の 少 ない 労 働 者 の 比 率 が 次 第 に 大 きくなってきている 図 表 3-1 週 平 均 労 働 時 間 の 分 布 (1990 年 ~2005 年 ) ( 単 位 :%) EU12:ベルギー フランス オランダ イタリア ルクセンブルク 西 ドイツ デンマーク アイルランド イギリ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "の 少 ない 労 働 者 の 比 率 が 次 第 に 大 きくなってきている 図 表 3-1 週 平 均 労 働 時 間 の 分 布 (1990 年 ~2005 年 ) ( 単 位 :%) EU12:ベルギー フランス オランダ イタリア ルクセンブルク 西 ドイツ デンマーク アイルランド イギリ"

Transcription

1 付 属 資 料 欧 州 における 労 働 時 間 とワーク ライフ バランスの 実 態 欧 州 労 働 条 件 調 査 から 欧 州 は 拡 大 を 続 けており 域 内 における 労 働 生 活 条 件 の 水 準 の 格 差 もまた 明 らかに 拡 大 し 続 けている 欧 州 レベルで 生 産 性 を 向 上 させ 雇 用 を 拡 大 し 労 働 の 質 を 改 善 しようとす る 政 策 立 案 者 にとって このような 格 差 は 深 刻 な 問 題 となっている このような 状 況 下 EU 加 盟 国 および 他 の 欧 州 の 国 々における 労 働 条 件 を 把 握 することの 重 要 性 が 高 まっている 同 時 に 欧 州 各 国 の 労 働 の 質 における 変 化 を 追 うことが 将 来 的 にこの 領 域 に 影 響 を 与 え 得 る トレンドを 推 測 することの 鍵 となる 欧 州 生 活 労 働 条 件 改 善 財 団 (The European Foundation for the Improvement of Living and Working Conditions) 1 は 欧 州 各 国 における 労 働 時 間 とワーク ライフ バランスの 実 態 に 関 する 調 査 2 を 行 った 本 調 査 は 欧 州 31カ 国 における 労 働 者 を 対 象 に 包 括 的 な 労 働 実 態 を 明 らかにすることを 目 的 に 実 施 された これは 職 場 組 織 労 働 時 間 帯 機 会 の 平 等 訓 練 保 健 健 康 および 仕 事 への 満 足 度 などの 幅 広 いテーマに 関 する 労 働 者 の 反 応 により 欧 州 の 労 働 者 は 自 分 たちの 労 働 生 活 をどのように 過 ごし 労 働 生 活 や 労 働 条 件 をどのように 評 価 しているのかを 分 析 したものである 本 稿 ではこの 中 から 労 働 時 間 とワーク ライフ バ ランスに 係 る 部 分 について 紹 介 することとしたい 1. 労 働 時 間 (1) 労 働 時 間 の 推 移 労 働 時 間 は 仕 事 以 外 にも 人 間 の 生 活 全 体 に 大 きな 影 響 を 持 つ 主 要 素 の 一 つである すな わち 労 働 時 間 は 労 働 条 件 に 留 まらず すべての 生 活 を 構 成 する 上 での 重 要 な 条 件 つまり ワーク ライフ バランスに 係 わる 重 要 な 要 素 でもある 1991 年 以 来 EU では 有 給 の 労 働 時 間 の 減 少 が 大 きなトレンドとなっている 2004 年 の 新 規 加 盟 国 の 労 働 時 間 が それまでの EU の 平 均 労 働 時 間 の 平 均 より 長 かったため こ のトレンドは2005 年 には 少 しスローダウンした しかしながら 新 規 加 盟 10カ 国 におい ても 週 41 時 間 を 超 えて 働 く 者 の 数 は 2001 年 以 来 減 少 し 続 けているうえ 労 働 時 間 1 欧 州 生 活 労 働 条 件 改 善 財 団 は 1975 年 に 設 立 された 欧 州 共 同 体 の 初 の 専 門 機 関 現 在 の 同 財 団 は EU( 欧 州 連 合 )の 機 関 の 一 つとして 位 置 づけられており 欧 州 におけるよりよい 生 活 と 労 働 条 件 のための 企 画 立 案 を 行 っている 同 財 団 は 生 活 労 働 条 件 労 使 関 係 人 事 管 理 の 変 更 などのEU 社 会 政 策 の 主 な 要 素 につい て 比 較 研 究 調 査 分 析 に 基 づく 情 報 助 言 専 門 知 識 の 提 供 を 行 っている 主 なテーマは 雇 用 および 労 働 条 件 ワーク ライフ バランス 労 使 関 係 およびパートナーシップなど 同 財 団 は 政 府 (および 欧 州 委 員 会 ) 使 用 者 団 体 および 労 働 組 合 の 代 表 による 三 者 構 成 主 義 の 運 営 委 員 会 を 有 している 2 第 4 回 欧 州 労 働 条 件 調 査 (Fourth European Working Conditions Survey, 2005) 本 調 査 は 財 団 と 契 約 し た 欧 州 ギャラップ 社 が 実 地 調 査 を 担 当 した 2005 年 9 月 19 日 ~11 月 30 日 に 調 査 を 実 施 し (EU 25 加 盟 国 にブルガリア クロアチア ノルウェー ルーマニア トルコおよびスイス 加 えた)31カ 国 にお いて 約 3 万 人 にインタビューを 行 った

2 の 少 ない 労 働 者 の 比 率 が 次 第 に 大 きくなってきている 図 表 3-1 週 平 均 労 働 時 間 の 分 布 (1990 年 ~2005 年 ) ( 単 位 :%) EU12:ベルギー フランス オランダ イタリア ルクセンブルク 西 ドイツ デンマーク アイルランド イギリス ギリシャ スペイン ポルトガル EU15:EU12+オーストリア フィンランド スウェーデン EU25:EU15+チェコ ハンガリー エストニア マルタ キプロス ポーランド ラトビ ア スロベニア リトアニア スロバキア( 現 在 は ブルガリア ルーマニアを 加 え た 27 カ 国 となっており EU27 と 表 記 ) 図 表 3-2は 2005 年 の31カ 国 調 査 における( 被 雇 用 者 および 自 営 業 者 双 方 の) 平 均 労 働 時 間 を 示 している 各 国 における 労 働 時 間 の 平 均 も 分 布 も バラつきが 大 きい 四 角 形 内 のグレーの 太 線 は 平 均 労 働 時 間 を 示 している 太 線 を 囲 む 四 角 形 は 四 分 位 範 囲 3 であ る 同 四 角 形 から 左 右 に 延 びる 横 線 は 5%~95%の 範 囲 を 示 している 例 えばオランダ の 場 合 は 週 平 均 労 働 時 間 は33 時 間 で 労 働 者 の50%が24 時 間 ~40 時 間 働 き 5% が50 時 間 超 5%が10 時 間 未 満 働 いていることを 示 している トルコが 最 も 労 働 時 間 が 長 いうえ 労 働 時 間 の 分 布 も 最 大 であることが 分 かる ほとんどの 国 において 平 均 労 働 時 間 は 週 40 時 間 となっており 多 くの 労 働 者 がこの 平 均 時 間 を 標 準 としている しかしながら 各 国 間 に 差 があり 東 南 ヨーロッパが 一 番 長 く 中 央 および 北 ヨーロッパ の 国 々(アイルランドとイギリスを 含 む)は 労 働 時 間 が 短 い パートタイム 労 働 の 比 率 が 非 常 に 高 いオランダは ( 労 働 時 間 の 分 布 が 大 きいが) 最 も 平 均 労 働 時 間 が 短 い 3 労 働 者 の50%の 平 均 労 働 時 間 が 収 まる 範 囲 小 さい 方 の25%のデータと 大 きい 方 25%のデータを 捨 てて 残 った 中 央 部 の 半 分 (50%)のデータの 範 囲 を 求 めた 値

3 図 表 3-2 国 別 週 平 均 労 働 時 間 ( 単 位 : 時 間 )

4 図 表 3-3は 欧 州 の 全 31カ 国 における 週 当 たりの 労 働 日 数 を 示 している( 週 7 日 働 い ている 労 働 者 の 多 い 国 順 ) トルコは 最 も 労 働 日 数 が 多 く 労 働 者 のほぼ50%が 週 7 日 働 いており 70%が 週 6 日 以 上 働 いている これは トルコ 経 済 と 他 の 欧 州 の 国 家 経 済 を 比 較 すると 労 働 時 間 が 長 い 農 業 セクターに 従 事 する 労 働 者 の 比 率 が 高 いことが 原 因 だと 思 わ れる 各 国 間 の 差 は 週 平 均 労 働 時 間 の 差 と 非 常 に 似 かよっている 東 南 ヨーロッパは 労 働 日 数 が 多 く 北 と 中 央 ヨーロッパは 少 ない ただし 各 国 間 に 違 いがあるとしても トルコとオランダを 除 けば 標 準 労 働 時 間 と 呼 ばれる 週 5 日 40 時 間 を 中 心 として 働 いていることは 明 らかである 図 表 3-3 週 当 たりの 労 働 日 数 ( 単 位 :%)

5 (2) 長 時 間 労 働 図 表 3-4は 週 当 り48 時 間 を 超 えて 働 いている 人 々の 比 率 を 示 している 本 調 査 にお ける 長 時 間 労 働 の 定 義 は 48 時 間 を 超 える 労 働 である 各 国 間 の 違 いは 平 均 労 働 時 間 と 同 様 の 傾 向 を 示 している アイルランドだけは 例 外 で 平 均 労 働 時 間 は 短 い 方 なのに (ほぼ17%の 労 働 力 人 口 が) 非 常 に 長 時 間 働 いている イギリスの 場 合 を 見 てみると 労 働 時 間 は 平 均 的 だが 男 性 のフルタイム 労 働 者 に 限 れば 他 の EU15カ 国 よりも 労 働 時 間 が 長 くなっている 図 表 3-4 ( 週 48 時 間 を 超 える) 長 時 間 労 働 の 比 率 ( 単 位 :%) 図 表 3-5は 長 時 間 労 働 は 欧 州 においては 男 性 の 傾 向 であることを 示 しているし(し かしながら 無 給 の 家 事 労 働 については 後 述 する) 被 雇 用 者 よりも 自 営 業 者 の 方 が 労 働 時 間 は 長 い

