判例からみる中国における補正の制限について

Size: px
Start display at page:

Download "判例からみる中国における補正の制限について"

Transcription

1 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33 条 には 特 許 及 び 実 用 新 案 の 出 願 書 類 に 対 する 補 正 は 元 の 明 細 書 及 び 請 求 項 に 記 載 された 範 囲 を 超 えてはならないと 規 定 している 1) この 規 定 に 反 する 場 合 実 施 細 則 第 53 条 の 規 定 によって 拒 絶 査 定 が 下 される 2) また 特 許 法 第 33 条 に 違 反 した 補 正 を 行 って 付 与 された 特 許 権 について 実 施 細 則 第 65 条 の 規 定 に 基 づき 無 効 審 判 を 請 求 することができる 3) 特 許 出 願 においては 審 査 の 段 階 において 審 査 官 が 指 摘 した 問 題 について 請 求 項 明 細 書 などの 出 願 書 類 を 補 正 して 回 避 することができる ただし 上 述 したように 特 許 法 第 33 条 の 規 定 に 基 づき この 補 正 は 出 願 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 範 囲 を 超 えては ならない 出 願 当 初 の 明 細 書 および 請 求 項 の 記 載 範 囲 の 文 言 とは かならずしも 明 確 ではないため 実 務 上 特 許 法 第 33 条 の 規 定 について さらに 審 査 指 南 の 中 でより 詳 細 な 規 定 がされて いる 4) 即 ち 出 願 当 初 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 範 囲 は 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 の 文 言 記 載 の 内 容 及 び 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 の 文 言 記 載 内 容 並 びに 明 細 書 に 付 随 する 図 面 から 直 接 的 一 義 的 に 特 定 される 内 容 を 含 む 審 査 指 南 のこの 規 定 に 定 められた 範 囲 を 超 えて 行 わ れた 補 正 は 特 許 法 第 33 条 違 反 いわゆる 新 規 事 項 追 加 との 理 由 で 却 下 される これまで 中 国 知 識 産 権 局 特 許 審 査 部 門 は 審 査 実 務 において 補 正 の 範 囲 を 厳 格 に 制 限 してきた そのため 出 願 人 が 意 図 した 補 正 が 新 規 事 項 追 加 を 理 由 に 却 下 され 想 定 した 権 利 範 囲 を 取 得 できないという 問 題 が 多 く 生 じていた 特 に 他 国 の 審 査 段 階 において 認 められた 補 正 を 中 国 の 審 査 官 が 認 めず 新 規 事 項 追 加 の 壁 を 容 易 に 乗 越 えられない との 思 いを 中 国 特 許 実 務 を 行 う 関 係 者 はしばしば 感 じていた また 実 務 において 自 分 が 行 った 補 正 を 新 規 事 項 追 加 とした 審 査 官 の 判 定 に 承 服 でき ず 拒 絶 査 定 不 服 審 判 及 び 更 なる 救 済 手 続 に 訴 えた 事 例 があるが その 中 には 審 査 官 が 行 った 新 規 事 項 追 加 との 認 定 を 覆 して 補 正 を 認 めるべきであるとの 判 断 が 下 された 事 例 も 幾 つかあった 1

2 本 稿 は 一 昨 年 末 に 中 国 最 高 人 民 法 院 が 再 審 の 末 に 行 政 裁 定 書 を 発 して 事 件 の 終 結 を 図 った 案 例 を 紹 介 するとともに 特 許 の 権 利 化 の 過 程 で 行 われた 補 正 に 対 して 新 規 事 項 追 加 に 該 当 するか 否 かに 関 し 最 高 人 民 法 院 が 下 した 判 断 を 分 析 し 今 後 の 特 許 権 利 化 実 務 にお いて 補 正 の 内 容 を 検 討 する 際 に 参 酌 できる 判 断 基 準 を 提 供 することを 目 的 とする 1. 事 件 の 概 要 上 述 した 行 政 裁 定 書 は 中 国 の 最 高 人 民 法 院 が 行 った 行 政 事 件 に 関 する 再 審 事 件 に 対 す る 判 断 を 示 した 司 法 文 書 であり 2011 年 12 月 25 日 に 最 高 人 民 法 院 によって 発 布 された 行 政 裁 定 書 であった 事 件 に 関 わった 特 許 は 中 国 知 識 産 権 局 によって 審 査 を 経 て 権 利 付 与 された 特 許 第 号 ( 以 下 本 件 特 許 とする )としての インクジェットカートリッジに 関 する 特 許 である 本 件 特 許 権 は 1999 年 5 月 18 日 に 出 願 された 特 許 出 願 第 号 ( 親 出 願 )の 分 割 出 願 であり 2004 年 6 月 23 日 に 権 利 付 与 公 告 がされた なお 当 該 特 許 出 願 の 親 出 願 である 第 号 は 国 際 出 願 PCT/JP99/02579 の 中 国 移 行 出 願 で ある 当 該 特 許 権 に 対 して 2006 年 1 月 17 日 に 無 効 審 判 が 請 求 され 請 求 人 は 本 件 特 許 が 新 規 性 不 備 進 歩 性 不 備 並 びに 補 正 要 件 不 備 であることを 理 由 に 特 許 権 をすべて 無 効 にすることを 請 求 した 本 件 特 許 の 権 利 人 ( 以 下 特 許 権 者 とする )は 無 効 審 判 の 5) 請 求 に 対 して 補 正 書 と 意 見 陳 述 書 を 提 出 し 権 利 の 維 持 をはかった 復 審 委 員 会 は 口 頭 審 理 を 経 て 特 許 権 者 が 権 利 化 をはかった 過 程 で 請 求 項 に 対 して 行 った 補 正 が 特 許 法 第 33 条 の 規 定 に 違 反 した 即 ち 新 規 事 項 追 加 に 該 当 したとして 特 許 権 をすべて 無 効 にするとの 審 決 を 下 した 6) 本 件 特 許 権 者 は 復 審 委 員 会 の 審 決 を 不 服 として 北 京 市 第 一 中 級 人 民 法 院 に 審 決 取 消 訴 訟 を 提 起 した 北 京 市 第 一 中 級 人 民 法 院 は 本 件 特 許 の 出 願 段 階 において 出 願 人 が 行 った 補 正 が 特 許 法 第 33 条 違 反 に 該 当 するか 否 かを 中 心 に 審 理 を 行 った 末 復 審 委 員 会 が 下 した 第 号 決 定 を 維 持 すべきとする 一 審 判 決 を 下 した 7) 本 件 特 許 権 者 は 一 審 判 決 を 不 服 として 一 審 判 決 の 取 消 しを 求 めて 北 京 市 高 級 人 民 法 院 に 上 訴 した 北 京 市 高 級 人 民 法 院 は 上 訴 人 の 訴 えを 一 部 分 認 め 一 審 判 決 及 び 復 審 委 員 会 の 審 決 に 部 分 的 な 事 実 認 定 の 誤 りがあったとして 一 審 判 決 及 び 復 審 委 員 会 の 審 決 を 取 消 すととも に 復 審 委 員 会 が 本 件 特 許 の 無 効 審 判 請 求 について 再 審 理 するよう 命 じた 二 審 判 決 を 下 し た 8) 中 国 の 司 法 制 度 では 二 審 終 審 制 をとっており 上 述 した 北 京 市 高 級 人 民 法 院 の 二 審 判 決 が 最 終 決 定 となるはずであった しかし 一 部 分 の 特 殊 事 件 については 当 事 者 の 請 求 2

3 に 基 づき 最 高 人 民 法 院 が 事 件 の 再 審 理 いわゆる 再 審 を 行 うことが 法 律 によって 認 めら れている 本 件 事 件 の 無 効 審 判 請 求 人 らは 北 京 市 高 級 人 民 法 院 の 二 審 判 決 に 事 実 認 定 の 誤 りがあり 法 律 の 適 用 を 誤 ったとして 最 高 人 民 法 院 に 事 件 の 再 審 を 請 求 した そして 最 高 人 民 法 院 は 請 求 に 応 じて 再 審 の 審 理 を 行 った 結 果 再 審 請 求 人 の 一 部 分 の 請 求 理 由 を 認 めつつも 本 件 出 願 に 対 して 行 われた 補 正 が 新 規 事 項 追 加 に 該 当 せず 特 許 法 第 33 条 に 反 していないとの 二 審 判 決 の 結 論 が 正 しいと 認 め 再 審 の 請 求 を 棄 却 する 行 政 裁 定 書 を 発 した 9) これによって 本 件 再 審 事 件 が 終 結 するとともに 最 高 人 民 法 院 は 特 許 の 権 利 化 の 段 階 で 行 われた 補 正 について 特 許 法 第 33 条 をどのように 適 用 すべきかについて 一 つの 判 断 基 準 を 世 に 示 した 2. 本 件 の 争 点 について 本 件 訴 訟 事 件 は 特 許 権 を 無 効 にすべきか 否 かについて 復 審 委 員 会 で 行 われた 審 決 を 巡 った 行 政 訴 訟 事 件 であり 特 許 権 者 無 効 審 判 請 求 人 復 審 委 員 会 を 含 むそれぞれの 当 事 者 が 一 連 の 訴 訟 においてそれぞれの 観 点 を 主 張 しあっていたが その 最 大 の 争 点 は 本 件 特 許 の 権 利 化 の 過 程 において 出 願 人 ( 即 ち 後 の 特 許 権 者 )が 出 願 書 類 に 対 して 行 った 補 正 が 特 許 法 第 33 条 の 規 定 に 適 合 するか 否 か 即 ち その 補 正 が 新 規 事 項 追 加 に 該 当 す るか 否 かの 判 断 だった 3. 本 件 紛 争 の 詳 細 な 経 緯 公 開 公 報 によると 本 件 特 許 出 願 時 の 請 求 項 1は 次 の 通 りになっている 公 開 時 の 請 求 項 1 インク 針 を 介 してインクジェットプリント 装 置 のプリントヘッドにインクを 供 給 する インクカートリッジであって インクを 収 容 するインク 室 を 限 定 し 底 壁 と 一 方 の 縁 が 上 記 底 壁 と 交 合 する 第 1の 壁 と 一 方 の 縁 が 上 記 底 壁 と 交 合 し かつ 上 記 第 1の 壁 と 対 向 して 定 位 される 第 2の 壁 を 含 むケースと インクジェットプリント 装 置 のインク 供 給 針 が 挿 入 され 上 記 底 壁 に 形 成 され 上 記 第 2の 壁 よりもさらに 上 記 ケースの 上 記 第 1の 壁 に 近 く 位 置 するインク 供 給 口 と 上 記 インクジェットプリント 装 置 の 一 部 分 とかみ 合 い 上 記 第 1の 壁 に 形 成 され 上 記 第 2の 壁 を 離 れる 方 向 に 伸 びる 懸 垂 体 とを 有 するインクカー トリッジ 3

