とりわけ このようなし 尿 関 連 施 設 は 慎 重 な 対 応 を 行 うべきであり 電 話 連 絡 で 事 足 りるものでもありません 町 内 会 に 合 意 形 成 を 一 任 するあり 方 は きわめて 問 題 です 現 在 は 施 設 から 約 100m 以 内 に 民 家 があるなど

Size: px
Start display at page:

Download "とりわけ このようなし 尿 関 連 施 設 は 慎 重 な 対 応 を 行 うべきであり 電 話 連 絡 で 事 足 りるものでもありません 町 内 会 に 合 意 形 成 を 一 任 するあり 方 は きわめて 問 題 です 現 在 は 施 設 から 約 100m 以 内 に 民 家 があるなど"

Transcription

1 環 境 行 政 について 新 浜 し 尿 中 継 施 設 建 設 計 画 についてお 伺 いします 福 山 市 は 現 在 箕 沖 町 に 広 域 的 な し 尿 処 理 の 統 合 施 設 として 汚 泥 再 生 処 理 施 設 を 建 設 しています そして これまで 3 か 所 で 運 営 されていた 新 浜 深 品 新 市 し 尿 処 理 場 を 統 合 し そ れらの 施 設 は し 尿 の 貯 蔵 中 継 施 設 として 整 備 しようとしています この 計 画 のうち ( 仮 称 ) 新 浜 中 継 施 設 については 施 設 に 最 も 近 接 している 曙 町 2 丁 目 第 一 第 二 町 内 会 と 曙 町 2 丁 目 砂 場 東 町 内 会 など 地 元 3 町 の 大 半 の 住 民 をはじ め 曙 学 区 のほとんどの 町 内 会 長 が 建 設 に 不 同 意 を 表 明 しています とりわけ 地 元 3 町 内 会 の 住 民 らは 1969 年 に 新 浜 処 理 場 が 建 設 されて 以 来 4 6 年 間 に 渡 り 悪 臭 や 騒 音 振 動 といった 様 々な 苦 痛 に 耐 えてきました そもそもこの3 町 内 会 では し 尿 処 理 場 を 受 け 入 れる 条 件 として 牧 本 市 長 から 公 共 幹 線 下 水 道 の 完 了 時 までには し 尿 処 理 施 設 を 含 めて 廃 止 とする 公 印 入 りの 回 答 書 を かわしています そのため 地 元 町 内 会 では やっと 平 穏 な 暮 らしができる と 安 堵 していたのです そこで 当 計 画 の 合 意 形 成 のあり 方 についてお 伺 いします 市 当 局 は 2012 年 12 月 14 日 の 文 教 経 済 委 員 会 で 計 画 を 進 める 根 拠 として 2012 年 3 月 27 日 の 曙 町 内 会 学 区 連 合 町 内 会 の 会 議 で 賛 否 をとった 会 議 録 を 見 た と いうことと 役 員 から 口 頭 で 賛 成 10 反 対 2であり 市 として 事 業 を 進 めてもら ってよい との 連 絡 を 受 けたという 二 つの 事 象 をあげています この 町 内 会 連 合 会 の 会 議 録 とは 曙 公 民 館 に 保 管 されている B4の 福 山 市 書 式 のメ モのことです ところが この 会 議 録 と 称 するメモには 曙 町 1 丁 目 東 2 丁 目 第 1 と 第 2 砂 場 東 と 4 丁 目 の 町 内 会 長 の 意 見 が 記 されているのみで 他 の 会 長 の 意 見 はありません また 参 加 者 全 員 の 賛 否 をとった との 明 示 もありません わが 党 の 調 査 では 出 席 した 会 長 らは 会 議 で 決 をとった 覚 えはない 出 席 者 全 員 に 意 見 を 求 めたことはない と 証 言 しています 福 山 市 は 会 議 録 をみて それをどのように 解 釈 したのか 説 明 してください 次 に 連 合 町 内 会 長 からの 電 話 連 絡 について 質 問 します 当 計 画 については 10 人 の 町 内 会 長 が 建 設 反 対 の 請 願 署 名 を 提 出 しています ところが 連 合 町 内 会 長 は 福 山 市 に 対 して 10 人 の 町 内 会 長 が 賛 成 反 対 は2 と 説 明 しており 賛 否 が 全 く 逆 転 しています 行 政 として 事 実 を 明 らかにするべきであり 調 査 することが 必 要 ではないでしょうか お 答 えください そもそも 当 計 画 の 実 施 責 任 者 は 福 山 市 です 市 が 前 面 に 立 って 地 元 の 合 意 形 成 や 説 明 会 など 責 任 を 持 って 行 うべきではありませんか 1

2 とりわけ このようなし 尿 関 連 施 設 は 慎 重 な 対 応 を 行 うべきであり 電 話 連 絡 で 事 足 りるものでもありません 町 内 会 に 合 意 形 成 を 一 任 するあり 方 は きわめて 問 題 です 現 在 は 施 設 から 約 100m 以 内 に 民 家 があるなど 宅 地 化 が 進 み 周 辺 環 境 が 激 変 し ています 近 隣 住 民 への 理 解 を 得 ることと 地 元 住 民 との 合 意 形 成 は 最 も 重 要 な 課 題 であります が それらの 取 り 組 みが 極 めて 不 十 分 です 住 民 合 意 形 成 について 環 境 部 局 は どのように 総 括 しているのか お 答 えください 砂 場 東 町 内 会 の 住 民 は し 尿 のため 場 はこれ 以 上 我 慢 できない いくら 対 策 をしても 悪 臭 は100%なくならない 地 元 合 意 を 得 るための 動 きも 行 わず 連 合 町 内 会 長 と の 電 話 のやり 取 りだけで 決 められ 地 元 が 無 視 された と 憤 っています 環 境 省 大 臣 官 房 廃 棄 物 リサイクル 対 策 部 廃 棄 物 対 策 課 は 中 継 施 設 は し 尿 を 貯 蔵 するため 住 民 の 理 解 と 合 意 が 不 可 欠 周 辺 に 住 宅 が 増 えるなど 社 会 情 勢 の 変 化 した 場 合 は 計 画 の 変 更 もある との 見 解 です 地 元 住 民 は し 尿 処 理 の 広 域 化 に 反 対 している 訳 ではありません 住 宅 地 に 貯 蔵 施 設 を 建 設 してほしくないのです 新 浜 中 継 施 設 を 住 民 へ 影 響 のない 地 域 へ 移 転 するよう 計 画 の 変 更 を 求 めます 以 上 についてお 答 えください 2

3 教 育 行 政 についてお 伺 いします 初 めに 教 員 の 多 忙 化 解 消 の 取 り 組 みについてです いま 子 ども 達 は グローバル 社 会 のなかで 国 際 競 争 を 勝 ち 抜 くためのエリート 選 別 に 勝 ち 残 る 激 しい 競 争 教 育 を 強 いられています 新 自 由 主 義 的 な 構 造 改 革 が 進 められた 結 果 格 差 が 広 がり 子 どもの 貧 困 は いま や 社 会 問 題 です 経 済 的 理 由 で 学 校 を 辞 めざるを 得 ない 子 どもや 教 育 費 を 負 担 できないことによる 教 育 格 差 も 問 題 となっています これらすべてを 学 校 が 解 決 できるわけではありませんが 教 職 員 が 専 門 性 を 発 揮 する ことによって 問 題 を 克 服 し 子 どもの 教 育 に 関 する 権 利 を 実 現 することは 可 能 です そのためには 教 職 員 が 元 気 で 子 どもに 向 き 合 う 環 境 をつくることが 重 要 です ところが 現 実 は 厳 しい 実 態 が 続 いています わが 党 の 調 査 では 2013 年 2 月 現 在 の 小 中 学 校 の 休 職 者 数 は 小 学 校 で13 人 中 学 校 では11 人 です そのうち 精 神 疾 患 によるものが 小 学 校 では92% 中 学 校 では63%です 病 休 者 が 多 い 状 態 を 改 善 しなければなりませんが その 取 り 組 みについて どのような 対 策 を 行 っているのか お 答 えください 教 職 員 の 任 用 形 態 については 市 内 の 全 小 学 校 1205 人 中 臨 時 的 任 用 は10.3% で123 人 中 学 校 では 642 人 中 8%で52 人 高 校 では41 人 中 12%で5 人 で す 臨 時 教 員 が 多 い 場 合 教 育 の 継 続 性 が 確 保 されません 定 数 内 臨 時 教 員 をなくし 全 教 員 を 正 規 採 用 とすることが 必 要 ですが どのように 対 応 しているのか お 示 しください 昨 年 9 月 議 会 の 一 般 質 問 で 教 職 員 の 書 類 作 成 について もっと 整 理 ができるものは 整 理 をし やめるものは やめていく 改 善 が 必 要 と 答 弁 されました 今 後 どのよう な 改 善 を 行 うのか お 答 えください また 教 職 員 の 過 重 勤 務 の 把 握 は 施 錠 時 刻 で 全 て 説 明 できるとは 思 っていない と 答 えております いま 教 職 員 の 勤 務 状 況 は 学 校 の 施 錠 開 錠 時 刻 でしか 把 握 できませんが 現 実 には 持 ち 帰 り 仕 事 や 土 曜 日 曜 日 の 部 活 動 など 多 くの 業 務 をこなしています 実 態 を 綿 密 に 把 握 し 荷 重 勤 務 の 原 因 を 改 善 することが 必 要 です 3

