000★目次01★差替

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "000★目次01★差替"

Transcription

1

2 目 次 巻 頭 言 全 国 自 閉 症 者 施 設 協 議 会 会 長 五 十 嵐 康 郎 1 1. 研 修 スケジュール 4 2. 研 修 内 容 前 期 集 合 研 修 研 修 第 1 日 目 研 修 1: 親 として 専 門 家 に 期 待 すること 日 本 自 閉 症 協 会 ( 保 護 者 ) 理 事 今 井 忠 秦 野 インクルージョン 保 護 者 中 尾 佑 次 6 研 修 2: 発 達 障 害 の 特 性 理 解 日 本 発 達 障 害 ネットワーク 理 事 長 市 川 宏 伸 16 研 修 3: 虐 待 防 止 と 権 利 擁 護 厚 生 労 働 省 障 害 福 祉 課 地 域 生 活 支 援 推 進 室 虐 待 防 止 専 門 官 曽 根 直 樹 22 研 修 第 2 日 目 研 修 4: 発 達 障 害 福 祉 行 政 の 展 望 厚 生 労 働 省 障 害 福 祉 課 障 害 児 発 達 障 害 者 支 援 室 発 達 障 害 対 策 専 門 官 日 詰 正 文 33 研 修 5: 対 談 特 別 支 援 教 育 の 課 題 と 展 望 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 特 別 支 援 教 育 課 特 別 支 援 教 育 調 査 官 田 中 裕 一 日 本 自 閉 症 スペクトラム 学 会 事 務 局 長 寺 山 千 代 子 36 研 修 6: 発 達 障 害 支 援 の 現 状 と 課 題 発 達 障 がい 支 援 センター 連 絡 協 議 会 副 会 長 和 田 康 宏 47 研 修 7: 受 容 的 交 流 療 法 社 会 福 祉 法 人 嬉 泉 世 田 谷 区 発 達 障 害 相 談 療 育 センター センター 長 沼 倉 実 53

3 研 修 8: 構 造 化 された 指 導 や 支 援 のアイデア 横 浜 やまびこの 里 東 やまたレジデンス 支 援 課 長 西 尾 保 暢 61 研 修 第 3 日 目 研 修 9: 自 閉 症 支 援 の 基 礎 となるもの 全 国 自 閉 症 者 施 設 協 議 会 会 長 五 十 嵐 康 郎 66 研 修 10: 自 閉 症 児 への 動 作 法 愛 知 教 育 大 学 教 授 森 崎 博 志 77 後 期 集 合 研 修 研 修 第 1 日 目 研 修 1: 当 事 者 からのメッセージ 発 達 障 害 当 事 者 会 イイトコサガシ 代 表 冠 地 情 79 研 修 2: 発 達 障 害 における 応 用 行 動 分 析 鳥 取 大 学 教 授 井 上 正 彦 85 研 修 第 2 日 目 研 修 3: 高 機 能 広 汎 性 発 達 障 害 PO 法 人 アスぺ エルデの 会 会 長 辻 井 正 次 研 修 4: 発 達 障 害 者 の 就 労 支 援 宇 都 宮 大 学 教 授 梅 永 雄 二 97 研 修 5: アセスメントの 力 を 高 めるためのスーパーバイザーの 役 割 と 事 例 検 討 の 進 め 方 大 正 大 学 教 授 近 藤 直 司 103 研 修 第 3 日 目 研 修 6: 発 達 障 害 を 巡 る 諸 問 題 一 般 社 団 法 人 日 本 自 閉 症 協 会 会 長 山 崎 晃 資 119

4 3. 実 務 研 修 報 告 125 ( 社 福 ) 侑 愛 会 星 が 丘 寮 ( 社 福 )はるにれの 里 札 幌 市 自 閉 症 支 援 センター ゆい ( 社 福 ) 梅 の 里 障 害 者 支 援 施 設 あいの 家 ( 社 福 )けやきの 郷 初 雁 の 家 ( 社 福 ) 菜 の 花 会 しもふさ 学 園 ( 社 福 ) 嬉 泉 嬉 泉 福 祉 交 流 センター 袖 ヶ 浦 ( 社 福 ) 正 夢 の 会 昭 島 生 活 実 習 所 ( 社 福 ) 川 崎 市 社 会 福 祉 事 業 団 障 害 福 祉 サービス 事 業 川 崎 市 くさぶえの 家 ( 社 福 ) 横 浜 やまびこの 里 東 やまた 工 房 ( 社 福 ) 檜 の 里 自 閉 症 総 合 援 助 センターあさけ 学 園 ( 社 福 )めひの 野 園 うかさ 寮 ( 社 福 ) 北 摂 杉 の 子 会 萩 の 杜 ( 社 福 )あかりの 家 あかりの 家 ( 社 福 ) 三 気 の 会 三 気 の 里 ( 社 福 ) 萌 葱 の 郷 自 閉 症 総 合 援 助 センター めぶき 園 4.アンケート 集 計 結 果 修 了 者 名 簿 203

5 巻 頭 言 全 国 自 閉 症 者 施 設 協 議 会 会 長 五 十 嵐 康 郎 一 般 社 団 法 人 日 本 自 閉 症 協 会 全 国 自 閉 症 者 施 設 協 議 会 が 主 催 し 一 般 社 団 法 人 日 本 発 達 障 害 ネットワーク 日 本 自 閉 症 スペクトラム 学 会 発 達 障 害 者 支 援 センター 全 国 連 絡 協 議 会 の 後 援 協 力 による 平 成 26 年 度 発 達 障 害 支 援 スーパーバイザー 養 成 研 修 ( 日 本 財 団 助 成 事 業 )を 完 了 し ましたので 報 告 いたします 日 本 では 教 育 や 福 祉 の 現 場 でのスーパービジョンがなおざりにされ 理 解 不 足 や 間 違 った 支 援 の 結 果 二 次 障 害 が 生 じることも 少 なくありません そのため 発 達 障 害 児 者 への 支 援 を 行 う 発 達 障 害 者 支 援 センター 自 閉 症 関 係 施 設 職 員 及 び 発 達 障 害 児 者 の 医 療 保 健 福 祉 教 育 労 働 の 各 分 野 の 実 務 に 携 わり 実 務 経 験 のある 方 を 対 象 に 第 一 人 者 による 講 義 と 全 国 自 閉 症 者 施 設 協 議 会 加 盟 施 設 での 実 務 研 修 さらには 当 事 者 の 方 々への 支 援 や 事 例 研 究 を 通 して 関 係 機 関 団 体 及 び 地 域 の 核 となるスーパーバイザーを 養 成 することを 目 的 に 本 研 修 を 実 施 しました 大 分 県 では 発 達 障 がい 者 支 援 センター 連 絡 協 議 会 を 実 施 主 体 に 平 成 18 年 度 から 発 達 障 がい 者 支 援 専 門 員 養 成 研 修 を 実 施 しています 支 援 専 門 員 養 成 研 修 の 特 色 は 座 学 としての 講 義 にとど まらず 自 閉 症 専 門 施 設 早 期 療 育 機 関 支 援 学 校 医 療 機 関 等 の 視 察 自 閉 症 専 門 施 設 や 早 期 療 育 機 関 での 実 務 研 修 保 護 者 会 への 参 加 や 当 事 者 支 援 事 例 検 討 等 を 初 級 中 級 上 級 と3 年 間 かけて 学 びます 毎 年 30 名 の 募 集 定 員 を 大 きく 上 回 る150 名 前 後 の 受 講 申 し 込 みがあり 平 成 26 年 度 末 現 在 で161 名 の 支 援 専 門 員 が 誕 生 しました 受 講 者 は 福 祉 教 育 保 育 保 健 医 療 行 政 労 働 と 幅 広 く 高 校 や 大 学 の 教 職 員 の 受 講 もあります 養 成 研 修 修 了 者 で 生 涯 研 修 を 目 的 に 支 援 専 門 員 の 会 を 結 成 し 研 修 会 の 企 画 や 自 閉 症 啓 発 デー 等 の 諸 行 事 の 応 援 スーパーバイザー 派 遣 事 業 等 に 取 り 組 み HKの 取 材 を 受 けたり 厚 生 労 働 省 が 視 察 に 来 県 するなど 高 い 評 価 を 得 ています 年 々 支 援 専 門 員 が 誕 生 し 関 係 諸 機 関 に 発 達 障 害 支 援 専 門 員 が 増 え 続 けることで 発 達 障 害 理 解 と 支 援 の 質 と 関 係 機 関 連 携 が 飛 躍 的 に 向 上 することから 国 の 事 業 として 全 国 規 模 で 取 り 組 む ことを 提 案 してきましたが 実 施 に 至 らなかったことから 日 本 財 団 の 助 成 により スーパーバ イザー 養 成 研 修 を 実 施 する 運 びとなりました 前 期 後 期 集 合 研 修 各 3 日 間 ( 合 計 6 日 間 )の 集 合 研 修 と 全 国 自 閉 症 者 施 設 協 議 会 加 盟 法 人 の 中 から15 法 人 を 指 定 し 2 法 人 を 選 択 して4~5 日 間 ( 合 計 8~10 日 間 )の 実 務 研 修 を 受 け 当 事 者 団 体 への 支 援 を 経 験 し 全 ての 研 修 報 告 を 提 出 した 者 にスーパーバイザー 養 成 研 修 修 了 証 を 交 付 します