4 なお 審 査 の 段 階 において 上 記 請 求 項 に 補 正 が 施 され 特 許 公 報 によると 権 利 付 与 時 の 請 求 項 1は 次 の 通 りになっている 登 録 時 の 請 求 項 1 インクジェットプリント 装 置 のホルダに 装 着 され インク 供 給 針 を 介 してインクジェッ トプリント 装 置 のインクヘッドにインクを 供 給 するインクカートリッジであって 複 数 の 外 壁 と 上 記 複 数 の 壁 の 第 1の 壁 に 形 成 され 上 記 インク 供 給 針 を 収 納 するイン ク 供 給 口 と 上 記 インクカートリッジに 保 持 され インクに 関 する 情 報 を 記 憶 する 記 憶 装 置 と 上 記 複 数 の 壁 のうちの 第 1の 壁 に 交 差 する 上 記 第 2の 壁 に 取 り 付 けられ 上 記 イン ク 供 給 口 の 中 心 線 に 位 置 する 回 路 基 板 と 上 記 回 路 基 板 の 露 出 面 の 表 面 に 形 成 され 上 記 記 憶 装 置 をインクジェットプリント 装 置 に 接 続 するのに 用 いられ 列 を 成 す 複 数 の 接 点 と を 有 するインクカートリッジ なお 請 求 項 1によって 特 定 されたインクカートリッジは 図 1( 出 願 書 類 の 図 6)に 示 している 図 1 請 求 項 1にかかるインクカートリッジ 4

5 本 件 特 許 に 対 して 無 効 審 判 を 請 求 した 請 求 人 は 補 正 によって 追 加 された 記 憶 装 置 が 出 願 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 に 記 載 されておらず 新 規 事 項 追 加 に 該 当 するとして 本 件 特 許 を 無 効 にすべきであると 主 張 した 無 効 審 判 の 手 続 において 審 判 廷 は 本 件 特 許 請 求 項 1にある 記 憶 装 置 ( 図 1にお ける 回 路 基 板 31に 取 り 付 けられている)は 審 査 の 段 階 で 補 正 によって 追 加 されたもの であると 認 定 し さらに 本 件 出 願 の 親 出 願 である CN またはそのもととなる 国 際 出 願 PCT/JP99/02579 の 明 細 書 及 び 請 求 項 には 記 憶 装 置 の 記 載 がなく 半 導 体 記 憶 装 置 の 文 言 記 載 があるのみであると 認 定 した このため 補 正 によって 追 加 され た 記 憶 装 置 という 構 成 要 件 が 新 規 事 項 に 該 当 するか 否 かは 出 願 当 初 の 明 細 書 に 記 載 されている 半 導 体 記 憶 装 置 に 基 づき 当 業 者 が 直 接 的 一 義 的 に 記 憶 装 置 の 構 成 要 件 を 導 き 出 せるか 否 かの 判 断 に 帰 すると 審 判 廷 は 指 摘 した 即 ち 当 業 者 にとって 登 録 特 許 の 請 求 項 1に 記 載 されている 記 憶 装 置 の 構 成 要 件 を 出 願 当 初 の 明 細 書 に 記 載 されている 半 導 体 記 憶 装 置 から 疑 義 なく 一 義 的 に 導 き 出 せるか 否 かにかかることに なる 特 許 権 者 は 請 求 項 1に 対 して 施 した 補 正 は 出 願 当 初 の 明 細 書 の 記 載 内 容 及 び 図 面 に 基 づいて 行 われ 出 願 当 初 の 明 細 書 の 記 載 内 容 を 超 えていないため 新 規 事 項 追 加 に 該 当 しないと 主 張 した 復 審 委 員 会 審 判 廷 は 明 細 書 に 記 載 されている 半 導 体 記 憶 装 置 に 基 づき 請 求 項 1 に 記 憶 装 置 を 追 加 する 補 正 は 新 規 事 項 追 加 に 該 当 すると 認 定 した 具 体 的 には 記 憶 装 置 には 半 導 体 記 憶 装 置 を 含 むほか 他 の 種 類 の 記 憶 装 置 も 含 むと 解 すべきとし 明 細 書 の 記 載 内 容 からすると 本 発 明 はインクカートリッジに 使 用 されている 半 導 体 記 憶 装 置 について 行 われ 出 願 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 にはその 他 の 種 類 の 記 憶 装 置 まで 言 及 し ておらず 記 載 内 容 から 直 接 的 一 義 的 に 本 発 明 のインクカートリッジに 他 の 種 類 の 記 憶 装 置 が 取 り 付 けられているとは 導 き 出 せない 従 って 請 求 項 に 記 載 の 記 憶 装 置 は 何 の 疑 いもなく 明 細 書 に 記 載 されている 半 導 体 記 憶 装 置 と 同 一 のものであると 解 する ことができず 当 業 者 は 出 願 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 に 記 載 されている 半 導 体 記 憶 装 置 から 一 義 的 に 記 憶 装 置 を 特 定 することができず 同 様 に 請 求 項 に 記 載 の 記 憶 装 置 は 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 に 記 載 されている 半 導 体 記 憶 装 置 から 一 義 的 に 特 定 することができない とした よって 審 判 廷 は 審 理 の 末 本 件 特 許 権 者 が 審 査 の 段 階 に 半 導 体 記 憶 装 置 から 記 憶 装 置 にした 補 正 は 出 願 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 範 囲 を 超 えて 新 規 事 項 追 加 に 該 当 するため 特 許 法 第 33 条 の 規 定 に 反 し 無 効 とすべきと 認 めた そして 復 審 委 員 会 は 本 件 特 許 を 無 効 にすべきとする 第 号 決 定 を 下 した 本 件 特 許 権 者 は 復 審 委 員 会 第 号 決 定 を 不 服 として 北 京 市 第 一 中 級 人 民 法 院 に 5

6 審 決 の 取 消 しを 求 める 行 政 訴 訟 を 提 起 した 北 京 市 第 一 中 級 人 民 法 院 は 審 理 の 末 復 審 委 員 会 が 行 った 半 導 体 記 憶 装 置 から 記 憶 装 置 にした 補 正 が 新 規 事 項 追 加 に 該 当 するという 認 定 は 妥 当 であると 認 め 復 審 委 員 会 の 第 号 決 定 を 維 持 する 一 審 判 決 を 下 した 本 件 特 許 権 者 は 北 京 市 第 一 中 級 人 民 法 院 の 一 審 判 決 を 不 服 とし 一 審 判 決 及 び 復 審 委 員 会 の 無 効 審 決 の 取 消 しを 求 めて 北 京 市 高 級 人 民 法 院 に 上 訴 した 北 京 市 高 級 人 民 法 院 は 審 理 を 経 て 一 審 裁 判 において 北 京 市 第 一 中 級 人 民 法 院 が 認 定 した 事 実 に 誤 りがない と 認 めた また 審 査 段 階 において 拒 絶 理 由 通 知 に 対 して 出 願 人 が 請 求 項 1に 対 して 行 った 補 正 が 新 規 事 項 追 加 に 該 当 すると 審 査 官 が 指 摘 した 事 実 も 判 明 した さらに この 指 摘 に 対 して 出 願 人 が 意 見 陳 述 書 において 請 求 項 1に 記 載 の 記 憶 装 置 が 明 細 書 及 び 図 面 に 記 載 されている 半 導 体 記 憶 装 置 に 該 当 すると 主 張 したことも 判 明 した 北 京 市 高 級 人 民 法 院 は 補 正 が 新 規 事 項 追 加 に 該 当 するか 否 かの 判 断 基 準 は その 補 正 が 出 願 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 範 囲 を 超 えたか 否 か さらに 出 願 当 初 の 開 示 範 囲 を 超 えたか 否 かにある 即 ち 当 業 者 が 出 願 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 内 容 から 疑 義 なしに 補 正 した 内 容 を 特 定 できるかどうかにかかる さらに 新 規 事 項 追 加 に 該 当 するか 否 かを 判 断 する 場 合 補 正 後 の 技 術 内 容 が 新 しい 技 術 内 容 を 構 成 するか 否 かをも 判 断 すべきである また 出 願 人 が 権 利 化 の 段 階 で 行 った 意 見 陳 述 は 新 規 事 項 追 加 にあたるか 否 かを 判 断 する 際 に 参 考 に することができるが 当 該 意 見 陳 述 は 新 規 事 項 追 加 の 唯 一 の 判 断 基 準 にするべきではな い と 指 摘 した 本 件 特 許 の 権 利 化 の 中 で 半 導 体 記 憶 装 置 から 記 憶 装 置 にした 補 正 について 北 京 市 高 級 人 民 法 院 は 次 のように 認 定 した 技 術 用 語 及 び 特 徴 についての 理 解 は 当 該 技 術 分 野 の 技 術 者 いわゆる 当 業 者 の 視 点 か ら 当 該 技 術 用 語 または 特 徴 が 用 いられる 特 定 の 言 語 環 境 までを 考 慮 すべきである 本 件 特 許 において 請 求 項 1にある 記 憶 装 置 は 審 査 の 段 階 において 補 正 により 追 加 された 当 初 の 請 求 項 には 半 導 体 記 憶 装 置 及 び 記 憶 装 置 の 記 載 があった 本 発 明 の 背 景 技 術 の 説 明 には インクカートリッジに 半 導 体 記 憶 装 置 及 び 当 該 記 憶 装 置 に 接 続 する 電 極 を 取 り 付 ける と 記 載 されている これらを 除 き 当 初 の 明 細 書 の 他 の 部 分 にはすべて 半 導 体 記 憶 装 置 を 用 いて 記 載 されている 当 業 者 は 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 から 出 願 人 が 半 導 体 記 憶 装 置 の 意 味 をもって 記 憶 装 置 を 用 いていることを 疑 いなく 特 定 できる さらに 補 正 前 補 正 後 の 何 れかの 技 術 内 容 において 記 憶 装 置 は 半 導 体 記 憶 装 置 の 意 味 をもって 使 用 され 新 しい 技 術 内 容 を 形 成 しておらず 当 業 者 が 新 しい 技 術 内 容 と 解 することはなかったはずである また 出 願 人 は 審 査 段 階 の 意 見 陳 述 書 中 で 記 憶 装 置 が 図 面 に 示 している 半 導 体 記 憶 装 置 を 指 すと 認 めている 6

