判例からみる中国における補正の制限について

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "判例からみる中国における補正の制限について"

Transcription

1 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33 条 には 特 許 及 び 実 用 新 案 の 出 願 書 類 に 対 する 補 正 は 元 の 明 細 書 及 び 請 求 項 に 記 載 された 範 囲 を 超 えてはならないと 規 定 している 1) この 規 定 に 反 する 場 合 実 施 細 則 第 53 条 の 規 定 によって 拒 絶 査 定 が 下 される 2) また 特 許 法 第 33 条 に 違 反 した 補 正 を 行 って 付 与 された 特 許 権 について 実 施 細 則 第 65 条 の 規 定 に 基 づき 無 効 審 判 を 請 求 することができる 3) 特 許 出 願 においては 審 査 の 段 階 において 審 査 官 が 指 摘 した 問 題 について 請 求 項 明 細 書 などの 出 願 書 類 を 補 正 して 回 避 することができる ただし 上 述 したように 特 許 法 第 33 条 の 規 定 に 基 づき この 補 正 は 出 願 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 範 囲 を 超 えては ならない 出 願 当 初 の 明 細 書 および 請 求 項 の 記 載 範 囲 の 文 言 とは かならずしも 明 確 ではないため 実 務 上 特 許 法 第 33 条 の 規 定 について さらに 審 査 指 南 の 中 でより 詳 細 な 規 定 がされて いる 4) 即 ち 出 願 当 初 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 範 囲 は 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 の 文 言 記 載 の 内 容 及 び 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 の 文 言 記 載 内 容 並 びに 明 細 書 に 付 随 する 図 面 から 直 接 的 一 義 的 に 特 定 される 内 容 を 含 む 審 査 指 南 のこの 規 定 に 定 められた 範 囲 を 超 えて 行 わ れた 補 正 は 特 許 法 第 33 条 違 反 いわゆる 新 規 事 項 追 加 との 理 由 で 却 下 される これまで 中 国 知 識 産 権 局 特 許 審 査 部 門 は 審 査 実 務 において 補 正 の 範 囲 を 厳 格 に 制 限 してきた そのため 出 願 人 が 意 図 した 補 正 が 新 規 事 項 追 加 を 理 由 に 却 下 され 想 定 した 権 利 範 囲 を 取 得 できないという 問 題 が 多 く 生 じていた 特 に 他 国 の 審 査 段 階 において 認 められた 補 正 を 中 国 の 審 査 官 が 認 めず 新 規 事 項 追 加 の 壁 を 容 易 に 乗 越 えられない との 思 いを 中 国 特 許 実 務 を 行 う 関 係 者 はしばしば 感 じていた また 実 務 において 自 分 が 行 った 補 正 を 新 規 事 項 追 加 とした 審 査 官 の 判 定 に 承 服 でき ず 拒 絶 査 定 不 服 審 判 及 び 更 なる 救 済 手 続 に 訴 えた 事 例 があるが その 中 には 審 査 官 が 行 った 新 規 事 項 追 加 との 認 定 を 覆 して 補 正 を 認 めるべきであるとの 判 断 が 下 された 事 例 も 幾 つかあった 1

2 本 稿 は 一 昨 年 末 に 中 国 最 高 人 民 法 院 が 再 審 の 末 に 行 政 裁 定 書 を 発 して 事 件 の 終 結 を 図 った 案 例 を 紹 介 するとともに 特 許 の 権 利 化 の 過 程 で 行 われた 補 正 に 対 して 新 規 事 項 追 加 に 該 当 するか 否 かに 関 し 最 高 人 民 法 院 が 下 した 判 断 を 分 析 し 今 後 の 特 許 権 利 化 実 務 にお いて 補 正 の 内 容 を 検 討 する 際 に 参 酌 できる 判 断 基 準 を 提 供 することを 目 的 とする 1. 事 件 の 概 要 上 述 した 行 政 裁 定 書 は 中 国 の 最 高 人 民 法 院 が 行 った 行 政 事 件 に 関 する 再 審 事 件 に 対 す る 判 断 を 示 した 司 法 文 書 であり 2011 年 12 月 25 日 に 最 高 人 民 法 院 によって 発 布 された 行 政 裁 定 書 であった 事 件 に 関 わった 特 許 は 中 国 知 識 産 権 局 によって 審 査 を 経 て 権 利 付 与 された 特 許 第 号 ( 以 下 本 件 特 許 とする )としての インクジェットカートリッジに 関 する 特 許 である 本 件 特 許 権 は 1999 年 5 月 18 日 に 出 願 された 特 許 出 願 第 号 ( 親 出 願 )の 分 割 出 願 であり 2004 年 6 月 23 日 に 権 利 付 与 公 告 がされた なお 当 該 特 許 出 願 の 親 出 願 である 第 号 は 国 際 出 願 PCT/JP99/02579 の 中 国 移 行 出 願 で ある 当 該 特 許 権 に 対 して 2006 年 1 月 17 日 に 無 効 審 判 が 請 求 され 請 求 人 は 本 件 特 許 が 新 規 性 不 備 進 歩 性 不 備 並 びに 補 正 要 件 不 備 であることを 理 由 に 特 許 権 をすべて 無 効 にすることを 請 求 した 本 件 特 許 の 権 利 人 ( 以 下 特 許 権 者 とする )は 無 効 審 判 の 5) 請 求 に 対 して 補 正 書 と 意 見 陳 述 書 を 提 出 し 権 利 の 維 持 をはかった 復 審 委 員 会 は 口 頭 審 理 を 経 て 特 許 権 者 が 権 利 化 をはかった 過 程 で 請 求 項 に 対 して 行 った 補 正 が 特 許 法 第 33 条 の 規 定 に 違 反 した 即 ち 新 規 事 項 追 加 に 該 当 したとして 特 許 権 をすべて 無 効 にするとの 審 決 を 下 した 6) 本 件 特 許 権 者 は 復 審 委 員 会 の 審 決 を 不 服 として 北 京 市 第 一 中 級 人 民 法 院 に 審 決 取 消 訴 訟 を 提 起 した 北 京 市 第 一 中 級 人 民 法 院 は 本 件 特 許 の 出 願 段 階 において 出 願 人 が 行 った 補 正 が 特 許 法 第 33 条 違 反 に 該 当 するか 否 かを 中 心 に 審 理 を 行 った 末 復 審 委 員 会 が 下 した 第 号 決 定 を 維 持 すべきとする 一 審 判 決 を 下 した 7) 本 件 特 許 権 者 は 一 審 判 決 を 不 服 として 一 審 判 決 の 取 消 しを 求 めて 北 京 市 高 級 人 民 法 院 に 上 訴 した 北 京 市 高 級 人 民 法 院 は 上 訴 人 の 訴 えを 一 部 分 認 め 一 審 判 決 及 び 復 審 委 員 会 の 審 決 に 部 分 的 な 事 実 認 定 の 誤 りがあったとして 一 審 判 決 及 び 復 審 委 員 会 の 審 決 を 取 消 すととも に 復 審 委 員 会 が 本 件 特 許 の 無 効 審 判 請 求 について 再 審 理 するよう 命 じた 二 審 判 決 を 下 し た 8) 中 国 の 司 法 制 度 では 二 審 終 審 制 をとっており 上 述 した 北 京 市 高 級 人 民 法 院 の 二 審 判 決 が 最 終 決 定 となるはずであった しかし 一 部 分 の 特 殊 事 件 については 当 事 者 の 請 求 2

3 に 基 づき 最 高 人 民 法 院 が 事 件 の 再 審 理 いわゆる 再 審 を 行 うことが 法 律 によって 認 めら れている 本 件 事 件 の 無 効 審 判 請 求 人 らは 北 京 市 高 級 人 民 法 院 の 二 審 判 決 に 事 実 認 定 の 誤 りがあり 法 律 の 適 用 を 誤 ったとして 最 高 人 民 法 院 に 事 件 の 再 審 を 請 求 した そして 最 高 人 民 法 院 は 請 求 に 応 じて 再 審 の 審 理 を 行 った 結 果 再 審 請 求 人 の 一 部 分 の 請 求 理 由 を 認 めつつも 本 件 出 願 に 対 して 行 われた 補 正 が 新 規 事 項 追 加 に 該 当 せず 特 許 法 第 33 条 に 反 していないとの 二 審 判 決 の 結 論 が 正 しいと 認 め 再 審 の 請 求 を 棄 却 する 行 政 裁 定 書 を 発 した 9) これによって 本 件 再 審 事 件 が 終 結 するとともに 最 高 人 民 法 院 は 特 許 の 権 利 化 の 段 階 で 行 われた 補 正 について 特 許 法 第 33 条 をどのように 適 用 すべきかについて 一 つの 判 断 基 準 を 世 に 示 した 2. 本 件 の 争 点 について 本 件 訴 訟 事 件 は 特 許 権 を 無 効 にすべきか 否 かについて 復 審 委 員 会 で 行 われた 審 決 を 巡 った 行 政 訴 訟 事 件 であり 特 許 権 者 無 効 審 判 請 求 人 復 審 委 員 会 を 含 むそれぞれの 当 事 者 が 一 連 の 訴 訟 においてそれぞれの 観 点 を 主 張 しあっていたが その 最 大 の 争 点 は 本 件 特 許 の 権 利 化 の 過 程 において 出 願 人 ( 即 ち 後 の 特 許 権 者 )が 出 願 書 類 に 対 して 行 った 補 正 が 特 許 法 第 33 条 の 規 定 に 適 合 するか 否 か 即 ち その 補 正 が 新 規 事 項 追 加 に 該 当 す るか 否 かの 判 断 だった 3. 本 件 紛 争 の 詳 細 な 経 緯 公 開 公 報 によると 本 件 特 許 出 願 時 の 請 求 項 1は 次 の 通 りになっている 公 開 時 の 請 求 項 1 インク 針 を 介 してインクジェットプリント 装 置 のプリントヘッドにインクを 供 給 する インクカートリッジであって インクを 収 容 するインク 室 を 限 定 し 底 壁 と 一 方 の 縁 が 上 記 底 壁 と 交 合 する 第 1の 壁 と 一 方 の 縁 が 上 記 底 壁 と 交 合 し かつ 上 記 第 1の 壁 と 対 向 して 定 位 される 第 2の 壁 を 含 むケースと インクジェットプリント 装 置 のインク 供 給 針 が 挿 入 され 上 記 底 壁 に 形 成 され 上 記 第 2の 壁 よりもさらに 上 記 ケースの 上 記 第 1の 壁 に 近 く 位 置 するインク 供 給 口 と 上 記 インクジェットプリント 装 置 の 一 部 分 とかみ 合 い 上 記 第 1の 壁 に 形 成 され 上 記 第 2の 壁 を 離 れる 方 向 に 伸 びる 懸 垂 体 とを 有 するインクカー トリッジ 3