6 1 年 間 で20 日 間 程 度 の 研 修 に 参 加 し 20 本 以 上 の 報 告 書 の 提 出 を 義 務 付 けていることから かなりハードな 研 修 になっています 96 名 の 研 修 受 講 者 に 対 して 平 成 27 年 7 月 2 日 現 在 で 44 名 が 修 了 しました 集 合 研 修 は 当 事 者 親 行 政 マン 実 践 家 研 究 者 医 師 等 幅 広 い 立 場 の 方 からの 様 々な 視 点 理 念 実 践 方 法 論 を 前 期 後 期 合 わせて16コマの 講 義 と 演 習 を 行 いました 実 務 研 修 は 各 法 人 の 特 色 を 生 かして 講 義 視 察 実 務 研 修 を 行 いました 全 ての 集 合 研 修 の 講 義 と 実 務 研 修 に 対 して 大 変 参 考 になった と 参 考 になった を 合 わ せて90%を 超 える 受 講 者 の 高 い 評 価 を 得 ることができました 研 修 全 体 を 通 しての 記 述 には 日 程 がハードで 厳 しかったが 大 変 勉 強 になった 県 内 外 の 人 とのネットワークができた 中 身 の 濃 い 集 合 研 修 と 全 国 規 模 での 実 務 研 修 と 実 りの 多 い 研 修 だった 今 まで 受 けた 研 修 の 中 で 最 も 有 意 義 だった 修 了 者 が 参 加 できるステップアップ 研 修 フォローアップ 研 修 を 希 望 します 等 様 々な 意 見 がありました また 実 務 研 修 受 入 法 人 からも 支 援 を 見 直 す 良 い 機 会 と なった 職 員 にとって 良 い 学 びと 交 流 の 場 になった 等 の 感 想 が 寄 せられました 本 養 成 研 修 を 多 くの 人 が 求 めていること 発 達 障 害 理 解 支 援 の 質 向 上 と 関 係 機 関 連 携 の 決 定 打 となりうる ことを 再 確 認 しました 自 閉 症 を 始 めとする 発 達 障 害 の 二 次 障 害 や 強 度 行 動 障 害 の 予 防 と 改 善 は 発 達 障 害 の 支 援 に 携 わる 者 が 発 達 障 害 の 特 性 について 知 識 と 理 解 を 深 めるとともに 発 達 障 害 支 援 に 関 する 理 論 や 援 助 技 術 福 祉 サービスのあり 方 等 について 謙 虚 に 広 く 学 び ライフステージを 通 した 実 践 によっ て 研 鑽 し 続 けることが 求 められます 私 が 自 閉 症 支 援 に 携 わって44 年 が 経 ちましたが 昭 和 46 年 に 滝 乃 川 学 園 児 童 部 重 度 棟 に 勤 務 した 当 初 の 自 閉 症 児 は 自 傷 他 害 物 壊 し 飛 び 出 し 等 の 激 しい 行 動 障 害 を 伴 う 悲 惨 な 様 相 を 呈 していました その 原 因 は 施 錠 された 座 敷 牢 のような 劣 悪 な 環 境 と 支 援 者 が 定 着 しないため に 支 援 者 との 信 頼 関 係 が 成 立 していないことにありました 環 境 を 改 善 し 施 錠 を 撤 廃 し 日 中 活 動 を 提 供 し 毎 日 入 浴 や 外 出 機 会 を 設 け 教 育 権 の 保 障 に 取 り 組 むことで 行 動 障 害 が 改 善 され るとともに 生 活 面 や 情 緒 面 での 大 きな 成 長 がみられました 44 年 の 実 践 から 自 閉 症 支 援 の 基 本 は 安 全 で 清 潔 な 生 活 環 境 の 整 備 当 たり 前 の 生 活 を 実 現 すること 安 心 感 と 信 頼 関 係 に 基 づいて 支 援 すること スーパービジョンを 得 て 事 例 検 討 を 重 ねて 支 援 と 支 援 者 の 質 の 向 上 を 図 ること 個 人 プレーではなく チームとして 理 念 を 共 有 し 意 思 統 一 を 図 ることの 重 要 性 を 学 びました 先 駆 者 の 実 践 には 多 くの 学 びがあり 特 定 の 理 論 や 技 法 に 囚 われることはマイナスだというこ とをこれまでの 歴 史 が 証 明 しています 私 自 身 は セガンの 生 理 学 的 教 育 モンテッソーリ 教 育 糸 賀 一 雄 先 生 の 福 祉 の 思 想 や 発 達 保 障 理 論 行 動 療 法 受 容 的 交 流 療 法 動 作 法 TEACCプログラム 応 用 行 動 分 析 心 理 劇 等 々 様 々な 理 論 や 技 法 から 学 ぶと ともに 重 度 の 知 的 障 害 を 伴 う 自 閉 症 で 行 動 障 害 の 激 しい 人 への 支 援 に 取 り 組 んできましたが 現 在 も 不 勉 強 と 未 熟 さを 痛 感 しています 自 閉 症 療 育 や 行 動 障 害 への 支 援 にとって 環 境 調 整 と 構 造 化 は 重 要 ですが 環 境 調 整 や 構 造 化 で こと 足 りるものではありません 親 や 支 援 者 の 無 理 解 な 対 応 からの 拒 否 や 自 傷 他 害 物 壊 し 等 の 行 動 障 害 は 自 己 防 衛 と 考 えられます 彼 らの 行 動 と 行 動 の 背 景 を 読 み 解 きながら 愛 と 共 感 を 持 って 対 応 することが 重 要 です 支 援 者 は 様 々な 理 論 や 技 法 を 単 なる 知 識 に 留 めるのではなく 血 肉 化 し 実 際 の 生 活 や 支 援 の 場 面 で 即 興 的 に 支 援 者 としての 最 良 の 役 割 を 演 じることが 自 閉 症 療 育 の 神 髄 です これまで 様 々な 経 験 をしてまいりましたが 2 事 例 を 上 げたいと 思 います

7 食 事 中 に 鼻 糞 をつける 真 似 をして 相 手 が 嫌 な 顔 をしたり 叱 られることを 楽 しんでいる 利 用 者 がいました 私 が 隣 に 座 ると 鼻 糞 をつける 真 似 をしてきたので ペロリと 舐 める 真 似 をしたと ころ 鼻 糞 をつける 行 動 がなくなったばかりでなく 私 に 親 愛 の 情 を 示 すようになりました 彼 は 自 分 の 全 てが 受 け 入 れられたと 感 じたのだと 思 います 対 人 関 係 が 苦 手 で こだわりが 強 く 気 に 入 らないことがあると 大 暴 れする 利 用 者 がいました 臨 海 学 校 のプールで 手 をとり 合 って 潜 りっこ をするという 遊 びを 共 有 してから 友 情 の ような 関 係 が 生 まれました 彼 は どんな 時 にも 私 だけは 受 け 入 れてくれるようになり 落 ち 着 いて 暮 らせるようになりました 2 事 例 は 心 理 劇 やカウンセリング ミラーニューロン 等 の 様 々な 理 論 や 技 法 と 実 践 が 融 合 して 即 興 的 に 対 応 したものです 理 論 や 技 法 で 簡 単 に 説 明 がつくものではありません 支 援 者 として 生 計 を 立 てている 以 上 松 井 秀 喜 や 錦 織 圭 のようなプロ 意 識 を 持 たなければなりません プロとして 先 人 たちの 理 論 や 技 法 に 学 び 実 践 の 場 での 研 鑽 を 重 ね 人 格 を 磨 くことが 求 めら れています かなり 厳 しいことを 申 し 上 げたかもしれませんが 奥 深 く 困 難 であるからこそ 自 閉 症 を 始 めとする 発 達 障 害 支 援 の 醍 醐 味 があるのです 研 鑽 すればするほど 自 らの 未 熟 さを 知 り 無 限 の 可 能 性 が 開 けるのです 何 時 間 かの 座 学 やマニュアルで 自 閉 症 療 育 や 行 動 障 害 への 対 応 が 身 につくものではありませんし 本 養 成 研 修 も 自 閉 症 や 発 達 障 害 のほんの 一 部 を 学 ぶにすぎません 本 養 成 研 修 を 修 了 することでスーパーバイザーへのスタート 地 点 に 立 ったと 考 えるべきだと 思 い ます 本 養 成 研 修 を 重 ねて さらに 充 実 し 洗 練 されたものにすることで 発 達 障 害 の 理 解 者 とスー パーバイザーを 養 成 し 機 関 の 壁 を 超 えた 連 携 を 構 築 することで 全 ての 発 達 障 害 児 者 が 豊 か な 人 生 をおくることのできる 共 生 社 会 実 現 を 目 指 します 発 達 障 害 者 支 援 センターを 事 務 局 に 国 の 事 業 として 全 国 各 地 で 実 施 される 日 が 来 ることを 切 に 希 望 して 本 報 告 書 の 巻 頭 言 とします

8 平 成 26 年 度 発 達 障 害 支 援 スーパーバイザー 養 成 研 修 ( 日 本 財 団 助 成 ) 前 期 集 合 研 修 会 場 日 本 財 団 大 会 議 室 日 程 内 容 研 修 会 日 研 修 内 容 講 師 7 月 18 日 ( 金 ) 7 月 19 日 ( 土 ) 7 月 20 日 ( 日 ) 開 講 式 13:00~13:40 親 として 専 門 家 に 期 待 すること 13:40~14:40 発 達 障 害 の 特 性 理 解 14:50~15:50 虐 待 防 止 と 権 利 擁 護 16:00~17:00 交 流 会 17:30~19:30 発 達 障 害 福 祉 行 政 の 展 望 9:00~10:00 対 談 特 別 支 援 教 育 の 課 題 と 展 望 10:10~11:40 発 達 障 害 支 援 の 現 状 と 課 題 12:40~13:40 受 容 的 交 流 療 法 13:50~15:20 構 造 化 された 指 導 や 支 援 のアイデア 15:30~17:00 自 閉 症 支 援 の 基 礎 となるもの 9:00~10:30 自 閉 症 の 動 作 法 10:40~12:10 日 本 自 閉 症 協 会 ( 保 護 者 ) 理 事 今 井 忠 氏 秦 野 インクルージョン 保 護 者 中 尾 佑 次 氏 日 本 発 達 障 害 ネットワーク 理 事 長 市 川 宏 伸 氏 厚 生 労 働 省 障 害 福 祉 課 地 域 生 活 支 援 推 進 室 虐 待 防 止 専 門 官 曽 根 直 樹 氏 厚 生 労 働 省 障 害 福 祉 課 障 害 児 発 達 障 害 者 支 援 室 発 達 障 害 対 策 専 門 官 日 詰 正 文 氏 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 特 別 支 援 教 育 課 特 別 支 援 教 育 調 査 官 田 中 裕 一 氏 日 本 自 閉 症 スペクトラム 学 会 事 務 局 長 寺 山 千 代 子 氏 発 達 障 がい 者 支 援 センター 連 絡 協 議 会 副 会 長 和 田 康 宏 氏 社 会 福 祉 法 人 嬉 泉 世 田 谷 区 発 達 障 害 相 談 療 育 センター センター 長 沼 倉 実 氏 横 浜 やまびこの 里 東 やまたレジデンス 支 援 課 長 西 尾 保 暢 氏 全 国 自 閉 症 者 施 設 協 議 会 会 長 五 十 嵐 康 郎 氏 愛 知 教 育 大 学 教 授 森 崎 博 志 氏

9 平 成 26 年 度 発 達 障 害 支 援 スーパーバイザー 養 成 研 修 ( 後 期 集 合 研 修 ) < 会 場 > 日 本 財 団 大 会 議 室 ( 東 京 都 港 区 赤 坂 日 本 財 団 ビル) < 日 時 > 平 成 27 年 3 月 13 日 ( 金 ) 12:30~ 受 付 / 13:00~ 開 始 研 修 会 日 3 月 13 日 ( 金 ) 研 修 内 容 開 講 式 13:00~13:40 当 事 者 からのメッセージ 13:50~15:20 発 達 障 害 の 応 用 行 動 分 析 15:30~17:00 講 師 発 達 障 害 当 事 者 会 イイトコサガシ 代 表 冠 地 情 氏 鳥 取 大 学 大 学 院 教 授 井 上 雅 彦 氏 3 月 14 日 ( 土 ) 3 月 15 日 ( 日 ) 交 流 会 17:30~19:30 高 機 能 広 汎 性 発 達 障 害 PO 法 人 アスペ エルデの 会 9:30~11:00 会 長 辻 井 正 次 氏 発 達 障 害 の 就 労 支 援 宇 都 宮 大 学 11:10~12:40 教 授 梅 永 雄 二 氏 アセスメントの 力 を 高 めるためのス ーパーバイザーの 役 割 と 事 例 検 討 大 正 大 学 人 間 学 部 臨 床 心 理 学 科 の 進 め 方 教 授 近 藤 直 司 氏 13:40~17:00 発 達 障 害 を 巡 る 諸 問 題 一 般 社 団 法 人 日 本 自 閉 症 協 会 9:00~10:30 会 長 山 崎 晃 資 氏 研 修 報 告 10:40~12:00 主 催 者 修 了 式 ( 講 評 修 了 証 交 付 ) 12:00~12:30