7 補 正 が 新 規 事 項 追 加 に 該 当 するか 否 かを 判 断 するのは 当 該 技 術 分 野 の 技 術 者 であり 当 該 技 術 分 野 において 専 門 知 識 を 持 つ 普 通 の 技 術 者 いわゆる 当 業 者 であり 当 該 技 術 分 野 の 技 術 内 容 を 理 解 する 能 力 を 持 つ 者 とすべきである 記 憶 装 置 の 用 語 は 半 導 体 記 憶 装 置 のほかに 他 種 類 の 記 憶 装 置 までも 包 含 するものと 考 えるべきであるが 本 件 発 明 の 技 術 分 野 であるプリント 装 置 のインクカートリッジにおいて 背 景 技 術 の 説 明 にこれを 半 導 体 記 憶 装 置 と 明 確 に 特 定 した 前 提 からすれば 当 業 者 はこの 用 語 を 上 位 概 念 の 記 憶 装 置 に 理 解 することはない これに 基 づき 北 京 市 高 級 人 民 法 院 は 出 願 人 が 行 った 補 正 が 新 規 事 項 追 加 に 該 当 せず 復 審 委 員 会 が 再 審 査 を 行 い 審 決 を 出 し 直 すべきであると 認 定 した よって 北 京 市 高 級 人 民 法 院 は 一 審 判 決 及 び 復 審 委 員 会 の 決 定 には 事 実 認 定 及 び 法 律 の 適 用 に 誤 りがあるか ら 取 消 されるべきであるとした 上 で 復 審 委 員 会 が 本 件 特 許 の 無 効 審 判 請 求 について 改 めて 審 査 し 決 定 を 出 し 直 すべきであるとする 二 審 判 決 を 下 した 中 国 の 法 制 度 は 二 審 結 審 となり 特 許 権 の 有 効 性 を 巡 る 本 件 紛 争 事 件 は 北 京 市 高 級 人 民 法 院 が 二 審 判 決 を 下 した 時 点 で 終 結 したはずだったが 特 例 として 結 審 となった 事 件 について 最 高 人 民 法 院 に 事 件 の 再 審 理 を 求 める 当 事 者 の 訴 えに 応 じて あるいは 最 高 人 民 法 院 が 自 らの 判 断 において 結 審 した 事 件 を 見 直 すことが 可 能 である これは いわゆ る 再 審 事 件 である 本 件 紛 争 事 件 の 当 事 者 のうち 無 効 審 判 の 請 求 人 は 二 審 判 決 におい て 事 実 認 定 及 び 法 律 の 適 用 に 誤 りがあったとして 二 審 判 決 の 取 消 しを 求 めて 最 高 人 民 法 院 に 再 審 を 求 めた そして 最 高 人 民 法 院 は 再 審 の 請 求 について 請 求 人 の 主 張 及 び 被 請 求 人 の 答 弁 内 容 を 調 べた 上 で 改 めて 事 実 認 定 を 行 った まず 請 求 項 1にある 記 憶 装 置 の 構 成 要 件 は 分 割 出 願 の 時 点 で 出 願 人 によって 自 発 補 正 の 形 で 追 加 されたものであり 特 許 審 査 の 段 階 で 審 査 官 の 求 めに 応 じて 補 正 したも のではないことが 判 明 した そして 最 高 人 民 法 院 は 本 件 紛 争 案 件 の 争 点 は 記 憶 装 置 の 補 正 が 特 許 法 第 33 条 の 規 定 に 適 合 するか 否 かであると 認 めた さらに この 問 題 を 分 析 するためには 次 のポ イントを 解 明 する 必 要 があると 認 定 した 1) 二 審 判 決 における 本 件 特 許 出 願 当 初 の 明 細 書 に 用 いられた 記 憶 装 置 の 意 味 の 解 釈 が 正 しいか 否 か 2) 本 件 請 求 項 1において 記 憶 装 置 とした 補 正 が 特 許 法 第 33 条 の 規 定 に 適 合 する か 否 か まず 二 審 判 決 の 認 定 の 正 否 について 最 高 人 民 法 院 は 次 の 判 断 を 示 した 二 審 判 決 が 本 件 出 願 当 初 の 明 細 書 において 半 導 体 記 憶 装 置 の 意 味 をもって 記 憶 装 置 の 用 語 を 使 用 し 記 憶 装 置 は 半 導 体 記 憶 装 置 の 簡 略 語 として 使 用 してい る とした 認 定 は 間 違 いだった 当 業 者 にとって 記 憶 装 置 とは 情 報 データを 保 存 する 装 置 であり 磁 気 記 憶 装 置 半 導 体 記 憶 装 置 光 ディスクなど 多 種 多 様 な 装 置 の 上 位 概 念 7

8 である その 意 味 は 明 瞭 であり 明 確 である 明 細 書 の 記 載 内 容 からすると 記 憶 装 置 の 用 語 は 明 確 にまたは 暗 に 他 の 種 類 の 記 憶 装 置 を 排 除 しておらず さらに 記 憶 装 置 を 通 常 の 理 解 と 異 なる 特 別 な 限 定 をしたわけでもなかった これによって 記 憶 装 置 が 半 導 体 記 憶 装 置 を 指 していると 認 定 することはできない 従 って 当 業 者 にとって 記 憶 装 置 の 用 語 は 通 常 の 意 味 を 有 し 半 導 体 記 憶 装 置 に 限 定 されずに 広 く 解 釈 さ れるべきである したがって 二 審 判 決 における 本 件 特 許 の 出 願 当 初 の 明 細 書 において 半 導 体 記 憶 装 置 の 意 味 をもって 記 憶 装 置 の 用 語 を 用 いており 記 憶 装 置 は 半 導 体 記 憶 装 置 の 簡 略 語 として 使 用 している との 認 定 は 間 違 いだった 次 に 記 憶 装 置 とした 補 正 が 特 許 法 第 33 条 の 規 定 に 適 合 するか 否 かについて 最 高 人 民 法 院 は 特 許 法 第 33 条 の 立 法 主 旨 を 分 析 した 上 で 次 のような 認 識 を 示 した 補 正 が 出 願 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 範 囲 を 超 えてはならない とする 規 定 にお いて 当 初 明 細 書 と 請 求 項 の 記 載 範 囲 とは 属 する 技 術 分 野 の 通 常 の 技 術 者 いわゆ る 当 業 者 の 視 点 から 当 初 明 細 書 及 び 請 求 項 の 開 示 内 容 で 特 定 すべきである 当 初 明 細 書 と 請 求 項 が 開 示 した 技 術 内 容 をすべて 当 初 明 細 書 と 請 求 項 の 記 載 範 囲 と 解 すべきである より 具 体 的 にいえば 当 初 明 細 書 と 請 求 項 の 記 載 範 囲 は 以 下 二 つの 内 容 を 含 む 1) 当 初 明 細 書 図 面 及 び 請 求 項 が 文 言 または 図 形 で 明 確 に 開 示 した 内 容 2) 当 業 者 が 当 初 明 細 書 図 面 及 び 請 求 項 を 総 合 して 直 接 的 明 確 的 に 導 き 出 せる 内 容 上 述 したように 当 初 の 明 細 書 図 面 及 び 請 求 項 の 記 載 内 容 から 導 き 出 した 内 容 が 当 業 者 にとって 明 らかであれば 当 該 内 容 が 当 初 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 範 囲 に 属 すると 認 定 できる 補 正 後 の 出 願 書 類 に 新 しい 技 術 内 容 さえ 導 入 されていなければ この 補 正 が 当 初 の 記 載 範 囲 を 超 えていないと 認 められる ここから 分 かるように 補 正 が 当 初 の 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 範 囲 を 超 えているか 否 かの 判 断 は 当 初 明 細 書 図 面 及 び 請 求 項 の 文 言 あるいは 図 形 が 表 した 内 容 のみではな く 当 業 者 が 当 初 の 開 示 内 容 を 総 合 すれば 明 らかになる 内 容 まで 考 慮 すべきである こ の 判 断 の 過 程 において 単 に 補 正 前 後 の 文 言 を 比 較 するだけで 結 論 を 出 すべきではなく さらに 当 業 者 が 直 接 的 明 確 的 に 導 き 出 せる 内 容 を 唯 一 確 定 された 内 容 と 理 解 してはな らない 以 上 の 判 断 基 準 に 基 づき 本 件 出 願 当 初 の 明 細 書 請 求 項 及 び 図 面 の 記 載 内 容 を 総 合 すれば 当 業 者 は 半 導 体 記 憶 装 置 を 容 易 に 他 の 種 類 の 記 憶 装 置 によって 置 き 換 えられ このような 技 術 内 容 が 半 導 体 記 憶 装 置 の 代 わりに 他 の 記 憶 装 置 を 用 いるインクカート リッジにも 適 用 できると 推 定 できる 本 件 特 許 権 者 は 分 割 出 願 の 時 点 で 元 の 請 求 項 にある 半 導 体 記 憶 装 置 を 記 憶 装 置 に 補 正 した 補 正 後 の 請 求 項 1は 当 初 明 細 書 請 求 項 及 び 図 面 の 記 載 内 容 から 当 業 者 が 直 接 的 明 確 的 に 導 き 出 せる 内 容 と 比 較 衡 量 するならば 新 しい 技 術 内 容 を 導 入 した 8

