(Microsoft Word - \212\256\220\254\224\305)

Size: px
Start display at page:

Download "(Microsoft Word - \212\256\220\254\224\305)"

Transcription

1 演 習 Ⅰ 安 立 先 生 母 子 関 係 が 女 子 大 生 の 友 人 関 係 に 及 ぼす 影 響 C 班 問 題 私 たちには 生 まれた 瞬 間 から 母 親 の 存 在 がある 母 親 は 遺 伝 的 発 達 的 に 最 も 近 く 互 いに 依 存 し 合 う 関 係 であり 共 生 関 係 が 続 きやすい 乳 児 は 生 後 まもなく 第 一 次 養 育 者 に 対 し 特 別 な 感 情 を 抱 く この 感 情 のことを Bowlby は 愛 着 (アタッチメント) と 説 明 した 愛 着 (attachment) とは 危 機 的 な 状 況 に 際 し て あるいは 潜 在 的 な 危 機 に 備 えて 特 定 の 対 象 との 近 接 を 求 め またこれを 維 持 しよう とする 個 体 の 傾 性 である(Bowlby,1969) 乳 幼 児 からの 愛 着 対 象 との 相 互 作 用 によって 作 られた 自 分 自 身 が 愛 着 対 象 にどのように 受 容 されているかについての 自 己 に 対 する 主 観 的 な 確 信 と,その 愛 着 対 象 からどのような 応 答 を 期 待 できるかについての 他 者 に 対 する 主 観 的 な 確 信 のことを 内 的 作 業 モデルと 呼 ぶ (2002 丹 羽 ) 内 的 作 業 モデルとは 自 己 並 びに 他 者 への 信 念 や 期 待 のことであり 個 人 が 自 身 のおかれた 他 者 との 関 連 性 や 状 況 に 応 じて そこにうまく 対 処 適 応 するために 形 作 られていく 心 的 な 表 象 として 捉 えられている( 金 政,2007) 愛 着 対 象 の 作 業 モデルは 愛 着 対 象 以 外 への 他 者 へと 般 化 される(Bowlby,1973) 内 的 作 業 モデルに 基 づいて 対 人 的 出 来 事 を 知 覚 し 解 釈 し 未 来 を 予 測 し, 自 らの 行 動 プランを 立 てると 考 えられ 親 への 愛 着 による 内 的 作 業 モデルによって 他 の 対 人 関 係 が 規 定 される といわれている( 丹 羽,2002) いくつかの 研 究 で, 親 の 養 育 態 度 が 子 どもの 友 人 関 係 に 影 響 することが 明 らかにされて いる(Price,1996 ; 戸 ヶ 崎 坂 野,1997 ) 親 への 愛 着 から 影 響 を 受 けた 対 人 関 係 傾 向 は 関 係 初 期 のような 他 に 利 用 できる 情 報 がないときに 現 れやすいことが 指 摘 されている (Collins& Read,1994)そして 大 学 生 に 対 し 質 問 紙 調 査 を 行 った 丹 羽 によると 親 への 愛 着 の 仕 方 によって 友 人 関 係 初 期 の 親 密 性 や 行 動 側 面 に 差 異 がみられることが 示 されたと いう この 質 問 紙 調 査 では 関 係 初 期 のみについて 調 査 されており 関 係 後 期 についての 調 査 はされていない そこで 私 達 は 関 係 初 期 ではなく 大 学 以 前 から 交 流 が 続 いている 友 人 と の 関 係 が 母 子 関 係 との 愛 着 に 関 係 があるのかについて 調 査 検 討 を 行 う 1

2 目 的 青 年 期 は 乳 幼 児 期 と 違 って 愛 着 対 象 によってではなく 内 的 な 愛 着 対 象 への 確 信 を 使 っ て 安 心 感 を 維 持 するようになってくる そのため 青 年 期 において 内 的 作 業 モデルとい う 概 念 が 重 要 となる( 丹 羽,2002) そこで 私 たちは 内 的 作 業 モデルに 着 目 した 尺 度 を 使 用 した Bowlby(1973)によると 愛 着 に 関 する 内 的 作 業 モデルは (1) 他 者 は 自 分 の 要 求 に 対 してどの 程 度 応 じてくれる 存 在 なのか という 愛 着 対 象 ( 他 者 )に 関 する 次 元 と (2) 自 分 は 他 者 からどの 程 度 受 け 入 れられている 存 在 なのか という 自 己 に 関 する 次 元 の 2 次 元 から 構 成 されている そこで 愛 着 対 象 に 関 する 次 元 は 回 避 性 尺 度 として また 自 己 に 関 する 次 元 は 両 価 性 尺 度 として 構 成 することとした 回 避 性 を 示 す 項 目 選 択 の 基 準 は1 母 親 または 友 人 の 利 用 可 能 性 (ストレス 状 況 にお いて 母 親 または 友 人 を 頼 ることに 対 する 抵 抗 動 機 づけ) 2 母 親 または 友 人 の 情 緒 的 応 答 性 ( 母 親 または 友 人 は 理 解 してくれる 愛 してくれる)の 2 点 であり 両 価 性 を 示 す 項 目 選 択 の 基 準 は1 母 親 または 友 人 へのとらわれ( 母 親 または 友 人 を 過 剰 に 求 める 傾 向 ) 2 母 親 または 友 人 からの 評 価 懸 念 ( 母 親 または 友 人 から 拒 否 されることへの 不 安 )の 2 点 か ら 考 えていく 遠 矢 (1996) が, 親 密 な 友 人 関 係 は 適 切 な 状 況 でふさわしいレベルの 自 己 開 示 を 相 互 に 行 いながら 時 間 をかけて 築 かれたものであると 述 べていることから 同 じ 友 人 でもその 期 間 によって 親 密 度 に 違 いがある 可 能 性 がある と 考 え 今 回 は 友 人 を 環 境 が 変 化 しても 関 係 の 続 いている 友 人 と 仮 定 し 大 学 以 前 にできた 友 人 と 限 定 した 母 子 関 係 と 友 人 関 係 において 両 価 性 回 避 性 の 高 低 が 一 致 するのか 調 べることを 目 的 と する 仮 説 母 子 関 係 の 両 価 性 と 回 避 性 が 高 いと 友 人 関 係 の 両 価 性 と 回 避 性 も 高 い 方 法 本 調 査 参 加 者 愛 知 県 内 の 大 学 に 通 う 青 年 心 理 学 を 受 講 している 女 子 大 生 46 名 ( 平 均 年 齢 歳 標 準 偏 差 0.691)を 実 験 参 加 者 とした 本 調 査 日 時 場 所 2015 年 6 月 5 日 に 大 学 キャンパス 内 の 教 室 において 集 団 調 査 とし て 10 時 50 分 ~11 時 5 分 まで 調 査 を 実 施 した 2

3 本 調 査 道 具 独 自 に 作 成 した 質 問 紙 とペン(または 鉛 筆 )1 本 と 消 しゴムを 使 用 した 本 調 査 手 続 き 質 問 紙 が 手 元 に 来 たところで 年 齢 などを 記 入 し 注 意 事 項 及 び 回 答 方 法 を 確 認 した 上 で 調 査 参 加 者 が 自 分 はこうだと 思 う 項 目 にチェックをする 形 で 実 施 した すべての 項 目 に 回 答 することが 出 来 たら 記 入 漏 れがないかを 確 認 した 使 用 する 尺 度 は 以 下 の 2 つである 1 本 多 (2002)の 作 成 した 母 親 に 対 する 愛 着 尺 度 を 使 用 した あてはまらない か ら あてはまる の 4 件 法 で 全 15 項 目 である 15 項 目 のうち 両 価 性 が 8 項 目 回 避 性 7 項 目 である 表 1 参 照 星 は 逆 転 項 目 である 表 1. 母 親 に 対 する 愛 着 尺 度 下 位 尺 度 1) お 母 さんは 私 の 気 持 ちを 分 かってくれます 2) お 母 さんにどう 思 われているのか 気 にします 3) お 母 さんにそばにいたいと 思 いません 4) お 母 さんに 相 談 するのが 好 きではありません 5) お 母 さんに 好 かれているかどうか 心 配 です 6) お 母 さんにもっとかまってもらいたいです 7) お 母 さんの 言 うことが 気 になります 8) お 母 さんは 私 の 話 をよく 聞 いてくれます 9) 私 の 良 いところだけをお 母 さんに 見 てほしいです 10) お 母 さんは 私 の 考 えを 大 切 にしてくれます 11) お 母 さんに 気 に 入 られるようにしています 12) お 母 さんにいい 子 だと 思 われているか 心 配 です 13) 悲 しい 時 にお 母 さんと 話 します 14) お 母 さんに 相 談 したいとは 思 いません 15) お 母 さんには 困 った 時 にでも 相 談 しません 2 友 人 に 対 しての 尺 度 は 上 記 の 母 親 に 対 する 愛 着 尺 度 をもとに 作 成 した あてはまらない から あてはまる の 4 件 法 で 全 30 項 目 である 30 項 目 のうち 両 価 性 が 15 項 目 回 避 性 15 項 目 である 表 2 参 照 また 新 しく 加 えた 項 目 は 女 子 大 学 生 5 名 の 自 由 記 述 をもとに 形 成 された うち 両 価 性 項 目 は 2 番 3 番 7 番 9 番 10 番 12 番 16 番 18 番 の 8 項 目 であり 回 避 性 項 目 は 5 番 6 番 15 番 21 番 26 番 29 番 30 番 の 7 項 目 である 表 2 参 照 星 は 逆 転 項 目 である 3