6 図 表 3-6は 最 も 長 時 間 労 働 なのは 農 業 ホテル レストランおよび 建 設 業 である(20% 以 上 の 労 働 者 が 長 時 間 労 働 をしている)ことを 示 している 職 種 別 に 見 れば 管 理 者 と 農 業 労 働 者 が しばしば48 時 間 を 超 える 労 働 をしている 図 表 3-5 EU27カ 国 における(48 時 間 を 超 える) 長 時 間 労 働 性 別 雇 用 形 態 別 ( 単 位 :%) EU27 男 性 女 性 被 雇 用 自 営 図 表 3-6 EU27カ 国 におけるセクター 職 種 別 による 長 時 間 労 働 ( 単 位 :%) 農 業 製 造 電 気 ガス 水 道 建 設 卸 小 売 部 門 別 ホテル レストラン 運 輸 通 信 金 融 不 動 産 公 務 防 衛 教 育 保 健 その 他 上 級 管 理 者 専 門 職 技 術 職 事 務 職 職 サービス 販 売 種 農 林 漁 業 別 技 能 職 機 械 操 作 非 熟 練 労 働 軍 隊

7 図 表 3-7は 健 康 やワーク ライフ バランスなど 長 時 間 労 働 が 与 える 影 響 を 労 働 条 件 以 外 の 指 標 により 示 したものである 第 一 の 指 標 では 仕 事 を 完 了 するために 十 分 な 時 間 が 滅 多 に あるいは 全 く 無 い との 不 満 を 抱 いている 比 率 は 長 時 間 労 働 者 の 方 が 高 いこ とを 示 している 次 に 48 時 間 を 超 える 長 時 間 労 働 をしている 場 合 自 分 たちの 労 働 安 全 衛 生 が 危 機 に 晒 されていると 感 じている 者 が 多 い( 長 時 間 労 働 をしていない 者 の2 倍 )うえ 仕 事 が 自 分 の 健 康 に 害 を 及 ぼすと 考 えている 者 も 多 い さらに 長 時 間 労 働 はワーク ライ フ バランスに 大 きな 悪 影 響 を 与 えていることも 分 かる 長 時 間 労 働 者 は 長 時 間 労 働 をし ていない 労 働 者 に 比 べて 社 会 的 家 族 的 責 任 を 果 たせていないと 考 えている 比 率 が3 倍 も 高 い しかしながら 労 働 条 件 に 対 する 満 足 度 では 長 時 間 労 働 者 とそうでない 労 働 者 の 回 答 に 大 きな 差 はない これは 長 時 間 労 働 に 対 して それなりの 対 価 が 支 払 われているから だろう 例 えば 長 時 間 労 働 が 昇 進 には 繋 がらないとしても 超 過 勤 務 手 当 が 支 払 われてい るなどである 長 時 間 労 働 者 の 半 数 は 収 入 十 分 位 階 級 4 の 上 位 三 階 級 に 属 している また 長 時 間 労 働 は 柔 軟 性 を 制 限 していることも 分 かる 48 時 間 を 超 えた 長 時 間 労 働 をしてい る 者 の 三 分 の 二 は 一 定 の 始 業 終 業 時 間 を 押 し 付 けられていると 考 えており 同 様 に 感 じ ている48 時 間 以 内 の 労 働 者 の 比 率 よりも2 倍 も 多 い 図 表 3-7 EU27カ 国 における 長 時 間 労 働 の 影 響 ( 単 位 :%) 4 十 分 位 階 級 は 全 労 働 者 を 賃 金 の 低 い 者 から 高 い 者 へと 一 列 に 並 べて 十 等 分 したもの

8 (3) 労 働 時 間 の 構 成 要 素 労 働 時 間 の 分 析 のほとんどは 制 限 的 な 定 義 に 基 づいている 標 準 的 な 労 働 力 調 査 におけ る 労 働 時 間 は 主 要 な 有 給 の 仕 事 に 費 やされる 時 間 を 測 定 している しかしながら 個 人 が 仕 事 に 費 やす 時 間 とは 必 ずしも 一 致 していない 主 要 な 有 給 労 働 に 費 やされる 時 間 という 定 義 が 制 限 的 過 ぎるという 理 由 は 次 のとおりである 主 要 ではない 有 給 労 働 に 費 やされる 時 間 を 勘 案 していない 副 業 に 充 てる 時 間 の 比 率 は 小 さいとしても 無 視 すべきではない さらに 副 業 が 労 働 者 に 影 響 を 与 えているとすれば 大 いに 重 要 通 勤 時 間 を 勘 案 していない 使 用 者 の 観 点 からは 通 勤 時 間 は 労 働 時 間 ではないとされて いるが 労 働 者 の 観 点 からすれば 間 違 いなく 労 働 に 捧 げた 時 間 なのである したがって 労 働 に 捧 げた 時 間 を 議 論 する 場 合 には 考 慮 すべき 最 も 重 要 なことは 無 給 労 働 に 費 やされる 時 間 を 勘 案 していないということだ 無 給 労 働 は 報 酬 は 得 られていないものの 社 会 的 経 済 的 に 見 れば 有 給 労 働 と 同 じように 重 要 である さらに 個 人 の 観 点 からすれば ( 家 事 育 児 介 護 などに 費 やしている) 無 給 労 働 は 間 違 いなく 労 働 なのであるから 有 給 労 働 と 同 一 のカテゴリーには 置 かないとし ても 一 定 の 考 慮 はされるべき これまでの 議 論 は 主 要 な 有 給 労 働 に 費 やされる 時 間 という 定 義 に 基 づいていたが 本 調 査 では 上 記 のような その 他 の 労 働 時 間 を 勘 案 し さらに 統 合 的 な 観 点 から 労 働 時 間 を 分 析 するための 新 たな 指 標 を 採 り 入 れた しかしながら 無 給 労 働 の 分 析 については 一 つだけ 限 定 条 件 がある 本 調 査 は 回 答 し た 週 に 有 給 労 働 をした 者 だけを 対 象 としているが 無 給 労 働 は 有 給 労 働 をしている 者 だけ が 行 っているものでないことは 明 らかだからである 無 給 労 働 の 大 半 は ( 専 業 主 婦 など) 有 給 労 働 を 行 っていない 者 によって 担 われている したがって 本 調 査 において 無 給 労 働 と 言 及 している 場 合 は 何 らかの 有 給 労 働 を 行 っている 者 が 行 っている 無 給 労 働 と 解 釈 しなけ ればならない (4) 副 業 本 調 査 の 対 象 となった31カ 国 の 平 均 では 二 つ 以 上 の 職 業 を 持 っている 労 働 者 の 比 率 は 7% 未 満 であった 全 ての 国 において かなり 低 い 比 率 であったが ノルウェーだけは15% を 超 えていた 北 欧 諸 国 とオランダ および 東 欧 諸 国 では 二 つ 以 上 の 職 業 を 持 っている 労 働 者 の 比 率 が 高 かった ヨーロッパのその 他 の 国 においては 副 業 はかなり 稀 であった

9 (5) 通 勤 時 間 全 対 象 国 の 労 働 者 の 通 勤 時 間 の 平 均 は 40 分 であった 特 筆 するほどではないが 標 準 的 な8 時 間 労 働 日 において 8% 増 加 していた なお 図 表 3-8が 示 すように 週 労 働 時 間 が 長 いほど 通 勤 時 間 も 長 くなっている 48 時 間 を 超 える 長 時 間 労 働 についてのみ こ の 傾 向 から 外 れているが それは 農 業 労 働 者 が 大 きな 割 合 を 占 めているからである( 農 業 労 働 者 の 平 均 通 勤 時 間 は 最 短 であり ホテル レストランの 労 働 者 も 同 様 に 短 い) 特 筆 すべき は パートタイム 労 働 者 の 通 勤 時 間 は フルタイム 労 働 者 と 比 較 して 短 いということである これは パートタイム 労 働 ジェンダーおよび 通 勤 時 間 の 関 連 性 に 関 する 数 多 くの 研 究 結 果 に 共 通 している 結 果 だ 男 女 の 家 事 責 任 が 異 なることが 女 性 が 通 勤 時 間 の 短 い 仕 事 を 選 ぶ 原 因 だ( 同 様 の 原 因 で 女 性 のパートタイム 労 働 者 の 方 が 多 いという 主 張 がある) 図 表 3-8 EU27カ 国 における 週 労 働 時 間 と 平 均 通 勤 時 間 の 関 係 ( 通 勤 分 ) 20 以 内 21~34 35~38 39~41 42~48 48 超 ( 労 働 時 間 ) (6) 無 給 の 労 働 時 間 本 調 査 には 無 給 労 働 に 費 やす 週 当 たりの 労 働 時 間 数 に 関 する 質 問 はなかったが 有 給 労 働 以 外 の 活 動 に 1 日 当 りどの 程 度 の 時 間 を 費 やすかを 回 答 してもらっているので これを 7 倍 して 週 あたりの 時 間 数 を 計 算 した(1 日 当 り1 時 間 未 満 という 回 答 の 場 合 は 毎 日 隔 日 または 二 日 おき に1 時 間 未 満 なのか それとも 週 当 たり 1 時 間 未 満 なのか を 選 択 してもらった) 無 給 の 労 働 時 間 数 を 調 査 することは 全 体 の 労 働 時 間 を 測 ることに 繋 がるが 有 給 の 労 働 時 間 数 に 比 べると 正 確 さに 欠 ける 図 表 3-9および 図 表 3-10は 育 児 介 護 家 事 という 無 給 労 働 の3 要 素 に 費 やされ る 時 間 数 を 国 グループおよびジェンダー 別 に 示 している 無 給 の 労 働 時 間 数 は 前 述 の3 要 素 に 費 やされた 時 間 数 を 合 計 して 求 めた 欧 州 の 全 ての 国 において 無 給 労 働 に 捧 げてい る 時 間 数 は 男 女 間 に 大 きな 差 があることを 示 している このデータは 有 給 労 働 人 口 から の 回 答 のみを 反 映 していることを 考 えれば もし 有 給 雇 用 されていない 者 たち( 多 くは 専 業 主 婦 たち)も 考 慮 に 入 れれば 実 際 の 差 はさらに 拡 大 するだろう

