「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

Size: px
Start display at page:

Download "「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ"

Transcription

1 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた 訴 訟 で 9 月 25 日 最 高 裁 第 一 小 法 廷 ( 白 木 勇 裁 判 長 )は 上 告 上 告 受 理 申 し 立 て いずれも 棄 却 するとの 決 定 をし 両 親 の 敗 訴 とした2 審 東 京 高 裁 判 決 が 確 定 した その 決 定 文 からは 原 告 らの 訴 えに いじめ い じめ 自 殺 に 対 して 正 面 から 向 き 合 い いじめ 防 止 対 策 推 進 法 が 昨 年 制 定 され 今 年 の4 月 から 施 行 されても 司 法 の 今 までのいじめに 対 する 責 任 を 反 省 し 司 法 の 責 任 を 確 立 しようとするものではなく いじめ 問 題 を 解 決 することを 放 棄 するもので 許 されない 2 これまで 多 くのいじめやいじめ 自 殺 事 件 が 繰 り 返 され いじめの 本 質 的 原 因 背 景 も 議 論 されず 教 育 現 場 で 徹 底 した 対 策 もされず 一 昨 年 から 大 津 のいじめ 自 殺 事 件 が 大 き な 契 機 となって 本 件 裁 判 で 被 告 を 国 にしたように 国 にも 原 因 があるとして いじめ 防 止 対 策 推 進 法 が 成 立 し 今 年 度 から 施 行 されている 今 まで 多 くのいじめ いじめ 自 殺 裁 判 が 提 起 されても 学 校 という 密 室 の 中 の 事 件 で あることから 今 まで 本 件 事 件 もそうだが 学 校 や 教 育 委 員 会 の 隠 ぺい 行 為 によって 立 証 困 難 から いじめ 被 害 者 の 立 場 に 立 てない 司 法 の 従 来 の 古 い 枠 組 みから 抜 け 出 せず 多 くの 裁 判 では 被 害 者 遺 族 は 負 け 続 けてきた そのため 裁 判 になっても ならなくても 司 法 対 策 として 現 場 の 学 校 教 師 教 育 委 員 会 は いじめは 認 識 できなかった 社 会 的 に 明 らかにされて 批 判 されても 死 への 予 見 可 能 性 も 因 果 関 係 もなかったとして 今 までの 判 例 のいじめ いじめ 自 殺 裁 判 につい ての 法 的 枠 組 みで 裁 判 になっても 被 告 として 負 けないよう 事 件 直 後 から 教 育 情 報 を 握 っている 被 告 の 事 故 対 応 がなされている 現 状 はいじめの 法 律 ができたとしても 変 わらな い いじめは 特 に 最 近 の 心 理 的 いじめが 見 えないところで 多 くなされているので なお さらそうである 3 本 件 事 件 でも 教 育 委 員 長 も 脅 迫 と 述 べていた 被 害 者 を 塾 に 強 要 した 手 紙 が 発 見 されて 1

2 も 明 らかに 被 害 者 は 教 師 との 交 換 日 記 で 叩 かれたりされたなどいじめを 訴 えていても 遺 書 には 死 んだのは 学 校 の 美 術 のみんなでも 学 校 の 先 生 でもありません クラスの 一 部 に 勉 強 にテストのせいかも と 書 いてあっても 自 殺 後 のアンケートでも 遺 族 から 無 記 名 の 被 害 者 についてのアンケートを 頼 んでも 被 害 者 についてのいじめについて 聞 くのではなく 残 された 生 徒 の 生 活 につてのアンケートしかやらず またアンケートの うち5200 枚 あったうち4000 枚 保 管 場 所 がないと 廃 棄 してしまい 被 告 のこのよ うな 隠 ぺいをほとんど 裁 判 所 は 無 視 する 二 審 では 親 しい 友 人 が 一 審 でいじめでないとする 判 決 がおかしいと 立 ち 上 がり 友 人 が 自 殺 してしまった 心 の 傷 を 癒 すためにも 丁 寧 にいじめ 事 実 を 目 撃 証 人 として 真 摯 に 真 実 を 証 言 している それでも 裁 判 所 は 長 年 にわたるいじめを 連 続 して 死 へ 至 る 過 程 をバラバラにしいじ めの 専 門 家 の 武 田 横 湯 意 見 書 も 無 視 し これらのいじめをバラバラに 切 断 して 自 殺 の 原 因 となるようないじめがあったと 認 められない として 敗 訴 にしている 4 調 査 報 告 義 務 も 合 理 的 裁 量 ありとしたり 国 に 対 する 責 任 も 国 民 に 対 する 個 別 の 法 的 責 任 は 生 じないと 法 律 要 件 的 な 判 断 で 簡 単 に 否 定 している このような 裁 判 所 の 現 状 を 放 置 していたらどうなるか 立 派 な 法 律 ができても 司 法 の 今 の 現 状 を 変 えなければ 社 会 問 題 となっている 本 件 いじめ いじめ 自 殺 事 件 は 解 決 できない 今 後 もいじめ いじめ 自 殺 は 私 たちがこの 裁 判 で 大 津 のような 事 件 が 起 きることを 予 言 し 起 きてしまったように また 起 きる と 確 信 している いじめ 自 殺 事 件 が 社 会 問 題 となっても できたのは 法 律 のみで 本 件 のようないじめ 被 害 者 に 全 く 役 に 立 たない 裁 判 からも 司 法 が 転 換 して いじめ いじめ 自 殺 が 解 決 でき ることを 別 紙 上 告 理 由 通 り 法 的 構 成 をした 最 高 裁 で 私 たちは 人 権 の 最 後 の 砦 の 役 割 を 求 め 上 告 したがこれを 全 く 裏 切 った 多 くの 人 々にこの 声 明 文 と 原 告 弁 護 団 支 援 団 の アピールをもって 大 法 廷 を 埋 めた100 人 以 上 の 支 援 者 と 全 国 の 子 ども 達 父 母 教 育 関 係 者 に 今 後 もいじめ いじめ 自 殺 をもうこれで 終 わりにするための 行 動 を 続 けてい くことの 声 明 とアピールをする B 弁 護 団 学 者 支 援 者 本 人 のメッセージ 1 弁 護 団 から 誰 に 喰 わせてもらっていると 思 っているんだ! 役 立 たず! 家 庭 の 中 でのこのよう 2

3 な 配 偶 者 の 発 言 を 相 手 を 傷 つける 違 法 な 行 為 だと30 年 前 に 誰 が 考 えたでしょう 今 で は それが 家 庭 の 中 で 配 偶 者 を 傷 つける 行 為 としてDV(ドメスティックバイオレンス) と 呼 ばれ 違 法 の 評 価 を 受 け 行 為 者 に やってはいけないこと という 基 準 ( 規 範 )を 突 きつけています 今 回 の 事 件 での 最 大 の 問 題 提 起 は 暴 力 によらないいじめが 被 害 児 童 の 心 を 強 く 傷 つける ものであること そしてその 子 が 亡 くなったことで 周 りにいた 子 どもたちが 同 じように 傷 ついていることが 明 らかにされたことです 大 学 生 となった 当 時 同 級 の 親 友 が 法 廷 でその 実 態 を 証 言 してくれたのです 見 過 ごされてきた( 暴 力 によらない)いじめの 実 態 を 一 日 も 早 く 社 会 が 把 握 し それを 違 法 なものとして 評 価 することが 必 要 です そして そういった 非 暴 力 も 子 どもを 自 死 に 追 い 詰 めるほどのいじめである ことを 理 解 することによってはじめて 子 どもたちに も 現 場 の 教 員 たちにもその 種 のいじめをなくすことが 期 待 できるのです 本 件 は その 意 味 で 非 常 に 大 きく 明 確 な 課 題 を 示 したといえるのです 本 件 裁 判 では 言 葉 によるいじめが 被 害 を 受 ける 子 どもに 対 して 非 常 に 大 きな 苦 しみを 与 えることを 訴 えてきました いじめられている 子 どもは 親 に 心 配 させまいとする 優 しい 心 や 自 分 の 誇 りから 親 にいじめの 事 実 を 言 うのを 躊 躇 います そのため このような 心 理 的 ないじめを 認 識 するためには 教 師 が 教 育 専 門 的 な 目 で 子 どもの 様 子 を 見 る 必 要 とな ります また 学 校 はいじめにより その 生 徒 が 死 を 選 ばざるを 得 なくなることは 珍 しく ありません 現 代 では いじめの 存 在 により 自 死 の 予 見 可 能 性 は 認 められます 本 件 判 決 では いじめの 事 実 の 認 識 の 点 予 見 可 能 性 の 方 法 など いじめ 自 死 事 件 における 法 的 な 問 題 点 を 明 らかにしました 今 後 この 裁 判 例 をもとに いわゆるいじめ 裁 判 の 判 断 基 準 に 関 する 議 論 がより 活 発 に 交 わされ 深 化 すると 共 に いじめの 実 態 により 即 し かつ 密 室 性 や 証 拠 の 偏 在 性 が 高 い 証 拠 構 造 を 克 服 した より 適 正 な 判 断 枠 組 みの 形 成 に 繋 がることを 期 待 したいと 思 います 現 在 の 裁 判 所 は 一 言 で 言 えば いじめ 問 題 の 深 刻 さ 重 大 性 への 共 感 を 欠 いていると 言 わ ざるをえません 弱 者 救 済 の 砦 であるはずの 裁 判 所 が 文 科 省 の 基 準 よりも いじめの 事 実 認 定 につきはるかに 高 いハードルを 設 け いじめ 防 止 義 務 違 反 の 立 証 に 無 用 に 高 いハー ドルを 課 し また 学 校 側 のご 両 親 への 調 査 及 び 報 告 につき 学 校 側 の 幅 広 い 裁 量 を 認 めて いる 状 況 では いじめ 問 題 への 提 訴 は いじめを 受 けた 児 童 生 徒 あるいはその 保 護 者 の 両 親 の 最 後 の 拠 り 所 たりえないでしょう いじめを 正 しく 告 発 してほしいと 考 えている 周 囲 の 友 人 や 関 係 者 の 良 心 にも 反 する 認 定 をすることばかり 増 えてしまうことが 懸 念 されま す 裁 判 所 が 国 民 の 信 頼 に 応 え 正 しくいじめを 受 けた 児 童 生 徒 の 声 なき 声 に 真 摯 に 3

