No3. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 燥 材. 燻 煙 乾 燥 材 ) 120mm 120mm 4000mm No4. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No5. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No6. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "No3. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 燥 材. 燻 煙 乾 燥 材 ) 120mm 120mm 4000mm No4. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No5. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No6. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾"

Transcription

1 平 成 27 年 11 月 2 日 ( 月 ) 9 時 00 分 ~11 時 40 分 木 材 強 度 試 験 の 実 施 について (1) 目 的 地 栗 原 市 築 館 字 萩 沢 土 橋 26 栗 原 地 域 事 務 所 林 業 振 興 部 (2) 団 体 等 の 名 称 宮 城 北 部 流 域 森 林 林 業 活 性 化 センター 栗 原 支 部 東 北 職 業 能 力 開 発 大 学 校 株 式 会 社 蘇 武 工 務 店 株 式 会 社 くりこまくんえん 栗 原 地 域 事 務 所 林 業 振 興 部 と 宮 城 北 部 流 域 林 業 活 性 化 センター 栗 原 支 部 ( 栗 駒 高 原 森 林 組 合 ) 主 催 による 栗 原 産 材 のスギ 天 然 乾 燥 材.スギ 人 工 乾 燥 材 の 木 材 強 度 試 験 ( 梁 材 の 破 壊 試 験 )を, 東 北 職 業 能 力 大 学 校. 蘇 武 工 務 店 の 協 力 に より 実 施 した ( 講 師 : 東 北 職 業 能 力 開 発 大 学 校 青 柳 ) 木 材 強 度 は 主 に 含 水 率 によって 決 まってくる 含 水 率 が30% 以 上 の 天 然 乾 燥 材. 人 工 乾 燥 材 では 破 壊 強 度 ( 圧 縮. 曲 げ)を 比 較 しても 余 り 変 化 がでない しか し 含 水 率 が30% 以 下 の 人 工 乾 燥 材 になると 強 度 が 比 較 的 高 くなる 傾 向 にある 木 材 には, 年 輪 幅. 節. 辺 材. 心 材. 含 水 率 などの 同 じ 性 質 のものが 無 いた め, 強 度 試 験 をしても 全 て 同 じ 値 にはならないことを 理 解 してほしい スギ 構 造 用 製 材 の 設 計 強 度 は, 梁 材 の 曲 げ 強 度 は27KN. 梁 材 の 圧 縮 強 度 は 21.6KN 柱 材 の 曲 げ 強 度 は21.6KN. 柱 材 の 圧 縮 強 度 は21.6KNである 今 回 の 破 壊 試 験 では30KN 程 で 破 壊 に 達 すると 思 う 木 材 強 度 試 験 では 木 材 断 面 によ る 大 きさにより 強 度 が 左 右 される 今 回 は120mm 120mmと120mm 150mmだ が 断 面 が 大 きい 程, 強 度 が 高 くなる 当 大 学 では 曲 げ 強 度 試 験 ( 梁 材 )は 上 部 2 点 での 集 中 加 重 で 行 う 上 部 1 点 での 集 中 加 重 にすると 曲 げモーメントが1 点 の 形 状 になるため, 上 部 2 点 の 集 中 加 重 にして 曲 げモーモントが2 点 の 形 状 ( 台 形 )になるようにしている 等 分 布 加 重 は, 木 造 住 宅 建 築 の 設 計 には 使 用 しない 当 大 学 校 の 試 験 機 器 はJIS 規 格 で 試 験 をする 機 器 ではないことから,あくまで も 簡 易 試 験 の 参 考 値 として 見 てほしい 今 日 の 曲 げ 強 度 試 験 は, 時 間 的 な 都 合 上, 短 期 強 度 試 験 で 行 います 人 工 乾 燥 材 の 場 合 は 強 度 の 値 が 高 く 出 るが 天 然 乾 燥 材 は 強 度 があまり 出 ないと 思 う 最 大 荷 重 に 達 するまでの 加 重 速 度 は1 分 以 上 となるように 試 験 を 行 います 1 本 当 たりの 試 験 時 間 は10 分 程 になります 試 験 開 始 今 回 の 木 材 強 度 試 験 の 製 材 の 種 類 は 下 記 のとおりです No1. 人 工 乾 燥 材 ( 高 温 乾 燥 材 ) 120mm 120mm 4000mm No2. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 燥 材. 燻 煙 乾 燥 材 ) 120mm 120mm 4000mm

2 No3. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 燥 材. 燻 煙 乾 燥 材 ) 120mm 120mm 4000mm No4. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No5. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No6. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 燥 材. 燻 煙 乾 燥 材 ) 120mm 150mm 4000mm No7. 天 然 乾 燥 材 120mm 150mm 4000mm No8. 天 然 乾 燥 材 120mm 150mm 4000mm No9. 集 成 材 120mm 120mm 4000mm 木 材 表 面 の 含 水 率 測 定 ( 簡 易 測 定 機 による 測 定 ) 結 果 測 定 位 置 は 左 右 両 端 部 と 中 心 部 付 近 の4 点 です No1 平 均 値 10.4 % 測 定 値 No2 平 均 値 34.5 % 測 定 値 No3 平 均 値 27.1 % 測 定 値 No4 平 均 値 34.1 % 測 定 値 No5 平 均 値 36.0 % 測 定 値 No6 平 均 値 24.0 % 測 定 値 No7 平 均 値 27.6 % 測 定 値 No8 平 均 値 27.8 % 測 定 値 No9 平 均 値 13.4 % 測 定 値 木 材 の 全 乾 測 定 ( 乾 燥 機 械 による 材 内 の 含 水 率 測 定 ) 結 果 No1 含 水 率 14.4 % No2 含 水 率 31.3 % No3 含 水 率 20.4 % No4 含 水 率 51.5 % No5 含 水 率 34.5 %

3 No6 含 水 率 20 % No7 含 水 率 24.2 % No8 含 水 率 25.7 % No9 含 水 率 11.8 % 曲 げ 強 度 試 験 の 結 果 No1 測 定 値 No2 測 定 値 No3 測 定 値 No4 測 定 値 No5 測 定 値 No6 測 定 値 No7 測 定 値 No8 測 定 値 No9 測 定 値 19.3 KN 最 大 荷 重 に 達 した 途 端, 大 きな 爆 発 音 を 発 して 中 心 部 から 一 気 に 吹 き 飛 び 粉 砕 した 引 張 り 断 面 から 垂 直 方 向 に 切 断 する 破 壊 30.1 KN 29.7 KN 23.6 KN 27.2 KN 40.6 KN 45.5 KN 繊 維 を 横 切 る 破 断 41.4 KN 15.9 KN ピキピキと 小 さな 音 をたてながら, 最 大 荷 重 付 近 でバキッと 少 し 大 きな 音 を 立 てて 破 壊 した 繊 維 を 横 切 る 破 断

4 圧 縮 強 度 試 験 については, 曲 げ 強 度 試 験 に 時 間 を 要 したため, 実 施 した 場 合 本 日 中 に 終 えることが 難 しいと 大 学 校 側 から 相 談 があったことから, 宮 城 北 部 流 域 林 業 活 性 化 センター 栗 原 支 部. 蘇 武 工 務 店 と 協 議 して 実 施 しないことにした No1の 結 果 ( 人 工 乾 燥 材 ( 高 温 乾 燥 材 ) 120mm 120mm 4000mm) 理 論 上 では 含 水 率 が 低 い 程, 木 材 強 度 が 高 くなる 傾 向 であるが, 今 回 の 曲 げ 木 材 強 度 試 験 では19.3KNとなり 設 計 強 度 の27KNを7.7KN 下 回 った 原 因 として は 含 水 率 の 低 下 によるもので, 表 面 含 水 率 10.4%. 内 部 含 水 率 14.4%のために 木 材 の 細 胞 内 にある 自 由 水 や 結 合 水 が 少 なくなり, 材 内 の 繊 維 がガラス 繊 維 の ように 乾 燥 したために, 曲 げ 強 度 試 験 による 最 大 荷 重 の 時 に 極 端 に 強 度 が 低 下 しガラスが 割 れるように 一 気 に 破 裂 した No2の 結 果 ( 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 燥 材. 燻 煙 乾 燥 材 ) 120mm 120mm 4000mm) 今 回 の 木 材 曲 げ 強 度 試 験 では30.1KNとなり 設 計 強 度 の27KNを3.1KN 上 回 っ た 原 因 としては 表 面 含 水 率 34.5%. 内 部 含 水 率 31.3%となり, 理 論 上 では 含 水 れる 破 壊 状 況 を 見 ると 応 力 は 製 材 上 部 は 圧 縮 応 力 が 発 生 し, 製 材 の 下 部 は 引 っ 張 り 応 力 が 発 生 することから, 下 部 に 割 れが 生 ずるのは 分 かるが, 下 部 の 節 目 を 通 して 繊 維 方 向 ( 平 行 )に 割 れが 生 じている 節 目 の 位 置 が 強 度 に 影 響 し ていると 思 われる No3の 結 果 ( 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 燥 材. 燻 煙 乾 燥 材 ) 120mm 120mm 4000mm) 今 回 の 木 材 曲 げ 強 度 試 験 では29.7KNとなり 設 計 強 度 の27KNを2.7KN 上 回 っ た 原 因 としては 表 面 含 水 率 27.1%. 内 部 含 水 率 20.4%となり, 理 論 上 では 含 水 れる 破 壊 状 況 を 見 ると 製 材 側 部 の 中 心 付 近 から 繊 維 方 向 ( 水 平 )に 割 れてい る 丁 度 応 力 が 掛 かる 部 分 に 節 目 が 多 数 集 中 しており, 節 目 の 弱 い 所 から 割 れ が 生 じたものと 思 われる No4の 結 果 ( 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm) 今 回 の 木 材 曲 げ 強 度 試 験 では23.6KNとなり 設 計 強 度 の27KNを3.4KN 下 回 っ た 原 因 としては 表 面 含 水 率 34.1%. 内 部 含 水 率 51.5%の 影 響 が 大 きく, 応 力 が 掛 かると 弓 の 様 にゆっくりとしなり, 地 震 等 の 横 揺 れが 発 生 した 場 合 は 倒 壊 の 危 険 性 が 高 いことから, 梁 材 としては 適 さない しかし, 木 材 強 度 は 木 材 の 断 面 の 大 きさで 決 まることから, 断 面 を 大 きくすることで 強 度 を 高 くすることができる ま た, 含 水 率 が 高 いために 初 期 強 度 が 出 にくいが, 長 期 強 度 試 験 であればゆっく りと 荷 重 を 掛 けるため 強 度 が 高 く 出 ると 思 われる 破 壊 状 況 を 見 ると 製 材 に 節 目 が 少 ないためか, 引 っ 張 り 応 力 が 発 生 し 易 い 製 材 下 部 の 繊 維 方 向 に 沿 って 綺 麗 に 割 れが 生 じている No5の 結 果 ( 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm) 今 回 の 木 材 曲 げ 強 度 試 験 では27.2KNとなり 設 計 強 度 の27KNを0.2KN 上 回 っ た 原 因 としては 表 面 含 水 率 36.0%. 内 部 含 水 率 34.5%の 影 響 が 大 きく, 理 論 上 では 含 水 率 が30% 以 下 に 下 がると 強 度 が 高 くなることから, 今 回 は 少 し 含 水 率 は 高 いが 設 計 強 度 を 上 回 った また, 含 水 率 が 高 いために 初 期 強 度 が 出 にくい が, 長 期 強 度 試 験 であればゆっくりと 荷 重 を 掛 けるため 強 度 が 高 く 出 ると 思 われ る 破 壊 状 況 を 見 ると 製 材 に 節 目 が 散 在 しており, 製 材 下 部 の 節 目 の 弱 い 繊 維 方 向 に 沿 って 割 れが 生 じている No6の 結 果 ( 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 燥 材. 燻 煙 乾 燥 材 ) 120mm 150mm 4000mm)

