水 準 に 設 定 能 力 実 績 に 基 づく 人 事 管 理 の 徹 底 当 面 役 職 定 年 制 の 導 入 により 組 織 活 力 を 維 持 短 時 間 勤 務 制 の 導 入 や 節 目 節 目 での 意 向 聴 取 等 を 通 じ 60 歳 超 の 多 様 な 働 き 方 を 実 現 意 見 の 申 出 後 の 公 務 員 制 度 改 革 担 当 大 臣 閣 議 発 言 ( 平 成 23 年 10 月 4 日 ) 〇 年 金 支 給 開 始 年 齢 の 引 き 上 げに 伴 い 空 白 期 間 が 生 じないよう 60 歳 以 降 の 職 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 向 け 人 事 院 の 意 見 の 申 出 を 受 け 民 間 の 状 況 等 をも 踏 まえつつ 総 務 省 をはじめとする 関 係 機 関 と 連 携 して 検 討 を 進 め 必 要 な 措 置 を 講 じてまいりたい 参 考 国 家 公 務 員 制 度 改 革 基 本 法 ( 平 成 20 年 6 月 13 日 法 律 第 68 号 )( 抄 ) ( 能 力 及 び 実 績 に 応 じた 処 遇 の 徹 底 等 ) 第 十 条 政 府 は 職 員 が 意 欲 と 誇 りを 持 って 働 くことを 可 能 とするため 次 に 掲 げる 措 置 を 講 ずるものとする 一 二 ( 略 ) 三 雇 用 と 年 金 の 接 続 の 重 要 性 に 留 意 して 次 に 掲 げる 措 置 を 講 ずること イ 定 年 まで 勤 務 できる 環 境 を 整 備 するとともに 再 任 用 制 度 の 活 用 の 拡 大 を 図 るための 措 置 を 講 ずること ロ 定 年 を 段 階 的 に 六 十 五 歳 に 引 き 上 げることについて 検 討 すること ハ イの 環 境 の 整 備 及 びロの 定 年 の 引 上 げの 検 討 に 際 し 高 年 齢 である 職 員 の 給 与 の 抑 制 を 可 能 とする 制 度 その 他 のこれらに 対 応 した 給 与 制 度 の 在 り 方 並 びに 職 制 上 の 段 階 に 応 じそれに 属 する 職 に 就 くことができる 年 齢 を 定 める 制 度 及 び 職 種 に 応 じ 定 年 を 定 め る 制 度 の 導 入 について 検 討 すること 5

7 論 点 1 ー 参 考 3 2つの 選 択 肢 のメリット デメリット 留 意 点 の 例 ( 未 定 稿 ) < 選 択 肢 1> 定 年 の 段 階 的 引 上 げ 案 メリットの 例 現 行 の 人 事 管 理 の 枠 組 を 維 持 でき 当 面 は 業 務 遂 行 への 影 響 は 小 さい 職 員 にとっては 定 年 までを 見 通 した 長 期 的 な 生 活 設 計 が 立 てやすく 安 んじて 公 務 に 専 心 出 来 る デメリット 留 意 点 の 例 民 間 企 業 における 定 年 延 長 の 実 施 率 が 低 く また 民 間 法 制 では 定 年 延 長 の 制 度 化 は 見 送 られ 継 続 雇 用 制 度 の 改 正 により 対 応 する 政 府 方 針 の 一 方 で 公 務 において 定 年 延 長 を 制 度 化 することは 官 民 の 均 衡 を 欠 くのではないか ( 役 職 定 年 制 など 新 しい 制 度 の 導 入 定 着 に 係 る 対 応 が 必 要 である ) < 選 択 肢 2> 任 命 権 者 に 対 し 再 任 用 を 希 望 す る 定 年 退 職 者 の 採 用 を 義 務 付 け る 案 継 続 雇 用 制 度 が 主 流 となっている 民 間 企 業 の 実 態 に 準 ずるとともに 民 間 法 制 では 継 続 雇 用 制 度 の 義 務 化 により 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 ることとしている 政 府 方 針 と 整 合 的 な 措 置 となるのではないか 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 る 一 方 で 改 めて 採 用 する 時 点 での 対 象 者 の 能 力 と 適 性 に 応 じた 再 配 置 を 行 いやすい 地 方 の 職 場 等 でポストを 適 切 に 準 備 でき るか 採 用 ポストをめぐるトラブルを 生 じな いか 職 場 における 上 司 部 下 の 立 場 の 逆 転 がしばしば 生 じても 士 気 や 人 間 関 係 は 維 持 できるかといった 新 たな 課 題 が 生 じる ( 再 任 用 職 員 が 担 う 職 務 の 再 検 討 ライン 職 とスタッフ 職 の 業 務 配 分 の 見 直 しなど 制 度 の 導 入 定 着 に 係 る 組 織 人 事 管 理 上 の 対 応 が 必 要 である ) ( 備 考 ) 人 事 院 の 意 見 の 申 出 では 政 策 の 立 案 や 行 政 事 務 の 執 行 等 の 管 理 事 務 技 術 的 な 業 務 が 主 体 である 公 務 においては 現 在 行 っているような 定 年 前 より 低 い 職 責 の 補 完 的 な 職 務 に 再 任 用 する 形 では 希 望 者 全 員 を65 歳 まで 雇 用 する 仕 組 みとして 十 分 機 能 することは 難 しい とされている 6

8 ( 参 考 )2つの 選 択 肢 以 外 の 案 について 選 択 肢 1 2 以 外 に 当 面 の 間 の 措 置 として 以 下 の 選 択 肢 もあり 得 る 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 27 年 3 月 31 日 までの 間 に60 歳 に 達 する 職 員 について (a) 定 年 年 齢 を1 年 引 き 上 げる 又 は(b) 定 年 自 体 は60 歳 としつつ1 年 間 勤 務 延 長 を 行 う という 暫 定 措 置 を 講 じた 上 で 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に60 歳 に 達 する 職 員 への 対 応 については 改 めて 検 討 するという 選 択 肢 (a)の 暫 定 措 置 として 定 年 年 齢 を1 年 引 き 上 げることについては 以 下 の 課 題 が 存 在 する (1) 暫 定 措 置 を 講 じた 後 の 取 扱 いについて 検 討 した 結 果 仮 に 年 金 支 給 開 始 年 齢 が 引 き 上 げら れるたびに 暫 定 的 に 定 年 年 齢 を 引 き 上 げる 等 の 対 応 を 重 ねることとなれば 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 考 え 方 を 国 民 に 体 系 的 に 説 明 しないまま 結 果 的 に 段 階 的 定 年 延 長 と 同 一 の 措 置 を 講 ずることとなること (2) 暫 定 措 置 を 講 じた 後 の 取 扱 いについて 検 討 した 結 果 仮 に 再 任 用 の 義 務 化 により 対 応 するこ ととなれば 雇 用 と 年 金 の 接 続 の 在 り 方 に 関 し 世 代 間 で 説 明 しにくい 不 均 衡 を 招 来 することとな ること (b)の 暫 定 措 置 として1 年 間 国 家 公 務 員 法 上 の 勤 務 延 長 を 行 うことについては 以 下 の 課 題 が 存 在 する 現 行 の 国 家 公 務 員 法 における 勤 務 延 長 は 退 職 の 特 例 として 当 該 職 員 の 職 務 の 特 殊 性 又 は 職 務 遂 行 上 の 特 別 の 事 情 からみて その 退 職 により 公 務 の 運 営 に 著 しい 支 障 が 生 ずると 認 めら れる 場 合 の 措 置 であり こうした 制 度 の 基 本 的 性 格 を 見 直 さない 限 り 雇 用 と 年 金 の 一 般 的 な 接 続 方 策 として 活 用 することは 困 難 であること 7

