目 次 1.はじめに 2. 昨 今 の 就 職 活 動 ( 就 活 ) 事 情 3. 保 護 者 のみなさまの 理 解 が 必 要 です 4.なぜ 就 活 塾 が 必 要 なのか(1) 5.なぜ 就 活 塾 が 必 要 なのか(2) 6. 就 活 塾 は こんな 就 活 生 におすすめです 7.ヒュ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 1.はじめに 2. 昨 今 の 就 職 活 動 ( 就 活 ) 事 情 3. 保 護 者 のみなさまの 理 解 が 必 要 です 4.なぜ 就 活 塾 が 必 要 なのか(1) 5.なぜ 就 活 塾 が 必 要 なのか(2) 6. 就 活 塾 は こんな 就 活 生 におすすめです 7.ヒュ"

Transcription

1 就 活 生 と 保 護 者 のみなさまへ 厳 しい 就 活 を 自 分 らしくやりきるために! ヒューマン 就 活 塾 のご 案 内 Ver.4 ヒューマン 就 活 塾

2 目 次 1.はじめに 2. 昨 今 の 就 職 活 動 ( 就 活 ) 事 情 3. 保 護 者 のみなさまの 理 解 が 必 要 です 4.なぜ 就 活 塾 が 必 要 なのか(1) 5.なぜ 就 活 塾 が 必 要 なのか(2) 6. 就 活 塾 は こんな 就 活 生 におすすめです 7.ヒューマン 就 活 塾 とは(1) 8.ヒューマン 就 活 塾 とは(2) 9.ヒューマン 就 活 塾 だから できること 10..カリキュラム 11. 無 料 説 明 会 無 料 セミナー 12.ヒューマン 就 活 塾 お 申 込 みと 受 講 費 用 のご 案 内 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 2

3 1.はじめに 就 活 生 と 保 護 者 のみなさまへ リーマンショック 以 降 新 卒 の 就 職 は 大 変 困 難 な 時 代 となりました 一 方 で 多 くの 業 界 では 人 材 不 足 や 少 子 高 齢 化 に 伴 う 社 会 構 造 的 にも 将 来 にわたる 労 働 力 不 足 が 叫 ばれています 求 人 倍 率 は1.09 倍 となりましたが 日 本 の 労 働 市 場 は 職 種 就 業 形 態 や 勤 務 地 など 求 人 内 容 と 求 職 者 の 希 望 のアン マッチという 根 本 的 な 問 題 を 抱 えており 正 職 の 求 人 倍 率 はいまだに 1 を 超 えることはありません 2016 卒 へ 向 けては 景 況 感 も 手 伝 って 新 卒 の 採 用 予 定 枠 の 増 加 など 明 るい 兆 しです また 若 者 の 就 労 支 援 や 女 性 の 社 会 進 出 など 政 策 的 な 支 援 やセーフティネットが 手 厚 く 行 われています 一 方 では 派 遣 法 の 改 正 も 見 込 まれるなど 流 動 的 な 雇 用 情 勢 を 是 とする 流 れはさらに 進 んでいくことで しょう また 2016 年 卒 生 から 倫 理 憲 章 賛 同 企 業 の 採 用 活 動 が 大 きく 変 わります 広 報 解 禁 日 が3 年 生 の 春 休 み3 月 から(これまでは3 年 生 の12 月 から) 採 用 活 動 の 解 禁 日 が4 年 生 の8 月 から(これまでは4 月 から)となります 企 業 も 初 めて 経 験 するスケジュールであり 就 活 の 長 期 化 と 集 中 化 の 両 方 の 事 態 が 起 こるのではないかと 言 われています このスケジュールの 変 更 は 他 にも 様 々な 影 響 を 就 活 にもた らすことになりますので 一 人 一 人 にあった 支 援 がますます 必 要 とされます 新 卒 における 就 活 はこうした 労 働 市 場 へのデビュー 活 動 であり 将 来 の 転 職 再 就 職 をも 見 据 えなが ら 踏 み 出 す 大 切 な 第 一 歩 でもあります もちろん 最 初 に 就 職 する 会 社 に 一 生 勤 めたいと 思 うのは 誰 し もが 同 じです その 意 欲 がない 限 り 企 業 には 熱 意 が 伝 わりません しかしながら 企 業 を 取 り 巻 く 現 状 は 依 然 として 厳 しく ひとつの 企 業 が 将 来 にわたる 就 業 の 保 証 をすることは 難 しいのが 実 態 です 就 活 に 立 ち 向 かう 就 活 生 に 向 けて 保 護 者 の 方 からは 社 会 の 先 輩 として 広 い 視 野 から 励 ましのアド バイスを 一 言 お 願 いしたいと 考 えています 3

4 2. 昨 今 の 就 職 活 動 ( 就 活 ) 事 情 保 護 者 のみなさまの 時 代 と 違 う 昨 今 の 就 活 事 情 保 護 者 のみなさまが 就 職 活 動 をされていたのは 約 30 年 程 前 かと 思 われます その 頃 と 現 在 とは 就 職 活 動 ( 就 活 =シューカツ)を 取 り 巻 く 環 境 はあまりに 違 います 就 活 開 始 時 期 は 早 まり 選 考 方 法 もエント リーシートやWeb 試 験 さらにはグループディスカッション グループワーク 等 複 雑 長 期 化 しています またブラック 企 業 という 用 語 に 代 表 されるような 企 業 選 びの 基 準 も 大 きく 様 変 わりしています 保 護 者 の 方 の30 年 前 の 就 職 活 動 は 通 用 しなくなっています まずはその 違 いを 理 解 した 上 で 就 活 生 と 保 護 者 の 方 がまずは 現 在 の 就 活 に 向 き 合 い 話 合 う 環 境 を 整 え 保 護 者 の 方 が 良 き 相 談 相 手 になっていた だくことが 大 切 なのではないでしょうか 保 護 者 のみなさまの 時 代 (30 ( 年 前 ) 現 在 大 学 進 学 率 26.1%( 男 子 39.3% 女 子 12.2%) %( 男 子 56.4% 女 子 45.2%) 2 経 済 成 長 率 4.2%(1974~1990 年 度 平 均 ) 0.9%(1991 年 ~2012 年 度 平 均 ) 就 活 開 始 時 期 会 社 訪 問 解 禁 は4 年 生 の10 月 1 日 ( 実 際 は4 年 生 の7 月 頃 から) 3 年 生 の12 月 1 日 (インターンシップ 参 加 は8 月 から) 内 定 時 期 4 年 生 の11 月 以 降 ( 早 い 人 は8 月 ) 4 年 生 の4 月 中 旬 以 降 ( 一 部 業 界 では3 年 生 の12 月 ) 選 考 方 法 一 人 当 たりの 応 募 数 等 資 料 請 求 履 歴 書 面 接 2~3 回 一 部 筆 記 試 験 ( 一 般 常 識 時 事 問 題 ) エントリーシート=ES( 志 望 動 機 自 己 PR 学 業 以 外 で 力 を 注 いだこと=ガクチカ 将 来 の 展 望 等 ) 筆 記 Web 試 験 (SPI 適 性 試 験 ) 面 接 5~6 回 ( 個 人 集 団 グループディスカッション グループワーク プレゼン 面 接 ) 10 社 程 度 エントリー:94.4 社 エントリーシート 提 出 25 社 筆 記 試 験 17.4 社 面 接 12.9 社 年 文 部 科 学 省 調 査 年 文 部 科 学 省 調 査 年 ディスコ 調 べ 4

5 3. 保 護 者 のみなさまの 理 解 が 必 要 です 大 学 への 進 学 が 全 入 時 代 に 入 り 4 年 制 大 学 だけでも 毎 年 約 55 万 人 の 卒 業 者 がいます 一 方 企 業 への 新 卒 での 就 業 者 数 は38 万 人 前 後 というのはここ 数 年 変 わりありません この 就 業 者 数 は 言 い 換 えれば 企 業 等 からの 求 人 数 からでた 採 用 実 績 でもあります 景 況 感 は 比 較 的 よくなり 新 卒 の 求 人 が 回 復 傾 向 にあるとはいえ 38 万 人 の 求 人 が55 万 人 まで 増 えるこ とはこの 先 もあり 得 ません 求 人 増 は 就 活 生 には 確 かに 朗 報 ですが 様 々な 経 済 状 況 を 経 験 してきた 企 業 は 厳 選 採 用 を 継 続 しており 報 道 で 言 われるような 売 り 手 市 場 の 状 況 は 当 てはまりません また スマホが 広 まる 中 就 活 の 中 心 がWEBに 移 りました 簡 単 に 情 報 が 手 に 入 るようになり 就 活 生 に は 一 日 に 何 百 という 就 活 の 情 報 の 波 が 押 し 寄 せ きちんとしたリテラシーをもって 情 報 の 取 捨 選 択 や 対 応 が 迫 られる 状 況 に 置 かれています 一 方 で 合 同 企 業 説 明 会 ( 合 説 )や 個 別 企 業 説 明 会 などリアルな 就 活 も 必 要 ですし 適 性 検 査 対 策 面 接 や 選 考 会 も 様 々な 方 法 で 行 われるようになりました 最 終 的 には 面 接 を 中 心 とした 企 業 との 接 触 が 採 用 判 断 の 決 め 手 となりますので 様 々な 準 備 や 対 応 が 就 活 に 求 められています 保 護 者 のみなさまは 就 活 におけるご 子 息 の 人 間 的 な 成 長 をあたたかく 見 守 り 健 康 面 や 体 調 管 理 金 銭 面 時 にはストレスの 解 消 などにおいて ご 理 解 とご 支 援 いただくことが 重 要 です 5