9 わけではないものと 認 められる 従 って 請 求 項 1における 記 憶 装 置 とした 補 正 は 当 初 出 願 書 類 の 記 載 内 容 を 超 えておらず 特 許 法 第 33 条 の 規 定 に 適 合 している このような 判 断 に 基 づき 最 高 人 民 法 院 は 二 審 判 決 には 記 憶 装 置 の 意 味 に 関 す る 認 定 に 誤 りがあったものの 記 憶 装 置 に 関 する 補 正 が 特 許 法 第 33 条 の 記 載 に 適 合 するという 判 断 は 正 しく 維 持 すべきと 認 定 した 従 って 行 政 裁 定 書 を 以 って 再 審 請 求 を 却 下 する 行 政 裁 定 を 下 した 4. 考 察 本 件 裁 判 事 例 においては 無 効 審 判 事 件 が 発 端 となり 復 審 委 員 会 の 無 効 決 定 を 巡 って 北 京 市 中 級 人 民 法 院 北 京 市 高 級 人 民 法 院 そして 最 高 人 民 法 院 がそれぞれ 一 審 二 審 及 び 再 審 の 手 続 を 経 た 上 で 最 終 的 に 本 件 特 許 権 者 が 出 願 の 段 階 で 行 った 補 正 が 特 許 法 第 33 条 の 規 定 に 適 合 し 新 規 事 項 追 加 ではないとして 最 高 人 民 法 院 が 行 政 裁 定 書 の 形 で 本 件 紛 争 事 件 に 終 止 符 を 打 ったものである この 事 件 においてもっとも 重 要 なのは 最 高 人 民 法 院 が 行 政 裁 定 書 のなかで 特 許 法 第 33 条 の 趣 旨 を 解 釈 した 上 で この 条 文 の 適 用 原 則 を 明 確 に 示 し 復 審 委 員 会 とは 異 なっ た 判 断 を 示 したことにある 即 ち 当 初 明 細 書 及 び 図 面 の 記 載 範 囲 は 当 業 者 の 視 点 から 当 初 明 細 書 及 び 請 求 項 の 開 示 内 容 をもって 特 定 すべきであること さらに 具 体 的 に 二 つ の 内 容 をもって 判 断 すべきであることを 明 示 した 点 にある その 二 つの 内 容 とは まず 当 初 明 細 書 図 面 及 び 請 求 項 が 文 字 あるいは 図 形 で 明 確 に 表 した 内 容 であり 次 に 当 業 者 が 当 初 明 細 書 図 面 及 び 請 求 項 の 記 載 内 容 を 総 合 した 上 で 直 接 的 明 確 的 に 導 き 出 せる 内 容 である これら 二 つの 内 容 を 当 初 の 出 願 書 類 の 開 示 内 容 と 認 定 すべきとの 最 高 裁 の 判 断 を 明 確 に 世 に 示 したのが 本 件 の 最 大 の 貢 献 であると 評 価 できる この 判 断 基 準 は 従 来 審 査 指 南 で 規 定 されている 新 規 事 項 追 加 に 関 する 判 断 基 準 より 緩 やかであったことに 注 目 すべきである 中 国 の 司 法 制 度 における 基 盤 は 条 文 法 であって 判 例 法 ではないため 本 文 で 紹 介 した 最 高 人 民 法 院 の 行 政 裁 定 書 の 判 断 基 準 がそのまま 他 の 司 法 判 断 に 適 用 されるとは 速 断 で きないが 今 後 同 様 な 紛 争 案 件 の 判 断 に 重 要 な 影 響 を 与 えるに 違 いない 一 方 行 政 手 続 である 特 許 審 査 及 び 審 判 手 続 において 従 来 通 り 特 許 法 実 施 細 則 及 び 審 査 指 南 の 規 定 に 基 づき 出 願 審 査 及 び 審 判 手 続 が 行 われるところ 今 回 の 最 高 人 民 法 院 の 判 断 は 浸 透 す るまでに 幾 分 時 間 がかかる 一 方 で 今 後 これらの 行 政 手 続 における 判 断 にも 一 定 の 影 響 力 を 示 し 特 許 審 査 または 審 判 事 件 における 審 査 官 または 審 判 廷 の 判 断 にも 影 響 を 与 えるだ ろうと 予 測 される 9

10 5. 終 わりに 中 国 の 特 許 審 査 において これまで 補 正 に 関 する 新 規 事 項 追 加 の 判 断 は 非 常 に 厳 格 に 行 われてきた 補 正 の 範 囲 は 当 初 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 内 容 または 当 初 明 細 書 及 び 請 求 項 の 記 載 内 容 から 直 接 的 一 義 的 に 導 き 出 せる 内 容 に 限 られるという 判 断 基 準 が 適 用 さ れていた さらに 実 務 上 補 正 の 範 囲 は 当 初 明 細 書 または 請 求 項 の 記 載 文 言 まで 厳 しく 制 限 されていた 事 例 が 数 多 くあり 出 願 人 が 出 願 後 当 初 の 出 願 書 類 にあった 記 載 上 の 不 備 を 正 し 補 正 によって 出 願 書 類 のさらなる 正 確 さを 求 める 努 力 の 余 地 が 狭 く 制 限 されていた 本 文 で 紹 介 した 最 高 人 民 法 院 が 示 した 新 しい 判 断 基 準 は 従 来 の 硬 直 した 行 政 判 断 に 一 風 を 吹 き 込 み 今 後 の 審 査 及 び 審 判 手 続 において 補 正 の 制 限 についてより 柔 軟 な 方 向 へ 運 用 が 切 り 替 わることが 期 待 できる 参 考 資 料 及 び 注 釈 1) 中 国 特 許 法 ( 専 利 法 ) 第 33 条 出 願 人 は 出 願 書 類 に 対 して 補 正 を 行 うことができるが 発 明 特 許 及 び 実 用 新 案 にかか る 出 願 書 類 に 対 する 補 正 は 元 の 明 細 書 及 び 請 求 項 に 記 載 した 範 囲 を 超 えてはならず 意 匠 に 対 する 出 願 書 類 の 補 正 は 元 の 画 像 又 は 写 真 で 表 示 した 範 囲 を 超 えてはならない 2) 中 国 特 許 法 ( 専 利 法 ) 実 施 細 則 第 53 条 専 利 法 第 三 十 八 条 の 規 定 に 基 づき 発 明 特 許 出 願 が 実 体 審 査 を 経 て 拒 絶 されなければな らない 状 況 とは 以 下 のものを 指 す (1) 出 願 が 専 利 法 第 五 条 第 二 十 五 条 に 規 定 される 状 況 に 属 し 或 いは 専 利 法 第 九 条 の 規 定 によって 特 許 権 を 付 与 できない 場 合 (2) 出 願 が 専 利 法 第 二 条 第 2 項 第 二 十 条 第 1 項 第 二 十 二 条 第 二 十 六 条 第 3 項 第 4 項 第 5 項 第 三 十 一 条 第 1 項 或 いは 本 細 則 第 二 十 条 第 2 項 の 規 定 に 合 致 しない 場 合 (3) 出 願 の 補 正 が 専 利 法 第 三 十 三 条 の 規 定 に 合 致 せず 或 いは 分 割 出 願 が 本 細 則 第 四 十 三 条 第 1 項 の 規 定 に 合 致 しない 場 合 3) 中 国 特 許 法 ( 専 利 法 ) 実 施 細 則 第 65 条 専 利 法 第 四 十 五 条 の 規 定 に 基 づいて 特 許 権 の 無 効 又 は 一 部 無 効 の 宣 告 を 請 求 する 場 合 は 専 利 復 審 委 員 会 に 特 許 権 無 効 宣 告 請 求 書 及 び 必 要 な 証 拠 一 式 二 部 を 提 出 しなければな らない 無 効 宣 告 請 求 書 は 提 出 する 全 ての 証 拠 に 合 わせて 無 効 宣 告 請 求 の 理 由 を 具 体 的 に 説 明 し また 各 理 由 の 根 拠 となる 証 拠 を 指 摘 しなければならない 前 項 に 言 う 無 効 宣 告 請 求 の 理 由 とは 特 許 が 付 与 された 発 明 創 造 が 専 利 法 第 二 条 第 二 十 条 第 1 項 第 二 十 二 条 第 二 十 三 条 第 二 十 六 条 第 3 項 第 4 項 第 二 十 七 条 第 2 項 第 三 十 三 条 又 は 本 細 則 第 二 十 条 第 2 項 第 四 十 三 条 第 1 項 の 規 定 に 合 致 しないか 若 し くは 専 利 法 第 五 条 第 二 十 五 条 の 規 定 に 該 当 するか 或 いは 専 利 法 第 九 条 の 規 定 に 基 づい 10

11 て 特 許 権 を 付 与 できないことを 指 す 4) 審 査 指 南 (2010 版 ) 第 2 部 第 8 章 認 められない 補 正 原 則 として 明 細 書 ( 及 び 図 面 )と 請 求 項 について 特 許 法 ( 専 利 法 ) 第 33 条 の 規 定 に 適 合 しない 補 正 はすべて 認 められない 具 体 的 に 出 願 内 容 の 一 部 の 追 加 変 更 及 び/または 削 除 をすることにより 当 業 者 が みた 情 報 が 当 初 出 願 に 記 載 された 情 報 とは 異 なり かつ 当 初 出 願 に 記 載 された 情 報 から 直 接 的 でかつ 疑 うことなく 確 定 できるものではない 場 合 このような 補 正 は 認 められない ここでいう 出 願 内 容 とは 当 初 の 明 細 書 ( 及 び 図 面 )と 請 求 の 範 囲 に 記 載 された 内 容 を 指 し 優 先 権 書 類 の 内 容 は 含 めない 5) 復 審 委 員 会 中 国 において 復 審 委 員 会 は 国 家 知 識 産 権 局 によって 設 立 された 組 織 であり 日 本 国 特 許 庁 審 判 部 に 相 当 する 拒 絶 査 定 不 服 審 判 及 び 無 効 審 判 の 事 件 を 扱 い 請 求 を 審 理 し 決 定 または 審 決 を 下 す 6) 復 審 委 員 会 2008 年 4 月 15 日 第 号 決 定 7) 北 京 市 第 一 中 級 人 民 法 院 2008 年 12 月 20 日 (2008) 一 中 行 初 字 第 1030 号 行 政 判 決 書 8) 北 京 市 高 級 人 民 法 院 2009 年 10 月 13 日 (2009) 高 行 終 字 第 327 号 行 政 判 決 書 9) 最 高 人 民 法 院 2011 年 12 月 25 日 (2010) 知 行 字 第 53 号 行 政 裁 定 書 日 本 実 務 者 からのコメント 本 稿 は 中 国 における 補 正 の 適 否 問 題 についての 最 高 人 民 法 院 の 判 決 を 取 り 上 げたもの である これまで 厳 格 解 釈 がゆきすぎの 傾 向 があった 中 国 知 財 実 務 上 の 新 規 事 項 追 加 の 概 念 を 是 正 したものと 評 価 できる この 最 高 人 民 法 院 判 決 が 出 るまでは 明 細 書 の 文 言 通 り 図 面 の 表 現 通 りの 範 囲 を 逸 脱 していると 認 定 されれば 途 端 に 新 規 事 項 であると 認 定 されていた 傾 向 があったことは 否 めない いわば 実 質 面 よりはむしろ 表 面 的 な 表 現 の 相 違 で 成 否 が 決 まってしまうとい う 極 めて 形 式 主 義 的 な 弊 に 陥 っていた 面 がある 今 次 判 決 では まず 規 範 として 新 規 事 項 にならない 範 囲 として (1) 当 初 明 細 書 図 面 請 求 項 が 文 言 図 面 で 明 確 に 開 示 した 内 容 (2) 当 業 者 が 当 初 明 細 書 図 面 及 び 請 求 項 を 総 合 して 直 接 的 明 確 的 に 導 き 出 せる 内 容 を 定 立 した 問 題 は(2)の 総 合 して 直 接 的 明 確 的 に 導 き 出 せる 内 容 とは 何 であ るか ということであるが これについては 文 字 通 り 単 なる 文 言 を 超 えた 総 合 判 断 をす る という 意 味 としている この 総 合 判 断 には 当 業 者 ( 北 京 市 中 級 人 民 法 院 はこ の 定 義 として 当 該 技 術 分 野 において 専 門 知 識 を 持 つ 普 通 の 技 術 者 を 当 てている)の 知 11