4 なお 審 査 の 段 階 において 上 記 請 求 項 に 補 正 が 施 され 特 許 公 報 によると 権 利 付 与 時 の 請 求 項 1は 次 の 通 りになっている 登 録 時 の 請 求 項 1 インクジェットプリント 装 置 のホルダに 装 着 され インク 供 給 針 を 介 してインクジェッ トプリント 装 置 のインクヘッドにインクを 供 給 するインクカートリッジであって 複 数 の 外 壁 と 上 記 複 数 の 壁 の 第 1の 壁 に 形 成 され 上 記 インク 供 給 針 を 収 納 するイン ク 供 給 口 と 上 記 インクカートリッジに 保 持 され インクに 関 する 情 報 を 記 憶 する 記 憶 装 置 と 上 記 複 数 の 壁 のうちの 第 1の 壁 に 交 差 する 上 記 第 2の 壁 に 取 り 付 けられ 上 記 イン ク 供 給 口 の 中 心 線 に 位 置 する 回 路 基 板 と 上 記 回 路 基 板 の 露 出 面 の 表 面 に 形 成 され 上 記 記 憶 装 置 をインクジェットプリント 装 置 に 接 続 するのに 用 いられ 列 を 成 す 複 数 の 接 点 と を 有 するインクカートリッジ なお 請 求 項 1によって 特 定 されたインクカートリッジは 図 1( 出 願 書 類 の 図 6)に 示 している 図 1 請 求 項 1にかかるインクカートリッジ 4

5 本 件 特 許 に 対 して 無 効 審 判 を 請 求 した 請 求 人 は 補 正 によって 追 加 された 記 憶 装 置 が 出 願 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 に 記 載 されておらず 新 規 事 項 追 加 に 該 当 するとして 本 件 特 許 を 無 効 にすべきであると 主 張 した 無 効 審 判 の 手 続 において 審 判 廷 は 本 件 特 許 請 求 項 1にある 記 憶 装 置 ( 図 1にお ける 回 路 基 板 31に 取 り 付 けられている)は 審 査 の 段 階 で 補 正 によって 追 加 されたもの であると 認 定 し さらに 本 件 出 願 の 親 出 願 である CN またはそのもととなる 国 際 出 願 PCT/JP99/02579 の 明 細 書 及 び 請 求 項 には 記 憶 装 置 の 記 載 がなく 半 導 体 記 憶 装 置 の 文 言 記 載 があるのみであると 認 定 した このため 補 正 によって 追 加 され た 記 憶 装 置 という 構 成 要 件 が 新 規 事 項 に 該 当 するか 否 かは 出 願 当 初 の 明 細 書 に 記 載 されている 半 導 体 記 憶 装 置 に 基 づき 当 業 者 が 直 接 的 一 義 的 に 記 憶 装 置 の 構 成 要 件 を 導 き 出 せるか 否 かの 判 断 に 帰 すると 審 判 廷 は 指 摘 した 即 ち 当 業 者 にとって 登 録 特 許 の 請 求 項 1に 記 載 されている 記 憶 装 置 の 構 成 要 件 を 出 願 当 初 の 明 細 書 に 記 載 されている 半 導 体 記 憶 装 置 から 疑 義 なく 一 義 的 に 導 き 出 せるか 否 かにかかることに なる 特 許 権 者 は 請 求 項 1に 対 して 施 した 補 正 は 出 願 当 初 の 明 細 書 の 記 載 内 容 及 び 図 面 に 基 づいて 行 われ 出 願 当 初 の 明 細 書 の 記 載 内 容 を 超 えていないため 新 規 事 項 追 加 に 該 当 しないと 主 張 した 復 審 委 員 会 審 判 廷 は 明 細 書 に 記 載 されている 半 導 体 記 憶 装 置 に 基 づき 請 求 項 1 に 記 憶 装 置 を 追 加 する 補 正 は 新 規 事 項 追 加 に 該 当 すると 認 定 した 具 体 的 には 記 憶 装 置 には 半 導 体 記 憶 装 置 を 含 むほか 他 の 種 類 の 記 憶 装 置 も 含 むと 解 すべきとし 明 細 書 の 記 載 内 容 からすると 本 発 明 はインクカートリッジに 使 用 されている 半 導 体 記 憶 装 置 について 行 われ 出 願 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 にはその 他 の 種 類 の 記 憶 装 置 まで 言 及 し ておらず 記 載 内 容 から 直 接 的 一 義 的 に 本 発 明 のインクカートリッジに 他 の 種 類 の 記 憶 装 置 が 取 り 付 けられているとは 導 き 出 せない 従 って 請 求 項 に 記 載 の 記 憶 装 置 は 何 の 疑 いもなく 明 細 書 に 記 載 されている 半 導 体 記 憶 装 置 と 同 一 のものであると 解 する ことができず 当 業 者 は 出 願 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 に 記 載 されている 半 導 体 記 憶 装 置 から 一 義 的 に 記 憶 装 置 を 特 定 することができず 同 様 に 請 求 項 に 記 載 の 記 憶 装 置 は 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 に 記 載 されている 半 導 体 記 憶 装 置 から 一 義 的 に 特 定 することができない とした よって 審 判 廷 は 審 理 の 末 本 件 特 許 権 者 が 審 査 の 段 階 に 半 導 体 記 憶 装 置 から 記 憶 装 置 にした 補 正 は 出 願 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 範 囲 を 超 えて 新 規 事 項 追 加 に 該 当 するため 特 許 法 第 33 条 の 規 定 に 反 し 無 効 とすべきと 認 めた そして 復 審 委 員 会 は 本 件 特 許 を 無 効 にすべきとする 第 号 決 定 を 下 した 本 件 特 許 権 者 は 復 審 委 員 会 第 号 決 定 を 不 服 として 北 京 市 第 一 中 級 人 民 法 院 に 5

6 審 決 の 取 消 しを 求 める 行 政 訴 訟 を 提 起 した 北 京 市 第 一 中 級 人 民 法 院 は 審 理 の 末 復 審 委 員 会 が 行 った 半 導 体 記 憶 装 置 から 記 憶 装 置 にした 補 正 が 新 規 事 項 追 加 に 該 当 するという 認 定 は 妥 当 であると 認 め 復 審 委 員 会 の 第 号 決 定 を 維 持 する 一 審 判 決 を 下 した 本 件 特 許 権 者 は 北 京 市 第 一 中 級 人 民 法 院 の 一 審 判 決 を 不 服 とし 一 審 判 決 及 び 復 審 委 員 会 の 無 効 審 決 の 取 消 しを 求 めて 北 京 市 高 級 人 民 法 院 に 上 訴 した 北 京 市 高 級 人 民 法 院 は 審 理 を 経 て 一 審 裁 判 において 北 京 市 第 一 中 級 人 民 法 院 が 認 定 した 事 実 に 誤 りがない と 認 めた また 審 査 段 階 において 拒 絶 理 由 通 知 に 対 して 出 願 人 が 請 求 項 1に 対 して 行 った 補 正 が 新 規 事 項 追 加 に 該 当 すると 審 査 官 が 指 摘 した 事 実 も 判 明 した さらに この 指 摘 に 対 して 出 願 人 が 意 見 陳 述 書 において 請 求 項 1に 記 載 の 記 憶 装 置 が 明 細 書 及 び 図 面 に 記 載 されている 半 導 体 記 憶 装 置 に 該 当 すると 主 張 したことも 判 明 した 北 京 市 高 級 人 民 法 院 は 補 正 が 新 規 事 項 追 加 に 該 当 するか 否 かの 判 断 基 準 は その 補 正 が 出 願 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 範 囲 を 超 えたか 否 か さらに 出 願 当 初 の 開 示 範 囲 を 超 えたか 否 かにある 即 ち 当 業 者 が 出 願 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 内 容 から 疑 義 なしに 補 正 した 内 容 を 特 定 できるかどうかにかかる さらに 新 規 事 項 追 加 に 該 当 するか 否 かを 判 断 する 場 合 補 正 後 の 技 術 内 容 が 新 しい 技 術 内 容 を 構 成 するか 否 かをも 判 断 すべきである また 出 願 人 が 権 利 化 の 段 階 で 行 った 意 見 陳 述 は 新 規 事 項 追 加 にあたるか 否 かを 判 断 する 際 に 参 考 に することができるが 当 該 意 見 陳 述 は 新 規 事 項 追 加 の 唯 一 の 判 断 基 準 にするべきではな い と 指 摘 した 本 件 特 許 の 権 利 化 の 中 で 半 導 体 記 憶 装 置 から 記 憶 装 置 にした 補 正 について 北 京 市 高 級 人 民 法 院 は 次 のように 認 定 した 技 術 用 語 及 び 特 徴 についての 理 解 は 当 該 技 術 分 野 の 技 術 者 いわゆる 当 業 者 の 視 点 か ら 当 該 技 術 用 語 または 特 徴 が 用 いられる 特 定 の 言 語 環 境 までを 考 慮 すべきである 本 件 特 許 において 請 求 項 1にある 記 憶 装 置 は 審 査 の 段 階 において 補 正 により 追 加 された 当 初 の 請 求 項 には 半 導 体 記 憶 装 置 及 び 記 憶 装 置 の 記 載 があった 本 発 明 の 背 景 技 術 の 説 明 には インクカートリッジに 半 導 体 記 憶 装 置 及 び 当 該 記 憶 装 置 に 接 続 する 電 極 を 取 り 付 ける と 記 載 されている これらを 除 き 当 初 の 明 細 書 の 他 の 部 分 にはすべて 半 導 体 記 憶 装 置 を 用 いて 記 載 されている 当 業 者 は 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 から 出 願 人 が 半 導 体 記 憶 装 置 の 意 味 をもって 記 憶 装 置 を 用 いていることを 疑 いなく 特 定 できる さらに 補 正 前 補 正 後 の 何 れかの 技 術 内 容 において 記 憶 装 置 は 半 導 体 記 憶 装 置 の 意 味 をもって 使 用 され 新 しい 技 術 内 容 を 形 成 しておらず 当 業 者 が 新 しい 技 術 内 容 と 解 することはなかったはずである また 出 願 人 は 審 査 段 階 の 意 見 陳 述 書 中 で 記 憶 装 置 が 図 面 に 示 している 半 導 体 記 憶 装 置 を 指 すと 認 めている 6

