論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する"

Transcription

1 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局

2 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 事 態 を 回 避 するた め 国 家 公 務 員 について 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 措 置 が 必 要 ではな いか 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 選 択 肢 として 1 人 事 院 の 意 見 の 申 出 に 即 した 定 年 の 段 階 的 引 上 げ 2 民 間 の 雇 用 者 に 関 する 法 制 の 見 直 しの 検 討 状 況 を 踏 まえて 再 任 用 を 希 望 する 定 年 退 職 者 の 採 用 の 任 命 権 者 に 対 する 義 務 付 け 等 が 考 えられるが それぞれのメリット デメリットをどのように 考 えるか また 上 記 の2つの 選 択 肢 の 比 較 に 当 たって どのようなことに 留 意 すべき か 1

3 論 点 1 ー 参 考 1 公 的 年 金 (1 階 部 分 )の 支 給 開 始 年 齢 の 段 階 的 引 上 げへの 対 応 ( 民 間 と 公 務 の 現 行 制 度 ) ( 平 成 13 年 度 から 定 額 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 が 段 階 的 に 引 き 上 げられ 平 成 25 年 度 に65 歳 ) 民 間 の 雇 用 者 : 事 業 主 に 選 択 的 な 雇 用 確 保 措 置 を 義 務 付 け 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 における 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 ( 法 定 定 年 年 齢 を60 歳 とした 上 での 雇 用 確 保 措 置 ) 事 業 主 に 対 し 高 年 齢 者 の65 歳 までの 安 定 雇 用 の 確 保 のため 次 のいずれかの 措 置 を 義 務 付 け 1 定 年 の 引 上 げ 2 継 続 雇 用 制 度 3 定 年 の 定 めの 廃 止 2について 事 業 主 が 事 業 所 の 労 働 者 の 過 半 数 で 組 織 する 労 働 組 合 又 は 労 働 者 の 過 半 数 を 代 表 する 者 との 書 面 協 定 により 継 続 雇 用 制 度 の 対 象 となる 高 年 齢 者 に 係 る 基 準 を 定 め 当 該 基 準 に 基 づく 制 度 を 導 入 したときは 2の 措 置 を 講 じ たものとみなす 高 年 齢 雇 用 確 保 措 置 実 施 済 企 業 (95.7%) 未 実 施 企 業 (4.3%) 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 定 年 引 90% 上 げ 定 100% 年 の 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 ( 定 年 63 歳 以 下 + 継 続 雇 用 )(82.6%) ( 定 年 64 歳 以 上 ) 定 めの 廃 止 ( 定 年 なし) (14.6%) (2.8%) 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% うち56.8%( 全 企 業 の44.9%)が 労 使 協 定 により 継 続 雇 用 制 度 の 対 象 者 に 係 る 基 準 を 設 定 出 所 : 平 成 23 年 高 年 齢 者 の 雇 用 状 況 ( 厚 生 労 働 省 / 平 成 23 年 6 月 1 日 現 在 / 規 模 31 人 以 上 の 民 間 企 業 が 対 象 / 調 査 時 点 で64 歳 まで 義 務 付 け) 国 家 公 務 員 : 任 命 権 者 は 従 前 の 勤 務 実 績 等 に 基 づき 選 考 による 再 任 用 が 可 能 ( 義 務 付 けなし) 国 家 公 務 員 法 の 規 定 により 任 命 権 者 は 従 前 の 勤 務 実 績 等 に 基 づく 選 考 により 定 年 退 職 者 等 をフルタイム 又 はパート タイムの 再 任 用 職 員 として 採 用 することが 可 能 となっている 平 成 19~22 年 度 の 一 般 職 の 定 年 退 職 者 15,627 人 に 対 し 平 成 23 年 度 の 再 任 用 予 定 者 は4,644 人 (29.7%) 2

4 ( 参 考 ) 国 家 公 務 員 の 再 任 用 制 度 に 関 する 運 用 状 況 平 成 13 年 4 月 から 導 入 されている 現 行 再 任 用 制 度 においては 定 年 前 と 比 べ 職 制 上 の 段 階 が 低 い 官 職 に 採 用 する 運 用 が 各 府 省 で 定 着 している 背 景 には 基 礎 年 金 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 の 段 階 的 引 上 げに 対 応 した 制 度 として 設 けら れてきた 経 緯 が 存 在 する 再 任 用 後 のポスト:1 係 員 59.0% 2スタッフ 職 専 門 職 33.0% 3ラインの 役 職 者 7.2% 4 不 明 0.8% 再 任 用 後 の 官 署 :1 退 職 時 の 官 署 で 同 じ 部 署 41.0% 2 退 職 時 の 官 署 で 異 なる 部 署 30.1% 3その 他 不 明 28.9% 再 任 用 希 望 者 のうち 再 任 用 された 職 員 :88.4% 出 所 : 平 成 22 年 度 退 職 公 務 員 生 活 調 査 ( 人 事 院 ) ( 現 業 特 定 独 法 職 員 を 含 むデータ) ( 注 ) スタッフ 職 専 門 職 は 出 先 機 関 の 独 任 官 等 を 含 み ラインの 役 職 者 は 出 先 機 関 の 係 長 等 を 含 む 現 行 の 再 任 用 制 度 の 運 用 を 一 般 職 非 現 業 の 職 員 でみると ストックベースで 対 象 層 の2~3 割 程 度 が 再 任 用 されるか その 予 定 になっており 再 任 用 職 員 の 約 7 割 が 短 時 間 再 任 用 職 員 ( 週 15 時 間 30 分 ~31 時 間 勤 務 )である 平 成 18~21 年 度 定 年 退 職 者 数 15,352 人 平 成 22 年 度 再 任 用 職 員 数 3,297 人 ( 100.0%) うち フルタイム 再 任 用 職 員 数 992 人 ( 30.1%) うち 短 時 間 再 任 用 職 員 数 2,305 人 ( 69.9%) 平 成 19~22 年 度 定 年 退 職 者 数 15,627 人 平 成 23 年 度 再 任 用 予 定 職 員 数 4,644 人 ( 100.0%) うち フルタイム 再 任 用 職 員 数 1,301 人 ( 28.0%) うち 短 時 間 再 任 用 職 員 数 3,343 人 ( 72.0%) フルタイム 再 任 用 は 法 務 省 国 交 省 ( 海 上 保 安 庁 等 )で 増 総 務 省 が 示 しているモデルケースにより 再 任 用 職 員 の 収 入 を 見 ると 以 下 のとおりである モデルケース 昭 和 26 年 10 月 生 昭 和 45 年 4 月 採 用 平 成 24 年 3 月 末 定 年 退 職 ( 共 済 組 合 員 期 間 42 年 間 退 職 時 行 ( 一 )6 級 65 号 俸 )/ 勤 務 先 : 地 方 機 関 ( 地 域 手 当 3%: 富 山 市 桑 名 市 岡 山 市 等 ) 退 職 時 の 給 与 年 額 約 730 万 円 1フルタイム 再 任 用 < 行 ( 一 )3 級 > 2 短 時 間 再 任 用 < 行 ( 一 )3 級 / 週 24 時 間 > 給 与 給 与 ( 約 44 万 円 12 月 + 約 200 万 円 ) 期 末 勤 勉 手 当 :3.95 月 分 年 額 約 378 万 円 ( 約 27 万 円 12 月 + 約 51 万 円 ) 期 末 勤 勉 手 当 :2.1 月 分 年 額 約 234 万 円 ( 約 16 万 円 12 月 + 約 36 万 円 ) 期 末 勤 勉 手 当 :2.1 月 分 収 入 額 等 による 年 金 の 支 給 停 止 の 解 除 分 退 職 共 済 年 金 年 額 約 13 万 円 年 額 約 125 万 円 年 額 約 391 万 円 ( 46.4%) 年 額 約 359 万 円 ( 50.8%) 3

