Ⅰ 基本方針

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Ⅰ 基本方針"

Transcription

1 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 書 平 成 27 年 2 月 公 益 財 団 法 人 生 命 保 険 文 化 センター

2 Ⅰ 基 本 方 針 金 融 商 品 の 仕 組 みやリスクが 複 雑 化 している 中 生 活 設 計 の 重 要 性 がますます 高 まるとともに 生 活 設 計 に 合 わせた 保 険 商 品 を 適 切 に 選 択 する 判 断 力 が 求 められており 金 融 保 険 リテラシーの 向 上 に 向 けた 取 組 みの 推 進 が 重 要 な 課 題 となっている また その 取 組 みの 下 支 えとなる 生 活 設 計 や 生 活 保 障 に 関 する 公 正 適 切 な 情 報 発 信 生 命 保 険 および 金 融 関 連 分 野 の 研 究 者 を 交 えた 調 査 研 究 による 今 日 的 な 課 題 に 関 する 研 究 成 果 の 提 供 が 求 め られている このような 状 況 を 踏 まえ 平 成 27 年 度 は 従 来 からの 取 組 みに 加 えて 消 費 者 啓 発 情 報 提 供 活 動 において 金 融 保 険 リテラシーの 向 上 を 重 視 し 生 命 保 険 学 習 会 や 生 命 保 険 実 学 講 座 等 を 通 じた 生 命 保 険 の 基 礎 教 育 の 取 組 みを 強 化 する 学 術 振 興 事 業 においては 金 融 保 険 リテラシーに 関 する 研 究 をはじめとした 各 種 研 究 会 や 保 険 学 セミナー 等 を 運 営 するとともに 若 手 研 究 者 の 発 掘 と 育 成 ( 支 援 )に 焦 点 を 当 て 多 面 的 な 取 組 みを 推 進 する 調 査 活 動 においては 第 18 回 となる 生 命 保 険 に 関 する 全 国 実 態 調 査 を 実 施 する また 当 センターは 平 成 27 年 度 ( 平 成 28 年 1 月 5 日 )に 創 立 40 周 年 を 迎 えることとなり 40 年 史 の 発 行 等 の 記 念 事 業 を 実 施 する 1. 消 費 者 啓 発 情 報 提 供 活 動 1 大 学 生 高 校 生 向 け 生 命 保 険 実 学 講 座 について 積 極 的 に 展 開 するとともに 新 たに 設 ける 高 校 教 師 との 懇 談 会 を 通 じて 高 校 向 け 学 校 教 育 関 連 活 動 の 内 容 および 推 進 方 法 の 検 討 を 行 う ( 後 述 学 術 振 興 事 業 の 金 融 保 険 リテラシーと 保 険 市 場 の 質 研 究 会 とも 密 接 な 連 携 を 図 る ) 2 消 費 者 対 象 の 生 命 保 険 学 習 会 相 談 員 対 象 の 勉 強 会 等 を 通 じ 一 般 消 費 者 の 生 命 保 険 関 連 知 識 の 向 上 を 図 る 3 平 成 27 年 3 月 提 供 開 始 の 生 活 設 計 ツールの 活 用 促 進 を 通 じ 生 活 設 計 に 対 する 消 費 者 意 識 の 向 上 を 図 る 2. 学 術 振 興 事 業 1 学 界 と 業 界 との 学 術 交 流 の 促 進 や 生 命 保 険 に 関 する 研 究 の 活 性 化 を 目 的 に 各 種 研 究 会 セミナーの 開 催 運 営 研 究 者 への 支 援 等 に 取 り 組 む 2 研 究 助 成 をはじめ 各 種 研 究 会 セミナーへの 参 加 等 多 面 的 な 取 組 みを 推 進 し 若 手 研 究 者 への 研 究 支 援 を 強 化 する 3. 調 査 活 動 時 系 列 調 査 (3 年 毎 の 実 施 )として 生 命 保 険 に 関 する 全 国 実 態 調 査 ( 第 18 回 )を 実 施 し 12 月 に 報 告 書 を 発 行 する 参 考 平 成 26 年 度 主 な 消 費 者 啓 発 情 報 提 供 活 動 の 実 績 見 込 生 命 保 険 学 習 会 生 命 保 険 ホームページ 消 費 者 向 け 相 談 員 勉 強 会 (うち 企 業 官 公 庁 等 主 催 ) 実 学 講 座 アクセス 件 数 小 冊 子 頒 布 部 数 平 成 24 年 度 187 回 (81 回 ) 340 回 58 回 218 万 件 41 万 部 平 成 25 年 度 178 回 (70 回 ) 382 回 53 回 239 万 件 41 万 部 平 成 26 年 度 165 回 (65 回 ) 415 回 50 回 296 万 件 38 万 部 受 講 者 数 6,200 名 27,000 名 1,000 名 うち 有 償 29 万 部 1

3 Ⅱ 具 体 的 内 容 活 動 項 目 具 体 的 取 組 内 容 備 考 < 消 費 者 啓 発 情 報 提 供 活 動 > 協 会 との 協 業 による 消 費 者 啓 発 情 報 提 供 活 動 の 強 化 に 向 けた 検 討 を 実 施 1. 金 融 経 済 教 育 金 融 保 険 リテラシーの 向 上 を 重 視 し 生 命 保 険 基 礎 教 育 の 内 容 のさらなる 充 実 に 取 り 組 む また 生 命 保 険 実 学 講 座 や 一 般 消 費 者 向 け 学 習 会 等 の 活 用 促 進 に 向 け た 取 組 みを 強 化 し 生 命 保 険 基 礎 教 育 の 機 会 拡 大 を 図 る (1) 新 たに 高 校 教 師 との 懇 談 会 を 設 け 高 校 教 育 現 場 の 実 情 に 則 した 意 見 交 換 検 討 を 行 い 文 化 センターの 諸 活 動 に 反 映 する 具 体 的 には 授 業 展 開 案 学 校 教 育 用 副 教 材 生 命 保 険 実 学 講 座 教 師 対 象 セミナー 生 活 設 計 ツールの 活 用 方 法 等 について 検 討 する 金 融 保 険 リテラシーと 保 険 市 場 の 質 研 究 会 ( 後 述 )との 連 携 を 図 る 授 業 ノウハウの 共 有 にも 資 するよう 東 京 大 阪 の 2 ヵ 所 で 開 催 する (2) 金 融 関 連 団 体 連 携 による 大 学 の 連 続 講 座 に 積 極 的 に 参 画 し 業 界 横 断 的 な 金 融 経 済 教 育 への 取 組 みを 推 進 する 平 成 26 年 度 実 施 2 大 学 平 成 27 年 度 は 5 大 学 を 予 定 他 団 体 との 連 携 により 授 業 展 開 資 料 の 標 準 化 を 進 める (3) 生 命 保 険 実 学 講 座 や 一 般 消 費 者 向 けの 学 習 会 等 の 活 用 促 進 に 向 けて 高 校 大 学 や 消 費 生 活 センター 教 育 委 員 会 等 に 対 して 直 接 的 な 働 きかけを 積 極 的 に 展 開 し 生 命 保 険 基 礎 教 育 の 機 会 拡 大 を 図 る 2. 学 習 会 生 命 保 険 生 活 保 障 生 活 設 計 に 関 する 正 しい 知 識 の 提 供 を 目 的 に 生 命 保 険 学 習 会 への 講 師 派 遣 等 に 取 り 組 む 地 方 行 政 機 関 や 消 費 者 団 体 との 連 携 を 図 るとともに 企 業 労 働 組 合 等 への 積 極 的 な 講 師 派 遣 活 動 を 継 続 することにより 各 界 各 層 のニーズに 適 したより 効 果 的 な 情 報 提 供 活 動 を 行 う (1) 生 命 保 険 学 習 会 への 講 師 派 遣 消 費 者 行 政 機 関 消 費 者 団 体 企 業 労 働 組 合 等 からの 要 請 に 応 じて 文 化 セ ンターの 職 員 ならびに 生 命 保 険 協 会 地 方 事 務 局 長 に 講 師 を 委 託 して 派 遣 する ( 年 間 200 回 程 度 ) 1 消 費 者 行 政 機 関 消 費 者 団 体 の 主 催 する 生 命 保 険 学 習 会 対 象 : 一 般 消 費 者 2

4 2 企 業 官 公 庁 労 働 組 合 等 主 催 の 講 習 会 研 修 会 対 象 : 企 業 の 従 業 員 官 公 庁 の 職 員 等 3 各 都 道 府 県 金 融 広 報 委 員 会 主 催 の 生 命 保 険 学 習 会 対 象 : 一 般 消 費 者 (2) 生 命 保 険 協 会 地 方 事 務 室 との 連 携 活 動 生 命 保 険 協 会 地 方 事 務 局 長 が 各 地 の 消 費 生 活 センター 消 費 者 団 体 金 融 広 報 委 員 会 介 護 福 祉 専 門 学 校 等 を 訪 問 し 文 化 センターの 活 動 紹 介 ならびに 講 師 派 遣 事 業 等 の 利 用 推 進 を 行 う また 必 要 に 応 じて 生 命 保 険 学 習 会 等 の 講 師 を 担 当 する 3. 消 費 者 団 体 等 との 連 携 交 流 活 動 (1) 消 費 生 活 相 談 員 等 への 情 報 提 供 1 相 談 員 等 を 対 象 とした 勉 強 会 の 実 施 ( 年 間 60 回 程 度 ) 各 地 の 消 費 生 活 センター 消 費 者 行 政 機 関 の 窓 口 等 で 相 談 活 動 に 携 わる 消 費 生 活 相 談 員 やコンサルタント 金 融 広 報 アドバイザーを 対 象 とした 勉 強 会 に 講 師 を 派 遣 し 生 命 保 険 に 関 するより 専 門 的 な 情 報 提 供 を 行 う 地 域 毎 に 定 期 的 な 相 談 員 等 への 情 報 提 供 機 会 の 拡 大 を 図 るため 全 国 消 費 生 活 相 談 員 協 会 日 本 消 費 者 協 会 日 本 消 費 生 活 アドバイザー コンサルタント 協 会 各 々と 共 同 で 地 域 別 講 習 会 を 開 催 する 相 談 員 養 成 段 階 層 ( 消 費 生 活 コンサルタント 資 格 の 新 規 取 得 者 )への 情 報 提 供 機 会 として 日 本 消 費 者 協 会 と 共 同 で くらしの 設 計 講 習 会 を 開 催 する 2 生 命 保 険 意 見 交 換 会 を 通 じた 消 費 者 行 政 消 費 生 活 相 談 員 との 情 報 交 換 生 命 保 険 協 会 との 共 催 により 全 国 54 地 域 で 実 施 する 生 命 保 険 意 見 交 換 会 を 消 費 者 教 育 の 推 進 に 向 けた 情 報 共 有 意 見 交 換 の 場 として 積 極 的 に 活 用 し 消 費 者 行 政 消 費 生 活 相 談 員 との 連 携 を 強 化 する 相 談 員 勉 強 会 において 相 談 マニュアル の 活 用 を 推 進 する 可 能 な 地 域 については 意 見 交 換 会 と 相 談 員 に 対 する 勉 強 会 をセットで 開 催 する (2) 消 費 者 団 体 等 との 交 流 生 命 保 険 協 会 が 主 催 する 消 費 者 団 体 等 との 意 見 交 換 会 への 参 加 や 改 訂 小 冊 子 に 関 する 情 報 提 供 等 の 機 会 を 通 じて 連 携 強 化 を 図 る 3