6 4.なぜ 就 活 塾 が 必 要 なのか(1) 大 学 や 専 門 学 校 でのキャリア 支 援 は 入 学 時 から 組 まれている 場 合 が 多 く 学 校 によって 程 度 は 異 なりま すが 就 活 が 本 格 化 する 時 期 まで 行 われています 単 位 化 されている 学 校 やカリキュラム 応 募 書 類 の 書 き 方 講 座 など 基 本 的 な 支 援 公 務 員 対 策 講 座 などの 一 部 のカリキュラムは 人 気 があり 参 加 率 も 高 いようですが 一 人 一 人 の 就 活 の 面 倒 を 十 分 見 てくれるような 大 学 は ごく 稀 です 2016 卒 生 の 方 は 就 活 が 本 格 化 する 時 期 として 広 報 解 禁 となる3 年 生 の 春 休 みからとなりますが それまでの 準 備 は 大 変 重 要 です またすぐに4 年 生 となり 授 業 ゼミ サークルや 部 活 動 アルバイトと 様 々なスケジュールをこなさな ければならず その 管 理 だけでも 大 変 です さらに これまで 先 輩 たちが 経 験 したことのないスケジュールで 就 活 を 行 わなければならず 前 例 のない 就 活 となるため 心 身 ともに 相 当 な 負 担 がかかると 予 想 されます また 突 き 詰 める と 就 活 は 個 人 の 活 動 であり 孤 立 しがちな 面 が 多 くあります 就 活 中 は 迷 いと 不 安 でいっぱいです 十 分 な 事 前 準 備 と 相 談 などで 就 活 の 負 担 を 少 しでも 軽 くし しっかりと 就 活 が 行 えるような 継 続 的 なサポートが 必 要 です 就 活 の 先 輩 たちの8 割 は 外 部 からの 何 らかの 支 援 を 受 けながら 就 活 を 行 っていると 言 われています 大 学 や 高 校 受 験 の 時 の 学 習 塾 と 同 じように 学 校 以 外 のサポート 先 として 就 活 塾 が 必 要 とされています 新 卒 時 の 企 業 選 びを 誤 り 定 職 につくことができなかった 場 合 は 優 良 な 企 業 への 就 職 ができた 場 合 との 生 涯 の 賃 金 差 が1 億 円 以 上 にもなると 言 われています この 時 期 の 就 活 への 投 資 が 将 来 の 大 きな 格 差 を 生 み 出 すと 言 って も 過 言 ではありません できる 限 り 希 望 に 沿 った 自 分 に 合 った 企 業 に 出 会 えるような 支 援 はとても 重 要 です 6

7 5.なぜ 就 活 塾 が 必 要 なのか(2) コミュニケーション 力 を 養 う 書 く 聞 く 話 す というコミュニケーション 能 力 すべてが 就 活 では 問 われます ある 調 査 では 担 当 者 が 最 も 重 視 する 採 用 基 準 の 要 素 は コミュニケーション 力 が 長 年 にわたりTOPです ビジネスでは 多 様 な 人 とのコミュニケーションが 求 められます 就 活 生 は 学 校 や 家 庭 といった 限 られた 環 境 の 中 SNSなど 間 接 的 一 方 的 なコミュニケーション 手 段 が 当 たり 前 の 時 代 となっています 自 分 と 相 手 を 尊 重 し 直 接 に 理 解 し 合 うという 本 来 のコミュニケーション 力 が 就 活 では 試 されます 業 界 企 業 職 種 選 び 大 企 業 や 有 名 企 業 など 日 頃 コマーシャルで 見 聞 きするところばかりに 応 募 する 傾 向 は 昔 から 変 わりませ ん しかし 誰 しもが 大 企 業 に 就 職 できるわけではありません WEBでの 応 募 が 当 たり 前 になってから あ ふれるばかりの 企 業 情 報 が 就 活 生 の 前 には 提 示 されます 過 去 の 棚 卸 はもちろん 自 分 のやりたい 仕 事 や 将 来 を 整 理 することで 応 募 先 の 視 野 を 広 げ 中 小 企 業 にも 目 を 向 けながら 応 募 先 をある 程 度 厳 選 し 自 分 に 合 った 職 種 業 界 や 企 業 選 びの 精 度 を 上 げる 必 要 があります 応 募 適 性 試 験 面 接 対 策 受 験 対 策 のための 学 習 塾 のように 就 活 にも 対 策 が 必 要 です 採 用 選 考 のそれぞれの 段 階 をきちんと 踏 まえた 事 前 の 対 策 やアドバイスを 就 活 生 は 必 要 としています 7

8 6.ヒューマン 就 活 塾 はこんな 就 活 生 におすすめです 就 活 を 自 分 らしくきちんと 行 いたい 計 画 と 目 標 を 立 てて 自 分 らしく 就 活 を 進 めるための 方 法 が 知 りたい 応 募 書 類 を 整 えたい 文 章 できちんと 自 分 のことが 企 業 に 伝 わるような 応 募 書 類 を 整 えたい 自 己 適 性 を 知 りたい 自 分 の 良 いところや 適 性 を 見 つけてアピールしたいが 自 己 分 析 を 深 堀 するなどで 自 分 の 適 性 が 知 りたい 応 募 企 業 を 選 びたい 大 手 企 業 ばかりに 興 味 関 心 が 向 き いわゆるブラック 企 業 には 応 募 したくないが 中 小 企 業 や 他 の 法 人 形 態 も 含 め 自 分 に 合 った 企 業 に 応 募 したいので 探 し 方 や 選 び 方 を 知 りたい 面 接 の 練 習 がしたい 緊 張 しないよう 面 接 に 慣 れたい 面 接 への 不 安 を 少 しでもなくし しっかりと 面 接 官 とコミュニケーション をとれるよう 自 分 の 良 さを 伝 えるための 準 備 がしたい 8

9 7.ヒューマン 就 活 塾 とは(1) JASDAQ 上 場 企 業 ヒューマンホールディングスのグループ 企 業 ヒューマンタッチが 運 営 する 就 活 塾 なので 安 心 して 受 講 していただけます 9

10 8.ヒューマン 就 活 塾 とは(2) ヒューマンタッチが 就 活 を 支 援 する 理 由 就 活 生 の 誰 しもが 大 企 業 や 消 費 者 として 馴 染 みのある 企 業 への 就 業 を 志 望 するのは 当 たり 前 ですし 誰 にでもチャンスがあるのが 新 卒 の 就 職 活 動 です しかしながら 日 本 における 上 場 企 業 は 約 3,400 社 し かありません 一 方 で 日 本 の 総 企 業 数 は 約 4,100,000 社 もあります 有 名 企 業 に 就 職 できる 学 生 は ごく わずかでしかないのが 現 実 です 逆 に 言 えばこれだけ 多 くの 企 業 の 中 から 自 分 に 合 う 企 業 に 出 会 い 就 職 活 躍 して 社 会 貢 献 できると 考 えると 就 職 活 動 の 可 能 性 は 大 きく 広 がってきます 私 たちヒューマンタッチは 人 材 紹 介 会 社 です 日 々 多 くの 企 業 の 採 用 担 当 者 と 求 職 者 のマッチングを 行 っ ており 誰 よりも 企 業 のことを 広 く 深 く 知 り 誰 よりも 求 職 者 のことを 理 解 しています これが ヒューマンタッ チが 就 活 を 支 援 する 一 番 の 理 由 であり 強 みなのです 保 護 者 のみなさまには 企 業 名 を 優 先 するよりも 広 い 視 野 を 持 って 業 界 や 企 業 選 択 ができるよう こん な 仕 事 も 向 いているんじゃない? という 一 言 のアドバイスをお 願 いしたいと 考 えています 教 育 事 業 を 原 点 としたサービス 提 供 就 職 活 動 は 自 己 成 長 考 える 力 や 社 会 人 としての 基 礎 力 を 身 につけ 社 会 人 として 世 の 中 に 貢 献 す るための ライフステージの 大 きな 節 目 でもあります 私 たちヒューマンタッチの 原 点 はグループ 会 社 であ るヒューマンアカデミーの 教 育 事 業 です ヒューマン 就 活 塾 は スキルやテクニックの 取 得 はもちろん 何 よりも 学 生 のコミュニケーション 力 や 人 間 力 を 伸 ばすことを 主 眼 に 置 いています それは 就 職 活 動 を 支 援 し 就 業 の 実 現 を 目 指 すと 共 に 就 業 後 の 社 会 人 としての 生 活 の 不 安 やストレスに 備 える 術 を 学 んでもらい たいと 考 えているからです 10

11 9.ヒューマン 就 活 塾 だから できること 1ヒューマングループの 実 績 と 安 心 ヒューマングループは1985 年 の 創 設 以 来 教 育 を バックボーンとして 多 角 的 に 人 材 事 業 を 展 開 しています ヒューマンタッチは 社 会 に 新 しい 価 値 をもたらす 就 職 支 援 会 社 として 官 公 庁 行 政 機 関 地 方 自 治 体 と 協 力 し これまでに2,000 人 以 上 の 若 者 の 就 職 を 支 援 しています 2 就 活 をサポートするカリキュラム オリジナリティの 高 い 魅 力 的 なカリキュラムで 就 活 をサポートします ヒューマングループのバックボーンである 教 育 をベースに 社 会 人 としての 基 礎 力 やヒューマンスキルの 向 上 を 目 標 とする 講 座 を 取 り 入 れた オリジナリティの 高 い 魅 力 的 なカリキュラム 構 成 です 3 徹 底 した 個 別 指 導 時 間 もペースも 選 べる 個 別 指 導 型 のカリキュラム 一 人 一 人 の 方 の 状 況 に 合 わせた 内 容 でしっかりとサポートいたします 4 人 材 会 社 のノウハウから 学 ぶ 人 材 会 社 のマッチングノウハウから 学 ぶことができます ヒューマンタッチは 人 材 紹 介 や 派 遣 などの 人 材 サービス 会 社 です 社 員 は 様 々な 業 界 の 取 引 先 企 業 の 採 用 担 当 者 と 日 ごろから 接 し 求 職 者 との 採 用 のマッチングをおこなっています 人 材 のプロとして その 最 前 線 でしか 知 りえない 貴 重 な 業 界 情 報 や 最 新 の 採 用 情 報 等 を 講 師 として 提 供 していきます 5 受 講 に 便 利 な 時 間 と 場 所 講 座 会 場 はビジネスや 就 活 の 一 大 拠 点 である 新 宿 です 講 義 や 試 験 就 活 の 忙 しい 時 期 でも 無 理 なく 通 いやすい 会 場 で 事 前 予 約 制 で お 好 きな 時 間 帯 に 受 講 や 個 別 支 援 が 受 けられます 11

12 卒 向 けカリキュラム 12

13 11. 無 料 説 明 会 無 料 体 験 セミナー 無 料 説 明 会 受 講 を 検 討 するにあたり まずは 一 度 詳 しい 話 を 無 料 説 明 会 で 聞 いてみませんか 無 料 説 明 会 は 随 時 個 別 で 開 催 しています 親 子 一 緒 でも 就 活 生 のみご 参 加 でも 構 いません ぜひ お 気 軽 にご 予 約 ください ヒューマン 就 活 塾 担 当 山 部 無 料 体 験 セミナーも 開 催 中 です 無 料 体 験 セミナー 適 性 検 査 を 就 活 に 活 かそう! 内 容 :CUBIC 適 性 検 査 の 無 料 実 施 と 診 断 結 果 のフィードバックセミナーの2 回 の 無 料 体 験 セミナーです 1 1 日 目 CUBIC 適 性 検 査 を 受 検 (40 分 ) 2 2 日 目 適 性 検 査 の 診 断 結 果 のフィードバックをもとに 応 募 や 面 接 に 役 立 つヒント 満 載 の 簡 単 なセミナーを 行 います (50 分 ) (2 回 目 の 実 施 日 時 は1 回 目 実 施 の 際 にご 案 内 の 上 ご 相 談 となります ) 会 場 :ヒューマンタッチ 株 式 会 社 西 新 宿 会 場 採 用 選 考 で 使 用 される 適 性 検 査 の 診 断 結 果 はあまりフィードバック されることがありません この 無 料 セミナーでは 診 断 結 果 のフィードバックを 行 います さらに 企 業 側 ではなく 就 活 生 としてその 診 断 結 果 を 就 活 に 役 立 てていくための 方 法 をご 紹 介 します 無 料 セミナー 就 活 見 直 しナビ も 実 施 中 です 13