4 文 部 科 学 省 は 2007 年 に 大 規 模 な 教 員 勤 務 実 態 調 査 を 行 いましたが その 後 は 行 っていません 市 として 独 自 に 教 員 勤 務 実 態 調 査 を 行 い 業 務 改 善 に 取 り 組 んではいかがでしょうか お 考 えをお 示 しください 次 に35 人 学 級 の 実 現 について 質 問 します 9 月 議 会 では 35 人 学 級 を 実 際 に 導 入 する 場 合 どの 程 度 の 教 室 が 必 要 か 先 生 を 採 用 するとしたら 経 費 はどのくらい 必 要 か どの 学 年 から 導 入 するのか 検 討 したと 答 弁 されています 検 討 結 果 の 具 体 について それぞれ お 示 しください 次 にいじめ 解 消 の 取 り 組 みについて お 伺 いします 政 府 の 教 育 再 生 実 行 会 議 が 2 月 26 日 いじめ 対 策 として 安 倍 首 相 に 提 言 を 提 出 しました その 中 身 は いじめの 解 決 策 として 道 徳 の 教 科 化 を 第 一 に 位 置 付 けています しかし この 方 向 は 教 育 現 場 では 通 用 しないことは 明 らかです たとえば 大 津 市 立 中 学 校 のいじめ 自 殺 事 件 の 例 です 同 校 は 市 内 唯 一 の 文 科 省 指 定 の 道 徳 教 育 実 践 研 究 事 業 推 進 指 定 校 でした いじめ のない 学 校 づくりの 取 り 組 みが 年 度 の2 年 間 に 行 われ 事 件 のあった 学 年 もその 授 業 を 受 けていた とのことです 大 津 市 第 三 者 委 員 会 の 報 告 書 によると 道 徳 教 育 や 命 の 教 育 の 限 界 を 指 摘 し 現 場 で 教 員 が 一 丸 となった 様 々な 創 造 的 な 実 践 こそが 必 要 としています しかし 今 回 の 政 府 の 提 言 は 大 津 市 の 現 実 感 覚 とは 大 きくかい 離 しています 提 言 の 道 徳 の 教 科 化 は 道 徳 内 容 を 国 が 学 習 指 導 要 領 で 細 かく 規 定 し それが どこまで 達 成 できたかによって 成 績 を 付 けるもので これまでも 強 い 批 判 がありまし た さらに 提 言 に 盛 り 込 まれた 効 果 的 な 指 導 方 法 の 明 確 化 や すべての 教 員 が 取 得 で きる 指 導 方 法 の 開 発 や 普 及 などは そうした 道 徳 教 育 を 上 から 画 一 的 に 進 める ものです そもそも 国 が 道 徳 内 容 を 決 めて 国 民 に 徹 底 することは 民 主 主 義 社 会 では 許 され ない 統 制 です さらに 道 徳 に 評 価 を 持 ち 込 めば 表 面 的 ポーズを 取 り 繕 うなど 形 骸 化 されるこ とが 危 惧 されます いじめを 解 決 するために 道 徳 の 教 科 化 は あまりにも 安 易 ですが ご 所 見 をお 示 し 下 さい 4

5 いじめは 子 どもの 苛 立 ちの 発 散 という 面 がある と 言 われています 大 津 市 では 社 会 が 競 争 原 理 と 効 率 を 求 める 方 向 に 進 んでいる と 規 定 し いじめ は 社 会 の 在 り 方 と 根 深 いところでつながっている として 学 校 間 格 差 受 験 な ど ストレスの 強 まりに 目 を 向 けるよう 促 しています いじめを 防 ぐためには 学 校 を 子 どもの 尊 厳 が 守 られ 子 どもの 声 が 丁 寧 に 聞 き 取 ら れ 参 加 が 保 障 される 場 所 にすることです さらに 毅 然 とした 指 導 や 懲 戒 など 厳 罰 化 ではなく いじめている 子 の 悩 みやストレスなど その 背 景 に 目 を 向 けなければ 解 決 できません そのためには 35 人 学 級 の 実 現 が 不 可 欠 です 政 府 に 対 し 改 めて 35 人 学 級 を 実 現 することを 要 求 するとともに 市 独 自 で 実 施 す ることを 求 めます 以 上 についてお 答 えください 5

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関 マイナンバー 制 度 について 質 問 をします マイナンバー 社 会 保 障 税 番 号 制 度 は 今 年 10 月 赤 ちゃん からお 年 寄 りまで 住 民 登 録 をしているすべての 人 へ12 桁 法 人 へ は13 桁 の 番 号 が 通 知 され 2016 年 1 月 から 運 用 が 開 始 されます 政 府 はマイナンバーによって 国 民 一 人 ひとりの 社 会 保 障 の 利

More information

郷 造 補 初 繰 越 繰 越 深 里 専 承 補 造 補 級 義 庫 負 復 係 書 願 環 境 除 車 得 常 託 擁 候 補 薦 同 半 招 疑 最 終 常 託 採 栄 懲 罰 多 否 慮 賛 多 * 賛 否 覧 構 想 ビ 懇 談 在 ふ 寄 附 感 謝 品 品 幅 末,, 万, 円 比 較

郷 造 補 初 繰 越 繰 越 深 里 専 承 補 造 補 級 義 庫 負 復 係 書 願 環 境 除 車 得 常 託 擁 候 補 薦 同 半 招 疑 最 終 常 託 採 栄 懲 罰 多 否 慮 賛 多 * 賛 否 覧 構 想 ビ 懇 談 在 ふ 寄 附 感 謝 品 品 幅 末,, 万, 円 比 較 No. 奇 祭 ね 天 蔵 補 賛 否 常 声 浅 井 守 雄 佐 藤 敏 雄 副 富 永 三 千 敏 恭 児 志 田 貢 遠 藤 徳 甲 雄 郷 造 補 初 繰 越 繰 越 深 里 専 承 補 造 補 級 義 庫 負 復 係 書 願 環 境 除 車 得 常 託 擁 候 補 薦 同 半 招 疑 最 終 常 託 採 栄 懲 罰 多 否 慮 賛 多 * 賛 否 覧 構 想 ビ 懇 談 在 ふ 寄 附 感

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478> 第 9 回 教 育 懇 談 会 資 料 国 の 教 育 改 革 と 愛 知 県 の 取 組 状 況 について 1 教 育 再 生 実 行 会 議 で 示 された 教 育 課 題 第 一 次 提 言 平 成 25 年 2 月 26 日 いじめの 問 題 等 への 対 応 について 道 徳 教 育 いじめ 対 策 体 罰 禁 止 第 二 次 提 言 平 成 25 年 4 月 15 日 教 育 委 員 会

More information

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 平 成 27 年 度 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 久 喜 市 立 太 田 小 学 校 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響

More information

Microsoft Word - 平成24年第3回定例会(9月)一般質問1.docx

Microsoft Word - 平成24年第3回定例会(9月)一般質問1.docx 平 成 24 年 第 3 回 定 例 会 (9 月 ) 一 般 質 問 (1) いじめ 問 題 について 1. 発 生 時 の 対 応 議 員 宮 下 裕 美 子 通 告 書 に 従 い 質 問 を 行 います はじめに 午 前 中 の 金 子 議 員 の 質 問 に 対 する 答 弁 で 私 が 通 告 書 に 記 した 内 容 について 一 部 答 弁 されました しかし せっか くの 機 会

More information

ヒアリング事項について

ヒアリング事項について 資 料 3-1 介 護 労 働 者 の 確 保 定 着 等 に 関 する 研 究 会 における 質 問 項 目 日 本 介 護 福 祉 士 会 1 基 本 情 報 1 貴 団 体 の 概 要 設 立 年 月 日 平 成 12 年 6 月 26 日 ( 任 意 団 体 設 立 : 平 成 6 年 2 月 12 日 ) 定 款 に 定 める 目 的 本 会 は 介 護 福 祉 士 の 職 業 倫 理 及