4 表 2. 友 人 に 対 する 愛 着 尺 度 下 位 尺 度 1) その 友 人 と 一 緒 にいても 元 気 になれません 2) その 友 人 に 信 頼 してもらいたいです 3) その 友 人 と 会 えないと 不 安 になります 4) その 友 人 にいい 人 だと 思 われているか 心 配 です 5) その 友 人 と 気 兼 ねなく 話 すことができません 6) その 友 人 のそばにいたいと 思 います 7) その 友 人 には 悩 みを 打 ち 明 けてほしいです 8) 悲 しいときにその 友 人 と 話 しません 9) その 友 人 に 尊 敬 されているかどうか 気 になります 10) その 友 人 にはどんな 話 でもしてほしいです 11) その 友 人 は 私 の 考 えを 大 切 にしてくれません 12) その 友 人 の 心 の 支 えになっているかどうか 気 になります 13) その 友 人 は 私 の 気 持 ちをわかってくれません 14) 私 のいいところだけをその 友 人 に 見 てほしいです 15) その 友 人 と 一 緒 にいても 楽 しくありません 16) その 友 人 とは 常 に 連 絡 を 取 り 合 いたいとは 思 いません 17) その 友 人 にもっと 相 手 にしてもらいたいです 18) その 友 人 が 自 分 以 外 の 誰 かといることが 嫌 です 19) その 友 人 に 好 かれているかどうか 気 になりません 20) その 友 人 の 言 うことが 気 になりません 21) その 友 人 と 会 わない 期 間 があると 以 前 と 同 じように 話 せません 22) その 友 人 にどう 思 われているのか 気 になりません 23) その 友 人 は 私 の 話 をよく 聞 いてくれません 24) その 友 人 を 信 頼 しています 25) その 友 人 に 気 に 入 られるようにしています 26) その 友 人 と 一 緒 にいなくても 平 気 です 27) その 友 人 には 困 ったときに 相 談 します 28) その 友 人 に 悩 みを 打 ち 明 けたいと 思 います 29) その 友 人 を 理 解 したいと 思 います 30) その 友 人 と 一 緒 にいると 落 ち 着 きます 4

5 結 果 Ⅰ. 友 人 に 対 する 愛 着 尺 度 の 因 子 分 析 と 下 位 尺 度 の 分 析 まず 友 人 に 対 する 愛 着 尺 度 の 30 項 目 に 対 して 2 因 子 を 固 定 数 とし 主 因 子 法 プロマ ックス 回 転 による 因 子 分 析 を 行 った ( 表 3) 表 3. 友 人 に 対 する 愛 着 尺 度 の 因 子 分 析 結 果 (promax 回 転 後 の 因 子 パターン) 項 目 内 容 1 2 友 人 信 頼 不 安 その 友 人 と 一 緒 にいても 楽 しくありません 項 目 その 友 人 と 一 緒 にいると 落 ち 着 きます その 友 人 を 信 頼 しています その 友 人 と 一 緒 にいても 元 気 になれません その 友 人 を 理 解 したいと 思 います その 友 人 は 私 の 話 をよく 聞 いてくれません その 友 人 と 気 兼 ねなく 話 すことができません その 友 人 と 会 わない 期 間 があると 以 前 と 同 じようには 話 せません その 友 人 は 私 の 気 持 ちを 分 かってくれません その 友 人 は 私 の 考 えを 大 切 にしてくれません 悲 しい 時 にその 友 人 と 話 しません その 友 人 には 悩 みを 打 ち 明 けてほしいです その 友 人 のそばにいたいと 思 います 私 の 良 いところだけをその 友 人 に 見 てほしいです その 友 人 を 信 頼 してもらいたいです その 友 人 にはどんな 話 でもしてほしいです その 友 人 に 悩 みを 打 ち 明 けたいです その 友 人 には 困 ったときに 相 談 します その 友 人 が 自 分 以 外 の 誰 かといることが 嫌 です 友 人 見 捨 てられ 不 安 その 友 人 にもっと 相 手 にしてもらいたいです 項 目 その 友 人 の 心 の 支 えになっているかどうか 気 になります その 友 人 に 好 かれているかどうか 気 になりません その 友 人 の 言 うことが 気 になりません その 友 人 に 尊 敬 されているかどうか 気 になります その 友 人 にどう 思 われているのか 気 になりません その 友 人 と 会 えないと 不 安 になります その 友 人 にいい 人 だと 思 われているか 心 配 です その 友 人 とは 常 に 連 絡 を 取 り 合 いたいとは 思 いません その 友 人 に 気 に 入 られるようにしています その 友 人 と 一 緒 にいなくても 平 気 です 因 子 間 相 関 その 結 果 因 子 負 荷 量 が.350 を 満 たなかった その 友 人 には 困 ったときに 相 談 します その 友 人 が 自 分 以 外 の 誰 かといることが 嫌 です と その 友 人 と 一 緒 にいなくても 平 気 です の 3 項 目 を 削 除 した 第 一 因 子 は 友 人 との 信 頼 関 係 に 関 係 していることから 友 人 信 頼 不 安 第 二 因 子 は 友 人 に 見 捨 てられないかと 不 安 に 思 っていることから 友 人 見 捨 て られ 不 安 と 命 名 した また 下 位 尺 度 の 分 析 として 友 人 に 対 する 愛 着 尺 度 の 2 つの 下 位 尺 度 の 平 均 SD α 係 数 を 算 出 した( 表 4) 5

6 内 的 整 合 性 を 検 討 するために 下 位 尺 度 ごとに 信 頼 性 分 析 を 行 ったところ 友 人 信 頼 不 安 の その 友 人 に 悩 みを 打 ち 明 けてほしいです という 項 目 を 削 除 するとα 係 数 が に なるため この 項 目 を 削 除 し 26 項 目 で 行 った ( 表 4) Ⅱ. 母 親 に 対 する 愛 着 尺 度 次 に 母 親 の 愛 着 尺 度 の 下 位 尺 度 の 分 析 として 2 つの 下 位 尺 度 の 平 均 SD α 係 数 を 算 出 した( 表 5) 表 5. 母 親 に 対 する 愛 着 尺 度 の 下 位 尺 度 ごとの 平 均 SD α 係 数 平 均 SD α 係 数 母 親 回 避 性 母 親 両 価 性 Ⅲ. 友 人 に 対 する 愛 着 尺 度 と 母 親 に 対 する 愛 着 尺 度 との 関 連 友 人 に 対 する 愛 着 尺 度 と 母 親 に 対 する 愛 着 尺 度 との 関 連 性 を 検 討 するため 2 つの 下 位 尺 度 の 相 関 係 数 を 算 出 した ( 表 6) 友 人 信 頼 不 安 表 6. 友 人 に 対 する 愛 着 尺 度 と 母 親 に 対 する 愛 着 尺 度 の 下 位 尺 度 間 の 相 関 友 人 信 頼 不 安 友 人 見 捨 てられ 不 安 母 親 回 避 性 母 親 両 価 性 ** 友 人 見 捨 てられ 不 安 母 親 回 避 性 母 親 両 価 性 - **p< * - **p<.01 表 6より 友 人 信 頼 不 安 と 母 親 両 価 性 の 間 に 中 程 度 の 正 の 相 関 がみられた (r=0.430,p<0.1) また 母 親 回 避 性 と 母 親 両 価 性 の 間 に 弱 い 正 の 相 関 がみられた (r=0.330,p<0.5) 6

7 考 察 本 調 査 の 目 的 は 母 子 関 係 と 友 人 関 係 において 両 価 性 回 避 性 の 高 低 が 一 致 するの か 調 べることであった 本 調 査 では 冒 頭 でも 述 べたとおり 母 親 の 尺 度 を 回 避 性 と 両 価 性 に 分 け た 回 避 性 の 基 準 を1 母 親 の 利 用 可 能 性 2 母 親 の 情 緒 的 応 答 性 の 2 点 とした この 項 目 の 数 値 が 高 いほどストレス 状 況 で 母 親 に 対 して 抵 抗 を 示 し また 母 親 は 自 分 を 理 解 してくれていないと 考 える 傾 向 にあるといえる 一 方 両 価 性 の 基 準 は1 母 親 へのとらわれ 2 母 親 からの 評 価 懸 念 の 2 点 とした この 項 目 の 数 値 が 高 いほど 母 親 を 過 剰 に 求 め 拒 否 されることに 不 安 を 抱 く 傾 向 があるといえる 以 上 のことから 両 者 とも 数 値 が 高 いほど 母 親 にとの 間 に 十 分 な 信 頼 関 係 か 築 けて おらず 母 子 関 係 がうまくいっていないと 考 えることができる 一 方 友 人 の 尺 度 は 友 人 信 頼 不 安 と 見 捨 てられ 不 安 に 分 けた この 項 目 の 数 値 が 高 いほど 友 人 に 対 する 信 頼 感 に 不 安 があると 考 えられる また 見 捨 てら れ 不 安 の 数 値 の 項 目 が 高 いほど 相 手 のことを 意 識 し 見 捨 てられることを 恐 れ る 傾 向 にあるといえる 以 上 のことから 両 者 とも 数 値 が 高 いほど 友 人 との 間 に 十 分 な 信 頼 関 係 が 形 成 されておらず 友 人 関 係 が 良 好 でないといえる まず 母 子 関 係 と 友 人 関 係 との 関 連 を 見 ていく 表 6 からわかるように 母 親 の 両 価 性 と 友 人 関 係 の 信 頼 不 安 の 間 に 中 程 度 の 正 の 相 関 がみられることが 分 かった 女 子 大 生 に 調 査 した 田 村 (2011)によると 母 親 への 依 存 が 高 いほど 他 者 への 懸 念 行 動 をとることが 示 された これは 母 親 に 対 して 依 存 的 であるがゆえに, 相 手 の 態 度 を 気 にしてしまい 顔 色 をうかがうような 行 動 をとりがちになるという 可 能 性 が 考 えられる と 述 べているように 母 親 との 関 係 を 気 にするなど 母 親 からの 愛 情 に 不 安 を 抱 いている 人 は 友 人 との 信 頼 関 係 にも 不 安 を 抱 く 傾 向 があ るといえる このことは 母 親 から 拒 否 されることへの 不 安 や 母 親 を 過 剰 に 求 め る 傾 向 が 友 人 関 係 に 対 する 信 頼 不 安 に 影 響 したためと 考 えられる 更 に 母 親 の 回 避 性 と 友 人 の 信 頼 関 係 の 間 にも 弱 い 正 の 相 関 がみられたことから 母 親 を 信 頼 しないなど 回 避 的 な 行 動 傾 向 がある 人 も 友 人 との 信 頼 関 係 において 不 安 を 抱 く 傾 向 があるということが 分 かる つまり 母 子 間 で 信 頼 関 係 が 形 成 されていない と 子 どもは 母 親 に 対 して 回 避 的 な 行 動 をみせるため 友 人 関 係 においても 同 じよ うな 行 動 をとり 結 果 信 頼 関 係 を 形 成 することができなくなるためであると 推 測 できる 母 親 の 回 避 性 両 価 性 はどちらも 友 人 関 係 の 見 捨 てられ 不 安 との 間 に 相 関 はみら れないことが 分 かった 酒 井 (2001)は 青 年 期 の 愛 着 関 係 は 共 通 して 就 学 前 の 母 子 関 係 が 安 定 していると 現 在 の 愛 着 関 係 における 自 己 信 頼 感 や 相 手 への 信 頼 感 が 強 められる 傾 向 があった しかし 友 人 関 係 を 青 年 期 の 愛 着 対 象 とし 7