9 論 点 2 : 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 環 境 整 備 のための 方 策 段 階 的 定 年 延 長 にせよ 再 任 用 の 義 務 化 にせよ 公 務 部 内 に 多 数 の 高 齢 職 員 がとどまることに 伴 う 課 題 にどのように 対 応 していくか 組 織 の 新 陳 代 謝 の 必 要 性 に 照 らした 人 事 管 理 上 の 対 応 として 公 務 内 さら には 公 務 外 での 人 材 活 用 策 の 充 実 自 発 的 な 早 期 退 職 支 援 のための 措 置 等 が 考 えられるのではないか 自 発 的 な 早 期 退 職 支 援 のための 措 置 としてノウハウを 有 する 再 就 職 支 援 会 社 の 活 用 を 含 め どのような 方 策 を 講 ずることが 効 果 的 か なお 段 階 的 定 年 延 長 にせよ 再 任 用 の 義 務 化 にせよ 60 歳 超 職 員 の 給 与 を 抑 制 する 前 提 に 立 てば 総 給 与 費 を 抑 制 することになるもの 8

10 論 点 2 ー 参 考 1 公 務 部 内 に 多 数 の 高 齢 職 員 がとどまることに 伴 う 定 員 昇 格 面 の 課 題 人 事 管 理 上 の 措 置 によって 対 応 しきれない 以 下 の 問 題 が 発 生 1 3 年 度 に 一 度 60 歳 超 職 員 の 追 加 的 純 増 2 職 場 の 中 堅 層 を 中 心 に 60 歳 超 職 員 の 割 合 が 増 加 するため 昇 格 ペースの 鈍 化 が 発 生 すること 1 組 織 の 将 来 を 担 う 若 手 職 員 の 安 定 的 計 画 的 な 確 保 を 阻 害 新 規 採 用 可 能 数 = 前 年 度 定 年 退 職 者 数 + 当 該 年 度 のその 他 の 退 職 者 数 が 基 本 年 度 末 定 員 前 年 度 定 年 退 職 当 該 年 度 その 他 退 職 者 2に 対 応 した 新 規 採 用 ( 最 大 値 ) 3に 対 応 した 新 規 採 用 ( 最 大 値 ) 24 年 度 30 万 人 6,000 3,000 6,000 3, 年 度 30 万 人 6,000 3,000 6,000 3, 年 度 30 万 人 0 3, , 年 度 30 万 人 6,000 3,000 6,000 3, 年 度 30 万 人 6,000 3,000 6,000 3, 年 度 30 万 人 0 3, ,000 3 年 度 に 一 度 前 年 度 の 定 年 退 職 者 数 が0となり 若 手 職 員 の 確 保 が 例 年 に 比 べて 困 難 となる 年 が 生 ずる 2 高 齢 職 員 の 滞 留 自 然 体 のままでは 本 省 補 佐 クラス 以 上 への 若 手 の 昇 格 枠 が 減 少 人 材 の 新 陳 代 謝 を 阻 害 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 本 省 : 係 長 ( 困 ) 本 省 : 課 長 補 佐 本 省 : 課 長 補 佐 ( 困 ) 本 省 : 室 長 本 省 : 室 長 ( 困 ) 行 ( 一 )1 級 から10 級 合 計 管 区 : 課 長 補 佐 係 長 ( 困 ) 管 区 : 課 長 補 佐 ( 困 ) 管 区 : 課 長 管 区 : 課 長 ( 特 困 ) 管 区 : 部 長 ( 重 ) 60 歳 前 60 歳 超 60 歳 前 60 歳 超 60 歳 前 60 歳 超 60 歳 前 60 歳 超 60 歳 前 60 歳 超 60 歳 前 60 歳 超 25 年 度 32, % 16, % 15, % 3, % 2, % 145, % 26 年 度 32, % 16, % 14,049 1, % 3, % 1, % 142,881 2, % 29 年 度 32, % 14,351 2, % 12,871 2, % 2, % 1, % 139,111 6, % 32 年 度 31,614 1, % 12,142 4, % 11,803 3, % 2, % 1, % 134,886 10, % 35 年 度 31,183 1, % 9,823 7, % 10,765 4, % 2, % 1, % 130,571 15, % 38 年 度 29,547 3, % 8,596 8, % 9,872 5, % 2,115 1, % 1, % 126,473 19, % 1 人 事 院 の 意 見 の 申 出 ベースでの 機 械 的 試 算 2 8 級 には 9 級 10 級 からの 役 意 職 見 定 の 年 申 による 出 に 役 盛 降 り 込 りした まれている 者 が 含 まれる 役 職 定 年 による 役 降 りした 者 が 含 まれる 2 9

11 論 点 2 ー 参 考 2 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 見 据 えた 人 事 管 理 上 の 対 応 について 現 状 ライン 職 中 心 年 功 序 列 的 な 人 事 管 理 の 傾 向 再 就 職 あっせんの 全 面 禁 止 の 下 人 事 の 滞 留 の 傾 向 官 を 開 く 新 しい 公 共 など 新 たなテーマへの 対 応 の 必 要 性 の 高 まり 留 意 すべき 要 素 3 年 に1 度 60 歳 超 職 員 の 追 加 的 増 加 高 齢 職 員 の 公 務 部 門 での 滞 留 総 人 件 費 の 抑 制 平 成 25 年 度 ~ 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 の 引 上 げ( 報 酬 比 例 部 分 :61 歳 支 給 ) 開 始 ( 無 年 金 無 収 入 者 が 生 じる 可 能 性 ) 定 年 延 長 又 は 再 任 用 の 義 務 化 により 60 歳 以 降 の 雇 用 と 年 金 を 接 続 1. 公 務 内 外 での 活 用 公 務 内 : 専 門 スタッフ 職 の 整 備 公 務 外 : 官 民 人 事 交 流 休 職 出 向 等 の 機 会 の 拡 充 を 検 討 節 目 ( 例 えば30,40 歳 台 )で 職 員 のキャリアの 意 向 を 把 握 しつつ 適 材 適 所 で 人 材 を 活 用 ( 複 線 型 人 事 管 理 ) 多 様 な 職 務 経 験 の 付 与 を 通 じ 公 務 内 外 で 専 門 的 知 見 を 高 め キャリア 形 成 を 支 援 人 事 院 意 見 の 申 出 中 高 年 期 の 職 員 が 培 ってきた 専 門 的 知 見 を 公 務 内 外 の 多 様 な 分 野 で 活 用 退 職 管 理 基 本 方 針 等 2. 自 発 的 な 早 期 退 職 の 支 援 1 早 期 退 職 を 支 援 する 退 職 手 当 上 の 措 置 任 命 権 者 が 予 め 設 定 した 条 件 に 合 致 し 職 員 が 自 発 的 に 応 募 した 場 合 に 認 定 を 受 けてその 退 職 手 当 を( 自 己 都 合 退 職 に 係 る 退 職 手 当 よりも) 特 例 的 に 割 り 増 す という 退 職 理 由 を 検 討 退 職 管 理 基 本 方 針 官 民 均 衡 ( 財 源 )の 制 約 退 職 手 当 の 水 準 見 直 し( 人 事 院 調 査 ) スケジュール( 年 金 一 元 化 等 )に 留 意 2 民 間 ( 再 就 職 支 援 会 社 )の 活 用 職 員 の 自 発 的 な 再 就 職 活 動 を 支 援 するため 支 援 会 社 を 活 用 し 様 々なメニュー(セミナー 説 明 会 等 )の 提 供 を 検 討 国 公 法 の 規 制 (あっせん 規 制 求 職 活 動 規 制 )に 留 意 3その 他 の 方 策 上 記 の 他 再 就 職 活 動 の 支 援 に 係 る 制 度 面 での 対 応 ( 例 えば 特 別 休 暇 )が 可 能 かどうか 検 討 10