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

<5461726F2D32343038323081408E7392AC816991678D87816A8BB388E792B7>

<5461726F2D32343038323081408E7392AC816991678D87816A8BB388E792B7> 資 料 5 府 内 市 町 ( 組 合 ) 教 育 委 員 会 教 育 長 会 議 の 開 催 概 要 1 日 時 平 成 24 年 8 月 20 日 ( 月 ) 午 後 1 時 ~3 時 2 場 所 ルビノ 京 都 堀 川 ひえいの 間 3 出 席 者 (1) 京 都 府 教 育 委 員 会 田 原 教 育 長 小 橋 管 理 部 長 永 野 指 導 部 長 田 中 教 育 企 画 監 古 市 指

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

○大津の事案に学ぶこと

○大津の事案に学ぶこと 協 議 事 項 1 平 成 24 年 7 月 24 日 教 育 総 務 課 小 中 学 校 課 特 別 支 援 教 育 課 高 等 学 校 課 いじめ 問 題 への 対 応 について 資 料 1 大 津 市 の 事 案 から 学 ぶべきもの 資 料 2 福 岡 県 いじめ 問 題 総 合 対 策 ( 抜 粋 ) 資 料 3 定 例 記 者 会 見 における 大 津 市 のいじめ 自 殺 問 題 に

More information

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非 先 生 方 へ いのちを 大 切 にし 他 人 を 思 いやる 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう いのちの 教 育 危 機 対 応 の 在 り 方 への 提 言 危 機 感 をもとう 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう 躊 躇 せず 関 係 機 関 との 連 携 をしよう 子 どもの 状 況 を 次 の 学 年 学 校 へ 確 実 に 引 き 継 ごう

More information

多 度 津 町 も 検 討 を 進 めていくべきものであると 考 えますが 仮 に 民 間 委 託 に 移 行 した 場 合 現 在 給 食 センターに 動 務 している 職 員 の 処 遇 についてど うするのでしょうか 2 民 間 委 託 の 委 託 範 囲 をどこまでとする 予 定 でしょうか

多 度 津 町 も 検 討 を 進 めていくべきものであると 考 えますが 仮 に 民 間 委 託 に 移 行 した 場 合 現 在 給 食 センターに 動 務 している 職 員 の 処 遇 についてど うするのでしょうか 2 民 間 委 託 の 委 託 範 囲 をどこまでとする 予 定 でしょうか 議 長 ( 門 瀧 雄 ) これをもって 8 番 古 川 議 員 の 質 問 を 終 わります 次 に 9 番 村 井 勉 君 議 員 ( 村 井 勉 ) 9 番 村 井 勉 です 私 は 2 点 ほど お 伺 いいたします まず 最 初 に 多 度 津 町 学 校 給 食 共 同 調 理 場 の 民 間 委 託 移 行 についてでございま す 先 日 総 務 教 育 常 任 委 員 会 の 視 察

More information

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億

安 倍 政 権 の 法 人 税 減 税 は 今 回 の 法 人 税 減 税 だけではありません 思 い 出 してください 昨 年 個 人 の 負 担 すなわち 復 興 特 別 所 得 税 は 残 したまま 復 興 特 別 法 人 税 だけを 前 倒 しで 廃 止 しており ここでも 6,453 億 平 成 27 年 3 月 25 日 所 得 税 法 等 改 正 案 民 主 党 新 緑 風 会 おだち 源 幸 はじめに 民 主 党 新 緑 風 会 のおだち 源 幸 です 会 派 を 代 表 して 所 得 税 法 等 改 正 案 について 質 問 を 致 します まず 数 字 をあげたいと 思 います 1,200 億 9,784 万 大 変 大 きな 数 字 ですが みなさん 何 の 数 字 かお

More information

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ 第 4 部 施 策 の 展 開 1 妊 産 婦 乳 幼 児 への 保 健 対 策 の 充 実 < 現 状 と 課 題 > 地 域 で 母 子 が 安 心 して 生 活 するためには 妊 娠 出 産 産 後 における 地 域 での 切 れ 目 の ない 支 援 が 必 要 となります そのためには 医 療 機 関 行 政 NPO 関 係 団 体 等 が 密 接 に 関 わりながら 産 前 から の 相

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

一般質問通告書

一般質問通告書 一 般 通 告 書 者 1 日 坂 和 久 1 大 賀 広 史 1 松 浪 健 一 郎 1 地 域 防 災 対 策 について 河 川 氾 濫 時 の 避 難 勧 告 等 の 判 断 について 伺 います 水 防 団 活 動 に 対 し 水 防 管 理 団 体 はいかな る 支 援 指 導 等 を 行 っているのか 伺 います 災 害 時 避 難 者 と 共 に 避 難 した 動 物 の 取 扱 い

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

Taro-学校いじめ防止基本方針大津

Taro-学校いじめ防止基本方針大津 鳴 門 市 大 津 西 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 いじめの 防 止 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 (1) 教 育 活 動 全 体 を 通 じ, 全 ての 児 童 に いじめは 決 して 許 されない ことの 理 解 を 促 し, 児 童 の 豊 かな 情 操 や 道 徳 心, 自 分 の 存 在 と 他 人 の 存 在 を 等 しく 認 め,お 互 いの 人 格

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象 比 例 大 激 戦 9 条 守 れの1 票 共 産 党 へ 改 憲 問 題 が 大 争 点 に しんぶん 赤 旗 2016 年 7 月 6 日 ( 水 ) 投 票 日 まで4 日 となった 参 院 選 は 比 例 代 表 も 選 挙 区 も 大 激 戦 大 接 戦 のまま 最 終 盤 に 入 り 安 保 法 制 = 戦 争 法 の 廃 止 と 憲 法 9 条 改 悪 が 大 争 点 に 浮 上 憲

More information

日本自治学会第13回総会・研究会

日本自治学会第13回総会・研究会 日 本 自 治 学 会 のご 案 内 日 本 自 治 学 会 第 13 回 総 会 研 究 会 日 時 2013 年 11 月 23 日 ( 土 ) 24 日 ( 日 ) 場 所 鳥 取 環 境 大 学 開 催 のことば 日 本 自 治 学 会 は 2013 年 度 総 会 研 究 会 を 鳥 取 県 のご 協 力 を 得 て 鳥 取 環 境 大 学 で 開 催 する 運 び となりました 今 年

More information

平成15年 第2回香芝市教育委員会議録

平成15年 第2回香芝市教育委員会議録 平 成 27 年 第 11 回 香 芝 市 教 育 委 員 会 会 議 (10 月 定 例 ) 会 議 録 日 時 平 成 27 年 10 月 20 日 ( 火 ) 午 前 9 時 30 分 より 場 所 香 芝 市 役 所 5 階 委 員 会 室 出 席 者 廣 瀬 裕 司 委 員 ( 職 務 代 理 者 ) 日 高 初 美 委 員 中 木 秀 一 委 員 田 中 貴 治 委 員 石 原 田 明

More information

目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅳ. 保 育 シ ス テ ム の も た ら す 困 難 性 Ⅴ. 全 体 考 察 1. 保 護

目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅳ. 保 育 シ ス テ ム の も た ら す 困 難 性 Ⅴ. 全 体 考 察 1. 保 護 保 育 相 談 支 援 の 困 難 性 に 関 する 要 因 の 検 討 - 保 育 所 保 育 士 の 感 じる 保 護 者 とのかかわりの 難 しさを 手 が かりに- 亀 﨑 美 沙 子 1 目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性

More information

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜

何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 般 論... 決... 平 般, 誌 臨... NO.! 春 ド 花 ウォキグ 何 景 気 退 崩 債 舎 焼 却 厳 依 課 捉 チ ャ 早 運 項 直 派 提 激 景 気 速 伺 信 継 ミ 品 券 性 ハ ロ ワ 携 安 創 提 供 幅 直 ァ 元 離 空 断 念 直 難 航 聞 払 岡 崎 権 返 撤 退 意 決 鹿 島 園 ケ 伺 昨 移 先 決 引 継 ぎ 概 浜 セ 毎 木 曜 各 約

More information

施 設 所 在 地 東 海 九 州 北 海 道 東 北 関 東 近 畿 中 国 四 国 北 陸 沖 縄 49 47 119 157 63 114 45 92 設 置 形 態 単 独 設 置 特 養 と 併 設 その 他 と 併 設 302 237 139 定 員 30 人 以 下 31~50 人 5

