滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

Size: px
Start display at page:

Download "滋賀県いじめ防止基本方針 構成案"

Transcription

1 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体 に 重 大 な 危 険 を 生 じさせるおそれがあるも のでもあり 絶 対 に 許 されるものではありません 生 徒 の 人 権 を 守 り またこうしたいじめから 一 人 でも 多 くの 生 徒 を 救 うためには 教 職 員 一 人 ひとりが いじめは 卑 怯 な 行 為 である いじめはどの 子 どもにも どの 学 校 にも 起 こりうる いじめを 絶 対 に 見 逃 さない との 意 識 を 持 ち それぞれの 役 割 と 責 任 を 自 覚 しなければなりません また 学 校 としていじめに 対 し 組 織 的 かつ 計 画 的 に 取 り 組 む 必 要 があります 本 校 では いじめ 対 策 委 員 会 を 常 設 し 本 校 におけるいじめの 防 止 等 のための 対 策 に 関 する 基 本 的 な 方 針 として 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 を 策 定 し 県 教 育 委 員 会 と 適 切 に 連 携 のうえ 当 該 基 本 方 針 に 基 づき いじめの 問 題 に 組 織 的 かつ 計 画 的 に 取 り 組 みます 第 1 いじめの 防 止 等 のための 対 策 の 基 本 的 な 方 向 に 関 する 事 項 1 いじめ 防 止 等 のための 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 いじめ 防 止 等 のための 対 策 は 生 徒 を 一 人 の 人 格 として 尊 重 し その 声 に 耳 を 傾 け 生 徒 の 置 かれている 状 況 や 気 持 ちを 理 解 しながら その 思 いを 聴 き 出 すまで 関 わってい くことが 重 要 です また このことを 通 して 生 徒 自 身 の 力 でいじめ 問 題 を 解 決 できる よう 支 援 していくことが 重 要 です このため 本 校 では こうした 子 ども 目 線 に 立 って 子 どもの 最 善 の 利 益 の 実 現 を 目 指 し いじめ 防 止 対 策 推 進 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 71 号 以 下 法 という ) 第 3 条 に 規 定 する 基 本 理 念 にのっとり 保 護 者 地 域 住 民 児 童 相 談 所 その 他 の 関 係 者 との 連 携 を 図 りつつ 学 校 全 体 でいじめの 防 止 および 早 期 発 見 に 取 り 組 むとともに 本 校 に 在 籍 する 生 徒 がいじめを 受 けていると 思 われるときは 適 切 かつ 迅 速 に 対 処 します (1) いじめの 防 止 いじめはどの 子 どもにも どの 学 校 でも 起 こりうるものです このことを 踏 まえ より 根 本 的 にいじめの 問 題 を 克 服 するためには 全 ての 生 徒 を 対 象 としたいじめの 未 然 防 止 の 観 点 が 重 要 です このため 本 校 では 全 ての 生 徒 を 心 の 通 う 対 人 関 係 を 構 築 できるよう 育 み い じめを 生 まない 環 境 をつくるために 地 域 家 庭 その 他 の 関 係 者 と 一 体 となって 継 続 的 な 取 組 を 進 めます 1

2 また 教 育 活 動 全 体 を 通 じ 全 ての 生 徒 に いじめは 決 して 許 されない ことの 理 解 を 促 すとともに 豊 かな 情 操 や 規 範 意 識 自 尊 感 情 や 自 己 有 用 感 社 会 性 人 を 思 いやる 心 などを 育 みます さらに 生 徒 が 豊 かな 人 間 関 係 をつくることができるよう 生 徒 一 人 ひとりに あ らゆる 教 育 活 動 を 通 じて 相 手 の 気 持 ちを 理 解 できる 心 の 育 成 を 図 るとともに 生 徒 が 人 権 の 意 義 や 人 権 問 題 について 正 しく 理 解 し 自 分 と 他 者 の 人 権 をともに 大 切 にし 実 践 的 な 態 度 を 身 につけられるよう 努 めます 加 えて 生 徒 の 自 発 的 自 治 的 な 活 動 を 進 め 生 徒 自 らがいじめの 未 然 防 止 に 取 り 組 むなど 全 ての 生 徒 にとって 居 心 地 のいい 学 級 学 校 づくりを 推 進 します (2) いじめの 早 期 発 見 いじめは 大 人 からは 見 えにくく また 事 実 認 定 が 難 しいものです しかしなが ら いじめを 見 逃 してしまうと より 深 刻 な 状 況 を 招 いてしまいます いじめの 早 期 発 見 は いじめへの 迅 速 な 対 処 の 前 提 であることから 全 ての 大 人 が 連 携 し 生 徒 の 表 情 や 言 動 などのささいな 変 化 にも 気 づく 力 を 高 めることが 必 要 です このため 本 校 では 日 頃 から 生 徒 の 様 子 をしっかりと 見 守 り わずかな 兆 候 であ っても いじめではないかとの 疑 いを 持 って 速 やかに 的 確 な 関 わりを 持 ち いじめ を 隠 そうとすることなく また いじめを 軽 視 せず 積 極 的 に 認 知 します この 際 個 々 の 行 為 がいじめに 当 たるか 否 かの 判 断 は 表 面 的 形 式 的 にすることなく いじめを 受 けた 生 徒 の 立 場 に 立 って 行 います また 教 職 員 間 や 学 校 と 保 護 者 との 間 の 情 報 共 有 を 緊 密 にし 生 徒 の 状 況 をきめ 細 かに 把 握 するよう 努 めます さらに 生 徒 にとって いじめられていることは 周 りに 相 談 しにくいものであるだけに 生 徒 が 安 心 して 相 談 できるよう 教 職 員 は 日 頃 か ら 積 極 的 に 生 徒 に 声 かけをするなど 生 徒 との 信 頼 関 係 を 築 くとともに 学 校 として 定 期 的 な 調 査 や 教 育 相 談 の 実 施 相 談 機 関 の 周 知 等 により いじめを 訴 えやすい 体 制 や 環 境 を 整 えます 加 えて より 多 くの 大 人 が 生 徒 の 悩 みや 相 談 を 受 け 止 めるため 地 域 家 庭 が 組 織 的 に 連 携 協 働 する 体 制 を 学 校 が 中 心 となって 構 築 します (3) いじめへの 対 処 生 徒 からいじめの 相 談 を 受 けた 段 階 あるいは いじめがあることが 確 認 された 段 階 では すでに 深 刻 な 状 況 にあるとの 認 識 に 立 つ 必 要 があります このため 本 校 では いじめを 受 けた 生 徒 やいじめを 知 らせてきた 生 徒 の 安 全 を 確 保 しつつ いじめ 対 策 委 員 会 において 直 ちに 対 処 します この 際 いじめを 受 けた 生 徒 の 立 場 に 配 慮 しつつ 関 連 する 生 徒 から 事 情 を 確 認 す るとともに 専 門 家 と 連 携 し 適 切 な 支 援 に 努 めます また 家 庭 や 教 育 委 員 会 への 報 告 連 絡 を 行 い 緊 密 な 連 携 を 図 ります 2

3 加 えて いじめを 行 った 生 徒 に 対 して 必 要 な 教 育 上 の 指 導 を 行 っているにもかかわ らず その 指 導 により 十 分 な 効 果 を 上 げることが 困 難 な 場 合 などには 必 要 に 応 じて 福 祉 医 療 司 法 警 察 等 の 関 係 機 関 と 適 切 な 連 携 を 図 ります このため 平 素 から 全 ての 教 員 の 間 で いじめを 把 握 した 場 合 の 対 処 のあり 方 につ いて 共 通 理 解 を 図 るとともに 迅 速 かつ 的 確 に 対 処 できるよう 関 係 機 関 との 連 携 に 努 め 情 報 共 有 する 体 制 を 構 築 します 2 いじめ 対 策 委 員 会 の 設 置 本 校 では いじめの 防 止 等 に 関 する 措 置 を 実 効 的 に 行 うため 法 第 22 条 に 規 定 され る 組 織 として いじめ 対 策 委 員 会 を 常 設 します 1 役 割 その 役 割 等 については 以 下 のとおりとします ア)いじめの 防 止 等 の 取 組 の 年 間 計 画 を 作 成 する イ)いじめの 防 止 等 の 取 組 について 全 ての 教 職 員 間 で 共 通 理 解 を 図 る ウ)いじめの 防 止 等 の 取 組 の 実 施 進 捗 状 況 の 確 認 を 行 う エ) 生 徒 や 保 護 者 地 域 に 対 し いじめの 防 止 等 の 取 組 についての 情 報 発 信 やいじめに 関 する 意 識 啓 発 のための 取 組 を 行 う オ)いじめの 疑 いや 生 徒 の 問 題 行 動 などに 関 する 情 報 の 収 集 と 記 録 共 有 を 行 う カ)いじめの 疑 いに 関 する 情 報 があった 時 には 緊 急 会 議 を 開 催 し いじめの 情 報 の 迅 速 な 共 有 を 図 り 教 職 員 や 関 係 のある 生 徒 等 への 事 実 関 係 の 聴 取 生 徒 に 対 する 支 援 指 導 の 体 制 対 応 方 針 の 決 定 と 保 護 者 との 連 携 等 の 対 応 を 行 う キ)いじめとして 対 応 すべき 事 案 か 否 かの 判 断 を 行 う ク) 重 大 事 態 に 係 る 調 査 の 母 体 となり 調 査 を 行 う ケ)PDCAサイクルに 基 づき 毎 年 度 いじめの 防 止 等 の 取 組 の 検 証 を 行 うとともに その 結 果 等 を 勘 案 して 必 要 に 応 じて 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 の 見 直 しを 行 う 2 構 成 員 いじめ 対 策 委 員 会 の 構 成 員 は 管 理 職 教 務 部 担 当 (1 名 ) 生 徒 指 導 部 担 当 (1 名 ) 総 務 部 担 当 (1 名 ) 教 育 相 談 部 主 任 人 権 教 育 推 進 主 任 進 路 指 導 部 担 当 (1 名 ) 各 学 年 人 権 教 育 担 当 ( 各 学 年 1 名 ) 養 護 教 諭 特 別 支 援 教 育 コーディネーター とします なお 個 々の 事 案 に 応 じて 関 係 の 深 い 教 職 員 を 追 加 します また 事 案 の 性 質 等 必 要 に 応 じて 心 理 や 福 祉 の 専 門 家 弁 護 士 医 師 警 察 官 教 員 経 験 者 など 外 部 専 門 家 の 参 加 を 得 ます 3 関 係 する 委 員 会 等 との 連 携 いじめの 防 止 等 の 取 組 の 実 施 に 当 たっては 生 徒 指 導 委 員 会 カウンセリング 委 員 会 人 権 教 育 推 進 委 員 会 等 と 役 割 分 担 し 連 携 して 取 り 組 みます 3