4 向 き 合 っているか 改 めて 検 証 していかなければならないと 思 います 他 方 いじめの 裁 判 を 起 こすことは とても 勇 気 のいることです 本 件 で 自 死 に 至 った 子 どもが 残 したメッセージは 明 らかにいじめを 示 唆 するものでした そして 裁 判 を 通 じて 密 室 化 されたいじめの 実 態 が 明 らかになりました 裁 判 所 は 自 殺 の 原 因 となるようないじめはないと 判 断 しましたが それは 子 どもの 気 持 ちを 全 く 理 解 しない 判 断 であることを 伝 え 続 ける 必 要 があります 最 高 裁 判 所 への 上 告 は 子 どもが 残 したメッセージを もっと 伝 えたくても 伝 えられなかった 思 いを しっかり 伝 えていく ために 必 要 な 道 のりであったと 思 います ご 両 親 の 勇 気 と 決 断 に 対 し 心 から 敬 意 を 表 し 感 謝 申 し 上 げたいと 思 います 本 件 の 子 どもの 思 いとご 両 親 の 活 動 を 活 かし 裁 判 所 がいじめについても 最 後 の 砦 と なれる 日 が 来 るよう 活 動 を 続 けていきたいと 考 えています 2 学 者 から 子 どもの 不 幸 ないじめ 自 殺 事 件 が 続 いている 真 相 知 りたい 親 たちは 不 本 意 ながら 裁 判 に 助 けを 求 める しかしほとんどその 裁 判 が 親 や 社 会 を 裏 切 って 終 わる 学 校 側 は 情 報 を 独 占 している さらにその 情 報 を 恣 意 的 に 利 用 している そして 学 校 は 強 者 であり 子 どもの 側 は 徹 底 して 弱 者 である その 関 係 の 中 で 予 見 可 能 性 や 相 当 因 果 関 係 を 弱 者 の 側 は 証 明 しなくてはならない 学 校 側 の 情 報 の 独 占 や 恣 意 的 利 用 強 者 弱 者 の 関 係 を 司 法 が 配 慮 すれば 少 しは 状 況 は 変 わるかもしれないが 裁 判 所 も 学 校 側 の 代 理 人 も 全 くそれへの 配 慮 をしない 子 ども 親 の 側 はいつも 泣 かされる 司 法 が 変 わるのにいったい 何 人 の 子 どもが 死 ねばい いのだろうか 3 支 援 者 から 最 高 裁 の 上 告 棄 却 のお 知 らせを 頂 きました 長 くて 辛 い 闘 いであったことと 思 います 本 当 にご 苦 労 様 でした そしてありがとうございました 中 井 様 の 闘 いは 全 国 のいじめ 自 殺 遺 族 にとって 勇 気 と 元 気 を 分 け 与 える ものです 4

5 裁 判 での 闘 いをこれ 以 上 進 めることはできないのでしょうが 一 般 市 民 と して いじめの 撲 滅 などを 訴 え 続 けることはできるのではないでしょうか 上 告 棄 却 という 悔 しい 報 告 を 配 信 されたお 気 持 ちを 想 像 するだけで 心 臓 が 締 め 付 けられています どうぞご 家 族 の 皆 様 が 手 を 取 り 合 って 少 しでも 前 向 きにこれからも 進 んで 行 かれることを 強 く 祈 念 しています 重 ね 重 ね 報 告 を 頂 戴 したことを 感 謝 申 し 上 げます 上 告 棄 却 の 判 決 お 知 らせありがとうございました あまりに 残 念 で 悔 しいことですね でも やれることはすべてやってこられたのですから 御 自 分 たちのことを 責 めないでくださいね 佑 美 さんも 天 国 からよくやってくれたよ といって くれているとおもいます 9 年 戦 い 続 けるのは 大 変 なことです そのおかげで 問 題 が 広 く 知 られることになり いじめ 対 策 への 取 り 組 みに 拍 車 もかかったので 無 駄 ではなかったとおもいます 子 どもの 状 況 は まだまだで これからです 中 井 裁 判 から 学 んだことを 踏 まえてこれからも 頑 張 っていきたいとおもいます 4 遺 族 本 人 から 娘 が 尊 い 命 を 失 った 2005 年 10 月 11 日 の 事 件 発 生 後 9 年 の 年 月 を 要 して 戦 ってきた 埼 玉 県 北 本 市 立 北 本 中 学 校 いじめ 自 殺 事 件 訴 訟 に 対 し 最 高 裁 は 2014 年 9 月 25 日 付 で 本 件 上 告 を 棄 却 する 本 件 を 上 告 審 として 受 理 しない との 不 当 決 定 がなされました 東 京 地 裁 高 裁 での 不 当 判 決 を 経 て 2013 年 5 月 8 日 に 上 告 の 申 し 立 てを 行 ってから 1 年 4 か 月 あまりに 簡 単 で 無 念 の 連 絡 でした 皆 様 の 温 かいご 支 援 の 下 弁 護 団 ととも に 精 一 杯 闘 ってきましたが 上 告 棄 却 という 判 断 がなされました 5

6 娘 はもう 戻 ってきません 残 念 ですが 娘 の 人 としての 尊 厳 を 回 復 してあげることは 出 来 ませんでした いじめは 人 権 侵 害 であり ときに 尊 い 命 を 失 わせる 大 きな 罪 になります いじめは 絶 対 に 許 されない 行 為 だと 思 います 裁 判 所 文 科 省 教 育 委 員 会 学 校 は いじめ 自 殺 に 対 し 真 摯 に 向 き 合 って 頂 きたいと 思 います 私 達 は いじめで 尊 い 命 を 失 う 子 供 たちが 出 なくなることを 悲 しむ 遺 族 が 出 な いことを 心 から 願 っています 学 校 は 学 びの 場 です いじめの 無 い 子 ども 達 が 安 心 して 通 える 学 校 を 作 って 頂 きたい 皆 様 の 長 い 間 の 温 かいご 支 援 に 心 からお 礼 を 申 し 上 げます 6

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

(2) 県 内 小 中 学 校 の 分 析 平 成 24 年 度 は 本 県 も 全 国 と 同 様 に 認 知 件 数 は 増 加 したものの 1000 人 あた りの 認 知 件 数 は 全 国 と 比 べると-10 ポイント 以 上 となり その 差 はさらに 拡 大 し た この 要 因 と

(2) 県 内 小 中 学 校 の 分 析 平 成 24 年 度 は 本 県 も 全 国 と 同 様 に 認 知 件 数 は 増 加 したものの 1000 人 あた りの 認 知 件 数 は 全 国 と 比 べると-10 ポイント 以 上 となり その 差 はさらに 拡 大 し た この 要 因 と 資 料 4 県 内 公 立 学 校 におけるいじめに 関 する 調 査 結 果 の 分 析 について 1 いじめの 認 知 件 数 の 推 移 ( 注 )データ 出 典 :H24 以 前 は 文 部 科 学 省 問 題 行 動 等 調 査 H25 は 本 県 の 独 自 調 査 以 下 同 じ (1) 全 国 と 県 全 体 ( 小 中 高 の 計 )の 比 較 平 成 18 年 度 にいじめの 定