10 データは 欧 州 の 全 ての 国 において 働 く 女 性 は 働 く 男 性 より 多 くの 時 間 を 無 給 労 働 に 費 やしていることを 示 している しかし 国 グループに 注 目 すると ジェンダー 間 の 負 担 に は 大 きな 差 も 存 在 する オランダおよび 北 欧 諸 国 (スイスも 含 む)は 南 欧 大 陸 および 加 盟 国 候 補 グループと 比 較 すると 男 女 間 の 無 給 労 働 時 間 数 の 較 差 は 少 ない 東 欧 諸 国 は そ の 中 間 ぐらいである 労 働 の 内 容 についても 各 国 間 の 違 いが 明 らかである オランダと 北 欧 諸 国 では 育 児 に 多 くの 時 間 を 割 いている 一 方 大 陸 グループ アイルランドおよびイ ギリスでは 家 事 に 時 間 を 割 いている 介 護 に 費 やしている 時 間 は 全 ての 国 において 他 の 労 働 に 費 やしている 時 間 よりは 少 ないが 南 欧 諸 国 では 他 の 国 々よりも 多 くの 時 間 を 費 やしている 無 給 労 働 に 関 する 情 報 は 貴 重 だが 本 稿 においては これ 以 上 の 分 析 を 試 みる ことは 適 当 ではない もし さらに 分 析 するのであれば 国 により 異 なる 福 祉 システム 労 働 市 場 の 状 況 子 育 てに 対 する 文 化 在 宅 勤 務 を 可 能 とする 技 術 およびジェンダーの 平 等 の 達 成 状 況 などのデータも 必 要 となるからである 図 表 3-9 国 グループ 性 別 育 児 介 護 に 週 当 たり 費 やしている 時 間 ( 単 位 : 時 間 ) 非 EU スイス ノルウェー 加 盟 候 補 国 トルコ クロアチア 2007 年 加 盟 国 ブルガリア ルーマニア 東 欧 諸 国 南 欧 諸 国 大 陸 諸 国 アイルランド イギリス 北 欧 諸 国

11 図 表 3-10 国 グループ 性 別 家 事 に 週 当 たり 費 やしている 時 間 ( 単 位 : 時 間 ) ( 国 グループ 略 号 ) 東 欧 諸 国 :チェコ エストニア ラトビア リトアニア ハンガリー ポーランド スロベニ ア スロバキア 南 欧 諸 国 :ギリシャ スペイン イタリア キプロス マルタ ポルトガル 大 陸 諸 国 :ベルギー ドイツ フランス ルクセンブルク オーストリア 北 欧 諸 国 :デンマーク ノルウェー フィンランド スウェーデン (7) 労 働 時 間 構 成 要 素 の 指 標 図 表 3-11は 欧 州 31カ 国 における 労 働 時 間 構 成 要 素 の 指 標 を 示 している 同 表 は 週 当 たりの 労 働 時 間 副 業 の 労 働 時 間 通 勤 時 間 および 無 給 労 働 時 間 により 構 成 されている

12 図 表 3-11 国 別 労 働 時 間 構 成 要 素 の 指 標 ( 単 位 : 時 間 ) 図 表 3-12は 労 働 時 間 構 成 要 素 を 国 グループ 別 ジェンダー 別 に 示 したものである 無 給 労 働 を 考 慮 に 入 れると 男 女 間 の 労 働 時 間 に 大 きな 較 差 があることが 分 かる 有 給 労 働 については 全 ての 国 において 男 性 は 女 性 より 長 く 働 いているが 有 給 および 無 給 労 働 を 合 わせると 実 際 は 女 性 のほうが 長 く 働 いているのである

13 図 表 3-12 国 グループ 性 別 週 当 たり 労 働 時 間 構 成 要 素 指 標 ( 上 が 男 性 下 が 女 性 ) ( 単 位 : 時 間 ) 北 欧 諸 国 アイルランド イギリス 大 陸 諸 国 南 欧 諸 国 東 欧 諸 国 ブルガリア ルーマニア トルコ クロアチア スイス ノルウェー EU27 カ 国 平 均 労 働 時 間 構 成 要 素 の 指 標 は パートタイム 労 働 についても 面 白 い 発 見 をもたらした パー トタイム 労 働 は 労 働 者 が 労 働 生 活 と 労 働 以 外 の 責 任 のバランスを 取 りやすいということで しばしば 家 族 に 優 しい 働 き 方 として 推 奨 される しかし 数 値 が 示 しているように 無 給 労 働 に 費 やされている 時 間 は 男 女 間 で 大 きな 隔 たりがある 男 性 と 女 性 は パートタイム 労 働 により 生 み 出 された 余 剰 の 時 間 を どのように 費 やすのだろうか 図 表 3-13は EU27カ 国 におけるフルタイム パートタイム 労 働 者 の 労 働 時 間 構 成 要 素 の 男 女 別 の 比 率 を 示 している ある 程 度 予 想 はしていたものの この 結 果 はショッキン グだ 男 性 のパートタイム 労 働 者 は 女 性 のフルタイム 労 働 者 より 無 給 労 働 に 費 やしている 時 間 が(7.2 時 間 ) 短 い 一 方 女 性 のパートタイム 労 働 者 は パートタイム 労 働 により 生 まれた 余 剰 の 時 間 を 無 給 労 働 のために 費 やしている( 時 間 数 だけに 言 及 しているが パート

14 タイム 労 働 は 賃 金 やキャリアとも 無 関 係 ではない) 平 均 的 にみて 女 性 のパートタイム 労 働 者 の 無 給 労 働 と 有 給 労 働 の 比 率 は1.5:1だが 男 性 のパートタイム 労 働 者 は1:3であ る また もし 有 給 と 無 給 労 働 を 併 せて 考 えると 女 性 のパートタイム 労 働 者 は 男 性 のフ ルタイム 労 働 者 よりも 長 く 働 いていることになる( 前 者 が56 時 間 に 対 して 後 者 は54 時 間 ) 女 性 のフルタイム 労 働 者 の 総 労 働 時 間 はさらに 長 く 週 65 時 間 を 超 えている 図 表 3-13 EU27カ 国 におけるフルタイム パートタイム 労 働 者 の 男 女 別 労 働 時 間 比 率 ( 単 位 : 時 間 ) パートタイム 男 性 女 性 フルタイム 男 性 女 性 2.ワーク ライフ バランス 本 調 査 においては 労 働 時 間 ( 家 庭 責 任 育 児 介 護 レジャー ボランティアおよび 政 治 活 動 などの) 労 働 以 外 の 活 動 に 費 やす 時 間 など 時 間 の 使 い 方 に 関 する 広 範 囲 なデータを 収 集 するとともに 家 族 的 および 社 会 的 責 任 と 仕 事 を 両 立 するための 方 法 に 関 する 人 々の 認 識 を 調 査 している (1)ワーク ライフ バランスに 対 する 満 足 度 本 調 査 では 自 分 の 仕 事 と 仕 事 以 外 の 家 族 的 社 会 的 責 任 との 両 立 性 はどうか? とい う 質 問 に 対 して 回 答 者 に( 非 常 に 満 足 満 足 やや 不 満 不 満 )の 四 者 択 一 で 回 答 さ せている この 結 果 欧 州 の 労 働 者 の5 人 に1 人 は 仕 事 と 仕 事 以 外 の 責 任 の 両 立 性 に 満 足 していることが 分 かった EU の 旧 加 盟 国 (EU15)は 2000 年 の 前 回 調 査 とほぼ 同 じ 結 果 であったが ブルガリアとルーマニアを 含 む 新 たな 加 盟 国 では 満 足 している 比 率 が5% 低 下 した( 図 表 3-14 参 照 ) 全 体 的 には 満 足 という 回 答 が 多 い(EU 全 体 では80% 超 ) ワーク ライフ バランスに 大 きな 影 響 を 与 える 要 因 は 労 働 時 間 である より 長 く 働 いていれば 仕 事 と 仕 事 以 外 の 活 動 の 調 和 を 図 ることは より 難 しくなる 週 30 時 間 未 満 の 労 働 時 間 である 者 においては ワーク ライフ バランスの 満 足 度 が 非 常 に 高 い(85% 以 上 )が 週 45 時 間 を 超 える 労 働 をしている 者 の45% 超 は 自 分 たちの 労 働 時 間 と 家 族 的 社 会 的 責 任 が 両 立 できていな

15 いと 感 じている( 図 表 3-15 参 照 ) 国 別 に 見 ると ワーク ライフ バランスに 満 足 していないが11%のノルウェイ オー ストリアから40%のギリシャまで かなりバラつきがある( 図 表 3-16 参 照 )が ( 回 答 者 の 主 要 な 仕 事 における) 週 平 均 労 働 時 間 とワーク ライフ バランスとの 明 確 な 関 係 が 確 認 された 表 3-14 ワーク ライフ バランの 満 足 度 の 推 移 ( 単 位 :%) 表 3-15 EU27カ 国 におけるワーク ライフ バランスの 満 足 度 労 働 時 間 数 別 ( 単 位 :%)

16 図 表 3-16 ワーク ライフ バランスの 満 足 度 国 週 労 働 時 間 別 ( 単 位 :% 時 間 ) ジェンダー 間 の 差

17 調 査 の 結 果 働 く 女 性 は 無 給 の 家 事 および 育 児 介 護 活 動 にも 過 剰 に 縛 られていること を 示 唆 する 確 証 が 見 つかった ワーク ライフ バランスに 関 する 論 議 は 働 く 女 性 に 対 す る 大 きな 圧 力 となっている しかしながら ワーク ライフ バランスについては 男 性 の 方 が 女 性 より 不 満 が 高 いという 結 果 は 興 味 深 い この 予 想 外 の 結 果 は 週 労 働 時 間 および 男 女 の 労 働 時 間 の 在 り 方 の 相 違 に 起 因 するのだろう 一 般 的 に パートタイム 労 働 者 は ワー ク ライフ バランスに 対 する 満 足 度 は フルタイム 労 働 者 より2 倍 高 い 女 性 にはパート タイム 労 働 者 が 多 く 男 性 には 少 ないということが 働 く 男 女 間 のワーク ライフ バラン スに 対 する 満 足 度 の 違 いの 原 因 となっているのだろう しかしながら フルタイム 労 働 者 だ けに 限 ってみても 男 性 の 方 が 女 性 より 少 し 不 満 が 大 きい( 男 性 25%: 女 性 20%) (2) 働 く 両 親 16 歳 未 満 の 子 を 持 ちながら 働 いている 両 親 に 焦 点 を 当 てると 男 女 間 の 差 は さらに 大 きくなる 図 表 3-17が 示 すように 働 く 父 親 たちの 自 分 たちのワーク ライフ バラン スに 対 する 不 満 は 働 く 母 親 たちよりも 大 きい( 父 親 27%: 母 親 18%) 図 表 3-17 ワーク ライフ バランスの 満 足 度 男 女 別 被 扶 養 者 の 有 無 別 ( 単 位 :%) ワークライフバランス に 対 する 満 足 度 16 歳 未 満 の 子 なし 男 性 16 歳 未 満 の 子 あり 16 歳 未 満 の 子 なし 女 性 16 歳 未 満 の 子 あり 非 常 に 満 足 満 足 やや 不 満 不 満 週 労 働 時 間 数 については 男 女 のパートタイム 労 働 者 間 で 大 きな 差 があり 働 く 両 親 の 中 でもジェンダーのギャップが 大 きいことが 分 かる 男 性 のパートタイム 労 働 者 は 一 般 的 に 少 ないが 図 表 3-18が 示 すように パートタ イム 労 働 者 の 中 では 子 どもがいない 男 性 の 方 が 子 どものいる 男 性 より2 倍 も 多 い(9%: 4%) これとは 対 照 的 に 子 を 持 つ 女 性 はパートタイム 労 働 をしている 場 合 が 多 い これは 父 親 がフルタイムで 働 き 母 親 がパートタイムで 働 くという 1.5 人 労 働 世 帯 が 増 加 して いるというトレンドを 反 映 している