施 設 所 在 地 東 海 九 州 北 海 道 東 北 関 東 近 畿 中 国 四 国 北 陸 沖 縄 49 47 119 157 63 114 45 92 設 置 形 態 単 独 設 置 特 養 と 併 設 その 他 と 併 設 302 237 139 定 員 30 人 以 下 31~50 人 5 平 成 23 年 度 居 住 型 施 設 ( 軽 費 ) 実 態 調 査 アンケート 報 告 書 Ⅰ. 調 査 概 要 1. 調 査 の 目 的 本 調 査 は 軽 費 の 会 員 施 設 における 実 態 を 把 握 することを 目 的 として 実 施 したものである 2. 調 査 対 象 軽 費 会 員 施 設 :1,148 ヶ 所 3. 調 査 実 施 時 期 平 成 23 年 12 月 2

More information

年間行事

年間行事 第 1 章 自 主 防 災 組 織 とは 1. 自 主 防 災 組 織 の 必 要 性 東 海 地 震 を 含 む 南 海 トラフの 巨 大 地 震 等 から 自 分 や 家 族 の 命 を 守 るためには さまざまな 被 害 の 発 生 に 備 え 普 段 から 十 分 な 対 策 を 講 じておかなくてはなりません しかし ひとた び 大 地 震 が 発 生 すると 災 害 の 拡 大 を 防

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

学 校 法 人 若 松 第 一 高 等 学 校 ( 以 下 本 校 という )は いじめ 防 止 対 策 推 進 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 71 号 以 下 法 という ) いじめの 防 止 等 のための 基 本 的 な 方 針 ( 平 成 25 年 10 月 11 日 文 部 科 学

学 校 法 人 若 松 第 一 高 等 学 校 ( 以 下 本 校 という )は いじめ 防 止 対 策 推 進 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 71 号 以 下 法 という ) いじめの 防 止 等 のための 基 本 的 な 方 針 ( 平 成 25 年 10 月 11 日 文 部 科 学 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 平 成 26 年 4 月 学 校 法 人 若 松 第 一 高 等 学 校 学 校 法 人 若 松 第 一 高 等 学 校 ( 以 下 本 校 という )は いじめ 防 止 対 策 推 進 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 71 号 以 下 法 という ) いじめの 防 止 等 のための 基 本 的 な 方 針 ( 平 成 25 年 10 月 11 日 文

More information

資 料 1 相 談 事 例 事 例 1 支 店 長 から 恒 常 的 にセクハラを 受 け 出 勤 が 辛 くなった 事 案 相 談 内 容 支 店 長 から 臀 部 脚 手 などに 触 られたり 下 着 を 脱 いでおけ 上 半 身 は 細 いの に 太 腿 は 太 いな など 言 われたりしていた 最 初 は 人 間 関 係 を 壊 したくないと 我 慢 したが セクハラが 恒 常 的 にあるので

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

山 県 市 議 会 議 員 の 報 酬 費 用 弁 償 及 び 期 末 手 当 に 関 する 条 例 改 正 請 求 書 第 1 請 求 の 趣 旨 1. 山 県 市 の 財 政 の 展 望 は 決 して 明 るくありません 合 理 的 な 事 務 事 業 の 推 進 や 制 度 改 革 が 求 め

山 県 市 議 会 議 員 の 報 酬 費 用 弁 償 及 び 期 末 手 当 に 関 する 条 例 改 正 請 求 書 第 1 請 求 の 趣 旨 1. 山 県 市 の 財 政 の 展 望 は 決 して 明 るくありません 合 理 的 な 事 務 事 業 の 推 進 や 制 度 改 革 が 求 め 2008 年 ( 平 成 20 年 )1 18 告 示 岐 阜 県 山 県 市 山 県 市 議 会 議 員 の 報 酬 費 用 弁 償 及 び 期 末 手 当 に 関 する 条 例 改 正 請 求 請 求 者 署 名 簿 第 号 2 18 ( )までが 署 名 できる 期 間 です この 署 名 簿 は2 19 ( 火 ) 必 着 で 返 送 してください 山 県 市 議 会 議 員 の 報 酬 費

More information

催 可 般 質 登 壇 財 可 億,77 万 千 ケ 購 既 存 修 踏 購 財 務 常 任 副 選 監 除 7 名 構 託 慎 異 声 起 賛 名 反 7 名 可 賛 名 反 7 名 可 起 賛 名 反 7 名 可 賛 西 野 賢 林 伸 吉 森 由 美 横 森 宏 尹 野 口 紘 藤 嶋 英 毅

催 可 般 質 登 壇 財 可 億,77 万 千 ケ 購 既 存 修 踏 購 財 務 常 任 副 選 監 除 7 名 構 託 慎 異 声 起 賛 名 反 7 名 可 賛 名 反 7 名 可 起 賛 名 反 7 名 可 賛 西 野 賢 林 伸 吉 森 由 美 横 森 宏 尹 野 口 紘 藤 嶋 英 毅 笑 顔 ぱ 元 気!! H.. 第 購 P P 聞 般 質 P 号 催 可 般 質 登 壇 財 可 億,77 万 千 ケ 購 既 存 修 踏 購 財 務 常 任 副 選 監 除 7 名 構 託 慎 異 声 起 賛 名 反 7 名 可 賛 名 反 7 名 可 起 賛 名 反 7 名 可 賛 西 野 賢 林 伸 吉 森 由 美 横 森 宏 尹 野 口 紘 藤 嶋 英 毅 嶋 津 鈴 澄 石 錦 矢 六

More information

Microsoft Word - 210J4055.docx

Microsoft Word - 210J4055.docx 修 士 論 文 ( 要 旨 ) 2012 年 1 月 学 校 における 子 どもの 居 場 所 づくりの 課 題 と 方 法 の 検 討 不 登 校 児 を 中 心 にー 指 導 茂 木 俊 彦 教 授 心 理 学 研 究 科 健 康 心 理 学 専 攻 学 籍 番 号 210J4055 氏 名 窪 田 清 美 目 次 序 第 1 章 居 場 所 をめぐる 問 題 の 所 在 第 2 章 居 場 所

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

2 2 8 8 1 平 成 28 年 度 補 正 予 算 議 案 名 住 宅 事 業 特 別 会 計 ( 第 1 号 ) 議 案 名 市 道 の 認 定 (4 路 線 ) 市 議 会 議 員 及 び 市 長 の 選 挙 における 選 挙 運 動 用 自 動 車 の 使 用 及 びポスター 等 の 作

2 2 8 8 1 平 成 28 年 度 補 正 予 算 議 案 名 住 宅 事 業 特 別 会 計 ( 第 1 号 ) 議 案 名 市 道 の 認 定 (4 路 線 ) 市 議 会 議 員 及 び 市 長 の 選 挙 における 選 挙 運 動 用 自 動 車 の 使 用 及 びポスター 等 の 作 2 2 8 8 1 平 成 28 年 度 補 正 予 算 議 案 名 住 宅 事 業 特 別 会 計 ( 第 1 号 ) 議 案 名 市 道 の 認 定 (4 路 線 ) 市 議 会 議 員 及 び 市 長 の 選 挙 における 選 挙 運 動 用 自 動 車 の 使 用 及 びポスター 等 の 作 成 の 公 営 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 一 般 工 事 請 負 契 約 締 結 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

Taro-hatsugi_264最終日版.jtd

Taro-hatsugi_264最終日版.jtd 平 成 22 年 11 月 第 264 回 定 例 会 議 員 提 出 議 案 及 び 審 査 結 果 (12 月 2 日 提 出 ) 発 議 第 1 号 環 太 平 洋 戦 略 的 経 済 連 携 協 定 (TPP) 交 渉 への 参 加 を 行 わないよう 求 める 意 見 書 案 (12 月 2 日 原 案 可 決 賛 成 多 数 ) 賛 成 : 自 民 公 健 共 産 林 檎 社 県 / 反

More information

平成26年版子ども・若者白書(全体版)

平成26年版子ども・若者白書(全体版) 子 ども 若 者 育 成 支 援 施 策 の 実 施 状 況 --7 図 二 次 児 童 ポルノ 排 除 総 合 対 策 の 概 要 ( 出 典 ) 内 閣 府 ホームページ(http://www8.cao.go.jp/youth/cp-taisaku/) 内 閣 府 は, 平 成 年 月, 関 係 団 体 などで 構 成 する 回 児 童 ポルノ 排 除 対 策 推 進 協 議 会 総 会 ( 会

