英国競争法の執行手続―日本の独占禁止法改正に関連して

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "英国競争法の執行手続―日本の独占禁止法改正に関連して"

Transcription

1 1 英 国 競 争 法 の 執 行 手 続 日 本 の 独 占 禁 止 法 改 正 に 関 連 して 千 葉 大 学 大 学 院 専 門 法 務 研 究 科 教 授 栗 田 誠 氏 Ⅰ はじめに 本 報 告 の 対 象 は 1998 年 競 争 法 違 反 行 為 ( 日 本 の 独 占 禁 止 法 ( 以 下 独 禁 法 と 略 す )でいう 不 当 な 取 引 制 限 私 的 独 占 及 び 不 公 正 な 取 引 方 法 の 違 反 行 為 類 型 )について 公 正 取 引 庁 (OFT)が 審 査 決 定 する 手 続 及 び OFT の 決 定 に 対 する 上 訴 にかかる 競 争 上 訴 審 判 所 (CAT)の 審 理 手 続 に 限 定 され る 1. 英 国 における 競 争 法 制 度 改 革 1998 年 競 争 法 及 び 2002 年 企 業 法 の 二 つの 法 律 によって EU レベルの 競 争 法 が 整 備 された 実 体 的 には EU 競 争 法 101 条 に 相 当 する 競 争 制 限 的 協 定 の 禁 止 同 102 条 に 相 当 する 市 場 支 配 的 地 位 の 濫 用 の 禁 止 さらに 合 併 規 制 カルテルに 対 しては 重 大 なカルテル 実 行 行 為 者 に 対 する 刑 事 罰 の 導 入 市 場 調 査 という 競 争 問 題 を 包 括 的 に 調 査 し 必 要 に 応 じて 是 正 措 置 を 出 す 仕 組 み 等 よく 整 備 された 仕 組 み となっている 手 続 面 においては EU 競 争 法 の 執 行 手 続 或 いは 執 行 の 体 制 について 欧 州 人 権 条 約 の 関 係 から 見 て 問 題 があるとするのが 英 国 から 見 た 評 価 であると 思 われる 英 国 手 続 の 方 が 関 係 人 の 手 続 上 の 保 障 により 手 厚 い 仕 組 みになっていると 思 われる 2. 英 国 競 争 法 執 行 の 特 徴 英 国 競 争 法 執 行 の 大 きな 特 徴 は 一 つの 問 題 に 対 して 複 数 の 当 局 が 関 わる 仕 組 みである 1 公 正 取 引 庁 は 中 心 的 な 競 争 当 局 であり 競 争 制 限 的 協 定 及 び 市 場 支 配 的 地 位 の 濫 用 の 審 査 決 定 を 行 うほか 合 併 事 件 や 市 場 調 査 を CC に 付 託 する 同 庁 は 消 費 者 法 政 策 も 併 せて 担 当 する 2 分 野 別 規 制 当 局 ( 通 信 関 係 エネルギー 関 係 水 道 鉄 道 航 空 等 )は 所 管 する 規 制 産 業 に 対 する 1998 年 競 争 法 違 反 行 為 の 審 査 決 定 を OFT と 共 管 する 3 競 争 委 員 会 (CC)は OFT 等 の 付 託 を 受 けて 詳 細 な 合 併 審 査 市 場 調 査 を 担 当 する しかし 自 らの 判 断 で 調 査 を 開 始 する 権 限 はない 4 競 争 上 訴 審 判 所 は 競 争 制 限 的 協 定 及 び 市 場 支 配 的 地 位 の 濫 用 に 係 る OFT 等 の 決 定 に 対 する 上 訴 を 担 当 する また 合 併 事 件 の CC の 決 定 や 市 場 調 査 に 係 る CC の 命 令 の 審 査 のほか 損 害 賠 償 請 求 も 担 当 する 5 重 大 不 正 捜 査 局 (SFO)は 刑 事 司 法 組 織 の 一 部 であり OFT とともにカルテル 犯 罪 の 捜 査 訴 追 を 担 当 する 3. 日 本 における 独 禁 法 執 行 手 続 問 題 との 関 連 公 正 取 引 委 員 会 ( 以 下 公 取 委 と 略 す )の 審 判 手 続 の 関 係 では 事 前 手 続 は EU 競 争 法 と 基 本 的 に 同 じであるが 聴 聞 官 制 度 はない 事 後 手 続 は 競 争 法 専 門 の 審 判 所 による 完 全 な 再 審 理 であり EU 競 争 法 手 続 を 凌 ぎ 幅 広 い 審 査 を 行 う 仕 組 みとなっている Ⅱ 英 国 競 争 法 の 執 行 手 続 A 公 正 取 引 庁 における 審 査 決 定 OFT の 審 査 手 続 に 関 する 一 般 向 けの 解 説 資 料 について 2010 年 8 月 に 案 を 公 表 して 一 般 から 意 見 を 募 集 している(Consultation Paper) 1. 端 緒 端 緒 を 入 手 し それについて 予 備 的 な 分 析 を 加 える 審 査 のための 情 報 源 は 職 権 探 知 申 告 である カルテルについては リニエンシー 申 請 が 重 要 な 情 報 源 である 書 面 による 具 体 的 な 申 告 を 行 った 者 違 反 被 疑 行 為 によりその 利 益 が 実 質 的 に 侵 害 されるおそれがある 者 の 要 件 を 満 たす 申 告 人 は 正 式 申 告 人 として OFT の 審 査 決 定 手 続 において 特 別 の 法 的 地 位 が 付 与 される 正 式 申 告 人 は 審 査 開 始 時 に 関 係 人 に 提 供 される 情 報 と 同 様 の 情 報 の 提 供 を 受 けられることがある また 異 議 告 知 書 (SO) について 書 面 で 意 見 を 提 出 する 機 会 が 付 与 される OFT は どの 事 件 を 優 先 して 取 り 上 げるかについて 審 査 のインパクト 戦 略 的 重 要 性 リスク 審 査 リソース 等 を 考 慮 して 審 査 開 始 の 可 否 を 判 断 する 2. 審 査 正 式 に 審 査 を 開 始 し 情 報 要 求 立 入 検 査 により 必 要 な 情 報 を 収 集 して 分 析 する 違 反 事 実 の 概 要 に ついて 暫 定 的 な 結 論 が 出 る 審 査 開 始 に 際 しては 関 係 人 に 対 して 審 査 開 始 通 知 書 を 発 出 することが 1/7