18 図 表 3-18 EU27カ 国 のパートタイム 労 働 者 の 比 率 性 別 家 族 構 成 別 ( 単 位 :%) また 働 く 父 親 は 親 としての 責 任 が 高 まるとともに 週 労 働 時 間 が 延 びる 傾 向 がある 16 歳 未 満 の 子 が 二 人 いる 父 親 は 子 どものいない 父 親 に 比 べて 毎 週 2 時 間 長 く 働 いてい る( 図 表 3-19 参 照 ) ただし さらに 家 族 責 任 の 重 い( 子 どもが3 人 以 上 いる) 父 親 たち は 子 ども 二 人 の 父 親 たちに 比 べて 週 労 働 時 間 はわずかに 短 くなっている 図 表 3-19 EU27カ 国 における 家 族 構 成 と 週 労 働 時 間 ( 単 位 : 時 間 ) 働 く 母 親 は 対 照 的 で 子 どものいない 女 性 より 働 いている 時 間 が 短 いが これは 働 く 母 親 はパートタイム 労 働 を 中 心 としていることに 起 因 している フルタイムで 働 いている 女 性 の 中 では 子 どもの 数 が 増 えるほど 週 平 均 労 働 時 間 は 長 くなっている 子 どものいる 男 女 の 週 労 働 時 間 のパターンが 様 々であることは ワーク ライフ バラン スに 対 する 満 足 度 のギャップを 反 映 している 働 いている 両 親 は 男 女 ともにワーク ライ フ バランスに 対 する 満 足 度 が 低 い 傾 向 があるが パートタイム 労 働 をしている 母 親 の 満 足

19 度 は それほど 低 くない より 長 く 働 いている 父 親 たちは 社 会 が 父 親 に 求 めている 家 庭 で の 役 割 がプレッシャーとなって(あるいはまた そのような 要 求 に 応 えられないフラストレ ーションから) 彼 らのワーク ライフ バランスに 対 する 不 満 が 大 きいのだろう (3) 家 事 労 働 力 への 女 性 の 参 加 は 拡 大 しているにもかかわらず 家 庭 における 男 女 間 の 伝 統 的 な 役 割 分 担 は 変 わっていない 本 調 査 により 育 児 家 事 料 理 などの 家 庭 責 任 を 果 たしている のは 圧 倒 的 に 女 性 だということが 確 認 された 労 働 時 間 に 記 述 したように これらの 無 給 労 働 と 有 給 労 働 の 双 方 に 費 やした 時 間 を 積 算 すれば 世 間 一 般 の 通 念 は 逆 転 するのである 平 均 的 には 有 給 労 働 においては 男 性 の 方 が 女 性 より 長 く 働 いているが 有 給 労 働 と 無 給 労 働 を 併 せれば 女 性 が 最 も 長 く 働 いているのである とりわけ25 歳 ~54 歳 の 女 性 は 有 給 労 働 と 無 給 労 働 の 双 方 に 同 じぐらいの 時 間 を 捧 げているというのが 女 性 のワーク ライ フ バランスなのである 一 方 男 にとっての 労 働 は 有 給 労 働 だけに 限 定 する 傾 向 が 強 い 図 表 3-20 週 当 たりの 無 給 労 働 時 間 ( 単 位 : 時 間 ) (4) 仕 事 と 仕 事 以 外 の 時 間 当 プロジェクトは(2005 年 の 調 査 から) 仕 事 以 外 の 生 活 に 影 響 を 及 ぼす 仕 事 に 関 する 調 査 を 始 めている 回 答 者 には 自 分 の 主 要 な 有 給 労 働 において 通 常 の 勤 務 時 間 以 外 の 勤 務 契 約 が 可 能 かどうか? を 質 問 した 過 去 5 年 間 の( 固 定 電 話 携 帯 電 話 ブロードバン ドによるインターネットやEメールなどの) 高 速 度 通 信 技 術 の 発 展 により 欧 州 の 人 々の 大 半 は そのような 雇 用 契 約 を 結 ぶことが 可 能 となった また 特 定 の 労 働 者 例 えば 監 督 者 や 自 営 業 者 などは 仕 事 と 仕 事 以 外 の 境 界 が 不 鮮 明 となっている しかし 一 方 で これらの 通 信 技 術 が さらに 働 くことを 可 能 としてしまい 密 かに 労 働 時 間 を 延 長 している これは 柔 軟 性 の 影 の 部 分 である また 通 常 の 勤 務 時 間 外 の 労 働 に 対 して 反 対 せず 勤 務 時 間 外 に 長 時 間 働 く 労 働 者 が 増 えていることがわかった( 図 表 3-21) ( 部 下 を 管 理 監 督 する) 管 理 職 層 は 他 の 労 働 者 よりも 通 常 の 勤 務 時 間 以 外 の 労 働 をす る 者 が 多 く 一 般 的 に 男 性 に 多 い( 図 表 3-22)

20 図 表 3-21 通 常 の 就 業 時 間 以 外 の 労 働 の 頻 度 週 平 均 労 働 時 間 別 ( 単 位 :%) 図 表 3-22 通 常 の 就 業 時 間 以 外 の 労 働 の 頻 度 職 責 別 性 別 ( 単 位 :%) (5) 働 き 方 のタイプ ワーク ライフ バランスの 認 識 に 影 響 を 与 えるもう 一 つの 要 因 は 就 業 時 間 の 定 期 性 および( 週 40 時 間 平 日 のみ 勤 務 という) 標 準 的 な 就 業 時 間 という 観 点 からの 就 業 時 間 の 在 り 方 である 定 期 的 に ( 夜 間 勤 務 週 末 勤 務 あるいは22 時 以 降 の 深 夜 勤 務 などの) 非 標 準 的 勤 務 をしている 者 の 満 足 度 は 低 い お 店 の 営 業 時 間 公 共 機 関 の 開 庁 時 間 学 校 の 授 業 時 間 などは 標 準 的 な 日 中 の 就 業 時 間 が 基 本 となっている したがって ワーク ライフ バランスの 観 点 から 最 適 な 就 業 時 間 は

21 平 日 の 日 中 の 標 準 的 な 時 間 帯 である この 時 間 帯 以 外 に 定 期 的 に 働 かなくてはならない 労 働 者 は ワーク ライフ バランスの 満 足 度 が 低 い とりわけ 定 期 的 に 夜 間 勤 務 をしている 者 の 満 足 度 は 低 い( 図 表 3-23 参 照 ) 図 表 3-23 ワーク ライフ バランスに 不 満 を 感 じている 者 就 業 形 態 別 ( 単 位 :%) 継 続 的 かつ 定 期 的 な 就 業 時 間 の 場 合 は ワーク ライフ バランスに 対 する 満 足 度 が 高 く 勤 務 の 時 間 帯 が 変 る 場 合 は 満 足 度 が 低 い つまり 週 当 たりの 労 働 日 数 や 1 日 の 労 働 時 間 が 変 るよりは 週 当 たりの 労 働 日 数 と 毎 日 の 労 働 時 間 が 一 定 な 方 を 好 むということだ 一 定 の 始 業 終 業 時 刻 を 誰 もが 好 んでいる 流 動 性 や 課 された 柔 軟 性 は 働 き 方 の 定 期 性 や 予 見 性 を 損 なうので ワーク ライフ

22 バランスの 観 点 からは 労 働 者 に 嫌 われている 企 業 側 は 営 業 時 間 を 延 長 したいと 望 んでい るなど 多 様 な 働 き 方 を 求 める 圧 力 があるにもかかわらず ( 平 日 労 働 で 日 中 の 週 40 時 間 労 働 標 準 的 な 勤 務 時 間 以 外 の 労 働 は 極 力 少 なくか 無 しという) 旧 態 依 然 とした 就 業 時 間 が 依 然 としてワーク ライフ バランスの 観 点 からは 望 ましいとみなされていることは 興 味 深 い 仕 事 と 仕 事 以 外 の 責 任 を 両 立 さえせるためには 柔 軟 性 より 定 期 性 の 方 が 重 要 だ と 考 えられているのである 就 業 時 間 が 流 動 的 な 労 働 者 は ワーク ライフ バランスに 対 する 満 足 度 が 低 い( 図 表 3-24 参 照 ) さらに 就 業 時 間 変 更 の 予 告 期 間 が 短 ければ 短 いほど 満 足 度 は 低 下 する そ のような 働 き 方 は 仕 事 以 外 の 時 間 の 使 い 方 を 制 限 するからであろう 集 団 的 な 始 業 終 業 時 刻 に 基 づく 就 業 時 間 管 理 は 通 常 は 古 くて 伝 統 的 な 製 造 業 で 使 用 さ れている 柔 軟 な 就 業 時 間 制 度 のメリットに 関 する 議 論 があるが 固 定 化 かつ 標 準 的 な 就 業 時 間 で 働 く 労 働 者 は 自 分 たちのワーク ライフ バランスに 対 して かなり 大 きな 満 足 度 を 示 していることは 興 味 深 い ( 例 えばフレックス 勤 務 など) 労 働 者 の 選 択 肢 を 増 やすような 柔 軟 性 については ワーク ライフ バランスの 観 点 から 支 持 する 者 が 多 い しかしながら 就 業 時 間 は 自 分 自 身 で 全 て 決 められる と 回 答 した 者 たちが 労 働 時 間 と 家 族 的 社 会 的 生 活 との 両 立 が 最 もできてい ないと 回 答 していることは 逆 説 的 である これらの 者 たちは 就 業 時 間 の 自 由 裁 量 という 点 では 最 も 力 を 持 つ グループであるが 長 時 間 労 働 などの 他 の 要 素 で 相 殺 されてしま っているのである 自 らの 就 業 時 間 を 自 由 に 決 められるはずの 自 営 業 者 は 被 雇 用 者 よりも 長 時 間 労 働 をしている これは ワーク ライフ バランスに 対 する 満 足 度 に 影 響 を 持 つの は 就 業 時 間 の 裁 量 権 ではなく 総 労 働 時 間 だという 主 張 を 裏 付 けている 図 表 3-24 就 業 時 間 変 更 の 通 知 時 期 によるワーク ライフ バランスの 満 足 度 ( 単 位 :%)