12 識 レベル 当 該 技 術 分 野 の 通 常 のレベルという 変 動 要 素 が 入 り 込 む 余 地 があり この 点 で 硬 直 的 な 判 断 に 陥 る 弊 を 除 き 柔 軟 な 判 断 ができる 余 地 を 残 していると 考 えられる ここに 形 式 主 義 を 脱 して 実 情 を 勘 案 する 姿 勢 の 一 端 がうかがえる 本 事 件 では 上 記 規 範 のあて はめにおいて 半 導 体 記 憶 装 置 を 記 憶 装 置 に 換 えた 補 正 につき 本 件 明 細 書 等 の 記 載 を 総 合 すれば いわゆる 当 業 者 であれば 半 導 体 記 憶 装 置 を 容 易 に 他 の 種 類 の 記 憶 装 置 に 置 換 できるという 点 を 根 拠 にして 半 導 体 記 憶 装 置 を 記 憶 装 置 に 換 え た 補 正 は 新 規 事 項 の 導 入 には 当 たらない という 判 断 構 造 を 採 用 している 一 方 日 本 であれば 願 書 に 最 初 に 添 付 した 明 細 書 特 許 請 求 の 範 囲 又 は 図 面 ( ) に 記 載 した 事 項 の 範 囲 内 ( 本 稿 で 当 初 明 細 書 等 記 載 事 項 内 という )であるべきと し 当 初 明 細 書 等 記 載 事 項 内 とは 当 業 者 によって 当 初 明 細 書 のすべての 記 載 を 総 合 することにより 導 かれる 技 術 的 事 項 である( 参 考 : 知 財 高 判 平 ( 平 成 18 年 ( 行 ケ) 第 号 審 決 取 消 請 求 事 件 ) ソルダーレジスト 大 合 議 判 決 )としている これを 受 ける 形 で 審 査 基 準 では 新 規 事 項 を 含 まないとして 許 容 されるものに (A) 当 初 明 細 書 等 に 明 示 的 に 記 載 された 事 項 (B)( 明 示 的 な 記 載 がなくても) 当 初 明 細 書 等 の 記 載 から 自 明 な 事 項 を 挙 げている さらに (B)といえるためには これに 接 した 当 業 者 であれば 出 願 時 の 技 術 常 識 に 照 らして その 意 味 であることが 明 らかであって その 事 項 がそこに 記 載 さ れているのと 同 然 であると 理 解 する 事 項 でなければならない としている 記 載 されて いるのと 同 然 であると 理 解 する としている 点 が( 中 国 に 比 べて)より 限 定 的 であると 理 解 できる 反 面 日 本 における 当 業 者 の 定 義 ( その 発 明 の 属 する 技 術 の 分 野 における 通 常 の 知 識 を 有 する 者 特 許 法 第 29 条 第 2 項 )が 中 国 のそれとは 微 妙 に 異 なっている 点 にも 留 意 すべきと 考 える 実 務 的 には それこそ 自 明 な 話 とされるかもしれないが そもそも 新 規 事 項 か 否 かが 争 点 とならないような 明 細 書 の 開 示 表 現 を 考 える 諸 事 情 によりどうしようもなく 上 記 争 点 で 主 張 しなければならないときには その 分 野 の 通 常 の 技 術 者 であれば 争 点 のものも 記 載 内 容 から 想 起 できたはずであるとの 主 張 をし これを 裏 付 ける 証 拠 として たとえば 流 通 している 百 科 事 典 (できれば 複 数 の) 権 威 ある 専 門 家 による 証 言 学 術 論 文 業 界 誌 記 事 等 をなるべく 広 く 集 める というようなことが 必 要 となるだろう 12

13 原 著 者 紹 介 呉 学 鋒 中 華 人 民 共 和 国 弁 理 士 北 京 三 友 知 識 産 権 代 理 有 限 公 司 パートナー ホームページ 日 本 側 監 修 コメント 担 当 者 紹 介 友 野 英 三 日 本 国 弁 理 士 ( 特 定 侵 害 訴 訟 代 理 業 務 付 記 ) 友 野 国 際 特 許 事 務 所 所 長 ホームページ 著 書 : 合 衆 国 特 許 クレーム 作 成 の 実 務 他 多 数 13

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

英国競争法の執行手続―日本の独占禁止法改正に関連して

英国競争法の執行手続―日本の独占禁止法改正に関連して 1 英 国 競 争 法 の 執 行 手 続 日 本 の 独 占 禁 止 法 改 正 に 関 連 して 千 葉 大 学 大 学 院 専 門 法 務 研 究 科 教 授 栗 田 誠 氏 Ⅰ はじめに 本 報 告 の 対 象 は 1998 年 競 争 法 違 反 行 為 ( 日 本 の 独 占 禁 止 法 ( 以 下 独 禁 法 と 略 す )でいう 不 当 な 取 引 制 限 私 的 独 占 及 び 不

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

韓国判例

韓国判例 国 際 活 動 センターからのお 知 らせ 担 当 : 外 国 情 報 部 伊 藤 貴 子 新 井 全 中 華 人 民 共 和 国 最 高 人 民 法 院 民 事 判 決 ((2009) 民 三 終 字 第 3 号 ) ラコステ 商 標 訴 訟 1. 序 2010 年 12 月 29 日 に 中 華 人 民 共 和 国 最 高 人 民 法 院 で 商 標 権 侵 害 訴 訟 に 関 する 判 決 (

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権 民 法 改 正 論 点 の 検 討 ~ 消 滅 時 効 制 度 その1~ 平 成 27 年 10 月 26 日 弁 護 士 法 人 ほくと 総 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 平 岡 弘 次 弁 護 士 井 田 大 輔 第 1 はじめに 平 成 27 年 2 月 10 日 開 催 の 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 第 99 回 会 議 において 民 法 ( 債 権 関 係 ) の 改

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

あって この 救 済 命 令 は 不 当 労 働 行 為 による 被 害 の 救 済 としての 性 質 をもつものでな ければならず このことから 導 かれる 一 定 の 限 界 を 超 えることはできないものといわな ければならない しかし 法 が 右 のように 労 働 委 員 会 に 広 い 裁

あって この 救 済 命 令 は 不 当 労 働 行 為 による 被 害 の 救 済 としての 性 質 をもつものでな ければならず このことから 導 かれる 一 定 の 限 界 を 超 えることはできないものといわな ければならない しかし 法 が 右 のように 労 働 委 員 会 に 広 い 裁 最 高 裁 昭 和 四 五 年 ( 行 ツ) 第 六 〇 号 第 六 一 号 五 二 二 二 三 判 決 判 決 上 告 人 東 京 都 地 方 労 働 委 員 会 補 助 参 加 人 東 京 自 動 車 交 通 労 働 組 合 補 助 参 加 人 X1 補 助 参 加 人 X2 補 助 参 加 人 X3 補 助 参 加 人 X4 補 助 参 加 人 X5 補 助 参 加 人 X6 被 上 告 人

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都

More information

<4D F736F F D BD90E690B CF68A4A A C E646F63>

<4D F736F F D BD90E690B CF68A4A A C E646F63> [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 居 住 用 財 産 の 特 別 控 除 共 有 家 屋 の 一 部 を 取 り 壊 してその 敷 地 を 譲 渡 した 場 合 第 40 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )8 月 5 日 発 表 平 仁 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6

60CFD054E61908ED49256D41000B0F6 主 文 一 被 告 栃 木 県 宇 都 宮 県 税 事 務 所 長 が 原 告 に 対 し 別 紙 目 録 記 載 の 建 物 につき 昭 和 五 一 年 一 二 月 一 〇 日 付 けでした 課 税 標 準 を 金 三 億 一 五 六 一 万 九 〇 〇 〇 円 税 額 を 金 九 四 六 万 八 五 七 〇 円 とする 不 動 産 取 得 税 賦 課 決 定 を 取 り 消 す 二 被 告 栃

More information

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの 独 禁 法 事 例 研 究 第 8 回 ( 平 成 26 年 12 月 10 日 ) 1 セブンイレブン ジャパンに 対 する 独 占 禁 止 法 25 条 訴 訟 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 事 案 の 概 要 と 問 題 点 の 発 表 が 行 われた 1. 事 案 概 要 (1) 経 緯 公 正 取 引 委 員 会 は 平 成 21 年 6 月 22 日 被 告 (P5 セブン-イレブン

More information

( 2 ) 評 価 基 準 が 定 め る 市 街 化 区 域 農 地 の 評 価 方 法 市 街 化 区 域 農 地 ( 法 附 則 1 9 条 の 2 第 1 項 に 規 定 す る 市 街 化 区 域 農 地 を い う ) の 評 価 に つ い て 評 価 基 準 は 沿 接 す る 道