5 論 点 1 ー 参 考 2 公 的 年 金 (2 階 部 分 )の 支 給 開 始 年 齢 の 段 階 的 引 上 げへの 対 応 ( 平 成 25 年 度 から 報 酬 比 例 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 が 段 階 的 に 引 き 上 げられ 平 成 37 年 度 から65 歳 ) < 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 引 上 げのスケジュール> 報 酬 比 例 部 分 職 域 加 算 部 分 定 額 部 分 H25.4 H28.4 H31.4 H34.4 H37.4 H13.4 H25 年 4 月 引 上 げ 開 始 (S 生 ~) H16.4 H19.4 H22.4 H25.4 H37 年 4 月 引 上 げ 完 了 (S 生 ~) 退 職 共 済 年 金 老 齢 厚 生 年 金 の 支 給 ( 職 域 加 算 額 を 含 む) 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 民 間 の 雇 用 者 60 歳 61 歳 62 歳 63 歳 64 歳 H13 年 4 月 引 上 げ 開 始 (S 生 ~) 65 歳 ( 現 状 ( 平 均 値 ): 老 齢 基 礎 年 金 の 月 額 65,741 円 退 職 共 済 年 金 の 月 額 120,199 円 ) H25 年 4 月 引 上 げ 完 了 (S 生 ~) < 厚 生 労 働 省 労 働 政 策 審 議 会 建 議 今 後 の 高 年 齢 者 雇 用 対 策 について のポイント>( 平 成 24 年 1 月 6 日 ) 法 定 定 年 年 齢 を 公 的 年 金 支 給 開 始 年 齢 と 合 わせて 引 き 上 げることは 企 業 の 労 務 管 理 上 大 きな 影 響 を 及 ぼすこと 60 歳 以 降 は 働 き 方 や 暮 らし 方 に 対 するニーズが 多 様 であることから 困 難 法 定 定 年 年 齢 引 上 げは 中 長 期 的 に 検 討 していくべき 課 題 平 成 25 年 度 からの 報 酬 比 例 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 引 上 げに 伴 い 無 年 金 無 収 入 となる 者 が 生 じないよう 継 続 雇 用 制 度 の 対 象 となる 高 年 齢 者 に 係 る 基 準 は 廃 止 することが 適 当 使 用 者 側 から 継 続 雇 用 の 対 象 者 基 準 の 存 続 を 求 める 意 見 が 示 されている 事 情 に 対 する 一 つの 方 策 として 報 酬 比 例 部 分 が 支 給 される 年 代 の 者 ( 注 )に 対 しては 継 続 雇 用 制 度 の 対 象 となる 高 年 齢 者 に 係 る 基 準 を 利 用 できる 特 例 を 認 める 経 過 措 置 を 設 けることが 適 当 ( 注 ) 報 酬 比 例 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 については H25.4.1から 3 年 に 年 齢 1 歳 ずつ 段 階 的 に 引 き 上 げることとされている ( 具 体 的 には 例 えば H25.4.1~H の 期 間 は 61 歳 H28.4.1~H の 期 間 は 62 歳 等 となる ) 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 について ( 平 成 24 年 2 月 17 日 閣 議 決 定 )において 労 働 政 策 審 議 会 の 議 論 を 踏 まえ 必 要 な 法 案 を 平 成 24 年 通 常 国 会 へ 提 出 する こととされている 4

6 国 家 公 務 員 人 事 院 からの 意 見 の 申 出 ( 平 成 23 年 9 月 30 日 ) 国 家 公 務 員 制 度 改 革 基 本 法 の 規 定 を 踏 まえ 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 の 引 上 げに 合 わせて 平 成 25 年 度 から 平 成 37 年 度 に 向 けて 定 年 を 段 階 的 に65 歳 まで 引 き 上 げることが 適 当 民 間 企 業 の 高 齢 期 雇 用 の 実 情 を 考 慮 し 60 歳 超 の 職 員 の 年 間 給 与 を60 歳 前 の70% 水 準 に 設 定 能 力 実 績 に 基 づく 人 事 管 理 の 徹 底 当 面 役 職 定 年 制 の 導 入 により 組 織 活 力 を 維 持 短 時 間 勤 務 制 の 導 入 や 節 目 節 目 での 意 向 聴 取 等 を 通 じ 60 歳 超 の 多 様 な 働 き 方 を 実 現 意 見 の 申 出 後 の 公 務 員 制 度 改 革 担 当 大 臣 閣 議 発 言 ( 平 成 23 年 10 月 4 日 ) 〇 年 金 支 給 開 始 年 齢 の 引 き 上 げに 伴 い 空 白 期 間 が 生 じないよう 60 歳 以 降 の 職 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 向 け 人 事 院 の 意 見 の 申 出 を 受 け 民 間 の 状 況 等 をも 踏 まえつつ 総 務 省 をはじめとする 関 係 機 関 と 連 携 して 検 討 を 進 め 必 要 な 措 置 を 講 じてまいりたい 参 考 国 家 公 務 員 制 度 改 革 基 本 法 ( 平 成 20 年 6 月 13 日 法 律 第 68 号 )( 抄 ) ( 能 力 及 び 実 績 に 応 じた 処 遇 の 徹 底 等 ) 第 十 条 政 府 は 職 員 が 意 欲 と 誇 りを 持 って 働 くことを 可 能 とするため 次 に 掲 げる 措 置 を 講 ずるものとする 一 二 ( 略 ) 三 雇 用 と 年 金 の 接 続 の 重 要 性 に 留 意 して 次 に 掲 げる 措 置 を 講 ずること イ 定 年 まで 勤 務 できる 環 境 を 整 備 するとともに 再 任 用 制 度 の 活 用 の 拡 大 を 図 るための 措 置 を 講 ずること ロ 定 年 を 段 階 的 に 六 十 五 歳 に 引 き 上 げることについて 検 討 すること ハ イの 環 境 の 整 備 及 びロの 定 年 の 引 上 げの 検 討 に 際 し 高 年 齢 である 職 員 の 給 与 の 抑 制 を 可 能 とする 制 度 その 他 のこれらに 対 応 した 給 与 制 度 の 在 り 方 並 びに 職 制 上 の 段 階 に 応 じそれに 属 する 職 に 就 くことができる 年 齢 を 定 める 制 度 及 び 職 種 に 応 じ 定 年 を 定 め る 制 度 の 導 入 について 検 討 すること 5

7 論 点 1 ー 参 考 3 2つの 選 択 肢 のメリット デメリット 留 意 点 の 例 ( 未 定 稿 ) < 選 択 肢 1> 定 年 の 段 階 的 引 上 げ 案 メリットの 例 現 行 の 人 事 管 理 の 枠 組 を 維 持 でき 当 面 は 業 務 遂 行 への 影 響 は 小 さい 職 員 にとっては 定 年 までを 見 通 した 長 期 的 な 生 活 設 計 が 立 てやすく 安 んじて 公 務 に 専 心 出 来 る デメリット 留 意 点 の 例 民 間 企 業 における 定 年 延 長 の 実 施 率 が 低 く また 民 間 法 制 では 定 年 延 長 の 制 度 化 は 見 送 られ 継 続 雇 用 制 度 の 改 正 により 対 応 する 政 府 方 針 の 一 方 で 公 務 において 定 年 延 長 を 制 度 化 することは 官 民 の 均 衡 を 欠 くのではないか ( 役 職 定 年 制 など 新 しい 制 度 の 導 入 定 着 に 係 る 対 応 が 必 要 である ) < 選 択 肢 2> 任 命 権 者 に 対 し 再 任 用 を 希 望 す る 定 年 退 職 者 の 採 用 を 義 務 付 け る 案 継 続 雇 用 制 度 が 主 流 となっている 民 間 企 業 の 実 態 に 準 ずるとともに 民 間 法 制 では 継 続 雇 用 制 度 の 義 務 化 により 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 ることとしている 政 府 方 針 と 整 合 的 な 措 置 となるのではないか 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 る 一 方 で 改 めて 採 用 する 時 点 での 対 象 者 の 能 力 と 適 性 に 応 じた 再 配 置 を 行 いやすい 地 方 の 職 場 等 でポストを 適 切 に 準 備 でき るか 採 用 ポストをめぐるトラブルを 生 じな いか 職 場 における 上 司 部 下 の 立 場 の 逆 転 がしばしば 生 じても 士 気 や 人 間 関 係 は 維 持 できるかといった 新 たな 課 題 が 生 じる ( 再 任 用 職 員 が 担 う 職 務 の 再 検 討 ライン 職 とスタッフ 職 の 業 務 配 分 の 見 直 しなど 制 度 の 導 入 定 着 に 係 る 組 織 人 事 管 理 上 の 対 応 が 必 要 である ) ( 備 考 ) 人 事 院 の 意 見 の 申 出 では 政 策 の 立 案 や 行 政 事 務 の 執 行 等 の 管 理 事 務 技 術 的 な 業 務 が 主 体 である 公 務 においては 現 在 行 っているような 定 年 前 より 低 い 職 責 の 補 完 的 な 職 務 に 再 任 用 する 形 では 希 望 者 全 員 を65 歳 まで 雇 用 する 仕 組 みとして 十 分 機 能 することは 難 しい とされている 6

