- 1 - ⅰ. 公 的 給 付 を 活 用 した 事 例 株 式 会 社 ABC 従 業 員 40 名 (パート 含 む) 資 本 金 4000 万 円 設 立 1955 年 業 種 製 造 業 その 他 60 歳 以 上 は6 名 定 年 60 歳 公 的 給 付 を 活 用 しながら 賃 金

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "- 1 - ⅰ. 公 的 給 付 を 活 用 した 事 例 株 式 会 社 ABC 従 業 員 40 名 (パート 含 む) 資 本 金 4000 万 円 設 立 1955 年 業 種 製 造 業 その 他 60 歳 以 上 は6 名 定 年 60 歳 公 的 給 付 を 活 用 しながら 賃 金"

Transcription

1 2013 年 6 月 15 日 高 年 齢 者 雇 用 確 保 充 実 奨 励 金 事 業 高 齢 者 雇 用 に 関 するレポート 60 歳 以 上 の 処 遇 検 討 事 例 編 ⅰ 公 的 給 付 を 活 用 した 事 例 01 背 景 02 高 年 齢 者 の 働 き 方 検 討 03 再 雇 用 後 の 労 働 条 件 決 定 プロセス 参 考 1 公 的 給 付 参 考 2 労 働 時 間 と 社 会 保 険 04 法 改 正 への 対 応 ⅱ 貢 献 や 力 量 を 重 視 した 事 例 01 背 景 02 本 人 の 希 望 をヒアリング 03 役 割 に 応 じた 賃 金 参 考 1 一 般 的 な 賃 金 の 決 め 方 04 検 討 すべき 課 題 参 考 2 X 運 輸 事 件 05 今 後 の 課 題 参 考 3 法 改 正 概 略 05 今 後 の 課 題

2 - 1 - ⅰ. 公 的 給 付 を 活 用 した 事 例 株 式 会 社 ABC 従 業 員 40 名 (パート 含 む) 資 本 金 4000 万 円 設 立 1955 年 業 種 製 造 業 その 他 60 歳 以 上 は6 名 定 年 60 歳 公 的 給 付 を 活 用 しながら 賃 金 支 給 へ 01 背 景 60 歳 以 上 の 高 年 齢 者 ( 再 雇 用 者 )に 対 し 各 社 はどのように 給 与 支 給 しているのか 世 間 状 況 を 確 認 しつつ 60 歳 以 上 の 賃 金 を 構 築 したい 現 在 は 行 き 当 たりばったりの 対 応 となっている 02 高 年 齢 者 の 働 き 方 の 検 討 次 の 考 察 を 経 て 公 的 給 付 の 活 用 を 前 提 に 高 年 齢 者 を 雇 用 していくことが 決 定 した 1 各 社 の 対 応 について( 世 間 状 況 ) 大 きく2つに 分 かれます a. 公 的 給 付 を 最 大 限 に 受 給 することを 前 提 に 賃 金 を 決 定 する 方 法 b. 公 的 給 付 を 前 提 にせず 会 社 の 支 給 ルールをもって 賃 金 を 決 定 する 方 法 2 対 応 の 選 択 a.のメリットは 会 社 にとっては 給 与 を 抑 えることができる 点 給 与 を 抑 えると 公 的 給 付 が 支 給 され 抑 えた 分 の 補 填 を 公 的 給 付 として 受 け 入 れ 収 入 レベルを 大 きく 変 えずに 社 員 を 雇 用 できることとなります デメリットは 公 的 給 付 制 度 がやや 複 雑 なので 社 員 に 対 し 説 明 を 要 する 点 このプロ セスを 経 ないと 会 社 が 一 方 的 に 給 与 を 設 定 したものと 誤 解 されることがあります また 社 員 の 年 金 受 給 額 を 会 社 が 把 握 できていないと 年 金 を 考 慮 にした 給 与 シミュ レーションが 不 可 能 となります よってプライバシーともいえる 年 金 受 給 額 を 社 員 から 聞 き 出 さなければならない 点 がやや 厄 介 となります また 残 業 手 当 や 夜 勤 手 当 等 の 変 動 給 与 が 発 生 すると 当 初 想 定 していた 公 的 給 付 と 実 態 が 合 わない 面 が 生 ずる 点 もデメリットに 挙 げられます

3 - 2 - b.のメリットは 制 約 なく 自 由 に 社 員 の 賃 金 を 設 定 できる 点 にあります デメリット としては 基 準 の 設 定 が 自 由 であるがゆえ 支 給 基 準 が 曖 昧 だと 合 理 的 な 支 給 根 拠 が 説 明 できなくなり 社 員 の 納 得 感 が 得 られなくなる 点 が 挙 げられます 今 後 公 的 給 付 の 一 つである 在 職 老 齢 年 金 の 支 給 がなくなり bによる 賃 金 設 計 をす ることが 望 まれます ゆえに この 機 会 に 一 定 の 賃 金 支 給 基 準 を 整 備 しておく 必 要 があ ると 考 えられます 03 再 雇 用 後 の 労 働 条 件 決 定 プロセス 1 定 年 の 半 年 前 に 本 人 へ 定 年 後 の 勤 務 希 望 の 有 無 勤 務 日 数 勤 務 時 間 を 会 社 の 要 望 と 本 人 の 要 望 とを 擦 り 合 わせしていくようにしました 2 少 なくとも 定 年 の3か 月 前 には 労 働 時 間 等 を 決 定 しました すなわち 嘱 託 社 員 時 給 制 雇 用 期 間 1 年 間 等 を 確 定 させます また 賃 金 決 定 に 際 し シミュレーションを 実 施 します ( 公 的 給 付 ( 在 職 老 齢 年 金 と 雇 用 継 続 給 付 )を 意 識 し 人 件 費 がもっとも 合 理 的 に 支 給 できる 賃 金 額 を 決 定 します) 再 雇 用 までのフロー 59 歳 より 前 再 雇 用 基 準 等 の 周 知 1 年 前 59 歳 11 年 後 に60 歳 を 迎 える 社 員 へ 退 職 日 を 伝 える 再 雇 用 等 基 準 の 確 認 2 働 く 希 望 の 確 認 6カ 月 前 59 歳 6カ 月 労 働 条 件 の 提 示 賃 金 労 働 時 間 職 務 内 容 役 職 等 合 意 雇 用 契 約 の 締 結 60 歳 再 雇 用 スタート

4 -3- 参考① 公的給付 在職老齢年金 雇用継続給付 在職老齢年金とは 給与との関係でカットされた年金のこと 60歳台前半の在職老齢年金のしくみ イメージ 年 ここの部分の 支給停止 金 1 2をカット 月 額 支給 賞与 総 報 過去1年の 28万円 月平均額 酬 月 標 額 準 相 報 当 酬 額 月 額 雇用継続給付とは 60 歳前に比べて大きく給与が下がった時に支給される給付のこと 雇用継続給付 支給要件 雇用保険加入期間 継続して5年以上あること 基本手当を受給したことがある場合は受給ごの期間が5年以上あること 給与 60歳以後の給与が 60歳到達時賃金 の75 未満に低下していること その他 支給対象月の初日から末日まで雇用保険に加入していること 支給額 60歳到達時賃金の75 以上 60歳到達時賃金の 歳到達時賃金の61 以下 不支給 給与の低下に従い増加 給与の15 例 38万円だった給与の人 60歳以後20万円 20万円の15 の3万円が支給 支給注意 通勤手当や残業手当も含めて計算される 支給額は実際に支払われた給与に基づいて計算されること 60歳到達時賃金には上限があること 上限450,600円 H24.8.1改正 在職老齢年金と雇用継続給付を考えて支給 6割前後で手取りが最も増える賃金 高年齢雇用継続給付が過去の給与の61 が最も高い率という性質あり 蕨商工会議所