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝 - 第 号 - 編 広 / 緑 村 引 渡 訓 練 治 稲 刈 城 東 フレ 伊 讃 覧 表... ~ペジ... ペジ... ペジ 陳... ペジ... ~ ペジ 誌... ペジ 編 記... ペジ 否 条 件 慎 正 第 催 件 ~ ~ 第 主 第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和

More information

じめが 起 きやすいことも 挙 げられる よって 学 級 内 の 人 間 関 係 も 影 響 して いじめ 被 害 者 は 周 囲 の 大 人 へ 助 けを 求 められない 心 理 状 況 に 陥 りやすく ますます 見 えないものとなり 横 暴 化 して いく そういった 状 況 になってしまって

じめが 起 きやすいことも 挙 げられる よって 学 級 内 の 人 間 関 係 も 影 響 して いじめ 被 害 者 は 周 囲 の 大 人 へ 助 けを 求 められない 心 理 状 況 に 陥 りやすく ますます 見 えないものとなり 横 暴 化 して いく そういった 状 況 になってしまって いじめ 予 防 と 修 復 的 な 学 級 集 団 の 形 成 子 ども 同 士 のかかわりに 関 する 諸 問 題 への 着 目 と 仲 裁 者 育 成 プログラムの 可 能 性 139517 松 山 康 成 1.はじめに 現 在 学 校 はいじめや 不 登 校 学 級 崩 壊 校 内 暴 力 等 の 生 徒 指 導 上 の 様 々な 問 題 を 抱 えている (1) 文 部 科 学 省 によると

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

Microsoft Word - ~07年度大分市予算要求(案).福間編集分.doc

Microsoft Word - ~07年度大分市予算要求(案).福間編集分.doc 2007 年 度 大 分 市 予 算 に 関 する 申 し 入 れ 大 分 市 長 釘 宮 磐 殿 2006 年 10 月 20 日 日 本 共 産 党 中 部 地 区 委 員 会 委 員 長 河 野 武 男 日 本 共 産 党 大 分 市 議 団 団 長 大 久 保 八 太 安 倍 新 内 閣 が 誕 生 しました 安 倍 新 政 権 の 政 策 や 所 信 表 明 演 説 を 聞 く 限 り これまで

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 平 成 28 年 度 大 津 市 立 打 出 中 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 生 徒 が 一 人 の 人 格 として 尊 重 され 夢 と 希 望 を 持 って 心 身 ともに 健 やかに 成 長 して くれることを 願 い いじめ は いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格

More information

26年度給与公表様式(菰野町).xls

26年度給与公表様式(菰野町).xls の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 (25 年 度 末 ) A 25 年 度 人 千 41,329 1,767,541 実 質 収 支 千 54,695 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 千 2,467,197 22.9 22.8

More information

調 査 票 の 記 入 Q23 調 査 票 への 記 入 のしかたが 分 からないので どのようにすればよいのですか Q24 病 気 や 怪 我 などで 調 査 票 に 記 入 できないときは どのようにすればよいのですか Q25 住 民 基 本 台 帳 の 情 報 や 税 情 報 があるので 調

調 査 票 の 記 入 Q23 調 査 票 への 記 入 のしかたが 分 からないので どのようにすればよいのですか Q24 病 気 や 怪 我 などで 調 査 票 に 記 入 できないときは どのようにすればよいのですか Q25 住 民 基 本 台 帳 の 情 報 や 税 情 報 があるので 調 国 民 生 活 基 礎 調 査 とは Q1 Q2 Q3 国 民 生 活 基 礎 調 査 は どのような 調 査 なのですか 調 査 を 行 う 必 要 があるのですか どうしても 答 えなければいけないのですか 調 査 の 方 法 Q4 Q5 Q6 国 民 生 活 基 礎 調 査 は どのように 行 われるのですか 調 査 票 はどのように 提 出 するのですか 忙 しいので 郵 送 で 回 答 したいのですが

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

表 アンケートの 会 ンを コード 委 員 会 活 動 報 告 臨 床 研 究 支 援 の 在 り 方 に 関 する 基 本 的 考 え 方 透 明 性 ガイドラインについて 製 品 情 報 概 要 審 査 会 報 告 会 員 会 社 における 医 療 関 係 者 に 対 するギフト 規 制 状 況

表 アンケートの 会 ンを コード 委 員 会 活 動 報 告 臨 床 研 究 支 援 の 在 り 方 に 関 する 基 本 的 考 え 方 透 明 性 ガイドラインについて 製 品 情 報 概 要 審 査 会 報 告 会 員 会 社 における 医 療 関 係 者 に 対 するギフト 規 制 状 況 第 4 回 コード オブ プラクティス / プロモーションコード 実 務 担 当 者 会 を 開 催 2014 年 9 月 29 日 東 京 中 央 区 の 野 村 コンファレンスプラザ 日 本 橋 6 階 大 ホールにて 第 4 回 コード オブ プラクティス (COP)/プロモーションコード(PC) 実 務 担 当 者 会 を 開 催 しました 代 理 出 席 を 含 め68 社 97 名 のCOP/PC

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

第 3 章 教 育 を 取 り 巻 く 動 向 と 豊 島 区 の 対 応 第 3 章 1 5 年 間 の 社 会 状 況 等 の 変 化 (1) 社 会 状 況 の 変 化 教 育 ビジョン2010 が 策 定 された 平 成 22 年 3 月 以 降 これまでの 5 年 間 日 本 の 社 会 は 大 きく 激 動 している 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大

More information

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去 みどりと 子 どもを 育 むまち 箕 面 市 平 成 22 年 11 月 9 日 環 境 整 備 課 空 き 缶 等 の 持 ち 去 り 禁 止 にかかる 条 例 改 正 (1) 検 討 の 経 過 について 8 月 16 日 罰 則 付 きでの 資 源 物 の 無 断 持 ち 去 り 禁 止 の 条 例 化 に 向 け 検 察 庁 と 協 議 を 開 始 9 月 24 日 パブリックコメント 実

More information

議 案 103 104 105 106 自 民 社 民 民 県 公 明 共 産 無 所 属 平 成 22 年 度 富 山 県 一 般 会 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 ) 平 成 22 年 度 富 山 県 林 業 振 興 有 峰 森 林 特 別 会 計 補 正 予 算 ( 第 2 号 ) 平

議 案 103 104 105 106 自 民 社 民 民 県 公 明 共 産 無 所 属 平 成 22 年 度 富 山 県 一 般 会 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 ) 平 成 22 年 度 富 山 県 林 業 振 興 有 峰 森 林 特 別 会 計 補 正 予 算 ( 第 2 号 ) 平 平 成 22 年 11 月 定 例 会 各 会 派 等 の 議 案 等 に 対 する 賛 否 平 成 22 年 11 月 29 日 知 事 提 出 議 案 : 賛 成 : 反 対 棄 : 棄 権 議 案 102 113 平 成 22 年 度 富 山 県 一 般 会 計 補 正 予 算 ( 第 2 号 ) 棄 富 山 県 一 般 職 の 職 員 等 の 給 与 に 関 する 条 例 等 一 部 改 正

More information

      住民監査請求書

      住民監査請求書 大 阪 市 監 査 委 員 御 中 第 1 監 査 の 請 求 の 趣 旨 住 民 監 査 請 求 書 2013 年 ( 平 成 25 年 )2 月 13 日 監 査 請 求 人 大 垣 さなゑ 他 別 紙 監 査 請 求 人 78 名 監 査 請 求 人 代 理 人 弁 護 士 阪 口 徳 雄 他 別 紙 7 名 1 橋 下 徹 市 長 は 奥 下 剛 光 特 別 秘 書 に 対 して2012 年

More information

Microsoft Word - 労働者派遣法 質問 高橋千鶴子.docx

Microsoft Word - 労働者派遣法 質問 高橋千鶴子.docx 187- 衆 - 本 会 議 -8 号 平 成 26 年 10 月 28 日 高 橋 千 鶴 子 君 私 は 日 本 共 産 党 を 代 表 し 労 働 者 派 遣 法 改 正 案 に 対 し 質 問 します ( 拍 手 ) 安 倍 総 理 は 所 信 表 明 演 説 で 大 胆 な 規 制 改 革 なくして 成 長 戦 略 の 成 功 はありませんと 述 べ 雇 用 を 医 療 や 農 業 と 並