23 JILPT 資 料 シリーズ No. 41 欧 州 における 働 き 方 の 多 様 化 と 労 働 時 間 に 関 する 調 査 発 行 年 月 日 2008 年 5 月 31 日 編 集 発 行 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 東 京 都 練 馬 区 上 石 神 井 ( 編 集 ) 国 際 研 究 部 TEL: 印 刷 製 本 株 式 会 社 相 模 プリント C2008 JILPT * 資 料 シリーズ 全 文 はホームページで 提 供 しております (URL:http://www.jil.go.jp/)

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件 オーストリア 視 界 不 良 時 は 防 塵 で 頑 丈 な 箱 で 保 管 のこと 任 意 ドライバーは 市 街 地 や 高 速 道 路 において 故 障 に より 自 車 を 離 れざるを 得 ない 場 合 は 着 用 が 必 要 ベラルーシ けん 引 車 を 伴 う 自 動 車 お よび 特 殊 自 動 車 1 は 自 動 車 はすべて 救 急 セットの 車 載 が 必 須 ベルギー 乗 用

More information

日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 は 参 加 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みだった 日 本 は 成 人 力 調 査 の 読 解 力 が 上 位 3 レベルとなった 生 産 年 齢 (16~65

日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 は 参 加 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みだった 日 本 は 成 人 力 調 査 の 読 解 力 が 上 位 3 レベルとなった 生 産 年 齢 (16~65 日 本 主 な 問 題 点 日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 の 習 熟 度 は 参 加 国 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みであった 日 本 では 若 年 層 の 成 人 の 得 点 が この 分 野 で 平 均 以 下 であった 日 本 の 成 人 の 情 報 処 理 能 力 の 習 熟 度

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

シンポジウム「『女性と年金』~女性活躍と出産育児配慮の在り方を求めて~」

シンポジウム「『女性と年金』~女性活躍と出産育児配慮の在り方を求めて~」 シンポジウム 女 性 と 年 金 ~ 女 性 活 躍 と 出 産 育 児 配 慮 の 在 り 方 を 求 めて~ 日 時 : 平 成 27 年 11 月 26 日 ( 木 )14:00~17:00 会 場 : 東 海 大 学 校 友 会 館 海 外 における 女 性 への 年 金 上 の 配 慮 について 丸 山 桂 ( 成 蹊 大 学 経 済 学 部 教 授 ) ただ 今 ご 紹 介 にあずかりました

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

資 料 6 第 6 期 第 3 回 福 岡 市 男 女 共 同 参 画 審 議 会 ( 平 成 27 年 7 月 6 日 ) 男 女 共 同 参 画 に 関 するデータ 集 目 次 項 目 ページ 1 福 岡 市 の 人 口 推 移 と 推 計 人 口 (1985 年 ~2040 年 ) 1 2 福 岡 市 の 人 口 推 計 人 口 における 年 齢 構 造 の 変 化 (1985 年 ~2040

More information

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~ ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レポート 2016-02-05 配 偶 者 控 除 見 直 しについて ~ 家 計 の 可 処 分 所 得 への 影 響 ~ 経 済 研 究 部 研 究 員 薮 内 哲 (03)3512-1839 yabuuchi@nli-research.co.jp はじめに 現 在 政 府 は 所 得 税 改 革 に 向 けた 総 点 検 に 着 手 しており とりわけ

More information

閣議版-第3章

閣議版-第3章 第 節 日 本 的 雇 用 システムと 今 後 の 課 題 前 節 では 企 業 が 若 手 正 社 員 として 求 める 人 材 とは 何 かを 中 心 にみてきたが 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 大 きく 変 化 する 中 で 正 社 員 の 雇 用 システムも 変 化 を 求 められている 日 本 では 大 企 業 を 中 心 に 長 期 雇 用 やいわゆる 年 功 賃 金 という

More information

国 民 年 金 繰 上 げ 受 給 率 の 推 移 17 資 料 出 所 社 会 保 険 事 業 の 概 況 ( 社 会 保 険 庁 )

国 民 年 金 繰 上 げ 受 給 率 の 推 移 17 資 料 出 所 社 会 保 険 事 業 の 概 況 ( 社 会 保 険 庁 ) 満 額 でない 基 礎 年 金 等 の 受 給 権 者 無 年 金 者 が 生 じる 要 因 として 考 えられる 理 由 年 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 保 険 料 納 付 済 期 間 が 満 額 受 給 の 期 間 に 満 たないこと 昭 和 61 年 3 月 以 前 に 被 用 者 の 配 偶 者 であった 者 で 国 民 年 金 に 任 意 加 入 しなかった 者 この 場

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別 第 9 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 平 成 2 0 年 6 月 1 9 日 資 料 1-8 高 齢 者 雇 用 と 整 合 的 な 仕 組 み( 在 職 老 齢 年 金 等 )について 現 行 制 度 の 仕 組 み 趣 旨 在 職 老 齢 年 金 制 度 厚 生 年 金 の 適 用 事 業 所 に 勤 務 する70 歳 未 満 の 者 は 被 保 険 者 として 適 用 され

More information

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用 営 ViewPoint 相 談 海 外 派 遣 に 伴 う 社 会 保 険 労 働 保 険 の 取 扱 いの 留 意 点 松 田 由 員 部 東 京 室 市 本 進 治 部 大 阪 室 ビジネスの 国 際 化 が 益 々 進 展 する 経 営 環 境 のなか 中 小 中 堅 企 業 においても 社 員 を 海 外 派 遣 する 機 会 が 増 加 しています そこで 今 回 は 従 業 員 の 海

More information

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用 免 責 事 項 2016 年 4 月 7 日 知 財 情 報 研 究 会 欧 州 中 東 アフリカ 部 会 本 スライドは 記 載 事 項 についていかなる 保 証 をするものではなく 法 的 アドバイスを 提 供 するものではありません OVERVIEW 欧 州 単 一 特 許 統 一 特 許 裁 判 所 移 行 期 間 中 の 手 続 メリット デメリット 出 願 人 特 許 権 者 の 観 点

More information

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3 第 3 章 3 日 本 経 済 の 競 争 力 一 国 経 済 の 競 争 力 というのは 曖 昧 な 概 念 であるが ここでは そこに 立 地 する 企 業 が 成 長 できるような 環 境 を 提 供 する 力 であると 考 えてみよう そうした 定 義 の 下 では 競 争 力 のある 国 の 企 業 は 高 い 収 益 を 上 げているはずであり また 海 外 から 多 くの 直 接 投

More information

裁判所での法律相談センター広報について

裁判所での法律相談センター広報について 法 曹 人 口 問 題 に 関 する 各 会 員 の 現 状 及 び 意 見 等 の 調 査 回 答 受 付 期 間 平 成 22 年 1 月 14 日 ~4 月 28 日 回 答 数 173 名 総 会 員 数 ( 平 成 22 年 4 月 30 日 時 点 ) 486 名 回 答 率 35.59% 資 料 1 アンケート 結 果 についての 分 析 2 アンケート 結 果 (グラフによる 集 計

More information

ア 産 業 別 平 均 賃 金 男 女 計 の 平 均 賃 金 を 産 業 別 にみると 金 融 業, 保 険 業 が 346,180 ( 平 均 36.1 歳 勤 続 15.6 と 最 も 高 年 く ) 次 い で 建 設 業 の 329,446 ( 平 均 42.4 歳 勤 続 11.9 情

ア 産 業 別 平 均 賃 金 男 女 計 の 平 均 賃 金 を 産 業 別 にみると 金 融 業, 保 険 業 が 346,180 ( 平 均 36.1 歳 勤 続 15.6 と 最 も 高 年 く ) 次 い で 建 設 業 の 329,446 ( 平 均 42.4 歳 勤 続 11.9 情 平 成 21 年 中 小 企 業 賃 金 退 職 金 等 実 態 調 査 結 果 の 概 要 静 岡 県 産 業 部 就 業 支 援 局 労 働 政 策 室 1 調 査 目 的 本 調 査 は 県 内 の 主 要 産 業 に 属 する 中 小 企 業 の 賃 金 退 職 金 等 の 実 態 を 明 らかにすることにより 中 小 企 業 の 賃 金 労 務 改 善 に 役 立 てるとともに 労 働 行

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

<95F18D908F912E786477>

<95F18D908F912E786477> 参 考 鹿 児 島 県 民 の 生 活 意 識 実 態 調 査 等 の 結 果 平 成 23 年 3 月 28 日 目 次 I. 世 代 別 にみた 特 徴 と 課 題... 2 1. 20 歳 代... 2 2. 30 歳 代... 3 3. 40 歳 代... 5 4. 50 歳 代... 7 5. 60 歳 代... 8 6. 70 歳 以 上... 10 II. 就 業 形 態 別 にみた

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2094F190B38B4B8F418BC6914991F082CC94778C6930393234>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2094F190B38B4B8F418BC6914991F082CC94778C6930393234> 非 正 規 就 業 選 択 の 背 景 : 婚 姻 履 歴 と 就 業 意 識 * 兵 庫 県 立 大 学 横 山 由 紀 子 1.はじめに 2008 年 世 界 同 時 不 況 の 影 響 で 日 本 経 済 は 大 きな 打 撃 を 受 け その 影 響 は 雇 用 環 境 にも 大 きく 波 及 した その 結 果 近 年 増 加 し 続 けていた 非 正 規 従 業 員 はこれまでになく 厳