14 12.ヒューマン 就 活 塾 お 申 込 みと 受 講 費 用 のご 案 内 受 講 費 用 :2016 卒 向 けコース 各 80,000 円 ( 税 抜 入 学 金 無 料 ) お 申 込 み 方 法 受 講 申 込 書 にご 記 入 の 上 お 申 し 込 みください 記 入 見 本 をご 覧 いただき 必 要 な 欄 をご 記 入 ください お 支 払 いは 銀 行 振 り 込 みとなります 銀 行 口 座 のご 案 内 をご 覧 ください ヒューマン 就 活 塾 についての お 問 い 合 わせは ヒューマン 就 活 塾 担 当 山 部 14

企 業 の 採 用 予 定 数 採 用 予 定 数 は 増 やす と 回 答 した 企 業 が 減 らす と 回 答 した 企 業 を3 年 連 続 上 回 り 採 用 は 増 加 傾 向 にある 特 に 非 上 場 非 製 造 において 採 用 数 を 増 やす と 回 答 する 割 合 が 大

企 業 の 採 用 予 定 数 採 用 予 定 数 は 増 やす と 回 答 した 企 業 が 減 らす と 回 答 した 企 業 を3 年 連 続 上 回 り 採 用 は 増 加 傾 向 にある 特 に 非 上 場 非 製 造 において 採 用 数 を 増 やす と 回 答 する 割 合 が 大 企 業 の 採 用 動 向 1. 企 業 の 採 用 予 定 数 P62 20 マイナビ 企 業 新 卒 採 用 予 定 調 査 より 採 用 予 定 数 増 減 を 学 生 属 性 別 大 学 院 ( 文 理 ) 大 学 ( 文 理 ) 短 期 大 学 専 門 学 校 高 等 学 校 毎 に 集 計 大 学 院 大 学 については 上 場 非 上 場 製 造 非 製 造 区 分 でも 集 計 また

More information

大学通信VOL197号

大学通信VOL197号 2 AICHI UNIVERSITY 3 4 AICHI UNIVERSITY 5 6 AICHI UNIVERSITY 7 8 AICHI UNIVERSITY 9 キャリア 支 援 課 案 内 ~ 望 ましい 未 来 を 獲 得 するために~ 2012 年 度 卒 業 生 の 就 職 状 況 文 部 科 学 省 によると 2013 年 3 月 卒 業 生 の 就 職 決 定 率 は93.9%と

More information

<4D F736F F F696E74202D A F418A88835A837E B5F8E9197BF88EA959494B E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D A F418A88835A837E B5F8E9197BF88EA959494B E B8CDD8AB B83685D> 法 科 大 院 修 了 生 向 け 就 活 セミナー ジュリナビ 運 営 事 務 局 2012 年 Copyright c 2012 Juristix Co.,Ltd. All Rights Reserved. はじめに 法 科 大 学 院 生 の 就 職 支 援 サイト ジュリナビ は 2008 年 文 部 科 学 省 からの 助 成 を 受 け 立 上 げた 機 関 です 全 国 70 校 の

More information

26-社会人-とおし.indd

26-社会人-とおし.indd 平 成 26 年 度 社 会 人 入 試 学 生 募 集 要 項 夜 間 主 コース 横 浜 国 立 大 学 経 営 学 部 添 付 用 紙 ( 綴 込 み) この 要 項 には 次 の 本 学 所 定 の 用 紙 が 綴 込 みで 添 付 されています 1 入 学 願 書 受 験 票 写 真 票 2 在 職 証 明 書 3 志 望 理 由 書 4 入 学 確 約 書 5 入 学 検 定 料 の 払

More information

Ⅰ 就 職 進 学 支 援 体 制 学 生 に 対 する 就 職 進 学 支 援 は キャリアセンター が 方 策 等 の 企 画 立 案 を 行 い 実 務 を 就 職 支 援 室 が 担 当 しています また 学 生 への 直 接 的 な 指 導 は 各 学 科 コースの 担 当 教 員 が 行 っています 就 職 支 援 室 では 学 内 専 任 カウンセラーによる 相 談 ハローワ ークによる

More information

次 に 企 業 から 課 された 課 題 や 研 修 の 内 容 について 尋 ねた 最 も 多 いのは 通 信 教 育 (e-learning 含 む) 55.1%で 1 位 となった 遠 方 の 学 生 からは 卒 論 で 忙 しい 時 期 に 本 社 へ 出 向 くのは 負 担 だっ た とい

次 に 企 業 から 課 された 課 題 や 研 修 の 内 容 について 尋 ねた 最 も 多 いのは 通 信 教 育 (e-learning 含 む) 55.1%で 1 位 となった 遠 方 の 学 生 からは 卒 論 で 忙 しい 時 期 に 本 社 へ 出 向 くのは 負 担 だっ た とい 2015 年 度 調 査 データで 見 る 内 定 者 フォロー キャリアリサーチ 2014 年 9 月 発 行 景 気 回 復 で 企 業 の 採 用 意 欲 は 拡 大 し モニター 学 生 の 内 定 率 は 79.3%(7 月 1 日 現 在 )と 前 年 同 期 より 3.3 ポイント 上 昇 した 倫 理 憲 章 で 定 められた 正 式 内 定 日 である 10 月 1 日 を 控 え

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20363095AA97708A7790B682CC8F418A8882F090AC8CF782B782E982C982CD2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20363095AA97708A7790B682CC8F418A8882F090AC8CF782B782E982C982CD2E707074> 理 工 系 学 生 の 就 活 を 成 功 するには 就 職 準 備 セミナー NPO 日 本 アクティブキャリア 開 発 田 中 良 一 1 キャリア 講 座 - 就 活 を 成 功 させるには- 1)キャリア 形 成 支 援 ( 自 己 理 解 ) 2) 仕 事 選 び 3) 会 社 探 しのアドバイス 4) 企 業 の 母 集 団 形 成 5) 応 募 から 面 接 内 々 定 を 取 るためには

More information

(記載例2)仕事太郎(評価シート入)

(記載例2)仕事太郎(評価シート入) 記 載 例 (2 回 目 ) ジョブ カード 様 式 1 履 歴 シート 1 E-mail アドレス 昭 和 平 成 57 年 10 月 15 日 生 ( 27 歳 ) 男 女 現 住 所 職 務 経 歴 とうきょうとちよだくかすみがせき 100-8916 - 同 上 ( 電 話 ) 印 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 1-2-2 ( 電 話 ) しごと たろう 氏 名 仕 事 太 郎 連

More information

(Microsoft Word - \217A\220E\212\210\223\256\203A\203h\203o\203C\203X)

(Microsoft Word - \217A\220E\212\210\223\256\203A\203h\203o\203C\203X) ここで 紹 介 する 就 職 活 動 アドバイスは 一 般 的 な 就 職 活 動 に 加 えて 行 うと 良 いものを 掲 載 してお ております 基 本 的 な 就 職 活 動 の 準 備 が 出 来 ていなければ 効 果 は 出 ません 一 般 的 な 就 職 活 動 は 行 っているけど 内 定 がもらえ らえない 良 い 結 果 が 出 ない 方 へ 是 非 参 考 にしてもらい らいたい

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5> 平 成 25 度 第 1 回 移 動 教 育 委 員 会 懇 談 会 発 言 要 旨 開 催 日 平 成 25 年 5 月 22 日 ( 水 ) 会 場 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 教 職 員 との 懇 談 会 14:40~15:30 参 加 者 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 班 長 主 幹 主 査 担 当 職 員 静 岡 県 教 育 委 員 会 教 育 委 員 会 教 育 委 員 長

More information

大 分 県 の 公 務 員 薬 剤 師 の 業 務 紹 介 2 生 活 環 境 部 環 境 保 全 課 山 瀬 敬 治 薬 剤 師 の 職 能 を 出 身 県 の 大 分 でフル 活 用 して 働 きたい!! そのような 気 持 ちで 学 生 時 代 から 大 分 県 職 員 を 志 望 しました

大 分 県 の 公 務 員 薬 剤 師 の 業 務 紹 介 2 生 活 環 境 部 環 境 保 全 課 山 瀬 敬 治 薬 剤 師 の 職 能 を 出 身 県 の 大 分 でフル 活 用 して 働 きたい!! そのような 気 持 ちで 学 生 時 代 から 大 分 県 職 員 を 志 望 しました 大 分 県 の 公 務 員 薬 剤 師 の 業 務 紹 介 ➀ 生 活 環 境 部 食 品 安 全 衛 生 課 白 石 伸 一 私 は 県 に 入 る 前 は 薬 局 で 働 いていました 大 分 県 が 薬 剤 師 を 募 集 していることを 知 人 から 紹 介 され 行 政 薬 剤 師 という 道 もあることを 知 ったのがきっかけでした 大 分 県 の 食 の 安 全 と 安 心 を 守 っています

More information

32 (和泉)H27実績報告書(様式).xls

32 (和泉)H27実績報告書(様式).xls 平 成 27 年 度 績 報 告 書 申 請 者 概 要 申 請 者 担 当 者 団 体 名 代 表 者 職 氏 名 職 氏 名 会 頭 岸 脇 淳 介 所 在 地 594-1144 大 阪 府 和 泉 市 テクノステージ3 丁 目 1 番 10 号 連 絡 先 中 小 企 相 談 所 所 長 代 理 電 話 番 号 ( 直 通 ): Fax: E-mail: 増 谷 好 幸 0725-53-0320

More information

棚 卸 しした 内 容 を 分 析 して 自 己 アピールにつなげる 昨 今 の 求 人 では ピンポイント になっています これは 派 遣 会 社 ハローワーク 人 材 紹 介 会 社 が 口 をそろえていっています つまり 例 えば アパレルでフランスとのMDをやったことのある 人 で 尚 且

棚 卸 しした 内 容 を 分 析 して 自 己 アピールにつなげる 昨 今 の 求 人 では ピンポイント になっています これは 派 遣 会 社 ハローワーク 人 材 紹 介 会 社 が 口 をそろえていっています つまり 例 えば アパレルでフランスとのMDをやったことのある 人 で 尚 且 就 活 にあたってのポイントをまとめてみました 自 分 のやってきたことを 棚 卸 しする 棚 卸 しした 内 容 を 分 析 して 自 己 アピールにつなげる 履 歴 書 職 務 経 歴 書 を 書 いてみる 応 募 しようとする 業 種 職 種 会 社 を 研 究 する 志 望 動 機 を 書 く 面 接 の 準 備 をする その 他 といったところでしょうか では 自 分 のやってきたことを