2 ある 立 入 検 査 等 を 実 施 する 場 合 には その 後 の 早 い 時 期 に 審 査 開 始 通 知 書 を 発 出 する 審 査 の 手 法 は 情 報 文 書 提 出 命 令 令 状 なしの 立 入 検 査 ( 事 業 所 を 対 象 2 日 前 までの 文 書 による 通 知 ) 高 等 法 院 判 事 の 令 状 による 立 入 検 査 ( 住 居 )がある カルテルに 対 する 立 入 検 査 は 令 状 による 敷 地 内 への 立 入 現 物 の 差 し 押 さえ 現 物 の 最 長 3 ヶ 月 間 の 保 持 ができる OFT の 審 査 官 は 従 業 員 等 に 質 問 すること はできず 文 書 の 所 在 場 所 文 書 の 説 明 を 求 めることに 限 られる その 場 合 の 従 業 員 等 は 弁 護 士 の 立 会 を 求 めることができる 弁 護 士 到 着 まで 合 理 的 な 時 間 内 (30 分 或 いは 90 分 EU では 30 分 ) 捜 索 を 待 つことができる 秘 匿 特 権 対 象 は 除 かれる 法 令 違 反 の 自 認 を 求 める 回 答 を 求 めることはできず 事 実 のみ 質 問 できる 集 めた 情 報 を 分 析 して 違 反 の 有 無 を 判 断 審 査 の 過 程 で 当 事 者 に 連 絡 面 談 したりする 審 査 の 結 果 意 味 がない 場 合 には 審 査 を 打 ち 切 る 3. 異 議 告 知 書 (SO) 異 議 告 知 書 を 関 係 人 に 送 付 して 意 見 を 求 める 記 載 事 項 は OFT が 認 定 した 事 実 OFT が 提 起 する 異 議 OFT が 提 案 する 措 置 とその 理 由 秘 密 情 報 の 取 扱 いに 関 する 書 面 による 陳 述 書 面 による 陳 述 を OFT に 提 出 できる 期 限 である SO に 記 載 されていない 問 題 や 証 拠 を 決 定 において 取 り 上 げることはで きないため 記 載 内 容 は 必 然 的 に 詳 細 なものとなる 4.OFT ファイルへのアクセス 関 係 人 は SO に 記 載 されている 事 項 に 関 連 する OFT ファイルにアクセスすることができる 書 面 提 出 期 限 は 6~8 週 間 であり その 期 間 がファイルへのアクセス 可 能 な 期 間 となる 通 常 は 秘 密 情 報 や 内 部 文 書 を 除 外 した DVD が OFT から 提 供 される 5. 陳 述 意 見 は 書 面 で 提 出 する 書 面 提 出 の 際 には 当 該 書 面 に 秘 密 情 報 が 含 まれている 場 合 秘 密 情 報 が 含 まれていない 書 面 と 両 方 を 提 出 する 必 要 がある そうでない 場 合 には 秘 密 情 報 の 取 扱 い 要 求 はない ものとして 扱 われる 要 望 に 応 じて 口 頭 陳 述 もできる EU の 手 続 では 口 頭 陳 述 について 独 立 の 職 員 である 聴 聞 官 が 指 定 されるが 英 国 の 手 続 では 聴 聞 官 は 置 かれておらず 直 接 当 該 審 査 に 従 事 して いない 幹 部 職 員 が 主 宰 する 口 頭 陳 述 は 書 面 陳 述 の 後 に 関 係 人 の 要 求 により 実 施 するものであり 書 面 陳 述 のうち 特 に 強 調 したい 点 を 口 頭 で 陳 述 する 審 査 官 側 からの 質 問 が 最 後 にあるが 回 答 する 義 務 はない 6.OFT の 決 定 以 上 の 手 続 を 経 て 違 反 決 定 或 いは 違 反 なしの 決 定 を 出 す 違 反 決 定 は 極 めて 詳 細 で 数 百 頁 に 上 り 制 裁 金 賦 課 の 場 合 には 算 定 の 基 礎 について 詳 細 に 説 明 されている SO の 発 出 から 決 定 までの 期 間 制 限 はなく 尐 なくとも 半 年 から 1 年 は 必 要 である 違 反 決 定 の 命 令 を 受 けた 事 業 者 は CAT に 上 訴 でき る B 競 争 上 審 判 所 における 再 審 査 1. 概 要 違 反 決 定 を 受 けた 者 は 違 反 行 為 の 有 無 排 除 措 置 に 関 する 指 示 の 内 容 制 裁 金 の 有 無 額 について 2 ヶ 月 以 内 に CAT に 提 訴 することができる CAT における 審 理 は 完 全 な 再 審 理 であり 新 証 拠 の 採 用 証 人 尋 問 についても 寛 大 であり OFT の 決 定 を 取 り 消 すだけでなく 自 ら 判 断 を 示 し 必 要 な 措 置 を 命 じ 制 裁 金 を 増 額 することもできる 競 争 制 限 的 協 定 及 び 市 場 支 配 的 地 位 の 濫 用 については 完 全 な 再 審 査 であるのに 対 して 合 併 等 の 審 査 は 司 法 審 査 とされている 完 全 な 再 審 査 の 場 合 には 大 変 広 範 で あり OFT が 違 反 決 定 の 根 拠 を 立 証 する 必 要 がある 合 併 等 の 審 査 に 場 合 には 提 訴 する 側 が 決 定 の 違 法 を 立 証 する 必 要 がある CAT への 上 訴 により 排 除 措 置 に 関 する 指 示 の 執 行 が 停 止 されるものではな いが 制 裁 金 の 支 払 いは 猶 予 される 2.CAT の 組 織 と 権 限 CAT は 高 等 法 院 と 同 等 の 司 法 機 関 である CAT の 審 判 体 は 法 律 専 門 家 だけではなく エコノミ スト 等 の 関 連 分 野 の 専 門 家 を 含 んでいる 3.CAT の 手 続 2/7