More information

鶴 見 大 学 紀 要 第 52 号 第 3 部 表 1. 高 校 卒 業 までの 教 育 幼 稚 園 小 学 校 中 学 校 小 計 高 等 学 校 合 計 公 立 64 万 円 308 万 円 229 万 円 601 万 円 252 万 円 853 万 円 私 立 147 万 円 623 万 円

鶴 見 大 学 紀 要 第 52 号 第 3 部 表 1. 高 校 卒 業 までの 教 育 幼 稚 園 小 学 校 中 学 校 小 計 高 等 学 校 合 計 公 立 64 万 円 308 万 円 229 万 円 601 万 円 252 万 円 853 万 円 私 立 147 万 円 623 万 円 鶴 見 大 学 紀 要, 第 52 号, 第 3 部,27 32,2015. 親 の 経 済 力 と 教 育 格 差 Economic power and Education disparity by Parents * 上 田 衛 Mamoru UEDA はじめに 短 期 大 学 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 変 貌 を 遂 げつつある 短 期 大 学 といえば 女 性 の 永 久 就

More information

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に 第 192 回 産 業 セミナー 社 会 保 障 の 公 的 負 担 現 状 と 課 題 前 川 聡 子 財 政 社 会 保 障 制 度 研 究 班 研 究 員 経 済 学 部 教 授 はじめに 野 田 政 権 発 足 後 社 会 保 障 財 源 の 確 保 を 目 的 とした 消 費 税 増 税 を 実 現 する 方 向 で 議 論 が 着 々 と 進 められている 既 に 消 費 税 ( 国 税

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

参 考 資 料 多 様 就 業 型 ワークシェアリング 短 時 間 正 社 員 制 度 導 入 マニュアル 厚 生 労 働 省 あなたの 会 社 では こんなことでお 困 りではないですか 家 庭 の 事 情 などにより 優 秀 な 従 業 員 が 辞 めてしまい 定 着 しない 労 働 時 間 が

参 考 資 料 多 様 就 業 型 ワークシェアリング 短 時 間 正 社 員 制 度 導 入 マニュアル 厚 生 労 働 省 あなたの 会 社 では こんなことでお 困 りではないですか 家 庭 の 事 情 などにより 優 秀 な 従 業 員 が 辞 めてしまい 定 着 しない 労 働 時 間 が 飯 島 賢 二 の 恐 縮 ですが 一 言 コラム 第 317 回 ワークシェアリングの 可 能 性 短 時 間 正 社 員 制 度 2009.6.21 昨 今 の 経 済 状 況 と 就 業 意 識 の 多 様 化 を 背 景 に 従 来 の 正 社 員 パート アルバイトという 終 業 型 以 外 に 色 々な 就 業 パターンが 登 場 している まず 小 生 なりに 従 来 の 就 業 パターンの

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年 2009 年 5 月 18 日 発 行 増 加 が 見 込 まれる 低 年 金 者 ~ 早 急 な 実 施 が 求 められる 低 年 金 対 策 ~ 要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超

More information

資 料 3 第 4 回 日 本 の 稼 ぐ 力 創 出 研 究 会 雇 用 システム 改 革 事 務 局 説 明 資 料 2014 年 6 月 10 日 経 済 産 業 省 経 済 産 業 政 策 局 ( ) 本 分 析 における 試 算 は 一 定 の 仮 定 を 置 いて 推 計 を 行 ったものであり 種 々の 不 確 実 性 に 鑑 み 相 当 程 度 の 幅 を 持 って 理 解 される

More information

増 加 するということが 問 題 となった 最 終 的 に 負 担 増 を 緩 和 するため2 年 間 の 経 過 措 置 がとられることになったが この 問 題 は 税 と 社 会 保 険 料 との 調 整 の 問 題 を 浮 かび 上 がらせることになった このように 税 と 社 会 保 障 負

増 加 するということが 問 題 となった 最 終 的 に 負 担 増 を 緩 和 するため2 年 間 の 経 過 措 置 がとられることになったが この 問 題 は 税 と 社 会 保 険 料 との 調 整 の 問 題 を 浮 かび 上 がらせることになった このように 税 と 社 会 保 障 負 加 入 社 会 保 険 制 度 間 でみた 税 社 会 保 険 料 負 担 の 水 平 的 公 平 性 加 入 社 会 保 険 制 度 間 でみた 税 社 会 保 険 料 負 担 の 水 平 的 公 平 性 木 村 真 ( 北 海 道 大 学 公 共 政 策 大 学 院 特 任 助 教 ) 1.はじめに わが 国 では 高 齢 化 の 進 展 とともに 国 民 負 担 における 社 会 保 険 料

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

施 策 を 実 施 する 方 針 を 明 らかにしている 税 制 については 2014 年 11 月 7 日 に 政 府 税 制 調 査 会 により 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 の 構 築 をはじめとする 個 人 所 得 課 税 改 革 に 関 する 論 点 整 理

施 策 を 実 施 する 方 針 を 明 らかにしている 税 制 については 2014 年 11 月 7 日 に 政 府 税 制 調 査 会 により 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 の 構 築 をはじめとする 個 人 所 得 課 税 改 革 に 関 する 論 点 整 理 みずほインサイト 政 策 2014 年 11 月 27 日 働 き 方 に 中 立 的 な 税 社 会 保 障 へ 女 性 の 活 躍 促 進 に 向 けた 改 革 の 実 施 と 今 後 の 課 題 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 政 策 調 査 部 03-3591-1338 女 性 の 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 社 会 保 障 制 度 とするため

More information

210X297

210X297 Education at a Glance: OECD Indicators - 2004 Edition Summary in Japanese 図 表 でみる 教 育 OECD インディケータ(2004 年 版 ) まとめ 経 済 状 況 や 社 会 情 勢 の 変 化 に 伴 い 個 人 の 成 功 や 国 家 の 繁 栄 に 果 たす 教 育 の 役 割 はますます 重 要 になってきている

More information

Microsoft Word - 2014-04 French Economy_JP_.doc

Microsoft Word - 2014-04 French Economy_JP_.doc 海 外 駐 在 情 報 BTMU Focus, London Akiko Darvell 44-20-7577-1591 akiko.darvell@uk.mufg.jp April 11, 2014 経 済 の 成 長 力 低 下 懸 念 について < 要 旨 > 欧 州 経 済 が 緩 慢 ながらも 持 ち 直 し 傾 向 を 辿 るなか 経 済 の 低 調 さが 懸 念 材 料 のひとつとなっている

More information

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え

1. 広 島 市 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口 は 117 万 人 ( 平 成 22 年 国 調 )であり 全 国 11 位 昭 和 3 年 代 に 5 万 人 に 達 し 周 辺 市 町 村 との 合 併 により 市 域 の 拡 大 した 昭 和 6 年 には 1 万 人 を 超 え 215 年 1 月 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 中 国 支 店 株 式 会 社 日 本 経 済 研 究 所 総 務 本 部 経 営 企 画 部 人 口 減 少 時 代 における 広 島 都 市 圏 の 現 状 と 女 性 の 就 業 状 況 < 要 旨 > - 国 勢 調 査 にみる 人 口 動 向 を 中 心 に- 広 島 都 市 圏 の 人 口 動 向 広 島 市 の 人 口

More information

外 国 人 株 主 の 増 大 が 雇 用 と 配 当 に 及 ぼす 影 響 壷 内 慎 二 金 沢 星 稜 大 学 1.はじめに 日 本 の 株 式 市 場 では 1990 年 代 2000 年 代 を 通 じて 外 国 人 株 主 の 株 式 保 有 が 増 加 している 図 1 投 資 部 門

外 国 人 株 主 の 増 大 が 雇 用 と 配 当 に 及 ぼす 影 響 壷 内 慎 二 金 沢 星 稜 大 学 1.はじめに 日 本 の 株 式 市 場 では 1990 年 代 2000 年 代 を 通 じて 外 国 人 株 主 の 株 式 保 有 が 増 加 している 図 1 投 資 部 門 第 83 回 春 季 全 国 大 会 学 会 報 告 論 文 外 国 人 株 主 の 増 大 が 雇 用 と 配 当 に 及 ぼす 影 響 外 国 人 株 主 の 増 大 が 雇 用 と 配 当 に 及 ぼす 影 響 壷 内 慎 二 金 沢 星 稜 大 学 1.はじめに 日 本 の 株 式 市 場 では 1990 年 代 2000 年 代 を 通 じて 外 国 人 株 主 の 株 式 保 有 が 増

More information

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め 1 2010 学 習 院 大 学 2/7 文 問 1 下 図 の 空 欄 1~3に 適 する 国 際 経 済 組 織 名 をアルファベットを 用 いた 略 称 で 答 えなさい また, 空 欄 4 ~8に 適 する 加 盟 国 名 を 答 えなさい 解 答 用 紙 記 述 問 2 EEC に 対 抗 して 発 足 し た EFTA の 現 在 の 加 盟 国 は, 設 立 当 時 と 大 きく 異

More information

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い 水 道 事 業 経 営 に 関 する 各 指 標 の 説 明 (1) 事 業 の 概 要 普 及 率 (%) 現 在 給 水 人 口 行 政 区 域 内 人 口 100 平 均 有 収 水 量 (l) 一 日 平 均 有 収 水 量 現 在 給 水 人 口 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 率 (%) 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 累 計 額 有 形 固 定 資 産 のうち 償 却

More information

Microsoft Word - 文書 3

Microsoft Word - 文書 3 2 事 業 所 調 査 (1) 教 育 訓 練 の 実 施 状 況 1OFF-JTの 実 施 状 況 ( 図 11) 平 成 17 年 度 に 正 社 員 に 対 して OFF-JTを 実 施 した 事 業 所 は72.2%であった 業 種 別 にみると 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 89.4% 医 療, 福 祉 84.9% 金 融 保 険 業 84.4%が 高 い 一 方 教 育, 学 習

More information

Microsoft Word - F6_Research_Notes_1.doc

Microsoft Word - F6_Research_Notes_1.doc The study and analysis of the HK Local Female Talents: The reasons why they quit the Japanese Companies メイ ウォン Sino Education 要 旨 香 港 には 世 界 中 から 優 秀 な 人 材 が 集 まっている そして その 中 には これまで 学 んできた 日 本 語 を 生 かして