4 第 2 いじめの 防 止 等 のための 対 策 の 内 容 に 関 する 事 項 (1) いじめの 防 止 のための 取 組 ア)いじめについての 共 通 理 解 いじめの 原 因 背 景 いじめを 把 握 した 場 合 の 対 処 のあり 方 や 具 体 的 な 指 導 上 の 留 意 点 などについて 校 内 研 修 や 職 員 会 議 で 周 知 徹 底 し 共 通 理 解 を 図 ります 校 内 研 修 の 実 施 に 当 たっては 心 理 の 専 門 家 であるスクールカウンセラーの 活 用 を 推 進 します 特 別 支 援 教 育 コーディネーターや 人 権 教 育 推 進 主 任 を 中 心 とし 障 害 に 対 する 教 員 の 理 解 不 足 が 生 徒 の 偏 見 につながり いじめを 生 み 出 す 契 機 となるようなことがな いよう 特 別 な 支 援 を 必 要 とする 生 徒 の 理 解 を 図 る 研 修 を 推 進 します 平 素 から 教 職 員 が 相 互 に 積 極 的 に 生 徒 についての 情 報 を 共 有 します 学 年 集 会 や 全 校 集 会 ホームルーム 活 動 等 を 通 じて 教 員 がいじめの 問 題 について 触 れ 学 校 全 体 に いじめは 人 間 として 絶 対 に 許 されない という 雰 囲 気 を 醸 成 しま す イ)いじめに 向 かわない 態 度 能 力 の 育 成 教 育 活 動 全 体 を 通 じた 道 徳 教 育 や 人 権 教 育 および 体 験 活 動 の 充 実 を 図 り 社 会 性 や 規 範 意 識 思 いやりなどの 豊 かな 心 を 育 むとともに 人 権 を 尊 重 する 実 践 的 態 度 を 養 います 生 徒 が 自 他 の 意 見 の 相 違 があっても 互 いを 認 め 合 いながら 建 設 的 に 調 整 し 解 決 していける 力 や 円 滑 に 他 者 とのコミュニケーションを 図 るための 能 力 の 育 成 に 努 め ます ウ)いじめが 行 われないための 指 導 上 の 留 意 点 生 徒 一 人 ひとりを 大 切 にした 分 かりやすい 授 業 づくりに 努 めます 人 間 関 係 を 把 握 して 生 徒 一 人 ひとりが 活 躍 できる 集 団 づくりに 努 めます 教 職 員 の 不 適 切 な 認 識 や 言 動 が 生 徒 を 傷 つけたり 他 の 生 徒 によるいじめを 助 長 したりすることのないよう 指 導 のあり 方 には 細 心 の 注 意 を 払 います エ) 生 徒 の 自 己 有 用 感 や 自 己 肯 定 感 の 育 成 家 庭 や 地 域 の 人 々などにも 協 力 を 求 め 教 育 活 動 全 体 を 通 じて 全 ての 生 徒 が 活 躍 でき 自 己 有 用 感 を 高 められる 機 会 の 設 定 に 努 めます 自 己 肯 定 感 を 高 めるため 困 難 な 状 況 を 乗 り 越 えるような 体 験 の 機 会 の 設 定 に 努 め ます オ) 生 徒 自 らがいじめについて 学 び 取 り 組 む 環 境 づくり 4

5 生 徒 会 等 の 活 動 ( 生 徒 会 執 行 部 による 朝 の 挨 拶 運 動 や 生 徒 総 会 や 翔 陵 祭 での 人 権 ア ピールなど)により 生 徒 自 らがいじめの 問 題 について 学 び 主 体 的 に 考 え いじ めの 防 止 を 呼 びかけるような 取 組 を 推 進 します 生 徒 人 権 委 員 会 が 発 行 する 人 権 啓 発 だより や 人 権 メッセージの 校 内 掲 示 を 通 じて 生 徒 の 自 尊 感 情 を 育 むとともに 全 ての 生 徒 にいじめの 防 止 を 呼 びかけ 学 校 全 体 にいじめを 絶 対 に 許 さない 雰 囲 気 を 醸 成 します LHRなどでの 人 権 学 習 に 加 えて 集 団 作 りや 仲 間 作 りの 活 動 を 推 進 します カ) 家 庭 や 地 域 との 連 携 いじめの 防 止 等 の 取 組 の 年 間 計 画 の 作 成 や 実 施 に 当 たり 保 護 者 や 生 徒 の 代 表 地 域 住 民 などの 参 加 が 確 保 できるよう 工 夫 します 家 庭 や 地 域 に 対 して いじめ 問 題 に 取 り 組 むことの 重 要 性 について 啓 発 するととも に 家 庭 訪 問 保 護 者 懇 談 会 や 学 年 通 信 などを 通 じて 家 庭 や 地 域 との 緊 密 な 連 携 協 力 を 図 ります 学 校 評 議 員 の 会 の 場 をはじめ 学 校 PTA 地 域 の 関 係 団 体 等 がいじめの 問 題 に ついて 協 議 する 機 会 を 設 けることに 努 めます (2) いじめの 早 期 発 見 のための 取 組 日 常 的 に 生 徒 に 声 かけをするなど 生 徒 との 信 頼 関 係 を 深 め 安 心 して 相 談 できる 体 制 づくりに 努 めます 休 み 時 間 など 学 校 生 活 の 様 々な 場 面 を 通 じて 生 徒 の 様 子 を 把 握 するよう 努 めます 定 期 的 に また 必 要 に 応 じて 個 人 面 談 などの 教 育 相 談 を 実 施 します 養 護 教 諭 を 中 心 とするなどにより 教 職 員 間 の 情 報 共 有 に 日 頃 から 努 めます 毎 日 の 健 康 観 察 年 に3 回 以 上 の 定 期 的 なアンケート 調 査 を 実 施 します 家 庭 訪 問 等 を 活 用 して 保 護 者 との 緊 密 な 連 携 に 努 めます 保 健 室 や 教 育 相 談 室 の 利 用 電 話 相 談 窓 口 について 周 知 します (3) いじめへの 対 処 ア)いじめの 発 見 通 報 を 受 けた 時 の 対 応 遊 びや 悪 ふざけなど いじめと 疑 われる 行 為 を 発 見 した 場 合 には その 場 でその 行 為 を 制 止 します 生 徒 や 保 護 者 から いじめではないか との 相 談 や 訴 えがあった 場 合 には いじめ を 受 けたとする 生 徒 の 立 場 に 立 って 真 摯 に 傾 聴 します この 際 いじめを 受 けた 生 徒 やいじめを 知 らせてきた 生 徒 の 安 全 を 確 保 します 発 見 通 報 を 受 けた 教 職 員 は 直 ちにいじめ 対 策 委 員 会 に 報 告 します 報 告 を 受 けたいじめ 対 策 委 員 会 は その 情 報 を 共 有 記 録 し 直 ちに 関 係 生 徒 から 事 情 を 聴 き 取 り いじめの 事 実 の 有 無 を 確 認 します 5