10 前 期 集 合 研 修

11 印 刷 配 付 用 於 : 日 本 財 団 大 会 議 室 日 本 自 閉 症 協 会 全 国 自 閉 症 者 施 設 協 議 会 発 達 障 害 支 援 スーパーバイザー 養 成 研 修 親 として 専 門 家 に 期 待 すること 一 般 社 団 法 人 日 本 自 閉 症 協 会 理 事 今 井 忠 前 書 き a. 私 よりも 妻 ( 母 親 )のほうが 何 倍 も 苦 労 b. 本 人 に 日 常 的 にエンドレスで 接 していて 初 めて 大 変 さがわかる c. この 逃 げることのできない 仕 事 をどうしたら 少 し でも 面 白 いものにできるか d. 夫 婦 家 族 本 人 にとって 良 かったと 思 える 人 生 にしたい e. 周 囲 の 人 と 違 う 人 生 だが それも 面 白 い 私 の 息 子 a 年 2 月 生 まれ 23 歳 b. 生 後 すぐにダウン 症 + 知 的 障 害 と 告 げられた が その 後 自 閉 症 もあると 診 断 された c. 医 師 療 育 機 関 養 護 学 校 入 所 施 設 地 域 資 源 の 助 けがあった d. その 過 程 で 思 ってきたことをお 話 ししたい 3 経 過 まとめ a. ダウン 症 との 出 会 い 障 害 の 勉 強 b. 障 害 児 の 誕 生 稀 なことではないと 知 った c. 長 い 病 気 との 戦 い d. 母 親 の 負 担 e. 障 害 児 学 童 保 育 f. 東 京 に 転 居 東 京 の 異 質 さ g. 養 護 学 校 ( 将 来 のためというしごき) h. 強 度 行 動 障 害 自 閉 症 との 出 会 い i. 精 神 科 薬 の 難 しさ j. 入 所 施 設 利 用 k. 成 人 期 の 地 域 での 生 活 に 向 けて 4 関 わっていただいた 方 々 a. 医 師 小 児 科 医 精 神 科 医 b. 周 囲 親 やご 近 所 上 司 c. 北 九 州 市 立 総 合 療 育 センター d. 親 の 仲 間 e. 養 護 学 校 f. 児 童 入 所 施 設 g. 地 域 資 源 2. 専 門 家 について 5 6

12 議 論 の 前 提 として a. すべてのタイプの 自 閉 症 当 事 者 に 遭 遇 する 支 援 者 などいないと 思 う b. その 専 門 家 の 支 援 が 合 うタイプが 集 まる 合 わないタイプは 去 る c. なので 自 分 のやり 方 の 有 効 性 は 信 じつ つも 誰 にも 有 効 だと 思 ってはいけない 7 間 違 いやすい 認 識 a. 直 った 成 長 した そこに 慣 れただけ その 人 に 慣 れただけ b. 自 分 のやり 方 に 効 果 があった 一 要 因 に 過 ぎない そんな 単 純 なことではない c. 私 のほうが 専 門 家 でわかっている 日 ごろ 生 活 している 親 がつかんでいる 情 報 は 意 外 に 重 要 ただし よく 聞 き 分 けること 事 実 に 関 する 情 報 を 大 事 にすること d. もっと 任 せてくれたらというのは 危 険 信 号 思 い 上 がり 8 専 門 性 よりも 大 事 なこと 専 門 性 を 高 めたからといって 障 害 者 への 連 帯 感 が 育 つわけではない むしろ 専 門 家 は 治 療 効 果 が 期 待 できない 人 を 嫌 う 傾 向 を 持 つ 専 門 性 を 生 か せ た こ と が 嬉 し い 専 門 性 ( 専 門 家 ) 近 づかない? 人 間 性 ( 尊 厳 平 等 連 帯 ) 助 けたい 力 になってあげたい 尊 厳 平 等 連 帯 という 感 覚 を 醸 成 することのほうがじつは 難 しいのではないか 9 3. 支 援 論 〇 10 支 援 が 障 害 を 重 くするという 現 実 a. 生 来 の 障 害 ( 一 次 障 害 ) + b. 定 型 者 中 心 社 会 に 適 応 させようとする 支 援 が 二 次 的 な 障 害 を 生 む ( 二 次 障 害 ) + c. 医 療 : 向 精 神 薬 の 多 種 多 量 服 用 によって 精 神 身 体 症 状 が 生 じる( 薬 剤 性 三 次 障 害 ) 悲 惨! 11 人 の 幸 せに 関 わる 仕 事 で 陥 りやすいこと a. パターナリズム 支 援 者 の 幸 せ 観 を 押 し 付 けていないか b. いつの 間 にか 支 援 者 が 主 人 公 になっていな いか c. 過 去 成 功 したと 思 っている 方 法 にこだわっ ていないか d. 親 も 同 類 12

13 二 つの 考 え 方 受 容 教 育 訓 練 調 教 親 を 問 題 にすることについて 本 人 の 幸 せ 重 視 か 周 囲 との 折 り 合 い 重 視 か a. 親 を 問 題 にして 何 かが 解 決 するだろうか 発 達 障 害 児 者 個 性 を 尊 重 し 自 我 の 成 長 を 図 る 周 囲 が 求 めるタイプに する b. 親 は 支 援 者 や 医 者 と 異 なり 縁 が 切 れない c. 支 援 の 内 容 がそもそも 問 題 なのでは? d. 親 は 批 判 されると 疲 れる 批 判 を 避 ける お 子 さんのためという 親 教 育 はウンザリ e. 親 を 孤 立 させてはならない 親 の 味 方 になれ ば 親 は 変 わるし 子 も 変 わる 入 所 施 設 の 難 しさ マネジメントは 人 間 工 学 的 に 考 えると 至 難 a. 職 員 の 効 率 優 先 ( 根 源 ) 集 団 行 動 ( 水 場 ) 向 精 神 薬 etc b. 閉 鎖 性 ( 抑 制 力 が 効 かない) 地 域 的 人 的 地 域 コミュニティーと 隔 離 外 の 目 外 の 風 を 嬉 しいと 思 っているか 行 き 過 ぎた 自 己 完 結 c. 支 配 性 空 間 の 支 配 者 は 職 員? それとも 利 用 者? 自 分 の 空 間 がなくても 安 心 か d. 職 員 文 化 の 腐 敗 の 進 行 支 配 型 管 理 型 職 員 が 徐 々にはびこり 障 害 者 の 側 に 立 つ 職 員 はやがて 去 る トップも 重 宝 がる 辞 めた 職 員 からの 聞 き 取 りこそ 重 要 15 ありがとうございました 16

14 "#$%&'&$()!! $**$""!!!! "+!!!!, " "!! $! "!! % $!!!!!

15 !!! -!!!!!!, "-!!!!!./0$'! "#$, !!!! " +!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 67898:;!!!!!!!!!!!!!! 1/5!!!!!!!!!!!!!

16 !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

17 ! AB! $!,!$& "&!,&! %&!

18 CC! CC!!!!!! $&! "& 1D!!!! AB!,& E /F/,& E ABAB E!! %& E!! %&

19 ! %#!!! G!!!!!! $#!!!!!! %H$"!! I"!!!!!!!!!!! EE EEE EE!!!

20 ! J!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 検 討 結 果 報 告 平 成 15 年 9 月 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

内 容 : 虐 待 防 止 マニュアルについて その 人 らしく 生 きていくための 法 人 の 役 割 について 4 職 員 研 修 内 部 研 修 1 初 任 者 研 修 平 成 27 年 度 採 用 者 に 対 して 法 人 内 で 設 置 した 初 任 者 研 修 を 実 施 した また 外

内 容 : 虐 待 防 止 マニュアルについて その 人 らしく 生 きていくための 法 人 の 役 割 について 4 職 員 研 修 内 部 研 修 1 初 任 者 研 修 平 成 27 年 度 採 用 者 に 対 して 法 人 内 で 設 置 した 初 任 者 研 修 を 実 施 した また 外 第 1 回 理 事 会 評 議 員 会 議 案 第 1 号 平 成 27 年 度 事 業 報 告 平 成 26 年 に 国 が 批 准 した 障 害 者 権 利 条 約 に 基 づく 関 連 法 律 の 整 備 が 進 み 社 会 福 祉 法 人 に 課 せられた 責 務 の 見 直 しを 図 る 努 力 の 一 年 であった 障 害 を 持 つ 人 たちの 生 きづらさを 理 解 し 個 々 人

More information

Microsoft Word - 09投票区再編.doc

Microsoft Word - 09投票区再編.doc ( 参 考 ) 投 票 区 の 再 編 等 事 務 の 効 率 化 及 び 経 費 節 減 投 票 立 会 人 の 確 保 等 を 目 的 として 投 票 所 の 統 廃 及 び 投 票 所 閉 鎖 時 刻 の1 時 間 繰 り 上 げ( 各 総 支 所 管 内 の 投 票 区 ) 等 を 議 会 自 治 会 等 での 説 明 パ ブリックコメント 等 を 経 て 平 成 24 年 7 月 29 日

More information

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局 人 事 発 令 平 成 28 年 4 月 1 日 付 総 務 局 総 務 部 人 事 課 [ 局 長 級 ] 総 合 政 策 局 長 金 親 芳 彦 ( 市 民 局 長 ) 市 民 局 長 小 池 浩 和 ( 総 務 局 情 報 経 営 部 長 ) 保 健 福 祉 局 次 長 竹 川 幸 夫 ( 財 政 局 税 務 部 長 ) こども 未 来 局 長 山 田 啓 志 ( 総 務 局 市 長 公 室

More information

88

88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 87 88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 1 自 立 支 援 と 生 活 の 質 の 向 上 (1) 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活 用 生 活 に 関 する 不 安 の 解 消 や 寝 たきりにならないための 予 防 事 業 を 推 進 する 場 として 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活

More information

障 害 者 虐 待 防 止 法 の 施 行 平 成 24 年 10 1 から 障 害 者 虐 待 の 防 止 障 害 者 の 養 護 者 に 対 する 支 援 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 障 害 者 虐 待 防 止 法 といいます )が 施 され ました 障 害 者 虐 待 防 止 法 第

障 害 者 虐 待 防 止 法 の 施 行 平 成 24 年 10 1 から 障 害 者 虐 待 の 防 止 障 害 者 の 養 護 者 に 対 する 支 援 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 障 害 者 虐 待 防 止 法 といいます )が 施 され ました 障 害 者 虐 待 防 止 法 第 資 料 1 障 害 者 施 設 事 業 所 の 虐 待 防 止 と 対 応 について 平 成 28 年 1 22 森 県 健 康 福 祉 部 障 害 福 祉 課 障 害 者 虐 待 防 止 法 の 施 行 平 成 24 年 10 1 から 障 害 者 虐 待 の 防 止 障 害 者 の 養 護 者 に 対 する 支 援 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 障 害 者 虐 待 防 止 法 といいます

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

Microsoft Word - 配付資料

Microsoft Word - 配付資料 認 知 症 の 人 の 精 神 科 入 院 医 療 と 在 宅 支 援 のあり 方 に 関 する 研 究 会 配 付 資 料 海 上 寮 療 養 所 上 野 秀 樹 (1) 当 院 で 在 宅 生 活 を 送 られている 認 知 症 の 人 に 対 し 実 践 している 精 神 科 医 療 の 具 体 的 な 支 援 内 容 や 実 績 等 当 院 では 平 成 21 年 11 月 から 認 知 症