3 CAT の 手 続 は 民 事 訴 訟 規 則 及 び 欧 州 連 合 一 般 裁 判 所 の 手 続 をモデルとしつつ 当 事 者 の 公 平 費 用 の 節 減 迅 速 公 平 な 心 理 を 確 保 する 見 地 から 異 なる 点 がある CAT の 手 続 は 1 早 期 の 書 面 による 開 示 2 積 極 的 な 事 件 管 理 3 厳 格 な 期 限 設 定 4 実 効 的 な 事 実 認 定 手 続 5 短 期 の 計 画 的 な 口 頭 尋 問 の5つの 基 本 原 則 により 設 計 されている 4. 証 拠 CAT の 審 理 においては 技 術 的 な 証 拠 法 則 より 全 体 的 な 公 正 さの 考 慮 が 重 要 であり 厳 格 な 証 拠 法 則 は 適 用 されない CAT の 手 続 において OFT がなすべき 違 反 行 為 の 立 証 水 準 は 公 式 には 民 事 の 水 準 で あるが 制 裁 金 の 重 大 性 にかんがみて 強 力 かつ 確 信 を 抱 くに 足 る 証 拠 が 必 要 であるとされている カルテル 事 件 では その 特 性 にかんがみ 唯 一 つの 証 拠 或 いは 完 全 な 状 況 証 拠 であっても 事 情 によっ ては 十 分 な 証 拠 と 判 断 されることがある C 裁 判 所 における 司 法 審 査 CAT の 審 決 に 対 しては 控 訴 院 に 対 して 上 訴 することができるが CAT 又 は 控 訴 院 の 許 可 が 必 要 で ある CAT の 許 可 を 得 るには 審 決 言 い 渡 しの 際 に 口 頭 で 或 いは 審 決 後 1 ヶ 月 以 内 に 書 面 で 申 し 立 て る 必 要 がある 上 訴 事 項 は 法 律 問 題 又 は 制 裁 金 事 件 についての 制 裁 金 の 額 に 限 られる Ⅲ 日 本 における 独 禁 法 執 行 手 続 問 題 への 示 唆 1. 英 国 競 争 法 と EU 競 争 法 の 執 行 手 続 の 比 較 英 国 競 争 法 は EU 競 争 法 の 仕 組 みを 実 体 面 でも 手 続 面 でも 取 り 入 れたものとなっており その 解 釈 運 用 も EU 法 のそれに 倣 うことが 明 記 されている 手 続 面 には 違 いも 残 されており 英 国 法 の 見 地 から は EU 競 争 法 の 執 行 手 続 には 重 大 な 欠 陥 があると 考 えられているようである 2. 事 前 手 続 と 事 後 手 続 の 総 体 としての 把 握 OFT における 事 前 手 続 については 詳 細 な 告 知 を 前 提 とする 聴 聞 を 受 ける 権 利 とファイルへのアクセ ス 権 の 保 障 という 欧 州 委 員 会 と 同 様 の 手 続 が 採 られている 欧 州 委 員 会 では 聴 聞 官 を 置 き その 権 限 を 拡 大 明 確 化 して 口 頭 聴 聞 の 充 実 を 目 指 してきているのに 対 し 英 国 ではそうした 動 きはない OFT の 手 続 は 糾 問 的 なものと 割 り 切 り その 後 の 司 法 審 査 を 拡 充 することでバランスをとっているようであ る CAT の 審 理 は 通 常 の 司 法 審 査 ではなく 専 門 的 能 力 のある 審 判 体 による 完 全 な 再 審 理 であり OFT の 上 級 庁 の 趣 きすらある この 点 我 が 国 の 平 成 22 年 独 禁 法 改 正 法 案 ( 以 下 改 正 法 案 と 略 す )では 簡 易 な 事 前 手 続 と 事 後 の 抗 告 訴 訟 の 組 み 合 わせを 採 用 しているが これでは 事 前 の 手 続 保 障 が 十 分 でないだけでなく 事 後 の 司 法 救 済 の 道 も 実 質 的 に 狭 まってしまうと 思 われる 3.SO 及 び 決 定 の 詳 細 度 OFT の 決 定 は 極 めて 詳 細 であり 欧 州 委 員 会 の 決 定 を 凌 ぐようである 決 定 は SO を 基 に 作 成 され るのであるから SO も 極 めて 詳 細 なものと 推 測 される 詳 細 な 事 実 認 定 経 済 分 析 や 法 的 推 論 さら に 採 るべき 措 置 が 具 体 的 に 示 されて 初 めて 関 係 人 は 的 確 に 反 論 することができ 関 係 人 の 主 張 や 提 出 証 拠 を 検 討 させることで 決 定 はさらに 強 固 なものとなる これに 対 し 公 取 委 の 排 除 措 置 命 令 は 通 例 10 頁 前 後 に 過 ぎず 事 実 認 定 が 簡 潔 であるだけでなく 効 果 要 件 にかかわる 記 述 はほとんどないのが 実 情 である これでは 関 係 人 は 有 効 な 主 張 ができないおそれがある 4.OFT ファイルへのアクセス 違 反 事 件 の 審 査 を 担 当 する 競 争 当 局 が 保 有 する 事 件 ファイルに 対 して 関 係 人 が 全 面 的 なアクセスを 保 障 されることは 英 国 競 争 法 においても EU 競 争 法 と 同 様 である 開 示 対 象 は 秘 密 情 報 及 び 内 部 文 書 を 除 き あらゆる 文 書 であり 競 争 当 局 側 が 選 択 することはできない そして これらは 電 子 ファ イルで 提 供 されるのが 実 務 である これに 対 して 改 正 法 案 では 当 事 者 が 閲 覧 謄 写 できる 証 拠 は 公 取 委 が 認 定 した 事 実 を 立 証 する 証 拠 に 限 定 されている 審 査 官 は 閲 覧 等 に 応 じる 証 拠 を 必 要 最 小 限 にと どめるという 選 択 が 可 能 であり 意 見 聴 取 手 続 では その 証 拠 のうち 主 要 なものを 説 明 するにすぎない そして 審 査 管 が 立 証 に 用 いない 証 拠 にはアクセスできないことになる 当 事 者 が 謄 写 できる 証 拠 は 閲 覧 した 証 拠 のうちの 自 社 分 に 限 定 される 特 に 多 くのカルテル 事 件 が 課 徴 金 減 免 申 請 によるもので あり 減 免 申 請 を 行 った 事 業 者 からの 証 拠 が 事 実 認 定 上 大 きな 役 割 を 果 たすと 考 えられるところ 謄 写 の 対 象 が 自 社 分 の 証 拠 に 限 定 されることから 実 際 に 謄 写 できる 証 拠 はほとんどないという 事 態 も 想 定 3/7