5 今 回 の 木 材 曲 げ 強 度 試 験 では40.5KNとなり 設 計 強 度 の27KNを13.5KN 上 回 っ た 原 因 としては 表 面 含 水 率 24.0%. 内 部 含 水 率 20.0%となり, 理 論 上 では 含 水 れる また, 製 材 の 断 面 ( 寸 法 )が 大 きくなっているため, 強 度 が 高 くなっている 製 材 の 断 面 が 大 きいため, 初 期 強 度 が 高 くたわみが 少 ない 破 壊 状 況 を 見 ると 製 材 下 部 の 節 目 の 弱 いところから 繊 維 方 向 ( 水 平 )に 割 れが 生 じている No7の 結 果 ( 天 然 乾 燥 材 120mm 150mm 4000mm) 今 回 の 木 材 曲 げ 強 度 試 験 では45.5KNとなり 設 計 強 度 の27KNを18.5KN 上 回 っ た 原 因 としては 表 面 含 水 率 27.6%. 内 部 含 水 率 24.2%となり, 理 論 上 では 含 水 れる また, 製 材 の 断 面 ( 寸 法 )が 大 きくなっているため, 強 度 が 高 くなっている 初 期 強 度 が 高 くたわみが 少 ない 破 壊 状 況 を 見 ると 節 目 が 応 力 付 近 に 集 中 して いるが, 製 材 下 部 から 上 部 付 近 に 掛 けて 斜 め 上 に 繊 維 を 引 き 裂 くように 割 れが 生 じている 割 れ 方 向 を 見 ると 節 目 が 多 い 付 近 に 発 生 している No8の 結 果 ( 天 然 乾 燥 材 120mm 150mm 4000mm) 今 回 の 木 材 曲 げ 強 度 試 験 では41.4KNとなり 設 計 強 度 の27KNを14.4KN 上 回 っ た 原 因 としては 表 面 含 水 率 26.8%. 内 部 含 水 率 25.7%となり, 理 論 上 では 含 水 れる また, 製 材 の 断 面 ( 寸 法 )が 大 きくなっているため, 強 度 が 高 くなっている 初 期 強 度 が 高 くたわみが 少 ない 破 壊 状 況 を 見 ると, 節 目 は 散 在 しているが, 節 目 とは 関 係 ない 製 材 下 部 から 繊 維 方 向 ( 水 平 )に 割 れが 生 じている No9の 結 果 ( 集 成 材 120mm 120mm 4000mm) 今 回 の 木 材 曲 げ 強 度 試 験 では15.9KNとなり 設 計 強 度 の27KNを12.6KN 下 回 っ た 原 因 としては 表 面 含 水 率 13.4%. 内 部 含 水 率 11.8%となり, 理 論 上 では 含 水 率 が30% 以 下 に 下 がると 強 度 が 高 くなることから 想 定 外 の 結 果 である 破 壊 状 況 を 見 ると, 引 っ 張 り 応 力 が 掛 かる 製 材 の 下 のラミナ 材 のジョイント 部 から 垂 直 に 割 れが 発 生 し, 真 上 の 節 目 を 避 けるように 中 央 部 の 繊 維 方 向 ( 水 平 )に 割 れ が 生 じている 恐 らくラミナ 材 の 接 着 不 足 が 原 因 か 品 質 の 低 いラミナ 材 を 使 用 し たためと 思 われる 感 想 今 回 の 木 材 強 度 試 験 では, 内 部 含 水 率 が30% 前 後 の 天 然 乾 燥 材. 人 工 乾 燥 材 は 設 計 強 度 を 満 たしており, 木 造 住 宅 建 築 に 使 用 することはに 問 題 ないと 思 われました 今 までは 主 に 人 工 乾 燥 材 が 木 造 住 宅 建 築 の 材 料 として 使 用 されて いたが, 今 回 の 強 度 試 験 を 受 けて 工 務 店. 木 材 卸 売 り 業 者 に 天 然 乾 燥 材 は 人 工 乾 燥 材 と 強 度 的 に 変 わらないことを 説 明 し 理 解 してもらうことと, 価 格 の 安 い 天 然 乾 燥 材 を 積 極 的 に 購 入 してもらうことで, 一 般 消 費 者 にも 購 入 し 易 くなると 思 う このため 人 工 乾 燥 材 より 安 価 な 栗 原 の 安 心 安 全 な 天 然 乾 燥 材 を, 工 務 店. 卸 売 り 業 者 に 取 り 扱 ってもらうよう 働 きかけたい 内 部 含 水 率 を 確 認 するには 全 乾 法 による 室 内 試 験 で 測 定 する 方 法 が 一 番 正 確 だが, 製 材 会 社 では 随 時 測 定 することは 不 可 能 なことから, 設 置 型 のマイクロ 波 のような 透 過 型 で 内 部 の 水 分 まで 測 定 できる 測 定 器 を 整 備 することで, 品 質 の 高 い 製 品 を 生 産 できると 思 う 天 然 乾 燥 材 の 今 後 の 課 題 としては, 人 工 乾 燥 材 と 比 較 して 製 材 の 曲 がり. 収 縮 がどの 程 度 発 生 するのか 試 験 をしてみる 必 要 があることから, 製 材 会 社 の ( 株 )くりこまくんえんに 協 力 してもらう 必 要 がある

6 後 日, 木 材 強 度 試 験 協 力 のお 礼 のため 東 北 職 業 能 力 開 発 大 学 へ 伺 った 時 に 青 柳 先 生 から, 森 林 組 合. 工 務 店. 製 材 会 社 と 木 材 の 性 質 について 話 をした が, 木 材 の 性 質 を 理 解 していないと 思 う 当 大 学 校 では 木 材 を 理 論 で 扱 っている が, 森 林 組 合. 工 務 店. 製 材 会 社 は 木 材 を 経 験 値 で 扱 っているようで, 理 論 不 足 の 状 態 で 仕 事 することはとても 危 険 なことだと 思 う このため 木 材 の 性 質 を 理 解 してもらうため, 一 度 勉 強 会 を 企 画 してみてはいかがでしょうか 勉 強 会 には 私 も 講 師 として 協 力 するので 検 討 してほしいと 話 がありました 勉 強 会 を 行 うことで, 製 材 会 社 には 品 質 の 高 い 製 品. 付 加 価 値 の 高 い 製 品 開 発 を 検 討 ができる 工 務 店 は 品 質 の 高 い 地 域 の 木 材 を 木 造 住 宅 に 取 り 入 れるこ とで, 消 費 者 へ 安 心 安 全 住 宅 のPRになると 思 う 森 林 組 合 には 素 材 生 産 事 業 者 として 安 定 品 質 のものを 安 く 大 量 供 給 することが 求 められることから, 大 学 校 と 企 業 の 人 材 交 流 を 盛 んに 行 い, 産 官 学 の 英 知 を 集 結 することが 将 来 の 栗 原 の 木 材 産 業 に 必 要 と 思 われることから, 勉 強 会 を 検 討 したい

木材の圧縮試験

木材の圧縮試験 1. 目 的 木 材 は 種 類 や 発 育 生 息 地 などによりそれぞれ 性 質 が 違 う 同 じ 木 材 でも 含 水 率 な どの 違 いでもその 性 質 は 変 化 する その 性 質 の 違 いを 利 用 し 構 造 体 や 建 具 家 具 など 使 用 目 的 にあった 利 用 をされ 今 や 建 築 にはなくてはならない 材 料 の 一 つとなっている そこで それだけ 身 近 な

More information

3分の1ビル破壊031203

3分の1ビル破壊031203 大 規 模 空 間 に 設 置 された 耐 震 吊 り 天 井 の 耐 震 余 裕 度 検 証 実 験 結 果 速 報 1.はじめに 2011 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 で 発 生 した 吊 り 天 井 の 脱 落 被 害 を 受 け 関 係 各 機 関 では 各 種 法 規 の 整 備 や 既 存 施 設 の 早 急 な 点 検 対 策 の 推 進 などの 対 応 が 進 められています