7 補 正 が 新 規 事 項 追 加 に 該 当 するか 否 かを 判 断 するのは 当 該 技 術 分 野 の 技 術 者 であり 当 該 技 術 分 野 において 専 門 知 識 を 持 つ 普 通 の 技 術 者 いわゆる 当 業 者 であり 当 該 技 術 分 野 の 技 術 内 容 を 理 解 する 能 力 を 持 つ 者 とすべきである 記 憶 装 置 の 用 語 は 半 導 体 記 憶 装 置 のほかに 他 種 類 の 記 憶 装 置 までも 包 含 するものと 考 えるべきであるが 本 件 発 明 の 技 術 分 野 であるプリント 装 置 のインクカートリッジにおいて 背 景 技 術 の 説 明 にこれを 半 導 体 記 憶 装 置 と 明 確 に 特 定 した 前 提 からすれば 当 業 者 はこの 用 語 を 上 位 概 念 の 記 憶 装 置 に 理 解 することはない これに 基 づき 北 京 市 高 級 人 民 法 院 は 出 願 人 が 行 った 補 正 が 新 規 事 項 追 加 に 該 当 せず 復 審 委 員 会 が 再 審 査 を 行 い 審 決 を 出 し 直 すべきであると 認 定 した よって 北 京 市 高 級 人 民 法 院 は 一 審 判 決 及 び 復 審 委 員 会 の 決 定 には 事 実 認 定 及 び 法 律 の 適 用 に 誤 りがあるか ら 取 消 されるべきであるとした 上 で 復 審 委 員 会 が 本 件 特 許 の 無 効 審 判 請 求 について 改 めて 審 査 し 決 定 を 出 し 直 すべきであるとする 二 審 判 決 を 下 した 中 国 の 法 制 度 は 二 審 結 審 となり 特 許 権 の 有 効 性 を 巡 る 本 件 紛 争 事 件 は 北 京 市 高 級 人 民 法 院 が 二 審 判 決 を 下 した 時 点 で 終 結 したはずだったが 特 例 として 結 審 となった 事 件 について 最 高 人 民 法 院 に 事 件 の 再 審 理 を 求 める 当 事 者 の 訴 えに 応 じて あるいは 最 高 人 民 法 院 が 自 らの 判 断 において 結 審 した 事 件 を 見 直 すことが 可 能 である これは いわゆ る 再 審 事 件 である 本 件 紛 争 事 件 の 当 事 者 のうち 無 効 審 判 の 請 求 人 は 二 審 判 決 におい て 事 実 認 定 及 び 法 律 の 適 用 に 誤 りがあったとして 二 審 判 決 の 取 消 しを 求 めて 最 高 人 民 法 院 に 再 審 を 求 めた そして 最 高 人 民 法 院 は 再 審 の 請 求 について 請 求 人 の 主 張 及 び 被 請 求 人 の 答 弁 内 容 を 調 べた 上 で 改 めて 事 実 認 定 を 行 った まず 請 求 項 1にある 記 憶 装 置 の 構 成 要 件 は 分 割 出 願 の 時 点 で 出 願 人 によって 自 発 補 正 の 形 で 追 加 されたものであり 特 許 審 査 の 段 階 で 審 査 官 の 求 めに 応 じて 補 正 したも のではないことが 判 明 した そして 最 高 人 民 法 院 は 本 件 紛 争 案 件 の 争 点 は 記 憶 装 置 の 補 正 が 特 許 法 第 33 条 の 規 定 に 適 合 するか 否 かであると 認 めた さらに この 問 題 を 分 析 するためには 次 のポ イントを 解 明 する 必 要 があると 認 定 した 1) 二 審 判 決 における 本 件 特 許 出 願 当 初 の 明 細 書 に 用 いられた 記 憶 装 置 の 意 味 の 解 釈 が 正 しいか 否 か 2) 本 件 請 求 項 1において 記 憶 装 置 とした 補 正 が 特 許 法 第 33 条 の 規 定 に 適 合 する か 否 か まず 二 審 判 決 の 認 定 の 正 否 について 最 高 人 民 法 院 は 次 の 判 断 を 示 した 二 審 判 決 が 本 件 出 願 当 初 の 明 細 書 において 半 導 体 記 憶 装 置 の 意 味 をもって 記 憶 装 置 の 用 語 を 使 用 し 記 憶 装 置 は 半 導 体 記 憶 装 置 の 簡 略 語 として 使 用 してい る とした 認 定 は 間 違 いだった 当 業 者 にとって 記 憶 装 置 とは 情 報 データを 保 存 する 装 置 であり 磁 気 記 憶 装 置 半 導 体 記 憶 装 置 光 ディスクなど 多 種 多 様 な 装 置 の 上 位 概 念 7

8 である その 意 味 は 明 瞭 であり 明 確 である 明 細 書 の 記 載 内 容 からすると 記 憶 装 置 の 用 語 は 明 確 にまたは 暗 に 他 の 種 類 の 記 憶 装 置 を 排 除 しておらず さらに 記 憶 装 置 を 通 常 の 理 解 と 異 なる 特 別 な 限 定 をしたわけでもなかった これによって 記 憶 装 置 が 半 導 体 記 憶 装 置 を 指 していると 認 定 することはできない 従 って 当 業 者 にとって 記 憶 装 置 の 用 語 は 通 常 の 意 味 を 有 し 半 導 体 記 憶 装 置 に 限 定 されずに 広 く 解 釈 さ れるべきである したがって 二 審 判 決 における 本 件 特 許 の 出 願 当 初 の 明 細 書 において 半 導 体 記 憶 装 置 の 意 味 をもって 記 憶 装 置 の 用 語 を 用 いており 記 憶 装 置 は 半 導 体 記 憶 装 置 の 簡 略 語 として 使 用 している との 認 定 は 間 違 いだった 次 に 記 憶 装 置 とした 補 正 が 特 許 法 第 33 条 の 規 定 に 適 合 するか 否 かについて 最 高 人 民 法 院 は 特 許 法 第 33 条 の 立 法 主 旨 を 分 析 した 上 で 次 のような 認 識 を 示 した 補 正 が 出 願 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 範 囲 を 超 えてはならない とする 規 定 にお いて 当 初 明 細 書 と 請 求 項 の 記 載 範 囲 とは 属 する 技 術 分 野 の 通 常 の 技 術 者 いわゆ る 当 業 者 の 視 点 から 当 初 明 細 書 及 び 請 求 項 の 開 示 内 容 で 特 定 すべきである 当 初 明 細 書 と 請 求 項 が 開 示 した 技 術 内 容 をすべて 当 初 明 細 書 と 請 求 項 の 記 載 範 囲 と 解 すべきである より 具 体 的 にいえば 当 初 明 細 書 と 請 求 項 の 記 載 範 囲 は 以 下 二 つの 内 容 を 含 む 1) 当 初 明 細 書 図 面 及 び 請 求 項 が 文 言 または 図 形 で 明 確 に 開 示 した 内 容 2) 当 業 者 が 当 初 明 細 書 図 面 及 び 請 求 項 を 総 合 して 直 接 的 明 確 的 に 導 き 出 せる 内 容 上 述 したように 当 初 の 明 細 書 図 面 及 び 請 求 項 の 記 載 内 容 から 導 き 出 した 内 容 が 当 業 者 にとって 明 らかであれば 当 該 内 容 が 当 初 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 範 囲 に 属 すると 認 定 できる 補 正 後 の 出 願 書 類 に 新 しい 技 術 内 容 さえ 導 入 されていなければ この 補 正 が 当 初 の 記 載 範 囲 を 超 えていないと 認 められる ここから 分 かるように 補 正 が 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 範 囲 を 超 えているか 否 かの 判 断 は 当 初 明 細 書 図 面 及 び 請 求 項 の 文 言 あるいは 図 形 が 表 した 内 容 のみではな く 当 業 者 が 当 初 の 開 示 内 容 を 総 合 すれば 明 らかになる 内 容 まで 考 慮 すべきである こ の 判 断 の 過 程 において 単 に 補 正 前 後 の 文 言 を 比 較 するだけで 結 論 を 出 すべきではなく さらに 当 業 者 が 直 接 的 明 確 的 に 導 き 出 せる 内 容 を 唯 一 確 定 された 内 容 と 理 解 してはな らない 以 上 の 判 断 基 準 に 基 づき 本 件 出 願 当 初 の 明 細 書 請 求 項 及 び 図 面 の 記 載 内 容 を 総 合 すれば 当 業 者 は 半 導 体 記 憶 装 置 を 容 易 に 他 の 種 類 の 記 憶 装 置 によって 置 き 換 えられ このような 技 術 内 容 が 半 導 体 記 憶 装 置 の 代 わりに 他 の 記 憶 装 置 を 用 いるインクカート リッジにも 適 用 できると 推 定 できる 本 件 特 許 権 者 は 分 割 出 願 の 時 点 で 元 の 請 求 項 にある 半 導 体 記 憶 装 置 を 記 憶 装 置 に 補 正 した 補 正 後 の 請 求 項 1は 当 初 明 細 書 請 求 項 及 び 図 面 の 記 載 内 容 から 当 業 者 が 直 接 的 明 確 的 に 導 き 出 せる 内 容 と 比 較 衡 量 するならば 新 しい 技 術 内 容 を 導 入 した 8