8 た 群 に 関 してはその 説 明 率 は 低 く 幼 少 期 の 母 子 関 係 が 与 える 影 響 は, 他 の 青 年 期 の 愛 着 関 係 と 比 較 して 弱 い 傾 向 を 示 している と 述 べている 本 調 査 では 恋 人 ではなく 友 人 に 限 定 して 調 査 を 行 ったため このような 結 果 になったの ではないかと 考 える また 見 捨 てられ 不 安 は 友 人 関 係 が 構 築 されてからの 不 安 である 本 調 査 では 友 人 を 環 境 が 変 化 しても 関 係 の 続 いている 友 人 と 仮 定 し 大 学 以 前 にできた 友 人 と 限 定 し 調 査 を 行 った そのため 幼 い 頃 と の 母 親 との 関 係 よりも 友 人 の 性 格 等 に 影 響 されるのではないかと 考 えた その 友 人 からの 支 えがあることによって 自 己 肯 定 をすることができ その 結 果 相 関 を 見 ることが 出 来 なかったのではないかと 考 える 以 上 のことから 仮 説 である 母 子 関 係 の 両 価 性 と 回 避 性 が 高 いと 友 人 関 係 の 両 価 性 と 回 避 性 も 高 くなる の 一 部 が 実 証 されたといえる 次 に 本 調 査 では 母 親 の 回 避 性 と 両 価 性 の 間 にも 弱 い 内 部 相 関 がみられた このこ とから 母 親 に 抵 抗 する 傾 向 のある 人 は 同 時 に 母 親 からの 評 価 を 過 剰 に 気 にする 傾 向 があるといえる それは 母 親 に 対 する 信 頼 が 十 分 でないため 自 分 が 母 親 か ら 愛 されているのかを 自 分 自 身 で 確 認 し 本 当 の 自 分 を 出 すことができない 傾 向 にあると 考 えられる 一 方 回 避 に 関 して 見 ていくと 子 どもが 母 親 を 回 避 する 理 由 としては 親 と 何 ら かの 衝 突 や 母 親 の 気 分 で 怒 られるなどをされたゆえに 母 親 に 対 する 恐 怖 心 や 不 信 感 により 母 親 と 関 わることを 避 けようとしてしまうためと 考 えられる しかし そうして 回 避 をしてしまうが 母 親 は 自 分 に 1 番 近 い 存 在 であるため 嫌 われた くはないという 気 持 ちから 自 分 への 評 価 を 過 剰 に 気 にするようになり 結 果 母 親 に 対 して 回 避 的 行 動 と 両 価 的 行 動 の 両 方 をとることになるのだと 考 えた 問 題 点 として 今 回 はサンプル 数 が 46 と 非 常 に 少 なかったため 次 回 はサンプル 数 を 増 やすことが 必 要 であると 考 えられる また 今 回 は 女 子 大 生 を 中 心 に 質 問 紙 調 査 を 行 ったため 男 子 大 学 生 にも 質 問 紙 調 査 を 実 施 することで 性 差 が 現 れ 比 較 することができるのではないかと 考 える また 本 来 本 多 (2002)の 尺 度 では 2 つの 尺 度 の 高 低 の 組 み 合 わせで 愛 着 恐 怖 型 愛 着 軽 視 型 とらわれ 型 安 定 型 の 4 つの 愛 着 スタイルに 分 類 される 本 調 査 ではその 組 み 合 わせによる 分 類 を 行 わず 高 低 のみで 判 断 した ため そのスタイルに 合 わせ 分 析 を 行 えばまた 違 う 結 果 があらわれたのではない かと 考 える 引 用 文 献 8

9 Bowlby,J Attachment and loss:vol.1,attachment.new York:Basic Books Bowlby,J Attachment and loss:vo2,attachment.new York:Basic Books Collins, Nancy L.; Read, Stephen J. Bartholomew, Kim (Ed); Perlman, Daniel (Ed), 1994 Cognitive representations of attachment: The structure and function of working models Attachment processes in adulthood. Advances in personal relationships, Vol. 5. (pp ). 金 政 祐 司 2007 青 年 期 の 愛 着 スタイルと 友 人 関 係 における 適 応 性 との 関 連 社 会 心 理 学 研 究 第 22 巻 第 3 号 酒 井 厚 2001 青 年 期 の 愛 着 関 係 と 就 学 前 の 母 子 関 係 : 内 的 作 業 モデル 尺 度 作 成 の 試 み 性 格 心 理 学 研 究 9(2), 59-70, 日 本 パーソナリティ 心 理 学 会 田 村 陽 子 2011 女 子 大 学 生 における 絆 依 存 に 基 づく 母 娘 関 係 が 母 親 への 愛 着 行 動, 交 流 頻 度 にもたらす 影 響 日 本 青 年 心 理 学 会 大 会 発 表 論 文 集 (19), 56-57, 遠 矢 幸 子 1996 友 人 関 係 の 特 質 と 展 開 大 坊 郁 夫 奥 野 秀 宇 ( 編 ) 親 密 な 対 人 関 係 の 科 学 誠 信 書 房 p 丹 羽 智 美 2002 青 年 期 における 親 への 愛 着 が 友 人 関 係 に 及 ぼす 影 響 - 環 境 移 行 期 に 着 目 して- 本 田 潤 子 2002 児 童 の 母 親 に 対 する 愛 着 測 定 尺 度 の 作 成 カウンセリング 研 究,35,

116 宮 戸 美 樹 いうことを 当 事 者 同 士 が 確 認 するものとなり 快 経 験 の 共 有 をもたらすなど 関 係 促 進 的 効 果 をもつという 指 摘 もある( 遠 藤, 2007) 葉 山 櫻 井 (2008)は 友 人 との 関 係 性 によって 冗 談 行 動 が 異 な

116 宮 戸 美 樹 いうことを 当 事 者 同 士 が 確 認 するものとなり 快 経 験 の 共 有 をもたらすなど 関 係 促 進 的 効 果 をもつという 指 摘 もある( 遠 藤, 2007) 葉 山 櫻 井 (2008)は 友 人 との 関 係 性 によって 冗 談 行 動 が 異 な ユーモア 表 出 行 動 と 表 出 相 手 との 親 密 さの 関 連 115 ユーモア 表 出 行 動 と 表 出 相 手 との 親 密 さの 関 連 宮 戸 美 樹 Relationships between the Humor Expression and Close Friendship with the Partner MIYATO Miki 問 題 と 目 的 1.ユーモアと 対 人

More information

Microsoft Word - 秋大会

Microsoft Word - 秋大会 の 地 域 愛 着 醸 成 と 交 通 行 動 ~ 自 動 車 非 利 用 への 積 極 性 の 影 響 について~ 鈴 木 春 菜 1 万 本 怜 司 2 榊 原 弘 之 3 1 正 会 員 山 口 大 学 大 学 院 助 教 理 工 学 研 究 科 ( 755-8611 山 口 県 宇 部 市 常 盤 台 2-16-1) E-mail:suzuki-h@yamaguchi-u.ac.jp 2 会

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2094AD924282C68BB388E72091E63489F1338DCE82DC82C582CD95EA82CC8EE882C582C682A282A4905F986228947A957A9770292E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2094AD924282C68BB388E72091E63489F1338DCE82DC82C582CD95EA82CC8EE882C582C682A282A4905F986228947A957A9770292E70707478> トピック 発 達 と 教 育 第 4 回 3 歳 までは 母 親 の 手 で という 神 話 担 当 : 清 水 由 紀 (Yuki SHIMIZU) 1. 愛 着 とは 2. 3. ホスピタリズムとマターナル デプリベーション 4. 愛 着 理 論 と3 歳 児 神 話 5. 愛 着 の 世 代 間 伝 達 愛 着 (attachment)とは Bowlby(1969) 愛 着 とは ( ) 人

More information

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の 大 津 家 庭 裁 判 所 委 員 会 議 事 録 1 日 時 平 成 20 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 2 場 所 大 津 家 庭 裁 判 所 本 館 大 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 五 十 音 順 敬 称 略 飯 田 喜 信, 小 川 素 子, 國 松 完 二, 甲 津 貴 央, 酒 井 康 夫, 十 倉 良

More information

レーム と 三 つに 区 分 し,クレームを 要 求, 苦 情, 無 理 難 題 を 言 うこと と 定 義 している 学 校 現 場 で 用 いられる クレーム は, 金 子 (2007)が 定 義 したように 苦 情, 無 理 難 題 を 含 むものと 考 え, 本 研 究 でも クレームを 保

レーム と 三 つに 区 分 し,クレームを 要 求, 苦 情, 無 理 難 題 を 言 うこと と 定 義 している 学 校 現 場 で 用 いられる クレーム は, 金 子 (2007)が 定 義 したように 苦 情, 無 理 難 題 を 含 むものと 考 え, 本 研 究 でも クレームを 保 青 森 県 総 合 学 校 教 育 センター 研 究 紀 要 [2009.3] F9-01 教 育 相 談 保 護 者 からのクレームに 関 する 研 究 - 小 学 校 中 学 校 県 立 学 校 におけるクレーム 内 容 の 比 較 を 通 して- 教 育 相 談 課 研 究 員 船 水 泰 秀 要 旨 学 校 現 場 に 寄 せられる 保 護 者 からのクレームについて, 内 容 や 対 応

More information

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc 子 どもの 遊 びの 実 態 に 関 する 研 究 A Study of Actual Conditions of Children s Play 鶴 山 博 之 TSURUYAMA Hiroyuki 橋 爪 和 夫 1) HASHIZUME Kazuo 中 野 綾 2) NAKANO Aya Ⅰ. 緒 言 子 どもは 遊 びを 経 験 することによってさまざまなことを 学 習 していくといわれている

More information

Taro-2回目訂正_Taro-研究紀要(

Taro-2回目訂正_Taro-研究紀要( 青 森 県 総 合 学 校 教 育 センター 研 究 紀 要 [2013.3] F9-01 中 学 校 教 育 相 談 中 学 校 における 不 登 校 生 徒 の 学 校 への 適 応 感 を 高 めるための 研 究 - 不 登 校 対 応 チャートを 用 いたコンサルテーションを 通 して- 教 育 相 談 課 研 究 員 佐 藤 奈 央 子 要 旨 本 研 究 では, 中 学 校 における 不