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

Microsoft Word - 平成24年第3回定例会(9月)一般質問1.docx

Microsoft Word - 平成24年第3回定例会(9月)一般質問1.docx 平 成 24 年 第 3 回 定 例 会 (9 月 ) 一 般 質 問 (1) いじめ 問 題 について 1. 発 生 時 の 対 応 議 員 宮 下 裕 美 子 通 告 書 に 従 い 質 問 を 行 います はじめに 午 前 中 の 金 子 議 員 の 質 問 に 対 する 答 弁 で 私 が 通 告 書 に 記 した 内 容 について 一 部 答 弁 されました しかし せっか くの 機 会

More information

<5461726F2D32343038323081408E7392AC816991678D87816A8BB388E792B7>

<5461726F2D32343038323081408E7392AC816991678D87816A8BB388E792B7> 資 料 5 府 内 市 町 ( 組 合 ) 教 育 委 員 会 教 育 長 会 議 の 開 催 概 要 1 日 時 平 成 24 年 8 月 20 日 ( 月 ) 午 後 1 時 ~3 時 2 場 所 ルビノ 京 都 堀 川 ひえいの 間 3 出 席 者 (1) 京 都 府 教 育 委 員 会 田 原 教 育 長 小 橋 管 理 部 長 永 野 指 導 部 長 田 中 教 育 企 画 監 古 市 指

More information

エ いじめは 大 人 が 気 付 きにくい 形 で 行 われるため, 早 期 発 見 には,ささいな 兆 候 であっても,いじめではないかとの 疑 いをもって, 積 極 的 に 認 知 する オ いじめの 報 告 を 受 けた 場 合, 特 定 の 教 職 員 で 抱 え 込 まず, 組 織 的 に

エ いじめは 大 人 が 気 付 きにくい 形 で 行 われるため, 早 期 発 見 には,ささいな 兆 候 であっても,いじめではないかとの 疑 いをもって, 積 極 的 に 認 知 する オ いじめの 報 告 を 受 けた 場 合, 特 定 の 教 職 員 で 抱 え 込 まず, 組 織 的 に 茨 城 県 立 太 田 第 一 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 では,いじめの 問 題 の 克 服 に 向 けて, いじめ 防 止 対 策 推 進 法 ( 以 下 法 と いう ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づき,また いじめの 防 止 等 のための 基 本 的 な 方 針 と 茨 城 県 いじめ 防 止 基 本 方 針 ( 以 下 県 の 基 本 方 針

More information

子どもを守り育てるための体制づくりのための有識者会議(第6回)【資料3】

子どもを守り育てるための体制づくりのための有識者会議(第6回)【資料3】 児 童 生 徒 の 自 殺 に いじめ の 関 わりが 指 摘 されている の 調 査 の 結 果 について. 児 童 生 徒 の 自 殺 に いじめ が 関 わっているのではないかと 指 摘 され ている 内 訳 4 件 ( 小 学 校 :2 件 中 学 校 :0 件 高 等 学 校 :9 件 ) 国 会 審 議 において 指 摘 を 受 けた 28 件 ( 小 学 校 : 件 中 学 校 :25

More information

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 平 成 27 年 度 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 久 喜 市 立 太 田 小 学 校 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響

More information

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺 若 者 のゆくえ 岩 手 県 の 中 学 生 が 自 殺 教 師 との 交 換 ノートには 自 殺 の 暗 示 今 週 火 曜 日 のニュースです 教 師 はいじめに 気 付 けたはずだ!なぜ 自 殺 の SOS に 気 付 かなかったんだ 世 間 の 声 です 世 間 を 騒 がすいじめ 自 殺 問 題 このようなニュースはもはや 珍 しいものではありません あなたは いじめ に 関 わったことがありますか?

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

同 原 告 らが 侵 害 された 憲 法 上 の 権 利 についての 憲 法 学 者 内 藤 光 博 専 修 大 学 法 学 部 教 授 の 4 名 の 専 門 家 証 人 の 尋 問 及 び 同 原 告 ら 本 人 尋 問 を 実 施 しました 本 件 訴 訟 においても, 被 告 国 は 事 実

同 原 告 らが 侵 害 された 憲 法 上 の 権 利 についての 憲 法 学 者 内 藤 光 博 専 修 大 学 法 学 部 教 授 の 4 名 の 専 門 家 証 人 の 尋 問 及 び 同 原 告 ら 本 人 尋 問 を 実 施 しました 本 件 訴 訟 においても, 被 告 国 は 事 実 2009 第 一 事 件 2006 年 (ワ) 第 6484 号 謝 罪 及 び 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 王 子 雄 ほか39 名 被 告 日 本 国 第 二 事 件 2008 年 (ワ) 第 18382 号 謝 罪 及 び 損 害 賠 償 事 件 原 告 呉 及 義 ほか21 名 被 告 日 本 国 意 見 陳 述 書 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 13 部 御 中 原

More information

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 に 関 わ る 法 の 理 解 H23.12.19 弁 護 士 川 島 志 保 ねらい 1 虐 待 とは 2 障 害 者 虐 待 防 止 法 3 条 何 人 も 障 害 者 に 対 して 虐 待 をしてはならない 3 虐 待 の 関 する 法 律 4 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 の 留 意 点 対 応 しない 理 由 を 見 つけるのではなく 1 虐 待

More information

じめが 起 きやすいことも 挙 げられる よって 学 級 内 の 人 間 関 係 も 影 響 して いじめ 被 害 者 は 周 囲 の 大 人 へ 助 けを 求 められない 心 理 状 況 に 陥 りやすく ますます 見 えないものとなり 横 暴 化 して いく そういった 状 況 になってしまって

じめが 起 きやすいことも 挙 げられる よって 学 級 内 の 人 間 関 係 も 影 響 して いじめ 被 害 者 は 周 囲 の 大 人 へ 助 けを 求 められない 心 理 状 況 に 陥 りやすく ますます 見 えないものとなり 横 暴 化 して いく そういった 状 況 になってしまって いじめ 予 防 と 修 復 的 な 学 級 集 団 の 形 成 子 ども 同 士 のかかわりに 関 する 諸 問 題 への 着 目 と 仲 裁 者 育 成 プログラムの 可 能 性 139517 松 山 康 成 1.はじめに 現 在 学 校 はいじめや 不 登 校 学 級 崩 壊 校 内 暴 力 等 の 生 徒 指 導 上 の 様 々な 問 題 を 抱 えている (1) 文 部 科 学 省 によると

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 平 成 28 年 度 大 津 市 立 打 出 中 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 生 徒 が 一 人 の 人 格 として 尊 重 され 夢 と 希 望 を 持 って 心 身 ともに 健 やかに 成 長 して くれることを 願 い いじめ は いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

学校いじめ防止基本方針」(例)

学校いじめ防止基本方針」(例) 山 形 市 立 第 九 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 はじめに いじめはどの 子 供 にも 起 こりうる どの 子 供 も 被 害 者 にも 加 害 者 にもなりうるとい う 事 実 を 踏 まえ 児 童 の 尊 厳 を 保 持 することを 目 的 に 教 育 委 員 会 学 校 地 域 住 民 家 庭 その 他 の 機 関 及 び 関 係 者 との 連 携 のもと いじめ 問 題

More information

Taro-学校いじめ防止基本方針大津

Taro-学校いじめ防止基本方針大津 鳴 門 市 大 津 西 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 いじめの 防 止 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 (1) 教 育 活 動 全 体 を 通 じ, 全 ての 児 童 に いじめは 決 して 許 されない ことの 理 解 を 促 し, 児 童 の 豊 かな 情 操 や 道 徳 心, 自 分 の 存 在 と 他 人 の 存 在 を 等 しく 認 め,お 互 いの 人 格

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

160801TOKYO 辰 已 法 律 研 究 所 &リーダーズ 総 合 研 究 所 行 政 法 実 力 診 断 テスト 試 験 問 題 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 開 いてはいけません ( 注 意 事 項 ) 1 問 題 は 1 ページから 9 ページまで 10 問 あり 時 間 は 30 分 です 2 解 答 は 別 紙 の 答 案 用 紙 に 記 入 してください 3 答 案 用

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡 くなられた 際 に その 人 の 財 産 を 一 定 の 身 分 関 係 にある 誰 かが 承 継 することです 相 続 において 亡 くなられた 方 を 被 相 続 人 といい 被 相 続 人 の 財

1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡 くなられた 際 に その 人 の 財 産 を 一 定 の 身 分 関 係 にある 誰 かが 承 継 することです 相 続 において 亡 くなられた 方 を 被 相 続 人 といい 被 相 続 人 の 財 相 続 税 ハンドブック 読 んでトクする 相 続 の 基 本 と 相 続 税 の 話 ご 相 談 は 下 記 電 話 番 号 までご 連 絡 ください 初 回 の 相 談 は 無 料 とさせて 頂 きます TEL 03-5217-2288 FAX 03-5217-2289 千 代 田 税 理 士 法 人 1 まずは 相 続 の 基 本 的 なお 話 しから 相 続 とは? 相 続 とは 人 が 亡