More information

2

2 1 2 3 4 5 種 類 ( 高 品 質 ) 再 生 骨 材 H ( 中 品 質 ) 再 生 骨 材 M ( 低 品 質 ) 再 生 骨 材 L JIS 番 号 名 称 制 定 時 期 JISの 性 格 主 な 用 途 JIS A5021(コンクリート 用 再 生 骨 材 H) 平 成 17 年 3 月 20 日 制 定 解 体 コンクリート 塊 に 対 し 破 砕 磨 砕 等 の 高 度 な 処

More information

<92E183528358836796D88DDE8AA39187908490698C7689E630392E332E32332E786C73>

<92E183528358836796D88DDE8AA39187908490698C7689E630392E332E32332E786C73> 1 求 められる 木 材 の 乾 燥 1.1 木 材 乾 燥 の 必 要 性 (1) 現 場 で 求 められる 木 材 木 材 の 需 要 の 多 くは 住 宅 資 材 によりますが 本 県 では 平 成 19 年 度 の 全 着 工 戸 数 の 約 7 割 が 木 造 住 宅 であり しかもその 約 8 割 が 在 来 木 造 工 法 によるもの です( 図 1 参 照 ) このことから 県 内

More information

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 公 共 土 木 施 設 の 被 災 状 況 と 斜 面 被 害 愛 媛 県 技 術 士 会 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 1 被 災 調 査 員 : 愛 媛 県 技 術 士 会 会 長 須 賀 幸 一 ( 芙 蓉 コンサルタント) 副 会 長 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 副 会 長 米 虫 聡 ( アースコンサルタント)

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.29

コンクリート工学年次論文集 Vol.29 論 文 細 片 化 した 木 材 を 混 合 したコンクリートの 基 礎 的 性 状 *1 *2 *3 新 藤 健 太 平 松 靖 宮 武 敦 要 旨 : 木 材 とセメントを 混 練 する 場 合, 木 材 の 樹 種 や 部 位 によってはセメントの 硬 化 を 阻 害 することが 知 られている 本 研 究 では, 細 片 化 した 木 材 =スギ 心 材 をコンクリート( 本 研 究 ではモルタルに

More information

耐震構造委員会資料                         2006/3/24

耐震構造委員会資料                         2006/3/24 耐 震 診 断 改 修 の 手 引 き この 手 引 きは 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 同 施 行 令 に 定 められている 指 針 基 準 ( 以 下 耐 震 診 断 基 準 * という) 等 に 基 づき その 具 体 的 な 取 り 扱 いを 示 していま す これらは 耐 震 診 断 基 準 等 の 中 で 診 断 者 の 判 断 に 委 ねられているもののうち

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 地 盤 工 学 会 平 成 28 年 熊 本 地 震 地 盤 災 害 調 査 団 液 状 化 班 報 告 ( 平 成 28 年 6 月 21 日 ) 平 成 28 年 熊 本 地 震 液 状 化 被 害 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 熊 本 平 野 で 生 じた 液 状 化 とその 被 害 について(その2)( 速 報 ) 村 上 哲 ( 福 岡 大 学 ) 石 蔵 良 平 ( 九 州

More information

2 騒音・振動

2 騒音・振動 2 騒 音 振 動 (1) 騒 音 振 動 の 現 況 騒 音 とは 一 般 的 に ない 方 がよい 音 あることが 好 ましくない 音 で 生 活 環 境 をそこなうもの ですが 漠 然 としたものであり 特 別 の 種 類 の 音 特 に 大 きな 音 でなくても 問 題 になるなど 多 分 に 感 覚 的 なものです 振 動 とは 一 般 的 に 物 体 の 振 動 により 生 じたエネルギーのうち

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 速 報 (Ver.2) 平 成 28 年 4 月 25 日 基 礎 地 盤 コンサルタンツ 株 式 会 社 はじめに 平 成 28 年 4 月 14 日 21 時 26 分 頃 熊 本 地 方 を 震 源 とするM6.5の 地 震 が 発 生 しました この 地 震 で 熊 本 市 に 隣 接 する 益 城 町 で 震 度 7を 観 測 し 多

More information

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月 豪 雨 による 奄 美 肝 付 町 道 路 被 災 箇 所 調 査 工 学 部 北 村 良 介 酒 匂 一 成 1.はじめに 奄 美 大 島 加 計 呂 麻 島 では,21 年,212 年, 肝 付 町 では 212 年 に 豪 雨 に 伴 う 斜 面 崩 壊 によ り 多 くの 道 路 が 被 災 している 著 者 らは, 奄 美 での 21 年 1 月 2 日,212 年 6 月 1 日 に 発

More information

3.1. ❷ 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 の 基 準 耐 力 については ( 一 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 の HP で 公 開 されている 木 造 住 宅 の 耐 震 診 断 と 補 強 方 法 の 質 問 回 答

3.1. ❷ 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 の 基 準 耐 力 については ( 一 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 の HP で 公 開 されている 木 造 住 宅 の 耐 震 診 断 と 補 強 方 法 の 質 問 回 答 3 耐 震 補 強 編 [3.1] 耐 震 補 強 に 使 用 できる 構 造 用 合 板 張 り 壁 の 壁 基 準 耐 力 と 壁 基 準 剛 性 耐 震 補 強 に 使 用 できる 構 造 用 合 板 張 り 壁 には 次 の 3 種 類 がある 3.1. ❶ 日 本 建 築 防 災 協 会 による 耐 震 補 強 壁 ( 一 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 2012 年 改 訂 版

More information

1. 騒 音 好 ましくない 音 不 必 要 な 音 を 総 称 して 騒 音 といいます 私 たちは 音 によりまわりの 様 子 を 知 ることができ また 意 志 や 情 報 を 伝 えることができます 大 きい 音 であっても 聞 き 手 にとって 必 要 な 音 は 騒 音 ではないし 小

1. 騒 音 好 ましくない 音 不 必 要 な 音 を 総 称 して 騒 音 といいます 私 たちは 音 によりまわりの 様 子 を 知 ることができ また 意 志 や 情 報 を 伝 えることができます 大 きい 音 であっても 聞 き 手 にとって 必 要 な 音 は 騒 音 ではないし 小 Ⅴ 騒 音 振 動 悪 臭 の 部 1. 騒 音 好 ましくない 音 不 必 要 な 音 を 総 称 して 騒 音 といいます 私 たちは 音 によりまわりの 様 子 を 知 ることができ また 意 志 や 情 報 を 伝 えることができます 大 きい 音 であっても 聞 き 手 にとって 必 要 な 音 は 騒 音 ではないし 小 さい 音 であっても 聞 き 手 にとって 好 ましくない 音 は

More information

騒 音 振 動 規 制 法 に 基 づく 規 制 の 概 要 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 ( 以 下 法 という )の 指 定 地 域 内 で 著 しい 騒 音 又 は 振 動 を 発 生 する 施 設 として 法 に 規 定 された 施 設 ( 以 下 特 定 施 設 という

騒 音 振 動 規 制 法 に 基 づく 規 制 の 概 要 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 ( 以 下 法 という )の 指 定 地 域 内 で 著 しい 騒 音 又 は 振 動 を 発 生 する 施 設 として 法 に 規 定 された 施 設 ( 以 下 特 定 施 設 という 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 に 基 づく 規 制 目 次 騒 音 振 動 規 制 法 に 基 づく 規 制 の 概 要 P 指 定 地 域 P 3 規 制 基 準 P 4 特 定 施 設 一 覧 P3 5 特 定 建 設 作 業 一 覧 P4 6 届 出 様 式 一 覧 P5 7 その 他 P6,P7 山 陽 小 野 田 市 役 所 環 境 課 環 境 保 全 係 756 860

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF097AC89EF94AD955C985F95B681698AA38EAE9081957482C692599166914088DB834F838A8362836882F095B9977082B582BD91CF906B95E28BAD8D489640816A88C48C8F817C82502E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF097AC89EF94AD955C985F95B681698AA38EAE9081957482C692599166914088DB834F838A8362836882F095B9977082B582BD91CF906B95E28BAD8D489640816A88C48C8F817C82502E646F63> 乾 式 吹 付 工 法 と 炭 素 繊 維 グリッドを 併 用 した 耐 震 補 強 工 法 発 表 者 : 早 田 和 紀 所 属 協 会 名 : 建 設 業 協 会 中 国 ブロック 協 議 会 発 表 会 社 名 : 株 式 会 社 加 藤 組 土 木 課 ( 728-0013 広 島 県 三 次 市 十 日 市 東 一 丁 目 8-13). 1.はじめに 半 永 久 構 造 物 として 考

More information

Microsoft Word - 建築2級(表紙).doc

Microsoft Word - 建築2級(表紙).doc 2 級 損 害 保 険 登 録 鑑 定 人 建 築 試 験 問 題 用 紙 (2010 年 7 月 ) 注 意 事 項 1. 試 験 責 任 者 の 指 示 があるまで 開 かないで 下 さい 2. 解 答 用 紙 は 試 験 問 題 用 紙 の 最 初 の 頁 に 入 っています 試 験 開 始 の 合 図 があったら 解 答 用 紙 があることを 確 認 して 下 さい 解 答 用 紙 がない

More information

熊本地震被害調査 ver. 3.0

熊本地震被害調査 ver. 3.0 2016 年 熊 本 地 震 地 盤 被 害 と 復 旧 状 況 ver. 4.0 一 次 : 4 月 16 日 ~17 日 二 次 : 4 月 22 日 ~24 日 三 次 : 4 月 29 日 ~5 月 1 日 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 清 田 隆 ( 一 次 二 次 三 次 ) 長 岡 技 術 科 学 大 学 池 田 隆 明 ( 一 次 二 次 ) 東 京 大 学 内 村 太