More information

最終_児童抄録20120920.indb

最終_児童抄録20120920.indb 第 1 日 目 10 月 31 日 ( 水 ) 第 1 会 場 1 階 淀 信 濃 第 2 会 場 3 階 コスモスホールⅠ 第 3 会 場 3 階 コスモスホールⅡ 第 4 会 場 3 階 穂 高 第 5 会 場 3 階 六 甲 評 議 員 会 受 付 開 始 ( ~) ~ 受 付 開 始 ( ~) 開 会 総 会 会 長 講 演 司 会 : 斉 藤 万 比 古 演 者 : 市 川 宏 伸 シンポジウム

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

障 害 者 福 二 祉 障 害 福 祉 サービス 事 身 体 障 害 者 福 祉 センター 地 域 活 動 支 援 センター 障 害 者 居 宅 介 護 事 所 谷 山 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 地 域

障 害 者 福 二 祉 障 害 福 祉 サービス 事 身 体 障 害 者 福 祉 センター 地 域 活 動 支 援 センター 障 害 者 居 宅 介 護 事 所 谷 山 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 鹿 児 島 市 心 身 障 害 者 総 合 福 祉 センター 地 域 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 8 年 4 月 日 現 在 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 市 法 人 名 社 会 福 祉 法 人 鹿 児 島 市 社 会 福 祉 協 議 会 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 89-8 鹿 児 島 県 鹿 児 島 市 山 下 町 5- 電 話 番 号 99 - - 67 FAX 番 号 99 - - 675 ホームペー ジアドレス 代 表 者

More information

供 した 例 がある しかし このような 船 舶 の 利 活 用 が 被 災 地 全 体 に 普 及 しなかったのは 活 用 可 能 な 船 舶 の 情 報 が 把 握 されていないことに 加 え 船 舶 において 医 療 活 動 を 実 施 すること 自 体 の 認 知 が 進 んでいなかったこと

供 した 例 がある しかし このような 船 舶 の 利 活 用 が 被 災 地 全 体 に 普 及 しなかったのは 活 用 可 能 な 船 舶 の 情 報 が 把 握 されていないことに 加 え 船 舶 において 医 療 活 動 を 実 施 すること 自 体 の 認 知 が 進 んでいなかったこと 自 分 を 守 る! ビジネスにつなげる! 社 会 貢 献 をする! 23 円 滑 な 医 療 体 制 を 構 築 している 例 事 例 番 号 174 兵 庫 県 内 の 大 学 と 医 療 団 体 海 事 団 体 で 災 害 時 医 療 支 援 船 構 想 推 進 協 議 会 設 立 取 組 主 体 災 害 時 医 療 支 援 船 構 想 推 進 協 議 会 取 組 の 実 施 地 域 兵 庫

More information

r0036.PAG (更新)

r0036.PAG (更新) 号 円 職 委会 URL http:// www.rise-rou-hei.info/wp/ - 京都港区新橋2 8 16 mail:rou_hei_rise@yahoo.co.jp -- 石田ビ4 会費 円 会期購読料 円 服 含雪洗流従 散 G 芝 社 相 昨 整 備 骨 膜 白 妊 娠 幼 児 遺 伝 診 闇 閉 勝 倍 権 統 処 投 万 群 港 ォ 州 デ ゴ 隻 車 両 百 台 投 震

More information

重要事項説明書

重要事項説明書 重 要 事 項 説 明 書 社 会 福 祉 法 人 敬 信 福 祉 会 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 あいの 里 竜 間 重 要 事 項 説 明 書 社 会 福 祉 法 人 敬 信 福 祉 会 当 施 設 は 介 護 保 険 の 指 定 を 受 けています 事 業 所 番 号 (2771900319) 当 施 設 はご 契 約 者 に 対 して 指 定 介 護 福 祉 施 設 サービスを

More information

社 会 福 祉 法 人 等 による 生 計 困 難 者 等 に 対 する 介 護 保 険 サービスに 係 る 利 用 料 負 担 軽 減 制 度 事 業 の 実 施 状 況 に 係 る 調 査 結 果 社 福 軽 減 制 度 を 実 施 していない( 認 定 証 発 行 業 務 及 び 助 成 業

社 会 福 祉 法 人 等 による 生 計 困 難 者 等 に 対 する 介 護 保 険 サービスに 係 る 利 用 料 負 担 軽 減 制 度 事 業 の 実 施 状 況 に 係 る 調 査 結 果 社 福 軽 減 制 度 を 実 施 していない( 認 定 証 発 行 業 務 及 び 助 成 業 全 国 青 年 経 営 者 会 平 成 23 年 度 メールニュース 6 平 成 24 年 2 月 29 日 号 発 行 責 任 者 久 木 元 司 編 集 責 任 者 土 山 徳 泰 http://www.zenkoku-skk.ne.jp/ 本 号 の 内 容 1. 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 が 開 催 される 2. 研 修 会 等 のご 案 内

More information

発達障害について

発達障害について 発 達 障 害 について 2008 5 4 デイケア 家 族 教 室 ハートクリニック 医 師 高 卓 士 生 まれながらの 可 能 性 個 性 18 歳 以 前 に 発 症 ことば 運 動 認 識 能 力 の 発 達 の 遅 れ/かたより 障 害 = 困 っている 発 達 障 害 の 分 類 広 汎 性 発 達 障 害 とは 広 汎 性 発 達 障 害 とは 自 閉 症 とその 周 りのもの 広

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

<908490698C7689E62E786477>

<908490698C7689E62E786477> 富 士 市 が 所 有 する 一 般 公 共 の 耐 震 対 策 推 進 計 画 平 成 28 年 7 月 富 士 市 富 士 市 が 所 有 する 一 般 公 共 の 耐 震 対 策 推 進 計 画 目 次 頁 富 士 市 耐 震 対 策 事 業 に 関 する 基 本 方 針 ( 抜 粋 ) 2 Ⅰ. 富 士 市 が 所 有 する 一 般 公 共 の 耐 震 性 能 に 係 るリスト Ⅱ. 富 士

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

第 1 章 <目的>

第 1 章 <目的> 市 民 の 安 全 のための 指 針 ( 平 成 24 年 3 月 ) 東 大 和 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 < 目 的 > 2 第 2 章 < 犯 罪 の 起 きにくいまちづくり> 2 第 3 章 < 児 童 等 の 安 全 確 保 > 4 第 4 章 < 民 間 事 業 者 によるまちの 安 全 確 保 > 6 第 5 章 < 高 齢 者 障 がい 者 女 性 の 安 全 確 保 >

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

長 崎 県 大 村 市 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 火 災 の 概 要 1 発 生 日 時 等 発 生 時 刻 : 平 成 18 年 1 月 8 日 2 時 19 分 頃 ( 推 定 ) 覚 知 時 刻 : 平 成 18 年 1 月 8 日 2 時 32 分 2 発 生 場 所 住 所

長 崎 県 大 村 市 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 火 災 の 概 要 1 発 生 日 時 等 発 生 時 刻 : 平 成 18 年 1 月 8 日 2 時 19 分 頃 ( 推 定 ) 覚 知 時 刻 : 平 成 18 年 1 月 8 日 2 時 32 分 2 発 生 場 所 住 所 社 会 福 祉 施 設 の 近 年 の 火 災 事 例 1 長 崎 県 大 村 市 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 火 災 の 概 要 1 発 生 日 時 等 発 生 時 刻 : 平 成 18 年 1 月 8 日 2 時 19 分 頃 ( 推 定 ) 覚 知 時 刻 : 平 成 18 年 1 月 8 日 2 時 32 分 2 発 生 場 所 住 所 : 長 崎 県 大 村 市 用 途 : 認

More information

設 広 報 誌 や 法 人 ホームページを 利 用 し 開 示 に 行 う 事 業 所 運 営 状 況 や 事 故 苦 情 情 報 についても 開 示 を 行 っている (5) 特 定 計 画 相 談 支 援 事 業 障 害 者 総 合 支 援 法 の 理 念 に 基 づき 障 害 者 特 定 相

設 広 報 誌 や 法 人 ホームページを 利 用 し 開 示 に 行 う 事 業 所 運 営 状 況 や 事 故 苦 情 情 報 についても 開 示 を 行 っている (5) 特 定 計 画 相 談 支 援 事 業 障 害 者 総 合 支 援 法 の 理 念 に 基 づき 障 害 者 特 定 相 1. 施 設 運 営 支 援 方 針 予 算 計 画 平 成 26 年 度 東 堀 切 くすのき 園 事 業 計 画 書 (1) 施 設 運 営 法 人 理 念 自 分 を 愛 するように あなたの 隣 人 を 愛 せよ の 具 現 化 のため 事 業 運 営 のさらなる 安 定 と 法 人 及 び 事 業 所 が 定 めた 経 営 目 標 に 従 い 利 用 者 支 援 サービスの 質 的 な 向

More information

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭

4/5 知 事 選 挙 4/15 知 事 決 戦 選 挙 4/12 参 議 県 移 47-1 昭 和 22 年 各 種 選 挙 集 計 表 綴 内 務 部 地 方 課 院 議 員 通 常 選 挙 4/12 衆 議 院 議 員 総 選 挙 4/30 県 議 会 議 員 総 選 挙 県 移 47-2 昭 県 移 22-1 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 一 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 16~17 4-1 一 覧 表 有 県 移 22-2 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台 帳 ( 二 ) 内 務 部 庶 務 課 昭 和 18~28 5-1 一 覧 表 有 県 移 22-3 大 正 11 年 度 ~ 昭 和 49 年 度 県 債 台

More information

【参考資料1】医療従事者等の認知症対応力向上支援事業」の実施状況

【参考資料1】医療従事者等の認知症対応力向上支援事業」の実施状況 参 考 資 料 9 医 療 従 事 等 の 認 知 症 対 応 力 向 上 支 援 事 業 の 実 施 状 況 について 事 業 概 要 医 療 従 事 等 の 認 知 症 対 応 力 向 上 支 援 事 業 は 地 方 独 立 行 政 法 人 東 京 都 健 康 長 寿 医 療 セン を 認 知 症 医 療 従 事 等 の 研 修 の 拠 点 として 位 置 づけ 都 内 の 認 知 症 ケアに

More information

団 体 名 事 業 名 貸 付 額 団 体 名 事 業 名 貸 付 額 田 柄 第 三 小 学 校 大 規 模 改 造 ( 校 舎 老 朽 ) 199,000 学 園 東 小 学 校 シャッター 改 修 2,500 練 馬 区 田 柄 第 三 小 学 校 大 規 模 改 造 ( 屋 内 運 動 場

団 体 名 事 業 名 貸 付 額 団 体 名 事 業 名 貸 付 額 田 柄 第 三 小 学 校 大 規 模 改 造 ( 校 舎 老 朽 ) 199,000 学 園 東 小 学 校 シャッター 改 修 2,500 練 馬 区 田 柄 第 三 小 学 校 大 規 模 改 造 ( 屋 内 運 動 場 Ⅰ 定 款 に 定 める 事 業 の 実 績 当 協 会 は 東 京 都 内 の 区 市 町 村 の 健 全 な 発 展 を 図 るために 市 町 村 振 興 宝 くじの 収 益 金 等 を 活 用 し 区 市 町 村 の 財 政 支 援 のための 貸 付 事 業 等 区 市 町 村 を 支 援 する 事 業 を 行 い もって 都 民 福 祉 の 増 進 に 資 することを 目 的 とし 度 は