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

とりわけ このようなし 尿 関 連 施 設 は 慎 重 な 対 応 を 行 うべきであり 電 話 連 絡 で 事 足 りるものでもありません 町 内 会 に 合 意 形 成 を 一 任 するあり 方 は きわめて 問 題 です 現 在 は 施 設 から 約 100m 以 内 に 民 家 があるなど

とりわけ このようなし 尿 関 連 施 設 は 慎 重 な 対 応 を 行 うべきであり 電 話 連 絡 で 事 足 りるものでもありません 町 内 会 に 合 意 形 成 を 一 任 するあり 方 は きわめて 問 題 です 現 在 は 施 設 から 約 100m 以 内 に 民 家 があるなど 環 境 行 政 について 新 浜 し 尿 中 継 施 設 建 設 計 画 についてお 伺 いします 福 山 市 は 現 在 箕 沖 町 に 広 域 的 な し 尿 処 理 の 統 合 施 設 として 汚 泥 再 生 処 理 施 設 を 建 設 しています そして これまで 3 か 所 で 運 営 されていた 新 浜 深 品 新 市 し 尿 処 理 場 を 統 合 し そ れらの 施 設 は し 尿

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

第 1 章 いじめ 防 止 への 取 組 の 背 景 1 いじめに 関 する 状 況 と 千 葉 県 の 取 組 (1)いじめに 関 する 状 況 いじめの 問 題 はこれまでも 度 々 社 会 問 題 化 してきました 平 成 8 年 7 月 の 中 央 教 育 審 議 会 答 申 に おいても,

第 1 章 いじめ 防 止 への 取 組 の 背 景 1 いじめに 関 する 状 況 と 千 葉 県 の 取 組 (1)いじめに 関 する 状 況 いじめの 問 題 はこれまでも 度 々 社 会 問 題 化 してきました 平 成 8 年 7 月 の 中 央 教 育 審 議 会 答 申 に おいても, 第 1 章 いじめ 防 止 への 取 組 の 背 景 1 いじめに 関 する 状 況 と 千 葉 県 の 取 組 2 いじめ 防 止 対 策 推 進 法 いじめ 防 止 基 本 方 針 について 3 千 葉 県 いじめ 防 止 対 策 推 進 条 例 について 4 千 葉 県 いじめ 防 止 基 本 方 針 について 5 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 について 第 1 章 いじめ 防 止

More information

平成21年2月17日

平成21年2月17日 平 成 26 年 12 月 18 日 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 公 益 社 団 法 人 福 岡 中 部 法 人 会 福 岡 地 区 の5 公 益 社 団 法 人 会 は 平 成 28 年 度 の 税 制 改 正 に 関 して 中 小 企 業 に 係 る 税 制 を 中 心 に 下 記 のとおり その 実 現 を 強 く 要 望 します 記 1 重 点 要 望 事 項 1

More information

められている 生 徒 が 出 してきたものでないように 思 われました しかし 念 のため に 各 クラスで 何 か 思 い 当 たることや 困 っていることがあれば 相 談 してくださ いと 声 をかけてもらいましたので ああ あの 時 のことか と 思 い 出 してもら えるのではないかと 思

められている 生 徒 が 出 してきたものでないように 思 われました しかし 念 のため に 各 クラスで 何 か 思 い 当 たることや 困 っていることがあれば 相 談 してくださ いと 声 をかけてもらいましたので ああ あの 時 のことか と 思 い 出 してもら えるのではないかと 思 H26.12.22( 月 ) 終 業 式 式 辞 アメリカの 心 理 学 者 マズローの 欲 求 段 階 説 という 理 論 があります 保 健 で 学 習 したかもしれません 人 間 の 欲 求 はピラミッドのように5 階 層 からなっていると いうものす 低 階 層 = 原 始 的 な 欲 求 から 生 理 的 欲 求 安 全 の 欲 求 所 属 と 愛 の 欲 求 承 認 ( 尊 重 )の 欲

More information

しかるべき 役 割 分 担 をしながら 的 確 で 迅 速 な 対 応 に 努 めます いじめを 行 う 生 徒 の 心 情 明 るい 楽 しい という 価 値 観 は 生 徒 が 仲 間 を 形 成 するときの 重 要 な 要 素 です 表 面 的 刹 那 的 に 受 け を ねらって 楽 しく

しかるべき 役 割 分 担 をしながら 的 確 で 迅 速 な 対 応 に 努 めます いじめを 行 う 生 徒 の 心 情 明 るい 楽 しい という 価 値 観 は 生 徒 が 仲 間 を 形 成 するときの 重 要 な 要 素 です 表 面 的 刹 那 的 に 受 け を ねらって 楽 しく 神 戸 市 立 太 田 中 学 校 い じ め 防 止 基 本 方 針 2014.02.10. いじめ 防 止 対 策 推 進 法 ( 平 成 25 年 9 月 28 日 施 行 ) 第 13 条 の 定 めに 基 づいて 定 められた 神 戸 市 い じめ 防 止 策 のための 基 本 的 な 方 針 に 則 り 本 校 の 指 針 を 定 め いじめの 未 然 防 止 早 期 発 見 早 期 対

More information

Microsoft Word - DV基本計画(第2次)策定にあたっての提言.doc

Microsoft Word - DV基本計画(第2次)策定にあたっての提言.doc 蕨 市 配 偶 者 等 からの 暴 力 の 防 止 及 び 被 害 者 の 支 援 に 関 する 基 本 計 画 ( 第 2 次 ) 策 定 に 向 けての 提 言 平 成 27 年 10 月 26 日 蕨 市 男 女 共 同 参 画 推 進 委 員 会 蕨 市 における 配 偶 者 間 の 暴 力 防 止 および 被 害 者 支 援 の 方 向 性 について 趣 旨 配 偶 者 等 からの 暴 力

More information

学校におけるいじめ問題の最近の動向

学校におけるいじめ問題の最近の動向 国 立 国 会 図 書 館 学 校 におけるいじめ 問 題 の 最 近 の 動 向 調 査 と 情 報 ISSUE BRIEF NUMBER 802(2013.10.15.) はじめに Ⅰ 最 近 のいじめの 状 況 1 大 津 市 中 2 自 殺 事 件 の 概 要 2 いじめに 関 する 統 計 Ⅱ 各 機 関 のいじめへの 対 応 1 国 会 2 文 部 科 学 省 3 法 務 省 の 人 権

More information

2009年8月1日

2009年8月1日 子 育 て 環 境 と 子 育 て 世 代 の 父 親 に 関 する 政 党 アンケート 公 明 党 からの ( 課 題 1) 保 育 園 の 待 機 児 童 や 学 童 保 育 問 題 保 育 所 に 入 れない 待 機 児 童 が 4 万 人 (08 年 10 月 現 在 )にものぼり ベビーホテルなどに 預 けられ ている 子 どもなどの 潜 在 的 待 機 児 童 も 含 めると 100 万

More information

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の 大 津 家 庭 裁 判 所 委 員 会 議 事 録 1 日 時 平 成 20 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 2 場 所 大 津 家 庭 裁 判 所 本 館 大 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 五 十 音 順 敬 称 略 飯 田 喜 信, 小 川 素 子, 國 松 完 二, 甲 津 貴 央, 酒 井 康 夫, 十 倉 良

More information

<485020208145944E8BE08F6D2082C682B5905690DD2E786C7378>

<485020208145944E8BE08F6D2082C682B5905690DD2E786C7378> < 年 金 塾 > ( 年 金 判 例. 1/ ) 公 的 年 金 の 逸 失 利 益 性 (その-1) H.. 課 題 < 逸 失 利 益 > 1. 街 頭 相 談 会 ( 当 塾 の 主 催 や ) で 次 のような 質 問 があったとしたら 貴 方 は どう 答 えますか? < 想 定 質 問 > 年 金 受 給 中 のお 爺 さんが 横 断 歩 道 を 通 行 中 に 信 号 無 視 の 車

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

1 はじめに いじめほど 残 酷 で 恐 ろしくて 無 意 味 な 行 為 は 他 には 存 在 しないのではないか いじ めが 起 これば 被 害 者 には 心 に 大 きな 傷 を 残 し 加 害 者 は 被 害 者 の 苦 しみや 痛 みをずっと 背 負 っていかなければならなくなる いじめの