More information

公共建築設備数量積算基準 平成15年版

公共建築設備数量積算基準 平成15年版 公 共 建 築 設 備 数 量 積 算 基 準 平 成 15 年 版 平 成 15 年 3 月 31 日 国 営 計 第 196 号 この 基 準 は 国 土 交 通 省 官 庁 営 繕 部 及 び 地 方 整 備 局 等 営 繕 部 が 官 庁 施 設 の 営 繕 を 実 施 するための 基 準 として 制 定 したものです また この 基 準 は 官 庁 営 繕 関 係 基 準 類 等 の 統

More information

(Microsoft Word - ASJ008 \221\317\220k\224\273\222\350\220R\215\270\227v\227\314\(\210\304\)20150705.doc)

(Microsoft Word - ASJ008 \221\317\220k\224\273\222\350\220R\215\270\227v\227\314\(\210\304\)20150705.doc) 耐 震 判 定 審 査 要 領 2015 年 8 月 ビューローベリタスジャパン 株 式 会 社 耐 震 判 定 委 員 会 目 次 1. 判 定 方 針 概 要 2 2. 適 用 範 囲 2 3. 耐 震 診 断 方 針 2 4. 現 地 調 査 3 5. 診 断 計 算 4 6. 耐 震 改 修 7 7. 躯 体 以 外 の 検 討 部 位 9 8. その 他 10-1- 1. 判 定 方 針

More information

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A>

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A> 16 林 業 専 用 道 作 設 指 針 北 海 道 スタンダ-ド 平 成 23 年 3 月 31 日 各 振 興 局 長 あて 森 林 第 1280 号 水 産 林 務 部 長 [ 沿 革 ] 平 成 26 年 3 月 28 日 森 整 第 1331 号 改 正 平 成 27 年 1 月 13 日 森 整 第 915 号 改 正 平 成 27 年 3 月 30 日 森 整 第 1201 号 改 正

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

ÿþ

ÿþ ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W 日 付 :3 年 4 月 7 日 8:3:3 耐 震 診 断 ( 一 般 診 断 法 ) 建 物 名 様 邸. 総 合 評 価. 上 部 構 造 評 点 3. 壁 の 耐 力 明 細 表 4. 柱 保 有 耐 力 明 細 表 ( 伝 統 的 構 法 のみ) 5. 耐 力 要 素 の 配

More information

1.施工パッケージ型積算方式の概要

1.施工パッケージ型積算方式の概要 施 工 パッケージ 型 積 算 方 式 に 関 する 説 明 会 千 葉 県 県 土 整 備 部 技 術 管 理 課 平 成 26 年 8 月 27 日 施 工 パッケージ 型 積 算 方 式 とは 国 が 平 成 24 年 10 月 から 試 行 導 入 を 開 始 した 新 たな 積 算 方 式 直 接 工 事 費 の 算 出 従 来 の 積 上 げ 方 式 : 歩 掛 施 工 パッケージ 型

More information

Microsoft Word - 地盤震動原稿2004-ver1.doc

Microsoft Word - 地盤震動原稿2004-ver1.doc 日 本 建 築 学 会 第 32 回 地 盤 震 動 シンポジウム 2005 年 1 月 2004 年 新 潟 県 中 越 地 震 地 盤 と 地 震 被 害 2004 Niigata-ken Chuetsu Earthquake Sub-Surface Soil Condition and Earthquake Damage 久 田 嘉 章 Yoshiaki HISADA The damage of

More information

Microsoft Word - 131018-設計例3-山中修正2.docx

Microsoft Word - 131018-設計例3-山中修正2.docx 吊 り 天 井 の 耐 震 設 計 設 計 例 3 N 体 育 館 設 計 手 法 : 計 算 ルート( 水 平 震 度 法 ) 3-1 3-1 目 次 1. 吊 り 天 井 の 耐 震 設 計 概 要...3-4 1-1 建 物 概 要...3-4 1-2 設 計 方 針...3-6 1-3 チェックシート...3-8 1-4 使 用 材 料 と 許 容 応 力 度 許 容 耐 力...3-10

More information

認証対象接合金物

認証対象接合金物 6U-103(Rev2.0) 2002.2.18 制 定 2012.4.1 改 定 木 造 建 築 物 接 合 部 等 の 評 価 方 法 木 造 建 築 接 合 部 の 評 価 方 法 下 記 の 参 考 図 書 に 示 されている 標 準 的 なルールに 基 づく 評 価 方 法 を 準 用 する [ 参 考 図 書 ] 木 造 軸 組 工 法 住 宅 の 許 容 応 力 度 設 計 法 (2008

More information

目 次 1 手 続 きの 流 れ P 1 2 申 請 書 類 記 載 例 ~ 住 宅 新 築 ( 県 産 構 造 材 等 使 用 の 場 合 ) ~ P 2 3 申 請 書 類 記 載 例 ~ 住 宅 新 築 ( 県 産 内 外 装 材 使 用 の 場 合 ) ~ P 5 4 申 請 書 類 記 載

目 次 1 手 続 きの 流 れ P 1 2 申 請 書 類 記 載 例 ~ 住 宅 新 築 ( 県 産 構 造 材 等 使 用 の 場 合 ) ~ P 2 3 申 請 書 類 記 載 例 ~ 住 宅 新 築 ( 県 産 内 外 装 材 使 用 の 場 合 ) ~ P 5 4 申 請 書 類 記 載 ウッドファーストあきた 木 材 利 用 ポイント 事 業 申 請 書 記 入 の 手 引 き 手 続 き 開 始 からポイントの 交 付 まで - 秋 田 県 林 業 木 材 産 業 課 - 目 次 1 手 続 きの 流 れ P 1 2 申 請 書 類 記 載 例 ~ 住 宅 新 築 ( 県 産 構 造 材 等 使 用 の 場 合 ) ~ P 2 3 申 請 書 類 記 載 例 ~ 住 宅 新 築

More information

Microsoft Word - 平成28年熊本地震の調査報告_セミナー用

Microsoft Word - 平成28年熊本地震の調査報告_セミナー用 平 成 28 年 熊 本 地 震 調 査 報 告 ( 木 造 住 宅 ) ホームズ 君 すまいの 安 心 フォーラム 株 式 会 社 インテグラル 2016 年 6 月 23 日 益 城 町 木 山 宮 園 地 区 惣 領 地 区 判 断 基 準 全 壊 半 壊 外 観 上 被 害 無 未 調 査 調 査 概 要 本 調 査 は 平 成 28 年 熊 本 地 震 の 被 災 地 における 木 造 住

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2-別冊

Microsoft PowerPoint - 資料2-別冊 8. 地 形 等 に 関 する 防 災 地 理 情 報 の 整 備 提 供 土 地 の 成 り 立 ちや 性 質 等 と 地 震 による 液 状 化 豪 雨 による 浸 水 等 の 自 然 災 害 のリスクは 密 接 に 関 連 国 土 地 理 院 が 保 有 する 人 工 改 変 前 の 古 い 空 中 写 真 か ら 地 形 を 判 読 し 明 治 大 正 時 代 の 地 形 図 等 の 記 載

More information

1 岩手県における住宅及び住宅政策の現状と課題

1 岩手県における住宅及び住宅政策の現状と課題 第 1 章 の 住 環 境 を 取 り 巻 く 現 状 住 宅 政 策 基 本 計 画 1 の 位 置 づけ は 西 には 奥 羽 山 脈 東 には 北 上 山 系 が 相 対 し 北 上 川 と 和 賀 川 が 合 流 する 地 域 に 肥 よくな 土 地 に 美 しい 田 園 地 帯 が 広 がる 北 上 平 野 の 中 央 に 位 置 しています には 北 へ 約 45km 仙 台 市 には

More information

背 景 図 は 国 土 地 理 院 の 電 子 国 土 を 使 用 本 図 には 中 田 高 今 泉 俊 文 編,2002 活 断 層 詳 細 デジタルマップ, 東 京 大 学 出 版 会 の 活 断 層 シェープファイル を 使 用 し た( 製 品 シリアル 番 号 :DAFM2041) 現 地

背 景 図 は 国 土 地 理 院 の 電 子 国 土 を 使 用 本 図 には 中 田 高 今 泉 俊 文 編,2002 活 断 層 詳 細 デジタルマップ, 東 京 大 学 出 版 会 の 活 断 層 シェープファイル を 使 用 し た( 製 品 シリアル 番 号 :DAFM2041) 現 地 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 現 地 調 査 平 成 28 年 4 月 20 日 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 (4 月 14 日 21 時 26 分 発 生 )の 翌 15 日 から 18 日 に 地 表 地 震 断 層 の 有 無 について 緊 急 調 査 を 実 施 した 阿 蘇 郡 西 原 村 から 上 益 城 郡 益 城 町 嘉 島 町 御

More information

Microsoft PowerPoint - せん断強さ

Microsoft PowerPoint - せん断強さ 土 の 強 さ 土 が 外 力 を 受 けると 土 の 中 にせん 断 応 力 ([kn/m 2 ]) が 生 じて,その 中 でせん 断 抵 抗 を 越 える 箇 所 があると, 図 に 示 したようなせん 断 破 壊 が 起 こる 破 壊 する 面 をす べり 面 といい,せん 断 応 力 に 抵 抗 する 最 大 のせん 断 抵 抗 をせん 断 強 さ(s[kN/m 2 ])という せん 断

More information

2.1 検 討 の 背 景 と 目 的 木 造 軸 組 構 法 住 宅 の 耐 震 性 を 確 保 するためには 建 築 基 準 法 で 定 められた 量 以 上 の 耐 力 壁 を 釣 り 合 いよく 配 置 する 必 要 があるが その 耐 力 壁 の 性 能 を 担 保 するために 必 要 な