4 される 5. 口 頭 聴 聞 と 主 宰 者 の 独 立 性 OFT における 口 頭 陳 述 は 当 該 事 件 の 審 査 に 直 接 かかわっていない 幹 部 職 員 が 主 宰 して 行 われるもの であり 審 査 部 門 から 完 全 に 独 立 した 者 が 主 宰 する 手 続 ではなく 証 拠 調 べや 詳 細 な 弁 論 を 目 的 とする ものではない これに 対 し 欧 州 委 員 会 では 独 立 した 聴 聞 官 を 置 き その 権 限 を 明 確 化 することで 手 続 的 規 律 を 強 化 するとともに 口 頭 聴 聞 の 役 割 を 高 める 方 向 にあると 思 われる EU における 聴 聞 官 の 権 限 は 手 続 問 題 に 限 定 され 実 体 問 題 に 関 しては 中 間 報 告 書 において 非 公 式 な 見 解 を 提 示 するに とどまる (この 報 告 書 は 公 表 されない) EU における 事 前 手 続 に 対 しては 聴 聞 官 の 独 立 性 や 権 限 の 強 化 所 掌 範 囲 の 実 体 問 題 への 拡 大 対 審 型 の 事 実 認 定 の 採 用 等 の 改 革 が 提 言 されることもある 改 正 法 案 においては 意 見 聴 取 手 続 を 主 宰 する 指 定 職 員 は 現 行 法 の 意 見 を 聴 取 する 職 員 と 審 判 官 との 中 間 的 な 位 置 付 けになる 指 定 職 員 の 除 斥 に 関 する 規 定 はあるが 独 立 して 職 務 を 行 うのかどうかは 不 明 である 指 定 職 員 は 意 見 聴 取 の 主 宰 者 として 審 査 官 に 当 事 者 に 対 して 説 明 をさせ あるいは 説 明 を 求 めること 意 見 聴 取 調 書 及 び 整 理 された 事 件 の 論 点 を 記 載 した 報 告 書 を 作 成 することが 職 務 で ある 欧 州 委 員 会 の 事 前 手 続 における 聴 聞 官 が 手 続 的 観 点 からのみ 関 与 することと 比 較 して 実 体 面 に かかわる 点 で 現 行 法 の 審 判 官 に 近 いと 考 えられるが 論 点 の 整 理 にとどまり 論 点 に 関 する 意 見 の 提 示 までは 行 わないとすると 行 政 手 続 法 上 の 聴 聞 に 比 べ その 役 割 は 限 定 される また 委 員 会 は その 報 告 書 の 内 容 を 十 分 に 参 酌 しなければならないが 委 員 会 が 命 令 書 において 論 点 ごとに 具 体 的 に 判 断 やその 理 由 を 示 す 必 要 があるようには 解 されない 6. 事 後 手 続 の 審 判 体 CAT の 審 判 体 は 法 律 家 だけでなく エコノミスト 等 の 多 様 な 専 門 家 で 構 成 され 競 争 問 題 に 関 連 し た 各 分 野 横 断 的 な 専 門 性 を 発 揮 できるように 工 夫 されている (EU の 司 法 裁 判 所 や 一 般 裁 判 所 の 判 事 は すべて 法 律 家 である) この 点 も 公 取 委 の 審 判 官 について 専 ら 法 曹 資 格 者 の 就 任 が 求 められてきた 我 が 国 の 状 況 とは 異 なっている そして 改 正 法 案 は 公 取 委 の 審 判 制 度 を 全 廃 して 行 政 事 件 訴 訟 法 に 基 づく 抗 告 訴 訟 に 委 ねることとするものであり CAT のような 競 争 問 題 への 多 面 的 な 専 門 性 を 確 保 し ようとする 方 向 とは 異 なる 7.CAT による OFT 決 定 の 全 面 審 査 OFT の 違 反 決 定 に 対 する CAT の 審 査 は 全 面 的 な 再 審 理 であり 単 なる 司 法 審 査 ではない 違 反 行 為 の 存 在 についての 立 証 責 任 は OFT にあるとされ 刑 事 の 立 証 基 準 に 近 い 高 度 な 立 証 が 求 められてい る これに 対 し 欧 州 委 員 会 の 決 定 に 対 する 一 般 裁 判 所 の 審 査 は 判 例 上 複 雑 な 経 済 問 題 や 技 術 的 な 評 価 に 対 しては 欧 州 委 員 会 の 裁 量 を 尊 重 し 明 白 な 誤 りや 権 限 の 濫 用 の 有 無 を 審 査 するものとし 欧 州 委 員 会 の 判 断 の 代 置 はしないとする 態 度 を 採 っている 改 正 法 案 では 公 取 委 の 命 令 に 係 る 司 法 審 査 は 一 般 の 行 政 処 分 と 同 じ 取 扱 いとし 行 政 事 件 訴 訟 法 に 定 める 抗 告 訴 訟 によることとしている その 結 果 行 政 事 件 訴 訟 法 上 執 行 不 停 止 が 原 則 であること 原 告 に 処 分 の 違 法 性 の 立 証 責 任 があること 被 告 ( 公 取 委 )が 提 出 を 求 められる 証 拠 の 範 囲 は 狭 くなり 原 告 の 主 張 に 応 じて 提 出 できること 裁 量 処 分 では 処 分 庁 の 第 一 次 的 判 断 が 尊 重 される ( 判 断 代 置 はしない) こととなる 抗 告 訴 訟 における 裁 量 処 分 の 司 法 審 査 の 仕 組 みを 前 提 とする 場 合 に 司 法 審 査 の 行 方 は 処 分 の 違 法 性 を 主 張 立 証 するための 手 掛 かりを 原 告 ( 事 業 者 ) がどれだけ 入 手 できるかに 依 存 する 詳 細 な 事 実 認 定 や 証 拠 の 引 用 を 欠 き 具 体 的 な 理 由 が 提 示 されない 命 令 に 対 して 原 告 が 公 取 委 が 保 有 する 証 拠 への 十 分 なアクセスを 欠 いたまま そ の 違 法 性 を 的 確 に 主 張 立 証 できるとは 限 らない 8. 審 査 段 階 における 手 続 的 保 障 OFT の 手 続 について 審 査 開 始 通 知 書 の 発 出 立 入 検 査 等 における 弁 護 士 の 立 会 原 物 の 留 置 期 限 の 設 定 は 参 考 になると 思 われる 日 本 で 特 に 問 題 になる 供 述 聴 取 の 際 の 弁 護 士 立 会 供 述 調 書 のコピー 提 供 については 審 査 手 法 の 違 いから 英 国 では 問 題 になっていないようであるが 文 書 の 説 明 を 求 め られた 場 合 には 弁 護 士 の 立 会 を 求 めることができるとされている いろいろな 点 で 英 国 の 手 続 及 び EU の 手 続 は 日 本 の 手 続 とは 異 なり 参 考 になる 面 もあると 思 われる 改 正 法 案 は 簡 単 な 事 前 審 査 簡 単 な 事 後 の 司 法 審 査 であり 関 係 人 の 手 続 的 保 障 の 面 独 禁 法 の 解 釈 論 の 発 展 とその 前 提 にある 正 し い 事 実 認 定 を 適 格 に 行 っていく 上 では 手 続 的 に 不 十 分 な 面 があると 考 えられる 4/7

5 2 韓 国 独 禁 法 における 違 反 事 件 処 理 手 続 日 本 の 独 占 禁 止 法 改 正 に 関 連 して 名 古 屋 経 済 大 学 法 学 部 教 授 中 山 武 憲 氏 はじめに 韓 国 と 日 本 の 独 禁 法 は 韓 国 に 独 特 の 財 閥 に 関 する 特 別 の 規 定 を 置 く 他 は 非 常 に 類 似 している そ れにもかかわらず 運 用 は 大 きく 異 なるという 特 徴 がある 韓 国 独 禁 法 の 具 体 的 内 容 は 施 行 令 に 規 定 されている 日 本 独 禁 法 は 不 公 正 取 引 でも 市 場 との 関 係 を 重 視 するが 韓 国 では 社 会 正 義 道 徳 秩 序 を 重 視 し 不 公 正 取 引 について 競 争 への 影 響 をさほど 重 視 しないため 結 果 として 不 公 正 取 引 が 私 的 紛 争 的 性 格 を 帯 びることとなり 調 停 という 制 度 が 生 まれることともなる 1. 公 取 委 の 組 織 と 事 件 処 理 (1) 公 取 委 における 全 員 会 議 と 小 会 議 委 員 長 副 委 員 長 各 1 名 を 含 む 5 名 の 常 任 委 員 と 4 名 の 非 常 任 委 員 との 計 9 名 の 委 員 から 構 成 され る 同 委 員 会 の 会 議 は 委 員 全 員 で 構 成 される 全 員 会 議 と 常 任 委 員 1 名 を 含 む 3 名 の 委 員 で 構 成 される 小 会 議 とに 区 分 され 5 以 内 の 小 会 議 が 設 けられている 全 員 会 議 は 政 策 の 立 案 遂 行 等 の 行 政 的 事 務 の 他 一 定 規 模 以 上 のカルテル 等 財 閥 系 政 府 系 外 資 系 等 の 各 事 業 者 の 一 定 の 違 反 行 為 一 定 の 告 発 事 件 異 議 申 立 事 件 など 重 要 な 事 件 を 所 管 する 小 会 議 は 全 員 会 議 で 所 管 する 以 外 の 事 項 を 所 管 し 現 実 に 取 り 扱 う 業 務 のほとんどすべては 違 反 事 件 関 係 である (2) 審 査 官 及 び 審 判 管 理 官 等 全 員 会 議 及 び 小 会 議 における 違 反 事 件 の 審 理 を 審 判 と 呼 ぶ ア 審 査 官 審 査 官 は 事 前 審 査 から 審 査 の 最 終 段 階 にいたる 一 連 の 審 査 手 続 を 行 い 当 該 事 件 を 担 当 する 局 長 審 判 管 理 官 又 は 地 方 事 務 所 長 がこれに 就 く これらのうち 審 判 管 理 官 は 異 議 申 立 事 件 において 審 査 官 を 務 める 公 取 委 事 務 処 には 現 在 5 局 おかれているが これらのうち 市 場 監 視 局 及 びカルテル 調 査 局 の 各 課 において 行 政 的 事 務 の 他 独 禁 法 違 反 事 件 をも 担 当 している したがって 審 査 官 には これら の 局 の 局 長 と 5 つの 地 方 事 務 所 長 が 就 くこととなる イ 審 判 管 理 官 審 判 管 理 官 は 各 会 議 の 審 議 準 備 手 続 及 び 審 議 において これらの 活 動 を 補 佐 し 法 理 その 他 の 事 項 に 関 して 意 見 を 述 べる また 異 議 申 立 事 件 においては 審 査 官 を 務 める 審 判 管 理 官 の 下 には 審 判 総 括 担 当 官 競 争 審 判 担 当 官 等 5 つの 担 当 官 がおかれ 更 にその 下 に 所 要 の 職 員 が 置 かれている ウ 幹 事 幹 事 は 各 会 議 における 業 務 を 統 括 するため 各 会 議 ごとに 1 名 おかれ 審 判 管 理 官 の 下 にある 審 判 総 括 担 当 官 又 は 書 記 官 がこれに 就 く 2. 調 査 及 び 審 査 手 続 (1) 事 前 審 査 韓 国 独 禁 法 において 違 反 事 件 の 処 理 は 公 取 委 が 事 件 の 端 緒 に 接 するところから 始 まる 事 務 処 長 は 違 反 の 疑 いがあるときは 審 査 官 に 事 前 審 査 をさせる 審 査 を 担 当 する 部 署 は 各 局 各 課 更 には 地 方 事 務 処 に 分 かれており 例 えば 市 場 支 配 的 地 位 濫 用 事 件 は 市 場 監 視 局 市 場 監 視 総 括 課 が 製 造 業 等 のカルテル 事 件 はカルテル 調 査 局 カルテル 調 査 課 が 担 当 する 事 前 審 査 の 結 果 なお 違 反 の 疑 いが 認 め られれば 審 査 官 は 委 員 長 に 対 して 事 件 審 査 着 手 報 告 を 行 う (2) 調 査 事 件 審 査 着 手 報 告 がなされた 後 は 審 査 官 の 下 の 担 当 官 は 法 に 定 められた 権 限 を 行 使 するなどして 当 該 事 件 の 調 査 を 行 う これらの 権 限 とは 出 頭 意 見 の 聴 取 鑑 定 報 告 及 び 資 料 等 の 提 出 の 各 命 令 並 びに 立 入 検 査 の 各 権 限 である 調 査 が 終 了 したときは 審 査 官 は 審 査 報 告 書 を 作 成 する 3. 審 議 手 続 (1) 審 議 前 の 検 討 5/7