1 はじめに いじめほど 残 酷 で 恐 ろしくて 無 意 味 な 行 為 は 他 には 存 在 しないのではないか いじ めが 起 これば 被 害 者 には 心 に 大 きな 傷 を 残 し 加 害 者 は 被 害 者 の 苦 しみや 痛 みをずっと 背 負 っていかなければならなくなる いじめの いじめを 無 くす 為 に ~ 現 代 いじめについて 考 える~ 群 馬 県 立 太 田 女 子 高 等 学 校 1 年 菊 田 未 来 目 次 1 はじめに 2 現 代 いじめの 特 徴 (1)いじめっこは 存 在 しない!? (2) 仲 良 しグループの 中 でのいじめ 3 いじめをなくすために 私 たちにできること (1) 依 存 心 をなくす (2) 趣 味 を 見 つける 4 いじめをなくすために

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

コンプライアンス憲章

コンプライアンス憲章 コンプライアンス 憲 章 第 1 条 ( 目 的 ) この 憲 章 は 三 井 ハイテック( 全 三 井 ハイテックグループ 会 社 を 含 む 以 下 同 じ)の 全 て の 役 員 (これに 準 ずるものを 含 む 以 下 同 じ)および 従 業 員 一 人 一 人 が 三 井 ハイテック で 働 く 者 としての 誇 りを 持 ち あらゆる 企 業 活 動 の 場 面 において 関 係 法 令

More information

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象 比 例 大 激 戦 9 条 守 れの1 票 共 産 党 へ 改 憲 問 題 が 大 争 点 に しんぶん 赤 旗 2016 年 7 月 6 日 ( 水 ) 投 票 日 まで4 日 となった 参 院 選 は 比 例 代 表 も 選 挙 区 も 大 激 戦 大 接 戦 のまま 最 終 盤 に 入 り 安 保 法 制 = 戦 争 法 の 廃 止 と 憲 法 9 条 改 悪 が 大 争 点 に 浮 上 憲

More information

スクールガード養成講習会資料

スクールガード養成講習会資料 平 成 20 年 度 札 幌 市 スクールガード 養 成 講 習 会 資 料 札 幌 市 教 育 委 員 会 1 スクールガード 事 業 とは 近 年 は 学 校 の 管 理 下 における 事 件 や 事 故 が 大 きな 問 題 となっています 札 幌 市 教 育 委 員 会 では このような 状 況 を 踏 まえ 子 どもたちが 安 心 して 学 校 に 通 えるよう 地 域 での 子 どもの

More information

先輩たちのとりくみに学ぶ

先輩たちのとりくみに学ぶ 広 島 県 教 職 員 組 合 2016 年 度 版 1. 権 利 獲 得 への 道 ~バトンを 受 け 継 ぐ 私 たち~ 2. 労 働 組 合 とは ~ 働 く 者 にとって 当 たり 前 のしくみ~ 3.どうして 私 たちは 組 合 にこだわるのか 4.さまざまな 活 動 ~ 平 和 人 権 自 主 共 助 ~ 1 広 教 組 結 成 1945 原 爆 投 下 敗 戦 日 本 国 憲 法 国

More information

はじめに P1 1.いじめ 対 策 の 基 本 的 考 え 方 (1)いじめの 定 義 (2)いじめ 対 策 の 基 本 理 念 P2 P2 P4 2.いじめ 対 策 の 具 体 的 内 容 (1)いじめの 未 然 防 止 のための 方 策 (2)いじめの 早 期 発 見 のための 方 策 (3)い

はじめに P1 1.いじめ 対 策 の 基 本 的 考 え 方 (1)いじめの 定 義 (2)いじめ 対 策 の 基 本 理 念 P2 P2 P4 2.いじめ 対 策 の 具 体 的 内 容 (1)いじめの 未 然 防 止 のための 方 策 (2)いじめの 早 期 発 見 のための 方 策 (3)い ~ 子 どもの 尊 厳 を 守 るために~ 平 成 2 7 年 8 月 大 阪 市 大 阪 市 教 育 委 員 会 はじめに P1 1.いじめ 対 策 の 基 本 的 考 え 方 (1)いじめの 定 義 (2)いじめ 対 策 の 基 本 理 念 P2 P2 P4 2.いじめ 対 策 の 具 体 的 内 容 (1)いじめの 未 然 防 止 のための 方 策 (2)いじめの 早 期 発 見 のための 方

More information

塩 竈 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 日 時 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 30 分 場 所 壱 番 館 3 階 共 用 会 議 室 出 席 委 員 委 員 長 柴 田 仁 市 郎 委 員 長 職 務 代 行 者 太

塩 竈 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 日 時 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 30 分 場 所 壱 番 館 3 階 共 用 会 議 室 出 席 委 員 委 員 長 柴 田 仁 市 郎 委 員 長 職 務 代 行 者 太 平 成 27 年 7 月 定 例 会 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 書 記 菊 池 亮 書 記 鈴 木 和 賀 子 塩 竈 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 日 時 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 30 分 場 所 壱 番 館 3 階 共 用 会 議 室 出 席 委 員 委 員 長 柴 田 仁 市 郎 委 員

More information

Microsoft PowerPoint - 1.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 1.ppt [互換モード] 1-1 SNSやプロフでのいじめ SNSやプロフなどで 身 のまわりに 起 きた 出 来 事 を 発 信 したり 友 だちの 書 いた 日 記 などにコメントを 書 き 込 んだりする 子 どもたちが 増 えています SNSの 利 用 者 数 は 年 々 増 加 しており 書 き 込 みがもとになったトラブルも 数 多 く 発 生 しています 多 深 SNS:ソーシャルネットワーキングサービス(Social

More information

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非 先 生 方 へ いのちを 大 切 にし 他 人 を 思 いやる 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう いのちの 教 育 危 機 対 応 の 在 り 方 への 提 言 危 機 感 をもとう 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう 躊 躇 せず 関 係 機 関 との 連 携 をしよう 子 どもの 状 況 を 次 の 学 年 学 校 へ 確 実 に 引 き 継 ごう

More information

児 童 等 は いじめを 行 ってはならない ( 法 第 4 条 ) いじめを 根 絶 するためには いじめは 絶 対 に 許 されない いじめは 卑 怯 な 行 為 である との 認 識 の 下 未 然 防 止 の 観 点 から すべての 生 徒 を 対 象 とした 人 権 教 育 や 道 徳 教

児 童 等 は いじめを 行 ってはならない ( 法 第 4 条 ) いじめを 根 絶 するためには いじめは 絶 対 に 許 されない いじめは 卑 怯 な 行 為 である との 認 識 の 下 未 然 防 止 の 観 点 から すべての 生 徒 を 対 象 とした 人 権 教 育 や 道 徳 教 山 口 県 立 大 津 緑 洋 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 平 成 26 年 3 月 策 定 平 成 28 年 3 月 改 定 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 及 び 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず その 生 命 又 は 身 体 に

More information

この 冬 ニガテを 克 服 小 学 6 年 生 進 学 算 数 特 訓 [4 日 ] 1 日 80 分 3,240 小 学 5 年 生 4 年 生 進 学 算 数 特 訓 [4 日 ] 1 日 80 分 0 小 学 6 年 生 中 学 入 門 英 語 [2 日 ] 1 日 40 分 0 小 6 中

この 冬 ニガテを 克 服 小 学 6 年 生 進 学 算 数 特 訓 [4 日 ] 1 日 80 分 3,240 小 学 5 年 生 4 年 生 進 学 算 数 特 訓 [4 日 ] 1 日 80 分 0 小 学 6 年 生 中 学 入 門 英 語 [2 日 ] 1 日 40 分 0 小 6 中 この 冬 にニガテを 克 服 ライバルに 差 をつける ご 存 知 ですか 中 学 の 定 期 テストや 高 校 入 試 には 小 学 生 で 学 習 する 内 容 からも 出 題!? 中 学 校 の 定 期 試 験 や 県 立 高 校 入 試 では 小 学 生 で 学 習 する 内 容 からも 問 題 が 出 題 されています 下 の 問 題 は 実 際 に 中 学 2 年 生 の 定 期 試 験

More information

54 第 3 章 各 種 所 得 きことは 当 然 のことであるから この 枠 組 みが 設 定 されていることが 無 料 法 律 相 談 所 で 弁 護 士 の 行 う 法 律 相 談 業 務 の 事 業 性 を 損 なうものとはいえない などとして 当 該 日 当 は 事 業 所 得 に 該 当

54 第 3 章 各 種 所 得 きことは 当 然 のことであるから この 枠 組 みが 設 定 されていることが 無 料 法 律 相 談 所 で 弁 護 士 の 行 う 法 律 相 談 業 務 の 事 業 性 を 損 なうものとはいえない などとして 当 該 日 当 は 事 業 所 得 に 該 当 第 3 章 各 種 所 得 53 20 無 料 相 談 会 での 業 務 収 入 ( 事 業 所 得 ) Q 私 の 事 務 所 の 地 域 では 士 業 の7 業 種 が 合 同 して 市 民 のための 無 料 相 談 会 を 実 施 しています 私 も 所 属 する 同 業 団 体 から 依 頼 され 市 の 施 設 で1 日 無 料 相 談 に 従 事 することになりました 所 属 する 同