5 - 4 - 参 考 2 労 働 時 間 と 社 会 保 険 社 会 保 険 への 加 入 は 以 下 の 表 のとおり 労 働 時 間 との 相 関 関 係 があります 再 雇 用 者 の 個 別 の 事 情 に 応 じ 柔 軟 な 働 き 方 を 設 定 していく 必 要 労 働 時 間 社 会 保 険 関 係 労 働 保 険 保 険 料 率 保 険 雇 用 労 災 被 保 険 者 事 業 主 合 計 1 週 間 の 労 働 時 間 が 20 時 間 未 満 / / 週 間 の 労 働 時 間 20 時 間 以 上 かつ 所 定 労 働 時 間 が 一 般 従 業 員 の4 分 5/ / /1000 の3 未 満 所 定 労 働 時 間 が 一 般 従 業 員 の4 分 の3 以 上 / / /1000 雇 用 保 険 は 一 般 を 健 康 保 険 は 協 会 けんぽ( 埼 玉 ) を 適 用 した 04 法 改 正 への 対 応 継 続 雇 用 制 度 の 対 象 者 を 限 定 できる 仕 組 みが 廃 止 ( 概 略 は 以 下 の 参 考 3 参 照 ) されました 法 改 正 に 対 応 するため 経 過 措 置 としてH37 年 まで 再 雇 用 者 の 選 別 基 準 制 度 を 導 入 しました なお 別 途 再 雇 用 規 程 を 策 定 し 社 員 に 周 知 しま した 参 考 3 法 改 正 概 略 1 現 行 法 では 65 歳 まで 継 続 的 に 雇 用 するチャンスを 与 えなければならないが 継 続 するかどうかは 労 使 協 定 で 基 準 を 定 めることができる という 定 めがありましたが 法 改 正 により 希 望 があれば 原 則 として 継 続 雇 用 しなければならないこととなりました ただし 急 に 制 度 を 変 えることは 困 難 となるので 平 成 37(2025) 年 3 月 までの 12 年 間 については 労 使 協 定 による 基 準 により 対 象 者 を 限 定 することが 可 能 という 経 過 措 置 ができました 2 公 的 年 金 ( 厚 生 年 金 )の 支 給 開 始 年 齢 の 引 上 げにより 現 在 の 高 年 齢 者 雇 用 制 度 の ままでは 平 成 25(2013) 年 度 には 60 歳 定 年 以 降 継 続 雇 用 を 希 望 したとしても

6 - 5 - 雇 用 が 継 続 されず また 年 金 も 支 給 されないことにより 無 収 入 となる 者 が 生 じる 可 能 性 があります この 経 過 措 置 による 年 齢 引 上 げのスケジュールは 特 別 支 給 の 労 働 厚 生 年 金 ( 報 酬 比 例 部 分 )における 男 性 の 支 給 開 始 年 齢 の 引 上 げスケジュールと 完 全 に 一 致 しています すなわち 年 金 が 支 給 されるまでの 間 は 希 望 者 全 員 を 対 象 とする 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 しなければらないが いったん 年 金 が 支 給 された 以 降 は 現 行 通 り 選 定 基 準 に 基 づ き 対 象 者 を 選 別 することができます 05 今 後 の 課 題 公 的 給 付 を 第 一 義 として 賃 金 設 計 すると 能 力 が 高 い 社 員 に 対 しても 賃 金 を 大 幅 に 減 額 する こととなります 賃 金 が 下 がることに 合 理 的 な 理 由 がある 場 合 社 員 は 許 容 するものと 思 われますが そうでない 場 合 は 不 満 になるものと 推 測 できます 仮 に 役 割 労 働 時 間 責 任 等 が 従 前 より 減 少 している または 一 部 減 少 しているものであれ ば 合 理 的 に 下 げられるが そうでない 場 合 は 不 満 の 温 床 になるものと 解 されます このよう な 背 景 を 理 解 し 賃 金 等 労 働 条 件 を 十 分 に 説 明 していく 必 要 があります また 今 後 は 法 改 正 により 平 成 25 年 4 月 以 降 に 在 職 老 齢 年 金 が 受 給 できない 継 続 雇 用 者 が 顕 在 化 します 社 内 においては 年 金 が 受 給 できる 継 続 雇 用 者 と 受 給 できない 継 続 雇 用 者 が 生 じます 継 続 雇 用 後 の 賃 金 が 定 年 前 の 60%になるのであれば なぜ 60%となる のか 上 記 のとおり 社 員 にはしっかりと 説 明 していくことが 必 要 となります

7 - 6 - ⅱ. 貢 献 や 力 量 を 重 視 した 事 例 株 式 会 社 いろは 従 業 員 50 名 (パート 含 む) 資 本 金 4000 万 円 設 立 1960 年 業 種 製 造 業 その 他 60 歳 以 上 は8 名 定 年 60 歳 高 年 齢 者 に 対 し 貢 献 に 応 じ 給 与 を 支 払 っていきたい 役 割 に 応 じて 賃 金 を 払 っていきたい その 結 果 モチベーションが 高 まり 高 年 齢 者 も 戦 力 になり 続 けてほしい 01 背 景 60 歳 に 到 達 した 社 員 に 対 し 定 年 をきっかけに 一 律 40%の 賃 金 カットを 実 施 してきまし た 1 年 前 にも 同 様 に 第 一 線 の 部 長 職 の 定 年 をきっかけに 再 雇 用 し 賃 金 を 切 り 下 げ 処 遇 を 開 始 したところ 本 人 のモチベーションが 一 気 に 低 下 し 重 責 である 部 長 職 を 全 う しなくなってしまった その 結 果 組 織 が 一 部 機 能 しなくなる 事 件 に 発 展 しました この ような 事 件 を 繰 り 返 さないよう 重 責 である 任 務 を 引 き 続 き 果 たしてもらうためには ど のような 処 遇 をしていけばよいか 02 本 人 の 希 望 をヒアリング 継 続 雇 用 希 望 者 に 対 して 定 年 後 に 働 き 方 をヒアリングしていくようにしました 特 に 以 下 を 確 認 していくようにしました 1 本 人 の 労 働 条 件 の 希 望 と 会 社 の 希 望 を 確 認 しあう 2 今 まで 通 り 責 任 と 権 限 をもち 働 きたい 役 割 を 低 減 したい 旅 行 等 ゆっくりした い 等 の 希 望 を 確 認 しておく 03 役 割 に 応 じた 賃 金 60 歳 以 上 の 高 年 齢 者 は どのような 役 割 があるのか 整 理 をしました 役 割 と 賃 金 をリンクさせることにより なぜその 賃 金 なのか 明 確 にしました 役 割 例 役 職 目 標 責 任 育 成 ( 技 能 伝 承 ) 労 働 時 間 等 級 転 勤 出 向 残 業 人 事 考 課 者 等