More information

5. JSL 日 本 アカデミー 6. ステップワールド 日 本 語 学 院 7. 東 洋 言 語 文 化 学 院 8. サエル 学 院 9. 尚 学 院 国 際 ビジネスアカデミー 10. フジ 学 園 専 門 学 校 IT カレッジ 沖 縄 11. サイ テク カレッジ 那 覇 日 本 語 科

5. JSL 日 本 アカデミー 6. ステップワールド 日 本 語 学 院 7. 東 洋 言 語 文 化 学 院 8. サエル 学 院 9. 尚 学 院 国 際 ビジネスアカデミー 10. フジ 学 園 専 門 学 校 IT カレッジ 沖 縄 11. サイ テク カレッジ 那 覇 日 本 語 科 沖 縄 における 日 本 語 学 校 で 働 く 日 本 語 教 師 に 必 要 なもの What Japanese Teachers Working at Japanese Language Schools in Okinawa 堀 眞 人 HORI,Masato 国 際 言 語 文 化 センター 附 属 日 本 語 学 校 JAPANESE LANGUAGE INSTITUTE INTERNATIONAL

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

   自己回起  ~インナーチャイルドヒーリング~

   自己回起  ~インナーチャイルドヒーリング~ 話 せる 場 所 伝 わる 自 分 人 の 上 に 立 つ 孤 独 を 実 感 している 方 は 数 多 いと 思 います 家 族 問 題 企 業 の 内 部 問 題 恋 愛 問 題 などを 話 せるカウンセリング 徹 底 的 に 問 題 解 明 する 方 向 性 を 学 ぶ 事 の 出 来 るコー チングが 協 力 した 新 しい 組 織 がついに 完 成 しました 毎 年 3000 人 以 上

More information

スライド 1

スライド 1 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 平 成 27 年 7 月 ~12 月 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 概 要 実 施 期 間 : 平 成 27 年 7 月 から12 月 までの6か 月 間 実 施 主 体 : 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 経

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798F4390B395AA817A8C6F89638A77959482CC81758A7782D1817682C982C282A282C4816932303136944E9378816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798F4390B395AA817A8C6F89638A77959482CC81758A7782D1817682C982C282A282C4816932303136944E9378816A2E646F63> - 何 を どのように 学 ぶのか- 桃 山 学 院 大 学 経 営 学 部 2016 年 度 版 新 入 生 と 保 護 者 の 皆 さまへ 桃 山 学 院 大 学 経 営 学 部 では 社 会 に 役 立 つことを 喜 びとし みずから 考 え 積 極 的 に 行 動 するビジネスパーソンを 育 てる ことを 教 育 理 念 とし そのような 人 材 を 育 成 することを 目 指 しております

More information

ヒアリング事項について

ヒアリング事項について 資 料 3-1 介 護 労 働 者 の 確 保 定 着 等 に 関 する 研 究 会 における 質 問 項 目 日 本 介 護 福 祉 士 会 1 基 本 情 報 1 貴 団 体 の 概 要 設 立 年 月 日 平 成 12 年 6 月 26 日 ( 任 意 団 体 設 立 : 平 成 6 年 2 月 12 日 ) 定 款 に 定 める 目 的 本 会 は 介 護 福 祉 士 の 職 業 倫 理 及

More information

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 平 成 25-26 年 度 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 介 護 雇 用 プログラム 委 託 業 務 ( 平 成 25 年 度 募 集 分 )Q&A ( 別 紙 4) ( 平 成 25.12) 番 号 質 問 回 答 1 応 募 資 格 について 1-1 応 募 は 法 人 名 と 施 設 名 どちらで 行 えばいいですか 県 内 に 複 数 施 設 を 有 している 場 合

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63> 学 校 自 己 評 価 報 告 書 ( 平 成 24 年 度 ) 平 成 25 年 7 月 学 校 法 人 電 波 学 園 あいち 情 報 専 門 学 校 学 校 評 価 委 員 会 委 員 長 加 藤 仁 志 ( 校 長 ) 総 括 責 任 者 渡 邉 栄 二 ( 教 務 科 長 ) 目 次 ( 点 検 中 項 目 一 覧 ) 基 準 1 教 育 理 念 目 的 育 成 人 材 像 等 1-1 理

More information

職業能力開発講習のカリキュラム等説明

職業能力開発講習のカリキュラム等説明 力 発 ( ) のカリキュラム 等 説 明 1 力 発 ( )とは 1 求 者 支 援 訓 練 が 担 うべき 訓 練 2 力 発 のカリキュラム 3 カリキュラム 作 成 のポイント 4 カリキュラム 参 考 例 5 評 価 方 法 6 力 発 と 現 行 制 度 の 関 連 する 内 容 の 比 較 7 力 発 のメリット 2 力 発 ( )とは 1 求 者 支 援 訓 練 が 担 うべき 訓

More information

<313691B2834183938350815B836731353032288376838C8358838A838A815B83589770292E786C7378>

<313691B2834183938350815B836731353032288376838C8358838A838A815B83589770292E786C7378> 2016 年 卒 ブンナビ 学 生 アンケート(2015 年 2 月 [ 就 活 解 禁 直 前 ] 実 施 )の 調 査 結 果 を 発 表 就 職 解 禁 前 だが すでに 選 考 に 参 加 している 学 生 が3 割 株 式 会 社 文 化 放 送 キャリアパートナーズ( 本 社 : 東 京 都 港 区 社 長 : 竹 村 勝 彦 )は 2016 年 卒 業 予 定 の 学 生 を 対 象

More information

ブレーン 採 用 サービスの 特 長 世 の 中 に 採 用 代 行 専 門 の 業 者 はたくさん 存 在 しますが ブレーンの 採 用 は 一 味 ちがいます 人 事 コンサルティング( の 構 築 や 実 務 )のノウハウが 採 用 活 動 に 活 かされています 例 えば 企 業 の 経 営

ブレーン 採 用 サービスの 特 長 世 の 中 に 採 用 代 行 専 門 の 業 者 はたくさん 存 在 しますが ブレーンの 採 用 は 一 味 ちがいます 人 事 コンサルティング( の 構 築 や 実 務 )のノウハウが 採 用 活 動 に 活 かされています 例 えば 企 業 の 経 営 総 合 コンサルティング 経 営 者 様 採 用 サービスのご 案 内 株 式 会 社 ブレーン 150-0002 渋 谷 区 渋 谷 1-20-1 三 進 ビル4F TEL:03-3413-1974 FAX:03-3795-1698 E-mail:info@cb-tokyo.co.jp NPO/ 日 本 プロフェッショナル カウンセラー 協 会 認 定 プロのカウンセラー 集 団 就 職 のパイオニア

More information

<91E63489F18E9197BF332E786477>

<91E63489F18E9197BF332E786477> 第 4 回 大 隅 地 域 の 公 立 高 校 の 在 り 方 検 討 委 員 会 ( 資 料 ) 目 次 日 程 1 当 該 高 校 の 在 り 方 案 に 対 する 検 討 委 員 会 意 見 2 各 地 区 検 討 会 からの 当 該 高 校 の 在 り 方 ( 案 ) 鹿 屋 地 区 ( 鹿 屋 市 内 5 校 ) 3 肝 付 地 区 ( 高 山 高 校 ) 4 南 大 隅 錦 江 地 区

More information

2 昼 課 程 要 項 ( 理 容 科 美 容 科 ) 要 項 納 金 について 要 項 一 覧 区 分 特 待 生 推 薦 ( 特 待 自 動 採 用 ) 推 薦 ( 特 待 自 動 採 用 ) 自 己 推 薦 ( 特 待 自 動 採 用 ) 一 般 前 期 後 期 資 1 高 卒 以 上 の 方

2 昼 課 程 要 項 ( 理 容 科 美 容 科 ) 要 項 納 金 について 要 項 一 覧 区 分 特 待 生 推 薦 ( 特 待 自 動 採 用 ) 推 薦 ( 特 待 自 動 採 用 ) 自 己 推 薦 ( 特 待 自 動 採 用 ) 一 般 前 期 後 期 資 1 高 卒 以 上 の 方 募 集 要 項 平 成 29 度 生 用 CONTENTS 1 八 戸 理 容 美 容 専 門 校 教 育 方 針 定 員 カリキュラム 2 昼 課 程 要 項 ( 理 容 科 美 容 科 ) 要 項 納 金 について 3 夜 課 程 要 項 ( 社 会 人 コース 美 容 科 ) 要 項 納 金 について 4 特 待 生 制 度 各 種 優 遇 制 度 その 他 5 奨 金 及 び 教 育 ローン

More information

スライド 1

スライド 1 12 月 22 日 放 送 のリクナビチャンネル 教 育 業 界 のプロが 語 る! 就 活 お 役 立 ち 講 座 で 使 用 したスライド 資 料 です 自 己 紹 介 すずき 鈴 木 さやか 自 己 紹 介 すぎやま はるひと 杉 山 治 人 リクナビチャンネル 就 職 お 役 立 ち 講 座 チャット 今 就 職 活 動 をスタートするにあたってど んな 気 持 ちですか? 今 日 は 何

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

1.エントリー 社 数 は 1~19 社 が 31.3%でトップ 就 職 情 報 サイト 採 用 ホームページ 等 からのエントリー 社 数 を 聞 いたところ 1~19 社 が 31.3% とトップ 平 均 すると 1 人 あたり 39.1 社 となりました 0 社 から 最 も 多 い 180

1.エントリー 社 数 は 1~19 社 が 31.3%でトップ 就 職 情 報 サイト 採 用 ホームページ 等 からのエントリー 社 数 を 聞 いたところ 1~19 社 が 31.3% とトップ 平 均 すると 1 人 あたり 39.1 社 となりました 0 社 から 最 も 多 い 180 体 育 会 学 生 の 就 職 活 動 状 況 (2015 年 7 月 現 在 ) 2015 年 7 月 株 式 会 社 アスリートプランニング 弊 社 では 体 育 会 学 生 の 就 職 活 動 状 況 を 明 らかにするため アスリート 就 職 ナビ 2016 利 用 中 の 学 生 にアンケートを 行 いました < 調 査 概 要 > 調 査 対 象 : アスリート 就 職 ナビ 2016

More information

労働法ハンドブック-15.indd

労働法ハンドブック-15.indd 4 会 社 を 辞 めるとき 1 退 職 するとき 労 働 者 の 意 思 で 会 社 を 辞 めることを 退 職 会 社 から 辞 めさせられる ことを 解 雇 と 言 います 会 社 を 退 職 することは 労 働 者 の 自 由 ですが 事 前 に 話 もせず いき なり 会 社 に 行 かなくなるというようなことはルール 違 反 です 退 職 の 意 思 をあらかじめ 伝 え 仕 事 の 引