6 事 実 確 認 の 結 果 は 校 長 が 速 やかに 県 教 育 委 員 会 に 報 告 し 緊 密 な 連 携 を 図 ります 教 職 員 全 員 の 共 通 理 解 の 下 関 係 の 保 護 者 の 協 力 を 得 て 対 応 します いじめが 犯 罪 行 為 として 取 り 扱 われるべきものと 認 めるときは いじめられている 生 徒 を 徹 底 して 守 り 通 すという 観 点 から 所 轄 警 察 署 と 相 談 して 対 処 します 生 徒 の 生 命 身 体 または 財 産 に 重 大 な 被 害 が 生 じるおそれがあるときは 直 ちに 所 轄 警 察 署 に 通 報 し 適 切 に 援 助 を 求 めます イ)いじめを 受 けた 生 徒 またはその 保 護 者 への 支 援 いじめを 受 けた 生 徒 の 立 場 に 立 って 受 容 的 に 事 実 関 係 を 聴 取 します 家 庭 訪 問 等 により 発 覚 した 当 日 のうちにいじめを 受 けた 生 徒 の 保 護 者 に 事 実 関 係 を 伝 えます 複 数 の 教 職 員 で 当 該 生 徒 を 見 守 ります 教 職 員 家 族 親 しい 友 人 等 いじめを 受 けた 生 徒 にとって 信 頼 できる 人 と 連 携 し いじめを 受 けた 生 徒 に 寄 り 添 い 支 える 体 制 をつくります 必 要 に 応 じて いじめを 行 った 生 徒 を 別 室 指 導 とする 等 いじめを 受 けた 生 徒 等 が 落 ち 着 いて 教 育 を 受 けられる 環 境 の 確 保 を 図 ります 状 況 に 応 じて スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカー 警 察 官 教 員 経 験 者 など 外 部 専 門 家 に 協 力 を 依 頼 します いじめが 解 決 したと 思 われる 場 合 においても 継 続 した 見 守 り 等 の 支 援 を 行 います 聴 き 取 り 等 によって 判 明 した 事 実 は 適 切 にいじめを 受 けた 生 徒 の 保 護 者 に 提 供 し ます ウ)いじめを 行 った 生 徒 への 指 導 またはその 保 護 者 への 助 言 いじめを 行 った 生 徒 から 複 数 の 教 職 員 で 事 実 関 係 を 聴 取 します いじめを 行 った 生 徒 が 抱 える 問 題 など いじめの 背 景 にも 目 を 向 け 当 該 生 徒 の 安 心 安 全 健 全 な 人 格 の 発 達 に 配 慮 します いじめは 人 格 を 傷 つけ 生 命 身 体 または 財 産 を 脅 かす 行 為 であることを 理 解 させ るとともに 自 らの 行 為 の 責 任 を 自 覚 させます いじめを 行 った 生 徒 の 保 護 者 への 連 絡 を 迅 速 に 行 い 協 力 して 対 応 に 当 たります 状 況 に 応 じて スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカー 警 察 官 教 員 経 験 者 など 外 部 専 門 家 に 協 力 を 依 頼 します 生 徒 のプライバシーに 十 分 留 意 して 対 応 します 孤 立 感 疎 外 感 を 与 えないよう 教 育 的 配 慮 の 下 個 々の 状 況 に 応 じた 指 導 計 画 に よる 指 導 を 行 います 警 察 との 連 携 による 措 置 も 含 め 毅 然 とした 対 応 をします 教 育 上 必 要 と 認 めるときは 生 徒 に 対 して 学 校 教 育 法 第 11 条 の 規 定 に 基 づく 懲 戒 を 加 えたり 特 別 指 導 を 行 ったりする 等 適 切 な 指 導 を 行 います 6

7 エ) いじめが 起 きた 集 団 への 働 きかけ いじめを 見 ていた 生 徒 に 対 しても 十 分 に 聴 き 取 りをしたうえで 自 分 の 問 題 とし て 捉 えさせます いじめをやめさせることはできなくても 誰 かに 知 らせる 勇 気 を 持 つよう 指 導 します はやしたてるなどの 行 為 は いじめに 加 担 する 行 為 であることを 理 解 させます 学 級 全 体 で 話 し 合 いの 場 面 を 設 定 するなどして いじめは 絶 対 に 許 されない 行 為 で あることを 徹 底 し 防 止 に 努 めようとする 態 度 を 育 てます 全 ての 生 徒 が 互 いを 尊 重 し 認 め 合 う 人 間 関 係 を 構 築 できるよう 集 団 づくりを 進 めます 必 要 に 応 じ 学 級 学 年 学 校 単 位 での 保 護 者 会 を 開 催 し いじめの 事 実 と 学 校 の 方 針 や 対 応 について 説 明 し 理 解 と 協 力 を 求 めます 学 級 の 進 んだ 取 組 を 学 年 や 学 校 全 体 に 広 げ 再 発 防 止 に 努 めます (4) ネット 上 のいじめへの 対 応 ア)ネット 上 のいじめの 防 止 早 期 発 見 のための 取 組 等 教 員 に 対 し インターネットを 通 じて 行 われるいじめの 現 状 や 危 険 性 および 効 果 的 な 対 処 に 関 する 研 修 を 実 施 し 対 応 力 を 高 めます 生 徒 や 保 護 者 に 対 し ネット 上 の 人 権 侵 害 情 報 に 関 する 相 談 の 受 付 など 関 係 機 関 の 取 組 を 周 知 します 生 徒 向 けに 講 習 会 を 実 施 するなどして 情 報 モラルや 情 報 リテラシーに 関 する 教 育 を 推 進 します 保 護 者 に 対 して PTA 通 信 や 研 修 会 を 通 じて ネット 上 のいじめについての 理 解 を 促 します イ)ネット 上 のいじめへの 対 処 生 徒 の 生 命 身 体 または 財 産 に 重 大 な 被 害 が 生 じるおそれがあるときは 直 ちに 所 轄 警 察 署 に 通 報 して 連 携 し 必 要 に 応 じて 法 務 局 に 協 力 を 要 請 します (5) その 他 ア) 校 務 の 効 率 化 一 部 の 教 職 員 に 過 重 な 負 担 がかからないよう 校 務 分 掌 を 適 正 化 し 組 織 体 制 を 整 え るなどして 校 務 の 効 率 化 を 図 ります イ) 学 校 評 価 いじめの 実 態 把 握 や 適 切 な 対 応 が 促 されるように 目 標 を 設 定 し 評 価 を 行 い その 結 果 を 公 表 するとともに 改 善 に 取 り 組 みます ウ) 教 職 員 の 人 事 評 価 日 頃 からの 生 徒 理 解 の 状 況 いじめの 防 止 等 に 関 する 個 々の 取 組 や 組 織 的 な 取 組 等 7

8 が 評 価 されるようにします 第 3 その 他 いじめの 防 止 等 のための 対 策 に 関 する 重 要 事 項 (1) 基 本 方 針 年 間 計 画 の 見 直 し 策 定 した 学 校 基 本 方 針 や 年 間 計 画 は PDCAサイクルに 基 づき 毎 年 度 見 直 しま す (2) 基 本 方 針 年 間 計 画 の 公 開 策 定 した 学 校 基 本 方 針 や 年 間 計 画 は 学 校 のホームページなどで 公 開 します 8

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 平 成 28 年 度 大 津 市 立 打 出 中 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 生 徒 が 一 人 の 人 格 として 尊 重 され 夢 と 希 望 を 持 って 心 身 ともに 健 やかに 成 長 して くれることを 願 い いじめ は いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格

More information

学校いじめ防止基本方針」(例)

学校いじめ防止基本方針」(例) 山 形 市 立 第 九 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 はじめに いじめはどの 子 供 にも 起 こりうる どの 子 供 も 被 害 者 にも 加 害 者 にもなりうるとい う 事 実 を 踏 まえ 児 童 の 尊 厳 を 保 持 することを 目 的 に 教 育 委 員 会 学 校 地 域 住 民 家 庭 その 他 の 機 関 及 び 関 係 者 との 連 携 のもと いじめ 問 題

More information

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 平 成 27 年 度 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 久 喜 市 立 太 田 小 学 校 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響

More information

Microsoft Word - 2016 4.22

Microsoft Word - 2016 4.22 平 成 28 年 度 大 津 市 立 小 松 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 児 童 が 一 人 の 人 格 として 尊 重 され 夢 と 希 望 を 持 って 健 やかに 成 長 してくれることが 学 校 家 庭 地 域 を 含 めたみんなの 願 いです そこで 本 校 では 教 育 目 標 に よく 考 え 心 豊 かで たくましく 生 きる 子 どもの 育 成 を 掲 げ

More information

Taro-学校いじめ防止基本方針大津

Taro-学校いじめ防止基本方針大津 鳴 門 市 大 津 西 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 いじめの 防 止 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 (1) 教 育 活 動 全 体 を 通 じ, 全 ての 児 童 に いじめは 決 して 許 されない ことの 理 解 を 促 し, 児 童 の 豊 かな 情 操 や 道 徳 心, 自 分 の 存 在 と 他 人 の 存 在 を 等 しく 認 め,お 互 いの 人 格