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7%

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 日 経済情勢 217 年 7 月 外務省 1 1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 21.8% 41.1% 中国 11.3% 32.8% 米国

More information

EUの東方拡大とその行方

EUの東方拡大とその行方 EU の 東 方 拡 大 とその 行 方 文 責 角 賢 二 0.はじめに 先 月 24 25 日 にブリュッセルで 開 かれた 首 脳 会 議 において 中 東 欧 地 中 海 諸 国 1 2カ 国 の 新 規 EU 加 盟 を12 月 のコペンハーゲン 首 脳 会 議 で 決 めることが 決 まった これ は 27ヶ 国 人 口 約 4 億 5 千 万 人 経 済 規 模 は GDP 約 10

More information

<82728271827281406E65777320814032312E318C8E8D86>

<82728271827281406E65777320814032312E318C8E8D86> SRS News Sharoushi Samejima News さめじま 社 会 保 険 労 務 士 事 務 所 1 月 号 ( 第 10 号 ) 発 行 日 : 平 成 20 年 12 月 20 日 裁 判 員 制 度 による 休 みは 有 給? 無 給? 企 業 としての 対 応 が 迫 られている 2009 年 5 月 から 始 まる 裁 判 員 制 度 一 般 市 民 が 司 法 に 参

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](平成26年)

「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](平成26年) 11 月 5 日 家 計 の 金 融 行 動 に 関 する 世 論 調 査 [ 二 人 以 上 世 帯 調 査 ] ( ) 1. 調 査 時 期 6 月 13 日 ( 金 )~7 月 22 日 ( 火 ) 2. 調 査 対 象 全 国 8, 世 帯 ( 世 帯 主 が2 歳 以 上 でかつ 世 帯 員 が2 名 以 上 の 世 帯 ) 3. 回 収 率 49.4% 4. 調 査 対 象 世 帯 の

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

Microsoft Word - 税金と資金繰りでトクするための開業チェックポイント.doc

Microsoft Word - 税金と資金繰りでトクするための開業チェックポイント.doc 税 金 と 資 金 繰 りでトクするための 開 業 チェックポイント 公 認 会 計 士 税 理 士 坂 口 会 計 事 務 所 #1. 開 業 のスタイルと 開 業 に 当 たって 気 をつけたい 税 金 個 人 事 業 と 会 社 どの 形 態 を 選 ぶか? まずは 個 人 事 業 と 会 社 のメリット デメリットを 簡 単 に 記 載 しておきます 個 人 事 業 メリット デメリット 経

More information

第3回 「仕事・会社に対する満足度」調査

第3回 「仕事・会社に対する満足度」調査 第 3 回 仕 事 会 社 に 対 する 満 足 度 調 査 2016 年 2 月 http://www.riskmonster.co.jp 1 調 査 の 概 要 1. 調 査 名 称 第 3 回 仕 事 会 社 に 対 する 満 足 度 調 査 2. 調 査 方 法 インターネット 調 査 3. 調 査 エリア 全 国 4. 期 間 2015 年 1 月 23 日 ( 土 )~1 月 24 日

More information

めに 男 性 が 積 極 的 に 育 児 に 参 加 する 必 要 がある そのための 方 法 の 1 つとして 育 児 休 業 制 度 の 活 用 がある 育 児 休 業 は 継 続 就 業 をしながら 育 児 に 関 わる 時 間 を 増 やす 手 段 として 有 効 であると 考 えられる 男

めに 男 性 が 積 極 的 に 育 児 に 参 加 する 必 要 がある そのための 方 法 の 1 つとして 育 児 休 業 制 度 の 活 用 がある 育 児 休 業 は 継 続 就 業 をしながら 育 児 に 関 わる 時 間 を 増 やす 手 段 として 有 効 であると 考 えられる 男 男 性 の 育 児 休 業 取 得 率 向 上 のための 方 策 ~ 成 功 した 企 業 の 事 例 を 参 考 に~ 石 島 修 平 小 此 木 綾 華 芳 賀 真 依 子 津 久 井 慧 1 はじめに 安 倍 政 権 は 3 本 の 矢 と 呼 ばれる 経 済 再 生 目 標 を 掲 げ そのうちの 成 長 戦 略 目 標 において 女 性 の 活 躍 推 進 を 挙 げている これは 女 性

More information

<接待ゴルフも仕事のうち?>

<接待ゴルフも仕事のうち?> 8 月 の 税 務 と 労 務 の 手 続 [ 提 出 先 納 付 先 ] 10 日 源 泉 徴 収 税 額 住 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 納 付 [ 郵 便 局 または 銀 行 ] 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 提 出 < 前 月 以 降 に 採 用 した 労 働 者 がいる 場 合 > [ 公 共 職 業 安 定 所 ] 労 働 保 険 一 括 有 期 事 業

More information

ボスアンケート 結 果 レポート(2/7) ボスの 分 類 会 社 で 成 果 UP アンケートにおける 選 択 肢 部 下 のワークライフバランス(WLB)は 無 視 してでも 会 社 の 成 果 を 圧 倒 的 に 出 す 上 司 当 レポートにおける 略 語 激 ボス イクボス 部 下 のワー

ボスアンケート 結 果 レポート(2/7) ボスの 分 類 会 社 で 成 果 UP アンケートにおける 選 択 肢 部 下 のワークライフバランス(WLB)は 無 視 してでも 会 社 の 成 果 を 圧 倒 的 に 出 す 上 司 当 レポートにおける 略 語 激 ボス イクボス 部 下 のワー ボスアンケート 結 果 レポート(1/7) 実 施 方 法 :WEBアンケート(NPO 法 人 ファザーリング ジャパン 及 び 関 連 団 体 にて 呼 びかけ) アンケート 期 間 :2015 年 3 月 23 日 ~4 月 3 日 有 効 回 答 数 207 名 ( 男 性 141 名 女 性 66 名 ) 目 的 : 会 社 等 に 勤 務 ( 会 社 等 を 経 営 )する 父 親 母 親

More information

目 次 調 査 の 概 要 1 就 学 前 児 童 用 調 査 結 果 1. 居 住 地 域 4 2. 子 どもと 家 族 の 状 況 5 3. 子 どもの 育 ちをめぐる 環 境 7 4-1. 母 親 の 就 労 状 況 8 4-2. 父 親 の 就 労 状 況 15 5. 定 期 的 な 教 育

目 次 調 査 の 概 要 1 就 学 前 児 童 用 調 査 結 果 1. 居 住 地 域 4 2. 子 どもと 家 族 の 状 況 5 3. 子 どもの 育 ちをめぐる 環 境 7 4-1. 母 親 の 就 労 状 況 8 4-2. 父 親 の 就 労 状 況 15 5. 定 期 的 な 教 育 四 日 市 市 子 ども 子 育 てに 関 する アンケート 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 0 目 次 調 査 の 概 要 1 就 学 前 児 童 用 調 査 結 果 1. 居 住 地 域 4 2. 子 どもと 家 族 の 状 況 5 3. 子 どもの 育 ちをめぐる 環 境 7 4-1. 母 親 の 就 労 状 況 8 4-2. 父 親 の 就 労 状 況 15 5. 定 期 的

More information

パートタイム 労 働 者 の 厚 生 年 金 雇 用 保 険 への 未 加 入 行 動 に 関 する 考 察 安 部 由 起 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 谷 村 孝 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 博 士 課 程 要 旨 本 稿 では パー

パートタイム 労 働 者 の 厚 生 年 金 雇 用 保 険 への 未 加 入 行 動 に 関 する 考 察 安 部 由 起 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 谷 村 孝 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 博 士 課 程 要 旨 本 稿 では パー Discussion Paper, Series B, No. 2007-71 パートタイム 労 働 者 の 厚 生 年 金 雇 用 保 険 への 未 加 入 行 動 に 関 する 考 察 安 部 由 起 子 谷 村 孝 子 2007 年 12 月 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 060-0809 札 幌 市 北 区 北 9 条 西 7 丁 目 パートタイム 労 働 者 の

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73>

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73> 標 準 報 酬 月 額 等 級 表 ( 厚 生 年 金 ) 標 準 報 酬 報 酬 月 額 厚 生 年 金 保 険 料 厚 生 年 金 保 険 料 率 14.642% ( 平 成 18 年 9 月 ~ 平 成 19 年 8 月 ) 等 級 月 額 全 額 ( 円 ) 折 半 額 ( 円 ) 円 以 上 円 未 満 1 98,000 ~ 101,000 14,349.16 7,174.58 2 104,000

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

1 法 の 適 用 に 関 する 通 則 法 における 規 律 (1) 失 踪 の 宣 告 の 国 際 裁 判 管 轄 ア 法 制 審 議 会 国 際 私 法 ( 現 代 化 関 係 ) 部 会 における 議 論 等 1 不 在 者 が 生 存 していたとされる 最 後 の 時 点 において 日 本

1 法 の 適 用 に 関 する 通 則 法 における 規 律 (1) 失 踪 の 宣 告 の 国 際 裁 判 管 轄 ア 法 制 審 議 会 国 際 私 法 ( 現 代 化 関 係 ) 部 会 における 議 論 等 1 不 在 者 が 生 存 していたとされる 最 後 の 時 点 において 日 本 国 際 裁 判 管 轄 法 制 ( 人 事 訴 訟 事 件 及 び 家 事 事 件 関 係 ) 部 会 資 料 4-3 検 討 課 題 失 踪 宣 告 不 在 者 財 産 管 理 事 件 第 1 失 踪 宣 告 関 係 事 件 1 裁 判 所 は, 失 踪 の 宣 告 に 関 する 審 判 事 件 ( 注 1)について, 不 在 者 等 ( 不 在 者 及 び 失 踪 者 ( 注 2)をいう 以 下

More information

160603 World Employment and Social Outlook 2016(EJ)

160603 World Employment and Social Outlook 2016(EJ) WORLD EMPLOYMENT SOCIAL OUTLOOK 2016 Transforming jobs to end poverty 世 界 の 雇 用 及 び 社 会 の 見 通 し 2016 仕 事 を 変 化 させて 貧 困 を 終 わらせる International Labour Office Geneva 要 旨 大 半 の 国 では 過 去 20 年 間 に 貧 困 が 減 少