5 (3) 日 本 消 費 者 教 育 学 会 との 連 携 消 費 者 教 育 の 発 展 に 資 することを 目 的 に 日 本 消 費 者 教 育 学 会 との 連 携 事 業 と して 消 費 者 教 育 に 関 する 優 れた 研 究 に 対 して 研 究 助 成 を 行 う 4. 学 校 教 育 関 連 活 動 学 校 における 生 命 保 険 生 活 保 障 生 活 設 計 に 関 連 する 基 礎 教 育 のより 一 層 の 充 実 を 目 指 して 諸 活 動 を 展 開 する (1) 生 命 保 険 実 学 講 座 大 学 短 大 専 門 学 校 高 校 の 教 師 の 協 力 を 得 て 講 義 時 間 に 文 化 センター 職 員 が 講 師 となり 生 命 保 険 や 生 活 設 計 に 関 する 講 座 を 実 施 する また 文 化 セン ター 内 研 修 体 制 の 強 化 による 講 師 のレベルアップや 教 材 の 見 直 し 等 により 講 座 内 容 の 充 実 を 図 るとともに 大 学 高 校 等 への 紹 介 案 内 を 積 極 的 に 推 進 する ( 年 間 380 講 座 程 度 ) (2) 高 等 学 校 向 け 活 動 1 高 校 教 師 との 懇 談 会 高 校 教 師 との 懇 談 会 を 設 け 高 校 教 育 現 場 の 実 情 に 則 した 意 見 交 換 検 討 を 行 い 文 化 センターの 諸 活 動 に 反 映 する( 上 述 ) 2 教 師 対 象 セミナーの 開 催 高 校 教 師 を 対 象 に くらしとリスク 管 理 をテーマとしたセミナーを 東 京 大 阪 の 2 ヵ 所 で 開 催 する 3 教 師 研 修 会 への 講 師 派 遣 家 庭 科 の 高 校 教 師 が 実 施 している 研 修 会 に 生 活 設 計 生 命 保 険 および 副 教 材 の 活 用 等 のテーマで 講 師 を 派 遣 する ( 年 間 10 回 程 度 ) 日 本 損 害 保 険 協 会 と 共 催 で 開 催 する 基 調 講 演 に 代 えて 家 庭 科 教 材 キットを 用 いた 模 擬 授 業 や 授 業 展 開 案 についての 教 師 相 互 の 意 見 交 換 など より 実 践 的 かつ 効 率 的 な 内 容 で 実 施 する 4

6 5.ホームページ (3) 中 学 校 向 け 活 動 1 中 学 生 作 文 コンクール 将 来 を 担 う 世 代 に 対 する 長 期 的 視 点 に 立 った 啓 発 ならびに 生 命 保 険 への 理 解 促 進 を 主 な 目 的 とし 全 国 の 中 学 生 を 対 象 に わたしたちのくらしと 生 命 保 険 をテーマとする 第 53 回 中 学 生 作 文 コンクール を 文 部 科 学 省 金 融 庁 全 日 本 中 学 校 長 会 の 後 援 のもと 実 施 する 全 国 賞 入 賞 作 品 集 を 作 成 し 業 界 内 外 に 広 く 配 布 するとともに マスコミ 等 を 通 じた 周 知 を 強 化 し コンクールのさらなる 浸 透 を 図 る (4) 学 校 教 育 用 副 教 材 学 校 教 育 用 副 教 材 副 読 本 の 無 償 提 供 と DVD 教 材 の 無 償 貸 出 しを 行 う (1)ホームページによる 情 報 提 供 の 充 実 1ホームページ ひと 目 でわかる 生 活 設 計 情 報 等 のコーナーについて 定 期 的 な 情 報 デー タ 更 新 および 内 容 充 実 を 図 る 2モバイルサイト 若 年 層 をターゲットとしたモバイルサイト せいめいほけんスタジアム につ いて 定 期 的 な 情 報 データ 更 新 を 行 う 3WEB マガジン WEB マガジンを 定 期 的 に 発 行 し 広 く 消 費 者 学 校 教 育 関 係 者 への 情 報 提 供 を 行 う ( 年 間 24 回 ) (2)メールマガジンによる 情 報 提 供 の 充 実 消 費 者 行 政 関 係 者 学 校 教 育 関 係 者 出 版 物 申 込 者 生 命 保 険 学 習 会 参 加 者 等 に タイムリーかつ 適 切 な 情 報 提 供 を 行 うためにメルマガ 登 録 の 紹 介 案 内 を 推 進 する ( 毎 月 3~4 回 配 信 ) 5 平 成 26 年 度 応 募 状 況 :1,051 校 30,627 編 < 副 教 材 副 読 本 > 家 庭 科 教 材 キット ( 高 校 生 用 ) 生 活 とリスク 管 理 ( 大 学 生 高 校 生 用 ) 生 き 生 き TOMORROW ( 高 校 生 用 ) 助 け 合 いの 歴 史 ( 高 校 生 中 学 生 用 ) 生 命 保 険 って 何 だろう ( 中 学 生 用 ) <DVD 副 教 材 > 私 のライフプラン ( 大 学 生 高 校 生 用 ) たすけあいの 歴 史 ( 高 校 生 中 学 生 用 ) 更 なる 活 用 度 の 向 上 やコンテンツの 充 実 な ど 全 面 リニューアルに 向 けた 検 討 を 開 始 学 校 教 育 関 係 者 向 けの 教 育 の 現 場 から 等 を 発 行 する 平 成 26 年 10 月 末 メルマガ 登 録 者 数 25,594 名

7 (3) 生 活 設 計 ツールの 活 用 促 進 平 成 27 年 3 月 提 供 開 始 の 生 活 設 計 ツールについて マスコミ 消 費 生 活 セン ター 等 に 対 して 直 接 働 きかけるなど 積 極 的 な 広 報 活 動 を 展 開 するとともに 生 命 保 険 実 学 講 座 や 一 般 消 費 者 向 け 学 習 会 で 効 果 的 に 活 用 することにより 生 活 設 計 に 対 する 消 費 者 意 識 の 向 上 を 図 る 6. 出 版 活 動 (1) 各 種 小 冊 子 による 情 報 提 供 1 各 種 小 冊 子 を 通 して 生 命 保 険 生 活 保 障 生 活 設 計 に 関 する 最 新 かつ 適 切 な 情 報 を 公 正 中 立 な 立 場 から 消 費 者 に 提 供 する 生 命 保 険 商 品 の 動 向 や 社 会 保 障 制 度 税 制 度 等 の 改 正 に 対 応 して 既 刊 出 版 物 をタイムリーに 改 訂 すること 等 により 内 容 の 充 実 を 図 る 2プレスリリース ホームページ メルマガによる 告 知 書 店 販 売 (ネット 書 店 含 む) 金 融 機 関 一 般 企 業 労 働 組 合 への 案 内 などの 取 組 みにより 小 冊 子 活 用 を 推 進 する 生 命 保 険 基 礎 教 育 のサポートツールとして 位 置 づけ 高 校 生 大 学 生 向 けの 教 育 現 場 における 効 果 的 な 活 用 方 法 等 についても 検 討 する < 既 刊 小 冊 子 > ほけんのキホン および ほけんのキホン for Beginners ( 若 年 層 向 け) ねんきんガイド 知 っておきたい 生 命 保 険 と 税 金 の 知 識 医 療 保 障 ガイド ライフプラン 情 報 ブック 介 護 保 障 ガイド 定 年 Go!~40 代 50 代 で 考 えるセカント ライフ 遺 族 保 障 ガイド 3 ほけんのキホン for Beginners について 全 国 の 各 市 区 町 村 ( 教 育 委 員 会 ) 専 門 高 校 への 活 用 推 進 を 行 い 成 人 式 ならびに 専 門 高 校 卒 業 式 での 無 償 配 布 を 継 続 する (2) 各 社 個 人 保 険 商 品 一 覧 の 作 成 生 保 各 社 の 個 人 向 け 商 品 一 覧 の 冊 子 を 作 成 し 文 化 センターの 相 談 業 務 に 活 用 するとともに 業 界 各 社 にも 提 供 する 7. 相 談 対 応 活 動 消 費 者 からの 生 命 保 険 個 人 年 金 生 活 設 計 等 に 関 する 相 談 に 公 正 中 立 な 立 場 で 対 応 し 最 新 かつ 適 切 な 情 報 提 供 と 助 言 を 行 う 1 相 談 対 応 を 通 じて 消 費 者 の 意 識 や 要 望 を 把 握 分 析 し 文 化 センターの 業 務 に 活 かすとともに 相 談 リポート ( 年 2 回 発 行 )にまとめ 業 界 内 外 に 情 報 提 供 する 配 布 数 拡 大 と 有 効 活 用 を 進 めるため D M 電 話 による 案 内 に 加 えて 直 接 訪 問 に よる 勧 奨 ヒアリングを 実 施 する 平 成 25 年 度 ほけんのキホン for Beginners 配 布 数 成 人 式 :154,556 部 専 門 高 校 :84,626 部 6

8 8.パブリシティー 活 動 文 化 センターの 活 動 に 対 するマスコミの 理 解 促 進 と マスコミを 通 じての 消 費 者 に 対 する 情 報 提 供 を 目 的 に パブリシティー 活 動 に 取 り 組 む 1プレスリリースの 発 信 や マスコミ 関 係 者 等 への 対 応 などを 通 じて 全 国 紙 を 中 心 に 日 常 的 な 接 点 の 強 化 を 図 り 積 極 的 な 情 報 提 供 掲 載 努 力 を 行 う 2 生 命 保 険 協 会 地 方 事 務 局 長 との 連 携 による 地 方 紙 ブロック 紙 等 へのプレスリ リースの 配 布 を 通 じ 記 事 掲 載 を 推 進 する < 学 術 振 興 事 業 > 1. 研 究 会 の 運 営 各 研 究 会 においては 若 手 研 究 者 の 育 成 ( 支 援 )を 目 的 の 1 つとし 若 手 研 究 者 が 広 く 参 画 できるような 運 営 に 注 力 する 文 化 センター 職 員 も 研 究 会 活 動 に 対 して 具 体 的 に 貢 献 できるよう より 主 体 的 に 取 り 組 む (1) 保 険 事 例 研 究 会 < 東 京 大 阪 > 学 者 弁 護 士 業 界 専 門 家 からなる 研 究 会 で 最 新 の 生 命 保 険 判 例 を 中 心 とす る 判 例 分 析 研 究 を 行 い 保 険 制 度 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 する 1 東 京 大 阪 に 研 究 会 を 設 置 し 各 々 年 9 回 開 催 する 2 研 究 成 果 は 研 究 会 開 催 のつど 保 険 事 例 研 究 会 レポート に 取 りまとめて 発 行 する 購 読 会 員 には 有 償 研 究 機 関 等 へは 無 償 で 提 供 する (2) 生 保 金 融 法 制 研 究 会 < 大 阪 > 関 西 の 保 険 法 経 済 法 関 係 の 学 者 と 業 界 法 務 担 当 者 からなる 研 究 会 で 生 保 に 関 する 金 融 関 連 法 について 研 究 を 行 う 1 研 究 会 は 年 6 回 程 度 開 催 する (3) 生 命 保 険 会 計 研 究 会 < 東 京 > 会 計 学 者 等 の 学 識 者 と 業 界 専 門 家 によるベーシックな 研 究 会 で 生 命 保 険 会 計 や 会 計 全 般 に 関 わる 理 論 面 等 を 研 究 する 1 研 究 会 は 年 6 回 程 度 開 催 する ( 東 京 ) 学 者 30 名 弁 護 士 28 名 業 界 実 務 担 当 者 45 名 ( 大 阪 ) 学 者 19 名 弁 護 士 36 名 業 界 実 務 担 当 者 5 名 学 者 9 名 業 界 実 務 担 当 者 20 名 学 者 有 識 者 10 名 業 界 実 務 担 当 者 8 名 7