8 ( 参 考 )2つの 選 択 肢 以 外 の 案 について 選 択 肢 1 2 以 外 に 当 面 の 間 の 措 置 として 以 下 の 選 択 肢 もあり 得 る 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 27 年 3 月 31 日 までの 間 に60 歳 に 達 する 職 員 について (a) 定 年 年 齢 を1 年 引 き 上 げる 又 は(b) 定 年 自 体 は60 歳 としつつ1 年 間 勤 務 延 長 を 行 う という 暫 定 措 置 を 講 じた 上 で 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に60 歳 に 達 する 職 員 への 対 応 については 改 めて 検 討 するという 選 択 肢 (a)の 暫 定 措 置 として 定 年 年 齢 を1 年 引 き 上 げることについては 以 下 の 課 題 が 存 在 する (1) 暫 定 措 置 を 講 じた 後 の 取 扱 いについて 検 討 した 結 果 仮 に 年 金 支 給 開 始 年 齢 が 引 き 上 げら れるたびに 暫 定 的 に 定 年 年 齢 を 引 き 上 げる 等 の 対 応 を 重 ねることとなれば 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 考 え 方 を 国 民 に 体 系 的 に 説 明 しないまま 結 果 的 に 段 階 的 定 年 延 長 と 同 一 の 措 置 を 講 ずることとなること (2) 暫 定 措 置 を 講 じた 後 の 取 扱 いについて 検 討 した 結 果 仮 に 再 任 用 の 義 務 化 により 対 応 するこ ととなれば 雇 用 と 年 金 の 接 続 の 在 り 方 に 関 し 世 代 間 で 説 明 しにくい 不 均 衡 を 招 来 することとな ること (b)の 暫 定 措 置 として1 年 間 国 家 公 務 員 法 上 の 勤 務 延 長 を 行 うことについては 以 下 の 課 題 が 存 在 する 現 行 の 国 家 公 務 員 法 における 勤 務 延 長 は 退 職 の 特 例 として 当 該 職 員 の 職 務 の 特 殊 性 又 は 職 務 遂 行 上 の 特 別 の 事 情 からみて その 退 職 により 公 務 の 運 営 に 著 しい 支 障 が 生 ずると 認 めら れる 場 合 の 措 置 であり こうした 制 度 の 基 本 的 性 格 を 見 直 さない 限 り 雇 用 と 年 金 の 一 般 的 な 接 続 方 策 として 活 用 することは 困 難 であること 7

9 論 点 2 : 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 環 境 整 備 のための 方 策 段 階 的 定 年 延 長 にせよ 再 任 用 の 義 務 化 にせよ 公 務 部 内 に 多 数 の 高 齢 職 員 がとどまることに 伴 う 課 題 にどのように 対 応 していくか 組 織 の 新 陳 代 謝 の 必 要 性 に 照 らした 人 事 管 理 上 の 対 応 として 公 務 内 さら には 公 務 外 での 人 材 活 用 策 の 充 実 自 発 的 な 早 期 退 職 支 援 のための 措 置 等 が 考 えられるのではないか 自 発 的 な 早 期 退 職 支 援 のための 措 置 としてノウハウを 有 する 再 就 職 支 援 会 社 の 活 用 を 含 め どのような 方 策 を 講 ずることが 効 果 的 か なお 段 階 的 定 年 延 長 にせよ 再 任 用 の 義 務 化 にせよ 60 歳 超 職 員 の 給 与 を 抑 制 する 前 提 に 立 てば 総 給 与 費 を 抑 制 することになるもの 8

10 論 点 2 ー 参 考 1 公 務 部 内 に 多 数 の 高 齢 職 員 がとどまることに 伴 う 定 員 昇 格 面 の 課 題 人 事 管 理 上 の 措 置 によって 対 応 しきれない 以 下 の 問 題 が 発 生 1 3 年 度 に 一 度 60 歳 超 職 員 の 追 加 的 純 増 2 職 場 の 中 堅 層 を 中 心 に 60 歳 超 職 員 の 割 合 が 増 加 するため 昇 格 ペースの 鈍 化 が 発 生 すること 1 組 織 の 将 来 を 担 う 若 手 職 員 の 安 定 的 計 画 的 な 確 保 を 阻 害 新 規 採 用 可 能 数 = 前 年 度 定 年 退 職 者 数 + 当 該 年 度 のその 他 の 退 職 者 数 が 基 本 年 度 末 定 員 前 年 度 定 年 退 職 当 該 年 度 その 他 退 職 者 2に 対 応 した 新 規 採 用 ( 最 大 値 ) 3に 対 応 した 新 規 採 用 ( 最 大 値 ) 24 年 度 30 万 人 6,000 3,000 6,000 3, 年 度 30 万 人 6,000 3,000 6,000 3, 年 度 30 万 人 0 3, , 年 度 30 万 人 6,000 3,000 6,000 3, 年 度 30 万 人 6,000 3,000 6,000 3, 年 度 30 万 人 0 3, ,000 3 年 度 に 一 度 前 年 度 の 定 年 退 職 者 数 が0となり 若 手 職 員 の 確 保 が 例 年 に 比 べて 困 難 となる 年 が 生 ずる 2 高 齢 職 員 の 滞 留 自 然 体 のままでは 本 省 補 佐 クラス 以 上 への 若 手 の 昇 格 枠 が 減 少 人 材 の 新 陳 代 謝 を 阻 害 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 本 省 : 係 長 ( 困 ) 本 省 : 課 長 補 佐 本 省 : 課 長 補 佐 ( 困 ) 本 省 : 室 長 本 省 : 室 長 ( 困 ) 行 ( 一 )1 級 から10 級 合 計 管 区 : 課 長 補 佐 係 長 ( 困 ) 管 区 : 課 長 補 佐 ( 困 ) 管 区 : 課 長 管 区 : 課 長 ( 特 困 ) 管 区 : 部 長 ( 重 ) 60 歳 前 60 歳 超 60 歳 前 60 歳 超 60 歳 前 60 歳 超 60 歳 前 60 歳 超 60 歳 前 60 歳 超 60 歳 前 60 歳 超 25 年 度 32, % 16, % 15, % 3, % 2, % 145, % 26 年 度 32, % 16, % 14,049 1, % 3, % 1, % 142,881 2, % 29 年 度 32, % 14,351 2, % 12,871 2, % 2, % 1, % 139,111 6, % 32 年 度 31,614 1, % 12,142 4, % 11,803 3, % 2, % 1, % 134,886 10, % 35 年 度 31,183 1, % 9,823 7, % 10,765 4, % 2, % 1, % 130,571 15, % 38 年 度 29,547 3, % 8,596 8, % 9,872 5, % 2,115 1, % 1, % 126,473 19, % 1 人 事 院 の 意 見 の 申 出 ベースでの 機 械 的 試 算 2 8 級 には 9 級 10 級 からの 役 意 職 見 定 の 年 申 による 出 に 役 盛 降 り 込 りした まれている 者 が 含 まれる 役 職 定 年 による 役 降 りした 者 が 含 まれる 2 9

11 論 点 2 ー 参 考 2 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 見 据 えた 人 事 管 理 上 の 対 応 について 現 状 ライン 職 中 心 年 功 序 列 的 な 人 事 管 理 の 傾 向 再 就 職 あっせんの 全 面 禁 止 の 下 人 事 の 滞 留 の 傾 向 官 を 開 く 新 しい 公 共 など 新 たなテーマへの 対 応 の 必 要 性 の 高 まり 留 意 すべき 要 素 3 年 に1 度 60 歳 超 職 員 の 追 加 的 増 加 高 齢 職 員 の 公 務 部 門 での 滞 留 総 人 件 費 の 抑 制 平 成 25 年 度 ~ 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 の 引 上 げ( 報 酬 比 例 部 分 :61 歳 支 給 ) 開 始 ( 無 年 金 無 収 入 者 が 生 じる 可 能 性 ) 定 年 延 長 又 は 再 任 用 の 義 務 化 により 60 歳 以 降 の 雇 用 と 年 金 を 接 続 1. 公 務 内 外 での 活 用 公 務 内 : 専 門 スタッフ 職 の 整 備 公 務 外 : 官 民 人 事 交 流 休 職 出 向 等 の 機 会 の 拡 充 を 検 討 節 目 ( 例 えば30,40 歳 台 )で 職 員 のキャリアの 意 向 を 把 握 しつつ 適 材 適 所 で 人 材 を 活 用 ( 複 線 型 人 事 管 理 ) 多 様 な 職 務 経 験 の 付 与 を 通 じ 公 務 内 外 で 専 門 的 知 見 を 高 め キャリア 形 成 を 支 援 人 事 院 意 見 の 申 出 中 高 年 期 の 職 員 が 培 ってきた 専 門 的 知 見 を 公 務 内 外 の 多 様 な 分 野 で 活 用 退 職 管 理 基 本 方 針 等 2. 自 発 的 な 早 期 退 職 の 支 援 1 早 期 退 職 を 支 援 する 退 職 手 当 上 の 措 置 任 命 権 者 が 予 め 設 定 した 条 件 に 合 致 し 職 員 が 自 発 的 に 応 募 した 場 合 に 認 定 を 受 けてその 退 職 手 当 を( 自 己 都 合 退 職 に 係 る 退 職 手 当 よりも) 特 例 的 に 割 り 増 す という 退 職 理 由 を 検 討 退 職 管 理 基 本 方 針 官 民 均 衡 ( 財 源 )の 制 約 退 職 手 当 の 水 準 見 直 し( 人 事 院 調 査 ) スケジュール( 年 金 一 元 化 等 )に 留 意 2 民 間 ( 再 就 職 支 援 会 社 )の 活 用 職 員 の 自 発 的 な 再 就 職 活 動 を 支 援 するため 支 援 会 社 を 活 用 し 様 々なメニュー(セミナー 説 明 会 等 )の 提 供 を 検 討 国 公 法 の 規 制 (あっせん 規 制 求 職 活 動 規 制 )に 留 意 3その 他 の 方 策 上 記 の 他 再 就 職 活 動 の 支 援 に 係 る 制 度 面 での 対 応 ( 例 えば 特 別 休 暇 )が 可 能 かどうか 検 討 10