More information

3 一 定 の 人 的 関 係 とは 学 校 の 内 外 を 問 わず 同 じ 学 校 学 級 や 部 活 動 の 児 童 生 徒 や 塾 やスポー ツクラブ 等 当 該 生 徒 が 関 わっている 仲 間 や 集 団 (グループ)など 当 該 生 徒 と 何 らかの 人 的 関 係 をさ す 4

3 一 定 の 人 的 関 係 とは 学 校 の 内 外 を 問 わず 同 じ 学 校 学 級 や 部 活 動 の 児 童 生 徒 や 塾 やスポー ツクラブ 等 当 該 生 徒 が 関 わっている 仲 間 や 集 団 (グループ)など 当 該 生 徒 と 何 らかの 人 的 関 係 をさ す 4 富 田 林 市 立 第 二 中 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1.いじめ 防 止 等 のための 対 策 に 関 する 基 本 方 針 (1) 基 本 理 念 いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 及 び 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず その 生 命 又 は

More information

神 奈 川 県 立 横 須 賀 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 いじめの 防 止 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 ( 本 校 のいじめ 防 止 に 関 する 基 本 的 な 姿 勢 ) いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利

神 奈 川 県 立 横 須 賀 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 いじめの 防 止 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 ( 本 校 のいじめ 防 止 に 関 する 基 本 的 な 姿 勢 ) いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 神 奈 川 県 立 横 須 賀 大 津 高 等 学 校 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 神 奈 川 県 立 横 須 賀 大 津 高 等 学 校 神 奈 川 県 立 横 須 賀 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 いじめの 防 止 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 ( 本 校 のいじめ 防 止 に 関 する 基 本 的 な 姿 勢 ) いじめは いじめを 受

More information

エ いじめは 大 人 が 気 付 きにくい 形 で 行 われるため, 早 期 発 見 には,ささいな 兆 候 であっても,いじめではないかとの 疑 いをもって, 積 極 的 に 認 知 する オ いじめの 報 告 を 受 けた 場 合, 特 定 の 教 職 員 で 抱 え 込 まず, 組 織 的 に

エ いじめは 大 人 が 気 付 きにくい 形 で 行 われるため, 早 期 発 見 には,ささいな 兆 候 であっても,いじめではないかとの 疑 いをもって, 積 極 的 に 認 知 する オ いじめの 報 告 を 受 けた 場 合, 特 定 の 教 職 員 で 抱 え 込 まず, 組 織 的 に 茨 城 県 立 太 田 第 一 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 では,いじめの 問 題 の 克 服 に 向 けて, いじめ 防 止 対 策 推 進 法 ( 以 下 法 と いう ) 第 13 条 の 規 定 に 基 づき,また いじめの 防 止 等 のための 基 本 的 な 方 針 と 茨 城 県 いじめ 防 止 基 本 方 針 ( 以 下 県 の 基 本 方 針

More information

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の 平 成 27 年 4 月 17 日 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 校 長 藤 田 賀 子 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 13 条 に 基 づき 本 校 におけるいじめの 防 止 等 のための 対 策 に 関 する 基 本 的 な 方 針 を 定 める いじめの 定 義 (いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 2 条

More information

第 1 章 いじめ 防 止 への 取 組 の 背 景 1 いじめに 関 する 状 況 と 千 葉 県 の 取 組 (1)いじめに 関 する 状 況 いじめの 問 題 はこれまでも 度 々 社 会 問 題 化 してきました 平 成 8 年 7 月 の 中 央 教 育 審 議 会 答 申 に おいても,

第 1 章 いじめ 防 止 への 取 組 の 背 景 1 いじめに 関 する 状 況 と 千 葉 県 の 取 組 (1)いじめに 関 する 状 況 いじめの 問 題 はこれまでも 度 々 社 会 問 題 化 してきました 平 成 8 年 7 月 の 中 央 教 育 審 議 会 答 申 に おいても, 第 1 章 いじめ 防 止 への 取 組 の 背 景 1 いじめに 関 する 状 況 と 千 葉 県 の 取 組 2 いじめ 防 止 対 策 推 進 法 いじめ 防 止 基 本 方 針 について 3 千 葉 県 いじめ 防 止 対 策 推 進 条 例 について 4 千 葉 県 いじめ 防 止 基 本 方 針 について 5 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 について 第 1 章 いじめ 防 止

More information

平成26年版子ども・若者白書(全体版)

平成26年版子ども・若者白書(全体版) 子 ども 若 者 育 成 支 援 施 策 の 実 施 状 況 --7 図 二 次 児 童 ポルノ 排 除 総 合 対 策 の 概 要 ( 出 典 ) 内 閣 府 ホームページ(http://www8.cao.go.jp/youth/cp-taisaku/) 内 閣 府 は, 平 成 年 月, 関 係 団 体 などで 構 成 する 回 児 童 ポルノ 排 除 対 策 推 進 協 議 会 総 会 ( 会

More information

児 童 等 は いじめを 行 ってはならない ( 法 第 4 条 ) いじめを 根 絶 するためには いじめは 絶 対 に 許 されない いじめは 卑 怯 な 行 為 である との 認 識 の 下 未 然 防 止 の 観 点 から すべての 生 徒 を 対 象 とした 人 権 教 育 や 道 徳 教

児 童 等 は いじめを 行 ってはならない ( 法 第 4 条 ) いじめを 根 絶 するためには いじめは 絶 対 に 許 されない いじめは 卑 怯 な 行 為 である との 認 識 の 下 未 然 防 止 の 観 点 から すべての 生 徒 を 対 象 とした 人 権 教 育 や 道 徳 教 山 口 県 立 大 津 緑 洋 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 平 成 26 年 3 月 策 定 平 成 28 年 3 月 改 定 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 及 び 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず その 生 命 又 は 身 体 に

More information

学 校 法 人 若 松 第 一 高 等 学 校 ( 以 下 本 校 という )は いじめ 防 止 対 策 推 進 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 71 号 以 下 法 という ) いじめの 防 止 等 のための 基 本 的 な 方 針 ( 平 成 25 年 10 月 11 日 文 部 科 学

学 校 法 人 若 松 第 一 高 等 学 校 ( 以 下 本 校 という )は いじめ 防 止 対 策 推 進 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 71 号 以 下 法 という ) いじめの 防 止 等 のための 基 本 的 な 方 針 ( 平 成 25 年 10 月 11 日 文 部 科 学 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 平 成 26 年 4 月 学 校 法 人 若 松 第 一 高 等 学 校 学 校 法 人 若 松 第 一 高 等 学 校 ( 以 下 本 校 という )は いじめ 防 止 対 策 推 進 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 71 号 以 下 法 という ) いじめの 防 止 等 のための 基 本 的 な 方 針 ( 平 成 25 年 10 月 11 日 文

More information

いじめ総合対策(案)

いじめ総合対策(案) 墨 田 区 教 育 委 員 会 いじめ 防 止 プログラム 平 成 27 年 3 月 25 日 墨 田 区 教 育 委 員 会 は じ め に いじめ 問 題 は いじめにかかわったすべての 子 供 の 人 格 形 成 に 少 なからず 影 響 を 与 え 場 合 によっては 人 と 人 との 関 係 を 断 ち 切 るだけでなく かけがえのない 子 供 の 生 命 を 奪 うこともあ る 憂 慮

More information

Taro-H28いじめ防止基本方針(大

Taro-H28いじめ防止基本方針(大 平 成 28 年 度 いじめ 防 止 基 本 方 針 柏 市 立 大 津 ケ 丘 中 学 校 目 次 第 1 章 いじめ 防 止 等 のための 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 p1-p2 1 いじめの 定 義 p1 2 いじめの 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 理 念 p1 (1) 基 本 方 針 p1 (2)いじめの 問 題 への 指 導 p2 (3)いじめの 問 題 への

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031375F93B993BF8BB388E782CC908490692E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031375F93B993BF8BB388E782CC908490692E646F63> 76 5 学 校 の 組 織 編 制 教 育 課 程 学 習 指 導 生 徒 指 導 職 業 指 導 に 関 すること (2) 教 育 内 容 と 教 育 方 法 の 改 善 2 道 徳 教 育 の 推 進 施 策 の 目 標 生 命 に 対 する 畏 敬 の 念 や 他 人 を 思 いやる 心 感 動 する 心 などの 豊 かな 人 間 性 と 社 会 生 活 に 必 要 なルールや 善 悪 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478> 第 9 回 教 育 懇 談 会 資 料 国 の 教 育 改 革 と 愛 知 県 の 取 組 状 況 について 1 教 育 再 生 実 行 会 議 で 示 された 教 育 課 題 第 一 次 提 言 平 成 25 年 2 月 26 日 いじめの 問 題 等 への 対 応 について 道 徳 教 育 いじめ 対 策 体 罰 禁 止 第 二 次 提 言 平 成 25 年 4 月 15 日 教 育 委 員 会