2.1 検 討 の 背 景 と 目 的 木 造 軸 組 構 法 住 宅 の 耐 震 性 を 確 保 するためには 建 築 基 準 法 で 定 められた 量 以 上 の 耐 力 壁 を 釣 り 合 いよく 配 置 する 必 要 があるが その 耐 力 壁 の 性 能 を 担 保 するために 必 要 な 第 2 章 長 期 優 良 住 宅 に 使 用 する 木 材 等 の 品 質 基 準 の 検 討 9 2.1 検 討 の 背 景 と 目 的 木 造 軸 組 構 法 住 宅 の 耐 震 性 を 確 保 するためには 建 築 基 準 法 で 定 められた 量 以 上 の 耐 力 壁 を 釣 り 合 いよく 配 置 する 必 要 があるが その 耐 力 壁 の 性 能 を 担 保 するために 必 要 な

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B94ED8A5192B28DB895F18D908F91816993BD96BC94C5816A303531332E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B94ED8A5192B28DB895F18D908F91816993BD96BC94C5816A303531332E646F6378> 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 被 害 調 査 ( 速 報 ) 早 稲 田 大 学 創 造 理 工 学 部 建 築 学 科 広 島 大 学 大 学 院 工 学 研 究 院 1.はじめに 4 月 14 日 夜 に 発 生 した 強 い 地 震 により 熊 本 県 を 中 心 に 多 くの 被 害 をもたらした 本 報 告 の 作 成 者 の 一 人 である 宮 津 は 4 月 21

More information

Microsoft Word - 06_地震編140515修正★.doc

Microsoft Word - 06_地震編140515修正★.doc < 第 1 編 地 震 による 被 害 > 地 震 による 被 害 とは 地 震 により 地 震 力 が 作 用 することによる 住 家 の 損 傷 及 び 地 震 に 伴 う 液 状 化 等 の 地 盤 被 害 による 住 家 の 損 傷 をいう 地 震 により 被 災 した 住 家 に 対 する 被 害 調 査 は 第 1 次 調 査 第 2 次 調 査 の2 段 階 で 実 施 する( 調 査

More information

1. 本 報 告 の 位 置 付 け 本 報 告 は, 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 伴 う 土 砂 災 害 および 構 造 物 被 害 ( 特 に 橋 梁 )について 調 査 した 結 果 を 報 告 するものである.また, 調 査 によって 得 られた 事 実 に 基 づいて 工 学 的

1. 本 報 告 の 位 置 付 け 本 報 告 は, 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 伴 う 土 砂 災 害 および 構 造 物 被 害 ( 特 に 橋 梁 )について 調 査 した 結 果 を 報 告 するものである.また, 調 査 によって 得 られた 事 実 に 基 づいて 工 学 的 平 成 28 年 6 月 3 日 公 開 平 成 28 年 6 月 7 日 修 正 平 成 28 年 熊 本 地 震 調 査 報 告 書 ( 速 報 ) ~ 東 北 大 学 災 害 科 学 国 際 研 究 所 構 造 物 土 砂 災 害 調 査 チーム~ < 調 査 対 象 > 土 砂 災 害 地 盤 災 害 構 造 物 被 害 など < 調 査 対 象 地 域 > 熊 本 県 阿 蘇 郡 南 阿

More information

木工研2.indd

木工研2.indd Institute of Wood Technology, 2015 木 材 高 度 加 工 所 Akita Prefectural University 秋 田 県 立 大 学 附 置 所 I n s t i t u t e o f W o o d T e c h n o l o g y 木 材 高 度 加 工 所 設 立 の 経 緯 と 沿 革 1995.04 秋 田 県 の 木 材 産 業 を

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2096D88DDE82CC8AEE9162926D8EAF8169826732312097CE82CC8CD997708CA48F43816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2096D88DDE82CC8AEE9162926D8EAF8169826732312097CE82CC8CD997708CA48F43816A2E707074> 平 成 21 年 度 緑 の 雇 用 基 本 研 修 (H21.12.2) 木 材 の 基 礎 知 識 総 合 グリーンセンター 企 画 主 査 中 山 憲 之 福 井 県 の 林 業 木 材 産 業 の 現 状 福 井 県 内 の 木 材 需 給 推 移 福 井 県 内 での 木 材 自 給 率 福 井 県 林 業 統 計 書 平 成 18 年 3 月 31 日 現 在 福 井 県 の 森 林

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

<4D F736F F D C834C E838A815B836790BB C A8D658CB48D652E646F63>

<4D F736F F D C834C E838A815B836790BB C A8D658CB48D652E646F63> 資 料 FPR 製 防 食 パネルを 装 着 したプレキャストコクリート 製 品 への 適 用 につ いて 柄 澤 英 明 *1 新 居 隆 *2 要 旨 : 従 来, 新 構 造 物 の 防 食 工 法 として, 現 場 で 防 食 材 を 塗 布 する 工 法 が 用 いられてきた しかし,これらの 工 法 をプレキャストコクリート 製 品 ( 以 下 PCa 製 品 )に 適 用 する 場 合,

More information

香川県公共建築物等における県産木材の利用の促進に関する方針

香川県公共建築物等における県産木材の利用の促進に関する方針 香 川 県 公 共 建 築 物 等 における 県 産 木 材 の 利 用 の 促 進 に 関 する 方 針 平 成 24 年 3 月 香 川 県 香 川 県 公 共 建 築 物 等 における 県 産 木 材 の 利 用 の 促 進 に 関 する 方 針 この 方 針 は 公 共 建 築 物 等 における 木 材 の 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 22 年 法 律 第 36

More information

東北地方太平洋沖地震  国土交通省国土技術政策総合研究所 及び 建築研究所

東北地方太平洋沖地震  国土交通省国土技術政策総合研究所 及び 建築研究所 平 成 23 年 3 月 24 日 国 土 交 通 省 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 独 立 行 政 法 人 建 築 研 究 所 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 による 建 築 物 被 害 第 一 次 調 査 栗 原 市 仙 台 市 における 木 造 を 中 心 とした 建 築 物 被 害 ( 速 報 ) 1. 調 査 目 的 震 度 7を 記 録 した 栗

More information

2016年熊本地震調査 第1報 2016年4月18日

2016年熊本地震調査 第1報 2016年4月18日 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 調 査 報 告 熊 本 城 及 びその 周 辺 の 被 害 状 況 調 査 日 2016 年 5 月 7 日 福 岡 教 育 大 学 黒 木 貴 一 同 大 学 院 生 出 口 将 夫 調 査 範 囲 背 景 の 衛 星 画 像 は 簡 易 幾 何 補 正 の 為, 若 干 の 位 置 ずれがある 活 断 層 位 置 は 中 田 今 泉 編 の

More information

熊本地震現地調査結果報告書

熊本地震現地調査結果報告書 熊 本 地 震 現 地 調 査 結 果 ( 速 報 ) 報 告 書 平 成 28 年 4 月 27 日 中 央 開 発 株 式 会 社 目 次 Ⅰ. 熊 本 地 震 の 概 要... 1 Ⅰ-1 地 震 の 概 要... 1 Ⅰ-2 熊 本 県 周 辺 の 地 質 構 造... 6 Ⅰ-3 別 府 - 島 原 地 溝... 7 Ⅰ-4 布 田 川 - 日 奈 久 断 層 帯... 8 Ⅱ. 液 状

More information

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13 平 成 24 年 6 月 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 での 留 意 事 項 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 の 説 明 用 資 料 の 作 成 にあたり これまでの 審 査 委 員 会 での 指 摘 の 多 い 事 項 について 以 下 の 通 りとりまとめましたので 留 意 願 います 1. 対 象 1-1. 耐 震 診 断 耐 震 改 修 計 画 評

More information

第6節  災害想定

第6節  災害想定 第 5 節 災 害 の 想 定 第 1 項 既 往 災 害 の 事 例 1. 既 往 災 害 事 例 資 料 編 * 1 参 照 昭 和 30 年 代 後 半 からの 治 山 治 水 事 業 対 策 の 進 展 基 本 法 による 防 災 体 制 の 充 実 気 象 観 測 施 設 の 整 備 情 報 伝 達 手 段 の 発 達 や 普 及 等 により 昭 和 28 年 の 大 水 害 以 後 は

More information

DT-03取扱説明書

DT-03取扱説明書 はじめに 壁 掛 / 卓 上 型 温 度 調 節 計 デジサーモ DT-03 取 扱 説 明 書 この 度 は 東 邦 電 子 製 品 デジサーモ(DT-03)をご 購 入 頂 きまして 誠 にありがとうございます 本 製 品 をご 使 用 になる 前 に 本 書 を 良 くお 読 み 頂 き 内 容 をご 理 解 した 上 で ご 使 用 をお 願 い 致 します 尚 本 書 は 大 切 に 保

More information

東日本大震災の被災地におけるアスベスト大気濃度調査(第2次モニタリング)の協力依頼について

東日本大震災の被災地におけるアスベスト大気濃度調査(第2次モニタリング)の協力依頼について 環 水 大 大 発 第 1 1 0 7 0 4 0 0 2 号 平 成 2 3 年 7 月 4 日 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 山 形 県 福 島 県 茨 城 県 栃 木 県 千 葉 県 大 気 環 境 担 当 部 ( 局 ) 長 殿 環 境 省 水 大 気 環 境 局 大 気 環 境 課 長 東 日 本 大 震 災 の 被 災 地 におけるアスベスト 大 気 濃 度 調 査 ( 第 2 次

More information

資料5-1

資料5-1 資 料 - 平 成 年 熊 本 地 震 による 自 然 環 境 等 へ 影 響 把 握 調 査 実 施 状 況 自 然 景 観 維 持 土 砂 崩 壊 調 査 これまでに 実 施 された 影 響 把 握 調 査 断 層 による 亀 裂 調 査 国 土 地 理 院 中 央 火 口 丘 エ リアなし) 国 土 地 理 院 火 口 周 辺 と 草 原 土 砂 崩 壊 調 査 環 境 省 が 実 施 する

More information

Microsoft PowerPoint - 白黒ビル管講習会資料.ppt[読み取り専用]