6 (ア) 審 査 報 告 書 の 作 成 後 審 査 官 は 証 拠 資 料 を 添 えて 同 報 告 書 を 各 会 議 に 提 出 するとともに 被 審 人 へも 送 付 し これに 対 する 意 見 を 審 判 管 理 官 へ 提 出 するよう 通 知 する その 際 営 業 秘 密 等 に 属 する 証 拠 資 料 は 送 付 の 対 象 から 除 外 されるが 被 審 人 がこれらの 閲 覧 複 写 を 欲 するときは 委 員 会 に 対 し て これを 認 めるよう 求 めることができる なお 小 会 議 案 件 ( 告 発 事 件 及 び 課 徴 金 納 付 事 件 を 除 く) に ついては 被 審 人 に 対 して 審 査 官 措 置 意 見 を 受 諾 するか 否 かを 尋 ねることとされており 被 審 人 がこ れを 受 諾 するときは 略 式 手 続 として 各 会 議 の 書 面 審 議 に 付 される (イ) 審 査 報 告 書 が 提 出 された 後 事 案 が 全 員 会 議 の 所 管 である 場 合 は 同 会 議 の 議 長 ( 委 員 長 ) は 常 任 委 員 のうち 1 名 を 当 該 事 件 の 主 審 委 員 に 指 定 する 次 いで 全 員 会 議 における 主 審 委 員 及 び 小 会 議 における 議 長 ( 常 任 委 員 ) は それぞれ 当 該 事 件 を 審 議 に 付 すことが 可 能 であるか 否 かにつき 事 前 に 検 討 し 不 備 があれば 当 該 審 査 官 に 補 完 を 命 ずる (2) 審 議 準 備 手 続 その 後 各 会 議 の 議 長 は 被 審 人 の 意 見 書 が 提 出 された 後 審 議 を 効 率 的 かつ 集 中 的 に 進 めるため 必 要 があると 認 めるときは 事 件 を 審 議 準 備 手 続 に 付 す 同 手 続 は 書 面 により 又 は 期 日 を 開 いて 行 われ 審 査 官 及 び 被 審 人 は ここにすべての 主 張 及 び 証 拠 を 提 出 しなければならない 主 審 委 員 及 び 小 会 議 の 議 長 は 審 判 管 理 官 の 補 佐 を 受 けて 手 続 を 行 うが 他 の 委 員 も 意 見 を 提 示 し 期 日 において 審 査 官 及 び 被 審 人 と 質 疑 を 行 う 審 議 準 備 期 日 は 主 張 及 び 証 拠 を 整 理 し 争 点 を 明 らかにするため 必 要 がある 場 合 に 審 査 官 及 び 被 審 人 双 方 の 出 席 の 下 に 開 かれ 公 開 で 行 われる 同 手 続 においては 証 拠 調 べ 鑑 定 等 も 行 われる 以 上 の 手 続 により 事 実 関 係 主 張 及 び 証 拠 並 びに 争 点 が 明 らかになれば 審 判 管 理 官 は 争 点 等 を 整 理 した 審 議 準 備 手 続 結 果 報 告 書 を 作 成 し 同 手 続 終 了 後 これを 審 査 官 及 び 被 審 人 に 送 付 する (3) 審 議 付 議 (ア) 各 会 議 の 議 長 は 1 審 査 報 告 書 に 対 する 被 審 人 の 意 見 書 が 提 出 された 場 合 はその 日 から 2 審 議 準 備 手 続 が 行 われた 場 合 はその 終 了 した 日 から 3 前 記 意 見 書 が 提 出 されない 場 合 は 一 定 期 間 経 過 後 か ら 30 日 以 内 に 当 該 事 件 を 審 議 に 付 さなければならない 審 議 は 期 日 を 開 いて 審 判 廷 において 行 われ る 審 議 は 1 回 で 終 了 することが 予 定 されており 2 回 以 上 行 われる 場 合 は 1 新 たな 主 張 又 は 証 拠 資 料 が 提 出 されたとき 2 参 考 人 等 の 陳 述 に 信 濃 性 が 欠 け 又 は 事 実 関 係 が 複 雑 であって 争 点 が 多 いとき 及 び3その 他 2 回 以 上 の 審 議 が 必 要 であると 認 められるときに 限 られる また 必 要 があるときは 事 件 を 審 議 準 備 手 続 に 差 戻 し 同 手 続 を 再 開 させることができる 審 議 は 審 査 官 及 び 被 審 人 双 方 出 席 の 下 に 行 われ 必 要 に 応 じて 参 考 人 その 他 の 者 も 参 加 させることができる 審 議 においては 審 査 官 によ る 審 査 結 果 の 要 旨 の 陳 述 被 審 人 の 意 見 陳 述 審 議 準 備 手 続 を 行 った 場 合 は 審 判 管 理 官 による 結 果 の 要 旨 の 報 告 委 員 による 審 査 官 又 は 被 審 人 への 質 問 審 査 官 及 び 被 審 人 相 互 の 質 問 証 拠 調 べ 参 考 人 尋 問 鑑 定 等 が 行 われる 議 長 は 審 査 官 又 は 被 審 人 の 陳 述 が 既 に 行 ったものと 重 複 する 場 合 等 には こ れを 制 限 することができ また 営 業 秘 密 等 を 含 む 事 項 についての 発 言 があるときは 一 定 の 手 続 の 下 関 係 者 の 一 時 退 場 等 の 措 置 が 採 られる これらが 終 了 した 後 審 査 官 の 意 見 陳 述 があり 最 後 に 被 審 人 の 最 終 意 見 陳 述 が 行 われる また 事 実 誤 認 法 令 解 釈 若 しくは 適 用 の 錯 誤 又 は 新 たな 事 実 若 しく は 証 拠 の 発 見 があったときは 各 会 議 は 審 査 官 に 再 審 査 を 命 ずる (イ) 以 上 のような 制 度 の 下 2008 年 の 運 用 状 況 についてみれば 全 員 会 議 37 回 小 会 議 110 回 計 147 回 の 会 議 が 開 催 され 953 件 の 案 件 が 審 議 されている これらのうち 全 員 会 議 における 審 議 案 件 に ついてみれば 独 禁 法 を 含 む 公 取 委 所 管 の 各 法 律 及 び 施 行 令 の 改 正 案 の 検 討 これらの 法 律 に 基 づく 各 種 告 示 規 則 指 針 等 の 制 定 改 正 等 の 行 政 的 事 案 もかなりあるが 件 数 の 圧 倒 的 多 数 は 違 反 事 件 に 関 するものである 4. 措 置 の 種 類 と 内 容 (1) 違 反 行 為 に 対 する 措 置 (ア) 審 議 の 結 果 違 反 が 認 定 されれば 告 発 是 正 命 令 課 徴 金 納 付 命 令 是 正 勧 告 又 は 警 告 等 の 措 置 が 採 られる これらのうち 告 発 は 告 発 基 準 において 点 数 制 により 詳 細 に 定 める 一 定 の 基 準 を 超 えた ものに 対 して 行 なわれる 是 正 命 令 は 違 反 行 為 の 是 正 等 を 命 ずる 行 政 処 分 であり 違 反 に 対 する 措 置 の 中 核 となるものである 課 徴 金 は すべての 違 反 行 為 が 対 象 となる 是 正 勧 告 は 事 件 が 軽 微 である 場 合 等 に 行 われる 2008 年 までの 10 年 間 独 禁 法 についての 是 正 勧 告 は 1 件 もなかったが 2009 年 には 9 件 行 われている 警 告 は 法 的 措 置 ではなく 行 政 指 導 の 一 種 であるが その 運 用 基 準 は 規 則 に 詳 6/7