( 2 ) 評 価 基 準 が 定 め る 市 街 化 区 域 農 地 の 評 価 方 法 市 街 化 区 域 農 地 ( 法 附 則 1 9 条 の 2 第 1 項 に 規 定 す る 市 街 化 区 域 農 地 を い う ) の 評 価 に つ い て 評 価 基 準 は 沿 接 す る 道 File.18< 判 決 原 文 > 固 定 資 産 税 4 事 件 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 1 2 年 ( 行 ウ) 第 3 32 号 平 成 1 4 年 1 月 2 2 日 判 決 (TAINS 判 例 検 索 Z999-8099) 控 訴 審 : 東 京 高 裁 平 成 1 4 年 ( 行 コ) 第 4 4 号 平 成 1 6 年 5 月 27 日 判 決 (TAINS 判 例

More information

Microsoft Word - 160118資産申告問題要望書(案)

Microsoft Word - 160118資産申告問題要望書(案) 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎 恭 久 殿 2016( 平 成 27) 年 2 月 1 日 資 産 申 告 書 に 関 する 保 護 課 長 通 知 の 撤 回 等 を 求 める 要 望 書 生 活 保 護 問 題 対 策 全 国 会 議 代 表 幹 事 尾 藤 廣 喜 第 1 要 望 の 趣 旨 1 生 活 保 護 利 用 者 に 対 して 最 低 年 1 回 の 資 産 申 告 を 行 わせるよう

More information

平成  年(厚)第  号

平成  年(厚)第  号 項 番 2 平 成 21 年 ( 健 ) 第 71 号 平 成 22 年 2 月 26 日 裁 決 主 文 1 後 記 第 2の2 記 載 の 原 処 分 のうち 平 成 〇 年 〇 月 〇 日 から 同 年 〇 月 〇 日 までの 期 間 について 傷 病 手 当 金 を 支 給 しないとした 部 分 を 取 り 消 す 2 その 余 の 本 件 再 審 査 請 求 を 棄 却 する 理 由 第

More information

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -200( 順 号 12324) 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 すべき 理 由 がない 旨 の 通 知 処 分 取 消 等 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 新 宿 税 務 署 長 事 務 承 継 者 日 本 橋 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 10 月 30 日 棄 却 控 訴 判 決 原 告 更 生 会 社

More information

24-1-本文-中表紙.indd

24-1-本文-中表紙.indd 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 論 説 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 岩 﨑 政 明 Ⅰ はじめに 本 稿 は 弁 護 士 法 23 条 の 2 に 定 める いわゆる 弁 護 士 会 照 会 に 対 して 顧 客 情 報 について 守 秘 義 務 を 負 う 税 理 士 等 の 専 門 家 がその

More information

Microsoft Word - 20130115013.docx

Microsoft Word - 20130115013.docx 参 議 院 選 挙 制 度 の 改 革 1 票 の 較 差 定 数 是 正 問 題 を 中 心 として 総 務 委 員 会 調 査 室 さとう 佐 藤 けんすけ 研 資 1.はじめに 平 成 24 年 11 月 ( 第 181 回 国 会 ) 参 議 院 の 選 挙 区 選 出 議 員 の 定 数 を4 増 4 減 して1 票 の 較 差 を 是 正 する 公 職 選 挙 法 の 一 部 を 改 正

More information

第90回行政苦情救済推進会議資料

第90回行政苦情救済推進会議資料 1 審 議 資 料 (1) 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 の 支 給 要 件 である 交 通 費 の 取 扱 いの 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 申 出 要 旨 私 は 現 在 求 職 者 支 援 制 度 で 職 業 訓 練 を 受 けており 平 成 25 年 3 月 19 日 にハロー ワークへ 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )の 申 請 に 行

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型

* 解 雇 の 合 理 性 相 当 性 は 整 理 解 雇 の 場 合 には 1 整 理 解 雇 の 必 要 性 2 人 員 選 択 の 相 当 性 3 解 雇 回 避 努 力 義 務 の 履 行 4 手 続 きの 相 当 性 の 四 要 件 ( 要 素 )で 判 断 され る 部 門 閉 鎖 型 一 問 題 状 況 1) 平 成 24 年 度 労 働 契 約 法 改 正 (18~20 条 の 新 設 ) 5 年 ルール( 無 期 転 換 ルール)の 導 入 判 例 による 雇 止 め 規 制 の 立 法 化 有 期 契 約 の 差 別 禁 止 規 定 の 新 設 2) 関 連 法 令 の 改 正 (5 年 ルール 関 係 ) 任 期 法 の 改 正 特 例 についての 法 律 案 3) 有

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳 主 文 原 判 決 中, 上 告 人 敗 訴 部 分 を 破 棄 する 前 項 の 部 分 につき, 本 件 を 知 的 財 産 高 等 裁 判 所 に 差 し 戻 す 理 由 上 告 代 理 人 中 村 稔 ほかの 上 告 受 理 申 立 て 理 由 第 2について 1 本 件 は, 上 告 人 が, 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 )の 施 行 日 である 昭 和 46

More information

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初

手 4 社 の 社 長 4 名 を 招 致 して,その5 人 に30 分 ずつ 質 疑 を 行 う 予 定 で あったところ, a 両 業 界 から1 名 ずつ1 時 間 の 質 疑 を 行 うことになり, b 生 命 保 険 協 会 の 会 長 を 兼 任 していた の 質 疑 時 間 は 当 初 平 成 23 年 (ワ) 第 21209 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 被 告 渡 邉 光 一 郎 第 2 準 備 書 面 平 成 24 年 3 月 1 日 東 京 地 方 裁 判 所 民 事 第 8 部 合 議 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 阪 口 徳 雄 同 金 啓 彦 同 大 住 洋 外 14 名 本 書 面 は, 被 告 準 備 書 面 (1)に 対 する

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思 第 4 章 電 子 商 取 引 (10 月 10 日 ) 1 授 業 のねらい 電 子 商 取 引 において 事 業 者 がどのような 事 柄 について 情 報 提 供 を 行 うべきであるか について 理 解 する 電 子 商 取 引 には どのような 法 令 が 適 用 されるのか? 事 業 者 はどの 範 囲 のものをさすのか ネットオークションで 私 人 が 出 品 する 場 合 はどう か?

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

「知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その2)監査結果

「知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その2)監査結果 平 成 28 年 7 月 15 日 問 い 合 わせ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 としてその 使 用 に 要 した 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 (その2) 監 査 結 果 について 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山 加 朱 美 吉 倉 正 美

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

Microsoft PowerPoint - 070608訴訟状況.ppt

Microsoft PowerPoint - 070608訴訟状況.ppt 住 基 ネット 関 連 訴 訟 に 関 する 判 決 資 料 8 < 平 成 17 年 > 5 月 30 日 ( 月 ) 金 沢 地 裁 判 決 ( 一 部 敗 訴 ) 1 5 月 31 日 ( 火 ) 名 古 屋 地 裁 10 部 判 決 ( 全 面 勝 訴 ) 2 10 月 14 日 ( 金 ) 福 岡 地 裁 判 決 ( 全 面 勝 訴 ) < 平 成 18 年 > 2 月 9 日 ( 木 )

More information

Microsoft Word - 20年度(行情)答申第581号.doc

Microsoft Word - 20年度(行情)答申第581号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 20 年 4 月 15 日 ( 平 成 20 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 204 号 ) 答 申 日 : 平 成 21 年 3 月 31 日 ( 平 成 20 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 581 号 ) 事 件 名 : インド 洋 方 面 における 対 米 支 援 用 燃 料 の 供 給 能 力 の 調 査 結 果 につい て の

More information

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464>

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464> 徳 島 県 情 報 公 開 審 査 会 答 申 第 37 号 第 1 審 査 会 の 結 論 実 施 機 関 が 産 業 廃 棄 物 処 理 業 の 事 業 範 囲 変 更 許 可 申 請 書 ( 平 成 11 年 2 月 10 日 付 け) 平 成 11 年 度 分 のダイオキシン 類 測 定 結 果 報 告 書 平 成 11 年 度 分 の 産 業 廃 棄 物 の 処 分 実 績 報 告 書 に

More information

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること

えている 生 活 保 護 や 生 活 福 祉 資 金 貸 付 制 度 等 多 重 債 務 問 題 に 関 わる 法 律 家 としては 社 会 的 弱 者 のために 制 度 化 された 社 会 保 障 に 対 する 深 い 理 解 も 求 められる また 関 係 機 関 との 連 携 を 深 めること 11/01/14 関 東 ブロック 新 人 研 修 会 静 岡 県 司 法 書 士 会 中 里 功 多 重 債 務 整 理 事 件 3 - 消 費 者 破 産 - 本 稿 は 個 人 破 産 の 中 でもいわゆる 消 費 者 破 産 ( 非 事 業 者 に 関 する 破 産 事 件 )に 関 する 基 礎 的 論 点 の 修 得 を 目 的 としており 事 業 者 の 破 産 事 件 や 会 社 の

More information

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず(

< 現 在 の 我 が 国 D&O 保 険 の 基 本 的 な 設 計 (イメージ)> < 一 般 的 な 補 償 の 範 囲 の 概 要 > 請 求 の 形 態 会 社 の 役 員 会 社 による 請 求 に 対 する 損 免 責 事 由 の 場 合 に 害 賠 償 請 求 は 補 償 されず( 別 紙 2 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 実 務 上 の 検 討 ポイント 第 1 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 (D&O 保 険 )の 概 要 会 社 役 員 賠 償 責 任 保 険 ( 以 下 D&O 保 険 ) とは 保 険 契 約 者 である 会 社 と 保 険 者 である 保 険 会 社 の 契 約 により 被 保 険 者 とされている 役 員

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

第 2 事 案 の 概 要 本 件 は, 商 標 登 録 出 願 拒 絶 査 定 に 対 する 不 服 審 判 請 求 を 成 り 立 たないとした 審 決 の 取 消 訴 訟 である 争 点 は, 商 標 法 4 条 1 項 8 号 該 当 性 の 有 無 である 1 特 許 庁 における 手 続

第 2 事 案 の 概 要 本 件 は, 商 標 登 録 出 願 拒 絶 査 定 に 対 する 不 服 審 判 請 求 を 成 り 立 たないとした 審 決 の 取 消 訴 訟 である 争 点 は, 商 標 法 4 条 1 項 8 号 該 当 性 の 有 無 である 1 特 許 庁 における 手 続 平 成 27 年 6 月 18 日 判 決 言 渡 平 成 26 年 ( 行 ケ) 第 10266 号 商 標 登 録 取 消 審 決 取 消 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 27 年 4 月 23 日 判 決 原 告 株 式 会 社 太 鼓 亭 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 清 原 直 己 弁 理 士 清 原 義 博 北 本 友 彦 西 村 直 也 今 岡 大 明 被 告 特