More information

外 国 人 生 徒 の 高 校 進 学 に 関 する 教 育 課 題 特 別 入 学 枠 に 着 目 して 海 地 方 ( 愛 知 県 岐 阜 県 三 重 県 静 岡 県 ) に 着 目 し 特 別 入 学 枠 を 利 用 して 外 国 人 生 徒 が 高 校 入 学 する 際 外 国 人 生 徒

外 国 人 生 徒 の 高 校 進 学 に 関 する 教 育 課 題 特 別 入 学 枠 に 着 目 して 海 地 方 ( 愛 知 県 岐 阜 県 三 重 県 静 岡 県 ) に 着 目 し 特 別 入 学 枠 を 利 用 して 外 国 人 生 徒 が 高 校 入 学 する 際 外 国 人 生 徒 名 古 屋 大 学 大 学 院 教 育 発 達 科 学 研 究 科 教 育 科 学 専 攻 教 育 論 叢 第 54 号 2011 年 外 国 人 生 徒 の 高 校 進 学 に 関 する 教 育 課 題 特 別 入 学 枠 に 着 目 して はじめに 細 川 卓 哉 1990 年 代 以 降 ニューカマー 1) という 外 国 籍 の 子 どもの 教 育 課 題 が 注 目 され 始 めた 当 初

More information

博士論文(心理博甲12号) 論文要旨および審査結果の要旨

博士論文(心理博甲12号) 論文要旨および審査結果の要旨 博 士 学 位 論 文 論 文 要 旨 および 審 査 結 果 の 要 旨 博 甲 第 12 号 2016 年 3 月 目 白 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 はしがき この 冊 子 は 学 位 規 則 ( 昭 和 28 年 文 部 省 令 第 9 号 ) 第 8 条 による 公 表 を 目 的 として, 平 成 28 年 3 月 に 本 学 において 授 与 した 博 士 ( 心 理

More information

Microsoft Word - 025天谷祐子.doc

Microsoft Word - 025天谷祐子.doc 学 術 論 文 自 我 体 験 の 経 験 時 における 深 刻 さと 体 験 後 の 意 味 づけに 寄 与 する 要 因 の 検 討 - 初 発 時 期 と 体 験 期 間 を 切 り 口 にして- The Contribution of the Age of the Initial Experience and the Duration for Ego-Experience to the Extent

More information

消 費 生 活 相 談 統 計 によれば 全 国 消 費 生 活 情 報 ネットワーク システム (Practical Living Information Online Network System;PIO-NET)における 保 険 の 相 談 は 多 くの 商 品 役 務 の 中 で 毎 年 上

消 費 生 活 相 談 統 計 によれば 全 国 消 費 生 活 情 報 ネットワーク システム (Practical Living Information Online Network System;PIO-NET)における 保 険 の 相 談 は 多 くの 商 品 役 務 の 中 で 毎 年 上 消 費 生 活 相 談 情 報 にみる 保 険 契 約 の 現 状 と 課 題 A Review of Consumer Inquiries regarding Insurance contracts Through PIO-NET to Identify Issues 磯 村 浩 子 Hiroko ISOMURA 要 約 生 命 保 険 損 害 保 険 その 他 の 保 険 は 生 活 経 済 の

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc 2 電 話 勧 誘 訪 問 販 売 DMに 対 する 生 活 者 意 識 研 究 開 発 室 宮 木 由 貴 子 - 要 旨 - 1 内 閣 府 は 2005 年 に 策 定 された 消 費 者 基 本 計 画 において 消 費 者 が 望 まないのに 勧 誘 を 受 け る いわゆる 不 招 請 勧 誘 について 何 らかの 規 制 に 関 する 一 定 の 結 論 を 得 るとしている こ うした

More information

8-1-2 重 回 帰 分 析 と 重 回 帰 式 複 数 の 独 立 変 数 から 従 属 変 数 を 予 測 することを 重 回 帰 分 析 という 重 回 帰 式 は 単 回 帰 式 の 応 用 で 複 数 の 独 立 変 数 が 式 に 追 加 された 直 線 モデル 重 回 帰 式 : Y

8-1-2 重 回 帰 分 析 と 重 回 帰 式 複 数 の 独 立 変 数 から 従 属 変 数 を 予 測 することを 重 回 帰 分 析 という 重 回 帰 式 は 単 回 帰 式 の 応 用 で 複 数 の 独 立 変 数 が 式 に 追 加 された 直 線 モデル 重 回 帰 式 : Y 異 文 化 言 語 教 育 評 価 ⅠA 第 8 章 回 帰 分 析 平 成 26 年 7 月 2 日 報 告 者 :H.W. 8-1 回 帰 分 析 とは 回 帰 分 析 : 変 数 間 の 因 果 関 係 や 方 向 性 を 想 定 して 1つまたは 複 数 の 独 立 変 数 から 従 属 変 数 の 予 測 の 大 きさ( 説 明 率 )を 検 討 する 場 合 に 用 いる 単 回 帰 分

More information

平成26年試験問題AP-4.indd

平成26年試験問題AP-4.indd a 0 7 0 4 0 0 0 0 a 平 成 26 年 保 育 士 試 験 問 題 児 童 家 庭 福 祉 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 を 確 認 し 誤 り がある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に

More information

『教育』をとりまく現状と課題について

『教育』をとりまく現状と課題について 資 料 3 教 育 をとりまく 現 状 と 課 題 1.アンケート 結 果 から 見 た 教 育 をとりまく 現 状 2. 方 向 性 参 考 61 人 の 声 産 業 構 造 審 議 会 基 本 政 策 部 会 2006 年 11 月 17 日 木 幡 美 子 1 アンケート 結 果 から 見 た 教 育 をとりまく 現 状 アンケート 実 施 期 間 2006 年 10 月 13 日 ~31 日

More information

じめが 起 きやすいことも 挙 げられる よって 学 級 内 の 人 間 関 係 も 影 響 して いじめ 被 害 者 は 周 囲 の 大 人 へ 助 けを 求 められない 心 理 状 況 に 陥 りやすく ますます 見 えないものとなり 横 暴 化 して いく そういった 状 況 になってしまって

じめが 起 きやすいことも 挙 げられる よって 学 級 内 の 人 間 関 係 も 影 響 して いじめ 被 害 者 は 周 囲 の 大 人 へ 助 けを 求 められない 心 理 状 況 に 陥 りやすく ますます 見 えないものとなり 横 暴 化 して いく そういった 状 況 になってしまって いじめ 予 防 と 修 復 的 な 学 級 集 団 の 形 成 子 ども 同 士 のかかわりに 関 する 諸 問 題 への 着 目 と 仲 裁 者 育 成 プログラムの 可 能 性 139517 松 山 康 成 1.はじめに 現 在 学 校 はいじめや 不 登 校 学 級 崩 壊 校 内 暴 力 等 の 生 徒 指 導 上 の 様 々な 問 題 を 抱 えている (1) 文 部 科 学 省 によると

More information

Microsoft Word - DV基本計画(第2次)策定にあたっての提言.doc

Microsoft Word - DV基本計画(第2次)策定にあたっての提言.doc 蕨 市 配 偶 者 等 からの 暴 力 の 防 止 及 び 被 害 者 の 支 援 に 関 する 基 本 計 画 ( 第 2 次 ) 策 定 に 向 けての 提 言 平 成 27 年 10 月 26 日 蕨 市 男 女 共 同 参 画 推 進 委 員 会 蕨 市 における 配 偶 者 間 の 暴 力 防 止 および 被 害 者 支 援 の 方 向 性 について 趣 旨 配 偶 者 等 からの 暴 力

More information

目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅳ. 保 育 シ ス テ ム の も た ら す 困 難 性 Ⅴ. 全 体 考 察 1. 保 護

目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅳ. 保 育 シ ス テ ム の も た ら す 困 難 性 Ⅴ. 全 体 考 察 1. 保 護 保 育 相 談 支 援 の 困 難 性 に 関 する 要 因 の 検 討 - 保 育 所 保 育 士 の 感 じる 保 護 者 とのかかわりの 難 しさを 手 が かりに- 亀 﨑 美 沙 子 1 目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

Microsoft Word - 211J4057.docx

Microsoft Word - 211J4057.docx 修 士 論 文 ( 要 旨 ) 2013 年 1 月 成 人 障 害 者 をもつ 保 護 者 の 心 的 負 担 に 関 する 研 究 指 導 茂 木 俊 彦 教 授 心 理 学 研 究 科 健 康 心 理 学 専 攻 211J4057 成 田 和 子 目 次 はじめに------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

要 旨 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 就 業 拡 大 登 用 拡 大 の 余 地 は 依 然 として 大 きい 新 卒 時 点 で 正 規 雇 用 の 職 に 就 いた 女 性 のうち 結 婚 出 産 した 女 性 の 約 8 割 が 正 規 雇 用 の 職 を 離 れ うち 約

要 旨 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 就 業 拡 大 登 用 拡 大 の 余 地 は 依 然 として 大 きい 新 卒 時 点 で 正 規 雇 用 の 職 に 就 いた 女 性 のうち 結 婚 出 産 した 女 性 の 約 8 割 が 正 規 雇 用 の 職 を 離 れ うち 約 2015 年 11 月 18 日 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 働 き 方 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 ( 報 告 ) 調 査 の 概 要 株 式 会 社 日 本 総 合 研 究 所 は 東 京 圏 ( 東 京 神 奈 川 埼 玉 千 葉 )に 現 住 所 があり かつ 東 京 圏 に 所 在 する 四 年 制 の 大 学 又 は 大 学 院 を 卒 業 した いわゆる

More information

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生 2010 年 に 発 生 した 大 麻 事 件 に 関 する 報 告 書 ( 総 括 ) 2011 年 6 月 西 南 学 院 大 学 薬 物 問 題 等 対 策 委 員 会 目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

生きる力と確かな学力を育てる学習指導の在り方

生きる力と確かな学力を育てる学習指導の在り方 生 きる 力 と 確 かな 学 力 を 保 障 する 学 習 指 導 の 在 り 方 高 知 市 立 介 良 小 学 校 教 諭 藤 田 由 紀 子 1 はじめに 本 研 究 テーマ 生 きる 力 と 確 かな 学 力 を 保 障 する 学 習 指 導 のあり 方 は 児 童 の 学 力 形 成 と 向 上 を もたらす 学 習 の 在 り 方 を 考 え 今 後 の 学 習 指 導 において 重