12 論 点 2 ー 参 考 3 65 歳 まで 定 年 を 引 き 上 げた 場 合 の 総 給 与 費 に 関 する 人 事 院 試 算 行 ( 一 ) * 再 任 用 制 度 による 対 応 を 講 じた 場 合 も 基 本 的 な 構 造 は 同 じ 総 人 員 及 び 級 別 の 人 員 は0 年 目 のまま 固 定 61 歳 以 降 の 年 間 給 与 は60 歳 時 の70% 水 準 特 に 中 間 層 において 年 間 給 与 が60 歳 時 の 70% 水 準 となる 61 歳 以 上 の 職 員 のウェイト が 増 加 し 平 均 年 間 給 与 が 低 下 1 総 給 与 費 は1 年 目 から 減 少 (13 年 目 :504 億 円 減 ) 年 数 総 給 与 費 ( 人 員 ) 60 歳 前 ( 人 員 ) 61~65 歳 ( 人 員 ) 0 年 目 総 給 与 費 (9,418 億 円 ) との 差 億 円 人 億 円 人 億 円 人 億 円 0 年 目 9,418 (145,687) 9,418 (145,687) 0 ( 0) - 1 年 目 (61 歳 在 職 ) 9,414 (145,687) 9,247 (142,881) 167 (2,806) 4 4 年 目 (62 歳 在 職 ) 9,335 (145,687) 8,948 (139,111) 387 (6,576) 83 7 年 目 (63 歳 在 職 ) 9,208 (145,687) 8,576 (134,886) 631 (10,801) 年 目 (64 歳 在 職 ) 9,061 (145,687) 8,182 (130,571) 880 (15,116) 年 目 (65 歳 在 職 ) 8,914 (145,687) 7,803 (126,473) 1,111 (19,214) 504 平 成 23 年 の 行 政 職 ( 一 )の 在 職 実 態 ( 級 別 年 齢 階 層 別 )を 基 に 各 年 度 の 人 員 構 成 を 試 算 ( 各 年 度 において 前 年 度 に 自 己 都 合 退 職 定 年 退 職 等 をした 人 数 と 同 じ 人 数 を 新 規 採 用 すると 仮 定 ) 上 記 の 人 員 に 級 別 年 齢 階 層 別 の 平 均 年 間 給 与 額 を 乗 じることで 総 給 与 費 を 試 算 11

13 ( 参 考 ) 人 事 院 の 意 見 の 申 出 ( 抜 粋 ) 第 3 定 年 の 引 上 げに 関 連 する 取 組 ( 抄 ) 2 定 年 の 引 上 げを 円 滑 に 行 うため 公 務 全 体 で 取 り 組 むべき 施 策 ( 抄 ) 定 年 の 引 上 げのための 諸 施 策 を 実 施 するに 際 しては 第 1の3に 述 べた 能 力 実 績 に 基 づく 人 事 管 理 の 徹 底 と 職 員 のキャリア 支 援 行 政 事 務 の 執 行 体 制 の 見 直 し 等 が 必 要 であるが 各 府 省 においてそうした 見 直 しを 進 めていくこ とを 前 提 に 以 下 の 課 題 について 公 務 全 体 で 取 り 組 むことが 必 要 である 1 公 務 内 外 で 職 員 の 能 力 経 験 を 活 用 する 観 点 から 専 門 スタッフ 職 等 の 整 備 を 図 るとともに 公 益 法 人 や 特 定 非 営 利 活 動 法 人 (NPO 法 人 ) 等 への 職 員 派 遣 について その 意 義 や 妥 当 性 を 整 理 しながら 検 討 を 行 うなどの 人 事 交 流 機 会 の 拡 充 を 図 る 2 定 年 の 引 上 げの 下 で 組 織 活 力 を 維 持 するため 職 員 自 身 の 主 体 的 なキャリアプランに 基 づく 早 期 退 職 を 支 援 す る 措 置 として 定 年 前 に 退 職 する 高 齢 層 職 員 の 退 職 手 当 について 定 年 退 職 に 比 べて 不 利 に 扱 わないようにする ことや 早 期 退 職 に 対 するインセンティブを 付 与 すること 等 の 措 置 を 適 切 に 講 ずる 3 民 間 企 業 従 業 員 については 高 年 齢 者 等 の 雇 用 の 安 定 等 に 関 する 法 律 において 事 業 主 に65 歳 までの 雇 用 確 保 措 置 を 義 務 付 けるとともに 企 業 内 での 雇 用 が 確 保 されない 場 合 事 業 主 が 再 就 職 を 希 望 する 者 に 対 し 求 人 の 開 拓 などの 再 就 職 のための 援 助 措 置 を 講 ずるよう 努 めなければならないと 定 められている こうした 状 況 を 踏 まえ 公 務 の 公 正 性 を 確 保 するための 適 正 なルールに 基 づきつつ 職 員 が 公 務 外 でその 能 力 経 験 を 活 用 することや 人 材 活 用 のニーズを 有 する 民 間 企 業 等 がそのニーズに 適 合 する 能 力 経 験 を 有 する 公 務 内 の 人 材 を 見 いだすこ とを 円 滑 にできるようにするなど 退 職 管 理 の 在 り 方 について 検 討 する 4 段 階 的 な 定 年 の 引 上 げにより3 年 ごとに 定 年 退 職 者 が 生 じないこととなるが その 場 合 その 翌 年 度 の 新 規 採 用 者 数 が 大 幅 に 減 少 し 職 員 の 年 齢 構 成 にゆがみが 生 ずるおそれがある こうした 事 態 を 緩 和 し 新 規 採 用 を 安 定 的 に 行 うことができるようにするため 定 員 上 の 経 過 的 な 取 扱 い 等 の 措 置 を 適 切 に 講 ずる 5 定 年 前 の 短 時 間 勤 務 制 の 導 入 等 定 年 の 引 上 げに 伴 う 任 用 給 与 制 度 の 見 直 しを 踏 まえ 定 員 退 職 手 当 共 済 等 の 関 連 制 度 における 取 扱 いを 適 切 に 講 ずる 6 加 齢 に 伴 う 身 体 機 能 の 低 下 が 職 務 遂 行 に 支 障 を 来 すおそれがある 職 務 に 従 事 する 職 員 の 定 年 の 引 上 げに 関 し ては 第 2の1⑶に 述 べたとおり その 職 務 の 特 殊 性 を 踏 まえ 必 要 な 検 討 を 行 い 所 要 の 措 置 を 講 ずる これらの 課 題 については 関 係 制 度 官 庁 が 協 力 しながら 本 院 も 含 め 政 府 全 体 として 検 討 を 進 めることが 必 要 で ある 12