More information

経 営 戦 略 プ ラ ン

経 営 戦 略 プ ラ ン 経 営 戦 略 プ ラ ン ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 職 業 訓 練 法 人 青 森 情 報 処 理 開 発 財 団 目 次 第 1 はじめに... P 1 1 経 営 戦 略 プラン 策 定 の 趣 旨... P 1 2 計 画 期 間... P 1 第 2 経 営 理 念 等... P 2 1 法 人 の 設 立 目 的 とこれまでの 取

More information

事 例 4 1 受 講 生 の 就 職 支 援 ニーズの 把 握 受 講 生 の 人 物 像 ( 特 徴 や 特 性 ) 就 職 支 援 のニーズを 把 握 し 効 果 的 な 就 職 支 援 の 働 きかけを 実 施 す 入 校 時 に 受 講 生 のプロフィール 訓 練 就 職 に 対 する 希

事 例 4 1 受 講 生 の 就 職 支 援 ニーズの 把 握 受 講 生 の 人 物 像 ( 特 徴 や 特 性 ) 就 職 支 援 のニーズを 把 握 し 効 果 的 な 就 職 支 援 の 働 きかけを 実 施 す 入 校 時 に 受 講 生 のプロフィール 訓 練 就 職 に 対 する 希 ~ 就 職 率 アップを 目 指 して~ 就 職 支 援 取 組 事 例 集 平 成 27 年 3 月 本 事 例 集 には 様 々な 民 間 委 託 訓 練 機 関 において 実 際 に 取 り 組 まれ 成 果 の 上 がった 就 職 支 援 の 事 例 を 掲 載 しています 職 業 訓 練 サービスの 質 向 上 のため 就 職 支 援 カリキュラムを 作 成 する 際 等 の 一 助 としてご

More information

<4D F736F F D A7790B695E58F D C789C195E58F57816A2E646F63>

<4D F736F F D A7790B695E58F D C789C195E58F57816A2E646F63> ~ 学 びの 力 を 地 域 に 地 域 の 力 を 学 びに~ 平 成 28 年 度 対 馬 市 学 生 実 習 募 集 要 項 ( 追 加 募 集 : 夏 休 みこども 寺 子 屋 ) ( 随 時 募 集 : 古 民 家 の 再 生 ) 対 馬 市 では 地 域 おこしの 現 場 に 学 び 課 題 解 決 を 図 りたいとう 熱 意 あふれる 実 習 生 を 次 のとおり 募 集 します 6

More information

Microsoft PowerPoint - 総合型DB資料_県版基金説明用.pptx

Microsoft PowerPoint - 総合型DB資料_県版基金説明用.pptx 全 国 建 設 企 業 年 金 基 金 ( 仮 称 )について 平 成 29 年 春 の 設 立 に 向 けて 準 備 を 進 めています 平 成 26 年 10 月 全 国 建 設 厚 生 年 金 基 金 ( 注 ) 現 時 点 における 制 度 の 大 枠 であり 詳 細 については 今 後 検 討 を 行 います 1. 全 国 建 設 企 業 年 金 基 金 ( 仮 称 )について 全 国 建

More information

調 査 研 究 の 目 的 1 全 国 の 介 護 事 業 所 において 実 施 されている 職 員 の 採 用 定 着 管 理 に 関 する 現 状 と 課 題 の 把 握 2 各 事 業 所 において 行 われている 先 進 的 特 徴 的 な 取 組 事 例 の 収 集 調 査 の 概 要 ヒ

調 査 研 究 の 目 的 1 全 国 の 介 護 事 業 所 において 実 施 されている 職 員 の 採 用 定 着 管 理 に 関 する 現 状 と 課 題 の 把 握 2 各 事 業 所 において 行 われている 先 進 的 特 徴 的 な 取 組 事 例 の 収 集 調 査 の 概 要 ヒ 資 料 提 供 平 成 26 年 9 月 29 日 ( 公 財 ) 介 護 労 働 安 定 センター 業 務 部 雇 用 管 理 課 あまがい 雨 谷 横 田 佐 藤 TEL:03-5901-3041( 代 表 ) 050-3535-9460 9463 9426( 直 通 ) 平 成 25 年 度 介 護 労 働 実 態 調 査 結 果 ( 特 別 調 査 )について ~ 新 たな 知 見 人 材

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

平成18年度学校経営計画(案)

平成18年度学校経営計画(案) 平 成 27 年 度 東 京 都 立 松 が 谷 高 等 学 校 学 校 経 営 報 告 28 松 が 谷 高 第 1352 号 平 成 28 年 3 月 31 日 校 長 平 野 篤 士 1 今 年 度 の 取 組 目 標 と 自 己 評 価 (1) 学 力 を 充 実 させ 生 徒 一 人 ひとりの 希 望 進 路 の 実 現 を 図 れる 学 校 学 校 経 営 計 画 に 基 づき 以 下

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

Taro-H26第1回学校評価運営協議

Taro-H26第1回学校評価運営協議 日 時 : 平 成 26 年 6 月 17 日 ( 火 ) 場 所 : 本 校 大 会 議 室 参 長 校 長 加 委 学 校 評 議 員 2 名 者 員 学 校 関 係 者 評 価 5 名 保 護 者 代 表 2 名 ( 学 校 関 係 者 評 価 1 名 を 含 む) 生 徒 代 表 前 期 生 徒 会 執 行 部 員 4 名 学 校 代 表 3 名 幹 事 副 校 長 教 頭 1 校 長 挨

More information

<82728271827281406E65777320814032312E318C8E8D86>

<82728271827281406E65777320814032312E318C8E8D86> SRS News Sharoushi Samejima News さめじま 社 会 保 険 労 務 士 事 務 所 1 月 号 ( 第 10 号 ) 発 行 日 : 平 成 20 年 12 月 20 日 裁 判 員 制 度 による 休 みは 有 給? 無 給? 企 業 としての 対 応 が 迫 られている 2009 年 5 月 から 始 まる 裁 判 員 制 度 一 般 市 民 が 司 法 に 参

More information

目 次 城 西 大 学 の 教 育 方 針 2 城 西 短 期 大 学 の 教 育 方 針 3 募 集 学 部 学 科 及 び 人 員 4 公 募 制 推 薦 入 学 試 験 経 済 学 部 経 営 学 部 理 学 部 5 一 般 入 学 試 験 A 日 程 経 済 学 部 現 代 政 策 学 部 経 営 学 部 理 学 部 薬 学 部 城 西 短 期 大 学 8 B 日 程 経 済 学 部 現 代

More information

別 紙 A インターンシップ 事 前 計 画 書 項 目 期 日 指 導 内 容 備 考 担 当 者 履 歴 書 日 下 書 き 正 書 自 己 分 析 シート 日 下 書 き 正 書 アルバイトとインタ ーンシップの 違 い 日 アルバイトとは 何 か インターンシップの 意 義 と 内 容 科

別 紙 A インターンシップ 事 前 計 画 書 項 目 期 日 指 導 内 容 備 考 担 当 者 履 歴 書 日 下 書 き 正 書 自 己 分 析 シート 日 下 書 き 正 書 アルバイトとインタ ーンシップの 違 い 日 アルバイトとは 何 か インターンシップの 意 義 と 内 容 科 4キャリア 教 育 実 践 的 職 業 教 育 キャリア 教 育 就 職 支 援 等 への 取 組 状 況 特 別 講 義 としてキャリア 講 座 を 開 講 し 自 己 分 析 履 歴 書 エントリーシートの 書 き 方 から 面 接 指 導 まで 行 う さらにマナー 講 座 会 社 説 明 会 会 社 訪 問 等 のマナー 作 文 一 般 常 識 試 験 S PI 等 の 対 策 内 定 後

More information

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の 税 制 改 正 法 案 が 成 立 スタートした 教 育 資 金 贈 与 税 非 課 税 制 度 その 目 的 と 運 用 方 法 平 成 25 年 度 税 制 改 正 の 目 玉 政 策 の 一 つである 教 育 資 金 贈 与 の 非 課 税 制 度 が4 月 にスタートした 信 託 銀 行 などが 本 制 度 対 応 の 商 品 を 発 売 し 始 め 孫 の 教 育 費 を 援 助 したい

More information

参 考 資 料 多 様 就 業 型 ワークシェアリング 短 時 間 正 社 員 制 度 導 入 マニュアル 厚 生 労 働 省 あなたの 会 社 では こんなことでお 困 りではないですか 家 庭 の 事 情 などにより 優 秀 な 従 業 員 が 辞 めてしまい 定 着 しない 労 働 時 間 が

参 考 資 料 多 様 就 業 型 ワークシェアリング 短 時 間 正 社 員 制 度 導 入 マニュアル 厚 生 労 働 省 あなたの 会 社 では こんなことでお 困 りではないですか 家 庭 の 事 情 などにより 優 秀 な 従 業 員 が 辞 めてしまい 定 着 しない 労 働 時 間 が 飯 島 賢 二 の 恐 縮 ですが 一 言 コラム 第 317 回 ワークシェアリングの 可 能 性 短 時 間 正 社 員 制 度 2009.6.21 昨 今 の 経 済 状 況 と 就 業 意 識 の 多 様 化 を 背 景 に 従 来 の 正 社 員 パート アルバイトという 終 業 型 以 外 に 色 々な 就 業 パターンが 登 場 している まず 小 生 なりに 従 来 の 就 業 パターンの

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 採 用 案 内 事 務 / 電 気 / 土 木 ( 平 成 26 年 4 月 採 用 ) 公 社 の 使 命 首 都 東 京 の 都 市 再 生 と 都 市 機 能 の 維 持 増 進 都 民 生 活 の 向 上 に 貢 献 する 道 路 行 政 推 進 への 貢 献 総 合 駐 車 対 策 の 推 進 収 益 の 都 民 社 会 への 還 元 公 社 の 事 業 の 仕 組 み 全 事 業 を 通

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒 平 成 27 年 8 月 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 書 酒 類 業 中 央 団 体 連 絡 協 議 会 幹 事 日 本 洋 酒 酒 造 組 合 日 本 酒 造 組 合 中 央 会 日 本 蒸 留 酒 酒 造 組 合 ビ ー ル 酒 造 組 合 全 国 卸 売 酒 販 組 合 中 央 会 全 国 小 売 酒 販 組 合 中 央 会 日 本 ワ イ ナ リ ー 協

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

program_0410.docx

program_0410.docx 太 田 総 合 病 院 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 特 徴 3. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 目 標 4. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 方 法 5. 専 門 研 修 の 評 価 について 6. 研 修