8 - 7 - 参 考 1 一 般 的 な 賃 金 の 決 め 方 一 般 的 には 次 の(a)~(c)をもって 賃 金 決 定 していく (a) 業 務 の 内 容 責 任 人 材 活 用 の 仕 組 み (b) 労 働 時 間 数 (c) 減 額 の 幅 04 検 討 すべき 課 題 1 賃 金 を 下 げる 理 由 はあるか 60 歳 に 到 達 したからといって 大 幅 に 賃 金 を 下 げていく 理 由 はあるのか という 点 を 検 討 しました 従 業 員 数 が 少 ない 中 小 企 業 において 人 材 がすべて という 経 営 者 も 少 なくない その 中 小 企 業 で 賃 金 を 下 げることは モチベーションのダウンを 招 き 事 例 のようなインパクトを 引 き 起 こします 賃 金 を 下 げる 場 合 は なぜ 下 げるのか 明 確 にして 決 定 していきたい 今 回 は 役 割 と 賃 金 を 明 確 に 関 係 づけました 2 若 返 りを 図 りたい 第 一 線 で 勤 務 している 高 年 齢 社 員 が そのまま 第 一 線 に 在 籍 し 続 けることは 組 織 維 持 の 観 点 からあまり 歓 迎 すべきことではない そのため 第 一 線 監 督 者 についての 目 標 は 次 の 監 督 者 を 育 てることとしました す なわち 自 分 の 代 わりになるスタッフを 育 成 していくことを 最 大 の 目 標 に 設 定 しました 必 然 的 に 人 事 考 課 の 要 素 としては 目 標 管 理 制 度 において 部 下 育 成 を 業 務 の 中 心 に 据 えるようにしました 参 考 2 X 運 輸 事 件 ( 大 阪 高 判 平 労 経 速 2091 号 7 頁 奈 良 地 裁 平 労 経 速 同 号 23 頁 ) 定 年 後 再 雇 用 された 原 告 が 再 雇 用 後 の 給 与 が 正 社 員 当 時 の 給 与 と 比 べ 極 めて 低 額 で あることが 違 法 であるとしてその 差 額 を 求 めた 事 案 大 阪 高 裁 は 原 審 である 奈 良 地 裁 と 同 様 原 告 を 退 けました その 理 由 として 再 雇 用 後 の 賃 金 は 正 社 員 当 時 の 54.6% と 両 者 の 賃 金 の 格 差 は 軽 視 できないが 問 題 はこれが 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 趣 旨 を 無 に するないし 逸 脱 する 程 度 に 達 しており 看 過 し 難 いものとして 公 序 良 俗 といえるかであ るとし 他 社 の 扱 いをみても 再 雇 用 制 度 を 導 入 している 企 業 の 44.4%が 定 年 到 達 時 の 年 収 の6 7 割 また 20.4%の 企 業 が 半 分 程 度 を 予 定 して 制 度 設 計 していること 高 年 齢 雇 用 安 定 法 9 条 1 項 の 規 定 については 私 法 的 効 力 ( 強 行 法 規 性 )は 認 められな いが その 点 はさておき 再 雇 用 後 の 賃 金 額 は 確 かに 正 社 員 より 後 退 した 内 容 ではある が 同 法 の 予 定 する 制 度 枠 組 み 範 囲 内 であり その 範 囲 内 では 同 法 の 趣 旨 として 期 待 される 定 年 後 の 雇 用 の 一 定 の 安 定 性 が 確 保 される 道 も 開 かれたと 評 価 することも 可 能 であって 公 序 良 俗 に 違 反 していると 認 めることはできないと 判 断 した

9 今 後 の 課 題 再 雇 用 後 の 高 年 齢 者 に 対 し 役 割 と 賃 金 の 整 理 はできましたが 組 織 が 必 要 としている 高 年 齢 者 に 対 しては 賃 金 をあまり 下 げないので 今 までのように 人 件 費 が 減 少 しません また 若 返 りを 期 待 していますが 人 材 が 育 成 できているかどうか 不 安 が 残 る 状 況 です この 点 に 留 意 し 日 々 観 察 していかなければなりません 以 上 問 題 を 未 然 に 防 ぐために 確 認 していきましょう ご 質 問 受 け 付 けシート 以 下 の 内 容 は 高 齢 者 処 遇 を 考 える 上 で 必 要 な 項 目 です まずは 該 当 項 目 にレ 点 をつけていただき FAX にて 御 返 送 ください 具 体 的 な 相 談 をお 承 りします 中 澤 行 FAX 内 容 Yes 就 業 規 則 がなく 高 齢 者 処 遇 も 含 めて 不 安 に 感 じている 定 年 の 定 めがあいまいで 不 安 に 感 じている 高 齢 者 に 対 して 給 与 をどのように 支 払 ったらよいか 分 からない 高 齢 者 処 遇 に 対 して 国 からの 助 成 金 をもらって 雇 用 していきたい 助 成 金 を 活 用 して 定 年 延 長 を 実 施 したい 高 齢 者 の 働 き 方 等 を 見 直 し その 人 にあった 雇 用 をしていきたい その 他 様 々な 問 題 があるので 個 別 相 談 を 希 望 したい

( 第 1 段階 ) 報酬比例部分はそのまま定額部分を段階的に廃止 2 年ごとに 1 歳ずつ定額部分が消える ( 女性はすべてプラス 5 年 ) 報酬比例部分 定額部分 S16 S16 S18 S20 S22 4/1 前 4/2 ~4/2 4/2 4/2 4/2 ~~~

( 第 1 段階 ) 報酬比例部分はそのまま定額部分を段階的に廃止 2 年ごとに 1 歳ずつ定額部分が消える ( 女性はすべてプラス 5 年 ) 報酬比例部分 定額部分 S16 S16 S18 S20 S22 4/1 前 4/2 ~4/2 4/2 4/2 4/2 ~~~ 報酬比例部分経過的な措置8. 老齢給付 ( 厚生年金保険 ) 老齢厚生年金の全体像 前提条件 老齢基礎年金の受給資格期間 (25 年 ) を満たしていること 原則 65 歳以後に支給 老齢厚生年金 ( 条件 ) 1 ヶ月以上の厚生年金加入期間 老齢基礎年金 65 (S36.4.2 以後生の男性の場合 ) 60 歳から支給される場合があるただし 生年月日に応じて 段階的に支給年齢を引き上げて最終的には廃止特別支給の老齢厚生年金

More information

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2 重 要 判 例 速 報 解 説 平 成 28(2016) 年 7 月 29 日 長 澤 運 輸 事 件 ( 東 京 地 判 平 成 28 年 5 月 13 日 )について 定 年 後 再 雇 用 による 嘱 託 社 員 ( 有 期 契 約 労 働 者 )と 正 社 員 ( 無 期 契 約 労 働 者 )との 間 の 賃 金 の 定 めの 相 違 が 不 合 理 であり 労 働 契 約 法 20 条

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

者 で 行 うこととしているので 処 遇 改 善 計 画 もその 申 請 単 位 で 作 成 し 処 遇 改 善 に 取 り 組 むこととなります ( 問 7) 短 時 間 勤 務 者 には 支 給 しないこととしてよいか また 支 給 額 は 職 員 毎 差 をつけてもよいか 職 員 毎 の 支