Microsoft PowerPoint - 白黒ビル管講習会資料.ppt[読み取り専用] 特 定 建 築 物 における 加 湿 について 東 京 都 特 別 区 第 4ブロック 平 成 19 年 度 ビル 衛 生 管 理 講 習 会 平 成 20 年 1 月 31 日 本 日 の 内 容 1 加 湿 の 必 要 性 2 湿 度 不 足 の 原 因 対 応 3 加 湿 器 の 維 持 管 理 4 加 湿 器 リニューアル 事 例 空 気 調 和 と 加 湿 器 空 気 調 和 とは 温 度

More information

Microsoft Word - 耐震診断ガイドライン.doc

Microsoft Word - 耐震診断ガイドライン.doc 既 存 建 築 物 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 ガイドライン 制 定 平 成 25 年 4 月 1 日 愛 媛 建 築 住 宅 センター 耐 震 評 定 委 員 会 1 - 目 次 - Ⅰ 総 論 A ガイドラインの 目 的 など B 適 用 範 囲 C 診 断 方 法 および 判 定 基 準 D 準 拠 する 基 規 準 E 参 考 とする 技 術 マニュアル 手 引 書 Ⅱ 現 地 調

More information

2と 続 く 5は 塗 装 そのものの 目 的 としては 重 要 だが 水 を 態 々かけることはないし かかるというシチュエーションも 洪 水 以 外 はなさそうなので 気 にしないことにする いかにして 手 抜 きの 割 に 美 しい 仕 上 げにするかに 挑 戦 してみた 塗 装 のプロほどの

2と 続 く 5は 塗 装 そのものの 目 的 としては 重 要 だが 水 を 態 々かけることはないし かかるというシチュエーションも 洪 水 以 外 はなさそうなので 気 にしないことにする いかにして 手 抜 きの 割 に 美 しい 仕 上 げにするかに 挑 戦 してみた 塗 装 のプロほどの 手 軽 なスピーカーシステムの 表 面 仕 上 方 法 鈴 木 茂 2011 年 7 月 9 日 はじめに 自 分 が 中 心 に 立 ち 上 げた 会 でありながら スピーカー 再 生 技 術 研 究 会 という 難 しい 名 称 の 会 は ちょっと 敷 居 が 高 すぎる 感 じも 受 ける 難 しい 理 論 や 数 式 を 並 べても 近 寄 りが たい 感 じがするのだが スピーカー 工

More information

<5461726F31322D8CA48B8695F18D908169899393A1816A2E6A7464>

<5461726F31322D8CA48B8695F18D908169899393A1816A2E6A7464> 低 位 利 用 広 葉 樹 材 の 高 付 加 価 値 化 技 術 の 開 発 ( 県 単 課 題 平 成 12 年 ~ 平 成 16 年 ) 研 究 報 告 遠 藤 啓 二 郎 目 次 要 旨 Ⅰ はじめに 2 Ⅱ 試 験 方 法 2 1 県 産 広 葉 樹 中 小 径 材 の 材 質 特 性 および 乾 燥 特 性 調 査 2 2 県 産 コナラ 材 の 効 率 的 乾 燥 スケジュールの 検

More information

Microsoft Word - 「平成28年(2016年)熊本地震」_20号.docx

Microsoft Word - 「平成28年(2016年)熊本地震」_20号.docx 地 震 解 説 資 料 第 2 0 号 平 成 28 年 10 日 11 時 00 分 福 岡 管 区 気 象 台 大 分 地 方 気 象 台 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 について 大 分 県 中 部 では 強 い 揺 れを 伴 う 余 震 が 発 生 する 可 能 性 は 低 下 地 震 調 査 委 員 会 の 評 価 結 果 を 踏 まえた 留 意 事 項 現 在 も

More information

短 工 期 で 耐 久 性 の 高 い はく 落 防 止 工 法 短 工 期 高 耐 久 性 用 途 はく 落 防 止 防 蝕 防 水 防 錆 耐 磨 耗 耐 衝 撃 強 靭 な 材 料 性 能 ( 耐 衝 撃 落 下 試 験 ) 特 長 速 乾 性 耐 久 性 に 優 れたポリウレア 樹 脂 を

短 工 期 で 耐 久 性 の 高 い はく 落 防 止 工 法 短 工 期 高 耐 久 性 用 途 はく 落 防 止 防 蝕 防 水 防 錆 耐 磨 耗 耐 衝 撃 強 靭 な 材 料 性 能 ( 耐 衝 撃 落 下 試 験 ) 特 長 速 乾 性 耐 久 性 に 優 れたポリウレア 樹 脂 を 短 工 期 で 耐 久 性 の 高 い はく 落 防 止 工 法 短 工 期 高 耐 久 性 用 途 はく 落 防 止 防 蝕 防 水 防 錆 耐 磨 耗 耐 衝 撃 強 靭 な 材 料 性 能 ( 耐 衝 撃 落 下 試 験 ) 特 長 速 乾 性 耐 久 性 に 優 れたポリウレア 樹 脂 を 使 用 吹 付 け 施 工 のため 複 雑 な 形 状 にも 対 応 できる 足 場 仮 設 道 路

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

「にちぎん」NO.47 2016年秋号

「にちぎん」NO.47 2016年秋号 4 取 材 文 小 堂 敏 郎 写 谷 山 實 Yoshiharu Habu 治 小 宇 宙 深 広 治 氏 々 記 録 打 立 君 緊 迫 進 氏 原 頂 極 飾 柄 垣 5 破 竹 勢 進 第 者 座 君 俊 英 ぞ 役 毎 引 退 谷 川 浩 司 佐 藤 康 光 永 聖 内 俊 之 公 式 ぞ 以 事 異 転 職 基 競 争 山 康 晴 仲 切 仲 格 付 悪 深 疑 心 暗 鬼 有 利 働

More information

財建技第  号

財建技第  号 構 造 設 計 指 針 平 成 28 年 4 月 東 京 都 財 務 局 目 次 第 1 章 総 則 P. 1 1.1 目 的 P. 1 1.2 適 用 範 囲 P. 1 第 2 章 構 造 計 画 P. 1 2.1 一 般 事 項 P. 1 2.2 構 造 形 式 及 び 種 別 P. 1 2.3 上 部 構 造 P. 1 2.4 基 礎 構 造 P. 2 第 3 章 構 造 材 料 P. 2

More information

2 テストの 実 施 期 間 平 成 26 年 8 月 ~ 平 成 26 年 10 月 3 テスト 品 コンプレッションウエアを4 銘 柄 として 体 に 圧 着 させるタイプではないス ポーツウエアを1 銘 柄 購 入 しました テスト 品 の 概 要 を 表 1に 示 します 表 1 テスト 品

2 テストの 実 施 期 間 平 成 26 年 8 月 ~ 平 成 26 年 10 月 3 テスト 品 コンプレッションウエアを4 銘 柄 として 体 に 圧 着 させるタイプではないス ポーツウエアを1 銘 柄 購 入 しました テスト 品 の 概 要 を 表 1に 示 します 表 1 テスト 品 コンプレッションウエアスポーツ 用 インナーウエア)の に 関 する 商 品 比 較 テスト 1 はじめに 埼 玉 県 内 の 消 費 生 活 相 談 窓 口 には 洗 濯 による 衣 類 などの に 関 する 相 談 が 最 近 5 年 間 平 成 22 年 1 月 ~ 平 成 26 年 12 月 )に30 件 寄 せられています 平 成 26 年 コ ンプレッションウエアを 家 庭 で 洗 濯

More information

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc)

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc) 中 津 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 大 分 県 中 津 市 ( 平 成 27 年 3 月 ) 目 次 第 1 章 総 則 1. 目 的 2. 位 置 付 け 3. 計 画 期 間 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の 現 状 3. 耐 震 改 修 等 の 目 標

More information

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認 泥 炭 地 盤 における 盛 土 の 地 震 時 沈 下 の 簡 易 予 測 と 補 強 技 術 - 盛 土 底 部 の 液 状 化 による 沈 下 の 発 生 機 構 から 対 策 まで- 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 地 盤 チーム 同 上 同 上 林 宏 親 西 本 聡 橋 本 聖 北 海 道 において 発 生 したいくつかの 大 規 模 地 震 によって 泥 炭 地 盤 上 の 道 路

More information

<82748C5E91A48D612892EA94C58C9F93A2974C298C768E5A8F91313230372E786477>

<82748C5E91A48D612892EA94C58C9F93A2974C298C768E5A8F91313230372E786477> U 型 側 溝 ( 底 版 検 討 有 り)の 構 造 計 算 ここでのU 型 側 溝 の 構 造 計 算 は 側 壁 と 底 版 の 検 討 を 行 う 一 般 的 に 底 版 中 央 部 上 面 に 引 張 り 応 力 が 作 用 することは 考 えにくいことから 底 版 の 検 討 は 両 端 部 しか 行 わない 底 版 両 端 部 の 応 力 は 側 壁 下 端 部 の 応 力 と 同 じと

More information

アスファルトルーフィングフェルト

アスファルトルーフィングフェルト RK 改 質 アスファルトルーフィング 下 葺 き 材 RK 04 s -03 :2006 平 成 17 年 3 月 18 日 制 定 平 成 18 年 3 月 17 日 改 定 平 成 18 年 12 月 22 日 改 定 アスファルトルーフィング 工 業 会 ( 日 本 規 格 協 会 発 行 ) (1) 目 次 ページ 1. 適 用 範 囲 3 2. 引 用 規 格 3 3. 種 類 3 4.