9 (4) 生 保 関 係 法 制 研 究 会 < 東 京 > 関 東 を 中 心 とした 保 険 法 関 係 の 学 者 と 業 界 法 務 担 当 者 からなる 研 究 会 で 生 命 保 険 を 中 心 とした 金 融 関 連 法 について 研 究 を 行 う 1 研 究 会 は 年 6 回 程 度 開 催 する (5) 生 命 保 険 基 本 判 例 研 究 会 < 東 京 > 生 保 各 社 の 支 払 査 定 部 門 法 務 部 門 契 約 審 査 部 門 を 担 う 中 堅 職 員 からなる 研 究 会 で 保 険 法 学 者 弁 護 士 の 指 導 により 基 本 的 な 保 険 判 例 の 理 解 力 と 生 命 保 険 約 款 解 釈 の 基 礎 的 能 力 の 向 上 を 図 り 次 代 を 担 う 中 堅 職 員 を 育 成 する 1 研 究 会 は 2 年 間 16 回 を1シリーズとして 年 8 回 開 催 する ( 平 成 27 年 度 は シリーズ 1 年 目 ) (6) 生 活 保 障 システムと 生 命 保 険 産 業 研 究 会 < 東 京 > 保 険 学 等 の 学 識 者 による 研 究 会 で 社 会 保 障 と 企 業 保 障 の 史 的 展 開 と 現 代 的 課 題 ならびに 現 在 の 検 討 状 況 をサーベイし 少 子 高 齢 化 社 会 における 生 命 保 険 産 業 への 期 待 される 役 割 について 研 究 する 1 研 究 期 間 は 平 成 26 年 10 月 までであり 報 告 書 は 平 成 27 年 4 月 に 発 行 す る (7) 金 融 保 険 リテラシーと 保 険 市 場 の 質 研 究 会 < 東 京 > 新 規 保 険 学 等 の 学 識 者 による 研 究 会 で わが 国 の 消 費 者 の 金 融 保 険 リテラシーや 金 融 保 険 教 育 の 現 状 および それに 関 する 保 険 業 界 としての 取 組 みの 現 状 と 課 題 を 把 握 し さらに 金 融 リテラシーの 向 上 が 保 険 市 場 の 質 の 向 上 の 一 助 になるという 問 題 意 識 から わが 国 の 保 険 市 場 が 直 面 している 諸 課 題 について の 分 析 を 行 う 1 研 究 期 間 は 平 成 26 年 12 月 から 平 成 28 年 12 月 まで 2 報 告 書 は 平 成 29 年 6 月 に 発 行 する 予 定 学 者 16 名 業 界 実 務 担 当 者 9 名 業 界 関 係 者 51 名 学 者 3 名 弁 護 士 1 名 学 者 5 名 業 界 実 務 担 当 者 8 名 学 者 8 名 業 界 実 務 担 当 者 8 名 准 教 授 以 下 の 若 手 研 究 者 中 心 のメンバー 構 成 となっており 研 究 会 運 営 が 若 手 研 究 者 の 育 成 ( 支 援 )に 結 びつくよう 注 力 する また 高 校 教 師 との 懇 談 会 との 連 携 を 図 る 8

10 2. 学 界 との 連 携 交 流 (1) 保 険 学 セミナー 保 険 学 セミナー 懇 談 会 < 東 京 大 阪 > 大 学 研 究 者 および 業 界 関 係 者 を 会 員 とする 保 険 学 セミナー ならびに 保 険 学 セミナー 懇 談 会 を 東 京 大 阪 にてそれぞれ 年 6 回 開 催 する 1 保 険 学 セミナーは 大 学 研 究 者 の 研 究 発 表 討 議 の 場 として 運 営 する 2 保 険 学 セミナー 懇 談 会 は 大 学 研 究 者 に 対 する 業 界 情 報 提 供 の 場 として 運 営 す る (2) 学 術 振 興 委 員 会 学 術 振 興 事 業 についての 諮 問 や 研 究 助 成 の 審 議 を 目 的 に 学 術 振 興 委 員 会 を 年 2 回 開 催 する 1 上 期 は 前 年 度 の 学 術 振 興 事 業 の 報 告 当 年 度 の 事 業 計 画 の 説 明 研 究 助 成 の 審 議 およびその 多 様 化 に 向 けた 検 討 を 行 う 2 下 期 は 上 期 事 業 報 告 および 新 年 度 計 画 策 定 にあたっての 意 見 交 換 等 を 行 う (3) 海 外 の 有 識 者 による 講 演 会 等 海 外 の 有 識 者 来 日 時 に 学 識 者 業 界 関 係 者 を 対 象 とした 講 演 会 等 を 随 時 開 催 する ( 東 京 ) 学 者 92 名 業 界 関 係 者 45 名 ( 大 阪 ) 学 者 89 名 業 界 関 係 者 5 名 委 員 は 保 険 学 保 険 法 関 係 学 者 10 名 平 成 26 年 度 は クリスティアン アルム ブリュスター 氏 (ベルリン 自 由 大 学 教 授 ) による 講 演 会 を 生 命 保 険 協 会 と 共 同 で 開 催 3. 大 学 研 究 者 に 対 する 研 究 助 成 (1) 研 究 助 成 1 生 命 保 険 および 関 連 分 野 の 若 手 研 究 者 に 対 する 研 究 助 成 を 行 う 2 研 究 助 成 は 単 独 研 究 のみならず 共 同 研 究 も 認 める 3 研 究 助 成 に 対 する 成 果 論 文 の 評 価 ならびに 優 秀 論 文 の 表 彰 式 を 独 立 した 形 で 実 施 する 平 成 26 年 度 12 名 助 成 研 究 のレベルアップ 産 学 交 流 促 進 の 観 点 より 研 究 助 成 者 と 業 界 実 務 者 との 研 究 内 容 についての 意 見 交 換 の 推 進 に 努 める 学 術 振 興 委 員 会 の 審 議 等 を 踏 まえ 助 成 者 の 拡 大 を 図 る 成 果 論 文 表 彰 式 は 有 望 な 若 手 研 究 者 と 他 の 研 究 者 や 業 界 関 係 者 との 交 流 支 援 の 場 を 提 供 することを 目 的 に 独 立 した 形 で 実 施 する ( 平 成 26 年 度 までは 保 険 学 セミナー 懇 親 会 の 場 で 表 彰 式 を 行 っていた ) 9

11 (2) 大 学 ゼミナール 活 動 への 支 援 大 学 の 保 険 学 ゼミナールの 連 合 体 東 京 学 生 保 険 ゼミナール 全 国 学 生 保 険 学 ゼミナール(Risk and Insurance Seminar;RIS) に 対 して 活 動 支 援 を 実 施 す る その 他 各 大 学 の 個 別 のゼミナール( 学 部 院 問 わず) 単 位 でも 報 告 会 等 を 実 施 する 際 の 活 動 支 援 を 行 う (3) 若 手 研 究 者 の 発 掘 育 成 ( 支 援 ) アプローチを 図 る 保 険 関 連 分 野 学 会 をさらに 拡 充 し 若 手 研 究 者 の 人 材 情 報 収 集 や 生 保 研 究 の 推 進 ( 保 険 学 セミナーや 研 究 会 への 入 会 や 研 究 助 成 申 請 の 積 極 的 な 紹 介 案 内 ) 等 を 通 じ 若 手 の 保 険 研 究 者 の 発 掘 と 育 成 ( 支 援 )に 取 り 組 む 4. 講 演 会 等 の 開 催 一 般 消 費 者 業 界 関 係 者 等 を 対 象 に 生 命 保 険 および 関 連 分 野 に 関 する 新 しい 動 向 などをテーマとする 公 開 講 演 会 を 開 催 する ( 年 1 回 ) 平 成 26 年 度 は 東 京 学 生 保 険 ゼミナール( 慶 大 上 智 大 獨 協 大 日 大 明 大 早 大 ) RIS( 大 分 大 関 大 関 学 九 産 大 京 産 大 近 大 工 学 院 大 静 岡 県 立 大 上 智 大 拓 大 中 大 東 経 大 同 大 長 崎 大 長 崎 県 立 大 日 大 一 橋 大 福 岡 大 武 蔵 大 明 大 山 口 大 立 命 館 大 早 大 )に 対 して 大 会 参 加 経 費 補 助 等 の 活 動 支 援 を 実 施 し た 平 成 26 年 度 は 日 本 年 金 学 会 生 活 経 済 学 会 日 本 保 険 年 金 リスク 学 会 に 参 加 研 究 助 成 に 対 する 成 果 論 文 の 表 彰 式 を 若 手 研 究 者 の 発 掘 関 係 強 化 の 場 として 有 効 に 活 用 する 平 成 25 年 度 よりホームページ 上 およびメ ールマガジンで 参 加 者 を 広 く 公 募 ( 平 成 24 年 度 までは 生 保 業 界 関 係 者 のみが 対 象 ) 5. 出 版 活 動 文 化 センターが 運 営 する 研 究 会 の 成 果 や 大 学 研 究 者 業 界 関 係 者 の 研 究 成 果 発 表 の 場 として 定 期 刊 行 論 文 集 を 発 行 する また 生 命 保 険 に 関 わる 研 究 や 実 務 に 資 す る 学 術 出 版 物 の 発 行 ならびに WEB 版 生 命 保 険 用 語 英 和 和 英 辞 典 のメンテナン スを 行 う (1) 生 命 保 険 論 集 1 生 命 保 険 に 関 する 研 究 論 文 集 として 年 4 回 発 行 するとともに 発 行 一 定 期 間 経 過 後 順 次 文 化 センターホームページに 掲 載 する 2 有 償 の 購 読 会 員 を 業 界 内 外 から 幅 広 く 募 るほか 一 部 研 究 機 関 等 への 無 償 提 供 を 行 う 3 研 究 論 文 については 保 険 関 連 分 野 の 裾 野 拡 大 の 観 点 から 全 国 学 生 保 険 学 ゼミ ナール の 優 秀 論 文 も 含 め 幅 広 く 検 討 する (2) 生 命 保 険 判 例 集 平 成 27 年 度 中 に 第 19 巻 および 第 20 巻 を 出 版 する 第 19 巻 は 平 成 19 年 および 第 20 巻 は 平 成 20 年 の 判 例 を 収 録 する 10

12 (3) 保 険 事 例 研 究 会 レポート 1 年 9 回 開 催 している 事 例 研 究 会 の 研 究 成 果 を 研 究 会 開 催 のつど 保 険 事 例 研 究 会 レポート に 取 りまとめて 発 行 するとともに 発 行 一 定 期 間 経 過 後 順 次 文 化 センターホームページに 掲 載 する 2 有 償 の 購 読 会 員 を 業 界 内 外 から 幅 広 く 募 るほか 研 究 機 関 等 へ 無 償 提 供 を 行 う (4)WEB 版 生 命 保 険 用 語 英 和 和 英 辞 典 のメンテナンス 生 命 保 険 用 語 英 和 和 英 辞 典 の 新 規 語 修 正 語 の 登 録 を 随 時 行 う 6. 関 連 諸 団 体 との 連 携 日 本 保 険 学 会 生 命 保 険 経 営 学 会 など 関 連 諸 団 体 との 交 流 連 携 を 図 る < 調 査 活 動 > 1. 時 系 列 調 査 (1) 生 命 保 険 に 関 する 全 国 実 態 調 査 ( 第 18 回 )の 実 施 世 帯 ごとの 生 命 保 険 の 加 入 実 態 生 命 保 険 についての 考 え 方 等 を 把 握 し 業 界 内 外 に 基 礎 資 料 として 提 供 する 1 平 成 26 年 度 に 策 定 した 企 画 内 容 に 基 づき 27 年 4~5 月 に 本 調 査 を 実 施 し 12 月 に 報 告 書 を 発 行 する 金 融 保 険 リテラシーと 保 険 市 場 の 質 研 究 会 と 連 携 して 研 究 活 動 に 資 する 調 査 項 目 を 取 り 入 れるとともに より 有 効 な 分 析 を 行 う (2) 生 活 保 障 に 関 する 調 査 ( 第 14 回 )の 企 画 立 案 人 々の 生 活 保 障 意 識 や 生 命 保 険 の 加 入 状 況 をはじめとした 生 活 保 障 の 準 備 状 況 を 把 握 し 業 界 内 外 に 基 礎 資 料 として 提 供 する 1 平 成 28 年 4~6 月 の 本 調 査 の 実 施 に 向 け 27 年 度 内 に 企 画 案 を 策 定 する <その 他 > 生 命 保 険 文 化 センター 創 立 40 周 年 記 念 事 業 40 年 史 の 発 行 消 費 者 団 体 学 識 者 生 保 事 業 関 係 者 等 の 当 センター 関 係 者 を 対 象 とした 40 周 年 記 念 事 業 を 実 施 する 11