More information

Microsoft Word - 24年8月29日教育委員会会議録

Microsoft Word - 24年8月29日教育委員会会議録 平 成 24 年 8 月 29 日 亀 岡 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 開 会 午 前 9 時 30 分 閉 会 午 後 0 時 00 分 2 出 席 委 員 中 桐 委 員 長 大 谷 委 員 長 職 務 代 理 者 井 上 委 員 栗 山 委 員 竹 岡 教 育 長 3 欠 席 委 員 な し 4 出 席 事 務 局 職 員 辻 田 教 育 部 長 中 川 次 長 兼 総 括 指 導

More information

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 賠 償 責 任 保 険 対 人 対 物 事 故 により 相 手 方 への 法 律 上 の 損

More information

Microsoft Word - 20150414 HPへ掲載依頼

Microsoft Word - 20150414 HPへ掲載依頼 Q1 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 以 下 学 生 支 援 機 構 という )の 奨 学 金 を 利 用 してい ますが 生 活 が 厳 しく 返 還 金 の 支 払 いが 滞 りがちで 返 還 金 の 支 払 いを 怠 るとブラックリ ストに 載 るということを 聞 いたのですが 本 当 ですか A1 奨 学 金 を 返 還 している 方 で 延 滞 3か 月 以 上

More information

神 奈 川 県 立 横 須 賀 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 いじめの 防 止 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 ( 本 校 のいじめ 防 止 に 関 する 基 本 的 な 姿 勢 ) いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利

神 奈 川 県 立 横 須 賀 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 いじめの 防 止 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 ( 本 校 のいじめ 防 止 に 関 する 基 本 的 な 姿 勢 ) いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 神 奈 川 県 立 横 須 賀 大 津 高 等 学 校 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 神 奈 川 県 立 横 須 賀 大 津 高 等 学 校 神 奈 川 県 立 横 須 賀 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 いじめの 防 止 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 ( 本 校 のいじめ 防 止 に 関 する 基 本 的 な 姿 勢 ) いじめは いじめを 受

More information

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 88 年 07 年 東 京 調 査 の 結 果 目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 者 選 択

More information

三輪定宣の4つの提言

三輪定宣の4つの提言 三 輪 定 宣 の4つの 提 言 4つの 提 言 は2 月 21 日 に 県 庁 記 者 室 で 発 表 一. 知 事 に 金 権 疑 惑 に 対 する 説 明 責 任 と 政 治 責 任 を 求 めます 森 田 健 作 氏 は 前 回 の 知 事 選 直 後 に 噴 出 した 自 民 党 支 部 を 受 け 皿 にした う 回 献 金 外 国 資 本 企 業 からの 違 法 献 金 公 立 高 校

More information

平 成 22 年 度 横 浜 市 児 童 相 談 所 の 児 童 虐 待 新 規 把 握 件 数 横 浜 市 の 児 童 相 談 所 において 平 成 22 年 度 新 たに 把 握 した 児 童 虐 待 件 数 は 626 件 でした また 虐 待 対 応 件 数 は 平 成 21 年 度 以 前

平 成 22 年 度 横 浜 市 児 童 相 談 所 の 児 童 虐 待 新 規 把 握 件 数 横 浜 市 の 児 童 相 談 所 において 平 成 22 年 度 新 たに 把 握 した 児 童 虐 待 件 数 は 626 件 でした また 虐 待 対 応 件 数 は 平 成 21 年 度 以 前 平 成 23 年 5 月 26 日 こども 青 少 年 教 育 委 員 会 資 料 こ ど も 青 少 年 局 児 童 虐 待 等 への 対 応 状 況 について 1 平 成 22 年 度 横 浜 市 児 童 相 談 所 の 児 童 虐 待 新 規 把 握 件 数 1 2 平 成 22 年 12 月 14 日 に 他 都 市 より 電 話 で 引 き 継 いだケースについて 3 3 最 近 の 事

More information

○西村委員長

○西村委員長 平 成 27 年 度 精 華 町 いじめ 防 止 対 策 推 進 委 員 会 議 事 要 旨 1 開 会 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 30 分 閉 会 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 4 時 20 分 2 出 席 委 員 桶 谷 委 員 長 草 地 委 員 桑 原 委 員 岩 井 委 員 ( 欠 席 委 員 なし) 3 出 席 事 務 局

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

2 大 津 の 子 どもをいじめから 守 る 委 員 会 委 員 構 成 5 人 任 期 2 年 ( 平 成 27 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 委 員 長 羽 下 大 信 ( 臨 床 心 理 士 ) 副 委 員 長 池 谷 博 行 ( 弁 護 士 ) 委 員 竹 下 秀 子 ( 滋 賀 県

2 大 津 の 子 どもをいじめから 守 る 委 員 会 委 員 構 成 5 人 任 期 2 年 ( 平 成 27 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 委 員 長 羽 下 大 信 ( 臨 床 心 理 士 ) 副 委 員 長 池 谷 博 行 ( 弁 護 士 ) 委 員 竹 下 秀 子 ( 滋 賀 県 平 成 28 年 度 大 津 市 いじめ 対 策 推 進 室 の 取 組 大 津 市 子 どものいじめの 防 止 に 関 する 条 例 に 規 定 されている 事 項 等 を 推 進 するため 平 成 28 年 度 は いじめ 相 談 守 る 委 員 会 いじめ 防 止 のための 啓 発 活 動 インターネット 等 によるいじ め 対 策 会 議 及 び 啓 発 活 動 を 継 続 していくとともに

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

4 納 税 に 困 ったら 納 税 の 猶 予 の 申 請 を 10の 対 策 4 1) 納 税 の 見 通 しが 立 たない 時 は 積 極 的 に 納 税 ( 徴 収 )の 猶 予 の 申 請 書 を 提 出 しよう いつでも 出 来 ます 申 請 書 の 受 け 取 りを 拒 否 はできません

4 納 税 に 困 ったら 納 税 の 猶 予 の 申 請 を 10の 対 策 4 1) 納 税 の 見 通 しが 立 たない 時 は 積 極 的 に 納 税 ( 徴 収 )の 猶 予 の 申 請 書 を 提 出 しよう いつでも 出 来 ます 申 請 書 の 受 け 取 りを 拒 否 はできません 滞 納 整 理 に 対 する 対 策 と 法 的 根 拠 埼 商 連 税 対 部 1 たとえ 滞 納 者 であっても 権 利 があります 10の 対 策 1 憲 法 11 条 ( 基 本 的 人 権 ) 13 条 ( 個 人 の 幸 福 ) 14 条 ( 法 の 下 の 平 等 ) から 滞 納 していても 人 権 は 保 障 され 差 別 される 事 なく 個 人 として 尊 重 され 幸 せに

More information

「AOIゼミ」インターネット申込約款

「AOIゼミ」インターネット申込約款 アオイゼミ インターネット 学 習 塾 申 込 約 款 ( 無 料 会 員 利 用 規 約 ) お 申 込 の 前 に 約 款 をご 確 認 及 び 同 意 の 上 お 申 込 下 さい 必 ず 保 護 者 の 方 がお 申 込 み 下 さい アオイゼミ インターネット 学 習 塾 申 込 約 款 兼 無 料 会 員 利 用 規 約 第 一 条 本 約 款 の 範 囲 及 び 変 更 1. 本 規

More information

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について ( 審 42) 資 料 2 地 方 公 共 団 体 等 からの 主 な 要 望 事 項 について 平 成 28 年 1 月 本 資 料 は 第 40 回 審 査 会 ( 平 成 27 年 1 月 28 日 ) 以 降 現 時 点 までに 文 部 科 学 省 に 寄 せられた 要 望 のうち 主 な 項 目 をまとめたものである 1. 精 神 的 損 害 に 係 る 賠 償 被 害 者 が 被 った

More information

Taro-H28いじめ防止基本方針(大

Taro-H28いじめ防止基本方針(大 平 成 28 年 度 いじめ 防 止 基 本 方 針 柏 市 立 大 津 ケ 丘 中 学 校 目 次 第 1 章 いじめ 防 止 等 のための 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 p1-p2 1 いじめの 定 義 p1 2 いじめの 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 理 念 p1 (1) 基 本 方 針 p1 (2)いじめの 問 題 への 指 導 p2 (3)いじめの 問 題 への