More information

はじめに P1 1.いじめ 対 策 の 基 本 的 考 え 方 (1)いじめの 定 義 (2)いじめ 対 策 の 基 本 理 念 P2 P2 P4 2.いじめ 対 策 の 具 体 的 内 容 (1)いじめの 未 然 防 止 のための 方 策 (2)いじめの 早 期 発 見 のための 方 策 (3)い

はじめに P1 1.いじめ 対 策 の 基 本 的 考 え 方 (1)いじめの 定 義 (2)いじめ 対 策 の 基 本 理 念 P2 P2 P4 2.いじめ 対 策 の 具 体 的 内 容 (1)いじめの 未 然 防 止 のための 方 策 (2)いじめの 早 期 発 見 のための 方 策 (3)い ~ 子 どもの 尊 厳 を 守 るために~ 平 成 2 7 年 8 月 大 阪 市 大 阪 市 教 育 委 員 会 はじめに P1 1.いじめ 対 策 の 基 本 的 考 え 方 (1)いじめの 定 義 (2)いじめ 対 策 の 基 本 理 念 P2 P2 P4 2.いじめ 対 策 の 具 体 的 内 容 (1)いじめの 未 然 防 止 のための 方 策 (2)いじめの 早 期 発 見 のための 方

More information

意欲を育み 未来を拓く おおた教育振興プラン2014 平成26年度 平成30年度 大田区教育委員会 はじめに 大 田 区 教 育 委 員 会 は 大 田 区 基 本 構 想 に 掲 げる 区 の 将 来 像 の 実 現 をめざすとともに 国 が 掲 げる 教 育 の 目 的 理 念 にのっとり 平 成 21 年 6 月 に 教 育 目 標 を 定 め あわせ て この 教 育 目 標 を 実 現

More information

2 大 津 の 子 どもをいじめから 守 る 委 員 会 委 員 構 成 5 人 任 期 2 年 ( 平 成 27 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 委 員 長 羽 下 大 信 ( 臨 床 心 理 士 ) 副 委 員 長 池 谷 博 行 ( 弁 護 士 ) 委 員 竹 下 秀 子 ( 滋 賀 県

2 大 津 の 子 どもをいじめから 守 る 委 員 会 委 員 構 成 5 人 任 期 2 年 ( 平 成 27 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 委 員 長 羽 下 大 信 ( 臨 床 心 理 士 ) 副 委 員 長 池 谷 博 行 ( 弁 護 士 ) 委 員 竹 下 秀 子 ( 滋 賀 県 平 成 28 年 度 大 津 市 いじめ 対 策 推 進 室 の 取 組 大 津 市 子 どものいじめの 防 止 に 関 する 条 例 に 規 定 されている 事 項 等 を 推 進 するため 平 成 28 年 度 は いじめ 相 談 守 る 委 員 会 いじめ 防 止 のための 啓 発 活 動 インターネット 等 によるいじ め 対 策 会 議 及 び 啓 発 活 動 を 継 続 していくとともに

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 27 年 度 いじめ 不 登 校 対 応 研 修 学 校 におけるいじめの 現 状 と その 対 応 の 在 り 方 大 分 教 育 庁 生 徒 指 導 推 進 室 1 本 日 の 内 容 1. いじめ の 理 解 2. 大 分 内 の 状 況 について 3.いじめの 対 応 について 4.おわりに 2 1. いじめ の 理 解 3 いじめはどの 子 どもにも 起 こりうる 出 典 : 国

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

<5461726F2D32343038323081408E7392AC816991678D87816A8BB388E792B7>

<5461726F2D32343038323081408E7392AC816991678D87816A8BB388E792B7> 資 料 5 府 内 市 町 ( 組 合 ) 教 育 委 員 会 教 育 長 会 議 の 開 催 概 要 1 日 時 平 成 24 年 8 月 20 日 ( 月 ) 午 後 1 時 ~3 時 2 場 所 ルビノ 京 都 堀 川 ひえいの 間 3 出 席 者 (1) 京 都 府 教 育 委 員 会 田 原 教 育 長 小 橋 管 理 部 長 永 野 指 導 部 長 田 中 教 育 企 画 監 古 市 指

More information

(2) 県 内 小 中 学 校 の 分 析 平 成 24 年 度 は 本 県 も 全 国 と 同 様 に 認 知 件 数 は 増 加 したものの 1000 人 あた りの 認 知 件 数 は 全 国 と 比 べると-10 ポイント 以 上 となり その 差 はさらに 拡 大 し た この 要 因 と

(2) 県 内 小 中 学 校 の 分 析 平 成 24 年 度 は 本 県 も 全 国 と 同 様 に 認 知 件 数 は 増 加 したものの 1000 人 あた りの 認 知 件 数 は 全 国 と 比 べると-10 ポイント 以 上 となり その 差 はさらに 拡 大 し た この 要 因 と 資 料 4 県 内 公 立 学 校 におけるいじめに 関 する 調 査 結 果 の 分 析 について 1 いじめの 認 知 件 数 の 推 移 ( 注 )データ 出 典 :H24 以 前 は 文 部 科 学 省 問 題 行 動 等 調 査 H25 は 本 県 の 独 自 調 査 以 下 同 じ (1) 全 国 と 県 全 体 ( 小 中 高 の 計 )の 比 較 平 成 18 年 度 にいじめの 定

More information

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非 先 生 方 へ いのちを 大 切 にし 他 人 を 思 いやる 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう いのちの 教 育 危 機 対 応 の 在 り 方 への 提 言 危 機 感 をもとう 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう 躊 躇 せず 関 係 機 関 との 連 携 をしよう 子 どもの 状 況 を 次 の 学 年 学 校 へ 確 実 に 引 き 継 ごう

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

目 次 第 1 章 総 論 1. 人 権 施 策 推 進 指 針 の 策 定 にあたって 1 2. 基 本 方 針 の 目 標 1 第 2 章 人 権 施 策 の 推 進 方 針 2 1. 人 権 教 育 啓 発 の 推 進 2 (1)あらゆる 場 を 通 じた 人 権 教 育 啓 発 の 推 進

目 次 第 1 章 総 論 1. 人 権 施 策 推 進 指 針 の 策 定 にあたって 1 2. 基 本 方 針 の 目 標 1 第 2 章 人 権 施 策 の 推 進 方 針 2 1. 人 権 教 育 啓 発 の 推 進 2 (1)あらゆる 場 を 通 じた 人 権 教 育 啓 発 の 推 進 飛 驒 市 人 権 施 策 推 進 指 針 岐 阜 県 飛 驒 市 目 次 第 1 章 総 論 1. 人 権 施 策 推 進 指 針 の 策 定 にあたって 1 2. 基 本 方 針 の 目 標 1 第 2 章 人 権 施 策 の 推 進 方 針 2 1. 人 権 教 育 啓 発 の 推 進 2 (1)あらゆる 場 を 通 じた 人 権 教 育 啓 発 の 推 進 2 1 学 校 における 人 権

More information

Microsoft Word - 24年8月29日教育委員会会議録

Microsoft Word - 24年8月29日教育委員会会議録 平 成 24 年 8 月 29 日 亀 岡 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 開 会 午 前 9 時 30 分 閉 会 午 後 0 時 00 分 2 出 席 委 員 中 桐 委 員 長 大 谷 委 員 長 職 務 代 理 者 井 上 委 員 栗 山 委 員 竹 岡 教 育 長 3 欠 席 委 員 な し 4 出 席 事 務 局 職 員 辻 田 教 育 部 長 中 川 次 長 兼 総 括 指 導

More information

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革 第 2 分 野 男 女 共 同 参 画 の 視 点 に 立 った 社 会 制 度 慣 行 の 見 直 し 意 識 の 改 革 < 基 本 的 考 え 方 > 男 女 共 同 参 画 社 会 の 形 成 のためには 社 会 制 度 慣 行 が 実 質 的 に 男 女 にどのような 影 響 を 及 ぼすのか 常 に 検 討 されなければならない 社 会 制 度 や 慣 行 については それぞれの 目 的

More information

情 報 漏 えい 事 件 の 概 要 と 再 発 防 止 策 平 成 27 年 11 月 唐 津 市 目 次 1 はじめに 1 2 事 件 の 概 要 2 3 事 件 発 覚 後 の 経 過 5 4 処 分 8 5 前 回 の 事 件 後 の 取 り 組 み 9 6 再 発 防 止 に 向 けた 検 討 13 7 再 発 防 止 に 向 けた 取 り 組 み 15 8 おわりに 19 1 はじめに

More information

目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法

目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 街 頭 防 犯 カメラ 整 備 運 用 の 手 引 き( 案 ) 目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 4 3 マッピング 等 4 第 2

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

目 次 第 1 いじめの 防 止 等 のための 対 策 の 基 本 的 な 方 向 に 関 する 事 項 1 いじめの 定 義 1 2 いじめの 防 止 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 (1) いじめの 未 然 防 止 1 1 いじめを 許 さない 雰 囲 気 づくり 2 分 かる