9 わけではないものと 認 められる 従 って 請 求 項 1における 記 憶 装 置 とした 補 正 は 当 初 出 願 書 類 の 記 載 内 容 を 超 えておらず 特 許 法 第 33 条 の 規 定 に 適 合 している このような 判 断 に 基 づき 最 高 人 民 法 院 は 二 審 判 決 には 記 憶 装 置 の 意 味 に 関 す る 認 定 に 誤 りがあったものの 記 憶 装 置 に 関 する 補 正 が 特 許 法 第 33 条 の 記 載 に 適 合 するという 判 断 は 正 しく 維 持 すべきと 認 定 した 従 って 行 政 裁 定 書 を 以 って 再 審 請 求 を 却 下 する 行 政 裁 定 を 下 した 4. 考 察 本 件 裁 判 事 例 においては 無 効 審 判 事 件 が 発 端 となり 復 審 委 員 会 の 無 効 決 定 を 巡 って 北 京 市 中 級 人 民 法 院 北 京 市 高 級 人 民 法 院 そして 最 高 人 民 法 院 がそれぞれ 一 審 二 審 及 び 再 審 の 手 続 を 経 た 上 で 最 終 的 に 本 件 特 許 権 者 が 出 願 の 段 階 で 行 った 補 正 が 特 許 法 第 33 条 の 規 定 に 適 合 し 新 規 事 項 追 加 ではないとして 最 高 人 民 法 院 が 行 政 裁 定 書 の 形 で 本 件 紛 争 事 件 に 終 止 符 を 打 ったものである この 事 件 においてもっとも 重 要 なのは 最 高 人 民 法 院 が 行 政 裁 定 書 のなかで 特 許 法 第 33 条 の 趣 旨 を 解 釈 した 上 で この 条 文 の 適 用 原 則 を 明 確 に 示 し 復 審 委 員 会 とは 異 なっ た 判 断 を 示 したことにある 即 ち 当 初 明 細 書 及 び 図 面 の 記 載 範 囲 は 当 業 者 の 視 点 から 当 初 明 細 書 及 び 請 求 項 の 開 示 内 容 をもって 特 定 すべきであること さらに 具 体 的 に 二 つ の 内 容 をもって 判 断 すべきであることを 明 示 した 点 にある その 二 つの 内 容 とは まず 当 初 明 細 書 図 面 及 び 請 求 項 が 文 字 あるいは 図 形 で 明 確 に 表 した 内 容 であり 次 に 当 業 者 が 当 初 明 細 書 図 面 及 び 請 求 項 の 記 載 内 容 を 総 合 した 上 で 直 接 的 明 確 的 に 導 き 出 せる 内 容 である これら 二 つの 内 容 を 当 初 の 出 願 書 類 の 開 示 内 容 と 認 定 すべきとの 最 高 裁 の 判 断 を 明 確 に 世 に 示 したのが 本 件 の 最 大 の 貢 献 であると 評 価 できる この 判 断 基 準 は 従 来 審 査 指 南 で 規 定 されている 新 規 事 項 追 加 に 関 する 判 断 基 準 より 緩 やかであったことに 注 目 すべきである 中 国 の 司 法 制 度 における 基 盤 は 条 文 法 であって 判 例 法 ではないため 本 文 で 紹 介 した 最 高 人 民 法 院 の 行 政 裁 定 書 の 判 断 基 準 がそのまま 他 の 司 法 判 断 に 適 用 されるとは 速 断 で きないが 今 後 同 様 な 紛 争 案 件 の 判 断 に 重 要 な 影 響 を 与 えるに 違 いない 一 方 行 政 手 続 である 特 許 審 査 及 び 審 判 手 続 において 従 来 通 り 特 許 法 実 施 細 則 及 び 審 査 指 南 の 規 定 に 基 づき 出 願 審 査 及 び 審 判 手 続 が 行 われるところ 今 回 の 最 高 人 民 法 院 の 判 断 は 浸 透 す るまでに 幾 分 時 間 がかかる 一 方 で 今 後 これらの 行 政 手 続 における 判 断 にも 一 定 の 影 響 力 を 示 し 特 許 審 査 または 審 判 事 件 における 審 査 官 または 審 判 廷 の 判 断 にも 影 響 を 与 えるだ ろうと 予 測 される 9

10 5. 終 わりに 中 国 の 特 許 審 査 において これまで 補 正 に 関 する 新 規 事 項 追 加 の 判 断 は 非 常 に 厳 格 に 行 われてきた 補 正 の 範 囲 は 当 初 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 内 容 または 当 初 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 内 容 から 直 接 的 一 義 的 に 導 き 出 せる 内 容 に 限 られるという 判 断 基 準 が 適 用 さ れていた さらに 実 務 上 補 正 の 範 囲 は 当 初 明 細 書 または 請 求 項 の 記 載 文 言 まで 厳 しく 制 限 されていた 事 例 が 数 多 くあり 出 願 人 が 出 願 後 当 初 の 出 願 書 類 にあった 記 載 上 の 不 備 を 正 し 補 正 によって 出 願 書 類 のさらなる 正 確 さを 求 める 努 力 の 余 地 が 狭 く 制 限 されていた 本 文 で 紹 介 した 最 高 人 民 法 院 が 示 した 新 しい 判 断 基 準 は 従 来 の 硬 直 した 行 政 判 断 に 一 風 を 吹 き 込 み 今 後 の 審 査 及 び 審 判 手 続 において 補 正 の 制 限 についてより 柔 軟 な 方 向 へ 運 用 が 切 り 替 わることが 期 待 できる 参 考 資 料 及 び 注 釈 1) 中 国 特 許 法 ( 専 利 法 ) 第 33 条 出 願 人 は 出 願 書 類 に 対 して 補 正 を 行 うことができるが 発 明 特 許 及 び 実 用 新 案 にかか る 出 願 書 類 に 対 する 補 正 は 元 の 明 細 書 及 び 請 求 項 に 記 載 した 範 囲 を 超 えてはならず 意 匠 に 対 する 出 願 書 類 の 補 正 は 元 の 画 像 又 は 写 真 で 表 示 した 範 囲 を 超 えてはならない 2) 中 国 特 許 法 ( 専 利 法 ) 実 施 細 則 第 53 条 専 利 法 第 三 十 八 条 の 規 定 に 基 づき 発 明 特 許 出 願 が 実 体 審 査 を 経 て 拒 絶 されなければな らない 状 況 とは 以 下 のものを 指 す (1) 出 願 が 専 利 法 第 五 条 第 二 十 五 条 に 規 定 される 状 況 に 属 し 或 いは 専 利 法 第 九 条 の 規 定 によって 特 許 権 を 付 与 できない 場 合 (2) 出 願 が 専 利 法 第 二 条 第 2 項 第 二 十 条 第 1 項 第 二 十 二 条 第 二 十 六 条 第 3 項 第 4 項 第 5 項 第 三 十 一 条 第 1 項 或 いは 本 細 則 第 二 十 条 第 2 項 の 規 定 に 合 致 しない 場 合 (3) 出 願 の 補 正 が 専 利 法 第 三 十 三 条 の 規 定 に 合 致 せず 或 いは 分 割 出 願 が 本 細 則 第 四 十 三 条 第 1 項 の 規 定 に 合 致 しない 場 合 3) 中 国 特 許 法 ( 専 利 法 ) 実 施 細 則 第 65 条 専 利 法 第 四 十 五 条 の 規 定 に 基 づいて 特 許 権 の 無 効 又 は 一 部 無 効 の 宣 告 を 請 求 する 場 合 は 専 利 復 審 委 員 会 に 特 許 権 無 効 宣 告 請 求 書 及 び 必 要 な 証 拠 一 式 二 部 を 提 出 しなければな らない 無 効 宣 告 請 求 書 は 提 出 する 全 ての 証 拠 に 合 わせて 無 効 宣 告 請 求 の 理 由 を 具 体 的 に 説 明 し また 各 理 由 の 根 拠 となる 証 拠 を 指 摘 しなければならない 前 項 に 言 う 無 効 宣 告 請 求 の 理 由 とは 特 許 が 付 与 された 発 明 創 造 が 専 利 法 第 二 条 第 二 十 条 第 1 項 第 二 十 二 条 第 二 十 三 条 第 二 十 六 条 第 3 項 第 4 項 第 二 十 七 条 第 2 項 第 三 十 三 条 又 は 本 細 則 第 二 十 条 第 2 項 第 四 十 三 条 第 1 項 の 規 定 に 合 致 しないか 若 し くは 専 利 法 第 五 条 第 二 十 五 条 の 規 定 に 該 当 するか 或 いは 専 利 法 第 九 条 の 規 定 に 基 づい 10

11 て 特 許 権 を 付 与 できないことを 指 す 4) 審 査 指 南 (2010 版 ) 第 2 部 第 8 章 認 められない 補 正 原 則 として 明 細 書 ( 及 び 図 面 )と 請 求 項 について 特 許 法 ( 専 利 法 ) 第 33 条 の 規 定 に 適 合 しない 補 正 はすべて 認 められない 具 体 的 に 出 願 内 容 の 一 部 の 追 加 変 更 及 び/または 削 除 をすることにより 当 業 者 が みた 情 報 が 当 初 出 願 に 記 載 された 情 報 とは 異 なり かつ 当 初 出 願 に 記 載 された 情 報 から 直 接 的 でかつ 疑 うことなく 確 定 できるものではない 場 合 このような 補 正 は 認 められない ここでいう 出 願 内 容 とは 当 初 の 明 細 書 ( 及 び 図 面 )と 請 求 の 範 囲 に 記 載 された 内 容 を 指 し 優 先 権 書 類 の 内 容 は 含 めない 5) 復 審 委 員 会 中 国 において 復 審 委 員 会 は 国 家 知 識 産 権 局 によって 設 立 された 組 織 であり 日 本 国 特 許 庁 審 判 部 に 相 当 する 拒 絶 査 定 不 服 審 判 及 び 無 効 審 判 の 事 件 を 扱 い 請 求 を 審 理 し 決 定 または 審 決 を 下 す 6) 復 審 委 員 会 2008 年 4 月 15 日 第 号 決 定 7) 北 京 市 第 一 中 級 人 民 法 院 2008 年 12 月 20 日 (2008) 一 中 行 初 字 第 1030 号 行 政 判 決 書 8) 北 京 市 高 級 人 民 法 院 2009 年 10 月 13 日 (2009) 高 行 終 字 第 327 号 行 政 判 決 書 9) 最 高 人 民 法 院 2011 年 12 月 25 日 (2010) 知 行 字 第 53 号 行 政 裁 定 書 日 本 実 務 者 からのコメント 本 稿 は 中 国 における 補 正 の 適 否 問 題 についての 最 高 人 民 法 院 の 判 決 を 取 り 上 げたもの である これまで 厳 格 解 釈 がゆきすぎの 傾 向 があった 中 国 知 財 実 務 上 の 新 規 事 項 追 加 の 概 念 を 是 正 したものと 評 価 できる この 最 高 人 民 法 院 判 決 が 出 るまでは 明 細 書 の 文 言 通 り 図 面 の 表 現 通 りの 範 囲 を 逸 脱 していると 認 定 されれば 途 端 に 新 規 事 項 であると 認 定 されていた 傾 向 があったことは 否 めない いわば 実 質 面 よりはむしろ 表 面 的 な 表 現 の 相 違 で 成 否 が 決 まってしまうとい う 極 めて 形 式 主 義 的 な 弊 に 陥 っていた 面 がある 今 次 判 決 では まず 規 範 として 新 規 事 項 にならない 範 囲 として (1) 当 初 明 細 書 図 面 請 求 項 が 文 言 図 面 で 明 確 に 開 示 した 内 容 (2) 当 業 者 が 当 初 明 細 書 図 面 及 び 請 求 項 を 総 合 して 直 接 的 明 確 的 に 導 き 出 せる 内 容 を 定 立 した 問 題 は(2)の 総 合 して 直 接 的 明 確 的 に 導 き 出 せる 内 容 とは 何 であ るか ということであるが これについては 文 字 通 り 単 なる 文 言 を 超 えた 総 合 判 断 をす る という 意 味 としている この 総 合 判 断 には 当 業 者 ( 北 京 市 中 級 人 民 法 院 はこ の 定 義 として 当 該 技 術 分 野 において 専 門 知 識 を 持 つ 普 通 の 技 術 者 を 当 てている)の 知 11