More information

04siryou2.xdw

04siryou2.xdw 資 料 2 在 校 時 間 の 記 録 把 握 の 現 況 について 1 県 立 学 校 の 場 合 平 成 22 年 度 から 別 添 様 式 1により 各 教 員 に 記 録 するよう 通 知 している 自 己 申 告 制 2 公 立 小 中 学 校 の 場 合 上 記 の 県 の 通 知 文 を 参 考 として 市 町 村 教 育 委 員 会 に 周 知 するともに 適 正 な 在 校 時 間

More information

学校いじめ防止基本方針」(例)

学校いじめ防止基本方針」(例) 山 形 市 立 第 九 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 はじめに いじめはどの 子 供 にも 起 こりうる どの 子 供 も 被 害 者 にも 加 害 者 にもなりうるとい う 事 実 を 踏 まえ 児 童 の 尊 厳 を 保 持 することを 目 的 に 教 育 委 員 会 学 校 地 域 住 民 家 庭 その 他 の 機 関 及 び 関 係 者 との 連 携 のもと いじめ 問 題

More information

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF)

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF) 1 相 発 生 後 にやるべきこと POINT 1 相 発 生 後 には 税 務 申 告 だけでなく 生 活 に 関 連 する 諸 手 など やるべきこ とが 数 多 くあります 2 期 限 に 注 意 して 手 きを 進 める 必 要 があります 174 第 4 章 相 と 税 金 1 相 発 生 後 にやるべきこと 第 6 節 1 相 発 生 直 後 に 行 う 手 き( 遺 言 書 の 確 認

More information

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 についての 意 見 募 集 の 結 果 平 成 28 年 3 月 29 日 総 務 省 行 政 評 価 局 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 について 平 成 28 年 2 月 2 日 ( 火 )から 同 年 3 月 2 日 ( 水 )までの 間 国 民 の 皆 様 から 広 く

More information

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案)

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案) 地 方 公 務 員 の 新 たな 労 使 関 係 制 度 に 係 る 主 な 論 点 に 対 する 意 見 平 成 24 年 1 月 27 日 全 国 市 長 会 地 方 公 務 員 制 度 改 革 検 討 委 員 会 委 員 長 新 見 市 長 石 垣 正 夫 地 方 公 務 員 の 労 働 基 本 権 の 検 討 のあり 方 については 本 会 として 現 在 の 労 使 関 係 は これまでの

More information

3 9 小 西 利 一 1 観 光 行 政 について 2 教 育 行 政 について (1) 商 工 観 光 課 の 業 務 内 容 は 何 か (2) 観 光 行 政 に 対 して 意 識 が 低 いと 思 われるがどうか (3) 外 国 人 観 光 客 への 標 識 表 示 やパンフレットの 作

3 9 小 西 利 一 1 観 光 行 政 について 2 教 育 行 政 について (1) 商 工 観 光 課 の 業 務 内 容 は 何 か (2) 観 光 行 政 に 対 して 意 識 が 低 いと 思 われるがどうか (3) 外 国 人 観 光 客 への 標 識 表 示 やパンフレットの 作 平 成 27 年 8 月 定 例 総 社 市 議 会 一 般 質 問 通 告 者 一 覧 表 発 言 議 席 順 位 番 号 氏 名 大 項 目 中 項 目 質 問 要 旨 答 弁 者 1 23 大 熊 公 平 1 の 政 治 姿 勢 について (1) 選 のマニフェストに 吉 備 線 のLRT 化 の 実 現 を 挙 げている 現 在, 総 社 市 吉 備 線 整 備 方 針 等 検 討 委 員

More information

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警

大 きく 分 けて 1.アメリカ 軍 への 兵 たん 支 援 ( 派 兵 恒 久 法 重 要 影 響 事 態 法 ( 改 定 )) これらは 周 辺 事 態 法 を 地 球 規 模 にするものであり 2. 戦 乱 が 続 く 地 域 での 治 安 活 動 ( 改 定 PKO 法 ) 駆 けつけ 警 ご 異 議 なしと 認 め よって 本 案 は 原 案 の 通 り 可 決 する 事 に 決 定 いたしました 日 程 第 19 請 願 第 1 号 日 本 を 海 外 で 戦 争 する 国 にする 立 法 案 の 廃 案 へ の 意 見 書 の 提 出 を 求 める 請 願 書 を 議 題 といたし これより 先 ほどの 委 員 長 報 告 に 対 する 質 疑 を 開 始 いたし ( 質 疑 なし

More information

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63>

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63> 仙 台 市 立 病 院 総 合 ビルメンテナンス 業 務 仕 様 書 1 目 的 この 仕 様 書 は, 仙 台 市 立 病 院 ( 以 下 当 院 という )の 利 用 者 の 利 便 性 快 適 性 安 全 性 を 良 好 な 状 態 に 保 つため, 施 設 を 常 時 適 正 な 状 態 に 維 持 するとともに,その 運 営 が 円 滑 かつ 経 済 的 となるよう, 必 要 な 事 項

More information

Microsoft Word - (280609_230企画政策課案)平成28年第2回定例会.docx

Microsoft Word - (280609_230企画政策課案)平成28年第2回定例会.docx 平 成 28 年 第 2 回 定 例 会 (スタートアップ 新 宿 ) 代 表 質 問 ( 要 旨 ) 一 問 一 答 最 初 の 質 問 は 公 民 連 携 についてです 新 宿 区 では 平 成 28 年 3 月 に 新 宿 区 施 設 白 書 を 作 成 しました また 5 月 22 日 には 公 共 施 設 フォーラムが 開 催 され 東 洋 大 学 PPP 研 究 センター 長 の 根 本

More information

平成15年4月25日

平成15年4月25日 平 成 26 年 度 桑 名 市 教 育 会 1 月 定 例 会 日 時 平 成 27 年 1 月 20 日 ( 火 ) 午 後 5 時 ~ 午 後 6 時 場 所 桑 名 市 教 育 室 出 席 大 橋 昌 宏 ( 長 ) 米 田 真 理 ( 長 職 務 代 理 者 ) 松 岡 守 稲 垣 陽 子 伊 藤 茂 一 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 近 藤 信 也 教 育 部 長 伊 藤 正 広

More information

Microsoft PowerPoint - 財務レポート(平成26事業年度)

Microsoft PowerPoint - 財務レポート(平成26事業年度) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 平 成 26 事 業 年 度 目 次 1.ごあいさつ 1 2. 熊 本 大 学 の 財 政 状 態 2 3. 熊 本 大 学 の 運 営 状 況 4 4. 附 属 病 院 の 運 営 状 況 7 5. 熊 本 大 学 の 財 務 諸 表 9 6. 国 立 大 学 法 人 の 会 計 処 理 16 7. 用 語 解 説 19 熊 本 大 学 を 支 えてくださる

More information

はじめに 編 入 学 のためには 様 々な 手 続 きが 必 要 となります 本 マニュアルは 編 入 学 の 資 料 請 求 から 出 願 入 学 手 続 きなど 様 々な 手 続 きを 行 う 上 で 必 要 な 事 項 をまとめています 目 次 1. 資 料 請 求 の 仕 方 3 1)HPに

はじめに 編 入 学 のためには 様 々な 手 続 きが 必 要 となります 本 マニュアルは 編 入 学 の 資 料 請 求 から 出 願 入 学 手 続 きなど 様 々な 手 続 きを 行 う 上 で 必 要 な 事 項 をまとめています 目 次 1. 資 料 請 求 の 仕 方 3 1)HPに 2016 年 度 版 編 入 学 手 続 きマニュアル 京 都 経 済 短 期 大 学 はじめに 編 入 学 のためには 様 々な 手 続 きが 必 要 となります 本 マニュアルは 編 入 学 の 資 料 請 求 から 出 願 入 学 手 続 きなど 様 々な 手 続 きを 行 う 上 で 必 要 な 事 項 をまとめています 目 次 1. 資 料 請 求 の 仕 方 3 1)HPにて 申 込 み

More information

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 報 告 書 を 踏 まえた 経 営 合 理 化 策 等 の 対 処 方 針 平 成 23 年 10 月 28 日 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 東 京 電 力 株 式 会 社 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 ( 委 員 会 )は 本 年 10 月 3 日 東 京 電 力 が 経 営 合

More information

極 的 に 参 画 し 自 分 の 人 生 を 自 分 自 身 で 創 っていくこと 1 と 定 義 付 けること ができる つまり 何 らかの 援 助 を 受 けながらも 自 分 らしく 生 きていく ことが 自 立 において 何 より 重 要 な 要 素 であり そのための 支 援 が 自 立