目 次 第 1 いじめの 防 止 等 のための 対 策 の 基 本 的 な 方 向 に 関 する 事 項 1 いじめの 定 義 1 2 いじめの 防 止 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 (1) いじめの 未 然 防 止 1 1 いじめを 許 さない 雰 囲 気 づくり 2 分 かる 学 校 番 号 223 いじめ 防 止 基 本 方 針 平 成 28 年 4 月 金 沢 市 立 大 徳 中 学 校 目 次 第 1 いじめの 防 止 等 のための 対 策 の 基 本 的 な 方 向 に 関 する 事 項 1 いじめの 定 義 1 2 いじめの 防 止 等 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 (1) いじめの 未 然 防 止 1 1 いじめを 許 さない 雰 囲 気 づくり

More information

東京都教育委員会いじめ総合対策(案)

東京都教育委員会いじめ総合対策(案) いじめ 総 合 対 策 ( 案 ) 平 成 26 年 月 東 京 都 教 育 委 員 会 1 2 はじめに いじめ 問 題 は いじめに 関 わった 全 ての 子 供 の 人 格 形 成 に 少 なからず 影 響 を 与 え 場 合 によっては 人 と 人 との 関 係 を 断 ち 切 るだけでなく 掛 け 替 えのない 子 供 の 生 命 を 奪 うこと もある 憂 慮 すべき 問 題 である このようないじめ

More information

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 推 進 計 画 計 画 期 間 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 平 成 23 年 4 月 恵 庭 市 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826E8269827382CC82C282C882AC8169955C8E868160703235816A8DC58F498C8892E894C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826E8269827382CC82C282C882AC8169955C8E868160703235816A8DC58F498C8892E894C52E646F63> 1 2 教 求 育 め 指 ら 導 れ に て お い い る て こ と 生 き る 力 の 育 成 確 かな 学 力 豊 かな 人 間 性 健 康 体 力 基 礎 基 本 の 確 実 な 定 着 道 徳 教 育 の 充 実 キャリア 教 育 の 充 実 規 範 意 識 の 醸 成 学 習 指 導 生 活 指 導 進 路 指 導 学 学 開 求 校 校 か め の づ れ ら 在 く た れ り

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 平 成 27 年 9 月 16 日 ( 水 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 児 童 生 徒 課 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象... 1 (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴... 1 (3) 調

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 計 画 書 福 岡 県 教 育 委 員 会 目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経

More information

は じ め に

は じ め に 第 9 次 庄 内 町 交 通 安 全 計 画 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 庄 内 町 ま え が き 交 通 安 全 対 策 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 推 進 を 図 るため 交 通 安 全 対 策 基 本 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 110 号 )に 基 づき 国 においては 交 通 安 全 基 本 計 画 を また 山 形 県 および 本 町 においては

More information

しかるべき 役 割 分 担 をしながら 的 確 で 迅 速 な 対 応 に 努 めます いじめを 行 う 生 徒 の 心 情 明 るい 楽 しい という 価 値 観 は 生 徒 が 仲 間 を 形 成 するときの 重 要 な 要 素 です 表 面 的 刹 那 的 に 受 け を ねらって 楽 しく

しかるべき 役 割 分 担 をしながら 的 確 で 迅 速 な 対 応 に 努 めます いじめを 行 う 生 徒 の 心 情 明 るい 楽 しい という 価 値 観 は 生 徒 が 仲 間 を 形 成 するときの 重 要 な 要 素 です 表 面 的 刹 那 的 に 受 け を ねらって 楽 しく 神 戸 市 立 太 田 中 学 校 い じ め 防 止 基 本 方 針 2014.02.10. いじめ 防 止 対 策 推 進 法 ( 平 成 25 年 9 月 28 日 施 行 ) 第 13 条 の 定 めに 基 づいて 定 められた 神 戸 市 い じめ 防 止 策 のための 基 本 的 な 方 針 に 則 り 本 校 の 指 針 を 定 め いじめの 未 然 防 止 早 期 発 見 早 期 対

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 平 成 27 年 度 ~ 平 成 31 年 度 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づく 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ~ 職 員 の 仕 事 と 子 育 て 両 立 支 援 プログラム~ 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 目 次 Ⅰ 総 論 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 計 画 の 期 間 1 3 計 画 の 対 象

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

コンプライアンス憲章

コンプライアンス憲章 コンプライアンス 憲 章 第 1 条 ( 目 的 ) この 憲 章 は 三 井 ハイテック( 全 三 井 ハイテックグループ 会 社 を 含 む 以 下 同 じ)の 全 て の 役 員 (これに 準 ずるものを 含 む 以 下 同 じ)および 従 業 員 一 人 一 人 が 三 井 ハイテック で 働 く 者 としての 誇 りを 持 ち あらゆる 企 業 活 動 の 場 面 において 関 係 法 令

More information

Taro-データ公安委員会相互協力事

Taro-データ公安委員会相互協力事 公 安 委 員 会 相 互 協 力 事 務 処 理 要 綱 の 制 定 について( 例 規 ) 最 終 改 正 平 成 26.2.7 例 規 組 二 第 5 号 京 都 府 警 察 本 部 長 から 各 部 長 各 所 属 長 あて 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 事 務 取 扱 いに 関 する 訓 令 ( 平 成 4 年 京 都 府 警 察 本

More information

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され 飛 騨 市 次 世 代 育 成 支 援 行 動 計 画 ( 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 飛 騨 市 長 飛 騨 市 議 会 議 長 飛 騨 市 選 挙 管 理 委 員 会 飛 騨 市 代 表 監 査 委 員 飛 騨 市 農 業 委 員 会 飛 騨 市 教 育 委 員 会 飛 騨 市 消 防 本 部 消 防 長 古 川 国 府 給 食 センター 利 用 組

More information

2 箕面市子ども育成推進協議会への諮問 112

2 箕面市子ども育成推進協議会への諮問 112 参 考 資 料 1. 第 三 次 箕 面 市 子 どもプランの 策 定 経 過 日 程 検 討 内 容 会 議 平 成 25 年 度 (2013 年 度 ) 7 月 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 部 会 の 設 置 第 1 回 箕 面 市 子 ども 育 成 推 進 協 議 会 11 月 アンケート 調 査 票 第 1~2 回 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 部 会 12 月 3

More information

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ 大 通 達 甲 ( 生 企 ) 第 4 号 平 成 2 1 年 5 月 2 9 日 本 部 例 規 (1 年 ) 簿 冊 名 学 校 署 例 規 本 部 1 年 保 存 期 間 学 校 署 常 用 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 殿 各 警 察 署 長 生 活 安 全 部 長 銃 砲 刀 剣 類 所 持 等 取 締 法 第 29 条 の 規 定 による 公 安 委 員 会 に 対

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

( いじ めの 防 止 ) ( 児 童 生 徒 の 心 を 耕 す 教 育 の 総 合 的 な 推 進 ) 生 徒 の 意 欲 を 高 める 応 援 プラン 事 業 ( 社 会 人 基 礎 力 育 成 プ ログラム 開 発 ) 生 徒 の 社 会 性 の 向 上 のために 就 職 や 離 職 の 状

( いじ めの 防 止 ) ( 児 童 生 徒 の 心 を 耕 す 教 育 の 総 合 的 な 推 進 ) 生 徒 の 意 欲 を 高 める 応 援 プラン 事 業 ( 社 会 人 基 礎 力 育 成 プ ログラム 開 発 ) 生 徒 の 社 会 性 の 向 上 のために 就 職 や 離 職 の 状 高 知 県 いじめ 防 止 基 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 進 捗 状 況 ( 第 2 回 連 絡 協 議 会 用 ) 資 料 3 学 校 が 主 体 と 援 いじめ の 防 止 児 童 生 徒 の 心 を 耕 す 教 育 の 総 合 的 な 推 進 ( ) ( ) 小 中 学 校 キャリア 教 育 推 進 事 業 高 等 学 校 学 校 パワー アップ 事 業 (キャリア 教 育 研 究

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

川 越 市 防 犯 の ま ち づ く り 基 本 方 針 平 成 16 年 3 月 平 成 26 年 4 月 改 定 川 越 市 は じ め に 改 定 にあたって 川 越 市 が 行 政 の 立 場 で 取 り 組 むべき 防 犯 対 策 の 基 本 方 針 をまとめた 川 越 市 防 犯 のま ちづくり 基 本 方 針 が 策 定 され 早 いもので10 年 が 経 過 しました この 間

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1

目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業 1 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 浜 松 市 社 会 福 祉 協 議 会 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 1 Ⅱ 事 業 体 系 図 2 Ⅲ 重 点 目 標 3 Ⅳ 実 施 計 画 < 1 > 法 人 運 営 7 < 2 > 地 域 福 祉 活 動 推 進 事 業 8 < 3 > 福 祉 サービス 利 用 支 援 事 業 13 < 4 > 在 宅 福 祉 サービス 事 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D93C192E88E968BC68EE58D7393AE8C7689E6362E31358DC58F492E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D93C192E88E968BC68EE58D7393AE8C7689E6362E31358DC58F492E646F6378> 名 寄 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 第 2 期 前 期 計 画 ) 名 寄 市 長 名 寄 市 議 会 議 長 名 寄 市 選 挙 管 理 委 員 会 名 寄 市 代 表 監 査 委 員 名 寄 市 外 2 組 合 公 平 委 員 会 名 寄 市 農 業 委 員 会 名 寄 市 教 育 委 員 会 名 寄 地 区 衛 生 施 設 事 務 組 合 上 川 北 部 消 防 事 務 組 合