12 論 点 2 ー 参 考 3 65 歳 まで 定 年 を 引 き 上 げた 場 合 の 総 給 与 費 に 関 する 人 事 院 試 算 行 ( 一 ) * 再 任 用 制 度 による 対 応 を 講 じた 場 合 も 基 本 的 な 構 造 は 同 じ 総 人 員 及 び 級 別 の 人 員 は0 年 目 のまま 固 定 61 歳 以 降 の 年 間 給 与 は60 歳 時 の70% 水 準 特 に 中 間 層 において 年 間 給 与 が60 歳 時 の 70% 水 準 となる 61 歳 以 上 の 職 員 のウェイト が 増 加 し 平 均 年 間 給 与 が 低 下 1 総 給 与 費 は1 年 目 から 減 少 (13 年 目 :504 億 円 減 ) 年 数 総 給 与 費 ( 人 員 ) 60 歳 前 ( 人 員 ) 61~65 歳 ( 人 員 ) 0 年 目 総 給 与 費 (9,418 億 円 ) との 差 億 円 人 億 円 人 億 円 人 億 円 0 年 目 9,418 (145,687) 9,418 (145,687) 0 ( 0) - 1 年 目 (61 歳 在 職 ) 9,414 (145,687) 9,247 (142,881) 167 (2,806) 4 4 年 目 (62 歳 在 職 ) 9,335 (145,687) 8,948 (139,111) 387 (6,576) 83 7 年 目 (63 歳 在 職 ) 9,208 (145,687) 8,576 (134,886) 631 (10,801) 年 目 (64 歳 在 職 ) 9,061 (145,687) 8,182 (130,571) 880 (15,116) 年 目 (65 歳 在 職 ) 8,914 (145,687) 7,803 (126,473) 1,111 (19,214) 504 平 成 23 年 の 行 政 職 ( 一 )の 在 職 実 態 ( 級 別 年 齢 階 層 別 )を 基 に 各 年 度 の 人 員 構 成 を 試 算 ( 各 年 度 において 前 年 度 に 自 己 都 合 退 職 定 年 退 職 等 をした 人 数 と 同 じ 人 数 を 新 規 採 用 すると 仮 定 ) 上 記 の 人 員 に 級 別 年 齢 階 層 別 の 平 均 年 間 給 与 額 を 乗 じることで 総 給 与 費 を 試 算 11

13 ( 参 考 ) 人 事 院 の 意 見 の 申 出 ( 抜 粋 ) 第 3 定 年 の 引 上 げに 関 連 する 取 組 ( 抄 ) 2 定 年 の 引 上 げを 円 滑 に 行 うため 公 務 全 体 で 取 り 組 むべき 施 策 ( 抄 ) 定 年 の 引 上 げのための 諸 施 策 を 実 施 するに 際 しては 第 1の3に 述 べた 能 力 実 績 に 基 づく 人 事 管 理 の 徹 底 と 職 員 のキャリア 支 援 行 政 事 務 の 執 行 体 制 の 見 直 し 等 が 必 要 であるが 各 府 省 においてそうした 見 直 しを 進 めていくこ とを 前 提 に 以 下 の 課 題 について 公 務 全 体 で 取 り 組 むことが 必 要 である 1 公 務 内 外 で 職 員 の 能 力 経 験 を 活 用 する 観 点 から 専 門 スタッフ 職 等 の 整 備 を 図 るとともに 公 益 法 人 や 特 定 非 営 利 活 動 法 人 (NPO 法 人 ) 等 への 職 員 派 遣 について その 意 義 や 妥 当 性 を 整 理 しながら 検 討 を 行 うなどの 人 事 交 流 機 会 の 拡 充 を 図 る 2 定 年 の 引 上 げの 下 で 組 織 活 力 を 維 持 するため 職 員 自 身 の 主 体 的 なキャリアプランに 基 づく 早 期 退 職 を 支 援 す る 措 置 として 定 年 前 に 退 職 する 高 齢 層 職 員 の 退 職 手 当 について 定 年 退 職 に 比 べて 不 利 に 扱 わないようにする ことや 早 期 退 職 に 対 するインセンティブを 付 与 すること 等 の 措 置 を 適 切 に 講 ずる 3 民 間 企 業 従 業 員 については 高 年 齢 者 等 の 雇 用 の 安 定 等 に 関 する 法 律 において 事 業 主 に65 歳 までの 雇 用 確 保 措 置 を 義 務 付 けるとともに 企 業 内 での 雇 用 が 確 保 されない 場 合 事 業 主 が 再 就 職 を 希 望 する 者 に 対 し 求 人 の 開 拓 などの 再 就 職 のための 援 助 措 置 を 講 ずるよう 努 めなければならないと 定 められている こうした 状 況 を 踏 まえ 公 務 の 公 正 性 を 確 保 するための 適 正 なルールに 基 づきつつ 職 員 が 公 務 外 でその 能 力 経 験 を 活 用 することや 人 材 活 用 のニーズを 有 する 民 間 企 業 等 がそのニーズに 適 合 する 能 力 経 験 を 有 する 公 務 内 の 人 材 を 見 いだすこ とを 円 滑 にできるようにするなど 退 職 管 理 の 在 り 方 について 検 討 する 4 段 階 的 な 定 年 の 引 上 げにより3 年 ごとに 定 年 退 職 者 が 生 じないこととなるが その 場 合 その 翌 年 度 の 新 規 採 用 者 数 が 大 幅 に 減 少 し 職 員 の 年 齢 構 成 にゆがみが 生 ずるおそれがある こうした 事 態 を 緩 和 し 新 規 採 用 を 安 定 的 に 行 うことができるようにするため 定 員 上 の 経 過 的 な 取 扱 い 等 の 措 置 を 適 切 に 講 ずる 5 定 年 前 の 短 時 間 勤 務 制 の 導 入 等 定 年 の 引 上 げに 伴 う 任 用 給 与 制 度 の 見 直 しを 踏 まえ 定 員 退 職 手 当 共 済 等 の 関 連 制 度 における 取 扱 いを 適 切 に 講 ずる 6 加 齢 に 伴 う 身 体 機 能 の 低 下 が 職 務 遂 行 に 支 障 を 来 すおそれがある 職 務 に 従 事 する 職 員 の 定 年 の 引 上 げに 関 し ては 第 2の1⑶に 述 べたとおり その 職 務 の 特 殊 性 を 踏 まえ 必 要 な 検 討 を 行 い 所 要 の 措 置 を 講 ずる これらの 課 題 については 関 係 制 度 官 庁 が 協 力 しながら 本 院 も 含 め 政 府 全 体 として 検 討 を 進 めることが 必 要 で ある 12

14 論 点 3 :60 歳 超 職 員 の 給 与 の 在 り 方 * 60 歳 超 職 員 の 給 与 の 在 り 方 については 別 途 総 人 件 費 改 革 の 観 点 からの 議 論 も 必 要 人 事 院 の 意 見 の 申 出 においては 定 年 引 上 げ 後 の60 歳 台 前 半 層 職 員 の 給 与 について 60 歳 台 前 半 層 の 民 間 企 業 従 業 員 ( 製 造 業 ( 管 理 事 務 技 術 ))の 年 間 所 得 ( 給 与 在 職 老 齢 年 金 高 年 齢 雇 用 継 続 基 本 給 付 金 )が60 歳 前 の 年 間 給 与 の 約 70%( 企 業 規 模 100 人 以 上 535 万 円 /787 万 円 =68.0% 同 10 人 以 上 509 万 円 /719 万 円 =70.8%)であることを 踏 まえ 60 歳 を 超 える 職 員 の 年 間 給 与 について 60 歳 に 達 した 日 の 属 する 年 度 の 翌 年 度 から 60 歳 前 の 70%に 設 定 等 としているところ 現 行 の 再 任 用 職 員 の 給 与 については フルタイム 勤 務 職 員 であっても 俸 給 が 同 一 の 職 務 の 級 の 他 の 職 員 より 低 く 設 定 されており 諸 手 当 のうち 生 活 関 連 手 当 ( 扶 養 手 当 住 居 手 当 等 ) 等 は 支 給 されないため 同 一 の 職 務 の 級 の 官 職 にフルタイム 再 任 用 されても 給 与 は 相 当 低 下 ( 同 一 の 職 の 級 の 官 職 に 再 任 用 された 場 合 の 例 は 以 下 のとおり 下 位 の 職 務 の 級 の 官 職 に 再 任 用 された 場 合 の 例 について は 3 頁 参 照 ) ( 例 ) 行 政 職 俸 給 表 ( 一 ) の 年 間 給 与 ( 人 事 院 のモデル 給 与 例 を 基 に 算 出 ) 職 務 の 級 6 級 の 再 任 用 職 員 以 外 の 職 員 ( 地 方 機 関 課 長 ) 約 791 万 円 ( a ) 再 任 用 職 員 (6 級 ) 約 586 万 円 ( b ) b / a 100 = 74% 職 務 の 級 6 級 の 再 任 用 職 員 以 外 の 職 員 ( 本 府 省 課 長 補 佐 ) 約 891 万 円 ( a ) 再 任 用 職 員 (6 級 ) 約 586 万 円 ( b ) b / a 100 = 66% 再 任 用 職 員 以 外 の 職 員 のモデル 給 与 例 の 年 間 給 与 は 俸 給 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 俸 給 の 特 別 調 整 額 本 府 省 業 務 調 整 手 当 及 び 地 域 手 当 ( 地 方 機 関 課 長 :0% 本 府 省 課 長 補 佐 :18%)を 基 礎 に 算 出 (ボーナスについては 年 間 3.95 月 ) 再 任 用 職 員 のモデル 給 与 例 の 年 間 給 与 は 俸 給 通 勤 手 当 俸 給 の 特 別 調 整 額 地 域 手 当 ( 一 律 10%)を 基 礎 に 算 出 (ボーナス については 年 間 2.10 月 ) なお 現 在 国 会 上 程 中 の 国 家 公 務 員 制 度 改 革 関 連 四 法 案 において 非 現 業 国 家 公 務 員 に 協 約 締 結 権 を 付 与 し 給 与 等 の 勤 務 条 件 について 自 律 的 に 決 定 し 得 る 労 使 関 係 制 度 を 措 置 することと しているところ( 公 布 の 日 から 起 算 して1 年 6 月 を 超 えない 範 囲 内 で 政 令 で 定 める 日 から 施 行 ) 13