More information

平成24年7月18日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官

平成24年7月18日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官 平 成 26 年 10 月 22 日 判 決 言 渡 平 成 26 年 ( 行 ケ) 第 10134 号 審 決 取 消 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 26 年 9 月 3 日 判 決 原 告 X 訴 訟 代 理 人 弁 理 士 佐 藤 富 徳 被 告 特 許 庁 長 官 指 定 代 理 人 高 野 和 行 野 口 美 代 子 堀 内 仁 子 主 文 原 告 の 請 求 を 棄

More information

183761DAD5529296492570DF001A2E9

183761DAD5529296492570DF001A2E9 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過

More information

H 部 補 正 及 び 訂 正 2

H 部 補 正 及 び 訂 正 2 本 審 査 便 覧 の 日 本 語 訳 は, 欧 州 特 許 庁 (EPO)の 公 式 出 版 物 であるGuidelines for Examination in the European Patent Officeを 翻 訳 したものであり,EPOの 許 諾 を 得 てJETRO が 作 成 し 公 表 するものです EPOは,この 日 本 語 訳 に 対 していかなる 責 任 も 有 しておりま

More information

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc)

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc) 平 成 25 年 7 月 5 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 17 号 加 給 年 金 額 対 象 者 不 該 当 処 分 取 消 請 求 事 件 主 文 1 厚 生 労 働 大 臣 が 原 告 に 対 し 平 成 22 年 6 月 16 日 付 けでしたAを 老 齢 厚 生 年 金 加 給 年 金 額 対 象 者 としない 旨 の 処 分 を 取 り 消 す 2 訴 訟 費

More information

第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き

第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 労 働 契 約 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) ( 文 責 : 連 合 雇 用 法 制 対 策 局 ) 1 第 18

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

り, 到 底 容 認 できるものではない ( 本 答 申 では 添 付 資 料 は 省 略 ) (2) 意 見 書 ア 任 意 団 体 という 弁 明 に 対 する 反 論 処 分 庁 は, 過 去 の 法 人 文 書 開 示 決 定 処 分 で, 千 葉 司 法 精 神 保 健 研 修 会 が 保

り, 到 底 容 認 できるものではない ( 本 答 申 では 添 付 資 料 は 省 略 ) (2) 意 見 書 ア 任 意 団 体 という 弁 明 に 対 する 反 論 処 分 庁 は, 過 去 の 法 人 文 書 開 示 決 定 処 分 で, 千 葉 司 法 精 神 保 健 研 修 会 が 保 諮 問 庁 : 国 立 大 学 法 人 千 葉 大 学 諮 問 日 : 平 成 27 年 8 月 3 日 ( 平 成 27 年 ( 独 情 ) 諮 問 第 35 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 11 月 20 日 ( 平 成 27 年 度 ( 独 情 ) 答 申 第 57 号 ) 事 件 名 : 特 定 の 祝 賀 会 に 関 する 文 書 の 不 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申

More information

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の 滞 納 管 理 費 等 回 収 のための 管 理 組 合 による 措 置 に 係 るフローチャート( 解 説 ) フローチャートにおける 各 手 順 の 概 要 は つぎのとおりである (1) 督 促 管 理 組 合 は 滞 納 者 に 対 して 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 の 督 促 とともに 今 後 も 滞 納 が 継 続 する 場 合 には その 状 況 に 応 じてさらなる 措 置

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

新聞業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約及び施行規則

新聞業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約及び施行規則 新 聞 業 における 景 品 類 の 提 供 の 制 限 に 関 する 公 正 競 争 規 約 及 び 施 行 規 則 公 正 競 争 規 約 第 1 章 総 則 第 1 章 景 品 類 提 供 の 範 囲 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 と いう )は 新 聞 業 における 景 品 類 の 提 供 に 関 する 事 項 の 制 限 ( 平 成 10 年

More information

Taro11-20060613120847.jtd

Taro11-20060613120847.jtd 主 文 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 原 告 が 被 告 に 対 して 平 成 13 年 10 月 16 日 付 けでした 原 告 の 平 成 12 年 分 所 得 税 に 係 る 更 正 の 請 求 ( 以 下 本 件 更 正 請 求 という )に 対 し, 被 告 が 同 年 12 月 25

More information

平成22年 月 日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官

平成22年 月 日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官 平 成 26 年 9 月 11 日 判 決 言 渡 平 成 26 年 ( 行 ケ) 第 10077 号 審 決 取 消 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 26 年 7 月 10 日 判 決 原 告 株 式 会 社 ア ク セ ル 訴 訟 代 理 人 弁 理 士 濱 田 百 合 子 同 北 島 健 次 同 小 栗 昌 平 被 告 特 許 庁 長 官 指 定 代 理 人 小 林 裕 和

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求監査結果 平 成 2 8 年 7 月 8 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 について 第 1 請 求 の 受 付 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山

More information

いても, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 という 主 観 的 な 要 件 と 一 定 の 地 域 に 住 む という 客 観 的 な 要 件 が 必 要 で す また, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 と 言 う 主 観 的 な 要 件 を 認 定

いても, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 という 主 観 的 な 要 件 と 一 定 の 地 域 に 住 む という 客 観 的 な 要 件 が 必 要 で す また, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 と 言 う 主 観 的 な 要 件 を 認 定 国 際 税 務 研 究 会 国 際 税 務 2012 年 2 月 号 掲 載 台 湾 税 法 における 個 人 に 対 する 課 税 所 得 の 範 囲 と 納 税 方 法 ( 下 ) 税 理 士 法 人 プライスウォーターハウスクーパース パートナー 加 藤 雅 規 マネージャー 周 泰 維 堀 越 大 三 郎 3. 居 住 者 と 非 居 住 者 に 対 する 課 税 方 法 (1) 居 住 者

More information

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他

あっせんの申立て事案の概要とその結果 平成23年度第2四半期 その他 別 冊 あっせんの 申 立 て 事 案 の 概 要 とその 結 果 ( 平 成 23 年 度 第 2 四 半 期 ) 1 その 他 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 事 案 番 号 22 年 度 (あ) 第 200 号 申 立 ての 概 要 外 国 為 替 予 約 が 延 長 されなかったことによる 損 害 賠 償 要 求 申 立 人 の 属 性 法 人 B 銀 行 との 為 替 予

More information

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本 金 融 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン 第 1 条 目 的 ( 法 第 1 条 関 連 ) 1 本 ガイドラインは 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 以 下 法 という ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 15 年 政 令 第 507 号 以 下 施 行 令 という

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

目 次 はじめに... - 1-1. 面 接 等 の 種 類... - 2-1.1 面 接 とは... - 2-1.2 面 接 の 代 表 例 とその 概 要... - 2-2. 面 接 等 が 可 能 な 期 間 及 び 面 接 を 行 う 場 所... - 4-3. 面 接 の 要 請 と 受

目 次 はじめに... - 1-1. 面 接 等 の 種 類... - 2-1.1 面 接 とは... - 2-1.2 面 接 の 代 表 例 とその 概 要... - 2-2. 面 接 等 が 可 能 な 期 間 及 び 面 接 を 行 う 場 所... - 4-3. 面 接 の 要 請 と 受 面 接 ガイドライン 特 許 審 査 編 ( 平 成 26 年 10 月 1 日 改 訂 版 ) 平 成 26 年 10 月 特 許 庁 目 次 はじめに... - 1-1. 面 接 等 の 種 類... - 2-1.1 面 接 とは... - 2-1.2 面 接 の 代 表 例 とその 概 要... - 2-2. 面 接 等 が 可 能 な 期 間 及 び 面 接 を 行 う 場 所... - 4-3.

More information

2 経 営 者 との 間 で 経 営 者 保 証 に 係 る 契 約 を 締 結 する 際 の 債 権 者 の 対 応 ( 適 切 な 説 明 適 切 な 保 証 金 額 の 設 定 等 ) 3 既 存 の 保 証 契 約 の 適 切 な 見 直 し( 保 証 契 約 の 解 除 申 入 れがあった

2 経 営 者 との 間 で 経 営 者 保 証 に 係 る 契 約 を 締 結 する 際 の 債 権 者 の 対 応 ( 適 切 な 説 明 適 切 な 保 証 金 額 の 設 定 等 ) 3 既 存 の 保 証 契 約 の 適 切 な 見 直 し( 保 証 契 約 の 解 除 申 入 れがあった LM ニュースレター Vol.9 平 成 26 年 8 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドラインを 利 用 した 保 証 債 務 整 理 日 本 商 工 会 議 所 と 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 が 事 務 局 となっている 経 営 者 保 証 に 関 するガイ およ 任 ドライン 研 究 会 より 昨 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 1 (

More information

無罪判決後の勾留に関する意見書

無罪判決後の勾留に関する意見書 無 罪 判 決 後 の 勾 留 に 関 する 意 見 書 2015 年 ( 平 成 27 年 )10 月 21 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 刑 事 訴 訟 法 第 345 条 に, 第 2 項 として, 判 決 で 無 罪 の 言 渡 しがあったときは, 上 訴 審 において 原 判 決 が 破 棄 されるまで, 新 たに 勾 留 状 を 発 することはできな い

More information

ケーススタディ 3 死 刑 求 刑 事 件 の 上 告 審 弁 論 期 日 の 欠 席 問 題 村 岡 啓 一 はじめに 2006 年 6 月 20 日 最 高 裁 第 三 小 法 廷 は いわゆる 山 口 県 光 市 母 子 殺 害 事 件 につき 検 察 官 の 上 告 趣 意 ( 判 例 違

ケーススタディ 3 死 刑 求 刑 事 件 の 上 告 審 弁 論 期 日 の 欠 席 問 題 村 岡 啓 一 はじめに 2006 年 6 月 20 日 最 高 裁 第 三 小 法 廷 は いわゆる 山 口 県 光 市 母 子 殺 害 事 件 につき 検 察 官 の 上 告 趣 意 ( 判 例 違 Title 刑 事 弁 護 人 の 役 割 と 倫 理 村 岡, 啓 一 ; 川 崎, 英 明 ; 指 宿, 信 ; 武 井, 康 年 ; 大 出, 良 知 ; 高 田, 昭 正 ; 上 田, 信 太 郎 ; 上 田, 國 廣 ; 白 取, Author(s) 祐 司 ; 森 下, 弘 ; 水 谷, 規 男 ; 加 藤, 克 佳 ; 田 淵, 浩 二 ; 四 宮, 啓 Citation Issue