者 で 行 うこととしているので 処 遇 改 善 計 画 もその 申 請 単 位 で 作 成 し 処 遇 改 善 に 取 り 組 むこととなります ( 問 7) 短 時 間 勤 務 者 には 支 給 しないこととしてよいか また 支 給 額 は 職 員 毎 差 をつけてもよいか 職 員 毎 の 支 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 について に 関 する Q&A 山 梨 県 1 賃 金 改 善 の 方 法 等 ( 問 1) 事 業 者 がロング ショート デイとあった 場 合 は それぞれの 職 員 に 対 して 交 付 率 の 区 分 毎 に 支 払 ってもよいのか または 交 付 金 を 合 計 して 職 員 数 で 割 って 一 律 で 支 払 うのがよいか? 国 は 全 職

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

厚生労働省

厚生労働省 わが 国 の 自 治 体 立 病 院 の 主 流 は 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 規 定 のみが 適 用 される 一 部 適 用 と なるが 近 年 はこれを 全 部 適 用 とし 企 業 管 理 者 を 設 置 することにより 人 事 労 務 等 をも 委 ねる 手 法 を 採 用 する 事 例 が 段 階 的 に 増 えつつある 下 記 図 1.15 は 経 営 のあり 方 の 差

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休 みずほインサイト 政 策 2016 年 2 月 4 日 雇 用 保 険 法 等 の 改 正 法 案 国 会 提 出 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けた 改 革 実 施 へ 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-3591-1308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 2016 年 1 月 29 日 に 雇 用 保 険 法 等 の

More information

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条 = 尼 崎 市 職 員 労 働 組 合 との 交 渉 状 況 = 平 成 27 年 度 第 1 号 通 算 第 540 号 平 成 27 年 6 月 17 日 尼 崎 市 役 所 総 務 局 人 事 管 理 部 給 与 課 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 及 び 平 成 27 年 度 の 欠 員 等 について 6 月 8 日 午 後 3 時 から 午 後 5 時 まで 中 央 公 民 館 小 ホールにおいて

More information

女性の年金

女性の年金 日 本 年 金 学 会 シンポジウム 2013 年 11 月 9 日 ( 土 ) 働 く 女 性 のライフコースと 年 金 支 給 開 始 年 齢 ~ 働 く 女 性 のライフコースから 考 える 年 金 支 給 開 始 年 齢 ( 株 )TIMコンサルティング 取 締 役 原 佳 奈 子 論 点 提 示 2 働 く 女 性 に 関 する 制 度 関 連 とライフコースへの 影 響 等 ( 沿 革

More information

まえがき 高 齢 化 社 会 が 本 格 化 し 団 塊 の 世 代 の 退 職 時 期 を 向 かえ 高 年 齢 者 の 雇 用 継 続 を 義 務 付 けた 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 が 平 成 18 年 から 施 行 されます 豊 富 な 経 験 やノウハウを 持 つ 高 年 齢 者

まえがき 高 齢 化 社 会 が 本 格 化 し 団 塊 の 世 代 の 退 職 時 期 を 向 かえ 高 年 齢 者 の 雇 用 継 続 を 義 務 付 けた 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 が 平 成 18 年 から 施 行 されます 豊 富 な 経 験 やノウハウを 持 つ 高 年 齢 者 高 年 齢 者 の 雇 用 継 続 と 賃 金 設 計 川 上 国 際 経 営 労 務 事 務 所 中 小 企 業 診 断 士 社 会 保 険 労 務 士 川 上 建 次 1 まえがき 高 齢 化 社 会 が 本 格 化 し 団 塊 の 世 代 の 退 職 時 期 を 向 かえ 高 年 齢 者 の 雇 用 継 続 を 義 務 付 けた 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 が 平 成 18 年 から

More information

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 改 正 法 案 は 2012 年 3 月 9 日 に 国 会 に 提 出 され 一 部 修 正 の 上 同 年 8 月 29

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F> 外 郭 団 体 の 退 職 手 当 財 源 補 填 廃 止 に 伴 う 助 成 金 支 給 について ~ 見 直 し 方 針 ~ 第 1 背 景 外 郭 団 体 ( 以 下 団 体 )は 高 度 化 複 雑 化 する 市 民 ニーズに 対 し 本 市 が 直 接 実 施 するより 機 動 的 かつ 柔 軟 に 公 共 サービスが 提 供 できるよう 設 立 され 高 い 専 門 性 を 発 揮 しつつ

More information

Microsoft Word - 主な用語・事務事業の解説H24 2

Microsoft Word - 主な用語・事務事業の解説H24 2 資 料 主 な 用 語 事 務 事 業 の 解 説 一 般 1 医 療 保 険 制 度 医 療 保 険 は 疾 病 や 負 傷 の 際 の 医 療 費 を 補 償 し 十 分 な 医 療 が 受 けられることを 目 的 とする 保 険 制 度 で 次 のように 分 類 されている 現 在 国 民 の 全 てがいずれかの 制 度 に 加 入 しており こ れがいわゆる 国 民 皆 保 険 といわれている

More information

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73>

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73> 標 準 報 酬 月 額 等 級 表 ( 厚 生 年 金 ) 標 準 報 酬 報 酬 月 額 厚 生 年 金 保 険 料 厚 生 年 金 保 険 料 率 14.642% ( 平 成 18 年 9 月 ~ 平 成 19 年 8 月 ) 等 級 月 額 全 額 ( 円 ) 折 半 額 ( 円 ) 円 以 上 円 未 満 1 98,000 ~ 101,000 14,349.16 7,174.58 2 104,000

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 全 国 厚 生 労 働 関 係 部 局 長 会 議 年 金 局 説 明 資 料 平 成 28 年 1 月 20 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1 目 次 1. 制 度 部 門 公 的 年 金 制 度 改 革 の 方 向 性 3 企 業 年 金 個 人 年 金 の 普 及 拡 大 11 2. 事 業 部 門 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 等 について 14 国 民 年 金 等

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

Ⅴ Ⅵ 目 予 算 編 成 のフローチャートと 決 算 書 類 19 図 表 6 予 算 編 成 のフローチャート 20 図 表 7 収 支 報 告 書 貸 借 対 照 表 財 産 目 録 備 品 台 帳 モデル 21 滞 納 金 回 収 に 関 する 管 理 会 社 の 業 務 と 役 割 25

Ⅴ Ⅵ 目 予 算 編 成 のフローチャートと 決 算 書 類 19 図 表 6 予 算 編 成 のフローチャート 20 図 表 7 収 支 報 告 書 貸 借 対 照 表 財 産 目 録 備 品 台 帳 モデル 21 滞 納 金 回 収 に 関 する 管 理 会 社 の 業 務 と 役 割 25 目 マンションの 滞 納 管 理 費 等 回 収 実 務 ハンドブック 目 第 1 章 総 論 管 理 費 修 繕 積 立 金 の 重 要 性 と 徴 収 の 論 理 Ⅰ マンション 管 理 組 合 管 理 費 等 2 1 マンションとは 2 2 管 理 組 合 とは 2 3 管 理 費 等 とは 3 Ⅱ 管 理 費 修 繕 積 立 金 徴 収 の 論 理 とその 重 要 性 4 図 表 1 管 理

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう 解 雇 退 職 雇 止 めをめぐる 話 合 いQ&A ~ 法 律 と 法 的 な 考 え 方 をもとに 誠 実 に 話 し 合 おう~ Q28 社 長 から 解 雇 すると 言 われました 取 消 しを 求 めるにはどうすればいいですか 解 雇 の 問 題 を 解 決 する 基 本 的 な 方 法 は 労 働 者 と 使 用 者 との 自 主 的 な 話 合 いです 事 実 関 係 をひとつ ひとつ