14 論 点 3 :60 歳 超 職 員 の 給 与 の 在 り 方 * 60 歳 超 職 員 の 給 与 の 在 り 方 については 別 途 総 人 件 費 改 革 の 観 点 からの 議 論 も 必 要 人 事 院 の 意 見 の 申 出 においては 定 年 引 上 げ 後 の60 歳 台 前 半 層 職 員 の 給 与 について 60 歳 台 前 半 層 の 民 間 企 業 従 業 員 ( 製 造 業 ( 管 理 事 務 技 術 ))の 年 間 所 得 ( 給 与 在 職 老 齢 年 金 高 年 齢 雇 用 継 続 基 本 給 付 金 )が60 歳 前 の 年 間 給 与 の 約 70%( 企 業 規 模 100 人 以 上 535 万 円 /787 万 円 =68.0% 同 10 人 以 上 509 万 円 /719 万 円 =70.8%)であることを 踏 まえ 60 歳 を 超 える 職 員 の 年 間 給 与 について 60 歳 に 達 した 日 の 属 する 年 度 の 翌 年 度 から 60 歳 前 の 70%に 設 定 等 としているところ 現 行 の 再 任 用 職 員 の 給 与 については フルタイム 勤 務 職 員 であっても 俸 給 が 同 一 の 職 務 の 級 の 他 の 職 員 より 低 く 設 定 されており 諸 手 当 のうち 生 活 関 連 手 当 ( 扶 養 手 当 住 居 手 当 等 ) 等 は 支 給 されないため 同 一 の 職 務 の 級 の 官 職 にフルタイム 再 任 用 されても 給 与 は 相 当 低 下 ( 同 一 の 職 の 級 の 官 職 に 再 任 用 された 場 合 の 例 は 以 下 のとおり 下 位 の 職 務 の 級 の 官 職 に 再 任 用 された 場 合 の 例 について は 3 頁 参 照 ) ( 例 ) 行 政 職 俸 給 表 ( 一 ) の 年 間 給 与 ( 人 事 院 のモデル 給 与 例 を 基 に 算 出 ) 職 務 の 級 6 級 の 再 任 用 職 員 以 外 の 職 員 ( 地 方 機 関 課 長 ) 約 791 万 円 ( a ) 再 任 用 職 員 (6 級 ) 約 586 万 円 ( b ) b / a 100 = 74% 職 務 の 級 6 級 の 再 任 用 職 員 以 外 の 職 員 ( 本 府 省 課 長 補 佐 ) 約 891 万 円 ( a ) 再 任 用 職 員 (6 級 ) 約 586 万 円 ( b ) b / a 100 = 66% 再 任 用 職 員 以 外 の 職 員 のモデル 給 与 例 の 年 間 給 与 は 俸 給 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 俸 給 の 特 別 調 整 額 本 府 省 業 務 調 整 手 当 及 び 地 域 手 当 ( 地 方 機 関 課 長 :0% 本 府 省 課 長 補 佐 :18%)を 基 礎 に 算 出 (ボーナスについては 年 間 3.95 月 ) 再 任 用 職 員 のモデル 給 与 例 の 年 間 給 与 は 俸 給 通 勤 手 当 俸 給 の 特 別 調 整 額 地 域 手 当 ( 一 律 10%)を 基 礎 に 算 出 (ボーナス については 年 間 2.10 月 ) なお 現 在 国 会 上 程 中 の 国 家 公 務 員 制 度 改 革 関 連 四 法 案 において 非 現 業 国 家 公 務 員 に 協 約 締 結 権 を 付 与 し 給 与 等 の 勤 務 条 件 について 自 律 的 に 決 定 し 得 る 労 使 関 係 制 度 を 措 置 することと しているところ( 公 布 の 日 から 起 算 して1 年 6 月 を 超 えない 範 囲 内 で 政 令 で 定 める 日 から 施 行 ) 13

15 論 点 3 ー 参 考 1 意 見 の 申 出 における60 歳 を 超 える 職 員 の 給 与 水 準 の 設 定 60 歳 を 超 える 職 員 の 給 与 は 民 間 企 業 従 業 員 の60 歳 台 前 半 層 の 年 間 所 得 が50 歳 台 後 半 層 の 年 間 給 与 の 約 70% であることを 踏 まえ その 年 間 給 与 を60 歳 前 の70%に 設 定 民 間 企 業 従 業 員 の 年 間 給 与 等 (1は 企 業 規 模 10 人 以 上 の 場 合 2は 企 業 規 模 100 人 以 上 の 場 合 ) 50 歳 台 後 半 層 の 従 業 員 ( 製 造 業 ( 管 理 事 務 技 術 )) 60 歳 台 前 半 層 の 従 業 員 ( 製 造 業 ( 管 理 事 務 技 術 )) 高 年 齢 雇 用 継 続 基 本 給 付 金 (1 2) 2.8 万 円 ( 年 額 ) 年 間 給 与 万 円 万 円 在 職 老 齢 年 金 年 間 給 与 万 円 万 円 万 円 ( 年 額 ) 万 円 ( 年 額 ) 年 間 所 得 万 円 (50 歳 台 後 半 層 の 年 間 給 与 の70.8% ) 万 円 ( 同 68.0% ) ( 注 1) 年 間 給 与 は 賃 金 構 造 基 本 統 計 調 査 ( 厚 生 労 働 省 )の 製 造 業 ( 管 理 事 務 技 術 労 働 者 男 女 計 ) の 平 成 20 年 ~22 年 を 基 に 3 年 平 均 を 算 出 ( 注 2) 年 間 所 得 は 年 間 給 与 に 在 職 老 齢 年 金 及 び 高 年 齢 雇 用 継 続 基 本 給 付 金 を 加 算 した 推 計 額 在 職 老 齢 年 金 及 び 高 年 齢 雇 用 継 続 基 本 給 付 金 は 賃 金 構 造 基 本 統 計 調 査 ( 上 記 ) 厚 生 年 金 保 険 国 民 年 金 事 業 年 報 ( 平 成 21 年 度 ) 及 び 雇 用 保 険 事 業 年 報 ( 平 成 21 年 度 ) (いずれも 厚 生 労 働 省 )を 基 に 試 算 ( 試 算 に 当 たって 高 年 齢 雇 用 継 続 基 本 給 付 金 は 雇 用 保 険 の 労 働 者 負 担 の 割 合 に 応 じて 減 額 ) 14