15 論 点 3 ー 参 考 1 意 見 の 申 出 における60 歳 を 超 える 職 員 の 給 与 水 準 の 設 定 60 歳 を 超 える 職 員 の 給 与 は 民 間 企 業 従 業 員 の60 歳 台 前 半 層 の 年 間 所 得 が50 歳 台 後 半 層 の 年 間 給 与 の 約 70% であることを 踏 まえ その 年 間 給 与 を60 歳 前 の70%に 設 定 民 間 企 業 従 業 員 の 年 間 給 与 等 (1は 企 業 規 模 10 人 以 上 の 場 合 2は 企 業 規 模 100 人 以 上 の 場 合 ) 50 歳 台 後 半 層 の 従 業 員 ( 製 造 業 ( 管 理 事 務 技 術 )) 60 歳 台 前 半 層 の 従 業 員 ( 製 造 業 ( 管 理 事 務 技 術 )) 高 年 齢 雇 用 継 続 基 本 給 付 金 (1 2) 2.8 万 円 ( 年 額 ) 年 間 給 与 万 円 万 円 在 職 老 齢 年 金 年 間 給 与 万 円 万 円 万 円 ( 年 額 ) 万 円 ( 年 額 ) 年 間 所 得 万 円 (50 歳 台 後 半 層 の 年 間 給 与 の70.8% ) 万 円 ( 同 68.0% ) ( 注 1) 年 間 給 与 は 賃 金 構 造 基 本 統 計 調 査 ( 厚 生 労 働 省 )の 製 造 業 ( 管 理 事 務 技 術 労 働 者 男 女 計 ) の 平 成 20 年 ~22 年 を 基 に 3 年 平 均 を 算 出 ( 注 2) 年 間 所 得 は 年 間 給 与 に 在 職 老 齢 年 金 及 び 高 年 齢 雇 用 継 続 基 本 給 付 金 を 加 算 した 推 計 額 在 職 老 齢 年 金 及 び 高 年 齢 雇 用 継 続 基 本 給 付 金 は 賃 金 構 造 基 本 統 計 調 査 ( 上 記 ) 厚 生 年 金 保 険 国 民 年 金 事 業 年 報 ( 平 成 21 年 度 ) 及 び 雇 用 保 険 事 業 年 報 ( 平 成 21 年 度 ) (いずれも 厚 生 労 働 省 )を 基 に 試 算 ( 試 算 に 当 たって 高 年 齢 雇 用 継 続 基 本 給 付 金 は 雇 用 保 険 の 労 働 者 負 担 の 割 合 に 応 じて 減 額 ) 14

16 論 点 3 ー 参 考 2 意 見 の 申 出 における60 歳 を 超 える 職 員 に 適 用 される 給 与 制 度 の 概 要 俸 給 俸 給 月 額 は 個 々の 職 員 が 受 ける 号 俸 の 俸 給 月 額 に100 分 の73を 乗 じて 得 た 額 俸 給 の 調 整 額 は 60 歳 前 の 調 整 基 本 額 に100 分 の73を 乗 じて 得 た 額 に 調 整 数 を 乗 じて 得 た 額 期 末 手 当 勤 勉 手 当 期 末 手 当 の 支 給 割 合 は60 歳 前 の 職 員 よりも 引 き 下 げ 勤 勉 手 当 の 支 給 割 合 は60 歳 前 の 職 員 と 同 じ 一 般 の 職 員 期 末 手 当 6 月 期 月 分 12 月 期 月 分 ( 年 間 1.65 月 分 ) 勤 勉 手 当 6 月 期 12 月 期 ともに 月 分 ( 年 間 1.35 月 分 ) 3.00 月 60 歳 前 年 間 2.60 月 分 年 間 1.35 月 分 3.95 月 特 定 管 理 職 員 期 末 手 当 6 月 期 月 分 12 月 期 月 分 ( 年 間 1.25 月 分 ) 勤 勉 手 当 6 月 期 12 月 期 ともに 月 分 ( 年 間 1.75 月 分 ) 3.00 月 60 歳 前 年 間 2.20 月 分 年 間 1.75 月 分 3.95 月 指 定 職 職 員 期 末 手 当 6 月 期 月 分 12 月 期 月 分 ( 年 間 0.75 月 分 ) 勤 勉 手 当 6 月 期 12 月 期 ともに 月 分 ( 年 間 1.55 月 分 ) 2.30 月 60 歳 前 年 間 1.40 月 分 年 間 1.55 月 分 2.95 月 ( 注 ) 特 定 管 理 職 員 とは 行 政 職 俸 給 表 ( 一 )7 級 相 当 以 上 で 俸 給 の 特 別 調 整 額 の 区 分 が 一 種 又 は 二 種 の 官 職 を 占 める 職 員 等 をいう その 他 の 手 当 俸 給 月 額 等 に 応 じて 手 当 額 が 設 定 されている 手 当 60 歳 前 の 手 当 額 の73%の 手 当 額 を 設 定 俸 給 の 特 別 調 整 額 本 府 省 業 務 調 整 手 当 初 任 給 調 整 手 当 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 宿 日 直 手 当 俸 給 月 額 等 に 一 定 率 を 乗 じて 手 当 額 が 決 定 される 手 当 手 当 額 は73%となった 俸 給 月 額 等 に 連 動 地 域 手 当 広 域 異 動 手 当 特 地 勤 務 手 当 特 地 勤 務 手 当 に 準 ずる 手 当 超 過 勤 務 手 当 休 日 給 夜 勤 手 当 専 門 スタッフ 職 調 整 手 当 研 究 員 調 整 手 当 60 歳 前 の 職 員 と 同 じ 額 が 支 給 される 手 当 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 特 殊 勤 務 手 当 寒 冷 地 手 当 ( 注 1) 定 年 前 短 時 間 勤 務 職 員 については 勤 務 時 間 に 応 じて 俸 給 月 額 を 按 分 する 等 の 調 整 ( 注 2)60 歳 を 超 える 職 員 についても 一 般 職 給 与 法 附 則 第 8 項 の 規 定 を 適 用 ( 俸 給 月 額 等 に1.5%を 乗 じて 得 た 額 に 相 当 する 額 を 減 じて 支 給 ) 15