More information

介護概念に含まれる要件および高齢者福祉施設における介護職員の介護概念に対する認識

介護概念に含まれる要件および高齢者福祉施設における介護職員の介護概念に対する認識 研 究 論 文 集 教 育 系 文 系 の 九 州 地 区 国 立 大 学 間 連 携 論 文 集 第 2 巻 第 2 号 (2009.3) 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 のある 幼 児 とのコミュニケーション に 対 する 保 育 士 の 心 がけ 松 山 * 郁 夫 Mental Attitude by Child Care Workers of Communication about the

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250817C825781403131313130315F3233944E93788CA38C8C92B28DB88A5497762E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250817C825781403131313130315F3233944E93788CA38C8C92B28DB88A5497762E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 資 料 1-8 若 年 層 献 血 意 識 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 調 査 の 概 況 < 調 査 目 的 > 献 血 者 数 については これまで 減 少 傾 向 が 引 き 続 いていたところであるが 平 成 20 年 以 降 増 加 に 転 じ これまでの 献 血 者 確 保 対 策 に 一 定 の 効 果 がみられているところである しかしながら 10~20 歳 代 の 若 年 層

More information

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい 公 定 価 格 に 関 す る F A Q ( よ く あ る 質 問 ) Ver.9( 平 成 27 年 6 月 17 日 時 点 版 ) このFAQは 仮 単 価 を 基 に 年 間 の 運 営 費 額 を 定 する 際 の 参 考 となるよう 現 行 の 幼 稚 園 保 育 所 等 における 取 り 扱 いを 基 に 作 成 したもので あり 今 後 詳 細 を 検 討 していく 過 程 で

More information

子ども手当見直しによる家計への影響~高所得者層の可処分所得は大幅減少に

子ども手当見直しによる家計への影響~高所得者層の可処分所得は大幅減少に ニッセイ 基 礎 研 究 所 No.2011-02 Aug 2011 見 直 しによる 家 への 影 響 ~ 高 所 得 者 層 の 可 処 分 所 得 は 大 幅 減 少 に 経 済 調 査 部 門 研 究 員 桑 畠 滋 (くわはた しげる) (03)3512-1838 kuwahata@nli-research.co.jp [ 要 旨 ] 民 主 自 民 公 明 3 党 は を 見 直 し 2012

More information

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非 先 生 方 へ いのちを 大 切 にし 他 人 を 思 いやる 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう いのちの 教 育 危 機 対 応 の 在 り 方 への 提 言 危 機 感 をもとう 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう 躊 躇 せず 関 係 機 関 との 連 携 をしよう 子 どもの 状 況 を 次 の 学 年 学 校 へ 確 実 に 引 き 継 ごう

More information

Ⅰ調査の概要160530

Ⅰ調査の概要160530 改 訂 第 2 次 うらやす 男 女 共 同 参 画 プラン 策 定 に 伴 う 調 査 報 告 書 ( 市 民 意 識 調 査 グループインタビュー 調 査 ) 2016( 平 成 28) 年 3 月 浦 安 市 第 1 編 市 民 意 識 調 査 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 方 法 と 回 収 状 況... 1 3. 調 査 項 目... 2 4.

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

発 表 者 の 修 士 論 文 タイトル 一 覧 文 字 弁 別 課 題 と 運 動 方 向 判 断 課 題 における 段 階 的 な 時 間 的 注 意 の 生 起 佐 藤 史 織 (B11401M) 大 学 生 を 対 象 とした 心 拍 変 動 バイオフィードバックによる 入 眠 改 善 の

発 表 者 の 修 士 論 文 タイトル 一 覧 文 字 弁 別 課 題 と 運 動 方 向 判 断 課 題 における 段 階 的 な 時 間 的 注 意 の 生 起 佐 藤 史 織 (B11401M) 大 学 生 を 対 象 とした 心 拍 変 動 バイオフィードバックによる 入 眠 改 善 の 中 京 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 平 成 27 年 度 修 士 論 文 中 間 報 告 会 抄 録 集 平 成 27 年 7 月 14 日 7 月 16 日 場 所 中 京 大 学 八 事 キャンパス 3 号 館 2 階 廊 下 発 表 者 の 修 士 論 文 タイトル 一 覧 文 字 弁 別 課 題 と 運 動 方 向 判 断 課 題 における 段 階 的 な 時 間 的 注 意

More information

隈 元 柳 田 : 被 服 行 動 とライフスタイルの 関 連 性 欲 求 と 被 服 行 動 の 関 係 に 関 しては マズローの 欲 求 分 類 により 説 明 することができる 1) マズローは 欲 求 は 階 層 構 造 をなしており 第 一 段 階 の 生 理 的 欲 求 第 二 段 階

隈 元 柳 田 : 被 服 行 動 とライフスタイルの 関 連 性 欲 求 と 被 服 行 動 の 関 係 に 関 しては マズローの 欲 求 分 類 により 説 明 することができる 1) マズローは 欲 求 は 階 層 構 造 をなしており 第 一 段 階 の 生 理 的 欲 求 第 二 段 階 論 文 被 服 行 動 とライフスタイルの 関 連 性 隈 元 美 貴 子 1) 柳 田 元 継 2) キーワード: 被 服 行 動,ライフスタイル,クラスター 分 析 要 旨 : 被 服 行 動 を 規 定 する 要 因 には 感 覚 や 知 覚 感 情 や 気 分 パーソナリティや 自 己 概 念 欲 求 や 動 機 態 度 価 値 観 ライフスタイルなどがある これらは 被 服 行 動 を 説

More information

Microsoft Word - wt1608(北村).docx

Microsoft Word - wt1608(北村).docx 高 齢 期 の 独 居 化 と 食 生 活 の 変 化 上 席 主 任 研 究 員 北 村 安 樹 子 < 夫 の 定 年 と 自 宅 の 変 化 > 定 年 退 職 を 迎 えた 夫 が 毎 日 自 宅 で 過 ごすようになり 日 中 夫 が 家 にいることや 夫 の 昼 食 の 支 度 を 気 にしなくてはならなくなった 妻 がストレスを 感 じる という 話 を 聞 くことがある 現 在 60~70

More information

Microsoft Word - 博士論文(要約).docx

Microsoft Word - 博士論文(要約).docx 博 士 論 文 幼 稚 園 の 保 育 者 の 動 物 飼 育 に 対 する 知 識 と 態 度 の 向 上 を 図 る 試 み - 幼 児 と 飼 育 動 物 に 配 慮 した 動 物 介 在 教 育 の 実 現 を 目 指 して ( 要 約 ) 平 成 26 年 3 月 広 島 大 学 大 学 院 生 物 圏 科 学 研 究 科 森 元 真 理 第 Ⅰ 章 緒 論 動 物 との 関 わりが 子

More information

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから 平 成 21 年 度 第 2 回 ( 第 9 回 ) 磯 辺 地 区 学 校 適 正 配 置 地 元 代 表 協 議 会 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 21 年 9 月 7 日 ( 月 ) 10 時 ~12 時 2 場 所 磯 辺 地 域 ルーム( 磯 辺 第 一 中 学 校 内 ) 3 出 席 者 (1) 委 員 22 名 欠 席 : 高 橋 委 員 池 上 委 員 (2) 事 務 局 古

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 孫 への 贈 与 非 課 税 の 潜 在 効 果 と 課 題 発 表 日 :2013 年 2 月 13 日 ( 水 ) ~ 利 用 されるために 必 要 な 制 度 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 今 回 の 緊 急 経 済 対 策 では 祖 父

More information

Microsoft Word - 最終報告_ver8.docx

Microsoft Word - 最終報告_ver8.docx 福 島 第 一 原 発 事 故 を 受 けて 放 射 線 についての 教 育 現 状 とその 意 識 調 査 リスク 工 学 グループ 演 習 8 班 新 屋 樹 中 田 星 子 劉 陽 (アドバイザー 教 員 : 掛 谷 英 紀 ) 1.はじめに 11 年 3 月 11 日 の 東 日 本 大 震 災 により 福 島 第 一 原 発 事 故 が 発 生 し 放 射 性 物 質 が 漏 れ 出 した

More information

<5461726F31312D3039944E8DE096B1825089F196DA8365834C835883672E6A>

<5461726F31312D3039944E8DE096B1825089F196DA8365834C835883672E6A> < 第 10 の 目 的 章 > 経 営 比 率 分 析 分 もに 整 析 理 本 といわれることもあり この 章 経 比 では 営 較 管 理 検 討 に することによって 役 比 立 率 つ 分 資 析 料 について を 得 経 ることを 営 企 学 分 業 習 析 の する は 状 目 態 的 企 を として 次 業 知 章 の り その 経 損 営 主 益 活 として 分 動 将 岐 来 や

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

Microsoft Word - miura

Microsoft Word - miura 大 学 生 のインターネット ショッピングにおける 知 覚 リスクの 構 成 因 子 の 検 討 Examination of configuration factor of perceived risk in the university student's Internet shopping 三 浦 一 起 MIURA, kazuki キーワード:インターネット ショッピング 知 覚 リスク 信

More information

マイビッグデータ 約 7 割 が 積 極 的 に 知 りたい と 回 答 今 後 の 技 術 進 歩 により あなた 自 身 に 関 する 様 々な 事 柄 が 分 かっていくとしましょう そのよう な 時 代 の 流 れを 全 体 的 に 考 えた 時 あなたは 自 分 自 身 の 情 報 を 知

マイビッグデータ 約 7 割 が 積 極 的 に 知 りたい と 回 答 今 後 の 技 術 進 歩 により あなた 自 身 に 関 する 様 々な 事 柄 が 分 かっていくとしましょう そのよう な 時 代 の 流 れを 全 体 的 に 考 えた 時 あなたは 自 分 自 身 の 情 報 を 知 博 報 堂 生 活 総 研 マイビッグデータ に 関 する 意 識 調 査 を 実 施 2015 年 7 月 16 日 博 報 堂 生 活 総 合 研 究 所 ( 所 長 : 石 寺 修 三 )は 自 分 自 身 の 身 体 に 関 する 大 量 の 情 報 マイビッグ データ( ) に 関 する 意 識 調 査 を 実 施 いたしました 本 調 査 は ウェアラブル 端 末 や 遺 伝 子 検 査