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

改 案 の 具 体 的 内 容 (ポイント) 新 しい 年 制 度 の 格 所 得 例 年 ( 社 会 保 険 式 ): 職 種 を 問 わず 全 ての が 同 じ 制 度 に 加 し 所 得 が 同 じなら 同 じ 保 険 料 同 じ 給 付 最 低 保 障 年 ( 税 財 源 ): 齢 期 に

改 案 の 具 体 的 内 容 (ポイント) 新 しい 年 制 度 の 格 所 得 例 年 ( 社 会 保 険 式 ): 職 種 を 問 わず 全 ての が 同 じ 制 度 に 加 し 所 得 が 同 じなら 同 じ 保 険 料 同 じ 給 付 最 低 保 障 年 ( 税 財 源 ): 齢 期 に Ⅲ 年 金 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 が 雇 就 労 や の 選 択 に 影 響 3 低 年 無 年 者 の 存 在 4 年

More information

誤 解 の 多 い 法 解 釈 Q 通 算 5 年 になる 前 や 雇 用 契 約 期 間 の 満 了 前 に 契 約 を 打 ち 切 っても 大 丈 夫 ですか? 労 働 契 約 法 では 契 約 期 間 中 の 契 約 解 除 について 使 用 者 は 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約

誤 解 の 多 い 法 解 釈 Q 通 算 5 年 になる 前 や 雇 用 契 約 期 間 の 満 了 前 に 契 約 を 打 ち 切 っても 大 丈 夫 ですか? 労 働 契 約 法 では 契 約 期 間 中 の 契 約 解 除 について 使 用 者 は 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約 I n stitu te of Re se a rc h for Sm a ll an d Me d iu m En te r pr i se 中 小 総 研 労 働 契 約 法 改 正 でアルバイトはいなくなるか(IRSME13005) 平 成 25 年 5 月 24 日 山 本 貢 郎 5 年 以 上 の 反 復 更 新 を 経 た 雇 止 めの 禁 止 有 期 契 約 労 働 者 を 雇 用

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 役 員 給 与 の 税 務 Ⅲ はじめに 今 回 は 役 員 給 与 のうち 臨 時 的 で 巨 額 な 支 出 がなされる 役 員 退 職 給 与 を 主 に 取 り 上 げてい ます 役 員 退 職 給 与 は 大 きなお 金 を 会 社 からもらえる というメリットだけでなく 中 小 企 業 の 節 税 の 王 道 と 言 われるもので 会 社

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

120402改正NPO法実務ポイント 原稿(p1-4)

120402改正NPO法実務ポイント 原稿(p1-4) NPO 法 人 の 皆 様 向 け 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 (NPO 法 )の 改 正 に 伴 う 実 務 のポイントについて 平 成 24 年 4 月 2 日 鳥 取 県 鳥 取 力 創 造 課 この 資 料 の 構 成 法 律 改 正 の 内 容 改 正 項 目 と 実 務 上 気 をつけるポイント 1) 認 証 制 度 の 変 更 ( 活 動 分 野 の 増 加 手 続 の 簡

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

Ⅱ. 調 査 結 果 (1) 退 職 金 の 導 入 理 由 (2) 中 退 共 制 度 の 導 入 理 由 退 職 金 の 導 入 理 由 : 複 数 回 答 0% 20% 40% 60% 80% 中 退 共 制 度 の 導 入 理 由 : 複 数 回 答 0% 20% 40% 60% 80% 従

Ⅱ. 調 査 結 果 (1) 退 職 金 の 導 入 理 由 (2) 中 退 共 制 度 の 導 入 理 由 退 職 金 の 導 入 理 由 : 複 数 回 答 0% 20% 40% 60% 80% 中 退 共 制 度 の 導 入 理 由 : 複 数 回 答 0% 20% 40% 60% 80% 従 平 成 26 年 度 中 小 企 業 退 職 金 共 済 制 度 加 入 企 業 の 実 態 に 関 する 調 査 概 要 版 Ⅰ. 調 査 概 要 調 査 目 的 調 査 対 象 調 査 方 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 制 度 ( 以 下 中 退 共 制 度 ) 加 入 企 業 における 退 職 金 制 度 及 び 退 職 金 支 給 の 実 態 について 把 握 するとともに 事 務

More information

第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き

第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 労 働 契 約 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) ( 文 責 : 連 合 雇 用 法 制 対 策 局 ) 1 第 18

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 自 治 体 職 員 のための マイナンバー 弁 護 士 前 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 上 席 政 策 調 査 員 水 町 雅 子 Agenda 第 1 部 番 号 法 の 概 要 番 号 制 度 のしくみ 地 方 公 共 団 体 の 役 割 第 2 部 特 定 個 人 情 報 保 護 第 3 部 条 例 改 正 条 例 改 正 総 論 利 活 用 条 例 保 護 条 例 改 正 1

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別 第 9 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 平 成 2 0 年 6 月 1 9 日 資 料 1-8 高 齢 者 雇 用 と 整 合 的 な 仕 組 み( 在 職 老 齢 年 金 等 )について 現 行 制 度 の 仕 組 み 趣 旨 在 職 老 齢 年 金 制 度 厚 生 年 金 の 適 用 事 業 所 に 勤 務 する70 歳 未 満 の 者 は 被 保 険 者 として 適 用 され

More information

前回の改正労働基準法案の制定経緯

前回の改正労働基準法案の制定経緯 参 考 資 料 3 規 制 改 革 会 議 雇 用 ワーキング グ ループ 提 出 資 料 ( 平 成 26 年 4 月 25 日 ) 多 様 な 正 社 員 (ジョブ 型 正 社 員 )について 3. 多 様 な 正 社 員 の 普 及 拡 大 平 成 26 年 4 月 22 日 ( 火 ) 第 4 回 経 済 財 政 諮 問 会 議 産 業 競 争 力 会 議 合 同 会 議 田 村 厚 生 労

More information

セコムグループの 事 業 2

セコムグループの 事 業 2 退 職 給 付 ビッグバン 研 究 会 セコムの 退 職 金 年 金 制 度 2006 年 8 月 24 日 セコム 企 業 年 金 基 金 八 木 博 一 1 セコムグループの 事 業 2 3 セコムグループ 概 況 総 グループ 会 社 数 155 社 (2006 年 3 月 31 日 現 在 ) 総 グループ 事 業 所 数 1,472カ 所 ( 同 上 ) ( 国 内 1,121ヵ 所 海

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

目 次 外 国 人 研 究 者 受 入 手 続 早 見 表 短 期 滞 在 (90 日 未 満 )の 場 合... 1 長 期 滞 在 (90 日 以 上 )の 場 合... 2 Step1 : 外 国 人 研 究 者 の 受 入 1. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 とは... 3 2.