17 論 点 3 ー 参 考 3 現 行 の 再 任 用 職 員 の 給 与 等 位 置 づけ 給 与 共 済 ( 年 金 医 療 保 険 ) 退 職 手 当 宿 舎 定 年 退 職 者 等 のフル タイム 再 任 用 国 家 公 務 員 法 81 条 の4 任 命 権 者 は 定 年 退 職 者 や 勤 務 延 長 後 退 職 者 等 を 従 前 の 勤 務 実 績 等 に 基 づく 選 考 により 1 年 を 超 えない 範 囲 内 で 任 期 を 定 め 常 時 勤 務 を 要 する 官 職 に 採 用 す ることができる 制 度 任 期 は1 年 を 超 えない 範 囲 で 更 新 可 能 であるが その 末 日 は 対 象 者 が65 歳 ( )に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 以 前 でなけれ ばならない 基 礎 年 金 部 分 の 支 給 開 始 年 金 の 引 上 げに 対 応 した 読 替 え 規 定 あり 俸 給 各 俸 給 表 ( 指 定 職 俸 給 表 を 除 く )の 再 任 用 職 員 の 区 分 ( 単 一 号 俸 )を 適 用 ( 単 一 号 俸 のため 昇 給 概 念 はない ) 手 当 通 勤 手 当 超 過 勤 務 手 当 期 末 勤 勉 手 当 等 は 支 給 している 生 活 関 連 手 当 ( 扶 養 手 当 住 居 手 当 等 )や 主 として 人 材 確 保 を 目 的 とする 手 当 ( 特 地 勤 務 手 当 等 )は 支 給 されない 共 済 組 合 員 となる 定 年 退 職 前 の 勤 続 期 間 についての 退 職 手 当 は 当 該 定 年 退 職 時 に 支 給 再 任 用 期 間 に 係 る 退 職 手 当 は 支 給 されない 宿 舎 については 条 件 を 満 たせば 貸 与 可 能 定 年 退 職 者 等 の 短 時 間 再 任 用 国 家 公 務 員 法 81 条 の5 任 命 権 者 は 定 年 退 職 者 が 勤 務 延 長 後 退 職 者 等 を 従 前 の 勤 務 実 績 等 に 基 づく 選 考 により 1 年 を 超 えない 範 囲 内 で 任 期 を 定 め 短 時 間 勤 務 の 官 職 に 採 用 するこ とができる 制 度 任 期 についての 定 めはフルタイ ム 再 任 用 と 同 じ 俸 給 各 俸 給 表 ( 指 定 職 俸 給 表 を 除 く )の 再 任 用 職 員 の 区 分 ( 単 一 号 俸 )の 俸 給 月 額 に 1 週 間 当 た りの 勤 務 時 間 を38 時 間 45 分 で 除 して 得 た 数 を 乗 じて 得 た 額 手 当 フルタイム 再 任 用 とほぼ 同 様 ( 通 勤 手 当 及 び 超 過 勤 務 手 当 の 支 給 に 関 し 特 例 あり ) 共 済 組 合 員 とならない ( 受 給 資 格 があれば 退 職 共 済 年 金 を 受 給 ) 勤 務 時 間 が 一 般 職 員 の3/4 以 上 の 者 は 健 康 保 険 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 管 掌 )と 厚 生 年 金 の 被 保 険 者 となる その 他 の 者 は 国 民 健 康 保 険 の 被 保 険 者 となる ( 国 民 年 金 には 原 則 として60 歳 以 降 加 入 でき ない ) なお 退 職 後 2 年 間 は 共 済 の 任 意 継 続 組 合 員 として 短 期 給 付 受 給 ( 健 康 保 険 ) 等 が 可 能 定 年 退 職 前 の 勤 続 期 間 についての 退 職 手 当 は 当 該 定 年 退 職 時 に 支 給 再 任 用 期 間 に 係 る 退 職 手 当 は 支 給 されない 宿 舎 については 基 本 的 に 貸 与 不 可 能 ( 無 料 宿 舎 が 貸 与 され る 職 員 については 貸 与 可 能 ) 16

18 論 点 3 ー 参 考 41 公 務 員 制 度 改 革 関 連 法 案 ( 国 会 上 程 中 )における 自 律 的 労 使 関 係 制 度 の 措 置 労 使 が 職 員 の 勤 務 条 件 について 真 摯 に 向 き 合 い 当 事 者 意 識 を 高 め 自 律 的 に 勤 務 条 件 を 決 定 し 得 る 仕 組 みに 変 革 時 代 の 変 化 に 対 応 し 主 体 的 に 人 事 給 与 制 度 の 改 革 に 取 り 組 むことにより 職 員 の 意 欲 と 能 力 を 高 め 有 為 な 人 材 を 確 保 活 用 職 員 の 側 も 勤 務 条 件 の 決 定 プロセスに 参 画 し 相 応 の 責 任 を 負 い 自 らの 働 きぶりに 対 する 国 民 の 理 解 の 下 に 勤 務 条 件 を 決 定 これらにより 新 たな 政 策 課 題 に 迅 速 かつ 果 断 に 対 応 し 効 率 的 で 質 の 高 い 行 政 サービスの 実 現 を 図 る 当 局 公 務 員 庁 政 府 全 体 で 統 一 的 に 定 める 俸 給 月 額 手 当 の 額 一 週 間 当 たり の 勤 務 時 間 等 について 団 体 交 渉 を 実 施 各 府 省 各 府 省 ごとに 定 める 勤 務 時 間 の 割 振 り 等 について 団 体 交 渉 を 実 施 人 事 院 勧 告 制 度 及 び 人 事 院 を 廃 止 団 体 交 渉 団 体 協 約 の 締 結 団 体 協 約 事 項 1 職 員 の 俸 給 その 他 の 給 与 勤 務 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 2 職 員 の 昇 任 降 任 転 任 休 職 免 職 及 び 懲 戒 の 基 準 に 関 する 事 項 3 職 員 の 保 健 安 全 保 持 及 び 災 害 補 償 に 関 する 事 項 4 上 記 1~3のほか 職 員 の 勤 務 条 件 に 関 する 事 項 5 団 体 交 渉 の 手 続 等 の 労 使 関 係 に 関 する 事 項 国 の 事 務 の 管 理 及 び 運 営 に 関 する 事 項 ( 人 事 権 の 行 使 予 算 政 策 等 )は 団 体 交 渉 の 対 象 とすることができない 団 体 交 渉 の 議 事 の 概 要 及 び 団 体 協 約 の 内 容 を 公 表 団 体 協 約 の 内 容 を 反 映 した 法 律 案 の 国 会 提 出 政 省 令 の 改 廃 等 を 義 務 付 け ( 団 体 交 渉 の 場 等 において 労 使 間 で 紛 争 等 が 生 じた 場 合 ) 中 央 労 働 委 員 会 認 証 に 関 する 事 務 を 実 施 認 証 された 労 働 組 合 労 働 組 合 の 認 証 制 度 以 下 の 要 件 を 満 たす 労 働 組 合 ( )を 認 証 し 団 体 協 約 の 締 結 不 当 労 働 行 為 救 済 申 立 て あっせん 調 停 仲 裁 手 続 への 参 加 組 合 員 で ある 職 員 の 在 籍 専 従 短 期 従 事 を 可 能 とする 規 約 が 法 律 所 定 の 要 件 を 満 たすこと 組 合 員 の 過 半 数 が 団 結 権 を 有 する 職 員 であ ること 等 一 般 職 の 国 家 公 務 員 である 職 員 が 主 体 となっ て 自 主 的 にその 勤 務 条 件 の 維 持 改 善 を 図 ること を 目 的 として 組 織 する 団 体 又 はその 連 合 体 事 務 次 官 外 局 の 長 官 及 び 局 長 等 は 労 働 組 合 を 結 成 し 又 はこれに 加 入 することができない 認 証 された 労 働 組 合 組 合 員 である 職 員 等 から 当 局 が 不 当 労 働 行 為 ( 職 員 に 対 する 不 利 益 取 扱 い 団 体 交 渉 拒 否 支 配 介 入 経 費 援 助 等 ) の 禁 止 義 務 に 違 反 した 旨 の 申 立 てを 受 けたときは 調 査 審 問 を 行 い 認 定 した 事 実 に 基 づき 救 済 命 令 等 を 発 することができる 団 体 協 約 締 結 可 能 事 項 について 権 限 ある 当 局 と 認 証 された 労 働 組 合 の 間 に 紛 争 が 発 生 したときは あっせん 調 停 又 は 仲 裁 が 可 能 17

19 論 点 3 ー 参 考 42 主 な 人 事 行 政 関 係 機 関 の 改 正 前 後 のイメージについて 現 行 < 総 務 省 > 改 正 後 人 事 恩 給 局 国 家 公 務 員 制 度 の 企 画 立 案 人 事 管 理 の 方 針 の 総 合 調 整 人 事 評 価 服 務 退 職 管 理 給 与 ( 特 別 職 ) 退 職 手 当 等 ( 恩 給 行 政 総 務 省 に 存 置 ) 行 政 管 理 局 行 政 機 関 の 機 構 定 員 管 理 運 営 の 改 善 効 率 化 独 立 行 政 法 人 等 の 管 理 ( 行 政 手 続 法 等 総 務 省 に 存 置 ) < 官 民 人 材 交 流 センター: 内 閣 府 本 府 > 廃 止 あっせんによる 再 就 職 援 助 ( 組 織 改 廃 時 のみ) < 人 事 院 > 官 房 機 能 ( 総 務 課 人 事 課 会 計 課 等 ) 総 務 人 事 会 計 等 職 員 福 祉 局 懲 戒 災 害 補 償 育 児 休 業 等 人 材 局 採 用 試 験 任 用 分 限 研 修 等 給 与 局 給 与 ( 一 般 職 ) 定 年 制 度 ( 人 事 院 勧 告 廃 止 ) 公 平 審 査 局 不 服 申 立 てその 他 の 苦 情 の 処 理 < 国 家 公 務 員 倫 理 審 査 会 : 人 事 院 > 国 家 公 務 員 倫 理 法 の 事 務 < 再 就 職 等 監 視 委 員 会 : 内 閣 府 本 府 > 再 就 職 等 規 制 の 施 行 に 関 する 事 務 監 視 機 能 は 強 化 総 務 省 恩 給 行 政 行 政 手 続 法 等 <2 局 削 減 > 公 務 員 庁 移 管 された 業 務 + 新 規 業 務 団 体 交 渉 団 体 協 約 国 家 公 務 員 の 総 人 件 費 の 基 本 方 針 幹 部 候 補 育 成 課 程 等 < 官 房 局 の 上 限 は5> 人 事 公 正 委 員 会 ( ) < 事 務 局 を 設 置 > 国 家 公 務 員 倫 理 審 査 会 再 就 職 等 監 視 適 正 化 委 員 会 人 事 院 の 機 能 のうち 公 平 審 査 局 の 機 能 のほか 各 局 が 所 掌 する 政 治 的 行 為 の 制 限 営 利 企 業 に 関 する 制 限 官 民 人 事 交 流 基 準 人 事 行 政 改 善 勧 告 法 令 の 制 定 改 廃 に 関 する 意 見 の 申 出 も 移 管 18