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

塩 竈 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 日 時 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 30 分 場 所 壱 番 館 3 階 共 用 会 議 室 出 席 委 員 委 員 長 柴 田 仁 市 郎 委 員 長 職 務 代 行 者 太

塩 竈 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 日 時 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 30 分 場 所 壱 番 館 3 階 共 用 会 議 室 出 席 委 員 委 員 長 柴 田 仁 市 郎 委 員 長 職 務 代 行 者 太 平 成 27 年 7 月 定 例 会 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 書 記 菊 池 亮 書 記 鈴 木 和 賀 子 塩 竈 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 日 時 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 30 分 場 所 壱 番 館 3 階 共 用 会 議 室 出 席 委 員 委 員 長 柴 田 仁 市 郎 委 員

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

2007 年 ( 平 成 19 年 )7 月 四 万 十 市 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 策 定 の 趣 旨 1 Ⅱ 基 本 理 念 2 Ⅲ 推 進 方 針 3 1 共 通 事 項 3 2 個 別 事 項 4 (1) 子 ども 4 (2) 女 性 4 (3) 高 齢 者 5 (4) 同 和 問 題 6 (5) 障 害 者 6 (6) ハンセン 病 HIV 感 染 者 等 7 (7) 外 国 人 7

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

( 管 理 者 の 責 務 ) 第 5 条 管 理 者 ( 教 育 委 員 会 の 管 理 職 をいう )は, 前 2 条 の 趣 旨 を 踏 まえ, 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 を 推 進 するため, 次 に 掲 げる 事 項 を 実 施 しなければならない (1) 日 常

( 管 理 者 の 責 務 ) 第 5 条 管 理 者 ( 教 育 委 員 会 の 管 理 職 をいう )は, 前 2 条 の 趣 旨 を 踏 まえ, 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 を 推 進 するため, 次 に 掲 げる 事 項 を 実 施 しなければならない (1) 日 常 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 広 島 県 教 育 関 係 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は, 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき,また, 障 害 を 理 由

More information

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63>

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63> 鳥 取 市 ( 平 成 18 年 6 月 ) 第 1 章 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 1 1. 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 2. 基 本 計 画 の 施 策 対 象 の 範 囲 3. 計 画 期 間 第 2 章 現 状 と 課 題 2 1. 犯 罪 の 現 状 2. 生 活 環 境 の 変 化 3. 課 題 第 3 章 基 本 計 画 推 進 の 基 本 的 な 考 え 方 4 1.

More information

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑 裁 判 員 裁 判 の 概 況 本 日 中 不 公 表,5 月 21 日 解 禁 でお 願 いします 第 1 これまでの 裁 判 員 裁 判 の 概 要 平 成 22 年 5 月 20 日 最 高 検 察 庁 1 起 訴 件 数 合 計 1, 881 件 ( 平 成 22 年 5 月 20 日 現 在 ) 別 添 資 料 1のとおり 2 判 決 結 果 判 決 言 渡 人 員 合 計 530 人 (

More information

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針 こどもカフェ 設 置 運 営 に 係 る 基 本 方 針 第 1 総 則 1 目 的 こどもカフェ の 設 置 運 営 については 市 基 本 計 画 及 び 第 一 次 実 施 計 画 に 位 置 付 け 市 内 2 か 所 で モデル 運 営 を 実 施 し その 実 績 検 証 等 をもとに 今 後 の 拡 充 について 検 討 することとして おります また こどもカフェ は 次 世 代 育

More information

窓口支援担当者募集要項

窓口支援担当者募集要項 平 成 27 年 2 月 窓 口 相 談 支 援 事 業 における 窓 口 支 援 担 当 者 募 集 要 項 一 般 社 団 法 人 発 明 推 進 協 会 次 により 全 国 各 地 域 の 知 財 総 合 支 援 窓 口 において 中 小 企 業 等 における 知 的 財 産 の 活 用 事 業 化 促 進 のための 支 援 を 行 う 窓 口 支 援 担 当 者 を 募 集 します 1. 事

More information

はじめに フリースクール 等 検 討 会 議 ( 以 下 検 討 会 議 という )は 教 育 再 生 実 行 会 議 の 第 5 次 提 言 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 平 成 26 年 7 月 3 日 )にお いて 国 は 小 学 校 及 び 中 学 校 における 不

はじめに フリースクール 等 検 討 会 議 ( 以 下 検 討 会 議 という )は 教 育 再 生 実 行 会 議 の 第 5 次 提 言 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 平 成 26 年 7 月 3 日 )にお いて 国 は 小 学 校 及 び 中 学 校 における 不 不 登 校 児 童 生 徒 による 学 校 以 外 の 場 での 学 習 等 に 対 する 支 援 について ~ 長 期 に 不 登 校 となっている 児 童 生 徒 への 支 援 の 充 実 ~ ( 審 議 経 過 報 告 ) 平 成 28 年 7 月 6 日 フリースクール 等 に 関 する 検 討 会 議 はじめに 第 一 章 現 状 課 題 及 び 基 本 的 な 方 向 性 (1) 不 登

More information

平成16年度

平成16年度 平成27年度 第2回 会津若松市いじめ問題対策連絡協議会 日 時 平成28年2月23日 火 午前11時15分から 場 所 会津若松市教育委員会 教育委員会室 会津若松市教育委員会 会 津 若 松 市 いじめ 問 題 対 策 連 絡 協 議 会 委 員 名 簿 団 体 名 順 不 同 敬 称 略 氏 名 会 長 会 津 若 松 地 区 保 護 司 会 会 長 廣 川 俊 宏 副 会 長 会 津 若 松

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

Microsoft Word - 平成24年第3回定例会(9月)一般質問1.docx

Microsoft Word - 平成24年第3回定例会(9月)一般質問1.docx 平 成 24 年 第 3 回 定 例 会 (9 月 ) 一 般 質 問 (1) いじめ 問 題 について 1. 発 生 時 の 対 応 議 員 宮 下 裕 美 子 通 告 書 に 従 い 質 問 を 行 います はじめに 午 前 中 の 金 子 議 員 の 質 問 に 対 する 答 弁 で 私 が 通 告 書 に 記 した 内 容 について 一 部 答 弁 されました しかし せっか くの 機 会

More information

6. 会 議 の 要 旨 開 会 市 長 あいさつ 教 育 長 あいさつ 議 事 (1) 木 津 川 市 教 育 大 綱 について 事 務 局 から 資 料 に 基 づき 木 津 川 市 教 育 大 綱 を 説 明 した 決 定 構 成 員 より 異 議 無 く 全 員 一 致 で 決 定 した (

6. 会 議 の 要 旨 開 会 市 長 あいさつ 教 育 長 あいさつ 議 事 (1) 木 津 川 市 教 育 大 綱 について 事 務 局 から 資 料 に 基 づき 木 津 川 市 教 育 大 綱 を 説 明 した 決 定 構 成 員 より 異 議 無 く 全 員 一 致 で 決 定 した ( 平 成 27 年 度 第 2 回 木 津 川 市 総 合 教 育 会 議 会 議 結 果 要 旨 1. 日 時 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 ) 午 前 9 時 30 分 開 会 午 前 11 時 03 分 閉 会 2. 場 所 木 津 川 市 役 所 4 階 4-3 会 議 室 3. 出 席 者 木 津 川 市 長 河 井 規 子 木 津 川 市 教 育 委 員 会 教 育 長 森 永

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

(4) 各 学 校 に 委 嘱 された 事 業 1 小 学 校 における 英 語 活 動 等 国 際 理 解 活 動 推 進 事 業 文 部 科 学 省 委 嘱 校 蟹 江 町 立 新 蟹 江 小 学 校 委 嘱 事 項 小 学 校 外 国 語 活 動 の 導 入 にあたり 小 学 校 外 国 語

(4) 各 学 校 に 委 嘱 された 事 業 1 小 学 校 における 英 語 活 動 等 国 際 理 解 活 動 推 進 事 業 文 部 科 学 省 委 嘱 校 蟹 江 町 立 新 蟹 江 小 学 校 委 嘱 事 項 小 学 校 外 国 語 活 動 の 導 入 にあたり 小 学 校 外 国 語 Ⅳ 教 育 課 1 学 校 経 営 (1) 教 育 委 員 会 が 設 置 する 学 校 学 校 名 住 所 校 長 名 蟹 江 小 学 校 蟹 江 本 町 トノ 割 14 番 地 伊 藤 昭 三 舟 入 小 学 校 舟 入 三 丁 目 70 番 地 岩 下 洋 三 須 西 小 学 校 須 成 西 六 丁 目 114 番 地 斎 藤 和 憲 新 蟹 江 小 学 校 大 字 蟹 江 新 田 字 仲 川