16 論 点 3 ー 参 考 2 意 見 の 申 出 における60 歳 を 超 える 職 員 に 適 用 される 給 与 制 度 の 概 要 俸 給 俸 給 月 額 は 個 々の 職 員 が 受 ける 号 俸 の 俸 給 月 額 に100 分 の73を 乗 じて 得 た 額 俸 給 の 調 整 額 は 60 歳 前 の 調 整 基 本 額 に100 分 の73を 乗 じて 得 た 額 に 調 整 数 を 乗 じて 得 た 額 期 末 手 当 勤 勉 手 当 期 末 手 当 の 支 給 割 合 は60 歳 前 の 職 員 よりも 引 き 下 げ 勤 勉 手 当 の 支 給 割 合 は60 歳 前 の 職 員 と 同 じ 一 般 の 職 員 期 末 手 当 6 月 期 月 分 12 月 期 月 分 ( 年 間 1.65 月 分 ) 勤 勉 手 当 6 月 期 12 月 期 ともに 月 分 ( 年 間 1.35 月 分 ) 3.00 月 60 歳 前 年 間 2.60 月 分 年 間 1.35 月 分 3.95 月 特 定 管 理 職 員 期 末 手 当 6 月 期 月 分 12 月 期 月 分 ( 年 間 1.25 月 分 ) 勤 勉 手 当 6 月 期 12 月 期 ともに 月 分 ( 年 間 1.75 月 分 ) 3.00 月 60 歳 前 年 間 2.20 月 分 年 間 1.75 月 分 3.95 月 指 定 職 職 員 期 末 手 当 6 月 期 月 分 12 月 期 月 分 ( 年 間 0.75 月 分 ) 勤 勉 手 当 6 月 期 12 月 期 ともに 月 分 ( 年 間 1.55 月 分 ) 2.30 月 60 歳 前 年 間 1.40 月 分 年 間 1.55 月 分 2.95 月 ( 注 ) 特 定 管 理 職 員 とは 行 政 職 俸 給 表 ( 一 )7 級 相 当 以 上 で 俸 給 の 特 別 調 整 額 の 区 分 が 一 種 又 は 二 種 の 官 職 を 占 める 職 員 等 をいう その 他 の 手 当 俸 給 月 額 等 に 応 じて 手 当 額 が 設 定 されている 手 当 60 歳 前 の 手 当 額 の73%の 手 当 額 を 設 定 俸 給 の 特 別 調 整 額 本 府 省 業 務 調 整 手 当 初 任 給 調 整 手 当 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 宿 日 直 手 当 俸 給 月 額 等 に 一 定 率 を 乗 じて 手 当 額 が 決 定 される 手 当 手 当 額 は73%となった 俸 給 月 額 等 に 連 動 地 域 手 当 広 域 異 動 手 当 特 地 勤 務 手 当 特 地 勤 務 手 当 に 準 ずる 手 当 超 過 勤 務 手 当 休 日 給 夜 勤 手 当 専 門 スタッフ 職 調 整 手 当 研 究 員 調 整 手 当 60 歳 前 の 職 員 と 同 じ 額 が 支 給 される 手 当 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 特 殊 勤 務 手 当 寒 冷 地 手 当 ( 注 1) 定 年 前 短 時 間 勤 務 職 員 については 勤 務 時 間 に 応 じて 俸 給 月 額 を 按 分 する 等 の 調 整 ( 注 2)60 歳 を 超 える 職 員 についても 一 般 職 給 与 法 附 則 第 8 項 の 規 定 を 適 用 ( 俸 給 月 額 等 に1.5%を 乗 じて 得 た 額 に 相 当 する 額 を 減 じて 支 給 ) 15

17 論 点 3 ー 参 考 3 現 行 の 再 任 用 職 員 の 給 与 等 位 置 づけ 給 与 共 済 ( 年 金 医 療 保 険 ) 退 職 手 当 宿 舎 定 年 退 職 者 等 のフル タイム 再 任 用 国 家 公 務 員 法 81 条 の4 任 命 権 者 は 定 年 退 職 者 や 勤 務 延 長 後 退 職 者 等 を 従 前 の 勤 務 実 績 等 に 基 づく 選 考 により 1 年 を 超 えない 範 囲 内 で 任 期 を 定 め 常 時 勤 務 を 要 する 官 職 に 採 用 す ることができる 制 度 任 期 は1 年 を 超 えない 範 囲 で 更 新 可 能 であるが その 末 日 は 対 象 者 が65 歳 ( )に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 以 前 でなけれ ばならない 基 礎 年 金 部 分 の 支 給 開 始 年 金 の 引 上 げに 対 応 した 読 替 え 規 定 あり 俸 給 各 俸 給 表 ( 指 定 職 俸 給 表 を 除 く )の 再 任 用 職 員 の 区 分 ( 単 一 号 俸 )を 適 用 ( 単 一 号 俸 のため 昇 給 概 念 はない ) 手 当 通 勤 手 当 超 過 勤 務 手 当 期 末 勤 勉 手 当 等 は 支 給 している 生 活 関 連 手 当 ( 扶 養 手 当 住 居 手 当 等 )や 主 として 人 材 確 保 を 目 的 とする 手 当 ( 特 地 勤 務 手 当 等 )は 支 給 されない 共 済 組 合 員 となる 定 年 退 職 前 の 勤 続 期 間 についての 退 職 手 当 は 当 該 定 年 退 職 時 に 支 給 再 任 用 期 間 に 係 る 退 職 手 当 は 支 給 されない 宿 舎 については 条 件 を 満 たせば 貸 与 可 能 定 年 退 職 者 等 の 短 時 間 再 任 用 国 家 公 務 員 法 81 条 の5 任 命 権 者 は 定 年 退 職 者 が 勤 務 延 長 後 退 職 者 等 を 従 前 の 勤 務 実 績 等 に 基 づく 選 考 により 1 年 を 超 えない 範 囲 内 で 任 期 を 定 め 短 時 間 勤 務 の 官 職 に 採 用 するこ とができる 制 度 任 期 についての 定 めはフルタイ ム 再 任 用 と 同 じ 俸 給 各 俸 給 表 ( 指 定 職 俸 給 表 を 除 く )の 再 任 用 職 員 の 区 分 ( 単 一 号 俸 )の 俸 給 月 額 に 1 週 間 当 た りの 勤 務 時 間 を38 時 間 45 分 で 除 して 得 た 数 を 乗 じて 得 た 額 手 当 フルタイム 再 任 用 とほぼ 同 様 ( 通 勤 手 当 及 び 超 過 勤 務 手 当 の 支 給 に 関 し 特 例 あり ) 共 済 組 合 員 とならない ( 受 給 資 格 があれば 退 職 共 済 年 金 を 受 給 ) 勤 務 時 間 が 一 般 職 員 の3/4 以 上 の 者 は 健 康 保 険 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 管 掌 )と 厚 生 年 金 の 被 保 険 者 となる その 他 の 者 は 国 民 健 康 保 険 の 被 保 険 者 となる ( 国 民 年 金 には 原 則 として60 歳 以 降 加 入 でき ない ) なお 退 職 後 2 年 間 は 共 済 の 任 意 継 続 組 合 員 として 短 期 給 付 受 給 ( 健 康 保 険 ) 等 が 可 能 定 年 退 職 前 の 勤 続 期 間 についての 退 職 手 当 は 当 該 定 年 退 職 時 に 支 給 再 任 用 期 間 に 係 る 退 職 手 当 は 支 給 されない 宿 舎 については 基 本 的 に 貸 与 不 可 能 ( 無 料 宿 舎 が 貸 与 され る 職 員 については 貸 与 可 能 ) 16