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

平成22年度事業計画書(案)策定に関する前年度との比較資料

平成22年度事業計画書(案)策定に関する前年度との比較資料 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 ~ 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 公 益 財 団 法 人 日 本 容 器 包 装 リサイクル 協 会 当 協 会 は 容 器 包 装 リサイクル 法 ( 正 式 名 称 : 容 器 包 装 に 係 る 分 別 収 集 及 び 再 商 品 化 の 促 進 等 に 関 する 法 律 以 下 容 リ 法 )に 基 づく

More information

( 社 会 貢 献 ) (4) 税 とともに 公 益 性 の 重 要 な 柱 かつ 企 業 団 体 の 使 命 でもあり 地 域 に 根 ざし 地 域 とともに 歩 む 法 人 会 として 税 の 啓 発 活 動 青 少 年 健 全 育 成 ボランティア 募 金 活 動 等 地 域 社 会 貢 献

( 社 会 貢 献 ) (4) 税 とともに 公 益 性 の 重 要 な 柱 かつ 企 業 団 体 の 使 命 でもあり 地 域 に 根 ざし 地 域 とともに 歩 む 法 人 会 として 税 の 啓 発 活 動 青 少 年 健 全 育 成 ボランティア 募 金 活 動 等 地 域 社 会 貢 献 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) Ⅰ. 活 動 方 針 練 馬 東 法 人 会 は 法 人 会 の 基 本 的 指 針 納 税 道 義 の 高 揚 企 業 経 営 支 援 及 び 地 域 への 貢 献 に 則 り 企 業 並 びに 地 域 社 会 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 するた めの 活 動 を 積

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

Microsoft Word - 事業計画表紙.doc

Microsoft Word - 事業計画表紙.doc 平 成 28 年 度 ( 第 37 期 事 業 年 度 ) 事 業 計 画 JAFBIC 一 般 社 団 法 人 日 本 食 品 バイオ 知 的 財 産 権 センター 平 成 28 年 度 事 業 計 画 本 年 のわが 国 は 昨 年 末 以 降 の 世 界 経 済 の 変 調 の 荒 波 のなかでも 自 民 党 安 倍 政 権 の 成 長 による 富 の 創 出 を 図 る 経 済 財 政 政

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

13年度事業計画書の作成について

13年度事業計画書の作成について 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 Ⅰ. 計 画 の 概 要 政 府 は TPP( 環 太 平 洋 連 携 協 定 )の 大 筋 合 意 を 受 け 平 成 27 年 11 月 に 閣 議 決 定 した 総 合 的 なTPP 関 連 政 策 大 綱 に 基 づき 農 業 者 の 不 安 払 拭 と 再 生 産 を 可 能 とする 経 営 安 定 対 策 の 充 実 強 化 を 図 るとともに

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 我 が 国 の 経 済 状 況 は 円 高 の 是 正 や 株 価 の 回 復 等 により 企 業 収 益 の 改 善 が 進 むと 共 に 2020 年 オリンピック パラリンピックの 東 京 開 催 決 定 による 経 済 効 果 への 期 待 なども あり 明 るい 兆 しが 見 え 始 めている 一 方 で 欧 州 債 務 危 機 の 再 燃 や 新

More information

障害者保健福祉施策の基本的な方向

障害者保健福祉施策の基本的な方向 発 達 障 害 者 支 援 施 策 関 係 資 料 ~ 平 成 21 年 度 予 算 の 概 要 ~ 厚 生 労 働 省 Ⅰ ね ら い 発 達 障 害 の 定 義 と 発 達 障 害 への 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 に 対 する 生 活 全 般 にわたる 支 援 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 を 担 当 する 部 局 相 互 の 緊 密 な 連 携 の 確 保 Ⅱ 概 要

More information

H27_概要.indb

H27_概要.indb 人 材 組 織 マネジメントと 財 政 マネジメント 名 及 び そ の 内 容 1 マネジメント の 全 面 的 な 展 開 新 奈 良 県 地 方 創 生 推 進 新 たな 段 階 の 行 政 経 営 を 考 える 有 識 者 懇 談 会 職 員 発 政 策 提 案 新 新 たなパーソネル マネジメント 研 究 事 ふるさと 知 事 ネット ワーク 職 員 の 相 互 派 遣 による 交 流 多

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

Microsoft Word - H28事業計画書(案18【確定】)

Microsoft Word - H28事業計画書(案18【確定】) 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 ~ 中 期 経 営 方 針 2020 のスタート に 向 けて~ . 1.はじめに 創 立 40 周 年 を 期 して 建 設 業 振 興 基 金 は すべての 人 々が 活 力 と 魅 力 を 実 感 できる 建 設 産 業 の 実 現 を 目 指 す という 経 営 理 念 を 定 めました そして この 経 営 理 念 に 基 づいた 経 営 の 方

More information

による 共 同 作 業 を 行 い 同 時 に 分 科 会 幹 事 会 を 組 織 して 幹 事 会 による 分 科 会 間 の 広 域 的 かつ 継 続 的 な 価 格 形 成 要 因 の 分 析 検 討 を 行 うことで 均 衡 のとれた 成 果 を 確 保 する (2) 市 町 村 の 固 定

による 共 同 作 業 を 行 い 同 時 に 分 科 会 幹 事 会 を 組 織 して 幹 事 会 による 分 科 会 間 の 広 域 的 かつ 継 続 的 な 価 格 形 成 要 因 の 分 析 検 討 を 行 うことで 均 衡 のとれた 成 果 を 確 保 する (2) 市 町 村 の 固 定 公 益 社 団 法 人 京 都 府 不 動 産 鑑 定 士 協 会 平 成 27 年 度 事 業 計 画 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 1 不 動 産 鑑 定 評 価 に 関 する 普 及 啓 発 不 動 産 及 び 不 動 産 の 鑑 定 評 価 に 関 する 社 会 一 般 の 理 解 と 信 頼 を 高 めるため 次 の 事 業 を 行 う (1) 講 演 会 の 開 催 時 期 : 年 1 回

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303232355F95BD90AC3237944E93788E968BC68C7689E65F93E08A74957B92F18F6F977081698C8892E8816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303232355F95BD90AC3237944E93788E968BC68C7689E65F93E08A74957B92F18F6F977081698C8892E8816A> 平 成 27 年 度 公 益 社 団 法 人 日 本 眼 科 医 会 事 業 計 画 公 1 国 民 の 目 の 健 康 を 守 る 事 業 1 正 しい 眼 科 医 療 の 啓 発 および 教 育 活 動 に 関 する 事 業 [1] 眼 科 公 衆 衛 生 知 識 の 啓 発 事 業 眼 科 医 療 情 報 の 発 信 目 の 疾 患 に 関 する 情 報 ロービジョン 施 設 に 関 する 情

More information

建 設 業 関 係 法 規 集 1 6 113,519 総 務 課 都 市 整 備 局 全 体 に 関 する 事 務 に 必 要 となる 法 令 通 達 の 改 正 や 新 しい 事 例 の 追 加 等 の 最 新 情 報 を 定 期 的 に 入 手 することで 円 滑 に 業 務 を 遂 行 する

建 設 業 関 係 法 規 集 1 6 113,519 総 務 課 都 市 整 備 局 全 体 に 関 する 事 務 に 必 要 となる 法 令 通 達 の 改 正 や 新 しい 事 例 の 追 加 等 の 最 新 情 報 を 定 期 的 に 入 手 することで 円 滑 に 業 務 を 遂 行 する 日 本 経 済 新 聞 5 12 4,383 262,980 総 務 課 等 毎 日 新 聞 5 12 3,925 235,500 総 務 課 等 産 経 新 聞 5 12 3,925 235,500 総 務 課 等 朝 日 新 聞 5 12 3,925 235,500 総 務 課 等 読 売 新 聞 5 12 3,925 235,500 総 務 課 等 日 刊 工 業 新 聞 1 6 4,590

More information

23 年 度 事 業 計 画 概 要 事 業 項 目 事 業 内 容 施 策 A. 各 種 制 度 改 変 への 対 応 (1) 老 人 福 祉 法 高 齢 者 住 まい 法 改 正 関 連 1 指 導 指 針 改 正 ( 老 福 法 ) 登 録 基 準 策 定 ( 住 まい 法 )への 対 応 2

23 年 度 事 業 計 画 概 要 事 業 項 目 事 業 内 容 施 策 A. 各 種 制 度 改 変 への 対 応 (1) 老 人 福 祉 法 高 齢 者 住 まい 法 改 正 関 連 1 指 導 指 針 改 正 ( 老 福 法 ) 登 録 基 準 策 定 ( 住 まい 法 )への 対 応 2 平 成 23 年 度 事 業 計 画 書 社 団 法 人 全 国 有 料 老 人 ホーム 協 会 1.はじめに 有 料 老 人 ホームの 全 体 市 場 は ホーム 数 で 5700 入 居 定 員 数 で 25 万 人 を 超 える 規 模 となり 高 齢 社 会 の 重 要 な 担 い 手 としての 成 長 を 続 けている 状 況 にあります 当 協 会 としては さらに 会 員 事 業 者

More information

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分)

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分) 具 体 的 な 報 告 項 目 報 告 方 法 時 期 等 について 今 年 度 一 般 病 床 療 養 病 床 を 有 する 病 院 診 療 所 は 以 下 の 項 目 を 平 成 26 年 11 月 14 日 ( 金 )までに 報 告 することとする(10 月 1 日 ( 水 ) 受 付 開 始 ) 報 告 項 目 1 平 成 26 年 7 月 1 日 時 点 における 医 療 機 能 ( 病

More information

社 会 福 祉 法 人 広 島 県 社 会 福 祉 協 議 会 事 務 局 事 務 局 長 衣 笠 正 純 1 事 務 局 の 総 括 に 関 すること 会 計 の 総 括 ( 会 計 責 任 者 )に 関 すること 2 福 祉 サービス 運 営 適 正 化 委 員 会 の 所 管 に 関 すること

社 会 福 祉 法 人 広 島 県 社 会 福 祉 協 議 会 事 務 局 事 務 局 長 衣 笠 正 純 1 事 務 局 の 総 括 に 関 すること 会 計 の 総 括 ( 会 計 責 任 者 )に 関 すること 2 福 祉 サービス 運 営 適 正 化 委 員 会 の 所 管 に 関 すること 事 務 分 掌 平 成 28 年 度 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 社 会 福 祉 法 人 広 島 県 社 会 福 祉 協 議 会 社 会 福 祉 法 人 広 島 県 社 会 福 祉 協 議 会 事 務 局 事 務 局 長 衣 笠 正 純 1 事 務 局 の 総 括 に 関 すること 会 計 の 総 括 ( 会 計 責 任 者 )に 関 すること 2 福 祉 サービス 運 営 適 正 化

More information

スライド 1

スライド 1 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 平 成 27 年 7 月 ~12 月 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 概 要 実 施 期 間 : 平 成 27 年 7 月 から12 月 までの6か 月 間 実 施 主 体 : 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 経