7 細 に 定 められている (イ) 韓 国 独 禁 法 における 最 近 2 ヵ 年 の 措 置 類 型 別 運 用 状 況 は 次 のとおりである 告 発 :12/5 是 正 命 令 :676/407 課 徴 金 :(315)/(100) 警 告 等 :267/464 ( 単 位 件 課 徴 金 の 件 数 は 告 発 及 び 是 正 命 令 の 内 数 数 値 左 は 2007 年 右 は 2008 年 ) これと 同 じ 期 間 における 我 が 国 独 禁 法 の 運 用 状 況 は 次 のとおりである 法 的 措 置 :24/17 警 告 :10/4 注 意 :88/87 以 上 から 明 らかとなる 事 実 は 独 禁 法 の 運 用 における 日 韓 両 国 の 驚 異 的 とさえ 言 える 差 異 である (2) 異 議 申 立 及 び 訴 の 提 起 公 取 委 の 処 分 に 対 して 不 服 がある 者 は 同 委 員 会 に 対 して 異 議 の 申 立 を 行 うことができ 又 はソウル 高 等 裁 判 所 に 直 ちに 不 服 の 訴 を 提 起 することができる ア 異 議 申 立 (ア) 異 議 申 立 事 件 においては 審 判 管 理 官 が 審 査 官 を 務 め 審 査 官 意 見 を 記 載 した 審 査 報 告 書 を 作 成 して これを 全 員 会 議 に 提 出 する 裁 決 は 口 述 審 議 により 行 われるが 新 たな 主 張 又 は 資 料 が 提 出 さ れない 場 合 等 には 書 面 審 議 により 行 われる (イ) 最 近 3 ヵ 年 の 異 議 申 立 事 件 について その 処 理 状 況 は 次 のとおりである( 公 取 委 所 管 の 全 事 件 ) 棄 却 :72.3 一 部 認 容 :16.9 認 容 :7.4 却 下 :0.7 取 下 げ:2.7 韓 国 公 取 委 では 異 議 申 立 は 被 審 人 にとり 費 用 がかからず 迅 速 に 結 論 が 得 られるものの 高 い 棄 却 率 の 故 に 不 要 の 制 度 であると 思 われかねないとし 一 方 委 員 会 の 立 場 からは 訴 訟 になった 場 合 に 備 え 再 考 のよい 機 会 であるとしている イ 訴 の 提 起 公 取 委 の 処 分 に 対 する 不 服 の 訴 は ソウル 高 等 裁 判 所 の 専 属 管 轄 とされ 公 取 委 におけるこれに 関 す る 業 務 は 審 判 管 理 官 の 下 の 訟 務 担 当 官 を 中 心 に 行 われる 最 近 3 ヵ 年 の 確 定 判 決 について 公 取 委 の 勝 敗 訴 率 は 次 のとおりである( 公 取 委 所 管 の 全 事 件 ) 全 部 勝 訴 :63.3 一 部 勝 敗 訴 :20.0 全 部 敗 訴 :16.7 韓 国 公 取 委 では 不 服 の 訴 においても 被 審 人 側 が 新 たな 補 完 証 拠 法 理 論 経 済 分 析 資 料 等 を 提 出 してくる 状 況 にあり これに 適 切 に 対 応 しているものの 証 拠 収 集 人 事 異 動 予 算 の 面 での 限 界 ない し 困 難 があるとしている( 実 質 的 証 拠 法 則 はない) 結 び 和 が 国 制 度 及 び 運 用 と 比 較 して 韓 国 独 禁 法 は わが 国 独 禁 法 と 比 較 して ほぼ 同 様 の 実 体 規 定 にもかかわらず 事 件 処 理 において 極 端 な 差 異 がある その 原 因 については 競 争 の 実 質 的 制 限 及 び 公 正 競 争 阻 害 性 の 認 定 における 両 国 の 寛 厳 の 差 異 その 背 景 にある 両 国 の 国 民 性 文 化 的 特 性 の 差 異 等 さまざまな 要 因 が 考 えられるが 事 件 処 理 手 続 の 面 からみるならば 次 の 点 を 指 摘 しうるように 思 われる 第 一 に 審 査 実 務 の 面 では 違 反 事 件 の 処 理 は 我 が 国 では 行 政 政 策 部 門 とは 別 に これのみを 担 当 する 審 査 局 が 行 うのに 対 し 韓 国 では 各 局 各 課 が 行 政 政 策 的 業 務 と 併 せて 行 っている 例 えば カルテル 調 査 局 カルテル 総 括 課 では カルテル 規 制 政 策 の 策 定 等 の 行 政 的 業 務 とともに 公 共 部 門 の 入 札 談 合 をはじめとする 違 反 事 件 ソウル 地 方 事 務 所 総 括 課 では 予 算 人 事 広 報 等 の 行 政 的 業 務 ととも に 公 共 事 業 者 の 不 公 正 取 引 行 為 事 件 及 び 事 業 者 団 体 違 反 事 件 をも 担 当 している 私 の 我 が 国 公 取 委 での 実 務 経 験 に 照 らせば 我 が 国 の 行 政 政 策 部 門 と 審 査 部 門 の 非 連 続 性 は 審 査 部 門 に 一 種 独 特 の 風 土 を 生 ぜしめ 事 件 に 極 めて 厳 正 かつ 慎 重 に 対 応 させることとなり これがややもす れば 違 反 の 認 定 に 消 極 的 に 作 用 することとなるように 思 われる 一 方 韓 国 における 行 政 政 策 部 門 と 審 査 部 門 の 連 続 性 は 違 反 事 案 と 言 えども これを 行 政 的 事 案 の 延 長 線 上 のものとし 事 件 として 積 極 的 に 処 理 していくことになるものと 思 われる 第 二 に 審 判 実 務 の 面 では 我 が 国 では 裁 判 に 類 似 する 審 判 制 度 の 下 で 極 めて 慎 重 な 審 理 が 行 われる のに 対 し 韓 国 では 日 本 のような 審 判 制 度 はなく 審 判 と 称 されることもある 全 員 会 議 又 は 小 会 議 で 原 則 1 回 の 審 議 が 行 われるのみである このことも 事 件 処 理 件 数 の 多 寡 に 影 響 しているように 思 われる いずれにせよ 日 韓 両 国 は 同 様 の 法 制 を 有 するにかかわらず さまざまな 要 因 が 総 合 されて 事 件 処 理 において 極 めて 対 照 的 な 様 相 を 呈 している 7/7