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

平 成 22 年 度 横 浜 市 児 童 相 談 所 の 児 童 虐 待 新 規 把 握 件 数 横 浜 市 の 児 童 相 談 所 において 平 成 22 年 度 新 たに 把 握 した 児 童 虐 待 件 数 は 626 件 でした また 虐 待 対 応 件 数 は 平 成 21 年 度 以 前

平 成 22 年 度 横 浜 市 児 童 相 談 所 の 児 童 虐 待 新 規 把 握 件 数 横 浜 市 の 児 童 相 談 所 において 平 成 22 年 度 新 たに 把 握 した 児 童 虐 待 件 数 は 626 件 でした また 虐 待 対 応 件 数 は 平 成 21 年 度 以 前 平 成 23 年 5 月 26 日 こども 青 少 年 教 育 委 員 会 資 料 こ ど も 青 少 年 局 児 童 虐 待 等 への 対 応 状 況 について 1 平 成 22 年 度 横 浜 市 児 童 相 談 所 の 児 童 虐 待 新 規 把 握 件 数 1 2 平 成 22 年 12 月 14 日 に 他 都 市 より 電 話 で 引 き 継 いだケースについて 3 3 最 近 の 事

More information

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ 第 4 部 施 策 の 展 開 1 妊 産 婦 乳 幼 児 への 保 健 対 策 の 充 実 < 現 状 と 課 題 > 地 域 で 母 子 が 安 心 して 生 活 するためには 妊 娠 出 産 産 後 における 地 域 での 切 れ 目 の ない 支 援 が 必 要 となります そのためには 医 療 機 関 行 政 NPO 関 係 団 体 等 が 密 接 に 関 わりながら 産 前 から の 相

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

’jfl—_–{•Ò_

’jfl—_–{•Ò_ 6. 男 女 間 における 暴 力 について (1) 配 偶 者 からの 暴 力 の 防 止 及 び 被 害 者 の 保 護 についての 認 知 度 問 17 あなたは 配 偶 者 からの 暴 力 の 防 止 及 び 被 害 者 の 保 護 に 関 して 次 のことを 知 っていますか ここでの 配 偶 者 には 婚 姻 届 を 出 していない 事 実 婚 や 別 居 中 の 夫 婦 元 配 偶 者

More information

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 88 年 07 年 東 京 調 査 の 結 果 目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 者 選 択

More information

まず 働 く 女 性 の 現 状 からお 話 しします 現 在 正 規 社 員 を 男 女 別 に 人 口 数 で 比 較 すれば 女 性 の 人 口 数 が 多 いにもかかわらず 女 性 の 正 規 は 1046 万 人 で 男 性 正 規 の2309 万 人 と 比 べれば 約 半 分 の 雇

まず 働 く 女 性 の 現 状 からお 話 しします 現 在 正 規 社 員 を 男 女 別 に 人 口 数 で 比 較 すれば 女 性 の 人 口 数 が 多 いにもかかわらず 女 性 の 正 規 は 1046 万 人 で 男 性 正 規 の2309 万 人 と 比 べれば 約 半 分 の 雇 子 育 てと 仕 事 を 両 立 しながら 正 社 員 として 働 き 続 けることを 選 択 した 女 性 は どんな 人 たちかをテーマに 卒 業 研 究 を 行 った なぜ これに 焦 点 を 絞 ったかの 背 景 は 世 の 中 には 正 社 員 として 働 き 続 けている 女 性 と 非 正 規 に 働 き 方 を 変 えている 女 性 そして 働 くことを 辞 めた 専 業 主 婦 が

More information

平 成 24 年 度 損 保 1 2 (5) 平 成 10 年 6 月 8 日 大 蔵 省 告 示 第 232 号 においては 大 規 模 自 然 災 害 ファンドの 計 算 に 用 いる 工 学 的 事 故 発 生 モデルの 要 件 として 次 のように 記 載 されている 当 該 要 件 を 地

平 成 24 年 度 損 保 1 2 (5) 平 成 10 年 6 月 8 日 大 蔵 省 告 示 第 232 号 においては 大 規 模 自 然 災 害 ファンドの 計 算 に 用 いる 工 学 的 事 故 発 生 モデルの 要 件 として 次 のように 記 載 されている 当 該 要 件 を 地 平 成 24 年 度 損 保 1 1 損 保 1( 問 題 ) 第 Ⅰ 部 問 題 1. 次 の(1)~(5)の 各 問 に 解 答 しなさい 解 答 は 解 答 用 紙 の 所 定 の 欄 に 記 入 すること 各 5 点 (1) 傷 害 保 険 において 1 被 保 険 者 の 職 業 職 種 2 被 保 険 者 の 年 齢 および3 担 保 危 険 の 時 間 的 制 限 の 各 要 素 が

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

ando20160201

ando20160201 平 成 27 年 度 研 究 所 奨 学 論 文 応 募 研 究 所 政 治 経 済 研 究 所 Facebook と 投 票 論 文 作 品 テーマ 都 会 と 田 舎 における 影 響 の 差 フリガナ アンドウ ユウスケ 氏 名 安 藤 雄 祐 ( 代 表 者 ) ( 共 同 執 筆 の 場 合 は 上 記 者 が 代 表 者 となる 代 表 者 他 名 ) 所 属 研 究 科 専 攻 または

More information

4 教 科 に 関 する 調 査 結 果 の 概 況 校 種 学 年 小 学 校 2 年 生 3 年 生 4 年 生 5 年 生 6 年 生 教 科 平 均 到 達 度 目 標 値 差 達 成 率 国 語 77.8% 68.9% 8.9% 79.3% 算 数 92.0% 76.7% 15.3% 94

4 教 科 に 関 する 調 査 結 果 の 概 況 校 種 学 年 小 学 校 2 年 生 3 年 生 4 年 生 5 年 生 6 年 生 教 科 平 均 到 達 度 目 標 値 差 達 成 率 国 語 77.8% 68.9% 8.9% 79.3% 算 数 92.0% 76.7% 15.3% 94 4 教 科 に 関 する 調 査 結 果 の 概 況 校 種 学 年 小 学 校 2 年 生 3 年 生 4 年 生 5 年 生 6 年 生 教 科 平 均 到 達 度 目 標 値 差 達 成 率 国 語 77.8% 68.9% 8.9% 79.3% 算 数 92.0% 76.7% 15.3% 94.3% 国 語 84.7% 73.9% 10.8% 79.0% 算 数 87.7% 74.3% 13.4%

More information

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的 第 1 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 26 日 ( 木 曜 日 )15 時 00 分 ~16 時 00 分 〇 開 催 場 所 沼 津 市 立 第 四 小 学 校 多 目 的 ホール 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 長 服 部 裕 美 子 教 育 委 員 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育 委 員

More information

も 障 がい 者 でもない 状 態 を 生 きていると 言 える ADHDについて 医 学 生 理 学 的 なアプローチから 障 がいの 特 性 を 述 べたものは 多 くみ られる( 村 山 1993, 粟 田 1998, 作 田 勉 作 田 明,1998) ADHDは 脳 の 機 能 障 がいで

も 障 がい 者 でもない 状 態 を 生 きていると 言 える ADHDについて 医 学 生 理 学 的 なアプローチから 障 がいの 特 性 を 述 べたものは 多 くみ られる( 村 山 1993, 粟 田 1998, 作 田 勉 作 田 明,1998) ADHDは 脳 の 機 能 障 がいで ADHDの 子 ども 像 から ADHD 傾 向 の 子 ども 像 への 変 容 2000 年 代 以 降 のADHDと 自 尊 感 情 の 関 連 づける 論 考 を 中 心 に 高 石 市 立 高 陽 小 学 校 堀 元 樹 1.はじめに 本 稿 の 関 心 は 自 尊 感 情 が ADHDの 子 ども や ADHD 傾 向 の 子 ども の 教 育 問 題 としてどのようにして 語 られるかにある

More information

結 婚 して 相 手 に 満 足 できないときは 離 婚 すればよい 年 代 別 女 性 の 場 合 年 代 が 上 がるにつれて そう 思 う の 割 合 が 低 くなる 傾 向 である 女 性 の 場 合 20 代 では そう 思 う の 割 合 が そう 思 わない を 上 回 るが 30 代

結 婚 して 相 手 に 満 足 できないときは 離 婚 すればよい 年 代 別 女 性 の 場 合 年 代 が 上 がるにつれて そう 思 う の 割 合 が 低 くなる 傾 向 である 女 性 の 場 合 20 代 では そう 思 う の 割 合 が そう 思 わない を 上 回 るが 30 代 ⑶ 結 婚 や 出 産 に 対 する 意 識 1 結 婚 離 婚 出 産 に 対 する 意 識 ( 問 14 ) 全 体 結 婚 は 個 人 の 自 由 であるから 結 婚 してもしなくてもどちらでもよい については そう 思 う (47.5%)が そう 思 わない (26.3%)を 上 回 る 女 性 は 結 婚 したら 自 分 のことよりも 夫 や 子 どもを 中 心 に 生 活 したほうがよい

More information

Microsoft Word - 826yamagishi.doc

Microsoft Word - 826yamagishi.doc 文 教 大 学 情 報 学 部 社 会 調 査 ゼミナール 報 告 書 大 学 生 のストレス 状 況 2009 年 3 月 情 報 学 部 広 報 学 科 3 年 山 岸 さやか 第 1 章 研 究 の 概 要 1.1 研 究 の 背 景 と 目 的 2 1.2 研 究 の 方 法 (1) 進 歩 経 緯 (2) 調 査 の 概 要 1.3 成 果 の 概 要 (1) 主 な 結 果 4 (2)その

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に 第 192 回 産 業 セミナー 社 会 保 障 の 公 的 負 担 現 状 と 課 題 前 川 聡 子 財 政 社 会 保 障 制 度 研 究 班 研 究 員 経 済 学 部 教 授 はじめに 野 田 政 権 発 足 後 社 会 保 障 財 源 の 確 保 を 目 的 とした 消 費 税 増 税 を 実 現 する 方 向 で 議 論 が 着 々 と 進 められている 既 に 消 費 税 ( 国 税

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

(Microsoft Word - \227\\\215e_H22ABEF)