More information

4.平常時からの体制・人材の備え

4.平常時からの体制・人材の備え 4 平 常 時 からの 体 制 人 材 の 備 え 4-1 庁 内 における 住 まいの 確 保 に 関 する 相 談 情 報 提 供 体 制 の 確 保 発 災 時 には 住 宅 関 連 の 部 署 だけでなく 復 旧 復 興 生 活 支 援 福 祉 そのほかにも 様 々な 部 署 が 被 災 者 の 住 まいの 確 保 に 関 わることとなります しかしながら 各 部 署 は 通 常 業 務 と

More information

生 命 共 済 保 険 および 損 害 共 済 保 険 の 両 分 野 を 網 羅 する 包 括 的 調 査 先 進 医 療 へのニーズやダイレクト 系 保 険 会 社 など 最 新 の 実 態 を 調 査 東 日 本 大 震 災 に 関 わる 項 目 や 共 済 保 険 と 直 接 関 わりのない

生 命 共 済 保 険 および 損 害 共 済 保 険 の 両 分 野 を 網 羅 する 包 括 的 調 査 先 進 医 療 へのニーズやダイレクト 系 保 険 会 社 など 最 新 の 実 態 を 調 査 東 日 本 大 震 災 に 関 わる 項 目 や 共 済 保 険 と 直 接 関 わりのない A 2014 年 度 年 度 事 業 報 告 Ⅰ. 実 施 事 業 等 ( 公 益 目 的 支 出 計 画 ) < 継 続 事 業 1> 1. 調 査 研 究 (1) 勤 労 者 福 祉 研 究 会 1) 日 本 社 会 構 想 系 研 究 会 : 2025 年 の 生 活 保 障 と 日 本 社 会 の 構 想 研 究 会 2014 年 8 月 に 新 研 究 会 2025 年 の 生 活 保 障

More information

設 立 趣 意 書 公 益 法 人 は 公 共 の 福 祉 に 奉 仕 することが その 使 命 である ( 中 略 ) 本 来 公 益 法 人 は 法 人 自 身 が その 使 命 を 自 覚 し 公 正 にして 合 理 的 な 運 営 を 期 すべきであるが 現 行 法 の 不 備 と 法 人

設 立 趣 意 書 公 益 法 人 は 公 共 の 福 祉 に 奉 仕 することが その 使 命 である ( 中 略 ) 本 来 公 益 法 人 は 法 人 自 身 が その 使 命 を 自 覚 し 公 正 にして 合 理 的 な 運 営 を 期 すべきであるが 現 行 法 の 不 備 と 法 人 公 益 認 定 等 委 員 会 ヒアリング 2013,6,14 公 益 法 人 協 会 について - 中 間 支 援 団 体 の 活 動 と 役 割 - 公 益 財 団 法 人 公 益 法 人 協 会 理 事 長 太 田 達 男 1 設 立 趣 意 書 公 益 法 人 は 公 共 の 福 祉 に 奉 仕 することが その 使 命 である ( 中 略 ) 本 来 公 益 法 人 は 法 人 自 身 が

More information

3 役 員 等 の 報 酬 等 監 事 報 酬 250,000 円 ( 篠 原 監 事 ) 4 厚 生 委 員 会 委 員 別 紙 3のとおり 5 厚 生 委 員 会 事 業 推 進 部 会 委 員 別 紙 4のとおり 2 行 政 庁 への 届 出 等 (1) 公 益 目 的 支 出 計 画 実 施

3 役 員 等 の 報 酬 等 監 事 報 酬 250,000 円 ( 篠 原 監 事 ) 4 厚 生 委 員 会 委 員 別 紙 3のとおり 5 厚 生 委 員 会 事 業 推 進 部 会 委 員 別 紙 4のとおり 2 行 政 庁 への 届 出 等 (1) 公 益 目 的 支 出 計 画 実 施 事 業 報 告 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 一 般 財 団 法 人 福 岡 県 職 員 互 助 会 1 当 法 人 の 現 況 に 関 する 事 項 (1) 法 人 の 設 立 年 月 日 昭 和 24 年 8 月 1 日 任 意 団 体 として 設 立 昭 和 59 年 8 月 1 日 財 団 法 人 へ 移 行 平 成 25 年 4 月 1

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874281698DC58F49816A834B834383688389834383938169836083468362834E837C834383938367816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874281698DC58F49816A834B834383688389834383938169836083468362834E837C834383938367816A2E646F63> 参 考 公 益 目 的 事 業 のチェックポイントについて 構 成 第 1 公 益 目 的 事 業 のチェックポイントの 性 格 第 2 不 特 定 かつ 多 数 の 者 の 利 益 の 増 進 に 寄 与 するもの の 事 実 認 定 に 当 たっての 留 意 点 1. 事 業 区 分 ごとの 公 益 目 的 事 業 のチェックポイント (1) 検 査 検 定 (2) 資 格 付 与 (3) 講

More information

8

8 平 成 28 年 度 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 所 整 備 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 八 尾 市 地 域 福 祉 部 高 齢 介 護 課 1 0 1. 募 集 の 趣 旨 八 尾 市 ( 以 下 市 という )では 第 6 期 八 尾 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 及 び 介 護 保 険 事 業 計 画 ( 以 下 第 6 期 計

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月)

最近10年間の動き(平成11年7月~21年6月) 第 11 章 税 務 協 力 体 制 第 1 節 関 係 民 間 団 体 1 日 本 税 理 士 会 連 合 会 (1) 組 織 等 の 状 況 日 本 税 理 士 会 連 合 会 ( 以 下 この 節 において 日 税 連 という )は 原 則 として 国 税 局 ( 沖 縄 国 税 事 務 所 を 含 む 以 下 この 章 において 国 税 局 ( 所 ) という )の 管 轄 区 域 ごとに

More information

Microsoft Word - 26事業計画書_修正_

Microsoft Word - 26事業計画書_修正_ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 川 崎 市 障 害 福 祉 施 設 事 業 協 会 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 1. 基 本 方 針 川 崎 市 障 害 福 祉 施 設 事 業 協 会 ( 以 下 協 会 という)は 川 崎 市 内 における 障 害 福 祉 関 係 施 設 及 び 事 業 所 並 びに 地 域 福 祉 サービス 機 関 等 との 相 互 の 連 携 による 障 害

More information

第  号議案 平成22年度事業計画の件

第  号議案 平成22年度事業計画の件 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 社 団 法 人 日 本 スポーツ 吹 矢 協 会 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) Ⅰ. 事 業 方 針 社 団 法 人 日 本 スポーツ 吹 矢 協 会 ( 以 下 本 協 会 という)は 国 民 の 健 康 増 進 に 寄 与 するために さらに 行 政 との 協 力 体 制 の 強 化 を 図 り スポーツ

More information

2 法 人 会 組 織 の 基 盤 である 支 部 地 区 の 活 動 の 充 実 強 化 を 図 るとともに 支 部 地 区 の 再 編 に 取 り 組 むことで 組 織 の 一 層 の 活 性 化 を 図 る 2 主 要 事 業 計 画 (1) 税 知 識 の 普 及 を 目 的 とする 事 業

2 法 人 会 組 織 の 基 盤 である 支 部 地 区 の 活 動 の 充 実 強 化 を 図 るとともに 支 部 地 区 の 再 編 に 取 り 組 むことで 組 織 の 一 層 の 活 性 化 を 図 る 2 主 要 事 業 計 画 (1) 税 知 識 の 普 及 を 目 的 とする 事 業 第 5 号 議 案 平 成 25 年 度 事 業 計 画 報 告 の 件 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 平 成 25 年 4 月 1 日 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 1 基 本 方 針 (1) 公 益 社 団 法 人 としての 充 実 を 図 る 税 のオピニオンリーダーたる 経 済 団 体 として 企 業 の 発 展 を 支 援 し 地 域 の 振 興 に 寄 与 し 国

More information

情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 情 報 開 示 までの 日 数 10 日 9.5 9 8.5 8 7.5 7 9.6 9.4 7.1 6.6 6.4 7 平 成 25 年 度 大 量 請 求 のため 開 示 期 間 延 長 をした 場 合 を 除 く 市 政 情 報 を 迅 速 に

情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 情 報 開 示 までの 日 数 10 日 9.5 9 8.5 8 7.5 7 9.6 9.4 7.1 6.6 6.4 7 平 成 25 年 度 大 量 請 求 のため 開 示 期 間 延 長 をした 場 合 を 除 く 市 政 情 報 を 迅 速 に 平 成 25 年 6 月 平 成 24 年 度 情 報 公 開 制 度 及 び 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 適 正 な 運 営 計 画 の 推 進 に 当 たって 1 市 民 との 協 働 によるまちづくり 101 適 切 で 効 果 的 な 情 報 の 公 開 政 策 総 務 部 広 報 課 一 般 会 計 市 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 51010100 府 中

More information

ウ. 海 外 誘 客 宣 伝 用 パンフレット 等 作 成 海 外 からの 観 光 客 の 誘 致 促 進 を 図 るため 本 県 の 観 光 地 交 通 アクセス 等 を 紹 介 する パンフレット トラベルマニュアルガイドブックを 作 成 し 海 外 の 旅 行 社 やマスコミ 及 び 不 特

ウ. 海 外 誘 客 宣 伝 用 パンフレット 等 作 成 海 外 からの 観 光 客 の 誘 致 促 進 を 図 るため 本 県 の 観 光 地 交 通 アクセス 等 を 紹 介 する パンフレット トラベルマニュアルガイドブックを 作 成 し 海 外 の 旅 行 社 やマスコミ 及 び 不 特 平 成 26 年 度 公 益 社 団 法 人 鹿 児 島 県 観 光 連 盟 事 業 計 画 書 Ⅰ 公 1 事 業 1 観 光 客 の 誘 致 促 進 に 関 する 事 業 本 事 業 は 会 員 非 会 員 を 問 わず 不 特 定 多 数 の 観 光 客 等 に 対 し 県 内 各 地 の 観 光 スポ ットや 旬 のイベントなどを 広 く 情 報 発 信 するほか 国 内 外 の 旅 行 会

More information

第 2 事 業 計 画 1 青 少 年 育 成 住 民 運 動 の 促 進 運 動 を 効 果 的 に 推 進 するため 全 道 に 青 少 年 育 成 運 動 推 進 指 導 員 を 配 置 するとともに 地 域 関 係 者 と 合 同 会 議 を 開 催 するなどして 住 民 の 理 解 を 深

第 2 事 業 計 画 1 青 少 年 育 成 住 民 運 動 の 促 進 運 動 を 効 果 的 に 推 進 するため 全 道 に 青 少 年 育 成 運 動 推 進 指 導 員 を 配 置 するとともに 地 域 関 係 者 と 合 同 会 議 を 開 催 するなどして 住 民 の 理 解 を 深 平 成 28 年 度 活 動 方 針 及 び 事 業 計 画 第 1 活 動 方 針 平 成 28 年 は 当 協 会 が 設 立 されてから50 年 という 記 念 すべき 年 にあたります 昭 和 41 年 の 設 立 以 来 当 協 会 は 青 少 年 の 非 行 を 防 止 するとともに 青 少 年 健 全 育 成 の 環 境 づくりを 進 めるため 青 少 年 育 成 道 民 運 動 を

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

図 8

図 8 第 2 部 施 策 の 実 施 状 況 図 8 あけぼのプラン( 第 3 次 ) 各 重 点 分 野 に 係 る 施 策 の 実 施 状 況 1 政 策 方 針 決 定 過 程 等 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 (1) 府 の 審 議 会 委 員 等 や 管 理 職 の 女 性 比 率 の 向 上 京 都 府 の 審 議 会 及 び 有 識 者 会 議 等 の 委 員 や 管 理 職 の 女

More information

平成18年度事業概略の報告

平成18年度事業概略の報告 平 成 26 年 度 事 業 報 告 平 成 24 年 4 月 1 日 に 公 益 社 団 法 人 全 国 消 費 生 活 相 談 員 協 会 となった 本 協 会 は 公 益 社 団 法 人 化 3 年 目 にあたる 平 成 26 年 度 会 員 各 自 がそれぞれの 立 場 を 認 識 し 公 益 社 団 法 人 として の 社 会 的 責 任 を 果 たすことにさらに 尽 力 した 平 成 27