12 識 レベル 当 該 技 術 分 野 の 通 常 のレベルという 変 動 要 素 が 入 り 込 む 余 地 があり この 点 で 硬 直 的 な 判 断 に 陥 る 弊 を 除 き 柔 軟 な 判 断 ができる 余 地 を 残 していると 考 えられる ここに 形 式 主 義 を 脱 して 実 情 を 勘 案 する 姿 勢 の 一 端 がうかがえる 本 事 件 では 上 記 規 範 のあて はめにおいて 半 導 体 記 憶 装 置 を 記 憶 装 置 に 換 えた 補 正 につき 本 件 明 細 書 等 の 記 載 を 総 合 すれば いわゆる 当 業 者 であれば 半 導 体 記 憶 装 置 を 容 易 に 他 の 種 類 の 記 憶 装 置 に 置 換 できるという 点 を 根 拠 にして 半 導 体 記 憶 装 置 を 記 憶 装 置 に 換 え た 補 正 は 新 規 事 項 の 導 入 には 当 たらない という 判 断 構 造 を 採 用 している 一 方 日 本 であれば 願 書 に 最 初 に 添 付 した 明 細 書 特 許 請 求 の 範 囲 又 は 図 面 ( ) に 記 載 した 事 項 の 範 囲 内 ( 本 稿 で 当 初 明 細 書 等 記 載 事 項 内 という )であるべきと し 当 初 明 細 書 等 記 載 事 項 内 とは 当 業 者 によって 当 初 明 細 書 のすべての 記 載 を 総 合 することにより 導 かれる 技 術 的 事 項 である( 参 考 : 知 財 高 判 平 ( 平 成 18 年 ( 行 ケ) 第 号 審 決 取 消 請 求 事 件 ) ソルダーレジスト 大 合 議 判 決 )としている これを 受 ける 形 で 審 査 基 準 では 新 規 事 項 を 含 まないとして 許 容 されるものに (A) 当 初 明 細 書 等 に 明 示 的 に 記 載 された 事 項 (B)( 明 示 的 な 記 載 がなくても) 当 初 明 細 書 等 の 記 載 から 自 明 な 事 項 を 挙 げている さらに (B)といえるためには これに 接 した 当 業 者 であれば 出 願 時 の 技 術 常 識 に 照 らして その 意 味 であることが 明 らかであって その 事 項 がそこに 記 載 さ れているのと 同 然 であると 理 解 する 事 項 でなければならない としている 記 載 されて いるのと 同 然 であると 理 解 する としている 点 が( 中 国 に 比 べて)より 限 定 的 であると 理 解 できる 反 面 日 本 における 当 業 者 の 定 義 ( その 発 明 の 属 する 技 術 の 分 野 における 通 常 の 知 識 を 有 する 者 特 許 法 第 29 条 第 2 項 )が 中 国 のそれとは 微 妙 に 異 なっている 点 にも 留 意 すべきと 考 える 実 務 的 には それこそ 自 明 な 話 とされるかもしれないが そもそも 新 規 事 項 か 否 かが 争 点 とならないような 明 細 書 の 開 示 表 現 を 考 える 諸 事 情 によりどうしようもなく 上 記 争 点 で 主 張 しなければならないときには その 分 野 の 通 常 の 技 術 者 であれば 争 点 のものも 記 載 内 容 から 想 起 できたはずであるとの 主 張 をし これを 裏 付 ける 証 拠 として たとえば 流 通 している 百 科 事 典 (できれば 複 数 の) 権 威 ある 専 門 家 による 証 言 学 術 論 文 業 界 誌 記 事 等 をなるべく 広 く 集 める というようなことが 必 要 となるだろう 12

13 原 著 者 紹 介 呉 学 鋒 中 華 人 民 共 和 国 弁 理 士 北 京 三 友 知 識 産 権 代 理 有 限 公 司 パートナー ホームページ 日 本 側 監 修 コメント 担 当 者 紹 介 友 野 英 三 日 本 国 弁 理 士 ( 特 定 侵 害 訴 訟 代 理 業 務 付 記 ) 友 野 国 際 特 許 事 務 所 所 長 ホームページ 著 書 : 合 衆 国 特 許 クレーム 作 成 の 実 務 他 多 数 13

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則 第 323 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (5)-4 2015 年 11 月 6 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 - 合 理 的 な 説 明 に 関 する 取 扱 い 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 公 開 草 案 第 54 号 繰

More information

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの)

平成24年度開設予定大学院等一覧(判定を「不可」とするもの) 平 成 24 年 度 開 設 予 定 大 学 院 等 一 覧 ( 判 定 を 不 可 とするもの) 1 研 究 科 を 設 置 するもの 1 校 平 成 23 年 12 月 区 分 大 学 院 名 研 究 科 名 専 攻 名 入 学 定 員 位 置 設 置 者 理 由 備 考 人 私 立 東 京 福 祉 大 学 大 学 院 経 営 学 研 究 科 群 馬 県 伊 勢 崎 市 学 校 法 人 ( 別

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず(

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず( 別 紙 2 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 実 務 上 の 検 討 ポイント 第 1 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 概 要 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 ( 以 下 D&O 保 険 ) とは 保 険 契 約 者 である 会 社 と 保 険 者 である 保 険 会 社 の 契 約 により 被 保 険 者 とされている 役 員

More information

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる

った 場 合 など 監 事 の 任 務 懈 怠 の 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 減 算 する (8) 役 員 の 法 人 に 対 する 特 段 の 貢 献 が 認 められる 場 合 は その 程 度 に 応 じて 業 績 勘 案 率 を 加 算 することができる 独 立 行 政 法 人 の 役 員 の 退 職 金 に 係 る 業 績 勘 案 率 の 算 定 ルールについて 平 成 27 年 5 月 25 日 総 務 大 臣 決 定 独 立 行 政 法 人 特 殊 法 人 及 び 認 可 法 人 の 役 員 の 退 職 金 について ( 平 成 27 年 3 月 24 日 閣 議 決 定 以 下 閣 議 決 定 という )に 基 づき 独 立 行 政 法 人

More information

○商標法施行規則

○商標法施行規則 商 標 法 施 行 規 則 ( 昭 和 三 十 五 年 三 月 八 日 通 商 産 業 省 令 第 十 三 号 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 十 八 年 三 月 二 十 五 日 経 済 産 業 省 令 第 三 十 六 号 ( 申 請 書 ) 第 一 条 商 標 法 ( 昭 和 三 十 四 年 法 律 第 百 二 十 七 号 ) 第 四 条 第 一 項 第 十 七 号 の 規 定 による 産 地

More information

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型 一 問 題 状 況 1) 平 成 24 年 度 労 働 契 約 法 改 正 (18~20 条 の 新 設 ) 5 年 ルール( 無 期 転 換 ルール)の 導 入 判 例 による 雇 止 め 規 制 の 立 法 化 有 期 契 約 の 差 別 禁 止 規 定 の 新 設 2) 関 連 法 令 の 改 正 (5 年 ルール 関 係 ) 任 期 法 の 改 正 特 例 についての 法 律 案 3) 有

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第076号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第076号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 19 年 3 月 26 日 ( 平 成 19 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 153 号 ) 答 申 日 : 平 成 19 年 5 月 31 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 76 号 ) 事 件 名 : 自 艦 隊 ( 作 ) 第 27 号 (15.1.14)の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc 答 申 第 1 審 議 会 の 結 論 名 古 屋 市 長 ( 以 下 実 施 機 関 という )が 本 件 異 議 申 立 ての 対 象 とな る 保 有 個 人 情 報 を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 である 第 2 異 議 申 立 てに 至 る 経 過 1 平 成 27 年 5 月 29 日 異 議 申 立 人 は 名 古 屋 市 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 17

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

答申書

答申書 諮 問 庁 : 法 務 大 臣 諮 問 日 : 平 成 14 年 8 月 1 日 答 申 日 : 平 成 14 年 9 月 18 日 事 件 名 : 熊 本 刑 務 所 が 本 人 に 対 して 行 った 分 類 調 査 や 累 進 審 査 の 結 果 を 記 録 し た 分 類 調 査 票 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に 関 する 件 ( 平 成 14 年 諮 問 第

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

Microsoft Word - 19年度(行個)答申第94号.doc

Microsoft Word - 19年度(行個)答申第94号.doc 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 19 年 9 月 6 日 ( 平 成 19 年 ( 行 個 ) 諮 問 第 86 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 30 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 個 ) 答 申 第 94 号 ) 事 件 名 : 本 人 に 係 る 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否

More information

Microsoft Word - 答申第143号.doc

Microsoft Word - 答申第143号.doc 答 申 第 143 号 平 成 15 年 12 月 17 日 千 葉 県 知 事 堂 本 暁 子 様 千 葉 県 情 報 公 開 審 査 会 委 員 長 麻 生 肇 異 議 申 立 てに 対 する 決 定 について( 答 申 ) 平 成 14 年 12 月 12 日 付 け 一 廃 第 361の2 号 による 下 記 の 諮 問 について 次 のとおり 答 申 します 記 平 成 10 年 6 月

More information

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳 主 文 原 判 決 中, 上 告 人 敗 訴 部 分 を 破 棄 する 前 項 の 部 分 につき, 本 件 を 知 的 財 産 高 等 裁 判 所 に 差 し 戻 す 理 由 上 告 代 理 人 中 村 稔 ほかの 上 告 受 理 申 立 て 理 由 第 2について 1 本 件 は, 上 告 人 が, 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 )の 施 行 日 である 昭 和 46

More information

異 議 申 立 人 が 主 張 する 異 議 申 立 ての 理 由 は 異 議 申 立 書 の 記 載 によると おおむね 次 のとおりである 1 処 分 庁 の 名 称 の 非 公 開 について 本 件 審 査 請 求 書 等 について 処 分 庁 を 非 公 開 とする 処 分 は 秋 田 県

異 議 申 立 人 が 主 張 する 異 議 申 立 ての 理 由 は 異 議 申 立 書 の 記 載 によると おおむね 次 のとおりである 1 処 分 庁 の 名 称 の 非 公 開 について 本 件 審 査 請 求 書 等 について 処 分 庁 を 非 公 開 とする 処 分 は 秋 田 県 諮 問 庁 : 秋 田 県 知 事 諮 問 日 : 平 成 19 年 5 月 17 日 ( 諮 問 第 89 号 ) 答 申 日 : 平 成 19 年 11 月 16 日 ( 答 申 第 51 号 ) 事 件 名 : 国 民 健 康 保 険 審 査 会 に 係 る 文 書 の 部 分 公 開 決 定 処 分 に 対 する 異 議 申 立 てに 関 する 件 答 申 第 1 審 査 会 の 結 論 秋