18 論 点 3 ー 参 考 41 公 務 員 制 度 改 革 関 連 法 案 ( 国 会 上 程 中 )における 自 律 的 労 使 関 係 制 度 の 措 置 労 使 が 職 員 の 勤 務 条 件 について 真 摯 に 向 き 合 い 当 事 者 意 識 を 高 め 自 律 的 に 勤 務 条 件 を 決 定 し 得 る 仕 組 みに 変 革 時 代 の 変 化 に 対 応 し 主 体 的 に 人 事 給 与 制 度 の 改 革 に 取 り 組 むことにより 職 員 の 意 欲 と 能 力 を 高 め 有 為 な 人 材 を 確 保 活 用 職 員 の 側 も 勤 務 条 件 の 決 定 プロセスに 参 画 し 相 応 の 責 任 を 負 い 自 らの 働 きぶりに 対 する 国 民 の 理 解 の 下 に 勤 務 条 件 を 決 定 これらにより 新 たな 政 策 課 題 に 迅 速 かつ 果 断 に 対 応 し 効 率 的 で 質 の 高 い 行 政 サービスの 実 現 を 図 る 当 局 公 務 員 庁 政 府 全 体 で 統 一 的 に 定 める 俸 給 月 額 手 当 の 額 一 週 間 当 たり の 勤 務 時 間 等 について 団 体 交 渉 を 実 施 各 府 省 各 府 省 ごとに 定 める 勤 務 時 間 の 割 振 り 等 について 団 体 交 渉 を 実 施 人 事 院 勧 告 制 度 及 び 人 事 院 を 廃 止 団 体 交 渉 団 体 協 約 の 締 結 団 体 協 約 事 項 1 職 員 の 俸 給 その 他 の 給 与 勤 務 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 2 職 員 の 昇 任 降 任 転 任 休 職 免 職 及 び 懲 戒 の 基 準 に 関 する 事 項 3 職 員 の 保 健 安 全 保 持 及 び 災 害 補 償 に 関 する 事 項 4 上 記 1~3のほか 職 員 の 勤 務 条 件 に 関 する 事 項 5 団 体 交 渉 の 手 続 等 の 労 使 関 係 に 関 する 事 項 国 の 事 務 の 管 理 及 び 運 営 に 関 する 事 項 ( 人 事 権 の 行 使 予 算 政 策 等 )は 団 体 交 渉 の 対 象 とすることができない 団 体 交 渉 の 議 事 の 概 要 及 び 団 体 協 約 の 内 容 を 公 表 団 体 協 約 の 内 容 を 反 映 した 法 律 案 の 国 会 提 出 政 省 令 の 改 廃 等 を 義 務 付 け ( 団 体 交 渉 の 場 等 において 労 使 間 で 紛 争 等 が 生 じた 場 合 ) 中 央 労 働 委 員 会 認 証 に 関 する 事 務 を 実 施 認 証 された 労 働 組 合 労 働 組 合 の 認 証 制 度 以 下 の 要 件 を 満 たす 労 働 組 合 ( )を 認 証 し 団 体 協 約 の 締 結 不 当 労 働 行 為 救 済 申 立 て あっせん 調 停 仲 裁 手 続 への 参 加 組 合 員 で ある 職 員 の 在 籍 専 従 短 期 従 事 を 可 能 とする 規 約 が 法 律 所 定 の 要 件 を 満 たすこと 組 合 員 の 過 半 数 が 団 結 権 を 有 する 職 員 であ ること 等 一 般 職 の 国 家 公 務 員 である 職 員 が 主 体 となっ て 自 主 的 にその 勤 務 条 件 の 維 持 改 善 を 図 ること を 目 的 として 組 織 する 団 体 又 はその 連 合 体 事 務 次 官 外 局 の 長 官 及 び 局 長 等 は 労 働 組 合 を 結 成 し 又 はこれに 加 入 することができない 認 証 された 労 働 組 合 組 合 員 である 職 員 等 から 当 局 が 不 当 労 働 行 為 ( 職 員 に 対 する 不 利 益 取 扱 い 団 体 交 渉 拒 否 支 配 介 入 経 費 援 助 等 ) の 禁 止 義 務 に 違 反 した 旨 の 申 立 てを 受 けたときは 調 査 審 問 を 行 い 認 定 した 事 実 に 基 づき 救 済 命 令 等 を 発 することができる 団 体 協 約 締 結 可 能 事 項 について 権 限 ある 当 局 と 認 証 された 労 働 組 合 の 間 に 紛 争 が 発 生 したときは あっせん 調 停 又 は 仲 裁 が 可 能 17

19 論 点 3 ー 参 考 42 主 な 人 事 行 政 関 係 機 関 の 改 正 前 後 のイメージについて 現 行 < 総 務 省 > 改 正 後 人 事 恩 給 局 国 家 公 務 員 制 度 の 企 画 立 案 人 事 管 理 の 方 針 の 総 合 調 整 人 事 評 価 服 務 退 職 管 理 給 与 ( 特 別 職 ) 退 職 手 当 等 ( 恩 給 行 政 総 務 省 に 存 置 ) 行 政 管 理 局 行 政 機 関 の 機 構 定 員 管 理 運 営 の 改 善 効 率 化 独 立 行 政 法 人 等 の 管 理 ( 行 政 手 続 法 等 総 務 省 に 存 置 ) < 官 民 人 材 交 流 センター: 内 閣 府 本 府 > 廃 止 あっせんによる 再 就 職 援 助 ( 組 織 改 廃 時 のみ) < 人 事 院 > 官 房 機 能 ( 総 務 課 人 事 課 会 計 課 等 ) 総 務 人 事 会 計 等 職 員 福 祉 局 懲 戒 災 害 補 償 育 児 休 業 等 人 材 局 採 用 試 験 任 用 分 限 研 修 等 給 与 局 給 与 ( 一 般 職 ) 定 年 制 度 ( 人 事 院 勧 告 廃 止 ) 公 平 審 査 局 不 服 申 立 てその 他 の 苦 情 の 処 理 < 国 家 公 務 員 倫 理 審 査 会 : 人 事 院 > 国 家 公 務 員 倫 理 法 の 事 務 < 再 就 職 等 監 視 委 員 会 : 内 閣 府 本 府 > 再 就 職 等 規 制 の 施 行 に 関 する 事 務 監 視 機 能 は 強 化 総 務 省 恩 給 行 政 行 政 手 続 法 等 <2 局 削 減 > 公 務 員 庁 移 管 された 業 務 + 新 規 業 務 団 体 交 渉 団 体 協 約 国 家 公 務 員 の 総 人 件 費 の 基 本 方 針 幹 部 候 補 育 成 課 程 等 < 官 房 局 の 上 限 は5> 人 事 公 正 委 員 会 ( ) < 事 務 局 を 設 置 > 国 家 公 務 員 倫 理 審 査 会 再 就 職 等 監 視 適 正 化 委 員 会 人 事 院 の 機 能 のうち 公 平 審 査 局 の 機 能 のほか 各 局 が 所 掌 する 政 治 的 行 為 の 制 限 営 利 企 業 に 関 する 制 限 官 民 人 事 交 流 基 準 人 事 行 政 改 善 勧 告 法 令 の 制 定 改 廃 に 関 する 意 見 の 申 出 も 移 管 18

20 その 他 の 論 点 スケジュール 論 点 1~3のほかに 例 えば 以 下 のような 論 点 についても 可 能 な 範 囲 で 御 議 論 い ただいてはどうか 1 役 職 定 年 制 の 導 入 ( 人 事 院 の 意 見 の 申 出 では 法 制 化 が 提 示 されているところ ) 公 務 部 内 に60 歳 超 職 員 が 増 加 する 中 で 管 理 職 の 新 陳 代 謝 を 図 り 組 織 活 力 を 維 持 するため 例 えば 本 府 省 の 局 長 部 長 課 長 等 の 一 定 の 範 囲 の 管 理 職 が 現 行 の 定 年 である60 歳 に 達 した 場 合 に 他 の 官 職 に 異 動 させることとする 役 職 定 年 制 の 導 入 について どのように 考 えるか 2 能 力 実 績 に 基 づく 人 事 管 理 の 徹 底 と 職 員 のキャリア 支 援 職 員 の 在 職 期 間 が 長 期 化 する 中 で 短 期 間 で 頻 繁 に 異 動 させる 人 事 運 用 の 見 直 しや 年 次 的 な 昇 進 管 理 の 打 破 など 能 力 実 績 に 基 づく 人 事 管 理 の 徹 底 や 節 目 節 目 で 職 員 のキャリアプランに 対 する 意 向 を 聴 取 し 多 様 な 職 務 経 験 を 付 与 する 機 会 の 拡 充 の 必 要 があるものと 考 えられないか なお 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 の 在 り 方 について 速 やかに 政 府 として 基 本 的 な 方 針 を 定 め その 後 詳 細 な 制 度 設 計 についても 早 急 に 詰 めていくことが 必 要 と 考 えられる( 次 頁 参 照 ) 19