(Microsoft Word - \227\\\215e_H22ABEF) 自 信 過 剰 が 競 争 的 環 境 における 生 産 性 に 与 える 影 響 木 成 勇 介 ( 九 州 大 学 ) 大 竹 文 雄 ( 大 阪 大 学 ) 奥 平 寛 子 ( 岡 山 大 学 ) 水 谷 徳 子 ( 東 洋 大 学 ) 要 旨 : 個 人 の 生 産 性 に 基 づいて 報 酬 が 支 払 われる 歩 合 制 に 対 して 他 人 の 生 産 性 と 比 較 し て 報 酬

More information

3 方 法 今 回 の 実 験 では アンケートによってサンプルを 収 集 し それを 回 帰 分 析 することで 仮 説 との 整 合 性 を 検 証 するという 方 法 を 採 択 した 具 体 的 には 被 説 明 変 数 に 教 育 熱 を 測 る 質 問 を 説 明 変 数 には 自 尊

3 方 法 今 回 の 実 験 では アンケートによってサンプルを 収 集 し それを 回 帰 分 析 することで 仮 説 との 整 合 性 を 検 証 するという 方 法 を 採 択 した 具 体 的 には 被 説 明 変 数 に 教 育 熱 を 測 る 質 問 を 説 明 変 数 には 自 尊 日 韓 における 自 尊 心 競 争 心 見 栄 の 度 合 いによる 親 の 子 供 に 対 する 教 育 熱 の 度 合 い 著 者 朝 緑 明 子 井 本 拓 希 宋 熹 允 山 下 裕 一 朗 所 属 先 慶 應 義 塾 大 学 経 済 学 部 1 要 約 日 本 では 昨 今 熾 烈 な 大 学 受 験 戦 争 が 起 きている しかし その 戦 争 に 勝 利 して 有 名 大 学 に

More information

論文タイトル(MS明朝12pt太字)

論文タイトル(MS明朝12pt太字) 国 際 交 流 基 金 バンコク 日 本 文 化 センター 日 本 語 教 育 紀 要 第 12 号 (2015 年 ) やさしい 日 本 語 ニュースの やさしさ を 考 える 近 藤 めぐみ 1. はじめに 初 級 授 業 を 受 け 持 つ 中 で 社 会 人 の 学 習 者 から 時 折 ニュースを 読 みたい という 声 を 受 けて きた しかし 初 級 でニュース 読 解 を 行 おうにも

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2094F190B38B4B8F418BC6914991F082CC94778C6930393234>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2094F190B38B4B8F418BC6914991F082CC94778C6930393234> 非 正 規 就 業 選 択 の 背 景 : 婚 姻 履 歴 と 就 業 意 識 * 兵 庫 県 立 大 学 横 山 由 紀 子 1.はじめに 2008 年 世 界 同 時 不 況 の 影 響 で 日 本 経 済 は 大 きな 打 撃 を 受 け その 影 響 は 雇 用 環 境 にも 大 きく 波 及 した その 結 果 近 年 増 加 し 続 けていた 非 正 規 従 業 員 はこれまでになく 厳

More information

調 査 結 果 結 婚 に 対 する 意 識 について 未 婚 男 女 結 婚 したい 8 割 結 婚 したくない 2 割 未 婚 30 代 女 性 では すぐにでも 結 婚 したい 3 割 弱 40 代 女 性 は1 割 すぐにでも 結 婚 したい は 正 規 労 働 者 では23.0% 非 正

調 査 結 果 結 婚 に 対 する 意 識 について 未 婚 男 女 結 婚 したい 8 割 結 婚 したくない 2 割 未 婚 30 代 女 性 では すぐにでも 結 婚 したい 3 割 弱 40 代 女 性 は1 割 すぐにでも 結 婚 したい は 正 規 労 働 者 では23.0% 非 正 報 道 関 係 各 位 子 ども 子 育 てに 関 する 調 査 2013 年 6 月 21 日 結 婚 に 対 する 意 識 について 未 婚 男 女 結 婚 したい 8 割 結 婚 したくない 2 割 結 婚 したくない 理 由 半 数 が 結 婚 することが 幸 せだと 思 わない 結 婚 できないと 思 う 理 由 出 会 いがない 7 割 強 20 代 では 異 性 と 上 手 くつきあえない

More information

254 中 村 健 壽 福 岡 欣 治 社, 銀 行 と 小 売 業 各 76 社, 化 学 67 社 等 )であった. 2. 2. 調 査 内 容 調 査 内 容 は, 秘 書 部 門 の 有 無 とその 概 要 のほか, 秘 書 の 業 務 内 容, 自 律 性 や 多 様 性 など 職 務 の

254 中 村 健 壽 福 岡 欣 治 社, 銀 行 と 小 売 業 各 76 社, 化 学 67 社 等 )であった. 2. 2. 調 査 内 容 調 査 内 容 は, 秘 書 部 門 の 有 無 とその 概 要 のほか, 秘 書 の 業 務 内 容, 自 律 性 や 多 様 性 など 職 務 の 川 崎 医 療 福 祉 学 会 誌 Vol. 20 No. 1 2010 253 258 短 報 電 子 メールの 利 用 が 秘 書 業 務 に 及 ぼす 影 響 秘 書 課 員 と 責 任 者 の 回 答 による 分 析 中 村 健 壽 * 1 福 岡 欣 治 * 1 1. 研 究 の 背 景 と 目 的 香 西 1) が 指 摘 しているように,パーソナルコン ピュータ(パソコン)に 代 表

More information

摂 南 経 済 研 究 第 4 巻 第 1 2 号 (2014) 1.はじめに 近 年 プロ 野 球 人 気 の 陰 りが 指 摘 されているが 現 在 でも 数 多 くの 人 が 球 場 に 足 を 運 んでい る 1 観 客 動 員 数 でみると 来 場 客 数 の 公 表 が 実 数 で 行

摂 南 経 済 研 究 第 4 巻 第 1 2 号 (2014) 1.はじめに 近 年 プロ 野 球 人 気 の 陰 りが 指 摘 されているが 現 在 でも 数 多 くの 人 が 球 場 に 足 を 運 んでい る 1 観 客 動 員 数 でみると 来 場 客 数 の 公 表 が 実 数 で 行 摂 南 経 済 研 究 第 4 巻 第 1 2 号 (2014),33-50ページ プロ 野 球 来 場 者 の 飲 食 物 購 買 行 動 に 関 する 考 察 研 究 ノート プロ 野 球 来 場 者 の 飲 食 物 購 買 行 動 に 関 する 考 察 -オリックス バファローズを 事 例 として- 持 永 政 人 西 川 浩 平 The Analysis of Buying Behavior

More information

文書・資料のつくり方…本文.indd

文書・資料のつくり方…本文.indd はじめに 公 務 員 の 仕 事 は 文 書 に 始 まり 文 書 に 終 わる と 言 われます それほど 文 書 や 資 料 の 作 成 は いつの 時 代 であっても すべての 公 務 員 にとって 必 須 のスキルです そこで 本 書 は 公 務 員 の 皆 さんがさまざま な 文 書 や 資 料 を 作 成 する 際 のポイントやテクニックを 豊 富 な 実 例 を 交 え て わかりやすくお

More information

2012年10月×日

2012年10月×日 2014 年 5 月 20 日 日 本 教 育 文 化 研 究 所 ~ 子 供 の 言 語 教 育 我 が 国 の 伝 統 や 文 化 歴 史 の 継 承 に 関 する 調 査 ~ 外 国 語 学 習 を 重 視 する 一 方 で 我 が 国 の 伝 統 や 文 化 歴 史 を 伝 える 事 は 重 要 小 学 校 低 学 年 ほど 国 語 を 学 んで 欲 しい 正 しい 言 葉 遣 いをしている

More information

会議録

会議録 第 4 回 秦 野 市 公 立 幼 稚 園 あり 方 検 討 委 員 会 1 日 時 平 成 24 年 2 月 7 日 ( 火 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 2 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 3 階 3A 会 議 室 3 出 席 委 員 逢 坂 委 員 小 林 委 員 佐 藤 委 員 佐 々 木 委 員 桐 山 委 員 横 尾 委 員 大 澤 委 員 梅 原 委 員 野 々 山 委 員

More information

Microsoft Word - 212J4054.docx

Microsoft Word - 212J4054.docx 修 士 論 文 ( 要 旨 ) 2014 年 1 月 糖 分 摂 取 が 気 分 に 及 ぼす 影 響 指 導 山 口 創 先 生 心 理 学 研 究 科 健 康 心 理 学 専 攻 212J4054 原 野 有 紗 目 次 1. 序 論... 1 2. 方 法... 1 対 象 者... 1 調 査 内 容... 1 実 験 の 手 続 き... 2 分 析 方 法... 2 3. 結 果 と 考

More information

計 庁 2010) グラフ 1 は 韓 国 の 出 生 率 の 変 化 を 表 わしたものである <グラフ 1> 出 生 率 低 下 による 尐 子 化 現 象 1.5 1.3 1.1 0.9 1.33 1.17 1.08 1.13 1.2 1.19 1.15 このように 尐 子 化 が 進 行 し

計 庁 2010) グラフ 1 は 韓 国 の 出 生 率 の 変 化 を 表 わしたものである <グラフ 1> 出 生 率 低 下 による 尐 子 化 現 象 1.5 1.3 1.1 0.9 1.33 1.17 1.08 1.13 1.2 1.19 1.15 このように 尐 子 化 が 進 行 し 韓 国 における 乳 幼 児 教 育 の 現 況 と 近 年 の 育 児 政 策 ( 李 基 淑 ) 本 研 究 の 対 象 が 居 住 する 首 都 圏 は ソウルを 中 心 に 仁 川 水 原 城 南 議 政 府 安 養 富 川 光 明 等 の 衛 星 都 市 および 半 径 70km 以 内 の 京 畿 道 の 19 郡 を 含 む 広 域 大 都 市 圏 である この 地 域 で は 全 国

More information

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを 用 語 解 説 1 共 通 事 項 用 語 算 出 方 法 解 説 経 常 収 支 比 率 (%) ( 法 適 用 企 業 ) 経 常 収 益 経 常 費 用 損 益 計 算 書 の 項 目 間 の 分 析 であり 企 業 にとっては 最 も 重 要 な 指 標 の 一 つである この 比 率 は 主 たる 営 業 活 動 によって 得 た 収 益 と 他 の 関 連 する 収 益 の 合 算 を