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

平 成 24 年 度 埼 玉 県 民 生 委 員 児 童 委 員 協 議 会 事 業 報 告 ( 案 ) 1 福 祉 相 談 推 進 事 業 Ⅰ 公 益 目 的 ( 実 施 ) 事 業 生 活 相 談 等 活 動 推 進 事 業 (1) 各 市 町 村 における 研 修 会 等 への 講 師 派 遣 各 市 町 村 における 各 種 民 生 委 員 児 童 委 員 研 修 会 等 へ 次 のとおり

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

4 月 第 6 版 SPC& 匿 名 組 合 の 法 律 会 計 税 務 と 評 価 Q&Aでわかる 消 費 税 軽 減 税 率 のポイント 9784433644161 9784433617363 712 4,800 法 人 税 資 産 税 2,200 消 費 税 ベンダーとユーザーのための ソフト

4 月 第 6 版 SPC& 匿 名 組 合 の 法 律 会 計 税 務 と 評 価 Q&Aでわかる 消 費 税 軽 減 税 率 のポイント 9784433644161 9784433617363 712 4,800 法 人 税 資 産 税 2,200 消 費 税 ベンダーとユーザーのための ソフト 清 文 社 - 既 刊 書 籍 リスト( 平 成 27 年 4 月 ~28 年 5 月 10 日 現 在 ) 改 訂 版 注 文 数 刊 行 月 書 名 ISBNコード 版 形 頁 本 体 価 格 おすすめ 棚 改 正 社 会 福 祉 法 で 社 会 福 祉 法 人 の 法 務 財 務 はこう 変 わる! 9784433651060 250 (2,300) 5 月 発 売 予 定 平 成 28 年

More information

Microsoft Word - 25-1、2【事業報告】

Microsoft Word - 25-1、2【事業報告】 ~ ありがとう と おかげさまで 50 年 ~ 財 団 法 人 山 口 県 老 人 クラブ 連 合 会 創 立 50 周 年 平 成 25 年 度 財 団 法 人 山 口 県 老 人 クラブ 連 合 会 事 業 報 告 ~ 開 かれた 楽 しい 老 人 クラブ 活 動 で 生 涯 現 役 社 会 づくりをめざして~ 本 格 的 な 高 齢 社 会 を 迎 え 国 においては 社 会 保 障 制 度

More information

部 ブロック 役 員 の 活 動 が 必 要 不 可 欠 である そこで それら 役 員 の 選 任 と 役 割 分 担 を 明 確 にし それぞれが 行 動 ( 新 規 会 員 役 員 の 発 掘 情 報 伝 達 行 事 への 参 加 呼 びかけ 物 品 等 の 配 付 )することによる 負 担

部 ブロック 役 員 の 活 動 が 必 要 不 可 欠 である そこで それら 役 員 の 選 任 と 役 割 分 担 を 明 確 にし それぞれが 行 動 ( 新 規 会 員 役 員 の 発 掘 情 報 伝 達 行 事 への 参 加 呼 びかけ 物 品 等 の 配 付 )することによる 負 担 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 及 び 重 点 事 項 (1) 基 本 方 針 税 知 識 の 普 及 納 税 意 識 の 高 揚 に 努 め 税 制 税 務 に 関 する 提 言 を 行 い もって 適 正 公 平 な 申 告 納 税 制 度 の 維 持 発 展 と 税 務 行 政 の 円 滑 な 執 行 に 寄 与 する ことによって 国 政 の 健 全 な 運 営

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

第 Ⅰ 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 ガイドラインは 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 次 に 定 める 社 是 使 命 ならびに 企 業 コンセプト の 実 現 のた め ステークホルダーと 協 働 して 企 業 価 値 を 向 上 させ 持 続

第 Ⅰ 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 ガイドラインは 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 次 に 定 める 社 是 使 命 ならびに 企 業 コンセプト の 実 現 のた め ステークホルダーと 協 働 して 企 業 価 値 を 向 上 させ 持 続 コーポレートガバナンスガイドライン 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 1 第 Ⅰ 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 ガイドラインは 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 次 に 定 める 社 是 使 命 ならびに 企 業 コンセプト の 実 現 のた め ステークホルダーと 協 働 して 企 業 価 値 を 向 上 させ 持 続 的 に 発 展 できるよう

More information

<8AAE90AC94C582718251>

<8AAE90AC94C582718251> 27 年 度 静 岡 県 市 町 及 び 女 性 の 公 職 登 用 状 況 に 関 する 調 べ 27 年 2 月 静 岡 県 くらし 環 境 部 県 民 生 活 局 男 女 共 同 参 画 課 目 次. 市 町 男 女 共 同 参 画 担 当 課 一 覧 2. 市 町 の 男 女 共 同 参 画 の 現 状 ( 男 女 共 同 参 画 に 関 する 推 進 体 制 等 及 び 女 性 の 公 職

More information

諸規則集

諸規則集 一 般 社 団 法 人 日 本 疫 学 会 定 款 施 行 細 則 一 般 社 団 法 人 日 本 疫 学 会 ( 以 下 当 法 人 という) 定 款 に 基 づき 次 の 通 り 施 行 細 則 を 定 める 定 款 第 5 条 に 基 づき 入 会 について 定 める 入 会 に 関 する 細 則 第 1 条 当 法 人 に 入 会 を 希 望 する 者 は 次 の 手 続 きをしなければならない

More information

目 次 Ⅰ. 目 的 2 (1) 背 景 (2) 検 討 にあたっての 問 題 意 識 Ⅱ. 現 状 と 課 題 4 (1) 建 物 価 値 の 評 価 に 関 する 取 組 と 課 題 1 評 価 者 検 査 事 業 者 宅 建 事 業 者 2 金 融 機 関 3 保 証 会 社 (2) 建 物

目 次 Ⅰ. 目 的 2 (1) 背 景 (2) 検 討 にあたっての 問 題 意 識 Ⅱ. 現 状 と 課 題 4 (1) 建 物 価 値 の 評 価 に 関 する 取 組 と 課 題 1 評 価 者 検 査 事 業 者 宅 建 事 業 者 2 金 融 機 関 3 保 証 会 社 (2) 建 物 リフォーム 市 場 活 性 化 のための 金 融 機 関 と 住 宅 関 連 事 業 者 の 連 携 に 向 けて 平 成 27 年 4 月 目 次 Ⅰ. 目 的 2 (1) 背 景 (2) 検 討 にあたっての 問 題 意 識 Ⅱ. 現 状 と 課 題 4 (1) 建 物 価 値 の 評 価 に 関 する 取 組 と 課 題 1 評 価 者 検 査 事 業 者 宅 建 事 業 者 2 金 融 機

More information

1 一 般 会 計 事 業 (1) 研 修 等 事 業 1 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記 念 事 業 期 日 平 成 25 年 10 月 21 日 ( 月 )~22 日 ( 火 ) 開 催 地 東 京 都 文 京 区 東 京 ドームホテル A 日 本 保 育 協 会 創 立 50

1 一 般 会 計 事 業 (1) 研 修 等 事 業 1 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記 念 事 業 期 日 平 成 25 年 10 月 21 日 ( 月 )~22 日 ( 火 ) 開 催 地 東 京 都 文 京 区 東 京 ドームホテル A 日 本 保 育 協 会 創 立 50 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 社 会 福 祉 法 人 日 本 保 育 協 会 1 一 般 会 計 事 業 (1) 研 修 等 事 業 1 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記 念 事 業 期 日 平 成 25 年 10 月 21 日 ( 月 )~22 日 ( 火 ) 開 催 地 東 京 都 文 京 区 東 京 ドームホテル A 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63> 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 25 年 3 月 改 定 地 震 により 想 定 される 被 害 の 半 減 を 目 指 し 住 宅 建 築 物 の 耐 震 診 断 および 耐 震 改 修 を 計 画 的 かつ 総 合 的 に 推 進 し 災 害 に 強 いまちづくりを 実 現 するため 平 成 19 年 12 月 に 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計

More information

〔第3号議案〕

〔第3号議案〕 報 告 2 公 益 社 団 法 人 日 本 バリュー エンジニアリング 協 会 2016 年 度 事 業 計 画 書 ( 2016 年 04 月 01 日 から2017 年 03 月 31 日 まで ) 2016 年 度 も 引 き 続 き ⑴ 持 続 可 能 で 豊 かな 社 会 の 実 現 ⑵ 公 正 かつ 自 由 な 経 済 活 動 の 活 性 化 ⑶ VE 技 術 の 深 耕 普 及 等 を

More information

5 資 格 取 得 研 修 事 業 衛 生 管 理 者 受 験 講 習 会 安 全 衛 生 推 進 者 養 成 講 習 会 及 び 産 業 医 研 修 会 の 開 催 6 受 託 事 業 ( 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 より 受 託 ) 公 務 災 害 等 発 生 状 況 調 査 公

5 資 格 取 得 研 修 事 業 衛 生 管 理 者 受 験 講 習 会 安 全 衛 生 推 進 者 養 成 講 習 会 及 び 産 業 医 研 修 会 の 開 催 6 受 託 事 業 ( 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 より 受 託 ) 公 務 災 害 等 発 生 状 況 調 査 公 地 方 公 共 団 体 における 職 員 の 健 康 管 理 施 策 推 進 に 資 する 地 方 公 務 員 の 健 康 状 況 等 に 関 する 実 態 調 査 一 般 財 団 法 人 地 方 公 務 員 安 全 衛 生 推 進 協 会 1 地 方 公 務 員 安 全 衛 生 推 進 協 会 について ⑴ はじめに 地 方 公 務 員 安 全 衛 生 推 進 協 会 ( 以 下 協 会 という

More information

<4D F736F F D BE692B78B4C8ED289EF8CA98E9197BF955C8E C8E2E646F63>

<4D F736F F D BE692B78B4C8ED289EF8CA98E9197BF955C8E C8E2E646F63> 2012 年 12 月 20 日 記 者 会 見 資 料 産 業 振 興 拠 点 の 開 設 と 活 用 事 業 者 の 結 成 について 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 招 致 気 運 醸 成 事 業 の 実 施 について 中 野 区 障 害 者 とのコミュニケーション 能 力 向 上 研 修 の 実 施 につい て 次 回 記 者 会 見 ( 平 成 25 年 度 予 算 プレス

More information

目 次 Ⅰ.メインテーマと 宣 言 事 項 の 実 践 -------------------------------------------- 1 Ⅱ. 全 国 的 な 取 り 組 みの 重 点 --------------------------------------------------

目 次 Ⅰ.メインテーマと 宣 言 事 項 の 実 践 -------------------------------------------- 1 Ⅱ. 全 国 的 な 取 り 組 みの 重 点 -------------------------------------------------- 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 全 国 老 人 クラブ 連 合 会 目 次 Ⅰ.メインテーマと 宣 言 事 項 の 実 践 -------------------------------------------- 1 Ⅱ. 全 国 的 な 取 り 組 みの 重 点 --------------------------------------------------

More information

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン( 以 下 本 ガイドライン という )は 株 式 会 社 三 井 住 友 フィナンシャルグループ( 以 下 当 社 と いう )が 実 効 的 なコーポレートガバナンスの 実 現 を 通 じて 不 祥 事 や 企 業 としての 不 健 全 な 事 態 の 発 生

More information

よくある質問とその回答

よくある質問とその回答 平 成 2 年 度 課 題 解 決 型 医 療 機 器 の 開 発 改 良 に 向 けた 病 院 企 業 間 の 連 携 支 援 事 業 よくある 質 問 とその 回 答 ( 平 成 2 年 度 第 1 弾 ) 平 成 2 年 7 月 8 日 経 済 産 業 省 商 務 情 報 政 策 局 サービス 産 業 課 医 療 福 祉 機 器 産 業 室 事 業 管 理 支 援 法 人 : 三 菱 総 合