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6>

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6> 働 省 告 示 が い 制 改 革 推 進 本 部 お け 検 討 踏 ま え て 保 健 祉 策 見 直 ま で 間 お い て た め 関 係 律 整 備 関 律 成 年 律 伴 い 並 び づ く 祉 サ ー ビ ス 及 び 準 該 当 祉 サ ー ビ ス 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 百 づ く 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 づ く 要 費 用 額

More information

本 当 のまちづくりということを 都 市 計 画 のところから 考 えないと 難 しいので はないか 〇 地 域 における 支 えあい 推 進 のための 会 議 について 家 事 援 助 等 の 支 援 を 行 っ ている 団 体 事 業 者 の 意 見 も 参 考 になるのではないか 〇 地 域

本 当 のまちづくりということを 都 市 計 画 のところから 考 えないと 難 しいので はないか 〇 地 域 における 支 えあい 推 進 のための 会 議 について 家 事 援 助 等 の 支 援 を 行 っ ている 団 体 事 業 者 の 意 見 も 参 考 になるのではないか 〇 地 域 差 替 保 健 福 祉 審 議 会 2014/6/19 第 5 回 介 護 地 域 包 括 ケア 部 会 資 料 3 第 4 回 介 護 地 域 包 括 ケア 部 会 までの 意 見 整 理 介 護 保 険 基 盤 整 備 について 〇 地 域 密 着 型 サービスの 基 盤 整 備 が 進 んでいない 公 有 地 の 有 効 活 用 やすでに 特 別 養 護 老 人 ホームを 運 営 している 法

More information

<87548F8788CA8C8892E890ED838A835883672E786C73>

<87548F8788CA8C8892E890ED838A835883672E786C73> 関 西 大 Ⅰ 1 6 辻 井 雄 佑 1 174 68 MF 関 西 大 学 第 一 高 : 大 阪 2 7 新 保 聡 太 朗 1 180 68 FW 市 立 尼 崎 高 : 兵 庫 3 11 中 村 祐 哉 2 172 63 MF 大 分 トリニータU-18: 大 分 4 15 石 黒 覚 大 3 176 68 DF 東 海 大 仰 星 : 大 阪 5 23 小 坂 翔 1 181 70 DF

More information

1 開かれた教育行政の推進

1 開かれた教育行政の推進 平 成 28 年 度 太 田 市 教 育 行 政 方 針 太 田 市 教 育 委 員 会 平 成 28 年 4 月 1 開 かれた 教 育 行 政 の 推 進 (1) 教 育 行 政 の 点 検 評 価 の 実 施 と 情 報 公 開 教 育 委 員 会 が 実 施 した 施 策 の 評 価 を 自 ら 行 い 学 識 経 験 者 の 意 見 を 付 し 作 成 する 点 検 評 価 の 報 告 書

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報 氏 名 医 療 施 設 名 団 体 名 学 会 名 所 属 ( 診 療 科 / 部 課 / 教 室 ) 役 職 名 相 川 竜 一 地 方 独 立 行 政 法 人 桑 名 市 総 合 医 療 センター 桑 名 南 医 療 センター 循 環 器 内 科 副 院 長 青 木 勇 日 本 赤 十 字 社 秋 田 赤 十 字 病 院 循 環 器 青 山 信 和 国 立 大 学 法 人 神 戸 大 学 医 学

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

4. 本 年 度 の 重 点 施 策 (1) 経 営 基 盤 及 び 経 営 組 織 の 強 化 1 法 人 本 部 及 び 施 設 運 営 機 能 の 充 実 と 組 織 の 見 直 し 課 長 職 等 の 配 置 医 務 室 の 設 置 2 経 営 陣 としての 理 事 会 活 動 の 充 実

4. 本 年 度 の 重 点 施 策 (1) 経 営 基 盤 及 び 経 営 組 織 の 強 化 1 法 人 本 部 及 び 施 設 運 営 機 能 の 充 実 と 組 織 の 見 直 し 課 長 職 等 の 配 置 医 務 室 の 設 置 2 経 営 陣 としての 理 事 会 活 動 の 充 実 社 会 福 祉 法 人 やまゆり 福 祉 会 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 1. 法 人 経 営 の 原 則 の 遵 守 当 法 人 は 平 成 25 年 度 事 業 を 執 行 するに 際 し 法 人 定 款 第 3 条 に 規 定 する 法 人 経 営 の 原 則 を 遵 守 する 法 人 定 款 ( 経 営 の 原 則 ) 第 3 条 当 法 人 は 社 会 福 祉 事 業 の 主

More information

平 成 27 年 度 同 愛 会 事 業 計 画 Ⅰ 法 人 の 理 念 人 生 ( 存 在 )への 支 援 援 助 Ⅱ 法 人 の 使 命 1 法 人 は 利 用 する 人 たちのQOL( 人 生 の 質 )を 高 める 仕 事 を 創 る 2 法 人 は 利 用 者 に 関 わる 人 たちのニー

平 成 27 年 度 同 愛 会 事 業 計 画 Ⅰ 法 人 の 理 念 人 生 ( 存 在 )への 支 援 援 助 Ⅱ 法 人 の 使 命 1 法 人 は 利 用 する 人 たちのQOL( 人 生 の 質 )を 高 める 仕 事 を 創 る 2 法 人 は 利 用 者 に 関 わる 人 たちのニー 平 成 27 年 度 総 合 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 同 愛 会 東 京 事 業 本 部 1 平 成 27 年 度 同 愛 会 事 業 計 画 Ⅰ 法 人 の 理 念 人 生 ( 存 在 )への 支 援 援 助 Ⅱ 法 人 の 使 命 1 法 人 は 利 用 する 人 たちのQOL( 人 生 の 質 )を 高 める 仕 事 を 創 る 2 法 人 は 利 用 者 に 関 わる 人

More information

柏市母子保健計画

柏市母子保健計画 第 4 章 参 考 1 策 定 の 経 過 (1) 検 討 経 過 日 程 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 母 子 保 健 専 門 分 科 会 内 容 平 成 27 年 5 月 1 日 ( 金 ) 第 1 回 (1) 柏 市 母 子 保 健 計 画 策 定 について (2) 柏 市 親 と 子 の 健 康 度 調 査 アンケートについて 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 火 ) 第 2 回

More information

年間行事

年間行事 第 1 章 自 主 防 災 組 織 とは 1. 自 主 防 災 組 織 の 必 要 性 東 海 地 震 を 含 む 南 海 トラフの 巨 大 地 震 等 から 自 分 や 家 族 の 命 を 守 るためには さまざまな 被 害 の 発 生 に 備 え 普 段 から 十 分 な 対 策 を 講 じておかなくてはなりません しかし ひとた び 大 地 震 が 発 生 すると 災 害 の 拡 大 を 防

More information

功 労 表 彰 (1) 自 治 部 門 6 名 ( 敬 称 略 : 順 不 同 ) 甲 田 久 男 上 紺 屋 町 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 され 武 井 純 雄 沢 田 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 さ

功 労 表 彰 (1) 自 治 部 門 6 名 ( 敬 称 略 : 順 不 同 ) 甲 田 久 男 上 紺 屋 町 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 され 武 井 純 雄 沢 田 自 治 会 長 として 地 域 自 治 の 振 興 と 発 展 に 尽 力 さ 特 別 表 彰 1 名 ( 敬 称 略 ) 金 子 宏 東 京 都 文 京 区 上 田 市 殿 城 出 身 < 学 術 研 究 に 関 する 主 な 功 績 > 長 野 県 上 田 高 等 学 校 を 卒 業 後 東 京 大 学 に 進 学 し 租 税 法 の 研 究 を 重 ねられ 租 税 法 を 独 立 した 法 分 野 に 発 展 させるとともに 地 方 税 法 に おいても 公 正 適 正

More information

Microsoft Word - DV基本計画(第2次)策定にあたっての提言.doc

Microsoft Word - DV基本計画(第2次)策定にあたっての提言.doc 蕨 市 配 偶 者 等 からの 暴 力 の 防 止 及 び 被 害 者 の 支 援 に 関 する 基 本 計 画 ( 第 2 次 ) 策 定 に 向 けての 提 言 平 成 27 年 10 月 26 日 蕨 市 男 女 共 同 参 画 推 進 委 員 会 蕨 市 における 配 偶 者 間 の 暴 力 防 止 および 被 害 者 支 援 の 方 向 性 について 趣 旨 配 偶 者 等 からの 暴 力

More information

ホペジ 先 先.. 情 局 情 局 募 集 シ ュ 操 常 中 疲 感 じ? 簡 単 ヨ ガ 心 シ ュ ょ! 毎 週 火 曜 階 広 文 階 和 室 女 性 程 費 無 託 児 約 容 効 果 香 楽 む マ テ ピ 取 簡 単 ヨ ガ 師

ホペジ  先 先.. 情 局 情 局 募 集 シ ュ 操 常 中 疲 感 じ? 簡 単 ヨ ガ 心 シ ュ ょ! 毎 週 火 曜 階 広 文 階 和 室 女 性 程 費 無 託 児 約 容 効 果 香 楽 む マ テ ピ 取 簡 単 ヨ ガ 師 ホペジ http://www.city.tamana.lg.jp 携 帯 話 ホペジ http://www.city.tamana.lg.jp/i ホペジ http://www.city.tamana.lg.jp 先 先.. 情 局 情 局 募 集 シ ュ 操 常 中 疲 感 じ? 簡 単 ヨ ガ 心 シ ュ ょ! 毎 週 火 曜 階 広 文 階 和 室 女 性 程 費 無 託 児 約 容 効 果

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5> 平 成 25 度 第 1 回 移 動 教 育 委 員 会 懇 談 会 発 言 要 旨 開 催 日 平 成 25 年 5 月 22 日 ( 水 ) 会 場 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 教 職 員 との 懇 談 会 14:40~15:30 参 加 者 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 班 長 主 幹 主 査 担 当 職 員 静 岡 県 教 育 委 員 会 教 育 委 員 会 教 育 委 員 長

More information

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 一 単 位 の 単 価 発 令 : 平 成 18 年 9 月 29 日 号 外 厚 生 労 働 省 告 示 第 539 号 最 終 改 正 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 改 正 内 容 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 [ 平 成 24 年 3 月 14 日

More information

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA>

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA> 1 臣 が め 位 価 ( 平 省 告 示 ( 傍 線 部 改 正 部 改 正 案 現 づ づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 づ 要 費 用 額 算 関 ( ( 平 省 告 示 平 省 告 示 臣 が め 位 価 ( 以

More information

② 教 育 指 導 課 教 職 員 指 導 係 校 長 副 校 長 主 幹 教 諭 研 修 会 等 実 施 状 況 (10.1.3) 委 員 会 研 修 会 名 回 数 人 数 実 施 年 月 日 研 修 内 容 道 徳 授 業 地 区 公 開 講 座 担 当 者 会 2 約 60 平 成 20 年 4 月 28 日 平 成 21 年 2 月 27 日 学 校 における 道 徳 授 業 の 充 実 について