More information

平成7年4月28日最高裁判決で示された「その意図を外部からも覗い得る特段の行動」の意義(解釈)についての一考察

平成7年4月28日最高裁判決で示された「その意図を外部からも覗い得る特段の行動」の意義(解釈)についての一考察 論 説 平 成 7 年 4 月 28 日 最 高 裁 判 決 で 示 された その 意 図 を 外 部 からも 覗 い 得 る 特 段 の 行 動 の 意 義 ( 解 釈 )についての 一 考 察 - 重 加 算 税 が 賦 課 される 隠 ぺい 仮 装 の 対 象 となるのは 具 体 的 にいかなる 行 為 をいうのか( 過 少 申 告 行 為 そのもの は 隠 ぺい 仮 装 の 対 象 となるか)

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

Microsoft Word - 洲崎190号_訂正済み.docx

Microsoft Word - 洲崎190号_訂正済み.docx 保 険 業 法 施 行 規 則 第 234 条 第 1 項 第 4 号 四 保 険 契 約 者 若 しくは 被 保 険 者 又 は 不 特 定 の 者 に 対 して 保 険 契 約 等 に 関 する 事 項 であってその 判 断 に 影 響 を 及 ぼすこととなる 重 要 なものにつき 誤 解 させるおそれのあることを 告 げ 又 は 表 示 する 行 為 Ⅰ 趣 旨 本 号 は 保 険 契 約 等

More information

手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 )

手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 ) 平 成 22 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 交 付 裁 判 所 書 記 官 平 成 年 ( ) 第 号 所 有 権 移 転 登 記 抹 消 登 記 手 続 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 22 年 7 月 16 日 判 決 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 のとおり 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴

More information

160801TOKYO 辰 已 法 律 研 究 所 &リーダーズ 総 合 研 究 所 行 政 法 実 力 診 断 テスト 試 験 問 題 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 開 いてはいけません ( 注 意 事 項 ) 1 問 題 は 1 ページから 9 ページまで 10 問 あり 時 間 は 30 分 です 2 解 答 は 別 紙 の 答 案 用 紙 に 記 入 してください 3 答 案 用

More information

より安全な分娩をめざして ~患者側弁護士の立場から

より安全な分娩をめざして ~患者側弁護士の立場から 東 京 女 子 医 大 エヴァハート 治 験 訴 訟 について 弁 護 士 安 東 宏 三 (2014/6/27J&T 治 験 塾 ) 東 京 地 裁 H26.2.20. 判 決 東 京 地 裁 平 成 23 年 (ワ) 第 21738 号 民 事 30 部 ( 医 療 集 中 部 ) 判 決 判 例 秘 書 ウエストロージャパン 掲 載 済 み (おって 判 例 時 報 判 例 タイムズ 掲 載

More information

裁 決 書 審 査 申 立 人 丹 羽 國 臣 上 記 審 査 申 立 人 から 平 成 27 年 7 月 8 日 付 けで 提 起 された 同 年 4 月 26 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 における 当 選 の 効 力 に 関 する 審 査 の 申 立 てについて

裁 決 書 審 査 申 立 人 丹 羽 國 臣 上 記 審 査 申 立 人 から 平 成 27 年 7 月 8 日 付 けで 提 起 された 同 年 4 月 26 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 における 当 選 の 効 力 に 関 する 審 査 の 申 立 てについて 告 示 埼 玉 県 選 管 告 示 第 六 十 四 号 平 成 二 十 七 年 四 月 二 十 六 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 に お け る 当 選 の 効 力 に 関 す る 審 査 の 申 立 て に つ い て 当 委 員 会 は 次 の と お り 裁 決 し た 平 成 二 十 七 年 九 月 四 日 埼 玉 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 滝

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか

●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか 標 準 報 酬 月 額 の 定 時 決 定 及 び 随 時 改 定 の 事 務 取 扱 いに 関 する 事 例 集 報 酬 賞 与 の 範 囲 について 問 報 酬 賞 与 にはどのようなものが 含 まれるか ( 答 ) 報 酬 及 び 賞 与 ( 以 下 報 酬 等 という )は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 5 項 及 び 第 6 項 ( 厚 生 年 金 保 険 法 第 3 条 第 1 項

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1 訴 状 2013 年 ( 平 成 25 年 )11 月 7 日 佐 賀 地 方 裁 判 所 御 中 原 告 ら 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 東 島 浩 幸 同 桑 原 健 同 梶 原 恒 夫 同 八 木 大 和 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 の 通 り 退 職 金 請 求 事 件 訴 訟 物 の 価 額 金 364 万 0745 円 貼 用 印 紙 額 金 2 万

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

第93回行政苦情救済推進会議 付議資料

第93回行政苦情救済推進会議 付議資料 1 審 議 案 件 (1) 児 童 扶 養 手 当 に 係 る 申 請 を 行 う 際 の 扶 養 親 族 等 の 人 数 の 認 定 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 児 童 扶 養 手 当 は 児 童 扶 養 手 当 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 238 号 ) 第 9 条 第 1 項 において 受 給 資 格 者 の 前 年 の 所 得 (1 月 から6 月 までの 間 に

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

NEWS LETTER

NEWS LETTER NEWS LETTER 2014-4 目 次 海 外 における 商 標 ニュース トピック... 1 韓 国 がハーグ 協 定 (ジュネーブ 改 正 協 定 )に 加 入 しました... 1 シリア: 複 数 区 分 をカバーする 商 標 登 録 の 更 新... 1 日 本 における 商 標 ニュース トピック... 2 参 考 審 決... 2 審 決 1(3 条 1 項 3 号 関 係 )...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

杉 並 区 職 員 措 置 請 求 監 査 結 果 ( 平 成 27 年 4 月 分 政 務 活 動 費 に 関 する 住 民 監 査 請 求 ) 平 成 28 年 7 月 杉 並 区 監 査 委 員 目 次 第 1 請 求 の 概 要 と 受 理 1 請 求 人 1 2 請 求 書 の 提 出 1 3 請 求 の 概 要 1 4 請 求 の 受 理 1 第 2 監 査 の 実 施 1 証 拠 の

More information

答申書

答申書 諮 問 庁 : 法 務 大 臣 諮 問 日 : 平 成 14 年 8 月 1 日 答 申 日 : 平 成 14 年 9 月 18 日 事 件 名 : 熊 本 刑 務 所 が 本 人 に 対 して 行 った 分 類 調 査 や 累 進 審 査 の 結 果 を 記 録 し た 分 類 調 査 票 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に 関 する 件 ( 平 成 14 年 諮 問 第

More information

農林水産省 対応指針 るびなし

農林水産省 対応指針 るびなし 農 林 水 産 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 農 林 水 産 大 臣 森 山 𥙿 第 一 趣 旨 1 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 昭 和

More information

民法(債権関係)の改正

民法(債権関係)の改正 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 要 綱 仮 案 が 決 定 通 常 国 会 にも 法 案 提 出 の 可 能 性 法 務 委 員 会 調 査 室 菱 沼 誠 一 1.はじめに 法 制 審 議 会 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 ( 以 下 部 会 という )は 平 成 26 年 8 月 26 日 に 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 要 綱 仮 案 1 ( 以

More information

し 納 税 者 が 本 件 各 競 走 馬 等 の 保 有 に 係 る 管 理 及 び 運 営 の 重 要 な 部 分 を 自 ら 行 っていたため 平 成 1 4 年 分 の 本 件 競 走 馬 所 得 が 事 業 所 得 に 該 当 するか 否 かの 判 断 において 上 記 5,000 万 円

し 納 税 者 が 本 件 各 競 走 馬 等 の 保 有 に 係 る 管 理 及 び 運 営 の 重 要 な 部 分 を 自 ら 行 っていたため 平 成 1 4 年 分 の 本 件 競 走 馬 所 得 が 事 業 所 得 に 該 当 するか 否 かの 判 断 において 上 記 5,000 万 円 税 務 訴 訟 資 料 第 258 号 -120( 順 号 10978) 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 所 得 税 更 正 処 分 取 消 等 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 浅 草 税 務 署 長 ) 平 成 20 年 6 月 27 日 棄 却 控 訴 判 示 事 項 (1) 事 業 所 得 該 当 性 の 判 断 基 準 (2) 競 走 馬 の 保 有 に

More information

原子力規制委員会 殿

原子力規制委員会 殿 - 新 安 全 基 準 骨 子 ( 案 )に 対 する 規 制 委 員 会 殿 への 確 認 - 平 成 25 年 1 月 29 日 日 本 保 全 学 会 安 全 規 制 関 連 検 討 会 - 新 安 全 基 準 骨 子 ( 案 )に 対 する 規 制 委 員 会 殿 への 確 認 - 目 次 < 本 文 > 1. 趣 旨 1 2. 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 の 教 訓

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc 答 申 第 1 審 議 会 の 結 論 名 古 屋 市 長 ( 以 下 実 施 機 関 という )が 本 件 異 議 申 立 ての 対 象 とな る 保 有 個 人 情 報 を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 である 第 2 異 議 申 立 てに 至 る 経 過 1 平 成 27 年 5 月 29 日 異 議 申 立 人 は 名 古 屋 市 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 17

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

著 名 な 雅 号, 芸 名 若 しくは 筆 名 若 しくはこれらの 著 名 な 略 称 を 含 む 商 標 (その 他 人 の 承 諾 を 得 ているものを 除 く ) については, 商 標 登 録 を 受 けることが できない 旨 を 規 定 している 商 標 法 4 条 1 項 は, 商 標

著 名 な 雅 号, 芸 名 若 しくは 筆 名 若 しくはこれらの 著 名 な 略 称 を 含 む 商 標 (その 他 人 の 承 諾 を 得 ているものを 除 く ) については, 商 標 登 録 を 受 けることが できない 旨 を 規 定 している 商 標 法 4 条 1 項 は, 商 標 G-221 (1) 出 願 商 標 山 岸 一 雄 大 勝 軒 審 決 取 消 請 求 事 件 : 知 財 高 裁 平 成 28( 行 ケ)10065 平 成 28 年 8 月 10 日 (4 部 ) 判 決 < 請 求 棄 却 > (2) 出 願 商 標 山 岸 一 雄 審 決 取 消 請 求 事 件 : 知 財 高 裁 平 成 28( 行 ケ)10066 平 成 28 年 8 月 10 日 (4

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information