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑 裁 判 員 裁 判 の 概 況 本 日 中 不 公 表,5 月 21 日 解 禁 でお 願 いします 第 1 これまでの 裁 判 員 裁 判 の 概 要 平 成 22 年 5 月 20 日 最 高 検 察 庁 1 起 訴 件 数 合 計 1, 881 件 ( 平 成 22 年 5 月 20 日 現 在 ) 別 添 資 料 1のとおり 2 判 決 結 果 判 決 言 渡 人 員 合 計 530 人 (

More information

無罪判決後の勾留に関する意見書

無罪判決後の勾留に関する意見書 無 罪 判 決 後 の 勾 留 に 関 する 意 見 書 2015 年 ( 平 成 27 年 )10 月 21 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 刑 事 訴 訟 法 第 345 条 に, 第 2 項 として, 判 決 で 無 罪 の 言 渡 しがあったときは, 上 訴 審 において 原 判 決 が 破 棄 されるまで, 新 たに 勾 留 状 を 発 することはできな い

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい

もそれを 救 済 する 機 能 を 持 たない 行 政 の 規 制 の 目 的 は 公 益 のための 違 法 行 為 の 取 り 締 ま りであり 違 法 行 為 による 消 費 者 被 害 は 当 該 事 業 者 と 消 費 者 の 民 事 紛 争 であるとして 関 与 しないことを 旨 としてい 東 北 大 学 消 費 者 法 問 題 研 究 会 2006.4.22. 行 政 による 消 費 者 被 害 救 済 事 業 者 制 裁 を 考 える * 細 川 幸 一 1. 問 題 意 識 消 費 者 問 題 の 解 決 には 消 費 者 自 らが 消 費 者 私 法 を 活 用 し 権 利 利 益 の 回 復 を 図 る 司 法 的 手 段 と 行 政 が 市 場 に 介 入 し 事 業 者

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63> 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 10986 号 2011.8.4 一 部 改 正 2011.8.4 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

№ 平 成 26 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 予 定 ( 東 京 ) 平 成 26 年 4 月 実 施 日 報 告 者 研 究 課 題 内 容 備 考 1 平 成 26 年 5 月 14 日 ( 水 ) 複 数 の 保 険 契 約 に 1 事 件 複 数 の 保 険 契 約 に 基 づく 解 約 返 戻 金 請 求 権 他 を 弁 護 士 濱 口 善 紀 氏 (1 事 件 ) 東 京 高

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

平成21年2月17日

平成21年2月17日 平 成 26 年 12 月 18 日 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 公 益 社 団 法 人 福 岡 中 部 法 人 会 福 岡 地 区 の5 公 益 社 団 法 人 会 は 平 成 28 年 度 の 税 制 改 正 に 関 して 中 小 企 業 に 係 る 税 制 を 中 心 に 下 記 のとおり その 実 現 を 強 く 要 望 します 記 1 重 点 要 望 事 項 1

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464>

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464> 徳 島 県 情 報 公 開 審 査 会 答 申 第 37 号 第 1 審 査 会 の 結 論 実 施 機 関 が 産 業 廃 棄 物 処 理 業 の 事 業 範 囲 変 更 許 可 申 請 書 ( 平 成 11 年 2 月 10 日 付 け) 平 成 11 年 度 分 のダイオキシン 類 測 定 結 果 報 告 書 平 成 11 年 度 分 の 産 業 廃 棄 物 の 処 分 実 績 報 告 書 に

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

Microsoft Word - 20年度(行情)答申第581号.doc

Microsoft Word - 20年度(行情)答申第581号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 20 年 4 月 15 日 ( 平 成 20 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 204 号 ) 答 申 日 : 平 成 21 年 3 月 31 日 ( 平 成 20 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 581 号 ) 事 件 名 : インド 洋 方 面 における 対 米 支 援 用 燃 料 の 供 給 能 力 の 調 査 結 果 につい て の

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連 巡 回 連 絡 実 施 要 領 平 成 22 年 7 月 1 日 地 第 6 8 7 号 警 察 本 部 長 巡 回 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について( 通 達 ) この 度 巡 回 連 絡 を 適 正 かつ 効 果 的 に 実 施 するため みだしの 要 領 を 別 添 のとおり 制 定 し 平 成 22 年 7 月 2 日 から 実 施 することとしたので 実 効 の 上 がるよう

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の 滞 納 管 理 費 等 回 収 のための 管 理 組 合 による 措 置 に 係 るフローチャート( 解 説 ) フローチャートにおける 各 手 順 の 概 要 は つぎのとおりである (1) 督 促 管 理 組 合 は 滞 納 者 に 対 して 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 の 督 促 とともに 今 後 も 滞 納 が 継 続 する 場 合 には その 状 況 に 応 じてさらなる 措 置

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

答申書

答申書 諮 問 庁 : 法 務 大 臣 諮 問 日 : 平 成 14 年 8 月 1 日 答 申 日 : 平 成 14 年 9 月 18 日 事 件 名 : 熊 本 刑 務 所 が 本 人 に 対 して 行 った 分 類 調 査 や 累 進 審 査 の 結 果 を 記 録 し た 分 類 調 査 票 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に 関 する 件 ( 平 成 14 年 諮 問 第