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478> 九 州 の 自 然 災 害 と 防 災 激 甚 化 する 自 然 災 害 から 命 を 守 る 福 岡 管 区 気 象 台 長 横 山 博 文 今 年 8 月 は 暑 かった? 福 岡 の 日 最 高 気 温 日 最 低 気 温 の 推 移 35 日 最 高 気 温 日 最 高 気 温 平 年 値 25 日 最 低 気 温 日 最 低 気 温 平 年 値 6 月 7 月 8 月 2015 年 : (

More information

(4) 洪 水 注 意 報 及 び 警 報 洪 水 注 意 報 洪 水 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 洪 水 警 報 洪 水 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 (5) 気 象 情 報 の 伝 達 系 統 札 幌 管 区 気

(4) 洪 水 注 意 報 及 び 警 報 洪 水 注 意 報 洪 水 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 洪 水 警 報 洪 水 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 (5) 気 象 情 報 の 伝 達 系 統 札 幌 管 区 気 災 情 報 通 信 計 画 災 に 関 する 情 報 通 信 及 び 予 報 ( 注 意 報 を 含 む) 警 報 並 びに 情 報 等 の 伝 達 に 関 する 事 項 は この 計 画 の 定 めるところによる 第 1 節 予 報 ( 注 意 報 を 含 む) 警 報 並 びに 情 報 等 の 伝 達 計 画 1 気 象 情 報 の 種 類 及 び 伝 達 系 等 (1) 気 象 注 意 報 及

More information

2 3 4 5 6 7 8 1m 1 ( ) () ( ) 2 JIS 1 24 2 [L5,L50,L95] () 1.2m 1 24 10 第 5 章 参 考 資 料 < 参 考 資 料 > 第 5 章 線 形 設 計 に 係 わる 設 計 計 算 要 領 及

More information

1 届 出 について Q: 地 区 計 画 の 届 出 が 必 要 な 行 為 にはどのようなものがありますか A: 地 区 整 備 計 画 が 定 められている 区 域 において 下 記 の 行 為 を 行 う 場 合 には 届 出 が 必 要 になります 行 為 の 種 類 内 容 土 地 の

1 届 出 について Q: 地 区 計 画 の 届 出 が 必 要 な 行 為 にはどのようなものがありますか A: 地 区 整 備 計 画 が 定 められている 区 域 において 下 記 の 行 為 を 行 う 場 合 には 届 出 が 必 要 になります 行 為 の 種 類 内 容 土 地 の 地 区 計 画 の Q&A 目 次 1 届 出 について 1 届 出 が 必 要 な 行 為 届 出 に 必 要 な 書 類 及 び 取 得 方 法 届 出 の 期 日 及 び 届 出 後 の 変 更 方 法 届 出 を 忘 れた 場 合 届 出 が 不 要 な 行 為 届 出 の 審 査 期 間 届 出 者 郵 送 での 届 出 行 為 完 了 後 の 手 続 き 2 審 査 について 3 1 審

More information

(Microsoft PowerPoint - \213{\217\351\226k\225\224\(B1\213g\223c\))

(Microsoft PowerPoint - \213{\217\351\226k\225\224\(B1\213g\223c\)) 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 災 害 調 査 報 告 B1( ) 班 : 吉 田 信 之, 山 下 典 彦, 深 田 隆 弘 東 北 支 部 関 西 支 部 合 同 第 一 次 調 査 団 調 査 期 間 :2011 : 年 4 月 5 日 8 日 調 査 員 :(B1 : 班 : ) 吉 田 信 之 ( 神 戸 大 学 ), 山 下 典 彦 ( 神 戸 市 立 工 業 高 等 専 門 学

More information

計 に 用 いられる 地 震 外 力 は 上 部 構 造 物 の 慣 性 力 であり それを 杭 頭 に 作 用 させて 得 られる 杭 の 曲 げモーメントの 分 布 形 状 は 杭 頭 で 大 きく 杭 の 先 端 に 向 かっては 小 さくなるという のが 杭 の 耐 震 設 計 を 行 って

計 に 用 いられる 地 震 外 力 は 上 部 構 造 物 の 慣 性 力 であり それを 杭 頭 に 作 用 させて 得 られる 杭 の 曲 げモーメントの 分 布 形 状 は 杭 頭 で 大 きく 杭 の 先 端 に 向 かっては 小 さくなるという のが 杭 の 耐 震 設 計 を 行 って 地 震 時 の 杭 の 挙 動 - 地 盤 が 揺 れると 杭 も 揺 れる - 田 蔵 隆 Takashi Tazoh 富 山 県 立 大 学 工 学 部 環 境 工 学 科 東 京 スカイツリーの 基 礎 は 話 題 の 東 京 スカイツリー その 高 さは 武 蔵 の 国 の 名 にちなんで 634m(むさし)とされ 自 立 式 の 電 波 塔 としては 世 界 一 の 高 さを 誇 ることになる

More information

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い 水 道 事 業 経 営 に 関 する 各 指 標 の 説 明 (1) 事 業 の 概 要 普 及 率 (%) 現 在 給 水 人 口 行 政 区 域 内 人 口 100 平 均 有 収 水 量 (l) 一 日 平 均 有 収 水 量 現 在 給 水 人 口 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 率 (%) 有 形 固 定 資 産 減 価 償 却 累 計 額 有 形 固 定 資 産 のうち 償 却

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

Ⅲ 大 気 汚 染

Ⅲ 大 気 汚 染 第 3 章 騒 音 振 動 1: 概 要 騒 音 は 工 場 及 び 事 業 場 における 事 業 活 動 並 びに 建 設 工 事 による 固 定 発 生 源 自 動 車 鉄 道 航 空 機 等 の 交 通 機 関 による 移 動 発 生 源 とする 騒 音 だけでなく 商 店 の 商 業 宣 伝 放 送 飲 食 店 の 深 夜 営 業 冷 暖 房 機 楽 器 音 響 機 器 ペット 等 の 家

More information

面 的 評 価 * の 結 果 を 道 路 端 から50mの 範 囲 の 環 境 基 準 達 成 率 としてグラフにしました 調 査 した 道 路 全 体 で 環 境 基 準 達 成 率 は 昼 間 99.9% 夜 間 99.7%でした なお 環 境 基 準 達 成 率 とは 評 価 範 囲 内 の

面 的 評 価 * の 結 果 を 道 路 端 から50mの 範 囲 の 環 境 基 準 達 成 率 としてグラフにしました 調 査 した 道 路 全 体 で 環 境 基 準 達 成 率 は 昼 間 99.9% 夜 間 99.7%でした なお 環 境 基 準 達 成 率 とは 評 価 範 囲 内 の 騒 音 振 動 騒 音 振 動 の 発 生 源 としては 自 動 車 や 鉄 道 などの 交 通 機 関 から 発 生 するもの 工 場 や 事 場 から 発 生 するもの 建 物 の 建 築 や 道 路 工 事 に 伴 うものなど 多 種 多 様 です また 近 年 は 飲 食 店 などの 営 に 伴 う 騒 音 や 一 般 家 庭 の 日 常 生 活 から 出 る 騒 音 が 大 きな 問 題

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63> 2. 図 面 の 記 載 の 基 本 意 匠 法 の 保 護 対 象 となる 物 品 の 形 態 は 大 半 が 立 体 状 の 形 態 をしています しかし そ の 立 体 状 の 形 態 を 意 匠 登 録 出 願 する 際 には 平 面 上 に 記 載 した 図 面 等 によって 表 す 規 定 と なっています つまり 意 匠 権 の 客 体 は 現 実 の 立 体 物 ではなく その 図

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 新 しい 木 質 材 料 CLT 実 用 化 の 今 ( 研 ) 森 林 総 合 研 究 所 構 造 利 用 研 究 領 域 野 田 康 信 講 演 内 容 はじめに 国 内 の 動 向 海 外 の 事 例 おわりに 2/39 はじめに CLTとは? Cross Laminated Timber 直 交 集 成 板 ラミナと 呼 ばれる ひき 板 を 幅 方 向 に 並 べたものを 互 いに 直 交

More information

2007 3 (2) 震 源 要 素 ア. 本 震 2007 年 7 月 16 日 10 時 13 分 新 潟 県 上 中 越 沖 37 33.4'N 138 36.5'E 17km M6.8 イ. 最 大 余 震 2007 年 7 月 16 日 15 時 37 分 新 潟 県 上 中 越 沖 37 30.2'N 138 38.6'E 23km M5.8 (3) 緊 急 地 震 速 報 の 内 容

More information

Microsoft Word - 課題と提言 3.11

Microsoft Word - 課題と提言 3.11 平 成 23 年 3 月 11 日 連 発 直 下 型 クライストチャーチ 地 震 と CTV ビル 崩 壊 が 示 した 課 題 次 の 地 震 に 対 して 安 全 な 構 造 物 を 確 保 する 建 物 のシートベルトの 必 要 性 五 十 嵐 俊 一 本 年 2 月 22 日 のクライストチャーチ 地 震 で 崩 壊 し 多 くの 犠 牲 者 を 出 した CTV ビルは 昨 年 9 月

More information

公 共 発 注 見 通 し( 平 成 28 年 度 当 初 分 ) 番 号 名 称 場 所 期 間 概 要 入 札 及 び 契 約 の 方 法 契 約 締 結 時 期 1 市 道 等 維 持 修 繕 市 一 円 50 日 間 ( 土 ) 排 水 路 補 修 2 3 H27 繰 十 町 区 画 整 理

公 共 発 注 見 通 し( 平 成 28 年 度 当 初 分 ) 番 号 名 称 場 所 期 間 概 要 入 札 及 び 契 約 の 方 法 契 約 締 結 時 期 1 市 道 等 維 持 修 繕 市 一 円 50 日 間 ( 土 ) 排 水 路 補 修 2 3 H27 繰 十 町 区 画 整 理 平 成 28 年 度 公 共 発 注 見 通 し 一 覧 当 初 分 ( 平 成 28 年 5 月 2 日 公 表 ) 指 宿 市 公 共 発 注 見 通 し( 平 成 28 年 度 当 初 分 ) 番 号 名 称 場 所 期 間 概 要 入 札 及 び 契 約 の 方 法 契 約 締 結 時 期 1 市 道 等 維 持 修 繕 市 一 円 50 日 間 ( 土 ) 排 水 路 補 修 2 3 H27