More information

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成 財 務 基 盤 の 強 化 Ⅳ 経 営 基 盤 の 強 化 13 長 期 的 安 定 経 営 の 実 現 に 向 けた 財 務 基 盤 の 強 化 賃 貸 事 業 の 収 益 性 確 保 財 務 管 理 の 強 化 及 び 借 入 金 残 高 の 圧 縮 により 経 営 環 境 の 変 化 にも 耐 えうる 強 固 な 財 務 基 盤 を 構 築 する 金 融 市 場 動 向 等 の 把 握 やIR(

More information

1 報 道 関 係 各 2014 年 7 月 17 日 日 本 能 率 協 会 グループ 広 報 委 員 会 第 3 回 ビジネスパーソン 1000 人 調 査 働 き 方 に 関 する 意 識 女 性 が 描 く 活 躍 イメージは 子 育 てしながら 管 理 職 専 門 職 で 働 く 役 員 像 はまだ 遠 く しかも 男 性 は 4 人 に 1 人 が 女 性 の 活 躍 イメージ 持 てず 意

More information

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト 活用マニュアル

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト  活用マニュアル 札 幌 市 ワーク ライフ バランス 取 組 評 価 ウェブサイト 活 用 マニュアル 札 幌 市 子 ども 未 来 局 子 ども 企 画 課 1. 各 回 答 を 選 択 する 際 の 手 引 き P1~9 2. 得 点 の 集 計 方 法 P10 3. 用 語 説 明 P11~12 4つの 選 択 肢 から 職 場 の 状 況 に 最 も 適 した 選 択 肢 をお 選 びいただきますが 回 答

More information

7 8 9 10 従 業 員 は 家 族 だけなので 特 別 徴 収 しなくていいで 従 業 員 数 の 少 ない 事 業 所 で も 特 別 徴 収 しなければなりま せんか? 毎 月 納 めるのが 面 倒 なのですが 納 期 の 特 例 を 利 用 すれ ば 住 民 税 の 毎 月 の 給 与

7 8 9 10 従 業 員 は 家 族 だけなので 特 別 徴 収 しなくていいで 従 業 員 数 の 少 ない 事 業 所 で も 特 別 徴 収 しなければなりま せんか? 毎 月 納 めるのが 面 倒 なのですが 納 期 の 特 例 を 利 用 すれ ば 住 民 税 の 毎 月 の 給 与 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 に 関 するQ&A 問 質 問 回 答 1 2 3 4 5 特 別 徴 収 とはどのよう な 制 度 で 特 別 徴 収 以 外 にどのよ うな 徴 収 方 法 があるのです か? アルバイト パートの 従 業 員 を 特 別 徴 収 しなければなら ない 理 由 は 何 で アルバイト パートの 従 業 員 は 特 別 徴 収 が 困 難 なのです が? (

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

学部生とは違う院生の 就職事情を知る

学部生とは違う院生の 就職事情を知る 震 災 後 の 就 職 活 動 の 進 め 方 ~ 大 学 院 生 の 就 職 活 動 と 研 究 活 動 の 進 め 方 ~ * 本 資 料 は2011 年 5 月 19 日 に 東 北 大 学 にて 開 催 されたセミナー 資 料 です 1 第 一 部 トラブル 発 生 不 測 の 事 態 発 生 時 の 対 処 方 法 ~ 就 職 活 動 と 研 究 活 動 両 立 のポイント~ 第 二 部

More information

調 査 票 の 記 入 Q23 調 査 票 への 記 入 のしかたが 分 からないので どのようにすればよいのですか Q24 病 気 や 怪 我 などで 調 査 票 に 記 入 できないときは どのようにすればよいのですか Q25 住 民 基 本 台 帳 の 情 報 や 税 情 報 があるので 調

調 査 票 の 記 入 Q23 調 査 票 への 記 入 のしかたが 分 からないので どのようにすればよいのですか Q24 病 気 や 怪 我 などで 調 査 票 に 記 入 できないときは どのようにすればよいのですか Q25 住 民 基 本 台 帳 の 情 報 や 税 情 報 があるので 調 国 民 生 活 基 礎 調 査 とは Q1 Q2 Q3 国 民 生 活 基 礎 調 査 は どのような 調 査 なのですか 調 査 を 行 う 必 要 があるのですか どうしても 答 えなければいけないのですか 調 査 の 方 法 Q4 Q5 Q6 国 民 生 活 基 礎 調 査 は どのように 行 われるのですか 調 査 票 はどのように 提 出 するのですか 忙 しいので 郵 送 で 回 答 したいのですが

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

岐阜市

岐阜市 資 料 3 岐 阜 市 少 子 化 対 策 に 関 するアンケート 調 査 調 査 ご 協 力 のお 願 い 皆 様 には 日 頃 より 市 政 にご 理 解 とご 協 力 をたまわり 誠 にありがとうございます この 調 査 は これからの 岐 阜 市 における 少 子 化 対 策 への 取 り 組 みや 次 世 代 育 成 支 援 対 策 行 動 計 画 の 策 定 を 進 めるうえでの 参 考

More information

平 成 26 年 度 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 SBI 大 学 院 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 判 定 評 価 の 結 果 SBI 大 学 院 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 に 適 合 し ていると 認 定 する

More information

Microsoft PowerPoint - 091001毎コミPP柳井.ppt

Microsoft PowerPoint - 091001毎コミPP柳井.ppt 理 系 キャリアを 考 える - 将 来 あるべき 姿 のイメージ 方 法 - 株 式 会 社 毎 日 コミュニケーションズ キャリアカウンセラー 柳 井 章 CONTENTS 就 職 戦 線 について 進 路 選 択 の 考 え 方 社 会 が 求 める 人 材 就 職 活 動 の 進 め 方 まとめ CONTENTS 就 職 戦 線 について 進 路 選 択 の 考 え 方 社 会 が 求 める

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

年 3 月 卒 業 予 定 者 の 採 用 活 動 の 開 始 時 期 今 年 はスケジュールの 再 変 更 で スタート 時 期 は 3 月 のまま 選 考 解 禁 が 6 月 へと 2 カ 月 早 まっ たが 実 際 の 企 業 の 採 用 活 動 の 時 期 はどう 変

年 3 月 卒 業 予 定 者 の 採 用 活 動 の 開 始 時 期 今 年 はスケジュールの 再 変 更 で スタート 時 期 は 3 月 のまま 選 考 解 禁 が 6 月 へと 2 カ 月 早 まっ たが 実 際 の 企 業 の 採 用 活 動 の 時 期 はどう 変 2017 年 卒 新 卒 採 用 に 関 する 企 業 調 査 - 中 間 調 査 ~ 2017 年 3 月 卒 業 予 定 者 の 採 用 活 動 に 関 する 企 業 調 査 ~ 売 り 手 市 場 が 続 くなか 2 年 連 続 での 採 用 日 程 の 変 更 で 混 乱 必 至 と 言 われた 2017 年 卒 の 採 用 戦 線 実 態 はどうだろうか

More information

大学等における学生生活支援の実態調査_就職支援・キャリア形成支援について_参考資料2

大学等における学生生活支援の実態調査_就職支援・キャリア形成支援について_参考資料2 生 による 就 職 支 援 活 動 の 具 体 的 な 活 動 内 容 山 形 大 就 職 課, 内 生 協 と 連 携 し, 自 己 分 析 テスト,セミナー 等 を 行 っている 千 葉 大 生 自 主 支 援 組 織 career port による,セミナーを3 回 企 画, 実 施 お 茶 の 水 女 大 祭 ( 徽 音 祭 )で 園 祭 実 行 委 員 企 画 によるシンポジウムを 実 施

More information

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

をストレスなく 送 ることができました 我 が 国 の 公 共 交 通 そしてバリアフリーなどの 取 り 組 みは 非 常 に 積 極 的 なものと 思 いますが まだまだ 海 外 の 先 進 事 例 に 学 ぶべきと ころもあり また 改 善 すべきところもあるのではと 感 じました こうしたこれ

をストレスなく 送 ることができました 我 が 国 の 公 共 交 通 そしてバリアフリーなどの 取 り 組 みは 非 常 に 積 極 的 なものと 思 いますが まだまだ 海 外 の 先 進 事 例 に 学 ぶべきと ころもあり また 改 善 すべきところもあるのではと 感 じました こうしたこれ ご 挨 拶 はじめまして 先 月 5 月 28 日 に 新 たに 総 合 政 策 局 公 共 交 通 政 策 部 交 通 計 画 課 に 企 画 調 整 官 として 着 任 しました 小 熊 弘 明 (こくま ひろあき)と 申 します 今 後 何 卒 よ ろしくお 願 いいたします 公 共 交 通 政 策 特 に 地 域 交 通 やバリアフリーといった 施 策 との 関 わりについては 平 成 11

More information

Microsoft Word - 戸山高校サッカー部OB会主催:第1回就活懇親会_形式整理案.docx

Microsoft Word - 戸山高校サッカー部OB会主催:第1回就活懇親会_形式整理案.docx 戸 山 高 校 サッカー 部 OB 会 幹 事 会 御 中 2014 年 9 月 7 日 松 村 新 平 ( 平 成 23 年 卒 ) 第 一 回 就 活 懇 談 会 開 催 のご 報 告 狙 い 戸 山 高 校 サッカー 部 OB 会 の 活 動 の 一 環 として OB である 大 学 生 たちが 就 職 活 動 を 行 うに 際 して さまざまな 知 見 と 相 談 できるネットワーク を 得

More information

は じ め に 学 校 法 人 工 藤 学 園 は1978 年 ( 昭 和 5 年 )に 北 海 道 愛 犬 美 容 学 園 として 設 立 され て 以 来 トリミングや 動 物 看 護 師 の 深 い 知 識 と 高 度 な 技 術 を 身 につけるとともに ペット を 通 じて 社 会 に 貢

は じ め に 学 校 法 人 工 藤 学 園 は1978 年 ( 昭 和 5 年 )に 北 海 道 愛 犬 美 容 学 園 として 設 立 され て 以 来 トリミングや 動 物 看 護 師 の 深 い 知 識 と 高 度 な 技 術 を 身 につけるとともに ペット を 通 じて 社 会 に 貢 平 成 27 年 9 月 0 日 関 係 者 各 位 学 校 法 人 工 藤 学 園 理 事 長 工 藤 典 子 平 成 26 年 度 愛 犬 美 容 看 護 専 門 学 校 自 己 点 検 評 価 報 告 書 の 公 表 について 平 成 26 年 度 の 自 己 点 検 評 価 結 果 をまとめましたので 公 表 いたします 今 後 は 結 果 にある 改 善 事 項 等 を 真 摯 に 受 け

More information

平 成 26 年 度 熊 本 県 育 英 資 金 育 英 奨 学 生 募 集 のしおり ( 修 学 貸 与 ) 高 等 学 校 中 等 教 育 学 校 ( 後 期 課 程 ) 高 等 専 門 学 校 専 修 学 校 ので 期 限 どおりに 返 還 していただく 必 要 が あ り ま す!! 育 英 資 金 の 返 還 金 は 後 輩 の 将 来 の 奨 学 金 として 再 び 活 用 されてい ます!!