More information

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被

てなるべく 早 めにお 示 ししたい 税 制 の 取 扱 いについては 累 進 課 税 にならないよう 国 税 庁 で 協 議 中 であり 喫 緊 に 公 表 できるよう 準 備 しているところ 自 主 的 避 難 等 に 係 る 賠 償 の 実 費 について 定 額 を 超 える 部 分 は 被 福 島 県 原 子 力 損 害 対 策 協 議 会 原 子 力 損 害 賠 償 の 完 全 実 施 に 関 する 緊 急 要 望 要 求 活 動 結 果 概 要 < 関 係 省 庁 政 党 > 日 時 平 成 24 年 11 月 19 日 ( 月 )13:00~15:30 要 望 者 会 長 代 理 村 田 文 雄 ( 福 島 県 副 知 事 代 表 者 会 議 議 長 ) 副 会 長 佐 藤 正

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

Taro-いじめ防止基本方針.jtd

Taro-いじめ防止基本方針.jtd いじめ 防 止 基 本 方 針 ~ If it is our child. If it is oneself ~ はじめに 滋 賀 県 大 津 市 での いじめによる 生 徒 の 自 殺 大 阪 市 での 体 罰 による 生 徒 の 自 殺 によ り, 現 在 学 校 の 真 価 が 問 われています この 悲 しい2つの 事 件 は, 過 去 自 信 を 持 って 生 徒 指 導 に 取 り 組

More information

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~ 第 119 回 NRIメディアフォーラム 地 震 防 災 対 策 の 現 状 と 課 題 ~ 住 宅 の 耐 震 化 と 地 震 保 険 ~ 2009 年 11 月 13 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 上 級 コンサルタント 主 任 コンサルタント 浅 野 憲 周 野 崎 洋 之 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5

More information

はじめに 労 働 事 件 特 に 解 雇 退 職 の 場 合 事 件 解 決 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 の 扱 いが 問 題 となることがあります 例 えば 解 雇 が 無 効 となった 場 合 に 一 度 喪 失 した 厚 生 年 金 保 険 や 健 康 保 険 の 資 格 はど

はじめに 労 働 事 件 特 に 解 雇 退 職 の 場 合 事 件 解 決 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 の 扱 いが 問 題 となることがあります 例 えば 解 雇 が 無 効 となった 場 合 に 一 度 喪 失 した 厚 生 年 金 保 険 や 健 康 保 険 の 資 格 はど 平 成 24 年 6 月 13 日 東 京 弁 護 士 会 平 成 24 年 度 春 季 労 働 法 専 門 講 座 労 働 事 件 解 決 の 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 はどうなるのか 場 所 ; 弁 護 士 会 館 3 階 301 会 議 室 時 間 ;18:00~20:00 講 師 鳥 井 玲 子 ( 特 定 社 会 保 険 労 務 士 ) 1 はじめに 労 働 事 件 特

More information

第25回人権・同和問題啓発映画会・講演会資料 職場のパワーハラスメントについて

第25回人権・同和問題啓発映画会・講演会資料 職場のパワーハラスメントについて 職 場 のパワーハラスメントについて 厚 労 省 職 場 のパワーハラスメントの 予 防 解 決 に 向 けた 提 言 から 202 7 月 26 日 ( 株 )クオレ シー キューブ 代 表 取 締 役 岡 田 康 子 03-5273-2300 職 場 のいじめ 嫌 がらせ 問 題 に 関 する 円 卓 会 議 ワーキング グループ 報 告 概 要. 問 題 に 取 り 組 む 必 要 性 と 意

More information

2. ど の 様 な 経 緯 で 発 覚 し た の か ま た 遡 っ た の を 昨 年 4 月 ま で と し た の は 何 故 か 明 ら か に す る こ と 回 答 3 月 17 日 に 実 施 し た ダ イ ヤ 改 正 で 静 岡 車 両 区 の 構 内 運 転 が 静 岡 運

2. ど の 様 な 経 緯 で 発 覚 し た の か ま た 遡 っ た の を 昨 年 4 月 ま で と し た の は 何 故 か 明 ら か に す る こ と 回 答 3 月 17 日 に 実 施 し た ダ イ ヤ 改 正 で 静 岡 車 両 区 の 構 内 運 転 が 静 岡 運 地 本 業 務 ニ ュ ー ス J R 東 海 労 静 岡 地 方 本 部 NO.1 8 2 0 1 2 年 6 月 1 9 日 発 行 者 : JR 東 海 労 静 岡 地 方 本 部 山 本 繁 明 申 6 号 に 関 する 幹 事 間 折 衝 を 開 催!! 6 月 15 日 地 本 は 静 岡 車 両 区 に お け る 構 内 運 転 士 に 対 す る 誤 支 給 及 び 戻 入 に つ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63> 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 10986 号 2011.8.4 一 部 改 正 2011.8.4 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965

More information

多 度 津 町 も 検 討 を 進 めていくべきものであると 考 えますが 仮 に 民 間 委 託 に 移 行 した 場 合 現 在 給 食 センターに 動 務 している 職 員 の 処 遇 についてど うするのでしょうか 2 民 間 委 託 の 委 託 範 囲 をどこまでとする 予 定 でしょうか

多 度 津 町 も 検 討 を 進 めていくべきものであると 考 えますが 仮 に 民 間 委 託 に 移 行 した 場 合 現 在 給 食 センターに 動 務 している 職 員 の 処 遇 についてど うするのでしょうか 2 民 間 委 託 の 委 託 範 囲 をどこまでとする 予 定 でしょうか 議 長 ( 門 瀧 雄 ) これをもって 8 番 古 川 議 員 の 質 問 を 終 わります 次 に 9 番 村 井 勉 君 議 員 ( 村 井 勉 ) 9 番 村 井 勉 です 私 は 2 点 ほど お 伺 いいたします まず 最 初 に 多 度 津 町 学 校 給 食 共 同 調 理 場 の 民 間 委 託 移 行 についてでございま す 先 日 総 務 教 育 常 任 委 員 会 の 視 察

More information

平成26年版子ども・若者白書(全体版)

平成26年版子ども・若者白書(全体版) 子 ども 若 者 育 成 支 援 施 策 の 実 施 状 況 --7 図 二 次 児 童 ポルノ 排 除 総 合 対 策 の 概 要 ( 出 典 ) 内 閣 府 ホームページ(http://www8.cao.go.jp/youth/cp-taisaku/) 内 閣 府 は, 平 成 年 月, 関 係 団 体 などで 構 成 する 回 児 童 ポルノ 排 除 対 策 推 進 協 議 会 総 会 ( 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518E9F966894C682DC82BF82C382AD82E8908490698C7689E68169916688C4816A8E9197BF95D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E682518E9F966894C682DC82BF82C382AD82E8908490698C7689E68169916688C4816A8E9197BF95D22E646F63> 第 2 次 久 留 米 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 ( 素 案 ) 資 料 編 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の 防 犯 意 識 久 留 米 市 目 次 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の 防 犯 意 識 1 犯 罪 の 現 状 P1 2 暴 力 団 の 情 勢 P10 3 少 年 非 行 の 現 状 P12 4 市 民 の 防 犯 意 識 P15 犯 罪 の 現 状 と 市 民 の

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

(Microsoft Word - \203p\203\217\203n\203\211\201i\225\312\216\206\202P\201j.doc)

(Microsoft Word - \203p\203\217\203n\203\211\201i\225\312\216\206\202P\201j.doc) 別 紙 1 パワー ハラスメントの 防 止 のために 職 員 が 認 識 すべき 事 項 についての 指 針 第 1 パワー ハラスメント( 以 下 パワハラ という )をしないようにするため に 職 員 が 認 識 すべき 事 項 1 意 識 の 重 要 性 パワハラをしないようにするためには 職 員 一 人 一 人 が 次 の 事 項 の 重 要 性 について 十 分 認 識 しなければならない

More information

5 分 ころ, 被 害 者 方 に 赴 いて, 被 害 者 のパスポートを 強 取 した 後, 同 日 午 後 10 時 45 分 ころ, 監 禁 する 場 所 として 用 意 していたウィークリーマンショ ンに 赴 き, 被 害 者 を 居 室 内 に 連 れ 込 もうとしたが, 被 害 者 に

5 分 ころ, 被 害 者 方 に 赴 いて, 被 害 者 のパスポートを 強 取 した 後, 同 日 午 後 10 時 45 分 ころ, 監 禁 する 場 所 として 用 意 していたウィークリーマンショ ンに 赴 き, 被 害 者 を 居 室 内 に 連 れ 込 もうとしたが, 被 害 者 に 主 文 本 件 控 訴 を 棄 却 する 当 審 における 未 決 勾 留 日 数 中 120 日 を 原 判 決 の 刑 に 算 入 する 理 由 本 件 控 訴 の 趣 意 は, 弁 護 人 長 谷 川 紘 一 作 成 の 控 訴 趣 意 書 及 び 控 訴 趣 意 補 充 書 ( 釈 明 を 含 む)に 記 載 されたとおりであるから,これを 引 用 する 第 1 事 実 誤 認 の 主 張