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478> 総 合 診 療 専 門 プログラムについて 北 海 道 第 2 回 新 専 門 医 制 度 説 明 会 北 海 道 家 庭 医 療 学 センター 草 場 鉄 周 ( 日 本 専 門 医 機 構 総 合 診 療 専 門 医 に 関 する 委 員 会 ワーキンググループ メンバー) 総 合 診 療 専 門 医 養 成 の 背 景 ( 専 門 医 の 在 り 方 検 討 会 報 告 書 より) 1. 特

More information

Taro-第1~4-2.jtd

Taro-第1~4-2.jtd 第 8 章 保 健 医 療 福 祉 ( 介 護 )の 総 合 的 な 取 組 の 促 進 第 1 節 保 健 医 療 福 祉 ( 介 護 )の 連 携 ( 現 状 及 び 課 題 ) 保 健 医 療 福 祉 は 相 互 に 密 接 に 関 わっており 医 療 連 携 体 制 の 構 築 にあ たっても 疾 病 の 予 防 特 定 健 診 特 定 保 健 指 導 各 種 の 相 談 治 療 リハビ リテーション

More information

障害者保健福祉施策の基本的な方向

障害者保健福祉施策の基本的な方向 発 達 障 害 者 支 援 施 策 関 係 資 料 ~ 平 成 21 年 度 予 算 の 概 要 ~ 厚 生 労 働 省 Ⅰ ね ら い 発 達 障 害 の 定 義 と 発 達 障 害 への 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 に 対 する 生 活 全 般 にわたる 支 援 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 を 担 当 する 部 局 相 互 の 緊 密 な 連 携 の 確 保 Ⅱ 概 要

More information

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退 資 料 3の 参 考 2 平 成 27 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 平 成 27 年 度 国 有 財 産 監 査 の 結 果 について の 2 ページに 記 載 した の 主 な 内 容 を 別 に 表 しています 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理

More information

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて 学 校 防 災 マニュアル ( 修 正 版 ) 本 マニュアルは 平 成 24 年 3 月 に 全 面 改 定 した 学 校 防 災 マニュアルを 平 成 25 年 3 月 に 修 正 された 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 と 整 合 性 を 図 るため 平 成 25 年 6 月 に 一 部 修 正 したものである 平 成 25 年 6 月 目 黒 区 教 育 委 員 会 目 次 災 害 時

More information

2 神 戸 村 野 工 業 (3) 試 合 番 号 (H1) (1) 神 戸 村 内 野 佑 工 亮 (33) / 友 金 利 玖 斗 2 21 21 -D1-9 8 0 星 綾 真 / 高 橋 侑 大 帝 京 安 積 ( 神 戸 河 村 野 匠 工 真 (33) / 橘 田 拓 弥 2 21 21

2 神 戸 村 野 工 業 (3) 試 合 番 号 (H1) (1) 神 戸 村 内 野 佑 工 亮 (33) / 友 金 利 玖 斗 2 21 21 -D1-9 8 0 星 綾 真 / 高 橋 侑 大 帝 京 安 積 ( 神 戸 河 村 野 匠 工 真 (33) / 橘 田 拓 弥 2 21 21 1 埼 玉 栄 埼 玉 栄 (8) 埼 玉 栄 (8) (3) 試 合 番 号 (A1) (0) 水 村 秀 人 / 小 野 寺 泰 雅 2 21 21 -D1-6 8 0 橋 爪 悠 輔 / 成 田 達 哉 金 沢 学 院 東 日 光 駿 / 鈴 木 雄 治 2 21 21 -D2-16 18 0 土 平 孟 / 堂 本 侑 也 金 沢 学 院 東 埼 玉 栄 (8) 大 平 洸 輝 2 21 21

More information

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝 - 第 号 - 編 広 / 緑 村 引 渡 訓 練 治 稲 刈 城 東 フレ 伊 讃 覧 表... ~ペジ... ペジ... ペジ 陳... ペジ... ~ ペジ 誌... ペジ 編 記... ペジ 否 条 件 慎 正 第 催 件 ~ ~ 第 主 第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景 定 例 記 者 懇 談 会 資 料 3-1 平 成 28 年 2 月 22 日 政 策 協 働 部 財 政 課 0548-23-0054 平 成 28 年 度 牧 之 原 市 当 初 予 算 案 について 1 当 初 予 算 案 の 総 額 予 算 額 ( 前 年 度 比 伸 び 率 ) 一 般 会 計 ( 歳 入 歳 出 ) 194 億 円 ( 6 億 円 3.0%) 特 別 会 計 ( 歳 入

More information

外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 圏 域 ( 町 会 ) 鷺 宮 (D-2) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 町 会 は 平 成 23 年 度 の 第 1 回 見 守 り 対 象 者 名 簿 の 提 供 を 希 望 された21の

外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 圏 域 ( 町 会 ) 鷺 宮 (D-2) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 町 会 は 平 成 23 年 度 の 第 1 回 見 守 り 対 象 者 名 簿 の 提 供 を 希 望 された21の 外 部 からの 異 変 発 見 活 動 安 否 確 認 声 かけ イベントの 実 施 町 会 活 動 を 利 用 した 活 動 地 域 情 報 の 把 握 困 りごと 相 談 町 会 自 治 会 ( 地 区 ) 鷺 宮 (D-1) 見 守 り 支 えあい 名 簿 の 提 供 有 当 自 治 会 では 高 齢 者 の 問 題 に 対 応 するために 平 成 10 年 4 月 に 助 け 合 いネットワー

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A> 早 期 からの 教 育 相 談 支 援 体 制 構 築 への 取 組 ~ 教 育 委 員 会 と 福 祉 部 局 との 連 携 ~ 秋 田 県 大 館 市 教 育 委 員 会 教 育 研 究 所 山 本 多 鶴 子 忠 犬 ハチ 公 のふるさと 青 森 県 大 館 市 人 口 78,000 人 地 図 秋 田 県 岩 手 県 2 < 学 校 教 育 推 進 目 標 > ふるさとに 根 ざし 自 立

More information

桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 南 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 北 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあい

桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 南 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあいまちづくり 推 進 事 業 補 助 金 300,000 多 度 北 地 区 自 治 会 連 合 会 市 民 協 働 課 桑 名 市 ふれあい 平 成 27 年 度 桑 名 市 一 般 会 計 当 初 予 算 補 助 金 交 付 金 一 覧 ( 単 位 : 円 ) 補 助 金 名 称 27 年 度 補 助 予 定 額 交 付 先 名 称 所 管 課 議 会 費 政 務 活 動 費 15,600,000 会 派 及 び 議 員 議 会 事 務 局 総 務 費 桑 名 市 友 好 都 市 推 進 事 業 助 成 金 300,000 桑 名 市

More information

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産 ご 蛇 易 下 呂 式 No. 発 発 : 青 森 県 編 集 : 広 編 集 - 青 森 県 下 北 郡 大 字 易 字 大 川 目 - TEL --(FAX 兼 ) 常 任 総 常 任 大 原 子 力 発 電 般 質 動 編 集 記 般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

4a.xls

4a.xls 道 路 整 備 特 別 会 計 予 算 で 建 築 した 職 員 宿 舎 リスト 国 土 交 通 省 管 理 事 務 所 宿 舎 名 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 55.79 8,283 2 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 11.57 793 15 北 海 道 開 発 局 平 岸 宿 舎 (2) 43.20 5,079 1 北 海 道 開 発 局 平 岸

More information

1 一 般 会 計 事 業 (1) 研 修 等 事 業 1 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記 念 事 業 期 日 平 成 25 年 10 月 21 日 ( 月 )~22 日 ( 火 ) 開 催 地 東 京 都 文 京 区 東 京 ドームホテル A 日 本 保 育 協 会 創 立 50

1 一 般 会 計 事 業 (1) 研 修 等 事 業 1 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記 念 事 業 期 日 平 成 25 年 10 月 21 日 ( 月 )~22 日 ( 火 ) 開 催 地 東 京 都 文 京 区 東 京 ドームホテル A 日 本 保 育 協 会 創 立 50 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 社 会 福 祉 法 人 日 本 保 育 協 会 1 一 般 会 計 事 業 (1) 研 修 等 事 業 1 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記 念 事 業 期 日 平 成 25 年 10 月 21 日 ( 月 )~22 日 ( 火 ) 開 催 地 東 京 都 文 京 区 東 京 ドームホテル A 日 本 保 育 協 会 創 立 50 周 年 記

More information

チーム 編 成 チームリーダー コミュニティ 協 議 会 会 長 70 代 サブチームリーダー 元 香 西 婦 人 会 長 80 代 顧 問 高 松 市 議 会 議 員 70 代 制 作 編 集 部 長 香 西 おやじの 会 前 会 長 WEB プログラマー 50 代 副 部 長 元 T 社 :テレ

チーム 編 成 チームリーダー コミュニティ 協 議 会 会 長 70 代 サブチームリーダー 元 香 西 婦 人 会 長 80 代 顧 問 高 松 市 議 会 議 員 70 代 制 作 編 集 部 長 香 西 おやじの 会 前 会 長 WEB プログラマー 50 代 副 部 長 元 T 社 :テレ 香 西 地 区 コミュニティ 協 議 会 香 西 地 区 コミュニティ 協 議 会 の 平 成 26 年 度 ゆめづくり 推 進 事 業 についてご 報 告 いたします テーマは ええとこ 探 そう わがふるさと 香 西 サブテーマは 歴 史 と 文 化 のまち Kasai-go! です 中 世 時 代 では 上 笠 居 は 鬼 無 ; 中 笠 居 は 香 西 ; 下 笠 居 は 伝 統 が 残 る

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

2013/4/23版

2013/4/23版 桜 の 宮 住 宅 建 替 事 業 (1 期 )の 概 要 資 料 1 1. 事 業 目 的 神 戸 市 では 平 成 22 年 度 に 第 2 次 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 を 策 定 し 計 画 的 な 建 替 や 耐 震 改 修 に 取 り 組 んでいる 建 替 対 象 である 桜 の 宮 住 宅 は 管 理 戸 数 2,299 戸 と 大 規 模 団 地 で あることから まちづくりの

More information

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史 争 町 内 回 覧 板 隣 ブ ク 偶 然 モ 家 母 習 好 聞 偶 然 む H P 書 ぜ 協 ニ グ ム 栄 養 血 肉 付 飯 食 健 康 保 脳 与 栄 養 失 調 論 下 活 投 合 後 悲 惨 状 態 念 実 ュ 比 谷 公 堂 ヌ コ 定 期 ケ NHK 交 響 7 亡 ュ 劇 場 4 グネホテ 隣 議 家 - 家 違 ふ 家 クク 聞 -ガ 研 究 所 室 耳 傾 家 性 声 聞

More information

総 合 政 策 局 情 報 政 策 課 長 補 佐 内 田 謙 一 総 合 政 策 局 行 政 情 報 化 推 進 課 情 報 システ ム 最 適 化 推 進 総 合 政 策 局 行 政 情 報 化 推 進 課 情 報 システ 浜 田 義 和 総 合 政 策 局 情 報 政 策 課 情 報 危 機