More information

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部

目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する 事 業 1 大 学 少 林 寺 拳 法 部 2015 年 度 事 業 計 画 ( 2 0 1 5. 4. 1 ~ 2016. 3.31) 一 般 財 団 法 人 少 林 寺 拳 法 連 盟 目 次 Ⅰ 2015 年 度 事 業 計 画 概 要 について 1.はじめに 2. 組 織 運 営 の 基 本 方 針 3. 重 点 課 題 Ⅱ 各 事 業 計 画 及 び 事 業 内 容 1. 少 林 寺 拳 法 の 普 及 及 び 指 導 に 関 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208742208CBB8BB55F8CA48B865F33335F30315F90AD8DF48CA48B8691E58A77894091E58A775F90AD8DF48CA48B8689C82E646F63> 学 部 研 究 科 等 の 現 況 調 査 表 研 究 平 成 20 年 6 月 政 策 研 究 大 学 院 大 学 目 次 1. 政 策 研 究 科 1-1 政 策 研 究 大 学 院 大 学 政 策 研 究 科 1. 政 策 研 究 科 Ⅰ 政 策 研 究 科 の 研 究 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-3 分 析 項 目 Ⅰ 研 究 活 動 の

More information

平成26年度事業報告

平成26年度事業報告 平 成 26 年 度 事 業 報 告 平 成 26 年 度 の 事 業 は 事 業 計 画 に 基 づき 次 の 通 り 実 施 した 1. 試 薬 の 生 産 流 通 及 び 消 費 の 調 査 に 関 する 事 項 官 庁 団 体 等 の 要 請 により 各 種 調 査 に 関 する 回 答 に 協 力 した (1) 水 俣 条 約 に 関 する 調 査 8 月 6 日 に 経 済 産 業 省

More information

<819F31362D3130318AE989E68F918145905694438AC7979D8ED2816932372E31322E323481454F4B816A2E786C7378>

<819F31362D3130318AE989E68F918145905694438AC7979D8ED2816932372E31322E323481454F4B816A2E786C7378> 16-101 ( サ ブ ) 新 任 管 理 者 研 修 Ⅰ ~マネジメントの 基 礎 がよくわかる 入 門 座 ~ 企 業 が 活 力 を 高 めていくためには 組 織 の 中 核 となる 管 理 者 がメンバーのやる 気 や 柔 軟 なアイディアを 引 き 出 し 効 果 的 にPDCAを 回 していくことが 求 められます 本 研 修 では 管 理 者 に 求 められる 役 割 とマネジメントについて

More information

Ⅱ 事 業 活 動 1. 税 を 巡 る 諸 環 境 の 整 備 改 善 等 を 図 るための 事 業 ( 公 -1 事 業 税 の 啓 発 事 業 ) (1) 税 知 識 の 普 及 及 び 適 正 な 申 告 の 普 及 を 図 る 目 的 の 事 業 1 決 算 期 別 説 明 会 の 実 施

Ⅱ 事 業 活 動 1. 税 を 巡 る 諸 環 境 の 整 備 改 善 等 を 図 るための 事 業 ( 公 -1 事 業 税 の 啓 発 事 業 ) (1) 税 知 識 の 普 及 及 び 適 正 な 申 告 の 普 及 を 図 る 目 的 の 事 業 1 決 算 期 別 説 明 会 の 実 施 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 ( 期 間 : 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 ) 法 人 会 の 理 念 法 人 会 は 税 のオピニオンリーダーとして 企 業 の 発 展 を 支 援 し 地 域 の 振 興 に 寄 与 し 国 と 社 会 の 繁 栄 に 貢 献 する 経 営 者 の 団 体 である 公 益 社 団 法 人 として 企 業 の

More information

平成15年度予算理事会

平成15年度予算理事会 公 益 財 団 法 人 神 戸 国 際 協 力 交 流 センター 平 成 27 年 度 事 業 計 画 1. 事 業 計 画 はじめに 現 在 の 神 戸 市 国 際 化 推 進 大 綱 は 平 成 27 年 度 が 目 標 年 次 であり その 最 終 年 度 として 引 き 続 き 神 戸 の 魅 力 を 活 かした 新 たな 国 際 都 市 を 目 指 し 1 開 発 途 上 国 に 対 する

More information

前回の改正労働基準法案の制定経緯

前回の改正労働基準法案の制定経緯 参 考 資 料 3 規 制 改 革 会 議 雇 用 ワーキング グ ループ 提 出 資 料 ( 平 成 26 年 4 月 25 日 ) 多 様 な 正 社 員 (ジョブ 型 正 社 員 )について 3. 多 様 な 正 社 員 の 普 及 拡 大 平 成 26 年 4 月 22 日 ( 火 ) 第 4 回 経 済 財 政 諮 問 会 議 産 業 競 争 力 会 議 合 同 会 議 田 村 厚 生 労

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

総務関係  4名

総務関係  4名 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 の 概 要 Ⅰ 社 会 福 祉 協 議 会 とは Ⅱ 設 置 目 的 役 職 員 構 成 重 点 目 標 等 Ⅲ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 主 要 事 業 Ⅳ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 予 算 概 要 Ⅴ 社 会 福 祉 協 議 会 の 組 織 体 制 Ⅰ 社 会 福 祉 協

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

29調査票1.2

29調査票1.2 ( 奈 良 県 都 道 府 県 政 令 指 定 都 市 奈 良 県 調 査 票 男 女 共 同 参 画 女 性 問 題 に 関 する 事 務 を 総 括 的 に 所 管 する 組 織 局 部 課 ( 室 健 康 福 祉 部 こども 女 性 局 女 性 支 援 課 担 当 職 員 数 人 ( 専 任 人 兼 任 人 国 の 男 女 共 同 参 画 推 進 本 部 に 相 当 する 本 庁 の 連 絡

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット)

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット) 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 あなたが 和 歌 山 の 未 来 を 創 る! 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 人 事 委 員 会 事 務 局 和 歌 山 県 PRキャラクター きいちゃん 配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ)

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031363035313048323795E290B3814548323893968F89837C834383938367816994928D9588F38DFC82C582B7816A2E70707478> 中 企 業 規 模 事 業 者 関 係 予 算 税 制 改 正 のポイント 詳 しい 情 報 は ミラサポ の 施 策 マップでご 覧 いただけます ミラサポ 検 索 1. 中 企 業 の 産 性 向 上 を 援 します 1 ものづくり サービスの 新 展 開 (ものづくり 補 助 ) ものづくり 商 業 サービス 新 展 開 援 補 助 1020.5 億 円 < 平 成 27 年 度 補 正 >

More information

Microsoft PowerPoint - 差し換え用

Microsoft PowerPoint - 差し換え用 資 料 2 平 成 2 5 年 6 月 2 4 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 日 本 年 金 機 構 平 成 24 年 度 の 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況 と 今 後 の 取 組 等 について 目 次 1. 平 成 24 年 度 の 納 付 状 況 等 について (1) 公 的 年 金 制 度 全 体 の 状 況 1 (2) 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況

More information

(3) 相 談 件 数 相 談 業 務 相 談 項 目 27 年 度 実 績 前 年 度 実 績 前 年 比 増 減 経 営 183 件 206 件 23 件 ( 総 合 ) ( 79 ) ( 86 ) ( 7 ) ( 財 務 ) ( 69 ) ( 74 ) ( 5 ) (その 他 ) ( 35 )

(3) 相 談 件 数 相 談 業 務 相 談 項 目 27 年 度 実 績 前 年 度 実 績 前 年 比 増 減 経 営 183 件 206 件 23 件 ( 総 合 ) ( 79 ) ( 86 ) ( 7 ) ( 財 務 ) ( 69 ) ( 74 ) ( 5 ) (その 他 ) ( 35 ) 平 成 27 年 度 事 業 報 告 書 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 1. 調 査 研 究 事 業 ( 公 益 的 分 野 ) (1) 岩 手 県 の 経 済 産 業 に 関 する 特 別 調 査 1 本 県 における 地 場 食 品 の 輸 出 拡 大 への 動 き 5 月 号 ~ 期 待 される 県 産 品 の 海 外 展 開 ~ 2まち ひと

More information

Taro-△H28仕様書(案)

Taro-△H28仕様書(案) 仕 様 書 ( 案 ) 1 業 務 の 名 称 岡 山 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 ( 自 立 相 談 支 援 等 業 務 ) 委 託 2 業 務 の 目 的 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )に 基 づき 生 活 困 窮 者 を 早 期 に 把 握 し 多 様 で 複 合 的 な 課 題 を 解 きほぐしながら

More information

アンテレクト

アンテレクト 2016 年 4-6 月 広 告 掲 載 ガイド (2016 年 3 月 25 日 現 在 ) 向 上 心 向 学 心 の 強 い 現 役 ビジネスパーソンに 訴 求 力 の 強 い アンテレクト 広 告 媒 体 資 料 お 問 合 わせ 先 株 式 会 社 アンテレクト 広 告 担 当 ad@entrelect.co.jp 101-0052 東 京 都 千 代 田 区 神 田 小 川 町 3-10

More information

 この業務仕様書は、指定管理者が行う下関市勤労青少年ホーム(以下「ホーム」という

 この業務仕様書は、指定管理者が行う下関市勤労青少年ホーム(以下「ホーム」という 下 関 市 デイサービスセンター ほのぼの 指 定 管 理 者 の 指 定 に 係 る 申 込 要 項 平 成 27 年 10 月 下 関 市 目 次 1 施 設 の 概 要 1 2 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 2 3 今 後 のスケジュール 2 4 指 定 期 間 3 5 申 込 資 格 3 6 申 込 条 件 3 7 申 込 書 類 申 込 方 法 等 4 8 選 定 ( 審 査 )の

More information

( 様 式 1-1) 事 業 計 画 書 目 次 [こども 青 少 年 局 ] 6 款 2 項 3 目 幼 児 教 育 費 ( 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 25 年 度 24 年 度 増 減 (25-24) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 成 長 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 5 7 9 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励

More information

水道の安全保障に関する検討会

水道の安全保障に関する検討会 3. 可 能 性 調 査 および 業 務 受 託 者 の 募 集 選 定 の 手 順 3.1 公 民 連 携 導 入 の 事 務 プロセスと 作 業 項 目 公 民 連 携 (= 業 務 委 託 以 下 公 民 連 携 という) 可 能 性 調 査 および 業 務 受 託 者 募 集 選 定 の 各 段 階 で 必 要 となる 事 務 プロセスと 作 業 項 目 を 図 3-1に 示 す 2) 水

More information

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて に 係 るフォローアップ 調 査 様 式 ( 様 式 1) 所 管 府 省 名 厚 生 労 働 省 法 人 名 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 ( 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 ) 基 本 方 針 の 記 載 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて 1. 不 要 資 産 の 国 庫 返 納 国 の 資 産 を 有

More information

平成9年度久留米市情報公開制度の運用状況

平成9年度久留米市情報公開制度の運用状況 平 成 8 年 度 久 留 米 市 情 報 公 開 制 度 の 運 用 状 況 ( 平 成 8 年 4 月 日 ~ 平 成 9 年 3 月 3 日 ) 情 報 公 開 請 求 の 内 訳 別 表 平 成 8 年 度 中 の 情 報 公 開 請 求 は 3,476 件 ありました 情 報 公 開 の 文 書 による 請 求 は 93 件 となっています 口 頭 による 請 求 は 3,83 件 あり

More information

1. 訪 日 外 国 人 向 けの 利 便 性 向 上 等 (1) 海 外 発 行 クレジットカード 等 での 現 金 引 き 出 しが 可 能 な ATM の 普 及 観 光 庁 金 融 庁 訪 日 外 国 人 が 増 加 傾 向 にある 中 で 彼 らが 日 本 国 内 で 容 易 に 現 金