More information

○大津の事案に学ぶこと

○大津の事案に学ぶこと 協 議 事 項 1 平 成 24 年 7 月 24 日 教 育 総 務 課 小 中 学 校 課 特 別 支 援 教 育 課 高 等 学 校 課 いじめ 問 題 への 対 応 について 資 料 1 大 津 市 の 事 案 から 学 ぶべきもの 資 料 2 福 岡 県 いじめ 問 題 総 合 対 策 ( 抜 粋 ) 資 料 3 定 例 記 者 会 見 における 大 津 市 のいじめ 自 殺 問 題 に

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF)

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF) 1 相 発 生 後 にやるべきこと POINT 1 相 発 生 後 には 税 務 申 告 だけでなく 生 活 に 関 連 する 諸 手 など やるべきこ とが 数 多 くあります 2 期 限 に 注 意 して 手 きを 進 める 必 要 があります 174 第 4 章 相 と 税 金 1 相 発 生 後 にやるべきこと 第 6 節 1 相 発 生 直 後 に 行 う 手 き( 遺 言 書 の 確 認

More information

【Kei式】法律争訟物語(1_行政法編)

【Kei式】法律争訟物語(1_行政法編) Kei 式 法 律 争 訟 物 語 (1. 行 政 法 編 ) 第 1~2 話 法 律 争 訟 物 語 (1. 行 政 法 編 - 全 14 話 ) 前 書 き: この 物 語 は 行 政 法 の 中 でも 行 政 手 続 法 行 政 不 服 審 査 法 行 政 事 件 訴 訟 法 を 中 心 に 行 政 争 訟 の 流 れを 楽 し んでお 読 みになれるようつくられた 物 です 問 題 集 を

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

<4D F736F F D208BB388E788CF88F589EF82A982E782CC A815B E68E4F8ED288CF88F589EF82CC92B28DB895F18D908F9182F08EF382AF82C4816A A8AAE90AC94C5>

<4D F736F F D208BB388E788CF88F589EF82A982E782CC A815B E68E4F8ED288CF88F589EF82CC92B28DB895F18D908F9182F08EF382AF82C4816A A8AAE90AC94C5> 教 育 委 員 会 からのメッセージ ~ 第 三 者 による 調 査 委 員 会 の 調 査 報 告 書 を 受 けて ~ 平 成 24 年 6 月 12 日 曳 馬 中 学 校 男 子 生 徒 ( 以 下 本 生 徒 という)が 自 ら 命 を 断 つという 悲 しい 出 来 事 ( 以 下 本 件 という)が 起 こりました 浜 松 市 教 育 委 員 会 ( 以 下 教 育 委 員 会 という)は

More information

法 律 入 門 講 座 連 続 無 料 講 演 会 第 1 回 一 衆 議 院 の 解 散 と 総 選 挙 解 散 以 降 の 流 れ( 憲 法 公 職 選 挙 法 の 規 定 ) 衆 議 院 の 解 散 ( 憲 法 7 条,54 条,69 条 ) 40 日 以 内 ( 憲 法 54 条 1 項 前

法 律 入 門 講 座 連 続 無 料 講 演 会 第 1 回 一 衆 議 院 の 解 散 と 総 選 挙 解 散 以 降 の 流 れ( 憲 法 公 職 選 挙 法 の 規 定 ) 衆 議 院 の 解 散 ( 憲 法 7 条,54 条,69 条 ) 40 日 以 内 ( 憲 法 54 条 1 項 前 09082 3TOKY O 法 律 入 門 講 座 あなたの 身 近 な 憲 法 問 題 ~ 衆 議 院 解 散 選 挙 を 憲 法 から 考 える 辰 已 専 任 講 師 弁 護 士 二 宮 麻 里 子 先 生 TOKYO YOKOHAMA OSAKA KYOTO NAGOYA FUKUOKA 法 律 入 門 講 座 連 続 無 料 講 演 会 第 1 回 一 衆 議 院 の 解 散 と 総 選

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること 11/01/14 関 東 ブロック 新 人 研 修 会 静 岡 県 司 法 書 士 会 中 里 功 多 重 債 務 整 理 事 件 3 - 消 費 者 破 産 - 本 稿 は 個 人 破 産 の 中 でもいわゆる 消 費 者 破 産 ( 非 事 業 者 に 関 する 破 産 事 件 )に 関 する 基 礎 的 論 点 の 修 得 を 目 的 としており 事 業 者 の 破 産 事 件 や 会 社 の

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

会議録

会議録 第 4 回 秦 野 市 公 立 幼 稚 園 あり 方 検 討 委 員 会 1 日 時 平 成 24 年 2 月 7 日 ( 火 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 2 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 3 階 3A 会 議 室 3 出 席 委 員 逢 坂 委 員 小 林 委 員 佐 藤 委 員 佐 々 木 委 員 桐 山 委 員 横 尾 委 員 大 澤 委 員 梅 原 委 員 野 々 山 委 員

More information

1リスクへの備え

1リスクへの備え リスクへの 備 え 福 祉 施 設 運 営 は 様 々なリスク 対 応 を 覚 悟 しなければならない 業 務 中 に 負 った 賠 償 責 任 入 所 児 童 が 他 人 に 損 害 を 負 わせた 場 合 施 設 管 理 者 は 損 害 賠 償 金 や 訴 訟 費 用 等 を 法 律 上 負 うべき 事 態 に 見 舞 われる また 財 産 の 損 害 が 生 じる 事 態 もある これらの 事

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

Microsoft PowerPoint - 070608訴訟状況.ppt

Microsoft PowerPoint - 070608訴訟状況.ppt 住 基 ネット 関 連 訴 訟 に 関 する 判 決 資 料 8 < 平 成 17 年 > 5 月 30 日 ( 月 ) 金 沢 地 裁 判 決 ( 一 部 敗 訴 ) 1 5 月 31 日 ( 火 ) 名 古 屋 地 裁 10 部 判 決 ( 全 面 勝 訴 ) 2 10 月 14 日 ( 金 ) 福 岡 地 裁 判 決 ( 全 面 勝 訴 ) < 平 成 18 年 > 2 月 9 日 ( 木 )

More information

新 学 習 指 導 要 領 って?? 2011 年 度 から 学 習 指 導 要 領 が 変 わり 今 までの ゆとり 教 育 から 生 きる 力 へと 変 更 をしました ではいったい 何 が1 番 変 わったかと 言 うと 学 校 での 指 導 方 法 が 変 わりました ゆとり 教 育 上 限

新 学 習 指 導 要 領 って?? 2011 年 度 から 学 習 指 導 要 領 が 変 わり 今 までの ゆとり 教 育 から 生 きる 力 へと 変 更 をしました ではいったい 何 が1 番 変 わったかと 言 うと 学 校 での 指 導 方 法 が 変 わりました ゆとり 教 育 上 限 IB 早 稲 田 六 高 台 校 小 学 生 を 持 つ 親 子 さん 向 け お 悩 み 解 決 団 お 悩 み 相 談 mail: ib-rokkodai@ib-group.jp 担 当 伊 藤 実 はどうなの? いまさら 聞 けない?? 初 めてだから 不 安?? 実 は 塾 ってどうなの?? 実 は 学 校 の 授 業 ってどうなの?? 誰 にも 聞 けない 悩 みなどを 簡 単 にまとめてみました

More information

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531>

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531> ( 参 考 Ⅱ) 千 葉 県 教 育 委 員 会 と 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 事 業 アンケートの 結 果 A 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 による 基 礎 教 養 講 座 受 講 者 アンケート (アンケート 回 収 数 :76 名 ).あなたは 将 来 教 員 になることを 志 望 していますか?. 教 員 になることを 目 指 している(6 名 ). 教

More information

苦 情 件 数 では 自 動 車 共 済 が566 件 で 全 体 の43%を 占 めており 生 命 系 共 済 が473 件 (36%) 火 災 共 済 が219 件 (17%)とつづき 3 共 済 で 苦 情 件 数 全 体 の96%を 占 めています 特 に 火 災 共 済 については 前 年

苦 情 件 数 では 自 動 車 共 済 が566 件 で 全 体 の43%を 占 めており 生 命 系 共 済 が473 件 (36%) 火 災 共 済 が219 件 (17%)とつづき 3 共 済 で 苦 情 件 数 全 体 の96%を 占 めています 特 に 火 災 共 済 については 前 年 平 成 24 年 度 共 済 相 談 所 活 動 状 況 について Ⅰ. 相 談 苦 情 の 状 況 1. 受 付 の 状 況 共 済 相 談 所 における 平 成 24 年 度 の 相 談 苦 情 受 付 件 数 は2,381 件 ( 前 年 度 2,786 件 対 前 年 度 比 85%)と 前 年 度 から 大 幅 に 減 少 しました 要 因 は 東 日 本 大 震 災 に 関 する 相 談

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information