More information

<88C4814090EC8DE88E738FAC8CFB8C618AC782AB82E58D5890B68D4896408DCC91F0905C90BF977697CC>

<88C4814090EC8DE88E738FAC8CFB8C618AC782AB82E58D5890B68D4896408DCC91F0905C90BF977697CC> 川 崎 市 小 口 径 管 きょ 更 生 工 法 採 択 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 ( 以 下 管 理 者 という ) が 発 注 する 管 きょ 改 築 事 業 で 使 用 する 管 きょ 更 生 工 法 ( 内 径 700ミリメー トル 以 下 の 下 水 道 管 に 係 るものに 限 る 以 下 更 生 工 法 という

More information

Microsoft Word 秋田報告書3章

Microsoft Word 秋田報告書3章 第 3 章 学 校 施 設 の 老 朽 化 状 況 の 把 握 1. 構 造 躯 体 の 健 全 性 の 把 握 29 第 3 章 学 校 施 設 の 老 朽 化 状 況 の 把 握 1. 構 造 躯 体 の 健 全 性 の 把 握 老 朽 化 状 況 の 把 握 フロー 老 朽 化 状 況 は 1 躯 体 の 健 全 性 調 査 と2 躯 体 以 外 の 劣 化 状 況 調 査 の2つに 分 けて

More information

目 次 1. 改 修 技 術 ワーキンググループについて 1ページ 2. 課 題 と 目 標 2ページ 3. 工 事 仕 様 の 検 討 3ページ 4. 大 規 模 修 繕 周 期 延 長 の 検 討 6ページ 5. 工 事 仕 様 を 判 断 するための 指 針 8ページ 6.モデル 棟 の 工

目 次 1. 改 修 技 術 ワーキンググループについて 1ページ 2. 課 題 と 目 標 2ページ 3. 工 事 仕 様 の 検 討 3ページ 4. 大 規 模 修 繕 周 期 延 長 の 検 討 6ページ 5. 工 事 仕 様 を 判 断 するための 指 針 8ページ 6.モデル 棟 の 工 横 浜 若 葉 台 100 年 マンション 世 代 循 環 型 団 地 プロジェクト 横 浜 若 葉 台 における 大 規 模 修 繕 工 事 と 長 期 修 繕 計 画 のための 指 針 改 修 技 術 ワーキンググループ 目 次 1. 改 修 技 術 ワーキンググループについて 1ページ 2. 課 題 と 目 標 2ページ 3. 工 事 仕 様 の 検 討 3ページ 4. 大 規 模 修 繕 周

More information

<967B92AC B82DC82BF82C382AD82E88C7689E68F912E706466>

<967B92AC B82DC82BF82C382AD82E88C7689E68F912E706466> 16m80m 16 4 1100 17 1 1 1 2 2 4 2 3 3 2 3 2 1 5 1 1 18 1/100 18 1 2 3 2~4 1 1 1 2 26 () 27 5 28 300 29 () 30 31 32 20229 5/30 - (83-2041) 68 2 2 1 7 1 1 4 7 7 2 1 1 2 4 1 2 181222 1 // 2 // 3 // 4 /

More information

水道用ゴム輪形硬質ポリ塩化ビニル管 検査施行要項(案) 対比表

水道用ゴム輪形硬質ポリ塩化ビニル管 検査施行要項(案) 対比表 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 対 比 表 改 正 前 改 正 後 備 考 日 本 水 道 協 会 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 平 成 12 年 3 月 31 日 制 定 平 成 19 年 12 月 6 日 改 正 日 本 水 道 協 会 水 道 用 ポリエチレン 被 覆 方 法 検 査 施 行 要 項 平 成 12 年 3 月

More information

2. 摘 花 の 実 施 早 期 の 摘 花 摘 果 は 良 好 な 果 実 肥 大 や 翌 年 の 花 芽 確 保 の た め に ま た 適 正 樹 勢 の 維 持 の た め に 重 要 な 作 業 と な る 仕 上 げ 摘 果 を 満 開 30 日 後 ま で に 終 了 す る こ と

2. 摘 花 の 実 施 早 期 の 摘 花 摘 果 は 良 好 な 果 実 肥 大 や 翌 年 の 花 芽 確 保 の た め に ま た 適 正 樹 勢 の 維 持 の た め に 重 要 な 作 業 と な る 仕 上 げ 摘 果 を 満 開 30 日 後 ま で に 終 了 す る こ と 5 月 の 栽 培 管 理 リ ン ゴ 平 成 28 年 4 月 28 日 ふ じ の 生 育 状 況 < 県 南 部 ( 果 樹 試 験 場 本 場 ) > 注 発 芽 始 め ( 確 定 ) 4 月 1 日 ( 平 年 1 : 4 月 9 日 平 年 - 8 日 ) 展 葉 ( 確 定 ) 4 月 13 日 ( 平 年 : 4 月 20 日 平 年 - 7 日 ) 開 花 始 め ( 予 測 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097CD8A7793FC96E582BD82ED82DD8A70964091E6348FCD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097CD8A7793FC96E582BD82ED82DD8A70964091E6348FCD2E646F63> 4- 第 4 章 柱 に 部 材 荷 重 を 有 する 骨 組 の 解 析 ポイント: 変 数 変 換 を 行 い たわみ 角 法 を 使 い 易 くする 境 界 条 件 と 有 効 剛 比 たわみ 角 法 の 基 本 式 に 使 用 されている 変 位 は 実 際 の 回 転 角 や 部 材 角 であり その 値 は 非 常 に 小 さい そのため 手 計 算 では 桁 を 間 違 い 易 く 扱

More information

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対

第 1 節 実 験 装 置 設 備 の 確 認 1.1 実 験 装 置 本 実 験 では 業 務 用 ガスコンロ(FUJIMAK 製 ガスローレンジ PGTL6-75A 14kw) 業 務 用 IH クッキングヒーター(FUJIMAK 製 電 磁 ローレンジ FICL5A 5kw) および IH 対 第 二 章 IH 加 熱 時 の 伝 熱 特 性 調 理 は 単 に 食 材 を 加 熱 するだけではなく 食 材 出 来 上 がりのこげ 加 減 など 視 覚 的 に 食 欲 を 促 進 させるためには 加 熱 性 能 も 重 要 な 要 素 になる IH とガス 加 熱 で 調 理 した 場 合 に 味 が 変 わると 言 われているが IH とガス 加 熱 で 直 接 味 に 影 響 す ることは

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F4D8FF38D9C8D9C90DC82CC88EA8FC797E181408FBC93878EFC95BD8140985F95B68CB48D6581408ECA905E93FC82E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F4D8FF38D9C8D9C90DC82CC88EA8FC797E181408FBC93878EFC95BD8140985F95B68CB48D6581408ECA905E93FC82E82E646F63> 舟 状 骨 骨 折 の 一 症 例 ~ 肘 関 節 固 定 は 必 要 か?~ まつしま 整 骨 院 松 島 周 平 (はじめに) 舟 状 骨 骨 折 は 手 根 骨 骨 折 のなかで 最 も 発 生 頻 度 が 高 く 全 骨 折 の 75%を 占 める 我 々 柔 道 整 復 師 の 日 常 診 療 においても 遭 遇 しやすい 骨 折 の 一 つである 初 診 時 診 断 を 誤 れば 診 断

More information

( 注 意 ) 居 室 としての 利 用 が 予 想 されるものは 当 然 階 としてみなされる 小 屋 裏 物 置 等 は 室 内 からの 利 用 を 想 定 しており 外 部 から 利 用 するものは 認 められな い 以 下 のように 余 剰 空 間 を 意 図 的 に 作 った 場 合 は

( 注 意 ) 居 室 としての 利 用 が 予 想 されるものは 当 然 階 としてみなされる 小 屋 裏 物 置 等 は 室 内 からの 利 用 を 想 定 しており 外 部 から 利 用 するものは 認 められな い 以 下 のように 余 剰 空 間 を 意 図 的 に 作 った 場 合 は 9 面 積 高 さ 空 地 9-1 小 屋 裏 等 利 用 の 収 納 庫 法 第 92 条 令 第 2 条 次 の(1)から(5)まで 又 は(6)に 掲 げる 条 件 を 満 たす 場 合 は 階 とみなさず 床 面 積 にも 算 入 しない なお 当 該 小 屋 裏 物 置 等 の 面 積 が その 存 する 階 の 床 面 積 の1/8を 超 える 場 合 は 平 成 12 年 5 月 23

More information

Microsoft Word - 0-1 表紙.doc

Microsoft Word - 0-1 表紙.doc IN 0386-5878 土 木 研 究 所 資 料 第 4141 号 土 木 研 究 所 資 料 鋼 道 路 橋 の 部 分 係 数 設 計 法 に 関 する 検 討 - 鋼 桁 橋 の 照 査 項 目 を 対 象 とした 信 頼 性 指 標 β の 評 価 と 抵 抗 係 数 の 設 定 に 関 する 検 討 - 平 成 1 年 3 月 独 立 行 政 法 人 土 木 研 究 所 構 造 物 メンテナンス

More information

第18回海岸シンポジウム報告書

第18回海岸シンポジウム報告書 2011.6.25 2011.6.26 L1 2011.6.27 L2 2011.7.6 2011.12.7 2011.10-12 2011.9-10 2012.3.9 23 2012.4, 2013.8.30 2012.6.13 2013.9 2011.7-2011.12-2012.4 2011.12.27 2013.9 1m30 1 2 3 4 5 6 m 5.0m 2.0m -5.0m 1.0m

More information

1 2 http://www.japan-shop.jp/ 3 4 http://www.japan-shop.jp/ 5 6 http://www.japan-shop.jp/ 7 2,930mm 2,700 mm 2,950mm 2,930mm 2,950mm 2,700mm 2,930mm 2,950mm 2,700mm 8 http://www.japan-shop.jp/ 9 10 http://www.japan-shop.jp/

More information