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

事 業 を 消 滅 させる いわゆる 清 算 型 の 倒 産 手 続 きは 破 産 法 に 基 づく 破 産 と 商 法 上 の 特 別 清 算 の 二 つに 分 かれます 種 類 法 律 特 徴 対 象 は 法 人 個 人 破 産 破 産 法 申 立 権 者 は 債 務 者 債 権 者 取 締 役

事 業 を 消 滅 させる いわゆる 清 算 型 の 倒 産 手 続 きは 破 産 法 に 基 づく 破 産 と 商 法 上 の 特 別 清 算 の 二 つに 分 かれます 種 類 法 律 特 徴 対 象 は 法 人 個 人 破 産 破 産 法 申 立 権 者 は 債 務 者 債 権 者 取 締 役 1 倒 産 処 理 の 種 類 倒 産 手 続 きは 裁 判 所 を 通 した 法 的 手 続 きと 裁 判 所 を 通 さない 私 的 手 続 きに 分 けられます 法 的 手 続 きと 私 的 手 続 きはそれぞれ 会 社 や 事 業 者 を 立 ち 直 らせることを 目 的 とした 再 建 型 の 手 続 きと 最 終 的 には 消 滅 させることを 目 的 とした 清 算 型 の 手 続 きに

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

はじめに 労 働 事 件 特 に 解 雇 退 職 の 場 合 事 件 解 決 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 の 扱 いが 問 題 となることがあります 例 えば 解 雇 が 無 効 となった 場 合 に 一 度 喪 失 した 厚 生 年 金 保 険 や 健 康 保 険 の 資 格 はど

はじめに 労 働 事 件 特 に 解 雇 退 職 の 場 合 事 件 解 決 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 の 扱 いが 問 題 となることがあります 例 えば 解 雇 が 無 効 となった 場 合 に 一 度 喪 失 した 厚 生 年 金 保 険 や 健 康 保 険 の 資 格 はど 平 成 24 年 6 月 13 日 東 京 弁 護 士 会 平 成 24 年 度 春 季 労 働 法 専 門 講 座 労 働 事 件 解 決 の 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 はどうなるのか 場 所 ; 弁 護 士 会 館 3 階 301 会 議 室 時 間 ;18:00~20:00 講 師 鳥 井 玲 子 ( 特 定 社 会 保 険 労 務 士 ) 1 はじめに 労 働 事 件 特

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇

継 続 雇 用 を 拒 否 する 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 があり 社 会 通 念 上 相 当 であることが 必 要 ( 指 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 560 号 ) 解 雇 権 濫 用 法 理 ( 正 社 員 の 解 雇 )のもとで 解 雇 第 1 回 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 雇 用 やパートタイム 雇 用 の 制 度 について の 解 説 平 成 27 年 7 月 24 日 高 知 会 館 講 師 / 経 営 法 曹 会 議 所 属 弁 護 士 石 井 妙 子 氏 Ⅰ 定 年 後 再 雇 用 に 関 わる 有 期 契 約 1 定 年 後 再 雇 用 制 度 概 要 (1) 定 年 後,65 歳 までの 雇 用 確

More information

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年 判 例 時 報 平 成 26 年 6 月 21 日 号 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セ 現 状 と 課 題 ンター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 < 行 政 > 1 件 33 < 民 事 > 6 件 46 < 知 の 財 産 権 > 2 件 100 < 商 事 > 1

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc)

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc) 宝 監 第 104 号 平 成 22 年 2 月 17 日 請 求 人 様 宝 塚 市 監 査 委 員 同 同 村 野 一 郎 井 上 芳 治 伊 福 義 治 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について 平 成 21 年 12 月 25 日 付 けで 提 出 のありました 住 民 監 査 請 求 について 地 方 自 治 法 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

資料6 国の行政機関等における法曹有資格者の採用状況についての調査結果報告(平成27年10月実施分)(法務省提出資料)

資料6 国の行政機関等における法曹有資格者の採用状況についての調査結果報告(平成27年10月実施分)(法務省提出資料) 国 の 行 政 機 関 等 における 法 曹 有 資 格 者 の 採 用 状 況 についての 調 査 結 果 報 告 ( 平 成 27 年 10 月 実 施 分 ) 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 第 1 調 査 の 概 要 目 的 : 国 の 行 政 機 関 等 における 法 曹 有 資 格 者 の 採 用 の 現 状 等 について 調 査 実 施 時 期 : 平 成 27 年 10

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法 Ⅲ 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 務 手 続 き 1. 概 要 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 例 は 全 国 ではまだ 例 が 少 なく 膨 大 な 事 務 量 と 専 門 知 識 を 必 要 とする 割 には 具 体 的 な 事 務 手 続 きを 示 した 知 見 が 少 ない のが 現 状 である

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部 研 究 活 動 における 不 正 行 為 への 対 応 ガイドライン 平 成 19 年 3 月 1 日 研 究 推 進 審 議 会 研 究 倫 理 専 門 委 員 会 目 次 1 ガイドラインの 目 的 2 不 正 行 為 対 応 に 関 する 体 制 3 対 象 とする 不 正 行 為 4 告 発 等 の 受 付 5 告 発 等 に 係 る 事 案 の 調 査 を 行 う 機 関 6 告 発 等

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

判例からみる中国における補正の制限について

判例からみる中国における補正の制限について 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申 HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 は( 以 下 本 規 約 といいます) 株 式 会 社 AKS( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する HKT48 へのオーディション 申 込 およびその 後 の 審 査 に 関 する 全 サービ スの 利 用 条 件 を 定 めるものです 第

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 26 号 改 正 平 成 22 年 9 月 30 日 条 例 第 23 号 平 成 23 年 9 月 29 日 条 例 第 40 号 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 目 次 第 1 章

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

平成○○年○○月○○日判決言渡 同日原本交付 裁判所書記官

平成○○年○○月○○日判決言渡 同日原本交付 裁判所書記官 主 文 1 本 件 訴 えのうち, 処 分 行 政 庁 が 平 成 24 年 12 月 27 日 付 けで 原 告 に 対 してした 原 告 を 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 する 処 分 が 無 効 であ ることの 確 認 を 求 める 訴 えを 却 下 する 2 本 件 訴 えのうち, 処 分 行 政 庁 が 平 成 25 年 12 月 25 日 付 けで 原 告 に

More information

等 に 問 い 合 わせたものの 適 切 な 回 答 が 得 られないまま 除 斥 期 間 が 経 過 し 課 税 権 が 消 滅 してしまったものであった 所 有 権 移 転 登 記 された 不 動 産 について 該 当 する 課 税 台 帳 が 当 該 市 町 村 になく 事 実 が 判 明 し

等 に 問 い 合 わせたものの 適 切 な 回 答 が 得 られないまま 除 斥 期 間 が 経 過 し 課 税 権 が 消 滅 してしまったものであった 所 有 権 移 転 登 記 された 不 動 産 について 該 当 する 課 税 台 帳 が 当 該 市 町 村 になく 事 実 が 判 明 し 平 成 26 年 度 岡 山 県 包 括 外 部 監 査 結 果 報 告 書 概 要 包 括 外 部 監 査 人 井 上 信 二 第 1 包 括 外 部 監 査 の 概 要 1 選 定 した 特 定 の 事 件 (テーマ) 県 税 の 賦 課 徴 収 に 係 る 事 務 の 執 行 について 2 監 査 の 対 象 岡 山 県 総 務 部 税 務 課 及 び 県 民 局 税 務 部 なお 特 定 の

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information