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

公文書非公開決定処分に関する諮問について(答申)

公文書非公開決定処分に関する諮問について(答申) 答 申 情 第 23 号 平 成 24 年 4 月 9 日 相 模 原 市 長 加 山 俊 夫 殿 相 模 原 市 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 公 文 書 非 公 開 決 定 処 分 に 関 する 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 23 年 8 月 18 日 付 FNo.0 4 5により 諮 問 のありました 事 案 に ついて 別 紙 のとおり 答 申 します 以 上

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

諮 問 庁 の 説 明 は, 理 由 説 明 書 によると,おおむね 以 下 のとおりである 1 行 政 文 書 開 示 請 求 の 対 象 となった 文 書 開 示 請 求 の 内 容 は, 国 家 公 務 員 総 合 職 採 用 試 験 合 格 者 による 官 庁 訪 問 において, 公 正 取

諮 問 庁 の 説 明 は, 理 由 説 明 書 によると,おおむね 以 下 のとおりである 1 行 政 文 書 開 示 請 求 の 対 象 となった 文 書 開 示 請 求 の 内 容 は, 国 家 公 務 員 総 合 職 採 用 試 験 合 格 者 による 官 庁 訪 問 において, 公 正 取 諮 問 庁 : 公 正 取 引 委 員 会 委 員 長 諮 問 日 : 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 平 成 28 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 136 号 ) 答 申 日 : 平 成 28 年 7 月 7 日 ( 平 成 28 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 183 号 ) 事 件 名 : 平 成 27 年 度 総 合 職 官 庁 訪 問 での 対 応 依 頼 等 の 一 部 開

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

Microsoft Word - 諮問第82号答申(決裁後)

Microsoft Word - 諮問第82号答申(決裁後) 情 個 審 第 43-1 号 平 成 28 年 1 月 18 日 茨 城 県 教 育 委 員 会 教 育 長 小 野 寺 俊 殿 茨 城 県 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 委 員 長 大 和 田 一 雄 保 有 個 人 情 報 部 分 開 示 決 定 に 対 する 異 議 申 立 てについて( 答 申 ) 平 成 27 年 2 月 27 日 付 け 保 体 諮 問 第 1 号

More information

別 添 1 提 案 書 等 作 成 要 領 1 調 達 件 名 PIO-NET2015 に 係 る 運 用 等 支 援 業 務 一 式 2 提 案 書 等 の 提 出 本 調 達 に 係 る 提 案 書 等 は PIO-NET2015 に 係 る 運 用 等 支 援 業 務 一 式 調 達 仕 様

別 添 1 提 案 書 等 作 成 要 領 1 調 達 件 名 PIO-NET2015 に 係 る 運 用 等 支 援 業 務 一 式 2 提 案 書 等 の 提 出 本 調 達 に 係 る 提 案 書 等 は PIO-NET2015 に 係 る 運 用 等 支 援 業 務 一 式 調 達 仕 様 別 紙 6 国 民 生 活 センター 組 織 図 審 議 役 総 務 部 広 報 部 理 事 長 理 事 情 報 管 理 部 監 事 相 談 情 報 部 商 品 テスト 部 教 育 研 修 部 紛 争 解 決 委 員 会 事 務 局 55 / 98 別 添 1 提 案 書 等 作 成 要 領 1 調 達 件 名 PIO-NET2015 に 係 る 運 用 等 支 援 業 務 一 式 2 提 案 書

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

<485020208145944E8BE08F6D2082C682B5905690DD2E786C7378>

<485020208145944E8BE08F6D2082C682B5905690DD2E786C7378> < 年 金 塾 > ( 年 金 判 例. 1/ ) 公 的 年 金 の 逸 失 利 益 性 (その-1) H.. 課 題 < 逸 失 利 益 > 1. 街 頭 相 談 会 ( 当 塾 の 主 催 や ) で 次 のような 質 問 があったとしたら 貴 方 は どう 答 えますか? < 想 定 質 問 > 年 金 受 給 中 のお 爺 さんが 横 断 歩 道 を 通 行 中 に 信 号 無 視 の 車

More information

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加 別 添 事 務 連 絡 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 年 金 機 構 厚 生 年 金 保 険 部 長 殿 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 長 持 続 可 能 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 するための 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 による 健 康 保 険 法 及 び 船 員 保 険 法 改 正 内 容 の 一 部 に

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E D738FEE816A939A905C91E D862E646F63>

<4D F736F F D2095BD90AC E D738FEE816A939A905C91E D862E646F63> 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 6 月 1 8 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 2 9 5 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 2 年 2 月 8 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 5 1 4 号 ) 事 件 名 : 法 人 課 税 部 門 における 消 費 税 還 付 申 告 に 係 る 事 務 処 理 手

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

第4回税制調査会 総4-1

第4回税制調査会 総4-1 平 成 25 年 12 月 国 際 課 税 原 則 の 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 見 直 し 税 制 調 査 会 国 際 課 税 ディスカッショングループ 国 際 課 税 原 則 の 総 合 主 義 から 帰 属 主 義 への 見 直 し 1. 見 直 しの 背 景 意 義 外 国 法 人 及 び 非 居 住 者 ( 以 下 外 国 法 人 等 という )に 対 する 課 税 原

More information

Microsoft Word - 2 答申概要.doc

Microsoft Word - 2 答申概要.doc 情 報 公 開 審 査 会 答 申 の 概 要 答 申 第 658 号 ( 諮 問 第 1119 号 ) 名 陳 述 書 の 法 的 性 格 について 記 載 した 文 書 等 の 不 開 示 ( 不 存 在 ) 決 定 に 関 する 不 開 示 決 定 ( 平 成 23 年 5 月 2 日 ) 原 処 分 本 開 示 請 求 は 教 育 委 員 会 に 対 するもので 本 請 求 対 象 文 書

More information

答申第585号

答申第585号 別 紙 諮 問 第 722 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 平 成 23 年 月 日 区 営 業 所 で 起 きた 物 損 事 故 に 関 する 全 ての 内 容 の 文 書 の 開 示 請 求 に 対 し 終 業 点 呼 記 録 簿 ほか7 件 を 対 象 公 文 書 として 特 定 し 一 部 開 示 と した 決 定 は 妥 当 である 2 審 査 請 求 の 内 容 (1) 審 査

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

しかし 主 に 欧 州 の 一 部 の 回 答 者 は 受 託 責 任 について 資 源 配 分 の 意 思 決 定 の 有 用 性 とは 独 立 の 財 務 報 告 の 目 的 とすべきであると 回 答 した 本 ED に 対 する ASBJ のコメント レターにおける 意 見 経 営 者 の 受

しかし 主 に 欧 州 の 一 部 の 回 答 者 は 受 託 責 任 について 資 源 配 分 の 意 思 決 定 の 有 用 性 とは 独 立 の 財 務 報 告 の 目 的 とすべきであると 回 答 した 本 ED に 対 する ASBJ のコメント レターにおける 意 見 経 営 者 の 受 第 337 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 (2)-3 2016 年 5 月 31 日 プロジェクト 項 目 概 念 フレームワーク 概 念 フレームワークの 見 直 しに 関 する IASB における 議 論 の 状 況 Ⅰ. 本 資 料 の 目 的 1. 2016 年 5 月 の 国 際 会 計 基 準 審 議 会 (IASB)ボード 会 議 では 公 開

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081694832302E36816A984A93AD8C5F96F1964082CC837C8343839383678140838A815B8374838C836283672E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081694832302E36816A984A93AD8C5F96F1964082CC837C8343839383678140838A815B8374838C836283672E707074> 労 働 契 約 法 のポイント 労 働 契 約 法 がスタート! ~ 平 成 20 年 3 月 施 行 ~ 就 業 形 態 が 多 様 化 し が 個 別 に 決 定 変 更 される ようになり 個 別 労 働 紛 争 が 増 えています この 紛 争 の 解 決 の 手 段 とし ては 裁 判 制 度 のほかに 平 成 13 年 から 個 別 労 働 紛 争 解 決 制 度 が 平 成 18 年

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第081号.doc

Microsoft Word - 19年度(行情)答申第081号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 19 年 4 月 18 日 ( 平 成 19 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 182 号 ) 答 申 日 : 平 成 19 年 6 月 1 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 81 号 ) 事 件 名 : 海 上 における 警 備 行 動 ( 領 水 内 潜 没 航 行 潜 水 艦 ) 等 の 経 過 概 要 及 び 所

More information

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73>

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73> 日 本 司 法 支 援 センター( 法 人 番 号 2011205001573)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 センターの 主 要 事 業 は 総 合 法 律 支 援 に 関 する 事 業 である 役

More information

t-149.xdw

t-149.xdw 諮 問 ( 個 人 ) 第 149 号 26 川 情 個 第 19 号 平 成 26 年 10 月 10 日 川 崎 市 長 福 田 紀 彦 様 川 崎 市 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 会 長 青 柳 幸 一 保 有 個 人 情 報 開 示 請 求 に 対 する 拒 否 処 分 に 係 る 異 議 申 立 てについて( 答 申 ) 平 成 25 年 8 月 26 日 付 け25

More information

適時開示などに関する東証規則改正

適時開示などに関する東証規則改正 Legal and Tax Report 適 時 開 示 などに 関 する 東 証 上 場 制 度 総 合 整 備 プログラム 東 証 規 則 改 正 2010 年 1 月 8 日 全 5 頁 制 度 調 査 部 横 山 淳 [ 要 約 ] 2009 年 12 月 22 日 東 証 は 上 場 制 度 整 備 の 実 行 計 画 2009( 速 やかに 実 施 する 事 項 ) に 基 づ く 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63> 土 木 部 建 築 設 計 及 び 工 事 監 理 等 委 託 業 務 成 績 評 定 要 領 の 運 用 ( 建 築 設 計 等 委 託 業 務 編 ) ( 評 定 の 方 法 ) 第 1 評 定 者 は 評 定 を 行 おうとする 業 務 ( 以 下 対 象 業 務 という )について 別 添 の 採 点 表 により 評 定 を 行 うものとし 評 価 項 目 評 価 の 視 点 及 び 評 価

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

2004年度第2回定期監査(学校)事情聴取事項

2004年度第2回定期監査(学校)事情聴取事項 写 10 町 監 第 75 号 の3 2010 年 7 月 29 日 請 求 人 様 町 田 市 監 査 委 員 小 西 弘 子 同 木 下 健 治 同 佐 藤 洋 子 同 藤 田 学 町 田 市 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 通 知 書 ( 町 田 市 職 員 措 置 請 求 について) 2010 年 6 月 2 日 付 けで 請 求 のあった 標 記 のことについて 地 方 自 治 法