総 合 政 策 局 情 報 政 策 課 長 補 佐 内 田 謙 一 総 合 政 策 局 行 政 情 報 化 推 進 課 情 報 システ ム 最 適 化 推 進 総 合 政 策 局 行 政 情 報 化 推 進 課 情 報 システ 浜 田 義 和 総 合 政 策 局 情 報 政 策 課 情 報 危 機 人 事 異 動 ( 第 1 号 ) 平 成 2 8 年 1 月 1 日 付 国 土 交 通 省 発 令 事 項 氏 名 現 職 大 臣 房 付 即 日 辞 職 (12 月 31 日 付 ) 辞 職 (12 月 31 日 付 )( 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 共 済 業 務 室 長 ) 桑 原 幹 幸 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

男 子 シングルスA-2 犬 陽 介 圭 祐 花 俊 幸 将 紀 成 明 北 典 ( 淑 徳 国 際 学 ) 陽 典 ( 青 学 院 学 ) 誠 和 樹 矢 神 謙 介 越 雄 太 佐 樹 長 徹 ( 東 京 情 報 学 ) 佐 光 博 海 祐 樹 佐 伯 祐 行 斉 洋 毅 原 理 人 菊 翔 太

男 子 シングルスA-2 犬 陽 介 圭 祐 花 俊 幸 将 紀 成 明 北 典 ( 淑 徳 国 際 学 ) 陽 典 ( 青 学 院 学 ) 誠 和 樹 矢 神 謙 介 越 雄 太 佐 樹 長 徹 ( 東 京 情 報 学 ) 佐 光 博 海 祐 樹 佐 伯 祐 行 斉 洋 毅 原 理 人 菊 翔 太 男 子 シングルスA-1 拓 馬 ( 早 稲 学 ) 俊 介 斉 翔 吾 ( 淑 徳 国 際 学 ) 今 給 黎 将 之 康 次 ( 獨 協 学 ) 竹 内 隼 人 裕 竜 也 卓 也 天 勝 仁 枝 伸 和 ( 東 京 経 済 学 ) 溝 智 也 ( 湘 南 工 科 学 ) 丸 一 輝 裕 一 郎 平 戸 充 ( 青 学 院 学 ) 春 樹 沓 沢 康 平 羽 直 弥 ( 早 稲 学 ) 古 勇

More information

今 泉 依 子 東 海 特 定 非 営 利 活 動 法 人 発 達 障 害 児 応 援 団 NPO ばく 内 田 幸 枝 茨 城 茨 城 県 立 友 部 特 別 支 援 学 校 梅 宮 れいか 東 北 福 島 学 院 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 こども 心 理 専 攻 大 塚 惠 美

今 泉 依 子 東 海 特 定 非 営 利 活 動 法 人 発 達 障 害 児 応 援 団 NPO ばく 内 田 幸 枝 茨 城 茨 城 県 立 友 部 特 別 支 援 学 校 梅 宮 れいか 東 北 福 島 学 院 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 こども 心 理 専 攻 大 塚 惠 美 臨 床 発 達 心 理 士 スーパーバイザー(SV) 有 資 格 者 (2016 年 4 月 現 在 )を 以 下 に 示 します 臨 床 発 達 心 理 士 スーパーバイザー 資 格 認 定 委 員 会 委 員 長 スーパーバイザーの 依 頼 希 望 がある 場 合 事 務 局 宛 にメールでご 連 絡 ください( 宛 先 :shikaku@jocdp.jp) 支 部 活 動 の 講 師 や 事

More information

平成9年度久留米市情報公開制度の運用状況

平成9年度久留米市情報公開制度の運用状況 平 成 8 年 度 久 留 米 市 情 報 公 開 制 度 の 運 用 状 況 ( 平 成 8 年 4 月 日 ~ 平 成 9 年 3 月 3 日 ) 情 報 公 開 請 求 の 内 訳 別 表 平 成 8 年 度 中 の 情 報 公 開 請 求 は 3,476 件 ありました 情 報 公 開 の 文 書 による 請 求 は 93 件 となっています 口 頭 による 請 求 は 3,83 件 あり

More information

平成22年度滋賀県高等学校秋季総体テニス競技大会男子団体戦・個人戦結果

平成22年度滋賀県高等学校秋季総体テニス競技大会男子団体戦・個人戦結果 平 成 年 度 滋 賀 県 高 等 学 校 秋 季 総 合 体 育 大 会 テニス 競 技 男 子 団 体 戦 の 部 ( 第 回 全 国 高 校 選 抜 テニス 大 会 滋 賀 大 会 ) 光 泉 守 山 北 石 部 能 登 川 優 勝 光 泉 立 命 館 守 山 光 泉 高 校 0 守 山 北 0 高 島 光 泉 立 命 館 守 山 0 0 彦 根 工 業 立 命 館 守 山 彦 根 工 業 B

More information

男 子 シングルス ( 予 選 2) 1R 2R 3R 1 15 宏 侑 作 新 学 院 中 2 bye 3 吉 沢 学 那 須 海 城 中 田 中 4 1903 田 中 寿 和 姿 川 中 5 小 島 隆 宣 南 河 内 第 二 中 渕 上 6 渕 上 達 也 那 須 海 城 中 登 坂 7 by

男 子 シングルス ( 予 選 2) 1R 2R 3R 1 15 宏 侑 作 新 学 院 中 2 bye 3 吉 沢 学 那 須 海 城 中 田 中 4 1903 田 中 寿 和 姿 川 中 5 小 島 隆 宣 南 河 内 第 二 中 渕 上 6 渕 上 達 也 那 須 海 城 中 登 坂 7 by 男 子 シングルス ( 予 選 1) 1R 2R 3R 1 2019 豊 田 優 陽 東 中 2 bye 豊 田 3 湯 澤 優 樹 足 利 山 辺 中 阿 部 4 2062 阿 部 容 士 作 新 学 院 中 5 2033 永 岡 拓 馬 晃 陽 中 永 岡 6 渡 部 衛 那 須 海 城 中 永 岡 7 bye 8 2316 天 谷 光 来 国 分 寺 中 9 1735 高 山 禎 唯 南 犬

More information

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全 社 会 福 祉 法 人 千 葉 県 福 祉 援 護 会 応 募 書 類 5-1(1/6) 船 橋 市 西 老 人 デイサービスセンター 事 業 計 画 書 ( 朋 松 苑 デイサービスセンター 除 く) 以 下 の 項 目 について 指 定 期 間 全 体 の 計 画 を 記 載 して 下 さい 記 載 漏 れの 無 いよう 枠 内 の 着 眼 点 を 参 考 に 全 ての 項 目 について 記 載

More information

資 料 1 栄 養 食 生 活 脂 肪 やコレステロールを とり 過 ぎない 人 の 増 加 塩 分 を 控 える 人 の 増 加 色 の 濃 い 野 菜 を 食 べる 人 の 増 加 カルシウムを 多 くとる 人 の 増 加 体 重 コントロールを 実 践 する 人 の 増 加 児 童 生 徒 の

資 料 1 栄 養 食 生 活 脂 肪 やコレステロールを とり 過 ぎない 人 の 増 加 塩 分 を 控 える 人 の 増 加 色 の 濃 い 野 菜 を 食 べる 人 の 増 加 カルシウムを 多 くとる 人 の 増 加 体 重 コントロールを 実 践 する 人 の 増 加 児 童 生 徒 の 資 料 1 栄 養 食 生 活 脂 肪 やコレステロールを とり 過 ぎない 人 の 増 加 塩 分 を 控 える 人 の 増 加 色 の 濃 い 野 菜 を 食 べる 人 の 増 加 カルシウムを 多 くとる 人 の 増 加 体 重 コントロールを 実 践 する 人 の 増 加 児 童 生 徒 の 肥 満 児 の 減 少 / 小 学 校 4 年 男 子 / 小 学 校 4 年 女 子 / 中 学

More information

重要事項説明書

重要事項説明書 特 別 養 護 老 人 ホーム 梅 が 丘 重 要 事 項 説 明 書 当 施 設 は 介 護 保 険 の 指 定 を 受 けています ( 仙 台 市 指 定 第 0495500233 号 ) 当 施 設 は 契 約 者 に 対 して 指 定 地 域 密 着 型 介 護 老 人 福 祉 施 設 サービスを 提 供 します 施 設 の 概 要 や 提 供 されるサービスの 内 容 契 約 上 ご 注

More information

スライド 1

スライド 1 脳 機 能 とリハビリテーション 研 究 会 News Letter Aug, 2015, Vol 11 発 行 脳 機 能 とリハビリテーション 研 究 会 事 務 局 第 21 回 脳 機 能 とリハビリテーション 研 究 会 学 術 集 会 2014 年 4 月 20 日 に 開 催 されました 第 21 回 脳 機 能 とリハビリテーション 研 究 会 学 術 集 会 のご 報 告 をさせて

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

議 案 第 1 号 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改

議 案 第 1 号 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 教 育 委 員 会 定 例 会 議 事 日 程 平 成 18 年 3 月 24 日 日 程 第 1 議 案 第 1 号 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プ ー ル 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 ( 生 涯 学 習 政 策 課 スポーツ 課 ) 日 程 第 2 議 案 第 2 号 小 田 原 市 教 育 委 員 会 事 務

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20939693FA97708B4C8ED28DA7926B89EF2D90AB94C68DDF2094928D95>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20939693FA97708B4C8ED28DA7926B89EF2D90AB94C68DDF2094928D95> 平 成 24 年 12 月 12 日 ( 水 ) 性 犯 罪 被 害 者 の 現 状 と 公 的 医 療 支 援 の 問 題 点 - 産 婦 人 科 医 会 の 調 査 より- 日 本 産 婦 人 科 医 会 常 務 理 事 母 子 愛 育 会 愛 育 病 院 安 達 知 子 性 犯 罪 の 分 類 Wikipediaより 暴 力 的 性 犯 罪 強 姦 強 制 わいせつ 強 盗 強 姦 わいせつ

More information

VOL.582 APRIL 2016 第 57 回 土 地 改 良 功 労 者 表 彰 者 個 人 表 彰 谷 杉 悟 岡 山 市 久 保 田 理 恵 一 宮 土 地 改 良 区 山 本 和 也 岡 山 市 小 山 幸 子 一 宮 吉 備 高 原 土 地 改 良 区 近 成 昌 行 瀬 戸 内 市

VOL.582 APRIL 2016 第 57 回 土 地 改 良 功 労 者 表 彰 者 個 人 表 彰 谷 杉 悟 岡 山 市 久 保 田 理 恵 一 宮 土 地 改 良 区 山 本 和 也 岡 山 市 小 山 幸 子 一 宮 吉 備 高 原 土 地 改 良 区 近 成 昌 行 瀬 戸 内 市 VOL.582 APRIL 2016 岡 山 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 第 59 回 通 常 総 会 並 びに 第 57 回 土 地 改 良 功 労 者 表 彰 式 開 催 2 月 15 日 ( 月 ) 第 59 回 通 常 総 会 並 びに 第 57 回 土 地 改 良 功 労 者 表 彰 式 が 岡 山 プラザホテルにおいて 会 員 来 賓 合 わせて 141 名 の 出

More information

1. 事 業 方 針 平 成 26 年 度 の 市 川 市 の 高 齢 化 率 は 19.7%と 予 測 されており 人 口 の5 人 にひとり が65 歳 以 上 という 時 代 を 迎 えました 住 み 慣 れた 場 所 で 健 康 で 心 豊 かに 暮 らすこと ができる 地 域 社 会 の