目 次 外 国 人 研 究 者 受 入 手 続 早 見 表 短 期 滞 在 (90 日 未 満 )の 場 合... 1 長 期 滞 在 (90 日 以 上 )の 場 合... 2 Step1 : 外 国 人 研 究 者 の 受 入 1. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 とは... 3 2. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 研 究 者 向 け 受 入 各 種 手 続 ガイド SHIMANE UNIVERSITY 島 根 大 学 学 術 国 際 部 国 際 交 流 課 2012 年 度 連 絡 先 : TEL: 0852-32-9735 ( 内 線 2072) FAX: 0852-32-6481 ( 内 線 2075) Email: ied-koryu@office.shimane-u.ac.jp

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081694832302E36816A984A93AD8C5F96F1964082CC837C8343839383678140838A815B8374838C836283672E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081694832302E36816A984A93AD8C5F96F1964082CC837C8343839383678140838A815B8374838C836283672E707074> 労 働 契 約 法 のポイント 労 働 契 約 法 がスタート! ~ 平 成 20 年 3 月 施 行 ~ 就 業 形 態 が 多 様 化 し が 個 別 に 決 定 変 更 される ようになり 個 別 労 働 紛 争 が 増 えています この 紛 争 の 解 決 の 手 段 とし ては 裁 判 制 度 のほかに 平 成 13 年 から 個 別 労 働 紛 争 解 決 制 度 が 平 成 18 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

厚 生 年 金 基 金 とは 厚 生 年 金 保 険 の 業 務 の 一 部 を 民 間 ( 但 し 公 法 人 )に 移 して 職 場 の 特 殊 性 を 活 かしながら 運 営 し 厚 生 年 金 保 険 よりも 手 厚 い 年 金 を 支 給 する 目 的 で 作 られた 制 度 厚 生 年

厚 生 年 金 基 金 とは 厚 生 年 金 保 険 の 業 務 の 一 部 を 民 間 ( 但 し 公 法 人 )に 移 して 職 場 の 特 殊 性 を 活 かしながら 運 営 し 厚 生 年 金 保 険 よりも 手 厚 い 年 金 を 支 給 する 目 的 で 作 られた 制 度 厚 生 年 一 般 事 業 主 の 視 点 で 見 た 厚 生 年 金 基 金 2014 年 2 月 18 日 兵 庫 年 金 問 題 研 究 会 にて 城 戸 社 会 保 険 労 務 士 事 務 所 西 神 戸 オフィス 城 戸 信 幸 厚 生 年 金 基 金 とは 厚 生 年 金 保 険 の 業 務 の 一 部 を 民 間 ( 但 し 公 法 人 )に 移 して 職 場 の 特 殊 性 を 活 かしながら

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4> 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service

More information

別添2(表紙・目次)

別添2(表紙・目次) 別 添 2 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 等 目 次 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 35 全 体 概 要 36 企 業 事 例 一 覧 38 賃 金 制 度 の 見 直 しに 当 たって 従 業 員 の 納 得 性 を 高 めるための 取 組 事 例 57 中

More information

問題の背景 高齢者を取り巻く状況の変化 少子高齢化の急速な進展 2015 年までの労働力人口の減少 厚生年金の支給開始年齢の段階的引き上げ 少なくとも 年金開始年齢までは働くことのできる 社会 制度づくり ( 企業への負担 ) 会社にとっての問題点 そしてベストな対策対策が必要に!! 2

問題の背景 高齢者を取り巻く状況の変化 少子高齢化の急速な進展 2015 年までの労働力人口の減少 厚生年金の支給開始年齢の段階的引き上げ 少なくとも 年金開始年齢までは働くことのできる 社会 制度づくり ( 企業への負担 ) 会社にとっての問題点 そしてベストな対策対策が必要に!! 2 高年齢者雇用安定法 ( 目的 ) この法律は 定年の引上げ 継続雇用制度の導入等による高年齢者の安定した雇用の確保の促進 高年齢者等の再就職の促進 定年退職者その他の高年齢退職者に対する就業の機会の確保等の措置を総合的に講じ もつて高年齢者等の職業の安定その他福祉の増進を図るとともに 経済及び社会の発展に寄与することを目的とする ( 高年者等の雇用の安定に関する法律 ) 平成 18 年 4 月からの

More information

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し (1) 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 が 生 じた 場 合 の 納 付 済 保 険 料 の 取 扱 い の 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 娘 は 20 年 以 上 前 から 精 神 疾 患 があり 平 成 25 年 に 主 治 医 を 替 え たところ 当 該 医 師 から 病 状 から 判 断 して 障 害 年 金 を 受 給 できるので はないか 一 度 障

More information

d02 国際交流基金 様式1

d02 国際交流基金 様式1 独 立 行 政 法 人 国 際 交 流 基 金 ( 法 人 番 号 3011105603801)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 法 人 は 外 交 政 策 に 資 する 国 際 文 化 交 流 事 業

More information

2 継続雇用制度の対象者を雇用する企業の範囲の拡大 定年を迎えた高年齢者の継続雇用先を 自社だけでなく グループ内の他の会社 子会社や関 連会社等 まで広げることができます 3 義務違反企業に対する公表規程の導入 高年齢者雇用確保措置を実施しないと 都道府県の労働局やハローワークが指導を実施するこ

2 継続雇用制度の対象者を雇用する企業の範囲の拡大 定年を迎えた高年齢者の継続雇用先を 自社だけでなく グループ内の他の会社 子会社や関 連会社等 まで広げることができます 3 義務違反企業に対する公表規程の導入 高年齢者雇用確保措置を実施しないと 都道府県の労働局やハローワークが指導を実施するこ 知 って 役 立 つ 平 成 25 年 度 労 働 法 改 正 について 岸 社 会 保 険 労 務 士 事 務 所 所 長 特 定 社 会 保 険 労 務 士 岸 厚 子 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 改 正 について 少 子 高 齢 化 の 進 展 年 金 の 受 給 開 始 年 齢 の 引 き 上 げという 現 状 を 踏 まえ 60 歳 以 上 の 希 望 者 全 員 の 雇 用

More information

「70歳まで働ける企業」の実現に向けた提言(概要)

「70歳まで働ける企業」の実現に向けた提言(概要) 7. 企 業 事 例 ( 奈 良 県 における 先 進 事 例 集 平 成 23 年 度 作 成 から 抜 粋 ) -65 まで 希 望 者 全 員 の 継 続 雇 用 制 から 65 定 年 制 へ 向 け 移 行 を 検 討 中 - 金 陽 製 薬 株 式 会 社 1 企 業 概 要 事 業 内 容 医 薬 品 医 薬 部 外 品 栄 養 飲 料 健 康 食 品 の 製 造 販 売 年 齢 階

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63> Ⅰ 人 事 制 度 の 整 備 は 現 状 把 握 から 1. 人 事 制 度 の 類 型 を 理 解 する 2. 人 事 制 度 は5つの 項 目 で 分 析 3. 人 件 費 が 経 営 に 与 える 影 響 4. 個 別 賃 金 の 分 析 を 行 う Ⅲ 基 準 定 義 の 明 確 化 で 社 員 のモチベーションが 向 上 1. 職 能 資 格 職 務 役 割 等 級 フレーム 例 2.