More information

発達障がい学生への就職支援~連携における大学の役割~(H26全国キャリア・就職ガイダンス)

発達障がい学生への就職支援~連携における大学の役割~(H26全国キャリア・就職ガイダンス) 平 成 26 年 度 全 国 キャリア 就 職 ガイダンス 第 二 部 障 害 のある 学 生 のキャリア 教 育 就 職 支 援 についてのセッション 発 達 障 がい 学 生 への 就 職 支 援 ~ 連 携 における 大 学 の 役 割 ~ 平 成 26 年 6 月 3 日 ( 火 ) 富 山 大 学 学 生 支 援 センター アクセシビリティ コミュニケーション 支 援 室 桶 谷 文 哲

More information

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~ 高 齢 者 雇 用 の 現 状 と 対 策 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 開 発 部 高 齢 者 雇 用 対 策 課 山 下 禎 博 1 日 本 の 人 口 の 推 移 日 本 の 人 口 は 近 年 横 ばいであり 人 口 減 少 局 面 を 迎 えている 2060 年 には 総 人 口 が9000 万 人 を 割 り 込 み 高 齢 化 率 は40% 近 い 水 準 になると

More information

再 犯 防 止 に 向 けた 総 合 対 策 平 成 24 年 7 月 犯 罪 対 策 閣 僚 会 議 はじめに 1 第 1 再 犯 の 現 状 と 課 題 3 1 全 般 的 状 況 3 (1) 再 犯 者 率 の 上 昇 3 (2) 再 入 者 率 の 上 昇 3 (3) 仮 釈 放 率 の 低 下 3 2 対 象 者 の 特 性 別 に 見 た 現 状 3 (1) 早 期 対 策 が 必 要

More information

外国人技能実習制度について

外国人技能実習制度について ( 別 添 ) 外 国 人 技 能 実 習 制 度 について 技 能 実 習 生 の 受 け 入 れを 希 望 する 場 合 実 習 実 施 機 関 ( 病 院 等 受 入 れ 施 設 )には 次 の 業 務 及 び 費 用 等 が 発 生 いたしますので 以 下 の 事 項 にご 留 意 ください 以 下 は 現 在 の 法 令 等 に 基 づいたものであり 今 後 法 令 等 の 改 正 により

More information

佐 々 木 委 員 : 分 かりやすくなったと 思 うが 教 育 大 綱 と 教 育 基 本 構 想 との 関 連 について 内 容 について 整 理 できないか 教 育 大 綱 があって 教 育 基 本 構 想 もある 各 学 校 の 学 校 教 育 基 本 構 想 などは 町 の 教 育 基 本

佐 々 木 委 員 : 分 かりやすくなったと 思 うが 教 育 大 綱 と 教 育 基 本 構 想 との 関 連 について 内 容 について 整 理 できないか 教 育 大 綱 があって 教 育 基 本 構 想 もある 各 学 校 の 学 校 教 育 基 本 構 想 などは 町 の 教 育 基 本 第 三 回 総 合 教 育 会 議 開 催 日 時 : 平 成 28 年 1 月 8 日 ( 金 )9:30~11:15 場 所 : 岡 垣 町 役 場 新 館 庁 議 室 出 席 者 : < 岡 垣 町 総 合 教 育 会 議 構 成 員 > 町 長 宮 内 實 生 教 育 委 員 長 大 村 武 彦 教 育 委 員 花 田 悦 子 教 育 委 員 佐 々 木 敏 幸 教 育 委 員 細 山 田

More information

2 委 託 業 務 の 内 容 産 学 金 官 の 協 力 のもと, 企 業 からは 社 内 ベンチャーや 新 規 事 業 担 当 の 社 員 等, 大 学 等 か らは 起 業 志 向 の 高 い 学 生 や 留 学 生 等,また 一 般 の 起 業 家 など, 新 規 事 業 の 材 料 を 有

2 委 託 業 務 の 内 容 産 学 金 官 の 協 力 のもと, 企 業 からは 社 内 ベンチャーや 新 規 事 業 担 当 の 社 員 等, 大 学 等 か らは 起 業 志 向 の 高 い 学 生 や 留 学 生 等,また 一 般 の 起 業 家 など, 新 規 事 業 の 材 料 を 有 別 添 1 人 材 交 流 型 新 事 業 創 造 プラットフォーム 事 業 委 託 仕 様 書 1 本 事 業 について (1) 事 業 概 要 ビジネスアイデアを 形 にする ための 新 拠 点 として, 新 規 企 業 の 立 ち 上 げと 新 事 業 の 成 長 を 支 援 する 人 材 交 流 型 新 事 業 創 造 プラットフォーム を 開 設 します 本 事 業 において, 産 学 官

More information

その 他 と 回 答 された 方 の 内 訳 友 人 に 誘 われて 2 研 究 室 の 先 輩 方 に 聞 いて 2) 今 回 のイベントに 参 加 した 理 由 は 何 ですか? インターンシップの 予 行 練 習 として 就 活 という 言 葉 に 惹 かれて 5 他 学 部 と 交 流 がし

その 他 と 回 答 された 方 の 内 訳 友 人 に 誘 われて 2 研 究 室 の 先 輩 方 に 聞 いて 2) 今 回 のイベントに 参 加 した 理 由 は 何 ですか? インターンシップの 予 行 練 習 として 就 活 という 言 葉 に 惹 かれて 5 他 学 部 と 交 流 がし 平 成 28 年 月 4 日 城 西 大 学 水 田 記 念 図 書 館 学 生 アドバイザー 主 催 第 6 回 ライブラリーラウンジ あなたのコミュニケーション 能 力 って 就 活 で 活 かせますか?? アンケート 集 計 結 果. 企 画 の 概 要 目 : 学 生 の 就 活 に 関 する 意 識 改 革 他 学 部 との 学 生 の 交 流 的 学 生 アドバイザーの 認 知 度 向

More information

教 育 目 標 本 学 では 医 学 領 域 を 主 にした 学 問 を 基 盤 に 理 学 療 法 士 として 必 要 な 高 い 専 門 知 識 と 技 術 の 修 得 学 問 への 探 求 心 の 育 成 患 者 の 心 理 の 理 解 と 援 助 に 努 め 多 様 な 職 種 及 び 社

教 育 目 標 本 学 では 医 学 領 域 を 主 にした 学 問 を 基 盤 に 理 学 療 法 士 として 必 要 な 高 い 専 門 知 識 と 技 術 の 修 得 学 問 への 探 求 心 の 育 成 患 者 の 心 理 の 理 解 と 援 助 に 努 め 多 様 な 職 種 及 び 社 目 次 教 育 目 標 養 成 する 人 材 像 アドミッションポリシー 1 選 抜 方 式 募 集 人 員 1 入 学 検 定 料 1 A O 入 試 2 社 会 人 / 大 卒 者 入 試 3 推 薦 入 試 4 一 般 入 試 5 出 願 手 続 6 出 願 上 の 注 意 8 試 験 当 日 の 注 意 事 項 8 合 格 発 表 通 知 の 方 法 8 学 納 金 等 9 入 学 辞 退

More information

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 改 正 法 案 は 2012 年 3 月 9 日 に 国 会 に 提 出 され 一 部 修 正 の 上 同 年 8 月 29

More information

平成22年度 事業計画

平成22年度 事業計画 平 成 28 年 度 学 校 法 人 創 志 学 園 事 業 計 画 書 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ~ 平 成 29 年 3 月 31 日 ) 高 等 教 育 部 門 1. 環 太 平 洋 大 学 < 事 業 計 画 概 要 > 就 職 採 用 試 験 で 役 立 つ 一 般 教 養 及 び 専 門 知 識 を 身 に 付 けさせるため 各 学 部 学 科 における 教 養 教 育 及

More information

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活 資 料 21 公 務 員 部 関 係 資 料 平 成 28 年 1 月 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 < 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地

More information

12 月 7 日 月 池 袋 面 接 実 践 4 年 / 院 2 年 11:00~13:00 セミナー 室 12 月 7 日 月 池 袋 企 業 研 究 をはじめよう 3 年 / 院 1 年 18:30~20:00 AB01 就 活 のはじめの 一 歩 はここから! 幅 広 い 業 界 様 々な 企

12 月 7 日 月 池 袋 面 接 実 践 4 年 / 院 2 年 11:00~13:00 セミナー 室 12 月 7 日 月 池 袋 企 業 研 究 をはじめよう 3 年 / 院 1 年 18:30~20:00 AB01 就 活 のはじめの 一 歩 はここから! 幅 広 い 業 界 様 々な 企 2015 年 12 月 キャリア 支 援 就 職 支 援 プログラム 予 定 表 立 教 大 学 キャリアセンター 当 日 程 表 は 立 教 就 職 Navi 上 で 随 時 更 新 されます( 日 程 教 室 変 更 含 む) 開 催 日 曜 日 校 地 プログラム 名 対 象 学 年 時 間 場 所 内 容 12 月 1 日 火 池 袋 ES 対 策 ( 自 己 PR 編 ) 3 年 / 院

More information

1. 中 長 期 事 業 戦 略 について 協 会 はこれまで 3 カ 年 の 中 期 事 業 計 画 に 基 づき 協 会 運 営 を 進 めてまいりました 中 期 事 業 計 画 は 平 成 16 年 度 に 初 めて 策 定 され 平 成 24 年 度 で 3 次 9 年 間 に 及 ぶ 中

1. 中 長 期 事 業 戦 略 について 協 会 はこれまで 3 カ 年 の 中 期 事 業 計 画 に 基 づき 協 会 運 営 を 進 めてまいりました 中 期 事 業 計 画 は 平 成 16 年 度 に 初 めて 策 定 され 平 成 24 年 度 で 3 次 9 年 間 に 及 ぶ 中 中 長 期 事 業 戦 略 ( 平 成 25 年 度 ~ 平 成 29 年 度 ) 特 定 非 営 利 活 動 法 人 平 成 25 年 8 月 日 本 ファイナンシャル プランナーズ 協 会 1 1. 中 長 期 事 業 戦 略 について 協 会 はこれまで 3 カ 年 の 中 期 事 業 計 画 に 基 づき 協 会 運 営 を 進 めてまいりました 中 期 事 業 計 画 は 平 成 16 年

More information

12 番 号 記 載 平 成 27 年 中 に 交 付 源 泉 徴 収 票 に マイナンバーを 記 載 必 要 があ るのか 記 載 必 要 はありません 法 定 調 等 の 税 務 関 係 類 への 個 人 番 号 法 人 番 号 の 記 載 は 平 成 年 1 月 以 降 の 金 銭 等 の 支