More information

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~

高年齢者雇用促進への政府の取組 ~改正高年齢者雇用安定法の施行~ 高 齢 者 雇 用 の 現 状 と 対 策 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 開 発 部 高 齢 者 雇 用 対 策 課 山 下 禎 博 1 日 本 の 人 口 の 推 移 日 本 の 人 口 は 近 年 横 ばいであり 人 口 減 少 局 面 を 迎 えている 2060 年 には 総 人 口 が9000 万 人 を 割 り 込 み 高 齢 化 率 は40% 近 い 水 準 になると

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

女性の年金

女性の年金 日 本 年 金 学 会 シンポジウム 2013 年 11 月 9 日 ( 土 ) 働 く 女 性 のライフコースと 年 金 支 給 開 始 年 齢 ~ 働 く 女 性 のライフコースから 考 える 年 金 支 給 開 始 年 齢 ( 株 )TIMコンサルティング 取 締 役 原 佳 奈 子 論 点 提 示 2 働 く 女 性 に 関 する 制 度 関 連 とライフコースへの 影 響 等 ( 沿 革

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

Microsoft Word - energize letter_201208

Microsoft Word - energize letter_201208 ENERGIZE LETTER 2012 年 8 月 号 今 月 のトピック 税 務 労 務 会 計 平 成 23 年 度 の 消 費 税 の 税 制 改 正 益 税 メリットの 減 少 採 用 時 の 履 歴 書 に 偽 りが 入 社 後 に 判 明 した 場 合 の 企 業 対 応 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 その4 税 務 : 平 成 23 年 度 の 消 費 税

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

Ⅰ調査の概要160530

Ⅰ調査の概要160530 改 訂 第 2 次 うらやす 男 女 共 同 参 画 プラン 策 定 に 伴 う 調 査 報 告 書 ( 市 民 意 識 調 査 グループインタビュー 調 査 ) 2016( 平 成 28) 年 3 月 浦 安 市 第 1 編 市 民 意 識 調 査 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 方 法 と 回 収 状 況... 1 3. 調 査 項 目... 2 4.

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が 2016 年 6 月 22 日 BTMU Economic Brief, London 経 済 調 査 室 ロンドン 駐 在 情 報 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd Economic Research Office (London) Shin Takayama 髙 山 真 (shin.takayama@uk.mufg.jp) 英 国 の EU 離 脱 問

More information

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が みずほリポート 年 6 月 日 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 と 働 き 方 を 巡 る 問 題 本 稿 では 貯 蓄 残 高 がゼロまたは 少 ない 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 に 焦 点 をあて 働 き 方 との 関 わりや 無 貯 蓄 低 貯 蓄 克 服 の 手 段 としての 共 働 きの 有 効 性 を 考 察 した 働 き 方 との 関 わりを 見 ると 勤

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター 2016 年 6 月 30 日 経 済 レポート EU 離 脱 で 危 機 に 瀕 するロンドン 国 際 金 融 センター ~7 万 人 の 雇 用 が 英 国 から 移 転 し バーゼル 規 制 の 行 方 にも 影 響 か~ 調 査 部 主 席 研 究 員 廉 了 英 国 (ロンドン)は 米 国 (ニューヨーク)と 並 び 金 融 取 引 を 多 く 抱 える 国 際 金 融 センターとして 圧

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

(発出)【rapid alert】「医薬品・医療機器等の回収について」の一部改正について

(発出)【rapid alert】「医薬品・医療機器等の回収について」の一部改正について 薬 食 発 0701 第 2 号 平 成 26 年 7 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 長 ( 公 印 省 略 ) 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 回 収 について の 一 部 改 正 について 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 又 は 医 療 機 器 ( 以 下 医 薬 品 医 療 機 器 等 と いう )の 回 収 については 薬

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

青 森 市 男 女 共 同 参 画 関 す 市 民 事 所 意 識 調 査 報 告 書 ( 平 成 23 年 7 月 調 査 ) 平 成 23 年 10 月 青 森 市 目 次 第 Ⅰ 部 調 査 概 要 1 第 1 章 調 査 実 施 概 要 3 1. 調 査 目 的 3 2. 調 査 設 計 3 3. 収 状 況 結 果 3 4. 調 査 項 目 4 5. 参 考 掲 載 調 査 概 要 5

More information

はじめに 本 報 告 書 は 2012 年 に 実 施 された OECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 ) 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA: Programme for International Student Assessment)のうち 国 際 オプ ションとして 実 施 された 問 題 解 決 能 力 の 国 際 調 査 結 果 を 基 に 日 本 にとって 特 に

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A> 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (T I M S S 2 0 1 1) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (TIMSS2011) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 平 成 24 年 12 月 Ⅰ 調 査 の 概 要 -----------------------------------------------------------

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081796A696E6A695F736569646F5F3031817A8ED088F582CC82E282E98B4382F088F882AB8F6F82B7906C8E9690A7937882CC90AE94F55F3131303631332E646F63> Ⅰ 人 事 制 度 の 整 備 は 現 状 把 握 から 1. 人 事 制 度 の 類 型 を 理 解 する 2. 人 事 制 度 は5つの 項 目 で 分 析 3. 人 件 費 が 経 営 に 与 える 影 響 4. 個 別 賃 金 の 分 析 を 行 う Ⅲ 基 準 定 義 の 明 確 化 で 社 員 のモチベーションが 向 上 1. 職 能 資 格 職 務 役 割 等 級 フレーム 例 2.

More information

第90回行政苦情救済推進会議資料

第90回行政苦情救済推進会議資料 1 審 議 資 料 (1) 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 の 支 給 要 件 である 交 通 費 の 取 扱 いの 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 申 出 要 旨 私 は 現 在 求 職 者 支 援 制 度 で 職 業 訓 練 を 受 けており 平 成 25 年 3 月 19 日 にハロー ワークへ 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )の 申 請 に 行

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

Microsoft PowerPoint - 10月15日参考資料

Microsoft PowerPoint - 10月15日参考資料 仕 事 と 育 児 の 両 立 1 資 料 6 目 次 現 状 女 性 雇 用 者 数 と 女 性 の 年 齢 階 級 別 就 業 率 4 第 1 子 出 生 年 別 にみた 第 1 子 出 産 前 後 の 妻 の 就 業 変 化 5 育 児 休 業 取 得 率 の 推 移 6 第 一 子 出 産 前 後 の 妻 の 継 続 就 業 率 育 児 休 業 利 用 状 況 7 女 性 の 継 続 就 業

More information

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1 墨 田 区 女 性 の 活 躍 推 進 のための 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 墨 田 区 目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達

More information

Microsoft Word -

Microsoft Word - 結 婚 妊 娠 出 産 育 児 に 関 する 意 識 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 文 京 区 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1. 調 査 目 的 3 2. 調 査 項 目 3 3. 調 査 設 計 3 4. 回 収 結 果 3 5. 報 告 書 の 見 方 3 Ⅱ 調 査 回 答 者 の 属 5 (1) 7 (2) 年 齢 7 (3) 同 居 者 8 (4) 現 在 の 暮

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

2/10 2007 年 版 の 白 書 では, 医 療 構 造 改 革 関 連 法 の 円 滑 な 施 行 や 都 道 府 県 の 各 種 計 画 の 策 定 作 業 にも 資 するよう, 医 療 構 造 改 革 の 内 容 を 解 説 するとともに, 今 後 の 日 本 の 医 療 の 進 むべき

2/10 2007 年 版 の 白 書 では, 医 療 構 造 改 革 関 連 法 の 円 滑 な 施 行 や 都 道 府 県 の 各 種 計 画 の 策 定 作 業 にも 資 するよう, 医 療 構 造 改 革 の 内 容 を 解 説 するとともに, 今 後 の 日 本 の 医 療 の 進 むべき 1/10 白 書 のポイント を 理 解 する 厚 生 労 働 白 書 少 子 化 社 会 白 書 国 民 生 活 白 書 青 少 年 白 書 高 齢 社 会 白 書 障 害 者 白 書 男 女 共 同 参 画 白 書 自 殺 対 策 白 書 ( :2009 年 1 月 8 日 掲 載 ) 白 書 ポイント 厚 生 労 働 白 書 ( 厚 生 労 働 省 ) 2007 年 版 厚 生 労 働 白 書

More information

改 案 の 具 体 的 内 容 (ポイント) 新 しい 年 制 度 の 格 所 得 例 年 ( 社 会 保 険 式 ): 職 種 を 問 わず 全 ての が 同 じ 制 度 に 加 し 所 得 が 同 じなら 同 じ 保 険 料 同 じ 給 付 最 低 保 障 年 ( 税 財 源 ): 齢 期 に

改 案 の 具 体 的 内 容 (ポイント) 新 しい 年 制 度 の 格 所 得 例 年 ( 社 会 保 険 式 ): 職 種 を 問 わず 全 ての が 同 じ 制 度 に 加 し 所 得 が 同 じなら 同 じ 保 険 料 同 じ 給 付 最 低 保 障 年 ( 税 財 源 ): 齢 期 に Ⅲ 年 金 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 が 雇 就 労 や の 選 択 に 影 響 3 低 年 無 年 者 の 存 在 4 年

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information

論 文 健 康 保 険 制 度 における 適 用 拡 大 の 影 響 と 課 題 増 えるなど 影 響 も 大 きく, 短 時 間 労 働 者 を 多 く 雇 用 している 流 通 業 界 等 を 中 心 に 適 用 拡 大 に 対 する 反 対 も 強 かった 2) また, 消 費 税 引 き 上

論 文 健 康 保 険 制 度 における 適 用 拡 大 の 影 響 と 課 題 増 えるなど 影 響 も 大 きく, 短 時 間 労 働 者 を 多 く 雇 用 している 流 通 業 界 等 を 中 心 に 適 用 拡 大 に 対 する 反 対 も 強 かった 2) また, 消 費 税 引 き 上 特 集 雇 用 の 変 化 と 社 会 保 険 健 康 保 険 制 度 における 適 用 拡 大 の 影 響 と 課 題 田 極 春 美 ( 三 菱 UFJ リサーチ&コンサルティング 主 任 研 究 員 ) 我 が 国 では, 国 民 皆 保 険 の 理 念 の 下, 原 則 としてすべての 国 民 が 公 的 医 療 保 険 制 度 に 加 入 し, 保 険 給 付 を 受 ける 公 的 医 療

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information