1. 事 業 方 針 平 成 26 年 度 の 市 川 市 の 高 齢 化 率 は 19.7%と 予 測 されており 人 口 の5 人 にひとり が65 歳 以 上 という 時 代 を 迎 えました 住 み 慣 れた 場 所 で 健 康 で 心 豊 かに 暮 らすこと ができる 地 域 社 会 の 平 成 26 年 度 事 業 計 画 社 会 福 祉 法 人 市 川 市 社 会 福 祉 協 議 会 1. 事 業 方 針 平 成 26 年 度 の 市 川 市 の 高 齢 化 率 は 19.7%と 予 測 されており 人 口 の5 人 にひとり が65 歳 以 上 という 時 代 を 迎 えました 住 み 慣 れた 場 所 で 健 康 で 心 豊 かに 暮 らすこと ができる 地 域 社 会 の

More information

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc 三 島 市 住 宅 マスタープラン 2 章 主 要 課 題 と 施 策 の 方 向 性 住 宅 に 関 する 現 況 データ 将 来 の 需 要 関 連 計 画 を 踏 まえて 住 生 活 に 関 する 主 要 課 題 を 以 下 の ように 整 理 した 2-1 人 口 世 帯 の 現 状 と 課 題 現 状 人 口 は 横 ばいから 減 少 傾 向 へ 移 る 一 方 核 家 族 化 により 平

More information

H27県報別冊表紙

H27県報別冊表紙 平 成 2 7 年 9 月 1 7 日 千 葉 県 報 号 外 特 第 1 号 別 冊 平 成 27 年 基 準 地 の 単 位 面 積 当 たりの 価 格 等 千 葉 県 目 次 千 葉 市 中 央 区 1 酒 々 井 町 62 千 葉 市 花 見 川 区 4 栄 町 63 千 葉 市 稲 毛 区 5 神 崎 町 63 千 葉 市 若 葉 区 7 多 古 町 63 千 葉 市 緑 区 8 東 庄

More information

河北病院 公報誌「なでしこ」第10号1503校了.indd

河北病院 公報誌「なでしこ」第10号1503校了.indd 2015 年 3 月 第 10 号 も く じ 病 院 長 あいさつ 2 緩 和 ケア 病 棟 地 域 包 括 ケア 病 棟 新 急 患 室 の 開 所 式 3 大 腸 CTドック 4 新 急 患 室 がオープン 5 緩 和 ケア 病 棟 のご 案 内 6 地 域 包 括 ケア 病 棟 のご 案 内 7 外 来 診 療 一 覧 表 8 河 北 病 院 の 基 本 理 念 私 たちは 地 域 の 中

More information

 

  資 料 3 論 点 4 26 条 防 犯 に 関 する 施 策 に 関 する 委 員 意 見 浅 倉 むつ 子 委 員 防 犯 に 関 し 収 集 すべきデータ 等 について 犯 罪 被 害 の 認 知 件 数 及 び 被 害 発 生 率 については 平 成 23 年 版 犯 罪 白 書 に 記 載 があり 男 女 別 の 被 害 発 生 率 も 示 されている しかし 障 害 者 がどの ような

More information

Microsoft Word - 資料3-2(表紙)

Microsoft Word - 資料3-2(表紙) 都 県 説 明 資 料 資 料 3-2 埼 玉 県 地 域 包 括 ケアシステムの 構 築 に 向 けた 埼 玉 県 の 取 組 地 域 包 括 ケアシステムの 構 築 に 向 けた 埼 玉 県 の 取 組 1 - 課 題 と 解 決 の 方 向 性 - 課 題 働 き 手 が 大 きく 減 少 していく 中 で 急 増 する75 歳 以 上 高 齢 者 をどのよう に 支 えていくか 2010 年

More information

2 札 幌 第 一 (3) 試 合 番 号 (T-56) (0) 札 幌 二 第 谷 一 優 (3) 吾 / 能 戸 孔 太 郎 2 21 21 -D1-10 12 0 高 橋 優 雅 / 高 橋 侑 大 帝 京 安 積 ( 札 幌 第 日 詰 一 (3) 晴 輝 / 館 賢 太 2 21 21 -

2 札 幌 第 一 (3) 試 合 番 号 (T-56) (0) 札 幌 二 第 谷 一 優 (3) 吾 / 能 戸 孔 太 郎 2 21 21 -D1-10 12 0 高 橋 優 雅 / 高 橋 侑 大 帝 京 安 積 ( 札 幌 第 日 詰 一 (3) 晴 輝 / 館 賢 太 2 21 21 - 1 東 大 阪 大 学 柏 原 (3) 試 合 番 号 (T-49) (0) 佐 藤 烈 / 松 浦 拓 巳 2 21 21 -D1-7 10 0 廣 橋 諒 人 / 清 水 吏 札 幌 北 斗 ( 中 村 友 哉 / 春 日 井 一 生 2 21 21 -D2-14 11 0 山 内 脩 平 / 寺 島 壮 太 札 幌 北 斗 ( 山 中 大 峰 2 21 21 -S1-18 18 0 高 西 翔

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A48386834183658362834E8169838F815B836894C5816A8CF6955C97705F92E88AFA906C8E9688D993AE82518169313430373031816A646F63782E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A48386834183658362834E8169838F815B836894C5816A8CF6955C97705F92E88AFA906C8E9688D993AE82518169313430373031816A646F63782E646F6378> 当 社 関 係 (7 月 1 日 付 ) 発 令 ( 前 所 属 ) 氏 名 業 務 監 査 部 課 長 ( 経 営 企 画 部 副 長 ) 寺 本 榮 一 経 営 企 画 部 副 部 長 兼 新 エネ 推 進 プロジェクト( 経 営 企 画 部 グループ 事 業 推 進 室 長 ) 高 橋 進 一 経 営 企 画 部 部 長 ( 営 業 本 部 東 京 本 部 営 業 一 部 部 長 ) 大 沼

More information

9 む 乙! 晦 心 ユ ニ ッ 制 撤 稀 有 経 我 遠 業 待 受 設 予 定 宝 料 張 マ 山 積 十 数 歳 無 残 姿 変 孟 宗 竹 突 破 葛 丈 ホ 絡 '7 B M W キ ャ ブ 床 キ ノ 重 腰 撤 迫 駄 子 逃 ユ ニ ッ 員 遣 巻 断 吊 鋸 鋏 藪 絡 植 断

9 む 乙! 晦 心 ユ ニ ッ 制 撤 稀 有 経 我 遠 業 待 受 設 予 定 宝 料 張 マ 山 積 十 数 歳 無 残 姿 変 孟 宗 竹 突 破 葛 丈 ホ 絡 '7 B M W キ ャ ブ 床 キ ノ 重 腰 撤 迫 駄 子 逃 ユ ニ ッ 員 遣 巻 断 吊 鋸 鋏 藪 絡 植 断 8 叶 突 拍 子 ぶ 5 武 敷 表 扉 両 ド 番 臣 部 明 治 維 字 帯 刀 許 豪 農 庄 借 称 テ ィ 水 田 農 景 色 売 徐 具 性 増 正 直 意 味 理 変 改 ゃ ギ ャ & フ ェ 訪 吹 抜 高 天 井 堂 太 漆 喰 壁 具 和 小 似 ゆ 落 着 雰 囲 浸 趣 味 楽 友 達 呼 酒 酌 交 悪 小 学 頃 夏 休 掌 口 瓢 箪 駒 待 構 秋 続 書 道 教

More information

平 成 20 年 度 全 国 高 校 総 体 兼 東 海 総 体 三 重 県 予 選 会 男 ダブルスの 部 ベスト4リーグ 戦 平 成 20 年 4 月 29 日 県 営 競 技 場 体 育 館 松 生 酒 井 高 田 大 西 米 倉 白 浅 野 加 藤 白 長 谷 川 谷 伊 勢 工 業 得 点

平 成 20 年 度 全 国 高 校 総 体 兼 東 海 総 体 三 重 県 予 選 会 男 ダブルスの 部 ベスト4リーグ 戦 平 成 20 年 4 月 29 日 県 営 競 技 場 体 育 館 松 生 酒 井 高 田 大 西 米 倉 白 浅 野 加 藤 白 長 谷 川 谷 伊 勢 工 業 得 点 平 成 20 年 度 全 国 高 校 総 体 兼 東 海 総 体 三 重 県 予 選 会 平 成 20 年 4 月 29 日 三 重 県 営 総 合 競 技 場 体 育 館 男 ダブルスの 部 A 男 ダブルスの 部 B 1 松 生 酒 井 高 田 49 後 藤 小 林 高 田 1 浅 野 加 藤 白 49 八 木 伊 藤 倫 白 2 濵 田 小 林 四 日 市 南 50 廣 瀬 濱 口 川 越 2

More information

3 青 年 期 (16~24 歳 ) 進 学 就 職 といった 環 境 の 変 化 から 食 生 活 をはじめ 生 活 リズムが 乱 れが ちになると 同 時 に 外 見 へのこだわりから 栄 養 が 偏 ることもあります コンビニや 外 食 に 頼 り 過 ぎず 栄 養 バランス に 心 がけた

3 青 年 期 (16~24 歳 ) 進 学 就 職 といった 環 境 の 変 化 から 食 生 活 をはじめ 生 活 リズムが 乱 れが ちになると 同 時 に 外 見 へのこだわりから 栄 養 が 偏 ることもあります コンビニや 外 食 に 頼 り 過 ぎず 栄 養 バランス に 心 がけた 3 地 産 地 消 食 育 を 推 進 するための 取 組 (1) ライフステージごとの 食 育 1 乳 幼 児 期 (0~5 歳 ) 食 生 活 をはじめ 生 活 リズム 等 健 康 的 な 生 活 習 慣 を 身 につけることはもち ろん しつけによって 社 会 性 の 基 礎 をも 養 う 重 要 な 時 期 です 早 寝 早 起 き 三 度 の 食 事 を 規 則 的 に 摂 る 等 基 本

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

<89DF8B8E82CC90AC90D1313689F12E786C73>

<89DF8B8E82CC90AC90D1313689F12E786C73> 一 二 三 四 五 * 栄 光 ある 過 去 の 実 績 ( 男 子 の )- 優 勝 今 高 橋 青 森 佐 藤 星 山 新 潟 有 賀 阿 佐 野 東 京 佐 藤 小 野 崎 宮 城 松 崎 千 葉 福 島 宮 城 本 田 大 和 田 新 潟 宮 城 吉 村 上 田 準 優 勝 橋 場 新 井 北 海 道 越 浦 小 笠 原 宮 城 北 山 鈴 木 宮 城 松 井 中 村 東 京 三 浦 石 上

More information

2007 年 ( 平 成 19 年 )7 月 四 万 十 市 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 策 定 の 趣 旨 1 Ⅱ 基 本 理 念 2 Ⅲ 推 進 方 針 3 1 共 通 事 項 3 2 個 別 事 項 4 (1) 子 ども 4 (2) 女 性 4 (3) 高 齢 者 5 (4) 同 和 問 題 6 (5) 障 害 者 6 (6) ハンセン 病 HIV 感 染 者 等 7 (7) 外 国 人 7

More information