20 その 他 の 論 点 スケジュール 論 点 1~3のほかに 例 えば 以 下 のような 論 点 についても 可 能 な 範 囲 で 御 議 論 い ただいてはどうか 1 役 職 定 年 制 の 導 入 ( 人 事 院 の 意 見 の 申 出 では 法 制 化 が 提 示 されているところ ) 公 務 部 内 に60 歳 超 職 員 が 増 加 する 中 で 管 理 職 の 新 陳 代 謝 を 図 り 組 織 活 力 を 維 持 するため 例 えば 本 府 省 の 局 長 部 長 課 長 等 の 一 定 の 範 囲 の 管 理 職 が 現 行 の 定 年 である60 歳 に 達 した 場 合 に 他 の 官 職 に 異 動 させることとする 役 職 定 年 制 の 導 入 について どのように 考 えるか 2 能 力 実 績 に 基 づく 人 事 管 理 の 徹 底 と 職 員 のキャリア 支 援 職 員 の 在 職 期 間 が 長 期 化 する 中 で 短 期 間 で 頻 繁 に 異 動 させる 人 事 運 用 の 見 直 しや 年 次 的 な 昇 進 管 理 の 打 破 など 能 力 実 績 に 基 づく 人 事 管 理 の 徹 底 や 節 目 節 目 で 職 員 のキャリアプランに 対 する 意 向 を 聴 取 し 多 様 な 職 務 経 験 を 付 与 する 機 会 の 拡 充 の 必 要 があるものと 考 えられないか なお 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 の 在 り 方 について 速 やかに 政 府 として 基 本 的 な 方 針 を 定 め その 後 詳 細 な 制 度 設 計 についても 早 急 に 詰 めていくことが 必 要 と 考 えられる( 次 頁 参 照 ) 19

21 参 考 : 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 するスケジュール 例 : 昭 和 28 年 (1953 年 )10 月 1 日 生 まれの 職 員 現 行 定 年 退 職 日 は 平 成 26 年 (2014 年 )3 月 31 日 24 年 初 夏 に 政 府 の 方 針 が 確 定 し なければ 25 年 度 の 採 用 計 画 策 定 や25 年 度 の 人 事 管 理 方 針 の 立 案 等 が 不 可 能 になる 職 員 自 身 による 将 来 設 計 もでき なくなる ( 例 : 自 力 での 再 就 職 先 確 保 の 要 否 の 判 断 退 職 金 支 払 い 時 期 を 見 据 えたローン 返 済 計 画 の 確 定 介 護 についての 親 族 との 調 整 等 ) 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 見 据 えた 人 事 異 動 等 の 実 施 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 行 わなければ 無 年 金 無 収 入 ( 空 白 期 間 ) 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 基 本 方 針 ( 仮 称 )の 決 定 法 案 成 立 60 歳 到 達 現 行 の 定 年 退 職 日 年 金 ( 報 酬 比 例 部 分 ) 支 給 開 始 定 年 退 職 3.31 雇 用 と 年 金 の 接 続 4.1 H24 年 4.1 一 定 の 時 期 H25 年 H26 年 H27 年 3.31 ( 注 ) : 人 事 当 局 の 視 点 : 職 員 の 視 点 参 考 : 過 去 の 制 度 改 正 の 例 平 成 13 年 4 月 1 日 に 公 的 年 金 ( 定 額 部 分 )の 支 給 開 始 年 齢 が 引 き 上 がることに 対 応 するため 法 改 正 により 平 成 13 年 4 月 から 現 行 の 再 任 用 制 度 を 導 入 することとするなど 公 的 年 金 ( 定 額 部 分 )の 支 給 開 始 年 齢 が 実 際 に61 歳 に 引 き 上 がる 時 点 までに 十 分 間 に 合 うよう 所 要 の 措 置 を 講 じた 平 成 10 年 5 月 13 日 平 成 11 年 3 月 10 日 平 成 11 年 7 月 7 日 平 成 13 年 4 月 1 日 人 事 院 が 国 会 及 び 内 閣 に 対 して 意 見 の 申 出 国 家 公 務 員 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 家 公 務 員 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 国 家 公 務 員 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 国 会 提 出 公 布 施 行 (= 現 行 の 再 任 用 制 度 スタート) 20

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

特別区人事委員会の業務状況の報告

特別区人事委員会の業務状況の報告 平 成 19 年 度 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 状 況 等 の 公 表 平 成 19 年 12 月 文 京 区 総 務 部 職 員 課 目 次 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 2 2 職 員 の 給 与 の 状 況 4 3 職 員 の 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

目 次 再 任 用 制 度 とは 1 再 任 用 制 度 の 対 象 者 4 採 用 任 期 勤 務 形 態 5 休 暇 6 給 与 7 その 他 の 諸 制 度 8 表 1 再 任 用 職 員 の 俸 給 月 額 9 表 2 再 任 用 職 員 の 医 療 年 金 保 険 11 表 3 再 任 用

目 次 再 任 用 制 度 とは 1 再 任 用 制 度 の 対 象 者 4 採 用 任 期 勤 務 形 態 5 休 暇 6 給 与 7 その 他 の 諸 制 度 8 表 1 再 任 用 職 員 の 俸 給 月 額 9 表 2 再 任 用 職 員 の 医 療 年 金 保 険 11 表 3 再 任 用 再 任 用 を 希 望 される 皆 様 へ 内 閣 官 房 内 閣 人 事 局 平 成 27 年 度 目 次 再 任 用 制 度 とは 1 再 任 用 制 度 の 対 象 者 4 採 用 任 期 勤 務 形 態 5 休 暇 6 給 与 7 その 他 の 諸 制 度 8 表 1 再 任 用 職 員 の 俸 給 月 額 9 表 2 再 任 用 職 員 の 医 療 年 金 保 険 11 表 3 再 任 用

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

12 理化学研究所

12 理化学研究所 国 立 研 究 開 発 法 人 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 理 化 学 研 究 所 は 長 い 歴 史 を 有 し これまで 世 界 の 第 一 線 にて 研 究 をリー ドしてきたところである

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 津 山 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 年 度 25 (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 105,557 人 千 千 60,713,839 1,443,250 千 7,634,637 12.6

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

理 事 役 員 報 酬 基 準 は 月 額 及 び 特 別 手 当 から 構 成 されている 月 額 に ついては 情 報 通 信 研 究 機 構 役 員 報 酬 規 程 に 則 り 本 給 (834,000 円 以 内 )に 特 別 調 整 手 当 ( 本 給 の12%) 通 勤 手 当 ( 支

理 事 役 員 報 酬 基 準 は 月 額 及 び 特 別 手 当 から 構 成 されている 月 額 に ついては 情 報 通 信 研 究 機 構 役 員 報 酬 規 程 に 則 り 本 給 (834,000 円 以 内 )に 特 別 調 整 手 当 ( 本 給 の12%) 通 勤 手 当 ( 支 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 情 報 通 信 研 究 機 構 は 通 信 総 合 研 究 所 ( 国 立 研 究 所 )と 通 信 放 送

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

義務教育費国庫負担制度について

義務教育費国庫負担制度について 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 制 度 について 1. 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 制 度 の 概 要 意 義 憲 法 の 要 請 に 基 づく 義 務 教 育 の 根 幹 ( 機 会 均 等 水 準 確 保 無 償 制 )を 支 えるため 国 は 必 要 な 制 度 を 整 備 するこ とが 必 要 教 育 は 人 なり と 言 われるように 義 務 教 育 の 成 否 は 教 職 員

More information

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活 資 料 21 公 務 員 部 関 係 資 料 平 成 28 年 1 月 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 < 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~ 高 齢 者 雇 用 の 現 状 と 対 策 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 開 発 部 高 齢 者 雇 用 対 策 課 山 下 禎 博 1 日 本 の 人 口 の 推 移 日 本 の 人 口 は 近 年 横 ばいであり 人 口 減 少 局 面 を 迎 えている 2060 年 には 総 人 口 が9000 万 人 を 割 り 込 み 高 齢 化 率 は40% 近 い 水 準 になると