More information

公共施設無線LAN整備計画

公共施設無線LAN整備計画 資 料 4 平 成 26 年 11 月 12 日 印 西 市 情 報 化 推 進 本 部 ( 了 承 ) 電 子 決 裁 導 入 計 画 ( 案 ) 平 成 26 年 10 月 印 西 市 電 子 決 裁 検 討 部 会 Page1 目 次 1. 電 子 決 裁 の 背 景 2. 電 子 決 裁 検 討 部 会 3. 電 子 決 裁 のメリット 4. 電 子 決 裁 のデメリット 5. 文 書 管

More information

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル 5. 参 考 配 付 書 式 (1) 管 理 職 と 産 休 育 休 取 得 者 のコミュニケーション ツール: 産 休 育 休 復 帰 支 援 面 談 シート の 紹 介 産 前 産 後 休 業 と 育 休 を 取 得 する 女 性 従 業 員 向 け 65 頁 66 頁 育 休 を 取 得 する 男 性 従 業 員 向 け 67 頁 68 頁 産 前 産 後 休 業 と 育 休 を 取 得 する

More information

はじめに AIJ 投 資 顧 問 会 社 による 年 金 資 産 消 失 事 件 に 端 を 発 し 厚 生 年 金 基 金 特 に 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 制 度 への 信 頼 を 損 なうような 報 道 が 散 見 され 加 入 事 業 所 の 皆 様 は 全 国 測 量 業 厚 生

はじめに AIJ 投 資 顧 問 会 社 による 年 金 資 産 消 失 事 件 に 端 を 発 し 厚 生 年 金 基 金 特 に 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 制 度 への 信 頼 を 損 なうような 報 道 が 散 見 され 加 入 事 業 所 の 皆 様 は 全 国 測 量 業 厚 生 平成24年度 厚生年金基金制度の現状 全国測量業厚生年金基金 はじめに AIJ 投 資 顧 問 会 社 による 年 金 資 産 消 失 事 件 に 端 を 発 し 厚 生 年 金 基 金 特 に 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 制 度 への 信 頼 を 損 なうような 報 道 が 散 見 され 加 入 事 業 所 の 皆 様 は 全 国 測 量 業 厚 生 年 金 基 金 の 状 況 に ついても

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

雇用安定_ 概要版.indd

雇用安定_ 概要版.indd 番 号 対 象 事 業 主 給 付 金 名 問 合 せ 先 頁 1 2 事 業 活 動 の 縮 小 に 伴 い 雇 用 調 整 を 行 った 事 業 主 等 定 年 の 引 上 げや 定 年 の 定 めの 廃 止 を 実 施 した 事 業 主 等 雇 用 調 整 助 成 金 中 小 企 業 緊 急 雇 用 安 定 助 成 金 定 年 引 上 げ 等 奨 励 金 ( 中 小 企 業 定 年 引 上 げ

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 資 料 1-1 年 金 に 関 する 資 料 平 成 23 年 5 月 23 日 厚 生 労 働 省 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc)

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc) 宝 監 第 104 号 平 成 22 年 2 月 17 日 請 求 人 様 宝 塚 市 監 査 委 員 同 同 村 野 一 郎 井 上 芳 治 伊 福 義 治 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について 平 成 21 年 12 月 25 日 付 けで 提 出 のありました 住 民 監 査 請 求 について 地 方 自 治 法 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査

More information

Q4. 下 記 の 機 関 との 連 携 の 度 合 いについてお 答 えください 連 携 の 度 合 いは 下 記 を 選 択 肢 とします 1. 定 期 的 日 常 的 に 連 携 している 2. 必 要 に 応 じて 連 携 している 3. 連 携 していない ハローワーク. 障 害 者 職

Q4. 下 記 の 機 関 との 連 携 の 度 合 いについてお 答 えください 連 携 の 度 合 いは 下 記 を 選 択 肢 とします 1. 定 期 的 日 常 的 に 連 携 している 2. 必 要 に 応 じて 連 携 している 3. 連 携 していない ハローワーク. 障 害 者 職 就 労 継 続 支 援 A 型 事 業 についてのアンケート 全 Aネット 検 討 会 法 人 名 事 業 所 名 郵 便 番 号 ( ) 住 所 都 道 府 県 市 区 町 村 以 下 TEL FAX Mail 事 業 所 開 設 年 月 事 業 形 態 (1. 単 独 型 2. 多 機 能 型 ) 多 機 能 型 の 併 設 事 業 A 型 利 用 定 員 名 A 型 実 員 ( 平 成 年 月

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E968BC68EE590E096BE89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E968BC68EE590E096BE89EF8E9197BF2E70707478> 事 業 主 の 皆 様 へ ~ 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて~ 東 京 都 報 道 事 業 厚 生 年 金 基 金 目 次 事 業 主 の 皆 様 へ 1. 厚 生 年 金 基 金 の 仕 組 み 2. 当 基 金 の 財 政 状 況 3. 法 改 正 の 概 要 4. 存 続 基 準 との 比 較 5. 厚 生 年 金 基 金 全 体 における 当 基 金 の 状 況 6.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82508140904588F582CC94858F9E90D3944382C98C5782E98B4B91A582CC90A792E8646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82508140904588F582CC94858F9E90D3944382C98C5782E98B4B91A582CC90A792E8646F632E646F63> 第 5 回 神 戸 市 経 理 適 正 化 推 進 本 部 会 議 資 料 1 違 法 な 予 算 執 行 行 為 等 に 係 る 職 員 の 賠 償 責 任 に 関 する 規 則 ( 地 方 自 治 法 第 243 条 の 2 第 1 項 後 段 の 規 則 ) 目 次 1 規 則 制 定 の 経 緯 1 2 規 則 の 意 義 4 3 具 体 的 に 指 定 する 職 員 5 4 留 意 すべき

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838F815B834E838F834E836C836283679770814620926D82C182C482A882AB82BD82A291DE90458BE081408AE98BC6944E8BE090A793782E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838F815B834E838F834E836C836283679770814620926D82C182C482A882AB82BD82A291DE90458BE081408AE98BC6944E8BE090A793782E646F63> は67.9%と に15,933 退 職 金 制 度 改 革 の 動 向 株 式 会 社 広 島 企 業 年 金 設 計 代 表 取 締 役 石 井 孝 治 知 っておきたい 退 職 金 企 業 年 金 制 度 移 年 以 降, 退 職 一 時 金 制 度 の 改 定 を 行 っている 企 業 が 約 半 分 あります そのうち,ポイント 制 に 率 送 行 を りしているようです した 掛 けます

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

年 金 抑 制 デフレ 下 でも 実 施 二 重 引 き 下 げ へ (2015 年 1 月 22 日 読 売 新 聞 ) 厚 生 労 働 省 の 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 は21 日 公 的 年 金 制 度 の 改 革 に 関 する 報 告 書 を 取 りまとめた 年 金 の 抑

年 金 抑 制 デフレ 下 でも 実 施 二 重 引 き 下 げ へ (2015 年 1 月 22 日 読 売 新 聞 ) 厚 生 労 働 省 の 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 は21 日 公 的 年 金 制 度 の 改 革 に 関 する 報 告 書 を 取 りまとめた 年 金 の 抑 社 説 公 的 年 金 見 直 し 低 所 得 者 対 策 を 急 げ 東 京 新 聞 2015 年 1 月 23 日 厚 生 労 働 省 の 審 議 会 がまとめた 公 的 年 金 制 度 の 見 直 しに 関 する 報 告 書 は 給 付 抑 制 の 仕 組 み 強 化 が 柱 で 高 齢 者 に 痛 みを 強 いるものだ 高 齢 者 の 貧 困 が 拡 大 する 中 低 所 得 者 対 策 を

More information

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン の 改 訂 について 概 要 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするため 平 成 24 年 11 月 に 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン を 施 行 本 ガイドラインは

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 参 考 資 料 厚 生 年 金 基 金 等 の 現 状 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 給