More information

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 等 に 係 る 被 害 の 防 止 のための 施 策 を 実 施 するための 基 本 的 な 指 針 最 終 改 正 平 成 20 年 2 月 21 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 254 号 平 成 27 年 5 月 29 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 1396 号 ( 平 成 27 年 5 月 29 日 施 行 ) 一 被 害 防 止

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

三条市安全・安心な

三条市安全・安心な 三 条 市 安 全 安 心 な まちづくり 推 進 計 画 ( 案 ) 三 条 市 1 目 次 第 1 章 計 画 の 基 礎 事 項 1 第 1 節 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 節 計 画 の 位 置 付 け 1 第 3 節 計 画 期 間 1 第 4 節 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 犯 罪 の 状 況 2 第 1 節 刑 法 犯 発 生 状 況 2 (1) 刑 法 犯 認

More information

<5461726F2D937393B9957B8CA7926D8E962E6A7464>

<5461726F2D937393B9957B8CA7926D8E962E6A7464> 職 発 0329 第 8 号 平 成 25 年 3 月 29 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 長 ( 公 印 省 略 ) 障 害 者 の 雇 用 を 支 える 連 携 体 制 の 構 築 強 化 について 障 害 者 雇 用 施 策 の 推 進 につきましては 日 頃 より 特 段 の 御 配 意 をいただき 御 礼 申 し 上 げます 障 害 者 雇 用

More information

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 して いる 1. 事 業 所 が

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

Taro-いじめ防止基本方針.jtd

Taro-いじめ防止基本方針.jtd いじめ 防 止 基 本 方 針 ~ If it is our child. If it is oneself ~ はじめに 滋 賀 県 大 津 市 での いじめによる 生 徒 の 自 殺 大 阪 市 での 体 罰 による 生 徒 の 自 殺 によ り, 現 在 学 校 の 真 価 が 問 われています この 悲 しい2つの 事 件 は, 過 去 自 信 を 持 って 生 徒 指 導 に 取 り 組

More information

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 22(2010) 年 3 月 泉 佐 野 市 目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉

More information

平 成 1 3 年 度

平 成 1 3 年 度 27 豊 建 維 第 33-3 号 平 成 27 年 7 月 31 日 豊 前 市 監 査 委 員 初 山 吉 治 様 豊 前 市 監 査 委 員 鈴 木 正 博 様 豊 前 市 長 後 藤 ( 建 設 課 ) 元 秀 定 期 監 査 等 の 結 果 について( 回 答 ) 平 成 27 年 5 月 に 実 施 されました 定 期 監 査 等 においてご 指 摘 いただきました 事 項 について 下

More information

はじめに 今 子 どもの 安 全 安 心 については きわめて 深 刻 な 社 会 問 題 となっている 平 成 13 年 6 月 に 発 生 した 大 阪 教 育 大 学 附 属 池 田 小 学 校 の 事 件 は あまりに も 悲 惨 な 事 件 であり 文 部 科 学 省 は 子 どもの 安

はじめに 今 子 どもの 安 全 安 心 については きわめて 深 刻 な 社 会 問 題 となっている 平 成 13 年 6 月 に 発 生 した 大 阪 教 育 大 学 附 属 池 田 小 学 校 の 事 件 は あまりに も 悲 惨 な 事 件 であり 文 部 科 学 省 は 子 どもの 安 子 どもの 安 全 にかかる 基 本 的 な 考 え 方 ~ 基 本 とする 取 組 方 向 ~ 改 訂 版 平 成 23 年 (2011 年 )2 月 箕 面 市 箕 面 市 教 育 委 員 会 はじめに 今 子 どもの 安 全 安 心 については きわめて 深 刻 な 社 会 問 題 となっている 平 成 13 年 6 月 に 発 生 した 大 阪 教 育 大 学 附 属 池 田 小 学 校 の

More information

平 成 24 年 度 埼 玉 県 民 生 委 員 児 童 委 員 協 議 会 事 業 報 告 ( 案 ) 1 福 祉 相 談 推 進 事 業 Ⅰ 公 益 目 的 ( 実 施 ) 事 業 生 活 相 談 等 活 動 推 進 事 業 (1) 各 市 町 村 における 研 修 会 等 への 講 師 派 遣 各 市 町 村 における 各 種 民 生 委 員 児 童 委 員 研 修 会 等 へ 次 のとおり

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本 第 4 回 教 育 基 本 計 画 審 議 会 資 料 平 成 8 年 月 15 日 学 びあい 響 きあう ちがさき 教 育 プラン 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 第 次 実 施 計 画 平 成 8 年 度 ~ 平 成 0 年 度 (016 年 度 ~018 年 度 ) ( 案 ) この 資 料 は 現 在 策 定 中 の 第 次 実 施 計 画 ( 案 )より 一 部 を 抜 粋 したものです

More information

公立大学法人名古屋市立大学ハラスメント防止対策ガイドライン

公立大学法人名古屋市立大学ハラスメント防止対策ガイドライン 公 立 大 学 法 人 名 古 屋 市 立 大 学 ハラスメント 防 止 対 策 ガイドライン 第 1 趣 旨 公 立 大 学 法 人 名 古 屋 市 立 大 学 ( 以 下 本 学 という )は 学 生 教 職 員 その 他 す べての 大 学 構 成 員 に 対 し 勉 学 就 業 に 関 わる 基 本 的 人 権 を 守 る 責 務 を 負 っており ハラスメントは 許 されざるものであり 禁

More information

04 資料目次

04 資料目次 参 考 資 料 1 調 査 に 当 たった 委 員 48 2 活 動 経 過 49 3 包 括 罪 種 別 の 刑 法 犯 認 知 件 数 の 推 移 50 4 茨 城 県 安 全 なまちづくり 条 例 に 基 づく 広 報 啓 発 等 について 51 5 電 子 マニフェストを 利 用 した 解 体 自 動 車 等 の 不 適 正 輸 出 対 策 54 6 市 町 村 における 児 童 虐 待 の

More information

3 計 画 期 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 は 平 成 37 年 3 月 31 日 までの 時 限 法 ですが 本 計 画 は 延 長 された10 年 間 のうち 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの5 年 間 を 計 画 期 間

3 計 画 期 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 は 平 成 37 年 3 月 31 日 までの 時 限 法 ですが 本 計 画 は 延 長 された10 年 間 のうち 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの5 年 間 を 計 画 期 間 山 梨 県 職 員 子 育 て 支 援 プログラム Ⅰ 総 論 1 はじめに 我 が 国 における 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 にかんがみ 次 世 代 育 成 支 援 対 策 を 迅 速 かつ 重 点 的 に 推 進 し もって 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ かつ 育 成 される 社 会 の 形 成 に 資 することを 目 的 とした 次 世 代 育

More information

民 の 皆 さまにとって 実 りのあるものにつながるものとなりますよう 忌 憚 の ないご 意 見 前 向 きな 議 論 をお 願 いいたします 企 画 部 長 : 続 きまして 柿 田 教 育 委 員 長 からごあいさつをお 願 いいたします 柿 田 委 員 長 : 教 育 委 員 長 の 柿 田

民 の 皆 さまにとって 実 りのあるものにつながるものとなりますよう 忌 憚 の ないご 意 見 前 向 きな 議 論 をお 願 いいたします 企 画 部 長 : 続 きまして 柿 田 教 育 委 員 長 からごあいさつをお 願 いいたします 柿 田 委 員 長 : 教 育 委 員 長 の 柿 田 第 1 回 東 海 市 総 合 教 育 会 議 会 議 録 1 日 時 平 成 27 年 4 月 27 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 3 時 まで 2 場 所 201 会 議 室 3 出 席 者 鈴 木 市 長 柿 田 教 育 委 員 長 秋 葉 教 育 委 員 桝 谷 教 育 委 員 木 原 教 育 委 員 秋 田 教 育 委 員 加 藤 教 育 長 近 藤 副 市 長

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

第 1 章 <目的>

第 1 章 <目的> 市 民 の 安 全 のための 指 針 ( 平 成 24 年 3 月 ) 東 大 和 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 < 目 的 > 2 第 2 章 < 犯 罪 の 起 きにくいまちづくり> 2 第 3 章 < 児 童 等 の 安 全 確 保 > 4 第 4 章 < 民 間 事 業 者 によるまちの 安 全 確 保 > 6 第 5 章 < 高 齢 者 障 がい 者 女 性 の 安 全 確 保 >

More information

のびのび塩竈っ子プラン

のびのび塩竈っ子プラン 第 2 章 子 どもがのびのびと 健 やかに 育 つまち Ⅳ 計 画 の 内 容 ( 第 2 章 ) 第 1 節 多 様 な 生 涯 学 習 の 推 進 現 状 と 課 題 幼 稚 園 の 教 育 幼 稚 園 は 保 育 所 と 並 び 子 どもたちが 集 団 で 生 活 を 経 験 する 最 初 の 場 です 子 どもたち は 家 族 以 外 の 友 だちや 先 生 とのふれあいや 遊 び 体 験

More information