More information

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者 財 務 省, 内 定 者 総 務 省 会 計 部 門 定 員 要 求 書 内 示 書 人 事 記 録 ( 甲 ) 記 載 事 項 の 変 更 申 請 退 職 申 請 ( 辞 職 願 ) 定 年 日 通 知 書 人 事 異 動 通 知 書 内 定 通 知 書 採 用 決 定 通 知 書 任 命 結 果 俸 給 関 係 審 議 協 議 採 用 状 況 報 告 提 示 請 求 選 択 結 果 通 知 派

More information

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E>

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 54 号 改 正 平 成 16 年 10 月 1 日 規 則 第 199 号 平 成 17 年 7 月 1 日 規 則 第 48 号 平 成 17 年 11 月 22 日 規 則 第 85 号 平 成 18 年 3 月 28 日 規 則 第 18 号 平 成 19 年 3 月 20

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42 独 立 行 政 法 人 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 は 北 方 領 土 問 題 その 他 北 方 地 域 に 関 する

More information

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し (1) 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 が 生 じた 場 合 の 納 付 済 保 険 料 の 取 扱 い の 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 娘 は 20 年 以 上 前 から 精 神 疾 患 があり 平 成 25 年 に 主 治 医 を 替 え たところ 当 該 医 師 から 病 状 から 判 断 して 障 害 年 金 を 受 給 できるので はないか 一 度 障

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

1 評 価 制 度 程 国 評 価 制 度 ど 参 考 評 価 基 準 明 示 自 己 申 告 面 談 評 価 結 果 開 示 苦 情 対 応 評 価 訓 練 どつ 必 要 設 けく 適 2 程 整 備 っ へ 分 周 知 理 解 踏 まえ 進 く 重 要 ま 程 制 変 更 へ 周 知 努 3 評

1 評 価 制 度 程 国 評 価 制 度 ど 参 考 評 価 基 準 明 示 自 己 申 告 面 談 評 価 結 果 開 示 苦 情 対 応 評 価 訓 練 どつ 必 要 設 けく 適 2 程 整 備 っ へ 分 周 知 理 解 踏 まえ 進 く 重 要 ま 程 制 変 更 へ 周 知 努 3 評 総 6 7 総 経 4 1 平 成 26 8 月 15 日 各 都 道 府 県 知 各 政 令 指 都 市 市 各 殿 総 省 自 治 政 局 及 び 独 立 政 改 正 律 運 用 つ 通 知 及 び 独 立 政 改 正 律 平 成 26 律 34 改 正 布 つ 平 成 26 5 月 14 日 付 け 総 42 総 大 臣 通 知 り 知 せろ 改 正 運 用 り 通 知 り 通 知 ほ 記 留

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で 防 災 科 学 技 術 研 究 所 職 員 給 与 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 俸 給 ( 第 15 条 - 第 21 条 ) 第 2 節 諸 手 当 ( 第 22 条 - 第 37 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 38 条 - 第 42 条 ) 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 13 規 程

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 平 成 26 年 度 鶴 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 % % 25 年 度 134,630

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

d02 国際交流基金 様式1

d02 国際交流基金 様式1 独 立 行 政 法 人 国 際 交 流 基 金 ( 法 人 番 号 3011105603801)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 法 人 は 外 交 政 策 に 資 する 国 際 文 化 交 流 事 業

More information

陸上自衛隊退職手当支給規則

陸上自衛隊退職手当支給規則 陸 上 自 衛 隊 退 職 手 当 支 給 規 則 昭 和 35 年 1 月 29 日 陸 上 自 衛 隊 達 第 32 7 号 改 正 昭 和 36 年 5 月 22 日 達 第 122 32 号 昭 和 38 年 8 月 7 日 達 第 50 10 1 号 昭 和 42 年 9 月 5 日 達 第 32 7 1 号 昭 和 45 年 4 月 8 日 達 第 63 2 号 昭 和 45 年 10

More information

特別区人事・厚生事務組合人事行政のあらまし

特別区人事・厚生事務組合人事行政のあらまし 特 別 区 人 事 厚 生 事 務 組 合 人 事 行 政 のあらまし 特 別 区 人 事 厚 生 事 務 組 合 は 特 別 区 の 権 限 に 属 する 事 務 の 一 部 を 共 同 して 処 理 するため 地 方 自 治 法 の 規 定 により 設 立 された 特 別 地 方 公 共 団 体 ( 一 部 事 務 組 合 )です 本 組 合 に 勤 務 する 職 員 の 任 用 給 与 及 び

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

3 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 則 第 2 条 第 5 号 及 び 第 6 号 に 規 定 する 有 期 雇 用 職 員 の 給 料 は 他 の 職 員 との 権 衡 を 考 慮 して 予 算 の 範 囲 内 において 決 定 するもの とする ( 職

3 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 則 第 2 条 第 5 号 及 び 第 6 号 に 規 定 する 有 期 雇 用 職 員 の 給 料 は 他 の 職 員 との 権 衡 を 考 慮 して 予 算 の 範 囲 内 において 決 定 するもの とする ( 職 地 方 独 立 行 政 法 人 長 野 県 立 病 院 機 構 有 期 雇 用 職 員 給 与 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 4-2 沿 革 平 成 22 年 11 月 30 日 規 程 4-1-2= 一 部 改 正 平 成 23 年 11 月 30 日 規 程 4-1-5= 一 部 改 正 平 成 26 年 12 月 25 日 規 程 4-2-1= 一 部 改 正 平 成 27

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監 日 本 中 央 競 馬 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 注 ) 年 度 は1 月 1 日 ~12 月 31 日 のJRA 事 業 年 度 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 報 酬 については 勝 馬 投 票 券

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73>

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73> 日 本 司 法 支 援 センター( 法 人 番 号 2011205001573)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 センターの 主 要 事 業 は 総 合 法 律 支 援 に 関 する 事 業 である 役

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 改 正 法 案 は 2012 年 3 月 9 日 に 国 会 に 提 出 され 一 部 修 正 の 上 同 年 8 月 29

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464>

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 教 員 人 事 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 平 成 1 6 年 規 則 第 2 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 3 条 第 1 項

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

の 割 増 (3) 共 済 年 金 職 域 部 分 (243 万 円 )の 廃 止 と それに 替 わる 年 金 払 い 退 職 給 付 の 新 設 共 済 年 金 の 職 域 部 分 はすでに 2015 年 10 月 に 廃 止 することが 決 定 済 みであるの で 年 金 払 い 退 職 給

の 割 増 (3) 共 済 年 金 職 域 部 分 (243 万 円 )の 廃 止 と それに 替 わる 年 金 払 い 退 職 給 付 の 新 設 共 済 年 金 の 職 域 部 分 はすでに 2015 年 10 月 に 廃 止 することが 決 定 済 みであるの で 年 金 払 い 退 職 給 全 大 教 資 料 No.12-02 2012 年 11 月 退 職 金 の 大 幅 切 り 下 げをさせないための 第 1 次 討 議 資 料 2012 年 11 月 22 日 全 国 大 学 高 専 教 職 員 組 合 中 央 執 行 委 員 会 政 府 は 8 月 7 日 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 を 平 均 402.6 万 円 引 き 下 げること および 独 立 行 政 法

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

目 次 I 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 採 用 選 考 の 状 況 1 2 昇 任 選 考 の 状 況 3 3 職 員 数 6 4 新 規 採 用 職 員 数 10 5 退 職 者 数 10 6 区 内 在 住 職 員 数 11 7 定 員 適 正 化 計 画

目 次 I 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 採 用 選 考 の 状 況 1 2 昇 任 選 考 の 状 況 3 3 職 員 数 6 4 新 規 採 用 職 員 数 10 5 退 職 者 数 10 6 区 内 在 住 職 員 数 11 7 定 員 適 正 化 計 画 平 成 2 6 年 度 新 宿 区 の 人 事 行 政 の 運 営 状 況 平 成 27 年 11 月 新 宿 区 目 次 I 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 採 用 選 考 の 状 況 1 2 昇 任 選 考 の 状 況 3 3 職 員 数 6 4 新 規 採 用 職 員 数 10 5 退 職 者 数 10 6 区 内 在 住 職 員 数 11 7 定 員 適 正

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 9 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 職

More information

(3) 職 員 の 昇 任 及 び 降 任 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 2 日 ~ 平 成 24 年 4 月 1 日 ) 昇 任 部 長 級 課 長 級 主 幹 級 係 長 級 主 任 級 降 任 1 人 3 人 6 人 5 人 5 人 - (4) 職 員 数 の 状 況 職 種 別

(3) 職 員 の 昇 任 及 び 降 任 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 2 日 ~ 平 成 24 年 4 月 1 日 ) 昇 任 部 長 級 課 長 級 主 幹 級 係 長 級 主 任 級 降 任 1 人 3 人 6 人 5 人 5 人 - (4) 職 員 数 の 状 況 職 種 別 岩 倉 市 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 岩 倉 市 の 人 事 行 政 を 運 営 していく 上 で より 公 正 で 透 明 性 を 高 めていくために 岩 倉 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 平 成 23 年 度 の 職 員 の 任 用 給 与 勤 務 時 間 そ の 他 の 勤 務 条 件 などについてお

More information