極 的 に 参 画 し 自 分 の 人 生 を 自 分 自 身 で 創 っていくこと 1 と 定 義 付 けること ができる つまり 何 らかの 援 助 を 受 けながらも 自 分 らしく 生 きていく ことが 自 立 において 何 より 重 要 な 要 素 であり そのための 支 援 が 自 立 第 2 章 東 京 都 における 地 域 ケア 会 議 の 効 果 的 な 運 営 に 向 けた 視 点 について 1 東 京 都 における 地 域 ケア 会 議 の 望 ましい 姿 について (1) 国 における 地 域 ケア 会 議 の 定 義 について 地 域 ケア 会 議 の 定 義 は 地 域 ケア 会 議 運 営 マニュアル ( 平 成 25 年 3 月 一 般 社 団 法 人 長 寿

More information

第1 謝罪・名誉回復について

第1 謝罪・名誉回復について 2012 年 5 月 17 日 厚 生 労 働 大 臣 小 宮 山 洋 子 殿 平 成 24 年 度 ハンセン 病 問 題 対 策 協 議 会 統 一 要 求 書 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 原 告 団 協 議 会 全 国 ハンセン 病 療 養 所 入 所 者 協 議 会 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 弁 護 団 連 絡 会 第 1 謝 罪 名 誉

More information

評価結果報告書

評価結果報告書 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事

More information

3 境 界 の 確 定 だけでも 先 行 できないか 年 代 から2050 年 代 となる 見 込 み 3 測 量 して 登 記 まで 行 わないと 地 籍 調 査 完 了 とならないが 土 地 所 有 者 による 境 界 の 保 存 は 非 常 に 重 要 となっている 2

3 境 界 の 確 定 だけでも 先 行 できないか 年 代 から2050 年 代 となる 見 込 み 3 測 量 して 登 記 まで 行 わないと 地 籍 調 査 完 了 とならないが 土 地 所 有 者 による 境 界 の 保 存 は 非 常 に 重 要 となっている 2 山 本 芳 昭 議 員 一 般 質 問 答 弁 要 旨. 災 害 防 災 について 災 害 復 旧 工 事 はいつから 誰 が どのように 実 施 されるのか 2 水 路 改 修 はどのような 方 法 でされるのか 3 新 石 見 小 水 力 発 電 所 再 稼 働 の 見 込 みはどう か 4 町 と 自 衛 消 防 はどのように 連 携 されている のか. 二 次 災 害 を 防 ぐ 応 急 工

More information

入 院 中 心 の 精 神 医 療 から 地 域 精 神 保 健 を 土 台 にしたシステムへ( 構 想 会 議 の 基 本 理 念 ) これまでの 日 本 の 精 神 保 健 医 療 福 祉 政 策 は 重 症 化 した 精 神 疾 患 患 者 への 入 院 医 療 の 提 供 が 中 心 でし

入 院 中 心 の 精 神 医 療 から 地 域 精 神 保 健 を 土 台 にしたシステムへ( 構 想 会 議 の 基 本 理 念 ) これまでの 日 本 の 精 神 保 健 医 療 福 祉 政 策 は 重 症 化 した 精 神 疾 患 患 者 への 入 院 医 療 の 提 供 が 中 心 でし ~ 精 神 疾 患 は 三 大 疾 患 の 一 つ~ こころの 健 康 推 進 をわが 国 の 基 本 政 策 に 2012 年 8 月 12 日 第 35 号 こころの 健 康 政 策 構 想 実 現 URL 会 議 こころの 健 康 政 策 構 想 実 現 会 議 8 4 臨 時 全 体 会 開 催 100 万 署 名 推 進 ニュース 発 行 人 :こころの 健 康 政 策 構 想 実 現 会

More information

【確定版】報告書.xls

【確定版】報告書.xls 平 成 28 年 2 月 15 日 日 本 グリーンパックス 株 式 会 社 第 7 回 自 治 体 アンケート 自 治 体 のごみ 収 集 に 係 る アンケート 調 査 結 果 調 査 対 象 1 万 世 帯 以 上 の 全 自 治 体 平 成 25 年 3 月 31 日 住 民 基 本 台 帳 人 口 世 帯 数 平 成 24 年 度 人 口 動 態 ( 市 区 町 村 別 )( 総 計 )

More information

( 岐 阜 商 業 高 等 学 校 ) (4) 報 第 5 号 岐 阜 市 立 学 校 等 の 体 育 施 設 の 開 放 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について( 市 民 体 育 課 ) (5) 第 34 号 議 案 岐 阜 市 教 育 委 員 会 の 附

( 岐 阜 商 業 高 等 学 校 ) (4) 報 第 5 号 岐 阜 市 立 学 校 等 の 体 育 施 設 の 開 放 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について( 市 民 体 育 課 ) (5) 第 34 号 議 案 岐 阜 市 教 育 委 員 会 の 附 平 成 26 年 第 6 回 岐 阜 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 4 月 25 日 ( 金 曜 日 ) 午 前 9 時 30 分 2 場 所 中 央 青 少 年 会 館 研 修 室 1 3 出 席 委 員 後 藤 委 員 長 矢 島 委 員 中 島 委 員 小 野 木 委 員 早 川 教 育 長 4 説 明 のために 出 席 した 事 務 局 の 職

More information

磐田市総合計画基礎調査 ~いわたまちづくり白書~

磐田市総合計画基礎調査 ~いわたまちづくり白書~ 第 1 章 関 連 上 位 計 画 の 把 握 まとめ 1 1-1 広 域 圏 計 画 にみる 磐 田 市 の 位 置 づけ (1) 国 土 形 成 計 画 25 5 17 29 2 7 21 1 国 土 形 成 計 画 ( 全 国 計 画 ) 2 (2) 中 部 圏 都 市 開 発 区 域 建 設 計 画 42 7 31 18 7 2 9 18 5 整 備 及 び 開 発 の 基 本 構 想 5

More information

「マイナンバー」基礎知識

「マイナンバー」基礎知識 平 成 27 年 10 月 から 住 民 票 のある 方 に 個 人 番 号 (マイナンバー)が 指 定 され 地 方 公 共 団 体 情 報 シス テム 機 構 ( 総 務 省 の 関 係 団 体 )から 通 知 カード 個 人 番 号 カード 交 付 申 請 書 などが 全 住 民 に 世 帯 単 位 で 順 次 郵 送 され 概 ね 平 成 27 年 11 月 末 頃 までに 届 く 予 定

More information

背景と目的

背景と目的 リフォーム 見 積 相 談 対 応 マニュアル 2012 年 4 月 公 益 財 団 法 人 住 宅 リフォーム 紛 争 処 理 支 援 センター ( 愛 称 住 まいるダイヤル ) 本 マニュアルの 目 的 本 マニュアルは 地 方 自 治 体 等 が 住 宅 リフォーム 工 事 に 係 る 消 費 者 からの 相 談 に 対 応 する 際 の 手 順 や 技 術 に 関 する 情 報 を 提 供

More information

資 料 5 地 方 公 務 員 法 等 一 部 を 改 正 する 法 律 に 関 する 説 明 会 (H26.6.9) 地 方 公 共 団 体 における 人 事 評 価 制 度 導 入 等 について 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 < 目 次 > 人 事 評 価 ねらい 人 事 評 価 制 度 構 築 1 勤 務 評 定 と 人 事 評 価 比 較 人

More information

会議録

会議録 第 4 回 秦 野 市 公 立 幼 稚 園 あり 方 検 討 委 員 会 1 日 時 平 成 24 年 2 月 7 日 ( 火 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 2 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 3 階 3A 会 議 室 3 出 席 委 員 逢 坂 委 員 小 林 委 員 佐 藤 委 員 佐 々 木 委 員 桐 山 委 員 横 尾 委 員 大 澤 委 員 梅 原 委 員 野 々 山 委 員

More information

局 概 次 増 昨 政 ば 図 聞 相 談 ベ 開 催 盛 取 未 来 政 昨 政 接 遇 周 辺 流 込 企 働 々 む 選 ぶ チ 何 ば 選 魅 奨 返 完 納 材 報 奨 営 居 宅 以 下 供 賃 割 引 供 応 最 拡 増 勤 労 宅 資 貸 医 療 無 9 期 開 政 7 報 告 増

局 概 次 増 昨 政 ば 図 聞 相 談 ベ 開 催 盛 取 未 来 政 昨 政 接 遇 周 辺 流 込 企 働 々 む 選 ぶ チ 何 ば 選 魅 奨 返 完 納 材 報 奨 営 居 宅 以 下 供 賃 割 引 供 応 最 拡 増 勤 労 宅 資 貸 医 療 無 9 期 開 政 7 報 告 増 む 坂登穏穀豊穣 ノ宮 伊勢 撮影フォカ友笠智宏 2 歯科腔健 副選 優逝去哀悼 91 傍聴 593 午9 編集 運 営 7 9 郡字99 埼郡 察9 77 77 http://www.town.kamikawa.saitama.jp 局 概 次 増 昨 政 ば 図 聞 相 談 ベ 開 催 盛 取 未 来 政 昨 政 接 遇 周 辺 流 込 企 働 々 む 選 ぶ チ 何 ば 選 魅 奨 返 完 納