21 参 考 : 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 するスケジュール 例 : 昭 和 28 年 (1953 年 )10 月 1 日 生 まれの 職 員 現 行 定 年 退 職 日 は 平 成 26 年 (2014 年 )3 月 31 日 24 年 初 夏 に 政 府 の 方 針 が 確 定 し なければ 25 年 度 の 採 用 計 画 策 定 や25 年 度 の 人 事 管 理 方 針 の 立 案 等 が 不 可 能 になる 職 員 自 身 による 将 来 設 計 もでき なくなる ( 例 : 自 力 での 再 就 職 先 確 保 の 要 否 の 判 断 退 職 金 支 払 い 時 期 を 見 据 えたローン 返 済 計 画 の 確 定 介 護 についての 親 族 との 調 整 等 ) 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 見 据 えた 人 事 異 動 等 の 実 施 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 行 わなければ 無 年 金 無 収 入 ( 空 白 期 間 ) 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 基 本 方 針 ( 仮 称 )の 決 定 法 案 成 立 60 歳 到 達 現 行 の 定 年 退 職 日 年 金 ( 報 酬 比 例 部 分 ) 支 給 開 始 定 年 退 職 3.31 雇 用 と 年 金 の 接 続 4.1 H24 年 4.1 一 定 の 時 期 H25 年 H26 年 H27 年 3.31 ( 注 ) : 人 事 当 局 の 視 点 : 職 員 の 視 点 参 考 : 過 去 の 制 度 改 正 の 例 平 成 13 年 4 月 1 日 に 公 的 年 金 ( 定 額 部 分 )の 支 給 開 始 年 齢 が 引 き 上 がることに 対 応 するため 法 改 正 により 平 成 13 年 4 月 から 現 行 の 再 任 用 制 度 を 導 入 することとするなど 公 的 年 金 ( 定 額 部 分 )の 支 給 開 始 年 齢 が 実 際 に61 歳 に 引 き 上 がる 時 点 までに 十 分 間 に 合 うよう 所 要 の 措 置 を 講 じた 平 成 10 年 5 月 13 日 平 成 11 年 3 月 10 日 平 成 11 年 7 月 7 日 平 成 13 年 4 月 1 日 人 事 院 が 国 会 及 び 内 閣 に 対 して 意 見 の 申 出 国 家 公 務 員 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 家 公 務 員 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 国 家 公 務 員 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 国 会 提 出 公 布 施 行 (= 現 行 の 再 任 用 制 度 スタート) 20

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73>

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73> 日 本 司 法 支 援 センター( 法 人 番 号 2011205001573)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 センターの 主 要 事 業 は 総 合 法 律 支 援 に 関 する 事 業 である 役

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 44. 歳 6,4,6 6 4.4 歳,44 4,7 7,6 4. 歳 7,

職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 44. 歳 6,4,6 6 4.4 歳,44 4,7 7,6 4. 歳 7, 別 紙 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 4 年 度 (4 年 度 末 ),7 4,,4 A 千 千 千,4 4, B. B/A 年 度 の 件 費 率. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 4 年 度

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42 独 立 行 政 法 人 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 は 北 方 領 土 問 題 その 他 北 方 地 域 に 関 する

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73>

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について ( 平 成 23 年 4 月 1 日 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (21 年 度 末 ) A 21 年 度 3,455 19,33,478 実 質 収 支 472,685 件 費 B 3,364,471 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 2 年 度 の 件 費 率 17.7

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

d02 国際交流基金 様式1

d02 国際交流基金 様式1 独 立 行 政 法 人 国 際 交 流 基 金 ( 法 人 番 号 3011105603801)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 法 人 は 外 交 政 策 に 資 する 国 際 文 化 交 流 事 業

More information

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別 梼 原 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 ( 一 般 会 計 松 診 四 万 診 会 計 ) 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 区 分 人 口 23 年 度 の ( 年 度 末 ) A B (B/A) 人 件 費 率 H25.3.31 千 千 千 %

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的 矢 掛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 5,055 千 7,78,45 千 48,9 千 877,259.3 2.8 (2) 職 員 給

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】 給与勧告の仕組みと報告のポイント 平成 26 年 10 月 静岡県人事委員会 目 次 1 給 与 勧 告 の 仕 組 み ページ 1 給 与 勧 告 の 対 象 職 員 1 2 給 与 勧 告 の 手 順 2 3 民 間 給 与 との 比 較 方 法 (ラスパイレス 比 較 ) 3 4 民 間 給 与 と 職 員 給 与 との 比 較 4 2 本 年 の 給 与 改 定 1 本 年 の 給 与 改

More information

目 次 再 任 用 制 度 とは 1 再 任 用 制 度 の 対 象 者 4 採 用 任 期 勤 務 形 態 5 休 暇 6 給 与 7 その 他 の 諸 制 度 8 表 1 再 任 用 職 員 の 俸 給 月 額 9 表 2 再 任 用 職 員 の 医 療 年 金 保 険 11 表 3 再 任 用

目 次 再 任 用 制 度 とは 1 再 任 用 制 度 の 対 象 者 4 採 用 任 期 勤 務 形 態 5 休 暇 6 給 与 7 その 他 の 諸 制 度 8 表 1 再 任 用 職 員 の 俸 給 月 額 9 表 2 再 任 用 職 員 の 医 療 年 金 保 険 11 表 3 再 任 用 再 任 用 を 希 望 される 皆 様 へ 内 閣 官 房 内 閣 人 事 局 平 成 27 年 度 目 次 再 任 用 制 度 とは 1 再 任 用 制 度 の 対 象 者 4 採 用 任 期 勤 務 形 態 5 休 暇 6 給 与 7 その 他 の 諸 制 度 8 表 1 再 任 用 職 員 の 俸 給 月 額 9 表 2 再 任 用 職 員 の 医 療 年 金 保 険 11 表 3 再 任 用

More information

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ

平 成 2 1 年 度 か ら 新 留 萌 市 財 政 健 全 化 計 画 に 基 づ く 給 与 抑 制 措 置 を 実 施 し て い る が 平 成 2 4 年 度 及 び 平 成 2 6 年 度 に 見 直 し を 行 っ た こ と に よ り 平 成 2 6 年 4 月 1 日 の ラ 平 成 26 年 度 公 表 分 留 萌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 25 年 度 の 件 費 率 25 年 度 千 千 千 2 3, 4 4 0 1

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 総 括 平 成 5 年 度 標 津 町 の 事 行 政 の 運 営 状 況 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 総 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 年 度 5,587 6,5,9 % % 8,5 87,75 3..6 () 職 員 給 与 費 の 状

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考 石 井 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 6,69 8,136,675 373,713 1,54,11 18.95 19.18 () 職 員 給 与

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321 平 成 24 年 度 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 千 千 千 23 年 度 16,465 1,969,859 183,816 2,34,765 21.3

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最 飛 騨 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 実 質 収 支 (H23 年 度 末 ) A B B/A H22 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 23 年 度 26,858 17,655,457 1,317,559