1. 訪 日 外 国 人 向 けの 利 便 性 向 上 等 (1) 海 外 発 行 クレジットカード 等 での 現 金 引 き 出 しが 可 能 な ATM の 普 及 観 光 庁 金 融 庁 訪 日 外 国 人 が 増 加 傾 向 にある 中 で 彼 らが 日 本 国 内 で 容 易 に 現 金 キャッシュレス 化 に 向 けた 方 策 平 成 26 年 12 月 26 日 内 閣 官 房 金 融 庁 消 費 者 庁 経 済 産 業 省 国 土 交 通 省 観 光 庁 平 成 26 年 6 月 24 日 に 取 りまとめられた 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 においては 2020 年 東 京 オリンピック パラリンピックの 開 催 等 を 踏 まえ キャッシュレス 決 済 の 普

More information

特別区人事委員会の業務状況の報告

特別区人事委員会の業務状況の報告 平 成 19 年 度 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 状 況 等 の 公 表 平 成 19 年 12 月 文 京 区 総 務 部 職 員 課 目 次 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 2 2 職 員 の 給 与 の 状 況 4 3 職 員 の 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の

More information

地域密着2012.indd

地域密着2012.indd 平 成 23 年 度 地 域 密 着 型 金 融 の 取 組 み 状 況 について 北 國 銀 行 では 豊 かな 明 日 へ 信 頼 の 架 け 橋 を という 企 業 理 念 のもと 地 域 金 融 機 関 として 円 滑 な 資 金 供 給 と 多 様 で 良 質 な 金 融 サービスの 提 供 を 通 じて 地 域 社 会 の 更 なる 発 展 と 地 域 経 済 の 活 性 化 に 貢 献

More information

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 我 が 国 においては 少 子 高 齢 化 が 進 展 し 65 歳 以 上 の 高 齢 者 化 率 は 2 0 6 0 年 に は 4 0 % 近 い 水 準 と な る 事 が 推 計 さ れ て おります 本 道 に お い て も 6 5 歳 以 上 の 高 齢 者 人 口 は 2 7 年 1 月 1 日 現 在 で は 1 5 1 万 人 を 超 え

More information

自 平成17年4月1日

自 平成17年4月1日 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 事 業 計 画 書 公 益 社 団 法 人 日 本 将 棋 連 盟 会 長 谷 川 浩 司 平 成 27 年 度 公 益 社 団 法 人 日 本 将 棋 連 盟 事 業 計 画 自 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 至 平 成 28 年 3 月 31 日 定 款 抜 粋 第 4 条 本 連 盟 は 前 条 の 目 的

More information

2.ホームページの 見 やすさに 関 する 質 問 Q1 ホームページは 見 やすいと 思 いますか? 思 わない い 7.5% えない 11.3% まあ 59.5% そう 0.8% 21.0% 4 21.0% まあ 465 59.5% 88 11.3% 59 7.5% そう 6 0.8% Q2 Q

2.ホームページの 見 やすさに 関 する 質 問 Q1 ホームページは 見 やすいと 思 いますか? 思 わない い 7.5% えない 11.3% まあ 59.5% そう 0.8% 21.0% 4 21.0% まあ 465 59.5% 88 11.3% 59 7.5% そう 6 0.8% Q2 Q 公 益 財 団 法 人 生 命 保 険 文 化 センター 2015/6/23 公 開 資 料 ホームページリニューアルに 関 するアンケート 結 果 がまとまりました 当 センターでは2015 年 5 月 中 旬 から5 月 下 旬 にかけて ホームページリニューアルに 関 するアンケートを 実 施 しました この 度 アンケートの 結 果 がまとまりましたのでご 紹 介 させていただきます 皆 さまからのご

More information

9.島根大学グループにおける事例

9.島根大学グループにおける事例 島 根 大 学 におけるインターンシップの 事 例 授 業 科 目 名 : 就 業 体 験 (1 単 位 ) 実 習 先 企 業 等 : 株 式 会 社 めのや 実 習 場 所 : 島 根 県 松 江 市 参 加 対 象 者 : 法 文 学 部, 教 育 学 部, 生 物 資 源 科 学 部, 総 合 理 工 学 部 2~3 年 生 実 習 期 間 :8 月 実 習 日 数 :8 日 この 取 組

More information

1. 人 件 費 の 概 要 p1 役 員 給 与 の 削 減, 社 員 年 収 の 引 下 げ, 退 職 給 付 制 度 と 福 利 厚 生 制 度 の 見 直 し 等 により, 前 回 改 定 原 価 (H20 改 定 )に 比 べ,208 億 円 減 少 ( 単 位 : 百 万 円, 人 )

1. 人 件 費 の 概 要 p1 役 員 給 与 の 削 減, 社 員 年 収 の 引 下 げ, 退 職 給 付 制 度 と 福 利 厚 生 制 度 の 見 直 し 等 により, 前 回 改 定 原 価 (H20 改 定 )に 比 べ,208 億 円 減 少 ( 単 位 : 百 万 円, 人 ) 人 件 費 平 成 25 年 4 月 16 日 東 北 電 力 1. 人 件 費 の 概 要 p1 役 員 給 与 の 削 減, 社 員 年 収 の 引 下 げ, 退 職 給 付 制 度 と 福 利 厚 生 制 度 の 見 直 し 等 により, 前 回 改 定 原 価 (H20 改 定 )に 比 べ,208 億 円 減 少 ( 単 位 : 百 万 円, 人 ) 1 今 回 (H25~27 平 均 )

More information

ア CMS によるホームページであること イ ページ 内 に Twitter や Facebook のアイコンを 作 成 し リンクを 張 れるように すること ウ サイト 内 検 索 ができること エ ページ 内 に Google マップなどの 地 図 情 報 が 掲 載 できること オ ページ

ア CMS によるホームページであること イ ページ 内 に Twitter や Facebook のアイコンを 作 成 し リンクを 張 れるように すること ウ サイト 内 検 索 ができること エ ページ 内 に Google マップなどの 地 図 情 報 が 掲 載 できること オ ページ 足 利 市 創 業 支 援 ホームページ 作 成 業 務 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 仕 様 書 1 業 務 名 足 利 市 創 業 支 援 ホームページ 作 成 業 務 2 業 務 の 目 的 本 業 務 は 主 に 市 内 外 の 創 業 希 望 者 をターゲットに 必 要 な 情 報 を 網 羅 的 に 取 得 可 能 なホームページを 開 設 し かつ 元 々 本 市 へ 関 心

More information

特別区人事・厚生事務組合人事行政のあらまし

特別区人事・厚生事務組合人事行政のあらまし 特 別 区 人 事 厚 生 事 務 組 合 人 事 行 政 のあらまし 特 別 区 人 事 厚 生 事 務 組 合 は 特 別 区 の 権 限 に 属 する 事 務 の 一 部 を 共 同 して 処 理 するため 地 方 自 治 法 の 規 定 により 設 立 された 特 別 地 方 公 共 団 体 ( 一 部 事 務 組 合 )です 本 組 合 に 勤 務 する 職 員 の 任 用 給 与 及 び

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC825132944E93788E968BC695F18D902E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC825132944E93788E968BC695F18D902E646F6378> 平 成 22 年 度 事 業 報 告 ( 平 成 22 月 4 月 1 日 ~ 平 成 23 年 3 月 31 日 ) 基 本 方 針 の 生 命 尊 重 の 保 育 確 立 と 心 の 教 育 の 推 進 1. 生 命 尊 重 の 保 育 推 進 2. 活 力 ある 日 仏 保 3. 魅 力 ある 日 仏 保 4. 国 際 交 流 社 会 貢 献 のできる 日 仏 保 を 重 点 に 次 の 事

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

はじめに この 派 遣 労 働 におけるキャリアアップ 支 援 の 手 引 き は 一 般 社 団 法 人 日 本 派 遣 協 会 が 受 託 した 平 成 26 年 度 及 び 平 成 27 年 度 の 厚 生 労 働 省 委 託 事 業 に 基 づいて 作 成 されたもの です この 手 引 き

はじめに この 派 遣 労 働 におけるキャリアアップ 支 援 の 手 引 き は 一 般 社 団 法 人 日 本 派 遣 協 会 が 受 託 した 平 成 26 年 度 及 び 平 成 27 年 度 の 厚 生 労 働 省 委 託 事 業 に 基 づいて 作 成 されたもの です この 手 引 き 平 成 27 年 度 厚 生 労 働 省 委 託 事 業 派 遣 労 働 におけるキャリアアップ 支 援 の 手 引 き 一 般 社 団 法 人 日 本 人 材 派 遣 協 会 平 成 27 年 10 月 はじめに この 派 遣 労 働 におけるキャリアアップ 支 援 の 手 引 き は 一 般 社 団 法 人 日 本 派 遣 協 会 が 受 託 した 平 成 26 年 度 及 び 平 成 27 年

More information

Microsoft PowerPoint - 第22期ガバナンス(J).ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 第22期ガバナンス(J).ppt [互換モード] ガバナンス 関 係 資 料 ( 作 成 日 は 各 ページに 記 載 しています ) http://www.tokyu-reit.co.jp REITが 取 る4つのリスクとガバナンス REITは4つのリスクを 取 っており これをコントロールするのが ガバナンスとマネジメントである 不 動 産 賃 貸 業 リスク + 物 件 売 買 価 格 リスク + 負 債 リスク + マネジメント リスク マネジメントによるリスクコントロール

More information

2 多 重 債 務 者 対 策 平 成 18 年 12 月 に 改 正 貸 金 業 法 が 成 立 段 階 的 な 施 行 を 経 て 平 成 22 年 6 月 に 完 全 施 行 された 過 剰 な 貸 付 を 抑 制 するための 総 量 規 制 の 導 入 に 伴 い 潜 在 的 な 多 重 債

2 多 重 債 務 者 対 策 平 成 18 年 12 月 に 改 正 貸 金 業 法 が 成 立 段 階 的 な 施 行 を 経 て 平 成 22 年 6 月 に 完 全 施 行 された 過 剰 な 貸 付 を 抑 制 するための 総 量 規 制 の 導 入 に 伴 い 潜 在 的 な 多 重 債 資 料 1 Ⅰ 消 費 者 行 政 の 近 況 1 消 費 生 活 相 談 平 成 21 年 12 月 改 正 の 特 定 商 取 引 法 割 賦 販 売 法 平 成 23 年 1 月 改 正 の 商 品 先 物 取 引 法 などを 視 野 に 消 費 者 からの 相 談 を 受 け 付 け 助 言 あっせんを 行 っている (1) 相 談 件 数 ( 単 位 : 件 ) 年 度 月 4 5 6 7

More information

Ⅱ 事 業 実 績 の 概 要 U Iターンに 対 する 支 援 の 充 実 230 20124 2 企 業 の 開 拓 企 業 訪 問 の 強 化 関 西 に 拠 点 をおき 地 域 発 展 に 貢 献 している 企 業 へのアプ ローチ 企 業 大 懇 談 会 の 開 催 201121 3322

Ⅱ 事 業 実 績 の 概 要 U Iターンに 対 する 支 援 の 充 実 230 20124 2 企 業 の 開 拓 企 業 訪 問 の 強 化 関 西 に 拠 点 をおき 地 域 発 展 に 貢 献 している 企 業 へのアプ ローチ 企 業 大 懇 談 会 の 開 催 201121 3322 6 生 支 援 に 関 する 事 項 1 キャリア 開 発 就 職 支 援 について キャリア 教 育 及 び キャリア 開 発 就 職 支 援 は 第 5 次 長 期 計 画 において 本 の 重 点 的 施 策 のひとつに 位 置 づけ 教 こそが 最 大 のキャリア 支 援 である とい う 認 識 のもと 教 と 連 携 し 普 段 からの 教 育 活 動 を 通 して 生 の 自 己 成

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information