More information

<4D F736F F F696E74202D B E F E88AFA8D EF947A957A8E9197BF2E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D B E F E88AFA8D EF947A957A8E9197BF2E B8CDD8AB B83685D> クオレ シー キューブ 定 期 講 演 会 パワハラの 最 新 情 報 と 企 業 の 対 策 2011 年 11 月 11 日 株 式 会 社 クオレ シー キューブ 代 表 取 締 役 岡 田 康 子 TEL 03-5273-2300 Copyright CuoreC3 Co, Ltd. 0 職 場 のいじめ 嫌 がらせ 円 卓 会 議 < 円 卓 会 議 > 趣 旨 職 場 のいじめ 嫌 がらせが

More information

Microsoft Word - しおり_修正.doc

Microsoft Word - しおり_修正.doc あなたの 職 場 のトラブル 社 労 士 会 労 働 紛 争 解 決 センター 徳 島 に あっせん 申 立 てしてみませんか? 法 務 大 臣 認 証 厚 生 労 働 大 臣 指 定 社 労 士 会 労 働 紛 争 解 決 センター 徳 島 徳 島 市 南 末 広 町 5 番 8-8 号 徳 島 経 済 産 業 会 館 ( KIZUNAプラザ ) 2 階 徳 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会

More information

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析 逢 坂 巌 教 学 学 助 教 福 岡 県 学 法 学 卒 学 学 法 学 学 研 究 科 博 士 程 退 同 研 究 科 助 手 経 職 共 著 第 投 票 席 獲 得 圧 通 初 成 就 圧 際 圧 原 因 惑 批 相 次 同 圧 敗 北 声 ャ ズ ム ほ む 反 省 約 丁 寧 紹 型 付 刊 肯 世 界 指 摘 声 押 非 難 歴 史 画 ケ 可 世 紀 型 他 批 渦 巻 状 歴 史 健

More information

(2) 県 内 小 中 学 校 の 分 析 平 成 24 年 度 は 本 県 も 全 国 と 同 様 に 認 知 件 数 は 増 加 したものの 1000 人 あた りの 認 知 件 数 は 全 国 と 比 べると-10 ポイント 以 上 となり その 差 はさらに 拡 大 し た この 要 因 と

(2) 県 内 小 中 学 校 の 分 析 平 成 24 年 度 は 本 県 も 全 国 と 同 様 に 認 知 件 数 は 増 加 したものの 1000 人 あた りの 認 知 件 数 は 全 国 と 比 べると-10 ポイント 以 上 となり その 差 はさらに 拡 大 し た この 要 因 と 資 料 4 県 内 公 立 学 校 におけるいじめに 関 する 調 査 結 果 の 分 析 について 1 いじめの 認 知 件 数 の 推 移 ( 注 )データ 出 典 :H24 以 前 は 文 部 科 学 省 問 題 行 動 等 調 査 H25 は 本 県 の 独 自 調 査 以 下 同 じ (1) 全 国 と 県 全 体 ( 小 中 高 の 計 )の 比 較 平 成 18 年 度 にいじめの 定

More information

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録 平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会 議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般

平成十八年山形県議会十一月定例会会議録  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十一時二十二分 開会  議事日程第一号  平成十八年十一月三十日(木曜日)午前十時開議 第一   会議録署名議員の指名 第二   会期の決定 第三   平成十七年度山形県一般 山 形 県 議 決 算 特 別 議 録 ( 平 成 二 十 五 年 度 決 算 ) 平 成 二 十 六 年 十 月 八 日 ( 水 曜 日 ) 午 後 三 時 四 十 六 分 開 出 席 ( 四 十 名 ) 草 島 進 一 金 子 敏 明 菊 池 文 昭 石 黒 覚 矢 吹 栄 修 山 科 朝 則 小 松 伸 也 佐 藤 昇 島 津 良 平 渡 辺 ゆ り 子 吉 村 和 武 楳 津 博 士 髙 橋

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 ) は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切

More information

Ⅱ. 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 当 たっての 留 意 事 項 1 設 置 の 目 的 防 犯 カメラの 設 置 者 は 犯 罪 又 は 事 故 を 防 止 するなどの 目 的 を 明 確 にし その 目 的 を 逸 脱 した 運 用 を 行 わないようにしてください 2 撮 影

Ⅱ. 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 当 たっての 留 意 事 項 1 設 置 の 目 的 防 犯 カメラの 設 置 者 は 犯 罪 又 は 事 故 を 防 止 するなどの 目 的 を 明 確 にし その 目 的 を 逸 脱 した 運 用 を 行 わないようにしてください 2 撮 影 八 王 子 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 するガイドライン( 案 ) Ⅰ.はじめに 1 ガイドラインの 策 定 の 経 緯 と 目 的 八 王 子 市 は 犯 罪 を 未 然 に 防 ぎ 安 全 で 安 心 して 暮 らせるまちづくりを 進 めるため 平 成 14 年 に 生 活 の 安 全 安 心 に 関 する 条 例 を 施 行 し 市 市 民 事 業 者 それぞれの 責

More information

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから 平 成 21 年 度 第 2 回 ( 第 9 回 ) 磯 辺 地 区 学 校 適 正 配 置 地 元 代 表 協 議 会 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 21 年 9 月 7 日 ( 月 ) 10 時 ~12 時 2 場 所 磯 辺 地 域 ルーム( 磯 辺 第 一 中 学 校 内 ) 3 出 席 者 (1) 委 員 22 名 欠 席 : 高 橋 委 員 池 上 委 員 (2) 事 務 局 古

More information

3 chosahoukokusho.doc

3 chosahoukokusho.doc 資 料 3 青 少 年 を 取 り 巻 く 有 害 環 境 の 整 備 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 22 年 11 月 大 阪 府 青 少 年 問 題 協 議 会 青 少 年 育 成 環 境 問 題 特 別 委 員 会 目 次 1 はじめに 1 2 子 どもの 性 的 虐 待 の 記 録 について 3 児 童 ポルノ ジュニアアイドル 誌 3 性 的 表 現 のある 図 書 類 について

More information

あり 生 態 系 の 保 全 の 観 点 からもインターネット 取 引 は 禁 止 するべきである また 生 命 尊 重 の 観 点 から 野 生 動 物 の 乱 消 費 となる 安 易 な 飼 育 を 規 制 するべきである (4) 犬 猫 オークション 市 場 (せり 市 ) ペットショップで

あり 生 態 系 の 保 全 の 観 点 からもインターネット 取 引 は 禁 止 するべきである また 生 命 尊 重 の 観 点 から 野 生 動 物 の 乱 消 費 となる 安 易 な 飼 育 を 規 制 するべきである (4) 犬 猫 オークション 市 場 (せり 市 ) ペットショップで (1) 深 夜 の 生 体 展 示 規 制 離 乳 後 間 もない 生 後 数 週 間 の 幼 齢 動 物 は 一 般 的 に 一 日 十 数 時 間 の 睡 眠 を 必 要 とする 長 時 間 の 展 示 による 睡 眠 不 足 は 心 身 の 成 長 に 支 障 をきたす 恐 れが 大 きい また 昼 行 性 の 動 物 を 深 夜 に 展 示 することも 同 様 に 心 身 に 支 障 をきたす

More information

第25回人権・同和問題啓発映画会・講演会資料 職場のパワーハラスメントについて

第25回人権・同和問題啓発映画会・講演会資料 職場のパワーハラスメントについて 職 場 のパワーハラスメントについて 厚 労 省 職 場 のパワーハラスメントの 予 防 解 決 に 向 けた 提 言 から 202 7 月 26 日 ( 株 )クオレ シー キューブ 代 表 取 締 役 岡 田 康 子 03-5273-2300 職 場 のいじめ 嫌 がらせ 問 題 に 関 する 円 卓 会 議 ワーキング グループ 報 告 概 要. 問 題 に 取 り 組 む 必 要 性 と 意

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63> ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 白 島 荘 グループホーム 華 の 家 箕 面 市 白 島 三 丁 目 5 番 50 号 電 話 番 号 072-725-4165 ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 あなた またはあなたの 家 族 が 利 用 しようと

More information