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

Ⅰ 元 請 負 人 を 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 に 限 定 平 成 28 年 10 月 1 日 以 降 に 入 札 公 告 指 名 通 知 随 意 契 約 のための 見 積 依 頼 を 行 う 工 事 から 以 下 に 定 める 届 出 の 義 務 ( 以 下 届 出 義 務 と

Ⅰ 元 請 負 人 を 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 に 限 定 平 成 28 年 10 月 1 日 以 降 に 入 札 公 告 指 名 通 知 随 意 契 約 のための 見 積 依 頼 を 行 う 工 事 から 以 下 に 定 める 届 出 の 義 務 ( 以 下 届 出 義 務 と 平 成 28 年 5 月 30 日 市 発 注 工 事 における 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 について お 知 らせ 瀬 戸 内 市 契 約 管 財 課 建 設 業 の 持 続 的 な 発 展 に 必 要 な 人 材 の 確 保 等 の 観 点 から 市 発 注 工 事 におけ る 社 会 保 険 等 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ) 未 加 入 対

More information

住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 請 求 の 受 付 1 請 求 の 受 付 日 平 成 25 年 10 月 15 日 2 請 求 人 ( 省 略 ) 3 請 求 の 趣 旨 ( 原 文 のまま 掲 載 ) 請 求 の 要 旨 阿 波 町 大 道 北 54 番 地 1 と

住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 請 求 の 受 付 1 請 求 の 受 付 日 平 成 25 年 10 月 15 日 2 請 求 人 ( 省 略 ) 3 請 求 の 趣 旨 ( 原 文 のまま 掲 載 ) 請 求 の 要 旨 阿 波 町 大 道 北 54 番 地 1 と 阿 波 市 監 査 委 員 公 告 第 4 号 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 の 結 果 を 公 表 します 平 成 25 年 12 月 12 日 阿 波 市 監 査 委 員 上 原 正 一 阿 波 市 監 査 委 員 中 野 修 一 阿 波 市 監 査 委 員 原

More information

全設健発第     号

全設健発第     号 全 設 健 発 第 114 号 平 成 28 年 2 月 23 日 事 業 主 殿 全 国 設 計 事 務 所 健 康 保 険 組 合 理 事 長 石 井 純 公 印 省 略 健 康 保 険 法 の 改 正 の ご 案 内 等 に つ い て 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 当 健 康 保 険 組 合 の 運 営 につきましては 日 頃 よりご 協 力 いただき 厚

More information

(1) 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 業 者 の 確 認 方 法 等 受 注 者 から 提 出 される 施 工 体 制 台 帳 及 び 添 付 書 類 により 確 認 を 行 います (2) 違 反 した 受 注 者 へのペナルティー 違 反 した 受 注 者 に 対 しては 下 記 のペ

(1) 社 会 保 険 等 未 加 入 建 設 業 者 の 確 認 方 法 等 受 注 者 から 提 出 される 施 工 体 制 台 帳 及 び 添 付 書 類 により 確 認 を 行 います (2) 違 反 した 受 注 者 へのペナルティー 違 反 した 受 注 者 に 対 しては 下 記 のペ 井 原 市 発 注 工 事 における 一 次 下 請 人 の 社 会 保 険 等 加 入 建 設 業 者 の 限 定 について 平 成 27 年 9 月 28 日 井 原 市 では 建 設 業 の 持 続 的 な 発 展 に 必 要 な 人 材 の 確 保 等 の 観 点 から 井 原 市 発 注 工 事 における 社 会 保 険 等 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097988976918A94BD837D836C83578381839383678B4B92F62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097988976918A94BD837D836C83578381839383678B4B92F62E646F6378> 一 般 社 団 法 人 日 本 ジェネリック 医 薬 品 学 会 利 益 相 反 マネジメント 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 ジェネリック 医 薬 品 学 会 ( 以 下 本 学 会 と 略 す)は その 活 動 におい て 社 会 的 責 任 と 倫 理 性 が 求 められていることに 鑑 み 利 益 相 反 マネジメント 規 程 を 策 定 する その 目

More information

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案)

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案) 監 督 指 針 Ⅱ 保 険 監 督 上 の 評 価 項 目 Ⅱ-2-7 商 品 開 発 に 係 る 内 部 管 理 態 勢 Ⅱ-2-7-2 主 な 着 眼 点 (1)~(4) (5) 関 連 部 門 との 連 携 1~3 4 関 連 部 門 は 販 売 量 拡 大 や 収 益 追 及 を 重 視 する 例 えば 営 業 推 進 部 門 や 収 益 部 門 から 不 当 な 影 響 を 受 けることなく

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E D738FEE816A939A905C91E D862E646F63>

<4D F736F F D2095BD90AC E D738FEE816A939A905C91E D862E646F63> 諮 問 庁 : 国 土 交 通 大 臣 諮 問 日 : 平 成 20 年 6 月 16 日 ( 平 成 20 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 363 号 ) 答 申 日 : 平 成 21 年 4 月 8 日 ( 平 成 21 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 1 号 ) 事 件 名 : 引 継 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第 1 審 査 会 の 結 論 平 成 19

More information

. 負 担 調 整 措 置 8 (1) 宅 地 等 調 整 固 定 資 産 税 額 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 額 は 当 該 年 度 分 の 固 定 資 産 税 額 が 前 年 度 課 税 標 準 額 又 は 比 準 課 税 標 準 額 に 当 該 年 度 分 の 価 格 ( 住 宅

. 負 担 調 整 措 置 8 (1) 宅 地 等 調 整 固 定 資 産 税 額 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 額 は 当 該 年 度 分 の 固 定 資 産 税 額 が 前 年 度 課 税 標 準 額 又 は 比 準 課 税 標 準 額 に 当 該 年 度 分 の 価 格 ( 住 宅 035-8900-1095-15 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 負 担 調 整 措 置 及 び 情 報 開 示 並 びに 不 服 救 済 制 度 からの 出 題 であった 問 1の 負 担 調 整 措 置 については 解 答 しづらい 部 分 はあったが それ 以 外 の 部 分 は 解 答 しやすい 問 題 であ った

More information

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成 姫 監 公 表 第 1 号 平 成 2 5 年 1 月 2 5 日 姫 路 市 監 査 委 員 井 神 曉 同 小 林 茂 信 住 民 監 査 請 求 ( 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 につ い て ) に 係 る 監 査 の 結 果 に つ い て 平 成 24 年 11 月 30 日 に 受 付 し た 地 方 自 治 法 第 2 4 2 条 第 1 項

More information

Taro-1-14A記載例.jtd

Taro-1-14A記載例.jtd 募 集 株 式 の 発 行 ( 非 公 開 会 社 のうち 非 取 締 役 会 設 置 会 社 ) 受 付 番 号 票 貼 付 欄 株 式 会 社 変 更 登 記 申 請 書 1. 会 社 法 人 等 番 号 0000-00 - 000000 分 かる 場 合 に 記 載 してください 1. 商 号 1. 本 店 1. 登 記 の 事 由 商 事 株 式 会 社 県 市 町 丁 目 番 号 募 集

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 事 業 承 継 と 民 法 < 遺 留 分 > 相 続 までに 自 社 株 の 価 値 が 上 昇 すると 想 定 外 の 遺 留 分 の 主 張 を 受 けないか 心 配 だ 後 継 者 に 自 社 株 を 集 中 させたいが 相 続 紛 争 が 心 配 だ 民 法 の 遺 留 分 の 事 前 放 棄 は 利 用 しにくい 相 続 紛 争 や 自 社 株 式 の 分 散 を 防 止 でき 後 継

More information

( 2 ) 評 価 基 準 が 定 め る 市 街 化 区 域 農 地 の 評 価 方 法 市 街 化 区 域 農 地 ( 法 附 則 1 9 条 の 2 第 1 項 に 規 定 す る 市 街 化 区 域 農 地 を い う ) の 評 価 に つ い て 評 価 基 準 は 沿 接 す る 道

( 2 ) 評 価 基 準 が 定 め る 市 街 化 区 域 農 地 の 評 価 方 法 市 街 化 区 域 農 地 ( 法 附 則 1 9 条 の 2 第 1 項 に 規 定 す る 市 街 化 区 域 農 地 を い う ) の 評 価 に つ い て 評 価 基 準 は 沿 接 す る 道 File.18< 判 決 原 文 > 固 定 資 産 税 4 事 件 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 1 2 年 ( 行 ウ) 第 3 32 号 平 成 1 4 年 1 月 2 2 日 判 決 (TAINS 判 例 検 索 Z999-8099) 控 訴 審 : 東 京 高 裁 平 成 1 4 年 ( 行 コ) 第 4 4 号 平 成 1 6 年 5 月 27 日 判 決 (TAINS 判 例

More information

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果 平 成 7 年 度 検 査 結 果 について () 検 査 体 制 等 農 政 部 農 地 整 備 課 の 検 査 員 名 以 上 により 土 地 改 良 区 等 あたり 日 間 から 日 間 実 施 しました 農 業 振 興 事 務 所 の 土 地 改 良 区 指 導 担 当 職 員 及 び 関 係 市 町 職 員 が 立 会 いました () 検 査 件 数 定 期 検 査 8( 土 地 改 良

More information

職務発明等の申請に関する手続要領について(通達)

職務発明等の申請に関する手続要領について(通達) 装 技 振 第 31 号 27.10.1 防 衛 大 学 校 教 務 部 長 防 衛 医 科 大 学 校 教 務 部 長 防 衛 研 究 所 企 画 部 長 統 合 幕 僚 監 部 総 務 部 長 陸 上 幕 僚 監 部 装 備 計 画 部 長 海 上 幕 僚 監 部 装 備 計 画 部 長 航 空 幕 僚 監 部 装 備 計 画 部 長 情 報 本 部 総 務 部 長 防 衛 装 備 庁 長 官

More information

指 定 ( 又 は 選 択 ) 官 庁 PCT 出 願 人 の 手 引 - 国 内 段 階 - 国 内 編 - インド 特 許 庁 国 内 段 階 に 入 るための 要 件 の 概 要 3 頁 概 要 国 内 段 階 に 入 るための 期 間 PCT 第 22 条 (3)に 基 づく 期 間 : 優