More information

2011年5月26日

2011年5月26日 2016 年 6 月 10 日 全 国 私 立 学 校 教 職 員 組 合 連 合 ( 全 国 私 教 連 ) 中 央 執 行 委 員 長 永 島 民 男 2015 年 度 私 立 高 校 中 学 生 の 経 済 的 理 由 による 退 学 と 学 費 滞 納 調 査 のまとめ 1. 調 査 の 目 的 今 回 の 調 査 は 2015 年 度 (2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 末 )に

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか 賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 助 成 金 による 助 成 を 受 けられないのか また 実 際 の 賃 金 改 善 額 が 賃 金 改 善 計 画 における 改 善 見

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63> 学 校 自 己 評 価 報 告 書 ( 平 成 24 年 度 ) 平 成 25 年 7 月 学 校 法 人 電 波 学 園 あいち 情 報 専 門 学 校 学 校 評 価 委 員 会 委 員 長 加 藤 仁 志 ( 校 長 ) 総 括 責 任 者 渡 邉 栄 二 ( 教 務 科 長 ) 目 次 ( 点 検 中 項 目 一 覧 ) 基 準 1 教 育 理 念 目 的 育 成 人 材 像 等 1-1 理

More information

(3) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 23 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (4) 定 年 退 職 時 にE 職 員 就 業 規 則 第 22 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (5) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 66 条 の(1)

(3) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 23 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (4) 定 年 退 職 時 にE 職 員 就 業 規 則 第 22 条 の 各 号 に 該 当 している 者 (5) 定 年 退 職 時 にG 職 員 就 業 規 則 第 66 条 の(1) 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 定 年 退 職 職 員 再 雇 用 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 G 職 員 就 業 規 則 第 20 条 第 1 項 及 びE 職 員 就 業 規 則 第 19 条 第 1 項 に 基 づき 定 年 退 職 した 職 員 を 同 第 2 項 により 再 雇 用 する 場 合

More information

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい 公 定 価 格 に 関 す る F A Q ( よ く あ る 質 問 ) Ver.9( 平 成 27 年 6 月 17 日 時 点 版 ) このFAQは 仮 単 価 を 基 に 年 間 の 運 営 費 額 を 定 する 際 の 参 考 となるよう 現 行 の 幼 稚 園 保 育 所 等 における 取 り 扱 いを 基 に 作 成 したもので あり 今 後 詳 細 を 検 討 していく 過 程 で

More information

01 管 理 組 合 の 会 計 処 理 は 発 生 主 義 と 聞 き ましたが 現 金 主 義 とどこが 違 う の でしょうか? 現 金 主 義 で は 未 払 い 金 等 の 将 来 支 払 わ な け れ ば な ら な い 負 債 勘 定 が 帳 簿 上 に 明 確 に 表 記 さ れ

01 管 理 組 合 の 会 計 処 理 は 発 生 主 義 と 聞 き ましたが 現 金 主 義 とどこが 違 う の でしょうか? 現 金 主 義 で は 未 払 い 金 等 の 将 来 支 払 わ な け れ ば な ら な い 負 債 勘 定 が 帳 簿 上 に 明 確 に 表 記 さ れ よくある 質 問 管 理 組 合 会 計 一 覧 表 01 発 生 主 義 31 修 繕 積 立 金 が 不 足 02 区 分 経 理 32 予 算 の 作 成 03 修 繕 積 立 基 金 と は 33 管 理 費 の 使 い 道 04 自 治 会 費 の 徴 収 34 滞 納 管 理 費 等 の 督 促 方 法 05 決 算 報 告 書 35 内 容 証 明 郵 便 06 管 理 費 の 余 剰

More information

不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は5 棟 10 室 以 上 の 事 業 規 模 であること 下 記 に 該 当 する 場 合 は 加 入 できません (1) 青 色 専 従 者 (2) 法 人 の 役 員 については 登 記 していることが 必 要 です したがって 顧 問 等 の 場 合 には

不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は5 棟 10 室 以 上 の 事 業 規 模 であること 下 記 に 該 当 する 場 合 は 加 入 できません (1) 青 色 専 従 者 (2) 法 人 の 役 員 については 登 記 していることが 必 要 です したがって 顧 問 等 の 場 合 には Q10 小 規 模 企 業 共 済 ( 退 職 金 型 + 年 金 型 )について 教 えて 下 さい ( 平 成 21 年 度 改 正 版 ) ポイント! 2008.12 湊 税 理 士 事 務 所 作 成 退 職 金 準 備 型 1 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 機 構 ( 略 称 中 小 機 構 ))が 運 営 する 制 度 です 2 掛 金 は 全 額 を 課 税 対 象

More information

講 義 のあらまし 1 兵 庫 県 統 計 課 の 情 報 提 供 の 現 状 2 統 計 データのとらえ 方 3 統 計 データの 加 工 分 析 の 方 法 4 標 本 調 査 と 標 本 誤 差 5 統 計 分 析 レポートの 作 成 の 方 法 6 標 本 調 査 に 関 する 例 題 2

講 義 のあらまし 1 兵 庫 県 統 計 課 の 情 報 提 供 の 現 状 2 統 計 データのとらえ 方 3 統 計 データの 加 工 分 析 の 方 法 4 標 本 調 査 と 標 本 誤 差 5 統 計 分 析 レポートの 作 成 の 方 法 6 標 本 調 査 に 関 する 例 題 2 3 地 域 統 計 の 加 工 分 析 の 方 法 兵 庫 県 企 画 県 民 部 ( 統 計 課 ビジョン 課 ) 芦 谷 恒 憲 2015/4/20 講 義 のあらまし 1 兵 庫 県 統 計 課 の 情 報 提 供 の 現 状 2 統 計 データのとらえ 方 3 統 計 データの 加 工 分 析 の 方 法 4 標 本 調 査 と 標 本 誤 差 5 統 計 分 析 レポートの 作 成 の 方

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874281698DC58F49816A834B834383688389834383938169836083468362834E837C834383938367816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874281698DC58F49816A834B834383688389834383938169836083468362834E837C834383938367816A2E646F63> 参 考 公 益 目 的 事 業 のチェックポイントについて 構 成 第 1 公 益 目 的 事 業 のチェックポイントの 性 格 第 2 不 特 定 かつ 多 数 の 者 の 利 益 の 増 進 に 寄 与 するもの の 事 実 認 定 に 当 たっての 留 意 点 1. 事 業 区 分 ごとの 公 益 目 的 事 業 のチェックポイント (1) 検 査 検 定 (2) 資 格 付 与 (3) 講

More information

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 -------------------------------------------

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------- 参 考 1 国 民 健 康 ( 統 一 方 式 )について 平 成 23 年 8 月 26 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------------------

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

第 1 職 員 の 任 命 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 新 規 採 用 の 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 男 性 女 性 合 一 般 事 務 2 人 7 人 技 術 職 保 育 士 3 人 4 人 6 人 6 人 12 人 2 再 任 用 の 状 況 ( 平 成 25 年

第 1 職 員 の 任 命 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1 新 規 採 用 の 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 男 性 女 性 合 一 般 事 務 2 人 7 人 技 術 職 保 育 士 3 人 4 人 6 人 6 人 12 人 2 再 任 用 の 状 況 ( 平 成 25 年 目 次 北 本 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 を 公 表 します( 平 成 26 年 度 ) 北 本 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 市 職 員 の 給 与 や 勤 務 条 件 の 状 況 などの 人 事 行 政 のあらましをお 知 らせします 第 1 職 員 の 任 命 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 1

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information