More information

基発第0930001号

基発第0930001号 ( 別 添 1) ( 一 般 労 働 者 用 ; 常 用 有 期 雇 用 型 ) 殿 労 働 条 件 通 知 書 事 業 場 名 称 所 在 地 使 用 者 職 氏 名 年 月 日 契 約 期 間 期 間 の 定 めなし 期 間 の 定 めあり( 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 以 下 は 契 約 期 間 について 期 間 の 定 めあり とした 場 合 に 記 入 1 契 約 の 更 新 の 有

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 岡 町 ( 市 )の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (2 3 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 % 50,5 5 3 11, 6 78, 9 49 4 5 6, 9 48 2,760, 245 2 3. 6 ( 参 考 ) 22

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2 平 成 25 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 千 千 千 5,594,744,222 164,19 62,94

More information

Microsoft Word - 通達(参考).doc

Microsoft Word - 通達(参考).doc 参 考 1 基 発 第 0909001 号 平 成 20 年 9 月 9 日 都 道 府 県 労 働 局 長 殿 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 長 ( 公 印 省 略 ) 多 店 舗 展 開 する 小 売 業 飲 食 業 等 の 店 舗 における 管 理 監 督 者 の 範 囲 の 適 正 化 について 小 売 業 飲 食 業 等 において いわゆるチェーン 店 の 形 態 により 相 当

More information

人事行政の運営状況の報告について

人事行政の運営状況の報告について 市 職 員 の 給 与 などの 状 況 目 次 給 与 決 定 の 仕 組 み 2 給 与 や 報 酬 の 削 減 2 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し 4 給 与 制 度 の 見 直 し 5 人 件 費 の 抑 制 5 給 与 水 準 (ラスパイレス 指 数 ) 6 職 員 数 の 推 移 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) 7 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況

More information

( 注 )1 ラスパイレス 指 数 とは 全 地 方 公 共 団 体 の 一 般 行 政 職 の 給 料 月 額 を 一 の 基 準 で 比 較 するため の 職 員 数 ( 構 成 )を 用 いて 学 歴 や 経 験 年 数 の 差 による 影 響 を 補 正 し の 行 政 職 俸 給 表 (

( 注 )1 ラスパイレス 指 数 とは 全 地 方 公 共 団 体 の 一 般 行 政 職 の 給 料 月 額 を 一 の 基 準 で 比 較 するため の 職 員 数 ( 構 成 )を 用 いて 学 歴 や 経 験 年 数 の 差 による 影 響 を 補 正 し の 行 政 職 俸 給 表 ( 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 平 成 5 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 千 千 千 31,131 15,5,15 311,66,57,939 16.9 17.9 () 職 員

More information

70 愛媛大学

70 愛媛大学 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 役 員 給 与 規 程 により

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 本 巣 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) (A) (B) 35,523 歳 出 額 14,360,892 実 質 収 支 件 費 999,985 2,521,801 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 17.6 20 年 度 の 件 費 率 18.8

More information

Microsoft Word - H24様式(那珂市版).doc

Microsoft Word - H24様式(那珂市版).doc 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (3) 特 記 事 項 (4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73>

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73> 別 紙 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 8 年 日 ) A B B/A 5 年 度 の 件 費 率 6 年 度,6,9,979 千 千 千 5,5 58,6 8..4 () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8E968B4B92F6817932373034303189FC90B3835A83628367817A8D958E9A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8E968B4B92F6817932373034303189FC90B3835A83628367817A8D958E9A2E646F6378> 規 程 第 16 号 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 人 事 規 程 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 4 月 1 日 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 理 事 長 坂 本 雄 三 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 人 事 規 程 第 1 章 総 則 ( 総 則 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 建

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

波佐見町の給与・定員管理等について

波佐見町の給与・定員管理等について 波 佐 見 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 24 年 度 15,253 人 5,698,68 113,830 46,156 13.1 %

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 安 城 市 4.9 歳 32,51 369,93 36,251 愛 知 県 42.4 歳 332,11 432,53 3,945 2

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 安 城 市 4.9 歳 32,51 369,93 36,251 愛 知 県 42.4 歳 332,11 432,53 3,945 2 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) A 給 料 安 城 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 24 年 度 千 千 千 12,913 56,333,396 A 3,141,519,52,332

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73>

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73> 標 準 報 酬 月 額 等 級 表 ( 厚 生 年 金 ) 標 準 報 酬 報 酬 月 額 厚 生 年 金 保 険 料 厚 生 年 金 保 険 料 率 14.642% ( 平 成 18 年 9 月 ~ 平 成 19 年 8 月 ) 等 級 月 額 全 額 ( 円 ) 折 半 額 ( 円 ) 円 以 上 円 未 満 1 98,000 ~ 101,000 14,349.16 7,174.58 2 104,000

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

Microsoft Word - 様式(H22)[1].rtf

Microsoft Word - 様式(H22)[1].rtf 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) 21 年 度 18,774 当 別 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 A B B/A 9,004,766 161,383 1,749,847 19.4 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率

More information

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者 財 務 省, 内 定 者 総 務 省 会 計 部 門 定 員 要 求 書 内 示 書 人 事 記 録 ( 甲 ) 記 載 事 項 の 変 更 申 請 退 職 申 請 ( 辞 職 願 ) 定 年 日 通 知 書 人 事 異 動 通 知 書 内 定 通 知 書 採 用 決 定 通 知 書 任 命 結 果 俸 給 関 係 審 議 協 議 採 用 状 況 報 告 提 示 請 求 選 択 結 果 通 知 派

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64 平 成 21 年 度 労 働 関 係 総 合 実 態 調 査 調 査 結 果 の 概 要 1 諸 制 度 の 状 況 (1) 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 従 業 員 の 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 の 方 法 は 労 働 ( 雇 用 ) 契 約 書 を 取 り 交 わ している が 34.3%でもっとも 多 く 次 いで 口 頭 による 説 明 が 30.2%

More information

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研 南 阿 蘇 村 農 業 研 修 生 受 入 協 議 会 青 年 就 農 給 付 金 ( 準 備 型 ) 農 業 研 修 生 受 入 要 項 平 成 24 年 4 月 27 日 制 定 平 成 24 年 6 月 13 日 一 部 改 正 平 成 24 年 10 月 31 日 一 部 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 本 要 項 は 新 規 就 農 総 合 支 援 事 業 実 施 要 綱 ( 農 林

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職 第 2 章 職 員 の 給 与 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の 状 況 地 方 公 務 員 の 給 与 は 国 や 他 の 地 方 公 共 団 体 の 職 員 民 間 企 業 の 従 業 員 の 給 与 等 を 考 慮 して 定 めることになっています 市 には 公 平 中 立 な 機 関 である 事 委 員 会 が 設 置 されており 事 委 員 会 は 毎 年 市 内 民 間

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 現 況 ( 平 成 22 1 号 給 の 給 料 月 額 137,9 188,9 226,7 266,4 294,3 最 高 号 給 の 給 料 月 額 247,9 314,9 362,8 399,9 415,1 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 現 況 ( 平 成 22 1 号 給 の 給 料 月 額 137,9 188,9 226,7 266,4 294,3 最 高 号 給 の 給 料 月 額 247,9 314,9 362,8 399,9 415,1 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (21 年 度 末 ) A B B/A 2 年 度 の 件 費 率 21 年 度 61,319 27,554,966 1,5,665 4,594,2 % 16.7 % 19.6 (2) 職 員 給

More information