12 番 号 記 載 平 成 27 年 中 に 交 付 源 泉 徴 収 票 に マイナンバーを 記 載 必 要 があ るのか 記 載 必 要 はありません 法 定 調 等 の 税 務 関 係 類 への 個 人 番 号 法 人 番 号 の 記 載 は 平 成 年 1 月 以 降 の 金 銭 等 の 支 1 制 度 紙 ナンバーのままでもよいのか 紙 ナンバーでも 同 様 の 効 果 があるのか 通 知 カード( 紙 ナンバー)のままでもかまいません 通 知 カード( 紙 ナンバー)の 場 合 マイナンバーを 提 示 す る 際 運 転 免 許 証 などの 本 人 確 認 類 を 合 わせて 提 示 必 要 があります 個 人 番 号 カード(プラスチック) の 場 合 は マイナンバーを 提 示

More information

Microsoft Word - 2009緊急アンケート概要.doc

Microsoft Word - 2009緊急アンケート概要.doc 経 済 金 融 危 機 に 伴 う 緊 急 アンケート 結 果 の 概 要 57%の 大 学 で 学 生 支 援 策 等 を 検 討 実 施 昨 年 の9 月 のリーマンショックは 年 に 一 度 の 経 済 金 融 危 機 といわれる 程 に 多 大 な 影 響 を 及 ぼすに 至 ったわけですが 大 学 において は 学 生 の 就 職 内 定 の 取 消 しや 雇 用 マーケットの 縮 小 また

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

きっかけは 一 人 の 患 者 様 私 は 約 6 年 間 で 延 べ7 千 人 以 上 の 方 のお 顔 に 鍼 を 打 たせて いただいてきました その 中 で 筋 膜 美 容 鍼 灸 を 開 発 するに 至 ったキーパーソン 的 な 一 人 の 患 者 様 がいらっしゃいます その 方 を 仮

きっかけは 一 人 の 患 者 様 私 は 約 6 年 間 で 延 べ7 千 人 以 上 の 方 のお 顔 に 鍼 を 打 たせて いただいてきました その 中 で 筋 膜 美 容 鍼 灸 を 開 発 するに 至 ったキーパーソン 的 な 一 人 の 患 者 様 がいらっしゃいます その 方 を 仮 自 費 メニューを 導 入 して 売 上 UPしたい 鍼 灸 整 骨 院 訪 問 鍼 灸 マッサージの 院 長 先 生 へ 鍼 灸 師 が 誇 りを 持 って 鍼 を 打 ち リピート 率 9 割 をたたきだす! その 結 果 自 費 収 入 が 飛 躍 的 に 上 がる 美 容 鍼 灸 の 技 術 を 公 開 します!! 施 術 を 受 けた 患 者 様 がその 場 で 約 15 万 円 の 回

More information

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税

< 公 益 目 的 事 業 > 1 地 方 税 財 政 制 度 に 関 する 調 査 (1) 調 査 研 究 専 門 研 究 員 等 が 地 方 税 財 政 制 度 及 び 税 務 行 政 の 運 営 に 関 して 調 査 研 究 を 行 うもの で その 内 容 を 適 宜 機 関 誌 東 京 税 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 我 が 国 の 経 済 状 況 は 円 高 の 是 正 や 株 価 の 回 復 等 により 企 業 収 益 の 改 善 が 進 むと 共 に 2020 年 オリンピック パラリンピックの 東 京 開 催 決 定 による 経 済 効 果 への 期 待 なども あり 明 るい 兆 しが 見 え 始 めている 一 方 で 欧 州 債 務 危 機 の 再 燃 や 新

More information

議 題 (1) 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について 事 務 局 より 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について

議 題 (1) 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について 事 務 局 より 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について 平 成 28 年 度 第 1 回 宝 塚 市 労 働 問 題 審 議 会 議 事 録 日 時 : 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 )19 時 00 分 ~20 時 45 分 会 場 : 宝 塚 市 役 所 3F 特 別 会 議 室 出 席 委 員 : 上 林 会 長 小 池 副 会 長 新 谷 委 員 橘 田 委 員 山 内 委 員 志 方 委 員 和 田 委 員 幸 長 委 員 仲 埜

More information

会議録2702

会議録2702 愛 媛 県 教 育 委 員 会 2 月 定 例 会 会 議 録 1 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 27 年 2 月 9 日 ( 月 ) 午 前 10 時 00 分 愛 媛 県 庁 第 一 別 館 教 育 委 員 室 2 委 員 定 数 6 人 3 出 席 委 員 委 員 長 松 岡 義 勝 委 員 関 啓 三 委 員 堺 雅 子 委 員 脇 斗 志 也 委 員 攝 津 眞 澄 教 育

More information

超高齢社会における生涯学習の在り方に関する検討会(第3回)配付資料その2

超高齢社会における生涯学習の在り方に関する検討会(第3回)配付資料その2 資 料 2 福 祉 の 立 場 からの 生 涯 学 習 ( 公 財 )さわやか 福 祉 財 団 理 事 長 堀 田 力 1. 学 習 の 意 義 と 役 割 生 涯 学 習 自 己 実 現 ( 生 きる 力 人 間 力 ) いきがい = 他 者 に 対 する 支 援 = 自 己 の 心 身 の 健 康 維 持 = 介 護 予 防 = 尊 厳 保 持 2. 福 祉 ( 社 会 貢 献 ) 活 動 と

More information

日 本 学 生 支 援 機 構 申 し 込 みから 採 用 までの 流 れ (おおよその 目 安 です) すべての 連 絡 は 掲 示 板 で 行 います 見 落 としのないように!! 1 掲 示 4 月 2 日 に 掲 示 板 にて 募 集 の 案 内 をいたします 2 出 願 説 明 会 説 明

日 本 学 生 支 援 機 構 申 し 込 みから 採 用 までの 流 れ (おおよその 目 安 です) すべての 連 絡 は 掲 示 板 で 行 います 見 落 としのないように!! 1 掲 示 4 月 2 日 に 掲 示 板 にて 募 集 の 案 内 をいたします 2 出 願 説 明 会 説 明 < 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 旧 日 本 育 英 会 ) 奨 学 金 > 日 本 学 生 支 援 機 構 への 奨 学 金 事 業 の 引 継 ぎについてのおしらせ 日 本 育 英 会 は 平 成 16 年 3 月 31 日 をもって 廃 止 され 奨 学 金 事 業 は4 月 1 日 から 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 に 移 管 されることになりました 奨 学

More information

[ 職 業 上 の 不 正 と 濫 用 不 正 の 体 系 図 ] 出 所 : 公 認 不 正 検 査 士 協 会 職 業 上 の 不 正 と 濫 用 に 関 する 国 民 への 報 告 書 2.タイ 国 における 企 業 不 正 タイにおいて 不 正 のカテゴリーで 圧 倒 的 に 件 数 が 多

[ 職 業 上 の 不 正 と 濫 用 不 正 の 体 系 図 ] 出 所 : 公 認 不 正 検 査 士 協 会 職 業 上 の 不 正 と 濫 用 に 関 する 国 民 への 報 告 書 2.タイ 国 における 企 業 不 正 タイにおいて 不 正 のカテゴリーで 圧 倒 的 に 件 数 が 多 在 タイ 日 系 企 業 の 不 正 防 止 アプローチ 有 我 政 人 1.はじめに 従 業 員 による 在 庫 の 窃 盗 経 費 の 水 増 し 請 求 業 者 からのキックバック 帳 簿 の 改 ざん 不 正 支 出 など 不 正 スキームは 多 岐 にわたるが これら 全 ての 行 為 の 中 核 に 存 在 するのは 信 頼 を 裏 切 る 利 益 相 反 行 為 である 利 益 相 反

More information

ナントビジネスセミナーのご 案 内 社 員 が 育 ち 定 着 する 評 価 制 度 の 作 り 方 ~ 評 価 教 育 採 用 業 績 管 理 がすべて 回 るシンプルなしくみ~ 日 時 :2016 年 10 月 6 日 ( 木 ) 13:30~17:00 会 場 : 奈 良 県 社 会 福 祉

ナントビジネスセミナーのご 案 内 社 員 が 育 ち 定 着 する 評 価 制 度 の 作 り 方 ~ 評 価 教 育 採 用 業 績 管 理 がすべて 回 るシンプルなしくみ~ 日 時 :2016 年 10 月 6 日 ( 木 ) 13:30~17:00 会 場 : 奈 良 県 社 会 福 祉 平 成 28 年 9 月 ナントビジネスセミナー を 開 催 します! 南 都 銀 行 ( 頭 取 橋 本 隆 史 )は ナントビジネスセミナー を 開 催 します 社 員 が 育 ち 定 着 する 評 価 制 度 の 作 り 方 ( 平 成 28 年 10 月 6 日 開 催 )は 社 員 が 育 ち 定 着 する ための 秘 訣 やしくみについて 株 式 会 社 新 経 営 サービス 人 事 戦

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874490C590A792B28DB889EF82C982A882A282C48A6588CF88F582A982E78F6F82B382EA82BD8EE582C888D38CA92E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874490C590A792B28DB889EF82C982A882A282C48A6588CF88F582A982E78F6F82B382EA82BD8EE582C888D38CA92E646F63> 税 制 調 査 会 において 各 委 員 から 出 された 主 な 意 見 資 料 3 6 月 10 日 税 制 調 査 会 提 出 資 料 個 人 所 得 課 税 法 人 課 税 法 人 課 税 について 新 成 長 戦 略 も 踏 まえて 日 本 に 立 地 する 企 業 の 競 争 力 強 化 外 資 系 企 業 の 立 地 促 進 のために 法 人 実 効 税 率 を 主 要 国 並 みへ

More information

越後三条鍛冶まつり2008

越後三条鍛冶まつり2008 1 開 催 概 要 こうば 第 3 回 燕 三 条 工 場 の 祭 典 参 加 募 集 要 項 概 要 燕 三 条 工 場 の 祭 典 とは 燕 三 条 地 域 の 名 だたる 工 場 が 一 斉 に 工 場 を 開 放 し 訪 れた 方 々に 工 場 でものづ くりを 体 感 していただくイベントです 2 開 催 期 間 開 催 日 程 平 成 27 年 10 月 1 日 ( 木 )~10 月 4

More information

Microsoft Word - seitan-group.doc

Microsoft Word - seitan-group.doc 平 成 26 年 度 Ⅰ 研 究 テーマ 生 単 グループ 研 究 のまとめ 五 十 嵐 曜 三 橋 道 順 松 本 成 男 野 本 篤 美 茶 谷 泰 久 河 野 真 貴 五 十 嵐 友 澤 岡 麻 衣 子 満 田 任 昭 北 村 淳 中 島 秀 樹 千 葉 久 幸 山 崎 英 哉 キャリア 教 育 の 視 点 による 教 育 課 程 の 改 善 と 授 業 づくりの 実 践 研 究 今 既 にある

More information