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082AA82F18FEE95F18BC782D62E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082AA82F18FEE95F18BC782D62E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D> 第 3 回 浜 松 がん 看 護 フォーラム21 知 って 得 するボディイメージの 話 自 己 概 念 とは 自 分 で 自 分 を 客 観 的 に 見 たときの 自 分 像 自 分 とはなんだろうか 自 分 は 一 体 どういう 人 間 だろうか 理 想 自 己 ボディイメージ 役 割 社 会 的 な 面 性 格 に 関 する 面 能 力 に 関 する 面 人 間 関 係 に 関 する 面 身

More information

The Impact of Japan's Child Benetfit on Consumption and Savings

The Impact of Japan's Child Benetfit on Consumption and Savings The Impact of Japan's Child Benefit on Consumption and Savings 宇 南 山 卓 ( 財 務 総 合 政 策 研 究 所 ) 児 童 手 当 の 目 的 と 評 価 児 童 手 当 の 目 的 家 庭 における 生 活 の 安 定 に 寄 与 するとともに 次 代 の 社 会 をになう 児 童 の 健 全 な 育 成 及 び 資 質 の 向

More information

長期失業者の求職活動と就業意識

長期失業者の求職活動と就業意識 第 1 章 調 査 研 究 の 目 的 方 法 と 分 析 結 果 の 概 要 第 1 節 調 査 研 究 の 目 的 バブル 経 済 崩 壊 後 の 長 期 不 況 は 労 働 市 場 の 様 相 を 一 変 させた 長 期 雇 用 慣 行 が 定 着 して いたわが 国 の 労 働 市 場 は 1980 年 代 まで 完 全 失 業 率 が 1~2%という 低 い 水 準 を 維 持 し 若 年

More information

2012_03

2012_03 報 道 関 係 各 位 2012 年 6 月 11 日 人 と 人 とのつながり( 絆 )に 関 する 調 査 子 ども とのつながりを 大 切 だと 思 う 割 合 9 割 超 配 偶 者 9 割 弱 両 親 8 割 強 近 所 の 人 とのつながりを 大 切 だと 思 う 割 合 約 4 人 に1 人 SNS 上 でのつながり を 大 切 だと 思 う は 約 1 割 職 場 の 人 とのつながりを

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

0812教育プラン.indd

0812教育プラン.indd 第 1 章 総 論 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 17 生 きる 力 と 絆 の 埼 玉 教 育 プラン 1 基 本 理 念 教 育 基 本 法 において 教 育 は 人 格 の 完 成 を 目 指 し 平 和 で 民 主 的 な 国 家 及 び 社 会 の 形 成 者 として 必 要 な 資 質 を 備 えた 心 身 ともに 健 康

More information

123456789012345678901234567890123456

123456789012345678901234567890123456 医 療 保 険 約 款 における 法 的 問 題 上 智 大 学 甘 利 公 人 1.はじめに 医 療 保 険 は 被 保 険 者 が 傷 害 または 疾 病 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 入 院 手 術 をした ときに 保 険 金 を 支 払 うものである 被 保 険 者 が 傷 害 や 疾 病 を 原 因 として 入 院 手 術 をしたこ とが 保 険 事 故 となっている 医

More information

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー 経 営 承 継 円 滑 化 法 の 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1.オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 2. 納 税 資 金 確 保 の 必 要 性 3. 円 滑 な 事 業 承 継 を 行 うための 経 営 承 継 円 滑 化 法 Ⅱ 納 税 資 金 の 確 保 対 策 1.

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

福 祉 貸 付 に 係 る 融 資 相 談 から 事 業 完 了 までのポイント(ガイドライン) 事 務 手 続 きの 流 れ 当 機 構 が 実 施 する 主 な 具 体 的 確 認 事 項 確 認 のポイント Ⅰ 福 祉 審 査 課 所 掌 事 務 計 画 ~ 借 入 申 込 1. 融 資 相 談 (1) 電 話 相 談 右 欄 に 記 載 する 事 項 のうち 電 話 に より 把 握 可 能

More information

広告代理業の構造変化がブランドのグローバル化に

広告代理業の構造変化がブランドのグローバル化に テレビコマーシャルにおける 暴 力 および 向 社 会 的 行 為 の 描 写 ~ 広 告 描 写 の 内 容 分 析 研 究 のための 新 手 法 の 確 立 にむけて~ 代 表 研 究 者 坂 元 章 お 茶 の 水 女 子 大 学 文 教 育 学 部 教 授 共 同 研 究 者 鈴 木 佳 苗 筑 波 大 学 大 学 院 図 書 館 情 報 メディア 研 究 科 講 師 田 島 祥 お 茶 の

More information

加 害 者 臨 床 の 問 題 と 困 難 性 至 文 堂 56~63 ( 編 著 ) 家 庭 裁 判 所 に 求 められる 司 法 的 役 割 児 童 虐 待 はいま- 連 携 システムの 構 築 に 向 けて- 津 崎 哲 郎 橋 本 和 明 編 ミネル ヴァ 書 房 68~79 2008 自

加 害 者 臨 床 の 問 題 と 困 難 性 至 文 堂 56~63 ( 編 著 ) 家 庭 裁 判 所 に 求 められる 司 法 的 役 割 児 童 虐 待 はいま- 連 携 システムの 構 築 に 向 けて- 津 崎 哲 郎 橋 本 和 明 編 ミネル ヴァ 書 房 68~79 2008 自 HASHIMOTO KAZUAKI 橋 本 和 明 教 授 研 究 業 績 2014 年 4 月 28 日 現 在 論 文 等 の 区 分 論 文 等 の 名 称 発 行 所 発 表 雑 誌 学 会 等 の 名 称 共 著 の 場 合 の 編 者 著 者 名 該 当 数 発 行 発 表 年 月 子 どもの 精 神 療 法 森 省 二 編 金 剛 出 版 283~315 1991. 9 ( 共 ) 童

More information

1 第 6 回 和 歌 山 県 景 観 条 例 等 検 討 委 員 会 議 事 録 日 時 : 平 成 20 年 2 月 5 日 ( 火 )14:00~16:00 場 所 :ダイワロイネットホテル 和 歌 山 4 階 ブリエ 区 分 氏 名 所 属 備 考 委 員 長 西 村 幸 夫 東 京 大 学 大 学 院 工 学 系 研 究 科 都 市 デザイン 専 攻 教 授 副 委 員 長 濱 田 學 昭 和

More information

平 成 21 年 度 サービス 産 業 生 産 性 向 上 支 援 調 査 事 業 (サービス 産 業 の 統 計 整 備 実 態 把 握 に 関 する 調 査 ) 結 婚 相 談 結 婚 情 報 サービス 業 界 統 計 報 告 書 平 成 22 年 2 月 目 次 I. 調 査 実 施 概 要 -----------------------------------------------------------------------------

More information

7 会 議 録 ( 要 約 ) ⑴ 開 会 ( 行 政 管 理 課 長 ) ⑵ 総 務 部 長 あいさつ ( 総 務 部 長 ) 総 務 部 長 昨 年 策 定 された 第 7 次 松 本 市 行 政 改 革 大 綱 に 対 する 取 組 みについて 委 員 の 皆 様 からご 意 見 をいただくた

7 会 議 録 ( 要 約 ) ⑴ 開 会 ( 行 政 管 理 課 長 ) ⑵ 総 務 部 長 あいさつ ( 総 務 部 長 ) 総 務 部 長 昨 年 策 定 された 第 7 次 松 本 市 行 政 改 革 大 綱 に 対 する 取 組 みについて 委 員 の 皆 様 からご 意 見 をいただくた 平 成 27 年 度 松 本 市 行 政 改 革 推 進 委 員 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 28 年 1 月 26 日 ( 火 ) 15 時 30 分 ~16 時 50 分 2 会 場 松 本 市 役 所 第 一 応 接 室 3 出 席 委 員 稲 葉 憲 一 委 員 上 田 順 子 委 員 太 田 克 彦 委 員 太 田 勉 委 員 大 月 清 光 委 員 草 間 秀 委 員 丹

More information

06490014_専大センチュリー.indb

06490014_専大センチュリー.indb 生 活 者 消 費 意 識 と 社 会 意 識 に 関 する 調 査 結 果 107 研 究 ノ ー ト 生 活 者 消 費 意 識 と 社 会 意 識 に 関 する 調 査 結 果 Web アンケートにもとづく 分 析 *1 神 原 理 *2 中 間 大 維 1.はじめに 2. 単 純 集 計 結 果 本 稿 目 的 は, 生 活 者 消 費 意 識 と 社 会 意 識 ( 社 会 貢 献 意 識

More information

(Microsoft Word - \230a\223c\217\254\216w\223\261\210\304.docx)

(Microsoft Word - \230a\223c\217\254\216w\223\261\210\304.docx) 第 6 学 年 保 健 学 習 指 導 案 上 越 市 立 和 田 小 学 校 6 年 生 教 室 平 成 3 年 1 月 7 日 ( 木 )5 校 時 授 業 者 養 護 教 諭 御 所 窪 秀 佳 1 単 元 名 病 気 の 予 防 Ⅱ 喫 煙 飲 酒 薬 物 乱 用 と 健 康 単 元 の 目 標 病 気 の 予 防 や 飲 酒 喫 煙 薬 物 の 害 について 関 心 をもち 課 題 をもって

More information

Microsoft Word - 19年度(行個)答申第94号.doc

Microsoft Word - 19年度(行個)答申第94号.doc 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 19 年 9 月 6 日 ( 平 成 19 年 ( 行 個 ) 諮 問 第 86 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 30 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 個 ) 答 申 第 94 号 ) 事 件 名 : 本 人 に 係 る 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否

More information

???? (Page 1)

???? (Page 1) ⅰ) ⅱ) ⅲ) 6000000 5000000 4000000 3000000 2000000 1000000 0 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 - 1000000 900000 800000 700000 600000 500000 400000 300000 200000 100000 0 2000 2001

More information

資産等を勘案した補足給付の仕組みのあり方に関する調査研究報告書

資産等を勘案した補足給付の仕組みのあり方に関する調査研究報告書 平 成 25 年 度 老 人 保 健 事 業 推 進 費 等 補 助 金 ( 老 人 保 健 健 康 増 進 等 事 業 分 ) 資 産 等 を 勘 案 した 補 足 給 付 の 仕 組 みのあり 方 に 関 する 調 査 研 究 報 告 書 平 成 26 年 3 月 - 目 次 - Ⅰ. 調 査 研 究 の 概 要 1 1. 調 査 研 究 の 背 景 と 目 的 1 2. 調 査 研 究 の

More information