指 定 ( 又 は 選 択 ) 官 庁 PCT 出 願 人 の 手 引 - 国 内 段 階 - 国 内 編 - インド 特 許 庁 国 内 段 階 に 入 るための 要 件 の 概 要 3 頁 概 要 国 内 段 階 に 入 るための 期 間 PCT 第 22 条 (3)に 基 づく 期 間 : 優 PCT 出 願 人 の 手 引 - 国 内 段 階 - 国 内 編 - 1 頁 インド 特 許 庁 ( 指 定 官 庁 又 は 選 択 官 庁 ) 国 内 段 階 - 概 要 目 次 国 内 段 階 の 手 続 附 属 書 手 数 料 附 属 書.Ⅰ 特 許 付 与 願 書 (Form 1) 附 属 書.Ⅱ 仮 / 完 全 明 細 書 (Form 2) 附 属 書.Ⅲ 第 8 条 に 基 づく 陳

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

6. 概 要 コメント 本 法 は 社 会 保 険 関 係 を 規 範 化 し 公 民 の 社 会 保 険 への 参 加 社 会 保 険 待 遇 を 享 受 す る 権 益 を 保 護 し 公 民 に 国 家 発 展 の 成 果 を 共 同 で 享 受 させ 社 会 の 調 和 と 安 定 を 促

6. 概 要 コメント 本 法 は 社 会 保 険 関 係 を 規 範 化 し 公 民 の 社 会 保 険 への 参 加 社 会 保 険 待 遇 を 享 受 す る 権 益 を 保 護 し 公 民 に 国 家 発 展 の 成 果 を 共 同 で 享 受 させ 社 会 の 調 和 と 安 定 を 促 20101129-1 中 国 法 令 調 査 報 告 書 社 会 保 険 法 報 告 日 :2010 年 11 月 29 日 管 理 番 号 :20101129-1 今 回 のご 報 告 のポイント 本 法 は 社 会 保 険 制 度 ( 養 老 保 険 医 療 保 険 労 災 保 険 失 業 保 険 生 育 保 険 )に ついて 定 めるものである これまで 外 国 籍 従 業 員 については 社

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

法 令 の 遵 守 自 助 努 力 原 議 保 存 期 間 1 0 年 ( 平 成 3 4 年 1 2 月 3 1 日 まで) 各 管 区 警 察 局 広 域 調 整 担 当 部 長 警 察 庁 丁 保 発 第 1 0 2 号 警 察 庁 生 活 安 全 局 保 安 課 長 各 道 府 県 警 察

法 令 の 遵 守 自 助 努 力 原 議 保 存 期 間 1 0 年 ( 平 成 3 4 年 1 2 月 3 1 日 まで) 各 管 区 警 察 局 広 域 調 整 担 当 部 長 警 察 庁 丁 保 発 第 1 0 2 号 警 察 庁 生 活 安 全 局 保 安 課 長 各 道 府 県 警 察 提 案 書 株 式 会 社 P S 検 査 機 構 法 令 の 遵 守 自 助 努 力 原 議 保 存 期 間 1 0 年 ( 平 成 3 4 年 1 2 月 3 1 日 まで) 各 管 区 警 察 局 広 域 調 整 担 当 部 長 警 察 庁 丁 保 発 第 1 0 2 号 警 察 庁 生 活 安 全 局 保 安 課 長 各 道 府 県 警 察 ( 方 面 ) 本 部 長 殿 警 視 庁 生 活

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20342E92868D9181408371836788E293608E718E918CB982CC8AC7979D82C98AD682B782E98C6F89DF915B92752E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20342E92868D9181408371836788E293608E718E918CB982CC8AC7979D82C98AD682B782E98C6F89DF915B92752E646F6378> ヒト 遺 伝 子 資 源 の 管 理 に 関 する 経 過 措 置 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 の 承 認 のもとに 国 務 院 弁 公 庁 ( 事 務 局 )が1998 年 6 月 10 日 に 施 行 科 学 技 術 部 および 衛 生 部 中 華 人 民 共 和 国 第 1 章 総 則 第 1 条 ヒト 遺 伝 子 資 源 の 管 理 に 関 する 経 過 措 置 ( 以 後 経

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ 求 償 権 の 管 理 回 収 に 関 する 事 例 研 究 (その2) - 平 成 23 年 度 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 から- 農 業 第 二 部 前 号 に 引 き 続 き 昨 年 9 月 に 開 催 された 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 で 求 償 権 の 管 理 回 収 事 例 研 究 として 掲 げられたテーマから4つの 事 例 について

More information

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80>

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80> 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 調 理 室 改 修 設 計 施 工 プロポーザル( 公 募 型 ) 実 施 要 項 平 成 23 年 8 月 飛 騨 市 -1- 1 目 的 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 は 平 成 24 年 度 より 指 定 管 理 者 制 度 を 導 入 する 予 定 です 給 食 については 現 在 3 歳 未 満 児 ( 以 下 未 満 児 という )を 含 め 外

More information

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 企 画 競 争 に 係 る 募 集 公 告 平 成 25 年 12 月 16 日 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 契 約 事 務 責 任 者 理 事 馬 場 一 洋 平 成 25 年 度 消 費 税 確 定 申 告 に 係 る 事 前 準 備 ( 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 等 ) 及 び 確 定 申 告 書 作 成 等 委 託 業 務 に 係 る 企 画 競 争

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030332D31208EC096B18F438F4B8E7793B1834B8343836883898343839381698267825182558144825789FC92F9814594BD896694C5816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030332D31208EC096B18F438F4B8E7793B1834B8343836883898343839381698267825182558144825789FC92F9814594BD896694C5816A2E646F6378> 1 343 344 2 3 345 346 - 1-347 348-2 - - 3-349 350 分 野 別 実 務 修 習 のガイドライン 1 検 察 の 分 野 別 実 務 修 習 における 指 導 目 標 指 導 方 法 司 法 修 習 においては, 法 曹 として 活 動 を 開 始 するに 当 たり 必 要 な 事 実 調 査 能 力, 法 的 分 析 能 力, 事 実 認 定 能 力,

More information

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領 スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 本 要 領 は スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 を 委 託 する 事 業 者 を 選 定 するに 当 たり 公 募 型 プロポーザルの 実 施 方 法 等 必 要 な 事 項 を 定 めるものである 1 業 務 の 概 要 (1)

More information

長 は10 年 ) にすべきことを 求 める ⑸ 改 善 意 見 として 事 務 引 継 書 にかかる 個 別 フォルダーの 表 示 について 例 えば 服 務 休 暇 全 般 ( 事 務 引 継 書 を 含 む) といったように 又 は 独 立 した 個 別 フォルダーとして 説 明 を 加 え

長 は10 年 ) にすべきことを 求 める ⑸ 改 善 意 見 として 事 務 引 継 書 にかかる 個 別 フォルダーの 表 示 について 例 えば 服 務 休 暇 全 般 ( 事 務 引 継 書 を 含 む) といったように 又 は 独 立 した 個 別 フォルダーとして 説 明 を 加 え さ 情 審 査 答 申 第 56 号 平 成 20 年 7 月 11 日 さいたま 市 長 相 川 宗 一 様 さいたま 市 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 会 長 小 池 保 夫 答 申 書 平 成 19 年 11 月 14 日 付 けで 貴 職 から 受 けた 課 長 以 上 の 職 にある 者 ( 服 務 規 程 12 条 )で6~ 本 ( 2005 年 度 人 事 異 動

More information

公募

公募 木 製 品 試 作 販 売 システム 等 構 築 可 能 性 調 査 委 託 業 務 の 公 募 型 プロポーザル 方 式 実 施 要 領 1. 目 的 厚 真 町 における 林 産 業 は 造 林 保 育 及 び 造 材 等 の 森 林 整 備 を 行 う 事 業 体 や 木 炭 製 造 業 等 が 成 立 している 一 方 で 加 工 する 施 設 は 小 規 模 な 製 材 工 場 が1 軒

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information

ができます 4. 対 象 取 引 の 範 囲 第 1 項 のポイント 付 与 の 具 体 的 な 条 件 対 象 取 引 自 体 の 条 件 は 各 加 盟 店 が 定 めます 5.ポイントサービスの 利 用 終 了 その 他 いかなる 理 由 によっても 付 与 されたポイントを 換 金 すること

ができます 4. 対 象 取 引 の 範 囲 第 1 項 のポイント 付 与 の 具 体 的 な 条 件 対 象 取 引 自 体 の 条 件 は 各 加 盟 店 が 定 めます 5.ポイントサービスの 利 用 終 了 その 他 いかなる 理 由 によっても 付 与 されたポイントを 換 金 すること 大 好 きポイント コンサドーレ 札 幌 サービス 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 1. 本 規 約 は フェリカポケットマーケティング 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 )が 発 行 する 大 好 きコンサドーレ 札 幌 WAON カ ード 及 びポイントサービスの 利 用 条 件 について 定 めます 2. 利 用 者 が 大 好 きコンサドーレ 札 幌 WAON カードの 利 用

More information

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領

平成27年度大学改革推進等補助金(大学改革推進事業)交付申請書等作成・提出要領 平 成 7 年 度 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 交 付 申 請 書 等 作 成 提 出 要 領 交 付 申 請 等 に 当 たっては 大 学 改 革 推 進 等 補 助 金 ( 大 学 改 革 推 進 事 業 ) 取 扱 要 領 ( 以 下 取 扱 要 領 という ) も 参 照 の 上 以 下 の 関 係 書 類 を 作 成 し 各 大 学 短

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

中国会社法の改正が外商投資企業に与える影響(2)

中国会社法の改正が外商投資企業に与える影響(2) 中 国 ビジネス ローの 最 新 実 務 Q&A 第 74 回 中 国 会 社 法 の 改 正 が 外 商 投 資 企 業 に 与 える 影 響 (2) 黒 田 法 律 事 務 所 萱 野 純 子 藤 田 大 樹 前 稿 から2006 年 1 月 1 日 より 施 行 されている 中 国 の 改 正 会 社 法 ( 以 下 新 会 社 法 とい う)について 検 討 している 2 回 目 となる 今

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

固定資産評価審査申出とは

固定資産評価審査申出とは H28.4 伊 那 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 1 固 定 資 産 評 価 審 査 申 出 とは 固 定 資 産 税 の 納 税 者 は 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 価 格 に 不 服 がある 場 合 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 に 審 査 の 申 出 ( 以 下 審 査 申 出 といいます )ができます 固 定 資 産 評 価 審 査 委

More information

号 証

号 証 平 成 23 年 (ワ) 第 32660 号 独 占 禁 止 法 第 24 条 に 基 づく 差 止 請 求 事 件 (NTT 東 西 による FTTH サービス 参 入 妨 害 差 止 事 件 ) 原 告 被 告 ソフトバンクテレコム ソフトバンク BB 東 日 本 電 信 電 話 西 日 本 電 信 電 話 第 5 準 備 書 面 平 成 24 年 11 月 1 日 東 京 地 方 裁 判 所

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information